KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

西村 恭昌ニシムラ ヤスマサ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授
学位医学博士
専門放射線治療
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/759-nishimura-yasumasa.html
ホームページURLhttp://www.med.kindai.ac.jp/radio/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    放射線腫瘍学、がんの放射線治療の専門家である。特に頭頸部腫瘍、肺がん、食道がん、消化器がん等が専門。現在、日本放射線腫瘍学会の理事長、日本医学放射線学会の理事を務めている。

学歴・経歴

学歴

  • 1985年 - 1989年, 京都大学, 医学研究科, 内科系
  • 1975年 - 1981年, 京都大学, 医学部, 医学科

経歴

  •   1989年,  - 1990年, 京都大学医学部附属病院 助手
  •   1990年,  - 1991年,  ケンタッキー大学 研究員
  •   1992年,  - 1993年,  京都大学医学部附属病院 助手
  •   1993年,  - 1995年,  京都大学医学部 講師
  •   1995年,  - 1998年, 京都大学医学部 助教授
  •   1998年,  - 現在, 近畿大学医学部(主任教授)
  •   2009年,  - 現在, 近畿大学(ガンセンター長)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 放射線科学, 放射線腫瘍学
  • 境界医学, 医学物理学・放射線技術学

研究キーワード

  • 放射線生物学, 医学物理学, 放射線治療, 放射線腫瘍学

論文

  • 頭頸部癌の放射線治療における現状、VMATの特長および品質管理の技術報告, 松本 賢治、西村 恭昌, INNERVISION, 32, 2, 76, 77,   2017年
  • Retrospective analysis of definitive radiotherapy for neck node metastasis from unknown primary tumor: Japanese Radiation Oncology Study Group study., 西村 恭昌, Jpn J Clin Oncol, e-pub,   2017年, 査読有り
  • Clinical evaluation of palliative chemoradiotherapy for metastatic esophageal cancer. , 西村 恭昌, Oncotarget , e-pub,   2017年, 査読有り
  • Measurement of absorption dose outside irradiation field in IMRT., 平田 誠、門前 一、西村 恭昌, Radiation Protection Dosimetry , e-pub,   2017年, 査読有り
  • Development of a novel low-radiation-absorbent lok-bar to reduce X-ray scattering and absorption in RapidArc® treatment planning and dose delivery., 門前 一、西村 恭昌, J Appl Clin Med Phys, 18, 3, 44, 51,   2017年, 査読有り
  • A randomized phase III trial of comparing two dose-fractionations stereotactic body radiotherapy (SBRT) for medically inoperable stage IA non-small cell lung cancer or small lung lesions clinically diagnosed as primary lung cancer: Japan Clinical Oncology, 西村 恭昌, Jpn J Clin Oncol , e-pub,   2017年, 査読有り
  • 頭頸部癌に対する強度変調放射線治療(IMRT), 西村 恭昌, INNERVISION, 32, 1, 76, 77,   2017年
  • Clinical outcomes of IMRT planned with or without PET/CT simulation for patients with pharyngeal cancers., 松浦 知弘、西村 恭昌, Int J Clin Oncol , 22, 52, 58,   2017年, 査読有り
  • Spine metastasis practice patterns of Korean, Chinese and Japanese radiation oncologists: a multinational online survey study. , 西村 恭昌, J Radiat Res., 58, 155, 163,   2017年, 査読有り
  • Feasibility of tungsten functional paper in electron grid therapy: a Monte Carlo study., 田村 命、西村 恭昌, Phys Med Biol , 62, 878, 889,   2017年, 査読有り
  • 食道癌に対する放射線治療後の心筋FDG-PET/CT所見の検討, 稲田正浩、西村恭昌、石川一樹、花岡宏平、坂口健太、細野眞, 臨床放射線, 61, 5, 657, 666,   2016年
  • 強度変調放射線治療(IMRT)の特徴と適応, 西村 恭昌, INNERVISION, 31, 11, 23, 24,   2016年
  • Clinical outcomes of radiotherapy for esophageal cancer between 2004 and 2008: the second survey of the Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG). , 西村 恭昌, Int J Clin Oncol. , 21, 88, 94,   2016年, 査読有り
  • The effect of oxygen pressure during incubation with a 10B-carrier on 10B uptake capacity of cultured p53 wild-type and mutated tumor cells - Dependency on the p53 status of tumor cells and the type of 10B-carrier., 西村 恭昌, Int J Radiat Biol, 92, 4, 187, 194,   2016年, 査読有り
  • Biological imaging in clinical oncology; introduction., 西村 恭昌, Int J Clin Oncol. , 21, 617, 618,   2016年
  • An on-site audit system for dosimetry credentialing of intensity-modulated radiotherapy in Japanese Clinical Oncology Group (JCOG) clinical trials., 西村 恭昌, Physica Medica, 32, 987, 991,   2016年, 査読有り
  • Clinical outcome of node-negative oligometastatic non-small cell lung cancer., 西村 恭昌, Thoracic Cancer, 7, 670, 675,   2016年, 査読有り
  • 画像誘導放射線治療, 門前一、西村恭昌, 臨床腫瘍プラクティス, 11, 2, 157, 159,   2015年, 査読有り
  • 再発上咽頭癌に対する治療成績, 石川一樹、建部仁志、中松清志、西村恭昌, 頭頸部癌, 41, 4, 418, 421,   2015年, 査読有り
  • 肺癌放射線治療計画のためのリンパ節部位のCTアトラス, 小宮山貴史、板澤朋子、玉置幸久、西村恭昌、中山優子、伊藤宏之、大出泰久、楠本昌彦、坂井修二、鈴木健司、渡辺裕一、淺村尚生, 肺癌, 55, 4, 189, 205,   2015年, 査読有り
  • 強度変調放射線治療(IMRT)の適応と治療成績, 西村 恭昌, 日医雑誌, 144, 2, 251, 255,   2015年
  • Guidelines for diagnosis and treatment of carcinoma of the esophagus April 2012 edited by the Japan Esophageal Society., 西村 恭昌, Esophagus, 12, 1, 30,   2015年, 査読有り
  • Definitive radiotherapy for head and neck squamous cell carcinoma: update and perspectives on the basis of EBM. , 西村 恭昌, Jpn J Clin Oncol, 45, 235, 243,   2015年, 査読有り
  • Clinical results of definitive-dose (50 Gy/25 fractions) preoperative chemo-radiotherapy for unresectable esophageal cancer., 石川 一樹、西村 恭昌, Int J Clin Oncol , 20, 531, 537,   2015年, 査読有り
  • Novel anisotropic margin calculation based on the cumulative frequency distribution of uncertainties in the clinical target volume., 川守田 龍、西村 恭昌, OMICS J Radiol, 4, 202,   2015年, 査読有り
  • Quality improvement in external radiation therapy using a departmental incident-reporting system and multidisciplinary team efforts., 太田 誠一、西村 恭昌, J Nucl Med Radiat Ther, 6, 243,   2015年, 査読有り
  • Postoperative external irradiation of patients with primary biliary tract cancer: a multicenter retrospective study., 西村 恭昌, Anticancer Research, 35, 6231, 6238,   2015年, 査読有り
  • Cystic brain metastasis in non-small cell lung cancer with ALK rearrangement. , 西村 恭昌, J Clin Oncol., 32, 36, e122, e124,   2014年12月, 査読有り
  • 肺癌、放射線治療(特集;肺癌、診断と治療の進歩, 中松清志、西村恭昌, 日本内科学会雑誌, 103, 1300, 1305,   2014年, 査読有り
  • 放射線科領域、この10年の進歩, 西村 恭昌, 内科, 114, 6, 1276, 1278,   2014年
  • 強度変調放射線治療 (IMRT), 西村 恭昌, 癌と化学療法, 41, 13, 2539, 2542,   2014年
  • ポリマーゲル線量計による埋込み材料近傍の線量分布測定, 長畑智政、山口肇、門前一、西村恭昌, 日本放射線技術学会誌, 70, 10, 1160, 1165,   2014年, 査読有り
  • 高エネルギーX線治療におけるCR-39を用いた中性子測定システム, 薮田和利、門前一、田村昌也、鶴田隆雄、伊藤哲夫、納富昭弘、西村恭昌, 医学物理, 34, 3, 139, 148,   2014年, 査読有り
  • Factors influencing survival outcome for radiotherapy for biliary tract cancer: a multicentre retrospective study. , 西村 恭昌, Radiother Oncol , 110, 546, 552,   2014年, 査読有り
  • Impact of intraluminal brachytherapy on survival outcome for radiotherapy for unresectable biliary tract cancer: A propensity score-matched pair analysis., 西村 恭昌, Int J Radiat Oncol Biol Phys , 89, 822, 829,   2014年, 査読有り
  • A Phase I study of split-dose cisplatin and etoposide with concurrent accelerated hyperfractionated thoracic radiotherapy in elderly patients with limited-disease small cell lung cancer. , 西村 恭昌, Jpn J Clin Oncol , 44, 743, 748,   2014年, 査読有り
  • A phase I study of S-1 with concurrent radiotherapy in elderly patients with locally advanced non-small cell lung cancer. , 西村 恭昌, Invest New Drugs, 31, 3, 599, 604,   2013年06月, 査読有り
  • Patterns of radiotherapy practice for biliary tract cancer in Japan: results of the Japanese radiation oncology study group (JROSG) survey., 西村 恭昌, Radiat Oncol, 8, 76,   2013年04月, 査読有り
  • 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療, 西村恭昌、松浦知弘, 耳喉頭腫, 85, 3, 196, 200,   2013年
  • 肺がんに対する放射線療法の進歩, 西村 恭昌, 日医雑誌, 142, 1, 43, 46,   2013年
  • Volume and dosimetric changes and initial clinical experience of a two-step adaptive intensity modulated radiation therapy (IMRT) scheme for head and neck cancer., 西 環、西村 恭昌, Radiother Oncol, 106, 85, 89,   2013年, 査読有り
  • Dosimetric properties and clinical application of an a-Si EPID for dynamic IMRT quality assurance., 松本 賢治、西村 恭昌, Radiol Phys Technol, 6, 210, 218,   2013年, 査読有り
  • Multiple primary malignancies in patients with prostate cancer: increased risk of secondary malignancies after radiotherapy., 岡嶋 馨、西村 恭昌, Int J Clin Oncol , 18, 1078, 1084,   2013年, 査読有り
  • A prospective clinical trial of tumor hypoxia imaging with 18F-fluoromisonidazole positron emission tomography and computed tomography (F-MISO PET/CT) before and during radiation therapy., 立花 和泉、西村 恭昌, J Radiat Res, 54, 1078, 1084,   2013年, 査読有り
  • Human papillomavirus DNA and p16 expression in Japanese patients with oropharyngeal squamous cell carcinoma. , 西村 恭昌, Cancer Medicine, 2, 6, 933, 941,   2013年, 査読有り
  • Phase I pharmacokinetic study of S-1 granules and nedaplatin for advanced head and neck cancer. , 西村 恭昌, Anticancer Res., 33, 12, 5699, 5705,   2013年, 査読有り
  • A newly introduced comprehensive consultation fee in the national health insurance system in Japan: A promotive effect of multidisciplinary medical care in the field of radiation oncology – results from a questionnaire survey. , 西村 恭昌, Jpn J Clin Oncol , 43, 12, 1233, 1237,   2013年, 査読有り
  • 臨床医学の展望2012、放射線腫瘍学, 西村 恭昌, 日本医事新報, 4585, 78, 83,   2012年
  • 頭頸部腫瘍に対する適応放射線治療としてのtwo-step法IMRT, 西村恭昌、西環, 臨床放射線, 57, 4, 482, 489,   2012年
  • 食道癌に対する放射線治療の現況と展望, 西村 恭昌, 臨床外科, 67, 8, 992, 996,   2012年
  • Clinical practice and outcome of radiotherapy for esophageal cancer between 1999 and 2003: The Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG) survey. , 西村 恭昌, Int J Clin Oncol , 17, 48, 54,   2012年, 査読有り
  • Recent advances in diagnosis and treatment for malignancies of the gastrointestinal tract. , 西村 恭昌, Digestion, 85, 95, 98,   2012年
  • A phase I study of chemoradiotherapy with use of involved-field conformal radiotherapy and accelerated hyperfractionation for stage III non-small-cell lung cancer: WJTOG 3305., 西村 恭昌, Int J Radiat Oncol Biol Phys, 83, 327, 331,   2012年, 査読有り
  • Concurrent radiotherapy and Gemcitabine for unresectable pancreatic adenocarcinoma: Impact of adjuvant chemotherapy on survival., 西村 恭昌, Int J Radiat Oncol Biol Phys , 83, 559, 565,   2012年, 査読有り
  • Long-term follow-up of a randomized phase II study of cisplatin/5-FU concurrent chemoradiotherapy for esophageal cancer (KROSG0101/JROSG021). , 西村 恭昌, Jpn J Clin Oncol , 42, 807, 812,   2012年, 査読有り
  • A phase 3 study of induction treatment with concurrent chemoradiotherapy versus chemotherapy before surgery in patients with pathologically confirmed N2 stage IIIA nonsmall cell lung cancer (WJTOG9903)., 西村 恭昌, Cancer, 118, 6126, 6135,   2012年, 査読有り
  • Clinical outcomes of thoracic radiotherapy for locally advanced NSCLC with EGFR mutations or EML4-ALK rearrangement. , 西村 恭昌, Anticancer Res, 32, 4533, 4538,   2012年, 査読有り
  • 放射線治療におけるチーム医療, 西村 恭昌, 新医療, 38, 7, 126, 130,   2011年07月
    概要:放射線治療におけるチーム医療についての考えをまとめた。
  • 切除不能局所進行食道癌に対する術前化学放射線療法の検討, 石川一樹、小池竜太、立花和泉、西川龍之、中松清志、金森修一、柴田徹、西村恭昌, 癌の臨床, 57, 2, 71, 75,   2011年
  • 強度変調放射線治療(IMRT)による食道癌治療, 西村恭昌、小池竜太, 癌と化学療法, 38, 9, 1421, 1423,   2011年
  • 上咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)、近畿大学での経験, 西村恭昌、柴田徹、中松清志、金森修一、小池竜太、西川龍之、立花和泉、石川一樹, 臨床放射線, 56, 943, 949,   2011年
  • 食道がんの最新放射線治療、強度変調放射線治療(IMRT)、化学放射線療法の治療成績向上と晩期合併症の低減に向けて, 西村 恭昌, 小池 竜太, 石川 一樹, INNERVISION INNERVISION, 23, 3, 37, 38,   2011年
    概要:食道がんの最新放射線治療、強度変調放射線治療(IMRT)を用いた化学放射線療法の治療成績向上と晩期合併症の低減についてまとめた。
  • 化学放射線療法、これだけは知っておきたい、放射線療法Q & A、基本知識と最前線, 西村 恭昌, がん治療レクチャー, 2, 1, 3, 6,   2011年
    概要:化学放射線療法、これだけは知っておきたいポイントを解説した。
  • 消化器腫瘍委員会、特集:JROSG(Japanese Radiation Oncology Study Group)の現状, 西村 恭昌, 小川 和彦, 癌の臨床, 56, 7, 499, 504,   2011年
    概要:JROSG(Japanese Radiation Oncology Study Group)の消化器腫瘍委員会の活動状況をまとめた。
  • 放射線治療専門医の養成, 西村 恭昌, 腫瘍内科, 7, 1, 39, 42,   2011年
    概要:放射線治療専門医の養成の課題と現状を解説した。
  • Randomized clinical trial of postoperative Strontium-90 radiation therapy for pterygia treatment using 30 Gy/3 fractions vs. 40 Gy/4 fractions., 中松 清志、西村 恭昌, Strahlenther Onkol, 187, 401, 405,   2011年, 査読有り
  • Radiation therapy in patients with implanted cardiac pacemakers and implantable cardioverter defibrillators: a prospective survey in Japan. , 西村 恭昌, J Radiat Res , 52, 516, 521,   2011年, 査読有り
  • Nimotuzumab, a novel monoclonal antibody to the epidermal growth factor receptor, in the treatment of non-small cell lung cancer., 西村 恭昌, Lung Cancer: Targets and Therapy, 2, 59, 67,   2011年, 査読有り
  • S-1 plus cisplatin with concurrent radiotherapy for locally advanced non-small cell lung cancer: a multi-institutional phase II trial (West Japan Thoracic Oncology Group 3706)., 西村 恭昌, J Thoracic Oncol , 6, 2069, 2075,   2011年, 査読有り
  • Single-agent gefitinib with concurrent radiotherapy for locally advanced non–small cell lung cancer harboring mutations of the epidermal growth factor receptor., 西村 恭昌, Lung cancer, 72, 199, 204,   2011年, 査読有り
  • Intraoperative radiotherapy for unresectable pancreatic cancer: a multi-institutional retrospective analysis of 144 patients., 西村 恭昌, Int J Radiat Oncol Biol Phys, 80, 111, 118,   2011年, 査読有り
  • A two-step intensity modulated radiation therapy method for nasopharyngeal cancer: the Kinki University Experience., 西村 恭昌, 柴田 徹, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西川 龍之, 田村 昌也, 立花 和泉, 大久保 充, 奥村 雅彦, Jpn J Clin Oncol, 40, 130, 138,   2010年
    概要:近畿大学医学部放射線腫瘍科における上咽頭癌に対する2段階IMRT法の臨床成績を報告した。良好な生存率と唾液腺障害の低下が得られた。
  • The effect of gantry and collimator angles on leaf limited velocity and position in dynamic multileaf collimator intensity-modulated radiation therapy., 奥村 雅彦, 西村 恭昌, 霜村 康平, 田村 昌也, Obata Y, Phys Med Biol, 55, 3101, 3113,   2010年
    概要:IMRTにおけるガントリー角度とコリメータ角度が多段絞りの速度と位置に与える影響を明らかにした。
  • Radiation treatment planning using positron emission and computed tomography (PET/CT) for lung and pharyngeal cancers: A multiple thresholds method for FDG activity., 大久保 充, 西村 恭昌, 中松 清志, 奥村 雅彦, 柴田 徹, 金森 修一, 花岡 宏平, 細野 眞, Int J Radiat Oncol Biol Phys, 77, 350, 356,   2010年
    概要:肺癌と咽頭癌に対するPET/CTを用いた治療計画法で、多段階閾値設定法を提案し、その臨床的意義と問題点をあきらかにした。
  • Phase III study comparing second- and third-generation regimens with concurrent thoracic radiotherapy in patients with unresectable stage III non?small-cell lung cancer: West Japan Thoracic Oncology Group WJTOG0105., Yamamoto N, 西村 恭昌, 中川 和彦, 千葉 康敬, 福岡 正博, 植島 久雄, Tsujino K, Satouchi M, Kudo S, Hida T, Kawahara M, Takeda K, Katakami N, Sawa T, Yokota S, Seto T, Imamura F, Saka H, Iwamoto Y, Semba H, J Clin Oncol, 28, 3739, 3745,   2010年
    概要:非小細胞肺がんに対する同時化学放射線療法のランダム化比較試験(WJTOG0105)の臨床結果を報告した。
  • Postoperative external beam radiotherapy for resected pancreatic adenocarcinoma: impact of chemotherapy on local control and survival., Ogawa K, 西村 恭昌, Shibuya H, Uchida N, Onishi H, Okuno S, Myojin M, Kobayashi M, Ogawa Y, Kanesaka N, Shibuya K, Tokumaru N, Sasamoto R, Karasawa K, Nemoto K,, Anticancer Research, 30, 2959, 2968,   2010年
    概要:すい臓がんに対する術後照射にける化学療法の意義を報告した。
  • Patterns of radiotherapy practice for pancreatic cancer in Japan: results of the Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG) survey., Ogawa K, 西村 恭昌, Ito Y, Karasawa K, Ogawa Y, Onishi H, Kazumoto T, Shibuya K, Shibuya H, Okuno Y, Nishino S, Ogo E, Uchida N, Karasawa K, Nemoto K, Int J Radiat Oncol Biol Phys, 77, 743, 750,   2010年
    概要:我が国でのすい臓がんに対する放射線治療の実態をアンケート調査し、明らかにした。
  • 食道癌に対する放射線療法の進歩, 西村 恭昌, 医学のあゆみ, 233, 8, 595, 599,   2010年
    概要:食道癌に対する放射線療法の進歩を概説した。
  • 強度変調放射線治療, 西村 恭昌, JOHNS (Journal of Otolaryngology, Head and Neck Surgery) JOHNS (Journal of Otolaryngology, Head and Neck Surgery), 26, 6, 927, 930,   2010年
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療の現状を解説した。
  • 食道癌に対する照射技術の進歩, 西村 恭昌, 消化器外科, 33, 8, 1319, 1324,   2010年
    概要:食道癌に対する照射技術の進歩を概説した。
  • 食道癌に対する強度変調放射線治療(IMRT), 西村 恭昌, 小池 竜太, 石川 一樹, Rad Fan, 8, 12, 55, 57,   2010年
    概要:食道癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の意義と当科での現状を報告した。
  • 放射線腫瘍医の立場から, 西村 恭昌, 食道がん標準化学療法の実際, 36, 39,   2010年
    概要:放射線腫瘍医の立場から、食道がんに対する化学放射線療法をまとめた。
  • 化学放射線療法の進歩, 西村 恭昌, がん医療の今、第1集, 37, 42,   2010年
    概要:化学放射線療法の進歩をやさしくまとめた。
  • Intraoperative radiotherapy for resected pancreatic cancer: a multi-institutional retrospective analysis of 210 patients., Ogawa K, 西村 恭昌, Karasawa K, Ito Y, Ogawa Y, Jingu K, Onishi H, Aoki S, Wada H, Kokubo M, Etoh H, Kazumoto T, Takayama M, Negoro Y, Nemoto K,, Int J Radiat Oncol Biol Phys., 77, 734, 742,   2010年
    概要:我が国における膵臓がんに対する術中照射210例の治療成績をまとめた。
  • Definitive radiation therapy for moderately advanced laryngeal cancer: effects of accelerated hyperfractionation., 大久保 充, 西村 恭昌, 柴田 徹, 中松 清志, 金森 修一, 立花 和泉, 小池 竜太, 西川 龍之, 森 一功, Jpn J Clin Oncol, 40, 944, 948,   2010年
    概要:近畿大学におけるT2以上の喉頭がんに対する加速過分割照射の治療成績をまとめた。
  • 非小細胞肺癌に対する放射線療法の現状と問題点, 西村 恭昌, コンセンサス癌治療, 9, 4, 194, 197,   2010年
    概要:非小細胞肺癌に対する放射線療法の現状と問題点をまとめた。
  • A randomized phase II study of cisplatin/5-FU concurrent chemoradiotherapy for esophageal cancer: short-term infusion versus protracted infusion chemotherapy (KROSG0101/JROSG021), 西村 恭昌, 小池 竜太, 中松 清志, 京都大学ほか, Radiother Oncol, 92, 260, 265,   2009年
    概要:食道癌に対して短期大量と少量持続化学療法のランダム化比較II相試験を行った。有意差はないが、短期大量法の完遂率、長期生存率がよい傾向にあった。
  • 肺癌に対する放射線療法の最新動向, 西村 恭昌, 内科, 103, 2, 241, 244,   2009年
    概要:肺癌に対する放射線療法の最新動向を概説した。
  • 上咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT):治療計画法を中心に, 西村 恭昌, 映像情報 Medical, 41, 6, 626, 629,   2009年
    概要:治療計画法を中心に上咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の実際を解説した。
  • 放射線療法の考え方と最近の進歩, 西村 恭昌, 最新医学, 64, 6, 1109, 1114,   2009年
    概要:放射線療法の考え方と最近の進歩を概説した。
  • 食道癌, 西村 恭昌, 小池 竜太, 小川和彦,笹本龍太,村上祐司,伊藤善之,根来慶春,板坂聡,坂谷内徹,玉本哲郎, 日本放射線腫瘍学会第21回学術大会調査報告集, 43, 46,   2009年
    概要:JROSGが行った食道がんに対する化学放射線療法の全国調査結果を報告した。
  • 膵臓癌に対する放射線治療、JROSG全国実態調査研究による報告, 小川和彦, 西村 恭昌, 根本建二,唐澤克之,伊藤芳紀,奥野芳茂,小林雅夫,笹本龍太,神宮啓一,根来慶春, 日本放射線腫瘍学会第21回学術大会調査報告集, 55, 60,   2009年
    概要:膵臓癌に対する放射線治療をJROSG全国実態調査研究で行い、その結果を報告した。
  • 肺がんの治療、治療の合併症・副作用、放射線療法, 西村 恭昌, インフォームドコンセントのための図説シリーズ、肺がん、改訂3版, 136, 17,   2009年
    概要:肺がんの放射線治療の合併症・副作用をやさしく解説した。
  • 悪性痩孔を有する進行食道癌に対する化学放射線療法, 小池 竜太, 西村 恭昌,   2009年
    概要:悪性痩孔を有する進行食道癌に対する化学放射線療法の治療成績、予後その他について考察した。
  • Stage Ⅲ乳癌の温存乳房に対する放射線治療, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, 廣井 啓二, 柴田 徹, 西村 恭昌, Breast conversation treatment for stage III breast cancer Japanese Journal of Clinical Radiology, 53, 3, 442, 448,   2008年05月
    概要:腋窩リンパ節転移が高度な乳房温存症例に対する放射線絵治療について当院の治療成績を分析し、文献的考察を行った。
  • 悪性瘻孔を有する食道癌に対する同時化学放射線療法, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, Int J Radiat Oncol Biol Phys, 70, 1418, 1422,   2008年
    概要:悪性瘻孔を有する食道癌に対して同時化学放射線療法は有用な治療法である。
  • 2007年版食道癌、診断治療ガイドライン, Kuwano H, 西村 恭昌, Ohtsu A, Kato H, Kitagawa Y, Tamai S, Toh Y, Matsubara H., Esophagus, 5, 61, 73,   2008年
    概要:2007年版食道癌、診断治療ガイドラインを要約した。
  • 局所進行すい臓がんに対する低酸素細胞増感剤ドラニダゾールの効果、ランダム化比較試験, Karasawa K, 西村 恭昌, Sunamura M, Okamoto A, Nemoto K, Matsuno S, Shibamoto Y., Radiother Oncol., 87, 326, 330,   2008年
    概要:局所進行すい臓がんに対する低酸素細胞増感剤ドラニダゾールの効果をランダム化比較試験で検討した。
  • PET-CTシミュレーションによる放射線療法:現状と今後の展開, 西村 恭昌, 大久保 充, 癌の臨床, 54, 2, 87, 90,   2008年
    概要:PET-CTシミュレーションによる放射線療法の現状と今後の展開を述べた。
  • 強度変調放射線療法(IMRT), 西村 恭昌, カレントテラピー, 26, 5, 408, 411,   2008年
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)について概説した。
  • 肺癌放射線療法の適応、肺癌:基礎・臨床研究のアップデート, 西村 恭昌, 日本臨床, 66, 増刊号6, 458, 462,   2008年
    概要:肺癌放射線療法の適応について概説した。
  • IL12RB2 and ABCA1 genes are associated with susceptibility to radiation dermatitis., 西村 恭昌, Oya N, Tachiiri S, Kaneyasu Y, Akimoto T, Hareyama M, Sugita T, Mitsuhashi N, Yamashita T, Aoki M, Sai H, Hirokawa Y, Sakata K, Karasawa K, Tomida A, Tsuruo T, Miki Y, Noda T, Hiraoka M., Clin Cancer Res, 14, 6683, 6689,   2008年
    概要:放射線皮膚炎の感受性に、IL12RB2 and ABCA1 genesが関与していることを明らかにした。
  • 化学放射線療法の進歩, 西村 恭昌, 小池 竜太, 外科治療, 99, 4, 336, 340,   2008年
    概要:化学放射線療法の進歩を概説した。
  • 放射線療法の進歩・IMRT, 西村 恭昌, 柴田 徹, 中松 清志, 臨床放射線, 53, 11, 1547, 1554,   2008年
    概要:放射線療法の進歩、特にIMRTの進歩を概説した。
  • 粒子線治療と高精度X線放射線治療の比較, 西村 恭昌, 臨床放射線, 53, 1071, 1077,   2008年
    概要:粒子線治療と高精度X線放射線治療の臨床的比較を行った。
  • 肺癌放射線治療の現状と展望, 西村 恭昌, 呼吸と循環, 56, 12, 1213, 1219,   2008年
    概要:肺癌放射線治療の現状と展望を概説した。
  • 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT)、これからはじめる人のために, 西村 恭昌, 医学のあゆみ, 227, 9, 704, 709,   2008年
    概要:これからはじめる人のために頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT)のポイントを解説した。
  • Treatment outcomes and dose-volume histogram analysis of simultaneous integrated boost method for malignant gliomas using intensity modulated radiotherapy., 中松 清志, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 小池 竜太, 柴田 徹, 岡嶋 馨, 赤井 文治, Int J Clin Oncol, 13, 48, 53,   2008年
    概要:悪性脳神経膠腫に対するSIB法を用いたIMRTでは安全に治療が遂行できたが、照射野内からの再発が多い。
  • 集学的治療におけるマイルドハイパーサーミア, 増永慎一郎, 西村 恭昌, 平岡眞寛,阿部光幸,高橋正治,小野公二, Thermal Medicine, 23, 3, 103, 112,   2007年
    概要:集学的治療におけるマイルドハイパーサーミアをレビューした。
  • 非小細胞肺がんに対する低酸素細胞増感剤ドラニダゾールを用いた化学放射線療法のI/II相試験, 西村 恭昌, 中川 和彦, 福岡 正博, Takeda K, Tanaka M, Segawa Y,Tsujino K, Negoro S, Fuwa N, Hida T, Kawahara M, Katakami N, Hirokawa K, Yamamoto N, Ariyoshi Y., Int J Radiat Oncol Biol Phys, 69, 786, 792,   2007年
    概要:非小細胞肺がんに対する低酸素細胞増感剤ドラニダゾールを用いた化学放射線療法のI/II相試験を行った。
  • 放射線治療に伴う晩期有害事象;食道がん, 西村 恭昌, 癌の臨床, 53, 5, 297, 302,   2007年
    概要:食道がん放射線治療に伴う晩期有害事象を概説した。
  • 肺癌放射線治療のリスクマネージメント, 西村 恭昌, 呼吸, 26, 11, 1039, 1043,   2007年
    概要:肺癌放射線治療のリスクマネージメントについて概説した。
  • ペースメーカーおよび埋め込み式除細動器装着患者に対する放射線治療に関する予備アンケート報告, 余田栄作, 西村 恭昌, 副島俊典 辻野佳世子, 福田晴行,佐々木良平,吉田明弘,小野誠治, 日放腫会誌, 19, 165, 169,   2007年
    概要:ペースメーカーおよび埋め込み式除細動器装着患者に対する放射線治療に関する予備アンケート報告について述べた。
  • Analysis of interfractional set-up errors and intrafractional organ motions during IMRT for head and neck tumors to define an appropriate planning target volume (PTV)- and planning organs at risk volume (PRV)-margins., 鈴木 実, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 柴田 徹, 奥村雅彦, 橋場久幸, Radiotherapy and Oncol., 78, 283, 290,   2006年
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT)の照射中の臓器移動を検討し、標的体積およびリスク臓器への適切なマージンを明らかにした。
  • Results of radiation therapy for superficial esophageal cancer using the standard radiotherapy method recommended by the Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology (JASTRO) Study Group., 根本建二, 西村 恭昌, 山田章吾ほか22名, Anticancer Research, 26, 1507, 1512,   2006年
    概要:日本放射線腫瘍学会のガイドラインに従って表在食道癌の放射線療法を行なった多施設試験の結果を報告した。
  • 強度変調放射線療法(IMRT)の現状と展望, 西村 恭昌, 臨床放射線, 51, 5, 565, 571,   2006年
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)の現状と展望を解説した。
  • 放射線腫瘍医の人材育成, 西村 恭昌, Digital Medicine Digital Medicine, 6, 3, 37, 38,   2006年
    概要:放射線腫瘍医の人材育成の現状と展望を述べた。
  • 特集:高精度放射線治療 、はじめに, 山田章吾, 西村 恭昌, 臨床放射線, 51, 5, 563, 564,   2006年
    概要:特集「高精度放射線治療」の巻頭言を書いた。
  • 非小細胞肺がんに対するドセタキセル、シスプラチンの同時化学放射線療法のI/II相試験, 山本信之, 西村 恭昌, 中川 和彦, 福岡 正博, Cancer Chemother Pharmacology, 58, 285, 291,   2006年
    概要:非小細胞肺がんに対するドセタキセル、シスプラチンの同時化学放射線療法のI/II相試験を行った。
  • 強度変調放射線療法(IMRT)による進歩, 西村 恭昌, 日本放射線技術学会近畿部会誌, 12, 2, 39, 43,   2006年
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)による進歩を解説した。
  • 頭頸部および中枢神経腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT), 中松 清志, 西村 恭昌, 臨床放射線, 51, 10, 1171, 1178,   2006年
    概要:頭頸部および中枢神経腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績を概説した。
  • 放射線治療計画ガイドライン・2004の意義, 西村 恭昌, 新医療, 372, 56, 58,   2005年12月
    概要:放射線治療計画ガイドライン・2004の意義を解説した。
  • Multi-detector CT in Patients with Suspected Ischemic Heart Disease and Myocardial Ischemia Detected by Thallium Exercise Stress Testing, 西田 千嘉子, 岡嶋 馨, 山本 敬, 服部 隆一, 西村 恭昌, 工藤 崇, Annals of Nuclear Medicine, 19, 8, 647, 653,   2005年12月
  • MDCT of Hypervascular Hepatocellular Carcinomas: A Prospective Study Using Contrast Materials With Different Iodine Concentrations, 栁生 行伸, 粟井 和夫, 井上 正昭, 綿井 良輔, 佐野 都志子, 長谷川 博一, 西村 恭昌, American Journal of Roentgenology, 184, 5, 1535, 1540,   2005年05月
    概要:MDCTにおける多血性肝細胞癌の造影能について、異なるヨード濃度を持つ造影剤を用いて検討した。よりヨード濃度の高い造影剤を用いた方が優位に多血性肝細胞癌の造影能は向上した。また、造影剤注入後45秒での撮影がもっとも良好に腫瘍を描出できた。(英文)
  • MRIでflow voidを認めなかった馬尾原発傍神経節腫の1例, 寺内一真, 西村 恭昌, 下野 太郎, 松村文典, 木村雅友, 臨床放射線, 50, 3, 430, 433,   2005年03月
    概要:MRIでflow voidを認めなかった馬尾原発傍神経節腫の1例 を報告した
  • Importance of the initial volume of parotid glands in xerostomia for patients with head and neck cancers treated with IMRT., Jpn J Clin Oncol, 35:375-379,   2005年
  • 特集:放射線治療の標準化と個別化、放射線治療計画ガイドラインとその限界、はじめに, 西村 恭昌, 晴山雅人, 臨床放射線, 50, 225, 226,   2005年
    概要:「放射線治療の標準化と個別化、放射線治療計画ガイドラインとその限界」を特集として編集し、その内容と意味について述べた。
  • 早期下咽頭癌の放射線治療に関するアンケート調査結果報告, 中村和正, 西村 恭昌, 晴山雅人,塩山善之,根本建二,小川芳弘,白土博樹,広川裕,高井良尋,早渕尚文,山田章吾, 日放腫会誌, 17, 41, 47,   2005年
    概要:早期下咽頭癌の放射線治療に関する全国アンケート調査結果を報告した。
  • 特集:化学放射線療法にどこまで期待できるか、現状と展望、はじめに, 西村 恭昌, 臨床放射線, 50, 935, 937,   2005年
    概要:化学放射線療法にどこまで期待できるか、現状と展望を特集として編集し、その概要と意義を述べた。
  • JASTRO研究グループによる標準的放射線治療法を用いた食道表在癌の治療成績、中間報告, 根本建二,山田章吾ほか22名, 西村 恭昌, 日放腫会誌, 17, 187, 193,   2005年
    概要:JASTRO研究グループによる標準的放射線治療法を用いた食道表在癌の治療成績の中間報告を行なった。
  • 放射線療法の適応と化学放射線療法, 西村 恭昌, 臨床腫瘍プラクティス, 1, 2, 168, 171,   2005年
    概要:大腸がんに対する放射線療法の適応と化学放射線療法を解説した。
  • 化学放射線療法:食道癌, 西村 恭昌, Mebio Oncolgy Mebio Oncolgy, 2, 4, 38, 44,   2005年
    概要:食道癌に対する化学放射線療法の進歩を解説した。
  • 放射線治療に対する意識調査および情報提供の重要性についての検討、患者1529人を対象として(2002年), 広田佐栄子ほか9名, 西村 恭昌, 日医放会誌, 65, 3, 248, 254,   2005年
    概要:患者1529人を対象として放射線治療に対する意識調査および情報提供の重要性についての検討を行なった。
  • Erythropoietin/Erythropoietin-receptor system as an angiogenic factor, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 安田 佳子, 前西 修, International Journal of Clinical Oncology, 9, 3, 184, 188,   2004年02月
    概要:学物質誘発ラット肝癌モデルにおいて、腫瘍内Epo濃度と腫瘍血管密度が相関し、腫瘍血管内皮にEpo-Rが存在した。Epoは肝腫瘍における腫瘍血管新生因子のひとつと考えられた。
  • Progress in radiation therapy for esophageal cancer., Recent Advances and Research Updates, 5: 261-270,   2004年
  • Phase III trial of radiosensitizer PR-350 combined with intraoperative radiotherapy for the treatment of locally advanced pancreatic cancer., Pancreas, 28: 330-334,   2004年
  • Rationale for chemoradiotherapy, Int J Clin Oncol , 9: 414-420,   2004年
  • Comparison of outocomes between overlapping structure-based and non-overlapping structure-based optimizaion for simultaneous integrated boost IMRT for malignant glioma., Int J Clin Oncol, 9: 491-497,   2004年
  • Pulmonary nodules at chest CT: effect of computer-aided diagnosis on radiologists detection performance., 粟井和夫, 西村 恭昌, ほか5名, Radiology, 230, 347, 352,   2004年
    概要:コンピュータ支援診断が、放射線科医の肺CTでの小結節検出率に与える影響を検討した。(英文原著)
  • Intra-arterial administration of sodium borocaptate (BSH)/lipiodol emulsion delivers B-10 to liver tumors highly selectively for boron neutron capture therapy: experimental studies in the rat liver model., 鈴木実, 西村 恭昌, 中松 清志, 増永慎一郎,ほか5名, Int J Radiat Oncol Biol Phys, 59, 260, 266,   2004年
    概要:ラット肝癌モデルをもちいて、BSH/リピオドール混濁液の動脈注入による肝腫瘍に対するボロンの選択的投与を行った場合のボロン中性子療法の基礎的研究を報告した。(英文原著)
  • Concurrent chemoradiotherapy for esophageal cancer: comparison between intermittent standard-dose cisplatin with 5-fluorouracil and daily low-dose cisplatin with continuous infusion of 5-fluorouracil., 崔 秉哲, 西村 恭昌, 光森 通英,ほか5名, Int J Clin Oncol, 9, 149, 153,   2004年
    概要:食道癌に対する化学放射線療法において、シスプラチン・5FUの標準的投与法と低用量持続投与法の治療成績をretrospectiveに比較検討した。(英文原著)
  • Moderate versus High Concentration of Contrast Material for Aortic and Hepatic; Enhancement and Tumor-to-Liver Contrast at Multi-Detector Row CT., 粟井 和夫,山下 康行, 西村 恭昌, 栁生 行伸, 小池 竜太, 任 誠雲, 井上 正昭, 渡辺 学, 佐野 都志子, , Radiology, 233, 682, 688,   2004年
    概要:多列検出器型CTにおいて合計ヨード量の同じ標準濃度と高濃度のヨード造影剤を用いて、肝腫瘍の造影性を合計186症例での前向き試験で検討した。標準濃度の造影剤の急速静脈注射で肝腫瘍の検出能が向上した。(英文原著)
  • 小細胞肺癌に対する放射線療法, 西村 恭昌, 肺癌, 44, 71, 75,   2004年
    概要:小細胞肺癌に対する放射線療法の現状と進歩を概説した。
  • 食道癌に対する放射線療法, 西村 恭昌, 日獨医報, 49, 36, 44,   2004年
    概要:食道癌に対する放射線療法の現状と進歩を概説した。
  • 強度変調放射線療法(IMRT)での治療計画, 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 新医療, 360, 103, 106,   2004年
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)の特徴とその治療計画の実際について述べた。
  • 放射線治療の標準化と個別化;放射線治療計画ガイドラインとその限界, 西村 恭昌, Innervision Innervision, 19, 6, 10, 11,   2004年
    概要:2004年度日本医学放射線学会のシンポジウム「放射線治療計画ガイドラインとその限界」の内容を座長としてまとめた。
  • Simultaneous Integrated Boost (SIB) 法を用いた悪性神経膠腫に対するIMRT, 中松 清志, 西村 恭昌, 鈴木 実, 癌の臨床, 50, 13, 1085, 1088,   2004年
    概要:性神経膠腫に対するSIB法の臨床研究はいまだ端緒についたばかりで、1回線量の増加が悪性神経膠腫の治療成績を改善できるかは明らかでないが、IMRTという技術が悪性神経膠腫の新しい治療法の開発につながるものと期待できる。 
  • 肝のダイナミックMDCTにおける造影剤の使用法, 粟井 和夫, 栁生 行伸, 綿井 良輔, 下野 太郎, 井上 正昭, 細野 眞, 西村 恭昌, 画像診断, 23, 9, 1017, 1025,   2003年09月
    概要:肝のDynamic MDCTでは造影剤投与後適切な撮像時間帯でスキャンすることが不可欠である。このためには体内での造影剤の動態、および造影剤投与時の種々の因子について理解しておくことが必要である。これらの点について解説した。
  • 近畿大学におけるIMRTの精度保証, 奥村雅彦, 橋場久幸, 澄田 貢, 村野喜彦, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本放射線腫瘍学会, 15, 1, 29, 36,   2003年03月
    概要:当院でのIMRTにおけるQAの現状についての報告。治療計画から治療開始および治療中のQAにおいて、MLCの位置精度が重要となるため、半導体検出器やフィルムを用いた方法について解説しその問題点について報告した。
  • IMRT(intensity modulated radiation therapy)の理想と現状, 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 奥村 雅彦, Radiology Frontier Radiology Frontier, 6, 1, 9, 12,   2003年01月
    概要:高精度放射線治療である強度変調放射線療法(IMRT)の目指すところと、近畿大学におけるIMRTの現状を解説した。
  • Additive effects of radiation and docetaxel on murine SCCVII tumors in vivo; special reference to changes in the cell cycle., Radiat Res., 159:799-804,   2003年
  • Concurrent chemotherapy and radiotherapy with low-dose cisplatin for nasopharyngeal carcinoma., Am J Clin Oncol (CCT), 26: 155-158,   2003年
  • Dynamic multidetector CT of breast tumors: diagnostic features and comparison with conventional techniques., Am J Rentogenol, 181: 679-686,   2003年
  • Concurrent chemoradiotherapy with protracted infusion of 5-FU and cisplatin for postoperative recurrent or residual esophageal cancer., Jpn J Clin Oncol, 33: 341-345,   2003年
  • Feasibility study of the simultaneous integrated boost (SIB) Method for malignant gliomas using intensity modulated radiotherapy (IMRT). , Jpn J Clin Oncol, 33: 271-277,   2003年
  • Phase I study of weekly docetaxel infusion and concurrent radiation therapy for head and neck cancer., Jpn J Clin Oncol, 33: 297-301,   2003年
  • Severe complications in advanced esophageal cancer treated with radiation therapy after intubation of esophageal stents; a questionnaire survey of the Japanese Society for Esophageal Diseases., Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys., 56:1327-1332,   2003年
  • Effects of inhomogeneity correction algorithms on monitor units calculation: analysis of clinical cases of lung cancer., 鈴木 実, 西村 恭昌, 奥村 雅彦, 中松 清志, 金森 修一, J Jpn Soc Ther Radiol Oncol, 15, 271, 275,   2003年
    概要:肺癌症例に対する放射線治療において不均質部補正アルゴリズムを用いると、補正しない場合に比較して数%線量低下となる。(英文原著)
  • Development of severe complications caused by stent placement and followed by definitive radiation therapy for T4 esophageal cancer; a report of three cases., Yakami M, Mitsumori M, Sai H, Nagata Y, Hiraoka M, 西村 恭昌, Int J Clin Oncol, 8, 395, 398,   2003年
    概要:食道ステント挿入後に放射線治療を行ない、食道瘻など重篤な合併症を生じたT4食道癌3症例を報告した。(英文原著)
  • 放射線腫瘍学の臨床試験;特徴と現状, 西村 恭昌, 臨床放射線, 48, 1513, 1518,   2003年
    概要:放射線腫瘍学の臨床試験の特徴と日本の現状について解説した。
  • The effect of various chemotherapeutic agents given with mild hyperthermia on different types of tumors., Takemoto M, 西村 恭昌, Kuroda M, Urano M, Kawasaki S, Kato H, Okumura Y, Akaki S, Kanazawa S, Asami J, Joja I, Hiraki Y., Int. J. Hyperthermia, 19, 193, 203,   2003年
    概要:異なる腫瘍に対するマイルドハイパーサーミアと化学療法剤の併用効果を検討し、サイクロフォスファミドなどのアルキル化剤がもっとも高い温熱増感作用を有することを明らかにした。(英文原著)
  • 肺癌、放射線治療のガイドライン作成について, 西村 恭昌, 早川和重 , 斉藤博,有吉寛, 癌と化学療法, 30, 3, 343, 347,   2003年
    概要:厚生労働省藤村班での、肺癌、放射線治療ガイドライン作成についてその経緯と概要を述べた。
  • 放射線腫瘍学における探索型臨床研究, 西村 恭昌, 新医療, 29, 2, 123, 126,   2002年02月
    概要:探索型臨床研究は、基礎的研究と臨床的研究の橋渡し的な研究プログラムである。放射線腫瘍学における探索型臨床研究を概説した。
  • Prospective trial of concurrent chemoradiotherapy with protracted infusion of 5-fluorouracil and cisplatin for T4 esophageal cancer with or without fistula, Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. , 53, 134-139,   2002年
  • Dose-escalation study of weekly iriontecan and daily carboplatin with concurrent thoracic radiotherapy for unrespectable stage Ⅲ non-small cell lung cancer., Br J Cancer , 87, 258-263,   2002年
  • IMRTの目指すもの:physicsと radiobiologyの統合, 西村 恭昌, 放射線治療分科会誌, 16, 1, 4, 5,   2002年
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)の目指すところを、物理的側面と生物学的側面から解説した。
  • AUC finding Study of Daily Carboplatin Combined with Concurrent Thoracic Radiotherapy for Elderly Non-Small Cell Lung Cancer patients, 家田 泰浩, 山本信之, 中川 和彦, 西村 恭昌, 福岡 正博, Acta Med Kinki Univ Acta Med Kinki Univ, 26, 2, 35, 44,   2002年
    概要:CBDCAの投与量を, Calvert 式より総投与量を算出し,それを25分割し1回投与量とした,高齢者非小細胞肺癌(Non-Small Cell Lung Cancer:NSCLC)に対する少量Carboplatin(CBDCA)連日投与と胸部放射線療法(TRT)の治療方法は,高齢者NSCLCに対して,毒性を予測・制御でき,安全でかつ,治療効果を高めることが期待できると考えらる.
  • 肺がんの化学放射線療法, 西村 恭昌, 映像情報Medical, 33, 12, 1187, 1191,   2001年12月
    概要:非小細胞肺がんに対する化学放射線療法の進歩を総説的に解説した。
  • フィルムレスのPACSの初期経験, 岡嶋 馨, 山本 敬, 西田 千嘉子, 西村 恭昌, Radiology Frontier , 4, 2, 105, 109,   2001年05月
    概要:近畿大学奈良病院において全国にさきがけて実用稼動している、放射線部フィルムレスシステムの現状を報告した。
  • Definitive intraoperative very high-dose radiotherapy for localized osteosarcoma in the extremities, Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. , 5, 87-93,   2001年
  • 多分割照射法にて長期生存が得られた術後局所再発癌の一例, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 原 聡, 鈴木 実, 肺癌の臨床, 4, 123, 125,   2001年
    概要:非小細胞癌手術後再発例に対する放射線単独多分割照射によって良好な局所制御が得られ、長期生存に結びついている
  • Long-term Results of Lipiodol-Transcatheter Arterial Embolization with Cisplatin or Adriamycin for Unresectable Hepatocellular Carcinoma, 小野 幸彦, 吉増隆之, 足利 竜一朗, 井上正昭, 進藤啓, 藤井広一, 荒木裕, 西村 恭昌, American Journal Clinical Oncology, 23, 6, 564, 568,   2000年06月
    概要:The long-term effects of lipiodol-transcatheter arterial embolization (Lp-TAE) combined with cisplatin (CDDP) or adriamycin (ADM) on unresectable hepatocellular carcinoma (HCC) were analyzed. Eighty-four consecutive patients with unresectable HCC were treated with TAE. Of these patients, 38 patients were treated with CDDP-Lp-TAE (CDDP group), while the remaining 46 patients were treated with ADM-Lp-TAE (ADM group). No significant difference in characteristics of patients and tumors was noted between the groups. CDDP (50 mg) or ADM (20- 50 mg) was administered with Lp followed by embolization of the feeding arteries using gelatin sponge particles. The 5-year overall survival rates of the CDDP group and the ADM group were 19% and 6%, respectively. The overall survival rate of the CDDP group was significantly higher than that of the ADM group (p<0.05). CDDP-Lp-TAE improved the prognosis of unresectable HCC compared with ADM-Lp-TAE.
  • Preliminary clinical results of locoregional hyperthermia for primary and secondary bone tumors., Zhu JL, 西村 恭昌, 金森 修一, 永田靖,光森通英,奥野芳茂,堀井直敏,増永慎一郎,平岡真寛, Jpn. J. Hyperthermic Oncol, 16, 17, 26,   2000年
    概要:原発性および転移性骨腫瘍に対する局所温熱療法の温度上昇および治療効果を検討した。腫瘍平均温度は41.6℃で、1年生存率60%、疼痛緩和率64%であった。(英文原著)
  • 放射線治療における進歩:食道癌, 西村 恭昌, 放射線治療分科会誌, 14, 1, 21, 28,   2000年
    概要:小線源治療、化学放射線療法、多分割照射、温熱療法など最近の放射線腫瘍学の進歩を、食道癌を例にとって解説した。
  • 食道表在癌に対する標準的放射線治療法, 山田章吾, 西村 恭昌, 根本健二,高井良尋,広川裕,晴山雅人,永倉久泰,早渕尚文,小口正彦,伊藤善之,酒井邦夫,大川智彦, 日放腫会誌, 12, 169, 176,   2000年
    概要:わが国の主な施設での食道表在癌に対する放射線治療成績を分析した。その結果、標準線量分割として、外照射単独の場合60-70Gy/30-35 fr、腔内照射併用の場合は外照射50Gy/25 frに腔内照射16Gy/4 fr、あるいは60Gy/30 frに腔内照射8Gy/2 frが適切である。
  • 化学放射線療法:neoadjuvant chemotherapy versus concurrent chemotherapy, 西村 恭昌, 癌の臨床, 46, 3, 273, 277,   2000年
    概要:子宮頚癌、上咽頭癌、肺癌の化学放射線療法の成績をreviewし、いずれの癌でも導入化学療法よりも同時併用化学放射線療法で治療成績の向上が見られることを示した
  • 温熱療法、最近の進歩, 平岡真寛, 西村 恭昌, 金森 修一, 金森修一,堀井直敏,奥野芳茂,光森通英,永田靖,渋谷景子,笹井啓資,小石元紹, 癌の臨床, 46, 3, 306, 308,   2000年
    概要:温熱耐性阻害、血管新生阻害などによる温熱効果増感の最近の進歩について解説した
  • 日本医学放射線学会教育委員会;放射線医学教育卒前教育に関する全国医学部アンケート集計結果;委員会報告, 小西淳二, 西村 恭昌, 竹田寛, 日本医学放射線学会誌, 60, 8, 469, 472,   2000年
    概要:放射線医学教育卒前教育に関する全国医学部アンケート集計を行い、放射線医学教育の現状と改革への取り組みについて報告した。
  • A case of Marchiafava-Bignami disease: MRI findings on spin-echo and fluid attenuated inversion recovery (FLAIR) images., 山本 敬, 西村 恭昌, 足利 竜一朗, 荒木 裕, Eur. J. Radiol., 34, 141, 143,   2000年
    概要:Marchiafava-Bignami病の1例を報告し、そのMRI所見の特徴を述べた。

書籍等出版物

  • 頭頸部癌、診断と治療の最新研究動向, 西村 恭昌, 分担執筆, 頭頸部癌放射線治療の変遷と展望, 日本臨床社,   2017年
  • 臨床頭頸部癌学、系統的に頭頸部癌を学ぶために, 西村 恭昌, 分担執筆, 放射線治療、総論, 南江堂,   2016年
  • 新版放射線医科学、生体と放射線・電磁波・超音波, 西村 恭昌, 分担執筆, 強度変調放射線療法(IMRT), 医療科学社,   2016年
  • 食道表在癌、マクロとミクロの接点, 西村 恭昌, 分担執筆, 食道表在癌に対する放射線療法, 中外医学社,   2015年
  • Intensity Modulated Radiation Therapy; Clinical Evidence and Techniques, 西村 恭昌, Komaki Ritsuko, 共編者, Springer Japan,   2015年, 978-4-431-55485-1
  • 臨床研修医のための肺癌症例の実際, 西村 恭昌, 分担執筆, IIIB期、化学放射線療法, メディカルレビュー社,   2013年
  • 乳癌(第二版) -基礎と臨床の最新研究動向-, PMRT (post-mastectomy radiation therapy), 金森 修一, 立花 和泉, 石川 一樹, 西川 龍之, 西村 恭昌, 共著, 日本臨牀,   2012年09月
    概要:日本と世界の局所進行乳癌の乳房切除術後の放射線治療について、その動向と実際についてまとめた。
  • 早期食道癌;そのコンセンサスと最前線, 西村 恭昌, 分担執筆, 放射線療法および化学放射線療法, 中外医学社,   2012年
  • 臨床放射線腫瘍学;最新知見に基づいた放射線治療の実践, 西村 恭昌, 分担執筆, 肛門がん, 南江堂,   2012年
  • 放射線治療計画ガイドライン2012年版, 西村 恭昌, 編者, 日本放射線腫瘍学会編(ガイドライン委員長), 金原出版,   2012年
  • 標準放射線医学、第7版, 西村 恭昌, 分担執筆, 消化器癌, 医学書院,   2011年
  • 2011-2012 EBM呼吸器疾患の治療、永井厚志、大田健、江口研二、橋本修編集, 肺癌に対する放射線治療の品質管理、治療計画法はどうあるべきか?, 西村 恭昌, 共著, 中外医学社、東京,   2011年
    概要:肺癌に対する放射線治療の品質管理、治療計画法はどうあるべきかについて解説した。
  • 2011-2012 EBMがん化学療法・分子標的治療法, 加速過分割照射は通常照射より有効か? , 西村 恭昌, 共著, 中外医学社、東京,   2010年
    概要:限局型小細胞肺がんに対して、加速過分割照射は通常照射より有効かをエビデンスをもとに解説した。
  • がん・放射線療法2010, 消化器腫瘍、総論, 西村 恭昌, 共著, 篠原出版新社、東京,   2010年
    概要:消化器腫瘍に対する放射線治療の総論を書いた。
  • ハイパーサーミア、がん温熱療法ガイドブック、日本ハイパーサーミア学会編, 乳腺腫瘍, 増永慎一郎, 西村 恭昌, , 光森通英 平岡眞寛, 共著, 毎日健康サロン、大阪,   2008年
    概要:乳腺腫瘍に対する温熱療法について述べた。
  • エビデンス放射線治療、渋谷均、晴山雅人、平岡真寛編著, 局所進行肺癌、化学放射線療法, 西村 恭昌, 共著, 中外医学社、東京,   2007年
    概要:局所進行肺癌に対する化学放射線療法をまとめた。
  • エビデンス放射線治療、渋谷均、晴山雅人、平岡真寛編著, 化学放射線療法, 西村 恭昌, 共著, 中外医学社、東京,   2007年
    概要:化学放射線療法を総論的にまとめた。
  • 大西武雄監修、放射線医科学、生体と放射線・電磁波・超音波, 強度変調放射線療法(IMRT), 西村 恭昌, 共著, 学会出版センター、東京,   2007年
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)について学生向きに解説した。
  • 工藤翔二監修、呼吸器Common Diseaseの診療;肺癌のすべて, 治療方針に影響を与える因子;放射線治療, 西村 恭昌, 共著, 文光堂、東京,   2007年
    概要:放射線治療の治療方針に影響を与える因子を概説した。
  • 早期のがん治療法の選択、放射線治療、山田章吾編集, 食道癌・表在癌, 西村 恭昌, 共著, 金原出版、東京,   2006年
    概要:食道表在癌に対する放射線治療についてまとめた。
  • 改訂第2版、放射線治療マニュアル、平岡真寛、笹井啓資、井上俊彦編著, 膵臓, 西村 恭昌, 共著, 中外医学社,   2006年
    概要:膵臓癌に対する放射線療法について解説した。
  • 改訂第2版、放射線治療マニュアル、平岡真寛、笹井啓資、井上俊彦編著, 線量分割と照射期間, 西村 恭昌, 共著, 中外医学社,   2006年
    概要:放射線治療における線量分割と照射期間 について解説した。
  • MOOK 2005-2006肺癌の臨床、加藤治文ほか、監修, 小細胞肺癌に対する予防的全脳照射(PCI)の課題, 西村 恭昌, 共著, 篠原出版新社,   2006年
    概要:小細胞肺癌に対する予防的全脳照射(PCI)の課題を解説した。
  • MOOK 2004-2005肺癌の臨床、加藤治文ほか、監修, 小細胞肺癌に対する胸部放射線療法, 西村 恭昌, 共著, 篠原出版新社,   2005年
    概要:小細胞肺癌に対する胸部放射線療法の現状と最新のデータをまとめた。
  • Intensity Modulated Radiation Therapy; A clinical perspective, Eds. Mundt AJ, Roeske JC, Glioblastoma multiforme: case study., 鈴木 実, 西村 恭昌, 奥村 雅彦, 共著, BC Decker,   2005年
    概要:近畿大学における悪性神経膠腫に対するSIB法による強度変調放射線療法(IMRT)の実際を呈示した。(英文原著)
  • 肺癌診療二頁の秘訣、藤村重文編集, 肺癌に対する放射線療法の考え方, 西村 恭昌, 共著, 金原出版,   2004年
    概要:肺癌に対する放射線療法の考え方を簡単にまとめた。
  • 放射線治療計画ガイドライン・2004、日本放射線科専門医会・医会、日本放射線腫瘍学会、日本医学放射線学会編, 小細胞肺癌, 西村 恭昌, 共著, メディカル教育研究社,   2004年
    概要:放射線治療計画ガイドライン・2004のうち小細胞肺癌に対する放射線療法の適応とそのガイドラインを記載した。
  • 放射線治療計画ガイドライン・2004、日本放射線科専門医会・医会、日本放射線腫瘍学会、日本医学放射線学会編、, 放射線治療計画総論, 西村 恭昌, 共著, メディカル教育研究社,   2004年
    概要:放射線治療計画ガイドライン・2004において、放射線治療計画を総論としてまとめた。
  • 放射線治療:専門家に聞く最新の臨床、渋谷均、笹井啓資、小久保雅樹編集, 肺癌の放射線治療に伴う放射線肺臓炎の頻度と予防法・治療を教えてください, 西村 恭昌, 共著, 中外医学社,   2004年
    概要:肺癌の放射線治療に伴う放射線肺臓炎の頻度と予防法・治療をまとめた。
  • シミュレイション内科:呼吸器疾患を探る、腫瘍編、河野修興編著, 切らずに治すと言われたけれど, 西村 恭昌, 共著, 永井書店、大阪,   2003年
    概要:局所進行非小細胞肺癌に対する化学放射線療法について症例をもとに解説した。
  • 臨床腫瘍学、有吉寛、他編集、日本臨床腫瘍学会編, 小細胞肺癌:限局型小細胞肺癌の化学放射線治療, 西村 恭昌, 共著, 癌と化学療法社,   2003年
    概要:限局型小細胞肺癌に対して現在最も適切と考えられている化学放射線治療の線量分割、照射野などについて解説した。
  • Mook 肺癌の臨床、Annual Review 2003. 監修:加藤治文ほか, 小細胞肺癌に対する予防的全脳照射, 西村 恭昌, 共著, 篠原出版新社,   2003年
    概要:小細胞肺癌に対する予防的全脳照射の適応と意義について解説した。
  • 集学的癌治療の研究と臨床、監修;加納永一, 温熱療法および放射線療法に与える血管新生の影響, 西村 恭昌, 共著, 篠原出版新社、東京,   2002年
    概要:温熱療法および放射線療法に与える血管新生の影響を自らの実験結果を中心に解説した。
  • 癌・放射線療法2002、編集:大川智彦、田中良明、佐々木武仁, 放射線治療各論;頸部食道, 西村 恭昌, 共著, 篠原出版新社、東京,   2002年
    概要:頸部食道癌の放射線療法について、胸部食道癌と対比しながら教科書的に解説した。
  • 放射線治療マニュアル、平岡真寛、笹井啓資、井上俊彦編著, 膵臓, 西村 恭昌, 共著, 中外医学社、東京,   2001年
    概要:膵臓癌の放射線治療について術中照射を含めて解説した。
  • 放射線治療マニュアル、平岡真寛、笹井啓資、井上俊彦編著, 線量分割と照射期間, 西村 恭昌, 共著, 中外医学社、東京,   2001年
    概要:放射線治療における線量分割の考え方と、総治療期間の意味について解説した。
  • Thermotherapy for neoplasia, inflamation, and pain. Ed. by Kosaka M, Sugahara T, Schmidt KL, Simon E, Current status of clinical hyperthermic oncology in Japan., Hiraoka M, 西村 恭昌, 金森 修一, Mitsumori M, Nagata Y, Horii N, Kimura H, Okumura S, Okuno Y, Koishi M, Masunaga S, Akuta K, 共著, Springer-Verlag (Tokyo),   2000年
    概要:日本における温熱療法の現状について京都大学医学部放射線科での経験を中心に総説的にまとめた。(英文)
  • 放射線科学;Textbook of Radiology;基礎、治療、核医学、 第5版 編集:放射線科専門医会, 放射線腫瘍学・総論, 西村 恭昌, 単著, メディカル教育研究社,   2000年
    概要:放射線腫瘍学の総論的事項について簡単にまとめた

講演・口頭発表等

  • Anatomic and dosimetric changes during IMRT for oropharyngeal cancer detected by weekly cone-beam CT with deformable image registration. , 石川 一樹、西村 恭昌, the 5th Japan-Taiwan Radiation Oncology Symposium,   2017年05月20日
  • No pain, no gain., 西村 恭昌, the 5th Japan-Taiwan Radiation Oncology Symposium,   2017年05月20日, 招待有り
  • 放射線療法の考え方と最近の進歩, 西村 恭昌, 和歌山県立医科大学腫瘍センター勉強会,   2017年05月18日, 招待有り
  • 特別発言、局所進行肺癌に対する最先端放射線治療, 西村 恭昌, 第57回日本肺癌学会学術集会,   2016年12月19日
  • Chemoradiation therapy for locally advanced esophageal cancer in Japan., 西村 恭昌, ECCO/JSCO Joint Symposium at the 54th annual meeting of Japan Society of Clinical Oncology,   2016年10月20日
  • Changes of Myocardial FDG Uptake Pattern After Radiation Therapy for Esophageal Cancer., 稲田 正浩、西村 恭昌, the 58th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2016年09月25日
  • Pharyngeal Constrictor Muscle (PCM) Sparing and Dysphagia Toxicity in the Treatment of Intensity Modulated Radiation Therapy for Nasopharyngeal Cancer (NPC)., 石川 一樹、西村 恭昌, the 58th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2016年09月25日
  • A Phase II Study of Intensity Modulated Radiation Therapy (IMRT) with Chemotherapy for Locoregionally Advanced Nasopharyngeal Cancer (NPC) (JCOG1015): Acute Toxicity and Treatment Compliance., 西村 恭昌, the 58th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2016年09月25日
  • 放射線治療最前線, 西村 恭昌, 泉州がん医療市民公開講座,   2016年09月10日, 招待有り
  • 菅原賞授賞講演、2 Gyのひみつ, 西村 恭昌, 第22回癌治療増感研究会,   2016年07月02日
  • 放射線治療の考え方と最近の進歩, 西村 恭昌, 兵庫県立尼崎総合医療センター、がん診療連携拠点病院医療者研修会,   2016年06月23日, 招待有り
  • Role of PET/CT images in high precision radiation therapy., 西村 恭昌, the 4th Taiwan-Japan Radiation Oncology Symposium,   2016年06月04日
  • A study of suitable conditions for stereotactic radiation therapy using VMAT for lung cancer., 西村 恭昌, the 35th Annual Meeting of European Society for Radiotherapy and Oncology,   2016年04月29日
  • 最新医療・放射線、驚異の画像診断と進化する治療, 西村 恭昌, 日本医師会健康フォーラム,   2016年02月28日, 招待有り
  • 失敗に学ぶ、頭頸部腫瘍に対するIMRT, 西村 恭昌, 2016 Varian Seminar,   2016年02月28日, 招待有り
  • 2Gyのひみつ, 西村 恭昌, 平成27年度近畿地域診療放射線技師会学術大会,   2016年02月14日, 招待有り
  • Tumor hypoxia detected by 18F-misonidazole (F-MISO) PET/CT as a prediction of initial tumor response of radiation therapy (RT)., 立花 和泉、西村 恭昌, the 57th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2015年10月18日
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRTの現状と展望, 西村 恭昌, 第20回北奥羽放射線治療懇話会,   2015年09月05日, 招待有り
  • 食道癌に対する放射線療法の現状と課題, 西村 恭昌, 第71回 阪神食道疾患検討会,   2015年09月04日
  • 放射線を用いた治療の歴史と進歩, 西村 恭昌, 第9回日本放射線技術学会・日本診療放射線技師会、公開合同学術セミナー,   2015年08月29日, 招待有り
  • 食道癌に対する(化学)放射線療法の施設別治療成績;2004~2008年, 西村 恭昌, 第69回日本食道学会学術集会,   2015年07月02日
  • Necessity of adaptive radiation therapy (ART) for head and neck cancer., 西村 恭昌, the 15th International Congress of Radiation Research,   2015年05月25日
  • Clinical results of definitive-dose (50 Gy/25 fractions) preoperative chemoradiotherapy for unresectable esophageal cancer., 石川 一樹、西村 恭昌, the 15th International Congress of Radiation Research,   2015年05月25日
  • Tumor hypoxia imaging with 18F-misonidazole (F-MISO) positron emission tomography (PET) during radiation therapy (RT)., 立花 和泉、西村 恭昌, the 15th International Congress of Radiation Research,   2015年05月25日
  • 過去30年間の肺癌に対する放射線療法の進歩, 西村 恭昌, 第172回日本肺癌学会関東支部学術集会,   2015年03月14日, 招待有り
  • Texture analysis of intratumoral hypoxia on FMISO PET/CT in radiation therapy., 細野 眞、立花 和泉、西村 恭昌, the Annual Congress of European Association of Nuclear Medicine,   2014年10月18日
  • Consideration of pass criteria for IMRT credentialing using the Gradient method in multi-institutional clinical trials., 西村 恭昌, the 7th Korea-Japan Joint Meeting on Medical Physics,   2014年09月25日
  • がん対策推進と診療放射線技師、医療現場での役割と連携、医師の立場から, 西村 恭昌, 第30回日本診療放射線技師学術大会,   2014年09月20日, 招待有り
  • Heterogeneity of intratumoral hypoxia on FMISO PET/CT in association with local control in radiation therapy., 細野 眞、立花 和泉、西村 恭昌, the 56th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2014年09月14日
  • Statistical process control for EPID dosimetry in the quality assurance of IMRT., 松本 賢治、西村 恭昌, the 56th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2014年09月14日
  • Clinical results of definitive chemoradiation therapy for T4 esophageal cancer., 石川 一樹、西村 恭昌, the 56th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2014年09月14日
  • Clinical outcome of radiation therapy for esophageal cancer between 2004 and 2008: second survey., 西村 恭昌, the 56th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2014年09月14日
  • 食道癌に対する放射線治療の進歩と課題, 西村 恭昌, 第41回京滋食道疾患懇話会,   2014年09月05日, 招待有り
  • 放射線療法、最近の進歩, 西村 恭昌, 第52回日本癌治療学会学術集会,   2014年08月28日
  • 過去30年間の肺癌に対する放射線療法の進歩, 西村 恭昌, 第100回日本肺癌学会関西支部学術集会,   2014年07月05日
  • Adaptive IMRT for head and neck cancer in Japan. , 西村 恭昌, the 2nd Taiwan-Japan Conference on the High Precision Radiation Therapy,   2014年06月19日
  • 専門医制度の現状と新専門医制度への移行, 西村 恭昌, 第126回関西Cancer Therapistの会,   2014年06月04日
  • 放射線療法の進歩と心合併症, 西村 恭昌, 第2回腫瘍循環器研究会,   2014年05月23日, 招待有り
  • 乳癌転移性能腫瘍に対するSRSの治療効果, 金森 修一, 建部 仁志, 松浦 知弘, 石川 一樹, 立花 和泉, 横川 正樹, 西村 恭昌, 京都放射線腫瘍研究会,   2014年03月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:当院における乳癌からの転移性能腫瘍に対するSRSの治療成績について報告した。
  • 放射線治療の進歩、放射線生物学, 西村 恭昌, 平成25年度全国がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン合同フォーラム,   2014年01月21日, 招待有り
  • Esophageal squamous cell carcinoma, 西村 恭昌, the 5th CSTRO-JASTRO-KOSRO Trilateral Symposium,   2013年11月21日
  • 肺がん放射線治療の進歩と放射線治療計画のポイント, 西村 恭昌, 第31回LKカンファレンス,   2013年11月09日, 招待有り
  • 肺癌放射線治療の最新の進歩, 西村 恭昌, 第76回滋賀呼吸器疾患談話会,   2013年11月07日, 招待有り
  • 放射線療法の考え方と最近の進歩, 西村 恭昌, 第16回府中臨床セミナー,   2013年10月30日, 招待有り
  • JROSG調査研究、食道癌に対する放射線治療成績の施設間比較;2004-2008年, 西村恭昌、小池竜太、村上祐司、伊藤善之、根来義春、板坂聡、神宮啓一、礒橋文明、小林雅夫、唐澤克之, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会,   2013年10月18日
  • F-MISO PET/CTを用いた低酸素イメージングと放射線治療, 西村 恭昌、立花 和泉、石川 一樹, 日本放射線影響学会第56回大会,   2013年10月18日
  • SCLCに対するPCI, 金森 修一, 建部 仁志, 松浦 知弘, 石川 一樹, 立花 和泉, 横川 正樹, 西川 龍之, 小池 竜太, 西村 恭昌, 近畿大学 医学部 研修医, 京都放射線腫瘍研究会,   2013年10月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:小細胞肺癌ので初期治療著高齢に対して予防的全脳照射(PCI)により脳転移が減少する。実臨床でPCIに際して苦慮した症例について報告した。
  • マントル細胞リンパ腫(MCL)に対する姑息的照射, 金森 修一, 立花 和泉, 石川 一樹, 建部 仁志, 横川 正樹, 松浦 知弘, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会,   2013年10月, 日本放射線腫瘍学会
    概要:マントル細胞リンパ腫は稀な特殊なタイプのリンパ腫である。放射線感受性も高く、著効するが、増殖速度が著しく早いため治療難渋することが多い。非常に稀なMCLの放射線治療著高齢について報告した。
  • Clinical results of definitive radiation therapy for postoperative locoregional recurrence of non-small cell lung cancer (NSCL)., 立花 和泉、西村 恭昌, the 55th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2013年09月22日
  • Clinical outcomes of IMRT planned with or without PET/CT simulation for patients with pharyngeal cancer., 松浦 知弘、西村 恭昌, the 55th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2013年09月22日
  • Intensity modulated radiation therapy (IMRT) for high-risk prostate cancer: effects of total dose on PSA failure., 中松 清志、西村 恭昌, the 55th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncolog,   2013年09月22日
  • High-dose intensity modulated radiation therapy (IMRT) using a simultaneous integrated boost (SIB) method combined with temozolomide (TMZ) for malignant gliomas., 中松 清志、西村 恭昌, the 55th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncolog,   2013年09月22日
  • 放射線治療、需要拡大と新たな治療法, 西村 恭昌, ダイアログセミナー「放射線医療の将来展望と基盤」,   2013年09月14日, 招待有り
  • 乳房温存療法における術創と術後照射範囲の関係, 金森 修一, 立花 和泉, 石川 一樹, 建部 仁志, 小池竜太, 西村 恭昌, 日本乳癌オンコプラスティックサージェリー学会,   2013年09月, 日本乳癌オンコプラスティックサージェリー学会
    概要:第1回乳癌オンコプラスティックサージェリー学会で放射線治療がオンコプラスティックに影響することを報告した。
  • 日本の放射線腫瘍学の今後の展望, 西村 恭昌, 札幌医科大学、放射線治療インテンシブ研修コース,   2013年08月02日, 招待有り
  • がん診断治療ガイドライン・食道がん, 西村 恭昌, 第14回臨床腫瘍夏期セミナー,   2013年07月18日, 招待有り
  • がん治療の切り札、放射線治療, 西村 恭昌, 第6回市立長浜病院がんフォーラム,   2013年07月07日, 招待有り
  • 2Gyのひみつ2013, 西村 恭昌, 第10回滋賀県放射線治療連絡協議会,   2013年07月07日, 招待有り
  • Chemoradiation therapy for locally advanced esophageal cancer; Japanese perspective. , 西村 恭昌, the ESTRO-JASTRO Joint Symposium, 2nd ESTRO forum,   2013年04月19日
  • IMRT for head and neck cancer in Japan., 西村 恭昌, the MD Anderson Radiation Oncology Gilbert H Fletcher Society 37th Annual Scientific Meeting,   2013年04月18日
  • 2Gyのひみつ2013, 西村 恭昌, 第69回日本放射線技術学会総会学術大会,   2013年04月14日
  • 頭頸部癌に対する放射線治療, 西村 恭昌, ブリストルマイヤーズ株式会社社内研修会,   2013年02月20日, 招待有り
  • A two-step method of IMRT for head and neck cancer., 西村 恭昌, the Third International Conference on Real-time Tumor-tracking Radiation Therapy with 4D Molecular Imaging Technique,   2013年02月07日, 招待有り
  • 3期非小細胞肺癌の治療前FDG PET/CT所見と化学放射線療法後の再発部位との関係, 西川 龍之, 立花 和泉, 横川 正樹, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 第15回癌治療増感研究シンポジウム,   2013年02月, 第15回癌治療増感研究シンポジウム
    概要:【目的】治療前PET/CTを行った3期非小細胞肺癌に化学放射線療法を行い、再発部位を検討した。【対象と方法】2006年から2011年に根治的化学放射線療法を行い、PET/CTによる治療前評価が行われ、治療終了後4か月以上、評価の行われた49例を検討した。男性42例、女性7例、年齢は33~81歳(中央値66歳)、3A期32例、3B期17例であった。扁平上皮癌33例、腺癌15例、他の非小細胞肺癌1例であった。観察期間は4~63か月(中央値21か月)であった。放射線治療は予防的リンパ節領域を含む照射を47例、予防領域を含まない照射を2例で行った。処方線量は54Gy1例、60Gy48例であった。【結果】経過観察中の無再発例17例、局所領域のみの再発11例、遠隔転移17例、重複4例であった。無再発例のSUVmaxは5.2~27、中央値12.3、再発・遠隔転移例で5.3~21.7、同11.8で有意差はなかった。局所領域再発15例で治療前PET/CTで集積のない部位からの再発例はなかった。【結論】局所領域再発(31%)はFDG集積部位のみからであり、FDG
  • 肺がんに対する放射線療法、現状と展望, 西村 恭昌, 第176回日本医学放射線学会九州地方会,   2013年01月26日, 招待有り
  • がん放射線治療の考え方と展望, 西村 恭昌, がん放射線治療と看護研修会,   2012年12月20日, 招待有り
  • 乳房温存療法後の乳房術創に対する放射線治療の影響, 金森 修一, 立花 和泉, 石川 一樹, 西川 龍之, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本創傷治癒学会,   2012年12月, 日本創傷治癒学会
    概要:乳房温存療法後の術創の治癒過程に放射線治療は大きく貢献し、術創の肥厚性瘢痕の発生を抑制している。そのデータを実症例を含め発表した。
  • A two-step adaptive Intensity modulated radiation therapy (IMRT) scheme for head and neck cancer., 西村 恭昌, the 25th annual meeting of JASTRO,   2012年11月23日
  • III期非小細胞肺癌に対する放射線療法の現状, 西村 恭昌, 第53回日本肺癌学会総会,   2012年11月08日
  • Retrospective analysis of definitive radiotherapy for neck node metastasis from unknown primary tumor: Japanese Radiation Oncology Study Group Study., 西村 恭昌, the 54th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2012年10月28日
  • Definitive chemoradiation therapy (CRT)using intensity modulated radiation therapy (IMRT) boost for cervical esophageal cancer., 小池 竜太、西村 恭昌, the 54th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2012年10月28日
  • Phase II study of nimotuzumab in combination with concurrent chemoradiotherapy (CRT) in patients with locally advanced non-small cell lung cancer (NSCLC)., 西村 恭昌, the 54th Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2012年10月28日
  • 食道がんに対する放射線療法の変遷と今後, 西村 恭昌, 第50回日本癌治療学会学術集会,   2012年10月26日
  • non-bulky cN2肺癌に対する治療方針、放射線治療の立場から, 西村 恭昌, 第50回日本癌治療学会学術集会,   2012年10月25日
  • 高リスク前立腺がんに対する125Iシード線源治療, 横川 正樹, 中松 清志, 西川 龍之, 田村 昌也, 西村 恭昌, 第8回泌尿器腫瘍放射線研究会,   2012年10月, 第8回泌尿器腫瘍放射線研究会
    概要:高リスク前立腺癌症例に対する125Iシード線源治療 横川正樹、中松清志、西川龍之、田村昌也、西村恭昌 近畿大学医学部 放射線腫瘍科 目的 高リスク前立腺癌症例に対する125Iシード線源療法の治療成績を検討する。 対象 2005年12月から2012年6月までに125Iシード線源治療を行った318症例のうち、高リスク前立腺癌は42症例。今回は小線源治療後から1年以上経過観察した28症例を対象とした。年齢は57-85歳(中央値72.3歳)。T3以上、PSA20以上、GS8以上の一つがあれば高リスクと定義した。GS8以上の症例は18症例。T2bが1名でその他はT2a以下。PSAは4.5から50.7であった。 方法 全例プレプランで線源数を確定し、術中に再度治療計画を行った。4例は144Gの小線源単独治療、24症例は100Gyあるいは110Gyの小線源治療後、2か月以内に10MVX線による4門照射を用いて40Gy/20回の外照射を行った。11症例には術前に2-16カ月間(中央値8カ月)のホルモン治療を行った。放射線治療終了後ホルモン治療は
  • 切除不能III期非小細胞肺癌に対する治療戦略、放射線療法の可能性, 西村 恭昌, 第27回日本肺癌学会ワークショップ,   2012年07月14日, 招待有り
  • 食道癌に対する放射線療法の課題と展望, 西村 恭昌, 第66回日本食道学会学術集会,   2012年06月21日
  • III期非小細胞肺癌に対する化学放射線療法の現状と展望, 西村 恭昌, 第18回国際癌治療増感研究会,   2012年06月09日
  • 乳房温存療法における放射線治療が創傷治癒のQOLに果たす役割, 金森 修一, 石川 一樹, 立花 和泉, 西川 龍之, 藤島 成, 安積 達也, 塩﨑 均, 綿谷 正弘, 大和 宗久, 西村 恭昌, 日本乳癌学会,   2012年06月, 日本乳癌学会
    概要:乳房温存療法では一般に術創の肥厚性瘢痕を見ることは極めて稀である。それは術後照射により照射野内の術創の肥厚性瘢痕が抑制された結果であると考えている。照射野内外におよぶ長い術創を長期経過観察した結果、照射野と肥厚性瘢痕の関係が明らかにされた。照射野外の術創には肥厚性瘢痕を生じており、疼痛掻痒感などのため処置が必要であり、術後照射はQOLの低下も未然に防いでいる可能性がある。
  • 非小細胞肺癌に対する放射線療法, 西村 恭昌, 第18回呼吸器外科セミナー,   2012年05月19日, 招待有り
  • がん治療における放射線療法の役割、最近の進歩, 西村 恭昌, 第2回泉州がん医療フォーラム(市民公開講座),   2012年05月12日, 招待有り
  • 近畿大学における乳癌に対する治療方針, 金森 修一, 西川 龍之, 立花 和泉, 中松 清志, 石川 一樹, 小池 竜太, 松浦 知弘, 西村 恭昌, 藤島 成, 安積 達也, 橋本 幸彦, 塩﨑 均, 鶴谷 純司, 京都放射線腫瘍研究会,   2012年03月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:近畿大学における乳癌に対する乳腺外科・腫瘍内科・放射線治療科の取り組みと最新の治療方針について報告した。
  • 機能画像を用いた放射線治療計画の現状と展望, 西村 恭昌、立花 和泉、細野 眞, 第24回日本高精度放射線治療外部照射研究会,   2012年02月04日
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRTの現状と展望, 西村 恭昌, 第59回中国・四国放射線治療懇話会,   2011年12月17日, 招待有り
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT, 西村 恭昌, 東海がんプロフェッショナル養成プラン平成23年度放射線治療セミナー,   2011年11月27日, 招待有り
  • 食道癌に対する化学放射線療法のランダム化比較第II相試験:最終報告, 西村恭昌、小池竜太、中松清志、河村正、藤井崇、荒木則雄、三橋紀夫、石川仁、板坂聡、平岡眞寛, 日本放射線腫瘍学会第24回学術大会,   2011年11月17日
  • 乳癌脳転移に対する定位放射線治療の初期治療成績, 金森 修一, 西川 龍之, 立花 和泉, 廣井 啓二, 石川 一樹, 小池 竜太, 中松 清志, 柴田 徹, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会,   2011年11月, 日本放射線腫瘍学会
    概要:乳癌脳転移に対する定位放射線治療の初期治療成績を報告した。PMRTなど局所の初期治療を強力に施行した症例には脳転移単独の遠隔転移を認めた。
  • 食道癌に対する放射線療法の進歩と課題, 西村 恭昌, 第49回日本癌治療学会学術集会,   2011年10月29日
  • 18F-FMISO PET/CTによる腫瘍内低酸素領域の画像化と臨床意義, 立花 和泉、西村 恭昌、細野 眞, 第51回日本核医学学術総会,   2011年10月27日, 招待有り
  • PET/CTを用いた放射線治療計画, 西村 恭昌, 第41回多摩核医学技術検討会,   2011年10月11日, 招待有り
  • Dosimetric evaluation of two-step method as adaptive replanning strategies for head and neck IMRT., 西 環、西村 恭昌, the 53rd Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2011年10月02日
  • A prospective clinical trial on tumor hypoxia imaging with 18F-misonidazole (F-MISO) positron emission tomography (PET)., 立花 和泉、西村 恭昌, the 53rd Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2011年10月02日
  • Adaptive radiation therapy scheme of a two-step intensity modulated radiation therapy (IMRT) method for nasopharyngeal cancer (NPC)., 西村 恭昌, the 53rd Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2011年10月02日
  • Concurrent radiotherapy and gemcitabine for unresectable pancreatic adenocarcinoma: impact of adjuvant chemotherapy on survival., 西村 恭昌, the 53rd Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2011年10月02日
  • Ⅲ期非小細胞肺癌に対する化学放射線療法の成績, 西川 龍之, 中松 清志, 立花 和泉, 石川 一樹, 小池 竜太, 金森 修一, 柴田 徹, 西村 恭昌, 京都放射線腫瘍研究会,   2011年09月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:<目的>Ⅲ期非小細胞肺癌に対する化学放射線療法について検討した。 <対象>対象は2006年9月から2011年3月までに照射した59例である。 年齢は33-84歳(中央値65歳)、男性50例、女性9例であった。 放射線治療終了後観察期間は0-64か月(中央値15か月)である。 組織型は扁平上皮癌が31例、腺癌が25例、非小細胞肺癌が1例、大細胞癌が2例であった。病期はstage ⅢAが32例、stage ⅢBが27例であった。 <治療>処方線量は60Gy/30Frが52例、54Gy/30Fr/BIDが3例、66Gy/33Frが1例、38Gy/19Frが1例、39Gy/16Frが1例、10Gy/5Frが1例であった。 放射線治療は56例で完遂した。併用された化学療法はCDDP+VNRが24例、CBDCA+PTXが12例、S-1が9例、CDDP+S1が8例、CDDP+VNR+DE766が5例、ゲフィニチブが1例であった。同時化学放射線療法が56例で行われた。 <結果>全症例の生存中央値は33.0か月であった。有害事象として、CTCAE ver3におけるG4の肺障害が1例、G5の肺障害が4例、G5の腎障害が1例で見られた。 <考察>治療
  • 乳房温存術後の放射線治療中に急性骨髄性白血病が判明した症例, 立花 和泉, 金森 修一, 西村 恭昌, 石川 一樹, 西川 龍之, 第19回 日本乳癌学会学術総会,   2011年09月, 第19回 日本乳癌学会学術総会
    概要:症例:2007年11月右乳癌(T2 N0 M0)で乳房円状部分切除術およびセンチネルリンパ節生検を施行。術後補助療法としてAC 4コース後に2008年 月から放射線治療50Gy施行。経過観察中の2009年11月に自己にて左乳房に腫瘤を触知し、左乳癌(T1 N0 M0)と診断され乳房円状部分切除術とセンチネルリンパ節生検を施行。TC 6コース後、TAM併用で2010年5月から放射線治療を開始した。 放射線治療中の採血で白血球低値が継続した為、白血球減少予防薬を使用するもG4の好中球減少を認めた。G-CSFを投与したところ、末梢血に成熟傾向を認めない異型な芽球が11%出現し白血病が疑われた。 骨髄生検で白血病細胞を51.6%認め、治療関連性急性骨髄性白血病が疑われた。放射線治療は50Gyで終了し化学療法と骨髄移植が施行された。 結語:乳癌化学放射線治療後に著名な白血球減少をきたし、二次性白血病が疑われた一例について報告した。
  • Tumor hypoxia and reoxygenation of human tumors imaged by 18F-misonidazole (F-MISO) positron emission tomography (PET)., 西村 恭昌, the 14th International Congress of Radiation Research,   2011年08月28日
  • 乳房温存療法において放射線治療が創傷治癒に果たす役割, 金森 修一, 立花 和泉, 西川 龍之, 廣井 啓二, 中松 清志, 小池 竜太, 柴田 徹, 大和宗久, 綿谷 正弘, 塩﨑 均, 西村 恭昌, 乳癌最新情報カンファレンス,   2011年08月, 乳癌最新情報カンファレンス
    概要:乳房温存術後の術創治癒において放射線治療が創傷の肥厚性瘢痕やケロイドの防止となりうる新たな知見を報告した。
  • 上咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の多施設共同第II相臨床試験(JCOG 1015), 西村 恭昌, 柴田 徹, 第35回日本頭頸部癌学会、シンポジスト,   2011年06月, 第35回日本頭頸部癌学会、シンポジスト
    概要:上咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の多施設共同第II相臨床試験(JCOG 1015)について報告した。
  • 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT)の意義と現状, 西村 恭昌, 第112回日本耳鼻咽喉科学会総会、シンポジスト,   2011年05月, 第112回日本耳鼻咽喉科学会総会、シンポジスト
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT)の意義と現状について報告した。
  • 最新の放射線治療の進歩, 西村 恭昌, 多根総合病院病診連携学術講演会、特別講演,   2011年04月, 多根総合病院病診連携学術講演会、特別講演
    概要:最新の放射線治療の進歩について解説した。
  • 血管新生阻害剤が投与された患者に対する外部照射の経験, 西川 龍之, 立花 和泉, 石川 一樹, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会関西地方会,   2011年02月, 日本医学放射線学会関西地方会
    概要:【目的】血管新生阻害剤投与例への放射線治療症例について分析した。 【対象】19症例24部位について検討した。全例が症状緩和が目的の治療。肝臓癌8例 腎臓癌7例 肝細胞癌・腎細胞癌の2重癌1例、結腸癌3例。 【方法】16部位にCTを使用し、8部位にはX線による治療計画をおこなった。非対向2門あるいは多門照射が12部位、対向2門照射が11部位 、1門照射が1部位。 【結果】食道炎G1が1例、G2が1例に生じた。下血と貧血を伴う大腸炎G3が1例にみられたが、経過観察で回復した。生命予後に影響を及ぼす有害事象は見られなかった。 【結語】血管新生阻害剤使用例に放射線治療を行う場合、合併症の頻度が高くなる可能性がある。また、リスク臓器の線量を軽減する三次元照射法が必要と考えられる。
  • FDG and F-MISO PET-CT in the treatment planning for radiation therapy., 西村 恭昌, 立花 和泉, 大久保 充, 細野 眞, the First International Conference on Real-time Tumor-tracking Radiation Therapy with 4D Molecular,   2011年02月, the First International Conference on Real-time Tumor-tracking Radiation Therapy with 4D Molecular
    概要:FDG と F-MISO を用いたPET-CT が治療計画に有用であることを報告した。
  • A Prospective Clinical Trial of Tumor Hypoxia Imaging with 18F-misonidazole (F-MISO) Positron Emission Tomography (PET), 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, 石川 一樹, 細野 眞, American Society for Radiation Oncology 53rd Annual Meeting,   2011年, American Society for Radiation Oncology 53rd Annual Meeting
    概要:Purpose:PET with 18F-misonidazole (F-MISO) is a non-invasive method of depicting tumor hypoxia. Result: Mean ± SD of SUVmax of the normal muscles was 1.26 ± 0.17. Based on these data, accumulation of F-MISO above a value of mean + 2SD (1.60 SUV) was regarded as indicating a hypoxic area. Except in one patient with postoperative recurrent uterine body cancer, the remaining five tumors showed a decrease in SUVmax or T/M ratio after approximately 20Gy of fractionated RT. Conclusions: Based on the SUVmax of the normal muscles, accumulation of F-MISO above 1.6 SUV was regarded as indicating a hypoxic area. Decrease in the SUVmax or T/M ratio, suggesting reoxygenation, was observed for most tumors after approximately 20Gy of fractionated RT. SUVmax of F-MISO before or during fractionated RT may predict the clinical outcomes of the tumors.
  • 切除不能食道がんに対する 術前化学放射線療法の検討, 石川 一樹, 小池 竜太, 立花 和泉, 西川 龍之, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会,   2010年12月, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会
  • 2 Gyの秘密, 西村 恭昌, 第106回放射線治療かたろう会,   2010年12月, 第106回放射線治療かたろう会
    概要:2 Gyの秘密を解説した。(特別講演)
  • Results of a phase I dose escalation trial (WJOG3305) using accelerated hyperfractionated 3D-conformal radiation therapy (AHF-3DCRT) and concurrent chemotherapy for unresectable stage III Non-Small Cell Lung Cancer (NSCLC)., Tsujino K, 西村 恭昌, 西川 龍之, 中川 和彦, Tada T, Fukuda H, Kokubo M, Soejima T, Takada Y, the 4th APLCC (Asia Pacific Lung Cancer Conference),   2010年12月, the 4th APLCC (Asia Pacific Lung Cancer Conference)
    概要:非小細胞肺がんに対する加速過分割照射化学放射線療法の第I相臨床試験を報告した。
  • Tumor viability of lymph node metastases from esophageal cancer treated by preoperative, 石川 一樹, 岡嶋 馨, 廣井 啓二, 松浦 知弘, 西川 龍之, 西村 恭昌, RSNA(北米放射線学会)2010,   2010年12月, RSNA(北米放射線学会)2010
  • F-18フルオロミソニダゾールによる腫瘍内低酸素領域の画像化, 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 中松 清志, 石川 一樹, 西川 龍之, 細野 眞, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会,   2010年11月, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会
    概要:目的:F-MISOを利用し低酸素状態をPETによって画像化し、腫瘍内低酸素領域と再酸素化現象について検討する。 対象と方法:頭頸部癌、肺癌、食道癌、子宮体癌の合計6例を対象とした。腫瘍長径は28-68mmであった。検査はPET/CT装置を用い、全例治療前にFDG-PETを撮影した。F-MISOは体重1kg当たり約3.7MBq静脈投与し、約3時間後に撮影を行った。F-MISO-PETは、放射線治療前および約20Gy/10回の時期に原則2回行った。腫瘍周辺の正常筋肉へのF-MISOのSUVmaxの値は、95%信頼区間で1.15-1.49であった。これをもとに1.5 SUV以上のF-MISO腫瘍内集積を有意とした。さらに、腫瘍内のF-MISO SUVmaxを筋肉のSUVmaxで割った値(T/M 比)を求めた。 結果:放射線治療前のPETでは、6例全例で腫瘍内に1.5 SUV以上の集積を認めた。F-MISOの分布は、FDGの分布とは異なり腫瘍の一部に局在する傾向を認めた。2回撮影の行えた5例中4例では、照射に伴いT/M 比は低下した。 結語:F-MISO-PETで腫瘍内低酸素領域の画像化が可能である。分割照
  • 悪性脳神経膠腫に対しTemozolomideを併用したIMRTの治療成績, 中松 清志, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 田村 昌也, 西川 龍之, 立花 和泉, 石川 一樹, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会,   2010年11月, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会
    概要:テモダールを併用した当院独自のIMRTによって悪性脳神経膠腫の治療が安全に行え、良好な結果が得られていることを確認した。
  • 切除不能局所進行食道癌に対する術前化学放射線療法(CRT)の検討, 石川 一樹, 小池 竜太, 立花 和泉, 西川 龍之, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 西村 恭昌, 第296回日本医学放射線学会関西地方会,   2010年11月, 第296回日本医学放射線学会関西地方会
  • 局所進行副鼻腔癌に対する集学的治療の成績, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 立花 和泉, 石川 一樹, 西川 龍之, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会,   2010年11月, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会
    概要:当院における副鼻腔扁平上皮癌に対する治療は5FUの連日動注、局所切除/掻爬術、術前/術後照射を用いたいわゆる三者併用療法で行った。観察期間中央値42か月、局所制御率は2年/5年=67%/57%、全生存率は2年/5年=79%/70%と良好な成績であった。有害事象は骨壊死/腐骨形成2例、白内障/網膜障害4例であった。局所再発例に対しても積極的な介入により生命予後の改善が得られた。
  • 上咽頭腫瘍に対するIMRTの治療成績と晩期合併症, 西村 恭昌, 柴田 徹, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西川 龍之, 立花 和泉, 石川 一樹, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会,   2010年11月, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会
    概要:上咽頭腫瘍に対するIMRTの治療成績と晩期合併症を報告した。
  • 高精度放射線治療、強度変調放射線治療(IMRT)を中心に, 西村 恭昌, 日本耳鼻咽喉科学会、第24回専門医講習会,   2010年11月, 日本耳鼻咽喉科学会、第24回専門医講習会
    概要:強度変調放射線治療(IMRT)を中心に高精度放射線治療について述べた。(講習会講師)
  • 機能画像を用いた放射線治療計画の現状と展望, 西村 恭昌, 立花 和泉, 細野 眞, 第50回日本核医学学術総会,   2010年11月, 第50回日本核医学学術総会
    概要:機能画像を用いた放射線治療計画の現状と展望について述べた。(シンポジスト)
  • Concurrent chemoradiotherapy for unresectable locally advanced pancreatic adenocarcinoma: impact of adjuvant chemotherapy on local control and survival., Ito Y, 西村 恭昌, Ogawa K, Shibuya K, Nishino S, Shibuya H, Karasawa K, Kazumoto T, Karasawa K, Nemoto K, the 52nd Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2010年11月, the 52nd Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:すい臓がんに対する化学放射線療法における補助化学療法が局所制御と生存期間に与える影響を報告した。
  • A phase I study of chemoradiotherapy with use of three-dimensional conformal radiotherapy (3D-CRT) and accelerated hyperfractionation (AHF) for unresectable non-small-cell lung cancer (NSCLC): WJOG3305., Tada T, 西村 恭昌, 中川 和彦, Tsujino K, Fukuda H, Nishimura Y, Kokubo M, Negoro S, Kudoh S, Nakamura S, Nakanishi Y, the 52nd Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2010年11月, the 52nd Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:非小細胞肺がんに対する加速過分割照射同時化学放射線療法の臨床第I相試験結果を報告した。
  • Final analysis on long-term survival and late toxicities for a randomized phase II study of cisplatin/5-FU concurrent chemoradiotherapy for esophageal cancer(KROSG-0101, JROSG-021), 西村 恭昌, 小池 竜太, 中松 清志, Mitsumori M, Hiraoka M, Kawamura M, Araki N, Fuji T, Takahashi T, Mitsuhashi N, the 52nd Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2010年11月, the 52nd Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:食道癌に対する化学放射線療法のランダム化比較試験(KROSG-0101, JROSG-021)の長期成績を報告した。
  • 化学放射線療法のランダム化比較第II相試験:長期成績および晩期有害事象, 西村 恭昌, 小池 竜太, 中松 清志, 河村正,藤井崇,荒木則雄,三橋紀夫,高橋健夫,光森通英,平岡眞寛, 第64回日本食道学会学術集会,   2010年08月, 第64回日本食道学会学術集会
    概要:食道癌に対する化学放射線療法のランダム化比較第II相試験:長期成績および晩期有害事象について報告した。(シンポジスト)
  • 2 Gyの秘密, 西村 恭昌, WJOG若手教育プラン(虎の穴),   2010年08月, WJOG若手教育プラン(虎の穴)
    概要:2 Gyの秘密について講演した。(セミナー講師)
  • 肺癌術後局所領域再発に対する根治的放射線治療成績, 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 石川 一樹, 西川 龍之, 第92回 日本肺癌学会関西支部会,   2010年07月, 第92回 日本肺癌学会関西支部会
    概要:【対象と方法】1998年-2009年に根治的放射線治療を施行した肺癌術後局所領域再発症例43例を対象とした。年齢の中央値は70歳(44-88歳)、PS0:1が34例:9例であった。再発巣の長径は10-30mm。放射線治療は合計50-72Gyで、通常照射37例、多分割照射6例であった。同時化学療法は14例に併用した。 【結果】全43例の3年・5年全生存率は、69%および53%であった。66Gy以上照射例で生存率が良好であった。一方、同時化学療法の併用は生存率に影響を与えなかった。晩期合併症は、G3の放射線肺臓炎が3例、G2の食道狭窄が1例において見られた。 【結語】非小細胞肺癌の術後再発例に対して66Gy以上の放射線治療で良好な治療成績が得られた。
  • 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT), 西村 恭昌, 熊本放射線外科、高精度放射線治療装置 Novalis Tx 導入記念講演会,   2010年07月, 熊本放射線外科、高精度放射線治療装置 Novalis Tx 導入記念講演会
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT)について講演した。(記念講演)
  • 頭頸部癌に対する強度変調放射線治療の最近の進歩, 西村 恭昌, 第26回奈良県頭頸部腫瘍研究会,   2010年07月, 第26回奈良県頭頸部腫瘍研究会
    概要:頭頸部癌に対する強度変調放射線治療の最近の進歩について講演した。(特別講演)
  • 上咽頭腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT), 西村 恭昌, 第72回耳鼻咽喉科臨床学会学術講演会,   2010年07月, 第72回耳鼻咽喉科臨床学会学術講演会
    概要:上咽頭腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT)を講演した。(教育講演)
  • 乳房温存療法後に発症した骨梁間型骨転移, 金森 修一, 西川 龍之, 廣井 啓二, 立花 和泉, 中松 清志, 小池 竜太, 柴田 徹, 石川 一樹, 西村 恭昌, 藤島 成, 綿谷 正弘, 乳癌最新情報カンファレンス,   2010年07月, 乳癌最新情報カンファレンス
    概要:乳房温存療法後に発症した極めて稀な骨梁間型骨転移の一例を経験したので、文献的考察を加え報告した。 症例は30 歳代女性、硬癌(cT2N1M0)。術前化学療法により、良好な抗腫瘍効果が得られ(Grade 1a、pN0)乳房温存術を施行した。当科で温存乳房に限局し50Gy/25 回の術後照射を行った。照射後4か月に腰痛のためMRI を施行し骨髄に広範な異常信号を認め骨転移を疑った。骨シンチでは異常を指摘できなかったが、FDG-PET では全椎体におよぶ広範な強い集積を認めた。CT でも椎体破壊を認めず、各種画像を比較検討し骨梁間型骨転移と判断した。骨転移の評価には骨シンチが多用されるが偽陰性が問題となる。FDG-PET で今回の骨転移は明瞭に描出されたが、骨シンチでは偽陰性となった。骨梁間型骨転移は近年注目されている新しい進展様式の骨転移であり、その画像特徴を理解する意義は高い。
  • PMRT~放射線治療に関する問題点~, 金森 修一, 西川 龍之, 立花 和泉, 西村 恭昌, 日本乳癌学会,   2010年06月, 日本乳癌学会
    概要:第18回の乳癌学会総会でPMRTの実際と当院における治療成績を報告した。
  • 放射線腫瘍医の養成の現状と課題, 西村 恭昌, 第20回がん臨床研究フォーラム,   2010年06月, 第20回がん臨床研究フォーラム
    概要:放射線腫瘍医の養成の現状と課題について述べた。(シンポジスト)
  • 限局型前立腺癌に対するI125シード線源治療後の尿路合併症, 中松 清志, 田村 昌也, 西村 恭昌, 東京医大, 日本医学放射線学会総会,   2010年04月, 日本医学放射線学会総会
    概要:限局型前立腺癌に対するI125シード線源治療後の早期尿路合併症は約70%に生じ、外照射併用後に多い。 一方、重篤な晩期の合併症は確認できなかった。
  • がん放射線治療, 西村 恭昌, がん放射線治療と看護研修会、社団法人日本看護協会,   2010年04月, がん放射線治療と看護研修会、社団法人日本看護協会
    概要:がん放射線治療の講義を行った。(研修会講師)
  • 前立腺癌IMRTの線量増加の治療成績と晩期有害事象の検討, 柴田 徹, 中松 清志, 田村 昌也, 西川 龍之, 小池 竜太, 立花 和泉, 金森 修一, 西村 恭昌, 第69回日本医学放射線学会総会,   2010年04月, 第69回日本医学放射線学会総会
  • 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT), 西村 恭昌, 第6回Radiation Oncology Meeting in OITA,   2010年03月, 第6回Radiation Oncology Meeting in OITA
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT)の講演を行った。(特別講演)
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT, 西村 恭昌, 第14回京大病院高精度放射線治療ワークショップ,   2010年03月, 第14回京大病院高精度放射線治療ワークショップ
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTの講義を行った。(セミナー講師)
  • 肺がんに対する放射線療法の進歩, 西村 恭昌, 第17回関西転移性肺腫瘍研究会,   2010年03月, 第17回関西転移性肺腫瘍研究会
    概要:肺がんに対する放射線療法の進歩を述べた。(特別講演)
  • 化学放射線療法の進歩と展望, 西村 恭昌, 高槻がん化学療法セミナー,   2010年03月, 高槻がん化学療法セミナー
    概要:化学放射線療法の進歩と展望を述べた。(特別講演)
  • 上咽頭癌に対する再照射について, 西川 龍之, 西村 恭昌, 京都放射線腫瘍研究会,   2010年02月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:<目的>局所再発のため、再照射を行った上咽頭癌の治療効果を検討した。<症例>2000年1月から2007年12月に局所再発のため、再照射を行った上咽頭癌5例を経験した。男性4例、女性1例、扁平上皮癌が3例、腺癌が2例、初回照射時の年齢は34-60歳(中央値58歳)、初回照射から再照射までの期間は5-80か月(中央値39か月)、局所への処方線量は、照射野の重複があり、最大線量は97-136Gy(中央値115.4Gy)であった。<結果>経過観察機関は再照射後6-30か月(中央値24か月)。1例は無病生存中である。再照射のため、合併症が危惧されたが、重篤なものはみとめられなかった。<考察>上咽頭癌では根治照射の再発であっても、再度の根治を目指した照射が可能である。 
  • カルチノイドに対する姑息照射を行った2例, 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 中松 清志, 西川 龍之, 第294回 日本医学放射線学会関西地方会,   2010年02月, 第294回 日本医学放射線学会関西地方会
    概要:症例1 :前縦隔腫瘍摘出にて胸腺カルチノイドと診断され、縦隔に術後照射(30Gy/1.5fr bid.)を行った。12年後に下部縦隔に辺縁再発を認め、再発巣摘出後に術後照射40Gy/20frを行った。再照射から2年8か月後に単発性肝転移を認めたが、照射野内再発は認めなかった。 症例2:膵カルチノイドの胸椎骨転移にて完全両下肢麻痺と膀胱直腸障害を来し、症状完成2か月後に40Gy/16fr照射した結果、通常歩行が可能となった。照射2年後、前回照射部位より下位の胸椎に有痛性転移を認め再度照射(40Gy/20fr)を行った。放射線治療終了後、痛みは消失した。カルチノイドの局所再発予防や症状緩和には放射線治療が有効であり、経過が長いため長期の経過観察が必要である。
  • 肺腫瘍に対する放射線療法, 西村 恭昌, 平成21年度厚生労働省委託事業「インターネットを活用した専門医の育成等事業」,   2010年02月, 平成21年度厚生労働省委託事業「インターネットを活用した専門医の育成等事業」
    概要:肺腫瘍に対する放射線療法の教育講演を行い、これを収録した。
  • 高精度放射線治療の現状とがんプロ放射線腫瘍医コースの取り組み, 西村 恭昌, 九州がんプロフェッショナル養成プラン、長崎大学記念講演会,   2010年02月, 九州がんプロフェッショナル養成プラン、長崎大学記念講演会
    概要:高精度放射線治療の現状とがんプロ放射線腫瘍医コースの取り組みを報告した。(記念講演)
  • 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT):現状と展望, 西村 恭昌, 第3回広島放射線治療研究会,   2010年02月, 第3回広島放射線治療研究会
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT):現状と展望を述べた。(特別講演)
  • 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT), 西村 恭昌, 第24回冬季札幌がんセミナー,   2010年02月, 第24回冬季札幌がんセミナー
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT)を講演した。(セミナー講師)
  • 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT)の現状と課題, 西村 恭昌, 第21回岐阜頭頸部腫瘍懇話会,   2010年02月, 第21回岐阜頭頸部腫瘍懇話会
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT)の現状と課題を述べた。(特別講演)
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT(強度変調放射線療法), 西村 恭昌, 第27回東海頭頸部腫瘍研究会,   2010年01月, 第27回東海頭頸部腫瘍研究会
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRT(強度変調放射線療法)を述べた。(特別講演)
  • 化学放射線療法の進歩と展望, 西村 恭昌, 第18回北里腫瘍フォーラム,   2010年01月, 第18回北里腫瘍フォーラム
    概要:化学放射線療法の進歩と展望を述べた。(特別講演)
  • Practice of Radiotherapy for Esophageal Cancer between 1999 and 2003: the Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG) Survey., 西村 恭昌, 小池 竜太, Ogawa K, Sasamoto R, Murakami Y, Itoh Y, Negoro Y, Itasaka S, Sakayauchi T, Tamamoto T., the 12th world Congress of the International Society for the Diseases of the Esophagus,   2010年, the 12th world Congress of the International Society for the Diseases of the Esophagus
    概要:JROSGで行った食道癌化学放射線療法の全国調査結果を報告した。
  • Radiation Therapy for Postoperative Recurrence of Non-Small Cell Lung Cancer (NSCLC), 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, American Society for Radiation Oncology 51st Annual Meeting,   2009年11月, American Society for Radiation Oncology 51st Annual Meeting
    概要:【対象と方法】1998年-2009年に根治的放射線治療を施行した肺癌術後局所領域再発症例43例を対象とした。年齢の中央値は70歳(44-88歳)、PS0:1が34例:9例であった。再発巣の長径は10-30mm。放射線治療は合計50-72Gyで、通常照射37例、多分割照射6例であった。同時化学療法は14例に併用した。 【結果】全43例の3年・5年全生存率は、69%および53%であった。66Gy以上照射例で生存率が良好であった。一方、同時化学療法の併用は生存率に影響を与えなかった。晩期合併症は、G3の放射線肺臓炎が3例、G2の食道狭窄が1例において見られた。 【結語】非小細胞肺癌の術後再発例に対して66Gy以上の放射線治療で良好な治療成績が得られた。
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT, 西村 恭昌, 第13回京大病院高精度放射線治療ワークショップ,   2009年11月, 第13回京大病院高精度放射線治療ワークショップ
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTを講義した。(セミナー講師)
  • 肺がんに対する放射線療法の進歩, 西村 恭昌, Osaka Lung Cancer Symposium,   2009年11月, Osaka Lung Cancer Symposium
    概要:肺がんに対する放射線療法の進歩を述べた。(特別講演)
  • 肺癌治療における放射線療法の進歩と展望, 西村 恭昌, 第50回日本肺癌学会総会,   2009年11月, 第50回日本肺癌学会総会
    概要:肺癌治療における放射線療法の進歩と展望を述べた。(シンポジスト)
  • 頸部食道癌に対する根治的化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 立花 和泉, 西川 龍之, 西村 恭昌, 第293回日本医学放射線学会関西地方会,   2009年10月, 第293回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:頸部食道癌に対する根治的化学放射線療法に関する発表を行った。
  • 肺癌に対する放射線療法の進歩, 西村 恭昌, 第45回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2009年10月, 第45回日本医学放射線学会秋季臨床大会
    概要:肺癌に対する放射線療法の進歩を講演した。(教育講演)
  • 化学放射線療法の進歩と課題:食道癌を中心に, 西村 恭昌, 第47回日本癌治療学会学術集会,   2009年10月, 第47回日本癌治療学会学術集会
    概要:化学放射線療法の進歩と課題を食道癌を中心に報告した。
  • 肛門管癌に対する根治的放射線治療の臨床成績, 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, 日本放射線腫瘍学会 第22回学術大会,   2009年09月, 日本放射線腫瘍学会 第22回学術大会
    概要:【目的】肛門管癌に対する(化学)放射線治療の効果および合併症を検討した。 【対象と方法】対象は2004-2009年に治療した肛門管癌8例で径肛門的腫瘍切除術後の断端陽性例を1例含んだ。年齢は47-81歳、組織型は扁平上皮癌:基底細胞癌=7:1、病期はstage I:II:IIIA:IIIB=4:1:2:1、腫瘍の長径は15-70mm(中央値35mm)であった。照射野は36-45Gyまで小骨盤腔から両鼡径部とし、GTVに縮小し57.6-63.4Gy(中央値59.6Gy)まで照射した。1例でIMRTを施行した。高齢の1例を除く7例で化学療法を同時併用した。内容はMMC 10mg/m2+5FU 800mg/m2×4dが5例、(CDDP 20mg/body+5FU 750mg/body)×5dが2例であった。 【結果】観察期間は3-55か月(中央値14か月)であり、全例でCRが得られ局所制御率は100%であった。急性期合併症は、G3肛門周囲皮膚炎2例、G3白血球減少1例を認めた。IMRT例では下痢と会陰部粘膜炎が軽度であった。晩期合併症は、G2肛門狭窄1例、G2直腸出血1例を認めた。 【まとめ】肛門管癌に対する(化学)放射線治療で良好な成績
  • Comparison of IMRT treatment plans using a sliding window method between two different treatment planning systems, 田村 昌也, 新谷 直也, 霜村 康平, 西 環, 奥村 雅彦, 柴田 徹, 西村 恭昌, MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING WORLD CONGRESS 2009,   2009年09月, MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING WORLD CONGRESS 2009
    概要:[目的] 本研究の目的は、放射線治療計画装置Pinnacle3とEclipseを比較することによりDynamic MLC制御の性能を評価することである。[方法] 10MV-X線、5門ビーム、78Gy/39frの条件が用いられた。Eclipse(Ver.7.3)において治療計画に利用された条件がPinnacle3(Ver.8.0m)上で設定され、Inverse planningによる最適化計算が行われた。MLC変換法にはSliding Window法が選択され、Max Control Pointは166とされた。線量の正規化は計画標的体積の95%で行われた。10症例の前立腺がんに対するEclipseとPinnacle3のSliding Window法による計算結果は、PTV内の平均線量、最少線量、最大線量、およびPTV近傍の線量プロファイルについて比較された。[結果] Pinnacle3のSliding Window による平均線量は83.6Gy(107.1%)と計算され、Eclipseでの80.0Gy(102.6%)に対し4.5%増加した。EclipseおよびPinnacle3における最少線量は、それぞれ68.7Gy(88.1%)および61.5Gy(78.9%)であり、最大線量は同様に82.7Gy(106.1%)および90.0Gy(115.4%)であった。Pinnacle3において、線量均一
  • 前立腺癌に対するI125シード線源治療後の晩期直腸合併症, 中松 清志, 田村 昌也, 西村 恭昌, 東京医大, 日本放射線腫瘍学会第22回学術大会,   2009年09月, 日本放射線腫瘍学会第22回学術大会
    概要:前立腺癌に対するI125シード線源治療後に生じる直腸の晩期合併症は治療開始後2年以内に生じ、前例グレード2以下である
  • PET-CTによる放射線治療計画の現状と展望, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第22回学術大会,   2009年09月, 日本放射線腫瘍学会第22回学術大会
    概要:PET-CTによる放射線治療計画の現状と展望を報告した。(シンポジスト)
  • 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT)の現状と今後の展望, 西村 恭昌, 第22回日本口腔・咽頭科学会総会,   2009年09月, 第22回日本口腔・咽頭科学会総会
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療(IMRT)の現状と今後の展望を報告した。(シンポジスト)
  • 頭頸部癌に対するPET-CTシミュレーションを用いた放射線治療, 立花 和泉, 西村 恭昌, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 西川 龍之, 第20回 日本高精度放射線外部照射研究会,   2009年07月, 第20回 日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:放射線治療計画時、腫瘍の輪郭描出にPET-CTシミュレーションは有用である。
  • 異なる放射線治療計画装置によるDynamic-IMRT治療計画の比較, 田村 昌也, 新谷 直也, 霜村 康平, 西 環, 奥村 雅彦, 柴田 徹, 西村 恭昌, 第292回日本医学放射線学会関西地方会,   2009年07月, 第292回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:【目的】Pinnacle3を用いたIMRTは通常Step&Shoot法で行われる。本研究はPinnacle3に搭載されたDynamic-IMRT治療計画の性能を検討することを目的とした。【方法】Varian社製EclipseによりDynamic-IMRTを施行した前立腺がん10症例に対し、Pinnacle3のSliding Window法によるIMRT治療計画を行った。【結果】Pinnacle3において、MLCの動作制御が原因と考えられる線量分布およびDVHの著しい劣化がみられた。【結論】Pinnacle3のDynamic-IMRTを適用するのは現状では難しいと考えられる。
  • 局所進行食道がんに対する化学放射線療法の進歩, 西村 恭昌, 第136回日本医学会シンポジウム「がんの集学的治療の最前線、食道がん・胃がんを中心に」,   2009年07月, 第136回日本医学会シンポジウム「がんの集学的治療の最前線、食道がん・胃がんを中心に」
    概要:局所進行食道がんに対する化学放射線療法の進歩を講演した。(シンポジスト)
  • 近畿大学での食道癌に対する根治的化学放射線療法の治療成績, 小池 竜太, 中松 清志, 西村 恭昌, 第63回日本食道学会学術大会,   2009年06月, 第63回日本食道学会学術大会
    概要:近畿大学での食道癌に対する根治的化学放射線療法の治療成績について発表した。
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT, 西村 恭昌, 第12回京大病院高精度放射線治療ワークショップ,   2009年06月, 第12回京大病院高精度放射線治療ワークショップ
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTを講演した。(セミナー講師)
  • 食道癌に対する化学放射線療法のランダム化比較第II相試験(KROSG-0101, JROSG-021), 西村 恭昌, 小池 竜太, 中松 清志, 河村正,根来慶春,藤原一央,光森通英,平岡眞寛,桜井英幸,三橋紀夫, 第63回日本食道学会学術集会,   2009年06月, 第63回日本食道学会学術集会
    概要:食道癌に対する化学放射線療法のランダム化比較第II相試験(KROSG-0101, JROSG-021)の結果を報告した。(シンポジスト)
  • 放射線療法の進歩:故阿部由直教授に捧ぐ, 西村 恭昌, 第120回日本医学放射線学会北日本地方会,   2009年06月, 第120回日本医学放射線学会北日本地方会
    概要:故阿部由直教授をしのんで、放射線療法の進歩を報告した。(ランチョンセミナー講師)
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT:8年間の経験, 西村 恭昌, 柴田 徹, 第33回日本頭頸部癌学会,   2009年06月, 第33回日本頭頸部癌学会
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRT:8年間の経験を報告した。(シンポジスト)
  • 放射線療法の考え方と最近の進歩, 西村 恭昌, 第1回Radiation Oncology Meeting in OITA,   2009年05月, 第1回Radiation Oncology Meeting in OITA
    概要:放射線療法の考え方と最近の進歩を概説した。(特別講演)
  • IMRTを併用した食道癌化学放射線療法の考察, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 立花 和泉, 大久保 充, 西川 龍之, 西村 恭昌, 第68回日本医学放射線学会学術大会,   2009年04月, 第68回日本医学放射線学会学術大会
    概要:IMRTを併用した食道癌化学放射線療法について発表した。
  • 食道がんの放射線治療, 西村 恭昌, 第68回日本医学放射線学会総会,   2009年04月, 第68回日本医学放射線学会総会
    概要:食道がんの放射線治療を概説した。(教育講演)
  • Pinnacle3によるDynamic-IMRT治療計画の問題点, 田村 昌也, 新谷 直也, 霜村 康平, 西 環, 奥村 雅彦, 柴田 徹, 西村 恭昌, 長畑 智政, 薮田 和利, 第27回京都放射線腫瘍研究会,   2009年03月, 第27回京都放射線腫瘍研究会
    概要:【目的】当院に治療計画装置Pinnacle3が導入された。Varian社製EclipseおよびCLINAC-21EX(MLC:Millennium120)により前立腺に対するDynamic-IMRTの治療計画を施行している。本研究はPinnacle3を用いたDynamic-IMRT治療計画を試行し、結果をEclipseと比較することで、ビームおよび最適化条件等従来の手法をそのまま適用可能か検討することを目的とした。【方法】過去にEclipseによるIMRT治療計画に利用した画像・輪郭情報をPinnacle3に取り込み、同等のビーム条件を設定した。標的および重要臓器の目標線量を同条件で設定し、最適化計算を行った。MLCへの変換にはSliding Windowを選択し、セグメント数をEclipseの計画に用いた166とした。【結果】Pinnacle3による最適化計算により、線量分布およびDVHに関してEclipseとほぼ同等の結果が得られた。しかし、Sliding WindowでMLC動作への変換後、線量分布およびDVHが大きく劣化することがわかった。【考察】Sliding Windowを用いたMCLへのコンバートの条件が、適切に設定されていない可
  • 少し先の放射線治療;放射線腫瘍医の立場から, 西村 恭昌, 放射線治療かたろうう会第100回記念大会,   2009年03月, 放射線治療かたろうう会第100回記念大会
    概要:放射線腫瘍医の立場から少し先の放射線治療を語った。(シンポジスト)
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT, 西村 恭昌, 第11回京大病院高精度放射線治療ワークショップ,   2009年03月, 第11回京大病院高精度放射線治療ワークショップ
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTの講演を行った。(セミナー講師)
  • 肛門管癌に対する根治的放射線治療の検討, 立花 和泉, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 西川 龍之, 第291回 日本医学放射線学会関西地方会,   2009年02月, 第291回 日本医学放射線学会関西地方会
    概要:肛門管癌に対する根治的放射線治療成績を検討した。肛門管癌7例を対象とした。年齢は47-81歳、PS0:2=6:1、組織型は扁平上皮癌:基底細胞癌=6:1、病期はstage I:II:IIIA=4:1:2、腫瘍の長径は15-70mmであった。合計線量は57.6-63.4Gy、通常照射:IMRT=6:1。6例で化学療法を同時併用した。全7例で局所反応はCR、局所制御率は100%であった(観察期間中央値:12カ月)。急性期合併症としては、G3皮膚炎2例、G3白血球減少1例を認めた。晩期合併症は、G2肛門狭窄1例、G2直腸出血1例を認めた。肛門管癌に対する放射線治療は良好な成績が得られ、合併症軽減の為にIMRTは有用であった。
  • I125シード線源を用いた前立腺小線源治療後の晩期直腸合併症, 中松 清志, 田村 昌也, 西村 恭昌, 東京医大, 日本放射線腫瘍学会,   2009年, 日本放射線腫瘍学会
    概要:I125シード線源を用いた前立腺小線源治療後の晩期直腸合併は治療後2年以内に発生し、内科的治療で改善することが分かった。
  • Radiation therapy in patients with implanted cardiac pacemakers and implantable cardiodefibrillators: a prospective survay in Japan., Soejima T, 西村 恭昌, Yoden E, Nishimura Y, Ono S, Yoshida A, Fukuda H, Fukuhara N, Sasaki R, Tujino K, Norihisa Y., the 51st Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2009年, the 51st Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology
    概要:心臓ペースメーカーあるいは除細動器を付けている患者に対する放射線治療の前向き試験結果を報告した。
  • Phase III study of mitomycin/vindesine/cisplatin (MVP) vs. weekly irinotecan/carboplatin (IC) or weekly pacritaxel/carboplatin (PC) with concurrent thoracic radiotherapy (TRT) for unresectable stage III non-small cell lung cancer (WJTOG0105): special ref, 西村 恭昌, 中川 和彦, 福岡 正博, Tujino K, Satouchi M, Tanaka M, Kodaira T, Kokubo M, Fukuda H, Yamamoto N, the 51st Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2009年, the 51st Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology
    概要:非小細胞肺癌に対する化学放射線療法のランダム化比較試験(WJTOG0105)の結果を、放射線治療の観点から報告した。
  • 非小細胞肺癌術後に対する放射線治療の検討, 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 原 聡, 廣畑 健, 南 憲司, 西川 龍之, 第49回 日本肺癌学会総会,   2008年11月, 第49回 日本肺癌学会総会
    概要:【対象と方法】1998年-2009年に根治的放射線治療を施行した肺癌術後局所領域再発症例43例を対象とした。年齢の中央値は70歳(44-88歳)、PS0:1が34例:9例であった。再発巣の長径は10-30mm。放射線治療は合計50-72Gyで、通常照射37例、多分割照射6例であった。同時化学療法は14例に併用した。 【結果】全43例の3年・5年全生存率は、69%および53%であった。66Gy以上照射例で生存率が良好であった。一方、同時化学療法の併用は生存率に影響を与えなかった。晩期合併症は、G3の放射線肺臓炎が3例、G2の食道狭窄が1例において見られた。 【結語】非小細胞肺癌の術後再発例に対して66Gy以上の放射線治療で良好な治療成績が得られた。
  • 放射線腫瘍医からみた肺癌診療体制, 西村 恭昌, 第49回日本肺癌学会,   2008年11月, 第49回日本肺癌学会
    概要:放射線腫瘍医からみた肺癌診療体制の問題点を述べた。(シンポジスト)
  • 強度変調放射線治療(IMRT)の現状と将来, 西村 恭昌, 京都府立医大大学院特別講義,   2008年11月, 京都府立医大大学院特別講義
    概要:強度変調放射線治療(IMRT)の現状と将来の講演を行った。(大学院講義)
  • 前立腺癌の強度変調放射線治療におけるDose escalation:リスク臓器に対する線量制約の妥当性の検証, 柴田 徹, 中松 清志, 大久保 充, 金森 修一, 小池 竜太, 西川 龍之, 立花 和泉, 西村 恭昌, 第46回 日本癌治療学会総会,   2008年11月, 第46回 日本癌治療学会総会
    概要:前立腺IMRTの線量増加過程におけるリスク臓器の線量体積ヒストグラムと有害事象の関係を解析した。全例で線量制約を満たす計画が実現できており、Grade2の急性期有害事象は頻尿19%、排尿困難9%、直腸炎4%であった。これまでのところ重篤な晩期合併症を認めなかった。
  • 非小細胞肺癌術後再発に対する根治的放射線治療, 立花 和泉, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 西川 龍之, 日本放射線腫瘍学会 第21回学術大会,   2008年10月, 日本放射線腫瘍学会 第21回学術大会
    概要:【対象と方法】1998年-2009年に根治的放射線治療を施行した肺癌術後局所領域再発症例43例を対象とした。年齢の中央値は70歳(44-88歳)、PS0:1が34例:9例であった。再発巣の長径は10-30mm。放射線治療は合計50-72Gyで、通常照射37例、多分割照射6例であった。同時化学療法は14例に併用した。 【結果】全43例の3年・5年全生存率は、69%および53%であった。66Gy以上照射例で生存率が良好であった。一方、同時化学療法の併用は生存率に影響を与えなかった。晩期合併症は、G3の放射線肺臓炎が3例、G2の食道狭窄が1例において見られた。 【結語】非小細胞肺癌の術後再発例に対して66Gy以上の放射線治療で良好な治療成績が得られた。
  • IMRT-QA解析アプリケーションを用いたDMLC動作特性の検証, 田村 昌也, 西 環, 奥村 雅彦, 松本 賢治, 霜村 康平, 新谷 直也, 坂口 香由子, 浅井 義行, 柴田 徹, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第21回学術大会,   2008年10月, 日本放射線腫瘍学会第21回学術大会
    概要:【目的】DMLCを用いた強度変調放射線治療(IMRT)において、実照射時に線量率の変動が起こる症例が散見された。本研究は、その原因と考えられるMLC位置の速度依存性を解析し、IMRTに対するQAの判定基準を定めることを目的とした。本研究の検証には、Varian社製IMRT-QA解析アプリケーション「Argus」を使用した。【方法】放射線治療装置Varian社製CLINAC-21EX(Millennium120)及び600C(Millennium80)において、MLCを0.5cmスリットで平行移動させ、線量率固定で速度を0.5から3.0cm/sまで変化させた。照射後のログファイルをArgusで解析し、MLC位置の時間移動に関して期待値と実測値を比較した。【結果】速度が2cm/s以上で、MLC位置に時間遅れによる0.1cm以上の誤差が生じた。2.5cm/s以上で期待値に追従できなくなり、線量率の制御(Beam Hold-Off)が行われる事例が生じた。各対リーフのギャップ幅の誤差は、速度が2.5cm/sで0.05cm以内であり、同期性は良好であることがわかった。【結論】DMLCを用いたIMRT計画に対する当院
  • 近畿大学における食道癌に対する根治的(化学)放射線療法の治療成績, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 廣井 啓二, 西川 龍之, 立花 和泉, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学第21回学術大会,   2008年10月, 日本放射線腫瘍学第21回学術大会
    概要:近畿大学における食道癌に対する根治的(化学)放射線療法の治療成績について発表した。
  • IMRT併用頸部食道癌化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 西川 龍之, 立花 和泉, 西村 恭昌, 第26回京都放射線腫瘍研究会プログラム,   2008年10月, 第26回京都放射線腫瘍研究会プログラム
    概要:頸部食道癌に対するIMRTを併用した化学放射線療法について発表した。
  • 放射線治療計画ガイドライン2008:胸部・消化器, 西村 恭昌, 早川和重,永田靖,光森通英,山内智香子,根本建二,伊藤芳紀,唐澤克之,岸和史,永倉久泰,新部譲, 日本放射線腫瘍学会第21回学術大会,   2008年10月, 日本放射線腫瘍学会第21回学術大会
    概要:放射線治療計画ガイドライン2008:胸部・消化器の改訂点について報告した。
  • 食道癌に対する(化学)放射線治療:JROSG消化器グループ9施設のまとめ, 西村 恭昌, 小池 竜太, 小川和彦,笹本龍太,村上祐司,伊藤善之,根来慶春,板坂聡,坂谷内徹,玉本哲郎, 日本放射線腫瘍学会第21回学術大会,   2008年10月, 日本放射線腫瘍学会第21回学術大会
    概要:食道癌に対する(化学)放射線治療:JROSG消化器グループ9施設のまとめを報告した。
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT, 西村 恭昌, 第10回京大病院高精度放射線治療ワークショップ,   2008年10月, 第10回京大病院高精度放射線治療ワークショップ
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTの講演を行った。(セミナー講師)
  • 浸潤性胸腺腫に対する放射線治療の有用性, 金森 修一, 小池 竜太, 立花 和泉, 石川 久, 中松 清志, 西川 龍之, 廣井 啓二, 柴田 徹, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会,   2008年10月, 日本医学放射線学会
    概要:浸潤性胸腺腫に対する放射線治療の成績は少ない。そこで、当院における浸潤性胸腺腫11例の治療成績について報告した。
  • 中咽頭癌に対する強度変調放射線治療の意義, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 大久保 充, 西川 龍之, 立花 和泉, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第21回学術大会,   2008年10月, 日本放射線腫瘍学会 第21回学術大会
    概要:2003年以来、当院で治療した27症例の中咽頭癌IMRTによる治療成績を発表した。3年局所制御率/全生存率は92%/80%で良好な結果が得られた。同時に唾液腺の線量低減による機能温存が達成できた。
  • Definitive chemo-radiotherapy for esophageal cancer:failure pattern and salvage treatments, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 大久保 充, 廣井 啓二, 柴田 徹, 西川 龍之, 塩崎 均, The 50th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2008年09月, The 50th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
  • 放射線療法の最近の進歩, 西村 恭昌, 第4回静岡がん治療フォーラム,   2008年09月, 第4回静岡がん治療フォーラム
    概要:放射線療法の最近の進歩について講演した。(特別講演)
  • 食道癌, 西村 恭昌, 第10回放射線腫瘍学夏季セミナー、エキスパートトーク,   2008年08月, 第10回放射線腫瘍学夏季セミナー、エキスパートトーク
    概要:食道癌に対する放射線治療について講演した。
  • 食道癌根治化学放射線療法における再発形式と照射野の関係, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 塩崎 均, 第62回日本食道学会学術集会,   2008年06月, 第62回日本食道学会学術集会
    概要:食道癌根治化学放射線療法における再発形式と照射野の関係について発表した。
  • 食道癌に対する照射野の変遷, 西村 恭昌, 基調講演、第62回日本食道学会学術集会,   2008年06月, 基調講演、第62回日本食道学会学術集会
    概要:食道癌に対する照射野の変遷について講演した。
  • 放射線療法の最近の進歩, 西村 恭昌, 第2回日本放射線防護(生体防御)研究会、招待講演,   2008年06月, 第2回日本放射線防護(生体防御)研究会、招待講演
    概要:放射線療法の最近の進歩について講演した。
  • 頭頸部腫瘍に対する放射線療法の現況, 西村 恭昌, 第2回沖縄放射線治療研究会、特別講演,   2008年05月, 第2回沖縄放射線治療研究会、特別講演
    概要:頭頸部腫瘍に対する放射線療法の現況についてIMRTを中心に述べた。
  • 上咽頭腫瘍に対する強度変調放射線療法, 西村 恭昌, 第67回日本医学放射線学会総会、教育講演,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学会総会、教育講演
    概要:上咽頭腫瘍に対する強度変調放射線療について教育講演した。
  • 前立腺がんに対する強度変調放射線治療(IMRT)の線量増加と有害事象の検討, 柴田 徹, 中松 清志, 大久保 充, 西川 龍之, 廣井 啓二, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会総会,   2008年04月, 日本医学放射線学会総会
    概要:前立腺IMRTにおいて72Gyから78Gyまでの線量増加を行った。標的に対する線量投与とリスク臓器の線量制約を満たす治療計画が容易であった。急性期有害事象は一過性であり、明らかな増悪を認めず、安全かつ容易に線量増加が可能であった。
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT, 西村 恭昌, 慶応大学インテンシブコース「高精度放射線治療の基礎知識再構築」、講師,   2008年03月, 慶応大学インテンシブコース「高精度放射線治療の基礎知識再構築」、講師
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTに対する注意点を講演した。
  • 放射線療法の最近の進歩, 西村 恭昌, 第54回福岡がん化学療法研究会、特別講演,   2008年02月, 第54回福岡がん化学療法研究会、特別講演
    概要:放射線療法の最近の進歩について講演した。
  • 放射線治療の現状と課題, 西村 恭昌, 第10回癌治療増感研究シンポジウム、シンポジスト,   2008年02月, 第10回癌治療増感研究シンポジウム、シンポジスト
    概要:放射線治療の現状と課題について講演した。
  • 食道癌の正しい治療計画法:CTVを中心に, 西村 恭昌, 第6回九州放射線治療システム研究会、特別講演,   2008年01月, 第6回九州放射線治療システム研究会、特別講演
    概要:食道癌の正しい治療計画法について講演した。
  • Dosimetric properties of an amorphous silicon electric portal device for verification of dynamic IMRT., 松本 賢治, 西村 恭昌, 奥村 雅彦, 浅井 義行, 坂口 香由子, 新谷 直也, 西 環, 霜村 康平, the 50th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2008年, the 50th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:アモルファスシリコンを用いたEPIDの線量測定結果を報告した。
  • A randomized phase II study of cisplatin/5-FU concurrent chemoradiotherapy for esophageal cancer: short-term infusion versus protracted infusion chemotherapy (KROSG-0101, JROSG-021), 西村 恭昌, 小池 竜太, 中松 清志, Mitsumori M, Hiraoka M, Kawamura M, Negoro Y, Fujiwara K, Sakurai H, Mitsuhashi N, the 50th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2008年, the 50th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:食道癌に対する化学放射線療法のランダム化比較試験(KROSG-0101, JROSG-021)を報告した。
  • Imaging for gastrointestinal cancers, part 1; esophageal cancer., 西村 恭昌, the Training Course in 3D Conformal Radiotherapy, QA for Imaging and Treatment Planning, IAEA,   2008年, the Training Course in 3D Conformal Radiotherapy, QA for Imaging and Treatment Planning, IAEA
    概要:IAEAのトレーニングコースの講師として食道癌の診断と放射線治療について講義した。
  • 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT):これからはじめる人のために, 西村 恭昌, 第8回日本高精度放射線外部照射研究会、特別講演,   2008年, 第8回日本高精度放射線外部照射研究会、特別講演
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT)をこれからはじめる人のために、その注意点を講演した。
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT, 西村 恭昌, 第9回京大病院高精度放射線治療ワークショップ、講師,   2008年, 第9回京大病院高精度放射線治療ワークショップ、講師
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTの実際について述べた。
  • 日本における食道癌の放射線治療, 西村 恭昌, 2007年度日中医学交流会議、講演,   2008年, 2007年度日中医学交流会議、講演
    概要:日本における食道癌の放射線治療の現状を述べた。
  • 子宮頸癌に対する根治的放射線治療成績, 中松 清志, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 西川 龍之, 鈴木 実, 廣井 啓二, 東京医大, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会,   2007年12月, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会
    概要:当院での子宮頸癌に対する根治的放射線治療成績は良好な結果が得られているが、7%の晩期合併症が確認された。
  • 食道癌に対する化学放射線療法のランダム化比較試験(KROSG-0101, JROSG-021), 西村 恭昌, 中松 清志, 小池 竜太, 河村正,根来慶春,藤原一央,三橋紀夫,桜井英幸,光森通英,平岡真寛, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会,   2007年12月, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会
    概要:食道癌に対する化学放射線療法のランダム化比較試験(KROSG-0101, JROSG-021)の急性毒性とコンプライアンスについて報告した。
  • 放射線治療最近の進歩:前立腺がんを中心に, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会、市民公開講座,   2007年12月, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会、市民公開講座
    概要:前立腺がんを中心に放射線治療最近の進歩について述べた。
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT, 西村 恭昌, 第8回京大病院高精度放射線治療ワークショップ、講師,   2007年12月, 第8回京大病院高精度放射線治療ワークショップ、講師
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTの実際を講演した。
  • 放射線療法, state of the art 2007, 西村 恭昌, 近畿大学医学部附属病院、がんセンター設置記念講演会、講師,   2007年12月, 近畿大学医学部附属病院、がんセンター設置記念講演会、講師
    概要:放射線療法のstate of the art 2007について報告した。
  • 高精度放射線治療における粒子線治療の位置づけ, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会、シンポジスト,   2007年12月, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会、シンポジスト
    概要:高精度放射線治療における粒子線治療の位置づけについて意見を述べた。
  • 放射線療法の考え方と最近の進歩, 西村 恭昌, 関西労災病院院内講演会、講演,   2007年12月, 関西労災病院院内講演会、講演
    概要:放射線療法の考え方と最近の進歩について講演した。
  • 肛門管癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の基礎的検討, 柴田 徹, 大久保 充, 中松 清志, 廣井 啓二, 小池 竜太, 西川 龍之, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第20回学術大会,   2007年12月, 日本放射線腫瘍学会 第20回学術大会
    概要:肛門管癌は稀な疾患であるが、括約筋機能温存が可能な放射線療法の役割は大きい。正常臓器の線量低減を目的としてIMRTの有用性を検討した。IMRTは肛門管癌に対してリスク臓器線量の最適化を達成可能であり有害事象の軽減に貢献する可能性がある。
  • 切らずに治すがん治療, 西村 恭昌, 平成19年度金剛祭、医学展、特別講演,   2007年11月, 平成19年度金剛祭、医学展、特別講演
    概要:放射線治療の進歩と特徴を解説した。
  • 放射線療法の考え方と最近の進歩, 西村 恭昌, 藤井寺市医師会学術講演会、講演,   2007年11月, 藤井寺市医師会学術講演会、講演
    概要:放射線療法の考え方と最近の進歩について講演した。
  • 放射線療法の考え方と最近の進歩, 西村 恭昌, 近畿大学薬学部生涯教育研修会、講演,   2007年11月, 近畿大学薬学部生涯教育研修会、講演
    概要:放射線療法の考え方と最近の進歩について講演した。
  • 肺がん放射線治療の基本, 西村 恭昌, 第48回日本肺癌学会総会、教育講演,   2007年11月, 第48回日本肺癌学会総会、教育講演
    概要:肺がん放射線治療の基本について教育講演した。
  • Protracted Infusion Chemotherapy Combined with Radiation therapy for Esophageal cancer with malignant fistula, 小池 竜太, 中松 清志, 西川 龍之, 西村 恭昌, 金森 修一, 柴田 徹, 廣井 啓二, 大久保 充, The 49th annual Meeting og the Amrican Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2007年11月, The 49th annual Meeting og the Amrican Society for Therapeutic Radiology and Oncology
  • Static and moving phantom studies for treatment planning in an integrated PET/CT system., 西村 恭昌, 大久保 充, 中松 清志, 奥村 雅彦, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井 啓二, 西川 龍之, 細野 眞, the 49th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2007年10月, the 49th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:PET-CTシミュレーションのためのファントム実験の結果を報告した。
  • 中咽頭・下咽頭癌に対する先進医療:強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 大久保 充, 廣井 啓二, 西川 龍之, 金森 修一, 森 一功, 西村 恭昌, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
    概要:当院における中咽頭・下咽頭癌のIMRTによる治療成績を報告した。 中咽頭癌、I-III期の下咽頭癌では2年88%を超える良好な治療成績が得られた。 また同時に75%の症例で唾液腺機能の温存が可能であった。
  • Intensity modulated radiation therapy (IMRT) for head and neck cancers and esophageal cancers., 西村 恭昌, 柴田 徹, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 大久保 充, the 5th Japan-US Cancer Therapy Symposium & the 5th S. Takahashi Memorial International Symposium,   2007年09月, the 5th Japan-US Cancer Therapy Symposium & the 5th S. Takahashi Memorial International Symposium
    概要:頭頸部腫瘍と食道癌に対するIMRTについて講演した。
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT, 西村 恭昌, 第7回京大病院高精度放射線治療ワークショップ、講師,   2007年09月, 第7回京大病院高精度放射線治療ワークショップ、講師
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTの実際について講演した。
  • Intensity modulated radiotherapy for oropharyngeal and hypopharyngeal cancers: a short-term result, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 大久保 充, 廣井 啓二, 西川 龍之, 金森 修一, 森 一功, 西村 恭昌, ECCO14 the European Cancer Conference,   2007年09月, ECCO14 the European Cancer Conference
    概要:中咽頭癌、下咽頭癌に対する強度変調放射線治療の治療成績を報告した。
  • A Long-term Result by Hyperfractionated Radiotherapy with Concurrent Chemotherapy for Limited-stage Small Cell Lung Cancer (LD-SCLC): a Retrospective Analysis in a Single Institution., 柴田 徹, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 大久保 充, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 中川 和彦, 福岡 正博, 12th World Conference on Lung Cancer,   2007年09月, 12th World Conference on Lung Cancer
    概要:限局期小細胞肺癌に対する過分割照射の治療成績を報告した。 PE regimen併用でのMSTは28.6 monthsで 2/3/5/ year survival ratesは 51/32/24%であった。
  • PET/CTシミュレーションによる強度変調放射線療法;現状と今後の可能性, 西村 恭昌, 第37回放射線による制癌シンポジウム、基礎と臨床の対話、シンポジスト,   2007年07月, 第37回放射線による制癌シンポジウム、基礎と臨床の対話、シンポジスト
    概要:PET/CTシミュレーションによる強度変調放射線療法;現状と今後の可能性について講演した。
  • 放射線治療臨床総論, 西村 恭昌, 日本放射線技師会・平成19年度生涯学習セミナー、放射線治療講習会、講師,   2007年07月, 日本放射線技師会・平成19年度生涯学習セミナー、放射線治療講習会、講師
    概要:放射線治療臨床総論について講演した。
  • 中咽頭・下咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT):治療効果と機能温存に関する検討, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 金森 修一, 森 一功, 西村 恭昌, 第31回 日本頭頸部癌学会,   2007年06月, 第31回 日本頭頸部癌学会
    概要:【目的】IMRTによる治療効果と有害事象に関する検討【対象・方法】2002年12月~2006年9月にIMRT を施行した中咽頭19例・下咽頭癌25例の計44例。全例が扁平上皮癌。年齢の中央値64歳、性別:男/女= 40/4、PS: 0/1=31/13、病期: I/II/III/IV=6/8/6/24とIV期症例が54%を占めた。放射線治療前に腫瘍減 量術が22例(50%)、頸部リンパ節郭清が28例(64%)に施行されていた。4MV-X線の7門照射にて、原発巣 および予防照射域を含めた両側頸部に44-54Gy、原発巣と高リスク領域に対して計66-70Gy/33-35回 (D95処方線量)まで照射した。28例(63%)に化学療法(16例weekly docetaxel;10例CDDP×3;2例FP)を併 用した。【結果】一次効果は40例(91%)にCRを得た。2年局所無再発生存率は中咽頭89%・下咽頭46%、 下咽頭再発の救済手術が4例、リンパ節再発の郭清術が1例に行われた。病期別の2年全生存率は中咽頭I-III 期83%/IV期90%・下咽頭I-III期85%/IV期27%。重複癌は19例:26部位に認め、下咽頭で3重癌3例、4重癌 2例と多発した。急性有害事
  • 小細胞肺癌に対する放射線治療, 西村 恭昌, 第66回日本医学放射線学会学術集会、教育講演,   2007年04月, 第66回日本医学放射線学会学術集会、教育講演
    概要:小細胞肺癌に対する放射線治療に関する教育講演を行った。
  • 日本放射線腫瘍学会、診療科別プレゼンテーション, 西村 恭昌, 医学生のための臨床研修指定病院合同セミナー、第27回日本医学会総会,   2007年04月, 医学生のための臨床研修指定病院合同セミナー、第27回日本医学会総会
    概要:放射線腫瘍科の将来性について述べた。
  • Stage III 乳癌の温存乳腺に対する放射線治療, 金森 修一, 中松 清志, 大久保充, 小池 竜太, 廣井啓二, 柴田 徹, 西村 恭昌, 鈴木実 増永慎一郎, 日本医学放射線学会,   2007年04月, 日本医学放射線学会
    概要:乳房温存術後のstage III 乳癌の放射線治療とその成績について検討した。
  • 早期中咽頭腫瘍に対するsimulataneous integrated boost (SIB)法によるIMRT:治療計画法とDVH分析, 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井 啓二, 大久保 充, 第15回日本高精度放射線外部照射研究会,   2007年03月, 第15回日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:早期中咽頭腫瘍に対するsimulataneous integrated boost (SIB)法によるIMRTの治療計画法とDVH分析について報告した。
  • 放射線療法の考え方と最近の進歩, 西村 恭昌, IGTクリニック市民公開講座、講演,   2007年03月, IGTクリニック市民公開講座、講演
    概要:放射線療法の考え方と最近の進歩について講演した。
  • 放射線療法の考え方と最近の進歩, 西村 恭昌, 市民の生涯学習教育を支援するための公開講座 「ここまで治る、がんの放射線治療」、特別講演,   2007年02月, 市民の生涯学習教育を支援するための公開講座 「ここまで治る、がんの放射線治療」、特別講演
    概要:放射線療法の考え方と最近の進歩について講演した。
  • 中咽頭・下咽頭腫瘍に対する強度変調放射線治療の短期成績, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 大久保 充, 廣井 啓二, 金森 修一, 西村 恭昌, 奥村 雅彦, 鈴木 実, 第23回京都放射線腫瘍研究会,   2007年02月, 第23回京都放射線腫瘍研究会
  • 食道癌に対するIMRT併用化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第20回学術大会,   2007年, 日本放射線腫瘍学会 第20回学術大会
    概要:食道癌に対するIMRT併用化学放射線療法について発表した。
  • 放射線療法の最近の進歩, 西村 恭昌, 愛媛放射線科医会第97回例会学術講演会、特別講演,   2006年12月, 愛媛放射線科医会第97回例会学術講演会、特別講演
    概要:放射線療法の最近の進歩について述べた。
  • 進行乳癌に対するPMRTの治療成績, 金森 修一, 中松 清志, 柴田 徹, 小池 竜太, 大久保 充, 廣井 啓二, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会,   2006年12月, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会
    概要:当院の初発乳癌に対する乳房切除後の胸壁照射(PMRT)後の治療成績を検討し た結果、3年の局所制御率は73%となった。
  • Phase I/II Trial of sequential chemoradiotherapy using a novel hypoxic cell radiosensitizer, doranidazole (PR-350), in patients (pts) with locally advanced non-small cell lung cancer (NSCLC), 西村 恭昌, 中川 和彦, 福岡 正博, Takeda K, Tanaka M, Kataoka M, Segawa Y, Tsujino K, Negoro S, Ariyoshi Y, the 48th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2006年11月, the 48th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:非小細胞肺がんに対する低酸素細胞増感剤、ドラニダゾールの化学放射線療法における効果をI/II相試験で検討した。
  • 食道癌に対する放射線療法の進歩、化学放射線療法を中心に, 西村 恭昌, 第5回大阪消化器化学療法懇話会、特別講演,   2006年11月, 第5回大阪消化器化学療法懇話会、特別講演
    概要:食道癌に対する放射線療法の進歩、特に化学放射線療法を中心に講演した。
  • 前立腺IMRT導入期における位置精度と線量分布の妥当性の検討, 柴田 徹, 新谷 直也, 浅井 義行, 奥村 雅彦, 大久保 充, 中松 清志, 小池 竜太, 廣井 啓二, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第19回学術大会,   2006年11月, 日本放射線腫瘍学会 第19回学術大会
    概要:【目的】前立腺IMRTの初期報告【対象・方法】2005年10月よりIMRTを施行した前立腺癌13症例、年齢59-74歳、T2/T3=10/3、中等度/高リスク群=6/7。仰臥位のシェル固定で2mm-CTを撮像、前立腺と精嚢をCTVと設定し、中リスク群/T2以下の場合は精嚢の近位2/3のみ含めた。原則として各方向10mm、背側のみ6mmを加えてPTVとし、5門照射にてEclipse-Helios(5mm-DMLC法)を用いて最適化・治療計画を行った。照射はCL21EXの10MVX線を用い、EPID照合により骨構造を基準に位置精度を検証した。初期の6例には固定法・治療計画法の確立と精度確認を兼ねたpilot試験として、4門照射(40-46Gy)後のブースト照射時にIMRTを用いた。続いて72Gy/36FrのIMRTに移行した。【結果】PTVから直腸の重なりを除いた体積に対するD95=100%(72Gy)として処方線量を標準化した。この条件でPTVの平均線量は102.8±0.4%(74.0Gy)となり、PTVDmax/D95=107.4±1.2/99.2±0.7、CTVDmean/Dmin =103.2±0.9/100.3±1.2%と概ね均一な線量分布が得られた。膀胱壁のV40/70Gy =37.8/18.0、直腸壁のV40/60
  • Final result of randomized trial of 30Gy/3 fractions versus 40Gy/4 fractions in postoperative Strontim-90 radiation therapy for pterysia., 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 柴田 徹, 栁生 行伸, 西村 恭昌, European Society for Therapeutic Radiology and Oncology, 25th Annual Meeting,   2006年10月, European Society for Therapeutic Radiology and Oncology, 25th Annual Meeting
    概要:翼状片に対する照射分割方法について30Gy/3回と40Gy/4回の無作為比較試験を行った結果両者の治療成績に差はなく安全に行うことができたため、30Gy/3回 が必要十分な治療であることが示唆された。
  • Clinical results of parotid-sparing intensity moduolated radiation therapy (IMRT) for nasopharyngeal cancer (NPC)., 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井 啓二, 大久保 充, 奥村 雅彦, the 25th European Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2006年10月, the 25th European Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:上咽頭腫瘍に対するIMRTの臨床成績を報告した。
  • 強度変調放射線療法(IMRT)の現状と展望, 西村 恭昌, 第29回大阪放射線医学研究会、特別講演,   2006年10月, 第29回大阪放射線医学研究会、特別講演
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)の現状と展望について述べた。
  • 食道がん, 西村 恭昌, 第44回日本癌治療学会、パネルディスカッション;各領域の視点からみた癌治療のあり方、ディスカッサント,   2006年10月, 第44回日本癌治療学会、パネルディスカッション;各領域の視点からみた癌治療のあり方、ディスカッサント
    概要:食道がんの放射線療法について集学的治療の観点から述べた。
  • 肺癌放射線療法の標準化と課題:West Japan Thoracic Oncology Group (WJTOG)の経験, 西村 恭昌, 第44回日本癌治療学会、シンポジウム;肺がんの化学療法・放射線療法:現在と未来、シンポジスト,   2006年10月, 第44回日本癌治療学会、シンポジウム;肺がんの化学療法・放射線療法:現在と未来、シンポジスト
    概要:West Japan Thoracic Oncology Group (WJTOG)の経験をもとに、肺癌放射線療法の標準化と課題について述べた。
  • 食道癌の集学的治療:放射線腫瘍学の立場から, 西村 恭昌, 第65回日本癌学会、シンポジウム;臓器がん・消化管、シンポジスト,   2006年09月, 第65回日本癌学会、シンポジウム;臓器がん・消化管、シンポジスト
    概要:放射線腫瘍学の立場から食道癌の集学的治療について意見を述べた。
  • 多施設臨床試験の現状、肺がん・食道がんを中心に, 西村 恭昌, 第20回筑後放射線腫瘍談話会、特別講演,   2006年09月, 第20回筑後放射線腫瘍談話会、特別講演
    概要:肺がん・食道がんを中心に多施設臨床試験の現状について講演した。
  • 放射線治療の考え方と強度変調放射線療法による進歩, 西村 恭昌, 日本放射線技術学会近畿部会、平成18年度ステップアップ臨床セミナー、講師,   2006年08月, 日本放射線技術学会近畿部会、平成18年度ステップアップ臨床セミナー、講師
    概要:放射線治療の考え方と強度変調放射線療法による進歩を講演した。
  • Preliminary results of intensity modulated radiation therapy (IMRT) for nasopharyngeal cancer (NPC) at Kinki University., 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井 啓二, 大久保 充, the 1st Hokkaido International Crosscutting Symposium,   2006年07月, the 1st Hokkaido International Crosscutting Symposium
    概要:上咽頭腫瘍に対するIMRTの初期経験を発表した。
  • 頭蓋底腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT), 西村 恭昌, 第18回日本頭蓋底外科学会、シンポジスト,   2006年07月, 第18回日本頭蓋底外科学会、シンポジスト
    概要:頭蓋底腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT)の現状を報告した。
  • 食道癌診断・治療ガイドラインの改訂に向けて, 西村 恭昌, 第60回日本食道学会学術集会、ランチョンセミナー講師,   2006年07月, 第60回日本食道学会学術集会、ランチョンセミナー講師
    概要:食道癌診断・治療ガイドラインの改訂のポイントを解説した。
  • 前立腺癌密封小線源治療の初期経験, 林 泰司, 森 康範, 田原 秀男, 田中 基幹, 植村 天受, 中松 清志, 西村 恭昌, 第60回近畿大学医学会学術講演会,   2006年07月, 第60回近畿大学医学会学術講演会
  • 近畿大学におけるPMRTー5年間の経過ー, 金森 修一, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 橋本 幸彦, 塩﨑 均, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 日本乳癌学会学術総会(第14回),   2006年07月, 日本乳癌学会学術総会(第14回)
    概要:当院では乳房切除後の胸壁照射(PMRT)を開始し5年を経過したので、その治療成績を検討し報告した。
  • 術前補助療法、術後補助療法、放射線療法, 西村 恭昌, 第60回日本食道学会学術集会、ワークショップ;食道癌治療ガイドラインのより良い改訂に向けて、シンポジスト,   2006年06月, 第60回日本食道学会学術集会、ワークショップ;食道癌治療ガイドラインのより良い改訂に向けて、シンポジスト
    概要:食道癌に対する術前補助療法、術後補助療法、根治的放射線療法についてエビデンスをもとに報告した。
  • 放射線治療の進歩、食道癌, 西村 恭昌, 第15回日本癌病態治療研究会,   2006年06月, 第15回日本癌病態治療研究会
    概要:食道癌に対する放射線治療の進歩と治療効果の予測についてシンポジストとして報告した。
  • 近畿大学病院における造影CT検査副作用への対応について, 土屋 典生, 下野 太郎, 細野 眞, 足利 竜一朗, 岡田 真広, 米矢 吉宏, 栁生 行伸, 任 誠雲, 柴田 徹, 西村 恭昌, 第65回日本医学放射線学会総会,   2006年04月, 第65回日本医学放射線学会総会
    概要:造影CTにおけるショック、過敏症はアナフィラキシー様反応と認識され、治療、予防のためエピネフリン(商品名:ボスミン)投与が必須となっている。 副作用発現時のボスミン投与時期の明確な報告はなく、中等症以上の症例では症状発現後遅くとも1分以内の投与が推奨されている。また、気道確保等の救命措置が遅れがちなCT室ではより早期段階での投与が望まれる。 以上の観点から、ボスミンの投与開始時点を検討した結果、副作用軽症例のうち、 発赤を伴った場合はアナフィラキシー様反応に特有(アナフィラキシー様症状時、84%発現)と考え、これが認められた時点でエピネフリン筋注を開始する事とした。
  • 頸部食道癌に対する化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 第25回日本医学放射線学会学術大会,   2006年04月, 第25回日本医学放射線学会学術大会
    概要:頸部食道癌の化学放射線療法に際して、IMRTでの追加照射を併用することにより良好な治療成績が得られた。
  • 上咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT), 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 柴田 徹, 西村 恭昌, 大久保充, 廣井啓二, 第65回日本医学放射線学会,   2006年04月, 第65回日本医学放射線学会
  • 乳房切除後の胸壁に対する三次元放射線治療計画, 金森 修一, 中松 清志, 柴田 徹, 小池 竜太, 廣井 啓二, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 橋本 幸彦, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会,   2006年04月, 日本医学放射線学会
    概要:PMRTは欧米では標準となっているが、本国においてはまだまだ普及はしていない。そこで、当院におけるPMRTについての治療成績を報告した。
  • 近畿大学における転移性脳腫瘍に対するSRSの初期経験, 金森 修一, 廣井 啓二, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 第13回日本高精度放射線外部照射研究会,   2006年03月, 第13回日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:当院における転移性脳腫瘍に対する脳定位照射の初期経験を報告した。
  • NSCLC 胸部放射線治療法プロトコール:WJTOG0105放射線治療QC結果を参考に, 西村 恭昌, 金森 修一, 中松 清志, 福田晴行,副島俊典,多田卓仁,田中正博,辻野佳世子,小久保雅樹, WJTOGワークショップ「局所進行非小細胞肺癌に対する研究・検討課題」,   2006年03月, WJTOGワークショップ「局所進行非小細胞肺癌に対する研究・検討課題」
    概要:WJTOG0105放射線治療QC結果をもとにして、次のNSCLC 胸部放射線治療法プロトコールの問題点を報告した。
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRTのピットフォール:PTV設定の難しさ、、シンポジスト, 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井啓二, 大久保充, 第13回日本高精度放射線外部照射研究会,   2006年03月, 第13回日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTのピットフォール:PTV設定の難しさについてシンポジストとして報告した。
  • 近畿大学におけるIMRTの現状と今後の展望、、特別講演, 西村 恭昌, 第88回放射線治療かたろう会,   2006年03月, 第88回放射線治療かたろう会
    概要:近畿大学におけるIMRTの現状と今後の展望について特別講演を行なった。
  • I125シード線源を用いた前立腺癌小線源治療の初期経験, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 柴田 徹, 西村 恭昌, 大久保充, 廣井啓二, 第282回日本放射線学会関西地方会,   2006年02月, 第282回日本放射線学会関西地方会
    概要:当院において2005年10月よりI125シード線源を用いた前立腺癌小線源治療を開始した。計画通りの治療ができているが、今後の課題も認識された。
  • IMRT(強度変調放射線療法)の現状と将来, 西村 恭昌, 奈良県立医科大学平成17年度学術研究奨励会特別事業講演会,   2006年02月, 奈良県立医科大学平成17年度学術研究奨励会特別事業講演会
    概要:IMRT(強度変調放射線療法)の現状と将来について講演した。
  • 頭皮血管肉腫に対する192Ir-マイクロセレクトロンHDR-V2を用いた小線源治療, 橋場 久幸, 柴田 徹, 新谷 直也, 松本 賢治, 西 環, 浅井 義行, 奥村 雅彦, 西村 恭昌, 第21回 京都放射線腫瘍研究会,   2006年02月, 第21回 京都放射線腫瘍研究会
  • IMRTを併用した頸部食道癌化学放射線療法の治療成績, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第19回学術大会,   2006年, 日本放射線腫瘍学会 第19回学術大会
  • Chemoradiotherapy Usong Intensity-Modulated Radiation Therapy(IMRT) for locally advanced Esophageal cancer, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 大久保 充, 廣井 啓二, 柴田 徹, The 48th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic oncology,   2006年, The 48th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic oncology
  • 加速過分割照射法による限局型小細胞肺癌の治療成績, 柴田 徹, 金森 修一, 西村 恭昌, 第46回 日本肺癌学会総会,   2006年, 第46回 日本肺癌学会総会
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT:5年間の経験, 中松 清志, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会,   2005年11月, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会
  • 表在食道癌ランダム化比較試験の2プロトコール(案)に関するJROSGアンケート, 西村 恭昌, 根本建二,山田章吾,池田恢, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会,   2005年11月, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会
    概要:表在食道癌ランダム化比較試験の2プロトコール(案)に関するJROSGアンケート結果を報告した。
  • JASTRO広報委員会としてのアプローチ, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会,   2005年11月, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会
    概要:シンポジウム「放射線腫瘍医を増やすために」においてJASTRO広報委員会としてのアプローチについて報告した。
  • 前立腺癌患者に対する放射線治療の急性・晩期有害事象の検討, 大久保 充, 柴田 徹, 西村 恭昌, 小池 竜太, 金森 修一, 中松 清志, 第18回 日本放射線腫瘍学会学術大会,   2005年11月, 第18回 日本放射線腫瘍学会学術大会
  • 近畿大学病院における造影CT検査副作用への対応について, 土屋 典生, 下野 太郎, 足利 竜一朗, 岡田 真広, 米矢 吉宏, 任 誠雲, 細野 眞, 栁生 行伸, 西村 恭昌, 廣井 啓二, 第281回日本医学放射線学会関西地方会,   2005年10月, 第281回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:造影CTにおけるショック、過敏症はアナフィラキシー様反応と認識され、治療、予防のためエピネフリン(商品名:ボスミン)投与が必須となっている。 副作用発現時のボスミン投与時期の明確な報告はなく、中等症以上の症例では症状発現後遅くとも1分以内の投与が推奨されている。また、気道確保等の救命措置が遅れがちなCT室ではより早期段階での投与が望まれる。 以上の観点から、ボスミンの投与開始時点を検討した結果、副作用軽症例のうち、 発赤を伴った場合はアナフィラキシー様反応に特有(アナフィラキシー様症状時、84%発現)と考え、これが認められた時点でエピネフリン筋注を開始する事とした。
  • IV期食道癌に対する化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 第43回 日本癌治療学会総会,   2005年10月, 第43回 日本癌治療学会総会
    概要:IV期食道癌に対して同時化学放射線療法を施行することにより、食道局所の治療効果と延命効果が期待できる。
  • 同時両側乳癌に対する乳房温存療法の検討, 廣井 啓二, 金森 修一, 柴田 徹, 西村 恭昌, 小池 竜太, 中松 清志, 大久保充, 第281回日本医学放射線学会関西地方会,   2005年10月, 第281回日本医学放射線学会関西地方会
  • A Clinical Study of Intensity Modulated Radiotherapy (IMRT) Using the Simultaneous Integrated Boost Method for Malignant Gliomas, 中松 清志, 西村 恭昌, 赤井 文治, 岡嶋 馨, European Cancer Societies,   2005年10月, European Cancer Societies
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT:再発形式の検討、、シンポジウム、, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 小池 竜太, 鈴木実, 第43回日本癌治療学会総会,   2005年10月, 第43回日本癌治療学会総会
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTの再発形式の検討をシンポジウムにて発表した。
  • 放射線療法の考え方、最近の進歩, 西村 恭昌, 第2回放射線学術講演会,   2005年10月, 第2回放射線学術講演会
    概要:放射線療法の考え方、最近の進歩について特別講演を行なった。
  • IMRT総論、理想と現状, 西村 恭昌, 第41回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2005年10月, 第41回日本医学放射線学会秋季臨床大会
    概要:IMRTの理想と現状についてリフレッシャーコースとして講演した。
  • Radiation therapy in patients with cardiac pacemakers and implantable cardio-defibrillators: a survey of patterns of practice among radiation oncology in Japan., 副島俊典ほか7名, 西村 恭昌, the European Cancer Cinference,   2005年10月, the European Cancer Cinference
    概要:心臓ペースメーカーを装着した患者に対する放射線治療のわが国の状況を報告した。
  • Patterns of local-regional recurrence in patients with head and neck cancer treated by parotid-sparing IMRT., 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 森 一功, 鈴木実, the European Cancer Conference 13,   2005年10月, the European Cancer Conference 13
    概要:頭頸部腫瘍に対して耳下腺防護したIMRTを行い、その再発形式を検討した。
  • Results of radiation therapy for superficial esophageal cancer using standard radiotherapy method recommended by JASTRO Study Group., 根本建二,山田章吾ほか9名, 西村 恭昌, 47th annual meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2005年10月, 47th annual meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
  • Analysis of intrafractional set-up errors and intrafractional organ motions during IMRT for head and neck cancers to define an appropriate PTV-margin., 鈴木実, 西村 恭昌, 中松 清志, 小池 竜太, 金森 修一, 柴田 徹, 奥村雅彦, 橋場久幸, 47th annual meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2005年10月, 47th annual meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRT中の臓器移動を測定し、標的体積への適切なマージンを求めた。
  • Progress in radiation therapy for esophageal cancer; Japanese experience., 西村 恭昌, the 1st International Conference on Esophageal Cancer,   2005年09月, the 1st International Conference on Esophageal Cancer
    概要:わが国における食道癌に対する放射線療法の進歩を招待講演者として発表した。
  • 近畿大学病院における前立腺癌に対する放射線治療, 大久保 充, 柴田 徹, 廣井 啓二, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 第20回 京都放射線腫瘍研究会,   2005年09月, 第20回 京都放射線腫瘍研究会
  • 阿部賞:癌治療抵抗性休止期腫瘍細胞の挙動に基づく低温度温熱治療の意義, 増永慎一郎, 西村 恭昌, 小野公二,平岡真寛, 日本ハイパーサーミア学会第22回大会,   2005年09月, 日本ハイパーサーミア学会第22回大会
    概要:癌治療抵抗性休止期腫瘍細胞の挙動に基づく低温度温熱治療の意義について研究成果を報告した。
  • Progress in radiation therapy for esophageal cancer; Japanese experience., 西村 恭昌, the 1st International Conference on Esophageal Cancer,   2005年09月, the 1st International Conference on Esophageal Cancer
    概要:食道癌に対する放射線療法の進歩についてわが国の現状を報告した。(招請講演)
  • 新LINAC放射線治療システムの概要, 金森 修一, 西村 恭昌, 近畿がん治療合同カンファレンス,   2005年09月, 近畿がん治療合同カンファレンス
    概要:放射線治療システムが更新されたことによる新しい放射線治療法を紹介した。
  • 放射線療法の考え方と最近の進歩, 西村 恭昌, 平成17年度第1回愛媛県医師会生涯教育講座,   2005年08月, 平成17年度第1回愛媛県医師会生涯教育講座
    概要:放射線療法の考え方と最近の進歩について概説した。(特別講演)
  • 新研修制度における画像ティーチングファイルの運用, 藤島 正浩, 田村 純, 西川 龍之, 長谷川 博一, 西田 千嘉子, 山本 敬, 岡嶋 馨, 西村 恭昌, 第280回日本医学放射線学会関西地方会,   2005年07月, 第280回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:新研修制度が始まり、放射線科を選択する研修医は多い。当科で作成してきたティーチングファイルを研修指導に活用したので運用状況を評価する。 開院以来レポート・画像ともに電子化されているが、1999-2005年の約19万件のレポートのうち重要性のためにマークをつけたものは「教育」2426件、「要結果」2072件、「貴重」177件、「研究」164件、「稀有」154件であった。 研修内容は「教育」例を閲覧・分類してデジタル保管すること、「要結果」例を病理部で探索すること、の2点である。研修医一人1か月あたり「教育」331件「要結果」152件の未整理ファイルを処理した。研修側の利点は短期間に典型症例を閲覧することであるが、教育側の情報の整理という長所も大きい。
  • 前立腺癌に対する放射線治療の急性・晩期有害事象の検討, 大久保 充, 柴田 徹, 廣井 啓二, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 第280回 日本医学放射線学会関西地方会,   2005年07月, 第280回 日本医学放射線学会関西地方会
  • 一般診療における放射線療法の適応, 西村 恭昌, 神戸市医師会学術講演会,   2005年07月, 神戸市医師会学術講演会
    概要:一般診療における放射線療法の適応について、最近の進歩を中心に概説した。(特別講演)
  • 頭蓋底腫瘍に対する放射線療法:IMRTによる進歩, 西村 恭昌, 第17回日本頭蓋底外科学会,   2005年07月, 第17回日本頭蓋底外科学会
    概要:頭蓋底腫瘍に対する放射線療法とくにIMRTによる進歩を解説した。(教育講演)
  • II,III期食道癌に対する化学放射線療法:化学療法の選択と新しい照射技術の応用, 西村 恭昌, 中松 清志, 小池 竜太, 光森通英,平岡真寛, 第59回日本食道学会学術集会,   2005年07月, 第59回日本食道学会学術集会
    概要:II,III期食道癌に対する化学放射線療法において、少量持続と短期大量化学療法のランダム化比較試験の中間解析結果と、新しい照射技術IMRTの頸部食道癌への応用についてパネルディスカッションした。(シンポジスト)
  • IV期食道癌に対するシスプラチン・5FU同時化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 任 誠雲, 大久保 充, 重岡 宏典, 塩﨑 均, 第59回日本食道学会学術集会,   2005年07月, 第59回日本食道学会学術集会
    概要:IV期食道癌に対してもシスプラチン・5FU同時化学放射線療法は有効である。
  • MMSE下位グループの得点と局所脳血流変化の相関性の検討, 花田 一志, 人見 一彦, 人見 佳枝, 切目 栄司, 北畑 大輔, 細野 眞, 柳生 行伸, 小池 竜太, 西村 恭昌, 米矢 吉宏, 第6回関西アルツハイマー病治療SPECT研究会,   2005年06月, 第6回関西アルツハイマー病治療SPECT研究会
  • 初発3期乳癌に対するPMRTの当科における治療成績, 金森 修一, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 塩﨑 均, 西村 恭昌, 第13回日本乳癌学会総会,   2005年06月, 第13回日本乳癌学会総会
    概要:予後が不良と予測される乳癌にはPMRTが推奨されているが、実際の報告は少ない。当科におけるPMRT後の治療成績を検討した。
  • 粘液産生肝内胆管癌の一例, 栁生 行伸, 下野 太郎, 米矢 吉宏, 任 誠雲, 大久保 充, 葉 輝明, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 保田 知生, 坂本 洋城, 筑後 孝章, 第19回腹部放射線研究会,   2005年06月, 第19回腹部放射線研究会
    概要:平成6年頃より胆道感染症を繰り返すも、保存的加療を続けていた。 平成15年10月と平成16年1月に化膿性胆管炎を併発したため再度受診。精査の結果,粘液産生腫瘍が疑われた。ため当院紹介となった。 まれな腫瘍であり、大量の粘液産生により閉塞性黄疸や繰り返す胆道感染症を引き起こす。 悪性腫瘍、良性腫瘍、過形成など様々な組織が混在することが多い。 腫瘍は小さくCT やMRI では指摘できないこともある。 通常の胆管癌に比して長期予後が望める。 粘液産生肝内胆管癌を経験したので報告した。 術前に充実成分を指摘できたが、それ以上に乳頭状病変が広がっていた。 切除範囲決定には空間分解能に優れた超音波検査が有用と考えられる。
  • Correlation of regional cerebral blood flow and MMSE subgroups in patients of mild cognitive impairment, 花田 一志, 細野 眞, 人見 佳枝, 栁生 行伸, 米矢 吉宏, 小池 竜太, 切目 栄司, 人見 一彦, 北畑 大輔, 西村 恭昌,   2005年06月
  • 局所進行乳癌に対する乳房全摘後の照射についての検討, 金森 修一, 西村 恭昌, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 日本乳癌学会,   2005年06月, 日本乳癌学会
    概要:局所進行乳癌に対する胸壁照射について当科の治療成績を報告した。
  • Stage IV食道癌の化学放射線療法の治療成績, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 任 誠雲, 大久保 充, 西村 恭昌, 第279回日本医学放射線学会関西地方会,   2005年05月, 第279回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:IV期食道癌に対してもシスプラチン・5FU同時化学放射線療法は有効である。
  • Progress in chemo-radiotherapy for esophageal cancer., 西村 恭昌, Japan/U.S. Cancer Therapy Symposium; New Horizons of Targeted Treatment in Radiation Oncology,   2005年05月, Japan/U.S. Cancer Therapy Symposium; New Horizons of Targeted Treatment in Radiation Oncology
    概要:わが国における食道癌に対する化学放射線療法の進歩を報告した。(招請講演)
  • 統合失調症における妄想の有無による脳血流パターンの差異, 花田 一志, 人見 一彦, 切目 栄司, 柴 育太郎, 細野 眞, 柳生 行伸, 中松 清志, 小池 竜太, 米矢 吉宏, 西村 恭昌, 第64回日本医学放射線学会,   2005年04月, 第64回日本医学放射線学会
  • IV期食道癌に対する化学放射線療法, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 鈴木 実, 第64回日本医学放射線学会学術大会,   2005年04月, 第64回日本医学放射線学会学術大会
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT:唾液腺障害と再発形式の検討, 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 鈴木 実, 第64回日本医学放射線学会学術集会,   2005年04月, 第64回日本医学放射線学会学術集会
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTにより唾液腺障害が実現できたが、一方計画標的体積マージンからの再発も数例みられ、治療計画には十分な注意が必要である。
  • 限局型小細胞肺癌に対する加速過分割照射を用いた化学放射線療法, 柴田 徹, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会,   2005年04月, 日本医学放射線学会
  • T4乳癌に対する乳切後胸壁照射の初期成績, 金森 修一, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会,   2005年04月, 日本医学放射線学会
    概要:局所進行乳癌に対して乳房切除後の胸壁照射について発表した。
  • 術前化学療法後の乳房温存療法の治療成績について, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 塩﨑 均, 第16回関西乳癌放射線治療研究会,   2005年04月, 第16回関西乳癌放射線治療研究会
    概要:乳房温存療法を目的とし術前化学療法を行った乳癌症例の当科における治療成績を発表した。
  • Tl-201心筋SPECTにおける吸収補正の定量的検討, 細野 眞, 米矢 吉宏, 任 誠雲, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 工藤崇, 横山裕, 横塚弘一, 日本医学放射線学会,   2005年04月, 日本医学放射線学会
  • 放射線療法における物理学と生物学の統合:強度変調放射線療法(IMRT), 西村 恭昌, 第16回和歌山 Research and IVRカンファレンス,   2005年03月, 第16回和歌山 Research and IVRカンファレンス
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)によって実現できる放射線療法における物理学と生物学の統合について近畿大学での経験をもとに講演した。(特別講演)
  • 放射線療法の進歩;強度変調放射線療法(IMRT), 西村 恭昌, 第4回Okayama Cancer Forum,   2005年03月, 第4回Okayama Cancer Forum
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)など放射線療法の最近の進歩を解説した。(特別講演)
  • 進行食道癌に対する化学放射線療法、ステント使用に関する考察, 西村 恭昌, 第13回内視鏡的治療研究会,   2005年03月, 第13回内視鏡的治療研究会
    概要:進行食道癌に対する化学放射線療法の進歩と、照射前に食道ステントを挿入することの危険性について述べた。(特別講演)
  • 近畿大学におけるPMRT, 金森 修一, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 塩﨑 均, 第17回関西乳癌放射線治療研究会,   2005年02月, 第17回関西乳癌放射線治療研究会
    概要:乳房切除後の胸壁照射について当院の治療方法と治療成績を報告した。
  • 画像診断に基づく腋窩郭清, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 橋本 幸彦, 金森 修一, 任 誠雲, 西村 恭昌, 黒田 幸作, 第16回関西乳癌放射線治療研究会,   2005年02月, 第16回関西乳癌放射線治療研究会
  • 長谷川式簡易知能評価スケール下位項目得点と局所脳血流変化の相関性の検討, 花田 一志, 人見 一彦, 細野 眞, 下野 太郎, 小池 竜太, 米矢 吉宏, 任 誠雲, 土屋 典生, 葉 輝明, 西村 恭昌, 工藤 崇, 第45回日本核医学会総会,   2005年, 第45回日本核医学会総会
  • 軽度認知障害におけるMMSEサブグループと局所脳血流変化の相関, 花田 一志, 人見 一彦, 人見 佳枝, 北畑 大輔, 柳生 行伸, 米矢 吉宏, 小池 竜太, 西村 恭昌, 細野 眞, 切目 栄司, 工藤 崇, Society of Nuclear Medicine 52nd Annual Meeting,   2005年, Society of Nuclear Medicine 52nd Annual Meeting
  • ラット肝腫瘍の血管新生におけるErythropoitin の関与について, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 安田 佳子, 日本医学放射線学会生物部会  ,   2005年, 日本医学放射線学会生物部会  
    概要:ラット肝腫瘍の血管新生に、エリスロポエチンが関与している可能性が示唆された
  • Patterns of local-regional recurrence following parotid-sparing IMRT for head and neck cancers at Kinki University., 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 鈴木 実, The 4th S. Takahashi Memorial International Workshop on 3 Dimensional Conformal Radiotherapy,   2004年12月, The 4th S. Takahashi Memorial International Workshop on 3 Dimensional Conformal Radiotherapy
    概要:近畿大学における頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法の再発形式を分析した。多くは腫瘍中心部からの再発だったが、数例計画標的体積のマージンからの再発があり、治療計画に十分注意する必要があることを報告した。
  • Energy and field characteristic of displacement the effective point in thimble ionization chamber by parallel setting to the X-ray beam axis, 南部秀和, 渡辺恵美, 小金谷容子, 岡嶋 馨, 西村 恭昌, 下野哲範,   2004年11月
  • 放射線誘発癌の可能性のある6症例, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 柴田 徹, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 日韓中合同シンポジウム,   2004年11月, 日本放射線腫瘍学会 日韓中合同シンポジウム
  • 乳癌と卵巣癌の重複癌の1症例, 大久保充, 金森 修一, 任 誠雲, 小池 竜太, 中松 清志, 柴田 徹, 西村 恭昌, 第350回日本医学放射線学会関西地方会,   2004年11月, 第350回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:乳房温存療法にて照射中に発症した卵巣癌の症例を報告した。乳癌と卵巣癌の合併は報告されているが、実際に腫瘤増大の経過を追えたこのような症例は非常にまれである。
  • Chemoradiotherapy for esophageal cancer; Japanese experience., 西村 恭昌, Japan-Korea-China Tri-lateral Symposium on Radiation Oncology.,   2004年11月, Japan-Korea-China Tri-lateral Symposium on Radiation Oncology.
    概要:わが国における食道癌に対する化学放射線療法の現状と進歩を報告した。(招請講演)
  • 3D-SRTを使用したAlzheimer病の診断の有効性, 花田一志, 人見 一彦, 人見一彦, 細野 眞, 下野 太郎, 中松 清志, 小池 竜太, 米矢吉宏, 任誠雲, 西村 恭昌, 工藤 崇, 第44回日本核医学会総会,   2004年11月, 第44回日本核医学会総会
    概要:3D-SRT(3-demensional stereotaxic ROI template)はSPMの標準化機能を利用し、あらかじめ決められた関心領域の局所脳血流を解析するソフトである。3D-SRTを用いてAlzheimer病の診断の制度、有効性を判別分析を用いて検討した。今回の結果では的中率は100%、誤判別率は5.39%との結果になり、臨床において診断に有用なツールであると思われた。
  • 浸潤性膀胱癌に対する放射線療法、末梢血幹細胞移植併用化学療法を施行した1症例, 清水 信貴, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 西村 恭昌, 第1回 南大阪細胞移植療法研究会,   2004年11月, 第1回 南大阪細胞移植療法研究会
  • PST前後のMDCTによる乳がん術式選択の有用性, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 任 誠雲, 西村 恭昌, 上田 和毅, 塩﨑 均, 第42回日本癌治療学会総会,   2004年10月, 第42回日本癌治療学会総会
  • タリウム-201心筋QGSにおける壁運動と壁厚の定量的評価, 米矢 吉宏, 細野 眞, 任 誠雲, 栁生 行伸, 廣井 啓二, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 花田 一志, 工藤 崇, 第33回断層映像研究会,   2004年10月, 第33回断層映像研究会
    概要:(目的)Tl-201心筋SPECTにおいて、QGS上の壁運動と壁厚の定量し、正常例における標準値を求めた。さらに、冠動脈造影にて冠動脈病変が確認された虚血性心疾患(IHD)患者のQGS壁運動と壁厚を求め、虚血心筋の診断における有用性について検討した。 (方法)対象は、心エコー、心電図、臨床経過によって、IHDを否定された10例を正常群(64±8歳)とした。IHD例は、冠動脈造影所見によってLAD群4例、RCA群8例、LCX群4例と群分けした。負荷・Tl-201投与直後(早期像)および3時間後(後期像)に、2検出器型ガンマカメラにより、180度収集、R-R間隔8分割により撮像した。 (結果)正常群の壁運動は、早期像と後期像の間で、心尖部、中隔、後下壁に有意差があった。正常群の壁厚は、早期像と後期像の間で、心尖部、中隔、後下壁、側壁に有意差があった。正常群とIHD群において、(後期像中隔壁運動を除く)いずれの領域にも壁運動と壁厚に有意差を認めた。また、正常群の標準値をもと
  • 小細胞肺癌治療における放射線療法の役割, 西村 恭昌, 第45回日本肺癌学会総会,   2004年10月, 第45回日本肺癌学会総会
    概要:小細胞肺癌治療における放射線療法の役割を解説した。(教育講演)
  • 頭頸部腫瘍:強度変調放射線治療による唾液腺障害の軽減, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 鈴木 実, 第42回日本癌治療学会総会,   2004年10月, 第42回日本癌治療学会総会
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療による唾液腺障害の軽減の現状について、近畿大学の臨床成績を中心にワークショップにて発表した。(シンポジスト)
  • 放射線腫瘍医が必要とする画像診断, 西村 恭昌, 第33回断層映像研究会,   2004年10月, 第33回断層映像研究会
    概要:放射線腫瘍医が必要とする画像診断の情報と、画像診断に基づく高精度放射線療法の進歩について述べた。(教育講演)
  • Importance of mean dose and initial volume of parotid glands in xerostomia of patients with head and neck cancers receiving IMRT., 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 奥村 雅彦, 第46回米国放射線腫瘍学会,   2004年10月, 第46回米国放射線腫瘍学会
    概要:頭頸部腫瘍に対して耳下腺への線量を低減させたIMRTを行い、その臨床評価を報告した。耳下腺への線量と耳下腺体積が重要であった。2004年10月3-7日に、米国アトランタ市で行われた第46回米国放射線腫瘍学会で発表した。(英文)
  • 乳房温存療法中に発見された卵巣癌の一症例, 大久保充, 金森 修一, 任 誠雲, 小池 竜太, 中松 清志, 柴田 徹, 西村 恭昌, 京都放射線腫瘍研究会,   2004年09月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:乳房温存療法中に偶然発見された非常に進行の早い卵巣癌の症例を経験したので報告した。
  • 肺癌放射線治療のガイドラインと今後の展望, 西村 恭昌, 第17回青森呼吸器研究会,   2004年08月, 第17回青森呼吸器研究会
    概要:肺癌放射線治療のガイドラインと今後の展望について概説した。(特別講演)
  • 肺癌:標準治療と今後の戦略, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第6回放射線腫瘍学夏季セミナー,   2004年08月, 日本放射線腫瘍学会第6回放射線腫瘍学夏季セミナー
    概要:肺癌の標準的放射線治療と今後の戦略について解説した。(教育講演)
  • Tl-201心電図同期心筋SPECTの壁運動と壁厚の標準値に関する検討, 米矢 吉宏, 細野 眞, 任 誠雲, 栁生 行伸, 小池 竜太, 廣井 啓二, 中松 清志, 西村 恭昌, 花田 一志, 工藤 崇, 第37回日本核医学会近畿地方会,   2004年07月, 第37回日本核医学会近畿地方会
    概要:(目的)Tl-201心電図同期心筋SPECTにおいて、QGS上の壁運動と壁厚の定量し、正常例における標準値を求めた。さらに、冠動脈造影にて冠動脈病変が確認された虚血性心疾患(IHD)患者のQGS壁運動と壁厚を求め、虚血心筋の診断における有用性について検討した。(方法)対象は、Tl-201心筋SPECTを施行したが、心エコー、心電図、臨床経過によって、IHDを否定された10例を正常群(年齢64±8歳)とした。IHD例は、冠動脈造影所見によってLAD群4例、RCA群8例、LCX群4例と群分けした。負荷・Tl-201投与直後(早期像)および3時間後(後期像)に、2検出器型ガンマカメラにより、180度収集、R-R間隔8分割により撮像した。(結果)正常群の壁運動は、早期像と後期像の間で、心尖部(p=.0009)、中隔(p=.0018)、後下壁 (p=.0025)に有意差があった。正常群の壁厚は、早期像と後期像の間で、心尖部(p=.0001)、中隔(p=.0014)、後下壁(p=.0406)、側壁(p=.0356)に有意差があった。正常群とIHD群において、(
  • 膵炎後仮性動脈瘤にコイル塞栓術を施行した2例, 栁生 行伸, 米矢 吉宏, 寺内 一真, 任 誠雲, 西川 龍之, 大久保 充, 下野 太郎, 西村 恭昌, 川邊 高史, 鄭 浩柄, 第16回日本血管造影・interventional radiology学会関西地方会,   2004年07月, 第16回日本血管造影・interventional radiology学会関西地方会
    概要:症例1は38歳男性。慢性膵炎にて経過観察中、仮性嚢胞内に仮性動脈瘤を指摘された。慢性膵炎の炎症波及にて脾静脈は閉塞し、胃大網静脈が側副路となっていた。仮性動脈瘤の遠位側、近位側をマイクロコイルにて塞栓した。塞栓術後脾梗塞は見られなかった。  症例2は55歳男性。胃癌で胃全摘の既往あり。経過観察のCTにて膵尾部の仮性嚢胞内に仮性動脈瘤が見られた。胃全摘後であり、側副路が期待できないためバルーン閉塞テストを予定した。しかし、腹腔動脈起始部の屈曲がつよくバルーンカテーテルを誘導できなかった。上極動脈のみを温存して仮性動脈瘤の遠位、近位側をマイクロコイルにて塞栓した。塞栓術後脾梗塞を生じたが、膿瘍化は回避出来た。
  • 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT):理想と現実, 西村 恭昌, 第20回奈良県頭頸部腫瘍研究会,   2004年07月, 第20回奈良県頭頸部腫瘍研究会
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法(IMRT)の理想と現実を近畿大学の経験に基づいて講演した。(特別講演)
  • 肺癌に対する放射線治療:ガイドラインと今後の展望, 西村 恭昌, 第9回長野県胸部疾患談話会,   2004年07月, 第9回長野県胸部疾患談話会
    概要:肺癌に対する放射線治療に関して、ガイドラインの概要と今後の展望について述べた。(特別講演)
  • 臨床医のための放射線生物学, 西村 恭昌, 第13回日本定位放射線治療学会,   2004年07月, 第13回日本定位放射線治療学会
    概要:定位照射を行う医師にとって必要な放射線生物学の基礎を講演した。(教育講演)
  • 当院における99mTc-HMPAO SPECTのNorma Database作成の試み, 花田一志, 人見 一彦, 切目栄司, 大賀征夫, 田村善史, 人見一彦, 細野 眞, 足利 竜一朗, 栁生 行伸, 西村 恭昌, 第56回近畿大学医学会学術講演会,   2004年07月, 第56回近畿大学医学会学術講演会
    概要:脳血流SPECT検査において、統計学的画像解析はその詳細な血流低下領域を描出するために必要な手法となっている。3D-SSPは統計学的画像解析の一つであるが、解析の過程でNormal Databaseが必要になり、より詳細な検討のためには厳密には検査機器ごとのDatabaseを作成する必要がある。当院で使用している機器であるADAC社製FORTEにおいて99mTc-HMPAO SPECTのNorma Database作成を試みた。
  • 興味ある内部構造を示した副腎腫瘤の1例, 栁生 行伸, 下野 太郎, 綿井 良輔, 任 誠雲, 大久保 充, 米矢 吉宏, 西村 恭昌, 乾 浩己, 林 義之, 前西 修, 第18回腹部放射線研究会,   2004年06月, 第18回腹部放射線研究会
    概要:54才女性、スクリーニング目的にて施行した胸部CTで左副腎に腫瘤を指摘された。内分泌学的にはコルチゾール、ACTH、レニン活性上昇は認めず。 腹部CTにて膵尾部背側に8cm大のダルマ状の腫瘤影が見られ、内部には壊死もしくは液体成分と思われる低吸収域が見られた。その辺縁部には石灰化も認められた。  MRIでは腫瘤の最外層の部分はT2WIで高信号を呈し、中間層に陳旧性出血を思わせる低信号域が見られた。最内層はT1WIで高信号を呈していて出血もしくは硝子化を示唆する所見であった。  内分泌学的には活性が見られなかったが、サイズが大きく摘出手術が施行された。  表面黄色調腫瘤の内部はMRIでの信号通り、最外層、中間層、最内層に区分されていた。組織学的にはいずれも出血を伴った凝固壊死でありviable cellは同定出来ず、左副腎出血壊死の診断であった。
  • Different regional cerebral blood flow patterns in chronic schizophrenia with and without delusion, 花田 一志, 細野 眞, 栁生 行伸, 人見 佳枝, 中松 清志, 米矢 吉宏, 小池 竜太, 柴 育太郎, 人見 一彦, 西村 恭昌, SNM,   2004年06月, SNM
  • Wall motion quantification on Tl-201 gated SPECT for detecting ischemia, 細野 眞, 米矢 吉宏, 小池 竜太, 栁生 行伸, 中松 清志, 任 誠雲, 花田 一志, 西村 恭昌, Kudo T, SNM,   2004年06月, SNM
  • VOI classicを用いたAlzheimer型痴呆診断の検討, 花田一志, 人見 一彦, 切目栄司, 辻井農亜, 人見一彦, 細野 眞, 栁生 行伸, 中松 清志, 小池 竜太, 米矢 吉宏, 西村 恭昌, 第5回関西アルツハイマー病治療SPECT研究会,   2004年06月, 第5回関西アルツハイマー病治療SPECT研究会
    概要:Alzheimer型痴呆の画像診断は、SPMや3D-SSPなどの統計学的画像解析により大きく変化し、早期の血流低下も診断可能となってきた。しかし、これらの方法では血流量の低下を視覚的に判断するもので、数値による比較は動脈血採血など煩雑な手技や、独自のデータベースの構築を必要とする場合が多く、実施が難しい面がある。VOI classicはTalairach atlasのグリッドを用いて脳の領域を設定し、その領域に含まれるピクセル数により領域毎の平均値を算出するソフトウェアである。各領域の血流量を比較的変化の少ない小脳と比較することにより、簡便にAlzheimer型痴呆の診断が可能であるかどうかをVOI Classicを用いて検討した。
  • 各科からみた全病院フィルムレスシステム-4年の実用経験, 岡嶋 馨, 長谷川 博一, 西田 千嘉子, 山本 敬, 西村 恭昌, 第63回日本医学放射線学会,   2004年04月, 第63回日本医学放射線学会
    概要:フィルムレスシステムに関して、院内各科に対して行ったアンケート調査と実用の現状を報告した。
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT : Intrafraction organ motionの検討, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本医学放射線学会総会,   2004年04月, 日本医学放射線学会総会
    概要:頭頸部に対するIMRT において、その標的となるorganは治療中に動いている。特に舌骨がよく動いている。しかしいずれの方向にも3mm以上は動かない。従って治療をおこなうためには、マージンとして4mmで良いのではないかと思われる。
  • タリウム心電図同期心筋SPECTの壁運動の標準値に関する検討, 米矢 吉宏, 細野 眞, 栁生 行伸, 井上 正昭, 粟井 和夫, 中松 清志, 西村 恭昌, 小池 竜太, 工藤 崇, 第63回日本医学放射線学会総会,   2004年04月, 第63回日本医学放射線学会総会
    概要:(目的)テクネシウム製剤を用いたQGS負荷心筋シンチは、虚血心筋のviability評価の有用性が確立されている。今回、タリウム201を用いたQGS壁運動が虚血心筋の評価に有用であることを示すため、QGS壁運動を定量的、三次元的に評価し、虚血性心疾患群の冠動脈別比較、検討を行った。(方法)対象は当院でタリウム負荷心筋シンチを施行した患者で、心エコー、心電図、臨床経過で虚血性心疾患が否定された10例を正常群とした。虚血性心疾患例は、冠動脈造影検査で有意な狭窄を認めた患者をLAD群4例、LCX群8例、RCA群4例に分類した。負荷・タリウム投与直後(早期像)、および3時間後(後期像)とし撮像した。QGS(Quantitative Gated SPECT)プログラムのBull’s eye 表示画像から心尖部、前壁、中隔、後下壁、側壁の5区域を設定し、区域ごとの壁運動量の平均値をそれぞれの区域の壁運動量とした。(結果)正常群の壁運動は、早期像と後期像の間で、心尖部、中隔、後下壁に壁運動の有意差が
  • 放射線誘発癌の可能性のある2症例, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 西川 龍之, 西村 恭昌, 第17回京都放射線腫瘍研究会,   2004年04月, 第17回京都放射線腫瘍研究会
    概要:放射線誘発癌の可能性のある2症例を報告した。
  • 食道癌に対する化学放射線療法の現状と展望, 西村 恭昌, 食道癌学術講演会,   2004年04月, 食道癌学術講演会
    概要:食道癌に対する化学放射線療法の現状と展望を述べた。(特別講演)
  • Alzheimer型痴呆の診断における3D-SRTの有用性, 花田 一志, 人見 一彦, 切目栄司, 辻井農亜, 人見一彦, 細野 眞, 栁生 行伸, 中松 清志, 小池 竜太, 米矢 吉宏, 西村 恭昌, 第63回日本医学放射線学会,   2004年04月, 第63回日本医学放射線学会
    概要:Alzheimer型痴呆の画像診断は統計学的画像解析により大きく変化し、早期の血流低下も診断が可能となってきた。3D-SRT(Three-demensional stereotaxic ROI template)は、SPMの標準化機能を利用し、あらかじめ決められた関心領域の局所脳血流を自動的に解析できるが、これらの関心領域についてAlzheimer群、正常群の2群間で比較を行った。
  • 直腸癌術後出血に対して塞栓術により止血できた1例, 栁生 行伸, 任 誠雲, 米矢 吉宏, 西川 龍之, 下野 太郎, 西村 恭昌, 井上 潔彦, 奥野 清隆, 第15回日本血管造影・interventional radiology学会関西地方会 ,   2004年02月, 第15回日本血管造影・interventional radiology学会関西地方会 
    概要:Rb~Raにかけての直腸癌に対して低位前方切除+Diverting colostomy作成術施行。術翌日よりダグラス窩ドレーンより便の混じった排液が見られ、低圧間欠吸引を開始。術後4日目にダグラス窩ドレーンより大量の出血が見られた。血行動態も急速に悪化し収縮期血圧は70mmHg台であった。動脈破綻による出血と判断し緊急血管造影を施行。右内腸骨動脈の分枝に仮性動脈瘤が見られた。マイクロカテーテルを仮性動脈瘤よりも遠位側に進めることが出来たので遠位側はマイクロコイル、近位側は0.035inchステンレスコイルで血管破綻部を挟み込むように塞栓し止血し得た。塞栓術直前に施行したCTでは動脈破綻部近傍にドレーン先端は存在しておらず、感染によるmycotic aneurysmが出血の原因と考えられた。
  • 肺癌放射線療法における日米格差, 西村 恭昌, 近畿がん治療合同カンファランス,   2004年02月, 近畿がん治療合同カンファランス
    概要:MD Andersonがんセンターを訪問した経験から、肺癌放射線療法における日米格差について報告した。
  • Tl-201心筋血流QGS壁運動量と三次元壁運動画像の検討, 米矢 吉宏, 細野 眞, 栁生 行伸, 井上 正昭, 粟井 和夫, 小池 竜太, 中松 清志, 西村 恭昌, 花田 一志, 工藤 崇, 第9回三次元CT・MRI研究会,   2004年01月, 第9回三次元CT・MRI研究会
    概要:目的:Tl-201心筋血流QGS上の壁運動の定量値について、正常例における標準値を求め、冠動脈造影にて冠動脈病変の確認された虚血性心疾患(IHD)患者と比較した。方法:対象は、Tl-201心筋SPECTを施行したが、心エコー、心電図、臨床経過によって、IHDを否定された10例を正常群(年齢64±8歳)と見なした。IHD例は、冠動脈造影所見によってLAD群4例、LCX群8例、RCA群4例と群分けした。負荷・Tl-201投与直後(早期像)および3時間後(後期像)に、2検出器型ガンマカメラにより、180度収集、R-R間隔8分割により撮像した。結果:正常群の壁運動(mm)は、心尖部、前壁、中隔、後下壁、側壁それぞれ、早期像にて、9.8±1.2、9.3±1.7、6.7±1.6、8.5±1.9、9.8±1.6、後期像にて8.2±1.8、8.4±1.3、4.9±1.9、6.8±1.5、9.7±2.1であった。早期像と後期像の間に、心尖部(p=.0009)、中隔(p=.0018)、後下壁(p=.0025)で壁運動の有意差があった。また、正常群、LAD群、LCX群、RCA群において、早期像、後期像とも、いずれの領
  • MRIでflow voidを認めなかった馬尾原発傍神経節腫の1例, 寺内一真, 西村 恭昌, 下野 太郎, 木村雅友, 松村文典, 第276回日本医学放射線学会関西地方会,   2004年01月, 第276回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:MRIでflow voidを認めなかった馬尾原発傍神経節腫の1例 を報告した
  • IMRT for head and neck cancer; difficulty in PTV delineation., 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 奥村 雅彦, 第9回日本高精度放射線外部照射研究会,   2004年01月, 第9回日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTにおいて計画標的体積描出の困難さについて近畿大学での経験をもとに発表した。
  • EBMの手法による肺癌放射線治療ガイドライン;Chemoradiationを中心に, 西村 恭昌, 第12回京滋肺癌化学療法研究会,   2004年01月, 第12回京滋肺癌化学療法研究会
    概要:EBMの手法による肺癌放射線治療ガイドラインの作成者の一人として、化学放射線療法を中心に概要を述べた。(特別講演)
  • 統合失調症の慢性期における妄想の有無による脳血流分布の差異, 花田 一志, 人見 一彦, 人見 佳枝, 辻井 農亜, 田村 善史, 細野 眞, 柳生 行伸, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, Society of Nuclear Medicine 51nd Annual Meeting,   2004年, Society of Nuclear Medicine 51nd Annual Meeting
  • 照射前あるいは照射中に痩孔を形成した進行食道癌に対する放射線治療の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会,   2003年12月, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会
    概要:照射前あるいは照射中に痩孔を形成した進行食道癌に対して、放射線治療を施行した結果、13例中6例で痩孔が閉じた。
  • 強度変調放射線療法(IMRT):放射線生物学と物理学の統合, 西村 恭昌, 第30回鹿児島放射線治療研究会,   2003年12月, 第30回鹿児島放射線治療研究会
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)における放射線生物学と物理学の重要性、今後の方向性について述べた。(特別講演)
  • 唾液腺障害と線量との相関-DVHによる検討, 岡嶋 馨, 南部 秀和, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会,   2003年11月, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会
    概要:放射線治療後の唾液腺障害には、30Gy 程度の低い線量が照射された体積が影響する。
  • 高齢者非小細胞肺癌に対する放射線治療成績, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会,   2003年11月, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会
    概要:非小細胞肺癌の放射線治療においては76歳が治療方針を決定する境界になりうる。
  • 西日本胸部腫瘍臨床研究機構(WJTOG)における放射線治療の品質管理(QC), 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 田村 研治, 植島 久雄, 福田 晴行,副島 俊典,多田 卓仁,田中 正博,辻野 佳世子, 第44回日本肺癌学会総会,   2003年11月, 第44回日本肺癌学会総会
    概要:西日本胸部腫瘍臨床研究機構(WJTOG)における放射線治療の品質管理(QC)活動の結果を述べた。必ずしもプロトコールどおりの放射線治療が行なわれていない。
  • 頭頸部腫瘍におけるPTV設定, 西村 恭昌, Varian IMRT ミーティング ,   2003年11月, Varian IMRT ミーティング 
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法でのPTV設定の重要性と困難さについて解説した。(招請講演)
  • 小細胞肺癌に対する化学放射線治療, 西村 恭昌, 第44回日本肺癌学会総会,   2003年11月, 第44回日本肺癌学会総会
    概要:小細胞肺癌に対して現在最も適切と考えられている化学放射線治療の線量分割、照射野などについて解説した。(教育講演)
  • シェルを用いた頭頚部IMRTにおけるセットアップエラーの検討, 奥村雅彦, 橋場久幸, 古川里絵, 新谷直也, 松本賢治, 澄田貢, 西村 恭昌, 中松 清志, 日本放射線腫瘍学会,   2003年11月, 日本放射線腫瘍学会
    概要:X線シュミレータで決定した正側面の基準X線画像と、リニアック照合写真の位置誤差を仮想シュミレーションソフトを用いて解析した。頭頚部IMRTにおけるセットアップエラー(2SD値)は、頚椎で最大約3㎜で、それ以外は2㎜以内であった。
  • 痩孔を有する進行食道癌に対する放射線治療, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 西川 龍之, 西村 恭昌, 第275回 日本医学放射線学会関西地方会,   2003年10月, 第275回 日本医学放射線学会関西地方会
  • T2乳癌に対する導入化学療法後の乳房温存療法;初期成績, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 日本癌治療学会総会,   2003年10月, 日本癌治療学会総会
    概要:導入化学療法後においても温存乳腺への放射線治療は重篤な副作用なく施行可能であった。よって導入化学療法は乳房温存療法の適応拡大に寄与する。
  • 強度変調放射線治療;頭頸部腫瘍の初期臨床経験, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 第41回日本癌治療学会総会,   2003年10月, 第41回日本癌治療学会総会
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療の近畿大学での初期臨床経験について述べた。(シンポジスト)
  • 頭頸部腫瘍、脳腫瘍に対するIMRTの現状と問題点, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 第39回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2003年10月, 第39回日本医学放射線学会秋季臨床大会
    概要:頭頸部腫瘍、脳腫瘍に対する強度変調放射線療法の現状と問題点について近畿大学での経験を中心に述べた。(教育講演)
  • 肺癌放射線治療のガイドライン, 西村 恭昌, 第1回伯耆肺癌懇話会,   2003年10月, 第1回伯耆肺癌懇話会
    概要:EBMの手法による肺癌診療ガイドラインのうち、化学放射線治療を中心に解説した。(特別講演)
  • III期非小細胞肺癌の治療戦略;放射線科の立場から, 西村 恭昌, 第7回肺癌アドバイザーパネルプログラム ,   2003年10月, 第7回肺癌アドバイザーパネルプログラム 
    概要:III期非小細胞肺癌の治療戦略について放射線科の立場から述べた。(招請講演)
  • 肺癌に対する放射線治療:ガイドラインとその周辺, 西村 恭昌, 第6回兵庫肺癌化学療法勉強会,   2003年10月, 第6回兵庫肺癌化学療法勉強会
    概要:EBMの手法による肺癌診療ガイドラインのうち、化学放射線治療を中心に解説した。(特別講演)
  • Improvement in therapeutic ratio for head and neck cancers by chemoradiotherapy and IMRT., 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 鈴木 実, Third Japan-USA Cancer Treatment Symposium (JUCTS),   2003年10月, Third Japan-USA Cancer Treatment Symposium (JUCTS)
    概要:化学放射線療法と強度変調放射線療法による頭頸部腫瘍における放射線治療可能比の向上について近畿大学での経験を述べた。(招請講演)(英文)
  • 輪状締結術後8年目に眼窩腫瘍を生じた1例, 足利 竜一朗, 下野 太郎, 寺内一真, 西村 恭昌, 小野幸彦, 中尾雄三, 第39回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2003年10月, 第39回日本医学放射線学会秋季臨床大会
  • 近畿大学における小児疾患に対する放射線治療, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, 西村 恭昌, 京都放射線腫瘍研究会,   2003年09月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:当院における小児疾患の放射線治療について報告し、小児の予防的全能照射のプロトコールを提示した。
  • 食道癌に対する放射線療法, 西村 恭昌, 第47回阪神食道疾患検討会,   2003年09月, 第47回阪神食道疾患検討会
    概要:食道癌に対する放射線療法の最近の進歩について解説した。(教育講演)
  • ハイパーサーミアのブレイクスルー;放射線腫瘍の立場から, 西村 恭昌, 第20回日本ハイパーサーミア学会,   2003年09月, 第20回日本ハイパーサーミア学会
    概要:ハイパーサーミアのブレイクスルーについて放射線腫瘍の立場から述べた。(シンポジスト)
  • EBMに基づく肺癌放射線治療のガイドライン, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第5回放射線腫瘍学夏季セミナー,   2003年08月, 日本放射線腫瘍学会第5回放射線腫瘍学夏季セミナー
    概要:EBMの手法による肺癌診療ガイドラインのうち、放射線治療に関係する事項について解説した。(教育講演)
  • A pilot study of the simultaneous integrated boost method for malignant gliomas using IMRT., 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 赤井 文治, 内山 卓也, The 12th International Congress of Radiation Research,   2003年08月, The 12th International Congress of Radiation Research
    概要:悪性神経膠腫に対して強度変調放射線療法を用いた同時統合ブースト法のパイロット試験を行なった。同時統合ブースト法で70Gy/28回/5.5週の照射は合併症なく実施可能であった。(英文)
  • SIB法を用いた悪性神経膠腫に対するIMRT, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本医学放射線学会生物部会 放射線による制癌シンポジウム,   2003年07月, 日本医学放射線学会生物部会 放射線による制癌シンポジウム
    概要:悪性神経膠腫の生物学的特徴をふまえたこれまでの治療方法とその成績を示し、新たな治療法としてSIB法を紹介した上で当院における今後の治療計画を説明した
  • IMRTにおける直線加速器のQA/QC, 奥村雅彦, 西村 恭昌, 第8回日本高精度放射線外部照射研究会,   2003年07月, 第8回日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:強度変調照射法(IMRT)における精度保証において、直線加速器の機械的、線量的基本性能ならびにMLCの保守管理の現状について報告した。(シンポジウム)
  • 高齢者非小細胞肺癌に対する放射線治療成績, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 鈴木 実, 第274回日本医学放射線学会関西地方会,   2003年06月, 第274回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:70才以上を高齢者として、非小細胞肺癌の治療成績を検討した。75才以下と76才以上では生存率に差が生じたため、高齢者の定義は76才以上とするべきではないか。
  • 膝関節と足関節に発症した軟部血管腫の1例, 米矢 吉宏, 下野 太郎, 井上 正昭, 細野 眞, 西村 恭昌, 第274回日本医学放射線学会関西地方会,   2003年06月, 第274回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:症例は25歳、女性。主訴:右膝・右足関節の腫脹と違和感。膝関節と足関節に単純X-Pで軟部腫瘤と静脈石を認め、MRIでは、T1強調で低信号、T2強調で著明な高信号の腫瘤の内部に線状の低信号を認めた。T2*強調ではヘモジデリンを示唆する低信号は認めず。画像上、静脈石が存在し、ヘモジデリンの沈着を認めないことから、膝関節と足関節の2関節に発症した滑膜血管腫との診断し、足関節の腫瘤摘出が施行された。滑膜血管腫は1関節に単独で発症するのが一般的であるが、2関節に発症したものは我々が検討した限りでは本例のみであった。同側の多関節に発症したことから、単なる滑膜血管腫というよりは、Klippel-Trenaunay-Weber症候群の不全型の可能性が考えられた。
  • 術後再発あるいは術後残存食道癌に対する少量持続同時化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 重岡 宏典, 塩﨑 均, 鈴木 実, 第57回日本食道学会学術大会,   2003年06月, 第57回日本食道学会学術大会
  • 後腹膜由来の悪性末梢神経鞘腫瘍の1例, 栁生 行伸, 下野 太郎, 井上 正昭, 任 誠雲, 西村 恭昌, 川邊 高史, 服部 高史, 中居 卓也, 塩崎 均, 前西 修, 第17回腹部放射線研究会,   2003年06月, 第17回腹部放射線研究会
    概要:後腹膜膜腔由来の悪性神経鞘腫の一例を経験したので報告した。 Neurofibromatosisを伴わず、術前診断に苦慮した。
  • 術前化学療法後の温存乳腺に対する放射線治療について, 金森 修一, 西村 恭昌, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 第11回日本乳癌学会総会,   2003年06月, 第11回日本乳癌学会総会
    概要:乳房温存療法を目的として術前化学療法を施行した症例の当科における治療成績を検討した。
  • Phase I study of weekly docetaxel infusion and concurrent radiation therapy for head and neck cancer., 鈴木 実, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 寺尾 恭一, 森 一功, 村田 清高, 米国臨床腫瘍学会、,   2003年05月, 米国臨床腫瘍学会、
    概要:頭頸部腫瘍に対するドセタキセルと放射線の同時併用療法の第I相試験を行った。推奨投与量はドセタキセル15mg/m2/weekを6回投与となった。(英文)
  • MDCTによる冠状断を用いた、喉頭癌に対する放射線治療計画:従来法とのCTV認識の相違, 岡嶋 馨, 西田 千嘉子, 長谷川 博一, 山本 敬, 西村 恭昌, 横浜,   2003年04月, 横浜
    概要:MDCTの出現後、CTによる治療計画は任意の断面で可能となった。その問題点と利点をCTV認識の相違から検討した。
  • 異常乳頭分泌例における乳管乳腺造影CT, 井上正昭, 西村 恭昌, 小池 竜太, 佐野都志子, 渡辺学, 足利 竜一朗, 第62回日本医学放射線学会学術発表会,   2003年04月, 第62回日本医学放射線学会学術発表会
    概要:乳管乳腺造影CTにより異常乳頭分泌患者の病変部位の同定は可能であった。乳管乳腺造影CTにおいて病変の腫瘍濃染や乳管の途絶と末梢乳管の再造影像は乳癌を示唆する所見であった
  • 局所進行非小細胞肺癌に対するドセタキセル・シスプラチン化学放射線療法のphase I/II臨床試験, 西村 恭昌, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 福岡 正博, Yamamoto N, Tada T, Tsuji K,, 第62回日本医学放射線学会、International Session (radiation Oncology),   2003年04月, 第62回日本医学放射線学会、International Session (radiation Oncology)
    概要:局所進行非小細胞肺癌に対するドセタキセル・シスプラチン同時併用化学放射線療法のphase I/II臨床試験の結果を述べた。2年生存率は43%と良好であった。(英文)
  • Dynamic Magnetic Resonance Imaging Using Superparamagnetic Iron Oxide for Murine Hepatocellular Carcinoma, 小野 幸彦, 白畠 尚美, 前西 修, 柳生 行伸, 足利 竜一朗, 中松 清志, 西村 恭昌, European congress of Radiology,   2003年03月, European congress of Radiology
    概要:超常磁性体酸化鉄(Superparamagnetic Iron Oxide:SPIO)は、正常肝実質のKupffer細胞に取り込まれT2信号を低下させる。SPIOダイナミックMRIにより、腫瘍の血行動態とKupffer細胞機能を同時評価することによって、ラット誘発肝癌をもちいて肝癌分化度の推定を試みた。SPIOダイナミックMRIカーブにより、低分化型肝癌と高分化型肝癌の鑑別が可能であった。(英文)
  • Dynamic multidetector-row CT of breast tumors ; Diagnostic criteria and comparison of other modalities, 井上正昭, 西村 恭昌, 栁生 行伸, 足利 竜一朗, 渡辺学, 綿井良輔, European Congress of Raiology 2003,   2003年03月, European Congress of Raiology 2003
    概要:multidetector-row CT(MDCT)により描出される乳房腫瘍の特徴像が良悪性の鑑別を可能にする。また、MDCTは乳房腫瘍の特徴をマンモグラフィーや超音波より正確 に描出することが可能である
  • 表在型平滑筋肉腫の1例, 任 誠雲, 粟井 和夫, 下野 太郎, 栁生 行伸, 綿井 良輔, 西村 恭昌, 西岡 栄恵, 伊藤 良太, 第273回日本医学放射線学会関西地方会,   2003年03月, 第273回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:稀な軟部悪性腫瘍である表在型平滑筋肉腫の1例を経験したので報告する。 画像的には他の軟部腫瘍との鑑別は困難であったが、診断・治療において重要な良悪性の鑑別は、筋膜への浸潤を認めることから、悪性と判断可能であった。
  • 術後再発食道癌に対する化学放射線療法, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 西村 恭昌, 鈴木 実, 第273回 日本医学放射線学会関西地方会,   2003年03月, 第273回 日本医学放射線学会関西地方会
  • Detection of hypervascular hepatocellular carcinomas at multidetector row CT: Prospective study of the effect or different concentrations of contrast materials, 栁生 行伸, 井上 正昭, 粟井 和夫, 綿井 良輔, 長谷川 博一, 渡邊 学, 西村 恭昌, 15th European Congress of Radiology 2003,   2003年03月, 15th European Congress of Radiology 2003
    概要:多血性肝細胞癌に対して行った腹部Dynamic CTで異なるヨード濃度造影剤を用いて描出能の比較検討をprostective studyとして行った。 造影剤投与後25、45、90、180秒後に撮影を行ったところ。45秒後が最も正常肝と病変部のコントラストが良好であった。また、より高濃度の造影剤を使用した群が有意に描出能が優れていた。(英文)
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT:Intrafraction organ motionの検討, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本高精度放射線外部照射研究会,   2003年02月, 日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:頭頸部に対するIMRT において、その標的となるorganは治療中に動いている。特に舌骨がよく動いている。しかしいずれの方向にも3mm以上は動かない。従って治療をおこなうためには、マージンとして3mmで良いのではないかと思われる。
  • 局所進行非小細胞肺癌に対するドセタキセル・シスプラチン同時併用化学放射線療法のphase I/II臨床試験, 西村 恭昌, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 福岡 正博, 山本信之, 第15回京都放射線腫瘍研究会,   2003年01月, 第15回京都放射線腫瘍研究会
    概要:局所進行非小細胞肺癌に対するドセタキセル・シスプラチン同時併用化学放射線療法のphase I/II臨床試験の結果を述べた。2年生存率は43%と良好であった。
  • 前立腺癌の放射線療法, 西村 恭昌, 前立腺癌の治療を考えるセミナー,   2003年01月, 前立腺癌の治療を考えるセミナー
    概要:前立腺癌に対する放射線療法の意義、照射法の進歩、ホルモン療法との併用について述べた。(特別講演)
  • Intrafraction organ motion during IMRT for head and neck cancer, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 鈴木 実, RSNA 88TH SCHIENTIFIC ASSEMBLY AND ANNUAL MEETING,   2002年12月, RSNA 88TH SCHIENTIFIC ASSEMBLY AND ANNUAL MEETING
    概要:IMRTをおこなった脳腫瘍、頭頚部腫瘍の治療中の動きを測定した。下顎骨、舌骨は頭尾方向によく動き、鎖骨は左右方向によく動いた。頭部の動きは少なかった。この動きを計算に入れて、照射野を決定するべきである
  • Dynamic Multidetector-row CT for Breast tumor’s, 井上正昭, 西村 恭昌, 渡辺学, 綿井良輔, 栁生 行伸, 足利 竜一朗, 第88回北米放射線学会(RSNA),   2002年12月, 第88回北米放射線学会(RSNA)
    概要:MDCTは乳腺腫瘍の良悪の鑑別をかなりの程度可能にし、腫瘍の進展についてはマンモグラフィーや超音波より正確に描出することが可能である
  • Radiation biology for IMRT., 西村 恭昌, FNCA Seminar on Radiation Oncology 2002,   2002年12月, FNCA Seminar on Radiation Oncology 2002
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)は、放射線療法における大きな物理的進歩であるが、そこには放射線生物学的知識が必要であることを述べた。(招請講演、英文)
  • チュートリアル教育:近大生への期待と同情, 西村 恭昌, 第53回近畿大学医学会,   2002年12月, 第53回近畿大学医学会
    概要:チュートリアル教育の現状と問題点を延べ、今後の近大生への期待と同情を述べた。(教育シンポジウム)
  • Dynamic multidetector-row CT for breast tumors., 井上 正昭, 西村 恭昌, 渡辺 学, 綿井 良輔, 栁生 行伸, 足利 竜一朗, 第88回北米放射線学会(RSNA),   2002年12月, 第88回北米放射線学会(RSNA)
    概要:マルチスライスCTによる乳腺腫瘍の画像的特徴について検討した。(英文)
  • Inverse planning of simultaneous integrated boost (SIB) method for high-grade gliomas: usefulness for defining GTV and CTV-annulus as two separate target volumes., 鈴木 実, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 第88回北米放射線学会 (RSNA),   2002年12月, 第88回北米放射線学会 (RSNA)
    概要:悪性神経膠腫に対する同時ブースト法の治療計画法において、肉眼的腫瘍体積と臨床標的体積輪を別のターゲットとして定義する方法の有用性について述べた。(英文)
  • Concurrent chemoradiotherapy in esophageal cancer; comparison between intermittent high dose cisplatin with 5-fluorouracil and daily lowdose cisplatin with continuous low dose infusion of 5-fluorouracil., Sai H, 西村 恭昌, Mitsumori M, Araki N, Okumura S, Hiraoka M., 第88回北米放射線学会 (RSNA),   2002年12月, 第88回北米放射線学会 (RSNA)
    概要:局所進行食道癌に対するシスプラチン、5FU同時併用化学放射線療法の成績を、標準治療とされている抗がん剤の間歇高用量投与法と、少量持続投与法の比較を行った。少量持続投与法でも間歇高用量投与法同様の治療成績が示された。(英文)
  • 放射線治療におけるインフォームドコンセントと同意書-院内各科との比較, 岡嶋 馨, 南部 秀和, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会,   2002年11月, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会
    概要:放射線治療を開始する場合には全例で同意書に署名していただいている。その署名した書類の有無や形式を、院内の各科と比較検討した。
  • MIBGによる慢性心不全の評価 ~4D‐MSPECTによる解析の付加的価値~, 工藤崇, 西村 恭昌, 中村元, 第42回日本核医学会総会学術集会,   2002年11月, 第42回日本核医学会総会学術集会
    概要:DCMによる慢性心不全患者のMIBG画像を4D‐MSPECTにより解析し従来の解析法と比較した。4D‐MSPECTにより前壁の情報のみを抽出した方が心不全の状態と良好に相関した。また4D‐MSPECTによる左室容積測定も有用であった
  • 肺癌、放射線治療ガイドライン作成について, 早川 和重, 西村 恭昌, 斉藤 博,有吉 寛, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会,   2002年11月, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会
    概要:厚生労働省藤村班での、肺癌、放射線治療ガイドライン作成についてその経緯と概要を述べた。
  • JROSGの問題点、Evidence-based Radiation Oncologyを目指して, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会,   2002年11月, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会
    概要:わが国で唯一の放射線腫瘍医主体の多施設臨床試験研究グループである日本放射線腫瘍学研究グループ(JROSG)の問題点と今後の展望について述べた。(シンポジスト)
  • 茶粥常食歴のある食道癌患者の臨床的特徴, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会,   2002年11月, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会
    概要:当院で放射線治療施行した食道癌患者に対して、リスクファクターといわれている茶粥摂取歴との因果関係があるかを分析した。
  • 半導体検出器を用いたダイナミックMLC照射法におけるMLC位置精度測定, 奥村雅彦, 橋場久幸, 古川里絵, 新谷直也, 松本賢治, 澄田 貢, 村野喜彦, 西村 恭昌, 中松 清志, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会,   2002年11月, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会
    概要:46個配列した半導体検出器を用いて、ダイナミックMLCの位置精度測定法について発表した。半導体検出器を用いることで、リーフ位置の定量的評価が可能となるため、有意であると考える。
  • 局所進行非小細胞肺癌のイリノテカンとカルボプラチンと胸部放射線併用における増量試験, 金田 裕靖, 植島 久雄, 野上 壽二, 田村 研治, 倉田 宝保, 中川 和彦, 福岡 正博, 西村 恭昌, 明石 雄策, 27th ESMO Congress,   2002年10月, 27th ESMO Congress
    概要:IIIb・IIIa期の非小細胞肺癌における標準的治療法はまだ確立されていないが、放射線化学療法の有効性が示唆されている。今回、新規抗癌剤を放射線の併用による増量試験を行い、安全性・有効性を評価した。
  • Recent advance in radiation therapy for esophageal cancer., 西村 恭昌, 日中韓・国際放射線腫瘍学シンポジウム,   2002年09月, 日中韓・国際放射線腫瘍学シンポジウム
    概要:日中韓・国際放射線腫瘍学シンポジウムにおいて、化学放射線療法、腔内照射、多分割照射、IMRTなどの最近の食道癌に対する放射線治療の進歩を解説した。(招待講演、英文)
  • 局所進行食道癌に対するシスプラチン/ 5-FU併用化学放射線療法:少量持続化学療法と短期大量化学療法との無作為化第II相臨床試験, 西村 恭昌, 第4回JROSG研究会,   2002年08月, 第4回JROSG研究会
    概要:局所進行食道癌に対するシスプラチン/ 5-FU併用化学放射線療法:少量持続化学療法と短期大量化学療法との無作為化第II相臨床試験をKROSG(京都放射線腫瘍研究会)とのIntergroup trialとして提案した。
  • 放射線腫瘍学におけるEBM: evidenced based radiation oncologyを目指して, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第4回放射線腫瘍学夏季セミナー,   2002年08月, 日本放射線腫瘍学会第4回放射線腫瘍学夏季セミナー
    概要:放射線腫瘍学領域のEBMの現状を、肺癌ガイドライン作成と臨床試験実施の経験をもとに解説した。(教育講演)
  • 頭頸部腫瘍および脳腫瘍に対するIMRTのパイロット研究, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 鈴木 実, 第1回日本高精度放射線外部照射研究会,   2002年07月, 第1回日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:近畿大学における頭頸部腫瘍および脳腫瘍に対するIMRTのパイロット研究について上咽頭腫瘍および悪性神経膠腫を中心に述べた。
  • 放射線治療総論, 西村 恭昌, 第13回放射線専門医一次試験講習会,   2002年07月, 第13回放射線専門医一次試験講習会
    概要:放射線専門医一次試験にむけて放射線治療の総論を解説した。(教育講演)
  • 進行食道癌に対するステント挿入後の放射線療法:全国アンケート調査, 西村 恭昌, 永田憲司,片野進,広田佐栄子,中村和正,樋口富美,副島俊典,崔へいてつ, 第56回日本食道疾患研究会,   2002年06月, 第56回日本食道疾患研究会
    概要:照射前あるいは照射中にステントを挿入された進行食道癌に対する放射線療法の安全性と効果について全国アンケート調査を行った。ステント挿入食道癌に対する放射線療法では高率に合併症が見られ、危険である。
  • IMRTの放射線生物学, 西村 恭昌, 第32回日本医学放射線学会生物部会、放射線による制癌シンポジウム,   2002年06月, 第32回日本医学放射線学会生物部会、放射線による制癌シンポジウム
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)は、放射線療法における大きな物理的進歩であるが、そこには放射線生物学的知識が必要であることを述べた。(シンポジスト)
  • IMRT;理想、現状、問題点, 西村 恭昌, 第79回関西Cancer Therapistの会,   2002年06月, 第79回関西Cancer Therapistの会
    概要:当院でも臨床応用が始まった強度変調放射線療法(IMRT)の理想、現状とその問題点を解説した。(特別講演)
  • 茶粥と食道癌の関連性に関する検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 第271回 日本医学放射線学会関西地方会,   2002年06月, 第271回 日本医学放射線学会関西地方会
    概要:食道癌のリスクとして茶粥が関係しているといわれているが、当院での食道癌放射線治療患者に対して茶粥常食歴との関係があるかを検討した。
  • 胎児MRIの検討, 綿井良輔, 西村 恭昌, 下野 太郎, 足利 竜一朗, 井上正昭, 山本敬, 西田千嘉子, 岡嶋馨, 米倉竹夫, 第61回日本医学放射線学会学術発表会,   2002年04月, 第61回日本医学放射線学会学術発表会
    概要:超音波検査で異常と診断された胎児22例に対し、MRIを施行した。MRIで診断可能であった症例は、水腎症、リンパ管腫、先天性横隔膜ヘルニア、子宮中隔、中枢神経疾患であった。診断が困難であった症例は、消化器疾患の一部および臍帯過捻転であった。しかし、食道閉塞症のGross A型では、羊水過多、口腔から上部食道の液体貯留および胃内容液の消失を確認することが診断の手掛かりになった。
  • QGSと4D-MSPECTによる左室機能定量値の対比検討, 工藤崇, 西村 恭昌, 中松 清志, 長谷川博一, 渡辺学, 第61回日本医学放射線学会,   2002年04月, 第61回日本医学放射線学会
    概要:4D‐MSPECTとQGSによる定量値測定を比較した。両者きわめて近い値を示し、優劣はつけがたいが、volume測定においては一定の傾向を持った違いが存在した。
  • Multidetector-row CTによる乳腺腫瘍の評価, 井上正昭, 西村 恭昌, 長谷川博一, 綿井良輔, 栁生 行伸, 金森 修一, 足利 竜一朗, 第61回日本医学放射線学会学術発表会,   2002年04月, 第61回日本医学放射線学会学術発表会
    概要:MDCTによる乳腺腫瘍の良悪の鑑別はかなりの程度良好で、乳癌の周囲組織への浸潤の描出も良好である。MDCTは乳癌の有用な術前検査法である。
  • ステント挿入食道癌に対する放射線療法:全国アンケート調査, 西村 恭昌, 片野進,広田佐栄子,中村和正,樋口富美,副島俊典,崔へいてつ, 第61回日本医学放射線学会学術発表会,   2002年04月, 第61回日本医学放射線学会学術発表会
    概要:照射前あるいは照射中にステントを挿入された食道癌に対する放射線療法の安全性と効果について全国アンケート調査を行った。ステント挿入食道癌に対する放射線療法では高率に合併症が見られ、危険である。
  • Tumor angiogenesis and hyperthermia., 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, The 3rd Asian Congress on Hyperthermic Oncology,   2002年04月, The 3rd Asian Congress on Hyperthermic Oncology
    概要:腫瘍血管新生の役割と、血管新生阻害療法が温熱療法にとって有望な治療法であることを述べた。(Congress lecture in English)
  • IMRTの目指すもの:Physics とRadiobiologyの統合, 西村 恭昌, 日本放射線技術学会第44回放射線治療分科会,   2002年04月, 日本放射線技術学会第44回放射線治療分科会
    概要:強度変調放射線療法(IMRT)の目指すところを、物理的側面と生物学的側面から解説した。(教育講演)
  • 拡張型サブトラップ回路による深部加温の基礎的研究, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 第20回北米温熱治療学会,   2002年04月, 第20回北米温熱治療学会
    概要:拡張型サブトラップ回路を使用したRF誘導加温装置により効率のよい深部加温が可能となる。
  • Multidetector row CTでの腹部造影CTにおける造影剤ヨード濃度の検討, 栁生 行伸, 井上 正昭, 綿井 良輔, 長谷川 博一, 渡邊 学, 西村 恭昌, 第61回日本医学放射線学会総会 ,   2002年04月, 第61回日本医学放射線学会総会 
    概要:多血性肝細胞癌の造影Dynamic CTでの病変描出能をヨード濃度の異なる造影剤を用いて比較検討した。造影剤投与後45秒での撮影が最も正常肝と病変部のコントラストが優れていた。また、よりヨード濃度の高い造影剤の方が有意に病変描出能に優れていた。
  • 化学放射線治療;放射線腫瘍医の立場から, 西村 恭昌, 第14回北海道癌化学療法研究会学術講演会,   2002年03月, 第14回北海道癌化学療法研究会学術講演会
    概要:化学放射線治療の理論的根拠と臨床成績を放射線腫瘍医の立場から解説した。(特別講演)
  • 肺腫瘍に対する気管支腔内照射の治療成績, 有薗茂樹, 柴田 徹, 西村 恭昌, 溝脇尚志 光森通英 永田靖 平岡眞寛, 日本医学放射線学会 第270回関西地方会,   2002年03月, 日本医学放射線学会 第270回関西地方会
  • 腹部Dynamic CTにおける造影剤濃度の検討, 栁生 行伸, 井上 正昭, 綿井 良輔, 渡邊 学, 佐野 都志子, 横見 初香, 西村 恭昌, 第270回日本医学放射線学会関西地方会,   2002年03月, 第270回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:肝腫瘍に対する腹部Dynamic CT施行時に使用する造影剤ヨード濃度について検討した。より高濃度の造影剤を使用した方が病変部と正常肝のコントラストが明瞭となり、病変描出能が有意に向上した。
  • 近畿大学における強度変調放射線療法の経験, 西村 恭昌, Varian/IMRT road show: Kyoto,   2002年02月, Varian/IMRT road show: Kyoto
    概要:近畿大学における強度変調放射線療法(IMRT)の初期経験について述べた。
  • 大動脈ステントグラフト挿入にて止血しえた食道癌の1例, 栁生 行伸, 渡邊 学, 任 誠雲, 西村 恭昌, 重岡 宏典, 塩崎 均, 前田宗宏, 第12回日本血管造影・Interventional radiology学会関西地方会,   2002年02月, 第12回日本血管造影・Interventional radiology学会関西地方会
    概要:食道癌に対して化学放射線治療を予定していたが、潰瘍底から動脈性の出血を繰り返して頻回の輸血を余儀なくされていた。圧迫止血を目的として食道カバードステント留置するも出血持続したため、気管支動脈塞栓術と大動脈ステントグラフト挿入を行った。徐々に貧血改善みられて全身化学療法を安全に施行できた。
  • 非小細胞肺癌に対する放射線単独多分割照射法での治療成績, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 鈴木 実, 第271回日本医学放射線学会関西地方会,   2002年, 第271回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:内科的理由あるいは高齢のため手術不可能であったⅠ期Ⅱ期の症例または手術を拒否されたⅢA期までの非小細胞肺癌症例に対し、放射線単独多分割照射法で治療を行ったところ、良好な治療成績が得られ、安全に治療が行われた。
  • Erythropoietin as an angiogenic factor in murine hepatic tumors, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 安田 佳子, The Europian Cancer Conference,   2001年12月, The Europian Cancer Conference
    概要:ラット肝腫瘍の血管新生に、エリスロポエチンが関与している可能性が示唆された
  • Image quality of the digittaly reconstructed radiographs (DRRs): Improvement by isotropic voxel obtained by a multi-detector row CT and clinical application, 南部 秀和, 岡嶋 馨, 西村 恭昌, 43th Annual Meeting of the American Society for Therpeutic Radiology and Oncology,   2001年11月, 43th Annual Meeting of the American Society for Therpeutic Radiology and Oncology
    概要:放射線治療用の照合画像 (DRR) を、MDCT の高分解能を生かして臨床応用した。
  • 全病院フィルムレスシステムの運用-放射線治療における効果, 岡嶋 馨, 南部 秀和, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会,   2001年11月, 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会
    概要:現在運用しているオンライン画像システムが放射線治療において効果が高いことを報告した。
  • IMRTにおける inverse planning、各種パラメータの検討, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 奥村 雅彦, 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会,   2001年11月, 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会
    概要:高精度放射線治療法IMRT(強度変調放射線療法)の治療計画における各種パラメータについて報告した。Inverse planningには、従来の治療計画と比較して、長時間かかり、かつ各種パラメータの設定に経験が必要である。
  • IMRT:intensity modulated radiotherapyのQAおよび治療計画, 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 第39回日本癌治療学会総会,   2001年11月, 第39回日本癌治療学会総会
    概要:新しい高精度放射線治療法IMRT(強度変調放射線療法)の治療計画、線量分布精度、位置精度および初期臨床成績を報告した。(ラウンドテーブルディスカッション)
  • 化学放射線治療の現状と将来, 西村 恭昌, 第39回日本癌治療学会総会,   2001年11月, 第39回日本癌治療学会総会
    概要:多くの癌でその有効性が証明されている化学放射線治療の進歩と放射線治療からみた考え方を概説した。(教育講演:モーニングレクチャー)
  • 肺癌の放射線治療, 西村 恭昌, 第42回日本肺癌学会総会,   2001年11月, 第42回日本肺癌学会総会
    概要:肺癌の放射線治療の進歩を、空間的線量分布の改善、時間的線量配分の改善、放射線増感法の進歩の観点から解説した。(教育講演: Meet the Expert)
  • IMRT実施におけるQC, 奥村雅彦, 西村 恭昌, 第37回日本医学放射線学会秋季臨床大会合同シンポジウム,   2001年11月, 第37回日本医学放射線学会秋季臨床大会合同シンポジウム
    概要:IMRT実施にともなう検証において、線量分布測定、解析と治療期間中におけるDynamic MLCポジションの精度管理の現状と問題点について発表を行った。
  • IMRT実施の現状とその問題点, 奥村雅彦, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第14回学術学会シンポジウムⅠ,   2001年11月, 日本放射線腫瘍学会第14回学術学会シンポジウムⅠ
    概要:当院におけるIMRT実施の現状と技術的問題点について発表を行った。患者固定、出力線量測定、線量分布解析についての問題点ならびに、IMRT実施中に行う保守管理項目について報告した。
  • Image quality of the Digitally reconstructed radiographs(DRRs): Improvement by isotoropic voxel obtained by Multi-detector row CT and the clinical application, 南部秀和, 岡嶋 馨, 西村 恭昌,   2001年11月
  • 未治療限局型小細胞肺癌に対する化学療法+放射線療法+外科療法によるtrimadality therapy のpilot study, 原 聡, 廣畑 健, 南 憲司, 大塚 浩史, 塩﨑 均, 森山 あづさ, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 西村 恭昌, 第42回日本肺癌学会,   2001年11月, 第42回日本肺癌学会
    概要:未治療限局型小細胞肺癌に対して化学療法+放射線療法+外科療法によるtrimadality therapy のを施行したpilot studyの治療成績を報告した。
  • 食道癌の放射線療法に対する化学療法併用の意義ー神経周囲浸潤の検討からー, 田中晃, 塩﨑 均, 石川真平, 重岡 宏典, 大塚浩史, 平井 紀彦, 北野義徳, 奥野 清隆, 西村 恭昌, 第39回日本癌治療学会総会,   2001年11月, 第39回日本癌治療学会総会
  • 食道癌の放射線療法に対する化学療法併用の意義ー神経周囲浸潤の検討からー, 田中 晃, 石川 真平, 重岡 宏典, 大塚 浩史, 平井 紀彦, 北野 義徳, 奥野 清隆, 塩崎 均, 西村 恭昌, 日本癌治療学会,   2001年11月, 日本癌治療学会
    概要:食道癌における,術前放射線単独,術前術後化学放射線を手術単独と比較した.放射線単独ではNIに起因した局所再発の制御に限界を認めたが,化学療法併用群ではNI陽性がなく,術前術後化学放射線には局所再発がないことから,NIへの効果が示唆された.
  • Erythropoietin as an angiogenic factor in murine hepatic tumors., 中松 清志, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 安田 佳子, European Society for Therapeutic Radiology and Oncology, 20th Annual Meeting,   2001年10月, European Society for Therapeutic Radiology and Oncology, 20th Annual Meeting
    概要:Erythropoietinはラット肝細胞癌の血管新生に関与している。
  • ラット肝腫瘍の血管新生におけるErythropoietin の関与について, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 安田 佳子, 第60回日本癌学会,   2001年09月, 第60回日本癌学会
    概要:ラット肝腫瘍の血管新生に、エリスロポエチンが関与している可能性が示唆された
  • Dynamic MLCを用いたIMRTにおけるQCの検討, 早雲里絵, 奥村雅彦, 橋場久幸, 新谷直也, 松本賢治, 澄田貢, 村野喜彦, 西村 恭昌, 鈴木実, 第12回京都放射線腫瘍研究会,   2001年09月, 第12回京都放射線腫瘍研究会
    概要:当院で実施しているIMRTにおけるDynamic MLCの保守管理について検討した。Dynamic MLCの保守管理について検討した。Dynamic MLCポジションの精度確認に用いる、半導体プロファイラーとフィルムの有用性について報告した。
  • 拡張型サブトラップ回路を使用した深部加温についての基礎的検討, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 日本ハイパーサーミア学会,   2001年09月, 日本ハイパーサーミア学会
    概要:サブトラップ回路を使用することで深部加温が効率的に施行可能となることを報告した。
  • 切除不能局所進行型非小細胞肺癌に対するweekly CPT-11 + CBDCA + concurrent thoracic radiotherapy のpilot study, 植島 久雄, 福岡 正博, 中川 和彦, 野上 壽二, 西村 恭昌, 森山 あづさ, 小宮 武文, 山本 信之 浅井 暁, 2名, 第60回日本癌学会,   2001年09月, 第60回日本癌学会
    概要:切除不能III期非小細胞肺癌に対し、塩酸イリノテカン及びカルボプラチンの毎週投与と60Gyの放射線併用療法について効果、安全性を報告した。奏効率は83%で、重篤な副作用はなく、有用と考えられた。
  • 食道・肺腫瘍, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会主催、第7回医学生のための放射線治療セミナー,   2001年08月, 日本放射線腫瘍学会主催、第7回医学生のための放射線治療セミナー
    概要:全国の医学部6回生を対象に、食道癌と肺癌に対する放射線療法の進歩を解説した。(教育講演)
  • 放射線治療総論, 西村 恭昌, 第12回放射線専門医一次試験講習会,   2001年07月, 第12回放射線専門医一次試験講習会
    概要:放射線科専門医一次試験を受験する若い放射線科医を対象に、放射線腫瘍学の総論を解説した。(教育講演)
  • T4食道癌に対する化学放射線療法, 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 栁生 行伸, 重岡 宏典, 第55回日本食道疾患研究会,   2001年07月, 第55回日本食道疾患研究会
    概要:T4食道癌に対するcisplatin/5-FU併用化学放射線療法の治療成績および合併症について報告した。化学放射線療法はT4食道癌にも有効な治療法である。
  • 頭頚部癌に対する新しい放射線治療IMRT:intensity modulated radiotherapy, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 第25回頭頚部腫瘍学会,   2001年06月, 第25回頭頚部腫瘍学会
    概要:新しい高精度放射線治療法IMRT(強度変調放射線療法)の頭頚部癌に対する治療計画、線量分布精度、位置精度について報告した。(ミニシンポジウム)
  • 食道癌に対する放射線療法:最近の進歩, 西村 恭昌, 第10回南大阪消化器病懇話会,   2001年06月, 第10回南大阪消化器病懇話会
    概要:食道癌の放射線治療における最近の進歩、話題について述べた。(特別講演)
  • Multidetector-row CT を用いたDRRの画質の改良, 岡嶋 馨, 西田 千嘉子, 山本 敬, 西村 恭昌, 第60回日本医学放射線学会学術発表会,   2001年04月, 第60回日本医学放射線学会学術発表会
    概要:多列検出器型CTにより、頭尾方向の空間解像度は向上した。これを放射線治療画像に応用した。
  • 胃静脈瘤におけるMPRと3D画像を用いたCT portographyと内視鏡との対比, 井上正昭, 西村 恭昌, 栁生 行伸, 足利 竜一朗, 小野幸彦, 第60回日本医学放射線学会学術発表会,   2001年04月, 第60回日本医学放射線学会学術発表会
    概要:CT portography は胃静脈瘤の程度や供給路を正確に描出する事が出来、内視鏡所見より早期に胃静脈瘤の経過を判定できる。
  • 肝細胞癌に対するRadiofrequency ablation therapy後の造影CT所見についての検討, 栁生 行伸, 井上 正昭, 大石 初香, 西村 恭昌, 工藤 正俊, 小野 幸彦, 第60回日本医学放射線学会総会 ,   2001年04月, 第60回日本医学放射線学会総会 
    概要:肝細胞癌に対するRadiofrequency ablation therapy後治療部周囲に生じる造影効果の持続期間、造影効果の範囲について検討した。術直後の造影効果については可逆性であり、熱凝固による血管透過性亢進などが関与していると考えられた
  • Multislice CT による三次元乳房温存療法, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会春季臨床大会,   2001年04月, 日本医学放射線学会春季臨床大会
    概要:Multislice CT で撮影された乳房温存術後の温存乳腺に最適な線量分布を呈する照射方法を用いて効率よく求めるためにDVHを使用した。
  • IR法とSE法によるT1強調像の造影能の比較, 足利 竜一朗, 佐野都志子, 荒木裕, 山本敬, 西村 恭昌, 第60回日本医学放射線学会学術発表会,   2001年04月, 第60回日本医学放射線学会学術発表会
  • 食道癌に対する放射線治療の最近の進歩, 西村 恭昌, 第11回広島食道疾患懇話会,   2001年03月, 第11回広島食道疾患懇話会
    概要:食道癌の放射線治療における最近の進歩、話題について述べた。(特別講演)
  • 肺癌の放射線治療, 西村 恭昌, 第1回兵庫肺癌フォーラム,   2001年03月, 第1回兵庫肺癌フォーラム
    概要:肺癌の放射線治療における最近の進歩、話題について述べた。(特別講演)
  • 放射線治療の考え方、biology and physics, 西村 恭昌, 第8回山梨放射線治療研究会,   2001年02月, 第8回山梨放射線治療研究会
    概要:放射線治療の考え方を放射線生物学的側面と最近の物理工学的な進歩から解説した。(特別講演)、
  • 乳房温存療法のマルチスライスCTによる三次元治療計画, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 関西乳癌放射線治療研究会,   2001年02月, 関西乳癌放射線治療研究会
    概要:前年度の当科に導入されたマルチスライスCTおよびCT simulator について乳房温存療法に関する三次元放射線治療計画について報告した。
  • 頭頚部癌IMRTの初期経験, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 奥村 雅彦, 橋場 久幸, 早雲 里絵, 新谷 直也, 澄田 貢, 第11回京都放射線腫瘍研究会,   2001年01月, 第11回京都放射線腫瘍研究会
    概要:2000年11月より開始された頭頚部癌に対するIMRT(強度変調放射線療法)の初期経験について述べた。
  • Concurrent chemoradiotherapy with protracted infusion of 5-FU and cisplatin for advanced esophageal cancer., 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 栁生 行伸, 重岡 宏典, 第6回国際放射線腫瘍学会,   2001年01月, 第6回国際放射線腫瘍学会
    概要:進行食道癌に対するcisplatin, 5-FU少量持続化学放射線療法の合併症、局所効果、生存率についてまとめた。切除不能の局所進行食道癌でもIII期であれば本療法によって良好な生存率が示された。(英文抄録)
  • ラット肝腫瘍の血管新生におけるErythropoietin の関与について, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 安田 佳子, 第31回放射線による制癌シンポジウム,   2001年, 第31回放射線による制癌シンポジウム
    概要:ラット肝腫瘍の血管新生に、エリスロポエチンが関与している可能性が示唆された
  • 放射線治療における物理学と生物学の統合:intensity modulated radiotherapy (IMRT), 西村 恭昌, 第49回近畿大学医学会学術講演会,   2000年12月, 第49回近畿大学医学会学術講演会
    概要:最新の照射法であるintensity modulated radiotherapy (IMRT)の方法、問題点、今後の研究方向について解説した
  • Concurrent Chemotherapy and Radiotherapy for Nasopharyngeal Carcinoma, 溝脇尚志, 岡嶋 馨, 西村 恭昌, 永田 靖 光森通英 平岡真寛, 86th Scientific Assembly of Radiological Society of North America,   2000年11月, 86th Scientific Assembly of Radiological Society of North America
    概要:化学療法の併用により、上咽頭癌の局所制御率は有意に向上した。
  • 肺扁平上皮癌に対する化学放射線療法の効果判定:画像所見と組織学的効果との比較検討, 岡嶋 馨, 西村 恭昌, 中松 清志, 藤原一央, 鈴木 実, 日本放射線腫瘍学会第13回学術大会,   2000年11月, 日本放射線腫瘍学会第13回学術大会
    概要:肺扁平上皮癌に対する化学放射線治療の効果を、CTによる臨床的判定と切除された組織での判定とで比較検討した。
  • CT evaluation of tumor response after concurrent chemoradiotherapy for squamous cell lung cancer: Correlation of CT findings with histopathologic tumor viability., 岡嶋 馨, 西村 恭昌, 西脇滉一, 川上 明, 岡本英一, 86th Annual Metting of Radiological Society of North America,   2000年11月, 86th Annual Metting of Radiological Society of North America
    概要:25例の肺扁平上皮癌症例に対し、化学放射線療法にひきつづき外科的切除を行った。そのCT所見の変化と病理組織学的治療効果とを比較検討した。CTでの腫瘍の縮小率と病理像での効果との相関は強くなかった。
  • 臨床放射線腫瘍学におけるTranslational research, 西村 恭昌, 第13回日本放射線腫瘍学会、シンポジウム:放射線腫瘍学におけるTranslational research,   2000年11月, 第13回日本放射線腫瘍学会、シンポジウム:放射線腫瘍学におけるTranslational research
    概要:放射線腫瘍学におけるTranslational researchの現状と問題について述べた。放射線腫瘍学では生物学的な基礎研究は特に重要で、臨床成績と密接に関係する
  • 直線加速器のDMU値計算プログラムの開発, 奥村雅彦, 橋場久幸, 澄田貢, 村野喜彦, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会,   2000年11月, 日本放射線腫瘍学会
    概要:直線加速器の物理的諸特性(全散乱係数をヘッド散乱係数とファントム散乱係数に分離計算、コリメータ反転効果補正、くさびフィルター使用時の照射野、深さに対する補正)を加味した独自のプログラムを開発し、実測値との比較検討を行った。
  • T4食道癌に対する化学放射線治療:ステント併用に関する検討, 西村 恭昌, 金森 修一, 中松 清志, 栁生 行伸, 鈴木実, 第38回日本癌治療学会総会、ワークショップ:放射線療法とIVR:癌治療における新しい可能性,   2000年10月, 第38回日本癌治療学会総会、ワークショップ:放射線療法とIVR:癌治療における新しい可能性
    概要:T4食道癌に対する化学放射線治療の治療成績をまとめた。食道気管支瘻などの危険は高いが、切除不能の食道癌でも長期生存が得られることを明らかにした
  • Very high-dose intraoperative radiation therapy for osteosarcomas, Oya N, 西村 恭昌, Kokubo M, Mizowaki T, Sai H, Sasai K,Shibamoto Y, Toguchida J, Tsuboyama T, Nakamura T, Hiraoka M., 第42回米国放射線腫瘍学会,   2000年10月, 第42回米国放射線腫瘍学会
    概要:患肢温存を目的とした骨肉腫に対する高線量術中照射の成績をまとめた。1回80Gyの術中照射は安全に施行でき、良好な5年生存率が示された
  • 未治療限局型小細胞肺癌に対するTrimodality Therapy の Pilot Study, 森山 あづさ, 福岡 正博, 植島 久雄, 中川 和彦, 原 聡, 西村 恭昌, 山本 信之, 第38回日本癌治療学会総会,   2000年10月, 第38回日本癌治療学会総会
    概要:限局型小細胞肺癌に対し、PE(CDDP、VP-16)併用化学療法とAHF法による同時放射線療法を行いさらに外科的治療を加えたTrimodality Therapy を9例に対して行った。本治療法の安全性及び生存について報告する。
  • 近畿大学における新放射線治療システム, 西村 恭昌, 奥村雅彦, 岡嶋馨, 新谷直也, 早雲里絵, 橋場久幸, 澄田貢, 村野喜彦, 鈴木実, 第10回京都放射線腫瘍研究会,   2000年09月, 第10回京都放射線腫瘍研究会
    概要:平成12年度に近畿大学医学部附属病院に導入された新放射線治療システムの概要について報告した
  • 21世紀の放射線治療の展望;食道癌, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会主催第6回医学生のための放射線治療セミナー,   2000年08月, 日本放射線腫瘍学会主催第6回医学生のための放射線治療セミナー
    概要:全国の医学生に対して、食道癌に対する放射線療法の進歩と今後の展望について述べた
  • 消化器癌に対する術中照射, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第2回放射線腫瘍学夏季セミナー,   2000年07月, 日本放射線腫瘍学会第2回放射線腫瘍学夏季セミナー
    概要:膵癌や胃癌などの消化器癌に対する術中照射の方法、治療成績について述べた
  • 放射線治療総論, 西村 恭昌, 第11回放射線専門医一次試験講習会,   2000年07月, 第11回放射線専門医一次試験講習会
    概要:放射線治療の総論的事項を解説した
  • 院内 total PACS の臨床応用, 岡嶋 馨, 西田 千嘉子, 山本 敬, 西村 恭昌, 石井克尚 岩井俊介, 第59回日本医学放射線学会,   2000年04月, 第59回日本医学放射線学会
    概要:近畿大学奈良病院において、1999年10月より稼動した全病院オンライン画像システムについて報告した。
  • 放射線治療と総治療期間との関係、連休における休日照射の必要性, 西村 恭昌, 京都大学大学院放射線医学教室講演会,   2000年04月, 京都大学大学院放射線医学教室講演会
    概要:放射線治療成績における全照射期間の重要性について、基礎的データから臨床データまで総説的に講演し、正月休みや連休期間中の休日照射の意義について述べた。(招請講演)
  • In vivo thermoenhancing effect for chemotherapeutic agents with mild hyperthermia, Takemoto M, 西村 恭昌, Kuroda M, Urano M, Nishimura Y, Ono E, Shibuya K, Kawasaki S, Katoh H, Hiraki Y, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology,   2000年04月, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology
    概要:2つのマウス移植腫瘍を用いて各種抗癌剤の41.5℃の温熱に対する増感効果を検討した。イソファミド、メルファラン、サイクロフォスファミドが特に温熱増感効果が高かった。(英文)
  • Clinical results of radiofrequency hyperthermia for primary and secondary malignant liver tumors, Nagata Y, 西村 恭昌, 金森 修一, Hiraoka M, Akuta K, Mitsumori M, Okuno Y, Horii N, Masunaga S, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology,   2000年04月, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology
    概要:原発性および転移性肝腫瘍に対するラジオ波温熱療法の臨床成績をまとめた。温度上昇は必ずしも良好ではなかったが、切除不能原発性肝癌の5年生存率は17.5%であり、その治療成績は良好であった
  • Simultaneously intraluminal thermoradiotherapy for advanced esophageal cancer, Horii N, 西村 恭昌, 金森 修一, Kimura H, Mitsumori M,Okuno Y, Hiraoka M, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology,   2000年04月, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology
    概要:進行食道癌に対する温熱同時併用腔内照射の治療成績をまとめた。温熱と放射線の同時併用治療により、食道潰瘍や食道狭窄などの晩期障害の頻度は高くなったが、その局所制御は良好であった
  • Clinical results of locoregional hyperthermia for primary and secondary bone tumors, Nagata Y, 西村 恭昌, 金森 修一, Zhu JL, Mitsumori M, Okuno Y, Horii N, Masunaga S, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology,   2000年04月, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology
    概要:原発性および転移性骨腫瘍に対する局所温熱療法の温度上昇および治療効果を検討した。腫瘍平均温度は41.6℃で、1年生存率60%、疼痛緩和率64%であった。(英文)
  • Angiogenesis as a target in hyperthermia, 西村 恭昌, 金森 修一, 平岡真寛, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology,   2000年04月, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology
    概要:温熱により腫瘍血管損傷がおきるが、その後の血管新生を制御することによって、温熱効果の増感が得られることをマウス腫瘍モデルを用いて明らかにした。(英文)
  • Microvasculature as a target in hyperthermia, 西村 恭昌, 金森 修一, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology,   2000年04月, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology
    概要:腫瘍微小血管損傷し温熱効果を増感する方法、あるいは温熱後の腫瘍血管新生阻害によって温熱効果を増感する方法についてマウス腫瘍を用いた実験結果について報告した。(英文)
  • MR FLAIR像における脳梁膨大部上衣下高信号の意義, 足利 竜一朗, 亀山裕子, ?生 行伸, 山本敬, 藤井広一, 西村 恭昌, 第59回日本医学放射線学会学術発表会,   2000年04月, 第59回日本医学放射線学会学術発表会
  • 転移性脳腫瘍の造影FLAIR像, 足利 竜一朗, 山本敬, 西田千嘉子, 西村 恭昌, 荒き豊, 第59回日本医学放射線学会学術発表会,   2000年04月, 第59回日本医学放射線学会学術発表会
  • Combined effects of tirapazamine and mild hyperthermia on TNP-470 treated solid tumors; reference to the effect on intratumor quiescent cells., Masunaga S, 西村 恭昌, 金森 修一, Ono K, Saga T, Suzuki M, Kinashi Y, Takagaki M, Kasai S, Hori H, the First International Conference on Translational Research and Pre-Clinical Strategies in Clinical,   2000年03月, the First International Conference on Translational Research and Pre-Clinical Strategies in Clinical
    概要:血管新生阻害剤(TNP-470)、低酸素細胞障害剤(tirapazamine)、温熱の併用効果を、マウスSCCVII腫瘍を用いて検討した。TNP-470投与によって、腫瘍内の低酸素細胞分画や、休止期細胞分画は上昇する傾向にあったが、tirapazamineや温熱によって、その治療効果は向上した。
  • Impact of neoadjuvant chemotherapy on Ki-67 and PCNA labeling indices for esophageal cancer, 西村 恭昌, 金森 修一, Horii N, Okuno Y,Hiraoka M, Shimada Y. Imamura M., the First International Conference on Translational Research and Pre-Clinical Strategies in Clinical,   2000年03月, the First International Conference on Translational Research and Pre-Clinical Strategies in Clinical
    概要:食道癌に術前化学療法を行った群と術前無治療群で、生検組織と切除標本でのKi-67, PCNA標識率の変化を検討した。その結果、術前化学療法群ではKi-67、PCNA標識率の低下が見られ、化学療法により放射線抵抗性の休止期細胞分画が増えることが示された。(英文)
  • 未治療限局型小細胞肺癌に対するTrimodality の pilot Study, 森山 あづさ, 福岡 正博, 中川 和彦, 原 聡, 西村 恭昌, 山本 信之, 浅井 暁, 武田 晃司, 根来 俊一, 多田 弘人, 第40回日本呼吸器学会総会,   2000年03月, 第40回日本呼吸器学会総会
    概要:限局型小細胞肺癌に対しPE併用化学療法とAHF法による同時放射線療法を行い、さらに外科的治療を加えるTrimodality therapy を9症例に対して行った。本治療法の安全性、病理学的所見について報告した。
  • 真性多血症に施行したTIPSの1例, 栁生 行伸, 小野 幸彦, 吉増 隆之, 大石 初香, 西村 恭昌, 第7回日本血管造影・interventional radiology学会 関西地方会,   2000年02月, 第7回日本血管造影・interventional radiology学会 関西地方会
    概要:真性多血症に続発する門脈圧亢進症に対してTIPSを施行した。TIPSにより門脈圧低下が得られ、腹水および食道静脈瘤の改善がみられた。血液疾患による二次性門脈圧亢進症に対してもTIPSは有効な処置と考えられた。
  • 非小細胞肺がんに関するWeekly Cisplatin + Docetaxel concurrent thoracic radiotherapy の第I/II相試験, 山本 信之, 福岡 正博, 中川 和彦, 西村 恭昌, 中松 清志, 2名, 第9回京都放射線腫瘍研究会,   2000年01月, 第9回京都放射線腫瘍研究会
    概要:切除不能III期非小細胞肺がんに対して化学療法(シスプラチン+ドセタキセル)と胸部放射線との同時併用療法の用量設定試験を行ったので、その結果を発表した。
  • 高齢者限局型非小細胞肺癌(NSCLC)に対する少量カルボプラチン(CBDCA)連日投与と同時胸部放射線療法におけるCDBCAのAUC escalation study, 家田 泰浩, 山本信之, 吉田 誠, 小宮 武文, 野上 壽二, 中川 和彦, 西村 恭昌, 福岡 正博, 山田政司 工藤新三, 第40回日本肺癌学会総会,   1999年10月, 第40回日本肺癌学会総会
    概要:CBDCAの投与量を, Calvert 式より総投与量を算出し,それを25分割し1回投与量とした,高齢者非小細胞肺癌(Non-Small Cell Lung Cancer:NSCLC)に対する少量Carboplatin(CBDCA)連日投与と胸部放射線療法(TRT)の治療方法は,高齢者NSCLCに対して,毒性を予測・制御でき,安全でかつ,治療効果を高めることが期待できると考えらる.
  • 高齢者限局型非小細胞肺癌に対する少量カルボプラチン連日投与と同時放射線療法におけるカルボプラチンのAUCescalation study, 家田 泰浩, 山本信之, 吉田 誠, 野上 壽二, 小宮 武文, 中川 和彦, 西村 恭昌, 福岡 正博, 山田政司 工藤新三, 35th ASCO,   1999年05月, 35th ASCO
  • 高齢者限局型非小細胞肺癌(NSCLC)に対する少量カルボプラチン(CBDCA)連日投与と同時胸部放射線療法におけるCDBCAのAUC escalation study, 家田 泰浩, 山本信之, 吉田 誠, 小宮 武文, 野上 壽二, 中川 和彦, 西村 恭昌, 福岡 正博, 山田政司 工藤新三, 第39回日本呼吸器学会総会,   1999年03月, 第39回日本呼吸器学会総会
    概要:CBDCAの投与量を, Calvert 式より総投与量を算出し,それを25分割し1回投与量とした,高齢者非小細胞肺癌(Non-Small Cell Lung Cancer:NSCLC)に対する少量Carboplatin(CBDCA)連日投与と胸部放射線療法(TRT)の治療方法は,高齢者NSCLCに対して,毒性を予測・制御でき,安全でかつ,治療効果を高めることが期待できると考えらる.

作品

  • 放射線分割照射に対する温熱の効果に関する研究(Univ,of Kentucky,U.S.A の研究員として),   1991年
  • 低酸素細胞増感剤の臨床開発,   2001年 - 2005年

MISC

  • 巻頭言、JASTRO理事長退任にあたって, 西村 恭昌, JASTRO Newsletter, 122, 1,   2016年
  • はじめに、特集:高精度放射線治療のための最適な画像診断に向けて, 畠中正光、西村恭昌, 臨床放射線, 61, 1723, 1724,   2016年
  • 感謝と恐怖で記憶に残る海外旅行, 西村 恭昌, 日本医師会雑誌, 145, 9, 1962,   2016年, 招待有り
  • 第15回国際放射線研究会議(ICRR2015)参加記(III)医学分野, 西村 恭昌, 放射線と産業, 139, 46, 47,   2015年12月
  • 巻頭言、新年のご挨拶, 西村 恭昌, JASTRO Newsletter, 118, 1,   2015年01月
  • 巻頭言、JASTRO理事長2期目のご挨拶, 西村 恭昌, JASTRO Newsletter , 114, 1,   2014年01月
  • 巻頭言、読み書き, 西村 恭昌, 近畿大学医学雑誌, 39, 1, 2,   2014年, 招待有り
  • Kie Kian Ang先生の突然のご逝去を悼む, 西村 恭昌, JASTRO Newsletter, 109, 12, 13,   2013年
  • 放射線治療専門医制度の現状と新専門医制度への移行, 西村 恭昌, 新医療, 40, 11, 141, 144,   2013年
  • 2 Gyのひみつ, 西村 恭昌, 放射線治療分科会誌, 27, 1, 15, 18,   2013年
  • 外来放射線照射診療料の実態、日本放射線腫瘍学会アンケート調査結果の解析, 井垣浩、大西洋、中川恵一、茂松直之、根本建二、西村恭昌、平岡眞寛, 臨床放射線, 58, 364, 371,   2013年
  • インフォームドコンセントのための図説シリーズ「肺がん(改定4版)」, 西條 長宏, 中川 和彦, 西村 恭昌, 加藤 治文, 大江 裕一郎, 坪井 正博 他 約50名,   2011年11月
  • EBMがん化学療法・分子標的治療法 2011-2012, 西條 長宏, 中川 和彦, 岡本 勇, 西村 恭昌, 佐藤 太郎, 大津 敦, 古瀬 純司, 徳田 裕, 南 博信, 畠 清彦, 田村 和夫, 光冨 徹哉, 大江 裕一郎, 後藤 功一, 山本 信之 他70名,   2010年
  • 放射線治療オンコロジーチームの養成は、今後の必須作業である, 西村 恭昌, 新医療, 400, 71, 73,   2008年04月
    概要:放射線治療オンコロジーチームの養成の必要性について述べた。
  • がん治療における放射線治療の現状と未来, 西村 恭昌, 河合塾、医学科データブック, 1, 46, 49,   2008年
    概要:がん治療における放射線治療の現状と未来を高校生向けに述べた。
  • 監修:肺がん放射線治療の最新情報, 西村 恭昌, がんサポート, 58, 34, 37,   2008年
    概要:肺がん放射線治療の最新情報に関する特集を監修した。
  • 巻頭言、留学して, 西村 恭昌, Konica Minolta Medical Network Konica Minolta Medical Network, 273, 2, 3, 3,   2008年
    概要:巻頭言として留学中の経験を述べた。
  • 日本での食道癌に対する放射線治療研究の現状, 西村 恭昌, 日中医学, 22, 5, 46, 49,   2008年
    概要:日本での食道癌に対する放射線治療研究の現状について報告した。
  • 切らずに治す!放射線治療最前線、監修, 西村 恭昌, NHK生活ホットモーニング, 5.6月, 97, 103,   2007年05月
    概要:切らずに治す!放射線治療最前線の特集を監修した。
  • 専門家と科学の力でオーダーメイド照射、医療テクノロジー最前線6, 西村 恭昌, 週刊文春, 4月19日, 45,   2007年04月
    概要:放射線治療の進歩について解説した。
  • 放射線治療の現状、病院情報ファイル2007, 西村 恭昌, 週刊文春, 3月1日, 61,   2007年03月
    概要:放射線治療の現状と進歩について述べた。
  • 放射線療法, 西村 恭昌, 加藤治文、福岡正博監修、ハンドブックよくわかる肺がん Questions & Answers, 89, 102,   2007年
    概要:がん患者向けに放射線療法を解説した。
  • 6大学連携オンコロジーチーム養成プラン, 西村 恭昌, Rad Fan Rad Fan, 5, 12, 106, 107,   2007年
    概要:6大学連携オンコロジーチーム養成プランの内容を報告した。
  • 拡大する放射線治療へのニーズに放射線腫瘍医がどう応えていくのかが課題, 西村 恭昌, 新医療, 384, 70, 73,   2006年12月
    概要:拡大する放射線治療へのニーズに放射線腫瘍医がどう応えていくのかなどインタビューに答えた。
  • 国内施設紹介、近畿大学医学部放射線科, 西村 恭昌, Radiology Frontier Radiology Frontier, 9, 1, 60, 61,   2006年
    概要:近畿大学医学部放射線科の現況を報告した。
  • Profile., 西村 恭昌, Austral-Asian J Cancer, 4, 3, 123, 124,   2005年
    概要:西村恭昌の経歴、研究歴が紹介された。(英文)
  • 放射線治療計画ガイドライン・2004:発刊にあたっての感想, 西村 恭昌, JCRニュース, 142, 3, 4,   2004年
    概要:放射線治療計画ガイドライン・2004が完成し、その発刊にあたっての編集責任者としての感想を述べた。
  • 化学放射線療法の現状と10年後, 西村 恭昌, JASTRO Newsletter  JASTRO Newsletter , 73, 3, 9, 10,   2004年
    概要:化学放射線療法の現状をまとめ、10年後を予測した。
  • 肺癌放射線治療のガイドライン、 35 (5): 183-185, 2004, 西村 恭昌, 早川和重,斉藤博,有吉寛, MEDICO MEDICO, 35, 5, 183, 185,   2004年
    概要:肺癌診療ガイドラインの作成経過とその概要を報告した。
  • 放射線医学における新しい言葉, 西村 恭昌, 映像情報Medical, 34, 3, 253,   2002年
    概要:最近注目されている強度変調放射線療法(IMRT)に関する新しい言葉とその研究分野について述べた。

受賞

  •   2016年07月, 国際癌治療増感研究会, 菅原賞
  •   2014年, JCOGデータセンター, Best Study Coordinator 賞
  •   2006年, 西日本胸部腫瘍臨床研究機構, WJTOG(西日本胸部腫瘍臨床研究機構)賞
  •   2004年, World Scientists Forum International Awards: Eminent Scientist of the Year 2004
  •   1996年, 日本医学放射線学会優秀論文賞
  •   1992年, Young Investigator Award, 6th International Symposium on Hyperthermic Onclogy
  •   1991年, Young Investigator Award, 9th International Congress of Radiation Research

競争的資金

  • 厚生労働省, 国立がん研究センター研究開発費, 成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究(JCOG), 大江裕一郎
  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 治療室内CT画像に基づく適応放射線治療の確立, 西村 恭昌
  • AMED, AMED研究費:革新的がん医療実用化研究事業, 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療の確立と標準化のための臨床研究, 西村 恭昌
  • 厚生労働省, 国立がん研究センター研究開発費, 成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究, 飛内 賢正
  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 腫瘍内低酸素イメージングに基づく高精度放射線治療の開発, 西村 恭昌
  • 厚生労働省, がん臨床研究事業, 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療の確立と標準化のための臨床研究, 西村 恭昌
  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 分子イメージングに基づく次世代放射線療法の開発, 西村 恭昌
  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 強度変調放射線療法による標的体積内同時ブースト法の確立, 西村 恭昌
  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 放射線生物学に基づく強度変調放射線治療(IMRT)の開発, 西村 恭昌
  • 日本学術振興会, 特定領域研究(c), 腫瘍血管新生におけるエリスロポイエチンの役割の解明, 西村 恭昌
  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), 腫瘍の分子病理学的特性と放射線生物学的パラメータの関連性の解明, 西村 恭昌

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 放射線腫瘍学, 近畿大学
  • 放射線医学, 近畿大学