KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

高橋 圭一タカハシ ケイイチ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 情報学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門ソフトウェア工学、シミュレーション
ジャンル科学・技術/情報技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/467-takahashi-keiichi.html
ホームページURLhttps://swken.wordpress.com/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    ソフトウェアの開発および保守を支援するためのプログラム理解に関する研究、そして企業と連携して工場内の物流を可視化するためのシミュレーション技術について研究しています。

学歴・経歴

学歴

  • 1997年04月 - 2002年03月, 室蘭工業大学, 工学研究科, 生産情報システム工学専攻
  • 1992年04月 - 1994年03月, 室蘭工業大学, 工学研究科, 情報工学専攻
  • 1987年04月 - 1992年03月, 室蘭工業大学, 工学部, 第二部電気工学科

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2004年04月,  - 2015年03月, 近畿大学産業理工学部情報学科(講師)
  •   1994年04月,  - 2004年03月, ニッテツ北海道制御システム株式会社

研究活動情報

研究分野

  • 情報学, ソフトウェア

研究キーワード

  • ソフトウェア工学, 物流シミュレータ

論文

  • プログラミング中のマウスクリックによる注視点補正法の有効性評価, 高橋 圭一, 寺井 仁, ソフトウェア工学の基礎XXIII, 日本ソフトウェア科学会(FOSE2016), 145, 150,   2016年12月, 査読有り
  • 情報系演習向け演習支援システム, 大木優, 高橋圭一, 1, 4, 48, 54,   2015年12月, 査読有り
  • Descartes’ dream: Cartesian products, 高橋圭一, 戒田高康, Pure and Applied Mathematics Journal, 7, 13,   2014年12月, 査読有り
  • Fluctuations in science and music, Keiichi TAKAHASHI, Takayasu KAIDA, Go HIRANO, Takanori MATSUZAKI, Mitsuhiko FUJIO, Shigeru KANEMITSU, 近畿大学産業理工学部研究報告, 21, 1, 7,   2014年12月, 査読有り
  • 簡易脳波測定装置を用いたプログラミング活動のストレス測定に関する実験, 高橋 圭一, ソフトウェア工学の基礎XX, 185, 190,   2013年11月, 査読有り
  • Legitimation of the use of fancy tools, Go HIRANO, Keiichi TAKAHASHI, Takayasu KAIDA, Shigeru KANEMITSU, Takanori MATSUZAKI, 近畿大学産業理工学部研究報告, 16, 8, 14,   2012年07月, 査読有り
  • On linear recurrences and their applications, Keiichi TAKAHASHI, Go HIRANO, Takayasu KAIDA, Shigeru KANEMITSU, Takanori MATSUZAKI, 近畿大学産業理工学部研究報告, 15, 13, 20,   2011年12月, 査読有り
  • Record of the second and third interdisciplinary seminars, Keiichi TAKAHASHI, Go HIRANO, Takayasu KAIDA, Shigeru KANEMITSU, Haruo TSUKADA, Takanori MATSUZAKI, 近畿大学産業理工学部研究報告, 14, 64, 72,   2011年07月, 査読有り
  • The Weber-Fechner Law, Keiichi TAKAHASHI, Go HIRANO, Tetsuya HASEGAWA, Shigeru KANEMITSU, Takayasu KAIDA, Haruo TSUKADA, 6, 14, 85, 91,   2011年04月, 査読有り
  • オープンソースmoodleを用いた資格取得支援用コンテンツの開発, 高橋圭一,金子哲大,河済博文, 近畿大学産業理工学部研究報告、pp.8-14, 13, 8, 14,   2009年11月, 査読有り
  • 学生による実ソフトウェア開発における納期遅延要因に関する分析, 高橋 圭一, プロジェクトマネジメント学会誌, 11, 4, 24, 29,   2009年08月, 査読有り
    概要:実践的なIT技術者教育の試行として、企業から実案件の一部を受け、本学科2年生7名でチームを編成してソフトウェアを開発した。三ヶ月半の工期に対して約一ヶ月の納期遅延を発生したものの、新たな試みとして委託元企業の評価は高く、慣れない開発作業に苦労した参加学生からも肯定的な意見が得られた。本報告では、本プロジェクトの実績工数やソースプログラムをもとに納期遅延の発生要因を量的および質的に分析した結果を報告する。
  • Wikiを用いた学生による実ソフトウェア開発プロジェクトの管理方法, 高橋圭一, ソフトウェアエンジニアリング最前線2007, 177, 185,   2007年09月, 査読有り
    概要:企業から実案件の一部を受け、学生チームでMES(Manufacturing Execution System)の一部を開発した。学生によるソフトウェア開発では、技術的な教育はもとより、進捗管理や品質管理などの教育に多くの時間が必要となる。これらの課題に対して、Webコンテンツ管理システムの一種であるWikiが有効であった。本稿では、本プロジェクトにおけるWikiの活用方法とその効果について報告する。
  • 自動搬送ラインの設計支援のための準具象物流シミュレータに関する研究, 高橋 圭一, 室蘭工業大学(甲第157号),   2002年03月, 査読有り
  • 自動搬送ラインの設計支援のための準具象物流シミュレータ, 高橋圭一,鈴木幸司,佐賀聡人,前田純治, 情報処理学会論文誌, 42, 11, 2761, 2770,   2001年11月, 査読有り
    概要:本論文では、 まず、 自動搬送ラインの設計支援に適した物流シミュレータの具象性について検討する。検討の結果を受けて、 このような具象性を有するシミュレータとして、 準具象物流シミュレータQC-SIM(Quasi-Concrete materials flow SIMulator)を提案する。さらに、 本シミュレータの有効性を確認するため、 Windows上に実装したQC-SIMを用いた自動澱送ラインの設計例を示し、 QC-SIMが、 試行錯誤的な自動搬送ラインの設計支援に有効であることを示す。
  • 遺伝的アルゴリズムのグラフ理論への応用に関する研究, 高橋 圭一, 室蘭工業大学,   1994年03月, 査読有り

講演・口頭発表等

  • 学生による実ソフトウェア開発の実践報告, 高橋圭一, プロジェクトマネジメント学会九州支部研究会,   2008年01月18日
  • 自動搬送ラインの設計支援のための準具象物流シミュレータ, 高橋圭一, 鈴木幸司, 佐賀聡人, 前田純治, 日本ソフトウェア科学会(WISS2000),   2000年12月
  • パターン書き換え規則を用いた搬送シミュレータの実現, 高橋圭一, 鈴木幸司, 前田純治, 日本ソフトウェア科学会(WISS’99),   1999年12月

MISC

  • マウスクリックするときにどこを見ているのか? , 高橋 圭一, インタラクション2017,   2017年03月, 査読有り
  • 織田廣喜美術館アートキッズワークショップ, 高橋 圭一, 西日本新聞朝刊18面,   2016年09月
  • Eclipseのローカルヒストリーを利用したプログラミング課題の取り組み状況の可視化の試み, 高橋 圭一, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016(ポスター),   2016年08月
  • 情報系演習における受講態度の定量的評価の試み, 大木 優, 田中太脩, 馬場博巳, 高橋圭一, 平成28年電気学会全国大会シンポジウム,   2016年03月
  • 整数計画ソルバーを用いた書籍電子化作業の効率分析, 高橋 圭一, スケジューリング・シンポジウム2014予稿集, 171, 176,   2014年09月
  • T-複雑度によるソースコード中の類似文字列の検出評価, 高橋圭一, 戒田高康, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, 188, 189,   2014年08月, 査読有り
  • 多値定重み符号の複素変調への応用について, 戒田高康, ZHENG Junru, 高橋圭一, 電子情報通信学会技術研究報告, 114, 138, 11, 40,   2014年07月
  • Jave言語におけるプログラム可読性とT-複雑度との関係に関する考察, 高橋圭一, 戒田高康, 信学技報 IT2014-5, 114, 34, 11, 16,   2014年05月
  • 床マーカを利用した位置検出方式の研究, 阪口亮介 , 大木優 , 平野剛 , 高橋圭一 , 第76回全国大会講演論文集, 217, 218,   2014年03月
  • 多値定重み系列によるゼロ点を加えた複素変調に関する一考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 高橋圭一, 電子情報通信学会技術研究報告, 113, 483, 54, 95,   2014年03月
  • スマートフォンを利用したインタラクティブ光学透過型ディスプレイ, 岩本康弘, 高橋圭一, 電気関係学会九州支部第66回連合大会,   2013年09月
  • 簡易言語を用いた物流シミュレータによる加熱炉装入スケジュールの最適化, 高橋圭一, 田島和典, スケジューリング・シンポジウム2013予稿集, 125, 130,   2013年09月
  • Java言語におけるプログラム可読性とその幾つかの複雑度との関係に関する一考察, 高橋圭一, 戒田高康, 信学技報, 113, 153, 55, 58,   2013年07月
  • 可読性の評価と改善過程を支援するソースコードビュアー, 高橋 圭一, 研究報告ソフトウェア工学(SE), 181, 1, 1, 7,   2013年07月
  • パソコン演習取組み評価システムの開発, 大木優 , 元川大地 , 高橋圭一 , 第75回全国大会講演論文集, 453, 454,   2013年03月
  • 簡易言語を用いた物流シミュレータの加熱炉ラインへの適用, 高橋圭一, 田島和典, 情報処理学会第75回全国大会, 4-445, 4-446,   2013年03月
  • タッチパネルと加速度センサーを用いた日本語ソフトウェアキーボードの開発, 美馬大輝,高橋圭一, 情報処理学会九州支部火の国シンポジウム2012,   2012年03月
  • 初期に小プロジェクト体験を配置したプロジェクトマネジメント講義の試行, 高橋圭一, プロジェクトマネジメント学会2011年度春季研究大会, 284, 289,   2011年03月
  • 簡易言語を用いた産業廃棄物処理工程向け物流シミュレ ータの開発, 高橋圭一, 基村雄作, スケジューリング・シンポジウム2010講演論文集, 151, 156,   2010年09月
  • 学生による実ソフトウェア開発における納期遅延要因に関する分析, 高橋圭一, プロジェクトマネジメント学会2007年度秋季研究発表大会予稿集, 183, 188,   2007年09月
  • 学生チームによる実ソフトウェア開発プロジェクトの実践報告, 高橋圭一, 情報処理学会九州支部火の国シンポジウム2007,   2007年03月
  • 自動車修理工場向けの工程計画支援システムの試作, 高橋圭一,西本七々代, 情報処理学会第68回全国大会講演論文集(分冊4), 4-427, 4-428,   2006年03月
  • 自動搬送ラインの設計支援のための準具象物流シミュレータ, 高橋圭一,鈴木幸司,佐賀聡人,前田純治, 電気関連学会北海道支部連合大会講演論文集,   2000年10月
  • パソコン初心者向けの離散物流シミュレータの試作, 高橋圭一,鈴木幸司,前田純治, 電気関連学会北海道支部連合大会講演論文集,   1998年10月
  • A Study on the Application of a Genetic Algorithm to an Optimal Planning System for Steel Making Process, Keiichi TAKAHASHI, Hajime KATO, Yasunori TAJIMA, Takashi AOKI, 293, 298,   1996年04月
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた格子状グラフにおける方向付けの最適化, 高橋圭一,山口忠,鈴木幸司, 電子情報通信学会技術研究報告, MBE93-7, 29〜3, 25, 32,   1993年06月
  • ソースコードリーディング時の視線分析に対する低価格視線計測装置の適用評価, 高橋圭一, 戒田高康, ソフトウェア工学の基礎研究会(FOSE2014)