KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

加藤 明宣カトウ アキノリ

プロフィール

所属部署名農学部 バイオサイエンス学科 / 農学研究科
職名講師
学位博士(農学)
専門分子遺伝学、分子生物学、細菌学
ジャンル環境/生物・動植物
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/900-katou-akinori.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    食中毒の原因となるような感染性細菌は短期間のうちに新しい環境(時には抗生物質)へと適応する能力を持ち合わせています。この細菌の環境適応応答機構と病原性制御について研究しています。

研究活動情報

研究分野

  • ゲノム科学, 基礎ゲノム科学
  • 生物科学, 分子生物学
  • 基礎医学, 細菌学(含真菌学)

研究キーワード

  • 遺伝子発現調節, 情報伝達, 比較ゲノム

論文

  • Characterization of H-box region mutants of WalK inert to the action of waldiomycin in Bacillus subtilis, Kato A, Ueda S, Oshima T, Inukai Y, Okajima T, Igarashi M, Eguchi Y, and Utsumi R, J Gen Appl Microbiol., 63, 4, 212, 221,   2017年, 査読有り
  • Fe3+-dependent epistasis between the CpxR-activated loci and the PmrA-activated LPS modification loci in Salmonella enterica, Kato A, Higashino N, and Utsumi R., J Gen Appl Microbiol., 62, 6, 286, 296,   2017年01月, 査読有り
  • In vivo cloning of large chromosomal segments into a BAC derivative by generalized transduction and recombineering in Salmonella enterica., Kato A., J Gen Appl Microbiol., 62, 5, 225, 232,   2016年11月, 査読有り
  • Identification of the three genes involved in controlling production of a phytotoxin tropolone in Burkholderia plantarii., Miwa S, Kihira E, Yoshioka A, Nakasone K, Okamoto S, Hatano M, Igarashi M, Eguchi Y, Kato A, Ichikawa N, Sekine M, Fujita N, Kanesaki Y, Yoshikawa H, Utsumi R., J Bacteriol., 198, 11, 1604, 1609,   2016年05月, 査読有り
  • A connecter-like factor, CacA, links RssB/RpoS and the CpxR/CpxA two-component system in Salmonella, Kato A, Hayashi H, Nomura W, Emori H, Hagihara K, Utsumi R., BMC Microbiol., 12, 224,   2012年10月, 査読有り
  • Reciprocal Control between a Bacterium’s Regulatory System and the Modification Status of Its Lipopolysaccharide, Kato A, Chen HD, Latifi T, Groisman EA., Mol Cell., 47, 6, 897, 908,   2012年09月, 査読有り
  • Intrinsic negative feedback governs activation surge in two-component regulatory systems., Yeo WS, Zwir I, Huang HV, Shin D, Kato A, Groisman EA., Mol Cell., 45, 409, 421,   2012年02月, 査読有り
  • The PhoQ/PhoP regulatory network of Salmonella enterica., Kato A, Groisman EA, Howard Hughes Medical Institute, Advances in experimental medicine and biology, 631, 7, 21,   2008年
  • A connector of two-component regulatory systems promotes signal amplification and persistence of expression, Kato A, Mitrophanov AV, Groisman EA. , Proc Natl Acad Sci U S A. , 104, 29, 12063, 12068,   2007年
  • B1500, a small membrane protein, connecting EvgA/EvgS and PhoP/PhoQ two-component systems of Eschericia coli, Eguchi Y, Itou J, Yamane M, Demizu R, Yamato F, Okada A, Mori H, Kato A, Utsumi R., Proc Natl Acad Sci U S A., 104, 47, 18712, 18717,   2007年
  • Dissecting the PhoP regulatory network of Escherichia coli and Salmonella enterica, Zwir I, Shin D, Kato A, Nishino K, Latifi T, Solomon F. Hare JM, Huang H, Groisman EA., Proc Natl Acad Sci U S A., 102, 8, 2862, 2867,   2005年
  • Connecting two-component regulatory systems by a protein that protects a response regulator from dephosphorylation by its cognate sensor, Kato A, Groisman EA., Genes Dev., 18, 18, 2302, 2313,   2004年
  • Closing the loop: The PmrA/PmrB two-component system negatively controls expression of its posttranscriptional activator PmrD, Kato A, Latifi T, Groisman EA., Proc Natl Acad Sci U S A., 100, 8, 4706, 4711,   2003年
  • Identification and molecular characterization of the Mg2+ stimulon of Escherichia coli, Minagawa S, Ogasawara H, Kato A, Yamamoto K, Eguchi Y, Oshima T, Mori H, Ishihama A, Utsumi R., J Bacteriol., 185, 13, 3696, 3702,   2003年
  • Transcription of emrKY is regulated by the EvgA-EvgS two-component system in Escherichia coli K-12, Kato A, Ohnishi H, Yamamoto K, Furuta E, Tanabe H, Utsumi R., Biosci Biotechnol Biochem., 64, 6, 1203, 1209,   2000年
  • Molecular characterization of the PhoP-PhoQ two-component system in Escherichia coli K-12: Identification of extracellular Mg2+-responsive promoters, Kato A, Tanabe H, Utsumi R., J Bacteriol., 181, 17, 5516, 5520,   1999年
  • Identification of the promoter region and the transcriptional regulatory sequence of the evgAS operon of Escherichia coli, Tanabe H, Yamasaki K, Katoh A, Yoshioka S, Utsumi R, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 62, 2, 286, 290,   1998年02月, 査読有り
  • Molecular interaction between proteins involved in EvgAS signal transduction of Escherichia coli, Tanabe H, Masuda T, Yamasaki K, Katoh A, Yoshioka S, Utsumi R, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 62, 1, 78, 82,   1998年01月, 査読有り
  • Growth phase-dependent transcription of emrKY, a homolog of multidrug efflux emrAB genes of Escherichia coli, is induced by tetracycline., Tanabe H, Yamasak K, Furue M, Yamamoto K, Katoh A, Yamamoto M, Yoshioka S, Tagami H, Aiba HA, Utsumi R, The Journal of general and applied microbiology, 43, 5, 257, 263,   1997年10月, 査読有り
  • Isolation and characterization of the heat-responsive genes in Escherichia coli, Utsumi R, Horie T, Katoh A, Kaino Y, Tanabe H, Noda M, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 60, 2, 309, 315,   1996年02月, 査読有り

MISC

  • 細菌におけるリポ多糖の修飾の状態とシグナル伝達系との相互フィードバック制御, 加藤明宣・Eduardo A. Groisman, ライフサイエンス 新着論文レビュー,   2012年10月, 招待有り
  • Connecting two-component regulatory systems by a protein that protects a response regulator from dephosphorylation by its cognate sensor., Kato A, Groisman EA., FACULTY of 1000,   2004年09月

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(A)), 近縁病原細菌における情報伝達クロスレギュレーション進化の体系的解析, 加藤 明宣, 平成23年度に実施した研究の成果として、まず、近縁病原細菌における情報伝達クロスレギュレーション進化の体系的解析を進める上で基礎となる二成分制御系(two-component system, TCS)遺伝ストックの構築を開始した。まず、サルモネラにおいてレスポンスレギュレーター(RR)/センサー・ヒスチヂンキナーゼ(HK)ダブル欠損株の構築が行われ、欠損の確認が進行中である。また、種々の菌株でレポーターアッセイを行う際、共通に用いられるRRの代表的ターゲット遺伝子のプロモーター/GFPレポーターシステムの構築を行った。次に共同研究の成果として、二成分制御系のセンサーHKがシグナルを受容後、自己リン酸化によって生じる副産物ADPによりフィードバッック調節を受ける分子機構についての研究成果をMolecular Cellに発表した。また、リポポリサッカライド修飾と二成分糸御系の活性化状態を繋ぐsmall geneについての研究成果を得ている。センサーを抑制するsmall RNAが、LPS修飾酵素を抑制する疎水性ペプチドをコードし、多段階的なフィードバック調節を形成していることを明らかとした。更に、phosphotransferase system (PTS)とTCS間でのクロスレギュレーションを仲介する因子RcsGについての単離と解析が行われた。これらの研究成果は学術誌においても近く公表される見込みである。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ)), コネクターを介する細菌病原性調節ネットワークの全容解明, 加藤 明宣, 二成分制御系は、多くの感染性細菌において病原性調節に深く関わっている。最近、二成分制御系間の高度調節様式として、ネットワーク調節機構の存在が明らかとなって来た。本研究では、二成分制御系を繋ぐ因子コネクターの同定とその役割についての解析が行われた。これまでに、サルモネラにおいて、コネクタ一様因子のCacA、PacAが単離され、その機能解析が進行中である。また、コネクターPmrDを含む分子ネットワークデザインの進化的定量解析に関する研究成果、及び、大腸菌の新規膜コネクターB1500の同定と機能解析の研究成果をそれぞれ、米国科学アカデミー紀要(計2報)に発表した。