KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

直井 愛里ナオイ アイリ

プロフィール

所属部署名総合社会学部 心理系専攻 / 総合文化研究科 / 心理臨床・教育相談センター
職名准教授
学位Doctor of Education(米国)
専門スポーツ心理学、健康心理学
ジャンルスポーツ/スポーツ科学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1200-naoi-airi.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/60411584.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    スポーツ傷害の心理学を専門としており、リハビリテーションで用いられているコーピングや心理スキルトレーニングについて調査しています。トップアスリートのカウンセリングも行っています。

学歴・経歴

学歴

  • 2003年01月 - 2003年05月, ウェストバージニア大学大学院, College of Human Resources and Education, Counseling Master of Arts (MA)
  • 1999年09月 - 2003年05月, ウェストバージニア大学大学院, School of Physical Education, Sport Psychology, Doctor of Education (Ed.D.)
  • 1998年09月 - 1999年05月, ボストン大学大学院, Counseling, Master of Education (M.Ed.)

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学(カウンセラー)
  •   2010年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2007年04月,  - 2015年03月, 近畿大学(カウンセラー)
  •   2008年04月,  - 2010年03月, 近畿大学(准教授)
  •   2005年04月,  - 2008年03月, 近畿大学 (講師)
  •   2004年01月,  - 2004年07月, ウェストバージニア大学(客員講師)

研究活動情報

研究分野

  • 健康・スポーツ科学, スポーツ科学, スポーツリハビリテーション、比較文化、メンタルトレーニング

研究キーワード

  • 楽観性, スポーツ傷害, コーピングスキル, 心理スキルトレーニング, 楽観主義, リハビリテーション

論文

  • Multicultural issues in sport psychology and consultation, International Journal of Sport and Exercise Psychology, 9, 2, 110, 125,   2011年06月, 査読有り
  • The Effects of Cognitive and Relaxation Interventions on Injured Atheltes' Mood and Pain during Rehabilitation, Airi Naoi, Andy Ostrow, Athletic Insight: The Online Journal of Sport Psychology,   2008年03月, 査読有り
  • アスリート・コーチが必要としている心理サポートとネットワークについて, 直井 愛里, スポーツ精神医学, 4, 10, 13,   2007年08月
  • アスリートの苦悩 精神医学とのかかわり, 直井 愛里, 精神科, 10, 2, 118, 121,   2007年03月
  • スポーツカウンセリングからみたこころの癒し, 直井 愛里, 体育の科学, 56, 451, 454,   2006年06月
  • Student Recreation Centers: A Comparison of Users and Non-users on Psychological Variables, Jack C. Watson, II Susan F. Ayers Samuel Zizzi, Airi Naoi, Recerational Sport Journal, 30, 1, 9, 19,   2006年, 査読有り

書籍等出版物

  • これから学ぶスポーツ心理学, 直井 愛里, 共著, 第3部2章スポーツ傷害の心理学 P118~123、第3部3章バーンアウト(燃え尽き症候群) P124~128, 大修館書店,   2011年04月
  • 実力発揮のメンタルトレーニング, 直井 愛里, 共著, 第16章 心理的課題を持った選手への指導 P320~338, 大修館書店,   2009年05月
  • スポーツ心理学事典, 肥満症, 直井 愛里, 共著, 大修館書店,   2008年
  • スポーツ心理学事典, 認知行動療法, 直井 愛里, 共著, 大修館書店,   2008年
  • 現代のエスプリ, 直井 愛里, 共著, うつ病患者の運動療法 463巻:184頁~192頁.,   2006年02月
  • スポーツメンタルトレーニング教本 三訂版, 直井 愛里, 共著, コラム:スポーツ傷害とメンタルトレーニング, 大修館書店,   2016年

講演・口頭発表等

  • The relationship between the use of music in sports and trait anxiety, burnout, and emotional instability among Japanese college athletes, 林 佑馬, 直井 愛里, ISSP 14th world congress Sevilla 2017,   2017年07月
  • コミュニケーション , 直井 愛里, 第11回スポーツメンタルトレーニングフォーラム・イン・関西,   2016年10月
  • 米国と日本におけるスポーツ心理学の実践と教育-スポーツ科学と心理学の融合-, 直井 愛里, 第8回学生メンタルトレーニング研究会,   2016年03月, 招待有り
  • スポーツ選手への心理的サポート~スポーツコンサルタント メンタルトレーニング指導士、臨床心理士の資格と役割について~, 直井 愛里, 平成27年度第1回関西体育心理例会,   2015年05月, 招待有り
  • Sources of stress of Japanese ACL-deficient athletes before and after surgery., Naoi, A., Yonetani, Y., Tanaka, Y., & Horibe, S., Asian-South Pacific Association of Sport Psychology 7th International Congress, Tokyo, Japan.,   2014年08月
  • 高校野球の守備時におけるあがりに関する研究, 柄木田健太・直井愛里・菅生貴之, 日本体育学会第65回大会 岩手大学,   2014年08月
  • 大学病院に隣接している臨床心理センターの来談傾向(1)-開設後2年間の相談活動より-, 奥野 洋子, 直井 愛里, 人見 一彦, 大阪国際大学, 箕面市教育センター, 近畿大学臨床心理センター, 日本心理臨床学会,   2010年09月, 日本心理臨床学会
  • 大学病院に隣接している臨床心理センターの来談傾向(2)-事例からみるセンターの特徴-, 奥野 洋子, 直井 愛里, 人見 一彦, 大阪国際大学, 箕面市教育センター, 近畿大学臨床心理センター, 日本心理臨床学会,   2010年09月, 日本心理臨床学会
  • The Influence of Optimism and Coping. Skills on Mood and Pain among Japanese ACL. Patients., Naoi,A., Yonetani,Y., Tanaka,Y.,Horibe,S., 25th Annual Association for Applied Sport Psychology Conference,Providence,RI,USA.,   2010年10月
  • Long-term consultation, mentoring, and supervision: Ten years, six consultants, three coaches, and one team, 直井 愛里, Conference of the association for applied sport psychology,   2010年
  • Collaborative work with orthopedists in psychology of sport injury research., 直井 愛里, International society of sport of psychology world congress,   2009年
  • The relationship between college physical education and physical activity -analysis of the stage of change and barriers to physical activity-, Conference of the association for applied sport psychology,   2008年
  • The development and application of goal setting and self-evaluation intervention with a division I collge volleyball team in Japan., 直井 愛里, European congress of sport psychology,   2007年
  • Similarities and differences in psychological issues among college athletes and coaches between the United States and Japan., 直井 愛里, Conference of the association for applied sport psychology,   2006年
  • Coordinating teaching, service and research between athletic training and sport psychology professionals., Association for the advancement of applied sport psychology,   2004年
  • The effects of cognitive and relaxation interventions on injured athletes' mood, pain, optimism, and adherence to rehabilitation. , Association for the advancement of applied sport psychology,   2003年
  • The development of a community based performance enhancment workshop series: Providing exposure to psychological skills., Association for the advancement of applied sport psychology,   2002年
  • Multicultural consulting experiences with Japanese and American female tennis players., Association for the advancement of applied sport psychology,   2001年

MISC

  • 前十字靭帯再建術後の心理的反応とスポーツ復帰および心理的介入の効果, 直井 愛里, 近畿大学心理臨床・教育相談センター紀要, 1, 13, 20,   2016年
  • 健康増進プログラムが成人女性の身体活動量および体力に及ぼす効果, 直井 愛里, 近畿大学臨床心理センター紀要, 6, 51, 63,   2013年11月
  • 近畿大学アンチエイジングセンター健康増進プログラムの実施結果と今後の課題, 田中ひかる,松浪登久馬,岡田龍司,大島寛,熊本和正,高島規夫,佐川和則,直井愛里,成川輝明,村上哲男,川崎直人,掛樋一晃 , 近畿大学教養・外国語教育センター概要(一般教養編), 2, 43, 50,   2013年03月, 査読有り
  • スポーツ傷害における心理学, 直井 愛里, 近畿大学臨床心理センター紀要, 2, 35, 40,   2009年
  • 心理的課題を持った選手への指導  , 直井 愛里(訳), コーチングに役立つ実力発揮のメンタルトレーニング Coaching for the Inner Edge,   2009年
  • Psychological Factors Related to the Assessment and Treatment of Chronic Lower Back Pain Patients: Review and Recommendations, Airi Naoi, Emma Grindley, Alan Nasypany, 近畿大学健康スポーツ教育センター研究紀要, 7, 1, 25, 36,   2008年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207597221067
  • スポーツカウンセリング-スポーツ選手へのメンタルサポート-, 直井 愛里, 近畿大学臨床心理センター紀要, 1, 57, 64,   2008年
  • ヨーロッパスポーツ心理学会大会報告, 直井 愛里, 近畿大学健康スポーツ教育センター研究紀要, 7, 1,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007027608
  • アスリートの心理的コンディショニング, 直井 愛里, 近畿大学健康スポーツ教育センター研究紀要, 6, 9, 12,   2007年03月
  • Psychological response to sport injury and psychological skills interventions for injured athletes, 直井 愛里, 近畿大学健康スポーツ教育センター研究紀要, 5, 35, 42,   2006年03月
  • Psychological Response to Sport Injury, 直井 愛里, Heather R. Deaner, 近畿大学健康スポーツ教育センター研究紀要, 5, 1, 35, 47,   2006年03月
  • スポーツと多文化心理学, 直井 愛里, 近畿大学臨床心理センター紀要, 3, 129, 132

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), リハビリテーションコーピング予測スケールの確立, 直井 愛里
  • 文部科学省, 研究活動スタート支援, リハビリテーションコーピングスケールの確立, 直井 愛里
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 若手研究(B), 受傷選手の楽観性が影響を及ぼすコーピングスキルと心理スキルトレーニング, 直井 愛里

教育活動情報

担当経験のある科目

  • こころと健康, 近畿大学
  • 健康とスポーツの科学, 近畿大学
  • スポーツ心理学, 近畿大学
  • 健康心理学, 近畿大学