KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

松本 慎也マツモト シンヤ

プロフィール

所属部署名工学部 建築学科 / 次世代基盤技術研究所 / システム工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門建築材料工学
ジャンル科学・技術/建設
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/536-matsumoto-shinya.html
ホームページURLhttp://www.archi.hiro.kindai.ac.jp/laboratory/BML/teacher.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    木材、鋼材、コンクリート、FRPなどの建築材料における新しい材料技術を使って建築物の構造体並びに仕上材などの建築技術の開発を行っています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2015/02/21
     南日本新聞
     建物の老朽化について。

学歴・経歴

学歴

  •  - 2000年03月, 広島大学, 大学院工学研究科, 構造工学専攻 博士課程後期修了 博士(工学)
  •  - 1997年03月, 広島大学, 大学院工学研究科, 構造工学専攻 博士課程前期修了 修士(工学)
  •  - 1995年03月, 広島大学, 工学部, 第四類(建設系) 卒業

経歴

  •   2012年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2007年04月, 広島大学(助教)
  •   2004年01月,  - 2004年12月, 文部科学省在外研究員
  •   2001年04月, 広島大学(助手)
  •   2000年04月,  - 2001年03月, 広島大学(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 建築構造・材料

論文

  • 常時微動計測による道路橋床板の振動モードの推定と新設高架橋の初期値計測, 李亮,松本慎也,大久保孝昭,米倉亜州夫, コンクリート工学年次論文集, 37, 1, 1837, 1842,   2015年07月, 査読有り
  • 無線加速度センサを用いた振動計測システムの老朽橋梁への適用と有効性, 李亮,大久保孝昭,松本慎也,宮本文穂, コンクリート工学年次論文集, 36, 2, 1309, 1314,   2014年07月, 査読有り
  • MEMS技術を活用した寺院建築の振動計測に関する研究, 松本 慎也, 光井 周平, 大久保 孝昭, 藤谷 義信, 歴史都市防災論文集, 7, 109, 116,   2013年07月
  • 下地コンクリートに拘束される左官モルタルのひび割れにおよぼす施工時期の影響, 大久保孝昭, 猪原崇, 松本 慎也, 日本建築学会構造系論文集, 77, 673, 333, 340,   2012年03月
  • 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の筋かい軸組要素の耐震補強 既存木造住宅の耐震補強工法の開発(その1), 松本 慎也, 大久保孝昭, 渡辺康明, 日本建築学会構造系論文集, 77, 672, 221, 230,   2012年02月

書籍等出版物

  • これだけ!構造力学, 松本慎也, 単著, 株式会社 秀和システム,   2015年03月
  • 図解入門よくわかる構造力学の基本, 松本慎也, 単著, 株式会社 秀和システム,   2003年11月
  • 2000年鳥取県西部地震災害調査報告、2001年芸予地震災害調査報告, 分担執筆, 丸善株式会社・日本建築学会,   2001年
  • 応用力学シリーズ10 建築構造物の創造的数理設計手法の展望, 分担執筆, 丸善株式会社・日本建築学会,   2002年
  • 応用力学シリーズ11 最近の建築構造解析理論の基礎と応用, 分担執筆, 丸善株式会社・日本建築学会,   2004年

講演・口頭発表等

  • 紫外線硬化型FRPを用いた木質ラーメン接合部に関する研究 その1 目標性能, 松本 慎也, 原 龍徳, 大久保孝昭, 渡辺康明, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),   2012年09月, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)
  • 吊り天井構造の設計耐力に関する一考察, 花嶋裕太, 松本 慎也, 西野孝仁, 藤谷義信, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),   2012年09月, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)
  • 太陽電池アレイ用支持架台における薄板構造の力学的特性に関する研究, 松本 慎也, 大里和生 石田徹 山田裕義 山下粛 尭勝久 山口善徳, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2013年03月, 日本建築学会中国支部研究報告集
  • 吊り天井構造の力学的特性に関する研究, 花嶋裕太, 松本 慎也, 西野孝仁, 藤谷義信, 佐藤公章, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2013年03月, 日本建築学会中国支部研究報告集
  • 無線加速度センサーを用いた建物補強効果の検証に関する研究, 李亮, 松本 慎也, 大久保孝昭, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2013年03月, 日本建築学会中国支部研究報告集
  • Development of The High-strength and High-ductility Timber Framed Joints using Drift Pins and Fiber Reinforced Plastics, 松本 慎也, Takaaki Ohkubo, Yasuaki Watanabe Etsuo Kajita,   2012年07月
  • 紫外線硬化型FRPを用いた木質ラーメン接合部に関する研究 その2 柱梁接合部要素実験, 原 龍徳, 松本 慎也, 大久保孝昭, 渡辺康明, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),   2012年09月, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)
  • 無線加速度センサを活用した耐震補強・補修工事の検査技術に関する研究, 李 亮, 松本 慎也, 大久保孝昭, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),   2012年09月, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)
  • 紫外線硬化型FRP を用いた木質ラーメン接合部の開発 その2 耐力評価について, 松本 慎也, 原龍徳, 大久保孝昭, 西郷憲司, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2013年03月, 日本建築学会中国支部研究報告集
  • 紫外線硬化型FRP を用いた木質ラーメン接合部の開発 その1 接合部実験について, 原龍徳, 松本 慎也, 大久保孝昭, 西郷憲司, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2013年03月, 日本建築学会中国支部研究報告集
  • セメント板を蓄熱体として利用した外断熱木質構造体の耐震性に関する予備実験, 大田 和彦, 在永 末徳, 藤井 大地, 松本 慎也, 日本建築学会大会,   2011年09月, 日本建築学会大会
    概要:セメント板を蓄熱体として利用した外断熱木質構造体の耐震性に関する予備実験を報告した。

MISC

  • 278 太陽電池アレイ支持架台を対象とした開断面鋼矢板形状打込み杭の力学的特性に関する研究, 松本 慎也, 山田 裕義, 山下 粛, 尭 勝久, 山口 善徳, 民永 健太朗, 日本建築学会中国支部研究報告集, 39, 385, 388,   2016年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010036222
  • 119 無線センサシステムを用いた材料の濡れモニタリング技術に関する研究 : その2 センサ性能の把握と屋内環境に対する活用法の検討, 石橋 宏平, 大久保 孝昭, 寺本 篤史, 野崎 有美, 松本 慎也, 松浦 辰彦, 日本建築学会中国支部研究報告集, 39, 73, 76,   2016年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010036153
  • 118 無線センサシステムを用いた材料の濡れモニタリング技術に関する研究 : その1 屋外環境に対する基礎的実験, 佐藤 航平, 松本 慎也, 石橋 宏平, 大久保 孝昭, 寺本 篤史, 松浦 辰彦, 日本建築学会中国支部研究報告集, 39, 69, 72,   2016年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010036152
  • 108 無線加速度センサを活用した既存建築物の振動特性の把握, 柴戸 啓太, 李 亮, 大久保 孝昭, 寺本 篤史, 横川 健一郎, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 39, 29, 32,   2016年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010036143
  • 107 軽量角形鋼管による耐震天井構造の開発に関する研究 : 実大加力実験による耐力特性, 松山 幸平, 松本 慎也, 佐藤 公章, 日本建築学会中国支部研究報告集, 39, 25, 28,   2016年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010036142
  • 201 ESO法とグランドストラクチャ法を用いた骨組構造物の位相最適化, 高坂 憲治, 松本 慎也, 藤井 大地, 日本建築学会中国支部研究報告集, 39, 77, 80,   2016年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010036154
  • 202 ESO法を用いた骨組構造物のダンパー配置, 山崎 進一, 松本 慎也, 藤井 大地, 日本建築学会中国支部研究報告集, 39, 81, 84,   2016年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010036155
  • 広島県産ヒノキ小径木間伐材を使用した外装パネルの力学的特性, 松本 慎也, 出張 宣明, 白片 良明, 崔 軍, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual report of Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, Kindai University, 7, 81, 88,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005823401
    概要:Japanese cypress `Hinoki is the East Asia-specific softwood, in terms of durability and aroma, which is one of the excellent forest resources in our country. In the future, in order to make effective use of the domestic forest resources, it is necessary to review the production process of a variety of forest resources. Above all, effective use of thinned wood is an important assignment. In particular, in the Chugoku region(Hiroshima, Yamaguchi, Okayama, Shimane, and Tottori Prefecture) enhance the commercial value of thinnings of small-diameter trees, it is important that appropriate thinning to be able to implement. In this study, we consider the mechanical properties of the new residential building materials for regional identity creation by processing the small-diameter cypress trees to assembly wall (panel) that is the unused resources of mountainous areas.Ⅲ.論文集
  • 建築物の耐震補強前後の常時微動の比較計測への無線計測システムの適用実験, 李 亮, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 日本建築学会技術報告集, 22, 51, 435, 440,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005157839
    概要:The vibration characteristics of structures have been considered to be one of the important evaluation indices to clarify the seismic performance. This paper presented the results that were obtained from the ambient vibration of three existing school buildings before and after measurements of seismic retrofitting using a wireless measurement system. Results and comparisons between the modal parameters, first natural periods and story stiffness obtained by the before and after measurements of seismic retrofitting demonstrated that the measurement and data processing techniques used are valid for evaluating the seismic retrofitting works.
  • 改良型ESO法を用いた3次元構造物の位相最適化, 新内 洋平, 松本 慎也, 藤井 大地, 日本建築学会構造系論文集, 81, 723, 851, 858,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005152960
    概要: In this paper, an improved ESO (Evolutionary Structural Optimization) method for the topology optimization of 3D structures is proposed. In the proposed method, the idea of BESO method6, 7) and the idea of extended ESO method8, 9) are combined. In this method, the design domain is divided in same eight-node brick elements (voxels)14), and in the optimization process, for solid element, it will be removed if the strain energy is less than the threshold value. This threshold value is obtained from the equation proposed in extended ESO8, 9). This equation consists of the mean value of sensitivity number and the average deviation of sensitivity number with a control parameter. In the proposed method, the evolutionary volume ratio (reduction ratio) is given as input data, and this control parameter is determined automatically in the program so as to satisfy the given reduction ratio approximately. Three numerical examples have been shown in order to demonstrate the effectiveness of the proposed method for 3D structures. It was found from the results that the proposed method had the following advantages. (1) The parameters of optimization process are less than BESO, CA-ESO, and SIMP method. There are only two parameters, that is the evolutionary volume ratio (reduction ratio) and the scale parameter rmin in the filter scheme. Therefore, it is not necessary to do the preliminary analysis for setting the parameters. In the three examples shown in this paper, the evolutionary volume ratio λ is all 0.1, and the scale parameter rmin is all 2lX (lX : element's length of X direction). (2) The number of steps in the optimization process is very small compared with BESO, CA-ESO and SIMP method. The number of steps is 16 in example 1 (refer to Fig. 5), 22 in example 2 (refer to Fig. 9), and 20 in example 3 (refer to Fig. 13). Therefore, the computational efficiency is much better than the other methods. (3) Simple designs can be obtained by the proposed method. The topologies and compliance ratios by the proposed method are similar to ones obtained by SIMP and CA-ESO method. Please refer to Fig. 4 and Fig. 6 for example 1, refer to Fig. 8 and Fig. 10 for example 2, and refer to Fig. 12 and Fig. 14 for example 3. It can be seen that though the proposed method is one directional method which does not have additional process of elements, the resultant topologies have sufficient performance to give a hint to the architectural design.
  • ESO法とグランドストラクチャ法を用いた骨組構造物の位相最適化, 高坂 憲治, 松本 慎也, 藤井 大地, 日本建築学会構造系論文集, 81, 721, 547, 553,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005140752
    概要: In this paper, a simple method for topology optimization of frame structures is proposed. In this method, ESO (Evolutionary Structural Optimization) method is applied to ground structure method. An exact optimal solution may not be obtained by ESO method because it is a heuristic method. However, the approximate solution useful for structural design can be obtained by this method. In the proposed method, the ground structure is generated by connecting all nodes by beam elements (but it is possible to limit the maximum length of the elements, and it is also possible to remove the unnecessary elements), and in the optimization process, the elements with the lowest strain energy are deleted based on ESO method. In order to demonstrate the effectiveness of the proposed method, in several numerical examples, the solutions obtained by the proposed method are compared with the solutions obtained by the density approach method (mathematical programming).
  • 22071 木質樹脂複合材料による木造建築物の耐震性向上に関する研究(モーメント抵抗接合(3),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会), 松本 慎也, 学術講演梗概集, 2015, 0, 141, 142,   2015年09月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010004195
  • 伝統木造建物の耐震設計法の改良提案へ向けた実験的研究 : 横架材を有する架構の復元力特性, 多幾山 法子, 井立 直人, 宮本 慎宏, 松本 慎也, 山田 幸正, 住総研研究論文集 = Journal of the Housing Research Foundation "JUSOKEN", 42, 169, 178,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020809644
  • 1674 無線加速度センサを活用した制振補強効果の検証に関する実験(維持保全(3),材料施工,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 李 亮, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 日高 みなみ, 学術講演梗概集, 2014, 0, 1347, 1348,   2014年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009888760
  • 203 IESO法を用いた3次元構造物の位相最適化, 新内 洋平, 松本 慎也, 藤井 大地, 日本建築学会中国支部研究報告集, 39, 85, 88,   2016年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010036156
  • 江田島・海友舎の耐震性調査, 光井 周平, 松本 慎也, 谷村 仰仕, 日本建築学会中国支部研究報告集 日本建築学会中国支部 編, 38, 269, 272,   2015年03月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020395727
  • 218 鋼板挿入型ドリフトピン接合による木質構造接合部の非線形解析, 堀 智之, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 37, 113, 116,   2014年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009858845
  • 247 江田島・海友舎の耐震性調査, 光井 周平, 松本 慎也, 谷村 仰仕, 日本建築学会中国支部研究報告集, 38, 269, 272,   2015年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009948493
  • 106 常時微動と強震観測データに基いた建築物の耐震補強効果の検証に関する実験, 李 亮, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 37, 21, 24,   2014年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009858822
  • 太陽電池アレイ搭載型構造物の安全性能評価に関する研究 : ルーフレス型支持架台構造の開発, 松本 慎也, 山田 裕義, 山下 粛, 堯 勝久, 山口 善徳, 民永 健太朗, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 6, 79, 89,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730459
    概要:In this study, we rationalize a connection between stake structure and superstructure for the solar array on-board structure setting type above the ground. Then, the dead space under the solar panel is improved to the available space as the agriculture site by suggesting new construction. We call the new solar array on-board structure "roofless type frame structure". And, the roofless type frame structure is planned the sunshine and rain reached to the ground. The fracture experiments for the connection in the structure are shown to investigate the seismic performance of the structure. In addition, the micro tremor measurements are carried out using wireless high-sensitivity accelerometers for actual roofless type frame structure which planed by based on these examinations. As a result, we investigated the mechanical characteristic of the structure and verified these mechanical performances.Ⅲ.論文集
  • 111 繊維補強樹脂を用いた鋼飯挿入型ドリフトピン接合の耐力特性に関する研究, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 堀田 和宏, 日本建築学会中国支部研究報告集, 37, 41, 44,   2014年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009858827
  • <研究論文>巨大地震に対する中層免震建物の応答特性, 藤井 大地, 眞田 瑞穂, 岡部 諒, 松本 慎也, 西 伸介, 近畿大学工学部研究報告, 48, 41, 46,   2014年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005538054
    概要:[Abstract] Many high-rise buildings in Tokyo have been vibrated greatly for a long time by the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake. These vibration can be considered as the effect of long-period ground motion. On the other hand, base isolate building is also a structure with long-period similar to the high-rise building. Therefore, in this paper, the safety of a base isolate building for the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake is investigated by the response analysis. A 6-story building with base isolate system is selected as an example of base isolate buildings. This building is modeled by seven mass system with sway spring. The characteristics of the seismic waves obtained big displacement response are analyzed by the spectrum. The safety of the base isolate mid-rise building for megathrust earthquake is considered by these analysis.
  • 〈原著論文〉伝統的木造建築における接合部の力学的特性に関する研究, 松本 慎也, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 5, 67, 72,   2014年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005497006
    概要:There are various wooden buildings based on the craftsmanship in Japan. The unified structural design method for the traditional wooden buildings has still not been established, because of the variation of the material and the complexity for connection including the details of processing. Therefore, it has been required that the development of seismic design method and seismic reinforcement method for traditional wooden buildings. In this study, we focused on the technology of traditional building construction method in Japan. And, it is intended to build a basic technology to support effective utilization of wood by elucidating experimentally the structural mechanism.
  • 1601 薄板鋼材による太陽電池アレイ用支持架台の開発と耐力評価に関する研究(工事現場施工・ほか,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 山口 善徳, 山下 粛, 松本 慎也, 学術講演梗概集, 2013, 0, 1201, 1202,   2013年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009684205
  • 1411 RC造校舎の耐震補強工事前後の常時微動データの変化に関する一実験(補修・改修(2),材料施工,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 李 亮, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 学術講演梗概集, 2013, 0, 821, 822,   2013年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009684015
  • 22327 繊維補強樹脂を用いた木質ラーメン接合部に関する研究 : その2 骨組構造における耐力評価(モーメント抵抗接合(2),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 松本 慎也, 堀田 和宏, 大久保 孝昭, 学術講演梗概集, 2013, 0, 653, 654,   2013年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009681890
  • 22326 繊維補強樹脂を用いた木質ラーメン接合部に関する研究 : その1 接合部実験について(モーメント抵抗接合(2),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 堀田 和宏, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 学術講演梗概集, 2013, 0, 651, 652,   2013年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009681889
  • 伝統的木造建築における接合部の力学的特性に関する研究, 松本 慎也, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 5, 67, 72,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730440
    概要:There are various wooden buildings based on the craftsmanship in Japan. The unified structural design method for the traditional wooden buildings has still not been established, because of the variation of the material and the complexity for connection including the details of processing. Therefore, it has been required that the development of seismic design method and seismic reinforcement method for traditional wooden buildings. In this study, we focused on the technology of traditional building construction method in Japan. And, it is intended to build a basic technology to support effective utilization of wood by elucidating experimentally the structural mechanism.
  • 軽量角形鋼による耐震天井構造の開発, 松本 慎也, 佐藤 公章, 藤谷 義信, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 5, 73, 78,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730441
    概要:The Great East Japan Earthquake occurred on March 11, 2011, it has been reported that many dropped out damage for nonstructural components (ceiling) in a buildings. The fall of ceiling materials is high risk for human damage especially. Large space structures or public gymnasium, etc. must be a safe place, because of it will be used a shelter in a disaster. Therefore, it is important to grasp the seismic performance for nonstructural components such as ceiling. In this study, the basic characteristics of seismic performance for suspended ceiling structure are investigated. In this study, the suspended ceiling structure with improved seismic resistance (earthquake-resistant ceiling structures) using a lightweight steel pipe with caulking is proposed. In this paper, the results of vertical and horizontal loading test are shown, and the mechanical properties of suspended ceiling structure are verified
  • 226 太陽電池アレイ用支持架台における薄板構造の力学的特性に関する研究, 松本 慎也, 大里 和生, 石田 徹, 山田 裕義, 山下 粛, 尭 勝久, 山口 善徳, 日本建築学会中国支部研究報告集, 36, 155, 158,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009628267
  • 巨大地震に対する中層免震建物の応答特性, 藤井 大地, 眞田 瑞穂, 岡部 諒, 松本 慎也, 西 伸介, 近畿大学工学部研究報告, 48, 41, 46,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005735884
    概要:[Abstract] Many high-rise buildings in Tokyo have been vibrated greatly for a long time by the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake. These vibration can be considered as the effect of long-period ground motion. On the other hand, base isolate building is also a structure with long-period similar to the high-rise building. Therefore, in this paper, the safety of a base isolate building for the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake is investigated by the response analysis. A 6-story building with base isolate system is selected as an example of base isolate buildings. This building is modeled by seven mass system with sway spring. The characteristics of the seismic waves obtained big displacement response are analyzed by the spectrum. The safety of the base isolate mid-rise building for megathrust earthquake is considered by these analysis.
  • 114 無線加速度センサーを用いた建物補強効果の検証に関する研究, 李 亮, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 36, 53, 56,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009628240
  • 伝統的木造建築における接合部の力学的特性に関する研究, 松本 慎也, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 5, 67, 72,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020162173
  • 104 紫外線硬化型FRPを用いた木質ラーメン接合部の開発 : その2 耐力評価について, 松本 慎也, 原 龍徳, 大久保 孝昭, 西郷 憲司, 日本建築学会中国支部研究報告集, 36, 13, 16,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009628230
  • 軽量角形鋼による耐震天井構造の開発, 松本 慎也, 佐藤 公章, 藤谷 義信, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 5, 73, 78,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005497007
    概要:The Great East Japan Earthquake occurred on March 11, 2011, it has been reported that many dropped out damage for nonstructural components (ceiling) in a buildings. The fall of ceiling materials is high risk for human damage especially. Large space structures or public gymnasium, etc. must be a safe place, because of it will be used a shelter in a disaster. Therefore, it is important to grasp the seismic performance for nonstructural components such as ceiling. In this study, the basic characteristics of seismic performance for suspended ceiling structure are investigated. In this study, the suspended ceiling structure with improved seismic resistance (earthquake-resistant ceiling structures) using a lightweight steel pipe with caulking is proposed. In this paper, the results of vertical and horizontal loading test are shown, and the mechanical properties of suspended ceiling structure are verified
  • 103 紫外線硬化型FRPを用いた木質ラーメン接合部の開発 : その1 接合部実験について, 原 龍徳, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 西郷 憲司, 日本建築学会中国支部研究報告集, 36, 9, 12,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009628229
  • 219 蓄熱性能を有する耐力壁による外断熱木造住宅に関する研究, 大田 和彦, 松本 慎也, 藤井 大地, 在永 末徳, 日本建築学会中国支部研究報告集, 36, 127, 130,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009628260
  • 225 吊り天井構造の力学的特性に関する研究, 花嶋 裕太, 西野 孝仁, 松本 慎也, 藤谷 義信, 佐藤 公章, 日本建築学会中国支部研究報告集, 36, 151, 154,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009628266
  • 複合微生物系の挙動を表現可能な数理モデル, 松本 慎也, 加川 友己, 常田 聡, 化学工学 = Chemical engineering, 76, 11, 671, 673,   2012年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031127849
  • 〈原著論文〉薄板組立構造を用いた太陽電池アレイ搭載型建築外装システムの開発, 松本 慎也, 山田 裕義, 山下 粛, 山口 善徳, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 4, 77, 85,   2013年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005458698
    概要:[Abstract]In this paper, structural systems for housing exteriors with photovoltaic array using built-up thin-walled beams are presented. Various measures for global environment have been studied. As the use of renewable energy, a solar power system has attracted much attention andis used in various locations in recent years. When installing of photovoltaic array to the building or on-site, it is necessary to consider the impact load for the environment. Good productivity structural system for housing exteriors is desired. Also, the system must carefully consider to the safety performance for the natural environment against various wind, snow and earthquake. The purpose of this study is to develop the structural system for housing exteriors with photovoltaic array using built-up thin-walled beams.
  • 1589 無線加速度センサを活用した耐震補強・補修工事の検査技術に関する研究(耐久性評価(3),材料施工,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 李 亮, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 学術講演梗概集, 2012, 0, 1177, 1178,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009656100
  • 薄板組立構造を用いた太陽電池アレイ搭載型建築外装システムの開発, 松本 慎也, 山田 裕義, 山下 粛, 山口 善徳, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 4, 77, 85,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730426
    概要:[Abstract]In this paper, structural systems for housing exteriors with photovoltaic array using built-up thin-walled beams are presented. Various measures for global environment have been studied. As the use of renewable energy, a solar power system has attracted much attention andis used in various locations in recent years. When installing of photovoltaic array to the building or on-site, it is necessary to consider the impact load for the environment. Good productivity structural system for housing exteriors is desired. Also, the system must carefully consider to the safety performance for the natural environment against various wind, snow and earthquake. The purpose of this study is to develop the structural system for housing exteriors with photovoltaic array using built-up thin-walled beams.
  • 22260 紫外線硬化型FRPを用いた木質ラーメン接合部に関する研究 : その2 柱梁接合部要素実験(モーメント抵抗接合(1),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 原 龍徳, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 学術講演梗概集, 2012, 0, 519, 520,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009653892
  • 軽量角形鋼管による耐震吊り天井構造の力学的特性に関する研究, 松本 慎也, 佐藤 公章, 藤谷 義信, 近畿大学工学部研究報告, 47, 49, 54,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005735871
    概要:[synopsis] The Great East Japan Earthquake occurred on March 11, 2011, it has been reported that many dropped out damage for nonstructural components (ceiling) in a buildings. The fall of ceiling materials is high risk for human damage especially. Large space structures or public gymnasium, etc. must be a safe place, because of it will be used a shelter in a disaster. Therefore, it is important to grasp the seismic performance for nonstructural components such as ceiling. In this study, the basic characteristics of seismic performance for suspended ceiling structure are investigated. In this study, the suspended ceiling structure with improved seismic resistance (earthquake-resistant ceiling structures) using a lightweight steel pipe with caulking is proposed. In this paper, the results of vertical and horizontal loading test are shown, and the mechanical properties of suspended ceiling structure are verified.
  • 22259 紫外線硬化型FRPを用いた木質ラーメン接合部に関する研究 : その1 目標性能(モーメント抵抗接合(1),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 松本 慎也, 原 龍徳, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 学術講演梗概集, 2012, 0, 517, 518,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009653891
  • 22007 蓄熱体を設けた外断熱木質構造体のセメント板固定の試みとその効果(無機ボード壁・面材真壁,構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 大田 和彦, 松本 慎也, 藤井 大地, 在永 末徳, 学術講演梗概集, 2012, 0, 13, 14,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009653639
  • 22008 セメント押出成形板を用いた木造耐力壁の構造特性に関する研究(無機ボード壁・面材真壁,構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 幡司 祐弥, 藤井 大地, 松本 慎也, 大田 和彦, 在永 末徳, 学術講演梗概集, 2012, 0, 15, 16,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009653640
  • 1058 吊り天井構造の設計耐力に関する一考察(屋根・性能評価(2),材料施工,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 花嶋 裕太, 松本 慎也, 西野 孝仁, 藤谷 義信, 学術講演梗概集, 2012, 0, 115, 116,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009655569
  • システム論的アプローチによる複合微生物系の解析と制御(「環境」と生物工学,<特集>バイオ技術10年の軌跡,創立90周年記念特別企画), 松本 慎也, 常田 聡, 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 90, 4, 160, 164,   2012年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009445709
  • 251 太陽電池アレイ用支持架台における軽鋼構造部材の耐力特性に関する研究, 松本 慎也, 大里 和生, 石田 徹, 山田 裕義, 山下 粛, 尭 勝久, 山口 善徳, 日本建築学会中国支部研究報告集, 35, 289, 292,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009637619
  • 112 紫外線硬化型FRPを用いた木質ラーメン接合部に関する研究, 原 龍徳, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 梶田 悦男, 日本建築学会中国支部研究報告集, 35, 45, 48,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009637558
  • 軽量角形鋼管による耐震吊り天井構造の力学的特性に関する研究, 松本 慎也, 佐藤 公章, 藤谷 義信, 近畿大学工学部研究報告, 47, 49, 54,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005368790
    概要:[synopsis] The Great East Japan Earthquake occurred on March 11, 2011, it has been reported that many dropped out damage for nonstructural components (ceiling) in a buildings. The fall of ceiling materials is high risk for human damage especially. Large space structures or public gymnasium, etc. must be a safe place, because of it will be used a shelter in a disaster. Therefore, it is important to grasp the seismic performance for nonstructural components such as ceiling. In this study, the basic characteristics of seismic performance for suspended ceiling structure are investigated. In this study, the suspended ceiling structure with improved seismic resistance (earthquake-resistant ceiling structures) using a lightweight steel pipe with caulking is proposed. In this paper, the results of vertical and horizontal loading test are shown, and the mechanical properties of suspended ceiling structure are verified.
  • 122 エポキシ樹脂低圧注入工法における補修材の注入性状の評価, 高瀬 勇紀, 大久保 孝昭, 藤本 郷史, 松本 慎也, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 35, 85, 88,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009637568
  • 214 一様な部材長を有する六角形格子によるラチスシェルの形態創生, 芦谷 直哉, 大崎 純, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 34, 85, 88,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009637333
  • 下地コンクリートに拘束される仕上モルタルにおいて乾燥収縮ひび割れが発生しやすい位置の予測, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 日本建築学会構造系論文集, 75, 648, 241, 249,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004507776
    概要:In this paper, it is shown that a crack prediction analysis for drying shrinkage of wet finishing plastering materials on the external wall. In this analysis, the drying shrinkage strain in the mortar is determined by proposal measurement procedure for the age. The internal stress in the finishing mortar is analyzed by finite element method based on the plane stress problem for the drying shrinkage strain derived from experimental measurement. We illustrate the method which predicts the crack generation point and time in finishing mortar. This present method is formulated by two-dimensional finite element method to apply the crack prediction for the opening on wall corners. The effectiveness of present method is verified by comparing the numerical results with the experimental tests. We investigate analytically the typical characteristics of the drying shrinkage of the external wall using wet finishing plastering material by numerical studies.
  • ポータブル無線加速度計と衝撃型起振機を用いた振動特性評価システム  -木造実験住宅での検証-:−木造実験住宅での検証−, 松本 慎也, 本川 英治, 藤井 大地, 大田 和彦, 在永 末徳, 大久保 孝昭, 日本建築学会技術報告集, 16, 34, 1187, 1192,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004507027
    概要:In this study, a simple system of seismic diagnosis is developed. In this system, potable accelerometer and impact force are used. The potable accelerometer was developed by Matsuura and Ohkubo. It is possible to measure vibration easily, because it dose not need wiring and it is compact. The impact force is used to vibrate wooden house. It can be given by human power, but in this study a vibration exciter is made in order to evaluate the present system precisely. The proposed system is evaluated by measuring the natural period and the damping factor of the experiment wooden house in Kinki University.
  • PCa壁式建物の振動性状, 荒木 秀夫, 松本 慎也, 日本建築学会技術報告集, 16, 32, 63, 68,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004506908
    概要:This report presents the dynamic characteristics of two buildings of which structural systems consist of pre-cast concrete walls, connecting to reinforced concrete beams with bolts. One of the buildings was constructed 13 years ago and the other was newly constructed at the same site. Two buildings have approximately same dimensions. Array observations are done with seismometers in the buildings and the ground. Stiffness degradations by moderate earthquake were investigated in comparisons with dynamic properties of two buildings.
  • 結腸陰窩における細胞増殖分化の時空間ダイナミクス (第5回生物数学の理論とその応用), 堀田 徳子, 松本 慎也, 加川 友己, 谷口 英樹, 常田 聡, 数理解析研究所講究録, 1663, 188, 193,   2009年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007318341
  • 30pVC-10 腸管上皮における細胞増殖・分化過程の数理モデリング(30pVC 生物物理,領域12(ソフトマター物理,化学物理,生物物理)), 加川 友己, 堀田 徳子, 松本 慎也, 谷口 英樹, 常田 聡, 日本物理学会講演概要集, 64, 1,   2009年03月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007371185
  • 広島市に昭和初期に建てられたRC建築物のコンクリートの品質と原爆による変質, 沢木 大介, 松本 慎也, 大久保 孝昭, セメント・コンクリート論文集, 63, 1, 340, 346,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004745614
    概要:昭和初期に広島市に建設され、原爆投下時にも供用されていたRC建築物のコンクリートの化学的性質を評価した。コア端部に見られる明らかに変色した部分では、著しく炭酸化が進んでいた。非変色部を加熱すると、コアと同様の変色と脆弱化が確認された。変色部は、2階・爆心地側のコンクリートの方が、地中の基礎部のコンクリートより大きかった。非変色部の分析評価により、コンクリートの初期の性状に、建物の部位による差があったことが推察された。施工当初の性状と供用中の暴露環境により、変質の程度に差異が生じたものと推察した。
  • 02-025 初期形成段階における硝化細菌グラニュールの微生物生態構造解析(群集構造解析,研究発表), 石川 大祐, 松本 慎也, 佐伯 吾郎, 常田 聡, 日本微生物生態学会講演要旨集, 24,   2008年11月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007011773
  • 化学工学と企業経営の接点を探る-学生編集委員企画による経営者インタビュー- : 千代田化工建設(株)社長 久保田隆氏に聞く, 久保田 隆, 山近 洋, 上島 功裕, 松本 慎也, 山口 雅裕, 化学工学 = CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 71, 11, 732, 737,   2007年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019790574
  • 22225 寺院建築物における伝統木造軸組の構造力学特性のモデル化による地震応答解析(伝統構法:解析モデルほか,構造III), 前野 将輝, 松本 慎也, 鈴木 祥之, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2007, 449, 450,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006671417
  • 22261 伝統軸組構法木造建物のE-ディフェンス震動台実験 : (その4) 標準試験体の応答性状(実大振動台実験:伝統軸組構法(1),構造III), 向坊 恭介, 川上 沢馬, 中治 弘行, 山田 耕司, 松本 慎也, 鈴木 祥之, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2007, 521, 522,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006671453
  • 22266 伝統軸組構法木造建物のE-ディフェンス震動台実験のシミュレーション : (その1) 多質点系振動モデルの適用性と留意点の検討(実大振動台実験:伝統軸組構法(2),構造III), 河野 藤志之, 石川 浩一郎, 鈴木 祥之, 鈴木 三四郎, 山田 耕司, 向井 洋一, 松本 慎也, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2007, 531, 532,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006671458
  • 22267 伝統軸組構法木造建物のE-ディフェンス震動台実験のシミュレーション : (その2) 簡易復元力デルによる土台仕様の場合(実大振動台実験:伝統軸組構法(2),構造III), 鈴木 三四郎, 山田 明, 鈴木 祥之, 山田 耕司, 石川 浩一郎, 向井 洋一, 松本 慎也, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2007, 533, 534,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006671459
  • 22268 伝統軸組構法木造建物のE-ディフェンス震動台実験 : (その3) パンケーキ・モデルによる応答解析(実大振動台実験:伝統軸組構法(2),構造III), 山田 耕司, 鈴木 祥之, 鈴木 三四郎, 石川 浩一郎, 向井 洋一, 松本 慎也, 向坊 恭介, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2007, 535, 536,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006671460
  • 22269 伝統軸組構法木造建物のE-ディフェンス震動台実験のシミュレーション : (その4) 立体弾性時刻歴解析による地震力伝達機構の解明(実大振動台実験:伝統軸組構法(2),構造III), 小林 佑奈, 石川 浩一郎, 鈴木 祥之, 鈴木 三四郎, 山田 耕司, 向井 洋一, 松本 慎也, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2007, 537, 538,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006671461
  • 化学工学と企業経営の接点を探る : 学生編集委員企画による経営者インタビュー : 三井化学(株)社長 藤吉建二氏に聞く, 藤吉 建二, 新田 健治, 上島 功裕, 鈴木 佐夜香, 松本 慎也, 化学工学 = CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 71, 6, 340, 345,   2007年06月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019506013
  • シミュレーションによるバイオフィルムシステム解析の進展 (特集 シミュレーション技術の新展開), 松本 慎也, 青井 議輝, 常田 聡, ケミカルエンジニヤリング, 52, 5, 359, 363,   2007年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015457131
  • PB-38 硝化グラニュールの微生物生態構造解析(界面/バイオフィルム,ポスターセッションB,(1)ポスター発表会,研究発表会), 松本 慎也, 家徳 麻由, 佐伯 吾郎, 河野 敦之, 岸田 直裕, 青井 議輝, 寺田 昭彦, 常田 聡, Picioreanu Cristian, van Loosdrecht Mark C. M., 日本微生物生態学会講演要旨集, 22,   2006年10月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006212650
  • B-01 多次元バイオフィルムモデルの微生物生態解析への応用(界面/バイオフィルム,(2)口頭発表会,研究発表会), 大串 聡, 家徳 麻由, 松本 慎也, 青井 議輝, 常田 聡, Picioreanu Cristian, van Loosdrecht Mark. C. M., 日本微生物生態学会講演要旨集, 22,   2006年10月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006212726
  • B-02 固体表面の物理化学的性状がバイオフィルム形成に及ぼす影響 : フローセル試験とシミュレーション解析(界面/バイオフィルム,(2)口頭発表会,研究発表会), 久志 本岳, 大串 聡, 松本 慎也, 寺田 昭彦, 常田 聡, 日本微生物生態学会講演要旨集, 22,   2006年10月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006212727
  • 研究開発の推進力 : オランダウルルン滞在記, 松本 慎也, 化学工学 = CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 70, 1,   2006年01月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016921713
  • 寺院建築物における伝統木造軸組の構造力学特性のモデル化による骨組解析, 前野 将輝, 鈴木 祥之, 松本 慎也, 京都大学防災研究所年報, 50, 117, 131,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120001238655
  • PA-54 メンブレンエアレーションバイオフィルムにおける実験的解明およびシミュレーションモデルの構築(界面/バイオフィルム,ポスターセッションA,ポスター発表), 松本 慎也, 寺田 昭彦, 青井 議輝, 常田 聡, 日本微生物生態学会講演要旨集, 21,   2005年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006320399
  • B-17 Individual-based Modelによるバイオフィルムの生態構造シミュレーション(界面/バイオフィルム,口頭発表), 大串 聡, 松本 慎也, 常田 聡, 日本微生物生態学会講演要旨集, 21,   2005年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006320536
  • めがねなし立体ディスプレイに対する観察行動の測定とユーザビリティ評価, 阿部 哲也, 松本 慎也, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス, 105, 222, 13, 16,   2005年07月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003288234
    概要:我々は屋外で観察できる大画面LED立体ディスプレイの研究をしている.観察者は特殊なめがねを必要としないパララックスバリア式立体ディスプレイで立体映像を見ることができるが, 観察領域へ移動する必要がある.したがって, 立体ディスプレイのユーザビリティは観察者の移動経路を測定することで評価する.我々は複数の観察者の移動を測定するために, 2台のカメラを用いて3人の位置のリアルタイム測定システムを構築した.観察者が単独の場合と複数の場合での実験結果を比較すると, 複数の人で観察することにより左右方向の移動時間が短縮された.従来の多眼式表示, 逆立体視を防止する設計など異なる立体ディスプレイに対する観察者誘導の効果を, 観察者の行動より明らかにした.
  • 観察者位置のリアルタイム測定によるパララックスバリア式LED立体ディスプレイの観察領域の評価, 松本 慎也, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫, 映像情報メディア学会技術報告, 28, 2, 33, 36,   2004年01月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012103249
  • 観察者位置のリアルタイム測定によるパララックスバリア式LED立体ディスプレイの観察領域の評価, 松本 慎也, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫, 電気学会研究会資料. EDD, 電子デバイス研究会, 2004, 1, 33, 36,   2004年01月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015593808
  • 観察者位置のリアルタイム測定によるパララックスバリア式LED立体ディスプレイの観察領域の評価(発行型/非発行型ディスプレイ合同研究会), 松本 慎也, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫, 電子情報通信学会技術研究報告. EID, 電子ディスプレイ, 103, 593, 33, 36,   2004年01月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003268393
    概要:屋外で不特定多数の観衆が同時に観察可能な大画面立体ディスプレイの研究を進めている.大画面LED立体ディスプレイを見る観察者がどのような経路で観察領域内に移動するのか調べるために,観察者位置をリアルタイムで測定するシステムを構築した.異なる設計のパララックスバリア式立体ディスプレイを用いて,立体画像を見るために移動する観察者の軌跡を記録した.観察者の移動経路を解析することで数種類の設計法を評価する.多眼表示設計と逆立体視防止設計により左右の移動時間が短縮される効果を実験により明らかにした.
  • 伝統木造建築物の地震応答解析に関する研究, 野島 千里, 樫原 健一, 岩佐 裕一, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 24, 1, 289, 292,   2001年05月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015778213
  • 214 セメント押出成形板を用いた木造耐力壁の構造特性に関する研究, 幡司 祐弥, 藤井 大地, 松本 慎也, 大田 和彦, 在永 末徳, 日本建築学会中国支部研究報告集, 35, 141, 144,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009637582
  • 塑性ヒンジ法を用いた骨組の耐力最大化問題と重量最小化問題の比較, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 構造工学論文集, Vol.47B, 21, 24,   2001年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009705594
    概要:The optimaization of a frame structure subject to a elasto-plastic deformation is presented until the building comes to a collapse in order to ensure the safety of the building for the large earthquake. In this paper, Two the mathematical programming method is based on total volume and ultimate strength of a frame structure. We investigate the validity of these optimized design variables and collapse mode by numerical examples with two formulations that replaced constraint with objective function.
  • 252 耐震構造型ぶどう棚の剛性および耐力に関する実験的研究, 松本 慎也, 藤谷 義信, 佐藤 公章, 日本建築学会中国支部研究報告集, 35, 293, 296,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009637620
  • 1134 低圧注入工法におけるひび割れ補修材の注入性状の評価に関する研究(改修・維持保全:補修・改修(1),材料施工), 高瀬 勇紀, 大久保 孝昭, 藤本 郷史, 松本 慎也, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2011, 267, 268,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009498888
  • 1473 無線加速度センサーを活用した建築物の診断技術に関する基礎研究(計測・診断,材料施工), 劉 菁菁, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 藤本 郷史, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2011, 945, 946,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009499227
  • 1604 紫外線硬化型FRPを活用した既存木造住宅の無筋コンクリート基礎補強工法に関する研究 : 実大スケール試験体による検討(木材・プラスチック,材料施工), 原 龍徳, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 谷川 清次, 流田 靖博, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2011, 1207, 1208,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009499358
  • 22021 セメント板を蓄熱体として利用した外断熱木質構造体の耐震性に関する予備実験(面材壁(4),構造III), 大田 和彦, 松本 慎也, 藤井 大地, 在永 末徳, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2011, 41, 42,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009519149
  • 104 挙動のあるひび割れに対する補修の評価に関する基礎的研究 : その5補修材の促進劣化手法の改善, 西内 佑太, 大久保 孝昭, 藤本 郷史, 松本 慎也, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 34, 13, 16,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009636981
  • 限界耐力を考慮した建築構造物の最適設計に関する研究, 藤谷 義信, 松本 慎也, 張 金庫, 理論応用力学講演会 講演論文集, 51, 0, 38, 38,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004605303
    概要:2000年6月より構造に関する新しい規定が施行され,限界耐力計算法が,設計者の選択制によって導入されることになった。この設計法の特色は,荷重および外力が建築物に作用している際の建築物に生ずる力および変形を直接算出するところにある。本報では,限界耐力計算法によって計算される限界耐力を用いて各層の保有水平耐力を制約した重量最小化問題を解き,解の特性を考察する。
  • 鉄骨建物の梁成を制約した最小重量解の一考察 その1.剛接鉄骨建物の最小重量設計, 春日 康博, 松本 慎也, 荒井 宏, 計算工学講演会論文集, 4, 1, 9, 12,   1999年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005127849
  • 2次元WIGのポテンシャル理論に基づく翼型最適化, 鈴木 和夫, 松本 慎也, 新郷 将司, 和気 千大, 関西造船協会誌, 229, 1, 11,   1998年03月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003872195
    概要:The vehicle based on WIG (Win In Ground effect) is expected and investigated as one of the future high speed vessels on seaway. In this paper, the shape optimization problem of 2dimensional WIG is discussed as a fundamental study with respect to WIG. For this purpose, the panel method is used for the fluid flow analysis around WIG and the nonlinear programming is used as the optimization method. Numerical examples are shown for several optimization problems. Experimental verifications are also shown by using a devised test method of WIG for a small wind tunnel.
  • 1-14 2次元 WIG のポテンシャル理論に基づく翼型最適化, 鈴木 和夫, 松本 慎也, 新郷 将司, 和気 千大, 関西造船協会講演論文集, 9, 15, 19,   1997年11月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003867008
  • 接合部の剛性と減衰を考慮した半剛接骨組要素の開発と精度について, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 広島大学工学部研究報告, 第46巻, 第1号, 79, 85,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000325180
  • 106 無線加速度センサーを活用した建築物の診断技術に関する基礎的研究, 劉 〓〓, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 大月 亮介, 日本建築学会中国支部研究報告集, 34, 21, 24,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009636983
  • 107 紫外線硬化型FRPを活用した既存木造住宅の無筋コンクリート基礎補強工法に関する研究, 野崎 隼人, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 梶田 悦男, 谷川 清次, 村上 雄一, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 34, 25, 28,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009636984
  • 207 吊り天井構造の耐震性能に関する研究, 松本 慎也, 藤谷 義信, 佐藤 公章, 日本建築学会中国支部研究報告集, 34, 57, 60,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009637326
  • 限界耐力計算法による建築骨組の最適設計, 松本 慎也, 藤谷 義信, 計算工学会講演会論文集, 第6巻, No.1, 59, 62,   2001年05月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015778207
  • ポータブル無線加速度計と衝撃型起振機を用いた振動特性評価システム--木造実験住宅での検証, 松本 慎也, 本川 英治, 藤井 大地, 日本建築学会技術報告集, 16, 34, 1187, 1192,   2010年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017349101
  • グランドストラクチャー法による骨組構造物の位相最適化, 藤井 大地, 松本 慎也, 藤谷 義信, 菊池 昇, 構造工学論文集, Vol.47B, 21, 24,   2000年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009705504
    概要:In this paper, a topology optimization method of frame structure using the ground structure approach is shown. In this method, the finite element with the spring for bending in both edges, is used. By using this element, it is possible to analyze rigid frame, truss, and semi-rigid frame. In the ground structure approach for topology design, the problem which minimizes the compliance (maximizes the stiffness) for a given total mass of the structure is solved. In this paper, the SLP method with move limit is used to solve this optimization problem, and the method for removing the members which have relatively small cross section from the optimum solution is shown. The effectiveness of this method is demonstrated by some numerical examples.
  • 1083 ひび割れ補修工法の評価に関する基礎的研究 : その4 ひび割れ挙動の再現手法の改善(改修・維持保全(3),材料施工), 西内 佑太, 大久保 孝昭, 藤本 郷史, 松本 慎也, 流田 靖博, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2010, 165, 166,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008085311
  • 22240 既存木造住宅の基礎・軸組一体補強工法の開発に関する研究 : その1 紫外線硬化型FRPの木材に対する接着性能の検証(住宅耐震診断・補強(3),構造III), 野崎 隼人, 松本 慎也, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 流田 靖博, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2010, 479, 480,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008110035
  • 22241 既存木造住宅の基礎・軸組一体補強工法の開発に関する研究 : その2 紫外線硬化型FRP補強による木造軸組の面内せん断試験(住宅耐震診断・補強(3),構造III), 松本 慎, 野崎 隼人, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 流田 靖博, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2010, 481, 482,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008110036
  • 伝統木造建築物の柱傾斜復元力のモデル化に関する研究, 松本 慎也, 野島 千里, 岩佐 裕一, 樫原 健一, 藤谷 義信, 構造工学論文集, Vol.47B, 75, 78,   2001年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009705601
    概要:Wooden structures have been used in Japanese temples and shrines from the ancient. But the mechanical behaviors of these structures are not clear because of complexity of the construction method and the anisotropy of woods. Today, it is important to clarify the structural mechanism of the construction method of thesis Japanese tradition wooden structures, when saving and repair technique of cultural assets are established. Therefore the analysis is desired that efficiently calculates these factors. The purpose of this study is to construct the frame analysis method for easily obtaining the complicated mechanical characteristic of wooden structures by frame analysis. In this paper, it is shown that the modeling of column rocking resistance in Japanese traditional wooden structures for frame analysis using the spring element.
  • 119 挙動のあるひび割れに対する補修の評価に関する基礎的研究 : その4 補修材の促進劣化手法の提案と透気試験の有効性の検証(材料施工), 西内 佑太, 大久保 孝昭, 藤本 郷史, 松本 慎也, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 33, "119, 1"-"119-4",   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066847
  • 120 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法の開発 : その5 木材に対する接着性能の検証(材料施工), 野崎 隼人, 池田 祐樹, 松本 慎也, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 梶田 悦男, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 33, "120, 1"-"120-4",   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066848
  • ボイドスラブの振動特性に関する研究 -実構造物における間仕切壁の振動特性への影響-, 新田 貴太男, 椴木 浩行, 坂田 憲彦, 坂本 康一郎, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会技術報告集, 第16号, 101, 104,   2002年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006347783
    概要:In this paper, we invesigate. the effects of the vibrational characteristics of partition walls on the void slab. The vibration tests were carried out for the void slabs of three apartment houses in Hiroshima city. The experimental values were compared with the analytical values. And the vibration testing with stud supports was carried out for the other building under construction. As the result, natural frequencies of void slabs are raised by the partition walls.
  • 121 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法の開発 : その6 無筋低強度コンクリート基礎補強試験(材料施工), 池田 祐樹, 野崎 隼人, 松本 慎也, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 梶田 悦男, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 33, "121, 1"-"121-4",   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066849
  • 伝統木造建築物の地震応答解析, 松本 慎也, 藤谷 義信, 野島 千里, 岩佐 裕一, 樫原 健一, 構造工学論文集, Vol.49B, 251, 257,   2003年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009705772
    概要:Wooden structures have been used in Japanese temples and shrines from the ancient. But the mechanical behaviors of these structures are not clear because of complexity of the construction method and the anisotropy of woods. Today, it is important to clarify the structural mechanism of the construction method of these Japanese tradition wooden structures so as to establish the preservation and repair technique of cultural assets. The purpose of this study is to construct the frame analysis method for easily obtaining the complicated mechanical characteristic of wooden structures by frame analysis. In this paper, the seismic response analysis of Japanese traditional wooden structures using the spring element is shown.
  • 122 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法の開発 : その7 木造軸組の面内せん断試験(材料施工), 松本 慎也, 野崎 隼人, 池田 祐樹, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 梶田 悦勢, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 33, "122, 1"-"122-4",   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066850
  • 219 柱貫接合部の変形挙動に関する実験的研究(建築構造), 半田 尚也, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 33, "219, 1"-"219-4",   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066869
  • 220 木造建物を対象とした動的耐震診断手法の開発 : 近畿大学実験住宅における検証(建築構造), 本川 英治, 藤井 大地, 松本 慎也, 大田 和彦, 日本建築学会中国支部研究報告集, 33, "220, 1"-"220-4",   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066870
  • 228 耐震補強を実施した建築物の振動特性の検討(建築構造), 蛯原 雅, 武田 純也, 松本 慎也, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 33, "228, 1"-"228-4",   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066878
  • 下地コンクリートに拘束される仕上モルタルにおいて乾燥収縮ひび割れが発生しやすい位置の予測, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 日本建築学会構造系論文集, 75, 648, 241, 249,   2010年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016989852
  • PCa壁式建物の振動性状, 荒木 秀夫, 松本 慎也, 日本建築学会技術報告集, 16, 32, 63, 68,   2010年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017000951
  • 1181 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法の開発 : その3 コンクリート基礎まで連続させた仕口補強の要素実験(木造,材料施工), 富田 泰宇, 池田 祐樹, 野崎 隼人, 松本 慎也, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 流田 靖博, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2009, 361, 362,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007977510
  • 1182 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法の開発 : その4 無筋低強度コンクリート基礎の補強(木造,材料施工), 池田 祐樹, 富田 泰宇, 野崎 隼人, 松本 慎也, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 流田 靖博, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2009, 363, 364,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007977511
  • 105 挙動のあるひび割れに対する補修の評価に関する基礎的研究 : その3 実験室における補修材の評価試験の適用(材料施工), 頼 明峰, 大久保 孝昭, 藤本 郷史, 松本 慎也, 流田 靖博, 森濱 直之, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "105, 1"-"105-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066617
  • 106 開口部を含む建築外壁の簡易断熱改修工法の開発(材料施工), 松尾 彩子, 藤本 郷史, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 松本 好眞, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "106, 1"-"106-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066618
  • 114 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法の開発 : その3 コンクリート基礎まで連続させた仕口補強の要素実験(材料施工), 富田 泰宇, 池田 祐樹, 松本 慎也, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 梶田 悦男, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "114, 1"-"114-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066626
  • 115 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法の開発 : その4 無筋低強度コンクリート基礎の補強(材料施工), 池田 祐樹, 富田 泰宇, 松本 慎也, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 梶田 悦男, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "115, 1"-"115-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066627
  • 1401 地形・地盤の不整形性の影響を考慮した表層地盤増幅特性の簡易評価法(地震災害), 熊谷 博人, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1401, 1"-"1401-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066811
  • 1402 崖地における地震動の増幅特性に関する研究(地震災害), 亀井 美希, 松本 慎也, 鄭 承和, 神野 達夫, 熊谷 博人, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1402, 1"-"1402-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066812
  • 1403 スペクトルインバージョンに基づく中国地方の地震観測点における地盤増幅特性評価(地震災害), 武田 純也, 倉野 悟, 福岡 俊彦, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢冶, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1403, 1"-"1403-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066813
  • 1404 地震H/Vスペクトル比を用いた地震観測点の地盤非線形特性(地震災害), 内海 好人, 福山 美穂, 福岡 俊彦, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1404, 1"-"1404-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066814
  • 1405 強震記録から導かれる地盤の動的特性の提案(地震災害), 福山 美穂, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1405, 1"-"1405-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066815
  • 1406 断層近傍で観測された強震動の上下動特性(地震災害), 光畑 旭貴, 福山 美穂, 大前 稔, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1406, 1"-"1406-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066816
  • 1407 設計用入力地震動における上下動成分の設定手法の提案(地震災害), 大前 稔, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1407, 1"-"1407-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066817
  • 1408 観測記録に見られる震源断層のDirectivity効果 : その2 最近の逆断層タイプ地震に対する検討(地震災害), 倉野 悟, 神野 達夫, 松本 慎也, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1408, 1"-"1408-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066818
  • 1409 微動H/Vスペクトルを用いた計測震度の面的補間 : その7 中国地方の地震観測点を対象とした精度検証(地震災害), 鄭 承和, 神野 達夫, 藤本 法正, 熊谷 千代志, 藤井 優介, 三浦 賢治, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1409, 1"-"1409-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066819
  • 1410 微動H/Vスペクトルを用いた計測震度の面的補間 : その8 手法の高度化に関する検討(地震災害), 藤本 法正, 神野 達夫, 鄭 承和, 熊谷 千代氏, 藤井 優介, 三浦 賢治, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1410, 1"-"1410-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066820
  • 1411 微動H/Vスペクトルを用いた計測震度の面的補間 : その9 地盤の非線形化が計測震度に及ぼす影響(地震災害), 藤井 優介, 藤本 法正, 鄭 承和, 松本 慎也, 神野 達夫, 熊谷 千代志, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1411, 1"-"1411-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066821
  • 1412 中国地方で観測された地震動と既往の距離減衰式の関係に関する研究(地震災害), 吉田 崇将, 松本 慎也, 倉野 悟, 神野 達夫, 大前 稔, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1412, 1"-"1412-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066822
  • 1413 強震記録を用いた減衰定数のひずみ依存性に関する検討(地震災害), 福岡 俊彦, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1413, 1"-"1413-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066823
  • 1414 近接する2点の地震観測点における地震動強さ指標の関係(地震災害), 岡崎 景子, 松本 慎也, 倉野 悟, 神野 達夫, 福山 美穂, 三浦 賢治, 藤井 優介, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1414, 1"-"1414-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066824
  • 1415 実大震動台実験の結果に基づく伝統木造住宅の地震応答解析(地震災害), 法橋 篤, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1415, 1"-"1415-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066825
  • 1416 常時微動測定による住宅の耐震性能評価に関する研究(地震災害), 速水 里菜, 神野 達夫, 法橋 篤, 三浦 賢治, 松本 慎也, 荒木 秀夫, 上久保 晶一, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1416, 1"-"1416-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066826
  • 1417 常時微動測定に基づく東広島に現存する木造建物の振動特性(地震災害), 豊田 実希, 神野 達夫, 法橋 篤, 三浦 賢治, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, "1417, 1"-"1417-4",   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008066827
  • 2039 RF-D技術を活用したPCa部材の出荷・受入管理システムの開発とシミュレーション実験(施工), 松本 慎也, 大久保 孝昭, 官丸 史江, 中島 史郎, コンクリート工学年次論文集, 30, 2, 229, 234,   2008年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009697642
    概要:本研究は,建築生産を合理化・高度化するためにRFID技術(無線ICタグ)を活用することを検討するものである。建築生産の現場においては,システム構築において現場で用いるツール機器の選定が重要となる。本研究では,Personal Data Assistance(PDA)を用いた,PCaコンクリート部材の出荷・受入検査を対象としたシステムを構築し,その検討を行った。このPDAシステムを用いたシミュレーション実験を行った結果を報告するとともに,今後のシステム開発に有用となる建築生産実務者の意見を纏めた。
  • 1133 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法の開発 : その2 接合部引張実験(補修・補強(3),材料施工), 富田 泰宇, 池田 祐樹, 松本 慎也, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2008, 265, 266,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007064292
  • 1132 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法に関する研究 : その1 研究の概要と基礎実験(補修・補強(3),材料施工), 池田 祐樹, 富田 泰宇, 松本 慎也, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2008, 263, 264,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007064295
  • 1128 建築開口部の防露・断熱改修工法の開発に関する基礎的研究(補修・補強(2),材料施工), 松尾 彩子, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 藤本 郷史, 在永 末徳, 崔 軍, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2008, 255, 256,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007064306
  • 1120 ひび割れ補修材の評価に関する基礎的研究(補修・補強(1),材料施工), 頼 明峰, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 藤本 郷史, 流田 靖博, 森濱 直之, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2008, 239, 240,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007064318
  • 1083 下地コンクリートに拘束される仕上げモルタルのひび割れ制御に関する研究(左官(1),材料施工), 鵜野 太一, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 藤本 郷史, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2008, 165, 166,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007064613
  • 103 仕上げモルタルの剥離応力に及ぼす周辺拘束の影響(材料施工), 神野 貴紀, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 藤本 郷史, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "103, 1"-"103-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111031
  • 108 挙動のあるひび割れに対する補修の評価に関する基礎的研究 : その2 実験室における補修材の評価試験の検討(材料施工), 森濱 直之, 頼 明峰, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 藤本 郷史, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "108, 1"-"108-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111035
  • 112 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法の開発 : その2 接合部要素実験(材料施工), 富田 泰宇, 松本 慎也, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 梶田 悦男, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "112, 1"-"112-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111036
  • 113 無線3軸加速度センサーとICタグを活用した建築物の振動モニタリングシステム(材料施工), 宮丸 史江, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 藤本 郷史, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "113, 1"-"113-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111037
  • 275 実測記録を用いたRD法の精度検証と改良 : (その2)繰り返し計算を導入したRD法の実測記録への適用(建築構造), 大岩 和沙, 松本 慎也, 法橋 篤, 神野 達夫, 小林 慎祐, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "275, 1"-"275-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111054
  • 277 地盤の減衰定数評価に対するRD法の適用性の検討 : その1 数値シミュレーションによる適用性の検討(建築構造), 倉野 悟, 神野 達夫, 小林 慎祐, 三浦 賢治, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "277, 1"-"277-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111056
  • 1406 宅地造成された傾斜地における地盤震動特性評価(地震災害), 熊谷 博人, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "1406, 1"-"1406-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111068
  • 1407 中国・四国地方における地盤の減衰特性の推定(地震災害), 鯉口 ゆかり, 松本 慎也, 大前 稔, 神野 達夫, 金田 菜都美, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "1407, 1"-"1407-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111069
  • 1408 PS検層による走時曲線と地震記録を用いた地下構造の推定(地震災害), 金田 菜都美, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "1408, 1"-"1408-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111070
  • 1411 微動H/Vスペクトルを用いた計測震度の面的補間 : その5 適用限界の検討(地震災害), 藤井 優介, 福岡 俊彦, 松本 慎也, 神野 達夫, 熊谷 千代志, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "1411, 1"-"1411-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111071
  • 1413 強震記録の上下動と水平動成分の関係に関する考察(地震災害), 大前 稔, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "1413, 1"-"1413-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111072
  • 1412 微動H/Vスペクトルを用いた計測震度の面的補間 : その6 呉市市街地における実用性の検討(地震災害), 福岡 俊彦, 神野 達夫, 藤井 優介, 熊谷 千代志, 松本 慎也, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "1412, 1"-"1412-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111074
  • 1409 地震観測記録に基づく表層地盤の非線形特性評価(地震災害), 福山 美穂, 大前 稔, 金田 菜都美, 松本 慎也, 神野 達夫, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "1409, 1"-"1409-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111075
  • 278 実測記録を用いたRD法の精度検証と改良 : その1 繰り返し計算を導入したRD法の提案(建築構造), 法橋 篤, 松本 慎也, 大岩 和沙, 神野 達夫, 小林 慎祐, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "278, 1"-"278-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111085
  • 107 挙動のあるひび割れに対する補修の評価に関する基礎的研究 : その1 ひび割れ挙動の計測と透気試験の合理化の検討(材料施工), 頼 明峰, 森濱 直之, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 藤本 郷史, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "107, 1"-"107-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111095
  • 1410 中国地方の地震観測点における地盤震動特性評価(地震災害), 光安 淳, 藤井 優介, 福岡 俊彦, 熊谷 博人, 松本 慎也, 神野 達夫, 熊谷 千代志, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "1410, 1"-"1410-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111096
  • 1405 崖地形が計測震度に及ぼす影響に関する研究(地震災害), 鄭 承和, 松本 慎也, 熊谷 博人, 神野 達夫, 福岡 俊彦, 三浦 賢治, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "1405, 1"-"1405-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111097
  • 279 地盤の減衰定数評価に対するRD法の適用性の検討 : その2 地盤で観測された常時微動への適用(建築構造), 小林 慎祐, 神野 達夫, 倉野 悟, 三浦 賢治, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "279, 1"-"279-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111188
  • 111 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法の開発 : その1 研究概要および基礎実験(材料施工), 松本 慎也, 富田 泰宇, 藤本 郷史, 大久保 孝昭, 渡辺 康明, 梶田 悦男, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "111, 1"-"111-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111284
  • 110 建築開口部の防露・断熱改修工法の開発に関する基礎的研究(材料施工), 松尾 彩子, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 藤本 郷史, 在永 末徳, 崔 軍, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "110, 1"-"110-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111285
  • 102 下地コンクリートに拘束される仕上モルタルの収縮ひび割れに関する基礎的研究 : その2 各種仕様での検討(材料施工), 坂下 明, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 藤本 郷史, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "102, 1"-"102-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111289
  • 101 下地コンクリートに拘束される仕上モルタルの収縮ひび割れに関する基礎的研究 : その1 施工時期の影響(材料施工), 大久保 孝昭, 坂下 明, 松本 慎也, 藤本 郷史, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "101, 1"-"101-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111292
  • 広島で被爆したRC造建築物における材齢70年のコンクリートの諸物性, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 流田 靖博, 沢木 大介, 日本建築学会構造系論文集, 73, 623, 27, 34,   2008年01月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006549514
    概要:The purpose of the experiments in this paper is to clarify the physical and dynamic properties of the concrete at seventy years age which was suffered from atomic bombing at 1945 in Hiroshima The compressive strength and Young's modulus of the concrete by the side of an atomic bombed place showed the value lower than the other concrete specimens. The coefficient of water absorption of the concrete was very high and it became clear that there was almost no freeze dissolution resistance. And neutralization of concrete was progressing very unusually. Moreover, as concerns the concrete by the side of an atomic bombed place, neutralization from the outdoors side was higher than that of inner side. It is considered to have influenced the above-mentioned examination result greatly that especially concrete temperature rose in 500 degrees C-750 degrees C. The necessity for performing carefully the maintenance of the RC building which was suffered from atomic bombing was shown by this research.
  • 受動性を利用した車輪振子系の時変拘束制御, 藤本 健治, 松本 慎也, 酒井 悟, システム制御情報学会論文誌, 20, 10, 416, 418,   2007年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019638841
  • 上載荷重が面材釘打ち大壁耐力壁の面内せん断試験の復元力特性に与える影響の考察, 藤井 雅也, 松本 慎也, 村上 雅英, 杉本 敏和, 井上 隆二, 完山 利行, 小松 幸平, 日本建築学会構造系論文集, 619, 105, 110,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006381494
    概要:The general influence of long term load upon shear behavior of nailed shear walls was confirmed in in-plane shear test of the shear walls in which the devices to measure the axial force acting on the bottom reinforcements were installed. The 24 experimental parameters are decided by the combination of presence of nailing on sill through sheet, connection types between columns and sill, and the several magnitude of long term loads. The formulae to calculate the shear resistance corresponding to the apparent shear strain of 1/120 rad. and the maximum shear resistance were derived considering the influence of long term load. The formulae were experimentally examined for their validity.
  • 41079 二重窓の断熱・遮熱効果に関する研究 : その3 シミュレーションツールの開発とその精度検証(環境工学II,開口部熱性能(2)), 崔 軍, 在永 末徳, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 池上 智久, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2007, 157, 158,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006674584
  • 1278 建築工事におけるRFID技術を活用した進捗管理システムの構築に関する研究(情報化施工,材料施工), 宮丸 史江, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2007, 571, 572,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006741044
  • 1325 RC建築物における仕上モルタルのひび割れ制御に関する研究 : その1 モルタルの収縮特性に対する基礎実験(モルタル:ひび割れ・付着,材料施工), 坂下 明, 神野 貴紀, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2007, 665, 666,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006741091
  • 1326 RC建築物における仕上モルタルのひび割れ制御に関する研究 : その2 解析的検討(モルタル:ひび割れ・付着,材料施工), 松本 慎也, 坂下 明, 神野 貴紀, 大久保 孝昭, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2007, 667, 668,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006741092
  • 1327 外気環境変化に伴う左官モルタル仕上げ壁のひずみ挙動に関する基礎研究(材料施工,モルタルひび割れ付着), 根本 かおり, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2007, 669, 670,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006741093
  • 1329 仕上げ材表面色や外部拘束が左官モルタルの接着一体性に及ぼす影響(材料施工,モルタルひび割れ付着), 神野 貴紀, 坂下 明, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2007, 673, 674,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006741095
  • 1504 建築開口部の防露・断熱改修工法の開発に関する基礎的研究(開口部,材料施工), 松尾 彩子, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 在永 末徳, 崔 軍, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2007, 1023, 1024,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006741270
  • 1607 ひび割れ補修工法の評価に関する基礎的研究 : その1 ひび割れ補修の簡易な診断方法(補修改修(3),材料施工), 頼 明峰, 森濱 直之, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 流田 靖博, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2007, 1229, 1230,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006741373
  • 1608 ひび割れ補修工法の評価に関する基礎的研究 : その2 ひび割れ挙動に対する各種補修材の追従性(補修改修(3),材料施工), 森濱 直之, 頼 明峰, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 流田 靖博, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2007, 1231, 1232,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006741374
  • 木質構造物における面材壁の解析モデルに関する研究, 松本 慎也, 村上 雅英, 稲山 正弘, 藤谷 義信, 日本建築学会構造系論文集, 617, 103, 110,   2007年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006317800
    概要:In this paper, and analytical model of wooden structures with the sheathed shear walls is shown. In this model, the stretching rigidity of the plywood is assumed a rigid body. Therefore, the degree of freedom can be reduced. This analysis method can analyze walls with random nailing arrangement. And, it is possible to handle multiple walls. The advantage of this method is to simple consider the sheathed shear wall for existing frame analysis program. The effectiveness of this analytical method is verified by comparing with the experimental result and we investigate the mechanical characteristics of the sheathed shear walls numerically.
  • 1136 外気環境変化に伴うモルタル仕上げコンクリート壁面内の温冷ムーブメントに関する基礎研究(耐久性一般), 根本 かおり, 松本 慎也, 佐藤 大輔, 大久保 孝昭, コンクリート工学年次論文集, 29, 1, 861, 866,   2007年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009696872
    概要:本研究は左官モルタル仕上げを施したコンクリート壁面において,外気環境に伴う温冷ムーブメントが左官モルタルとコンクリートとの間の剥離発生に及ぼす影響を評価することを目的として実施した。実験は試験体の置かれた外気環境を変化させ,試験体内部の温度分布の経時変化を測定し,温度分布の変化を測定した。また,解析ではFEMによる熱伝導解析が試験体内部の温度変化や温度分布を精度良く算定できることを示した。さらに,弾性解析により左官モルタルとコンクリートとの層間に生じる応力を算定し,外気温が急激に低下するときに剥離が発生しやすいことを明かにした。
  • 2043 PCaコンクリート部材の施工におけるRFID技術の活用に関する検討(施工), 松本 慎也, 大久保 孝昭, 森 達哉, 小山 至, コンクリート工学年次論文集, 29, 2, 253, 258,   2007年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009697005
    概要:本研究は,建築生産を合理化・高度化するためにRFID技術(無線ICタグ)を活用することを検討するものである。建築施工において,筆者らは建築材料・部材の出荷・受入検査工程での利用が,RFII)技術の有効活用方策の一つと考えている。本報告では,PCaコンクリート部材の出荷・受入検査におけるRFID技術の有効活用方策のための業務フローを提案し,シミュレーション実験を行った結果を報告する。今後の活用のためにシミュレーション結果に関する建築生産実務家の意見を纏めるとともに,PCaコンクリート部材に対する読込み・書込みに関する無線透過性の実験結果も併せて示している。
  • コンクリートと左官モルタルの接着一体性に及ぼす初期養生環境の影響, 根本 かおり, 眞方山 美穂, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 日本建築学会構造系論文集, 613, 7, 14,   2007年03月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006224424
    概要:This experimental study aimed to clarify some influence of several initial curing conditions to give the adhesion unity of concrete and finishing mortar. In this experiment, the initial curing conditions were set six types of environment conditions. The six types of environment were standard curing, wind and standard curing, hot and wet curing, freeze and dry curing, hot and moisture curing, and, freeze fusion repetitions curing. Each initial curing gave for finishing mortar when it applied on concrete specimens. After each initial curing finished, these each specimen was burdened two severe environments which were sunshine sprinkling repetitions or freeze fusion repetitions. And then, these specimens were measured distortion and change of adhesive strength occurred to them.
  • 103 集合住宅の室内工事におけるRFID技術を用いた進捗管理シミュレーション(材料施工), 宮丸 史江, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 小山 至, 日本建築学会中国支部研究報告集, 30, 9, 12,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007021373
  • 104 建築湿式仕上材を対象とした目的指向型耐久設計の確立に関する研究 : その1 研究概要とモルタルの収縮特性に対する基礎実験(材料施工), 森田 翔, 坂下 明, 神野 貴紀, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 30, 13, 16,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007021374
  • 105 建築湿式仕上材を対象とした目的指向型耐久設計の確立に関する研究 : その2 ひび割れ制御に関する基礎実験(材料施工), 坂下 明, 森田 翔, 神野 貴紀, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 30, 17, 20,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007021375
  • 106 建築湿式仕上材を対象とした目的指向型耐久設計の確立に関する研究 : その3 剥離防止に関する基礎実験(材料施工), 神野 貴紀, 坂下 明, 森田 翔, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 日本建築学会中国支部研究報告集, 30, 21, 24,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007021376
  • 107 建築開口部の簡易着脱型断熱・防露改修工法に関する研究 : モニター住宅における計測結果および結露実験について(材料施工), 松本 慎也, 大久保 孝昭, 在永 末徳, 崔 軍, 小関 新雄, 日本建築学会中国支部研究報告集, 30, 25, 28,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007021377
  • 108 挙動のあるひび割れに対する補修工法に関する研究 : その1 実構造物におけるひび割れの挙動の測定と透気試験の提案(材料施工), 森濱 直之, 神田 憲二, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 30, 29, 32,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007021378
  • 109 挙動のあるひび割れに対する補修工法に関する研究 : その2 各種補修材の補修効果の維持(材料施工), 神田 憲二, 森濱 直之, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 流田 靖博, 日本建築学会中国支部研究報告集, 30, 33, 36,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007021379
  • 419 二重窓の断熱・遮熱効果に関する研究 : その1 戸建て住宅についての中間期・夏期の実測調査(環境工学), 池上 智久, 在永 末徳, 崔 軍, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 小関 新雄, 日本建築学会中国支部研究報告集, 30, 401, 404,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007021471
  • 420 二重窓の断熱・遮熱効果に関する研究 : その2 夏期の模型実験(環境工学), 崔 軍, 在永 末徳, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 池上 智久, 小関 新雄, 日本建築学会中国支部研究報告集, 30, 405, 408,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007021472
  • 1268 挙動のあるひび割れに対する補修工法の特性に関する研究 : その1 実構造物におけるひび割れの挙動測定(補修・補強 (2), 材料施工), 森濱 直之, 神田 憲二, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 根本 かおり, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2006, 555, 556,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006287016
  • 1269 挙動のあるひび割れに対する補修工法の特性に関する研究 : その2 ひび割れの開閉に対する補修材の評価(補修・補強 (2), 材料施工), 神田 憲二, 森濱 直之, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 中島 史郎, 濱崎 仁, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2006, 557, 558,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006287017
  • 1400 無線ICタグ技術活用による建築生産および維持管理の高度化のための基礎実験 : その1 無線ICタグの活用に関する一考察(ロボット・情報化施工 (2), 材料施工), 大久保 孝昭, 森 達哉, 中島 史郎, 松本 慎也, 山田 人司, 新谷 晃崇, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2006, 819, 820,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006287148
  • 1401 無線ICタグ技術活用による建築生産および維持管理の高度化のための基礎実験 : その2 リーダー/ライター専用機を用いたPCa部材の情報管理(ロボット・情報化施工 (2), 材料施工), 山田 人司, 森 達哉, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 宮丸 史江, 杉山 央, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2006, 821, 822,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006287149
  • 1402 無線ICタグ技術活用による建築生産および維持管理の高度化のための基礎実験 : その3 PDAシステムを用いたPCa部材の情報管理実験(ロボット・情報化施工 (2), 材料施工), 宮丸 史江, 神野 貴紀, 森 達哉, 杉山 央, 松本 慎也, 大久保 孝昭, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2006, 823, 824,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006287150
  • 1403 無線ICタグ技術活用による建築生産および維持管理の高度化のための基礎実験 : その4 無線センサに関するフィージビリティスタディ(ロボット・情報化施工 (2), 材料施工), 神野 貴紀, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 宮丸 史江, 中島 史郎, 吉田 智基, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2006, 825, 826,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006287151
  • 1440 木造住宅におけるラスモルタルのひび割れ制御に関する研究 : その1 ラスの種類の影響とファイバー, ネットの効果(左官 (1), 材料施工), 森田 翔, 坂下 明, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 山中 豊茂, NAKAYAMA Masatoshi, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2006, 899, 900,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006287188
  • 1441 木造住宅におけるラスモルタルのひび割れ制御に関する研究 : その2 モルタルの種類の影響(左官 (1), 材料施工), 坂下 明, 森田 翔, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 山中 豊茂, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2006, 901, 902,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006287189
  • 1442 木造住宅におけるラスモルタルのひび割れ制御に関する研究 : その3 ひび割れ予測解析(左官 (1), 材料施工), 松本 慎也, 大久保 孝昭, 森田 翔, 坂下 明, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2006, 903, 904,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006287190
  • 101 木造住宅におけるラスモルタルのひび割れ防止技術に関する実験的研究(材料施工), 森田 翔, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 岡田 哲哉, 山中 豊茂, 中山 正利, 日本建築学会中国支部研究報告集, 29, 25, 28,   2006年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009637111
  • 103 挙動のあるひび割れに対する補修工法の評価に関する実験的研究(材料施工), 神田 憲二, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 中島 史郎, 濱崎 仁, 根本 かおり, 日本建築学会中国支部研究報告集, 29, 33, 36,   2006年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009637113
  • 104 劣化環境下における建築外装仕上材の剥離応力解析に関する研究(材料施工), 松本 慎也, 大久保 孝昭, 森田 翔, 神田 憲二, 根本 かおり, 日本建築学会中国支部研究報告集, 29, 37, 40,   2006年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009637114
  • 105 建築生産合理化のための無線ICタグ活用に関する一考察(材料施工), 大久保 孝昭, 松本 慎也, 高倉 秀一, 森 達哉, 中島 史郎, 杉山 央, 日本建築学会中国支部研究報告集, 29, 41, 44,   2006年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009637115
  • 1013 建築部材の目的指向型耐久設計に関する研究 : その12 RC外壁仕上材の剥離剥落防止設計データ(耐久性・保全,材料施工), 森田 翔, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 長谷川 拓哉, 古賀 純子, 根本 かおり, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2005, 25, 26,   2005年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007060743
  • 1014 住宅の補修に関するユーザーニーズ把握のためのアンケート調査(耐久性・保全,材料施工), 神田 憲二, 大久保 孝昭, 松本 慎也, 中島 史郎, 濱崎 仁, 長谷川 拓哉, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2005, 27, 28,   2005年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007063642
  • 21024 塑性ヒンジモデルに基づく建築骨組の損傷同定に関する研究(損傷同定,構造II), 松本 慎也, 大久保 孝昭, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2005, 47, 48,   2005年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007066103
  • 228 木質構造の非線形特性を考慮した骨組構造の有限要素解析(建築構造), 坂上 修一, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 27, 193, 196,   2004年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020876
  • 242 軽量角型鋼管を下地材に用いた外壁システムの耐火性能に関する研究(建築構造), 中井 博和, 松本 慎也, 藤谷 義信, 佐藤 公章, 日本建築学会中国支部研究報告集, 27, 249, 252,   2004年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020890
  • 252 建築骨組の弾塑性最適設計問題における最適解の特性(建築構造), 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 27, 289, 292,   2004年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020900
  • 253 保有耐力を制約した建築骨組の重量最小化問題における解の特性(建築構造), 張 金庫, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 27, 293, 296,   2004年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020901
  • 254 建築骨組の最適設計問題におけるひずみエネルギー最大化問題と重量最小化問題の解の特性(建築構造), 是石 晃, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 27, 297, 300,   2004年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020902
  • 267 重量床衝撃振動におけるスラブの異方性に関する研究(建築構造), 坂本 康一郎, 高山 直行, 西村 秀雄, 新田 貴太男, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 27, 349, 352,   2004年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020915
  • 268 鉛直連結部材がスラブの振動特性に及ぼす影響について : 実構造物における間仕切壁の振動特性への影響(建築構造), 高山 直行, 坂本 康一郎, 椴木 浩行, 松本 慎也, 新田 貴太男, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 27, 353, 356,   2004年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020916
  • ボイドラーメン構造におけるスラブの振動特性に関する研究 : 実構造物における間仕切壁の振動特性への影響(構造), 新田 貴太男, 椴木 浩行, 坂田 憲彦, 高山 直行, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会技術報告集, 18, 105, 108,   2003年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006348157
    概要:In this paper, we evaluated the effects of vibrational characteristics of slab on void Rahmen structures. Vibraton tests were carried out for the one way void slab for 3 apartment houses in Shizuoka city. The experimental values were compared with the analytical values. On the analysis, we used a beam element model with a vertical spring for the partition walls. As the result, the vibrational characteristics of void slabs with the partition walls are evaluated by the beam element model with a vertical spring.
  • 20123 軽量角型鋼管における振れ止め材の効果に関する研究(座屈,構造I), 中井 博和, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2003, 245, 246,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006600401
  • 20144 半剛接建築骨組の最適設計問題における解の特性に関する研究(骨組の最適設計(2),構造I), 村田 裕志, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2003, 287, 288,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006600422
  • 20145 半剛接合部を有する建築骨組の重量最小化問題に関する研究(骨組の最適設計(2),構造I), 松本 慎也, 春日 康博, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2003, 289, 290,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006600423
  • 20148 ブレースを有する鋼構造骨組の最適設計に関する研究(骨組の最適設計(2),構造I), 張 金庫, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2003, 295, 296,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006600426
  • 20149 既定変位を伴う歪エネルギーを評価関数に用いた構造骨組の最適設計の定式化(骨組の最適設計(2),構造I), 藤原 完二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2003, 297, 298,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006600427
  • 20150 建築骨組の耐力最大化問題における最適解の基礎的特性に関する研究(骨組の最適設計(2),構造I), 是石 晃, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2003, 299, 300,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006600428
  • 20166 剛棒ばねモデルによる骨組解析法の基礎的特性に関する研究(数値解析(2),構造I), 奚 洋, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2003, 331, 332,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006600444
  • 22163 筋かい付き木造架構の弾塑性解析に関する基礎的特性(地震応答解析,構造III), 坂上 修一, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2003, 325, 326,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006670746
  • 23190 ハーフプレキャスト中空スラブの振動特性に関する研究(スラブ(2),構造IV), 坂本 康一郎, 山本 利臣, 高山 直行, 松本 慎也, 新田 貴太男, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2003, 379, 380,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006672025
  • 23191 間仕切壁がボイドラーメン構造におけるスラブの振動特性に及ぼす影響(スラブ(2),構造IV), 高山 直行, 椴木 浩行, 新田 貴太男, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2003, 381, 382,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006672026
  • 23192 L型ボイド材による中空スラブのひび割れ特性に関する研究(スラブ(2),構造IV), 新田 貴太男, 池田 秀樹, 高山 直行, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2003, 383, 384,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006672027
  • L型ボイド内蔵スラブの開発(構造), 新田 貴太男, 池田 秀樹, 坂田 憲彦, 高山 直行, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会技術報告集, 17, 141, 145,   2003年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006347940
    概要:This is a technical report for the development of slab including L-shaped void, which is compensating the faults by not only 1 way void slab but also 2 way one. In this study, we report the primary rigidity, yielding rigidity, and the shape of crack in this loading condition. This construction has two characteristics. One is mitigating the degree of anisotropy by using the slab with L-shaped void tube. Two is simplifying the design for slabs by regularly arranging the unit of tube.
  • 206 木造軸組構造物の弾塑性解析 : その1. 筋かい付き架構モデルについて(建築構造), 坂上 修一, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 123, 126,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020585
  • 207 木造軸組構造物の弾塑性解析 : その2. 面材付き架構モデルについて(建築構造), 松本 慎也, 坂上 修一, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 127, 130,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020586
  • 209 木造多層塔における柱傾斜復元力の特性に関する研究(建築構造), 上田 晴信, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 135, 138,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020588
  • 251 ファイバーモデルによるRC構造物の弾塑性解析法(建築構造), 梅田 聡史, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 301, 304,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020630
  • 252 歪エネルギーを用いた建築骨組の弾塑性最適設計問題に関する研究 : その1. 歪エネルギーを用いた最適化問題の定式化(建築構造), 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 305, 308,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020631
  • 253 建築骨組の耐力最大化問題における最適解の特性 : 塑性ヒンジ法と極限解析法による解の比較(建築構造), 是石 晃, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 309, 312,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020632
  • 254 建築骨組の最適設計問題における解の特性に関する研究(建築構造), 村田 裕志, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 313, 316,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020633
  • 255 骨組膜構造の最適形態解析に関する研究(建築構造), 豊田 智秋, 松本 慎也, 藤谷 義信, 山田 裕義, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 317, 320,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020634
  • 256 限界耐力計算法による鋼構造骨組の最適設計に関する研究(建築構造), 張 金庫, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 321, 324,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020635
  • 257 軽量角型鋼管の大変形問題に関する研究(建築構造), 中井 博和, 松本 慎也, 藤谷 義信, 佐藤 公章, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 325, 328,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020636
  • 269 L形中空スラブの剛性評価およびひびわれ特性に関する研究 : その1 実験計画および概要について(建築構造), 新田 貴太男, 坂田 憲彦, 坂本 康一郎, 高山 直行, 池田 秀樹, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 373, 376,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020648
  • 270 L形中空スラブの剛性評価およびひびわれ特性に関する研究 : その2 実験結果について(建築構造), 坂田 憲彦, 坂本 康一郎, 高山 直行, 池田 秀樹, 松本 慎也, 藤谷 義信, 新田 貴太男, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 377, 380,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020649
  • 271 ハーフPC中空スラブの振動特性に関する研究(建築構造), 坂本 康一郎, 山本 利臣, 高山 直行, 松本 慎也, 坂田 憲彦, 藤谷 義信, 新田 貴太男, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 381, 384,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020650
  • 272 ボイドラーメン構造におけるスラブの振動特性に関する研究 : 間仕切り壁の影響(建築構造), 高山 直行, 坂田 憲彦, 坂本 康一郎, 鹿倉 潤二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 新田 貴太男, 日本建築学会中国支部研究報告集, 26, 385, 388,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020651
  • 20131 軽量角型鋼管骨組構造の応力・変形特性に関する研究, 中井 博和, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002, 261, 262,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003740287
  • 20136 せん断変形を考慮したファイバーモデルによる骨組構造物の弾塑性解析, 梅田 聡史, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002, 271, 272,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003740292
  • 20172 建築骨組の耐力最大化問題における最適解の傾向, 是石 晃, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002, 343, 344,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003740328
  • 20173 建築骨組の耐力最大化問題に対する最適化手法に関する研究, 豊田 智秋, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002, 345, 346,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003740329
  • 20176 歪エネルギーを評価関数に用いた構造骨組の最適設計について, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002, 351, 352,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003740332
  • 20177 限界耐力計算法による鋼構造骨組の最適設計に関する研究 : その 1 実設計例との比較, 張 金庫, 高山 直行, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002, 353, 354,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003740333
  • 20178 限界耐力計算法による鋼構造骨組の最適設計に関する研究 : その 2 階高とスパン数の影響について, 高山 直行, 張 金庫, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002, 355, 356,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003740334
  • 20189 粘弾性ダンパーを付加した伝統木造建築物の地震応答解析に関する研究 : (その 1)解析理論およびモデル化, 上田 晴信, 坂上 修一, 松本 慎也, 藤谷 義信, 野島 千里, 樫原 健一, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002, 377, 378,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003740345
  • 20190 粘弾性ダンパーを付加した伝統木造建築物の地震応答解析に関する研究 : (その 2)解析結果と考察, 坂上 修一, 上田 晴信, 松本 慎也, 藤谷 義信, 野島 千里, 樫原 健一, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002, 379, 380,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003740346
  • 22153 木造住宅瓦屋根の耐震性能に関する研究, 松本 慎也, 笹木 篤, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2002, 305, 306,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003741818
  • 23065 ボイドスラブの構造特性に関する研究 : その 1 静変形解析, 坂本 康一郎, 坂田 憲彦, 新田 貴太男, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2002, 129, 130,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003742295
  • 23066 ボイドスラブの構造特性に関する研究 : その 2 固有振動数について, 坂田 憲彦, 坂本 康一郎, 新田 貴太男, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2002, 131, 132,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003742296
  • 23067 ボイドスラブの構造特性に関する研究 : その 3 振動特性における境界条件のモデル化について, 新田 貴太男, 坂田 憲彦, 坂本 康一郎, 椴木 浩行, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2002, 133, 134,   2002年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003742297
  • ファイバーモデルによる立体骨組構造物の弾塑性解析に関する研究, 松本 慎也, 藤谷 義信, 計算工学講演会論文集, 7, 2, 647, 650,   2002年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015780872
  • 203 木造住宅瓦屋根の振動実験に関する研究, 松本 慎也, 小屋敷 孝行, 藤谷 義信, 笹木 篤, 山根 英昭, 日本建築学会中国支部研究報告集, 25, 93, 96,   2002年03月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003884370
  • 205 粘弾性ダンパーを付加した伝統木造建築物の地震応答解析に関する研究, 上田 晴信, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 25, 101, 104,   2002年03月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003884372
  • 222 ファイバーモデルを用いた構造物の地震応答に関する研究, 山本 利弘, 藤谷 義信, 松本 慎也, 船津 重信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 25, 169, 172,   2002年03月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003884389
  • 223 ファイバーモデルによるせん断変形を考慮した骨組構造物の弾塑性解析, 梅田 聡史, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 25, 173, 176,   2002年03月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003884390
  • 224 弾塑性特性を考慮した建築骨組の最適化手法に関する研究 : その1 数理計画法と変換法の比較, 豊田 智秋, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 25, 177, 180,   2002年03月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003884391
  • 225 弾塑性特性を考慮した建築骨組の最適化手法に関する研究 : その2.(ひずみエネルギーを用いた定式化), 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 25, 181, 184,   2002年03月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003884392
  • 226 半剛接合部を有する制振部材付き架構の最適設計に関する研究, 山東 篤, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 25, 185, 188,   2002年03月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003884393
  • 229 限界耐力計算法による鋼構造骨組の最適設計, 張 金庫, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 25, 197, 200,   2002年03月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003884396
  • 263 ボイドスラブの構造特性に関する研究 : その1 構造特性におけるモデル化について, 坂田 憲彦, 新田 貴太男, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 25, 333, 336,   2002年03月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003884430
  • 264 ボイドスラブの構造特性に関する研究 : その2 振動特性における境界条件のモデル化について, 新田 貴太男, 坂田 憲彦, 椴木 浩行, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 25, 337, 340,   2002年03月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003884431
  • 22093 伝統木造軸組の実大振動実験(その17) : バネ要素を有するはり要素による地震応答解析(伝統木造の振動,構造III), 野島 千里, 岩佐 裕一, 樫原 健一, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2001, 185, 186,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006563764
  • 20125 ファイバーモデルによる骨組の曲げ・ねじり変形解析(骨組解析,構造I), 梅田 聡史, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2001, 249, 250,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006565064
  • 20149 限界耐力計算法による建築骨組の最適設計(最適設計(1),構造I), 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2001, 297, 298,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006565112
  • 20157 逐次線形計画法による終局耐力を考慮した骨組の最適設計(最適設計(2),構造I), 豊田 智秋, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2001, 313, 314,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006565128
  • 20158 最適性規準法を用いた骨組の最適設計に関する研究(最適設計(2),構造I), 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2001, 315, 316,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006565130
  • 20178 トラス構造物の飛移り座屈に関する基礎的研究(限界状態力学,構造I), 山東 篤, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2001, 355, 356,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006565170
  • 248 ファイバーモデルによる骨組の弾塑性解析 : その1 曲げ・ねじり変形解析(建築構造), 梅田 聡史, 方 文宇, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 24, 209, 212,   2001年03月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020353
  • 250 終局耐力を考慮した骨組の最適設計に関する研究 : その1 逐次線形計画法(建築構造), 豊田 智秋, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 24, 217, 220,   2001年03月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020355
  • 251 終局耐力を考慮した骨組の最適設計に関する研究 : その2. 最適性規準法(建築構造), 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 24, 221, 224,   2001年03月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020356
  • 252 トラス構造物の形状最適化に関する研究(建築構造), 岡 栄治, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 24, 225, 228,   2001年03月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020357
  • 253 有限在庫部材による骨組構造の最適設計に関する研究(建築構造), 佃 久幸, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 24, 229, 232,   2001年03月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020358
  • 268 伝統木造建築物の地震応答解析に関する研究(建築構造), 松本 慎也, 野島 千里, 岩佐 裕一, 樫原 健一, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 24, 289, 292,   2001年03月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020373
  • 270 木質構造物の幾何学的非線形性に関する研究(建築構造), 山東 篤, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 24, 297, 300,   2001年03月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007020375
  • 半剛接合部を有する建築骨組の構造解析に関する研究(構造)(学位論文要旨), 松本 慎也, 建築雑誌. 建築年報, 2000,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003798144
  • 20137 ファイバーモデルによるはりのねじり変形解析, 方 文宇, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2000, 273, 274,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004220861
  • 20183 グランドストラクチャー法によるトラス構造の位相最適化, 岡 栄治, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2000, 365, 366,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004220907
  • 20186 鋼構造骨組の終局耐力最大化を目的とした最適設計, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2000, 371, 372,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004220910
  • 20187 半鋼接鉄骨建物の最小コスト解析, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2000, 373, 374,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004220911
  • 20188 建築骨組における半鋼接合部の最適配置設計, 山東 篤, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2000, 375, 376,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004220912
  • 20189 有限在庫部材を用いた建築物の最適設計, 佃 久幸, 松本 慎也, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2000, 377, 378,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004220913
  • 242 接合部のコストを考慮した半剛接建物の最小コスト設計(建築構造), 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 23, 169, 172,   2000年03月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006970478
  • 245 ファイバーモデルによるはりのねじり変形解析(建築構造), 土井 尚, 松本 慎也, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 23, 181, 184,   2000年03月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006970481
  • 246 材料非線形を考慮した骨組構造の最適解析(建築構造), 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 23, 185, 188,   2000年03月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006970482
  • 247 有限在庫部材を用いた建築物の最適設計(建築構造), 佃 久幸, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 23, 189, 192,   2000年03月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006970483
  • 接合部のコストを考慮した半剛接鉄骨建物の最小コスト解析, 松本 慎也, 春日 康博, 藤井 大地, 藤谷 義信, 日本建築学会構造系論文集, 528, 113, 119,   2000年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004091007
    概要:In this paper, an analysis method by computers based on optimum design of frames with semi-rigid connection is shown. This method evaluates the connection stiffness and the member sizes as design variables. The discrete member sizes are evaluated by referring to the database system as continuous function. The optimization algorithm minimizes the cost of not only members but also the connections of the structure subjected to constraints on stresses and displacements under specified design loads. Four examples are presented to illustrate features of this optimization method.
  • 20156 ファイバーモデルを用いた骨組構造解析法の基礎的研究, 土井 尚, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1999, 311, 312,   1999年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004217675
  • 20166 材端に変形集中部を持つはりモデルに関する考察, 平田 裕一, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1999, 331, 332,   1999年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004217685
  • 20167 半剛接鉄骨建物の最小重量設計 : その1.数理計画法による半剛接合部の剛性評価, 松本 慎也, 春日 康博, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1999, 333, 334,   1999年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004217686
  • 20168 半剛接鉄骨建物の最小重量設計 : その2.遺伝的アルゴリズムによる半剛接合部の最適配置問題, 佃 久幸, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1999, 335, 336,   1999年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004217687
  • 20171 終局耐力を目的関数とする平面骨組の最適化問題, 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1999, 341, 342,   1999年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004217690
  • 静的縮約法を利用した半剛接合部を有する骨組の動的解析法, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 計算工学講演会論文集, 2, 3, 975, 978,   1999年05月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016698970
  • (31)鉄骨骨組構造の最小重量設計における局所解の一例, 松本 慎也, 荒井 宏, 春日 康博, 平田 裕一, 山本 憲司, 藤井 大地, 藤谷 義信, 構造工学論文集. B, 45, 249, 258,   1999年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009705478
    概要:In this paper, the method of the optimal design for plane steel frame structures is presented. The sectional areas are automatically selected so as to be a minimum weight frame under the restraint conditions of the limited angle between the layers and the allowable stress in the composed members. In the present method, the sensitivity coefficients are numerically calculated by the finite difference method and the actual members on the market are selected by using the error functions between the obtained numerical solution and the discrete actual sectional properties of members. The interesting optimal solutions, which have the three local solutions, are obtained in an example of the plane steel frame with 5 floors and 3 spans.
  • 230 ファイバーモデルによる骨組の弾塑性解析法に関する研究(建築構造), 土井 尚, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 22, 141, 144,   1999年03月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006970320
  • 233 終局耐力を考慮した平面骨組における断面の最適化問題(建築構造), 藤原 亮二, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 22, 153, 156,   1999年03月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006970323
  • 250 はりせいを制約した鉄骨骨組構造の最小重量設計(建築構造), 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 22, 221, 224,   1999年03月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006970340
  • 20218 遺伝的アルゴリズムによる半剛接合部の最適配置問題, 松本 慎也, 上杉 義則, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1998, 435, 436,   1998年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004215458
  • 20227 剛性劣化を有する質点系の動的応答解析, 土井 尚, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤田 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1998, 453, 454,   1998年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004215467
  • 21141 有限要素法による地盤改良体を有する地盤の動的解析, 國光 修五, 松本 慎也, 藤井 大地, 吉田 長行, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1998, 281, 282,   1998年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004215926
  • 半剛接鉄骨造建物の最適設計 : その2. 遺伝的アルゴリズムによる半剛接合部の最適配置計画, 松本 慎也, 上杉 義則, 藤井 大地, 藤谷 義信, 計算工学講演会論文集, 3, 2, 645, 648,   1998年05月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016698012
  • 223 地盤改良体が建物の動的特性に及ぼす効果に関する研究(建築構造), 松本 慎也, 藤井 大地, 吉田 長行, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 21, 101, 104,   1998年03月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006970156
  • 240 半剛接合部を有する骨組の弾塑性地震応答解析 : 接合部の剛性と減衰を考慮した半剛接骨組要素の開発と精度について(建築構造), 松本 慎也, 日本建築学会中国支部研究報告集, 21, 169, 172,   1998年03月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006970173
  • 20183 静的縮約法を利用した半剛接骨組の動的解析法に関する一考察, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1997, 3, 365, 366,   1997年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004212534
  • 22186 半剛接合部を有する骨組の弾塑性解析 : その3 層数とスパン数に関する検討, 上杉 義則, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1997, 371, 372,   1997年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004213603
  • 半剛接合部を有する骨組の静的弾塑性特性(建築構造B), 上杉 義則, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 20, 97, 100,   1997年03月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006969993
  • 半剛接合部を有する骨組の弾塑性地震応答特性(建築構造B), 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 日本建築学会中国支部研究報告集, 20, 101, 104,   1997年03月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006969994
  • 22284 半剛接合部を有する骨組の弾塑性解析 : その1 静変形解析, 上杉 義則, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1996, 567, 568,   1996年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004210723
  • 22285 半剛接合部を有する骨組の弾塑性解析 : その2 地震応答解析, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 野中 哲也, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1996, 569, 570,   1996年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004210724
  • 247 半剛接合部を有する骨組の弾塑性地震応答解析(構造), 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 日本建築学会研究報告. 中国・九州支部. 1, 構造系, 10, 357, 360,   1996年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007603761
  • 半剛接鉄骨造建物の最適設計(その2.遺伝的アルゴルズムによる半剛接合部の最適配置計画), 計算工学講演会論文集, 3, 2, 645, 648,   1998年
  • 鉄骨建物の梁成を制約した最小重量解の一考察その2.半剛接鉄骨建物の最小重量設計, 松本 慎也, 春日 康博, 荒井 宏, 計算工学会講演会論文集, 第4巻, No.1, 13, 16,   1999年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005127850
  • 20160 有限要素法による半剛接接合部を有する骨組の一解法 : その1 静変形解析, 井上 剛史, 松本 慎也, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1995, 319, 320,   1995年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004206331
  • 20161 有限要素法による半剛接接合部を有する骨組の一解法 : その2 固有振動解析, 松本 慎也, 井上 剛史, 藤井 大地, 藤谷 義信, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1995, 321, 322,   1995年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004206332
  • 静的縮的法を利用した半剛接合部を有する骨組の動的解析法, 計算工学講演会論文集, 2, 3, 975, 978,   1997年
  • 静的縮約法を利用した半剛接骨組の動的解析法に関する一考察, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 構造I, B-1, 365, 366,   1997年
  • 半剛接合部を有する骨組の弾塑性解析 その2地震応答解析, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 構造III, C-1, 569, 570,   1996年
  • Elasto-plastic earthquake response analysis of framed structure with semi-rigid connections, International Scientific Conference, Challenges to Civil and Mechanical Engineering in 2000 and beyond, Technical University of Wroclaw Institute of Building Engineering, 2, 405, 414,   1997年
  • 半剛接合部を有する骨組の弾塑性地震応答特性, 日本建築学会中国支部研究報告集, 20, 101, 104,   1997年
  • 有限要素法による半剛接接合部を有する骨組の一解法(その2 固有振動解析), 日本建築学会大会学術講演梗概集, 構造I, B-1, 321, 322,   1995年
  • はりせいを制約した鉄骨骨組構造の最小重量設計, 日本建築学会中国支部研究報告集, 22, 221, 224,   1999年
  • 遺伝的アルゴリズムによる半剛接合部の最適配置問題, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 構造I, B-1, 435, 436,   1998年
  • 半剛接鉄骨建物の最小重量設計 その1.数理計画法による半剛接合部の剛性評価, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 構造I, B-1, 333, 334,   1999年
  • 半剛接鉄骨建物の最小コスト解析, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 構造I, B-1, 373, 374,   2000年
  • 端部に変形集中部を持つ鋼構造はりモデルに関する研究, 鋼構造年次論文報告集, 第7巻, 419, 426,   1999年
  • 鉄骨骨組構造の最小重量設計における局所解の一例, 構造工学論文集, Vol.45B, 249, 258,   1999年
  • 地盤と建物の動的相互作用に及ぼす地盤改良の効果, 第10回日本地震工学シンポジウム論文集, 1855, 1860,   1998年
  • 薄板組立構造を用いた太陽電池アレイ搭載型建築外装システムの開発, 松本 慎也, 山田 裕義 山下  粛 山口 善徳 , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 4, 77, 85,   2013年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019747772
  • 半剛接合部を有する骨組の弾塑性地震応答解析, 鋼構造年次論文報告集, 第4巻, 339, 346,   1996年
  • 終局耐力最大化を目的とした鋼構造骨組の最適設計, 鋼構造年次論文報告集, 第8巻, 373, 378,   2000年
  • 地盤改良体が建物の動的特性に及ぼす効果に関する研究, 日本建築学会中国支部研究報告集, 21, 101, 104,   1998年
  • 半剛接合部を有する骨組の弾塑性地震応答解析(接合部の剛性と減衰を考慮した半剛接骨組要素の開発と精度について), 日本建築学会中国支部研究報告集, 21, 169, 172,   1998年
  • 接合部のコストを考慮した半剛接鉄骨骨組の最小コスト解析, 日本建築学会構造系論文集, 528, 113, 119,   2000年
  • 限界耐力計算法による鋼構造骨組の最適設計, 鋼構造年次論文報告集, 第9巻, 213, 218,   2001年
  • 半剛接合部を有する骨組の弾塑性解析 その1静変形解析, 日本建築学会大学学術講演梗概集, 構造III, C-1, 567, 568,   1996年

受賞

  • コンクリート工学講演会年次論文奨励賞(2007年7月13日)

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 軽量角形鋼管による耐震天井構造の開発, 松本 慎也
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(A)), 繊維補強樹脂を用いた高強度高靭性木質構造耐力要素の開発, 松本 慎也, 本年度は,前年度から引き続き実施中の屋外暴露試験の最終実験を実施した。その結果,母材木材に集成材(オウシュウカラマツE105-F300)を用いた試験体では,屋外暴露期間12か月経過に対する単位幅あたりのFRPと木材のせん断接着耐力は初期性能とほぼ同じ4kN/cm程度であり,12か月間の屋外暴露に対してFRPの接着耐力の劣化はほとんど生じないことが確認された。また本年度は,昨年度の接合部要素実験結果を踏まえ,ボルトとFRP貼り付け方法に改良を加えた接合部試験体を作成し,柱脚接合部に対する仕様(I型試験体)と,柱勝とした柱梁接合部に対する仕様(T型試験体)および梁勝とした柱梁接合部に対する仕様(L型試験体)の3種類の加力実験を実施し,各接合部におけるFRPの耐力性能を確認した。これらの試験ではいずれも直交構面の梁を取り付けるための梁受け金物による断面欠損の影響を考慮した。本年度の接合部要素実験結果の概要は次に示す通りである。I型試験体:曲げ耐力 FRP無89.2kNm,FRP有105.2kNm,初期剛性 FRP無8132kNm/rad,FRP有10052kNm/radT型試験体:曲げ耐力 FRP無91.1kNm,FRP有110.0kNm,初期剛性 FRP無4340kNm/rad,FRP有5180kNm/radL型試験体:曲げ耐力 FRP無70.4kNm,FRP有96.9kNm,初期剛性 FRP無2452kNm/rad,FRP有5308kNm/radまた,本実験における接合部仕様の耐力特性を用いた弾塑性解析を実施し,階高3m,スパン6mとした2層1スパンの木質ラーメン骨組架構に本仕様を適用した際の保有水平耐力を求めると,FRP無に対しFRP有の架構では約1.6倍の耐力特性となることが示された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 紫外線硬化型FRPによる既存木造住宅の耐震補強工法の開発, 松本 慎也, 本研究は,戸建て木造住宅に対する施工性を重視した新しい耐震補強技術を開発することを目的として実施するものである。補強材としては,紫外線の照射を受けることで硬化が開始する繊維補強樹脂(FRP)に着目し,この紫外線硬化型FRPシートを用いて施工性にすぐれた既存木造住宅の耐震補強工法の開発を行った。その結果,筋かい軸組耐力壁の要素耐力(壁強さ倍率)を目標値としていた4.0(kN/m)以上となる補強仕様を実現することができた。