KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

徐 方啓ジョ ホウケイ

プロフィール

所属部署名経営学部 経営学科 / 商学研究科 / 経営イノベーション研究所
職名教授/近畿大学経営イノベーション研究所所長
学位博士(知識科学)
専門経営学(創造的経営とイノベーション)
ジャンル経営・産業/経営
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/93-jo-houkei.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    日中企業の経営比較を研究しています。特にハイアール、レノボ、ファーウェイなど中国発グローバル企業に詳しいです。企業における創造性開発についても研究しています。日本創造学会会長。

学歴・経歴

学歴

  • 2002年04月 - 2004年03月, 北陸先端科学技術大学院大学, 知識科学研究科
  • 2000年04月 - 2002年03月, 日本大学大学院, グローバルビジネス研究科
  • 1993年04月 - 1997年03月, 日本大学, 経済学部, 産業経営学科

研究活動情報

研究分野

  • 経営学, 経営学, 創造的経営、イノベーション、日中企業の経営比較、創造教育

研究キーワード

  • 創造的経営, イノベーション, 経営比較, 中国企業, 創造教育

論文

  • A Case Study of DJI, the Top Drone Maker in the World, 徐 方啓, Kindai Management Review, Vol.5, 97, 104,   2017年04月, 査読有り
  • The SWOT Analysis of Japnese Innovation, 徐 方啓, 社会経済發展研究, 3, 2, 58, 65,   2015年06月
  • スマホチャレンジャーの競争戦略―小米のケース, 徐 方啓, 3, 90, 99,   2015年04月, 査読有り
  • 欧米日中における創造教育の文献に関する歴史的考察, 徐 方啓, 日本創造学会論文誌, 18, 23, 34,   2015年03月, 査読有り
  • 日本的イノベーションの強みと弱み, 徐 方啓, 2, 97, 105,   2014年03月, 査読有り
  • 日本におけるクリエイティブ産業について, 徐 方啓, 社会経済発展研究, 1, 2, 114, 119,   2013年07月
  • 日本におけるクリエイティブ産業について, 徐 方啓, 2013マカオ国際文化創意産業フォーラム論文集, 8, 12,   2013年04月
  • イノベーションの構造, 徐 方啓、ウィリアム・R・ナシュ, 1, 110, 117,   2013年02月, 査読有り
  • 華為技術の創造的経営とイノベーション, 徐 方啓, 第11回国際アントプレナーシップフォーラム論文集, 495, 511,   2012年09月, 査読有り
  • ワハハグループのマネジメントイノベーション, 徐 方啓、ウィリアム・R・ナシュ, 第12回ヨーロッパ創造性とイノベーション会議論文集, 158, 168,   2011年11月, 査読有り
  • ベルトコンベアとの決別, 徐 方啓, 企業管理, 358, 7, 9,   2011年06月
  • 資生堂:百年老舗の中国市場戦略, 徐 方啓, 企業管理, 346, 46, 48,   2010年06月
  • 稲毛詛風の『創造性教育論』と中国での評価, 徐 方啓, 日本創造学会論文誌, 13, 90, 101,   2010年01月, 査読有り
  • 創意・創業・創新教育を内包とする大学創造教育の新しい発展, 徐 方啓, 2008中国大学創造教育フォーラム論文集, 342, 346,   2009年05月, 査読有り
  • 堀場製作所:強い企業の見本, 徐 方啓, 企業管理, 330, 50, 53,   2009年02月
  • ソニーの成功と失敗, 徐 方啓, 企業管理, 321, 59, 62,   2008年05月
  • 危機から甦た松下, 徐 方啓, 企業管理, 320, 34, 37,   2008年04月
  • アメリカ有名大学における創造性コース, 徐 方啓, 中国学際科学, 2, 1, 88, 96,   2008年01月
  • 創造経営学:創造性研究と経営学研究の必然的融合, 徐 方啓、チュドー・リカーズ, Creativity and Innovation Management, 16, 3, 216, 228,   2007年09月, 査読有り
  • ホンダの同軸多角化, 徐 方啓, 企業管理, 312, 56, 58,   2007年08月
  • 日中創造性開発の比較研究, 徐 方啓, アジア創造性開発会議論文集, 48, 60,   2007年05月
  • 創造経営学:創造学と経営学の融合, 徐 方啓, 2006国際創造学シンポジウム論文集, 59, 63,   2006年08月, 査読有り
  • 創造経営学の確立を目指す提案, 徐 方啓, 日本創造学会論文誌, 9, 111, 123,   2005年12月, 査読有り
  • 主要国家の大学における創造性コースに関する考察, 徐 方啓、ジンニ・マックドンネル、ウィリアム・ネシュ, 創造的行動雑誌, 39, 2, 75, 88,   2005年06月, 査読有り
  • 日中企業における創造性開発の比較研究, 徐 方啓、國藤 進, Cross-Cultural Innovation, 275, 288,   2005年02月, 査読有り
  • 属性分析法をベースにする創造的思考サポートシステムに関する研究, 王 凱軍、徐 方啓、國藤 進, 2004 国際創造学シンポジウム論文集, 29, 46,   2004年07月, 査読有り
  • 日本企業競争力の源泉, 徐 方啓, 2004国際創造学シンポジウム論文集, 225, 242,   2004年07月, 査読有り
  • 日中企業における創造性開発の比較研究, 徐 方啓, 北陸先端科学技術大学院大学, 1, 212,   2004年03月, 査読有り
  • 日中企業における創造性開発の比較研究, 徐 方啓、國藤 進, 日本創造学会論文誌, 7, 47, 60,   2003年12月, 査読有り
  • 日米欧大学における創造性コースに関する考察, 徐 方啓, 2002国際創造学シンポジウム論文集, 117, 137,   2003年10月, 査読有り
  • 主要国家の大学における創造性開発コースに関する考察, 徐 方啓, 日本創造学会論文誌, 6, 18, 31,   2002年12月, 査読有り
  • 「ユニクロ」の成功から見たベンチャーの競争戦略, 徐 方啓, 日本大学大学院, 1, 62,   2002年03月, 査読有り
  • 起業教育と創造教育, 徐 方啓, 日本創造学会論文誌, 5, 111, 121,   2001年12月, 査読有り
  • 創造教育の研究, 徐 方啓, 日本創造学会論文誌, 3, 85, 94,   1999年12月, 査読有り
  • 新商品開発におけるVEと創造性, 徐 方啓, 国際VEと企業の技術イノベーション会議論文集, 37, 43,   1999年05月, 査読有り
  • ヨーロッパにおける創造性研究に関する新しい考察, 徐 方啓, 日本創造学会論文誌, 2, 84, 93,   1998年10月, 査読有り
  • 創造性研究に関する一考察, 徐 方啓, 創造性とイノベーションマネジメント, 6, 4, 249, 253,   1997年10月
  • 研究開発者の創造力開発, 徐 方啓, 継続工程教育, 3, 25, 27,   1987年07月
  • 創造力開発と創造技法, 徐 方啓, 復旦教育, 1, 1, 71, 74,   1987年01月
  • 外国创造学家论创造型教师, 徐 方啓, 上海教育, 3, 29, 30,   1985年03月

書籍等出版物

  • 異文化の創造性、イノベーションと起業家精神, 徐 方啓, 分担執筆, 第5章 グループの創造性と個人の創造性―日本人と中国人の創造性の差異―, スプリンガー,   2016年01月, 978-1-4939-3260-3
    概要:Any group consists of individuals. Once a person becomes a member of a group, however, his/her creativity will get affected under the influence of the social and cultural environment. This chapter compares and discusses individual and group creativity in China and Japan.
  • 中国発グローバル企業の実像, 徐 方啓, 単著, 千倉書房,   2015年12月, 978-4-8051-1075-1
  • 世界を制覇した最強経営, 野中郁次郎、徐 方啓、金 顕哲, 共著, 中国企業の部分と鼎談, 韓国・マネプラス社,   2014年07月, 978-89-91113-80-0(13320)
  • 亜洲企業正在征服全世界, 野中郁次郎、徐 方啓、金顕哲, 共著, 中国企業の部分と鼎談, 台湾・商業周刊,   2014年10月, 978-986-6032-72-1
  • 東アジアアントプレナーシップハンドブック, 徐 方啓, ウイリアム・R・ナシュ, 分担執筆, 宗慶後とワハハグループ, ロッテレジ,   2014年10月, 978-0-415-74323-5
    概要:The Wahaha Group is the number one maker of soft drinks in China and was founded by Zong Qinghou in 1987. Wahaha did not have any capital for business registration at the time. Thus, they borrowed 140,000 RMB (about US$22,000) from the local government agency for registration and started their business of consignment sale. The main goods were notebooks, pencils, and ice-lollies. The Wahaha Group has experienced prodigious expansion and reported a sales volume of 63.6 billion RMB (US$10.09 billion) in 2012 and continuously kept its position in China. How did the company achieve its growth so rapidly? This chapter attempts to answer that question and was written based on literature research and an interview with Zong. The authors conclude and explain Wahaha's success from the perspective of management innovation, including innovations of product development, marketing, and management methods.
  • アジア最強の経営を考える―――世界を席巻する日中韓企業の戦い方, 野中 郁次郎, 徐 方啓, 金 顕哲, 共著, ダイヤモンド社,   2013年08月30日, 4478022917
  • 組織的知識への展開, 徐 方啓, 分担執筆, 第3章 野中郁次郎の知識創造理論の形成と発展, パルグラブ・マクミラン,   2013年08月, 978-1-137-02495-4
    概要:How did Ikujiro Nonaka's Knowledge Creation Theory (hereafter referred to as Nonaka Theory) form and develop? This chapter focuses on the trajectory of Nonaka Theory with a view to answering this question.
  • 勃興するアジアと日中関係, 徐 方啓, 分担執筆, 第7章 中国発グローバル企業の実像, 桜美林大学北東アジア総合研究所,   2013年07月, 978-4-904794-35-7
  • 創造性、発明、イノベーションとアントプレナーシップ事典, 徐 方啓, 分担執筆, 創造経営学, スプリンガー,   2013年06月, 978-1-4614-3857-1
  • ロッテレジ国際イノベーション教育ハンドブック, 徐 方啓, 分担執筆, 第10章 新しい創造教育, ロッテレジ,   2013年05月, 978-0-415-68221-3
    概要:In recent years, innovation became a hot issue around the world. A variety of new words--such as social innovation, open innovation, just to mention a few--were born one after another. But many of them have not a clear concept. Without exception, innovative education is one of them. In this chapter I will first of all explain what innovative education is. Then I will explain its content by comparing it with creative education and entrepreneurial education. Creative education is not a new concept. It has a long history over half a century. However, academic research and practical activities are mainly aimed at the development of creative thinking so far. Nevertheless, it is not enough, because it does not link to entrepreneurship and innovation. So, I proposed a new creative education which including creative thinking, entrepreneurial education, and innovative education. creative personality.
  • 創造性研究のあゆみ―日本創造学会30年誌, 徐 方啓, 分担執筆, 第5章「創造性国際会議情報」(17ページ)と第8章「私の研究最前線」(3ページ), 日本創造学会,   2008年10月, 978-4-9904274-0-5
  • 柳傳志―聯想(レノボ)をつくった男, 徐 方啓, 単著, ナカニシヤ出版,   2007年01月, 978-4-7795-0125-8
  • 国際創造学シンポジウム論文集, 徐 方啓, 共編者, 中国科学技術出版社,   2006年06月, 7-5046-4479-X
  • 日中企業の経営比較, 徐 方啓, 単著, ナカニシヤ出版,   2006年02月, 4-7795-0028-1
  • 世界の創造性教育, 徐 方啓, 分担執筆, 第2章 中国の創造性教育, ナカニシヤ出版,   2005年10月, 4-88848-936-X
  • 異文化間のイノベーション, 徐 方啓, 分担執筆, pp.275-288,   2005年02月, 3-8244-0739-6
  • 国際創造学学術討論会論文集, 徐 方啓, 共編者, 合計76ページ, 中国・東華大学出版社,   2003年10月, 7-81038-700-6/N・06
  • 異分野・異文化の交流と創造性, 徐 方啓, 分担執筆, Ⅶ 外国語授業における創造性と異文化教育, 共立出版,   1994年02月, 4-320-00886-3
  • 「驚き」から「閃き」へ, 徐 方啓, 分担執筆, Ⅸ アメリカにおける創造性研究に関する考察, 共立出版,   1992年09月, 4-320-00883-9
  • 創造的なイメージ, 徐 方啓, 分担執筆, Ⅲ-1 創造性研究の難易, 共立出版,   1991年03月, 4-320-00874-X
  • 狼孩恩讐, 徐 方啓, 単訳, 中国・湖南少年児童出版社,   1987年11月, 7-5358-0148-X/I・32
  • 日本の科学者と創造性, 徐 方啓, 分担執筆, V-Ⅱ-3 創造性に関する一考察, 共立出版,   1987年11月, 4-320-00859-6

講演・口頭発表等

  • 中国における自転車シェアサービスから見た社会のイノベーション, 徐 方啓, 日本創造学会第39回研究大会,   2017年09月10日
  • 社会イノベーションについての一考察―配車サービスと自転車シェアリングを中心にして―, 徐 方啓, 日本創造学会西日本支部第2回研究報告会,   2017年06月03日
  • The New Trend of Chinese Venture, 徐 方啓, 第15回国際アントプレナーシップフォーラム(IEF)会議,   2016年12月15日
  • 中国発ベンチャーの新しい動向―世界一ドローンメーカーDJIの事例研究―, 徐 方啓, 日本ベンチャー学会第19回全国大会,   2016年12月04日
  • 創造経営と創新管理, 徐 方啓, 日本創造学会第38回研究大会,   2016年11月05日
  • ドローンが飛んできた―世界No.1ドローンメーカーDJIの事例研究, 徐 方啓, 近畿大学経営イノベーション研究所第14回研究報告会,   2016年07月20日
  • ウォークマンはどんなことでiPodに負けたのか, 徐 方啓, 日本創造学会西日本支部第1回研究発表会,   2016年06月04日
  • プロダクトイノベーションvs.ビジネスモデルイノベーション:ウォークマンとIpodの事例, 徐 方啓, 宗吉秀樹, The 4th International Conference,   2016年04月28日, ライアソン大学テド・ロージャースマネジメントスクール
  • 中国スマホベンチャーの競争戦略―急成長の小米科技の事例研究―, 徐 方啓, 日本ベンチャー学会第18回全国大会,   2015年10月31日, 日本ベンチャー学会
    概要: ここ数年間、世界の携帯電話市場は激変している。スマホ時代に入ると、かつての覇者ノキアは急に姿を消した。モトローラは身売りをした。ガラケと揶揄されている日本勢も国際競争力を失い、国内市場に戻り延命を求めている。代わりに、中国勢の台頭が目立ち、すでにサムスンとアップルのシェアを侵食しつつある。その代表格は小未科技である。本稿は小米科技の歴史を踏まえたうえで、その競争戦略を明らかにする。
  • 小米のビジネスモデルのイノベーション, 徐 方啓, 日本創造学会第37回研究大会,   2015年10月04日
  • 日本人はいかにしてグループ創造性を育成するのか, 徐 方啓, 経営における感性と創造性国際会議,   2015年04月25日, ESADEビジネススクール
  • 中国最強の経営を考える, 徐 方啓, (株)綜研化学役員勉強会,   2015年02月23日, 招待有り
  • 三一重工の第三次創業, 徐 方啓, 日本ベンチャー学会第17回全国大会,   2014年11月29日
  • 合格する中国大学生になる, 徐 方啓, 常州大学懐徳学院講演会,   2014年11月04日, 招待有り
  • 欧米日中における創造教育の文献に関する歴史的考察, 徐 方啓, 日本創造学会第36回研究大会論文集,   2014年10月26日
  • 中国企業のイノベーション, 徐 方啓, 日本知的資産経営学会第3回研究年次大会,   2014年08月03日
  • 中国最強の経営を考える, 徐 方啓, 日本機械輸出組合平成25年度第4回「機械産業国際競争力委員会」,   2014年01月14日, 招待有り
  • 『アジア最強の経営を考える』に関連した中国最強企業の経営, 徐 方啓, 日本ナレッジ・マネジメント学会第25回研究会,   2013年11月01日, 招待有り
  • 「クール・ジャパン」と日本創造学会の社会的役割, 徐 方啓, 日本創造学会第35回研究大会,   2013年10月27日
  • アジア最強の経営を考える, 野中郁次郎・徐方啓・金顕哲, ダイヤモンド著者セミナー,   2013年10月15日, 招待有り
  • 日本のクリエイティブ産業について, 徐 方啓, 12回国際アントプレナーシップフォーラム,   2013年09月06日
  • 日本創意産業之概観, 徐 方啓, 2013マカオ国際文化産業フォーラム,   2013年04月13日, 招待有り
  • 中国発グローバル企業の実像, 徐 方啓, 神戸社会人大学「日中関係講座」,   2012年10月23日, 招待有り
  • 野中郁次郎の知識創造理論の形成と発展, 徐 方啓, 日本創造学会第34回研究大会,   2012年10月21日
  • 華為技術の創造的経営とイノベーション, 徐 方啓, 第11回国際アントプレナーシップフォーラム,   2012年09月05日
  • 中国発グローバル企業の実像, 徐 方啓, 日中産学官交流機構第74回中国セミナー,   2012年08月27日, 招待有り
  • 中国発グローバル企業の実像, 徐 方啓, 駿河台大学経済研究所第40回講演会,   2012年06月18日, 招待有り
  • 中国発グローバル企業の実像, 徐 方啓, 北陸先端科学技術大学院大学東京サテライト講演会,   2012年03月15日, 招待有り
  • 蘇寧電器の日本進出, 徐 方啓, 日本ベンチャー学会第14回全国大会,   2011年11月27日
  • 中国的イノベーションの成功と失敗, 徐 方啓, 日本創造学会第33回研究大会,   2011年10月09日
  • ワハハグループの経営イノベーション, 徐 方啓, 第12回ヨーロッパ創造性とイノベーション会議,   2011年09月16日
  • 日本的イノベーションの強みと弱み, 徐 方啓, 第7回グローバル製造と中国国際会議,   2011年05月04日
  • ワハハグループの経営イノベーション, 徐 方啓, 日本ベンチャー学会第13回全国大会,   2010年11月20日
  • 稲毛詛風の創造教育観とその中国への影響, 徐 方啓, 日本創造学会第31回研究大会,   2009年10月18日
  • イノベーションの構造, 徐 方啓, 第9回国際アントプレナーシップフォーラム,   2009年09月17日
  • 日本の大学生の就職活動, 徐 方啓, 中国・江蘇協業大学経済管理学部講演会,   2009年03月25日, 招待有り
  • 創造教育と創造経営学について, 徐 方啓, 中国・安徽工業大学管理科学とエンジニアリング学部講演会,   2009年03月19日, 招待有り
  • 知識創造理論と創造経営学の構想について, 徐 方啓, 日本創造学会第5回創造性研究会,   2008年12月13日, 招待有り
  • 創意・創業・創新を含む大学創造正教育の新しい展開, 徐 方啓, 2008 中国大学創造性教育フォーラム,   2008年10月27日
  • 中国の農村発VBの発展, 徐 方啓, LCA大学院大学講演会,   2008年06月14日, 招待有り
  • 日本的创造学研究与创造教育, 徐 方啓, 中国・大連理工大学人文社会科学学部講演会,   2008年01月11日, 招待有り
  • 野中郁次郎の知識創造理論について, 徐 方啓, 中国・瀋陽師範大学講演会,   2008年01月09日, 招待有り
  • 企業における創造的経営に関する日中比較, 徐 方啓, 中国・東北大学文法学院講演会,   2008年01月08日, 招待有り
  • 全面創新管理, 徐 方啓, 中国・南京汽車集団研修センター上級管理職研修会,   2007年12月08日, 招待有り
  • 中国新産業のスパイラル的拡大, 徐 方啓, 日本ベンチャー学会第10回全国大会,   2007年11月18日, 招待有り
  • レノボを中心とする中国の研究機関発ハイテクベンチャー, 徐 方啓, 光産業創生大学院大学講演会,   2007年11月07日, 招待有り
  • 知識科学と創造経営学, 徐 方啓, 第2回国際知識。情報と創造性サポートシステム会議,   2007年11月05日, 招待有り
  • 企業のイノベーションと創造的経営, 徐 方啓, 中国江苏省陶瓷学会年会,   2007年10月23日, 招待有り
  • 創造経営学の狙いとは, 徐 方啓, 第10回ヨーロッパ創造性とイノベーション会議,   2007年10月15日
  • 戦略への日中アプローチ研究をベースにする認知プロセス, 加瀬公文、徐 方啓、高垣行男、張 インイン, 第7回国際アントプレナーシップフォーラム,   2007年08月31日
  • 中日創造学の比較および研究の心得, 徐 方啓, 中国・江蘇工業大学法政学部講演会,   2007年06月05日, 招待有り
  • 新しい時代の創造教育, 徐 方啓, 中国・民盟常州市委講演会,   2007年05月30日, 招待有り
  • 日中創造性開発の比較, 徐 方啓, アジア創造性開発会議,   2007年05月25日, 招待有り
  • 創造的/革新的ビジネスリーダーについて, 徐 方啓, GEアジア創造的リーダーシップ開発プログラム,   2007年05月18日, 招待有り
  • 柳傳志の知られざる素顔に迫る, 徐 方啓, 実践経営学会第121回事例研究会,   2007年03月16日, 招待有り
  • 日中企業の経営比較, 徐 方啓, 綜研化学株式会社役員セミナー,   2007年02月20日, 招待有り
  • レノボについて, 徐 方啓, 日本・スペインビジネス研究会,   2007年01月23日
  • 創造教育は幼稚園から始めよう, 徐 方啓, 中国・南通大学教育学部学術討論会,   2006年11月25日, 招待有り
  • 創造経営学:創造学与経営学的必然結合, 徐 方啓, 北京国際創造学学術討論会,   2006年08月23日
  • 日中企業の経営比較―その理論と事例, 徐 方啓, 第6回日中産業教育会議,   2006年03月27日, 招待有り
  • 日中企業の経営比較―その理論と事例, 徐 方啓, 経済産業研究所セミナー,   2006年03月02日, 招待有り
  • イノベーションの構造と創造性, 徐 方啓, 日本創造学会第27回研究大会,   2005年10月30日
  • 日中大学発ベンチャーに関する比較研究, 徐 方啓, 研究・技術計画学会第20回年次学術大会,   2005年10月22日
  • 中国の経済発展における科学技術振興計画の役割, 徐 方啓, 研究・技術計画学会,   2005年10月22日
  • 『老子』新説―中国古典からの創造的発想, 徐 方啓, 日本創造学会第26回研究大会,   2004年10月16日
  • 聯想グループの事例研究, 徐 方啓, 日本ベンチャー学会第6回全国大会,   2003年11月30日
  • ハイアールの人的資源開発, 徐 方啓, 研究・技術計画学会第18回年次学術大会,   2003年11月07日
  • 事象属性分析に基づく創造技法提案に関する一考察, 王 凱軍、徐 方啓、國藤 進, 日本創造学会第25回研究大会,   2003年10月05日
  • 企業競争力に関する日中比較研究(その2), 徐 方啓, 日本創造学会第25回研究大会,   2003年10月05日
  • 企業競争力に関する日中比較研究(その1), 徐 方啓, 日本創造学会第25回研究大会,   2003年10月05日
  • 日中企業における創造性開発の比較研究, 徐 方啓, 第8回ヨーロッパ創造性とイノベーション会議,   2003年09月05日
  • リストラに頼る会社は生き残れるのか, 徐 方啓, 研究・技術計画学会第17回年次学術大会,   2002年10月26日
  • 野中理論をベースにする組織的知識創造に関する研究(その2), 徐 方啓, 日本創造学会第24回研究大会,   2002年09月29日
  • 野中理論をベースにする組織的知識創造に関する研究(その1), 徐 方啓, 日本創造学会第24回研究大会,   2002年09月29日
  • 主要国家の大学における創造性コースに関する考察, 徐 方啓, 第1回上海国際創造学会議,   2002年08月18日
  • 中国の大学における創新教育, 徐 方啓, 日本創造学会第23回研究大会,   2001年11月04日
  • 英才教育の必要性と可能性, 徐 方啓, 日本創造学会第23回研究大会,   2001年11月04日
  • 起業教育と創造教育, 徐 方啓, 日本創造学会第22回研究大会,   2000年10月01日
  • 創造型ベンチャービジネス、ファロアー型ベンチャービジネおよびフランチャイズ型ベンチャービジネスの経営比較, 徐 方啓, 日本創造学会第22回研究大会,   2000年10月01日
  • 日本の教育を考える, 徐 方啓, 日本創造学会第22回研究大会,   2000年10月01日
  • KJ法の世界での影響, 徐 方啓, 第23回KJ法学会,   1999年10月03日, 招待有り
  • 中国における創造性研究の新しい動向, 徐 方啓, 日本創造学会第21回研究大会,   1999年09月25日
  • カナダにおける創造性研究に関する考察, 徐 方啓, 日本創造学会第21回研究大会,   1999年09月25日
  • 新商品開発における価値工学と創造性, 徐 方啓, 国際価値工学と技術イノベーション会議,   1999年05月10日, 中国企業管理協会価値工学研究会、「価値工学」雑誌社等
  • インターネットによる創造性研究の展開, 徐 方啓, 日本創造学会第20回研究大会,   1998年11月01日
  • ヨーロッパにおける創造性研究に関する考察, 徐 方啓, 日本創造学会第19回研究大会,   1997年11月03日
  • 中国鉱業大学の創造学研究と実践, 徐 方啓, 日本創造学会第19回研究大会,   1997年11月03日
  • 創造教育雑感―中国における創造教育の現状について, 徐 方啓, 日本創造学会第19回研究大会,   1997年11月01日
  • 創造学序説, 徐 方啓, 名古屋国際思考と創造性会議,   1997年08月24日, 招待有り
  • インドにおける創造性研究に関する考察, 徐 方啓, 日本創造学会第18回研究大会,   1996年11月04日
  • 価値工学と創造工学, 徐 方啓, 中国第2回価値工学大会,   1996年10月19日
  • 中国企業の台頭と日本企業のビジネスチャンス, 徐 方啓, 日本経営セミナー,   1996年08月13日, 招待有り
  • 中国ビジネスセミナー, 徐 方啓, 創造経営研究所セミナー,   1996年05月03日, 招待有り
  • 対中投資セミナー, 徐 方啓, テクノ経営総合研究所,   1996年04月08日, 招待有り
  • 対中投資と日本企業, 徐 方啓, 国際SD協会日本支部,   1996年01月25日, 招待有り
  • 対中部品調達とコストダウン, 徐 方啓, 日本バリュー・エンジニアリング協会第28回全国大会,   1995年11月15日
  • 中国企業の創造性開発, 徐 方啓,   1995年10月23日, 招待有り
  • 対中投資と創造性, 徐 方啓, 日本創造学会第17回研究大会,   1995年10月22日
  • 対中投資セミナー, 徐 方啓, テクノ経営総合研究所,   1995年10月03日, 招待有り
  • 中国における現地生産・部品調達の具体的な進め方, 徐 方啓, 日刊工業新聞社特別セミナー,   1994年08月30日, 招待有り
  • 日本における創造性研究に関する考察, 徐 方啓, 日本創造学会第16回研究大会,   1994年10月23日
  • 中国におけるVE普及の問題点と改善および効率向上に関する提言, 徐 方啓, 日本バリュー・エンジニアリング協会第26回全国大会,   1993年10月29日
  • 外国語授業における創造性―私の創造教育実践, 徐 方啓, 日本創造学会第14回研究大会,   1992年12月06日
  • 中国におけるVE研究の概況, 徐 方啓, 日本バリュー・エンジニアリング協会第25回全国大会,   1992年10月29日
  • 中国における創造性研究の概況, 徐 方啓, 日本創造学会第13回研究大会,   1991年10月13日
  • 女性従業員の能力開発, 徐 方啓, 中国・常州市総工会女性管理職セミナー,   1990年07月08日, 招待有り
  • 企業創造力開発講座, 徐 方啓, 中国・大連市総工会講演会,   1989年12月06日, 招待有り
  • 企業創造性開発講座, 徐 方啓, 中国・常州市食料倉庫講演会,   1989年08月02日, 招待有り
  • 企業における創造工学と提案制度, 徐 方啓, 中国・常州第四製薬工場セミナー,   1989年07月, 招待有り
  • 創造発明思考法, 徐 方啓, 中国・淮陰市科学技術委員会講演会,   1988年12月28日, 招待有り
  • 青年の創造発明, 徐 方啓, 中国・常州市第三製薬工場講習会,   1987年11月02日, 招待有り
  • 新製品開発と経営管理の創造性, 徐 方啓, 常州創造力研究所郷鎮企業セミナー,   1987年11月, 招待有り
  • 創造学講座, 徐 方啓, 中国・華東工業大学社会科学学部,   1987年10月20日, 招待有り
  • 提案制度と発明創造, 徐 方啓, 発明と確信雑誌セミナー,   1987年10月, 招待有り
  • 企業創造力, 徐 方啓, 中国・蘇南炭鉱機械工場講演会,   1987年05月17日, 招待有り
  • 創造性開発, 徐 方啓, 中国・常州市永紅郷成人教育課講演会,   1987年04月06日, 招待有り
  • 創造学講座, 徐 方啓, 中国・西安交通大学大学院講演会,   1987年03月18日, 招待有り
  • 創造工学と創造的思考, 徐 方啓, 中国・常州時計総工場講演会,   1987年03月10日, 招待有り
  • 企業における創造力開発, 徐 方啓, 中国・鉄道部永済電機工場講習会,   1987年03月, 招待有り
  • 価値工学と創造工学, 徐 方啓, 中国・常州市総工会講演会,   1987年02月09日, 招待有り
  • 企業における創造工学講座, 徐 方啓, 中国・常州鉱山機械工場,   1987年01月, 招待有り
  • 創造学と創造工学, 徐 方啓, 中国・空軍政治大学,   1986年12月15日, 招待有り
  • 創造学講座, 徐 方啓, 復旦大学学生科学技術協会講演会,   1986年12月13日, 招待有り
  • 創造力開発講座, 徐 方啓, 中国・鉄道部戚墅堰機関車・車両工芸研究所,   1986年12月02日, 招待有り
  • 女性の創造力開発, 徐 方啓, 中国・長沙市婦人連合会,   1986年11月08日, 招待有り
  • 創造学と大学生の創造力開発, 徐 方啓, 中国・中南工業大学大学院講演会,   1986年11月07日, 招待有り
  • 国内外の創造学研究について, 徐 方啓, 中国・中南工業大学社会科学部,   1986年11月05日, 招待有り
  • 創造教育講座, 徐 方啓, 中国・常州市第一高等学校,   1986年10月03日, 招待有り
  • 創造的思考力開発講座, 徐 方啓, 中国・常州市青年会,   1986年09月25日, 招待有り
  • 現代創造学講座, 徐 方啓, 中国・常州市創造学研究会セミナー,   1986年08月03日, 招待有り
  • 創造教育講座, 徐 方啓, 中国・常州市創造学研究会セミナー,   1986年07月20日, 招待有り
  • 創造性テスト, 徐 方啓, 中国・常州市創造学研究会セミナー,   1986年07月, 招待有り
  • 創造工学講座, 徐 方啓, 中国・林業部常州冶金機械工場,   1986年05月27日, 招待有り
  • 創造教育講座, 徐 方啓, 中国・江蘇省常州高等学校,   1986年05月20日, 招待有り
  • 創造学と大学生のキャリア, 徐 方啓, 中国・江蘇化工大学,   1986年03月10日, 招待有り
  • 教育の質の評価と創造教育, 徐 方啓, 中国・核工業部教育司中小学校創造教育セミナー,   1985年12月10日, 招待有り
  • 子供の創造力開発, 徐 方啓, 中国・南京市少年児童委員会,   1985年10月05日, 招待有り
  • 創造力開発と創造力テスト, 徐 方啓, 中国・湖南省桑植県教育局,   1985年07月15日, 招待有り
  • 創造教育講座, 徐 方啓, 中国・武漢市教育科学研究所,   1985年05月02日, 招待有り
  • 教育の質の評価と創造教育, 徐 方啓, 中国・全国重点中学創造教育研修会,   1985年04月25日, 招待有り
  • 創造性テスト, 徐 方啓, 中国・上海師範専門学校セミナー,   1985年02月08日, 招待有り
  • 創造性テストとその方法, 徐 方啓, 中国・上海市楊浦区教育学院セミナー,   1985年01月16日, 招待有り
  • 創造性テスト, 徐 方啓, 中国・上海市第四師範学校セミナー,   1984年11月03日, 招待有り
  • 企業創造力開発とその方法, 徐 方啓, 中国・鉄道部企業管理セミナー,   1984年06月21日, 招待有り
  • 新しい技術革命と企業創造力開発, 徐 方啓, 中国・機械工業部上海材料研究所講演会,   1984年02月05日, 招待有り
  • 創造学講座, 徐 方啓, 中国・上海市青年宮講演会,   1984年01月20日, 招待有り
  • 創造活動論, 徐 方啓, 中国第1回創造学学術討論会,   1983年07月28日
  • 直観力から創造力へ, 徐 方啓, 中国第1回創造学学術討論会,   1983年07月28日

MISC

  • 中国一電気自動車メーカーBYDの競争戦略, 徐 方啓, 商経学叢, 62, 1, 17, 31,   2015年07月
  • スマホチャレンジャー小米の競争戦略, 徐 方啓, 商経学叢, 61, 3, 37, 51,   2015年03月
  • 三一重工の発展からみた戦略と組織, 徐 方啓, 商経学叢, 61, 2, 11, 24,   2014年12月
  • 中国企業の対外直接投資とM&A, 徐 方啓, 商経学叢, 60, 2・3, 29, 46,   2014年03月
  • NECとの提携かたみたレノボの国際化戦略(寺岡義信先生退任記念号), 徐 方啓, 商経学叢, 58, 3, 251, 262,   2012年03月
  • 中国一ICTメーカー華為技術のグローバル経営 (八木章先生退任記念号), 徐 方啓, 商経学叢, 59, 2, 363, 385,   2012年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019878206
  • 経済研究所講演会講演録 第40回 中国発グローバル企業の実像, 徐 方啓, 経済研究所所報, 16, 35, 64,   2013年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009614546
  • 日本的イノベーションの強みと弱み (綿田弘先生退任記念号), 徐 方啓, 商経学叢, 58, 2, 283, 292,   2011年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120004206376
    概要:[要約] 日本企業の競争力の源泉はどこにあるか。これについて, 学者と実務者により意見が分かれるが, 共通のキーワードは一つある。それはイノベーションである。ところが, 一概にイノベーションをもって日本企業の強さと弱さを説明する時に, 不都合が生じる。したがって, 本稿はイノベーションの構造から日本的イノベーションの強さと弱さを論じてみる。概して言えば, 日本企業はプロダクトのイノベーションとプロセスのイノベーションが得意であるが, ビジネスのイノベーションと社会的イノベーションが不得意である。 [Abstract] What is the origin of competitiveness of Japanese enterprises? The opinions between scholars and business persons are different. But there is a common keyword in the opinions. It is innovation. However, when we explain the strength and weakness of Japanese enterprises with the viewpoint, the inconvenience took place. Therefore, this paper tried to argue these problems with a viewpoint of the structure of innovation. Generally speaking, Japanese enterprises are strong in product innovation and process innovation, but are weak in business innovation and social innovation.
  • 中国におけるKFCの現地化戦略 (斎藤峻彦先生退任記念号), 劉 騰, 徐 方啓, 商経学叢, 57, 3, 955, 965,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120003895694
    概要:[要約] KFCは1987年中国進出して以来, 23年の歳月を経て, 大きな成功を収めた。中国市場ではマクドナルドを追い越し, ファーストフード業界の一位を占めている。なぜ, ここまで成功できたというと, 中国での現地化戦略と切っても切れない関係がある。その現地化戦略は主にメニューの現地化, フランチャイズの現地化と企業文化の現地化に現れるので, 本稿はこの三つの現地化戦略の経緯を解明しようとするものである。[Abstract] KFC started its business in China in 1987. Today, KFC has passed McDonald and became No.1 in the fast-food industry in China. Why has KFC succeeded so much ? The success closely related to its localization strategy that includes mainly three parts: localization on menu, franchise and corporate culture. This paper reveals the particulars of KFC's localization strategy.
  • イノベーションの構造, 徐 方啓, 商経学叢, 55, 3, 489, 503,   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005343019
    概要:【要約】1990年代以来, イノベーションについての研究は日本でも盛んに行われている。しかし, その研究成果は必ずしもあるべき段階に達したとは言えない。特に, イノベーションの構造についての研究は, 欧米の研究成果を引用するものが多く, 独自のものが少ないと思われる。したがって, 本稿はイノベーションという言葉の語源と日本での応用, およびイノベーションの定義を検討したうえ, イノベーションの構造を解明しようとするものである。 【Abstract】 Since 1990s, the research on innovation has been doing energetically in Japan. But not all of researches have got to the stage what a true level shoaled be. Specially, a lot of researches on the structure of innovation quoted a viewpoint mainly from westerns' books and lacked original standpoint. Therefore, this paper tried to make the structure of innovation is clear, after investigated the origin of innovation, the application in Japan and the definitions.

受賞

  •   2008年03月, 創造性とイノベーションマネジメント誌, 2007年度チュドー・リカーズ論文賞, 創造経営学:創造性研究と経営学研究の必然的な融合
  •   2004年10月, 日本創造学会, 論文賞, 主要国家の大学における創造性開発コースに関する考察
  •   2003年09月, 第8回ヨーロッパ創造性とイノベーション会議, 優秀論文賞, 日中企業における創造性開発に関する比較研究

その他

  •   2007年10月, レノボの創業者柳傳志, ビジネスケース、加瀬公文との共著、スペインナバラ大学IESEビジネススクール出版

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 経営管理特殊研究, 近畿大学大学院商学研究科
  • 経営管理論, 近畿大学
  • 経営学, 近畿大学
  • 経営管理特論, 近畿大学大学院商学研究科
  • 国際経営論, 江蘇工業大学
  • 多国籍企業論, 江蘇工業大学
  • 創造学, 江蘇工業大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • Journal of Japanese Management Vol.1, No.2, 編集長, Japan Federation of Management Related Academies,   2017年05月
  • Kindai Management Review Vol.5, 編集長, 丸善,   2017年04月
  • Journal of Japanese Management Vol.1, No.1, 編集長, Japan Federation of Management Related Academies,   2016年11月
  • Kindai Management Review Vol.4, 編集長, 丸善,   2016年04月
  • 近畿大学経営学部教授と博士指導教授徐方啓の著書は12月中旬出版, インタビュイー, アカシア・コミュニケーションズ,   2015年12月01日
  • Kindai Management Review Vol.3, 編集長, 丸善,   2015年04月
  • 中国企業のイノベーションとナレッジマネジメント, パネリスト, 日本知的資産経営学会,   2014年08月03日
  • Kindai Management Review Vol.2, 編集長, 丸善,   2014年03月
  • 中国のVE事情, パネリスト, 日本バリュー・エンジニアリング協会,   1997年11月17日 - 1997年11月19日
  • ハイアールについて, コメンテーター, 日経ビジネス,   2014年03月17日
  • 中国最強の企業, 出演, 韓国SBCテレビ,   2013年07月
  • 創意産業の育成について, インタビュイー, 澳門日報,   2013年04月15日
  • Kindai Management Review Vol.1, 編集長, 丸善,   2013年02月
  • 富士山下的女发明人, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1997年01月
  • 日本近期发明选讲, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1996年01月
  • 东瀛之邦推崇发明, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1994年10月
  • 以小时计身价的发明巨匠--访日本发明家中松义郎博士, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1994年05月
  • 胸怀大志 脚踏实地, 寄稿, 江西日报社,   1993年08月20日
  • 访丰泽丰雄先生, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1992年09月
  • 爱迪生发明展览会观感, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1991年08月
  • 日本車の対中輸出復活への条件整う, 寄稿, 読売新聞社,   1991年04月17日
  • 美国发明界巾帼不让须眉, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1990年07月
  • 日本安川电机制作所的VE活动, 寄稿, 价值工程杂志社,   1990年07月
  • 图像激励法的应用, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1990年06月
  • 四药厂运用创造学开发职工创造力, 寄稿, 常州日报社,   1990年02月11日
  • 富士公司的VE活动, 寄稿, 价值工程杂志社,   1990年01月
  • 获得灵感并非难事, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1989年08月
  • 日本VE协会简介, 寄稿, 价值工程杂志社,   1989年05月
  • 从日本的发明环境谈起, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1989年02月
  • 如何培养创造力, 寄稿, 世界经济导报社,   1987年11月23日 - 1988年02月29日
  • 购书与成才, 寄稿, 安徽科技信息报社,   1987年12月12日
  • 接触儿童有利于活跃想象力, 寄稿, 创造与人才杂志社,   1987年12月
  • 锻炼创造力的26章, 寄稿, 创造与人才杂志社,   1986年08月 - 1987年08月
  • 日本的创造技法, 寄稿, 世界发明杂志社,   1987年04月
  • 煤气灯的发明史, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1987年02月
  • 参加创造工程培训班以后, 寄稿, 常州市科学技术协会,   1987年02月
  • 中国创造学届的老朋友--村上幸雄, 寄稿, 创造与人才杂志社,   1986年12月
  • 电影的发明史, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1986年10月
  • 新发想的方法, 寄稿, 发明与个性杂志社,   1986年06月 - 1987年05月
  • 尊重创造性, 寄稿, 创造与人才杂志社,   1986年02月
  • 復旦大学のPIXE研究, 寄稿,   1985年12月
  • 美国发明家伊文思, 寄稿, 发明与革新杂志社,   1985年10月
  • 锻炼创造力有办法, 寄稿, 青年报社,   1985年09月27日
  • 体坛名将的新创造--访著名体操运动员童非, インタビュアー, 创造与人才杂志社,   1985年04月
  • 发现与发明, 寄稿, 创造与人才杂志社,   1985年04月
  • 便”异想天开“为现实, 寄稿, 青年报社,   1984年12月28日
  • 改造世界的原动力, 寄稿, 青年报社,   1984年12月07日
  • 一门富有生命力的新学科--创造学, 寄稿, 内蒙古青年杂志社,   1984年12月
  • 谈创造性思维, 寄稿, 文汇报社,   1984年10月30日
  • 揭开创造发明的奥秘, 寄稿, 青年报社,   1984年10月26日
  • 创造--生活的独特旋律, インタビュイー, 最优化报社,   1984年08月30日
  • 给“金凤凰”插上翅膀的人, インタビュイー, 江西青年报社,   1983年11月16日
  • 贵有进取之心, インタビュイー, 江西日报社,   1983年05月19日
  • 思考与创造, 寄稿, 祝您成才杂志社,   1982年12月
  • 未来的船舶动力, 寄稿, 未来与人才杂志社,   1982年06月