KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

宮武 淳一ミヤタケ ジュンイチ

プロフィール

所属部署名堺病院
職名准教授
学位医学博士
専門造血器疾患全般、急性白血病、成人T細胞白血病
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1404-miyatake-junichi.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/30298963.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    造血器疾患一般を専門としており、特に急性白血病に関しては全国約200施設が所属する日本成人白血病研究グループ(JALSG)で委員を務めています。

学歴・経歴

経歴

  •   2015年04月, 近畿大学医学部堺病院(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 血液内科学

研究キーワード

  • NF-κB, ADF, 成人T細胞白血病(ATL), 成人T細胞白血病, レドックス制御系, レチノイン酸, レッドクス制御系, ATRA, IL-2Rα, レチノイン酸レセプター(RAR), レチノイレ酸, HTLV-1, HTLV-I, CD25, thiol

論文

  • Inhibition of proliferation and CD25 down-regulation by retinoic acid in human adult T cell leukemia cells, Junichi Miyatake, Yasuhiro Maeda, Leukemia, 11, 401, 407,   1997年, 査読有り
  • Retinoid induces growth inhibition of adult T-cell leukemia cells, Junichi Miyatake, Yasuhiro Maeda, Acta Medica Kinki University, 22, 111, 121,   1997年, 査読有り
  • Thiol compounds rescue growth inhibition by retinoic acid on HTLV-I (+) T lymphocytes; possible mechnism of retinoic acid induced growth inhibition of adult T cell leukemia, Junichi Miyatake, Yasuhiro Maeda, Yoichi Tatsumi, Fumiaki Urase, Atsushi Horiuch , Hematopathology and Molecular Hematology, 11, 89, 99,   1998年, 査読有り
  • Transient eosinophilia by HIV infection, Yasuhiro Maeda, Junichi Miyatake, Yoshito Naiki, Hiroyuki Nawata, Yoshiyasu Sumimoto, Hiroshi Sono, Mika Sakaguchi, Mitsuhiro Matsuda, Akihisa Kanamaru, Ann Hematol, 79, 99, 101,   2000年, 査読有り
  • Important role of thiol compounds to protect oxidative stress on HTLV-I(+) T lymphocytes., Junichi Miyatake, Mitsuhiro Matsuda, Yasuhiro Maeda, Yoshito Naiki, Hiroyuki Nawata, Yoshiyasu Sumimoto, Akihisa Kanamaru, Leukeimia Research, 24, 3, 265, 266,   2000年03月, 査読有り
  • Clinical application of all-trans retinoic acid (Tretinoin) for adult T cell leukemia., Yasuhiro Maeda, Yoshito Naiki, Hiroshi Sono, Junichi Miytake, Yoshiyasu Sumimoto, Mika Sakaguchi, Mitsuhiro Matsuda, Akihisa Kanamaru, British Journal of Haematology, 109, 3, 677, 678,   2000年06月, 査読有り
  • Exogenous PML/RARa Fusion Gene Responds to All-trans Retinoic Acid Results in Differentiation of the Human B Cell Line, Yoshiyasu Sumimoto, Yasuhiro Maeda, Yoshito Naiki, Hiroshi Sono, Mika Sakaguchi, Mitsuhiro Matsuda,Akihisa Kanamaru, Hematology, 5, 455, 461,   2001年, 査読有り
  • A mechanism of apoptosis induced by all-trans retinoic acid on adult T-cell leukemia cells: a possible involvement of the Tax/NF-kappaB signaling pathway., Hiroyuki Nawata, Yasuhiro Maeda, Yoshiyasu Sumimoto, Junichi Miyatake, Akihisa Kanamaru, Leukemia Research, 25, 4, 323, 331,   2001年04月, 査読有り
  • 非寛解期造血器悪性腫瘍患者に対する同種骨髄移植の治療成績, 芦田 隆司, 木村 英嗣, 縄田 浩行, 東芝 昌樹, 炭本 至康, 佐野 徹明, 宮里 肇, 川西 一信, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 椿 和央, 移植, 36, 2, 130, 136,   2001年04月
  • Possible involvement of soluble erythropoietin receptor in resistance to erythropoietin in patients with renal anemia, Yasuhiro Maeda, MIka Sakaguchi, Yoshito Naiki, Yoshiyasu Sumimoto, Junichi Miyatake, Mitsuhiro Matsuda, Hirofumi Hasegawa, Akihisa Kanamaru, American Journal of Nephrology, 21, 5, 426, 426,   2001年09月, 査読有り
  • Detection of myeloperoxidase gene expression by in situ hybridization in a case of granulocytic sarcoma associated with AML-M0., Hajime Miyazato, Hiroshi Sono, Yoshito Naiki, Junichi Miyatake, Yuji Nozaki, Terufumi Yamaguchi, Mitsuhiro Matsuda, Yoichi Tatsumi, Yasuhiro Maeda, Akihisa Kanamaru, Leukemia., 15, 11, 1797, 1799,   2001年11月, 査読有り
  • Herbs for HIV Infection, Yasuhiro Maeda, Yoshito Naiki, Koki Matsuo, Junichi Miyatake, Mika Sakaguchi, Mitsuhiro Matsuda, Akihisa Kanamaru, American Journal of Hematology, 70, 3, 263, 267,   2002年07月, 査読有り
  • Mutant type glutathione S-transferase theta 1 gene homologue to mTOR in myelodysplastic syndrome: possible clinical application of rapamycin., Yasuhiro Maeda, Terufumi Yamaguchi, Satomi Ueda, Koki Matsuo, Yasuyoshi Morita, Yoshito Naiki, Hajime Miyazato, Takahiro Shimada, Junichi Miyatake, Mitsuhiro Matsuda, Akihisa Kanamaru, Leukemia and Lymphoma, 44, 7, 1179, 1185,   2003年07月, 査読有り
  • Extramedullary blast crisis derived from 2 different clones in the central nervous system and neck during complete cytogenetic remission of chronic myelogenous leukemia treated with imatinib mesylate., Mitsuhiro Matsuda, Yasuyoshi Morita, Takahiro Shimada, Junichi Miyatake, Chikara Hirase, Miyako Tanaka, Yoichi Tatsumi, Yasuhiro Maeda, Akihisa Kanamaru, Int J Hematol, 81, 4, 307, 309,   2005年05月, 査読有り
  • Dichotomy of all-trans retinoic acid inducing signals for adult T-cell leukemia., Terufumi Yamaguchi, Yasuhiro Maeda, Satomi Ueda, Yasuki Hijikata, Yasuyoshi Morita, Junichi Miyatake, Mitsuhiro Matsuda, Akihisa Kanamaru, Leukemia, 19, 6, 1010, 1017,   2005年06月, 査読有り
  • ATRAによる成人T細胞白血病・リンパ腫治療の可能性, 前田 裕弘, 山口 晃史, 宮武 淳一, 金丸 昭久, 日本臨床, 65, 1,   2007年01月, 査読有り
  • Clinical efficacy of all-trans retinoic acid for treating adult T cell leukemia, Yasuhiro Maeda, Terufumi Yamaguchi, Yasuki Hijikata, Miyako Tanaka, Chikara Hirase,Syunsuke Takai, Yasuyoshi Morita, Tetsuaki Sano, Junichi Miyatake, Yoichi Tatsumi, Akihisa Kanamaru, J Cancer Res Clin Oncol, 134, 673, 677,   2008年, 査読有り
  • 血液疾患における分子標的療法 慢性骨髄性白血病, 宮武 淳一, 近畿大医誌, 34, 4, 285, 289,   2009年, 査読有り
  • Relationship between expression of mutant type glutathione S-trnsferase theta-1gene and reactiveity of rapamycin in myelodyslastic syndrome, Yasuhiro Maeda, Terufumi Yamaguchi, Atsushi Sasagawa, Miyako Tanaka, Yasuyoshi Morita, Syuhei Kawata, Katsuya Watanabe, Chikara Hirase, Syunsuke Takai, Junichi Miyatake, Yoichi Tatsumi, Akihisa Kanamaru, Hematology, 14, 5, 266, 270,   2009年03月, 査読有り
  • ファルネシル転移酵素阻害薬, 宮武 淳一, 松村 到, 血液フロンティア, 20, 1, 81, 88,   2010年09月
  • Efficacycy of Rituximab Monotherapy for an Elderli Hemodialtsis Patient with Primary Cardiac Lymphoma, Yasuyoshi Morita, Terufumi Yamaguchi, Mika Sakaguchi, Shinya Rai, Yoshitaka Kanai, Chikara Hirase, Kazunobu Kawanishi, Takahiro Shimada, Junichi Miyatake, Mitsuhiro Matsuda, Yoichi Tatsumi, Takashi Ashida, Yasuhiro Maeda, Akihisa Kanamaru, INTERNAL MEDICINE, 49, 2163, 2166,   2010年10月, 査読有り
  • Senescene induction therapy for the tretment of adult T-cell leukemia, Yasuhiro Maeda, Atsushi Sasagawa, Chikara Hirase, Terufumi Yamaguchi, Yoshiyasu Morita, Junichi Miyatake, Fumiaki Urase, Itaru Matsumura, Syosaku Nomura, Leukemia&Lymphoma, 52, 1, 150, 152,   2011年, 査読有り
  • Analysis of bacteremia/fungemia and pneumonia accompanying acute myelogenous leukemia from 1987 to 2001 in the Japan Adult Leukemia Study Group, Minoru Yoshida, Junichi Miyatake, Nobu Akiyama, Hiroyuki Fujita, Katsuhiro Miura, Hiroshi Handa, Katsuyuki Kito, Masatomo Takahashi, Kazuyuki Shigeno, Yoshinobu Kanda, Naoko Hatsumi, Shigeki Ohtake, Hisashi Sakamaki, Kazunori Ohnishi, Shuichi Miyazaki, Ryuzo Ohno, Tomoki Naoe, Int J Hematol, 93, 66, 73,   2011年01月, 査読有り
  • Effects of tamibarotene for the treatment of adult T cell leukemia., Yasuhiro Maeda, Masaya Kawauchi, Chikara Hirase, Terufumi Yamaguchi, Junichi Miyatake, Itaru Matsumura, Ann Hematol, 92, 629, 631,   2012年, 査読有り
  • Interleukin-8 in the pathogenesis of primary entral nervous system lymphoma in association with HIV infection, Atsushi Sasagawa, Chikara Hirase, Terufumi Yamaguchi, Yoshiyasu Morita, Junichi Miyatake, Yasuhiro Maeda, Itaru Matsumura, Hematology, 17, 3, 144, 150,   2012年, 査読有り
  • Recognition of complete response by long-term observation after treatment with 90Y-Ibritumomab tiuxetan for relapsed follicular lymphoma, Yoichi Tatsumi, Shinya Rai, Takahiro Shimada, Terufumi Yamaguchi, Yoshiyasu Morita, Kazunobu Kawanishi, Junichi Miyatake, Takashi Ashida, Yasuhiro Maeda, Makoto Hosono, Itaru Matsumura, Acta Med Kinki Univ, 36, 2, 87, 89,   2012年09月, 査読有り
  • A case of intraocular lymphoma with central nervous system involvement and high interleukin-10 levels in both vitreous humor and cerebrospinal fluids:successsful tretment with a combinnation of intravitreal,intrathecal,and systemic therapy, Junichi Miyatake, Masaya Kawauchi, Takahiro Kumode, Terufumi Yamaguchi, Yoshiyasu Morita, Yoichi Tatsumi, Yasuhiro Maeda, Nobuyuki Ohguro, Itaru Matsumura, Int Canc Conf J, 2, 71, 75,   2012年10月, 査読有り
  • Clinical omportance of human herpes virus-8 and human immunodeficiency virus infection in primary effusion lymphoma, Takahiro Kumode, Yasuyo Ohyama, Masaya Kawauchi, Terufumi Yamaguchi, Junichi Miyatake, Yoichi Tatsumi, Yasuhiro Maeda, Yoshihiko Hoshida, Itaru Matsumura, Leukemia&Lymphoma, 54, 9, 1947, 1952,   2013年09月, 査読有り

書籍等出版物

  • 成人白血病に対する治療, 宮武淳一、平瀬主税、松村到, 3.1) 慢性骨髄性白血病, ヴァンメディカル,   2014年
  • 血液疾患における分子標的治療 ~ドラッグラグ解消に向けて~, 宮武淳一、松村到, 1. 白血病 ファルネシル転移酵素阻害薬, 医薬ジャーナル,   2010年
  • 血液疾患における分子標的療法, 宮武淳一, 2.慢性骨髄性白血病, 近畿大医誌,   2009年
  • 症例に学ぶG-CSFの臨床, 宮武淳一、前田裕弘、金丸昭久, 骨髄異形成症候群, 医薬ジャーナル,   1999年
  • 血液症候群, 宮武淳一、金丸昭久, ビタミンC欠乏性巨赤芽球性貧血、サイアミン反応性巨赤芽球性貧血, 日本臨床社,   1998年

講演・口頭発表等

  • 同種造血幹細胞移植患者に対するフルコナゾールとイトラコナゾールによる侵襲性アスペルギローシス予防効果の比較:D-index scoreを用いた後方視的解析, 宮武淳一, 岩田吉生、谷口貴英、源周治、大山泰世、川内超矢、佐野圭吾、口分田貴裕、芹澤憲太郎、谷口康博、賴晋也、金井良高、平瀬主税、森田泰慶、田中宏和、辰巳陽一、芦田隆司、松村到, 第37回日本造血細胞移植学会総会,   2015年03月06日
  • 当院における同種造血幹細胞移植時のダプトマイシンの有用性と安全性, 芹澤 憲太郎, 森田 泰慶, 江本 正克, 大山 泰世, 福井 彩乃, 井上 宏昭, 川内 超矢, 金井 良高, 平瀨 主税, 田中 宏和, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 第36回日本造血細胞移植学会総会,   2014年03月, 第36回日本造血細胞移植学会総会
  • 造血幹細胞移植直後の真菌感染症に対する低用量アムホテリシンBリポソーム製剤の安全性および有用性に関する検討, 芦田 隆司, 芹澤 憲太郎, 川内 超矢, 江本 正克, 谷口 康博, 福井 彩乃, 大山 泰世, 井上 宏昭, 金井 良高, 平瀨 主税, 森田 泰慶, 宮武 淳一, 福島 靖幸, 川野 亜美, 井出 大輔, 菅野 智恵美, 加藤 祐子, 椿本 祐子, 伊藤 志保, 松村 到, 第36回日本造血細胞移植学会総会,   2014年03月, 第36回日本造血細胞移植学会総会
  • Efficacy of early intervention of deferasirox in patients with transfusional iron overload, 芦田 隆司, 丸瀬ちほ, 福島靖幸, 川野亜美, 山田枝里佳, 井手大輔, 菅野知恵美, 加藤祐子, 椿本祐子, 伊藤志保, 峯 佳子, 藤田往子, 金光 靖, 森嶋祥之, 森田 泰慶, 田中 宏和, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 松村 到, 第75回日本血液学会学術集会,   2014年, 第75回日本血液学会学術集会
  • T-cell/histio-rich large B-cell lymphoma, 福井 彩乃, 平瀨 主税, 江本 正克, 森田 泰慶, 田中 宏和, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 第202回日本内科学会近畿地方会,   2013年12月, 第202回日本内科学会近畿地方会
  • Trib1and Trib2 block myeloid differentitation by sippressing AKT phosphorylation, 金井 良高, 嶋田 高広, 谷口 康博, 賴 晋也, 平瀨 主税, 森田 泰慶, 田中 宏和, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 第75回日本血液学会学術集会,   2013年10月, 第75回日本血液学会学術集会
  • Three hematologic malignancies in different lineages in a patient during the short period, 宮武 淳一, 川内 超矢, 芹澤 憲太郎, 江本 正克, 谷口 康博, 平瀨 主税, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 川田 暁, 松村 到, 第75回日本血液学会学術集会,   2013年10月, 第75回日本血液学会学術集会
  • Clinical outcome of radioimmunotherapy with ASCT(Z-LEED) for B-cell Lymphoma, 辰巳 陽一, 賴 晋也, 金井 良高, 平瀨 主税, 山口 晃史, 森田 泰慶, 田中 宏和, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 第75回日本血液学会学術集会,   2013年10月, 第75回日本血液学会学術集会
  • Results of gemcitabine therapy for related of refractory Non-Hodgkin’slymphoma in one institute, 芹澤 憲太郎, 森田 泰慶, 谷口 康博, 川内 超矢, 江口 剛, 江本 正克, 金井 良高, 賴 晋也, 平瀨 主税, 田中 宏和, 口分田 貴裕, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 第75回日本血液学会学術集会,   2013年10月, 第75回日本血液学会学術集会
  • 2種のリンパ系腫瘍の治療中にAcute myelomonocytic leukemiaを発症した1例, 上硲 俊法, 岡田和敏, 川端久美子, 吉冨一恵, 谷正弘, 中江健市, 宮武 淳一, 第14回日本検査血液学会学術集会,   2013年07月, 第14回日本検査血液学会学術集会
  • フルダラビンをベースとした骨髄非破壊的前処置による移植成績の比較ーフルダラビン/ブルスファン対フルダラビン/メルファラン, 芦田 隆司, 綿谷 陽作, 川内 超矢, 江本 正克, 芹澤 憲太郎, 平瀨 主税, 谷口 康博, 宮武 淳一, 川野亜美, 森田 泰慶, 山田枝里佳, 井手大輔, 菅野知恵美, 加藤祐子, 椿本祐子, 伊藤志保, 峯 佳子, 藤田往子, 松村 到, 第35回日本造血細胞移植学会総会,   2013年03月, 第35回日本造血細胞移植学会総会
  • 高リスクMDSに対する同種造血幹細胞移植前にアザシチジン投与を行った4症例の検討, 芹澤 憲太郎, 綿谷 陽作, 谷口 康博, 森田 泰慶, 川内 超矢, 江本 正克, 平瀨 主税, 田中 宏和, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田隆司, 松村 到, 第35回日本造血細胞移植学会,   2013年03月, 第35回日本造血細胞移植学会
  • A case of HHV-8-associated HIV-negative primary effusion lymphomawith gastric cancer, 口分田 貴裕, 川内 超矢, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 松村 到, Shigeaki Fujita, 前田裕弘, 第74回日本血液学会学術集会,   2012年10月, 第74回日本血液学会学術集会
  • Efficacy and safety of a 5-day regimen of azacitine for patients with low-risk MDS, 森田 泰慶, 浦瀬 文明, 宮武 淳一, 花本 仁, 椿 和央, 松村 到, 前田裕弘, 川田修平, 松田光弘, 第74回日本血液学会学術集会,   2012年10月, 第74回日本血液学会学術集会
  • Efficacy and safety of both 5-azacitidine and deferasirox treatment in myelodysplastic syndrome, 芦田 隆司, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 川野亜美, 山田枝里佳, 井出大輔, 菅野知恵美, 加藤祐子, 椿本祐子, 伊藤志保, 峯 佳子, 藤田往子, 金光 靖, 森嶋祥之, 田中 宏和, 嶋田 高広, 川西一信, 宮武 淳一, 松村 到, 第74回日本血液学会学術集会,   2012年10月, 第74回日本血液学会学術集会
  • Clinical outcome of radioimmunotherapy with ASCT (Z-LEED)for relapsed and refractory B- cell lymphoma, 辰巳 陽一, 賴 晋也, 金井 良高, 平瀨 主税, 山口 晃史, 森田 泰慶, 田中 宏和, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 松村 到, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • C-MYC/IGH融合遺伝子を伴うDLBCLにR-CODOX-M/IVAC療法が奏効した1例, 川内 超矢, 口分田 貴裕, 山口 晃史, 金井 良高, 宮武 淳一, 松村 到, 大山 泰世, 前田裕弘, 藤田茂樹, 第197回日本内科学会近畿地方会,   2012年06月, 第197回日本内科学会近畿地方会
  • Experience of indolent malignant lymphoma treated with Bendamustine in our institute, 谷口 康博, 辰巳 陽一, 川内 超矢, 江本 正克, 頼 晋也, 金井 良高, 平瀬 主税, 森田 泰慶, 田中 宏和, 芹澤 憲太郎, 嶋田 高広, 川西一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 松村 到, 第74回日本血液学会学術集会,   2012年, 第74回日本血液学会学術集会
  • Clinical outcome of radioimmunotherapy with ASCT for relapsed mantle cell lymphoma, 辰巳 陽一, 賴 晋也, 山口 晃史, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田裕弘, 松村 到, 第73回日本血液学会学術集会,   2011年10月, 第73回日本血液学会学術集会
  • Trial of imanitib discontinuation in chronic myeloid leukemia patients, 前田裕弘, 川内 超矢, 宮武 淳一, 松村 到, 第73回日本血液学会学術集会,   2011年10月, 第73回日本血液学会学術集会
  • 眼内IL-10高値で中枢神経浸潤が判明し、MTXの硝子体注入と大量点滴が奏効したびまん性大細胞リンパ腫の1例, 宮武 淳一, 川内 超矢, 森田 泰慶, 川西 一信, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 前田裕弘, 大黒伸行, 第73回日本血液学会学術集会,   2011年10月, 第73回日本血液学会学術集会
  • Cellular senescence induction by retinoid on adult T-cell leukemia cells, 松村 到, 川内 超矢, 平瀨 主税, 山口 晃史, 宮武 淳一, 大阪南医療センター, 15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON HUMSN RETROVIROLOG HTLV AND RELATED VIRUSES,   2011年06月, 15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON HUMSN RETROVIROLOG HTLV AND RELATED VIRUSES
  • 母児間末梢血幹細胞移植で生着を認めた維持腹膜透析中の再重症型再生不良性貧血の一例, 賴 晋也, 口分田 貴裕, 井上 宏昭, 川内 超矢, 江本 正克, 芹澤 憲太郎, 金井 良高, 山口 晃史, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, 松田 光弘, 第33回 日本造血細胞移植学会総会,   2011年03月, 第33回 日本造血細胞移植学会総会
  • A young case diagnosed concomitantly as B-CLL and B-cell lymphoma, 賴 晋也, 辰巳 陽一, 口分田 貴裕, 井上 宏昭, 川内 超矢, 江口 剛, 大山 雄一, 山口 晃史, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, 松田 光弘, 第72回 日本血液学会学術集会,   2010年09月, 第72回 日本血液学会学術集会
  • Efficacy and safety of radioimmunotherapy in patients with relapsed or refractory B-cell lymphoma, 辰巳 陽一, 頼晋也, 山口 晃史, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸昭久, 松村 到, 第72回 日本血液学会学術集会,   2010年09月, 第72回 日本血液学会学術集会
    概要:放射免疫療法による悪性リンパ腫治療時の安全性とその適応について報告した
  • 側頭骨に発症した成人ランゲルハンス細胞組織球症の1例, 川内 超矢, 森田 泰慶, 山口 晃史, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, 第192回 日本内科学会近畿地方会,   2010年09月, 第192回 日本内科学会近畿地方会
  • Cellular senescene induction therapy by retinoid for adult T-cell leukemia, 前田 裕弘, 笹川 淳, 平瀬 主税, 山口 晃史, 宮武 淳一, 松村 到, 川西 一信, 第72回 日本血液学会学術集会,   2010年09月, 第72回 日本血液学会学術集会
  • 急性混合性白血病を発症し、同種骨髄移植にて寛解維持するも一年後骨腫瘤病変にて再発し再移植した症例, 江口 剛, 山口 晃史, 口分田 貴裕, 井上 宏昭, 川内 超矢, 大山 雄一, 賴 晋也, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, 金丸 昭久, 佐野 徹明, 第20回 南近畿血液病フォーラム,   2010年07月, 第20回 南近畿血液病フォーラム
  • 特異な臨床経過を示した若年発症慢性リンパ性白血病の一例, 賴 晋也, 辰巳 陽一, 口分田 貴裕, 大山 雄一, 金井 良高, 平瀨 主税, 山口 晃史, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, 金丸 昭久, 松田 光弘, 第50回 日本リンパ網内系学会総会,   2010年06月, 第50回 日本リンパ網内系学会総会
  • 付加的染色体転?(7;17)を伴った慢性骨髄性白血病(CML)の巨核芽球性急性転化症例, 井上 宏昭, 嶋田 高広, 山口 晃史, 森田 泰慶, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, 辰巳 陽一, 第93回 近畿血液学地方会,   2010年06月, 第93回 近畿血液学地方会
  • 化学療法に抵抗性で急激な転帰をとったmyeloid/NK-cell precursor acute, 口分田 貴裕, 賴 晋也, 辰巳 陽一, 大山 雄一, 金井 良高, 平瀨 主税, 山口 晃史, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, 金丸 昭久, 第50回 日本リンパ網内系学会総会,   2010年06月, 第50回 日本リンパ網内系学会総会
  • Am80による成人T細胞白血病の治療とその作用機序, 前田 裕弘, 笹川 淳, 平瀬  主税, 宮武 淳一, 金丸 昭久, 首藤 紘一, 第20回日本レチノイド研究会学術集会,   2009年11月, 第20回日本レチノイド研究会学術集会
  • タシグナ投与後にQT延長症候群を呈した慢性骨髄性白血病の一例, 平瀬 主税, 前田 裕弘, 川西 一信, 宮武 淳一, 金丸 昭久, 第71回日本血液学会学術集会,   2009年10月, 第71回日本血液学会学術集会
  • 再発・治療抵抗性B細胞非ホジキンリンパ腫に対するゼバリン療法の臨床的検討, 辰巳 陽一, 宮武 淳一, 川西 一信, 嶋田 高広, 佐野 徹明, 森田 泰慶, 山口 晃史, 川田 修平, 頼 晋也, 金井 良高, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第71回日本血液学会学術集会,   2009年10月, 第71回日本血液学会学術集会
    概要:再発・治療抵抗性B細胞非ホジキンリンパ腫に対するゼバリン療法の選択基準とその副作用および予後について報告した。
  • RETINOID AND ADULT T-CELL LEUKEMIA, 前田 裕弘, 山口 晃史, 笹川 淳, 平瀬 主税, 古川 啓子, 仁木 かをる, 森田 泰慶, 宮武 淳一, 金丸 昭久, 14th International Conferennce on Human Retrovirology:HTLV 2009 Conference,   2009年07月, 14th International Conferennce on Human Retrovirology:HTLV 2009 Conference
  • 末梢神経原発の悪性リンパ腫の1例, 楠 進, 池上 郁子, 塩山 実章, 三井 良之, 宮武 淳一, 嶋田 高広, 金丸 昭久, 日本神経学会 第90回近畿地方会,   2009年06月, 日本神経学会 第90回近畿地方会
  • 血管免疫芽球型T細胞リンパ腫(AITL)に赤芽球ろう(PRCA)を合併した一症例, 大山 雄一, 川田 修平, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第91回 近畿血液学地方会,   2009年06月, 第91回 近畿血液学地方会
  • ステロイド抵抗性ITPに対するdapsoneの効果, 前田 裕弘, 川西 一信, 宮武 淳一, 金丸 昭久, 渡辺 克哉, 第16回 近畿ITP研究会,   2009年02月, 第16回 近畿ITP研究会
  • 造血幹細胞移植後の骨量に対する影響とビスフォスネート製剤介入の有効性の検討(造血幹細胞移植後骨粗鬆症に対する効果的な治療法に関する前方視的試験), 川西 一信, 金井 良高, 賴 晋也, 高井 俊輔, 平瀬 主税, 川田 修平, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 池田 光正, 浜西 千秋, 第31回日本造血細胞移植学会総会,   2009年02月, 第31回日本造血細胞移植学会総会
    概要:造血幹細胞移植患者において、骨粗鬆症の診療として利用される骨代謝マーカーを測定し、移植後の骨量に対する影響と骨量減少に対するビスフォスフォネート製剤介入の有効性の検討を前方視的に行った。
  • Rituximab投与後にHBV再活性化劇症肝炎を発症したDLBCLの1例, 宮武 淳一, 頼 晋也, 金井 良高, 高井 俊輔, 平瀬 主税, 川田 修平, 森田 泰慶, 佐野徹明, 川西 一信, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 早石 宗右, 工藤 正俊, 第9回 大阪リンパ腫研究会,   2008年11月, 第9回 大阪リンパ腫研究会
    概要:<現病歴> 平成20年1月に右鼡径部の皮下腫瘤に気付き増大傾向となったため、大阪労災病院皮膚科受診し生検の結果、び慢性大細胞リンパ腫(DLBCL)と診断され紹介となる。PET-CTでは両腋下・右鼡径部にFDGの集積を認めた。骨髄穿刺ではDLBCL細胞の浸潤を認めなかったことよりStage Ⅲと診断した(IPIはH-I)。4月2日からR-THP-COP療法開始し副作用なく終了し2回目より外来治療となる。6月20日に4回目の同療法後、7月4日に肝障害(GOT 131IU/l, GPT 153IU/l, T-bil 0.8mg/dl, ALP 227IU/l,)を認め、7月20日にはGOT 4625IU/l, GPT 1647IU/l, T-bil 9.3mg/dl, D-bil 7.0mg/dl, ALP 283IU/lと著増し黄疸も認められた。腹部CT・超音波所見でも肝腫大・胆嚢壁肥厚あり急性肝炎で入院となる。 <入院後経過>  HBs抗原 98.97IU/ml, HBs抗体陰性、Hbe抗原陰性、HBe抗体 99%、HBc抗体 10.4S/CO、HBV-DNA定量で8.7LGE/mlと上昇しており、平成15年のHBs抗原は陰性で輸血歴もないことより急性B型肝炎の再活性化(reactivation)と診断した。なおDLBCLは寛解状態を持
  • Relative Dose Intensity(RDI)から見た悪性リンパ腫臨床治療の現状, 辰巳 陽一, 賴 晋也, 平瀨 主税, 高井 俊輔, 川田 修平, 山口 晃史, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 川西 一信, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第70回日本血液学会総会,   2008年10月, 第70回日本血液学会総会
    概要:悪性リンパ腫治療におけるRelative Dose Intensity(RDI)の意義と、リツキシマブ導入による変化について報告した。
  • 中枢神浸潤に対して手術・全脳照射後、非寛解期に児母間末梢血幹細胞移植を施行したAMLの一例, 佐野 徹明, 賴 晋也, 高井 俊輔, 平瀨 主税, 川田 修平, 森田 泰慶, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第70回日本血液学会総会,   2008年10月, 第70回日本血液学会総会
  • 骨髄破壊的同種骨髄移植後、T細胞混合キメラが持続した急性赤白血病の一例, 川西 一信, 金井 良高, 賴 晋也, 高井 俊輔, 平瀨 主税, 川田 修平, 山口 晃史, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第70回日本血液学会総会,   2008年10月, 第70回日本血液学会総会
    概要:移植後約3年にわたり、T細胞混合キメラが持続している状態すなわちstable mixed chimerismの症例を報告した。本症例の混合キメラは、安定した免疫寛容状態を意味しており、GVHDの標的分子と考えられるHLAおよびマイナー組織適合性抗原にも免疫寛容が成立している可能性があり、移植後の免疫再構築を考える上で、どのようなサブセットのT細胞が残存しているかも興味ある症例であった。
  • 非血縁者間骨髄移植後早期に発症した血球貪食症候群の一例, 賴 晋也, 辰巳 陽一, 平瀨 主税, 高井 俊輔, 川田 修平, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 川西 一信, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第70回日本血液学会総会,   2008年10月, 第70回日本血液学会総会
  • T315Iを有するPh-ALL細胞株に対するmTOR阻害剤rapamycinの効果, 平瀨 主税, 前田 裕弘, 森田 泰慶, 田中 みやこ, 山口 晃史, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 第70回日本血液学会総会,   2008年10月, 第70回日本血液学会総会
  • 慢性期CMLにおけるイマニチブ血中濃度測定の有用性, 前田 裕弘, 賴 晋也, 金井 良高, 平瀨 主税, 高井 俊輔, 川田 修平, 山口 晃史, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 金丸 昭久, 浦瀬 文明, 花本 仁, 八木 秀男, 椿 和央, 第70回日本血液学会総会,   2008年10月, 第70回日本血液学会総会
  • 当科における再発/治療抵抗性悪性リンパ腫に対する化学療法と自家末梢血幹細胞移植の比較検討, 賴 晋也, 辰巳 陽一, 山口 晃史, 川田 修平, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第48回日本リンパ網内系学会総会,   2008年06月, 第48回日本リンパ網内系学会総会
  • 眼窩原発MALTリンパ腫に対する治療戦略-大阪リンパ腫研究会(OLSG)の現状, 辰巳 陽一, 賴 晋也, 川田 修平, 山口 晃史, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 川西 一信, 宮武 淳一, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第105回日本内科学会総会講演会,   2008年04月, 第105回日本内科学会総会講演会
    概要:大阪地域の血液専門家の眼窩悪性リンパ腫治療方針のアンケートによる治療の現状を報告するとともに、適切な治療方針について検討した。
  • 同種骨髄移植後早期に血球貪食症候群を合併した二次性白血病症例, 賴 晋也, 辰巳 陽一, 金井 良高, 山口 晃史, 川西 一信, 平瀨 主税, 高井 俊輔, 川田 修平, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第23回近畿細胞移植懇話会,   2008年03月, 第23回近畿細胞移植懇話会
  • 中枢神経浸潤に対して手術・全脳照射後、非寛解期に児母間末梢血幹細胞移植を施行した一例, 佐野 徹明, 山口 晃史, 賴 晋也, 川田 修平, 森田 泰慶, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第四回 南大阪細胞移植療法研究会,   2007年11月, 第四回 南大阪細胞移植療法研究会
  • 急速進行性糸球体腎炎を合併した血管免疫芽球性T細胞リンパ腫の効果, 賴 晋也, 辰巳 陽一, 金井 良高, 山口 晃史, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第69回日本血液学会総会・第49回日本臨床血液学会総会合同総会,   2007年10月, 第69回日本血液学会総会・第49回日本臨床血液学会総会合同総会
  • T315Iを有するPh-ALL細胞株に対するmTOR阻害剤ラパマイシンの効果, 平瀬 主税, 前田 裕弘, 田中 みやこ, 山口 晃史, 森田 泰慶, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 第69回日本血液学会総会・第49回日本臨床血液学会総会合同総会,   2007年10月, 第69回日本血液学会総会・第49回日本臨床血液学会総会合同総会
  • 多発性顆粒球肉腫をきたしたMDS(5q-症候群)の一例, 佐野 徹明, 山口 晃史, 森田 泰慶, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第69回日本血液学会総会・第49回日本臨床血液学会総会合同総会,   2007年10月, 第69回日本血液学会総会・第49回日本臨床血液学会総会合同総会
  • 難治性造血器腫瘍における母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致血縁者間造血幹細胞移植の成績, 川西 一信, 金井 良高, 賴 晋也, 渡辺 克哉, 川田 修平, 山口 晃史, 土方 康基, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第69回日本臨床血液学会総会総会合同総会・第49回日本臨床血液学会総会総会合同総会,   2007年10月, 第69回日本臨床血液学会総会総会合同総会・第49回日本臨床血液学会総会総会合同総会
    概要:当科で施行した母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致造血幹細胞移植14例の安全性と有用性について検討した。全例が非寛解期移植であったが、長期生存例もあり(5/14=35.7%)、母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致血縁者間造血幹細胞移植の有用性が示された。
  • 当科における難知性造血器腫瘍に対するAuto-mini Allo移植4症例の検討, 渡辺 克哉, 芦田 隆司, 山口 晃史, 森田 泰慶, 土方 康基, 佐野 徹明, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第29回日本造血細胞移植学会総会,   2007年02月, 第29回日本造血細胞移植学会総会
  • 同種造血幹細胞再移植症例の移植成績の解析, 川西 一信, 中本 吉彦, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 土方康基, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第29回日本造血細胞移植学会総会,   2007年02月, 第29回日本造血細胞移植学会総会
    概要:当科において1回目の同種造血幹細胞移植(HSCT1)後の再発または生着不全に対する2回目の同種造血幹細胞移植(HSCT2)の移植成績について後方視的に解析した。
  • 難治性造血器腫瘍における母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致血縁者間造血幹細胞移植の検討, 川西 一信, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 土方 康基, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第40回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会,   2007年01月, 第40回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会
    概要:当科で施行した母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致造血幹細胞移植例の有用性について検討した。対象は2002年9月から2006年6月までに移植を施行した13例で、男性6例、女性7例、全例が非寛解期移植症例であるが、当科で施行したHLA不一致非血縁者間移植で8例中全例が死亡しているのに比較して、母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致血縁者間移植が有用な選択枝になり得る可能性が示唆された。
  • 同種骨髄移植拒絶後に臍帯血ミニ移植が奏効した異形成を伴うAMLの一例, 金丸 昭久, 川西 一信, 中本 吉彦, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 土方 康基, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第三回南大阪細胞移植療法研究会,   2006年11月, 第三回南大阪細胞移植療法研究会
    概要:同種骨髄移植拒絶後に臍帯血ミニ移植が奏効した異形性を伴う急性骨髄性白血病の一例を経験した。 移植後拒絶に対し、再移植の選択肢として臍帯血ミニ移植の有用性が示された。
  • 難治性造血器腫瘍に対するHLA不一致血縁者間と母児間移植との比較検討, 金丸 昭久, 川西 一信, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 土方 康基, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会合同総会,   2006年10月, 第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会合同総会
    概要:難治性造血器腫瘍(非寛解期)に対するHLA不一致移植におけるドナーの相違(非血縁者間と母児間)について比較検討を行った。母児間移植は、非血縁者間移植と比較して、早期死亡が少なく、GVHDの管理も容易であり、再発死亡が少ないために、非寛解期症例に対して有用である可能性が示唆された。
  • 成人T細胞白血病に対するATRAの臨床治験報告, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 山口 晃史, 土方 康基, 田中 みやこ, 平瀬 主税, 高井 俊輔, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 第4回 日本臨床腫瘍学会総会,   2006年03月, 第4回 日本臨床腫瘍学会総会
  • 難治性造血器腫瘍における母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致血縁者間造血幹細胞移植, 金丸 昭久, 川西 一信, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第28回 日本造血細胞移植学会総会,   2006年02月, 第28回 日本造血細胞移植学会総会
    概要:当科で施行した母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致造血幹細胞移植9例の安全性と有用性について検討した。全例が進行期の症例であったが,3年3ヶ月の長期生存例もあり,フルマッチドナーが存在しない場合でも,母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致血縁者間造血幹細胞移植が有用な選択枝になり得ると考えられた。
  • Auto/mini-allo移植によっていずれも寛解に到達し得た尋常性乾癬併発多発性骨髄腫症例, 芦田 隆司, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 嶋津 秀紀, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 川西 一信, 第28回 日本造血細胞移植学会総会,   2006年02月, 第28回 日本造血細胞移植学会総会
  • 成人T細胞白血病におけるall-trans retinoic acidによるHTLV-1複製およびNF-kβ転写活性の抑制, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 山口 晃史, 土方 康基, 田中 みやこ, 宮武 淳一, 松田 光弘, 日本レチノイド研究会 第16回学術集会,   2005年11月, 日本レチノイド研究会 第16回学術集会
  • HTLV-1感染T細胞株におけるレチノイド感受性の差異, 山口 晃史, 金丸 昭久, 前田 裕弘, 土方 康基, 森田 泰慶, 宮武 淳一, 松田 光弘, 第67回日本血液学会総会・第47回日本臨床血液学会総会,   2005年09月, 第67回日本血液学会総会・第47回日本臨床血液学会総会
  • Febrile neutropenia患者に対するサイクリング療法の臨床効果, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 佐野 徹明, 渡辺 克哉, 森田 泰慶, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第67回日本血液学会総会・第47回日本臨床血液学会総会,   2005年09月, 第67回日本血液学会総会・第47回日本臨床血液学会総会
    概要:血液疾患患者におけるFebrile neutropeniaに対し、抗生剤のサイクリング療法を施行した結果、有効率、耐性菌発生の抑制を認めた
  • Common variable immunodeficiency症例リンパ球のサイトカイン反応性, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 山口 晃史, 土方 康基, 森田 泰慶, 田中 みやこ, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 松田 光弘, 第67回日本血液学会総会・第47回日本臨床血液学会総会,   2005年09月, 第67回日本血液学会総会・第47回日本臨床血液学会総会
  • Effects of All-Trans Retinoic Acid on HIV Infection, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 山口 晃史, 上田里美, 土方康基, 松岡稔明, 森田 泰慶, 宮武 淳一, 松田 光弘, 7th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific,   2005年07月, 7th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific
  • The epidemiology of febrile neutropenia and the clinical outcome of antibiotic cycling, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 宮武 淳一, 佐野 徹明, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, The XVth International Symposium on Gnotobiology,   2005年06月, The XVth International Symposium on Gnotobiology
    概要:For patients with hematological disease who had fever caused by an unknown pathogen, including febrile neutropenic patients, we performed antimicrobial cycling and assessed changes over time in the isolation rates of MRSA, Pseudomonas aeruginosa, etc.We concluded that cycling of four classes of antibiotics used in this study was effective in patients with fever of unknown origin, including febrile neutropenic (FN) patients, since it could decrease the isolation rates of MRSA and P. aeruginosa.
  • Possible Involvement of Fractalkine / CX3CR1 System in Dyshematopoiesis in MDS Using Perforin / Granzyme-Positive MDS-Derived Cytotoxic T cell Line, K2-MDS, 森田 泰慶, 金丸 昭久, 松田 光弘, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 8th International Symposium on Myelodysplastic Syndromes MDS 2005,   2005年05月, 8th International Symposium on Myelodysplastic Syndromes MDS 2005
  • 成人T細胞白血病症例に対するATRAの臨床治験結果, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 山口 晃史, 上田里美, 土方康基, 松岡稔明, 森田 泰慶, 宮武 淳一, 松田 光弘, 第3回日本臨床腫瘍学会総会,   2005年03月, 第3回日本臨床腫瘍学会総会
  • 自己および同種タンデム幹細胞移植により尋常性乾癬と併せて寛解像を得た, 嶋津秀紀, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 中本吉彦, 佐野 徹明, 渡辺 克哉, 森田 泰慶, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第57回 近畿大学医学会学術講演会,   2004年12月, 第57回 近畿大学医学会学術講演会
  • グリベックで細胞遺伝学的完全寛解中に中枢神経と頸部に異なったクローン由来の髄外リンパ性急性転化を生じた慢性骨髄性白血病の1例, 森田 泰慶, 金丸 昭久, 松田 光弘, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第82回近畿血液学地方会,   2004年12月, 第82回近畿血液学地方会
  • 急性GVHDにより急速増大した急性膵仮性嚢胞を合併したAML(M5)の1例, 前田 裕弘, 宮武 淳一, 中本吉彦, 高井俊輔, 生駒 真也, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 金丸 昭久, 第27回 日本造血幹細胞移植学会,   2004年12月, 第27回 日本造血幹細胞移植学会
    概要:症例:46歳 男性。平成14年6月に白血球増多を主訴に来院され骨髄穿刺を施行の結果AML(M5b)と診断された。JALG97プロトコールに従い寛解導入療法を施行することにより完全寛解を得た。地固め2コース終了後にカリニ肺炎を合併し人工呼吸器管理中に再発を認めCA療法、地固め3コース等施行するも完全寛解には至らず、非寛解状態で骨髄バンクドナーから骨髄移植を施行し生着、完全寛解を確認すもday+79に再発を認めた。同ドナーからのDLTを施行することにより再度寛解に至るも急性GVHDの悪化を認め(Grade Ⅳ)、急性膵炎も合併し蛋白分解酵素阻害剤等による治療が必要であった。day+160頃から急激な腹部膨満と腫瘤触知を認め、CT上巨大膵仮性のう胞が確認された。その頃よりGVHDによる肝不全も合併し腹部イレウスも悪化、またAMLの再発も認められ血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)も合併し血漿交換を施行するも脳出血で死亡された。急性GVHDによる急性膵炎後に発症した仮性膵のう胞の急激
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)の経過中に骨髄異形成症候群(MDS)様の骨髄像と血球貪食症候群(HPS)を呈した一例, 中本吉彦, 金丸 昭久, 宮武 淳一, 山形俊昭, 野﨑 祐史, 杉山 昌史, 生駒 真也, 木下 浩二, 船内 正憲, 第19回 日本臨床リウマチ学会総会,   2004年11月, 第19回 日本臨床リウマチ学会総会
  • Clinical outcome of R-MECP therapy in low grade non-Hodgkin’s lymphoma, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 花本 仁, 佐野 徹明, 木村芳毅, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, The Xth Congress of the International Society of Hematology Asian-Pacific Division,   2004年09月, The Xth Congress of the International Society of Hematology Asian-Pacific Division
    概要:We tried to study the clinical effect of R-MECP therapy for non-Hodgkin B-cell lymphoma, and domonstrated the safety and efficasy for even relapsed and reflactory cases.
  • 骨髄移植により長期生存を認めている肝脾型NK/T細胞リンパ腫の一症例, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 花本 仁, 木村 英嗣, 嶋田 高広, 佐野 徹明, 東芝 昌樹, 内木 義人, 宮武 淳一, 川西 一信, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第44回日本リンパ網内系学会学術総会,   2004年07月, 第44回日本リンパ網内系学会学術総会
    概要:我々は、幹細胞移植により長期生存を認めている治療抵抗性肝脾型NK/T細胞リンパ腫の一症例を経験した。
  • 急性GVHDにより急速増大した急性膵仮性のう胞を合併したAML(M5b), 中本吉彦, 金丸 昭久, 宮武 淳一, 高井俊輔, 生駒 真也, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第173回 日本内科学会近畿地方会,   2004年06月, 第173回 日本内科学会近畿地方会
  • 当科における骨髄異形症候群の臨床的解析, 松田 光弘, 金丸 昭久, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 東芝 昌樹, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第101回日本内科学会講演会,   2004年04月, 第101回日本内科学会講演会
  • Hemophagocytosisを合併した座瘡症候群の1例, 西坂 文章, 野中 藤吾, 福田 寛二, 濵西 千秋, 船内 正憲, 宮武 淳一, 第48回日本リウマチ学会,   2004年04月, 第48回日本リウマチ学会
  • 汎血球減少で発症しステロイド応答性良好であったため診断に苦慮したRh1陽性ALL症例, 木村芳毅, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 東芝 昌樹, 嶋田 高広, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第55回近畿大学医学会学術講演会,   2003年12月, 第55回近畿大学医学会学術講演会
    概要:ミャンマーに渡航歴のある34歳の男性が発熱、汎血球減少、肝障害にて入院。検査にて悪性リンパ腫や寄生虫疾患も疑われた。ステロイド治療にて病態改善。その後再発し、骨髄生検などで、Rh(+)ALLと診断され、現在治療中である。
  • CA19-9高値を示した非ホジキンリンパ腫の1例, 宮武 淳一, 玉置 千勢, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 木村 雅友, Hematology Club,   2003年11月, Hematology Club
    概要:現病歴】 59歳 男性。H13年7月 腹部CTにて頚部、両鎖骨上窩、傍大動脈、腸間膜にリンパ節腫脹を指摘され近医で開腹生検の結果、非ホジキン病(Follicular cell type)StageⅢと診断され、本院でCHOP療法を計6コース施行し頚部、両鎖骨上窩リンパ節腫脹の縮小を認めたため無治療で約1年間経過観察されていた。しかしH15年2月上旬に腰痛が出現し近医で腰椎腫瘤、胸・腹水、左水腎症、腎障害、腸間膜LNs腫脹、CA19-9、CEA高値を指摘され再度本院に転院となった。 【画像診断・検査所見】 胸部CT;右胸水、左鎖骨上窩リンパ節腫脹。腹部CT;傍大動脈、腸間膜、右外腸骨、大腿後部リンパ節腫脹。腸間膜リンパ節は増大。左尿管拡張、水腎症、腹水。MRI;L4、S3に異常信号、Gaシンチ;上腹部に集積。ERCP;胆管・膵管異常なし。EUS;膵頭部に腫瘤。GF・CF・甲状腺エコー;異常なし。IVP;左右とも水腎症、尿管不整欠損。CA19-9 39.9U/ml、CEA 21.2ng/ml、sIL-2R 841U/ml。 【入院経過】 非ホ
  • 治療抵抗性低悪性度B細胞リンパ腫に対するRituximab+MECP療法の治療効果, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 宮里肇, 花本 仁, 嶋田 高広, 東芝 昌樹, 宮武 淳一, 川西 一信, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会,   2003年08月, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会
    概要:(R)CHOP療法抵抗性悪性度B細胞性リンパ腫に対し、リツキサン、ノバントロン、カルボプラチン、エトポシドを併用したR+MECP療法を施行し、薬剤変性は血液変性が顕著であったものの臓器変性は軽度であり、FCの奏功率は88%と良好であった。
  • 成人T細胞性白血病におけるEBV感染の関与, 上田里美, 金丸 昭久, 前田 裕弘, 山口 晃史, 森田 泰慶, 花本 仁, 宮武 淳一, 嶋田 高広, 松田 光弘, 第65回日本血液学会総会、第45回日本臨床血液学会総会,   2003年08月, 第65回日本血液学会総会、第45回日本臨床血液学会総会
  • 成人T細胞性白血病に対する全トランスレチノイン酸(ATRA)の作用機序, 山口 晃史, 金丸 昭久, 前田 裕弘, 上田里美, 森田 泰慶, 花本 仁, 宮武 淳一, 嶋田 高広, 松田 光弘, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会,   2003年08月, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会
    概要:ATL細胞株に対してATRA添加すると細胞増殖抑制が認められた。ATRAの作用機序について検討したところ、ATRA添加によってHTLV-1プロウイルスの低下が認められた。
  • 骨髄移植後90日頃発症し各種抗真菌剤不応性を呈した気管支肺アスペルギルス症の1例, 東芝 昌樹, 金丸 昭久, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 川西 一信, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第79回近畿血液学地方会,   2003年07月, 第79回近畿血液学地方会
    概要:症例はCML1st.CPで血縁間で骨髄移植を施行。以後も特に大きな合併症を認めなかったが、d90あたりから発熱、呼吸苦が出現。各種抗生剤、抗真菌剤投与するも軽快せず死亡された。剖検結果から気管支肺アスペルギルス症と診断し得た症例であった。
  • 骨髄の血球貪食像を認めた劇症型座瘡の一例, 玉置 千勢, 金丸 昭久, 杉山 昌史, 宮武 淳一, 生駒 真也, 木下 浩二, 船内 正憲, 第170回日本内科学会近畿地方会,   2003年06月, 第170回日本内科学会近畿地方会
    概要:25歳、男性。不明熱精査目的にて入院。関節痛と全身座瘡、画像検査等から劇症型座瘡と診断した。また骨髄検査で血球貪食像を認めた。
  • 治療抵抗性低悪性度B細胞リンパ腫に対するRituximab+MECP療法の治療効果, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 宮里肇, 花本 仁, 東芝 昌樹, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 川西 一信, 松田 光弘, 第43回日本リンパ網内系学会総会,   2003年06月, 第43回日本リンパ網内系学会総会
    概要:CHOP抵抗性悪性リンパ腫の治療の新しいプロトコールとしてのRituximab+MECP療法の臨床効果の評価を行った。その結果、特に濾胞性リンパ腫に対する再寛解導入効果が明らかになった。
  • フルダラビンを併用した前処置でReduced Intensity Stem-cell Transplantation(RIST)を施行した治療抵抗性造血器腫瘍の治療成績, 金丸 昭久, 川西 一信, 東芝 昌樹, 宮里肇, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第100回日本内科学会講演会,   2003年04月, 第100回日本内科学会講演会
    概要:RISTを施行した10例中3例が寛解状態を維持し、同種免疫療法によるGVL効果が期待できた症例と推察され、通常の前処置でstem cell transplantation(SCT)が施行できない症例対してRISTが有用と考えられた。
  • 皮膚侵潤を伴った成人T細胞白血病に対するATRAの臨床効果, 宮武 淳一, 前田 裕弘, 山口 晃史, 松尾 晃樹, 内木 義人, 宮里 肇, 松田 光弘, 金丸 昭久, 第64回日本血液学会総会、第44回日本臨床血液学会総会,   2002年09月, 第64回日本血液学会総会、第44回日本臨床血液学会総会
    概要:我々は以前よりall-trans retinoic acid(ATRA)がHTLV-I(+) T細胞株だけでなく成人T 細胞白血病(ATL)患者より採取したfresh ATL細胞の増殖を抑制しapoptosisを誘導する ことを報告してきた(Int. Med., 35:180, 1996, Blood 88: 4726, 1996, Leukemia 11: 401, 1997, Br.J. Haematol. 109: 677,2000, Leukemia Res. 25:323, 2001)  ATLはATL細胞が循環することにより様々な組織に浸潤することが特徴である。特に、 皮膚浸潤はATL患者の約50%に観察される。  今回我々はATL患者の皮膚浸潤に対するATRAの効果を観察した。 <結果・考察> 1.今回、我々が行ったATRA療法では、ATLの病型に関係なく皮膚症状の改善が認められた。しかし、抵抗例やATRA投与中止後再発例も認められた。 2.全例著明な副作用は認められなかった。 3.以上より化学療法抵抗性のATLの皮膚浸潤に対してATRAは有効な治療法と考えられた。今後、症例を重ねるとともに、ATRAに対する感受性の差異の機序を検討する予定である。 
  • フルダラビンを含む前処置による骨髄非破壊的造血幹細胞移植(NST)を行った成人造血器悪性腫瘍の9症例, 金丸 昭久, 川西 一信, 内木 義人, 東芝 昌樹, 宮里肇, 宮武 淳一, 大野基樹, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第64日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会,   2002年09月, 第64日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会
    概要:非寛解期症例に対し、骨髄非破壊的造血幹細胞移植を施行した。9例中2例はⅡ度のGVHDを来したのみで寛解状態が持続しており、GVL効果が期待できた症例と推察された。本検討から再発難治性症例にも骨髄非破壊的造血幹細胞移植が有用と考えられた。
  • 光顕的ペルオキシダ-ゼ陰性骨髄系造血腫瘍に対するMPO-PNAを用いた診断法の試み(2), 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 花本 仁, 宮里肇, 嶋田 高広, 東芝 昌樹, 川西 一信, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第64回日本血液学会総会、第44回日本臨床血液学会総会,   2002年09月, 第64回日本血液学会総会、第44回日本臨床血液学会総会
    概要:光顕的ペルオキシダ-ゼ陰性骨髄系腫瘍における鑑別診断確定の一助となるべく、MPO-PNAを用いたフローサイトメトリーによるMPO-RNA検出法を確立し、この感度及び特異性について検討を加えた。
  • 成人T細胞白血病のレチノイド感受性について, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 宮武 淳一, 山口 晃史, 上田里美, 松尾 晃樹, 内木 義人, 宮里肇, 嶋田 高広, 森田 泰慶, 松田 光弘, 第64回日本血液学会総会、第44回日本臨床血液学会総会,   2002年09月, 第64回日本血液学会総会、第44回日本臨床血液学会総会
    概要:成人T細胞白血病細胞に対するレチノイドの感受性を観察した結果、taxのmRNAの発現がある細胞にレチノイド反応性がみられた。レチノイド非感受性細胞にtax cDNAを導入することで、レチノイド感受性が獲得できることを証明した。
  • 光顕的ペルオキシダ-ゼ陰性骨髄系腫瘍におけるMPO-PNAを用いたMPO-RNAの検出, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 花本 仁, 宮里肇, 嶋田 高広, 東芝 昌樹, 川西 一信, 宮武 淳一, 松田 光弘, 前田 裕弘, The 29th World Congress of the International Society of Hematology,   2002年08月, The 29th World Congress of the International Society of Hematology
    概要:光顕的ペルオキシダ-ゼ陰性骨髄系腫瘍におけるMPO-RNAの検出をMPO-PNAを用いフローサイトメーターで検出する方法を確立した。この方法は細胞株のみならず臨床検体に対しても応用可能である事が明らかになった。
  • 骨髄非破壊性末梢血幹細胞移植(NST)により治癒したsweet病による難治性皮膚潰瘍合併MDS Overt症例, 眞山崇, 金丸 昭久, 大野 基樹, 松田 光弘, 永谷佑介, 東芝 昌樹, 宮里肇, 宮武 淳一, 川西 一信, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第77回近畿血液学地方会,   2002年07月, 第77回近畿血液学地方会
    概要:骨髄非破壊性末梢血幹細胞移植により治癒したsweet病による難治性皮膚潰瘍を合併したMDS overt症例を経験したので発表した。
  • 成人T細胞白血病に伴う皮膚浸潤に対する全トランス型レチノイン酸の臨床応用, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 宮武 淳一, 松尾 晃樹, 内木 義人, 宮里肇, 嶋田 高広, 松田 光弘, 26th INTERNATIONAL CONGRESS OF INTERNAL MEDICINE,   2002年05月, 26th INTERNATIONAL CONGRESS OF INTERNAL MEDICINE
    概要:成人T細胞白血病(ATL)に伴う皮膚浸潤に対してall-transレチノイン酸(ベサノイド)の効果を観察した。その結果、8例中6例に皮膚浸潤の改善傾向がみられ、ベサノイドはATLの皮膚浸潤に対して有効な治療法と考えられた。
  • 再発治療抵抗性の縦隔瀰漫性大細胞型B細胞リンパ腫に対してall-PBSCTを施行し完全寛解となった一例, 金丸 昭久, 川西 一信, 木村 英嗣, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 内藤広行, 第24回日本造血細胞移植学会総会,   2001年12月, 第24回日本造血細胞移植学会総会
    概要:種々の化学療法に抵抗性を示し、多臓器に浸潤を認めた難治症例に対して、化学療法単独では治癒を期待できなかったため、血縁者間末梢血幹細胞移植を行い、移植片対リンパ腫効果を出現させることによって完全な寛解となった貴重な症例である。
  • 成人T細胞白血病(ATL)に皮膚浸潤に対するall-transレチノイン酸(ATRA)の効果, 金丸 昭久, 宮武 淳一, 内木 義人, 川西 一信, 嶋田 高広, 松田 光弘, 前田 裕弘, 第43回日本臨床血液学会総会,   2001年11月, 第43回日本臨床血液学会総会
    概要:目的)我々はこれまでATRAがATLの細胞増殖抑制効果があることを報告してきた。今回、ATL患者の皮膚浸潤に対するATRAの効果を検討した。(方法)インフォームド・コンセント取得後、皮膚症状を伴うATL患者3例(慢性型2例、くすぶり型1例)に対し、45mg/m2のATRAの内服治療を施行し、臨床効果判定を皮膚症状、皮膚のHTLV-I integration、組織学的所見により検討した。(成績)症例1:くすぶり型38歳女性、皮膚症状が強く全身性の紅斑を認めたためATRA60mg/dayを投与。2週間後に紅斑は著明に改善したが、4週間後に再度悪化した。症例2:慢性型54歳女性、皮膚症状が強く顔面を中心に全身性紅斑が著明で一部潰瘍も伴っていた。ATRA70mg/dayの投与により紅斑、潰瘍は著明に改善したが、sIL-2R値は変化を認めなかった。症例3:慢性型51歳女性、WBC52000/μl、ATLは96%を占めており、全身性紅斑、皮膚腫瘤形成が著明でATRA80mg/dayを投与。sIL-2R値は18400から2740IU/lまで低下、紅斑は残るものの,
  • 再発治療抵抗性の縦隔瀰漫性大細胞型B細胞リンパ腫に対してall-PBSCTを施行し完全寛解となった一例, 金丸 昭久, 川西 一信, 木村 英嗣, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 内藤広行, 第43回日本臨床血液学会総会,   2001年11月, 第43回日本臨床血液学会総会
    概要:種々の化学療法に抵抗性を示し、多臓器に浸潤を認めた難治症例に対して、化学療法単独では治癒を期待できなかったため、allo-PBSCTを行い、graft-versuslymphoma効果を出現させることによって完全寛解をもたらした貴重な症例である。
  • 光顕的ペルオキシターゼ陰性骨髄系造血腫瘍に対するMPO-PNAを用いた診断法の試み, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 宮里肇, 花本 仁, 嶋田 高広, 東芝 昌樹, 川西 一信, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第43回日本臨床血液学会,   2001年11月, 第43回日本臨床血液学会
    概要:診断困難な光顕的ペルオキシダーゼが陰性骨髄系腫瘍の診断に対しMPO-PNAを用いた、フロ-サイトメトリ-による診断法の確立について検討を行った。
  • 多臓器に再発を認めたmediastinal diffuse large B cell lymphoma(MDLCL)に対してMCVCレジメでallo-PBSCTに成功した一例, 金丸 昭久, 川西 一信, 木村 英嗣, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第6回南近畿血液病フォーラム,   2001年09月, 第6回南近畿血液病フォーラム
    概要:種々の化学療法に対し抵抗性を示した、多臓器に浸潤を認めた症例に対して、化学療法単独では治癒を期待できなかったため、血縁者間末梢血幹細胞移植を行い、graft-versuslymphoma効果を出現させることによって治癒をもたらした貴重な症例である。
  • ATLに対するレチノイドの作用機序および臨床応用, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 宮武 淳一, 炭本至康, 内木 義人, 松田 光弘, 第60回日本癌学会総会,   2001年09月, 第60回日本癌学会総会
    概要:成人T細胞白血病(ATL)患者におけるレチノイドの作用機序を検討した。その結果、レチノイドはTax/NF-KB経路を阻害することが判明した。又、慢性型、くすぶり型および皮膚型に対して臨床的にも有効性が認められた。
  • ATRA blocks Tax/NF-?B signaling pathway in ATL, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 内木 義人, 炭本至康, 木村 英嗣, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 松田 光弘, 30th Annual Meeting of the International Society for Experimental Hema-tology,   2001年08月, 30th Annual Meeting of the International Society for Experimental Hema-tology
    概要:成人T細胞白血病細胞に対するall-transレチノイン酸(ATRA)の作用機序について検討した。その結果、ATRAはTax遺伝子により誘導されるNF-KBを特異的に阻害していることが判明した。
  • 成人T細胞性白血病の対するATRAの効果と臨床応用, 金丸 昭久, 宮武 淳一, 前田 裕弘, 内木 義人, 木村 英嗣, 嶋田 高広, 炭本至康, 宮里肇, 松田 光弘, 第63回日本血液学会総会,   2001年04月, 第63回日本血液学会総会
    概要:目的)我々はこれまでレチノイン酸(RA)がATLの細胞増殖抑制効果があることを報告してきた。今回、ATL患者に対してRAが臨床応用可能かどうかの臨床応用を行った。(方法)インフォームドコンセントにより承諾を得たATL患者7例(急性型2例、慢性型3例、リンパ腫型1例、くすぶり型1例)に対し、45mg/m2のATRAの内服治療を施行し、臨床効果判定を皮疹、リンパ節腫脹の改善の有無、末梢血ATL細胞比率、表面マーカー(CD25)、sIL-2R値などにより検討した。(成績) ①急性型:2例ともATRA投与後WBC数、ATL細胞数は変化なく、LDH、sIL-2R値も一過性の低下があるも、1例はATRA中止後に、急激なWBC、ATL細胞絶対数の増加を認めた。1例に皮膚浸潤を認めたがATRA投与25日後には全て消失した。②慢性型:2例は皮膚症状が強くATRAの投与により皮疹、掻痒感は著明に改善した。特に1例は全身性皮疹、腫瘤形成が著明であったが、ATRAの投与により皮疹は残るものの, 腫瘤はほぼ消失し
  • 骨髄異形成症候群における変異型GSTT-1遺伝子の発現, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 内木 義人, 木村 英嗣, 嶋田 高広, 宮里肇, 炭本至康, 宮武 淳一, 松田 光弘, 第63回日本血液学会総会,   2001年04月, 第63回日本血液学会総会
    概要:MDS症例ではGSTT-1遺伝子に変異のみられる症例が存在し、ラパマイシンの標的蛋白であるTORと相同性がみられた。この変異型GSTT-1遺伝子を細胞株に強制発現させ、ラパマイシンを添加すると、アポトーシスが誘導される現象が確認された。
  • Weber-Christian病に非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を合併しサイクロスポリンAが着効した1例, 山口 晃史, 金丸 昭久, 宮武 淳一, 松岡稔明, 宮里肇, 川西 一信, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第163回日本内科学会近畿地方会,   2000年12月, 第163回日本内科学会近畿地方会
    概要:ステロイド抵抗性Weber-Christian病に非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を合併しCyAが著効した症例を経験した。NASHはW-CDに起因すると考えられ、W-CDにCyAが著効したことよりT細胞系の異常が強くWeber-Christian病に考えられる。
  • ATL細胞に対するATRAの作用機序(Tax/NF-KBシグナル伝達について), 縄田浩行, 金丸 昭久, 前田 裕弘, 炭本至康, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 松田 光弘, 第62回日本血液学会総会,   2000年03月, 第62回日本血液学会総会
    概要:ATRAは、ATL細胞株にアポトーシスを誘導する。このアポトーシスは、Tax/NF-KBのシグナル伝達系をATRAが抑制していることが考えられた。

MISC

  • 難治性造血器腫瘍における母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致血縁者間造血幹細胞移植の検討, 川西 一信, 加藤 寛章, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 土方 康基, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 無菌生物 = Japanese journal of germfree life and gnotobiology, 37, 2, 126, 128,   2007年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019906843
  • ATRAによる成人T細胞白血病・リンパ腫治療の可能性 (造血器腫瘍--基礎・臨床領域における最新の研究動向) -- (臨床編 特論), 前田 裕弘, 山口 晃央, 宮武 淳一, 日本臨床, 65, 0, 719, 723,   2007年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015220874
  • 特発性血小板減少性紫斑病における Helicobacter pylori 除菌療法の有用性の検討, 芦田 隆司, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 椿 和央, 金丸 昭久, 無菌生物 = Japanese journal of germfree life and gnotobiology, 35, 2, 120, 121,   2005年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016727036
  • 8.幹細胞移植により尋常性乾癬と併せて寛解像を得た多発性骨髄腫の1例(一般演題抄録), 嶋津 秀紀, 辰巳 陽一, 中本 吉彦, 佐野 徹明, 渡辺 克哉, 森田 泰慶, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌, 30, 1,   2005年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004830258
  • 骨髄の血球貪食像を認めた劇症型ざ瘡の1例, 玉置 千勢, 宮武 淳一, 山形 俊昭, 野崎 祐史, 兪 炳碩, 杉山 昌史, 生駒 真也, 木下 浩二, 船内 正憲, 金丸 昭久, 日本内科学会雑誌, 93, 8, 1632, 1633,   2004年08月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10014292423
  • 汎血球減少で発症しステロイド応答性良好であったため診断に苦慮したPh1陽性ALL症例(一般演題抄録, 第55回近畿大学医学会学術講演会), 木村 芳毅, 辰巳 陽一, 東芝 昌樹, 嶋田 高広, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌, 29, 1,   2004年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004615490
  • 激烈な下腹部痛で発症し,皮疹が遅延して出現した同種骨髄移植後の帯状疱疹症例, 芦田 隆司, 兪 炳碩, 東芝 昌樹, 川西 一信, 宮武 淳一, 椿 和央, 金丸 昭久, 移植, 37, 1, 38, 40,   2002年02月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007908913
  • 非寛解期造血器悪性腫瘍患者に対する同種骨髄移植の治療成績, 芦田 隆司, 木村 英嗣, 縄田 浩行, 東芝 昌樹, 炭本 至康, 佐野 徹明, 宮里 肇, 川西 一信, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 椿 和央, 金丸 昭久, 移植, 36, 2, 130, 136,   2001年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007616537
  • Establishment of a myeloid cell line, YM711, characterized by retinoid resistance., 炭本至康, 金丸 昭久, 前田 裕弘, 内木 義人, 曽野弘士, 宮武 淳一, 坂口 美佳, 松田 光弘, Leukemia and Lymphoma., 39, 3,4, 373, 383,   2000年10月
    概要:外来性のPML/RARα融合遺伝子を有する骨髄性細胞株YM711はレチノイン酸抵抗性であった。検討の結果、機序として報告されているMDR-1遺伝子、CRABP以外の因子の関与が考えられた。(英文)
  • <近畿大学医学会記念講演>レチノイドによる成人T細胞白血病細胞の増殖抑制, 宮武 淳一, 前田 裕弘, 近畿大学医学雑誌, 24, 1,   1999年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061539
  • <一般演題抄録>15.多彩な自己抗体を認めた原発性胆汁性肝硬変症, 榎本 寛, 辰巳 陽一, 宮武 淳一, 前田 裕弘, 椿 和央, 入交 清博, 堀内 篤, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌, 23, 1,   1998年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061457
  • 単一施設における非血縁者間と血縁者間との同種骨髄移植成績の比較検討, 芦田 隆司, 椿 和央, 武田 智美, 兪 炳碩, 榎本 寛, 内木 義人, 川西 一信, 武田 敏也, 宮武 淳一, 大野 基樹, 岩本 一郎, 辰巳 陽一, 堀内 房成, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 堀内 篤, 移植, 33, 2, 106, 115,   1998年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006370721
  • レチノイン酸による成人T細胞白血病細胞増殖抑制効果, 宮武 淳一, 前田 裕弘, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 浦瀬 文明, 堀内 房成, 入交 清博, 堀内 篤, 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology, 19, 5, 477, 487,   1996年10月31日, 10.2177/jsci.19.477, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016359039
    概要:We observed the effects of the retinoic acid (13-cis retinoic acid; 13-cis RA, and all-trans retinoic acid; ATRA) for the cell growth and the expression of CD 25 on peripheral blood mononuclear cells (PBMC) from 17 patients with adult T cell leukemia (ATL). Fourteen had acute type, 1 had chronic type, and 2 had smoldering type of ATL. We divided those patient into 3 groups (hyper-sensitive, sensitive and resistant group) by determined with reduction rate of [3H]-thymidine incorporation obtained before and after treatment with 13-cis RA or ATRA respectively. Growth inhibition was not observed in normal PBMC by 13-cis RA or ATRA. However, no down-regulation of CD 25 expression was observed on PBMC in all patients and normal individuals after treratment with 13-cis RA or ATRA. In the aspect of growth inhibition on PBMC in ATL patients, we tried to clarify the mechanism of the phenomenon. In agarose gel electrophoresis, extracted genomic DNA from retinoic acid treated PBMC in hyper-sensitive and sensitive ATL patients showed multimer DNA fragmentation pattem. On the other hand, genomic DNA from PBMC after treatment with retinoic acid in resistant ATL patients and normal individuals showed high molecular DNA pattern. without fragmentation. Taken together, it is suggested that retinoic acid could induce growth inhibition of PBMC in some ATL patients resulting in DNA fragmentation, apoptosis. We deeply consider that retinoic acid may be an useful agent for ATL patients in clinical aspect.
  • <症例>4倍体域染色体異常を呈した急性骨髄単球性白血病の1例, 宮武 淳一, 有山 武志, 江角 真理, 岩本 一郎, 濱崎 浩之, 入交 清博, 堀内 篤, 近畿大学医学雑誌, 19, 3, 403, 408,   1994年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061110
    概要:A 40-year-old woman was hospitalized with a bleeding tendency. On physical examination, the patient revealed generalized purpura and right eye lid swelling. Peripheral blood findings presented pancytopenea with the large myelocytic and monocytic leukemic cells. These leukemic cells were negative for α-naphthyl butyrate esterase but positive for peroxidase and naphthol chroloacetate esterase reaction. Bone marrow aspiration was revealed N.C.C. (nuclear cell count) of 8.9×10^4/l with 96% cells. Chromosome analysis of bone marrow cells by the G-banding method indicated tetraploidy. A diagnosis of acute myelomonocytic leukemia (FAB : M4 ) was made. The patient was treated with anti-leukemic chemotharapy which proved infective. She died of DIC with severe bacterial infection about 2 weeks later. Autopsy revealed multi organ invasion of leukemic cells and intraglomerular microthrombosis in the kidney.
  • <一般演題抄録>7.多発性骨髄腫におけるDMVM-αIFN療法の試み, 宮武 淳一, 神原 真理, 辻 光次郎, 藤本 卓也, 芦田 隆司, 椿 和央, 入交 清博, 堀内 篤, 近畿大学医学雑誌, 17, 2,   1992年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060872

受賞

  •   1998年11月, 近畿大学医学会, 近畿大学医学会奨励賞
  •   1998年07月, 近畿大学医学会, 近畿大学医学会賞