KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

下 絵津子シモ エツコ

プロフィール

所属部署名総合社会学部 教養・基礎教育部門
職名准教授
学位Master of Education(米国)
専門英語教育・学習者ディベロプメント
ジャンル社会/教育・学校・語学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/981-shimo-etsuko.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    協同学習・ポートフォリオ評価・学習方略・ビリーフなどをキーワードに学習者が自律的に言語学習に取り組める環境について研究しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 2001年, ニューヨーク州立大学バッファロー校, 教育研究科, 英語教育
  •  - 1996年, 東京外国語大学, 外国語学部, 英米語学科

経歴

  •   2010年04月,  - 現在, 近畿大学 総合社会学部(准教授)
  •   2009年04月,  - 2010年03月, 近畿大学語学教育部(准教授)
  •   2007年04月,  - 2009年03月, 近畿大学語学教育部(講師)
  •   2003年,  - 2007年,  宮崎公立大学人文学部国際文化学科 講師
  •   2002年,  - 2003年,  中部大学 非常勤講師
  •   2001年,  - 2003年,  愛知淑徳大学留学生別科 非常勤講師

研究活動情報

研究分野

  • 言語学, 外国語教育

研究キーワード

  • 学習者オートノミー・ポートフォリオ評価・協働学習

論文

  • 学生の性格と態度に関する英語教師の認識 : 英語第一言語話者教師と日本語第一言語話者教師の比較, 下 絵津子, 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University, 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University, 4, 2, 35, 55,   2016年03月
    概要:日本の大学で1・2 年生の英語科目を教える教師を対象に、学生に関する教師ビリーフを探求するアンケート調査を2014 年に実施した。本稿では、アンケート調査結果をもとに、学生の性格や英語学習に対する態度、教室内での英語使用についての態度、授業の形態に関する好みに関して、教師がどのように認識しているかを、英語第一言語教師(ETs:154 名)と日本語第一言語教師(JTs:170 名)の間で比較分析した。その結果、「受身的」「素直」「恥ずかしがりや」といった認識に類似点が見られた一方、いくつかの相違点も観察された。「明るい」「英語でコミュニケーションを取りたがる」「どうしたら英語力が上がるかに関心がある」との認識のETs が多かったのに対して、JTs は「学習に真面目に取り組む」との回答が多かった。また、学生が学習者中心を好むのか、教師中心の教室を好むのかなどについても両グループで認識に差が見られた。これらの相違点を生み出した背景要因には、 (1)授業における目標スキルが異なっていること、(2)学生の教師に対する期待とその期待への教師の対応の間に存在する相互関係的状況要因、そして(3)授業における教師と学生、あるいは学生と学生同士の実際のやり取りの内容と量が関係している可能性が指摘される。majour: English Education
  • 日本の大学英語学習者に関する教師ビリーフ : 過去の研究及び予備調査結果の考察, 下 絵津子, 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University, 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University, 3, 2, 31, 48,   2014年07月
    概要:(Abstract) The purposes of this paper are twofold: a) to discuss how previous researchers have explored teachers' beliefs in the field of second language education and b) to report the findings of a pilot survey conducted among Japanese university English teachers about their beliefs regarding Japanese learners of English at universities. First, I will review the definitions of teachers' beliefs and their roles in teaching practices. Teachers' beliefs can be a critical factor that makes a difference in the outcome of curriculum goals because of the potentially strong influences on individual teachers' instructional practices. Second, I will examine teachers' beliefs collected through a pilot questionnaire survey. Data were collected from six native English-speaking teachers (ETs) and eleven native Japanese-speaking teachers (JTs). The main purpose of the pilot study was to examine the questionnaire items for use in a larger-scale survey, and therefore a small group of teachers was selected. Despite its small scale, the survey revealed potential differences and similarities between ETs' and JT's beliefs about Japanese learners of English at universities in Japan: The findings indicated the possibility that the teachers share similar impressions of their students, but that their judgments and interpretations of the students' skills and attitudes toward learning English (i.e., motivations and preferences for class formats and activities) could be very different.専攻: 英語教育学, 修正箇所: 39ページ右欄30~33行目
  • 大学英語授業用自己評価ツールとしての能力記述(Can-Do)チェックリストの開発, Shimo Etsuko, Nitta Kaori, 近畿大学教養・外国語教育センター紀要. 外国語編, 近畿大学教養・外国語教育センター紀要. 外国語編, 2, 1, 225, 245,   2011年
    概要:著者専攻(下): 英語教育学, 著者専攻(新田): 英語教育学
  • Learner autonomy and English language proficiency: An exploration among non-English majors at a Japanese university, 語学教育部紀要, 8, 2, 153, 178,   2008年
  • 学習者オートノミーと英語能力の関係の探求--非英語専攻の大学生を対象に(英文), 下 絵津子, 近畿大学語学教育部紀要, 近畿大学語学教育部紀要, 8, 2, 153, 178,   2008年
    概要:[Abstract] This study explored the following research questions: Are there any differences in the level of self-perceived learner autonomy depending on the students' proficiency level? If so, what differences are there? A self-reportquestionnaire was developed in order to gather data about students' learner autonomy levels. The questionnaire responses were collected from 106 non-English majors at a Japanese university in the 2007 fall semester. In addition to the questionnaire results, proficiency-test scores of the students were used for the analysis in the study. The analysis suggests the following points: 1) There are two factors in learner autonomy measured by the questionnaire: "orientation towards improving learning environment" and "orientation towards reflective learning." 2)The "orientation towards reflective learning" seems to be a better prediction of learners' higher proficiency. 3) In addition to proficiency level, a number of variables appear to explain differences in the students' learner autonomy level, including students' motivation, learning objectives, interest in language learning, and class atmosphere.
  • 第二言語教育におけるポートフォリオの活用, 下 絵津子, Etsuko SHIMO, 宮崎公立大学人文学部紀要 = Bulletin of Miyazaki Municipal University Faculty of Humanities, 宮崎公立大学人文学部紀要 = Bulletin of Miyazaki Municipal University Faculty of Humanities, 14, 1, 149, 167,   2007年03月20日
    概要:ポートフォリオとは基本的には「ある目的のもとに学習者の作品などを収集したもの」であるが、それを有効に活用するためには、「収集・選択・内省」(Hamp-Lyons & Condon,2000)などの特徴を考慮しなければならない。本稿では、まず、語学教室においてポートフォリオを効果的に活用するためのこのような特徴を整理し、ヨーロッパ各国の第二言語教育において組織的なポートフォリオの導入を試みるヨーロッパ言語ポートフォリオ(ELP)を紹介する。さらに、「評価用ポートフォリオ」を利用した筆者の授業におけるその使用を考察し、日本の語学教室におけるポートフォリオの活用・普及にむけての課題を整理する。ポートフォリオは、学習者と教師の「協働評価」であり、その活用によって、両者が自らの活動に対して互いからフィードバックを受け取るという構図が実現できる。また、それは、学習者オートノミー、教師オートノミーを促進することにつながる。ELPプロジェクトがそうであるように、ポートフォリオ活用は語学教育にプラスの効果をもたらす可能性は非常に高い。そのようなポートフォリオ活用への理解を促進するために、また、日本の語学教室での効果的な活用方法をさらに吟味するために、日本の中学、高校、大学の語学教育の現場でのポートフォリオ活用例を集めることが必要だろう。普及にあたっては、その機能を明確化し、ポートフォリオの特徴の整理や、その活用の流れ、具体的な方法の提示が必須だと考える。
  • 第二言語教室における協働型シャドーイング活動の効果的利用に関する考察, 下 絵津子, Etsuko SHIMO, 宮崎公立大学人文学部紀要 = Bulletin of Miyazaki Municipal University Faculty of Humanities, 宮崎公立大学人文学部紀要 = Bulletin of Miyazaki Municipal University Faculty of Humanities, 13, 1, 85, 99,   2006年03月20日
    概要:This paper first introduces sample collaborative shadowing activities used in university-level English courses, discusses concepts to support these activities, and then explores their benefits and drawbacks based on instructor observations and student responses from an end-of-the-semester questionnaire survey and reflection essays on course activities. In a collaborative shadowing activity, a student shares his or her written work orally and the partner repeats his or her words in the form of a dialogue. This activity, termed dialogue-formed shadowing, provides ample opportunities for students to expose themselves to input, to produce output, and to have interaction with each other and receive more feedback on their output, helping to create a cooperative and autonomous learning space. Such practice with nonnative speaker classmates allows students to become aware of the benefits of practicing with non-native speakers. This study shows that a large number of students identified benefits of collaborative shadowing activities. Students found it fun to speak with classmates and to know more about their fellow classmates. They enjoyed communicating with classmates in English, sharing personal stories, and learning from each other. Collaborative shadowing was a new way of practicing the language for them; they reported that shadowing activities provided good listening and speaking practice. However, a few problems were pointed out such as a) repetition of classmates' errors and mistakes, b) uncertainty of correct pronunciation, and c) negative emotions about their own writing. This paper will suggest a few teaching tools and techniques to deal with problems. In the end, this study has raised two issues to be explored in the future. One is whether collaborative shadowing works for a certain type of student group or not, and the other is how the teacher's instructions in shadowing activities change students' performances and their consequent effects upon language learning.
  • 第二言語教室における協働型シャドーイング活動の効果的利用に関する考察, 下 絵津子, 宮崎公立大学人文学部紀要, 宮崎公立大学人文学部紀要, 13, 1, 85, 99,   2006年03月20日
    概要:This paper first introduces sample collaborative shadowing activities used in university-level English courses, discusses concepts to support these activities, and then explores their benefits and drawbacks based on instructor observations and student responses from an end-of-the-semester questionnaire survey and reflection essays on course activities. In a collaborative shadowing activity, a student shares his or her written work orally and the partner repeats his or her words in the form of a dialogue. This activity, termed dialogue-formed shadowing, provides ample opportunities for students to expose themselves to input, to produce output, and to have interaction with each other and receive more feedback on their output, helping to create a cooperative and autonomous learning space. Such practice with nonnative speaker classmates allows students to become aware of the benefits of practicing with non-native speakers. This study shows that a large number of students identified benefits of collaborative shadowing activities. Students found it fun to speak with classmates and to know more about their fellow classmates. They enjoyed communicating with classmates in English, sharing personal stories, and learning from each other. Collaborative shadowing was a new way of practicing the language for them; they reported that shadowing activities provided good listening and speaking practice. However, a few problems were pointed out such as a) repetition of classmates' errors and mistakes, b) uncertainty of correct pronunciation, and c) negative emotions about their own writing. This paper will suggest a few teaching tools and techniques to deal with problems. In the end, this study has raised two issues to be explored in the future. One is whether collaborative shadowing works for a certain type of student group or not, and the other is how the teacher's instructions in shadowing activities change students' performances and their consequent effects upon language learning.

書籍等出版物

  • Teacher and learner autonomy in Japan, Vol. 1: Autonomy you ask!, JALT Learner Development SIG,   2003年, 4931424163
  • 『多文化の時代 衝突と対応』, 宮崎公立大学・鉱脈社,   2004年, 860611128
  • Teacher and learner autonomy in Japan, Vol. 2: More autonomy you ask!, JALT Learner Development SIG,   2006年, 4931424295

講演・口頭発表等

  • Student power: Portfolio assessment in an EFL writing class, 下 絵津子, Asia TEFL,   2007年06月, Asia TEFL
    概要:ポートフォリオ使用と協働活動の使用が、学習者オートノミーの促進、学習過程の重視、多重知性の利用といった点で共通する効果を持つことを指摘し、双方を利用することで、相乗効果を持って学生の力が引き出されるということを提案した。(英文)
  • ポートフォリオ:英語教室における利用とその意義, 下 絵津子, 英語授業研究学会,   2007年08月, 英語授業研究学会
    概要:この発表では、まず、語学教室で使用されるポートフォリオの特徴を整理した。さらに、発表者の授業でのポートフォリオ使用例と学習者の反応を紹介し、ポートフォリオの特徴を生かした効果的な活用方法を提案した。
  • The Role of Cooperative Learning in Promoting Learner Autonomy, 下 絵津子, 自立学習学会(Independent Learning Association),   2007年10月, 自立学習学会(Independent Learning Association)
    概要:中級の上から上級レベルの英語学習者に対する日本の大学でのライティングの授業において使用した協力的活動を、学習者がどのように選択活動・内省活動に従事したかという観点から考察した。グループ・ダイナミックスをうまく活用する方法についても議論した。
  • 大学一年生を対象として「Criterion」を利用したライティングテスト実践報告, 西村 香奈絵, 石井 隆之, 下 絵津子, 大学英語教育学会,   2010年11月, 大学英語教育学会

MISC

  • 第2部(研究発表1)学習者オートノミーと協力的学習をキーワードとした授業実践報告, 下 絵津子, 語学教育部ジャーナル = Kinki University Department of Language Education journal, 6, 177, 184,   2010年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730302
    概要:語学教育部第1回FD研究会, 日時: 2009年2月20日(金)14:00~17:00, 場所: 15号館1階マルチメディア教室, 参加者: 48名(専任42名、非常勤6名), 著者専攻: 言語教育学
  • Cooperative learning in an EFL writing course: A step toward motivation and autonomy, Learner Development: Context, Curricula, Connections, Proceedings of the Kobe Conference, 25, 33,   2005年
  • Japanese learners of English: their beliefs about listening skills and their use of listening strategies, Unpublishied master's Thesis,   2001年
  • Learners to teacher: "Portfolios, please!": Students’ perceptions of portfolio assessment in EFL classrooms, M. Apple & E. Shimo, JALT PAN-SIG2004 Proceedings, On line,   2005年
  • Learners' affect and learning of listening comprehension skills, The Proceedings of JALT 2002, 29, 35,   2003年
  • Learning listening comprehension skills in English: the analysis of Japanese learners' beliefs and its implications, The Language Teacher, 26, 10, 15, 18,   2002年
  • Let's learn to write better through collaboration!, JALT 2004 Proceedings, 1147, 1157
  • Student empowerment through portfolio and cooperative learning activities, 近畿大学語学教育部ジャーナル, 4, 91, 103,   2008年
  • The effective use of collaborative shadowing activities in second language classrooms, 宮崎公立大学人文学部紀要, 13, 1, 85, 99,   2005年
    概要:2005年度
  • 九州産業大学の特色ある大学教育支援プログラムについての視察報告, 新田香織・Tom Koch・下 絵津子, 語学教育部ジャーナル, 5, 129, 139,   2009年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730314
    概要:著者専攻(新田): 応用言語学・英語教育学, 著者専攻(トーマス・クック): 英語教育学, 著者専攻(下): 言語教育学
  • 中学入学以前の英語学習経験が高校生の情意面に及ぼす影響, 樋口 忠彦, 田邉 義隆, 大村 吉弘, 下 絵津子, 加賀田 哲也,他4名, 英語授業研究学会紀要 Journal of Teaching English, 18, 47, 79,   2009年07月
  • 中学校入学以前の英語学習経験が大学生の情意面に及ぼす影響, 大村 吉弘, 下 絵津子, 田邉 義隆, JASEC 研究紀要, 27, 25, 51,   2008年09月
    概要:大学生約2000名に対して、アンケート調査を行い、小学校時代の英語教育経験の有無でグループ分けし、グループ間に違いがあったかどうかを検証した。検証手法は、因子分析に基づいて抽出した因子ごとの因子系数をグループ間で比較した。仮説通り、小学校英語教育経験者の方が、英語学習についてポジティブなとらえ方をしており、英語でのコミュニケーションに対して積極的であることが示された。
  • 学習者オートのミート協力的学習をキーワードとした授業実践報告, 下 絵津子, 『語学教育部ジャーナル』, 6, 177, 184,   2010年
  • 第二言語教育におけるポートフォリオの活用, 下 絵津子, 宮崎公立大学人文学部紀要, 14, 1, 149, 167,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006458010
    概要:ポートフォリオとは基本的には「ある目的のもとに学習者の作品などを収集したもの」であるが、それを有効に活用するためには、「収集・選択・内省」(Hamp-Lyons & Condon,2000)などの特徴を考慮しなければならない。本稿では、まず、語学教室においてポートフォリオを効果的に活用するためのこのような特徴を整理し、ヨーロッパ各国の第二言語教育において組織的なポートフォリオの導入を試みるヨーロッパ言語ポートフォリオ(ELP)を紹介する。さらに、「評価用ポートフォリオ」を利用した筆者の授業におけるその使用を考察し、日本の語学教室におけるポートフォリオの活用・普及にむけての課題を整理する。ポートフォリオは、学習者と教師の「協働評価」であり、その活用によって、両者が自らの活動に対して互いからフィードバックを受け取るという構図が実現できる。また、それは、学習者オートノミー、教師オートノミーを促進することにつながる。ELPプロジェクトがそうであるように、ポートフォリオ活用は語学教育にプラスの効果をもたらす可能性は非常に高い。そのようなポートフォリオ活用への理解を促進するために、また、日本の語学教室での効果的な活用方法をさらに吟味するために、日本の中学、高校、大学の語学教育の現場でのポートフォリオ活用例を集めることが必要だろう。普及にあたっては、その機能を明確化し、ポートフォリオの特徴の整理や、その活用の流れ、具体的な方法の提示が必須だと考える。
  • 宮崎と異文化理解:摩擦と融和, 倉 真一, 下 絵津子, 他, 14, 24,   2007年03月
    概要:宮崎という地域社会を多角的な視点から研究した。報告書の構成は第1部「異文化理解の実践と可能性」、第2部「宮崎のなかのグローバル・ナショナル・ローカル」、第3部は「世界から見た宮崎の文化」、そして第4部は「シンポジウム報告」(平成17年度国際宮崎研究シンポジウム「宮崎から国際社会を考える」)となっている。下は第1部の「3.語学教室における協働学習活動と自己理解・他者理解」を執筆。
  • 英語授業における小グループでの発表活動の活用, 下 絵津子, 近畿大学教養・外国語センター紀要(外国語編), 1, 1, 133, 149,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005729470
    概要:著者専攻: 英語教育学
  • 小学校英語学習経験者の追跡調査と小・中学校英語教育への示唆, 大村 吉弘, 下 絵津子, 田邉 義隆, 近畿大学語学教育部紀要, 8, 2, 179, 234,   2008年12月
    概要:小学校英語学習経験者と非経験者を比較し、情意面における違いについて検証した。技能面同様、情意面においても、中学校に入ってから、非経験者と同じカリキュラムで学習する経験者は、モチベーションが低くなることが分かった。
  • 小学校英語学習経験者の追跡調査と小・中学校英語教育への示唆(続), 樋口忠彦, 田邉 義隆, 大村 吉弘, 下 絵津子, 加賀田 哲也,他4名, 近畿大学語学教育部紀要, 8, 2, 179, 234,   2008年12月
  • Student Reactions to Extensive Reading: A Comparison of Three Japanese University English Classes, 下 絵津子, 『語学教育部紀要』, 9, 1, 1, 19,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730005
    概要:[Abstract] This study explored the following research questions in English classes at a university in Japan: Are there any differences among student reactions to Extensive Reading (ER) in three different classes? If so, what kinds of differences are apparent? Student reactions were collected through questionnaire surveys from two Science Engineering major classes, where out-of-class ER assignments were given, and one Arts major class, in which in-class ER activities were done. In addition to the students' responses to the surveys, the teacher's records of students' out-of-class work (i.e., book reports) and of observation of students' engagement in in-class reading activities were examined. The findings of this study included the following: (1) Even students with similar backgrounds showed different reactions to ER; and (2) students showed different reactions to ER when the required ER assignments or activities were different. The study suggests that it is important to help students to develop the habit of reading extensively from the very beginning of the academic year, and that in-class reading activities can serve as an effective trigger for students to begin experiencing the joy of reading. These activities seem especially beneficial for less motivated students who are not willing to study outside the class.執筆者専攻: 言語教育学
  • 小学校英語学習経験者の追跡調査と小・中英語教育への示唆, 樋口忠彦、国方太司、大村吉弘、田邉義隆、下 絵津子、泉惠美子、衣笠知子、加賀田哲也、箱崎雄子, 英語教育増刊号, 58, 69,   2008年
  • 英語リーディングへのアプローチ-ある授業の考察から-, 宮崎公立大学開学10周年記念論文集 宮崎~九州~アジア:地域に根ざして, 249, 264,   2004年
  • Dynamics of learner autonomy: Components and changes, 下 絵津子, JACET Kansai Journal, 11, 33, 49,   2009年

競争的資金

  • 科学研究費, 若手研究(B), 「日本の大学の英語学習者に関する教師ビリーフ:英語母語話者・日本語母語話者の比較」, 下 絵津子