KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

脇田 祥尚ワキタ ヨシヒサ

プロフィール

所属部署名建築学部 建築学科  / 総合理工学研究科
職名教授
学位博士(工学)
専門都市計画
ジャンル社会/都市問題
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1027-wakita-yoshihisa.html
ホームページURLhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1027-wakita-yoshihisa.html
メールアドレス
Last Updated :2019/07/19

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    景観、歴史的町並み、防災、子どもに関する市民参加のまちづくりに携わる。気仙沼での震災復興まちづくりや、インドネシアやカンボジアの伝統的住居や町並み研究にも従事。

報道関連出演・掲載一覧

    〈報道関連出演・掲載一覧〉
    ●2015/3/3
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     世界遺産地でのマンション建設について。
    ●2015/3/2
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     日本遺産について。
    ●2014/12/10
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     建物の規制、保護地区での改築について。
    ●2014/06/09
     J:COM「虹色ネットワーク」

学歴・経歴

学歴

  • 1993年 - 1994年, 京都大学大学院, 工学研究科建築学専攻, 博士課程
  • 1991年 - 1993年, 京都大学大学院, 工学研究科建築学専攻, 修士課程
  • 1987年 - 1991年, 京都大学, 工学部, 建築学科

経歴

  •   2011年,  - 現在, 近畿大学建築学部(教授)
  •   2007年,  - 2011年, 近畿大学理工学部 准教授
  •   2005年,  - 2007年, 広島工業大学環境学部 助教授
  •   2002年,  - 2005年, 広島工業大学環境学部 講師
  •   2001年,  - 2002年, 島根女子短期大学 助教授
  •   1994年,  - 2001年, 島根女子短期大学 講師

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 都市計画・建築計画

研究キーワード

  • 自生的空間形成, ボランタリーアクション, スラムの計画学, カンボジア, インドネシア, アジア住居論, 歴史的環境, 地域生活空間計画, 都市計画, 建築計画

論文

  • パダン歴史地区における町並み復興, 脇田 祥尚、竹内 泰, 日本建築学会計画系論文集, 84, 758, 895, 904,   2019年04月, 査読有り
  • プノンペン(カンボジア)における屋上居住地の共同空間利用, 脇田 祥尚、白石 英巨、日下部 めぐみ, 日本建築学会計画系論文集, 84, 758, 763, 771,   2019年04月, 査読有り
  • スラム改善事業における居住環境評価 : ボレイケラ地区(カンボジア・プノンペン)を事例として, 八尾 健一, 脇田 祥尚, 白石 英巨, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文集, 84, 757, 569, 578,   2019年03月, 査読有り
  • プノンペン(カンボジア)における不法占拠地の空間構成 -自生的居住環境の外部空間構成とシークエンス-, 脇田 祥尚、中尾 謙太、白石 英巨, 日本建築学会計画系論文集, 84, 757, 537, 546,   2019年03月, 査読有り
  • Conservation and Rehabilitation of Historic Urban Landscapes as Kawasan Cagar Budaya : Case in Padang, West Sumatra, Akiko Tashiro, Yasushi Takeuchi, Yoshihisa Wakita and Jonny Wongso, 5th International seminar on tropical eco settlement,   2018年11月, 査読有り
  • Challenges and Outlooks of Machizukuri under the Initiative of Community in Shishiori, Kesennuma, Kenta Nakao, Masaki Kondo, Yoshihisa Wakita, Yasushi Takeuchi and Norio Maki, The 9th Pacific Rim Community Design Network Meeting, 35, 40,   2014年06月, 査読有り
  • Architectural Styles of Padang's Historical Shophouses in West Sumatra, Indonesia, Katsura Sato, Masahiko Tomoda, Yasushi Takeuchi, Wakita Yoshihisa, Proceedings of 9th International Symposium on Architectural Interchange in Asia,   2012年10月
  • 歴史的市街地における小学生のためのまちづくり教育, 脇田 祥尚、森本 純一, 日本建築学会技術報告集, 18, 39, 715, 720,   2012年06月, 査読有り
  • プノンペン(カンボジア)都心部における高床式住居の空間変容, 梶本 希, 脇田 祥尚, 上段 貴浩, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文集, 77, 672, 275, 282,   2012年, 査読有り
    概要:The aim of this study is to clarify the space transformation of houses with raised floor in Phnom Penh, Cambodia. We conclude the result as below from the date mostly based on the field survey. Previously one family lived in one house, but now several families live in one house by making additional new space and dividing large previous house space. They can access to their houses by using vacant land space for passage or arranging stairs on several positions or sharing corridor and veranda with each other. They satisfy the needs by sharing living space and access.
  • コンバージョンによる長屋と路地の空間更新, 脇田 祥尚, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文集, 76, 660, 287, 294,   2011年, 査読有り
    概要:The aim of this study is to clarify the spatial recomposition of row house and alley on Nakazaki area in Kita-ward, Osaka-city. I conclude the results as below from the data mostly based on the field survey. In case of row house conversion I could find five methods; elimination, installation, removal, renewal and material exchange. Row houses can adapt new functions flexibly by these five methods. Alleys can also adapt changes caused by row house conversion. Beside art objects and signboards which are situated in front of these conversion shops, domestic articles such as bicycles and air conditioning units outside can be seen. Flexibility and redundancy of row house and alley could be indicated.
  • 不法占拠地区の居住空間構成, 脇田 祥尚, 八尾 健一, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文集, 76, 659, 1, 8,   2011年, 査読有り
    概要:The aim of this study is to clarify spatial formation of residential settlements on squatter area by analyzing spatial formation and utilization of houses and open spaces on Borei Keila which is one of the largest squatter areas in Phnom Penh, Cambodia. We conclude the results as below from the data mostly based on the field survey. 1. Simple beds, fire equipment and big water pot are the basic components of interior space. Houses over thirty square meters generally have separate living, dining, private and sanitary rooms. 2. Small open spaces and narrow alleys compose the residential block. Though this residential area was made by each self-built house, definite levels exists on width of the alleys. 3. Around eighty percent of houses have devices such as deep eaves and outside bed to connect interior and exterior space. 4. Outside behaviors are cooking, eating, bathing, washing clothes, discharging, conversation, play, taking rest, sleep, selling and buying, working and others.
  • アートイベントによって顕在化する歴史的市街地の地域資源, 上段 貴浩, 脇田 祥尚, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文集, 75, 658, 2873, 2880,   2010年, 査読有り
    概要:The aim of this study is to clarify the characteristics of art exhibition space that is performed on a historical urban area. We analyze features of locations and spaces that art works are situated and visitors' behavior that art works influence.
    The conclusions are as follows: 1) Old row houses, shophouses and alleys are paid attentions because they become exhibition space. 2) Narrow alleys have potential of exhibition space. Lattices and plants can be a background of art works which are hung on a wall. Small spaces such as garage and vacant space can be used as exhibition space. 3) Art works cause various behavior that are not seen on a daily life.
  • 水上集落における住居・集落の空間構成, 脇田 祥尚, 前田 幸大, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文集, 75, 655, 2107, 2114,   2010年, 査読有り
    概要:The aim of this study is to clarify the space organization and space utilization of Anlong Ta Uor village, Tonle Sap Lake, Cambodia. We extracted 100 raft houses by fieldwork and analyzed them. The raft house consists of four spaces, front veranda, living room, private rooms and backside veranda. We can classify these houses in five house types and conclude‘front veranda - main rooms - backside kitchen’is basic composition. We also clarify various function of veranda by checking things there and openness of living room by checking the existence of doors and windows. Finally by surveying inhabitants' activities, collaborative use of living rooms and verandas can be realized by connecting floating houses with each other.
  • プサー・チャー(カンボジア・プノンペン)にみる市場の空間構成, 脇田 祥尚, 川田 叔生, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文集, 75, 649, 587, 594,   2010年03月, 査読有り
  • Spatial Recomposition of Shophouses in Phnom Penh, Cambodia, Yoshihisa Wakita and Hideo Shiraishi, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, 9, 1, 207, 214,   2010年, 査読有り
    概要:May 2010
  • プノンペン(カンボジア)における都心街区の外部空間利用, 脇田 祥尚, 白石 英巨, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文集, 73, 631, 1939, 1945,   2008年, 査読有り
    概要:The aim of this study is to clarify the exterior space utilization on the urban blocks in Phnom Penh, Cambodia. We conclude the results as blow from the data mostly based on the field survey. The contents of the first floor on the urban blocks consist of 1.restaurants, 2.retailer, 3.service industry, 4.factory, 5.house. Concerning on the relation between the interior and exterior space, we can grasp four types; extension type, closed type, stand-alone type and moving type.
    The interior space and the exterior space connect tight around a restaurant, and the exterior space is utilized actively for sitting and eating. In case the width of an alley is more than three meters and the position contacts the sidewalk, many things on shops and industries are set on the alley.
  • プノンペン(カンボジア)におけるショップハウスの空間構成と街区構成に関する考察, 脇田 祥尚、白石 英巨, 日本建築学会計画系論文集, 616, 7, 14,   2007年06月, 査読有り
  • ビガン(イロコス,フィリピン)における住宅の空間構成と街区分割, 山口潔子, 布野修司, 安藤正雄, 脇田祥尚, 日本建築学会計画系論文集, 572, 1, 7,   2003年10月, 査読有り
  • ロンボク島の空間構造に関する研究 住居・集落にみる地域性の形成に関する考察, 脇田 祥尚, 京都大学,   2002年03月, 査読有り
  • ヴィガン(イロコス,フィリピン)の街区構成に関する考察, 山口 潔子, 布野 修司, 安藤 正雄, 脇田 祥尚, 柳沢 究, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文集, 67, 553, 209, 215,   2002年, 査読有り
    概要:Vigan is one of the most preserved Spanish colonial towns in the Philippines. With numerous historical buildings and houses, UNESCO registered Vigan as the World Heritage in December 1999. As an entrepot flourished by Chinese mestizo residents, Vigan forms an amalgam of native, Chinese and Spanish cultural landscape. The public spaces such as the poblacion (city center) strongly reflects Leyes de Indias (Laws of Indies): plaza surrounded by cathedral, convent, city hall, and relatively grid street pattern. Yet, deviation from the Spanish colonial city planning concept is visible, in comprising two main plazas, and in the indistinct racial residential separation. The paper is composed of : administration history of Vigan and the Philippines ;reference to the Leves de Indias colonial law and other Hispanized towns ; and considerations on block formation, road width, and lot division in Vigan. In conclusion, this paper proposes 3×3 block subdivision style and the modified use of Spanish module svstem in Vigan.
  • 参加のまちづくりの学習プログラムに関する研究, 脇田 祥尚, 黒谷 靖雄, 田中 隆一, 都市計画論文集, 都市計画論文集, 37, 0, 871, 871,   2002年, 査読有り
  • 多様な専門家の関わりによる市民まちづくりの推進に関する研究, 脇田 祥尚, 黒谷 靖雄, 田中 隆一, 日本都市計画学会都市計画論文集, 都市計画論文集, 10 157-162, 0, 157, 162,   2001年, 査読有り
    概要:The purpose of this study is to clarify how a community development evolve by academic network engaged in various specialty. We focus on the activity of Community lab. In Matsue city. Concerning on the evolution of activity, we clarify five characteristics, 1. Converting from lecture to practice, 2. New idea coming out thorough practice, 3. Making a slight idea new project, 4. Networking knowledge, 5. Occasion to make educational chance. We also clarify four characteristics about practice project, 1. Improving through practice, 2. Spreading citizen network, 3. Partnership with public and citizen, 4. Transformation of sense.
  • チョウリンギー地区(カルカッタ、インド)の形成とその変容, 布野修司、脇田祥尚, 日本建築学会計画系論文集, 548, 161, 168,   2001年10月30日, 査読有り
  • 城下町を基盤とした近代都市計画の展開, 脇田 祥尚, 田中 隆一, 都市計画論文集, 都市計画論文集, 34, 0, 577, 582,   1999年, 査読有り
    概要:The purpose of this paper is to clarify the transitional process of the urban plan on castle towns in the modern period. Selectiong the city of Mastue as a case study area, we analyze the distribution of the urban facilities and transiton of street network. We clarified the following five points. 1) center of the castle town functioned also as a city center in the modern period. 2) on the middle of Meiji period north-south axis of the city was strengthened. 3) by arising of the railway station, the other new center emerged. 4) transition of the city center was symbolized as coming in and out of the educational facilities. 5) decision of the street plan under the town planning law introduced shaping suburbs.
  • ナガラクルタガマにみるインドネシアにおける王宮の空間構成, 脇田祥尚、布野修司、牧紀男, 第2回アジアの建築交流国際シンポジウム論文集 , 445, 448,   1998年08月, 査読有り
  • チャクラヌガラ(インドネシア・ロンボク島)における住み分けの特性 チャクラヌガラの空間構成に関する研究 3, 布野修司, 牧紀男, 脇田祥尚, 山本直彦, 青井哲人, 日本建築学会計画系論文集, 510, 185, 190,   1998年08月, 査読有り
  • デサ・サングラ・アグン(インドネシア・マドゥラ島)における住居および集落の空間構成, 山本直彦, 布野修司, 脇田祥尚, 三井所隆史, 日本建築学会計画系論文集, 504, 103, 110,   1998年02月, 査読有り
  • チャクラヌガラ(インドネシア・ロンボク島)の祭祀施設と住区組織 チャクラヌガラの空間構成に関する研究 その2, 布野修司、牧紀男、脇田祥尚, 日本建築学会計画系論文集, 503, 151, 156,   1998年01月, 査読有り
  • ルーマー・ススン・ソンボ(スラバヤ,インドネシア)の共用空間利用に関する考察, 山本直彦, 田中麻里, 脇田祥尚, 布野修司, 日本建築学会計画系論文集, 502, 87, 93,   1997年12月, 査読有り
  • チャクラヌガラ(インドネシア・ロンボク島)の街区構成 チャクラヌガラの空間構成に関する研究 その1, 布野修司、牧紀男、脇田祥尚, 日本建築学会計画系論文集, 491, 135, 140,   1997年01月, 査読有り
  • ロンボク島(インドネシア)におけるバリ族・ササック族の聖地、住居集落とオリエンテーション, 脇田 祥尚, 布野 修司, 牧 紀男, 青井 哲人, 山本 直彦, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文集, 11 97-102, 489, 97, 102,   1996年, 査読有り
    概要:The purpose of this paper is to clarify the orientation system of holy places and the settlements in Lombok island, Indonesia. Kemaliq is a holy place for the waktu telu, indigenous muslim in Lombok island. Pura is a holy place for the Bali-Hindu. In pura people pray to the north or the direction of Mt. Rinjani. In kemaliq people pray to the north, different from the orthodox muslim who pray to Mekkah (the west). In the Balinese house in Cakranegara, sanggah, the holy space, is located in the north-east area. In the village Taniung, sanggah is in the north-west area. Sanggah is related to the holy mountain. In the Sasak villages in the northern part of Lombok island, the layout of settlements is related to Mt. Rinjani. We can find that the orientation of buildings in holy places and the settlements in Lombok island is related to the holy mountain.
  • デサ・バヤン(インドネシア・ロンボク島)における住居集落の空間構成, 脇田祥尚, 布野修司, 牧紀男, 青井哲人, 日本建築学会計画系論文集, 478, 61, 68,   1995年12月, 査読有り

書籍等出版物

  • スラムの計画学, 脇田祥尚, 単著, めこん,   2013年02月, 4839602689
  • みんなの都市計画, 脇田祥尚, 単著, 理工図書,   2009年, 978-4-8446-0743-4
  • 建築学のすすめ, traverse編集委員会, 分担執筆, 昭和堂,   2015年, 978-4812215135
  • 家庭総合 学習指導書資料編, 鶴田敦子、大竹美登利, 分担執筆, 開隆堂,   2013年, 9784304091704
  • 家庭総合, 鶴田敦子、大竹美登利, 分担執筆,   2013年, 9784304080586
  • 現代集合住宅のリ・デザイン, 日本建築学会, 分担執筆, 彰国社,   2010年, 978-4395008094
  • 建築家が選んだ名建築ガイド, 日経アーキテクチュア, 分担執筆, 日経BP社,   2005年, 978-4822204716
  • 世界住居誌, 布野修司, 分担執筆, 昭和堂,   2005年, 978-4812204436
  • まちづくりの方法, 日本建築学会, 分担執筆, 丸善,   2004年03月, 978-4621074190
  • 公共建築の設計者選定, 日本建築学会, 分担執筆, 丸善,   2004年, 978-4621074220
  • アジア都市建築史, 布野修司、アジア都市建築研究会, 共著, 昭和堂,   2003年, 978-4812203163
  • 中国地方のまち並み, 日本建築学会中国支部, 共著, 中国新聞社,   1999年, 978-4885172786
  • 生きている住まい, ロクサーナウォーターソン、布野修司+アジア都市建築研究会訳, 共訳, 学芸出版社,   1997年, 978-4761540579
  • 漂流する風景 現代建築批判, AF「建築思潮」編集委員会, 分担執筆, 学芸出版社,   1997年, 978-4761530617
  • 日本の住宅 戦後50年, 布野修司, 分担執筆, 彰国社,   1995年, 978-4395110803

講演・口頭発表等

  • インドネシア・ロンボク島における住居平面構成の変遷, 笹谷満, 脇田祥尚, 松本友惟, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2017年07月20日
  • インドネシア・パダン旧市街地の歴史的地区におけるにぎわい拠点の実態調査/2009年西スマトラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その10, 松本友惟, 脇田祥尚, 竹内泰, 笹谷満, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2017年07月20日
  • 路地の空間構成が人々の活動に与える影響の分析手法:プノンペン(カンボジア)を事例として, 白石英巨, 白石英巨, 牧紀男, 脇田祥尚, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2017年07月20日
  • クブック・テンガ(インドネシア・ロンボク島)における住居平面構成, 笹谷満, 脇田祥尚, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2016年07月20日
  • プノンペン(カンボジア)における交通行動からみた生活圏域の形成, 白石英巨, 白石英巨, 牧紀男, 脇田祥尚, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2016年07月20日
  • 屋上居住地の外部共用部の利用と空間特性―プノンペン(カンボジア)を事例として―, 渡辺尚見, 脇田祥尚, 笹谷満, 日下部めぐみ, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2016年07月20日
  • 7201 インドネシア・パダン旧市街地における歴史的町並み復興に関する課題 : 2009年西スマトラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その9(海外都市の歴史的景観,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会), 竹内 泰, 脇田 祥尚, 友田 正彦, 佐藤 桂, 張 漢賢, 後藤 沙紀, 学術講演梗概集,   2015年09月04日
  • 7200 インドネシア・パダン旧市街地における地震前後の環境移行に関する考察 : 2009年西スマトラ沖地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その8(海外都市の歴史的景観,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会), マハラジャン アキラ ラル, 佐藤 桂, 脇田 祥尚, 張 漢賢, 竹内 泰, 泰後藤 沙紀, 友田 正彦, 中尾 謙太, 学術講演梗概集,   2015年09月04日
  • 7131 東日本大震災の復興にみるまちづくり協議会の役割に関する研究 : 宮城県気仙沼市鹿折地区を対象として(東日本大震災(2)・協働のまちづくり,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会), 谷口 雅浩, 辻 諒介, 脇田 祥尚, 渡辺 尚見, 中尾 謙太, 学術講演梗概集,   2015年09月04日
  • 7050 ショップハウスで構成される街区の空間利用に関する研究 : シェムリアップ(カンボジア)の街区を事例として(密集市街地の空間構成と変容,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会), 辻 諒介, 谷口 雅浩, 川上 翔太, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集,   2015年09月04日
  • 5594 プノンペン(カンボジア)における屋上居住の空間特性(海外の居住空間とすまい方(1),建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会), 渡辺 尚見, 脇田 祥尚, 中尾 謙太, 学術講演梗概集,   2015年09月04日
  • 5602 プノンペン(カンボジア)におけるスラム改善事業による生活環境の変化に関する研究 : ボレイケラ地区を事例として(海外の居住空間とすまい方(2),建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会), 川上 翔太, 辻 諒介, マハラジャン アキララル, 谷口 雅浩, 脇田 祥尚, 中尾 謙太, 渡辺 尚見, 学術講演梗概集,   2015年09月04日
  • 41098 インドネシア・パダン歴史地区における住宅内温熱環境と生活の実態調査 : 2009年西スマトラ島沖地震後の住まい方の変化を踏まえて(室内温熱環境(1),環境工学II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 上田 裕基, 安福 勝, 脇田 祥尚, 竹内 泰, 友田 正彦, 佐藤 桂, 中尾 謙太, 相澤 啓太, 後藤 沙紀, 木戸口 実央, 学術講演梗概集,   2014年09月12日
  • 7526 震災復興におけるコミュニティ形成に関する研究 : 宮城県気仙市松崎浦田防災集団移転協議会促進事業を事例として(復興まちづくり主体,都市計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 浦江 健太, 脇田 祥尚, 竹内 泰, 近藤 将輝, 相澤 啓太, 中尾 謙太, 学術講演梗概集,   2014年09月12日
  • 8104 地域型住宅ブランド化事業にみる木造住宅の生産体制(住宅政策・生産,建築社会システム,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 岡本 拓也, 木戸口 実央, 脇田 祥尚, 中尾 謙太, 学術講演梗概集,   2014年09月12日
  • 7153 インドネシア・パダン旧市街地の歴史的町並みと生活実態に関する考察 : 2009年西スマトラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その7(アジアの都市計画,都市計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 木戸口 実央, 脇田 祥尚, 中尾 謙太, 竹内 泰, 相澤 啓太, 友田 正彦, 後藤 沙紀, 佐藤 桂, 学術講演梗概集,   2014年09月12日
  • 8012 地域型木造住宅の生産体制 : 地域型住宅ブランド化事業を対象に(建築社会システム), 木戸口 実央, 岡本 拓也, 脇田 祥尚, 中尾 謙太, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2014年05月26日
  • 8003 東大阪市における木造住宅の耐震化施策の検証(建築社会システム), 甲斐 一行, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2014年05月26日
  • 7054 市民主体の景観計画策定プロセス(都市計画), 内堀 美咲, 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2014年05月26日
  • 7053 神門通り(出雲市大社町)における町並み形成とルールづくり(都市計画), 岡本 拓也, 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2014年05月26日
  • 7015 震災復興における仮設商店街の問題と必要性 : 気仙沼市鹿折地区の仮設商店街から(都市計画), 浦江 健太, 岡本 拓也, 木戸口 実央, 中尾 謙太, 近藤 将輝, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2014年05月26日
  • 5641 自生的な居住環境形成の手法に関する研究 その2 : プノンペン(カンボジア)の不法占拠地における外部空間構成について(東南アジア大陸部の住居,建築計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集,   2013年08月30日
  • 5640 ショップハウスによる街並みの更新実態 : プノンペン(カンボジア)シソワット通りを対象にして(東南アジア大陸部の住居,建築計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 梶本 希, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集,   2013年08月30日
  • 7522 震災復興における仮設商店街の活動と役割の考察 : 気仙沼市鹿折地区を対象として, 近藤 将輝, 脇田 祥尚, 竹内 泰, 寺川 政司, 森川 真嗣, 相澤 啓太, 中尾 謙太, 渡辺 尚見, 学術講演梗概集,   2013年08月30日
  • 7512 防災集団移転促進事業における住宅再建のコミュニティ形成支援の手法 : 宮城県気仙沼市片浜・古谷舘地区を事例に, 渡辺 尚見, 脇田 祥尚, 竹内 泰, 近藤 将輝, 相澤 啓太, 学術講演梗概集,   2013年08月30日
  • 14073 鹿折復幸マルシェの支援 : 東日本大震災におけるコミュニティ・アーキテクトの実践と役割 その3(過酷な復興の現場で,豊かな空間像はどのように提示可能か?(3),建築デザイン,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 脇田 祥尚, 近藤 将輝, 森川 真嗣, 寺川 政司, 松富 謙一, 学術講演梗概集,   2013年08月30日
  • 14072 住まい再建からまちづくりへ : 東日本大震災におけるコミュニティ・アーキテクトの実践と役割 その2(過酷な復興の現場で,豊かな空間像はどのように提示可能か?(3),建築デザイン,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 相澤 啓太, 竹内 泰, 脇田 祥尚, 近藤 将輝, 学術講演梗概集,   2013年08月30日
  • 14057 番屋と井戸端地蔵 : 東日本大震災におけるコミュニティ・アーキテクトの実践と役割 その1(過酷な復興の現場で,豊かな空間像はどのように提示可能か?(1),建築デザイン,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 竹内 泰, 脇田 祥尚, 松井 貴之, 近藤 将輝, 相澤 啓太, 学術講演梗概集,   2013年08月30日
  • 7027 地域資源を活かしたアートプロジェクトによるまちづくりコミュニティの形成 : からほりまちアートを事例として(都市計画), 渡辺 尚見, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2013年05月24日
  • 5046 自生的な居住環境形成の手法に関する研究 : プノンペン(カンボジア)の不法占拠地を対象にして(建築計画), 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2013年05月24日
  • 5044 プノンペンの街区居住に関する研究 : ショップハウスを対象として(建築計画), 梶本 希, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2013年05月24日
  • 5557 自生的な居住環境形成の手法に関する研究 : プノンペン(カンボジア)の小規模不法占拠地を事例にして(海外の住環境,建築計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 渡辺 尚見, 学術講演梗概集,   2012年09月12日
  • 7350 被災地復興における仮設市場建設及び運営プロセス : 気仙沼鹿折復幸市場を事例として(東日本大震災・復興まちづくり(1),都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 近藤 将輝, 渡辺 尚見, 中尾 謙太, 松浦 佑介, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集,   2012年09月12日
  • 7348 被災地におけるまちの将来を考える子どもワークショップ : 宮城県気仙沼市鹿折地区を対象に(東日本大震災・復興まちづくり(1),都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 松浦 佑介, 近藤 将輝, 渡辺 尚見, 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集,   2012年09月12日
  • 7280 仮設住宅地における自律的まち環境改善 : 気仙沼市周辺の仮設住宅地でのワークショップから(東日本大震災・仮設住宅,都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 渡辺 尚見, 近藤 将輝, 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集,   2012年09月12日
  • 7257 インドネシア・パダン旧市街地における2009 年震災以降の町並み変化 : 2009 年西スマトラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その6(海外の都市景観形成,都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 千葉 大生, 竹内 泰, 友田 正彦, 近藤 将輝, 佐藤 桂, 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 本馬 奈緒, 学術講演梗概集,   2012年09月12日
  • 7256 インドネシア・パダン旧市街地における歴史的建造物の詳細実測調査 : 2009 年西スマトラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その5(海外の都市景観形成,都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 本馬 奈緒, 竹内 泰, 友田 正彦, 近藤 将輝, 佐藤 桂, 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 千葉 大生, 学術講演梗概集,   2012年09月12日
  • 7255 パダン旧市街地における歴史的建造物の生活空間 : 2009年西スマトラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その4(海外の都市景観形成,都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 脇田 祥尚, 近藤 将輝, 友田 正彦, 中尾 謙太, 佐藤 桂, 本馬 奈緒, 竹内 泰, 千葉 大生, 学術講演梗概集,   2012年09月12日
  • 9244 インドネシア・パダン歴史地区における町家建築形式の相対編年について(東洋:アジア民家・集落,建築歴史・意匠,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 佐藤 桂, 友田 正彦, 竹内 泰, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集,   2012年09月12日
  • 7074 地域住民参加型の景観形成手法の考察と提案 : 島根県益田市を対象として(都市計画), 小笠原 郷太, 中尾 謙太, 梶本 希, OUE Tatuya, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2012年05月25日
  • 7034 まちづくり学習モデルの実践および検証 : 平成21年度・22年度・23年度大阪市まちづくり担い手育成講座を事例として(都市計画), 松浦 佑介, 梶本 希, 近藤 将輝, 渡辺 尚見, 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 小笠原 郷太, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2012年05月25日
  • 7013 仮設市場建設からみる被災地復興の取り組み : 気仙沼市鹿折仮設復幸市場を事例として(都市計画), 近藤 将輝, 渡辺 尚見, 梶本 希, 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2012年05月25日
  • 7011 仮設住宅地における自律的まち環境改善にむけた方策提案 : 気仙沼市周辺の仮設住宅地でのワークショップから(都市計画), 渡辺 尚見, 梶本 希, 近藤 将輝, 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2012年05月25日
  • 7010 地域協働による減災まちづくり手法 : 東大阪市池島地区を事例として(都市計画), 中尾 謙太, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2012年05月25日
  • 7390 インドネシア・パダン旧市街地の町並み景観構成に関する考察 : 2009年西スマトラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その3(災害復興,都市計画), 山田 美波, 清水 真一, 武内 正和, 布野 修司, 脇田 祥尚, 竹内 泰, 秋枝 ユミイサベル, 本馬 奈緒, 梶本 希, 佐藤 綾香, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2011年07月20日
  • 7389 インドネシア・パダン旧市街地の震災復興状況に関する考察 : 2009年西スマトラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その2(災害復興,都市計画), 本馬 奈緒, 清水 真一, 武内 正和, 布野 修司, 脇田 祥尚, 竹内 泰, 秋枝 ユミイザベル, 佐藤 綾香, 梶本 希, 山田 美波, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2011年07月20日
  • 7388 インドネシア・パダン旧市街地の都市形成過程に関する考察 : 2009年西スマトラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その1(災害復興,都市計画), 佐藤 綾香, 清水 真一, 武内 正和, 布野 修司, 脇田 祥尚, 竹内 泰, 秋枝 ユミイザベル, 本馬 奈緒, 梶本 希, 山田 美波, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2011年07月20日
  • 5528 プノンペン(カンボジア)におけるスクウォッター地区に関する研究 その7 : ボレイケラ地区における外部空間の使われ方の比較(アジアの都市型住居,建築計画II), 八尾 健一, 中尾 謙太, 村田 優, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   2011年07月20日
  • 5527 プノンペン(カンボジア)におけるスクウォッター地区に関する研究 その6 : ボレイケラ地区における住居の空間構成の比較(アジアの都市型住居,建築計画II), 中尾 謙太, 村田 優, 八尾 健一, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   2011年07月20日
  • 5526 ショップハウスの増改築プロセスに関する考察 : プノンペン(カンボジア)のショップハウスに関する研究 その2(アジアの都市型住居,建築計画II), 近藤 将輝, 梶本 希, 脇田 祥尚, 山田 美波, 尾上 慧, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   2011年07月20日
  • 5525 ショップハウスによる街並みの構成原理に関する研究 : プノンペン(カンボジア)のショップハウスに関する研究 その1(アジアの都市型住居,建築計画II), 梶本 希, 近藤 将輝, 脇田 祥尚, 山田 美波, 尾上 慧, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   2011年07月20日
  • 7063 自治体・大学・市民の協働による景観まちづくり活動実態 : 島根県益田市を事例として(都市計画), 山田 美波, 大上 達也, 上段 貴浩, 村田 優, 中尾 謙太, 梶本 希, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2011年05月25日
  • 7034 まちづくりワークショップにみる地域住民の防災意識 : 東大阪市新池島地区を事例として(都市計画), 中尾 謙太, 八尾 健一, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2011年05月25日
  • 7017 まちづくり体験学習型連続講座の学習効果 : 平成21年度・22年度大阪市担い手育成講座を事例として(都市計画), 村田 優, 梶本 希, 山田 美波, 上段 貴弘, 川田 叔生, 森本 純一, 尾上 慧, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2011年05月25日
  • 7015 子どもを対象にしたまちづくり教育の手法に関する研究 : 「空堀子どもまちづくり」3年間の活動を事例として(都市計画), 門積 紀明, 森本 純一, 辻井 健剛, 松本 紗希, 梶本 希, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2011年05月25日
  • 7003 多様な住居形式による密集市街地の外部空間構成 : 東大阪市友井地区を事例として(都市計画), 田中 亮太, 中尾 謙太, 八尾 健一, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2011年05月25日
  • 5769 プノンペン(カンボジア)における土着的商業施設の空間構成に関する研究 : Phsar Chasを事例として(海外の空間構成(2),建築計画II), 川田 叔生, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   2009年07月20日
  • 5767 プノンペン(カンボジア)におけるスクウォッター地区に関する研究 その5 : ボレイケラ地区における居住環境改善事業による集合住宅の空間構成(海外の空間構成(2),建築計画II), 八尾 健一, 前田 幸大, 上段 貴浩, 伊丹 祐介, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   2009年07月20日
  • 5766 プノンペン(カンボジア)におけるスクウォッター地区に関する研究 その4 : ボレイケラ地区における住居の空間構成(海外の空間構成(2),建築計画II), 伊丹 祐介, 山本 達也, 八尾 健一, 上段 貴浩, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   2009年07月20日
  • 5032 プノンペン(カンボジア)における土着的商業施設の空間構成に関する研究 : Phsar Chasを事例として(建築計画), 川田 叔生, 上段 貴浩, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2009年05月22日
  • 5030 プノンペン(カンボジア)におけるスクウォッター地区に関する研究 その4 : ボレイケラ地区における移転先集合住宅の空間構成(建築計画), 八尾 健一, 上段 貴浩, 前田 幸大, 伊丹 祐介, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2009年05月22日
  • 5029 プノンペン(カンボジア)におけるスクウォッター地区に関する研究 その3 : ボレイケラ地区における居住空間の空間構成(建築計画), 伊丹 祐介, 山本 達也, 八尾 健一, 前田 幸大, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2009年05月22日
  • 歴史的市街地における子どもまちづくり手法の考察, 森本 純一, 脇田 祥尚, 日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集,   2009年
  • 2-215 学外地域におけるフィールドワーク型授業実施の為の教育方法の開発 : 広島工業大学地域環境宮島学習センターを基地とする授業実施とその展開((2)専門科目の講義・演習-III,口頭発表論文), 森保 洋之, 脇田 祥尚, 工学・工業教育研究講演会講演論文集,   2008年07月31日
  • 5358 プノンペン(カンボジア)におけるスクウォッター地区に関する研究 その2 : ボレイケラ地区における市場の外部空間構成(オープンスペース,建築計画I), 前田 幸大, 八尾 健一, 山本 達也, 上段 貴浩, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎,   2008年07月20日
  • 5359 プノンペン(カンボジア)におけるスクウォッター地区に関する研究 その3 : ボレイケラ地区における住居群区域の空間構成(オープンスペース,建築計画I), 山本 達也, 八尾 健一, 上段 貴浩, 前田 幸大, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎,   2008年07月20日
  • 5357 プノンペン(カンボジア)におけるスクウォッター地区に関する研究 その1 : ボレイケラ地区における路地とオープンスペースの構成(オープンスペース,建築計画I), 八尾 健一, 山本 達也, 上段 貴浩, 前田 幸大, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎,   2008年07月20日
  • 7053 プノンペン(カンボジア)におけるスクウォッター地区に関する研究 その2 : ボレイケラ地区における市場の空間構成(都市計画), 前田 幸大, 上段 貴浩, 八尾 健一, 山本 達也, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2008年05月23日
  • 7052 プノンペン(カンボジア)におけるスクウォッター地区に関する研究 その1 : ボレイケラ地区における路地とオープンスペースの構成(都市計画), 八尾 健一, 山本 達也, 上段 貴浩, 前田 幸大, 脇田 祥尚, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2008年05月23日
  • 731 歴史的環境をふまえた外部空間の空間利用に関する研究 その3 : 宮島における路地の利用形態(都市計画), 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2007年03月
  • 730 歴史的環境をふまえた外部空間の空間利用に関する研究 その2 : 宮島における路地の空間形態(都市計画), 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2007年03月
  • 729 歴史的環境をふまえた外部空間の空間利用に関する研究 その1 : 芸州厳島図会にみる宮島の空間特性(都市計画), 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2007年03月
  • 529 プノンペン(カンボジア)の都市空間構成(建築計画), 白石 英巨, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2007年03月
  • 528 プノンペン(カンボジア)におけるショップハウスの増改築プロセス(建築計画), 白石 英巨, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2007年03月
  • 527 プノンペン(カンボジア)におけるコロニアル建築の空間構成 : その2 増改築による空間利用の変化(建築計画), 持田 皓, 白石 英巨, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2007年03月
  • 526 プノンペン(カンボジア)におけるコロニアル建築の空間構成 : その1 ファサードデザインの特性(建築計画), 持田 皓, 白石 英巨, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2007年03月
  • 525 プノンペン(カンボジア)近郊における住居・集落の空間構成 : コッダイ村を事例として(建築計画), 藤本 高弘, 白石 英巨, 脇田 祥断, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2007年03月
  • 524 プノンペン(カンボジア)における市場の空間構成 : オールド・マーケットを事例として(建築計画), 広畑 大輔, 白石 英巨, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2007年03月
  • 523 プノンペン(カンボジア)における仏教寺院の空間構成 : その2 本堂の空間構成(建築計画), 桔梗 智史, 白石 英巨, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2007年03月
  • 522 プノンペン(カンボジア)における仏教寺院の空間構成 : その1 境内の空間構成(建築計画), 桔梗 智史, 白石 英巨, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2007年03月
  • 727 参加のまちづくりにおけるソーシャルキャピタルに関する研究(都市計画), 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 白石 英巨, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2006年03月05日
  • 726 市民団体と連携した「まちづくり計画」の策定に関する研究岡山県津山市を対象として(都市計画), 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 白石 英巨, 奥田 淳司, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2006年03月05日
  • 723 子どもの参加によるまちづくり手法に関する研究 : 大竹市におけるまち・まちづくり学習の実践を通して(都市計画), 高見 裕子, 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2006年03月05日
  • 719 市民参加による景観条例の策定に関する研究広島県三次市を事例として(都市計画), 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 白石 英巨, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2006年03月05日
  • 505 カンボジアにおける版築工法を用いた中学校建設(建築計画), 広畑 大輔, 佐古 憂二郎, 白石 英巨, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2006年03月05日
  • 504 カンボジアにおける版築工法を用いた適正技術の開発(建築計画), 白石 英巨, 佐古 憂二郎, 廣畑 大輔, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2006年03月05日
  • 503 プノンペン(カンボジア)におけるショップハウスの空間構成に関する研究(建築計画), 白石 英巨, 持田 皓, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2006年03月05日
  • 502 プノンペン(カンボジア)における街区空間の構成に関する研究(建築計画), 白石 英巨, 持田 皓, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2006年03月05日
  • 501 プノンペン(カンボジア)における都市景観に関する研究(建築計画), 持田 皓, 白石 英巨, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2006年03月05日
  • 8-215 地域と大学の連携による高校生への住環境教育 : 広島工業大学(住環境教育学習研究センター)によるReCoLaBoワークショップを事例として((23)地域貢献,地場産業との連携-IV), 脇田 祥尚, 黒岩 俊介, 工学・工業教育研究講演会講演論文集,   2005年09月09日
  • 5609 トンド地区のNHA集合住宅の空間利用 : マニラ(フィリピン)における都市居住に関する研究(東南アジアの居住実態,建築計画II), 平川 隆啓, 白石 英巨, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   2005年07月31日
  • 5614 NGOによる小学校建設の実態 : カンボジアにおける小学校建設に関する研究(アジアの都市居住と問題,建築計画II), 脇田 祥尚, 白石 英巨, 平川 隆啓, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   2005年07月31日
  • 7052 ドンペン地区における集合住宅のファサードデザイン : プノンペン(カンボジア)の都市景観に関する研究(海外都市計画(3),都市計画), 白石 英巨, 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2005年07月31日
  • 706 小学生を対象としたまちづくり学習に関する研究 : 大竹市立大竹小学校での事例(都市計画), 高見 裕子, 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2005年03月06日
  • 707 小学生を対象としたまちづくりワークショップ手法に関する研究 : 大竹市での事例(都市計画), 高見 裕子, 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2005年03月06日
  • 501 フィリピン・マニラにおける集合住宅の空間利用 : その1 住居空間の利用分析(建築計画), 白石 英巨, 小林 賢治, 佐古 憂二郎, 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2005年03月06日
  • 502 フィリピン・マニラにおける集合住宅の空間利用 : その2 外部空間の利用分析(建築計画), 小林 賢治, 白石 英巨, 佐古 憂二郎, 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2005年03月06日
  • 503 フィリピン・ルソン島山間部における住居・集落の空間構成 : その1 集落の空間構成(建築計画), 平川 隆啓, 白石 英巨, 小林 賢治, 佐古 憂二郎, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2005年03月06日
  • 504 フィリピン・ルソン島山間部における住居・集落の空間構成 : その2 住居の空間構成(建築計画), 平川 隆啓, 白石 英巨, 小林 賢治, 佐古 憂二郎, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2005年03月06日
  • 505 カンボジアにおける小学校建設に関する研究 : その1 NGOの活動実態(建築計画), 脇田 祥尚, 小林 賢治, 白石 英巨, 平川 隆啓, 佐古 憂二郎, 大塚 真由美, 亀山 陽子, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2005年03月06日
  • 506 カンボジアにおける小学校建設に関する研究 : その2 小学校建設の実態と課題(建築計画), 脇田 祥尚, 小林 賢治, 白石 英巨, 平川 隆啓, 佐古 憂二郎, 大塚 真由美, 亀山 陽子, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2005年03月06日
  • 507 プノンペン(カンボジア)の都市居住(建築計画), 白石 英巨, 小林 賢治, 佐古 憂二郎, 平川 隆啓, 大塚 真由美, 亀山 陽子, 脇田 祥尚, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2005年03月06日
  • 702 東南アジアにおける都市計画法の比較研究(都市計画), 寺本 大友, 脇田 祥尚, 平川 隆啓, 反木 里弥, 酒巻 暢代, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2004年03月
  • 701 市民の自発的活動による近代建築の再活用に関する研究 : 松江市における「藤忠ビルプロジェクト」を事例として(都市計画), 脇田 祥尚, 黒谷 靖雄, 若原 数磨, 田中 隆一, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2003年03月15日
  • 702 市民まちづくりを支えるソーシャル・キャピタルの形成に関する研究 : 松江まちづくり塾を事例として(都市計画), 脇田 祥尚, 黒谷 靖雄, 若原 数磨, 田中 隆一, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2003年03月15日
  • 703 市民参加型公共事業の計画プロセスに関する研究 : 松江市の市民参加型プロジェクトを事例として(都市計画), 黒谷 靖雄, 脇田 祥尚, 若原 数磨, 田中 隆一, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2003年03月15日
  • 7327 チョウリンギー地区(インド、カルカッタ)の形成とその変容 その1 : チョウリンギーの地区の形成, 布野 修司, 渡辺 菊真, 脇田 祥尚, 山根 周, 飯塚 キヨ, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2000年07月31日
  • 7328 チョウリンギー地区(インド、カルカッタ)の形成とその変容 その2 : チョウリンギー地区の現況, 渡辺 菊真, 布野 修司, 脇田 祥尚, 山根 周, 飯塚 キヨ, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2000年07月31日
  • 7323 ゴール・フォート(スリランカ)の空間構成に関する研究 その1 : スリランカのオランダ植民都市とゴール・フォート, 脇田 祥尚, 布野 修司, 安藤 正雄, 根上 英志, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2000年07月31日
  • 7324 ゴール・フォート(スリランカ)の空間構成に関する研究 その2 : 建築類型と施設分布, 安藤 正雄, 布野 修司, 脇田 祥尚, 根上 英志, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2000年07月31日
  • 7500 インドにおける英国植民都市の形成と変容に関する研究 : その1 ニューデリーの計画理念, 飯塚 キヨ, 布野 修司, 安藤 正雄, 山根 周, 脇田 祥尚, 池尻 隆史, 吉村 理, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1999年07月30日
  • 7501 インドにおける英国植民都市の形成と変容に関する研究 : その2 独立後のニューデリーにおける都市計画-1962年のデリー・マスタ-プラン, 布野 修司, 飯塚 キヨ, 安藤 正雄, 山根 周, 脇田 祥尚, 池尻 隆史, 吉村 理, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1999年07月30日
  • 7502 インドにおける英国植民都市の形成と変容に関する研究 : その3 ニューデリーにおけるビルディングタイプの変容, 山根 周, 飯塚 キヨ, 布野 修司, 安藤 正雄, 脇田 祥尚, 池尻 隆史, 吉村 理, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1999年07月30日
  • 7494 マドラスの都市構成に関する研究 : ジョージタウンにおける建物の様式分布, 池尻 隆史, 布野 修司, 安藤 正雄, 山根 周, 脇田 祥尚, 吉村 理, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1999年07月30日
  • 7141 フィリピンにおけるスペイン統治期の都市計画 : その3 ヴィガンの都市構成, 脇田 祥尚, 布野 修司, 安藤 正雄, 平田 隆行, 柳沢 究, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1999年07月30日
  • 7142 フィリピンにおけるスペイン統治期の都市計画 : その4 ヴィガンの街区構成, 柳沢 究, 布野 修司, 安藤 正雄, 平田 隆行, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1999年07月30日
  • 7458 フィリピンにおけるスペイン統治期の都市計画 : その1 フィリペ2世の都市イメージ(海外都市計画(東南アジア)), 布野 修司, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1998年07月30日
  • 7459 フィリピンにおけるスペイン統治期の都市計画 : その2 ヴィガンの都市空間構成(海外都市計画(東南アジア)), 脇田 祥尚, 布野 修司, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1998年07月30日
  • 7226 市民直接参加型都市マスタープラン策定に関する研究 : 松江市を事例として, 塩田 洋三, 脇田 祥尚, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1996年07月30日
  • 5454 ルソン・ソンボの共用空間利用 その2 : 中廊下に溢れだした家具の一年後の変化, 渡辺 菊真, 山本 直彦, 田中 麻里, 三井所 隆史, 脇田 祥尚, 布野 修司, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   1996年07月30日
  • 5452 東南アジアにおける住環境共生住宅に関する研究 その1 : エコハウスの理念と集落にみる環境共生技術, 脇田 祥尚, 山本 直彦, 田中 麻里, 沼田 典久, 布野 修司, 牧 紀男, 遠藤 和義, 小林 克哉, 小玉 祐一郎, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   1996年07月30日
  • 5453 湿潤熱帯地域におけるエコハウスに関する研究 その2 : 東南アジアの建築研究期間での環境共生技術の取り組み, 沼田 典久, 山本 直彦, 田中 麻里, 布野 修司, 牧 紀男, 脇田 祥尚, 遠藤 和義, 小林 克哉, 小玉 祐一郎, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   1996年07月30日
  • 5446 デサ・サングラ・アグンの屋敷地平面類型と住み方, 山本 直彦, 三井所 隆史, 脇田 祥尚, 布野 修司, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   1996年07月30日
  • 5055 アジア都市建築研究その21 : インドネシア・マドゥラ島の住居および集落の地域類型(建築計画), 三井所 隆史, 山本 直彦, 脇田 祥尚, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1996年07月03日
  • 5056 アジア都市建築研究その22 : デサ・サングラ・アグンの屋敷地平面類型と住み方(建築計画), 山本 直彦, 三井所 隆史, 脇田 祥尚, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1996年07月03日
  • 649 シルバーハウジングの空間利用評価 : 幸町シルバーハウジングを事例として(建築計画), 脇田 祥尚, 日本建築学会研究報告. 中国・九州支部. 3, 計画系,   1996年03月01日
  • 632 揖屋の町なみ景観と住居の平面構成(建築計画), 脇田 祥尚, 日本建築学会研究報告. 中国・九州支部. 3, 計画系,   1996年03月01日
  • 5650 インドネシア・マドゥラ島の住居集落の地域類型, 山本 直彦, 脇田 祥尚, 布野 修司, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   1995年07月20日
  • 5649 ルスン・ソンボの共用空間利用 : あふれだした物品から見た分析, 布野 修司, 脇田 祥尚, 田中 麻里, 山本 直彦, 小林 克也, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   1995年07月20日
  • 5647 バドゥイ地方の住居集落に関する研究 その1 : デサ・カドゥジャンクンの集落構成, 丹羽 大介, 脇田 祥尚, 山本 直彦, 布野 修司, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   1995年07月20日
  • 5648 バドゥイ地方の住居集落に関する研究 その2 : デサ・カドゥジャンクンにおける住居の平面構成, 脇田 祥尚, 丹羽 大介, 山本 直彦, 布野 修司, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育,   1995年07月20日
  • 527 アジア都市建築研究 その17 : ソンボ団地の共用空間利用 : あふれだした物品から見た分析(建築計画), 山本 直彦, 田中 麻里, 脇田 祥尚, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1995年06月13日
  • 528 アジア都市建築研究 その18 : インドネシア・バドゥイ地方の住居形態(建築計画), 脇田 祥尚, 山本 直彦, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1995年06月13日
  • 529 アジア都市建築研究 その19 : 東南アジアにおける建築研究機関の研究動向(建築計画), 丹羽 大介, 山本 直彦, 田中 麻里, 脇田 祥尚, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1995年06月13日
  • 島根県における大工技能者の現状とその地域性(建築計画B), 脇田 祥尚, 塩田 洋三, 砺波 匡, 日本建築学会中国支部研究報告集,   1995年03月23日
  • 8094 インドネシアの住宅生産システムに関する研究 その1 : 地域の概要と建築政策システムの性質, 荒 仁, 鎌田 啓介, 脇田 祥尚, 山本 直彦, 吉井 康純, 牧 紀男, 布野 修司, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1994年07月25日
  • 8095 インドネシアの住宅生産システムに関する研究 その2 : 都心部カンポンにおける建築生産システム, 鎌田 啓介, 竹田 智征, 脇田 祥尚, 山本 直彦, 吉井 康純, 牧 紀男, 布野 修司, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1994年07月25日
  • 8096 インドネシアの住宅生産システムに関する研究 その3 : 建材屋の分布と建材流通, 吉井 康純, 鎌田 啓介, 竹田 智征, 山本 直彦, 脇田 祥尚, 牧 紀男, 布野 修司, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1994年07月25日
  • 7345 祭祀都市・チャクラヌガラに関する研究 その7 : チャクラヌガラの王宮, 田中 禎彦, 脇田 祥尚, 吉井 康純, 山本 直彦, 牧 紀男, 布野 修司, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1994年07月25日
  • 7346 祭祀都市・チャクラヌガラに関する研究 その8 : チャクラヌガラの住区組織, 竹田 智征, 脇田 祥尚, 吉井 康純, 山本 直彦, 牧 紀男, 布野 修司, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1994年07月25日
  • 5018 ロンボク島の住居集落に関する研究 その7 : ササック族の住居集落の地域類型, 山本 直彦, 脇田 祥尚, 川崎 昌和, 吉井 康純, 牧 紀男, 布野 修司, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1994年07月25日
  • 5019 ロンボク島の住居集落に関する研究 その8 : デサ・バヤンにおける住居形式, 川崎 昌和, 脇田 祥尚, 山本 直彦, 吉井 康純, 牧 紀男, 布野 修司, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1994年07月25日
  • 5020 ロンボク島の住居集落に関する研究 その9 : デサ・バヤンにおけるブルガの利用形態, 脇田 祥尚, 山本 直彦, 川崎 昌和, 吉井 康純, 牧 紀男, 布野 修司, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1994年07月25日
  • 5001 アジア都市建築研究 その10 : チャクラヌガラの住区組織(建築計画), 武田 智征, 脇田 祥尚, 吉井 康純, 山本 直彦, 牧 紀男, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1994年06月07日
  • 5002 アジア都市建築研究 その11 : チャクラヌガラの王宮(建築計画), 田中 禎彦, 脇田 祥尚, 吉井 康純, 山本 直彦, 牧 紀男, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1994年06月07日
  • 5003 アジア都市建築研究 その12 : 住居集落とコスモロジー(5) : ロンボク島ササック族の住居集落の地域類型(建築計画), 山本 直彦, 脇田 祥尚, 吉井 康純, 牧 紀男, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1994年06月07日
  • 5004 アジア都市建築研究 その13 : 住居集落とコスモロジー(6) : デサ・バヤンにおける住居パターンの変容(建築計画), 脇田 祥尚, 山本 直彦, 吉井 康純, 牧 紀男, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1994年06月07日
  • 5005 アジア都市建築研究 その14 : 東南アジアの建築生産システム(1) : 地域の概要と建築生産システムの特質(建築計画), 鎌田 啓介, 脇田 祥尚, 山本 直彦, 吉井 康純, 牧 紀男, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1994年06月07日
  • 5006 アジア都市建築研究 その15 : 東南アジアの建築生産システム(2) : 建材屋の分布と建材流通(建築計画), 吉井 康純, 山本 直彦, 脇田 祥尚, 牧 紀男, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1994年06月07日
  • 5007 アジア都市建築研究 その16 : ジャルタ・コタ地区の歴史的環境(建築計画), 堀 喜幸, 脇田 祥尚, 牧 紀男, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1994年06月07日
  • 5002 ロンボク島の住居集落に関する研究 その4 : ササック族の住居集落とコスモロジー, 青井 哲人, 脇田 祥尚, 布野 修司, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1993年07月25日
  • 5003 ロンボク島の住居集落に関する研究 その5 : バリ島の住居集落との比較考察, 布野 修司, 脇田 祥尚, 青井 哲人, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1993年07月25日
  • 5004 ロンボク島の住居集落に関する研究 その6 : インドネシアの住居集落とロンボク島, 脇田 祥尚, 布野 修司, 青井 哲人, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1993年07月25日
  • 5021 アジア都市建築研究 その3 住居集落とコスモロジー(3) : ロンボク島における住居集落の概要とその特性(建築計画), 青井 哲人, 脇田 祥尚, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1993年06月07日
  • 5022 アジア都市建築研究その4 住居集落とコスモロジー(4) : ロンボク島ササック族ワクトゥ・テル集落デサ・バヤンの空間構造(建築計画), 脇田 祥尚, 青井 哲人, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1993年06月07日
  • 7271 祭祀都市・チャクラヌガラ Cakranegara に関する研究 その1 : チャクラヌガラの構成, 牧 紀男, 都築 知人, 松井 宣明, 山根 周, 脇田 祥尚, 佐藤 浩司, 布野 周司, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1992年08月01日
  • 7272 祭祀都市・チャクラヌガラ Cakranegara に関する研究 その2 : プラ Pura とオリエンテーション, 山根 周, 都築 知人, 牧 紀男, 松井 宣明, 脇田 祥尚, 佐藤 浩司, 布野 修司, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1992年08月01日
  • 7273 祭祀都市・チャクラヌガラ Cakranegara に関する研究 その3 : プラ・メール Pura Meru とカラン Karang, 都築 知人, 牧 紀男, 脇田 祥尚, 松井 宣明, 山根 周, 佐藤 浩司, 布野 修司, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1992年08月01日
  • 5013 ロンボク島の住居集落に関する研究 その1 : 地域の概要と住居集落のパターン, 布野 修司, 都築 知人, 牧 紀男, 松井 宣明, 脇田 祥尚, 佐藤 浩司, 山根 周, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1992年08月01日
  • 5014 ロンボク島の住居集落に関する研究 その2 : デサ・レンペグ Desa Rembeg について, 脇田 祥尚, 都築 知人, 牧 紀男, 松井 宣明, 山根 周, 佐藤 浩司, 布野 修司, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1992年08月01日
  • 5015 ロンボク島の住居集落に関する研究 その3 : デサ・バヤン Desa Bayan について, 松井 宣明, 都築 知人, 牧 紀男, 脇田 祥尚, 山根 周, 佐藤 浩司, 布野 修司, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1992年08月01日
  • 5061 アジア都市建築研究 その1 住居集落とコスモロジー(1) : チャクラヌガラCakranegaraの都市計画(建築計画), 牧 紀男, 都築 知人, 松井 宣明, 山根 周, 脇田 祥尚, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1992年06月02日
  • 5062 アジア都市建築研究 その2 住居集落とコスモロジー(2) : 西ロンボクにおける聖地とオリエンテーション(建築計画), 脇田 祥尚, 都築 知人, 牧 紀男, 松井 宣明, 山根 周, 布野 修司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1992年06月02日

MISC

  • 防災集団移転のためのコミュニティ環境形成-宮城県気仙沼市片浜・古谷舘地区を事例に, 脇田 祥尚, 建築雑誌,   2013年08月, 招待有り
  • 東西南北 カンボジアの巨大水上集落の住まいと生活, 脇田 祥尚, 青淵,   2012年10月, 招待有り
  • 建築と〈まちづくり〉まちづくりノートを終えるにあたって, 三矢 勝司, 杉崎 和久, 天野 裕, 土肥 真人, 脇田 祥尚, 吉村 輝彦, 建築雑誌,   2003年12月, 招待有り
  • 設計入札・設計者選定を考える基本的視点, 脇田 祥尚, 建築雑誌,   2003年01月, 招待有り
  • 地方自治体における設計者選定の現状, 脇田 祥尚, 建築雑誌,   2003年01月, 招待有り
  • 公共建築の設計者選定方式を考えるための事例集, 小野田 泰明, 田中 麻里, 脇田 祥尚, 建築雑誌,   2003年01月, 招待有り
  • まちづくりノートの1年を振り返って, 土肥 真人, 脇田 祥尚, 三矢 勝司, 杉崎 和久, 天野 裕, 建築雑誌,   2003年01月, 招待有り
  • 京都西陣地区におけるネットワーク西陣町家倶楽部を巡るまちづくり, 脇田 祥尚, 建築雑誌,   2002年05月, 招待有り
  • 建築需要・建築市場の行方【○!3】 地方における建築活動の近未来, 脇田 祥尚, 建築雑誌,   2002年01月, 招待有り
  • まちづくりノートをはじめるにあたって : まちづくりへの四つの視点, 土肥 真人, 脇田 祥尚, 三矢 勝司, 杉崎 和久, 天野 裕, 建築雑誌,   2002年01月, 招待有り
  • 大学がまちに学ぶ--まちかど研究室の試み (特集 町家再生・TMO・市民参加のまちづくり--もうひとつの中心市街地活性化) -- (市民参加による松江市中心市街地の活性化), 脇田 祥尚, 造景,   2002年, 招待有り
  • 地域の眼 津和野ワークショップ, 脇田 祥尚, 群居,   1999年07月, 招待有り
  • 現代建築論(4)「地域」の射程 (漂流する風景--現代建築批判) -- (特集 現代建築批判), 脇田 祥尚, 建築思潮,   1997年, 招待有り
  • 真喜志好一論 ヤポネシアの建築家 (漂流する風景--現代建築批判) -- (現代日本建築家論33), 脇田 祥尚, 建築思潮,   1997年, 招待有り
  • 職人:モノからの発信 (′93建築文化懸賞論文入選発表--課題「地方の時代」の建築を問う), 脇田 祥尚, 建築文化, 567, p38, 42,   1994年01月, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001164966
  • コロニアル建築 インドネシア1870~1945 第1回スラバヤ, 布野修司, シラス ジョハン, プリヨトモ ヨセフ, 牧紀男, 脇田祥尚, AT,   1993年11月, 招待有り
  • 学外地域におけるフィールドワーク型授業実施の為の教育方法の開発--広島工業大学地域環境宮島学習センターを基地とする授業実施とその展開, 森保 洋之, 脇田 祥尚, 菊川 照正, 平川 隆啓, 広島工業大学紀要 教育編,   2009年02月
    概要:This report clarifies the development of the education method for training class enforcement of the fieldwork type in the area outside the university. In concreteness, this report performs the class enforcement and the development at the Miyajima learning center of the Hiroshima Institute of Technology. The main contents are as follows: (1) the adjustment of the contents of the allied class subject. (2) the example introduction as the illustration. (3) the device of time, contents, quantity, level to offer the condition. (4) the training of the planning and the announcement method beforehand. The trial of the above-mentioned education method was effective.
  • プノンペン(カンボジア)におけるショップハウスの構成と利用に関する研究, 白石 英巨, 脇田 祥尚, 森保 洋之, 広島工業大学紀要. 研究編,   2008年02月
    概要:Recently, the population of Phnom Penh has been increasing. To make urban growth successful,making the development strategy will be important. On the other side, there are many historicbuildings called"shophouses",which will need to be preserved in the future. However,there are fewstudies to deal with them. Thus,this paper aims to grasp the spatial structure and actual dwelling stateof"shophouses"in the city center of Phnom Penh.The results are as follows:1. The plan of"shophouses"can be classified into 5 patterns by theposition of the stairs and scale. Furthermore,we found that large-scale shophouse can be composedby combination of its composition of the small-scale shophouses. 2. The forms of extension andrebuilding can be classified into 20 patterns according to the follwing places:inside of the dwelling(7 types), common space of the shouphouse (7 types), outdoor space (3 types) and between twoshophouses (3 types).
  • 路地空間における祭礼がコミュニティ形成に果たす役割 廿日市市宮島町の地蔵盆を事例として, 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 森保 洋之, 広島工業大学紀要. 研究編,   2008年02月
    概要:The purpose of this paper is to describe the area that continues keeping historic environment ofMiyajima Town,Hatsukaichi-City,Hiroshima. On the basis of an alley and the field survey of the JizoBon festival,we emphasize the nothion of the space use in the outside space. On historic environment,we are concerned with analysis of the role that a festival plays in the community formation. Thecooperation systems which reduced a human scale and coexistence of the community, immanence ofthe structure of many generations interchange, the existence of the meaning of having the place, aburden of the joint management became clear.
  • 東南アジア都市部における高密度集住の空間構成に関する研究--プノンペン(カンボジア)を事例として, 白石 英巨, 脇田 祥尚, 広島工業大学紀要 研究編,   2006年02月
  • 子どもの参加によるまちづくり手法に関する研究--大竹市におけるまち・まちづくり学習の実践を通して, 高見 裕子, 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 広島工業大学紀要 研究編,   2006年02月
  • 小学生を対象としたまちづくり学習に関する研究--大竹市におけるまちづくり学習プログラムの効果, 高見 裕子, 平川 隆啓, 脇田 祥尚, 広島工業大学紀要 研究編,   2005年02月
  • バドゥイ地方(インドネシア)における住居集落の空間構成, 脇田 祥尚, 島根女子短期大学紀要,   1998年03月30日
    概要:Object of this study The aim of this paper is to clarify the space organization of the settlements in Baduy area, Indonesia. Baduy people is an isolated ethnic groupe. In South-east Asia we can see several isolated ethnic groupes such as Tenger, Torotan in Indonesia, Orang Hulu in Malaysia. By focusing on the settlements of the isolated groupes I think I can clarify the original type of the settlements in South-east Asia. And Baduy people is said to have been isolated for 400 years. I think it neccesary to clarify the spacce organization of Baduy settlement in order to clarify a pre-Islamic settlement space organization. Also on the floor level the houses in Baduy area are interesting. In Jawa, Bali we can see the houses with ground floor. But the houses with raised floor are on the relief of the Borobudur. In Sunda area including Baduy area the houses with raised floor have been seen. To focus on the raised floor in Baduy area has a strong relation with clarifying the problem of the floor level in Jawa world. Space organization of the settlements I can find out three similar points on the settlements. *situating settlements on a stepped land *ridge lines of houses direct to the same direction; south, maybe to the sacred terrace in Baduy dalam *houses are situated on the center of the settlement, rice barns, saun lisung and tempat mandi are on the periphery Based on these three similar points, I clarify three types by focusing on the relation with a stepped land and the aspect of connection between houses (fig.1, fig.2). Space organizaiton of the houses (imah) Imah was originally one room house. The difference of the structure and the scale between imah and tepas can be seen on fig.4 and table.1. The house structure transited as seen on fig.5. The Baduy house previously said had sosoro in front of the house. This type of house is restricted in the (2)(3) type settlements. Many houses without sosoro can be seen in the (1)(4) type settlements. Main entrances are situated at the gable end at those houses. Imah is the center of the house(fig.3). Imah and tepas, semi-private space consist the inner space of the house. Conclusion 1. relation with sacred space In Baduy area a sacred space called Artjadomas is among Baduy dalam. That space is to the south of the settlements picked up on this paper. On Gajeboh and Kaduketug pu'un's houses are situated on the south side of settlement, the highest level. The gable lines of most houses direct to the south. These points represent the relation with sacred space. 2. house as a female space The center of the house is imah, female space. In spite of birateral system it is interesting to find out the strong relation between house and female. 3. stylization of the house form The strong relation between rice, rice barn, hearth and female has been also pointed out on many times. To live in rece barn and introduce fire (hearth) into inner space stylized the house. 4. position of the terrace space In Baduy area the position of the terrace space sosoro is low in their lives. Terrace space shuould be thought not as a space in the house but as a separate space. Several floor levels are used on some occasions. 5. settlement as a living space The relation between inner space and neighbor space of the house, things poured out from the house (fig.6), and cooperative utilization of the institutions tell us the aspect of the settlement as a living space. House and settlement are not separated with each other.
  • 離島における生活空間の構成原理 : 島根県知夫里島を事例として, 脇田 祥尚, 土江 敦子, 島根女子短期大学紀要,   1998年03月30日
  • ロンボク島の都市・集落・住居とコスモロジー(2), 布野 修司, 応地 利明, 坂本 勉, 金坂 清則, 佐藤 浩司, 堀 直, Prijotomo Josef, Murtiyoso Sutrisno, 脇田 祥尚, 牧 紀男, 住宅総合研究財団研究年報,   1995年
    概要: 本研究は,空間の形態とそれを現定するコスモロジーとの関係を視点に,都市・集落・住居の構成原理を考察することを目的とする。具体的には,インドネシアのロンボクLombok島を対象とし,都市や住居集落の構成原理にかかわる宇宙観・思想・理念を問題とする。ロンボク島は様々な意味で興味深い島である。知られるように,ロンボク島と西に隣接するバリ島との間にはウォーレス線が通る。動植物の生態は東西でがらりとかわるのである。また,宗教の面でも特異である。イスラームが支配的なインドネシアで,バリ島だけはヒンドゥー教が信仰されている。ロンボク島はイスラーム化されているのであるが,バリ島に近接するその西部にはヒンドゥー教の強い影響が残されている。同じ小さな島なのにイスラームの影響とヒンドゥーの影響の両方をみることができるのである。 住居のあり方もロンボク島は興味深い。高床式住居が支配的な東南アジアの島嶼部で,ジャワ,バリ,ロンボクは地床式である。一方,ロンボク島には,スンバワ人,ブギス人の高床式住居も見られ,2つの文化の境界域でもある。本研究は,ロンボク島の住居集落の地域的パターンを明らかにするとともに,デサ・パヤンについて詳細な考察を展開した。本研究が初めて本格的に焦点を当てたのがチャクラヌガラである。18世紀にバリのカランガセム王国の植民都市として建設されたチャクラヌガラは,インド文明の東端にあって,すなわち,ヒンドゥー文化の最周縁にあって,その理念を最も忠実に実現しようとした都市である。本研究は,街路パターンと宅地割,住区構成,祭祀施設等施設分布,住区組織,住み分けの構図,居住空間の構成等さまざまな視点から,チャクラヌガラの空間構造とコスモロジーとの関係を立体的に明らかにした。

競争的資金

  • 科学研究費基盤研究(B), インドネシアにおける歴史的環境の復興・継承の計画手法, 脇田 祥尚
  • 大林財団, 2018年ロンボク島地震(インドネシア)における歴史的環境の復興, 脇田 祥尚
  • 科学研究費基盤研究(B), 「スラムの計画学」構築のための住居・集落・都市の計画論的研究, 脇田祥尚
  • 科学研究費基盤研究(B), 西スマトラ州パダン歴史地区における歴史遺産復興に関する総合的研究, 亀井伸雄
  • 科学研究費研究成果公開促進費, スラムの計画学, 脇田 祥尚
  • 科学研究費基盤研究(B), カンボジアにおける漸進的開発のための建築・都市計画手法, 脇田祥尚
  • 科学研究費若手研究(B), 東南アジアの土着的住居・集落にみられる計画技術の活用に関する研究, 脇田祥尚
  • 大林都市研究振興財団, プノンペン(カンボジア)の都市空間計画に関する基礎的研究, 脇田 祥尚
  • 前田記念工学振興財団, 植民都市空間の構成と利用形態に関する研究, 脇田 祥尚
  • 科学研究費国際学術研究, 植民都市空間の起源・変容・転成・保全に関する研究, 布野修司
  • 科学研究費国際学術研究, 植民都市の形成と土着化に関する比較研究, 布野修司
  • 科学研究費奨励研究(A), ジャワ・バリ・ロンボク(インドネシア)における住居・集落の地域性とその構成原理に関する研究, 脇田 祥尚

その他

  •   2002年03月, 京都大学博士(工学)論工博第3660号, ロンボク島の空間構造に関する研究 住居・集落にみる地域性の形成に関する考察 2002.03.25
  •   2002年03月, 技術士(建設部門), 都市及び地方計画

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生活デザイン論, 島根女子短期大学
  • 色彩学, 島根女子短期大学
  • 環境デザイン論, 広島工業大学
  • まちづくり計画, 広島工業大学
  • まちづくり政策, 広島工業大学
  • アーバンデザイン, 近畿大学
  • まちづくり論, 近畿大学
  • 現代都市計画, 近畿大学
  • 建築企画演習1, 近畿大学