KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

金山 清二カナヤマセイジ

プロフィール

所属部署名奈良病院
職名講師
学位医学博士
専門婦人科腫瘍
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1407-seiji-kanayama.html
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/10423914.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    婦人科良性悪性腫瘍の治療を主に担当しています。

学歴・経歴

経歴

  •   2012年,  - 2013年, 奈良県立医科大学(助教)

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 産婦人科学

研究キーワード

  • 卵巣明細胞腺癌, 卵巣癌, HNF-1beta, 癌転移, シグナル伝達, 抗癌剤耐性, E-cell, マイクロアレイ, 抗癌剤耐性機序解明, 婦人科癌, 予後規定因子, 細胞周期, プロテオミクス, がん転移, 卵巣漿液性腺癌, 予後因子, 分子標的, がん遺伝子, がん治療戦略, 転移制御, サイトカイン, , 早産, 子宮内膜, 絨毛細胞, インスリン抵抗性, 遺伝子, プロテオーム, 転写因子, 妊娠

MISC

  • 子宮頸癌III~IVA期における予後因子の解析:─とくに放射線単独療法と同時化学放射線療法の比較─, 中村 春樹, 川口 龍二, 春田 祥治, 金山 清二, 吉田 昭三, 古川 直人, 大井 豪一, 小林 浩, 産婦人科の進歩, 66, 2, 78, 84,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004438605
    概要:[目的]局所進行子宮頸癌に対し,同時化学放射線療法(CCRT)が放射線単独療法(RT)に比べ予後改善効果を認めるかどうかについて,他の予後因子も含めて検証をすること.[方法]1996年から2007年まで主治療として放射線治療を行った75歳以下の子宮頸部扁平上皮癌III~IVA期の70例を対象とした.そのうち2000年から2007年までにCCRTを行った34例に対し,1996年から1999年までにRT単独を行った36例をhistorical controlとして後ろ向きに比較検討を行った.[成績]70例全体の年齢中央値は66歳(範囲46~75),観察期間中央値は58.7カ月(範囲11.3~204)であった.治療前ヘモグロビンの中央値12.2g/dlで,腫瘍径の中央値は46.5mmであった.また子宮傍結合織への浸潤例は65例(92.9%)で,骨盤内リンパ節転移は22例(31.4%)に認めた.5年生存率はCCRT群(76.1%)がRT群(44.1%)に比べ有意に良好であった(p=0.017).単変量解析ではCCRT以外に治療前ヘモグロビン値,腫瘍径,骨盤内リンパ節転移が予後因子となった.これらの因子のうち多変量解析では,CCRT,治療前ヘモグロビン値および骨盤内リンパ節転移が独立した予後因子となった.再発例はCCRT群で13例(照射野内10例,外3例),RT群で23例(照射野内15例,外8例)であったが,両群間で照射野内外における再発率に差は認めなかった.[結論]後ろ向きの検討ではあるが,局所進行子宮頸癌に対して,CCRTはRTに比べ予後改善効果を認めることが確認された.また治療前ヘモグロビン値および骨盤内リンパ節転移が予後因子であることが明らかとなった.〔産婦の進歩66(2):78-84,2014(平成26年5月)〕
  • 悪性リンパ腫合併妊娠の2例, 森岡 佐知子, 中村 春樹, 伊東 史学, 棚瀬 康仁, 春田 祥治, 金山 清二, 川口 龍二, 吉田 昭三, 古川 直人, 大井 豪一, 小林 浩, 産婦人科の進歩, 66, 3, 314, 317,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004693981
  • B-19. 当科における術前に静脈血栓塞栓症 (VTE) と診断された婦人科手術症例に対する術後肺血栓塞栓症 (PTE) 予防, 春田 祥治, 川口 龍二, 中村 春樹, 森岡 佐知子, 伊東 史学, 棚瀬 康仁, 金山 清二, 吉田 昭三, 古川 直人, 大井 豪一, 小林 浩, 心臓, 46, 7, 1028, 1028,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005086908
  • 原発性腹膜癌に対するTC療法の有効性に関する検討: stageIII-IV期の卵巣漿液性腺癌との比較, 川口 龍二, 松浦 美幸, 重光 愛子, 赤坂 珠理晃, 棚瀬 康仁, 春田 祥治, 金山 清二, 永井 景, 吉田 昭三, 古川 直人, 大井 豪一, 小林 浩, 産婦人科の進歩, 65, 4, 447, 450,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003382569
  • 当科におけるエノキサパリンによる帝王切開術後肺血栓塞栓症予防, 春田 祥治, 佐道 俊幸, 小川 憲二, 河原 直紀, 小池 奈月, 金山 清二, 成瀬 勝彦, 野口 武俊, 川口 龍二, 大井 豪一, 小林 浩, 心臓, 44, 7, 906, 907,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003387803
  • 当科における卵巣粘液性腺癌症例に関する検討, 吉田 昭三, 赤坂 珠理晃, 小池 奈月, 大野 木輝, 重富 洋志, 棚瀬 康仁, 金山 清二, 山田 嘉彦, 大井 豪一, 小林 浩, 産婦人科の進歩, 62, 1, 30, 31,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000263504
  • 再発卵巣癌に対して外科的治療を行った症例に関する検討, 吉田 昭三, 吉澤 順子, 春田 祥治, 金山 清二, 古川 直人, 山田 嘉彦, 大井 豪一, 小林 浩, 産婦人科の進歩, 61, 1, 53, 56,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001222964
  • 卵巣子宮内膜症の癌化症例の臨床病理学的特徴, 川口 龍二, 辻 順子, 春田 祥治, 金山 清二, 坂田 真理子, 山田 嘉彦, 藤田 宏行, 斉藤 仁美, 恒遠 啓示, 小林 浩, 日本産科婦人科學會雜誌, 60, 12,   2008年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024047363
  • 先天性 α2 plasmin inhibitor (PI) 欠損症合併妊娠の3例, 吉澤 順子, 佐道 俊幸, 重富 洋志, 大野木 輝, 春田 祥治, 成瀬 勝彦, 金山 清二, 野口 武俊, 吉田 昭三, 古川 直人, 坂田 麻理子, 山田 嘉彦, 北山 孝司, 小林 浩, 日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology, 18, 1, "S, 111"-"S-112",   2008年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026709642
  • 総重量約90kgの巨大卵巣腫瘍の1例, 植田 祥代, 金山 清二, 棚瀬 康仁, 春田 祥治, 川口 龍二, 山田 嘉彦, 北中 孝司, 小林 浩, 日本産科婦人科學會雜誌, 60, 3,   2008年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024682177
  • Alpha-Fetoprotein (AFP) 産生性の hepatoid adenocarcinoma からなる子宮体部癌肉腫の一例, 川口 龍二, 春田 祥治, 金山 清二, 古川 直人, 山田 嘉彦, 大井 豪一, 小林 浩, 日本婦人科腫瘍学会雑誌 = The journal of the Japan Society of Gynecologic Oncology, 26, 1, 71, 74,   2008年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025202342
  • D-dimer と下肢静脈エコーによる深部静脈血栓症のスクリーニング, 春田 祥治, 川口 龍二, 植田 祥代, 辻 順子, 金山 清二, 山田 嘉彦, 平井 都始子, 山下 奈美子, 吉田 美鈴, 小林 浩, Journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 34,   2007年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019999388
  • 卵巣チョコレート嚢胞の手術後に卵巣癌と診断された4症例の検討, 辻 順子, 川口 龍二, 棚瀬 康仁, 植田 祥代, 春田 祥治, 金山 清二, 水田 裕久, 山田 嘉彦, 小林 浩, 産婦人科の進歩, 59, 1, 17, 19,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001223144
  • 悪性腫瘍との鑑別が困難であった,妊娠時の子宮内膜症性嚢胞の2症例, 吉田 昭三, 重富 洋志, 植田 祥代, 辻 順子, 春田 祥治, 金山 清二, 川口 龍二, 坂田 麻理子, 佐道 俊幸, 山田 嘉彦, 北中 孝司, 小林 浩, 産婦人科の進歩, 59, 2, 161, 163,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001223182
  • 146) 妊娠後期に突然,僧帽弁腱索断裂によるうっ血性心不全を発症したマルファン症候群の1例, 山本 広光, 土肥 直文, 中谷 秀隆, 橋本 俊男, 土肥 和紘, 田村 大和, 水口 一三, 谷口 繁樹, 佐道 俊幸, 金山 清二, Japanese circulation journal, 64, 0,   2000年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002572450
  • 24.肋骨への骨形成性転移が発見の契機となった肺扁平上皮癌の1例(第71回日本肺癌学会関西支部会), 本津 茂人, 福岡 和也, 米田 和之, 金山 清二, 小林 真也, 濱田 薫, 米田 尚弘, 成田 亘啓, 肺癌, 40, 2, 156, 157,   2000年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003111540