KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

崔 軍サイ グン

プロフィール

所属部署名工学部 建築学科 / 次世代基盤技術研究所 / システム工学研究科
職名教授/建築学科長
学位博士(工学)
専門建築環境工学、建築設備工学
ジャンル文化/現代建築
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1129-sai-gun.html
ホームページURLhttp://www.archi.hiro.kindai.ac.jp/laboratory/EFL/index.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    主に室内の熱環境や空調システムのシミュレーションについて研究しています。特に、自然冷暖房や放射冷暖房の快適性・省エネ性、空調システムシミュレーション、空調負荷計算についてです。

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 建築環境・設備

研究キーワード

  • 放射冷暖房、24時間全館空調、負荷計算

論文

  • 長期実測に基づいた温暖地域における戸建住宅の24時間全館空調システムの実験検証, 崔 軍、市川尚紀, 日本建築学会技術報告集, 22, 51, 631, 636,   2016年06月, 査読有り
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法に関する研究-潜熱負荷計算モデルについて-, 崔 軍、渡辺俊行, 日本建築学会環境系論文集, 80, 708, 139, 148,   2015年02月, 査読有り
  • 既製ドラム缶を用いた雨水と地中熱による自然冷房の実験研究, 市川尚紀、崔 軍, 日本建築学会技術報告集, 20, 46, 1035, 1040,   2014年10月, 査読有り
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法に関する研究-ウォームビズとクールビズによる負荷削減効果の定量的評価について-, 崔 軍、渡辺俊行, 日本建築学会環境系論文集, 79, 695, 73, 81,   2014年01月, 査読有り
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法に関する研究-居住者間の温冷感分布とその対策-, 崔 軍、渡辺俊行, 日本建築学会環境系論文集, 682, 957, 966,   2012年12月, 査読有り
  • 空調システム運用における熱源インバータ制御の省エネルギー効果, 久良知充, 住吉大輔, 赤司泰義, 崔 軍, 渡邊俊行, 西山紀光, 神村一幸, 永延拓也, 都市・建築学研究 九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 3, 123, 132,   2003年01月
    概要:本文では、空調システムの省エネルギー運用方策を提示する際の有効な手法の一つと考えられる熱源インバータ制御について概説し、空調システムシミュレーションと実測結果によって、インバータの制御効果を検討した。
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法の計算モデルの構築, 崔 軍、渡辺俊行, 近畿大学工業技術研究所研究報告書, 19, 51, 57,   2010年02月
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法に関する研究 -間欠空調における予熱予冷負荷の発生性状および過大な予熱予冷負荷への対策-, 崔 軍、渡辺俊行, 日本建築学会環境系論文集, 657, 945, 951,   2010年11月
  • 木造実験住宅を用いた太陽熱・雨水・地中熱による床冷暖房システムに関する研究, 市川 尚紀, 崔 軍, 日本建築学会技術報告集, 17, 35, 227, 232,   2011年02月
  • 詳細な建物モデルを用いた実大実験住宅の熱環境に関するCFD解析 その1 放射暖房について, 崔 軍, 市川 尚紀, 加藤 聡, 高砂熱学工業株式会社, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 2,   2011年06月
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法に関する研究-要求された温冷感の違いが空調負荷に及ぼす影響-, 崔 軍, 渡邊俊行, 日本建築学会環境系論文集, 76, 668, 903, 910,   2011年10月
  • 同様なPMVが保たれた場合における壁放射暖房とエアコン暖房の上下温度差に関する研究, 崔 軍, 湊政樹, 近畿大学工学部研究報告, 45, 41, 47,   2011年12月
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法に関する研究-建物の断熱仕様、居住者の位置および空調方式が空調負荷に及ぼす影響-, 崔 軍, 渡邊俊行, 日本建築学会環境系論文集, 675, 339, 348,   2012年05月
  • 壁放射冷暖房システムを利用した室内の温熱環境に関する研究 その7 暖房時の投入熱量について, 崔 軍, 長谷健, 加藤聡,   2012年06月

講演・口頭発表等

  • 逐次状態遷移法を用いたオフィスビルの室内温湿度計算, 崔 軍, 渡邊俊行 赤司泰義, 西山紀光, 日本建築学会九州支部第42回研究発表会(宜野湾),   2003年03月, 日本建築学会九州支部第42回研究発表会(宜野湾)
    概要:空調システムシミュレーションのため、逐次状態遷移法を利用して多数階建ての事務所ビルについて計算モデルを作成し、計算モデルの概要および計算精度についてを検討した。
  • 空調システムの最適運用における熱源インバータ制御効果その7 熱源機器、ポンプ、ファンのインバータ特性実験, 崔 軍, 永延拓也 住吉大輔 久良知充, 赤司泰義 渡邊俊行, 神村一幸, 西山紀光, 日本建築学会九州支部第42回研究発表会(宜野湾),   2003年03月, 日本建築学会九州支部第42回研究発表会(宜野湾)
    概要:本文では、確度の高いシミュレーションを構築するうえで必要とされる詳細な資料を得るため、熱源機器、1次ポンプ、2次ポンプ、空調機ファンについてインバータ特性実験を行い、その結果を報告した。
  • 空調システムの最適運用における熱源インバータ制御効果その8 最適運用を導入した空調システムの実測調査, 崔 軍, 久良知充 住吉大輔 永延拓也, 赤司泰義 渡邊俊行, 神村一幸, 西山紀光, 日本建築学会九州支部第42回研究発表会(宜野湾),   2003年03月, 日本建築学会九州支部第42回研究発表会(宜野湾)
    概要:本文では、蓄熱空調システムと非蓄熱空調システムを対象に実測調査を行い、熱源インバータ制御を用いた最適運用の導入効果を検討した。
  • 空調システムの最適運用における熱源インバータ制御効果その9シミュレーションによる熱源インバータ制御効果の試算, 崔 軍, 住吉大輔 久良知充 永延拓也, 赤司泰義 渡邊俊行, 神村一幸, 西山紀光, 日本建築学会九州支部第42回研究発表会(宜野湾),   2003年03月, 日本建築学会九州支部第42回研究発表会(宜野湾)
    概要:本文では、空調システムシミュレーションを用いて蓄熱・非蓄熱の各システムにおける冷房運転時の熱源インバータ制御効果を試算し、インバータ制御の有効性を確認した。
  • 空調システムにおける熱源インバータ制御の省エネルギー効果, 崔 軍, 住吉大輔 赤司泰義 渡邊俊行, 神村一幸, 西山紀光, 2003 ACEEE Summer Study on Energy Efficiency in Industry(アメリカ),   2003年07月, 2003 ACEEE Summer Study on Energy Efficiency in Industry(アメリカ)
    概要:実測とシミュレーション両面から、空調システムの熱源インバータ制御による省エネルギー効果を確認した。(英文)
  • 空調システムの最適運用計画に関する研究その8 熱源機器、ポンプ、ファンのインバータ特性実験, 崔 軍, 永延拓也 赤司泰義 渡邊俊行 住吉大輔 久良知充, 神村一幸, 西山紀光, 日本建築学会2003 年度大会(東海)(春日井),   2003年09月, 日本建築学会2003 年度大会(東海)(春日井)
    概要:本文では、空調システムのシミュレーションを構築するうえで必要とされる詳細な資料を得るため、熱源機器、1 次ポンプ、2 次ポンプ、そして空調機ファンについてインパーク特性実験を行い、その結果を報告した。
  • 空調システムの最適運用計画に関する研究その9 最適運用を導入した空調システムの実測調査, 崔 軍, 久良知充 赤司泰義 渡邊俊行 住吉大輔 永延拓也, 神村一幸, 西山紀光, 日本建築学会2003 年度大会(東海)(春日井),   2003年09月, 日本建築学会2003 年度大会(東海)(春日井)
    概要:本文では、蓄熱空調システムと非蓄熱空調システムを対象に実測調査を行い、熱源インバータ制御を用いた最適運用の導入効果を検討した。その結果、蓄熱空調システム、非蓄熱空調システムとも熱源COP、1 次側COP に大きな向上が確認された。
  • 空調システムの最適運用計画に関する研究その10 シミュレーションによる熱源インバータ制御効果の試算, 崔 軍, 住吉大輔 赤司泰義 渡邊俊行 久良知充 永延拓也, 神村一幸, 西山紀光, 日本建築学会2003 年度大会(東海)(春日井),   2003年09月, 日本建築学会2003 年度大会(東海)(春日井)
    概要:シミュレーションを用いて試算した結果、熱源機器と1 次ポンプにインバータ制御を導入することによって蓄熱空調システムで5%、非蓄熱空調システムで20%の効率向上が図れることがわかった。
  • 空調システムの最適運用に関する研究その3 熱源インバータ制御の省エネルギー効果, 崔 軍, 久良知充 赤司泰義 渡邊俊行 住吉大輔 永延拓也, 神村一幸, 西山紀光, 空気調和・衛生工学会学術講演会(松江),   2003年09月, 空気調和・衛生工学会学術講演会(松江)
    概要:本文では、実測とシミュレーション両面からインバータ制御の導入効果を検討し、以下の知見を得た。①熱源機器にインバータ制御を導入した場合、ある程度の周波数までは効率が向上するが、必ずしも周波数を落とすほど効率が向上するわけではない。②熱源機器インバータ特性には機器ごとに若干の個体差が見られる。
  • 建築構造力学教育の手法と実践, 大田 和彦, 松田 博幸, 藤井 大地, 崔 軍, 工学・工業教育研究講演会,   2005年09月, 工学・工業教育研究講演会
  • JABEE 教育プログラムにおける学習・教育目標の達成度評価に関する一考察, 大田 和彦, 藤井 大地, 崔 軍, 市川 尚紀, 工学・工業教育研究講演会,   2010年08月, 工学・工業教育研究講演会
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法に関する研究 その7 建物断熱仕様および放射パネル仕様が空調負荷に及ぼす影響, 崔 軍, 日本建築学会中国支部研究報告集、第34巻、環境工学408,   2011年03月, 日本建築学会中国支部研究報告集、第34巻、環境工学408
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法に関する研究 その10 クールビズとウォームビズの空調負荷削減効果について, 崔 軍, 日本建築学会,   2013年03月, 日本建築学会
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法に関する研究 その11 クールビズとウォームビズの負荷削減効果に対する設定PMVの影響, 崔 軍,   2013年09月

MISC

  • 冷却除湿コイルの動特性に関する研究(共著), 空気調和・衛生工学会論文集, 56, 77, 86,   1994年
  • 空調システムにおける温湿度制御プロセスのシミュレーション(共著), 空気調和・衛生工学会論文集, 59, 153, 162,   1995年
  • 大温度差水蓄熱式空調システムの運転実績および性能評価(共著), 日本建築学会計画系論文集, 535, 31, 38,   2000年
  • シミュレーションによる大温度差水蓄熱式空調システムのエネルギー評価(共著) , 日本建築学会計画系論文集, No.550、63-70,   2001年
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法に関する研究, 日本建築学会環境系論文集, 638, 449, 456,   2009年04月
  • 空調システムの運用における熱源インバータ制御の省エネルギー効果, 日本建築学会環境系論文集, 595, 73, 81,   2005年09月
  • シミュレーションによる大温度差水蓄熱式空調システムの効率的運用手法に関する考察, 日本建築学会環境系論文集, 578, 31, 38,   2004年04月

受賞

  • 空気調和・衛生工学会「SHASE技術フェロー」

競争的資金

  • 空調システムの動的シミュレーションに関する研究
  • 蓄熱式空調システムの最適運転制御に関する研究
  • 空調システムシミュレーションツールの開発
  • 居住者の温冷感を考慮した空調負荷計算法に関する研究