KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

築山 拓司ツキヤマ タクジ

プロフィール

所属部署名農学部 農業生産科学科 / 農学研究科
職名准教授
学位博士(農学)
専門植物育種学
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1437-tsukiyama-takuji.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    「動く遺伝子」トランスポゾンが生み出す遺伝的多様性(=個性)を研究しています。得られた知見を基に、作物の品種改良に有用な変異創成技術の開発を目指しています。

学歴・経歴

学歴

  • 2001年04月 - 2005年03月, 京都大学大学院, 農学研究科, 農学専攻 博士課程
  • 1999年04月 - 2001年03月, 京都大学大学院, 農学研究科, 農学専攻 修士課程
  • 1994年04月 - 1998年03月, 近畿大学, 農学部, 農学科

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2007年04月,  - 2016年03月, 京都大学大学院(助教)
  •   2005年11月,  - 2007年03月, 京都大学大学院(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 生産環境農学, 遺伝育種科学
  • 農学, 育種学

研究キーワード

  • Transposable element, トランスポゾン, イネ, 育種, キチナーゼ

論文

  • The active miniature inverted-repeat transposable element mPing post-transcriptionally produces new transcriptional variants in the rice genome, Kum R, Tsukiyama T, Inagaki H, Saito H, Teraishi M, Okumoto Y, Tanisaka T, Molecular Breeding, 35, 159,   2015年07月, 査読有り
  • The effects of phytochrome-mediated light signals on the developmental acquisition of photoperiod sensitivity in rice., Yoshitake Y, Yokoo T, Saito H, Tsukiyama T, Quan X, Zikihara K, Katsura H, Tokutomi S, Aboshi T, Mori N, Inoue H, Nishida H, Kohchi T, Teraishi M, Okumoto Y, Tanisaka T, Scientific reports, 5, 7709,   2015年01月, 査読有り
  • Wide genetic variation in phenolic compound content of seed coats among black soybean cultivars., Phommalath S, Teraishi M, Yoshikawa T, Saito H, Tsukiyama T, Nakazaki T, Tanisaka T, Okumoto Y, Breeding science, 64, 4, 409, 415,   2014年12月, 査読有り
  • Early embryogenesis-specific expression of the rice transposon Ping enhances amplification of the MITE mPing., Teramoto S, Tsukiyama T, Okumoto Y, Tanisaka T, PLoS genetics, 10, 6, e1004396,   2014年06月, 査読有り
  • Induced mutations will help mold the future of food, Tsukiyama T, Saito H, Naito K, Teraishi M, Monden Y, and Tanisaka T, Gamma Field Symposia, 50, 1, 19,   2014年03月
  • Se14, encoding a JmjC domain-containing protein, plays key roles in long-day suppression of rice flowering through the demethylation of H3K4me3 of RFT1., Yokoo T, Saito H, Yoshitake Y, Xu Q, Asami T, Tsukiyama T, Teraishi M, Okumoto Y, Tanisaka T, PloS one, 9, 4, e96064,   2014年, 査読有り
  • The effects of the photoperiod-insensitive alleles, se13, hd1 and ghd7, on yield components in rice., Xu Q, Saito H, Hirose I, Katsura K, Yoshitake Y, Yokoo T, Tsukiyama T, Teraishi M, Tanisaka T, Okumoto Y, Molecular breeding : new strategies in plant improvement, 33, 813, 819,   2014年, 査読有り
  • Loss-of-function of a ubiquitin-related modifier promotes the mobilization of the active MITE mPing., Tsukiyama T, Teramoto S, Yasuda K, Horibata A, Mori N, Okumoto Y, Teraishi M, Saito H, Onishi A, Tamura K, Tanisaka T, Molecular plant, 6, 3, 790, 801,   2013年05月, 査読有り
  • Transient dual-luciferase assay combined with a glucocorticoid-inducible system for rice protoplasts., Hamamoto Y, Tsukiyama T, Yoshikake Y, Teraishi M, Okumoto Y, Tanisaka T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 77, 12, 2480, 2482,   2013年, 査読有り
  • Utilization of transposable element mPing as a novel genetic tool for modification of the stress response in rice., Yasuda K, Ito M, Sugita T, Tsukiyama T, Saito H, Naito K, Teraishi M, Tanisaka T, Okumoto Y, Molecular breeding : new strategies in plant improvement, 32, 505, 516,   2013年, 査読有り
  • Mobilization of the active transposon mPing in interspecific hybrid rice between Oryza sativa and O. glaberrima, Yasuda K, Tsukiyama T, Karki S, Okumoto Y, Teraishi M, Saito H, and Tanisaka T, Euphytica, 192, 1, 17, 24,   2013年, 査読有り
  • Complete loss of photoperiodic response in the rice mutant line X61 is caused by deficiency of phytochrome chromophore biosynthesis gene., Saito H, Okumoto Y, Yoshitake Y, Inoue H, Yuan Q, Teraishi M, Tsukiyama T, Nishida H, Tanisaka T, TAG. Theoretical and applied genetics. Theoretische und angewandte Genetik, 122, 1, 109, 118,   2011年01月, 査読有り
  • Gene cloning, bacterial expression, and purification of a novel rice (Oryza sativa L.) ubiquitin-related protein, RURM1., Tsukiyama T, Lee J, Okumoto Y, Teraishi M, Tanisaka T, Inouye K, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 74, 2, 430, 432,   2010年, 査読有り
  • Transgressive segregation of isoflavone contents under the control of four QTLs in a cross between distantly related soybean varieties, Yoshikawa T, Okumoto Y, Ogata D, Sayama T, Teraishi M, Terai M, Toda T, Yamada K, Yagasaki K, Yamada N, Tsukiyama T, Yamada T, and Tanisaka T, Breeding Science, 60, 3, 243, 254,   2010年, 査読有り
  • Unexpected consequences of a sudden and massive transposon amplification on rice gene expression., Naito K, Zhang F, Tsukiyama T, Saito H, Hancock CN, Richardson AO, Okumoto Y, Tanisaka T, Wessler SR, Nature, 461, 7267, 1130, 1134,   2009年10月, 査読有り
  • Identification of a novel gene ef7 conferring an extremely long basic vegetative growth phase in rice., Yuan Q, Saito H, Okumoto Y, Inoue H, Nishida H, Tsukiyama T, Teraishi M, Tanisaka T, TAG. Theoretical and applied genetics. Theoretische und angewandte Genetik, 119, 4, 675, 684,   2009年08月, 査読有り
  • Multiple alleles at Early flowering 1 locus making variation in the basic vegetative growth period in rice (Oryza sativa L.)., Saito H, Yuan Q, Okumoto Y, Doi K, Yoshimura A, Inoue H, Teraishi M, Tsukiyama T, Tanisaka T, TAG. Theoretical and applied genetics. Theoretische und angewandte Genetik, 119, 2, 315, 323,   2009年07月, 査読有り
  • Identification and characterization of the erect-pose panicle gene EP conferring high grain yield in rice (Oryza sativa L.)., Wang J, Nakazaki T, Chen S, Chen W, Saito H, Tsukiyama T, Okumoto Y, Xu Z, Tanisaka T, TAG. Theoretical and applied genetics. Theoretische und angewandte Genetik, 119, 1, 85, 91,   2009年06月, 査読有り
  • High potential of a transposon mPing as a marker system in japonica x japonica cross in rice., Monden Y, Naito K, Okumoto Y, Saito H, Oki N, Tsukiyama T, Ideta O, Nakazaki T, Wessler SR, Tanisaka T, DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes, 16, 2, 131, 140,   2009年04月, 査読有り
  • QTL analysis of seed-flooding tolerance in soybean (Glycine max [L.] Merr.), Sayama T, Nakazaki T, Ishikawa G, Tagasaki K, Yamada N, Hirota N, Hirata K, Yoshikawa T, Saito H, Teraishi M, Okumoto Y, Tsukiyama T, and Tanisaka T, Plant Science, 176, 4, 514, 521,   2009年04月, 査読有り
  • Analysis of distribution and proliferation of mPing family transposons in a wild rice (Oryza rufipogon Griff.), Karki S, Tsukiyama T, Okumoto Y, Rizal G, Naito K, Teraishi M, Nakazaki T, and Tanisaka T, Breeding Science, 59, 3, 267, 307,   2009年, 査読有り
  • A genome-wide view of miniature inverted-repeat transposable elements (MITEs) in rice, Oryza sativa ssp. japonica., Oki N, Yano K, Okumoto Y, Tsukiyama T, Teraishi M, Tanisaka T, Genes & genetic systems, 83, 4, 321, 329,   2008年08月, 査読有り
  • Gene cloning, expression, purification and characterization of rice (Oryza sativa L.) class II chitinase CHT11, Xayphakatsa K, Tsukiyama T, Inouye K, Okumoto Y, Nakazaki T, and Tanisaka T, Enzyme and Microbial Technology, 43, 1, 19, 24,   2008年07月, 査読有り
  • Distribution, structure, organ-specific expression, and phylogenic analysis of the pathogenesis-related protein-3 chitinase gene family in rice (Oryza sativa L.), Nakazaki T, Tsukiyama T, Okumoto Y, Kageyama D, Naito K, Inouye K, and Tanisaka T, Genome, 49, 6, 619, 630,   2006年, 査読有り

書籍等出版物

  • 初めての酵素化学, 築山 拓司, 分担執筆, 第7章 酵素の遺伝子工学/第9章 酵素の作用ーキチナーゼー, シーエムシー出版,   2016年12月

講演・口頭発表等

  • Transposon-mediated alternative splicing in the rice genome, Tsukiyama T, Kum R, Inagaki H, Saito H, Teraishi M, Okumoto Y, and Tanisaka T, International Symposium"Establishing Next-Generation Genetics",   2015年
  • Loss-of-function of an ubiquitin-related modifier RURM1 promotes the mobilization of the active MITE mPing, Tsukiyama T, Teramoto S, Yasuda K, Horibata A, Mori N, Okumoto Y, Teraishi M, Saito H, Onishi A, Tamura K, and Tanisaka T, 7th International Rice Genetic Symposium,   2013年11月06日
  • Utilization of active MITE mPing as a novel genetic tool for modification of stress response in rice, Yasuda K, Tsukiyama T, Saito H, Naito K, Teraishi M, Tanisaka T, and Okumoto Y, 7th International Rice Genetic Symposium,   2013年11月06日, 招待有り
  • Gene expression analysis and characterization of rice (Oryza sativa L.) class II chitinase CHT11, Tsukiyama T, Inouye K, Kosonh X, Okumoto Y, Nakazaki T, and Tanisaka T, International Symposium on Frontier in Plant Proteome Research -Contribution of proteomics technology in creation of useful plants-,   2008年
  • Differential expression of 11 PR-3 chitinase genes in rice (Oryza sativa L.) plants during rice blast infection and signal molecule treatments, Tsukiyama T, The 6th Kyoto University International Symposium “Plant sciences in Japan and China -from genetics to breeding”,   2005年
  • Different roles of PR-3 chitinase isozymes in rice, Tsukiyama T, Okumoto Y, Inouye K, Terachi T, Tanaka C, Nakazaki T, and Tanisaka T, 5th International Rice Genetics Symposium and 3rd International Rice Functional Genomics Symposium,   2005年
  • Biological functions of PR-3 chitinase isozymes in rice (Oryza sativa L.), Tsukiyama T, Inouye K, Nakazaki T, Terachi T, Tanaka C, Mikami B, Okumoto Y, and Tanisaka T, World Rice Research Conference 2004,   2004年

MISC

  • 低酸素緩和および吸水緩和がダイズ発芽時冠水耐性QTLに及ぼす影響, 西田昌弘, 白井利奈, 寺石政義, 築山拓司, 奥本裕, 育種学研究, 16, 155,   2014年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402203617128683
  • イネトランスポゾンmPingの転移活性を制御する因子の探索, 寺本翔太, 築山拓司, 谷坂隆俊, 奥本裕, 育種学研究, 16, 239,   2014年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402278404493531
  • イネ非自律性転移因子mPingによる転写産物の改変, KUM R., 築山拓司, 稲垣晴香, 谷坂隆俊, 奥本裕, 育種学研究, 16, 129,   2014年03月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402297596098805
  • イネRURM1によるtRNAの硫黄修飾を介したタンパク質翻訳効率の制御, 浜本有希, 築山拓司, 清水顕史, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕, 育種学研究, 15, 77,   2013年10月12日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302206536861132
  • イネ転移因子mPing挿入(STAmP)データベースの活用, 安田加奈子, 築山拓司, 齊藤大樹, 内藤健, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕, 育種学研究, 15, 108,   2013年10月12日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302243634716658
  • イネ品種銀坊主におけるmPing移転は時期・組織特異的なPingの発現上昇を伴う, 寺本翔太, 築山拓司, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕, 育種学研究, 15, 76,   2013年10月12日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302251334217059
  • ダイズ高イソフラボン変異体に関するQTL解析, 石井隆介, 寺石政義, 寺井雅一, 小阪英樹, 戸田登志也, 吉川貴徳, 築山拓司, 齋藤大樹, 谷坂隆俊, 奥本裕, 育種学研究, 15, 115,   2013年10月12日, 10.1270/jsbbr.15.115, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302254630450060
  • ダイズの新規開花期QTLと冠水抵抗性QTLとの密接連鎖, 白井利奈, 櫻井宏樹, 寺石政義, 関功介, 山田直弘, 築山拓司, 奥本裕, 育種学研究, 15, 98,   2013年10月12日, 10.1270/jsbbr.15.98, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302256770173972
  • イネユビキチン様タンパク質の機能喪失は活性型MITE・mPingの転移を促進する, 築山拓司, 寺本翔太, 安田加奈子, 堀端章, 森奈々子, 奥本裕, 寺石政義, 齊藤大樹, 谷坂隆俊, 日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 85th, 92,   2013年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302238611500247
  • イネの成長・生育におけるABA応答性キチナーゼCHT11の役割, 浦丸公猛, 築山拓司, 井上國世, 寺石政義, 中崎鉄也, 谷坂隆俊, 奥本裕, 育種学研究, 15, 91,   2013年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302272683068599
  • 黒大豆に含まれるプロアントシアニジン含量に関与するQTL, 寺石政義, PHOMMALTH Siviengkhek, 石井隆介, 築山拓司, 奥本裕, 育種学研究, 15, 204,   2013年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302275393336408
  • イネ転移因子mPingに潜在する高い遺伝子発現プロファイル改変能, 奥本裕, 寺石政義, 築山拓司, 寺本翔太, 安田加奈子, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 36th, 2AS7-3 (WEB ONLY),   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402281357954160
  • 個体発生過程におけるイネトランスポゾンmPingの転移時機, 寺本翔太, 築山拓司, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕, 育種学研究, 14, 93,   2012年09月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202202331513589
  • イネトランスポゾンmPingの転移を活性化する染色体領域の同定, 吉田由梨, 築山拓司, 門田有希, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕, 育種学研究, 14, 45,   2012年09月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202208034852844
  • ダイズ品種「エンレイ」が有する発芽時冠水抵抗性は農林2号に由来する, 櫻井宏樹, 白井利奈, 平田香里, 佐山貴司, 石本政男, 築山拓司, 寺石政義, 奥本裕, 育種学研究, 14, 167,   2012年09月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202229366710544
  • イネユビキチン様タンパク質RURM1の機能喪失は細胞分裂の異常を引き起こす, 築山拓司, 那須田周平, 角谷磨美, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕, 日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 84th, 98,   2012年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202238931998939
  • イネ転移因子mPing配列内のシス因子がストレス耐性遺伝子の発現におよぼす影響, 安田加奈子, 築山拓司, 齊藤大樹, 内藤健, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕, 日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 84th, 120,   2012年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202247936132963
  • イネユビキチン様タンパク質RURM1の標的タンパク質修飾機能の解析, 中田有美, 築山拓司, 奥本裕, 寺石政義, 中崎鉄也, 谷坂隆俊, 作物研究, 57, 39, 42,   2012年07月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202296138765052
  • イネユビキチン様タンパク質RURM1は細胞分裂の安定性に関与する, 角谷磨美, 築山拓司, 那須田周平, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕, 育種学研究, 13, 35,   2011年09月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102268726375600
  • イネ活性型転移因子mPingを利用したストレス応答性遺伝子の発現改変を目指して, 安田加奈子, 築山拓司, 齊藤大樹, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕, 育種学研究, 13, 52,   2011年09月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102279213038553
  • イネ活性型トランスポゾンmPingのための信頼性の高いトランスポゾンディスプレイ法, 寺本翔太, 築山拓司, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕, 作物研究, 56, 63, 66,   2011年07月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102281651468433
  • Induced mutations will help mold the future of food, Tsukiyama T, Saito H, Naito K, Teraishi M, Monden Y, and Tanisaka T, Gamma Field Symp., 50, 1, 19,   2011年
  • DNAメチル化がイネ非自律性転移因子mPingの転移に与える効果, 森奈々子, 築山拓司, 寺石政義, 奥本裕, 谷坂隆俊, 育種学研究, 12, 29,   2010年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002267505127330
  • ダイズの発芽時冠水抵抗性に関する評価法の確立, 中村岳史, 寺石政義, 関功介, 平田香里, 吉川貴徳, 斉藤大樹, 佐山貴司, 築山拓司, 中崎鉄也, 矢ケ崎和弘, 奥本裕, 谷坂隆俊, 育種学研究, 12, 61,   2010年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002273035792073
  • ダイズ種子中のスクロース含量に関する遺伝解析, 遠藤亮太, 寺石政義, 中村岳史, 佐山貴司, 石本政男, 高橋浩司, 築山拓司, 奥本裕, 谷坂隆俊, 育種学研究, 12, 65,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002203001736435
  • ユビキチン様タンパク質の機能喪失によって誘発されるゲノムの不安定化, 築山拓司, 中井由実, 奥本裕, 中田有美, 寺本翔太, 寺石政義, 林秀行, 谷坂隆俊, 育種学研究, 12, 90,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002297274733247
  • 重イオンビーム育種技術の実用化10年 トランスポゾンmPingが働くとイネ・ゲノムはどう変わる?, 奥本裕, 斎藤大樹, 内藤健, ZHANG F, 築山拓司, HANCOCK CN, WESSLER SR., 谷坂隆俊, 重イオンビーム育種技術の実用化10年および理研加速器施設品種改良ユーザー会報告書2009, 6, 7,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002229667824923
  • mPing配列を含んで転写される遺伝子の同定, 稲垣晴香, 築山拓司, 門田有希, KARKI Shanta, 奥本裕, 中崎鉄也, 寺石政義, 谷坂隆俊, 作物研究, 54, 99, 102,   2009年11月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002249986642456
  • 好気および嫌気条件下におけるダイズ冠水抵抗性の品種間差異, 平田香里, 広田直子, 寺石政義, 吉川貴徳, 築山拓司, 奥本裕, 谷坂隆俊, 育種学研究, 11, 276,   2009年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002249564635899
  • 極早生突然変異系統X61のもつ不感光性遺伝子se13の機能解析, 吉竹良洋, 齋藤大樹, 浅見武人, 浅野翔, 築山拓司, 河内孝之, 三瀬和之, 奥本裕, 谷坂隆俊, 育種学研究, 11, 56,   2009年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002271363510236
  • イネ転移因子の爆発的増殖がもたらす遺伝子制御網への影響, 内藤健, FENG Zhang, 築山拓司, 斉藤大樹, 奥本裕, WESSLER Susan R., 谷坂隆俊, 育種学研究, 11, 63,   2009年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002273112682995
  • イネユビキチン様タンパク質RURM1の活性化酵素RUBA4の同定, 中田有美, 築山拓司, 奥本裕, 寺石政義, 谷坂隆俊, 育種学研究, 11, 64,   2009年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002289388406839
  • イネ転移因子の爆発的増殖がもたらす遺伝子発現制御への影響, 内藤健, ZHANG Feng, 築山拓司, 斎藤大樹, HANCOCK C. Nathan, 奥本裕, WESSLER Susan R., 谷坂隆俊, 日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 81st, 118,   2009年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902288966535038
  • イネクラスIIキチナーゼCht11の機能解析, 築山拓司, XAYPHAKATSA Kosonh, 井上國世, 奥本裕, 中崎鉄也, 谷坂隆俊, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008, 67,   2008年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902200695535261
  • 電離放射線がmPingファミリーの転移に及ぼす効果, 岩瀬祥子, 内藤健, 奥本裕, 築山拓司, 中崎鉄也, 森田美佳, 谷坂隆俊, 近畿作物・育種研究, 52, 69, 72,   2007年07月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902209088972072
  • GST融合タンパク質発現系を用いた新規イネユビキチン様タンパク質RURM1の精製, 李鐘源, 谷坂隆俊, 築山拓司, 奥本裕, 中崎鉄也, 井上國世, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2006, 31,   2006年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902294013494342
  • いもち病感染およびシグナル物質処理によるイネPR‐3キチナーゼ遺伝子の発現, 築山拓司, 井上国世, 中崎鉄也, 寺地徹, 田中千尋, 三上文三, 奥本裕, 谷坂隆俊, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2005, 199,   2005年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902232959198713
  • イネキチナーゼ遺伝子のいもち病特異的発現を制御する転写調節因子の同定, 築山拓司, 井上国世, 奥本裕, 寺地徹, 田中千尋, 中崎鉄也, 谷坂隆俊, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2005, 94,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902282174127929
  • イネユビキチン様タンパク質RURM1の機能特性の解析および精製, 李鐘源, 谷坂隆俊, 築山拓司, 奥本裕, 中崎鉄也, 井上国世, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2005, 93,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902293916698495
  • イネPR‐3キチナーゼCHT1,CHT4およびCHT5の作用特性の比較解析, 築山拓司, 井上国世, 中崎鉄也, 寺地徹, 田中千尋, 三上文三, 奥本裕, 谷坂隆俊, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2004, 111,   2004年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902240407046440
  • GST融合タンパク質発現系を用いたイネPR‐3キチナーゼの精製, 築山拓司, 中崎鉄也, 寺地徹, 田中千尋, 奥本裕, 谷坂隆俊, 近畿作物・育種研究, 48, 47, 51,   2003年07月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902217444839741

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), 活性型転移因子を利用したゲノムショック育種法の開発, 奥本 裕
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), イネ活性型転移因子mPingの活性を制御する遺伝子の単離, 谷坂 隆俊
  • ワキ製薬株式会社, 共同研究, 未利用酵素資源の食品工業、医薬品工業および農業科学への利用, 築山 拓司
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 活性型転移因子がイネのエピゲノムにおよぼす効果の解明と育種への応用, 築山 拓司, 本研究は、イネ活性型転移因子mPingが宿主ゲノムのエピゲノムにおよぼす効果を解析するとともに、mPingの転移と宿主のエピジェネティックな制御の関係を解明することで、転移因子を用いたエピゲノム育種を提案しようとするものである。イネ品種銀坊主は1,000コピー以上のmPingを有している。25年度は、Post-bisulfite Adaptor Tagging (PBAT)法でmPing配列特異的なライブラリーを作成し、次世代シーケンサー(NGS)を用いてコピー間のメチル化状態の網羅的解析を試みた。その結果、mPing内部のシトシンの平均メチル化程度は、CG、CHGおよびCHHサイトにおいてそれぞれ95%、58%および31%であった。本研究結果を基に、これまでの研究で明らかになっている16箇所のmPing挿入位置のメチル化程度を比較解析したところ、活性型mPingではほとんど全てのシトシンのメチル化が低下したのに対して、不活性型mPingではメチル化の低下はほとんどみられなかった。このことから、メチル化程度の減少がmPingを活性化する要因であることが確かめられた。しかし、本年度は、ライブラリーの調整が不十分であったため、コピー間のメチル化程度を比較することはできなかった。ユビキチン様タンパク質をコードするRurm1を機能喪失した突然変異系統IM294においてmPingは、メチル化の変化を伴わず、活発に転移している。これまでの研究から、IM294においては、コドン特異的にタンパク質翻訳が低下することが明らかになっている。IM294におけるmPing活性化機構を明らかにするために、iTRAQを用いた定量プロテオーム解析によって、IM294特異的にタンパク質量が低下している遺伝子の同定を試みた。結果の詳細は、解析中である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), 化石化したStowawayファミリー転移因子の蘇生, 築山 拓司
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), イネ・トランスポゾンmPingによる遺伝子発現ネットワークの改変, 奥本 裕, イネトランスポゾンmPingは、プロモーター領域に転移することで下流の遺伝子の発現に低温や塩ストレス応答性を付与することから、新たな発現プロファイルをもつ遺伝子の創出に繋がると期待される。本研究では、まず、mPingが活発に転移しているイネ品種銀坊主を用い、mPing挿入によって生じる変異遺伝子の選抜系を構築した。次いで、プロモーター領域にmPing挿入を有するストレス応答性遺伝子の発現プロフィルとDNAメチル化程度を解析した。その結果、mPingは、既存のプロモーター領域のメチル化程度を変えることなく、近傍のストレス応答性遺伝子のストレス応答性を多様に改変することが明らかになった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), イネ転移因子mPingの爆発的転移に起因するヘテロシスの解析, 築山 拓司, トランスポゾン mPing が活発に転移しているイネ細粒突然変異系統IM294 の自殖後代に出現した強勢変異体 VGI の強勢発現機構を解析した。その結果、強勢発現には mPing の爆発的転移が不可欠であり、VGI1 においては mPing 挿入を内部もしくは近傍に有する遺伝子が 20 個存在することが明らかになった。本研究の結果は、トランスポゾンが転移によって生物進化を牽引することを実験的に示唆したものである。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), イネMITE・mPingの転移機構解明と高効率トランスポゾタギング系の開発, 谷坂 隆俊, 築山 拓司, イネ MITE・mPing は、品種銀坊主において今なお活発に転移している。本研究において、(1)mPing は近傍遺伝子の発現に正もしくは中立な効果を付与すること、(2)銀坊主には mPing 転移を制御する遺伝的要因が存在すること、および(3)ユビキチン様タンパク質 RURM1 の機能喪失が mPing 転移に起因する遺伝的多様性の拡大に有効であることが明らかになった。これらの成果によって、mPing を用いた高効率トランスポゾンタギング法の基盤が確立できた
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), イネ・トランスポゾンmPingの起源と転移活性獲得機構, 奥本 裕, mPingの起源を明らかにするためにOryza属19種50系統におけるmPingの分布を調査した。その結果、mPing配列は供試した全てのOryza種に分布し、遠縁種間でもmPingの配列は極めて高度(99%以上)に保存されていた。野生イネに見いだされたmPing配列は3種に大別でき、銀坊主で最初に見出された430bpのもの(I型)、242-252にかけて9塩基の置換を有するもの(II型)、および239-249にかけての11塩基が欠失しているもの(III型)があった。後2者の分布がAAゲノムのO.sativa、O.rufipogonに限定されているのに対して、I型は一部のAAゲノム種を除く全ての種に見出された。したがって、mPing配列の起源はOryza属の種分化以前に遡ると考えられた。また、PongはO.sativaおよびO.rufipogonの全ての系統に認められたにも関わらず、Pingの分布は一部の系統に限られていた。このことは、Pongの起源はO.rufipogonが他のAAゲノム種から分化するときに遡り、PingはPongの後から起源したことを示唆している。銀坊主はmPingならびにPingの数が極めて多い特異な遺伝子型をもつ。とりわけmPingは、既に1000コピー以上に達しているにもかかわらず、毎世代増幅を続けている。銀坊主においてmPingの転移が抑制されない原因を解明するため、mPing転移が抑制されている日本晴と銀坊主との交雑後代F_4個体別F_5系統を用いて系統毎に親個体にはない新規挿入数を調査した。さらに、銀坊主と日本晴との間のmPing挿入多型を利用して作製した遺伝子地図に基づいたmPing活性に関するQTL解析を実施した結果、銀坊主のmPing転移活性に関与するQTLを染色体1および4に検出した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), トランスポゾンmPingが誘発するゲノムの構造変異, 谷坂 隆俊, MITEsは、転移に伴って遺伝子の構造やその発現を変えることから、生物の進化に大きく関わっていると考えられる。非自律性トランスポゾンmPingは、動植物を通じて初めて同定された転移活性を有するイネのMITEである。これまでの研究から、mPingは、イネ品種銀坊主において通常の栽培条件下でも高い転移活性を有しており、遺伝子近傍に転移しやすいことが明らかとなっている。mPingの転移には、自律性因子PingおよびPongがコードする転移酵素が不可欠であり、それらのコピー数は品種間で異なる。本研究では、まず、銀坊主におけるPingの座乗位置の調査の過程において、Tc1/marinerスパーファミリーに属する新規トランスポゾンPyongを同定した。データベース検索の結果、品種日本晴の染色体1および12にもPyongと90%以上の高い相同性を示す配列がに存在することが明らかとなった。このことは、Pyong因子は、近年、イネゲノム中で増加したことを示唆している。次いで、銀坊主、日本晴および細粒突然変異系統IM294のcDNAを用いたトランスポゾンディスプレイ法によって、mPing配列を含んで転写される遺伝子の同定を試みた。その結果、mPing配列を含んで転写されている11の領域が同定された。これらのうち、6つは遺伝子の転写領域、5つは遺伝子をコードしない領域であり、供試品種・系統間にはこれら領域にmPing挿入多型があることが明らかとなった。また、mPing挿入がある遺伝子のmPing挿入位置より上流および下流の転写量を調査したところ、mPing挿入位置より下流の転写量が顕著に低下していることが明らかとなった。これらのことは、mPingの挿入が、ゲノムの構造のみならず、近傍配列の転写を増進および抑制していることを示唆している。
  • 京都大学, 若手研究者スタートアップ研究費, アブシジン酸によって誘導されるイネクラスⅡキチナーゼCHT11が植物体の老化および成長・発育に及ぼす効果の解析, 築山 拓司
  • イネにおけるPR-3キチナーゼを介したストレス防御および生育・分化機構の解明

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 植物分子生物学, 近畿大学
  • 植物育種学, 近畿大学