KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

今宿 亙イマジュク ワタル

プロフィール

所属部署名産業理工学部 電気電子工学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門光通信工学
ジャンル科学・技術/情報技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1495-imajuku-wataru.html
ホームページURLhttps://scholar.google.co.jp/citations?user=6UK5BFMAAAAJ&hl=ja
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    インターネットで使われている光通信技術に加え、最近は、可視光通信や暗号光通信の研究を行っています。NTTに22年勤め、研究、実用化、通信規格の国際標準化、米国ビジネスまで経験しました。

学歴・経歴

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学 産業理工学部 電気電子工学科
  •   2015年04月,  - 2016年03月, 明治大学 理工学部(兼任講師)
  •   2013年07月,  - 2016年03月, 日本電信電話(株)(主幹研究員)
  •   2011年07月,  - 2013年06月, NTTコミュニケーションズ(株)((NTT America/Verio Inc. Vice President))
  •   2009年10月,  - 2011年06月, NTTコミュニケーションズ(株)(担当部長)
  •   2008年07月,  - 2009年09月, NTTコミュニケーションズ(株)(担当課長)
  •   2005年04月,  - 2008年06月, 日本電信電話(株)(主任研究員)
  •   2002年12月,  - 2002年12月, 博士(工学) (東京大学)
  •   1999年02月,  - 2005年03月, 日本電信電話(株)(研究主任)
  •   1994年04月,  - 1999年01月, 日本電信電話(株)

研究活動情報

研究分野

  • 電気電子工学, 通信・ネットワーク工学, 光通信工学
  • 情報学, 情報ネットワーク, インターネット工学

研究キーワード

  • ネットワーク, 光通信, 通信工学

論文

  • Nonlinear Phase Noise Reduction by Gain Saturated Parametric Amplifiers in Coherent Optical Transmission, Wataru Imajuku, Takahiro Nakaishi, Mikiya Kakoi, Kunihiko Mori, and Mitsunori Fukutoku, Proc. of Nonlinear Optics (NLO) 2017, Optical Society of America (OSA), NW4A.14A,   2017年07月, 査読有り
  • Adaptive and Efficient Multilayer Elastic Optical Network Planning, Takafumi Tanaka, Tetsuro Inui, Akihiro Kadohata, Akira Hirano, Wataru Imajuku, Proc. of ECOC 2016, Tu.3.D.1,   2016年09月, 査読有り
  • Rapid Restoration Sequence of Fiber Links and Communication Paths from Catastrophic Failures, A. Kadohata, T. Tanaka, W. Imajuku, F. Inuzuka, A. Watanabe, IEICE Transaction on Fundamentals of Electronics, Communication and Computers, E99, 8, 1510, 1517,   2016年08月, 査読有り
  • Multiperiod IP-Over-Elastic Network Reconfiguration With Adaptive Bandwidth Resizing and Modulation, Takafumi Tanaka, Tetsuro Inui, Akihiro Kadohata, Wataru Imajuku, OSA J. OPT. COMMUN. NETW., 8, 7, A180, A190,   2016年07月, 査読有り
  • A Static traffic grooming algorithm for Optical Networks with Adaptive Modulation, Takafumi Tanaka, Tetsuro Inui, Wataru Imajuku, Proc. of OECC/PS 2016, TuA1-3,   2016年07月, 査読有り
  • Subcarrier Restoration for Survivable Multi-Flow Transponders in Elastic Optical Networks, Takafumi Tanaka and Tetsuro Inui, Wataru Imajuku, Proc. APCC2015, 214, 217,   2015年10月, 査読有り
  • vConductor: An Enabler for Achieving Virtual Network Integration as a Service, SHEN Wenyu, YOSHIDA Masahiro, MINATO Kenji, IMAJUKU Wataru, IEEE Commun Mag, 53, 2, 116, 124,   2015年02月, 査読有り
  • MORSA: A multi-objective resource scheduling algorithm for NFV infrastructure., Masahiro Yoshida,Wenyu Shen,Taichi Kawabata,Kenji Minato,Wataru Imajuku, The 16th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium, APNOMS 2014, Hsinchu, Taiwan, September 17-19, 2014, 1, 6,   2014年, 査読有り
  • vConductor: An NFV management solution for realizing end-to-end virtual network services., Wenyu Shen,Masahiro Yoshida,Taichi Kawabata,Kenji Minato,Wataru Imajuku, The 16th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium, APNOMS 2014, Hsinchu, Taiwan, September 17-19, 2014, 1, 6,   2014年, 査読有り
  • Bandwidth Squeezed Restoration in Spectrum-Sliced Elastic Optical Path Networks (SLICE), SONE Y., WATANABE A., IMAJUKU W., TSUKISHIMA Y., KOZICKI B., TAKARA H., JINNO M., OSA J Opt Commun Netw, 3, 1月3日, 223, 233,   2011年01月, 査読有り
  • Fast and Flexible Optical Path Accommodation Design Based on Pre-planning and Reconfiguration in Transparent Optical Mesh Networks, Akihiro Kadohata, Atsushi Watanabe, Yoshiaki Sone, Toshikazu Sakano, Wataru Imajuku, and Masahiko Jinno, Proc. ONDM2010, 6-1, 1, 6,   2010年02月, 査読有り
  • Management and Control Scheme Employing Wavelength-Grouped Transmission-Guaranteed Link for Highly-Manageable and Cost-Efficient Transparent Optical Mesh Networks, Yoshiaki Sone, Akihiro Kadohata, Atsushi Watanabe, and Wataru Imajuku, Proc. ECOC2009, P5.14, 1, 2,   2009年09月, 査読有り
  • Highly survivable restoration scheme employing optical bandwidth squeezing in spectrum-sliced elastic optical path (SLICE) network, Yoshiaki Sone Atsushi Watanabe, Wataru Imajuku, Yukio Tsukishima, Bartłomiej Kozicki, Hidehiko Takara, and Masahiko Jinno, Proc. OFC/NFOEC20009, OthO2, 1, 3,   2009年03月, 査読有り
  • A Multi-Area MPLS/GMPLS Interoperability Trial over ROADM/OXC Network, IMAJUKU Wataru, OKI Eiji, PAPNEJA Rajiv, MORISHITA Shinichiro, OGAKI Kenichi, MIYAZAWA Masanori, MIYAZAKI Keiji, NAKAZATO Hiroaki, SUGIYAMA Hidetsugu, ALLEN John, HASEGAWA Shinichi, SAKURABA Nobuhiro, NISHIOKA Itaru, SENO Shoichiro, NAKAHIRA Yoshihiro, ISHII Daisuke, OKAMOTO Satoru, VAN UNEN Tara, BLUMHARDT Mark, RAKOTORANTO Hari, PANDIAN Vijay, IEEE Commun Mag, 47, 2, 168, 175,   2009年02月, 査読有り
  • GMPLS-Based Multiple Failure Recovery Employing Restoration Scheme Escalation in Optical Path Networks, SONE Yoshiaki, IMAJUKU Wataru, NAGATSU Naohide, JINNO Masahiko, IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), E92-B, 1, 46, 58,   2009年01月01日, 査読有り
  • Empirical Design Technique for Management and GMPLS-Signaling Communication Networks, TANIGUCHI A, TSUKISHIMA Y, IMAJUKU W, SHIMIZU K, HAYASHI R, INOUE I, NOGUCHI K, JINNO M, URUSHIDANI S, 2008 14TH ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON COMMUNICATIONS, (APCC), VOLS 1 AND 2, 612, 616,   2008年10月, 査読有り
  • Operational Evaluation of ASON/GMPLS Interdomain Capability over a JGN II Network Testbed, TANIGUCHI Atsushi, SAMESHIMA Yasunori, OKAMOTO Shuichi, OTANI Tomohiro, OKANO Yukifusa, TSUKISHIMA Yukio, IMAJUKU Wataru, IEEE Commun Mag, 46, 5, 60, 66,   2008年05月, 査読有り
  • Service and operation of GMPLS-controlled photonic Internet exchanges, IMAJUKU W, KURAHASHI T, TARUI Y, SHAKE I, MATSUDA K, SHIMAGAMI J, ASABA T, MIYAKE N, TOYAMA K, 2008 CONFERENCE ON OPTICAL FIBER COMMUNICATION/NATIONAL FIBER OPTIC ENGINEERS CONFERENCE, VOLS 1-8, NWF4, 1179, 1184,   2008年03月, 査読有り
  • Transpacific Ethernet Transport over GMPLS-based Three Administrative-Domain Photonic Networks, Atsushi Taniguchi, Shuichi Okamoto, John Moore, Yasunori Sameshima, Wataru Imajuku, Tomohiro Otani, Yukihusa Okano, Proc. ECOC2007, 6.5.5, 1, 2,   2007年09月, 査読有り
  • Lambda Sharing Demonstration via Traffic-Driven Lambda-on-Demand, Yukio Tsukishima, Akira Hirano, Naohide Nagatsu, Wataru Imajuku, Proc. ECOC2007, 6.5.3, 1, 2,   2007年09月, 査読有り
  • Theoretical and Experimental Study of Statistical-Decision Method for Link-Capacity Adjustment, YAMAMOTO Shuto, SHAKE Ippei, KURAHASHI Tomohiko, TARUI Yukiyasu, IMAJUKU Wataru, TSUKISHIMA Yukio, SASAYAMA Koji, MORIWAKI Osamu, FUKUTOKU Mitsunori, IEEE J Lightwave Technol, 25, 9, 2864, 2873,   2007年09月, 査読有り
  • Optical Networks Functional Evolution and Control Technologies, SZEGEDI Peter, GAJEWSKI Tomasz, IMAJUKU Wataru, OKAMOTO Satoru, IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), E90-B, 8, 1944, 1951,   2007年08月01日, 査読有り
  • GMPLS Based Survivable Photonic Network Architecture, IMAJUKU Wataru, OHARA Takuya, SONE Yoshiaki, SHAKE Ippei, SAMESHIMA Yasunori, JINNO Masahiko, IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), E90-B, 8, 1952, 1959,   2007年08月01日, 査読有り
  • GMPLS Interoperability Tests in Kei-han-na Info-Communication Open Laboratory on JGN II Network, OKAMOTO Satoru, IMAJUKU Wataru, OTANI Tomohiro, NISHIOKA Itaru, NAGATA Akira, NANBA Mikako, OTSUKI Hideki, SUZUKI Masatoshi, YAMANAKA Naoaki, IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), E90-B, 8, 1936, 1943,   2007年08月01日, 査読有り
  • Challenges and Requirements for ASON/GMPLS Photonic Networks, Wataru Imajuku and Yasunori Sameshima, OECC2007, 12A1-1, 1, 2,   2007年07月, 査読有り
  • The First Optically-Virtual-Concatenated Lambdas Over Multiple Domains in Chicago Metro Area Network Achieved Through Interworking of Network Resource Managers, Yukio Tsukishima, Akira Hirano, Atsushi Taniguchi, Wataru Imajuku, et al., Proc. OECC2007, 12A2-5, 310, 311,   2007年07月, 査読有り
  • Theoretical and Experimental Study of Statistical-Decision Method for Link-Capacity Adjustment in Photonic IX, Shuto Yamamoto, Ippei Shake, Tomohiko Kurahashi, Yukiyasu Tarui, Mitsunori Fukutoku, Wataru Imajuku, and Koji Sasayama, Proc. OFC/NFOEC2007, OthQ5, 1, 3,   2007年03月, 査読有り
  • Multi-area MPLS/GMPLS Interoperability Trial Over 14-Vendor Packet/TDM/ROADM/OXC Network, Wataru Imajuku, et al., Proc. OFC/NFOEC2007, OthQ2, 1, 3,   2007年03月, 査読有り
  • Multiple Failure Recovery of Optical Paths Using GMPLS Based Restoration Scheme Escalation, Yoshiaki Sone, Wataru Imajuku, and Masahiko Jinno, Proc. OFC/NFOEC2007, JthA68, 1, 3,   2007年03月, 査読有り
  • GMPLS対応マルチレイヤネットワーク管理方式の提案, 大塚 祥広, 木村 辰幸, 柳沼 英樹, 渡辺 篤, 今宿 亙, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信, 89, 11, 2103, 2116,   2006年11月, 査読有り
  • G-lambda: Coordination of a Grid scheduler and lambda path service over GMPLS, TAKEFUSA Atsuko, HAYASHI Michiaki, NAGATSU Naohide, NAKADA Hidemoto, KUDOH Tomohiro, MIYAMOTO Takahiro, OTANI Tomohiro, TANAKA Hideaki, SUZUKI Masatoshi, SAMESHIMA Yasunori, IMAJUKU Wataru, JINNO Masahiko, TAKIGAWA Yoshihiro, OKAMOTO Shuichi, TANAKA Yoshio, SEKIGUCHI Satoshi, Future Gener Comput Syst, 22, 8, 868, 875,   2006年10月, 査読有り
  • JGN II Testbed Demonstration of GMPLS Inter-Carrier Network Control with Actual Operational Consideration, Yasunori Sameshima, Satoru Okamoto, Wataru Imajuku, Tomohiro Otani, and Yukifusa Okano, Proc. ECOC2006, We. 4.1.5, 1, 2,   2006年09月, 査読有り
  • Stable IP-Routing Link Restoration: GUNI Restoration for Data Link Failure Between Routers in a Nationwide Photonic Network, Yukio Tsukishima, Akira Hirano, Naohide Nagatsu, Takuya Ohara, Wataru Imajuku, 他9名, Proc. ECOC2006, We. 4.1.4, 1, 2,   2006年09月, 査読有り
  • Traffic-Driven Distributed LSP Control for MPLS / GMPLS Multi-layer Networks, Atsushi Taniguchi, Yukio Tsukishima, Yasunori Sameshima, Wataru Imajuku, and Masahiko Jinno, Proc. OECC2006, 5E4-6, 1, 2,   2006年07月, 査読有り
  • Optical Path Restoration Scheme Escalation Achieving Enhanced Operation and High Survivability in Multiple Failure Scenarios, Yoshiaki Sone, Naohide Nagatsu, Wataru Imajuku, Masahiko Jinno, Yoshihiro Takigawa, Proc. WTC 2006, NW1.2, 1, 8,   2006年05月, 査読有り
  • The first application-driven Lambda-on-demand field trial over a US nationwide network, TSUKISHIMA Y, HIRANO A, NAGATSU N, OHARA T, IMAJUKU W, JINNO M, TAKIGAWA Y, HAGIMOTO K, RENAMBOT L, JEONG B, LEIGH J, DEFANTI T, VERLO A, WINKLER L, 2006 OPTICAL FIBER COMMUNICATION CONFERENCE/NATIONAL FIBER OPTIC ENGINEERS CONFERENCE, VOLS 1-6, PDP48, 2783, 2785,   2006年03月, 査読有り
  • Field trial of signaling interworking of multi-carrier ASON/GMPLS network domains, OKAMOTO S, OTANI T, SONE Y, IMAJUKU W, OGAKI K, MIYAZAWA M, NISHIOKA I, MIYAZAKI K, NAGATA A, SENO S, ISHII D, OKAMOTO S, ARAI N, OTSUKI H, 2006 OPTICAL FIBER COMMUNICATION CONFERENCE/NATIONAL FIBER OPTIC ENGINEERS CONFERENCE, VOLS 1-6, PDP47, 2780, 2782,   2006年03月, 査読有り
  • Router-OXC cooperation for fault recovery employing GMPLS control plane for photonic IX, FUKUTOKU M, KURAHASHI T, TARUI Y, SHAKE I, IMAJUKU W, YAMAMOTO S, SASAYAMA K, 2006 OPTICAL FIBER COMMUNICATION CONFERENCE/NATIONAL FIBER OPTIC ENGINEERS CONFERENCE, VOLS 1-6, OWQ7, 1014, 1016,   2006年03月, 査読有り
  • Design of MPLS/GMPLS multilayer network considering protection and restoration, IMAJUKU W, OHARA T, TAKESHIMA R, UYEMATSU T, SATO K, 2006 OPTICAL FIBER COMMUNICATION CONFERENCE/NATIONAL FIBER OPTIC ENGINEERS CONFERENCE, VOLS 1-6, OWQ6, 1011, 1013,   2006年03月, 査読有り
  • Demonstration of automatic multi-reliability service class LSP provisioning via coordination of GMPLS/OIF-OUNI, OHARA T, IMAJUKU W, FUKUTOKU M, JINNO M, 2006 OPTICAL FIBER COMMUNICATION CONFERENCE/NATIONAL FIBER OPTIC ENGINEERS CONFERENCE, VOLS 1-6, OWQ5, 1008, 1010,   2006年03月, 査読有り
  • Highly-Reliable and Fast M:N End-to-End Restoration Scheme for Photonic IP Networks, IMAJUKU Wataru, SONE Yoshiaki, NAGATSU Naohide, SAHARA Akio, TAKIGAWA Yoshihiro, IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), E88-B, 10, 3914, 3921,   2005年10月01日, 査読有り
  • Experiments on Optical Link Capacity Adjustment for Photonic IX, Ippei Shake, Mitsunori Fukutoku, Osamu Moriwaki, Tomohiko Kurahashi, Yukiyasu Tarui, Yukio Tsukishima, Wataru Imajuku, Proc. ECOC2005, Tu3.4.3, 217, 218,   2005年09月, 査読有り
  • Applications of Optical Parametric Process, Atsushi Takada, Wataru Imajuku, Toshio Morioka, Kazuo Hagimoto, Proc. OAA2005, WC-1, 1, 3,   2005年08月, 査読有り
  • Evaluation of Amount of Equipment on Single-Layer Optical Path Networks Managing Multigranularity Optical Paths, YAMAWAKU Jun, TAKADA Atsushi, IMAJUKU Wataru, MORIOKA Toshio, IEEE J Lightwave Technol, 23, 6, 1971, 1978,   2005年06月, 査読有り
  • Nationwide GMPLS field trial using different types (MPLS/TDM/Lambda) of switching capable equipment, Satoru Okamoto, Tomohiro Otani, Wataru Imajuku, D. Shimazaki , Proc. OFC2005, PDP40, 1, 3,   2005年03月, 査読有り
  • Dynamic Multilayer Routing Schemes in GMPLS-Based IP+Optical Networks, OKI E, SHIOMOTO K, SHIMAZAKI D, YAMANAKA N, IMAJUKU W, TAKIGAWA Y, IEEE Commun Mag, 43, 1, 108, 114,   2005年01月, 査読有り
  • Restoration Path Accommodation Design for Limited Range Wavelength Convertible Photonic Network, Wataru Imajuku, Naohide Nagatsu, and Yoshihiro Takigawa, Proc. ECOC2004, Tu.1.6.4, 172, 173,   2004年09月, 査読有り
  • GMPLS Functionality and Control Plane Architecture for Fault-Tolerant Photonic-IP Network, Wataru Imajuku and Katsuhiro Shimano, OECC/COIN-PS 2004 15B2, 15B2, 1, 2,   2004年07月, 査読有り
  • Performance Evaluation of Dynamic Multi-Layer Routing Schemes in Optical IP Networks, OKI E, SHIOMOTO K, KATAYAMA M, IMAJUKU W, YAMANAKA N, TAKIGAWA Y, IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), E87-B, 6, 1577, 1583,   2004年06月, 査読有り
  • Distributed Virtual Network Topology Control Mechanism in GMPLS-Based Multiregion Networks, SHIOMOTO K, OKI E, IMAJUKU W, OKAMOTO S, YAMANAKA N, IEEE J Sel Areas Commun, 21, 8, 1254, 1262,   2003年10月, 査読有り
  • Performance of Dynamic Multi-Layer Routing Schemes in IP+Optical Networks., OKI E, SHIOMOTO K, KATAYAMA M, IMAJUKU W, YAMANAKA N, HPSR 2003, S8A-4, 233, 238,   2003年06月, 査読有り
  • Scalable shared-risk group management in shared mesh restorable wavelength routed networks, Kohei Shiomoto, Wataru Imajuku, Eiji Oki, Satoru Okamoto, Naoaki Yamanaka, HPSR 2003, S6-2, 189, 194,   2003年06月, 査読有り
  • Noise Figure of Phase-Sensitive Parametric Amplifier Using a Mach-Zehnder Interferometer With Lossy Kerr Media and Noisy Pump, IMAJUKU W, TAKADA A, IEEE J Quantum Electron, 39, 6, 799, 812,   2003年06月, 査読有り
  • Performance of Distributed. Controlled Dynamic Wavelength・ Conversion GMPLS Networks, Eiji Oki, Daisaku Shimazaki, Kohei Shiomoto, Nobuaki Matsuura, Wataru Imajuku, Proc. International Conference on Optical Communication Networks 2002, 355, 358,   2002年11月, 査読有り
  • Optical Path Generation Strategy and Network Performance in dynamic multi-layered ip+photonic GMPLS networks, Wataru Imajuku, Naohide Nagatsu, Yoshihiro Takigawa, Eiji Oki, Kohei Shiomoto, and Naoaki Yamanaka, Proc. ECOC2002, 10.2.4,   2002年09月, 査読有り
  • Adaptive transparent photonic network control techniques based on photonic-GMPLS-router network, Naoaki Yamanaka, Satoru Okamoto, Kohei Shomoto, Eiji Oki, Wataru Imajuku, Proc. WTC/ISS 2002, TS-07.3, 1, 6,   2002年09月, 査読有り
  • Dynamic multi-layer traffic engineering in GMPLS networks, Kohei Shiomoto, Eiji Oki, Masaru Katayama, Wataru Imajuku, Naoaki Yamanaka, Proc. WTC/ISS 2002, TS-07.1, 1, 6,   2002年09月, 査読有り
  • Performance Evaluation of Optical Label Switching Path Routing Algorithms in Photonic Networks, M. Katayama, E. Oki, K. Shiomoto, N. Yamanaka, W. Imajuku, Proc. PS2002, PS.ThA2, 217, 219,   2002年06月, 査読有り
  • Traffic engineering and signaling technologies in photonic-GMPLS-router networks, YAMANAKA N, OKAMOTO S, SHIOMOTO K, OKI Ej, IMAJUKU W, HPSR 2002: WORKSHOP ON HIGH PERFORMANCE SWITCHING AND ROUTING, PROCEEDINGS, 3A-4, 142, 146,   2002年05月, 査読有り
  • Heuristic multi-layer optimum topology design scheme based on traffic measurement for IP+ photonic networks, Eiji Oki, Kohei Shiomoto, Satoru Okamoto, Wataru Imajuku, Naoaki Yamanaka, Proc. OFC2002, TuP5, 104, 105,   2002年03月, 査読有り
  • GMPLS-Based Photonic Multilayer Router (Hikari Router) Architecture: An Overview of Traffic Engineering and Signaling Technology., SATO K, YAMANAKA N, TAKIGAWA Y, KOGA M, OKAMOTO S, SHIOMOTO K, OKI E, IMAJUKU W, IEEE Commun Mag, 40, 3, 96, 101,   2002年03月, 査読有り
  • Investigation of number of network elements and costs for virtually grouped wavelength path routing networks, Jun Yamawaku, Wataru Imajuku, Atsushi Takada, Satoru Okamoto, Toshio Morioka, Proc. OECC2001, TUJ, 194, 105,   2001年07月, 査読有り
  • Coherent Optical Amplifiers, Atsushi Takada, Wataru Imajuku, Proc. ECOC2000, 4.1.2, 87, 90,   2000年09月, 査読有り
  • Ultrafast packet ring network employing optical label switching, J.H. Park, A Takada, Wataru Imajuku, Y Yamabayashi, Proc. ECOC2000, 12A2-3, 90, 91,   2000年07月, 査読有り
  • Inline coherent optical amplifier with noise figure lower than 3dB quantum limit., IMAJUKU W, TAKADA A, YAMABAYASHI Y, IET Electron Lett, 36, 1, 63, 64,   2000年01月, 査読有り
  • Gain Characteristics of Coherent Optical Amplifiers Using a Mach-Zehnder Interferometer with Kerr Media., IMAJUKU W, TAKADA A, IEEE J Quantum Electron, 35, 11, 1657, 1665,   1999年11月, 査読有り
  • Low-noise amplification under the 3dB noise figure in high-gain phase-sensitive fibre amplifier., IMAJUKU W, TAKADA A, YAMABAYASHI Y, IET Electron Lett, 35, 22, 1954, 1955,   1999年10月, 査読有り
  • In-line coherent optical amplifier with noise figure under the 3-dB quantum limit, Wataru Imajuku and Atsushi Takada, Proc. ECOC’99, PDP1-1, 2, 3,   1999年09月, 査読有り
  • Theoretical noise figure of phase-sensitive amplifier using Mach-Zender interferometer with lossy Kerr media., IMAJUKU W, TAKADA A, Opt Amplif Appl, ThD2, 347, 350,   1999年07月, 査読有り
  • In-Line Optical Phase-Sensitive Amplifier with Pump Light Source Controlled by Optical Phase-Lock Loop., IMAJUKU W, TAKADA A, IEEE J Lightwave Technol, 17, 4, 637, 646,   1999年04月, 査読有り
  • Pulse Form Reshaping of Chirped Pulse using Optical Phase-Sensitive Amplifier., IMAJUKU W, TAKADA A, Opt Fiber Commun Conf, 1999, TUJ4.1-TUJ4.3,   1999年02月, 査読有り
  • Error-free operation of in-line phase-sensitive amplifier., IMAJUKU W, TAKADA A, IET Electron Lett, 34, 17, 1673, 1674,   1998年08月, 査読有り
  • Error-free operation of in-line phase-sensitive amplifier, Wataru Imajuku and Atsushi Takada, Proc. OECC’98, PD1-9, 18, 19,   1998年07月, 査読有り
  • Theoretical Analysis of System Limitation for AM-DD/NRZ Optical Transmission Systems Using In-Line Phase-Sensitive Amplifiers., IMAJUKU W, TAKADA A, IEEE J Lightwave Technol, 16, 7, 1158, 1170,   1998年07月, 査読有り
  • In-line optical phase-sensitive amplifier employing pump laser injection-locked to input signal light., TAKADA A, IMAJUKU W, IET Electron Lett, 34, 3, 274, 276,   1998年02月, 査読有り
  • In-line phase-sensitive amplifier with optical-PLL-controlled internal pump light source., IMAJUKU W, TAKADA A, IET Electron Lett, 33, 25, 2155, 2156,   1997年12月, 査読有り
  • Linewidth Narrowing and Optical Phase Control of Mode-Locked Semiconductor Ring Laser Employing Optical Injection Locking., TAKADA A, IMAJUKU W, IEEE Photonic Technol Lett, 9, 10, 1328, 1330,   1997年10月, 査読有り
  • Optical phase-sensitive amplifier with pump laser phase-locked to input signal light., TAKADA A, IMAJUKU W, ECOC'97, Tu2B5, 448 Vol.2, 98, 101,   1997年09月, 査読有り
  • Optical phase-sensitive amplification using two phase-locked light sources., IMAJUKU W, TAKADA A, IET Electron Lett, 33, 16, 1403, 1404,   1997年07月, 査読有り
  • Reduction of fiber-nonlinearity-enhanced amplifier noise by means of phase-sensitive amplifiers., IMAJUKU W, TAKADA A, OSA Opt Lett, 22, 1, 31, 33,   1997年01月, 査読有り
  • The improvement of signal to noise ratio with nonlinear amplification in inline phase-sensitive amplifier systems, Atsushi Takada and Wataru Imajuku, Proc. OAA’96, SN15, 374, 376,   1996年07月, 査読有り
  • Theoretical analysis of lightwave systems using phase-sensitive amplifiers, Wataru Imajuku and Atsushi Takada, Proc. OECC’96, 17P-18, 246, 247,   1996年07月, 査読有り
  • Amplitude noise suppression using a high gain phase sensitive amplifier as a limiting amplifier, TAKADA A, IMAJUKU W, IET Electron Lett, 32, 7, 677, 679,   1996年03月, 査読有り
  • Amplitude noise suppression by using high-gain phase-sensitive amplifier as limiting amplifier., TAKADA A, IMAJUKU W, Opt Fiber Commun Conf 1996, WA5, 94, 95,   1996年02月, 査読有り
  • Theoretical Design of 460 nm ZnCdSSe Laser Diodes., IMAJUKU W, TAKAHASHI M, KOBAYASHI M, YOSHIKAWA A, Jpn J Appl Phys Part 1, 34, 4A, 1861, 1866,   1995年04月, 査読有り

書籍等出版物

  • 1997 Tops Optical Amplifiers and Their Applications (OSA Trends in Optics and Photonics), 今宿 亙, 分担執筆,   1997年07月, 1-55752-505-6

講演・口頭発表等

  • Impact of Highly Adaptive Elastic Optical Paths on Dynamic Multi-layer Network Planning, Takafumi Tanaka, Tetsuro Inui, Akihiro Kadohata, and Wataru Imajuku, ipop2016, T1-2,   2016年06月16日
  • NFV and Transport SDN Orchestration: Possible Use Cases and Issues Toward Commercialization, Imajuku, Wataru, OFC 2015,   2015年03月23日, 招待有り
  • Management and Control Architecture of Intelligent Transparent Optical Networks, Imajuku, Wataru, OFC 2009 NMD3,   2009年03月23日, 招待有り
  • Multi-area MPLS/GMPLS Interoperability Trial Over 14-Vendor Packet/TDM/ROADM/OXC Network, Imajuku, Wataru, OFC 2008,   2008年02月25日, 招待有り
  • Challenges and Requirements for ASON/GMPLS Photonic Networks, Imajuku, Wataru, OECC2007 12A1-1,   2007年07月12日, 招待有り
  • Photonic IP Network Technology - The State-of-The-Art and Challenging Issues, Imajuku, Wataru, 2004 Japan-America Frontiers of Engineering Symposium,   2004年11月05日, 招待有り
  • GMPLS Functionality and Control Plane Architecture for Fault-Tolerant Photonic-IP Network, Imajuku, Wataru, OECC/COIN-PS 2004 15B2,   2004年07月15日, 招待有り
  • Coherent optical amplifier using degenerative parametric process in silica fiber, Imajuku, Wataru, 2001 International Symposium on Signals, Systems TH3-B4,   2001年07月26日, 招待有り
  • BT-2-2 Network Functions Virtualization技術に対する期待と課題(BT-2.ますます面倒になるNW管理!?〜NFV/SDNの本質とその運用課題に迫る〜,チュートリアルセッション,ソサイエティ企画)), 今宿 亙, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2014年03月04日, 招待有り
  • B-7-33 NFVI資源最適化のための多目的遺伝アルゴリズムの適用(B-7.情報ネットワーク,一般セッション), 吉田 雅裕, 沈 文裕, 湊 賢治, 今宿 亙, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2014年09月09日
  • B-7-13 ネットワーク資源を考慮したNFV基盤管理モジュールの初期検討(B-7.情報ネットワーク,一般セッション), 吉田 雅裕, 沈 文裕, 川幡 太一, 湊 賢治, 今宿 亙, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2014年03月04日
  • B-7-12 仮想化サービスオーケストレータの初期検討(B-7.情報ネットワーク,一般セッション), 沈 文裕, 吉田 雅裕, 川幡 太一, 湊 賢治, 今宿 亙, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2014年03月04日
  • BP-4-1 100Gbpsベース光トランスポート網の構築に向けた主要課題(BP-4.フォトニックネットワークの将来技術と展望,パネルセッション,ソサイエティ企画), 今宿 亙, 浦畑 智行, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2010年08月31日, 招待有り
  • B-14-2 Ethernet OAMを用いたイーサネット回線のEnd-to-End監視方式(B-14.情報通信マネジメント,一般セッション), 岡田 浩一, 原田 誠, 永尾 徳彦, 薄井 正, 今宿 亙, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2010年08月31日
  • B-12-34 伝送保証波長リンクを利用したトランスペアラント光網管理制御(B-12.フォトニックネットワーク,一般セッション), 曽根 由明, 門畑 顕博, 渡辺 篤, 今宿 亙, 神野 正彦, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2010年03月02日
  • B-12-1 帯域可変光パス網における帯域スクイージングリストレーション(B-12.フォトニックネットワーク,一般セッション), 曽根 由明, 渡辺 篤, 今宿 亙, 築島 幸男, コシツキ バルトロメル, 高良 秀彦, 神野 正彦, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2009年09月01日
  • B-7-29 トランスペアレント光網における光パス収容設計方式の比較(B-7.情報ネットワーク,一般セッション), 門畑 顕博, 渡辺 篤, 曽根 由明, 今宿 亙, 神野 正彦, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2009年03月04日
  • BK-1-11 GMPLS制御による太平洋横断3ドメイン光ネットワークにおけるEthernet伝送(BK-1. JGN2の研究開発成果と次世代インターネットへの展開,ソサイエティ特別企画,ソサイエティ企画), 谷口 篤, 岡本 修一, Moore John H., 鮫島 康則, 今宿 亙, 大谷 朋広, 岡野 介英, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2008年03月05日
  • B-12-14 マルチドメインに対応した波長パスバーチャルコンカチネーション技術の実証(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 築島 幸男, 平野 章, 谷口 篤, 今宿 亙, 神野 正彦, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2007年08月29日
  • B-12-13 パス故障救済の公平性向上を目指したGMPLS制御容量可変リストレーション方式の提案(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 曽根 由明, 山本 秀人, 今宿 亙, 神野 正彦, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2007年08月29日
  • B-12-25 GMPLS故障救済方式エスカレーションによる光パス多重故障救済実験(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 曽根 由明, 今宿 亙, 神野 正彦, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2007年03月07日
  • B-12-20 JGN IIを用いたMPLS/GMPLS連携によるカットスルーパス制御実験(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 鮫島 康則, 谷口 篤, 今宿 亙, 築島 幸男, 大原 拓也, 岡野 介英, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2006年09月07日
  • B-12-16 多重故障救済における光パスリソース選択方式の検討(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 曽根 由明, 今宿 亙, 神野 正彦, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2006年09月07日
  • B-12-17 光IXにおけるTDM/光パス連携可変容量技術の検証(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 山本 秀人, 倉橋 智彦, 樽井 行保, 福徳 光師, 社家 一平, 今宿 亙, 笹山 浩二, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2006年03月08日
  • B-12-6 GMPLS/OIF-OUNI協調動作によるマルチ信頼性クラス光パスプロビジョニングのデモンストレーション(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 大原 拓也, 今宿 亙, 福徳 光師, 神野 正彦, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2006年03月08日
  • B-12-16 光IXにおけるマルチレイヤ連携故障復旧技術の検証(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 社家 一平, 倉橋 智彦, 樽井 行保, 福徳 光師, 山本 秀人, 今宿 亙, 笹山 浩二, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2006年03月08日
  • B-12-15 光IXにおけるIPルータ/OXC連携故障復旧技術の検証(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 福徳 光師, 倉橋 智彦, 樽井 行保, 社家 一平, 今宿 亙, 山本 秀人, 笹山 浩二, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2006年03月08日
  • B-12-17 多重故障救済における光パス経路選択方式の検討(B-12.フォトニックネットワーク, 通信2), 曽根 由明, 長津 尚英, 今宿 亙, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2005年09月07日
  • SB-2-3 フォトニックネットワークを指向したGSMP技術(SB-2. フォトニックネットワークアーキテクチャとその要素技術), 島野 勝弘, 今宿 亙, 佐原 明夫, 築島 幸男, 渡辺 篤, 古賀 正文, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2004年03月08日
  • B-10-89 リストレーションを考慮したフォトニックIPネットワークの最適設計に関する研究(B-10. 光通信システムB(光通信)), 竹嶋 良太, 植松 友彦, 今宿 亙, 佐藤 健一, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2004年03月08日
  • B-10-87 RSVP-TEベースM:Nリストレーションプロトコルの検討(B-10. 光通信システムB(光通信)), 今宿 亙, 島野 勝弘, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2004年03月08日
  • B-10-63 GMPLS 網制御 Plane 構造の検討と Link Management Protocol の開発, 今宿 亙, 島野 勝弘, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2003年03月03日
  • B-6-97 階層型 SRG に基づくリストレーション方式, 塩本 公平, 今宿 亙, 大木 英司, 岡本 聡, 山中 直明, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2003年03月03日
  • B-10-111 波長群パスルーティング用パラメトリック波長変換回路の提案, 今宿 亙, 山涌 純, 高田 篤, 盛岡 敏夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2001年03月07日
  • B-10-110 波長群パスルーティングネットワークの設備量評価, 山涌 純, 今宿 亙, 高田 篤, 岡本 聡, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2001年03月07日
  • 標準量子雑音限界以下の低雑音コヒーレント光増幅, 今宿 亙, 高田 篤, 山林 由明, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2000年03月07日
  • 超高速光パケットADMリングネットワークの構成法, 朴 辰憲, 高田 篤, 今宿 亙, 山林 由明, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2000年03月07日
  • B-10-169 光位相同期励起光を用いた四光波混合によるコヒーレント波長変換, 高田 篤, 今宿 亙, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   1999年03月08日
    概要:光周波数偏移幅がマイクロ波発信器の精度で、かつ信号光の光位相を保持したままでの光波長変換技術は将来の光位相を利用する光リンク/ネットワークの構築上重要である。今回、信号光の有する光位相を維持したコヒーレントな波長変換を目指して、入射する信号光にオフセット光位相同期したレーザ光で励起されたファイバ四光波混合実験を行った。その結果、入射光の線幅が保存された波長変換に成功したので報告する。
  • B-10-70 位相感応型光増幅器を用いた超高速光信号波形整形, 今宿 亙, 高田 篤, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   1999年03月08日
    概要:位相感応型光増幅器(PSA)は、光非線形媒質中の縮退パラメトリック(縮退四光波混合)過程により、光位相に依存した光信号利得を実現する。そのためPSAは、伝送ファイバの分散及び非線形効果に起因したチャープでパルス幅の広がった信号光パルスを波形整形できることが理論的に指摘されている。しかしながら、励起光-信号光間の光位相同期が困難であり、実験的な検証はこれまでされていなかった。本稿では励起光-信号光間の光位相同期を光PLLで実現し、PSAの光位相依存利得特性を用いた信号光波形整形動作を実験的に確認したので報告する。
  • 光注入同期と光PLLの併用による位相感応型光増幅器の安定化, 今宿 亙, 高田 篤, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   1998年03月06日
  • 光注入同期により光位相同期した励起光源を用いた光位相感応増幅実験, 高田 篤, 今宿 亙, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   1997年08月13日
    概要:位相感応型光増幅器(PSA:Phase Sensitive Amplifier)は、無雑音で変調不安定性抑圧機能等があるため中継増幅器としての適用が期待できる。PSAを中継器として適用するためには、信号光に位相同期した励起光を用いることが必要であるが従来実現していなかった。光位相同期の達成には光位相同期ループを用いる方法と光注入同期法によるものがあるが、今回光注入同期により信号光に光位相同期した励起光を用いたPSA実験に初めて成功したので報告する。
  • 光PLLを用いた光位相同期光源による光位相感応増幅実験, 今宿 亙, 高田 篤, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   1997年08月13日
    概要:位相感応型光増幅器(PSA)は、標準量子限界(NF=3dB)以下の低雑音性、変調不安定性の抑圧効果を有するため、中継器としての適用が期待できる。このPSAでは、励起光と信号光の光位相同期が必要であるが、従来実現されていなかった。光位相同期には光注入同期法と光位相同期ループ(光PLL)を用いる方法があるが、今回初めて光PLLにより信号光と励起光の光位相を同期させ、安定に光位相依存光増幅動作を実現したので報告する。
  • モード同期半導体リングレーザの光位相同期-光PLL及び光注入同期特性-, 高田 篤, 今宿 亙, 片桐 祥雅, 西 成人, レーザー学会学術講演会年次大会講演予稿集 = Annual meeting, of the Laser Society of Japan digest of technical papers,   1997年01月01日
  • 位相感応光増幅器(PSA)を用いた多中継光伝送系の最大再生中継間隔, 今宿 亙, 高田 篤, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   1996年03月11日
    概要:入射光の位相に依存した利得を与える位相感応光増幅器(PSA :Phase Sensitive Amplifier)は、無雑音[1]でかつチャープパルスの波形整形機能がある[2]ため中継増幅器としての適用が期待できる。今回、PSA多中継伝送系の最大再生中継間隔について理論的に検討し、初めて明らかにしたので報告する。
  • 光力一効果を用いた位相感応光増幅器の基本特性, 高田 篤, 今宿 亙, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   1996年03月11日
    概要:入射光の位相に依存した利得を与える位相感応光増幅器(PSA:Phase Sensitive Amplifier)は、無雑音でかつチャープパルスの波形整形機能があるため中継増幅器としての適用が期待できる。今回、光カー効果を用いたPSAの基本特性について、理論的、実験的に検討したので報告する。

作品

  • Internet Week 2005 チュートリアルプレゼンテーション資料, 今宿 亙, 教材,   2005年12月 - 2005年12月

MISC

  • Eigenvalue equation of optical transmission fiber considering cross-phase modulation (XPM) induced instability, Imajuku, Wataru, REPORTS of Faculty of Humanity-Oriented Science and Engineering KINDAI UNIVERSITY, 26, 11, 20,   2017年07月
  • Standardization of IP and Optical Networking Technologies, INOUE Ichiro, OKI Eiji, TAKEDA Tomonori, SHIOMOTO Kohei, IMAJUKU Wataru, NTT Tech Rev (Web), 6, 4, WEB ONLY,   2008年04月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902226517876194
  • フォトニックトランスポートネットワークアーキテクチャと制御管理技術 (特集 フォトニックネットワークの最新技術動向), 神野 正彦, 今宿 亙, 鮫島 康則, NTT技術ジャ-ナル, 19, 10, 20, 25,   2007年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015653876
  • トランスペアレント光網における光パス再収容設計方式の提案, 門畑 顕博, 渡辺 篤, 曽根 由明, 坂野 寿和, 今宿 亙, 神野 正彦, 電子情報通信学会技術研究報告. PN, フォトニックネットワーク, 109, 172, 47, 52,   2009年08月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007356244
    概要:中継ノードでの光信号の再生及び波長変換を行なわないトランスペアレント光網における光パス収容設計では、光信号の劣化蓄積により伝送可能距離が制限される伝送劣化制約とエンドツーエンドで同一波長を設定することによる同一波長割り当て制約が存在する。前記二つの制約を考慮した光パス収容設計方式としては、光パス開通要求前に需要計画に基づいて経路・波長を一括設計し割り当てる事前収容設計方式と、光パス開通要求ごとに逐次的に設計し割り当てる事後収容設計方式の二つが考えられる。本稿では、事前収容設計方式において、需要変動が生じたときにも設備増設コストを最小にするような再収容設計方式を提案し、定量的な評価から提案方式の有効性を明らかにする。
  • グリッドにおける計算資源と光パスネットワーク資源のコアロケーション実験, 竹房 あつ子, 林 通秋, 長津 尚英, 中田 秀基, 工藤 知宏, 宮本 崇弘, 大谷 朋広, 田中 英明, 鮫島 康則, 今宿 亙, 神野 正彦, 滝川 好比郎, 岡本 修一, 田中 良夫, 関口 智嗣, 情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC), 2006, 20, 121, 126,   2006年02月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004710271
    概要:産業技術総合研究所,KDDI研究所,日本電信電話は共同で,ネットワーク資源の事前予約を行うための標準ウェブサービスインタフェースを定めるG-lambdaプロジェクトを推進している.このインタフェースの有効性を確認するために,計算資源と光パスネットワーク資源を事前予約によりコアロケーションする実験を,情報通信研究機構の協力を得て行った.本稿では,前提とするコアロケーションシステムモデル,G-lambdaプロジェクトにおけるグリッドでのネットワークサービスインタフェースの規定,産経研が開発した計算・ネットワーク資源を同時予約するスケジューラの概要,KDDI研が開発したGMPLSで制御される光パスネットワークの提供機構の概要と,これらにより実現されたコアロケーションシステムプロトタイプのiGrid2005での実証実験について報告する.AIST, KDDI R&D Laboratories and NTT are promoting collaborative project G-lambda to establish a standard Web services interface between Grid and network resources. At iGrid2005, we conducted a experiment in cooperation with NICT, where our Grid scheduling system co-allocated computing and network resources with advance reservation through the interface. In this report, our co-allocation system model, the Web services interface(GNS-WSI) between Gas (Grid Insource Scheduler) and NRM (Network Resource Management System) , overview of GRS which AIST has developed and NRM which KDDI R&D laboratories developed, and overview of the experiment are described.
  • JGN2テストベットでのASON/GMPLSドメイン間相互接続実験(フォトニックネットワーク/制御,光制御(波長変換・スイッチング等),光波/量子通信,GMPLS,アクセス網技術,一般), 谷口 篤, 鮫島 康則, 岡本 修一, 大谷 朋広, 築島 幸男, 今宿 亙, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 108, 83, 15, 20,   2008年06月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006951332
    概要:バックボーンネットワークのトラフィックエンジニアリングは効率的に様々なタイプのトラフィックフローを収容するために、それぞれに適切なQuality of Service(QoS)をサポートする事が重要な課題である。ASON(Automatically Switched Optical Network)とGMPLS (Generalized Multi-Protocol Label Switching)のコントロールプレーンは、複雑な技術であるドメイン間トラフィックエンジニアリングを実現するための必要な機能を提供する。本稿では、ASON/GMPLSコントロールプレーンを使用したIPトラフィックフロー制御のためのダイナミックな運用手法を扱う。それは光ラベルスイッチパス(OLSP)のトンネルを使ったIP/MPLSルータ・カットスルーと故障リンクの再ルーティングである。本稿は、最先端の光スイッチングとコントロールプレーン技術を使用したトラフィックエンジニアリングの運用性評価について、特にJGN IIネットワーク上においてポリシーコントローラを使用した高優先トラフィック保護のためのQoS復旧、及びドメイン間相互接続LSPの故障復旧を示す。
  • JGN2テストベットでのASON/GMPLSドメイン間相互接続実験, 谷口 篤, 鮫島 康則, 岡本 修一, 大谷 朋広, 築島 幸男, 今宿 亙, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 108, 83, 15, 20,   2008年06月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030999573
  • GMPLSと連携したマルチレイヤパス構成管理システムの提案(GMPLS管理,情報通信マネジメント,一般), 山田 一久, 曽根 由明, 今宿 亙, 神野 正彦, 電子情報通信学会技術研究報告. ICM, 情報通信マネジメント, 108, 123, 13, 17,   2008年07月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006990053
    概要:GMPLSと連携してマルチレイヤネットワークのレイヤ間のパスの収容関係を自動構築し管理するマルチレイヤパス構成管理システムを提案する。本稿ではマルチレイヤパスの収容関係を構築するためのGMPLSのパス管理モデルについて述べるとともに、GMPLSにて構築されるパス管理データとネットワークマネジメントシステムのパス管理データの対応付けを明らかにする。本システムにて管理されるマルチレイヤパス構成情報を利用することによりマルチレイヤパスの収容関係把握や故障発生時の影響範囲の特定の迅速化が期待できる.
  • フォトニックネットワークの多重故障救済方式の検討(フォトニックネットワーク向けデバイス, GMPLS, 光バースト/パケットスイッチング, 一般), 曽根 由明, 長津 尚英, 今宿 亙, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会技術研究報告. PN, フォトニックネットワーク, 105, 236, 65, 70,   2005年08月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003223763
    概要:フォトニックネットワーク(PNW)では大容量(伝送速度2.5Gbps/10Gbps等)の光パスを単位として運用が行われるため, NWの故障は多くのサービスに影響を与える。そのため, PNWの信頼性向上には故障に対するサバイバビリティの向上が要求される。本検討では, PNWに甚大な影響を及ぼすNW多重故障に対するサバイバビリティを向上させ, PNW高信頼化を行うことを目的とし, 事前設計型の故障救済方式と動的設計型の故障救済方式を連携させることを特徴とする, 新しい多重故障救済方式を提案する。まず, 光パス収容設計により, 提案方式のサバイバビリティの改善度を定量的に評価することにより提案方式の有効性を確認した。続いて, 事前設計型の故障救済と動的設計型の故障救済の連携ポリシーの検討を行い, パスの設定順序に関する要求条件を明確化した。さらに、二重故障において切戻しの有無が故障救済に与える影響を明らかにした。
  • フォトニックネットワーク制御の高度化のための標準スイッチ管理プロトコル(MP(Lambda)S, フォトニックネットワーク/制御,光波長変換・スイッチング,一般), 今宿 亙, 島野 勝弘, 佐原 明夫, 築島 幸男, 渡辺 篤, 古賀 正文, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会技術研究報告. PN, フォトニックネットワーク, 104, 84, 69, 74,   2004年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003223737
    概要:次世代IPバックボーンネットワークを構築する手段としてGeneralized Multi-Protocol Label Switching(GMPLS)制御を実現する大容量ラベルスイッチングノードが注目されているが、当該ノードの開発、導入、及び維持管理コストの軽減には大規模なGMPLS制御ソフトの再利用性の向上が重要となる。本稿では、その手段としてスイッチ管理制御インターフェース仕様の汎用化に注目する。具体的な手段としてInternet Engineering Task Force(IETF)で勧告されているGeneral Switch Management Protocol(GSMP)の汎用化とフォトニックネットワークヘの適用を検討する。さらに、検討したGSMPをフォトニックMPLSルータに実装し、動作性能を評価したので報告する。
  • リストレーションを考慮したマルチレイヤフォトニックIPネットワークの設計法の検討((フォトニック)インターネット・フォトニックネットワークアプリケーション,一般), 竹嶋 良太, 植松 友彦, 今宿 亙, 佐藤 健一, 電子情報通信学会技術研究報告. PN, フォトニックネットワーク, 104, 1, 5, 10,   2004年04月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003223643
    概要:大容量のIPトラフィックを効率よく伝達する方法として,ノードでの電気レベルのIP処理をカットスルーし,光のまま波長パスルーティングを行うフォトニックIPネットワーク(以下光IP-NW)方式が有望である.本稿では,電気レベルのLSP (Label Switched Path)と光レベルのOLSP (Optical LSP)に階層化された光IP-NWに流入するIPトラフィックに対し,LSP及びOLSPを最適に収容する最適収容設計アルゴリズムを提案する.ネットワークの信頼性を高めるために,現用系と予備系の経路独立性を考慮したOLSPのリストレーションを採用し,光IP-NW全体で必要となる総ファイバ数を定量的に評価した.同時に,経路独立性を考慮しないリストレーション方式との比較も行い,利害得失を明らかにした.
  • フォトニックネットワーク制御の高度化のための標準スイッチ管理プロトコル(MP(Lambda)S, フォトニックネットワーク/制御,光波長変換・スイッチング,一般), 今宿 亙, 島野 勝弘, 佐原 明夫, 築島 幸男, 渡辺 篤, 古賀 正文, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式, 104, 80, 69, 74,   2004年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003282119
    概要:次世代IPバックボーンネットワークを構築する手段としてGeneralized Multi-Protocol Label Switching(GMPLS)制御を実現する大容量ラベルスイッチングノードが注目されているが、当該ノードの開発、導入、及び維持管理コストの軽減には大規模なGMPLS制御ソフトの再利用性の向上が重要となる。本稿では、その手段としてスイッチ管理制御インターフェース仕様の汎用化に注目する。具体的な手段としてInternet Engineering Task Force(IETF)で勧告されているGeneral Switch Management Protocol(GSMP)の汎用化とフォトニックネットワークヘの適用を検討する。さらに、検討したGSMPをフォトニックMPLSルータに実装し、動作性能を評価したので報告する。
  • GMPLSネットワークにおけるマルチレイヤダイナミックルーチング(フォトニックネットワークシステム/制御,GMPLS,一般), 大木 英司, 塩本 公平, 片山 勝, 今宿 亙, 山中 直明, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 103, 69, 7, 12,   2003年05月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003285291
    概要:本論文は、オプティカルIPネットワークにおける2つのルーチングポリシーについて述べる。両ポリシーは、まず、要求された電気パスを発着ノード間をダイレクトに接続している光パスを収容することを試みる。もし、光パスが使用できない場合は、2つのポリシーは異なる動作をする。ポリシー1では、既存の2つ以上の光パスを用いて、電気パスを収容できるかを試みる。ポリシー2では、新規の光パスを発着ノード間に設定する。2つのルーチングポリシーの性能評価を、シミュレーションを用いて行った。pをパケットスイッチケーパブルのポート数とすると、pが大きい場合は、ポリシー1が優れており、pが小さい場合は、ポリシー2が優れている。pが、適切なルーチングポリシーを決定する重要なパラメータであることを示す。
  • Multi-layer dynamic routing in GMPLS networks, OKI E, SHIOMOTO K, KATAYAMA M, IMAJUKU W, YAMANAKA N, TAKIGAWA Y, 電子情報通信学会技術研究報告, 103, 69(OCS2003 8-15), 7, 12,   2003年05月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902228184009520
  • Scalable SRG-based restoration method in wavelength networks., SHIOMOTO K, IMAJUKU W, OKI E, 電子情報通信学会技術研究報告, 102, 649(OCS2002 109-118), 21, 24,   2003年02月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902250509985624
  • SRGを用いたリストレーション方式, 塩本 公平, 今宿 亙, 大木 英司, 岡本 聡, 山中 直明, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム, 102, 647, 21, 24,   2003年02月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003172391
    概要:SRGを用いた100%障害回復リストレーションのルーティングとアドミッション制御のアルゴリズムの提案を行う。リンク故障、ノード故障の両方について障害回復を行う。また、ネットワークを複数のエリアに分割することでSRGの管理数を削減する方法を提案する。エリアの分割についてはエリア間の接続性が高くなるように分割することで、高い確率で予備経路を割り当てることができることを示す。
  • IP+Photonicピアモデルネットワークにおける動的光パス設定方式, 今宿 亙, 大木 英司, 塩本 公平, 山中 直明, 長津 尚英, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式, 102, 102, 35, 40,   2002年05月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003281785
    概要:本論文は、GMPLSコントロール面の管理の下にIP+光多階層ネットワーキングを実現するルーティングプロトコルの機能拡張に関する要求条件を議論する。また、動的な光パス生成アルゴリズムを提案し、統合されたパケットスイッチと波長スイッチを有するIP+光ネットワークの動作特性に与える影響について評価する。大容量ネットワークにおいては、光ラベルスイッチパス生成優先方式が高いスループットを実現することを示す。
  • Dynamic Optical Path Generation Strategy in IP+Photonic Peer-Model Network., IMAJUKU W, OKI E, SHIOMOTO K, YAMANAKA N, NAGATSU N, TAKIGAWA Y, 電子情報通信学会技術研究報告, 102, 104(OCS2002 19-30), 35, 40,   2002年05月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902155813989048
  • 波長群ルーティングNWの設備量評価と一括波長変換デバイスについての一検討, 山涌 純, 高田 篤, 今宿 亙, 長津 尚英, 盛岡 敏夫, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 102, 104, 11, 16,   2002年05月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003286151
    概要:同一対地に向けた複数本の波長パスを波長群パスにまとめ,波長群パス単位でルーティングすることにより,スループットを確保しつつ,ノード規模を抑え,かつ単純な構成でのルーティングが行える.波長群ルーティングにおいては,波長群パス内に空き波長領域がある場合,過剰な伝送帯域が必要になる問題点があった.本稿では,同一対地の波長パスで全ての波長領域を満たした波長群パスと,波長群パスに収容されない波長パスを扱い,中継ノードでグルーミングを行わないノード構成を提案する.本ネットワークのパス収容設計シミュレーションを行い,スイッチポート総数とファイバ総数を設備量の指標として求め,従来方式に対して設備量を削減できることを示した.また,波長群パスルーティングに不可欠な,波長群パス一括変換を光ファイバやLN等の光非線形媒質によるパラメトリック波長変換を用いて行う場合,コヒーレントなチャネル間のクロストークが問題となることを指摘し,一例として光ファイバの四光波混合とPPLN(周期的分極反転構造LiNbO_3)のカスケーディングにおけるクロストーク量を理論的に見積り,低いクロストークを示すPPLNが優れていることを示した.
  • IP+Photonicピアモデルネットワークにおける動的光パス設定方式, 今宿 亙, 大木 英司, 塩本 公平, 山中 直明, 長津 尚英, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 102, 104, 35, 40,   2002年05月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003286155
    概要:本論文は、GMPLSコントロール面の管理の下にIP+光多階層ネットワーキングを実現するルーティングプロトコルの機能拡張に関する要求条件を議論する。また、動的な光パス生成アルゴリズムを提案し、統合されたパケットスイッチと波長スイッチを有するIP+光ネットワークの動作特性に与える影響について評価する。大容量ネットワークにおいては、光ラベルスイッチパス生成優先方式が高いスループットを実現することを示す。
  • 分散制御によるダイナミック波長変換GMPLSネットワークの性能評価, 大木 英司, 島崎 大作, 塩本 公平, 松浦 伸昭, 今宿 亙, 山中 直明, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 102, 40, 5, 10,   2002年04月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004024799
    概要:本論文は、簡易なな分散制御route and wavelength assignment (RWA)ポリシーに基づくdistributed-controlled dynamic wavelength-conversion (DDWC)ネットワークの性能評価結果を報告する。RWAポリシーでは、ルーチングプロトコルにより、集約化された情報を基づき光パスの経路を選択し、シグナリングプロトコルにより、波長を割り当て、必要に応じてアダプティブにトランクタイプの波長変換を割り当てる。シミュレーションにより性能評価を行い、簡易なRWAポリシーに基づくDDWCは、少ないトランクタイプの波長変換装置で、従来の完全波長変換型ネットワークをエミュレーションできることを示す。
  • MPLambdaSネットワークにおける動的マルチレイヤトラヒックエンジニアリング, 塩本 公平, 大木 英司, 片山 勝, 今宿 亙, 山中 直明, 電子情報通信学会技術研究報告. PS, 光スイッチング, 102, 1, 55, 60,   2002年04月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004024866
    概要:MPlambdaSネットワークにおいて光パスと電気パスのトラヒック量を考慮した動的な経路制御について提案する。電気パスの交流トラヒック量情報をボーダーノード間で交換し、その情報をもとに光パスのトポロジを動的に変更することでトラヒック需要の変動に適応的なMPlambdaSネットワークアーキテクチャを提案する。
  • 光ネットワークにおける光パスルーティングアルゴリズムの性能評価, 片山 勝, 大木 英司, 塩本 公平, 山中 直明, 今宿 亙, 電子情報通信学会技術研究報告. PS, 光スイッチング, 102, 1, 37, 41,   2002年04月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004024863
    概要:光ネットワークにおいて,RWA(Routing and Wavelength Assignment)問題を解決するために,OSPFに対しての拡張と,幾つかの光パスの経路計算方法を提案する.ここでは,各リンク毎の空き波長数,波長変換機能の数,能力などを全ルータに広告し,それらの値を用いて,経路計算を行なうことによりRWA問題を解決しようとするものである.本稿では,OSPFの拡張方法と,提案する光パスの経路計算アルゴリズムの性能評価結果を報告する.
  • フォトニックIPネットワークにおけるマルチレイヤトラヒックエンジニアリング, 大木 英司, 塩本 公平, 岡本 聡, 今宿 亙, 山中 直明, 電子情報通信学会技術研究報告. PS, 光スイッチング, 101, 584, 43, 46,   2002年01月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003183033
    概要:IPフォトニックネットワークにおいて、IPレイヤとフォトニックレイヤをダイナミックに協調的に動作するマルチレイヤトラヒックエンジニアリングは、経済的にIPサービスを提供するために必要な技術である。本論文では、generalized multi-protocol label switch(GMPLS)ネットワークにおいて、IPトラヒック観測に基づいて、ヒューリスティックなマルチレイヤトポロジ設計方法を提案する。提案設計方法では、観測したIPトラヒック需要に応じて、ネットワークコストが最小になるように、最適なoptical label switch path(OLSP)ネットワークトポロジに再構成し、網リソースを有効的に使用できることを示す。
  • コヒーレント光増幅器の雑音特性, 今宿 亙, 高田 篤, 山林 由明, 電子情報通信学会技術研究報告. OPE, 光エレクトロニクス, 99, 465, 61, 66,   1999年11月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003303860
    概要:コヒーレント光増幅器は、従来のレーザ、ラマン増幅器で与えられる標準量子限界(雑音指数3dB)を打破する低雑音光増幅が原理的に可能である。本稿では、光カー媒質を増幅媒体にしたインライン型コヒーレント光増幅器の光子数雑音特性について理論解析と実験評価を行う。理論解析では、光カー媒質の分布損失を考慮に入れた量子論的Langevin方程式を導出し、これを基に増幅信号光モード演算子と光子数分散を求めた。実験評価では、光カー媒質として非線形ファイバSagnac干渉計を光増幅手段として用い、光注入-光PLL併用法で励起光と信号光位相を同期させることで安定な光増幅動作を得た。雑音指数測定は、電気スペクトルアナライザ法で行った。長さ3km、損失係数-0.7dB、非線形係数15.8/W/kmの高非線形ファイバを用いることにより、利得16dBで雑音指数2.0dB(理論値0.38dB)と従来の光増幅器の標準量子雑音限界を下回る高利得超低雑音光増幅を実現した。
  • コヒーレント光増幅器, 今宿 亙, 高田 篤, 応用物理, 69, 11, 1320, 1324,   2000年, 査読有り, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003594081
    概要:コヒーレント光増幅器は,コヒーレント光検波技術と光パラメトリック増幅技術を併用することで,光位相に依存したパワー利得を実現する線形光増幅器である.この特徴的な動作により,既存のレーザー光増幅器,ラマン光増幅器などの限界とされる標準量子限界(雑音指数3dB)以下の低雑音光増幅が原理的に可能とされる.また,光周波数チャーピングにより波形がひずんだ超短パルスの波形整形動作も実現可能である.本稿では,このコヒーレント光増幅器の原理と,最近の研究動向について紹介する.
  • 光ファイバーを使ってみませんか?, 今宿 亙, 光学, 30, 5, 340, 342,   2001年05月, 査読有り, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012332138
  • コヒーレント光増幅器, 高田 篤, 今宿 亙, レーザー研究, 29, 9, 599, 604,   2001年09月, 査読有り, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007450280
  • 波長群パスの収容設計とネットワーク設備量評価, 山涌 純, 今宿 亙, 高田 篤, 岡本 聡, 盛岡 敏夫, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 101, 394, 7, 12,   2001年10月19日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003286122
    概要:データトラフィックとWDM波長数の増大に対応して, 光スイッチ規模や伝送ファイバ等のネットワーク(NW)リソース数を抑えつつ, 増大する波長パスを効率よくルーティングする方法が必要とされている.本研究では, 複数の波長パスを波長群パス(HO-OP:Higher Order Optical Path)にまとめてルーティングする波長群パスルーティング方式を採用した場合のネットワーク設備量削減効果について検討を行った.パス収容設計シミュレーションをもとに光スイッチポート総数とファイバ総数を評価指標として検討を行った結果, 従来の個別波長パスによるルーティング手法に比べNW設備量を約20〜75%削減できることを示した.
  • 非線形ファイバSagnac干渉計型位相感応光増幅器の利得特性, 今宿 亙, リム ハン チュエン, 高田 篤, 電子情報通信学会技術研究報告. OPE, 光エレクトロニクス, 98, 415, 13, 18,   1998年11月19日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003303189
    概要:本稿では、非線形ファイバSagnac干渉計型を用いた位相感応型光増幅器(NFSI-PSA)に用いる非線形ファイバの各係数、励起光パワーと同相利得の関係について、理論値と実験値を対応させる。理論値は、非線形ファイバSagnac干渉計(NFSI)での光パラメトリック過程を小信号解析で記述して求める。小信号解析は実験値が示す傾向と良く一致し、NFSI-PSAの動作解析手段として有用であることを示す。また非線形係数が通常ファイバの7倍である高非線形ファイバをNFSIに用いることにより、従来と比較して最大で10dB前後光利得を増大できたので報告する。
  • 光位相同期励起光源を有する位相感応型光増幅器の実験検討, 高田 篤, 今宿 亙, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 97, 408, 13, 18,   1997年11月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003285476
    概要:位相感応型光増幅器は超低雑音、チャープパルスの波形整形効果を有する事などが理論的に予想されており、ファイバ伝送系における中継増幅器としての適用が期待されている。その実現には入射信号光と光位相同期した励起光で縮退光パラメトリック増幅回路を励起する必要があり、これまで実現していなかった。本報告では、狭線幅発振し光周波数変調が可能な励起光源を得るため外部リング共振器付半導体レーザを構成し、光注入及び光位相同期回路 (光PLL) の2種類の位相同期法により入射信号光への光位相同期を実現すると共に、非線形ファイバサニャック干渉計を用いた縮退光パラメトリック増幅と組み合わせることで、インライン型位相感応増幅器を実現したことを述べる。
  • 変調不安定性を抑圧したPSA多中継伝送システムの設計, 今宿 亙, 高田 篤, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 96, 538, 71, 76,   1997年02月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003285536
    概要:高速・長中継間隔の多中継光伝送システムでは、エルビウム添加ファイバ増幅器の導入により、信号光パワーの高出力化と再生中継間隔の長スパン化が達成された。しかし同時に、伝送ファイバの非線形光学効果に起因した雑音光の増大による変調不安定性が無視できなくなっている。これは、特に零〜異常分散ファイバを用いたNRZ伝送システムで顕著であり、受信時の信号対雑音比(SRN)が大幅に劣化する(変調不安定性)。位相感応型光増幅器(PSA)を光中継器として適用した多中継伝送系では変調不安定性が大幅に抑圧される可能性がある。そこで本報告では、伝送ファイバの分散、非線形屈折率の影響を考慮に入れたPSA多中継伝送系における受信SNRの中継段数、信号光パワー、ファイバの分散依存性等について理論的に検討した。その結果、PSAを用いた光伝送システムでは、信号光の中継器平均出力が10dBm程度の高出力時でも、零分散波長伝送において変調不安定性を大幅に抑圧でき、信号光パワーの増大に比例した受信SRNが得られることを示した。
  • 位相感応型光増幅器を用いた多中継伝送特性の理論検討, 今宿 亙, 高田 篇, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 96, 59, 29, 36,   1996年05月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003285622
    概要:長距離光伝送システムの一層の長スパン化を実現するには、信号対雑音比劣化の抑圧、伝送ファイバの分散と非線形光学効果による信号光パルス波形劣化の抑圧が重要となっている。本報告では、上記の技術的課題を同時に緩和し得る光増幅器として位相感応型光増幅器に注目し、これを光中継器として適用した多中継光伝送システムの伝送特性について理論解析を行った。まず、伝送ファイバ高次分散、非線形光学効果を考慮に入れ、伝送速度及び分散と波形劣化制限の関係を求め、NRZパルス伝送とRZパルス伝送の比較を行った。また、伝送速度40 Gbit/s/sの場合について、雑音特性も含めて検討した。再生中継間隔は、位相感応型光増幅器の適用によりEr添加ファイバ光増幅器を用いた光伝送システムの約10倍まで延伸される可能性があることを明らかした。
  • ファイバ非線形ループミラを用いた位相感応型光増幅器, 高田 篤, 今宿 亙, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 96, 335, 7, 12,   1996年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003285581
    概要:光ファイバを光カー媒質として干渉計の内部に含む位相感応型光増幅器について理論的, 実験的に検討した. まず, 位相感応型光増幅器の位相感応利得, 利得飽和, 帯域幅, 及び光カー媒質の材料定数の関係を理論的に明らかにした. その結果, 通常の零分散波長シフト光ファイバをカー媒質として用いた場合, 励起光パワ1 Wのとき最大利得26 dB, 帯域幅約95 GHz, 3dB飽和出力信号光パワ0.33 Wが得られることを示した. また, 実験的には偏波保存零分散波長シフト光ファイバを光カー媒質として用いた非線形ループミラを構成し, 利得を測定した. その結果, 従来の測定例を上回る23dBの利得を得るとともに, 初めて入力信号光パワによる利得飽和現象を観測し, 雑音の抑制に利用できることを示した.
  • Supercontinuum発生用最適光ファイバの検討, 奥野 俊明, 大西 正志, 西村 正幸, 高田 篤, 今宿 亙, 片桐 祥雅, 西 成人, 水波 徹, グプタ サンジェイ, 下村 輝夫, 松田 吉司, 金 大式, 森本 朗裕, 小林 哲郎, 菊池 和朗, 大島 洋一, ロラッタナサネ チヤルームポーン, 田中 祐一, レーザー研究, 25, 0, 247, 251,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003702472

特許

  • Device and method for correcting a path trouble in a communication network, Wataru Imajuku, K. Shimano, Y. Takigawa, E. Oki, and Y. Okazaki, US Patent 8,134,920
  • Upper layer node, lower layer node, and node control method, N. Yamanaka, E. Oki, K. Shiomoto, S. Okamoto, Wataru Imajuku, US Patent 7,333,424
  • Node used in photonic network, and photonic network, E. Oki, Wataru Imajuku, K. Shiomoto, N. Yamanaka, D. Shimazaki, N. Nagatsu, Y. Takigawa, US Patent 7,313,328
  • Node, an optical/electrical path integrated network using the node, and a program which controls the node, E. Oki, K. Shiomoto, M. Katayama, Wataru Imajuku, US Patent 7,313,094
  • Optical path communication network, node, and optical path setup method, N. Matsuura, N. Yamanaka, Wataru Imajuku, E. Oki, US Patent 7,289,730
  • Method and apparatus for controlling optical wavelength based on optical frequency pulling, Wataru Imajuku, K. Yoshitada, US Patent 7,023,887
  • Optical parametric circuit, Wataru Imajuku, K. Mori, A. Takada, US Patent 7,012,740
  • Method and apparatus for controlling optical wavelength based on optical frequency pulling, Wataru Imajuku, K. Yoshitada, US Patent 6,909,732
  • Optical parametric circuit, Wataru Imajuku, K. Mori, and A. Takada, US Patent 6,867,903
  • Bit-phase synchronized optical pulse stream local generator, K. Uchiyama, E. Hashimoto, Wataru Imajuku, US Patent 6,560,007
  • Method and apparatus for controlling optical wavelength based on optical frequency pulling, Wataru Imajuku and Y. Katagiri, US Patent 6,370,169
  • 仮想ネットワークサービス構築システム, 沈 文裕, 吉田 雅裕, 川幡 太一, 湊 賢治, 今宿 亙, 特願2014-38116, 特開2015-162843, 特許第6133224号
  • ネットワーク設定装置、VPN終端装置、ネットワーク設定方法、及びプログラム, 坪井 俊樹, 佐藤 崇也, 原田 誠, 古澤 徹, 浦畑 智行, 上野 哲, 薄井 正, 渡邊 儀秀, 今宿 亙, 特願2011-218345, 特開2013-078088, 特許第5784447号
  • VPN終端装置、通信システム、パケット転送方法、及びプログラム, 坪井 俊樹, 佐藤 崇也, 原田 誠, 古澤 徹, 浦畑 智行, 上野 哲, 薄井 正, 渡邊 儀秀, 今宿 亙, 特願2011-218344, 特開2013-078087, 特許第5713865号
  • ネットワーク監視装置、ネットワーク試験方法、パス情報管理方法、及びプログラム, 永尾 徳彦, 浦畑 智行, 今宿 亙, 菅野 隆行, 高瀬 誠由, 特願2011-070949, 特開2012-205286, 特許第5480189号
  • 管理制御システム及び管理装置, 門畑 顕博, 曽根 由明, 今宿 亙, 渡辺 篤, 神野 正彦, 特願2008-273631, 特開2010-103781, 特許第5090312号
  • 光クロスコネクト装置及び波長群収容方法, 佐原 明夫, 平野 章, 高田 篤, 高良 秀彦, 今宿 亙, 特願2007-101968, 特開2008-259128, 特許第5038001号
  • 通信ノード装置及び通信システム及び通信路制御プログラム, 曽根 由明, 今宿 亙, 門畑 顕博, 渡辺 篤, 神野 正彦, 特願2008-273630, 特開2010-103780, 特許第5027776号
  • ネットワーク設計管理方法及び装置及び光ネットワークシステム, 門畑 顕博, 渡辺 篤, 今宿 亙, 曽根 由明, 神野 正彦, 特願2009-041413, 特開2010-199891, 特許第4987023号
  • 通信装置および通信システム, 今宿 亙, 大原 拓也, 曽根 由明, 特願2006-277965, 特開2008-098934, 特許第4878536号
  • ノード装置及び通信網及びパス設定方法及びプログラム, 曽根 由明, 今宿 亙, 築島 幸男, 門畑 顕博, 特願2007-220269, 特開2009-055357, 特許第4852499号
  • 光クロスコネクトスイッチ機能部及び光クロスコネクト装置, 今宿 亙, 平野 章, 高良 秀彦, 神野 正彦, 曽根 由明, 門畑 顕博, 特願2007-196197, 特開2009-033543, 特許第4852491号
  • 光クロスコネクトシステム及び光クロスコネクトシステムにおける信号制御方法, 平野 章, 高田 篤, 高良 秀彦, 今宿 亙, 佐原 明夫, 特願2007-101971, 特開2008-259131, 特許第4809801号
  • 光クロスコネクト装置及び光クロスコネクト装置における信号制御方法, 平野 章, 高田 篤, 高良 秀彦, 今宿 亙, 佐原 明夫, 特願2007-101975, 特開2008-259135, 特許第4809803号
  • 光クロスコネクト装置及び光クロスコネクトシステム及び光クロスコネクト装置における信号制御方法, 平野 章, 高田 篤, 高良 秀彦, 今宿 亙, 佐原 明夫, 特願2007-101973, 特開2008-259133, 特許第4809802号
  • 波長群ネットワークにおける波長選択方法及び装置及びプログラム, 高良 秀彦, 平野 章, 今宿 亙, 高田 篤, 佐原 明夫, 特願2007-101970, 特開2008-259130, 特許第4768661号
  • リソース予約制御方法及び装置及びプログラム, 築島 幸男, 平野 章, 長津 尚英, 鮫島 康則, 山田 一久, 谷口 篤, 今宿 亙, 曽根 由明, 松田 和浩, 特願2007-117224, 特開2008-278009, 特許第4758388号
  • データパケット転送制御方法及びシステム及びプログラム, 築島 幸男, 平野 章, 長津 尚英, 鮫島 康則, 山田 一久, 谷口 篤, 今宿 亙, 曽根 由明, 松田 和浩, 特願2007-117221, 特開2008-278006, 特許第4758387号
  • パス自動構成方法および装置, 山本 秀人, 社家 一平, 今宿 亙, 福徳 光師, 倉橋 智彦, 樽井 行保, 特願2007-062254, 特開2008-227849, 特許第4728985号
  • ノード装置およびパス設定方法, 曽根 由明, 今宿 亙, 神野 正彦, 特願2006-351950, 特開2008-166942, 特許第4717796号
  • クラスタノードおよびクラスタノード構成方法, 築島 幸男, 今宿 亙, 平野 章, 鮫島 康則, 特願2006-320289, 特開2008-135949, 特許第4717788号
  • 通信システムおよび故障復旧方法, 今宿 亙, 曽根 由明, 築島 幸男, 特願2006-283685, 特開2008-103893, 特許第4704311号
  • 通信ノード装置、通信システム、パスリソース割当方法、及びプログラム, 曽根 由明, 今宿 亙, 長津 尚英, 築島 幸男, 山田 一久, 谷口 篤, 特願2008-538707, 特許第4700738号
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置及び方法, 今宿 亙, 島野 勝弘, 滝川 好比郎, 大木 英司, 岡崎 康敬, 特願2009-137397, 特開2009-201156, 特許第4663022号
  • ネットワーク制御装置, 今宿 亙, 島野 勝弘, 滝川 好比郎, 大木 英司, 岡崎 康敬, 特願2009-137396, 特開2009-201155, 特許第4663021号
  • リソース予約制御方法及び装置及びシステム及びプログラム, 平野 章, 長津 尚英, 築島 幸男, 曽根 由明, 鮫島 康則, 谷口 篤, 山田 一久, 今宿 亙, 松田 和浩, 特願2007-117225, 特開2008-278010, 特許第4635026号
  • マルチレイヤネットワークにおける経路探索方法及び装置及びプログラム, 築島 幸男, 平野 章, 曽根 由明, 今宿 亙, 長津 尚英, 鮫島 康則, 山田 一久, 松田 和浩, 特願2007-145546, 特開2008-301225, 特許第4621228号
  • 接続情報管理方法及び装置及びプログラム, 築島 幸男, 平野 章, 長津 尚英, 鮫島 康則, 山田 一久, 谷口 篤, 今宿 亙, 曽根 由明, 松田 和浩, 特願2007-117223, 特開2008-278008, 特許第4589939号
  • 故障復旧方法および管理ノードならびに通信ノード, 曽根 由明, 長津 尚英, 今宿 亙, 特願2005-230556, 特開2007-049336, 特許第4547314号
  • 自律システムおよびパス経路計算装置および方法, 今宿 亙, 曽根 由明, 大木 英司, 特願2008-071453, 特開2009-231894, 特許第4495226号
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置及び方法, 今宿 亙, 島野 勝弘, 滝川 好比郎, 大木 英司, 岡崎 康敬, 特願2007-041237, 特開2007-129782, 特許第4459973号
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置及び方法, 今宿 亙, 島野 勝弘, 滝川 好比郎, 大木 英司, 岡崎 康敬, 特願2006-281881, 特開2007-014032, 特許第4446453号
  • 高速スイッチ制御装置, 今宿 亙, 曽根 由明, 特願2004-292969, 特開2006-109100, 特許第4432711号
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置, 今宿 亙, 島野 勝弘, 滝川 好比郎, 大木 英司, 岡崎 康敬, 特願2006-281882, 特開2007-053793, 特許第4377401号
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置及び方法, 今宿 亙, 島野 勝弘, 滝川 好比郎, 大木 英司, 岡崎 康敬, 特願2006-281880, 特開2007-014031, 特許第4237789号
  • 部分波長変換ノード制御装置及び部分波長変換ノード制御方法, 今宿 亙, 島野 勝弘, 岡崎 康敬, 特願2003-406288, 特開2005-167840, 特許第4182871号
  • パケット転送方法及びパケット転送装置, 社家 一平, 福徳 光師, 今宿 亙, 島野 勝弘, 特願2005-204671, 特開2006-174406, 特許第4074304号
  • パケット転送方法及び転送装置, 島野 勝弘, 今宿 亙, 社家 一平, 福徳 光師, 特願2004-207593, 特開2005-102157, 特許第4074268号
  • 光通信システム監視制御網, 島野 勝弘, 今宿 亙, 渡辺 篤, 特願2003-159934, 特開2004-363944, 特許第4046227号
  • 光ネットワーク, 島崎 大作, 今宿 亙, 大木 英司, 塩本 公平, 特願2002-099161, 特開2003-304563, 特許第4040344号
  • ノード装置, 今宿 亙, 島野 勝弘, 特願2002-340978, 特開2004-179759, 特許第4017506号
  • ルーティング方法及び装置と光パスネットワーク, 今宿 亙, 島野 勝弘, 大木 英司, 塩本 公平, 特願2002-031398, 特開2003-234824, 特許第3969108号
  • 光クロスコネクト装置の波長変換装置数と変換数の決定装置および方法, 島崎 大作, 大木 英司, 山中 直明, 今宿 亙, 特願2002-055969, 特開2003-259404, 特許第3967152号
  • 波長多重通信網における網的切替方法および網的切替装置, 渡辺 篤, 島野 勝弘, 今宿 亙, 相澤 茂樹, 特願2003-273620, 特開2005-033725, 特許第3956914号
  • 光パス通信網およびノードおよび光パス設定波長検索方法, 山中 直明, 大木 英司, 今宿 亙, 特願2002-118101, 特開2003-318952, 特許第3938708号
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置及び方法, 今宿 亙, 島野 勝弘, 滝川 好比郎, 大木 英司, 岡崎 康敬, 特願2005-502780, 特許第3900194号
  • 光増幅器, 今宿 亙, 高田 篤, 特願2003-205405, 特開2004-006943, 特許第3889729号
  • ノード制御方法およびノード制御装置, 今宿 亙, 特願2002-345141, 特開2004-180067, 特許第3843062号
  • ノード装置及びノード制御装置, 今宿 亙, 岡本 聡, 滝川 好比郎, 高橋 哲夫, 特願2001-276578, 特開2003-087307, 特許第3831219号
  • 光パス新設方法, 今宿 亙, 長津 尚英, 大木 英司, 滝川 好比郎, 特願2002-053184, 特開2003-258886, 特許第3825341号
  • 予備光パス帯域確保方法および光パス切替装置, 今宿 亙, 塩本 公平, 島野 勝弘, 松浦 伸昭, 特願2002-106343, 特開2003-304274, 特許第3822518号
  • 光ネットワークのノード監視制御装置, 島野 勝弘, 渡辺 篤, 今宿 亙, 佐原 明夫, 岡崎 康敬, 曽根 由明, 築島 幸男, 特願2003-296407, 特開2005-065193, 特許第3816909号
  • スイッチングハードウェア管理制御装置及び方法, 今宿 亙, 渡辺 篤, 島野 勝弘, 佐原 明夫, 岡崎 康敬, 築島 幸男, 曽根 由明, 特願2003-359521, 特開2005-124067, 特許第3804652号
  • マルチレイヤ光ネットワークおよびそのパス設定方法ならびに中継用光ルータ, 塩本 公平, 大木 英司, 山中 直明, 今宿 亙, 特願2002-100186, 特開2003-298517, 特許第3801943号
  • リンク状態公告装置, 今宿 亙, 岡本 聡, 特願2002-193474, 特開2004-040384, 特許第3789862号
  • マルチレイヤ光ネットワークおよび当該ネットワークにおけるトラヒックエンジニアリング方法, 塩本 公平, 大木 英司, 島崎 大作, 今宿 亙, 山中 直明, 特願2002-134459, 特開2003-333090, 特許第3789850号
  • 光ネットワークおよび光カットスルーパス設定方法, 山中 直明, 大木 英司, 塩本 公平, 島崎 大作, 今宿 亙, 岡本 聡, 特願2002-060142, 特開2003-259403, 特許第3784733号
  • 光IP通信網およびノード, 大木 英司, 塩本 公平, 今宿 亙, 山中 直明, 特願2002-031343, 特開2003-234761, 特許第3785100号
  • パケットスイッチ・光スイッチ統合制御装置, 今宿 亙, 大木 英司, 島崎 大作, 山中 直明, 特願2002-055252, 特開2003-258874, 特許第3782362号
  • マルチレイヤ光ネットワークにおけるパス設定情報広告方法およびノード, 島崎 大作, 大木 英司, 塩本 公平, 今宿 亙, 山中 直明, 特願2002-134091, 特開2003-333081, 特許第3777141号
  • マルチレイヤ光ネットワークおよびノードおよびパス設定方法, 島崎 大作, 大木 英司, 塩本 公平, 今宿 亙, 山中 直明, 特願2002-133074, 特開2003-324465, 特許第3777140号
  • 光電気パス統合網およびノード, 塩本 公平, 大木 英司, 今宿 亙, 特願2002-054247, 特開2003-258862, 特許第3699407号
  • ネットワークおよびノードおよびプログラムおよび記録媒体, 山中 直明, 大木 英司, 塩本 公平, 岡本 聡, 今宿 亙, 特願2002-060435, 特開2003-258904, 特許第3689057号
  • 超高速光パケット転送リングネットワーク、光挿入分岐型多重分離ノード装置及び光挿入分岐型多重分離ノード装置の動作方法, 高田 篤, 朴 辰憲, 今宿 亙, 山林 由明, 特願2000-052461, 特開2001-244980, 特許第3578960号
  • 光パラメトリック回路, 今宿 亙, 森 邦彦, 高田 篤, 特願2001-062608, 特開2002-182256, 特許第3575434号
  • ビット位相同期局発光パルス列生成回路, 内山 健太郎, 橋本 悦, 今宿 亙, 特願2000-011420, 特開2001-201774, 特許第3549801号
  • 光増幅器, 今宿 亙, 高田 篤, 特願平11-309480, 特開2001-125154, 特許第3545977号
  • 光パラメトリック回路, 今宿 亙, 高田 篤, 特願平11-309481, 特開2001-125159, 特許第3545660号
  • 光増幅器および光増幅中継伝送システム, 今宿 亙, 高田 篤, 特願平8-179680, 特開平9-222622, 特許第3473811号
  • 光位相同期光源, 今宿 亙, 高田 篤, 特願平9-301690, 特開平11-133472, 特許第3459166号
  • 全光型光位相同期方法および光位相同期光源, 今宿 亙, 高田 篤, 特願平9-154032, 特開平11-002846, 特許第3434169号
  • 光位相同期光源および光周波数同期光源, 今宿 亙, 高田 篤, 特願平10-232760, 特開2000-068580, 特許第3411832号
  • 光波長制御装置および光波長制御方法, 今宿 亙, 片桐 祥雅, 特願平11-112744, 特開2000-010138, 特許第3242898号
  • ネットワーク管理装置、復旧手順決定方法及びプログラム, 門畑 顕博 , 田中 貴章, 渡辺 篤, 犬塚 史一, 今宿 亙, 特願2015-232162, 特開2017-98894
  • 伝送路障害検知方法及び光通信システム, 小林 正啓, 山田 義朗, 小田 拓哉, 新宅 健吾, 今宿 亙, 特願2015-211893, 特開2017-85355
  • 監視制御システム及び監視制御方法, 山田 義朗, 小林 正啓, 平野 章, 今宿 亙, 特願2015-86262, 特開2016-208191
  • 通信装置及び通信方法, 小林 正啓, 山田 義朗, 平野 章, 今宿 亙, 特願2015-86261, 特開2016-208190
  • オーバレイトンネル制御システム及びオーバレイトンネル制御方法, 吉田 雅裕, 山崎 敬広, 谷口 篤, 川幡 太一, 坂井田 規夫, 今宿 亙, 特願2015-6243, 特開2016-134659
  • ネットワーク機能仮想化基盤管理システム及びネットワーク機能仮想化基盤管理方法, 沈 文裕, 吉田 雅裕, 川幡 太一, 湊 賢治, 今宿 亙, 特願2014-037848, 特開2015-162147
  • サーバ装置、ネットワークシステム、及びプログラム, 有馬 啓太, 山口 右恭, 内田 茂, 今宿 亙, 特願2010-222525, 特開2012-080263
  • ネットワーク設計管理方法及び装置及び光ネットワークシステム, 門畑 顕博, 渡辺 篤, 今宿 亙, 曽根 由明, 神野 正彦, 特願2009-041413, 特開2010-199891
  • 管理制御システム及び管理装置, 門畑 顕博, 曽根 由明, 今宿 亙, 渡辺 篤, 神野 正彦, 特願2008-273631, 特開2010-103781
  • ノード装置および通信路制御方法, 曽根 由明, 門畑 顕博, 今宿 亙, 特願2007-278917, 特開2009-111477
  • 通信ノード装置、通信システム、及びパスリソース割当方法, 曽根 由明, 今宿 亙, 長津 尚英, 築島 幸男, 山田 一久, 谷口 篤, JP2007069595, WO2008-044646
  • 波長選択スイッチ及び光クロスコネクトスイッチ機能部及び光クロスコネクト装置, 今宿 亙, 平野 章, 高良 秀彦, 神野 正彦, 曽根 由明, 門畑 顕博, 特願2007-196197, 特開2009-033543
  • パケット転送方法及びパケット転送装置, 社家 一平, 福徳 光師, 今宿 亙, 島野 勝弘, 特願2007-134278, 特開2007-209040
  • データパケット転送制御方法及びシステム及びプログラム, 築島 幸男, 平野 章, 長津 尚英, 鮫島 康則, 山田 一久, 谷口 篤, 今宿 亙, 曽根 由明, 松田 和浩, 特願2007-117221, 特開2008-278006
  • 接続情報管理方法及び装置及びプログラム, 築島 幸男, 平野 章, 長津 尚英, 鮫島 康則, 山田 一久, 谷口 篤, 今宿 亙, 曽根 由明, 松田 和浩, 特願2007-117223, 特開2008-278008
  • リソース予約制御方法及び装置及びプログラム, 築島 幸男, 平野 章, 長津 尚英, 鮫島 康則, 山田 一久, 谷口 篤, 今宿 亙, 曽根 由明, 松田 和浩, 特願2007-117224, 特開2008-278009
  • グループパス予約制御方法及び経路予約装置及びシステム及びプログラム, 曽根 由明, 築島 幸男, 平野 章, 今宿 亙, 特願2007-117222, 特開2008-278007
  • 波長群ネットワークにおける波長選択方法及び装置及びプログラム, 高良 秀彦, 平野 章, 今宿 亙, 高田 篤, 佐原 明夫, 特願2007-101970, 特開2008-259130
  • 光クロスコネクト装置及び光クロスコネクト装置における信号制御方法, 平野 章, 高田 篤, 高良 秀彦, 今宿 亙, 佐原 明夫, 特願2007-101975, 特開2008-259135
  • 波長選択スイッチ及び光クロスコネクト装置及び波長選択方法及び光クロスコネクト装置における信号制御方法, 平野 章, 高田 篤, 高良 秀彦, 今宿 亙, 佐原 明夫, 特願2007-101974, 特開2008-259134
  • 光クロスコネクト装置を用いた光ネットワークシステム, 平野 章, 高田 篤, 高良 秀彦, 今宿 亙, 佐原 明夫, 特願2007-101969, 特開2008-259129
  • 光クロスコネクト装置及び管理制御装置及び光ネットワークシステム及び波長群収容方法及びプログラム及びコンピュータが読み取り可能な記録媒体, 佐原 明夫, 平野 章, 高田 篤, 高良 秀彦, 今宿 亙, 特願2007-101968, 特開2008-259128
  • 光クロスコネクト装置及び光クロスコネクトシステム及び光クロスコネクト装置における信号制御方法, 平野 章, 高田 篤, 高良 秀彦, 今宿 亙, 佐原 明夫, 特願2007-101973, 特開2008-259133
  • ルーティング装置、経路情報交換方法、通信システムおよびコンピュータプログラム, 山本 秀人, 社家 一平, 今宿 亙, 福徳 光師, 倉橋 智彦, 樽井 行保, 特願2007-062253, 特開2008-227848
  • ルーティング装置およびネットワーク, 今宿 亙, 福徳 光徳, 社家 一平, 特願2005-375383, 特開2007-180775
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置及び方法, 今宿 亙, 島野 勝弘, 滝川 好比郎, 大木 英司, 岡崎 康敬, JP2004001965, WO2004-075494
  • マスタ/スレーブ通信方法及びシステム, 築島 幸男, 渡辺 篤, 島野 勝弘, 今宿 亙, 佐原 明夫, 岡崎 康敬, 曽根 由明, 特願2003-377237, 特開2005-142843
  • スイッチングハードウェア管理制御装置及び方法, 今宿 亙, 渡辺 篤, 島野 勝弘, 佐原 明夫, 岡崎 康敬, 築島 幸男, 曽根 由明, 特願2003-359521, 特開2005-124067
  • 光ネットワークのノード監視制御装置, 島野 勝弘, 今宿 亙, 特願2003-344290, 特開2005-110175
  • 光ネットワーク設計方法及び光ネットワーク設計プログラム, 島野 勝弘, 今宿 亙, 特願2003-318596, 特開2005-086675
  • 光バースト転送ネットワーク設計方法, 今宿 亙, 島野 勝弘, 大木 英司, 特願2003-172988, 特開2005-012402
  • 光通信システムの監視制御信号伝送方法、光通信システム監視制御網および光通信ノード装置, 島野 勝弘, 今宿 亙, 渡辺 篤, 特願2003-159934, 特開2004-363944
  • 仮想リング光バースト転送方法およびノード装置, 今宿 亙, 島野 勝弘, 特願2002-340978, 特開2004-179759
  • フォトニックネットワークおよびノードおよびフォトニックネットワークの構成方法, 山中 直明, 塩本 公平, 今宿 亙, 特願2002-167277, 特開2004-015512
  • 光パスネットワークおよびノードおよび光チャネル選択方法, 今宿 亙, 大木 英司, 松浦 伸昭, 山中 直明, 特願2002-144733, 特開2003-339064
  • ネットワークおよびノードおよびパス設定方法, 松浦 伸昭, 片山 勝, 塩本 公平, 今宿 亙, 特願2002-122704, 特開2003-318970
  • ネットワークおよびノードおよびパス設定方法, 松浦 伸昭, 塩本 公平, 山中 直明, 今宿 亙, 特願2002-122695, 特開2003-318969
  • 光パス通信網およびノードおよび光パス設定波長検索方法, 山中 直明, 大木 英司, 今宿 亙, 特願2002-118101, 特開2003-318952
  • マルチレイヤ光ネットワーク, 塩本 公平, 大木 英司, 山中 直明, 今宿 亙, 特願2002-100186, 特開2003-298517
  • 光クロスコネクトおよび光パスネットワーク, 山中 直明, 大木 英司, 塩本 公平, 島崎 大作, 今宿 亙, 岡本 聡, 特願2002-060142, 特開2003-259403
  • 光クロスコネクト装置の波長変換装置数と変換数の決定装置および方法, 島崎 大作, 大木 英司, 山中 直明, 今宿 亙, 特願2002-055969, 特開2003-259404
  • 光パス新設方法, 今宿 亙, 長津 尚英, 大木 英司, 滝川 好比郎, 特願2002-053184, 特開2003-258886
  • 光通信ネットワークおよび光ノードおよび光波長パス設定方法, 山中 直明, 今宿 亙, 大木 英司, 島崎 大作, 特願2002-035726, 特開2003-244078
  • 光通信ネットワークおよび光ノードおよび光波長パス設定方法, 山中 直明, 今宿 亙, 大木 英司, 島崎 大作, 特願2002-035719, 特開2003-244098
  • 多階層ノード装置及び多階層ノード制御プログラム及び多階層ノード制御プログラムを格納した記憶媒体, 今宿 亙, 特願2002-033107, 特開2003-234773
  • 高次パス設定方法及び高次パス削除方法及び高次パス共有方法及び、高次パス設定プログラム及び高次パス削除プログラム及び高次パス共有プログラム及び高次パス設定プログラムを格納した記憶媒体及び高次パス削除プログラムを格納した記憶媒体及び高次パス共有プログラムを格納した記憶媒体, 今宿 亙, 特願2002-033106, 特開2003-234772
  • 波長パス通信網および光クロスコネクト装置, 大木 英司, 塩本 公平, 今宿 亙, 島崎 大作, 特願2002-031326, 特開2003-235061
  • 光パス接続方法, 今宿 亙, 岡本 聡, 滝川 好比郎, 山中 直明, 特願2002-031285, 特開2003-234706
  • 光通信網および光パスクロスコネクト装置, 今宿 亙, 山涌 純, 高田 篤, 特願2001-057191, 特開2002-262319
  • 分布光増幅システムおよび分布光増幅方法, 今宿 亙, 高田 篤, 山林 由明, 特願平11-312461, 特開2001-133818
  • 光信号増幅器, 高田 篤, 今宿 亙, 特願平7-142008, 特開平8-334800
  • 光増幅器および前置増幅器, 今宿 亙, 高田 篤, 猿渡 正俊, 特願平7-001175, 特開平8-190112
  • 光増幅器, 高田 篤, 今宿 亙, 特願平6-276772, 特開平8-136959

受賞

  •   2015年06月, 日本電信電話(株), 特許実施表彰 特級
  •   2014年09月, APNOMS 2014, Best Paper Award
  •   2008年07月, OECC/IOOC 2007, Best Paper Award
  •   2003年09月, HPSR 2003, Best Paper Award
  •   2000年03月, 電子情報通信学会, 平成11年度 学術奨励賞
  •   2009年03月, 日本電信電話(株), 平成20年度 未来ねっと研究所所長表彰, SINET 3における共同研究支援
  •   2007年02月, 日本電信電話(株), 平成18年度 先端総合技術総合研究所所長表彰, GMPLS制御によるリストレーションならびにL1-VPN実現技術に関する基本特許
  •   2006年03月, 日本電信電話(株), 平成17年度 未来ねっと研究所所長表彰, フォトニックIXアーキテクチャの提案と基本動作の実証
  •   2003年12月, 日本電信電話(株), 平成15年度 先端総合技術研究所所長表彰, GMPLS/GSMP光クロスコネクト制御基盤技術の研究開発
  •   2000年03月, 日本電信電話(株), 平成11年度 未来ねっと研究所所長表彰, 超低雑音コヒーレント光増幅の実証
  •   1997年01月, 日本電信電話(株), 平成8年度 光ネットワークシステム研究所所長表彰, 位相感応光増幅器の研究

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 利得飽和型パラメトリック増幅器と非線形伝送路符号を適用した次世代光伝送方式の研究 (H29-), 今宿 亙
  • 福岡県飯塚市, 研究助成, 地盤・建造物の温度・歪同時計測を可能とする 低コスト光ファイバセンサの研究開発, 今宿 亙
  • 民間企業, 受託研究, 光中継ノードにおける非線形位相ノイズ補償技術の研究, 今宿 亙
  • 情報通信機構, 高度通信・放送研究開発委託研究, エラスティック光通信ネットワーク構成技術の研究開発(H26-H27)
  • 総務省, 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE: Strategic Information and Communications   R&D Promotion Program) 国際技術獲得型研究開発, 光ネットワークのキャリア間インタフェイスの標準化(H18-H20)

その他

  •   2015年06月, IETF RFC 7581: Routing and Wavelength Assignment Information Encoding for Wavelength Switched Optical Networks, 国際標準通信規格/Internet Engineering Task Force(IETF)
  •   2015年06月, IETF RFC 7579: General Network Element Constraint Encoding for GMPLS-Controlled Networks, 国際標準通信規格/Internet Engineering Task Force(IETF)
  •   2015年02月, IETF RFC 7446: Routing and Wavelength Assignment Information Model for Wavelength Switched Optical Networks, 国際標準通信規格/Internet Engineering Task Force(IETF)
  •   2011年04月, IETF RFC 6163: Framework for GMPLS and Path Computation Element (PCE) Control of Wavelength Switched Optical Networks (WSONs), 国際標準通信規格/Internet Engineering Task Force(IETF)

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 信号処理特論, 近畿大学 産業理工学研究科
  • 制御情報工学特論, 近畿大学 産業理工学研究科
  • 実践英語演習, 近畿大学 産業理工学研究科
  • 応用数学 I, 近畿大学 産業理工学部
  • 情報通信理論, 近畿大学 産業理工学部
  • 電子情報設計プロジェクト, 近畿大学 産業理工学部
  • 電子情報工学セミナー, 近畿大学 産業理工学部
  • 科学的問題解決法, 近畿大学 産業理工学部
  • 電磁気学III, 近畿大学 産業理工学部
  • 情報通信工学概論, 近畿大学 産業理工学部
  • 初等信号理論, 近畿大学 産業理工学部
  • 基礎数学演習, 近畿大学 産業理工学部
  • 基礎ゼミ, 近畿大学 産業理工学部
  • 電気電子情報工学実験, 近畿大学 産業理工学部
  • 情報ネットワーク, 明治大学 理工学部

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 電子情報通信学会 先端オープン講座, 講師, 電子情報通信学会,   2008年06月 - 2011年06月
  • 阪神大震災時におけるインターネット情報ボランティア活動, 運営参加・支援,   1995年02月