KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

重岡 成シゲオカ シゲル

プロフィール

所属部署名農学部 バイオサイエンス学科 / 農学研究科
職名教授/学部長
学位農学博士
専門植物分子生理学、ビタミン学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/325-shigeoka-shigeru.html
ホームページURLhttp://nara-kindai.unv.jp/02gakka/06bio/syokubun/index.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/20

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    以下のキーワードに関する研究を実施。:抗酸化剤/酵素(ビタミンC、E)、酸素毒性(防御系)、環境ストレス応答/耐性、光合成炭素代謝、形質転換植物(分子育種)、バイオ燃料(藻類)

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2016/4/10
     NHKEテレ「サイエンスZERO」
     ミドリムシ(ユーグレナ)について
    ●2014/12/2
     朝日放送「キャスト」
     ミドリムシの活用法や今後の可能性について
    ●2014/10/17
     NHK「NEWS WEB」
     ユーグレナについて
    ●2014/10/03
     NHK総合(香川県域)「ゆう6かがわ」
     光合成とビタミンCの効能について

学歴・経歴

学歴

  •  - 1980年, 大阪府立大学, 農学研究科, 農芸化学
  •  - 1975年, 大阪府立大学, 農学部, 農芸化学

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 応用生物化学

研究キーワード

  • 代謝生化学, ビタミン学, 植物分子生理学

論文

  • Enhanced photosynthetic capacity increases nitrogen metabolism through the coordinated regulation of carbon and nitrogen assimilation in Arabidopsis thaliana., Otori K, Tanabe N, Maruyama T, Sato S, Yanagisawa S, Tamoi M, Shigeoka S, Journal of plant research, 130, 5, 909, 927,   2017年09月, 査読有り
  • Enhancements in sucrose biosynthesis capacity affect shoot branching in Arabidopsis., Otori K, Tamoi M, Tanabe N, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 81, 8, 1470, 1477,   2017年08月, 査読有り
  • Biochemistry and Physiology of Vitamins in Euglena, Watanabe F, Yoshimura K, Shigeoka S, Adv Exp Med Biol., 979, 65, 90,   2017年05月
  • Arabidopsis dehydroascorbate reductase 1 and 2 modulate redox states of ascorbate-glutathione cycle in the cytosol in response to photooxidative stress., Noshi M, Yamada H, Hatanaka R, Tanabe N, Tamoi M, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 81, 3, 523, 533,   2017年03月, 査読有り
  • Diverse strategies of O2 usage for preventing photo-oxidative damage under CO2 limitation during algal photosynthesis., Shimakawa G, Matsuda Y, Nakajima K, Tamoi M, Shigeoka S, Miyake C, Scientific reports, 7, 41022,   2017年01月, 査読有り
  • 植物栽培用LED“プラントフレック”照射下でのシロイヌナズナおよびタバコの生育および光合成特性, 田茂井政宏, 石田健太, 江口雄巳, 原田京一, 雉鼻一郎, 重岡 成, 植物環境工学,   2017年, 査読有り
  • Biochemistry and Physiology of Reactive Oxygen Species in Euglena., Ishikawa T, Tamaki S, Maruta T, Shigeoka S, Advances in experimental medicine and biology, 979, 47, 64,   2017年, 査読有り
  • Loss-of-function of an Arabidopsis NADPH pyrophosphohydrolase, AtNUDX19, impacts on the pyridine nucleotides status and confers photooxidative stress tolerance., Maruta T, Ogawa T, Tsujimura M, Ikemoto K, Yoshida T, Takahashi H, Yoshimura K, Shigeoka S, Scientific reports, 6, 37432,   2016年11月, 査読有り
  • Arabidopsis clade IV TGA transcription factors, TGA10 and TGA9, are involved in ROS-mediated responses to bacterial PAMP flg22., Noshi M, Mori D, Tanabe N, Maruta T, Shigeoka S, Plant science : an international journal of experimental plant biology, 252, 12, 21,   2016年11月, 査読有り
  • Diversity and Evolution of Ascorbate Peroxidase Functions in Chloroplasts: More Than Just a Classical Antioxidant Enzyme?, Maruta T, Sawa Y, Shigeoka S, Ishikawa T, Plant & cell physiology, 57, 7, 1377, 1386,   2016年07月, 査読有り
  • Modulation of NADH Levels by Arabidopsis Nudix Hydrolases, AtNUDX6 and 7, and the Respective Proteins Themselves Play Distinct Roles in the Regulation of Various Cellular Responses Involved in Biotic/Abiotic Stresses., Ogawa T, Muramoto K, Takada R, Nakagawa S, Shigeoka S, Yoshimura K, Plant & cell physiology, 57, 6, 1295, 1308,   2016年06月, 査読有り
  • Redox regulation of ascorbate and glutathione by a chloroplastic dehydroascorbate reductase is required for high-light stress tolerance in Arabidopsis., Noshi M, Hatanaka R, Tanabe N, Terai Y, Maruta T, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 80, 5, 870, 877,   2016年05月, 査読有り
  • Activation of NADPH-recycling systems in leaves and roots of Arabidopsis thaliana under arsenic-induced stress conditions is accelerated by knock-out of Nudix hydrolase 19 (AtNUDX19) gene., Corpas FJ, Aguayo-Trinidad S, Ogawa T, Yoshimura K, Shigeoka S, Journal of plant physiology, 192, 81, 89,   2016年03月, 査読有り
  • Redox Balance in Chloroplasts as a Modulator of Enviromental Stress Responses: The Role of Ascorbate Peroxidase and Nudix Hydrolase in Arabidopsis, Ishikawa, T., Maruta, T., Ogawa, T., Yoshimura, K. and Shigeoka, S, Redox State as a Central Regulator of Plant-Cell Stress Responses, 65, 90,   2016年
  • The sweet potato RbcS gene (IbRbcS1) promoter confers high-level and green tissue-specific expression of the GUS reporter gene in transgenic Arabidopsis., Tanabe N, Tamoi M, Shigeoka S, Gene, 567, 2, 244, 250,   2015年08月, 査読有り
  • Identification and characterization of cytosolic fructose-1,6-bisphosphatase in Euglena gracilis., Ogawa T, Kimura A, Sakuyama H, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 79, 12, 1, 8,   2015年07月, 査読有り
  • Biochemical and physiological analyses of NADPH-dependent thioredoxin reductase isozymes in Euglena gracilis., Tamaki S, Maruta T, Sawa Y, Shigeoka S, Ishikawa T, Plant science : an international journal of experimental plant biology, 236, 29, 36,   2015年07月, 査読有り
  • Identification and characterization of Arabidopsis AtNUDX9 as a GDP-d-mannose pyrophosphohydrolase: its involvement in root growth inhibition in response to ammonium., Tanaka H, Maruta T, Ogawa T, Tanabe N, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S, Journal of experimental botany, 66, 19, 5797, 5808,   2015年06月, 査読有り
  • Characterization and physiological role of two types of chloroplastic fructose-1,6-bisphosphatases in Euglena gracilis., Ogawa T, Kimura A, Sakuyama H, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S, Archives of biochemistry and biophysics, 575, 61, 68,   2015年06月, 査読有り
  • Potato yield enhancement through intensification of sink and source performances., Katoh A, Ashida H, Kasajima I, Shigeoka S, Yokota A, Breeding science, 65, 1, 77, 84,   2015年03月, 査読有り
  • Versatile physiological functions of the Nudix hydrolase family in Arabidopsis., Yoshimura K, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 79, 354, 366,   2015年03月, 査読有り
  • Diversity of regulatory mechanisms of photosynthetic carbon metabolism in plants and algae., Tamoi M, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 79, 6, 1, 7,   2015年03月, 査読有り
  • Transcriptional control of vitamin C defective 2 and tocopherol cyclase genes by light and plastid-derived signals: the partial involvement of GENOMES UNCOUPLED 1., Tanaka H, Maruta T, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S, Plant science : an international journal of experimental plant biology, 231, 20, 29,   2015年02月, 査読有り
  • The crystal structure of isoniazid-bound KatG catalase-peroxidase from Synechococcus elongatus PCC7942., Kamachi S, Hirabayashi K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Wada K, The FEBS journal, 282, 1, 54, 64,   2015年01月, 査読有り
  • Crystal structure of the catalase-peroxidase KatG W78F mutant from Synechococcus elongatus PCC7942 in complex with the antitubercular pro-drug isoniazid., Kamachi S, Hirabayashi K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Wada K, FEBS letters, 589, 1, 131, 137,   2015年01月, 査読有り
  • A gain-of-function mutation of plastidic invertase alters nuclear gene expression with sucrose treatment partially via GENOMES UNCOUPLED1-mediated signaling., Maruta T, Miyazaki N, Nosaka R, Tanaka H, Padilla-Chacon D, Otori K, Kimura A, Tanabe N, Yoshimura K, Tamoi M, Shigeoka S, The New phytologist, 206, 3, 1013, 1023,   2015年01月, 査読有り
  • Generation of transgenic tobacco plants with enhanced tocotrienoll levels through the ectopic expression of rice homogentisate geranylgeranyl transferase, Tanaka H., Yabuta Y., Tamoi M., Tanabe N, and Shigeoka S, Plant Biotechnol, 32, 233, 238,   2015年, 査読有り
  • Enhancement of photosynthetic capacity in Euglena gracilis by expression of cyanobacterial fructose-1,6-/sedoheptulose-1,7-bisphosphatase leads to increases in biomass and wax ester production., Ogawa T, Tamoi M, Kimura A, Mine A, Sakuyama H, Yoshida E, Maruta T, Suzuki K, Ishikawa T, Shigeoka S, Biotechnology for biofuels, 8, 80, 80,   2015年, 査読有り
  • Ectopic expression of the human MutT-type Nudix hydrolase, hMTH1, confers enhanced tolerance to oxidative stress in arabidopsis., Yoshimura K, Ogawa T, Tsujimura M, Ishikawa K, Shigeoka S, Plant & cell physiology, 55, 9, 1534, 1543,   2014年09月, 査読有り
  • Ferulic acid 5-hydroxylase 1 is essential for expression of anthocyanin biosynthesis-associated genes and anthocyanin accumulation under photooxidative stress in Arabidopsis., Maruta T, Noshi M, Nakamura M, Matsuda S, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S, Plant science : an international journal of experimental plant biology, 219-220, 61, 68,   2014年04月, 査読有り
  • The 2.2 Å resolution structure of the catalase-peroxidase KatG from Synechococcus elongatus PCC7942., Kamachi S, Wada K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications, 70, Pt 3, 288, 293,   2014年03月, 査読有り
  • Ascorbic acid deficiency decreases hepatic cytochrome P-450, especially CYP2B1/2B2, and simultaneously induces heme oxygenase-1 gene expression in scurvy-prone ODS rats., Kobayashi M, Hoshinaga Y, Miura N, Tokuda Y, Shigeoka S, Murai A, Horio F, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 78, 6, 1060, 1066,   2014年, 査読有り
  • Transient expression analysis revealed the importance of VTC2 expression level in light/dark regulation of ascorbate biosynthesis in Arabidopsis., Yoshimura K, Nakane T, Kume S, Shiomi Y, Maruta T, Ishikawa T, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 78, 1, 60, 66,   2014年, 査読有り
  • Identification and functional analysis of peroxiredoxin isoforms in Euglena gracilis., Tamaki S, Maruta T, Sawa Y, Shigeoka S, Ishikawa T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 78, 4, 593, 601,   2014年, 査読有り
  • Cellular redox regulation, signaling, and stress response in plants., Shigeoka S, Maruta T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 78, 1457, 1470,   2014年, 査読有り
  • Improvement of vitamin E quality and quantity in tobacco and lettuce by chloroplast genetic engineering., Yabuta Y, Tanaka H, Yoshimura S, Suzuki A, Tamoi M, Maruta T, Shigeoka S, Transgenic research, 22, 2, 391, 402,   2013年04月, 査読有り
  • Activation of γ-aminobutyrate production by chloroplastic H(2)O(2) is associated with the oxidative stress response., Maruta T, Ojiri M, Noshi M, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 77, 2, 422, 425,   2013年, 査読有り
  • Cytosolic ascorbate peroxidase 1 protects organelles against oxidative stress by wounding- and jasmonate-induced H(2)O(2) in Arabidopsis plants., Maruta T, Inoue T, Noshi M, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S, Biochimica et biophysica acta, 1820, 12, 1901, 1907,   2012年12月, 査読有り
  • The involvement of Arabidopsis glutathione peroxidase 8 in the suppression of oxidative damage in the nucleus and cytosol., Gaber A, Ogata T, Maruta T, Yoshimura K, Tamoi M, Shigeoka S, Plant & cell physiology, 53, 9, 1596, 1606,   2012年09月, 査読有り
  • Relationship between chloroplastic H 2O 2 and the salicylic acid response., Noshi M, Maruta T, Shigeoka S, Plant signaling & behavior, 7, 8, 944, 946,   2012年08月, 査読有り
  • An Arabidopsis FAD pyrophosphohydrolase, AtNUDX23, is involved in flavin homeostasis., Maruta T, Yoshimoto T, Ito D, Ogawa T, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S, Plant & cell physiology, 53, 6, 1106, 1116,   2012年06月, 査読有り
  • H2O2-triggered retrograde signaling from chloroplasts to nucleus plays specific role in response to stress., Maruta T, Noshi M, Tanouchi A, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S, The Journal of biological chemistry, 287, 15, 11717, 11729,   2012年04月, 査読有り
  • Translocation and the alternative D-galacturonate pathway contribute to increasing the ascorbate level in ripening tomato fruits together with the D-mannose/L-galactose pathway., Badejo AA, Wada K, Gao Y, Maruta T, Sawa Y, Shigeoka S, Ishikawa T, Journal of experimental botany, 63, 1, 229, 239,   2012年01月, 査読有り
  • Enzymatic and molecular characterization of Arabidopsis ppGpp pyrophosphohydrolase, AtNUDX26., Ito D, Kato T, Maruta T, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 76, 12, 2236, 2241,   2012年, 査読有り
  • Subcellular and subnuclear distribution of high-light responsive serine/arginine-rich proteins, atSR45a and atSR30, in Arabidopsis thaliana., Mori T, Yoshimura K, Nosaka R, Sakuyama H, Koike Y, Tanabe N, Maruta T, Tamoi M, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 76, 11, 2075, 2081,   2012年, 査読有り
  • A comparative analysis of the molecular characteristics of the Arabidopsis CoA pyrophosphohydrolases AtNUDX11, 15, and 15a., Ito D, Yoshimura K, Ishikawa K, Ogawa T, Maruta T, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 76, 1, 139, 147,   2012年, 査読有り
  • Structure basis for the regulation of glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase activity via the intrinsically disordered protein CP12., Matsumura H, Kai A, Maeda T, Tamoi M, Satoh A, Tamura H, Hirose M, Ogawa T, Kizu N, Wadano A, Inoue T, Shigeoka S, Structure (London, England : 1993), 19, 12, 1846, 1854,   2011年12月, 査読有り
  • Comparison of three Chlamydomonas strains which show distinctive oxidative stress tolerance., Tanaka S, Ikeda K, Miyasaka H, Shioi Y, Suzuki Y, Tamoi M, Takeda T, Shigeoka S, Harada K, Hirata K, Journal of bioscience and bioengineering, 112, 5, 462, 468,   2011年11月, 査読有り
  • Identification of alternative splicing events regulated by an Arabidopsis serine/arginine-like protein, atSR45a, in response to high-light stress using a tiling array., Yoshimura K, Mori T, Yokoyama K, Koike Y, Tanabe N, Sato N, Takahashi H, Maruta T, Shigeoka S, Plant & cell physiology, 52, 10, 1786, 1805,   2011年10月, 査読有り
  • Involvement of Arabidopsis NAC transcription factor in the regulation of 20S and 26S proteasomes., Yabuta Y, Osada R, Morishita T, Nishizawa-Yokoi A, Tamoi M, Maruta T, Shigeoka S, Plant science : an international journal of experimental plant biology, 181, 4, 421, 427,   2011年10月, 査読有り
  • Production of biologically active human thioredoxin 1 protein in lettuce chloroplasts, Lim S, Ashida H, Watanabe R, Inai K, Kim YS, Mukougawa K, Fukuda H, Tomizawa K, Ushiyama K, Asao H, Tamoi M, Masutani H, Shigeoka S, Yodoi J, Yokota A, Plant Mol. Biol., 76, 3-5, 335, 344,   2011年07月, 査読有り
  • Expression of aspartyl protease and C3HC4-type RING zinc finger genes are responsive to ascorbic acid in Arabidopsis thaliana., Gao Y, Nishikawa H, Badejo AA, Shibata H, Sawa Y, Nakagawa T, Maruta T, Shigeoka S, Smirnoff N, Ishikawa T, Journal of experimental botany, 62, 10, 3647, 3657,   2011年06月, 査読有り
  • Increase in the activity of fructose-1,6-bisphosphatase in cytosol affects sugar partitioning and increases the lateral shoots in tobacco plants at elevated CO2 levels, Tamoi M, Hiramatsu Y, Nedachi S, Otori K, Tanabe N, Maruta T, Shigeoka S, Photosynthesis Research, 108, 1, 15, 23,   2011年05月, 査読有り
  • HsfA1d and HsfA1e involved in the transcriptional regulation of HsfA2 function as key regulators for the Hsf signaling network in response to environmental stress., Nishizawa-Yokoi A, Nosaka R, Hayashi H, Tainaka H, Maruta T, Tamoi M, Ikeda M, Ohme-Takagi M, Yoshimura K, Yabuta Y, Shigeoka S, Plant & cell physiology, 52, 5, 933, 945,   2011年05月, 査読有り
  • Arabidopsis NADPH oxidases, AtrbohD and AtrbohF, are essential for jasmonic acid-induced expression of genes regulated by MYC2 transcription factor., Maruta T, Inoue T, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S, Plant science : an international journal of experimental plant biology, 180, 4, 655, 660,   2011年04月, 査読有り
  • Understanding oxidative stress and antioxidant functions to enhance photosynthesis., Foyer CH, Shigeoka S, Plant physiology, 155, 1, 93, 100,   2011年01月, 査読有り
  • Expression analysis of the VTC2 and VTC5 genes encoding GDP-L-galactose phosphorylase, an enzyme involved in ascorbate biosynthesis, in Arabidopsis thaliana., Gao Y, Badejo AA, Shibata H, Sawa Y, Maruta T, Shigeoka S, Page M, Smirnoff N, Ishikawa T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 75, 9, 1783, 1788,   2011年, 査読有り
  • Generation of transplastomic lettuce with enhanced growth and high yield, Ichikawa Y, Tamoi M, Sakuyama H, Maruta T, Ashida H, Yokota A, Shigeoka S, GM CROPS, 1, 5, 322, 326,   2010年11月, 査読有り
  • New insights into the regulation of greening and carbon-nitrogen balance by sugar metabolism through a plastidic invertase, Maruta T, Otori K, Tabuchi T, Tanabe N, Tamoi M, Shigeoka S, Plant Signaling Behavior, 5, 9, 1131, 1133,   2010年09月, 査読有り
  • Distinct regulation of Arabidopsis ADP-ribose/NADH pyrophosphohydrolases, AtNUDX6 and 7, in biotic and abiotic stress responses, Ishikawa K, Yoshimura K, Ogawa T, Shigeoka S, Plant Signaling Behavior, 5, 7, 839, 841,   2010年07月, 査読有り
  • Methyladeninylcobamide functions as the cofactor of methionine synthase in a Cyanobacterium, Spirulina platensis NIES-39., Tanioka Y, Miyamoto E, Yabuta Y, Ohnishi K, Fujita T, Yamaji R, Misono H, Shigeoka S, Nakano Y, Inui H, Watanabe F, FEBS letters, 584, 14, 3223, 3226,   2010年07月, 査読有り
  • Characterization of methylmalonyl-CoA mutase involved in the propionate photoassimilation of Euglena gracilis Z., Miyamoto E, Tanioka Y, Nishizawa-Yokoi A, Yabuta Y, Ohnishi K, Misono H, Shigeoka S, Nakano Y, Watanabe F, Archives of microbiology, 192, 6, 437, 446,   2010年06月, 査読有り
  • Identification of recognition sequence of ANAC078 protein by the cyclic amplification and selection of targets technique, Yabuta Y, Morishita T, Kojima Y, Maruta T, Nishizawa-Yokoi A, Shigeoka S, Plant Signaling Behavior, 5, 6, 695, 697,   2010年06月, 査読有り
  • Point mutation of a plastidic invertase inhibits development of the photosynthetic apparatus and enhances nitrate assimilation in sugar-treated Arabidopsis seedlings, Tamoi M, Tabuchi T, Demuratani M, Otori K, Tanabe N, Maruta T, Shigeoka S, J. Biol. Chem., 285, 20, 15399, 15407,   2010年05月, 査読有り
  • Coffee and caffeine ameliorate hyperglycemia, fatty liver, and inflammatory adipocytokine expression in spontaneously diabetic KK-Ay mice., Yamauchi R, Kobayashi M, Matsuda Y, Ojika M, Shigeoka S, Yamamoto Y, Tou Y, Inoue T, Katagiri T, Murai A, Horio F, Journal of agricultural and food chemistry, 58, 9, 5597, 5603,   2010年05月, 査読有り
  • AtNUDX6, an ADP-ribose/NADH pyrophosphohydrolase in Arabidopsis, positively regulates NPR1-dependent salicylic acid signaling, Ishikawa K, Yoshimura K, Harada K, Fukusaki E, Ogawa T, Tamoi M, Shigeoka S, Plant Physiol, 152, 4, 2000, 2012,   2010年04月, 査読有り
  • The 26S proteasome function and Hsp90 activity involved in the regulation of HsfA2 expression in response to oxidative stress., Nishizawa-Yokoi A, Tainaka H, Yoshida E, Tamoi M, Yabuta Y, Shigeoka S, Plant Cell Physiol, 51, 3, 486, 496,   2010年03月, 査読有り
  • Arabidopsis chloroplastic ascorbate peroxidase isoenzymes play a dual Role in photoprotection and gene regulation under photooxidative stress, Maruta T, Tanouchi A, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S, Plant Cell Physiol, 51, 2, 190, 200,   2010年02月, 査読有り
  • Euglena gracilis ascorbate peroxidase forms an intramolecular dimeric structure: its unique molecular characterization., Ishikawa T, Tajima N, Nishikawa H, Gao Y, Rapolu M, Shibata H, Sawa Y, Shigeoka S, The Biochemical journal, 426, 2, 125, 134,   2010年02月, 査読有り
  • Contribution of Arabidopsis homologs of L-gulono-1,4-lactone oxidase to the biosynthesis of ascorbic acid., Maruta T, Ichikawa Y, Mieda T, Takeda T, Tamoi M, Yabuta Y, Ishikawa T, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 74, 7, 1494, 1497,   2010年, 査読有り
  • Arabidopsis NAC transcription factor, ANAC078, regulates flavonoid biosynthesis under high-light., Morishita T, Kojima Y, Maruta T, Nishizawa-Yokoi A, Yabuta Y, Shigeoka S, Plant & cell physiology, 50, 12, 2210, 2222,   2009年12月, 査読有り
  • Occurrence of pseudovitamin B12 and its possible function as the cofactor of cobalamin-dependent methionine synthase in a cyanobacterium Synechocystis sp. PCC6803., Tanioka Y, Yabuta Y, Yamaji R, Shigeoka S, Nakano Y, Watanabe F, Inui H, Journal of nutritional science and vitaminology, 55, 6, 518, 521,   2009年12月, 査読有り
  • Modulation of the poly(ADP-ribosyl)ation reaction via the ArabidopsisADP-ribose/NADH pyrophosphohydrolase, AtNUDX7, is involved in the response to oxidative stress, Ishikawa K, Ogawa T, Hirosue E, Nakayama Y, Harada K, Fukusaki E, Yoshimura K, Shigeoka S, Plant Physiol., 151, 2, 741, 754,   2009年10月, 査読有り
  • Plant-specific SR-related protein atSR45a interacts with spliceosomal proteins in plant nucleus, Tanabe, N., Kimura, A., Yoshimura, K. and Shigeoka, S, Plant Mol. Biol, 70, 3, 241, 252,   2009年06月, 査読有り
  • Analysis of the regulation of target genes by an Arabidopsis heat shock transcription factor, HsfA2, Nishizawa-Yokoi, A., Yoshida, E., Yabuta, Y. and Shigeoka, S. , Biosci. Biotechnol. Biochem., 73, 4, 890, 895,   2009年04月, 査読有り
  • Overexpression of an ADP-ribose pyrophosphatase, AtNUDX2, confers enhanced tolerance to oxidative stress in Arabidopsis plants., Ogawa T, Ishikawa K, Harada K, Fukusaki E, Yoshimura K, Shigeoka S, The Plant journal : for cell and molecular biology, 57, 2, 289, 301,   2009年01月, 査読有り
  • Arabidopsis Sgt1a as an important factor for the acquirement of thermotolerance, Yabuta Y., Nishizawa-Yokoi A., Ono K. and Shigeoka S., Plant Science, 177, 676, 681,   2009年
  • The pathway via D-galacturonate/L-galactonate is significant for ascorbate biosynthesis in Euglena gracilis: identification and functional characterization of aldonolactonase, Ishikwa, T.,Masumoto,I., Nishikawa, H., Gao, Y., Sawa, Y., Shibata, H., Nakamura, A., Yabuta, Y., MAruta, T. and Shigeoka, S. , J. Biol. Chem., 283, 45, 31133, 31141,   2008年11月, 査読有り
  • The contribution of carbohydrates including raffinose family oligosaccharides and sugar alcohols to protection of plant cells from oxidative damage, Nishizawa-Yokoi, A., Yabuta, Y. and Shigeoka, S. , Plant Signaling & Behavior , 3, 11, 1016, 1018,   2008年11月, 査読有り
  • Molecular characterization of organelle-type Nudix hydrolases in Arabidopsis thaliana., Ogawa, T., Yoshimura, K., Miyake, H., Ishikawa, K., Ito, D., Tanabe, N. and Shigeoka, S., Plant Physiol, 148, 3, 1412, 1424,   2008年11月, 査読有り
  • Conversion of L-galactono-1, 4-lactone to L-ascorbate is regulated by the photosynthetic electron transport chain in Arabidopsis, Yabuta, Y., Maruta, T, Nakamura, A., Mieda, T., Yoshimura, K., Ishikawa, T. and Shigeoka, S., Biosci. Biotechnol. Biochem, 72, 10, 2598, 2607,   2008年10月, 査読有り
  • Arabidopsis phosphomannose isomerase 1, but not phosphomannose isomerase 2, is essential for ascorbic acid biosynthesis, Maruta, T., Yonemitsu, M., Yabuta, Y.,Tamoi, M., Ishikawa, T. and Shigeoka, S. , J. Biol. Chem. , 283, 43, 28842, 28851,   2008年10月, 査読有り
  • Galactinol and raffinose constitute a novel function to protect plants from oxidative damage, Nishizawa, A., Yabuta, Y. and Shigeoka, S. , Plant Physiol, 147, 3, 1251, 1263,   2008年07月, 査読有り
  • Recent advances in ascorbate biosynthesis and the physiological significance of ascorbate peroxidase in photosynthesizing organisms., Ishikawa T, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 72, 5, 1143, 1154,   2008年05月, 査読有り
  • Molecular designing of photosynthesis-elevated chloroplasts for mass accumulation of a foreign protein, Yabuta, Y., Tamoi, M., Yamamoto, K., Tomizawa, K., Yokota, A. and Shigeoka, S., Plant Cell Physiol, 49, 3, 375, 385,   2008年03月, 査読有り
  • Effect of cytosolic FBPase on photosynthetic carbon metabolism under high CO2 conditions, 田茂井 政宏, 重岡 成, Photosynthesis. Energy from the Sun, 895, 899,   2008年
  • Engineering of photosynthetic pathways. In Advances in Plant Biochemistry and Molecular Biology, Yokota A. and Shigeoka S., Bioengineering and Molecular Biology of Plant Pathways, 1, 81, 105,   2008年
  • AtNUDX1, an 8-oxo-7,8-dihydro-2’-deoxyguanosine 5’-triphosphate pyrophosphohydrolase, is responsible for eliminating oxidized nucleotides in Arabidopsis , Yoshimura, K., Ogawa, T., Ueda, Y. and Shigeoka, S. , Plant Cell Physiol, 48, 10, 1438, 1449,   2007年10月, 査読有り
  • A bacterial transgene for catalase protects translation of D1 protein during exposure of salt-stressed tobacco leaves to strong light. , Khaled Al-Taweel, Iwaki, T., Yabuta, Y., Shigeoka, S., Murata, N.,and Wadano, A. , Plant Physiol. , 145, 1, 258, 265,   2007年09月, 査読有り
  • Differential expression of alternatively spliced mRNAs of Arabidopsis SR protein homologues, atSR30 and atSR45a, in response to environmental stress., Tanabe, N., Yoshimura, K., Kimura, A., Yabuta, Y. and Shigeoka, S. , Plant Cell Physiol , 48, 7, 1036, 1049,   2007年07月, 査読有り
  • [Regulation mechanism of the intercellular redox status involved in the response to environmental stress in higher plants]., Yabuta Y, Ogawa T, Yoshimura K, Shigeoka S, Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 52, 6 Suppl, 578, 584,   2007年05月, 査読有り
  • Light regulation of ascorbate biosynthesis is dependent on the photosynthetic electron transport chain but independent of sugars in Arabidopsis , Yabuta, Y., Mieda, T., Rapolu, M., Nakamura, A., Motoki, T., Maruta, T., Yoshimura, K., Ishikawa, T. and Shigeoka, S, J. Exp. Bot , 58, 10, 2661, 2671,   2007年, 査読有り
  • Hydroperoxide reduction by thioredoxin specific-glutathione peroxidase isoenzymes of Arabidopsis, Iqbal, A, Yabuta, Y., Takeda, T., Nakano, Y. and Shigeoka, S. , FEBS J. , 273, 24, 5589, 5597,   2006年12月, 査読有り
  • Arabidopsis heat shock transcription factor A2 as a key regulator in response to several types of environmental stress., Nishizawa A, Yabuta Y, Yoshida E, Maruta T, Yoshimura K, Shigeoka S, The Plant journal : for cell and molecular biology, 48, 4, 535, 547,   2006年11月, 査読有り
  • Functional characterization of D-galacturonic acid reductase, a key enzyme of the ascorbate biosynthesis pathway, from Euglena gracilis , Ishikawa, T.,Masumoto,I., Iwasa, N., Nishikawa, H., Sawa, Y., Shibata, H., Nakamura, A., Yabuta, Y. and Shigeoka, S. , Biosci. Biotechnol. Biochem, 70, 11, 2720, 2726,   2006年11月, 査読有り
  • Structure of apo- glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase from Synechococcus PCC7942., Kitatani,T.,Nakamura, Y., Wada,K., KinoshitaT., Tamoi,M., ShigeokaS.,and Tada, T , Acta Cryst, F62, Pt 8, 727, 730,   2006年08月, 査読有り
  • An inserted loop region of stromal ascorbate peroxidase is involved in its hydrogen peroxide-mediated inactivation , Kitajima,S., Tomizawa,K., Shigeoka , S. and Yokota, Y. , FEBS J., 273, 12, 2704, 2710,   2006年06月, 査読有り
  • Structure of NADP-dependent glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase from Synechococcus PCC7942 complexed with NADP., Kitatani T, Nakamura Y, Wada K, Kinoshita T, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications, 62, Pt 4, 315, 319,   2006年04月, 査読有り
  • Contribution of fructose-1,6-bisphosphatase and sedoheptulose-1,7-bisphosphatase to the photosynthet, Tamoi,M., Nagaoka, M., Miyagawa, Y. and Shigeoka, S , Plant Cell Physiol, 47, 3, 380, 390,   2006年03月, 査読有り
  • Structure of NADP-dependent glyceraldehyde from Synechococcus PCC7942 complexed with NADP., Kitatani,T.,Nakamura, Y., Wada,K., KinoshitaT., Tamoi,M., ShigeokaS.,and Tada, T, Acta Cryst., F62, 315, 319,   2006年, 査読有り
  • Glutathione peroxidase-like protein of Synechocystis PCC 6803 confers tolerance to oxidative and environmental stresses in transgenic Arabidopsis via cell membrane protection, Gaber, A., Yoshimura, K., Yamamoto, T., Yabuta,Y., Takeda, T., Miyasaka, H., Nakano, Y. and Shigeoka, S. , Physiol. Plant , 128, 2, 251, 262,   2006年
  • Arabidopsis heat shock transcription factor A2 as a key regulation in response to several types of environmental stress., Nishizawa A., Yabuta Y., Yoshida, E., Maruta T., Yoshimura K. and Shigeoka S. , Plant J., 48, 535, 547,   2006年, 査読有り
  • Acclimation to diverse environmental strsses caused by a suppression of cytosolic ascorbate peroxidase in tobacco BY-2 cells., Ishikawa T., Morimoto,Y., Madhusudhan, R.,, Sawa, Y., Shibata, H., Yabuta,Y., Nishizawa, A. and Shigeoka,, S., Plant Cell Physiol., 46, 8, 1264, 1271,   2005年08月, 査読有り
  • Comprehensive analysis of Cytosolic Nudix hydrolases in Arabidopsis thaliana., Ogawa T., Ueda Y., Yoshimura K. and Shigeoka S, J.Biol.Chem., 280, 26, 25277, 25283,   2005年07月, 査読有り
  • The Calvin cycle in cyanobacteria is regulated by CP-12 via the NAD(H)/NADP(H) ratio under light/dark conditions., Tamoi, M., Miyazaki, T., Fukamizo, T., and Shigeoka, S., Plant J., 42,504-513, 4, 504, 513,   2005年05月, 査読有り
  • Immunogicl property of sedoheptulose-1,7-bisphosphatase from Chlamydomonas sp. W80., Tamoi, M., Nagaoka, M., and Shigeoka, S., Biosci.Biotechnol.Biochem., 69, 4, 848, 851,   2005年04月, 査読有り
  • Improvement of photosynthesis in higher plants, Tamoi M., and Shigeoka S, In Plant Responses to Air pollution and Global Change, 141, 147,   2005年, 査読有り
  • Values of Water-soluble Vitamins in Blood and Urine of Japanese Young Men and Women Consuming a Semi-purified Diet Based on the Japanese Dietary Reference Intakes, Shibata K., Fukuwatari T., Ohta M., Okamoto H., Watanabe T., Fukui T., Nishimuta M., Totani M., Kimura M., Ohishi N., Nakashima M., Watanabe F., Miyamoto E., Shigeoka S., Takeda T., Murakami M., Ihara H. and Hashizume N. , J. Nutri. Sci. Vitaminol, 51, 5, 319, 328,   2005年, 査読有り
  • Carbon metabolism in the Calvin cycle., Tamoi M., Nagaoka M. , Yabuta Y. and Shigeoka S., Plant Biotechnol., 22, 355, 360,   2005年, 査読有り
  • Decline in leaf photooxidative-stress tolerance with age in tobacco., Ohe, M., Madhusudhan, R., Mieda T., Miyagawa, Y., Yabuta Y., Yoshimura K. and Shigeoka S., Plant Sci., 168, 6, 1487, 1493,   2005年
  • Two distinct redox signaling pathways for cytosolic APX induction under photooxidative stress., Yabuta Y, Maruta T, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S, Plant Cell Physiol., 45, 11, 1586, 1594,   2004年11月, 査読有り
  • Feedback inhibition of spinach L-galactose dehydrogenase by L-ascorbate., MIEDA T, YABUTA Y, RAPOLU M, MOTOKI T, TAKEDA T, YOSHIMURA K, ISHIKAWA T, SHIGEOKA S, Plant Cell Physiol., 45, 9, 1271, 1279,   2004年09月, 査読有り
  • Induction and functional analysis of two NADPH-dependent glutathione peroxidase-like proteins in Synechocystis PCC 6803 during the progression of oxidative stress ., GABER A, YOSHIMURA K, TAMOI M, TAKEDA T, NAKANO Y, SHIGEOKA S, Plant Physiol., 136, 1, 2855, 2861,   2004年09月, 査読有り
  • Enhancement of stress tolerance in transgenic tobacco plants overexpressing Chlamydomonas glutathione peroxidase in chloroplasts or cytosol., Yoshimura K, Miyao K, Gaber A, Takeda T, Kanaboshi H, Miyasaka H, Shigeoka S, Plant J ., 37, 1, 12, 33,   2004年01月, 査読有り
  • 植物の機能制御に向けた研究の最先端:分子遺伝的改変技術から見えてきた代謝ネットワーク, 重岡 成, 柴田均, 小川健一, 日本農芸化学会誌, 78, 10, 956, 957,   2004年
  • Crystal Structure of Chloroplastic Ascorbate Peroxidase from Tobacco Plants and Structural Insights for its Instability , WADA K, TADA T, NAKAMURA Y, ISHIKAWA T, YABUTA Y, YOSHIMURA K, SHIGEOKA S, NISHIMURA K, J. Biochem., 134, 2, 239, 244,   2003年08月, 査読有り
  • Characterization of an ascorbate peroxidase in plastids of tobacco BY-2 cells , Madhusudhan R, Ishikawa T, Sawa Y, Shigeoka S, Shibata H, Physiol. Plant., 117, 4, 550, 557,   2003年04月, 査読有り
  • Molecular characterization and redox regulation of phosphoribulokinase from the cyanobacterium Synechococcus PCC7942 , KOBAYASHI D, TAMOI M, IWAKI T, SHIGEOKA S, WADANO A, Plant Cell Physiol., 44, 3, 269, 276,   2003年03月, 査読有り
  • Chemical modification of arginine alleviates the decline in activity during catalysis of spinach Rubisco , MIZOHATA E, ANWARUZZAMAN M, OKUNO H, TOMIZAWA K, SHIGEOKA S, KAI Y, YOKOTA A, Biochem. Biophys. Res. Commun., 301, 2, 591, 597,   2003年02月, 査読有り
  • Molecular characterization of glutathione peroxidase-like protein in halotolerant Chlamydomonas sp. W80, Takeda T. Miyao K. Tamoi M. Kanaboshi H. Miyasaka H. and Shigeoka S. , Physiol. Plant., 117, 467, 475,   2003年, 査読有り
  • 植物はなぜビタミンCを多く含むのか? ―光・酸素毒防御系への関与― , 重岡 成, 吉村和也, 石川孝博, ビタミン, 77, 363, 375,   2003年
  • Post-transcriptional regulation of ascorbate peroxidase during light adaptation of Euglena gracilis, MADHUSUDHAN R, ISHIKAWA T, SAWA Y, SHIGEOKA S, SHIBATA H, Plant. Sic., 165, 1, 233, 238,   2003年, 査読有り
  • Effect of Iron on the Expression of Ascorbate Peroxidase in Euglena gracilis., ISHIKAWA T, MADHUSUDHAN R, SHIGEOKA S, Plant Sci., 165, 6, 1363, 1367,   2003年, 査読有り
  • Overexpression of bacterial catalase in tomato plants chloroplasts enhances photooxidative stress tolerance., Mohamed El-Awady, Iwaki T., Tamoi M., Shigeoka S. and Wadano A., Plant Cell Environ., 26, 2037, 2046,   2003年, 査読有り
  • Thylakoid membrane-bound ascorbate peroxidase is a limiting factor of antioxidative systems under photo-oxidative stress., Yabuta Y, Motoki T, Yoshimura K, Takeda T, Ishikawa T, Shigeoka S, The Plant journal : for cell and molecular biology, 32, 6, 915, 925,   2002年12月, 査読有り
  • Stable form of ascorbate peroxidase from the red alga Galdieria partite similar to both chloroplastic and cytosolic isoforms of higher plants , KITAJIMA S, UEDA M, SANO S, MIYAKE C, KOHCHI T, TOMIZAWA K, SHIGEOKA S, YOKOTA A, Biosci. Biotechnol. Biochem, 66, 11, 2367, 2375,   2002年11月, 査読有り
  • Identification of a cis Element for Tissue-specific Alternative Splicing of Chloroplast Ascorbate Peroxidase Pre-mRNA in Higher Plants, Yoshimura K, Yabuta Y, Ishikawa T, Shigeoka S, The Journal of Biological Chemistry , 277, 40623-40632, 43, 40623, 40632,   2002年10月, 査読有り
  • Regulation and function of ascorbate peroxidase isoenzymes , Shigeoka S, Ishikawa T, Tamoi M, Miyagawa Y, Takeda T, Yabuta Y, Yoshimura K, J. Exp. Botany, 53, 1305-1319, 372, 1305, 1319,   2002年05月, 査読有り
  • Crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of chloroplastic ascorbate peroxidase of tobacco plants, Wada K, Tada T, Nakamura Y, Yabuta Y, Yoshimura K, Takeda T, Shigeoka S, Nishimura K, Acta Cryst. , 58, 559-561, Pt 3, 559, 561,   2002年03月, 査読有り
  • Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of catalase-peroxidase from Synechococcus PCC7942 , Wada K, Tada T, Nakamura Y, Kinoshita T, Tamoi M, Shigeoka S, Nishimura K, Acta Cryst. , 58, 157-159, Pt 1, 157, 159,   2002年01月, 査読有り
  • アンティ・オキシダントの基礎と臨床―ビタミンC-, 重岡 成, 武田 徹, 村上恵, 栄養, 19, 305, 310,   2002年
  • Characterization of monoclonal antibodies against ascorbate peroxidase isoenzymes: purification and epitope-mapping using immunoaffinity column chromatography, Yoshimura K., Ishikawa T., Wada K., Takeda T., Kamata Y., Tada T., Nishimura K., Nakano Y. and Shigeoka S, Biochim. Biophys. Acta, 1526, 168, 174,   2001年, 査読有り
  • Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of the fructose-1, 6-/sedoheptulose-1, 7-bisphos-phatase of ┣DBSynechococcus(/)-┫DB PCC 7942., Nakamura Y., Tada T., Wada K., Kinoshita T., Tamoi M., Shigeoka S. and Nishimura K., Acta Cryst., D57, 454, 456,   2001年
  • Crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of NADP-dependent glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase of ┣DBSynechococcus(/)-┫DB PCC 7942, Nakamura Y., Tada T., Wada K., Kinoshita T., Tamoi M., Shigeoka S. and Nishimura K, D57, 879, 881,   2001年, 査読有り
  • Molecular Mechanisms of the Resistance to Hydrogen Peroxide of Enzymes Involved in the Calvin Cycle from Halotolerant Chlamydomonal sp. W80, Tamoi M., Kanaboshi H., Miyasaka H. and Shigeoka S, Archives of Biochemistry and Biophysics, 390, 176, 185,   2001年, 査読有り
  • Characterization of ascorbate peroxidases from unicellular red alga ┣DBgaldieria partita(/)-┫DB, Sano S., Ueda M., Kitajima S., Takeda T., Shigeoka S., Kurabo N., Miyachi S., Miyake C. and Yokota A, 42, 4, 433, 440,   2001年, 査読有り
  • NADPH-dependent glutathione peroxidase-like proteins (Gpx-1, Gpx-2) reduce unsaturated fatty acid hydoroperoxides in Synechocystis PCC6803, Gaber A., Tamoi M., Takeda T., Nakano Y., and Shigeoka S, FEBS Letters, 499, 32, 36,   2001年, 査読有り
  • Overexpression of a cyanobacterial fructose-1, 6-/sedoheptulose-1, 7-bisphosphatase in tobacco enhances photosynthesis and growth, Miyagawa Y, Tamoi M, and Shigeoka S, Nature Biotechnology, 19, 965, 969,   2001年, 査読有り
  • Molecular characterization of tobacco mitochondrial L-Galactono-γ-lactone dehydrogenase and its expression in ┣DBEscherichia coli(/)-┫DB., Yabuta Y., Yoshimura K., Takeda T. and Shigeoka S., Plant Cell Physiol. , 41, 666, 675,   2000年, 査読有り
  • Evaluation of the defense system of chloroplast to photooxidative stress caused by paraquat using transgenic tobacco plants expressing catalasefrom ┣DBEscherichia coli(/)-┫DB., Miyagawa Y., Tamoi M. and Shigeoka S. , Plant Cell Physiol. , 41, 311, 320,   2000年, 査読有り
  • Molecular characterization and physiological role of ascorbate peroxidase from halotolerant ┣DBChlamydomonas(/)-┫DB W80 strain., Takeda T., Yoshimura K., Yoshii, M., Kanahoshi H., Miyasaka H. and Shigeoka S., Arch. Biochem. Biophys., 376, 1, 82, 90,   2000年, 査読有り
  • Expression of spinach ascorbate peroxidase isoenzymes in response to oxidative stresses., Yoshimura K., Yabuta Y., Ishikawa T. and Shigeoka S. , Plant Physiol., 123, 223, 234,   2000年, 査読有り
  • Functional analysis of fructose-1,6-bisphosphatase isozymes (fbp-I and fbp-II gene products)in cyanobacteria, Tamoi M., Takeda T. and Shigeoka S. , Plant Cell Physiol. , 40, 257, 261,   1999年, 査読有り
  • Altered regulation mechanism producing mRNA variants of chloroplastic ascorbate peroxidase isozymes in Spinach leaves, Yoshimura K., Ishikawa T., Tamoi M. and Shigeoka S. , Biocem. J., 338, 41, 48,   1999年, 査読有り
  • Purification and characterization of ascorbate peroxidase in Chlorella vulgaris, Takeda T., Ishikawa T. and Shigeoka S. , Biochimie, 80, 4, 295, 301,   1998年, 査読有り
  • Increased cellular resistance to oxidative stress by expressing of cyanobacterium catalase-peroxidase in animal cells, Ishikawa T., Ohta Y. Takeda T. Shigeoka S. and Nishikimi M., FEBS Letters, 426, 2, 221, 224,   1998年, 査読有り
  • Comparative study on recombinant chloroplastic and cytosolic ascorbate peroxidase isozymes of spinach, Yoshimura K., Ishikawa T., Nakamura Y., Tamoi M., Takeda T., Tada T., Nishimura K. and Shigeoka S. , Arch. Biochem. Biophys., 353, 1, 55, 63,   1998年, 査読有り
  • Alternative mRNA splicicng of 3'-terminal exsons generates ascorbate peroxidase isozymes in spinach chloroplasts. ,, Ishikawa T., Yoshimura K., Tamoi M., Takeda T. and Shigeoka S. , Biochem. J. , 328, 795, 800,   1998年, 査読有り
  • The lack of light/dark regulation of enzymes involved in the photosynthetic carbon reduction cycle in cyanobacteria, Synechococcus PCC 7942 and Synechocystis PCC 6803. ,, Tamoi M., Murakami A., Takeda T. and Shigeoka S., Biosci. Biotech. Biochem., 62, 2, 374, 376,   1998年, 査読有り
  • Molecular characterization and physiological role of a glyoxysome-bound ascorbate peroxidase from spinach, Ishikawa T., Yoshimura K., Sakai K., Tamoi M., Takeda T. and Shigeoka S., Plant Cell Physiol. , 39, 23, 34,   1998年, 査読有り
  • Acquisition of a new type of fructose-1,6-bisphosphatase with resistance to hydrogen peroxide in cyanobacteria : molecular characterization of the enzyme from Synechocystis PCC 6803, Tamoi M., Murakami A., Takeda T. and Shigeoka S. , Biochim. Biophys. Acta, 1383, 2, 232, 244,   1998年, 査読有り
  • Inhibition of ascorbate peroxidase under oxidative stress in tobacco having bacterial catalase in chloroplast, Shikanai T., Takeda T., Yamauchi H., Sano S., Tomizawa K., Yokota A. and Shigeoka S., FEBS Letters, 428, 1/2, 47, 51,   1998年, 査読有り
  • Effects of light on induction of ascorbate peroxidase and enzymes involved in the ascorbate-glutathione cycle in Euglena gracilis Z, Ishikawa T., Takeda T, Shigeoka S, Bull. Kinki Univ, 30, 49, 56,   1997年, 査読有り
  • Metabolism of hydrogen peroxide by the scavenging system in Chlamydomonas reinhardtii, Takeda T., Ishikawa T. and Shigeoka S. , Physiol. Plant., 99, 1, 49, 55,   1997年, 査読有り
  • Purification and characterization of cytosolic ascorbate peroxidase from Komatsuna (Brassicarapa), Ishikawa T., Takeda T. and Shigeoka S. , Plant Sci., 120, 1, 11, 18,   1996年, 査読有り
  • The catalase-peroxidase of ┣DBSynechococcus(/)-┫DB PCC7942 : purification, nucleotide sequence analysis and expression in Escherichiacoli, Mutsuda M., Ishikawa T., Takeda T. and Shigeoka S. , Biochem. J. , 316, 251, 257,   1996年, 査読有り
  • Enzymatic and molecular characterization of NADP-dependent glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase from ┣DBSynechococcus(/)-┫DB PCC7942 : resistance of the enzyme to hydrogen peroxide., Tamoi M., Ishikawa T., Takeda T. and Shigeoka S., Biochem. J. , 316, 685, 690,   1996年, 査読有り
  • Molecular characterization and resistance to hydrogen peroxide of two fructose-1,6-bisphosphatases from ┣DBSynechococcus(/)-┫DB PCC7942, Tamoi M., Ishikawa T., Takeda T. and Shigeoka S., Arch. Biochem. Biophys., 334, 1, 27, 36,   1996年, 査読有り
  • Molecular characterization of Euglena ascorbate peroxidase using monoclonal antibody, Ishikawa T., Takeda T., Kohno H. and Shigeoka S., Biochem. Biophys. Acta, 1290, 69, 75,   1996年, 査読有り
  • cDNAs encoding spinach stromal and thylakoid-bound ascorbate peroxidase, differing in the presence or absence of their 3'-coding regions :, Ishikawa T., Sakai K., Yoshimura K., Takeda T. and Shigeoka S. , FEBS Lett., 384, 3, 289, 293,   1996年, 査読有り
  • Molecular characterization of H2O2-resistance system of fructose-1,6-bisphosphatase and NADP-glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenase in SynechococcusPCC 7942, Takeda T., Tamoi M.., Ishikawa T. and Shigeoka S, Research in Photosynthesis, 5, 135, 138,   1995年, 査読有り
  • Molecular characterization of ascorbate peroxidase from Euglena gracilisZ, Ishikawa T., Takeda T. and Shigeoka S, Research in Photosynthesis, 5, 139, 142,   1995年, 査読有り
  • Enzymatic and molecular characterization of catalase-peroxidase in SynechococcusPCC 7942., Shigeoka S., Ishikawa T., Takeda T. and Mutsuda M, Research in Photosynthesis, 5, 143, 146,   1995年, 査読有り
  • A prptist, Euglena gracilis Z, functions as a sole Nutrient source in a closed Ecosystem, Nakano Y., Miyatake T., Yamaji R., Nishizawa A., Shigeoka S., Celss. J., 8, 7, 12,   1995年, 査読有り
  • Resistance of photosynthesis to hydrogen peroxide in algae, Takeda T., Yokota A. and Shigeoka S, Plant Cell Physiol., 36, 1089, 1095,   1995年, 査読有り
  • Cloning and expression of cDNA encoding a new type of ascorbate peroxidase from spinach, Ishikawa T., Sakai K., Takeda T., and Shigeoka S, FEBS Lett., 367, 28, 32,   1995年, 査読有り
  • Subcellular localization and properties of L-galactono-γ-lactone dehydrogenase in spinach leaves, Mutsuda M., Ishikawa T., Takeda T. and Shigeoka S, Biosci. Biotechnol. Biochem., 59, 1983, 1984,   1995年, 査読有り
  • The H2O2-scavenging system and tolerance system to H2O2 in algae, Takeda T., Ishikawa T. and Shigeoka S, "Frontiers of Reactive Oxygen Spacies in Biology and Madicine", Excerpta Medica., 143, 146,   1994年, 査読有り
  • Effect of thiamin on the content of fructose 2,6-Bisphosphate in ┣DBEuglena(/)-┫DB, Yamaji R., Miyatake K., Enomoto T., Inui H., Shigeoka S., Kitaoka S. and Nakano Y., Int. J. Biochem., 26, 1, 85, 91,   1994年, 査読有り
  • Hydrogen peroxide generation in organelles of ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB, Ishikawa T., Takeda T., Shigeoka S., Hirayama O. and Mitsunaga T., Phytochemistry, 33, 1297, 1299,   1993年, 査読有り
  • Effects of seleite, CO2 nad illumination on the induction of selenium-dependent glutathione peroxidase in ┣DBChlamydomonas reinhardtii(/)-┫DB, Takeda T., Ishikawa T. and Shigeoka S., Plant Science, 94, 81, 88,   1993年, 査読有り
  • Purification and characterization of glutathione reductase from ┣DBChlamydomonas(/)-┫DB, Takeda T., Ishikawa T., Shigeoka S., Hirayama O. and Mitsunaga T. , J. Gen. Microbiol., 139, 2233, 2238,   1993年, 査読有り
  • Requirement for iron and its effect on ascorbate peroxidase in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB, Ishikawa T., Takeda T., Shigeoka S., Hirayama O. and Mitsunaga T., Plant Science, 93, 25, 29,   1993年, 査読有り
  • The function of H2O2-scavenging system in Chlamydomonas reinhardtii. , Takeda T., Ishikawa T. and Shigeoka S., Plant Peroxidase, 1, 257, 262,   1993年, 査読有り
  • Effect of thiamin on the activiation of thiamin pyrophosphate-dependent 2-oxoglutrate decarboxylase in Euglena gracilis., Shigeoka S. and Nakano Y. , Biochem. J., 292, 463, 467,   1993年, 査読有り
  • Effect of hydrogen peroixde on photosynthesis in green algae., Takeda T., Ishikawa T., Shigeoka S., Yokota A., Hirayama O. and Mitsunaga T, Cur. Res. Photosynth. , 3, 741, 744,   1992年, 査読有り
  • Induction of glutathione peroxidase by selenite and its physiological function in Chlamydomonas reinharditii, Takeda T., Shigeoka S., Mitsunaga T, Phosphate Sulfur Silicon, 67, 439, 444,   1992年, 査読有り
  • Effect of L-glutamate on 2-oxoglutarate decarboxylase in ┣DBEuglena gracilis(/)-┫DB, Shigeoka S., Hanaoka T., Kishi N. and Nakano Y., Biochem. J., 282, 319, 323,   1992年, 査読有り
  • Some properties of γ-tocopherol methyltransferase solubilized spinach chlorophasts, Ishiko H. , Shigeoka S., Nakano Y. and Mitsunaga T. , Phytochemistry, 31, 1499, 1500,   1992年, 査読有り
  • Isolation and properties of γ-tocopherol methyltransferase in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB, Shigeoka S., Ishiko H., Nakano Y. and Mitsunaga T., Biochim. Biophys. Acta, 1128, 220, 226,   1992年, 査読有り
  • Chloroplast group III twintron excision utilizing multiple 5'-and 3'-splice sites, Copertino D.W., Shigeoka S. and Hallick R.B. , EMBO J., 11, 5041, 5050,   1992年, 査読有り
  • The presence of enzymes related to glutathione metabolism and oxygen metabolism in Chlamydomonas reinhardtii., akeda T., Shigeoka S., Hirayama O. and Mitsunaga T., Biosci. Biotechnol. Agrochem., 66, 1662, 1663,   1992年, 査読有り
  • Alternativesplicing of chloroplast group III twintrons., Copertino D.W., Shigeoka S., Cur. Res. Photosynth., 3, 271, 274,   1992年, 査読有り
  • Characterization and immunological properties of selenium-induced glutathione peroxidase in Chlamydomonas reinhardtii, Shigeoka S., Takeda T. and Hanaoka T., Biochem. J., 275, 623, 627,   1991年, 査読有り
  • Characterization and molecular properties of 2-oxoglutarate decarboxylarase from ┣DBEuglena(/)-┫DB, Shigeoka S. and Nakano Y. , Arch. Biochem. Biophys., 288, 22, 28,   1991年, 査読有り
  • Properties of selenium induced glutathione peroxidase in low-CO2-grown in Chlamydomonas reinhardtii., Shigeoka S., Takeda T., Hanaoka T., Yokota A., Kitaoka S. and Iizuka Y, Cur. Res. Photosynth, 4, 615, 618,   1990年, 査読有り
  • Euglena gracilis z の各種水溶性ビタミン含有量, 越智 宏倫、渡辺 文雄、重岡 成、中野 長久、北岡 正三郎, 栄食誌, 41, 496, 500,   1988年, 査読有り
  • Selenium as inducer of glutathione peroxidase in low-CO2-grown Chlamydomonas reinhardtii., Yokota A., Shigeoka S., Onishi T. and Kitaoka S, Plant Physiol. , 89, 649, 651,   1988年, 査読有り
  • Euglena gracilisの生育に伴うビタミンB2及びB6の含有量の変化., 越智 宏倫、重岡 成、渡辺 文雄、中野 長久、北岡 正三郎, ビタミン, 62, 515, 518,   1988年, 査読有り
  • Euglena gracilis zの生育と細胞内チアミン含量に及ぼすチアミン類縁化合物の影響, 中塚 俊之、重岡 成、貴志 徳秀、中野 長久、北岡 正三郎, ビタミン, 62, 149, 154,   1988年, 査読有り
  • Euglena gracilis における thiaminaseの存在とその性質, 中塚 俊之、重岡 成、中野 長久、北岡 正三郎, ビタミン, 62, 247, 252,   1988年, 査読有り
  • Euglena gracilis z を用いた食品中のビタミンB1の新しい定量法, 越智 宏倫、渡辺 文雄、重岡 成、中塚 俊之、中野 長久、北岡 正三郎, 栄食誌, 41, 305, 308,   1988年, 査読有り
  • Photoinduced biosynthesis of glutathione in Euglena gracilis., Shigeoka S., Onishi T., Nakano Y. and Kitaoka S. , Agric. Biol. Chem. , 51, 2257, 2258,   1987年, 査読有り
  • Properties of monodehydroascorbate reductase and dehydroascorbate reductase and their participation in the regeneration of ascorbate, Shigeoka S., Yasumoto R., Onishi T., Nakano Y. and Kitaoka S., J. Gen. Microbiol., 133, 227, 232,   1987年, 査読有り
  • Characterization and physiological function of glutathione reductase in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB z, Shigeoka S., Onishi T., Nakano Y. and Kitaoka S. , Biochem. J., 242, 511, 515,   1987年, 査読有り
  • Requirement for vitamin B1 for growth of ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB, Shigeoka S., Onishi T., Nakano Y. and Kitaoka S. , J. Gen. Microbiol., 133, 25, 30,   1987年, 査読有り
  • Thiamin uptake in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB, Shigeoka S., Onishi T., Maeda K., Nakano Y. and Kitaoka S., Biochem. Biophys. Acta, 929, 247, 252,   1987年, 査読有り
  • Occurrence and subcellular distribution of thiamine pyrophosphokinase isozyme in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB, Shigeoka S., Onishi T., Kishi N., Maeda K., Ochi H., Nakano Y. and Kitaoka S. , Agric. Biol. Chem., 51, 2811, 2813,   1987年, 査読有り
  • Prophylatic effect of diet fed from the hypertensive stage on the development of cerebral stroke lesions in SHRSP., Murakami T., Tsuji A., Shigeoka S., Iizuka Y. and Morita N., Jpn. Heart J. , 28, 645,   1987年, 査読有り
  • Change of L-ascorbic acid content in synchronized cultures of Euglena gracilis., Shigeoka S., Onishi T., Nakano Y. and Kitaoka S., J. Gen. Microbiol., 133, 221, 225,   1987年, 査読有り
  • ┣DBEuglena(/)-┫DBワックス、エステルのラット生育と臓器に及ぼす影響, 重岡 成、大西俊夫、村上哲男、飯塚義富、中野長久、北岡正三郎. , 日本栄養食糧誌, 39, 23, 27,   1986年, 査読有り
  • Occurrence of thiamin pyrophosphate-dependent 2-oxoglutarate decarboxylase in mitochondria of ┣DBEuglena gracilis(/)-┫DB, Shigeoka S., Onishi T., Maeda K. , Nakano Y. and Kitaoka S., FEBS Letters, 195, 43, 47,   1986年, 査読有り
  • The contents and subcellular distribution of tocopherols in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB, Shigeoka S., Onishi T., Nakano Y. and Kitaoka S. , Agric. Biol. Chem., 50, 1063, 1065,   1986年, 査読有り
  • Effects of diets initiated at the hypertensive stage on SHRSP blood pressures, life-spans and incidences of stroke lesions, Murakami T., Tsuji A., Tamura T., Shigeoka S. and Iizuka Y., Jpn. Heart. J., 27, 611,   1986年, 査読有り
  • ┣DBEuglena(/)-┫DBタンパク質生産における廃糖蜜の利用, 189. 田淵俊子、上岡善江、重岡 成、大西俊夫、村上哲男、飯塚義富、中野長久、北岡正三郎., 日本栄養食糧誌, 37, 525, 534,   1984年, 査読有り
  • Metabolism of hydrogen peroxide in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB z by L-ascorbic acid peroxidase, Shigeoka S., Nakano Y. and Kitaoka S., Biochem. J., 186, 377, 380,   1980年, 査読有り
  • Occurrence of L-ascorbic acid in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB z, Shigeoka S., Nakano Y. and Kitaoka S., Bull. Univ. Osaka Pref. Ser. B, 32, 43, 48,   1980年, 査読有り
  • Isolation of physiologically intact chloroplasts from ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB z, Shigeoka S., Yokota A., Nakano Y. and Kitaoka S., Bull. Univ. Osaka Pref. Ser. B, 32, 37, 41,   1980年, 査読有り
  • Purification and some properties of L-ascorbic acid-specific peroxidase in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB z, Shigeoka S., Nakano Y. and Kitaoka S. , Arch. Biochem. Biophys., 32, 121, 127,   1980年, 査読有り
  • Some properties and subcellular localozation of L-gulono- 1-lactone dehydrogenase in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB z, Shigeoka S., Nakano Y. and Kitaoka S. , Agric. Biol. Chem., 43, 2187, 2188,   1979年, 査読有り
  • The effect of illumination on the L-ascorbic acid content in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB z, Shigeoka S., Yokota A., Nakano Y. and Kitaoka S. , Agric. Biol. Chem., 43, 2053, 2058,   1979年, 査読有り
  • The biosynthetic pathway of L--ascorbic acid in ┣DBEuglena(/)-┫DB ┣DBgracilis(/)-┫DB z, Shigeoka S., Nakano Y. and Kitaoka S., J. Nutr. Sci. Vitaminol., 25, 299, 307,   1979年, 査読有り
  • ビタミンCの微量定量法へのポーラログラフ O-フェニレンジアミン法の応用, 197. 大森光明、明橋八郎、重岡 成、北岡正三郎、高木正之助, 分析化学, 26, 56, 60,   1977年, 査読有り

書籍等出版物

  • Euglena: Biochemistry, Cell and Molecular Biology, edited by Shigeru Shigeoka and Steven D. Schwartzbach, 重岡 成, 編者, Springer,   2017年05月
  • 藻類ハンドブック, 石川 孝博、重岡 成, 分担執筆, ビタミン、硫黄同化,   2012年
  • BIO INDUSTRY (バイオインダストリー), 横田明穂、重岡 成. , 分担執筆,   2014年
  • 光合成生物の進化と生命科学, 田茂井政宏、重岡 成, 分担執筆, 植物のゲノム科学とバイオテクノロジー:バイオテクノロジーの現状と課題,   2014年
  • 光合成微生物の機能と応用 第2章光合成微生物の基礎5, 石川 孝博、重岡 成, 分担執筆, 原生動物ユーグレナ,   2006年
  • 光合成微生物の機能と応用, 石川孝博、重岡 成, 分担執筆, 第2章光合成微生物の基礎 5原生動物ユーグレナ, シーエムシー出版,   2006年
  • サプリメントよ、おさらば,   2006年
  • 光合成事典, 重岡 成, 単著, 学会出版センター,   2003年11月
    概要:光合成に関する知見、概念、研究手法(特に光・酸素毒、カルビンサイクル)などについて説明した。(共著)
  • 植物代謝工学ハンドブック, 重岡 成, 田茂井政宏、吉村和也, 分担執筆, 光・酸素毒耐性植物, 植物代謝工学ハンドブック,   2002年
  • ビタミンの事典, 重岡 成, 分担執筆, アスコルビン酸の生化学的特性, 日本ビタミン学会編,朝倉書店,   1996年
  • 活性酸素と医食同源, 重岡 成, 分担執筆, 食物とアスコルビン酸, 井合康正編,共立出版,   1996年
  • ユーグレナ, 重岡 成(北岡 正三郎 編), 分担執筆, 生理と生化学、ミトコンドリアと呼吸,pp.44-69 ビタミンと無機質,pp.136-155 酸素,pp.230-232, Euglena取扱法,pp.239-247, 学会出版センター,   1989年

講演・口頭発表等

  • 植物のフラビン代謝制御に関与する新規因子の探索, 菊池円架、難波純也、丸田隆典、石川孝博、澤 嘉弘、吉村和也、小川貴央、重岡 成, 日本ビタミン学会第69回大会,   2017年06月10日
  • 細胞内鉄代謝制御に関与する転写因子:bHLH11の機能解析, 野志昌弘、森 大輔、田部記章、高木 優、田茂井政宏、重岡 成, 日本ビタミン学会第69回大会,   2017年06月10日
  • アスコルビン酸ペルオキシダーゼ遺伝子発現の転写後調節因子の同定, 田部記章、大原晨亜、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成, 日本ビタミン学会第69回大会,   2017年06月10日
  • シロイヌナズナNADH加水分解酵素(AtNUDX6)の生物学的外レス応答制御に関与する相互作用因子の同定と機能解析, 小川貴央、中川奨也、野津昌史、吉村和也、重岡 成, 日本ビタミン学会第69回大会,   2017年06月10日
  • アスコルビン酸生合成制御因子VTC2の転写制御機構の解析, 﨑下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田茂井政宏、重岡 成, 日本ビタミン学会第69回大会,   2017年06月10日
  • 染色体部分置換マウスによる2型糖尿病感受性遺伝子座Nidd1nの解析, 小林美里、村木紀之、大野民生、重岡 成、村井篤嗣、堀尾文彦, 第71回日本栄養・食糧学会,   2017年04月20日
  • 糖シグナリングによる側枝形成制御の分子機構, 大鳥久美、田部記章、田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月20日
  • ユーグレナのトランスエノイルCoA還元酵素遺伝子導入によるバイオ燃料生産性の向上, 田茂井政宏、野志昌弘、小川貴央、石川孝博、重岡 成, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月20日
  • ソース/シンク能同時強化サツマイモの作出に向けたサツマイモ根特異的プロモーターの単離, 冨本優美、田部記章、田茂井政宏、菊池 彰、横田明穂、重岡 成, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月20日
  • アスコルビン酸生合成主要因子VTC2の発現を調節する転写因子の機能解析, 﨑下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田中裕之、田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月20日
  • 葉緑体APX遺伝子の選択的スプライシングを制御するトランス因子の同定, 田部記章、大原晨亜、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成, 第58回日本植物生理学会年会,   2017年03月16日
  • NPR1依存的 SA シグナル経路の制御に関与 するシロイヌナズナ Nudix hydrolase 6 (AtNUDX6)の相互作用因子の同定および 機能解析 , 中川奨也、小川貴央、田部記章、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成, 第58回日本植物生理学会年会,   2017年03月16日
  • シロイヌナズナbHLH11は転写制御因子として鉄取り込みを負に制御する, 森 大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木 優、重岡 成, 第58回日本植物生理学会年会,   2017年03月16日
  • 植物のフラビン代謝制御に関与する新規因子の同定と機能解析, 小川貴央、菊池円架、吉村和也、石川孝博、重岡 成, 第39回日本分子生物学会年会,   2016年12月01日
  • 葉緑体H2O2応答性転写因子RTS1は転写抑制因子として鉄取り込みを抑制する, 森 大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木 優、重岡 成, 第39回日本分子生物学会年会,   2016年12月01日
  • シロイヌナズナNADH加水分解酵素(AtNUDX6および7)の相互作用因子の探索と機能解析, 中川奨也、小川貴央、吉村和也、重岡 成, 第39回日本分子生物学会年会,   2016年12月01日
  • 葉緑体APXIIの選択的スプライシング制御タンパク質の同定, 大原晨亜、田部記章、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成, ユーグレナ研究会第32回研究集会,   2016年11月05日
  • アスコルビン酸生合成経路における主要因子VTC2の転写制御機構の解明, 﨑下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田中裕之、田茂井政宏、重岡 成, ユーグレナ研究会第32回研究集会,   2016年11月05日
  • Trans-2-enoyl-CoA reductase遺伝子導入によるユーグレナのワックスエステル生合成能の強化 , 野志昌弘、田茂井政宏、小川貴央、石川孝博、重岡 成, ユーグレナ研究会第32回研究集会,   2016年11月05日
  • シロイヌナズナ由来のclade IV TGA転写因子は活性酸素種を介した病原応答の制御に寄与する, 野志昌弘、森大輔、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会平成28年度関西支部大会(第496回講演会),   2016年09月17日
  • シロイヌナズナおよびタバコの生育に対する植物栽培用LED“プラントフレック”の評価, 伊藤大輔、石田健太、江口雄巳、原田京一、田茂井政宏、重岡成, 日本生物環境工学会,   2016年09月13日
  • Genetic engineering in sweet potato for the improvement of productivity, Noriaki Tanabe, Masahiro Tamoi, Akira Kikuchi, Akiho Yokota and Shigeru Shigeoka, The 17th International Congress on Photosynthesis Research,   2016年08月07日
  • Identification and characterization of chloroplastic and cytosolic fructose-1,6-bisphosphatases from Euglena gracilis, Takahisa Ogawa, Harumi Sakuyama, Takanori Maruta, Takahiro Ishikawa, Masahiro Tamoi, and Shigeru Shigeoka, 17th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas,   2016年06月26日
  • Enhancement of photosynthetic capacity in Euglena gracilis by genetic engineering of the Calvin cycle leads to increases in biomass and wax ester production, Masahiro Tamoi, Takahisa Ogawa, Harumi Sakuyama, Kengo Suzuki, Takahiro Ishikawa, and Shigeru Shigeoka , 17th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas,   2016年06月26日
  • 植物細胞内のフラビン代謝制御に関与する新規因子の同定と機能解析, 戸田結奈、小川貴央、吉村和也、重岡 成, 日本ビタミン学会第68回大会,   2016年06月18日
  • シロイヌナズナ遺伝子破壊株を用いたデヒドロアスコルビン酸還元酵素の生理機能解析, 野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、重岡 成, 日本ビタミン学会第68回大会/,   2016年06月18日
  • アスコルビン酸生合成制御因子VTC2の発現制御因子の解析, 﨑下絢子、田部記章、田茂井政宏、重岡 成, 日本ビタミン学会第68回大会,   2016年06月18日
  • 植物アスコルビン酸生合成の鍵酵素GDP−L−ガラクトースホスホリラーゼは酸化型アスコルビン酸により活性調節を受ける, 﨑山佳祐、佐藤裕子、丸田隆典、吉村和也、重岡 成、澤 嘉弘、石川孝博, 日本ビタミン学会第68回大会,   2016年06月18日
  • 植物におけるアスコルビン酸最大蓄積量の制限要因, 伊藤史帆、大北由佳、重岡 成、吉村和也, 日本ビタミン学会第68回大会,   2016年06月18日
  • 葉緑体H2O2応答性転写因子MVS11は鉄取り込みを抑制する, 森 大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木 優、重岡 成, 日本ビタミン学会第68回大会,   2016年06月18日
  • シロイヌナズナNADH加水分解酵素の生物的/非生物的ストレス応答機構の解析, 中川奨也、小川貴央、吉村和也、重岡 成, 日本ビタミン学会第68回大会,   2016年06月18日
  • 糖シグナリングによる側枝形成機構の解明, 大鳥久美、岩城孝平、田部記章、田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • シロイヌナズナ HsfA1d/A1e を介した β-シクロシトラールによる遺伝子発現制御機構の解明 , 薮田行晢、佐々木悠、重岡 成、渡辺文雄, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • 鉄欠乏応答に関与する葉緑体 H2O2応答性遺伝子の機能解析, 野志昌弘、森 大輔、田部記章、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、重岡 成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • 植物のアスコルビン酸蓄積量の制限に関わる因子の解析 , 伊藤史帆、大北由佳、重岡 成、吉村和也, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • ラン藻 FBP/SBPase導入によるサツマイモバイオマスへの影響, 田部記章、大鳥久美、田茂井政宏、横田明穂、重岡 成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • ユーグレナのバイオ燃料生産性に及ぼすラン藻 FBP/SBPase 導入による光合成機能強化の影響, 小川貴央、作山治美、田茂井政宏、石川孝博、重岡 成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • シロイヌナズナのフラビン代謝制御に関与する新規因子の同定と機能解析, 戸田結奈、西元里美、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • LED 光源藻類培養装置の開発及びラン藻Synechococcus elongatus PCC7942 の生育および光合成特性に及ぼす照射光波長の影響, 三根彩佳 、木口洋輔、江口雄己、原田京一、田茂井政宏、重岡 成、雉鼻一郎, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • ラン藻Synechococcus elongatus PCC7942における光酸化的ストレス耐性へのカルビン回路調節因子 CP12 の関与, 田茂井政宏、松井伶真、重岡 成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • シロイヌナズナHsfA2を介した Hsfファミリーの転写活性化機構の解析 , 川端彬未、田部記章、薮田行晢、田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • RNA-seq解析によるサツマイモ不定根原基形成機構の解明 , 伊藤 茜、田部記章、田茂井政宏、横田明穂、重岡 成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • シロイヌナズナのデヒドロアスコルビン酸還元酵素群の包括的な機能解析, 野志昌弘、畑中理佐、田茂井政宏、丸田隆典、重岡 成, 第57回日本植物生理学会年会,   2016年03月18日
  • 酸化的ストレス応答と鉄ホメオスタシスの制御に関与する葉緑体 H2O2応答性遺伝子の機能解析, 森 大輔 、野志昌弘、岡本 泰、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、重岡 成, 第57回日本植物生理学会年会,   2016年03月18日
  • シンク能強化のためのサツマイモ由来不定根原基形成因子の単離, 伊藤 茜、田部記章、田茂井政宏、横田明穂、重岡 成, 第57回日本植物生理学会年会,   2016年03月18日
  • シロイヌナズナのフラビン代謝制御に関与する新規因子の探索 , 戸田結奈、西元里美、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成, 第57回日本植物生理学会年会,   2016年03月18日
  • 植物ホルモンを介した側枝形成におけるショ糖生合成系の関与, 大鳥久美、川本智美、田部記章、田茂井政宏、重岡 成, 第56回日本植物生理学会年会,   2016年03月17日
  • アスコルビン酸生合成の光制御に関与するVTC3 の機能解析, 袖山 翼、丸田隆典、澤 嘉弘、重岡 成、石川孝博, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会,   2015年12月01日
  • シロイヌナズナの強光応答遺伝子の発現に及ぼすオキシリピン類の影響, 薮田行晢、稲田陽子、石川孝博、渡辺文雄、重岡 成, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会,   2015年12月01日
  • Improvement of photosynthesis and productivity of crop plants and microalgae by genetic engineering of the Calvin cycle., Masahiro Tamoi、Shigeru Shigeoka, Yamada Conference International Symposium on Dynamics and Regulation of Photosynthesis,   2015年10月29日
  • ビタミンE生合成酵素遺伝子群の導入による植物のTocおよびToc3含量への影響, 田中裕之、田部記章、薮田行晢、田茂井政宏、重岡 成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年06月05日
  • 一過的発現系を用いたシロイヌナズナNADH加水分解酵素の生物的/非生物的ストレス応答制御機構の解析, 高田梨沙、中川奨也、小川貴央、村本亘平、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年06月05日
  • シロイヌナズナGDP-D-Mannose加水分解酵素(AtNUDX9)の生理機能解析, 田中裕之、丸田隆典、小川貴央、田部記章、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年06月05日
  • 植物細胞内のフラビン代謝制御に関与する新規因子の探索, 戸田結奈、佐渡千紘、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年06月05日
  • 植物におけるアスコルビン酸再生系酵素の生理機能解析, 野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、重岡 成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年06月05日
  • 葉緑体H2O2応答性転写因子群は鉄ホメオスタシスと酸化的ストレス応答のクロストークに関与する, 森 大輔、野志昌弘、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、重岡 成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年06月05日
  • ジャガイモ塊茎を形成するストロンの原基である地中腋芽におけるRanGTPase1遺伝子の発現機構, 加藤 彰、福井由記、蘆田弘樹、明石欣也、梶川昌孝、重岡 成、横田明穂, 日本農芸化学会2014年度大会,   2015年03月29日
  • サツマイモ不定根形成に関わる制御因子の同定, 伊藤 茜、田部記章、小林宏太、大鳥久美、田茂井政宏、横田明穂、重岡 成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA2過剰発現によるサツマイモの酸化ストレス耐性強化, 小林宏太、田部記章、伊藤 茜、大鳥久美、高安聡子、菊池彰、横田明穂、田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • 一過的発現系を用いたシロイヌナズナNADH加水分解酵素(AtNUDX6および7)の生物的/非生物的ストレス応答制御機構の解析, 高田梨沙、小川貴央、村本亘平、吉村和也、重岡 成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • Nudix hydrolase(AtNUDX6および7)による細胞内NADHステータス調節を介したストレス応答制御, 村本亘平、高田梨沙、小川貴央、重岡 成、吉村和也, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • 葉緑体H2O2応答性転写因子群による鉄ホメオスタシスと酸化的ストレス応答のクロストーク, 野志昌弘、岡本 泰、森 大輔、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、重岡 成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • シロイヌナズナにおけるデヒドロアスコルビン酸還元酵素の包括的な機能解析, 畑中理佐、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、丸田隆典、重岡 成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • レドックス応答性ホメオドメインロイシンジッパー転写因子は酸化的ストレス下での成長制御に関与する, 大和開、野志昌弘、高木 優、吉村和也、丸田隆典、澤 嘉弘、石川孝博、重岡 成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • ワックスエステル生産に関わる緑藻ユーグレナのRNA-Seq解析, 冨山拓矢、吉田勇太、丸田隆典、澤 嘉弘、荒川和春、石川孝博, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • ラン藻FBP/SBPase遺伝子導入によるユーグレナのバイオ燃料生産性の向上, 木村彩子、小川貴央、作山治美、丸田隆典、鈴木健吾、石川孝博、田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • 葉緑体H2O2応答性bHLH転写因子の機能解析, 岡本 泰、野志昌弘、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、重岡 成, 第56回日本植物生理学会年会,   2015年03月17日
  • 嫌気および高炭酸ガス条件下における微細藻類ユーグレナの発現遺伝子解析, 冨山拓矢、吉田勇太、丸田隆典、澤 嘉弘、荒川和春、石川孝博、重岡 成, 第56回日本植物生理学会年会,   2015年03月17日
  • Euglena gracilis由来フルクトース1,6-ビスホスファターゼの同定と機能解析, 小川貴央、雲川和幸、篠原康佑、木村彩子、作山治美、丸田隆典、石川孝博、田茂井政宏、重岡 成, 第56回日本植物生理学会年会,   2015年03月17日
  • 一過的発現系によるシロイヌナズナNADH加水分解酵素 (AtNUDX6, 7)の生理的意義の解明, 重岡 成高田梨沙、小川貴央、村本亘平、吉村和也、重岡 成, 第37回 日本分子生物学会年会,   2014年12月26日
  • 蘚類ヒメツリガネゴケにおけるアスコルビン酸生合成経路の機能解析, 袖山 翼、丸田隆典、澤 嘉弘、重岡 成、石川孝博, 第37回 日本分子生物学会年会,   2014年11月26日
  • ジャガイモ・シンク能力の増大を目指した腋芽発達関連因子の活用, 加藤 彰 、重岡 成 、横田明穂 , 2014年度日本農芸化学会関西支部大会(第486回講演会),   2014年09月20日
  • シロイヌナズナ熱ショック転写因子 HsfA2 過剰発現サツマイモの酸化ストレス耐性能評価, 小林宏太 、田部記章、大鳥久美、伊藤 茜 、田茂井政宏、横田明穂、重岡 成, 2014年度日本農芸化学会関西支部大会(第486回講演会),   2014年09月20日
  • 植物アスコルビン酸の光調節に関与するVTC3遺伝子の機能解析, 袖山 翼、原井健司、丸田隆典、澤 嘉弘、重岡 成、石川孝博, 日本ビタミン学会第66回大会,   2014年06月14日
  • 葉緑体由来のH2O2シグナル伝達機構に関与する遺伝子群の同定と機能解析, 野志昌弘、岡本 泰、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、石川孝博、重岡 成, 日本ビタミン学会第66回大会,   2014年06月14日
  • シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA2のCa2+シグナリングによる発現制御機構の解明, 中村朋美、野坂亮太、小林宏太、田部記章、薮田行哲、丸田隆典、田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年03月28日
  • 側枝形成における植物ホルモンを介した糖シグナリングの関与, 大鳥久美、福井祥太、Daniel-Padilla-Chacon、田部記章、田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年03月28日
  • サツマイモ由来Rubisco small subunitプロモーターの単離と発現解析, 田部記章、豊田雄介、大鳥久美、Daniel-Padilla-Chacon、田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年03月28日
  • 光酸化的ストレス条件下におけるデヒドロアスコルビン酸還元酵素アイソザイムによる細胞内レドックス状態の制御機構, 畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、石川孝博、重岡 成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年03月28日
  • CP12-GAPDH-PRK複合体形成によるカルビン酸回路調節機構の解明, 重岡 成松村浩由、清水伸隆、木津奈都子、吉田将康、荒武将弘、溝端栄一、田茂井政宏、和田野晃、   重岡 成、井上 豪, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年03月28日
  • AtNUDX6および7によるNADH代謝を介した生物的/非生物的ストレス応答関連遺伝子の発現制御, 奥田雅宣、野田北斗、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2014年03月26日
  • Euglenaペルオキシレドキシンアイソザイムの機能解析, 玉木 峻、丸田隆典、澤 嘉弘、重岡 成、石川孝博, 第54回植物生理学会年会,   2014年03月22日
  • シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA4cによるHsfA2の発現を介した熱ストレス応答機構, 野坂亮太、薮田行哲、丸田隆典、田茂井政宏、重岡 成, 第55回植物生理学会年会,   2014年03月20日
  • 光合成能強化シロイヌナズナの生育初期におけるC/Nバランス制御, 田茂井政宏、大鳥久美、Daniel-Padilla-Chacon、田部記章、重岡 成, 第55回植物生理学会年会,   2014年03月18日
  • バイオ燃料増産を目指したユーグレナ形質転換技術の確立, 小川貴央、三根彩佳、作山治美、吉田絵梨子、鈴木健吾、丸田隆典、石川孝博、田茂井政宏、   重岡 成, 第55回植物生理学会年会,   2014年03月18日
  • 葉緑体由来のH2O2シグナリングを介したストレス応答の分子機構, 野志昌弘、岡本 泰、問田英里、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、石川孝博、重岡 成, 第55回植物生理学会年会,   2014年03月18日
  • ペルオキシソーム型モノデヒドロアスコルビン酸還元酵素アイソザイムの機能重複および分化, 高橋隆樹、畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、澤 嘉弘、石川孝博、重岡 成, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月03日
  • ホメオドメインロイシンジッパー転写因子のレドックスシグナリングへの関与, 大和 開、問田英里、野志昌弘、野坂亮太、田茂井政宏、吉村和也、高木 優、丸田隆典、澤 嘉弘、石川孝博、重岡 成, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月03日
  • Improving growth and environmental stress tolerance of plants by molecular engineering, Shigeru Shigeoka, NC-CARP and JST CREST/PRESTO International Symposium Toward the use of atmospheric CO2-from photosynthesis to biorefinery,   2013年11月08日
  • 素分配による側枝形成の制御機構, 田茂井政宏、大鳥久美、Daniel Padilla-Chacon、田部記章、重岡成, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区 2013年度 合同広島大会,   2013年09月06日
  • 特別講演:2013年度日本農芸化学会賞受賞講演 光合成生物の環境ストレス応答・耐性の分子機構に関する研究, 重岡 成, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区 2013年度 合同広島大会,   2013年09月05日
  • 畑で作るサプリメント, 重岡 成, 日本農芸化学会 北海道支部 夏期シンポジウム,   2013年08月10日
  • 光酸化的ストレス応答におけるアスコルビン酸再生系酵素群の役割, 畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、石川孝博、重岡 成, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区 2013年度 合同広島大会,   2013年08月06日
  • シンポジウム:ユーグレナによるバイオ燃料生産基盤技術の開発, 田茂井政宏、鈴木健吾、石川孝博、重岡 成 , 第15回マリンバイオテクノロジー学会大会,   2013年06月01日
  • Analysis of sugar signaling pathway via plastid invertase in Arabidopsis seedlings, Daniel-Padilla Chacon、Noriaki Tanabe、Kumi Otori、Takanori Maruta、Masahiro Tamoi、Shigeru Shigeoka, 第4回光合成学会,   2013年06月01日
  • Nudix hydrolaseによるNADH代謝を介した生物的/非生物的ストレス応答機構の解析,  奥田雅宣、野田北斗、○吉村和也、重岡 成, 日本ビタミン学会第65回大会,   2013年05月18日
  • ストレスおよびホルモン応答の制御における葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)の生理学的意義, 吉田幸史、辻村昌希、三島真優、問田英里、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成 , 日本ビタミン学会第65回大会,   2013年05月18日
  • Euglena gracillisにおけるアスコルビン酸生合成の光調節機構, 山口由貴、丸田隆典、澤 嘉弘、重岡 成、石川孝博, 日本ビタミン学会第65回大会,   2013年05月18日
  • シロイヌナズナHsfA4cによるHsfA2発現制御機構の解明, 野坂亮太、林 秀樹、小林宏太、丸田隆典、高木 優、薮田行哲、田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年03月26日
  • グルタチオンペルオキシダーゼ相互作用タンパク質の同定および機能解析, 尾形知哉、高田梨沙、Gaber Ahmed、田茂井政宏、吉村和也、丸田隆典、重岡 成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年03月26日
  • 葉緑体型NADPH加水分酵素(AtNUDX19)によるNADPHステータス変化を介したストレス/ホルモン応答の制御, 辻村昌希、吉田幸史、三島真優、問田英里、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年03月26日
  • ホメオドメインロイシンジッパー転写因子(HAT1)を介した酸化的ストレス応答, 問田英里、野志昌弘、松田 峻、野坂亮太、田茂井政宏、吉村和也、高木 優、丸田隆典、   大和 開、澤 嘉弘、石川孝博、重岡 成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年03月26日
  • Analysis of sugar signaling pathway via plastid invertase in Arabidopsis seedlings , Daniel-Padilla Chacon、Kumi Otiri、Takanori Maruta、Masahiro Tamoi、   Shigeru Shigeoka, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年03月26日
  • サツマイモ形質転換法の改良とFBP/SBPase導入による光合成能および生産性への影響, 大鳥久美、窪 康至、Daniel Padilla-Chacon、田茂井政宏、横田明穂、重岡 成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年03月26日
  • 藻類バイオ燃料増産を目指したユーグレナ形質転換技術の確立と光合成機能強化, 三根彩佳、作山治美、杉崎円香、西川綾香、加藤貴大、吉田絵梨子、鈴木健吾、丸田隆典、   石川孝博、田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年03月26日
  • プラスチドシグナリングを介したインベルターゼの炭素・窒素バランス制御への関与, 宮崎 望、Daniel Padilla-Chacon、野坂亮太、田中裕之、大鳥久美、丸田隆典、吉村和也、   田茂井政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年03月26日
  • 光およびプラスチドシグナリングを介したアスコルビン酸およびトコフェロール, 田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、田茂井政宏、石川孝博、重岡成, 第54回植物生理学会年会,   2013年03月22日
  • 葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)によるストレス/ホルモン応答のバランス制御, 吉田幸史、辻村昌希、三島真優、問田英里、丸田隆典、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成, 第54回植物生理学会年会,   2013年03月22日
  • 栄養シグナルによる植物ホルモン代謝制御を介した側枝形成, 田茂井政宏、大鳥久美、Daniel Padilla-Chacon、重岡 成, 第54回植物生理学会年会,   2013年03月22日
  • Control of shoot branching by alteration of carbon partitioning, 重岡 成大鳥久美、Daniel Padilla-Chacon、作山治美、田茂井政宏、重岡 成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年12月12日
  • Regulation of biotic and abiotic stress responses via metabolism of NADH and ADP-ribose by Nudix hydrolases in Arabidopsis, 奥田雅宣、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年12月12日
  • The analysis of Hsf signaling system using chimeric repressor gene-silencing technology (CRES-T), 薮田行哲、野坂亮太、林 秀樹、池田美穂、高木 優、重岡 成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年12月12日
  • Regulation of antioxidative vitamins biosynthesis through light and plastid signaling, 田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、田茂井政宏、石川孝博、重岡 成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年12月12日
  • Identification and functional analysis of the glutathione peroxidase 8-interacting protein, 尾形知哉、吉村和也、丸田隆典、Gaber Ahmed、田茂井政宏、重岡 成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年12月12日
  • 葉緑体型NADPH 加水分解酵素(AtNUDX19)によるストレス/ホルモン応答のバランス制御, 吉田幸史、辻村昌希、問田英里、丸田隆典、田茂井 政宏、吉村和也、重岡 成, 日本農芸化学会関西支部大会 第476回講演会,   2012年09月29日
  • シロイヌナズナにおける Ca2+シグナリングを介した熱ショック転写因子 HsfA2 の環境ストレス応答, 小林宏太、野坂亮太、丸田隆典、薮田行哲、田茂井 政宏、重岡 成, 日本農芸化学会関西支部大会 第476回講演会/,   2012年09月29日
  • フラビン代謝制御におけるFADピロホスホハイドロラーゼの機能, 伊藤大輔、吉本忠司、丸田隆典、吉村和也、重岡 成, 日本ビタミン学会 第64回大会,   2012年06月23日
  • ビタミンE生合成酵素遺伝子群の導入によるToc量への影響, 田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、田茂井政宏、重岡 成, 日本ビタミン学会 第64回大会,   2012年06月23日
  • 天然変性タンパク質CP12によるGAPDH活性調節の分子メカニズムの解明, 松村浩由、甲斐章寛、田茂井政宏1、和田野晃2、井上 豪、重岡 成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月23日
  • インベルターゼはプラスチドシグナリングを介した炭素・窒素代謝バランス制御に関与する, 宮崎 望1、Daniel Padilla-Chacon2、北條真之2、大鳥久美2、丸田隆典2,3、○田茂井政宏1,2、   重岡 成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月23日
  • 葉緑体H2O2シグナリングを介したストレス応答におけるフェルラ酸ヒドロキシラーゼの生理機能, 中村茉樹1、松田 峻2、野志昌弘1、丸田隆典3、田茂井政宏1,2、石川孝博3、重岡 成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月23日
  • バイオマス増産を目指した遺伝子導入によるサツマイモの光合成増強, 西山和樹1、井上貴之2、中村茉樹2、大鳥久美2、作山治美2、田茂井政宏1,2、横田明穂3、重岡 成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月23日
  • 葉緑体由来のH2O2シグナリングに関与する転写因子の機能解析, 松田 峻1、山崎彩香2、野志昌弘2、芦田奈々3、丸田隆典3、田茂井政宏1,2、吉村和也4、石川孝博3、   重岡 成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月23日
  • 光合成機能強化植物を用いた炭素・窒素バランス制御機構の解明, 丸山俊樹1、大鳥久美2、Daniel Padilla-Chacon2、作山治美2、田茂井政宏1,2、重岡 成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月23日
  • シロイヌナズナGuanosine 3'-5'-bispyrophosphate (ppGpp) pyrophosphohydrolase (AtNUDX26)の機能解析, 加藤貴大1,、伊藤大輔1、石川和也2、田茂井政宏1,2、吉村和也3、重岡 成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月23日
  • 植物オルガネラDNAの酸化損傷が環境ストレス耐性能に及ぼす影響, 伊藤大輔1、重山佳太2、辻村昌希1、石川和也2、吉村和也3、重岡 成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月23日
  • Molecular Characterization of Glutathione Peroxidase Isozymes from Arabidopsis thaliana, Iqbal A, Nakanishi K, Muramoto A, Takeda T, Nakano Y, Shigeoka S, 日本農芸化学学会 2006年度大会,   2006年
  • ストレス応答性シロイヌナズナSRタンパク質SR30の機能解析, 朝野 未奈子、木村 彩子、田部 記章、吉村 和也、石川 孝博、重岡 , 日本農芸化学学会 2006年度大会,   2006年
  • シロイヌナズナにおけるミトコンドリアおよび葉緑体型MutT/nudixタンパク質ファミリーの分子特性, 三宅 弘恵、上田 弥生、小川 貴央、吉村 和也、重岡 成, 日本農芸化学学会 2006年度大会,   2006年
  • 酸化的ストレス条件下におけるガラクチノール合成酵素およびラフィノース属オリゴ糖の機能解析, 西澤 彩子、薮田 行哲、重岡 成, 日本農芸化学学会 2006年度大会,   2006年
  • シロイヌナズナADP-リボースピロホスファターゼ過剰発現による酸化的ストレス耐性, 小川 貴央、石川 和也、上田 弥生、吉村 和也、重岡 成, 日本農芸化学学会 2006年度大会,   2006年
  • シロイヌナズナのNAD依存グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ活性に及ぼすセレンの影, 武田 徹、平沼 沙織、重岡 成, 日本農芸化学学会 2006年度大会,   2006年
  • ユーグレナにおけるアスコルビン酸生合成系のガラクツロン酸レダクターゼの分子特性, 中村 文菜、藪田 行哲、石川 孝博、重岡 成, 日本農芸化学学会 2006年度大会,   2006年
  • シロイヌナズナMutT/nudixタンパク質、AtNUDT1による酸化ヌクレオチドの修復機構の解析 , 上田 弥生、三宅 弘恵、小川 貴央、吉村 和也、重岡 成, 日本植物生理学会 2006年度大会,   2006年
  • 強光応答性シロイヌナズナSRタンパク質SR41aの生理機能の解析, 木村 彩子、田部 記章、朝野 未奈子、吉村 和也、石川 孝博、重岡 成, 日本植物生理学会 2006年度大会,   2006年
  • 植物におけるADP-リボース代謝の酸化的ストレス耐性能に及ぼす影響, 石川 和也、小川 貴央、上田 弥生、吉村 和也、重岡 成, 日本植物生理学会 2006年度大会,   2006年
  • シロイヌナズナの低温応答性SRタンパク質の機能解析, 田部 記章、木村 彩子、朝野 未奈子、吉村 和也、石川 孝博、重岡 成, 日本植物生理学会 2006年度大会,   2006年
  • シロイヌナズナHsfA2による遺伝子発現制御機構の解析, 吉田 絵梨子、西澤 彩子、薮田 行哲、重岡 成, 日本植物生理学会 2006年度大会,   2006年
  • ヌクレオシド二リン酸類縁体 (Nudix) の加水分解酵素の分子特性と生理的役割 , 小川 貴央、石川 和也、三宅 弘恵、上田 弥生、吉村 和也、重岡 成, 日本植物生理学会 2006年度大会,   2006年
  • カルビン回路の制御によるソース・シンク器官の炭素代謝への影響, 田茂井 政宏、青山 泰子、平松 由衣、松川 郁子、作山 治美、藪田 行哲、重岡 成, 日本植物生理学会 2006年度大会シンポジウム,   2006年
  • Molecular Caracterization and Redox Regulation of Phosphoribulokinase from the Cyanobacterium Synechococcus PCC 7942, 重岡 成, 田茂井 政宏, 小林大介 岩城俊雄 和田野晃, 第11 回国際原核光合成生物シンポジウム(東京),   2003年08月, 第11 回国際原核光合成生物シンポジウム(東京)
    概要:ラン藻Synechococcus PCC7942 ホスホリブロキナーゼのリコンビナント酵素を作成して、DTT、DTNB、H202、ATP に対する影響を検討し、ラン藻ホスホリブロキナーゼの酸化還元に対する感受性を明らかにした。
  • Molecular property and physiological function of cysteine-lacked CP12 in Synechococcus PCC7942, 田茂井 政宏, 宮崎崇, 深溝 慶, 重岡 成, 11th International Symposium on Phototrophic Prokaryotes(東京),   2003年08月, 11th International Symposium on Phototrophic Prokaryotes(東京)
    概要:Synechococcus PCC7942 および単離したCP12 遺伝子が、他の植物および藻類のCP12 とは異なり、機能発現に重要であると考えられているシステイン残基が欠失していた。この様な特異なCP12 の分子特性ならびに細胞内での生理機能を明らかにするために、リコンビナントタンパク質およびS. 7942 CP12 欠損株を作製して、それぞれの諸性質を明らかにした。
  • Analysis of photosynthesis and carbon metabolism in the transgenic tobacco plants having algal fructose.1,6.bisphosphatase. Ⅱ or sedoheptulose.1,7.bisphosphatase, 田茂井 政宏, 長岡美樹, 宮川佳子, 重岡 成, Plant Biology 2003(ハワイ),   2003年07月, Plant Biology 2003(ハワイ)
    概要:ミニシンポジウム「Photosynthesis : Carbon」において、ラン藻由来フルクトース.1,6./ セドヘプツロース.1,7. ビスホスファターゼ、フルクトース.1,6. ビスホスファターゼおよびセドヘプツロース-1,7- ビスホスファターゼ遺伝子を導入した形質転換植物(タバコ)を用いて、光合成カルビンサイクルを含めた炭素代謝解析について口述した。
  • Physiological Role of CP12 for Regulation of the Calvin Cycle in Synechococcus PCC 7942, 田茂井 政宏, 宮崎崇, 深溝 慶, 重岡 成, Plant Biology 2003(ハワイ),   2003年07月, Plant Biology 2003(ハワイ)
    概要:ラン藻の光合成調節に関与すると予想されるCP12 タンパク質について、Synechococcus PCC7942 および単離したCP12 遺伝子を用いてラン藻CP12 の分子特性ならびに細胞内での生理機能を考察した。
  • 藻類におけるグルタチオンペルオキシダーゼのセレン依存性の違い, 武田 徹, 重岡 成, 日本栄養・食糧学会大会(福岡),   2003年05月, 日本栄養・食糧学会大会(福岡)
    概要:真核藻類のクラミドモナス(Chlamydomonas reinhardtii C9株、137c株、好塩性Chlamydomonas W80株)および原核ラン藻のSynechocystis PCC6803に存在するグルタチオンペルオキシダーゼ(GPX)のセレン依存性について検討した。Chlamydomonas reinhardtii C9株以外の藻類では、GPXタンパク質へのセレンの取込みと、それに伴う酵素活性の発現が認められなかった。
  • 水溶性ビタミンの食事摂取基準の妥当性の検討。X.ビタミンC, 村上 恵, 武田 徹, 重岡 成, 日本ビタミン学会第55回大会(島根),   2003年05月, 日本ビタミン学会第55回大会(島根)
    概要:被験者(男女共)には100mgのビタミンCを与えた。血漿中の総アスコルビン酸(AsA)量はHPLC.UV法により、尿中のAsA量はジニトロフェニルヒドラジン法により測定した。実験開始1日目の血漿中AsA量は男女とも、基準値39.7nmol/mL(0.70mg/dL)を下回っていたが、実験開始8日目には男女ともに基準値を上回った。すなわち、ビタミンCを毎日100mg摂取することにより、血漿中のAsA濃度は基準値に達することが明らかとなった。ビタミンC摂取量に対する尿中へのAsA排泄量の割合は、実験期間を通して男子で24~43%、女子で12~36%を推移した。尿中AsA排泄量は男女共に、9時から13時までが最も高いという日内変動を示した。従って、アスコルビン酸の尿中への排泄は投与(摂取時期?)に関係なく一定のリズムで行われていることが確認された。
  • 藻類グルタチオンペルオキシダーゼタンパク質へのセレンの関与, 武田 徹, 山本久美子, 重岡 成, 日本農芸化学会2003年度年会(東京),   2003年04月, 日本農芸化学会2003年度年会(東京)
    概要:緑藻クラミドモナス(Chlamydomonas reinhadtii C9)において明らかになったグルタチオンペルオキシダーゼタンパク質への翻訳後のセレン(Se)の取込みは、高等植物や他の真核および原核藻類では認められない特有の機構であることが判明した。
  • 緑藻クラミドモナスのグルタチオンペルオキシダーゼタンパク質へのセレンの取込みによる活性発現, 武田 徹, 重岡 成, ユーグレナ研究会第18回研究集会(大阪),   2002年11月, ユーグレナ研究会第18回研究集会(大阪)
    概要:緑藻クラミドモナス(Chlamydomonas reinhardtii)のグルタチオンペルオキシダーゼ(GPX)はセレン(Se)含有タンパク質であるが、タンパク質へのSeの取込み機構と活性発現の関係については不明瞭である。その詳細について検討したところ、SeはクラミドモナスGPXの38番目のCys残基にセレニルジグルタチオン(GSSeSG)存在下、特異的に取込まれ、それにより生成したセレノール基により活性が発現することが明らかになった。
  • 緑藻クラミドモナスのグルタチオンペルオキシダーゼタンパク質へのセレンの取込みによる活性発現, 武田 徹, 重岡 成, 日本農芸化学会関西支部大会(奈良),   2002年10月, 日本農芸化学会関西支部大会(奈良)
    概要:緑藻クラミドモナス(Chlamydomonas reinhardtii)のグルタチオンペルオキシダーゼ(GPX)はセレン(Se)含有タンパク質であるが、タンパク質へのSeの取込みは動物GPXの場合と異なり、翻訳後に取込まれることが推測された。その詳細について検討したところ、SeはクラミドモナスGPXの38番目のCys残基に特異的に取込まれること、また、その際還元型グルタチオンと亜セレン酸塩により非酵素的に生成するセレニルジグルタチオン(GSSeSG)が必須であることが明らかになった。
  • 緑藻クラミドモナスのグルタチオンペルオキシダーゼへのセレンの取込み機構, 武田 徹, 重岡 成, 第56回日本栄養・食糧学会大会(札幌),   2002年07月, 第56回日本栄養・食糧学会大会(札幌)
    概要:微量元素のセレン(Se)は生体の健康保持・増進、疾病予防に重要な役割を担っている。その生理生化学的作用はグルタチオンペルオキシダーゼ(GPX)を主とするSe含有タンパク質の機能に依存している。緑藻クラミドモナスは生育の際に培地中から細胞内へSeを取込み、さらに特有の機構でGPXタンパク質のCys残基のチオール基に置換され、GPX活性を発現することが明らかになった。
  • 藻類グルタチオンペルオキシダーゼタンパク質へのセレンの取込みによる活性発現, 武田 徹, 重岡 成, 第 8 回関西光合成研究会 (奈良),   2002年06月, 第 8 回関西光合成研究会 (奈良)
    概要:緑藻クラミドモナス (Chlamydomonas reinhardtii) で認められるセレン (Se) に依存したグルタチオンペルオキシダーゼ (GPX) 活性の発現について検討した。 GPX への Se の取込みと活性発現は、 ネイティブおよびリコンビナント酵素で認められた。 いずれの場合も、 Se は翻訳後 GPX タンパク質の 38 番目の Cys 残基に特異的に取込まれていた。 GPX 様タンパク質を有するラン藻 Synechocystis PCC6803 では、 この機構による Se の取込みは認められなかった。
  • セレンのグルタチオンペルオキシダーゼタンパク質への取り込みによる活性発現, 武田 徹, 辻本優子, 重岡 成, 日本植物生理学会 2002 年度年会および第 42 回シンポジウム (岡山),   2002年03月, 日本植物生理学会 2002 年度年会および第 42 回シンポジウム (岡山)
    概要:緑藻クラミドモナス (Chlamydomonas reinhardtii) のグルタチオンペルオキシダーゼ (GPX) へのセレン (Se) の翻訳後の取り込みによる活性発現について検討した。 GPX への Se の取込みは酵素反応によるものではなく、 亜セレン酸塩とグルタチオン存在下で生成するセレニルジグルタチオン (GSSeSG) を介して、 翻訳後、 38 番目の Cys 残基に特異的に取込まれることが推測された。 また、 それにより 38 番目の Cys 残基に生成した S SeH 基により酵素活性が発現することが明らかになった。
  • 緑藻クラミドモナスのグルタチオンペルオキシダーゼの活性発現におけるセレンの取込み機構, 武田 徹, 宮尾和洋, 重岡 成, 日本農芸化学会 2001 年度関西・西日本・中四国合同大会 (岡山),   2001年10月, 日本農芸化学会 2001 年度関西・西日本・中四国合同大会 (岡山)
    概要:緑藻クラミドモナスのグルタチオンペルオキシダーゼ (GPX) タンパク質への翻訳後の Se の取込みと、 それに伴う GPX 活性の発現について検討した。 クラミドモナス GPX タンパク質への Se の取込みは非酵素的に生じていることが推測された。 また、 Se の取込みは 38 番目のシステイン残基にのみ認められ、 Se 取込み後生成したセレノール基 ( Se H) が活性発現に必要であることが明らかになった。
  • クラミドモナスにおけるカルビンサイクル構成酵素の光活性化の欠損および過酸化水素耐性の分子機構, 田茂井 政宏, 武田 徹, 深溝 慶, 重岡 成, 金星春夫 宮坂均, 日本農芸化学会関西支部第 420 回例会・ミニシンポジウム (大阪),   2001年07月, 日本農芸化学会関西支部第 420 回例会・ミニシンポジウム (大阪)
    概要:真核藻類のクラミドモナスよりグリセルアルデヒド 3 リン酸デヒドロゲナーゼとセドヘプツロース 1, 7 ビスホスファターゼ遺伝子の単離および立体構造の推定を行い、 それら酵素の光活性化の欠損および過酸化水素耐性の分子機構を考察した。
  • 緑藻クラミドモナスのグルタチオンペルオキシダーゼの活性発現へのセレンの関与, 武田 徹, 宮尾和洋, 重岡 成, 第 55 回日本栄養・食糧学会大会 (京都),   2001年05月, 第 55 回日本栄養・食糧学会大会 (京都)
    概要:Chlamydomonas reinhardtii グルタチオンペルオキシダーゼ (GPX) の活性発現における Se の関与を明らかにするために、 活性中心と推測される 38 番目の Cys 、 および 67 番目、 84 番目の Cys をそれぞれ Ser に変換した点突然変異リコンビナント酵素 (C38S、 C67S、 C84S) を作成した。 精製した C38S には Se は含まれず、 Se に依存した酵素活性も検出されなかった。 C67S および C84S にはコントロール (非変異酵素) と同様に Se 依存の GPX 活性が認められ、 カイネティクスも変化なかった。
  • 複合環境ストレス耐性/多収量植物の創製, 重岡 成, 宮川佳子, 武田 徹, 田茂井 政宏, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都),   2001年03月, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都)
    概要:日本農芸化学会 2001 年度大会シンポジウム 多重遺伝子導入と工業原料植物の創成 において、 最近の研究成果を中心に発表した。
  • 好塩性クラミドモナス W80 株のグルタチオンペルオキシダーゼの分子特性と生理的意義, 武田 徹, 米津彰人, 宮尾和洋, 重岡 成, 金星春夫 宮坂均一, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都),   2001年03月, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都)
    概要:好塩性クラミドモナス (Chlamydomonas W80: C. W80 株) のグルタチオンペルオキシダーゼ (GPX) の分子特性を検討するとともに、 本酵素の生理的意義について考察した。 C. W80 株 GPXcDNA から推測されるアミノ酸配列中には、 活性中心以外の動物 GPX に保存されている触媒反応に必須の部位 (63 FPCDQFG HQ 71、 125 WNF 127) が高度に保存されていた。 ネイティブおよびリコンビナント酵素のリノール酸ヒドロペルオキシド、 α およびγ リノレイン酸ヒドロペルオキシドに対する Km 値はそれぞれ 82μM、 91μM および 132μM であった。 C. W80 株 GPX を発現させた大腸菌は 5 % NaCl による塩ストレスおよび 0.2mM パラコートによる酸化的ストレスに対して有意に耐性を示した。
  • 緑藻クラミドモナスのグルタチオンペルオキシダーゼの活性発現機構におけるセレンの役割, 武田 徹, 田茂井 政宏, 重岡 成, 日本植物生理学会 2001 年度年会 (福岡),   2001年03月, 日本植物生理学会 2001 年度年会 (福岡)
    概要:緑藻 Chlamydomonas reinhardtii C9 (C. C9) のグルタチオンペルオキシダーゼ (GPX) の活性中心と予想される部位は Cys であるにも関わらず、 ネイティブおよびリコンビナント酵素において、 Se に依存した酵素活性の発現が認められた。 そこで今回、 点突然変異させたリコンビナント酵素を作成し、 C. C9 GPX の活性発現におけるセレンの役割について検討した。 活性中心と推測される 38 番目の Cys を Ser に変換した点突然変異リコンビナント酵素には Se に依存した酵素活性は認められなかった。 一方、 他の 2 つの Cys 残基を変異させたそれぞれのリコンビナント酵素には、 Se 依存の GPX 活性が認められた。 以上のことから、 C. C9 GPX の Se 依存の活性発現は 38 番目の Cys 残基に生成したセレノール基に依存することが推測された。

MISC

  • Biochemistry, Cell and Molecular Biology, Springer , edited by Shigeru Shigeoka and Steven D. Schwartzbach.,   2017年05月
  • ソースおよびシンク能力の改変による植物バイオマス生産能強化, 田部記章、田茂井政宏、菊池彰、横田明穂、重岡成, 光合成研究, 27, 2, 103, 109,   2017年, 査読有り
  • 植物のNudix hydrolaseファミリーの機能解析の進展ー細胞内GDP-D-マンノースおよびNADH代謝制御の新たな役割ー, 小川貴央、重岡 成、吉村和也, 生化学, 88, 752, 755,   2016年, 査読有り
  • シンク・ソース強化によるスーパー植物の開発, 横田明穂、重岡 成. , BIO INDUSTRY (バイオインダストリー), 31, 20, 29,   2014年
  • 植物のゲノム科学とバイオテクノロジー:バイオテクノロジーの現状と課題, 田茂井政宏、重岡 成, 光合成生物の進化と生命科学, 139, 160,   2014年
  • シロイヌナズナグルタチオンペルオキシダーゼ8の核および細胞質での酸化傷害の抑制への関与., Ahmed Gaber、尾形知哉、丸田隆典、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成., ビタミン , 87, 271, 273,   2013年
  • Nudix hydrolaseファミリーによるビタミン補酵素型の代謝制御., 吉村和也、伊藤大輔、丸田隆典、重岡 成, ビタミン , 87, 1, 12,   2013年
  • ビタミン, 石川孝博、重岡 成, 藻類ハンドブック, 218, 222,   2012年
  • 硫黄同化, 重岡 成、田茂井政宏, 藻類ハンドブック, 171, 173,   2012年
  • 活性酸素種の持つ毒性作用とシグナルとしての機能 ~アスコルビン酸ペルオキシダーゼによるレドックス制御~, 丸田隆典、重岡 成, ビタミン, 85, 31, 33,   2011年
  • 天然変性タンパク質による光合成調節の新規分子メカニズム:複合体形成によるCP12立体構造の安定化, 松村浩由、田茂井政宏、重岡 成, 化学と生物, 85, 31, 33,   2011年
  • 葉緑体ゲノムへの遺伝子導入による有用物質高含有植物の作出, 重岡 成、横田明穂, BIO INDUSTRY (バイオインダストリー), 28, 8, 36, 41,   2011年
  • 微細藻類ユーグレナ(Euglena)が持つ可能性, 重岡成、田茂井政宏, 電気協会報, 5, 20, 25,   2011年
  • 高等植物におけるNudix hydrolaseファミリーの多様な生理機能 -ヌクレオシド2-リン酸類縁体の代謝を介した細胞応答制御-, 重岡 成, 吉村和也, 石川和也, 化学と生物, 48, 305, 308,   2010年
  • 畑でつくるサプリメント, 重岡 成, 薮田 行哲, 化学同人, 25, 44,   2009年
  • カルビン回路の酵素, 重岡 成, 田茂井 政宏, 光合成研究法, 209, 214,   2009年
  • 植物の環境ストレスに対する熱ショック転写因子HsfA2を介した応答・適応機構, 西澤(横井)彩子、薮田 行哲、重岡 成, 農林水産技術 研究ジャーナル, 32, 7, 10, 14,   2009年
  • 選択的スプライシングを介した植物の環境ストレス応答/耐性機構   -セリン/アルギニンリッチ(SR)タンパク質の関与, 田部記章、吉村 和也、重岡 成, 化学と生物, 46, 4, 224, 226,   2008年, 10.1271/kagakutoseibutsu.46.224
  • レドックス制御に関わるアスコルビン酸およびヌクレオシド二リン酸類縁体(Nudix), 吉村和也、薮田哲行、石川孝博、重岡成, ビタミン, 81, 83, 93,   2007年
  • 植物のレドックス制御機構と環境ストレス応答への関与, 薮田 行哲、小川 貴央、吉村 和也、重岡 成, 蛋白質 核酸 酵素, 52, 578, 584,   2007年
  • 「プラントミメティックスー植物に学ぶー」 第2編 植物の制御と代謝 ―第2章・エネルギーと代謝 第3節・カルビンサイクルの制御, 重岡 成, 田茂井 政宏, NTS出版, 231, 239,   2006年
  • 原生動物ユーグレナ, 石川 孝博、重岡 成 , 光合成微生物の機能と応用 第2章光合成微生物の基礎5, 126, 137,   2006年
  • アスコルビン酸による光・酸素毒防御系の分子機構の解明, 重岡成, ビタミン, 79, 3, 133, 141,   2005年
  • 植物のビタミンE生合成経路の全容〜ビタミンE抗含有作物の分子育種を目指して〜, 薮田 行哲、重岡 成, ビタミン, 79, 395, 398,   2005年
  • カルビンサイクルの新たな調節機構—小タンパク質CP-12は光合成炭素代謝を制御するー, 田茂井 政宏、深溝慶、重岡成, 化学と生物, 43, 770, 772,   2005年
  • Engineering of photosynthetic pathways., Advances in Plant Biochemistry and Molecular Biology, Vol. 1.,   2004年
  • 酸化ストレス防御の環境適応機構, 石川孝博、重岡成, 遺伝, 58, 6, 49, 55,   2004年
  • ビタミンはどれだけ摂ればよいか?-水溶性ビタミンの必要量について- ビタミンC 多様な働きから所要量まで   , 村上 恵、武田 徹、重岡 成, ビタミン, 77, 8, 480, 481,   2003年03月
    概要:ヒューマンスタディにおける市民講演会で、ビタミンcの特性、生理・薬理機能、所要量の決定、現在の摂取量、摂取の仕方〈サプリメントも含む)などについて解説した。
  • 食糧増産と環境保全への挑戦-分子育種によるスーパー植物の創成-, 田茂井政宏、重岡 成, FFIジャーナル, 208, 140, 146,   2003年
  • 植物代謝工学の有用性-遺伝子組み換えによる生産性と環境ストレス耐性能の向上-, 重岡 成, 水, 45, 9, 28, 31,   2003年
  • レドックスと代謝エンジニアリング, 石川孝博、薮田行哲、田茂井政宏、重岡 成, 蛋白質 核酸 酵素, 48, 15, 2145, 2153,   2003年
  • 形質転換技術による作物の生理生態形質の育種, 重岡 成, 農業と園芸, 78, 299, 302,   2003年
  • 藻類カルビン回路の調節機構    フェレドキシン/チオレドキシン系を介した光還元力による活性調節の欠損が意味するものは?   , 田茂井 政宏, 重岡 成, 日本光合成研究会会報, 35, 11, 13,   2002年12月
    概要:ラン藻や真核藻類が行う光合成は、植物一般に考えられている光合成とは異なり、光還元録による活性調節を受けないこと、またそのメカニズムを分子レベルで明らかにしてきた。さらに、このような光合成の違いが、活性酸素による傷害から回避する手段の相違に関連していることなどについて、これまでの研究経緯とともに紹介した。
  • 光・酸素毒耐性植物, 242. 重岡 成、田茂井政宏、吉村和也, 植物代謝工学ハンドブック(エヌ・ティー・エス), 450, 472,   2002年
  • 植物のビタミンCの機能—アスコルビン酸ペルオキシターゼの抗酸化機構—ビタミン研究のブレークスルー —発見から最新の研究まで—, 重岡 成, ビタミン, 285, 287,   2002年
  • 光・酸素毒防御系の発現制御による環境ストレス耐性植物の作出, 吉村和也、薮田行哲、重岡 成, 細胞工学, 21, 1469, 1474,   2002年
  • 光合成と生育を増強した形質転換タバコをつくる, 宮川佳子、田茂井政宏、重岡 成, Bioベンチャー, 2, 93, 96,   2002年
  • 光合成能を向上させた植物の分子育種 ラン藻のカルビン回路構成酵素の導入によって光合成能と成育能が増強!, 田茂井政宏、宮川佳子、重岡 成, 化学と生物, 40, 422, 424,   2002年
  • ビタミンC, 栄養・評価と治療, 19, 41-46(305-310),   2002年
  • 光合成生物の活性酸素代謝の応答機構, 重岡 成, 生物工学会誌, 79, 303, 304,   2001年
  • 植物のビタミンCの機能-アスコルビン酸ペルオキシダーゼの抗酸化機構-, 重岡 成, ビタミン, 73, 109, 114,   1999年
  • 光・酸素毒耐性植物のエンジニアリング, 重岡 成、田茂井政宏、宮川佳子, 蛋白質 核酸 酵酸, 44, 2246, 2252,   1999年
  • 葉緑体のアスコルビン酸ペルオキシダーゼ合成の巧みなメカニズム, 吉村和也、石川孝博、重岡 成, 化学と生物, 37, 694, 699,   1999年
  • ビタミンCの安全性, 美濃 眞、五十嵐修、糸川嘉則、西川善之、重岡 成、舛重正一、湯川 進、大塚 恵、杉山みち子、安田和人, ビタミン, 72, 19, 24,   1998年
  • 光合成生物における光・酸素毒防御系の分子機構 -光・酸素毒耐性植物の創製は可能か-, 重岡 成、石川孝博、武田 徹、田茂井政宏, 蛋白質 核酸 酵素, 43, 634, 648,   1998年
  • 過酸化水素のシグナルとしての働き, 重岡 成, 生物工学誌, 1, 33,   1996年
  • なぜ植物にアスコルビン酸は多く存在するのか, 重岡 成, FFI ジャーナル, 170, 66, 74,   1996年
  • 生体内抗酸化物質, 重岡 成, 現代医療, 28, 8, 73, 76,   1996年
  • 活性酸素代謝とアスコルビン酸, 重岡 成, ビタミン, 69, 373, 379,   1995年
  • 原生生物ユーグレナは閉鎖系生活空間において唯一の栄養源として機能する, 中野長久、宮武和孝、山地亮一、西澤亜利、重岡 成、細谷圭介、乾 博、渡辺文雄、榎本俊樹、竹中重雄, CELSS JOURNAL, 8, 1, 別冊,   1995年
  • 環境ストレスに対する生体内抗酸化剤による防御系, 重岡 成, 農芸化学会誌, 68, 1427, 1428,   1994年
  • Euglena におけるビタミンB1の代謝と生理的意義, 重岡 成、山地 亮一、中野 長久, ビタミン, 67, 397, 410,   1993年
  • 植物の過酸化水素代謝の比較生化学:消去系に大きな違い.藻類のもつ活性酸素耐性の光合成CO2固定能に期待, 重岡 成, 化学と生物, 31, 775, 777,   1993年
  • 植物の光・酸素毒性耐性機構, 重岡 成, 植物細胞工学, 5, 446, 453,   1993年
  • アスコルビン酸ペルオキシダーゼの分子的性質, 石川孝博、重岡 成, ビタミン, 67, 638, 639,   1993年
  • 生体での活性酸素代謝, 重岡 成, 日本食品機械研究会誌, 13, 57, 63,   1993年
  • 活性酸素代謝の分子的機作の解明, 重岡 成, 農化誌, 66, 1739, 1749,   1992年
  • 抗酸化酵素-アスコルビン酸ペルオキシダーゼー, 重岡 成, 活性酸素・フリーラジカル, 2, 38, 47,   1991年
  • 抗酸化物:ビタミンC, 重岡 成, 活性酸素・フリーラジカル, 2, 148, 155,   1991年
  • デヒドロアスコルビン酸の還元に関する最近の話題, 重岡 成, ビタミン, 64, 160, 161,   1990年
  • Euglena gracilis z における無機イオンの要求性と蓄積, 越智 宏倫、重岡 成、飯塚 義富、渡辺 文雄、中野 長久、北岡 正三郎, 日本栄養食糧学会誌, 43, 54, 57,   1990年
  • ヒト及びモルモットにグロノラクトン酸化酵素の遺伝子が存在する, 重岡 成, ビタミン, 64, 735, 736,   1990年
  • 動植物及び微生物における過酸化水素消去系の新しい存在様式, 重岡 成, ビタミン, 63, 103, 104,   1989年
  • Euglenaの呼吸代謝機構, 重岡 成、乾 博, 農芸化学会誌, 63, 1506, 1508,   1989年
  • ユーグレナ:新素材としての研究開発と応用, 重岡 成, フレグランス ジャーナル, 93, 34, 40,   1988年
  • アスコルビン酸-モノデヒドロアスコルビン酸の酸化還元系, 重岡 成, ビタミン, 61, 23, 24,   1987年
  • ラットにおける[14C]コレステロールの吸収、体内移行に及ぼすユーグレナ(Euglena gracilis z)の影響, 河野裕一、中野長久、北岡正三郎、加藤 清、重岡 成、大西 俊夫., 栄養食糧誌, 40, 193, 198,   1987年
  • ユーグレナ、オルガネラの生理機能, 重岡 成、中野長久, 遺伝, 40, 60, 65,   1986年
  • 新規酵素アスコルビン酸ペルオキシダーゼ, 重岡 成, 化学と生物, 20, 209, 211,   1982年
  • アスコルビン酸の酸化還元系と活性酸素, 重岡 成, ビタミン, 56, 75, 82,   1982年
  • Euglena gracilis におけるL-アスコルビン酸の代謝と生理機能 , 重岡 成, ビタミン, 55, 127, 140,   1981年

特許

  • 高等植物の生産性を向上させる方法, 3357909
  • 活性酸素消去系酵素遺伝子の発現を増強させることにより作製した耐冷性が強化されたイネ科植物体, 2002-274942
  • ストレス耐性が向上した植物及びかかる植物の製造方法, 2003-209663
  • ストレス耐性が向上した組み換え植物及びかかる組み換え植物の生産方法, 2004-94266
  • 葉緑体工学による植物の生産性を向上させる方法, 2004-059513

受賞

  •   2013年07月, 近畿大学, 近畿大学研究奨励褒賞
  •   2013年, 日本農芸化学会学会賞
  •   2004年, 日本ビタミン学会賞
  •   2003年, バイオビジネスコンペJAPAN最優秀賞
  •   1992年, 日本農芸化学会奨励賞
  •   1981年, 日本ビタミン学会奨励賞

競争的資金

  • 国立研究開発法人科学技術振興機構, 戦略的創造研究推進事業(CRESTタイプ) , シンク/ソース同時改良による植物生産性強化の基盤開発, 重岡 成
  • 文部科学省, 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 植物の環境ストレス応答・耐性の分子機構解明, 深溝 慶
  • 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO), 戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業(次世代技術開発), 微細藻類バイオ燃料製造に関する実用化技術強化の研究開発, 重岡 成
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A), 基盤研究(A)), 植物のレドックス制御による環境ストレス応答の分子機構, 重岡 成, 細胞内における酸化還元(レドックス)状態(バランス)は、環境ストレス応答・防御を含む様々な生理機能の発現に深く関わっている。そこで、「植物のレドックス制御による環境ストレス応答の分子機構」を統合的に理解することを目指して、(1)葉緑体ROSを介した酸化的シグナリングの分子機構、(2)ヌクレオシド2-リン酸代謝による細胞内レドックス制御機構について解析した。(1)チラコイド膜結合型アスコルビン酸ペルオキシダーゼ(tAPX)の誘導抑制系を用いた解析により同定した葉緑体由来のH_2O_2に応答する遺伝子群の遺伝子破壊株ラインから、パラコート処理による酸化的ストレス感受性変異株(PSS)を複数選抜した。そこで、それらの原因遺伝子(PSS)の種々のストレスに対する発現解析や変異体の感受性試験を行った。その結果、PSS7の発現はサリチル酸(SA)およびエリシター処理によって抑制された。一方、PSS4はエリシター処理によってのみ発現誘導された。また、PSS4およびPSS7は共にエリシター処理に高感受性を示した。これらの結果から、葉緑体由来のH_2O_2由来のシグナルは酸化的ストレス応答だけでなく、病原菌応答にも関与していることが示唆された。(2)葉緑体内でNADPH加水分解に機能するシロイヌナズナNudix hydrolase (AtNUDX19)の生理的役割を解明するために、遺伝子破壊株(KO-nudx19)を用いて解析を行った。その結果、KO-nudx19株ではSA合成に関与する遺伝子群やサリチル酸(SA)応答性遺伝子群の発現およびSAレベルが野生株よりも有意に増加していること、KO-nudx19株はSA高感受性を示すこと、SA処理下においてAtNUDX19の発現レベルが増加することを明らかにした。以上より、AtNUDX19はSAシグナリングのネガティブレギュレーターとして機能することが示唆された。また、原核生物由来のシグナル分子として知られているppGppに対して加水分解を有するAtNUDX11,15,25および26の種々の環境ストレス下での発現解析を行った。その結果、乾燥条件下においてAtNUDX26およびppGpp合成分解酵素群の発現誘導が確認された。したがって、AtNUDX26は乾燥下における葉緑体内ppGppレベルの制御に機能していると考えられた.
  • JST先端的低炭素化技術開発事業ALCA(低炭素), イモ革命による持続的低炭素化地球生活の実現 「遺伝子導入によるサツマイモの生産性増大およびストレス耐性能付与とその評価」, 横田 明穂
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), 植物の環境ストレスによる酸化的シグナリングの分子機構, 重岡 成, 葉緑体由来の活性酸素種(ROS)に応答する遺伝子群を約800個同定し、それらの機能解析を行った。その結果、PSI1およびPSS8と名付けた新規遺伝子が葉緑体由来のROSを介したストレス応答に重要であることを明らかにした。また、植物の環境ストレス応答に重要である熱ショック転写因子(HsfA2)の誘導機構について解析し、HsfA2の発現はHsfA1dおよびHsfA1eに制御されることを明らかにした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 植物オルガネラにおけるヌクレオシド2-リン酸類縁体の代謝, 重岡 成, 本研究から、植物におけるNudix hydrolase(AtNUDX)は多様な生理的役割を果たしていることが明らかになった.すなわち、シロイヌナズナ細胞質局在型のAtNUDX1は酸化ヌクレオチド浄化、AtNUDX2はADP-リボースのリサイクル、AtNUDX7はNADH代謝を介したPAR反応制御により酸化ストレス防御に機能していることを明らかにした.また、推定オルガネラ局在型のAtNUDX15、14、19、および23の細胞内局在性および特異的基質も明らかにした.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 植物のレドックス制御による遺伝子発現の解明と分子育種への応用, 重岡 成, 本研究はレドックス制御による遺伝子発現調節の分子機構の解明を目的として、以下の3項目について研究を行った。1.APXアイソザイムの遺伝子発現制御機構と細胞内レドックスの関連性の解析細胞質型APX(cAPX)の発現調節機構について解析を行った。その結果、ストレス初期のcAPXの誘導はプラストキノンプールのレドックス状態が、続くストレスにより上昇した細胞内H_2O_2レベルによって更にcAPXが誘導を受けていることが明らかとなった(Yabuta et a1.,2004)。また、植物の葉における老化と抗酸化物質/酵素との関係について解析を行った。その結果、若い葉に比べ老化葉ではス酸化ストレスに対し感受性が高く、抗酸化物質/酵素レベルが低いことが明らかとなった。また、ストレス条件下ではアスコルビン酸レベルと葉緑体型APX活性が著しく低下していたことから、これらが光・酸化的ストレスの初期ターゲットであることが明らかとなった(Ohe et a1.,2005)。2.レドックス制御による発現遺伝子の系統解析cAPXを抑制したタバコBY-2細胞(cAPX-S2および-S3)を作製した。cAPX-S2および-S3のレドックス状態を評価した結果、野生株に比べ酸化状態にシフトしていた。レドックス状態の変化に応じて誘導されている遺伝子群の同定を目的に、サブトラクション法により、野生株と比べてcAPX-S3で誘導されている遺伝子の単離を行った。その結果、様々なストレス防御に関与する遣伝子がcAPX-S3で誘導されていた(lshikawa et al.,2005)。3.レドックス制御因子を導入した形質転換植物の分子育種現在、上記で得られたシグナル伝達に関与する遺伝子群をそれぞれ過剰発現させた形質転換シロイヌナズナの作出を行っており、今後マイクロアレイにより、誘導を受けている遺伝子の同定を試みる。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), アスコルビン酸ペルオキシダーゼによる光過剰エネルギー消去の分子機構の解明, 重岡 成, 1.葉緑体型APXアイソザイムの選択的スプライシングによる発現調節機構の解明葉緑体型APXの前駆体mRNAにおける選択的スプライシング機構は組織特異的に発現制御されている。そこで、制御機構を明らかにするために、選択的スプライシングの制御のシス因子(SRE)と推定される23ntの配列(SRE)に様々な部位に変異を導入し、in vitroで生成させたmRNAに対するホウレンソウ核タンパク質の結合能をRNA-タンパク質ゲルシフト法により解析した。その結果、ホウレンソウやタバコの葉とタバコ緑色培養細胞ではSRE特異的に強い強度のシフトバンドが認められたが、根やタバコ黄色培養細胞では検出されなかった。シフトバンドはSREに種々の変異を導入することにより消失した。これらの結果から、SREを特異的に認識するRNA結合タンパク質(トランス因子,FactorX)は緑色細胞に存在しており、SREはtAPXmRNAの発現のためのエンハンサーとして機能していると考えられた。2.葉緑体型APXを過剰発現もしくは抑制させた形質転換タバコを用いたAPXアイソザイムの生理的意義の解明これまでに、葉緑体型APXは種々のストレス下において機能が低下していることが明らかになっている。そこで、葉緑体型APXの酸化的ストレス条件下での機能を検討するために、ホウレンソウおよびタバコのチラコイド膜結合型APX(tAPX)のcDNAを用いて、葉緑体型APXアイソザイムを過剰発現もしくは抑制したタバコの作製を試みた。ホウレンソウのtAPXcDNAをCMVプロモーター制御下に導入した遺伝子をアグロバクテリウムを介してタバコ(Nicotiana tabacum cv.xanthi)へ導入した結果、50系統の形質転換タバコ(TpTAP)が得られた。すべてのTpTAP系統は野生株と比較して約20-30倍のtAPXタンパク質量および活性を有していた。正常条件下でのCO_2固定速度、PSII活性および抗酸化酵素活性は両株間で有意な差は認められなかった。一方、アンチセンス法により葉緑体型APXを抑制させるために、タバコのtAPXcDNAをCaMV(CMV?)プロモーター下流に逆向きに連結した遺伝子をタバコへ導入した。現在、5系統のT_1世代が得られており、形質転換体の確認を行っている。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(A)), FBP/SBPase導入形質転換植物によるソース/シンク器官の炭素代謝調節の解析, 重岡 成, 高等植物ソース器官のカルビン(光合成炭素還元:PCR)サイクルのチオール酵素に着目し、光合成を含めた炭素代謝におけるこれら酵素の位置づけと調節機構の生理的意義の解明を目的とする。本研究ではラン藻(Synechococcus PCC7942)のチオール酵素FBP/SBPaseを葉緑体または細胞質に導入したタバコ形質転換植物を作製し、ソース/シンク器官にける光合成能および炭素代謝に及ぼす影響を検討した。葉緑体にFBP/SBPascを導入した形質転換タバコでは、光強度の異なる培養条件下(水耕栽培、400μE/m2/sまたは800μE/m2/s、相対湿度,60%、25℃)において光合成能の上昇、カルビンサイクル代謝中間体の増加、さらに成育の促進、ソース器官でのシヨ糖含量、シンク器官でのデンプン含量の著しい増加が認められた。これら一連の現象はFBP/SBPase発現レベルに対応していた。一方、細胞質にFBP/SBPaseを導入した形質転換植物は、T1世代において野生株との間に生育の差は認められなかったが、上葉のヘキソース量が野生株と比較して顕著に増加していた。以上の結果より、FBPaseおよびSBPaseはカルビンサイクルの律速因子の一つであり、葉緑体内でのFBPaseおよびSBPase活性の増加に伴って、光合成炭素固定をソース/シンク器官での炭素代謝が大きく変化することが明らかになった。現在、明期/暗期において転流関連酵素への影響を検討している。細胞質にFBP/SBPaseを導入した形質転換体では、野生株との間に成育の差はなかったが、糖代謝への影響が認められた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(A)), ラン藻FBP/SBPase導入形質転換植物によるソース/シンク器官の炭素代謝調節の解析, 重岡 成, 高等植物ソース器官のカルビン(光合成炭素還元:PCR)サイクルのチオール酵素に着目し、光合成を含めた炭素代謝におけるこれらの酵素の位置づけと調節機構の生理的意義の解明を目的とする。本研究ではラン藻(Synechococcus PCC7942)のチオール酵素FBP/SBPaseを葉緑体または細胞質に導入したタバコ形質転換植物を作製し、ソース/シンク器官における光合成および炭素代謝に及ぼす影響を検討した。水耕栽培(400μE/m^2/s、相対湿度60%、25℃)10週目の形質転換体の葉、茎、根は野生株と比較して著しく発達し、平均背丈は野生株の1.4倍大きくなっていた。第4葉の光合成速度は、1600μE/m^2/sでは野生株の1.24倍に上昇した。形質転換体の最終乾燥重量(開花時)は野生株の約1.5倍に増加していた。形成転換体ではFBPase活性が1.6倍、SBPase活性が2.3倍に上昇していたが、内在性の酵素活性には有意な差は見られなかった。その他のPCRサイクルの酵素には有意な差は見られなかった。しかし、形質転換体のRubiscoの活性化率が野生株に比べて上昇していた。野生株および形質転換体のの定量を行った。形質転換体の上葉(第4葉)、下葉のいずれにおいてもPCRサイクル中間体(PGA、DHAP、F6P、G6P、RuBP)は有意に増加していた。またヘキソース、ショ糖、デンプン量を測定した結果、ヘキソースは主に上葉と茎に、ショ糖は上葉に、デンプンは下葉と根に有意な増加が認められた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼアイソザイム遺伝子の発現調節の解明, 重岡 成, 高等植物におけるアスコルビン酸ペルオキシダーゼ(APX)アイソザイムの発現調節機構と生理的意義、およびアスコルビン酸(AsA)生合成機構を明らかにすることを目的として以下の3つの項目について検討を行った。1)チラコイド型APX(tAPX)およびストロマ型(sAPX)は同一の遺伝子から3'末端の選択的スプライシングにより生成している。RT-PCRによる解析の結果、ApxIIから分子量の異なる4種類のmRNA(tAPX-I, sAPX-I, -II, -III)が生成していることが明らかになった。S1ヌクレアーゼアッセイの結果から、播種4週間後のホウレンソウ葉には、sAPX-I, -II, -IIIおよびtAPX-Iがそれぞれ21:5:32:42の割合で存在することが明らかになった。このことから、高等植物における葉緑体型APXアイソザイムの発現調節は選択的スプライシングに依存していることが明らかになった。2)ホウレンソウに存在するAPXアイソザイム(sAPX, tAPX, ミクロボディ型;mAPX, 細胞質型;cAPX)の種々の環境ストレスに対する応答機構を解析した。その結果、cAPXのみが強光およびパラコートストレスにより転写レベルで発現誘導されたが、他のアイソザイムは応答性を示さなかった。cAPXの発現は強光ストレスにより転写および活性レベルで経時的に上昇していた。sAPXおよびtAPXは転写レベルおよびタンパク質レベルが変化していないのに反し、活性レベルが著しく減少していた。また、強光条件下においてH2O2量の一時的な上昇およびアスコルビン酸の酸化還元状態の変化が認められた。3)AsA生合成系の最終段階を触媒するL-ガラクトノ-γ-ラクトン脱水素酵素(GALDH)の細胞内局在性を検討した結果、GALDH活性はミトコンドリアの膜画分においてのみ認められた。cDNA解析の結果、GALDHは1761bpのORFを含み、587アミノ酸残基からなる推定分子量66755Daのタンパク質をコードしていた。N末端領域にはミトコンドリアヘのトランジットペプチドが存在した。リコンビナントGALDHは他の植物種由来のGALDHと同様にシトクロームcを電子受容体とした。また、L-ガラクトノ-γ-ラクトンに高い特異性を示し、他の類似体ではほとんど活性を示さなかった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(重点領域研究), 植物における活性酸素耐性酵素遺伝子導入による環境適応の分子機構, 重岡 成, 本研究では1)SynechococcusPCC7942カタラーゼ-ペルオキシダーゼ(CPX)遺伝子およびチオール酵素(FBPase,GAPDH)遺伝子の解析および発現系の確立2)カタラーゼ(カタラーゼ-ペルオキシダーゼ)遺伝子(大腸菌:KatEおよびCPX)およびチオール酵素(FBPase,GAPDH)遺伝子のタバコへの導入および形質転換植物の環境ストレスに対する応答機構の解析を目的とする。(1)S.7942のカタラーゼ-ペルオキシダーゼの分子的性質 CPX遺伝子は2160bp、720残基のアミノ酸からなり、推定分子量79.9kDaは精製酵素のSDS/PAGEのそれと一致した。アミノ酸配列は既報の原核生物のCPXと53〜65%の相同性を示し、ヘム結合に関与するproximalおよびdistalのHis領域も保存されていた。5´上流領域にはH_2O_2により誘導を受けるoxyRタンパク質の結合領域と類似した認識配列が認められた。pET3aベクターによる発現系も確立した。(2)KatE遺伝子のタバコへの導入 pBI101ベクターにトマトrbcSとKatEを連結し、プラスミドの構築を行った。遺伝子導入はアグロバクテリウムを用いた。その結果、7つの形質転換植物が得られ、カタラーゼは葉緑体に発現していた。T1においてリ-フディスク法によるパラコート耐性を比較したところ、明らかに転換植物に耐性が認められた。(3)S.7942のFBPaseアイソザイムの分子的性質 FBPaseアイソザイム(FI,FII)はそれぞれ40kDa,37kDaの同一サブユニットからなる4量体であった。FII遺伝子は339アミノ酸をコードし、既報のFBPaseと40〜45%の相同性を示した。FI遺伝子は356アミノ酸をコードし、典型的なFBPaseとほとんど相同性を示さず、S.leopoliensisのFBPaseの内部アミノ酸と高い相同性を示した。pKP1500ベクターによる両遺伝子の発現系も確立した。両タンパク質より作製した抗体はそれぞれ特異的であり、交差反応を示さなかった。また両抗体とも動植物由来のFBPaseと反応しなかった。(4)S.7942のGAPDHの分子的性質 GAPDHは41kDaの同一サブユニット4量体からなる。GAPDH遺伝子は380アミノ酸をコードし、その配列は既報の酵素と60〜70%の相同性を示した。pET3aベクターによるGAPDH遺伝子の発現系を確立し、リコンビナント酵素も精製した。(5)FBPaseアイソザイムおよびGAPDHのH_2O_2耐性 Euglena, Chlamydomonas葉緑体およびラン藻より調製したチオール酵素はH_2O_2に対して耐性であった。今回、S.7942のFBPaseのFIとGAPDHの精製酵素およびFBPaseFIIとGAPDHのリコンビナント精製酵素に対してH_2O_2処理(10^<-3>〜10^<-5>M)を行い、活性への影響を検討した。その結果、いずれの場合も1mMH_2O_2でも活性を80〜100%保持していた。また、藻類チオール酵素は高等植物葉緑体のそれと異なり、ほとんど光活性化を受けなかった。
  • 抗酸化剤の代謝と生理機能
  • 光合成生物における過酸化水素消去機構
  • 環境ストレス耐性植物の作出