KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

太田 博巳オオタ ヒロミ

プロフィール

所属部署名農学部 水産学科 / 農学研究科
職名教授
学位水産学博士
専門魚介類繁殖生理学
ジャンル経営・産業/漁業
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/173-oota-hiromi.html
ホームページURL
メールアドレスohta[at]nara.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    ウナギとアナゴの生産方法、魚介類の精子と卵の保存方法に関する内容、重要魚介類の成熟現象、等について研究しています。

報道関連出演・掲載一覧

    〈報道関連出演・掲載一覧〉
    ●2015/07/22
     関西テレビ「ゆうがたLIVE ワンダー」
     ウナギの生態について
    ●2014/06/12
     朝日放送「キャスト」

学歴・経歴

学歴

  •  - 1982年, 北海道大学, 水産学研究科, 水産増殖学専攻
  • 北海道大学, 水産学部, 水産増殖学

経歴

  •   1983年04月,  - 1992年03月, 北海道立水産孵化場(科長)
  •   1992年04月,  - 2002年03月,  水産庁養殖研究所 室長
  •   2002年04月,  - 現在, 近畿大学農学部水産学科(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 水産学, 水産学一般

研究キーワード

  • 生殖生理 魚介類種苗生産 凍結保存

論文

  • Changes in milt volume and sperm quality with time after an injection of recombinant Japanese eel luteinizing hormone in male Japanese eels., 太田博巳、佐藤友太、今泉均、風藤行紀, Aquaculture, 479, 150, 154,   2017年06月, 査読有り
  • クエxタマカイの種間交雑と交雑仔稚魚の成長, 村田修、板倉壮太、山本眞二、服部亘宏、倉田道雄、太田博巳、升間主計, 水産増殖, 65, 1, 93, 95,   2017年03月, 査読有り
  • Sperm cryopreservation of Japanese eel, Anguilla japonica., Ivan Chong Chu Koh、濱田大輝、辻吉晃、奥田大介、野村和晴、田中秀樹、太田博巳, Aquaculture, 473, 487, 492,   2017年02月, 査読有り
  • Characterization of thyroid hormone receptors during early development of the Japanese eel., 川上優、野村和晴、太田博巳、田中秀樹, General Comparative Endocrinology, 194, 300, 310,   2013年12月, 査読有り
  • Administration of 17a-hydroxyprogesterone into mature male Japanese eel reduces sperm motility by decreasing potassium ion concentrations in the seminal plasma., 三浦顕、野村和晴、今泉均、神保忠雄、増田賢嗣、田中秀樹、太田博巳, Aquaculture, 414-415, 217, 223,   2013年11月, 査読有り
  • Post-ovulatory oocyte aging induces spontaneous occurrence of polyploids and mosaics in arificial fertilization of Japanese eel, Anguila japonica., 野村和晴、武田愉加子、鵜沼辰也、森島輝、田中秀樹、荒井克俊、太田博巳, Aquaculture, 404-405, 15, 21,   2013年08月, 査読有り
  • Dryshipper cryopreservation of seven-band grouper spermatozoa, Ivan Chong Chu Koh, 田中大介、板金孝宜、辻正治、土橋靖、太田博巳, Aquaculture Research, 44, 59, 66,   2013年04月, 査読有り
  • Effects of cooling rate on post-thaw motility and fertility of Japanese pearl oyster, Pinctada fucata martensii, spermatozoa, 有田香穂里, 磯和潔、石川卓、青木秀夫、太田博巳 , Fisheries Science, 78, 625, 630,   2012年04月
  • Species and sex identification of Formosa landlocked salmon using loop-mediated isothermal amplification, Hsu TH, Adiputra YT, 太田博巳、Gwo JC., Molecular Ecology Resources, 11, 802, 807,   2011年12月
  • Accumulation of the major yolk protein and Zinc in the agametogenic sea urchin gonad., 鵜沼辰哉, 太田 博巳, 澤口小有美, 山野恵祐, Biological Bulletin, 221, 227, 237,   2011年10月
  • A genetic linkage map of the Japanese eel (Anguilla japonica) based on AFLP and mirosatellite markers., 野村和晴, 太田 博巳, 尾崎昭之 田中秀樹 鵜沼辰哉, 森島輝 吉川幸雄 荒井克俊, Aquaculture, 310, 329, 342,   2011年06月
  • 魚介類の良質精子作出・保存法の開発に関する研究, 太田 博巳, 日本水産学会誌, 77, 3, 360, 363,   2011年05月
  • Development of an artificial fertilization method for the Japanese pearl oyster Pinctada fucata martensii by using a microplate., 太田 博巳, 有田香穂里,磯和潔、青木秀夫, Aquaculture Science, 58, 517, 523,   2010年12月
  • Cryopreservation of sperm from seven-band grouper, Epinephelus septemfasciatus., Ivan Chong Chu Koh, 横井謙一, 辻将治、土橋靖、太田博巳, Cryobiology, 61, 263, 267,   2010年11月
  • Preservation of endandered salmonids using androgenesis., 名古屋博之, 佐藤俊平、太田 博巳, J. Natl. Taiwan Museum, 14, 71, 78,   2010年03月
  • Attempt at cloning high-quality goldfish breed “Ranchu” by fin-cultured cell nuclear transplantation., 田中大介, 高橋昭人, 上野紘一, 太田 博巳, 高井彰徳, Zygote, 20, 79, 85,   2010年02月
  • Production of androgenetic amago salmon Oncorhynchus masou ishikawae with dispermy fertilization., 太田 博巳, 名古屋博之, 河村功一, Fisheries Science, 76, 305, 313,   2010年02月
  • Hormone injections enhance tolerance of land-locked ayu spermatozoa to cryopreservation., 横井謙一, 山根弘士, 西口佳範, 山本慎一, 合田満樹, 滝井健二, 桑田知宣、太田 博巳, Aquaculture Research, 40, 1893, 1898,   2009年12月
  • Metabolism of a glycosaminoglycan during metamorphosis in the Japanese conger eel, Conger myriaster., 太田 博巳, 川上 優, 野村和晴 他1名, 五利江重昭, Res. Let. Biochem.,, 25173, 1, 5,   2009年10月
  • Influence of salinity on morphological deformities in cultured larvae of Japanese eel, Anguilla japonica, at completion of yolk resorption., 太田 博巳, 岡本拓磨, 黒川忠之 他6名, Aquaculture, 293, 113, 118,   2009年04月
  • The major yolk protein (transferrin superfamily protein) is synthesized in the digestive tract and secreted into the coeloms in sea urchin larvae., 鵜沼 辰哉, 太田 博巳, 他5名, Mol. Reprod. Dev., 76, 142, 150,   2009年
  • Differences in post-thaw motility of spermatozoa between land-locked and amphidomous forms of ayu (Plecogrossus altivelis), 滝井 健二, 太田 博巳, Aquaculture, 292, 42, 45,   2009年
  • Effects of cryopreservation on sperm structure in Japanese pearl oyster, Pinctada fucata martensii., 成田光好,古丸明, 太田 博巳, 川元貴由, 磯和潔, 林政博,青木秀夫, , Fish. Sci., 74, 1069, 1074,   2008年10月
  • 成長ホルモン遺伝子を導入した遺伝子組換えアマゴ Oncorhynchus masou ishikawae の作出, 太田 博巳, 名古屋博之, 岡本裕之 他2名, 佐藤俊平, 水産育種, 38, 105, 111,   2008年10月
  • Temperature on morphological deformities in cultured larvae of Japanese eel Anguilla japonica at completion of yolk resorption., 黒川忠之, 太田 博巳, 岡本拓磨, 他9名, J. World Aquacult. Soc., 39, 726, 735,   2008年09月
  • The role of thyroid hormones during the development of eye pigmentation in the Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis), 川上優, 横井謙一, 熊井英水、太田 博巳, Comp. Biochem. Physiol. B., 150, 112, 116,   2008年07月
  • Effects of hormone injections on tolerance to cryopreservation of ayu supermatozoa, 滝井 健二, 山根 浩二, 太田 博巳, Cybium, 32(2), 206, 207,   2008年
  • アユ精子の凍結保存法, 滝井 健二, 山本 慎一, 清水 寿一, 中村 元二, 太田 博巳, 日本水産学会誌, 72, 34, 40,   2006年
  • Cryopreservation of kelp grouper Epinephelus moara sperm using only a trehalose solution., 宮木廉男 中野庄司, 太田博巳, 黒倉寿, Fisheries Science, 71, 457, 458,   2005年04月
  • Cryopreservation diluents for spermatozoa of Sakhalin taimen Hucho perryi., 太田 博巳, ※楠田聡 小出展久 寺西哲夫 , 中島淳一 山羽悦郎 荒井克俊, Fisheries Science, 71, 293, 298,   2005年04月
  • Relationship between egg specific gravity and egg quality in the Japanese eel, Anguilla japonica., 太田 博巳, ※鵜沼辰哉 近藤茂則 田中秀樹 香川浩彦 野村和晴 , Aquaculture, 246, 493, 500,   2005年04月
  • Determination of the rates of fertilization, hatching and larval survival in the Japanese eel, Anguilla japonica,, 鵜沼辰哉 近藤茂則 田中秀樹 香川浩彦 野村和晴 太田博巳, Aquaculture, 241, 345, 356,   2004年08月
  • Development of endocrine system regulating exocrine pancreas and estimation of feeding and digestive ability, 黒川忠英 飯沼紀夫 鵜沼辰哉 田中秀樹 香川浩彦 鈴木徹 太田博巳, Aquaculture, 234, 513, 525,   2004年04月
  • Otolith microstructural analysis of reared larvae of the Japanese eel Anguilla japonica., 太田 博巳, ※篠田晃 塚本勝巳, 田中秀樹 香川浩彦, Fisheries Sci., 70, 339, 341,   2004年04月
  • Induction of triploidy by heat shock in the Japanese eel Anguilla japonica., 太田 博巳, ※野村和晴 香川浩彦 田中秀樹 鵜沼辰哉, 中島淳一 山内皓平 荒井克俊, Fisheries Science, 70, 247, 255,   2004年04月
  • Role of prostaglandin in the control of ovulation in the Japanese eel Anguilla japonica, 香川浩彦, 太田 博巳 他4名, Fisheries Science, 69, 234, 241,   2003年04月
    概要:ウナギのin vitroにおける排卵誘起に及ぼす最終成熟誘起ステロイド(DHP)と4種のプロスタグランジンの効果について調べ、DHPによる排卵誘起が卵濾胞のプロスタグランジンの合成・分泌を介する作用であることを明らかにした。
  • 若狭湾西部海域で漁獲されたアカアマダイの精巣重量と精巣精子の運動活性, 藤浪祐一郎,太田 博巳 他3名, 日本水産学会誌, 69, 2, 197, 200,   2003年04月
    概要:アカアマダイの雄成魚を用い、全長と精巣重量、および精巣精子の運動活性の関係について詳細に調べ、受精可能な精子を最も効率的に採取できる親魚の全長は42.0cmと推定した。
  • アカアマダイ漁獲鮮魚から採取した精巣精子の運動活性と冷蔵保存, 藤浪祐一郎, 太田 博巳 他3名, 日本水産学会誌, 69, 2, 162, 169,   2003年04月
    概要:アカアマダイの種苗生産は、雄の精液量の不足が大きな障害となっている。そこで、漁獲され、死亡したアカアマダイ雄成魚の精巣精子の採取方法、運動活性、冷蔵保存方法を検討した。
  • Changes in fertility of rainbow trout eggs retained in coelom, 東照雄, 太田 博巳, 他4名, Fisheries Science, 69, 131, 136,   2003年02月
    概要:排卵したニジマスの卵を、そのまま体腔中に貯留させた場合と、生体外に取りだし、人工体腔液中で培養した場合の受精能の変化の違いを、凍結保存精子を用いて比較検討した。
  • Quantitative changes in yolk protein and other components in the ovary and testis of the sea urchin Pseudocentrotus depressus, 鵜沼辰哉, 太田博巳 他3名, The Journal of Experimental Biology, 206, 365, 372,   2003年
    概要:ウニでは、卵巣及び精巣の両方において、major yolk protein(MYP)と呼ばれるタンパク質が合成・蓄積される。このMYPの配偶子形成過程における役割について明らかにした。
  • Expression of pancreatic enzyme genes during the early larval stage of Japanese eel Anguilla japonica, 黒川忠英, 太田 博巳 他5名, Fisheries Science, 68, 5, 736, 744,   2002年10月
    概要:ニホンウナギ仔魚の消化機能の発達過程を調べるため、膵臓から分泌される主要な消化酵素、trypsinogen、amylase、lipaseのそれぞれの遺伝子の構造と発現開始時期を調べた。各酵素はふ化後6日目から産生が開始され、外部栄養に切り替わる8日目には十分な酵素産生能を獲得していることが明らかとなった。
  • Production of leptocephali of Japanese eel (Anguilla japonica) in captivity., Aquaculture, 201, 51, 60,   2001年12月, 査読有り
  • Recent progress of research on larvae production of Japanese eel, Anguilla japonica., Suisanzoshoku, 49, 127, 132,   2001年10月, 査読有り
  • アカウニのビテロゲニンのcDNAのクローニングとその発現, 18, 559, 565,   2001年09月, 査読有り
  • アマゴ精子の冷蔵保存用希釈液と媒精溶液の検討, 太田博巳,鵜沼辰哉,名古屋博之, 日本水産学会誌, 66, 88, 96,   2000年03月, 査読有り
  • アユ精子の運動開始を導くイオン環境の変化, 辻将治,池田和夫,太田博巳, 日本水産学会誌, 66, 55, 61,   2000年03月, 査読有り
  • Cryopreservation of fish sperm from the endangered formosan landlocked salmon (Oncorhynchus masou formosanus)., Theriogenology, 51, 569, 582,   1999年10月, 査読有り
  • Ionic environment necessary for maintenance of potential motility in the common carp spermatozoa during in vitro storage., Fisheries Sci., 64, 547, 552,   1998年09月, 査読有り
  • カンキョウカジカの精子の運動開始を導く浸透圧の変化, 18, 29, 35,   1998年07月, 査読有り
  • Effects of rearing period in seawater on induced maturation in female Japanese eel Anguilla japonica., Fisheries Sci., 64, 77, 82,   1998年01月, 査読有り
  • Does light-induced relief of cytochrome c oxidase from CO-induced inhibition result in photo-reactivation of CO-inhibited respiration in sperm of sea urchin, oyster and Fish?, Zool. Sci., 14, 629, 636,   1997年11月, 査読有り
  • Artificial fertilization using testicular spermatozoa in the Japanese eel Anguilla japonica., Fisheries Sci., 63, 393, 396,   1997年09月, 査読有り
  • Artificial induction of maturation and fertilization in the Japanese eel, Anguilla japonica., Fish Physiol. Biochem., 17, 163, 169,   1997年05月, 査読有り
  • Increases in concentrations of potassium and bicarbonate ions promote acquisition of motility in vitro by Japanese eel spermatozoa., J. Exp. Zool., 277, 171, 180,   1997年05月, 査読有り
  • Relationship between serum levels of human chorionic gonadotropin (hCG) and 11-ketotestosterone after a single injection of hCG and induced maturity in the male Japanese eel, Anguilla japonica., Aquaculture, 153, 123, 134,   1997年04月, 査読有り
  • Induced ovulation by injection of 17, 20β dihydroxy-4-pregnen-3-one the artificially matured Japanese eel, with special reference to ovulation time., Fisheries Sci., 63, 365, 368,   1996年05月, 査読有り
  • Testicular maturation induced by methyltestosterone in elvers of the Japanese eel Anguilla japonica., Fisheries Sci., 62, 990, 991,   1996年12月, 査読有り
  • ウナギの人工催熟技術と仔魚の飼育技術の開発に関する研究, 田中秀樹,香川浩彦,太田博巳, 日本水産学会誌, 58, 623, 626,   2000年05月
  • Diluent for cool storage of the Japanese eel, Anguilla japonica, spermatozoa., Aquaculture, 142, 107, 118,   1996年03月, 査読有り
  • Changes in fertilization and hatching rates with time after ovulation induced by 17、20β-dihydroxy-4-pregnen-3-one in the Japanese eel, Anguilla japonica., Aquaculture, 139,   1996年01月, 査読有り
  • Milt production in the Japanese eel Anguilla japonica induced by repeated injections of human chorionic gonadotropin., Fisheries Sci., 62, 44, 49,   1996年01月, 査読有り
  • Absorption of protein molecules by the rectal cells in eel larvae Anguilla japonica., Fisheries Sci., 62, 832, 833,   1996年01月, 査読有り
  • In vitro effects of 17α,20βー dihydroxy-4-pregnen-3-one on final maturation of oocytes at various developmental stages in the Japanese eel, Anguilla japonica., Fisheries Sci., 61, 1012, 1015,   1995年11月, 査読有り
  • Relationship between fertility and motility of cryopreserved spermatozoa of amago salmon Oncorhynchus masou ishikawae., Fisheries Sci., 61, 886, 887,   1995年09月, 査読有り
  • Effects of freezing rate and pre-freezing temperature in the pellet method on post-thaw fertility of salmonid spermatozoa, Fisheries Sci., 61, 423, 427,   1995年07月, 査読有り
  • Development of the exocrine pancreas in the larvae of Japanese eel (Anguilla japonica)., Canad. J. Fish. Aquat. Sci., 52, 1030, 1036,   1995年07月, 査読有り
  • The first report of eel larvae ingesting rotifers., Fisheries Sci., 61, 171, 172,   1995年03月, 査読有り
  • シシャモ精巣精子の運動活性, 太田博巳・楠田 聡・工藤 智, 日本水産学会誌, 61, 7, 12,   1995年02月, 査読有り
  • Serum thyroxine, estradiol-17b, and testosterone profiles during the parr-smolt transformation of masu salmon, Oncorhynchus masou., Fish Physiol. Biochem., 12, 1, 9,   1993年02月, 査読有り
  • 体腔液の粘性がサクラマス精子の運動活性におよぼす影響について, 太田博巳・今田和史, 水産増殖, 40, 177, 182,   1992年06月, 査読有り
  • 体腔液及び洗卵液で希釈されたサクラマス精子の運動について, 太田博巳,松原孝博, 今田和史, 水産増殖, 37, 235, 239,   1989年07月, 査読有り
  • 等張洗卵液中でのサクラマス精子の運動について, 太田博巳, 神力義仁, 本間正男, 日本水産学会誌, 52, 509, 611,   1986年09月, 査読有り
  • Electron microscopic study on adhesive material of Pacific herring (Clupea pallasi) eggs., Jap. J. Ichthyol., 30, 404, 411,   1984年07月, 査読有り
  • Ultrastructure of the chorion and the micropyle of the Japanese eel, Anguilla japonica., Nippon Suisan Gakkaishi, 49, 501, 501,   1983年05月, 査読有り

MISC

  • ウナギ精子の凍結保存後の運動活性に及ぼす冷却速度の影響, 辻吉晃, KOH I. C. C., 奥田大介, 三浦顕, 野村和晴, 今泉均, 田中秀樹, 太田博巳, 日本水産学会大会講演要旨集, 2013, 142,   2013年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302273951818799
  • 雄ウナギの誘発産卵方法が精液性状と受精成績に及ぼす影響, 三浦顕, 野村和晴, 今泉均, 神保忠雄, 増田賢嗣, 田中秀樹, 太田博巳, 日本水産学会大会講演要旨集, 2013, 142,   2013年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302229662529143
  • 精子活性化物質がマナマコ凍結保存精子の運動能や受精能に及ぼす影響, 水野裕太, 山野恵祐, 鵜沼辰哉, 太田博巳, 日本水産学会大会講演要旨集, 2013, 200,   2013年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302290063373276
  • ウナギ初期成長時における甲状腺ホルモン受容体の発現変動, 川上優, 永尾次郎, 野村和晴, 太田博巳, 田中英樹, 日本水産学会大会講演要旨集, 2013, 48,   2013年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302298183190079
  • 交雑魚クエ×タマカイ当歳魚の低水温期における成長と生残, 板倉壮太, 山本眞司, 服部亘宏, 家戸敬太郎, 升間主計, 倉田道雄, 宮下盛, CHU Ivan Koh Chong, 太田博巳, 村田修, 日本水産学会大会講演要旨集, 2012, 40,   2012年09月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202270403645286
  • ウナギの完全養殖, 太田博巳, 田中秀樹, 科学と工業, 86, 4, 109, 114,   2012年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202218715562718
  • 高さ可変式冷却装置を用いたアコヤガイ精子の凍結保存, 有田香穂里, 磯和潔, 青木秀夫, 太田博巳, 日本水産学会大会講演要旨集, 2012, 117,   2012年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202225730786149
  • クエ(♀)とタマカイ(♂)の人工交配と仔稚魚の飼育, 村田修, 山本眞司, 板倉壮太, 服部亘宏, CHU Ivan Koh Chong, 太田博巳, 倉田道雄, 家戸敬太郎, 宮下盛, 日本水産学会大会講演要旨集, 2012, 123,   2012年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202218145260445
  • 誘発産卵処理に伴う雄ウナギの精液性状の変化, 三浦顕, 野村和晴, 今泉均, 神保忠雄, 増田賢嗣, 田中秀樹, 太田博巳, 日本水産学会大会講演要旨集, 2012, 119,   2012年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202221181228850
  • マナマコの凍結保存精子を用いた人工授精, 水野裕太, 山野恵祐, 太田博巳, 日本水産学会大会講演要旨集, 2012, 117,   2012年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202266604653654
  • マガキの人工授精方法の検討, 板金孝宜, 磯和潔, 青木秀夫, 太田博巳, 日本水産学会大会講演要旨集, 2012, 182,   2012年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202270891890480
  • ウナギの誘発産卵に用いる雄の精子活性とふ化仔魚における雄の寄与率の関係, 野村和晴, 三浦顕, 今泉均, 神保忠雄, 増田賢嗣, 尾崎照遵, 田中秀樹, 太田博巳, 日本水産学会大会講演要旨集, 2012, 119,   2012年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202282965713509
  • 魚介類の良質精子作出・保存法の開発に関する研究, 太田博巳, 日本水産学会大会講演要旨集, 2011, 174,   2011年09月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102261125917770
  • プログラムフリーザーを用いたアコヤガイ精子の凍結保存, 有田香穂里, 磯和潔, 青木秀夫, 太田博巳, 日本水産学会大会講演要旨集, 2011, 39,   2011年09月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102268536127774
  • hCGの3週毎投与,6週毎投与による雄ウナギの催熟, 鴻野ゆき, 野村和晴, 田中秀樹, 太田博巳, 日本水産学会大会講演要旨集, 2011, 34,   2011年09月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102269976740474
  • タナゴ精子の凍結保存, Journal of Fish Biology, 58, 670-681,   2001年
  • ウナギ精子の運動能力の培養液のイオン濃度による制御, Aquaculture, 198, 339-351,   2001年
  • アユ精子の運動能力の獲得と維持に及ぼす重炭酸イオンとpHの影響, Aquaculture Research, 32, 385-392,   2001年
  • 進む希少魚類の保存技術研究, 太田 博巳, Science & Technology Journal Science & Technology Journal, 11, 12, 24, 25,   2002年12月
    概要:我が国の希少淡水魚類の種の保存技術に関する研究の現状について概説し、現在我々が取り組んでいる、絶滅危惧種の細胞の系統的な保存作業の必要性について述べた。

特許

  • 精巣精子を用いたウナギの人工授精法, 2976014

受賞

  •   2000年, 日本水産学会, 技術賞, ウナギの人工催熟技術と仔魚の飼育技術の開発に関する研究
  •   2011年, 日本水産学会, 水産学進歩賞, 魚介類の良質精子作出・保存法の開発に関する研究

競争的資金

  • クロマグロの成熟現象に関する研究