KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

田茂井 政宏タモイ マサヒロ

プロフィール

所属部署名農学部 バイオサイエンス学科 / 農学研究科
職名准教授
学位博士(農学)
専門植物生理学、植物分子生物学
ジャンル環境/生物・動植物
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/893-tamoi-masahiro.html
ホームページURLhttp://plantmolphysiol.sakura.ne.jp/PMP/Home.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    植物および藻類の光合成炭素代謝について、その制御機構を中心に研究を行っています。また、遺伝子組換え技術を用いて光合成炭素代謝を改変し、生産性の増大も目指しています。

学歴・経歴

学歴

  • 1996年04月 - 1999年03月, 近畿大学大学院, 農学研究科, 農芸化学専攻 博士後期課程
  • 1994年04月 - 1996年03月, 近畿大学大学院, 農学研究科, 農芸化学専攻 博士前期課程
  • 1990年04月 - 1994年03月, 近畿大学, 農学部, 食品栄養学科

経歴

  •   1997年,  - 1999年, 日本学術振興会特別研究員
  •   2000年,  - 2001年, 日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業 研究員
  •   2001年,  - 2005年, 近畿大学(助手)
  •   2005年,  - 2009年, 近畿大学(講師)
  •   2009年,  - 現在, 近畿大学(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 基礎生物学, 植物分子生物・生理学
  • 農芸化学, 応用生物化学

研究キーワード

  • 形質転換植物, 調節, 炭素代謝, 光合成, 藻類, カルビン回路

論文

  • Enhanced photosynthetic capacity increases nitrogen metabolism through the coordinated regulation of carbon and nitrogen assimilation in Arabidopsis thaliana., Otori K, Tanabe N, Maruyama T, Sato S, Yanagisawa S, Tamoi M, Shigeoka S, Journal of plant research, 130, 5, 909, 927,   2017年05月, 査読有り
  • Enhancements in sucrose biosynthesis capacity affect shoot branching in Arabidopsis., Otori K, Tamoi M, Tanabe N, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 81, 8, 1, 8,   2017年05月, 査読有り
  • Arabidopsis dehydroascorbate reductase 1 and 2 modulate redox states of ascorbate-glutathione cycle in the cytosol in response to photooxidative stress., Noshi M, Yamada H, Hatanaka R, Tanabe N, Tamoi M, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 81, 3, 523, 533,   2017年03月, 査読有り
  • Diverse strategies of O2 usage for preventing photo-oxidative damage under CO2 limitation during algal photosynthesis., Shimakawa G, Matsuda Y, Nakajima K, Tamoi M, Shigeoka S, Miyake C, Scientific reports, 7, 41022,   2017年01月, 査読有り
  • ソースおよびシンク能力の改変による植物バイオマス生産能強化, 田部記章, 田茂井政宏, 菊池 彰, 横田明穂, 重岡 成, 光合成研究, 27, 103, 109,   2017年, 査読有り
  • 植物栽培用LED“プラントフレック”照射下でのシロイヌナズナおよびタバコの生育および光合成特性, 田茂井政宏, 石田健太, 江口雄巳 ,原田京一, 雉鼻一郎, 重岡成, 植物環境工学, 29, 3, 96, 103,   2017年09月, 査読有り
  • Wax Ester Fermentation and Its Application for Biofuel Production., Inui H, Ishikawa T, Tamoi M, Advances in experimental medicine and biology, 979, 269, 283,   2017年, 査読有り
  • Suppression of Chloroplastic Alkenal/One Oxidoreductase Represses the Carbon Catabolic Pathway in Arabidopsis Leaves during Night., Takagi D, Ifuku K, Ikeda K, Inoue KI, Park P, Tamoi M, Inoue H, Sakamoto K, Saito R, Miyake C, Plant physiology, 170, 4, 2024, 2039,   2016年04月, 査読有り
  • Generation of transgenic tobacco plants with enhanced tocotrienol levels through the ectopic expression of rice homogentisate geranylgeranyl transferase, Tanaka H., Yabuta Y., Tamoi M., Tanabe N, and Shigeoka S., Plant Biotechnology, 32, 3, 233, 238,   2015年08月, 査読有り
  • Identification and characterization of cytosolic fructose-1,6-bisphosphatase in Euglena gracilis., Ogawa T, Kimura A, Sakuyama H, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 79, 12, 1, 8,   2015年07月, 査読有り
  • Identification and characterization of Arabidopsis AtNUDX9 as a GDP-d-mannose pyrophosphohydrolase: its involvement in root growth inhibition in response to ammonium., Tanaka H, Maruta T, Ogawa T, Tanabe N, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S, Journal of experimental botany, 66, 19, 5797, 5808,   2015年06月, 査読有り
  • The sweet potato RbcS gene (IbRbcS1) promoter confers high-level and green tissue-specific expression of the GUS reporter gene in transgenic Arabidopsis., Tanabe N, Tamoi M, Shigeoka S, Gene, 567, 2, 244, 250,   2015年05月, 査読有り
  • Enhancement of photosynthetic capacity in Euglena gracilis by expression of cyanobacterial fructose-1,6-/sedoheptulose-1,7-bisphosphatase leads to increases in biomass and wax ester production., Ogawa T, Tamoi M, Kimura A, Mine A, Sakuyama H, Yoshida E, Maruta T, Suzuki K, Ishikawa T, Shigeoka S, Biotechnology for biofuels, 8, 80,   2015年05月, 査読有り
  • Characterization and physiological role of two types of chloroplastic fructose-1,6-bisphosphatases in Euglena gracilis., Ogawa T, Kimura A, Sakuyama H, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S, Archives of biochemistry and biophysics, 575, 61, 68,   2015年04月, 査読有り
  • Diversity of regulatory mechanisms of photosynthetic carbon metabolism in plants and algae., Tamoi M, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 79, 6, 1, 7,   2015年03月, 査読有り
  • Transcriptional control of vitamin C defective 2 and tocopherol cyclase genes by light and plastid-derived signals: the partial involvement of GENOMES UNCOUPLED 1., Tanaka H, Maruta T, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S, Plant science : an international journal of experimental plant biology, 231, 20, 29,   2015年02月, 査読有り
  • A gain-of-function mutation of plastidic invertase alters nuclear gene expression with sucrose treatment partially via GENOMES UNCOUPLED1-mediated signaling., Maruta T, Miyazaki N, Nosaka R, Tanaka H, Padilla-Chacon D, Otori K, Kimura A, Tanabe N, Yoshimura K, Tamoi M, Shigeoka S, The New phytologist, 206, 3, 1013, 1023,   2015年01月, 査読有り
  • Crystal structure of the catalase-peroxidase KatG W78F mutant from Synechococcus elongatus PCC7942 in complex with the antitubercular pro-drug isoniazid., Kamachi S, Hirabayashi K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Wada K, FEBS letters, 589, 1, 131, 137,   2015年01月, 査読有り
  • The crystal structure of isoniazid-bound KatG catalase-peroxidase from Synechococcus elongatus PCC7942., Kamachi S, Hirabayashi K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Wada K, The FEBS journal, 282, 1, 54, 64,   2015年01月, 査読有り
  • Ferulic acid 5-hydroxylase 1 is essential for expression of anthocyanin biosynthesis-associated genes and anthocyanin accumulation under photooxidative stress in Arabidopsis., Maruta T, Noshi M, Nakamura M, Matsuda S, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S, Plant science : an international journal of experimental plant biology, 219-220, 61, 68,   2014年04月, 査読有り
  • The 2.2 Å resolution structure of the catalase-peroxidase KatG from Synechococcus elongatus PCC7942., Kamachi S, Wada K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications, 70, Pt 3, 288, 293,   2014年03月, 査読有り
  • O2-dependent large electron flow functioned as an electron sink, replacing the steady-state electron flux in photosynthesis in the cyanobacterium Synechocystis sp. PCC 6803, but not in the cyanobacterium Synechococcus sp. PCC 7942., Hayashi R, Shimakawa G, Shaku K, Shimizu S, Akimoto S, Yamamoto H, Amako K, Sugimoto T, Tamoi M, Makino A, Miyake C, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 78, 3, 384, 393,   2014年, 査読有り
  • Improvement of vitamin E quality and quantity in tobacco and lettuce by chloroplast genetic engineering., Yabuta Y, Tanaka H, Yoshimura S, Suzuki A, Tamoi M, Maruta T, Shigeoka S, Transgenic research, 22, 2, 391, 402,   2013年04月, 査読有り
  • Activation of γ-aminobutyrate production by chloroplastic H(2)O(2) is associated with the oxidative stress response., Maruta T, Ojiri M, Noshi M, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 77, 2, 422, 425,   2013年, 査読有り
  • Cytosolic ascorbate peroxidase 1 protects organelles against oxidative stress by wounding- and jasmonate-induced H(2)O(2) in Arabidopsis plants., Maruta T, Inoue T, Noshi M, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S, Biochimica et biophysica acta, 1820, 12, 1901, 1907,   2012年12月, 査読有り
  • The involvement of Arabidopsis glutathione peroxidase 8 in the suppression of oxidative damage in the nucleus and cytosol., Gaber A, Ogata T, Maruta T, Yoshimura K, Tamoi M, Shigeoka S, Plant & cell physiology, 53, 9, 1596, 1606,   2012年09月, 査読有り
  • An Arabidopsis FAD pyrophosphohydrolase, AtNUDX23, is involved in flavin homeostasis., Maruta T, Yoshimoto T, Ito D, Ogawa T, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S, Plant & cell physiology, 53, 6, 1106, 1116,   2012年06月, 査読有り
  • H2O2-triggered retrograde signaling from chloroplasts to nucleus plays specific role in response to stress., Maruta T, Noshi M, Tanouchi A, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S, The Journal of biological chemistry, 287, 15, 11717, 11729,   2012年04月, 査読有り
  • Enzymatic and molecular characterization of Arabidopsis ppGpp pyrophosphohydrolase, AtNUDX26., Ito D, Kato T, Maruta T, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 76, 12, 2236, 2241,   2012年, 査読有り
  • Subcellular and subnuclear distribution of high-light responsive serine/arginine-rich proteins, atSR45a and atSR30, in Arabidopsis thaliana., Mori T, Yoshimura K, Nosaka R, Sakuyama H, Koike Y, Tanabe N, Maruta T, Tamoi M, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 76, 11, 2075, 2081,   2012年, 査読有り
  • Structure basis for the regulation of glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase activity via the intrinsically disordered protein CP12., Matsumura H, Kai A, Maeda T, Tamoi M, Satoh A, Tamura H, Hirose M, Ogawa T, Kizu N, Wadano A, Inoue T, Shigeoka S, Structure (London, England : 1993), 19, 12, 1846, 1854,   2011年12月, 査読有り
  • Comparison of three Chlamydomonas strains which show distinctive oxidative stress tolerance., Tanaka S, Ikeda K, Miyasaka H, Shioi Y, Suzuki Y, Tamoi M, Takeda T, Shigeoka S, Harada K, Hirata K, Journal of bioscience and bioengineering, 112, 5, 462, 468,   2011年11月, 査読有り
  • Involvement of Arabidopsis NAC transcription factor in the regulation of 20S and 26S proteasomes., Yabuta Y, Osada R, Morishita T, Nishizawa-Yokoi A, Tamoi M, Maruta T, Shigeoka S, Plant science : an international journal of experimental plant biology, 181, 4, 421, 427,   2011年10月, 査読有り
  • Production of biologically active human thioredoxin 1 protein in lettuce chloroplasts., Lim S, Ashida H, Watanabe R, Inai K, Kim YS, Mukougawa K, Fukuda H, Tomizawa K, Ushiyama K, Asao H, Tamoi M, Masutani H, Shigeoka S, Yodoi J, Yokota A, Plant molecular biology, 76, 3-5, 335, 344,   2011年07月, 査読有り
  • HsfA1d and HsfA1e involved in the transcriptional regulation of HsfA2 function as key regulators for the Hsf signaling network in response to environmental stress., Nishizawa-Yokoi A, Nosaka R, Hayashi H, Tainaka H, Maruta T, Tamoi M, Ikeda M, Ohme-Takagi M, Yoshimura K, Yabuta Y, Shigeoka S, Plant & cell physiology, 52, 5, 933, 945,   2011年05月, 査読有り
  • Increase in the activity of fructose-1,6-bisphosphatase in cytosol affects sugar partitioning and increases the lateral shoots in tobacco plants at elevated CO2 levels., Tamoi M, Hiramatsu Y, Nedachi S, Otori K, Tanabe N, Maruta T, Shigeoka S, Photosynthesis research, 108, 1, 15, 23,   2011年05月, 査読有り
  • Arabidopsis NADPH oxidases, AtrbohD and AtrbohF, are essential for jasmonic acid-induced expression of genes regulated by MYC2 transcription factor., Maruta T, Inoue T, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S, Plant science : an international journal of experimental plant biology, 180, 4, 655, 660,   2011年04月, 査読有り
  • Generation of transplastomic lettuce with enhanced growth and high yield., Ichikawa Y, Tamoi M, Sakuyama H, Maruta T, Ashida H, Yokota A, Shigeoka S, GM crops, 1, 5, 322, 326,   2010年11月, 査読有り
  • New insights into the regulation of greening and carbon-nitrogen balance by sugar metabolism through a plastidic invertase., Maruta T, Otori K, Tabuchi T, Tanabe N, Tamoi M, Shigeoka S, Plant signaling & behavior, 5, 9, 1131, 1133,   2010年09月, 査読有り
  • Point mutation of a plastidic invertase inhibits development of the photosynthetic apparatus and enhances nitrate assimilation in sugar-treated Arabidopsis seedlings., Tamoi M, Tabuchi T, Demuratani M, Otori K, Tanabe N, Maruta T, Shigeoka S, The Journal of biological chemistry, 285, 20, 15399, 15407,   2010年05月, 査読有り
  • The contribution of Arabidopsis homologs of L-gulono-1,4-lactone oxidase to the biosynthesis of ascorbic acid., Maruta T, Ichikawa Y, Mieda T, Takeda T, Tamoi M, Yabuta Y, Ishikawa T, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 74, 7, 1494, 1497,   2010年, 査読有り
  • AtNUDX6, an ADP-ribose/NADH pyrophosphohydrolase in Arabidopsis, positively regulates NPR1 dependent salicylic acid signaling., Plant Physiol., Ishikawa, K., Yoshimura, K., Harada, K., Fukusaki, E., Ogawa, T., Tamoi, M. and Shigeoka, S., 152, 4, 2000, 2012,   2010年04月, 査読有り
  • The 26S proteasome function and Hsp90 activity involved in the regulation of HsfA2 expression in response to oxidative stress., Nishizawa-Yokoi, A., Tainaka, H., Yoshida, E., Tamoi, M., Yabuta, Y., Shigeoka, S., Plant Cell Physiol., 51, 3, 486, 496,   2010年03月, 査読有り
  • Arabidopsis chloroplastic ascorbate peroxidase isoenzymes play a dual role in photoprotection and gene regulation under photooxidative stress, Maruta, T., Tanouchi, A., Tamoi, M., Yabuta, Y., Yoshimura, K., Ishikawa, T., Shigeoka, S., Plant Cell Physiol., 51, 2, 190, 200,   2010年02月, 査読有り
  • Evaluation of the toxicity of stress-related aldehydes to photosynthesis in chloroplasts, Mano J, Miyatake F, Hiraoka E, Tamoi M., Planta, 230, 4, 639, 648,   2009年09月, 査読有り
  • Chitinase gene expression in response to environmental stresses in Arabidopsis thaliana: chitinase inhibitor allosamidin enhances stress tolerance, Takenaka Y, Nakano S, Tamoi M, Sakuda S, Fukamizo T., Biosci. Biotechnol. Biochem., 73, 5, 1066, 1071,   2009年05月, 査読有り
  • Arabidopsis phosphomannose isomerase 1, but not phosphomannose isomerase 2, is essential for ascorbic acid biosynthesis, Maruta T, Yonemitsu M, Yabuta Y, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S., J. Biol. Chem., 283, 43, 28842, 28851,   2008年10月, 査読有り
  • Molecular designing of photosynthesis-elevated chloroplasts for mass accumulation of a foreign protein, Yabuta, Y.*, Tamoi, M.*, Yamamoto, K., Tomizawa, K., Yokota, A., Shigeoka, S., Plant Cell Physiol., 49, 3, 375, 385,   2008年03月, 査読有り
  • Enzymatic hydrolysis of 1,3-1,4-beta-glucosyl oligosaccharides by 1,3-1,4-beta-glucanase from Synechocystis PCC6803: A comparison with assays using polymer and chromophoric oligosaccharide substrates, Fukamizo, T., Hayashi, K., Tamoi, M., Fujimura, Y., Kurotaki, H., Kulminskaya, A., and Kitaoka , M., Arch. Biochem. Biophys., 478, 2, 187, 194,   2008年10月, 査読有り
  • β-1,4-glucanase-like protein from the cyanobacterium Synechocystis PCC6803 is a β-1,3-1,4-glucanase and functions in salt stress tolerance., Tamoi M, Kurotaki H, Fukamizo T, The Biochemical journal, 405, 1, 139, 146,   2007年07月, 査読有り
  • Rice chitinases: sugar recognition specificities of the individual subsites., Sasaki C, Vårum KM, Itoh Y, Tamoi M, Fukamizo T, Glycobiology, 16, 12, 1242, 1250,   2006年12月, 査読有り
  • Structure of NADP-dependent glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase from Synechococcus PCC7942 complexed with NADP., Kitatani T, Nakamura Y, Wada K, Kinoshita T, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications, 62, Pt 4, 315, 319,   2006年04月, 査読有り
  • Structure of apo-glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase from Synechococcus PCC7942., Kitatani T, Nakamura Y, Wada K, Kinoshita T, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications, 62, Pt 8, 727, 730,   2006年08月, 査読有り
  • Contribution of fructose-1,6-bisphosphatase and sedoheptulose-1,7-bisphosphatase to the photosynthetic rate and carbon flow in the Calvin cycle in transgenic plants, Masahiro Tamoi, Miki Nagaoka, Yoshiko Miyagawa, Shigeru Shigeoka, Plant Cell Physiol., 47, 3, 380, 390,   2006年03月, 査読有り
  • 26 kDa endochitinase from barley seeds: an interaction of the ionizable side chains essential for catalysis., Ohnishi T, Juffer AH, Tamoi M, Skriver K, Fukamizo T, Journal of biochemistry, 138, 5, 553, 562,   2005年11月, 査読有り
  • Analysis of carbon metabolism in the Calvin cycle, Tamoi M, Nagaoka, M, Shigeoka S., Plant Biotechnol., 22, 355, 360,   2005年, 査読有り
  • Immunological properties of sedoheptulose-1,7-bisphosphatase from Chlamydomonas sp. W80., Tamoi M, Nagaoka M, Shigeoka S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 69, 4, 848, 851,   2005年04月, 査読有り
  • The Calvin cycle in cyanobacteria is regulated by CP12 via the NAD(H)/NADP(H) ratio under light/dark conditions., Tamoi M, Miyazaki T, Fukamizo T, Shigeoka S, The Plant journal : for cell and molecular biology, 42, 4, 504, 513,   2005年05月, 査読有り
  • Induction and functional analysis of two reduced nicotinamide adenine dinucleotide phosphate-dependent glutathione peroxidase-like proteins in Synechocystis PCC 6803 during the progression of oxidative stress., Gaber A, Yoshimura K, Tamoi M, Takeda T, Nakano Y, Shigeoka S, Plant physiology, 136, 1, 2855, 2861,   2004年09月, 査読有り
  • Molecular characterization of glutathione peroxidase-like protein in halotolerant Chlamydomonas sp. W80., Takeda T, Miyao K, Tamoi M, Kanaboshi H, Miyasaka H, Shigeoka S, Physiologia plantarum, 117, 4, 467, 475,   2003年04月, 査読有り
  • Overexpression of bacterial catalase in tomato plants chloroplasts enhances photooxidative stress tolerance, Mohamed, E.-A., Iwaki, T., Munir, I., Tamoi, M., Shigeoka, S., and Wadano, A., 26, 2037, 2046,   2003年, 査読有り
  • Molecular characterization and redox regulation of phosphoribulokinase from the cyanobacterium Synechococcus sp. PCC 7942., Kobayashi D, Tamoi M, Iwaki T, Shigeoka S, Wadano A, Plant & cell physiology, 44, 3, 269, 276,   2003年03月, 査読有り
  • Regulation and function of ascorbate peroxidase isoenzymes., Shigeoka S, Ishikawa T, Tamoi M, Miyagawa Y, Takeda T, Yabuta Y, Yoshimura K, Journal of experimental botany, 53, 372, 1305, 1319,   2002年05月, 査読有り
  • NADPH-dependent glutathione peroxidase-like proteins (Gpx-1, Gpx-2) reduce unsaturated fatty acid hydroperoxides in Synechocystis PCC 6803, Gaber, A., Tamoi, M., Takeda, T., Nakano, Y., and Shigeoka, S, FEBS Lett., 499, 32, 36,   2001年, 査読有り
  • Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of catalase-peroxidase from Synechococcus PCC 7942., Wada K, Tada T, Nakamura Y, Kinoshita T, Tamoi M, Shigeoka S, Nishimura K, Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography, 58, Pt 1, 157, 159,   2002年01月, 査読有り
  • Overexpression of cyanobacterial fructose-1,6-/sedoheptulose-1,7-bisphosphatase in tobacco enhances photosynthesis and growth, Miyagawa, Y.†, Tamoi, M.†, and Shigeoka, S. (†contributed equally), Nature Biotechnol., 19, 965, 969,   2001年, 査読有り
  • Molecular mechanisms of the resistance to hydrogen peroxide of enzymes involved in the Calvin cycle from halotolerant Chlamydomonas sp. W80, Tamoi, M., Kanaboshi, H., Miyasaka, H., and Shigeoka, S, Arch. Biochem. Biophys., 390, 176, 185,   2001年, 査読有り
  • Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of the fructose-1,6-/sedoheptulose-1,7-bisphosphatase of Synechococcus PCC 7942, Nakamura, Y., Tada, T., Wada, K., Kinoshita, T., Tamoi, M., Shigeoka, S., and Nishimura, K., Acta Cryst., D57, 454-456,   2001年, 査読有り
  • Crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of NADP-dependent glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase of Synechococcus PCC 7942, Nakamura, Y., Tada, T., Wada, K., Kinoshita, T., Tamoi, M., Shigeoka, S., and Nishimura, K, Acta Cryst., D57, 879-881,   2001年, 査読有り
  • Evaluation of defense system of chloroplast to photooxidative stress caused by paraquat using transgenic tobacco plants expressing catalase from Escherichia coli., Miyagawa, Y., Tamoi, M., and Shigeoka, S., Plant Cell Physiol., 41, 3, 311, 320,   2000年, 査読有り
  • Functional analysis of fructose-1, 6-bisphosphatase isozymes (fbp-I and fbp-II gene products) in cyanobacteria, Tamoi, M., Takeda, T., and Shigeoka, S., Plant Cell Physiol., 40,257-261, 40, 257, 261,   1999年, 査読有り
  • Alternatively spliced mRNA variants of chloroplastic ascorbase peroxidase isoenzymes in spinach leaves, Yoshimura, K., Yabuta, Y., Tamoi, M., Ishikawa, T., and Shigeoka, S., Biochem. J., 338, 1, 41, 48,   1999年, 査読有り
  • Acquisition of a new type of fructose-1, 6-bisphosphatase with resistance to hydrogen peroxide in cyanobacteria : molecular characterization of the enzyme from Synechocystis PCC 6803, Tamoi, M., Murakami, A., Takeda, T., and Shigeoka S., Biochim. Biophys. Acta, 1383, 2, 232, 244,   1998年, 査読有り
  • Lack of light/dark regulation of enzymes involved in the photosynthetic carbon reduction cycle in cyanobacteria, Synechococcus PCC 7942 and Synechocystis PCC 6803, Tamoi, M., Murakami, A., Takeda, T., and Shigeoka S., Biosci. Biotechnol. Biochem., 62, 2, 374, 376,   1998年, 査読有り
  • Molecular characterization and physiological role of a glyoxsomal-bound ascorbate peroxidase from spinach, Ishikawa, T., Yoshimura, K., Sakai, K., Tamoi, M., Takeda, T., and Shigeoka, S, Plant Cell Physiol, 39,23-34, 39, 23, 34,   1998年, 査読有り
  • Comparative study on recombinant chloroastc and cytosolic ascorbate peroxidase of spinach, Yoshimura, K., Ishikawa, T., Nakamura, Y., Tamoi, M., Takeda, T., Tada, T., Nishimura, K., and Shigeoka, S., Arch. Biochem. Biophys., 353, 1, 55, 63,   1998年, 査読有り
  • Alternative mRNA splicing of 3'-terminal exons generates ascorbate peroxidase iszymes in spinach (Spinacia oleracea) chlorplasts, Ishikawa, T., Yoshimura, K., Tamoi, M., Takeda, T., and Shigeoka, S., Biochem. J., 328,795-800, 328, 795, 800,   1997年, 査読有り
  • Molecular characterzation and resistance to hydrogen peroxide of two fructose-1, 6-bisphosphatases from Synechococcus PCC 7942, Tamoi, M., Ishikawa, T., Takeda, T., and Shigeoka, S, Arch. Biochem. Biophys., 334, 1, 27, 36,   1996年, 査読有り
  • Enzymic and molecular characterzation of NADP-dependent glyceraldehyde-3-phosphate ddehydrogenase from Synechococcus PCC 7942 : resistance of the enzyme to hydrogen peroxide, Tamoi, M., Ishikawa, T., Takeda, T., and Shigeoka, Biochem. J., 316,685-690,   1996年, 査読有り

書籍等出版物

  • Improvement of photosynthesis in higher plants, Springer-Verlag Tokyo,Plant Responses to Air Pollution and Global Changes,   2005年
  • 光・酸素毒耐性植物(共著), 植物代謝工学ハンドブック(エヌ・ティー・エス),   2002年
  • 光合成事典, 田茂井 政宏, 共著, 学会出版センター,   2003年11月
    概要:光合成に関する知見、概念、研究手法などについて説明した。(共著)
  • プラントミメティックス~植物に学ぶ~, カルビンサイクルの制御, 田茂井 政宏, 重岡 成, 共著, エヌ・ティー・エス,   2006年

講演・口頭発表等

  • アスコルビン酸生合成主要因子VTC2の発現を調節する転写因子の機能解析, _下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田中裕之、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年
  • 葉緑体APXIIの選択的スプライシング制御因子の同定, 田部記章、大原晨亜、吉村和也、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年
  • ソース/シンク能同時強化サツマイモの作出に向けたサツマイモ根特異的プロモーターの単離, 冨本優美、田部記章、田茂井政宏、菊池 彰、横田明穂、重岡成, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年
  • ユーク_レナのトランスエノイルCoA還元酵素遺伝子導入によるバイオ燃料生産性の向上, 田茂井政宏、野志昌弘、小川貴央、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年
  • 糖シグナリングによる側枝形成制御の分子機構, 大鳥久美、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年
  • シロイヌナズナNADH加水分解酵素(AtNUDX6)による生物的ストレス応答制御に関与する相互作用因子の同定と機能解析, 吉村和也、中川奨也、小川貴央、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年
  • シロイヌナズナbHLH11は鉄ホメオスタシス制御における転写制御因子として機能する, 野志昌弘、森大輔、田部記章、田茂井政宏、高木 優、重岡成, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年
  • シロイヌナズナbHLH11は転写制御因子として鉄取り込みを負に制御する, 森大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木優、重岡成, 第58回日本植物生理学会年会,   2017年
  • NPR1依存的SAシク_ナル経路の制御に関与 するシロイヌナス_ナNudix hydrolase 6 (AtNUDX6)の相互作用因子の同定およひ_ 機能解析, 中川奨也、小川貴央、田部記章、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 第58回日本植物生理学会年会,   2017年
  • 葉緑体APX遺伝子の選択的スプライシングを制御するトランス因子の同定, 田部記章、大原晨亜、吉村和也、田茂井政宏、重岡成, 第58回日本植物生理学会年会,   2017年
  • アスコルビン酸生合成制御因子VTC2の転写制御機構の解析, _下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 日本ビタミン学会第69回大会,   2017年
  • アスコルビン酸ペルオキシダーゼ遺伝子発現の転写後調節因子の同定, 田部記章、大原晨亜、吉村和也、田茂井政宏、重岡成, 日本ビタミン学会第69回大会,   2017年
  • 細胞内鉄代謝制御に関与する転写因子:bHLH11の機能解析, 野志昌弘、森大輔、田部記章、高木優、田茂井政宏、重岡成, 日本ビタミン学会第69回大会,   2017年
  • 食糧・バイオマス増産に向けた分子育種, 田部記章、田茂井政宏、重岡成, 第16回けいはんな地区植物科学懇談会,   2017年
  • シンク/ソース同時強化形質転換サツマイモの作出と解析, 田部記章、冨本優美、大鳥久美、田茂井政宏、横田明穂、重岡成, ユーグレナ研究会第33回研究集会,   2017年
  • サツマイモ由来機能道転写因子IbPLATZの機能解析, 瀬古友梨恵、村上聡、田部記章、田茂井政宏、重岡成, ユーグレナ研究会第33回研究集会,   2017年
  • 光合成能およびワックスエステル生合成能を強化したユーグレナの分子育種, 田茂井政宏、濱根寛史、作山治美、岡村桃子、小川貴央、石川孝博、重岡成, ユーグレナ研究会第33回研究集会,   2017年
  • ユーグレナの光合成特性およびバイオマス生産に及ぼす照射光波長の影響, 作山治美、吉永琴音、森栞菜、岡村桃子、田茂井政宏、重岡成, ユーグレナ研究会第33回研究集会,   2017年
  • 葉緑体型APX遺伝子の選択的スプライシング制御因子の解析, 大原晨亜、内藤沙耶、田部記章、吉村和也、田茂井政宏、重岡成, ユーグレナ研究会第33回研究集会,   2017年
  • シンク能強化のためのサツマイモ由来不定根原基形成因子の単離, 伊藤茜、田部記章、田茂井政宏、横田明穂、重岡成, 第57回日本植物生理学会年会,   2016年
  • LED光源藻類培養装置の開発及ひ_ラン藻Synechococcus elongatus PCC7942の生育およひ_光合成特性に及ほ_す照射光波長の影響, 三根彩佳 木口洋輔、江口雄己、原田京一、田茂井政宏、重岡成、雉鼻一郎, 第57回日本植物生理学会年会,   2016年
  • 酸化的ストレス応答と鉄ホメオスタシスの制御に関与する葉緑体 H2O2応答性遺伝子の機能解析, 森大輔、野志昌弘、岡本泰、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成, 第57回日本植物生理学会年会,   2016年
  • シロイヌナス_ナのテ_ヒト_ロアスコルヒ_ン酸還元酵素群の包括的な機能解析, 野志昌弘、畑中理佐、田茂井政宏、丸田隆典、重岡成, 第57回日本植物生理学会年会,   2016年
  • シロイヌナス_ナのフラヒ_ン代謝制御に関与する新規因子の探索, 戸田結奈、西元里美、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 第57回日本植物生理学会年会,   2016年
  • ラン藻Synechococcus elongatus PCC7942における光酸化的ストレス耐性へのカルヒ_ン回路調節因子CP12の関与, 田茂井政宏、松井伶真、重岡成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年
  • ユーク_レナのバイオ燃料生産性に及ぼすラン藻 FBP/SBPase導入による光合成機能強化の影響, 小川貴央、作山治美、田茂井政宏、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年
  • ラン藻FBP/SBPase導入によるサツマイモハ_イオマスへの影響, 田部記章、大鳥久美、田茂井政宏、横田明穂、重岡成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年
  • 糖シク_ナリンク_による側枝形成機構の解明, 大鳥久美、岩城孝平、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年
  • LED光源藻類培養装置の開発及ひ_ラン藻Synechococcus elongatus PCC7942の生育およひ_光合成特性に及ぼす照射光波長の影響, 三根彩佳 、木口洋輔、江口雄己、原田京一、田茂井政宏、重岡成、雉鼻一郎, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年
  • RNA-seq解析によるサツマイモ不定根原基形成機構の解明, 伊藤茜、田部記章、田茂井政宏、横田明穂、重岡成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年
  • シロイヌナス_ナHsfA2を介した Hsfファミリーの転写活性化機構の解析, 川端彬未、田部記章、薮田行晢、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年
  • シロイヌナス_ナのフラヒ_ン代謝制御に関与する新規因子の同定と機能解析, 戸田結奈、西元里美、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年
  • 鉄欠乏応答に関与する葉緑体H2O2応答性遺伝子の機能解析, 野志昌弘、森大輔、田部記章、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年
  • 葉緑体H2O2応答性転写因子MVS11は鉄取り込みを抑制する, 森大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木優、重岡成, 日本ビタミン学会第68回大会,   2016年
  • アスコルビン酸生合成制御因子VTC2の発現制御因子の解析, _下絢子、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 日本ビタミン学会第68回大会,   2016年
  • シロイヌナズナ遺伝子破壊株を用いたデヒドロアスコルビン酸還元酵素の生理機能解析, 野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 日本ビタミン学会第68回大会,   2016年
  • Enhancement of photosynthetic capacity in Euglena gracilis by genetic engineering of the Calvin cycle leads to increases in biomass and wax ester production, Masahiro Tamoi, Takahisa Ogawa, Harumi Sakuyama, Kengo Suzuki, Takahiro Ishikawa and Shigeru Shigeoka, 17th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas,   2016年
  • Identification and characterization of chloroplastic and cytosolic fructose-1,6-bisphosphatases from Euglena gracilis, Takahisa Ogawa, Harumi Sakuyama, Takanori Maruta, Takahiro Ishikawa, Masahiro Tamoi and Shigeru Shigeoka, 17th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas,   2016年
  • Genetic engineering in sweet potato for the improvement of productivity, Noriaki Tanabe, Masahiro Tamoi, Akira Kikuchi, Akiho Yokota and Shigeru Shigeoka, The 17th International Congress on Photosynthesis Research,   2016年
  • シロイヌナズナおよびタバコの生育に対する植物栽培用LED“プラントフレック”の評価, 伊藤大輔、石田健太、江口雄巳、原田京一、田茂井政宏、重岡成, 日本生物環境工学会,   2016年
  • トランスエノイルCoA還元酵素を強化したユーグレナにおけるワックスエステル生合成能の評価, 田茂井政宏、野志昌弘、小川貴央、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会平成28年度関西支部大会(第496回講演会),   2016年
  • シロイヌナズナ由来のclade IV TGA転写因子は活性酸素種を介した病原応答の制御に寄与する, 野志昌弘、森大輔、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会平成28年度関西支部大会(第496回講演会),   2016年
  • Trans-2-enoyl-CoA reductase遺伝子導入によるユーグレナのワックスエステル生合成能の強化, 野志昌弘、田茂井政宏、小川貴央、石川孝博、重岡成, ユーグレナ研究会第32回研究集会,   2016年
  • アスコルビン酸生合成経路における主要因子VTC2の転写制御機構の解明, _下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田中裕之、田茂井政宏、重岡成, ユーグレナ研究会第32回研究集会,   2016年
  • 葉緑体APXIIの選択的スプライシング制御タンパク質の同定, 大原晨亜、田部記章、吉村和也、田茂井政宏、重岡成, ユーグレナ研究会第32回研究集会,   2016年
  • 葉緑体H2O2応答性転写因子RTS1は転写抑制因子として鉄取り込みを抑制する, 森大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木優、重岡成, 第39回日本分子生物学会年会,   2016年
  • 葉緑体H2O2応答性bHLH転写因子の機能解析, 岡本泰、野志昌弘、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成, 第56回日本植物生理学会年会,   2015年
  • 植物ホルモンを介した側枝形成におけるショ糖生合成系の関与, 大鳥久美、川本智美、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 第56回日本植物生理学会年会,   2015年
  • Euglena gracilis由来フルクトース-1,6-ビスホスファターゼの同定と機能解析, 小川貴央、雲川和幸、篠原康佑、木村彩子、作山治美、丸田隆典、石川孝博、田茂井政宏、重岡成, 第56回日本植物生理学会年会,   2015年
  • サツマイモ不定根形成に関わる制御因子の同定, 伊藤茜、田部記章、小林宏太、大鳥久美、田茂井政宏、横田明穂、重岡成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年
  • シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA2過剰発現によるサツマイモの酸化ストレス耐性強化, 小林宏太、田部記章、伊藤茜、大鳥久美、高安聡子、菊池彰、横田明穂、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年
  • シロイヌナズナNudix hydrolase(AtNUDX9)によるGDP-D-Mannose代謝制御の役割, 田中裕之、丸田隆典、小川貴央、田部記章、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年
  • 葉緑体H2O2応答性転写因子群による鉄ホメオスタシスと酸化的ストレス応答のクロストーク, 野志昌弘、岡本泰、森大輔、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年
  • シロイヌナズナにおけるデヒドロアスコルビン酸還元酵素の包括的な機能解析, 畑中理佐、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、丸田隆典、重岡成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年
  • ラン藻FBP/SBPase遺伝子導入によるユーグレナのバイオ燃料生産性の向上, 木村彩子、小川貴央、作山治美、丸田隆典、鈴木健吾、石川孝博、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年
  • 葉緑体H2O2応答性転写因子群は鉄ホメオスタシスと酸化的ストレス応答のクロストークに関与する, 森大輔、野志昌弘、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年
  • 植物におけるアスコルビン酸再生系酵素の生理機能解析, 野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、重岡成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年
  • 植物細胞内のフラビン代謝制御に関与する新規因子の探索, 戸田結奈、佐渡千紘、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年
  • シロイヌナズナGDP-D-Mannose加水分解酵素(AtNUDX9)の生理機能解析, 田中裕之、丸田隆典、小川貴央、田部記章、吉村和也、田茂井政宏、重岡成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年
  • 一過的発現系を用いたシロイヌナズナNADH加水分解酵素の生物的/非生物的ストレス応答制御機構の解析, 高田梨沙、中川奨也、小川貴央、村本亘平、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年
  • ビタミンE生合成酵素遺伝子群の導入による植物のTocおよびToc3含量への影響, 田中裕之、田部記章、薮田行晢、田茂井政宏、重岡成, 日本ビタミン学会第67回大会,   2015年
  • 光合成機能を向上させた形質転換植物による代謝・形態形成制御機構の解明, 田茂井政宏, 第107回醗酵学懇話会(日本生物工学会関西支部),   2015年
  • Improvement of photosynthesis and productivity of crop plants and microalgae by genetic engineering of the Calvin cycle, Masahiro Tamoi、Shigeru Shigeoka, Yamada Conference: International Symposium on Dynamics and Regulation of Photosynthesis,   2015年
  • ユーク_レナの光合成炭素代謝における 3 種のフルクトース 1,6-ヒ_スホスファ ターセ_の役割, 小川貴央、田茂井政宏、作山治美、石川孝博、重岡成, ユーグレナ研究会第31回研究集会,   2015年
  • ラン藻FBP/SBPase 遺伝子導入によるユーク_レナのワックスエステル生産性の向上, 小川貴央、作山治美、丸田隆典、鈴木健吾、石川孝博、田茂井政宏、重岡成, ユーグレナ研究会第31回研究集会,   2015年
  • LED光源藻類培養装置の開発及ひ_ラン藻Synechococcus elongatus PCC 7942の生育およひ_光合成特性に及ほ_す照射光波長の影響, 三根彩佳、木口洋輔、江口雄巳、原田京一、田茂井政宏、重岡成、雉鼻一郎, ユーグレナ研究会第31回研究集会,   2015年
  • 植物細胞内のフラビン代謝制御に関与する新規因子の同定, 戸田結奈、西元里美、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会,   2015年
  • 酸化的ストレス応答と鉄ホメオスタシスに関与する葉緑体H2O2応答転写因子の機能解析, 森大輔、野志昌弘、岡本泰、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会,   2015年
  • Enhancement of photosynthesis and productivity by introducing the Calvin cycle enzymes, Masahiro Tamoi, JST・CREST International Symposium ,   2014年
  • CP12-GAPDH-PRK複合体形成によるカルビン酸回路制御の構造的基盤, 松村浩由、清水伸隆、木津奈都子、吉田将康、荒武将弘、溝端栄一、田茂井政宏、和田野晃、重岡成、井上豪, 第55回植物生理学会年会,   2014年
  • ホメオドメインロイシンジッパー転写因子は酸化的ストレス応答に関与する, 大和開、問田英里、野志昌弘、野坂亮太、田茂井政宏、吉村和也、高木優、丸田隆典、澤嘉弘、石川孝博、重岡成, 第55回植物生理学会年会,   2014年
  • 葉緑体H2O2応答性bHLH転写因子は光酸化的ストレス応答に関与する, 岡本泰、野志昌弘、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、石川孝博、重岡成, 第55回植物生理学会年会,   2014年
  • 光合成能強化シロイヌナズナの生育初期におけるC/Nバランス制御, 田茂井政宏、大鳥久美、Daniel-Padilla-Chacon、田部記章、重岡成, 第55回植物生理学会年会,   2014年
  • シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA4cによるHsfA2の発現を介した熱ストレス応答機構, 野坂亮太、薮田行哲、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成, 第55回植物生理学会年会,   2014年
  • 葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)はストレス/ホルモン応答のバランス制御に関与する, 丸田隆典、吉田幸史、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 第55回植物生理学会年会,   2014年
  • 一過的発現系を用いたシロイヌナズナADP-リボース/NADH加水分解酵素(AtNUDX6,7)が生物的/非生物的ストレス応答に及ぼす影響の解析, 高田梨沙、小川貴央、村本亘平、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 第55回植物生理学会年会,   2014年
  • バイオ燃料増産を目指したユーグレな形質転換技術の確立, 小川貴央、三根彩佳、作山治美、吉田絵梨子、鈴木健吾、丸田隆典、石川孝博、田茂井政宏、重岡成, 第55回植物生理学会年会,   2014年
  • 葉緑体由来のH2O2シグナリングを介したストレス応答の分子機構, 野志昌弘、岡本泰、問田英里、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、石川孝博、重岡成, 第55回植物生理学会年会,   2014年
  • Screening of Heat shock transcriptional factor A1d interacting proteins using bimolecular fluorescence complementation (BiFC) analysis in Escherichia coli, Ryota Nosaka、Tomomi Nakamura、Kota Kobayashi、Noriaki Tanabe、Takanori Maruta、Yukinori Yabuta、Masahiro Tamoi、Shigeru Shigeoka, 第55回植物生理学会年会,   2014年
  • シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA2のCa2+シグナリングによる発現制御機構の解明, 中村朋美、野坂亮太、小林宏太、田部記章、薮田行哲、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年
  • 側枝形成における植物ホルモンを介した糖シグナリングの関与, 大鳥久美、福井祥太、Daniel-Padilla-Chacon、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年
  • サツマイモ由来Rubisco small subunitプロモーターの単離と発現解析, 田部記章、豊田雄介、大鳥久美、Daniel-Padilla-Chacon、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年
  • シロイヌナズナGDP-Mannose加水分解酵素(At-NUDX9)の機能解析, 田中裕之、吉村和也、小川貴央、田部記章、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年
  • 光酸化的ストレス条件下におけるデヒドロアスコルビン酸還元酵素アイソザイムによる細胞内レドックス状態の制御機構, 畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年
  • シロイヌナズナにおけるペルオキシソーム型モノデヒドロアスコルビン酸還元酵素アイソザイムの生理機能, 高橋隆樹、畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、石川孝博、澤嘉弘、重岡成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年
  • 葉緑体由来の酸化的シグナリングに関する転写因子ネットワークの解明, 丸田隆典、野志昌弘、問田英里、岡本泰、大和開、田茂井政宏、高木優、澤嘉弘、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年
  • シロイヌナズナHsfA1dの酸化還元が熱ショックエレメントの結合に及ぼす影響の解析, 小林宏太、野坂亮太、中村朋美、田部記章、薮田行哲、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年
  • CP12-GAPDH-PRK複合体形成によるカルビン酸回路調節機構の解明, 松村浩由、清水伸隆、木津奈都子、吉田将康、荒武将弘、溝端栄一、田茂井政宏、和田野晃、重岡成、井上豪, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年
  • 一過的発現系を用いたシロイヌナズナNADH加水分解酵素の生理的意義の解明, 高田梨沙、小川貴央、村本亘平、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本ビタミン学会第66回大会,   2014年
  • 葉緑体由来のH2O2シグナル伝達機構に関与する遺伝子群の同定と機能解析, 野志昌弘、岡本泰、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、石川孝博、重岡成, 日本ビタミン学会第66回大会,   2014年
  • アスコルビン酸再生系酵素群の包括的な機能解析, 畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、高橋隆樹、丸田隆典、澤嘉弘、石川孝博、重岡成, 日本ビタミン学会第66回大会,   2014年
  • シロイヌナズナ熱ショック転写因子 HsfA2 過剰発現サツマイモの酸化ストレス耐性能評価, 小林宏太 、田部記章、大鳥久美、伊藤茜 、田茂井政宏、横田明穂、重岡成, 2014年度日本農芸化学会関西支部大会(第486回講演会),   2014年
  • Effects of improvement of photosynthetic carbon metabolism on plant productivity, Masahiro Tamoi, Institute for Protein Research (IPR) International Seminar,   2014年
  • ユーグレナにおけるフルクトース-1,6-ビスホスファターゼの同定と機能解析, 小川貴央、雲川和幸、篠原康佑、木村彩子、作山治美、丸田隆典、石川孝博、田茂井政宏、重岡成, ユーグレナ研究会第30回記念大会,   2014年
  • 形質転換技術によるユーグレナのバイオ燃料生産性の向上, 木村彩子、小川貴央、作山治美、丸田隆典、鈴木健吾、石川孝博、田茂井政宏、重岡成, ユーグレナ研究会第30回記念大会,   2014年
  • 葉緑体由来のH2O2シグナリングを介したストレス応答に関与する遺伝子群の同定と機能解析, 野志昌弘、岡本泰、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、石川孝博、重岡成, 第37回 日本分子生物学会年会,   2014年
  • 栄養シグナルによる植物ホルモン代謝制御を介した側枝形成, 田茂井政宏、大鳥久美、Daniel Padilla-Chacon、重岡成, 第54回植物生理学会年会,   2013年
  • 光およびプラスチドシグナリングを介したアスコルビン酸およびトコフェロール生合成系の制御機構, 田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、田茂井政宏、石川孝博、重岡成, 第54回植物生理学会年会,   2013年
  • カルビン回路酵素RuBisCOとGAPDHの活性調節機構の解明, 松村浩由、溝端栄一、木津奈都子、石田宏幸、田茂井政宏, 前忠彦、横田明穂、甲斐泰、和田野晃、牧野周、重岡成、井上豪, 第54回植物生理学会年会,   2013年
  • 葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)によるストレス/ホルモン応答のバランス制御, 吉田幸史、辻村昌希、三島真優、問田英里、丸田隆典、吉村和也、田茂井政宏、重岡成, 第54回植物生理学会年会,   2013年
  • 酸化的シグナリングに関与する新奇転写因子群の同定と機能解析, 野志昌弘、問田英里、岩井佑真、岡本泰、倉田竜也、中村茉樹、松田峻、野坂亮太、田茂井政宏、丸田隆典、吉村和也、高木優、重岡成, 第54回植物生理学会年会,   2013年
  • シロイヌナズナHsfA4cによるHsfA2発現制御機構の解明, 野坂亮太、林秀樹、小林宏太、丸田隆典、高木優、薮田行哲、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • RNA-Seqによるユーグレナ遺伝子の発現解析, 吉田勇太、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成、石川孝博, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • グルタチオンペルオキシダーゼ相互作用タンパク質の同定および機能解析, 尾形知哉、高田梨沙、Gaber Ahmed、田茂井政宏、吉村和也、丸田隆典、重岡成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • AtNUDX6および7によるNADH代謝を介した生物的/非生物的ストレス応答関連遺伝子の発現制御, 奥田雅宣、野田北斗、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • 葉緑体型NADPH加水分酵素(AtNUDX19)によるNADPHステータス変化を介したストレス/ホルモン応答の制御, 辻村昌希、吉田幸史、三島真優、問田英里、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • 葉緑体由来のH2O2応答性遺伝子群の包括的な逆遺伝学的解析, 丸田隆典、野志昌弘、問田英里、松田峻、中村茉樹、田茂井政宏、高木優、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • ホメオドメインロイシンジッパー転写因子(HAT1)を介した酸化的ストレス応答, 問田英里、野志昌弘、松田峻、野坂亮太、田茂井政宏、吉村和也、高木優、丸田隆典、大和開、澤嘉弘、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • サツマイモ形質転換法の改良とFBP/SBPase導入による光合成能および生産性への影響, 大鳥久美、窪 康至、Daniel Padilla-Chacon、田茂井政宏、横田明穂、重岡成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • 藻類バイオ燃料増産を目指したユーグレナ形質転換技術の確立と光合成機能強化, 三根彩佳、作山治美、杉崎円香、西川綾香、加藤貴大、吉田絵梨子、鈴木健吾、丸田隆典、石川孝博、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • プラスチドシグナリングを介したインベルターゼの炭素・窒素バランス制御への関与, 宮崎望、Daniel Padilla-Chacon、野坂亮太、田中裕之、大鳥久美、丸田隆典、吉村和也、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • 光合成強化植物におけるC/Nバランス制御の初期応答, 丸山俊樹、西中大記、大鳥久美、Daniel Padilla-Chacon、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • シロイヌナズナにおけるアスコルビン酸再生系の包括的な機能解析, 野志昌弘、畑中理佐、田茂井政宏、高橋隆樹、丸田隆典、澤嘉弘、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • シロイヌナズナGDP-D-Mannose加水分解酵素 (AtNUDX9) の同定と機能解析, 田中裕之、塩谷知子、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • ストレスおよびホルモン応答の制御における葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)の生理学的意義, 吉田幸史、辻村昌希、三島真優、問田英里、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本ビタミン学会第65回大会,   2013年
  • アスコルビン酸およびトコフェロール生合成形制御機構への光およびプラスチドシグナリングの関与, 田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、田茂井政宏、石川孝博、重岡成, 日本ビタミン学会第65回大会,   2013年
  • アスコルビン酸ペルオキシダーゼ変異体を用いた葉緑体由来の酸化的シグナリング経路の同定, 丸田隆典、野志昌弘、問田英里、田茂井政宏、高木優、澤嘉弘、石川孝博、重岡成, 日本ビタミン学会第65回大会,   2013年
  • 葉緑体由来の酸化的シグナリングに関与する転写因子群の機能解析, 問田英里、野志昌弘、田茂井政宏、吉村和也、高木優、丸田隆典、大和開、石川孝博、重岡成, 日本ビタミン学会第65回大会,   2013年
  • アスコルビン酸再生系を介した光酸化的ストレス応答機構, 野志昌弘、畑中理佐、田茂井政宏、丸田隆典、石川孝博、重岡成, 日本ビタミン学会第65回大会,   2013年
  • ペルオキシソームにおけるモノデヒドロアスコルビン酸還元酵素アイソザイムの生理学的意義, 高橋隆樹、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、澤 嘉弘、石川孝博、重岡成, 日本ビタミン学会第65回大会,   2013年
  • Analysis of sugar signaling pathway via plastid invertase in Arabidopsis seedlings, Daniel-Padilla Chacon、Kumi Otiri、Takanori Maruta、Masahiro Tamoi、Shigeru Shigeoka, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年
  • C/Nバランス制御の初期応答に及ぼす光合成機能強化の影響, 大鳥久美、西中大記、田部記章、Daniel Padilla-Chacon、田茂井政宏、重岡 成, 第4回光合成学会,   2013年
  • ユーグレナによるバイオ燃料生産基盤技術の開発, 田茂井政宏、鈴木健吾、石川孝博、重岡成, 第15回マリンバイオテクノロジー学会大会,   2013年
  • 次世代シーケンサーを用いたEuglena gracilisの遺伝子発現解析, 石川孝博、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成, 第15回マリンバイオテクノロジー学会大会,   2013年
  • 炭素分配による側枝形成の制御機構, 田茂井政宏、大鳥久美、Daniel Padilla-Chacon、田部記章、重岡成, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区 2013年度 合同広島大会,   2013年
  • ホメオドメインロイシンジッパー(HAT1)転写因子を介したストレス応答機構, 大和開、問田英里、野志昌弘、野坂亮太、田茂井政宏、吉村和也、高木優、丸田隆典、澤嘉弘、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区 2013年度 合同広島大会,   2013年
  • 葉緑体由来の酸化的シグナリングに関与する転写因子の同定および機能解析, 野志昌弘、問田英里、岡本泰、田茂井政宏、丸田隆典、吉村和也、高木優、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区 2013年度 合同広島大会,   2013年
  • 光酸化的ストレス応答におけるアスコルビン酸再生系酵素群の役割, 畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、石川孝博、重岡 成, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区 2013年度 合同広島大会,   2013年
  • ペルオキシソーム型モノデヒドロアスコルビン酸還元酵素アイソザイムの機能重複および分化, 高橋隆樹、畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、澤嘉弘、石川孝博、重岡成, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年
  • ホメオドメインロイシンジッパー転写因子のレドックスシグナリングへの関与, 大和開、問田英里、野志昌弘、野坂亮太、田茂井政宏、吉村和也、高木優、丸田隆典、澤嘉弘、石川孝博、重岡成, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年
  • ショ糖分配の変化が側枝形成に関わるホルモン代謝に及ぼす影響, 田茂井政宏、大鳥久美、Daniel Padilla-Chac_n、重岡 成, 第53回日本植物生理学会年会,   2012年
  • Involvement of an invertase in the plastid signaling-mediated regulation of carbon and nitrogen balance, Daniel Padilla-Chacon, Nozomi Miyazaki, Kumi Otori, Takanori Maruta, Masahiro Tamoi, and Shigeru Shigeoka, 第53回日本植物生理学会年会,   2012年
  • FBP/SBPase発現による光合成能強化が窒素代謝系に及ぼす影響, 大鳥久美、丸山俊樹、Daniel Padilla-Chacon、田茂井政宏、重岡成, 第53回日本植物生理学会年会,   2012年
  • シロイヌナズナにおける葉緑体H2O2を介した生物的および非生物的ストレス応答機構, 野志昌弘、丸田隆典、田茂井政宏、薮田行哲、吉村和也、石川孝博、重岡成, 第53回日本植物生理学会年会,   2012年
  • 葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)によるサリチル酸シグナル経路の制御, 辻村昌希、吉田幸史、問田英里、池本圭輔、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 第53回日本植物生理学会年会,   2012年
  • 光および葉緑体シグナリングによる抗酸化ビタミン生合成系の調節機構, 田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、石川孝博、田茂井政宏、重岡成, 第53回日本植物生理学会年会,   2012年
  • 葉緑体由来のH2O2シグナリングに関与する遺伝子群の同定と機能解析, 丸田隆典、芦田奈々、松田峻、野志昌弘、田茂井政宏、薮田行哲、吉村和也、石川孝博、重岡成, 第53回日本植物生理学会年会,   2012年
  • インベルターゼはプラスチドシグナリングを介した炭素・窒素代謝バランス制御に関与する, 宮崎望、Daniel Padilla-Chacon、北條真之、大鳥久美、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • 光合成機能強化植物を用いた炭素・窒素バランス制御機構の解明, 丸山俊樹、大鳥久美、Daniel Padilla-Chacon、作山治美、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • バイオマス増産を目指した遺伝子導入によるサツマイモの光合成増強, 西山和樹、井上貴之、中村茉樹、大鳥久美、作山治美、田茂井政宏、横田明穂、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • ショ糖生合成能強化植物におけるホルモン代謝を介した側枝形成機構の解明, 大鳥久美、Daniel Padilla-Chacon、作山治美、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • 葉緑体H2O2シグナリングを介したストレス応答におけるフェルラ酸ヒドロキシラーゼの生理機能, 中村茉樹、松田峻、野志昌弘、丸田隆典、田茂井政宏、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • 光および葉緑体シグナリングによるアスコルビン酸およびトコフェロール生合成系の制御機構, 田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、石川孝博、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • 葉緑体由来のH2O2シグナリングに関与する転写因子の機能解析, 松田峻、山崎彩香、野志昌弘、芦田奈々、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • グルタチオンペルオキシダーゼ, AtGPX8によるレドックス制御を介したストレス応答/耐性の分子機構, 尾形知哉、北島一樹、中神莉彩、吉村和也、丸田隆典、Ahmed Gaber、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • シロイヌナズナにおけるアスコルビン酸再生系酵素群の分子特性および生理機能, 丸田隆典、山田宏機、野志昌弘、田茂井政宏、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • シロイヌナズナGuanosine 3'-5'-bispyrophosphate (ppGpp) pyrophosphohydrolase (AtNUDX26)の機能解析, 加藤貴大、伊藤大輔、石川和也、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • シロイヌナズナ葉緑体型Nudix hydrolase(AtNUDX19)によるNADPH代謝を介した強光ストレス応答機構, 辻村昌希、問田英里、吉田幸史、池本圭輔、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • 天然変性タンパク質CP12によるGAPDH活性調節の分子メカニズムの解, 松村浩由、甲斐章寛、田茂井政宏、和田野晃、井上豪、重岡成, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年
  • Improvement of plant growth and productivity by molecular engineering, Masahiro Tamoi, The 2nd China-Japan-Korea Young Researchers Workshop,   2012年
  • 葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)によるストレス応答制御機構の解析, 辻村昌希、吉田幸史、問田英里、池本圭輔、田茂井政宏、丸田隆典、吉村和也、重岡成, 日本ビタミン学会 第64回大会,   2012年
  • ストレス応答におけるグルタチオンペルオキシダーゼ8の多機能性, 尾形知哉、高田梨沙、中神莉彩、吉村和也、丸田隆典、Ahmed Gaber、田茂井政宏、重岡成, 日本ビタミン学会 第64回大会,   2012年
  • ビタミンE生合成酵素遺伝子群の導入によるToc量への影響, 田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、田茂井政宏、重岡成, 日本ビタミン学会 第64回大会,   2012年
  • 葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼ発現の誘導抑制系を用いた酸化的シグナリングの分子機構の解明, 丸田隆典、芦田奈々、松田峻、野坂亮太、野志昌弘、田茂井政宏、吉村和也、石川孝博、重岡成, 日本ビタミン学会 第64回大会,   2012年
  • シロイヌナズナにおける Ca2+シグナリングを介した熱ショック転写因子 HsfA2 の環境ストレス応答, 小林宏太、野坂亮太、丸田隆典、薮田行哲、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会関西支部大会 第476回講演会,   2012年
  • 葉緑体型NADPH 加水分解酵素(AtNUDX19)によるストレス/ホルモン応答のバランス制御, 吉田幸史、辻村昌希、問田英里、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本農芸化学会関西支部大会 第476回講演会,   2012年
  • Identification and functional analysis of the glutathione peroxidase 8-interacting protein, 尾形知哉、吉村和也、丸田隆典、Gaber Ahmed、田茂井政宏、重岡成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • Regulation of antioxidative vitamins biosynthesis through light and plastid signaling, 田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、田茂井政宏、石川孝博、重岡成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • Analysis of sugar signaling pathway via plastid invertase in Arabidopsis seedlings, Daniel-Padilla Chacon、Kumi Otiri、Takanori Maruta、Masahiro Tamoi、Shigeru Shigeoka, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • Regulation mechanism of HsfA2 expression via HsfA4c, 野坂亮太、林秀樹、丸田隆典、池田美穂、高木優、薮田行哲、田茂井政宏、重岡成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • A chloroplastic NADPH pyrophosphohydrolase, AtNUDX19, is involved in control of the balance of stress and hormonal responses, 辻村昌希、吉田幸史、問田英里、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • Regulation of biotic and abiotic stress responses via metabolism of NADH and ADP-ribose by Nudix hydrolases in Arabidopsis, 奥田雅宣、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • Isolation and characterization of novel transcription factors involved in oxidative signaling, 丸田隆典、問田英里、大和開、松田峻、野坂亮太、野志昌弘、田茂井政宏、澤嘉弘、高木優、吉村和也、石川孝博、重岡成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • Control of shoot branching by alteration of carbon partitioning, 大鳥久美、Daniel Padilla-Chacon、作山治美、田茂井政宏、重岡成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • 光合成CO2固定能強化が窒素代謝に及ぼす影響, 大鳥久美、丸山俊樹、丸田隆典、佐藤滋、柳澤修一、田茂井政宏、重岡成, 第52回日本植物生理学会年会,   2011年
  • インベルターゼのプラスチドシグナリングへの関与, 丸田隆典、磯田桃子、橋本ゆみこ、大鳥久美、多淵知樹、田茂井政宏、重岡成, 第52回日本植物生理学会年会,   2011年
  • 20Sおよび26SプロテアソームレベルはNAC転写因子ANAC078により制御を受ける, 薮田行哲、長田龍治、吉岡慧介、森下輝之、丸田隆典、西澤(横井)彩子、田茂井政宏、重岡 成, 第52回日本植物生理学会年会,   2011年
  • 光合成能強化が窒素代謝に及ぼす影響, 田茂井政宏、大鳥久美、丸山俊樹、丸田隆典、佐藤滋、柳澤修一、重岡成, 日本農芸化学会 2011年度大会,   2011年
  • ショ糖生合成系強化が光合成および形態形成に及ぼす影響, 漆地里紗、宮崎望、大鳥久美、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会 2011年度大会,   2011年
  • 葉緑体形質転換技術による多収性およびヒトチオレドキシン産生レタスの作出, 市川野花、中川龍郎、作山治美、田茂井政宏、蘆田弘樹、横田明穂、重岡成, 日本農芸化学会 2011年度大会,   2011年
  • NAC転写因子ANAC078を介したプロテアソーム制御機構の解明, 長田龍治、吉岡慧介、森下輝之、丸田隆典、西澤(横井)彩子、田茂井政宏、薮田行哲、重岡成, 日本農芸化学会 2011年度大会,   2011年
  • 環境ストレス応答におけるグルタチオンペルオキシダーゼ8の生理機能, 丸田隆典、尾形知哉、GABER Ahmed、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本農芸化学会 2011年度大会,   2011年
  • 細胞質型アスコルビン酸ペルオキシダーゼによる細胞外ROSの機能調節, 井上隆広、奥下歩、丸田隆典、田茂井政宏、薮田行哲、吉村和也、石川孝博、重岡 成, 日本農芸化学会 2011年度大会,   2011年
  • FBP/SBPase導入による光合成CO2固定能の強化が窒素代謝に及ぼす影響, 丸山俊樹、大鳥久美、田部記章、丸田隆典、佐藤滋、柳澤修一、田茂井政宏、重岡成, 日本光合成学会第2回年会および公開シンポジウム,   2011年
  • インベルターゼを介したプラスチドシグナリングによる光合成および窒素代謝系のバランス制御, 宮崎望、磯田桃子、大鳥久美、多淵知樹、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成, 日本光合成学会第2回年会および公開シンポジウム,   2011年
  • 葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)を介したストレスおよびホルモン応答の制御機構, 池本圭輔、辻村昌希、田茂井政宏、丸田隆典、吉村和也、重岡成, 日本光合成学会第2回年会および公開シンポジウム,   2011年
  • 葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼを介したストレス応答機構, 丸田隆典、松田峻、野志昌弘、尾尻恵、田茂井政宏、薮田行哲、吉村和也、石川孝博、重岡成, 日本ビタミン学会第63回大会,   2011年
  • グルタチオンペルオキシダーゼによるレドックス制御を介した環境ストレス応答機構, 尾形知哉、丸田隆典、Ahmed Gaber, 田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 日本ビタミン学会第63回大会,   2011年
  • 光合成炭素代謝の制御機構に関する研究, 田茂井政宏, 日本農芸化学会関西支部 第469回 講演会 特別講演,   2011年
  • 葉緑体シグナリングによるアスコルビン酸およびα-トコフェロール生合成の制御機構, 田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、石川孝博、田茂井政宏、重岡成, 日本ビタミン学会第63回大会,   2011年
  • シロイヌナズナにおけるppGpp pyrophosphohydrolase(AtNUDX26)の分子特性, 加藤貴大、伊藤大輔、石川和也、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成, 2011年度日本農芸化学会関西・中部支部合同大会,   2011年
  • 強光応答性選択的スプライシング制御因子atSR30 およびatSR45a の核局在化制御機構の解析, 小池佳之、森達也、田部記章、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成, 2011年度日本農芸化学会関西・中部支部合同大会,   2011年
  • ストレス応答における葉緑体型NADPH 加水分解酵素(AtNUDX19)の役割, 辻村昌希、池本圭輔、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 2011年度日本農芸化学会関西・中部支部合同大会,   2011年
  • FBP/SBPase 導入による光合成能強化が窒素代謝に及ぼす影響, 丸山俊樹、大鳥久美、西山和樹、Daniel Padilla、作山治美、田茂井政宏、重岡成, 2011年度日本農芸化学会関西・中部支部合同大会,   2011年
  • 葉緑体由来のH2O2応答性遺伝子群の機能解析, 松田峻、中村茉樹、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、薮田行哲、吉村和也、石川孝博、重岡成, 2011年度日本農芸化学会関西・中部支部合同大会,   2011年
  • Regulation of photosynthetic gene expression by sucrose signaling derived from plastids, Daniel Padilla-Chac_n, Kumi Otori, Takanori Maruta, Masahiro Tamoi, Shigeru Shigeoka, 第34回 日本分子生物学会年会,   2011年
  • ショ糖分配の変化が側枝形成に及ぼす影響, 田茂井政宏、漆地里紗、宮崎望、大鳥久美、丸田隆典、重岡成, 第52回日本植物生理学会年会,   2011年
  • ストレス応答における葉緑体由来の酸化的シグナリングの生理機能, 野志昌弘 、田内葵、丸田隆典、田茂井政宏、薮田行哲、吉村和也、石川孝博、重岡成, 第34回 日本分子生物学会年会,   2011年
  • シロイヌナズナグルタチオンペルオキシダーゼ、AtGPX8による酸化ストレス応答の制御機構, 尾形知哉、丸田隆典、Ahmed Gaber, 田茂井政宏、吉村和也、重岡成, 第34回 日本分子生物学会年会,   2011年
  • 葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)による植物ホルモンを介したストレス応答機構, 池本圭輔、辻村昌希、丸田隆典、吉村和也、田茂井政宏、重岡成, 第34回 日本分子生物学会年会,   2011年
  • 葉緑体由来の酸化的シグナリングの分子機構の解明, 丸田隆典、松田峻、中村茉樹、尾尻恵、野志昌弘、田茂井政宏、薮田行哲、吉村和也, 第34回 日本分子生物学会年会,   2011年
  • NAC転写因子ANAC078を介した20Sおよび26Sプロテアソーム制御機構の解明, 薮田行哲、長田龍治、森下輝之、丸田隆典、西澤(横井)彩子、田茂井政宏、重岡 成, 第34回 日本分子生物学会年会,   2011年
  • C/Nバランス制御におけるプラスチド型インベルターゼの生理機能, 丸田隆典、水内香那、大鳥久美、多淵知樹、田茂井政宏、重岡成, 第51回日本植物生理学会,   2010年
  • 葉緑体におけるアスコルビン酸ペルオキシダーゼによる酸化的シグナリングの制御機構, 田内葵、野志昌広、丸田隆典、田茂井政宏、薮田行哲、吉村和也、石川孝博、重岡成, 第51回日本植物生理学会,   2010年
  • 光合成炭素代謝能の改変による種々の代謝系への影響, 田茂井政宏、大鳥久美、出村谷昌代、漆地里紗、山本祥子、出原亜樹子、松本昭子、重岡成, 第51回日本植物生理学会,   2010年
  • Arabidopsis GPX8 is a key regulator in response to environmental stress, Ahmed Gaber, Chiaki Rokusha, Takanori Maruta, Masahiro Tamoi, Shigeru Shigeoka, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年
  • 葉緑体ゲノムへのトコフェロール生合成酵素遺伝子導入によるビタミンE高含有植物の作出, 吉村佐保子、田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年
  • 葉緑体形質転換技術による光合成能強化レタスの作出, 市川野花、大貝久生、作山治美、田茂井政宏、蘆田弘樹、横田明穂、重岡成, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年
  • 光合成能およびショ糖合成能を強化した形質転換タバコの解析, 漆地里紗、西山和樹、大鳥久美、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年
  • ショ糖生合成系強化の光合成炭素代謝能および形態形成に及ぼす影響, 出村谷昌代、山本祥子、大鳥久美、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年
  • FBP/SBPase導入によるCO2固定能強化の炭素・窒素代謝などに及ぼす影響, 大鳥久美、出原亜樹子、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年
  • 葉緑体由来の酸化的シグナリングによる環境ストレス応答の制御機構, 野志昌弘、草地一志、田内葵、丸田隆典、田茂井政宏、薮田行哲、吉村和也、石川孝博、重岡成, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年
  • Involvement of chloroplastic NADPH pyrophosphohydrolase (AtNUDX19) in plant response to light environment, Keisuke Ikemoto, Kanamori Azusa, Takanori Maruta, Masahiro Tamoi, Kazuya Ishikawa, Shigeru Shigeoka, 21ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARABIDOPSIS RESEARCH,   2010年
  • A plastidic invertase regulates photosynthesis and nitrate assimilation during greening, Takanori Maruta, Kumi Otori, Tomoki Tabuchi, Masahiro Tamoi, Shigeru Shigeoka, 21ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARABIDOPSIS RESEARCH,   2010年
  • Oxidative signaling derived from chloroplasts regulates stress and hormonal responses, Masahiro Noshi, Aoi Tanouchi, Takanori Maruta, Masahiro Tamoi, Yukinori Yabuta, Takahiro Ishikawa, Shigeru Shigeoka, 21ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARABIDOPSIS RESEARCH,   2010年
  • Regulatory response to stress and hormone via oxidative signaling derived from chloroplasts, Shigeru Shigeoka、Takanori Maruta, Masahiro Noshi, Megumi Ojiri, Shun Matsuda, Aoi Tanouchi, Masahiro Tamoi, Yukinori Yabuta, Kazuya Yoshimura, and Takahiro Ishikawa, The 15th international congress of photosynthesis,   2010年
  • Effect of alteration of photosynthetic capacity on various metabolisms, Masahiro Tamoi, Kumi Otori, Risa Urushiji, Takanori Maruta, Shigeru Shigeoka, 21ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARABIDOPSIS RESEARCH,   2010年
  • Regulation of the carbon and nitrogen balance by a plastidic invertase in Arabidopsis, Takanori Maruta, Momoko Isoda, Yumiko Hashimoto, Kumi Otori, Tomoki Tabuchi, Masahiro Tamoi, and Shigeru Shigeoka, The 15th international congress of photosynthesis,   2010年
  • ジャスモン酸応答におけるAPXを介したROS機能の制御機構, 井上隆広、奥下歩、丸田隆典、田茂井政宏、薮田行哲、吉村和也、石川孝博、重岡成 , 日本農芸化学会関西支部大会(第466回講演会),   2010年
  • 転写因子ANAC078によるプロテアソーム制御機構の解明, 長田龍治、吉岡慧介、森下輝之、丸田隆典、西澤(横井)彩子、田茂井政宏、薮田行哲、重岡 成, 日本農芸化学会関西支部大会(第466回講演会),   2010年
  • 光合成CO2固定能強化による窒素代謝系への影響, 田茂井政宏、 大鳥久美、 漆地里紗、丸田隆典、佐藤滋、柳澤修一、重岡成, CREST第3回公開シンポジウム,   2010年
  • 葉緑体由来の酸化的シグナリングは環境ストレス応答に関与する, 野志昌弘、尾尻恵、松田峻、丸田隆典、田茂井政宏、薮田行哲、吉村和也、石川孝博、重岡成, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会,   2010年
  • ショ糖生合成系強化が光合成炭素代謝能および形態形成に及ぼす影響, 漆地里紗、宮崎望、大鳥久美、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会関西支部大会(第466回講演会),   2010年
  • 葉緑体型 NADPH 加水分解酵素(AtNUDX19)によるピリジンヌクレオチド代謝および環境ストレス応答の制御, 池本圭輔、丸田隆典、田茂井政宏、石川和也、吉村和也、重岡成, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会,   2010年
  • FBP/SBPase 導入による光合成 CO2固定能強化が窒素代謝に及ぼす影響, 大鳥久美、丸田隆典、佐藤滋、柳澤修一、田茂井政宏、重岡成, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会,   2010年
  • インべルターゼのプラスチドシグナリングを介した C/N バランス制御への関与, 丸田隆典、大鳥久美、多淵知樹、田茂井政宏、重岡成, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会,   2010年
  • 糖応答時のプラスチド局在型インベルターゼの機能, 多淵知樹、出村谷昌代、大鳥久美、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 第50回日本植物生理学会年会,   2009年
  • シロイヌナズナにおけるホスホマンノースイソメラーゼの機能分化, 丸田隆典、田茂井政宏、薮田行哲、石川孝博、重岡成, 第50回日本植物生理学会年会,   2009年
  • カルビン回路の強化が炭素・窒素代謝経路に及ぼす影響, 田部記章、大鳥久美、尾尻恵、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2009年度大会,   2009年
  • カルビン回路およびショ糖合成系強化によるソース・シンク器官の炭素分配への影響, 根立茂樹、漆地里紗、大鳥久美、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2009年度大会,   2009年
  • ラン藻FBPase-IIを細胞質に導入したシロイヌナズナの作出と炭素代謝能への影響, 出村谷昌代、大鳥久美、根立茂樹、田部記章、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2009年度大会,   2009年
  • 葉緑体型インベルターゼのC/Nバランス制御への関与, 丸田隆典、大鳥久美、多淵知樹、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会,   2009年
  • FBP/SBPase導入による光合成炭素代謝能改変が窒素代謝などに及ぼす影響, 田茂井政宏、大鳥久美、丸田隆典、重岡 成, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会,   2009年
  • 葉緑体形質転換技術によるα-トコフェロール高含有植物の作出, 吉村佐保子、田部記章、薮田行哲、田茂井政宏、重岡成, 日本農芸化学会2009年度大会,   2009年
  • Arabidopsis GPX8 is a key regulator in response toenvironmental stress, Ahmed Gaber, Chiaki Rokusha, Takanori Maruta, Masahiro Tamoi, Shigeru Shigeoka, ユーグレナ研究会 第25回研究集会,   2009年
  • プラスチド型インベルターゼによる炭素・窒素代謝の制御機構, 丸田隆典、水内香那、大鳥久1、多淵知樹、田茂井政宏、重岡成, ユーグレナ研究会 第25回研究集会,   2009年
  • プラスチド型インベルターゼによる光合成及び窒素代謝系の制御, 丸田隆典、水内香那、大鳥久美、多淵知樹、田茂井政宏、重岡成, 第32回日本分子生物学会,   2009年
  • CP12によるカルビンサイクル制御機構, 田茂井 政宏、重岡 成, 第49回日本植物生理学会年会シンポジウム「植物の生産性とカルビン回路-カルビンサイクル研究の新展開」,   2008年
  • 光合成能およびショ糖合成能を同時に強化した形質転換タバコの作出と解析, 根立 茂樹、向井 健佑、大鳥 久美、田茂井 政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年
  • α-トコフェロール合成能の強化を目指した葉緑体形質転換タバコの作出, 鈴木 明子、吉村 佐保子、薮田 行哲、田茂井 政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年
  • 糖処理によりクロロフィル蓄積が抑制されるアラビドプシス変異体の解析, 多淵 知樹、出村谷 昌代、田茂井 政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年
  • 細胞質FBPase 導入によるショ糖合成能の強化およびソース/シンクバランスへの影響, 根立茂樹、漆地里紗、大鳥久美、多淵知樹、田部記章、田茂井政宏、重岡成, ユーグレナ研究会 第24回研究集会,   2008年
  • ホスホマンノースイソメラーゼによるアスコルビン酸生合成の調節機構, 丸田隆典、米満美紀、田茂井政宏、薮田行哲、石川孝博、重岡成, 第31回日本分子生物学会年会,   2008年
  • 藻類遺伝子導入による光合成炭素代謝能向上, 田茂井 政宏, 作物試験研究推進会議稲技術研究会,   2007年
  • タバコ葉緑体形質転換体のSD配列改変による光合成能増強に適したFBP/SBPase発現量の決定, 鈴木 明子、根立 茂樹、薮田 行哲、作山 治美、田茂井 政宏、富澤 健一、横田 明穂、重岡 成, 日本農芸化学会2007年度大会,   2007年
  • 光合成炭素代謝能改変植物を用いた代謝制御因子の探索, 田茂井 政宏、平松 由衣、鈴木 明子、作山 治美、多渕 知樹、大鳥 久美、藪田 行哲、重岡 成, 第48回日本植物生理学会年会シンポジウム「栄養シグナルと植物機能制御」,   2007年
  • 細胞質FBPaseの増強が高CO2環境での光合成炭素代謝に及ぼす影響, 平松 由衣、川崎 翔太、作山 治美、多渕 知樹、大鳥 久美、藪田 行哲、田茂井 政宏、重岡 成, 第48回日本植物生理学会年会,   2007年
  • Effects of cytosolic FBPase on photosynthetic carbon metabolism under high CO2 conditions, Tamoi M, Hiramatsu Y, Nedachi S, Tabuchi T, Otori K, Shigeoka S, 14th International Congress of Photosynthesis,   2007年
  • 葉緑体形質転換技術による光合成強化植物での外来タンパク質生産, 田茂井 政宏、藪田 行哲、鈴木 明子、富澤 健一、横田 明穂、重岡 成, 日本農芸化学会 関西支部中部支部合同大会,   2007年
  • 光合成炭素代謝制御と生産性への影響, 田茂井 政宏, 「遺伝子組換え農産物等の研究開発の進め方に関する検討会」中間取りまとめに関する意見交換会 ,   2007年
  • カルビン回路の制御によるソース・シンク器官の炭素代謝への影響, 田茂井 政宏、青山 泰子、平松 由衣、松川 郁子、作山 治美、藪田 行哲、重岡 成, 第47回日本植物生理学会年会シンポジウム「地球温暖化防止のための、植林によるCO2削減に対して、植物生理学者は何を貢献できるか?」,   2006年
  • FBP/SBPase導入による収量増大に関わる遺伝子群の網羅的解析, 青山泰子、日野賢人、松川郁子、藪田行哲、田茂井 政宏、重岡 成, 第47回日本植物生理学会年会,   2006年
  • ラン藻Synechocystis PCC6803グルカナ−ゼの速度論的解析, 黒瀧 秀樹、大鶴 奈津子、上坪 睦、田茂井 政宏、Anna Kulminskaya、深溝 慶, 日本農芸化学会2006年度大会,   2006年
  • Streptomyces sp. N174キトサナーゼの触媒部位に存在するAsp40の役割, 深溝 慶、森井 貴子、田茂井 政宏、LACOMBE-HARVEY Marie-Eve、GAGNON Julie、BRZEZINSKI Ryszard, 日本農芸化学会2006年度大会,   2006年
  • 植物のショ糖合成系FBPase活性増大による光合成炭素代謝への影響, 平松 由衣、上野 由里子、作山 治美、薮田 行哲、田茂井 政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2006年度大会,   2006年
  • 高CO2条件下での光合成炭素代謝における細胞質FBPaseの役割, 平松 由衣、川崎 翔太、作山 治美、多淵 知樹、大鳥 久美、薮田 行哲、田茂井 政宏、重岡 成, 日本農芸化学会関西支部大会,   2006年
  • CP12によるラン藻カルビンサイクル制御機構, 田茂井 政宏、重岡 成, 第22回ユーグレナ研究会,   2006年
  • カルビン回路におけるFBPaseおよびSBPaseの光合成炭素代謝への影響, 長岡 美樹、松川 郁子、藪田 行哲、田茂井 政宏、重岡 成, 第46回日本植物生理学会年会,   2005年
  • 光合成炭素代謝制御と生産性, 田茂井 政宏、長岡 美樹、藪田 行哲、重岡 成, 日本農芸化学会2005年度大会シンポジウム ,   2005年
  • ラン藻Synechocystis PCC6803グルカナーゼ様タンパク質の機能解析, 黒瀧 秀樹、西野 良美、田茂井 政宏、深溝 慶, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年
  • 光合成機能を増強させたタバコにおける最適なFBP/SBPase発現量の検討, 山本 久美子、丹松 めぐみ、藪田 行哲、吉村 和也、田茂井 政宏、富澤 健一、横田 明穂、重岡 成, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年
  • 高等植物における光合成促進及び収量増大に関わる遺伝子群の探索, 青山 泰子、平野 純、西澤 彩子、長岡 美樹、藪田 行哲、田茂井 政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年
  • イネ由来キチナーゼによる部分脱アセチル化キトサンの加水分解生成物の解析, 佐々木 千絵、伊藤 義文、Vaarum K.M.、田茂井 政宏、深溝 慶, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年
  • 部位特異的変異によるオオムギキチナーゼ触媒中心の構造解析, 大西 恒雄、釜付 よしみ、田茂井 政宏、Skriver Karen、Juffer Andre H.、深溝 慶, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年
  • シロイヌナズナにおけるキチナーゼのストレス応答機構, 中野 早智子、竹中 靖浩、田茂井 政宏、深溝 慶, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年
  • 炭素代謝関連酵素を導入した形質転換イネの作出, 平田 陽子、古藤 奈央、鈴木 保子、田茂井 政宏、池側 泰平、重岡 成、深溝 慶, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年
  • Regulation of the Calvin cycle in cyanobacteria, Tamoi, M., Shigeoka, S., The 3rd Japan-Germany Joint Seminar “Functional Genomics in Cyanobacteria”,   2005年
  • カルビン回路の制御から見た炭素代謝, 田茂井 政宏, 北海道大学低温科学研究所研究集会,   2005年
  • FBP/SBPase導入植物を用いた光合成増強・収量増大に関わる因子の探索, 青山 泰子、日野 賢人、西澤 彩子、藪田 行哲、田茂井 政宏、重岡 成, イネ・シロイヌナズナ合同ワークショップ,   2005年
  • HPAEC-PAD法によるfructose-1,6-/sedoheptulose-1,7-bisphosphataseの反応解析, 田茂井 政宏、前田 千紘、吉原 綾子、川端 康之、重岡 成、深溝 慶, 日本農芸化学会2005年度関西・中四国・西日本支部合同大会,   2005年
  • ラン藻Synechocystis PCC6803グルカナーゼの生理機能解析, 黒瀧 秀樹、田茂井 政宏、深溝 慶, 日本農芸化学会2005年度関西・中四国・西日本支部合同大会,   2005年
  • シロイヌナズナキチナーゼアイソザイムの発現解析, 中野 早智子、西田 彩、中村 美紀子、田茂井 政宏、深溝 慶, 日本農芸化学会2005年度関西・中四国・西日本支部合同大会,   2005年
  • ラン藻カルビン回路調節に関わるCP12の分子特性と生理機能, 田茂井 政宏、森本 憲太郎、宮崎 崇、深溝 慶、重岡 成, 日本植物生理学会2004年度年会,   2004年
  • シロイヌナズナキチナーゼアイソザイムの発現制御機構, 竹中 靖浩、中野 早智子、田茂井 政宏、深溝 慶, 日本植物生理学会2004年度年会,   2004年
  • 光合成機能改変による炭素代謝解析, 田茂井 政宏, 日本農芸化学会2004年度大会シンポジウム,   2004年
  • ラン藻グルカナーゼ様タンパク質の酵素学的解析, 黒瀧 秀樹、田茂井 政宏、深溝 慶, 日本農芸化学会2004年度大会,   2004年
  • オオムギ由来クラスIIキチナーゼのArg215の部位特異的変異導入と変異酵素の解析, 大西 恒雄、林 諭美、藤井 直人、田茂井 政宏、Skriver, K.、Karen, J.、深溝 慶, 日本農芸化学会2004年度大会,   2004年
  • シロイヌナズナにおけるキチナーゼの発現調節, 竹中 靖浩、中野 早智子、田茂井 政宏、深溝 慶, 日本農芸化学会2004年度大会,   2004年
  • Amycolatopsis orientalis由来エキソ型キトサナーゼの反応機構, 深溝 慶、進 一智、池原 和子、田茂井 政宏、Cote, N.、Brezezinski, R., 日本農芸化学会2004年度大会,   2004年
  • セドヘプツロース-1.7-ビスホスファターゼ導入植物を用いた光合成炭素代謝の解析, 長岡 美樹、藪田 行哲、田茂井 政宏、重岡 成, 日本農芸化学会2004年度大会,   2004年
  • 葉緑体形質転換技術により光合成能を増大させた植物の作出, 山本 久美子、青山 泰子、藪田 行哲、吉村 和也、田茂井 政宏、富澤 健一、横田 明穂、重岡 成, 日本農芸化学会2004年度大会,   2004年
  • ラン藻の遺伝子破壊株を用いた、レドックス制御系を介さないカルビンサイクル調節系の解析, 田茂井 政宏, 第4回日本光合成研究会シンポジウム,   2004年
  • Physiological function of CP12 involved in regulation of the Calvin cycle in cyanobacteria, Tamoi, M., Miyazaki, T., Fukamizo, T., shigeoka, S., 13th International Congress of Photosynthesis Symposium ,   2004年
  • CP12によるラン藻カルビン回路制御機構, 田茂井 政宏、尾崎 裕子、深溝 慶、重岡 成, 日本農芸化学会2004年度関西支部大会,   2004年
  • Improvement of photosynthesis in higher plants, Tamoi, M., Shigeoka, S., The 6th International Symposium on Plant Responses to Air Pollution and Global Changes: from Molecular Biology to Plant Production and Ecosystem (6th APGC Symposium),   2004年
  • ラン藻遺伝子破壊株によるグルカナーゼ様タンパク質の生理機能解析, 黒瀧 秀樹、田茂井 政宏、深溝 慶, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年
  • ラン藻カルビンサイクル調節に関わるCP12 の分子特性, 田茂井 政宏, 基生研研究会「ラン藻のゲノム生物学」(岡崎),   2003年12月, 基生研研究会「ラン藻のゲノム生物学」(岡崎)
    概要:ラン藻のカルビンサイクルが高等植物とは異なる調節機構を有していること、また調節に関わるCP12 タンパク質の分子特性について口述した。
  • シロイヌナズナにおけるキチナーゼアイソザイムの発現様式, 田茂井 政宏, 竹中靖浩, 中野早智子, 深溝 慶, 第11 回関西光合成研究会(京都),   2003年11月, 第11 回関西光合成研究会(京都)
    概要:シロイヌナズナにおける3 種のキチナーゼアイソザイム遺伝子(AtChiA、AtChiB、AtChiV)の発現量を、生育時期、器官別に定量し、それぞれの生理機能を考察した。
  • シロイヌナズナにおけるキチナーゼアイソザイムの発現様式, 田茂井 政宏, 竹中靖浩, 中野早智子, 深溝 慶, 日本農芸化学会2003 年度(平成15 年度)関西・中部支部合同大会(京都),   2003年10月, 日本農芸化学会2003 年度(平成15 年度)関西・中部支部合同大会(京都)
    概要:シロイヌナズナにおける3 種のキチナーゼアイソザイム遺伝子(AtChiA、AtChiB、AtChiV)を単離し、RT-PCR により各遺伝子の発現時期、器官特異性を明らかにした。
  • 藻類のカルビンサイクルとレドックス, 田茂井 政宏, 日本植物学会第67 回大会(札幌),   2003年09月, 日本植物学会第67 回大会(札幌)
    概要:シンポジウム「レドックス制御から見た植物の生理:細胞レベルから分子レベルまで」において、高等植物と藻類の光合成カルビンサイクルの違いについて、細胞内レドックスの観点から考察し、高等植物と藻類における光合成の進化について述べた。
  • Molecular property and physiological function of cysteine-lacked CP12 in Synechococcus PCC7942, 田茂井 政宏, 宮崎崇, 深溝 慶, 重岡 成, 11th International Symposium on Phototrophic Prokaryotes(東京),   2003年08月, 11th International Symposium on Phototrophic Prokaryotes(東京)
    概要:Synechococcus PCC7942 および単離したCP12 遺伝子が、他の植物および藻類のCP12 とは異なり、機能発現に重要であると考えられているシステイン残基が欠失していた。この様な特異なCP12 の分子特性ならびに細胞内での生理機能を明らかにするために、リコンビナントタンパク質およびS. 7942 CP12 欠損株を作製して、それぞれの諸性質を明らかにした。
  • Molecular Caracterization and Redox Regulation of Phosphoribulokinase from the Cyanobacterium Synechococcus PCC 7942, 重岡 成, 田茂井 政宏, 小林大介 岩城俊雄 和田野晃, 第11 回国際原核光合成生物シンポジウム(東京),   2003年08月, 第11 回国際原核光合成生物シンポジウム(東京)
    概要:ラン藻Synechococcus PCC7942 ホスホリブロキナーゼのリコンビナント酵素を作成して、DTT、DTNB、H202、ATP に対する影響を検討し、ラン藻ホスホリブロキナーゼの酸化還元に対する感受性を明らかにした。
  • Physiological Role of CP12 for Regulation of the Calvin Cycle in Synechococcus PCC 7942, 田茂井 政宏, 宮崎崇, 深溝 慶, 重岡 成, Plant Biology 2003(ハワイ),   2003年07月, Plant Biology 2003(ハワイ)
    概要:ラン藻の光合成調節に関与すると予想されるCP12 タンパク質について、Synechococcus PCC7942 および単離したCP12 遺伝子を用いてラン藻CP12 の分子特性ならびに細胞内での生理機能を考察した。
  • ラン藻グルカナーゼ様タンパク質の分子特性, 田茂井 政宏, 深溝 慶, 日本農芸化学会2003年度(平成15年度)大会(藤沢),   2003年04月, 日本農芸化学会2003年度(平成15年度)大会(藤沢)
    概要:高等植物に存在する糖質加水分解酵素は、生体防御タンパク質として注目される一方、伸長成長などにも必要な酵素として知られている。高等植物と同様に酸素発生型の光合成を行うラン藻Synechococcus PCC6803のゲノムDNA配列には、endo.1,4.β.グルカナーゼに類似した遺伝子(slr0897: Ssglc)が存在することが明らかになった。本研究ではラン藻における本酵素の生理機能の解明を目的として、Ssglcリコンビナント酵素を作成し、諸性質の検討を行った。
  • Bacillus circulans HM-K1キトサナーゼの基質結合に関する研究:蛍光法による解析, 深溝 慶、吉川 倶枝、天野 聖子、齋藤 純一、田茂井 政宏、長田 嘉穂、安藤 昭一, 日本農芸化学会2003年度大会,   2003年
  • ラン藻グルカナーゼ様遺伝子の単離と分子特性, 田茂井 政宏, 深溝 慶, 藤本早紀, 第25回日本分子生物学会年会(横浜),   2002年12月, 第25回日本分子生物学会年会(横浜)
    概要:高等植物が持つキチナーゼやグルカナーゼなどの糖質加水分解酵素は、病原菌の細胞壁を溶解することから生体防御タンパク質として注目される一方、発芽や開花時に特異的に発現するアイソザイムの存在が明らかになり、生体内では単に生体防御だけではなく、その他の未知の機能を有するのではないかと考えられる。一方、高等植物と同様に酸素発生型の光合成を行うラン藻にも糖質加水分解酵素が存在するが、生理機能を始めほとんど明らかにされてないのが現状である。そこで、ラン藻の糖質加水分解酵素の生理機能を明らかにすることを目的として、すでに全ゲノムDNA配列が明らかになっているラン藻Synechocystis PCC6803よりendo?1,4?β?グルカナーゼ様遺伝子(slr0897:Ssglc)の単離・解析を行い、さらに大腸菌でのリコンビナントタンパク質発現系の構築およびリコンビナントタンパク質の諸性質の検討を行った。
  • 形質転換による C3 経路の強化, 田茂井 政宏, 第 8 回関西光合成研究会 (奈良),   2002年06月, 第 8 回関西光合成研究会 (奈良)
    概要:高等植物とラン藻のカルビンサイクルの相違点を概説し、 ラン藻のカルビンサイクル構成酵素遺伝子を利用して、 高等植物の C3 光合成炭素代謝を改変した形質転換植物の作出と解析を行った。
  • 光合成炭素代謝における葉緑体型および細胞質型 FBPase の役割, 田茂井 政宏, 日本光合成研究会 2002 年度第 2 回シンポジウム (岡崎),   2002年05月, 日本光合成研究会 2002 年度第 2 回シンポジウム (岡崎)
    概要:ラン藻の遺伝子をタバコに導入することにより、 葉緑体の FBPase と SBPase、 葉緑体 FBPase、 細胞質 FBPase をそれぞれ増加させた形質転換植物を作出した。 それぞれの酵素活性の増加による光合成能、 生育などへの影響を検討することにより、 光合成炭素代謝における葉緑体型および細胞質型 FBPase の役割を考察した。
  • リゾチーム結合性モノアセチル化キトサンの精製, 佐々木 千絵、Kjell M. V_rum、田茂井 政宏、深溝 慶, 日本農芸化学会2002年度大会,   2002年
  • Family80とFamily46キトサナーゼの反応機構の比較, 吉川 倶枝、松田 克礼、野々村 照雄、豊田 秀吉、下野 久美子、松田 秀幸、田茂井 政宏、深溝 慶, 日本農芸化学会2002年度大会,   2002年
  • 植物病原菌Fusarium oxysporum細胞壁構造の固体CP/MAS NMR法による解析, 深溝 慶、田茂井 政宏、Robert Cook、Deane D. Mclntyre、野々村 照雄、豊田 秀吉、Hans J. Vogel, 日本農芸化学会2002年度関西支部大会,   2002年
  • ラン藻Synechococcus PCC 7942 CP12におけるCysの欠損と生理機能, 宮崎 崇、佐伯 佳浩、田茂井 政宏、武田 徹、重岡 成, ユーグレナ研究会,   2002年
  • Improving photosynthesis and growth by cyanobacterial enzymes in the Calvin cycle, Shigeoka, S., Miyagawa, Y., and Tamoi, M., NIAS-COE International Symposium,   2002年
  • クラミドモナスにおけるカルビンサイクル構成酵素の光活性化の欠損および過酸化水素耐性の分子機構, 田茂井 政宏, 武田 徹, 深溝 慶, 重岡 成, 金星春夫 宮坂均, 日本農芸化学会関西支部第 420 回例会・ミニシンポジウム (大阪),   2001年07月, 日本農芸化学会関西支部第 420 回例会・ミニシンポジウム (大阪)
    概要:真核藻類のクラミドモナスよりグリセルアルデヒド 3 リン酸デヒドロゲナーゼとセドヘプツロース 1, 7 ビスホスファターゼ遺伝子の単離および立体構造の推定を行い、 それら酵素の光活性化の欠損および過酸化水素耐性の分子機構を考察した。
  • 緑藻クラミドモナスのグルタチオンペルオキシダーゼの活性発現機構におけるセレンの役割, 武田 徹, 田茂井 政宏, 重岡 成, 日本植物生理学会 2001 年度年会 (福岡),   2001年03月, 日本植物生理学会 2001 年度年会 (福岡)
    概要:緑藻 Chlamydomonas reinhardtii C9 (C. C9) のグルタチオンペルオキシダーゼ (GPX) の活性中心と予想される部位は Cys であるにも関わらず、 ネイティブおよびリコンビナント酵素において、 Se に依存した酵素活性の発現が認められた。 そこで今回、 点突然変異させたリコンビナント酵素を作成し、 C. C9 GPX の活性発現におけるセレンの役割について検討した。 活性中心と推測される 38 番目の Cys を Ser に変換した点突然変異リコンビナント酵素には Se に依存した酵素活性は認められなかった。 一方、 他の 2 つの Cys 残基を変異させたそれぞれのリコンビナント酵素には、 Se 依存の GPX 活性が認められた。 以上のことから、 C. C9 GPX の Se 依存の活性発現は 38 番目の Cys 残基に生成したセレノール基に依存することが推測された。
  • 複合環境ストレス耐性/多収量植物の創製, 重岡 成, 宮川佳子, 武田 徹, 田茂井 政宏, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都),   2001年03月, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都)
    概要:日本農芸化学会 2001 年度大会シンポジウム 多重遺伝子導入と工業原料植物の創成 において、 最近の研究成果を中心に発表した。
  • ラン藻 Synechococcus PCC 7942 に由来する酵素カタラーゼ-ペルオキシダーゼの結晶化, 和田 啓、多田俊治、中村祥浩、石井恵子、田茂井政宏、重岡成、西村勁一郎, 日本農薬学会第26回大会,   2001年
  • NADPH-dependent glutathione peroxidase-like proteins(GPX-1,GPX-2) reduce unsaturated fatty acid hydroperoxides in Synechocystis PCC 6803, Gaber, A., Tamoi, M., Takeda, T., Nakano, Y., and Shigeoka, S., 12th International Congress of Photosynthesis,   2001年
  • ラン藻 Synechococcus PCC 7942 由来グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼのX線結晶構造解析, 北谷 友也、多田 俊治、中村 祥浩、和田 啓、田茂井 政宏、重岡 成、西村 勁一郎, 日本農芸化学会関西支部例会,   2001年
  • ラン藻の光・酸素毒防御系の分子機構, 重岡 成、Ahmed Gaber、田茂井 政宏、武田 徹, 基生研研究会「ラン藻の分子生物学」,   2001年
  • 光合成効率の改良によるソース器官の炭素代謝制御-ラン藻FBP/SBPaseの緑体への導入, 宮川 佳子,田茂井 政宏, 重岡 成, 日本植物生理学会2000年度年会第40回シンポジウム,   2000年
  • ラン藻fructose-1,6-/sedoheptulose-1,7-bisphosphatase導入形質転換植物の光合成炭素還元系への影響, 宮川 佳子, 市原 健志,田茂井 政宏, 重岡 成, 日本植物生理学会,   2000年
  • ラン藻の光合成炭素還元系調節機構 -CP12の生理機能-, 田茂井 政宏, 山下 麻衣子,小林 大輔, 和田野 晃, 重岡 成, 日本植物生理学会,   2000年
  • アクティベーションタギング法を用いた環境ストレス耐性関連遺伝子の探索, 田茂井 政宏, 薮田 行哲,鈴木 千秋,武田 徹,重岡 成, 日本農芸化学会,   2000年
  • Molecular characterization of glutathione peroxidase-loke protein in Synechocystis PCC 6803, Ahmed Gaber, Yoshihisa Nakano, Masahiro Tamoi, Toru Takeda, Shigeru Shigeoka, 日本農芸化学会,   2000年
  • ラン藻Synechococcus PCC 7942を用いたホスホリブロキナーゼ過剰発現形質転換体の作成, 小林 大輔, 田茂井 政宏, 重岡 成, 岩城 俊雄, 和田野 晃, 日本農芸化学会,   2000年
  • チラコイド膜結合型アスコルビン酸ペルオキシダーゼ過剰発現タバコにおける酸素毒防御系の応答, 吉村 和也, 大東 由佳子,薮田 行哲, 宮川 佳子,田茂井 政宏, 重岡 成, 日本農芸化学会,   2000年
  • 高等植物の葉齢にともなう光・酸素毒耐性と抗酸化酵素(物質)との相関性について, 宮川 佳子, 大江 美恵子,田茂井 政宏, 重岡 成, 日本農芸化学会,   2000年
  • ラン藻Fructose-1,6-/sedo heptulose-1,7-bisphosphataseの結晶化とセレノメチオニン置換体の発現, 中村 祥浩, 多田 俊治,田茂井 政宏, 重岡 成,西村 勁一郎, 日本農芸化学会,   2000年
  • ラン藻由来過酸化水素非感受性Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenaseの結晶構造解析, 和田 啓, 中村 祥浩, 多田 俊治, 田茂井 政宏, 重岡 成, 西村勁一郎 , 日本農芸化学会,   2000年
  • 葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼの光・酸化ストレスに対する耐性能の評価, 吉村 和也, 薮田 行哲, 宮川 佳子, 田茂井 政宏, 重岡 成, 石川 孝博 , 日本ビタミン学会,   2000年
  • The Expression Mechanism Of Chloroplastic Ascorbate Peroxidase In Higher Plants, Kazuya Yoshimura, Yukinori Yabuta, masahiro Tamoi, Shigeru Shigeoka, takahiro Ishikaw, IPMB2000,   2000年
  • Molecular characterization and physilogical role of ascorbate peroxidase and glutathione peroxidase-like protein in halotolerant Chlamydomonas sp. W80, Masahiro Tamoi, Toru Takeda, Shigeru Shigeoka, Gordon Research Conference -Cellular Basis of Adaptation to Salt and Water Stress in Plant,   2000年
  • ラン藻CP12によるカルビンサイクルの調節, 田茂井 政宏, 宮崎 崇, 小林 大輔, 和田野 晃, 重岡 成, 農芸化学会関西支部大会,   2000年
  • Analysisi of physiolsgical function of glutathione peroxidase isozymes (gpx-I and gpx-II gene products) in Synechocystis PCC 6803 using gene-disrupted mutant, Ahmed Gaber, 中野 長久,田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, 農芸化学会関西支部大会,   2000年
  • Molecular Characterization and Physiological Function of Glutatione Peroxidase-like Proteins (gpx-1 and gpx-2 gene products) in Synechococcus PCC6803, Ahmed Gaber, Masahiro Tamoi, Toru Takeda, Yoshihisa Nakano, Shigeru Shigeoka, Gene Manipulation for Plant Physiology and Agriculture beyond the Genome,   2000年
  • Analysis of Regulation Mechanism of Alternative Splising Producing Chloroplastic Ascorbate Peroxidase Isoenzymes, Kazuya Yoshimura, Yukinori Yabuta, masahiro Tamoi, Shigeru Shigeoka, Gene Manipulation for Plant Physiology and Agriculture beyond the Genome,   2000年
  • Gene cloning of cyanobacterium Synechococcos PCC7942 phosphorilokinase and its over expression in E. coli, Daisuke Kobayashi, Manabu Tsukamoto, Masahiro Tamoi, Shigeru Shigeoka, Toshio Iwaki, Akira Wadano, Gene Manipulation for Plant Physiology and Agriculture beyond the Genome,   2000年
  • Regulatory mechanisms of the Calvin Cycle in Cyanobacteria, Masahiro Tamoi, Daisuke Kobayashi, Akira Wadano, Shigeru Shigeoka, Gene Manipulation for Plant Physiology and Agriculture beyond the Genome,   2000年
  • ラン藻カルビンサイクルの調節因子CP12の分子特性, 田茂井 政宏, 宮崎 崇, 小林 大輔 和田野 晃, 重岡 成 , ユーグレナ研究会,   2000年
  • ラン藻 Synechococcus PCC7942 に由来する酵素カタラーゼ-ペルオキシダーゼの結晶化, 重岡 成、田茂井 政宏、和田 啓、中村 祥浩、多田 俊治、石井恵子、西村 勁一郎, 日本農芸化学会関西支部第417回講演会,   2000年
  • ラン藻fructose-1,6-/sedoheptulose-1,7- bisphosphatase導入形質転換植物によるソース/シンク器官における光合成能と炭素代謝の解析, 宮川 佳子, 田茂井 政宏, 重岡 成, 日本植物生理学会,   1999年
  • Synechococcus PCC 7942のcpx-1遺伝子破壊株によるカタラーゼ-ペルオキシダーゼの生理機能の解明, 田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, 日本植物生理学会,   1999年
  • アスコルビン酸ペルオキシダーゼアイソザイムの環境ストレス応答機構の解明, 薮田 行哲, 吉村 和也, 中内 義典, 田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, 日本農芸化学会,   1999年
  • Synechococcus PCC 7942由来のリコンビナントfructose-1,6-/sedoheptulose-1,7-bisphosphataseの基質に対する反応性と結晶学的検討, 中村 祥浩, 多田 俊治,西村 勁一郎, 田茂井 政宏, 重岡 成, 日本農芸化学会,   1999年
  • 選択的スプライシングによる葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼの発現調節, 吉村 和也, 薮田 行哲,北村 彰教, 田茂井 政宏, 重岡 成 , 日本農芸化学会,   1999年
  • 好塩性クラミドモナスのグリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナ−ゼおよびセドヘプツロ−ス-1,7-ビスホスファタ−ゼの過酸化水素耐性の分子機構, 田茂井 政宏, 武田 徹, 金星 春夫, 宮坂 均, 重岡 成, 日本農芸化学会,   1999年
  • 藻類カルビンサイクルの調節機構, 田茂井 政宏, 重岡 成, 関西光合成研究会,   1999年
  • Molecular characterizations of the H2O2-resistant enzymes involved in the Calvin cycle of algae, Masahiro Tamoi, Yoshiko Miyagawa, Shigeru Shigeoka, Gordon Research Conference -CO2 Fixation & Metabolism in Green Plant-,   1999年
  • ラン藻Synechococcus PCC7942カタラーゼペルオキシダーゼ欠損株の光酸化ストレスに対する応答, 田茂井 政宏, 重岡 成, 日本農芸化学会中部支部・関西支部合同大会,   1999年
  • タバコL-ガラクトノ-γ-ラクトン脱水素酵素の細胞内局在性と遺伝子解析, 吉村 和也, 薮田 行哲,田茂井 政宏, 重岡 成, 日本生化学会大会,   1999年
  • ラン藻の光合成炭素還元サイクルの調節機構, 田茂井 政宏, 重岡 成, ユーグレナ研究会,   1999年
  • ラン藻由来fructose-1,6-bisphosphatase IおよびIIの結晶化, 中村 祥浩, 多田 俊治,西村 勁一郎, 木下 誉富, 田茂井 政宏, 重岡 成, 日本結晶学会,   1999年
  • ラン藻由来過酸化水素非感受性Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenaseの結晶学的研究, 和田 啓, 多田 俊治, 西村 勁一郎, 木下 誉富, 田茂井 政宏, 重岡 成, 日本結晶学会,   1999年
  • 葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼアイソザイムを生成する選択的スプライシング機構に関与する調節因子の解析, 吉村 和也,田茂井 政宏, 重岡 成, 日本分子生物学会,   1999年
  • ラン藻光合成炭素還元系の調節に関与するCP12の分子特性, 田茂井 政宏, 重岡 成, 日本分子生物学会,   1999年
  • フェレドキシン/チオレドキシン系を介さないラン藻のカルビンサイクルの調節機構, 田茂井 政宏, 重岡 成, 基生研研究会「ラン藻の分子生物学」,   1999年
  • Resistance to environmental stress in transgenic tobacco overexpressing E. coli catalase in chloroplasts, Shigeru Shigeoka, Toru Takeda, Yoshiko Miyagawa, Masahiro Tamoi, Toshiharu Shikanai, Chikahiro Miyake, Satoshi Sano, Ken-ichi Tomizawa, Akiho Yokota, International Congress of Plant Molecular Biology,   1998年
  • Molecular charactrization of selenium- and salt stress-induced glutathione in chlamydomonas reinhardtii, Toru Takeda, Masahiro Tamoi, Hitoshi Miyasaka, Shigaru Shigeoka, International Congress of Plant Molecular Biology,   1998年
  • Alternative mRNA splicing of 3'-terminal exons generateschloroplastic ascorbate peroxidase isozymes from spinach, Kazuya Yoshimura, Yukinori Yabuta , Masahiro Tamoi, Takahiro Ishikawa ,Toru Takeda, and Shigeru Shigeoka, International Congress of Plant Molecular Biology,   1998年
  • C末端領域の選択的スプライシングによる葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼの発現調節, 吉村和也, 薮田行哲,田茂井政宏, 武田 徹, 石川孝博, 重岡 成, 農芸化学会関西・西日本合同大会,   1998年
  • 真核藻類の過酸化水素消去系の比較生化学, 武田 徹, 吉村和也, 田茂井政宏, 石川孝博, 宮坂 均, 重岡 成, ユーグレナ研究会,   1998年
  • ホウレンソウにおけるアスコルビン酸ペルオキシダーゼアイソザイムのストレス応答, 薮田行哲, 吉村和也, 新嵜拓也, 田茂井政宏, 武田 徹, 重岡 成, 農芸化学会,   1998年
  • 耐塩性ChlamydomonasにおけるH2O2消去酵素遺伝子の解析と機能, 吉井真人, 田茂井政宏, 武田 徹, 金星春夫, 宮坂 均, 重岡 成, 農芸化学会,   1998年
  • ラン藻のフルクトース-1,6-ビスホスファターゼアイソザイムの遺伝子破壊による欠損株を用いた生理機能の解明, 田茂井政宏, 上木奈穂, 村上晃子, 武田 徹, 重岡 成, 農芸化学会,   1998年
  • 3' 末端領域の選択的スプライシングによる葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼの発現調節, 吉村和也, 薮田行哲,田茂井政宏, 石川孝博, 武田 徹, 重岡 成, 植物生理学会,   1998年
  • アスコルビン酸ペルオキシダーゼアイソザイムの発現調節, 吉村 和也, 薮田 行哲, 新嵜 拓也, 田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, ビタミン学会,   1998年
  • ラン藻fructose-1,6-/sedoheptulose-1,7-bisphosphataseのリコンビナント酵素の分子特性と結晶化, 中村 祥浩, 田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, 多田 俊治, 西村 勁一郎, 日本農芸化学会・関西支部大会,   1998年
  • ラン藻の過酸化水素耐性チオール酵素の分子特性と光合成炭素還元系の光調節機構の欠損, 田茂井 政宏, 宮川 佳子, 武田 徹, 重岡 成, 日本生化学会(第71回)シンポジウム,   1998年
  • アスコルビン酸ペルオキシダーゼアイソザイムの発現調節機構, 吉村 和也, 薮田 行哲,田茂井政宏, 武田 徹, 重岡 成, 日本生化学会(第71回)シンポジウム,   1998年
  • 光合成に関与するfructose-1,6-/sedoheptulose-1,7-bisphosphataseの特性と結晶化, 中村 祥浩, 多田 俊治, 西村 勁一郎, 宮原 郁子, 広津 健, 田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, 日本結晶学会,   1998年
  • 選択的スプライシングによるホウレンソウ葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼの発現調節機構, 吉村 和也, 薮田 行哲,田茂井 政宏, 重岡 成, 日本分子生物学会,   1998年
  • 大腸菌カタラーゼ遺伝子を導入した形質転換タバコの環境ストレス耐性, 武田 徹, 義村由紀子, 田茂井政宏, 鹿内利治, 三宅親弘, 佐野 智, 宮澤健一, 横田明穂, 重岡 成, 日本植物生理学会,   1997年
  • ホウレンソウ葉の葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼアイソザイムはC末端領域の選択的スプライシングを受ける, 重岡 成、吉村和也、吉井真人、三浦登貴子、田茂井政宏、石川孝博、武田 徹, 日本植物生理学会,   1997年
  • ホウレンソウ葉のマイクロボディ型アスコルビン酸ペルオキシダーゼの分子的性質, 吉村 和也, 薮田 行哲, 本田 貴弘, 田茂井 政宏, 石川 孝博, 武田 徹, 重岡 成, 日本植物生理学会,   1997年
  • Synechocystis PCC6803に存在する新規フルクトース-1,6-ビスホスファターゼの分子特性, 村上 晃子, 田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, 日本植物生理学会,   1997年
  • 大腸菌カタラーゼ遺伝子(KatE)を導入したトランスジェニックタバコの強光および乾燥ストレス耐性の獲得, 重岡 成, 武田 徹, 義村由紀子, 田茂井政宏, 鹿内利治, 三宅親弘, 佐野 智, 富澤健一, 横田 明穂, 日本農芸化学会,   1997年
  • 耐塩性Chlamydomonasにおけるグルタチオンペルオキシダーゼ様遺伝子の解析とH2O2消去系, 武田 徹, 木寺 久美子, 田茂井 政宏, 宮坂 均, 重岡 成, 日本農芸化学会,   1997年
  • 藻類におけるフルクトース-1,6-ビスホスファターゼアイソザイムの分布, 田茂井政宏, 村上晃子, 山本晶子, 石川加世子, 武田 徹, 重岡 成, 日本農芸化学会,   1997年
  • C末端領域の選択的スプライシングにより生成する葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼアイソザイム, 吉村 和也, 薮田 行哲, 本田 貴弘, 田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, 日本ビタミン学会,   1997年
  • Acquisition of a New Type of Fructose-1,6-bisphosphatase with Resistance to Hydrogen Peroxidase in Cyanobacteria, Masahiro Tamoi, Akiko Murakami, Toru Takeda, and Shigeru Shigeoka, Plant Biology,   1997年
  • Alternative mRNA splicing of 3'-terminal exons generates ascorbate peroxidase isozymes in spinach chloroplasts, Shigeru Shigeoka, Kazuya Yoshimura, Yukinori Yabuta, Masahiro Tamoi, Takahiro Ishikawa, Toru Takeda, Plant Biology,   1997年
  • Synechococcus PCC7942のフルクトース-1,6-ビスホスファターゼアイソザイムの分子的性質, 武田 徹, 田茂井 政宏, 石川 孝博, 重岡 成, 日本植物生理学会,   1996年
  • ラン藻のフルクト−ス-1,6-ビスホスファタ−ゼの免疫学的および分子学的性質, 田茂井 政宏, 宮田 房子, 村上 晃子, 武田 徹, 重岡 成, 農芸化学会,   1996年
  • ラン藻の光合成関連チオ−ル酵素の過酸化水素耐性機構, 田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, 日本生化学会,   1996年
  • ホウレンソウ葉のマイクロボディ型アスコルビン酸ペルオキシダーゼcDNAの解析と大腸菌での発現, 石川 孝博,吉村 和也, 田茂井 政宏,武田 徹, 重岡 成, 日本農芸化学会・関西・支部大会シンポジウム,   1996年
  • Synechococcus PCC7942 のフルクトース-1,6-ビスホスファターゼアイソザイム遺伝子破壊による生理機能の解明, 田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, 日本生化学会・日本分子生物学会 合同年会,   1996年
  • ホウレンソウ葉のアスコルビン酸ペルオキシダーゼアイソザイムcDNAの遺伝子解析, 吉村 和也, 三浦 登貴子, 坂井 康祐, 田茂井 政宏, 石川 孝博, 武田 徹, 重岡 成, 日本生化学会・日本分子生物学会 合同年会,   1996年
  • Synechocystis PCC6803の光合成関連チオール酵素の過酸化水素耐性の分子機構, 村上 晃子, 田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, 日本生化学会・日本分子生物学会 合同年会,   1996年
  • ラン藻の光合成CO2固定回路制御機構のモデルシュミレーションによる検証, 和田野 晃, 小林 大輔, 佐藤 良平, 田茂井 政宏, 武田 徹, 重岡 成, 日本生化学会・日本分子生物学会 合同年会,   1996年
  • ラン藻の新規酵素fructose-1,6-bisphosphataseはsedoheptulose-1,7-bisphosphateを加水分解する, 田茂井 政宏, 村上 晃子, 武田 徹, 重岡 成, 日本農芸化学会・関西支部大会,   1996年
  • ラン藻の光合成に関与するチオール酵素の分子特性, 田茂井 政宏, 村上 晃子, 武田 徹, 重岡 成, ユーグレナ研究会,   1996年
  • ラン藻Synechococcus PCC7942のNADP依存グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナ−ゼの酵素学的および分子学的性質, 木本 みゆき, 山本 真江, 石川 孝博, 田茂井 政宏, 武田 徹, 平山 修, 重岡 成, 日本植物生理学会,   1995年
  • Synechococcus PCC7942におけるフルクトース-1,6-ビスホスファターゼのH2O2耐性の分子機構, 田茂井 政宏, 木本 みゆき, 石川 孝博, 武田 徹, 重岡 成, 日本植物生理学会,   1995年
  • ラン藻Synechococcus PCC7942 のNADP依存グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナ−ゼのH2O2耐性の分子機構, 重岡 成, 武田 徹, 石川 孝博, 田茂井 政宏, 平山 修, 日本農芸化学会,   1995年
  • Molecular characterization of H2O2-resistance system of fructose-1,6- bisphosphatase and NADP-glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase in Synechococcus PCC7942, Toru Takeda, Masahiro Tamoi, Takahiro Ishikawa, Shigeru Shigeoka, Photosynthesis Research,   1995年
  • Synechococcus PCC7942のfructose-1,6-bisphosphataseアイソザイムのH2O2耐性, 田茂井 政宏, 石川 孝博, 武田 徹, 重岡 成, 日本農芸化学会・関西・中部支部合同大会,   1995年
  • ラン藻Synechococcus PCC7942のフルクトース-1,6-ビスホスファターゼのH2O2耐性, 田茂井 政宏, 木本 みゆき, 石川 孝博, 武田 徹, 重岡 成, 平山 修, 日本農芸化学会・関西支部大会,   1994年
  • Synechococcus PCC7942におけるフルクトース-1,6-ビスホスファターゼのH2O2耐性の分子機構, 田茂井 政宏, 木本 みゆき, 石川 孝博, 武田 徹, 重岡 成, ユーグレナ研究会,   1994年

作品

  • ユーグレナ研究会幹事・事務局

MISC

  • バイオマス・飼料作物の開発 第3章 光合成効率の向上したイネの開発 1 ラン藻由来遺伝子の導入による光合成効率の向上したイネ系統の開発(GMA0004), 小松晃, 田茂井政宏, 大島正弘, 重岡成, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, 510, 43, 47,   2014年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402218380259629
  • バイオテクノロジーの現状と課題, 重岡 成、田茂井政宏, 光合成生物の生命科学, 140, 160,   2014年
  • ユーグレナによるバイオ燃料生産基盤技術の開発, 石川孝博、田茂井政宏、鈴木健吾、重岡 成, 藻類オイル開発研究の最前線, 95, 105,   2013年
  • 硫黄同化, 重岡 成、田茂井政宏, 藻類ハンドブック, 171, 173,   2012年
  • 天然変性タンパク質による光合成調節の新規分子メカニズム : 複合体形成によるCP12立体構造の安定化, 松村 浩由, 田茂井 政宏, 重岡 成, 化学と生物, 50, 11, 786, 788,   2012年11月01日, 10.1271/kagakutoseibutsu.50.786, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031123238
  • 微細藻類ユーグレナ(Euglena)が持つ可能性, 重岡成, 田茂井政宏, 電気協会報, 1038, 20, 25,   2011年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102245524905992
  • 単離・精製・活性測定 3.酵素・電子伝達成分の精製・活性測定・定量 a.カルビン回路の酵素, 田茂井政宏, 重岡成, 低温科学, 67, 209, 214,   2009年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102204091466176
  • Effect of cytosolic FBPase on photosynthetic carbon metabolism under high CO2 conditions, 田茂井 政宏, 重岡 成, Photosynthesis. Energy from the Sun, 895, 899,   2008年
  • 環境ストレスに応答する植物由来キチナーゼとグルカナーゼ, 深溝 慶, 田茂井 政宏, 化学と生物, 45, 10, 689, 695,   2007年10月, 10.1271/kagakutoseibutsu1962.45.689, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019833154
  • 「プラントミメティックスー植物に学ぶー」 第2編 植物の制御と代謝 ―第2章・エネルギーと代謝 第3節・カルビンサイクルの制御, 重岡 成, 田茂井 政宏, 231, 239,   2006年
  • カルビンサイクルの新たな調節機構 小タンパク質CP12は光合成炭素代謝を制御する, 田茂井政宏, 深溝慶, 重岡成, 化学と生物, 43, 12, 770, 772,   2005年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902285368140224
  • 光合成機能改変による炭素代謝解析, 日本農芸化学会誌, 78(10), 970-972,   2004年
  • レドックスと代謝エンジニアリング, Ishikawa T, Yabuta Y, Tamoi M, Shigeoka S, Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 48, 2145, 2153,   2003年11月, 査読有り
  • 食糧増産と環境保全への挑戦 分子育種によるスーパー植物の創成, 田茂井政宏, 重岡成, Foods & Food Ingred J Jpn, 208, 2, 140, 146,   2003年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261618543692
  • 植物キチナーゼ:構造と機能そして生理的役割, 深溝慶, 佐々木千絵, 田茂井政宏, FFIジャーナル, 208, 631-638, 8, 631, 638,   2003年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902299990570598
  • 藻類カルビン回路の調節機構    フェレドキシン/チオレドキシン系を介した光還元力による活性調節の欠損が意味するものは?   , 田茂井 政宏, 重岡 成, 日本光合成研究会会報, 35, 11, 13,   2002年12月
    概要:ラン藻や真核藻類が行う光合成は、植物一般に考えられている光合成とは異なり、光還元録による活性調節を受けないこと、またそのメカニズムを分子レベルで明らかにしてきた。さらに、このような光合成の違いが、活性酸素による傷害から回避する手段の相違に関連していることなどについて、これまでの研究経緯とともに紹介した。
  • 光合成能を向上させた植物の分子育種 ラン藻のカルビン回路構成酵素の導入によって光合成能と生育能が増強!, 田茂井政宏, 宮川佳子, 重岡成, 化学と生物, 40, 7, 422, 424,   2002年07月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902168411606643
  • 光・酸素毒耐性植物, 重岡 成, 田茂井 政宏, 吉村和也, 植物代謝工学ハンドブック, 450, 472,   2002年
  • 光合成と成育を増強した形質転換タバコをつくる!, 重岡 成, 田茂井 政宏, 宮川佳子, Bioベンチャー, 2, 93, 96,   2002年
  • 光合成生物の活性酸素代謝の応答機構 光酸素毒防御系の改変による耐性植物の分子育種, 田茂井政宏, 宮川佳子, 生物工学会誌, 79, 8, 319, 322,   2001年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902192747773503
  • 光酸素毒防御系の改変による耐性植物の分子育種, 生物工学, 79, 319-322,   2001年
  • 光・酸素毒耐性植物のエンジニアリング, 蛋白質・核酸・酵素, 44, 15, 2246, 2252,   1999年, 査読有り
  • 光合成生物における光・酸素毒防御系の分子機構 光・酸素毒耐性植物の創製は可能か, 重岡成, 石川孝博, 武田徹, 田茂井政宏, 蛋白質 核酸 酵素, 43, 5, 634, 648,   1998年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902153692623838

特許

  • ユーグレナへの遺伝子導入方法, 重岡 成, 田茂井 政宏, 鈴木 健吾, 吉田 絵梨子, 特願2014-037394, 特開2014-193153
  • ユーグレナの形質転換体, 重岡 成, 田茂井 政宏, 鈴木 健吾, 吉田 絵梨子, 特願2014-037395, 特開2014-193154

受賞

  •   2011年05月, 日本農芸化学会, 農芸化学奨励賞, 光合成炭素代謝の制御機構に関する研究

競争的資金

  • JST, CREST, 形質転換ユーグレナによるバイオ燃料生産基盤技術の開発, 石川 孝博
  • 科学研究費, 若手研究(B), 糖応答変異体を用いたC/Nバランス制御および葉緑体-核間シグナル伝達機構の解明, 田茂井 政宏
  • 農林水産省, 新農業展開ゲノムプロジェクト, ラン藻由来遺伝子の導入による光合成効率の向上したイネ系統の開発
  • 科学研究費, 若手研究(B), カルビン回路の新規調節機構の解明と分子育種への応用, 田茂井 政宏
  • 科学研究費, 若手研究(B), 多重遺伝子導入による光合成能および病害耐性能を強化した植物の作出と評価, 田茂井 政宏
  • 特別研究員奨励費, 藻類の過酸化水素耐性機構の解明と耐性酵素遺伝子導入による形質転換植物の創製, 田茂井 政宏

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生物学基礎, 近畿大学農学部
  • 植物分子生物学, 近畿大学農学部