KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

坂本 勝サカモト マサル

プロフィール

所属部署名生物理工学部 生物工学科 / 生物理工学研究科
職名講師
学位博士(農学)
専門植物生理学、植物環境工学、植物病理学
ジャンル環境/生物・動植物
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/905-sakamoto-masaru.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    植物工場に応用可能な植物の生理現象について研究しています。植物の収量や特定成分の増加を目的としています。2年半、企業での植物工場の研究開発に従事した経験があります。

研究活動情報

論文

  • Comparison of Two Harvesting Methods for the Continuous Production of Indigo Plant (Polygonum Tinctorium) Leaves in a Closed-Cultivation System, Sakamoto M, Kim DA, Imoto K, Kitai Y, Suzuki T, Sustainable Agriculture Research, 6, 2, 7, 12,   2017年05月, 査読有り
  • Effect of Root-Zone Temperature on the Growth and Fruit Quality of Hydroponically Grown Strawberry Plants, Sakamoto M, Uenishi M, Miyamoto K, Suzuki T, Journal of Agricultural Science, 8, 5, 122, 131,   2016年05月, 査読有り
  • Effect of Root-Zone Temperature on Growth and Quality of Hydroponically Grown Red Leaf Lettuce (Lactuca sativa L. cv. Red Wave), Sakamoto M, Suzuki T, American Journal of Plant Sciences, 6, 14, 2350, 2360,   2015年09月, 査読有り
  • Elevated Root-Zone Temperature Modulates Growth and Quality of Hydroponically Grown Carrots, Sakamoto M, Suzuki T, Agricultural Sciences, 6, 8, 749, 757,   2015年08月, 査読有り
  • Effects of plant defense elicitors on anthocyanin accumulation in red baby leaf lettuce, SAKAMOTO Masaru, SUZUKI Takahiro, Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ, 35, 1, 6,   2015年03月
  • Genetic basis for the hierarchical interaction between Tobamovirus spp. and L resistance gene alleles from different pepper species., Tomita R, Sekine KT, Mizumoto H, Sakamoto M, Murai J, Kiba A, Hikichi Y, Suzuki K, Kobayashi K, Molecular plant-microbe interactions : MPMI, 24, 1, 108, 117,   2011年01月, 査読有り
  • A protein containing an XYPPX repeat and a C2 domain is associated with virally induced hypersensitive cell death in plants., Sakamoto M, Tomita R, Kobayashi K, FEBS letters, 583, 15, 2552, 2556,   2009年08月, 査読有り
  • Recombinant plant dsRNA-binding protein as an effective tool for the isolation of viral replicative form dsRNA and universal detection of RNA viruses, KOBAYASHI Kappei, TOMITA Reiko, SAKAMOTO Masaru, J Gen Plant Pathol, 75, 2, 87, 91,   2009年04月, 査読有り
  • Fine mapping and DNA fiber FISH analysis locates the tobamovirus resistance gene L3 of Capsicum chinense in a 400-kb region of R-like genes cluster embedded in highly repetitive sequences., Tomita R, Murai J, Miura Y, Ishihara H, Liu S, Kubotera Y, Honda A, Hatta R, Kuroda T, Hamada H, Sakamoto M, Munemura I, Nunomura O, Ishikawa K, Genda Y, Kawasaki S, Suzuki K, Meksem K, Kobayashi K, TAG. Theoretical and applied genetics. Theoretische und angewandte Genetik, 117, 7, 1107, 1118,   2008年11月, 査読有り
  • Reactive oxygen species in leaf abscission signaling., Sakamoto M, Munemura I, Tomita R, Kobayashi K, Plant signaling & behavior, 3, 11, 1014, 1015,   2008年11月, 査読有り
  • A primer-introduced restriction analysis-PCR-based method to analyse Pepper mild mottle virus populations in plants and field soil with respect to virus mutations that break L3 gene-mediated resistance of Capsicum plants, SAKAMOTO M., TOMITA R., HAMADA H., IWADATE Y., MUNEMURA I., KOBAYASHI K., Plant Pathol, 57, 5, 825, 833,   2008年10月, 査読有り
  • Involvement of hydrogen peroxide in leaf abscission signaling, revealed by analysis with an in vitro abscission system in Capsicum plants., Sakamoto M, Munemura I, Tomita R, Kobayashi K, The Plant journal : for cell and molecular biology, 56, 1, 13, 27,   2008年10月, 査読有り
  • Two phases of intracellular reactive oxygen species production during victorin-induced cell death in oats, SAKAMOTO Masaru, TADA Yasuomi, NAKAYASHIKI Hitoshi, TOSA Yukio, MAYAMA Shigeyuki, J Gen Plant Pathol, 71, 6, 387, 394,   2005年12月, 査読有り
  • Victorin triggers programmed cell death and the defense response via interaction with a cell surface mediator., Tada Y, Kusaka K, Betsuyaku S, Shinogi T, Sakamoto M, Ohura Y, Hata S, Mori T, Tosa Y, Mayama S, Plant & cell physiology, 46, 11, 1787, 1798,   2005年11月, 査読有り
  • Coordinate involvement of cysteine protease and nuclease in the executive phase of plant apoptosis., Kusaka K, Tada Y, Shigemi T, Sakamoto M, Nakayashiki H, Tosa Y, Mayama S, FEBS letters, 578, 3, 363, 367,   2004年12月, 査読有り
  • Nitric oxide and reactive oxygen species do not elicit hypersensitive cell death but induce apoptosis in the adjacent cells during the defense response of oat., Tada Y, Mori T, Shinogi T, Yao N, Takahashi S, Betsuyaku S, Sakamoto M, Park P, Nakayashiki H, Tosa Y, Mayama S, Molecular plant-microbe interactions : MPMI, 17, 3, 245, 253,   2004年03月, 査読有り
  • Mitochondrial oxidative burst involved in apoptotic response in oats., Yao N, Tada Y, Sakamoto M, Nakayashiki H, Park P, Tosa Y, Mayama S, The Plant journal : for cell and molecular biology, 30, 5, 567, 579,   2002年06月, 査読有り

講演・口頭発表等

  • 甘藷の大量生産技術の普及のための半水耕栽培システムの開発, 鈴木 高広, 坂本 勝, 森岡 航, 石橋 俊介, 太陽/風力エネルギー講演論文集 = Proceedings of JSES/JWEA Joint Conference,   2016年11月24日
  • 3-4-2 サツマイモの密集大量栽培法における土壌水分の影響, 鈴木 高広, 坂本 勝, 日本エネルギー学会大会講演要旨集,   2016年
    概要:

    The innovation is required to production of a large amount of biomass by cultivation of domestic photosynthetic plant and to replace fossil fuels. The author has found that the best crop is sweetpotato cultivated in multilayer system. So far, the 4-layers cultivation method using a triangular shelf showed that it is possible to sweetpotato production of about 20kg/m2. This is eight times the amount of domestic average yield (2.5kg/m2). However, the soil hygroscopic level decreased quickly and the production of the sweetpotatoes suppressed significantly, were found by the multi-layer cultivation system. Therefore we investigated the influence of the basic irrigation state to produce sweetpotatoes. As the result the yield of sweetpotatoes cultivated with root zone irrigation system increased to 179% of the amount of the past. In addition, the root zone irrigation system was effective to increase the weight of the mass production of sweetpotatoes by increasing the density of the vine seeding per area.

  • サツマイモの多層栽培における積算採光日数の最適化, 鈴木高広, 坂本勝, 日本エネルギー学会大会講演要旨集,   2015年07月27日
  • 福島における農業復興支援のための太陽光分散利用セル式栽培法の実用化, 鈴木 高広, 堀端 章, 坂本 勝, 太陽/風力エネルギー講演論文集,   2015年11月26日
  • 太陽光分散型サツマイモ多層栽培システムにおける段階的収穫操作の最適化, 鈴木高広, 坂本勝, 日本生物環境工学会大会講演要旨,   2015年
  • 1P-214 三角棚多層栽培法における甘藷の生育特性とメタン発酵条件の検討(一般講演(バイオマス,資源,エネルギー工学),第65回日本生物工学会大会), 鈴木 高広, 坂本 勝, 阿野 貴司, 新谷 昇, 日本生物工学会大会講演要旨集,   2013年08月25日
  • 植物栽培用蛍光体LEDを用いたレタス栽培の検討, 坂本勝, 大浦央子, 久保智樹, 藤寛, 太田敏博, 園芸学研究 別冊,   2013年03月23日
  • 三角棚を用いたサツマイモの日照多層栽培条件の検討, 鈴木高広, 坂本勝, 日本生物環境工学会大会講演要旨,   2013年
  • LED照明を用いた閉鎖型人工光栽培システムにおける光質がイチゴの光合成速度と無機養分吸収濃度に及ぼす影響, 和田光生, 古川一, 大浦央子, 坂本勝, 久保智樹, 藤寛, 西浦芳史, 東條元昭, 太田敏博, 石井裕, 小田雅行, 北宅善昭, 園芸学研究 別冊,   2012年03月28日
  • LED照明を用いた閉鎖型人工光栽培システムでのイチゴの生育と収量特性, 坂本勝, 大浦央子, 久保智樹, 和田光生, 古川一, 藤寛, 西浦芳史, 東條元昭, 太田敏博, 石井裕, 小田雅行, 北宅善昭, 園芸学研究 別冊,   2012年03月28日
  • ナス科植物トバモウイルス抵抗性遺伝子による病原体認識と抵抗性打破ウイルス株の出現, 小林括平, 冨田麗子, 坂本勝, 関根健太郎, 日本植物病理学会植物感染生理談話会論文集,   2010年07月23日
  • CC‐NBS‐LRR型抵抗性タンパク質によるトバモウイルス外被タンパク質認識と局部病斑形成, 小林括平, 冨田麗子, 関根健太郎, 坂本勝, 植物ウイルス病研究会レポート,   2010年04月21日
  • Capsicum属植物のウイルス誘導性落葉は,部分的抵抗性打破によって共通して誘導される防御応答である, 坂本勝, 宗村郁子, 浜田博幸, 冨田麗子, 小林括平, 日本植物病理学会報,   2010年02月25日
  • トバモウイルスとCapsicum属植物L抵抗性遺伝子との階層的相互作用の遺伝子的基盤, 冨田麗子, 坂本勝, 村井淳, 鈴木一実, 木場章範, 曳地康史, 小林括平, 日本植物病理学会報,   2009年08月25日
  • Capsicum属植物トバモウイルス抵抗性遺伝子L3のクローニングと関連シグナル因子の解析, 坂本勝, 冨田麗子, 村井淳, 鈴木一実, 木場章範, 曳地康史, 小林括平, 日本植物病理学会報,   2009年08月25日
  • Nicotiana sylvestrisから得られたCapsicum属植物L抵抗性遺伝子に相同なCC‐NBS‐LRR抵抗性タンパク質遺伝子, 小林括平, 冨田麗子, 坂本勝, 竹内繁治, 木場章範, 曳地康史, 日本植物病理学会報,   2009年08月25日
  • ウイルスによる過敏感反応時に誘導されるXYPPX repeat遺伝子の解析, 坂本勝, 冨田麗子, 小林括平, 日本植物病理学会報,   2009年02月25日
  • 組換え二本鎖RNA(dsRNA)結合蛋白質を用いたウイルス複製中間体dsRNA単離による多様なRNAウイルスの網羅的検出・同定, 小林括平, 冨田麗子, 坂本勝, 日本植物病理学会報,   2009年02月25日
  • 組換えdsRNA結合蛋白質を用いたウイルス複製中間体dsRNAの単離:網羅的RNAウイルス検出のための試料調製法としての可能性, 小林括平, 冨田麗子, 坂本勝, 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集,   2008年10月01日
  • Capsicum属植物トバモウイルス抵抗性遺伝子L3の精密マッピング, 冨田麗子, 村井淳, 坂本勝, 鈴木一実, 小林括平, 日本植物病理学会報,   2008年08月25日
  • (302) Capsicum属植物トバモウイルス抵抗性遺伝子L^3の精密マッピング(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨), 冨田 麗子, 村井 淳, 坂本 勝, 鈴木 一実, 小林 括平, 日本植物病理學會報,   2008年08月25日
  • インビトロ系を用いたピーマンの落葉機構における活性酸素種関与の解明, 坂本勝, 宗村郁子, 冨田麗子, 小林括平, 日本植物生理学会年会要旨集,   2008年03月15日
  • (18)PIRA-PCR法によるL^3抵抗性打破トウガラシ微斑ウイルス(PMMoV)の植物および土壌からの検出(東北部会講演要旨,平成19年度地域部会講演要旨), 坂本 勝, 冨田 麗子, 浜田 博幸, 岩館 康哉, 宗村 郁子, 小林 括平, 日本植物病理學會報,   2008年02月20日
  • Capsicum属植物のウイルス誘導性落葉にともなう宿主遺伝子発現の時空間的変動, 小林括平, 宗村郁子, 坂本勝, 冨田麗子, 浜田博幸, 日本植物病理学会報,   2007年08月25日
  • (242) Capsicum属植物のウイルス誘導性落葉にともなう宿主遺伝子発現の時空間的変動(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨), 小林 括平, 宗村 郁子, 坂本 勝, 冨田 麗子, 浜田 博幸, 日本植物病理學會報,   2007年08月25日
  • Capsicum属植物のウイルス抵抗性における落葉の植物病理学的意義と分子機構(1) : PMMoV病原性変異株による離層形成関連遺伝子の発現誘導(東北部会講演要旨,平成18年度地域部会講演要旨), 浜田 博幸, 宗村 郁子, 冨田 麗子, 坂本 勝, 小林 括平, 日本植物病理學會報,   2007年02月25日
  • Involvement of reactive oxygen species in leaf abscission signaling revealed by analysis with an in vitro abscission system in Capsicum plants, SAKAMOTO Masaru, MUNEMURA Ikuko, TOMITA Reiko, KOBAYASHI Kappei, 生化学,   2007年
  • (94) 宿主特異的毒素ビクトリンにより誘導されるミトコンドリア膜電位差の低下は細胞死の実行段階で生じる(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨), 坂本 勝, 多田 安臣, 田里 恵子, 中屋 敷均, 土佐 幸雄, 眞山 滋志, 日本植物病理學會報,   2006年11月25日
  • (1)いもち病菌における病原性発現物質の解析(7)エンバクいもち病菌の生産する新規毒素の白化,活性酸素生成,細胞死の誘導(平成15年度日本植物病理学会大会講演要旨), 南 友可里, 鶴嶋 鉄, 坂本 勝, 宮川 恒, 中屋敷 均, 土佐 幸雄, 眞山 滋志, 日本植物病理學會報,   2003年08月25日

特許

  • 植物栽培用パネルおよび植物栽培用照明装置, 坂本 勝, 久保 智樹, 特願2012-276166, 特開2014-117245
  • 照明装置、植物栽培システムおよび植物栽培方法, 坂本 勝, 特願2012-166318, 特開2014-023473
  • 植物栽培装置及び植物栽培方法, 富田 央子, 坂本 勝, 結城 貴之, 特願2012-132140, 特開2013-255439
  • 植物栽培装置および植物栽培方法, 坂本 勝, 大浦 央子, 特願2011-251056, 特開2013-102754
  • 光照射装置、イチゴ栽培システムおよびイチゴ栽培方法, 大浦 央子, 坂本 勝, 藤 寛, 太田 敏博, 和田 光生, 西浦 芳史, 古川 一, 特願2011-072501, 特開2012-205520
  • 照明装置、イチゴ栽培システムおよびイチゴ栽培方法, 大浦 央子, 坂本 勝, 結城 貴之, 藤 寛, 太田 敏博, 和田 光生, 西浦 芳史, 古川 一, 特願2011-027316, 特開2012-165665
  • 色素蓄積促進システム、イオン発生装置および色素蓄積促進方法, 坂本 勝, 藤 寛, 太田 敏博, 宮内 俊輔, 古川 一, 特願2010-291217, 特開2012-135288
  • ILLUMINATING DEVICE FOR PLANT CULTIVATION, PLANT CULTIVATION SYSTEM AND PLANT CULTIVATION METHOD ., KUBO Tomoki, TOMITA Chikako, SAKAMOTO Masaru,  PCT出願番号:PCT/JP2012/070858