KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

松本 逸平マツモト イッペイ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位医学博士
専門膵臓疾患特に膵臓癌の手術と集学的治療、腹腔鏡下膵臓手術
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1394-matsumoto-ippei.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/05/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    ・膵臓癌、膵腫瘍に対する手術
    ・局所進行膵癌に対する集学的治療(手術、術前化学(放射線)療法、術後補助化学療法などの併用)
    ・良性・低悪性度膵臓疾患に対する腹腔鏡下手術

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>

    ●2016/8/1
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
    (元横綱千代の富士さんがお亡くなりになったことを受けて)
     膵臓がんについて

研究活動情報

論文

  • Value of additional endoscopic ultrasonography for surveillance after surgical removal of intraductal papillary mucinous neoplasms., Kamata K, Takenaka M, Minaga K, Omoto S, Miyata T, Yamao K, Imai H, Nakai A, Tanaka H, Chiba Y, Watanabe T, Sakurai T, Nishida N, Chikugo T, Matsumoto I, Takeyama Y, Kitano M, Kudo M, Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society,   2018年04月, 査読有り
  • Health-related quality of life of adjuvant chemotherapy with S-1 versus gemcitabine for resected pancreatic cancer: Results from a randomised phase III trial (JASPAC 01)., Hagiwara Y, Ohashi Y, Uesaka K, Boku N, Fukutomi A, Okamura Y, Konishi M, Matsumoto I, Kaneoka Y, Shimizu Y, Nakamori S, Sakamoto H, Morinaga S, Kainuma O, Imai K, Sata N, Hishinuma S, Ojima H, Yamaguchi R, Hirano S, Sudo T, JASPAC 01 Study Group., European journal of cancer (Oxford, England : 1990), 93, 79, 88,   2018年04月, 査読有り
  • Is distal pancreatectomy with en-bloc celiac axis resection effective for patients with locally advanced pancreatic ductal adenocarcinoma? -Multicenter surgical group study., Yamamoto T, Satoi S, Kawai M, Motoi F, Sho M, Uemura KI, Matsumoto I, Honda G, Okada KI, Akahori T, Toyama H, Kurata M, Yanagimoto H, Yamaue H, Unno M, Kon M, Murakami Y, Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.], 18, 1, 106, 113,   2018年01月, 査読有り
  • Impact of avascular areas, as measured by contrast-enhanced harmonic EUS, on the accuracy of FNA for pancreatic adenocarcinoma., Kamata K, Takenaka M, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Nishida N, Chikugo T, Chiba Y, Matsumoto I, Takeyama Y, Kudo M, Gastrointestinal endoscopy, 87, 1, 158, 163,   2018年01月, 査読有り
  • Insulin deficiency with and without glucagon: A comparative study between total pancreatectomy and type 1 diabetes., Niwano F, Hiromine Y, Noso S, Babaya N, Ito H, Yasutake S, Matsumoto I, Takeyama Y, Kawabata Y, Ikegami H, Journal of diabetes investigation,   2017年12月, 査読有り
  • Reinforced staplers for distal pancreatectomy., Kawai M, Hirono S, Okada KI, Satoi S, Yanagimoto H, Kon M, Murakami Y, Kondo N, Sho M, Akahori T, Toyama H, Fukumoto T, Fujii T, Matsumoto I, Eguchi H, Ikoma H, Takeda Y, Fujimoto J, Yamaue H, Langenbeck's archives of surgery, 402, 8, 1197, 1204,   2017年12月, 査読有り
  • Proposed Nomogram Predicting the Individual Risk of Malignancy in the Patients With Branch Duct Type Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas., Jang JY, Park T, Lee S, Kim Y, Lee SY, Kim SW, Kim SC, Song KB, Yamamoto M, Hatori T, Hirono S, Satoi S, Fujii T, Hirano S, Hashimoto Y, Shimizu Y, Choi DW, Choi SH, Heo JS, Motoi F, Matsumoto I, Lee WJ, Kang CM, Han HS, Yoon YS, Sho M, Nagano H, Honda G, Kim SG, Yu HC, Chung JC, Nagakawa Y, Seo HI, Yamaue H, Annals of surgery, 266, 6, 1062, 1068,   2017年12月, 査読有り
  • [A Case of Conversion Surgery for a Patient with Initially Unresectable Pancreatic Cancer with a Pathological Complete Response to S-1 Chemotherapy]., Kamei K, Matsumoto I, Makutani Y, Kawaguchi K, Matsumoto M, Murase T, Satoi S, Nakai T, Kamata K, Imai H, Chikugo T, Takeyama Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 44, 12, 1191, 1193,   2017年11月, 査読有り
  • Retrospective Study of the Correlation Between Pathological Tumor Size and Survival After Curative Resection of T3 Pancreatic Adenocarcinoma: Proposal for Reclassification of the Tumor Extending Beyond the Pancreas Based on Tumor Size., Kurata M, Honda G, Murakami Y, Uemura K, Satoi S, Motoi F, Sho M, Matsumoto I, Kawai M, Yanagimoto H, Fukumoto T, Nagai M, Gosho M, Unno M, Yamaue H, Multicenter Study Group of Pancreatobiliary Surgery (MSG-PBS)., World journal of surgery, 41, 11, 2867, 2875,   2017年11月, 査読有り
  • Developing better practices at the institutional level leads to better outcomes after pancreaticoduodenectomy in 3,378 patients: domestic audit of the Japanese Society of Pancreatic Surgery., Satoi S, Yamamoto T, Yoshitomi H, Motoi F, Kawai M, Fujii T, Wada K, Arimitsu H, Sho M, Matsumoto I, Hirano S, Yanagimoto H, Ohtsuka M, Unno M, Yamaue H, Kon M, Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences, 24, 9, 501, 510,   2017年09月, 査読有り
  • Pancreatic Duct Involvement in Well-Differentiated Neuroendocrine Tumors is an Independent Poor Prognostic Factor., Nanno Y, Matsumoto I, Zen Y, Otani K, Uemura J, Toyama H, Asari S, Goto T, Ajiki T, Okano K, Suzuki Y, Takeyama Y, Fukumoto T, Ku Y, Annals of surgical oncology, 24, 4, 1127, 1133,   2017年04月, 査読有り
  • Baseline plasma chromogranin A levels in patients with well-differentiated neuroendocrine tumors of the pancreas: A potential predictor of postoperative recurrence., Nanno Y, Toyama H, Matsumoto I, Otani K, Asari S, Goto T, Ajiki T, Zen Y, Fukumoto T, Ku Y, Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.], 17, 2, 291, 294,   2017年03月, 査読有り
  • Association between the Risk Factors for Pancreatic Ductal Adenocarcinoma and Those for Malignant Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm., Kamata K, Takenaka M, Nakai A, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Matsuda T, Yamao K, Imai H, Chiba Y, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Chikugo T, Matsumoto I, Takeyama Y, Kudo M, Oncology, 93 Suppl 1, 102, 106,   2017年, 査読有り
  • Detection of High-Grade Pancreatic Intraepithelial Neoplasia without Morphological Changes of the Main Pancreatic Duct over a Long Period: Importance for Close Follow-Up for Confirmation., Yamao K, Takenaka M, Nakai A, Omoto S, Kamata K, Minaga K, Miyata T, Imai H, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Matsumoto I, Takeyama Y, Chikugo T, Kudo M, Oncology, 93 Suppl 1, 81, 86,   2017年, 査読有り
  • Primary Hepatic Adenosquamous Carcinoma Associated with Primary Sclerosing Cholangitis., Yamao K, Takenaka M, Imai H, Nakai A, Omoto S, Kamata K, Minaga K, Miyata T, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Matsumoto I, Takeyama Y, Chikugo T, Kudo M, Oncology, 93 Suppl 1, 76, 80,   2017年, 査読有り
  • Effect of Neoadjuvant Nab-Paclitaxel plus Gemcitabine Therapy on Overall Survival in Patients with Borderline Resectable Pancreatic Cancer: A Prospective Multicenter Phase II Trial (NAC-GA Trial)., Okada KI, Shimokawa T, Hirono S, Kawai M, Sho M, Satoi S, Matsumoto I, Eguchi H, Murakami Y, Yamada S, Doi M, Yamaue H, NAC-GA investigators., Oncology, 93, 5, 343, 346,   2017年, 査読有り
  • Hemorrhagic and Thromboembolic Complications after Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery in Patients Receiving Antithrombotic Therapy., Ishida J, Fukumoto T, Kido M, Matsumoto I, Ajiki T, Kawai H, Hirata K, Ku Y, Digestive surgery, 34, 2, 114, 124,   2017年, 査読有り
  • Transpancreatic Mattress Suture with Vicryl Mesh Around the Stump During Distal Pancreatectomy: A Novel Technique for Preventing Postoperative Pancreatic Fistula., Matsumoto I, Takeyama Y, Kamei K, Satoi S, Nakata Y, Ishikawa H, Murase T, Matsumoto M, Nakai T, Journal of the American College of Surgeons, 223, 2, e1, 5,   2016年08月, 査読有り
  • Grade B pancreatic fistulas do not affect survival after pancreatectomy for pancreatic cancer: A multicenter observational study., Kawai M, Murakami Y, Motoi F, Sho M, Satoi S, Matsumoto I, Honda G, Hirono S, Okada K, Unno M, Nakajima Y, Uemura K, Kwon AH, Fukumoto T, Kurata M, Yamaue H, Surgery, 160, 2, 293, 305,   2016年08月, 査読有り
  • Reappraisal of Total Pancreatectomy in 45 Patients With Pancreatic Ductal Adenocarcinoma in the Modern Era Using Matched-Pairs Analysis: Multicenter Study Group of Pancreatobiliary Surgery in Japan., Satoi S, Murakami Y, Motoi F, Sho M, Matsumoto I, Uemura K, Kawai M, Kurata M, Yanagimoto H, Yamamoto T, Mizuma M, Unno M, Kinoshita S, Akahori T, Shinzeki M, Fukumoto T, Hashimoto Y, Hirono S, Yamaue H, Honda G, Kwon M, Pancreas, 45, 7, 1003, 1009,   2016年08月, 査読有り
  • Adjuvant chemotherapy of S-1 versus gemcitabine for resected pancreatic cancer: a phase 3, open-label, randomised, non-inferiority trial (JASPAC 01)., Uesaka K, Boku N, Fukutomi A, Okamura Y, Konishi M, Matsumoto I, Kaneoka Y, Shimizu Y, Nakamori S, Sakamoto H, Morinaga S, Kainuma O, Imai K, Sata N, Hishinuma S, Ojima H, Yamaguchi R, Hirano S, Sudo T, Ohashi Y, JASPAC 01 Study Group., Lancet (London, England), 388, 10041, 248, 257,   2016年07月, 査読有り
  • Second primary pancreatic ductal carcinoma in the remnant pancreas after pancreatectomy for pancreatic ductal carcinoma: High cumulative incidence rates at 5 years after pancreatectomy., Ishida J, Toyama H, Matsumoto I, Asari S, Goto T, Terai S, Nanno Y, Yamashita A, Mizumoto T, Ueda Y, Kido M, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.], 16, 4, 615, 620,   2016年07月, 査読有り
  • Recommendation of treatment strategy for postpancreatectomy hemorrhage: Lessons from a single-center experience in 35 patients., Asari S, Matsumoto I, Toyama H, Yamaguchi M, Okada T, Shinzeki M, Goto T, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.], 16, 3, 454, 463,   2016年05月, 査読有り
  • A Novel Technique for the Intraoperative Identification of Biliary Drainage Areas in the Liver after Hepatobiliary Resection for Perihilar Cholangiocarcinoma., Fukumoto T, Urade T, Kido M, Takebe A, Ajiki T, Toyama H, Matsumoto I, Ku Y, Journal of the American College of Surgeons, 222, 5, e31, 8,   2016年05月, 査読有り
  • Preoperative independent prognostic factors in patients with borderline resectable pancreatic ductal adenocarcinoma following curative resection: the neutrophil-lymphocyte and platelet-lymphocyte ratios., Asari S, Matsumoto I, Toyama H, Shinzeki M, Goto T, Ishida J, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, Surgery today, 46, 5, 583, 592,   2016年05月, 査読有り
  • The Predictive Power of Serum α-Fetoprotein and Des-γ-Carboxy Prothrombin for Survival Varies by Tumor Size in Hepatocellular Carcinoma., Tsugawa D, Fukumoto T, Kido M, Takebe A, Tanaka M, Kuramitsu K, Matsumoto I, Ajiki T, Koyama T, Ku Y, The Kobe journal of medical sciences, 61, 5, E124, 31,   2016年03月, 査読有り
  • Prognosis after surgical treatment for pancreatic cancer in patients aged 80 years or older: a multicenter study., Sho M, Murakami Y, Kawai M, Motoi F, Satoi S, Matsumoto I, Honda G, Uemura K, Yanagimoto H, Kurata M, Akahori T, Kinoshita S, Nagai M, Nishiwada S, Fukumoto T, Unno M, Yamaue H, Nakajima Y, Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences, 23, 3, 188, 197,   2016年03月, 査読有り
  • Anatomical variations of liver blood supply in patients with pancreaticobiliary maljunction., Shinozaki K, Ajiki T, Matsumoto T, Yoshida Y, Murakami S, Okazaki T, Toyama H, Matsumoto I, Fukumoto T, Ku Y, Surgery today, 46, 2, 169, 175,   2016年02月, 査読有り
  • Contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography for differential diagnosis of pancreatic cysts., Kamata K, Kitano M, Omoto S, Kadosaka K, Miyata T, Yamao K, Imai H, Sakamoto H, Harwani Y, Chikugo T, Chiba Y, Matsumoto I, Takeyama Y, Kudo M, Endoscopy, 48, 1, 35, 41,   2016年01月, 査読有り
  • Impact of Preoperative Biliary Drainage on Long-Term Survival in Resected Pancreatic Ductal Adenocarcinoma: A Multicenter Observational Study., Uemura K, Murakami Y, Satoi S, Sho M, Motoi F, Kawai M, Matsumoto I, Honda G, Kurata M, Yanagimoto H, Nishiwada S, Fukumoto T, Unno M, Yamaue H, Annals of surgical oncology, 22 Suppl 3, S1238, 46,   2015年12月, 査読有り
  • Acute graft-versus-host disease following simultaneous pancreas-kidney transplantation: report of a case., Asari S, Matsumoto I, Toyama H, Shinzeki M, Goto T, Tanaka M, Shirakawa S, Yamashita H, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, Surgery today, 45, 12, 1567, 1571,   2015年12月, 査読有り
  • [A Case of Invasive Intraductal Papillary Mucinous Carcinoma, Penetrating the Stomach, Colon, and Jejunum]., Goto T, Toyama H, Asari S, Terai S, Kinoshita H, Matsumoto T, Kuramitsu K, Tanaka M, Takebe A, Kido M, Matsumoto I, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 42, 12, 2391, 2393,   2015年11月, 査読有り
  • Proposed preoperative risk factors for early recurrence in patients with resectable pancreatic ductal adenocarcinoma after surgical resection: A multi-center retrospective study., Matsumoto I, Murakami Y, Shinzeki M, Asari S, Goto T, Tani M, Motoi F, Uemura K, Sho M, Satoi S, Honda G, Yamaue H, Unno M, Akahori T, Kwon AH, Kurata M, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.], 15, 6, 674, 680,   2015年11月, 査読有り
  • [A case of epidermoid cyst in an intrapancreatic accessory spleen showing cyst-in-cyst-like structure mimicking mucinous cystic neoplasm]., Hirata Y, Arisaka Y, Kutsumi H, Sakai A, Takenaka M, Shiomi H, Azuma T, Matsumoto I, Hara S, Yazumi S, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 112, 10, 1858, 1867,   2015年10月, 査読有り
  • [Successful Multimodal Treatment for Aggressive Extrahepatic Metastatic Hepatocellular Carcinoma - A Case Report]., Gon H, Kido M, Fukumoto T, Takebe A, Tanaka M, Kuramitsu K, Kinoshita H, Fukushima K, Urade T, So S, Shinzeki M, Matsumoto I, Ajiki T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 42, 9, 1111, 1114,   2015年09月, 査読有り
  • National Comprehensive Cancer Network Resectability Status for Pancreatic Carcinoma Predicts Overall Survival., Murakami Y, Satoi S, Sho M, Motoi F, Matsumoto I, Kawai M, Honda G, Uemura K, Yanagimoto H, Shinzeki M, Kurata M, Kinoshita S, Yamaue H, Unno M, World journal of surgery, 39, 9, 2306, 2314,   2015年09月, 査読有り
  • Postoperative Serum Albumin Level is a Marker of Incomplete Adjuvant Chemotherapy in Patients with Pancreatic Ductal Adenocarcinoma., Matsumoto I, Tanaka M, Shirakawa S, Shinzeki M, Toyama H, Asari S, Goto T, Yamashita H, Ishida J, Ajiki T, Fukumoto T, Shimokawa M, Ku Y, Annals of surgical oncology, 22, 7, 2408, 2415,   2015年07月, 査読有り
  • Postoperative prognosis of pancreatic cancer with para-aortic lymph node metastasis: a multicenter study on 822 patients., Sho M, Murakami Y, Motoi F, Satoi S, Matsumoto I, Kawai M, Honda G, Uemura K, Yanagimoto H, Kurata M, Fukumoto T, Akahori T, Kinoshita S, Nagai M, Nishiwada S, Unno M, Yamaue H, Nakajima Y, Journal of gastroenterology, 50, 6, 694, 702,   2015年06月, 査読有り
  • Perioperative management for pancreatoduodenectomy following severe acute pancreatitis in patients with periampullary cancer: our experience with six consecutive cases., Asari S, Matsumoto I, Ajiki T, Shinzeki M, Goto T, Fukumoto T, Ku Y, Surgery today, 45, 2, 181, 188,   2015年02月, 査読有り
  • Reappraisal of peritoneal washing cytology in 984 patients with pancreatic ductal adenocarcinoma who underwent margin-negative resection., Satoi S, Murakami Y, Motoi F, Uemura K, Kawai M, Kurata M, Sho M, Matsumoto I, Yanagimoto H, Yamamoto T, Mizuma M, Unno M, Hashimoto Y, Hirono S, Yamaue H, Honda G, Nagai M, Nakajima Y, Shinzeki M, Fukumoto T, Kwon AH, Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract, 19, 1, 6, 14; discussion 14,   2015年01月, 査読有り
  • Preoperative bile replacement improves immune function for jaundiced patients treated with external biliary drainage., Yoshida Y, Ajiki T, Ueno K, Shinozaki K, Murakami S, Okazaki T, Matsumoto T, Matsumoto I, Fukumoto T, Usami M, Ku Y, Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract, 18, 12, 2095, 2104,   2014年12月, 査読有り
  • [Hassab's operation for left-sided portal hypertension after pancreatoduodenectomy]., Goto T, Matsumoto I, Shinzeki M, Toyama H, Asari S, Ueta A, Ishida J, Nanno Y, So S, Kinoshita H, Matsumoto T, Kuramitsu K, Tanaka M, Takebe A, Kido M, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 41, 12, 2214, 2216,   2014年11月, 査読有り
  • [A case of adjuvant surgery for a patient with initially unresectable locally advanced pancreatic cancer (LAPC) with a favorable response to S-1 chemotherapy]., Ueta A, Toyama H, Goto T, Matsumoto I, Shinzeki M, Asari S, Ishida J, Nanno Y, Tsugawa D, Kuramitsu K, Tanaka M, Takebe A, Okazaki T, Kido M, Ajiki T, Fukumoto T, Okuno T, Kokubun M, Ito T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 41, 12, 2178, 2180,   2014年11月, 査読有り
  • [Long-term survival in a patient receiving multidisciplinary therapy for hepatocellular carcinoma with left iliac bone metastasis]., So S, Kido M, Fukumoto T, Takebe A, Tanaka M, Kinoshita H, Kuramitsu K, Tsugawa D, Fukushima K, Urade T, Yoshida T, Asari S, Okazaki T, Shinzeki M, Matsumoto I, Ajiki T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 41, 12, 2107, 2109,   2014年11月, 査読有り
  • [A case of resection of a metastatic liver tumor that recurred after particle beam therapy]., Yoshida T, Takebe A, Fukumoto T, Kido M, Tanaka M, Kuramitsu K, Kinoshita H, Tsugawa D, Fukushima K, Urade T, So S, Ajiki T, Matsumoto I, Shinzeki M, Okazaki T, Asari S, Goto T, Matsumoto T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 41, 12, 2071, 2073,   2014年11月, 査読有り
  • [Long-term survivor of unresectable bile duct cancer complicated with sclerosing cholangitis treated with chemotherapy]., Okazaki T, Ajiki T, Shinozaki K, Yoshida Y, Murakami S, Matsumoto T, Shinzeki M, Matsumoto I, Fukumoto T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 41, 12, 1542, 1544,   2014年11月, 査読有り
  • [Re-resection for recurrent intrahepatic cholangiocarcinoma]., Murakami S, Ajiki T, Okazaki T, Matsumoto T, Yoshida Y, Shinozaki K, Goto T, Asari S, Shinzeki M, Kido M, Matsumoto I, Fukumoto T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 41, 12, 1468, 1470,   2014年11月, 査読有り
  • Factors affecting survival after resection of intrahepatic cholangiocarcinoma., Murakami S, Ajiki T, Okazaki T, Ueno K, Kido M, Matsumoto I, Fukumoto T, Ku Y, Surgery today, 44, 10, 1847, 1854,   2014年10月, 査読有り
  • Short- and long-term results of modified Frey's procedure in patients with chronic pancreatitis: a retrospective Japanese single-center study., Tanaka M, Matsumoto I, Shinzeki M, Asari S, Goto T, Yamashita H, Ishida J, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, The Kobe journal of medical sciences, 60, 2, E30, 6,   2014年08月, 査読有り
  • Curative resection of hilar cholangiocarcinoma in a 25-year-old woman: report of a case., Murakami S, Ajiki T, Ueno K, Sawa H, Tsuchida S, Otsubo I, Yoshida Y, Shinozaki K, Okazaki T, Matsumoto I, Fukumoto T, Ku Y, Surgery today, 44, 7, 1350, 1354,   2014年07月, 査読有り
  • A prospective randomized comparison between pylorus- and subtotal stomach-preserving pancreatoduodenectomy on postoperative delayed gastric emptying occurrence and long-term nutritional status., Matsumoto I, Shinzeki M, Asari S, Goto T, Shirakawa S, Ajiki T, Fukumoto T, Suzuki Y, Ku Y, Journal of surgical oncology, 109, 7, 690, 696,   2014年06月, 査読有り
  • Two-layer challenge test as an assessment to predict islet graft function., Goto T, Fujino Y, Kanashiro M, Tanioka Y, Sakai T, Yoshikawa T, Matsumoto I, Suzuki Y, Ku Y, Kuroda Y, Hepato-gastroenterology, 61, 130, 502, 506,   2014年03月, 査読有り
  • Long-term outcomes and prognostic factors with reductive hepatectomy and sequential percutaneous isolated hepatic perfusion for multiple bilobar hepatocellular carcinoma., Fukumoto T, Tominaga M, Kido M, Takebe A, Tanaka M, Kuramitsu K, Matsumoto I, Ajiki T, Ku Y, Annals of surgical oncology, 21, 3, 971, 978,   2014年03月, 査読有り
  • Contrast-enhanced intraoperative ultrasonic cholangiography for real-time biliary navigation in hepatobiliary surgery., Urade T, Fukumoto T, Tanaka M, Kido M, Takebe A, Kuramitsu K, Chuma M, Matsumoto I, Ajiki T, Ku Y, Journal of the American College of Surgeons, 218, 2, e43, 50,   2014年02月, 査読有り
  • Influence of preoperative anti-cancer therapy on resectability and perioperative outcomes in patients with pancreatic cancer: project study by the Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery., Motoi F, Unno M, Takahashi H, Okada T, Wada K, Sho M, Nagano H, Matsumoto I, Satoi S, Murakami Y, Kishiwada M, Honda G, Kinoshita H, Baba H, Hishinuma S, Kitago M, Tajima H, Shinchi H, Takamori H, Kosuge T, Yamaue H, Takada T, Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences, 21, 2, 148, 158,   2014年02月, 査読有り
  • Three-dimensional computed tomographic cholangiography as a novel diagnostic tool for evaluation of bile duct invasion of perihilar cholangiocarcinoma., Ajiki T, Fukumoto T, Ueno K, Okazaki T, Matsumoto I, Ku Y, Hepato-gastroenterology, 60, 128, 1833, 1838,   2013年11月, 査読有り
  • [A case of metachronous pancreatic cancer that developed 4 years after initial pancreatectomy]., Ishida J, Matsumoto I, Shinzeki M, Asari S, Goto T, Tanaka M, Yamashita H, Kido M, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 40, 12, 1893, 1896,   2013年11月, 査読有り
  • [The role of preoperative percutaneous isolated hepatic perfusion and hepatectomy in multidisciplinary treatment]., Yoshida T, Kido M, Fukumoto T, Komatsu S, Takahashi M, Takebe A, Tanaka M, Kuramitsu K, Kinoshita H, Ajiki T, Matsumoto I, Shinzeki M, Okazaki T, Asari S, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 40, 12, 1822, 1824,   2013年11月, 査読有り
  • [A case of initially unresectable gallbladder cancer with surgical resection after chemotherapy with gemcitabine]., Murakami S, Ajiki T, Shinozaki K, Yoshida Y, Ohtsubo I, Okazaki T, Goto T, Asari S, Shinzeki M, Kido M, Matsumoto I, Fukumoto T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 40, 12, 1744, 1746,   2013年11月, 査読有り
  • [A case involving long-term survival following bile duct cancer with para-aortic lymph node metastasis that was treated by multidisciplinary therapy]., Yamada I, Shinozaki K, Ajiki T, Okazaki T, Yoshida Y, Murakami S, Otsubo I, Shirakawa S, Tanaka M, Mukubo H, Goto N, Asari S, Shinzeki M, Kido M, Matsumoto I, Fukumoto T, Murakami M, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 40, 12, 1741, 1743,   2013年11月, 査読有り
  • [Analysis of the safety and efficacy of percutaneous isolated hepatic perfusion after particle therapy for advanced hepatocellular carcinoma]., Tanaka M, Fukumoto T, Kido M, Takebe A, Kuramitsu K, Kinoshita H, Komatsu S, Fukushima K, Urade T, So S, Shinzeki M, Matsumoto I, Ajiki T, Terashima K, Fujii O, Demizu Y, Fuwa N, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 40, 12, 1681, 1683,   2013年11月, 査読有り
  • MUC2 expression and prevalence of high-grade dysplasia and invasive carcinoma in mixed-type intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas., Masuda A, Arisaka Y, Hara S, Matsumoto I, Takenaka M, Sakai A, Shiomi H, Matsuki N, Sugimoto M, Fujita T, Hayakumo T, Ku Y, Ogino S, Azuma T, Kutsumi H, Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.], 13, 6, 583, 588,   2013年11月, 査読有り
  • Gallbladder bed pocket score as a preoperative measure for assessing the difficulty of laparoscopic cholecystectomy., Shinozaki K, Ajiki T, Okazaki T, Ueno K, Matsumoto T, Ohtsubo I, Murakami S, Yoshida Y, Matsumoto I, Fukumoto T, Sugimoto T, Ohno M, Ku Y, Asian journal of endoscopic surgery, 6, 4, 285, 291,   2013年11月, 査読有り
  • Respiratory-gated ¹⁸F-FDG PET/CT for the diagnosis of liver metastasis., Suenaga Y, Kitajima K, Aoki H, Okunaga T, Kono A, Matsumoto I, Fukumoto T, Tanaka K, Sugimura K, European journal of radiology, 82, 10, 1696, 1701,   2013年10月, 査読有り
  • 18-Fluorodeoxyglucose positron emission tomography does not aid in diagnosis of pancreatic ductal adenocarcinoma., Matsumoto I, Shirakawa S, Shinzeki M, Asari S, Goto T, Ajiki T, Fukumoto T, Kitajima K, Ku Y, Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association, 11, 6, 712, 718,   2013年06月, 査読有り
  • Lymphadenectomy combined with locoregional treatment for multiple advanced hepatocellular carcinoma with lymph node metastases., Awazu M, Fukumoto T, Takebe A, Ajiki T, Matsumoto I, Kido M, Tanaka M, Kuramitsu K, Ku Y, The Kobe journal of medical sciences, 59, 1, E17, 27,   2013年04月, 査読有り
  • An extremely rare portal annular pancreas for pancreaticoduodenectomy with a special note on the pancreatic duct management in the dorsal pancreas., Matsumoto I, Shinzeki M, Fukumoto T, Ku Y, Surgery, 153, 3, 434, 436,   2013年03月, 査読有り
  • [A case of groove pancreatitis associated with duodenal ulcer]., Iemoto T, Shiomi H, Masuda A, Sanuki T, Kutsumi H, Hayakumo T, Shinzeki M, Matsumoto I, Ku Y, Kanzawa M, Hara S, Azuma T, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 110, 1, 88, 94,   2013年01月, 査読有り
  • A case of lymphoepithelial cyst of pancreas with unique "cheerios-like" appearance in EUS., Gao W, Masuda A, Matsumoto I, Shinzeki M, Shiomi H, Takenaka M, Matsuki N, Funatsu E, Fujita T, Arisaka Y, Hayakumo T, Hara S, Ku Y, Azuma T, Kutsumi H, Clinical journal of gastroenterology, 5, 6, 388, 392,   2012年12月, 査読有り
  • Pancreatic volumetric assessment as a predictor of new-onset diabetes following distal pancreatectomy., Shirakawa S, Matsumoto I, Toyama H, Shinzeki M, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract, 16, 12, 2212, 2219,   2012年12月, 査読有り
  • [A case of interstitial lung disease associated with gemcitabine treatment in a patient with locally advanced pancreatic cancer following proton beam radiotherapy]., Tanaka M, Matsumoto I, Shinzeki M, Toyama H, Asari S, Goto T, Shirakawa S, Yamashita H, Sawa H, Ueno K, Takahashi M, Tsuchida S, Kido M, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 39, 12, 2158, 2160,   2012年11月, 査読有り
  • [Long-term survival in 2 cases with unresectable hilar bile duct cancer and sclerosing cholangitis]., Ohtsubo I, Ajiki T, Okazaki T, Shinozaki K, Yoshida Y, Murakami S, Shinzeki M, Kido M, Matsumoto I, Fukumoto T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 39, 12, 2122, 2124,   2012年11月, 査読有り
  • [A case of postoperative liver metastasis from pancreatic carcinoma treated with percutaneous isolated hepatic perfusion(PIHP)]., Toyama H, Matsumoto I, Shinzeki M, Shirakawa S, Tanaka M, Yamashita H, Ajiki T, Ueno K, Sawa H, Otsubo I, Murakami S, Kido M, Fukumoto T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 39, 12, 1886, 1888,   2012年11月, 査読有り
  • [Three cases of recurrent bile duct cancer diagnosed and treated by double-balloon endoscopy]., Shinozaki K, Ajiki T, Okazaki T, Yoshida Y, Murakami S, Ohtsubo I, Shirakawa S, Tanaka M, Sawa H, Goto T, Asari S, Ueno K, Toyama H, Shinzeki M, Kido M, Matsumoto I, Fukumoto T, Hayakumo T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 39, 12, 1877, 1879,   2012年11月, 査読有り
  • [A case of bilobar multiple hepatocellular carcinoma in which complete remission was achieved by preoperative percutaneous isolated hepatic perfusion and subsequent hepatectomy]., Urade T, Tanaka M, Fukumoto T, Kido M, Tsuchida S, Takahashi M, Takebe A, Kuramitsu K, Awazu M, Chuma M, Fukushima K, So S, Tai K, Fujimoto M, Toyama H, Shinzeki M, Matsumoto I, Ajiki T, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 39, 12, 1825, 1827,   2012年11月, 査読有り
  • Feasibility of (18)F-fluorodeoxyglucose positron-emission tomography for preoperative evaluation of biliary tract cancer., Yamada I, Ajiki T, Ueno K, Sawa H, Otsubo I, Yoshida Y, Shinzeki M, Toyama H, Matsumoto I, Fukumoto T, Nakao A, Kotani J, Ku Y, Anticancer research, 32, 11, 5105, 5110,   2012年11月, 査読有り
  • Duodenal protrusion by carcinosarcoma of the extrahepatic bile duct., Tanaka M, Ajiki T, Matsumoto I, Asari S, Fukumoto T, Masuda A, Shiomi H, Hayakumo T, Ku Y, Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society, 24, 6, 484,   2012年11月, 査読有り
  • Role of intraoperative cholangiography in patients whose biliary tree was evaluated preoperatively by magnetic resonance cholangiopancreatography., Ueno K, Ajiki T, Sawa H, Matsumoto I, Fukumoto T, Ku Y, World journal of surgery, 36, 11, 2661, 2665,   2012年11月, 査読有り
  • Multiple solid pancreatic hamartomas: A case report and review of the literature., Kawakami F, Shimizu M, Yamaguchi H, Hara S, Matsumoto I, Ku Y, Itoh T, World journal of gastrointestinal oncology, 4, 9, 202, 206,   2012年09月, 査読有り
  • Repeating regional acute pancreatitis in the head of the pancreas caused by intraductal papillary mucinous neoplasms in the tail: report of a case., Asari S, Matsumoto I, Toyama H, Shinzeki M, Goto T, Shirakawa S, Yamada I, Ajiki T, Fukumoto T, Ito T, Ku Y, Surgery today, 42, 4, 398, 402,   2012年04月, 査読有り
  • A focal mass-forming autoimmune pancreatitis mimicking pancreatic cancer with obstruction of the main pancreatic duct., Matsumoto I, Shinzeki M, Toyama H, Asari S, Goto T, Yamada I, Ajiki T, Fukumoto T, Ku Y, Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract, 15, 12, 2296, 2298,   2011年12月, 査読有り
  • [A case report of multiple advanced hepatocellular carcinomas treated by combination therapy with hepatectomy and particle therapy]., Urade T, Kido M, Fukumoto T, Hori Y, Kusunoki N, Tsuchida S, Takahashi M, Tanaka M, Kuramitsu K, Tsugawa D, Gon H, Chuma M, Fukushima K, Matsumoto I, Ajiki T, Terashima K, Demizu Y, Murakami M, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 38, 12, 2065, 2067,   2011年11月, 査読有り
  • [A case report of intrahepatic cholangiocarcinoma diagnosed as lung cancer with liver metastasis treated with radiofrequency ablation]., Fukushima K, Kido M, Fukumoto T, Hori Y, Kusunoki N, Tsuchida S, Takahashi M, Tanaka M, Kuramitsu K, Tsugawa D, Gon H, Chuma M, Urade T, Matsumoto I, Ajiki T, Ku Y, Kanzawa M, Ito T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 38, 12, 2030, 2032,   2011年11月, 査読有り
  • Percutaneous selective embolectomy using a Fogarty Thru-Lumen Catheter for pancreas graft thrombosis: a case report., Izaki K, Yamaguchi M, Matsumoto I, Shinzeki M, Ku Y, Sugimura K, Sugimoto K, Cardiovascular and interventional radiology, 34, 3, 650, 653,   2011年06月, 査読有り
  • [Two cases of localized autoimmune pancreatitis that relapsed after surgical treatment]., Inoue J, Masuda A, Saito M, Onoyama M, Shiomi H, Toyama H, Shinzeki R, Matsumoto I, Hayashi Y, Makino T, Tada H, Kutsumi H, Ku Y, Azuma T, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 108, 4, 640, 649,   2011年04月, 査読有り
  • [Particle beam radiotherapy with a surgical spacer placement for unresectable sacral chordoma]., Takahashi M, Fukumoto T, Kusunoki N, Tsuchida S, Kido M, Takebe A, Awazu M, Kataoka Y, Matsumoto I, Miki T, Hori Y, Suzuki S, Kuroda D, Murakami M, Hishikawa Y, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 37, 12, 2804, 2806,   2010年11月, 査読有り
  • [A long-term survival case of postoperative lymph node metastases from hepatocellular carcinoma treated with lymph node dissection and percutaneous isolated hepatic perfusion (PIHP)]., Tsugawa D, Fukumoto T, Kusunoki N, Tsuchida S, Sendo H, Kido M, Takahashi M, Takebe A, Awazu M, Kataoka Y, Matsumoto I, Ajiki T, Hori Y, Suzuki S, Kuroda D, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 37, 12, 2312, 2314,   2010年11月, 査読有り
  • [A case of Vp4 portal vein tumor thrombosis--a complete remission achieved with dual treatment of surgery plus percutaneous isolated hepatic perfusion]., Chuma M, Fukumoto T, Kusunoki N, Tsuchida S, Kido M, Takahashi M, Tsugawa D, Awazu M, Kataoka Y, Matsumoto I, Hori Y, Kuroda D, Ku Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 37, 12, 2300, 2302,   2010年11月, 査読有り
  • [Mucinous cystic neoplasm of the pancreas associated with pregnancy: report of two cases]., Shirakawa S, Matsumoto I, Nakayama S, Mukubo H, Toyama H, Shinzeki M, Fukumoto T, Ajiki T, Ku Y, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 107, 11, 1828, 1834,   2010年11月, 査読有り
  • Predictors of malignant intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas., Mimura T, Masuda A, Matsumoto I, Shiomi H, Yoshida S, Sugimoto M, Sanuki T, Yoshida M, Fujita T, Kutsumi H, Ku Y, Azuma T, Journal of clinical gastroenterology, 44, 9, e224, 9,   2010年10月, 査読有り
  • Effect of oxygenated perfluorocarbon on isolated islets during transportation., Terai S, Tsujimura T, Li S, Hori Y, Toyama H, Shinzeki M, Matsumoto I, Kuroda Y, Ku Y, The Journal of surgical research, 162, 2, 284, 289,   2010年08月, 査読有り
  • Mucinous cystic neoplasm of the pancreas presenting with hemosuccus pancreaticus: report of a case., Shinzeki M, Hori Y, Fujino Y, Matsumoto I, Toyama H, Tsujimura T, Sakai T, Ajiki T, Kuroda Y, Ku Y, Surgery today, 40, 5, 470, 473,   2010年05月, 査読有り
  • Clinical reappraisal of total pancreatectomy for pancreatic disease., Fujino Y, Matsumoto I, Ajiki T, Kuroda Y, Hepato-gastroenterology, 56, 94-95, 1525, 1528,   2009年09月, 査読有り
  • Effect of short-term culture on functional and stress-related parameters in isolated human islets., Ihm SH, Matsumoto I, Zhang HJ, Ansite JD, Hering BJ, Transplant international : official journal of the European Society for Organ Transplantation, 22, 2, 207, 216,   2009年02月, 査読有り
  • Impact of internal biliary drainage after pancreaticoduodenectomy., Fujino Y, Matsumoto I, Shinzeki M, Ajiki T, Kuroda Y, Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery, 16, 2, 160, 164,   2009年, 査読有り
  • Diagnostic and prognostic value of peritoneal cytology in biliary tract cancer., Ajki T, Fujita T, Matsumoto I, Yasuda T, Fujino Y, Ueda T, Suzuki Y, Kuroda Y, Ku Y, Hepato-gastroenterology, 55, 84, 842, 845,   2008年05月, 査読有り
  • Histological features of lymph node metastasis in patients with biliary tract cancer., Morimoto H, Ajiki T, Ueda T, Sawa H, Fujita T, Matsumoto I, Yasuda T, Fujino Y, Kuroda Y, Ku Y, Journal of surgical oncology, 97, 5, 423, 427,   2008年04月, 査読有り
  • Cronkhite-Canada syndrome presenting as recurrent severe acute pancreatitis., Yasuda T, Ueda T, Matsumoto I, Shirasaka D, Nakajima T, Sawa H, Shinzeki M, Kim Y, Fujino Y, Kuroda Y, Gastrointestinal endoscopy, 67, 3, 570, 572,   2008年03月, 査読有り
  • Resection of gallbladder cancer with hepatic metastasis after chemotherapy with gemcitabine., Morimoto H, Ajiki T, Takase S, Fujita T, Matsumoto T, Mita Y, Matsumoto I, Fujino Y, Suzuki Y, Kuroda Y, Ku Y, Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery, 15, 6, 655, 658,   2008年, 査読有り
  • Usefulness of performing a pancreaticojejunostomy with an internal stent after a pancreatoduodenectomy., Kamoda Y, Fujino Y, Matsumoto I, Shinzeki M, Sakai T, Kuroda Y, Surgery today, 38, 6, 524, 528,   2008年, 査読有り
  • Prediction of early death in severe acute pancreatitis., Shinzeki M, Ueda T, Takeyama Y, Yasuda T, Matsumura N, Sawa H, Nakajima T, Matsumoto I, Fujita T, Ajiki T, Fujino Y, Kuroda Y, Journal of gastroenterology, 43, 2, 152, 158,   2008年, 査読有り
  • Lactate dehydrogenase-to-lymphocyte ratio for the prediction of infection in acute necrotizing pancreatitis., Ueda T, Takeyama Y, Yasuda T, Shinzeki M, Sawa H, Nakajima T, Matsumoto I, Ajiki T, Fujino Y, Kuroda Y, Pancreas, 35, 4, 378, 380,   2007年11月, 査読有り
  • Serum immunosuppressive acidic protein levels in patients with severe acute pancreatitis., Shinzeki M, Ueda T, Takeyama Y, Yasuda T, Sawa H, Nakajima T, Matsumoto I, Fujita T, Ajiki T, Fujino Y, Kuroda Y, Pancreas, 35, 4, 327, 333,   2007年11月, 査読有り
  • Serum interleukin-15 level is a useful predictor of the complications and mortality in severe acute pancreatitis., Ueda T, Takeyama Y, Yasuda T, Shinzeki M, Sawa H, Nakajima T, Takase K, Matsumoto I, Fujita T, Ajiki T, Fujino Y, Kuroda Y, Surgery, 142, 3, 319, 326,   2007年09月, 査読有り
  • Proposed new score predicting malignancy of intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas., Fujino Y, Matsumoto I, Ueda T, Toyama H, Kuroda Y, American journal of surgery, 194, 3, 304, 307,   2007年09月, 査読有り
  • Treatment strategy against infection: clinical outcome of continuous regional arterial infusion, enteral nutrition, and surgery in severe acute pancreatitis., Yasuda T, Ueda T, Takeyama Y, Shinzeki M, Sawa H, Nakajima T, Matsumoto I, Fujita T, Sakai T, Ajiki T, Fujino Y, Kuroda Y, Journal of gastroenterology, 42, 8, 681, 689,   2007年08月, 査読有り
  • Impact of gemcitabine on the survival of patients with stage IV pancreatic cancer., Fujino Y, Ueda T, Kamigaki T, Takase S, Ajiki T, Kamoda Y, Matsumoto I, Yasuda T, Kuroda Y, Pancreas, 34, 3, 335, 339,   2007年04月, 査読有り
  • Application of the two-layer method on pancreas digestion results in improved islet yield and maintained viability of isolated islets., Goto T, Tanioka Y, Sakai T, Terai S, Kamoda Y, Li S, Tanaka T, Tsujimura T, Matsumoto I, Fujino Y, Suzuki Y, Kuroda Y, Transplantation, 83, 6, 754, 758,   2007年03月, 査読有り
  • Treatment outcome of selective digestive decontamination and enteral nutrition in patients with severe acute pancreatitis., Sawa H, Ueda T, Takeyama Y, Yasuda T, Shinzeki M, Matsumura N, Nakajima T, Matsumoto I, Fujita T, Ajiki T, Fujino Y, Kuroda Y, Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery, 14, 5, 503, 508,   2007年, 査読有り
  • Long-term assessments after pancreaticoduodenectomy with pancreatic duct invagination anastomosis., Fujino Y, Suzuki Y, Matsumoto I, Sakai T, Ajiki T, Ueda T, Kuroda Y, Surgery today, 37, 10, 860, 866,   2007年, 査読有り
  • Improved quantity and in vivo function of islets isolated by reduced pressure-controlled injection of collagenase in a rat model., Li S, Sakai T, Suzuki Y, Goto T, Tanaka T, Yoshikawa T, Kakinoki K, Tanioka Y, Matsumoto I, Fujino Y, Kuroda Y, Cell transplantation, 16, 5, 539, 545,   2007年, 査読有り
  • Pancreaticobronchial fistula associated with chronic pancreatitis: report of a case., Yasuda T, Ueda T, Fujino Y, Matsumoto I, Nakajima T, Sawa H, Fujita T, Ajiki T, Suzuki Y, Kuroda Y, Surgery today, 37, 4, 338, 341,   2007年, 査読有り
  • [A case of successful treatment with transcatheter arterial embolization for a ruptured aneurysm of the gastroduodenal artery presenting with a hemosuccus pancreaticus]., Matsumoto I, Ueda T, Ajiki T, Yasuda T, Fujita T, Fujino Y, Suzuki Y, Kuroda Y, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 103, 12, 1397, 1402,   2006年12月, 査読有り
  • Outcomes of surgery for intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas., Fujino Y, Suzuki Y, Yoshikawa T, Ajiki T, Ueda T, Matsumoto I, Kuroda Y, World journal of surgery, 30, 10, 1909, 14; discussion 1915,   2006年10月, 査読有り
  • Effect of donor age on function of isolated human islets., Ihm SH, Matsumoto I, Sawada T, Nakano M, Zhang HJ, Ansite JD, Sutherland DE, Hering BJ, Diabetes, 55, 5, 1361, 1368,   2006年05月, 査読有り
  • Intrahepatic segmental primary sclerosing cholangitis: report of a case., Matsumoto T, Ajiki T, Matsumoto I, Tominaga M, Hori H, Mita Y, Fujita T, Fujino Y, Suzuki Y, Ku Y, Kuroda Y, Surgery today, 36, 7, 638, 641,   2006年, 査読有り
  • Possibility of islet transplantation from a nonheartbeating donor pancreas resuscitated by the two-layer method., Tanaka T, Suzuki Y, Tanioka Y, Sakai T, Kakinoki K, Goto T, Li S, Yoshikawa T, Matsumoto I, Fujino Y, Kuroda Y, Transplantation, 80, 6, 738, 742,   2005年09月, 査読有り
  • Detailed analysis of mucosal restoration of the small intestine after the cavitary two-layer cold storage method., Yoshikawa T, Suzuki Y, Fujino Y, Kakinoki K, Li S, Goto T, Tanaka T, Matsumoto I, Sakai T, Tanioka Y, Yokozaki H, Kuroda Y, American journal of transplantation : official journal of the American Society of Transplantation and the American Society of Transplant Surgeons, 5, 9, 2135, 2142,   2005年09月, 査読有り
  • Single-donor, marginal-dose islet transplantation in patients with type 1 diabetes., Hering BJ, Kandaswamy R, Ansite JD, Eckman PM, Nakano M, Sawada T, Matsumoto I, Ihm SH, Zhang HJ, Parkey J, Hunter DW, Sutherland DE, JAMA, 293, 7, 830, 835,   2005年02月, 査読有り
  • Intracellular stress signaling pathways activated during human islet preparation and following acute cytokine exposure., Abdelli S, Ansite J, Roduit R, Borsello T, Matsumoto I, Sawada T, Allaman-Pillet N, Henry H, Beckmann JS, Hering BJ, Bonny C, Diabetes, 53, 11, 2815, 2823,   2004年11月, 査読有り
  • Improvement in islet yield from obese donors for human islet transplants., Matsumoto I, Sawada T, Nakano M, Sakai T, Liu B, Ansite JD, Zhang HJ, Kandaswamy R, Sutherland DE, Hering BJ, Transplantation, 78, 6, 880, 885,   2004年09月, 査読有り
  • Caspase-3 inhibitor prevents apoptosis of human islets immediately after isolation and improves islet graft function., Nakano M, Matsumoto I, Sawada T, Ansite J, Oberbroeckling J, Zhang HJ, Kirchhof N, Shearer J, Sutherland DE, Hering BJ, Pancreas, 29, 2, 104, 109,   2004年08月, 査読有り
  • Transplantation of cultured islets from two-layer preserved pancreases in type 1 diabetes with anti-CD3 antibody., Hering BJ, Kandaswamy R, Harmon JV, Ansite JD, Clemmings SM, Sakai T, Paraskevas S, Eckman PM, Sageshima J, Nakano M, Sawada T, Matsumoto I, Zhang HJ, Sutherland DE, Bluestone JA, American journal of transplantation : official journal of the American Society of Transplantation and the American Society of Transplant Surgeons, 4, 3, 390, 401,   2004年03月, 査読有り
  • Improved islet yield and function with ductal injection of University of Wisconsin solution before pancreas preservation., Sawada T, Matsumoto I, Nakano M, Kirchhof N, Sutherland DE, Hering BJ, Transplantation, 75, 12, 1965, 1969,   2003年06月, 査読有り
  • [A case of advanced gastric adenocarcinoma with mild elevation of serum SCC that responded remarkably to adjuvant chemotherapy of ADM, CDDP, ETP and 5-FU (ACVF)]., Niki T, Matsumoto I, Nishisaki H, Inoue H, Hamano K, Maeda T, Okutani T, Hirohata S, Nakashima T, Yasutake K, Kawaguchi K, Sashikata T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 30, 1, 117, 120,   2003年01月, 査読有り
  • Impact of two-layer pancreas preservation on islet isolation and transplantation., Hering BJ, Matsumoto I, Sawada T, Nakano M, Sakai T, Kandaswamy R, Sutherland DE, Transplantation, 74, 12, 1813, 1816,   2002年12月, 査読有り
  • Ultrastructural analyses of pancreatic grafts preserved by the two-layer cold-storage method and by simple cold storage in University of Wisconsin solution., Iwanaga Y, Suzuki Y, Okada Y, Mori H, Matsumoto I, Mitsutsuji M, Tanioka Y, Fujino Y, Tominaga M, Ku Y, Kuroda Y, Transplant international : official journal of the European Society for Organ Transplantation, 15, 8, 425, 430,   2002年09月, 査読有り

MISC

  • S-1単独療法が奏効し組織学的完全奏効が得られた切除不能膵癌の1例, 亀井 敬子, 松本 逸平, 幕谷 悠介, 川口 晃平, 松本 正孝, 村瀬 貴昭, 里井 俊平, 中居 卓也, 鎌田 研, 今井 元, 筑後 孝章, 竹山 宜典, 癌と化学療法, 44, 12, 1191, 1193,   2017年11月
    概要:症例は67歳、女性。上腸間膜動静脈浸潤および遠隔リンパ節転移を伴う膵頭部癌に対し、S-1による化学療法を施行した。2コース終了後に腫瘍マーカーの正常化、主病変の著明な縮小を認めた。化学療法を継続したが、増悪所見を認めず治療開始から8ヵ月後に亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した。切除後の病理診断では、主腫瘍は著明な線維性変化と軽度異型細胞をわずかに認めるのみでリンパ節転移も認めず、組織学的完全奏効と診断した。術後10ヵ月現在、無再発生存中である。(著者抄録)
  • 【膵・胆道癌の早期診断を目指せ!】 実質内発生の小膵癌 IPMNに併存した小膵癌の解析, 山雄 健太郎, 竹中 完, 中井 敦史, 大本 俊介, 鎌田 研, 三長 孝輔, 宮田 剛, 今井 元, 松本 逸平, 竹山 宜典, 筑後 孝章, 工藤 正俊, 肝・胆・膵, 75, 3, 611, 619,   2017年09月
  • 手術により救命しえた全身状態不良に陥った難治性膵性腹水の3例, 亀井 敬子, 松本 逸平, 川口 晃平, 松本 正孝, 村瀬 貴昭, 里井 俊平, 中居 卓也, 竹山 宜典, 日本消化器外科学会雑誌, 50, 9, 713, 720,   2017年09月
    概要:保存的治療が奏効せず,全身状態不良となった難治性膵性腹水3症例に対し手術を行い,症状改善し,救命しえた.手術時期,適応,術式選択につき検討したので報告する.症例1は58歳の男性で,アルコール性慢性膵炎フォロー中の患者で,CTにて膵管破綻部は不明であったが膵頭部膵石,尾側主膵管拡張を認め,Frey手術を施行した.症例2は50歳の男性で,アルコール性急性膵炎フォロー中のCTにて門脈直上の膵頸部に主膵管から膵前面に連続する膵管破綻部を認め,Bracey手術を施行した.症例3は71歳の男性で,アルコール性急性膵炎患者の膵管造影で,膵頭部嚢胞を介し造影剤の腹腔内への漏出を認めた.亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した.全例で術前炎症反応上昇,低アルブミン血症,貧血を認めた.2例で術後呼吸器合併症,膵液瘻を認めた.保存的治療に抵抗性の膵性腹水は全身状態の悪化を招くため,時期を逸さず積極的な外科治療を考慮すべきである.手術に際し,個々の病態に応じた術式選択が極めて重要である.(著者抄録)
  • 【膵癌治療の最前線-諸問題の解決にむけた取り組み-】 高齢者膵癌に対する手術適応についての多施設共同研究, 庄 雅之, 長井 美奈子, 村上 義昭, 川井 学, 元井 冬彦, 里井 壮平, 松本 逸平, 本田 五郎, 赤堀 宇広, 中川 顕一, 中村 広太, 海野 倫明, 山上 裕機, 胆と膵, 38, 8, 781, 788,   2017年08月
    概要:80歳以上の超高齢者膵癌に対する適切な治療方針はいまだ確立しておらず、とくに過大侵襲となり得る膵切除そのものの意義を明らかにすることは重要な課題である。今回、膵癌に対して膵切除を施行した1,401例を対象に、80歳以上の高齢者膵癌に対する手術適応の妥当性を、80歳未満を対照群として評価する多施設共同研究を行った。その結果、術後合併症発生率や死亡率は高齢者群と対照群に差を認めなかったが、高齢者群の予後は有意に不良であった。とくに切除可能境界膵癌患者では、長期生存はほとんどみられなかった。さらに、高齢者群における予後因子解析では、術後補助化学療法の完遂が、もっとも肝要であることが明らかとなった。また、術前アルブミン低値が補助化学療法非完遂のリスク因子であった。したがって、超高齢者膵癌に対する切除応は慎重であるべきで、長期予後には術後補助療法を完遂すること、そのための術前栄養評価が重要であると思われる。(著者抄録)
  • 膵癌集学的治療の進歩と今後の展望, 松本 逸平, 上野 秀樹, 福冨 晃, 藤井 努, 元井 冬彦, 日本消化器病学会雑誌, 114, 4, 644, 666,   2017年04月
  • 尾側膵切除後の膵内分泌機能の評価, 松本 逸平, 亀井 敬子, 松本 正孝, 村瀬 貴昭, 中多 靖幸, 里井 俊平, 石川 原, 廣峰 義久, 庭野 史丸, 川畑 由美子, 中居 卓也, 池上 博司, 竹山 宜典, 胆膵の病態生理, 32, 1, 39, 42,   2016年06月
    概要:【目的】尾側膵切除術(DP)後糖尿病は重要な合併症である。多くの後ろ向き研究でその発生率は5-38%と報告されているが、詳細な前向き研究はほとんど行われていない。今回、DPの術前後の膵内分泌機能を前向きに検討した。【対象と方法】2015年1月から5月まで当科で施行した非糖尿病合併DP9症例(年齢中央値64歳、男女比2:7)を対象とした。疾患は浸潤性膵管癌4例、その他5例であった。インスリン分泌能の指標としてグルカゴン負荷試験に加え75g OGTTより算出されるInsulinogenic index、Homeostatic model assessment beta cell function(HOMA-β)を、インスリン抵抗性はHomeostatic model assessment insulin resistance(HOMA-R)を算出し、術前後での比較を行った。【結果】術後の空腹時血糖値は術前に比較して全例で上昇した(術前92±12mg/dl、術後106±19mg/dl、P=0.002)。術前の75g OGTTでは正常型7例、糖尿病型1例と診断されたが、正常型の5例(71%)が術後境界型となった。Insulinogenic indexは術前後で差を認めなかったが(術前0.7±0.4、術後0.8±0.7、P=0.306)、HOMA-βは、有意差は認めないものの低下する傾向を認めた(術前106±96%、術後46±26%、P=0.080)。さらにグルカゴン負荷試験におけるΔCPRは術後有意に低下した(術前2.6±1.6ng/ml、術後1.8±1.0ng/ml、P=0.031)。HOMA-Rは術後低下傾向を認めたが、有意差は認めなかった(術前1.5±1.1、術後1.0±0.4、P=0.196)。(著者抄録)
  • 【診療ガイドライン改訂後の膵炎診療】 急性膵炎 急性膵炎診療における地域連携モデルの構築, 大本 俊介, 北野 雅之, 工藤 正俊, 松本 逸平, 竹山 宜典, 肝・胆・膵, 72, 6, 1003, 1007,   2016年06月
  • 超音波内視鏡下穿刺吸引法が術前診断,術式選択に有用であった腹腔鏡下尾側膵切除術を施行した膵solid-pseudopapillary neoplasmの1例, 亀井 敬子, 松本 逸平, 村瀬 貴昭, 石川 原, 中居 卓也, 竹山 宜典, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, 3, 307, 313,   2016年05月
    概要:膵solid-pseudopapillary neoplasm(SPN)は低悪性度腫瘍で,多くが若年女性に発症し腹腔鏡下尾側膵切除術(LDP)の良い適応である.今回非典型的な画像所見を呈したSPNに対し,超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)で術前診断し,LDPを施行しえた症例を経験したので報告する.患者は37歳,女性.腹部造影CTにて膵体部に遅延相で造影される35mm大の充実性腫瘤を認めた.内部に嚢胞成分は認めなかった.画像所見のみでは開腹下でのリンパ節郭清を伴う膵切除を要する膵内分泌腫瘍,膵腺房細胞癌などとの鑑別は困難であり,EUS-FNAを施行した.EUS-FNAでは類円形の小型核を有する細胞が散見され,血管を軸にした乳頭状配列を示す小細胞塊が認められ,免疫組織染色でβ-cateninが核,細胞質に陽性でSPNと術前診断した.EUS-FNAは術式選択にきわめて有用であった.(著者抄録)
  • 胃・結腸・小腸浸潤を伴った浸潤性膵管内乳頭粘液性腺癌(IPMC)に対する1手術例, 後藤 直大, 外山 博近, 浅利 貞毅, 寺井 祥雄, 木下 秘我, 松本 拓, 蔵満 薫, 田中 基文, 武部 敦志, 木戸 正浩, 松本 逸平, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成, 癌と化学療法, 42, 12, 2391, 2393,   2015年11月
    概要:症例は69歳、女性。腹痛を主訴に近医を受診。腹部CTで膵体尾部に10cm大の巨大な嚢胞性腫瘍を指摘され、当院を紹介受診となった。超音波内視鏡(EUS)検査では嚢胞性変化を伴う腫瘤性病変として描出された。内視鏡的逆行性膵管造影(ERP)検査では膵管口開大を認め、膵管が体尾部で著明に拡張し、その内腔に突出した結節を認めた。嚢胞造影で小腸との交通を認めた。擦過細胞診で腺癌と診断され、浸潤性膵管内乳頭粘液性腺癌(IPMC)の術前診断で手術を施行した。術中所見では腫瘍は胃大彎、横行結腸の一部、トライツ靱帯から5cmの空腸へ浸潤を伴っていた。尾側膵切除術、胃部分切除術、横行結腸部分切除術、小腸部分切除術を施行した。病理所見では浸潤性IPMCと診断され、胃は漿膜下組織まで、空腸は粘膜内まで、結腸は漿膜下組織まで腫瘍の浸潤が認められた。IPMCは時に周囲臓器への穿破を認める。周囲3臓器への浸潤を伴った例はまれである。文献的考察を加え報告する。(著者抄録)
  • Cyst in cyst様構造を呈し、膵粘液性嚢胞腫瘍(mucinous cystic neoplasm;MCN)との鑑別が困難であった膵内副脾に発生したepidermoid cystの1例, 平田 祐一, 有坂 好史, 久津見 弘, 酒井 新, 竹中 完, 塩見 英之, 東 健, 松本 逸平, 原 重雄, 八隅 秀二郎, 日本消化器病学会雑誌, 112, 10, 1858, 1867,   2015年10月
    概要:症例は39歳、女性。2010年に検診の腹部USで膵尾部に16mm大の嚢胞性病変を指摘され、2013年には45mm大に増大したため精査加療を目的に当院に紹介となった。US、CT、MRIでは、膵尾部に境界明瞭な類円形の嚢胞性病変を認め、内部に壁在結節様の構造を認めた。EUSでは嚢胞壁は全周性に肥厚し、一部にcyst in cyst様の構造を認めたため、mucinous cystic neoplasm(MCN)を疑い膵尾部切除術、脾臓摘出術を施行した。病理組織学的検索の結果、膵内副脾に発生したepidermoid cystと診断された。(著者抄録)
  • 肝細胞癌肝外転移巣に対し集学的治療を行い長期生存した1例, 権 英寿, 木戸 正浩, 福本 巧, 武部 敦志, 田中 基文, 蔵満 薫, 木下 秘我, 福島 健司, 浦出 剛史, 宗 慎一, 新関 亮, 松本 逸平, 味木 徹夫, 具 英成, 癌と化学療法, 42, 9, 1111, 1114,   2015年09月
    概要:症例は38歳、男性。肝右葉を占拠する巨大肝細胞癌(HCC)の診断にて肝右葉切除術を施行。術後4ヵ月で残肝再発および右肺転移を認めた。肝内再発が肝動脈化学塞栓術(TACE)不応であったため肝切除を行い、その後ソラフェニブを開始。1年後に肺転移巣の増悪および縦隔リンパ節転移を認めたため、これらを切除した。その7ヵ月後に腹腔内傍大動脈リンパ節転移を認め、摘出。さらに3ヵ月後には右鎖骨上窩リンパ節転移を認めたが、粒子線治療により完全寛解を得た。その1年後には両肺に1ヶ所ずつ転移巣が出現したため、再度病変を切除。さらに6ヵ月後に左副腎転移を認め、摘出。現在、初回手術より4年6ヵ月経過したが、明らかな再発なく経過している。肝外転移巣の治療はソラフェニブが第一選択であるが、本症例のように積極的に外科的切除を追加することで長期生存を得る可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 【1術式15分でわかる!イラスト・写真でかんたん理解!術前に予習できる消化器外科の解剖・手術はや調べファイル】 手術編 腹腔鏡下胆嚢摘出術, 亀井 敬子, 松本 逸平, 竹山 宜典, オペナーシング, 30, 8, 823, 826,   2015年08月
  • 【膵悪性腫瘍に対する手術;エビデンス、術式と適応、手術手技のエッセンス】 重症急性膵炎合併・随伴性膵炎既往症例に対する膵頭十二指腸切除術, 後藤 直大, 外山 博近, 浅利 貞毅, 木下 秘我, 蔵満 薫, 松本 拓, 田中 基文, 武部 敦志, 木戸 正浩, 松本 逸平, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成, 消化器外科, 38, 1, 45, 55,   2015年01月
  • 肝内胆管癌再発例に対する再切除の可能性, 村上 冴, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 松本 拓, 吉田 優子, 篠崎 健太, 後藤 直大, 浅利 貞毅, 新関 亮, 木戸 正浩, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 癌と化学療法, 41, 12, 1468, 1470,   2014年11月
    概要:はじめに:肝内胆管癌(IHC)再発例に対する再切除の可能性について検討した。対象と方法:IHC症例46例における再発時の治療法について検討した。結果:46例のうち、顕微鏡的癌遺残あり(R1)症例20例、顕微鏡的癌遺残を認めない(R0)症例が26例であった。再発はR1症例で13例、R0症例で16例に認めた。再発例について、再発後の治療を再切除群(n=5)、化学療法群(n=13)、best supportive care(BSC)群(n=8)に分類し、再発後の予後の検討を行った。再発後の生存期間中央値(MST)は再切除群、化学療法群、BSC群でそれぞれ26ヵ月、14ヵ月、4ヵ月(p=0.030)と3群間で差を認めた。再発形式が肝内のみの症例について同様に検討を行ったが、MSTは再切除群(n=5)、化学療法群(n=5)、BSC群n=4)でそれぞれ26ヵ月、14ヵ月、5ヵ月(p=0.0018)であり、3群間に差を認めた。結語:IHC再発に対して、再切除や化学療法の施行により予後改善が得られた。特に肝内に限局した再発に関しては、再切除も有効な治療法であると考えられた。(著者抄録)
  • 硬化性胆管炎合併胆管癌に化学療法を行い長期生存した1例, 岡崎 太郎, 味木 徹夫, 篠崎 健太, 吉田 優子, 村上 冴, 松本 拓, 新関 亮, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 癌と化学療法, 41, 12, 1542, 1544,   2014年11月
    概要:症例は70歳、女性。心窩部痛・発熱にて近医を受診し、急性胆管炎を疑われた。ERCPで肝門部胆管に狭窄を認め、胆汁細胞診で腺癌と診断され、当科紹介受診となった。入院時血液生化学検査では異常所見は認めず、CEA、CA19-9は正常範囲内であった。MRCPで肝門部中心に胆管狭窄像を認め、左右肝管ともに広範な多発狭窄を認めた。腫瘍進展範囲の同定が困難であり、手術適応外とし、gemcitabine(GEM)による全身化学療法を行った。長期にわたりstable disease(SD)を維持していたが、投与開始5年後に閉塞性黄疸、急性胆管炎を発症し、抗生剤加療・内視鏡的胆管ステント(ERBD)を留置した。その後、三度胆管炎を繰り返し、腫瘍進展により投与開始後6年で原病死となった。GEMの総投与回数は140回、総投与量は203.744gであった。(著者抄録)
  • 粒子線治療後に局所再発した転移性肝癌の1切除例, 吉田 俊彦, 武部 敦志, 福本 巧, 木戸 正浩, 田中 基文, 蔵満 薫, 木下 秘我, 津川 大介, 福島 健司, 浦出 剛史, 宗 慎一, 味木 徹夫, 松本 逸平, 新関 亮, 岡崎 太郎, 浅利 貞毅, 後藤 直大, 松本 拓, 具 英成, 癌と化学療法, 41, 12, 2071, 2073,   2014年11月
    概要:根治切除可能な大腸癌肝転移に対する標準治療は肝切除が第一選択とされているが、化学療法や粒子線治療といった他の治療法が選択されることも少なくない。今回、大腸癌肝転移に対して初回治療として粒子線治療を行った後に局所再発を来し、同部位の肝切除を行った1例を経験したので報告する。症例は65歳、男性。直腸癌に対して直腸低位前方切除術および術後補助化学療法を施行したが、肝S8に2ヶ所の転移巣が出現した。化学療法を追加後、手術を考慮したが本人希望により粒子線照射を行った。局所制御は一時良好であったが、約9ヵ月後に粒子線治療部位に局所再発を認めサルベージ手術を行った。肝中央二区域切除術を施行したが、粒子線照射の影響で、癒着や肝実質の線維化が認められたため切除に難渋した。術後合併症は認めず、経過は良好であった。粒子線照射部位における再発肝癌に対するサルベージ手術は、施行可能であったものの高難度の手術となった。(著者抄録)
  • 同時性腸骨転移を伴う肝細胞癌に対し集学的治療を行い長期生存を得た1例, 宗 慎一, 木戸 正浩, 福本 巧, 武部 敦志, 田中 基文, 木下 秘我, 蔵満 薫, 津川 大介, 福島 健司, 浦出 剛史, 吉田 俊彦, 浅利 貞毅, 岡崎 太郎, 新関 亮, 松本 逸平, 味木 徹夫, 具 英成, 癌と化学療法, 41, 12, 2107, 2109,   2014年11月
    概要:同時性左腸骨転移を認めた肝細胞癌に対し、肝動注・粒子線治療・肝切除・RFAを組み合わせ、初回治療より7年を超える長期生存を得た1例を経験した。症例は79歳、男性。前立腺癌に対しホルモン療法中、肝機能異常を契機に左腸骨転移を伴う肝細胞癌(HCC)を指摘された。肝内病変に対してlow-dose FPを用いた肝動注療法を1コース行った後、左腸骨転移巣に対して粒子線(52.8Gy/4Fr)の照射治療を行った。2007年6月肝内病変に対し、肝内側区域切除を行った。術後11ヵ月および39ヵ月に肝内再発を来したため、それぞれ経皮的RFAにて治療を行った。現在は肝内・肝外病変いずれも再発なく生存中である。(著者抄録)
  • S-1が著効しR0切除し得た局所進行切除不能膵癌の1例, 植田 亜津紗, 外山 博近, 後藤 直大, 松本 逸平, 新関 亮, 浅利 貞毅, 石田 潤, 南野 佳英, 津川 大介, 蔵満 薫, 田中 基文, 武部 敦志, 岡崎 太郎, 木戸 正浩, 味木 徹夫, 福本 巧, 奥野 達哉, 国分 麻佑, 伊藤 智雄, 具 英成, 癌と化学療法, 41, 12, 2178, 2180,   2014年11月
    概要:症例は67歳、男性。心窩部不快感を主訴に当院受診し、精査にて上腸間膜動脈(SMA)周囲神経叢に約3/4周の浸潤を伴う局所進行切除不能膵癌(LAPC)と診断された。S-1による化学療法(4コース)が著効し、R0切除可能と判断して亜全胃温存膵頭十二指腸切除(SSpPD-II)を施行した。病理所見では膵内に腫瘍細胞を認めず、膵外神経線維のなかに腺癌細胞を少量確認するのみで、Evans分類でGrade IIIに相当した。断端はすべて陰性であり、R0切除と判定された。しかし術後難治性下痢のためS-1は投与できず、術後4ヵ月で局所再発を来した。近年、切除不能膵癌に対する二次治療としての切除(いわゆるadjuvant surgery)の試みがなされ予後延長が期待されているが、現時点で明確なエビデンスはなく、切除のデメリットや非外科治療継続の効果も踏まえ、慎重に適応を判断する必要がある。(著者抄録)
  • 膵癌術後左側門脈圧亢進症に対しHassab手術が有効であった1例, 後藤 直大, 松本 逸平, 新関 亮, 外山 博近, 浅利 貞毅, 植田 亜津紗, 石田 潤, 南野 佳英, 宗 慎一, 木下 秘我, 松本 拓, 蔵満 薫, 田中 基文, 武部 敦志, 木戸 正浩, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成, 癌と化学療法, 41, 12, 2214, 2216,   2014年11月
    概要:症例は69歳、男性。2006年10月に膵頭部癌に対して膵頭十二指腸切除術を施行。術中脾静脈は門脈合流部付近で結紮処理した。2010〜2013年の間に三度貧血の進行を認め、精査を施行したが明らかな出血源は同定されず、輸血のみで軽快していた。2011年に局所再発と診断し、TS-1による化学療法などを施行したが、その後PDとなり、再発に対する治療は中止していた。その間、徐々に左側門脈圧亢進に伴い側副血行路の発達を伴っていた。2014年2月に吐血にて緊急入院。GIFで胃静脈瘤出血と判断され、硬化療法でいったん止血された。その後出血を繰り返すためBRTOも検討したが、胃腎シャントがなく適応外と判断した。内科的治療困難と判断し緊急手術を施行した。術中所見では脾門部から胃空腸吻合部に怒張した静脈瘤を認め、Hassab手術を施行した。術後4ヵ月現在、再出血は認めず経過し外来通院中である。(著者抄録)
  • 後腹膜脂肪肉腫術後再発に対してスペーサー手術および陽子線照射による2段階治療が奏効した1例, 岩崎 寿光, 福本 巧, 出水 祐介, 寺嶋 千貴, 藤井 收, 小松 昇平, 松本 逸平, 味木 徹夫, 不破 信和, 具 英成, 日本消化器外科学会雑誌, 47, 7, 403, 409,   2014年07月
    概要:症例は53歳の男性で,脱分化型後腹膜脂肪肉腫およびその局所再発に対して,3回の開腹手術が施行された.3回目の手術では腫瘍が大動脈に浸潤・固着し,外科切除不能であったため,遺残腫瘍に対する粒子線治療を希望して来院した.腫瘍は小腸と近接しており,そのままでは粒子線による根治的照射は不可能であったため,スペーサー留置手術の後,粒子線照射を併用する2段階治療を計画した.まず,開腹下にスペーサーを留置し腫瘍と近接消化管の間に最低1cmの距離を確保した.術後1ヵ月より陽子線70.4 GyE/32 Frの照射を開始した.腫瘍は緩徐に縮小し,治療後22ヵ月の現時点では腫瘍は縮小を維持し,再発も認めていない.根治的切除が困難な後腹膜脂肪肉腫に対して本療法は有望な治療手段になりえると考えられた.(著者抄録)
  • 【エキスパートに学ぶ膵縮小手術】 膵中央切除(MR), 松本 逸平, 新関 亮, 浅利 貞毅, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成, 手術, 68, 7, 919, 922,   2014年06月
  • 腎癌膵転移に対して2度の縮小手術を行った1例, 石田 潤, 松本 逸平, 新関 亮, 浅利 貞毅, 後藤 直大, 田中 正樹, 山下 博成, 岡崎 太郎, 武部 敦志, 田中 基文, 蔵満 薫, 木戸 正浩, 味木 徹夫, 福本 巧, 原 重雄, 具 英成, 膵臓, 29, 2, 247, 252,   2014年04月
    概要:症例は63歳男性。1999年、右腎癌に対して右腎摘出術、肺転移に対してインターフェロン療法を施行した。2003年、2004年にそれぞれ脳転移に対して開頭腫瘍切除術及びガンマナイフ治療を施行した。2008年、孤立性膵転移を指摘され膵中央切除術を施行した。2012年5月、CTで尾側残膵に多血性腫瘤を指摘され腎癌残膵転移と診断した。他に遠隔転移を認めず、同年7月脾動静脈脾臓温存尾側残膵摘出術を施行した。病理組織診断にて腎淡明細胞癌の膵転移と確定診断した。腎癌膵転移は病変が多発することが少なくないが、異時性残膵転移切除報告例は本邦で3例のみである。我々は腎癌膵転移に対して2度の縮小手術を行い良好に経過している1例を経験した。腎癌膵転移では切除により良好な予後が期待でき、根治性とQOLに配慮した術式を選択すべきである。2度の縮小手術により残膵全摘を回避し得た示唆に富む腎癌膵転移の1例と考え報告する。(著者抄録)
  • 【胆道癌として外科切除された鑑別困難病変の検証-画像と病理所見の対比-】 胆管癌と鑑別困難であった良性胆管狭窄の臨床病理学的特徴, 村上 冴, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 松本 拓, 吉田 優子, 篠崎 健太, 松本 逸平, 福本 巧, 原 重雄, 具 英成, 胆と膵, 35, 3, 255, 261,   2014年03月
    概要:胆管癌が疑われ、切除された胆管狭窄のうち8〜43%が良性疾患であったと報告されている。良性疾患の代表例としてはIgG4関連硬化性胆管炎やPSCがあげられるが、それ以外にも原因不明の胆管狭窄症例を時に経験する。当院で2005年から2012年の間で切除した肝門部から肝外胆管の病変は148例であり、内8例(5.4%)が術後に良性胆管狭窄と判明した。腫瘍の局在は上部〜肝門部胆管が7例、下部胆管が1例であった。最終病理診断はIgG4関連硬化性胆管炎が3例、胆石性胆管炎が3例、原因不明の狭窄が2例であった。術前検査で積極的に癌を疑った症例は8例中5例であった。癌が強く疑われた症例では高度の炎症細胞浸潤が画像診断で粘膜下層の不整として捉えられていた。切除例はいずれも胆管狭窄の再発や、その後の術後の晩期合併症を認めることなく経過している。(著者抄録)
  • 大動脈周囲リンパ節転移を認めたDulα十二指腸乳頭部癌の1例, 岡崎 太郎, 味木 徹夫, 松本 逸平, 福本 巧, 塩見 英之, 増田 充弘, 近藤 武史, 山崎 隆, 伊藤 智雄, 具 英成, 胆道, 27, 5, 811, 816,   2013年12月
    概要:症例は80歳の男性。肝機能障害を契機に腹部超音波検査で胆管、膵管の拡張を指摘され、当院を紹介された。CT、MRIにて総胆管、膵管の拡張および乳頭部に30mm大の隆起性病変を認めた。胆管腔内超音波検査(IDUS)ではOddi筋を一部で越える浸潤が疑われたが、十二指腸壁に及ぶ所見は認めなかった。PETでは乳頭部に一致して限局性の集積像を認めた。以上より、十二指腸乳頭部癌と診断し、幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を施行した。病理組織学的にはtub1>tub2、pPanc0、pDulα、pEM0、n3(No.13 2/3、No.14 3/3、No.16b 1/1)、int、INFβ、ly0、v1、pn0、pT2、stage IVaと診断した。本例はDulαと十二指腸浸潤が軽度にもかかわらず、大動脈周囲を含む広範なリンパ節転移を認めた稀な症例と考え、文献的考察を含め報告する。(著者抄録)
  • 抗血栓薬服用患者に対する胆嚢摘出術症例の検討, 大坪 出, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 篠崎 健太, 吉田 優子, 村上 冴, 新関 亮, 木戸 正浩, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 日本腹部救急医学会雑誌, 33, 7, 1097, 1102,   2013年11月
    概要:近年,高齢化に伴い抗血栓薬服用患者の手術例が増加している。今回,抗血栓薬服用例の胆嚢摘出術の特徴と,服用が周術期に及ぼす影響を検討した。対象は2009年〜2011年に良性疾患で胆嚢摘出術を施行した151例(腹腔鏡下胆嚢摘出術(Lap-C)101例,開腹胆嚢摘出術(OC)50例)で,抗血栓薬服用例は31例(20.5%)であった。その内,Lap-Cを19例に施行(緊急手術2例)し,OCを12例に行った(緊急手術3例)。術前ヘパリン化は11例(Lap-C 5例,OC 6例)に行った。術中出血量は抗血栓薬服用群と非服用群で差を認めず,重篤な合併症はLap-C例では認めなかったが,OC例の緊急手術例で麻酔導入時に心停止を1例に認めた。周術期死亡は認めなかった。ヘパリン化例ではLap-C例,OC例共に入院期間が延長した。抗血栓薬服用患者でも適切な周術期管理を行うことで安全に胆嚢摘出術が施行可能であった。(著者抄録)
  • 肝外胆管原発印環細胞癌に対して胆管切除術を施行した1例, 岡崎 太郎, 味木 徹夫, 篠崎 健太, 村上 冴, 吉田 優子, 松本 逸平, 福本 巧, 川上 史, 原 重雄, 具 英成, 日本消化器外科学会雑誌, 46, 11, 840, 846,   2013年11月
    概要:我々は肝外胆管に発生したまれな印環細胞癌の1例を経験したので報告する.症例は76歳の女性で,腹痛を主訴に近医を受診し,急性胆嚢炎の診断にて経皮経肝胆嚢ドレナージ(percutaneous transhepatic gallbladder drainage;PTGBD)と抗生剤による保存的加療を受けた.精査の結果,MRCPにて左右肝管合流部から総胆管にかけて不整な狭窄像を認め,腹部造影CTでは同部位に一致して造影効果を伴う軟部陰影を認めた.胆管擦過細胞診では腺癌が疑われる所見であった.中部胆管癌の診断にて胆管切除術,胆道再建による根治切除術を施行した.病理組織学的には,細胞質内に粘液の貯留の目立つ印環細胞様の腫瘍細胞が小胞巣や索状の形態をとって浸潤性に増殖しており,印環細胞癌と診断した.現在術後24ヵ月経過し,再発の兆候は認めていない.(著者抄録)
  • 進行肝細胞癌に対する粒子線治療後にPIHPを施行した症例の検討, 田中 基文, 福本 巧, 木戸 正浩, 武部 敦志, 蔵満 薫, 木下 秘我, 小松 昇平, 福島 健司, 浦出 剛史, 宗 慎一, 新関 亮, 松本 逸平, 味木 徹夫, 寺嶋 千貴, 藤井 收, 出水 祐介, 不破 信和, 具 英成, 癌と化学療法, 40, 12, 1681, 1683,   2013年11月
    概要:これまでわれわれは、減量肝切除に経皮的肝灌流化学療法(PIHP)を組み合わせた2段階治療の有用性について報告してきたが、肝機能不良で減量切除困難な症例の対策が課題であった。その対策として主腫瘍を粒子線治療で制御し、残存病変をPIHPで制御する試みを近年行っており、その安全性と有効性について検討した。対象は2006〜2013年に切除不能肝細胞癌に対し、粒子線治療施行後にPIHPを局所制御目的で施行した6例。患者背景は平均年齢64歳、平均腫瘍径は6.2cm(2.0〜10.8cm)で全例が肝硬変。粒子線治療(陽子線5例、炭素線1例)の主腫瘍に対する局所制御は良好であった。PIHPではdoxorubicin 100mg/m2、mitomycin C 30mg/m2を標準量として肝動注。PIHPの副作用は全例にGrade 2以上の好中球減少を認めたが、重篤な肝機能障害、胆管障害はみられなかった。PIHPの有効性は奏効率50%(partial response 3例、stable disease 3例)であり、生存期間は粒子線治療後で平均26.9ヵ月であった。粒子線照射後であってもPIHPは安全に施行可能であり、局所制御効果は比較的良好であった。予後延長効果に関しては今後の検討が必要である。(著者抄録)
  • 集学的治療により長期生存を得ている大動脈周囲リンパ節転移陽性胆管癌の1例, 山田 勇, 篠崎 健太, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 吉田 優子, 村上 冴, 大坪 出, 白川 幸代, 田中 正樹, 椋棒 英世, 後藤 直大, 浅利 貞毅, 新関 亮, 木戸 正浩, 松本 逸平, 福本 巧, 村上 昌雄, 具 英成, 癌と化学療法, 40, 12, 1741, 1743,   2013年11月
    概要:症例は60歳台、男性。黄疸を主訴に近医を受診、精査にて膵癌と診断された。減黄処置および塩酸ゲムシタビン(GEM)による全身化学療法を約1ヵ月施行後、手術目的に当科紹介受診となった。膵癌に対する術前臨床試験として膵頭部に計40Gy/20Frの重粒子線の照射を行った。術前検査の腹部造影CTでは膵頭部に腫瘤を認め、FDG-PETでは膵頭部に集積亢進を認め粒子線治療の効果判定はNCであった。粒子線治療終了後49日目に膵頭十二指腸切除を行った。病理検査にて下部胆管癌・#16リンパ節に孤立性の転移陽性と診断され、GEMによる術後全身化学療法を21ヵ月施行した。本例は#16リンパ節に転移陽性であったが術後8年1ヵ月無再発生存中であり、術前粒子線照射と術後化学療法の組合わせで長期生存が得られた。(著者抄録)
  • 切除不能胆嚢癌に対し化学療法施行後に切除を施行した1例, 村上 冴, 味木 徹夫, 篠崎 健太, 吉田 優子, 大坪 出, 岡崎 太郎, 後藤 直大, 浅利 貞毅, 新関 亮, 木戸 正浩, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 癌と化学療法, 40, 12, 1744, 1746,   2013年11月
    概要:初診時に切除不能と判断した胆嚢癌に対し、化学療法施行後に腫瘍が縮小し切除し得た症例を経験したので報告する。症例は75歳、女性。黄疸、肝胆道系酵素異常を指摘され前医を受診した。精査にて肝門部の高度リンパ節転移、動脈浸潤、十二指腸浸潤を伴う胆嚢癌と診断された。手術不能と判断し、塩酸ゲムシタビン(GEM)単独による化学療法を施行した。19回投与後に腹部CTを撮影したところ、主腫瘍の周囲浸潤の縮小およびリンパ節転移の縮小を認めたため切除を予定した。開腹所見では肝転移が疑われたため肝床切除のみを施行した。術後病理では切除リンパ節および肝結節に悪性腫瘍は認めなかった。一方で、主腫瘍の化学療法の効果はEvans分類grade Iであった。術後補助化学療法としてGEMを再開し、術後17ヵ月、無再発生存中である。残存癌細胞には癌幹細胞のマーカーであるCD133が80.9%と高率に陽性であり、癌幹細胞の化学療法耐性との関連が示唆された1例と考えられた。(著者抄録)
  • 集学的治療における術前経皮的肝灌流化学療法と肝切除の位置付け, 吉田 俊彦, 木戸 正浩, 福本 巧, 小松 昇平, 高橋 応典, 武部 敦志, 田中 基文, 蔵満 薫, 木下 秘我, 味木 徹夫, 松本 逸平, 新関 亮, 岡崎 太郎, 浅利 貞毅, 具 英成, 癌と化学療法, 40, 12, 1822, 1824,   2013年11月
    概要:今回、両葉多発肝細胞癌(HCC)に対して、術前経皮的肝灌流化学療法(PIHP)と肝切除を含めた集学的治療にて、完全奏効が得られた症例を経験したので報告する。症例は61歳、男性。慢性B型肝炎のフォローアップ中に、肝S4/8を主座とするHCCおよび肝両葉に多発肝内転移を指摘された。精査の結果、腫瘍の局在と肝予備能の観点から根治切除は困難であり、まず多発HCC制御を目的としたPIHPを企図した。PIHPにより主腫瘍の縮小および肝内転移巣の部分制御が得られ、肝拡大左葉切除術を施行した。その後、残肝多発病変に対して肝動脈化学塞栓術(TACE)を3回施行した。しかし、肝切離断端のS8再発病変のみが肝外からfeederを受けており、TACE不能病変であったため肝S8部分切除術を施行した。現在、再発なく経過している。本症例のような根治切除困難例に対して術前PIHPを施行することで、切除限界のさらなる拡大が示唆された。(著者抄録)
  • 初回切除後4年で発症した異時性膵癌の1例, 石田 潤, 松本 逸平, 新関 亮, 浅利 貞毅, 後藤 直大, 田中 正樹, 山下 博成, 木戸 正浩, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成, 癌と化学療法, 40, 12, 1893, 1896,   2013年11月
    概要:症例は55歳、女性。2008年7月膵癌(UICC Stage I)にて亜全胃温存膵頭十二指腸切除を施行、術後半年間の補助化学療法を行った。術後49ヵ月目に腫瘍マーカーの上昇、CTで残膵に乏血性腫瘤を認め膵癌と診断し、残膵全摘術を施行した。病理組織診断で膵空腸吻合部空腸と脾動脈神経叢に浸潤を伴う異時性膵癌(UICC Stage IIA)と診断した。術後2ヵ月で多発肝転移、局所再発を認め、術後3ヵ月で死亡した。本例では初回切除後のサーベイランスにもかかわらず、進行癌で発見され、術後も急速な転帰をとった。さらなる異時性膵癌症例の集積により、初回術後サーベイランス法、治療法の確立が必要である。(著者抄録)
  • 胆嚢癌との鑑別が困難であった著明な粘液産生を伴う胆嚢腺筋腫症の1例, 大坪 出, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 松本 逸平, 福本 巧, 原 重雄, 具 英成, 日本臨床外科学会雑誌, 74, 7, 1988, 1992,   2013年07月
    概要:胆嚢腺筋腫症は日常的に遭遇することの多い疾患であり,癌との鑑別や癌の併存が問題となる.今回胆嚢癌と鑑別が困難であった,著明な粘液産生を伴う胆嚢腺筋腫症の1例を経験したので報告する.症例は59歳男性.健診エコーで胆嚢壁肥厚を指摘され,CTで胆嚢底部に隆起性病変と隔壁様構造を認めた.MRIでは底部内腔は不整に描出され,T2強調像で強いhigh intensityを示した.EUSで底部を占拠する腫瘤と内部に高エコー領域を認め,腫瘍内出血が疑われた.肝床浸潤を伴う胆嚢癌の術前診断で,肝床切除術・D2郭清を施行した.摘出胆嚢の底部内腔には黄色透明のゼリー状粘液塊が充満し,底部には著明な壁肥厚がみられた.病理組織学的には高度の平滑筋増生と異型性の無い腺管増生を伴う底部限局型胆嚢腺筋腫症と診断された.胆嚢隆起性病変の鑑別では,充満した粘液がある場合,各種画像診断が困難となることがあると考えられた.(著者抄録)
  • 肝胆膵外科における内視鏡下手術の利点とピットフォール, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 新関 亮, 松本 逸平, 後藤 直大, 浅利 貞毅, 木戸 正浩, 福本 巧, 具 英成, Medical Photonics, 13, 11, 15,   2013年04月
  • 誌上ディベート IPMNの手術適応をめぐって 積極的に手術を進めるべきとする立場から, 松本 逸平, 新関 亮, 浅利 貞毅, 後藤 直大, 椋棒 英世, 白川 幸代, 田中 正樹, 山下 博成, 岩崎 寿光, 石田 潤, 岡崎 太郎, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成, Frontiers in Gastroenterology, 18, 1, 26, 32,   2013年01月
  • 【癌治療の選択-治療効果と治療費】 胆道癌の治療効果と治療費, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 大坪 出, 村上 冴, 吉田 優子, 篠崎 健太, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 外科, 75, 1, 49, 53,   2013年01月
    概要:肝門部胆管癌はR0切除が有意な予後因子であるが,R1,2切除例でも化学療法が継続できれば,非切除例に比しquality of life(QOL)改善を伴った予後改善が認められる.R1,2切除例と非切除例の費用対効果を,実際の医療費と,生存期間・QOLを同時に評価する指標quality adjusted life year(QALY)を用いて解析したところ,非切除例は化学療法中の入院回数が多いことから両者の総医療費に大きな差はなく,R1,2切除例は非切除例に比し高いQALYが得られていた.(著者抄録)
  • 十二指腸潰瘍が原因と考えられたGroove pancreatitisの1例, 家本 孝雄, 塩見 英之, 増田 充弘, 佐貫 毅, 久津見 弘, 早雲 孝信, 新関 亮, 松本 逸平, 具 英成, 神澤 真紀, 原 重雄, 東 健, 日本消化器病学会雑誌, 110, 1, 88, 94,   2013年01月
    概要:症例は69歳男性。多発性胃十二指腸潰瘍の経過観察中に閉塞性黄疸が出現した。画像所見や超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診より、Groove膵炎にともなう胆管狭窄と診断した。保存的加療を続けるも胆管狭窄が改善せず、膵炎を繰り返すため膵頭十二指腸切除術を施行した。摘出標本、病理組織所見より十二指腸潰瘍の穿通部に連続して膵炎像がみられ、十二指腸潰瘍の炎症波及がGroove膵炎を惹起した原因のひとつと考えられた。(著者抄録)
  • 【手術前に必読 局所解剖】 肝・胆・膵・脾の手術 胆嚢癌手術に必要な局所解剖, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 外科, 74, 12, 1386, 1389,   2012年11月
  • 術前経皮的肝灌流化学療法と肝切除にて完全奏効した両葉多発肝細胞癌の1例, 浦出 剛史, 田中 基文, 福本 巧, 木戸 正浩, 土田 忍, 高橋 応典, 武部 敦志, 蔵満 薫, 粟津 正英, 中馬 正志, 福島 健司, 宗 慎一, 田井 謙太郎, 藤本 将人, 外山 博近, 新関 亮, 松本 逸平, 味木 徹夫, 具 英成, 癌と化学療法, 39, 12, 1825, 1827,   2012年11月
    概要:術前経皮的肝灌流化学療法(PIHP)と肝切除にて完全奏効した両葉多発肝細胞癌(HCC)の1例を経験したので報告する。症例は77歳、男性。PIVKA-IIの高値を認めたため腹部MRI検査を施行したところ、多発肝腫瘍を指摘され当科紹介となった。精査にてHCCを肝右葉に最大径4.8cmを筆頭に計11個、肝左葉に径3.6cmを1個の腫瘤を認めた。肝予備能の低下、腫瘍の局在から根治切除不能であったため、まず右葉の多発HCC制御を目的としたPIHPを先行したところ、PIVKA-IIが正常化し、4週間後の腹部造影CT検査にて右葉の多発HCCはいずれも早期濃染が消失し、壊死と考えられた。PIHP後7週間目に、左葉の残存HCCに対して拡大肝左葉切除術を施行。PIHP施行後6ヵ月経過した現在、無再発生存中である。(著者抄録)
  • ダブルバルーン内視鏡で確定診断し治療した術後再発胆管癌の3例, 篠崎 健太, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 吉田 優子, 村上 冴, 大坪 出, 白川 幸代, 田中 正樹, 沢 秀博, 後藤 直大, 浅利 貞毅, 上野 公彦, 外山 博近, 新関 亮, 木戸 正浩, 松本 逸平, 福本 巧, 早雲 孝信, 具 英成, 癌と化学療法, 39, 12, 1877, 1879,   2012年11月
    概要:胆管癌の術後再発形式として局所再発がしばしばみられるが、画像での確定診断が困難な場合が多く、化学療法開始の判断に迷うことも多い。病理学的確診を得ることが望ましいが、従来の内視鏡では胆道再建後の吻合部に到達することが困難であった。ダブルバルーン内視鏡は、内視鏡先端とオーバーチューブ先端に装着されたバルーンを交互に拡張させることにより腸管の深部に挿入することが可能であり、胆道再建後の胆管空腸吻合部へ到達し標本を採取することが容易となった。また、ERCP用デバイスを使用することにより、胆管の直接造影や内視鏡的胆管ドレナージも可能である。最近われわれは、胆管癌術後断端部局所再発に対してダブルバルーン内視鏡下に狭窄部の擦過細胞診・ステント留置を行い、pathological evidenceを得て化学療法を開始しているため報告する。(著者抄録)
  • 膵癌術後肝転移に対する経皮的肝灌流化学療法(PIHP)の治療経験, 外山 博近, 松本 逸平, 新関 亮, 白川 幸代, 田中 正樹, 山下 博成, 味木 徹夫, 上野 公彦, 沢 秀博, 大坪 出, 村上 冴, 木戸 正浩, 福本 巧, 具 英成, 癌と化学療法, 39, 12, 1886, 1888,   2012年11月
    概要:膵癌術後肝転移に対し、当科で開発した経皮的肝灌流化学療法(PIHP)による治療を行ったので報告する。症例は69歳、男性。膵体部癌にて膵体尾部切除施行(pT3、pN0、pStage III)。術後補助化学療gemcitabine(GEM)を6ヵ月施行後、CTで1cmの肝転移を認めた。S-1を開始したが肝転移が増大したため、third-lineとしてPIHPを施行した。薬剤は肝細胞癌での実績を基にdoxorubicin(DXR)80mg、mitomycin C(MMC)62mgを使用した。治療後6週のCTでは腫瘍径としては著変なかったが、内部壊死による液状化を思わせる所見を認めた。また、腫瘍マーカーはCA19-9:44,469→4,268U/mL、CEA:28.8→5.4U/mLと著減した。しかしその後腫瘍マーカーが漸増、肝転移増大、局所再発および腹膜転移が出現し、PIHP後約1年で原病死した。本症例では早期に肝転移増大および腹膜再発を認め、PIHPが予後に寄与したとはいい難い。しかし腫瘍マーカーの著減やCTでの壊死所見を認めたことから、一定の効果も期待できるものであった。(著者抄録)
  • 硬化性胆管炎合併胆管癌に化学療法を行い長期生存した2例, 大坪 出, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 篠崎 健太, 吉田 優子, 村上 冴, 新関 亮, 木戸 正浩, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 癌と化学療法, 39, 12, 2122, 2124,   2012年11月
    概要:症例1:69歳、男性。上腹部痛を契機に近医を受診し、精査にて両葉の肝内胆管拡張と肝門部の狭窄像を認め、肝門部胆管癌が疑われた。左肝管にENBD、右前区域枝にPTBDを留置され当院に紹介受診となった。MRCPでは肝門部中心に高度胆管狭窄を認めた。造影検査では肝内胆管は全体に広範な先細り状狭窄がみられ、浸潤範囲が特定できず手術適応外とし、gemcitabineによる全身化学療法を行い、化学療法開始後37ヵ月で死亡した。症例2:70歳、女性。心窩部痛・発熱にて近医を受診し、胆管炎を疑われた。ERCPでは肝門部胆管に狭窄を認め、胆汁細胞診で腺癌と診断された。当院に紹介受診し、左右肝内胆管とも広範な多発狭窄を認め手術適応外と考えられ、GEMによる全身化学療法を行い、化学療法開始後57ヵ月現在生存中である。(著者抄録)
  • 膵癌Gemcitabine併用陽子線療法後に発症した間質性肺炎の1例, 田中 正樹, 松本 逸平, 新関 亮, 外山 博近, 浅利 貞毅, 後藤 直大, 白川 幸代, 山下 博成, 沢 秀博, 上野 公彦, 高橋 応典, 土田 忍, 木戸 正浩, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成, 癌と化学療法, 39, 12, 2158, 2160,   2012年11月
    概要:症例は69歳、女性。検診の腹部超音波検査で異常を指摘され、精査の結果、局所進行切除不能膵体部癌と診断された。兵庫県立粒子線医療センターにてgemcitabine(GEM)併用陽子線治療(陽子線67.5GyE/25Fr+GEM800mg/m2 day 1、8)。その後当院にてGEM(1,000mg/m2 day 1、8、15/28day)による化学療法を開始した。GEM初回投与から212日目、呼吸困難を主訴に来院した。胸部CT検査で両側肺野末梢優位に非区域性すりガラス様陰性を認め緊急入院となった。気管支鏡検査では、びまん性肺胞出血の所見を認め重篤な間質性肺炎と診断した。入院2日目よりmethylprednisolone 1g/日×3日のステロイドパルス療法を開始し以後は経口prednisolone 40mg/日より開始し徐々に減量した。自他覚所見は比較的速やかに改善し、第24病日軽快退院した。GEM関連びまん性肺胞出血を伴う報告は3例のみで救命例の報告はない。今回われわれは、肺胞出血を伴った間質性肺炎に対しステロイドパルス療法を行い救命し得た症例を経験したので報告する。(著者抄録)
  • 【化学療法の進歩に伴う進行膵胆道癌の手術適応】 非切除胆道癌に対し化学療法施行後に切除に至った症例の検討, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 村上 冴, 吉田 優子, 篠崎 健太, 大坪 出, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 癌の臨床, 58, 5, 273, 279,   2012年10月
    概要:初診時非切除と判断したが、化学療法後に切除可能となった胆道癌例の手術成績を検討した。試験開腹後に切除不能と判断し、塩酸ゲムシタビン(GEM)単剤投与を開始した進行胆道癌81例を対象とした。21例は主に病変の進行により、GEMの継続が困難で2コース以内で脱落した。GEMを2コース以上投与し、効果判定評価が十分に可能であったのは60例の効果は、CRが0例、PRが11例、SDが27例、PDが22例であった。PRとなった11例中、5例に外科的切除が可能と考えたが、1例は化学療法継続を希望し、手術施行は4例であった。癌遺残度はR0が1例、R1が2例、R2が1例であった。胆嚢本体の癌に対するGEMの病理学的効果を判定すると、Iが1例、IIaが1例、IIbが2例であった。術後はいずれもGEMによる化学療法を速やかに再開し、2例に再発を認めたが、2例は無再発で6ヵ月、24ヵ月経過した。
  • 【非切除胆道癌の治療】 胆道癌に対するR2手術+化学療法, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 上野 公彦, 村上 冴, 吉田 優子, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 消化器内科, 55, 3, 372, 375,   2012年09月
  • 【肝・胆・膵腫瘍の薬物療法-最近の進歩】 胆道がん 術後補助療法の現状と課題, 味木 徹夫, 上野 公彦, 岡崎 太郎, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 腫瘍内科, 9, 6, 688, 691,   2012年06月
  • 【膵癌update 2012】 治療 最新の膵癌粒子線治療, 新関 亮, 松本 逸平, 寺嶋 千貴, 白川 幸代, 外山 博近, 浅利 貞毅, 味木 徹夫, 福本 巧, 村上 昌雄, 具 英成, 外科, 74, 5, 530, 534,   2012年05月
    概要:粒子線は従来の放射線に比べて、優れた線量分布と高い生物学的効果比を有している。われわれは兵庫県立粒子線医療センターと連携して、膵癌に対する粒子線治療を行ってきた。術前粒子線照射の第I/II相試験では、50GyEまでの安全性とともに、十分な局所効果を得るためには線量の増量が必要であることが示された。局所進行膵体尾部癌に対しては、スペーサー留置術によって腫瘍と腸管の距離を確保し、根治線量の照射と強力な局所効果を得ることができた。今後は局所進行膵癌に対する化学療法併用粒子線治療と、切除可能膵癌に対する術前粒子線照射を基軸とした集学的治療戦略の確立をめざす。(著者抄録)
  • 【膵疾患診療におけるFDG-PETの有用性】 膵癌に対する陽子線治療効果判定におけるFDG-PETの有用性, 白川 幸代, 松本 逸平, 寺嶋 千貴, 外山 博近, 新関 亮, 味木 徹夫, 福本 巧, 村上 昌雄, 具 英成, 胆と膵, 33, 5, 427, 432,   2012年05月
    概要:局所進行切除不能膵癌に対して陽子線治療を行った23例について、治療前後のCT、FDG-PETによる治療効果判定を行い、FDG-PETの有用性を検討した。治療効果は照射後6ヵ月までと12ヵ月までの2期間で評価した。局所の治療効果判定においては、CTによる評価は総じて変化に乏しく、FDG-PETによる評価はより鋭敏であった。またFDG-PETは局所再発、鎖骨下リンパ節・骨転移の検出において優れていた。陽子線治療後の膵癌では、治療による線維化や壊死などの影響のため腫瘍径の変化は捉えにくく、CTによる治療効果判定には限界がある。陽子線は新たな膵癌治療として期待されているが、現時点では長期成績は明らかではない。今後、正確な治療効果の評価において、FDG-PETはより一層、重要な役割を果たすと考えられる。(著者抄録)
  • リンパ節・卵巣転移を伴った若年女性のIntraductal Papillary Neoplasm of Bile Duct(IPNB)の1例, 吉田 優子, 味木 徹夫, 上野 公彦, 大坪 出, 村上 冴, 篠崎 健太, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 神澤 真紀, 伊藤 智雄, 胆道, 26, 2, 231, 236,   2012年05月
    概要:症例は30歳、女性。2007年夏頃より繰り返す発熱を自覚していた。2008年10月に発熱・背部痛を認め近医受診した際、肝機能障害及び腹部超音波検査にて肝嚢胞性病変を指摘された。腹部CTにて、肝左葉に充実性成分を含む巨大嚢胞性病変を認め当院紹介となった。精査の結果、右卵巣及び腹腔内・縦隔リンパ節転移を伴うIPNBと診断し、2008年12月手術を施行した。開腹時、肝左葉に多発する巨大な嚢胞性病変を認め、広範リンパ節および右卵巣への転移を認めたが、可及的切除による予後改善を期待し、肝拡大左葉切除術・胆管切除および胆道再建術、右卵巣摘出術を施行した。術後、塩酸ゲムシタビン、S-1による化学療法を施行。術後2年半経過した現在、腹腔内・縦隔リンパ節転移が緩徐に増大を認めるも生存中である。(著者抄録)
  • ゲムシタビン併用陽子線治療を行い3年以上の生存が得られている局所進行切除不能膵癌の1例, 松本 逸平, 新関 亮, 外山 博近, 浅利 貞毅, 後藤 直大, 白川 幸代, 田中 正樹, 山下 博成, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成, 寺嶋 千貴, 村上 昌雄, 膵・胆道癌Frontier, 2, 1, 46, 47,   2012年03月
    概要:56歳男。腰背部痛を自覚した。腹部CTでは膵体尾部に造影効果に乏しい腫瘤を認め、膵前方および後方組織、脾臓浸潤を認めた。脾動静脈、門脈、総肝動脈、腹腔動脈根部への浸潤、さらに腸間膜内脂肪組織浸潤、上腸間膜動脈周囲リンパ節あるいは播種巣を疑う結節を認めた。内視鏡的逆行性胆管膵管造影では主膵管は体部で途絶し、膵管擦過細胞診では腺癌の診断であった。FDG-PETでは膵腫瘤に一致して高度のFDGの集積を認め、局所進行切除不能膵癌と診断した。ゲムシタビン(GEM)の投与を入院中に導入し、以後外来で継続した。経過を通じて休薬や減量を要する有害事象は認めなかった。投与1コースで腰背部痛は速やかに消失、3コース終了時のCTでは腫瘍は縮小し、6コース終了時のCTではPRの判定となった。8コース施行後にGEM併用陽子線治療を行った。腫瘍はさらに縮小を認めた。治療開始より36ヵ月現在、生存中である。
  • 【十二指腸乳頭部癌-診断・治療の最前線-】 早期乳頭部癌の臨床的特徴と治療, 大坪 出, 味木 徹夫, 上野 公彦, 沢 秀博, 松本 逸平, 福本 巧, 塩見 英之, 増田 充弘, 久津見 弘, 具 英成, 胆と膵, 33, 3, 249, 254,   2012年03月
    概要:上部消化管内視鏡検査の普及に伴い、無症状で偶発に発見される十二指腸乳頭部癌が増加している。当科で経験した乳頭部癌切除74例中28例(37.8%)が早期癌で、近年その割合は増加傾向にある。最近、早期癌に対する内視鏡的切除が増加しているが、深達度がodに達する癌ではリンパ節転移があることに留意すべきである。進展度診断はEUS/IDUSに依るが、当院での正診率はおのおの82%/75%であった。乳頭部癌では、リンパ節転移、十二指腸浸潤は有意な予後因子であり、根治性を担保するには、リンパ節郭清を伴う(幽門輪温存)膵頭十二指腸切除が基本術式と考える。(著者抄録)
  • 肝外胆管原発のいわゆる癌肉腫の1例, 篠崎 健太, 味木 徹夫, 岡崎 太郎, 沢 秀博, 上野 公彦, 木戸 正浩, 松本 逸平, 福本 巧, 伊藤 智雄, 具 英成, 日本消化器外科学会雑誌, 45, 3, 282, 289,   2012年03月
    概要:症例は74歳の男性で,黄疸,トランスアミナーゼの上昇を指摘され精査加療目的で当院に紹介となった.画像検査では総胆管と肝内胆管の拡張を認め,上中部胆管内に辺縁平滑な腫瘍の存在が疑われた.内視鏡的逆行性胆管造影時に施行された生検でspindle cell malignancyと診断され手術を施行した.術中,胆管内に有茎ポリープ状に発育する腫瘍を認め術中迅速診断で術前の生検と同様の診断を得たため胆管切除術,胆道再建術を施行した.切除標本のHE染色ではポリープ状の部分を中心に肉腫様の異型細胞,茎部に腺癌細胞を認め,一部で肉腫様細胞と腺癌細胞が混在する移行部を認めた.免疫組織学的検索では肉腫様の形態を示す細胞も上皮マーカーに陽性を示しいわゆる癌肉腫と診断された.術後16ヵ月目に肝転移再発を来し,術後27ヵ月目の現在外来にてゲムシタビンによる化学療法を施行中である.(著者抄録)
  • 【胆道がん治療の最新知識】 術後補助化学療法の有効性をめぐって, 松本 逸平, 味木 徹夫, 具 英成, 臨床腫瘍プラクティス, 7, 4, 374, 376,   2011年11月
    概要:<View Points!>▼胆道がんの術後再発率は高く、成績向上を目指した術後補助化学療法に期待が高まっている。▼胆道がん術後補助化学療法はいくつかの後ろ向き研究では有用性が示されているが、有用性を示した第III相試験の報告はない。▼現在わが国および海外で第III相臨床試験が進行中である。▼わが国では塩酸ゲムシタビン(GEM)、ティーエスワン(S-1)、シスプラチン(CDDP)が切除不能進行・再発胆道がんに保険承認されているが、これら薬剤の術後補助化学療法の安全性と有効性は明らかにされていない。現在これらの薬剤を使用したレジメンでの臨床試験が実施されている。(著者抄録)
  • 【外科医が知っておくべき徴候と症候群】 胆道 Lemmel症候群とMirizzi症候群, 上野 公彦, 味木 徹夫, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 外科, 73, 12, 1396, 1400,   2011年11月
  • 肝切除および粒子線治療併用にて治療効果を認めた両葉多発肝細胞癌の1例, 浦出 剛史, 木戸 正浩, 福本 巧, 堀 裕一, 楠 信也, 土田 忍, 高橋 応典, 田中 基文, 蔵満 薫, 津川 大介, 権 英寿, 中馬 正志, 福島 健司, 松本 逸平, 味木 徹夫, 寺嶋 千貴, 出水 祐介, 村上 昌雄, 具 英成, 癌と化学療法, 38, 12, 2065, 2067,   2011年11月
    概要:肝切除と粒子線治療併用にて治療効果を認めた両葉多発の肝細胞癌(hepatocellular carcinoma:HCC)の1例を経験した。症例は73歳、男性。2010年2月腹部CT検査にて両葉多発肝腫瘍を指摘され、当科に紹介された。精査にて肝左葉に門脈腫瘍栓(Vp3)を伴う径8cm大と径6cm大、後区域に径4cm大、S8に径1.5cm大の計4個のHCCを認め、T4N0M0、Stage IVAと診断された。肝予備能の低下、腫瘍の局在から根治切除は困難であったため、今回われわれは新しい治療戦略として肝切除と粒子線治療の併用療法を考案した。3月に肝左葉切除術を施行し、5月に後区域のHCCに対して局所制御目的に粒子線治療を施行した。その後追加治療としてTACEを4回施行することで、初回治療後15ヵ月経過した現在も腫瘍の局所制御は良好である。(著者抄録)
  • 【膵癌診療と研究の最先端】 局所進行膵癌に対するGemcitabine併用陽子線治療, 寺嶋 千貴, 出水 祐介, 松本 逸平, 白川 幸代, 橋本 直樹, 美馬 正幸, 丹羽 康江, 藤井 收, 村上 昌雄, 胆と膵, 32, 9, 863, 868,   2011年09月
    概要:膵癌は非常に予後不良であり、早期に膵外の動脈浸潤を来すため、切除可能な段階で発見されることは少ない。切除不能ではあるが遠隔転移を伴わない状態を特に局所進行膵癌と定義するが、この病態に対しては従来から化学放射線療法が行われてきた。われわれは化学療法剤として有効性の示されているGemcitabineと粒子線治療の一種である陽子線治療を併用する治療を行っている。まだ臨床試験の途中であるが、良好な結果が得られつつある。われわれは、局所進行膵癌に対してより良い医療を提供すべく、さらなる治療法の技術的・臨床的な改善に取り組んでいる。(著者抄録)
  • 【膵癌診療と研究の最先端】 粒子線治療を用いた新しい膵癌治療戦略, 松本 逸平, 福本 巧, 寺嶋 千貴, 白川 幸代, 新関 亮, 外山 博近, 浅利 貞毅, 後藤 直大, 神垣 隆, 村上 昌雄, 具 英成, 胆と膵, 32, 9, 869, 874,   2011年09月
    概要:粒子線は優れた線量分布を有し、近年さまざまな腫瘍に対して良好な治療成績が報告されつつある。われわれは兵庫県立粒子線医療センターと連携し膵癌に対する粒子線(陽子線)治療を段階的に導入してきた。術前粒子線療法併用外科切除のI/II相試験では50GyEまでの安全性と、局所効果において線量追加の必要性が示された。そこで局所進行膵体尾部癌に対し腫瘍と腸管の間に1cm以上のセーフティマージンを確保する方策としてスペーサー留置手術を試みた。その結果、根治線量の照射が可能となり、現在まで7例を集積した。局所制御効果はPR3例、SD4例であった。今後は術前化学療法との併用を軸とする新たな集学的治療戦略の確立を目指している。(著者抄録)
  • 嚢胞成分を伴い診断困難であったStage I浸潤性膵管癌の1例, 松本 逸平, 白川 幸代, 新関 亮, 外山 博近, 浅利 貞毅, 後藤 直大, 山下 博成, 田中 正樹, 木戸 正浩, 楠 信也, 堀 裕一, 福本 巧, 味木 徹夫, 伊藤 智雄, 具 英成, 膵臓, 26, 4, 511, 516,   2011年08月
    概要:症例は51歳女性。検診の腹部USで膵腫瘤を指摘され紹介となった。EUSでは膵頭体部移行部に内部に嚢胞成分を有する10mmの低エコー腫瘤を認め、ダイナミックCTでは腫瘤は指摘できず5mmの嚢胞のみを認めた。ERPでは膵管像に異常はなく膵液細胞診はclass IIIであった。IDUSでは10mmの腫瘤内に5mmの嚢胞を認めた。以上より術前診断は確定できず、膵内分泌腫瘍、Solid-pseudopapillary neoplasm、浸潤性膵管癌(膵癌)などの疑診にて膵中央切除を行った。術中迅速病理検査は膵癌であったため、亜全胃温存膵頭十二指腸切除術に術式を変更した。病理診断は中分化型管状腺癌でpTS1(15mm)pT1pN0cM0fStage Iであり、嚢胞部分は拡張した腫瘍腺管であった。嚢胞を伴う小膵癌の診断は困難であるが、常に念頭に置き診療にあたることが重要と考えられた。(著者抄録)
  • 先天性胆道拡張症術後12年目に発症した肝門部胆管癌の1例, 中馬 正志, 味木 徹夫, 上野 公彦, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 日本臨床外科学会雑誌, 72, 6, 1531, 1535,   2011年06月
    概要:症例は73歳,女性,先天性胆道拡張症に対し,総胆管嚢腫切除,胆嚢切除,胆道再建術を施行,偶発早期胆嚢癌を認めたが,術後再発なく経過していた.術後7年目に肝内結石を指摘,術後10年目に胆管炎を合併,保存的加療中に画像上左肝管内に腫瘤影を認めた.術後12年目の経皮経肝胆道鏡による生検で腺癌と診断され,当科へ紹介となった.肝門部から左肝管に及ぶ肝門部胆管癌,T1N0M(-) StageIの術前診断にて,拡大肝左葉切除,胆道再々建術を行った.術後病理検査で,中分化型腺癌,pT1pN0M(-) fStageIであった.先天性胆道拡張症は高率に胆道癌が合併するが,肝外胆管切除,胆道再建の分流手術後に,異時性に発生する遺残胆管癌が問題となる.今回,総胆管嚢腫切除12年目に発生,切除しえた肝門部胆管癌の1例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 膵切除後に残膵に再燃をきたした自己免疫性膵炎の2例, 井上 潤, 増田 充弘, 斉藤 雅也, 斧山 美津子, 塩見 英之, 外山 博近, 新関 亮, 松本 逸平, 林 祥剛, 牧野 哲哉, 多田 秀敏, 久津見 弘, 具 英成, 東 健, 日本消化器病学会雑誌, 108, 4, 640, 649,   2011年04月
    概要:自己免疫性膵炎の診断基準2006の改定にともない限局性のAIPが数多く報告されるようになった。しかし、限局性のAIPは膵癌との鑑別が困難で、確定診断に苦慮する例がしばしば存在する。今回われわれは、鑑別診断が困難で膵切除術に至り術後に残膵に再燃をきたしたAIPの2症例を経験した。2症例はともに肺門部リンパ節腫大をともなっていた。AIPは全身性IgG4関連疾患であるという概念が広く認知され、膵外病変やステロイドの反応性を含めた診断基準の必要性も示唆された。(著者抄録)
  • 【膵臓・膵島移植の現況と最新の研究】 膵臓・膵島移植における臓器保存法, 松本 逸平, 新関 亮, 外山 博近, 浅利 貞毅, 後藤 直大, 福本 巧, 具 英成, 膵臓, 26, 2, 142, 152,   2011年04月
    概要:臓器保存法は歴史的に主に腎移植の領域で研究、開発が進められ、灌流保存法(hypothermic pulsatile perfusion)が提唱され、臓器保存液による単純浸漬保存法(simple cold storage)がそれに続いた。膵保存では灌流保存法は臨床応用に至らず、1980年代に開発されたUniversity of Wisconsin solution(UW液)による単純浸漬保存法は長期膵保存を可能とし、現在でも標準的保存法である。いくつかの新規保存液が開発され臨床応用されているが、現時点でUW液を凌駕するエビデンスはない。本学で開発されたPerfluorochemical(PFC)と臓器保存液を用いた二層法膵保存は、PFCにより保存中の臓器に酸素を供給できるという特性を有する。二層法は主に膵島移植において2000年以降北米を中心に臨床応用され、優れた成績を示した。近年、従来のUW液の代わりにM-Kyoto液を用いた二層法や膵管内注入保存法などによりさらに優れた成績が報告されている。マージナルドナーや心停止ドナーからの膵臓移植、1ドナー1レシピエントでの膵島移植の実現など、今後も臓保存法が果たす役割は大きく、さらなる研究、発展が望まれる。(著者抄録)
  • 【肝胆膵領域における最新の画像診断】 肝胆膵領域におけるFDG-PETの役割, 松本 逸平, 白川 幸代, 山田 勇, 外山 博近, 新関 亮, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成, 外科, 73, 2, 187, 195,   2011年02月
    概要:2010年4月より2-deoxy-2-(F-18)fluoro-D-glucose positron emission tomography(FDG-PET)はすべての悪性腫瘍を対象に保険収載され、肝胆膵領域でも使用する機会が急増している。本領域では特に癌の再発・転移の早期発見や化学療法、放射線療法の効果判定など利用範囲は広い。反面、リンパ節・微小肝転移の検出率は必ずしも高くないこと、炎症性疾患に対する偽陽性の問題などからFDG-PET単独での診断には課題が残る。したがって、質的診断や癌の術前病期診断としては、現時点ではあくまでも補助診断にとどめ、臨床所見、CTやMRIなどのほかの画像診断とあわせて総合的に診断にあたることが肝要である。一方、PET-CTについては多列検出器CTとの組み合わせによりPET画像との融合が可能となり、機能と形態の両面で今後さらなる精度の向上が期待されている。(著者抄録)
  • 重症急性壊死性膵炎を発症し内視鏡的乳頭括約筋切開術を行ったLemmel症候群の1例, 新関 亮, 堀 裕一, 松本 逸平, 白川 幸代, 椋棒 英世, 外山 博近, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成, 日本消化器外科学会雑誌, 44, 2, 123, 130,   2011年02月
    概要:症例は68歳の女性で,以前から急性膵炎や胆管炎を繰り返し,傍十二指腸乳頭憩室を指摘されていた.今回,重症急性壊死性膵炎を発症し,保存的治療により急性膵炎は軽快した.その後の内視鏡的逆行性胆膵管造影検査で拡張した胆管と傍十二指腸乳頭憩室を認め,これまでの急性膵炎,胆管炎と今回の重症急性壊死性膵炎は傍十二指腸乳頭憩室によるLemmel症候群と考え,急性膵炎の軽快後に内視鏡的乳頭括約筋切開術を施行した.以後13ヵ月の経過観察中,胆管炎,急性膵炎の再発は認めていない.Lemmel症候群は胆管炎の合併頻度が高いが急性膵炎の原因となることはまれで,重症急性壊死性膵炎に至った報告例は本例以外に1例のみであった.また,内視鏡的乳頭括約筋切開術はLemmel症候群の再発や膵炎の重症化を防止するうえで,非侵襲的かつ有効と考えられた.(著者抄録)
  • 膵頭十二指腸切除術後反復性胆管炎に対し消化管経路変更術が有用であった1例, 後藤 直大, 松本 逸平, 新関 亮, 外山 博近, 味木 徹夫, 具 英成, 日本消化器外科学会雑誌, 44, 1, 44, 50,   2011年01月
    概要:症例は64歳の女性で,48歳時に膵頭部腫瘍に対して膵頭十二指腸切除術(pancreaticoduodenectomy;以下,PDと略記),今永法再建を受けた.術後8年目から年に数回,胆管炎を繰り返していた.2006年5月(術後16年目),急性閉塞性化膿性胆管炎から敗血症性ショックを来し来院した.内視鏡的逆行性胆管造影では胆管空腸吻合部の狭窄はなく,食物残渣の肝内胆管内への著明な逆流を認めた.胆管炎は胆道ドレナージにて一時的に軽快したが,チューブトラブルで再燃を繰り返すため,消化管経路変更手術を施行した.胃空腸吻合部から約20 cm肛側で空腸を切離し,胆管空腸吻合部から40 cmの肛側空腸と端側吻合を行い膵空腸吻合部口側は盲端とした.術後第3病日から経口摂取を開始し,第12病日退院となり,その後3年になる現在まで胆管炎の再発は認めていない.本例のようにPD後難治性の胆管炎では,病態に応じた外科治療を積極的に考慮すべきと考えられた.(著者抄録)
  • 妊娠を契機に発見された膵粘液性嚢胞腫瘍の2例, 白川 幸代, 松本 逸平, 中山 俊二, 椋棒 英世, 外山 博近, 新関 亮, 福本 巧, 味木 徹夫, 具 英成, 日本消化器病学会雑誌, 107, 11, 1828, 1834,   2010年11月
    概要:妊娠と関連した膵粘液性嚢胞腫瘍(MCN)の2例を報告する。症例1:34歳初産婦。妊娠26週で19cmのMCNと診断し、出産3ヵ月後に膵体尾部切除術を施行、病理では腺腫であった。症例2:36歳の2回経産婦。出産後に16cmのMCNと診断、膵体尾部切除術を施行し、病理では腺癌であった。妊婦のMCNではホルモン環境と腫瘍増大の関連が示唆されており、手術時期を含めた治療方針については慎重な検討を要する。(著者抄録)
  • 肝切除と経皮的肝灌流(PIHP)の2段階治療(Dual Tx)が奏効したVp4門脈腫瘍栓(PVTT)を伴う肝細胞癌(HCC)の1例, 中馬 正志, 福本 巧, 楠 信也, 土田 忍, 木戸 正浩, 高橋 応典, 津川 大介, 粟津 正英, 片岡 庸子, 松本 逸平, 堀 裕一, 黒田 大介, 具 英成, 癌と化学療法, 37, 12, 2300, 2302,   2010年11月
    概要:今回、Vp4肝細胞癌(HCC)に対し肝切除と経皮的肝灌流(PIHP)の2段階治療(dual Tx)が奏効した症例を経験したので報告する。症例は68歳、男性。2009年8月に右季肋部痛、全身倦怠感を主訴に近医を受診した。肝右葉の巨大HCCとVp4の門脈腫瘍栓(PVTT)を認め、当科を紹介された。来院時のCTで肝右葉を占める径14cmのHCCと、門脈右枝より門脈本幹を越え左枝まで進展するPVTTを認めた。腫瘍栓の進展により門脈本幹が完全に閉塞し、切除のタイミングを逸する可能性を考え準緊急的に肝右葉切除およびPVTT摘出術を施行した。病理組織所見では12.5×11.0cm、St、中分化〜低分化型HCC、eg、fc(+)、fc-inf(-)、sf(+)、s0、vp4、vv0、va0、b0、sm(+)、stage IVAであった。切除断端の一部にPVTTが露出していた。Vp4のPVTTを合併していたため、PIHP(doxorubicin 90mg/m2)を追加した。肝切除、腫瘍栓摘出、PIHPにより腫瘍マーカーは術前AFP 20ng/mL、PIVKA-II 6,017 mAU/mL→PIHP後AFP 3ng/mL、PIVKA-II 43mAU/mLと正常化し、現在術後10ヵ月無再発生存中である。dual Txは高度血管侵襲を伴う進行HCCにおいて、中・長期予後を実現できる最も強力な治療戦略である。dual Txが奏効したVp4 HCCの1症例を経験したので報告する。(著者抄録)
  • 肝細胞癌術後リンパ節再発に対しリンパ節切除術と経皮的肝灌流化学療法を施行し長期生存を得た1例, 津川 大介, 福本 巧, 楠 信也, 土田 忍, 千堂 宏義, 木戸 正浩, 高橋 応典, 武部 敦志, 粟津 正英, 片岡 庸子, 松本 逸平, 味木 徹夫, 堀 裕一, 鈴木 知志, 黒田 大介, 具 英成, 癌と化学療法, 37, 12, 2312, 2314,   2010年11月
    概要:肝細胞癌術後多発リンパ節再発・肝内再発に対し、リンパ節切除術と経皮的肝灌流化学療法(percutaneous isolated hepatic perfusion:PIHP)を中心とした集学的治療で長期生存を得た1例を経験した。症例は70歳、男性。1999年肝細胞癌(hepatocellular carcinoma:HCC)に対し、肝動脈化学塞栓療法を施行。2000年多発HCC再発に対し、肝部分切除術を施行された。2002年総肝動脈〜固有肝動脈周囲のリンパ節再発と肝内再発を指摘され、腹部リンパ節切除術、ラジオ波焼灼療法を施行。術後にPIHP施行し、以降4年間無再発であった。その後3回の肝内再発を認めたが、局所治療が奏効し初回治療から10年、リンパ節切除術より8年経過した現在、無病生存中である。(著者抄録)
  • スペーサー手術と粒子線治療による2段階治療が有効であった仙骨脊索腫の1例, 高橋 応典, 福本 巧, 楠 信也, 土田 忍, 木戸 正浩, 武部 敦志, 粟津 正英, 片岡 庸子, 松本 逸平, 味木 徹夫, 堀 裕一, 鈴木 知志, 黒田 大介, 村上 昌雄, 菱川 良夫, 具 英成, 癌と化学療法, 37, 12, 2804, 2806,   2010年11月
    概要:症例は80歳、女性。2006年より両足のしびれを訴えたが、近医にて脊椎管狭窄症と診断され放置していた。2009年2月、肛門周囲のしびれ感が出現し、CTおよび生検にて仙骨脊索腫と診断された。腫瘍は径12cmで仙骨のS3に浸潤し、手術は不可能であった。またRa、Rbで直腸と接しているため粒子線の根治的照射治療も困難で2段階治療の適応と考えた。まず、開腹下に仙骨前面の腫瘍と直腸の間にゴアテックスシートをスペーサーとして挿入し、創の治癒を待って粒子線を計70.4GyE/32Fr照射した。照射2ヵ月後には腫瘍径は縮小を示し、8ヵ月後の現時点で局所制御と膀胱および直腸機能は良好である。スペーサー手術と粒子線を組み合わせた2段階治療は切除不能かつ粒子線による根治的照射不可能な仙骨脊索腫に対する第一適応になると考えられた。(著者抄録)
  • 妊娠20週妊婦の胆石胆嚢炎に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した1例, 友野 絢子, 岡崎 太郎, 松本 逸平, 味木 徹夫, 具 英成, 日本腹部救急医学会雑誌, 30, 6, 835, 838,   2010年09月
    概要:症例は34歳の妊婦。妊娠前より胆嚢結石を指摘されていたが,無症状であったため放置していた。妊娠10週目に突然の腹痛のため近医を受診し,胆石胆嚢炎と診断され当院に紹介された。中等症急性胆嚢炎に対し絶食,抗菌薬投与により軽快したが,手術適応ありと判断し,妊娠20週目に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した。子宮底を臍上2横指の位置に認めたため,第1トロカーを臍上3横指においた。胆嚢は肝床部に強固に癒着し,内部に混合石を認めた。母・胎児共に術後経過は順調で,第5病日に退院した。今回,妊娠時の胆石胆嚢炎に対し安全に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行し得た1例を経験したので,同手術を施行する際の留意点を中心に報告する。(著者抄録)
  • 【先端的画像支援による肝胆道手術】 3D-CT 3D-CT胆管バーチャル画像支援による肝門部胆管癌手術, 平田 建郎, 味木 徹夫, 上野 公彦, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 手術, 64, 9, 1237, 1242,   2010年08月
  • 膵頭十二指腸切除術後の上腸間膜動脈仮性動脈瘤出血に対し動脈バイパス術を施行し救命しえた1例, 椋棒 英世, 松本 逸平, 白川 幸代, 外山 博近, 新関 亮, 辻村 敏明, 味木 徹夫, 堀 裕一, 福本 巧, 具 英成, 日本消化器外科学会雑誌, 43, 5, 548, 553,   2010年05月
    概要:症例は61歳の男性で,膵頭部癌に対して膵頭十二指腸切除術(Pancreatoduodenectomy;以下,PDと略記)を施行した.術後10日目に膵空腸吻合部ドレーンから大量出血を認め,出血性ショックとなった.血管造影検査で上腸間膜動脈(Superior mesenteric artery;以下,SMAと略記)根部に径1cmの仮性動脈瘤を認め,同部からの出血と判明した.仮性動脈瘤がSMA根部にあったため,Interventional radiology(以下,IVRと略記)による止血は不可能と判断し,緊急手術を施行した.手術は残膵全摘,SMA縫合閉鎖,左大伏在静脈による右総腸骨動脈-SMAバイパス術を施行した.術後CTではSMA本幹からの血流はなく,腸管血流はグラフト経由で供給されていた.PD術後の仮性動脈瘤大量出血に対しIVR施行困難例では躊躇なく積極的な外科手術を考慮すべきと考えられた.(著者抄録)
  • 【手術機器の使い方 基本と応用】 開腹手術用機器 鉗子, 松本 逸平, 福本 巧, 具 英成, 手術, 64, 6, 723, 727,   2010年05月
  • 【外科当直医必携】 救急外来当直医必携 症状別の初療と診断のすすめ方 呼吸困難, 松本 逸平, 味木 徹夫, 具 英成, 消化器外科, 33, 5, 650, 652,   2010年04月
  • 腹腔鏡補助下膵体尾部切除術を施行した主膵管型膵管内乳頭粘液性腺癌の1例, 松本 逸平, 黒田 大介, 新関 亮, 外山 博近, 辻村 敏明, 金 英植, 高瀬 至郎, 木戸 正浩, 藤田 恒憲, 味木 徹夫, 黒田 嘉和, 具 英成, 膵臓, 23, 5, 594, 599,   2008年10月
    概要:59歳女性。直腸腫瘍による排便時出血を主訴に来院し、腹部CTで膵体尾部に4cmの嚢胞性腫瘍を認めた。精査の結果、主膵管型膵管内乳頭粘液性腺癌(intraductal papillary mucinous carcinoma、以下IPMC)と診断した。術前診断では腫瘍は膵体尾部に限局し、明らかな浸潤所見は認めなかった。術中所見でも浸潤癌の所見なく腹腔鏡補助下膵体尾部切除を施行した。腹腔鏡下に膵体尾部脾臓を後腹膜より剥離し、上腹部正中に6cmの皮切をおき小開腹にて体外へ誘導した。超音波外科吸引装置(CUSA)を用いて膵を切離、主膵管を結紮切離し、切除を終了した。術後病理でIPMC(pTis,pN0,M0,Stage 0)と最終診断し、術後第12日目に退院した。本症例ではCUSAを用いた膵実質切離手技を腹腔鏡補助下膵切除に応用し術後経過良好であった。IPMCに対しても詳細な術前・術中診断を行い、症例を選択すれば腹腔鏡を用いた低侵襲手術が可能と考えられた。(著者抄録)
  • 重症急性膵炎における予後判定因子の性差, 安田 武生, 上田 隆, 竹山 宜典, 新関 亮, 沢 秀博, 中島 高広, 松本 逸平, 味木 徹夫, 具 英成, 黒田 嘉和, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 9, 1669, 1676,   2008年09月
    概要:はじめに:性別によって侵襲に対する反応性や臨床転帰が異なることが注目されている.今回,重症急性膵炎における性差を検討し,男女別に入院時予後判定因子を解析した.方法:厚生労働省重症度判定基準による重症急性膵炎自験例146例(男108,女38)を男女間で比較検討し,男女別に入院時検査成績において生存群と死亡群の間で有意差のある因子を検索した.結果:年齢は女性が有意に高く,成因は男性でアルコール性,女性で胆石性と特発性が有意に多かった.男女間で入院治療経過に差はなかった.男性における入院時予後判定因子はBE,BUN,Cr,Ca,BS,LDH,AST,PT,T-Bil,PaO2であり,女性における入院時予後判定因子はリンパ球数,BUN,Crであった.特に,BE(mEq/L)は男性では生存群の-0.8±0.8mEq/Lに対し死亡群で-7.1±1.2mEq/Lと有意に低かったが(P<0.001),女性では差は認めなかった.リンパ球数(/mm3)は男性では差は認めなかったが,女性では生存群の1,101±211/mm3に対し死亡群で539±74/mm3と有意に低かった(P=0.03).考察:重症急性膵炎において性別により入院時予後判定因子が異なることが明らかとなり,BUN,Crは性差のない予後判定因子,BEは男性特有の予後判定因子,リンパ球数は女性特有の予後判定因子である可能性が示唆された.(著者抄録)
  • State of the Art 両葉多発肝転移で発見された十二指腸カルチノイドの1例, 白川 幸代, 木戸 正浩, 文 宣貴, 木下 秘我, 松本 逸平, 富永 正寛, 岩崎 武, 福本 巧, 具 英成, 林 祥剛, 肝胆膵画像, 10, 2, 167, 170,   2008年03月
    概要:症例は52歳女性で、腹部膨満感を主訴とした。検診の腹部超音波で肝腫瘤を指摘され前医を受診し、CTで肝両葉に多発する嚢胞性腫瘤を認め、肝生検にて肝細胞癌と診断され、TACEを施行されるも効果なく、外科的治療目的で当院紹介となった。入院後、肝細胞癌に対する右葉下区域切除、内側下区域切除およびS1、S2、S7、S8の部分切除を施行したところ、病理組織学的に内分泌腫瘍の肝転移が疑われた。全身検索を行った結果、上部消化管内視鏡・十二指腸造影にて十二指腸下行脚、Vater乳頭の対側に隆起性病変が確認され、十二指腸楔状切除術を施行し、最終的に十二指腸カルチノイドの両葉多発肝転移と診断した。肝切除後2年経過した現在、無再発生存中である。
  • 重症急性膵炎における肺障害合併例の検討, 沢 秀博, 上田 隆, 竹山 宜典, 安田 武生, 新関 亮, 松村 直樹, 中島 高広, 松本 逸平, 藤田 恒憲, 味木 徹夫, 藤野 泰宏, 黒田 嘉和, 膵臓, 22, 4, 470, 478,   2007年08月
    概要:重症急性膵炎105例を対象とし肺障害合併例を検討した。経過中の肺障害合併例は50%であった。肺障害合併例の入院時重症度や壊死性膵炎の頻度は有意に高かった。肺障害合併群と非合併群の間で入院時に有意差を認めた因子はBE,BUN、クレアチニン、血糖、LDH,CRP、リンパ球数、カルシウム、総蛋白、好中球エラスターゼであった。肺障害合併例の感染併発率は48%、死亡率は58%と有意に高かった。肺障害合併例を肺障害単独例と多臓器障害例に分けると、多臓器障害例の感染併発率は56%、死亡率は68%と有意に高かった。肺障害合併例の入院時予後予測因子はAST,ALT、総ビリルビン、クレアチニン、カルシウム、LDHであった。入院時肺障害、早期肺障害、後期肺障害での膵手術施行率は、それぞれ47%,0%,75%であり、死亡率はそれぞれ63%,10%,83%であった。いずれの時期の肺障害においても肺障害単独例に比して多臓器障害例で死亡率は高かった。重症急性膵炎において肺障害合併率は高く、肺障害合併例(特に多臓器障害例)の感染併発率や死亡率は高かった。入院時や後期の多臓器障害としての肺障害は予後不良であり、感染対策を含めた全身管理が必要である。(著者抄録)
  • 左側胆嚢に対し腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した1例, 藤田 恒憲, 味木 徹夫, 松本 拓, 岡崎 太郎, 松本 逸平, 黒田 嘉和, 日本内視鏡外科学会雑誌, 12, 4, 403, 407,   2007年08月
    概要:40歳代女。患者は右季肋部痛を主訴とした。腹部MRIおよびMRCPでは胆嚢は虚脱し変形が強く、萎縮胆嚢であった。胆嚢内には径8mm大の結石像が1個認められ、胆嚢管は長く、総胆管の背側を併走し下部胆管で左側より合流していた。また、胆嚢体頸部が肝十二指腸間膜前面にまたがる様に位置し、周囲との癒着が著明であった。以上より、胆嚢管を切離し、頸部から底部に向けて胆嚢の切離を進めたが、胆嚢体部は肝門部の腹側に位置し総胆管前面と強固に癒着していた。切除標本の組織所見では漿膜下にリンパ濾胞を伴うリンパ球主体の炎症細胞浸潤みられ、腫瘍性病変は認めなかった。結石は径12mm大の混合石を1個認め、術後は経過に問題なく、第5病日目に患者は退院となった。
  • 重症急性膵炎における血液凝固線溶系の異常, 中島 高広, 上田 隆, 竹山 宜典, 安田 武生, 新関 亮, 沢 秀博, 松本 逸平, 藤田 恒憲, 味木 徹夫, 藤野 泰宏, 鈴木 康之, 黒田 嘉和, 膵臓, 22, 2, 110, 116,   2007年04月
    概要:重症急性膵炎における血液凝固線溶系の異常をretrospectiveに検討した。自験例では入院時から凝固線溶系の異常が高率に認められた。特にThrombin-antithrombin III complex(TAT)とD-dimerの異常発現率は100%であった。厚生労働省重症度スコアとの相関関係はProthrombin time-international normalized ratio(PT-INR)とTATが正の相関関係を、血小板が負の相関関係を示した。また、入院時TATはStage 2よりもStage 3,4において高値を示した。生存群に比して死亡群において、PT-INRは有意に延長し、TATは高値を示した。入院時PT-INRが1.15以上の症例や入院時TATが45ng/ml以上の症例では死亡率が有意に高かった。以上より、重症急性膵炎において入院時TATは重症度や予後予測のマーカーとして有用である可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 術前診断しえた膵lymphoepithelial cystの1例, 加茂田 泰久, 藤野 泰宏, 上田 隆, 安田 武生, 松本 逸平, 外山 博近, 黒田 嘉和, 膵臓, 22, 2, 123, 129,   2007年04月
    概要:術前診断しえた膵lymphoepithelial cyst(LEC)の1例を経験したので報告する。症例は69歳男性。腹部超音波検査・腹部CTにて膵腫瘍を指摘され精査目的にて入院となった。血液生化学検査では、CA19-9が727U/mlと上昇を認めた。MRIでは粘稠度の高い内容物を含むと考えられた。内視鏡的逆行性膵管造影では主膵管の拡張や透瞭像、腫瘤との交通も認めなかった。血管造影検査では、腫瘍壁の一部が濃染された。LECと考え開腹手術を施行した。摘出標本では5.0cm大の弾性軟な腫瘤で、内部は多嚢胞性で割面はチーズ状の白濁したfluidを認めた。膵LECは膵嚢胞性疾患でも比較的稀な疾患であり、中高年の男性に多い傾向を認め、他疾患の経過観察中に発見され、無症状のことが多い。膵嚢胞性疾患の診断には、形態のみならず、性別、内容物など多方面からみることが重要と考えられた。(著者抄録)
  • 【「急性膵炎の診療ガイドライン」によって診療行為がどう変わったか?】 当科における重症急性膵炎の治療成績, 安田 武生, 上田 隆, 竹山 宜典, 中島 高広, 沢 秀博, 新関 亮, 松本 逸平, 味木 徹夫, 藤野 泰宏, 鈴木 康之, 黒田 嘉和, 日本腹部救急医学会雑誌, 27, 3, 481, 485,   2007年03月
    概要:(1)目的・方法,当科では1990年以降,重症急性膵炎を139例経験している。治療方針として,1995年より動注療法,ロングチューブからの経腸栄養を導入し,1999年以降は現在の「急性膵炎の診療ガイドライン」に一致した形となっている。今回治療方針の変遷により,前期(1990〜1995年)52例,中期(1995〜1999年)27例,後期(1999年以降)60例の三群に分け,治療成績を解析した。(2)結果,三群間で年齢,性別,成因,重症度に差はなかった。動注療法と経腸栄養の施行率は,前期から後期にかけ,著明に増加していた。経過中の臓器障害併発率や感染併発率に差はなかった。しかし,膵に対する手術施行率は,前期40%,中期22%,後期17%と有意に減少し,死亡率も,前期37%,中期30%,後期22%と改善していた。(3)結語,重症急性膵炎において「急性膵炎の診療ガイドライン」に即した治療は手術を回避し,死亡率を改善していた。その理由として動注療法と経腸栄養の有用性が示唆された。(著者抄録)
  • 【膵癌化学療法の最前線】 浸潤性膵管癌に対するgemcitabineを用いた化学療法の成績, 藤野 泰宏, 松本 逸平, 外山 博近, 高瀬 至郎, 神垣 隆, 上田 隆, 黒田 嘉和, 膵臓, 22, 1, 30, 35,   2007年02月
    概要:Gemcitabine hydrochloride(GEM)が導入された2001年4月以降の浸潤性膵管癌症例の治療成績について検討した。対象は教室にて治療した浸潤性膵管癌125例で、男女比は72:53、平均年齢64.3歳、治療は膵切除56例、姑息手術9例、試験開腹術5例、非切除55例、Stageはstage II 2例、III13例、IV a45例、IV b65例、また放射線療法4例、化学療法95例(GEM93例)に施行。膵管癌全体の1生率43%、2生率14%。膵管癌全体の単変量解析ではGEM(p=0.013)と膵切除(p=0.001)が予後に影響を及ぼし、多変量解析では膵切除(p<0.001)が最も予後に寄与した。切除不能例に対する膵動注塞栓療法では、grade III以上の有害事象はなく1例でPRを認めた。浸潤性膵管癌に対してGEMによる化学療法が予後を延長する上で重要であった。(著者抄録)
  • 動脈塞栓術にて救命し得たhemosuccus pancreaticusを呈した胃十二指腸動脈仮性動脈瘤破裂の1例, 松本 逸平, 上田 隆, 味木 徹夫, 安田 武生, 藤田 恒憲, 藤野 泰宏, 鈴木 康之, 黒田 嘉和, 日本消化器病学会雑誌, 103, 12, 1397, 1402,   2006年12月
    概要:症例は55歳男性、常習飲酒家。2005年5月、意識消失にて近医へ救急搬送された。貧血を指摘され、上部消化管内視鏡検査を施行した所、十二指腸Vater乳頭から少量の出血を認めた。以後精査予定であったが第3病日、突然大量下血をきたし出血性ショックに陥った。腹部単純CTで膵の石灰化と膵頭部に径20mmの淡い高吸収域を認め、造影CTでは内部に強く造影される領域を認めた。膵仮性嚢胞内への仮性動脈瘤破裂と診断され、当院へ紹介となった。腹部血管造影検査では胃十二指腸動脈に径15mmの動脈瘤を認め、これに対し経カテーテル的動脈塞栓術を施行した。術後再出血や瘤の再発は認めず、術後9ヵ月目に施行したERCPでは主膵管と交通する動脈瘤塞栓部位に一致する仮性嚢胞を認めた。アルコール性慢性膵炎に合併した仮性動脈瘤が嚢胞内へ穿破し、hemosuccus pancreaticusを呈したものと診断した。(著者抄録)
  • 肝内側区域形成不全にChilaiditi症候群とsuprahepatic gallbladderを合併した胆石胆嚢炎の1例, 岡崎 太郎, 味木 徹夫, 藤田 恒憲, 松本 逸平, 鈴木 康之, 黒田 嘉和, 日本臨床外科学会雑誌, 67, 8, 1868, 1872,   2006年08月
    概要:症例は70歳,男性.前医にて胆石胆嚢炎の診断で緊急手術を施行された.胆嚢は横行結腸と癒着し,摘出困難であったために,胆嚢切開後排石・外瘻術が施行されたが,退院後に発熱,右季肋部痛などを認め,当科紹介入院となった.腹部単純X線検査で右横隔膜下にガス像を,注腸検査では結腸肝彎曲部が右横隔膜下に入り込んだ像を認め,Chilaiditi症候群と診断した.また,腹部CT検査では肝内側区域形成不全を認め,胆嚢は肝前面に位置し(suprahepatic gallbladder),結石を伴い全周性の壁肥厚を認めた.これに対して,開腹胆嚢摘出術を施行した.肝葉形成不全は稀な病態であり,Chilaiditi症候群やsuprahepatic gallbladderの成因となりうると考えられた.(著者抄録)
  • 重症急性膵炎で発症した戸谷IV-A型先天性胆道拡張症の1例, 松本 逸平, 味木 徹夫, 沢 秀博, 藤田 恒憲, 上田 隆, 藤野 泰宏, 鈴木 康之, 黒田 嘉和, 日本消化器外科学会雑誌, 39, 3, 323, 328,   2006年03月
    概要:先天性胆道拡張症・膵胆管合流異常症はしばしば急性膵炎で発症するが,そのほとんどは軽症例である.今回,我々は重症急性膵炎で発症した戸谷IV-A型先天性胆道拡張症の1例を経験したので報告する.症例は68歳の女性で,生来健康であったが,2004年12月突然上腹部痛・嘔吐が出現し近医へ救急搬送された.精査にて重症急性膵炎(厚労省重症度スコアー6点,Stage 2)と診断され治療が開始されるも軽快傾向認めず,第2病日に当院へ紹介となり,膵炎に対する保存的治療を行った.膵炎軽快後のmagnetic resonance cholangiopancreatographyおよびERCPにて戸谷IV-A型先天性胆道拡張症と診断した.膵炎発症後44日目に嚢腫胆管切除,肝管空腸吻合術を施行した.手術時,膵炎の影響のため膵内胆管の剥離が困難で膵側胆管切離は膵上縁のレベルで行った.重症急性膵炎の成因として本症は念頭におくべき疾患であり,悪性病変の合併を認めない場合は,嚢腫胆管の完全切除のためには膵炎の影響が十分消退してから手術を行うのが望ましいと考えられた(著者抄録)
  • 原因不明の難治性腹水に対し腹腔鏡が有用であった2例, 川崎 健太郎, 市原 隆夫, 後藤 直大, 土田 忍, 味木 徹夫, 松本 逸平, 藤野 泰宏, 鹿股 直樹, 宮崎 博之, 生田 肇, 黒田 嘉和, Gastroenterological Endoscopy, 48, 2, 198, 203,   2006年02月
    概要:症例1(62歳男性).腹部膨満感を主訴とし近医を受診,腹水を指摘され,細胞診で腺癌Class IVであったが原発不明であった.全身麻酔下に腹腔鏡を施行したところ,腹壁や横隔膜に散在する白色の結節を認め,病理所見から悪性中皮腫と診断された.抗癌剤治療を行ったが,癌性悪液質のため術後17日目に死亡となった.症例2(64歳男性).58歳時から糖尿病性腎症で血液透析を行っていた.同時期から腹水の貯留がみられ,頻回の腹水穿刺ドレナージを要していた.精査目的で全身麻酔下に腹腔鏡を施行した結果,臓器は全て硬く厚い白色の被膜に覆われていた.培養でEnterococcus faecalisが検出された.病理所見で腹膜は細胞成分に乏しく,フィブリンが付着しており非特異的慢性炎症像を呈していた.腹腔内の所見とあわせ,被嚢性腹膜硬化症と診断し,培養結果による抗生剤投与を行ったところ,腹水は減少し,炎症所見は改善した
  • 重症急性膵炎における感染性合併症対策, 上田 隆, 竹山 宜典, 安田 武生, 沢 秀博, 中島 高広, 松本 逸平, 藤田 恒憲, 味木 徹夫, 藤野 泰宏, 鈴木 康之, 黒田 嘉和, 消化と吸収, 28, 1, 19, 22,   2006年02月
    概要:壊死性膵炎75例と重症急性膵炎101例を対象に,蛋白分解酵素阻害薬・抗菌薬持続動注療法(動注療法),選択的消化管除菌(SDD),経腸栄養(EN)の治療成績を比較検討した.その結果,治療法別に,壊死性膵炎は動注療法施行群(動注+群)32例と動注非施行群(動注-群)43例に,重症急性膵炎はSDD及びENの有無別でSDD(-)EN(-)群(A群)23例,SDD(+)EN(-)群(B群)34例,SDD(+)EN(+)群(C群)44例に分類された.動注(+)群は動注(-)群に比べ感染併発率,手術施行率,死亡率が有意に低く,C群はA群,B群に比べて臓器障害併発率,手術施行率,死亡率共に低い傾向が見られた
  • 胆石性重症急性膵炎の検討, 中島 高広, 上田 隆, 竹山 宜典, 安田 武生, 松村 直樹, 沢 秀博, 松本 逸平, 藤田 恒憲, 味木 徹夫, 藤野 泰宏, 鈴木 康之, 黒田 嘉和, 膵臓, 20, 5, 427, 434,   2005年10月
    概要:胆石性重症急性膵炎(GSAP)の特徴を明らかにするため,26症例を対象にアルコール性重症急性膵炎(ASAP)66症例と比較した.GSAPは高齢の女性に多く,入院時のAPACHE IIスコアが高かったが壊死性膵炎は少なかった.入院時検査でGSAPとASAPの間で有意差を認めた因子はALT,amylase,BUNで,ALTのカットオフ値を160IU/lに設定とすると,GSAPの陽性率が有意に高かった.特殊治療施行率,治療成績に有意差はなかったが,EST/ENBDや特殊治療の導入以降,GSAPの死亡率は有意に低下した.GSAPの生命予知予後因子はBUN,Cr,LDH,Ca,感染併発予知因子はLDH,BUN,臓器障害併発予知因子はLDHであった.特に,入院時LDHのカットオフ値を1000IU/lに設定とすると,臓器障害併発率,感染併発率,死亡率が有意に高かった.但し,これらの結果はGSAPに特有なものではなかった.GSAPにおいては成因の判別因子としてALT,経過の予知因子としてLDHが有用と考えられた
  • 重複胆嚢管の1例, 松本 逸平, 味木 徹夫, 沢 秀博, 上田 隆, 藤野 泰宏, 黒田 嘉和, 日本臨床外科学会雑誌, 66, 5, 1151, 1155,   2005年05月
    概要:症例は72歳,女性,主訴は上腹部痛・嘔吐で,精査にて胆石性重症急性膵炎と診断された.膵炎に対する治療を行った後,胆石症に対し腹腔鏡下胆嚢摘出術を待機的に施行した.術前腹部超音波検査では胆嚢内に3〜5mm大の結石を多数認めた.MRCP(magnetic resonance imaging cholangiopancreatography)では胆道系に異常を認めなかったが,術中胆道造影で総胆管に流入する2本の胆嚢管を認め重複胆嚢管と診断した.重複胆嚢管は胆嚢管走行異常の中でも極めて稀と報告されている.手術に際し,胆嚢管の走行異常を疑った場合には,重複胆嚢管の存在も念頭におき,術中胆道造影の施行が必須であると考えられた.また,自験例を含む報告例27例の集計を行い,検討を行った(著者抄録)
  • ADM,CDDP,ETP,5-FU併用療法にて完全緩解を得られた進行胃癌の1例 血清SCC上昇に関する一考察, 仁木 敏晴, 松本 逸平, 西崎 朗, 井上 弘樹, 濱野 建一, 前田 哲男, 奥谷 俊夫, 廣畑 成也, 中島 卓利, 安武 晃一, 川口 勝徳, 指方 輝正, 癌と化学療法, 30, 1, 117, 120,   2003年01月
    概要:65歳男.体重減少を主訴として上部内視鏡検査で幽門部を占拠する3型胃癌を認め,低分化型腺癌と診断された.幽門側胃切除術を施行後に手術では切除不能であった広範なリンパ節転移に対してACVF法による化学療法を4クール行い,第3クール終了後にCT上リンパ節を指摘できなくなった.以後,TS-1を5クール投与して14ヵ月間無再発経過観察中であり,術前にCEAだけでなくSCCの上昇も見られたが,化学療法後に正常化した.免疫組織学的検討から腺癌からのSCC分泌が示唆された
  • 大腸多発癌の臨床的検討, 中江 史朗, 川口 勝徳, 沢 秀博, 松本 逸平, 高松 学, 浜岡 剛, 金田 邦彦, 藤原 澄男, 寒原 芳浩, 河野 範男, 日本消化器外科学会雑誌, 34, 12, 1718, 1726,   2001年12月
    概要:大腸多発癌について臨床病理学的に検討した.対象は,最近16年間の大腸癌切除828例で,多発癌は64例(7.7%)で,同時性47例,異時性17例であった.同時性の102病巣の分布は単発癌と差は無く,異時性第1癌は単発より左側が有意に高率であった.第1〜第2癌までは最長18年(平均7年3ヵ月)であった.多発癌で単発癌より高率であった因子は腺腫の存在(多発93.3%,単発73.1%),胃癌の合併(多発12.8%,単発4.8%)であった.以上より,多発癌のリスクファクターとして腺腫の存在,胃癌の合併,および家族歴の存在が考えられ,異時性第2癌の早期発見にはこれらの因子を念頭に置き,術後も全大腸内視鏡による定期的なfollow upが重要と思われた
  • 大腸癌・胃癌の組織内Thymidylate Synthase(TS)とDihydropyrimidine Dehydrogenase(DPD)活性の検討, 中江 史朗, 国安 哲夫, 川口 勝徳, 譜久山 仁, 松本 逸平, 小西 宗治, 金田 邦彦, 河村 貴, 寒原 芳浩, 河野 範男, 日本消化器外科学会雑誌, 33, 7, 897, 897,   2000年07月
  • 胃原発性悪性リンパ腫症例の検討 胃癌取扱い規約第12版からみた検討, 和田 哲成, 石川 羊男, 松本 逸平, 日本臨床外科医学会雑誌, 57, 4, 794, 797,   1996年04月
    概要:過去20年間に当科で手術を施行した15例の胃原発性悪性リンパ腫症例を,第12版の胃癌取扱い規約に基づいてretrospectiveに検討した.深達度ではmpまでの例,stageではIIまでの例の5生率は100%であり,n(+)の例の予後が不良である可能性が示唆された.しかし,総合的根治度がAとB症例の5生率は100%で,C症例は43ヵ月以内に全例が死亡したことより,総合的根治度がA及びBとなる例に対しては積極的に外科的治療を行うことが必要と考えられた.術前の精査で総合的根治度がCと予測される例に対しての外科的評価は低いと考えられた