KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

村田 哲ムラタ アキラ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位医学博士
専門神経生理学 神経科学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/664-murata-akira.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    大脳の高次機能、特に感覚運動制御や空間認知、ミラーニューロン、身体感覚、頭頂連合野、運動前野が専門です。約2年間イタリアParma大学のRizzolatti教授の研究室に留学しておりました。

研究活動情報

研究分野

  • 脳科学, 基盤・社会脳科学
  • 神経科学, 神経科学一般

研究キーワード

  • 包括脳ネットワーク, ミラーニューロン, 頭頂連合野, 運動前野, ボディイメージ, 単一ニューロン活動, 自己, 身体感覚, 遠心性コピー, 他者, サル, 視覚フィードバック, 感覚フィードバック, 感覚運動制御, 腹側運動前野, 模倣, 視覚運動制御, 下頭頂小葉, 手の運動制御, 情報量, 両眼立体視, AIP野, PF野, 身体性, 内部モデル, 空間視, 手指操作運動, 手操作運動, 運動制御

論文

  • The body and objects represented in the ventral stream of the parieto-premotor network., Murata A, Wen W, Asama H, Neuroscience research, 104, 4, 15,   2016年03月, 査読有り
  • Body representation in the brain., Naito E, Ota J, Murata A, Neuroscience research, 104, 1, 3,   2016年03月, 査読有り
  • Functional properties of parietal hand manipulation-related neurons and mirror neurons responding to vision of own hand action., Maeda K, Ishida H, Nakajima K, Inase M, Murata A, Journal of cognitive neuroscience, 27, 3, 560, 572,   2015年03月, 査読有り
  • 座標系, 前田和孝 村田哲, 脳科学辞典,   2015年, 査読有り
  • 空間知覚, 村田哲, 脳科学辞典,   2014年, 査読有り
  • Continuous decoding of grasping tasks for a prospective implantable cortical neuroprosthesis., neuroengineering, Journal of neuroengineering and rehabilitation, 9, 84,   2012年11月, 査読有り
  • Body schema as a link between motor control and cognitive function., Proceeding ICME International Conference on Complex Medical Engineering, 467, 470,   2012年, 査読有り
  • Decoding the activity of grasping neurons recorded from the ventral premotor area F5 of the macaque monkey., Carpaneto J, Umilta MA, Fogassi L, Murata A, Gallese V, Micera S, Raos V, Neuroscience., 188, 80, 94,   2011年, 査読有り
  • Time course of information representation of macaque AIP neurons in hand manipulation task revealed by information analysis., Sakaguchi Y, Ishida F, Shimizu T, Murata A, Journal of neurophysiology, 104, 6, 3625, 3643,   2010年12月, 査読有り
  • Shared mapping of own and others' bodies in visuotactile bimodal area of monkey parietal cortex., Ishida H, Nakajima K, Inase M, Murata A, Journal of cognitive neuroscience, 22, 1, 83, 96,   2010年01月, 査読有り
  • Object-centered position coding for hand manipulation action in the parietal cortex of the monkey, 3rd international Symposium of Mobiligence on Awaji, 38, 41,   2009年, 査読有り
  • Cortical connections of the macaque anterior intraparietal (AIP) area., Borra E, Belmalih A, Calzavara R, Gerbella M, Murata A, Rozzi S, Luppino G, Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991), 18, 1094, 1111,   2008年05月, 査読有り
  • 手操作運動課題におけるサルAIP野ニューロンの情報量解析 , 清水崇司 石田文彦 村田 哲 阪口 豊, 電子情報通信学会技術研究報告書, 107, 157, 1, 6,   2007年
  • Bodily self and others representation in the brain, 2nd International symposium on the Mobiligence in Awaji, 30, 33,   2007年, 査読有り
  • Representation of others body parts by visuo-tactile bimodal neuron in area VIP, 2nd International symposium on the Mobiligence, 109, 112,   2007年, 査読有り
  • 自己と他者の身体の脳内表現(オーガナイズドセッション「手」(1),「手」,「感性情報処理」及びヒューマン情報処理一般), 村田 哲, 石田 裕昭, 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理, 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理, 106, 410, 41, 44,   2006年11月
    概要:運動と同時に起こる実際の体性感覚や視覚フィードバックと遠心性コピーとの照合が、ミラーニューロンシステムを含む頭頂連合野と運動前野とのネットワークで行われている可能性がある.このシステムは,運動の主体の認識に関わり,自己と他者の区別に関わると考えられる.また,頭頂葉には自己と他者が同時に表現される領域も見つかった.脳内の自己と他者の認識のメカニズムについて,神経生理学的に概説する.
  • Functional properties of grasping-related neurons in the ventral premotor area F5 of the macaque monkey., Raos V, Umiltá MA, Murata A, Fogassi L, Gallese V, Journal of neurophysiology, 95, 709, 729,   2006年02月, 査読有り
  • PBL テュートリアルコースでの客観的技能試験のトライアル, 松尾 理, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 千葉 惇, 生塩 研一, 岡田 清孝, 上嶋 繁, Journal of Medical Education, 7, 4, 73, 75,   2004年08月
    概要:PBL テュートリアルコースでの学生実習の客観的技能試験を行った。(英文)
  • Natural imitation induced by joint attention in Japanese monkeys., Kumashiro M, Ishibashi H, Uchiyama Y, Itakura S, Murata A, Iriki A, International journal of psychophysiology : official journal of the International Organization of Psychophysiology, 50, 1-2, 81, 99,   2003年10月, 査読有り
  • Selectivity for the shape, size, and orientation of objects for grasping in neurons of monkey parietal area AIP, Akira Murata, Akira Murata, Vittorio Gallese, Giuseppe Luppino, Masakazu Kaseda, Hideo Sakata, Journal of Neurophysiology, 83, 2580, 2601,   2000年06月08日
    概要:In this study, we mainly investigated the visual selectivity of hand- manipulation-related neurons in the anterior intraparietal area (area AlP) while the animal was grasping or fixating on three-dimensional (3D) objects of different geometric shapes, sizes, and orientations. We studied the activity of 132 task-related neurons during the hand-manipulation tasks in the light and in the dark, as well as during object fixation. Seventy-seven percent (101/132) of the hand-manipulation-related neurons were visually responsive, showing either lesser activity during manipulation in the dark than during that in the light (visual-motor neurons) or no activation in the dark (visual-dominant neurons). Of these visually responsive neurons, more than half (n = 66) responded during the object-fixation task (object-type). Among these, 55 were tested for their shape selectivity during the object- fixation task, and many (n = 25) were highly selective, preferring one particular shape of the six different shapes presented (ring, cube, cylinder, cone, sphere, and square plate). For 28 moderately selective object-type neurons, we performed multidimensional scaling (MDS) to examine how the neurons encode the similarity of objects. The results suggest that some moderately selective neurons responded preferentially to common geometric features shared by similar objects (flat, round, elongated, etc.). Moderately selective nonobject-type visually responsive neurons, which did not respond during object fixation, were found by MDS to be more closely related to the handgrip than to the object shape. We found a similar selectivity for handgrip in motor-dominant neurons that did not show any visual response. With regard to the size of the objects, 16 of 26 object-type neurons tested were selective for both size and shape, whereas 9 object-type neurons were selective for shape but not for size. Seven of 12 nonobject-type and all (8/8) of the motor dominant neurons examined were selective for size, and almost all of them were also selective for objects. Many hand-manipulation- related neurons that preferred the plate and/or ring were selective for the orientation of the objects (17/20). These results suggest that the visual responses of object-type neurons represent the shape, size, and/or orientation of 3D objects, whereas those of the nonobject-type neurons probably represent the shape of the handgrip, grip size, or hand-orientation. The activity of motor-dominant neurons was also, in part, likely to represent these parameters of hand movement. This suggests that the dorsal visual pathway is concerned with the aspect of form, orientation, and/or size perception that is relevant for the visual control of movements.
  • サル頭頂連合野の手操作関連ニューロンの操作目標の相対的位置の選択性, SHEIN Win Nyi, 村田 哲, 加世田 正和, 田中 裕二, 酒田 英夫, 日大醫學雜誌, 日大醫學雜誌, 58, 11, 558, 569,   1999年11月01日, 査読有り
  • Largely segregated parietofrontal connections linking rostral intraparietal cortex (areas AIP and VIP) and the ventral premotor cortex (areas F5 and F4), Giuseppe Luppino, Akira Murata, Paolo Govoni, Massimo Matelli, Experimental Brain Research, 128, 181, 187,   1999年01月01日
    概要:Tyro functionally different cortical areas are located in the rostral part of the intraparietal sulcus (IP): the ventral intraparietal area (VIP), along the fundus of the sulcus, and the anterior intraparietal area (AIP), rostral in the lateral bank. VIP and AIP have functional properties comparable to these of the ventral premotor areas, F4 and F5, respectively. The aim of this study was to establish whether these intraparietal and premotor areas have direct and specific anatomical connections. Neural tracers were injected in F4, F5, and AIP in three macaque monkeys. The results showed that F4 and F5 are targets of strong projections from VIP and AIP, respectively, and that the linkage between F5 and AIP is highly selective. These data support the nation that parietofrontal connections selectively link areas displaying similar functional properties and form largely segregated anatomical circuits. Each of these circuits is possibly dedicated to specific aspects of sensorimotor transformations. In particular, the AIP-F5 circuit should play a crucial role in visuomotor transformation for grasping, the VIP-F4 circuit is possibly involved in peripersonal space coding for movement.
  • サル頭頂葉の手操作関連ニューロンの視覚反応について : 三次元物体の形態と方位に対する選択性, 宮下 有紀子, SHEN Win Nyi, 村田 哲, 田中 裕二, 酒田 英夫, リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 35, 12, 926, 935,   1998年12月, 査読有り
    概要:2頭のサルに様々な形態の三次元物体を操作させ, 頭頂葉の手操作関連ニューロンの反応を記録し, 明暗の差によって視覚的反応を分離して調べた. 操作対象の注視だけで反応する対象型ニューロンの中には複雑な形態に高い選択性を示すニューロンが多く, 対象の軸の方位に選択性を示すニューロンや, 対象の形態と方位の両方に選択性を示すニューロンもあった. 一方, 対象の注視だけでは活動しない非対象型ニューロンの中にも複雑な形態を操作する際に選択的に反応するニューロンが多かった. 記録部位はヒトにおいてもfMRIで手操作時の活動が報告されており, これらのニューロンは高次の視覚情報を統合し手操作運動の調節に関与すると思われた.
  • Neural coding of 3D features of objects for hand action in the parietal cortex of the monkey., Sakata H, Taira M, Kusunoki M, Murata A, and Tanaka Y, Phil. Trans. R. Soc. Lond., B, 353, 1241, 1244,   1998年
  • Object representation in the ventral premotor cortex( area F5) of the monkey., Akira Murata, Luciano Fadiga, Leonardo Fogassi, Vittorio Gallese, Vassilis Raos and Giacomo Rizzolatti., J. Neurophysiol, 78, 2226, 2230,   1997年, 査読有り
  • The Roles of the parietal association cortex in depth perception, H.Sakata, M. Taira, A. Murata, V. Gallese, Y. Tanaka, E. Shikata, and M. Kusunoki, Trends in Neurosciences, 20, 8, 350, 357,   1997年, 査読有り
  • Parietal neurons related to memory-guided hand manipulation, Akira Murata, Vittorio Gallese, Vittorio Gallese, Masakazu Kaseda, Hideo Sakata, Hideo Sakata, Journal of Neurophysiology, 75, 2180, 2186,   1996年05月29日
    概要:1. We recorded activity of the hand manipulation-task-related neurons in the posterolateral bank of the anterior intraparietal sulcus (area AIP) of the monkey parietal cortex during a delayed hand manipulation task. 2. We examined mainly the object type visual-dominant and visual-and-motor neurons that responded to the sight of objects for manipulation. The majority of these neurons (32 of 48) showed sustained activity during the delay period in the dark before manipulation of preferred objects. 3. Six visual-and-motor neurons showed set related activity be fore the hand manipulation in the dark, so that their delay period activity was likely to be related to motor preparation. 4. The delay period activity of 18 visual-dominant and visual- and-motor neurons without set-related activity was likely to represent spatial features of objects, because the majority of the neurons showed the same selectivity in the shape and/or orientation during object fixation and the delay period. 5. Of these 18 neurons, 10 showed sustained activity in the dark after brief illumination of objects during a light-interrupted fixation task, suggesting that they store the short term memory of objects without the intention to remember. 6. The results suggest that the visual memory of three-dimensional features of objects is likely to be incorporated in area AIP and to be used for the guidance of hand manipulation.
  • Neural mechanisms of visual guidance of hand action in the parietal cortex of the monkey, H. Sakata, M. Taira, A. Murata, S. Mine, Cerebral Cortex, 5, 429, 438,   1995年01月01日
    概要:We studied the functional properties of the hand manipulation task- related neurons (N = 136) in the posterior bank of the intraparietal sulcus (IPS) using four kinds of objects for manipulation. We performed cluster analysis by comparing the profiles of activity of these neurons across objects during manipulation in the light, and classified them into nine groups, four highly selective, four moderately selective, and one nonselective group. Activity profiles of these neurons across objects were analyzed in four task conditions: object manipulation and object fixation both in the light and in the dark. Cells were classified as 'motor-dominant,' 'visual-dominant,' end 'visual end motor' neurons, and the latter two were further subdivided into object type and non-object type. Most of the highly selective neurons (35 of 136) preferred the same object for manipulation in the dark as in the light. The object type 'visual end motor' neurons preferred the same object for manipulation end fixation, suggesting that these neurons play an important role in matching the pattern of hand movement to the visuo-spatial characteristics of the object to he manipulated. A large majority of highly selective hand manipulation neurons were localized in the rostral part of the posterior hank of IPS, which we designated as the anterior intraparietal (ALP) area. We propose a conceptual model of the system for visual guidance of hand action including parietal hand manipulation neurons.
  • サル頭頂連合野における手指操作運動の視覚的制御機構 : ムシモール微量注入による解析, 仁木 奈々子, 村田 哲, GALLESE Vittorio, 泰羅 雅登, 加世田 正和, 酒田 英夫, 日大醫學雜誌, 日大醫學雜誌, 54, 1, 51, 64,   1995年01月, 査読有り
  • Ipsilateral connections of the anterior cingulate cortex with the frontal and medial temporal cortices in the macaque monkey, ARIKUNI Tomio, SAKO Hiroko, MURATA Akira, Neuroscience research : the official journal of the Japan Neuroscience Society, Neurosci Res, 21, 1, 19, 39,   1994年11月, 査読有り
  • Deficit of hand preshaping after muscimol injection in monkey parietal cortex, Vittorio Gallese, Akira Murata, Masakazu Kaseda, Nanako Niki and Hideo Sakata, Neuroreport, 5:, 1525, 1529,   1994年, 査読有り
  • サル頭頂連合野における手指運動関連ニューロンの視覚性入力と運動性入力の関係, 村田 哲, 泰羅 雅登, 加世田 正和, 日大医学雑誌, 51, 1, 70, 79,   1992年01月
    概要:サルに明るい所と暗い所で数種類のスイッチを操作する課題とスイッチを注視する課題をやらせて,ニューロン活動を記録し,視覚性入力と運動性入力の関係を調べた.操作課題に関連するニューロン136個のうち,暗い所で反応しない視覚優位型ニューロン(36個)を除く95個が手指運動関連ニューロンに分類された.その大部分(69/95)は明るい所でも暗い所でも同じスイッチを操作する時に最適の反応を示した.また視覚性入力を受けている視覚・運動型ニューロンの半数(25/50)は明るい所で対象を注視するだけで反応し,その多く(15/25)は操作運動でも注視課題でも同じスイッチに対して最適の反応を示した.以上より,頭頂連合野が対象の空間的特徴と手の運動パターンをマッチさせる機能を持つ
  • 手指操作運動に関連したサル頭頂連合野ニューロンの機能的性質, 村田 哲, 泰羅 雅登, 酒田 英夫, 日大医学雑誌, 50, 11, 919, 924,   1991年11月
    概要:著者等は手の操作運動における頭頂葉の役割を明らかにするため,サルに形や構造の異なる数種類のスイッチを操作する課題を学習させ,課題の実行中に下頭頂小葉(PG野)で単一ニューロン活動を記録した.運動課題に関連して活動する細胞を手指操作関連ニューロンと名づけ,活動の時間的パターンや操作対象に関する選択性を調べた.記録したニューロンの大部分は対象の操作中に持続的に反応するもの(23/30)であり,操作の開始期に一過性の活動を示すものもあった(7/30).また全体の半数のニューロンは操作するスイッチの種類や軸の傾きなどに高い選択性を示した
  • Chiari奇形と脊髄空洞症を合併したDisproportionately Large Communicating Fourth Ventricleの1例, 鳥山俊英, 河内雅章, 小池譲治, 原田孝信, 村田哲, 京島和彦, Neurol Surg, 19, 2, 167, 172,   1991年02月
  • Ciari奇形と脊髄空洞症を合併したDisproportionately Large Communicating Fourth Ventricle の1例, 脳神経外科, 19: 167-172,   1991年
  • Parietal cortex neurons of the monkey related to the visual guidance of hand movement(jointly worked), M.Taira, S.Mine, A.P.Georgopoulos, A.Murata, and H.Sakata, Experimental Brain Research, 83, 29, 36,   1990年, 査読有り
  • 人工膵により術中,術後の血糖管理を行った糖尿病を合併する末端肥大症の1例, 石原 雅樹, 橋爪 潔志, 山田 隆司, 村田 哲, 宮武 正樹, 中村 幸夫, 大房 裕和, 長谷川 陽子, 信州医学雑誌, 信州医学雑誌, 35, 5, 619, 626,   1987年10月10日

書籍等出版物

  • 手の百科事典, バイオメカニズム学会編 村田哲, 共著, 第II編 機能編 14章 道具操作, 朝倉書店,   2017年06月, 4254102674
  • カンデル神経科学, Kandel Eric R., Schwartz James H. (James Harris), Jessell Thomas M., Siegelbaum Steven, Hudspeth A. James, Mack Sarah, 金澤 一郎, 宮下 保司, 岡野 栄之, 和田 圭司, 加藤 総夫, 入來 篤史, 藤田 一郎, 伊佐 正, 定藤 規弘, 大隅 典子, 笠井 清登, 共訳, 前運動野系の認知機能, メディカル・サイエンス・インターナショナル,   2014年, 9784895927710
  • カールソン神経科学テキスト : 脳と行動, Carlson Neil R., 泰羅 雅登, 中村 克樹, 共訳, 研究方法 戦略, 丸善出版,   2013年, 9784621086704
  • シリーズ移動知 第3巻 環境適応―内部表現と予測のメカニズム  第5章 p151-181 2010, 共著, 脳内の身体 , オーム社,   2010年
  • 「ロボット情報学」第8章 第2節 p497-551 2010, 共著, 模倣の神経機構, ナノオプト・メディア ,   2010年
  • カールソン神経科学テキスト : 脳と行動, Carlson Neil R., 泰羅 雅登, 中村 克樹, 共著, 研究方法・戦略, 丸善,   2010年, 9784621082577
  • ソーシャルブレインズ 開一夫・長谷川寿一編  5章 p79-108(2009), 共著, 脳の中にある身体 , 東大出版会,   2009年
  • カールソン神経科学テキスト : 脳と行動, Carlson Neil R., 泰羅 雅登, 中村 克樹, 共訳, 研究方法・戦略, 丸善,   2008年, 9784621079133
  • Visual space representation for action In: Encyclopedia of Neuroscience (C. Binder MD, Hirokawa N, Windhorst U, Hirsch MC, eds), Hideo Sakata, Akira Murata and Ken-ichiro Tsutsu, 共著,   2008年
  • Representation of bodily self in the multimodal parieto-premotor network In: Representation and Brain, edited by Shintaro Funahashi, Springer Verlag, Murata A. and Ishida H, 共著,   2007年
  • カールソン神経科学テキスト : 脳と行動, Carlson Neil R., 泰羅 雅登, 中村 克樹, 共訳, 研究方法・戦略, 丸善,   2006年, 4621077198
  • 心理学辞典, Colman Andrew M., 岡ノ谷 一夫, 藤永 保, 仲 真紀子, 青木 紀久代, 共訳, 丸善,   2004年, 4621073028
  • 岩波講座 認知科学〈4〉運動, 川人 光男, 三嶋 博之, 酒田 英夫, 藤田 昌彦, 佐々木 正人, 丹治 順, 村田 哲, 共著, 運動と視覚, 岩波書店,   1994年12月, 4000106147

講演・口頭発表等

  • サル体性感覚野ニューロンにおける運動に伴う感覚フィードバック情報の表象, 望月圭 中陦克己 稲瀬正彦 村田哲, 第40回日本神経科学会大会,   2017年07月21日
  • 手指自己刺激課題中のサル体性感覚野ニューロンの活動., 望月圭 中陦克己 稲瀬正彦 村田哲, 第94回日本生理学会大会,   2017年03月28日
  • ミラーニューロンシステムにおける運動制御と身体表現, 村田哲, 電気通信大学 技能情報学ステーション第13回セミナー,   2016年12月19日
  • The body and objects represented in the ventral stream of the parieto-premotor network, 村田哲, 身体性システム若手の会・勉強会,   2016年11月25日
  • 脳内の物体・動作・身体の表現, 村田哲, 日本スポーツ心理学会第43回大会,   2016年11月04日, 招待有り
  • ミラーニューロンシステムにおける自他の共有と区別, 村田哲, 第46回日本臨床神経生理学会,   2016年10月28日, 招待有り
  • Distinctive representation of self and other’s body in the parietal mirror neuron system, The 1st international symposium on Embodied-Brain system science,   2016年05月08日
  • 頭頂葉ミラーニューロンシステムにおける自他身体の共有と区別, 村田哲, 第93回日本生理学会大会,   2016年03月23日
  • Own and other’s body: shared or differentiated representation in mirror neuron system, The 2nd International Symposium on Cognitive Neuroscience Robotics Before and Beyond Mirror neuron,   2016年02月23日, 招待有り
  • 身体神経科学 頭頂葉-運動前野ネットワークと身体性, 村田哲, 大山リハビリテーション病院 2015脳生理講演会,   2016年02月21日, 招待有り
  • 無拘束ニホンザルのトレッドミル歩行における補足運動野の単一神経細胞活動, 中陦 克己, 日暮 泰男, 村田 哲, 稲瀬 正彦, 日本生理学雑誌,   2016年01月
  • 無拘束ニホンザルのトレッドミル歩行における歩容と筋活動 二足歩行と四足歩行の比較, 日暮 泰男, 中陦 克己, 村田 哲, 稲瀬 正彦, 日本生理学雑誌,   2016年01月
  • Understanding brain plasticity on body representations to promote their adaptive functions - embodied brain systems science -.,   2015年12月02日
  • The body represented in the parieto-premotor network., 村田哲, Tohoku forum for creativity thematic program 2015, Frontier of brain science, Symposium on Memory and Mind,   2015年09月29日, 招待有り
  • Self and other's body in the parietal mirror neuron system, 村田哲, 第38回日本神経科学会サテライトシンポジウム,   2015年08月01日, 招待有り
  • ミラーニューロンと身体性, 村田哲, 第24回認知リハビリテーション研究会,   2014年11月01日, 招待有り
  • 手操作運動ニューロン及びミラーニューロンにおける手操作運動中の自己の手に対する視覚応答, 前田和孝 石田裕昭 中隯克己 稲瀬正彦 村田 哲, 第91回日本生理学会大会,   2014年03月18日
  • 頭頂連合野の視覚-運動ニューロンは手操作運動中の自己身体像に応答する, 前田 和孝, 石田 裕昭, 中陦 克己, 稲瀬 正彦, 村田 哲, 日本生理学雑誌,   2014年03月
  • 脳内で共有される自己と他者の身体図式, 村田哲, “空間認識とアクション”東北大学電気通信研究所共同プロジェクト「人間の知覚認識系および意志決定系の理解に関する研究」,   2014年02月28日, 招待有り
  • 手操作運動ニューロンとミラーニューロンが関与する身体図式の神経基盤, 前田和孝,中隯克己,稲瀬正彦,村田哲, SSI2013 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2013,   2013年11月19日
  • 身体性システム科学の構築を目ざして, 太田順, 今水寛, 関和彦, 淺間一, 出江紳一, 芳賀信彦, 近藤敏之, 内藤栄一, 村田哲, 花川隆, 高草木薫, 稲邑哲也, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM),   2013年11月18日
  • サル一次運動野と歩行運動とのかかわり, 中陦克己, 村田哲, 稲瀬正彦, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM),   2013年11月18日
  • 手操作運動ニューロンとミラーニューロンが関与する身体図式の神経基盤, 前田和孝, 中陦克己, 稲瀬正彦, 村田哲, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM),   2013年11月18日
  • 頭頂連合野の視覚‐運動ニューロンは手操作運動中の自己身体像に応答する, 前田和孝, 前田和孝, 石田裕昭, 中陦克己, 稲瀬正彦, 村田哲, 第106回近畿生理学談話会,   2013年11月02日
  • AIP/PFG野における⼿操作運動ニューロンの自己-他者身体に対する視覚応答, 前田和孝 中隯克己 稲瀬正彦 村田 哲, 第36回神経科学会大会,   2013年06月20日
  • ミラーニューロンシステムだけではない頭頂-運動前野ネットワーク, 村田 哲, 第1回身体性基盤勉強会,   2013年01月, 第1回身体性基盤勉強会
  • ミラーニューロンシステムだけではない頭頂-運動前野ネットワーク, 村田 哲, 特別推進研究「神経ダイナミクスから社会的相互作用へ至る過程の理解と構築による構成的発達科学」研究会,   2012年12月, 特別推進研究「神経ダイナミクスから社会的相互作用へ至る過程の理解と構築による構成的発達科学」研究会
  • Neuroral activity inarea AIP/PFG related to visual feedback during hand manipulation, 前田和孝, 村田 哲, Mirror neurons New frontiers 20 years after their discovery,   2012年09月, Mirror neurons New frontiers 20 years after their discovery
  • 運動と認知を結ぶ手, 村田哲, 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集,   2012年08月20日
  • 手と脳 運動と認知を結ぶ手, 村田 哲, 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集,   2012年08月
  • Body schema as a link between motor control and cognitive function, 村田 哲, 前田和孝, 内藤栄一, ICME International Conference on Complex Medical Engineering 2012,   2012年07月, ICME International Conference on Complex Medical Engineering 2012
  • 身体性とミラーニューロン, 村田 哲, 第23回四国作業療法学会 基調講演,   2012年05月, 第23回四国作業療法学会 基調講演
  • 頭頂連合野における操作対象の物体内相対的位置表現, 村田 哲, 酒田英夫, Win Nyi Shein, 第89回日本生理学会大会,   2012年03月, 第89回日本生理学会大会
  • Mirror neuron and corporeal awareness, 村田 哲, 第34回日本神経科大会 シンポジウム ミラーニューロンシステムの今後,   2011年09月, 第34回日本神経科大会 シンポジウム ミラーニューロンシステムの今後
  • 身体性の神経科学 , 村田 哲, 大野城,   2011年02月, 大野城
  • 身体感覚の脳内システム(基礎理学療法研究部会), 村田 哲, 理学療法学,   2010年12月20日
  • 心と体が語る人間とロボットの交わり-身体性と脳- , 村田 哲, 「ロボット共生社会実現に向けた知能発達」に関する第3回研究開発委員会,   2010年11月, 「ロボット共生社会実現に向けた知能発達」に関する第3回研究開発委員会
  • 無拘束のニホンザルの歩行運動に関連した一次運動野の神経細胞活動(Neuronal activity in primary motor cortex associated with locomotor movements of an unrestrained Japanese monkey), 中陦 克己, 森 大志, 村田 哲, 稲瀬 正彦, 神経化学,   2010年08月
  • K-029 身体感覚のための脳内システム(体性感覚情報処理に関する神経基盤,セミナー,理学療法基礎系,専門領域研究会,チャレンジ・健康日本〜高齢社会における担い手を目指して〜,第45回日本理学療法学術大会), 村田 哲, 理学療法学,   2010年05月27日
  • 身体感覚のための脳内システム, 村田 哲, 第45回理学療法学術大会 理学療法基礎系 セミナー 体性感覚情報処理に関する神経基盤,   2010年05月, 第45回理学療法学術大会 理学療法基礎系 セミナー 体性感覚情報処理に関する神経基盤
  • 身体感覚のための脳内システム, 村田哲, 理学療法学,   2010年
  • Other’s body representation referred to self body in the parietal cortex of the monkey, 村田 哲, 石田裕昭, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, NIPS International Workshop for Scientific Study of Consciousness,   2009年09月, NIPS International Workshop for Scientific Study of Consciousness
  • Other’s body representation referred to self body in the parietal cortex of the monkey, 村田 哲, 石田裕昭, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, IUPS 2009,   2009年07月, IUPS 2009
  • 脳の中の身体, 村田 哲, 東北大脳科学GCOE「第12回脳神経科学GCOE若手フォーラム」,   2009年01月, 東北大脳科学GCOE「第12回脳神経科学GCOE若手フォーラム」
  • 手操作運動中のサルF5-AIP野神経活動の情報量解析, 石田文彦, 村田哲, 阪口豊, 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,   2008年10月16日
  • 手操作運動中のサルF5-AIP野神経活動の情報量解析(BCI/BMIとその周辺,一般), 石田 文彦, 村田 哲, 阪口 豊, 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,   2008年10月16日
    概要:手操作運動における視覚運動変換メカニズムの解明を目的として,サル腹側運動前野F5野ならびに頭頂連合野AIP野から得られた神経スパイクデータの情報量解析を行なった.3次元形状による操作対象の分類と神経活動との間の相互情報量を一定の時間幅ごとに計算することにより,神経活動に含まれる対象形状に関する情報が課題遂行に応じて変化する様子を可視化した.また,その可視化情報を基に手操作運動に関わるF5-AIP野の情報処理の流れについて考察した.
  • 自己・他者認知の統合的メカニズム 脳・発達・ロボティクスからの挑戦, 宮崎 美智子, 福島 宏器, 石田 裕昭, 尾形 哲也, 村田 哲, 開 一夫, 明和 政子, 日本心理学会大会発表論文集,   2008年07月
  • Information analysis of neuronal activities related to hand manipulation in the monkey parietal area AIP, 清水崇司, 村田 哲, 石田文彦 阪口豊, Neuro2008 第31回神経科学大会,   2008年07月, Neuro2008 第31回神経科学大会
  • Other’s body representation referred to self body in the brain, 村田 哲, 石田裕昭, The tenth international conference on the simulation of adaptive behavior,   2008年07月, The tenth international conference on the simulation of adaptive behavior
  • Shared representation of self ad other’s body parts in visuo-tactile bimodal area of the monkey parietal cortex, 石田裕昭, 稲瀨 正彦, 村田 哲, The 6th Forum of European Neuroscience,   2008年07月, The 6th Forum of European Neuroscience
  • 7b 野・VIP 野の多種感覚領ニューロンによる自他身体のマッチング機能, 石田裕昭, 村田 哲, 第2回生理学研究所Motor Control研究会,   2008年05月, 第2回生理学研究所Motor Control研究会
  • サルAIP野における手操作関連神経活動の情報量解析, 石田文彦, 村田 哲, 清水崇司 阪口豊, 第2回生理学研究所Motor Control研究会,   2008年05月, 第2回生理学研究所Motor Control研究会
  • 手操作運動に関わるサルAIP野神経活動の情報量解析, 清水 崇司, 石田 文彦, 村田 哲, 阪口 豊, 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,   2008年03月05日
    概要:手操作運動に関する情報が脳の中でどのように表現されているか調べるため,サル頭頂連合野AIP野で記録された神経活動についで情報量解析を行なった.著者らはこれまでAIP野の一部の単一細胞活動が手操作運動の異なる課題区間(注視,到達動作,把持)に応じて異なる情報を表現していることを示した.本稿では,AIP野の計98個の単一細胞についで情報量解析を行い,細胞が保持する情報量の時間変化から細胞を5種類に分類した結果を示す.また,複数細胞の情報量の累積和を計算することで細胞群が保持する情報の時間変化を求め,手操作運動の視覚運動変換過程においてAIP野が表現する情報を観察した結果を示す.
  • 自己と他者の身体認識の神経基盤, 村田 哲, 第19回発達心理学会大会委員会 企画シンポジウム,   2008年03月, 第19回発達心理学会大会委員会 企画シンポジウム
  • 視覚運動変換に関わる神経活動の情報量解析 (電気通信大学 IS(大学院情報システム学研究科)シンポジウム 第15回「Sensing and Perception」), 清水 崇司, 石田 文彦, 村田 哲, Sensing and perception,   2008年02月29日
  • Representation of bodily self and others in the brain, 村田 哲, 2nd annual symposium on Japanese-French frontier of Science,   2008年01月, 2nd annual symposium on Japanese-French frontier of Science
  • 手操作運動中のサルF5-AIP野神経活動の情報量解析,, 石田文彦, 村田哲, 阪口豊, 電子情報通信学会技術研究報告書,   2008年
  • 手操作運動に関わるサルAIP野神経活動の情報量解析 , 清水崇司 石田文彦 村田 哲 阪口 豊, 電子情報通信学会技術研究報告書,   2008年
  • 身体性情報学:神経科学の視点, 村田 哲, 身体性情報学研究会第1回シンポジウム「身体性情報学を考える」,   2007年11月, 身体性情報学研究会第1回シンポジウム「身体性情報学を考える」
  • Self and other’s body parts representation in parietal visuo-tactile bimodal area, 石田裕昭, 村田 哲, Neuro2007 第30回神経科学大会,   2007年09月, Neuro2007 第30回神経科学大会
  • Information analysis of monkey AIP neurons during hand manipulation task, 清水崇司, 村田 哲, 石田文彦 阪口 豊, Neuro2007 第30回神経科学大会,   2007年09月, Neuro2007 第30回神経科学大会
  • 手操作運動課題におけるサルAIP野ニューロンの情報量解析(スパイク信号の統計解析、一般), 清水 崇司, 石田 文彦, 村田 哲, 阪口 豊, 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,   2007年07月17日
    概要:サル頭頂連合野AIP野では手操作運動に関連する活動が記録されている.本研究では,手操作運動に関する情報がAIP野でどのように表現されているかを調べるため,6種類の操作対象を用いた到達把持運動中のニューロン応答について,操作対象の分類に関する情報量の経時的変化を求めた.その結果,手操作運動の異なる課題区間(注視,到達運動,把持)に応じて情報量は変化した.また,いくつかのニューロンでは,6種類の操作対象をまず2つのグループに分類した後,それぞれのグループを細分化していることを表す結果が得られた.これらの結果は,AIP野のニューロンは,手操作運動に関する大まかな情報と詳細な情報を時間を分けて階層的に表現していることを示唆する.
  • 手操作運動課題におけるサルAIP野ニューロンの情報量解析, 清水崇司, 村田 哲, 石田文彦 阪口 豊, 電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究会,   2007年07月, 電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究会
    概要: Vol.107, No.157 : 1-6 2007
  • 頭頂連合野における身体の認識機構, 村田 哲, 石田裕昭, 生理学研究所Motor control研究会,   2007年06月, 生理学研究所Motor control研究会
  • 頭頂葉の視覚-触覚バイモーダルニューロンによる自己と他者身体部位の表現, 石田裕昭, 村田 哲, 生理学研究所Motor control研究会,   2007年06月, 生理学研究所Motor control研究会
  • 自己と他者の脳内表現-ミラーニューロンシステムとの関わり-, 村田 哲, 秋田認知神経科学研究会,   2007年06月, 秋田認知神経科学研究会
  • Bodily self and others representation in the brain, 村田 哲, 石田裕昭, 2nd International symposium on the Mobiligence in Awaji,   2007年06月, 2nd International symposium on the Mobiligence in Awaji
  • Representation of others body parts by visuo-tactile bimodal neuron in area VIP, 石田裕昭, 村田 哲, 2nd International symposium on the Mobiligence in Awaji,   2007年06月, 2nd International symposium on the Mobiligence in Awaji
  • 身体性とミラーニューロン 脳内における自己と他者の表現, 村田 哲, 近畿大学医学雑誌,   2007年03月
  • 身体性とミラーニューロン : 脳内における自己と他者の表現(特別講演抄録,第61回近畿大学医学会学術講演会), 村田 哲, 近畿大学医学雑誌,   2007年03月
  • サル頭頂葉の視覚-触覚バイモーダル・ニューロンによる他者知覚, 石田 裕昭, 村田 哲, 自律分散システム・シンポジウム資料 = SICE Symposium on Decentralized Autonomous Systems,   2007年01月29日
  • サル頭頂葉の視覚・触覚バイモーダルニューロンにより他者知覚, 石田裕昭, 村田 哲, 第19回 自律分散システム・シンポジウム,   2007年01月, 第19回 自律分散システム・シンポジウム
  • Representation of self and others in the brain, 村田 哲, 石田裕昭, First annual symposium on Japanese-French frontier of Science,   2007年01月, First annual symposium on Japanese-French frontier of Science
  • サル頭頂葉の視覚−触覚バイモーダルニューロンによる他者知覚 , 石田裕昭 村田 哲, 第19回自律分散システム・シンポジウム資料,   2007年01月
  • サル頭頂葉VIP野における自己と他者の身体像のマッチング機能, 石田 裕昭, 稲瀬 正彦, 村田 哲, 日本生理学雑誌,   2006年11月
  • Bodily self and others representation in the parietal cortex., 村田 哲, NTT Communication Science Labs,   2006年08月, NTT Communication Science Labs
  • 身体感覚に基づいた自己と他者の脳内表現, 村田 哲, 第83回日本生理学会大会 シンポジウム 「予想的環境認知の神経機構-社会的行動の成り立ちに関する生理学的研究-」,   2006年03月, 第83回日本生理学会大会 シンポジウム 「予想的環境認知の神経機構-社会的行動の成り立ちに関する生理学的研究-」
  • 頭頂葉における自己と他者の表現, 村田 哲, 電気通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループシンポジウム 「行為の認識と生成」公開シンポジウム,   2006年03月, 電気通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループシンポジウム 「行為の認識と生成」公開シンポジウム
  • 下頭頂小葉における自己と他者の身体像, 村田 哲, 日本大学学術フロンティア推進事業「認知・記憶・行動の脳内メカニズム」平成17年度研究会,   2006年03月, 日本大学学術フロンティア推進事業「認知・記憶・行動の脳内メカニズム」平成17年度研究会
  • Bodily self and others representation in the parietal cortex., 村田 哲, 21 st century COE program Center of evolutionary cognitive science at University of Tokyo,   2006年03月, 21 st century COE program Center of evolutionary cognitive science at University of Tokyo
  • 運動制御システムのなかのミラーニューロン 身体性との関わりについて, 村田 哲, 日本認知運動療法研究会学術集会抄録集,   2006年01月
  • 身体性とミラーニューロン , 村田 哲, 平成17年度JST異分野融合ワークショップ 「模倣と社会機能」,   2005年11月, 平成17年度JST異分野融合ワークショップ 「模倣と社会機能」
  • 四足歩行遂行中におけるサル一次運動野の神経活動, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 森 大志 , 森 茂美, 第28回日本神経科学大会,   2005年07月, 第28回日本神経科学大会
  • 模倣の神経回路とSelfの認識, 村田 哲, 第5回学術創成知能ロボットによる模倣の構成論的研究報告会,   2005年07月, 第5回学術創成知能ロボットによる模倣の構成論的研究報告会
  • Self generated action monitoring by mirror neurons in the inferior parietal cortex, 村田 哲, 稲瀨 正彦, Vision Science Society 5th annual meeting satellite workshop,   2005年05月, Vision Science Society 5th annual meeting satellite workshop
  • 無拘束サルにおける四足歩行に関連した一次運動野の神経活動, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 森 大志, 森 茂美, 第82回日本生理学会大会,   2005年05月, 第82回日本生理学会大会
  • Self generated action monitoring by mirror neurons in the inferior parietal cortex, 村田 哲, 稲瀨 正彦, Vision Science Society 5th annual meeting satellite workshop,   2005年05月, Vision Science Society 5th annual meeting satellite workshop
  • 頭頂葉ミラーニューロンによる自己動作の視覚フィードバック制御, 村田 哲, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, 第82回日本生理学会大会,   2005年05月, 第82回日本生理学会大会
  • The development of the objective strucured skill examination in Physiology education, 松尾 理, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 千葉 惇, 生塩 研一, 岡田 清孝, 上嶋 繁, XXXV International Congress of Physiological Sciences,   2005年04月, XXXV International Congress of Physiological Sciences
    概要:生理学教育における実習を効果的にするため学生の技能を客観的に評価する方法を開発した。(英文)
  • 模倣の脳内ネットワークにおける自己と他者, 村田 哲, 日本発達心理学会第16回大会,   2005年03月, 日本発達心理学会第16回大会
  • Ventral visual stream information to the AIP-F5 circuit for grasping: a tracing study in the macaque monkey, Luppino G, 村田 哲, Belmalih A Calzavara R Rozzi S, Society for Neuroscience, 2004,   2004年11月, Society for Neuroscience, 2004
    概要: 2. Luppino G, Murata A, Belmalih A, Calzavara R and Rozzi S. . Program No. 655.5. 2004 . Washington, DC: Society for Neuroscience, 2004. Online, 2004. San Diego
  • 自己身体感覚とミラーニューロンシステムとの関係 , 村田 哲, 国際高等研究所 「スキルの科学に関する学際的検討」第24回研究会,   2004年10月, 国際高等研究所 「スキルの科学に関する学際的検討」第24回研究会
  • ミラーニューロンの生理学・解剖学・イメージング, 村田 哲, 2004年度生理学若手サマースクール,   2004年08月, 2004年度生理学若手サマースクール
  • 感覚運動制御システムの中のミラーニューロン, 村田 哲, 第10回創発システムシンポジウム「創発夏の学校」,   2004年08月, 第10回創発システムシンポジウム「創発夏の学校」
  • Self generated action monitoring by mirror neurons in area PF, 村田 哲, 稲瀨 正彦, Mari Kumashiro Hidetoshi Ishibashi Atsushi Iriki, The 31st NIPS International Symposium,   2004年03月, The 31st NIPS International Symposium
  • Self action monitoring by mirror neurons in area PF, 村田 哲, 稲瀨 正彦, Kumashiro M, Ishibashi H, Iriki A., 脳と心のメカニズム第3回冬のワークショップ,   2004年01月, 脳と心のメカニズム第3回冬のワークショップ
  • 把握運動制御のための物体と手の脳内表現, 村田 哲, 日本視覚学会2004年冬季大会,   2004年01月, 日本視覚学会2004年冬季大会
  • アフォーダンスと模倣の脳内メカニズム:頭頂連合野-運動前野ネットワークの役割, 村田 哲, 日本人類学会 進化人類学分科会 第9回シンポジウム「把握の獲得と喪失と進化」,   2003年06月, 日本人類学会 進化人類学分科会 第9回シンポジウム「把握の獲得と喪失と進化」
  • Imitation of action by training and joint attention in Japanese monkeys, M.Kumashiro, 村田 哲, H.Ishibashi, Y.Uchiyama, A.Iriki, S.Itakura, 脳と心のメカニズム第3回冬のワークショップ 「自己意識とイミテーション」,   2003年01月, 脳と心のメカニズム第3回冬のワークショップ 「自己意識とイミテーション」
  • PBL テュートリアルコースでの学生実習の客観的評価法, 松尾 理, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 千葉 惇, 生塩 研一, The 3rd Asian-Pacific Conference on PBL in Health Sciences,   2002年11月, The 3rd Asian-Pacific Conference on PBL in Health Sciences
    概要:統合カリキュラムで集中したコースの中で学生実習をいかに客観的評価するかを検討し報告した。(英文)
  • 動作選択の諸局面と脳活動 手の運動制御と身体図式の動的側面, 村田哲, 第25回日本神経科学大会,   2002年07月07日
  • 手の運動制御と身体図式の動的側面, 村田 哲, 第25回日本神経科学大会,   2002年07月, 第25回日本神経科学大会
  • 生理学実習における客観的技能試験, 松尾 理, 深尾偉晴, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 千葉 惇, 生塩 研一, 第79回日本生理学会大会,   2002年03月, 第79回日本生理学会大会
    概要:生理学実習において客観的技能試験を実施し、実習試験(筆答)およびコース統合成績と比較検討した。
  • Temporal relationship of activation pattern in the human brain during the delayed hand manipulation task: An event-related fMRI study, 村田 哲, 稲瀨 正彦, Kentaro Inoue Masato Taira, Izuru Nose, 8th international conference on functional mapping of the human brain 2002,   2002年, 8th international conference on functional mapping of the human brain 2002
  • Time series analysis of the activation pattern in the cortical networks for hand manipulation in human: An event-related fMRI study, 村田 哲, Inoue K Taira M, Nose I, 31st Annual Meeting Society for Neurosience, 2001,   2001年11月, 31st Annual Meeting Society for Neurosience, 2001
  • Monitoring function of parieto-premotor network, 村田 哲, JST領域探索プログラム「ヒューマノイド・サイエンス」第一回研究会,   2001年09月, JST領域探索プログラム「ヒューマノイド・サイエンス」第一回研究会
  • 手操作運動に関わる皮質領野活動の時系列的解析:event-related fMRIを用いて, 村田 哲, 稲瀨 正彦, 井上健太郎 泰羅雅登, 野瀬 出, 第24回日本神経科学・第44回日本神経化学 合同大会(Neuro2001),   2001年09月, 第24回日本神経科学・第44回日本神経化学 合同大会(Neuro2001)
  • Neural coding of relative position of manipulation target in area AIP, 村田 哲, Win Nyi Shein Yuji Tanaka Masakazu Kaseda Hideo Sakata, ACTION AND VISUO-SPATIAL ATTENTION - NEUROBIOLOGICAL BASES AND DISORDERS,   2000年, ACTION AND VISUO-SPATIAL ATTENTION - NEUROBIOLOGICAL BASES AND DISORDERS
  • Neurons encoding relative position of manipulation target in area AIP, 村田 哲, HFSP meeting in Kyoto 2000,   2000年, HFSP meeting in Kyoto 2000
  • サル下頭頂小葉における遅延手操作課題に対する反応, 村田 哲、V.Gallese, 加世田正和、酒田英夫, 第17回日本神経科学大会,   1993年12月07日
  • サル頭頂葉の手指運動関連ニューロン:対象の形に対する選択性, 村田 哲、V.Gallese、加世田正和、国本 聡、酒田英夫, 第70回日本生理学会大会,   1993年04月01日
  • マカクサルにおける帯状回24野と側頭葉皮質間の線維結合, 酒匂裕子、村田哲、有國富夫, 第16回 日本神経科学学会,   1992年12月08日
  • サル頭頂連合野における手指運動関連ニューロンの選択性, 村田 哲、G.Luppino、酒田英夫、加世田正和、泰羅雅登, 第69回日本生理学会大会,   1992年04月02日
  • マカクサルにおける帯状回24野の同側性皮質−皮質間結合Ⅱ, 酒匂裕子、村田哲、有國富夫, 第97回 日本解剖学会総会,   1992年04月01日
  • マカクサルの帯状回24野の皮質下線維結合, 有國富夫、酒匂裕子、村田哲, 第15回 日本神経科学学会,   1991年12月17日
  • サル頭頂連合野の手指操作関連ニューロンの選択性, 酒田英夫、村田 哲、加世田正和、泰羅雅登, 第227回 生理学東京談話会,   1991年11月
  • 手指操作運動に関連したサル頭頂連合野ニューロンの機能的性質, 村田 哲、泰羅雅登、酒田英夫, 第366回日大医学会例会,   1991年09月09日
  • マカクサルにおける帯状回24野の同側性皮質−皮質間結合, 有國富夫、酒匂裕子、村田哲, 第96回 日本解剖学会総会,   1991年04月02日
  • サル頭頂連合野の手指操作関連ニューロンの機能的性質, 泰羅雅登、酒田英夫、村田 哲、峯 清一郎, 第66回日本生理学会大会,   1989年04月05日

MISC

  • 脳科学と心理学(2)脳をもっと知ろう 動作の自他共有表現を越えるミラーニューロン―予測のメカニズム, 村田哲, 心理学ワールド, 75, 13‐16,   2016年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602280373157533
  • ミラーニューロンシステムにおける自他の共有と区別, 村田哲, 臨床神経生理学, 44, 5, 369,   2016年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602291947376181
  • 無拘束ニホンザルのトレッドミル歩行における補足運動野の単一神経細胞活動, 中陦克己, 日暮泰男, 村田哲, 稲瀬正彦, 日本生理学雑誌(Web), 78, 1, WEB ONLY,   2016年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602210943412985
  • ミラーニューロンシステムの中の身体性, 村田哲, 認知リハビリテーション, 20, 1, 3, 16,   2015年10月23日, 招待有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602219090521453
  • 姿勢・歩行―Something new?姿勢と歩行の神経科学―最近の動向, 高草木薫, 中陦克己, 千葉龍介, 村田哲, Clin Neurosci, 33, 7, 740, 744,   2015年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502209808403575
  • 感覚とその異常 感覚の基礎知識 触覚, 村田哲, Clinical neuroscience, 33, 5, 523, 526,   2015年05月01日, 招待有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502246862994602
  • 社会脳―Social Brain 神経科学―ニホンザルの神経生理 社会的行動発現のための感覚運動制御システム, 村田哲, 前田和孝, Clin Neurosci, 33, 2, 151, 154,   2015年02月01日, 招待有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502292823899955
  • ミラーニューロンの明らかにしたもの;再考, 村田哲, 前田和孝, Brain Nerve, 66, 6, 635, 646,   2014年06月01日, 招待有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402271475588903
  • 対談 ミラーニューロンを再考する, 村田哲 泰羅雅登, 神経研究の進歩, 66, 6, 625, 634,   2014年06月, 招待有り
  • 頭頂連合野の視覚‐運動ニューロンは手操作運動中の自己身体像に応答する, 前田和孝, 石田裕昭, 中陦克己, 稲瀬正彦, 村田哲, 日本生理学雑誌, 76, 2, 88, 89,   2014年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402210099625356
  • 失認―What’s new?触覚認知 触覚認知の生理学―触覚による外界・運動・身体の認知, 村田哲, Clin Neurosci, 32, 2, 187, 191,   2014年02月01日, 招待有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402250946191696
  • 身体性システム科学の構築を目ざして, 太田順, 今水寛, 関和彦, 淺間一, 出江紳一, 芳賀信彦, 近藤敏之, 内藤栄一, 村田哲, 花川隆, 高草木薫, 稲邑哲也, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM), 2013, ROMBUNNO.O2-1(SS14-9),   2013年11月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402299045149606
  • サル一次運動野と歩行運動とのかかわり, 中陦克己, 村田哲, 稲瀬正彦, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM), 2013, ROMBUNNO.SS14-3,   2013年11月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402226628903719
  • 手操作運動ニューロンとミラーニューロンが関与する身体図式の神経基盤, 前田和孝, 中陦克己, 稲瀬正彦, 村田哲, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM), 2013, ROMBUNNO.SS14-4,   2013年11月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402288550606505
  • 運動と認知を結ぶ手, 村田哲, 前田和孝, 神経心理学, 29, 1, 61, 70,   2013年03月25日, 招待有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302292929939781
  • 運動と認知を結ぶ手, 村田哲, 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 36th, 62,   2012年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202252499512216
  • 運動制御と認知を結ぶミラーニューロン(招待講演,オーガナイズドセッション「音声知覚生成インタラクション・音声認識合成統合技術」,音声知覚生成/聴覚コミュニケーション,一般), 村田 哲, 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声, 112, 81, 61, 64,   2012年06月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009588559
    概要:運動と感覚が相互に作用するという考えは,実は古くからあるが,特にミラーニューロンの発見によって大きく注目されるようになった.ミラーニューロンは,その機能を感覚運動制御からさらに社会的なコミュニケーションにまで拡大して考えられているが,それは他者の内部状態のシミュレーションがコアとなる考えである,本稿では,ミラーニューロンシステムの知覚・認知と運動の相互作用を考えるとともに,言語における音韻,意味,文法処理に関するそうした相互作用について概説する.
  • 運動制御と認知を結ぶミラーニューロン, 村田哲, 電子情報通信学会技術研究報告, 112, 81(SP2012 33-49), 61, 64,   2012年06月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202271620628701
  • 運動学習と理学療法 感覚刺激と運動学習, 内藤栄一, 上原信太郎, 村田哲, 出江紳一, 理学療法ジャーナル, 46, 1, 25, 35,   2012年01月15日, 10.11477/mf.1551102164, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202273710904034
  • 身体イメージの神経生理学 身体意識とミラーニューロン, 村田哲, Clin Neurosci, 29, 8, 909, 914,   2011年08月01日, 招待有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102290147150545
  • 身体感覚の脳内システム, 村田哲, 理学療法学, 37, 8, 569, 570,   2010年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102202389799612
  • 素顔のニューロサイエンティストGiacomo Rizzolatti, 村田 哲, Clinical Neuroscience, 28, 12, 1436, 1437,   2010年
  • ミラーニューロンは他者を写すだけなのか?, 村田哲, こころの科学, 148, 9, 20,   2009年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902253974329953
  • ミラーニューロンは他者を写すだけなのか?, 村田 哲, こころの科学, 9, 20,   2009年11月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016876787
  • 自己と他者の身体認識の脳内メカニズムの解明, 村田 哲, 石田裕昭, 平成20年度移動知研究成果報告書, 35, 38,   2009年03月
    概要:村田 哲, 石田裕昭 “自己と他者の身体認識の脳内メカニズムの解明” 平成20年度移動知研究成果報告書 35-38 平成21年, 3月
  • Consciousness of body and mirror neuron system, Acta Medica Kinki University, 33, 1,2, 9, 21,   2009年
  • 手操作運動中のサルF5‐AIP野神経活動の情報量解析, 石田文彦, 村田哲, 阪口豊, 電子情報通信学会技術研究報告, 108, 264(NC2008 36-58), 43, 48,   2008年10月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902222366067862
  • 5.神経科学 ミラーニューロン仮説をめぐって, 酒田英夫, 村田哲, 生体の科学, 59, 5, 442, 443,   2008年10月15日, 10.11477/mf.2425100551, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902226285747341
  • 自己・他者認知の統合的メカニズム 脳・発達・ロボティクスからの挑戦, 宮崎 美智子, 福島 宏器, 石田 裕昭, 尾形 哲也, 村田 哲, 開 一夫, 明和 政子, 日本心理学会大会発表論文集, 72回, WS(35), WS(35),   2008年07月
  • ミラーニューロン仮説をめぐって , 酒田英夫 村田 哲, 生体の科学, 59, 5, 442, 443,   2008年
  • 手操作運動課題におけるサルAIP野ニューロンの情報量解析, 清水崇司, 石田文彦, 村田哲, 阪口豊, 電子情報通信学会技術研究報告, 107, 157(NC2007 25-32), 1, 6,   2007年07月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213019930330
  • 身体性とミラーニューロン―脳内における自己と他者の表現―, 村田哲, 近畿大学医学雑誌, 32, 1, 9A,   2007年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200520710788
  • 自己と他者の身体の脳内表現, 村田哲, 石田裕昭, 電子情報通信学会技術研究報告, 106, 410(HIP2006 67-98), 41, 44,   2006年11月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902273500737547
  • サル頭頂葉VIP野における自己と他者の身体像のマッチング機能, 石田裕昭, 稲瀬正彦, 村田哲, 日本生理学雑誌, 68, 11, 417,   2006年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240007159393
  • サル頭頂葉VIP野における自己と他者の身体像のマッチング機能, 石田 裕昭, 稲瀬 正彦, 村田 哲, 日本生理学雑誌, 68, 11, 417, 417,   2006年11月
  • ミラーニューロンの明らかにしたもの : 運動制御から認知機能へ, 村田 哲, 日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks, 12, 1, 52, 60,   2005年03月05日, 招待有り, 10.3902/jnns.12.52, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015446417
    概要:Many studies have emphasized simulation theory as a core concept for the mirror neurons that are found in the ventral premotor area (F5) and inferior parietal cortex (PF) of the macaque. Imitation, social cognition, empathy and language are linked to mirror neurons. However, function of mirror neurons in the macaque is still missing, because such cognitive functions are limited or lacking in these monkeys. It is important to discuss these neurons in the aspect of motor function. I would suggest that mirror neurons in area PF might have a roll of monitoring of self generated action. This ide...
  • 模倣の神経回路と自他の区別(<特集>模倣), 村田 哲, バイオメカニズム学会誌, 29, 1, 14, 19,   2005年02月01日, 招待有り, 10.3951/sobim.29.14, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004820263
    概要:模倣の神経回路の脳内局在は,腹側運動前野,下頭頂小葉,およびSTS周辺など関わっていることが,イメージングのデータによって示されている.こうした模倣の神経生理学的な基盤として考えられているのは,ミラーニューロンである.この特集にあるように,模倣は言語,心の理論,コミュニケーション,社会的行動,自閉症などと結びつけて考えられているが,ミラーニューロンが記録されたマカクザルの持っている能力と結びつけることには批判もある.そうした中で,いずれの機能も自己と他者が重要なキーワードとなっていると考えられる.本稿では,ミラーニューロンの機能を自己身体感覚と結びつけ,模倣の神経回路との関連を探る.
  • 所外継続3 大脳皮質における自己運動認識機構(X.共同利用研究 2.共同利用研究成果), 村田 哲, 霊長類研究所年報, 34, 159, 159,   2004年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005054437
  • 脳の働くメカニズムとその研究方法 Mirror neuron, 村田哲, 生体の科学, 55, 5, 512, 513,   2004年09月, 10.11477/mf.2425100629, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902246045221157
  • 手操作運動のための物体と手の脳内表現, 村田哲, Vision, 16, 3, 141, 147,   2004年07月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902206769289541
  • 内側頭頂後頭皮質の到達運動と把握運動制御における役割 (訳)原著Role of the medial parieto-occipital cortex in the control of reaching and grasping movements. Galletti C, Kutz DF, Gamberini M, Breveglieri R and Fattori P. Exp Brain Res 153: 158-170., 2003, 神経研究の進歩 , 48:543-556,   2004年
  • サル運動前野のミラーニューロンとBroca野の機能 (特集 言語機能の脳内メカニズム), 村田 哲, 神代 真里, 神経研究の進歩, 47, 5, 684, 693,   2003年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/80016194104
  • 大脳皮質における手の自己運動認識機構(VII 共同利用研究 2.研究成果), 村田 哲, 霊長類研究所年報, 33, 106, 106,   2003年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005054322
  • 動作選択の諸局面と脳活動 手の運動制御と身体図式の動的側面, 村田哲, 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 25th, 110,   2002年07月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902125948770481
  • 脳内の自己運動認識システム:頭頂連合野の役割, 中山科学振興財団活動報告書2001 セルフの人間科学, 35, 43,   2002年
  • Prieto-premotor networkの自己運動のモニター機能, 村田 哲, 平成13年度 JST領域探索プログラム ヒューマノイド・サイエンスの構築と応用 報告書, 164, 180,   2002年
  • 手操作運動に関わる皮質領野活動の時系列的解析 event‐related fMRIを用いて, 村田哲, 井上健太郎, 野瀬出, 稲瀬政彦, 泰羅雅登, 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 24th, 345,   2001年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902157911641478
  • 血圧上昇に伴う高血圧症ラットの下垂体血管鋳型像の変化, 千葉惇, 太田善夫, 生塩研一, 村田哲, 稲瀬正彦, 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 24th, 362,   2001年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902169595702735
  • 21世紀の科学をつくる脳の謎に挑む 第4回 ミラーニューロンとボディイメージ, 村田哲, 数理科学, 39, 9, 69, 77,   2001年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902114773515708
  • 21世紀の科学をつくる脳の謎に挑む(4)ミラーニューロンとボディイメージ, 村田 哲, 数理科学, 39, 9, 69, 77,   2001年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40002001709
  • ミラーニューロンとボディイメージ, 数理科学, 459, 9, 69, 77,   2001年
  • Mirror neuron , 村田 哲, 生体の科学, 51, 6, 615, 616,   2000年, 招待有り
  • 操作目標の相対的位置関係を識別するサル頭頂連合野の手操作関連ニューロン, SHEIN W N, 田中裕二, 加世田正和, 村田哲, 酒田英夫, 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 22nd, 123,   1999年07月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902169261299816
  • Prieto-premotor networkと手指の運動制御, 生理学研究所 共同利用研究,   1999年
  • 腹側運動前野と手の運動の空間的制御 (特集 手の運動の制御と学習), 村田 哲, 神経研究の進歩, 42, 1, 49, 58,   1998年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001884536
  • 手の運動の制御と学習 腹側運動前野と手の運動の空間的制御, 村田哲, 神経研究の進歩, 42, 1, 49, 58,   1998年02月, 10.11477/mf.1431900822, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902169664469126
  • 三次元図形記憶の神経機構 (文部省S), 酒田英夫, 泰羅雅登, 楠真琴, 村田哲, 筒井健一郎, 高次脳機能のシステム的理解 文部省科学研究費補助金重点領域研究報告書2 平成10年, 104, 105,   1998年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902112499162329
  • 頭頂連合野と両眼立体視 三次元的特徴のコーディング, 酒田英夫, 田中裕二, 志方えりさ, 村田哲, 泰羅雅登, 楠真琴, 3D映像, 9, 1, 7, 15,   1995年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902167974525279
  • 頭頂連合野における失行の生理学的背景 (失行とその周辺<特集>), 酒田 英夫, 村田 哲, 神経研究の進歩, 38, 4, p641, 648,   1994年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001886014
  • 特集 失行とその周辺 頭頂連合野における失行の生理学的背景, 酒田英夫, 村田哲, 神経研究の進歩, 38, 4, 641, 648,   1994年08月, 10.11477/mf.1431900563, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126471463359
  • サル大脳皮質の非破壊的観察と脳定位的記録への応用, 酒田英夫, 楠真琴, 田中裕二, 村田哲, 彦坂興秀, 宮下暢夫, 生理学研究所年報, 14, 271, 274,   1993年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902148396405627
  • 物体操作の生理学的基礎, 酒田英夫, 泰羅雅登, 村田哲, 峯清一郎, 神経研究の進歩, 35, 6, 990, 999,   1991年12月, 10.11477/mf.1431900200, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902016971355862

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 運動中の体性感覚フィードバック処理のメカニズム, 村田 哲
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 多種感覚フィードバックの処理と自他の身体意識の関係についての研究, 村田 哲,  運動に伴う感覚フィードバックは、運動を制御するためだけでなく、運動主体感や身体保持感などの自己身体マッピングに必須の役割をしている。本研究では、感覚フィードバックが、運動遂行中にどのように処理され身体意識と関わるのか、明らかにすることを目的とする。これまでの海外の研究では、腹側運動前野のニューロンが、自分からの視線でみた自己の身体の動きに反応するものが見つかっており、本年度は、ミラーニューロンが運動遂行中に、自己の運動の視覚フィードバックとして働いているのではないかと考えて、特にミラーニューロンシステムについて重要視し、ミラーニューロンが自己の身体の動きに反応するかどうかを調べている。2012年度の神経科学会大会においては、ミラーニューロンシステムの今後というシンポジウムにおいて "Mirror neuron and corporeal awareness"というタイトルで、頭頂葉のミラーニューロンが自己の運動中の身体象に反応すると思われるデータを発表した。 また、それ以前から研究の流れを受けて、視覚と体性感覚の多種感覚ニューロンを対象にそれらのニューロンが他者の身体像にいかに反応するかの実験を行った。過去の研究では、頭頂葉のVIP野で自己の身体に反応するニューロンが他者の身体象にも反応することが明らかになっている、今回の実験では腹側運動前野の多種感覚ニューロンが、他者の身体象に反応するかどうかの実験を行った。VIP野と腹側運動前野は解剖学的な結合があり、腹側運動前野のニューロンも他者身体像に反応するかと思われたが、今のところそのような反応は見つかっていない。VIP野での反応は他者の身体知覚において自己の身体の表象を参照する反応と思われたが、腹側運動前野では、そうしたシステムには組み込まれていないのか、何か別の要素が関係しているのかさらに研究を進める必要がある。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 自己と他者の身体認識の脳内メカニズムの解明, 村田 哲, 本研究では,脳内における自己と他者の身体の認識のメカニズムと、頭頂連合野と運動前野のネットワークの役割を明らかにすることが目的である.これらのいずれも、このネットワークの中で、モダリティの異なる感覚フィードバックと運動のシグナルのコピーである遠心性コピーの統合のメカニズムを探る事が重要となる。本年は、また,電気通信大学の阪口准教授らの主導のもとで共同研究を行い,頭頂葉のAIP野活動のデータを用いて情報量解析を行った.その結果,ニューロンのタイプによって,情報量のピークが異なる時間に現れることが明らかになった.AIP野では物体の情報に関するピークが、早い段階で現れ、物体の情報は早くから処理されていることがわかった。また、運動のシグナルをコードする運動優位型は、視覚優位型や視覚運動型のニューロンと比較して情報量の立ち上がりが早く、運動優位型は、運動前野からの遠心性コピーであるというこれまでの考えを支持する結果であった。この結果は、現在Exprimental Brain Researchに投稿中である。また現在、視覚フィードバックと遠心性コピーの統合に関わるニューロンを頭頂葉と運動前野で記録すべく、サルの訓練がほぼ完了した。我々は,自己の身体と他者の身体は共通の領域で表現されているのではないかと推測し、昨年頭頂葉のVIP野の多種感覚ニューロンが,自己の身体だけでなく,他者の身体をコードしているかどうか調べた.その結果,自己の身体部位をコードすると考えられるニューロンが,他者の同一の身体部位上に鏡像関係に視覚受容野を持つニューロンが見つかったが、脳が他者身体を自己の身体を参照して知覚している可能性が示唆する.この結果は、2010年1月にJ. Cog. Neuroscienceに掲載された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 自己認識に関わるミラーニューロンシステム, 村田 哲, 本研究では,脳内における自己と他者の身体の認識のメカニズムと,頭頂連合野と運動前野のネットワークの役割を明らかにすることが目的である.脳は他者の行為を認識することが可能であるが,自己の身体のみならず他者の身体を認識するメカニズムを考える必要がある.我々は,自己の身体と他者の身体は共通の領域で表現されているのではないかと推測した.そこで,頭頂葉のVIP野の多種感覚ニューロンが,自己の身体だけでなく,他者の身体をコードしているかどうか調べた.その結果,自己の身体部位をコードすると考えられるニューロンが,他者の同一の身体部位上に鏡像関係に視覚受容野を持つニューロンが見つかった.これらのニューロンは,自己から見た他者の位置に関係なく,ある一定の身体の部位に視覚受容野が認められた.他者の身体に関わる視覚反応だと考えられる.これは,脳が他者身体の認識を自己の身体を参照して行っている可能性が示唆する.こうしたことは生理学的問題のみならず,他者認識の工学的モデルの構築にも重要であると考えられる.模倣の工学的モデル構築にも重要な知見であると考えられる.また,電気通信大学の阪口准教授らの主導のもとで共同研究を行い,頭頂葉のAIP野ニューロンの単一ニューロン活動のデータを用いて情報量解析を行った.AIP野では,手操作運動関連ニューロンがあり,それらの活動は視覚反応や運動に関わる活動によって異なるタイプが知られている.この研究では,AIP野の記録データを用いて時系列による情報量の変化を解析した.その結果,AIP野ニューロンのタイプによって,情報量のピークが異なる時間に現れることが明らかになった.AIP野のニューロンの活動が,時系列で異なる情報を処理することを示しているが,今後AIP野の周辺の領域や頭頂葉と結合のある運動前野のニューロン活動においても解析を進めることが重要である.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 自己身体感覚と模倣のための脳内システム, 村田 哲, ヒトの下頭頂葉の障害では、自分の動作や他者の動作を見ている時に、その動作の主体が自己なのか,他者なのかか区別がつかない症状が知られている。頭頂連合野は運動前野と連関し、視覚や体性感覚のフィードバックと、内因的な運動指令の照合を行っていると考えられるが、上記の症状もそうした自己の運動のモニターシステムの問題と思われる。下頭頂葉のPF野や腹側運動前野の他者の動作に視覚的に反応する,ミラーニューロンは、自己の運動にも視覚的に反応し、運動指令と感覚フィードバックの照合に関わるのではないか。そこで、本研究はサルの頭頂葉リミラーニューロンの記録と、ヒトやサルの手の運動の解析を行つた。まず記録実験で、CCDカメラで撮影された手の映像を目の前にあるモニターで見ながらものをつかむ手操作課題と、サルの目線でみた手の運動の動画や実験者の手の運動の動画の注視課題で反応を調べた。その結果、自分の手の動きに視覚的に反応しているニューロンが、PF野およびAIP野で認められた。これらのニューロンの多くは他者の手の動作にも視覚的に反応した。さらに、運動実行中の視覚フィードバックに遅延をかける課題では、手に対する視覚反応が抑制されることが明らかになった。またヒト、サルにおいて通常の視覚条件の手操作課題と視覚フィードバックに遅延をかけた手操作課題で運動時間を比較した。その結果、遅延をかけると運動時間がのびること、遅延時間をいろいろに変えると運動時間も変化することが明らかになった。未だこの行動実験の結果は、予備的なものでありさらに事例を増やす必要があるが、ニューロン活動の記録と併せて考えると、頭頂葉におけるミラーニューロンは、自己の動作を視覚的にモニターし、運動指令や体性感覚と照合することで自己の運動を認識する働きをもつことが示唆された。今後同様の実験を腹側運動前野のミラーニューロンに対して行うことが重要である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 脳内のボディ・イメージ関連システムとミラーシステムとの関係, 村田 哲, サルの腹側運動前野や下頭頂小葉のPF野では、他の個体の手の動作を観察しているときに反応し、またそれと同じ動作を自ら行っているときにも活動するミラーニューロンが記録される。しかし、サルのミラーニューロンがいかなる役割を果たしているのか明らかではない。頭頂葉は、運動による感覚情報のフィードバックや内因的な運動指令をもとに運動をモニターする機能があると考えられるが、この自己の身体感覚に関わるシステムが、ミラーニューロンと回路を共有すると予測する。本研究は、ミラーニューロンが自己の運動のモニター機能にいかに関わっているか検討した。PF野から、手指の運動に関わるニューロン活動を記録し、ミラーニューロンが、自分の手の視覚的フィードバックに反応するかどうか調べた。CCDカメラで、サルの視線で手の運動の映像を撮影し、サルの目の前にあるモニターに映した。サルは、LEDの点滅に従って、モニターの画像を見ながら手を動かして、物体をつかむ課題を訓練された。この課題で、自分の手と物体が見える条件、LEDのみ見える条件、手の動きの画像に遅延を起こす条件を設定した。さらに、自分の手の運動の動画や実験者の手の運動の動画を注視させる課題も設定した。実験は、現在継続中であるが、物体をつかむ自分の手の運動の画像に反応していると思われるニューロンが認められ、一部はミラーニューロンのように他者の手の動作に視覚的に反応していた。また、このようなニューロンは、視覚フィードバックの映像が遅延する場合には、反応が抑制されることが明らかになった。以上のことから、頭頂葉におけるミラーニューロンが、自己の運動をモニターする働きをもち、また、自己と他者の動作をマッチさせる働きがあると考えられる。また、マカクザルの模倣にも関与すると推測される。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), ボディイメージ形成における自己運動の認識機構の役割り, 村田 哲, 運動している最中に、自分がどのような運動を現在進行中であるのかを脳の中でモニターすることは運動の制御にとって重要であるが、それのみならず学習、模倣、ボディイメージの形成さらには自己の認識ということまで関わってくる。本研究においてはこの自己の運動を脳がいかに視覚的に認識しているのを調べるのが目的である。平成14年度の科研費ではサルが2次元のビデオモニターにて自分の手の運動を見ながら物体をつかむシステムとともに、あらかじめ記録した手の動きの画像を動画としてタイミングをそろえて呈示するシステムにより、サルの目線で見た自分の手の運動を呈示し、それに反応するニューロン活動をサルの頭頂間溝前方部周辺領域(AIP野、PF野)にて記録を行った。このとき、画像にビデオエフェクターを用いて、物体の像を消し、手の映像だけを映すようにした。さらに今年度補助金では、ビデオモニターに映っている手の運動の画像を、実際の運動よりも遅らせる装置を導入した。その結果、AIP野において物体をつかんでいる最中に反応し、また物体をつかんでいる動画を注視するだけでも反応するニューロン活動が記録された.この様なニューロンは、モニターには映像が映らない状態で運動をさせると反応せず、自己の運動についての視覚的な入力によってのみ活動していると考えられる。また、画像に遅延をかけた場合は、反応が低下する傾向があったが、これは視覚像が自己の手の運動として認識されないためと予測される結果である。今後は、この様な活動についてさらにニューロンの数を増やす一方、遅延の時間も変えて反応を比較する予定である。また、頭頂葉のPF野において、運動前野と同様の他者の動作を見ている時に反応するミラーニューロンを記録した。これらのニューロンは、イタリアのグループが報告しているが、先の述べた課題により、自己の手の運動の視覚像に反応するかどうかについて、今後さらに研究を継続する予定である。また、運動前野におけるミラーニューロンについても同様の実験を計画中である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(C)), 自己運動の認識におけるミラーニューロンとAIP野ニューロンの役割, 村田 哲, 運動している最中に、自分がどのような運動を現在進行中であるのかを脳の中でモニターすることは、当然、運動の制御、学習にとって必要なことであるが、それのみならずボディイメージの形成さらには自己の認識ということまで関わってくる。今回の研究においてはこの自己の運動を脳がいかに認識しているのを調べるのが目的であった。平成13年度の科研費では、2次元のビデオモニターにてサルが自分の手の運動を見ながら物体をつかむシステムとともに、あらかじめ記録した手の動きの画像を動画としてタイミングをきちんとそろえて呈示するシステムが完成した。今後、サルの目線で見た自分の手の運動を呈示し、それに反応するニューロン活動を運動前野や頭頂葉にて記録する予定である。ミラーニューロンについては、現在までに暗室内の手の運動では明るいところと比較して反応が弱くなるニューロンが見つかっている。このようなことからミラーニューロンには、自己運動の認識に関わるニューロンがあると予測している。現在のところ、実際に他施設との研究協力にてF5におけるミラーニューロンの活動を記録中であるが、自分の手の動きの両像を見たときに反応すると思われるニューロンが記録されている。この実験では未だコントロール条件が十分ではないため、先に述べた動画呈示システムを叩いて、さらなる実験を行う予定である。また、日本大学との研究協力にてヒトを使ったfMRIでの記録を行った。頭頂葉の前方部分(AIP野に相当すると思われる)が自らの手の運動のコマンドを遠心性コピーとして受けとり、今行われている運動をモニターしていることを示唆するデータが得られた。これは、2001年の北米神経科学会で報告した。今後は、視覚フィードバックと遠心性コピーのみある状態、体性感覚と遠心性コピーのみある状態、視覚フィードバックと体性感覚、遠心性コピーのそろった条件で手の操作運動にかかわる領域の探索をおこなう予定である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(A)), サル頭頂連合野における両眼視による手操作運動の制御機構, 村田 哲, 手の操作運動をコントロールするにはターゲットとなる3次元物体についての両眼視による視覚情報とともに、遂行中の手操作運動の立体的視覚性フィードバックの情報が必要である。サルの頭頂間溝外側壁前方部にあるAIP野において手操作運動に関わるニューロン活動を記録し、特にその視覚的な性質について調べた。実験では、いろいろな形の3次元物体を用いて、それらを手で掴んで引っ張る手操作課題や物体の注視課題をサルに訓練した。この中で、物体を注視するだけの課題でも反応する対象型のニューロンは、操作の対象となる物体の3次元的な形や大きさ、傾きなどに選択的に反応し、物体の視覚的な3次元的特徴を表現していると考えられる。また、暗いところで反応がなくなるか弱くなるが物体の視覚課題では反応しない非対象型ニューロンは、操作する時の手の形がよく似ている物体で同じ程度の反応を示す傾向が認められた。そこで、非対象型ニューロンの反応をもとに多次元尺度法を用いて物体の類似性を検定すると、操作中の手の形がよく似ている物体が互いにかたまってプロットされた。以上の結果から非対象型のニューロンは、現在進行中の手の運動を視覚的に3次元的にモニターする視覚性フィードバック信号としての役割を担っていると推測された。現在、これを直接検証するために小型ビデオカメラでサルの手の運動をオンラインで撮影し、サルにモニターで自分の手の動きをみながら操作運動を行う課題を訓練中である。この課題では自分の手の運動は見えるが操作する物体は見えない条件を実現しており、物体を操作する手の映像がいかにニューロンの発火に関わっているかを検討することが可能である。さらに、2台のビデオカメラを用いてヘッドマウントディスプレイで立体映像化した手の運動をサルに見せながら手操作運動を行う訓練も行い、視覚性のフィードバックと両眼立体視との関係についても調べる予定である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), サル頭頂連合野の手操作関連ニューロンの視覚的性質, 村田 哲, 手の操作運動をコントロールするにはターゲットとなる3次元物体についての視覚情報とともに、遂行中の手の運動の視覚性フィードバックの情報が必要である。サルの頭頂間溝外側壁前方部にあるAIP野において手操作運動に関わるニューロン活動を記録し、特にその視覚的な性質について調べた。実験では、いろいろな形の3次元物体を用いて、それらを手で掴んで引っ張る手操作課題や物体の注視課題をサルに訓練した。この中で対象型のニューロンは、物体を注視するだけの課題でも反応し操作する対象となる物体の3次元的な形や大きさ傾きなどに選択的に反応し、物体の視覚的な3次元的特徴を表現していると考えられる。また、暗いところで反応がなくなるか弱くなり物体の注視課題では反応しない非対象型ニューロンは、操作する時の手の形がよく似ている物体では同じ程度の反応を示す傾向が認められた。そこで、非対象型ニューロンの反応をもとに多次元尺度法を用いて物体の類似性を検定すると、操作するときの手の形がよく似ている物体が互いにかたまってプロットされた。以上の結果から非対象型のニューロンは、現在進行中の手の運動を視覚的にモニターして手の運動を制御する視覚性フィードバック信号としての役割を担っていると推測された。現在、これを直接検証するために小型ビデオカメラでサルの手の運動をオンラインで撮影し、サルにモニターで自分の手の動きをみながら操作運動をする課題を訓練中である。この課題では自分の手の運動は見えるが操作する物体は見えない条件をデジタルビデオエフェクターにより実現しており、物体を操作する手の映像がいかにニューロンの発火に関わっているかを検討することが可能である。また、サル自身は手を動かさずに、操作する手の映像だけを見せて、運動と視覚刺激を分離してニューロンの反応を記録する予定である。
  • 科学研究費補助金, 大脳における視覚運動制御、自己身体感覚獲得のメカニズム
  • 科学研究費補助金, 自己身体感覚の獲得のメカニズム

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生理学 神経系, 近畿大学医学部、信州大学医学部
  • 解剖生理学, 近畿大学附属看護学校
  • 大学院集中講義, 京都大学 霊長類研究所