KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

北澤 康秀キタザワ ヤスヒデ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/センター長
学位医学博士
専門重症熱傷の治療、栄養管理、重症患者の全身管理
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1306-kitazawa-yasuhide.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/10140261.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    重症熱傷患者さんの全例救命を目指しています。闘病患者さんの立場に立った上で、合理性の高い診療の実現のためのチーム医療をモットーにしています。

学歴・経歴

経歴

  •   2004年04月,  - 2013年08月, 関西医科大学(助教授)

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 消化器外科学
  • 外科系臨床医学, 救急医学

研究キーワード

  • ミトコンドリア, TNFα, チトクローム C, 膜膨化, ミトコンドリア呼吸能, 酸化ストレス, 酸素消費量, ミトコンドリア機能, 細胞内カルシウム, カルニチン, アポトーシス, MMP, zVAD-fmk, チロクロームC, MPT, LPS, Ca^<2+>, L929, bcl-2, microinjector, カルシウム, 敗血症, 総合失調症, サイトカイン, 統合失調症, 生体反応, 外傷, ストレス, 侵襲, ノルエピネフリン

論文

  • Difference in pulmonary permeability between indirect and direct acute respiratory distress syndrome assessed by the transpulmonary thermodilution technique: a prospective, observational, multi-institutional study., Morisawa K, Fujitani S, Taira Y, Kushimoto S, Kitazawa Y, Okuchi K, Ishikura H, Sakamoto T, Tagami T, Yamaguchi J, Sugita M, Kase Y, Kanemura T, Takahashi H, Kuroki Y, Izumino H, Rinka H, Seo R, Takatori M, Kaneko T, Nakamura T, Irahara T, Saitou N, Watanabe A, PiCCO Pulmonary Edema Study Group, Journal of intensive care, 2, 1, 24,   2014年, 査読有り
  • Global end-diastolic volume is an important contributor to increased extravascular lung water in patients with acute lung injury and acuterespiratory distress syndrome: a multicenter observational study., Kaneko T, Kawamura Y, Maekawa T, Tagami T, Nakamura T, Saito N, Kitazawa Y, Ishikura H, Sugita M, Okuchi K, Rinka H, Watanabe A, Kase Y, Kushimoto S, Izumino H, Kanemura T, Yoshikawa K, Takahashi H, Irahara T, Sakamoto T, Kuroki Y, Taira Y, Seo R, Yamaguchi J, Takatori M, PiCCO Pulmonary Edema Study Group, Journal of intensive care, 2, 1, 25,   2014年, 査読有り
  • Early-phase changes of extravascular lung water index as a prognostic indicator in acute respiratory distress syndrome patients., Tagami T, Nakamura T, Kushimoto S, Tosa R, Watanabe A, Kaneko T, Fukushima H, Rinka H, Kudo D, Uzu H, Murai A, Takatori M, Izumino H, Kase Y, Seo R, Takahashi H, Kitazawa Y, Yamaguchi J, Sugita M, Takahashi H, Kuroki Y, Kanemura T, Morisawa K, Saito N, Irahara T, Yokota H, Annals of intensive care, 4, 27,   2014年, 査読有り
  • Effect of a selective neutrophil elastase inhibitor on mortality and ventilator-free days in patients with increased extravascular lung water: a post hoc analysis of the PiCCO Pulmonary Edema Study., Tagami T, Tosa R, Omura M, Fukushima H, Kaneko T, Endo T, Rinka H, Murai A, Yamaguchi J, Yoshikawa K, Saito N, Uzu H, Kase Y, Takatori M, Izumino H, Nakamura T, Seo R, Kitazawa Y, Sugita M, Takahashi H, Kuroki Y, Irahara T, Kanemura T, Yokota H, Kushimoto S, Journal of intensive care, 2, 1, 67,   2014年, 査読有り
  • Relationship between extravascular lung water and severity categories of acute respiratory distress syndrome by the Berlin definition., Kushimoto S, Endo T, Yamanouchi S, Sakamoto T, Ishikura H, Kitazawa Y, Taira Y, Okuchi K, Tagami T, Watanabe A, Yamaguchi J, Yoshikawa K, Sugita M, Kase Y, Kanemura T, Takahashi H, Kuroki Y, Izumino H, Rinka H, Seo R, Takatori M, Kaneko T, Nakamura T, Irahara T, Saito N, the PiCCO Pulmonary Edema Study Group, Critical care (London, England), 17, R132,   2013年06月, 査読有り
  • Limitations of global end-diastolic volume index as a parameter of cardiac preload in the early phase of severe sepsis: a subgroup analysis of amulticenter,prospective observational study, Tomoyuki Endo,Shigeki Kushimoto,Satoshi Yamanouchi,Teruo Sakamoto,Hiroyasu Ishikura,Yasuhide Kitazawa,Yasuhiko Taira,Kazuo Okuchi,Takashi Tagami,Akihiro Watanabe,Junko Yamaguchi,Kazuhide Yoshikawa,Manabu Sugita,Yoichi Kasa,Takashi Kanemura,Hiroyuki Takahashi,Yuuichi Kuroki,Hiroo Izumino,Hiroshi Rinka,Ryutarou Seo,Makoto Takatori,Tadashi Kaneko,Toshiaki Nakamura,Takayuki Irahara,Nobuyuki Saito and PiCCO Pulmonary Edema Study Group, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 11, 1, 1, 8,   2013年, 査読有り
  • The clinical usefulness of extravascular lung water and pulmonary vascular permeability index to diagnose and characterize pulmonary edema: a prospective multicenter study on the quantitative differential diagnostic definition for acute lung injury/acute, Kushimoto S, Taira Y, Kitazawa Y, Okuchi K, Sakamoto T, Ishikura H, Endo T, Yamanouchi S, Tagami T, Yamaguchi J, Yoshikawa K, Sugita M, Kase Y, Kanemura T, Takahashi H, Kuroki Y, Izumino H, Rinka H, Seo R, Takatori M, Kaneko T, Nakamura T, Irahara T, Saito N, Watanabe A, The PiCCO Pulmonary Edema Study Group, Critical care (London, England), 16, R232,   2012年12月, 査読有り
  • Posterior reversible encephalopathy syndrome occurring after uterine artery embolization for uterine myoma., Suzuki S, Tanigawa N, Kariya S, Komemushi A, Kojima H, Tokuda T, Kishimoto M, Tomino A, Fujioka M, Kitazawa Y, Sawada S, Cardiovascular and interventional radiology, 34 Suppl 2, S157, 60,   2011年02月, 査読有り
  • [Danaparoid sodium]., Kitazawa Y, Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology, Suppl 147, 164, 166,   2011年02月, 査読有り
  • Spontaneous spinal epidural hematoma inducing acute anterior spinal cord syndrome., Kunizawa A, Fujioka M, Suzuki S, Ryu T, Asai A, Kawamoto K, Kitazawa Y, Journal of neurosurgery. Spine, 10, 574, 577,   2009年06月, 査読有り
  • Therapeutic efficacy of leukocytapheresis for procoagulant microparticles during hemophagocytic syndrome., Asai T, Nomura S, Ishii K, Ichikawa K, Umei N, Matsunami K, Matsuo Y, Kitazawa Y, Pathophysiology of haemostasis and thrombosis, 36, 98, 101,   2008年, 査読有り
  • A case of hemophagocytic lymphohistiocytosis after the primary Epstein-Barr virus infection., Kitazawa Y, Saito F, Nomura S, Ishii K, Kadota E, Clinical and applied thrombosis/hemostasis : official journal of the International Academy of Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis, 13, 323, 328,   2007年07月, 査読有り

MISC

  • 小児熱傷患者看護の1経験例, 北澤康秀, 熱傷, 42, 3, 44, 48,   2016年09月, 査読有り
  • 広範囲熱傷患者における輸液量の検討, 濱口 満英, 松島 知秀, 西脇 仁, 村尾 佳則, 北澤 康秀, 熱傷, 41, 4, 211, 211,   2015年11月
  • 連続心拍出量測定装置の活用方法 (ミニ特集 ケアの質のさらなる向上のために知りたい! 循環器・ICUで進歩を遂げる機器たち), 上山 順子, 徳山 博美, 北澤 康秀, ハートナーシング, 24, 8, 858, 862,   2011年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018957430
  • SF-094-3 急性肺水腫を定量的に定義する : 多施設共同前向き試験中間解析結果(サージカルフォーラム(94)救急・外傷-1,第111回日本外科学会定期学術集会), 久志本 成樹, 平 泰彦, 北澤 康秀, 奥地 一夫, 坂本 照夫, 石倉 宏恭, 日本外科学会雑誌, 112, 1,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008684123
  • 救命救急センターにおける精神・身体複合患者の診療上の問題点 (第18回日本精神科救急学会総会) -- (シンポジウム 特集 精神科救急と身体合併症), 徳山 博美, 北澤 康秀, 精神科救急, 14, 31, 33,   2011年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018889006
  • 形成外科・救急科の早期連携による熱傷チーム医療の検討, 久徳 美樹, 光井 俊人, 松島 貴志, 富野 敦稔, 北澤 康秀, 熱傷 : 日本熱傷学会機関誌 = Japan journal of burn injuries, 36, 3, 132, 137,   2010年09月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030394259
  • 90歳以上の高齢者の大動脈緊急症例の検討, 藤井 弘史, 中尾 佳永, 徳田 貴則, 岡田 隆之, 北澤 康秀, 日本血管外科学会雑誌 = The Japanese journal of vascular surgery : official journal of the Japanese Society for Vascular Surgery, 17, 3, 439, 445,   2008年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026113257
  • DP-102-4 急性大動脈解離術後早期自宅退院(第107回日本外科学会定期学術集会), 藤井 弘史, 北澤 康秀, 山本 透, 富野 敦稔, 鈴木 聡史, 岸本 真房, 大久保 遊平, 中野 誠人, 日本外科学会雑誌, 108, 2,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006332114
  • 救急医療とNST, 北澤 康秀, 静脈経腸栄養, 21, 2, 3, 9,   2006年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018164455
  • 直腸との瘻孔形成が疑われた孤立性感染性内腸骨動脈瘤の1手術治験例, 藤井 弘史, 中尾 佳永, 徳田 貴則, 岡田 隆之, 北澤 康秀, 日本血管外科学会雑誌 = The Japanese journal of vascular surgery : official journal of the Japanese Society for Vascular Surgery, 15, 1, 39, 42,   2006年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018363394
  • 褥瘡ケアにおける栄養サポートチームの役割, 山中 英治, 加藤 裕子, 黒岡 定浩, 佐藤 美香, 北野 らん子, 狩谷 佳寛, 小倉 幸子, 谷藤 美幸, 北澤 康秀, 日本臨床栄養学会雑誌, 24, 4, 243, 248,   2003年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029420039
  • 症例 早期に脳出血を発症した顕微鏡的多発血管炎の1例, 安藤 性實, 山本 義尚, 北澤 康秀, 内科, 91, 2, 378, 380,   2003年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005660511
  • 重症熱傷経過中にHAB(HTLV-1 Associated Bronchopneumonopathy)発症が疑われた1症例chopneumonopathy)発症が疑われた1症例, 福井 寿徳, 石原 崇史, 平川 昭彦, 松原 峰生, 武山 直志, 北澤 康秀, 田中 孝也, 熱傷, 24, 5, 262, 267,   1998年12月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013855653
  • 重症熱傷救命率の向上による形成外科的治療の変化とその問題点, 竹本 剛司, 土井 秀明, 舘 良昭, 辻田 美樹, 小川 豊, 松原 峰生, 田中 孝也, 久徳 茂雄, 北澤 康秀, 切通 雅也, 熱傷, 24, 4,   1998年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013855501
  • 消化管穿孔のない腹腔内遊離ガス症例の検討, 新谷 裕, 北澤 康秀, 上殿 康成, 松尾 信昭, 石倉 宏恭, 山本 透, 田中 孝也, 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine, 17, 8, 1103, 1107,   1997年12月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010487057
  • 重症熱傷における血漿G-CSFの変動, 北澤 康秀, 切通 雅也, 松原 峰生, 松尾 信昭, 田中 孝也, 土井 秀明, 久徳 茂雄, 小川 豊, 熱傷, 23, 5, 333, 342,   1997年12月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013855090
  • 当施設における広範囲重症熱傷に対する超早期手術の実際と全身管理, 北澤 康秀, 切通 雅也, 松原 峰生, 山本 透, 田中 孝也, 土井 秀明, 久徳 茂雄, 小川 豊, 熱傷, 23, 4, 258, 259,   1997年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013854942
  • 初療からはじめる熱傷後瘢痕・拘縮の再建, 土井 秀明, 久徳 茂雄, 秋岡 二郎, 伊藤 文人, 小川 豊, 松原 峰生, 切通 雅也, 山本 透, 北澤 康秀, 田中 孝也, 熱傷, 23, 4, 263, 264,   1997年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013854948
  • 熱傷, 感染モデルにおけるNOの影響, 切通 雅也, 武山 直志, 北澤 康秀, 田中 孝也, 熱傷, 23, 4,   1997年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013855060
  • 広範囲熱傷における手術時期と方法に関する考察, 北澤 康秀, 切通 雅也, 赤堀 通哉, 新谷 裕, 松原 峰生, 田中 孝也, 久徳 茂雄, 小川 豊, 熱傷, 22, 5, 303, 308,   1996年12月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013849242
  • 熱傷患者における血漿中NOxの検討, 切通 雅也, 箱田 滋, 栗岡 克樹, 赤堀 通哉, 松原 峰生, 北澤 康秀, 田中 孝也, 熱傷, 22, 3, 152, 157,   1996年09月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016048965
  • 重症病態での厚生省DIC score のTAT, PIC, 血小板数による分析, 赤堀 通哉, 石倉 宏恭, 松尾 信昭, 松原 峰生, 北澤 康秀, 田中 孝也, 日本救急医学会雑誌, 7, 1, 21, 26,   1996年01月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012222855
  • 小児熱傷患者の母親の心理分析の検討, 新谷 裕, 切通 雅也, 箱田 滋, 栗岡 克樹, 北澤 康秀, 田中 孝也, 熱傷, 21, 5, 219, 224,   1995年12月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013854593
  • 熱傷治療における植皮の時期と方法, 北澤 康秀, 切通 雅也, 赤堀 通哉, 松尾 信昭, 松原 峰生, 田中 孝也, 久徳 茂雄, 小川 豊, 熱傷, 21, 4, 129, 130,   1995年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013854528
  • 間質性肺炎を初発症状とし, その診断が困難であったAIDS患者の1例, 箱田 滋, 東本 一吉, 木内 俊一郎, 北澤 康秀, 米津 精文, 藤田 佳子, 岡村 明治, 田中 孝也, 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases, 69, 9, 1007, 1011,   1995年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008727161
  • 薬物中毒後に高CPK血症,臀部腫脹及び難治性の坐骨神経麻痺を呈した2症例, 正司 義和, 松尾 信昭, 赤堀 道也, 北澤 康秀, 田中 孝也, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録, 38, 4, 1091, 1092,   1995年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010493137
  • 敗血症にて発症した成人骨盤骨髄炎の1例, 北澤 康秀, 上殿 泰成, 赤堀 通哉, 酒井 めぐみ, 引間 正彦, 田中 孝也, 日本救急医学会雑誌, 6, 1, 87, 92,   1995年02月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005049835
  • 387 腹部緊急血管造影の適応と限界の検討(<特集>第38回日本消化器外科学会総会), 新谷 裕, 高田 達良, 山本 透, 原田 直己, 北澤 康秀, 田中 孝也, 日本消化器外科学会雑誌, 24, 6,   1991年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001324612
  • 418 救命センターにおけるMRSA感染症と消化器手術及びMOF発生の検討(<特集>第38回日本消化器外科学会総会), 千代 孝夫, 上殿 泰成, 加藤 研一, 原田 直己, 北沢 康秀, 田中 孝也, 日本消化器外科学会雑誌, 24, 6,   1991年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001324643
  • A case of hughes-stovin syndrome associated with Behcet's disease., 高折 洋, 北澤 康秀, 谷口 智行, 伊藤 嘉敏, 武山 直志, 田中 孝也, 日本内科学会雑誌, 78, 9, 1333, 1338,   1989年, 10.2169/naika.78.1333, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000900823
  • 29 出血性胃十二指腸潰瘍症例の検討 : 特にシメチジン使用効果について(<特集>第25回日本消化器外科学会総会), 広実 伸郎, 朴 常秀, 浅尾 寧延, 中根 恭司, 日置 紘士郎, 山田 武夫, 山本 政勝, 北澤 康秀, 田中 孝也, 日本消化器外科学会雑誌, 18, 2,   1985年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001301649