KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

岡部 崇記オカベ タカフミ

プロフィール

所属部署名奈良病院
職名診療講師
学位
専門
ジャンル
コメンテータガイド
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70460863.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/22

学歴・経歴

経歴

  •   2011年, 近畿大学(助教)

研究活動情報

研究分野

  • 腫瘍学, 臨床腫瘍学

講演・口頭発表等

  • 当科における電子スコ-プ(LTF-240)を用いた局所麻痺下胸腔鏡の使用報告, 宮﨑 昌樹, 野上 壽二, 寺嶋応顕, 岡部崇記, 明石雄策, 池田昌人, 尾崎智博, 津谷あす香, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第28回日本呼吸器内視鏡学会総会,   2005年06月, 第28回日本呼吸器内視鏡学会総会
  • 肺門・縦隔病変に対するコンベックス走査式超音波気管支鏡ガイド下生検の使用経験, 宮﨑 昌樹, 野上 壽二, 長谷川喜一, 岡部崇記, 明石雄策, 池田昌人, 寺嶋応顕, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第77回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会,   2005年06月, 第77回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会
  • 肺末梢腫瘤性病変に対するガイド-シス併用気管支内腔超音波断層法(EBUS)の有用性の検討, 長谷川 喜一, 野上 壽二, 宮﨑 昌樹, 岡部崇記, 寺嶋応顕, 池田昌人, 明石雄策, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第77回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会,   2005年06月, 第77回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会
  • 肺末梢腫瘤性病変に対するガイドシ-ス併用気管支内腔超音波断層法(EBUS-GS)の有効性の検討, 長谷川 喜一, 野上 壽二, 宮﨑 昌樹, 岡部崇記, 寺嶋応顕, 津谷 あす香, 池田 昌人, 明石雄策, 森永亮太郎, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第78回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会,   2005年12月, 第78回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会
  • 肺末梢腫瘤性病変に対するガイド-シス併用気管支内腔超音波断層法(EBUS-GS)の有効性の検討, 長谷川 喜一, 野上 壽二, 宮﨑 昌樹, 岡部崇記, 寺嶋応顕, 津谷 あす香, 池田 昌人, 明石雄策, 森永亮太郎, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第83回日本肺癌学会関西支部会,   2006年02月, 第83回日本肺癌学会関西支部会
  • Relationship between EGFR protein expression, EGFR gene amplification, EGFR gene mutations and gefitinib sensitivity in human non-small cell lung cancer cell lines, 寺嶋 応顕, 岡本 勇, 田村研治, 岡部 崇記, 佐藤 太郎, 武田 真幸, 中川 和彦, 福岡正博, 97th American Association of Cancer Reserarch,   2006年04月, 97th American Association of Cancer Reserarch
  • 肺癌細胞株におけるEGFR gene alteration, シグナル伝達とゲフィチニブ感受性との関連の検討, 岡部 崇記, 岡本 勇, 寺嶋 応顕, 佐藤 太郎, 田村研治, 高田 實, 中川 和彦, 福岡正博, 第10回がん分子標的治療研究会総会,   2006年06月, 第10回がん分子標的治療研究会総会
  • 肺癌細胞株におけるEGFR gene alteration, シグナル伝達とゲフィチニブ感受性との関連の検討, 岡部 崇記, 岡本 勇, 田村研治, 寺嶋 応顕, 佐藤 太郎, 吉田健史, 高田 實, 中川 和彦, 福岡正博, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • Differential constitutive activation of epidermal growth factor receptor (EGFR) in non-small-cell lung cancers bearing EGFR, 岡部 崇記, 岡本 勇, 田村研治, 吉田健史, 佐藤 太郎, 高田 實, 中川 和彦, 福岡正博, 他機関, The 3rd I.S.C,   2006年12月, The 3rd I.S.C
  • 肺癌細胞株におけるEGFR gene alteration, シグナル伝達と, 岡部 崇記, 岡本 勇, 田村研治, 佐藤 太郎, 寺嶋 応顕, 吉田健史, 高田 實, 中川 和彦, 福岡正博, 第47回日本肺癌学会総会,   2006年12月, 第47回日本肺癌学会総会
  • ヒト肺癌細胞株における S-1 とフィチニブの併用効果の検討, 岡部 崇記, 岡本 勇, 佐藤 太郎, 田村研治, 福岡正博, 中川 和彦, 他機関, 他機関, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • EGFR抗体療法によるEGFR活性化と下流シグナル阻害, 吉田 健史, 岡本 勇, 岡部崇記, 岩朝 勤, 佐藤 太郎, 西尾和人, 福岡正博, 中川 和彦, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • Prognostic factors affecting survival on pretreated patients with locally advanced or metastatic non-small cell lung cancer, 岡部 崇記, 田村研治, 中川 和彦, 福岡正博, 他機関, 静岡県立がんセンター, 他機関, 他機関, 他機関, 国立がんセンター, The European Cancer Conference,   2007年09月, The European Cancer Conference
  • Synergistic effects of S-1 and gefitinib by modulating the metabolic enzymes of 5-fluorouracil in NSCLC cell lines, 岡部 崇記, 岡本 勇, 畑下恵理奈, 山田友紀, 佐藤 太郎, 田村研治, 福岡正博, 中川 和彦, 他機関, 他機関, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association(第66回日本癌学会学術総会),   2007年10月, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association(第66回日本癌学会学術総会)
  • Matuzumab and cetuximab activate the epidermal growth factor receptor but fail to trigger downstream signaling, 吉田 健史, 岡本 勇, 岡部崇記, 岩朝 勤, 佐藤 太郎, 西尾和人, 福岡正博, 中川 和彦, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2007年10月, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • ヒト肺癌細胞株におけるS-1とゲフィチニブの併用効果の検討, 岡部 崇記, 岡本 勇, 畑下恵理奈, 山田友紀, 佐藤 太郎, 田村研治, 福岡正博, 中川 和彦, 他機関, 他機関, 第48回日本肺癌学会総会,   2007年11月, 第48回日本肺癌学会総会
  • Matuzumab and cetuximab activateb the epidermal growth factor receptor but fail to trigger downstream signaling by akt or erk, 吉田 健史, 岡本 勇, 岡部崇記, 岩朝 勤, 佐藤 太郎, 西尾和人, 福岡正博, 中川 和彦, A.A.C.R,   2008年04月, A.A.C.R
  • 進行肺腺癌」を対象としたゲフィチニブ/S-1併用療法第Ⅰ相臨床試験, 清田 秀美, 岡本 勇, 岡部崇記, 寺嶋応顕, 宮﨑 昌樹, 中川 和彦, 他, 第50回日本肺癌学会総会,   2009年11月, 第50回日本肺癌学会総会

MISC

  • O9-1 当科におけるEBUS-TBNA症例の検討 : EBUS-TBNAで確定診断に至らなかった症例を中心に(EBUS/病理,一般口演9,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会), 清田 秀美, 宮崎 昌樹, 谷崎 潤子, 文田 壮一, 牧村 ちひろ, 岡本 邦男, 竹澤 健, 吉田 健史, 田中 薫, 林 秀敏, 岡部 崇記, 岡本 渉, 寺嶋 応顕, 金田 裕靖, 武田 真幸, 上田 眞也, 藤阪 保仁, 鶴谷 純司, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 倉田 宝保, 中川 和彦, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 33, 0,   2011年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008681426
  • 30.ヒト肺癌細胞株におけるS-1とゲフイチニブの併用効果の検討(第87回日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動), 岡部 崇記, 岡本 勇, 月岡 清夏, 内田 淳二, 岩朝 勤, 吉田 健史, 畑下 恵理奈, 山田 友紀, 佐藤 太郎, 田村 研治, 福岡 正博, 中川 和彦, 肺癌, 48, 2,   2008年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006668204
  • WS9-3 ヒト肺癌細胞株におけるS-1とゲフィチニブの併用効果の検討(ワークショップ 肺癌研究:基礎から臨床へ,第48回日本肺癌学会総会号), 岡部 崇記, 岡本 勇, 月岡 清夏, 内田 淳二, 畑下 恵理奈, 山田 友紀, 佐藤 太郎, 田村 研治, 福岡 正博, 中川 和彦, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480182
  • P-2 肺癌細胞株におけるEGFR gene alteration, シグナル伝達とゲフィチニブ感受性との関連の検討(分子生物学1, 第47回日本肺癌学会総会), 岡部 崇記, 岡本 勇, 田村 研治, 佐藤 太郎, 寺嶋 応顕, 吉田 健史, 高田 實, 中川 和彦, 福岡 正博, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006289531
  • P-352 新規抗がん剤TZT-1027の細胞周期の調節および放射線増感性について(分子生物学4, 第47回日本肺癌学会総会), 明石 雄策, 岡本 勇, 佐藤 太郎, 田村 研二, 寺嶋 応顕, 岡部 崇記, 鈴木 実, 中川 和彦, 福岡 正博, 小野 公二, 肺癌, 46, 5,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006289876
  • ヒト肺癌細胞株におけるゲフィチニブ感受性とEGFR遺伝子変異,増幅,発現量との関連の検討, 寺嶋 応顕, 岡本 勇, 田村 研治, 佐藤 太郎, 岡部 崇記, 中川 和彦, 福岡 正博, 近畿大学医学雑誌, 31, 2, 45, 52,   2006年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006405183
    概要:ゲフィチニブは,選択的EGFRチロシンキナーゼ阻害剤であり,EGFR遺伝子変異の存在とゲフィチニブに対する奏効率が高い相関を示すと報告されている.一方,EGFR遺伝子増幅もゲフィチニブ感受性規定因子として有用であるとする報告もあり,ゲフィチニブの効果を規定する分子メカニズムはいまだ研究段階である.本研究では,独自に樹立した9株を含む,17株のヒト非小細胞肺癌細胞株のゲフィチニブ感受性と,ゲフィチニブの標的分子であるEGFRの遺伝子変異,遺伝子増幅,蛋白発現量を調べ,相互の関連を検討した.その結果,EGFR遺伝子変異を有する細胞株は,ゲフィチニブに対して感受性を示す傾向にあり,その中でもEGFR遺伝子増幅を持つ細胞株が,高い感受性を示した.EGFR遺伝子増幅はEGFR遺伝子変異を有する細胞株のみに認められたことから,遺伝子増幅は遺伝子変異を契機に起こることが示唆された.またEGFR遺伝子変異を認める細胞株のゲフィチニブ感受性は,EGFR遣伝子増幅や,それに伴うEGFRの高発現によって決定されている可能性が示唆された.
  • 5.肺末梢腫瘤性病変に対するガイドシース併用気管支内腔超音波断層法(EBUS-GS)の有用性の検討(第83回 日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動), 長谷川 喜一, 野上 壽二, 宮崎 昌樹, 岡部 崇記, 寺嶋 応顕, 津谷 あす香, 池田 昌人, 明石 雄策, 森永 亮太郎, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 肺癌, 46, 2,   2006年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004731689
  • 20.肺癌細胞株におけるゲフィチニブ感受性とEGFR遺伝子変異,遺伝子増幅や発現量との関連の検討(第83回 日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動), 寺嶋 応顕, 岡本 勇, 岡部 崇記, 佐藤 太郎, 中川 和彦, 福岡 正博, 田村 研治, 高田 實, 肺癌, 46, 2,   2006年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004731704
  • 21.EGFR変異肺癌細胞株におけるゲフィチニブの感受性とEGFRのリン酸化の検討(第83回 日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動), 岡部 崇記, 岡本 勇, 佐藤 太郎, 中川 和彦, 福岡 正博, 田村 研治, 高田 實, 肺癌, 46, 2, 181, 182,   2006年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004731705
  • 11.肺末梢腫瘤性病変に対するガイドシース併用気管支内腔超音波断層法(EBUS-GS)の有用性の検討(第78回 日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会), 長谷川 喜一, 野上 壽二, 宮崎 昌樹, 岡部 崇記, 寺嶋 応顕, 津谷 あす香, 池田 昌人, 明石 雄策, 森永 亮太郎, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 28, 1,   2006年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004708689
  • 肺癌細胞株におけるUVC照射時の survivin 調節機構とその生物学的役割(19 分子生物学, 第46回 日本肺癌学会総会), 池田 昌人, 田村 研治, 岡本 勇, 佐藤 太郎, 寺嶋 応顕, 明石 雄策, 岡部 崇記, 長谷川 喜一, 津谷 あす香, 宮崎 昌樹, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 肺癌, 45, 5,   2005年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004039889
  • 肺末梢腫瘤性病変に対するガイドシース併用気管支内腔超音波断層法 (EBUS-GS) の有用性の検討(21 気管支鏡による診断と治療, 第46回 日本肺癌学会総会), 長谷川 喜一, 野上 壽二, 宮崎 昌樹, 岡部 崇記, 寺嶋 応顕, 津谷 あす香, 池田 昌人, 明石 雄策, 森永 亮太郎, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 肺癌, 45, 5,   2005年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004039899
  • 5. 肺門・縦隔病変に対するコンベックス走査式超音波気管支鏡ガイド下生検の使用経験(第77回 日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会), 宮崎 昌樹, 野上 壽二, 長谷川 喜一, 岡部 崇記, 明石 雄策, 池田 昌人, 寺嶋 応顕, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 27, 5,   2005年07月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002825906
    概要:【目的】肺門, 縦隔病変に対するコンベックス走査式超音波気管支鏡ガイド下生検の使用経験. 【対象, 方法】2005年1月から肺門, 縦隔病変に対するコンベックス走査式超音波気管支鏡ガイド下生検を3例の症例に施行した. 【結果】症例1は79歳女性, 縦隔#3のTBNAで扁平上皮癌と診断した. 症例2は74歳男性, 気管分岐部#7のTBNAで小細胞肺癌と診断した. 症例3は68歳男性, 左肺門リンパ節のTBNAで小細胞肺癌と診断した. 【結語】コンベックス走査式超音波気管支鏡ガイド下生検は, 病変または病変周囲の血流をカラードップラーで確認し, リアルタイムの生検法であり低侵襲で, 極めて有用な検査法と考えられる.
  • 6. 肺末梢腫瘤性病変に対するガイドシース併用気管支内腔超音波断層法(EBUS-GS)の有用性の検討(第77回 日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会), 長谷川 喜一, 野上 壽二, 宮崎 昌樹, 岡部 崇記, 明石 雄策, 池田 昌人, 寺嶋 応顕, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 27, 5, 416, 417,   2005年07月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002825907
    概要:【目的】肺末梢腫瘤性病変の経気管支的診断に於けるEBUS-GS併用の有用性の検討. 【対象, 方法】2004年12月から肺野末梢の3cm以下の腫瘤性病変を有する男性20例, 女性8例の計28例の患者にEBUS-GSを用いた生検を施行した. 気管支鏡下に内視鏡用超音波プローブ(UM-S20-R, OLYM-PUS)をガイドシース(GS)を用いて病変まで誘導し病変の超音波画像を確認後, GSを留置し生検を行った. 【結果】病変部位は, 上葉13/28例, 中葉, 舌区7/28例, 下葉8/28例で, 20/28例でエコーでの描出が可能であり, 診断率は75%であった. 生検後の出血は非常に軽微なものであった. 【結語】肺末梢腫瘤性病変の経気管支的診断に際しEBUS-GS併用は, 超音波画像で病変を確認し, GSを病変部位に留置固定することにより同じ部位での生検の繰り返しが可能で, X線透視の回数を減らす事が出来た. また生検後の出血も軽微にコントロール出来た.
  • 9.当科における局所麻酔下胸腔鏡にて診断を得た転移性胸膜腫瘍の検討(第76回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会), 寺嶋 応顕, 岡部 崇記, 明石 雄策, 池田 昌人, 尾崎 智博, 津谷 あす香, 宮崎 昌樹, 佐藤 太郎, 田村 研治, 倉田 宝保, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 27, 1,   2005年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002825742
  • 10.胸膜に対するフレキシブル胸腔鏡(LTF-240)の使用報告(第76回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会), 明石 雄策, 岡部 崇記, 寺嶋 応顕, 池田 昌人, 津谷 あす香, 尾崎 智博, 宮崎 昌樹, 佐藤 太郎, 田村 研治, 倉田 宝保, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 27, 1,   2005年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002825743
  • 泉佐野肺癌集検の5年間の成績, 築山 正嗣, 杉浦 孝宗, 岡部 崇記, 市橋 秀夫, 高田 実, 尹 亨彦, 今北 正美, 楠 洋子, 梁 尚志, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 肺癌, 43, 5,   2003年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003104749
  • Weekly Docetaxel 治療における胸腹水貯留, 杉浦 孝宗, 築山 正嗣, 岡部 崇記, 市橋 秀夫, 清水 俊夫, 高田 実, 梁 尚志, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 肺癌, 43, 5,   2003年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003104977
  • 肺癌患者を含む終末期患者に対するFOMAを用いた在宅医療, 岡部 崇記, 市橋 秀夫, 杉浦 孝宗, 築山 正嗣, 高田 実, 井村 幸子, 梅田 栄二, 志智 保久, 津谷 あす香, 中川 和彦, 福岡 正博, 肺癌, 43, 5,   2003年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003105018
  • 27.過凝固状態をきたしたと考えられる肺腺癌の1例(第78回日本肺癌学会関西支部会), 岡部 崇記, 築山 正嗣, 杉浦 孝宗, 高田 實, 井村 幸子, 中川 和彦, 福岡 正博, 肺癌, 43, 6,   2003年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003105375
  • 48.再発非小細胞肺癌に対するweekly DocetaxelのPhase I/II study(第78回日本肺癌学会関西支部会), 築山 正嗣, 岡部 崇記, 杉浦 孝宗, 高田 實, 平田 敏樹, 梁 尚志, 中川 和彦, 福岡 正博, 肺癌, 43, 6,   2003年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003105396
  • 17.歯科治療器具による気管支異物の2症例(第72回日本気管支学会近畿支部会), 岡部 崇記, 寺嶋 応顕, 金田 裕靖, 米阪 仁雄, 秋山 慶太, 築山 正嗣, 宮崎 昌樹, 田村 研治, 倉田 宝保, 野上 壽二, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 25, 1,   2003年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002815503
  • 22.電子スコープ(LTF-240)を用いた局所麻酔下胸腔鏡検査(第71回日本気管支学会近畿支部会), 寺嶋 応顕, 植島 久雄, 岡部 崇記, 金田 裕靖, 米阪 仁雄, 秋山 慶太, 宮崎 昌樹, 田村 研治, 倉田 宝保, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌, 24, 6,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002813697