KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

池上 博司イケガミ ヒロシ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任
学位博士(医学)
専門糖尿病 内分泌代謝
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/542-ikegami-hiroshi.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/20221062.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    重症糖尿病である1型糖尿病の成因を遺伝子の面から解明する研究。同定した遺伝子から分子メカニズムを明らかにして、根本治療と各症例に最適の医療、いわゆるテーラーメイド医療を実現します。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2016/8/23
     朝日放送「キャスト」
     不安定型低血糖症について

    ●2015/11/26
     日本テレビ系列「情報ライブ ミヤネ屋」
     1型糖尿病について。
    ●2015/05/09
     毎日放送「医のココロ」
     加齢と健康長寿について。

学歴・経歴

学歴

  • 1981年04月 - 1985年03月, 大阪大学, 大学院, 医学研究科 博士課程
  • 1975年04月 - 1981年03月, 大阪大学, 医学部, 医学科

経歴

  •   2006年,  - 2012年, 近畿大学(教授)
  •   2002年,  - 2006年, 大阪大学(助教授)
  •   1989年,  - 2002年, 大阪大学(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 代謝学
  • 内科系臨床医学, 内分泌学

研究キーワード

  • 糖尿病, 遺伝子, 多因子疾患, 遺伝, 1型糖尿病, モデル動物, 自己免疫, テーラーメード医療, ゲノム, HLA

論文

  • A case of fulminant type 1 diabetes mellitus, with a precipitous decrease in pancreatic volume, induced by nivolumab for malignant melanoma: analysis of HLA and CTLA-4 polymorphisms, Ishikawa K, Shono-Saito T, Yamate T, Kai Y, Sakai T, Shimizu F, Yamada Y, Mori H, Noso S, Ikagami H, Kojima H, Tanaka H, Fujiwara S, Hatano Y, European Journal of Dermatology, 27, 2, 184, 185,   2017年03月, 査読有り
  • Common phenotype and different non-HLA genes in Graves' disease and alopecia areata, Taketomo Y, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Ito H, Kanto K, Niwano F, Oiso N, Kawada A, Kawabata Y, Ikegami H, Human Immunology, 78, 2, 185, 189,   2017年02月, 査読有り
  • Risk factors for sudden death and cardiac arrest at the onset of fulminant type 1 diabetes mellitus, Yamaguchi M, Imagawa A, Iwahashi H, Shimomura I, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawasaki E, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Tanaka S, Yasuda K, Yasuda H, Kobayashi T, Hanafusa T, Diabetology International, 7, 3, 281, 288,   2016年09月, 査読有り
  • 研究報告「尾側膵切除後の膵内分泌機能の評価」, 松本逸平、亀井敬子、松本正孝、村瀬貴昭、中多靖幸、里井俊平、石川原、廣峰義久、庭野史丸、川畑由美子、中居卓也、池上博司、竹山宜典, 胆膵の病態生理, 32, 1, 39, 42,   2016年06月
  • Clinical and Genetic Characteristics of Non-Insulin-Requiring Glutamic Acid Decarboxylase (GAD) Autoantibody-Positive Diabetes: A Nationwide Survey in Japan, Yasui J, Kawasaki E, Tanaka S, Awata T, Ikegami H, Imagawa A, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Yasuda K, Yasuda H, Hanafusa T, Kobayashi T, Japan Diabetes Society Committee on Type 1 Diabetes Mellitus Research, PLoS ONE, 11, 5, 1, 12,   2016年05月
  • Low programmed cell death-1(PD-1) expression in peripheral CD4+ T cells in Japanese patients with autoimmune type 1 diabetes, Fujisawa R, Haseda F, Tsutsumi C, Hiromine Y, Noso S, Kawabata Y, Mitsui S, Terasaki J, Ikegami H, Imagawa A, Hanafusa T, Clinical and Experimental Immunology, 180, 3, 452, 457,   2015年06月, 査読有り
  • Organ-specificity in autoimmune diseases: thyroid and islet autoimmunity in alopecia areata, Noso S, Park C, Babaya N, Hiromine Y, Harada T, Ito H, Taketomo Y, Kanto K, Oiso N, Kawada A, Suzuki T, Kawabata Y, Hiroshi Ikegami, The Journal of Clinical Endocrinolgy and Metabolism, 100, 5, 1976, 1983,   2015年05月, 査読有り
  • Diagnostic criteria for slowly progressive insulin-dependent (type 1) diabetes mellitus (SPIDDM) (2012): report by the Committee on Slowly Progressive Insulin-Dependent (Type 1) Diabetes Mellitus of the Japan Diabetes Society, Tanaka S, Ohmori M, Awata T, Shimada A, Murao S, Maruyama T, Kamoi K, Kawasaki E, Nakanishi K, Nagata M, Fujii S, Ikegami H, Imagawa A, Uchigata Y, Okubo M, Osawa H, Kajio H, Kawaguchi A, Kawabata Y, Satoh J, Shimizu I, Takahashi K, Makino H, Iwahashi H, Miura J, Yasuda K, Hanafusa T, Kobayashi T, Committee on Type 1 Diabetes, Diabetolgy International, 6, 1, 1, 7,   2015年01月, 査読有り
  • Genetic dissection of susceptibility genes for diabetes and related phenotypes on mouse chromosome 14 by means of congenic strains, Babaya N, Ueda H, Noso S, Hiromine Y, Ito-Babaya M, Kobayashi M, Fujisawa T, Hiroshi Ikegami, BMC Genetics, 15, 8, 1, 10,   2014年08月, 査読有り
  • Genome-wide trans-ancestry meta-analysis provides insight into the genetic architecture of type 2 diabetes susceptibility, Ikegami H(332名中117番目のAuthor), Nature Genetics, 46, 3, 234, 244,   2014年03月, 査読有り
  • Novel effect of ezetimibe to inhibit the development of non-alcoholic fatty liver disease in Fatty Liver Shionogi mouse, Wang X, Sugimoto K, Fujisawa T, Shindo N, Minato S, Kamada Y, Hamano M, Ohishi M, Ikegami H, Rakugi H, Hepatology research, 44, 1, 102, 113,   2014年01月, 査読有り
  • Diagnostic criteria of acute?onset type 1 diabetes mellitus(2012): Report of the Committee of Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus, Kawasaki E, Maruyama T, Imagawa A, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata M, Makino H, Hanafusa T, Journal of Diabetes Investigation, 5, 1, 115, 118,   2014年01月, 査読有り
  • Diagnostic criteria for acute-onset type 1 diabetes mellitus (2012): Report of the Committee of Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus, Kawasaki E, Maruyama T, Imagawa A, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata M, Makino H, Hanafusa T, Diabetology International, 4, 4, 221, 225,   2013年12月, 査読有り
  • 糖尿病患者に対する血糖平坦化を目指したミグリトールとインスリン併用療法の有用性の検討-血糖自己測定(SMBG)を用いた評価-, 弘世貴久、渡邉隆宏、綿田裕孝、安孫子亜津子、羽田勝計、武部典子、佐藤譲、山口賢、石原寿光、前田朝美、江藤一弘、太田明雄、田中逸、武田貞二、駒津光久、卯木智、前川聡、伊藤裕進、能宗伸輔、廣峰義久、川畑由美子、池上博司、寺前純吾、花房俊昭、富永貴元、井上康、谷澤幸生、松本俊夫、黒田暁生、松久宗英、野見山崇、柳瀬敏彦、小林邦久、近藤龍也、荒木栄一、石井規夫、井形元維、久木留大介、本島寛之、河盛隆造, Therapeutic Research, 34, 12, 1503, 1511,   2013年12月
  • 円形脱毛症に併存する甲状腺および膵島自己免疫に関する臨床的・遺伝的研究, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌, 38, 3,4, 107, 114,   2013年12月
  • Association study of MAFA and MAFB, genes related to organ-specific autoimmunity, with susceptibility to type 1 diabetes in Japanese and Caucasian populations, Noso S, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Kawasaki E, Awata T, Maruyama T, Babu S, Oiso N, Kawada A, Suzuki T, Eisenbarth GS, Ikegami H, Journal of Genetic Syndrome and gene Therapy, 4, 11, 1, 6,   2013年12月, 査読有り
  • 緩徐進行1型糖尿病(SPIDDM)の診断基準(2012)―1型糖尿病調査研究委員会(緩徐進行1型糖尿病分科会)報告―, 田中 昌一郎, 大森 正幸, 粟田 卓也, 島田 朗, 村尾 敏, 丸山 太郎, 鴨井 久司, 川﨑 英二, 中西 幸二, 永田 正男, 藤井 寿美枝, 池上 博司, 今川 彰久, 内潟 安子, 大久保 実, 大澤 春彦, 梶尾 裕, 川口 章夫, 川畑 由美子, 佐藤 譲, 清水 一紀, 高橋 和眞, 牧野 英一, 岩橋 博見, 三浦 順之助, 安田 和基, 花房 俊昭, 小林 哲郎, 日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会, 糖尿病, 56, 8, 590, 597,   2013年08月
  • 急性発症1型糖尿病の診断基準(2012)の策定―1型糖尿病調査研究委員会(劇症および急性発症1型糖尿病分科会)報告―, 川﨑英二、丸山太郎、今川彰久、粟田卓也、池上博司、内潟安子、大澤春彦、川畑由美子、小林哲郎、島田朗、清水一紀、高橋和眞、永田正男、牧野英一、花房俊昭, 糖尿病, 56, 8, 584, 589,   2013年08月
  • A low-frequency GLIS3 variant associated with resistance to Japanese type 1 diabetes, Awata T, Yamashita H, Kurihara S, Morita-Ohkubo T, Miyashita Y, Katayama S, Kawasaki E, Tanaka S, Ikegami H, Maruyama T, Shimada A, Takahashi K, Kawabata Y, Kobayashi T, Nishida N, Mawatari Y, Biochemical and Biophysical Research Communications, 437, 4, 521, 525,   2013年08月
  • 自己免疫性甲状腺疾患に対する主要組織適合遺伝子複合体の関与, 村田 佳織, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 朴 忠勇, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 板家 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌, 38, 1,2, 55, 61,   2013年06月
  • Analysis of hepatic gene expression profile in a spontaneous mouse model of type 2 diabetes under a high sucrose diet, Nojima K, Sugimoto K, Ueda H, Babaya N, Ikegami H, Rakugi H, Endocrine Journal, 60, 3, 261, 274,   2013年03月
  • 家系内に自己免疫性甲状腺疾患が多発し、多腺性自己免疫症候群Ⅲ-A型に骨髄異形成症候群を合併した1例, 日高周次、川畑由美子、中山俊之、加島尋、光冨公彦、石田健朗、藤富豊、野口仁志、福永淳治、池上博司、吉松博信, 糖尿病, 56, 1, 15, 23,   2013年01月
  • Dose Effect and Mode of Inheritance of Diabetogenic Gene on Mouse Chromosome 11, Babaya N, Ueda H, Noso S, Hiromine Y, Nojima K, Itoi-Babaya M, Kobayashi M, Fujisawa T, Ikegami H, Journal of Diabetes Research, 2013, 1, 6,   2013年, 査読有り
  • モデル動物を用いた糖尿病の遺伝解析:1型、2型、そして・・・, 池上 博司, 関西実験動物研究会会報, 34, 41, 50,   2012年12月
  • Report of the Committee of the Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus: New diagnostic criteria of fulminant type 1 diabetes mellitus(2012), Imagawa A, Hanafusa T, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawasaki E, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata M, Makino H, Maruyama T, Journal of Diabetes Investigation, 3, 6, 536, 539,   2012年12月, 査読有り
  • 1型糖尿病調査研究委員会報告-劇症1型糖尿病の新しい診断基準(2012), 今川 彰久, 花房 俊昭, 粟田 卓也, 池上 博司, 内潟 安子, 大澤 春彦, 川崎 英二, 川畑 由美子, 小林 哲郎, 島田 朗, 清水 一紀, 高橋 和眞, 永田 正男, 牧野 英一, 丸山 太郎, 糖尿病, 糖尿病, 55, 10, 815, 820,   2012年10月
  • Prolonged hyperinsulinemia after subcutaneous injection of 2400 U regular insulin in a suicide attempt: Time course of serum insulin with frequent measurements, Hiromine Y, Kawabata Y, Yamauchi T, Noso S, Babaya N, Harada T, Ito H, Ikegami H, Journal of Diabetes Investigation, 3, 5, 468, 470,   2012年10月
  • Scleredema diabeticorum in a patient with the normal range of the hemoglobin A1c level and impaired glucose tolerance, Matsuda H, Oiso N, Fujita Y, Ikegami H, Kawada A, Journal of Cosmetics, Dermatological Sciences and Applications, 2, 3, 141, 143,   2012年09月
  • 1型糖尿病調査研究委員会(劇症および急性発症1型糖尿病分科会)報告 : 2型糖尿病経過中に劇症1型糖尿病様の発症様式を呈した症例の臨床的特性, 平田 匠, 島田 朗, 今川 彰久, 粟田 卓也, 池上 博司, 内潟 安子, 大澤 春彦, 川崎 英二, 川畑 由美子, 小林 哲郎, 清水 一紀, 高橋 和眞, 永田 正男, 牧野 英一, 丸山 太郎, 花房 俊昭, 糖尿病, 糖尿病, 55, 7, 505, 511,   2012年07月
  • Association of genetic variation in FTO with risk of obesity and type 2 diabetes with data from 96,551 East and South Asians, Li H, Kilpeläinen TO, Liu C, Zhu J, Liu Y, Hu C, Yang Z, Zhang W, Bao W, Cha S, Wu Y, Yang T, Sekine A, Choi BY, Yajnik CS, Zhou D, Takeuchi F, Yamamoto K, Chan JC, Mani KR, Been LF, Imamura M, Nakashima E, Lee N, Fujisawa T, Karasawa S, Wen W, Joglekar CV, Lu W, Chang Y, Xiang Y, Gao Y, Liu S, Song Y, Kwak SH, Shin HD, Park KS, Fall CHD, Kim JY, Sham PC, Lam KSL, Zheng W, Shu X, Deng H, Ikegami H, Krishnaveni GV, Sanghera DK, Chuang L, Liu L, Hu R, Kim Y, Daimon M, Hotta K, Jia W, Kooner JS, Chambers JC, Chandak GR, Ma RC, Maeda S, Dorajoo R, Yokota M, Takayanagi R, Kato N, Lin X, Loos RJF, Diabetologia, 55, 4, 981, 995,   2012年04月
  • Class Ⅱ HLA genotype in fulminant type 1 diabetes: a nationwide survey with reference to glutamic acid decarboxylase antibodies, Tsutsumi C, Imagawa A, Ikegami H, Makino H, Kobayashi T, Hanafusa T, on behalf of the Japan Diabetes Society Committee on Type 1 Diabetes Mellitus Research, Journal of Diabetes Investigation, 3, 1, 62, 69,   2012年03月
  • Meta-analysis of genome-wide association studies identifies eight new loci for type 2 diabetes in east Asians, Yoon Shin Cho, Chien-Hsiun Chen, Cheng Hu, Jirong Long, Rick Twee Hee Ong, Xueling Sim, Takeuchi F, Ying Wu, Min Jin Go, Yamauchi T, Yi-Cheng Chang, Soo Heon Kwak, Ronald C W Ma, Yamamoto K, Linda S Adair, Tin Aung, Qiuyin Cai, Li-Ching Chang, Yuan-Tsong Chen, Yutang Gao, Frank B Hu, Hyung-Lae Kim, Sangsoo Kim, Young Jin Kim, Jeannette Jen-Mai Lee, Nanette R Lee, Yun Li, Jian Jun Liu, Wei Lu, Nakamura J, Nakashima E, Daniel Peng-Keat Ng, Wan Ting Tay, Fuu-Jen Tsai, Tien Yin Wong, Yokota M, Wei Zheng, Rong Zhang, Congrong Wang, Wing Yee So, Ohnaka K, Ikegami H, Hara K, Young Min Cho, Nam H Cho, Tien-Jyun Chang, Yuqian Bao, Åsa K Hedman, Andrew P Morris, Mark I McCarthy, DIAGRAM Consortium, MuTHER Consortium, Takayanagi R, Kyong Soo Park, Weiping Jia, Lee-Ming Chuang, Juliana C N Chan, Maeda S, Kadowaki T, Jong-Young Lee, Jer-Yuarn Wu, Yik Ying Teo, E Shyong Tai, Xiao Ou Shu, Karen L Mohlke, Kato N, Bok-Ghee Han & Mark Seielstad, Nature Genetics, 44, 1, 67, 72,   2012年01月
  • Genetics and Pathogenesis of Type 1 Diabetes: Prospects for Prevention and Intervention, Ikegami H, Noso S, Babaya N, Kawabata Y, Journal of Diabetes Investigation, 2, 6, 415, 420,   2011年12月
  • Analysis of the HLA and Non-HLA Susceptibility Loci in Japanese Type 1 Diabetes, Yamashita H, Awata T, Kawasaki E, Ikegami H, Tanaka S, Maruyama T, Shimada A, Nakanishi K, Takahashi K, Kobayashi T, Kawabata Y, Miyashita Y, Kurihara S, Morita-Ohkubo T, Katayama S, on behalf of The Japanese Study Group of Type 1 Diabetes Genetics, Diabetes Metabolism Research and Reviews, 27, 8, 844, 848,   2011年11月
  • Type 1 Diabetes and Interferon Therapy, Nakamura K, Kawasaki E, Imagawa A, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Kobayashi T, Shimada A, Nakanishi K, Makino H, Maruyama T, Hanafusa T, The Research Committee on Type 1 Diabetes of the Japan Diabetes Society, Diabtese Care, 34, 9, 2084, 2089,   2011年09月
  • Clinical and Genetic Characteristics of Patients with Autoimmune Thyroid Disease with Anti-islet Autoimmunity, Moriguchi M, Noso S, Kawabata Y, Yamauchi T, Harada T, Komaki K, Babaya N, Hiromine Y, Ito H, Yamagata S, Murata K, Higashimoto T, Park C, Yamamoto A, Ohno Y, Ikegami H, Metabolism, 60, 6, 761, 766,   2011年06月
  • Association of Genetic Variants for Susceptibility to Obesity with Type 2 Diabetes in Japanese Individuals, Takeuchi F, Yamamoto K, Katsuya T, Nabika T, Sugiyama T, Fujioka A, Isono M, Ohnaka K, Fujisawa T, Nakashima E, Ikegami H, Nakamura J, Yamori Y, Yamaguchi S, Kobayashi S, Ogihara T, Takayanagi R, Kato N, Diabetologia, 54, 6, 1350, 1359,   2011年06月
  • Attenuated Food Anticipatory Activity and Abnormal Circadian Locomotor Rhythms in Rgs16 Knockdown Mice, Hayasaka N, Aoki K, Kinoshita S, Yamaguchi S, John K. Wakefild, Tsuji-Kawahara S, Horikawa K, Ikegami H, Wakana S, Murakami T, Ram Ramabhadran, Miyazawa M, Shibata S, PLoS ONE, 6, 3, 17655,   2011年03月
  • 緩徐進行1型糖尿病 (slowly progressive insulin-dependent diabetes mellitus :SPIDDM) の臨床的特徴 : 日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会緩徐進行1型糖尿病分科会報告(第一報), 田中 昌一郎, 粟田 卓也, 島田 朗, 村尾 敏, 丸山 太郎, 鴨井 久司, 川崎 英二, 中西 幸二, 永田 正男, 藤井 寿美枝, 池上 博司, 今川 彰久, 内潟 安子, 大久保 実, 大澤 春彦, 梶尾 裕, 川口 章夫, 川畑 由美子, 佐藤 譲, 清水 一紀, 高橋 和眞, 牧野 英一, 三浦 順之助, 花房 俊昭, 小林 哲郎, 日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会, 糖尿病, 糖尿病, 54, 1, 65, 75,   2011年01月
  • Efficacy and safety of metformin for treatment of type 2 diabetes in elderly Japanese patients, Ito H, Ohno Y, Yamauchi T, Kawabata Y, Ikegami H, Geriantrics & Gerontology International, 11, 1, 55, 62,   2011年01月
  • Nuclear Hormone Retinoid X Receptor (RXR) Negatively Regulates the Glucose-Stimulated Insulin Secretion of Pancreatic β-Cell, Miyazaki S, Taniguchi H, Moritoh Y, Tashiro F, Yamamoto T, Yamato E, Ikegami H, Ozato K, Miyazaki J, Diabetes, 59, 11, 2854, 2861,   2010年11月
  • Insulin Transactivator MafA Regulates Intrathymic Expression of Insulin and Affects Susceptibility to Type 1 Diabetes, Noso S, Kataoka K, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Yamaji K, Fujisawa T, Aramata S, Kudo T, Takahashi S, Ikegami H, Diabetes, 59, 10, 2579, 2587,   2010年10月
  • Direct evidence for susceptibility genes for type 2 diabetes on mouse chromosomes 11 and 14, Babaya N, Fujisawa T, Nojima K, Itoi-Babaya M, Yamaji K, Yamada K, Kobayashi M, Ueda H, Hiromine Y, Noso S, Ikegami H, Diabetologia, 53, 7, 1362, 1371,   2010年07月
  • 著明な低Na血症を呈し低血糖を伴った下垂体性副腎皮質機能低下症の1例, 武友 保憲, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 錦野 真理子, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 東本 貴弘, 朴 忠勇, 大野 恭裕, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌 Medical Journal of Kinki University, 35, 2, 135, 137,   2010年06月
  • Involvement of microsomal triglyceride transfer protein in nonalcoholic steatohepatitis in novel spontaneous mouse model, Shindo N, Fujisawa T, Sugimoto K, Nojima K, Oze-Fukai A, Yoshikawa Y, Xiang Wang, Yasuda O, Ikegami H, Rakugi H, Journal of Hepatplpgy, 52, 6, 903, 912,   2010年06月
  • Phylloid hypermelanosis and melanocytic nevi with aggregated and disfigured melanosomes: causal relationship between phylloid pigment distribution and chromosome 13 abnormalities, Oiso N, Tsuruta D, Imanishi H, Sayasa H, Narita T, Kobayashi H, Ikegami H, Kawada A, Dermatology, 220, 2, 169, 172,   2010年03月
    概要:第13番染色体モノソミーに伴って生じるphylloid hypermelanosis という症例を報告した。
  • Common variants at the GCK,GCKR,G6PC2-ABCB11 and MTNR1B loci are associated with fasting glucose in two Asian populations, Takeuchi F, Katsuya T, S Chakrewarthy, Yamamoto K, Fujioka A, Serizawa M, Fujisawa T, Nakashima E, Ohnaka K, Ikegami H, Sugiyama T, Nabika T, A Kasturiratne, Yamaguchi S, Kono S, Takayanagi R, Yamori Y, Kobayashi S, Ogihara T, A de Silva, R Wickremasinghe, Kato N, Diabetologia, 53, 2, 299, 308,   2010年02月
  • 低Na血症クリーゼで搬入され、初期診断をSIADHとしていた原発性副腎機能低下症の一例, 吉田康弘、高橋均、大澤英寿、岡崎修司、石田保晴、東哲朗、長岡恒弘、市井拓哉、岡部玲子、坂田育弘、伊藤裕進、山内孝哲、池上博司, 大阪救急, 80, 17, 21,   2009年12月
  • 自己免疫性甲状腺疾患患者における膵島自己免疫に関する臨床的・遺伝的研究, 守口 将典, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 山片 里美, 東本 貴弘, 朴 忠勇, 大野 恭裕, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌 Medical Journal of Kinki University, 34, 4, 223, 228,   2009年12月
  • Differential association of HLA with three subtypes of type 1 diabetes:fulminant,slowly-progressive and acute-onset type 1 diabetes, Kawabata Y, Ikegami H, Awata T, Imagawa A, Maruyama T, Kawasaki E, Tanaka S, Shimada A, Osawa H, Kobayashi T, Hanafusa T, Tokunaga K, Makino H: on behalf of the Committee on Type 1 Diabetes, Japan Diabetes Society, Diabetologia, 52, 12, 2513, 2521,   2009年12月
  • 高齢者糖尿病の1症例, 小竹康仁、廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、伊藤裕進、錦野真理子、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、朴忠勇、大野恭裕、池上博司, 近畿大学医学雑誌, 34, 3, 211, 213,   2009年09月
  • The Onset of Diabetes in Three out of Four Sisters: A Japanese Family with Type 1 Diabetes. A Case Report, Kishi A, Kawabata Y, Ugi S, Iwai T, Tanaka Y, Yoshizaki T, Uzu T, Nishio Y, Ikegami H, Kashiwagi A, Maegawa H, Endocrine Journal, 56, 6, 767, 772,   2009年09月
  • Confirmation of Multiple Risk Loci and Genetic Impacts by a Genome-Wide Association Study of Type 2 Diabetes in the Japanese Population, Takeuchi F, Serizawa M, Yamamoto K, Fujisawa T, Nakashima E, Ohnaka K, Ikegami H, Sugiyama T, Katsuya T, Miyagishi M, Nakashima N, Nawata H, Nakamura J, Kono S, Takayanagi R, Kato N, Diabetes, 58, 7, 1690, 1699,   2009年07月
  • A Novel Mouse Model for Type 2 Diabetes and Non-alcoholic Fatty Liver Disease: Spontaneous Amelioration of Diabetes by Augmented Beta Cell Mass, Fukai-Oze A, Fujisawa T, Sugimoto K, Nojima K, Shindo N, Shimoyoshi S, Yoshikawa Y, Sato Y, Shimomura I, Ikegami H, Rakugi H, Endocrine Journal, 56, 2, 227, 234,   2009年04月
  • Genetic association between the interleukin-2 receptor-α gene and mode of onset of type 1 diabetes in the Japanese population, Kawasaki E, Awata T, Ikegami H, Kobayashi T, Maruyama T, Nakanishi K, Shimada A, Uga M, Kurihara S, Kawabata Y, Tanaka S, Kanazawa Y, Eguchi K, Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 94, 3, 947, 952,   2009年03月
  • Association of Type 1 Diabetes with Two Loci on 12q13 and 16p13 and the Influence Coexisting Thyroid Autoimmunity in Japanese, Awata T, Kawasaki E, Tanaka S, Ikegami H, Maruyama T, Shimada A, Nakanishi K, Kobayashi T, Iizuka H, Uga M, Kawabata Y, Kanazawa Y, Kurihara S, Osaki M, Katayama S, on behalf of the Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 94, 1, 231, 235,   2009年01月
  • Congenic Mapping of the MHC-Linked Susceptibility to Type 1 Diabetes in the NOD Mouse: At Least Two Genes Contribute to the Idd16 Effect, Hiromine Y, Fujisawa T, Noso S, Babaya N, Kawabata Y, Ikegami H, Immunology of Diabetes V From Bench to Bedside / Annals of the New York Academy of Sciences, 1150, 90, 92,   2008年12月
  • Molecular Scanning of the Gene for Thioredoxin, an Antioxidative andAntiapoptotic Protein, and Genetic Susceptibility to Type 1 Diabetes, Ikegami H, Ono M, Fujisawa T, Hiromine Y, Kawabata Y, Yamato E, Immunology of Diabetes V From Bench to Bedside / Annals of the New York Academy of Sciences, 1150, 103, 105,   2008年12月
  • Genetic Basis of Type 1 Diabetes:Similarities and Differences between East and West, Ikegami H, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Kawabata Y, The Review of Diabetic Studies, 5, 2, 64, 72,   2008年08月
  • Evidence for association between vitamin D receptor BsmI polymorphism and type 1 diabetes in Japanese, Shimada A, Kanazawa Y, Motohashi Y, Yamada S, Maruyama T, Ikegami H, Awata T, Kawasaki E, Kobayashi T, Nakanishi K, Kawabata Y, Kurihara S, Uga M, Tanaka S, the Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, Journal of Autoimmunity, 30, 4, 207, 211,   2008年06月, 査読有り
  • Identification and functional analysis of CBLB mutations in type 1 diabetes, Yokoi N, Fujiwara Y, Wang H, Kitao M, Hayashi C, Someya T, Kanamori M, Oiso Y, Tajima N, Yamada Y, Seino Y, Ikegami H, Seino S, Biochemical and Biophysical Research Communications, 368, 1, 37, 42,   2008年03月
  • Age-dependent difference in factors affecting choice of system for self-monitoring of blood glucose, Fujisawa T, Ikegami H, Kasayama S, Matsuhisa M, Yamasaki Y, Miyagawa J, Funahashi T, Shimomura I, Diabetes Research and Clinical Practice, 79, 1, 103, 107,   2008年01月
  • Transgenic Expression of Antioxidant Protein Thioredoxin in Pancreatic β Cells Prevents Progression of Type 2 Diabetes Mellitus , Yamamoto M, Yamato E, Toyoda S, Tashiro F, Ikegami H, Yodoi J, Miyazaki J, Antioxidants & Redox Signaling, 10, 1, 43, 50,   2008年01月, 査読有り
  • 劇症1型糖尿病調査研究委員会報告 : HLAおよび細小血管合併症について, 花房 俊昭, 今川 彰久, 岩橋 博見, 内潟 安子, 金塚 東, 川崎 英二, 小林 哲郎, 島田 朗, 清水 一紀, 丸山 太郎, 牧野 英一, 村瀬 裕子, 池上 博司, 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society, 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society, 50, 11, 825, 833,   2007年11月
  • Present state of diabetes management in the elderly, Japan, Fujisawa T, Ikegami H, Nojima K, Kawabata Y, Noso S, Asano K, Hiromine Y, Fukai A, Shindo N, Ogihara T, Diabetes Research and Clinical Practice, 77, 3(Suppl), S82, S86,   2007年09月
  • Genetics of type 1 diabetes in Asian and Caucasian populations, Ikegami H, Kawabata Y, Noso S, Fujisawa T, Ogihara T, Diabetes Research and Clinical Practice, 77, 3(Suppl), S116, S121,   2007年09月
  • 脂肪肝モデルマウスFLSマウスの耐糖能:加齢による変化, 深井綾、藤澤智己、野嶋孝次、能宗伸輔、廣峰義久、小林美里、下吉里実、平沢勉、池上博司、荻原俊男, Diabetes Frontier, 18, 4, 428,   2007年08月
  • 1型糖尿病の遺伝解析:モデル動物とヒト両面からのアプローチ, 池上博司、馬場谷成、能宗伸輔、藤澤智己, Diabetes Frontier, 18, 4, 419, 420,   2007年08月
  • インスリン遺伝子コピー数と耐糖能:インスリン遺伝子KOマウスを用いた検討, 馬場谷成、中山真紀、川畑由美子、George Eisenbarth、池上博司, Diabetes Frontier, 18, 4, 431,   2007年08月
  • NSYマウスにおける耐糖能関連遺伝子座(Nidd1n)のコンジェニック解析, 小林美里、池上博司、藤澤智己、野嶋孝次、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、深井綾、下吉里実、柴田昌雄、荻原俊男, Diabetes Frontier, 18, 4, 411,   2007年08月
  • Relative predispositional effects of HLA class Ⅱ DRB1-DQB1 haplotypes and genotypes on type 1 diabetes: a meta-analysis, Thomson G, Valdes A M, Noble J A, Kockum I, Grote M N, Najman J, Erlich H A, Cucca F, Pugliese A, Steenkiste A, Dorman J S, Caillat-Zucman S, Hermann R, Ilonen J, Lambert A P, Bingley P J, Gillespie K M, Lernmark Å, Sanjeevi C B, Rønningen K S, Undlien D E, Thorsby E, Petrone A, Buzzetti R, Koeleman B P C, Roep B O, Saruhan-Direskeneli G, Uyar F A, Günoz H, Gorodezky C, Alaez C, Boehm B O, Mlynarski W, Ikegami H, Berrino M, Fasano M E, Dametto E, Israel S, Brautbar C, Santiago-Cortes A, Frazer de Llado T, She J-X, Bugawan T L, Rotter J I, Raffel L, Zeidler A, Leyva-Cobian F, Hawkins B R, Chan S H, Castano L, Pociot F, Nerup J, Tissue Antigens, 70, 2, 110, 127,   2007年08月, 査読有り
  • Fatty liver and obesity: phenotypically correlated but genetically distinct traits in a mouse model of type 2 diabetes, Itoi-Babaya M, Ikegami H, Fujisawa T, Ueda H, Nojima K, Babaya N, Kobayashi M, Noso S, Kawaguchi Y, Yamaji K, Shibata M, Ogihara T, Diabetologia, 50, 8, 1641, 1648,   2007年08月
  • Trinucleotide repeats of programmed cell death-1 gene are associated with susceptibility to type 1 diabetes mellitus, Hiromine Y, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Kawabata Y, Noso S, Asano K, Fukai A, Ogihara T, Metabolism, 56, 7, 905, 909,   2007年07月, 査読有り
  • Renoprotective effect of N-type Ca channel blockade in diabetic nephropathy, Fujisawa T, Ikegami H, Noso S, Hiromine Y, Kawabata Y, Nishino M, Asano K, Ogihara T, Journal of Diabetes and Its Complications, 21, 4, 252, 257,   2007年07月
  • Association of Small Ubiquitin-Like Modifier 4(SUMO4)Variant,Located in IDDM5 Locus,with Type 2 Diabetes in the Japanese Population, Noso S, Fujisawa T, Kawabata Y, Asano K, Hiromine Y, Fukai A, Ogihara T, Ikegami H, Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 92, 6, 2358, 2362,   2007年06月
  • Insulin Gene/IDDM2 Locus in Japanese Type 1 Diabetes:Contribution of Class I Alleles and Influence of Class I Subdivision in Susceptibility to Type 1 Diabetes, Awata T, Kawasaki E, Ikegami H, Kobayashi T, Maruyama T, Nakanishi K, Shimada A, Iizuka H, Kurihara S, Osaki M, Uga M, Kawabata Y, Tanaka S, Kanazawa Y, Katayama S, on behalf of the Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 92, 5, 1791, 1795,   2007年05月
  • Molecular scanning of Interleukin-21 Gene and Genetic Susceptibility to Type 1 diabetes, Asano K, Ikegami H, Fujisawa T, Nishino M, Nojima K, Kawabata Y, Noso S, Hiromine Y, Fukai A, Ogihara T, Humam Immunology, 68, 5, 384, 391,   2007年05月
  • Prevention and Treatment of Obesity,Insulin Resistance,and Diabetes by Bile Acid-Binding Resin, Kobayashi M, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Kawabata Y, Noso S, Babaya N, Itoi-Babaya M, Yamaji K, Hiromine Y, Shibata M, Ogihara T, Diabetes, 56, 1, 239, 247,   2007年01月
  • 低用量メトホルミンによる血糖コントロール改善効果に関する検討, 伊藤 裕進, 大野 恭裕, 山内 孝哲, 川畑 由美子, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌, 近畿大学医学雑誌, 31, 4, 243, 250,   2006年12月
    概要:ビグアナイド薬として繁用されているメトホルミンのわが国における一日投与量は最高750mg迄であり,一般的な一日投与量が2000mg以上の欧米に比して少量である.低用量ビグアナイド薬の有効性と安全性を明らかにするため,多数例を対象とした詳細な検討を行った.対象・方法: 2000年から2006年に,近畿大学医学部附属病院内分泌・代謝・糖尿病内科を外来受診した糖尿病患者4029名中,メトホルミンを処方された患者1508名の診療録をスクリーニングし,解析に必要な経時的臨床経過データの得られた568名を対象とした.投与開始後一年間の血糖コントロール及び各種臨床指標の経時的変化をベースラインの臨床データとの関連で比較解析した.結果: メトホルミン単独投与群では,HbA^<1C>が750mg群で約0.9%, 500mg群で約0.7%低下し,コントロールの改善効果が認められ,その効果は一年にわたり維持された.肥満の有無で比較すると,肥満患者のみならず非肥満患者においても同程度の有効性が認められた.年齢,性別によっても有効性に差は認めなかった.単独投与群と併用群との比較においては,SU薬併用群,インスリン併用群のいずれにおいても,単独投与群と同程度のコントロールの改善効果が認められた.副作用では消化器症状が最も多く,乳酸アシドーシスの発症は認めなかった.結論: 日本人では低用量(500〜750mg)メトホルミンでも十分なコントロール改善効果を認めた.
  • Contribution of Class III MHC to Susceptibility to Type 1 Diabetes in the NOD Mouse, Yamaji K, Ikegami H, Fujisawa T, Noso S, Nojima K, Babaya N, Itoi-Babaya M, Kobayashi M, Hiromine Y, Makino S, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 114, 117,   2006年10月
  • Association of SUMO4, as a Candidate Gene for IDDM5, with Susceptibility to Type1 Diadetes in Asian Populations, Noso S, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Asano K, Hiromine Y, Sugihara S, Lee I, Kawasaki E, Awata T, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 41, 46,   2006年10月
  • Food Hardness as Environmental Factor in Development of Type 2 Diabetes, Nojima K, Ikegami H, Fujisawa T, Ueda H, Babaya N, Itoi-Babaya M, Yamaji K, Shibata M, Ogihara T, Diabetes Research and Clinical Practice, 74, 1, 1, 7,   2006年10月
  • A second component of HLA-linked susceptibility to type 1 diabetes maps to class I region, Kawabata Y, Ikegami H, Fujisawa T, Noso S, Asano K, Hiromine Y, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 278, 284,   2006年10月
  • Molecular scanning of the gene for programmed cell death-1 (PDCD-1) as a candidate for type 1 diabetes susceptibility, Hiromine Y, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Noso S, Yamaji K, Asano K, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 285, 288,   2006年10月
  • MHC-linked susceptibility to type 1 diabetes in the NOD mouse: further localization of Idd16 by subcongenic analysis, Fujisawa T, Ikegami H, Noso S, Yamaji K, Nojima K, Babaya N, Itoi-Babaya M, Hiromine Y, Kobayashi M, Makino S, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 118, 121,   2006年10月
  • The gene for human IL-21 and genetic susceptibility to type 1 diabetes in the Japanese, Asano K, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Noso S, Hiromine Y, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 47, 50,   2006年10月
  • Evidence for the Role of Small Ubiquitin-Like Modifier 4 as a General Autoimmunity Locus in the Japanese Population, Tsurumaru M, Kawasaki E, Ida H, Migita K, Moriuchi A, Fukushima K, Fukushima T, Abiru N, Yamasaki H, Noso S, Ikegami H, Awata T, Sasaki H, Eguchi K, The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 91, 8, 3138, 3143,   2006年08月
  • Systematic Search for Single Nucleotide Polymorphisms in a Lymphoid Tyrosine Phosphatase Gene (PTPN22): Association Between a Promoter Polymorphism and Type 1 Diabetes in Asian Populations, Kawasaki E, Awata T, Ikegami H, Kobayashi T, Maruyama T, Nakanishi K, Shimada A, Uga M, Kurihara S, Kawabata Y, Tanaka S, Kanazawa Y, Lee I, Eguchi K, Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, American Journal of Medical Genetics Part A, 140A, 6, 586, 593,   2006年03月
  • The association of CTLA4 polymorphism with type 1 diabetes is concentrated in patients complicated with autoimmune thyroid disease: a multicenter collaborative study in Japan, Ikegami H, Awata T, Kawasaki E, Kobayashi T, Maruyama T, Nakanishi K, Shimada A, Amemiya S, Kawabata Y, Kurihara S, Tanaka S, Kanazawa Y, Mochizuki M, Ogihara T, on behalf of the Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 91, 3, 1087, 1092,   2006年03月
  • Serum adiponectin concentration: its correlation with diabetes-related traits and quantitative trait loci analysis in mouse SMXA recombinant inbred strains, Kobayashi M, Ohno T, Kawada T, Ikegami H, Nishimura M, Horio F, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 70, 3, 677, 683,   2006年03月
  • Major quantitative trait locus on chromosome 2 for glucose tolerance in diabetic SMXA-5 mouse established from nondiabetic SM/J and A/J strains., Kobayashi M, Io F, Kawai T, Kumazawa M, Ikegami H, Nishimura M, Ohno T, Horio F, Diabetologia, 49, 3, 486, 495,   2006年03月
  • Genetic heterogeneity in association of SUMO4 M55V variant with susceptibility to type 1 diabetes, Noso S, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Asano K, Hiromine Y, Tsurumaru M, Sugihara S, Lee I, Kawasaki E, Awata T, Ogihara T, Diabetes, 54, 12, 3582, 3586,   2005年12月
  • Evidence for Cd101 but not Fcgr1 as candidate for type 1 diabetes locus, Idd10, Yamaji K, Ikegami H, Fujisawa T, Noso S, Nojima K, Babaya N, Itoi-Babaya M, Makino S, Sakamoto T, Ogihara T, Biochemical and Biophysical Research Communications, 331, 2, 536, 542,   2005年06月
  • Functional polymorphism in Z-DNA-forming motif of promoter of SLC11A1 gene and type 1 diabetes in Japanese subjects: Association study and meta-analysis, Nishino M, Ikegami H, Fujisawa T, Kawaguchi Y, Kawabata Y, Shintani M, Ono M, Ogihara T, Metabolism Clinical and Experimental, 54, 5, 628, 633,   2005年05月
  • Improvement of liver function parameters in patients with type 2 diabetes treated with thiazolidinediones, Ono M, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Kawabata Y, Nishino M, Taniguchi H, Itoi-Babaya M, Babaya N, Inoue K, Ogihara T, Metabolism Clinical and Experimental, 54, 4, 529, 532,   2005年04月
  • Susceptibility to streptozotocin-induced diabetes is mapped to mouse chromosome 11, Babaya N, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Itoi-Babaya M, Inoue K, Ohno T, Shibata M, Ogihara T, Biochemical and Biophysical Research Communications, 328, 1, 158, 164,   2005年03月
  • Effect of two α-glucosidase inhibitors, voglibose and acarbose, on postprandial hyperglycemia correlates with subjective abdominal symptoms, Fujisawa T, Ikegami H, Inoue K, Kawabata Y, Ogihara T, Metabolism Clinical and Experimental, 54, 3, 387, 390,   2005年03月
  • Combination of Half Doses of Angiotensin Type 1 Receptor Antagonist and Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitor in Diabetic Nephropathy, Fujisawa T, Ikegami H, Ono M, Nishino M, Noso S, Kawabata Y, Ogihara T, American Journal of Hypertension, 18, 1, 13, 17,   2005年01月
  • Common genetic basis between type 1 and type 2 diabetes mellitus indicated by interview-based assessment of family history., Fujisawa T, Ikegami H, Kawaguchi Y, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Noso S, Taniguchi H, Horiki M, Itoi-Babaya M, Babaya N, Inoue K, Ogihara T, Diabetes Research and Clinical Practice, 66, Suppl, S91, S95,   2004年12月
  • Idd1 and Idd3 are necessary but not sufficient for development of type 1 diabetes in NOD mouse, Ikegami H, Fujisawa T, Sakamoto T, Makino S, Ogihara T, Diabetes Research and Clinical Practice, 66, Suppl, S85, S90,   2004年12月
  • Association of Pro12Ala polymorphism of PPARγ gene with insulin resistance and related diseases, Horiki M, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Shimamoto K, Ogihara T, Diabetes Research and Clinical Practice, 66, Suppl, S63, S67,   2004年12月
  • Needleless in vivo gene transfer into muscle by jet injection in combination with electroporation, Horiki M, Yamato E, Ikegami H, Ogihara T, Miyazaki J, The Journal of Gene Medicine, 6, 10, 1134, 1138,   2004年10月
  • Allelic variation in class I K gene as candidate for a second component of MHC-linked susceptibility to Type 1 diabetes in non-obese diabetic mice, Inoue K, Ikegami H, Fujisawa T, Noso S, Nojima K, Babaya N, Itoi-Babaya M, Makino S, Ogihara T, Diabetologia, 47, 4, 739, 747,   2004年04月
  • Development of autoimmune diabetes in glutamic acid decarboxylase 65 (GAD65) knockout NOD mice, Yamamoto T, Yamato E, Tashiro F, Sato T, Noso S, Ikegami H, Tamura S, Yanagawa Y, Miyazaki J-I, Diabetologia, 47, 2, 221, 224,   2004年02月
  • A common polymorphism of uncoupling protein 2 gene is associated with hypertension, Ji Q, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Ohishi M, Katsuya T, Rakugi H, Ogihara T, Journal of Hypertension, 22, 1, 97, 102,   2004年01月
  • Congenic mapping and candidate sequencing of susceptibility genes for type 1 diabetes in the NOD mouse, Ikegami H, Fujisawa T, Makino S, Ogihara T, Immunology of Diabetes Ⅱ: Pathogenesis from Mouse to Man / Annals of the New York Academy of Sciences, 1005, 196, 204,   2003年11月
  • Stromal-cell derived factor-1 chemokine gene variant is associated with type 1 diabetes age at onset in Japanese population, Ide A, Kawasaki E, Abiru N, Sun F, Fukushima T, Takahashi R, Kuwahara H, Fujita N, Kita A, Oshima K, Uotani S, Yamasaki H, Yamaguchi Y, Kawabata Y, Fujisawa T, Ikegami H, Eguchi K, Human Immunology, 64, 10, 973, 978,   2003年10月
  • High degree of mitochondrial 3243 mutation in gastric biopsy specimen in a patient with MELAS and diabetes complicated by marked gastrointestinal abnormalities, Inoue K, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Shintani M, Nojima K, Ono M, Nishino M, Itoi-Babaya M, Babaya N, Ogihara T, Diabetes Care, 26, 7, 2219,   2003年07月
  • Association of I27L Polymorphism of Hepatocyte Nuclear Factor-1α Gene with High-Density Lipoprotein Cholesterol Level, Babaya N, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Itoi-Babaya M, Inoue K, Nakura J, Abe M, Yamamoto M, Jin Ji Jin, Wu Zhihong, Miki T, Fukuda M, Ogihara T, The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 88, 6, 2548, 2551,   2003年06月
  • Mannose Binding Lectin Gene Polymorphism in Patients With Type 1 Diabetes, Tsutsumi A, Ikegami H, Takahashi R, Murata H, Goto D, Matsumoto I, Fujisawa T, Sumida T, Human Immunology, 64, 6, 621, 624,   2003年06月
  • Less frequent body weight gain in elderly type 2 diabetic patients treated with glimepiride, Inoue K, Ikegami H, Fujisawa T, Shintani M, Kawabata Y, Nojima K, Ono M, Nishino M, Itoi-Babaya M, Babaya N, Ogihara T, Geriatrics and Gerontology International, 3, 1, 56, 59,   2003年03月, 査読有り
  • High-level expression of interleukin-4 following electroporation-mediated gene transfer accelerates type 1 diabetes in NOD mice, Horiki M, Yamato E, Noso S, Ikegami H, Ogihara T, Miyazaki J, Journal of Autoimmunity, 20, 2, 111, 117,   2003年03月
  • β-cell neogenesis induced by adenovirus-mediated gene delivery of transcription factor pdx-1 into mouse pancreas, Taniguchi H, Yamato E, Tashiro F, Ikegami H, Ogihara T, Miyazaki J, Gene Therapy, 10, 1, 15, 23,   2003年01月
  • Hypertension attenuates the efficacy of hypoglycemic therapy for preserving coronary flow reserve in patients with type 2 diabetes, Takiuchi S, Rakugi H, Masuyama T, Ikegami H, NishikageT, Shintani M, Komai N, Nagai M, Kamide K, Higaki J, Ogihara T, Hypertension Research, 25, 6, 893, 900,   2002年08月
  • Leptin gene polymorphism is associated with hypertension independent of obesity, Shintani M, Ikegami H, Fujisawa T, Kawaguchi Y, Ohishi M, Katsuya T, Higaki J, Shimamoto K, Ogihara T, The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 87, 6, 2909, 2912,   2002年06月
  • Animal models of autoimmune polyglandular syndrome., 池上 博司, Endocrinology and metabolism clinics of North America, 31, 2, 431, 439,   2002年06月
  • Genetic dissection of type 1 diabetes susceptibility gene, Idd3, by ancestral haplotype congenic mapping, Ikegami H, Fujisawa T, Makino S, Ogihara T, Immunology of Diabetes: Autoimmune Mechanisms and the Prevention and Cure of Type 1 Diabetes / Annals of the New York Academy of Sciences, 958, 325, 328,   2002年04月
  • Sequence analysis of Tnf as a candidate for Idd16, Babaya N, Ikegami H, Fujisawa T, Ueda H, Nojima K, Itoi-Babaya M, Yamada K, Kawaguchi Y, Yamato E, Makino S, Ogihara T, Autoimmunity, 35, 1, 63, 66,   2002年02月
  • Asian-specific HLA haplotypes reveal heterogeneity of the contribution of HLA-DR and -DQ haplotypes to susceptibility to type 1 diabetes, Kawabata Y, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Shintani M, Ono M, Nishino M, Uchigata Y, Lee I, Ogihara T, Diabetes, 51, 2, 545, 551,   2002年02月
  • 高齢者糖尿病の診断上の問題点, 藤澤智巳, 池上 博司, 萩原俊男, 日本臨床, 60, 増刊号9, 740, 745,   2002年
  • Insulin Secretion to Glucose as Well as Nonglucose Stimuli Is Impaired in Spontaneously Diabetic Nagoya-Shibata-Yasuda Mice, Hamada Y, Ikegami H, Ueda H, Kawaguchi Y, Yamato E, Nojima K, Yamada K, Babaya N, Shibata M, Ogihara T, Metabolism, 50, 11, 1282, 1285,   2001年11月
  • Lack of association between hapetocyte nuclear factor-1β gene and common forms of type 2 diabetes in the Japanese population, Babaya N, Ikegami H, Fujisawa T, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Itoi-Babaya M, Taniguchi H, Noso S, Horiki M, Yamada K, Kawaguchi Y, Fukuda M, Ogihara T, Diabetes, Nutrition Metabolism, 14, 4, 220, 224,   2001年08月
  • Mapping and promoter sequencing of HNF-1β gene in diabetes-prone and -resistant mice, Ueda H, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Nojima K, Babaya N, Yamada K, Shibata M, Yamato E, Ogihara T, Diabetes Research and Clinical Practice, 53, 2, 67, 71,   2001年08月
  • Polymorphism in gene for islet autoantigen, IA-2, and type 1 diabetes in japanese subjects, Nishino M, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Kawabata Y, Shintani M, Ono M, Horiki M, Kawasaki E, Ogihara T, Human Immunology, 62, 5, 518, 522,   2001年05月
  • Sequence analysis of candidate genes for common susceptibility to type 1 and type 2 diabetes in mice, Yamada K, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Itoi M, Babaya N, Shibata M, Makino S, Ogihara T, Endocrine Journal, 48, 2, 241, 247,   2001年04月
  • The Pro12→Ala Substitution in PPAR-γ Is Associated With Resistance to Development of Diabetes in the General Population: Possible Involvement in Impairment of Insulin Secretion in Individuals With Type 2 Diabetes, Mori H, Ikegami H, Kawaguchi Y, Seino S, Yokoi N, Takeda J, Inoue I, Seino Y, Yasuda K, Hanafusa T, Yamagata K, Awata T, Kadowaki T, Hara K, Yamada N, Gotoda T, Iwasaki N, Iwamoto Y, Sanke T, Nanjo K, Oka Y, Matsutani A, Maeda E, Kasuga M, Diabetes, 50, 4, 891, 894,   2001年04月
  • Variants of neurogenin 3 gene are not associated with type II diabetes in Japanese subjects, Okada T, Tobe K, Hara K, Yasuda K, Kawaguchi Y, Ikegami H, Ito C, Kadowaki T, Diabetologia, 44, 2, 241, 244,   2001年02月
  • Age-dependent changes in phenotypes and candidate gene analysis in a polygenic animal model of Type II diabetes mellitus; NSY mouse, Ueda H, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Nojima K, Babaya N, Yamada K, Shibata M, Yamato E, Ogihara T , Diabetologia, 43, 7, 932, 938,   2000年07月, 査読有り
  • Age-Related Association of MHC Class I Chain-Related Gene A (MICA) with Type 1 (Insulin-Dependent) Diabetes Mellitus, Kawabata Y, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Ono M, Nishino M, Taniguchi H, Noso S, Yamada K, Babaya N, Ogihara T, Human Immunology, 61, 6, 624, 629,   2000年06月, 査読有り
  • Paternal-Maternal Effects on Phenotypic Characteristics in Spontaneously Diabetic Nagoya-Shibata-Yasuda Mice, Ueda H, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Nojima K, Babaya N, Yamada K, Shibata M, Yamato E, Ogihara T, Metabolism, 49, 5, 651, 656,   2000年05月, 査読有り
  • Congenic mapping and functional analysis of a second component of the MHC-linked diabetogenic gene (Idd16), Babaya N, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Ueda H, Fukuda M, Makino S, Ogihara T, International Journal of Diabetes, 8, 1, 1, 7,   2000年04月, 査読有り
  • Insulin Receptor Substrate-1 Gene Polymorphism in Type 2 Diabetes Mellitus and Essential Hypertention: Association Study and Meta-analysis, Shen GQ, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Yamada K, Babaya N, Ogihara T, Diabetes Research, 35, 2, 77, 86,   2000年03月, 査読有り
  • Association of plasma fibrinogen level and blood pressure with diabetic retinopathy, and renal complications associated with proliferative diabetic retinopathy, in Type 2 diabetes mellitus, Fujisawa T, Ikegami H, Yamato E, Kawaguchi Y, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Nishino T, Noso S, Yamada K, Babaya N, Okamoto N, Ohguro N, Fukuda M, Ogihara T, Diabetic Medicine, 16, 6, 522, 526,   1999年06月, 査読有り
  • Renal Tubular Function Affects Glycosuria-Related Urinary Excretion of 1,5-Anhydroglucitol, Fujisawa T, Ikegami H, Tsutsui T, Kawaguchi Y, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Noso S, Yamada K, Babaya N, Ogihara T, Diabetes Care, 22, 5, 863,   1999年05月, 査読有り
  • Hepatocyte nuclear factor-1α gene and non-insulin-dependent diabetes mellitus in the Japanese population, Babaya N, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Nakagawa Y, Hamada Y, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Yamada K, Shen GQ, Fukuda M, Ogihara T, Acta Diabetologica, 35, 3, 150, 153,   1998年10月, 査読有り
  • Asp905Tyr Polymorphism of the Gene for the Skeletal Muscle-Specific Glycogen-Targeting Subunit of Protein Phosphatase 1 in NIDDM, Shen GQ, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Hamada Y, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Yamada K, Babaya N, Ogihara T, Diabetes Care, 21, 7, 1086, 1089,   1998年07月, 査読有り
  • Association Studies on Human Chromosome 1p22 and Insulin-dependent Diabetes Mellitus, Shen GQ, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Hamada Y, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Babaya N, Fu J, Hotta M, Yamato E, Ogihara T, Diabetes Research, 33, 3, 107, 113,   1998年05月, 査読有り
  • Association of distal chromosome 2q with IDDM in Japanese subjects, Fu J, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Kawabata Y, Hamada Y, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Babaya N, Shen QJ, Uchigata Y, Urakami T, Omori Y, Shima K, Ogihara T, Diabetologia, 41, 2, 228, 232,   1998年01月, 査読有り
  • Bone mineral density in a rat model of non-insulin dependent diabetes mellitus, Fujisawa T, Ikegami H, Hashimoto J, Yamato E, Kawaguchi Y, Hamada Y, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Babaya N, Fukuda M, Ogihara T, Diabetes, Nutrition Metabolism, 10, 4, 180, 184,   1997年08月, 査読有り
  • Gly40Ser Mutation of Glucagon Receptor Gene and Essential Hypertension in Japanese, Fujisawa T, Ikegami H, Babaya N, Ogihara T, Hypertension, 28, 6, 1100,   1996年12月, 査読有り

書籍等出版物

  • <評価委員>小児・思春期1型糖尿病の診療ガイド, 雨宮伸、荒木栄一、池上博司、石井均、今川彰久、内潟安子、絵本正憲、黒田暁生、佐藤讓、島田朗、田嶼尚子、難波光義、西村理明、松浦信夫、南昌江、柳澤克之、山内敏正、吉岡成人, その他, 南江堂,   2017年06月
  • 高齢者における糖尿病治療薬の使い方-新たなカテゴリー別目標値への適切な対応のために, 馬場谷成、池上博司, 共著, 4 高齢者糖尿病におけるインスリン薬の使い方-課題と対策-, 1-1型糖尿病, フジメディカル出版,   2017年06月
  • 内科学 第11版, 池上博司, 分担執筆, 15 代謝・栄養の異常, 15-2 糖代謝異常, 3)糖尿病の急性合併症(糖尿病昏睡), (1)糖尿病ケトアシドーシス (2)高血糖高浸透圧症候群 (3)乳酸アシドーシス, 朝倉書店,   2017年03月
  • 糖尿病と循環器病 「一歩進んだ糖尿病循環器学-Diabetes Cardiology-」, 川畑由美子、池上博司, 共著, 7章 循環器薬, 10. レジン(陰イオン交換樹脂)および小腸コレステロールトランスポーター阻害薬, 医薬ジャーナル社,   2017年03月
  • プラクティス・セレクション 「糖尿病医療を志す 先達から若き人へ贈る言葉129」, 池上博司, 共著, 1 なぜ糖尿病専門の道を志したのか, 1型糖尿病との出会い、糖尿病医への道, 医歯薬出版,   2017年02月
  • 診断と治療のABC117(最新醫學 別冊)「糖尿病」, 伊藤裕進、池上博司, 共著, 第4章 管理・治療, 薬物療法アップデート, 5.インスリン療法, 最新医学社,   2016年10月25日
  • 糖尿病ガイドライン 2016, 能宗伸輔、松久宗英、池上博司, 共著, 6. インスリンによる治療, 南江堂,   2016年06月
  • 内分泌代謝専門医ガイドブック 改訂第4版, 川畑由美子、池上博司, 共著, 第12章 代謝疾患, 2 1型糖尿病, 診断と治療社,   2016年04月30日
  • 糖尿病ケア 2016年春季増刊 ダウンロードでそのまま使える!患者さんがみるみる変わる!「魔法の糖尿病患者説明シート50+α」唱えて変身!魔法の言葉つき♪, 馬場谷成、池上博司, 共著, 第5章 薬物療法の患者説明シート8, 7 どうして糖尿病患者さんには低血糖が起こるの?, メディカ出版,   2016年03月05日
  • 新時代の臨床糖尿病学(上)−より良い血糖管理をめざして−, 廣峰義久、池上博司, 共著, Ⅲ.糖尿病発症・進展に関わる遺伝要因と環境要因, 1.遺伝要因, 1)1型糖尿病感受性遺伝子, 日本臨牀社,   2016年02月
  • 糖尿病最新の治療2016-2018, 廣峰義久、池上博司, 共著, Ⅱ 糖尿病治療の基本, 2.1型糖尿病, 南江堂,   2016年02月
  • <編集>ヴィジュアル 糖尿病臨床のすべて「糖尿病治療薬の最前線 改訂第2版」, <編集主幹>荒木栄一 <専門編集>稲垣暢也 <編集委員>池上博司、植木浩二郎、古家大祐、谷澤幸生、中村二郎、西川武志、前川聡、山田祐一郎、綿田裕孝, 共編者, 中山書店,   2015年08月
  • <編集>糖尿病治療のニューパラダイム 別巻 「SGLT2阻害薬の使用指針~市販後の実臨床から適正使用を考える~」, <編集委員長>加来浩平(責任編集) <編集委員>綿田裕孝、松田昌文、池上博司、宇都宮一典, 共編者, 医薬ジャーナル社,   2015年07月
  • 糖尿病治療のニューパラダイム 別巻「SGLT2阻害薬の使用指針〜市販後の実臨床から適正使用を考える〜」, 福田正博、池上博司, 共著, 【総論】第3章 臨床使用上の位置付けと実践・応用, 医薬ジャーナル社,   2015年07月
  • <編集>ヴィジュアル 糖尿病臨床のすべて 「最新インスリン療法 改訂第2版」, <編集主幹>荒木栄一 <専門編集>綿田裕孝 <編集委員>池上博司、稲垣暢也、植木浩二郎、古家大祐、谷澤幸生、中村二郎、西川武志、前川聡、山田祐一郎, 共編者, 中山書店,   2015年06月
  • 糖尿病学, 能宗 伸輔、池上博司, 共著, 2章 糖尿病の概念・疫学・診断・成因・病態, 6.1型糖尿病−遺伝, 西村書店,   2015年05月
  • 糖尿病治療のニューパラダイム 第3巻 「薬物療法の実践~インスリンを中心に~」, 第3巻 はじめに, 池上博司, 分担執筆, 第3巻 はじめに, 医薬ジャーナル社,   2015年03月
  • 糖尿病治療のニューパラダイム 第3巻「薬物療法の実践〜インスリンを中心に〜」, シックデイの対応, 川畑由美子、池上博司, 共著, 【各論】2章 インスリン治療に伴う緊急症対応, 1.シックデイの対応, 医薬ジャーナル社,   2015年03月
  • <編集>糖尿病治療のニューパラダイム 第3巻 「薬物療法の実践~インスリンを中心に~」, <編集委員長>加来浩平 <編集委員>池上博司(責任編集)、綿田裕孝、松田昌文、宇都宮一典, 共編者, 医薬ジャーナル社,   2015年03月
  • 糖尿病研修ノート 改訂第2版, 二次性糖尿病(その他特定の機序,疾患によるもの), 池上博司, 分担執筆, 第2章 糖尿病とは, C.糖尿病・糖代謝異常の成因と分類, 3.二次性糖尿病(その他特定の機序,疾患によるもの), 診断と治療社,   2014年11月
  • 糖尿病治療のニューパラダイム 第2巻「薬物療法の実践〜血糖降下薬を中心に〜」, 馬場谷成、池上博司, 共著, 【総論】1章 血糖降下薬の作用・作用機序と適用, 8.薬剤一覧表/配合薬, 医薬ジャーナル社,   2014年11月
  • 糖尿病研修ノート 改訂第2版, プロインスリン, 池上博司, 分担執筆, 第2章 検査, 4.プロインスリン, 診断と治療社,   2014年11月
  • <編集>糖尿病治療のニューパラダイム 第2巻 「薬物療法の実践~血糖降下薬を中心に~」, <編集委員長>加来浩平 <編集委員>松田昌文(責任編集)、綿田裕孝、池上博司、宇都宮一典, 共編者, 医薬ジャーナル社,   2014年11月
  • <編集>糖尿病治療のニューパラダイム 第1巻 「ライフスタイルの改善~食事療法、運動療法を中心に~」, <編集委員長>加来浩平 <編集委員>綿田裕孝(責任編集)、松田昌文、池上博司、宇都宮一典, 共編者, 医薬ジャーナル社,   2014年07月
  • 糖尿病治療のニューパラダイム 第1巻「ライフスタイルの改善〜食事療法、運動療法を中心に〜」, 廣峰義久、池上博司, 共著, 【総論】糖尿病−疾患の考え方−, 5.成因と病態, 1) 1型糖尿病の成因と病態, 医薬ジャーナル社,   2014年07月
  • 今日の治療指針 2014年版, 池上 博司, 分担執筆, 11.代謝疾患:1型糖尿病, 医学書院,   2014年01月
  • 糖尿病UP・DATE 賢島セミナー「糖尿病療養のイノベーション-生活習慣病としての糖尿病-」, 発言2 遺伝因子からのアプローチ, 池上 博司, 分担執筆, セミナー1:糖尿病の予知と予防を目指し「発言2 遺伝因子からのアプローチ」, 時事通信出版局,   2013年06月
  • 糖尿病の分子標的と治療薬事典, IL-1受容体、CD3、CD20、GAD65、CTLA-4, 馬場谷 成, 池上 博司, 共著, 第1部 糖尿病・代謝疾患の分子標的用語, 1章 膵島 [IL-1受容体、CD3、CD20、GAD65、CTLA-4], 羊土社,   2013年06月
  • 糖尿病の分子標的と治療薬事典, 生物学的製剤・ワクチン, 能宗伸輔、池上博司, 共著, 第2部 分子標的治療薬/阻害薬ライブラリー [ 生物学的製剤・ワクチン], 羊土社,   2013年06月
  • 糖尿病UP・DATE 賢島セミナー29 「糖尿病療養のイノベーション-生活習慣病としての糖尿病-」, 総合討論, 南條輝志男、加来浩平、谷澤幸生、池上博司、植木浩二郎, 共著, セミナー1:糖尿病の予知と予防を目指し「総合討論」, 時事通信出版局,   2013年06月
  • <編集>予防とつきあい方シリーズ[改訂版] 「老年病・認知症~長寿の秘訣~」, <監修>萩原 俊男 <編集>楽木 宏実、池上 博司, 共編者, メディカルレビュー社,   2013年06月
  • 糖尿病最新の治療2013-2015, 廣峰 義久, 池上 博司, 共著, Ⅴ.インスリン療法, 8.混合製剤, 南江堂,   2013年01月
  • 内分泌代謝専門医ガイドブック 改訂第3版, 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, 第10章 代謝疾患, 2.1型糖尿病, 診断と治療社,   2012年11月
  • 糖尿病学の進歩(第46集)2012, 池上博司, 分担執筆, <レクチャー:臨床医がわかる糖尿病研究の進歩> 6. 1型糖尿病の遺伝子, 診断と治療社,   2012年09月
  • 患者さんのいま・これからがわかる!チャートで学ぶ糖尿病と合併症, 山内孝哲、池上博司, 共著, 4章 糖尿病に関連する疾患, 11.認知症, メディカ出版,   2012年09月
  • ヴィジュアル 糖尿病臨床のすべて 「小児・思春期糖尿病の対応マニュアル」 序, 池上博司, 分担執筆, 序, 中山書店,   2012年08月
  • ヴィジュアル 糖尿病臨床のすべて 「小児・思春期糖尿病の対応マニュアル」, 川畑由美子、池上博司, 共著, 3章 小児・思春期糖尿病の成因と病態 「1型糖尿病の遺伝素因―小児と成人の違い」, 中山書店,   2012年08月
  • <編集>ヴィジュアル 糖尿病臨床のすべて 「小児・思春期糖尿病の対応マニュアル」, <編集主幹>荒木栄一 <専門編集>池上博司 <編集委員>稲垣暢也、植木浩二郎、古家大祐、谷澤幸生、中村二郎、西川武志、前川聡、山田祐一郎、綿田裕孝, 共編者, 中山書店,   2012年08月
  • カラー版 内科学, 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, 4章 遺伝学と疾患の分子メカニズム, 10.1型糖尿病, 西村書店,   2012年07月
  • series モデル動物利用マニュアル「疾患モデルの作製と利用―糖尿病・肥満/感染症」, 1型糖尿病モデル動物, 馬場谷 成, 池上 博司, 共著, 第2章 遺伝子操作動物, 第1節 1型糖尿病モデル動物, 株式会社エル・アイ・シー,   2012年07月
  • series モデル動物利用マニュアル「疾患モデルの作製と利用―糖尿病・肥満/感染症」, NSYマウス, 藤澤 智巳, 池上 博司, 樂木 宏実, 共著, 第1章 自然発症モデル動物, 第2節 2型糖尿病・肥満モデル動物, 第8項 NSYマウス, 株式会社 エル・アイ・シー,   2012年07月
  • series モデル動物利用マニュアル「疾患モデルの作製と利用―糖尿病・肥満/感染症」, NODマウス, 馬場谷 成, 池上 博司, 共著, 第1章 自然発症モデル動物, 第1節 1型糖尿病モデル動物, 第1項 NODマウス, 株式会社 エル・アイ・シー,   2012年07月
  • 循環器医から寄せられる「糖尿病と血管合併症」に関する100の質問, 山内 孝哲, 池上 博司, 共著, 第3章 治療, 84.低血糖への対応を教えてください, メディカルレビュー社,   2012年05月
  • 最新臨床糖尿病学(上)-糖尿病学の最新動向-, 1型糖尿病診断法:概論, 川畑由美子、池上博司, 共著, Ⅴ:糖尿病の検査・診断法, 1.糖尿病診断法, 1)1型糖尿病診断法:概論, 日本臨牀社,   2012年05月
  • 最新臨床糖尿病学(上)-糖尿病学の最新動向-, 1型糖尿病の疾患感受性遺伝子, 馬場谷成、池上博司, 共著, Ⅳ:糖尿病の疾患概念・病型分類・成因, 3.1型糖尿病, 2)1型糖尿病の成因機序, b.1型糖尿病の疾患感受性遺伝子, 日本臨牀社,   2012年05月
  • 糖尿病学イラストレイテッド―発症機序・病態と治療薬の作用機序, 廣峰 義久, 池上 博司, 共著, 第3章 遺伝素因とエピジェネティクス, 1.1型糖尿病の遺伝因子, 羊土社,   2012年03月
  • 別冊プラクティス 「ブリットル糖尿病の病態と治療・管理のコツ-進化する治療・広がる未来-」, 能宗伸輔、池上博司, 共著, 1.種々のインスリン依存状態の病態と治癒の原則 「1型糖尿病の病態と治療」, 医歯薬出版,   2012年03月
  • 論文ができてしまう!疾患モデルマウス表現型解析指南, 馬場谷 成, 池上 博司, 共著, 3章 疾患モデルマウス:臓器・疾患別解析・実験法 「糖尿病:1型糖尿病」, 中山書店,   2011年12月
  • 2型糖尿病の薬物療法ハンドブック―インクレチン関連薬を正しく使う!, 山内 孝哲, 池上 博司, 共著, Ⅰ.この薬剤はこんな患者に使う!-特長と適応を理解する, 2.DPP-4阻害薬はどんなときに使うか, 南江堂,   2011年10月
  • 糖尿病ケア 患者さんがわかる!変わる!「すぐに使える!究極の糖尿病患者説明シート50」, 山内孝哲、池上博司, 共著, 第2章 病態・診断・検査の患者説明シート8, 1.インスリンが足りないとき・インスリンが働かないとき, 2.やせていても2型糖尿病?高齢でも1型糖尿病?, 3.HbA1cは1か月間の成績表, メディカ出版,   2011年09月
  • ヴィジュアル 糖尿病臨床のすべて 「スマートな糖尿病診断と治療の進め方」, 馬場谷成、池上博司, 共著, 2章 糖尿病の病因・病態生理・遺伝 「1型糖尿病の病因と病態」, 中山書店,   2011年08月
  • <編集>予防とつきあい方シリーズ 「脂質異常症・肥満~動脈硬化~」, <監修>荻原俊男 <編集>楽木宏実、池上博司, 共編者, メディカルレビュー社,   2011年08月
  • 糖尿病UP・DATE 賢島セミナー27「糖尿病治療薬のイノベーション-病態に応じた選択と治療のすすめ方」, 1型糖尿病の発症メカニズムからのアプローチ, 池上博司, 分担執筆, セミナー1:成因と病態からみた対糖尿病戦略, 発言3 1型糖尿病の発症メカニズムからのアプローチ, 時事通信出版局,   2011年06月
  • 糖尿病UP・DATE 賢島セミナー27「糖尿病治療薬のイノベーション-病態に応じた選択と治療のすすめ方」, 総合討論, 南條輝志男、門脇孝、谷澤幸生、稲垣暢也、池上博司, 共著, セミナー1:成因と病態からみた対糖尿病戦略, 総合討論, 時事通信出版局,   2011年06月
  • すべてがわかる最新・糖尿病, 廣峰 義久, 池上 博司, 共著, Ⅲ.糖尿病の治療, 3.1型糖尿病の治療の流れ, 照林社,   2011年06月
  • <査読委員>健康長寿診療ハンドブック―実地医家のための老年医学のエッセンス, 井口昭久、池上博司、井藤英喜、今井裕、岩本俊彦、宇都宮宏子、江藤文夫、江頭正人、遠藤英俊、大石充、大島伸一、大庭建三、荻原俊男、小倉信、北徹、小林祥泰、後藤眞、佐々木英忠、島本和明、下門顕太郎、瀬山邦明、高戸毅、高橋龍太郎、高栁涼一、武地一、辻一郎、辻彼南雄、土居義典、朝野和典、中島健二、長瀬隆英、橋爪潔志、橋本英樹、長谷川友紀、原田敦、原田和昌、東口高志、福地義之助、藤本卓司、松林公蔵、三浦久幸、三木隆己、三木哲郎、横出正之、横野浩一, その他, 日本老年医学会,   2011年06月
  • 糖尿病学2011, 能宗 伸輔, 池上 博司, 共著, 糖尿病の遺伝素因研究, 12.胸腺における新たなインスリン発現調節因子としてのMafAの役割と1型糖尿病発症への関与, 診断と治療社,   2011年05月
  • <編集>糖尿病学用語集 第3版, <編集委員長>石塚達夫 <編集副委員長>池上博司 <編集委員>内村功、佐倉宏、西川武志、濱田洋司、檜尾好徳、森田浩之、吉岡成人, 共編者, 文光堂,   2011年04月
  • 糖尿病研修ノート, 二次性糖尿病, 山内 孝哲, 池上 博司, 共著, 第2章 糖尿病とは, C.糖尿病の成因と分類, 3.二次性糖尿病, 株式会社 診断と治療社,   2010年11月
    概要:この本は糖尿病専攻医および研修医などに対する糖尿病治療の心構え、コミュニケーションから診断、治療、検査など様々な項目を網羅したものである。 様々な原因でおこる二次性糖尿病について解説した。
  • 糖尿病研修ノート, 高齢者糖尿病の治療の目標, 山内 孝哲, 池上 博司, 共著, 第6章 特別な配慮を必要とするケース, C.高齢者糖尿病, 2.高齢者糖尿病の治療の目標, 診断と治療社,   2010年11月
    概要:この本は糖尿病専攻医および研修医などに対する糖尿病治療の心構え、コミュニケーションから診断、治療、検査など様々な項目を網羅したものである。高齢者糖尿病の治療の目標について解説した。
  • 新しい診断と治療のABC18/代謝2「糖尿病 改訂第2版」, 馬場谷 成, 池上 博司, 共著, 第2章 成因・病態, 1型糖尿病の成因・病態, 最新医学社,   2010年10月
  • 家庭医学大全科 六訂版, 山内 孝哲, 池上 博司, 共著, 病気とけがの知識, 2.お年寄りの病気 「老年期の栄養」, 法研,   2010年10月
    概要:一般家庭向けの医学辞典であり、その内の「老年期の栄養」について解説した。
  • 糖尿病ナビゲーター[第2版], 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, 第2章 分類・診断, 3.1型疾患感受性遺伝子(HLA), メディカルレビュー社,   2010年09月
  • 糖尿病学の進歩(第44集)2010, 池上 博司, 分担執筆, 【レクチャー:慢性合併症の臨床4(糖尿病合併症のエビデンス)】 1.DCCT/EDICとmetabolic memory, 診断と治療社,   2010年09月
  • 新しい糖尿病の治療-完全なる目標達成を目指したこれからの管理・治療のあり方-, 山内 孝哲, 池上 博司, 共著, E.インクレチン療法の現状と将来, 3.エクセナチド, 新興医学出版社,   2010年06月
    概要:インクレチンミメティクスであるエクセナチドの発見の経緯、構造と作用、臨床応用についての解説。
  • 糖尿病学2010, 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, 展開研究, 18.HLAからみた1型糖尿病サブタイプの成因, 診断と治療社,   2010年05月
  • 糖尿病最新の治療2010-2012, 川畑由美子、池上博司, 共著, XV.糖尿病療養指導, 2.シックデイの対応, 南江堂,   2010年01月
  • <編集>予防とつきあい方シリーズ[改訂版] 「高血圧・糖尿病-生活習慣病-」, <監修>荻原俊男 <編集>楽木宏実、池上博司, 共編者, メディカルレビュー社,   2009年10月
  • <編集>日本糖尿病療養指導士受験ガイドブック 2009-糖尿病療養指導士の学習目標と課題-, <担当理事・編集委員>津田謹輔 <編集委員長>谷澤幸生 <編集委員>池上博司、梅田文夫、片田圭一、金内雅夫、河原和枝、黒江ゆり子、國吉緑、佐倉宏、佐藤ミヨ子、島野仁、添田百合子、土江節子、戸邉一之、伴野祥一、中村二郎、中西靖子、檜尾好徳、森小律恵, 共編者, メディカルレビュー社,   2009年05月
  • <編集>ホームメディカ 新版 家庭医学大事典, <編集指導>池上博司, 共編者, 加齢と健康, 小学館,   2008年11月
  • 老年医学テキスト 改訂第3版, 池上 博司, 分担執筆, Ⅰ-老年医学総論, 7.高齢者の栄養, 1.高齢者の栄養状態の特徴, メジカルビュー社,   2008年06月
  • <編集>日本糖尿病療養指導士受験ガイドブック 2008-糖尿病療養指導士の学習目標と課題-, <担当理事・編集委員>津田謹輔 <編集委員長>石田均 <編集委員>池上博司、梅田文夫、小野順子、片田圭一、金内雅夫、河口てる子、黒江ゆり子、佐藤ミヨ子、島野仁、添田百合子、谷澤幸生、土江節子、戸邉一之、中西靖子、中村二郎、檜尾好徳、村上文代、森小律恵, 共編者, メディカルレビュー社,   2008年06月
  • 糖尿病学2008, 胆汁酸抱合レジンによる肥満・インスリン抵抗性・糖代謝改善作用, 川畑 由美子, 小林 美里, 池上 博司, 共著, 展開研究, 14.胆汁酸抱合レジンによる肥満・インスリン抵抗性・糖代謝改善作用, 診断と治療社,   2008年05月
  • 糖尿病学2008, 1型糖尿病遺伝子 up to date 2008, 池上 博司, 分担執筆, 展開研究, 20.1型糖尿病遺伝子 up to date 2008, 診断と治療社,   2008年05月
  • 糖尿病関連注射薬の新展開-インスリン・GLP-1・グルカゴン-, Injection Therapy for Diabetes - Insulin, GLP-1, Glucagon -, 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, Ⅱ.インスリン製剤の進歩と応用, 4.インスリン処方の実際(症例を中心に), A.1型糖尿病, フジメディカル出版,   2007年11月
  • 老年医学Update2007-08, 池上 博司, 分担執筆, 特集:高齢者の腰痛、高齢者の栄養管理, Ⅱ.総説 高齢者糖尿病の治療-Management of diabetes in the elderly-, メジカルビュー社,   2007年07月
  • 新しい糖尿病学と透析医療, 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, 第2章 糖尿病の治療, 7.糖尿病性昏睡(ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧昏睡、低血糖), 日本メディカルセンター,   2007年06月
  • カラー版 糖尿病学-基礎と臨床-, 池上 博司, 分担執筆, 2章 分類と診断, 5.1型糖尿病の疾患感受性遺伝子-HLA, 西村書店,   2007年06月
  • <編集>日本糖尿病療養指導士受験ガイドブック 2007-糖尿病療養指導士の学習目標と課題-, <担当理事・編集委員>津田謹輔 <編集委員長>石田均 <編集委員>池上博司、梅田文夫、小野順子、片田圭一、金内雅夫、河口てる子、黒江ゆり子、佐藤ミヨ子、島野仁、添田百合子、谷澤幸生、土江節子、戸邉一之、中西靖子、中村二郎、檜尾好徳、村上文代、森小律恵, 共編者, メディカルレビュー社,   2007年06月
  • <監修>やさしい糖尿病の自己管理[改訂4版], <監修>松澤佑次、山﨑義光、花房俊昭、笠山宗正、池上博司, 監修, 医薬ジャーナル社,   2007年04月
  • ジョスリン糖尿病学 第2版, <翻訳>池上博司, 共訳, 第3部 糖尿病:その定義,遺伝,病因, 第21章 1型糖尿病の遺伝学, メディカル・サイエンス・インターナショナル,   2007年03月
  • 糖尿病の療養指導2007-療養指導士を育てるために-, 池上博司, 分担執筆, <レクチャー④1型糖尿病診療のupdate> 1型糖尿病の発症機構-遺伝因子-, 診断と治療社,   2007年03月
  • 最新糖尿病学-基礎と臨床-, 池上 博司, 分担執筆, 21. 高齢者, 朝倉書店,   2006年10月
  • 看護のための最新医学講座 第8巻「糖尿病と合併症 第2版」, 池上 博司, 分担執筆, 1型糖尿病, 中山書店,   2006年08月
  • 「眼科プラクティス7 糖尿病合併症の診療指針」, 糖尿病の原因遺伝子 ーどこまでわかってきたか, 池上 博司, 単著, 文光堂,   2006年01月
  • 「最新 糖尿病」, 高齢者, 池上 博司, 単著,   2006年
  • 「糖尿病カレントライブラリー⑥ 糖尿病の薬物治療」, 糖尿病ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧昏睡, 池上 博司, 単著, 文光堂,   2006年
  • 「南山堂 医学大辞典」, 糖化タンパク, 池上 博司, 単著, 南山堂,   2006年
  • 「南山堂 医学大辞典」, 進行糖化終末産物, 池上 博司, 単著, 南山堂,   2006年
  • 「ナースと患者のためのよくわかる糖尿病のフットケア」, 足の先端医療, 池上 博司, 単著, 医薬ジャーナル,   2006年
  • 「予防とつきあい方シリーズ 高血圧・糖尿病」, 糖尿病の歴史, 池上 博司, 単著,   2006年
  • 糖尿病の進歩, 糖尿病の成因と病態の解明に関する研究の進歩 1型糖尿病の発症機構, 池上 博司, 単著, 診断と治療社,   2005年09月
  • 「糖尿病学 基礎と臨床」, 1型糖尿病疾患感受性遺伝子(HLA), 池上 博司, 単著, 西村書店,   2005年
  • 「糖尿病カレントライブラリー④ 糖尿病と遺伝子」, 1型糖尿病モデル, 藤澤 智巳, 池上 博司, 荻原 俊男, 共著, 文光堂,   2005年
  • 「糖尿病カレントライブラリー④ 糖尿病と遺伝子」, 1型糖尿病, 池上 博司, 単著, 文光堂,   2005年
  • 先端医療シリーズ32糖尿病:糖尿病の最新治療, 遺伝・遺伝子からみた糖尿病:1型糖尿病の原因遺伝子, 池上 博司, 荻原 俊男 , 共著, 先端医療技術研究所,   2005年
  • 「予防とつきあい方シリーズ 高脂血症・肥満 ~動脈硬化~」, 肥満 -歴史上の人物-, 池上 博司, 単著, メディカルビュー社,   2005年
  • 「今日の治療指針 2005年版」, 高齢者の糖尿病, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2005年
  • 「糖尿病の療養指導2004:療養指導士を育てるために」, 糖尿病の成因と分類, 池上 博司, 単著, 診断と治療社,   2004年09月
  • 「医学書院 医学大辞典」 , ロイシン感受性試験, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「医学書院 医学大辞典」 , 薬剤性低血糖, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「医学書院 医学大辞典」 , 免疫活性グルカゴン, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「医学書院 医学大辞典」, プリンヌクレオチド回路, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「医学書院 医学大辞典」, 尿素サイクル異常症, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「医学書院 医学大辞典」, 尿素回路, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「医学書院 医学大辞典」, トルブタマイド静脈負荷試験, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「医学書院 医学大辞典」, 膵β細胞, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「医学書院 医学大辞典」, 膵島細胞膜抗体, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「医学書院 医学大辞典」, 膵島炎, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「医学書院 医学大辞典」, キサンツレン酸尿症, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「医学書院 医学大辞典」, OLETEFラット, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 「シュミレーション内科 糖尿病を探る」, 高齢者なりの注意, 池上 博司, 単著, 永井書店,   2004年
  • 「予防とつきあい方シリーズ 高血圧・糖尿病」, 糖尿病の予防, 池上 博司, 単著, メディカルビュー社,   2004年
  • 「予防とつきあい方シリーズ 高血圧・糖尿病」, 糖尿病の成因, 池上 博司, 単著, メディカルビュー社,   2004年
  • 「予防とつきあい方シリーズ 高血圧・糖尿病」, 糖尿病の2つのタイプ, 池上 博司, 単著,   2004年
  • 「KEY WORD 糖尿病(第2版)」, 主要組織適合遺伝子複合体(MHC)クラスⅡ遺伝子, 川畑 由美子, 池上 博司, 荻原 俊男, 共著, 先端医学社,   2004年
  • 「医学を学ぶための生物学」, 生活習慣病(成人病), 川畑 由美子, 池上 博司, 荻原 俊男, 共著, 南江堂,   2004年
  • 「モデル動物の作製と維持」, 糖尿病(自然発生), 池上 博司, 単著, エル・アイ・シー,   2004年
  • 「糖尿病カレントライブラリー ②インスリン分泌」, 日本人の1型糖尿病:欧米白人との共通点と相違点, 池上 博司, 荻原 俊男 , 共著, 文光堂,   2004年
  • 「糖尿病最新の治療 2004-2006」, 食事療法 1型糖尿病, 池上 博司, 単著, 南江堂,   2004年
  • 「今日の治療指針2004年版」, 1型糖尿病, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2004年
  • 糖尿病専門医研修ガイドブック(改訂第2版):日本糖尿病学会専門医取得のための研修必携ガイド」, 糖尿病の分類と成因, 池上 博司, 単著, 診断と治療社,   2003年
  • 「糖尿病学2003」, 1型糖尿病の遺伝素因:日本人と欧米人の比較, 池上 博司, 荻原 俊男, 共著, 診断と治療社,   2003年
  • 「糖尿病遺伝子診断ガイド」, 1型糖尿病疾患感受性遺伝子, 池上 博司, 単著, 文光堂,   2003年
  • 「糖尿病の進歩2003」, 1型糖尿病の発症機構:遺伝因子, 池上 博司, 単著, 診断と治療社,   2003年
  • 「老年医学」, 高齢者の栄養, 池上 博司, 単著, 朝倉書店,   2003年
  • 「老年医学テキスト改訂版」, 老年者栄養状態の特徴, 池上 博司, 荻原 俊男, 共著, メディカルビュー社,   2002年
  • 「糖尿病の進歩2002」, 合併症リスクからみた家族性・遺伝因子:特に高血圧症について。, 池上 博司, 荻原 俊男, 共著, 診断と治療社,   2002年
  • 「糖尿病ナビゲーター」, 1型糖尿病疾患感受性遺伝子(HLA), 池上 博司, 荻原 俊男 , 共著, メディカルビュー社,   2002年
  • 「内分泌代謝疾患・糖尿病診療マニュアル」, 原発性アルドステロン症(Conn症候群), 池上 博司, 単著, 医薬ジャーナル,   2002年
  • 「Annual Review 内分泌、代謝2002」, 1型糖尿病の発症関連遺伝子, 池上 博司, 荻原 俊男, 共著, 中外医学社,   2002年
  • 今日の治療指針2002年版, 高齢者の糖尿病, 池上 博司, 単著, 医学書院,   2002年

講演・口頭発表等

  • テーマ:糖尿病 「合併症」, 池上博司, 毎日放送 医のココロ,   2017年10月14日
  • シンポジウム5:長寿社会を見据えたこれからの糖尿病診療~SMILE STUDYの成果を踏まえて~ 「高齢者糖尿病のテーラーメイド医療」, 池上博司, 第31回日本臨床内科医学会,   2017年10月09日
  • 高浸透圧高血糖症候群を来した筋萎縮性側索硬化症患者に対してチーム医療で在宅医療を継続しえた高齢者の一例, 吉田左和、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第28回日本老年医学会近畿地方会,   2017年10月07日
  • Whole-exome sequencing in rare families identified novel genetic variants for familial type 1 diabetes, Noso S, Hosomichi K, Babaya N, Hiromine Y, Ito H, Taketomo Y, Kawabata Y, Ikegami H, 53rd Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes,   2017年09月12日
  • Insulin dependency with and without glucagon: marked difference in insulin requirement between patients with total pancreatectomy and type 1 diabetes, Hiromine Y, Noso S, Babaya N, Ito H, Niwano F, Matsumoto I, Takeyama Y, Kawabata Y, Ikegami H, 53rd Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes,   2017年09月12日
  • <座長>教育講演1「T細胞老化と慢性炎症」山下政克, 池上博司, 第67回日本体質医学会総会,   2017年09月03日
  • <座長>シンポジウム “Genomics & Beyond”, 池上博司、植木浩二郎, 第67回日本体質医学会総会,   2017年09月02日
  • 糖尿病患者における骨格筋量と体脂肪量を規定する臨床指標に関する病型別検討, 幕谷由佳子、能宗伸輔、廣峰義久、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、川畑由美子、池上博司, 第67回日本体質医学会総会,   2017年09月02日
  • 糖尿病患者の体組成におよぼす加齢の影響, 幕谷由佳子、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、末吉功治、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第59回日本老年医学会学術集会,   2017年06月16日
  • 膵切除後糖尿病に関する研究:膵内分泌および糖代謝指標の術後変化(6ヶ月までの経過), 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、安武紗良、物部圭介、池田守、蓑原達郎、幕谷由佳子、川畑由美子、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典、池上博司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月20日
  • <座長>Hot Topics 2 「ガン免疫療法にともなう1型糖尿病発症:抗PD1抗体と劇症1型糖尿病を中心に」, 池上博司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月20日
  • シンポジウム7<1型糖尿病 update 2017> 「2型糖尿病の経過中にGAD抗体の陽転化をみた症例の臨床像-日本人1型糖尿病の成因,診断,病態,治療に関する調査研究委員会報告」, 及川洋一、島田朗、粟田卓也、福井智康、池上博司、今川彰久、梶尾裕、川畑由美子、川﨑英二、三浦順之助、大澤春彦、高橋和眞、田中昌一郎、内潟安子、安田尚史、安田和基、花房俊昭、小林哲郎, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月19日
  • シンポジウム7<1型糖尿病 update 2017> 「1型糖尿病の遺伝素因 update」, 能宗伸輔、川畑由美子、池上博司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月19日
  • <座長>ランチョンセミナー26 「見直そう!グリニド薬ができる事はこんなにある!」弘世貴久, 池上博司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月19日
  • <座長>シンポジウム7 「1型糖尿病 update 2017」, 花房俊昭、池上博司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月19日
  • 糖尿病とサルコペニアに関する研究:1型糖尿病と2型糖尿病の体組成比較, 幕谷由佳子、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、庭野史丸、安武紗良、物部圭介、池田守、蓑原達郎、川畑由美子、池上博司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月18日
  • 健診受診者および臓器特異的自己免疫疾患患者におけるGAD抗体価の検討-RIA法とELISA法の比較-, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、山本明伸、川畑由美子、池上博司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月18日
  • 日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(TIDE-J)(第5報), 梶尾裕、中條大輔、安田和基、霜田雅之、春日雅人、今川彰久、岩橋博見、池上博司、大澤春彦、阿比留教生、島田朗、長澤幹、金重勝博、及川洋一、安田尚史、粟田卓也、川﨑英二、高橋和眞、福井智康、小林哲郎、花房俊昭, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月18日
  • リング状石灰化を伴う副腎腫瘤2症例の検討, 伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、庭野史丸、池田守、川畑由美子、笹野公伸、池上博司, 第90回日本内分泌学会学術総会,   2017年04月20日
  • 免疫Checkpoint阻害剤で汎下垂体機能不全を来した悪性黒色腫の1例, 奥野達哉、酒井瞳、武友保憲、岩朝勤、田中薫、武田真幸、鶴谷純司、田村孝雄、池上博司、中川和彦, 第114回日本内科学会総会・講演会,   2017年04月15日
  • 糖尿病患者における尿糖排泄量を規定する臨床指標と遺伝因子の解明, 物部圭介、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第114回日本内科学会総会・講演会,   2017年04月15日
  • <座長>一般演題:ポスター 「糖代謝①」, 池上博司、長嶋一昭, 第114回日本内科学会総会・講演会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2017東京,   2017年04月15日
  • <座長>専門医更新のための指定講演 「1型糖尿病」花房俊昭, 池上博司, 第51回糖尿病学の進歩,   2017年02月17日
  • <座長>一般演題「膵β細胞」, 池上博司、富樫優, 第31回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2017年02月10日
  • Identification of Genetic Variants co-segregated with Islet Autoimmunity in Multiplex Families of Type 1 Diabetes by Genome-wide Exome Analysis, Noso S, Hosomichi K, Babaya N, Hiromine Y,Ito H, Taketomo Y, Kawabata Y, Ikegami H, Immunology of Diabetes Society, 15th International Congress,   2017年01月20日
  • 1型糖尿病のインスリン必要量・投与パターンに及ぼす内因性インスリンの影響, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第16回日本先進糖尿病治療研究会,   2016年11月26日
  • <座長>ポスター「クッシング・副腎皮質機能低下症6/その他」, 池上博司, 第26回臨床内分泌代謝Update,   2016年11月19日
  • PETにて強い異常集積を認めた両側副腎腫瘤の1症例, 伊藤裕進、物部圭介、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、吉田左和、末吉功治、庭野史丸、安武紗良、池田守、蓑原達郎、川畑由美子、池上博司, 第26回臨床内分泌代謝Update,   2016年11月19日
  • <座長>教育講演5「1型糖尿病の診断と治療」今川彰久, 池上博司, 第53回日本糖尿病学会近畿地方会,   2016年11月12日
  • <座長>ランチョンセミナー8「実臨床下の患者QOLを考慮した経口糖尿病薬の選択」福田正博, 池上博司, 第53回日本糖尿病学会近畿地方会,   2016年11月12日
  • ニボルマブ投与後に劇症1型糖尿病を発症した悪性黒色腫の1例, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、石川一志、藤原作平、波多野豊、川畑由美子、池上博司, 第53回日本糖尿病学会近畿地方会,   2016年11月12日
  • SU薬による血糖降下作用の遷延に関与する因子の検討, 物部圭介、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第53回日本糖尿病学会近畿地方会,   2016年11月12日
  • GLP-1受容体作動薬にSGLT2阻害薬併用が著効したインスリン抗体陽性患者の一例, 池田守、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第53回日本糖尿病学会近畿地方会,   2016年11月12日
  • <座長>イブニングセミナー「1型糖尿病−その病態と今後の展望−」島田朗, 池上博司, 第14回1型糖尿病研究会,   2016年11月05日
  • <座長>特別講演「2025年問題の克服と発展のための老年医学」楽木宏実, 池上博司, 第27回日本老年医学会近畿地方会,   2016年10月22日
  • 会長講演「変貌する高齢者糖尿病:もう一つの側面」, 池上博司, 第27回日本老年医学会近畿地方会,   2016年10月22日
  • 局在不明の異所性ACTH産生腫瘍に対して副腎皮質ステロイドホルモン合成阻害薬治療で改善を認めた1症例, 池田守、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第27回日本老年医学会近畿地方会,   2016年10月22日
  • 副甲状腺全摘後の低Ca血症治療に大量長期間のCa補充を要した一例, 幕谷由佳子、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第27回日本老年医学会近畿地方会,   2016年10月22日
  • ワークショップ5:高齢糖尿病患者の栄養管理 「高齢者糖尿病の管理目標と実際」, 池上博司, 第38回日本臨床栄養学会総会/第37回日本臨床栄養協会総会,   2016年10月08日
  • <座長>ワークショップ5 「高齢糖尿病患者の栄養管理」, 倭英司、池上博司, 第38回日本臨床栄養学会総会/第37回日本臨床栄養協会総会,   2016年10月08日
  • 腹膜透析施行患者の現状調査と今後の栄養管理のポイントについて, 西村町子、中川紗央里、川崎希美、谷山佳弘、有馬秀二、河村明子、嶋本久乃、池上博司, 第22回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,   2016年09月24日
  • 糖尿病患者における尿糖排泄量を規定する臨床指標ならびに体質の解明, 物部圭介、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第66回日本体質医学会総会,   2016年09月04日
  • <座長>シンポジウム「体質を考慮した個別化予防・治療」, 池上博司, 第66回日本体質医学会総会,   2016年09月03日
  • Luncheon Seminar 13: Devices for improvement of long-term prognosis after pancreatetcomy, Motoi F, Ikegami H, 第47回日本膵臓学会大会,   2016年08月06日
  • <座長>ポスター5「薬物療法・病態生理1」, 池上博司, 第34回日本肥満症治療学会学術集会,   2016年07月01日
  • 膵内分泌および糖代謝指標の術直後変化, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、吉田左和、安武紗良、物部圭介、川畑由美子、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典、池上博司, 第33回日本胆膵病態・生理研究会,   2016年06月11日
  • 糖尿病患者における尿糖排泄量の規定因子:加齢による影響, 物部圭介、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第58回日本老年医学会学術集会,   2016年06月10日
  • <座長>高齢者診療のディベートセッション1「高齢者糖尿病の管理目標」, 池上博司, 第58回日本老年医学会学術集会,   2016年06月08日
  • <座長>ランチョンセミナー7「増え続ける高齢者糖尿病〜GLP-1受容体作動薬と基礎インスリンをこう使う〜」德田八大, 池上博司, 第58回日本老年医学会学術集会,   2016年06月08日
  • <座長>ランチョンセミナー43「糖尿病患者におけるこれからの脂質管理」横手幸太郎, 池上博司, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月21日
  • ディベート4:2型糖尿病として発症したGAD抗体弱陽性者の治療をどうするか「GAD抗体弱陽性の糖尿病治療をどうするか:インスリン治療が望ましい」, 池上博司, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月21日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:膵性糖尿病と1型糖尿病の糖質インスリン比に関する検討, 安武紗良、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、丸山康典、庭野史丸、今藤寿彦、物部圭介、池田守、蓑原達郎、川畑由美子、池上博司, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月20日
  • 膵手術後糖尿病に関する研究:膵内分泌および糖代謝指標の術直後変化, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、丸山康典、安武紗良、今藤寿彦、物部圭介、池田守、蓑原達郎、川畑由美子、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典、池上博司, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月20日
  • 糖尿病患者における尿糖排泄量を規定する因子の解明, 物部圭介、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月20日
  • 日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(TIDE-J)(第4報), 梶尾裕、中條大輔、安田和基、霜田雅之、春日雅人、今川彰久、池上博司、大澤春彦、阿比留教生、島田朗、長澤幹、金重勝博、及川洋一、安田尚史、粟田卓也、川﨑英二、高橋和眞、小林哲郎、花房俊昭, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月20日
  • 1型糖尿病が濃厚集積した1家系:HLAとの関連の検討, 伊奈雄二郎、平田由紀、田中和子、市野功、関口直孝、真弓武仁、川畑由美子、池上博司、井口登與志, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月20日
  • シンポジウム3:1型糖尿病の成因と治療「1型糖尿病の遺伝因子:濃厚集積家系の解析」, 池上博司、能宗伸輔、川畑由美子, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月19日
  • シンポジウム3<1型糖尿病の成因と治療:GAD抗体測定法の変更における問題点と対策>「1型糖尿病における抗GAD抗体測定法間の相関に関する検討(TIDE-J別報)」, 中條大輔、安田和基、今川彰久、池上博司、大澤春彦、阿比留教生、島田朗、長澤幹、金重勝博、及川洋一、安田尚史、粟田卓也、川﨑英二、高橋和眞、小林哲郎、霜田雅之、春日雅人、花房俊昭、梶尾裕, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月19日
  • 全エクソーム解析を用いた1型糖尿病濃厚発症家系における原因遺伝子変異の探索, 川畑由美子、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、細道一善、前川聡、池上博司, 第89回日本内分泌学会学術総会,   2016年04月22日
  • IgG4関連疾患に対するステロイド漸減中に中枢性尿崩症を発症した3例, 伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、池田守、川畑由美子、池上博司, 第89回日本内分泌学会学術総会,   2016年04月21日
  • 自己免疫性1型糖尿病のβ細胞機能廃絶に関わる臨床指標と遺伝因子の解明, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、吉田左和、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第113回日本内科学会総会・講演会,   2016年04月17日
  • <座長>一般演題:ポスター「内分泌代謝⑨」, 小川佳宏、池上博司, 第113回日本内科学会総会・講演会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2016東京,   2016年04月16日
  • 自己免疫性膵炎にIgG4関連下垂体炎を合併した1症例, 池田守、伊藤裕進、武友保憲、馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第113回日本内科学会総会・講演会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2016東京,   2016年04月16日
  • 背部痛を契機に発見されたリング状石灰化を伴う副腎腫瘤の1例, 庭野史丸、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、川畑由美子、笹野公伸、池上博司, 第113回日本内科学会総会・講演会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2016東京,   2016年04月16日
  • 膵切除後糖尿病の実態・病態解明を目指した前向き研究の取り組み, 松本逸平、亀井敬子、松本正孝、村瀬貴昭、中多靖幸、里井俊平、石川原、庭野史丸、廣峰義久、川畑由美子、中居卓也、池上博司、竹山宜典, 第116回日本外科学会定期学術集会,   2016年04月15日
  • マウスNSY系統の第11番染色体に存在するストレプトゾトシン誘発糖尿病感受性遺伝子の解析, 前川智樹、小林美里、鈴木京、伊藤美佳子、大野欽司、馬場谷成、上田裕紀、池上博司、堀尾文彦、高橋雅英、大野民生, 第30回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2016年03月12日
  • <座長>ランチョンセミナー1「生活習慣病の基盤病態:慢性炎症と異所性脂肪蓄積」小川佳宏, 池上博司, 第30回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2016年03月11日
  • <座長>スポンサードシンポジウム1「自然発症モデル動物:糖尿病・肥満研究への貢献と将来展望」, 池上博司、横井伯英, 第30回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2016年03月11日
  • スポンサードシンポジウム1<自然発症モデル動物:糖尿病・肥満研究への貢献と将来展望>「自然発症2型糖尿病モデルNSYマウス」, 上田裕紀、馬場谷成、池上博司, 第30回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2016年03月11日
  • シンポジウム5<1型糖尿病:私たちの小児科と内科医の連携>「1型糖尿病:内科からみた小児科と内科の連携(大阪の現状と展望)」, 池上博司, 第50回糖尿病学の進歩,   2016年02月20日
  • <座長>イブニングセミナー「血糖を測ることは未来を計ること 〜新・血糖変動のリスク評価〜」野見山崇, 池上博司, 第50回糖尿病学の進歩,   2016年02月19日
  • 特別講演「糖尿病治療の理論と実際」, 池上博司, 大阪狭山市医師会学術講演会,   2016年02月08日
  • 腎動脈近傍から発生したパラガングリオーマの1例, 蓑原達郎、武友保憲、馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第210回日本内科学会近畿地方会,   2015年11月28日
  • リング状石灰化副腎腫瘤の1例, 庭野史丸、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、川畑由美子、笹野公伸、池上博司, 第25回臨床内分泌代謝Update,   2015年11月28日
  • <座長>ランチョンセミナー⑪「糖尿病治療update−世界標準薬メトホルミンの臨床的位置づけ−」西村理明, 池上博司, 第30回日本糖尿病合併症学会,   2015年11月28日
  • 高齢で発症したIgG4関連下垂体炎にともなう尿崩症の1例, 池田守、伊藤裕進、武友保憲、馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第26回日本老年医学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • 糖尿病患者における外来糖尿病教室への参加回数と血糖改善効果との関連, 小池和紀、渡辺紗弥佳、長嶋ちづる、長井洋子、二宮好美、能宗伸輔、川畑由美子、池上博司、西村町子, 第52回日本糖尿病学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • 糖尿病患者における血糖と尿糖の関連に関する検討, 今藤寿彦、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第52回日本糖尿病学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • 膵切除後糖尿病の病態と治療:膵切除術前後での比較検討, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、川畑由美子、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典、池上博司, 第52回日本糖尿病学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • 1型糖尿病と膵性糖尿病の比較:糖質インスリン比に関する検討, 安武紗良、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第52回日本糖尿病学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • <座長>ランチョンセミナー4「腎機能を考慮した高齢者糖尿病治療」絵本正憲, 池上博司, 第52回日本糖尿病学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • シンポジウム2:1型糖尿病の遺伝子研究の展望「1型糖尿病の遺伝解析:遺伝子と機能」, 池上博司、能宗伸輔、川畑由美子, 第13回1型糖尿病研究会,   2015年11月01日
  • 同胞および母に1型糖尿病を発症した1家系, 伊奈雄二郎、平田由起、田中和子、市野功、真弓武仁、川畑由美子、池上博司、関口直孝, 第13回1型糖尿病研究会,   2015年10月31日
  • <座長>セッション1「基礎・病因」, 池上博司, 第13回1型糖尿病研究会,   2015年10月31日
  • 背部痛を契機に発見された原発性アルドステロン症の1例, 庭野史丸、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第16回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2015年10月17日
  • 自己免疫性膵炎に中枢性尿崩症を合併した1例, 池田守、武友保憲、馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第209回日本内科学会近畿地方会,   2015年09月12日
  • バセドウ病と円形脱毛症における遺伝素因の共通性に関する検討, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、鈴木民男、大磯直毅、川田暁、川畑由美子、池上博司, 第65回日本体質医学会総会,   2015年07月05日
  • シンポジウム:体質を考慮した予防と治療の個別化「糖尿病の体質:予防と治療の個別化へむけて」, 池上博司, 第65回日本体質医学会総会,   2015年07月04日
  • 両側副腎腫大を伴った副腎皮質機能低下症の1例, 安武紗良、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、今藤寿彦、川畑由美子、池上博司, 第208回日本内科学会近畿地方会,   2015年06月27日
  • 尾側膵切除後の膵内分泌機能の評価, 松本逸平、亀井敬子、村瀬貴昭、中多靖幸、里井俊平、石川原、廣峰義久、庭野史丸、川畑由美子、中居卓也、池上博司、竹山宜典, 第32回日本胆膵病態・生理研究会,   2015年06月14日
  • 2型糖尿病患者のαGI治療に及ぼす加齢の影響:アカルボースとミグリトールの比較解析, 吉田左和、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第57回日本老年医学会学術集会,   2015年06月13日
  • マウスNSY系統の11番染色体に存在するストレプトゾトシン誘発糖尿病感受性遺伝子の解析, 前川智樹、小林美里、伊藤美佳子、大野欽司、馬場谷成、上田裕紀、池上博司、堀尾文彦、高橋雅英、大野民生, 第62回日本実験動物学会総会,   2015年05月29日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:インスリンデグルデクへの切替え, 末吉功治、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会,   2015年05月23日
  • シンポジウム26:1型糖尿病のすべて「1型糖尿病の遺伝:common variantからrare variantまで」, 川畑由美子、能宗伸輔、池上博司, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会,   2015年05月23日
  • <座長>シンポジウム26:1型糖尿病のすべて, 池上博司、粟田卓也, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会,   2015年05月23日
  • 自己免疫性1型糖尿病における内因性インスリン分泌能を規定する臨床指標および遺伝因子の解明, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、原田剛史、伊藤裕進、貫戸幸星、末吉功治、吉田左和、庭野史丸、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会,   2015年05月22日
  • <座長>ランチョンセミナー36 「2型糖尿病治療における脂質管理の臨床エビデンス」曽根博仁, 池上博司, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会,   2015年05月22日
  • 日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(TIDE-J)(第3報), 梶尾裕、中條大輔、霜田雅之、安田和基、春日雅人、花房俊昭、今川彰久、池上博司、大澤春彦、川﨑英二、粟田卓也、高橋和眞、小林哲郎、島田朗、安田尚史、阿比留教生、長澤幹、田中昌一郎, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会,   2015年05月21日
  • <座長>ランチョンセミナー9「Type 1 diabetes in children, with a focus on practice in the UK」Timothy Barrett, 「乳幼児からライフサイクルに合わせた1型糖尿病治療の現状と課題」内潟安子, 池上博司, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会,   2015年05月21日
  • テーマ:加齢と健康長寿①「健康長寿と健康寿命」, 池上博司, 毎日放送 医のココロ,   2015年05月09日
  • <座長>ランチョンセミナー16「肥満メタボ型糖尿病の病態と治療」下村伊一郎, 池上博司, 第88回日本内分泌学会学術総会,   2015年04月25日
  • 自己免疫性1型糖尿病の遺伝子解析:β細胞機能廃絶に関わる遺伝素因の解明, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、原田剛史、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第88回日本内分泌学会学術総会,   2015年04月24日
  • Identification of genetic loci linked to type 1 diabetes susceptibility by linkage analysis with whole exome sequencing in clustered family, Noso S, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Hosomichi K, Ikegami H, Immunology of Diabetes Society, 14th International Congress,   2015年04月13日
  • 多発性脊椎圧迫骨折を伴った妊娠および授乳関連骨粗鬆症の1例, 物部圭介、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第207回日本内科学会近畿地方会,   2015年03月07日
  • シンポジウム4:ゲノム・エピゲノムと糖尿病「1型糖尿病の成因:遺伝子からのアプローチ」, 池上博司, 第49回糖尿病学の進歩,   2015年02月20日
  • NODマウスにおける膵島特異的リンパ球浸潤と1型糖尿病発症に及ぼすMafa遺伝子の役割, 能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、川畑由美子、池上博司, 第29回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2015年02月14日
  • マウスNSY系統のストレプトゾトシン誘発糖尿病感受性の遺伝的解析, 前川智樹、小林美里、伊藤美佳子、大野欽司、馬場谷成、上田裕紀、池上博司、堀尾文彦、高橋雅英、大野民生, 第29回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2015年02月14日
  • ランチョンセミナー1「1型糖尿病の病態と治療」, 池上博司, 第29回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2015年02月13日
  • <座長>ランチョンセミナー1-1「インクレチン療法の新展開:GLP-1受容体作動薬を中心に」矢部大介, 池上博司, 第18回日本病態栄養学会年次学術集会,   2015年01月10日
  • 講演「糖尿病診療の理論と実際」, 池上 博司, 学術講演会 臨床検査シリーズ(平成26年度第2回・日医生涯教育講座),   2014年12月25日
  • 発症時より著明な低K血症を来した糖尿病性ケトアシドーシスの1例, 物部圭介、武友保憲、馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、末吉功治、川畑由美子、池上博司, 第206回日本内科学会近畿地方会,   2014年12月06日
  • 【Update6】糖尿病/糖代謝:糖尿病研究Update「1型糖尿病の成因:なぜβ細胞だけが破壊されるのか?」, 池上 博司, 第24回臨床内分泌代謝Update,   2014年11月28日
  • サブクリニカルクッシング症候群を合併した褐色細胞腫の一例, 吉田左和、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、庭野史丸、安武紗良、今藤寿彦、物部圭介、川畑由美子、笹野公伸、池上博司, 第24回臨床内分泌代謝Update,   2014年11月28日
  • 基調講演 「ここまで進歩した糖尿病治療」, 池上博司, 平成26年度糖尿病県民公開講座 糖尿病をよく知ろう~新たな時代の糖尿病医療~,   2014年11月23日
  • 第46回医療近代化シンポジウム「インスリン治療の最適化:1型糖尿病と膵全摘症例から学ぶ」, 池上 博司, 平成26年度(第38回)大阪府医師会医学会総会,   2014年11月09日
  • 甲状腺クリーゼの治療経過中に劇症肝炎を併発したバセドウ病の1例, 庭野史丸、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、吉田左和、安武紗良、今藤寿彦、物部圭介、川畑由美子、池上博司, 第15回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2014年11月08日
  • 1型糖尿病の遺伝子解析:インスリン分泌能を規定する遺伝素因の解明, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、原田剛史、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第12回1型糖尿病研究会,   2014年11月02日
  • <座長>イブニングシンポジウム:ライフステージに対応した1型糖尿病の治療・管理, 杉原茂孝、池上博司, 第12回1型糖尿病研究会,   2014年11月01日
  • 糖尿病患者における栄養指導の理解度に及ぼす糖尿病教室の効果, 渡辺紗弥佳、久城恵理、須美舞香、福江好永、谷内麻寿美、北井見和、坂口智世、能宗伸輔、川畑由美子、池上博司、西村町子, 第51回日本糖尿病学会近畿地方会,   2014年10月25日
  • 強化インスリン療法における基礎インスリンの検討:インスリンデグルデクへの切替え, 末吉功治、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第51回日本糖尿病学会近畿地方会,   2014年10月25日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:アカルボースとミグリトールの比較解析, 吉田左和、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、川畑由美子、池上博司, 第51回日本糖尿病学会近畿地方会,   2014年10月25日
  • シンポジウム1:糖尿病の遺伝素因「1型糖尿病の遺伝素因」, 能宗伸輔、川畑由美子、池上博司, 第51回日本糖尿病学会近畿地方会,   2014年10月25日
  • <座長>シンポジウム1:糖尿病の遺伝素因, 南條輝志男、池上博司, 第51回日本糖尿病学会近畿地方会,   2014年10月25日
  • <座長>ランチョンセミナー3「糖尿病治療におけるSGLT2阻害薬の位置づけと適正使用」矢部大介, 池上博司, 第51回日本糖尿病学会近畿地方会,   2014年10月25日
  • 認知機能低下が先行した高齢者粘液水腫性昏睡の一例, 安武紗良、貫戸幸星、馬場谷成、伊藤裕進、能宗伸輔、廣峰義久、武友保憲、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第25回日本老年医学会近畿地方会,   2014年10月11日
  • 公開講演 「糖尿病とメタボリックシンドロームの微妙な関係」, 池上博司, 第9回大阪大学バンコク公開講演会,   2014年10月04日
  • レボチロキシンNaとリオチロニンNa併用療法が有効であった粘液水腫性昏睡の1例, 安武紗良、貫戸幸星、馬場谷成、伊藤裕進、能宗伸輔、廣峰義久、武友保憲、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第205回日本内科学会近畿地方会,   2014年09月20日
  • A case of mixed cortical-medullary tumor accompanied with unilateral multiple micronodules producing aldosterone, Ito H, Kawabata Y, Yosida S, Kanto K, Taketomo Y, Hiromine Y, Babaya N, Noso S, Sasano H, Ikegami H, International Symposium on Pheochromocytoma and Paraganglioma 2014,   2014年09月19日
  • 自己免疫性1型糖尿病(1A型)におけるインスリン分泌能を規定する遺伝因子の解明, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、原田剛史、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第64回日本体質医学会総会,   2014年09月07日
  • ランチョンセミナー2「インスリン治療の理論と実際」, 池上 博司, 第64回日本体質医学会総会,   2014年09月07日
  • <座長>教育講演2「2型糖尿病の「体質」の理解と先制医療の開発に向けて」門脇孝, 池上博司, 第64回日本体質医学会総会,   2014年09月07日
  • 膵全摘術の適応と術後血糖管理について, 亀井敬子、中多靖幸、石川原、中居卓也、廣峰義久、川畑由美子、池上博司、竹山宜典, 第69回日本消化器外科学会総会,   2014年07月17日
  • <座長>ランチョンセミナー1「糖尿病と肥満の最新トピックス」中里雅光, 池上博司, 第32回日本肥満症治療学会学術集会,   2014年07月04日
  • サブクリニカルクッシング症候群を合併した褐色細胞腫の1例, 吉田左和、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第204回日本内科学会近畿地方会,   2014年06月14日
  • 1型糖尿病のインスリン必要量に及ぼす加齢の影響:CSIIを用いた検討, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、村田佳織、武友保憲、川畑由美子、池上博司, 第56回日本老年医学会学術集会,   2014年06月14日
  • 膵性糖尿病の血糖管理について;膵全摘術後の病態解析から, 亀井敬子、中多靖幸、石川原、中居卓也、廣峰義久、川畑由美子、池上博司、竹山宜典, 第31回日本胆膵病態・生理研究会,   2014年06月14日
  • <座長>一般演題:糖尿病3, 池上博司, 第56回日本老年医学会学術集会,   2014年06月13日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:膵全摘後糖尿病と1型糖尿病における病態ならびに治療の比較解析, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、伊藤裕進、村田佳織、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、安武紗良、川畑由美子、亀井敬子、中多靖幸、竹山宜典、池上博司, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会,   2014年05月24日
  • 日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(TIDE-J)(第2報), 梶尾裕、中條大輔、安田和基、春日雅人、花房俊昭、今川彰久、池上博司、大澤春彦、川﨑英二、粟田卓也、高橋和眞、小林哲郎、島田朗、安田尚史, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会,   2014年05月23日
  • シンポジウム18:1型糖尿病の成因−最先端研究はどこまで解明したか−「1型糖尿病の成因:膵β細胞特異性を規定する遺伝因子の解明とその制御」, 能宗伸輔、池上博司, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会,   2014年05月23日
  • <座長>シンポジウム18:1型糖尿病の成因−最先端研究はどこまで解明したか−, 佐藤譲、池上博司, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会,   2014年05月23日
  • 糖尿病透析予防外来における療養指導の介入とその成果, 冨森洋子、大仲將美、長井洋子、長嶋ちづる、久城恵理、須美舞香、谷内麻寿美、二宮好美、西村町子、能宗伸輔、川畑由美子、池上博司, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会,   2014年05月22日
  • 自己免疫性1型糖尿病患者末梢血CD4陽性Tリンパ球におけるPD-1の低発現とPD-1遺伝子多型に関する検討(第2報), 藤澤玲子、長谷田文孝、堤千春、廣峰義久、能宗伸輔、川畑由美子、三井しのぶ、寺前純吾、池上博司、今川彰久、花房俊昭, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会,   2014年05月22日
  • 視床下部性副腎皮質機能低下を来した橋本病合併Rathke嚢胞の1例, 大野恭裕、田中陽一、藤本美香、金本絵里、住谷昴一、池上博司, 第87回日本内分泌学会学術総会,   2014年04月26日
  • 前縦隔腫瘍とバセドウ病:治療に伴う腫瘍サイズ変化と合併率に関する検討, 貫戸幸星、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、廣峰義久、村田佳織、武友保憲、當間純子、末吉功治、吉田左和、安武紗良、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第87回日本内分泌学会学術総会,   2014年04月24日
  • 糖尿病治療における高用量メトホルミンの有効性と安全性:用量と用法のテーラーメイド化に関する検討, 貫戸幸星、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、川畑由美子、池上博司, 第111回日本内科学会総会・講演会,   2014年04月11日
  • 特別講演 「高齢者糖尿病のテーラーメイド医療」, 池上博司, 一般社団法人大阪府内科医会第14回推薦医部会講演会,   2014年03月15日
  • <座長>ランチョンセミナー14「糖尿病治療におけるグリニドの位置づけ」森保道, 池上博司, 第48回糖尿病学の進歩,   2014年03月08日
  • シンポジウム1:1型糖尿病の成因と病態「1型糖尿病の原因を探る:なぜ膵β細胞だけが破壊されるのか?」, 池上 博司, 第48回糖尿病学の進歩,   2014年03月07日
  • 糖尿病治療にインスリン抵抗性改善薬が有効であった球脊髄性筋萎縮症の1例, 吉田左和、馬場谷成、伊藤裕進、能宗伸輔、廣峰義久、貫戸幸星、宮本勝一、楠進、川畑由美子、池上博司, 第203回日本内科学会近畿地方会,   2014年03月01日
  • 講演3 「糖尿病:正しい理解と適切な治療」, 池上博司, 千里ライフサイエンス市民公開講座 第68回 「身近な病気(糖尿病、高血圧、高脂血症、痛風)の正しい薬の飲み方」,   2014年02月22日
  • 自然発症2型糖尿病モデルNSYマウスにおける糖尿病発症率の性差と血中アディポサイトカイン濃度との関連, 上田裕紀、馬場谷成、能宗伸輔、大石(久永)裕子、上田(西脇)由美子、若菜茂晴、川畑由美子、池上博司, 第28回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2014年02月15日
  • <座長>シンポジウム1:膵β細胞障害と再生, 池上博司, 第28回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2014年02月14日
  • <座長>低血糖、インスリノーマ, 池上 博司, 第23回臨床内分泌代謝Update,   2014年01月24日
  • 放射線療法後20年以上寛解状態を維持しているクッシング病の一例, 安武 紗良, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 庭野 史丸, 川畑 由美子, 池上 博司, 第23回臨床内分泌代謝Update,   2014年01月24日
  • <座長>ランチョンセミナー「糖尿病患者さん中心の血糖コントロールの在り方について」馬屋原豊, 池上 博司, 第17回日本病態栄養学会年次学術集会,   2014年01月11日
  • 横紋筋融解症を契機に発見された褐色細胞腫の1例, 庭野 史丸, 伊藤 裕進, 馬場谷 成, 能宗 伸輔, 廣峰 義久, 原田 剛史, 村田 佳織, 武友 保憲, 川畑 由美子, 池上 博司, 第202回日本内科学会近畿地方会,   2013年12月14日
  • Low expression level of Peripheral CD4+PD-1+T-cells in Japanese Patients with Type 1A Diabetes, Fujisawa R, Haseda F, Tsutsumi C, Hiromine Y, Noso S, Kawabata Y, Mitsui S, Terasaki J, Ikegami H, Imagawa A, Hanafusa T, 13th International Congress of the Immunology of Diabetes Society,   2013年12月08日
  • A search for susceptibility genes contributing to islet-specific autoimmunity in type 1 diabetes by association studies with multiple autoimmune diseases, Noso S, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Moriguchi M, Murata K, Park C, Taketomo Y, Ikegami H, 13th International Congress of the Immunology of Diabetes Society,   2013年12月08日
  • 特別講演 「インスリン治療の理論と実際」, 池上博司, 益田市医師会学術講演会,   2013年11月29日
  • <座長>教育講演4「膵島イメージング:Up to Date」豊田健太郎, 池上 博司, 第50回日本糖尿病学会近畿地方会,   2013年11月23日
  • 糖尿病透析予防外来における療養指導の有効性に関する検討, 大仲 將美, 冨森 洋子, 須美 舞香, 久城 恵理, 長井 洋子, 長嶋 ちづる, 谷内 麻寿美, 二宮 好美, 西村 町子, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 池上 博司, 第50回日本糖尿病学会近畿地方会,   2013年11月23日
  • 膵全摘症例におけるCSII治療:1型糖尿病との比較, 庭野 史丸, 廣峰 義久, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 川畑 由美子, 池上 博司, 第50回日本糖尿病学会近畿地方会,   2013年11月23日
  • 左腰背部痛にて発症し急性壊疽性無石胆嚢炎の診断に至った高齢糖尿病患者の一例, 吉田 左和, 伊藤 裕進, 馬場谷 成, 能宗 伸輔, 廣峰 義久, 村瀬 貴昭, 亀井 敬子, 竹山 宜典, 川畑 由美子, 池上 博司, 第24回日本老年医学会近畿地方会,   2013年11月16日
  • 抗甲状腺薬治療に伴う前縦隔腫瘍の縮小経過を追跡し得たバセドウ病の2例, 貫戸 幸星, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 村田 佳織, 武友 保憲, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 安武 紗良, 庭野 史丸, 川畑 由美子, 池上 博司, 第56回日本甲状腺学会,   2013年11月15日
  • モーニングシンポジウム:1型糖尿病の成因update「1型糖尿病の遺伝因子:免疫寛容の破綻と膵β細胞へのターゲティング」, 池上 博司, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 第11回1型糖尿病研究会,   2013年10月27日
  • 1型糖尿病濃厚発症家系におけるrare variantの探索, 川畑由美子、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、貴志明生、前川聡、池上博司, 第11回1型糖尿病研究会,   2013年10月26日
  • 長期にわたるビスフォスフォネート製剤投与後に下顎骨壊死を発症し敗血症に至るも救命し得た骨粗鬆症の1例, 安武 紗良, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 庭野 史丸, 川畑 由美子, 池上 博司, 第14回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2013年10月19日
  • 甲状腺中毒性周期性四肢麻痺の遺伝子解析:KCNJ18遺伝子の関与, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 川畑 由美子, 池上 博司, 第63回日本体質医学会総会,   2013年10月06日
  • シンポジウム:代謝疾患の予防と治療-現在と近未来「1型糖尿病の予防と治療:臓器特異的な自己免疫の制御と膵β細胞保護」, 池上 博司, 第63回日本体質医学会総会,   2013年10月05日
  • Mafa knockout NOD mice are protected from type 1 diabetes despite accelerated infiltration of lymphocytes into islets, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Kawabata Y, Ikegami H, 49th European Association for the Study of Diabetes Annual Meeting,   2013年09月25日
  • 特別講演 「糖尿病治療の理論と実際」, 池上博司, 第10回南大阪薬-薬連携協議会学術講演会,   2013年09月19日
  • 糖尿病:正しい理解と適切な対応, 池上博司, 第26回近畿大学医学部・薬学部公開講座,   2013年09月14日
  • 抗甲状腺薬治療にともなう前縦隔腫瘍の縮小経過を追跡し得たバセドウ病の1例, 吉田 左和, 伊藤 裕進, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 貫戸 幸星, 川畑 由美子, 池上 博司, 第201回日本内科学会近畿地方会,   2013年09月07日
  • Low Expression of PD-1 in Peripheral CD4+ T-Cells in Japanese Patients with Type 1A Diabetes, Fujisawa R, Haseda F, Tsutsumi C, Hiromine Y, Noso S, Kawabata Y, Mitsui S, Terasaki J, Ikegami H, Imagawa A, Hanafusa T, 73rd Scientific Sessions of America Diabetes Association,   2013年06月23日
  • 甲状腺クリーゼ治療開始時にチアマゾールによる顆粒球減少を来し、早期の甲状腺全摘術にて対応した1例, 末吉 功治, 伊藤 裕進, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 川畑 由美子, 池上 博司, 第200回日本内科学会近畿地方会,   2013年06月08日
  • 高齢者におけるメトホルミンの用量及び投与回数に関する検討, 貫戸 幸星, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 武友 保憲, 村田 佳織, 川畑 由美子, 池上 博司, 第55回日本老年医学会学術集会,   2013年06月05日
  • <座長>教育講演3「高齢者糖尿病の治療と管理」横野浩一, 池上 博司, 第55回日本老年医学会学術集会,   2013年06月05日
  • <座長>ランチョンセミナー14「誤嚥性肺炎」山谷睦雄, 池上 博司, 第55回日本老年医学会学術集会,   2013年06月05日
  • シンポジウム3: 糖尿病・肥満・摂食研究の最新成果「糖尿病発症における体質と環境」, 池上 博司, 第67回日本栄養・食糧学会大会,   2013年05月25日
  • ランチョンセミナー46 「インスリン治療の理論と実際」, 池上 博司, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月18日
  • 糖尿病患者に対する血糖平坦化を目指したミグリトールとインスリン併用療法の有用性の検討-SMBGを用いた評価-, 弘世貴久、河盛隆造、綿田裕孝、羽田勝計、佐藤讓、石原寿光、江藤一弘、田中逸、駒津光久、前川聡、池上博司、花房俊昭、谷澤幸生、松久宗英、柳瀬敏彦、小林邦久、荒木栄一, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月17日
  • 糖尿病患者に対するDPP-4阻害剤の心機能への影響, 田中 陽一, 野口 周也, 藤本 美香, 大野 恭裕, 池上 博司, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月17日
  • シンポジウム5:1型糖尿病の成因と治療「1型糖尿病の遺伝因子:免疫寛容の破綻と標的臓器へのターゲティング」, 池上 博司, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月17日
  • 特別シンポジウム4:糖尿病関連遺伝子研究の進化「1型糖尿病関連遺伝子研究の進歩」, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 池上 博司, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月17日
  • <座長>特別シンポジウム4:糖尿病関連遺伝子研究の進化, 山田研太郎、池上博司, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月17日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:GLP-1受容体作動薬の長期効果決定因子に関する検討, 武友 保憲, 廣峰 義久, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 山内 孝哲, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 貫戸 幸星, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 川畑 由美子, 池上 博司, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月17日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:高用量メトホルミンの用量ならびに投与回数に関する検討, 貫戸 幸星, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 山内 孝哲, 原田 剛史, 武友 保憲, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 村田 佳織, 川畑 由美子, 池上 博司, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月17日
  • 日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(第1報), 花房俊昭、今川彰久、池上博司、大澤春彦、川﨑英二、粟田卓也、高橋和眞、小林哲郎、安田和基、梶尾裕、春日雅人, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月17日
  • 日本人1型糖尿病におけるPD-1の遺伝子多型の検討(第2報), 堤千春、今川彰久、廣峰義久、能宗伸輔、川畑由美子、三井しのぶ、長谷田文孝、寺前純吾、池上博司、花房俊昭, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月16日
  • 1型糖尿病患者末梢血のCD4陽性Tリンパ球におけるPD-1の発現, 藤澤玲子、長谷田文孝、堤千春、廣峰義久、能宗伸輔、川畑由美子、三井しのぶ、寺前純吾、池上博司、今川彰久、花房俊昭, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月16日
  • Symposium8: Islet biology 「Genetics and pathogenesis of beta-cell destruction in type 1 diabetes 」, 池上 博司, 26th Spring Congress of Korean Diabetes Association,1st Korea-Japan Diabetes Forum,   2013年05月10日
  • <座長>ランチョンセミナー12「インスリン治療強化の重要性とミックス50によるシンプル強化療法の活用」駒津光久, 池上 博司, 第86回日本内分泌学会学術総会,   2013年04月26日
  • ACTH,GH分泌不全を伴ったIgG4関連視床下部下垂体炎の一例, 田中 陽一, 野口 周也, 藤本 美香, 大野 恭裕, 池上 博司, 第86回日本内分泌学会学術総会,   2013年04月25日
    概要:IgG4関連視床下部下垂体炎によりACTH、GH、TSH、AVP分泌不全を来たした1例につき報告する。
  • 甲状腺中毒性周期性四肢麻痺患者におけるKCNJ18遺伝子の分子遺伝学的解析, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 朴 忠勇, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 川畑 由美子, 池上 博司, 第86回日本内分泌学会学術総会,   2013年04月25日
  • <座長>糖尿病・低血糖6, 池上 博司, 第86回日本内分泌学会学術総会,   2013年04月25日
  • Pegvisomant治療によりGH上昇を認めた先端巨大症の1例~GH測定へのpigvisomantの影響~, 大野 恭裕, 田中 陽一, 岸野 好純, 藤本 美香, 野口 周也, 池上 博司, 第86回日本内分泌学会学術総会,   2013年04月25日
  • Graves病の遺伝解析:HLAクラスⅡとクラスⅠの関与, 村田 佳織, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 武友 保憲, 池上 博司, 第110回日本内科学会総会・講演会,   2013年04月13日
  • NSYマウス第11番染色体に存在する糖尿病・ストレプトゾトシン感受性遺伝子のdose effectならびに遺伝様式の解析, 馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、上田裕紀、池上博司, 第27回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2013年02月23日
  • <座長>糖・脂質代謝(若手研究奨励賞審査), 池上 博司, 第27回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2013年02月22日
  • <座長>モーニングセミナー2「明日からはじめる、食後高血糖のホンキな治療!」弘世貴久, 池上 博司, 第47回糖尿病学の進歩,   2013年02月16日
  • ランチョンセミナー10「糖尿病治療の理論と実際:メトホルミンルネッサンス」, 池上 博司, 第47回糖尿病学の進歩,   2013年02月16日
  • <座長>「1型糖尿病関連遺伝子」粟田卓也, 池上 博司, 第47回糖尿病学の進歩,   2013年02月15日
  • 前縦隔腫瘍が抗甲状腺薬投与により消失したバセドウ病の1例, 伊藤 裕進, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 村田 佳織, 朴 忠勇, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 板家 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 川畑 由美子, 池上 博司, 第22回臨床内分泌代謝Update,   2013年01月18日
  • 長期にわたり治療を自己中断し、甲状腺クリーゼを発症したバセドウ病の1例, 物部 圭介, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 貫戸 幸星, 吉田 左和, 池上 博司, 第199回日本内科学会近畿地方会,   2012年12月08日
  • 多発性硬化症を合併により視力障害を来したバセドウ病の2例, 田中陽一、野口周也、藤本美香、阪本光、中村雄作、中尾雄三、池上博司、大野恭裕, 第55回日本甲状腺学会学術集会,   2012年11月29日
  • 副腎皮質ホルモン中止後に心不全を発症し診断されたバセドウ病の1例, 大野恭裕、田中陽一、藤本美香、野口周也、池上博司, 第55回日本甲状腺学会学術集会,   2012年11月29日
  • MDIA Symposium: Genetics II 「A Search for Susceptibility Genes, Contributing to Islet- Specific Autoimmunity, in Type 1 Diabetes」, Noso S, Ikegami H, 4th Scientific Meeting of the Asian Association for the Study of Diabetes,   2012年11月27日
  • <Chair>Luncheon Seminar26: The View Points by Cardiologist for the Lipid Management in Diabetic Patients, Ikegami H, 9th IDF-WPR Congress & 4th AASD Scientific Meeting,   2012年11月27日
  • <Chair>MDIA Symposium: Genetics Ⅱ, Liu L, Ikegami H, 9th IDF-WPR Congress & 4th AASD Scientific Meeting,   2012年11月27日
  • <座長>市民公開講座:テーマ「すこやかな老いを求めて~高齢者にとっての生活習慣病」, 三木隆己、池上博司, 第23回日本老年医学会近畿地方会,   2012年11月24日
  • 抗B型肝炎ウイルス薬治療にともない骨軟化症をきたした高齢者の1症例, 末吉功治、廣峰義久、伊藤裕進、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、川畑由美子、梶博史、池上博司, 第23回日本老年医学会近畿地方会,   2012年11月24日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:メトホルミン投与法最適化に関する検討, 貫戸 幸星, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 武友 保憲, 末吉 功治, 吉田 左和, 川畑 由美子, 池上 博司, 第49回日本糖尿病学会近畿地方会,   2012年11月17日
  • <座長>ランチョンセミナー1:高用量メトホルミンは日本人2型糖尿病に有用か?, 池上 博司, 第49回日本糖尿病学会近畿地方会,   2012年11月17日
  • GLP-1受容体作動薬の長期効果決定因子に関する検討, 武友 保憲, 廣峰 義久, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 朴 忠勇, 川畑 由美子, 池上 博司, 第62回日本体質医学会総会,   2012年11月04日
  • 胎児・幼少児期の栄養状態が成人期の非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の発症に及ぼす影響, 藤澤智巳、湊聡美、杉本研、王祥、池上博司、楽木宏実, 第62回日本体質医学会総会,   2012年11月04日
  • 会長講演・学会賞受賞講演「1型糖尿病の体質に関する分子遺伝学的研究」, 池上 博司, 第62回日本体質医学会総会,   2012年11月03日
  • 若手研究奨励賞審査講演1「Graves病の遺伝子解析:HLA Class Ⅰの関与」, 村田 佳織, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 朴 忠勇, 池上 博司, 第62回日本体質医学会総会,   2012年11月03日
  • 講演「糖尿病:正しい理解と適切な対応」, 池上 博司, 第48回全国糖尿病週間市民公開講座,   2012年10月27日
  • 貧血の原因鑑別に苦慮したシーハン症候群の一例, 武友 保憲, 伊藤 裕進, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 池上 博司, 第13回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2012年10月20日
  • ランチョンセミナー「糖尿病治療の理論と実際―インスリン内分泌系薬剤の意義―」, 池上 博司, 第86回日本糖尿病学会中部地方会,   2012年10月13日
  • Susceptibility genes for type 2 diabetes and related phenotypes cluster on mouse chromosome 14, Babaya N, Noso S, Hiromine Y, Ueda H, Ikegami H, The 48th Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes,   2012年10月03日
  • SessionⅡ:生活習慣病(糖尿病)「高齢者糖尿病のテーラーメイド医療」, 池上 博司, 健康長寿医療フォーラムin大阪2012~実地医家のための老年医学のエッセンス~,   2012年09月15日
  • 大量出血の40年後に診断されたシーハン症候群の1例, 友渕彰人、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、池上博司, 第198回日本内科学会近畿地方会,   2012年09月08日
  • Plenary Lecture⑫/ Genetics of type 1 diabetes: HLA and non-HLA genes, 池上 博司, ISPAD Science School for Physicians 2012 in Kyoto,   2012年09月03日
  • セミナーⅠ:糖尿病の予知と予防を目指し「遺伝因子からのアプローチ」, 池上 博司, 第29回糖尿病Up・Date賢島セミナー “糖尿病療養のイノベーション”―生活習慣病としての糖尿病―,   2012年08月25日
  • 甲状腺ホルモン薬の製剤比較:有効性・安全性に及ぼす加齢の影響, 村田 佳織, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 池上 博司, 第54回日本老年医学会学術集会,   2012年06月29日
  • GLP-1受容体作動薬治療における食欲・食行動の定量評価:加齢の影響の検討, 貫戸 幸星, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 村田 佳織, 池上 博司, 第54回日本老年医学会学術集会,   2012年06月28日
  • <座長>ランチョンセミナー:経口血糖降下薬関連「インクレチン時代に考えるSU薬の使い方」濱口和之, 池上 博司, 第54回日本老年医学会学術集会,   2012年06月28日
  • Association of a functional polymorphism MAFA Gly346Cys with susceptibility to type 1 diabetes, Noso S, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Kawasaki E, Awata T, Maruyama T, Babu S, Eisenbarth GS, Ikegami H, 12th International Conference on the Immunology of Diabetes,   2012年06月18日
  • Association of PDCD-1 (programmed cell death-1) polymorphisms in Japanese Patients with Fulminant and Type 1A diabetes, Tsutsumi C, Hiromine Y, Imagawa A, Mitsui S, Noso S, Kawabata Y, Terasaki J, Ikegami H, Hanafusa T, 12th International Conference on the Immunology of Diabetes,   2012年06月18日
  • 体重管理と血糖管理に難渋した頭蓋咽頭腫術後発症糖尿病にGLP1受容体作動薬が著効した1症例, 末吉 功治, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 池上 博司, 第197回日本内科学会近畿地方会,   2012年06月09日
  • シンポジウム8:糖尿病の遺伝子関連 高頻度病態から稀少疾患まで Diabetes: from bed to bench and then to bed「膵島特異的自己免疫疾患としての1型糖尿病:臓器特異性を規定する遺伝素因の解明」, 能宗 伸輔, 池上 博司, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月18日
  • <座長>シンポジウム8「糖尿病の遺伝子関連 高頻度病態から稀少疾患まで Diabetes: from bed to bench and then to bed」, 谷澤 幸生、池上 博司, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月18日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性:円形脱毛症と自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫の臨床的・遺伝的比較, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月18日
  • 日本人1型糖尿病におけるPD-1遺伝子多型の検討, 堤千春、廣峰義久、今川彰久、能宗伸輔、川畑由美子、三井しのぶ、長谷田文孝、佐野寛行、三柴裕子、寺前純吾、池上博司、花房俊昭, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月18日
  • 急性発症1型糖尿病の発症年齢とHLAクラスIIハプロタイプとの関連:日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会による多施設共同研究, 川畑由美子、池上博司、粟田卓也、川﨑英二、今川彰久、内潟安子、大久保実、大澤春彦、梶尾裕、鴨井久司、川口章夫、佐藤譲、島田朗、清水一紀、高橋和眞、田中昌一郎、永田正男、中西幸二、藤井寿美枝、牧野英一、丸山太郎、三浦順之助、村尾敏、安田和基、小林哲郎、花房俊昭, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月18日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:インスリンからGLP-1受容体作動薬への切替え最適化に関する検討, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 朴 忠勇, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 錦野 真理子, 池上 博司, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月17日
  • 高血圧治療開始後17年目に診断された巨大副腎腫瘍による原発性アルドステロン症の一例, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 池上 博司, 第1回臨床高血圧フォーラム,   2012年05月13日
  • インクレチン関連薬の多面的効果に関する検討:GLP-1受容体作動薬の心血管系に及ぼす影響, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 池上 博司, 第1回臨床高血圧フォーラム,   2012年05月13日
  • 2型糖尿病患者の心機能に対するシタグリプチンの影響, 田中 陽一, 野口 周也, 藤本 美香, 大野 恭裕, 池上 博司, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月
  • 自己免疫性甲状腺疾患の遺伝子解析:HLA Class I の関与, 村田 佳織, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 朴 忠勇, 大野 恭裕, 池上 博司, 第85回日本内分泌学会学術総会,   2012年04月20日
  • <座長>糖尿病・低血糖2, 池上 博司, 第85回日本内分泌学会学術総会,   2012年04月19日
  • 臓器特異的自己免疫疾患の共通性と異質性:円形脱毛症に合併する甲状腺および膵島自己免疫の実態と遺伝解析, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 第109回日本内科学会総会・講演会,   2012年04月15日
  • <座長>内分泌・代謝⑮, 池上 博司, 第109回日本内科学会総会・講演会,   2012年04月14日
  • 研修講演「大血管障害とその危険因子」, 池上 博司, 島根県糖尿病療養指導士制度第7期第5回研修会,   2012年03月10日
  • レクチャー:臨床医がわかる糖尿病研究の進歩「1型糖尿病の遺伝子」, 池上 博司, 第46回糖尿病学の進歩,   2012年03月02日
  • 化膿性脊椎炎を契機に診断された副腎腫瘤合併クッシング病の1例, 守口 将典, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 山片 里美, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 村田 佳織, 朴 忠勇, 池上 博司, 第21回臨床内分泌代謝Update,   2012年01月27日
  • ランチョンセミナー2「糖尿病治療の理論と実際:インスリン分泌系薬剤の意義」, 池上 博司, 第49回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,   2012年01月21日
  • 胸部異常陰影を契機に診断された巨大副腎腫瘍による原発性アルドステロン症の1例, 末吉功治、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、守口将典、安積達也、池上博司, 第196回日本内科学会近畿地方会,   2011年12月17日
  • 特別講演2「モデル動物を用いた糖尿病の遺伝解析:1型、2型、そして・・・」, 池上 博司, 第112回関西実験動物研究会,   2011年12月02日
  • 特別講演「糖尿病:正しい理解と適切な対応」, 池上 博司, 第12回藤井寺市医師会市民公開講座「糖尿病人口800万人!!この現実をどう考えますか?~糖尿病を正しく理解しよう~」,   2011年11月26日
  • 甲状腺中毒性周期性四肢麻痺患者におけるKCNJ18遺伝子の新規多型検索, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 大野 恭裕, 池上 博司, 第54回日本甲状腺学会,   2011年11月22日
  • CSIIを使用したインスリン頻回注射法における至適単位数の検討, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 朴 忠勇, 池上 博司, 第108回日本内科学会総会・講演会,   2011年11月13日
  • 糖尿病・肥満発症因子解明のための戦略・脂肪分布制御遺伝子座Fl1nのコンソミック解析, 馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、小林美里、藤澤智巳、上田裕紀、池上博司, 第25回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2011年11月05日
  • 学会賞(米田賞)受賞講演「自然発症モデル動物を用いた糖尿病の遺伝解析」, 池上 博司, 第25回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2011年11月05日
  • 門脈ガス血症を併った上腸管膜動脈分枝閉塞症を発症した高齢者糖尿病の一例, 福武嶺一、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、松島知秀、池上博司, 第22回日本老年医学会近畿地方会,   2011年11月05日
  • 血糖コントロール悪化を契機に膵癌を診断され膵頭十二指腸切除術を施行された超高齢糖尿病の一例, 西地晴彦、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、廣峰義久、伊藤裕進、池上博司, 第22回日本老年医学会近畿地方会,   2011年11月05日
  • <座長>遺伝子, 池上 博司, 第9回1型糖尿病研究会,   2011年10月30日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性:円形脱毛症における膵島自己免疫の実態と遺伝解析―甲状腺自己免疫との比較―, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 武友 保憲, 大野 恭裕, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 第9回1型糖尿病研究会,   2011年10月30日
  • ランチョンセミナー:1型糖尿病の疾患感受性遺伝子「1型糖尿病疾患感受性遺伝子:HLAとnon-HLA」, 池上 博司, 第9回1型糖尿病研究会,   2011年10月30日
  • 教育講演1「1型糖尿病:Up to Date」, 池上 博司, 第48回日本糖尿病学会近畿地方会,   2011年10月29日
  • GLP-1受容体作動薬の食欲に対する影響:食欲の定量化指標を用いた検討, 貫戸 幸星, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 池上 博司, 第48回日本糖尿病学会近畿地方会,   2011年10月29日
  • <座長>ランチョンセミナー5「腎臓生理を考慮した糖尿病性腎症の降圧治療」有馬秀二, 池上 博司, 第48回日本糖尿病学会近畿地方会,   2011年10月29日
  • 巨大副腎腫瘍による原発性アルドステロン症の一例, 河野匡志、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、廣峰義久、守口将典、池上博司, 第12回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2011年10月22日
  • Main Symposium 5 / Type 1diabetes in East Asia : Genetics of Type 1 diabetes in East Asia, Ikegami H, The 16th Japan-Korea Symposium on Diabetes Mellitus,   2011年10月21日
  • Susceptibility to Insulin Resistance, Adiposity and Obesity is Mapped to Proximal Region of Mouse Chromosome 14, Babaya N, Noso S, Hiromine Y, Kobayashi M, Ueda H, Ikegami H, The 16th Japan-Korea Symposium on Diabetes Mellitus,   2011年10月21日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性を規定する体質に関する検討:円形脱毛症に合併する甲状腺および膵島自己免疫の実態と遺伝解析, 朴忠勇、能宗伸輔、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、守口将典、村田佳織、山片里美、武友保憲、大野恭裕、大磯直毅、川田暁、池上博司, 第61回日本体質医学会総会,   2011年10月09日
  • <座長>教育講演6「関節リウマチの疾患感受性遺伝子と環境因子」山本一彦, 池上 博司, 第61回日本体質医学会総会,   2011年10月09日
  • <座長>ランチョンセミナー1「膵β細胞機能から考える糖尿病の薬物治療」浜野久美子, 池上 博司, 第61回日本体質医学会総会,   2011年10月08日
  • 病因特定に苦慮した不明熱を伴う汎下垂体機能低下症の1例, 吉田左和、廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、口分田貴裕、辰巳陽一、大野恭裕、池上博司, 第195回日本内科学会近畿地方会,   2011年09月10日
  • Heterogenetiy of Class Ⅱ HLA Genotypes in Patients with Fulminant Type 1 Diabetes in Japan, Tsutsumi C, Imagawa A, Ikegami H, Makino H, Kobayashi T, Hanafusa T, The 3rd Scientific Meeting of the Asian Association for the Study of Diabetes,   2011年07月23日
  • <座長>糖尿病・代謝内分泌1, 池上博司, 第53回日本老年医学会学術集会,   2011年06月17日
  • 副腎不全を伴った両側副腎原発巨大悪性リンパ腫の1例, 田中梨絵、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、上田和毅、川西一信、池上博司, 第194回日本内科学会近畿地方会,   2011年06月11日
  • シンポジウムⅣ:マウス・ラットはヒト疾患モデルとして有用か?「モデル動物とヒトの対比による多因子疾患の解明」, 池上 博司, 第58回日本実験動物学会総会,   2011年05月26日
  • Basal-bolus療法における夜間血糖コントロールの至適化:持続血糖モニタリング(CGM)による持効型インスリンの作用特性比較, 武友 保憲, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 東本 貴弘, 朴 忠勇, 池上 博司, 第54回日本糖尿病学会年次学術集会,   2011年05月21日
  • 劇症1型糖尿病におけるClassⅡHLAと臨床的特徴の関連, 堤千春、今川彰久、池上博司、牧野英一、小林哲郎、花房俊昭、日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会, 第54回日本糖尿病学会年次学術集会,   2011年05月21日
  • シンポジウム6:1型糖尿病の成因と予防:新しい展開と洞察「1型糖尿病の遺伝解析:GWAS研究から見えること」, 池上 博司, 第54回日本糖尿病学会年次学術集会,   2011年05月20日
  • 肝臓内脂肪蓄積量の定量評価と2型糖尿病における病態解析, 村田 佳織, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 東本 貴弘, 朴 忠勇, 武友 保憲, 塚部 明大, 岡田 真広, 村上 卓道, 池上 博司, 第54回日本糖尿病学会年次学術集会,   2011年05月20日
  • <座長>ランチョンセミナー7 「インスリン強化療法をめぐる新しい考え方」田中逸, 池上博司, 第54回日本糖尿病学会年次学術集会,   2011年05月19日
  • 円形脱毛症患者における甲状腺および膵島自己免疫疾患合併例の検討, 朴忠勇、能宗伸輔、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、錦野真理子、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、武友保憲、大野恭裕、大磯直毅、川田暁、池上博司, 第84回日本内分泌学会学術集会,   2011年04月23日
  • 上咽頭癌放射線治療11年後に低ナトリウム血症を来した視床下部―下垂体機能障害の1例, 田中 陽一, 野口 周也, 藤本 美香, 大野 恭裕, 伊藤 裕進, 山内 孝哲, 池上 博司, 第84回日本内分泌学会学術集会,   2011年04月23日
  • <座長>糖尿病・低血糖(臨床6), 池上博司, 第84回日本内分泌学会学術集会,   2011年04月23日
  • <座長>レクチャー:糖尿病診療に必要な知識2 「1型糖尿病の診断と治療~カーボカウントを応用したインスリン療法~」阿比留教生, 池上博司, 第45回糖尿病学の進歩,   2011年02月18日
  • 倦怠感・意欲の減退にて発症し無症候性壊死性胆嚢炎の診断に至った高齢糖尿病患者の1例, 武友保憲、廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、小牧孝充、安田武生、武本昌子、竹山宜典、池上博司, 第193回日本内科学会近畿地方会,   2010年12月04日
  • <座長>ランチョンセミナー4 「2型糖尿病の総合的治療戦略」門脇孝, 池上博司, 第18回日本血管生物医学会学術集会,   2010年12月02日
  • Basal-bolus療法における眠前基礎インスリンとしてのGlargineとDetemirの比較, 武友 保憲, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 池上 博司, 第47回日本糖尿病学会近畿地方会,   2010年11月13日
  • DPP-4阻害薬の併用が奏功した血糖コントロール不良インスリンアレルギー患者の2症例, 錦野 真理子, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 山片 里美, 大野 恭裕, 池上 博司, 第47回日本糖尿病学会近畿地方会,   2010年11月13日
  • <座長>教育講演1 「劇症1型糖尿病の新展開」今川彰久, 池上博司, 第47回日本糖尿病学会近畿地方会,   2010年11月13日
  • Genetic Basis for Strong Familial Clustering of Type 1 Diabetes in a Rare Japanese Multiplex Family, Kawabata Y, Kishi A, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Maegawa H, Ikegami H, The 11th International Congress of the Immunology of Diabetes Society,   2010年11月
  • インターフェロン治療関連1型糖尿病患者の臨床的特徴:全国調査成績, 中村寛、川崎英二、池上博司、小林哲郎、牧野英一、花房俊昭、日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会, 第48回日本糖尿病学会九州地方会,   2010年10月29日
  • <座長>教育講演:体質を考えた生活習慣病の予防と治療 「体質に合わせた生活習慣病の薬物治療」山田研太郎, 池上博司, 第60回日本体質医学会総会,   2010年10月17日
  • 研究奨励賞審査講演3「インスリン転写調節因子MafAは胸腺におけるインスリン発現と1型糖尿病疾患感受性に関与する」, 能宗伸輔、片岡浩介、川畑由美子、馬場谷成、廣峰義久、藤澤智巳、池上博司, 第60回日本体質医学会総会,   2010年10月16日
  • <座長>シンポジウム1 「疾患と体質:遺伝因子と環境因子」, 池上博司、宮村信博, 第60回日本体質医学会総会,   2010年10月16日
  • シンポジウム:1型糖尿病診療・研究の新知見 「1型糖尿病の遺伝解析:モデル動物とヒトの相互比較アプローチ」, 池上 博司, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 川畑 由美子, 第8回1型糖尿病研究会,   2010年10月10日
  • 劇症1型糖尿病における抗GAD抗体とHLAの関連, 堤千春、今川彰久、池上博司、牧野英一、小林哲郎、花房俊昭, 第8回1型糖尿病研究会,   2010年10月10日
  • 1型糖尿病の遺伝解析:濃厚発症家系におけるrare variantの探索, 川畑由美子、貴志明生、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、原田剛史、伊藤裕進、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、朴忠勇、錦野真理子、山内孝哲、大野恭裕、前川聡、池上博司, 第8回1型糖尿病研究会,   2010年10月10日
  • MafA is a key regulator of insulin expression in the thymus, Noso S, Kataoka K, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Yamaji K, Fujisawa T, Ikegami H, 46th EASD Annual Meeting,   2010年09月21日
  • 著明な低K血症を呈した甲状腺中毒性周期性四肢麻痺の1例, 貫戸幸星、廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、山片里美、大野恭裕、池上博司, 第192回日本内科学会近畿地方会,   2010年09月11日
  • セミナーⅠ:成因と病態からみた対糖尿病戦略「1型糖尿病の発症メカニズムのアプローチ」, 池上 博司, 第27回糖尿病Up・Date賢島セミナー“糖尿病治療薬のイノベーション”-病態に応じた選択と治療のすすめ方-,   2010年08月28日
  • 無症候性壊死性胆嚢炎の早期診断にガリウムシンチが有用であった高齢者糖尿病患者の1例, 武友保憲、廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、原田剛史、馬場谷成、伊藤裕進、錦野真理子、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、朴忠勇、大野恭裕、安田武生、武本昌子、竹山宜典、池上博司, 第68回近畿大学医学会学術講演会,   2010年07月03日
  • Aging Science Forum:エイジングサイエンスの Up-to-date 「糖代謝関連臓器と加齢:モデル動物」, 藤澤智巳、池上博司、樂木宏実, 第52回日本老年医学会学術集会,   2010年06月24日
  • 多発骨折を契機に確定診断に至ったクッシング症候群の2例, 朴忠勇、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、守口将典、大野恭裕、池上博司, 第191回日本内科学会近畿地方会,   2010年06月12日
  • インターフェロン治療後に発症した1型糖尿病患者の臨床的特徴:1型糖尿病調査研究委員会による全国調査成績, 中村寛、川﨑英二、粟田卓也、池上博司、今川彰久、内潟安子、大澤春彦、川畑由美子、小林哲郎、島田朗、清水一紀、高橋和眞、中西幸二、永田正男、牧野英一、丸山太郎、花房俊昭、日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,   2010年05月29日
  • <座長>1型DM2, 池上博司, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,   2010年05月29日
  • <座長>モーニングセミナー1 「糖尿病のCureを目指した治療の新展開」植木浩二郎, 「糖尿病治療のCareとしての神経障害性疼痛の管理」中村二郎, 池上博司, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,   2010年05月29日
  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)における肝MTP(microsomal triglyceride transfer protein)の役割:自然発症モデルを用いた検討, 新堂修康、藤澤智巳、杉本研、野嶋孝次、小瀬綾、王祥、安田修、池上博司、樂木宏実, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,   2010年05月28日
  • ステロイド投与時の血糖制御:正常耐糖能者、耐糖能異常者、糖尿病患者における検討, 山片里美、馬場谷成、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、原田剛史、小牧克守、廣峰義久、伊藤裕進、東本貴弘、守口将典、村田佳織、朴忠勇、錦野真理子、大野恭裕、池上博司, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,   2010年05月28日
  • シンポジウム3:1型糖尿病の新しい展開 「1型糖尿病の分子遺伝学:Up-to-date 2010」, 池上 博司, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,   2010年05月27日
  • 1型糖尿病濃厚発症家系における疾患感受性遺伝子解析―rare variantの探索―, 川畑由美子、貴志明生、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、原田剛史、伊藤裕進、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、朴忠勇、錦野真理子、山内孝哲、大野恭裕、前川聡、池上博司, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,   2010年05月27日
  • 選択性PPARγ作動性アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)の筋インスリン感受性に対する影響, 杉本研、藤澤智巳、野嶋孝次、新堂修康、小瀬綾、王祥、池上博司、樂木宏実, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,   2010年05月27日
  • 2型糖尿病の雌雄差と加齢変化:肝androgen代謝酵素の発現低下とandrogen感受性の関与, 野嶋孝次、藤澤智巳、杉本研、小瀬綾、新堂修康、王祥、池上博司、樂木宏実, 第47回日本臨床分子医学会学術集会,   2010年04月11日
  • インスリン投与タイミングの最適化:インスリン治療のテーラーメイド化にむけて, 廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、伊藤裕進、大野恭裕、池上博司, 第107回日本内科学会総会・講演会,   2010年04月11日
  • グリニドによる糖尿病治療と血清プロインスリン値, 藤澤智巳、浅野克明、杉本研、野嶋孝次、新堂修康、小瀬綾、池上博司、樂木宏実, 第107回日本内科学会総会・講演会,   2010年04月10日
  • A Case of Huge Bleeding Thyroid Cyst Successfully Treated with Ethanol Injection Therapy, Itoh H, Ohno Y, Yamauchi T, Park C, Higashimoto T, Murata K, Yamagata S, Moriguchi M, Hiromine Y, Harada T,i Komaki K, Noso S, Kawabata Y, Ikegami H, 14th International Congress of Endocrinology,   2010年03月30日
  • 妊娠中の多発椎体骨折を契機に診断されたクッシング症候群の1例, 守口将典、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、山片里美、村田佳織、東本貴弘、朴忠勇、大野恭裕、池上博司, 第83回日本内分泌学会学術総会,   2010年03月26日
  • <レクチャー:慢性合併症の臨床4(糖尿病合併症のエビデンス) >DCCT/EDICと「Metabolic Memory」, 池上 博司, 第44回糖尿病学の進歩,   2010年03月06日
  • <座長>ランチョンセミナー13 「糖尿病進展予防をめざした診断・治療の新展開」柏木厚典, 池上博司, 第44回糖尿病学の進歩,   2010年03月06日
  • 2型糖尿病モデルNSYマウスにおける性差のメカニズム:肝における性ホルモン代謝の関与, 野嶋孝次、藤澤智巳、杉本研、小瀬綾、新堂修康、王祥、上田裕紀、柴田昌雄、池上博司、樂木宏実, 第24回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2010年01月23日
  • 概日リズム関連遺伝子Rgs16遺伝子ノックダウンマウスにおける行動及び代謝異常, 早坂直人、青木和之、竹森洋、山口正太郎、能宗伸輔、馬場谷成、若菜茂晴、池上博司、宮澤正顯、柴田重信, 第24回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2010年01月23日
  • <座長>特別講演 「マウス亜種間コンソミック系統を用いた多因子形質の遺伝解剖」城石俊彦, 池上博司, 第24回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2010年01月23日
  • 非アルコール性脂肪肝炎の発症メカニズムの解明:自然発症モデルを用いた検討, 新堂修康、藤澤智巳、杉本研、野嶋孝次、小瀬綾、吉川由貴、王祥、安田修、池上博司、樂木宏実, 第24回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2010年01月22日
  • 会長講演「1型糖尿病の分子遺伝学:モデル動物からのメッセージ」, 池上 博司, 第24回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2010年01月22日
  • シンポジウム:自然発症モデル動物を用いた糖尿病研究 「自然発症2型糖尿病モデルNSYマウスを用いた多因子疾患の機能分割」, 上田裕紀、馬場谷成、小林美里、池上博司, 第24回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2010年01月22日
  • 速効型インスリン大量皮下投与後のインスリン血中動態:自殺目的にて2400単位皮下注射した症例における検討, 廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、村田佳織、山片里美、大野恭裕、植嶋利文、藤田周作、池上博司, 第190回日本内科学会近畿地方会,   2009年12月19日
  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)における肝MTP(microsomal triglyceride transfer protein)の役割:2型糖尿病への関与, 新堂修康、藤澤智巳、杉本研、野嶋孝次、小瀬綾、吉川由貴、王祥、安田修、池上博司、楽木宏実, 第21回分子糖尿病学シンポジウム,   2009年12月12日
  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)における肝病変と遺伝子発現の加齢変化:自然発症モデルマウスを用いた検討, 新堂修康、藤澤智巳、杉本研、野嶋孝次、小瀬綾、王祥、池上博司、樂木宏実, 第20回日本老年医学会近畿地方会,   2009年12月05日
  • 基調講演「高齢者糖尿病診療の理論と実際」, 池上 博司, 第6回福井糖尿病療養指導セミナー,   2009年12月05日
  • IL7R、IFIH1、CD226の非同義SNPと日本人1型糖尿病との関連の検討, 大崎昌孝、粟田卓也、宮下由美、飯塚裕幸、川崎英二、池上博司、田中昌一郎、小林哲郎、丸山太郎、島田朗、中西幸二、高橋和眞、宇賀美帆、川畑由美子、金澤寧彦、山下富都、大久保智子、栗原進、片山茂裕, 第7回1型糖尿病研究会,   2009年11月07日
  • 2型糖尿病経過中に劇症1型糖尿病を発症した症例の臨床的特性, 平田匠、島田朗、今川彰久、粟田卓也、池上博司、内潟安子、大澤春彦、川崎英二、川畑由美子、小林哲郎、清水一紀、高橋和眞、永田正男、牧野英一、丸山太郎、花房俊昭, 第7回1型糖尿病研究会,   2009年11月07日
  • イブニングシンポジウム:日本における1型糖尿病診療・研究の将来展望 「遺伝子・成因:1型糖尿病の遺伝 2009」, 池上 博司, 第7回1型糖尿病研究会,   2009年11月07日
  • 複数の自己免疫疾患に対する疾患感受性遺伝子FCRL3と1型糖尿病との関連解析, 能宗伸輔、川畑由美子、小瀬綾、藤澤智巳、小牧克守、原田剛史、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、錦野真理子、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、朴忠勇、山内孝哲、大野恭裕、池上博司, 第7回1型糖尿病研究会,   2009年11月07日
  • PEITが有効であった出血性甲状腺嚢胞の1例, 伊藤裕進、山内孝哲、守口将典、川畑由美子、大野恭裕、池上博司, 第52回日本甲状腺学会,   2009年11月05日
  • 自己免疫性甲状腺疾患(AITD)患者における膵島自己免疫―臨床的病態および遺伝的背景に関する検討―, 守口将典、能宗伸輔、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、大野恭裕、池上博司, 第52回日本甲状腺学会,   2009年11月04日
  • 糖尿病患者におけるステロイド投与時のインスリン用量調整の検討, 山片里美、川畑由美子、能宗伸輔、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、山内孝哲、大野恭裕、池上博司, 第46回日本糖尿病学会近畿地方会,   2009年11月03日
  • ミトコンドリア遺伝子変異を伴いネフローゼ症候群を併発した若年発症糖尿病の一例, 朴 忠勇, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 山内 孝哲, 大野 恭裕, 池上 博司, 第46回日本糖尿病学会近畿地方会,   2009年11月03日
  • 特別講演「糖尿病とメタボリックシンドロームの微妙な関係~遺伝因子と環境因子の相互作用~」, 池上 博司, 第25回ライフサイエンスセミナーEBM,   2009年10月30日
  • Basal supported oral therapyから強化インスリン療法への変更により眠前中間型インスリン投与量38単位を8単位にまで減量しえた一例, 村田佳織、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、小牧克守、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、山片里美、東本貴弘、守口将典、朴忠勇、錦野真理子、大野恭裕、池上博司, 第10回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2009年10月24日
  • ミトコンドリア遺伝子変異を有し若年発症糖尿病とネフローゼ症候群を主病態とする1例, 朴 忠勇, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 山内 孝哲, 大野 恭裕, 池上 博司, 第189回日本内科学会近畿地方会,   2009年09月26日
  • シンポジウム1:モデル動物を用いたメタボリックシンドローム関連遺伝子の探索 「モデルマウスを用いた多因子疾患の遺伝解析:糖尿病をモデルケースとして-Genetic dissection of diabetes in a mouse model of human complex traits-」, 池上 博司, 第45回高血圧関連モデル学会学術集会,   2009年09月04日
  • 科学的根拠に基づく糖尿病診療, 池上 博司, 第52回兵庫県医師会学術セミナー,   2009年08月30日
  • <座長>シンポジウム2:糖尿病体質とは-糖尿病の分子生物学の最前線-, 池上博司、山田研太郎, 第59回日本体質医学会総会,   2009年07月26日
  • <座長>ランチョンセミナーⅢ 「クリニカル・クラークシップとクラークシップ・ディレクターの役割」阿部好文, 池上博司, 第41回日本医学教育学会総会および大会,   2009年07月24日
  • 特別講演「高齢者糖尿病の治療」, 池上 博司, 河内長野市医師会講演会,   2009年07月11日
  • Amelioration of Type 2 Diabetes Mellitus by Compensatory Augmentation of Beta Cell Number/Mass in a Mouse Model of Non-Alcoholic Fatty Liver Disease (NAFLD), Fujisawa T, Oze-Fukai A, Sugimoto K, Nojima K, Shindo N, Shimoyoshi S, Yoshikawa Y, Sato Y, Shimomura I, Ikegami H, Rakugi H, 第15回日本遺伝子治療学会,   2009年07月10日
  • <座長>糖尿病・基礎, 池上博司, 第51回日本老年医学会学術集会,   2009年06月20日
  • MacroadenomaによるCushing病の1例, 墳本一郎、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、山片里美、大野恭裕、池上博司, 第188回日本内科学会近畿地方会,   2009年06月13日
  • Class Ⅱ HLA Genotype in Fulminant Type 1 Diabetes, Tsutsumi C, Imagawa A, Ikegami H, Makino H, Kobayashi T, Hanafusa T, The Research Committee of Type 1 Diabetes in the Japan Diabetes Society, 69th American Diabetes Association Scientific Sessions,   2009年06月
  • 妊娠時高血糖を指摘され流死産を繰り返した後、GAD抗体陽性糖尿病と診断しえた1例, 田中 陽一, 野口 周也, 藤本 美香, 大野 恭裕, 池上 博司, 第52回日本糖尿病学会年次学術総会,   2009年05月24日
  • 1型糖尿病のおけるTCF7L2遺伝子多型の検討, 田中昌一郎、粟田卓也、川﨑英二、池上博司、丸山太郎、島田朗、中西幸二、高橋和眞、川畑由美子、小林哲郎, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月24日
  • 550Kアレイを用いた日本人2型糖尿病のGenome-Wide Association Studyと遺伝的効果の検証, 竹内史比古、山本健、藤澤智巳、中島英太郎、大中佳三、池上博司、杉山卓郎、勝谷友宏、宮岸真、中島直樹、名和田新、中村二郎、古野純典、高柳涼一、加藤規弘, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月24日
  • 自然発症NASHモデルマウスにおける肝脂肪蓄積とインスリン抵抗性のメカニズム, 新堂修康、藤澤智巳、杉本研、野嶋孝次、小瀬綾、吉川由貴、王祥、池上博司、楽木宏実, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月23日
  • 2型糖尿病におけるメトフォルミン-ミチグリニド併用療法の効果検討, 藤本美香、野口周也、田中陽一、池上博司, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月23日
  • 劇症1型糖尿病におけるClassⅡ HLA遺伝子型の検討, 堤千春、今川彰久、池上博司、牧野英一、小林哲郎、花房俊昭、日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月23日
  • 非アルコール性脂肪性肝における筋のインスリン抵抗性:モデルマウスを用いた解析, 吉川由貴、藤澤智巳、杉本研、野嶋孝次、小瀬綾、新堂修康、王祥、池上博司、楽木宏実, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月23日
  • <座長>モーニングセミナー2 「SMART(Self Monitoring of blood glucose Attitude Research for Tommorow)-SMBGの臨床意義を考える-」石井均, 池上博司, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月23日
  • 2型糖尿病と非アルコール性脂肪肝の新しいモデルマウス:β細胞容量増大による糖尿病の自然改善, 小瀬綾、藤澤智巳、杉本研、野嶋孝次、新堂修康、吉川由貴、王祥、佐藤叔史、下村伊一郎、池上博司、楽木宏実, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月22日
  • インスリン製剤と投与タイミングの最適化:インスリン治療のテーラーメイド化へむけて, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 東本 貴弘, 大野 恭裕, 池上 博司, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月22日
  • 強化インスリン療法における夜間血糖コントロール:眠前SU薬とインスリンの長期追跡調査, 村田 佳織, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 能宗 伸輔, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 東本 貴弘, 大野 恭裕, 池上 博司, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月22日
  • <座長>シンポジウム1:1型糖尿病の発症機序はどこまで解明されたか, 横野浩一、池上博司, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月22日
  • 血清プロインスリン値:グリニドによる影響と血糖コントロール悪化指標としての有用性, 藤澤智巳、浅野克明、杉本研、野嶋孝次、小瀬綾、新堂修康、池上博司、楽木宏実, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月21日
  • IL2, CD226, IL7Rの各多型と日本人1型糖尿病との関連の検討, 大崎昌孝、粟田卓也、島田朗、丸山太郎、中西幸二、池上博司、小林哲郎、川﨑英二、金澤寧彦、川畑由美子、田中昌一郎、宇賀美帆、飯塚裕幸、栗原進、片山茂裕, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月21日
  • <座長>イブニングセミナー2:パラダイムシフト-糖代謝異常と肝障害-, 池上博司, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月21日
  • High-density SNP Analysis of extended HLA Region in Susceptible DR-DQ Haplotypes in Japanese Population, Kawabata Y, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Ramon Bilbao JR, Ikegami H, 10th International Congress of the Immunology of Diabetes Society,   2009年05月
  • Association Study of FCRL3, a Susceptibility Gene to Multiple Autoimmune Diseases, with Type 1 Diabetes, Noso S, Oze-Fukai A, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Fujisawa T, Ohno Y, Ikegami H, 10th International Congress of the Immunology of Diabetes Society,   2009年05月
  • 共催教育講演12「糖尿病と高脂血症の治療戦略」, 池上 博司, 第82回日本内分泌学会学術総会,   2009年04月24日
  • <座長>脂質代謝・心血管内分泌(臨床), 池上博司, 第82回日本内分泌学会学術総会,   2009年04月24日
  • 自己免疫性甲状腺疾患(AITD)患者における膵島自己免疫の実態及び臨床的・遺伝的背景の検討, 守口将典、大野恭裕、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、小牧克守、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、村田佳織、山片里美、東本貴弘、池上博司, 第82回日本内分泌学会学術総会,   2009年04月23日
    概要:【目的】AITDにおける膵島自己免疫の実態やその臨床的・遺伝的背景を明らかにする。【方法】当科通院中のAITD患者 816例について病態、臨床背景、GAD抗体価、HLA遺伝子型(DRB1、DQB1)を比較検討した。【結果】AITD患者のGAD抗体陽性率は5.6%と高率であった。GAD抗体陽性AITD患者の糖尿病発症率は、GAD抗体陰性AITD患者に比し有意に高頻度であった。糖尿病合併AITD患者において、GAD抗体陽性者は陰性者に比し糖尿病発症年齢が有意に若く(、AITD発症年齢も有意に若齢であり、BMIが有意に低かった。非糖尿病AITD患者にける同様の比較では有意差を認めなかった。HLA解析ではDRB1*0405-DQB1*0401ハプロタイプが、GAD抗体陽性バセドウ病患者において、抗体陰性者及び健常対照者に比し有意に高頻度であった。GAD抗体陰性AITD患者では健常対象者に比し、DRB1*0803-DQB1*0601ハプロタイプ頻度が高頻度であった。【総括】AITD患者、特にバセドウ病ではGAD抗体陽性率が高く、糖尿病発症との関連が認められた。GAD抗
  • 自己免疫性甲状腺疾患(AITD)と糖尿病との関連-膵島関連自己抗体と遺伝子解析による検討-, 守口 将典, 大野 恭裕, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 池上 博司, 第106回日本内科学会総会・講演会,   2009年04月12日
  • 同一疾患感受性HLAを有し、同胞3人に1型糖尿病を発症した1家系, 貴志明生、川畑由美子、卯木智、泉谷環、田中裕紀、橋本哲也、吉崎健、西尾善彦、前川聡、池上博司、柏木厚典, 第19回臨床内分泌代謝Update,   2009年03月13日
  • ワークショップ:モデル動物を用いた1型糖尿病研究の進歩 「コンジェニックマッピングを用いたNODマウスの遺伝素因の解明」, 能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、池上博司, 第23回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2009年02月14日
  • <座長>ワークショップ:モデル動物を用いた1型糖尿病研究の進歩, 池上博司、阿比留教生, 第23回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2009年02月14日
  • 2型糖尿病の機能遺伝学:コンソミック-コンジェニック解析による多因子の機能分割, 馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、野嶋孝次、小林美里、柴田昌雄、藤澤智巳、池上博司, 第23回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2009年02月13日
  • 自然発症2型糖尿病モデルにおける性ホルモン代謝障害:性差および糖尿病病態への関与, 野嶋孝次、藤澤智巳、杉本研、小瀬綾、新堂修康、吉川由貴、池上博司、楽木宏実, 第20回分子糖尿病学シンポジウム,   2008年12月13日
  • <座長>セッション2, 池上博司, 第20回分子糖尿病学シンポジウム,   2008年12月13日
  • オランザピン内服により高血糖を来した3症例, 伊藤裕進、川畑由美子、守口将典、山片里美、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、村田佳織、大野恭裕、池上博司, 第187回日本内科学会近畿地方会,   2008年11月29日
  • 食後血糖制御におけるインスリン製剤と投与タイミングの最適化, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 東本 貴弘, 大野 恭裕, 池上 博司, 第45回日本糖尿病学会近畿地方会,   2008年11月22日
  • <座長>ランチョンセミナー3 「専門医にもきっと役に立つBOTを用いた外来インスリン導入」弘世貴久, 池上博司, 第45回日本糖尿病学会近畿地方会,   2008年11月22日
  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)発症における加齢の影響:自然発症脂肪肝モデルマウス(FLS)を用いた検討, 新堂修康、藤澤智巳、杉本研、野嶋孝次、小瀬綾、吉川由貴、池上博司、樂木宏実, 第19回日本老年医学会近畿地方会,   2008年11月15日
  • Genetic dissection and reconstitution of type 2 diabetes phenotypes using single and double consomic strains, Babaya N, Fujisawa T, Ueda H, Shibata M, Noso S, Hiromine Y, Ikegami H, 22nd International Mammalian Genome Conference,   2008年11月04日
  • 特別講演「糖尿病と高脂血症の治療戦略」, 池上 博司, 松江市医師会学術講演会,   2008年10月29日
  • IL2、CD226、IL7Rの各多型と日本人1型糖尿病との関連の検討, 大崎昌孝、粟田卓也、島田朗、丸山太郎、中西幸二、池上博司、小林哲郎、川﨑英二、金澤寧彦、川畑由美子、田中昌一郎、宇賀美帆、飯塚裕幸、栗原進、片山茂裕, 第6回1型糖尿病研究会,   2008年10月18日
  • 4姉妹中、同胞3人に1型糖尿病を発症した1家系, 貴志明生、卯木智、川畑由美子、泉谷環、田中裕紀、橋本哲也、吉﨑健、西尾善彦、前川聡、池上博司、柏木厚典, 第6回1型糖尿病研究会,   2008年10月18日
  • <座長>セッション1:遺伝子 自己抗原・抗体, 池上博司, 第6回1型糖尿病研究会,   2008年10月18日
  • 講演「糖尿病とメタボリックシンドローム:正しい理解と適切な対応」, 池上 博司, 第4回交通安全・健康フェスタ,   2008年10月10日
  • 講演「糖尿病診療の理論と実際:テーラーメイド医療へむけて」, 池上博司, 第25回和泉市医師会糖尿病勉強会,   2008年09月25日
  • 特別講演「1型糖尿病の成因・病態と治療」, 池上博司, 第8回日本内分泌学会四国支部学術集会,   2008年09月20日
  • 著明な高ナトリウム血症を呈した尿崩症の1例, 山片里美、伊藤裕進、山内孝哲、川畑由美子、原田剛史、能宗伸輔、廣峰義久、村田佳織、大野恭裕、池上博司, 第186回日本内科学会近畿地方会,   2008年09月06日
  • 複数の自己免疫疾患に対する疾患感受性遺伝子FCRL3と1型糖尿病との関連解析, 能宗伸輔、川畑由美子、山内孝哲、小牧克守、原田剛史、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、守口将典、小瀬綾、大野恭裕、池上博司, 第45回臨床分子医学会学術集会,   2008年07月25日
  • 自然発症NASHモデルマウスの確立とその肝脂肪蓄積とインスリン抵抗性のメカニズム, 新堂修康、藤澤智巳、杉本研、野嶋孝次、浅野克明、深井綾、島岡泉、吉川由貴、池上博司、楽木宏実, 第45回日本臨床分子医学会学術集会,   2008年07月24日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性に関する研究:自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫・糖尿病発症とHLAの関連, 守口将典、大野恭裕、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、小牧克守、原田剛史、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、村田佳織、山片里美、東本貴弘、池上博司, 第64回近畿大学医学会学術講演会,   2008年07月05日
  • <座長> 糖尿病(3), 池上博司, 第50回日本老年医学会学術集会・総会,   2008年06月19日
  • 胃切除術8年後に食後反応性低血糖にて発症したインスリノーマの1例, 東本 貴弘, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 左海 真介, 大野 恭裕, 池上 博司, 第185回日本内科学会近畿地方会,   2008年06月07日
  • ERBB3遺伝子と日本人1型糖尿病との関連, 飯塚裕幸、粟田卓也、川﨑英二、小林哲郎、池上博司、島田朗、丸山太郎、中西幸二、宇賀美帆、田中昌一郎、川畑由美子、金澤寧彦、栗原進、片山茂裕, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月24日
  • 2型糖尿病における性差のメカニズム:肝における性ホルモン代謝の関与, 野嶋孝次、藤澤智巳、浅野克明、深井綾、新堂修康、下吉里実、吉川由貴、柴田昌雄、池上博司、楽木宏実, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月24日
  • 糖尿病・脂肪肝モデル動物FLSマウスの腎障害:チアゾリジン誘導体とARBの効果, 藤澤智巳、下吉里実、野嶋孝次、浅野克明、深井綾、新堂修康、吉川由貴、四方賢一、槇野博史、池上博司、楽木宏実, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月24日
  • 2型糖尿病患者におけるBMI・ウエスト周囲径・脂肪面積の相互関係:断面調査の縦断研究, 廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、小牧克守、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、守口将典、村田佳織、山片里美、西田紀子、大野恭裕、池上博司, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月24日
  • Miglitol により改善した胃切除後Hyperoxyglycemia, Dumping症候群の検討-IRI, GLP-1測定値の結果を含めて-, 藤本美香、野口周也、田中陽一、西村町子、池上博司, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月24日
  • <座長> ランチョンセミナー36:分子糖尿病学への招待 「血糖調節とその破綻:インスリンによる糖取り込み促進機構とインスリン抵抗性が加速するβ細胞死」谷澤幸生, 池上博司, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月24日
  • 1型糖尿病におけるIL2受容体α遺伝子多型の検討, 川﨑英二、粟田卓也、池上博司、小林哲郎、丸山太郎、中西幸二、島田朗、宇賀美帆、栗原進、川畑由美子、田中昌一郎、金澤寧彦、江口勝美, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月23日
  • KIAA0350遺伝子と日本人1型糖尿病との関連, 大崎昌孝、粟田卓也、川﨑英二、小林哲郎、池上博司、島田朗、丸山太郎、中西幸二、宇賀美帆、田中昌一郎、川畑由美子、金澤寧彦、飯塚裕幸、栗原進、片山茂裕, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月23日
  • NASHと糖尿病合併マウスにおける肝脂肪蓄積のメカニズムとインスリン抵抗性の関連, 新堂修康、藤澤智巳、野嶋孝次、浅野克明、深井綾、下吉里実、吉川由貴、池上博司、楽木宏実, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月23日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性に関する研究:自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫・糖尿病発症とHLAの関連, 守口 将典, 大野 恭裕, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 山片 里美, 池上 博司, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月23日
  • 強化インスリン療法における夜間・空腹時血糖ならびに代謝制御に及ぼす眠前NPHインスリンとSU薬の比較検討, 村田 佳織, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 能宗 伸輔, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 大野 恭裕, 池上 博司, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月23日
  • <座長>シンポジウム--7:1型糖尿病の発症機構, 池上博司、花房俊昭, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月23日
  • HLA領域の1型糖尿病感受性への関与の病型別解析:日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会における多施設共同研究(中間報告), 川畑由美子、池上博司、粟田卓也、丸山太郎、島田朗、川﨑英二、永田正男、中西幸二、鴨井久司、藤井寿美枝、金塚東、中山秀隆、高橋和眞、佐藤譲、内潟安子、今川彰久、田中昌一郎、岩橋博見、清水一紀、村尾敏、大澤春彦、梶尾裕、小林哲郎、花房俊昭、牧野英一、徳永勝士, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月22日
  • 加齢に伴う2型糖尿病の寛解:脂肪肝モデル動物の検討, 小瀬綾、藤澤智巳、野嶋孝次、池上博司、楽木宏実, 第81回日本内分泌学会学術総会,   2008年05月18日
  • アナフィラクトイド紫斑病を合併した橋本病の高齢男性例, 伊藤 裕進, 大野 恭裕, 村田 佳織, 山片 里美, 守口 将典, 廣峰 義久, 馬場谷 成, 能宗 伸輔, 小牧 克守, 原田 剛史, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 池上 博司, 第81回日本内分泌学会学術総会,   2008年05月18日
  • <Chair>Oral Communication 2-A, Ikegami H, Zhongyan Shan, The 8th Japan-China Friendship Symposium on Diabetes Mellitus,   2008年04月25日
  • インスリン治療のテーラメイド化へ向けての検討:速効型と超速効型インスリンの比較, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 大野 恭裕, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 池上 博司, 第105回日本内科学会総会・講演会,   2008年04月13日
  • 教育講演「1型糖尿病の成因・病態・治療」, 池上 博司, 第3回 岡山1型糖尿病治療研究会,   2008年04月05日
  • 両側副腎腫大で片側副腎摘出を行ったGAD抗体陽性糖尿病の1例, 田中陽一,、森山明子、加藤里枝子、野口周也、藤本美香、池上博司、笹野公伸, 第18回臨床内分泌代謝Update,   2008年03月16日
  • HTLV-1関連ブドウ膜炎を発症し治療に苦慮するバセドウ病の1例, 藤本 美香, 野口 周也, 田中 陽一, 池上 博司, 第18回臨床内分泌Update,   2008年03月16日
  • <座長>レクチャー:1型糖尿病のupdate 「1型糖尿病の成因~免疫機序~」川﨑英二, 池上博司, 第42回糖尿病学の進歩,   2008年02月15日
  • 講演「高齢者糖尿病の治療」, 池上 博司, 中間法人 大阪府内科医会医学会,   2007年12月01日
  • 糖尿病性腎症との鑑別を要し、ステロイドパルス療法が有効であったMPO-ANCA型急速進行性糸球体腎炎の1例, 小牧克守、大野恭裕、山内孝哲、川畑由美子、原田剛史、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、池上博司, 第184回日本内科学会近畿地方会,   2007年12月01日
  • Educational LectureⅠ/Genetics of Type 1 Diabetes: Up-To-Date 2007, Ikegami H, The 9th Symposium on Molecular Diabetology in Asia,   2007年11月09日
  • 2型糖尿病患者におけるBMIと腹囲の関係, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 大野 恭裕, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 池上 博司, 第44回日本糖尿病学会近畿地方会,   2007年11月03日
  • 強化インスリン療法における夜間血糖コントロールに関する検討, 村田 佳織, 川畑 由美子, 大野 恭裕, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 池上 博司, 第44回日本糖尿病学会近畿地方会,   2007年11月03日
  • 脂肪肝-糖尿病合併モデル動物に対するチアゾリジン誘導体、ビグアナイドの効果, 深井綾、藤澤智巳、野嶋孝次、浅野克明、新堂修康、下吉里実、吉川由貴、平沢勉、池上博司, 第44回日本糖尿病学会近畿地方会,   2007年11月03日
  • <座長>ランチョンセミナー3 「外来インスリン導入は何回注射で始めるのがベストか?」弘世貴久, 池上博司, 第44回日本糖尿病学会近畿地方会,   2007年11月03日
  • Molecular Scanning of the Gene for Thioredoxin, an Antioxidative and Antiapoptotic Protein, and Genetic Susceptibility to Type 1 Diabetes, Ikegami H, Ono M, Fujisawa T, Kawabata Y, 9th International Congress of the Immunology of Diabetes Society and American Diabetes Association Research Symposium,   2007年11月
  • Congenic Mapping of the MHC-Linked Susceptibility to Type 1 Diabetes in the NOD Mouse: at Least Two Genes Contribute to the Idd16 Effect, Hiromine Y, Fujisawa T, Noso S, Babaya N, Kawabata Y, Ikegami H, 9th International Congress of the Immunology of Diabetes Society and American Diabetes Association Research Symposium,   2007年11月
  • 糖尿病・脂肪肝モデル動物FLSマウスの腎障害:ARBの効果, 下吉里実、藤沢智巳、池上博司、四方賢一、牧野博司、萩原俊男, 第37回日本腎臓学会西部学術大会,   2007年10月19日
  • <座長>特別講演 "An Immunologic Homunculus for Type 1A Diabetes" George S.Eisenbarth, 池上博司, 第5回1型糖尿病研究会,   2007年10月14日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性に関する研究:自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫の特徴及び糖尿病発症に関する検討, 守口 将典, 大野 恭裕, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 山片 里美, 池上 博司, 第5回1型糖尿病研究会,   2007年10月13日
  • Luncheon Lecture 4: Tailored medicine in diabetes mellitus with insulin, Ikegami H, 14th Japan-Korea Symposium on Diabetes Mellitus,   2007年10月06日
  • 市民公開講座:生活習慣病と睡眠時無呼吸症候群 「メタボリックシンドロームの意味するところ」, 池上博司, 市民公開講座,   2007年09月30日
  • 特別講演「インスリン治療の最前線:ヒトインスリンとアナログインスリンの使い分け」, 池上 博司, 第23回秋田県糖尿病研究会,   2007年09月01日
  • 2型糖尿病遺伝子の効果に対する背景遺伝子・年齢の影響:遺伝様式に注目して, 藤澤智巳、野嶋孝次、浅野克明、深井綾、新堂修康、下吉里実、池上博司、荻原俊男, 第14回日本遺伝子診療学会大会,   2007年07月28日
  • 甲状腺濾胞腺癌術後に低カリウム血症および横紋筋融解症を呈したシェーグレン症候群の一例, 原田剛史、大野恭裕、山内孝哲、山片里美、村田佳織、守口将典、伊藤裕進、野口周也、馬場谷成、小牧克守、川畑由美子、池上博司, 第80回 日本内分泌学会学術総会,   2007年06月15日
  • 糖質負荷による耐糖能悪化のメカニズム:肝における性ホルモン代謝の影響, 野嶋孝次、藤澤智巳、能宗伸輔、池上博司、荻原俊男, 第80回 日本内分泌学会学術総会,   2007年06月15日
  • 数多くの不定愁訴を主訴にし視床下部機能不全が原因と考えられた低血糖症の1例, 田中陽一、森山明子、二川文香、松久保祐子、北野真由子、石井秀司、藤本美香、大野恭裕、池上博司, 第80回 日本内分泌学会学術総会,   2007年06月14日
  • Prevention and treatment of obesity and diabetes by bile acid-binding resin, Ikegami H, Kobayashi M, Fujisawa T, Kawabata Y, Wakayama Forum on Type 2 Diabetes,   2007年06月06日
  • 1型糖尿病疾患感受性遺伝子の病型別解析:日本糖尿病学会緩徐進行1型糖尿病調査委員会における多施設共同研究(中間報告), 川畑由美子、粟田卓也、丸山太郎、島田朗、小林哲郎、花房俊昭、川﨑英二、永田正男、中西幸二、鴨井久司、藤井寿美枝、金塚東、中山秀隆、佐藤讓、高橋和眞、内潟安子、今川彰久、田中昌一郎、岩橋博見、清水一紀、村尾敏、大澤春彦、梶尾裕、下川耕太郎、池上博司、牧野英一、徳永勝士, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月26日
  • 1型糖尿病および自己免疫性甲状腺疾患におけるPTPN22遺伝子多型の検討, 川﨑英二、粟田卓也、池上博司、小林哲郎、丸山太郎、中西幸二、島田朗、栗原進、川畑由美子、田中昌一郎、金澤寧彦、江口勝美, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月26日
  • IL-21-IL-21受容体システムと1型糖尿病の遺伝的疾患感受性, 浅野克明、池上博司、藤澤智巳、西野正紀、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、廣峰義久、深井綾、小林美里、新堂修康、荻原俊男, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月26日
  • 同一施設567例におけるメトホルミンの有効性と安全性に関する検討, 伊藤裕進、大野恭裕、山内孝哲、川畑由美子、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、野口周也、守口将典、村田佳織、山片里美、池上博司, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月26日
  • 糖尿病の病型別にみた膵島関連自己抗体:日本糖尿病学会緩徐進行1型糖尿病調査委員会の委員施設における中間成績, 田中昌一郎、粟田卓也、島田朗、丸山太郎、村尾敏、鴨井久司、中西幸二、藤井寿美枝、永田正男、川崎英二、池上博司、川畑由美子、中山秀隆、佐藤讓、高橋和眞、内潟安子、金塚東、花房俊昭、今川彰久、清水一紀、大澤春彦、岩橋博見、梶尾裕、下川耕太郎、小林哲郎、牧野英一, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月25日
  • 2型糖尿病の遺伝解析:1型糖尿病の疾患感受性遺伝子SUMO4は2型糖尿病の疾患感受性とも関連する, 能宗伸輔、池上博司、藤澤智巳、川畑由美子、浅野克明、廣峰義久、深井綾、新堂修康、荻原俊男, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月25日
  • 非アルコール性脂肪性肝炎モデルマウスの耐糖能:加齢変化とそのメカニズム, 深井綾、藤澤智巳、野嶋孝次、能宗伸輔、廣峰義久、小林美里、浅野克明、新堂修康、下吉里実、平沢勉、池上博司、荻原俊男, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月25日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性に関する研究:自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫の病態ならびに背景因子, 守口将典、大野恭裕、山内孝哲、川畑由美子、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、野口周也、伊藤裕進、村田佳織、山片里美、池上博司, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月25日
  • イブニングセミナー8:医療従事者が求めるインスリン治療 患者が期待するインスリン治療 「1型糖尿病に対するインスリン治療」, 池上博司, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月25日
  • ランチョンセミナー24 「糖尿病合併高脂血症の治療戦略-メタボリックシンドロームにおける位置付け-」, 池上博司, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月25日
  • MHC領域の1型糖尿病疾患感受性遺伝子座(Idd16)のコンジェニックマッピング, 廣峰義久、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、能宗伸輔、深井綾、小林美里、浅野克明、新堂修康、牧野進、荻原俊男, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月24日
  • 2型糖尿病モデルNSYマウスのNidd1n存在領域:コンジェニックを用いた解析, 小林美里、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、深井綾、柴田昌雄、荻原俊男, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月24日
  • 非アルコール性脂肪肝炎-糖尿病合併モデル動物:ビグアナイドによる治療効果, 藤澤智巳、野嶋孝次、能宗伸輔、廣峰義久、深井綾、小林美里、浅野克明、新堂修康、下吉里実、平沢勉、池上博司、荻原俊男, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月24日
  • 胃切除後の後期ダンピング症状がmiglitolにより著明に改善した2型糖尿病について-テストミール負荷試験の結果を含めて-, 藤本美香、石井秀司、田中陽一、大野恭裕、池上博司, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月24日
  • ランチョンセミナー講演「メタボリックシンドロームの意味するところ」, 池上 博司, 第3回(通算24回)日本臨床内科医会総会,   2007年04月08日, 第3回(通算24回)日本臨床内科医会総会
  • メトホルミンの有効性と安全性:同一施設における567例の検討, 伊藤裕進、大野恭裕、山内孝哲、川畑由美子、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、野口周也、池上博司, 第104回日本内科学会総会・講演会,   2007年04月04日
  • <座長>2型糖尿病①, 池上博司, 国立遺伝学研究所研究会,   2007年03月16日
  • 自然発症モデル動物を用いた多因子疾患の遺伝解析, 池上博司, 国立遺伝学研究所研究会,   2007年03月16日
  • 学術講演 「糖尿病からみたメタボリックシンドローム」, 池上博司, 松原市医師会学術講演会,   2007年02月17日
  • インスリン遺伝子コピー数と耐糖能:インスリン遺伝子KOマウスを用いた検討, 馬場谷成、中山真紀、川畑由美子、George Eisenbarth、池上博司, 第21回日本糖尿病動物研究会年次学術集会,   2007年02月10日
  • 脂肪肝モデルマウスFLSマウスの耐糖能:加齢による変化, 深井綾、藤澤智巳、野嶋孝次、能宗伸輔、廣峰義久、小林美里、下吉里実、平沢勉、池上博司、荻原俊男, 第21回日本糖尿病動物研究会年次学術集会,   2007年02月10日
  • 1型糖尿病疾患感受性遺伝子座(Idd16)のコンジェニック解析, 廣峰義久、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、能宗伸輔、深井綾、小林美里、牧野進、荻原俊男, 第21回日本糖尿病動物研究会年次学術集会,   2007年02月10日
  • NSYマウスにおける耐糖能関連遺伝子座(Nidd1n)のコンジェニック解析, 小林美里、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、深井綾、下吉里実、柴田昌雄、荻原俊男, 第21回日本糖尿病動物研究会年次学術集会,   2007年02月09日
  • シンポジウム1:1型糖尿病研究の最新の話題 「1型糖尿病の遺伝解析:モデル動物とヒト両面からのアプローチ」, 池上博司、馬場谷成、能宗伸輔、藤澤智巳, 第21回日本糖尿病動物研究会年次学術集会,   2007年02月09日
  • 糖尿病足病変および足潰瘍の予測因子, 藤原優子、藤澤智巳、松久宗英、笠山宗正、船橋徹、山崎義光、池上博司、下村伊一郎, 第43回日本糖尿病学会近畿地方会,   2006年11月18日
  • Programmed cell death-1遺伝子と1型糖尿病:多型スクリーニングと関連解析, 廣峰義久、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、浅野克明、深井綾、新堂修康、小林美里、荻原俊男, 第43回日本糖尿病学会近畿地方会,   2006年11月18日
  • 低容量メトフォルミンによる血糖コントロール改善効果に関する検討, 伊藤裕進、大野恭裕、山内孝哲、川畑由美子、池上博司, 第43回日本糖尿病学会近畿地方会,   2006年11月18日
  • リード講演4 「1型糖尿病の成因と病態:遺伝因子を中心に」, 池上博司, 第43回日本糖尿病学会近畿地方会,   2006年11月18日
  • ランチョンセミナー1 「インスリン治療における基礎インスリンの重要性」, 池上博司, 第44回日本糖尿病学会 中国・四国地方会,   2006年11月17日
  • 糖尿病治療の最前線, 池上博司, 大阪狭山市医師会生涯教育研修会,   2006年11月06日
  • 糖質負荷による耐糖能悪化のメカニズム:肝における性ホルモン代謝異常の関与, 野嶋孝次、藤澤智巳、能宗伸輔、浅野克明、廣峰義久、深井綾、新堂修康、小林美里、池上博司、荻原俊男, 第7回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2006年10月21日
  • N-type Calcium Channel Blockade in Diabetic Nephropathy, Fujisawa T, Ikegami H, Noso S, Hiromine Y, Kawabata Y, Asano K, Nojima K, Fukai A, Shindo N, Ogihara T, The 21st Scientific Meeting of the International Society of Hypertension,   2006年10月16日
  • MHC領域の1型糖尿病疾患感受性遺伝子座(Idd16)のコンジェニック解析, 廣峰義久、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、浅野克明、深井綾、新堂修康、小林美里、荻原俊男, 第4回1型糖尿病研究会,   2006年10月07日
  • 2型糖尿病の加療中にインスリン分泌の低下と自己抗体の陽性化を認め1型と診断された一例, 山片里美、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、小牧克守、野口周也、伊藤裕進、守口将典、村田佳織、大野恭裕、池上博司, 第4回1型糖尿病研究会,   2006年10月07日
  • 1型糖尿病候補遺伝子の網羅的解析:日本糖尿病学会緩徐進行1型糖尿病調査委員会における多施設共同研究(中間報告), 川畑由美子、粟田卓也、丸山太郎、島田朗、小林哲郎、花房俊昭、川﨑英二、永田正男、中西幸二、鴨井久司、藤井寿美枝、金塚東、中山秀隆、高橋和眞、佐藤譲、内潟安子、今川彰久、田中昌一郎、岩橋博見、清水一紀、村尾敏、大澤春彦、梶尾裕、下川耕太郎、池上博司、牧野英一, 第4回1型糖尿病研究会,   2006年10月07日
  • <座長>セクション1, 池上博司, 第4回1型糖尿病研究会,   2006年10月07日
  • レクチャー 「1型糖尿病の成因~遺伝子~ :1型糖尿病診療のupdate」, 池上博司, 第41回糖尿病学の進歩,   2006年09月29日
  • IL-21-IL-21受容体システムと1型糖尿病の遺伝的疾患感受性, 浅野克明、池上博司、藤澤智巳、西野正紀、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、廣峰義久、深井綾、小林美里、新堂修康、荻原俊男, 第43回日本臨床分子医学会学術集会,   2006年07月20日
  • 糖尿病動物にみられた腎病変:レプチン欠損脂肪肝自然発症マウスにおける検討, 藤澤智巳、池上博司、四方賢一、槇野博史、荻原俊男, 第49回日本腎臓学会学術総会,   2006年06月14日
  • Evidence for the Role of Small Ubiquitin-Like Modifier 4 (SUMO4) as a General Autoimmunity Locus in Japanese Population, Tsurumaru M, Kawasaki E, Ida H, Migita K, Abiru N, Yamasaki H, Ikegami H, Awata T, Eguchi K, 66th Scientific Sessons of American Diabetes Associations,   2006年06月11日
  • 高齢者1型糖尿病の治療:インスリンアナログの導入によるインスリン皮下持続注入療法からの離脱の可能性の検討, 廣峰義久、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、浅野克明、荻原俊男, 第48回日本老年医学会学術集会,   2006年06月07日
  • シンポジウムⅠ:高齢者における生活習慣病 2.病態,臨床的特徴,診断,治療 (2)糖尿病, 池上博司, 第48回日本老年医学会学術集会,   2006年06月07日
  • Prevention of Obesity, Insulin Resistance and Type 2 Diabetes by a Bile-Acid Binding Resin, Kobayashi M, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Kawabata Y, Noso S, Hiromine Y, Ohihara T, 66th Scientific Sessions of American Diabetes Associations,   2006年06月
  • Bile-Acid Binding Resin Ameliorates Glycemic Control in Patients with Type 2 Diabetes, Kawabata Y, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Noso S, Asano K, Hiromine Y, Fukai A, Kobayashi M, Ogihara T, 66th Scientific Sessions of American Diabetes Associations,   2006年06月
  • 足潰瘍発症リスクに合わせたフットケア行動に対する看護介入の検討, 大徳真珠子、江川隆子、藤原優子、山崎義光、船橋徹、笠山宗正、池上博司、宮川潤一郎、久保田稔、下村伊一郎、奥宮暁子, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月27日
  • IL-21 遺伝子の多型検索および1型糖尿病との関連解析, 浅野克明、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、廣峰義久、深井綾、小林美里、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • Programmed cell death-1 遺伝子と1型糖尿病との関連, 廣峰義久、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、浅野克明、深井綾、小林美里、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • 1型糖尿病および自己免疫性甲状腺疾患におけるSUMO4遺伝子多型の検討, 鶴丸雅子、川崎英二、福島慶子、森内昭江、福島徹也、阿比留教生、山崎浩則、池上博司、粟田卓也、江口勝美, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • 1型糖尿病の遺伝解析:SUMO4遺伝子Met55Val多型はアジア人1型糖尿病と関連する, 能宗伸輔、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、浅野克明、廣峰義久、深井綾、小林美里、杉原茂孝、川崎英二、粟田卓也、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • PTPN22遺伝子多型の同定と日本人1型糖尿病における解析, 川崎英二、粟田卓也、池上博司、小林哲郎、丸山太郎、中西幸二、島田朗、栗原進、川畑由美子、田中昌一郎、金澤寧彦、江口勝美, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • 連鎖不平衡法によるIDDM1領域の微細マッピング:多重ロジスティック回帰分析を用いた検討, 川畑由美子、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、能宗伸輔、浅野克明、廣峰義久、深井綾、小林美里、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • 糖尿病の病型別にみた膵島関連自己抗体:日本糖尿病学会緩徐進行1型糖尿病調査委員会の委員施設における成績(第一報), 田中昌一郎、粟田卓也、島田朗、丸山太郎、村尾敏、中西幸二、藤井寿美枝、鴨居久司、川崎英二、中山秀隆、高橋和眞、佐藤譲、内潟安子、金塚東、花房俊昭、今川彰久、池上博司、永田正男、清水一紀、大澤春彦、梶尾裕、下川耕太郎、小林哲郎、牧野英一, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • 緩徐進行1型糖尿病調査研究委員会報告:オンライン登録による全国アンケート調査(第一報), 大森正幸、田中昌一郎、中山秀隆、高橋和眞、佐藤譲、丸山太郎、粟田卓也、内潟安子、島田朗、中西幸二、金塚東、鴨居久司、藤井寿美枝、花房俊昭、今川彰久、池上博司、永田正男、川崎英二、清水一紀、大澤春彦、村尾敏、梶尾裕、下川耕太郎、小林哲郎、牧野英一, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • レプチン欠損脂肪肝自然発症マウス:新しい糖尿病腎症のモデル動物, 藤沢智巳、池上博司、野嶋孝次、能宗伸輔、小林美里、廣峰義久、四方賢一、槙野博史、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • 2型糖尿病モデルNSYマウスの糖尿病遺伝子 Nidd1n:コンソミックからのコンジェニックマッピング, 小林美里、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、能宗伸輔、馬場谷成、馬場谷美知子、山路かおり、廣峰義久、柴田昌雄、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • 1型糖尿病患者における基礎インスリン分泌の重要性:基礎注入量可変持続皮下注入ポンプを用いた夜間血糖コントロールの検討, 深井綾、池上博司、藤澤智巳、川畑由美子、廣峰義久、野嶋孝次、能宗伸輔、浅野克明、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • シンポジウム4: 糖尿病の疾患感受性遺伝子:Update 2006  「1型糖尿病感受性遺伝子解析の現状と将来:HLA, CTLA4, SUMO4を中心に」, 池上博司, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月25日
  • <座長>シンポジウム4: 糖尿病の疾患感受性遺伝子:Update 2006, 岡芳知、池上博司, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月25日
  • シンポジウムⅡ:糖尿病研究におけるモデル動物-これまでの役割と今後の発展性- 「2型糖尿病モデル:自然発症」, 藤澤智巳、池上博司、荻原俊男, 第53回日本実験動物学会総会,   2006年05月11日
  • <座長>シンポジウムⅡ:糖尿病研究におけるモデル動物-これまでの役割と今後の発展性-, 横井伯英、池上博司, 第53回日本実験動物学会総会,   2006年05月11日
  • L型N型カルシウム拮抗薬の糖尿病腎症に対する臨床効果, 藤澤智巳、池上博司、川畑由美子、野嶋孝次、西野正紀、能宗伸輔、浅野克明、廣峰義久、深井綾、荻原俊男, 第103回日本内科学会総会・講演会,   2006年04月15日

MISC

  • 1型糖尿病における死亡率:DCCT/EDICと一般集団との比較, 庭野史丸、池上博司, DIABETES UPDATE, 6, 3, 22, 24,   2017年07月
  • <特集>糖尿病と遺伝-患者さんからの質問に的確にこたえるために「糖尿病は遺伝するのか:1型糖尿病」, 能宗伸輔、池上博司, 糖尿病診療マスター, 15, 7, 566, 570,   2017年07月
  • <特集>心血管疾患発症予防からみた糖尿病治療 「インスリン」, 馬場谷成、池上博司, 医学のあゆみ, 261, 4, 292, 296,   2017年04月
  • Diabetes Front:1型糖尿病~最新の知見~「1型糖尿病の発症予防は可能か」, <ホスト>池上博司、<ゲスト>Matthias von Herrath, DITN(DIABETES IN THE NEWS), 468, 2, 3,   2017年03月
  • 第19回研究報告書(平成25年度)「甲状腺中毒性周期性四肢麻痺における遺伝素因の解明」, 伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、川畑由美子、池上博司, 大阪難病研究財団研究報告集(平成25年度~平成26年度), 11, 14,   2017年03月
  • <特集>1型糖尿病の治療の進歩と今後の展望 「インスリン製剤の進歩と1型糖尿病への応用」, 廣峰義久、池上博司, 内分泌・糖尿病・代謝内科, 44, 2, 91, 97,   2017年02月
  • J-DOIT3で4年連続1位 テーラーメイド医療で患者さんに最適な治療を提供, 池上博司, 中四国医事新報/東海医事新報/関西医事新報, 42(通巻631), 19,   2016年12月
  • Immune checkpoint therapy and type 1 diabetes, Ikegami H, Kawabata Y, Noso S, Diabetology International, 7, 3, 221, 227,   2016年09月
  • 多遺伝子型(polygenic)糖尿病の解析「①1型糖尿病感受性遺伝子のゲノム探索」, 能宗伸輔、池上博司, Diabetes Frontier, 27, 4, 478, 483,   2016年08月
  • 慢性膵炎「膵性糖尿病の現状と治療のコツ」, 廣峰義久、池上博司, 肝胆膵, 72, 6, 1077, 1081,   2016年06月
  • 分担研究報告書「膵性糖尿病の実態調査と治療指針の作成」, 伊藤鉄英、李倫學、河邉顕、五十嵐久人、池上博司、川畑由美子、丹藤雄介、阪上順一、正宗淳、竹山宜典, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)「難治性膵疾患に関する調査研究」平成27年度 総括・分担研究報告書, 136, 139,   2016年03月
  • 分担研究報告書「膵性糖尿病の実態調査と治療指針の作成:膵切除後糖尿病の病態と治療」, 池上博司、川畑由美子、廣峰義久、伊藤鉄英、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)「難治性膵疾患に関する調査研究」平成27年度 総括・分担研究報告書, 140, 142,   2016年03月
  • MafA遺伝子改変動物を用いた膵島特異的免疫寛容誘導と1型糖尿病発症阻止, 能宗伸輔、池上博司、川畑由美子、馬場谷成, ノボノルディスクファーマ インスリン研究助成2014報告書集, 15,   2016年02月
  • 基礎講座:1型糖尿病の研究「胸腺と1型糖尿病」, 能宗伸輔、池上博司, Diabetes Frontier, 27, 1, 87, 92,   2016年02月
  • インスリン依存という体質:1型糖尿病と膵全摘の対比, 池上博司、廣峰義久、能宗伸輔、川畑由美子, 日本体質医学会雑誌, 78, 1, 7, 12,   2016年02月
  • <編集委員>糖尿病の最新治療, 相澤徹、池上博司、勝野朋幸、小山英則(通巻28号~)西村理明、浜口朋也、宮川潤一郎、森豊, 糖尿病の最新治療, 通巻26~29,   2016年
  • <編集アドバイザー>Cardio-Renal Diabetes, 糖尿病分野/山田祐一郎、島袋充生(No.2~)、石原寿光、植木浩二郎、山内敏正、綿田裕孝、小田原雅人、宇都宮一典、柴輝男、寺内康夫、曽根博仁、戸邉一之、篁俊成、古家大祐、中村二郎、前川聡、長嶋一昭、下村伊一郎、池上博司、古田浩人、大澤春彦、藤本新平、荒木栄一, Cardio-Renal Diabetes, 5, 1~2,   2016年
  • <編集アドバイザー>DIABETES UPDATE, 荒木栄一、池上博司、石井均、五十川陽洋、井口登與志、植木浩二郎、宇都宮一典、小川佳宏、小川渉、小田原雅人、加来浩平、片桐秀樹、片山茂裕、越山裕行(~No.1)、島野仁、下村伊一郎、清野裕、曽根博仁、武田純、田中逸、谷澤幸生、寺内康夫、戸邉一之、中里雅光、中村二郎、難波光義、羽田勝計、濵崎暁洋(No.3~)、林道夫、松久宗英、山田祐一郎、横手幸太郎, DIABETES UPDATE, 5, 1~4,   2016年
  • <編集委員>月刊糖尿病, 稲垣暢也、羽田勝計、渥美義仁、荒木栄一、谷澤幸生、戸邉一之、池上博司、植木浩二郎, 月刊糖尿病, 8, 1~12,   2016年
  • 近大医学講座:糖尿病治療の新展開「インスリン治療の最適化:1型糖尿病と膵全摘症例から学ぶ」(第46回医療近代化シンポジウム講演録), 池上博司, 大阪府医師会医学会雑誌, 46, 2, 25, 27,   2015年10月
  • 1型糖尿病患者における血糖コントロールと過剰死亡率, 馬場谷成、池上博司, DIABETES UPDATE, 4, 3, 18, 20,   2015年07月
  • 1型糖尿病発症と関係する遺伝子(GWASその他により同定された遺伝子), 馬場谷成、池上博司, 月刊糖尿病, 7, 5, 88, 96,   2015年05月
  • 分担研究報告書 「早期慢性膵炎および慢性膵炎疑診例の前向き予後調査」, 正宗淳、伊藤鉄英、安藤朗、五十嵐久人、池上博司、伊佐山浩通、糸井隆夫、乾和郎、入澤篤志、大原弘隆、岡崎和一、神澤輝実、川茂幸、菊田和宏、濱田晋、北野雅之、木原康之、久津見弘、児玉裕三、阪上順一、清水京子、田口雅史、田妻進、能登原憲司、花田敬士、藤田基和、峯徹哉、宮川宏之、吉田仁、下瀬川徹、竹山宜典, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 「難治性膵疾患に関する調査研究」 平成26年度総括・分担研究報告書, 150, 152,   2015年03月
  • 分担研究報告書 「膵性糖尿病の実態調査と治療指針の作成:膵切除後糖尿病の病態と治療」, 池上博司、伊藤鉄英、廣峰義久、川畑由美子、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 「難治性膵疾患に関する調査研究」 平成26年度総括・分担研究報告書, 102, 103,   2015年03月
  • 分担研究報告書 「膵性糖尿病の全国疫学調査および治療指針の作成」, 伊藤鉄英、池上博司、川畑由美子、李倫學、丹藤雄介、阪上順一、正宗淳、竹山宜典, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 「難治性膵疾患に関する調査研究」 平成26年度総括・分担研究報告書, 99, 101,   2015年03月
  • 急性発症1型糖尿病の病態と成因, 能宗伸輔、池上博司, 最新医学, 70, 3月増刊, 76, 84,   2015年03月
  • 座談会「臨床でしばしばみられるGAD抗体陽性糖尿病をどのように考え,扱うのか」, 清野裕、川﨑英二、池上博司、花房俊昭、今川彰久、能宗伸輔、堀江一郎, Diabetes Strategy, 5, 1, 5, 18,   2015年02月
  • 成因研究update「1型糖尿病遺伝子」, 廣峰義久、池上博司, 医学のあゆみ 糖尿病のすべて, 252, 5, 440, 444,   2015年01月
  • <編集アドバイザー>Cardio-Renal Diabetes, 糖尿病分野/山田祐一郎、石原寿光、植木浩二郎、山内敏正、綿田裕孝、小田原雅人、宇都宮一典、柴輝男、寺内康夫、曽根博仁、戸邉一之、篁俊成、古家大祐、中村二郎、前川聡、長嶋一昭、下村伊一郎、池上博司、古田浩人、大澤春彦、藤本新平、荒木栄一, Cardio-Renal Diabetes, 4, 1~3,   2015年
  • <編集委員>糖尿病の最新治療, 相澤徹、池上博司、勝野朋幸、西村理明、浜口朋也、宮川潤一郎、森豊, 糖尿病の最新治療, 通巻22~25,   2015年
  • <編集アドバイザー>DIABETES UPDATE, 荒木栄一、池上博司、石井均、五十川陽洋、井口登與志、植木浩二郎、宇都宮一典、小川佳宏、小川渉、小田原雅人、加来浩平、片桐秀樹、片山茂裕、越山裕行、島野仁、下村伊一郎、清野裕、曽根博仁、武田純、田中逸、谷澤幸生、寺内康夫、戸邉一之、中里雅光、中村二郎、難波光義、羽田勝計、林道夫、松久宗英、山田祐一郎、横手幸太郎, DIABETES UPDATE, 4, 1~4,   2015年
  • <編集委員>月刊糖尿病, 稲垣暢也、羽田勝計、渥美義仁、荒木栄一、谷澤幸生、戸邉一之、池上博司、植木浩二郎, 月刊糖尿病, 7, 1~12,   2015年
  • 糖尿病患者の「手足が重い」、ここがキケン!→脳血管障害, 貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, Expert Nurse, 31, 1, 86, 89,   2014年12月
  • 高齢者糖尿病のテーラーメイド治療, 池上博司, 大阪府内科医会会誌, 23, 2, 160, 168,   2014年11月
  • MST1は糖尿病におけるβ細胞のアポトーシスと機能障害を制御する鍵分子である, 能宗伸輔、池上博司, DIABETES UPDATE, 3, 4, 16, 17,   2014年10月
  • 座談会:糖尿病性大血管障害Controversy「高齢者糖尿病の治療目標」, 池上博司、寺内康夫, Cardio-Renal Diabetes, 3, 3, 18, 28,   2014年08月
  • 速効型インスリン分泌促進薬「ミチグリニド」, 廣峰義久、池上博司, Life Style Medicine, 8, 1, 46, 53,   2014年03月
  • 1型糖尿病の予防と治療:臓器特異的な自己免疫の制御と膵β細胞保護, 池上博司, 日本体質医学会雑誌, 76, 1, 30, 33,   2014年02月
  • 1型糖尿病の遺伝子研究における進歩, 能宗伸輔、池上博司, 糖尿病, 57, 2, 82, 84,   2014年02月
  • ビグアナイド薬の有用性−用量依存性の血糖改善効果,他剤併用など, 伊藤裕進、能宗伸輔、池上博司, 糖尿病の最新治療, 5, 2, 72, 77,   2014年02月
  • 特集:経口糖尿病薬治療アルゴリズムを考える−欧米でファーストラインのビグアナイド薬を中心に「企画にあたって」, 池上博司, 糖尿病の最新治療, 5, 2, 65,   2014年02月
  • <企画>特集:経口糖尿病薬治療アルゴリズムを考える−欧米でファーストラインのビグアナイド薬を中心に, 池上博司, 糖尿病の最新治療, 5, 2, 65, 91,   2014年02月
  • <編集アドバイザー>Cardio-Renal Diabetes, 糖尿病分野/山田祐一郎、石原寿光、植木浩二郎、山内敏正、綿田裕孝、小田原雅人、宇都宮一典、柴輝男、寺内康夫、曽根博仁、戸邉一之、篁俊成、古家大祐、中村二郎、前川聡、長嶋一昭、下村伊一郎、池上博司、古田浩人、大澤春彦(No.3~)、藤本新平、荒木栄一, Cardio-Renal Diabetes, 3, 1~4,   2014年
  • <編集委員>糖尿病の最新治療, 相澤徹、池上博司、勝野朋幸(通巻19号~)、西村理明、浜口朋也、宮川潤一郎、森豊, 糖尿病の最新治療, 通巻18~21,   2014年
  • <編集アドバイザー>DIABETES UPDATE, 荒木栄一、池上博司、石井均、五十川陽洋、井口登與志、植木浩二郎、宇都宮一典、小川佳宏、小川渉、小田原雅人、加来浩平、片桐秀樹、片山茂裕、越山裕行、島野仁、下村伊一郎、清野裕、曽根博仁、武田純、田中逸、谷澤幸生、寺内康夫、戸邉一之、中里雅光、中村二郎、難波光義、羽田勝計、林道夫、松久宗英、山田祐一郎、横手幸太郎, DIABETES UPDATE, 3, 1~4,   2014年
  • <編集委員>月刊糖尿病, 稲垣暢也、羽田勝計、渥美義仁、荒木栄一、谷澤幸生、戸邉一之、池上博司、植木浩二郎, 月刊糖尿病, 6, 1~11,   2014年
  • 糖尿病の疾患感受性遺伝子Update「1型糖尿病疾患感受性遺伝子研究の現状」, 廣峰 義久, 池上 博司, 医学のあゆみ, 244, 12, 1013, 1018,   2013年03月
  • Graves病の遺伝子解析:HLA Class Ⅰの関与, 村田 佳織, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 朴 忠勇, 池上 博司, 日本体質医学会雑誌, 75, 1, 74, 78,   2013年02月
  • 1型糖尿病の体質に関する分子遺伝学的研究, 池上 博司, 日本体質医学会雑誌, 75, 1, 56, 64,   2013年02月
  • <編集アドバイザー>Cardio-Renal Diabetes, 糖尿病分野/山田祐一郎、石原寿光、植木浩二郎、山内敏正、綿田裕孝、小田原雅人、宇都宮一典、柴輝男、寺内康夫、曽根博仁(No.3~)、戸邉一之、篁俊成、古家大祐、中村二郎、前川聡、長嶋一昭、下村伊一郎、池上博司、古田浩人、藤本新平、荒木栄一, Cardio-Renal Diabetes, 2, 1~4,   2013年
  • <編集委員>糖尿病の最新治療, 相澤徹、池上博司、西村理明、浜口朋也、宮川潤一郎、森豊, 糖尿病の最新治療, 通巻14~17,   2013年
  • <編集委員>月刊糖尿病, 稲垣暢也、羽田勝計、渥美義仁、荒木栄一、谷澤幸生、戸邉一之、池上博司、植木浩二郎, 月刊糖尿病, 5, 1~12,   2013年
  • <編集アドバイザー>DIABETES UPDATE, 荒木栄一、池上博司、石井均、五十川陽洋、井口登与志、植木浩二郎、宇都宮一典、小川佳宏、小川渉、小田原雅人、加来浩平、片桐秀樹、片山茂裕、越山裕行、島野仁、下村伊一郎、清野裕、曽根博仁、武田純、田中逸、谷澤幸生、寺内康夫、戸邉一之、中里雅光、中村二郎、難波光義、羽田勝計、林道夫、松久宗英、山田祐一郎、横手幸太郎, DIABETES UPDATE, 2, 1~4,   2013年
  • basal-bolus 治療で始める患者の臨床像と注意点, 廣峰 義久, 池上 博司, 月刊糖尿病, 4, 10, 51, 56,   2012年09月
  • 新しいインスリンアナログ製剤, 山内 孝哲, 池上 博司, カレントテラピー, 30, 7, 103, 107,   2012年07月
  • 加齢に伴う内分泌機能の変化, 能宗 伸輔, 池上 博司, 内分泌・糖尿病・代謝内科, 35, 1, 75, 80,   2012年07月
  • 1型糖尿病の概念~日本と欧米の共通点・相違点~, 川畑 由美子, 池上 博司, Diabetes Frontier, 23, 3, 260, 266,   2012年06月
  • <連載企画>テーラーメイド医療~糖尿病における現状と展望~「連載にあたって」, 池上 博司, 月刊糖尿病, 4, 4, 124, 125,   2012年04月
  • <企画編集>連載企画「テーラーメイド医療〜糖尿病における現状と展望〜」, 池上博司, 月刊糖尿病, 4, 4, 124, 125,   2012年04月
  • 分担研究まとめ「劇症1型糖尿病の疾患感受性遺伝子解析と診断への展開」, 池上 博司, 平成22年度~23年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)総合研究報告書「多施設共同研究:劇症1型糖尿病の診断マーカー同定と診断基準確立に関する研究」, 22, 24,   2012年03月
  • 分担研究報告書「劇症1型糖尿病の疾患感受性遺伝子解析と診断への展開」, 池上 博司, 平成23年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)総括・分担研究報告書「多施設共同研究:劇症1型糖尿病の診断マーカー同定と診断基準確立に関する研究」, 11, 14,   2012年03月
  • <特集>グリニド薬 Revisited「企画にあたって」, 池上 博司, 糖尿病の最新治療, 3, 2, 65,   2012年02月
  • <鼎談>日本人2型糖尿病に対するグリニド薬への期待, 池上 博司, 弘世 貴久, 浜口 朋也, 糖尿病の最新治療, 3, 2, 104, 113,   2012年02月
  • <企画>特集:グリニド薬Revisited, 池上博司, 糖尿病の最新治療, 3, 2, 65,   2012年02月
  • <特集>糖尿病とその合併症の成因―最新の知見―【各論】1型糖尿病の成因とその予防・治療への応用, 能宗 伸輔, 池上 博司, 最新医学, 67, 1, 54, 61,   2012年01月
  • <編集アドバイザー>DIABETES UPDATE, 荒木栄一、池上博司、石井均、五十川陽洋、井口登与志、植木浩二郎、宇都宮一典、小川佳宏、小川渉、小田原雅人、加来浩平、片桐秀樹、片山茂裕、越山裕行、島野仁、下村伊一郎、清野裕、曽根博仁、武田純、田中逸、谷澤幸生、寺内康夫、戸邉一之、中里雅光、中村二郎、難波光義、羽田勝計、林道夫、松久宗英、山田祐一郎、横手幸太郎, DIABETES UPDATE, 1, 1, 2,   2012年
  • <編集委員>糖尿病の最新治療, 相澤徹、池上博司、西村理明、浜口朋也、宮川潤一郎、森豊, 糖尿病の最新治療, 通巻10~13,   2012年
  • <編集委員>月刊糖尿病, 羽田勝計、稲垣暢也、荒木栄一、谷澤幸生、渥美義仁、池上博司、戸邉一之、植木浩二郎, 月刊糖尿病, 4, 1~13,   2012年
  • <特集>1型糖尿病の臨床-エビデンスに基づいた診断と治療-「特集にあたって」, 池上 博司, 月刊糖尿病, 3, 12, 13,   2011年11月
  • <企画編集>特集:1型糖尿病の臨床−エビデンスに基づいた診断と治療−, 池上博司, 月刊糖尿病, 3, 12, 12, 152,   2011年11月
  • 1型糖尿病治療のエビデンス,ガイドラインと課題, 能宗 伸輔, 池上 博司, MEDICINAL, 1, 1(創刊), 72, 79,   2011年10月
  • <海外文献紹介>治療「心筋梗塞既往および非既往2型糖尿病におけるインスリン分泌促進薬に関連した死亡ならびに心血管系リスクのメトホルミン治療との比較:全国規模研究」, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 池上 博司, Diabetes Ftontier, 22, 5, 570, 571,   2011年10月
  • 複数の自己免疫疾患に対する疾患感受性遺伝子FCRL3と1型糖尿病の関連解析, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 池上 博司, 大阪難病研究財団研究報告集(平成19年度~平成21年度), 274, 278,   2011年08月
  • 高齢者糖尿病に適したテーラーメイド医療の現状と今後の展望, 山内 孝哲, 池上 博司, 月刊糖尿病, 3, 8, 130, 139,   2011年08月
  • 臨床に役立つQ&A 1.高齢者糖尿病患者にビグアナイド薬をいかに使うか, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 池上 博司, Geriatric Medicine<老年医学>, 49, 8, 903, 905,   2011年08月
  • 1型糖尿病の疾患感受性遺伝子, 馬場谷 成, 池上 博司, 内分泌・糖尿病・代謝内科, 32, 6, 539, 544,   2011年06月
  • MafAによる胸腺でのインスリン遺伝子発現調節と1型糖尿病, 能宗 伸輔, 池上 博司, 内分泌・糖尿病・代謝内科, 32, 6, 612, 619,   2011年06月
  • 分担研究報告書「劇症1型糖尿病の疾患感受性遺伝子解析と診断への展開」, 池上 博司, 平成22年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)総括・分担研究報告書「多施設共同研究:劇症1型糖尿病の診断マーカー同定と診断基準確立に関する研究」, 9, 11,   2011年04月
  • 1型糖尿病の遺伝因子, 廣峰 義久, 池上 博司, 月刊糖尿病, 3, 4, 90, 96,   2011年04月
  • 糖代謝関連臓器と加齢 : モデル動物, 藤澤 智巳, 池上 博司, 樂木 宏実, 日本老年医学会雑誌, 48, 2, 127, 129,   2011年03月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030469327
  • インスリン転写調節因子MafAは胸腺におけるインスリン発現と1型糖尿病疾患感受性に関与する, 能宗 伸輔, 片岡 浩介, 川畑 由美子, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 藤澤 智巳, 池上 博司, 日本体質医学会雑誌, 73, 1, 18, 23,   2011年02月
  • Journal Club「日本人高齢2型糖尿病患者におけるメトホルミンの効果と安全性の検討」, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 池上 博司, 糖尿病の最新治療, 2, 2, 90, 91,   2011年02月
  • <糖尿病診断基準2010-臨床での応用と実際->1型糖尿病関連診断基準に関する項目「急性発症自己免疫性1型糖尿病」, 川畑由美子、池上博司, 糖尿病レクチャー, 1, 3, 561, 566,   2011年01月
  • チアゾリジン系薬/ビグアナイド薬の配合剤, 村田 佳織, 川畑 由美子, 池上 博司, PROGRESS IN MEDICINE, 31, 1, 69, 73,   2011年01月
  • <編集委員>糖尿病の最新治療, 相澤徹、池上博司、西村理明、浜口朋也、宮川潤一郎、森豊, 糖尿病の最新治療, 通巻6~9,   2011年
  • <編集委員>月刊糖尿病, 羽田勝計、稲垣暢也、荒木栄一、谷澤幸生、渥美義仁、池上博司、戸邉一之、植木浩二郎, 月刊糖尿病, 3, 1~13,   2011年
  • 胸腺におけるインスリン発現調節と1型糖尿病, 能宗 伸輔、池上 博司, DIABETES JOURNAL(糖尿病と代謝), 38, 4, 136, 143,   2010年12月
  • クリニカルクイズ「出題と解説」, 山内 孝哲、池上 博司, 近畿大学医学雑誌, 35, 3・4, 205, 208,   2010年12月
  • 1型糖尿病患者が入院したら, 山内 孝哲、池上 博司, 月刊レジデント, 3, 11, 87, 97,   2010年10月
    概要:主にレジデントに向けた1型糖尿病患者の成因と病型、糖尿病ケトアシドーシスの治療方法、強化インスリン療法、シックデイ、カーボカウント法などに関する解説。
  • 糖尿病の早期治療:病態に応じた治療方針の立て方「インスリン依存状態」, 川畑 由美子、池上 博司, 糖尿病診療2010, 139, 特別(2), 122, 125,   2010年10月
  • <最新外来インスリン療法>インスリン製剤の特徴「超速効型インスリンと速効型インスリンの差異と使い分けについて教えてください」, 廣峰 義久、池上 博司, 糖尿病レクチャー, 1, 2, 233, 238,   2010年09月
  • ARBの糖尿病発症抑制効果―NAVIGATOR―, 山内 孝哲, 池上 博司, 血圧 Journal of Blood Pressure, 17, 8, 660, 661,   2010年08月
    概要:降圧薬の一種のARBであるバルサルタンを使用した臨床研究であるNAVIGATOR試験に関する論文を翻訳し解説を加えた。内容としては心血管リスクをもつ耐糖能障害患者に対して、バルサルタンは糖尿病発症リスクを減少したが、心血管イベントの発生率を減少出来なかった。
  • 質疑応答「ビグアナイドの高齢者への投与禁忌」, 川畑 由美子、池上 博司, 日本医事新報, 4502, 78, 79,   2010年08月
  • 第24回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会を終えて, 池上博司, 日本糖尿病・肥満動物学会NEWS LETTER, 14, 1, 2,   2010年06月
  • 母親が緩徐進行1型糖尿病, 息子が急性発症1型糖尿病を発症した1親子例 : 日本における家族内発症1型糖尿病の臨床像についての検討, 加島 尋, 日高 周次, 近藤 誠哉, 明石 光伸, 吉村 充弘, 川畑 由美子, 池上 博司, 吉松 博信, 糖尿病, 53, 6, 406, 418,   2010年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026604453
  • HLAと疾患-最新トピックス「1型糖尿病とHLA―サブタイプでの相違」, 川畑 由美子、池上 博司, 医学のあゆみ, 233, 13, 1202, 1206,   2010年06月
  • 学会レポート「第24回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会」, 池上 博司, 糖尿病の最新治療, 1, 3, 151,   2010年05月
  • 実験動物における糖尿病の診断基準について, 日本糖尿病・肥満動物学会「実験動物での糖尿病診断ワーキンググループ」, 八木橋 操六, 寺内 康夫, 森 豊, 池上 博司, 佐藤 譲, 糖尿病, 53, 5, 379, 384,   2010年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026420986
  • 超速効型インスリン製剤の薬理学的特徴と臨床的有用性, 廣峰 義久, 池上 博司, 月刊糖尿病, 2, 6, 34, 39,   2010年05月
  • 1型糖尿病関連遺伝子の現状, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 池上 博司, 医学のあゆみ, 232, 12, 1179, 1183,   2010年03月
  • 目にみえるものの奥にあるもの, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌 Medical Journal of Kinki University, 35, 1, 巻頭,   2010年03月
  • 1型糖尿病の体質, 池上 博司, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 日本体質医学会雑誌, 72, 1, 18, 25,   2010年02月
  • <特集>インスリン製剤はここまできた「企画にあたって」, 池上 博司, 糖尿病最新の治療, 1, 2, 49,   2010年02月
  • 1型糖尿病におけるインスリン治療の今後の展開, 廣峰 義久, 池上 博司, 糖尿病の最新治療, 1, 2, 68, 72,   2010年02月
  • 1型糖尿病治療のエビデンス, 川畑 由美子, 池上 博司, 治療学, 44, 1, 14, 19,   2010年01月
  • 糖尿病合併例におけるレジンの位置づけ, 川畑 由美子, 池上 博司, 見直されたレジン(陰イオン交換樹脂)―その位置づけと使い方―, 1, 1, 64, 71,   2010年01月
  • <編集委員>糖尿病の最新治療, 相澤徹、池上博司、西村理明、浜口朋也、宮川潤一郎、森豊, 糖尿病の最新治療, 通巻2~5,   2010年
  • <編集委員>月刊糖尿病, 羽田勝計、稲垣暢也、荒木栄一、谷澤幸生、渥美義仁、池上博司、戸邉一之、植木浩二郎, 月刊糖尿病, 2, 1~13,   2010年
  • <編集委員>糖尿病の最新治療, 相澤徹、池上博司、西村理明、浜口朋也、宮川潤一郎、森豊, 糖尿病の最新治療, 通巻1,   2009年11月
  • 高齢者糖尿病におけるテーラーメイド医療, 廣峰 義久, 池上 博司, PRACTICE, 26, 5, 534, 538,   2009年09月
  • 1型糖尿病関連遺伝子, 川畑 由美子, 池上 博司, 糖尿病, 52, 8, 665, 667,   2009年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025606518
  • 1型糖尿病の成因の進歩, 能宗 伸輔, 池上 博司, 月刊糖尿病, 1, 1, 39, 48,   2009年06月
  • 1型糖尿病, 馬場谷 成, 川畑 由美子, 池上 博司, 小児科, 50, 7, 1158, 1164,   2009年06月
  • 1型糖尿病の発症予防, 川畑 由美子, 池上 博司, からだの科学, 261, 178, 183,   2009年05月
  • ACE阻害薬/ARBの降圧効果を超えた糖尿病合併症予防効果, 廣峰 義久, 池上 博司, 内分泌・糖尿病科, 28, 4, 314, 318,   2009年04月
  • 胸腺におけるインスリン発現調節機構の解明と1型糖尿病治療への展開, 池上博司、川畑由美子、能宗伸輔、馬場谷成, ノボノルディスクファーマ インスリン研究助成2007報告書集, 15,   2009年02月
  • 糖尿病-吸入インスリン-, 能宗 伸輔, 池上 博司, 吸入療法, 1, 1, 58, 63,   2009年01月
  • <編集委員>月刊糖尿病, 羽田勝計、稲垣暢也、荒木栄一、谷澤幸生、渥美義仁、池上博司、戸邉一之、植木浩二郎, 月刊糖尿病, 1, 1~7,   2009年
  • 1型糖尿病と遺伝子, 川畑 由美子, 池上 博司, メディカルバイオ, 5, 6, 36, 42,   2008年11月
  • 高齢者糖尿病の治療, 池上 博司, 大阪府内科医会会誌, 17, 2, 123, 130,   2008年10月
  • 1型糖尿病疾患感受性遺伝子, 川畑 由美子, 池上 博司, 新時代の糖尿病学(2)-病因・診断・治療研究の進歩-(日本臨牀), 66, 増刊4, 158, 163,   2008年06月
  • 1型糖尿病モデル動物, 能宗伸輔、池上博司, 新時代の糖尿病学(1)-病因・診断・治療研究の進歩-(日本臨牀), 66, 増刊3, 606, 610,   2008年05月
  • 疾患感受性遺伝子, 廣峰 義久, 池上 博司, 新時代の糖尿病学(1)-病因・診断・治療研究の進歩-(日本臨牀), 66, 増刊3, 343, 347,   2008年05月
  • 1型糖尿病の成因:遺伝因子(HLA), 川畑 由美子, 池上 博司, Diabetes Frontier, 19, 2, 169, 173,   2008年04月
  • 患者さんからの質問対策集「高血糖昏睡」, 馬場谷成、池上博司, 糖尿病ケア イラスト図解ですっきり理解 糖尿病合併症まるわかり事典, 49, 208,   2008年03月
  • 急性合併症「高血糖昏睡」, 馬場谷成、池上博司, 糖尿病ケア イラスト図解ですっきり理解 糖尿病合併症まるわかり事典, 49, 8, 12,   2008年03月
  • 糖尿病の新しい治療 (GLP-1関連製剤) エクセナチド, 山内 孝哲, 池上 博司, モダン フィジシャン, 28, 2, 205, 208,   2008年02月
    概要:遠位小腸および大腸を中心に存在するL細胞から分泌されるインクレチンであるglucagon-like peptide-1 (GLP-1)は、血糖降下作用を有し食後インスリン分泌刺激を生じる。エクセナチドはヒトGLP-1と同一のアミノ酸配列を53%有し、N末端第2位がアラニンからグリシンにアミノ酸置換されているためDPP-IV抵抗性があり、消失半減期が長い。エクセナチドはスルホニル尿素(SU)薬やメトホルミンとの併用および単独投与にて有意に血糖コントロールを改善し、体重減少を起こす。
  • ケトアシドーシスが起こったら, 廣峰 義久, 池上 博司, 臨床研修プラクティス, 5, 3, 71, 73,   2008年02月
  • 座談会 「日本人2型糖尿病の治療におけるメトホルミンの有用性」, 河盛隆造(司会)、池上博司、長坂昌一郎, 日本医事新報, 4362, C1, C5,   2007年12月
  • メタボリックシンドロームの意味するところ, 池上 博司, 日本臨床内科医会会誌, 22, 2, 189, 200,   2007年09月
  • 高齢者2型糖尿病の血糖コントロール, 能宗 伸輔, 池上 博司, 糖尿病診療マスター, 5, 5, 481, 485,   2007年09月
  • 座談会 「妥協しないインスリン治療-アナログ混合製剤の最大活用」, 池上博司(司会)、小杉圭右、佐藤利彦、絵本正憲、今川彰久, 日本医事新報, 4343, C1, C6,   2007年07月
  • 気腫性腎盂腎炎を合併した未治療2型糖尿病の1例, 守口 将典, 大野 恭裕, 小牧 克守, 原田 剛史, 岩井 博司, 廣田 則幸, 山内 孝哲, 池上 博司, 青木 矩彦, 糖尿病, 50, 6, 399, 402,   2007年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019552597
  • The NOD Mouse and Its Related Strains, Taniguchi H, Makino S, Ikegami H, Animal Models of Diabetes, Second Edition: Frontiers in Research, 41, 60,   2007年05月, 10.1201/9781420009453.ch2
  • 病態,臨床的特徴,診断,治療「糖尿病」, 池上博司, 日本老年医学会雑誌 第48回日本老年医学会学術集会記録<シンポジウムⅠ:高齢者における生活習慣病>, 44, 2, 177, 180,   2007年03月
  • メタボリックシンドロームとは?(研修医のための教育講座), 池上 博司, 近畿大学医学雑誌, 32, 1, 67, 70,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007025543
  • メタボリックシンドロームの意味するところ, 池上 博司, Medical Practice, 24, 1, 173,   2007年01月
  • 1型糖尿病予防の現状, 川畑 由美子, 池上 博司, ホルモンと臨牀, 54, 12, 1075, 1079,   2006年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020295955
  • Genetics of type 1 diabetes: similarities and differences between Asian and Caucasian populations, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Noso S, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 51, 59,   2006年10月, 10.1196/annals.1375.008
  • 1型糖尿病における代謝管理と細小血管障害, 川畑 由美子, 池上 博司, 糖尿病診療マスター, 4, 6, 691, 694,   2006年09月
  • 1型糖尿病の分子遺伝学 : HLAを中心に, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌, 31, 2, 39, 43,   2006年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006405182
  • CD3モノクローナル抗体が1型糖尿病患者の膵島機能を保持する, 池上 博司, Diabetes Journal 糖尿病と代謝, 34, 2, 79, 80,   2006年06月
  • 高齢者糖尿病の治療, 池上 博司, 日本老年医学会雑誌, 43, 3, 265, 273,   2006年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018178298
  • ヒト疾患における遺伝要因のゲノム的解析と分子病態の解明(略称:ゲノム医科学) 「1型糖尿病遺伝子の機能解析に基づくテーラーメイド医療の構築」, 池上博司、藤澤智巳、川畑由美子, 2000年度~2004年度科学研究費補助金 特定領域研究研究成果報告書, 276, 278,   2006年03月
  • 1型糖尿病の分子生物学, 池上博司, 日本体質医学会雑誌, 68, 1・2, 103, 106,   2006年03月
  • 【高齢者糖尿病 現状、治療、そして展望】 高齢者糖尿病におけるテーラメイド医療と現状と展望, 池上 博司, Geriatric Medicine 老年医学, 44, 3, 299, 302,   2006年03月
  • セルフケア行動評価尺度SDSCA(The Summary of Diabetes Self-Care Activities Measure)の日本人糖尿病患者における妥当性および信頼性の検討, 大徳 真珠子, 池上 博司, 本田 育美  奥宮 暁子 江川 隆子, 山崎 義光 笠山 宗正 宮川 潤一郎 久保田 稔 , 糖尿病, 49, 1, 1, 9,   2006年01月
  • 【高齢者糖尿病 予防・治療・ケア】概論 高齢者糖尿病におけるテーラーメイド医療の構築, 池上 博司, 日本臨床, 64, 1, 27, 33,   2006年01月
  • 【高齢者糖尿病 予防・治療・ケア】 高齢者糖尿病の管理 合併症とその管理 高齢者糖尿病の合併症とその特徴, 藤澤智巳, 池上 博司, 萩原俊男, 日本臨床, 64, 1, 112, 116,   2006年01月
  • 予防とつきあい方シリーズ 「老年病・認知症」, 荻原 俊男, 池上 博司, 楽木 宏実,   2006年
  • 【糖尿病とゲノム】 1型糖尿病感受性遺伝子, 池上 博司, ゲノム医学, 5, 6, 553, 559,   2005年12月
  • 【糖尿病遺伝子 最近の進歩】 1型糖尿病疾患感受性遺伝子, 池上 博司, Diabetes Frontier Diabetes Frontier, 16, 5, 548, 552,   2005年10月
  • 【1型糖尿病 成因と治療の最近の進歩】 1型糖尿病モデル動物, 池上 博司, 萩原俊男, 内分泌・糖尿病科, 20, 5, 467, 472,   2005年05月
  • 予防とつきあい方シリーズ 「肥満・高脂血症」, 荻原 俊男, 池上 博司, 楽木 宏実,   2005年
  • 【1型糖尿病 予防と治療に関する総合的アプローチ】1型糖尿病とHLA 予防と治療へのimplication, 池上 博司, 萩原俊男, Diabetes Frontier Diabetes Frontier, 15, 5, 662, 666,   2004年10月
  • 【糖尿病にみられる性差】2型糖尿病における性差, 池上 博司, 萩原俊男, 性差と医療, 1, 4, 427, 430,   2004年10月
  • SLC11A1 遺伝子 Z-DNA多型の1型糖尿病感受性への関与, 西野 正紀, 池上 博司, 川畑 由美子, 藤澤 智巳 小野 雅也 荻原 俊男, 日本臨床分子医学会記録, 40, 58,   2004年03月
  • CTLA4と自己免疫疾患, 池上 博司, 萩原俊男, 内分泌・糖尿病科, 18, 2, 188, 192,   2004年02月
  • Mouse models of type 1 and type 2 diabetes derived from the same closed colony: genetic susceptibility shared between two types of diabetes, Ikegami H, Fujisawa T, Ogihara T, ILAR journal, 45, 3, 268, 277,   2004年, 10.1093/ilar.45.3.268
  • 予防とつきあい方シリーズ 「高血圧・糖尿病」, 荻原 俊男, 池上 博司, 楽木 宏実,   2004年
  • 【選択肢が広がる薬の匙加減 Updateな糖尿病治療薬へのナビゲーション】糖尿病へ遺伝因子からアプローチ, 池上 博司, 糖尿病UP-DATE 賢島セミナー20, 20, 14, 25,   2004年
  • Non-MHC1型糖尿病遺伝子Idd3の同定と機能解析, 池上 博司, 藤澤 智巳 上田 裕紀, インスリン研究, 25, 22,   2004年
  • 【体質と環境】 Q.&A. 糖尿病の体質は?, 池上 博司, Q&Aでわかる肥満と糖尿病, 2, 6, 21, 23,   2003年11月
  • 【生活習慣病研究の最新の動向】1型糖尿病:遺伝素因解析の進歩, 池上 博司, 萩原俊男, SRL宝函, 27, 2, 47, 53,   2003年10月
  • 【糖尿病における血管障害と石灰化】糖尿病及び糖尿病性血管障害、石灰化に関わる遺伝子背景, 池上 博司, 萩原俊男, Clinical Calcium Clinical Calcium, 13, 9, 1138, 1141,   2003年08月
  • 【高血圧を合併した糖尿病の臨床 EBMIに基づく予防と治療戦略】糖尿病における高血圧発症とその要因 遺伝子学的因子, 池上 博司, 萩原俊男, 日本臨床, 61, 7, 1105, 1112,   2003年07月
  • 1型糖尿病遺伝子, 池上 博司, Molecular Medicine Molecular Medicine, 40, 4, 476, 483,   2003年03月
  • アジア系ハプロタイプ解析により見いだされたIDDM1の遺伝特性, 川畑 由美子, 池上 博司, 川口 義彦 藤澤 智巳 新谷 真紀 小野 雅也 西野 正紀 荻原 俊男, 日本臨床分子医学会記録, 39, 62,   2002年09月
  • 1型糖尿病感受性遺伝子, 池上 博司, 萩原 俊男, 医学のあゆみ, 202, 10, 785, 788,   2002年09月
  • 1型糖尿病の全ゲノム解析(現況と今後の動向), 池上 博司, 萩原 俊男, ゲノム医学, 2, 4, 349, 356,   2002年08月
  • 1型糖尿病の疾患感受性遺伝子(主要組織適合抗原を含めて), 池上 博司, 荻原 俊男, 日本臨床, 60, 増刊7, 377, 382,   2002年07月
  • 高齢者における生活習慣病 予防治療の最前線 高齢者糖尿病における臨床的多様性, 藤澤智巳, 池上 博司, 萩原俊男, 日本老年医学会雑誌, 39, 4, 390, 392,   2002年07月
  • 内分泌代謝疾患・糖尿病診療マニュアル, 荻原 俊男, 池上 博司,   2002年
  • 遺伝素因から見た高血圧と糖代謝, 池上 博司, 荻原 俊男, 内分泌・糖尿病科, 14, 4, 438, 443,   2002年
  • 1型糖尿病の遺伝素因, 池上 博司, 日本体質医学会雑誌, 64, 32, 33,   2002年
  • 糖尿病の感受性遺伝子と機能, 藤澤智巳, 池上 博司, 萩原俊男, 化学工業, 53, 370, 377,   2002年
  • 【コモンディジーズの遺伝子解析】 糖尿病のモデル動物の遺伝子解析, 馬場谷成, 池上 博司, 萩原俊男, BIO Clinica BIO Clinica, 16, 9, 791, 795,   2001年08月
  • 【遺伝子操作マウス】遺伝子操作マウスの飼育、遺伝的背景, 藤澤智巳, 池上 博司, 萩原俊男, Diabetes Frontier Diabetes Frontier, 12, 4, 525, 531,   2001年08月
  • 【糖尿病と高血圧】易学・成因 糖尿病における高血圧の遺伝素因, 池上 博司, 萩原俊男, Diabetes Frontier Diabetes Frontier, 12, 4, 482, 486,   2001年08月
  • 【高齢者の特徴と診療の進め方】 高齢者での血糖値の考え方, 池上 博司, 萩原俊男, 新薬と治療, 51, 2, 11, 12,   2001年04月

受賞

  •   2012年, 日本体質医学会, 学会賞
  •   2011年, 日本糖尿病・肥満動物学会, 学会賞「米田賞」
  •   1995年, 日本内分泌学会, 研究奨励賞
  •   1995年, 日本糖尿病学会, 学会賞「シオノギ・リリー賞」
  • 1986-1988Juvenile Diabetes Foundation Postdoctoral Fellowship Award
  • 1995 日本老年医学会 サンド老化および老年医学研究基金
  • 1995 日本医師会 医学研究助成費

競争的資金

  • 文部科学省(日本学術振興会), 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究C), 1型糖尿病の自己免疫と臓器特異性を一元的に説明する遺伝子の同定と機能解析, 池上博司
  • 文部科学省(日本学術振興会), 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究C), 自己免疫疾患における標的臓器決定因子の解明と治療への展開:1型糖尿病と膵β細胞, 池上博司
  • 文部科学省(日本学術振興会), 科学研究費補助金(基盤研究C), ヒトとマウスの相同性を駆使した1型糖尿病遺伝子の同定ならびに機能解析, 池上博司
  • 文部科学省(日本学術振興会), 科学研究費補助金(基盤研究B), 糖尿病遺伝子の機能解析:遺伝子間ならびに遺伝子・環境間相互作用の解明, 池上博司