KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

武田 卓タケダ タカシ

プロフィール

所属部署名東洋医学研究所
職名教授/所長
学位博士(医学)
専門漢方医学、産婦人科学
ジャンル医療・健康/漢方・中医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/818-takeda-takashi.html
ホームページURLhttp://www.med.kindai.ac.jp/toyo/
メールアドレスtake[at]med.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    漢方・産婦人科・腫瘍・内分泌の専門医として、女性のヘルスケア全般を西洋・東洋医学の両面から研究しています。特に、心身症(更年期・PMS)、がん患者愁訴、冷え症、子宮筋腫についてです。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/3/2
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     「女性ジャーナリスト対象の助成ヘルスケア」のセミナー講師として出演
    ●2016/9/10
     毎日放送「医のココロ」
     「女性ホルモンに関わりのある疾患」について
    ●2016/5/24
     日本テレビ系列「NEWS ZERO」
     女性のPMS症状について

学歴・経歴

学歴

  • 1991年04月 - 1995年03月, 大阪大学大学院博士課程, 医学部, 産婦人科
  • 1981年04月 - 1987年03月, 大阪大学医学部

経歴

  •   2009年09月,  - 2012年03月, 東北大学(准教授)
  •   2012年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2012年04月,  - 現在, 東北大学医学部(客員教授)

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 医化学一般, 分子内分泌
  • 内科系臨床医学, 内科学一般(含心身医学), 漢方
  • 外科系臨床医学, 産婦人科学, 内分泌・女性心身症

研究キーワード

  • アスリート, ローヤルゼリー, PMS, PMDD, 漢方, 月経前症候群, 月経前気分不快障害, 女性心身症, メトホルミン, AMPK, 子宮筋腫, アンジオテンシン, クルクミン, mTOR, スピロノラクトン, ELT-3細胞, 転写因子, ヒト子宮筋腫モデル, 細胞分化, メタボリックシンドローム, アディポネクチン, 移植モデル, 高血圧, PPARγ, アルドステロン, mTOR, アンギオテンシン, 転写調節機構

論文

  • Stress fracture and premenstrual syndrome in Japanese adolescent athletes: a cross-sectional study., Takeda T, Imoto Y, Nagasawa H, Takeshita A, Shiina M, BMJ open, 6, 10, e013103,   2016年10月, 査読有り
  • Additional data to 'Relation between premenstrual syndrome and equol-production status'., Takeda T, The journal of obstetrics and gynaecology research,   2016年08月, 査読有り
  • Relation between premenstrual syndrome and equol-production status., Takeda T, Ueno T, Uchiyama S, Hiramatsu K, Shiina M, The journal of obstetrics and gynaecology research,   2016年06月, 査読有り
  • Fish Consumption and Premenstrual Syndrome and Dysphoric Disorder in Japanese Collegiate Athletes., Takeda T, Imoto Y, Nagasawa H, Takeshita A, Shiina M, Journal of pediatric and adolescent gynecology, 29, 4, 386, 389,   2016年02月, 査読有り
  • The prevalence and risk factors of school absenteeism due to premenstrual disorders in Japanese high school students-a school-based cross-sectional study., Tadakawa M, Takeda T, Monma Y, Koga S, Yaegashi N, BioPsychoSocial medicine, 10, 13,   2016年, 査読有り
  • Questionnaire-Based Development of an Educational Program of Traditional Japanese Kampo Medicine., Takayama S, Ishii S, Takahashi F, Saito N, Arita R, Kaneko S, Watanabe M, Kamiya T, Watanabe H, Nishikawa H, Ikeno Y, Tanaka J, Ohsawa M, Kikuchi A, Numata T, Kuroda H, Abe M, Takeda T, Yaegashi N, Ishii T, The Tohoku journal of experimental medicine, 240, 2, 123, 130,   2016年, 査読有り
  • Psychological distress during pregnancy in Miyagi after the Great East Japan Earthquake: The Japan Environment and Children's Study., Watanabe Z, Iwama N, Nishigori H, Nishigori T, Mizuno S, Sakurai K, Ishikuro M, Obara T, Tatsuta N, Nishijima I, Fujiwara I, Nakai K, Arima T, Takeda T, Sugawara J, Kuriyama S, Metoki H, Yaegashi N, Japan Environment & Children's Study Group, Journal of affective disorders, 190, 341, 348,   2015年10月, 査読有り
  • Effectiveness of ethinylestradiol/drospirenone for premenstrual symptoms in Japanese patients with dysmenorrhea: Open-label pilot study., Takeda T, Kondo A, Koga S, Hayakawa J, Hayakawa K, Hiramatsu K, Yaegashi N, The journal of obstetrics and gynaecology research, 41, 10, 1584, 1590,   2015年10月, 査読有り
  • The Kampo Medicine Yokukansan Decreases MicroRNA-18 Expression and Recovers Glucocorticoid Receptors Protein Expression in the Hypothalamus of Stressed Mice., Shimizu S, Tanaka T, Takeda T, Tohyama M, Miyata S, BioMed research international, 2015, 797280,   2015年, 査読有り
  • Proliferative effect of Hachimijiogan, a Japanese herbal medicine, in C2C12 skeletal muscle cells., Takeda T, Tsuiji K, Li B, Tadakawa M, Yaegashi N, Clinical interventions in aging, 10, 445, 451,   2015年, 査読有り
  • The anti-diabetic drug metformin inhibits vascular endothelial growth factor expression via the mammalian target of rapamycin complex 1/hypoxia-inducible factor-1α signaling pathway in ELT-3 cells., Tadakawa M, Takeda T, Li B, Tsuiji K, Yaegashi N, Molecular and cellular endocrinology,   2014年08月, 査読有り
  • Premenstrual Syndrome and Premenstrual Dysphoric Disorder in Japanese Collegiate Athletes., Takeda T, Imoto Y, Nagasawa H, Muroya M, Shiina M, Journal of pediatric and adolescent gynecology, 28, 4, 215, 218,   2014年07月, 査読有り
  • Relationship between dysmenorrhea and posttraumatic stress disorder in Japanese high school students 9 months after the Great East Japan Earthquake., Takeda T, Tadakawa M, Koga S, Nagase S, Yaegashi N, Journal of pediatric and adolescent gynecology, 26, 355, 357,   2013年12月, 査読有り
  • Epigallocatechin-3-gallate potentiates curcumin's ability to suppress uterine leiomyosarcoma cell growth and induce apoptosis., Kondo A, Takeda T, Li B, Tsuiji K, Kitamura M, Wong TF, Yaegashi N, International journal of clinical oncology, 18, 380, 388,   2013年06月, 査読有り
  • Curcumin induces cross-regulation between autophagy and apoptosis in uterine leiomyosarcoma cells., Li B, Takeda T, Tsuiji K, Wong TF, Tadakawa M, Kondo A, Nagase S, Yaegashi N, International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society, 23, 803, 808,   2013年06月, 査読有り
  • Curcumin targets the AKT-mTOR pathway for uterine leiomyosarcoma tumor growth suppression., Wong TF, Takeda T, Li B, Tsuiji K, Kondo A, Tadakawa M, Nagase S, Yaegashi N, International journal of clinical oncology,   2013年05月, 査読有り
  • The antidiabetic drug metformin inhibits uterine leiomyoma cell proliferation via an AMP-activated protein kinase signaling pathway., Li B, Takeda T, Tsuiji K, Kondo A, Kitamura M, Wong TF, Yaegashi N, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 29, 87, 90,   2013年01月, 査読有り
  • Premenstrual symptoms and posttraumatic stress disorder in Japanese high school students 9 months after the great East-Japan earthquake., Takeda T, Tadakawa M, Koga S, Nagase S, Yaegashi N, The Tohoku journal of experimental medicine, 230, 151, 154,   2013年, 査読有り
  • Development of a questionnaire for the diagnosis of Qi stagnation., Okitsu R, Iwasaki K, Monma Y, Takayama S, Kaneko S, Shen G, Watanabe M, Kamiya T, Matsuda A, Kikuchi A, Takahashi S, Seki T, Nagase S, Takeda T, Moon SK, Jung WS, Park SU, Cho K, Yaegashi N, Choi SH, Complementary therapies in medicine, 20, 207, 217,   2012年08月, 査読有り
  • Perceptions and attitudes of Japanese gynecologic cancer patients to Kampo (Japanese herbal) medicines., Takeda T, Yamaguchi T, Yaegashi N, International journal of clinical oncology, 17, 143, 149,   2012年04月, 査読有り
  • Relationship between premenstrual symptoms and dysmenorrhea in Japanese high school students., Kitamura M, Takeda T, Koga S, Nagase S, Yaegashi N, Archives of women's mental health, 15, 131, 133,   2012年04月, 査読有り
  • Guidelines for office gynecology in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists 2011 edition., Takeda T, Wong TF, Adachi T, Ito K, Uehara S, Kanaoka Y, Kamada M, Kitagawa H, Koseki S, Gomibuchi H, Saito J, Shirasu K, Sueoka K, Sugimoto M, Suzuki M, Sumi T, Takeda S, Tasaka K, Noguchi Y, Fujii S, Fujii T, Fujiwara M, Maeda T, Matsumoto K, Momoeda M, Morita M, Yoshimura K, Hirai Y, Kubota T, Sakuragi N, Kawabata M, Yoshikawa H, Kobayashi H, Yaegashi N, Japan Society of Obstetrics and Gynecology, Japan Association of Obstetricians and Gynecologists, The journal of obstetrics and gynaecology research, 38, 615, 631,   2012年04月, 査読有り
  • Estrogen formulations and beauty care practices in Japanese women., Takeda T, Wong TF, Kitamura M, Yaegashi N, International journal of women's health, 4, 19, 24,   2012年, 査読有り
  • Inhibitory effect of curcumin on uterine leiomyoma cell proliferation., Tsuiji K, Takeda T, Li B, Wakabayashi A, Kondo A, Kimura T, Yaegashi N, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 27, 512, 517,   2011年07月, 査読有り
  • Curcumin disrupts uterine leiomyosarcoma cells through AKT-mTOR pathway inhibition., Wong TF, Takeda T, Li B, Tsuiji K, Kitamura M, Kondo A, Yaegashi N, Gynecologic oncology, 122, 141, 148,   2011年07月, 査読有り
  • Antiproliferative effect of adiponectin on rat uterine leiomyoma ELT-3 cells., Wakabayashi A, Takeda T, Tsuiji K, Li B, Sakata M, Morishige K, Yaegashi N, Kimura T, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 27, 33, 38,   2011年01月, 査読有り
  • Changes of blood flow volume in the superior mesenteric artery and brachial artery with abdominal thermal stimulation., Takayama S, Seki T, Watanabe M, Takashima S, Sugita N, Konno S, Takeda T, Arai H, Yambe T, Yaegashi N, Yoshizawa M, Maruyama S, Nitta S, Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM, 2011, 214089,   2011年, 査読有り
  • Prevalence of premenstrual syndrome and premenstrual dysphoric disorder in Japanese high school students., Takeda T, Koga S, Yaegashi N, Archives of women's mental health, 13, 535, 537,   2010年12月, 査読有り
  • Establishment of a novel xenograft model for human uterine leiomyoma in immunodeficient mice., Tsuiji K, Takeda T, Li B, Kondo A, Ito M, Yaegashi N, The Tohoku journal of experimental medicine, 222, 55, 61,   2010年09月, 査読有り
  • Prognostic factors for survival in patients with recurrent cervical cancer previously treated with radiotherapy., Mabuchi S, Isohashi F, Yoshioka Y, Temma K, Takeda T, Yamamoto T, Enomoto T, Morishige K, Inoue T, Kimura T, International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society, 20, 834, 840,   2010年07月, 査読有り
  • Dietary patterns associated with fall-related fracture in elderly Japanese: a population based prospective study., Monma Y, Niu K, Iwasaki K, Tomita N, Nakaya N, Hozawa A, Kuriyama S, Takayama S, Seki T, Takeda T, Yaegashi N, Ebihara S, Arai H, Nagatomi R, Tsuji I, BMC geriatrics, 10, 31,   2010年06月, 査読有り
  • Aldosterone stimulates the proliferation of uterine leiomyoma cells., Isobe A, Takeda T, Wakabayashi A, Tsuiji K, Li B, Sakata M, Yaegashi N, Kimura T, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 26, 372, 377,   2010年05月, 査読有り
  • Concurrent weekly nedaplatin, external beam radiotherapy and high-dose-rate brachytherapy in patients with FIGO stage IIIb cervical cancer: a comparison with a cohort treated by radiotherapy alone., Mabuchi S, Ugaki H, Isohashi F, Yoshioka Y, Temma K, Yada-Hashimoto N, Takeda T, Yamamoto T, Yoshino K, Nakajima R, Kuragaki C, Morishige K, Enomoto T, Inoue T, Kimura T, Gynecologic and obstetric investigation, 69, 224, 232,   2010年, 査読有り
  • Postoperative concurrent nedaplatin-based chemoradiotherapy improves survival in early-stage cervical cancer patients with adverse risk factors., Mabuchi S, Morishige K, Isohashi F, Yoshioka Y, Takeda T, Yamamoto T, Yoshino K, Enomoto T, Inoue T, Kimura T, Gynecologic oncology, 115, 482, 487,   2009年12月, 査読有り
  • The herbal medicine Daikenchuto increases blood flow in the superior mesenteric artery., Takayama S, Seki T, Watanabe M, Monma Y, Sugita N, Konno S, Iwasaki K, Takeda T, Yambe T, Yoshizawa M, Nitta S, Yaegashi N, The Tohoku journal of experimental medicine, 219, 319, 330,   2009年12月, 査読有り
  • Up-regulation of alpha5-integrin by E-cadherin loss in hypoxia and its key role in the migration of extravillous trophoblast cells during early implantation., Arimoto-Ishida E, Sakata M, Sawada K, Nakayama M, Nishimoto F, Mabuchi S, Takeda T, Yamamoto T, Isobe A, Okamoto Y, Lengyel E, Suehara N, Morishige K, Kimura T, Endocrinology, 150, 4306, 4315,   2009年09月, 査読有り
  • Repressive effect of the phytoestrogen genistein on estradiol-induced uterine leiomyoma cell proliferation., Miyake A, Takeda T, Isobe A, Wakabayashi A, Nishimoto F, Morishige K, Sakata M, Kimura T, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 25, 403, 409,   2009年06月, 査読有り
  • Metal transcription factor-1 is involved in hypoxia-dependent regulation of placenta growth factor in trophoblast-derived cells., Nishimoto F, Sakata M, Minekawa R, Okamoto Y, Miyake A, Isobe A, Yamamoto T, Takeda T, Ishida E, Sawada K, Morishige K, Kimura T, Endocrinology, 150, 1801, 1808,   2009年04月, 査読有り
  • Elevated level of plasma vascular endothelial growth factor after gonadotropin-releasing hormone agonist treatment for leiomyomata., Takeda T, Osuga K, Miyake A, Wakabayashi A, Morishige K, Kimura T, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 24, 724, 726,   2008年12月, 査読有り
  • Successful management of a leiomyomatosis peritonealis disseminata with an aromatase inhibitor., Takeda T, Masuhara K, Kamiura S, Obstetrics and gynecology, 112, 491, 493,   2008年08月, 査読有り
  • Effectiveness of the herbal medicine daikenchuto for radiation-induced enteritis., Takeda T, Kamiura S, Kimura T, Journal of alternative and complementary medicine (New York, N.Y.), 14, 753, 755,   2008年07月, 査読有り
  • Dual repressive effect of angiotensin II-type 1 receptor blocker telmisartan on angiotensin II-induced and estradiol-induced uterine leiomyoma cell proliferation., Isobe A, Takeda T, Sakata M, Miyake A, Yamamoto T, Minekawa R, Nishimoto F, Oskamoto Y, Walker CL, Kimura T, Human reproduction (Oxford, England), 23, 440, 446,   2008年02月, 査読有り
  • Relationship between metabolic syndrome and uterine leiomyomas: a case-control study., Takeda T, Sakata M, Isobe A, Miyake A, Nishimoto F, Ota Y, Kamiura S, Kimura T, Gynecologic and obstetric investigation, 66, 14, 17,   2008年, 査読有り
  • Involvement of RelA-associated inhibitor in regulation of trophoblast differentiation via interaction with transcriptional factor specificity protein-1., Minekawa R, Sakata M, Okamoto Y, Hayashi M, Isobe A, Takeda T, Yamamoto T, Koyama M, Ohmichi M, Tasaka K, Imai K, Okamoto T, Murata Y, Endocrinology, 148, 5803, 5810,   2007年12月, 査読有り
  • Hypoxia represses the differentiation of Rcho-1 rat trophoblast giant cells., Takeda T, Sakata M, Isobe A, Yamamoto T, Nishimoto F, Minekawa R, Okamoto Y, Tasaka K, Murata Y, Gynecologic and obstetric investigation, 63, 188, 194,   2007年, 査読有り
  • Intracavitary brachytherapy for carcinoma of the uterine cervix--comparison of HDR (Ir-192) and MDR (Cs-137)., Tanaka E, Suzuki O, Oh RJ, Takeda T, Teshima T, Inoue T, Inoue T, Radiation medicine, 24, 50, 57,   2006年01月, 査読有り
  • Up-regulation of c-met protooncogene product expression through hypoxia-inducible factor-1alpha is involved in trophoblast invasion under low-oxygen tension., Hayashi M, Sakata M, Takeda T, Tahara M, Yamamoto T, Okamoto Y, Minekawa R, Isobe A, Ohmichi M, Tasaka K, Murata Y, Endocrinology, 146, 4682, 4689,   2005年11月, 査読有り
  • Changes of plasma vascular endothelial growth factor level after uterine artery embolisation for leiomyomata., Takeda T, Osuga K, Morishige K, Tasaka K, Nakamura H, Murata Y, BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology, 112, 1437, 1439,   2005年10月, 査読有り
  • Hypoxia up-regulates hypoxia-inducible factor-1alpha expression through RhoA activation in trophoblast cells., Hayashi M, Sakata M, Takeda T, Tahara M, Yamamoto T, Minekawa R, Isobe A, Tasaka K, Murata Y, The Journal of clinical endocrinology and metabolism, 90, 1712, 1719,   2005年03月, 査読有り
  • Human breast milk suppresses the transcriptional regulation of IL-1beta-induced NF-kappaB signaling in human intestinal cells., Minekawa R, Takeda T, Sakata M, Hayashi M, Isobe A, Yamamoto T, Tasaka K, Murata Y, American journal of physiology. Cell physiology, 287, C1404, 11,   2004年11月, 査読有り
  • Induction of glucose transporter 1 expression through hypoxia-inducible factor 1alpha under hypoxic conditions in trophoblast-derived cells., Hayashi M, Sakata M, Takeda T, Yamamoto T, Okamoto Y, Sawada K, Kimura A, Minekawa R, Tahara M, Tasaka K, Murata Y, The Journal of endocrinology, 183, 145, 154,   2004年10月, 査読有り
  • Human milk induces fetal small intestinal cell proliferation - involvement of a different tyrosine kinase signaling pathway from epidermal growth factor receptor., Takeda T, Sakata M, Minekawa R, Yamamoto T, Hayashi M, Tasaka K, Murata Y, The Journal of endocrinology, 181, 449, 457,   2004年06月, 査読有り
  • A case of generalised oedema secondary to uterine artery embolisation for leiomyomata., Takeda T, Osuga K, Morishige K, Khankan AA, Tasaka K, Murata Y, BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology, 111, 179, 180,   2004年02月, 査読有り
  • Hyperreactio luteinalis associated with severe twin-to-twin transfusion syndrome., Takeda T, Minekawa R, Makino M, Sugiyama T, Murata Y, Suehara N, Gynecologic and obstetric investigation, 53, 243, 246,   2002年, 査読有り

書籍等出版物

  • 今日の治療指針2016年版, 武田卓, 分担執筆, 更年期障害,   2016年01月
  • 今日の治療指針2014年版, 武田卓, 分担執筆, 月経前症候群, 医学書院,   2014年01月

MISC

  • PMS・PMDDと疲労骨折の関連性について, 井本 蓉子, 永澤 裕代, 竹下 厚子, 椎名 昌美, 武田 卓, 思春期学, 35, 1, 87, 88,   2017年03月
  • 高校生における月経に関する実態調査と運動クラブ活動が及ぼす影響について, 竹下 厚子, 椎名 昌美, 永澤 裕代, 井本 蓉子, 武田 卓, 思春期学, 35, 1, 87, 87,   2017年03月
  • 東洋医学治療における歯車型チーム医療の必要性, 日置 智津子, 伊藤 エミ, 村重 史子, 中井 賀世子, 椎名 昌美, 武田 卓, 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 4, 136, 136,   2017年03月
  • 【現代女性のメンタルヘルス】 月経前不快気分障害(PMDD)の診断とケア, 武田 卓, 産婦人科の実際, 66, 3, 287, 291,   2017年03月
  • 当院初診患者における気血水スコアの検討, 椎名 昌美, 武田 卓, 日本産科婦人科学会雑誌, 69, 2, 721, 721,   2017年02月
  • エクオール産生能とPMS/PMDDとの関連性検討, 武田 卓, 上野 友美, 内山 成人, 椎名 昌美, 日本産科婦人科学会雑誌, 69, 2, 716, 716,   2017年02月
  • 女性のゆらぎと大豆 スーパーイソフラボン「エクオール」の可能性, 武田 卓, 道明 雅代, 調剤と情報, 23, 1, 86, 87,   2017年01月
  • 【月経前症候群・月経前不快気分障害の最新知見】 PMS/PMDDの治療法 漢方療法, 武田 卓, 産科と婦人科, 83, 12, 1414, 1418,   2016年12月
    概要:月経前症候群(premenstrual syndrome:PMS)・月経前気分不快障害(premenstrual dysphoric disorder:PMDD)は月経困難症と並んで、女性のQOLを障害する代表的疾患である。古来より漢方治療はこれら症状の改善に用いられてきた。漢方医学的には末梢循環不全を表す「お血」が病態であり、治療には「お血」を改善する「駆お血剤」が使用される。漢方治療による治療効果はSSRIには及ばないが、漢方だけでもかなりの症状の改善が認められ、低侵襲の薬物療法として、さらなる治療への応用が期待できる。(著者抄録)
  • 現代医療に活かす漢方治療, 武田 卓, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 75回, 68, 68,   2016年10月
  • 大規模調査からみえる女性アスリート、指導者の現状とAMED研究班の今年度の取り組み 競技特性を考慮した月経前症候群の対策, 武田 卓, 日本臨床スポーツ医学会誌, 24, 4, S114, S114,   2016年10月
  • エクオール産生能とPMS/PMDDとの関連について, 武田 卓, 上野 友美, 内山 成人, 椎名 昌美, 日本女性医学学会雑誌, 24, Suppl., 110, 110,   2016年10月
  • 月経困難症、PMS/PMDD治療のコツ, 武田 卓, 日本女性医学学会雑誌, 24, Suppl., 99, 99,   2016年10月
  • 産婦人科医が気づかなかった血栓症 深部静脈血栓症(DVT)以外, 椎名 昌美, 生駒 直子, 張 波, 金山 清二, 大井 豪一, 保田 知生, 武田 卓, 心臓, 48, 7, 874, 876,   2016年07月
  • 【今、なぜ漢方か?】 妊娠中のマイナートラブルに対する漢方療法, 武田 卓, 産婦人科の実際, 65, 7, 811, 814,   2016年07月
  • PMS・PMDDと疲労骨折の関連性に対する検討, 井本 蓉子, 永澤 裕代, 竹下 景子, 古賀 詔子, 椎名 昌美, 武田 卓, 女性心身医学, 21, 1, 104, 104,   2016年06月
  • 月経前症候群(PMS)・月経前不快気分障害(PMDD)について, 武田卓, 日本内分泌学会雑誌, 92, 1, 146,   2016年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602205372860110
  • 【若年女性のスポーツ障害の解析】 月経随伴症状 選手とコーチへの調査 PMS/PMDDがパフォーマンスへ与える影響についての検討 競技特性別の比較 指導者へのPMS/PMDDに関する認知度調査, 武田 卓, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 4付録, 48, 57,   2016年04月
  • 女性アスリートのヘルスケア 月経前症候群(PMS)・月経前不快気分障害(PMDD)について, 武田 卓, 日本内分泌学会雑誌, 92, 1, 146, 146,   2016年04月
  • 産婦人科医師が行う女性アスリートの管理 月経前症候群(PMS)・月経前気分不快障害(PMDD)について, 武田 卓, 日本女性医学学会雑誌, 23, 2, 243, 246,   2016年04月
  • 【若年女性のスポーツ障害の解析】 月経随伴症状 選手とコーチへの調査 PMS/PMDDがパフォーマンスへ与える影響についての検討 競技特性別の比較 指導者へのPMS/PMDDに関する認知度調査, 武田 卓, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 4付録, 48, 57,   2016年04月
  • 生殖内分泌分野 12.月経前症候群, 武田卓, 産科と婦人科, 83, 265, 269,   2016年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602209804622458
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDとインターネット依存, 井本 蓉子, 永澤 裕代, 竹下 厚子, 日置 智津子, 椎名 昌美, 武田 卓, 思春期学, 34, 1, 116, 116,   2016年03月
  • 魚摂取頻度の高い大学女性アスリートはPMS・PMDDによるパフォーマンス障害が少ない, 竹下 厚子, 永澤 裕代, 井本 蓉子, 日置 智津子, 椎名 昌美, 武田 卓, 思春期学, 34, 1, 115, 115,   2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第3章)生殖内分泌分野 月経前症候群, 武田 卓, 産科と婦人科, 83, Suppl., 265, 269,   2016年03月
  • 女子高校生における月経に関する実態調査と運動が及ぼす影響についての検討, 椎名昌美, 武田卓, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 674, 674,   2016年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602208693773030
  • PMS・PMDDは高校生アスリートにおける疲労骨折のリスクファクターとなる, 武田卓, 古賀詔子, 椎名昌美, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 674, 674,   2016年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602219304256515
  • 女子高校生における月経に関する実態調査と運動が及ぼす影響についての検討, 椎名 昌美, 武田 卓, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 674, 674,   2016年02月
  • PMS・PMDDは高校生アスリートにおける疲労骨折のリスクファクターとなる, 武田 卓, 古賀 詔子, 椎名 昌美, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 674, 674,   2016年02月
  • 月経随伴症状―選手とコーチへの調査―分担研究開発課題名 1 PMS/PMDDがパフォーマンスへ与える影響についての検討~競技特性別の比較~ 分担研究開発課題名 2 指導者へのPMS/PMDDに関する認知度調査, 武田卓, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 48, 57,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602211410508212
  • 外傷だけじゃない?!女性アスリートのヘルスケア 1 女性アスリートの月経前症候群・月経前気分不快障害, 武田卓, 産婦人科の実際, 64, 11, 1492, 1499,   2015年10月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502211247003836
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDとインターネット依存に関する調査, 武田卓, 井本蓉子, 竹下厚子, 永澤裕代, 椎名昌美, 日本女性医学学会雑誌, 23, 123,   2015年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502207647657102
  • 月経前症候群(PMS)・月経前不快気分障害(PMDD)について, 武田卓, 日本女性医学学会雑誌, 23, 79,   2015年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502211548892946
  • 助産師・看護師に知っておいてほしい!妊娠・授乳期の服薬 妊産褥婦に処方する漢方薬, 武田卓, 武田卓, 臨床助産ケア スキルの強化, 7, 5, 18, 24,   2015年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502208855076039
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDとインターネット依存に関する大規模調査研究, 井本蓉子, 永澤裕代, 竹下厚子, 古賀詔子, 椎名昌美, 武田卓, 女性心身医学, 20, 1, 73,   2015年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502219152824671
  • 月経前症候群(PMS)・月経前気分不快障害(PMDD)について, 武田卓, 日本女性医学学会雑誌, 22, 2, 177, 181,   2015年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502239193515209
  • 生殖内分泌分野 7 月経前症候群, 武田卓, 産科と婦人科, 82, 298, 301,   2015年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502240439224983
  • 女性アスリート 女性アスリートにおける月経前症候群(PMS)・月経前気分不快障害(PMDD), 武田卓, 日本産科婦人科学会雑誌, 67, 3, 1155, 1161,   2015年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502297521536847
  • 女性アスリートを診る―産婦人科的問題とその対策 8.女性アスリートの月経前症候群, 武田卓, 武田卓, 産科と婦人科, 82, 3, 285, 289,   2015年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502294891133432
  • NW-21-3 糖尿病治療薬メトホルミンによる子宮筋腫抑制効果 : ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いたin vivoでの検討(ミニワークショップ21 良性腫瘍,その他,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会), 築地 謙治, 武田 卓, 李 賓, 只川 真理, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 67, 2,   2015年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009942623
  • 魚摂取頻度の高い女性アスリートはPMS・PMDDによるパフォーマンス障害が少ない, 武田卓, 椎名昌美, 日本産科婦人科学会雑誌, 67, 2, 505,   2015年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502295519512105
  • 糖尿病治療薬メトホルミンによる子宮筋腫抑制効果~ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いたin vivoでの検討~, 築地謙治, 武田卓, 李賓, 只川真理, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 67, 2, 533,   2015年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502244610462478
  • 女性医療のための食育と栄養 高齢女性の高脂血症に対する食育, 武田卓, 武田卓, 産婦人科の実際, 64, 1, 85, 89,   2015年01月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502257500804823
  • 脳特異的DISC1結合タンパク質DBZはオリゴデンドロサイトの分化を促進する発表内容, 清水尚子, 宮田信吾, 田中貴士, 武田卓, 遠山正彌, 近畿大学医学雑誌, 39, 3-4, 17A,   2014年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502279123610958
  • 産婦人科診療ガイドライン―婦人科外来編2014改訂の要点, 武田卓, 日本産婦人科医会報, 66, 11, 8, 9,   2014年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502277269140586
  • 産婦人科における漢方の理論と実践 6.月経随伴症状に対する漢方, 武田卓, 武田卓, 産科と婦人科, 81, 11, 1327, 1332,   2014年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402214675169200
  • PMS・PMDDにどう対処するか―婦人科診療ガイドラインをふまえて―, 武田卓, 武田卓, 東京産科婦人科学会会誌, 63, 4, 583, 589,   2014年10月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502268640469244
  • 診療ガイドライン婦人科外来編2014 改訂と追加のポイントを読み解く 女性医学 女性の脂質異常症の取り扱いは?, 武田卓, 武田卓, 臨床婦人科産科, 68, 10, 987, 990,   2014年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402287498025080
  • 月経困難症患者における月経前症候群症状に対するヤーズ配合錠の有効性検討, 武田卓, 武田卓, 近藤亜希子, 只川真理, 宇都宮裕貴, 早川潤, 早川謙一, 古賀詔子, 平松恵三, 八重樫伸生, 日本女性医学学会雑誌, 22, 134,   2014年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402248179395030
  • 月経前症候群(PMS)・月経前不快気分障害(PMDD)について, 武田卓, 日本女性医学学会雑誌, 22, 68,   2014年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402208540091244
  • 女性のうつ 4.PMS/PMDD―産婦人科の立場から, 武田卓, 産科と婦人科, 81, 9, 1069, 1073,   2014年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402259337932199
  • 内科医のための更年期症候群診療 I.女性更年期症候群 治療 4)漢方薬, 武田卓, 診断と治療, 102, 8, 1209, 1212,   2014年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402233604823338
  • 東北大学医学部における漢方臨床実習, 高山真, 石井誠一, 高橋文恵, 沼田健裕, 武田卓, 石井正, 八重樫伸生, 医学教育, 45, Suppl., 160,   2014年07月03日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402298133890190
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDとPTSDとの関連について~東日本大震災後9か月での検討, 武田卓, 東北医学雑誌, 126, 1, 69,   2014年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402297134586936
  • 漢方治療の視点から~ヌーベル漢方のすすめ, 武田卓, 日本女性医学学会雑誌, 21, 2, 218, 219,   2014年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402209716888841
  • 子宮筋腫―多様化した子宮温存療法 子宮温存療法の現況 薬物療法 子宮筋腫の漢方薬療法, 武田卓, 臨床婦人科産科, 68, 2, 254, 259,   2014年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402254166249272
  • 産婦人科医必携 現代漢方の基礎知識 各論 子宮内膜症, 武田卓, 産婦人科の実際, 63, 3, 321, 325,   2014年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402245198046137
  • MW-15-2 天然型クルクミンおよびナノクルクミンによる子宮筋腫抑制効果 : ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いたin vivoでの検討(ミニワークショップ15 子宮筋腫・基礎と臨床,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会), 築地 謙治, 武田 卓, 李 賓, 只川 真理, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 66, 2,   2014年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009811589
  • 天然型クルクミンおよびナノクルクミンによる子宮筋腫抑制効果~ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いたin vivoでの検討~, 築地謙治, 武田卓, 李賓, 只川真理, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 66, 2, 456,   2014年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402289435119885
  • うつ病発症に関わる脳白質特異的シグナル伝達経路の解明, 宮田信吾, 清水尚子, 小林琢磨, 武田卓, 遠山正彌, 近畿大学医学雑誌, 38, 3/4, 17A,   2013年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402280283500300
  • 女性医学と漢方~オンリーワンの選択, 武田卓, 産婦人科の進歩, 65, 4, 564,   2013年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302232462076005
  • A-1 女性アスリートにおけるPMS・PMDDに関する調査研究(一般演題A:優秀演題賞候補,女性をはぐくむリズムとハーモニー,第42回日本女性心身医学会学術集会), 井本 蓉子, 永澤 裕代, 室屋 美由紀, 武田 卓, 女性心身医学, 18, 1,   2013年07月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009624319
  • 女性アスリートにおけるPMS・PMDDに関する調査研究, 井本蓉子, 永澤裕代, 室屋美由紀, 武田卓, 女性心身医学, 18, 1, 105,   2013年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302214247431696
  • 医学生における漢方治療に対する意識調査~がん患者との比較検討, 武田卓, 中尾紀久世, 森山健三, 日本東洋医学雑誌, 64, 193,   2013年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302210827115311
  • 新規ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いた味噌経口摂取による子宮筋腫増殖抑制効果についての検討, 武田 卓, 築地 謙治, Li Bin, 中央味噌研究所研究報告, 34, 61, 64,   2013年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019727842
  • K2-1-1 プロゲスチンの子宮筋腫増殖への影響 : ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いたin vivo での検討(高得点演題6 女性医学,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第65回学術講演会), 築地 謙治, 武田 卓, 李 賓, 北村 真理, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 65, 2,   2013年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009638776
  • P2-50-5 女子高校生におけるPMS・PMDDとPTSDとの関連について : 東日本大震災が及ぼした影響(Group 102 思春期2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第65回学術講演会), 武田 卓, 北村 真理, 近藤 亜希子, 古賀 詔子, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 65, 2,   2013年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009639257
  • K3-4-4 ターメリック・ウコン中の有効成分クルクミンによる子宮平滑筋肉腫細胞増殖抑制効果 : オートファジーおよびアポトーシス誘導からの検討(高得点演題16 婦人科腫瘍学5,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第65回学術講演会), 李 賓, 武田 卓, 築地 謙治, 黄 志芳, 北村 真理, 近藤 亜希子, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 65, 2,   2013年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009639305
  • ターメリック・ウコン中の有効成分クルクミンによる子宮平滑筋肉腫細胞増殖抑制効果~オートファジーおよびアポトーシス誘導からの検討~, 李賓, 武田卓, 築地謙治, 黄志芳, 北村真理, 近藤亜希子, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 65, 2, 855,   2013年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302279900440340
  • プロゲスチンの子宮筋腫増殖への影響~ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いたin vivoでの検討~, 築地謙治, 武田卓, 李賓, 北村真理, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 65, 2, 679,   2013年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302264238698032
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDとPTSDとの関連について~東日本大震災が及ぼした影響, 武田卓, 北村真理, 近藤亜希子, 古賀詔子, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 65, 2, 839,   2013年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302241858397377
  • 女子高校生におけるPMS・PMDD症状による学校欠席の実態とリスク因子解析, 只川真理, 武田卓, 門間靖武, 近藤亜希子, 古賀詔子, 八重樫伸生, 日本思春期学会総会・学術集会抄録集, 32nd, 103,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302256682828900
  • がん治療における漢方の役割とその実際~古くて新しい漢方治療, 武田卓, 日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 26th, 87,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302244192419892
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDとPTSDとの関連について~東日本大震災後9か月での検討, 武田卓, 只川真理, 近藤亜希子, 古賀詔子, 八重樫伸生, 日本思春期学会総会・学術集会抄録集, 32nd, 103,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302202875980820
  • 漢方, 武田卓, Anti Aging Sci, 4, 3, 233,   2012年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202235069067829
  • 子宮内膜症の薬物療法 薬物特性の理解と個別化治療 症状改善薬の特性と使い方 漢方薬, 武田卓, 臨床婦人科産科, 66, 10, 828, 832,   2012年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202205794457156
  • 月経痛患者における月経前症候群(PMS)症状に対するヤーズ配合錠の有効性検討, 北村真理, 武田卓, 近藤亜希子, 宇都宮裕貴, 日本女性医学学会雑誌, 20, 107,   2012年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202277932975300
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDと食習慣との関連について, 武田卓, 北村真理, 近藤亜希子, 古賀詔子, 八重樫伸生, 日本女性医学学会雑誌, 20, 86,   2012年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202204604678783
  • 漢方薬 (今月の臨床 子宮内膜症の薬物療法 : 薬物特性の理解と個別化治療) -- (症状改善薬の特性と使い方), 武田 卓, 臨床婦人科産科, 66, 10, 828, 832,   2012年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019436707
  • 「産婦人科診療ガイドライン―婦人科外来編2011」からみた漢方治療, 武田卓, 埼玉産科婦人科学会雑誌, 42, 202,   2012年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202225003155276
  • ドイツの4カ所の医療施設における統合医療の現状, 高山真, 岩崎鋼, 渡部正司, 神谷哲治, 平野篤, 松田綾音, 沼田健裕, 楠山寛子, 沖津玲奈, 菊地章子, 関隆志, 武田卓, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 63, 4, 275, 282,   2012年07月20日, 10.3937/kampomed.63.275, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202294222254672
  • A-1 女子高校生におけるPMS・PMDDと月経痛に関する大規模調査研究(一般演題A PMS・PMDD,癒しと医療,第41回日本女性心身医学会学術集会), 北村 真理, 武田 卓, 近藤 亜希子, 古賀 詔子, 八重樫 伸生, 女性心身医学, 17, 1,   2012年07月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009479429
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDと月経痛に関する大規模調査研究, 北村真理, 武田卓, 近藤亜希子, 古賀詔子, 八重樫伸生, 女性心身医学, 17, 1, 85,   2012年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202271262494102
  • 開放隅角緑内障の眼球後血流,眼圧に対する鍼治療の効果, 高山真, 渡部正司, 神谷哲治, 松田綾音, 楠山寛子, 沼田健裕, 岩崎鋼, 菊地章子, 関隆志, 武田卓, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 63, 343,   2012年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202280267291004
  • 下腿への鍼刺激による上腕動脈の血行動態の検討, 渡部正司, 高山真, 関隆志, 沼田健裕, 楠山寛子, 神谷哲治, 松田綾音, 岩崎鋼, 菊地章子, 武田卓, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 63, 284,   2012年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202271367721309
  • 災害時における東洋医学による医療活動, 高山真, 沖津玲奈, 岩崎鋼, 渡部正司, 神谷哲治, 平野篤, 松田綾音, 門馬靖武, 沼田健裕, 楠山寛子, 菊地章子, 関隆志, 武田卓, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 63, 99,   2012年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202258796768350
  • 前腕動脈と全身の血行動態に関する鍼治療の短期的効果の検討, 楠山寛子, 高山真, 渡部正司, 神谷哲治, 松田綾音, 沼田健裕, 岩崎鋼, 菊池章子, 関隆志, 武田卓, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 63, 283,   2012年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202255650610755
  • 気滞スコアの開発, 岩崎鋼, 沖津玲奈, 高山真, 高橋里美, 関隆志, 武田卓, 八重樫伸生, CHO Ki‐Ho, 日本東洋医学雑誌, 63, 176,   2012年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202248083622384
  • PMS・PMDDに対する漢方治療の有効性検討, 武田卓, 築地賢治, 高山真, 関隆志, 八重樫伸生, 産婦人科漢方研究のあゆみ, 29, 62, 65,   2012年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202248206314302
  • 産婦人科オフィス診療指針―保険診療上の留意点を含めて 生殖内分泌分野 7.月経前症候群, 武田卓, 産科と婦人科, 79, 211, 215,   2012年04月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202277952397949
  • 新規ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いた味噌経口摂取による子宮筋腫増殖抑制効果についての検討, 武田 卓, 築地 謙治, Li Bin, 中央味噌研究所研究報告, 33, 171, 174,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019238628
  • 東日本大震災後に被災地で行なった漢方診療の報告, 高山真, 岩崎鋼, 沖津玲奈, 沼田健裕, 菊地章子, 関隆志, 武田卓, 八重樫伸生, 日本内科学会雑誌, 101, 220,   2012年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202287493543410
  • P1-16-3 天然物ターメリック・ウコン中の有効物質クルクミンによる子宮筋腫治療薬開発 : ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いたin vivoでの検討(Group16 良性疾患基礎・治療1,一般演題,第64回日本産科婦人科学会学術講演会), 築地 謙治, 武田 卓, 李 賓, 近藤 亜希子, 北村 真理, 黄 志芳, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 64, 2,   2012年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009582750
  • K2-8-2 女子高校生におけるPMS・PMDDと月経痛の関連について(高得点演題8,女性医学), 北村 真理, 武田 卓, 近藤 亜希子, 古賀 詔子, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 64, 2,   2012年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009583097
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDと月経痛の関連について, 北村真理, 武田卓, 近藤亜希子, 古賀詔子, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 64, 2, 583,   2012年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202254498658147
  • 天然物ターメリック・ウコン中の有効物質クルクミンによる子宮筋腫治療薬開発~ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いたin vivoでの検討~, 築地謙治, 武田卓, 李賓, 近藤亜希子, 北村真理, 黄志芳, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 64, 2, 468,   2012年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202246622525662
  • ワンランク上の漢方診療 漢方処方の実際 更年期障害, 武田卓, 臨床婦人科産科, 66, 1, 68, 71,   2012年01月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202299053977424
  • 更年期障害 : hot flushを中心に (今月の臨床 ワンランク上の漢方診療) -- (漢方処方の実際), 武田 卓, 臨床婦人科産科, 66, 1, 68, 71,   2012年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019187681
  • ドイツの4ヵ所の医療施設における統合医療の現状, 高山 真, 岩崎 鋼, 渡部 正司, 神谷 哲治, 平野 篤, 松田 綾音, 沼田 健裕, 楠山 寛子, 沖津 玲奈, 菊地 章子, 関 隆志, 武田 卓, 八重樫 伸生, 日本東洋医学雑誌, 63, 4, 275, 282,   2012年, 10.3937/kampomed.63.275, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003369891
    概要:古くからヨーロッパでは自然療法を取り入れて健康を保つ方法が一般的に行なわれてきており,特にドイツでは統合医療に補完・代替医療が積極的に導入されている。ドイツでも有名な4つの施設,ミュンヘン大学麻酔科ペインクリニック,TCM Klinik Bad Ko¨tzting, Immamuel Krankenhaus, ZenHaus Klinik を視察し統合医療の現状を報告する。各施設では,慢性疼痛に対する4週間プログラム,中国伝統医学中心の治療,自然療法主体の治療,日本伝統医学にアロマテラピーを加えた治療など,各々の施設で特徴的な治療方法が行なわれていた。ドイツでは多くの病院,クリニックで補完・代替医療が盛んに行なわれているが,その広がりの一つにドイツにおける医療保険制度が挙げられる。公的保険では治療の一部,プライベート保険では広い範囲で補完・代替医療に対する保険償還が行なわれる。歴史的背景に加え,このような制度も統合医療の広がりに影響を与えていると考える。
  • 婦人科外来編(産婦人科診療ガイドライン解説,第63回日本産科婦人科学会 第63回学術講演会生涯研修プログラム,研修コーナー), 武田 卓, 日本産科婦人科學會雜誌, 63, 12, "N, 300"-"N-307",   2011年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008799085
  • 生殖内分泌Clinical Report 第78回 ジエノゲストの副作用に対する漢方療法, 武田卓, Horm Front Gynecol, 18, 4, 426, 430,   2011年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202245080699115
  • 産婦人科診療ガイドライン解説 婦人科外来編, 武田卓, 日本産科婦人科学会雑誌, 63, 12, N.300-N.307,   2011年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102204918910055
  • 月経随伴症状を診る 2.月経前症候群の治療, 武田卓, 産科と婦人科, 78, 11, 1311, 1314,   2011年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102295900498705
  • 月経前症候群の治療 (特集 月経随伴症状を診る), 武田 卓, 産科と婦人科, 78, 11, 1311, 1314,   2011年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019037767
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDと月経痛との関連について, 北村真理, 武田卓, 近藤亜希子, 古賀詔子, 八重樫伸生, 日本女性医学学会雑誌, 19, 108,   2011年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102212512052719
  • エストロゲン製剤投与方法と化粧習慣との関連について, 武田卓, 北村真理, 近藤亜希子, 八重樫伸生, 日本女性医学学会雑誌, 19, 113,   2011年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102201959519647
  • 東日本大震災における東洋医学による医療活動, 高山 真, 沖津 玲奈, 岩崎 鋼, 渡部 正司, 神谷 哲治, 平野 篤, 松田 綾音, 門馬 靖武, 沼田 健裕, 楠山 寛子, 平田 宗, 菊地 章子, 関 隆志, 武田 卓, 八重樫 伸生, 日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine, 62, 5, 621, 626,   2011年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029481896
  • 大建中湯投与,腹部温熱療法による上腸間膜動脈血流量の変化, 高山真, 沖津玲奈, 岩崎鋼, 渡部正司, 神谷哲治, 平野篤, 松田綾音, 沼田健裕, 楠山寛子, 菊地章子, 関隆志, 武田卓, 八重樫伸生, 漢方と最新治療, 20, 3, 253, 258,   2011年08月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102237789715033
  • ウコン中のクルクミンによる子宮平滑筋肉腫細胞増殖抑制効果~mTORに対する分子標的療法の可能性, 黄志芳, 武田卓, 李賓, 築地謙治, 近藤亜希子, 北村真理, 八重樫伸生, 日本婦人科腫よう学会雑誌, 29, 3, 582,   2011年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102245593646494
  • 進行及び再発子宮癌肉腫に対するパクリタキセルとカルボプラチン併用療法の第II相試験, 高野忠夫, 大槻健郎, 徳永英樹, 吉永浩介, 永瀬智, 新倉仁, 武田卓, 伊藤潔, 八重樫伸生, 庄子忠宏, 杉山徹, 藤本俊郎, 寺田幸弘, 中原健次, 倉智博久, 松元隆, 日浦昌道, 佐藤慎也, 島田宗昭, 紀川純三, 日本婦人科腫よう学会雑誌, 29, 3, 502,   2011年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102240866257710
  • 大建中湯投与,腹部温熱療法による上腸間膜動脈血流量の変化, 高山真, 渡部正司, 関隆志, 神谷哲治, 松田綾音, 沖津玲奈, 菊地章子, 岩崎鋼, 武田卓, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 62, 243,   2011年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102264394280507
  • 異なる経穴および非経穴への鍼刺激における上腕動脈血流量の比較検討, 渡部正司, 高山真, 関隆志, 沖津玲奈, 神谷哲治, 菊地章子, 岩崎鋼, 武田卓, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 62, 270,   2011年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102264002709411
  • メトホルミンによる子宮筋腫細胞増殖抑制効果解析, 北村真理, リ ビン, 築地謙治, ウォン ツーファン, 近藤亜希子, 武田卓, 八重樫伸生, 日本内分泌学会雑誌, 87, 1, 389,   2011年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102236529759820
  • 婦人科癌治療患者における漢方治療に対する意識調査と不安状態に関する検討, 武田卓, 吉永浩介, 伊藤潔, 築地謙治, 李賓, 山口拓洋, 八重樫伸生, 産婦人科漢方研究のあゆみ, 28, 35, 39,   2011年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102274720294861
  • 新規ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いた味噌経口摂取による子宮筋腫増殖抑制効果についての検討, 武田 卓, 築地 謙治, Li Bin, 中央味噌研究所研究報告, 32, 55, 58,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018808112
  • 卵巣奇形腫摘出後に症状の改善を認めた急性脳症の2症例, 西本光男, 高橋尚美, 永瀬智, 武田卓, 八重樫伸生, 井泉瑠美子, 加藤量広, 鈴木直輝, 中島一郎, 黒田宙, 高橋幸利, 北海道産科婦人科学会会誌, 55, 1, 86, 87,   2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102277983019171
  • 婦人科癌治療患者における漢方治療・代替医療に対する現状と意識調査, 築地謙治, 武田卓, 吉永浩介, 伊藤潔, 八重樫伸生, 北海道産科婦人科学会会誌, 55, 1, 100,   2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102223739011816
  • 大建中湯内服および腹部温熱刺激による上腸間膜動脈血流量の変化, 高山真, 関隆志, 沖津玲奈, 菊地章子, 岩崎鋼, 武田卓, 八重樫伸生, 日本内科学会雑誌, 100, 161,   2011年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102289875369563
  • 婦人科外来編(産婦人科診療ガイドライン解説,第63回日本産科婦人科学会学術講演会), 武田 卓, 日本産科婦人科學會雜誌, 63, 2,   2011年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008508707
  • P2-31-7 メトホルミンによる子宮筋腫細胞増殖抑制効果 : 子宮筋腫モデル細胞株・ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いた検討(Group133 良性腫瘍・手術・基礎,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会), 李 賓, 武田 卓, 築地 謙治, 近藤 亜希子, 黄 志芳, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 63, 2,   2011年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008510117
  • P2-31-5 超免疫不全マウスを用いた新規ヒト子宮筋腫移植モデルマウスの確立(Group133 良性腫瘍・手術・基礎,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会), 築地 謙治, 武田 卓, 李 賓, 黄 志芳, 近藤 亜希子, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 63, 2,   2011年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008510115
  • P2-14-12 ターメリック・ウコン中の有効成分クルクミンによる子宮平滑筋肉腫細胞増殖抑制効果 : mTORに対する分子標的療法の可能性(Group97 子宮体部悪性腫瘍・基礎1,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会), 黄 志芳, 武田 卓, 李 賓, 築地 謙治, 近藤 亜希子, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 63, 2,   2011年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008509769
  • P1-4-1 女子高校生におけるPMS・PMDDの現状 : アンケート調査成績より(Group4 思春期,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会), 武田 卓, 古賀 詔子, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 63, 2,   2011年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008508842
  • 超免疫不全マウスを用いた新規ヒト子宮筋腫移植モデルマウスの確立, 築地謙治, 武田卓, 李賓, 黄志芳, 近藤亜希子, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 63, 2, 898,   2011年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102269327597328
  • メトホルミンによる子宮筋腫細胞増殖抑制効果~子宮筋腫モデル細胞株・ヒト子宮筋腫モデルマウスを用いた検討, 李賓, 武田卓, 築地謙治, 近藤亜希子, 黄志芳, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 63, 2, 899,   2011年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102262278333862
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDの現状~アンケート調査成績より, 武田卓, 古賀詔子, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 63, 2, 471,   2011年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102260615697828
  • ターメリック・ウコン中の有効成分クルクミンによる子宮平滑筋肉腫細胞増殖抑制効果~mTORに対する分子標的療法の可能性, 黄志芳, 武田卓, 李賓, 築地謙治, 近藤亜希子, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 63, 2, 783,   2011年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102246975626007
  • 産婦人科診療ガイドライン解説 婦人科外来編, 武田卓, 日本産科婦人科学会雑誌, 63, 2, 383,   2011年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102239227494835
  • 東日本大震災における東洋医学による医療活動, 高山 真, 沖津 玲奈, 岩崎 鋼, 渡部 正司, 神谷 哲治, 平野 篤, 松田 綾音, 門馬 靖武, 沼田 健裕, 楠山 寛子, 平田 宗, 菊地 章子, 関 隆志, 武田 卓, 八重樫 伸生, Kampo Medicine, 62, 5, 621, 626,   2011年, 10.3937/kampomed.62.621, http://ci.nii.ac.jp/naid/130002124031
    概要:平成23年3月11日に発生した東日本大震災は,巨大な地震と津波により東日本の広い範囲に甚大なる被害をもたらした。東北大学病院では被災地域への医療支援を行ない,漢方内科においても東洋医学を中心とした活動を行なった。ライフラインが復旧せず医療機器の使用が困難な中にあって,医師の五感により病状を把握し治療方針を決定できる東洋医学は極めて有効な診断・治療方法であった。被災直後には感冒,下痢などの感染症と低体温症が課題であり,2週間経過後からアレルギー症状が増加し,1ヵ月以降は精神症状や慢性疼痛が増加した。感冒や低体温に対する解表剤や温裏剤,咳嗽やアレルギー症状に対する化痰剤,疼痛やコリ,浮腫に対する鍼治療・マッサージ施術は非常に効果的であった。人類の過酷な歴史的条件の下に発達した東洋医学は大災害の場でも有効であることを確認した。
  • PMSと漢方, 武田卓, 日本東洋心身医学研究, 26, 1-2, 12, 14,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302203788392578
  • 女性のヘルスケアとホルモン療法―女性のQOL向上を目指して―月経前症候群(PMS)の診断と治療, 武田卓, 産婦人科治療, 101, 6, 612, 615,   2010年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002295916358337
  • 月経前症候群(PMS)の診断と治療 (特集 女性のヘルスケアとホルモン療法--女性のQOL向上を目指して), 武田 卓, 産婦人科治療, 101, 6, 612, 615,   2010年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017414251
  • 思春期女性の未病としてのPMS・PMDDの現状, 武田卓, 古賀詔子, 八重樫伸生, 日本未病システム学会学術総会抄録集, 17th, 115,   2010年10月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002219891189081
  • がん治療における漢方, 武田卓, Biotherapy (Tokyo), 24, 5, 357, 364,   2010年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002212132032165
  • 3 女子高校生におけるPMS・PMDDの現状(一般演題A「PMSおよび疼痛関連」,これからの女性心身医学におけるサイエンスとその展望:分子レベルから臨床医学まで,第39回日本女性心身医学会学術集会), 武田 卓, 古賀 詔子, 早坂 美保, 海野 いわ子, 八重樫 伸生, 女性心身医学, 15, 1,   2010年07月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007681628
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDの現状, 武田卓, 古賀詔子, 早坂美保, 海野いわ子, 八重樫伸生, 女性心身医学, 15, 1, 78,   2010年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002267931088890
  • 女性にやさしい漢方療法 婦人科における漢方診療, 武田卓, 産婦人科治療, 100, 6, 1013, 1017,   2010年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002244960095820
  • 婦人科における漢方診療 (特集 女性にやさしい漢方療法), 武田 卓, 産婦人科治療, 100, 6, 1013, 1017,   2010年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017155197
  • 思春期女性におけるPMSの現状と漢方治療に対する意識調査, 武田卓, 高山真, 沖津玲奈, 関隆志, 岩崎鋼, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 61, 316,   2010年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002296116991801
  • 上腸間膜動脈血流量に対する大建中湯と黄連解毒湯の効果の検討, 高山真, 関隆志, 渡部正司, 沖津玲奈, 金子聡一郎, 泉正之, 菊池章子, 門間靖武, 岩崎鋼, 武田卓, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 61, 349,   2010年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002204603247482
  • 婦人科癌放射線治療後の腹部愁訴に対する“六君子湯”“大建中湯”の有効性について, 武田卓, 産婦人科漢方研究のあゆみ, 27, 5, 10,   2010年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002260256442471
  • 大建中湯,黄連解毒湯の心拍出量及び上腸間膜動脈血流量に対する効果の検討, 高山真, 沖津玲奈, 岩崎鋼, 武田卓, 八重樫伸生, 日本内科学会雑誌, 99, 164,   2010年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002242288860722
  • P2-136 ターメリック・ウコン中の有効成分であるクルクミンによる子宮筋腫細胞増殖抑制効果(Group60 子宮筋腫・内膜症4,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会), 築地 謙治, 武田 卓, 李 賓, 近藤 亜希子, 若林 敦子, 木村 正, 八重樫 伸生, 日本産科婦人科學會雜誌, 62, 2,   2010年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007685881
  • ターメリック・ウコン中の有効成分であるクルクミンによる子宮筋腫細胞増殖抑制効果, 築地謙治, 武田卓, 李賓, 近藤亜希子, 若林敦子, 木村正, 八重樫伸生, 日本産科婦人科学会雑誌, 62, 2, 510,   2010年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002261255289102
  • 女子高校生におけるPMS・PMDDの現状~アンケート調査結果より, 武田卓, 古賀詔子, 早坂美保, 海野いわ子, 八重樫伸生, 日本思春期学会総会・学術集会抄録集, 29th, 107,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002235032550010
  • 十全大補湯の骨髄抑制軽減効果とサイトカイン動態の検討(TGCU試験), 高野忠夫, 庄子忠宏, 吉崎陽, 小見英夫, 横山良仁, 二神真行, 大槻健郎, 吉永浩介, 永瀬智, 新倉仁, 武田卓, 伊藤潔, 水沼英樹, 杉山徹, 八重樫伸生, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 731,   2009年09月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902274938718606
  • 癌治療患者における漢方治療に対する現状と意識調査, 武田卓, 吉永浩介, 伊藤潔, 山口拓洋, 八重樫伸生, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 322,   2009年09月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902258136742980
  • 子宮筋腫の管理 メタボリックシンドロームと子宮筋腫の発症, 武田卓, 産婦人科治療, 99, 1, 17, 22,   2009年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902245738236321
  • メタボリックシンドロームと子宮筋腫の発症 (特集 子宮筋腫の管理), 武田 卓, 産婦人科治療, 99, 1, 17, 22,   2009年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016730326
  • 婦人科癌治療患者における漢方治療・代替医療の現状と意識調査, 武田卓, 吉永浩介, 伊藤潔, 山口拓洋, 八重樫伸生, 日本婦人科腫よう学会雑誌, 27, 3, 302,   2009年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902223384444556
  • 中高年女性のヘルスケア―最近の話題―中高年女性のQOLと漢方, 武田卓, 産婦人科治療, 98, 6, 999, 1002,   2009年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902249206720719
  • 中高年女性のQOLと漢方 (特集 中高年女性のヘルスケア--最近の話題), 武田 卓, 産婦人科治療, 98, 6, 999, 1002,   2009年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016695915
  • メタボリックシンドロームからみた子宮筋腫に対する新しい治療戦略, 武田卓, 冲中記念成人病研究所年報, 35, 65, 67,   2009年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902239581025399
  • 婦人科癌治療患者における漢方治療・代替医療に対する現状と意識調査, 武田卓, 高山真, 沖津玲奈, 関隆志, 岩崎鋼, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 60, 361,   2009年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902280513436305
  • 腹部温熱刺激による上腸間膜動脈および肘動脈の血流変化に関する定量的評価, 高山真, 関隆志, 沖津玲奈, 岩崎鋼, 武田卓, 渡部正司, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 60, 251,   2009年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902276390023666
  • 高齢者の食習慣と骨折リスクの関係:食養を科学的に検証する, 門馬靖武, 岩崎鋼, 武田卓, 関隆志, 荒井啓行, 八重樫伸生, 日本東洋医学雑誌, 60, 333,   2009年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902202321001096
  • アディポネクチンによる子宮筋腫細胞増殖抑制効果, 若林敦子, 武田卓, 坂田正博, 三宅麻子, 磯部晶, 森重健一郎, 八重樫伸夫, 木村正, 日本内分泌学会雑誌, 85, 1, 291,   2009年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902209065445695
  • 漢方を拓く 89 術後放射線療法後の放射線性腸炎に対する大建中湯の効果を検証, 武田卓, 漢方医学, 33, 2, 355, 357,   2009年04月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902257893382898
  • 子宮頸癌術後放射線治療後の放射線性腸炎に大建中湯が著効した1症例, 武田卓, 宇垣弘美, 上浦祥司, 木村正, 八重樫伸生, 産婦人科漢方研究のあゆみ, 26, 104, 106,   2009年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902290677080671
  • P3-87 アディポネクチンは子宮筋腫細胞増殖を抑制する(Group87 子宮腫瘍2,一般演題,第61回日本産科婦人科学会学術講演会), 若林 敦子, 武田 卓, 三宅 麻子, 石田 絵美, 西本 文人, 磯部 晶, 森重 健一郎, 坂田 正博, 木村 正, 日本産科婦人科學會雜誌, 61, 2,   2009年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007166509
  • アディポネクチンは子宮筋腫細胞増殖を抑制する, 若林敦子, 武田卓, 三宅麻子, 石田絵美, 西本文人, 磯部晶, 森重健一郎, 坂田正博, 木村正, 日本産科婦人科学会雑誌, 61, 2, 696,   2009年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902254682581739
  • 漢方を拓く(89)術後放射線療法後の放射線性腸炎に対する大建中湯の効果を検証, 武田 卓, 漢方医学, 33, 2, 355, 357,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016935266
  • メタボリックシンドロームは子宮筋腫発症の危険因子か?, 武田卓, 若林敦子, 三宅麻子, 上浦祥司, 木村正, 産婦人科の実際, 57, 13, 2191, 2194,   2008年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902243705183033
  • 診療 メタボリックシンドロームは子宮筋腫発症の危険因子か?, 武田 卓, 若林 敦子, 三宅 麻子, 産婦人科の実際, 57, 13, 2191, 2194,   2008年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016375071
  • 手術をめぐる最近の話題 子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術, 武田卓, 若林敦子, 三宅麻子, 木村正, 産婦人科治療, 97, 2, 157, 159,   2008年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902273714363903
  • 子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術 (特集 手術をめぐる最近の話題), 武田 卓, 若林 敦子, 三宅 麻子, 産婦人科治療, 97, 2, 157, 159,   2008年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016183976
  • Trophoblastの浸潤能にE‐cadherinが関与する, 石田絵美, 西本文人, 武田卓, 三宅麻子, 澤田健二郎, 森重健一郎, 磯部晶, 岡本陽子, 山本敏也, 坂田正博, 木村正, 日本内分泌学会雑誌, 84, 1, 253,   2008年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902281192848459
  • P4-191 大豆イソフラボンの主要生理活性物質であるGenisteinによる子宮筋腫細胞増殖抑制作用(Group115 子宮筋腫5,一般演題,第60回日本産科婦人科学会学術講演会), 三宅 麻子, 武田 卓, 磯部 晶, 石田 絵美, 岡本 陽子, 西本 文人, 山本 敏也, 森重 健一郎, 坂田 正博, 木村 正, 日本産科婦人科學會雜誌, 60, 2,   2008年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006805863
  • K4-7 アルドステロンによる子宮筋腫細胞増殖作用の検討(高得点婦人科腫瘍学8,高得点演題プログラム,第60回日本産科婦人科学会学術講演会), 磯部 晶, 武田 卓, 三宅 麻子, 石田 絵美, 西本 文人, 岡本 陽子, 山本 敏也, 森重 健一郎, 坂田 正博, 木村 正, 日本産科婦人科學會雜誌, 60, 2,   2008年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006805671
  • K3-45 ヒト絨毛癌細胞における低酸素下でのmetal transcription factor-1(MTF)によるPlacenta Growth Factor(PLGF)発現制御機構の検討(高得点周産期学8,高得点演題プログラム,第60回日本産科婦人科学会学術講演会), 西本 文人, 峯川 亮子, 武田 卓, 岡本 陽子, 石田 絵美, 磯部 晶3, 澤田 健二郎, 三宅 麻子, 山本 敏也, 森重 健一郎, 坂田 正博, 木村 正, 日本産科婦人科學會雜誌, 60, 2,   2008年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006805494
  • P1-240 メタボリックシンドロームは子宮筋腫発症の危険因子か?(Group27 子宮筋腫1,一般演題,第60回日本産科婦人科学会学術講演会), 武田 卓, 坂田 正博, 三宅 麻子, 磯部 晶, 西本 文人, 太田 行信, 森重 健一郎, 上浦 祥司, 木村 正, 日本産科婦人科學會雜誌, 60, 2,   2008年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006805054
  • K4-1 閉経後に発症したdisseminated neritoneal leiomyomatosisの一症例(高得点婦人科腫瘍学7,高得点演題プログラム,第60回日本産科婦人科学会学術講演会), 増原 完治, 武田 卓, 数見 久美子, 尾崎 公章, 太田 行信, 吉野 潔, 上浦 祥司, 日本産科婦人科學會雜誌, 60, 2,   2008年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006805665
  • アルドステロンによる子宮筋腫細胞増殖作用の検討, 磯部晶, 武田卓, 三宅麻子, 石田絵美, 西本文人, 岡本陽子, 山本敏也, 森重健一郎, 坂田正博, 木村正, 日本産科婦人科学会雑誌, 60, 2, 784,   2008年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902272782515316
  • 大豆イソフラボンの主要生理活性物質であるGenisteinによる子宮筋腫細胞増殖抑制作用, 三宅麻子, 武田卓, 磯部晶, 石田絵美, 岡本陽子, 西本文人, 山本敏也, 森重健一郎, 坂田正博, 木村正, 日本産科婦人科学会雑誌, 60, 2, 848,   2008年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902251632038083
  • 閉経後に発症したdisseminated peritoneal leiomyomatosisの一症例, 増原完治, 武田卓, 数見久美子, 尾崎公章, 太田行信, 吉野潔, 上浦祥司, 日本産科婦人科学会雑誌, 60, 2, 782,   2008年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902239389980212
  • 私の一処方 婦人科癌治療患者における六君子湯の有用性の検討, 武田卓, Phil漢方, 21, 12, 13,   2008年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902238591356206
  • メタボリックシンドロームは子宮筋腫発症の危険因子か?, 武田卓, 坂田正博, 三宅麻子, 磯部晶, 西本文人, 太田行信, 森重健一郎, 上浦祥司, 木村正, 日本産科婦人科学会雑誌, 60, 2, 576,   2008年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902212781999490
  • ヒト絨毛癌細胞における低酸素下でのmetal transcription factor‐1(MTF)によるPlacenta Growth Factor(PLGF)発現制御機構の検討, 西本文人, 峯川亮子, 武田卓, 岡本陽子, 石田絵美, 磯部晶, 澤田健二郎, 三宅麻子, 山本敏也, 森重健一郎, 坂田正博, 木村正, 日本産科婦人科学会雑誌, 60, 2, 724,   2008年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902212316991768
  • (3)子宮筋腫における新しい細胞増殖シグナル伝達機構解析 : 子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術から分子標的療法へ(<特集>第59回シンポジウム1「子宮筋腫の発育制御とその管理」), 武田 卓, 日本産科婦人科學會雜誌, 59, 9, 1686, 1692,   2007年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006804499
    概要:Although uterine leiomyomas or fibroids are the most common gynecological benign tumor occurring in reproductive age women and greatly affect reproductive health and well-being, the pathophysiology and epidemiology of uterine leiomyomas are poorly understood. Uterine artery embolization(UAE) has been increasingly used as an alternative to hysterectomy, myomectomy and medical therapy for leiomyomata over the last decade. Most reports suggest that UAE is a well-tolerated and effective treatment for leiomyomata, although there have been no reports about changes of biological parameters after UAE. Numerous studies have shown that the growth of leiomyomas depends on the estrogen (E_2) and progesterone, but the other signaling pathway of uterine leiomyoma cell proliferation remains unknown. Elevated blood pressure has an independent, positive association with risk for clinically detected uterine leiomyoma. Elevated blood pressure may cause smooth muscle cell injury and increase the risk of leiomyomata, in a process analogous to atherosclerotic changes in arterial smooth muscle cells. In this study, we investigated the signal transduction pathway of uterine leiomyoma cell proliferation according to the atherogenesis hypothesis of fibroid and we further analyzed the plasma level of vascular endothelial growth factor(VEGF) and the vascular impedance of uterine arteries before and after UAE. Epidemiological study showed that metabolic syndrome could be the risk factor for uterine leiomyoma. In vitro study using ELT-3 leiomyoma cell line showed that Angiotensin II(Ang II) significantly increased the ELT-3 cell number as effectively as E_2 treatment. Regarding the intracellular signaling pathway, the Ang II-induced cell proliferation pathway was AT_1R-, EGF receptor-, ERK-and PKC-dependent. The AT_1R blocker telmisartan effectively repressed Ang II-induced and E_2-induced cell proliferation. Hypoxia significantly increased the ELT-3 cell number. 2-methoxyestradiol(2ME2), hypoxia inducible factor(HIF) inhibitor, not only repressed the hypoxia-induced ELT-3 cell proliferation, but also repressed the ELT-3 cell proliferation under normoxic condition. Clinical study about the biological change after UAE showed that the level of VEGF increased and reached a peak value within 3 days after UAE and decreased thereafter and rose again on day 30. A significant inverse correlation was found between uterine artery PI and the level of VEGF on day 30. Ang II-induced leiomyoma cell proliferation may play a crucial role in the association of hypertension and uterine leiomyoma. Telmisartan is widely used clinically as antihypertensive medication, so this drug may be considered a potential tool in future uterine leiomyoma treatment strategy. The high level of VEGF secreted after UAE may induces angiogenesis and decreases the vascular impedance. It is possible that VEGF works to promote collateral formation and an increase of the blood supply to the fibroids after UAE. Anti-angiogenic therapy to block VEGF such as 2ME2 treatment may improve the treatment outcome of UAE.
  • メタボリックシンドロームは子宮筋腫の危険因子となりうるか?, 武田卓, 坂田正博, 三宅麻子, 磯部晶, 西本文人, 太田行信, 森重健一郎, 上浦祥司, 木村正, 日本内分泌学会雑誌, 83, 1, 176,   2007年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902273413228849
  • P2-199 アンジオテンシンおよびエストロゲンによる子宮筋腫細胞増殖に対するアンジオテンシン受容体拮抗薬の抑制効果(Group128 子宮筋腫1,一般演題,第59回日本産科婦人科学会学術講演会), 磯部 晶, 武田 卓, 坂田 正博, 三宅 麻子, 山本 敏也, 岡本 陽子, 峯川 亮子, 西本 文人, 田坂 慶一, 木村 正, 日本産科婦人科學會雜誌, 59, 2,   2007年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006804028
  • P2-197 子宮筋腫細胞における新しい細胞増殖シグナル伝達機構の解析(Group128 子宮筋腫1,一般演題,第59回日本産科婦人科学会学術講演会), 三宅 麻子, 武田 卓, 坂田 正博, 磯部 晶, 岡本 陽子, 峯川 亮子, 西本 文人, 山本 敏也, 田坂 慶一, 木村 正, 日本産科婦人科學會雜誌, 59, 2,   2007年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006804026
  • (3) 子宮筋腫における新しい細胞増殖シグナル伝達機構解析 : 子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術から分子標的療法へ(シンポジウム1:「子宮筋腫の発育制御とその管理」,第59回日本産科婦人科学会学術講演会), 武田 卓, 日本産科婦人科學會雜誌, 59, 2, 297, 298,   2007年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006803148
  • アンジオテンシンおよびエストロゲンによる子宮筋腫細胞増殖に対するアンジオテンシン受容体拮抗薬の抑制効果, 磯部晶, 武田卓, 坂田正博, 三宅麻子, 山本敏也, 岡本陽子, 峯川亮子, 西本文人, 田坂慶一, 木村正, 日本産科婦人科学会雑誌, 59, 2, 630,   2007年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902214499476363
  • 子宮筋腫細胞における新しい細胞増殖シグナル伝達機構の解析, 三宅麻子, 武田卓, 坂田正博, 磯部晶, 岡本陽子, 峯川亮子, 西本文人, 山本敏也, 田坂慶一, 木村正, 日本産科婦人科学会雑誌, 59, 2, 629,   2007年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902206950500092
  • 当センターにおける若年者子宮頸癌に対するovarian transpositionについて, 横山 拓平, 久 由美, 太田 行信, 武田 卓, 森重 健一郎, 上浦 祥司, 産婦人科の進歩, 59, 2, 130, 132,   2007年, 10.11437/sanpunosinpo.59.130, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001223172
  • 当センターにおける若年者子宮頸癌に対するovarian transpositionについて, 横山拓平, 久由美, 森重健一郎, 武田卓, 太田行信, 上浦祥司, 産婦人科の進歩, 58, 4, 517,   2006年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902211473968200
  • 【婦人科癌のQOL(その2)】婦人科癌治療患者のQOL改善における漢方療法~腹部愁訴に対する六君子湯の有効性について, 武田卓, 三宅麻子, 久由美, 太田行信, 森重健一郎, 上浦祥司, 日本婦人科腫よう学会雑誌, 24, 3, 293,   2006年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902293055436850
  • 漿液性卵管癌に合併した腹膜原発悪性中胚葉性混合腫瘍の一例, 太田行信, 三宅麻子, 久由美, 武田卓, 森重健一郎, 上浦祥司, 日本婦人科腫よう学会雑誌, 24, 3, 369,   2006年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902274248506967
  • 当科における子宮癌肉腫11例の検討, 久由美, 三宅麻子, 太田行信, 武田卓, 森重健一郎, 上浦祥司, 日本婦人科腫よう学会雑誌, 24, 3, 329,   2006年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902251126286710
  • P2-8 子宮頸癌再発例および遠隔転移例に対するNedaplatinとPaclitaxelの併用化学療法の検討(途中経過報告)(Group 113 子宮頸部腫瘍VII,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会), 久 由美, 三宅 麻子, 太田 行信, 武田 卓, 森重 健一郎, 上浦 祥司, 佐治 文隆, 日本産科婦人科學會雜誌, 58, 2,   2006年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005852801
  • P1-424 未分化絨毛細胞におけるSOCS3転写制御機構(Group 57 生殖・胎盤,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会), 磯部 晶, 武田 卓, 坂田 正博, 峯川 亮子, 西本 文人, 林 正美, 山本 敏也, 田坂 慶一, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 58, 2,   2006年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005852554
  • P1-423 ヒト絨毛細胞におけるHIF-1αを介したMet発現制御の検討(Group 57 生殖・胎盤,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会), 西本 文人, 林 正美, 峯川 亮子, 岡本 陽子, 磯部 晶, 武田 卓, 田原 正浩, 大道 正英, 坂田 正博, 田坂 慶一, 村田 雄二, 山本 敏也, 日本産科婦人科學會雜誌, 58, 2,   2006年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005852553
  • ネダプラチン毎週投与による放射線化学療法:Phasel/II study, 三宅 貴仁, 中嶌 竜一, 藤原 和子, 岡澤 美佳, 上田 豊, 橋本 奈美子, 武田 卓, 筒井 建紀, 吉野 潔, 倉垣 千恵, 榎本 隆之, 村田 雄二, 産婦人科の進歩, 58, 1, 30, 32,   2006年, 10.11437/sanpunosinpo.58.30, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001223221
  • 子宮頚癌に対するnedaplatin,carboplatinを用した化学・放射線併用療法, 三宅 麻子, 久 由美, 太田 行信, 武田 卓, 森重 健一郎, 上浦 祥司, 産婦人科の進歩, 58, 1, 54, 56,   2006年, 10.11437/sanpunosinpo.58.54, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001223229
  • WS8-2 20代から40代女性におけるPMS、PMDDの現状(第2報)(月経とPMS I, 第34回日本女性心身医学会学術集会), 武田 卓, 田坂 慶一, 村田 雄二, 女性心身医学, 10, 2,   2005年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004015772
  • 子宮頸部腺癌に対する多剤併用化学療法, 上浦 祥司, 小林 栄仁, 三宅 麻子, 太田 行信, 武田 卓, 森重 健一郎, 日本婦人科腫瘍学会雑誌 = The journal of the Japan Society of Gynecologic Oncology, 23, 3, 427, 435,   2005年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020562027
  • 20代から40代女性におけるPMS, PMDDの現状 : アンケート調査成績から(その他VI, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会), 武田 卓, 田坂 慶一, 上浦 祥司, 坂田 正博, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 57, 2,   2005年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004038252
  • 腫瘍選択的増殖型・弱毒化単純ヘルペスウイルス (HSV-1) d12. CALP△RRによる子宮平滑筋肉腫および筋腫に対する新しい細胞標的治療(子宮筋腫V, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会), 高橋 克仁, 山村 倫子, 森重 健一郎, 武田 卓, 太田 行信, 三宅 麻子, 木村 正, 上浦 祥司, 日本産科婦人科學會雜誌, 57, 2,   2005年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004037844
  • 胎盤絨毛の分化におけるRelA-associated Inhibitor (RAI) 発現に関する検討(胎盤I, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会), 峯川 亮子, 坂田 正博, 林 正美, 磯部 晶, 岡本 陽子, 武田 卓, 山本 敏也, 古山 将康, 田坂 慶一, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 57, 2,   2005年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004037629
  • 絨毛細胞におけるHIF-1αを介した Met 発現制御の検討(生殖生理・病理V, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会), 林 正美, 坂田 正博, 武田 卓, 山本 敏也, 峯川 亮子, 磯部 晶, 田原 正浩, 大道 正英, 田坂 慶一, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 57, 2,   2005年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004037414
  • ラット絨毛細胞分化における Inhibitor of differentiation-1 (Id-1) 転写制御機構(生殖生理・病理V, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会), 磯部 晶, 武田 卓, 坂田 正博, 峯川 亮子, 林 正美, 山本 敏也, 田坂 慶一, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 57, 2,   2005年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004037413
  • 卵巣癌に対する Nedaplatin, Paclitaxel 併用化学療法 : Phase I study(卵巣腫瘍III, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会), 三宅 麻子, 山本 敏也, 太田 行信, 武田 卓, 森重 健一郎, 佐治 文隆, 上浦 祥司, 日本産科婦人科學會雜誌, 57, 2,   2005年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004037284
  • 20歳代から40歳代女性におけるPMS,PMDDの現状―月経前に認められる精神的,身体的症状へのアンケート調査成績―:─月経前に認められる精神的,身体的症状へのアンケート調査成績─, 武田 卓, 吉田 豊, 田坂 慶一, 村田 雄二, 産婦人科の進歩, 57, 1, 68, 69,   2005年, 10.11437/sanpunosinpo.57.68, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001223343
  • III-1 20代から40代女性におけるPMS、PMDDの現状 : アンケート調査成績から(第III群)(第33回日本女性心身医学会学術集会・第17回日本心理医療諸学会連合大会抄録), 武田 卓, 田坂 慶一, 村田 雄二, 女性心身医学, 9, 1,   2004年03月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003988433
  • 15-1.ラット絨毛細胞分化におけるInhibitor of differentiation-1 (Id-1)転写制御機構解析(第70群 胎児・新生児5)(一般演題), 磯部 晶, 武田 卓, 坂田 正博, 峯川 亮子, 林 正美, 山本 敏也, 田坂 慶一, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 56, 2,   2004年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002101635
  • 14-6.ヒト腸管細胞における母乳の抗炎症効果の検討(第66群 胎児・新生児1)(一般講演), 峯川 亮子, 武田 卓, 坂田 正博, 林 正美, 山本 敏也, 磯部 晶, 田坂 慶一, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 56, 2,   2004年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002101578
  • ヒト絨毛癌(BeWo)細胞の低酸素負荷におけるHypoxia Inducible Factor 1αを介するグルコーストランスポーター(GLUT1)発現量への影響(第133群 妊娠・分娩・産褥16), 林 正美, 坂田 正博, 峯川 亮子, 武田 卓, 山本 敏也, 田坂 慶一, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 55, 2,   2003年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002099512
  • 低酸素によるラット絨毛細胞の分化抑制機構(第92群 生殖生理・病理8), 武田 卓, 坂田 正博, 峯川 亮子, 林 正美, 山本 敏也, 田坂 慶一, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 55, 2,   2003年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002099046
  • P-371 ヒト胎盤におけるL系アミノ酸輸送担体の発現量の変動とその局在, 林 正美, 坂田 正博, 岡本 陽子, 武田 卓, 峯川 亮子, 山本 敏也, 田坂 慶一, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 54, 2,   2002年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002187565
  • P-144 母乳のヒト胎児腸管細胞増殖効果における細胞内シグナル伝達機構, 武田 卓, 峯川 亮子, 林 正美, 坂田 正博, 田坂 慶一, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 54, 2,   2002年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002186431
  • P-535 妊娠34週未満に出生した子宮内胎児発育遅延症例の長期予後についての検討, 牧野 真由子, 早田 憲司, 渡場 孝弥, 峯川 亮子, 森根 幹生, 杉山 隆, 武田 卓, 水谷 隆洋, 末原 則幸, 日本産科婦人科學會雜誌, 53, 2,   2001年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002116997
  • P-534 当センターにおける未熟児の脳室周囲白質軟化症発症の周産期的危険因子の検討, 杉山 隆, 水谷 隆洋, 渡場 孝弥, 牧野 真由子, 峯川 亮子, 森根 幹生, 早田 憲司, 武田 卓, 末原 則幸, 日本産科婦人科學會雜誌, 53, 2,   2001年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002116994
  • P-472 一絨毛膜性二羊膜性双胎におけるacute hemodynamic changeについての検討, 森根 幹生, 水谷 隆洋, 牧野 真由子, 渡場 孝弥, 峯川 亮子, 杉山 隆, 早田 憲司, 武田 卓, 未原 則幸, 日本産科婦人科學會雜誌, 53, 2,   2001年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002116811
  • 447 Preterm PROMにおける分娩様式と新生児予後に関する検討, 峯川 亮子, 武田 卓, 牧野 真由子, 渡場 孝弥, 森根 幹生, 早田 憲司, 杉山 隆, 水谷 隆洋, 末原 則幸, 日本産科婦人科學會雜誌, 53, 2,   2001年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002115365
  • 185 母体の体格及び妊娠中の至適体重増加に関する研究, 渡場 孝弥, 水谷 隆洋, 牧野 真由子, 峯川 亮子, 森根 幹生, 杉山 隆, 早田 憲司, 武田 卓, 末原 則幸, 日本産科婦人科學會雜誌, 53, 2,   2001年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002114601
  • 当センターにおけるVBACの症例の臨床的検討とその管理体制, 渡場 孝弥, 水谷 隆洋, 牧野 真由子, 峯川 亮子, 森根 幹生, 杉山 隆, 早田 憲司, 武田 卓, 末原 則幸, 産婦人科の進歩, 53, 5, 439, 442,   2001年, 10.11437/sanpunosinpo.53.439, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001223728
  • 妊娠34週未満に分娩となったPROM症例における新生児合併症と周産期要因に関する検討, 峯川 亮子, 水谷 隆洋, 森根 幹生, 大村 元, 太田 行信, 武田 卓, 竹村 昌彦, 末原 則幸, 産婦人科の進歩, 53, 2, 143, 144,   2001年, 10.11437/sanpunosinpo.53.143, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001223803
  • P-488 塩酸リトドリン持続点滴中の患者に対する微量ヘパリン療法の点滴持続日数延長効果の検討, 大村 元, 水谷 隆洋, 峯川 亮子, 前田 洋一, 森根 幹生, 太田 行信, 武田 卓, 竹村 昌彦, 末原 則幸, 日本産科婦人科學會雜誌, 52, 2, "535(S, 459)",   2000年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002177012
  • P-187 各種add-back療法の子宮筋腫細胞増殖能に及ぼす影響について, 水谷 隆洋, 本間 裕朗, 大村 元, 峯川 亮子, 前田 洋一, 森根 幹生, 太田 行信, 武田 卓, 竹村 昌彦, 末原 則幸, 中室 嘉郎, 寺田 信行, 日本産科婦人科學會雜誌, 52, 2, "435(S, 359)",   2000年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002175227
  • 394 妊娠32週未満で分娩となったPROM症例における新生児合併症と周産期要因に関する検討, 峯川 亮子, 竹村 昌彦, 大村 元, 森根 幹生, 前田 洋一, 太田 行信, 武田 卓, 水谷 隆洋, 末原 則幸, 日本産科婦人科學會雜誌, 52, 2, "358(S, 282)",   2000年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002174004
  • 236 子宮内胎児発育遅延児の周産期事象による長期予後(身体発育・神経学的後障害)の予測, 森根 幹生, 竹村 昌彦, 峯川 亮子, 大村 元, 前田 洋一, 太田 行信, 武田 卓, 水谷 隆洋, 末原 則幸, 日本産科婦人科學會雜誌, 52, 2, "305(S, 229)",   2000年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002173210
  • P-463 当センターにおける妊娠22, 23週の早産児の予後とその周産期要因の検討, 太田 行信, 水谷 隆洋, 島野 美保, 佐藤 敦, 榎本 修, 日高 康弘, 武田 卓, 竹村 昌彦, 末原 則幸, 日本産科婦人科學會雜誌, 51, 0, "S, 590",   1999年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002167103
  • 415 母体投与されたThyrotropin releasing hormone (TRH)投与の新生児腸管への作用, 榎本 修, 島野 美保, 佐藤 敦, 武田 卓, 竹村 昌彦, 水谷 隆洋, 末原 則幸, 中山 雅弘, 信永 敏克, 大橋 一友, 東 千尋, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 51, 0, "S, 342",   1999年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002164630
  • 242 エストロゲンによる肥満抑制のメカニズム-Lipoprotein Lipaseの転写制御の解析, 本間 裕朗, 西尾 幸浩, 倉智 博久, 武田 卓, 松本 敬子, 山本 敏也, 中室 嘉郎, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 51, 0, "S, 255",   1999年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002163771
  • 213 胎盤所見から見た一絨毛膜二羊膜双胎子宮内一児死亡例の生児の脳病変についての検討, 佐藤 敦, 水谷 隆洋, 島野 美保, 榎本 修, 太田 行信, 日高 康弘, 武田 卓, 竹村 昌彦, 末原 則幸, 中山 雅弘, 日本産科婦人科學會雜誌, 51, 0, "S, 241",   1999年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002163626
  • 170 双胎間輸血症候群(TTTS)におけるNitric Oxide ( NO )の関与について, 島野 美保, 榎本 修, 佐藤 敦, 武田 卓, 竹村 昌彦, 水谷 隆洋, 末原 則幸, 中山 雅弘, 信永 敏克, 大橋 一友, 東 千尋, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 51, 0, "S, 219",   1999年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002163411
  • 83 絨毛細胞におけるEGFによるhCGα遺伝子活性化機構の解析, 山本 敏也, 松本 敬子, 倉智 博久, 森重 健一郎, 西尾 幸浩, 武田 卓, 本間 裕朗, 中辻 友希, 三宅 侃, 村田 雄二, 日本産科婦人科學會雜誌, 50, 0, "S, 165",   1998年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002179373
  • P-56 Human placental lactogen(hPL)シグナル伝達機構について, 武田 卓, 松岡 徹, 尾崎 公巳, 日本産科婦人科學會雜誌, 49, 0, "S, 377",   1997年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002160329

特許

  • 精神安定作用を有するお香, 岩田 靖夫, 武田 卓, 特願2014-004056, 特開2015-131780
  • 子宮筋腫細胞増殖抑制剤, 武田 卓, 八重樫 伸生, 李 賓, 特願2010-217281, 特開2012-072077
  • ヒト子宮筋腫モデル動物の作製方法, 武田 卓, 築地 謙治, 八重樫 伸生, 特願2009-297958, 特開2011-135818
  • 子宮筋腫細胞増殖抑制剤及びこれを含む子宮筋腫の予防又は治療薬, 武田 卓, 特願2007-321299, 特開2011-037713

競争的資金

  • AMED, 女性の健康の包括的支援実用化研究事業, 若年女性のスポーツ障害予防のための介入研究, 藤井知行(分担研究)
  • AMED, 女性の健康の包括的支援実用化事業, 若年女性の心身の健康をサポートする包括的な異分野融合研究, 八重樫伸生(分担研究)
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), PMS症状を標的とした女性アスリートパフォーマンス改善への栄養学的アプローチ, 武田 卓
  • 山田養蜂場本社みつばち健康科学研究所, みつばち研究助成基金, 月経前症候群(PNS)に対するローヤルゼリーの効果, 武田卓
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業), 更年期障害に対する加味逍遥散のプラセボ対照二重盲検群間比較試験, 水沼英樹(分担研究)
  • 環境省, 環境省環境研究総合推進費, 母親と新生児を対象とする化学物質曝露のリスクと魚介類摂取のベネフィットの比較研究, 八重樫伸生(分担研究)
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), AMPK・mTORシグナルをターゲットとした子宮筋腫に対する新治療戦略, 武田 卓, (1)ラット子宮筋腫モデル細胞株であるELT-3細胞に対して、糖尿病治療薬であるメトホルミンは1mMから細胞増殖抑制効果を示した。また、メトホルミンの添加によりELT-3細胞におけるAMPKのリン酸化亢進を認めた。さらに、メトホルミンは細胞の増殖・運動、細胞分裂、アポトーシスを制御するmTORシグナル伝達経路下流のp70S6, S6のリン酸化を減弱させた。AMPK inhibitorであるCompound Cは細胞増殖抑制を阻害した。Cleaved PARP抗体によるウエスタンブロット法、TUNEL染色とCaspase-3活性による検討から、メトホルミンは濃度依存的にアポトーシスを誘導した。このように、メトホルミンの子宮筋腫細胞増殖に対する抑制効果とメカニズムを世界で初めて明らかにした。研究成果を英文論文(Gynecological Endocrinology)に投稿中である。(2)ヒト子宮筋腫組織移植モデルマウスにメトホルミンを腹腔内投与し、8週後に摘出した組織をTUNEL染色とKi67抗体を用いた免疫染色で検討したところ、アポトーシスの誘導と細胞増殖抑制を認めた。In vivoにおいても、メトホルミンのヒト子宮筋腫細胞に対する増殖抑制効果を確認した。上記(1)(2)の内容を第63回日本産婦人科学会学術集会ならびに第84回日本内分泌学会学術集会で報告した。糖尿病治療薬であるメトホルミンは、一般臨床においても汎用される薬剤であり、また婦人科領域では多嚢胞性卵巣の排卵障害改善薬としても使用されている現状からすると、比較的副作用の少ない薬剤といえる。このように安全な薬剤により、細胞レベル・動物実験レベルで子宮筋腫の抑制効果を認めたことより、今後の実地臨床での応用が期待できる。
  • やずや食と健康研究所, やずや食と健康研究所2010年度研究助成, 思春期女性の月経前症候群(PMS)・月経前不快気分障害(PMDD)の現状と食習慣との関連についての検討, 武田卓
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), メタボリックシンドロームからみた子宮筋腫に対する新しい治療戦略, 武田 卓, メタボリックシンドローム(MS)で重要な役割をはたすアンジオテンシン・アルドステロンの筋腫細胞増殖機構を明らかにした。MSに抑制的に作用するアディポネクチンの筋腫細胞増殖抑制機構を明らかにした。植物性エストロゲンのジェニスタイン、ターメリック・ウコン中有効成分のクルクミンによる増殖抑制効果を検討し、PPARγを介する抑制系を明らかにした。子宮筋腫動物実験系として、ヒト化マウスを用いたヒト子宮筋腫移植モデルマウスを開発した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 絨毛細胞の分化を制御する転写因子の解析, 武田 卓, 最初にId-1遺伝子プロモーター(-1472bp)ルシフェレース遺伝子をRcho-1細胞に遺伝子導入し、正酸素下、低酸素下での未分化、分化による活性変化をルシフェレースアッセイを用いて検討した。正酸素下ではこの領域で分化に伴う転写活性の抑制が認められ、低酸素下では抑制が認められなかった。次に様々な長さのdeletion mutantを作成し、未分化状態における活性化の責任領域を検討した。-272bp〜-146bpに活性化部位が存在することが明らかとなった。この領域には、様々な転写因子の結合領域が存在する3領域(box1,2,3)が存在し、これらをもとにさらに短いdeletion mutantを作成したところ3つの領域すべてが、転写活性に関与することが明らかとなった。そこで3つの領域を1つずつ欠損したmutant(δ1,2,3)を作成し、どの領域が特に重要であるかを検討したところbox2領域(-203bp〜-179bp)が転写活性に特に重要であることが明らかとなった。box2には転写因子であるSP-1とNF-1の結合領域が存在しており、これらの因子が分化に伴うId-1遺伝子の転写制御に中心的役割をはたす可能性が考えられた。さらに分化した細胞にSP-1を過剰発現されると、Id-1遺伝子プロモーターは活性化され、SP-1がこのプロモーターの活性化に関与しうることが明らかとなった。現在、DAPAおよびEMSAを用いて、box2領域に結合する転写因子の解析・同定を試みている(以上の研究成果は、第76回日本内分泌学会総会、第11回日本胎盤学会総会、第55回日本産婦人科学会総会で発表)。なお、本年度購入予定であった3成分(N2-O2-CO2)インキュベーターは、医学部共同研究施設に代用可能な機種が導入されたため購入せず、その費用は薬品等の消耗物品購入に充当した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 脂肪細胞分化におけるJAKチロシンキナーゼISTAT転写因子群の意義, 武田 卓