KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

中川 和彦ナカガワ カズヒコ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授
学位医学博士
専門肺癌、新抗癌剤の臨床試験、分子標的治療
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/755-nakagawa-kazuhiko.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    肺がんを中心に抗がん剤の化学療法、早期臨床試験等を専門分野としており、がん患者の緩和医療、患者・家族とのコミュニケーションの促進を図ることによる全人的癌診療の実現に努めています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/2/2
    読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」
    2月からのオプジーボ薬価改定について
    ●2017/1/17
     オプシーボ+高脂血症薬の併用で
     がん治療「効果アップ」について
    ●2016/10/30
     毎日放送「映像'16」
     がん治療における最新の化学療法や主治医として
    ●2016/10/3
     読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」
     PD1抗体、オプジーボについて
    ●2016/8/2
     毎日新聞
     がん医療における緩和医療等について

    ●2015/05/12
     毎日放送「VOICE」 進行がん患者に対する新薬の治験について。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1983年, 熊本大学, 医学部

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 呼吸器内科学

研究キーワード

  • 臨床腫瘍学

論文

  • The potential of combined immunotherapy and antiangiogenesis for the synergistic treatment of advanced NSCLC., 357. Manegold C, Dingemans AC, Gray JE, Nakagawa K, Nicolson M, Peters S, Reck M, Wu YL, Brustugun OT, Crino L, Felip E, Fennell D, Garrido P, Huber RM, Marabelle A, Moniuszko M, Mornex F, Novello S, Papotti M, Pérol M, Smit EF, Syrigos K, van Meerbeeck JP, van Zandwijk N, Chih-Hsin Yang J, Zhou C, Vokes E., J Thorac Oncol., 12, 2, 194, 120,   2017年, 査読有り
  • Circulating heregulin level is associated with the efficacy of patritumab combined with erlotinib in patients with non-small cell lung cancer., Yonesaka K, Hirotani K, von Pawel J, Dediu M, Chen S, Copigneaux C, Nakagawa K., Lung Cancer., 105, 1, 6,   2017年, 査読有り
  • Estimated risks of recurrence and mortality in lung cancer:comprehensive analysis by a population-based study., Junko Tanizaki, Hidetoshi Hayashi, Kazuhiko Nakagawa, Translational Cancer Research, 6, Suppl 1, S39, S41,   2017年, 査読有り
  • A randomized, open-label, phase III trial comparing amrubicin versus docetaxel in patients with previously treated non-small-cell lung cancer., H Yoshioka, N Katakami, H Okamoto, Y Iwamoto, T Seto, T Takahashi, N Sunaga, S Kudoh, K Chikamori, M Harada, H Tanaka, H Saito, H Saka, K Takeda, N Nogami, N Masuda, T Harada, H Kitagawa, H Horio, T Yamanaka, M Fukuoka, N Yamamoto, K Nakagawa., Ann Oncol., 28, 2, 285, 291,   2017年, 査読有り
  • Toxicity profile of epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors in patients with epidermal growth factor receptor gene mutation-positive lung cancer., Mol Clin Oncol. , 6, 1, 3, 6,   2017年, 査読有り
  • Significance of FGF9 gene in resistance to anti-EGFR therapies targeting colorectal cancer: A subset of colorectal cancer patients with FGF9 upregulation may be resistant to anti-EGFR therapies., Mol Carcinog, 56, 1, 106, 117,   2017年, 査読有り
  • 制吐薬適正使用ガイドラインに関するアンケート調査, 佐伯 俊昭, 田村 和夫, 相羽 惠介, 青儀 健二郎, 飯野 京子, 今村 知世, 江口 研二, 沖田 憲司, 加賀美 芳和, 田中 竜平, 中川 和彦, 藤井 博文, 朴 成和, 松浦 一生, 和田 信, 明智 龍男, 角道 祐一, 金 容壱, 佐々木 秀法, 志真 泰夫, 武田 真幸, 永崎 栄次郎, 西舘 敏彦, 齊藤 光江, 足利 幸乃, 谷川原 祐介, 平田 公一, 石岡 千加史, 西山 正彦, 制吐薬適正使用ガイドライン改訂ワーキンググループ, 癌と化学療法, 42, 3, 305, 311,   2015年03月, 査読有り
  • 胸膜に血行性転移をきたした膠芽腫の1例, 田崎 貴之, 奥田 武司, 岡本 邦男, 吉岡 宏真, 藤田 貢, 泉本 修一, 中川 和彦, 加藤 天美, 脳神経外科ジャーナル, 24, 3, 192, 198,   2015年03月, 査読有り
  • 肝硬変に伴う夜盲症に対して亜鉛とビタミンA製剤の静脈内投与を行った1例, 南 真弓, 國吉一樹, 櫻本宏之, 岡本邦男, 中川和彦, 下村嘉一, 眼科臨床紀要, 8, 3, 145, 150,   2015年03月, 査読有り
  • アレクチニブ(CH5424802/RO5424802)のALK融合遺伝子陽性非小細胞肺癌患者に対する第I/II相臨床試験の追跡データ(AF-001JP), 吉岡 弘鎮, 西尾 誠人, 木浦 勝行, 瀬戸 貴司, 中川 和彦, 前門戸 任, 井上 彰, 樋田 豊明, 田中 智宏, 田村 友秀, 肺癌, 54, 7, 892, 897,   2014年12月, 査読有り
  • 限局する嚢胞状の気管支拡張を伴い腫瘤影を呈した気管支結石の1例, 目崎 久美, 花岡 俊仁, 中川 和彦, 小林 成行, 福原 哲治, 小林 一泰, 白川 敦子, 日本臨床外科学会雑誌, 75, 9, 2247, 2451,   2014年09月, 査読有り
  • 尿タンパク試験紙にBence Jonesタンパクが反応することの検証, 井本真由美, 松村 到, 船内正憲, 中川和彦, 鮫島謙一, 前田裕弘, 森嶋祥之, 中江健市, 上硲俊法, 工藤正俊, 櫻林郁之介, 臨床化学, 43, 3, 217, 225,   2014年07月, 査読有り
  • 新規モータープロテイン阻害剤のドセタキセル耐性非小細胞肺がん細胞株における増殖抑制効果の検討, 洪 泰浩, 西尾 和人, 中川 和彦 , 近畿大学医学雑誌, 39, 1-2, 27, 37,   2014年06月, 査読有り
  • Chemotherapeutic drugs that penetrate the blood-brain barrier affect the development of hyperactive delirium in cancer patients., Matsuoka H, Yoshiuchi K, Koyama A, Otsuka M, Nakagawa K., Palliat Support Care., 1, 6,   2014年, 査読有り
  • 【高度進行食道癌に対する治療戦略】 一次治療が無効になった進行再発食道癌に対するネダプラチンを用いた化学療法, 仁科慎一, 上田眞也, 中川和彦, 消化器内科, 56, 6, 618, 623,   2013年06月, 査読有り
  • 進行肺腺癌を対象としたGefitinib/S-1併用療法第I相臨床試験, 清田秀美, 岡本 勇, 田中 薫, 林 秀敏, 寺嶋応顕, 藤阪保仁, 鶴谷純司, 宮崎昌樹, 倉田宝保, 中川和彦 , 近畿大学医学雑誌, 37, 3-4, 139, 147,   2012年09月, 査読有り
  • 当科における肺門および縦隔リンパ節腫大の診断におけるEBUS-TBNAの有用性の検討, 金田裕靖, 宮崎昌樹, 清田秀美, 田中 薫, 林 秀敏, 鶴谷純司, 倉田宝保, 岡本 勇, 中川 和彦, 気管支学, 34, 5, 423, 427,   2012年09月, 査読有り
  • ゲフィチニブ感受性株と耐性株における上皮間葉移行(EMT)の検討, 文田壮一, 岡本 勇, 岡本邦男, 岡本 渉, 中川和彦, 近畿大学医学雑誌, 37, 1-2, 21, 29,   2012年03月, 査読有り
  • 乳がんに対する化学療法の著効例, 寺嶋応顕, 鶴谷純司, 中川和彦, 臨床腫瘍プラクティス, 6, 4, 465, 468,   2010年11月, 査読有り
  • Retreatment of recurrent malignant pleural mesothelioma with cisplatin and pemetrexed, International Journal of Clinical Oncology., 15, 5, 497, 499,   2010年, 査読有り
  • 悪性胸膜中皮腫を対象としたLY231514(ペメトレキセド)とシスプラチン併用療法の安全性情報収集のための臨床試験, 福岡和也、本村文宏、國頭英夫、樋田豊明、中川和彦、玄馬顕一、新海哲、一瀬幸人、南部静洋、 中野孝司, 肺癌 , 49, 7, 988, 993,   2009年, 査読有り
  • Quality of life and disease-related symptoms in previously treated Japanese patients with non-small-cell lung cancer: results of a randomized phase III study (V-15-32) of gefitinib versus docetaxel., Annals of Oncology, 20, 9, 1483, 1488,   2009年, 査読有り
  • Matuzumab and cetuximab activate the epidermal growth factor receptor but fail to trigger downstream signaling by Akt or Erk., Int J Cancer, 122, 7, 1530, 1538,   2008年, 査読有り
  • 貧血を伴う肺癌患者に対するepoetin beta週1回皮下投与の薬物動態及び薬効の検討, 中川和彦,尾崎智博,佐藤太郎,宮崎昌樹,明石雄策,寺嶋応顕,藤阪保仁,田村友秀,福岡正博,西條長宏, 肺癌, 47, 4, 313, 322,   2007年, 査読有り
  • 学生の為の英語教材によるClinical Pathologiccal Conference (CPC) の効果, 前田裕弘,林孝治,川畑由美子,大野恭裕,北野雅之,宮本勝一,西郷和真,三井良之,佐藤太郎,岡本勇,中川和彦,佐野博幸,船内正憲,辰巳陽一,松尾理, 近畿大学医学雑誌, 32, 1, 57, 63,   2007年, 査読有り
  • Phase I Study of Combination Therapy with S-1 and Weekly Docetaxel for Advanced Gastric Cancer. , Anticancer Research, 27, 4C, 2657, 2666,   2007年, 査読有り
  • Phase I study of TZT-1027, a novel synthetic dolastatin 10 derivative and inhibitor of tubulin polymerization, which was administered to patients with advanced solid tumors on days 1 and 8 in 3-week courses. , Cancer Chemother Pharmacol., 60, 2, 285, 293,   2007年, 査読有り
  • The novel microtubule-interfering agent TZT-1027 enhances the anticancer effect of radiation in vitro and in vivo. , British Journal of Cancer., 96, 10, 1532, 1539,   2007年, 査読有り
  • Down-regulation of survivin by ultraviolet C radiation is dependent on p53 and results in G(2)-M arrest in A549 cells., 248, 2, 292, 298,   2007年, 査読有り
  • 新規抗がん剤TZT-1027の細胞周期に与える影響および放射線増感性についての検討, 明石雄策, 岡本勇, 鈴木実, 田村研治, 佐藤太郎, 中川和彦, 小野公二, 福岡正博, 近畿大学医学雑誌, 31, 4, 225, 231,   2006年12月, 査読有り
  • 婦人科癌として治療されていたEGFR mutation陽性肺腺癌の1例, 清水俊雄, 田村研治, 尾崎智博, 佐藤太郎, 岡本勇, 中川和彦, 光冨徹哉, 福岡正博, 分子呼吸器病, 10, 4, 319, 323,   2006年07月, 査読有り
  • ヒト肺癌細胞株におけるゲフィチニブ感受性とEGFR遺伝子変異、増幅、発現量との関連の検討, 寺嶋応顕, 岡本勇, 田村研治, 佐藤太郎, 岡部崇記, 中川和彦, 福岡正博, 近畿大学医学雑誌, 31, 2, 45, 52,   2006年06月, 査読有り
  • Pemetrexed-induced edema of the eyelid., Lung Cancer, 54, 2, 241, 242,   2006年, 査読有り
  • Is the Importance of Achieving Stable Disease Different between Epidermal Growth Factor Receptor Tyrosine Kinase Inhibitors and Cytotoxic Agents in the Second-Line Setting for Advanced Non-small Cell Lung Cancer? , Journal of Thoracic Oncology, 1, 7, 684, 691,   2006年, 査読有り
  • Phase II Study of Etoposide and Cisplatin With Concurrent Twice-Daily Thoracic Radiotherapy Followed by Irinotecan and Cisplatin in Patients With Limited-Disease Small-Cell Lung Cancer: West Japan Thoracic Oncology Group 9902. , J Clin Oncol., 20, 5247, 5252,   2006年, 査読有り
  • Phase I/II study of weekly docetaxel dose escalation in combination with fixed weekly cisplatin and concurrent thoracic radiotherapy in locally advanced non-small cell lung cancer., Cancer Chemother Pharmacol., 58, 3, 285, 291,   2006年, 査読有り
  • EGFR mutation in gefitinib-responsive small-cell lung cancer., Ann Oncol., 17, 6, 1028, 1029,   2006年, 査読有り
  • A phase II Study of the global dose and schedule of capecitabine in Japanese patients with metastatic colorectal cancer. , Hyodo,I., Shirao,K., Doi,T., Hatake,K., Arai,Y., Yamaguchi,K., Tamura,T., Takemiya,S., Takiuchi,H., Nakagawa,K., Mishima,H., Jpn J Clin Oncol, 36, 7, 410, 417,   2006年, 査読有り
  • A Phase I Study of Irinotecan in Combination with Amrubicin for Advanced Lung Cancer Patients.,, Kaneda,H., Kurata,T., Tamura,K., Uejima,H., Nakagawa,K., Fukuoka,M., Anticancer Res, 26, 3B, 2479, 2485,   2006年, 査読有り
  • Phase I and Pharmacokinetic Study of Combination Chemotherapy Using Irinotecan and Paclitaxel in Patients with Lung Cancer., Journal of Thoracic Oncology., 1, 3, 226, 230,   2006年, 査読有り
  • 非小細胞肺癌患者に対するGefitinib IDEAL 1試験の日本人サブセット解析, 西脇裕, 矢野聖二, 田村友秀, 中川和彦, 工藤新三, 宝来威, 野田和正, 高田一郎, 渡邊古志郎, 坂英雄, 武田晃司, 今村文生, 松井薫, 片上信之, 横山晶, 澤祥幸, 高田實, 木浦勝行, 杉浦孝彦, 福岡正博, 内田寛彦, 癌と化学療法, 31, 4, 567, 573,   2004年04月, 査読有り
  • Combination phase I study of nedaplatin and gemcitabine for advanced non-small-cell lung cancer., Br J Cancer, 90, 11, 2092, 2096,   2004年, 査読有り
  • Effect of re-treatment with gefitinib ('Iressa', ZD1839) after acquisition of resistance: , Kurata,T., Tamura,K., Kaneda,H., Nogami,T., Uejima,H., Asai,G., Nakagawa,K., Fukuoka,M. , Ann Oncol, 15, 1, 173, 174,   2004年, 査読有り
  • A new cytotoxic natural compound, induces apoptosis in cancer cells., Komiya,T., Fusetani,N., Matsunaga,S., Kubo,A., Kaye,F. J., Kelley,M. J., Tamura,K., Yoshida,M., Fukuoka,M., Nakagawa,K. Ritterazine B,, Cancer Chemother Pharmacol., 51, 3, 202, 208,   2003年, 査読有り
  • 新規血管新生阻害剤VGA1155における血管新生阻害効果と細胞増殖抑制効果についての検討, 築山正嗣, 西尾和人, 田村研治, 中川和彦, 福岡正博, 近畿大学医学雑誌, 27, 3-4, 215, 221,   2002年12月, 査読有り
  • 肺癌細胞におけるSulfonylurea receptor2遺伝子の発現誘導とアドリアマイシン耐性, 秋山慶太, 田村研治, 宮崎昌樹, 中川和彦, 福岡正博, 近畿大学医学雑誌, 27, 2, 69, 77,   2002年10月, 査読有り
  • 日本人進行性非小細胞肺癌患者におけるエルロチニブ単剤療法の第II相試験統合解析, 岡本浩明, 渡辺古志郎, 後藤功一, 田村友秀, 高橋利明, 一瀬幸人, 中川和彦, 畝川芳彦, 西條長宏, 福岡正博, 日本呼吸器学会誌, 1, 3, 190, 119,   2002年03月, 査読有り
  • Mutational analysis of the β-tubulin gene in lung cancer., Lung Cancer, 35, 1, 11, 16,   2002年, 査読有り
  • AUC finding Study of Daily Carboplatin Combined with Concurrent Thoracic Radiotherapy for Elderly Non-Small Cell Lung Cancer patients, 家田 泰浩, 山本信之, 中川 和彦, 西村 恭昌, 福岡 正博, Acta Med Kinki Univ Acta Med Kinki Univ, 26, 2, 35, 44,   2002年
    概要:CBDCAの投与量を, Calvert 式より総投与量を算出し,それを25分割し1回投与量とした,高齢者非小細胞肺癌(Non-Small Cell Lung Cancer:NSCLC)に対する少量Carboplatin(CBDCA)連日投与と胸部放射線療法(TRT)の治療方法は,高齢者NSCLCに対して,毒性を予測・制御でき,安全でかつ,治療効果を高めることが期待できると考えらる.
  • ヒト肺癌株移植ヌ-ドマウスにおけるゲフィチニブとビノレルビン併用における抗腫瘍効果の検討, 宮﨑 昌樹, 田村 研治, 米阪 仁雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 近畿大学医学雑誌, 28, 4, 337, 386,   2003年12月, 査読有り
  • small interfering RNAによるsurvivin 阻害が肺癌細胞株の増殖とアドリアマイシン感受性に与える影響, 米阪 仁雄, 田村 研治, 佐藤 太郎, 池田 昌人, 倉田 宝保, 野上 壽ニ, 中川 和彦, 福岡 正博, 近畿大学医学雑誌, 29, 3-4, 129, 137,   2004年12月
  • Prediction of sensitivity of advanced non-small cell lung cancers to gefitinib (Iressa, ZD1839), 柿内 聡司, 中川 和彦, 福岡 正博, 鶴尾 隆, 8名, Hum Mol Genet, 13, 24, 3029, 3043,   2004年, 査読有り
  • 分子標的薬gefitinibの使い方, 中川 和彦, 内科, 95, 1, 85, 91,   2005年
  • A phase I study of pemetrexed (LY231514) supplemented with folate and vitamin B12 in Japanese patients with solid tumours., 福岡 正博, 中川 和彦, 6名, Br J Cancer, 95, 6, 677, 682,   2006年, 査読有り
  • ゲフィチニブ(イレッサ?)の非盲検多施設国際共同による長期継続投与試験, 中川 和彦, 9名, 肺癌, 46, 4, 345, 352,   2006年08月, 査読有り
  • Clinical development of EGFR-tyrosine kinase inhibitors in Japan., 中川 和彦, Cancer Chemother Pharmacol., 58, 33, 37,   2006年, 査読有り
  • 学生のための英語教材によるClinical Pathological Conference(CPC)の効果, 前田 裕弘, 林 孝浩, 川畑 由美子, 大野 恭裕, 北野 雅之, 宮本 勝一, 西郷 和真, 三井 良之, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 佐野 博幸, 船内 正憲, 辰巳 陽一, 松尾 理, 近畿大医誌, 32, 1, 57, 63,   2007年
  • [がん分子標的治療の最先端] 低分子阻害剤 サバイビンを標的とした新しい分子標的薬剤 YM155, 佐藤 太郎, 中川 和彦, 医学のあゆみ, 224, 1, 93, 96,   2008年
  • Phase II study of combination therapy with S-1 and irinotecan for advanced non-small cell lung cancer: West Japan Thoracic Oncology Group 3505., 岡本 勇, 宮﨑 昌樹, 中川 和彦, Takashi Nishimura, Hiroshige Yoshioka, Akihito Kubo, Koji Takeda, Noriyuki Ebi, Shunichi Sugawara, Nobuyuki Katakam, Masahiro Fukuoka, Clinical Cancer Research, 14, 16, 5250, 5254,   2008年, 査読有り
  • Phase I Dose-escalation and Pharmacokinetic Trial of Lapatinib (GW572016), a Selective Oral Dual Inhibitor of ErbB-1 and -2 Tyrosine Kinases, in Japanese Patients with Solid Tumors., 中川 和彦, 植島 久雄, 倉田 宝保, 野上 壽二, 福岡 正博, Hironobu Minami Kenji Kawada Hirofumi Mukai, Masayuki Kanezaki Akihira Mukaiyama Yoshiyuki Minamide, Yasutsuna Sasaki, Jpn J Clin Oncol, 39, 2, 116, 123,   2008年, 査読有り
  • Pharmacokinetic analysis of carboplatin and etoposide in a small cell lung cancer patient undergoing hemodialysis, 竹澤 健, 岡本 勇, 福岡正博, 中川 和彦, Journal Thorac Oncology, 3, 9, 1073, 1075,   2008年, 査読有り
  • 併用化学療法, 武田 真幸, 中川 和彦, 日本臨床, 67, 1, 365, 368,   2009年01月
  • A phase I study of topotecan plus carboplatin for relapsed SCLC: WJTOG trial., 倉田 宝保, 佐藤 太郎, 中川 和彦, 福岡 正博, Kashii, Tatsuhiko Takeda, Koji Seki, Nobuhiko Tsuboi, Masahiro Kobayashi, Masashi, Journal of Thoracic Oncology, 4, 5, 664, 668,   2009年, 査読有り
  • Phase III study comparing second- and third-generation regimens with concurrent thoracic radiotherapy in patients with unresectable stage III non?small-cell lung cancer: West Japan Thoracic Oncology Group WJTOG0105., Yamamoto N, 西村 恭昌, 中川 和彦, 千葉 康敬, 福岡 正博, 植島 久雄, Tsujino K, Satouchi M, Kudo S, Hida T, Kawahara M, Takeda K, Katakami N, Sawa T, Yokota S, Seto T, Imamura F, Saka H, Iwamoto Y, Semba H, J Clin Oncol, 28, 23, 3739, 3745,   2010年, 査読有り
    概要:非小細胞肺がんに対する同時化学放射線療法のランダム化比較試験(WJTOG0105)の臨床結果を報告した。
  • Phase I Clinical and Pharmacokinetic Study of RAD001 (Everolimus) Administered Daily to Japanese Patients with Advanced Solid Tumors., 岡本 勇, 宮﨑 昌樹, 中川 和彦, Toshihiko Doi Atsushi Ohtsu, Asuka Tsuya, Katsutoshi Kurei Ken Kobayashi, Japanese Journal of Clinical Oncology, 40, 1, 17, 23,   2010年, 査読有り
  • Disturbance of the Growth Hormone-Insulin-like Growth Factor-1 Axis Associated with Poor Performance Status in Patients with Solid Tumors., 岡本 勇, 宮﨑 昌樹, 佐藤 太郎, 中川 和彦, Masaki Munakata Takenori Takahata Osamu Muto Yuh Sakata, Yasushi Takamatsu Kazuo Tamura, Kazuhiko Koike Kunihiko Ishitani, Taketo Mukaiyama, Japanese Journal of Clinical Oncology, 40, 3, 222, 226,   2010年, 査読有り
  • Phase I clinical and pharmacokinetic study of sorafenib in combination with carboplatin and paclitaxel in patients with advanced non-small cell lung cancer., 岡本 勇, 宮﨑 昌樹, 森永 亮太郎, 金田 裕靖, 上田 眞也, 長谷川 喜一, 佐藤 太郎, 川田 暁, 福岡 正博, 中川 和彦, K. Fukino T. Tanigawa, Investigational New Drugs, 28, 6, 844, 853,   2010年, 査読有り
  • Phase I Safety, Pharmacokinetic, and Biomarker Study of BIBF 1120, an Oral Triple Tyrosine Kinase Inhibitor in Patients with Advanced Solid Tumors., 岡本 勇, 金田 裕靖, 佐藤 太郎, 岡本 渉, 宮﨑 昌樹, 森永 亮太郎, 上田 眞也, 寺嶋 応顕, 津谷 あす香, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 中川 和彦, Akiko Sarashina Koichi Konishi, Rolf Kaiser, Molecular Cancer Therapeutics, 9, 10, 2825, 2833,   2010年, 査読有り
  • The emerging role of epidermal growth factor receptor (EGFR) inhibitors in first-line treatment for patients with advanced non-small cell lung cancer positive for EGFR mutations, 岡本 勇, 中川 和彦, 愛知がんセンター, 和泉市立病院, Therapeutic Advences in Medical Oncology, 2, 5, 301, 307,   2010年, 査読有り
  • 呼吸器系の症状・徴候と疾患 G血痰・喀血, 武田 真幸, 中川 和彦, 疾病と治療 I, 43, 44,   2010年
  • 肺癌臨床試験デザインとデータ解釈 -肺癌診療のEBM-, 武田 真幸, 中川 和彦, Medical Practice Medical Practice, 27, 7, 1121, 1125,   2010年
  • A phase I study of gemcitabine plus irinotecan for advanced NSCLC: Japan Clinical Oncology Group Trial (JCOG9904), 倉田 宝保, 小宮 武文, 鶴谷 純司, 宮﨑 昌樹, 田村 研治, 中川 和彦, 福岡 正博, Koji Takeda, Nobuyuki Yamamoto, Japanese Journal of Clinical Oncology, 40, 10, 992, 994,   2010年, 査読有り
  • Clinical impact of switching to a second EGFR-TKI after a severe AE related to a first EGFR-TKI in EGFR-mutated NSCLC., 武田 真幸, 岡本 勇, 鶴谷 純司, 大磯 直毅, 川田 暁, 中川 和彦, Jpn J Clin Oncol 2012, 42, 6, 528, 533,   2012年, 査読有り
  • A microarray-based gene expression analysis to identify diagnostic biomarkers for unknown primary cancer., Issei Kurahashi, 藤田 至彦, 荒尾 徳三, 倉田 宝保, 坂井 和子, 中川 和彦, 西尾 和人, Yasuhiro Koh Nobuyuki Yamamoto, Koji Matsumoto Maki Tanioka, Koji Takeda Asuka Tsuya, Yuichi Takiguchi, Nobuaki Matsubara Hirofumi Mukai , Hironobu Minami Naoko Chayahara, Yasuhiro Yamanaka , Keisuke Miwa, Shin Takahashi, Shunji Takahashi, PLoS One, 8, 5, 63249,   2013年, 査読有り
  • 肺癌細胞における各種抗癌剤によるトランスポーター遺伝子の発現誘導, 吉田誠, 西尾和人, 中川和彦, 福岡正博, 近畿大学医学雑誌, 26, 1, 9, 21,   2001年04月, 査読有り
  • 局所進行肺癌の集学的治療班 , 多田弘人, 貴志彰宏, 麻田博輝, 中川和彦, 福岡正博, 大阪市勤務医師会研究年報, 29, 191, 193,   2001年03月, 査読有り
  • 日本における臨床腫瘍研究 限局型小細胞肺癌に対するDose Intensive Weekly化学療法とCisplatin+Etoposide+胸部放射線同時照射併用のPilot Study, 礒部威, 福岡正博, 根来俊一, 杉浦孝彦, 河原正明, 工藤新三, 荒木潤, 中川和彦, 横崎典哉, 山木戸道郎, 有吉寛, 西日本肺癌治療共同研究グループ , 癌と化学療法, 27, 8, 1091, 1096,   2000年07月, 査読有り
  • プラチナ製剤または塩酸イリノテカンを含む非小細胞肺癌既化学療法例に対するDocetaxelのPilot Study, 家田泰浩, 山本信之, 坂井幸子, 吉田誠, 小宮武文, 野上壽二, 植島久雄, 中川和彦, 福岡正博 , 肺癌, 40, 3, 185, 189,   2000年06月, 査読有り
  • がん患者への臨床検査技師の取り組みを考える がん患者と家族を対象とした「がん治療と臨床検査」の講演後のアンケート報告から, 古垣内美智子, 今野元博, 金星智世, 米本圭佑, 鷹家優美子, 下川てるみ, 井本真由美, 森嶋祥之, 内藤昭智, 上硲俊法, 荷掛恵, 七條恵, 松林輝代子, 加戸聖美, 原聡, 中川和彦, 西村恭昌, 奥野清隆, 塩崎均, 癌と化学療法, 37, 3, 555, 558,   2000年03月, 査読有り
  • Phase I Trial of Oral 2’-Deoxy-2’-methylidenecytidine: On a Daily x 14-day Schedule., Masuda,N., Matsui,K., Yamamoto,N., Nogami,N., Nakagawa,K., Negoro,S, Takeda,K., Takifuji,N., Yamada,M., Kudoh,S., Okuda,T., Nemoto,S., Ogawa,K., Myobudani,H., Nihira,S., Fukuoka M. , Clinical Cancer Research, 6, 2288, 2294,   2000年, 査読有り
  • Phase I and Pharmacologic study of Docetaxel and Irinotecan in Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer. , Journal of Clinical Oncology, 18, 2996, 3003,   2000年, 査読有り
  • The p16 Status of Tumor Cell Lines Identifies Small Molecule Inhibitors specific for Cyclin-dependent Kinase 4., Clinical Cancer Research, 5, 4279, 4286,   1999年, 査読有り
  • Clinical significance of K-ras point mutations in advanced adenocarcinoma or large cell carcinoma of the lung. , Nakagawa,K., Hirashima,T., Nitta,T., Yoshikawa,A., Fukuoka,M., Ando,M., Kumamoto Medical Journal,, 46, 33, 39,   1999年, 査読有り
  • Point mutations of topoisomerase II alpha gene in patients with small cell lung cancer treated with etoposide. , Kubo,A., Yoshikawa,A., Hirashima,T., Masuda,M., Takada,M., Takahara,J., Fukuoka,M., Nakagawa,K. , Cancer Res, 56, 1232, 1236,   1996年, 査読有り
  • Genetic analysis of second primary lung cancers in patients surviving small cell lung cancer. , Kelley,M.J., Nakagawa,K., Conrad,M.K., LeRiche,J., Murray,N., Lee,J.S., Ro, J.Y., Shaw,E.G., Tucker,M.A., Johnson,B.E., Clin. Cancer Res, 2, 1103, 1105,   1996年, 査読有り
  • 肺癌患者におけるInformed Consent 大阪府立羽曳野病院第2内科における現状, 久保昭仁, 中川和彦, 宮本裕介, 他, 日本癌治療学会誌, 30, 4, 664, 679,   1995年04月, 査読有り
  • Measurement of cytokeratin 19 fragments as a marker of lung cancer by CYFRA 21-1 enzyme immunoassay., Takada,M., Masuda,N., Matsuura,E., Kusunoki,Y., Matsui,K., Nakagawa,K., Yana,T., Tuyuguchi,I., Oohata,I., Fukuoka,M., Br. J. Cancer, 71, 160, 165,   1995年, 査読有り
  • Relationship between the pharmacokinetics of irinotecan and diarrhea during combination chemotherapy with cisplatin., Kudoh,S., Fukuoka,M., Masuda,N., Yoshikawa,A., Kusunoki,Y., Matsui,K., Negoro,S., Takifuji,N., Nakagawa,K., Hirashima,T., Jpn. J. Cancer Res, 86, 406, 413,   1995年, 査読有り
  • Differential inactivation of CDKN2 and Rb protein in non-small-cell and small-cell lung cancer cell lines., Kelley,M.J., Nakagawa,K., Steinberg,S.M., Mulshine,J.L., Kamb,A., Johnson,B.E., J. Natl. Cancer Inst, 87, 756, 761,   1995年, 査読有り
  • Mechanism of inactivation of CDKN2 and MTS2 in non-small cell lung cancer and association with advanced stage. , Oncogene, 11, 1843, 1851,   1995年, 査読有り
  • Phase I and pharmacologic study of irinotecan and etoposide with recombinant human granulocyte colony-stimulating factor support for advanced lung cancer. , Masuda,N., Fukuoka,M., Kudoh,S., Matsui,K., Kusunoki,Y., Takada,M., Nakagawa,K., Hirashima,T., Tsukada,H., Yana,T., J. Clin. Oncol., 12, 1833, 1841,   1994年, 査読有り
  • Phase I study of irinotecan and cisplatin with granulocyte colony-stimulating factor supporty for advanced non-small cell lung cancer., J. Clin. Oncol, 12, 90, 96,   1994年, 査読有り
  • Spontaneous pneumothorax following partial resolution of total bronchial obstruction. , Nishioka,M., Fukuoka,M., Nakagawa,K., Matsui,K., Nakajima,T. , Chest, 104, 160, 163,   1993年, 査読有り
  • Phase I and pharmocologic study of irinotecan in combination with cisplatin for advanced lung cancer. , Masuda,N., Fukuoka,M., Kudoh,S., Kusunoki,Y., Kaoru,M., Takifuji,N., Nakagawa,K., Tamanoi,M., Nitta,T., Hirashima,T., Negoro,S., Takada,M., Br. J. Cancer, 68, 777, 782,   1993年, 査読有り
  • 小細胞肺癌の病期分類の検討 同側胸水例の取り扱いについて, 大森久紀, 松井薫, 中川和彦, 他, 日本胸部疾患学会雑誌, 30, 6, 1085, 1090,   1992年06月, 査読有り
  • Mechanism of crossresistance to a camptothecin analoque (CPT-11) in a human ovarian cancer cell line selected by cisplatin., Cancer Res., 52, 328, 333,   1992年, 査読有り
  • CPT-11 in combination with cisplatin for advanced non-small-cell lung cancer., J. Clin. Oncol., 10, 1775, 1780,   1992年, 査読有り
  • Participation of poly(ADP-ribose)polymerase in the drug sensitivity in human lung cancer cell lines., Kubo,S., Matsutani,M., Nakagawa,K., Ogura,T., Esumi,H., Saijo,N., J. Cancer Res. Clin. Oncol., 118, 244, 248,   1992年, 査読有り
  • 悪性腫瘍 肺癌 Medicament News, 中川和彦, 福岡正博, 1318, 36, 37,   1991年01月, 査読有り
  • Late toxicities and complications in three-year survivors of small cell lung cancer. , Oshita,F., Tamura,T., Kojima,A., Yamada,K., Fukuda,M., Nakagawa,K., Ohe,Y., Sasaki,Y., Eguchi,K., Tetsu,S., Ono,Y., Hara,K., Saijo,N., Eur. J. Cancer, 27, 237, 241,   1991年, 査読有り
  • Resistance to anticancer drugs in NIH3T3 cells transfected with c-myc and/or c-H-ras genes. , Niimi,S., Nakagawa,K., Yokota,J., Tsunokawa,Y., Nishio,K., Terashima,Y., Shibuya,M., Terada,M., Saijo,N., Br. J. Cancer, 63, 237, 241,   1991年, 査読有り
  • Redevelopment of small-cell lung cancer nine years after the start of therapy., Masuda,N., Fukuoka,M., Takada,M., Negoro,S., Matsui,K., Takifuji,N., Kudoh,S., Ito,K., Nakagawa,K., Kusunoki,Y., Am. J. Clin. Oncol., 14, 322, 327,   1991年, 査読有り
  • Establishment of tumor cell lines as an independent prognostic factor for survival time in patients with small cell lung cancer. , J. Natl. Cancer Inst, 83, 1743, 1748,   1991年, 査読有り
  • 剤耐性遺伝子MDR研究について, 森蔭俊彦, 中川和彦, 西條長宏, 実験医学, 8, 17, 2227, 2230,   1990年12月, 査読有り
  • 薬剤耐性因子としてのGlutathione S-Transferase π, 中川和彦, 西條長宏, 組織培養 , 16, 7, 235, 239,   1990年06月, 査読有り
  • シスプラチン耐性肺癌細胞株におけるシスプラチン耐性機構, 豊後雅巳, 中川和彦, 西條長宏, 癌と化学療法, 17, 3-2, 515, 516,   1990年03月, 査読有り
  • Lack of correlation between interferon levels induced by polyribonucleotides and their antimetastatic effect., S. Karger AG, Basel,, 47, 251, 256,   1990年, 査読有り
  • Cross-resistance to tumor promoters in human cancer cell lines resistant to adriamycin or cisplatin., Nishio,K., Sugimoto,Y., Nakagawa,K., Niimi,S., Fujiwara,Y., Bungo,M., Kasahara,K., Fujiki,H., Saijo,N., Br. J. Cancer,, 62, 415, 419,   1990年, 査読有り
  • Characterization of an etoposide-resistant human small-cell lung cancer cell line., Minato,K., Kanzawa,F., Nishio,K., Nakagawa,K., Fujiwara,Y., Saijo,N. , Cancer Chemother. Pharmacol.,, 26, 313, 317,   1990年, 査読有り
  • Establishment of a camptothecin analogue (CPT-11)-resistant cell line of human non-small cell lung cancer: Characterization and mechanism of resistance., Kanzawa,F., Sugimoto,Y., Minato,K., Kasahara,K., Bungo,M., Nakagawa,K., Fujiwara,Y., Liu,L.F., Saijo,N. , Cancer Res.,, 50, 5919, 5924,   1990年, 査読有り
  • Phase I study of combination therapy with interleukin 2 and b-interferon in patients with advanced malignancy., Tamura,T., Sasaki,Y., Shinkai,T., Eguchi,K., Sakurai,M., Fujiwara,Y., Nakagawa,K., Minato,K., Bungo,M., Saijo,N. , Cancer Res, 49, 730, 735,   1989年, 査読有り
  • Prognostic factors in small cell lung cancer: Multivariate analysis in the national cancer center hospital (Japan)., Shinkai,T., Sakurai,M., Eguchi,K., Sasaki,Y., Tamura,T., Fujiwara,Y., Fukuda,M., Yamada,K., Kojima,A., Sasaki,S., Soejima,Y., Akiyama,Y., Minato,K., Nakagawa,K., Ono,R., Saijo,N. , Jpn. J. Clin. Oncol., 19, 135, 141,   1989年, 査読有り
  • Control of cisplatin-induced delayed emesis with metoclopramide and dexamethasone: a randomized controlled trial., Shinkai,T., Saijo,N., Eguchi,K., Sasaki,Y., Tamura,T., Fujiwara,Y., Mae,M., Fukuda,M., Ohe,Y., Sasaki,S., Nakagawa,K., Hong,K.M. W.-S., Suemasu,K., Jpn. J. Cancer Res., 80, 783, 786,   1989年, 査読有り
  • Serial measurement of sister chromatid exchanges in the peripheral lymphocytes of patients with lung cancer receiving chemotherapy in relation to bone marrow toxicity. , Shinkai,T., Saijo,N., Eguchi,K., Sasaki,Y., Tamura,T., Fujiwara,Y., Kojima,A., Nakagawa,K., Minato,K., Nakajima,T., Suemasu,K., Jpn. J. Cancer Res., 80, 783, 786,   1989年, 査読有り
  • Characteristics of clinical and experimental resistance to cisplatin., Saijo,N., Nakagawa,K., Bungo,M., Sasaki,Y., Fujiwara,Y., Hong,W.-S., I NSERM/John Libbey Eurotext Ltd, 191, 315, 328,   1989年, 査読有り
  • In vitro evaluation of the new anticancer agents KT6149, MX-2, SM5887, menogaril and liblomycin using cisplatin- or adriamycin-resistant human cancer cell lines., Ohe,Y., Nakagawa,K., Fujiwara,Y., Sasaki,Y., Minato,K., Bungo,M., Niimi,S., Horichi,N., Terada,M., Saijo,N., Cancer Res, 49, 4098, 4102,   1989年, 査読有り
  • Application of miniaturized improved nucleic acid precursor incorporation assay to in vitro evaluation of new drugs., Nakano,H., Saijo,N., Nakagawa,K., Sasaki,Y., Fujiwara,Y., MInato,K., Bungo,M., Kasahara,K., Hong,W.-S., Cancer J, 2, 267, 270,   1989年, 査読有り
  • 『〔癌治療学(上)〕化学療法 化学療法剤とその薬理学 薬剤耐性機構, 中川和彦, 日本臨床, 46, 増刊, 164, 169,   1988年10月, 査読有り
  • 〔肺癌 最新の診療〕抗癌剤耐性肺癌細胞の分子生物学的研究の現状, 中川和彦, 藤原康弘, 佐々木康綱, 他, 臨床医, 14, 1, 24, 27,   1988年01月, 査読有り
  • Treatment for small cell lung cancer-present status and future prospects, Nagahiro Siajo,Tetsu Shinkai, Kenji Eguchi, Yasutuna Sasaki, Tomohide Tamura, Yasuhiro Fujiwara, Kazuhiko Nakagawa, Masaaki Fukuda, Koichi Minato and, Yuichiro Ohe., 癌と化学療法, 15, 4, 977, 983,   1988年, 査読有り
  • Cytogenetic effect of carboplatin of human lymphocytes., Sinkai,T., Saijo,N., Eguchi,K., Sasaki,Y., Tamura,T., Sakurai,M., Suga,J., Nakano,H., Nakagawa,K., Hong,W.-S., Nakajima,T., Cancer Chemother. Pharmacol, 21, 3, 203, 207,   1988年, 査読有り
  • Three schedules of recombinant human interleukin-2 in the treatment of malignancy: Side effects and immunologic effects in relation to serum level., Sano,T., Saijo,N., Sasaki,Y., Shinkai,T., Eguchi,K., Tamura,T., Sakurai,M., Takahashi,H., Nakano,H., Nakagawa,K., Hong,W.-S. , Jpn. J. Cancer Res.,, 79, 1, 131, 143,   1988年, 査読有り
  • Comparative study of the antitumor effect of two types of murine recombinant interferons, (b) and (g), against B16-F10 melanoma., Sakurai,M., Iigo,M., Tamura,T., Otsu,A., Sasaki,Y., Nakano,H., Nakagawa,K., Minato,K., Ohe,Y., Saijo,N., Cancer Immunol. Immunother.,, 26, 2, 109, 113,   1988年, 査読有り
  • The difference in surface phenotypes between cytotoxic lymphocytes induced in vivo by systemic administration of human recombinant interleukin-2 and lymphokine activated killer cells induced in vitro., Eur. J. Cancer Clin. Oncol, 24, 6, 1055, 1060,   1988年, 査読有り
  • Augmentation of colony formation of cultured cell lines by pleural effusion from patients with lung cancer., Ishihara,J., Saijo,N., Kanzawa,F., Matsushima,Y., Sasaki,Y., Takahashi,H., Nakano,H., Nakagawa,K., Hong,W.-S., Hoshi,A., Takahashi,T. , Eur. J. Cancer Clin. Oncol, 24, 3, 497, 498,   1988年, 査読有り
  • Invitro antitumor activity of mitomycin C derivative (RM-49) and new anticancer antibiotics (FK973) against lung cancer cell lines determined by tetrazolium dye (MTT) assay., Horiuchi,N., Nakagawa,K., Sasaki,Y., Minato,K., Fujiwara,Y., Nezu,K., Ohe,Y., Saijo,N., Cancer Chemoter. Pharmacol., 22, 3, 246, 250,   1988年, 査読有り
  • 〔変貌する癌化学療法 研究・治療の最前線〕 In vitro 抗癌剤感受性テスト-その現況と今後の展望, 中川和彦,西條長宏 ,  医学のあゆみ, 141, 9, 533, 537,   1987年, 査読有り
  • In vitro colony inhibition of carboplatin against stomach and lung cancer cell lines in comparison with cisplatin., Takahashi,H., Sasaki,Y., Saijo,N., Sakurai,M., Nakano,H., Nakagawa,K., Hoshi,A., Jett,J.R., Hong,W.-S., Cancer Chemoter. Pharmacol., 10, 197, 200,   1987年, 査読有り
  • Prediction of hematologic toxicity of carboplatin by creatinine clearance rate., Taguchi,J., Saijo,N., Miura,K., Shinkai,T., Eguchi,K., Sasaki,Y., Tamura,T., Sakurai,M., Minato,K., Fujiwara,Y., Nakano,H., Nakagawa,K., Hong,W.-S., Jpn. J. Cancer Res, 78, 9, 977, 982,   1987年, 査読有り
  • In vitro antitumor effect of recombinant human tumor necrotizing facotor on cultured human tumor clonogenic assay. , Invest New Drugs, 5, 4, 353, 359,   1987年, 査読有り
  • Chemotherapy for small cell lung cancer., Saijo,N., Shinkai,T., Eguchi,K., Sasaki,Y., Tamura,T., Sakurai,M., Takahashi,H., Nakano,H., Nakagawa,K., Hong,W.S., Fukuoka,M., Furuse,K., Nishiwaki,Y., Ikegami,H., Suemasu,K., Excerpta Medica, 2, 162, 172,   1987年, 査読有り
  • Antitumor activity of quinocarmycin aginst carcinoma of the lung in human tumor clon ogenic assay., Kanzawa,F., Matsushima,Y., Nakano,H., Nakagawa,K., Takahashi,H., Terada,M., Morinaga,S., Tsuchiya,R., Sasaki,Y., Saijo,N., J. Pharmacobio-Dyn, 10, 9, 431, 435,   1987年, 査読有り
  • Comparative studies of pulse and continuous exposure in human tumor clonogenic assay., Kanzawa,F., Matsushima,Y., Chiang,C.-D., Nakano,H., Nakagawa,K., Takahashi,H., Sasaki,Y., Saijo,N., J. Pharmacobio-Dyn, 10, 9, 449, 451,   1987年, 査読有り
  • A new antitumor antibiotic FR66973: clonogenic in vitro assessment of activity against human non-small cell lung carcinoma., Kanzawa,F., Matsushima,Y., Chiang,C.-D., Nakano,H., Nakagawa,K., Takahashi,H., Morinaga,S., Tsuchiya,R., Sasaki,Y., Eguchi,K., Saijo,N., Invest New drugs, 5, 4, 339, 343,   1987年, 査読有り
  • The colony inhibition of a new chemotherapeutic agent (KW2152) agaist human lung cancer cell lines., Jett,J.R., Saijo,N., Hong,W.-S., Sasaki,Y., Takahashi,H., Nakano,H., Nakagawa,K., Sakurai,M., Suemasu,K., Terada,M. , Invest New Drugs, 5, 2, 155, 159,   1987年, 査読有り
  • The different effects of recombinant human tumor necrosis factor of rat fibrosarcoma sublines. , Ishihara,J., Saijo,N., Sasaki,S., Nakano,H., Ozaki,A., Takahashi,H., Sakurai,M., Nakagawa,K., Iigo,M., Kanzawa,F., Hoshi,A., Hong,W.-S.,Jett, J.R., Takahashi,T. , Cancer Immunol. Immunother., 24, 3, 185, 189,   1987年, 査読有り
  • A case report of adenocarcinoma of the lung which was successfully treated by chemotherapy with patient survival without recurrence for more than three years. , Akiba,T., Saijo,N., Miyamoto,K., Sakurai,M., Tamura,T., Sasaki,Y., Eguchi,K., Shinkai,T., Uei,Y., Fujiwara,Y., Nakano,H., Nakagawa,K., Hong,W.-S., Jpn. J. Clin. Oncol., 17, 2, 165, 172,   1987年, 査読有り
  • 肺癌細胞株におけるultraviolet C照射時のsurvivin発現調節機構とその生物学的役割, 池田昌人, 岡本勇, 田村研治, 佐藤太郎, 寺嶋応顕, 明石雄策, 米阪仁雄, 野上壽二, 中川和彦, 福岡正博, 近畿大学医学雑誌, 30, 2, 19, 25, 査読有り

書籍等出版物

  • 入門腫瘍内科学, 西條 長宏, 中川 和彦, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 石岡 千加史, 田村 和夫, 南 博信, 古瀬 純司, 赤座 英之, 中西 洋一, 木浦 勝行 他 約70名, 共著, 篠原出版新社,   2009年

講演・口頭発表等

  • 高齢者切除不能非小細胞肺癌に対する、胸部放射線療法と少量carboplatinのdose finding study, 家田 泰浩, 山本信之, 吉田 誠, 川合右展, 中川 和彦, 東田 有智, 福岡 正博, 第38回日本肺癌学会総会,   1997年11月, 第38回日本肺癌学会総会
    概要:CBDCAの投与量を, Calvert 式より総投与量を算出し,それを25分割し1回投与量とした,高齢者非小細胞肺癌(Non-Small Cell Lung Cancer:NSCLC)に対する少量Carboplatin(CBDCA)連日投与と胸部放射線療法(TRT)の治療方法は,高齢者NSCLCに対して,毒性を予測・制御でき,安全でかつ,治療効果を高めることが期待できると考えらる.
  • プラチナ製剤または塩酸イリノテカンを含む非小細胞肺癌既化学療法に対するDocetaxelのPilot study, 家田 泰浩, 山本信之, 吉田 誠, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 第46回日本化学療法学会総会,   1998年06月, 第46回日本化学療法学会総会
  • 高齢者限局型非小細胞肺癌(NSCLC)に対する少量カルボプラチン(CBDCA)連日投与と同時胸部放射線療法におけるCDBCAのAUC escalation study, 家田 泰浩, 山本信之, 吉田 誠, 小宮 武文, 野上 壽二, 中川 和彦, 西村 恭昌, 福岡 正博, 山田政司 工藤新三, 第39回日本呼吸器学会総会,   1999年03月, 第39回日本呼吸器学会総会
    概要:CBDCAの投与量を, Calvert 式より総投与量を算出し,それを25分割し1回投与量とした,高齢者非小細胞肺癌(Non-Small Cell Lung Cancer:NSCLC)に対する少量Carboplatin(CBDCA)連日投与と胸部放射線療法(TRT)の治療方法は,高齢者NSCLCに対して,毒性を予測・制御でき,安全でかつ,治療効果を高めることが期待できると考えらる.
  • 高齢者限局型非小細胞肺癌に対する少量カルボプラチン連日投与と同時放射線療法におけるカルボプラチンのAUCescalation study, 家田 泰浩, 山本信之, 吉田 誠, 野上 壽二, 小宮 武文, 中川 和彦, 西村 恭昌, 福岡 正博, 山田政司 工藤新三, 35th ASCO,   1999年05月, 35th ASCO
  • 高齢者限局型非小細胞肺癌(NSCLC)に対する少量カルボプラチン(CBDCA)連日投与と同時胸部放射線療法におけるCDBCAのAUC escalation study, 家田 泰浩, 山本信之, 吉田 誠, 小宮 武文, 野上 壽二, 中川 和彦, 西村 恭昌, 福岡 正博, 山田政司 工藤新三, 第40回日本肺癌学会総会,   1999年10月, 第40回日本肺癌学会総会
    概要:CBDCAの投与量を, Calvert 式より総投与量を算出し,それを25分割し1回投与量とした,高齢者非小細胞肺癌(Non-Small Cell Lung Cancer:NSCLC)に対する少量Carboplatin(CBDCA)連日投与と胸部放射線療法(TRT)の治療方法は,高齢者NSCLCに対して,毒性を予測・制御でき,安全でかつ,治療効果を高めることが期待できると考えらる.
  • 非小細胞肺がんに関するWeekly Cisplatin + Docetaxel concurrent thoracic radiotherapy の第I/II相試験, 山本 信之, 福岡 正博, 中川 和彦, 西村 恭昌, 中松 清志, 2名, 第9回京都放射線腫瘍研究会,   2000年01月, 第9回京都放射線腫瘍研究会
    概要:切除不能III期非小細胞肺がんに対して化学療法(シスプラチン+ドセタキセル)と胸部放射線との同時併用療法の用量設定試験を行ったので、その結果を発表した。
  • 未治療限局型小細胞肺癌に対するTrimodality の pilot Study, 森山 あづさ, 福岡 正博, 中川 和彦, 原 聡, 西村 恭昌, 山本 信之, 浅井 暁, 武田 晃司, 根来 俊一, 多田 弘人, 第40回日本呼吸器学会総会,   2000年03月, 第40回日本呼吸器学会総会
    概要:限局型小細胞肺癌に対しPE併用化学療法とAHF法による同時放射線療法を行い、さらに外科的治療を加えるTrimodality therapy を9症例に対して行った。本治療法の安全性、病理学的所見について報告した。
  • 進行非小細胞肺癌に対するドセタキセル+シスプラチンとCPT-11+シスプラチンの比較第II相試験, 武田 晃司, 福岡 正博, 中川 和彦, 山本 信之, 根来 俊一, 松井 薫, 河原 正明, 高田 佳木, 有吉 寛, 36th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology,   2000年05月, 36th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology
    概要:西日本肺癌治療共同研究グループ(WJTOG)で行ったIIIB、IV期の非小細胞肺癌を対象としたドセタキセル+シスプラチンとイリノテカン+ドセタキセルの無作為化比較第II相試験の結果を報告した。奏効率、生存期間に差を認めなかった。
  • シスプラチンとドセタキセル2剤併用週1回投与の第I相試験, 梁 尚志, 福岡 正博, 中川 和彦, 高田 實, 山本 信之, 2名, 36th Annual Meeting of the American Society,   2000年05月, 36th Annual Meeting of the American Society
    概要:IIIB、IV期の非小細胞肺癌を対象としドセタキセルとシスプラチン2剤の週1回投与による第I相試験を行い、シスプラチン25mg/m2とドセタキセル45mg/m2が最大耐量であることを報告した。
  • 高齢者非小細胞肺癌に対するドセタキセルの第II相試験, 吉村 成央, 福岡 正博, 中川 和彦, 工藤 新三, 根来 俊一, 瀧藤 伸英, 36th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology,   2000年05月, 36th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology
    概要:70才以上の高齢者非小細胞肺癌患者30例を対象にドセタキセル60mg/cm23週毎に投与し、17.9%の奏効率、1年生存率48%の成績を報告した。
  • NON-プラチナムトリプレットレジメンの第I相試験, 山本 信之, 福岡 正博, 森山 あづさ, 小宮 武文, 植島 久雄, 中川 和彦, 浅井 暁, 秋山 慶太, 3名, 第14回進行肺癌治療懇話会,   2000年06月, 第14回進行肺癌治療懇話会
    概要:プラチナ製剤を含まない3剤の抗がん剤(ビノレルビン+ジェミシタビン+パクリタキセル)の第I相試験について報告した。
  • 気管、肺転移を認めた食道原発のMalignant melanoma の1例, 森山 あづさ, 福岡 正博, 中川 和彦, 小宮 武文, 植島 久雄, 山本 信之, 1名, 第23回日本気管支学会総会,   2000年06月, 第23回日本気管支学会総会
    概要:2年前食道原発の悪性黒色腫に対し食道全摘術を受けた64歳男性に対し気管、肺転移を認めたためDAC-Tam化学療法を1コース行うも再増悪した。軌道確保目的でDumon型ステント挿入後、放射線照射を行い奏効した症例報告
  • 小細胞肺癌脳転移例に対する全身化学療法の検討, 秋山 慶太, 福岡 正博, 中川 和彦, 山本 信之, 第161回日本内科学会近畿地方会,   2000年06月, 第161回日本内科学会近畿地方会
    概要:小細胞肺癌において脳転移に化学療法が有効であるとされており全身化学療法が行われる。今回1997年1月~2000年3月までに当科に入院した小細胞肺癌脳転移例について抗癌剤の効果、予後、再発形式などを検討した。
  • 癌抑制遺伝子TSG101の肺癌における遺伝子異常, 植島 久雄, 福岡 正博, 小宮 武文, 中川 和彦, 根来 俊一, 多田 弘人, 第72回日本肺癌学会関西支部会,   2000年07月, 第72回日本肺癌学会関西支部会
    概要:新しい癌抑制遺伝子であるTSG101の肺癌における異常について検索した。37手術検体中21検体、8細胞株中6細胞株において正常の長さのDNAフラグメントとともにそれより短い欠夫を伴ったDNAフラグメントをRT-PCRにて認めた。
  • 非小細胞肺癌脳転移例に対するCDDP+CPT-11併用化学療法、同時全脳照射のPilot Study, 森山 あづさ, 福岡 正博, 植島 久雄, 小宮 武文, 中川 和彦, 山本 信之, 秋山 慶太, 浅井 暁, 4名, 第55回日本呼吸器学会地方会,   2000年07月, 第55回日本呼吸器学会地方会
    概要:6例の神経症状を有する非小細胞肺癌脳転移例に対してCDDP+CPT-11併用化学療法を2コース施行し、同時に全脳照射を加えるPilot Study を行った。副作用、治療反応ならびに治療のfeasiobilityについて報告する。
  • 新規抗がん剤ritterazine B, 小宮 武文, 福岡 正博, 中川 和彦, 鶴谷 純司, 吉田 誠, 植島 久雄, 山本 信之,   2000年07月
    概要:新規抗がん剤ritterazine B
  • 分子標的薬剤の臨床開発, 福岡 正博, 中川 和彦, 第59回日本癌学会総会,   2000年10月, 第59回日本癌学会総会
    概要:最近臨床試験に導入された分子標的治療薬として、MMP阻害剤、EGFR阻害剤、VEGFR阻害剤、Farnesy1 Transferace阻害剤、Cycline-dependent阻害剤などについて効果、毒性、今後の展望について述べた。
  • 進行非小細胞肺癌に対するドセタキセル+シスプラチンとCPT-11+シスプラチンの無作為化第II相試験, 山本 信之, 福岡 正博, 中川 和彦, 根来 俊一, 6名, 25th Cogress of the European Society for Medical Oncology,   2000年10月, 25th Cogress of the European Society for Medical Oncology
    概要:West Japan Thoracic oncology group (WJTOG) で行った進展型非小細胞肺癌を対象としたドセタキセル+シスプラチンとドセタキセル+CPT-11の無作為化第II相試験の結果を報告した。
  • 固形癌患者に対するZD1839(Iressa) 間欠投与の臨床第I相試験, 植島 久雄, 福岡 正博, 中川 和彦, 田村 友秀, 工藤 新三, 吉村 成央, 根来 俊一, 武田 晃司, 2名, 第25回ESMO(ヨーロッパ臨床腫瘍学会),   2000年10月, 第25回ESMO(ヨーロッパ臨床腫瘍学会)
    概要:肺癌を中心として固形癌患者にZD1839の間欠投与第I相試験を施行した。非小細胞肺癌にて4例の奏効例を認め、毒性は皮膚症状、消化器症状を認めるが、血液毒性はほとんどなく、重篤な毒性は認められなかった。
  • 未治療限局型小細胞肺癌に対するTrimodality Therapy の Pilot Study, 森山 あづさ, 福岡 正博, 植島 久雄, 中川 和彦, 原 聡, 西村 恭昌, 山本 信之, 第38回日本癌治療学会総会,   2000年10月, 第38回日本癌治療学会総会
    概要:限局型小細胞肺癌に対し、PE(CDDP、VP-16)併用化学療法とAHF法による同時放射線療法を行いさらに外科的治療を加えたTrimodality Therapy を9例に対して行った。本治療法の安全性及び生存について報告する。
  • 局所進行非小細胞肺癌に対するWeekly Taxotere (TXT) + Cisplatin (CDDP) と胸部放射線療法の第I相試験, 森山 あづさ, 福岡 正博, 小宮 武文, 中川 和彦, 山本 信之, European society medical oncology congress2000,   2000年10月, European society medical oncology congress2000
    概要:局所進行型非小細胞肺癌患者におけるTXT、CDDPの毎週投与(6回)と胸部放射線治療の併用療法における抗癌剤の最大耐用量(MTD)、推奨投与量(RD)、用量制限毒制(DLT)の決定と奏効率、生存期間の観察を行った。
  • 再発、治療抵抗性小細胞肺癌に対するWeekly Taxol の治療効果の検討, 秋山 慶太, 福岡 正博, 中川 和彦, 植島 久雄, 小宮 武文, 森山 あづさ, 山本 信之, 5名, 第59回日本癌学会総会,   2000年10月, 第59回日本癌学会総会
    概要:再発ないし前治療無効の小細胞肺癌に対するPaclitaxel Weekly 化学療法の抗腫瘍効果と安全性を検討し報告した。
  • Selenium Detector Radiographyにおける小型肺腫瘤影の検出, 清水 俊雄, 福岡 正博, 中川 和彦, 山上 冨美子 西野 朋子 葛本 佳正 , 粟井 和夫 堀 信一, 第38回日本癌治療学会総会,   2000年10月, 第38回日本癌治療学会総会
    概要:Selenium Detector Radiographyにおける小型肺腫瘤影の検出
  • 固形癌患者に対するZD1839(Iressa)の間欠投与時の臨床第I相試験, 山本 信之, 福岡 正博, 中川 和彦, 根来 俊一, 3名, 第41回日本肺癌学会総会,   2000年11月, 第41回日本肺癌学会総会
    概要:新規抗癌剤であるZD1839の第I相試験の結果を報告した。
  • 再発しない前治療無効小細胞肺癌に対する塩酸イリノテカンとドキソルビシン併用第II相試験, 植島 久雄, 福岡 正博, 小宮 武文, 中川 和彦, 森山 あづさ, 山本 信之, 根来 俊一, 瀧藤 伸英, 武田 晃司, 4名, 第41回日本肺癌学会総会,   2000年11月, 第41回日本肺癌学会総会
    概要:再発および前治療無効小細胞肺癌に対し、本治療施行した。29例中14例に効果を認め、奏効率は48%、中間生存期間は6.5ヶ月で有った、毒性は治療関連死を1例認めたが、他の症例では耐用可能なものであった。
  • 局所進行型非小細胞肺がんに対するWeekly Taxotere(TXT)+Cisplatin(CDDP)と胸部放射線の同時併用療法の第1相試験, 野上 壽二, 中川 和彦, 植島 久雄, 森山あづさ, 福岡 正博, 8名, 第41回日本肺癌学会総会,   2000年11月, 第41回日本肺癌学会総会
  • 再発進行癌に対するsecond-line weekly docetaxel のphase I/II study, 清水 俊雄, 福岡 正博, 中川 和彦, 梁 尚志 高田 実, 山本 信之, 第41回肺癌学会総会,   2000年11月, 第41回肺癌学会総会
    概要:再発進行癌に対するsecond-line weekly docetaxel のphase I/II study
  • 太陽原発神経内分泌腫瘍の1例, 尾崎 智博, 福岡 正博, 森山 あづさ, 小宮 武文, 植島 久雄, 中川 和彦, 東田 有智, 4名, 第56回日本呼吸器学会近畿地方会,   2000年12月, 第56回日本呼吸器学会近畿地方会
    概要:表在及び縦隔リンパ節腫張、皮下及び骨転移、大腫腫瘍を認めた70際の男性で、最終診断は非常に稀である大腫原発神経内分泌腫瘍、また化学療法が奏効し、PS4から1に改善した症例を経験
  • 前治療無効及び再発進行肺癌に対するsecond line CBDCA+weekly Paclitaxelの phase I試験, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 3名, 第73回日本肺癌学会関西支部会,   2001年01月, 第73回日本肺癌学会関西支部会
  • 非小細胞肺癌脳転移症例に対するRadiosurgeryの有用性の検討 , 上田 朋子, 清水 俊雄, 森 富美子, 金田 裕靖, 森田 泰慶, 葛本 佳正, 中川 和彦, 福岡 正博, 第73回日本肺癌学会関西支部会,   2001年01月, 第73回日本肺癌学会関西支部会
  • 新世紀を迎えた肺癌治療の展開, 小宮 武文, 福岡 正博, 中川 和彦, 日本呼吸器学会総会,   2001年03月, 日本呼吸器学会総会
    概要:新世紀を迎えた肺癌治療の展開 (6) 癌分子標的治療の現状と展望
  • Induction of MRP5/SMRP m RNA by adriamycin exposure and its overexpression in human lung cancer cells resistant to adriamycin., 鶴谷 純也, 西尾 和人, 吉田 誠, 畑下恵理奈, 小宮 武文, 中川 和彦, 福岡 正博, Akutagawa, S. Koh, Y. Saijo, N., Suzuki, T. , AACR Annual Meeting,   2001年03月, AACR Annual Meeting
  • 局所進行型非小細胞肺がんに対するweekly taxotere + cisplatinと胸部放射線の同時併用第I相試験, 山本 信之, 福岡 正博, 中川 和彦, 植島 久雄, 小宮 武文, 第98回日本内科学会総会,   2001年04月, 第98回日本内科学会総会
    概要:StageIII A/B期の非小細胞肺がんに対するタキソテア+シスプラチンと胸部放射線の同時併用療法における抗がん剤の至適投与法について発表した。
  • 肺癌化学療法における新戦略と支持療法, 中川 和彦, 5th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society Granocyte Satellite Symposium,   2001年04月, 5th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society Granocyte Satellite Symposium
  • カルバート式を用いたCarboplatin のクリアランス計算における蓄尿法とCockcroft法、Jellife法の比較, 山本 信之, 福岡 正博, 中川 和彦, 2名, 第57回日本呼吸器学会近畿地方会,   2001年07月, 第57回日本呼吸器学会近畿地方会
    概要:カルボプラチンの投与量を計算するためのそれぞれの式の差を検討した。
  • 検診CTで発見された診断困難な陰影を呈し、Ctにおける経過が追えた微小肺腺癌, 山藤 緑, 倉田 宝保, 秋山 慶太, 森山 あづさ, 田村 研治, 小宮 武文, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 白石 治, 原 聡, 第74回日本肺癌学会関西支部会,   2001年07月, 第74回日本肺癌学会関西支部会
  • 切除不能局所進行型非小細胞肺癌に対するweekly CPT-11 + CBDCA + concurrent thoracic radiotherapy のpilot study, 植島 久雄, 福岡 正博, 中川 和彦, 野上 壽二, 西村 恭昌, 森山 あづさ, 小宮 武文, 山本 信之 浅井 暁, 2名, 第60回日本癌学会,   2001年09月, 第60回日本癌学会
    概要:切除不能III期非小細胞肺癌に対し、塩酸イリノテカン及びカルボプラチンの毎週投与と60Gyの放射線併用療法について効果、安全性を報告した。奏効率は83%で、重篤な副作用はなく、有用と考えられた。
  • 固形癌に対するタキソール、ゲムシタビン、ビノレルビン併用化学療法の併用第一相試験, 植島 久雄, 森山 あづさ, 田村 研治, 倉田 宝保, 小宮 武文, 中川 和彦, 福岡 正博, 浅井 暁 山本 信之, 第42回日本肺癌学会総会,   2001年11月, 第42回日本肺癌学会総会
    概要:固形癌に対するタキソール、ゲムシタビン、ビノレルビン併用化学療法での最大耐用量はそれぞれ1000/25/60mg/m/weekであり用量制限毒性は発熱性好中球減少症であった。
  • 未治療進行非小細胞肺癌に対するGemcitabine+Vinorelbineの第1相試験(WJTOG9908), 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 9名, 第42回日本肺癌学会総会,   2001年11月, 第42回日本肺癌学会総会
  • 前治療無効及び再発進行肺癌に対するsecond lineCBDCA+weekly Paclitaxelのphasel試験, 野上 壽二, 宮﨑 昌樹, 明石 雄策, 中川 和彦, 福岡 正博, 4名, 第42回日本肺癌学会総会,   2001年11月, 第42回日本肺癌学会総会
  • 標準的治療のない癌患者に対するシスプラチンとWeeklyパクリタキセルにおける臨床第1相試験, 宮﨑 昌樹, 野上 壽二, 明石 雄策, 中川 和彦, 福岡 正博, 4名, 第42回日本肺癌学会総会,   2001年11月, 第42回日本肺癌学会総会
  • Pharmacokinetic / pharmacodynamic study of weekly cisplatin plus docetaxel, 清水 俊雄, 福岡 正博, 中川 和彦, 池田 昌人 梁 尚志 高田 実 , 山本 信之, 第42回肺癌学会総会,   2001年11月, 第42回肺癌学会総会
    概要:Pharmacokinetic / pharmacodynamic study of weekly cisplatin plus docetaxel
  • 未治療限局型小細胞肺癌に対する化学療法+放射線療法+外科療法によるtrimadality therapy のpilot study, 原 聡, 廣畑 健, 南 憲司, 大塚 浩史, 塩﨑 均, 森山 あづさ, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 西村 恭昌, 第42回日本肺癌学会,   2001年11月, 第42回日本肺癌学会
    概要:未治療限局型小細胞肺癌に対して化学療法+放射線療法+外科療法によるtrimadality therapy のを施行したpilot studyの治療成績を報告した。
  • 検診CTで発見された診断困難な陰影を呈し、CTにおける経過が追えた微小肺腺癌の一例, 上田 朋子, 明石雄策, 大森 隆, 金田 裕靖, 佐藤 隆司, 倉田 宝保, 中川 和彦, 東田 有智, 福岡 正博, 原 聡, 第42回日本肺癌学会総会,   2001年11月, 第42回日本肺癌学会総会
  • 各計算法によるカルボプラチン投与量の差についての検討, 金田 裕靖, 山本信之, 浅井 暁, 植島 久雄, 野上 壽二, 倉田 宝保, 田村研治, 米阪 仁雄, 秋山 慶太, 中川 和彦, 福岡 正博, 1名, 第42回日本肺癌学会総会,   2001年11月, 第42回日本肺癌学会総会
  • A phase I, pharmacokinetic (PK) and pharmacodynamic (PD) study of the farnesyl transferase inhibitor (FTI) R115777 in Japanese patients with advanced non-hematological malignancies., 中川 和彦, 西尾 和人, 山本信之, 福岡 正博, Ohashi, Y., End, D. Bol, K. Ito, H. , 2001 American Society Clinical Oncology meeting A317, 2001.,   2001年, 2001 American Society Clinical Oncology meeting A317, 2001.
  • Phase I and pharmacokinetic study of CPT-11 and Taxol in patients with lung cancer., 倉田 宝保, 米阪 仁雄, 田村 研治, 秋山 慶太, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 浅井暁 山本信之 , 日本肺癌学会,   2001年, 日本肺癌学会
  • Phase I and pharmacokinetic study of CPT-11 and Taxol in patients with lung cancer. , 倉田 宝保, 米阪 仁雄, 秋山 慶太, 田村 研治, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 浅井暁 山本信之, 日本癌治療学会,   2001年, 日本癌治療学会
  • A phase Ⅰ, pharmacokinetic (PK) and pharmacodynamic (PD) study of the farnesyl transferase inhibitor (FTI) R115777 in Japanese patients with advanced non-hematological malignancies, 中川 和彦, 西尾 和人, 福岡 正博, Yanmamoto N, Ohashi Y, End D, Bol K, Ito H,, American Society of Clinical Oncology,,   2001年, American Society of Clinical Oncology,
  • Farnesy1 transferase inhibitor (FTI): R115777., 中川 和彦, The 6th International Symposium on Cancer Chemotherapy,   2001年, The 6th International Symposium on Cancer Chemotherapy
  • 高齢者ED-SCLCの再発例に対して、トポテカン単剤化学療法が安全に施行できた症例, 北口 佐也子, 田村 研治, 倉田 宝保, 植島 久雄, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 第75回日本肺癌学会関西支部会,   2002年02月, 第75回日本肺癌学会関西支部会
  • 放射線肺臓炎を誘発するCRT-11の投与量に関する検討, 佐藤 隆司, 田村 研治, 植島 久雄, 野上 壽二, 倉田 宝保, 秋山 慶太, 中川 和彦, 福岡 正博, 第42回日本呼吸器学会総会,   2002年04月, 第42回日本呼吸器学会総会
  • 電子スコープ(LTF240)を用いた局所麻酔下胸腔鏡検査の使用経験, 植島 久雄, 倉田 宝保, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 田村 研治, 小宮 武文, 宮﨑 昌樹, 山本 信之 浅井 暁, 第25回日本気管支学会総会,   2002年05月, 第25回日本気管支学会総会
    概要:確定診断の困難な胸膜炎症例に対して、新しく開発された電子スコープLTF240を用いて局所麻酔下に胸腔鏡検査を施行した。スコープは操作性に優れたものであり、全症例において確定診断がなされ、安全性にも問題がなかった。
  • CRT-11を用いた放射線化学療法時における放射線肺臓炎の危険因子の検討, 佐藤 隆司, 田村 研治, 植島 久雄, 野上 壽二, 倉田 宝保, 秋山 慶太, 中川 和彦, 福岡 正博, The 38th AMERICAN SOCIETY OF CLINICAL ONCOLOGY,   2002年05月, The 38th AMERICAN SOCIETY OF CLINICAL ONCOLOGY
    概要:肺癌に対して放射線治療とCRT-11を含む(単剤または他剤との併用)化学療法との同時併用療法を行った症例における放射線肺臓炎を来す危険因子を多変量解析で行った。結果は、CRT-11の投与量25㎎/㎡以上と総投与量に関連することを報告した。
  • Risk factors of radiathion pheumonitis following chemoradiotherapy with CRP-11, 佐藤 隆司, 田村 研治, 倉田 宝保, 植島 久雄, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 第26回国際内科学会議,   2002年05月, 第26回国際内科学会議
  • 膵臓原発小細胞癌の1例, 野上 壽二, 金田 裕靖, 宮﨑 昌樹, 田村 研治, 倉田 宝保, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 1名, 第167回日本内科学会近畿地方会,   2002年06月, 第167回日本内科学会近畿地方会
  • CT透視下肺生検の有用性-これまでのCTガイド下肺生検と比較して-, 寺嶋 応顕, 福岡 正博, 中川 和彦, 植島 久雄, 野上 壽二, 倉田 宝保, 田村 研治, 宮﨑 昌樹, 米阪 仁雄, 金田 裕靖, 明石 雄策, 秋山 慶太, 第76回日本肺癌学会関西支部会,   2002年08月, 第76回日本肺癌学会関西支部会
    概要:平成9年6月から平成13年6月の間に行った非透視下症例103例、平成13年7月から平成14年6月の間に行った透視下症例25例について検査時間、正診率、合併症等をretrospectiveに比較し、CT透視下肺生検の有用性について検討した。
  • 膵臓原発小細胞肺癌の1例, 金田 裕靖, 野上 壽二, 宮﨑 昌樹, 田村研治, 倉田 宝保, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 第76回日本肺癌学会関西支部会,   2002年08月, 第76回日本肺癌学会関西支部会
  • 新分子標的治療の背景と原理~日本の経験と観点~, 中川 和彦, 8th Central European Lung Cancer Conference European-Japanese Joint Symposium,   2002年09月, 8th Central European Lung Cancer Conference European-Japanese Joint Symposium
    概要:分子標的薬剤に対する治療経験について発表した。特にEGFRに対するチロシンキナーゼ阻害剤イレッサの臨床試験について概説した。
  • EGFR臨床試験-チロシンキナーゼ阻害剤-, 中川 和彦, 17th Workshop on France-Japan Cooperative Cancer Research Program,   2002年10月, 17th Workshop on France-Japan Cooperative Cancer Research Program
    概要:EGFレセプターの選択的阻害剤であるZD1839の前臨床試験及び臨床試験のデータを概説した。
  • 局所進行非小細胞肺癌のイリノテカンとカルボプラチンと胸部放射線併用における増量試験, 金田 裕靖, 植島 久雄, 野上 壽二, 田村 研治, 倉田 宝保, 中川 和彦, 福岡 正博, 西村 恭昌, 明石 雄策, 27th ESMO Congress,   2002年10月, 27th ESMO Congress
    概要:IIIb・IIIa期の非小細胞肺癌における標準的治療法はまだ確立されていないが、放射線化学療法の有効性が示唆されている。今回、新規抗癌剤を放射線の併用による増量試験を行い、安全性・有効性を評価した。
  • NSCLCにおける標的治療, 中川 和彦, IASLC Workshop of the current strategy for stage III-IV non-small cell lung cancer,   2002年11月, IASLC Workshop of the current strategy for stage III-IV non-small cell lung cancer
    概要:非小細胞肺癌に対する分子標的治療剤の現状について、特にZD1839について発表した。
  • 電子スコープ(LTF-240)を用いた局所麻酔下胸腔鏡検査, 植島 久雄, 福岡 正博, 中川 和彦, 野上 壽二, 倉田 宝保, 田村 研治, 米阪 仁雄, 金田 裕靖, 5名, 第54回日本気管食道科学会,   2002年11月, 第54回日本気管食道科学会
    概要:診断未確定の胸膜炎症例に対して内科医のみで、LTF-240を用いた局所麻酔下胸腔鏡検査を施行した。従来の胸腔鏡に比し、安全にかつ確実に確定診断が得られ、比較的低侵襲であり、有用な検査法と考えられた。
  • 非小細胞肺癌患者におけるシスプラチン、パクリタキセル、BNP7787併用第I相試験, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 根来 俊一, 松井 薫, 工藤 新三, 14th EORTC-NCI-AACR symposium,   2002年11月, 14th EORTC-NCI-AACR symposium
    概要:シスプラチン、パクリタキセル併用化学療法を受けた非小細胞肺癌患者においてBNP7787を加えることにより、末梢神経障害の発生頻度は低下した。安全性には問題なく、化学療法の効果を減少させることもなかった。
  • 非小細胞肺癌におけるネダプラチンとゲムシタビン併用による臨床第I/II相試験, 倉田 宝保, 植島 久雄, 野上 壽二, 田村 研治, 宮﨑 昌樹, 米阪 仁雄, 金田 裕靖, 中川 和彦, 福岡 正博, 山本 信之, 2名, 第43回日本肺癌学会総会,   2002年11月, 第43回日本肺癌学会総会
    概要:ネダプラチンは第2世代のプラチナ製剤で、非小細胞肺癌に有望とされている今回、その非小細胞肺癌に対しネダプラチンとゲムシタビンの併用第I相試験を行った。現在までのレベル3まで進み、毒性は軽微でレベル4を施行中である。
  • 化学療法時の好中球減少に伴う感染症に対するcefezopranとmeropenemの有効性と安全性の検討, 秋山 慶太, 倉田 宝保, 植島 久雄, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 田村 研治, 宮﨑 昌樹, 米阪 仁雄, 金田 裕靖, 岡部 崇記, 第43回日本肺癌学会総会,   2002年11月, 第43回日本肺癌学会総会
    概要:化学療法時の好中球減少に伴う感染症に対するcefezopranとmeropenemの有効性と安全性を比較検討した。結果、両群に有効性の差は認められなかった。
  • 再発小細胞肺癌におけるweekly パクリタキセル投与の臨床第二相試験, 宮﨑 昌樹, 倉田 宝保, 金田 裕靖, 米阪 仁雄, 田村 研治, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 秋山 慶太, 1名, 第43回肺癌学会総会,   2002年11月, 第43回肺癌学会総会
    概要:パクリタキセルは進展型小細胞肺癌に対して効果がある薬剤であるが、optimal doseおよびスケジュールは確立されておらず、weeklyに投与する臨床第2相試験を計画した。
  • 進行非小細胞肺癌に対するNon-Platinum併用化学療法後のsecond-line化学療法についての検討, 米阪 仁雄, 倉田 宝保, 宮﨑 昌樹, 田村 研治, 野上 壽二, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 山本 信之 浅井 暁, 秋山 慶太, 1名, 第43回日本肺癌学会総会,   2002年11月, 第43回日本肺癌学会総会
    概要:進行非小細胞肺癌で1st-line化学療法としてnon-platinum併用化学療法を受け、2nd-lineとしてプラチナ製剤と投与された18例について検討。毒性は耐用可能で、奏効率は17%と比較的良好であった。
  • 歯科治療器具による気管支異物の2症例, 岡部 崇記, 福岡 正博, 中川 和彦, 植島 久雄, 野上 壽二, 倉田 宝保, 田村 研治, 宮﨑 昌樹, 米阪 仁雄, 金田 裕靖, 寺嶋 応顕, 2名, 第72回日本気管支学会近畿地方会,   2002年11月, 第72回日本気管支学会近畿地方会
    概要:当院における成人での気管支異物症例は11例であり、8例が義歯、歯であり、2例は歯科治療器具であった。2例とも右気管支であり、症例もなく鉗子により容易に取り除くことができた。治療器具は、気管を傷害することもあり早期に摘出することが必要である。
  • 放射腺肺臓炎を誘発するCRT-11の投与量に関する検討, 佐藤 隆司, 田村 研治, 倉田 宝保, 植島 久雄, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 第75回日本肺癌学会関西支部会,   2002年, 第75回日本肺癌学会関西支部会
  • 非小細胞肺癌におけるネダプラチンとゲムシタビン併用による臨床第I/II相試験, 倉田 宝保, 山本信之, 植島 久雄, 野上 壽二, 田村 研治, 秋山 慶太, 宮﨑 昌樹, 米阪 仁雄, 金田 裕靖, 中川 和彦, 福岡 正博, 築山正嗣, 日本肺癌学会,   2002年, 日本肺癌学会
  • Phase II study of weekly paclitaxel for relapsed small cell lung cancer., 倉田 宝保, 鶴谷 純司, 田村 研治, 中川 和彦, 福岡 正博, Yamamoto N Tamura K Takada M Kudoh S Kawahara M , ASCO,   2002年, ASCO
  • 既治療無効小細胞肺癌に対するパクリタキセル毎週投与の第II相試験, 倉田 宝保, 鶴谷 純司, 田村 研治, 中川 和彦, 福岡 正博, 山本信之 梁尚志 高田実 工藤新三 河原正明, 日本内科学会総会,   2002年, 日本内科学会総会
  • Symposium 「Is concurrent chemoradiotherapy superior to sequential chemoradiotherapy.」, 中川 和彦, Cross Chemoradiation in NSCLC,   2002年, Cross Chemoradiation in NSCLC
  • workshop「Clinical evaluation of a EGFR selective tyrosine kinase inhibitor, ZD1839 (Iressa?).」, 中川 和彦, 17th Workshop on France-Japan Cooperative Cancer Research Program,   2002年, 17th Workshop on France-Japan Cooperative Cancer Research Program
  • Symposium「Background and rationale of new molecular targeted therapies-Japanese experience and point of view.」, 中川 和彦, 8th Central European Lung Cancer Conference European-Japanese Joint Symposium,   2002年, 8th Central European Lung Cancer Conference European-Japanese Joint Symposium
  • Gene expression monitoring with cDNA array revealed the major biological targets of farnesyl transferase (FT) inhibitor, R115777 (ZarnestraTM), in a phase I, pharmacokinetic (PK) and pharmacodynamic (PD) study., 中川 和彦, 西尾 和人, 福岡 正博, Yamamoto N, Koizumi F, Ohashi Y, End D. W, Ito H, Kobayashi G,, American Society of Clinical Oncology,   2002年, American Society of Clinical Oncology
  • Clinical evaluation of a EGFR selective tyrosine kinase inhibitor, ZD1839 (Iressa-)., 中川 和彦, 18th Bristol-Myers Squibb Nagoya International Cancer Treatment Symposium,   2002年, 18th Bristol-Myers Squibb Nagoya International Cancer Treatment Symposium
  • Symposium「EGFR tyrosine kinase inhibitors: Novel therapy in lung cancer」, 中川 和彦, Cancer Care Ireland,   2002年, Cancer Care Ireland
  • EGFR tyrosine kinase inhibitors: ZD1839 and ZD6474, 中川 和彦, The 7th International Symposium on Cancer Chemotherapy.,   2002年, The 7th International Symposium on Cancer Chemotherapy.
  • Phase III trial with docetaxel in advanced-NSCLC., 中川 和彦, IASLC Workshop of the current strategy for stage III-IV non-small cell lung cancer,   2002年, IASLC Workshop of the current strategy for stage III-IV non-small cell lung cancer
  • Clinical evaluation of a selective EGFR tyrosin kinase inhibitor,Iressa,Experience and perspectives in Japan, 中川 和彦, Irland Cancer Care Meetin,   2002年, Irland Cancer Care Meetin
  • ゲフィチニブとビノレルビン併用による抗腫瘍効果の検討, 宮﨑 昌樹, 田村 研治, 中川 和彦, 福岡 正博, 第1回日本臨床腫瘍学会,   2003年02月, 第1回日本臨床腫瘍学会
    概要:ヒト肺癌株移植マウスモデルを用いてゲフィチニブとビノレルビンへ併用における抗腫瘍効果を検討した。またWesternblott法を用いEGFRとErbB2の蛋白質発現レベルとリン酸化レベルを調べた。
  • 進行非小細胞肺癌に対するNon-Platinum併用化学療法後のsecond-line化学療法についての検討, 金田 裕靖, 米阪 仁雄, 倉田 宝保, 築山正嗣, 宮﨑 昌樹, 田村研治, 植島 久雄, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 山本信之, 浅井 暁, 第77回日本肺癌学会関西支部会,   2003年02月, 第77回日本肺癌学会関西支部会
  • 癌治療における臨床試験-近畿大学における現状と問題-, 中川 和彦, 第2回山口クリニカルオンコロジストセミナー,   2003年03月, 第2回山口クリニカルオンコロジストセミナー
    概要:院内における臨床試験(治験を含む)を促進するために、近畿大学医学部として実施している治験管理センターの実際運用と近畿大学腫瘍内科における現状を報告した。CRCの必要性を訴えた。
  • 非小細胞肺癌におけるネダプラチンとゲムシタビン併用による臨床第I/II相試験, 宮﨑 昌樹, 倉田 宝保, 植島 久雄, 野上 壽二, 田村 研治, 中川 和彦, 福岡 正博, 米阪 仁雄, 金田 裕靖, 山本 信之, 秋山 慶太, 第43回日本呼吸器学会総会,   2003年03月, 第43回日本呼吸器学会総会
    概要:非小細胞肺癌に対するネダプラチンとゲムシタビンとの併用療法lにおける最大耐用量の推定、用量規制毒性および安全性の評価、推奨投与量の決定、抗腫瘍効果の判定を行った。現在の所、重篤な副作用なくdoseescalationを続行中である。
  • ゲフィチニブとビノレルビン併用による抗腫瘍効果の検討, 宮﨑 昌樹, 田村 研治, 中川 和彦, 福岡 正博, 第7回がん分子標的治療研究会,   2003年06月, 第7回がん分子標的治療研究会
    概要:ヒト肺癌株移植マウスモデルを用いてゲフィチニブとビノレルビン併用における抗腫瘍効果を検討した。またウェスタンブロット法を用いEGFRとErbB2の蛋白質発現レベルとリン酸化レベルを調べた。
  • ゲフィチニブの奏効に関連する因子の検討, 金田 裕靖, 田村研治, 明石雄策, 倉田 宝保, 中川 和彦, 福岡 正博, 第78回日本肺癌学会関西支部会,   2003年07月, 第78回日本肺癌学会関西支部会
  • 進行非小細胞肺癌に対する Non-Platinum 併用化学療法後のsecond-line 化学療法についての検討, 金田 裕靖, 米阪 仁雄, 倉田 宝保, 秋山 慶太, 築山正嗣, 宮﨑 昌樹, 田村研治, 植島 久雄, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 山本信之, 浅井 暁, 第44回日本肺癌学会総会,   2003年11月, 第44回日本肺癌学会総会
  • Symposium「Molecular Target Therapy on Non-small Cell Lung Cancer」, 中川 和彦, The 1st International Symposium on CNS Germ Cell Tumor,   2003年, The 1st International Symposium on CNS Germ Cell Tumor
  • 当院における極細経気管支鏡の使用経験, 宮﨑 昌樹, 野上 壽二, 寺嶋 応顕, 金田 裕靖, 津谷 あす香, 池田 昌人, 米阪 仁雄, 佐藤 太郎, 田村 研治, 倉田 宝保, 中川 和彦, 福岡 正博, 第27回日本呼吸器内視鏡学会総会,   2004年06月, 第27回日本呼吸器内視鏡学会総会
  • 局所麻酔下胸腔鏡検査にて確定診断の得られた悪性胸膜中皮腫症例の検討, 津谷 あす香, 植島 久雄, 寺嶋 応顕, 金田 裕靖, 米阪 仁雄, 宮崎 昌樹, 倉田 宝保, 田村 研治, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 第78回日本肺癌学会関西支部会,   2004年07月, 第78回日本肺癌学会関西支部会
  • 歯科治療器具による気管支異物の3症例, 岩元 辰篤, 寺嶋 応顕, 池田 昌人, 津谷 あす香, 米阪 仁雄, 宮﨑 昌樹, 田村 研治, 倉田 宝保, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 第75回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会,   2004年09月, 第75回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会
  • 再発進行非小細胞肺癌に対するゲフィチニブとCOX-2阻害剤の併用療法の第Ⅱ相試験, 津谷 あす香, 田村 研治, 佐藤 太郎, 倉田 宝保, 野上 壽ニ, 中川 和彦, 植島 久雄, 小宮 武文, 福岡 正博, 第45回日本肺癌学会総会,   2004年10月, 第45回日本肺癌学会総会
  • 肺癌に対する塩酸アムルビシンと塩酸イリノテカン併用の臨床第Ⅰ相試験, 宮﨑 昌樹, 倉田 宝保, 金田 裕靖, 池田 昌人, 津谷 あす香, 米阪 仁雄, 佐藤 太郎, 田村 研治, 野上 壽二, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 第45回日本肺癌学会総会,   2004年10月, 第45回日本肺癌学会総会
  • 進行胃癌に対するTS-1とDocetaxel併用療法の第1相試験 -ポスタ-, 佐藤 太郎, 田村 研治, 倉田 宝保, 野上 壽二, 宮﨑 昌樹, 米阪 仁雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 第42回日本癌治療学会総会,   2004年10月, 第42回日本癌治療学会総会
  • 進行非小細胞肺癌に対する他施設共同第Ⅲ相比較試験(FACS研)の成績, 倉田 宝保, 中川 和彦, 福岡 正博, 7名, 第45回日本肺癌学会総会,   2004年10月, 第45回日本肺癌学会総会
  • PS3(4)進行肺腺癌に対するゲフィチニブ(イレッサ)の臨床第Ⅱ相試験, 倉田 宝保, 田村 研治, 野上 壽二, 佐藤 太郎, 宮﨑 昌樹, 津谷 あす香, 尾崎 智博, 金田 裕靖, 中川 和彦, 福岡 正博, 第45回日本肺癌学会総会,   2004年10月, 第45回日本肺癌学会総会
  • 当科におけるゲフィチニブによる肝障害の発生頻度とその対策, 佐藤 太郎, 倉田 宝保, 野上 壽二, 田村 研治, 宮﨑 昌樹, 米阪 仁雄, 尾崎 智博, 池田 昌人, 金田 裕靖, 津谷 あす香, 寺嶋 応顕, 中川 和彦, 福岡 正博, 第45回日本肺癌学会総会,   2004年10月, 第45回日本肺癌学会総会
  • 非小細胞肺癌に対するゲフィチニブの奏効に関連する因子の検討, 倉田 宝保, 田村 研治, 佐藤 太郎, 金田 裕靖, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 日本内科学会総会,   2004年, 日本内科学会総会
  • 進行非小細胞肺癌に対するgemcitabine+CBDCA(CG)とgemcitabine+vinorelbine(GV)の無作為化比較試験―WJTOG0104, 倉田 宝保, 中川 和彦, 福岡 正博, 山本信之 杉浦孝彦 高田佳木 根来俊一 松井薫 菓子井達彦 高田實 中西洋一 加藤晃史 有吉寛, 日本臨床腫瘍学会,   2004年, 日本臨床腫瘍学会
  • ゲフィチニブの奏効に関連する因子の検討, 倉田 宝保, 金田 裕靖, 田村 研治, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 日本呼吸器学会総会,   2004年, 日本呼吸器学会総会
  • Emerging data to better understanding in EGFR-TKI therapy’-Japanese Clinical Experience of Gefitinib, 中川 和彦, The Thai Society of Clinical Oncology Annual Meeting Symposium,   2004年, The Thai Society of Clinical Oncology Annual Meeting Symposium
  • 肺癌に対する塩酸アトルビシンと塩酸イリノテカン併用の臨床第I相試験, 倉田 宝保, 宮﨑 昌樹, 池田 昌人, 津谷 あす香, 米阪 仁雄, 佐藤 太郎, 田村 研治, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 金田 裕靖, 植島 久雄, 第81回日本肺癌学会関西支部会,   2005年02月, 第81回日本肺癌学会関西支部会
  • イレッサによる長期生存例の検討, 尾崎 智博, 寺嶋 応顕, 明石 雄策, 池田 昌人, 津谷 あす香, 宮崎 昌樹, 佐藤 太郎, 田村 研治, 倉田 宝保, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 第81回日本肺癌学会関西支部会,   2005年02月, 第81回日本肺癌学会関西支部会
  • 分子標的治療の現状と問題点, 中川 和彦, 第43回日本呼吸器学会総会,   2005年03月, 第43回日本呼吸器学会総会
    概要:異例の速さで日本における承認を受け、大きな期待を荷った非小細胞肺癌治療薬であるEGFレセプターを標的としたゲフィチニブ(イレッサ)の臨床試験を中心に、肺癌領域における分子標的治療の現状と問題点を総括し、早期臨床試験の今後の方向性を検討する。
  • 肺癌に対する塩酸アムルビシンと塩酸イリノテカン併用の臨床第I相試験, 宮﨑 昌樹, 倉田 宝保, 金田 裕靖, 池田 昌人, 津谷あす香, 米阪 仁雄, 佐藤 太郎, 田村 研治, 野上 壽二, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 第3回日本臨床腫瘍学会総会,   2005年03月, 第3回日本臨床腫瘍学会総会
  • 肺癌化学療法の現状と展望 -TS-1を含めた新薬を中心として-, 中川 和彦, LCCS in 三河,   2005年03月, LCCS in 三河
  • 肺癌に対する塩酸アムルビシンと塩酸イリノテカン併用の臨床第Ⅰ相試験, 宮﨑 昌樹, 倉田 宝保, 金田裕靖, 池田昌人, 津谷あす香, 米阪仁雄, 佐藤 太郎, 田村研治, 野上 壽二, 植島 久雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 第45回日本呼吸器学会総会,   2005年04月, 第45回日本呼吸器学会総会
  • 肺癌 シグナル伝達阻害剤を含めた治療戦略, 中川 和彦, Tokyo Cancer Forum 2005,   2005年04月, Tokyo Cancer Forum 2005
  • 講演 進行非小細胞肺癌の治療, 中川 和彦, 第45回 日本呼吸器学会学術講演会 イブニングセミナー,   2005年04月, 第45回 日本呼吸器学会学術講演会 イブニングセミナー
  • シンポジウム 分子メカニズムと分子標的治療, 中川 和彦, 第45回 日本呼吸器学会学術講演会,   2005年04月, 第45回 日本呼吸器学会学術講演会
  • 当科における電子スコ-プ(LTF-240)を用いた局所麻痺下胸腔鏡の使用報告, 宮﨑 昌樹, 野上 壽二, 寺嶋応顕, 岡部崇記, 明石雄策, 池田昌人, 尾崎智博, 津谷あす香, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第28回日本呼吸器内視鏡学会総会,   2005年06月, 第28回日本呼吸器内視鏡学会総会
  • 肺門・縦隔病変に対するコンベックス走査式超音波気管支鏡ガイド下生検の使用経験, 宮﨑 昌樹, 野上 壽二, 長谷川喜一, 岡部崇記, 明石雄策, 池田昌人, 寺嶋応顕, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第77回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会,   2005年06月, 第77回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会
  • 肺末梢腫瘤性病変に対するガイド-シス併用気管支内腔超音波断層法(EBUS)の有用性の検討, 長谷川 喜一, 野上 壽二, 宮﨑 昌樹, 岡部崇記, 寺嶋応顕, 池田昌人, 明石雄策, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第77回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会,   2005年06月, 第77回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会
  • 講演 新しい治療薬の話題 EGFR-TK, 中川 和彦, 第6回臨床腫瘍夏期セミナー,   2005年07月, 第6回臨床腫瘍夏期セミナー
  • EGFR-TKIs:進行非小細胞肺癌における臨床的位置付け, 中川 和彦, 第20回日本肺癌学会ワークショップ,   2005年07月, 第20回日本肺癌学会ワークショップ
  • 当科における進行大腸癌に対するFOLFOX4の使用経験, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 宮﨑 昌樹, 野上 壽二, 森永 亮太郎, 中川 和彦, 福岡 正博, 長谷川喜一, 第83回日本消化器病学会近畿支部例会,   2005年09月, 第83回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 分子標的医療の展開-臨床の問題点とその克服 非小細胞肺癌に対するゲフィチニブの効果と耐性, 中川 和彦, 第43回日本癌治療学会総会,   2005年10月, 第43回日本癌治療学会総会
  • 小細胞肺癌におけるゲフィチニブの効果とEGFR発現, 岡本 勇, 福岡 正博, 中川 和彦, 宮﨑 昌樹, 3名, 第46回日本肺癌学会総会,   2005年11月, 第46回日本肺癌学会総会
  • 分子標的薬剤機能と臨床, 中川 和彦, 第46回 日本肺癌学会総会,   2005年11月, 第46回 日本肺癌学会総会
  • 進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者における骨転移、骨関連事象(SRE)に関するretrospective study, 津谷 あす香, 長谷川 喜一, 宮﨑 昌樹, 森永亮太郎, 岡本 勇, 佐藤 太郎, 野上 壽二, 中川 和彦, 福岡 正博, 田村研治, 倉田宝保, 第46回日本肺癌学会総会,   2005年11月, 第46回日本肺癌学会総会
  • 肺末梢腫瘤性病変に対するガイドシ-ス併用気管支内腔超音波断層法(EBUS-GS)の有効性の検討, 長谷川 喜一, 野上 壽二, 宮﨑 昌樹, 岡部崇記, 寺嶋応顕, 津谷 あす香, 池田 昌人, 明石雄策, 森永亮太郎, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第78回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会,   2005年12月, 第78回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会
  • 進行大腸癌での内科と外科の接点:Oxaliplatin(L-OHP)+5+FU+1-LV併用療法(FOLFOX療法)の進行・再発大腸癌に対する有用性及び安全性のprofileを中心に, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 宮﨑 昌樹, 森永 亮太郎, 中川 和彦, 福岡 正博, 津谷あす香, 長谷川喜一, 清水俊雄, 田村研治, 尾崎智博, 第84回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年02月, 第84回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 当院における肺門・縦隔病変に対するコンベックス走査式超音波気管支鏡ガイド下生検の使用経験, 宮﨑 昌樹, 野上 壽二, 長谷川喜一, 森永 亮太郎, 津谷あす香, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第83回日本肺癌学会関西支部会,   2006年02月, 第83回日本肺癌学会関西支部会
  • EGFR遺伝子変異と遺伝子増幅を呈しゲフィチニブが有効であった肺扁平上皮癌の1例, 森永 亮太郎, 岡本 勇, 宮﨑 昌樹, 長谷川喜一, 津谷あす香, 佐藤 太郎, 中川 和彦, 福岡 正博, 第83回日本肺癌学会関西支部会,   2006年02月, 第83回日本肺癌学会関西支部会
  • 肺末梢腫瘤性病変に対するガイド-シス併用気管支内腔超音波断層法(EBUS-GS)の有効性の検討, 長谷川 喜一, 野上 壽二, 宮﨑 昌樹, 岡部崇記, 寺嶋応顕, 津谷 あす香, 池田 昌人, 明石雄策, 森永亮太郎, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第83回日本肺癌学会関西支部会,   2006年02月, 第83回日本肺癌学会関西支部会
  • 進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者における骨転移、骨関連事象(SRE)に関するretrospective study, 津谷 あす香, 長谷川喜一, 森永亮太郎, 宮﨑 昌樹, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡 正博, 第83回日本肺癌学会関西支部会,   2006年02月, 第83回日本肺癌学会関西支部会
  • 進行胃癌に対するTS-1とDocetaxel 併用療法に第1相試験, 宮﨑 昌樹, 田村研治, 佐藤 太郎, 尾崎智博, 岡本 勇, 清水俊雄, 中川 和彦, 福岡 正博, 第4回日本臨床腫瘍学会総会,   2006年03月, 第4回日本臨床腫瘍学会総会
  • Relationship between EGFR protein expression, EGFR gene amplification, EGFR gene mutations and gefitinib sensitivity in human non-small cell lung cancer cell lines, 寺嶋 応顕, 岡本 勇, 田村研治, 岡部 崇記, 佐藤 太郎, 武田 真幸, 中川 和彦, 福岡正博, 97th American Association of Cancer Reserarch,   2006年04月, 97th American Association of Cancer Reserarch
  • 肺癌細胞株におけるEGFR gene alteration, シグナル伝達とゲフィチニブ感受性との関連の検討, 岡部 崇記, 岡本 勇, 寺嶋 応顕, 佐藤 太郎, 田村研治, 高田 實, 中川 和彦, 福岡正博, 第10回がん分子標的治療研究会総会,   2006年06月, 第10回がん分子標的治療研究会総会
  • 肺癌細胞株におけるEGFR gene alteration, シグナル伝達とゲフィチニブ感受性との関連の検討, 岡部 崇記, 岡本 勇, 田村研治, 寺嶋 応顕, 佐藤 太郎, 吉田健史, 高田 實, 中川 和彦, 福岡正博, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • Phase I/II Trial of sequential chemoradiotherapy using a novel hypoxic cell radiosensitizer, doranidazole (PR-350), in patients (pts) with locally advanced non-small cell lung cancer (NSCLC), 西村 恭昌, 中川 和彦, 福岡 正博, Takeda K, Tanaka M, Kataoka M, Segawa Y, Tsujino K, Negoro S, Ariyoshi Y, the 48th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2006年11月, the 48th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:非小細胞肺がんに対する低酸素細胞増感剤、ドラニダゾールの化学放射線療法における効果をI/II相試験で検討した。
  • Differential constitutive activation of epidermal growth factor receptor(EGFR) in non-small-cell lung cancers bearing EGFR gene mutation and amplification, 岡部 崇記, 中川 和彦, 岡本 勇, 佐藤 太郎, 福岡 正博, , 医学部内科学教室(腫瘍内科部門), 医学部内科学教室(腫瘍内科部門), 近畿大学医学部奈良病院 腫瘍内科 , 独立行政法人国立病院機構近畿中央胸部疾患センター, 第3回国際化学療法学会癌治療総会第11回国際癌化学療法シンポジウム合同大会,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会第11回国際癌化学療法シンポジウム合同大会
  • A phase I study of pemetrexed supplemented with folic acid (FA) and vitamin B12 (VB12) in Japanese patients with solid tumors., 中川 和彦, 福岡 正博, 工藤 新三, 根来 俊一, 松井 薫, 山本 信之, 2名, 第3回国際化学療法学会癌治療総会・第11回国際癌化学療法シンポジウム合同大会,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会・第11回国際癌化学療法シンポジウム合同大会
  • Randomized phase II trial of irinotecan plus etoposide (IPE) every three weeks in patients with extensive disease small cell lung cancer (ED-SCLC), 武田 晃司, 中川 和彦, 関根 郁夫, 軒原 浩, 西脇 裕, 磯部 宏, 森 清志, 松井 薫, 西條 長宏, 田村 友秀, 第3回国際化学療法学会癌治療総会・第11回国際癌化学療法シンポジウム合同大会,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会・第11回国際癌化学療法シンポジウム合同大会
  • Pharmacokinetics and safety of escalating doses of darbepoetin alfa (KRN321) in cancer patients undergoing myelosuppressive chemotherapy., 山本 信之, 中川 和彦, 浅井 暁, 佐々木 康綱, 南 博信, 田村 友秀, 畠 清彦, 西條 長宏, 2名, 第3回国際化学療法学会癌治療総会・第11回国際癌化学療法シンポジウム合同大会,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会・第11回国際癌化学療法シンポジウム合同大会
  • 肺癌細胞株におけるEGFR gene alteration, シグナル伝達と, 岡部 崇記, 岡本 勇, 田村研治, 佐藤 太郎, 寺嶋 応顕, 吉田健史, 高田 實, 中川 和彦, 福岡正博, 第47回日本肺癌学会総会,   2006年12月, 第47回日本肺癌学会総会
  • Dose intensive chemotherapy in advanced thymoma: report of Japan clinical oncology trials (JCOG9605 and 9606)., 国頭 英夫, 中川 和彦, 田村 友秀, 福田 治彦, 武田 晃司, 西脇 裕, 片上 信之, 横山 晶, 野田 和正, 西條 長宏, 第3回国際化学療法学会癌治療総会・第11回国際癌化学療法シンポジウム合同大会,   2006年, 第3回国際化学療法学会癌治療総会・第11回国際癌化学療法シンポジウム合同大会
  • Randomized phase II study of carboplatin and paclitaxel (CP) versus gemcitabine and vinorelbine (GV) in performance status (PS) 2 patients with advanced non-small cell lung cancer (NSCLC): preliminary results of West Japan Thoracic Oncology Group 0004, 倉田 宝保, 中川 和彦, 福岡 正博, Saito H, Kashii T, Takeda K, Iwamoto Y, Katakami N, Nakano T, 31st ESMO,   2006年, 31st ESMO
  • ZD6126の臨床第I相試験, 倉田 宝保, 中川 和彦, 佐藤 太郎, 津谷 あす香, 田村友秀 山本昇 藤阪保仁 堀池篤 山田康秀, 日本臨床腫瘍学会総会,   2006年, 日本臨床腫瘍学会総会
  • A randomized double-blind phase Ⅱa dose-finding study of ZD6474 in Japanese patients with NSCLC, 中川 和彦, 福岡 正博, Kiura,K.,Shinkai,T.,Eguchi,K.,Ohe,Y.,Yamamoto,N.,Tsuboi,M.,Yokota,S.,Jiang,H, ASCO Annual Meeting,   2006年, ASCO Annual Meeting
  • 肺腺癌加療中に同一部位に小細胞癌の発生を来たし EGFR遺伝子変異を認めた一例, 文田 壮一, 森永亮太郎, 岡本 勇, 上田 眞也, 宮﨑 昌樹, 金田裕靖, 寺嶋応顕, 岡本 渉, 佃  博, 佐藤 太郎, 中川 和彦, 福岡正博, 第85回日本肺癌学会関西支部会,   2007年02月, 第85回日本肺癌学会関西支部会
  • 非小細胞肺癌の術後補助化学療法 教育シンポジウムⅡ アジュバント化学療法の現状と課題, 中川 和彦, 第5回日本臨床腫瘍学会,   2007年03月, 第5回日本臨床腫瘍学会
  • Phase I study of YM155, a first-in-class surviving suppressant, in patients with advanced solid tumors in Japan, 中川 和彦, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 宮﨑 昌樹, 森永 亮太郎, 津谷 あす香, 長谷川 喜一, 寺嶋 応顕, 福岡 正博, 43th A.S.C.O.,   2007年05月, 43th A.S.C.O.
  • 本邦における血管新生阻害剤の臨床開発状況, 岡本 勇, 中川 和彦, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • YM155:Survivinを標的とした新しい分子標的薬, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 宮﨑 昌樹, 森永 亮太郎, 津谷あす香, 長谷川喜一, 寺嶋 応顕, 上田眞也, 福岡正博, 中川 和彦, 学外, 学外, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • Manegement of Bone Metastases in Lung Cancer, 中川 和彦, Bisphosphonate International Symposium -New Strategy of Bisphosphonete in Lung Cancer,   2007年07月, Bisphosphonate International Symposium -New Strategy of Bisphosphonete in Lung Cancer
  • ヒト肺癌細胞株における S-1 とフィチニブの併用効果の検討, 岡部 崇記, 岡本 勇, 佐藤 太郎, 田村研治, 福岡正博, 中川 和彦, 他機関, 他機関, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • 胃癌高発現遺伝子SRPX2の生物学的検討, 田中 薫, 荒尾徳三, 前川麻里, 松本和子, 藤田至彦, 横手秀行, 柳原五吉, 山田康秀, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡正博, 西尾和人, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • 肺癌細胞株におけるYM155の放射線感受性増強作用の検討, 岩朝 勤, 岡本 勇, 佐藤 太郎, 福岡正博, 中川 和彦, 京都大学, 京都大学, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • EGFR抗体療法によるEGFR活性化と下流シグナル阻害, 吉田 健史, 岡本 勇, 岡部崇記, 岩朝 勤, 佐藤 太郎, 西尾和人, 福岡正博, 中川 和彦, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • A Long-term Result by Hyperfractionated Radiotherapy with Concurrent Chemotherapy for Limited-stage Small Cell Lung Cancer (LD-SCLC): a Retrospective Analysis in a Single Institution., 柴田 徹, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 大久保 充, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 中川 和彦, 福岡 正博, 12th World Conference on Lung Cancer,   2007年09月, 12th World Conference on Lung Cancer
    概要:限局期小細胞肺癌に対する過分割照射の治療成績を報告した。 PE regimen併用でのMSTは28.6 monthsで 2/3/5/ year survival ratesは 51/32/24%であった。
  • 非小細胞肺がんに対する臨床試験の最新治験, 中川 和彦, Korea-Japan Lung Cancer Medical Workshop,   2007年09月, Korea-Japan Lung Cancer Medical Workshop
  • Prognostic factors affecting survival on pretreated patients with locally advanced or metastatic non-small cell lung cancer, 岡部 崇記, 田村研治, 中川 和彦, 福岡正博, 他機関, 静岡県立がんセンター, 他機関, 他機関, 他機関, 国立がんセンター, The European Cancer Conference,   2007年09月, The European Cancer Conference
  • がん化学療法のあり方, 中川 和彦, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
  • 教育シンポジウム 『シグナル伝達系阻害剤』, 中川 和彦, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
  • 合同シンポジウム「がん化学療法のあり方」, 中川 和彦, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
  • The clinical development strategy for ixabepilone (BMS-247550)in patients with NSCLC, 中川 和彦, Asia-Pacific-Japan Lung Cancer Advisory Board,   2007年10月, Asia-Pacific-Japan Lung Cancer Advisory Board
  • Synergistic effects of S-1 and gefitinib by modulating the metabolic enzymes of 5-fluorouracil in NSCLC cell lines, 岡部 崇記, 岡本 勇, 畑下恵理奈, 山田友紀, 佐藤 太郎, 田村研治, 福岡正博, 中川 和彦, 他機関, 他機関, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association(第66回日本癌学会学術総会),   2007年10月, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association(第66回日本癌学会学術総会)
  • Matuzumab and cetuximab activate the epidermal growth factor receptor but fail to trigger downstream signaling, 吉田 健史, 岡本 勇, 岡部崇記, 岩朝 勤, 佐藤 太郎, 西尾和人, 福岡正博, 中川 和彦, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2007年10月, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • Suppression of SRPX2 mRNA expression inhibits cellular growth and adhesion in gastric cancer cells, 田中 薫, 荒尾徳三, 前川麻里, 松本和子, 金田裕靖, Abe Y, 藤田至彦, 横手秀行, 柳原五吉, 山田康秀, 岡本 勇, 中川 和彦, 西尾和人, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2007年10月, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • 切除不能・進行膵癌54例の検討, 上田 眞也, 岡本 渉, 岡本邦男, 岡本 勇, 佐藤 太郎, 寺嶋 応顕, 森永 亮太郎, 宮﨑 昌樹, 福岡正博, 中川 和彦, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
  • 切除不能・再発成人悪性軟部腫瘍に対する ドキソルビシン+イホマイド 併用療法の安全性, 寺嶋 応顕, 岡本 勇, 宮﨑 昌樹, 岡本邦男, 竹澤 健, 岡本 渉, 上田 眞也, 森永 亮太郎, 佐藤 太郎, 福岡正博, 中川 和彦, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
  • ヒト肺癌細胞株におけるS-1とゲフィチニブの併用効果の検討, 岡部 崇記, 岡本 勇, 畑下恵理奈, 山田友紀, 佐藤 太郎, 田村研治, 福岡正博, 中川 和彦, 他機関, 他機関, 第48回日本肺癌学会総会,   2007年11月, 第48回日本肺癌学会総会
  • 血液透析施行中の小細胞肺癌患者に対し化学療法を施行した, 竹澤 健, 岡本 勇, 岡本 邦男, 岡本 渉, 上田 眞也, 宮﨑 昌樹, 佐藤 太郎, 中川 和彦, 福岡正博, 第70回日本呼吸器学会近畿地方会,   2007年12月, 第70回日本呼吸器学会近畿地方会
  • 当院における肺門・縦隔病変に対するコンベックス走査式超音波気管支鏡ガイド下生検の検討, 宮﨑 昌樹, 岡本邦男, 竹澤 健, 岡本 渉, 上田眞也, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡正博, 第87回日本肺癌学会関西支部会,   2008年02月, 第87回日本肺癌学会関西支部会
  • がん化学療法の現状と展望, 中川 和彦, 第18回滋賀癌化学療法研究会,   2008年02月, 第18回滋賀癌化学療法研究会
  • 卒後教育プログラム, 中川 和彦, 第96回日本泌尿器科学会総会,   2008年04月, 第96回日本泌尿器科学会総会
  • Radiosensitizing effect of YM155,a novel small molecule survivin suppressant, in non-small cell lung cancer cell lines, 岩朝 勤, 岡本 勇, 佐藤 太郎, 福岡正博, 中川 和彦, 京都大学, 京都大学, 京都大学, A.A.C.R,   2008年04月, A.A.C.R
  • Matuzumab and cetuximab activateb the epidermal growth factor receptor but fail to trigger downstream signaling by akt or erk, 吉田 健史, 岡本 勇, 岡部崇記, 岩朝 勤, 佐藤 太郎, 西尾和人, 福岡正博, 中川 和彦, A.A.C.R,   2008年04月, A.A.C.R
  • IMP-3 promotes cellular proliferation activity in gastric cancer, 田中 薫, 荒尾徳三, 前川麻里, 松本和子, 工藤可苗, 金田裕靖, 藤田至彦, 柳原五吉, 山田康秀, 岡本 勇, 中川 和彦, 西尾和人, A.A.C.R,   2008年04月, A.A.C.R
  • 肺癌化学療法の動向, 中川 和彦, 第48回日本呼吸器学会学術講演会,   2008年06月, 第48回日本呼吸器学会学術講演会
  • ともに生きる会~がん治療の未来~, 中川 和彦, がん治療の未来を考えるシンポジウム,   2008年10月, がん治療の未来を考えるシンポジウム
  • パネリスト「がん分子標的薬の放射線感受性増強効果と今後の臨床開発」, 中川 和彦, 第21回日本放射線腫瘍学会,   2008年10月, 第21回日本放射線腫瘍学会
  • 肺癌細胞株におけるYM155の放射線感受性増強作用の検討, 岩朝 勤, 岡本 勇, 畑下恵理奈, 山田友紀, 福岡正博, 中川 和彦, 京都大学, 京都大学, 京都大学, 京都大学, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月, 第67回日本癌学会学術総会
  • マツズマブはシスプラチンが誘導するHB-EGFを介したEGFRシグナル伝達を抑制しシスプラチンの抗腫瘍効果を増強する, 吉田 健史, 岡本 勇, 岩朝 勤, 福岡正博, 中川 和彦, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月, 第67回日本癌学会学術総会
  • 胃癌細胞におけるIMP-3 遺伝子の機能解析, 田中 薫, 荒尾徳三, 前川麻里, 松本和子, 工藤可苗, 金田裕靖, 藤田至彦, 柳原五吉, 山田康秀, 岡本 勇, 中川 和彦, 西尾和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月, 第67回日本癌学会学術総会
  • ランチョンセミナー『進行非小細胞肺癌における新しい抗癌剤-TS-1を中心に-』, 中川 和彦, 第49回日本肺癌学会総会,   2008年11月, 第49回日本肺癌学会総会
  • 呼吸器セミナー『非小細胞癌における分子標的薬の使い方』, 中川 和彦, 第29回生涯教育講演会,   2008年11月, 第29回生涯教育講演会
  • 当院における肺門・縦隔病変に対するコンベックス走査式超音波気管支鏡ガイド生検の検討, 宮﨑 昌樹, 文田壮一, 寺嶋応顕, 武田真幸, 清水俊雄, 市川靖子, 米阪仁雄, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡正博, 第72回日本呼吸器学会第102回日本結核病学会近畿地方会,   2008年12月, 第72回日本呼吸器学会第102回日本結核病学会近畿地方会
  • ランチョンセミナー 『肺癌化学療法の現状と展望』, 中川 和彦, 日本呼吸器学会近畿地方会,   2008年12月, 日本呼吸器学会近畿地方会
  • 血液透析施行中の小細胞肺癌患者に対し化学療法を施行した1例, 竹澤 健, 岡本 勇, 寺嶋応顕, 宮﨑 昌樹, 中川 和彦, 第72回日本呼吸器学会近畿地方会,   2008年12月, 第72回日本呼吸器学会近畿地方会
  • 大学病院における外来化学療法センターの運営, 今野 元博, 奥野 清隆, 上嶋 一臣, 岡本 勇, 辰巳 陽一, 慎 玉姫, 藤原 季美子, 野村 守, 山添 譲, 渡部 洋, 中川 和彦, 塩﨑 均, 第46回日本癌治療学会総会,   2008年, 第46回日本癌治療学会総会
  • ワークショップ 「既治療小細胞肺癌に対するトポテカンとカルボプラチン併用の第I相試験(WJTOG0202)」, 倉田 宝保, 佐藤 太郎, 中川 和彦, 福岡 正博, 菓子井達彦 武田晃司 坪井正博 関順彦 小林政彦, 日本肺癌学会総会,   2008年, 日本肺癌学会総会
  • EGFR-TKIの現状と将来展望, 中川 和彦, 第2回日本海肺癌化学療法研究会,   2009年02月, 第2回日本海肺癌化学療法研究会
  • EGFR-TKIs on Treatment in advanced NSCLC, 中川 和彦, International Congress on Anti-Cancer Treatment,   2009年02月, International Congress on Anti-Cancer Treatment
  • EGFR-RAS, 中川 和彦, 第7回日本臨床腫瘍学会,   2009年03月, 第7回日本臨床腫瘍学会
  • シンポジウム『シグナル伝達阻害とトランスレーショナルリサーチ』, 中川 和彦, 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2009年03月, 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • Phase I Clinical and Biomarker Study of BIBF1120, 岡本 勇, 金田 裕靖, 佐藤 太郎, 岡本 渉, 寺嶋 応顕, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 中川 和彦, K. Konishi R. Kaiser, 45th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology,   2009年06月, 45th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology
  • シンポジウム 『本邦における多施設共同研究の現状と課題―WJTOGからWJOGへ』, 中川 和彦, 第49回日本呼吸器学会学術講演会,   2009年06月, 第49回日本呼吸器学会学術講演会
  • 肺癌生存期間延長の謎, 中川 和彦, 福島県肺癌研究会,   2009年07月, 福島県肺癌研究会
  • 進行非小細胞肺癌の最新の治療戦略, 中川 和彦, 第22回青森呼吸器研究会,   2009年08月, 第22回青森呼吸器研究会
  • Phase 1 study of sunitinib(SU) in combination with pemetrexed(Pem) in patients(pts) with advanced solid tumors(ST) 』, 中川 和彦, IASLC 13th World Conference on Lung Cancer,   2009年08月, IASLC 13th World Conference on Lung Cancer
  • がん分子標的薬の最新の話題, 中川 和彦, 第28回京都放射線腫瘍研究会,   2009年09月, 第28回京都放射線腫瘍研究会
  • A phase Ⅲ、first-line trial of gefitinib versus cisplatin plus docetaxel for patients with advanced or recurrent non-small cell lung cancer (NSCLC) harboring activating mutation of the epidermal growthfactor receptor (EGFR), 鶴谷 純司, 岡本 勇, 福岡正博, 中川 和彦, 他5名, 34th ESMO,   2009年09月, 34th ESMO
  • MET遺伝子増幅を伴うゲフィチニブ獲得耐性非小細胞肺癌におけるSrc阻害剤の効果, 岡本 勇, 吉田 健史, 福岡 正博, 西尾 和人, 中川 和彦, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月, 第68回日本癌学会学術総会
  • シンポジウム 国際共同治験の現状と変化~医師の立場から「肺癌」, 中川 和彦, 第47回癌治療学会総会,   2009年10月, 第47回癌治療学会総会
  • コメディカルセミナー「チーム医療の実践」, 中川 和彦, 第47回癌治療学会総会,   2009年10月, 第47回癌治療学会総会
  • ソラフェニブはKRAS野生型非小細胞肺癌に対してはBRAFをKRAS変異型非小細胞肺癌に対してはCRAFを標的にして抗腫瘍効果を示す, 竹澤 健, 岡本 勇, 米阪 仁雄, 畑下恵理奈, 山田友紀, 福岡正博, 中川 和彦, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月, 第68回日本癌学会学術総会
  • 肺癌細胞株におけるIGF-1R 阻害剤 CP-751,871の放射線増感効果の検討, 岩朝 勤, 岡本 勇, 畑下恵理奈, 山田友紀, 福岡正博, 中川 和彦, 京都大学, 京都大学, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月, 第68回日本癌学会学術総会
  • 肺癌薬物療法今、変革の時, 中川 和彦, 第50回日本肺癌学会総会,   2009年11月, 第50回日本肺癌学会総会
  • IASLCWorkshop「Clinical trials for stageⅢ NSCLC」, 中川 和彦, 第50回日本肺癌学会総会,   2009年11月, 第50回日本肺癌学会総会
  • がん薬物療法における最近の話題, 中川 和彦, 第59回福岡がん化学療法研究会,   2009年11月, 第59回福岡がん化学療法研究会
  • 進行肺腺癌」を対象としたゲフィチニブ/S-1併用療法第Ⅰ相臨床試験, 清田 秀美, 岡本 勇, 岡部崇記, 寺嶋応顕, 宮﨑 昌樹, 中川 和彦, 他, 第50回日本肺癌学会総会,   2009年11月, 第50回日本肺癌学会総会
  • Phase III study of mitomycin/vindesine/cisplatin (MVP) vs. weekly irinotecan/carboplatin (IC) or weekly pacritaxel/carboplatin (PC) with concurrent thoracic radiotherapy (TRT) for unresectable stage III non-small cell lung cancer (WJTOG0105): special ref, 西村 恭昌, 中川 和彦, 福岡 正博, Tujino K, Satouchi M, Tanaka M, Kodaira T, Kokubo M, Fukuda H, Yamamoto N, the 51st Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology,   2009年, the 51st Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology
    概要:非小細胞肺癌に対する化学放射線療法のランダム化比較試験(WJTOG0105)の結果を、放射線治療の観点から報告した。
  • Phase I study of sunitinib(SU) in combination with pemetrexed(pem) in patients(pts) with advanced solid tumors(ST), 中川 和彦, 46th ASCO Annual Meeting,   2009年, 46th ASCO Annual Meeting
  • シンポジウム「分子標的治療」, 中川 和彦, 第44回日本成人病学会学術大会,   2010年01月, 第44回日本成人病学会学術大会
  • ミートザエキスパート6 『癌科学療法の進歩と随伴する心血管合併症』, 中川 和彦, 第74回日本循環器学会,   2010年03月, 第74回日本循環器学会
  • 教育セミナーBセッション「日本臨床腫瘍学会と専門医」, 中川 和彦, 第8回日本臨床腫瘍学会,   2010年03月, 第8回日本臨床腫瘍学会
  • ゾレドロン酸単剤で多臓器転移巣に対して抗腫瘍効果を認めた原発不明がんの一例, 鶴谷 純司, 牧村ちひろ, 東 公一, 武田 真幸, 竹澤 健, 岡本 渉, 清田秀美, 林 秀敏, 田中 薫, 岡本邦男, 谷崎潤子, 岡本 勇, 西條長宏, 福岡正博, 中川 和彦, 第8回日本臨床腫瘍学会総会,   2010年03月, 第8回日本臨床腫瘍学会総会
  • ソラフェニブは肺癌細胞においてKRAS野生型に対しては, 竹澤 健, 岡本 勇, 田中 薫, 林 秀敏, 岡本 邦男, 米阪 仁雄, 福岡正博, 中川 和彦, 第8回日本臨床腫瘍学会総会,   2010年03月, 第8回日本臨床腫瘍学会総会
  • Association of thymidylate synthase (TS) expression with response to S-1 plus carboplatin (CBDCA) in non-small cell lung cancer (NSCLC) patients (pts), 武田 真幸, 岡本 勇, 中川 和彦, 和泉市立病院, 46th A.S.C.O,   2010年06月, 46th A.S.C.O
  • パネルディスカッションⅣ 腫瘍学教育の現状と展望 『卒後教育の現状と問題点―腫瘍内科の立場から』 , 中川 和彦, 第42回日本医学教育学会,   2010年07月, 第42回日本医学教育学会
  • 進行肺腺癌を対象としたゲフェチニブ/S-1 併用療法第1相臨床試験, 清田 秀美, 岡本 勇, 谷﨑 潤子, 文田 壮一, 岡本 邦男, 牧村 ちひろ, 竹澤 健, 田中 薫, 林 秀敏, 岡本 渉, 寺嶋応顕, 東 公一, 金田裕靖, 武田真幸, 上田 眞也, 米阪 仁雄, 藤阪 保仁, 鶴谷 純司, 宮﨑 昌樹, 佐藤 太郎, 倉田 宝保, 中川 和彦, 第92回日本肺癌学会関西支部会,   2010年07月, 第92回日本肺癌学会関西支部会
  • ソラフェニブは非小細胞肺癌株においてKRAS野生型に対してはBRAFを KRAS変異型に対しては CRAFを標的として, 竹澤 健, 岡本 勇, 米阪 仁雄, 畑下恵理奈, 山田友紀, 福岡正博, 中川 和彦, 第14回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2010年07月, 第14回日本がん分子標的治療学会学術集会
  • T790MによるEGFR-TKI獲得耐性に対するBIBW2992+S-1併用療法の分子生物学的検討, 竹澤 健, 岡本 勇, 谷﨑 潤子, 中川 和彦, 福岡正博, 第92回日本肺癌学会関西支部会,   2010年07月, 第92回日本肺癌学会関西支部会
  • 肺癌に対する抗体療法, 中川 和彦, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月, 第69回日本癌学会学術総会
  • EGFR-TKI 耐性T790M 肺癌に対するB IBW2992 とTS標的薬剤の効用効果, 竹澤 健, 岡本 勇, 谷﨑 潤子, 福岡正博, 西尾和人, 中川 和彦, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月, 第69回日本癌学会学術総会
  • A phase I study of chemoradiotherapy with use of three-dimensional conformal radiotherapy (3D-CRT) and accelerated hyperfractionation (AHF) for unresectable non-small-cell lung cancer (NSCLC): WJOG3305., Tada T, 西村 恭昌, 中川 和彦, Tsujino K, Fukuda H, Nishimura Y, Kokubo M, Negoro S, Kudoh S, Nakamura S, Nakanishi Y, the 52nd Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2010年11月, the 52nd Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:非小細胞肺がんに対する加速過分割照射同時化学放射線療法の臨床第I相試験結果を報告した。
  • 局所進行非小細胞肺癌に対する胸部放射線(TRT)と同時併用のシスプラチン(P)+S-1(S)の第2相試験(WJOG3706), 宮﨑 昌樹, 中川 和彦, 西村恭昌, 他8名, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月, 第51回日本肺癌学会総会
  • ゲフィチニブによる重篤な肺障害後 エルロチニブが耐容可能であった1例, 武田 真幸, 岡本 勇, 牧村ちひろ, 中川 和彦, 和泉市立病院, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月, 第51回日本肺癌学会総会
  • EGFR-TKIs が無効であったEGFR遺伝子変異陽性症例の検討, 武田 真幸, 岡本 勇, 中川 和彦, 和泉市立病院, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月, 第51回日本肺癌学会総会
  • 進行肺腺癌を対象としたゲフィチニブ/S-1併用療法第1層臨床試験, 清田 秀美, 岡本 勇, 田中 薫, 林 秀敏, 寺嶋応顕, 東 公一, 武田真幸, 米阪 仁雄, 藤阪 保仁, 鶴谷 純司, 宮﨑 昌樹, 佐藤 太郎, 倉田 宝保, 中川 和彦, 他, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月, 第51回日本肺癌学会総会
  • EGFR-TKI 獲得耐性肺癌に対する BIBW2992 とTS標的薬剤の併用効果の検討, 竹澤 健, 岡本 勇, 谷﨑 潤子, 西尾和人, 福岡正博, 中川 和彦, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月, 第51回日本肺癌学会総会
  • Results of a phase I dose escalation trial (WJOG3305) using accelerated hyperfractionated 3D-conformal radiation therapy (AHF-3DCRT) and concurrent chemotherapy for unresectable stage III Non-Small Cell Lung Cancer (NSCLC)., Tsujino K, 西村 恭昌, 西川 龍之, 中川 和彦, Tada T, Fukuda H, Kokubo M, Soejima T, Takada Y, the 4th APLCC (Asia Pacific Lung Cancer Conference),   2010年12月, the 4th APLCC (Asia Pacific Lung Cancer Conference)
    概要:非小細胞肺がんに対する加速過分割照射化学放射線療法の第I相臨床試験を報告した。
  • 原発不明癌に対するシスプラチンとTS-1の臨床第Ⅱ相試験, 倉田 宝保, 津谷あす香, 岡本 勇, 上田 眞也, 福岡正博, 中川 和彦, 他, 他, 他, 他, 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2011年07月, 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • エリブリン療法における用量調節の重要性について, 鶴谷 純司, 牧村ちひろ, 松岡弘道, 中川 和彦, 第20回日本乳癌学会学術総会,   2012年06月, 第20回日本乳癌学会学術総会
  • 血管破壊剤(VDA) オンブラリンの3週間隔投与時の日本人進行固形がん患者に対する第Ⅰ相臨床試験, 倉田 宝保, 藤阪 保仁, 清田秀美, 林 秀敏, 田中 薫, 中川 和彦, 他, 他, 他, 静岡県立がんセンター, 他, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • 進行・再発非小細胞肺がん患者を対象とした c-MET阻害剤ARQ 197と EGFR阻害剤 Erlotinib の併用第Ⅰ相試験(ARQ197-003/005試験), 藤阪 保仁, 中川 和彦, 静岡県立がんセンター, 他, 他, 他, 他, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年10月, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会

特許

  • 非小細胞肺癌に対する化学療法の治療効果予測方法, 中川 和彦, 萩本啓文, PCT/JP2010/053795

受賞

  •   1988年, 米国臨床腫瘍学会トラベルアワード(ASCO)
  •   1996年, 米国癌学会トラベルアワード(AACR)
  •   1997年, 米国臨床腫瘍学会トラベルアワード(ASCO)

競争的資金

  • 新しい抗癌剤の臨床開発
  • 肺癌化学療法の確立