KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

土井 勝美ドイ カツミ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授
学位博士(医学)
専門耳科学、側頭骨外科学、感覚器医学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/589-doi-katsumi.html
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/40243224.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    (1)人工内耳・人工中耳など最先端の感覚器医療(2)真珠腫性中耳炎、耳硬化症、突発性難聴など難聴の診断と耳科手術(3)メニエール病、BPPV、聴神経腫瘍などめまい疾患の診断と側頭骨外科手術

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2016/2/23
     朝日新聞
     人工内耳について
    ●2016/1/27
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     突発性難聴の症状等について
    ●2015/08/11
     京都放送「ぽじポジたまご」
     人工内耳による難聴治療について
    ●2015/08/16
     サンテレビ「キラリけいざい」
     人工内耳による難聴治療について
    ●2015/05/20
     朝日放送「おはよう朝日です」
     乗り物酔いのメカニズムや予防法について
    ●2015/03/22
     聖教新聞
     メニエール病について
    ●2015/03/10
     日本テレビ系 「情報ライブ ミヤネ屋」
     聴覚障害について
    ●2015/03/07
     日本テレビ系 「情報ライブ ミヤネ屋」
     聴覚障害について

学歴・経歴

経歴

  •   2010年04月, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 耳鼻咽喉科学

研究キーワード

  • 内耳, 難聴, 蝸牛, メニエール病, 水チャネル, HGF, アデノウイルスベクター, DNAマイクロアレイ, 内リンパ水腫, 血管条, real time PCR法, 遺伝子導入, サイクリックAMP, RT-PCR, ホルモンレセプター, AQP1, マウス蝸牛, AQP3, 基底回転, KCNEカリウムチャネル, ミネラルコルチコイド レセプター, マウス, 前庭系, MMP-9, Isk, C-MET, 水チャンネル, real-time PCR, 2G, 周波数選択制

論文

  • A microsensing system for the in vivo real-time detection of local drug kinetics, Ogata G , Ishii Y, Asai K, Sano Y, Nin F, Yoshida T, Higuchi T, Sawamura S, OtaT, Hori K, Maeda K, Komune S, Doi K, Takai M, Findlay I, Kusuhara H, Einaga Y, Hibino  H, Nature Biomedical Engineering, 1, 654, 666,   2017年08月, 査読有り
  • Round Window Application of an Active Middle Ear Implant: A Comparison With Hearing Aid Usage in Japan., Iwasaki S, Usami SI, Takahashi H, Kanda Y, Tono T, Doi K, Kumakawa K, Gyo K, Naito Y, Kanzaki S, Yamanaka N, Kaga K, Otology & neurotology, 38, 6, e145, e151,   2017年07月, 査読有り
  • Residual dizziness after successful treatment of idiopathic benign paroxysmal positional vertigo originates from persistent utricular dysfunction., Seo T, Shiraishi K, Kobayashi T, Mutsukazu K, Fujita T, Saito K, Watanabe H, Doi K, Acta Oto-Laryngologica, (in press),   2017年07月, 査読有り
  • Revision of a furosemide-loading vestibular-evoked myogenic potential protocol for detecting endolymphatic hydrops., Seo T, Shiraishi K, Kobayashi T, Mutsukazu K, Fujita T, Saito K, Doi K, Acta Oto-Laryngologica, (in press),   2017年07月, 査読有り
  • Hearing loss controlled by optogenetic stimulation of nonexcitable nonglial cells in the cochlea of the inner ear, M P Sato, T Higuchi, F Nin, G Ogata, S Sawamura, T Yoshida, T Ota, K Hori, S Komune, S Uetsuka, S Choi, M Masuda, T Watabe, S Kanzaki, K Ogawa, H Inohara, S Sakamoto, H Takebayashi, K Doi, K F Tanaka, H Hibino, Frontiers in Molecular Neuroscience, (in press),   2017年, 査読有り
  • Computer modeling defines the system driving a constant current crucial for homeostasis in the mammalian cochlea by integrating unique ion transports., Nin F, Yoshida T, Murakami S, Ogata G, Uetsuka S, Choi S, Doi K, Sawamura S, Inohara H, Komune S, Kurachi Y, Hibino H, NPJ Systems Biology and Applications, (in press),   2017年, 査読有り
  • The unique electrical properties in an extracellular fluid of the mammalian cochlea; their functional roles, homeostatic processes, and pathological significance., Nin F, Yoshida T, Sawamura S, Ogata G, Ota T, Higuchi T, Murakami S, Doi K, Kurachi Y, Hibino H, Pflugers Archiv : European Journal of Physiology, 468, 10, 1637, 1649,   2016年10月, 査読有り
  • Discrimination of Japanese monosyllables in patients with high-frequency hearing loss., Karino S, Usami S, Kumakawa K, Takahashi H, Tono T, Naito Y, Doi K, Ito K, Suzuki M, Sakata H, Takumi Y, Iwasaki S, Kakigi A, Yamasoba T, Auris, Nasus, Larynx, 43, 3, 269, 280,   2016年06月, 査読有り
  • Clinical course of persistent geotropic direction-changing positional nystagmus with neutral position-Light cupula., Seo T, Shiraishi K, Kobayashi T, Mutsukazu K, Doi K, Acta Oto-Laryngologica, 136, 1, 34, 37,   2016年, 査読有り
  • [Evaluation of the Effectiveness and Safety in a Multi-center Clinical Trial of VIBRANT SOUNDBRIDGE in Japan]., Doi K, Kanzaki S, Kumakawa K, Usami S, Iwasaki S, Yamanaka N, Naito Y, Gyo K, Tono T, Takahashi H, Kanda Y, Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho, 118, 12, 1449, 1458,   2015年12月, 査読有り
  • [Multicenter Clinical Study of Vibrant Soundbridge in Japan: Analysis of Subjective Questionnaires]., Kumakawa K, Kanzaki S, Usami S, Iwasaki S, Yamanaka N, Doi K, Naito Y, Gyo K, Tono T, Takahashi H, Kanda Y, Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho, 118, 11, 1309, 1318,   2015年11月, 査読有り
  • Intractable persistent direction-changing geotropic nystagmus improved by lateral semicircular canal plugging., Seo T, Saito K, Doi K, Case Reports in Otolaryngology, 2015, 192764,   2015年, 査読有り
  • Mucosal dominant-type pemphigus vulgaris associated with gastrointestinal stromal tumor., Sato M, Oiso N, Koga H, Ishii N, Matsuda H, Hayamizu K, Saitou K, Doi K, Hashimoto T, Kawada A, European Journal of Dermatology, 24, 4, 494, 495,   2014年07月, 査読有り
  • Phase I pharmacokinetic study of S-1 granules and nedaplatin for advanced head and neck cancer., Hayashi H, Okamoto I, Ueda S, Tanaka K, Okamoto K, Kawakami H, Nishina S, Takeda M, Fujisaka Y, Satoh T, Terao K, Nishimura Y, Doi K, Nakagawa K, Anticancer Research, 33, 12, 5699, 5705,   2013年12月, 査読有り
  • Human papillomavirus DNA and p16 expression in Japanese patients with oropharyngeal squamous cell carcinoma., Kawakami H, Okamoto I, Terao K, Sakai K, Suzuki M, Ueda S, Tanaka K, Kuwata K, Morita Y, Ono K, Nishio K, Nishimura Y, Doi K, Nakagawa K, Cancer Medicine, 2, 6, 933, 941,   2013年12月, 査読有り
  • A case of calcific retropharyngeal tendinitis: the significance of an early diagnosis., Terao K, Kusunoki T, Mori K, Murata K, Doi K, Ear, Nose, & Throat Journal, 92, 2, 74, 83,   2013年02月, 査読有り
  • [Mechanism of electrical potential dynamics of lymph fluid in inner ear]., Hibino H, Nin F, Murakami S, Doi K, Suzuki T, Hisa Y, Kurachi Y, Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho, 116, 2, 60, 68,   2013年02月, 査読有り
  • Cochlear changes in presbycusis with tinnitus., Terao K, Cureoglu S, Schachern PA, Morita N, Nomiya S, Deroee AF, Doi K, Mori K, Murata K, Paparella MM, American Journal of Otolaryngology, 32, 3, 215, 220,   2011年05月, 査読有り
  • Marrow-middle ear connections: a potential cause of otogenic meningitis., Terao K, Cureoglu S, Schachern PA, Paparella MM, Morita N, Sato T, Mori K, Murata K, Doi K, Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology, 32, 1, 77, 80,   2011年01月, 査読有り
  • Clinical characteristics of delayed endolymphatic hydrops in Japan: A nationwide survey by the Peripheral Vestibular Disorder Research Committee of Japan., Shojaku H, Watanabe Y, Takeda N, Ikezono T, Takahashi M, Kakigi A, Ito J, Doi K, Suzuki M, Takumida M, Takahashi K, Yamashita H, Koizuka I, Usami S, Aoki M, Naganuma H, Acta Oto-Laryngologica, 130, 10, 1135, 1140,   2010年10月, 査読有り
  • Tinnitus as a prognostic factor of sudden deafness., Hikita-Watanabe N, Kitahara T, Horii A, Kawashima T, Doi K, Okumura S, Acta Oto-Laryngologica, 130, 1, 79, 83,   2010年, 査読有り
  • Bumetanide-induced enlargement of the rat intrastrial space and effects of a vasopressin type 2 antagonist., Nishimura M, Kakigi A, Takeda T, Okada T, Doi K, ORL; Journal for Oto-Rhino-Laryngology and its Related Specialties, 71 Suppl 1, 10, 15,   2010年, 査読有り
  • Plasma vasopressin and V2 receptor in the endolymphatic sac in patients with delayed endolymphatic hydrops., Kitahara T, Maekawa C, Kizawa K, Horii A, Doi K, Otology & Neurotology , 30, 6, 812, 819,   2009年09月, 査読有り
  • Expression of aquaporins, vasopressin type 2 receptor, and Na+₋K+₋Cl⁻ cotransporters in the rat endolymphatic sac., Nishimura M, Kakigi A, Takeda T, Takeda S, Doi K, Acta Oto-Laryngologica, 129, 8, 812, 818,   2009年08月, 査読有り
  • Time course changes of vasopressin-induced enlargement of the rat intrastrial space and the effects of a vasopressin type 2 antagonist., Nishimura M, Kakigi A, Takeda T, Okada T, Doi K, Acta Oto-Laryngologica, 129, 7, 709, 715,   2009年07月, 査読有り
  • Analysis of gene expression profiles along the tonotopic map of mouse cochlea by cDNA microarrays., Sato T, Doi K, Hibino H, Kubo T, Acta Oto-Laryngologica. Supplementum, 562, 12, 17,   2009年06月, 査読有り
  • A rare case of a glass foreign body in the parapharyngeal space: pre-operative assessment by contrast-enhanced CT and three-dimensional CT images , Enomoto K, Nishimura H, Inohara H, Murata J, Horii A, Doi K, Kubo T, Dentomaxillofac Radiol, 38, 112, 115,   2009年, 査読有り
  • Nuclear imaging of osteoma., Enomoto K, Nishimura H, Hamada K, Doi K, Kubo T, Hatazawa J, Clinical Nuclear Medicine, 33, 2, 135, 136,   2008年02月, 査読有り
  • The endocochlear potential depends on two K+ diffusion potentials and an electrical barrier in the stria vascularis of the inner ear., Nin F, Hibino H, Doi K, Suzuki T, Hisa Y, Kurachi Y, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 105, 5, 1751, 1756,   2008年02月, 査読有り
  • Meniereユs attack occur in the inner ear with excessive vasopressin type-2 receptors, Kitahara T, Doi K, Maekawa C, Kizawa K, Horii A, Kubo T, J Neuroendocrinol, 20, 1295, 1300,   2008年, 査読有り
  • Stapes surgery in Japanese patients with osteogenesis imperfecta., Doi K, Nishimura H, Ohta Y, Kubo T, Advances in Oto-Rhino-Laryngology, 65, 226, 230,   2007年, 査読有り
  • Gastric type H+,K+-ATPase in the cochlear lateral wall is critically involved in formation of the endocochlear potential., Shibata T, Hibino H, Doi K, Suzuki T, Hisa Y, Kurachi Y, American Journal of Physiology. Cell Physiology, 291, 5, C1038, 48,   2006年11月, 査読有り
  • Progressive hearing loss in mice carrying a mutation in the p75 gene., Sato T, Doi K, Taniguchi M, Yamashita T, Kubo T, Tohyama M, Brain Research, 1091, 1, 224, 234,   2006年05月, 査読有り
  • Auditory and tactile processing in a postmeningitic deaf-blind patient with a cochlear implant, Osaki Y, Takasawa M, Doi K, Nishimura H, Iwaki T, Imaizumi M, Oku N, Hatazawa J, Kubo T, Neurology, 67, 887, 890,   2006年, 査読有り
  • Neural mechanism of residual inhibition of tinnitus in cochlear implant users., Osaki Y, Nishimura H, Takasawa M, Imaizumi M, Kawashima T, Iwaki T, Oku N, Hashikawa K, Doi K, Nishimura T, Hatazawa J, Kubo T, Neuroreport, 16, 15, 1625, 1628,   2005年10月, 査読有り
  • Ménière's disease is associated with single nucleotide polymorphisms in the human potassium channel genes, KCNE1 and KCNE3., Doi K, Sato T, Kuramasu T, Hibino H, Kitahara T, Horii A, Matsushiro N, Fuse Y, Kubo T, ORL; Journal for Oto-Rhino-Laryngology and its Related Specialties, 67, 5, 289, 293,   2005年, 査読有り
  • Changes in aquaporin expression in the inner ear of the rat after i.p. injection of steroids., Fukushima M, Kitahara T, Fuse Y, Uno Y, Doi K, Kubo T, Acta Oto-Laryngologica. Supplementum, 553, 13, 18,   2004年08月, 査読有り
  • Cortical processing of tactile language in a postlingually deaf-blind subject., Osaki Y, Doi K, Takasawa M, Noda K, Nishimura H, Ihara A, Iwaki T, Imaizumi M, Yoshikawa T, Oku N, Hatazawa J, Kubo T, Neuroreport, 15, 2, 287, 291,   2004年02月, 査読有り
  • Intrathecal injection of HVJ-E containing HGF gene to cerebrospinal fluid can prevent and ameliorate hearing impairment in rats., Oshima K, Shimamura M, Mizuno S, Tamai K, Doi K, Morishita R, Nakamura T, Kubo T, Kaneda Y, FASEB journal, 18, 1, 212, 214,   2004年01月, 査読有り
  • Expression of Musashi1, a neural RNA-binding protein, in the cochlea of young adult mice., Murata J, Murayama A, Horii A, Doi K, Harada T, Okano H, Kubo T, Neuroscience Letters, 354, 3, 201, 204,   2004年01月, 査読有り
  • Evidence of a founder effect for the 235delC mutation of GJB2 (connexin 26) in east Asians., Yan D, Park HJ, Ouyang XM, Pandya A, Doi K, Erdenetungalag R, Du LL, Matsushiro N, Nance WE, Griffith AJ, Liu XZ, Human Genetics, 114, 1, 44, 50,   2003年12月, 査読有り
  • Tuberculous otitis media: clinical aspects of 12 cases., Nishiike S, Irifune M, Doi K, Osaki Y, Kiuchi N, The Annals of Otology, Rhinology, and Laryngology, 112, 11, 935, 938,   2003年11月, 査読有り
  • Long-term neuroprotective effects of hypothermia on neonatal hypoxic-ischemic brain injury in rats, assessed by auditory brainstem response., Tomimatsu T, Fukuda H, Endoh M, Mu J, Kanagawa T, Hosono T, Kanzaki T, Doi K, Kubo T, Murata Y, Pediatric Research, 53, 1, 57, 61,   2003年01月, 査読有り
  • Ultrasonography in a nasal cavity filled with water during endoscopic sinus surgery., Noda K, Tamura M, Doi K, Kubo T, The Annals of Otology, Rhinology, and Laryngology, 111, 9, 836, 841,   2002年09月, 査読有り
  • Quantitative changes in mRNA expression of glutamate receptors in the rat peripheral and central vestibular systems following hypergravity., Uno Y, Horii A, Uno A, Fuse Y, Fukushima M, Doi K, Kubo T, Journal of Neurochemistry, 81, 6, 1308, 1317,   2002年06月, 査読有り
  • Effects of neonatal hypoxic-ischemic brain injury on skilled motor tasks and brainstem function in adult rats., Tomimatsu T, Fukuda H, Endoh M, Mu J, Watanabe N, Kohzuki M, Fujii E, Kanzaki T, Oshima K, Doi K, Kubo T, Murata Y, Brain Research, 926, 1-2, 108, 117,   2002年02月, 査読有り
  • Successful cochlear implantation in prelingual profound deafness resulting from the common 233delC mutation of the GJB2 gene in the Japanese., Matsushiro N, Doi K, Fuse Y, Nagai K, Yamamoto K, Iwaki T, Kawashima T, Sawada A, Hibino H, Kubo T, The Laryngoscope, 112, 2, 255, 261,   2002年02月, 査読有り
  • Effects of intratympanic injection of steroids on changes in rat inner ear aquaporin expression, Fukushima M, Kitahara T, Uno Y, Fuse Y, Doi K, Kubo T, Acta Otolaryngol, 122, 600, 606,   2002年, 査読有り
  • Laryngeal tuberculosis: a report of 15 cases, Nishiike S, Irifune M, Doi K, Sawada T, Kubo T, Ann Oto-Rhino-Laryngol, 111, 916, 918,   2002年, 査読有り
  • Significance of auditory evoked responses (EABR and P300) in cochlear , Kubo T, Yamamoto K, Iwaki T, Matsukawa M, Doi K, Tamura M, Acta Otolaryngol, 121, 257, 261,   2001年, 査読有り
  • Different forms of dizziness occurring after cochlear implant, Kubo T, Yamamoto K, Iwaki T, Doi K, Tamura M, Eur Arch Otorhinolaryngol, 258, 9, 12,   2001年, 査読有り
  • An inwardly rectifying K+ channel, Kir4.1, expressed in astrocytes surrounds synapses and blood vessels in brain , Am J Physiol, 281, C922, 931,   2001年, 査読有り
  • Effects of hypergravity on morphology and osteopontin expression in the rat otolith organs, Uno Y, Horii A, Umemoto M, Hasegawa T, Doi K, Uno A, Takemura T, Kubo T, J Vest Res, 10, 283, 289,   2000年, 査読有り
  • Deafness induced up-regulation of GluR2/3 and NR1 in the spiral ganglion cells of the rat cochlea, Hasegawa T, Doi K, Fuse Y, Fujii K, Uno Y, Nishimura H, Kubo T, Neuroreport, 11, 2515, 2519,   2000年, 査読有り
  • Anchoring proteins confer G protein sensitivity to an inward-rectifier K+ channel through the GK domain, Hibino H, Inanobe A, Tanemoto M, Fujita A, Doi K, Kubo T, Hata Y, Takai Y, Kurachi Y, EMBO J, 19, 78, 83,   2000年01月, 査読有り
  • Neural plasticity detected in short- and long-term cochlear implant users using PET, Nishimura H, Doi K, Iwaki T, Hashikawa K, Oku N,Teratani T, Watanabe A, Nishimura T, Kubo T, Neuroreport, 11, 811, 815,   2000年, 査読有り
  • Prevalence of mitochondrial gene mutations among hearing impaired patients, Usami S, Abe S, Akita J, Namba A, Shinkawa H, Ishii M, Iwasaki S, Hoshino T, Ito J, Doi K, Kubo T, Nakagawa T, Komiyama S, Tono T, Komune S, J Med Genet, 37, 38, 40,   2000年, 査読有り
  • Continuity between cortical representations: auditory N1 and mismatch negativity, Noda K, Tonoike M, Doi K, Koizuka I, Yoshida H, Yamaguchi M, Hamada T, Kubo T, Neuroreport, 10, 1909, 1912,   1999年, 査読有り
  • Three novel connexin26 gene mutations in autosomal recessive nonsyndromic deafness, Fuse Y, Doi K, Hasegawa T, Sugii A, Hibino H, Kubo T, Neuroreport, 10, 9, 1853, 1857,   1999年06月, 査読有り
  • Expression of an inwardly rectifying K+ channel, Kir4.1, in the satellite cells of rat cochlear ganglions, Hibino H, Horio Y, Fujita A, Inanobe A, Doi K, Ito M, Gotow T, Uchiyama Y, Kubo T, Kurachi Y, Am J Physiol, 277, 4 Pt 1, C638, 644,   1999年10月, 査読有り
  • Sign language‘heard’in the auditory cortex, Noda K, Tonoike M, Doi K, Koizuka I, Yoshida H, Yamaguchi M, Hamada T, Kubo T, Nature, 397, 116,   1999年, 査読有り
  • Auditory evoked off-response: its source distribution is different from that of on-response, Noda K, Tonoike M, Doi K, Koizuka I, Yamaguchi M, Seo R, Matsumoto N, Noiri T, Takeda N, Kubo T, Neuroreport, 9, 2621, 2625,   1998年, 査読有り
  • An ATP-dependent inwardly rectifying potassium channel, KAB-2 (Kir4.1), in cochlear strial vascularis of inner ear: its specific subcellular localization and correlation with the formation of endocochlear potential, Hibino H, Horio Y, Inanobe A, Doi K, Ito M, Yamada M, Gotow T, Uchiyama Y, Kawamura M, Kubo T, Kurachi Y, J Neurosci, 17, 12, 4711, 4721,   1997年06月, 査読有り
  • Auditory plasticity in cochlear implant patients, Kubo T, Iwaki T, Okusa M, Doi K, Uno A, Yamamoto K, Fujii K, Acta Otolaryngol, 116, 224, 227,   1996年, 査読有り
  • Assessment of auditory and vestibular functions after vestibular neurectomy for Meniere's disease, Kubo T, Doi K, Koizuka I, Takeda N, Sugiyama Y, Yamada K, Kohmura E, Acta Otolaryngol, 115, 149, 153,   1995年, 査読有り
  • Synaptic input-induced increase in intraneuronal Ca2+ in the medial vestibular nucleus of young rats, Takahashi Y, Takahashi MP, Tsumoto T, Doi K, Matsunaga T , Neurosci Res, 21, 59, 69,   1994年, 査読有り
  • Mineralocorticoid type I receptor in the rat cochlea: mRNA identification by polymerase chain reaction (PCR) and in situ hybridization, Furuta H, Mori N, Sato C, Hoshikawa H, Sakai S, Iwakura S, Doi K, Hear Res, 78, 175, 180,   1994年, 査読有り
  • A deletion in the second cytoplasmic loop of GluR3 produces an inactivating subunit of the AMPA receptor , Sekiguchi M, Doi K, Zhu W-S, Watase K, Yokotani N, Wada K, Wenthold RJ, J Biol Chem, 269, 14559, 14565,   1994年, 査読有り
  • Strial dysfunction in a melanocyte deficient mutant rat (Ws/Ws rat), Kitamura K, Sakagami M, Umemoto M, Takeda N, Doi K, Kasugai T, Kitamura Y , Acta Otolaryngol, 114, 177, 181,   1994年, 査読有り
  • Failure of forskolin to elevate the endocochlear potential in kanamycin poisoned animals , Kitano I, Doi K, Mori N, Umemoto M, Sakagami M, Fukazawa K, Matsunaga T, Hear Res, 78, 58, 64,   1994年, 査読有り
  • Transcription factor IIB sites important for interaction with promoter-bound TFIID, Yamashita S, Hisatake K, Kokubo T, Doi K, Reder RG, Horikoshi M, Nakatani Y, Science, 261, 463, 466,   1993年, 査読有り
  • Non-conservation of a catalytic residue in a dipeptidyl aminopeptidase IV related protein encoded by a gene on human chromosome 7 , Yokotani N, Doi K, Wenthold RJ, Wada K, Human Mol Genet, 2, 1037, 1039,   1993年, 査読有り
  • Involvement of Cl- transport in forskolin-induced elevation of endocochlear potential, Kitano I, Doi K, Mori N., Matsunaga T, Hear Res, 71, 23, 27,   1993年, 査読有り
  • Differential expression of two distinct forms of mRNA encoding new members of a dipeptidyl aminopeptidase family , Wada K, Yokotani N, Hunter C, Doi K, Wenthold RJ, Shimasaki S , Proc Natl Acad Sci USA, 89, 197, 201,   1992年, 査読有り
  • Immunochemical characterization of the non-NMDA glutamate receptor using subunit-specific antibodies: Evidence for a hetero-oligomeric structure in rat brain, Wenthold RJ, Yokotani N, Doi K, Wada K, J Biol Chem, 267, 501, 507,   1992年, 査読有り
  • Adenylate cyclase modulation of ion permeability in the guinea pig cochlea: A possible mechanism for the formation of endolymphatic hydrops , Doi K, Mori N, Matsunaga T, Acta Otolaryngol, 112, 667, 673,   1992年, 査読有り
  • Adenylate cyclase modulation of endocochlear potential during suppression of strial Na+-K+ ATPase, Doi K, Kitano I, Mori N, Hear Res, 58, 221, 226,   1992年, 査読有り
  • Neurotransmission in the auditory system, Hunter C, Doi K, Wenthold RJ, The Otolaryngologic Clinics of North America, 25, 1123, 1157,   1992年, 査読有り
  • Transport of HRP through Reissner's membrane in experimental endolymphatic hydrops, Sakagami M, Fukazawa K, Kitamura K, Doi K, Mori N, Matsunaga T , Acta Otolaryngol, 111, 872, 878,   1991年, 査読有り
  • Actions of excitatory amino acid antagonists on synaptic inputs to the rat medial vestibular nucleus: an electrophysiological study in vitro, Doi K, Tsumoto T, Matsunaga T, Exp Brain Res, 82, 254, 262,   1990年, 査読有り
  • Blockade of synaptic transmission from hair cells to auditory afferent nerves by 6-cyano-2,3-dihydroxy-7-nitroquinoxaline, a selective non-NMDA receptor antagonist , Doi K, Mori N, Matsunaga T, Tsumoto T, Eur Arch Otolaryngol, 248, 25, 30,   1990年, 査読有り
  • Effects of forskolin and 1,9-dideoxy-forskolin on cochlear potentials, Doi K, Mori N, Matsunaga T, Hear Res, 45, 157, 164,   1990年, 査読有り
  • Adenylate cyclase stimulation elevates endocochlear potential in the guinea pig, Doi K, Mori N, Matsunaga T, Eur Arch Otolaryngol, 247, 16, 19,   1990年, 査読有り
  • Localization and fine structure of calcitonin gene-related peptide (CGRP)- like immunoreactive fibers in the organ of Corti of guinea pigs by immunohistochemistry, Takeda N, Doi K, Mori N, Yamazaki H, Tohyama M, Matsunaga T, Acta Otolaryngol, 103, 567, 571,   1987年, 査読有り
  • Diagnostic value of extratympanic electrocochleography in Meniere's disease, Mori N, Asai H, Doi K, Matsunaga T, Audiology, 26, 103, 110,   1987年, 査読有り

書籍等出版物

  • 難治性外耳疾患の診断と治療, 土井 勝美, 全日本病院出版会,   2013年, 9784881178485
  • 異物 : 初期対応から摘出まで, 土井 勝美, 全日本病院出版会,   2008年, 9784881174449
  • ラット内耳に発現するKCNE/KCNQカリウムチャネルの構造・機能解析, 土井 勝美, [土井勝美],   2008年
  • マウス蝸牛における周波数弁別機構の分子生物学的解析 : 有毛細胞、ラセン神経節細胞mRNAのsubtraction法、two-hybrid法を用いて, 土井 勝美, [土井勝美],   2006年
  • 重力変化による内耳水チャネル、カリウムチャネル分子発現量変化の解析 : 宇宙空間における内耳液のイオン組成・浸透圧変化と聴覚・前庭機能への影響, 土井 勝美, [土井勝美],   2004年
  • 感覚器疾患への遺伝子治療法の開発 : 水チャネル遺伝子によるメニエール病・鼻ポリープの遺伝子治療へ向けて, 土井 勝美, [土井勝美],   2003年
  • アデノウイルスベクターを用いた難聴モデルノックアウトマウス内耳への新規遺伝子導入 : 膜2回貫通型内向き整流カリウムチャネル(Kir4.1)遺伝子を標的として, 土井 勝美, [土井勝美],   2002年
  • 内耳有毛細胞・ラセン神経節細胞の増殖・再生分子の同定 : HGF(Hepatocyto Growth Factor)およびHGF receptor遺伝子の発現, 土井 勝美, [土井勝美],   2000年

MISC

  • 【手術に必要な画像診断-耳編】 Vibrant Soundbridge人工中耳手術, 土井 勝美, JOHNS, 33, 6, 722, 726,   2017年06月
  • 成人人工内耳適応基準についての全国アンケート調査結果, 岩崎 聡, 宇佐美 真一, 高橋 晴雄, 東野 哲也, 土井 勝美, 佐藤 宏昭, 熊川 孝三, 内藤 泰, 羽藤 直人, 南 修司郎, Otology Japan, 27, 2, 149, 155,   2017年05月
    概要:平成28年2月下旬に日本耳鼻咽喉科学会に登録している人工内耳実施施設109施設を対象に日本耳科学会 人工聴覚器ワーキングループによるアンケート調査を実施した結果を報告する。85%の施設で平均聴力90dB未満の患者が人工内耳手術を希望されていた。48%の施設で一側の平均聴力90dB未満の患者に人工内耳手術を行っていた。82%の施設が1998年の適応基準の改訂が必要と考えていた。人工内耳手術を行った最も軽い術側の平均聴力レベルは91dB以上が20.7%、81〜90dBが51.7%、71〜80dBが14.9%であった。93%の施設で適応決定に語音明瞭度も重要と考えていた。67%の施設が両側人工内耳を実施したことがあった。本アンケート調査結果を踏まえて、成人人工内耳適応基準改訂が必要と考えられた。(著者抄録)
  • いわゆるlight cupula症の耳石器機能, 瀬尾 徹, 白石 功, 小林 孝光, 藤田 岳, 北野 睦三, 土井 勝美, 耳鼻咽喉科ニューロサイエンス, 31, 13, 15,   2017年05月
  • 人工聴覚機器の最前線 人工中耳VIBRANT SOUNDBRIDGの短期および中期の治療成績, 土井 勝美, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 120, 4, 487, 488,   2017年04月
  • 外耳道経由で正円窓へのアプローチを目指した、ヒト側頭骨標本の解剖学的検討, 藤田 岳, 土井 勝美, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 120, 4, 522, 522,   2017年04月
  • 当科で経験した残存聴力活用型人工内耳手術症例の成績, 齋藤 和也, 小林 孝光, 白石 功, 西原 美沙子, 佐藤 満雄, 藤田 岳, 土井 勝美, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 120, 4, 526, 526,   2017年04月
  • 当科の頭頸部癌手術症例における術前の栄養状態と合併症についての検討, 北野 睦三, 木村 隆幸, 西原 美沙子, 白石 功, 小林 孝光, 森川 大樹, 速水 康介, 藤原 良平, 寺尾 恭一, 土井 勝美, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 120, 4, 579, 579,   2017年04月
  • 頸部結核性リンパ節炎6例の検討, 藤原 良平, 木村 隆幸, 西原 美沙子, 白石 功, 小林 孝光, 森川 大樹, 速水 康介, 北野 睦三, 土井 勝美, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 120, 4, 657, 657,   2017年04月
  • 耳石器障害めまい患者の重心動揺, 小林 孝光, 白石 功, 藤田 岳, 齋藤 和也, 瀬尾 徹, 土井 勝美, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 120, 4, 667, 667,   2017年04月
  • cVEMPとvHITで診断された下前庭神経炎例, 白石 功, 瀬尾 徹, 小林 孝光, 北野 睦三, 小泉 敏三, 齋藤 和也, 土井 勝美, 耳鼻咽喉科臨床, 109, 12, 833, 837,   2016年12月
  • 「診療所における言語聴覚士雇用に関するアンケート調査」の集計結果, 飯野 ゆき子, 土井 勝美, 廣瀬 肇, 三輪 高喜, 三代 康雄, 中村 晶彦, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 119, 5, 814, 825,   2016年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020868553
  • VIBRANT SOUNDBRIDGE国内臨床治験の有効性と安全性の評価, 土井 勝美, 神崎 晶, 熊川 孝三, 宇佐美 真一, 岩崎 聡, 山中 昇, 内藤 泰, 暁 清文, 東野 哲也, 高橋 晴雄, 神田 幸彦, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 118, 12, 1449, 1458,   2015年12月
    概要:2011〜2014年、国内でVSB(Vibrant Soundbridge;VSB;MedEl社)臨床治験が行われ、伝音・混合性難聴25例に対して13施設でVSBの埋め込み手術が施行された。現在、保険適応を目指してPMDA(Pharmaceuticals and Medical Devices Agency;独立行政法人医薬品医療機器総合機構)への申請手続きが開始されていて、早期の臨床導入が期待されている。臨床治験23症例の手術前(裸耳)と手術後20週(VSB装用下)での音場閾値の比較では、250〜8,000Hzのすべての周波数で統計学的に有意な改善が確認された(p<0.001)。特に、1,000〜4,000Hzの中音域〜高音域での音場閾値の改善が著明で、変化量は各周波数で35〜40dBに入った。語音明瞭度検査、語音了解閾値検査では、手術前(裸耳)と比較して手術後20週(VSB装用下)での語音聴取能は著明に改善し、手術前後で統計学的に有意な差が確認された(p<0.001)。静寂下のみならず、雑音下での語音聴取能もVSB装用下で統計学的に有意に改善を示した(p<0.001)。VSBの高い有効性が確認された一方で、VSB自体に関連する有害事象の発症は手術後ほとんど観察されず、VSBの安全性についても、欧米からの報告と同様、十分に評価できる内容になった。(著者抄録)
  • 本邦における人工中耳(Vibrant Soundbridge)臨床治験 アンケートによる自覚的評価結果について, 熊川 孝三, 神崎 晶, 宇佐美 真一, 岩崎 聡, 山中 昇, 土井 勝美, 内藤 泰, 暁 清文, 東野 哲也, 高橋 晴雄, 神田 幸彦, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 118, 11, 1309, 1318,   2015年11月
    概要:伝音難聴および混合性難聴患者に対する正円窓刺激法による人工中耳(Vibrant Soundbridge以下VSB)の有効性および安全性について13施設による多施設共同治験を実施した。本報告ではアンケートによる自覚的評価結果、1日の装用時間、満足度について有効性を検証した。対象は補聴器を装用できない、あるいは補聴器適合検査の指針(2010)に準じて評価するも適合不十分であった18歳以上の両側の難聴例23例である。「きこえの評価-補聴前・補聴後-」を用いた解析では、術前裸耳よりもVSB装用後20週目で、有意に主観的な改善効果があることが示された。また、「補聴器の有効性評価簡略化版APHAB」を用いた解析では、VSB装用によってコミュニケーションの容易さ、騒音下での言語理解、反響音の質問群に関して、術前裸耳よりも有意に主観的な改善効果があることが示された。ただし、音に対する不快感の質問群ではVSB装用後に有意に悪化が認められ、装用に対する慣れが必要と考えられた。1日の装用時間の平均値は12.0±4.6(1標準偏差)時間であり、満足度の平均は100点満点中77.3±18.0(同)時間であった。以上より、VSB装用によって術前裸耳と比べて有意に主観的な改善効果があることが示された。(著者抄録)
  • 一側性メニエール病における温度眼振検査とvideo head impulse検査との乖離, 北野 睦三, 瀬尾 徹, 白石 功, 土井 勝美, Equilibrium Research, 74, 5, 461, 461,   2015年10月
  • 交通外傷後に認めた耳石器障害性めまいの1例, 白石 功, 小林 孝光, 瀬尾 徹, 土井 勝美, Equilibrium Research, 74, 5, 469, 469,   2015年10月
  • フロセミド負荷VEMP検査up-to-date, 瀬尾 徹, 白石 功, 小林 孝光, 北野 睦三, 土井 勝美, Equilibrium Research, 74, 5, 498, 498,   2015年10月
  • 当院めまい外来を受診した小児例の検討, 小林 孝光, 白石 功, 瀬尾 徹, 土井 勝美, Equilibrium Research, 74, 5, 510, 510,   2015年10月
  • 縦隔甲状腺腫35例の検討, 藤原 良平, 内野 眞也, 野口 志郎, 速水 康介, 北野 睦三, 寺尾 恭一, 土井 勝美, 耳鼻咽喉科臨床, 108, 10, 791, 799,   2015年10月
    概要:2004年〜2013年の間に手術した甲状腺腫瘍中、50%以上が縦隔内に存在するものを縦隔甲状腺腫と定義し、今回、その35例(男性7例、女性28例、年齢34〜82歳、平均61.5±11.1歳、中央値65歳)について検討した。その結果、1)腫瘍は単発性が17例、多発性が16例であり、単発性腫瘍の最大径は27〜74mm(平均56.2±12.9mm)であった。また、主腫瘍の病理組織型は腺腫様甲状腺腫が25例、濾胞腺腫が6例、慢性甲状腺炎が2例ほか、乳腺癌および未分化癌が各1例で、副病変として腺腫様甲状腺腫が5例、濾胞腺腫2例に乳頭癌を合併していた。2)主腫瘍に対する術前の穿刺吸引細胞診では乳頭癌と未分化癌の各1例とも術前良性の診断であり、副病変の乳頭癌合併例では7例中2例を術前の細胞診で乳頭癌と診断した。3)主腫瘍の甲状腺内占拠部位は左葉が17例、右葉が10例、峡部が2例で、両葉に及ぶものは3例、頸部甲状腺と連続性をもたない迷入型3例であった。4)手術は胸骨切開が迷入型の1例のみで施行され、ほかの34例は全例、頸部襟状切開のみで行われていた。術式は葉切除が16例、峡部切除が1例、亜全摘が5例、準全摘が7例、全摘が3例であった。以上より、縦隔甲状腺腫の97%は頸部襟状切開のみで摘出可能であり、術後合併症も少なく手術は安全に施行できると示唆された。
  • 真珠腫性中耳炎に対する軟骨膜付き薄切軟骨を用いたcanal wall up手術について, 齋藤 和也, 磯野 道夫, 白石 功, 小林 孝光, 小泉 敏三, 瀬尾 徹, 土井 勝美, Otology Japan, 25, 4, 690, 690,   2015年09月
  • 光遺伝学を駆使した血管条性難聴モデルマウスの作成, 佐藤 満雄, 樋口 大河, 任 書晃, 吉田 崇正, 小宗 静男, 土井 勝美, 日比野 浩, Otology Japan, 25, 4, 753, 753,   2015年09月
  • 人工聴覚機器の進歩:―人工中耳―, 土井 勝美, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 118, 6, 801, 806,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005088290
  • 5. メニエール病の外科治療, 土井 勝美, Equilibrium Research, 73, 1, 8, 15,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003395181
    概要:Menieres disease is characterized by intermittent episodes of vertigo lasting from minutes to hours, with fluctuating sensorineural hearing loss, tinnitus, and aural pressure. The primary histopathological correlate is endolymphatic hydrops. Several medical and surgical treatments have been offered to patients with Menieres disease. It has been confirmed that no one effective treatment is available for these patients. According to the severity of the patients symptoms, appropriate therapeutic strategies should be selected. If medical therapies including lifestyle change, diuretics, and local/systemic steroids have failed, then surgical approaches such as intratympanic gentamicin perfusion (GM), pressure pulse treatment with Meniett®, endolymphatic sac surgery (ESS) and vestibular neurectomy (VN) should be considered. Most reviews have reported relative good (80-100%) vertigo control rates with either GM, Meniett®, ESS, or VN, however, recurrence of vertigo has been noticed in certain cases. A combination of medical and surgical strategies should be recommended and the treatment algorithm for Menieres disease indicated in "2011 Clinical practice guidelines for Menieres disease" must be adopted.
  • 人工内耳手術後の遅発性合併症の検討, 太田 有美, 長谷川 太郎, 川島 貴之, 宇野 敦彦, 今井 貴夫, 諏訪 圭子, 西村 洋, 大崎 康宏, 増村 千佐子, 北村 貴裕, 土井 勝美, 猪原 秀典, Otology Japan, 22, 3, 244, 250,   2012年07月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030959121
    概要:人工内耳手術においては手術手技に関係した合併症もあるが、電極のスリップアウトや機器の故障など特有の問題で再手術を要することがある。再手術は患者にとって負担となるものであり、避けうるものは避けなければならない。また術前に起こりうる合併症について患者に情報提供する必要もある。そこで、これまで当科で行った人工内耳手術症例について術後の合併症、特に再手術に至った症例の手術内容、原因を検討することとした。
    対象は1991年1月から2011年3月までの20年間に大阪大学医学部附属病院耳鼻咽喉科で人工内耳手術を施行された症例494例(成人319例、小児175例)である。
    何らかの理由で再手術を行ったのは、成人27例(8.5%)、小児20例(11.4%)であった。再手術の原因は、機器の故障8例、音反応不良11例、電極スリップアウト・露出6例、皮弁壊死5例、真珠腫4例などが挙げられる。小児では外傷(2例)や内耳奇形に起因するgusher(1例)や顔面痙攣(1例)がみられた。手術内容としては電極入れ替えが最多であったが、本体移動や真珠腫摘出、人工内耳抜去もあった。複数回手術を要している例もあり、特に小児において成人に比べると有意に多い。小児では皮弁の感染・壊死や真珠腫形成などで手術を要する状態になると複数回手術を要していることが多かった。このことから小児では皮弁の感染、壊死に特に注意が必要であると考える。電極スリップアウト・露出した例13例中8例(61.3%)という高い割合で中耳疾患の既往がみられており、中耳疾患の既往がある場合は、電極が露出しないような工夫を行う必要がある。
    人工内耳手術は重篤な合併症の割合は低く、安全な手術といえるが、皮弁壊死や真珠腫形成で複数回の再手術を要することがあり、患者指導や専門医による定期的な経過観察、長期の経過観察が必要と考える。
  • 外リンパ瘻症例の検討, 佐藤 満雄, 小林 孝光, 宮下 美恵, 齋藤 和也, 磯野 道夫, 上井 勝美, Audiology Japan, 56, 5, 579, 580,   2013年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031202525
  • 4.メニエール病, 土井 勝美, Equilibrium Research, 74, 2, 51, 57,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005073091
    概要: Although the basis for both the sporadic and inherited forms of Menieres disease (MD) remain undefined, it is likely to be multifactorial, one of the factors being a genetic predisposition. Several candidate genes, such as AQPs, COCH, and HLA, have been proposed for MD, many of them regulating directly or indirectly the ionic or water transport of the inner ear. Mutations/polymorphisms in KCNE potassium channel genes might play a causative role in MD, because KCNE potassium channels have been suggested to be involved in the transmembrane ion and water transport mechanisms of the inner ear. The SNPs analyses identified that 112G/A SNP in the KCNE1 gene and 198T/C SNP in the KCNE3 gene could determine an increased susceptibility to develop MD. Because of the familial clustering, the geographical and racial differences, no convincing evidence for an association with any genes in the development of MD exists. The phenotypic diversity of MD makes the selection of patients a challenge, and the late onset of the disease may complicate the selection of the controls. Finally, the predisposing factors for MD should differ between ethnic groups and even between families affected. In summary, existing candidate gene reports provide very little information on the etiology of MD at present. Future studies should emphasize the need to collect larger, well-defined control groups as well as sporadic/familial MD patients.
  • 光遺伝学を駆使した難聴モデルマウスの作成, 佐藤 満雄, 樋口 大河, 任 書晃, 吉田 崇正, 緒方 元気, 上塚 学, 竹林 浩秀, 土井 勝美, 田中 謙二, 日比野 浩, 応用薬理, 89, 1-2, 54, 54,   2015年08月
  • 経乳突アプローチによる上半規管裂隙閉鎖例, 佐藤 満雄, 小林 孝光, 齋藤 和也, 今井 貴夫, 土井 勝美, 耳鼻咽喉科臨床, 107, 3, 185, 189,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003395625
    概要:In this study, we report on a patient who had superior canal dehiscence and was treated by resurfacing the defect via the transmastoid approach. An 80-year-old male patient had the chief complaint of vertigo when he touched his left porus acusticus externus. As leftward nystagmus was induced by change in middle ear pressure and the existence of superior canal dehiscence was confirmed with computed tomographic scans (CT) of the temporal bones, we suspected an idiopathic labyrinthine fistula similar to the superior canal dehiscence syndrome (SCDS). At first, he was treated with medication, but as his vertigo was getting worse, he underwent surgery. A wide mastoidectomy was performed identifying the middle fossa dura. The superior semicircular canal was exposed together with the angle between the superior semicircular canal and the middle fossa bone. A bone pate was insinuated down the dehiscent canal. After the operation, no nystagmus was induced by change in the middle ear pressure and the patient did not feel any vertigo. When we anticipate the possibility of a transmastoid approach to a defect of superior canal based on preoperative CT findings, we should select this approach because the approach can avoid the more invasive middle fossa craniotomy.
  • 先天性外耳道閉鎖症例における埋め込み型骨導補聴器 (Bone-Anchored Hearing Aid : BAHA) の有効性に関する検討, 福島 邦博, 假谷 伸, 長安 吏江, 福田 諭, 小林 俊光, 喜多村 健, 熊川 孝三, 宇佐美 真一, 岩崎 聡, 土井 勝美, 暁 清文, 東野 哲也, 西崎 和則, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 114, 9, 761, 767,   2011年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029699653
    概要:先天性外耳道閉鎖症例に対するBAHAの有用性について検討を加えた. 2006年12月から2009年3月に9施設を受診し, 書面によるインフォームドコンセントの上で同意が得られた20例を対象に検討した. うち2例はインプラントが脱落し, 最終的には先天性外耳道閉鎖症成人例18例 (両側15例, 片側3例) を対象に音場閾値検査, 語音了解閾値検査の術前および術後12週での前後比較試験を行った. 副次的評価項目として簡略版補聴器有効性評価を使用したアンケート調査を実施した. 自由音場閾値検査, 語音了解閾値検査ともに, 術後有意に改善した. 簡略版補聴器有効性評価を用いたアンケートでも「音の響く感じ」をのぞいて, ほぼすべての項目で裸耳よりも有意に改善していた. BAHAは, 先天性外耳道閉鎖症患者のQOLを改善する目的で, 有用な選択肢の一つであると考えられた.
  • 耳科手術後の感音難聴予防に対する抗ヒスタミン薬投与効果, 鎌倉 武史, 北原 糺, 土井 勝美, 猪原 秀典, 耳鼻咽喉科臨床, 103, 11, 997, 1001,   2010年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027449382
    概要:A 36-year-old man who had undergone endolymphatic sac surgery suffered from sensorineural hearing loss in the same ear after breathing strongly through his nose and hearing a "pop". Based on persistent dizzy spells and profound hearing loss, we made diagnosis of perilymphatic fistula and conducted exploratory tympanotomy. We closed the obvious round window fistula during surgery using fascia, reducing dizziness and sensorineural hearing loss. To prevent perilymphatic fistula after otological surgery, we administered olopatadine 10 mg/day for 2 weeks just after surgery. In comparison to cases not given olopatadine, those given postoperative olopatadine showed an apparent decrease in the incidence of profound sensorineural hearing loss, probably due to perilymphatic fistula.
  • 人工内耳医療の過去・現在・未来, 土井 勝美, 耳鼻咽喉科臨床, 103, 11, 973, 982,   2010年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027449320
    概要:Cochlear implant (CI) technology, surgical technique, and candidacy criteria continue to rapidly evolve. Although outcomes are steadily advancing, there is still room for improvement. CI patients with residual hearing in the implanted ear can combine both electrical and acoustic stimulation (EAS/Hybrid CI) to improve speech perception, particularly in the presence of background noise. Binaural advantages are found in both adult and pediatric bilateral CI recipients, in terms of improved sound localization and enhanced speech perception under noisy conditions. Instead of widespread implantation in children younger than 12 months, evidence that supports infant implantation, with regard to speech perception and production outcomes, is still limited and of low quality. Long-term, high quality studies concerning both bilateral CI and infants' CI are needed. While the long-term reports show that many profoundly hearing-impaired children using CI can develop functional levels of speech perception and production, attain age-appropriate oral language, and achieve satisfactory academic performance, cochlear implantation in younger children should be performed by skilled surgeons, provided that the attending pediatric anesthesiologist is considerably experienced and appropriate pediatric perioperative care facilities are readily available. In advanced future CI technology, gene therapy and/or regenerative medicine should be introduced to and combined with CI to preserve both auditory and vestibular function even after CI surgery, which might help it reach to a higher stage as the most successful innovation in the rebirth of artificial sense.
  • 前庭神経切断術を施行した難治性メニエール病の1例, 佐藤 満雄, 土井 勝美, Equilibrium Research, 73, 2, 55, 60,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004541595
    概要:We report herein on a case in which a vestibular neurectomy via the middle fossa approach was performed for intractable Menieres disease. The patient had been treated first with conservative therapy, but her symptoms had not improved. She had undergone endolymphatic sac surgery three times. Since repeated vertigo attacks persisted after that, a vestibular neurectomy was planned. Although preoperative hearing demonstrated severe sensorineural hearing loss, the middle fossa approach was selected due to the expected higher possibility of control of the vertigo. Facial nerve monitoring was used to identify the vestibular nerve during the surgery. There were no postoperative complications like cerebrospinal fluid leakage and facial palsy. Two days after the operation normal walking was possible and the nystagmus disappeared in approximately two weeks. Six months after the operation, there was no vertigo attack.
  • 人工聴覚器医療の現状と未来, 土井 勝美, 耳鼻咽喉科臨床, 107, 7, 509, 519,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004827490
    概要:Summary: Middle ear implants (MEIs) such as VSB® (Vibrant soundbridge), BB® (Bonebridge), and the BAHA® osseointegrated implant for bone conduction (Bone-anchored hearing aid) are attractive and alternative treatments for patients with conductive, sensorineural, and mixed hearing loss who do not benefit from, or who choose not to wear, conventional hearing aids (HAs). Recent studies suggest that MEIs and BAHA can provide better improvements in functional gain, speech perception, and quality of life than HA, while there certain risks associated with the surgery should be taken into consideration, including bleeding, wound infections, facial nerve or chorda tympanic nerve damage, dysfunctions of the middle and inner ears and future device failure/explantation. Some types of MEI furthermore may involve restricted access to MRI scans. In the future, it is likely that there will be an increasing population even in Japan that will meet the new criteria for these implantable hearing devices. However, the long-term efficacy and safety of these devices should be established.
  • 超音波断層法による頭頸部癌頸部リンパ節転移の診断の検討, 北野 睦三, 佐々木 徹, 日高 竜太, 山田 南星, 志村 英二, 福岡 修, 富樫 孝文, 小倉 真理子, 蛯名 彩, 神山 亮介, 小泉 雄, 瀬戸 陽, 戸田 和寿, 新橋 渉, 福島 啓文, 米川 博之, 三谷 浩樹, 佐藤 由紀子, 寺尾 恭一, 土井 勝美, 川端 一嘉, 頭頸部癌, 40, 1, 81, 86,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004940776
    概要:術前の頸部リンパ節転移の評価は重要であり,正確な診断が求められている。今回当科における頸部リンパ節転移の超音波断層法(以下エコー)による診断の評価を行った。対象は2012年1月~12月までに頸部エコーを施行した頭頸部扁平上皮癌症例のうち術前治療を行わずに頸部郭清術を行った62症例88側のリンパ節転移の検出率について検討した。結果は感度61%,特異度97%,正診率90%であった。内部エコーの所見を含めて診断した場合,リンパ節の厚みのみにより診断した場合に比べ正診率は良好であった。また,内部評価をしやすい口腔癌は咽頭癌と比べ正診率が良好であった。偽陰性となったリンパ節の特徴として,(1)角化および変性物や壊死の少ないもの(2)転移病巣がリンパ門から離れて存在するもの(3)びまん性に腫瘍が存在するものが示唆された。エコーは頸部リンパ節転移の診断に有効な検査であるが,その診断能には限界がある。そのためCT,MRI,PET等その他のモダリティーや穿刺吸引細胞診による質的診断を併用して正診率を向上させていくことが重要であると考えられた。
  • 咽頭後間隙血腫の2例, 藤原 良平, 寺尾 恭一, 森川 大樹, 速水 康介, 北野 睦三, 土井 勝美, 頭頸部外科, 24, 2, 161, 167,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004950209
    概要:咽頭後間隙血腫は比較的まれな疾患と考えられており,発症すれば上気道閉塞により呼吸困難をきたす可能性があるため,迅速な対応が必要である。今回われわれは,咽頭後間隙血腫の2例を経験した。症例1は74歳女性。夜間にベットから転倒した後,頸部腫脹,呼吸困難が出現し,当科紹介となった。症例2は44歳男性。ペインクリニックで星状神経節ブロックを施行後,呼吸困難,咽頭痛を認め,当科紹介となった。両症例とも気管切開術にて気道確保した後に,咽頭後間隙血腫に対して血腫除去術を行い良好な経過を得た。その臨床経過を述べ,文献的考察を加えて報告する。
  • 65歳以上で人工内耳手術を受けた症例の聴取成績, 白石 功, 小林 孝光, 佐藤 満雄, 齋藤 和也, 磯野 道夫, 小濱 久美, 木下 智美, 土井 勝美, AUDIOLOGY JAPAN, 57, 5, 297, 298,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005062941
  • 当科で経験した ANCA 関連血管炎性中耳炎 (OMAAV) における聴力像の検討, 齋藤 和也, 白石 功, 小林 孝光, 佐藤 満雄, 宮下 美恵, 磯野 道夫, 瀬尾 徹, 土井 勝美, AUDIOLOGY JAPAN, 57, 5, 479, 480,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005063030
  • 人工中耳 (Vibrant Soundbridge) 臨床治験の概要と安全性について, 岩崎 聡, 神崎 晶, 熊川 孝三, 宇佐美 真一, 土井 勝美, 内藤 泰, 暁 清文, 東野 哲也, 高橋 晴雄, 神田 幸彦, AUDIOLOGY JAPAN, 57, 5, 555, 556,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005063068
  • 本邦における人工中耳 (Vibrant Soundbridge®) 臨床治験:―フィッティング手技について―, 熊谷 文愛, 射場 恵, 熊川 孝三, 武田 英彦, 神崎 晶, 宇佐美 真一, 岩崎 聡, 土井 勝美, 内藤 泰, 暁 清文, 東野 哲也, 高橋 晴雄, 神田 幸彦, AUDIOLOGY JAPAN, 57, 5, 557, 558,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005063069
  • 本邦における人工中耳 (Vibrant Soundbridge) 臨床治験:―アンケートによる自覚的評価結果について―, 松田 圭二, 東野 哲也, 神崎 晶, 熊川 孝三, 宇佐美 真一, 岩崎 聡, 山中 昇, 土井 勝美, 内藤 泰, 暁 清文, 高橋 晴雄, AUDIOLOGY JAPAN, 57, 5, 561, 562,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005063071
  • 本邦で実施した人工中耳 (Vibrant Soundbridge) 臨床治験における補聴器と人工中耳の比較検討, 神田 幸彦, 高橋 晴雄, 宇佐美 真一, 土井 勝美, 熊川 孝三, 東野 哲也, 内藤 泰, 暁 清文, 小川 郁, 岩崎 聡, 加我 君孝, AUDIOLOGY JAPAN, 57, 5, 565, 566,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005063073
  • 人工中耳 MVS の伝音難聴・混合性難聴に対する有効性・安全性の検証試験:―静寂下および雑音下の語音聴取成績, 土井 勝美, 神崎 晶, 岩崎 聡, 熊川 孝三, 宇佐美 真一, 山中 昇, 内藤 泰, 暁 清文, 東野 哲也, 高橋 晴雄, 神田 幸彦, AUDIOLOGY JAPAN, 57, 5, 567, 568,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005063074
  • BAHA 成績と手術後合併症, 小林 孝光, 白石 功, 佐藤 満雄, 齋藤 和也, 磯野 道夫, 小濱 久美, 木下 智美, 土井 勝美, AUDIOLOGY JAPAN, 57, 5, 575, 576,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005063078
  • 原発性下顎骨中心性扁平上皮癌の 1 例, 藤原 良平, 寺尾 恭一, 森川 大樹, 速水 康介, 北野 睦三, 土井 勝美, 耳鼻と臨床, 60, 3, 105, 111,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005069657
    概要:原発性顎骨中心性扁平上皮癌は、WHO により、顎骨内に生じ、初期には口腔粘膜と連続性がなく、歯原性上皮遺残から発生したと推定され、かつ他臓器からの転移ではない扁平上皮癌と定義されている。口腔外科領域での報告は散見されるが、耳鼻咽喉科領域からの報告例は少ない。今回われわれは、進行した状態で発見され、手術的加療と術後放射線治療を行うも制御できず不幸な転機をたどった原発性下顎骨中心性扁平上皮癌の 1 例を経験したので、若干の文献的考察を加え報告する。
  • 人工内耳手術を経耳的聴神経腫瘍摘出術と同時に施行した1例, 土井 勝美, 佐藤 満雄, 小林 孝光, 宮下 美恵, 齋藤 和也, 礒野 道夫, Audiology Japan, 56, 5, 609, 610,   2013年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031202540
  • 真珠腫形成による人工内耳再手術例 : 小児人工内耳術後の注意点, 佐藤 満雄, 宮下 美恵, 齋藤 和也, 磯野 道夫, 寺尾 恭一, 土井 勝美, 耳鼻咽喉科臨床, 106, 5, 393, 396,   2013年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031166751
    概要:We report herein on a case of reimplantation of a cochlear implant (CI) necessitated by cholesteatoma formation. Although the cholesteatoma had partly invaded the tympanic sinus, the round window niche, and the cochlea, a canal wall down mastoidectomy and expansion of the cochleostomy were useful to remove the cholesteatoma completely. In the replacement with a CI24RECA model we were able to reinsert all electrodes into the cochlea without resistance, and then the results of the neural response telemetry (NRT) were entirely positive. There were no postoperative complications. The postoperative speech perception improved compared with the preoperative findings. About a month after the operation, the patient suffered from otitis media with effusion, but it was cured without puncture and ventilation tube placement in a few weeks. At present there has been no reccurence. In agreement with previous reports, we think that CI reimplantation is an effective and relatively safe procedure.
  • 筋性耳鳴に対し外科的治療をおこなった2症例, 齋藤 和也, 小林 孝光, 佐藤 満雄, 宮下 美恵, 土井 勝美, Audiology Japan, 56, 5, 689, 690,   2013年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031202580
  • 内耳内リンパ液の特殊電位環境の成立機構の理解, 日比野 浩, 任 書晃, 村上 慎吾, 土井 勝美, 鈴木 敏弘, 久 育男, 倉智 嘉久, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 116, 2, 60, 68,   2013年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031156217
  • 診断に苦慮した上顎炎症性線維肉腫の1例, 寺尾 恭一, 藤原 良平, 速水 康介, 森川 大樹, 北野 睦三, 土井 勝美, 頭頸部外科, 23, 3, 317, 321,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003395545
    概要:上顎悪性腫瘍は多彩な病理組織型を認めるが,約半数を占める扁平上皮癌であれば,進行癌であっても眼球や口蓋などの温存を目的として,当科においても超選択的動注併用放射線療法が施行される頻度が増加している。しかし扁平上皮癌以外の組織型であれば,拡大切除を余儀なくされることが多い。今回われわれは,上顎炎症性線維肉腫inflammatory fibrosarcoma(IFS)の1例を経験したので報告する。上顎に発生したIFSは新しい疾患概念であり,頭頸部領域の発生はまれであるため診断に苦慮した。手術主体の方針で臨んだが,今後も慎重な経過観察が必要と考える。
  • 外リンパ瘻症例の検討, 佐藤 満雄, 小林 孝光, 宮下 美恵, 齋藤 和也, 磯野 道夫, 土井 勝美, AUDIOLOGY JAPAN, 56, 5, 579, 580,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004545094
  • 人工内耳手術を経耳的聴神経腫瘍摘出術と同時に施行した1例, 土井 勝美, 佐藤 満雄, 小林 孝光, 宮下 美恵, 齋藤 和也, 礒野 道夫, AUDIOLOGY JAPAN, 56, 5, 609, 610,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004545109
  • 当科における入院を要した咽頭食道異物の検討, 佐藤 満雄, 藤原 良平, 齋藤 和也, 寺尾 恭一, 土井 勝美, 耳鼻と臨床, 59, 2, 64, 70,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004555601
    概要:近年、喉頭ファイバースコープの発達により、咽頭食道異物の診断および治療は外来で可能な症例が多数を占めるようになってきている。しかし、義歯などの鋭利な部分を含む異物の場合、致死的な合併症に繋がることがあるため、CT などにより合併症の把握をし、慎重かつ迅速に治療方針を決定する必要がある。今回、当院での 2001 年 1 月 ‐ 2011 年 7 月までの約 10 年間で入院加療を要した咽頭食道異物についての検討を行った。義歯異物は予防可能な異物であり、今後、高齢化社会を迎えるにあたり医療従事者への啓蒙が重要となると考える。
  • 筋性耳鳴に対し外科的治療をおこなった2症例, 齋藤 和也, 小林 孝光, 佐藤 満雄, 宮下 美恵, 土井 勝美, AUDIOLOGY JAPAN, 56, 5, 689, 690,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004545149
  • 人工内耳埋め込み術を施行したCHARGE症候群の3症例, 宮下 美恵, 佐藤 満雄, 斎藤 和也, 小林 孝光, 村本 大輔, 小濱 久美, 木下 智美, 村山 佳子, 土井 勝美, Audiology Japan, 55, 5, 291, 292,   2012年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031061248
  • 乳突蜂巣内に進展したと推定される頭蓋内髄膜腫の 1 例, 佐藤 満雄, 宮下 美恵, 齋藤 和也, 磯野 道夫, 寺尾 恭一, 土井 勝美, 耳鼻と臨床, 59, 2, 71, 77,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004555602
    概要:後頭蓋窩-乳突蜂巣へかけて存在する腫瘍に対し、診断および治療目的にて耳後部アプローチによる腫瘍摘出術を施行した。後頭蓋窩硬膜と接する腫瘍以外を可及的に摘出し、永久病理診断は線維性髄膜腫であった。発生部位の同定は困難だったが、頭蓋内の髄膜からの発生と推察された。MIB-1 index=0.7%であり、細胞増殖能はそれほど高くないと推定され、患者の年齢や PS (performance status) も考慮し、ガンマナイフなどの追加治療は施行せず、定期的な MRI などの画像検査による経過観察とした。現在のところ、髄膜腫の明らかな増大は認めていない。
  • 正円窓にVSB人工中耳の埋め込み手術を施行した2症例, 土井 勝美, 佐藤 満雄, 宮下 美恵, 小濱 久美, 木下 智美, 村山 佳子, 小林 孝光, 斎藤 和也, Audiology Japan, 55, 5, 629, 630,   2012年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031061552
  • 司会のことば, 土井 勝美, Equilibrium research, 71, 3,   2012年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030781887
  • 直達外傷によるアブミ骨骨折に対してアブミ骨手術を行った 1 例, 佐藤 満雄, 藤原 良平, 宮下 美恵, 斉藤 和也, 磯野 道夫, 寺尾 恭一, 土井 勝美, 耳鼻と臨床, 58, 1, 17, 23,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004555543
    概要:最近われわれは、耳掻きによる直達外傷から 5 年後に、伝音難聴に対して試験開放術を行い、アブミ骨脚部、底板部分骨折を確認した症例を経験した。術前診断として耳小骨奇形も鑑別疾患に挙がったが、側頭骨 CT では、明らかな耳小骨の異常、骨折、および脱臼は確認できなかった。手術所見としてアブミ骨底板とアブミ骨前脚の骨折があり、上部構造は変位していたが、前庭窓開放部は膜様閉鎖し、ピストン挿入に十分な大きさが確保されていたため、アブミ骨手術を施行した。術後はめまい・耳鳴りなどの合併症なく、42 dB の聴力改善を得た。外傷性耳小骨離断の症例において、アブミ骨手術が術式の選択肢の一つとなる。
  • 5歳以上で人工内耳手術を受けた小児例の語音聴取能について, 花本 麻佐美, 諏訪 圭子, 川島 貴之, 長谷川 太郎, 太田 有美, 西村 洋, 大崎 康宏, 土井 勝美, Audiology Japan, 54, 5, 373, 374,   2011年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029741877
  • 人工内耳埋め込み術を施行したCHARGE症候群の3症例, 宮下 美恵, 佐藤 満雄, 斎藤 和也, 小林 孝光, 村本 大輔, 小濱 久美, 木下 智美, 村山 佳子, 土井 勝美, AUDIOLOGY JAPAN, 55, 5, 291, 292,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004898695
  • 正円窓にVSB人工中耳の埋め込み手術を施行した2症例, 土井 勝美, 佐藤 満雄, 宮下 美恵, 小濱 久美, 木下 智美, 村山 佳子, 小林 孝光, 斎藤 和也, AUDIOLOGY JAPAN, 55, 5, 629, 630,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004898863
  • 上顎Ewing肉腫の1例, 正垣 直樹, 吉川 構, 森 一功, 土井 勝美, 林 秀敏, 耳鼻と臨床, 57, 1, 13, 17,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004555497
    概要:Ewing 肉腫は小児期に好発する比較的まれな腫瘍で、主に大腿骨、肋骨、骨盤などに発生し、頭頸部領域に原発する例はまれである。今回われわれは、34 歳男性の左上顎骨原発の Ewing 肉腫の症例を経験した。化学療法・手術療法・放射線療法を施行し、発症より約 2 年が経過したが、局所再発および遠隔転移もなく小康を保っている。
  • Alternariaによるアレルギー性真菌性副鼻腔炎(allergic fungal rhinosinusitis:AFRS)の2例, 正垣 直樹, 村本 大輔, 土井 勝美, 木村 雅友, 耳鼻と臨床, 57, 1, 18, 23,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004555498
    概要:Alternaria によるアレルギー性真菌性副鼻腔炎の 2 例を経験したので報告した。アレルギー性真菌性副鼻腔炎は比較的まれな疾患であり、病理診断においてもその疾患を疑わない限り診断は難しい。難治性の疾患であり、副鼻腔炎の治療の際は当疾患の存在を念頭に置き治療することが肝要である。
  • 甲状腺原発扁平上皮癌の検討, 正垣 直樹, 速水 康介, 藤原 良平, 寺尾 恭一, 土井 勝美, 前西 修, 耳鼻と臨床, 57, 5, 189, 195,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004555509
    概要:1979 年から 2010 年までに近畿大学医学部附属病院耳鼻咽喉科にて経験した甲状腺原発扁平上皮癌例 5 例についてその発生機序や臨床的特徴を検討し報告した。発生機序に関しては、4 例は乳頭癌からの移行、1 例は胎生期の遺残や迷入の扁平上皮からの癌化が疑われた。甲状腺原発扁平上皮癌の進行は早く予後不良であり、その経過は未分化癌に類似する。根治手術できた症例の局所制御は良好であるが、その後の重複癌の発生にも気をつける必要がある。また他臓器からの転移の可能性も考慮に入れ、常に徹底的な全身検索が必要である。
  • 唾液腺原発 oncocytic carcinoma の 2 例, 正垣 直樹, 速水 康介, 森 一功, 土井 勝美, 前西 修, 耳鼻と臨床, 57, 4, 170, 176,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004862274
    概要:Oncocytic carcinoma (malignant oncocytoma) は極めてまれな悪性腫瘍であり、症例は少なく診断基準や治療方針は確立されていない。今回われわれは顎下腺および耳下腺を原発とする oncocytic carcinoma の 2 例を経験したので報告する。症例 1 は 64 歳の男性で耳下腺原発の oncocytic carcinoma である。手術加療および局所への放射線治療追加を行い原発巣の制御は可能であったが、術後 2 年が経過し、遠隔転移が出現した。化学療法を行うも術後 4 年後に死亡した。症例 2 は 58 歳の男性で顎下腺原発の oncocytic carcinoma である。第一選択として外科的治療を行った。術前待機期間に化学療法としてTS-1® (120 mg/日)を 2 週間内服し腫瘍の縮小が認められた。根治手術が可能であったが、今後も転移や再発に対し厳重な follow up が必要と考えられた。
  • 5歳以上で人工内耳手術を受けた小児例の語音聴取能について, 花本 麻佐美, 諏訪 圭子, 川島 貴之, 長谷川 太郎, 太田 有美, 西村 洋, 大崎 康宏, 土井 勝美, AUDIOLOGY JAPAN, 54, 5, 373, 374,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004898534
  • 人工内耳手術前後の骨導閾値の変化, 土井 勝美, 村本 大輔, 長谷川 太郎, 太田 有美, 諏訪 圭子, 大崎 康宏, 藤本 揚子, Audiology Japan, 53, 5, 383, 384,   2010年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029001296
  • Medial Meatal Fibrosis 例, 山戸 章行, 北原 糺, 今井 貴夫, 土井 勝美, 猪原 秀典, 耳鼻咽喉科臨床, 103, 10, 909, 913,   2010年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026686096
    概要:We report a case of medial meatal fibrosis, a rare external auditory canal condition, in which hearing improved postoperatively. A 60-year-old woman had undergone surgery and 6-month follow up. Extrinsic stimulus-induced fibrosis was attributed to her daily swimming. External auditory meatus inflammation was quite moderate, so the external ear canal skin was preserved, the removed thickened subdermal connective tissue removed, and the bony external ear canal drilled to enlarge the meatus diameter. We confirmed hearing improvement and no fibrosis recurrence. Medial meatal fibrosis may thus be treated satisfactorily with surgical intervention.
  • 老人性難聴の発症機序 : 神経栄養因子による液性制御, 土井 勝美, 佐藤 崇, Otology Japan, 20, 3, 203, 207,   2010年07月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029699089
    概要:ヒト老化徴候を示すKlotho 遺伝子改変マウスの加齢性の聴力低下については、ラセン神経節細胞の生存、血管条機能の維持にKlotho蛋白が液性因子として必須であることを示した。Klotho蛋白は、FGFおよびInsulin/IFG-1 シグナルを制御することが報告されている。一方、p75NTR遺伝子改変マウスの加齢による聴力低下については、ラセン神経節細胞および感覚細胞の生存にp75NTR受容体の存在が必須であることを示唆している。神経細胞・感覚細胞の保持に、Trk受容体とp75NTR受容体との平衡バランスが重要であり、IGF-1シグナルが同平衡バランスを制御することが報告されている。聴覚の老化には、FGF、Insulin/IGF-1 シグナル、NGF、BDNF、NT-3などさまざまな神経栄養因子・細胞増殖因子が関与していることが示唆され、将来的にこれらの分子を標的とする遺伝子診断法の確立や新たな老人性難聴の予防法・治療法の開発がなされることが望まれる。
  • 本邦における埋め込み型骨導補聴器 (Bone-Anchored Hearing Aid : BAHA) 治験 : 補聴器との比較について, 岩崎 聡, 喜多村 健, 福田 諭, 小林 俊光, 熊川 孝三, 宇佐美 真一, 土井 勝美, 西崎 和則, 暁 清文, 東野 哲也, Audiology Japan, 53, 3, 224, 231,   2010年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027721397
  • 顔面神経麻痺後遺症のマネジメント : アブミ骨筋性耳鳴, 土井 勝美, Facial nerve research, 29, 28, 30,   2010年01月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026103185
  • 人工内耳再埋込み症例の検討, 土井 勝美, 川島 貴之, 大崎 康宏, 佐藤 崇, 諏訪 圭子, 日尾 祥子, 西村 洋, 藤本 揚子, Audiology Japan, 52, 5, 337, 338,   2009年09月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025596108
  • 小児人工内耳医療の将来展望, 土井 勝美, 耳鼻咽喉科展望, 53, 6, 400, 407,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004911743
  • 人工内耳手術前後の骨導閾値の変化, 土井 勝美, 村本 大輔, 長谷川 太郎, 太田 有美, 諏訪 圭子, 大崎 康宏, 藤本 揚子, AUDIOLOGY JAPAN, 53, 5, 383, 384,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004898345
  • 本邦における埋め込み型骨導補聴器 (Bone-Anchored Hearing Aid : BAHA) 治験 : 片側聾への評価について, 工 穣, 宇佐美 真一, 岩崎 聡, 喜多村 健, 福田 諭, 小林 俊光, 熊川 孝三, 土井 勝美, 西崎 和則, 暁 清文, 東野 哲也, Audiology Japan, 52, 5, 415, 416,   2009年09月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025596182
  • 本邦における埋め込み型骨導補聴器 (Bone-Anchored Hearing Aid : BAHA) 治験 : 補聴器との比較について, 岩崎 聡, 喜多村 健, 福田 諭, 小林 俊光, 熊川 孝三, 宇佐美 真一, 土井 勝美, 西崎 和則, 暁 清文, 東野 哲也, Audiology Japan, 52, 5, 417, 418,   2009年09月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025596183
  • 内耳蝸牛内高電位の成立機構, 日比野 浩, 任 書晃, 土井 勝美, 鈴木 敏弘, 久 育男, 倉智 嘉久, Otology Japan, 19, 2, 96, 100,   2009年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026280074
  • 側頭骨骨折により発症した外傷性顔面神経麻痺の治療 : 中頭蓋窩アプローチを併用した顔面神経管開放術, 福角 隆仁, 土井 勝美, 西村 洋, 久保 武, Otology Japan, 19, 2, 131, 136,   2009年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026280188
    概要:外傷性顔面神経麻痺に関して、手術療法はその意義、時期、形式に関して様々な意見がある。また近年、手術療法や検査技術の発展によって、外傷性顔面神経麻痺の治療法は変化した。
    側頭骨骨折による外傷性顔面神経麻痺に対して、聴覚・平衡機能を温存しながら、錐体尖部から鼓室部・乳突部に至る顔面神経の神経管開放を確実に行うためには、中頭蓋窩法単独あるいは経乳突法に中頭蓋窩法を併用する方法を選択・導入していく必要がある。
    今回は当科で経験した外傷性顔面神経麻痺全8例中、中頭蓋窩法併用により迷路部・膝神経節までの開放を行った4例中の2症例を中心に、手術治療の時期・適応について説明する。
  • メニエール病症状を呈した内リンパ嚢原発奇形腫の一例, 土井 勝美, 川島 貴之, 大崎 康宏, 久保 武, Otology Japan, 18, 4,   2008年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025821663
  • マウス内耳発生におけるAktの活性化とPTENの発現について, 村田 潤子, 西池 季隆, 堀井 新, 土井 勝美, Otology Japan, 18, 4,   2008年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025821806
  • 培養神経細胞神経突起および内耳有毛細胞シナプスにおけるGRIN1と4.1Nの相互作用, 倉増 俊宏, 土井 勝美, Otology Japan, 18, 4,   2008年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025821810
  • 蝸牛内高電位は血管条の二つのカリウム拡散電位によって形成される, 任 書晃, 日比野 浩, 土井 勝美, 鈴木 敏弘, 久 育男, Otology Japan, 18, 4,   2008年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025821822
  • ラット内リンパ嚢におけるAQPサブタイプ・V2-R・NKCCサブタイプの発現について, 西村 将彦, 柿木 章伸, 西岡 利恵, 土井 勝美, 竹田 泰三, Otology Japan, 18, 4,   2008年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025821872
  • 外耳道骨腫の2症例, 上塚 学, 土井 勝美, 川島 貴之, 大崎 康宏, 西村 洋, Otology Japan, 18, 4,   2008年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025821896
  • 真珠腫性中耳炎に対するシリコン膜2枚留置手術後の中耳腔含気化 : 中耳CT画像上での含気スコアによる評価, 福角 隆仁, 土井 勝美, 川島 貴之, 近藤 千雅, 大崎 康宏, 久保 武, 西村 洋, 長谷川 太郎, 安井 俊道, Otology Japan, 18, 4,   2008年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025821973
  • 当科における拍動性耳鳴の検討, 川島 貴之, 土井 勝美, 北原 糺, 近藤 千雅, 大崎 康宏, 久保 武, Otology Japan, 18, 4,   2008年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025822027
  • 両側中耳Gd注入MRI検査での内耳造影効果の検討, 大崎 康宏, 土井 勝美, 川島 貴之, 久保 武, Otology Japan, 18, 4,   2008年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025822039
  • 突発性難聴に対する塩酸ファスジル併用ステロイド治療, 土井 勝美, 川島 貴之, 大崎 康宏, 久保 武, 仙波 治, 長谷川 太郎, 西村 洋, Audiology Japan, 51, 5, 445, 446,   2008年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025595512
  • メニエール病の発症機序 : 遺伝的素因, 土井 勝美, Equilibrium research, 67, 3, 222, 227,   2008年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026087518
    概要:The genetics of Meniere's disease (MD), including the KCNE genes, COCH gene, and HLA genes, was reviewed and discussed. Single nucleotide polymorphisms (SNPs) in the KCNE genes might determine the susceptibility to MD. Variations in the HLA genes may also be related to the development of MD. To identify more genes that might possibly be closely related to the development of MD, gene profiling of human endolymphatic sac (ES) harvested from MD patients and vestibular schwannoma (VN) patients was performed using a DNA micro-array technique. Many up- and downregulated genes in the ES harvested from the MD patients were identified. The genes were classified into several subgroups according to their physiological functions. Some potassium channel genes, including Kir4.1, and several stress-related genes were significantly downregulated in the ES harvested from the MD patients. In future, genetic studies of MD will make it possible to determine more genes whose mutations/variations could lead to the development of MD, which would make possible the invention of a DNA-Chip for the diagnosis of MD. Such a DNA-Chip might be applied clinically to prevent MD, predict individual patients' prognosis and apply the most suitable treatment for individual patients.
  • 遺伝的素因の関与, 土井 勝美, Equilibrium research, 66, 5,   2007年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021290412
  • サリチル酸耳鳴動物モデルを用いた耳鳴行動実験, 木澤 薫, 北原 糺, 前川 千絵, 堀井 新, 倉増 俊宏, 佐藤 崇, 川島 貴之, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 17, 4,   2007年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021297241
  • ヒト内リンパ嚢に発現する遺伝子 : DNAマイクロアレイによる解析, 倉増 俊宏, 土井 勝美, 佐藤 崇, 西村 将彦, 北原 糺, 久保 武, Otology Japan, 17, 4,   2007年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021297259
  • Notch-Hes1 経路のマウス蝸牛感覚上皮予定領域決定への関与の可能性 : 増殖制御と未分化性の維持について, 村田 潤子, 土井 勝美, 堀井 新, 森鼻 哲生, 久保 武, Otology Japan, 17, 4,   2007年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021297271
  • 内耳蝸牛血管条における細胞外空間のK^+濃度・電位の解析, 任 書晃, 日比野 浩, 土井 勝美, 鈴木 敏弘, 久 育男, Otology Japan, 17, 4,   2007年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021297279
  • マレウスアタッチメントピストンを用いたアブミ骨手術, 土井 勝美, 川島 貴之, 西村 洋, 大崎 康宏, 久保 武, Otology Japan, 17, 4,   2007年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021297337
  • Vibrant Soundbridge^【○!R】 人工中耳と対側補聴機器併用者の聴取能, 佐々木 知, 近藤 千雅, 大崎 康宏, 井脇 貴子, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 17, 4,   2007年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021297362
  • 当科の耳鳴外来における耳鳴評価法の検討, 川島 貴之, 土井 勝美, 北原 糺, 近藤 千雅, 久保 武, Otology Japan, 17, 4,   2007年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021297381
  • 前庭水管拡大症の3D-MRI画像診断 : 内リンパ嚢容積と聴覚機能, 小西 雅樹, 土井 勝美, 佐藤 崇, 大崎 康宏, 川島 貴之, 西村 将彦, 久保 武, 西村 将人, 澤田 亜也子, 森 靖子, 宇野 敦彦, Otology Japan, 17, 4,   2007年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021297411
  • 真珠腫性中耳炎に対する段階的鼓室形成術 : シリコン膜2枚留置法と中耳含気化, 福角 隆仁, 土井 勝美, 川島 貴之, 西村 洋, 大崎 康宏, 近藤 千雅, 久保 武, 長谷川 太郎, 安井 俊道, Otology Japan, 17, 4,   2007年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021297519
  • 伝音難聴を呈した側頭骨線維性骨異形成症の一例, 上塚 学, 土井 勝美, 川島 貴之, 大崎 康宏, 久保 武, Otology Japan, 17, 4,   2007年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021297567
  • 突発性難聴に対する塩酸ファスジル併用ステロイド治療の有用性 : 内耳循環障害と Rho キナーゼの関連, 土井 勝美, 西村 洋, 川島 貴之, 大崎 康宏, 久保 武, 仙波 治, 朴 秀典, 長谷川 太郎, 清水 智之, Audiology Japan, 50, 2, 144, 149,   2007年04月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021299472
  • チタン製クリップピストンを用いたアブミ骨手術, 土井 勝美, 耳鼻咽喉科臨床, 99, 10, 814, 815,   2006年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020336917
  • メニエール病の診断と治療, 土井 勝美, Equilibrium research, 65, 5,   2006年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021289571
  • 聴神経腫瘍の外科的治療 : 経迷路法と中頭蓋窩法による摘出術, 土井 勝美, 西村 洋, 久保 武, Otology Japan, 16, 4,   2006年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021296300
  • メニエール病確実例の内リンパ嚢に発現する遺伝子 : DNAマイクロアレイによる解析, 倉増 俊宏, 土井 勝美, 佐藤 崇, 北原 糺, 久保 武, Otology Japan, 16, 4,   2006年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021296316
  • 胃型プロトンポンプの内リンパ電位への役割と蝸牛外側壁における局在, 柴田 敏章, 日比野 浩, 鈴木 敏弘, 土井 勝美, 久 育夫, Otology Japan, 16, 4,   2006年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021296350
  • 側頭骨骨折による外傷性顔面神経麻痺の治療 : 中頭蓋窩アプローチでの顔面神経管開放術, 福角 隆仁, 土井 勝美, 西村 洋, 久保 武, Otology Japan, 16, 4,   2006年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021296388
  • 錐体尖真珠腫に対する中頭蓋窩アプローチの有用性, 西村 洋, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 16, 4,   2006年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021296389
  • 右脳巨大グリオーマ摘出術後の左人工内耳手術症例 : 聴覚中枢の術前機能評価, 榎本 圭佑, 土井 勝美, 西村 洋, 大崎 康宏, 久保 武, 西村 将人, 氷見 徹夫, Otology Japan, 16, 4,   2006年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021296404
  • 軟骨カッターにより作成したスライス耳珠軟骨を用いた鼓室形成術, 川島 貴之, 土井 勝美, 西村 洋, 近藤 千雅, 久保 武, Otology Japan, 16, 4,   2006年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021296455
  • Notch 伝達系による内耳感覚上皮前駆細胞の増殖制御について, 村田 潤子, 土井 勝美, 堀井 新, 川島 貴之, 識名 崇, 森鼻 哲生, 端山 昌樹, 岡野 栄之, 久保 武, Otology Japan, 16, 4,   2006年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021296554
  • 前庭水管拡大症の3D-MRI画像診断, 佐藤 崇, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 16, 4,   2006年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021296578
  • 突発性難聴に対する塩酸ファスジル併用ステロイド治療の有用性 : 内耳循環障害とRhoキナーゼの関連, 土井 勝美, 西村 洋, 川島 貴之, 久保 武, 仙波 治, 朴 秀典, 長谷川 太郎, 清水 智之, Audiology Japan, 49, 5, 601, 602,   2006年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021299029
  • 耳科手術後に発症した遅発性顔面神経麻痺, 北原 糺, 久保 武, 土井 勝美, 三代 康雄, 近藤 千雅, 堀井 新, 奥村 新一, 宮原 裕, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 109, 7, 600, 605,   2006年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018332962
    概要:耳科手術後に,比較的まれではあるが数日遅れて発症する顔面神経麻痺を経験することがある.今回,各種耳科手術後に生じた遅発性顔面神経麻痺の自験例を集計し,手術と本疾患発症との関連について検討した.術後遅発性顔面神経麻痺の定義は術後3日(72時間)以降の発症とした.術後遅発性顔面神経麻痺は7例あり,発症率は乳突削開を伴う鼓室形成術0.7%(2/305),乳突非削開0.0%(0/212),人工内耳埋込術0.8%(3/354),アブミ骨手術0.4%(1/260),内リンパ嚢開放術1.0%(1/98)であった.麻痺側は全例手術側であった.ベル麻痺に準じたステロイド漸減治療ののち,全例とも速やかに治癒した.今回麻痺をきたした7例中,人工内耳埋込術後の1例,アブミ骨手術後の1例を除く5例は,いずれも術中に乳突削開を施行し垂直部顔面神経の露出がないことを確認していた.人工内耳埋込術後の2例,内リンパ嚢開放術後の1例を除く4例は,いずれも術中に水平部顔面神経の露出がないことを確認していた.内リンパ嚢開放術後の1例を除く6例では,いずれも術中に顔面神経知覚枝である鼓索神経に触れる機会があった.また,ヘルペス属ウイルスのペア血清抗体価を調べることができた人工内耳埋込術後の1例,内リンパ嚢開放術後の1例はともにVZV-IgG値の変化が陽性であった.一方,顔面神経運動枝に触れる耳下腺良性腫瘍摘出術や,肉体的精神的ストレスを受けるが顔面神経には触れない喉頭全摘出術の術後には,遅発性顔面神経麻痺が生じた例はなかった.以上より,側頭骨内において顔面神経管に骨欠損がなく内圧が逃げにくい環境を持つ症例において,乳突削開による顔面神経周囲組織への直接の影響や,単なる肉体的精神的ストレスのみによるのではなく顔面神経知覚枝である鼓索神経刺激などにより惹起される膝神経節ヘルペスの再活性化が,遅発性顔面神経麻痺の発症因子の一つとして関与している可能性が示唆された.
  • 22q11.2欠失症候群(CATCH22)の3例, 増村 千佐子, 近藤 千雅, 土井 勝美, 久保 武, 中川 あや, 耳鼻咽喉科臨床, 99, 3, 187, 190,   2006年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10017279670
    概要:We report three cases of 22q11.2 deletion syndrome (CATCH22; cardiac defects, abnormal faces, thymic hypoplasia, cleft palate and hypocalcemia with chromosome 22q11.2 deletion) with various complications including hearing loss and nasopharyngeal problems. All three cases we report here had congenital cardiac defects. Two of the three cases had cleft palate, one overt and the other submucoals. Although one of the three cases had a normal hearing level, the other two were almost deaf, one with and the other without inner ear anomalies. The former case was prescribed a hearing aid, and for the latter case, cochlear implantation operation was conducted at the age of three years and seven months. Both of these patients have successfully developed communication skills.CATCH22 shows a variety of phenotypes, including hearing loss and nasopharyngeal malformations, either of which may disturb speech ability and thus, furthermore, mental development of the child. However, this condition may be improved by early and adequate intervention. Thus, otolaryngologists should be familiarized with the typical facial abnormality and most frequent manifestations of this syndrome, and be ready to treat patients with 22q11 deletion, providing them with intensive and individualized prescription at their early stages.
  • 拍動性耳鳴を伴う伝音難聴の画像診断と手術所見, 杉山 視夫, 土井 勝美, 倉増 俊宏, 榎本 圭佑, 近藤 千雅, 久保 武, Otology Japan, 15, 4,   2005年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564447
  • マウス内耳発生における Notch1 の活性化について : 第2報, 田村 学, 徳永 暁憲, 岡野 栄之, 土井 勝美, 堀井 新, 識名 崇, 端山 昌樹, 久保 武, Otology Japan, 15, 4,   2005年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564474
  • 胃型プロトンポンプの蝸牛外側壁における発現と内リンパ電位への役割, 柴田 敏章, 日比野 浩, 鈴木 敏弘, 土井 勝美, 久 育男, Otology Japan, 15, 4,   2005年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564476
  • DNAマイクロアレイによる蝸牛内GABA受容体およびAch受容体の解析, 倉増 俊宏, 土井 勝美, 佐藤 崇, 日比野 浩, 久保 武, Otology Japan, 15, 4,   2005年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564489
  • 蝸牛軸に沿った遺伝子発現のDNAマイクロアレイによる解析, 佐藤 崇, 土井 勝美, 日比野 浩, 倉増 俊宏, 久保 武, Otology Japan, 15, 4,   2005年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564490
  • チタン性 Clip Piston を用いたアブミ骨手術, 西村 洋, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 15, 4,   2005年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564564
  • 中頭蓋窩法による外科的治療を施行した側頭骨病変3症例, 土井 勝美, 西村 洋, 奥村 薫, 久保 武, Otology Japan, 15, 4,   2005年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564571
  • 盲聾患者における人工内耳長期装用時の脳活動, 榎本 圭佑, 大崎 康宏, 西村 洋, 土井 勝美, 井脇 貴子, 久保 武, Otology Japan, 15, 4,   2005年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564695
  • 耳科手術後に発症した遅発性顔面神経麻痺に関する検討, 北原 糺, 久保 武, 土井 勝美, 三代 康雄, 堀井 新, 近藤 千雅, 鎌倉 武史, 奥村 新一, Otology Japan, 15, 4,   2005年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564703
  • 姉妹に発症した先天性真珠腫の2症例, 川島 貴之, 土井 勝美, 松谷 亮一, Otology Japan, 15, 4,   2005年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564741
  • 骨形成不全症に対するアブミ骨手術, 土井 勝美, 西村 洋, 久保 武, 太田 有美, Otology Japan, 14, 4,   2004年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400372
  • 胎生期マウス内耳での Notch1 活性化と prosensory cell population の決定について, 村田 潤子, 徳永 暁憲, 堀井 新, 土井 勝美, 原田 保, 岡野 栄之, 久保 武, Otology Japan, 14, 4,   2004年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400396
  • ニューロトロフィン受容体p75ノックアウトマウスの聴覚機能, 佐藤 崇, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 14, 4,   2004年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400398
  • 経中頭蓋窩・経乳突アプローチによる手術を行った錐体尖コレステリン肉芽腫の一例, 奥村 薫, 土井 勝美, 西村 洋, 久保 武, 森 克巳, 真貝 佳代子, Otology Japan, 14, 4,   2004年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400432
  • 蝸牛回転別の遺伝子発現 : DNAマイクロアレイによる解析, 倉増 俊宏, 土井 勝美, 佐藤 崇, 日比野 浩, 久保 武, Otology Japan, 14, 4,   2004年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400598
  • 東アジアにおけるGJB2遺伝子233delC変異の解析, 川島 貴之, 土井 勝美, 佐藤 崇, 倉増 俊宏, 布施 愉香, 久保 武, 松代 直樹, Otology Japan, 14, 4,   2004年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400602
  • 耳管機能障害の新しい手術治療『人工耳管』開発の試み ; 耳管開放症・閉鎖不全症での使用経験, 守田 雅弘, 三代 康雄, 土井 勝美, 藤井 和敏, 久保 武, 小林 俊光, Otology Japan, 14, 4,   2004年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400614
  • 耳管機能障害の新しい手術治療『人工耳管』開発の試み ; 耳管狭窄症・閉塞症での使用経験, 藤井 和敏, 守田 雅弘, 土井 勝美, 三代 康雄, 久保 武, Otology Japan, 14, 4,   2004年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400615
  • 側頭骨巨細胞腫例, 西村 将人, 宇野 敦彦, 土井 勝美, 佐藤 崇, 久保 武, Otology Japan, 14, 4,   2004年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400644
  • 中頭蓋窩法により摘出を行った蝸牛神経由来の神経鞘腫, 西村 洋, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 14, 4,   2004年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400664
  • 軟骨形成不全症における中耳疾患, 鎌倉 武史, 土井 勝美, 増村 千佐子, 中川 あや, 近藤 千雅, 久保 武, 守田 雅弘, 澤田 亜也子, 小林 俊光, 吉田 晴郎, 高橋 晴雄, Otology Japan, 14, 4,   2004年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400711
  • 教訓的な症例と画像診断のポイント, 土井 勝美, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 107, 4,   2004年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10014283671
  • Intralabyrinthine schwannoma の一例 : 経迷路法による摘出術, 土井 勝美, 西村 洋, 安井 俊道, 中川 あや, 久保 武, Otology Japan, 13, 4,   2003年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/80016864481
  • 耳管狭窄・閉塞に対する経鼓膜耳管鼓室チューブ挿入術の試み : 耳管内レーザー手術との使分け, 守田 雅弘, 三代 康雄, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 13, 4,   2003年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020400996
  • 小児の突発性難聴, 倉増 俊宏, 木村 淑美, 蔵谷 咲織, 増村 千佐子, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 13, 4,   2003年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020401010
  • カリジノゲナーゼの聴覚機能に対する効果, 佐藤 崇, 土井 勝美, 宇野 吉裕, 大島 一男, 久保 武, 長谷川 太郎, 杉山 視夫, 西村 将人, 藤井 和敏, Otology Japan, 13, 4,   2003年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020401132
  • 鼓室形成術におけるヒトbFGFの有用性 : 第2報 : オープン法における結果, 西村 洋, 土井 勝美, 杉山 視夫, 川島 貴之, 久保 武, Otology Japan, 13, 4,   2003年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020401208
  • 内耳有毛細胞分化における Notch signaling 機能の部位特異的差異の可能性について, 村田 潤子, 村山 綾子, 堀井 新, 原田 保, 土井 勝美, 岡野 栄之, 久保 武, Otology Japan, 13, 4,   2003年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020401232
  • 下丘に梗塞を認めた患者のABR所見, 西村 洋, 川島 佳代子, 土井 勝美, 久保 武, Audiology Japan, 46, 5, 561, 562,   2003年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013695902
  • 人工内耳と補聴器の両耳装用における両耳聴効果について : 語音聴取能(67-S 語表,Japanese HINT)に関する検討, 松代 直樹, 佐藤 崇, 井脇 貴子, 土井 勝美, 久保 武, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 106, 3, 211, 219,   2003年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000797668
    概要:人工内耳と補聴器の両耳装用者6名を対象に,両耳聴効果が認められるかどうか検討した.検査は67S語表の単音節リストを用いた語音別検査とJapaneseHINTを用いた単文の語音聴取閾値検査を実施し,人工内耳単独装用 補聴器単独装用と人工内耳と補聴器の両耳装用のそれぞれに対して比較検討した.人工内耳と補聴器の両耳装用においては、単音節では3名に有意に良好な結果が得られた.方,Japanese HINTでは全症例とも総じて有意に良い結果であった.人工内耳と補聴器から各々異なった音が人力された場合でも認知レベルでは拮抗せず,両耳聴効果が認められる結果であった.人工内耳と補聴器の両耳装用においても脳の可塑性が重要と考えられた.
  • 2種類の脳磁計による聴覚Nlmの潜時の検討, 野田 和裕, 大崎 康宏, 土井 勝美, 久保 武, 西村 洋, Audiology Japan, 45, 5, 611, 612,   2002年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011566420
  • クリプトコッカス髄膜炎後の盲聾症例への人工内耳手術, 鈴木 基之, 土井 勝美, 大崎 康宏, 野田 和裕, 山本 好一, 井脇 貴子, 久保 武, Otology Japan, 12, 4,   2002年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010705872
  • マウス内耳におけるMusashi1の発現について, 村田 潤子, 村山 綾子, 岡野 栄之, 土井 勝美, 堀井 新, 原田 保, 久保 武, Otology Japan, 12, 4,   2002年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010705929
  • 鼓室形成術におけるヒトbFGFの有要性と安全性, 土井 勝美, 久保 武, 杉山 視夫, Otology Japan, 12, 4,   2002年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010705975
  • 音響耳管検査法による耳管開放症・狭窄症診断の有用性について, 守田 雅弘, 土井 勝美, 堀井 新, 藤井 和敏, 三代 康雄, 北原 糺, 川島 貴之, 武田 憲昭, 久保 武, Otology Japan, 12, 4,   2002年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010706118
  • カナマイシン難聴動物における聴覚機能トカリジノゲナーゼ活性, 佐藤 崇, 土井 勝美, 宇野 吉裕, 大島 一男, 久保 武, 長谷川 太郎, 杉山 視夫, 西村 将人, 藤井 和敏, 奥山 学, Otology Japan, 12, 4,   2002年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010706123
  • 中枢神経の可塑性(4)聴覚, 土井 勝美, 総合リハビリテ-ション, 30, 9, 817, 821,   2002年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005454227
  • 聴覚の老化 (特集 老化現象の解明と予防), 土井 勝美, 久保 武, 老年精神医学雑誌, 13, 6, 611, 619,   2002年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005540031
  • HVJ-リポソーム法による内耳への遺伝子導入, 土井 勝美, 大島 一男, 久保 武, Otology Japan, 12, 2, 67, 71,   2002年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564036
    概要:Hearing loss resulting from the death of hair cells in the organ of Corti or neurons in the spiral ganglion could be cured by the appropriate in vivo gene delivery into the cochlea. To date, less work has focused on gene delivery to the inner ear, and existing studies have primarily used adenovirus and adeno-associtated virus vectors. It has been shown that HVJ-liposome is a highly efficient vehicle for the introduction of oligonucleotides as well as for the transfer of genes <100kbp without damaging cells. The purpose of the present study was to assess the relative efficacy of gene delivery to the mouse cochlea, including cell specificity and toxicity, using HVJ-liposome. The HVJ-liposome (1000 HAU/5μl) bearing the E. Coli LacZ gene was directly injected into the scala tympani of the mouse cochlea in vivo, and the tissues were later assayed for the presence of the LacZ gene product, β-galactosidase (β-gal). The HVJ-liposome was found to infect and elicit transgene expression in many cell types of the mouse cochlea; neurons in the spiral ganglion, cells in the stria vascularis, cells in the organ of Corti, and cells in Reissner's membrane expressed β-gal. Transgene expression was persistent up to 7 days in these cells without any toxicity and inflammation.
    The results suggest that HVJ-liposome might be useful as a gene transfer vehicle in the inner ear and in future might be used to develop gene therapy strategies for some forms of hearing loss.
  • 側頭骨外に進展し不幸な転帰をたどった中耳真珠腫例, 近藤 千雅, 土井 勝美, 西村 洋, 奥村 新一, 久保 武, Otology Japan, 12, 2, 125, 129,   2002年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024564160
    概要:A 49-year-old man who underwent a left surgery for otitis media 30 years ago. He had also undergone surgery for left middle ear cholesteatoma in another hospital.
    After the surgery, he had left purulent-bloody aural discharge, and received the third operation for partial removement of cholesteatoma in our hospital. Tympanic cavity and mastoid were filled with cholesteatoma, which adhered to the posterior cranial dura and the sigmoid sinus tightly and moreover invaded the temporal bone toward the jugular foramen and carotid canal. Therefore cholesteatoma was not completely removed.
    After surgical treatment, the patient was followed up regularly with CT and MRI of the skullbase including the internal and middle ear, however cholesteatoma accelerated to grow into the brain stem with bone destruction, and the patient died.
    This drastic course gave us a doubt of malignant change of squamous epithelium, though histopathologic examinations of all specimens showed stratified squamous epithelium and granulation tissue.
  • 中頭蓋窩脳硬膜を穿孔し側頭葉に進展した中耳真珠腫の1例, 近藤 千雅, 土井 勝美, 西村 洋, 奥村 新一, 久保 武, Otology Japan, 11, 5, 604, 608,   2001年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009609777
    概要:A 57-year-old female had undergone middle ear surgery for otitis media in the right ear 27years ago.
    Since then, she had occasional right aural discharge and persisted mild sensorineural hearing loss with conductive loss in the right ear.
    She was diagnosed as having otitis media with cholesteatoma and total removal of cholesteatoma was attempted in another private hospital. In this operation, it was found a squamous epithelium invaded the intracranial space of middle fosa, and cerebrospinal fluid (CSF) leakage was encountered. So she was referred to Otolaryngology clinic of Osaka University. Totol removal of subdural cholesteatoma was performed and dural plasty at the dural dehiscence was done.
    It thought three ways to make fistula at the dura mater, in spite of its biologic and physical tenacity; Iatrogenic disease that epithelium was implantation through the dural dehiscence when the operation was performed 27 years ago, Progressive inflammation of the dura mater was induced by necrotoxic effects of bacterial growth, cPressure atorophy of the dura mater by expanding cholesteatoma.
  • ラット前庭系グルタミン酸レセプターmRNAに及ぼす過重力負荷の影響, 宇野 吉裕, 堀井 新, 宇野 敦彦, 土井 勝美, 久保 武, 宇宙航空環境医学, 38, 4,   2001年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012352689
  • HVJ-liposomeの外リンパ腔投与による遺伝子導入, 土井 勝美, Otology Japan, 11, 4,   2001年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009609374
  • 突発難聴およびめまい疾患の耳管機能と治療効果について, 守田 雅弘, 土井 勝美, 堀井 新, 西池 季隆, 藤井 和敏, 北原 糺, 川島 貴之, 西村 将人, 三代 康雄, 武田 憲昭, 久保 武, Otology Japan, 11, 4,   2001年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009609430
  • GJB2遺伝子変異症例への人工内耳手術, 松代 直樹, 土井 勝美, 布施 愉香, 日比野 浩, 山本 好一, 井脇 貴子, 澤田 亜也子, 久保 武, Otology Japan, 11, 4,   2001年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009609558
  • 非症候性感音難聴における遺伝子解析 : GJB2遺伝子スクリーニング法の開発, 布施 愉香, 土井 勝美, 松代 直樹, 日比野 浩, 川島 貴之, 澤田 亜也子, 久保 武, 耳鼻咽喉科臨床, 94, 7, 649, 656,   2001年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008097087
    概要:Mutations in the GJB2 gene are the most common cause of prelingual deafness, accounting for approximately half of all nonsyndromic recessive deafness. Among Japanese, the 233delC mutation, in which one cytosine (C) residue is deleted from a run of 3 Cs at necleotide position 233-235, with a carrier frequency of 1% is particularly common. The 233delC mutation is found in 50-70% Japanese patients with nonsyndromic recessive deafness. We have developed a genetic testing/technique that consists of Apa I and Bsp1286 I restriction analysis of polymerase chain reaction (PCR)-amplified 371 base pair DNA fragment of GJB2 gene, to identify this common mutation. This test provides a quick and reliable screening method for the common 233delC mutation. Genetic testing should be added to audiometric screening to identify children with prelingual deafness.
  • 連続音ピッチ滑走列によるミスマッチネガティビティ, 野田 和裕, 土井 勝美, 久保 武, Audiology Japan, 43, 5, 485, 486,   2000年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008449143
  • 非症候性感音難聴におけるGJB2遺伝子233delC変異, 松代 直樹, 土井 勝美, 布施 愉香, 長谷川 太郎, 川島 貴之, 澤田 亜也子, 久保 武, Otology Japan, 10, 4,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013203873
  • 50歳-80歳代の両側性感音難聴症例の純音聴力, 識名 崇, 土井 勝美, 布施 愉香, 松代 直樹, 山中 伸, 川島 貴之, 久保 武, Otology Japan, 10, 4,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013203904
  • 老化遺伝子 Klotho gene ノックアウトマウス(kl/kl)の聴覚機能, 土井 勝美, 長谷川 太郎, 布施 愉香, 宇野 吉裕, 大島 一男, 久保 武, Otology Japan, 10, 4,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013203906
  • 内リンパ嚢手術と内リンパ水腫, 西村 将人, 土井 勝美, 雑賀 孝昇, 西池 季隆, 福嶋 宗久, 矢野 裕之, 杉山 視夫, 久保 武, Otology Japan, 10, 4,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013203982
  • 過重力負荷によるラット蝸牛内グルタミン酸受容体の変化, 長谷川 太郎, 土井 勝美, 宇野 吉裕, 布施 愉香, 堀井 新, 久保 武, Otology Japan, 10, 4,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013204007
  • KCNE、KCNQ K^+ channel の内耳での発現, 布施 愉香, 土井 勝美, 宇野 吉裕, 久保 武, Otology Japan, 10, 4,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013204018
  • 薬物負荷時における内耳でのアクアポリンmRNAの発現量の変化, 福嶋 宗久, 北原 糺, 土井 勝美, 布施 諭香, 宇野 吉裕, 久保 武, Otology Japan, 10, 4,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013204030
  • 滲出性中耳炎を併発した軟骨異栄養症3症例, 澤田 亜也子, 土井 勝美, 守田 雅弘, 高橋 佳文, 森 靖子, 久保 武, Otology Japan, 10, 4,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013204034
  • HVJ-リポソーム法を用いたラット内耳への in vivo 遺伝子導入, 大島 一男, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 10, 4,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013204119
  • コクレア24を用いた術中・術後の聴神経反応(NRT), 山本 好一, 井脇 貴子, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 10, 4,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013204176
  • 中耳原発カルチノイドの1症例, 雑賀 孝昇, 土井 勝美, 山中 伸, 久保 武, Otology Japan, 10, 4,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013204187
  • 急性中耳炎に伴う内耳障害, 西村 将人, 土井 勝美, 久保 武, 宮崎 裕子, 奥山 晃子, 原田 保, 耳鼻咽喉科臨床, 93, 6, 455, 459,   2000年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005600623
    概要:Clinical findings in 14 ears of 12 patients (7 females and 5 males) with inner ear damage due to acute otitis media were studied. The patients' ages ranged between 27 and 77 years (average 45 years). The patiens complained of otalgia, hearing loss, tinnitis, and vertigo at the time of their initial presentations. They were treated with antibiotics combined with steroids, vasodilators, and vitamins. Complete recovery of hearing was obtained in 6 ears. We recommend early auditory and vestibular testing for patients who were suspected to have sensorineural hearing loss, tinnitis or vertigo due to inner ear damage.
  • 小児慢性中耳炎に対する鼓室形成術I型の臨床成績 : 予後に影響する因子の検討, 小畠 秀浩, 土井 勝美, 近藤 有美, 奥村 新一, 久保 武, Otology Japan, 10, 2, 101, 105,   2000年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009320050
    概要:Chronic otitis media in children is one of the common diseases in Otolaryngology. Between January 1993 and February 1999, we performed type I tympanoplasty for 30 cases of chronic otitis media with a perforation of the tympanic membrane.All patients were younger than 17 years old.The outcome of surgery including post-operative hearing and graft condition was analyzed. Possible contributing factors on success of surgery, such as patients'age, location and size of the perforation, presence of otorrhea, combination of mastoidectomy were analysed.All patients had a follow-up period for at least 6 months after the surgery.
    The graft was intact in 83.3% and the post-operative air-bone gap was less than 20dB in 93.4% of the cases.Eighty percent of the case was evaluated as "success" according to the definition of "success" that the graft was intact and the post-operative air-bone gap was less than 20dB. The success rate of type I tympanoplasty in children was satisfuctory and almost comparable to that in adult.The outcome of the surgery was not influenced by any of above-mentioned factors.We concluded that type I tympanoplasty can be safely and effectively performed not only in adult but also in children.
  • 水流中の内視鏡下副鼻腔手術の試み-手術用後鼻孔バルーンの開発, 野田 和裕, 土井 勝美, 野入 輝久, 肥塚 泉, 久保 武, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 103, 5, 516, 523,   2000年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005594351
    概要:後鼻孔を完全に遮蔽する手術用後鼻孔バルーンを開発し,鼻内の大量の洗浄水還流と,水流中での手術操作について検討した.38例の慢性副鼻腔炎患者に手術用後鼻孔バルーンを装着し,術後洗浄として最大毎分1000mlの洗浄水を注入し安全性を確認し,うち10例は手術操作と術野周辺の超音波診断を試みた.泌尿器科における経尿道的手術であるTrans Urethral Resection of the Prostate(以後TURと略す)のような水流中の清明な視界のもとでの手術が可能で,内視鏡先端汚染防止,血液の持続除去,摘除組織の自動排出の様子を確認した.咽頭漏水は皆無て不快感もほぼなく,問題点はほぼなかった.音波診断では,内側壁欠損症例において眼球運動により眼窩内脂肪組織の中で視神経の動く様子が明瞭に描写でき,今後さらに画像情報を蓄積することで副損傷回避の有力手段となる可能性が示唆された.鼻腔内を大量の洗浄水で還流することを可能としたことで,水中での手術操作,超音波診断,術中術後洗浄など今後の内視鏡下副鼻腔手術に新たな選択肢を与えると考えられた.
  • 人工内耳手術を施行した症候性難聴の2症例, 澤田 亜也子, 土井 勝美, 布施 愉香, 井脇 貴子, 山本 好一, 久保 武, 脳と発達, 32,   2000年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010609665
  • 鼻ポリープと水チャネル遺伝子, 土井 勝美, 日本鼻科学会会誌, 39, 1, 47, 49,   2000年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008943841
  • 効率性から見た中耳術前の 1mm スライス CT, 野田 和裕, 土井 勝美, 肥塚 泉, 田中 寿, 野入 輝久, 三代 康雄, 奥村 新一, 久保 武, Otology Japan, 10, 1, 19, 23,   2000年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009319852
    概要:The efficacy of the preoperative 1mm-slice CT for evaluating the condition of the ossicular chain and the facial cannl was assessed. CT findings were compared with the operative findings of middle ears in 120 cases of chronic otitis media or cholesteatoma that underwent tympanoplasty. The riliability of lmm-slice CT in detecting any defect of the ossicular chain was much superior to those of 2mm-slice CT previously reported, and the difference between them is essential for preoperative information. On the other hand, thinner slice than 1mm may be unnecessary, especially in routine use.
  • カナマイシン投与により聾としたラット蝸牛におけるグルタミン酸レセプターの変化, 長谷川 太郎, 土井 勝美, 布施 愉香, 宇野 吉祐, 藤井 和敏, 久保 武, Audiology Japan, 42, 5,   1999年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008448248
  • ミトコンドリア遺伝子変異症例への人口内耳手術, 土井 勝美, 布施 愉香, 長谷川 太郎, 井脇 貴子, 山本 好一, 久保 武, Audiology Japan, 42, 5, 537, 538,   1999年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008448456
  • ピッチ滑走が誘発する聴覚N1とミスマッチネガティビティの中間反応, 野田 和裕, 土井 勝美, 野入 輝久, 久保 武, Audiology Japan, 42, 5, 597, 598,   1999年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008448512
  • 小児突発性難聴の検討, 望月 隆一, 土井 勝美, 杉井 亜也子, 牟田 弘, 北村 健, 久保 武, 耳鼻咽喉科臨床, 92, 9, 929, 933,   1999年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005266155
    概要:Seven children (two boys and five girls) with idiopathic sudden deafness (SD) are reported. Juvenile SD accounts for 3.2% of 216 SD cases. Their ages ranged from 7 to 14 years (mean age 10.4 years). Children over 5 years of age were aware of the onset and complained of it. However, the diagnosis is sometimes so difficult that treatment in the very early stages is often not undertaken in such cases.The average pre-treatment hearing level was 81.7dB, and four cases (57%) complained of vertigo. The severity of hearing loss as well as the incidence of vestibular symptoms in juvenile SD seemed to be higher than in adult SD cases. All cases were initially treated with steroid-infusion therapy. In three cases were defibrinogenation therapy followed. Hearing improvement in the seven cases was as follows: 2 cases showed complete recovery, 2 cases showed remarkable improvement, 1 case showed slight improvement, and 1 case showed no improvement.Juvenile SD is rare but accounts for up to 5% of all SD cases. Proper and early diagnosis and the prompt start of appropriate treatment should be initiated to obtain excellent responses.
  • 真珠腫性中耳炎に対する段階手術, 近藤 有美, 土井 勝美, 西村 洋, 久保 武, Otology Japan, 9, 4,   1999年08月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024563544
  • 人工内耳患者における耳鳴の検討, 川島 貴之, 土井 勝美, 井脇 貴子, 久保 武, Otology Japan, 9, 4,   1999年08月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024563559
  • 段階手術時に採取した耳管-上鼓室換気ルートの組織像, 藤井 和敏, 土井 勝美, 西村 洋, 杉山 視夫, 西村 将人, 久保 武, Otology Japan, 9, 4,   1999年08月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024563592
  • 内耳障害モデル動物の歪成分耳音響放射の検討, 西村 将人, 土井 勝美, 長谷川 太郎, 宇野 吉裕, 川本 将浩, 久保 武, Otology Japan, 9, 4,   1999年08月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024563599
  • 小児の中耳手術の術後聴力成績, 小畠 秀浩, 土井 勝美, 近藤 有美, 奧村 新一, 久保 武, Otology Japan, 9, 4,   1999年08月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024563688
  • 非症候性遺伝性難聴におけるGJB2遺伝子変異, 土井 勝美, 布施 愉香, 杉井 亜也子, 長谷川 太郎, 川島 貴之, 日比野 浩, 久保 武, Otology Japan, 9, 4,   1999年08月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024563708
  • CNQX外リンパ潅流によるラセン神経節細胞グルタミン酸受容体の変化, 長谷川 太郎, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 9, 4,   1999年08月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024563826
  • 側頭骨内顔面神経鞘腫の一例, 松代 直樹, 土井 勝美, 野田 和裕, 久保 武, Otology Japan, 9, 4,   1999年08月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024563866
  • プロモントリ-テストと人工内耳言語聴取能 - その有用性と限界 -, 杉山 直美, 土井 勝美, 井脇 貴子, 山本 好一, 川島 貴之, 久保 武, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 102, 6, 853, 857,   1999年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006828400
    概要:人工内耳手術を施行した46人の言語習得後失聴者において, プロモントリーテストの各パラメータ (域値 (T), ダイナミックレンジ (DR), 最短弁別幅 (GAP), 最短弁別時間差 (TDL) ) と, 術後3ヵ月および1年の言語聴取能 (母音, 子音, 単語, 文聴取能) との相関を統計学的に解析した.
    術後3ヵ月の子音および文聴取能は, 低周波数 (50, 100, 200Hz) 刺激でのDRと正の相関を示し, GAP20ms以下の症例は文聴取能が良好であった (P<0.05). 一方, 術後1年の言語聴取能との間には全く相関は認められず, 人工内耳言語聴取能を予測するという観点から, プロモントリーテストの限界が明らかとなった.
  • 人工内耳動物モデルにおける聴覚系の変化 : 内耳グルタミン酸受容体に関する分子生物学的研究, 土井 勝美, 長谷川 太郎, 布施 愉香, 宇野 吉裕, 藤井 和敏, 久保 武, Otology Japan, 9, 2, 85, 90,   1999年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024563116
    概要:Expression of glutamate receptors (GluR 1-4, NR1, NR2) was determined in the spiral ganglion cells of KM (kanamycin)-treated rats during 0-8weeks. The GluR expression was compared to that of KM+HGF (hepatocyte growth factor)-treated rats. In the spiral ganglion cells of KM-treated rats, the expressions of GluR2, GluR3, and NR1 were up-regulated at both protein and mRNA levels. In contrast, those of GluRl and NR2 were down-regulated. In the spiral ganglion cells of KM+HGF-treated rats, the expressions of GluR2 and GluR3 were up-regulated at both protein and mRNA levels, while those of NR1, NR2, and GluR1 were downregulated. The expression of HGF receptor (C-MET) was up-regulated at both protein and mRNA levels. These results suggest that rapid and drastic changes in GluR expression may contribute to the plasticity observed in the auditory system after profound hearing impairment.
  • 液体抑制反転回復法MRIを用いた前庭水管拡大症症例の検討, 西村 将人, 土井 勝美, 久保 武, 宮崎 裕子, 原田 保, 澤田 亜也子, Otology Japan, 9, 2, 167, 171,   1999年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024563304
    概要:Fluid-attenuated inversion recovery (FLAIR) imaging is a technique which faciliates heavily T2-weighted CSF-nulled images by coupling an inversion pulse followed by a long inversion time to a long echo time leadout. FLAIR MR imaging is known to be useful to evaluate pathologic conditions associated with an increase/decrease in protein contents of interstitial fluids. In this study, the endolymphatic sac in two patients having large vestibular aqueduct syndrome (LVAS) was visualized using FLAIR MR imaging. The signals of the endolymphatic sac showed a low intensity in the left side and a high intensity in the right side, suggesting that the protein contents were different between both sides. The result indicated that FLAIR MR imaging is very useful to detect the changes in protein contents in the fluid of the endolymphatic sac and that the protein contents within the left endolymphatic sac is decreased.
  • 真珠腫性中耳炎における内耳瘻孔症例の検討, 村田 潤子, 土井 勝美, 小畠 秀浩, 北原 糺, 近藤 千雅, 奥村 新一, 久保 武, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 102, 5, 605, 612,   1999年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005260980
    概要:真珠腫性中耳炎の手術時に内耳に瘻孔が形成されていた症例についてその臨像を検討し, 特に瘻孔の位置や進展度と術前・術後の骨導聴力との相関について調べることを目的とした. 対象としては大阪労災病院耳鼻咽喉科, 大阪大学医学部耳鼻咽喉科, および関連各施設耳鼻咽喉科で平成4年から平成8年の間に初回手術を施行した症例のうち, 骨迷路にびらんまたは骨欠損がみられた症例を選び, 瘻孔の進展度にはDornhofferとMilewski1) の分類に準じてI, IIa, IIb, IIIの4段階に分類した. 内耳瘻孔症例としては, 進展度IIa以上の24症例24耳を対象とした. このうち半規管, 前庭にのみ瘻孔を有したのは21症例であった. 蝸牛に瘻孔を有したのは残りの3例で, すべて蝸牛に単独に瘻孔があり, 進展度はIIIであった. 軸位断での術前CT診断を施行していたのは14症例で, 内耳瘻孔についての陽性率は71.5% (10症例) であった. 術前骨導聴力は蝸牛に瘻孔を有した症例が, 半規管, 前庭に瘻孔を有した症例よりも悪かったが, 半規管, 前庭に瘻孔を有した症例の中で, 進展度による大きな差異はみられなかった. 全例に鼓室形成術を施行した. 半規管, 前庭に瘻孔を有した症例の中で, 進展度IIaの症例13例中で術後骨導聴力低下と判定されたのは2例 (15%) で, 進展度IIb以上の症例8例では, 3例 (38%) であった. このように, 進展度IIaの症例に比べてIIb以上の症例で術後に骨導聴力の悪化が起こりやすい傾向がみられた.
  • 小脳膿瘍を併発した真珠腫性中耳炎例, 近藤 千雅, 土井 勝美, 執行 昭男, 森 克巳, 加藤 天美, 久保 武, 耳鼻咽喉科臨床, 92, 5, 467, 474,   1999年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005265526
    概要:The mortality from otogenic intracranial complications has decreased markedly from the preantibiotic era to the present. However the mortality of cellebellar abscess cases remains high. This paper reports a case of cerebellar abscess associated with middle ear cholesteatoma, who was saved by a combination of intensive medical and surgical care with the cooperation of the Otology and Neurosurgery units.The patient was a 53-year-old man who had right aural discharge, headache and vertigo. He visited a private hospital, where he underwent radical surgery for the middle ear cholesteatoma. After 2 months, he again suffered from severe headache and vertigo. He presented at our hospital, and Computed Tomography (CT) scanning and Magnetic Resonance Imaging (MRI) of the brain revealed two abscesses in the right cerebellar hemisphere and obstructive hydrocephalus. Emergency stereotactic drainage of the abscess, and endoscopic 3rd ventriculostomy was performed with local anesthesia by a neurosurgeon. After waiting until the patient's condition improved and the cerebellar abscesses were capsulated, we performed an operation for total removal of the cholesteatoma. The cochlea, vestibule and semicircular canals were all filled with a large quantity of purulent discharge, exuberant cholesteatoma and granulation.After surgery, the patient lost right hearing acuity, but showed no neurologic sequelae and returned to previous levels of mental and physical health. Reduction of mortality from otogenic intracranial complications could be achieved with early diagnosis and interventions, including appropriate conservative therapy with antibiotics and appropriate neurosurgical and otological procedures.
  • 蝸牛瘻孔を来した中耳真珠腫の3症例, 村田 潤子, 土井 勝美, 奥村 新一, 久保 武, 耳鼻咽喉科臨床, 92, 2, 127, 131,   1999年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005265022
    概要:Labyrinthine fistulas found during surgery for treatment of chronic otitis media with cholesteatoma, most commonly involve the horizontal semicircular canal. The overall incidence of cochlear fistula, however, is low. In the present study, we report three cases of cholesteatoma with a labyrinthine fistula in the cochlea. No additional fistulas were found in the semicircular canals or vestibule, and the inside of the cochlea was found to be completely dry in all three cases. Case 1 (56y male) had profound sensorineural hearing loss, and case 2 (56y male) and case 3 (20y male) were totally deaf before the surgery. All of them had suffered from persistent and active inflammation for a long period of time. Middle ear computed tomography (CT) could identify the presence of the cochlear fistula. The pathway from the epitympanum to the additus & antrum of the mastoid was found be very narrow in cases 1 and 2 during the surgery. Therefore, large pressure, due to the cholesteatoma may be present at the mesotympanum, and could not be released to the mastoid, potentially causing the development of a large cochlear fistula. In case 3, because middle ear pneumatization was good, and the cholesteatoma was present in a very restricted area on the anterosuperior part of the promontry, a congenital origin arisig from epideromoid formation was suspected.We also reviewed the 12 additional cases of cochlear fistulas reported since 1974. As suggested previously, the hearing prognosis is very poor in most cases of cochlear fistulas.
  • 遅発性内リンパ水腫症例の臨床的検討, 武田 憲昭, 肥塚 泉, 西池 季隆, 北原 糺, 堀井 新, 宇野 敦彦, 矢野 裕之, 田矢 直三, 土井 勝美, 荻野 仁, 久保 武, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 101, 12, 1385, 1389,   1998年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006828093
    概要:先行する難聴が若年性一側聾である遅発性内リンパ水腫典型例23例の臨床的検討を行った.発症年齢の分布は,30歳以内の若年発症が14例,40歳以降の中年~初老期発症が9例と2峰性を示した.遅発性内リンパ水腫同側型の15例のうち,80%が若年発症であった.良聴耳の蝸電図検査で20%に-SP/AP比の増大を認めた.温度刺激検査では60%に先行難聴耳のCPを認めた.一方,遅発性内リンパ水腫対側型の8例のうち,75%が中年~初老期発症であった.良聴耳の蝸電図検査で60%に-SP AP比の増大を認め,温度刺激検査では57%に先行難聴耳のCPを認めた.発症年齢から,若年発症の同側型にはメニエール病と異なった病態を持つ症例が含まれる可能性が考えられる.一方,中年~初老期発症の対側型は良聴耳に発症したメニエール病と考えて矛盾しないと思われる.先行難聴耳の内リンパ水腫の評価が難しいが,対側型では良聴耳に内リンパ水腫の存在が疑われた.温度刺激検査からはめまいの責任耳の決定は困難であった.遅発性内リンパ水腫の予後がメニエール病と異なるかについては,長期にわたる検討が必要である.
  • 人工内耳埋め込み術中の電気聴性脳幹反応 (EABR) の有用性, 山本 好一, 宇野 敦彦, 川島 貴之, 井脇 貴子, 土井 勝美, 久保 武, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 101, 11, 1328, 1334,   1998年11月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005599120
    概要:言語習得後失聴者(n=31)の人工内耳埋め込み術中に電気聴性脳幹反応(EASR)を記録した.蝸牛鼓室階内の通電刺激後,ABRのII波,III波,V波に相当すると考えられる3つの陽性波(P1,P2およびP3)を認めた.P1,P2およびP3の潜時は,平均1.35(±0.14),2.17(±0.18),4.08(±0.31)msであり,P3の閾値および振幅勾配は,平均0.9(±0.47)mA,0.6(±0.28)μV/mAであった.本論文はEABRの閾値,勾配値と手術時年齢,失聴原因,失聴期間,プロモントリーテストの各パラメターおよびマッピング作製時の音感閾値(Tレベル),快適閾値(Cレベル)との関係について統計学的検討を加えた.その結果,マップのTレベルと相関が認められEABRを用いて自覚的閾値を予測することが可能であると考えられた.
  • 人工内耳動物モデルにおける聴覚系の変化 : グルタミン酸受容体の解析, 土井 勝美, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823239
  • 鼓室型グロームス腫瘍の一症例, 佐藤 伸也, 土井 勝美, 津田 守, 久保 武, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823255
  • 人工内耳装用者の視覚および聴覚言語情報処理機構のPETによる解析, 西村 洋, 土井 勝美, 井脇 貴子, 久保 武, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823269
  • 液体抑制反転回復法MRIにて高信号域を呈した前庭水管拡大症の2症例, 西村 将人, 久我 裕子, 原田 保, 土井 勝美, 杉井 亜也子, 久保 武, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823291
  • 感音難聴患者におけるミトコンドリアDNA変異, 布施 愉香, 土井 勝美, 杉井 亜也子, 川島 貴之, 井脇 貴子, 久保 武, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823294
  • 小児の中耳手術の臨床成績, 小畠 秀浩, 土井 勝美, 近藤 有美, 奥村 新一, 久保 武, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823299
  • 真珠腫性中耳炎に対する段階手術の成績, 近藤 有美, 土井 勝美, 佐藤 伸也, 久保 武, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823342
  • 真珠腫マトリクスにおけるHGFおよびC-MET発現, 杉山 視夫, 土井 勝美, 藤井 和敏, 長谷川 太郎, 久保 武, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823360
  • 内耳瘻孔症例の術前CT診断, 村田 潤子, 土井 勝美, 小畠 秀浩, 北原 糺, 近藤 千雅, 奥村 新一, 久保 武, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823367
  • 蝸牛らせん神経節細胞のサテライト細胞における内向き整流K+チャネル、Kir4.1/K_-2の発現と推定される機能について, 日比野 浩, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823422
  • 人工内耳埋め込み術を施行した Waardenburg 症候群I型の1例, 杉井 亜也子, 土井 勝美, 井脇 貴子, 布施 愉香, 小林 礼子, 山本 好一, 久保 武, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823438
  • 耳管閉鎖不全症でのカテーテル耳管検査の有用性について, 守田 雅弘, 川島 貴之, 三代 康雄, 土井 勝美, 武田 憲昭, 久保 武, Otology Japan, 8, 4,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013823547
  • 胎生ラット内耳におけるHGF, C-METの発現, 土井 勝美, 長谷川 太郎, 布施 愉香, 日比野 浩, 久保 武, Audiology Japan, 41, 5, 353, 354,   1998年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008447395
  • 肝細胞増殖因子(HGF)の強大音受傷性に与える影響, 和田 哲郎, 佐藤 重規, 田渕 経司, 安積 靖敏, 高橋 和彦, 原 晃, 土井 勝美, 久保 武, 草刈 潤, Audiology Japan, 41, 5, 355, 356,   1998年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008447396
  • 小児人工内耳装用者におけるFM補聴システムの活用状況, 杉井 亜也子, 井脇 貴子, 高橋 佳文, 土井 勝美, 久保 武, 森 靖子, Audiology Japan, 41, 5, 429, 430,   1998年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008447467
  • 人工内耳装用者の術後P300の変化, 山本 好一, 大草 方子, 宇野 敦彦, 井脇 貴子, 土井 勝美, 久保 武, Audiology Japan, 41, 5, 447, 448,   1998年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008447476
  • 先天聾症例の手話による聴覚野の賦活, 西村 洋, 土井 勝美, 井脇 貴子, 久保 武, Audiology Japan, 41, 5, 479, 480,   1998年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008447495
  • 耳鼻咽喉科領域の分子生物学,分子遺伝子学 -蝸牛における神経伝達機構-, 土井 勝美, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 101, 8, 1048, 1051,   1998年08月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005598698
  • 人工内耳における予後因子の検討, 川島 貴之, 井脇 貴子, 山本 好一, 土井 勝美, 久保 武, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 101, 6, 829, 835,   1998年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005598167
    概要:人工内耳は感覚器の人工臓器として画期的な治療法といえるが,術後の言語聴取成績は症例により様々である.今回我々は各種因子と言語聴取成績との相関について調べ,どの因子がより強く言語聴取成績に影響を与えているか,また影響を与えている因子からそれを予測しうるかどうかを数量化理論I類を用いて検討した.対象は,1991年7月から大阪大学にてコクレア社製22チャンネル人工内耳の埋め込み術を施行した症例で,音入れ後6ヵ月以上経過した言語習得後失聴者51名とした.男性18名,女性33名,手術時平均年齢は53.4歳,平均失聴期間は8.6年であった.失聴原因は内耳炎9人,耳毒性5人,髄膜炎3人,原因不明34人であった.言語聴取成績の評価は,肉声による,母音,子音,単語の正答率およびビデオによる単音節,単語,文の正答率を用いた.いずれも人工内耳単独での評価であり,音入れ後3ヵ月以降の最も良い成績のものを用いた.各種因子と言語聴取成績との単相関を調べた結果,手術時年齢はビデオによる単音節聴取成績と,朱調期間は肉声による単語聴取成績と負の相関を認めた.失聴原因,岬角電気刺激検査,温度眼振検査と言語聴取成績との間には明らかな関係は認めなかった.また,残聴の有無およびコード化法はすべての成績において有意差を認めた.次に,肉声による単語聴取成績と関係のあった,失聴期間,残聴の有無,使用電極対数,コード化法と聴取成績との関係を数量化理論I類で解析した結果,コード化法,失聴期間,残聴の有無,使用電極対数の順で聴取能に影響を与えていたが,各因子を総合して単語取成績を予測するのは困難であった.
  • Neuro-Behcet症候群, 土井 勝美, 久保 武, Equilibrium research. Supplement, 13, 58, 59,   1998年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009419144
  • 水チャネル : 内リンパ水腫形成との関連, 土井 勝美, 長谷川 太郎, 日比野 浩, 布施 愉香, 久保 武, Otology Japan, 8, 2, 64, 68,   1998年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024562425
    概要:In the previous study, we have identified the expression of AQP-2 and AQP-3 water channels inthe rat inner ear. Both molecules have predominantly been expressed in supporting cells justbeside the organ of Corti of the cochlea, and in the epithelium of distal portion of the endolymphaticsac. To address regulation of the expression of AQP-2 and AQP-3 by vasopressin (AVP), we employedcompetitive PCR analysis and imaging analysis with the inner ear of rats treated with a 7-day infusion of AVP. In response to AVP, AQP-2 and AQP-3 mRNAs were up-regulated severalfolds, while V2 receptor mRNA was exclusively down-regulated and dropped under the detectablelevel for RT-PCR. As the expression of AQP-2 and AQP-3 mRNAs higer, the volume of the endolymphaticspace in the cochlea became lesser. Instead of a stable expression of these two molecules, however, down-regulation of V2 receptor mRNA rather resulted in an increase in the volume of theendolymphatic space. These results suggest that AVP regulates the expression of AQP-2 and AQP-3mRNAs in the inner ear, and that AVP-regulated water channels may be one of the essential factorswhich determine the volume of the endolymphatic space.
  • 耳漏を反復したランゲルハンス細胞組織球症, 杉井 亜也子, 土井 勝美, 高橋 佳文, 久保 武, 耳鼻咽喉科臨床, 91, 5, 465, 471,   1998年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005263878
    概要:Langerhans' cell histiocytosis (LCH), formerly termed histiocytosis X, is a single or multisystem disease. It is characterized by the proliferation and accumulation of Langerhans' cells in the debmis and/or various extracutaneous sites. Skin involvement is a frequent manifestation in young children, and otitis externa is a common symptom.A 20 month-old boy presented with a chronic scalp and trunk rash, and bilateral chronic otorrhea unresponsive to oral antibiotics and topical antibiotic-steroid drops. A physical examination revealed swelling of the posterosuperior quadrant of the bilateral tympanic membranes, and an accumulation of white debris fixed to the tympanic membrane was also present bilaterally. A computed tomograph of the middle ear was almost normal, but showed a thickening of the bilateral tympanic membranes. An audiologic evaluation revealed moderate (-40dB) hearing loss on the right side, and total deafness on the left side. The tympanogram was flat bilaterally. A diagnosis of bilateral chronic persistent otitis externa with essential deafness on the left side was made.After a 6 month trial of conservative therapy, he suddenly suffered from a severe impairment in his respiration. A chest X-ray showed large patchy areas of water density throughout both lungs, and skull X-rays revealed characteristic "punched-out" lesions. Skin biopsies from the scalp and trunk revealed a large accumulation of Langerhans' cells in the lesion, and thus confirmed a diagnosis of LCH. Thereafter, the child was placed on a chemotherapeutic regimen consisting of vinblastine and prednisolone. In spite of intensive care for 3 weeks, he died due to total pulmonary dysfunction.LCH is now considered to be a rather non-malignant process. However, as in the current case, the prognosis is quite poor in children under 2 years who present with multi-system diseases and major organ dysfunction. If a physician experiences a case of bilateral chronic otorrhea unresponsive to oral antibiotics and topical antibiotic-steroid drops with a chronic skin rash, then he should consider the presence of systemic and/or local immune deficiency due to LCH. An early diagnosis of LCH with a skin biopsy, and then rapid treatment with intensive systemic regimes using vinblastine combined with corticosteroids would be recommended.
  • MEGによる聴覚"Off response"の測定 : 4種類の周波数刺激でみるON、OFF信号源分布の差異, 野田 和裕, 外池 光雄, 肥塚 泉, 土井 勝美, 山口 雅彦, 瀬尾 律, 松本 直樹, 久保 武, 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声, 97, 587, 37, 40,   1998年03月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003296142
    概要:正常被験者5人に対し、4種類の周波数の純音バーストを呈示し、立ち上がり時と、立ち下がり時にトリガーをかけ、それぞれのN100mを計測した。各被験者ごとに各周波数刺激によるon responseのN100mの信号源の平均座標を基準として、on, off responseのN100mの信号源の空間的拡がりを比較検討した。明瞭な波形の得られた、すべての計測に対してonとoffの検定を行なうと、off responseの信号源はon responseに対して有意に上方であるが、左右、前後で有意差はなかった。N100mOFFの領域が、N100mON領域に重なるほど極めて近傍でありながらも、なお空間的に異なる分布であることを脳磁図として初めてとらえたと考える。
  • Neuro-Behcet症候群, 土井 勝美, 久保 武, Equilibrium research, 56, 6, 606, 607,   1997年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008710133
  • 中等度難聴児における補聴器の装用効果と問題点について, 久我 裕子, 杉井 亜也子, 川島 貴之, 井脇 貴子, 土井 勝美, 久保 武, 小児耳鼻咽喉科, 18, 2, 59, 62,   1997年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026937663
    概要:From 1990 to 1996,13 children, who sufferd from bilateral moderate hearing impairment, were presented to the section of Pediatric-Otolaryngology of Osaka University Medical School. Most of the cases first appeared at the ages of 3 and 4 years. We evaluated the benefits and problems of using hearing-aids in these cases by analyzing their auditory and behavioral performances and their replies to a questionnaire. Out of 13 cases,7 started to use hearing-aids within 6 months. Once the hearing level was determind, all were recommended to use hearing-aids immediately.
  • 成人両側外リンパ瘻症例, 野田 和裕, 野入 輝久, 土井 勝美, 三代 康雄, 奥村 新一, 尾崎 康弘, 肥塚 泉, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 100, 11, 1375, 1381,   1997年11月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005597299
    概要:手術や外傷を原因としない特発性の両側外リンパ瘻は成人において極めてまれな疾患である. 鼻かみにより両側同時突発性に発症し, 手術にて両側蝸牛窓に外リンパ瘻を確認した1症例を報告した. 成人両側性, 小児両側性, 一側性外リンパ瘻症例について文献的に統計比較した. 成人両側外リンパ瘻では, 一側外リンパ瘻と比較して有意に誘因をもつ率が高いが, その他の臨床面にて有意差がなく, 発症時の負荷の強さが両側発症の主な原因であると推察した. 小児外リンパ瘻は, 成人に比べ両側発症率が高く, 奇形の合併率, 瘻孔部位, 聴力予後において成人外リンパ瘻と異なっており, 先天的要素がその背景にあると思われた.
  • 両側感音難聴にて発症した一側皮質性難聴例, 日比野 浩, 土井 勝美, 久保 武, 熊谷 晴美, 耳鼻咽喉科臨床, 90, 10, 1085, 1090,   1997年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005263255
    概要:A patient with bilateral sensorineural hearing loss on a pure tone audiogram (PTA), associated with unilateral (right side) cerebral infarction in the auditory cortex is described. The PTA on the left (contralateral) side initially showed a "scale out". The PTA threshold improved rapidly, and finally returned to almost normal levels within 2 months. The PTA on the right side initially showed mild sensorineural hearing loss. The PTA threshold gradually returned to normal levels within 2-3 months. In contrast to the rapid recovery of the PTA threshold, the maximum speech perception ability on the left side showed a very low score during the follow-up period of 2 years, and showed little improvement. The maximum speech perception ability on the right side maintained a high score from the time of first examination. All of the objective auditory examinations, including the auditory brainstem response (ABR), oto-acoustic emission (OAE), electrocochleogram (ECoG), middle latency response (MLR), and slow vertex response (SVR), indicated that hearing loss on the left (contralateral) side was closely associated with unilateral (right side) cerebral infarction of the auditory cortex. These results suggest that sensorinueral hearing loss on the PTA could be detected at the early stages of onset, even after unilateral damage to the auditory cortex.
  • 鼓室形成術3型・4型の手術成績, 近藤 有美, 土井 勝美, 佐藤 信也, 久保 武, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561792
  • アブミ骨手術の聴力成績, 土井 勝美, 近藤 有美, 久保 武, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561811
  • 色素性乾皮症の聴力障害について, 杉井 亜也子, 土井 勝美, 川島 貴之, 高橋 佳文, 久保 武, 久我 裕子, 角 実枝子, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561841
  • 蝸牛への肝細胞増殖因子(HGF)の直接投与とその影響について, 和田 哲郎, 安積 靖敏, 田渕 経司, 高橋 和彦, 木村 伸一, 原 晃, 草刈 潤, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561962
  • カナマイシン投与モルモットABRに対する HGF (Hepatocyte growth factor) の影響, 望月 隆一, 土井 勝美, 藤井 和敏, 日比野 浩, 長谷川 太郎, 久保 武, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561980
  • 両側外リンパ瘻症例の検討, 野田 和裕, 土井 勝美, 三代 康雄, 奥村 新一, 尾崎 康弘, 野入 輝久, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024562025
  • ミトコンドリア遺伝子変異(1555A→G)の15家系の検討, 秋田 二朗, 宇佐美 真一, 阿部 聡子, 田村 新, 新川 秀一, 石井 正則, 土井 勝美, 東野 哲也, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024562074
  • ラット内耳でのエンドセリン変換酵素(ECE)の発現, 杉山 視夫, 土井 勝美, 長谷川 太郎, 日比野 浩, 久保 武, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024562095
  • ラット内耳における metabotropic glutamate receptor の発現, 長谷川 太郎, 土井 勝美, 日比野 浩, 久保 武, 藤井 和敏, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024562096
  • 真珠腫性中耳炎における内耳瘻孔症例の検討, 村田 潤子, 土井 勝美, 江崎 光彦, 奥村 新一, 久保 武, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024562100
  • 水チャネル : 内リンパ水腫形成との関連, 土井 勝美, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024562120
  • マウス耳における歪成分耳音響放射の検討, 西村 将人, 土井 勝美, 長谷川 太郎, 日比野 浩, 久保 武, Otology Japan, 7, 4,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024562176
  • 人工内耳装用者のP300, 山本 好一, 宇野 敦彦, 大草 方子, 土井 勝美, 井脇 貴子, 久保 武, Audiology Japan, 40, 5, 285, 286,   1997年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009374986
  • 内耳血管条に発現する内向き整流K^+チャネル, K_-2(Kir4.1)は内リンパ高電位の産生に重要である., 日比野 浩, 土井 勝美, 久保 武, Audiology Japan, 40, 5, 453, 454,   1997年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009375151
  • 音声処理方法と言語聴取能について, 井脇 貴子, 城間 将江, 杉井 亜也子, 土井 勝美, 久保 武, Audiology Japan, 40, 5, 595, 596,   1997年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009375263
  • 突発性難聴の形で発症したミトコンドリア遺伝子変異(1555A->G)症例の検討, 宇佐美 真一, 阿部 聡子, 新川 秀一, 石井 正則, 土井 勝美, 東野 哲也, Audiology Japan, 40, 5, 597, 598,   1997年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009375264
  • 感音性難聴に対する5-HT2拮抗剤(アンプラーグ^R)の治療効果, 川島 貴之, 土井 勝美, 北村 健, 大草 方子, 久保 武, Audiology Japan, 40, 5, 607, 608,   1997年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009375274
  • アブミ骨筋腱骨性固着症の2症例, 土井 勝美, 北村 健, 中野 智昭, 村田 潤子, 尾崎 康弘, 奥村 新一, 久保 武, 耳鼻咽喉科臨床, 90, 8, 889, 895,   1997年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005029773
    概要:Two cases of conductive hearing loss due to ossification of the stapedius tendon are described. A woman, 24 years old, suffered from progressive, bilateral (R>L) hearing loss from the age of sixteen and was referred to our office for advice regarding surgical treatment. The tympanic membrane, tympanogram and radiological examinations were normal on both sides, however, the pure tone audiogram (PTA) showed bilateral conductive hearing loss and the stapedial reflex had disappeared on both sides. A diagnosis of otosclerosis was made, and the patient was hospitalized for a stapedectomy. During surgery, the stapes on the right side was revealed to be immobile with fixation of the footplate as well as ossification of the stapedius tendon. A stapedectomy, combined with removal of the ossified stapedius tendon, was performed, and the PTA threshold improved to 21.3 dB from 47.5 dB.A man, 18 years old, was noticed to have bilateral conductive hearing loss at the age of six. A diagnosis of ossicular chain anomaly was made, and the patient subsequently underwent a hearing examination every year. The patient decided to undergo an exploratory tympanotomy at the age of seventeen. During surgery, the stapes on both sides was revealed to be fixed and showed no movability due to ossification of the stapedius tendon, fixation of the f ootplate, and an extra bony connection between the anterior crus of the stapes and the facial nerve canal. A stapedectomy combined with removal of two bony connections restored his hearing level to 15 dB from 48.8 dB on the right side and to 17.5 dB from 33.8 dB on the left side.
  • 分子から見た内耳, 土井 勝美, Otology Japan, 7, 3, 173, 180,   1997年07月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009318834
    概要:Rapid progress in molecular biology leads to the application of new techniques to the inner ear research. Now we have been able to identify inner ear-specific molecules, novel molecules and registered molecules in the gene bank from inner ear tissues.
    Analysis of glutamate receptor gene family expressed in the rat inner ear has been performed in our laboratory. As for AMPA type glutamate receptor, a dominant expression of GIuR-2 subunit in the rat cochlea is confirmed. A cochlea-specific short GluR-3 subunit (sGluR) is also identified in the rat cochlea and is shown to serve as an inhibitory subunit, whose inhibitory effect is possibly caused by a conformational change of glutamate receptor complex.
    Expression of water channels (aquaporins; AQPs) in the rat inner ear tissues has been also analyzed in our laboratory. AQP-2, an ADH (antidiuretic hormone)-sensitive water channel, is identified in the rat cochlea as well as the endolymphatic sac. The expression of inner ear AQP-2 could be regulated by ADH via adenylate cyclase-cyclic AMP cascade, as in the kidney collecting duct cells. It has been suggested that AQP-2 and other members of AQP family could serve as key molecules in regulation of the homeostasis of inner ear fluids. Mutations in molecules of this gene family, therefore, might be quite possible in pathogenesis of several inner ear diseases such as Meniere's disease.
  • 両側内頸動脈欠損を伴った眩暈例, 梅村 仁, 土井 勝美, 本崎 孝彦, 井関 裕義, 猪原 秀典, 田矢 直三, 田口 潤智, 耳鼻咽喉科臨床, 90, 5, 503, 508,   1997年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005262278
    概要:Congenital agenesis of the internal carotid artery (ICA) is a very rare anomaly, and fewer than 100 cases have been reported since it was first described in 1787. In most cases, agenesis of the ICA is unilateral and involvement of both ICAs is extremely uncommon (less than 10% of cases). It is often associated with secondary development of intracranial aneurysms and can be responsible for other cerebrovascular problems including dizziness. Diagnosis by several radiological methods, including computed tomography (CT) and magnetic resonance imaging (MRI) of the brain, conventional angiography, magnetic resonance angiography (MRA), and skull-base CT, are now well documented. We described a 22-year-old woman who presented with dizziness and in whom agenesis of the ICA was bilateral. The woman was admitted to our hospital for investigation of dizziness. Dizziness appeared twice a year and each episode in 1995 lasted for approximately 2-3 hours, although the dizziness occasionally lasted for about 2 days. Physical examination of the ear, nose, and throat was unremarkable at the time of admission. With MRA, bilateral ICAs could not be visualized, bilateral common carotid arteries (CCAs) appeared thin, and the bilateral vertebral arteries (VAs) and basilar artery were dilated. The anterior and middle cerebral arteries were supplied through the circle of Willis by the basilar artery. Digital subtraction angiography confirmed the MRA findings. A high-resolution skull-base helical CT scan demonstrated agenesis of both carotid canals, indicating that the patient's carotid abnormality was congenital in origin rather than acquired. An ultrasonogram revealed an increase in the blood flow and velocity of the bilateral VAs and a decrease in the blood flow and diameter of the bilateral CCAs. Other examinations were normal.These results suggest that dizziness was caused by a transient disorder in the hemodynamics of the vertebrobasilar system, since this was the only system supplying blood to the patient's brain.
  • MPEAKコード化法とSPEAKコード化法間における言語聴取能の比較, 井脇 貴子, 土井 勝美, 久保 武, Audiology Japan, 40, 1, 72, 77,   1997年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009374582
  • 特発性難聴の形で発症したミトコンドリア遺伝子変異(1555 A‐>G)症例の検討, 宇佐美 真一, 阿部 聡子, 新川 秀一, 石井 正則, 土井 勝美, 東野 哲也, AUDIOLOGY JAPAN, 40, 5, 597, 598,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003712754
  • 内リンパ嚢における水チャネルAQP2の発現 : 内リンパ水腫形成との関連-, 土井 勝美, 岩倉 進, 日比野 浩, 藤井 和敏, 久保 武, 佐々木 成, Equilibrium research, 55, 6, 545, 551,   1996年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009416483
    概要:The fluid and ion transports in the inner ear are reportedly regulated by several circulating hormones including antidiuretic hormone (ADH). To address the involvement of an ADH-sensitive water channel (AQP2) in the formation of endolymphatic hydrops in Meniere's disease, molecular biological and immunohistochemical techniques were employed in this study. Total RNA was extracted from the endolymphatic sac of the rat inner ear using the CsTFA-GTC method. AQP2 cDNA was amplified by RT-PCR and the sequences of the PCR products were analyzed. The localization of AQP2 protein was determined by fluorescence- and ABC-immunocytochemistry using a specific antibody to the C-terminus peptides of AQP2. RT-PCR study identified the expression of AQP2 message in the endolymphatic sac. An immunocytochemical study showed an intense expression of AQP2 protein along the epithelium of the endolym-phatic sac. AQP2 was localized mainly at the apical surface of the absorptive epithelium. The results suggest that the AQP2 water channel plays a very important role in volume regulation of the endolymph and maintenance of the endolymphatic fluid/ion balance, and that the impairment of this channel may result in the formation of endolymphatic hydrops.
  • 突発性難聴の治療法による群間検査, 北村 健, 土井 勝美, 武田 憲昭, 三代 康雄, 大草 方子, 久保 武, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 99, 11, 1676, 1683,   1996年11月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006827644
    概要:突発性難聴患者の発症から治療開始までの期間別の治療成績では, 発症日から6日までに治療を開始した群が7日目以降から治療を開始した群と比べ良好な治療効果を認めた. 各治療法ごとに発症から治療開始までの期間, 初診時平均聴力で分類し泰地らの聴力改善率で検定した結果, ステロイド治療群の中で発症0-6日までの群で初診時聴力レベルが60-90dBの群と91dB以上の群の間で有意差を認め, 初診時聴力レベルが60-90dBの群の聴力改善率が高かった. DF治療群の中で治療開始までの期間が0日から6日までの群で初診時聴力レベルが60-90dBの群と治療開始期間までの期間が7日以上で60-90dBの群間では, 治療開始までの期間が0日から6日までの群が7日以上の群に比べ高かった.
  • 突発性難聴患者の血清中エンドセリン値, 北村 健, 土井 勝美, 久保 武, 大草 方子, 望月 隆一, 杉山 視夫, Audiology Japan, 39, 5, 319, 320,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008446844
  • 岬角電気刺激検査と人工内耳埋め込み術後の言語聴取能との相関, 杉山 直美, 土井 勝美, 井脇 貴子, 久保 武, 大草 方子, Audiology Japan, 39, 5, 345, 346,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008446876
  • 言語習得後および前失聴者の術中EABR, 山本 好一, 宇野 敦彦, 土井 勝美, 大草 方子, 久保 武, Audiology Japan, 39, 5, 347, 348,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008446879
  • 潰瘍性大腸炎に合併する感音難聴, 大草 方子, 土井 勝美, 北村 健, 久保 武, 石川 秀樹, Audiology Japan, 39, 5, 359, 360,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008446889
  • 蝸牛への薬剤の直接投与法について, 和田 哲郎, 高橋 和彦, 木村 伸一, 原 晃, 草刈 潤, 土井 勝美, 久保 武, Audiology Japan, 39, 5, 475, 476,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008446996
  • 肝細胞増殖因子HGFおよび HGF receptor (c-MET) の内耳での発現, 土井 勝美, 望月 隆一, 藤井 和敏, 日比野 浩, 岩倉 進, 久保 武, Otology Japan, 6, 4,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561327
  • 椎骨動脈内ペプチド投与の蝸牛電位への影響, 日比野 浩, 土井 勝美, 久保 武, 杉山 視夫, Otology Japan, 6, 4,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561494
  • 乳突蜂巣に進展した外耳道真珠腫の1症例, 野田 和裕, 野入 輝久, 土井 勝美, Otology Japan, 6, 4,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561505
  • 先天性真珠腫症例の検討, 村田 潤子, 土井 勝美, 北村 健, 奥村 新一, 久保 武, Otology Japan, 6, 4,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561561
  • PCR法による耳硬化症患者外リンパ液中のウイルス遺伝子の解析, 田村 学, 土井 勝美, 久保 武, 森 克己, Otology Japan, 6, 4,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561622
  • 人工内耳埋め込み術を施行したマイコプラズマ肺炎後の聾症例, 長谷川 太郎, 土井 勝美, 喜井 正士, 高橋 佳文, 井脇 貴子, 久保 武, 角 実枝子, Otology Japan, 6, 4,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561627
  • 人工内耳患者の二音弁別能と言語聴取能, 川島 貴之, 大草 方子, 井脇 貴子, 土井 勝美, 久保 武, 投石 保広, Otology Japan, 6, 4,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561631
  • 内耳における内向き整流K+チャネルの発現, 日比野 浩, 堀尾 嘉幸, 稲野辺 厚, 土井 勝美, 久保 武, 倉智 嘉久, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19,   1996年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002914808
  • 突発性難聴に対する長期間の脱線維素原療法, 望月 隆一, 牟田 弘, 小野 淳二, 坂田 義治, 土井 勝美, 久保 武, 耳鼻咽喉科臨床, 89, 5, 555, 560,   1996年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005932341
    概要:The etiology of sudden deafness is unknown, but ischemia of the inner ear is believed to be one of the major causes of sudden deafness. We administered Batroxobin for over 28 days at dosages of over 150 B. U., to 10 patients with sudden deafness. After this treatment, the hearing level improved significantly in 9 out of the 10 patients. The less satisfactory result in the one patient could be attributed to a failure in the control of his plasma fibrinogen levels. We believe that this therapy can be very effective, provided that the side effects of this therapy are well understood by both patients and the medical staff.The treatment of sudden deafness with Batroxobin is discussed in this report, based on our experiences with long term defibrinogenation therapy.
  • 外側半規管ストマイ灌流術後の聴力変化, 山川 純至, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 6, 1, 75, 80,   1996年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009318052
    概要:The managements for severe Meniere's disease (MD) is to accept the presence of the endolymphatic hydrops while attempting to eliminate vertigo itself. For this purpose, either vestibular neurectomy (VN) or streptomycin perfusion (SMP) of the horizontal semicircular canal has been performed to MD patients in our department. Excellent auditory results were confirmed after VN treatment, while hearing became worse after SMP treatment.
    In the present study, auditory function (pure tone audiogram: PTA) after the SMP of five MD patients with intractable vertigo was evaluated. SM at a concentration of 25 (n=2) or 50 (n=3)μg/ml was applied into the horizontal semicircular canal. In three cases, the intensive treatment with intravenous injection of methylpredonisolone (total 500mg) or defibrase (40 unit) was followed after SMP.
    In 4 cases out of 5 MD patients operated, the avaraged PTA thresholds (at 500, 1000, and 2000 Hz) were elevated to 110 dB after SMP. In two cases, who received 25μg/ml SM andthe intensive treatment with methylpredonisolone or defibrase, the averaged PTA thresholds recoverd from 110dB to 77dB and 84dB after three months (58dB, 64dB before SMP). In other two cases, 50μg/ml SM was applied. One case received the intensive treatment and another case received no treatment.
    In both cases, the PTA thresholds showed a relative slow recovery during next three months and recoved from 110dB and 102dB to 100dB and 96dB. In all cases, the recovery was most prominent in the middle frequency, while much less in the lower and higher frequencies.
    These results suggest that the auditory impairment after SMP would be reversible and the recovery of auditory function could be accelerated by the intensive treatment with methylpredonisolone or defibrase just after SMP.
  • 両側および一側レルモワイエ症候群症例と発症機序に関する考察, 武田 憲昭, 肥塚 泉, 土井 勝美, 堀井 新, 丹生 真理子, 西池 季隆, 北原 糺, 久保 武, 荻野 仁, 日本耳鼻咽喉科學會會報, 99, 2, 277, 285,   1996年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006825962
    概要:両側レルモワイエ症候群の症例1は, 脱水により聴力と前庭動眼反射の利得が改善したが, 眼振とめまい感が出現した. 両側の内耳に内リンパ水腫が存在し, 両側の蝸牛, 前庭機能が同時に変動することが発症のメカニズムであると推定した. 以前に報告した症例3も両側レルモワイエ症候群と考えられた. 一側レルモワイエ症候群の症例2は, バトロキソビン投与により発作が誘発された. バトロキソビンにより血液粘稠度が低下することで右内耳血流障害が急激に改善し, 右聴力は改善し, 前庭代償が破綻しめまいが発症したものと推定した. レルモワイエ症候群には両側性および一側性の2つの発症機序が存在するものと考えられる.
  • 耳鼻咽喉科領域感染症に対するpazufloxacinの臨床的検討, 阪上 雅史, 土井 勝美, 松永 亨, 久保 武, 荻野 仁, 島田 久美, 芦田 健太郎, 村田 潤子, 佐々木 良二, 深沢 啓二郎, 杉井 亜也子, 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy, 43, 691, 695,   1995年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005467207
    概要:耳鼻咽喉科領域感染症患者にpazufloxacin (PZFX) を使用し, 有効性および安全性について検討を行った。対象は急性中耳炎4例, 慢性中耳炎急性増悪7例, 急性副鼻腔炎3例, 慢性副鼻腔炎急性増悪2例, 急性扁桃炎2例, 急性外耳炎1例の計19例であった。
    投与方法は本剤1回100mgまたは200mgを1日3回, 3~15日間食後経口投与した。臨床効果は, 著効5例, 有効8例, やや有効3例, 判定不能3例で有効率は81.3%であった。細菌学的には14例より10菌種20株が分離され, 消失12株不変8株で, 消失率は60.0%であった。
    本剤投与による副作用および臨床検査値異常変動は認めなかった。
    以上の結果よりPZFXは耳鼻咽喉科領域の各種感染症に対し有効かつ安全性の高い薬剤であると考えられた。
  • 感音性難聴に対するPGI_2誘導体(プロサイリン錠R)の治療効果, 北村 健, 土井 勝美, 大草 方子, 久保 武, Audiology Japan, 38, 5, 337, 338,   1995年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009450003
  • 人工内耳患者の二音弁別能, 大草 方子, 井脇 貴子, 土井 勝美, 久保 武, 白石 孝之, 投石 保広, Audiology Japan, 38, 5, 519, 520,   1995年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009450135
  • 人工内耳埋めこみ術後患者のEABR, 宇野 敦彦, 山本 好一, 井脇 貴子, 大草 方子, 土井 勝美, 久保 武, Audiology Japan, 38, 5, 533, 534,   1995年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009450143
  • 人工内耳モデル動物のEABR, 藤井 和敏, 雑賀 孝昇, 山本 好一, 宇野 敦彦, 土井 勝美, 久保 武, Audiology Japan, 38, 5, 539, 540,   1995年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009450150
  • 皮質性難聴の一症例, 日比野 浩, 土井 勝美, 三代 康雄, 北村 健, 久保 武, 熊谷 晴美, Audiology Japan, 38, 5, 607, 608,   1995年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009450207
  • 当科における過去10年間の聴器腫瘍について, 木内 庸雄, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 5, 4,   1995年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024560982
  • 中耳手術における内視鏡画像, 土井 勝美, 日比野 浩, 北村 健, 川嵜 良明, 武田 憲昭, 久保 武, Otology Japan, 5, 4,   1995年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561119
  • スペクトルピークコード化法による人工内耳装用者の聴取能変化について, 井脇 貴子, 大草 方子, 土井 勝美, 久保 武, Otology Japan, 5, 4,   1995年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024561259
  • 鼓室形成術IV型変法の術後聴力成績, 三代 康雄, 奥村 新一, 阪上 雅史, 土井 勝美, 尾崎 康弘, 野田 和裕, 江崎 光彦, 久保 武, 耳鼻咽喉科臨床, 88, 1, 25, 29,   1995年01月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005602419
    概要:Hearing tests of 57 ears performed after type IV tympanoplasty are reviewed. The results were assesed by the following criteria: 1) air-bone gap within 20dB, 2) air conduction hearing level within 40dB, 3) air conduction hearing gain more than 15dB. Postoperative hearing levels of one or more of the three criteria were considered to indicate success. The success rate was 63.2%. Postoperative results were analyzed according to kinds of columella, method of operation, patient's age, preoperative bone conduction hearing level and preoperative air conduction hearing level. The type of columella (autograft ossicle, autograft cartilage, hydroxyapatite), operative method (canal up or canal down, one stage or two stage), patient's age and preoperative bone conduction hearing level (<20dB or >20dB) were not significant by related to success. Only the preoperative air conduction hearing level (<60dB or >60dB) was significant (p<0.01).
  • 感音難聴 I 感音性難聴に対するPGI2誘導体(プロサイリン錠)の治療効果, 北村 健, 土井 勝美, 大草 方子, 久保 武, AUDIOLOGY JAPAN, 38, 5, 337, 338,   1995年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003712323
  • 人工内耳 I 人工内耳患者の二音弁別能, 大草 方子, 井脇 貴子, 土井 勝美, 久保 武, 白石 孝之, 投石 保広, AUDIOLOGY JAPAN, 38, 5, 519, 520,   1995年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003712374
  • 感音難聴 VIII 皮質性難聴の一症例, 日比野 浩, 土井 勝美, 三代 康雄, 北村 健, 久保 武, 熊谷 晴美, AUDIOLOGY JAPAN, 38, 5, 607, 608,   1995年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003712498
  • 真珠腫性中耳炎に対する一期的乳突充填術, 阪上 雅史, 浅井 英世, 土井 勝美, 肥塚 泉, 耳鼻咽喉科臨床, 87, 3, 325, 329,   1994年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001812970
    概要:One-stage tympanoplasty and mastoid obliteration for cholesteatoma otitis media was performed in 37 ears from November, 1988 through December, 1991. Twenty three received modified type III tympanoplasty for 17 attic type and 6 pars tensa type cholesteatomas, and 14 had modified type N tympanoplasty for 4 attic type and 10 pars tensa type cholesteatomas.
    A part of the posterior ear canal wall was removed for direct visualization of the cholesteatoma. After complete removal of the cholesteatoma, the mastoid cavity was obliterated with bone chips and cartilage, with bone chips, Palva's flap and cartilage, or with Palva's flap and cartilage. Postoperative hearing was good in 20/23 ears (87.0%) after modified type III tympanoplasty, and in 6/14 ears (42.9%) after modified type N tympanoplasty. Good results were obtained in 18/21 (85.7%) of those with attic type cholesteatomas and in 8/16 (50.0%) of those with pars tensa cholesteatomas. Cholesteatomas recurred in 0/23 ears (0%) after modified type III tympanoplasty and in 2/14 ears (14.3%, pars tensa type) after modified type IV tympanoplasty.
    These findings suggest that one-stage tympanoplasty and mastoid obliteration is useful, especially for attic type cholesteatomas.
  • 真珠腫性中耳炎における術前ENG所見の検討, 北原 糺, 阪上 阪上, 肥塚 泉, 土井 勝美, 松永 亨, 浅井 英世, 耳鼻咽喉科臨床, 87, 2, 215, 219,   1994年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001812953
    概要:Pre-operative ENG was carried out in 23 patients with cholesteatoma. The relationship between ENG findings and dizziness or middle ear disease was investigated. Those with nystagmus directed to the affected ear complained of significantly more dizziness than did the others. Cholesteatoma and/or granulation around the stapes was seen significantly more frequently in the former than in the latter patients. Patients with canal paresis (CP) in the affected ear had dizziness and pathologic findings around the stapes significantly more often than did CP-negative patients. These results suggest that pre-operative ENG can provide some information about lesions in the middle ear and inflammation of the inner ear.
  • 聴力正常の真珠腫手術症例の検討, 阪上 雅史, 北村 健, 土井 勝美, 三代 康雄, 久保 武, 浅井 英世, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 97, 8, 1437, 1442,   1994年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000805411
  • 前庭神経切断術前後の蝸牛症状の変化, 久保 武, 土井 勝美, 杉山 視夫, 山川 純至, Equilibrium Research, 53, 10, 108, 111,   1994年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000855717
    概要:Retrosigmoid vestibular neurectomy was performed on 12 patients being suffered form intractable vertigo during past 4 years. These included 11 Meniere and 1 delayed endolympahtic hydrops patients. Control for vertigo was satisfactory in all subjects. Long term follow up of their hearing revealed that it was preserved in 90.9% of patients. Their auditory function was also examined by the electro-cochleo graphy (ECoG). There was no change in -SP/AP ratio before and after the surgery. -SP/AP ratio measure on the affected side decreased when white noise was applied on the contralateral intact ear before RSVN. However, the reduction was no more found after the surgery. It was concluded that the crossed olivo cochlear bundle was also severed by RSVN.
  • 中耳炎を初発とした多発性脳神経障害例, 阪上 雅史, 荻野 敏, 土井 勝美, 松永 亨, 入船 盛弘, 尾崎 正義, 耳鼻咽喉科臨床, 86, 11, 1537, 1543,   1993年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001812535
    概要:A 63-year-old woman with multiple disturbances of the cranial nerves is reported. She initially complained of bilateral hearing loss and otorrhea, followed by right facial palsy and vertigo and was hospitalized on August 25, 1983. Despite steroid therapy, her condition deteriorated and finally complete bilateral deafness and complete bilateral facial palsy developed.
    Histologial examination of the mastoid mucosa, obtained by exploratory tympanotomies in both ears, showed non-specific inflammation. Noteworthy findings or laboratory examinations were extremely high levels of ESR and CRP, positive RA test, and negative tuberculin test.
    Tracheotomy was performed because of recurrent bilateral nerve palsy. Scleritis occurred in March, 1984, and the disturbances of eye movement, ptosis and atrophy of tongue developed in September, 1984. Long-term steroid therapy did not improve cranial palsy. There were no neurological signs such as pathological reflex in the limbs, involuntary movement or meningeal irritation symptom. There were no remarkable findings on CT or MRI.
    Although treatment by a local hospital continued, the III, IV, VI, VII, VIII, X and XII cranial nerves remained paralyzed. She finally died of systemic weakness in March, 1989.
    This was a rare case that began with bilateral otitis media and proceeding to paralysis of initially occurred and cranial nerves in order of VII, VIII, X, XII, III, IV and VI nerves. The background of this case included systemic vascular disease, especially Cogan's syndrome, because of otologic and ocular symptoms and multiple disturbances of the cranial nerves.
  • 軟骨を用いたアブミ骨手術, 阪上 雅史, 浅井 英世, 土井 勝美, 肥塚 泉, 林 治博, 松永 亨, Otology Japan, 3, 2, 172, 175,   1993年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001787306
    概要:Thirty-two patient (36 ears) received stapes surgery from 1989 to 1991. Ten ears, receivedstapedectomy with a autograft cartilage strut, consisted of otosclerosis (6 ears), otosclerosis reoperation (3 ears) and ossicular displacement by injury (1 ear). Twenty-six ears, received stapedotomy with a T eflon piston wire, were all otosclerosis. The postoperative hearing results were evaluated one year afterthe surgery. The air-conduction hearing gains (Mean±S. D.) of speech frequencies were 23.9±13.4 dBin stapedectomy using a cartilage strut and 28.4±9.4 dB in stapedotomy using a Teflon piston wire. Bothhearing results were not significantly different (unpaired two way t-test).
    The cartilage strut is recommended in place of the Teflon piston wire when the incus is lost or when anappropriate piston wire is not available.
  • 前庭型メニエール病と内リンパ水腫, 武田 憲昭, 芦田 健太郎, 田矢 直三, 肥塚 泉, 阪上 雅史, 土井 勝美, 荻野 仁, 松永 亨, Equilibrium Research, 52, 3, 332, 338,   1993年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000855322
    概要:前庭メニエール病における内リンパ水腫の有無を明らかにする目的で, 44症例について発作持続時間, 蝸電図, イソソルビドによる治療効果, メニエール病の移行について検討した。その結果, 前庭型メニエール病症例のうちめまい発作の持続時間の長く (発作性) かっ蝸電図で-SP/AP比の増大を認める症例には, イソソルビド有効で一部はメニエール病に移行することから, その本態は内リンパ水腫であろうと推定された。一方, めまい発作の持続時問の短い (一過性) 症例には, イソソルビドが有効とは言えずメニエール病への移行は観察されなかった。以上の結果から, 前庭型メニエール病には内リンパ水腫とそれ以外の少なくとも2種類の病態が存在していると考えられた。
  • か牛におけるForskolin作用に対するBumetanideの影響, 喜多野 郁夫, 土井 勝美, 森 望, 松永 喬, AUDIOLOGY JAPAN, 34, 5, 635, 636,   1991年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003712049
  • Adenylate cyclaseと内リンパ液イオン組成 内リンパ水腫形成への関与:―内リンパ水腫形成への関与―, 土井 勝美, 森 望, 松永 亨, 耳鼻咽喉科臨床, 84, 4, 541, 547,   1991年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001811927
    概要:The pathophysiologic mechanisms leading to endolymphatic hydrops in Meniere's disease are not well known. The changes in ionic permeability of cellular membranes between the endolymph and the perilymph, which can alter the inner ear fluid composition and its osmolarity, may be a major factor in the cause of Meniere's disease. In the present study, activities of endolymphatic K+, Na+, Cl- ([K+], [Na+], [Cl-]) and the endocochlear potential (EP) were measured by ion-selective microelectrodes while cochlear adenylate cyclase was intensively activated by perilymphatic perfusion with forskolin. We observed a rapid and marked increase in the [Cl-] activity and delayed decrease in the [K+] activity, accompanying an EP increase the onset of which was much slower than that of the increase in the [Cl-] activity. The results suggest that cochlear adenylate cyclase may play a major role in triggering the development of acute endolymphatic hydrops in attacks of Meniere's disease.
  • ハイドロキシアパタイトによる耳小骨再建, 三代 康雄, 奥村 新一, 尾崎 康弘, 土井 勝美, 耳鼻咽喉科臨床, 83, 12, 1787, 1792,   1990年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001811462
    概要:Ossicular chain reconstruction with hydroxyapatite was performed in 37 patients. Extrusion of hydroxyapatite occurred in six patients (16.2%). Postoperative hearing results were assessed by the following criteria; 1) air conduction hearing level within 40dB, 2) air conduction hearing gain more than 15dB, 3) air-bone gap within 20dB. The first criterion was achieved in 58.3% in type III-modified tympanoplasty (III-C), 42.9% in type IV-modified tympanoplasty (N-C), and 54.8% total. The second criterion was achieved in 45.8% in III-C, 28.6% in IV-C, and 41.9% total. The last criterion was achieved in 83.3% in III-C, 42.9% in IV-C, and 74.2% total. One or more of the three criteria was achieved in 83.3% in III-C, 57.1% in IV-C, and 77.4% total. In some cases without extrusion, postoperative hearing results were not stable.
  • めまいに対する塩酸ニカルジピンの臨床的検討, 荻野 仁, 久保 武, 佐野 光仁, 松永 亨, 古川 祐, 竹本 市紅, 落合 薫, 奥村 新一, 真鍋 昌二郎, 土井 勝美, 渡部 泰夫, 後藤 和彦, 飯尾 明, 杉本 和彦, 津田 守, 大黒 広文, 宮本 浩明, 耳鼻咽喉科臨床, 80, 10, 1599, 1608,   1987年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001810427
    概要:Perdipine tablets containing 20mg of nicardipine HCl were administered to 54 patients complaining chiefly of dizziness, three times a day for 4 weeks, and the clinical usefulness of the drug was studied.
    The rate of efficacy against dizziness (patients belonging to this category include those in whom the drug had "good" and "excellent" effects) was 73.9%. The rate was 79.4% in patients in whom the drug was administered alone (group A) and 58.3% in patients in whom the drug was used in combination with other drugs (group B). The general rate of improvement for accompanying systems ranging from slight to marked was 63.4%. The rate was 60.0% in group A and 72.7% in group B. The rate was relatively high for nausea, vomiting, headache, tinnitus, and stiff shoulders. After equilibrium tests, the general rate of improvement was 71.4%:the rate was 78.6% in group A and 57.2% in group B. The rate was high for spontaneous nystagmus, positional nystagmus, and head shaking after nystagmus. The rate of usefulness (ranging from possibly useful to clearly useful) was about 75% in both groups. Ten of 12 patients who showed positive reactions to the Schellong test before treatment showed negative reactions after administration of the drug. In patients with hypertension, the drug showed marked hypotensive action, but in patients with normal blood pressure, the action was mild. The incidence of side effects was 13.0%.
  • 塩酸ジラゼプのめまいに対する臨床成績, 佐野 光仁, 荻野 仁, 久保 武, 松永 亨, 水津 百合子, 桃田 栄蔵, 土井 勝美, 古川 裕, 大平 真司, 津田 守, 尾崎 正義, 金 目信, 大黒 広文, 金 聖真, 野間 成則, 三好 敏之, 耳鼻咽喉科臨床, 80, 11, 1769, 1783,   1987年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001810461
    概要:The effectiveness of Dilazep hydrochloride (Comelian Kowa) was tested in 84 patients with vertigo (14 with central vertigo, 50 with peripheral vertigo, and 20 with so-called vertigo).
    1. Improvement occurred in 85.2% ofthose with central vertigo, in 92% of those with peripheral vertigo, and in 78.9% of those with so-called vertigo.
    2. Subjective symptoms began to be relieved and objective findings improved as global improvement ratings and global utility ratings rose 2 weeks after the start of treatment. The ratings were significantly improved at 4 weeks and at 8 weeks, but no difference was observed between the 4 weeks and 8 weeks evaluations.
    3. Antivertigo drugs were avoided, in general, but tranquilizers were administered in a few cases. There was no significant difference between the group given combined theraphy and that given Dilazep only; improvement rates were 90.9% and 86.1%, respectively.
    4. The improvement rate in patients below 50 years of age was 80.5% and that in patients over 50 years of age was 95.2%.
    5. Adverse reactions occurred in 4 patients(4.8%), but they were mild.
  • メニエール病の蝸電図, 浅井 英世, 大矢 良人, 松永 亨, 土井 勝美, AUDIOLOGY JAPAN, 26, 4, 547, 548,   1983年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003711686
  • マンノシドーシスの一症例, 土井 勝美, 浅井 英世, 松永 亨, 大矢 良人, 酒井 国男, 岡田 伸太郎, 木谷 照夫, AUDIOLOGY JAPAN, 25, 5, 349, 350,   1982年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003711400

特許

  • 耳鳴患者の治療用の薬剤, 土井 勝美, 平原 好文, 永井 伸二, 牛渡 愛, 庭山 育世, 渡邉 浩一, 冨永 まどか, 黒瀬 隆史, 山田 真一, 篠▲崎▼ 丈弘, シコシュ ヤノシュ, ゲーテルマイヤー ロマン, 特願2016-093337, 特開2016-138145
  • 耳鳴患者の治療用の薬剤, 土井 勝美, 平原 好文, 永井 伸二, 牛渡 愛, 庭山 育世, 渡邉 浩一, 冨永 まどか, 黒瀬 隆史, 山田 真一, 篠▲崎▼ 丈弘, シコシュ ヤノシュ, ゲーテルマイヤー ロマン, 特願2015-553334, 特許第5978472号
  • 感覚障害治療剤及び/又は感覚障害治療組成物, 土井 勝美, 久保 武, 仙波 治, 特願2005-291450, 特開2007-099675
  • 難聴疾患の予防又は治療剤, 久保 武, 土井 勝美, 難波 俊彦, 長野 弘, 特願2002-264418, 特開2004-099537

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 内耳に発現するRhoA/ROCK pathwayの分子構造と生理機能の解析, 土井 勝美
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 内耳に発現するmiRNAの分子構造と生理機能の解析, 土井 勝美, マウス内耳全体、コルチ器、ラセン神経節、血管条・外側壁、前庭系等の亜部位に分けて、組織よりtRNAを抽出し、mirVana miRNA isolation kit等を用いて、内耳miRNAを抽出・精製し、内耳に発現するmiRNAの遺伝子動態を網羅的に解析した。これまでの欧米からの報告と一致して、マウス内耳の発生、分化、成熟の各段階において重要な役割を果たすmiR-96、miR-182、miR-183の発現を確認した。マイクロアレイ解析から胎生マウス内耳に発現するmiRNA(蝸牛で100種類以上のmiRNA)を同定した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 耳鳴動物モデルにおける耳鳴評価法の確立と耳鳴分子マーカーの検索, 北原 糺, 川島 貴之, [目的]ストレスの多い現代社会では、耳鳴を苦痛と感じ生活に支障をきたす耳鳴症患者の数は増加の一途にあり、重篤な精神症状を併発するなど社会的問題も生じている。中でも耳鳴、難聴、めまいを3主徴とするメニエール病はストレス下に発症しやすいため、発症後耳鳴で悩んでいる患者は多い。その原因は内耳水代謝の破綻による内リンパ水腫と考えられているが、詳細に関しては今なお不明で、このようなストレス下に置かれている耳鳴患者を軽減させるためにはメニエール病の根本治療を確立することが急務である。本研究の目的は、ストレスと内リンパ水腫を関連付けることで、メニエール病における新規治療を開発し、耳鳴を軽減することである。[結果]メニエール病患者の血中でストレスホルモンである抗利尿ホルモン(AVP)が上昇し、内リンパ嚢でV2受容体の発現も高値を示すことをReal-time PCRとWesternblottingにて証明した。このとき、血中AVP値と内リンパ嚢V2受容体発現値とは負の相関を認めた。次にメニエール病患者の内リンパ嚢で、V2受容体関連遺伝子である水チャネル分子、アクアホリン-2(AQP2)の発現が高値を示すことを同様の方法で証明した。さらに、組織培養したヒト内リンパ嚢のAQP2は、AVP曝露時に管腔側から基底膜側へ移動し、forskolin曝露時にも同様の動きを示すことを証明した。一方、V2受容体特異的拮抗薬のOPC31260やプロテイン・キナーゼA(PKA)阻害薬のH-89、KT-5720では、AQP2は逆に管腔側に移動することを証明した。さらに、ヒト培養内リンパ嚢におけるAQP2と初期エンドゾーム抗原(EEA)の免疫2重染色にて、AVP曝露により管腔側から基底膜側に移行したAQP2はエンドゾームに貯蔵されることが分かった。[総括]今回の結果より、ストレス下で血中AVPが上昇し、内リンパ嚢でV2受容体、cyclic-AMP、PKA、AQP2の活性化が次々に生じ、AQP2は基底膜側へ移動し、エンドゾームに取り込まれ水吸収が低下し、内リンパの吸収低下が生じることがわかった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), DNAマイクロアレイによる内耳病態の解明ーヒト内リンパ嚢遺伝子の動態解析, 土井 勝美, 難治性メニエール病確実例および対照群の内リンパ嚢に発現する多数の遺伝子群の遺伝子動態を網羅的に解析した。メニエール病確実例(MD群)内リンパ嚢での遺伝子発現量が0.33倍以下に低下したのは1214遺伝子(16%)、遺伝子発現量が0.33倍以下に低下したのは502遺伝子(6.8%)あった。これらの遺伝子群における発現量の変化が、内リンパ水腫の形成に関係するものなのか、あるいは、存在する内リンパ水腫の結果であるのか、さらに解析を進めていく予定である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 小児人工内耳症例における中枢聴覚系の他覚的機能評価法の確立, 大崎 康宏, 言語修得期前に両側聾となった小児に対し人工内耳埋め込み術が行われており、当院においても多数の手術が施行されている。人工内耳は手術手技だけではなく、電気刺激強度の調節(フィッティング)を含めた術後のフォローアップが非常に重要となっており、当科でも熟練した言語聴覚師らが診療に当たっている。一方、近年人工内耳手術が低年齢化する傾向にあり、人工内耳による音刺激時に実際に音が聞こえているかの評価が難しい症例が増え、客観的な聴覚検査方法の確立が求められている。今回我々は、人工内耳を通じて音を聴いた際の大脳聴覚野の脳活動をNIRS(近赤外分光法)を用いて検査することで、小児における客観的な聴覚検査法を確立することを目的とした。言語音による刺激を提示した際、無音状態と比較して側頭葉を中心に脳血流の変化が見られ、人工内耳刺激によって聴覚野が活動することを反映していると考えられた。結果をアジア太平洋国際人工内耳学会にて発表、英文のproceedingが掲載された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ラット内耳に発現するKCNE/KCNQカリウムチャネルの構造・機能解析, 土井 勝美, 1)ラット内耳におけるKCNE/KCNQカリウムチャネルの構造解析生後4-6週齢のラットを用いて、免疫染色法やin situ hybridization法を中心とする形態学的な解析により、KCNE1の蝸牛血管条での発現とKCNE3の内リンパ嚢での発現を確認した。また、ラット内耳より抽出したmRNA・cDNAを用いて、RT-PCR法やreal time PCR法などの分子生物学的な手法により、内耳に発現するKCNE/KCNQカリウムチャネルの各サブユニットを検討した。その結果、蝸牛ではKCNE1-3、内リンパ嚢ではKCNE3の発現を確認した。2)メニエール病ゲノム中のKCNE/KCNQカリウムチャネル遺伝子の解析厚生省前庭研究班の診断基準からみたメニエール病確実例から、十分なインフォームド・コンセントの後、ゲノム抽出を行った。KCNE1/KCNE3カリウムチャネル遺伝子の塩基配列から、それぞれの遺伝子に特異的なプライマーを作成してPCR法によりその蛋白コード部分の全長を増幅し、増幅された遺伝子断片を回収の後、直接シークエンス法によりその塩基配列を決定し遺伝子変異の有無と遺伝子上の一塩基置換(SNP)について解析を行った。その結果、KCNE1遺伝子上に、112Gホモ、112Aホモ、112G/Aヘテロの3種類の遺伝的バリエーションを、KCNE3遺伝子上に198Tホモ、198Cホモ、198T/Cヘテロの3種類の遺伝的バリエーションを同定した。3)KCNE1・KCNE3遺伝子SNPの検出頻度メニエール病確実例63例では、KCNE1遺伝子の1112Gホモが28例、112Aホモが8例、112G/Aヘテロが27例であった。非メニエール病群237例では、112Gホモが192例、112Aホモが20例、112G/Aヘテロが25例であった。112Aを少なくとも一つのアリルに有する割合は、メニエール病群において統計学的に有意に高かった(P<0.001)。メニエール病確実例63例では、KCNE3遺伝子の198Tホモが52例、198Cホモが3例、198T/Cヘテロが8例であった。非メニエール病群211例では、198Tホモが196例、198Cホモが4例、198T/Cヘテロが5例であった。198Cを少なくとも一つのアリルに有する割合は、メニエール病群において統計学的に有意に高かった(p=0.0015)。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), マウス蝸牛における周波数弁別機構の分子生物学的解析, 土井 勝美, 蝸牛における周波数弁別機構を解明するために、蝸牛の基底回転および頂回転よりラセン神経節細胞とコルチ器のmRNAを抽出し、周波数特異的な回転別の蝸牛cDNA・cRNAを作成し、さらに最新の研究手技であるDMマイクロアレイ法を導入することで、基底回転、頂回転のラセン神経節細胞・コルチ器に特異的に発現する分子の同定を行った。頂回転側で基底回転側より3倍以上の発現増加が見られたのは、解析を行った19801遺伝子中184遺伝子で、逆に、基底回転側で3倍以上の発現増加が見られたのは、19801遺伝子中181遺伝子であった。NAマイクロアレイ法により頂回転側と基底回転側で発現量に3倍以上の差が見られたイオン・蛋白輸送に関与する遺伝子中、real-time PCR法による遺伝子発現量の解析でも同程度の差が確認された遺伝子はSlc4a1、Gabt1、Ntsr2、Tac1等で、これらは蝸牛内での周波数弁別に密接に関与する分子であることが推察された。さらに、周波数弁別機構の一つである蝸牛遠心系の神経伝達物質であるGABAとAchの受容体に絞ってマイクロアレイの結果を解析すると、Ach受容体は回転軸間において有意な差が見られなかったが、GABA受容体に関しては、頂回転と基底回転で発現に差が見られた。すなわち、サブユニットθ、δ、ρに関しては回転軸における差は認められなかったが、サブユニットβに関してはβ1とβ2が基底回転側で多く発現し、サブユニットγに関してはγ1とγ2が基底回転側で発現上昇し、γ3に関しては差がなかった。また、α6サブユニットに関しては頂回転に発現しておらず、基底回転のみに発現していた。有毛細胞に発現しているそれぞれ異なったサブユニットで構成されるGABA_A受容体により、物理的な振動により起こる有毛細胞の膜電位上昇に修飾がなされ、これが周波数弁別能の形成に重要な役割を果たしていることが示唆された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 嗅細胞の分化/ニオイレセプタ発現制御因子遺伝子の研究, 村田 潤子, 平成13年度、平成14年度の研究実績報告書にも書いたように当初予定していた実験内容では若干無理が生じたため、研究課題の内容および隣接領域において、耳鼻科の中でもやや基礎的な分野と臨床的な分野の2つに課題を発展させて研究を行った。前者としてはマウス内耳を研究対象とし、感覚器の発生について嗅細胞の場合とも比較しながら検討している。内耳有毛細胞の発生にはNotchリガンドを介してのプロニューラル遺伝子Math1と抑制型bHLH遺伝子Hes1などのバランスが重要な働きをしていることがわかってきた。神経幹細胞特異的マーカーであるMusashi1もNotchのactivatorであることがわかった。我々はMusashi1の発現をマウス内耳で調べ、young adult mouseの内耳感覚上皮では主に支持細胞を中心に発現していることを初めて同定した。この結果にについては、第12回日本耳科学会総会(2002年、東京)、The 26^ ARO Midwinter Research Meeting (2003, Daytona Beach, Florida)にて発表した。後者に関しては通年性アレルギー性鼻炎の症例で、薬物療法に抵抗する重症例にはレーザーによる下甲介粘膜焼勺術などの外科的治療が行われてきたが、1998年ごろからは内視鏡下に鼻内より後鼻神経を切断し、鼻汁分泌やくしゃみ発作をコントロールする術式が施行されるようになってきた。我々は術前から術後の比較的長期にわたる自他覚症状のフォローアップ、RASTスコアの変化、下鼻甲介粘膜の病理組織学的検討を通じて、この術式の有効性について評価し第103回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会(2002年、東京)にて発表した。なお切断した後鼻神経の再生の可能性とその臨床症状に与える影響について現在検討中である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 重力変化による内耳水チャネル、カリウムチャネル分子発現量変化の解析―宇宙空間における内耳液のイオン組成・浸透圧変化と聴覚・前庭機能への影響―, 土井 勝美, 1.過重力負荷の前庭耳石およびOP mRNAへの影響2G過量力負荷を7日間行ったラット前庭耳石膜の観察では、耳石結晶の形およびその大きさに変化は認められなかった。また、球形嚢および卵形嚢より抽出したmRNAを用いて、重力変化前、2時間、24時間、48時間、7日後でosteopontine mRNAの発現量を経時的に観察したが、いずれの平衡斑においても有意な変化は認められなかった。2.過重力負荷の蝸牛グルタミン酸受容体への影響過重力負荷を行ったラット蝸牛よりmRNAを抽出して、グルタミン酸受容体のうちGluR1、GluR2、GluR4、NR1、mGluR1の発現量について、同様に、重力変化前、2時間、24時間、48時間、7日後で経時的に解析を行ったが、いずれのグルタミン酸受容体の発現量にも有意な変化は観察されなかった。3.過重力負荷の蝸牛水チャネルAQP3、AQP4への影響過重力負荷を行った動物各1匹ずつの内耳から抽出した極く微量なmRNAを用いるため、蝸牛内に発現するAQP3とAQP4において解析が可能であったが、その発現量に有意な変化は観察されなかった。4.過重力負荷の前庭系グルタミン酸受容体への影響前庭系においても、上記グルタミン酸受容体の発現量について、重力変化前、2時間、24時間、48時間、7日後で経時的に解析を行った。その結果、前庭末梢(1次ニューロン)において、過重力負荷後7日で、GluR2受容体に著明なup-regulationが観察された。一方、前庭神経核内(2次ニューロン)におては、逆に、2時巻後にNR1受容体にdown-regulationが観察された。これらのグルタミン酸受容体の変化については、過重力負荷による空間認知に関する情報量の変化を、前庭小脳からの抑制、末梢からの興奮により代償するためのものと推察された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 老化遺伝子Klotho geneノックアウトマウスの聴覚・前庭覚系の解析, 杉山 視夫, 久保 武, 老化遺伝子Klothoノックアウトマウスは、ヒトの様々な老化徴候を示すモデルマウスである。同マウスの聴覚機能について聴性脳幹反応(ABR)を用いて検討した。同マウスの老化徴候は生後4週より発現してくることが知られているが、聴覚低下に関しても、生後4週の段階でABR閾値の上昇が確認された。聴力経過としては、死亡する8週まで徐々に進行する聴力低下が認められた。内耳性難聴であるかどうかを確認する目的で、微小ガラス管電極により内リンパ電位の測定を行ったところ、同電位の低下が確認された。同マウスの難聴の発症には、血管条における内リンパ電位の形成不全が原因であると推察された。同マウスにおける内耳性難聴の発症機構を検討するため、同マウス内耳の形態学的、分子生物学的な解析を進めた。光顕レベルでの観察では、内耳蝸牛内に聴力低下を説明できる組織学的変化は認められなかった。内耳でのKlotho遺伝子の発現を免疫組織化学法およびPCR法により検討したところ、同遺伝子ノックアウトマウスはもちろん、正常マウスの内耳においても同遺伝子の発現が確認できなかった。以上の結果から、Klotho蛋白は、体液性因子として血流により内耳へ到達し、血管条の標的細胞あるいは標的遺伝子に影響を与えることで、内リンパ電位の形成・維持に重要な役割を果たしていることが推察された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 鼻ポリープの分子機構-水チャネル遺伝子との関連-, 藤井 和敏, 雑賀 孝昇, 1.鼻ポリープ・正常鼻粘膜に発現する水チャネル遺伝子・蛋白の同定内視鏡下鼻内手術中に採取した鼻ポリープ、下鼻甲介粘膜よりmRNAを抽出し、5種類の水チャネルAQP1〜AQP5に対応するプライマーを用いたRT-PCR法により水チャネル遺伝子の発現を検討した。鼻ポリープ、下鼻甲介粘膜内に水チャネルAQP1〜AQP5のmRNAの発現が確認され、特に、鼻ポリープ、下鼻甲介粘膜内ともに、AQP5mRNAの強い発現が観察された。鼻ポリープ、下鼻甲介粘膜内に強い発現が認められた水チャネルAQP5に関して、同分子のC末端ペプチドに対する特異的抗体を作成し、同組織内における局在部位を免疫組織化学法により検討した。鼻ポリープ、下鼻甲介粘膜内ともに、呼吸上皮細胞および鼻腺上皮細胞内にAQP5蛋白の局在が観察された。2.鼻ポリープにおける水チャネル遺伝子・蛋白発現量の変化鼻ポリープ・下鼻甲介鼻粘膜よりmRNAを抽出し、現在最も定量性に優れているreal-time PCR法を用いて、鼻ポリープと下鼻甲介鼻粘膜におけるAQP5mRNAを比較検討した。その結果、鼻ポリープ内でのAQP5mRNAの発現量は、下鼻甲介粘膜と比較して有意に(p<0.05)低下していることが確認された。AQP5特異的抗体を用いて、鼻ポリープと下鼻甲介鼻粘膜における同水チャネルの蛋白量を比較検討した。免疫組織化学法による観察から、鼻ポリープ内でのAQP5の蛋白発現量は、下鼻甲介粘膜と比較して明らかに低下していることが示唆された。Wester n blot法による定量化でも、鼻ポリープ内でのAQP5の蛋白発現量は有意に(p<0.05)低下していることが確認された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 感覚器疾患への遺伝子治療法の開発―水チャンネル遺伝子によるメニエール病・鼻ポリープの遺伝子治療へ向けて―, 土井 勝美, アデノウイルスベクターおよびHVJ-リポソームを用いたマウス内耳への遺伝子導入実験を行った。前者による遺伝子導入では、外リンパ腔周囲の多数の細胞、ラセン神経節細胞、ラセン靭帯の線維芽細胞にlacZ遺伝子の強い発現を認めた。一方、後者による遺伝子導入では、前者と比較して発現は弱いものの、血管条、コルチ器、ラセン神経節細胞、ライスネル膜等に限局するlacZ遺伝子の発現を認めた。内耳への遺伝子導入に関しては、目的とする器官、細胞により、また導入する遺伝子の種類により、適切なベクターを選択する必要があると考えられた。アデノウイルスベクターを用いたラット鼻粘膜、嗅覚上皮への遺伝子導入実験を行った。鼻粘膜(呼吸上皮)および鼻腺上皮にlacZ遺伝子の強い発現を認めたが、嗅覚上皮での発現は確認できなかった。上記の上皮機能の低下を原因とする疾患に関しては、遺伝子導入は有効に作用するものと考えられた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), アデノウイルスベクターを用いた難聴モデルノックアウトマウス内耳への新規遺伝子導入-膜2回貫通型内向き整流カリウムチャネル(kir4.1)遺伝子を標的として-, 土井 勝美, 1.Kir4.1カリウムチャネルノックアウトマウスの作成と内耳機能の解析Kirチャネルのpore部分にはGly-Thy-Gly(GYG)またはGly-Phe-Gly(GFG)という保存されたアミノ酸配列が存在するが、このGYG、GFGをAla-Ala-Ala(AAA)に変換してやると、カリウムイオンを透過させないdominant negative(DN)体が作成出来る。Kir4.1-DN体をマウス卵母細胞に導入することでKir4.1-DN体を共発現するtransgenic miceを作成することが可能である。野生型マウスにおいて、Kir4.1は内耳のラセン神経節細胞、コルチ器内支持細胞、血管条辺縁細胞などに発現し、内リンパ電位(EP)の発生など内耳機能に必須の分子であることを証明した。Kir4.1ノックアウトマウスの聴覚機能をABR測定により評価したところ、野生型マウスと比較して、明らかな聴覚機能の低下を確認することは出来なかった。2.klotho遺伝子ノックアウトマウスの聴覚機能Kir4.1ノックアウトマウスの内耳機能に明らかな低下を確認することが出来なかったため、次に、klotho遺伝子ノックアウトマウスの聴覚機能を評価して、同マウスが難聴モデルマウスとして適当か否か検討した。kl/klマウスのABRは、wildマウスと比較し、すでに4週齢の時点で、l波の潜時延長と閾値上昇を示し、また、EPの低下も確認されたことから、同マウスは内耳性の聴覚機能低下を有し、難聴モデルマウスとして適当であると考えられた。3.klothoアデノウイルスベクターによる聴覚レスキューklotho遺伝子を挿入した非増殖性アデノウイルスベクター(adenovirus vector : AdV)を、マウス中耳腔および蝸牛内に導入した。AdV内にはLacZ遺伝子が予め挿入されており、x-galを反応させることで、AdVが感染した細胞を組織学的に容易に検出した。中耳および蝸牛内でのLacZ遺伝子の発現を確認するとともに、klothoアデノウイルスベクターにより、同ノックアウトマウスの聴覚機能の低下がレスキューされることを確認した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 難聴患者の外リンパ液を用いたPCR法によるウイルス性内耳炎の発症メカニズムの解析, 田村 学, ウイルス性内耳炎によると考えられる高度感音難聴の原因ウイルスとして現在まで23種以上のウイルスが報告されている。麻疹ウイルス感染は、これらのウイルス感染の一つとして重要であり、また、耳硬化症患者の鐙骨底板から本ウイルス遺伝子が検出されることが報告されている。我々は、人工内耳埋め込み術、及びアブミ骨手術施行時に採取した微量の外リンパ液を用いて高感度のRT-PCR法によりウイルスの検出を行った。外リンパ液からRT-PCRによりcDNAを合成し麻疹ウイルスに特異的な2組のプライマーを用いてnested PCRを行い、PCR産物をダイレクトシークエンスすることにより既存の麻疹ウイルスとの比較を行った。結果を以下に示す。1.両側高度感音難聴患者では5例中4例において麻疹ウイルスのNP遺伝子が検出され、これまでのEdomonston株、CAMワクチン株と比較すると核酸変異部位は7ヶ所あった。このうち2ヶ所はアミノ酸配列の変異を伴っていた。2.耳硬化症患者では3例中3例において麻疹ウイルスのNP遺伝子が検出され、これまでのEdomonston株、CAMワクチン株と比較すると核酸変異部位は3ヶ所あった。このうち1ヶ所はアミノ酸配列の変異を伴っていた。3.これらの患者末梢血単核球からは麻疹ウイルスのNP遺伝子は検出されなかった。これまで亜急性硬化性全脳炎(SSPE)でない人でのautopsyの際の脳内からもPCR法にて麻疹ウイルスが検出され持続感染することが示されているが、今回の結果より、内耳に親和性の強いウイルス株の存在が示唆され、内耳炎または耳硬化症の難聴に関与する可能性があると考えられる。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 聴覚経路におけるレセプターの発現と内耳電気刺激の影響, 久保 武, ラットに耳毒性をもつカナマイシンを生直後より連続2週間投与し、先天聾の動物モデルを作成した.この動物の内耳における変化を形態学的、分子生物学的手法を使って調べた.また、細胞機能賦活作用をもつ物質として近年注目されている肝細胞増殖因子(HGF)を投与し、その効果を調べた.その結果、1)核染色によって調べた細胞数は、内耳および脳幹ともに聾動物で有意に減少していた.2)グルタミン酸レセプターの発現をcompetitive PCR法、免疫組織化学法で調べた.聾動物では、ラセン神経節細胞においてGluR1,4およびNR2が減少する反面、GluR2/3とNR1は発現が上昇していた,レセプターの減少、あるいはup regulationが聴覚機能と密接に係っていることが推察された.3)HGFを埋め込み型ポンプにより持続注入し調べた結果、細胞数およびグルタミン酸レセプターの変化は他の群より少なかったが、有意の変化はではなかった.内耳が機能しなくなってからの退行変性を防ぐために、感覚器あるいはサイトカインによる刺激が必要と考えられる.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 内耳有毛細胞・ラセン神経筋細胞の増殖・再生分子の固定-HGF(Hepatocyto Growth Factor)およびHGFreceptor遺伝子の発現-, 土井 勝美, RT-PCR法、DNAシークエンスにより、ラット内耳にはHGFとHGFの高親和性受容体であるc-metのmRNAが発現している事が確認された。ラットHGF、c-metに対するポリクローナル抗体を用いた免疫組織化学法により、これら蛋白はコルチ器内の有毛細胞および支持細胞に発現していることが示唆された。正常ラットのラセン神経節細胞にはHGF、c-metの発現は見られなかった。次に、カナマイシン負荷により聾としたラットにHGFを全身投与して、ラセン神経節細胞、有毛細胞、蝸牛神経細胞の生存率に対する影響を調べた。その結果、HGF投与群のラセン神経節細胞と有毛細胞の生存率は、非投与群との間に有意の差を示さないものの、蝸牛神経細胞の生存率は、HGF投与群において非投与群と比較して有意(危険率5%以下)に高値を示した。また、カナマイシン聾ラットのラセン神経節細胞内にはc-met蛋白の発現を認めた。以上のことから、増殖因子HGFは、その受容体であるc-metを活性化することで、ラセン神経節細胞、有毛細胞、支持細胞、蝸牛神経細胞に何らかの生理作用(保護作用)を示すものと考えられた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B)), 聴覚の発達段階における内耳電気刺激の影響と可塑性, 久保 武, 聴覚系における神経の可塑的変化の基礎となる研究として、感覚細胞の再生過程、神経回路網の発達過程について検討をおこなった.また、人工内耳埋め込み例の研究からヒトにおける可塑的変化を検討した.音響障害後の感覚細胞の再生過程を鳥類内耳において調べ、有毛細胞消失後早期に支持細胞の分化がおこり再生されていくこと、そこにbasic FGFが関与していることを明かとした(Umemoto et al,Cell&Tissue Res 1995).次いで、聴覚における神経回路網の発達、シナプスの形成に重要な役割をになっている誘導因子の発現についての研究をおこなった.鳥類内耳の発生期および再生過程におけるNCAM-Hおよびgicerinの発現について検討した結果、内耳発生早期より耳胞及び神経節にこの二種の蛋白が強く発現するが、聴器の成熟とともに聴覚上皮、神経節の順に発現が低下していき、生後はみられなくなることがわかった(Kajikawa et al,Hearing Res 1997).音響外傷後におこる有毛細胞の再生過程においても、非常に早期にgicerinが発現し、末梢聴覚系の可塑的変化にも関与していることが明かとなった(Kajikawa et al,J Neurocytol 1997).また、人工内耳例に対する長期の聴覚言語訓練結果から、先天聾児であっても若年時にハビリテーションを始めることができれば、2-3年にわたる訓練により予想をはるかに上回る言語聴取能が得られることが明かとなった(久保ら、小児耳鼻咽喉科 1997).本研究により、聴覚系における有毛細胞の再生および神経発達に、basic FGF、NCAM-H、gicerinといった物質の関与を明かとすることができた.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C)), 真珠腫に特異的に発現する遺伝子の分子生物学的研究-3'プライム方向cDNAライブラリーのサブトラクション法を用いて-, 土井 勝美, 1)真珠腫性中耳炎手術時に摘出した真珠腫マトリックスを液体窒素中にてホモゲナイズした後、グアニジン/酸性フェノール/クロロホルム抽出法にてRNAを抽出し、オリゴdTカラムにてmRNAに精製した。得られたmRNAとベクタープライマーおよび逆転写酵素を用いてベクタープライマー内に発現遺伝子(DNA)に相補的な遺伝情報を持つ2本鎖cDNAを組み込み、さらに制限酵素であるMbolにより平均270塩基対程度の大きさに切断して3'プライム方向cDNAを作成した。2)こうして作成した真珠腫cDNAは培養プレート上の大腸菌コロニー内に存在しており,これらの中から偏りなく無作為に約200個の大腸菌コロニーを選択して、その塩基配列をDNAシークエンス法にて決定し、真珠腫3プライム方向cDNAライブラリーを作製した。同様の手法により外耳道皮膚および慢性中耳炎肉芽から3'プライム方向cDNAライブラリーを作製し、真珠腫3'プライム方向cDNAライブラリーとの比較から、上皮系・非上皮系細胞の強力な増殖因子である肝細胞増殖因子(HGF)およびその特異的受容体C・METの発現量が、真珠腫性中耳炎において上昇している事が判明した。HGFは、皮膚keratinocyteの増殖因子としての生理活性が同定されており、真珠腫性中耳炎における扁平上皮の異常増殖能に何らかの関連があるものと推察される。4)最近開発されたdifferential display法により、真珠腫性中耳炎においてup-regulateされるcDNAについて、その塩基配列をDNAシークエンス法にて決定した。5)真珠腫性中耳炎では、細胞内の核膜孔の構成成分であるTpr geneのmessageが増加していた。Tpr geneは、2349個のアミノ酸よりなる分子量約30kDaの蛋白質で、その生理機能は十分解析されてはいないが、oncogeneの活性化に関与するとされており、真珠腫性中耳炎における扁平上皮の異常増殖能に何らかの関連があるものと推察される。6)これまで得られた真珠腫cDNAの遺伝子情報から、真珠腫マトリックスでは、HGF、C-MET、Tpr、IL-6などの発現量が増加している事が判明した。今後、これらの物質の局在部位、生理機能および真珠腫性中耳炎の増殖機構との関連について検討する予定である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C)), 虚血性内耳障害による感音性難聴の分子機構, 川嵜 良明, I.1)内耳の蝸牛軸動脈からコイル状細動脈にはエンドセリンBレセプターが発現している。2)蝸牛内に直接エンドセリンを導入すると、蝸牛電位は急速に低下する。3)エンドセリンによる蝸牛電位の低下は、エンドセリンBレセプターの選択的アンタゴニストにより抑制される。4)虚血性内耳障害の一つの病態である突発性難聴症例では、その発症時に血清中エンドセリン値は高値を示す。5)虚血性内耳障害による感音性難聴の発症機構の一つの因子として、エンドセリンおよびそり受容体による内耳血流低下が考慮される。II.1)蝸牛血管条には、ATP-dependent potassium channelの一つであるKAB-2チャネルが発現しており、一過性内耳虚血による血管条でのATR量の変化は、同チャネルの生理機能に影響を与える。2)ATP-dependent potassium channelの阻害剤であるBa^<2+>を蝸牛動脈内に投与すると、蝸牛電位は可逆的な低下を示す。3)虚血性内耳障害による感音性難聴の発症機構の一つの因子として、虚血時の血管条におけるATP量の変化を原因とするATP-dependent potassium channelの機能異常が考慮される。III.1)内耳前庭系の有毛細胞と1次ニューロン間の神経伝達も、グルタミン酸受容体のAMPA型レセプターを介して行われる。2)前庭および蝸牛系において、虚血性変化として、AMPA型レセプターのGluR2サブユニットの変化が示唆される。蝸牛有毛細胞に発現するMAP-2は、一過性虚血に対して鋭敏な反応を示し、中枢神経系の発生初期段階に発現するMAP-2cの発現増加が認められる。4)これらの2つの分子は内耳の虚血性変化を示す良いマーカーと考えられる。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C)), 人工内耳動物モデルを用いた聴覚の可塑性, 久保 武, 人工内耳埋め込み患者が、電気的に与えられた聴覚へどの程度の適応能力を持つか、については術前に予知する方法はなかった.本研究では、人工内耳動物モデルおよび人工内耳患者において、聴覚の可塑的変化の予知、その程度の推測の可能性について検討した.I.人工内耳動物モデルを用いた聴覚の可塑性の研究.カナマイシンにて聾とし、内耳に刺激電流を埋め込んだ人工内耳動物モデルを作成し、電気聴性脳幹反応(EABR)を記録した.聴覚の正常な動物を対照とし、誘発電位を比較すると、その域値には差がないが、刺激・振幅直線の勾配は聾動物で有意に小さかった.これは、電気刺激により活性化される聴神経の数が聾動物では少ないことを意味している.聾患者において、機能している聴神経の数、程度を知ることができれば、最も正確に術後の言語聴取能を予測することができる.EABRの刺激・振幅直線の勾配から、機能している聴神経の数を予測できることを示す結果であった.また、電気的に与えた聴覚によって中枢聴覚系におこる変化を、細胞内で働く二次情報伝達物質であるFos蛋白の発現から調べた.この結果、背側蝸牛神経核に最もFosの発現が多くみられ、この部位が電気的に与えた聴覚により最も賦活されやすい部位であることがわかった.II.人工内耳患者における聴覚の可塑性の研究.人工内耳装用者の言語聴取能を経時的に調べ、人工内耳の各電極の電気生理学的因子(T-,C-level,dynamic range)との相関を検討した.これにより時間経過に対応した言語聴取能の改善と、電気生理学的因子の変化が明かとなり、ヒトの聴覚経路においても可塑的な変化がおこっていることが明かとなった.以上の、二つの研究からいったん聾となった個体におこる聴覚の変化について考察した.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(B)), メニエール病内リンパ水腫の分子機構, 土井 勝美, 内耳のイオン環境および水分代謝を制御すると考えられる種々のホルモンレセプタおよびイオンチャンネルの分子構造を決定し,そのmRNAの局在部位および蛋白質の発現部位を同定することにより,内リンパ水腫を病因とするメニエール病発症の分子機構を解明することを目的として研究を遂行した。本研究により得られた新知見は以下の通りである。1)内耳(蝸牛・内リンパ嚢)よりのmRNAの抽出,逆転写酵素によるcDNAの作製,PCR法によるホルモンレセプタ・イオンチャンネルの増幅,増幅したcDNA塩基配列のシークエンス解析,in-situ hybridization法によるmRNA局在部位の同定といった一連の分子生物学的研究が可能であった。2)蝸牛endothelin recetorの発現,局在,機能について解析を行い,同レセプターがメニエール病における難聴発症に関与する可能性を示した。3)蝸牛および内リンパ嚢にβ-adrenergic receptorが発現している事を示した。同レセプターは内耳電位の発生およびリンパ液の吸収に関与すると考えられ,特にセカンドメッセンジャーであるcAMP濃度を修飾する事により水分代謝の調節を行うと推察された。4)内耳のcAMP濃度を増加させる物質としてforskolinを投与すると内リンパ液中のCl-イオン濃度は上昇し,さらに内リンパ液浸透圧の上昇が惹起され,メニエール病の原因とされる内リンパ水腫が形成される可能性を示した。5)有毛細胞は,その細胞外液の浸透圧の変化に際して,Cl-チャンネルにより体積の調節を行う事を示した。内リンパ水腫形成時の浸透圧およびCl-イオン濃度の変化は有毛細胞の機能変化を起こし,耳鳴り・難聴の発症原因となる可能性を示した。6)内耳における水チャンネルAQP2の発現を示した。同チャンネルは細胞内のcAMP濃度の上昇により細胞膜に挿入され水を選択的に透過させるもので,内耳の活発な水分輸送機構の主役として機能している可能性を示した。同遺伝子あるいは同蛋白質の異常により,メニエール病内リンパ水腫が発症する可能性が推察された。