KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

野村 正人ノムラ マサト

プロフィール

所属部署名工学部 化学生命工学科 / システム工学研究科
職名教授/学部長
学位工学博士
専門天然物有機化学(生理活性物質)
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/333-nomura-masato.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    天然物由来成分(植物・果物など)を活用した生活空間環境改善と健康革命に寄与する化学成分を利用した研究および美白効果をもたらす化粧品配合剤についての研究をしています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/3/10
     テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」
     「本屋の香り」スプレーについて
    ●2014/07/01
     RCC中国放送(広島県)「ニュース6」
     共同開発したレモンの花びらを使った化粧水「le moist(レ・モイスト)」について。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1976年, 近畿大学, 工学研究科, 応用化学
  •  - 1974年, 近畿大学, 理工学部, 応用化学科

研究活動情報

研究分野

  • 基礎化学, 有機化学
  • 複合化学, 合成化学

研究キーワード

  • 生理活性, 天然物有機化学, 有機工業化学, 合成化学

論文

  • ヤマモモ(Myrica rubra SIEB. et Zucc. vc)種子中の油脂成分とその生理活性について, 野村 正人, 近畿大学工学部研究報告書, 50, 2016, 1, 7,   2016年12月
  • Evaluation of the fatty acid composition of the seeds of mangifera indica L. and their application., 野村 正人, 64, 5, 479, 484,   2015年05月, 査読有り
  • 発現差異プロテオミクス解析によるマンゴー種子脂質成分の持つ新たな生理活性の検討, 野村 正人, 応用薬理, 88, 3/4, 57, 65,   2015年03月, 査読有り
  • Physiological Activity of Chinese Lichen(Gyrophora escuenta) component, Methyl 2,4-dihydroxy-6-methylbenzoate and the related compounds., 野村 正人, Asian J. Chem,., 26, 3, 702, 708,   2014年03月, 査読有り
  • Differences in Aromatic Components of Ten Brands of Rice According to Annual Production, 野村 正人, Food Sci.Technol.Res., 10, 474, 478,   2003年10月
  • Effects of Phytoncides on Blood Pressure Under Restraint Stress in Shrsp, 野村 正人, Clinical and Exper. Pharma. and Phys., s27, s28,   2003年12月
  • Differences in Aromatic Components of Ten Brands of Rice According to Annual Production, 野村 正人, Food Sci.Technol.Res., 10, 474, 478,   2003年
  • Dpph Radical-Scavenging Effect of Several Phenylpropanoid Compounds and Their Glylcosids Derivatives, 野村 正人, YAKUGAKU ZASSHI, 125, 371, 375,   2005年04月
  • Difference in Aroma Compounds and Quality Variation in Milled Rice from 1996 to 2001, 野村 正人, J. Oleo Sci., 54, 311, 316,   2005年05月
  • (+)-および(-)-イソピノカンフェニル骨格を有するウレアおよびアミド系化合物の合成とその生理活性, 野村 正人, 近畿大学工学部研究報告, 39, 1, 9,   2005年12月
  • フィトンチッドの化学成分とその抗酸化作用, 野村 正人, AROMA RESEARCH AROMA RESEARCH, 56, 62,   2006年01月
  • Synthesis and Cosmetic Whitening Effect of Glycosides Derived from Several Phenylpropanoids, 野村 正人, YAKUGAKU ZASSHI?, 126, 173, 177,   2006年03月
  • Synthesis and Physiological Activities of Monoterpene Carboxylic Acid Esters with Pyrones, 野村 正人, J. Oleo Sci., 55, 181, 189,   2006年04月
  • Anti-Oxidation Activity of Various Rice Brans, 野村 正人, J. Oleo Sci., 55, 585, 591,   2006年04月
  • テレメトリー法を用いたSHRの循環生理値に対するフィトンチッドの影響, 野村 正人, 九州実験動物雑誌, 22, 23, 27,   2006年04月
  • 室内環境におけるフィトンチッドの消臭効果の検討, 野村 正人, 環境管理技術, 24, 17, 22,   2006年05月
  • Skin protection Effect of Heterocyclic compounds synthesized from trans-Anethole Derivatives, 野村 正人, 近畿大学工学部研究報告書   , 40, 1, 7,   2006年12月
  • Effects of Dwelling Conditions on Cardiovascular Parameters in Spontaneously Hypertensive Rats on Blood Pressure Under Restraint Stress in Shrsp, 野村 正人, Clinical and Exper. Pharma. and Phys., 34, s45, s46,   2007年03月
  • Evaluation of Bedding and Nesting Materials for Laboratory Mice by Preference Tests, 野村 正人, Exp.Anim. , 56, 5, 363, 368,   2007年06月
  • Synthesis and Physiological Activity of Ureas and Amides with Carvone Residues, 野村 正人, J. Oleo Sci., 56, 303, 307,   2007年06月
  • フィトンチッド液の除菌および消臭効果について, 野村 正人, 日本防菌防黴学会誌, 35, 489, 495,   2007年08月
  • 脳卒中易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)の拘束ストレスに対するフィトンチッドの影響, 野村 正人, 九州実験動物雑誌, 23, 57, 62,   2007年10月
  • ナツメグ(Myristica fragrans Houttuyu)種子中の化学成分とその生理活性について, 野村 正人, YAKUGAKU ZASSHI YAKUGAKU ZASSHI, 128, 129, 133,   2008年01月
  • Synthesis and Physiological Activity of Thiophenes and Furans with 3- and 4-Methoxyacetophenone Derivatives, 野村 正人, J. Oleo Sci., 57, 107, 113,   2008年02月
  • Antioxidant Effects and Antimicrobial Activites of Phytoncide, 野村 正人, Biocontrol Science, 13, 23, 27,   2008年02月
  • Suppression of Mutagens-Induced SOS Response by Phytoncide Solution Using Salmonella typhimurium TA1535/pSK 1002 umu Test, 野村 正人, J.Oleo Sci., 57, 381, 390,   2008年07月
  • Pharmacological Activity of Compounds Extracted from Persimmon Peel(Diospyros Kaki THUNB.), 野村 正人, J. Oleo Sci., 58, 213, 219,   2009年04月
  • Synthesis of acyl arbutin by an immobilized lipase and its suppressive ability against lipid oxidation in a bulk system and O/W emulsion, 渡邉 義之, 野村 正人, Bioscience Biotechnology and Biochemistry, 73, 11, 2501, 2505,   2009年11月
  • イオン化Ca2+水を用いた強化モルタルの開発, 野村 正人, 配管技術, 52, 1, 8, 15,   2010年01月
  • Suppressive ability of defatted rice bran against lipid oxidation in cookies containing iron, 渡邉 義之, 野村 正人, Bioscience Biotechnology and Biochemistry, 74, 2, 262, 265,   2010年02月
  • Suppressive effect of defatted rice bran on the oxidation of methyl linoleate, 渡邉 義之, 野村 正人, Food Chemistry, 123, 1132, 1135,   2010年05月
  • Antioxidant Activity of Colored Rice Bran Obtained at Different Milling Yields, 野村 正人, J. Oleo Science, 59, 10, 563, 568,   2010年09月
    概要:3種類の有色米についての,各精米時の歩留率別に得られる米糠の抗酸化能を検討したところ,赤米の米糠に著しい抗酸化能があることを明らかにした。また,化合物についても構造を明らかにした。
  • Anti-inflammatory effects of Volatile compound of Macrophage Migration Inhibitory Factor(MIF) Induction of Inflammatory in Macrophage Cell, 野村 正人, 近畿大学工学部研究報告書  , 44, 1, 7,   2010年12月
    概要:テルペノイドである5員環,6員環および7員環を有する化合物の薬理活性を検討したところ,著しいMIF効果がある化合物を見出すことができた。
  • A Study on Fatty Acids in Seeds of Euterpe oleracea Mart Seeds, 岡田 芳治, 元矢 知志, 谷本真一, 野村 正人, J. Oleo Sci., 60, 9, 463, 467,   2011年05月
  • Phytoncide - Its Properties and Applications in Practical Use, 野村 正人, Phytoncide - Its Properties and Applications in Practical Use, 1, 50,   2011年12月
    概要:森林浴の効果を出しているガス成分について化学成分を分析し,それぞれの植物の組み合わせによる化学成分が異なることから,その薬理効果の相違について明らかにした論文をまとめて,専門誌として出版した。
  • Suppression of Mutagens-Induced SOS Response by Phytoncide Solution Using Salmonella typhimurium TA1535/pSK 1002 umu Test, 野村 正人, J.Oleo Sci., 57, 381, 390,   2011年
  • Chemical Constituents of Coreopsis lanceolata L. and Their physiological Activities, 野村 正人, J. Oleo Sci., 58, 141, 146,   2011年
  • Synthesis and Physiological Activity of Thiophenes and Furans with 3- and 4-Methoxyacetophenone Derivatives, 野村 正人, 近畿大学工業技術研究所研究報告書, 7, 1, 8,   2011年
  • Effect of impregnation using sucrose solution on stability of anthocyanin in strawberry jam, 渡邉 義之, 岡田 芳治, 野村 正人, LWT - Food Science and Technology, 44, 4, 891, 895,   2011年
  • Color Preferences of Laboratory Mice for Bedding Materials : Evaluation Using Radiotelemetry, 野村 正人, 島根大学総合科学研究支援センター, 島根大学医学部, 島根大学総合科学研究支援センター, 島根大学医学部, 島根大学総合科学研究支援センター, 島根大学総合科学研究支援センター, 島根大学総合科学研究支援センター, 島根大学医学部, 島根大学医学部, Exp. Anim., 61, 2, 109, 117,   2012年02月, 査読有り
    概要: Preferences for different housing conditions in mice were evaluated by radiotelemetry. Male C57BL/6J and ICR mice were used. Preference for bedding materials in was compared among three materials, wood shavings(WS), paper(CF) and cloth(AG), using the lenght of stay in cages as a parameter. The results indicated that mice stayed longer in a cage with AG than in cages with other bedding materials. The present study confirmed our previous results and thereby indicated that radiotelemetry is a useful method to evaluate impacts of housing conditions on animal welfare. In the second part of this study, we used radiotelemetry to evaluate color preference of the mice for cloth bedding material. In C57BL/6J mice, staying time black cloth was significantly longer than that in white cloth. In ICR mice, staying time in white cloth was significantly longer than that in black cloth. The mice preferred the environment with the same color as their fur, which may be important for animal welfare.
  • Color Preferences of Laloratory Mice for Bedding Materials : Evaluation Using Radiotelemetry, 野村 正人, Exp. Anim., 61, 2, 109, 117,   2012年02月
    概要:8週齢のマウス(C57BL/6J)に脳の挙動を観察できるradiotelemetryを挿入し,色の異なる床敷きで,それぞれのマウスの行動を観察した。その結果,白色の床敷きで飼育することにより,色によるストレスなどを受けることなく,適切な行動を行うことを明らかにした。
  • Physiological Activities of Several Different Types of Flavonoids, 野村 正人, 近畿大学工学部研究報告, 46, 7, 13,   2012年12月
    概要:植物由来のフラボノイドであるKaempferol,Quercetin,Quercitrin,Rutin,HesperetinおよびHesperidinに対する生理活性試験(DPPHラジカル消去試験,活性酸素消去試験,チロシナーゼ活性阻害およびヒスタミン抑制効果試験)を行い,活性発現と構造相関性の関係について明らかにした。その結果,KaempferolおよびQuercetinに活性酸素消去効果ならびに美白効果の指針であるチロシナーゼ活性阻害効果があることを明らかにした。

書籍等出版物

  • Enzymatic saccharification of lemon peel and antioxidative ability of saccharified peel solution., 野村 正人, 共著, Nova Science Publishers,   2015年07月
  • 化粧品の安全・安心の科学, 野村 正人, 共編者, 植物由来成分の化粧品原料への応用, シーエムシー出版,   2014年08月
  • Recent advances in Ginseng and Glycosides Research, Changes in the Composition of Saccharides in Rice Grains through Cooking and Digestion using Synthetic Human Saliva, 野村 正人, 渡邉 義之, 共著, NOVA Publishers,   2013年04月
    概要:平成20年度に収穫した'コシヒカリ','あきたこまち'および'ほしのゆめ'の米について,生米,炊飯米および消化米中(炊飯米に対して唾液成分を含んだin vitro消化系による酵素処理して調製)の呈味糖量について検討した。その結果,米中の多糖類であるアミロースおよびアミロペクチン含有量の変化を測定することができ,米の炊飯,咀嚼過程および保蔵中における呈味糖量の変化を総括できに評価することができた。
  • バイオテクノロジーシリーズ, 機能性配糖体の合成と応用, 野村 正人, 近畿大学農学部, 共著, シーエムシー出版,   2013年06月
    概要:植物由来のクロロゲン酸代謝物を用いて化粧品素材としての配糖体合成とその機能性について,数年前から行った実験結果を論文にしたデータをまとめたものである。すなわち,クロロゲン酸分解生成物であるベンゼン骨格を持つ11種類の化合物とその配糖体を合成しその美白効果,また,類縁化合物であるフェニルプロパノイドの配糖体も合成し,同様の美白効果を追求し,最も良好な化合物の特定を行ったデータを掲載したものである。

講演・口頭発表等

  • 2,3-ビスジエチルホスホノ-1,3-ブタジエンの合成化学的利用, 岡田 芳治, 野村 正人, 加藤 隆一, 日本化学会,   2011年11月, 日本化学会
  • オオキンケイギク花弁中の生理活性物質について, 沖田 真理, 谷本 真一, 岡田 芳治, 野村 正人, 日本化学会,   2011年11月, 日本化学会
  • 多官能化されたメチルホスホナートの合成化学的利用, 岡田 芳治, 田村 真一, 増田 智司, 徳田 雄一郎, 野村 正人, 日本化学会,   2011年11月, 日本化学会
  • 多官能化されたメチルホスホナートの合成化学的利用(4), 岡田 芳治, 田村 真一, 増田 智司, 徳田 雄一郎, 野村 正人, 日本化学会,   2012年, 日本化学会
  • オオキンケイギク花弁中のフラボノイドの単離とβ-ケトホスホナートを用いた簡便合成, 岡田 芳治, 佐多平 泰成, 賀美 誠也, 岡野 友香, 野村 正人, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会第93春季年会
    概要:乾燥したオオキンケイギク花弁中から7,3',4'-トリヒドロキシ-8-メトキシフラバノンの単離に成功した。この化合物は高い抗酸化活性を有していた。ピロガロールを出発物質にα-ジメチルホスホノ‐2-ヒドロキシアセトフェノン類を調製した。THF溶媒中DBUなどの有機塩基存在下、各種アルデヒドと反応させ、対応するカルコン誘導体を合成した後、フラバノン誘導体への変換を検討した。
  • ANTIHYPERTENSIVE EFFECTS OF GAMMA-AMINOBUTYRIC ACID (GABA)-ENRICHED BROWN RICE IN SHR, 野村 正人, 島根大学総合科学研究支援センター, ㈱サタケ,   2013年, 高血圧関連疾患モデル学会
    概要:高血圧症のマウスに対するGABAを付加した米を投与し,血圧などの改善を検討した。すなわち,高血圧症マウスに60%近いGABAを付加した調整米を試料として投与し,その動向を観察した後,剖検による観察についても検討した。その結果,コントロールに比べて,高い改善が認められた。

作品

  • 年産別精白米における香気成分の変化,   2002年

MISC

  • 合成ゼオライト存在下でのモノテルペン炭化水素類の水による水和反応, 日本化学会誌, 1992, 1,   1992年
  • カンフエン,トリシクレン,2-カレンおよび3-カレンの合成ゼオライト存在下でのC1〜C1鎖状アルコールとの付加反応, 日本化学会誌, 1992, 1,   1992年
  • セスキテルペン炭化水素類の合成ゼオライト存在下における水和反応, 日本油化学協会誌, 41, 3,   1992年
  • 合成ゼオライト存在下でのセスキテルペンオキシド類のギ酸またはクロロ酢酸類による分解反応, 日本油化学協会誌, 41, 3,   1992年
  • 銅,亜鉛で交換した合成ゼオライトを触媒とする(+)-2-ピネンオキシドおよび(+)-2(10)-ピネンオキシドの熱分解反応, 7, 2,   1992年
  • 合成ゼオライトと水またはクロロ酢酸混合系における鎖状モノテルペン炭化水素類の水和反応, 日本化学会誌, 1992, 4,   1992年
  • (+)-2-ピネンから誘導される新規香料の合成, 日本油化学協会誌, 41, 4,   1992年
  • P-メンタン骨格を有するCINMETHYLIN類の合成および除草効果, 日本農芸化学会誌, 66, 5,   1992年
  • 単環および二環式モノテルペン炭化水素類の合成ゼオライト存在下での水和反応, 日本化学会誌, 1992, 6,   1992年
  • リナロールオキシド類(フラン型)から誘導される新しい香料の合成, 日本農芸化学会誌, 66, 6,   1992年
  • 合成ゼオライトと水またはギ酸混合系におけるセスキテルペン炭化水素類の水和反応, 日本油化学協会誌, 41, 12, 1210, 1214,   1992年
  • モノテルペンカルボキシ-ピロリジンおよびピペリジンアシド類の合成と生理活性, 日本農芸化学会誌, 66, 12, 1771, 1777,   1992年
  • モノテルペニル基を含有するアシド化合物の合成と蚊に対する忌避活性, 日本農芸化学会誌, 67, 4, 693, 700,   1993年
  • ジヒドロミルセン,α-テルピネン及びα-フェランドレンの合成ゼオライト存在下でのC1〜C4アルコールとの付加反応, 日本油化学協会誌, 42, 7, 513, 518,   1993年
  • 合成ゼオライトと触媒する光学活性d-カルボシ,α-テルピネオールおよびq-オキソイソロンギホレンの合成, 8, 9, 689, 692,   1993年
  • Δ2-カレンオキシド,Δ3-カレンオキシドおよびイソリモネンオキシドの合成ゼオライト存在下でのギ酸による分解反応, 8, 9, 693, 696,   1993年
  • 合成ゼオライト存在下,モノおよびセスキテルペン炭化水素類とC1〜C4鎖状アルコールとの付加反応, 野村 正人, 多田 貴広, 濱田 敏正, 藤原 義人, 田島 耕一, 大谷 武彦, 日本化学会誌, 10, 1175, 1183,   1993年, 10.1246/nikkashi.1993.1175
  • アダマンタン骨格を含有する酸アミド類の合成と生理活性について, 野村 正人, 京田 正吏, 広川 隆志, 藤原 義人, 杉浦 正昭, 日本農芸化学会誌, 68, 5, 973, 977,   1994年, 10.1271/nogeikagaku1924.68.973
  • 単環モノテルペニル基を含有するウレア,アミドおよびアミノ化合物の合成と生物活性, 日本油化学協会誌, 43, 5, 409, 415,   1994年
  • 6-[(8Z,11Z)-8,11,14-ペンタデカトリエニル]トルチル酸誘導体のチロシナーゼ活性阻害について, 日本油化学協会誌, 43, 7, 574, 578,   1994年
  • (+)-アロマデンドレンから誘導される生理活性物質の合成, 野村 正人, 京田 正吏, 井上 俊夫, 濱田 敏正, 藤原 義人, 日本農芸化学会誌, 69, 1, 23, 31,   1995年, 10.1271/nogeikagaku1924.69.23
  • α-およびβ-カンフォレニルピロリジンおよびピペリジンアミド類の合成と殺虫活性, 日本油化学会誌, 44, 4, 309, 315,   1995年
  • 6-[(8Z,11Z)-8,11,14-ペンタデカトリエニル]サリチル酸誘導体の合成とそれら誘導体のチロシナーゼおよびヒアルロニダーゼ阻害活性, 日本化学会誌, 1995, 12, 986, 993,   1995年
  • テレピン油からシネオール類の合成とその利用, 近畿大学工学部研究報告, 29, 31, 35,   1995年
  • 側鎖に芳香族アミド基あるいはアミド基を含有するモノテルペニル誘導体とアダマンチル誘導体の合成とその生理活性, 野村正人, 新谷聡一, 藤原義人, 杉浦正昭, 高木滋樹, 山本亮, 日本農芸化学会誌, 70, 4, 453, 463,   1996年, 10.1271/nogeikagaku1924.70.453
  • カラハラエノン誘導体の合成とそれら誘導体のチロシナーゼ活性阻害及び活性酸素抑制効果, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 60, 9, 1421, 1424,   1996年, 10.1271/bbb.60.1421
  • 数種の環式モノテルペニルケトン類からの生理活性物質の合成, 日本油化学会誌, 45, 9, 865, 870,   1996年
  • カンフォレニル骨格を含有するチオエステル化合物の合成とその生理活性, 野村 正人, 朝倉 正路, 藤原 義人, 日本農芸化学会誌, 70, 11, 1265, 1271,   1996年, 10.1271/nogeikagaku1924.70.1265
  • モノテルペニル基を含有する界面活性剤の合成と植物の種子に対する生理活性, 近畿大学工学部研究報告, 30, 67, 74,   1996年
  • ピナン骨格を含有するアミドおよび尿素系化合物の合成と生理活性, 日本化学会誌, 1997, 1, 46, 52,   1997年
  • 合成ゼオライト触媒によるモノテルペンアルデヒド類とアセトンとのアルドール縮合, 日本油化学会誌, 46, 4, 429, 434,   1997年
  • 合成ゼオライト触媒による(+)-2-ピネン,(-)-2(10)-ピネンおよび(+)-1-P-メンテンのアシル化, 日本油化学会誌, 46, 5, 583, 587,   1997年
  • 3-[(8Z)-8-ペンタデセニル]フェノールおよび3-[(8Z,11Z)-8,11,14-ペンタデカトリエニル]フェノールと数種のインドール化物との縮合反応ならびに美白効果, 日本油化学会誌, 46, 8, 891, 897,   1997年
  • ローズマリーの化学成分とその生理活性, 24, 5, 56, 60,   1997年
  • モノテルペニル基を含有するチオエステル化合物の合成と殺虫活性, 日本農芸化学会誌, 71, 11, 1153, 1163,   1997年
  • 側鎖に複素環(窒素)骨格を導入したモノテルペニル誘導体の合成とその生理活性, 日本油化学会誌, 47, 3, 263, 268,   1998年
  • Ionone骨格を有するアミド,スルフィドおよびチオシアナト系化合物の合成とその生理活性, 日本化学会誌, 1998, 5, 346, 353,   1998年
  • 二環性モノテルペニル基を含有する尿素およびアミド系化合物の合成と殺虫活性(ダニ類), 日本油化学会誌, 47, 11, 1241, 1249,   1998年
  • (一)-メントン類から誘導されるアミドおよびウレア系化合物の合成とその生理活性, 近畿大学工学部研究報告, 32, 12, 17, 23,   1998年
  • 5-メチル-2-フェニル-2-ヘキセナールとその類似化合物を出発原料としたトルイル酸エステル誘導体の合成とそれらの生物活性評価, 日本油化学会誌, 48, 4, 339, 346,   1999年
  • (S)-d-ペリラアルデヒドから誘導されるチオエステル化合物の合成と生物活性(その2), 日本農芸化学会誌, 73, 6, 605, 611,   1999年
  • Trans-アネトール誘導体と数種のモノテルペニル化合物との縮合反応ならびにチロシナーゼ活性阻害,活性酸素抑制効果およびヒアルロニダーゼ活性阻害について, 日本油化学会誌, 49, 2, 143, 149,   2000年
  • 側鎖にジアルキルアミド基を導入したモノテルペン化合物の除草活性(その2), 日本油化学会誌, 49, 5, 501, 504,   2000年
  • 摘出モルモット腸管に対する新規ヒスタミンH-1受容体拮抗薬の第一次スクリーニング, 実験動物技術, 35, 1, 1, 6,   2000年
  • アフリカ産食用葉,ノゲイトウに含まれる美白物質, フレグランスジャーナル, 2000, 9, 54, 58,   2000年
  • カルボン骨格を有するアミドおよびエステル系化合物の合成とその生物活性, 50, 7, 583, 591,   2001年
  • ヨノン骨格を含有するフランおよびチオフェン系混合物の合成と抗菌活性, 防菌防黴, 29(11), 689-696,   2001年
  • バイオ式消滅型無臭・高速生ゴミ処理システムの開発, 近畿大学工学部研究報告, 35(12), 1-8,   2001年
  • 側錯にチオフェンおよびフラン環を導入したd-およびl-カルボン誘導体の抗菌活性, 防菌防黴, 30(3), 137-144,   2002年
  • Synthesis, Purification and Surface Activities of the Human Pulmonary Surfactant Protein-C (SP-C) Analogue, SP-CL16 (6-28), Biol. Pharm. Bull., 24(12), 1362-1365,   2001年
  • Cosmetic Substance Synthesis from Estragole Derivatives for Skin Depigmentation, J. Oleo Sci., 51(1), 57-62,   2002年
  • Characterization of Synthetic Lung Surfactant Activity against Proinflammatory Cytokines in Human Monocytes, Biol. Pharm. Bull., 25(3), 312-317,   2002年
  • Synthesis and Antimicrobial Activiyy of Furans and Thiophenes with Iononyl Derivatives, Bokin Bobai (The Society for Antibacterial and Antifungel Agents, Japan), 29, 11, 689, 696,   2001年
  • Development of Biologically Vonishing System for the Deodorizing-fast Garbage Disposal, Research Reports of the Faculty of Engineering Kinki University, 35, 12, 1, 8,   2001年
  • Cosmetic Substance from Estragole Derivatives for Skin Depigmention, J.Oleo Sci.,, 51, 1, 57, 62,   2002年, 10.5650/jos.51.57
  • Antimicrobial Activity of Thiophenes and Furans with d- and l-Carvone Residues, Bokin Bobai (The Society for Antibacterial and Antifungal Agents, Japan), 30, 3, 137, 144,   2002年
  • Isolation and Synthesis of Cosmetic Substances from African Dietary Leaves, Celosia argentea L. for Skin Depigmention, SAWABE A, NOMURA M, FUJIHARA Y, TADA T, HATTORI F, SHIOHARA S, SHIMOMURA K, MATSUBARA Y, KAWAMURA S, J.Oleo Sci.,, 51, 3, 203, 206,   2002年, 10.5650/jos.51.203
  • Antimicrobial and Tyrosinase Inhibitory Activities of 6-[(8Z)-8-Pentadecenyl] Salicylic Acid Derivatives, KASEMURA K, NOMURA M, TADA T, FUJIHARA Y, SHIMOMURA K, J.Oleo Sci.,, 51, 10, 637, 642,   2002年, 10.5650/jos.51.637
  • Synthesis and physiological activity of S-furfuryl thiocarboxylates, 立花伸哉, かせ村一夫, 大谷武彦, 藤原義人, 杉浦正昭, 野村正人, Nippon Nogeikagaku Kaishi, 76, 10, 962, 969,   2002年, 10.1271/nogeikagaku1924.76.962
  • Synthesis and physiological Activities of Furans and Thiophenes with Methylacetophenone Residues, Bokin Bobai (The Society for Antibacterial and Antifungal Agents, Japan), 30, 12, 777, 784,   2002年
  • Miticidal Activity of Monoterpenyl Carboxypyrrolidinamides and Piperidinamides, KASEMURA K, FUJITA S, OKADA Y, FUJIHARA Y, NOMURA M, J.Oleo Sci.,, 52, 1, 41, 46,   2003年, 10.5650/jos.52.41
  • Preference of Guinea Pigs for Bedding Materials: Wood Shavings Versus Paper Cutting Sheet, Exp.Anim.,, 52, 1, 11, 15,   2003年, 10.1538/expanim.52.11
  • Synthesis and Cosmetic Whitening Effect of GlycosidesDerived from Anacardic Acids, KASEMURA K, NOMURA M, SAWABE A, FUJIHARA Y, J.Oleo Sci.,, 52, 3, 141, 147,   2003年, 10.5650/jos.52.141
  • Method of Processing the Ash matter from Incinerators for Kitchen Waste into Fertilizer, Research Reports of the Faculty of Engineering Kinki University, 3, 33, 43,   2003年
  • Preparation of amides consisting of indolyl carboxylic acids and monocyclic primary amines derived from naturally occurrung Ketones, and their skin depigmention-related activities, 小林 由佳, 井出 寧, 前川 義文, 藤原 義人, 野村 正人, Nippon Nogeikagaku Kaishi, 77, 8, 754, 761,   2003年, 10.1271/nogeikagaku1924.77.754
  • Skin Whitening Effects of Estragale Derivatives, MOTOKI Y, FUJITA S, FUJIHARA Y, OKADA Y, NOMURA M, J.Oleo Sci.,, 52, 9, 495, 498,   2003年, 10.5650/jos.52.495
  • 果汁残渣の有効利用, 野村 正人, ㈲峰和, 平成24年度 研究課題成果報告書, 31, 43,   2013年08月
    概要:柑橘類であるレモンの果皮の有効利用の一つとして,ペットフードへの応用を検討した。すなわち,レモンを圧搾したのちに残渣として残る果皮中に存在する有効成分の利用を考案し,十分に乾燥した後,適切な餌としての調整を行い,餌としての分析とマウスを利用した安全性について検討した。

特許

  • メランジェ・オレ檸檬, 野村 正人, 商標登録2016-047729
  • 排便促進用組成物, 野村 正人, 特願2008-330423, 特許5426156
  • カルシウムイオン水の製造方法、セメント硬化体及びその製造方法, 野村 正人, 特願2007-059252, 特許5092134

競争的資金

  • 生理活性物質の合成に関する研究