KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

田中 晃代タナカ アキヨ

プロフィール

所属部署名総合社会学部 環境・まちづくり系専攻 / 総合文化研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門都市計画・まちづくり
ジャンル社会/都市問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1032-tanaka-akiyo.html
ホームページURL
メールアドレスt-akiyo[at]socio.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    従来、都市計画分野では、官が中心のまちづくりでしたが、今後は、官のみならず、市民・事業者・NPONGO・ボランティアなどの多様な主体がまちをつくっていくその仕組みや仕掛けを専門とする。

学歴・経歴

学歴

  • 2001年04月 - 2004年03月, 京都大学, 大学院, 社会健康医学系専攻博士後期課程単位取得退学
  • 1994年04月 - 1999年09月, 大阪大学, 大学院, 工学研究科博士課程修了 博士(工学)
  • 1991年04月 - 1993年03月, 大阪工業大学, 大学院工学研究科, 建築学専攻修士課程修了 修士(工学)

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学総合社会学部総合社会学科(准教授)
  •   2014年04月,  - 2015年03月, 近畿大学総合社会学部総合社会学科(准教授)
  •   2010年04月,  - 2014年03月, 近畿大学総合社会学部総合社会学科(講師)
  •   2008年04月,  - 2010年03月, 豊中市(嘱託職員)
  •   1999年04月,  - 2002年03月, 豊中市(嘱託職員)

研究活動情報

研究分野

  • 地域研究, 地域研究
  • 政治学, 政治学
  • 建築学, 都市計画・建築計画

研究キーワード

  • エリアマネジメント, 古民家リノベーション, 協働のまちづくり, 場のデザイン, 市民組織及び活動, 市民参加, 参加のプロセス, 地域分権・自治, まちづくり関連条例

論文

  • ネットワーク型まちづくり事業を生み出すための「予算提案制度」の運用に関する研究-大阪府池田市の地域分権制度を事例とする-, 田中 晃代, 日本都市計画学会学術研究論文集, 48, 3,   2013年10月
    概要:地域分権制度の特に運用面を中心に分析・考察をおこない,ネットワーク社会の典型として考えられるネットワーク型まちづくり事業(具体的には,地域活動をネットワーク化したまちづくり事業)がどのように生まれていくのかを池田市の事例をもとに経年的に調べ,地域活動のネットワークを生み出す「予算提案制度」の運用について明らかにした.
  • 域協働型まちづくり事業を生み出す地域分権制度の運用に関する実証的研究―大阪府池田市の予算提案事業を事例とする―, 田中 晃代, 近畿大学総合社会学部紀要, 3, 1,   2013年09月
    概要:本研究は,地域分権制度の特に運用面を中心に分析・考察をおこない,ネットワーク社会の典型として考えられる地域協働型まちづくり事業がどのように生まれていくのかを池田市の事例をもとに経年的に調べ,ネットワークを生み出す運用策について明らかにする.
  • 市議会議員の「参加型まちづくり」における活動実態と思考パターンからみた役割研究, 田中 晃代, 土木学会論文集D3, 68, 5, I_259, I_265,   2012年12月
    概要:「参加型まちづくり」における市議会議員の活動実態と思考パターンについて考察した.その結果,市議会議員の役割は,地域活動や市民活動,「参加型まちづくり」の現場に関与しつつ,「市民としての立場」と「議員としての立場」をうまく使い分けながら,それらの経験を活かしつつ議会での意思決定に携わっていることが理解できた.なかでも,「参加型まちづくり」においては,「政策コーディネート」や「市民活動活性化のアドバイザー」としての議員の役割が浮かび上がった.
  • 「まちづくり条例」から「自治基本条例」への展開と行政支援の継続性に関する研究―豊中市のまちづくりを事例とする―, 田中 晃代, 近畿大学総合社会学部紀要, 1, 2, 11, 18,   2012年03月
    概要:豊中市の「まちづくり条例」と「自治基本条例」にもとづく支援策は,並存しつつも,土地利用や都市計画的ルールづくりをめざしたまちづくり活動支援は「まちづくり条例」,コミュニティづくり支援は「自治基本条例」という役割分担が考えられる。しかし,現在のところ,「まちづくり条例」は地区計画や建築協定の手続きを盛り込んでおらず,「土地利用の調整に関する条例」に委ねていることから,両者の条例の特徴をふまえ,精査する必要があるといえる。
  • 地域協働型まちづくりにおける市民が担うフォーラム運営の課題と展望―大阪府吹田市「東部拠点のまちづくり市民フォーラム」を事例に, 田中晃代, 日本都市計画学会学術研究論文集, 44-2/44-3, NO.44-3,96,   2009年10月
    概要:連合自治会組織をベースに全市レベルの市民を巻き込み、より公益的な活動へと発展を遂げている吹田市東部拠点のまちづくり市民フォーラムの事務局機能や運営について段階ごとに追及している。
  • 地域協働型まちづくりにおける市民提案のための「場」のデザインの変遷と行政支援のあり方, 田中 晃代, 日本都市計画学会学術研究論文集, 43, 3,   2008年10月
    概要:吹田市の都市整備部が展開する地域協働型まちづくりにおける「場」のデザインの移り変わりや行政支援の方策について検討を重ね、地域特性を踏まえた「場」のデザインや行政支援について言及している。
  • 地域における交流の場の意義と役割に関する研究--北千里地域交流会を事例として, 田中 晃代, 久 隆浩, 計画行政, 計画行政, 30, 4, 69, 74,   2007年12月
    概要:北千里地域交流会の事例分析によって、地域における交流の場の役割とそこから生まれた活動の展開を分析した結果、「場」におけるコミュニケーションを通じて、いくつか自己組織的に活動が生まれていることが検証できた。
  • ニュータウンにおける持続可能なまちづくりの指標づくりの意義と方向性に関する研究, 田中 晃代, 久 隆浩, 日本都市計画学会学術研究論文集, 39, 3,   2004年10月
    概要:経済的、社会的、文化的、空間的な持続可能性を含み、包括的に地域社会が持続可能なものになるためのまちづくり指標を作成するプロセスや意義について、おもに千里ニュータウンを事例に検討をおこなった。
  • 昭和初期における健康維持・増進策と都市環境整備の関連性に関する研究 : 『大大阪』に記載された論文の分析を通じて, 田中 晃代, 久 隆浩, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 38, 1, 46, 51,   2003年04月
    概要:昭和初期に発行された『大大阪』の全20巻について、健康というテーマや内容で書かれた記事を取り上げ、都市環境整備・改善手法との関連性について分析をおこなった。
  • 住民主体の「まちづくり構想」策定から事業展開としての交通社会実験へのプロセスに関する研究 - 豊中駅前地区まちづくりを事例として -, 田中 晃代, 久 隆浩, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 35, 853, 858,   2000年10月
    概要:豊中市におけるまちづくり条例を事例として取り上げ、住民主体で描かれた「まちづくり構想」から行政ビジョンとしての「まちづくり基本方針」への流れを分析するとともにそれらの関係性について考察をおこなった。
  • 住民主体のまちづくりプロセスの体系化とまちづくりの段階別にみた支援方策のあり方に関する考察 豊中駅前地区まちづくりを事例として, 田中晃代, 久隆浩, 都市計画論文集, 34, 319, 324,   1999年10月
    概要:豊中市におけるまちづくり条例を事例として取上げ、その認定を受けた豊中駅前地区でのまちづくりの展開とそれに対する支援方策を整理し、まちづくりの一連のプロセスについて分析、考察をおこなった。
  • まちづくり関連条例の展開とその意義 (1994年度〔日本都市計画学会〕学術研究論文集), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 都市計画論文集, 都市計画論文集, p685, 690,   1994年11月
    概要:戦後のまちづくり関連条例の変遷を分析し、その内容の変化を考察した。
  • 写真資料にあらわれた住居における行動のしかたの型 : 1950年代の農村住居の場合 : 住様式の現代性と伝統性に関する実証的研究, 塩谷 寿翁, 田中 晃代, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文報告集, 442, 85, 95,   1992年12月
    概要:The study attempts to define the dwelling style in rural Japan before some changes occurred in the modernization process, by comparing it with that of today. It also clarifies the behavioral pattern underlying the dwelling style of modern Japanese. Materials for study depend on the photographic data of its collection published. It is each behavior, body movement, spaces and furnishings were used daily for living activities, that have extracted from the photographic data. The behavioral patterns of rural people in their dwellings in 1950's were varied but typical of the time, closely related with the structure of living spaces. Their dwelling style before the modernization process set in was complete and well-established.
  • 家族生活の場にあらわれた行動のしかたの型 : 鹿児島県薩摩町中津川別野下の場合 : 農村住居における住様式の連続性と変化に関する実証的研究, 塩谷 寿翁, 下原 拓也, 田中 晃代, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文報告集, 436, 87, 96,   1992年06月
    概要:The study clarifies the structure of dwelling styles in family lives in rural housing where modernization has been in progress, focusing on their modern and traditional aspects. The samples are used to show the elements observable in behavioral patterns. The study is believed to yield a basic explanation about the behavioral patterns underlying the dwelling styles of modern Japanese. Behavioral patterns related to modern rural housing are diversified, but can be classified into several dominant categories. This categorization became possible because the way these dwelling styles were consolidated through socialization and firmly lodged as permanent in our society, has been actualized.
  • 写真資料にあらわれた住居における行動のしかた--1950年代の農村住居の場合--住様式の現代性と伝統性に関する実証的研究, 塩谷 寿翁, 田中 晃代, 中研所報, 中研所報, 24, 3, p193, 218,   1991年
  • 景観条例・まちづくり条例にもとづく市民団体の活動と支援方策の特性に関する研究-兵庫・大阪・滋賀における景観およびまちづくり条例を事例として-, 田中晃代,鳴海邦碩,久隆浩, 日本建築学会計画系論文集, 516, 193, 199, 査読有り
    概要:近畿地方、とくに兵庫、大阪、滋賀における住民参加システムを謳った景観条例とまちづくり条例を取上げ、そのなかでの住民活動状況とそれに対する行政支援の現状を分析し、活動を支援するための支援方策のあり方を検討した。
  • まちづくり条例運用による住民主体のまちづくり支援実態の分析-神戸市及び豊中市における比較を通じて-, 田中晃代,鳴海邦碩,久隆浩, 日本計画行政学会, 22, 2, 58, 65, 査読有り
    概要:まちづくり条例のうち神戸市と豊中市の条例を比較検討し、まちづくり条例における地区まちづくりの支援実態について考察をおこなった。

書籍等出版物

  • 変化と転換を見つめて ”地域が変わる・ネットワーク型社会におけるまちづくり政策と「場」の形成”, 田中晃代(近畿大学日本文化研究所編者), 分担執筆, Ⅱの4, 風媒社,   2016年03月
  • 地方分権時代のまちづくり条例, 小林重敬、三辺夏雄、内海麻利、松本昭、久隆浩、和田治、小出和郎、下村麻理、大方潤一郎、高見沢実、村木美貴、田中晃代、牧野和敏、石津啓介, 共著, 第4章、事例2、3、pp.182-196, 学芸出版,   1999年09月
    概要:法令と条例、要綱の果たすべき役割を、土地利用・環境・景観・地区まちづくりを対象にその歴史的推移と実例を踏まえて考察した。

講演・口頭発表等

  • 多様な活動を包含する場のデザインの課題と展望-地域創生の主体としての地域人のインタビューを通して, 田中晃代, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM),   2016年06月
  • 急激な観光地化が官民協働のまちづくりに与える影響-兵庫県朝来市竹田地区の場合, 田中晃代, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM),   2015年06月
  • 成熟期を迎えた地域分権制度における地域住民の意向を反映するシステム―大阪府池田市地域分権制度を事例にして―, 田中晃代, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM),   2014年06月
  • 地域協働型まちづくりの視点から見た「地域自治」のしくみに関する研究―大阪市近郊自治体の都市型地域分権の場合, 田中晃代, 日本都市学会大会発表要旨集,   2013年10月16日
  • 市民提案型「まちづくり構想」のルール化を促進させるための「地域コミュニティ」への行政支援のあり方に関する研究, 田中晃代, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM),   2013年06月
  • 改正「地区まちづくり条例」の役割の明確化と支援制度の拡充に関する研究―豊中市のまちづくり条例を事例とする―, 田中晃代, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM),   2012年11月
  • 参加型まちづくり関連計画策定に関わる市議会議員の役割に関する研究 吹田市の市民参加型まちづくりを事例にして, 田中晃代, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM),   2011年11月
  • まちづくりにおける物語性の意義に関する考察, 久隆浩, 田中晃代, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM),   2011年05月
  • 公共空間の計画策定過程における各主体の連携と分担に関する研究―吹田市東部拠点のまちづくり市民フォーラムを事例に, 田中晃代, 日本建築学会学術講演梗概集F-1 都市計画 建築社会システム,   2010年07月20日
  • 公共空間の計画策定過程における各主体の連携と分担に関する研究―大阪府吹田市「東部拠点のまちづくり市民フォーラム」を事例に, 田中晃代, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM),   2010年06月
  • PFI事業を活用した府営住宅建替え事業における市民参加の「場」の設置に関する研究(住民参加(1),都市計画), 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2009年07月20日
  • 東部拠点整備における市民フォーラムの設置・運営を支える行政支援のあり方に関する研究(参加と組織(3),都市計画), 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2008年07月20日
  • 都市整備における市民参加型まちづくり懇談会の場のデザインのあり方に関する研究 : 吹田市都市整備におけるまち懇方式の試み(協働の形態(1),都市計画), 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2007年07月31日
  • 研究報告セッション 環境マネジメント (テーマ 環境社会マネジメントと新しし計画行政) -- (特集 〔日本計画行政学会〕第29回全国大会), 田中 晃代, 寿崎 かすみ, 大島 肇, 計画行政,   2007年03月
  • 地域課題を解決するための交流の場のあり方に関する研究(多主体による地域まちづくり(3), 都市計画), 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2006年07月31日
  • 千里ニュータウンにおける持続可能なまちづくりの段階ごとの主体別行動指針に関する研究(パブリックスペースと参加,都市計画), 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2005年07月31日
  • 千里ニュータウンにおける持続可能なまちづくりの課題と方向性に関する研究(参加と協働の仕組み,都市計画), 田中 晃代, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2004年07月31日
  • 地区レベルの環境整備という視点から見た戸建住宅地開発の誘発要因に関する研究 : 吹田市の開発登録簿による過去5年間の開発をもとに, 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2003年07月30日
  • 「大大阪」資料にみる健康増進策とそれにもとづく環境改善手法に関する研究 : 大正・昭和初期の大阪を中心に(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集), 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2002年06月30日
  • 地区まちづくりの進捗状況と支援課題に関する研究 : 豊中市における地区まちづくりを事例に(地区まちづくり(2),都市計画), 田中 晃代, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2001年07月31日
  • 都市における地区レベルの環境整備計画の策定・支援システムに関する研究(都市計画)(学位論文要旨), 田中 晃代, 建築雑誌. 建築年報,   2000年09月20日
  • まちづくりの担い手を育てるシステム : 豊中市まちづくり実践大学受講生を事例として, 田中 晃代, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2000年07月31日
  • まちづくり実践大学受講生のタイプ別にみた支援方策のあり方に関する研究 : 豊中市まちづくり実践大学を事例として(都市計画), 田中 晃代, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   2000年05月25日
  • 居住環境整備における地区単位の計画の発生と市民・行政の連係に関する研究, 田中 晃代, 鳴海 邦硯, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1999年07月30日
  • 環境整備における地区単位の計画の発生と市民・行政の連係の展開に関する研究(都市計画), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1999年05月25日
  • 「地区まちづくり」における住民参加の形態に関する研究(参加型まちづくり(2)), 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1998年07月30日
  • 最近10年間の地図レベル研究の動向及び事例的地区まちづくり研究の特徴に関する考察(都市計画), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1998年05月25日
  • まちづくり団体による地区環境形成活動に関する研究 : 近畿地方における景観条例およびまちづくり条例を事例として, 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1997年07月30日
  • 「合意形成プロセス比較法」による住民主体の住環境形成研究の共通フレームの定立に関する研究, 中澤 篤志, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1997年07月30日
  • 市民団体による地区環境形成活動に関する研究 : 近畿の自治体における景観条例およびまちづくり条例を事例として(都市計画), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1997年05月26日
  • 地区指定または認定制度における事業実施に関する考察, 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1996年07月30日
  • 地区指定または認定制度における環境形成過程に関する研究(都市計画), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1996年07月03日
  • まちづくり構想策定プロセスに関する研究 : 豊中駅前まちづくり協議地区の場合, 田中 晃代, 久 隆浩, 芦田 英機, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1995年07月20日
  • 日本における住民参加型まちづくり論の変遷に関する研究(1970-94), 中沢 篤志, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1995年07月20日
  • 日本における住民参加型まちづくり論の年代別比較・考察(1970〜94)(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 田中 晃代, 中沢 篤志, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1995年06月13日
  • まちづくり条例における計画策定プロセスに関する研究(都市計画), 田中 晃代, 久 隆浩, 芦田 英機, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1995年06月13日
  • 都市計画に関連する条例の意義とその動向からみたまちづくりの変遷, 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1994年07月25日
  • まちづくり条例の成立過程とその意義 : 地区計画的環境管理システムの構築にむけて(都市計画), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1994年06月07日
  • 商業地区の地区特性と再生計画 : 神戸市の市街地における商店街を事例とする分析, 田中 晃代, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1993年07月25日
  • 商店主のまちづくりに至るまでの共同意識の芽生えとその展開 : 神戸市の市街地における商店街を事例とする分析(都市計画), 田中 晃代, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1993年06月07日
  • 家族生活の場にあらわれた行動のしかたの型 : 現代住居の住様式に関する実証的研究-大阪地域の都市部の独立住居における典型事例の場合 その2(建築計画), 塩谷 寿翁, 田中 晃代, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1992年06月02日
  • 家族生活の場でおこなわれる行為とその領域 : 現代住居の住様式に関する実証的研究-大阪地域の都市部の独立住居における典型事例の場合 その1(建築計画), 塩谷 寿翁, 田中 晃代, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1992年06月02日
  • 現代住居の家族生活にあらわれた行動の型 : 関西地域における都市部の住居の典型事例の場合 その2 生活行為の領域と行動類型, 田中 晃代, 塩谷 寿翁, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1991年08月01日
  • 現代住居の家族生活にあらわれた行動の型 : 関西地域における都市部の住居の典型事例の場合 その1 方法の構築にむけて;試論の展開, 塩谷 寿翁, 田中 晃代, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1991年08月01日
  • 写真資料にあらわれた住居における行動の型(1950年代の日本の農村住居の場合) : その2 住生活行為と動作・姿勢との関係(建築計画), 塩谷 寿翁, 田中 晃代, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1991年05月07日
  • 写真資料にあらわれた住居における行動の型(1950年代の日本の農村住居の場合) : その1 方法の構築にむけて;試論の展開(建築計画), 塩谷 寿翁, 田中 晃代, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系,   1991年05月07日

受賞

  • 2000年度日本都市計画学会論文奨励賞受賞

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 市民社会と新たな公共, 近畿大学
  • 都市計画Ⅱ, 大阪工業大学
  • 都市計画特論, 大阪工業大学
  • 市民参加論, 近畿大学
  • まちづくり論, 近畿大学
  • 市民組織論, 近畿大学