KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

團 泰雄ダン ヤスオ

プロフィール

所属部署名経営学部 経営学科 / 商学研究科
職名教授
学位博士(経営学)
専門人的資源管理論
ジャンル経営・産業/経営
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/94-dan-yasuo.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    日本企業の人的資源管理、特に雇用管理について研究しています。研究テーマは出向、転籍、エンプロアビリティ、雇用がメンタルヘルスに及ぼす影響についてです。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1998年, 神戸大学, 経営学研究科, 日本企業経営専攻
  •  - 1992年, 滋賀大学, 経済学部, 経営

経歴

  •   2010年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   1997年,  - 2000年, 名古屋商科大学 専任講師
  •   2000年,  - 2003年,  近畿大学経営学部 専任講師
  •   2003年, - 近畿大学経営学部 准教授

研究活動情報

研究分野

  • 経営学, 経営学

研究キーワード

  • 人的資源管理

書籍等出版物

  • 入門 人的資源管理(第2版), 奥林康司・上林憲雄・平野光俊, 分担執筆,   2010年04月
  • 企業変革のマネジメント, 若林直樹・松山一紀, 分担執筆,   2008年04月
  • 経験から学ぶ経営学入門, 上林 憲雄, 團 泰雄, 奥林 康司, 森田 雅也, 開本 浩矢, 竹林 明, 共著,   2007年04月
  • 入門 組織行動論, 開本 浩矢, 分担執筆, 中央経済社,   2007年04月
  • 奥村康司編『入門・人的資源管理』 (86頁~104頁), 第Ⅲ部 第7章 雇用管理, 團 泰雄, 共著, 中央経済社,   2003年05月
    概要:人的資源管理について総合的・体系的に解説した教科書における分担執筆部分。日本企業における終身雇用を中心とした雇用管理の合理性、限界などについて解説し、最新の動向であるエンプロイヤビリティに関する議論についても解説している。(分担執筆)

MISC

  • 出向・転籍研究の展望―企業間人材移動分析への課題―, 團 泰雄, 商経学叢, 52, 3, 129, 145,   2006年03月
    概要:本稿では、出向・転籍に関する最近の新たな展開を踏まえた研究を3つのアプローチに分類し、それぞれについて検討を行う。そして、今後の出向・転籍研究において分析・検証すべき課題を提示する。
  • 企業グループ組織の変化と人的資源管理, 團 泰雄, 商経学叢, 55, 3,   2009年03月
  • 山本 寛著『人材定着のマネジメント―経営組織のリテンション研究―』, 團 泰雄, 組織科学, 43, 2,   2009年12月
  • グループ経営の展開と出向・転籍-A社のケース, 團 泰雄, 商経学叢, 56, 3,   2010年03月
  • 平成23年度厚生労働科学研究費補助金(労働安全衛生総合研究事業)総括研究報告書「諸外国の産業精神保健法制度の背景・特徴・効果とわが国への適応可能性に関する調査研究」・分担研究報告書「イギリスの産業精神保健法制度」, 三柴 丈典, 團 泰雄, 井村 真己, 水島 郁子, 勝亦 啓文, 長谷川 珠子, 白波瀬 丈一郎, 梶木 繁之, 鈴木 俊晴, 平成23年度厚生労働科学研究費補助金(労働安全衛生総合研究事業)「諸外国の産業精神保健法制度の背景・特徴・効果とわが国への適応可能性に関する調査研究」総括・分担研究報告書, 3, 146,   2012年03月
  • 企業グループにおける人事管理, 六甲台論集, 41, 4,   1995年
  • 出向研究の新たな課題, 六甲台論集-経営学編, 43, 1,   1996年
  • 企業グループと出向, 組織管理-組織と個人のつながり,   1997年
  • 出向に関する議論の再検討―企業グループにおける出向問題の分析に向けて, NUCB JOURNAL OF ECONOMICS AND MANAGEMENT, 44, 1,   1999年
  • 企業グループにおける若年・中堅層出向の展開, 日本経営学会誌, 7,   2001年
  • 企業グループにおける『統合』問題と出向, 商経学叢, 48, 1,   2001年
  • 日本企業の組織再編に伴う人事労務管理上の諸問題に関する一考察-企業間人材移動の観点から, 商経学叢, 49, 1,   2002年
  • 日本におけるエンプロイヤビリティ定着への課題 , 商経学叢, 49, 3、363-380ページ,   2003年
  • 企業グループにおける処遇・教育訓練機会の企業間格差-その意味と近年の変化, 商経学叢, 51-2、45-66ページ,   2004年

競争的資金

  • 日本の企業グループにおける人事労務管理に関する研究