KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

大野 司郎オオノ シロウ

プロフィール

所属部署名総合社会学部 環境・まちづくり系専攻 / 総合文化研究科
職名講師
学位修士(工学)
専門地盤環境学・地盤工学・まちづくりの基盤整備
ジャンル社会/都市問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1031-oono-shirou.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70274488.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    地盤工学を主軸とし、地域のまちづくり・基盤整備について研究しています。都市地盤の液状化や空洞等の地盤調査が得意な分野で、ゴミの再資源化など地域特有の工学的解決にも取り組んでいます。

学歴・経歴

経歴

  •   2003年,  - 2005年, 近畿大学(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 土木工学, 地盤工学

研究キーワード

  • 支持力, 粒子破砕, 破壊モード, 圧縮性, , 先端支持力, 初期応力, 破砕性, , 固結度, 透水性, 個別要素法, 遠心力装置, AE, 一次元圧縮, 側方応力, グラウト, 土粒子硬さ, リングカット工法, 三軸, 摩擦角, 現場計測, 軟弱地盤, 切羽, 主応力回転, 沈下, 3次元有限要素解析, ロボット, トンネル, 粗度

講演・口頭発表等

  • 動的解析によるトンネル切羽の安定性評価, 久武 勝保, 大野 司郎, 伊賀上英伸, 木村正樹 鳥居敏, 第13 回トンネル工学研究発表会(東京),   2003年11月, 第13 回トンネル工学研究発表会(東京)
    概要:切羽安定問題のCEM 数値解析結果について、既に有効性の確認できた判定式で検証し、本CEM で切羽挙動を定量的に算定できることを示した。また、切羽で施工される先受け工法の有効性をCEM で明らかにした。

MISC

  • トンネルの安定性に対するインバート工の効果に関する遠心模型実験 (土木学会論文集F1(トンネル工学)特集号), 久武 勝保, 大野 司郎, 大前 幸寛, 土木学会論文集. F1, トンネル工学, 67, 3, 1, 8,   2011年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019131315
  • トンネルリングカット工法による切羽前方地盤の沈下抑制効果, 久武 勝保, 大野 司郎, 片山 達章, 土木学会論文集 F1 トンネル工学, 66, 1, 41, 48,   2010年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017656525
  • RPDによる連続打撃動的貫入試験と傾斜サウンディングへの適用(<特集>地盤調査技術の現状と課題), 中野 義仁, 柴田 東, 倉岡 研一, 大野 司郎, 地盤工学会誌, 58, 8, 18, 21,   2010年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007681705
    概要:We developed Continuous Percussion Penetration Test by RPD and, in sandy grounds of Niigata and Karatu, examined applicability for Inclined Sounding. As a result, even Inclined direction was able to confirm that we could evaluate a change of the compaction degree of the sandy grounds. Soil investigation right under established structure is possible without influence on the established structure by using the Continuous Percussion Penetration Test by RPD as inclined Sounding.
  • トンネル核残し工法の変位抑止・切羽安定効果の遠心模型実験, 久武 勝保, 大野 司郎, 片山 達章, トンネル工学論文集, 17, 1, 8,   2007年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015838221
  • トンネル遠心模型実験における掘削ロボットの開発とその先受け工法への適用, 久武 勝保, 大野 司郎, 佐野 真介, トンネル工学論文集, 15, 23, 30,   2005年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015199191
  • PILE END-BEARING CAPACITY OF SAND RELATED TO SOIL COMPRESSIBILITY, 安福 規之, 落合 英俊, 大野 司郎, 地盤工学会論文報告集, 41, 4, 59, 71,   2001年08月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003946268
    概要:A simple method based on theoretical and experimental considerations is presented to predict the pile end bearing capacity and load-settlement curve in sands in relation to soil compressibility. The key to the method is in the assumption of a failure mode with a spherical cavity expansion pressure given as a function of the soil compressibility, shear stiffness and friction angle. The practical prediction of pile end-bearing capacity in sandy ground is discussed in terms of a compressibility factor, friction angle and shear stiffness. Further, the pile tip settlement behaviour is also discussed based on an empirical model incorporating the pile end bearing capacity from a cavity expansion analysis with a Kondner type hyperbolic function. The applicability of the proposed method is verified by comparing the predicted results with the results from a series of model pile load tests and a database for in-situ pile load tests in sands.
  • 圧縮性を考慮した杭先端支持力の実用的評価式とその適用(<小特集>破砕性地盤の工学的性質), 安福 規之, 落合 英俊, 大野 司郎, 土と基礎, 49, 3, 12, 15,   2001年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003968966
    概要:A simple and rational method for evaluating the end bearing capacity and the tip settlement of pile driven in sandy ground has been developed on the basis of the theoretical and experimental considerations. This method assumes a failure mode with spherical cavity expansion pressure, taking account of the compressibility of soil. The effects of the compressibility, and shear stiffness of sand friction angle on the pile end-bearing capacity are discussed, together with the practical determination procedure of the experimental parameters needed in the model related to the information of soil data. The applicability of the proposed method is verified in comparison with the results of model tests as well as in situ pile loading tests on sandy grounds.
  • トンネル切羽の安定・崩壊挙動の動的解析, 久武 勝保, 大野 司郎, 佐藤光平, トンネル工学研究論文報告集, 11, 1, 8,   2001年11月
    概要:地盤の連続体・不連続体挙動を統一的に解析できる CEM 動的解析手法を用いて、トンネル切羽の安定・崩壊特性を求め、 この結果と模型実験結果を比較しつつ切羽周辺の地盤挙動を明らかにした。
  • トンネル切羽周辺挙動の動的数値解析, 久武 勝保, 大野 司郎, 佐藤光平, トンネル工学研究論文・報告集, 11, 1, 8,   2001年11月
    概要:本研究は統一解析手法であるCEM(Contact Element Method)を用いて,切羽の安定・崩壊特性及び、切羽周辺地盤の変形特性を解析し、この結果と模型実験結果を比較しつつ切羽周辺の地盤挙動を明らかにする事を目的とする.まず切羽の安定性を評価する際に,トンネル進行の施工過程を考慮する必要性を示した.次に,切羽周辺の地盤挙動を変位ベクトル、および最大せん断ひずみにより表示し、これにより切羽崩壊の進展状況を明らかにした後,切羽の安定・崩壊挙動に及ぼす粘着力と摩擦角の影響について検討した。
  • 動的解析によるトンネル切羽の安定性評価, 久武 勝保, 大野 司郎, 伊賀上英伸, 応用地質株式会社, 応用地質株式会社, トンネル工学研究論文報告集 Proceedings of tunnel engineering, JSCE, 13, 501, 506,   2003年11月
    概要:地盤の不連続体挙動を取り扱う事の出来る個別要素法に、連続体としての機能を付与させ、連続体挙動から破壊現象に至るまでを統一的に表現できるCEM(Contact Element Method)を用いて、切羽の安定・崩壊特性、および切羽周辺地盤の変形特性を動的に解明した。
  • 木質系材料からのバイオプラスチックの製造とその基礎的性状, 麓 隆行, 平山卓志, 大野 司郎, 木材利用研究論文報告集9, 120, 127,   2010年08月

受賞

  • 平成15年度地盤工学会 事業企画賞受賞(幹事グループ:代表者)