KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

白川 治シラカワ オサム

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任
学位医学博士
専門気分障害、自殺研究、臨床精神薬理
ジャンル医療・健康/メンタルヘルス
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/854-shirakawa-osamu.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/40243307.ja.html
メールアドレスsirakawa[at]med.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    気分障害の臨床、特に双極性障害(躁うつ病)の診断と治療を中心に、光トポグラフィー等による自殺傾性を含む精神症状や精神疾患の客観的な評価法の開発に取り組んでいます。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2015/03/10
     読売テレビ「 かんさい情報ネットten.」
     妄想性障害について。

学歴・経歴

経歴

  •   2007年07月, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 精神神経科学
  • 基礎医学, 病態医化学, 精神薬理学

研究キーワード

  • 光トポグラフィー, うつ病, 双極性障害, 精神分裂病, 遺伝子多型, 死後脳, 自殺, フェンサイクリジン, メタンフェタミン, NMDA受容体, 細胞内情報伝達, グルタミン酸, mRNA, 神経内分泌, 動物モデル, 生物学, PCR, 覚せい剤, 興奮性アミノ酸, 神経画像, 扁桃体, トランスポーター, セロトニン, 遺伝子発現, フェンシクリジン, 薬物依存, 遺伝子変異, 認知機能, 遺伝子, 統合失調症, 法医解剖, 逆耐性, セロニントランスポーター

論文

  • Effectiveness of assertive case management on repeat self-harm in patients admitted for suicide attempt: Findings from ACTION-J study., Furuno T, Nakagawa M, Hino K, Yamada T, Kawashima Y, Matsuoka Y, Shirakawa O, Ishizuka N, Yonemoto N, Kawanishi C, Hirayasu Y, Journal of affective disorders, 225, 460, 465,   2017年08月, 査読有り
  • Aberrant telomere length and mitochondrial DNA copy number in suicide completers., Otsuka I, Izumi T, Boku S, Kimura A, Zhang Y, Mouri K, Okazaki S, Shiroiwa K, Takahashi M, Ueno Y, Shirakawa O, Sora I, Hishimoto A, Scientific reports, 7, 1, 3176,   2017年06月, 査読有り
  • Pareidolic illusions of a patient with suspected late-onset, sleep-related epilepsy., Takaya M, Atsumi M, Ishii K, Shirakawa O, Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society,   2017年04月, 査読有り
  • Do cultural factors still exert an impact on the suicide rate in Japan?, Shirakawa O, Psychiatry and clinical neurosciences, 71, 1, 1,   2017年01月, 査読有り
  • Association study of MIF promoter polymorphisms with suicide completers in the Japanese population., Shimmyo N, Hishimoto A, Otsuka I, Okazaki S, Boku S, Mouri K, Horai T, Takahashi M, Ueno Y, Shirakawa O, Sora I, Neuropsychiatric disease and treatment, 13, 899, 908,   2017年, 査読有り
  • Reduced left precentral regional responses in patients with major depressive disorder and history of suicide attempts., Tsujii N, Mikawa W, Tsujimoto E, Adachi T, Niwa A, Ono H, Shirakawa O, PloS one, 12, 4, e0175249,   2017年, 査読有り
  • The cell cycle-related genes as biomarkers for schizophrenia., Okazaki S, Boku S, Otsuka I, Mouri K, Aoyama S, Shiroiwa K, Sora I, Fujita A, Shirai Y, Shirakawa O, Kokai M, Hishimoto A, Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry, 70, 85, 91,   2016年10月, 査読有り
  • Relationship between prefrontal hemodynamic responses and quality of life differs between melancholia and non-melancholic depression., Tsujii N, Mikawa W, Tsujimoto E, Akashi H, Adachi T, Kirime E, Shirakawa O, Psychiatry research, 253, 26, 35,   2016年07月, 査読有り
  • Cognitive impairment before changes appear on [18F]-fluoro-D-glucose positron emission tomography images in a patient with possible early-stage cerebellar-predominant multiple system atrophy., Takaya M, Atsumi M, Hirose T, Ishii K, Shirakawa O, Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society, 16, 3, 216, 221,   2016年05月, 査読有り
  • Treatment discontinuation and tolerability as a function of dose and titration of duloxetine in the treatment of major depressive disorder., Harada E, Shirakawa O, Satoi Y, Marangell LB, Escobar R, Neuropsychiatric disease and treatment, 12, 89, 97,   2016年, 査読有り
  • A decrease in protein level and a missense polymorphism of KIF17 are associated with schizophrenia., Ratta-Apha W, Mouri K, Boku S, Ishiguro H, Okazaki S, Otsuka I, Sora I, Arinami T, Shirakawa O, Hishimoto A, Psychiatry research, 230, 2, 424, 429,   2015年12月, 査読有り
  • Association analysis of the HLA-DRB1*01 and HLA-DRB1*04 with schizophrenia by tag SNP genotyping in the Japanese population., Ratta-apha W, Boku S, Mouri K, Okazaki S, Otsuka I, Watanabe Y, Nunokawa A, Someya T, Shirakawa O, Sora I, Hishimoto A, Psychiatry research, 229, 1-2, 627, 628,   2015年09月, 査読有り
  • Left temporal activation associated with depression severity during a verbal fluency task in patients with bipolar disorder: a multichannel near-infrared spectroscopy study., Mikawa W, Tsujii N, Akashi H, Adachi T, Kirime E, Shirakawa O, Journal of affective disorders, 173, 193, 200,   2015年03月, 査読有り
  • Prefrontal cortex activation is associated with a discrepancy between self- and observer-rated depression severities of major depressive disorder: a multichannel near-infrared spectroscopy study., Akashi H, Tsujii N, Mikawa W, Adachi T, Kirime E, Shirakawa O, Journal of affective disorders, 174, 165, 172,   2015年03月, 査読有り
  • Prevalence and predictors of bipolar disorders in patients with a major depressive episode: the Japanese epidemiological trial with latest measure of bipolar disorder (JET-LMBP)., Inoue T, Inagaki Y, Kimura T, Shirakawa O, Journal of affective disorders, 174, 535, 541,   2015年03月, 査読有り
  • Association analysis of the Cadherin13 gene with schizophrenia in the Japanese population., Otsuka I, Watanabe Y, Hishimoto A, Boku S, Mouri K, Shiroiwa K, Okazaki S, Nunokawa A, Shirakawa O, Someya T, Sora I, Neuropsychiatric disease and treatment, 11, 1381, 1393,   2015年, 査読有り
  • Assessment of copy number variations in the brain genome of schizophrenia patients., Sakai M, Watanabe Y, Someya T, Araki K, Shibuya M, Niizato K, Oshima K, Kunii Y, Yabe H, Matsumoto J, Wada A, Hino M, Hashimoto T, Hishimoto A, Kitamura N, Iritani S, Shirakawa O, Maeda K, Miyashita A, Niwa S, Takahashi H, Kakita A, Kuwano R, Nawa H, Molecular cytogenetics, 8, 46,   2015年, 査読有り
  • Right temporal activation differs between melancholia and nonmelancholic depression: a multichannel near-infrared spectroscopy study., Tsujii N, Mikawa W, Akashi H, Tsujimoto E, Adachi T, Kirime E, Takaya M, Yanagi M, Shirakawa O, Journal of psychiatric research, 55, 1, 7,   2014年08月, 査読有り
  • Discrepancy between self- and observer-rated depression severities as a predictor of vulnerability to suicide in patients with mild depression., Tsujii N, Akashi H, Mikawa W, Tsujimoto E, Niwa A, Adachi T, Shirakawa O, Journal of affective disorders, 161, 144, 149,   2014年06月, 査読有り
  • Association analysis of putative cis-acting polymorphisms of interleukin-19 gene with schizophrenia., Okazaki S, Watanabe Y, Hishimoto A, Sasada T, Mouri K, Shiroiwa K, Eguchi N, Ratta-Apha W, Otsuka I, Nunokawa A, Kaneko N, Shibuya M, Someya T, Shirakawa O, Sora I, Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry, 50, 151, 156,   2014年04月, 査読有り
  • Haplotype analysis of the DISC1 Ser704Cys variant in Japanese suicide completers., Ratta-apha W, Hishimoto A, Mouri K, Shiroiwa K, Sasada T, Yoshida M, Okazaki S, Supriyanto I, Asano M, Ueno Y, Shirakawa O, Sora I, Psychiatry research, 215, 1, 249, 251,   2014年01月, 査読有り
  • Association analysis of the DISC1 gene with schizophrenia in the Japanese population and DISC1 immunoreactivity in the postmortem brain., Ratta-Apha W, Hishimoto A, Mouri K, Shiroiwa K, Sasada T, Yoshida M, Supriyanto I, Ueno Y, Asano M, Shirakawa O, Togashi H, Takai Y, Sora I, Neuroscience research, 77, 4, 222, 227,   2013年12月, 査読有り
  • Association study of BDNF with completed suicide in the Japanese population., Ratta-Apha W, Hishimoto A, Yoshida M, Ueno Y, Asano M, Shirakawa O, Sora I, Psychiatry research, 209, 3, 734, 736,   2013年10月, 査読有り
  • A missense mutation in the ITGA8 gene, a cell adhesion molecule gene, is associated with schizophrenia in Japanese female patients., Supriyanto I, Watanabe Y, Mouri K, Shiroiwa K, Ratta-Apha W, Yoshida M, Tamiya G, Sasada T, Eguchi N, Okazaki K, Shirakawa O, Someya T, Hishimoto A, Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry, 40, 347, 352,   2013年01月, 査読有り
  • Haplotypes in the expression quantitative trait locus of interleukin-1β gene are associated with schizophrenia., Yoshida M, Shiroiwa K, Mouri K, Ishiguro H, Supriyanto I, Ratta-Apha W, Eguchi N, Okazaki S, Sasada T, Fukutake M, Hashimoto T, Inada T, Arinami T, Shirakawa O, Hishimoto A, Schizophrenia research, 140, 1-3, 185, 191,   2012年09月, 査読有り
  • Association study of EP1 gene polymorphisms with suicide completers in the Japanese population., Cui H, Supriyanto I, Sasada T, Shiroiwa K, Fukutake M, Shirakawa O, Asano M, Ueno Y, Nagasaki Y, Hishimoto A, Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry, 35, 4, 1108, 1111,   2011年06月, 査読有り
  • Association of calcineurin A gamma subunit (PPP3CC) and early growth response 3 (EGR3) gene polymorphisms with susceptibility to schizophrenia in a Japanese population., Kyogoku C, Yanagi M, Nishimura K, Sugiyama D, Morinobu A, Fukutake M, Maeda K, Shirakawa O, Kuno T, Kumagai S, Psychiatry research, 185, 1-2, 16, 19,   2011年01月, 査読有り
  • Association of FKBP5 gene haplotypes with completed suicide in the Japanese population., Supriyanto I, Sasada T, Fukutake M, Asano M, Ueno Y, Nagasaki Y, Shirakawa O, Hishimoto A, Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry, 35, 1, 252, 256,   2011年01月, 査読有り
  • A common polymorphism in the 3'-UTR of the NOS1 gene was associated with completed suicides in Japanese male population., Cui H, Supriyanto I, Asano M, Ueno Y, Nagasaki Y, Nishiguchi N, Shirakawa O, Hishimoto A, Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry, 34, 6, 992, 996,   2010年08月, 査読有り
  • A putative cis-acting polymorphism in the NOS1 gene is associated with schizophrenia and NOS1 immunoreactivity in the postmortem brain., Cui H, Nishiguchi N, Yanagi M, Fukutake M, Mouri K, Kitamura N, Hashimoto T, Shirakawa O, Hishimoto A, Schizophrenia research, 121, 1-3, 172, 178,   2010年08月, 査読有り
  • Association study of RGS2 gene polymorphisms with panic disorder in Japanese., Mouri K, Hishimoto A, Fukutake M, Nishiguchi N, Shirakawa O, Maeda K, The Kobe journal of medical sciences, 55, 5, E116, 21,   2010年04月, 査読有り
  • Common genetic variations in TPH1/TPH2 genes are not associated with schizophrenia in Japanese population., Shiroiwa K, Hishimoto A, Mouri K, Fukutake M, Supriyanto I, Nishiguchi N, Shirakawa O, Neuroscience letters, 472, 3, 194, 198,   2010年03月, 査読有り
  • TPH2 is not a susceptibility gene for suicide in Japanese population., Mouri K, Hishimoto A, Fukutake M, Shiroiwa K, Asano M, Nagasaki Y, Ueno Y, Shirakawa O, Nishiguchi N, Maeda K, Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry, 33, 8, 1546, 1550,   2009年11月, 査読有り
  • Differentiation between attention-deficit/hyperactivity disorder and pervasive developmental disorders with hyperactivity on objective activity levels using actigraphs., Tsujii N, Okada A, Kaku R, Kuriki N, Hanada K, Shirakawa O, Psychiatry and clinical neurosciences, 63, 3, 336, 343,   2009年06月, 査読有り
  • [Psychiatric care at the general ward of a hospital with a specific function and operated under the DPC system]., Shirakawa O, Hitomi Y, Kirimi E, Azuma M, Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica, 111, 5, 567, 571,   2009年, 査読有り
  • Association of alpha2A-adrenergic receptor gene polymorphism with susceptibility to suicide in Japanese females., Fukutake M, Hishimoto A, Nishiguchi N, Nushida H, Ueno Y, Shirakawa O, Maeda K, Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry, 32, 6, 1428, 1433,   2008年08月, 査読有り
  • Association of RGS2 gene polymorphisms with suicide and increased RGS2 immunoreactivity in the postmortem brain of suicide victims., Cui H, Nishiguchi N, Ivleva E, Yanagi M, Fukutake M, Nushida H, Ueno Y, Kitamura N, Maeda K, Shirakawa O, Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology, 33, 7, 1537, 1544,   2008年06月, 査読有り
  • Expression of Kruppel-like factor 5 gene in human brain and association of the gene with the susceptibility to schizophrenia., Yanagi M, Hashimoto T, Kitamura N, Fukutake M, Komure O, Nishiguchi N, Kawamata T, Maeda K, Shirakawa O, Schizophrenia research, 100, 1-3, 291, 301,   2008年03月, 査読有り
  • Lack of association between the dopamine transporter gene 3' VNTR polymorphism and attention deficit hyperactivity disorder in Chinese Han children: case-control and family-based studies., Wang Y, Wang Z, Yao K, Tanaka K, Yang Y, Shirakawa O, Maeda K, The Kobe journal of medical sciences, 53, 6, 327, 333,   2008年02月, 査読有り
  • Lack of association between endoplasmic reticulum stress response genes and suicidal victims., Sakurai K, Nishiguchi N, Shirakawa O, Nushida H, Ueno Y, Maeda K, Hayashi Y, The Kobe journal of medical sciences, 53, 4, 151, 155,   2007年, 査読有り
  • Assessment of the dexamethasone/CRH test as a state-dependent marker for hypothalamic-pituitary-adrenal (HPA) axis abnormalities in major depressive episode: a Multicenter Study., Kunugi H, Ida I, Owashi T, Kimura M, Inoue Y, Nakagawa S, Yabana T, Urushibara T, Kanai R, Aihara M, Yuuki N, Otsubo T, Oshima A, Kudo K, Inoue T, Kitaichi Y, Shirakawa O, Isogawa K, Nagayama H, Kamijima K, Nanko S, Kanba S, Higuchi T, Mikuni M, Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology, 31, 1, 212, 220,   2006年01月, 査読有り
  • No evidence of an association between tyrosine hydroxylase gene polymorphisms and suicide victims., Hattori H, Shirakawa O, Nishiguchi N, Nushida H, Ueno Y, Maeda K, The Kobe journal of medical sciences, 52, 6, 195, 200,   2006年, 査読有り
  • Lack of an association between 5-HT receptor gene polymorphisms and suicide victims., Okamura K, Shirakawa O, Nishiguchi N, Ono H, Nushida H, Ueno Y, Maeda K, Psychiatry and clinical neurosciences, 59, 3, 345, 349,   2005年06月, 査読有り
  • Association of 14-3-3 epsilon gene haplotype with completed suicide in Japanese., Yanagi M, Shirakawa O, Kitamura N, Okamura K, Sakurai K, Nishiguchi N, Hashimoto T, Nushida H, Ueno Y, Kanbe D, Kawamura M, Araki K, Nawa H, Maeda K, Journal of human genetics, 50, 4, 210, 216,   2005年, 査読有り
  • Novel missense polymorphism in the regulator of G-protein signaling 10 gene: analysis of association with schizophrenia., Hishimoto A, Shirakawa O, Nishiguchi N, Aoyama S, Ono H, Hashimoto T, Maeda K, Psychiatry and clinical neurosciences, 58, 5, 579, 581,   2004年10月, 査読有り
  • Association between catechol-O-methyltransferase functional polymorphism and male suicide completers., Ono H, Shirakawa O, Nushida H, Ueno Y, Maeda K, Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology, 29, 7, 1374, 1377,   2004年07月, 査読有り
  • Serotonin transporter regulatory region polymorphism is associated with anorexia nervosa., Matsushita S, Suzuki K, Murayama M, Nishiguchi N, Hishimoto A, Takeda A, Shirakawa O, Higuchi S, American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics, 128B, 1, 114, 117,   2004年07月, 査読有り
  • Association of cholecystokinin-A receptor gene polymorphisms and panic disorder in Japanese., Miyasaka K, Yoshida Y, Matsushita S, Higuchi S, Shirakawa O, Shimokata H, Funakoshi A, American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics, 127B, 1, 78, 80,   2004年05月, 査読有り
  • [Psychotic symptoms in old age]., Shirakawa O, Fukutake M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 62 Suppl 4, 56, 61,   2004年04月, 査読有り
  • Synapse-associated protein 90/postsynaptic density-95-associated protein (SAPAP) is expressed differentially in phencyclidine-treated rats and is increased in the nucleus accumbens of patients with schizophrenia., Kajimoto Y, Shirakawa O, Lin XH, Hashimoto T, Kitamura N, Murakami N, Takumi T, Maeda K, Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology, 28, 10, 1831, 1839,   2003年10月, 査読有り
  • Mutation and association analysis of the DAP-1 gene with schizophrenia., Aoyama S, Shirakawa O, Ono H, Hashimoto T, Kajimoto Y, Maeda K, Psychiatry and clinical neurosciences, 57, 5, 545, 547,   2003年10月, 査読有り
  • [Graft schizophrenia]., Shirakawa O, Yanagi M, Hattori H, Ryoikibetsu shokogun shirizu, 38, 68, 70,   2003年, 査読有り
  • Selective reduction of a PDZ protein, SAP-97, in the prefrontal cortex of patients with chronic schizophrenia., Toyooka K, Iritani S, Makifuchi T, Shirakawa O, Kitamura N, Maeda K, Nakamura R, Niizato K, Watanabe M, Kakita A, Takahashi H, Someya T, Nawa H, Journal of neurochemistry, 83, 4, 797, 806,   2002年11月, 査読有り
  • Decreased calcineurin and increased phosphothreonine-DARPP-32 in the striatum of rats behaviorally sensitized to methamphetamine., Lin XH, Hashimoto T, Kitamura N, Murakami N, Shirakawa O, Maeda K, Synapse (New York, N.Y.), 44, 3, 181, 187,   2002年06月, 査読有り
  • Lack of an association between 5-HT1A receptor gene structural polymorphisms and suicide victims., Nishiguchi N, Shirakawa O, Ono H, Nishimura A, Nushida H, Ueno Y, Maeda K, American journal of medical genetics, 114, 4, 423, 425,   2002年05月, 査読有り
  • No evidence of an association between a functional monoamine oxidase a gene polymorphism and completed suicides., Ono H, Shirakawa O, Nishiguchi N, Nishimura A, Nushida H, Ueno Y, Maeda K, American journal of medical genetics, 114, 3, 340, 342,   2002年04月, 査読有り
  • Differential changes in glutamatergic transmission via N-methyl-D-aspartate receptors in the hippocampus and striatum of rats behaviourally sensitized to methamphetamine., Yamamoto H, Kitamura N, Lin XH, Ikeuchi Y, Hashimoto T, Shirakawa O, Maeda K, The international journal of neuropsychopharmacology, 2, 3, 155, 163,   1999年09月, 査読有り

MISC

  • うつ病診療で考えておくべきこと, 白川治, 臨床精神医学, 46, 5, 652‐653,   2017年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702211104662942
  • なかなか回復しないうつ病を診ている治療者と患者へのワンポイントアドバイス うつ病診療で考えておくべきこと, 白川 治, 臨床精神医学, 46, 5, 652, 653,   2017年05月
  • 経時的な観察により統合失調症の併存が疑われた自閉スペクトラム症の1例, 平野愛佳, 辻井農亜, 三川和歌子, 阪中聡一郎, 安達融, 柳雅也, 白川治, 精神神経学雑誌, 119, 4, 274,   2017年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702230426291991
  • 自殺対策のための地域ネットワークづくりとそのあり方―市町村との事例検討会開催を通じた取り組み―, 丹羽篤, 和田照平, 和田照平, 細見史治, 廣瀬智之, 矢野貴詩, 後藤雄一朗, 辻井農亜, 藤田のぶ, 藤田のぶ, 上村眞須子, 岡田縁, 白川治, 精神神経学雑誌, 119, 4, 271,   2017年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702285030173710
  • 慢性疼痛を伴う双極性障害にラモトリギンが有効であった1例, 廣瀬智之, 明石浩幸, 切目栄司, 高屋雅彦, 池田真優子, 川久保善宏, 白川治, 精神神経学雑誌, 119, 4, 276,   2017年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702286043702793
  • 抑うつ障害群 うつ病(DSM‐5)/大うつ病性障害, 辻井農亜, 白川治, 日本臨床, 507‐511,   2017年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702242949701821
  • 未服薬統合失調症患者の死後脳前頭前野におけるヘモグロビンタンパク量の変化, 柳 雅也, Tamminga Carol A., 白川 治, 先進医薬研究振興財団研究成果報告集, 2016年度, 52, 53,   2017年03月
  • 【精神医学症候群(第2版)-発達障害・統合失調症・双極性障害・抑うつ障害-】 抑うつ障害群 うつ病(DSM-5)/大うつ病性障害, 辻井 農亜, 白川 治, 日本臨床, 別冊, 精神医学症候群I, 507, 511,   2017年03月
  • 大うつ病エピソードを呈する気分障害患者における自殺関連事象の発現頻度とその関連因子の検討, 井上猛, 稲垣芳文, 木村敏史, 田辺肇, 白川治, 臨床精神医学, 46, 2, 215‐226, 226,   2017年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702225689662091
    概要:Japanese epidemiological trial with latest measure of bipolar disorder(JET-LMBP study)で得られた情報をもとに、大うつ病エピソードを呈する外来気分障害患者448例(20〜65歳)を対象に、大うつ病エピソードを呈する双極性障害および大うつ病性障害における自殺関連事象の発現頻度、小児期虐待、人口動態学因子、臨床的因子を含む75の包括的因子を対象に、自殺関連事象に関連する因子について検討した。双極性障害において強い自殺念慮を有する患者は40.4%、自殺企図歴を有する患者は38.6%であり、大うつ病性障害患者の場合よりも有意に高かった。多変量ロジスティック回帰分析により、現在の自殺念慮に対する関連因子として、自殺企図歴および抑うつ症状の重症度が同定された。また、自殺企図歴に対する関連因子として、精神科入院歴およびこれまでの気分エピソード回数(5回以上)が同定された。双極性障害の診断は、現在の自殺念慮および自殺企図歴に対する有意な関連因子ではなかった。
  • 児童思春期患者に対する向精神薬の適応外使用について, 辻井農亜, 白川治, 児童青年精神医学とその近接領域, 58, 1, 84‐89,   2017年02月01日, 10.20615/jscap.58.1_84, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702225422220599
  • 児童領域の薬物療法の問題点 児童思春期患者に対する向精神薬の適応外使用について, 辻井 農亜, 白川 治, 児童青年精神医学とその近接領域, 58, 1, 84, 89,   2017年02月
  • 双極性障害における自殺企図歴の有無とnear‐infrared spectroscopy用いた脳賦活反応との関連, 廣瀬智之, 辻井農亜, 三川和歌子, 白川治, 日本精神神経学会総会プログラム・抄録集, 113th, S301,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702278401031624
  • 言語流暢課題の繰り返しが脳血流の賦活に及ぼす影響, 川久保善宏, 柳雅也, 細見史治, 廣瀬智之, 辻井農亜, 白川治, 日本精神神経学会総会プログラム・抄録集, 113th, S354,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702280899908038
  • 注目の新薬 イフェクサーSRカプセル(ベンラファキシン), 池田真優子, 廣瀬智之, 白川治, 診断と治療, 104, 12, 1592‐1595, 1595,   2016年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602242580360131
  • 【[改訂版]精神科・わたしの診療手順】(第4章)双極性障害および関連障害群 双極性障害(ラピッドサイクラー), 白川 治, 臨床精神医学, 45, 増刊号, 154, 156,   2016年12月
  • 治療抵抗性症例に対する急性期医療の工夫 治療抵抗性統合失調症治療のための地域ネットワーク構築の試み, 島本 卓也, 岩崎 理一, 西倉 秀哉, 岩田 和彦, 籠本 孝雄, 出口 裕彦, 井上 幸紀, 三井 浩, 木下 利彦, 小深田 博紀, 黒田 健治, 渡邊 治夫, 出口 靖之, 天正 雅美, 澤 温, 和田 照平, 白川 治, 山森 英長, 木下 真也, 米田 博, 日本精神科救急学会学術総会プログラム・抄録集, 24回, 78, 78,   2016年10月
  • 【従来型向精神薬再考-従来型薬が使われるのはどのような場合か-】 三環系抗うつ薬, 阪中 聡一郎, 白川 治, 精神科, 29, 3, 184, 189,   2016年09月
  • 三環系抗うつ薬 (特集 従来型向精神薬再考 : 従来型薬が使われるのはどのような場合か), 阪中 聡一郎, 白川 治, 精神科 = Psychiatry, 29, 3, 184, 189,   2016年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020929531
  • 大学生の抑うつ状態に対する対人関係カウンセリングの効果, 竹谷 怜子, 辻本 江美, 山本 亞実, 辻井 農亜, 白川 治, 小野 久江, 日本認知療法学会プログラム・抄録集, 16回, 157, 157,   2016年11月
  • 【うつ病】 うつ病-周辺疾患(双極性障害、適応障害、パーソナリティ障害、発達障害)との鑑別, 廣瀬 智之, 辻井 農亜, 白川 治, 最新医学, 71, 7月増刊, 1429, 1434,   2016年07月
    概要:うつ病の中核症状である抑うつ症状は,多くの精神疾患で見られ,その鑑別が問題となることも少なくない.本稿では,抑うつ症状を呈することがある,双極性障害,適応障害,パーソナリティ障害,発達障害と,うつ病との鑑別について述べた.抑うつ症状は日常診療で遭遇するありふれた精神症状であり,うつ病に対する適切な対応のためにもうつ病以外の背景精神疾患,うつ病周辺疾患についての理解が求められる.(著者抄録)
  • ラメルテオンが悪夢・不眠に奏功した特発性レム睡眠行動障害の1例, 廣瀬 智之, 髙屋 雅彦, 渥美 正彦, 白川 治, 精神医学, 58, 6, 507, 511,   2016年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020853229
    概要:近年,特発性レム睡眠行動障害(REM sleep behavior disorder;RBD)は,α-シヌクレイノパチーなどの神経変性疾患の前駆症状である可能性が指摘されている。特発性RBDでは動作緩慢・認知機能低下などが出現し得ることから,クロナゼパムを第1選択薬とした薬物治療においては副作用に注意すべきである。ラメルテオンは鎮静・筋弛緩作用や認知機能低下へのリスクが比較的少ない薬剤であり,神経変性疾患を考慮した薬物治療として有用な可能性がある。しかし,ラメルテオンの特発性RBDに対する有効例の報告はほとんどない。我々は,特発性RBDの悪夢・不眠に対しラメルテオンが奏功した症例を経験したため,文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)
  • 発達障害と双極性障害 衝動性・攻撃性の視点から 精神医学における衝動性と攻撃性, 白川 治, Bipolar Disorder, 14, 57, 68,   2016年06月
  • 双極性障害における自殺傾性と脳機能の関連 Near-Infrared spectroscopyを用いた検討, 辻井 農亜, 三川 和歌子, 明石 弘幸, 辻本 江美, 丹羽 篤, 矢野 貴詩, 細見 史治, 小野 久江, 白川 治, Bipolar Disorder, 14, 25, 31,   2016年06月
    概要:双極性患者における自殺企図歴の有無による実行機能課題中の脳機能の差異をnear-infrared spectroscopy(NIRS)により評価し、自殺傾性と関連する脳部位に機能失調が見られるか否かについて検討した。対象は双極性障害患者62例で、自殺企図歴あり群が22例、自殺企図歴なし群が40例であった。診断はDSM-IVに準拠し、精神疾患簡易構造化面接法(MINI)を用いた。双極性障害I型障害と診断されたのが25例、双極性障害II型と診断されたのが37例であった。健常対照群は56例で、MINIを用いて精神疾患の存在または既往を否定されていた。解析の結果、自殺企図歴あり群・なし群ともに健常対照群よりも前頭前野、両側頭部のoxy-Hb変化量が有意に小さく、また3群間では、左背外側前頭前野(DLPFC)においてのみ有意差が認められた。今回の検討結果より、自殺企図歴のある双極性障害患者では、左DLPECの機能異常が存在する可能性が示唆された。
  • うつ病における不安焦燥の位置づけとその対応, 白川 治, 産業精神保健, 24, 増刊, 90, 90,   2016年06月
  • 神経難病在宅療養支援の職種によるニーズの差異に関する検討 研修会アンケートの分析を中心に, 花田 一志, 河野 政子, 岡島 聡, 齋藤 努, 前田 和成, 渡辺 紗弥佳, 三木 仁美, 中西 利恵, 内橋 隆行, 大洞 佳代子, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 白川 治, 福田 寛二, 老年精神医学雑誌, 27, 増刊II, 264, 264,   2016年06月
  • 統合失調症における攻撃性と脳機能との関連, 安達 融, 辻井 農亜, 三川 和歌子, 辻本 江美, 明石 浩幸, 川久保 善宏, 廣瀬 智之, 細見 史治, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2016特別号, S355, S355,   2016年06月
  • 定型および非定型抗精神病薬によるKv3.2カリウムイオンチャネルの発現調節, 柳 雅也, 白川 治, Carol Tamminga, 精神神経学雑誌, 2016特別号, S530, S530,   2016年06月
  • Psychiatry Forum 鎮静系抗うつ薬・抗精神病薬をどう使いこなすか 適正使用に向けて, 白川 治, 精神科臨床Legato, 2, 1, 32, 35,   2016年02月
  • 【DSM-5の新機軸と課題(1)-新たに登場した病名-】 DSM-5における特定用語「混合性の特徴」の意義と課題, 白川 治, 柳 雅也, 辻井 農亜, 臨床精神医学, 45, 2, 171, 179,   2016年02月
  • 【臨床現場から見た精神疾患の変貌】 わが国における自殺とその動向, 丹羽 篤, 和田 照平, 白川 治, 臨床精神医学, 45, 1, 77, 84,   2016年01月
  • 【職場のメンタルヘルスの不調に気づく】 知っておくとタメになる、専門医の対応 職場のうつ病への早期発見と介入, 明石 浩幸, 川久保 善宏, 白川 治, Modern Physician, 36, 1, 40, 43,   2016年01月
    概要:<ポイント>職場のメンタルヘルス対策として、うつ病の早期発見と早期治療は発症予防と並んで非常に重要である。うつ病では、時に身体症状が前景化し、見逃されるケースが少なくない。プライマリケアの現場では、簡便かつ効率的なうつ病スクリーニングの方法として2項目法(TQ)が有用である。うつ病が疑われた場合、まず速やかに専門の医療機関への受診を勧めるべきケースかどうかを判断する。治療を導入する際には、患者の心理的側面に十分配慮したうえで、あらかじめ治療の限界を設定することが望ましい。(著者抄録)
  • 【精神科治療における処方ガイドブック】 (第4章)抑うつ障害群 仮面うつ病, 船津 浩二, 白川 治, 精神科治療学, 30, 増刊, 127, 129,   2015年10月
  • メランコリー型うつ病におけるQOLと脳機能の関連, 辻井 農亜, 三川 和歌子, 辻本 江美, 明石 浩幸, 安達 融, 切目 栄司, 白川 治, 日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 37回・45回, 167, 167,   2015年09月
  • 統合失調症における細胞周期関連遺伝子に着目した3段階mRNA発現解析(A three-stage mRNA expression study to identify cell cycle-related genes associated with schizophrenia), 岡崎 賢志, 菱本 明豊, 朴 秀賢, 毛利 健太朗, 白岩 恭一, 大塚 郁夫, 白井 豊, 藤田 愛子, 白川 治, 湖海 正尋, 曽良 一郎, 日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 37回・45回, 172, 172,   2015年09月
  • 統合失調症におけるCadherin13遺伝子多型解析(Association analysis of the Cadherin 13 gene with schizophrenia in the Japanese population), 大塚 郁夫, 渡部 雄一郎, 菱本 明豊, 朴 秀賢, 毛利 健太朗, 白岩 恭一, 岡崎 賢志, 布川 綾子, 白川 治, 染矢 俊幸, 曽良 一郎, 日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 37回・45回, 201, 201,   2015年09月
  • 児童領域の薬物療法の問題点 児童思春期患者に対する向精神薬の適応外使用について, 辻井 農亜, 白川 治, 日本児童青年精神医学会総会抄録集, 56回, np59, np59,   2015年09月
  • 【実地内科医を訪れる他科の疾患の日常診療と対処法-その1(小児科・精神科・皮膚科・整形外科) して良いことと、してはいけないこと】 実地内科医の診療と専門医との連携の実際と留意点 精神科疾患 過換気症候群, 辻井 農亜, 白川 治, Medical Practice, 32, 8, 1313, 1315,   2015年08月
  • Lamotrigineにより薬剤性過敏症症候群を呈した統合失調感情障害の1例, 安達 融, 切目 栄司, 廣瀬 智之, 佐藤 雅子, 大磯 直毅, 川田 暁, 辻井 農亜, 白川 治, 精神科治療学, 30, 8, 1111, 1116,   2015年08月
    概要:薬剤性過敏症症候群(DIHS)は抗てんかん薬など特定の薬剤により発症する、全身症状と臓器障害を伴う重症薬疹の一型である。今回我々は統合失調感情障害の治療中、lamotrigineによりDIHSを呈した1例を経験したので報告する。患者は遅発性の発症と原因薬剤中止後の遷延化、免疫グロブリン減少などのDIHSとして特徴的な所見を認め、ウイルス学的検査ではヒトヘルペスウイルス6型の再活性化も確認された。Lamotrigineによる重症薬疹としては、Stevens-Johnson症候群や中毒性表皮壊死症がよく知られているが、DIHSも主要な病型の1つとして精神科領域でのより幅広い認知が必要と考えられた。(著者抄録)
  • Olanzapineとparoxetineの併用が著効した妄想性うつ病の1例, 矢野 貴詩, 辻井 農亜, 高屋 雅彦, 廣瀬 智之, 白川 治, 精神神経学雑誌, 117, 8, 681, 682,   2015年08月
  • 大脳萎縮を認めた神経性無食欲症の1例, 川久保 善宏, 柳 雅也, 池田 真優子, 辻井 農亜, 丹羽 篤, 白川 治, 精神神経学雑誌, 117, 8, 682, 682,   2015年08月
  • 精神病エピソード後の遷延する抑うつ症状に対してラモトリギンが著効した1例, 明石 浩幸, 切目 栄司, 安達 融, 阪中 総一郎, 三川 和歌子, 白川 治, 精神神経学雑誌, 117, 8, 687, 687,   2015年08月
  • メランコリー型うつ病におけるQOLの特性, 辻井 農亜, 三川 和歌子, 辻本 江美, 明石 浩幸, 安達 融, 川久保 善宏, 廣瀬 智之, 小野 久江, 白川 治, 日本うつ病学会総会・日本認知療法学会プログラム・抄録集, 12回・15回, 264, 264,   2015年07月
  • 双極性障害における衝動性・攻撃性と絶望感 自殺傾性との関連, 辻井 農亜, 三川 和歌子, 辻本 江美, 切目 栄司, 川久保 善宏, 阪中 聡一郎, 廣瀬 智之, 高屋 雅彦, 柳 雅也, 小野 久江, 白川 治, Bipolar Disorder, 13, 22, 28,   2015年06月
    概要:双極性障害患者を対象に、衝動性、攻撃性、絶望感を評価するとともに、Stop-signal taskによって測定されるStop-signal reaction time(SSRT)で実行機能を評価した。DSM-IVにより双極性障害と診断された患者群60例と健常対照群56例を対象とした。患者群はHAM-D-17スコアが7点以下の寛解群28例と8点以上のうつ状態群32例に分類した。寛解群、うつ状態群、健常対象群の3群で衝動性、攻撃性、絶望感のスコアを比較したところ、衝動性、攻撃性のスコアに関しては、寛解群およびうつ状態群ともに健常対照群と比較して有意に高く、寛解群とうつ状態群の間には有意差はなかった。絶望感スコアでは寛解群、うつ状態群ともに健常群よりも有意に高く、寛解群に比べてうつ状態群が有意に高いことが明らかになった。また自殺企図歴のある双極性障害患者においてSSRTが示す衝動性とBuss-Perry Aggression Questionaire(BAQスコア)が示す攻撃性の間に負の相関が見られた。
  • 健常対照者における日中の眠気と脳機能との関連 a multichannel near-infrared spectroscopy study, 三川 和歌子, 辻井 農亜, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2015特別, S376, S376,   2015年06月
  • ラメルテオンが悪夢・不眠に奏効したREM睡眠行動障害の一例, 廣瀬 智之, 高屋 雅彦, 渥美 正彦, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2015特別, S537, S537,   2015年06月
  • 双極性障害の早期適正診断/治療の重要性, 白川 治, 井上 猛, 大坪 天平, 武島 稔, 稲田 泰之, 臨床精神薬理, 18, 5, 599, 612,   2015年05月
  • もの忘れ診断外来の自己記入問診票得点と認知機能の相関の検討, 花田 一志, 西郷 和真, 上田 昌美, 石井 一成, 白川 治, 福田 寛二, 老年精神医学雑誌, 26, 増刊II, 206, 206,   2015年05月
  • 精神病患者の身体合併症治療に対する当院におけるリエゾン活動の現状と課題 統合失調症症例に対する経験から, 安達 融, 廣瀬 智之, 船津 浩二, 切目 栄司, 白川 治, 精神神経学雑誌, 117, 2, 158, 158,   2015年02月
  • 心気的な訴えを繰り返し、統合失調症と発達障害との鑑別が困難であった1例, 阪中 聡一郎, 辻井 農亜, 矢野 貴詩, 池田 真優子, 高屋 雅彦, 白川 治, 精神神経学雑誌, 117, 2, 160, 161,   2015年02月
  • AYA世代のがん患者に対する心理的サポートについての一考察, 丹羽 篤, 川久保 善宏, 三川 和歌子, 柳 雅也, 辻井 農亜, 白川 治, 精神神経学雑誌, 117, 2, 161, 161,   2015年02月
  • メランコリー型うつ病における抑うつ症状とQOL 非メランコリー型うつ病との差異, 川久保 善宏, 辻井 農亜, 切目 栄司, 船津 浩二, 高屋 雅彦, 柳 雅也, 原田 毅, 三川 和歌子, 安達 融, 曽我 愛佳, 阪中 聡一郎, 廣瀬 智之, 丹羽 篤, 和田 照平, 白川 治, 精神神経学雑誌, 117, 1, 56, 56,   2015年01月
  • 双極性障害の併存が疑われたアルコール使用障害の1例, 阿部 哲也, 和気 浩三, 阪中 聡一郎, 池田 真優子, 船津 浩二, 白川 治, 精神神経学雑誌, 117, 1, 56, 57,   2015年01月
  • 双極性障害における抑うつ症状とQOL 単極性うつ病との差異, 廣瀬 智之, 辻井 農亜, 高屋 雅彦, 柳 雅也, 明石 浩幸, 三川 和歌子, 安達 融, 阪中 聡一郎, 白川 治, 精神神経学雑誌, 117, 1, 64, 64,   2015年01月
  • ペンキ内服による自殺企図を契機に認知症を疑われ精神科治療開始となった1例, 和田 照平, 濱口 満英, 中尾 隆美, 津田 紀子, 太田 育夫, 木村 貴明, 松島 知秀, 丸山 克之, 植嶋 利文, 村尾 佳則, 川久保 善宏, 切目 栄司, 丹羽 篤, 白川 治, 中毒研究, 27, 4, 375, 376,   2014年12月
  • 【精神障害の長期予後】 うつ病の長期予後, 辻井 農亜, 柳 雅也, 白川 治, 臨床精神医学, 43, 10, 1421, 1426,   2014年10月
  • うつとめまい 診療・治療のポイント めまいとうつ 診療のポイント, 船津 浩二, 白川 治, Equilibrium Research, 73, 4, 246, 253,   2014年08月
  • 躁うつ病臨床の現在, 白川 治, 日本アルコール・薬物医学会雑誌, 49, 4, 252, 252,   2014年08月
  • リエゾンと緩和 老年者に対する私のコンサルテーション・リエゾン精神医療, 船津 浩二, 三川 和歌子, 辻井 農亜, 切目 栄司, 白川 治, 精神科, 25, 1, 78, 83,   2014年07月
  • 寛解期双極性障害患者のQOLと脳機能の関連 A near-infrared spectroscopy study, 辻井 農亜, 三川 和歌子, 明石 浩幸, 辻本 江美, 切目 栄司, 高屋 雅彦, 白川 治, Bipolar Disorder, 12, 49, 55,   2014年06月
    概要:寛解期にある双極性障害(BD)患者20例(双極I型障害患者7例、双極II型障害患者13例)を対象に、生活の質(QOL)と関連する脳部位とその機能失調について近赤外線スペクトロスコピー(NIRS)を用いて明らかにした。対象として健常対照群22例を用いた。双極性患者群と対照群の2群間で、年齢、性別、教育期間、言語流暢性検査の想起語数に有意差はないが、うつ症状の評価尺度であるBDI-IIのスコアは対照群と比べて双極性患者群で有意に高く、また、絶望感尺度のBHSスコアも双極性患者群が有意に高かった。また、寛解期にある双極性障害患者のNIRS平均波形データ測定の結果、前頭部におけるoxy-Hbの時間的変化は双極性患者群と対照群とで異なることが分かった。双極性患者群における側頭部oxy-Hb変化量は対照群よりも有意に小さく、かつ右側頭部のチャンネルにおいてQOLと有意な負の相関が見られた。双極性障害患者は寛解期にあってもQOLは低く、それは右側頭部の脳機能と関連していることが示唆された。
  • メランコリー型うつ病と非メランコリー型うつ病の脳機能の差異, 川久保 善宏, 辻井 農亜, 高屋 雅彦, 柳 雅也, 明石 浩幸, 原田 毅, 阪中 聡一郎, 廣瀬 智之, 丹羽 篤, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2014特別, S391, S391,   2014年06月
  • 日中の眠気と脳機能 光トポグラフィーによる評価, 三川 和歌子, 辻井 農亜, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2014特別, S604, S604,   2014年06月
  • Lamotrigineにより薬剤性過敏症症候群を呈した統合失調感情障害の1例, 安達 融, 廣瀬 智之, 曽我 愛佳, 池田 真優子, 辻井 農亜, 切目 栄司, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2014特別, S629, S629,   2014年06月
  • 【日常診療に役立つうつ病の知識】 一般診療におけるうつ病治療のコツ, 白川 治, 臨牀と研究, 91, 5, 605, 608,   2014年05月
  • メマンチン投与前後における向精神薬使用量変化の検討, 花田 一志, 野村 守弘, 白川 治, 福田 寛二, 老年精神医学雑誌, 25, 増刊II, 186, 186,   2014年05月
  • 【身体疾患に併発した精神障害への薬物療法II】 抗うつ薬と一般治療薬の特に注意すべき薬物相互作用, 切目 栄司, 池田 真優子, 安達 融, 白川 治, 精神科治療学, 29, 4, 501, 506,   2014年04月
    概要:抗うつ薬と一般治療薬の特に注意すべき薬物相互作用について、新規抗うつ薬を中心に概説した。抗パーキンソン薬であるselegilineはほとんどすべての抗うつ薬と併用禁忌である。また、筋緊張状態や痙性麻痺に用いられるtizanidineは、fluvoxamineとの併用が禁忌である。抗うつ薬との併用で、薬物相互作用により有害事象を呈するリスクのある一般治療薬は多岐にわたるが、乳癌による死亡リスクが増加する可能性があるparoxetineとtamoxifenとの併用などもその代表例である。しかし、薬剤の代謝は、複数のチトクロームP450サブタイプを介することも稀ではなく、多くの薬剤についてその影響を評価することは必ずしも容易でないため、薬物相互作用による重大な副作用に関する情報を日頃から注視しておくことが大切である。また、抗うつ薬と一般治療薬の併用による副作用回避では、薬物相互作用についての知識に加えて、当該科との円滑な連携が重要である。(著者抄録)
  • オランザピン投与後に改善を認めたステロイド精神病の3例, 曽我 愛佳, 船津 浩二, 廣瀬 智之, 川久保 善宏, 池田 真優子, 白川 治, 精神神経学雑誌, 116, 1, 85, 85,   2014年01月
  • 精神運動興奮を呈し器質因の除外に難渋した1例, 阪中 聡一郎, 高屋 雅彦, 安達 融, 和田 照平, 切目 栄司, 白川 治, 精神神経学雑誌, 116, 1, 89, 89,   2014年01月
  • 近畿大学医学部附属病院緩和ケアチーム活動の報告, 三川 和歌子, 辻井 農亜, 明石 浩幸, 原田 毅, 丹羽 篤, 白川 治, 精神神経学雑誌, 116, 1, 90, 91,   2014年01月
  • 【まぎらわしい2つの病態の見分け方】 仮面うつ病vs.身体表現性障害, 船津 浩二, 川久保 善宏, 安達 融, 明石 浩幸, 白川 治, 精神科, 23, 6, 606, 613,   2013年12月
  • 【高齢者の精神症状-その鑑別診断と治療-】 高齢者によくみられる精神症状の鑑別診断と治療 食行動の異常, 高屋 雅彦, 切目 栄司, 白川 治, 日本臨床, 71, 10, 1810, 1815,   2013年10月
  • 【神経・精神疾患診療マニュアル】 神経・精神症候からのアプローチ 主要神経・精神症候と鑑別診断 うつ状態 気分が落ち込む, 白川 治, 日本医師会雑誌, 142, 特別2, S117, S119,   2013年10月
  • 著明な不安状態を呈した原発性副甲状腺機能亢進症の1例, 船津 浩二, 阪中 聡一郎, 曽我 愛佳, 池田 真優子, 白川 治, 精神科, 23, 4, 484, 492,   2013年10月
    概要:症例は74歳女性で、3年前頃から近医で腎障害を指摘されていた。この頃から「胃の辺りがキューッとつかまれたように苦しい」と心窩部の強い違和感が出現するが様子を見ていた。心窩部の違和感は増悪し、受診を繰り返すが異常はみつからなかった。この頃から症状は更に増悪し、倦怠感や焦燥感を伴い不眠も出現した。焦燥感が増悪したため、加療目的で入院となった。入院4日に内分泌検査でPTH498pmol/mlという高値が確認され、原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)が疑われた。局所診断として、頸部超音波と核医学検査(Tc-MIBIシンチ)を実施した。その結果、超音波検査において右下葉に腫大した副甲状腺が認められた。MIBIシンチでは甲状腺右葉下極にTcの集積亢進が認められた。入院時検査で高Ca血症が発見されたことを契機にPHPTと診断された。原疾患の治療を行うことによって、不安状態も軽快した。
  • 青年期うつ病の抑制機能と臨床症状の関連 若年成人との比較, 辻井 農亜, 三川 和歌子, 安達 融, 丹羽 篤, 白川 治, 日本児童青年精神医学会総会抄録集, 54回, 380, 380,   2013年10月
  • デュロキセチン投与用量及び漸増投与がMDD患者の治療中止率に与える影響(Duloxetine: Effects of Dosing and Titration on Treatment Discontinuation in Patients with Major Depression), 原田 英治, 白川 治, 里井 洋一, ローレン・マランゲル, ロドリゴ・エスコバール, 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 23回・43回, 225, 225,   2013年10月
  • 統合失調症におけるIL-19遺伝子の発現量的形質遺伝子座(eQTL)におけるハプロタイプ解析, 岡崎 賢志, 渡部 雄一郎, 大塚 郁夫, 吉田 正邦, 白岩 恭一, 毛利 健太朗, ウォラパット・ラッタアーパー, イルワン・スプリヤント, 江口 典臣, 笹田 徹, 福武 将映, 布川 綾子, 染矢 俊幸, 白川 治, 菱本 明豊, 曽良 一郎, 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 23回・43回, 230, 230,   2013年10月
  • 気分障害における自他覚症状の乖離と自覚症状評価の重要性 先進医療「光トポグラフィー検査を用いたうつ症状の鑑別診断補助」の経験から, 辻井 農亜, 明石 浩幸, 三川 和歌子, 辻本 江美, 丹羽 篤, 安達 融, 高屋 雅彦, 切目 栄司, 小野 久江, 白川 治, 精神医学, 55, 7, 653, 661,   2013年07月
    概要:近畿大学医学部附属病院において先進医療「光トポグラフィー検査を用いたうつ症状の鑑別診断補助」を受療した患者の背景因子について検討を行った。対象は261例であり72%が軽症以下のうつ症状と判断された。受療の主要な背景には,うつの自他覚症状の乖離が存在すると考えられた。そのうち気分障害171例では,乖離のみられる51例は,乖離のみられない120例よりも全般的精神機能やQOLは有意に低く,絶望感は有意に高く,それらは,うつ症状の軽重と関連が乏しいことが明らかとなった。うつ症状の評価にあたっては,他覚的評価だけではなく自覚症状を重視することが,回復や予後を考慮したより適切な診断,対応,治療に繋がると考えられた。(著者抄録)
  • 双極性障害と自殺 双極性障害における自殺をめぐって, 白川 治, Bipolar Disorder, 11, 57, 68,   2013年06月
  • 統合失調症に発症したアルツハイマー型認知症に対するメマンチンの使用経験 抗精神病薬の減量が可能であった2例, 花田 一志, 明石 浩幸, 原田 毅, 坪倉 知生, 池田 真優子, 三川 和歌子, 安達 融, 曽我 愛佳, 高野 守秀, 白川 治, 老年精神医学雑誌, 24, 増刊II, 255, 255,   2013年06月
  • 双極性障害患者における自殺傾性と抑制機能の関連, 辻井 農亜, 明石 浩幸, 切目 栄司, 三川 和歌子, 安達 融, 佐藤 篤, 白川 治, Bipolar Disorder, 11, 25, 31,   2013年06月
    概要:双極性障害患者における自殺企図歴の有無による抑制課題中の脳機能の差異を近赤外線スペクトロスコピー(NIRS)により評価し、自殺傾性と関連する脳部位と機能失調について検討した。対象はDSM-IV-TRで双極性障害と診断された患者28例(I型15例、II型13例)であった。うち、過去に1度以上の死を意識した自己破壊的行動の既往のあるものを自殺企図歴あり群(10例)、既往のないものを自殺企図なし群(18例)に分類した。NIRSにより測定されたoxy-Hb変化量については、左前頭下部では両群で違いは見られなかったが、右前頭下部では自殺企図歴あり群のoxy-Hb変化量が課題終了間際で増加している傾向が観察された。stop-signal taskの課題前半における右前頭下部のoxy-Hb変化量と臨床症状との相関について解析を行ったところ、自殺企図あり群では臨床症状との相関が認められなかったが、自殺企図歴なし群では課題前半50秒のoxy-Hb変化量とHAM-D17スコアおよびBDI-IIスコアの相関係数が有意であった。
  • エスゾピクロンの苦味と効果の検討, 切目 栄司, 花田 一志, 辻井 農亜, 高屋 雅彦, 白川 治, 仁木 稔, 阪本 亮, 酒井 清裕, 小山 敦子, 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集, 38回, 229, 229,   2013年06月
  • 近畿大学医学部附属病院における緩和ケアチーム活動の報告, 三川 和歌子, 辻井 農亜, 花田 一志, 明石 浩幸, 原田 毅, 池田 真優子, 丹羽 篤, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2013特別, S, 572,   2013年05月
  • 気分障害における自殺傾性と関連する心理学的特性, 福武 将映, 毛利 健太朗, 西口 直希, 北村 登, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2013特別, S, 660,   2013年05月
  • Brain Science うつ症状を呈する大うつ病性障害と双極性障害のNIRSを用いた鑑別診断補助について, 切目 栄司, 辻井 農亜, 明石 浩幸, 原田 毅, 三川 和歌子, 白川 治, 精神科, 22, 4, 424, 429,   2013年04月
    概要:うつ症状を呈する大うつ病性障害と双極性障害の近赤外線スペクトロスコピー(NIRS)を用いた鑑別診断補助の調査を行った。対象は先進医療の対象となった患者のうち、大うつ病性障害(MDD)84例、双極性障害(BD)30例の計114例であった。その結果、MDDではoxy-Hbの増加が少なく、BDではoxy-Hbのピークが課題の後半に見られた。oxy-Hb変化量の積分値と重心値という2つのパラメータ用い、MDD群では65.5%、BD群では67.9%という一致率が得られた。臨床評価尺度ではMDD群BD群における有意差は見られず、臨床的には2群とも同等のうつ状態を呈していたと考えられた。BD群はMDD群と比較して前頭部のoxy-Hb重心値が有意に大きかった。臨床的には同等のうつ状態でもBDはMDDよりも脳機能賦活のタイミングが遅いことが確認された。MDDでは前頭部および側頭部のoxy-Hbが増加すると、抑うつ気分や消化器症状のスコアが小さくなり、BDでは精神運動抑制のスコアが小さくなる傾向が見られた。
  • 【身体表現性障害 体にあらわれるこころの病気】 国際疾病分類に含まれる疾患 身体化障害, 船津 浩二, 池田 真優子, 曽我 愛佳, 白川 治, こころの科学, 167, 23, 28,   2013年01月
  • 【増強療法の原理と有用性を再考する】 抗うつ薬の併用療法, 辻井 農亜, 白川 治, 臨床精神薬理, 16, 1, 43, 47,   2013年01月
    概要:うつ病の治療において、抗うつ薬による薬物療法は重要な位置を占めるが、その効果が十分得られないことも少なくない。最初の抗うつ薬治療に反応しないうつ病患者に対する抗うつ薬の併用療法に関するエビデンスは一貫しておらず、大規模試験による安全性や有効性が十分評価されているとは言えない。一方、抗うつ薬の併用療法は単剤療法よりも反応率および寛解率において優れているとする報告も少なくない。異なった作用機序を持つ抗うつ薬を併用することで、様々な神経伝達物質への作用を意図とした治療戦略を組み立てることができる可能性があるが、臨床場面において抗うつ薬の併用療法を行う場合には、その処方の根拠を明らかにすることができることが肝要で、かつ、その根拠には一定の合理性が求められる。つまり、単剤(single)は困難としても、単純(simple)な処方を常に心がける姿勢が必要であろう。(著者抄録)
  • 心理カウンセリングと小児神経外来の同日受診の有用性, 新井 幸佳, 星野 恭子, 東 睦広, 切目 栄司, 白川 治, 精神神経学雑誌, 115, 1, 107, 107,   2013年01月
  • Lithiumとquetiapineとの併用により手指の振戦と痺れを認めた双極性障害の1例, 池田 真優子, 原田 毅, 船津 浩二, 安達 融, 切目 栄司, 白川 治, 精神神経学雑誌, 115, 1, 107, 108,   2013年01月
  • 晩期発症のBasedow病による精神症状を呈した1例, 坪倉 知生, 船津 浩二, 明石 浩幸, 辻井 農亜, 三川 和歌子, 花田 一志, 白川 治, 精神神経学雑誌, 115, 1, 109, 109,   2013年01月
  • リエゾンと緩和 緩和ケアにおける精神科医の役割 近畿大学医学部附属病院での活動を通して, 三川 和歌子, 辻井 農亜, 花田 一志, 丹羽 篤, 白川 治, 精神科, 21, 5, 595, 601,   2012年11月
    概要:緩和ケアチームの活動状況について調査を行い、主に向精神薬の使用状況や、精神科医の緩和ケアにおける役割について検討した。対象は、当緩和ケアチームに依頼された入院患者114名で、依頼内容、精神科診断(ICD-10)、向精神薬の使用状況、転帰について調査した。その結果、精神科医は緩和ケアにおいて患者の精神症状を正確に評価すること、症状とその対策について患者及び家族に説明、教育することなど、日常の精神科臨床において行っていることと同様の役割を果たしていることを改めて確認した。とりわけ、日々ベッドサイドに通って患者の訴えに寄り添い、患者の状態を細やかに把握する看護師をはじめとする多職種からなるチームの協力体制によってこそ、患者に対してきめ細やかなケアを提供することができると考えられた。
  • 反復性うつ病の経過中にBasedow病と診断された1例, 船津 浩二, 坪倉 知生, 白川 治, 精神科, 21, 5, 638, 644,   2012年11月
    概要:反復性うつ病の経過中にBasedow病と診断され、その治療を行ったところ、精神症状が速やかに軽快した1例(75歳女性)を経験したので、うつ病とBasedow病との関連性を中心に考察し、報告した。本例ではBasedow病の典型的な発汗過多や動悸よりもむしろ体重減少が目立ち、甲状腺腫や眼球突出も認めなかったが、高齢者では典型的所見が見られないことが多いことが特徴的なので、注意が必要である。うつ病の再発においては、ストレス因が明らかな場合でも、甲状腺ホルモンを測定することが重要であると思われた。
  • 【高齢発症の気分障害の増加と認知症】 高齢者における気分障害の診断と治療 器質因との関連, 切目 栄司, 辻井 農亜, 松尾 順子, 白川 治, 臨床精神薬理, 15, 10, 1651, 1657,   2012年10月
    概要:高齢者の気分障害の診断では、罹患している一般身体疾患や中枢神経疾患による認知機能障害がその病像を修飾している可能性を常に念頭におくことが求められる。器質因を考慮すべき気分障害では身体疾患に対して既に複数の薬物投与を受けていることも多いため、向精神薬の投与にあたっては服用中の薬剤との相互作用に留意し、Short(投薬期間を最小限に)、Simple(種類を最小限に)、Small(用量を最小限に)の「3S」が望ましい。また、漸減・中止を含め処方薬の必要性を定期的に再評価すべきである。器質因の存在が疑わしい気分障害では、一般身体疾患鑑別のための検査を注意深く行うとともに、器質性気分障害と診断されれば原則的にはまず原因疾患の治療を行い、向精神薬を用いる場合は高齢者であることや原因疾患の存在に留意する。(著者抄録)
  • 当院における自殺企図に対するチーム医療での取り組み, 丸山 克之, 植嶋 利文, 中尾 隆美, 濱口 満英, 和田 照平, 佐藤 篤, 白川 治, 坂田 育弘, 日本救急医学会雑誌, 23, 10, 600, 600,   2012年10月
  • 児童青年期の広汎性発達障害患者の行動障害に対するaripiprazoleの治療効果, 辻井 農亜, 船津 浩二, 三川 和歌子, 安達 融, 花田 一志, 白川 治, 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 22回・42回, 144, 144,   2012年10月
  • 脳血管性認知症のcilostazol投与前後における脳血流変化の検討, 花田 一志, 細野 眞, 辻井 農亜, 船津 浩二, 明石 浩幸, 原田 毅, 三川 和歌子, 池田 真優子, 白川 治, 村上 卓道, 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 22回・42回, 146, 146,   2012年10月
  • ADHD児における反応抑制障害に対するmethylphenidateの効果と光トポグラフィーによる脳機能評価, 辻井 農亜, 三川 和歌子, 安達 融, 白川 治, 日本児童青年精神医学会総会抄録集, 53回, 246, 246,   2012年10月
  • 著しい不穏を伴うせん妄に対してolanzapineが著効した1例, 三川 和歌子, 辻井 農亜, 左海 真介, 花田 一志, 白川 治, 精神神経学雑誌, 114, 9, 1100, 1100,   2012年09月
  • 精神症状が前景に見られた脳器質性疾患の2症例, 松尾 順子, 岡田 章, 原田 毅, 船津 浩二, 白川 治, 精神神経学雑誌, 114, 9, 1103, 1103,   2012年09月
  • 知覚変容発作を認めた慢性期統合失調症の1例, 池田 真優子, 明石 浩幸, 切目 栄司, 坪倉 知生, 石田 栄吉, 白川 治, 精神神経学雑誌, 114, 9, 1105, 1105,   2012年09月
  • 【ADHDの薬物療法の最適化】 ADHDにおけるactigraphによる行動量評価と治療最適化への応用, 辻井 農亜, 岡田 章, 三川 和歌子, 白川 治, 臨床精神薬理, 15, 6, 899, 904,   2012年06月
    概要:臨床場面において最も多く見いだされる注意欠如多動性障害(ADHD)の症状は多動であり、客観的な行動量指標である活動量連続測定計(actigraph)を用いてADHDの特性を捉えようという試みがなされてきた。これまでのところ、ADHDの活動量は、1)構造化の弱い環境では健常児と違いがなく、強く構造化された環境では健常児よりも大きいという状況依存性がみられる、2)methylphenidate内服によってADHDの活動量は減少するが、その効果もまた状況依存性がみられる、といった特徴をもつことがわかっている。ADHDの活動量は状況依存性が大きいことから、現状ではactigraphをADHDの診断や治療効果判定に用いる試みが成功しているとは言い難い。Actigraphに様々なバイオマーカーを組み合わせることで、ADHDの客観的な診断指標や薬物効果判定指標が生み出されると考えられる。(著者抄録)
  • Sertraline投与3日後にSIADHを発症した老年期うつ病患者の1例, 船津 浩二, 坪倉 和生, 明石 浩幸, 花田 一志, 切目 栄司, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2012特別, S, 482,   2012年05月
  • 近畿大学医学部附属病院における緩和ケアチーム活動の現状, 三川 和歌子, 辻井 農亜, 原田 毅, 池田 真優子, 左海 真介, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2012特別, S, 559,   2012年05月
  • 【高齢者に対する向精神薬療法の工夫】 うつ状態, 切目 栄司, 花田 一志, 明石 浩幸, 船津 浩二, 白川 治, 精神科, 20, 2, 121, 125,   2012年02月
  • 【精神科医の多剤併用・大量処方を考えるI】 抗うつ薬多剤併用の意義と問題点, 白川 治, 精神科治療学, 27, 1, 23, 27,   2012年01月
    概要:抗うつ薬によるうつ病治療では、単剤による寛解導入が困難であることも少なくない。広く行われている投与法の工夫として抗うつ薬同士の併用が挙げられる。新世代の抗うつ薬は、三環系抗うつ薬で問題となっていた用量依存性の自律神経系副作用を大きく軽減したが、その導入は合理性を欠く高用量の抗うつ薬併用を可能にしてしまった側面がある。非合理的な併用を避けるためには、1)抗うつ薬の臨床薬理について正確な知識をもつこと、2)併用の根拠を明らかにできること、などが求められる。合理的な併用がありうる一方で、併用によって、個々の薬物の臨床特性が失われ、効果や副作用の判定が困難となることなどに留意すべきである。単剤(single)は困難であるとしても、処方を常に単純化(simple)する姿勢が求められる。(著者抄録)
  • 興奮性の症状にaripiprazoleが奏効した小児期の広汎性発達障害の6症例, 辻井 農亜, 明石 浩幸, 左海 真介, 三川 和歌子, 白川 治, 臨床精神薬理, 14, 12, 1975, 1981,   2011年12月
    概要:AripiprazoleはドパミンD2受容体部分アゴニストという特徴をもつ非定型抗精神病薬である。今回、我々は小児期の広汎性発達障害患者6例のもつ興奮性(他者への攻撃性、かんしゃく、気分の易変性など)に対するaripiprazoleの治療効果、その効果発現までの期間、投与量、並びに副作用について検討を行った。治療効果判定にはCGI-IおよびAberrant Behavior Checklist-Japanese version(ABC-J)興奮性スコアを用いた。この結果、aripiprazole投与2週間目からABC-J興奮性スコア並びにCGI-Iスコアは改善し、その効果は8週間継続していた。報告した6症例のうちの1症例においては、体重増加という副作用がみられ投与を中止した。Aripiprazoleは小児期の広汎性発達障害患者の興奮性に対する治療効果を示す薬剤である可能性が示唆され、今後、有効性と安全性に対する多数例での検証が求められる。(著者抄録)
  • 【精神科・わたしの診療手順】 (第4章)気分障害/感情障害 難治性双極性障害, 白川 治, 臨床精神医学, 40, 増刊, 167, 170,   2011年12月
  • 【「うつ」の治療を考える-抗うつ薬を使うべきとき・避けるとき】 パーソナリティ障害との併存例ではどうしているか?, 切目 栄司, 辻井 農亜, 明石 浩幸, 船津 浩二, 白川 治, 精神科, 19, 5, 469, 473,   2011年11月
  • 救命救急センターでの自殺再企図予防の取り組み 地域との連携の必要性, 和田 照平, 佐藤 篤, 船津 浩二, 丸山 克之, 松島 知秀, 植嶋 利文, 坂田 育弘, 白川 治, 日本病院・地域精神医学会総会抄録集, 54回, 35, 35,   2011年11月
  • 高機能広汎性発達障害児の認知機能と社会的コミュニケーション能力の障害との関連 : ADHD児との比較, 辻井 農亜, 岡田 章, 佐藤 篤, 白川 治, 児童青年精神医学とその近接領域, 51, 5, 520, 528,   2010年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027692508
    概要:本報告は、高機能広汎性発達障害(HFPDD)の認知機能と社会的コミュニケーション能力の障害との関連を明らかにすることを目的とした。対象は72人のHFPDD児童(自閉性障害20人、アスペルガー障害7人、特定不能の広汎性発達障害45人)とした。認知機能の測定にはWISC-IIIを用い、社会的コミュニケーション能力の障害の評価には小児自閉症評価尺度(CARS)における社会的なコミュニケーション因子を用いた。さらに、年齢、性別、全IQの一致した、32人の混合型注意欠陥多動性障害(ADHD)との比較検討を行った。HFPDD群のWISC-III動作性下位検査項目間では、組合せの評価点は、絵画完成および迷路の評価点よりも有意に低かった。全IQ、理解および絵画配列の評価点は、社会的なコミュニケーション因子と負の相関が認められた。ADHD群との比較では、理解と記号探しの評価点が有意に低かった。以上より、HFPDD群は視覚刺激やそのパターンを認識する能力は高いが、それらを意味のある全体にまとめていく能力の低いことがわかった。また社会的コミュニケーション能力の障害のより重度なHFPDDは、社会的に許容される方法で過去の経験を利用し評価する能力が低いことがわかった。本報告の結果は、WISC-IIIを用いたHFPDDの認知機能評価やADHDとの鑑別において臨床的な有用性をあたえると考えられる。(著者抄録)
  • 【精神疾患の病態と診断・治療】 身体化障害(somatization disorder), 船津 浩二, 白川 治, 岡田 章, 医学と薬学, 66, 4, 624, 629,   2011年10月
  • 認知機能・生物学的研究 NIRSを用いたAD/HD児に対する塩酸methylphenidateの効果判定, 辻井 農亜, 明石 浩幸, 三川 和歌子, 白川 治, 日本児童青年精神医学会総会抄録集, 52回, 255, 255,   2011年10月
  • 運動の活動水準からみたADHDに対する塩酸 methylphenidate の効果, 辻井 農亜, 岡田 章, 郭 麗月, 栗木 紀子, 松尾 順子, 花田 一志, 西川 瑞穂, 白川 治, 児童青年精神医学とその近接領域, 51, 2, 164, 173,   2010年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026288448
    概要:本研究の目的はADHDの運動の活動水準に対するmethylphenidate(MPH)の効果を明らかにすることである。対象は15人のADHD混合型児(ADHD児)と25人の健常児(対照群)とした。ADHD児はMPHを内服していない1週間とMPHを内服した1週間の計2週間、非利き腕に活動量連続測定計を装着した。対照群は1週間の調査期間とした。活動水準の測定は通常の学校活動の中の(1)座って授業を受けるという強い自己制御が求められる授業時間と、(2)その自己制御の必要性から解放される休み時間、という2つの連続した環境にて行った。変数には活動水準の量的尺度である平均活動量と、状況における活動水準の変動を表す標準偏差を用いた。その結果、ADHD児並びに対照群では休み時間の平均活動量が授業時間よりも有意に増加し、休み時間の活動水準の変動が授業中よりも有意に減少した。MPHを内服しないADHD児と対照群の差は、休み時間の活動水準の変動においてのみ認められ、対照群に比べMPHを内服しないADHD児では有意に小さかった。MPHはADHD児の平均活動量を授業時間と休み時間ともに減少させ、ADHD児の休み時間での平均活動量を対照群よりも有意に減少させた。さらに、ADHD児と対照群の活動水準の変動における有意差は消失した。本研究の結果は、MPHは自己制御からの解放という状況の変化を受けたときのADHD児の活動の量を有意に減少させ、その変動を増加させることを示している。MPHはADHDの活動の制御を可能にさせると考えられた。(著者抄録)
  • うつ病の合理的薬物療法, 白川 治, 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 21回・41回, 78, 78,   2011年10月
  • 拡散するうつ病の輪郭と生物学的臨床研究の隘路, 白川 治, 精神薬療研究年報, 42, 13, 14,   2010年03月
  • 生物学的視点からみた自殺, 福武 将映, 白川 治, 自殺予防と危機介入, 30, 1, 84, 91,   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017072744
    概要:自殺は複合的で多様な要因と背景から成り立つ事象であるため、単に精神医学や精神保健福祉の視点のみから自殺予防対策を考えることは自殺の実情にそぐわない。自殺の病態を生物学的な視点から捉える試みの背後にある概念を紹介し、自殺の神経生化学的研究、分子遺伝学的研究の蓄積により現在までに得られている自殺の生物学的知見について概説した。
  • 躁うつ病臨床の現在 自殺予防の視点から, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2011特別, S, 190,   2011年10月
  • 軽症うつ病における自他覚症状の乖離とNIRSを用いた脳機能検査, 明石 浩幸, 辻井 農亜, 坪倉 知生, 左海 真介, 切目 栄司, 西口 直希, 原田 毅, 船津 浩二, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2011特別, S, 289,   2011年10月
  • NIRSを用いた小児期のADHD児に対する塩酸methylphenidateの効果判定, 辻井 農亜, 切目 栄司, 左海 真介, 明石 浩幸, 西口 直希, 花田 一志, 船津 浩二, 岡田 章, 松尾 順子, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2011特別, S, 399,   2011年10月
  • 抗精神病薬では改善が見られなかった、認知症の行動障害と精神症状(BPSD)の興奮と易怒性に対して、カルバマゼピンが奏効した3例, 船津 浩二, 松尾 順子, 岡田 章, 白川 治, 精神神経学雑誌, 113, 8, 802, 802,   2011年08月
  • 線維筋痛症と診断された2症例に対する鎮痛補助薬としてのデュロキセチンの効果, 松尾 順子, 岡田 章, 船津 浩二, 辻井 農亜, 白川 治, 精神神経学雑誌, 113, 8, 809, 809,   2011年08月
  • 「道家認知療法」の紹介, 王 紅欣, 東 陸広, 白川 治, 精神神経学雑誌, 113, 8, 810, 810,   2011年08月
  • 当院における自殺企図症例に対する取り組み, 丸山 克之, 村尾 佳則, 植嶋 利文, 中尾 隆美, 濱口 満英, 石川 久, 細見 史治, 和田 照平, 佐藤 篤, 白川 治, 坂田 育弘, 日本救急医学会雑誌, 22, 8, 595, 595,   2011年08月
  • Brain Science 自殺の脳画像研究, 辻井 農亜, 明石 浩幸, 左海 真介, 切目 栄司, 坪倉 知生, 西口 直希, 白川 治, 精神科, 19, 1, 60, 65,   2011年07月
  • 【今日の精神科治療ガイドライン】 症状性を含む器質性精神障害 脳損傷、脳機能不全および身体疾患による他の精神障害 器質性気分障害, 辻井 農亜, 白川 治, 精神科治療学, 25, 増刊, 40, 41,   2010年10月
  • うつ病対策の総合的提言, 武田 雅俊, 野村 総一郎, 神庭 重信, 久保 千春, 尾崎 紀夫, 笠井 清登, 加藤 忠史, 功刀 浩, 小山 司, 白川 治, 西田 淳志, 福田 正人, 元村 直靖, 山脇 成人, 日本生物学的精神医学会誌 = Japanese journal of biological psychiatry, 21, 3, 155, 176,   2010年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029784918
  • うつ病に伴う身体症状・焦燥感に対して十全大補湯が著効した1例, 原田 毅, 西口 直希, 花田 一志, 白川 治, 精神神経学雑誌, 113, 7, 723, 724,   2011年07月
  • 気分障害における診断及び治療方針決定の補助として近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)を用いた2症例, 左海 真介, 辻井 農亜, 切目 栄司, 明石 浩幸, 佐藤 篤, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 113, 7, 724, 724,   2011年07月
  • うつ病の再発予防への取り組みで近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)を用いた一例, 明石 浩幸, 辻井 農亜, 切目 栄司, 左海 真介, 佐藤 篤, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 113, 7, 724, 724,   2011年07月
  • 不安・焦燥を伴ううつ病の治療, 白川 治, 辻井 農亜, Depression Strategy, 1, 1, 10, 12,   2011年07月
  • 診断の指針 治療の指針 高齢者の気分障害, 切目 栄司, 白川 治, 綜合臨床, 60, 6, 1453, 1454,   2011年06月
  • 抗うつ薬へのsodium valproate併用で改善した単極性うつ病の1例, 切目 栄司, 辻井 農亜, 明石 浩幸, 白川 治, 精神科, 18, 6, 679, 682,   2011年06月
    概要:抗うつ薬へのsodium valproate(VPA)併用で改善した単極性うつ病の1例(50歳代男性)について報告した。本例の結果より、双極性うつ病への有効性が報告されているVPAが、単極性うつ病にも有効である可能性が示唆された。気分安定薬の中でもVPAは、厳密な血中濃度管理を要するlithiumや薬疹のリスクが高いcarbamazepineに比べ比較的治療に導入しやすかった。今後、VPAの単極性うつ病例に対する経験が蓄積されれば、うつ病治療薬における気分安定薬の選択の幅が広がることが期待される。
  • 静穏作用を示す抗うつ薬mirtazapineの位置づけ, 白川 治, 臨床精神薬理, 14, 1, 181, 187,   2011年01月
  • 【双極性障害】 双極スペクトラム障害におけるactivation syndromeの臨床的意義, 白川 治, 最新精神医学, 16, 1, 33, 37,   2011年01月
  • 【うつ病治療の現状 新規抗うつ薬の位置づけ】 長期予後を見据えた新規抗うつ薬の選択, 辻井 農亜, 切目 栄司, 白川 治, 臨床精神薬理, 13, 12, 2259, 2265,   2010年12月
    概要:うつ病は頻回の再燃・再発によって特徴づけられる慢性の疾患である。急性期の治療が成功し寛解したうつ病患者のうち、半数は少なくとも1回の再発を経験し、その多くは急性期症状の改善後2〜3年の間に起こるとされる。したがって、長期予後を見据えた新規抗うつ薬の選択は重要な課題である。新規抗うつ薬は三環系抗うつ薬を中心とした従来型の抗うつ薬と比較して再燃・再発予防効果に違いがなく、また重篤な副作用が少なく過量服薬においても安全性が高いことから、長期予後を見据えた抗うつ薬として第一選択と考えられた。新規抗うつ薬の選択にあたっては、5HT神経伝達強化、NA神経伝達強化といった薬理学的プロファイルに加えて、鎮静作用に着目することも重要である。さらに、病像の推移・発症年齢などを考慮した縦断的な選択が必要と考えられた。(著者抄録)
  • スルピリドの作用機序・ミルナシプランとの違い, 白川 治, 日本医事新報, 4520, 80, 81,   2010年12月
  • 神経精神薬理学教育講座 神経精神薬理の基礎と臨床の最新のエビデンスの紹介 抗うつ病治療の現在とこれから, 白川 治, 日本神経精神薬理学会年会プログラム・抄録集, 46回, 54, 54,   2016年07月
  • 多動を伴った高機能PDDNOS児の認知機能と社会的コミュニケーション障害との関連 ADHD児との比較, 辻井 農亜, 岡田 章, 佐藤 篤, 花田 一志, 松尾 順子, 楠部 剛史, 白川 治, 日本児童青年精神医学会総会抄録集, 51回, 346, 346,   2010年10月
  • 自殺未遂者ケア 当院での自殺企図患者に対するメンタルヘルス科を含めたケア, 丸山 克之, 村尾 佳則, 植嶋 利文, 太田 育夫, 中尾 隆美, 濱口 満英, 石部 琢也, 畠中 剛久, 石川 久, 細見 史治, 白川 治, 日本救急医学会雑誌, 21, 8, 408, 408,   2010年08月
  • 反復性うつ病の再発予防への取り組みで近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)を用いた一例, 明石 浩幸, 辻井 農亜, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 112, 7, 680, 681,   2010年07月
  • 双極性障害の早期診断について 単極性うつ病として治療を受けていたが、後に双極性障害と診断された1例からの考察, 原田 毅, 切目 栄司, 花田 一志, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 112, 7, 683, 683,   2010年07月
  • 近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)を治療方針選択の補助に用いた気分障害の一例, 左海 真介, 辻井 農亜, 切目 栄司, 人見 佳枝, 白川 治, 精神神経学雑誌, 112, 7, 684, 684,   2010年07月
  • 漢方薬投与中に軽躁状態を来したと考えられた1例, 原田 毅, 人見 佳枝, 花田 一志, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2010特別, S, 353,   2010年05月
  • 治療方針決定に近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)が有用であった気分障害の2例, 左海 真介, 辻井 農亜, 切目 栄司, 明石 浩幸, 佐藤 篤, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2010特別, S, 359,   2010年05月
  • DSM-5における特定用語「混合性の特徴」の意義と課題 (特集 DSM-5の新機軸と課題(1)新たに登場した病名), 白川 治, 柳 雅也, 辻井 農亜, 臨床精神医学, 45, 2, 171, 179,   2016年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020731438
  • うつ病の診立てから抗うつ薬の使い分けを考える, 白川 治, 日本神経精神薬理学会年会プログラム・抄録集, 46回, 186, 186,   2016年07月
  • 【現代の自殺をめぐる話題】 自殺への生物学的アプローチとその成果, 西口 直希, 白川 治, 精神医学, 51, 11, 1069, 1074,   2009年11月
  • 身体表現性障害として治療中、レビー小体型認知症が疑われた一例, 左海 真介, 高橋 絵里子, 辻井 農亜, 切目 栄司, 花田 一志, 白川 治, 精神神経学雑誌, 111, 11, 1438, 1439,   2009年11月
  • 家族支援が有効であった自殺企図症例, 佐藤 篤, 人見 佳枝, 原田 毅, 明石 浩幸, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 111, 11, 1444, 1444,   2009年11月
  • 漢方薬投与中に躁症状を呈した1例, 原田 毅, 人見 佳枝, 左海 真介, 明石 浩幸, 高橋 絵里子, 白川 治, 精神神経学雑誌, 111, 11, 1445, 1445,   2009年11月
  • 【衝動性の脳科学】 衝動性の神経生物学, 切目 栄司, 白川 治, 分子精神医学, 9, 4, 306, 310,   2009年10月
    概要:衝動性とは「もたらす結果を熟考することなく、無計画に行動する」ことであり、その行動現象の基軸としてimpulsive action(行動の抑制困難)とdelay aversion(報酬遅延の嫌悪)があげられる。神経伝達物質ではおもにセロトニン神経伝達の低下が、神経回路では前頭前野の障害による扁桃体の機能亢進が、それぞれ衝動性に促進的に作用すると考えられる。衝動性に効果がある薬剤としてリチウムとクロザピンがあげられる。(著者抄録)
  • 多様化するうつ病と適応障害 その診断と対応, 白川 治, 日本職業・災害医学会会誌, 57, 臨増, 別184, 別184,   2009年10月
  • 【一般内科外来を訪れる精神疾患】 実地医家に必要な知識と治療戦略 実地医家が遭遇する精神疾患の症状、鑑別診断および治療ストラテジー 実地医家の守備範囲と対処の実際 適応障害, 白川 治, Medical Practice, 26, 9, 1499, 1503,   2009年09月
  • チック障害に対するrisperidoneの有効性, 花田 一志, 辻井 農亜, 船津 浩二, 松尾 順子, 人見 佳枝, 楠部 剛史, 岡田 章, 白川 治, 日本児童青年精神医学会総会抄録集, 50回, 315, 315,   2009年09月
  • AD/HD児とPDD児との運動の活動水準の差異について, 辻井 農亜, 岡田 章, 郭 麗月, 栗木 紀子, 花田 一志, 松尾 順子, 西川 瑞穂, 楠部 剛史, 白川 治, 日本児童青年精神医学会総会抄録集, 50回, 319, 319,   2009年09月
  • AD/HDの運動の活動水準に対する塩酸methylphenidateの効果について, 辻井 農亜, 岡田 章, 郭 麗月, 栗木 紀子, 花田 一志, 松尾 順子, 西川 瑞穂, 楠部 剛史, 白川 治, 日本児童青年精神医学会総会抄録集, 50回, 320, 320,   2009年09月
  • 自殺の生物学的側面 : 子どもの自殺における役割, 西口 直希, 人見 佳枝, 花田 一志, 辻井 農亜, 白川 治, 児童青年精神医学とその近接領域, 50, 4, 404, 408,   2009年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025342000
  • うつ病の長期予後 (特集 精神障害の長期予後), 辻井 農亜, 柳 雅也, 白川 治, 臨床精神医学, 43, 10, 1421, 1426,   2014年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020223015
  • うつ病臨床のゆくえ, 白川 治, 日本外来精神医療学会プログラム・抄録集, 9回, 87, 87,   2009年08月
  • 子どもの自殺 自殺の生物学的側面 子どもの自殺における役割, 西口 直希, 人見 佳枝, 花田 一志, 辻井 農亜, 白川 治, 児童青年精神医学とその近接領域, 50, 4, 404, 408,   2009年08月
  • 自殺対策における精神科救急の役割 当院における自殺企図患者に対するメンタルヘルス科の関わり, 丸山 克之, 植嶋 利文, 松島 知秀, 人見 佳枝, 太田 育夫, 高橋 秀明, 石部 琢也, 濱口 満英, 津田 紀子, 白川 治, 坂田 育弘, 日本救急医学会雑誌, 20, 8, 433, 433,   2009年08月
  • 非定型抗精神病薬の併用により症状の安定をみた器質性気分障害の一症例, 田村 善史, 人見 佳枝, 切目 栄司, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 111, 8, 993, 994,   2009年08月
  • 抗うつ薬の関与が疑われた自殺企図の一例, 明石 浩幸, 原田 毅, 切目 英司, 人見 佳枝, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 111, 8, 995, 995,   2009年08月
  • 硬膜動静脈瘻によるけいれん発作を併発した統合失調感情障害の一例, 左海 真介, 人見 佳枝, 花田 一志, 白川 治, 精神神経学雑誌, 111, 8, 1000, 1000,   2009年08月
  • うつ病臨床のゆくえ, 白川 治, 分子精神医学, 9, 3, 298, 302,   2009年07月
  • DPC制度下の特定機能病院一般病床での精神科医療, 白川 治, 人見 佳枝, 切目 栄司, 東 睦広, 精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica, 111, 5, 567, 571,   2009年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026307011
  • 一般診療におけるうつ病治療のコツ (特集 日常診療に役立つうつ病の知識), 白川 治, 臨牀と研究, 91, 5, 605, 608,   2014年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020104870
  • 急性期精神科医療のあり方とDPC制度 DPC制度下の特定機能病院一般病床での精神科医療, 白川 治, 人見 佳枝, 切目 栄司, 東 睦広, 精神神経学雑誌, 111, 5, 567, 571,   2009年05月
  • 妄想を契機に自殺企図に至ったと考えられた初老期精神病の2症例, 船津 浩二, 原田 毅, 切目 英司, 人見 佳枝, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2009特別, S, 457,   2009年05月
  • うつの診たてとうつ病臨床up-to-date, 松浪 克文, 内海 健, 阿部 隆明, 坂元 薫, 白川 治, 秋山 剛, 精神神経学雑誌, 2009特別, S, 520,   2009年05月
  • 硬膜動静脈瘻に伴う静脈梗塞により精神症状に変化をきたした統合失調感情障害の一例, 左海 真介, 高橋 絵里子, 船津 浩二, 人見 佳枝, 花田 一志, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2009特別, S, 529,   2009年05月
  • 精神病状態を呈したTurner症候群の1例, 明石 浩幸, 左海 真介, 高橋 絵里子, 東 睦広, 西口 直希, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2009特別, S, 531,   2009年05月
  • 発達障害における自殺企図, 人見 佳枝, 白川 治, 精神科, 14, 2, 163, 166,   2009年02月
    概要:自殺企図患者として搬送された実人数570名のうち、前医よりの情報提供および精神科医による面接によって発達障害と診断された9例(男性7例、女性2例)の概要について調査士、報告した。その結果、発達障害における自殺企図では、必ずしも死を意図して行なわれていなかった。また、企図後必然的に起こる状況、たとえば入院しなければならないこと、家人に反省を迫られることなどとの関連づけが難しく、介入する上で困難があった。発達障害を有する自殺企図患者への介入に際しては、その特性についての知識をもち、彼らが本当に何がしたかったのかを十分理解した上でかかわる必要があると考えられた。9例中、比較的詳細に本人および家人より情報が聴取でき、かつ企図後に経過を観察できた3例を呈示した。
  • うつ病と痛み, 小野 久江, 白川 治, 御前 裕子, 大洞 哲也, 高橋 道宏, 臨床精神薬理, 12, 1, 91, 101,   2009年01月
    概要:うつ病に伴う痛みについて、これまでの臨床知見と両者の生物学的背景を概説し、痛みへの対処を考慮した適切なうつ病治療の必要性と現在の問題点についてまとめた。うつ病に伴う痛みは、慢性疼痛の一種と考えられ、その頻度は高く、複数部位に併存することが知られている。そして、これらの痛みは、うつ病からの回復を妨げる要因になることが示唆されており、うつ病の寛解を目指すには、痛みの改善も考慮することが重要視されてきている。また、うつ病にみられるノルアドレナリンとセロトニン神経系の機能異常は、同時に下行性疼痛抑制系の機能異常をきたし、痛みの悪循環を形成すると考えられている。よって、痛みを伴ううつ病の薬物療法においては、両神経系への作用を持つ薬剤の選択も考慮されるべきである。精神症状とともに痛みの訴えにも注意を向け、それに適切に対応することで、多くのうつ病患者における生活の質の向上を目指す治療が望まれる。(著者抄録)
  • Clostridium difficile関連下痢症の再発と栄養状態の検討, 高塚 英和, 清水 政克, 佐々山 太郎, 白川 治子, 神谷 奈緒, 稲波 宏, 日本環境感染学会誌, 24, Suppl., 289, 289,   2009年01月
  • 子どもの自殺 自殺の生物学的側面 こどもの自殺における役割, 白川 治, 西口 直希, 花田 一志, 人見 佳枝, 日本児童青年精神医学会総会抄録集, 49回, 92, 92,   2008年11月
  • AD/HD児の活動量における動機付け要因の影響, 辻井 農亜, 岡田 章, 郭 麗月, 西川 瑞穂, 栗木 紀子, 松尾 順子, 花田 一志, 白川 治, 日本児童青年精神医学会総会抄録集, 49回, 176, 176,   2008年11月
  • 【新規抗うつ薬の課題】 SSRI・SNRIは従来型抗うつ薬を超えたか?, 切目 栄司, 高橋 絵里子, 松尾 順子, 白川 治, 臨床精神薬理, 11, 10, 1835, 1839,   2008年10月
    概要:我が国にSSRIおよびSNRIが登場して約10年が経過しようとしているが、この間SSRI・SNRIは飛躍的にシェアを拡大し、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬など従来型抗うつ薬のシェアは相対的に縮小した。今後SSRI・SNRIは、従来型抗うつ薬に取って代わる存在になりうるのか。SSRI・SNRIと、従来型抗うつ薬とを、抗うつ効果や副作用などについて比較し、それぞれの優位性、問題点などについて考察した。その結果、重篤な副作用が少ないなどSSRI・SNRIが有利な点もあるが、うつ病の重症度、サブタイプ、症状特性などによっては従来型抗うつ薬が有利なケースもあり、従来型抗うつ薬の捨てがたい有用性が認められた。今後もSSRI・SNRIと従来型抗うつ薬の使いわけが求められる状況が続くと考えられる。(著者抄録)
  • 【気分障害】 双極II型障害 双極スペクトラムへの発展, 白川 治, 精神科, 13, 4, 286, 293,   2008年10月
  • 当院における自殺企図患者への取り組み, 丸山 克之, 人見 佳枝, 植嶋 利文, 松島 知秀, 大澤 英寿, 金井 透, 木村 貴明, 濱口 満英, 石部 琢也, 白川 治, 坂田 育弘, 中毒研究, 21, 4, 463, 463,   2008年10月
  • 左中大脳動脈瘤破裂後の前頭葉症候群に塩酸ドネペジルを使用した一例, 船津 浩二, 花田 一志, 切目 英司, 明石 浩幸, 左海 真介, 白川 治, 精神神経学雑誌, 110, 10, 983, 983,   2008年10月
  • 広汎性発達障害の存在が疑われた自殺企図の2例, 高橋 絵里子, 船津 浩二, 人見 佳枝, 佐藤 篤, 東 睦広, 切目 栄司, 白川 治, 精神神経学雑誌, 110, 10, 986, 986,   2008年10月
  • 一時的空腸瘻とストーマ造設患者の管理の工夫 ストーマ皮膚障害を合併した事例をとおして, 白川 治美, 島本 寿江, 郷原 利枝, 広島医学, 61, 9, 672, 672,   2008年09月
  • 近畿大学附属病院救命救急センターにおける自殺企図患者の検討, 丸山 克之, 植嶋 利文, 中尾 隆美, 高橋 秀明, 藤田 周作, 人見 佳枝, 中江 晴彦, 白川 治, 嶋津 岳士, 坂田 育弘, 日本救急医学会雑誌, 19, 8, 571, 571,   2008年08月
  • 高齢者の気分障害 診断と治療のポイント, 白川 治, 老年精神医学雑誌, 19, 増刊II, 70, 70,   2008年06月
  • 悪性リンパ腫の治療中一過性に言語性保続を呈した一例, 辻井 農亜, 岡田 章, 花本 仁, 飯塚 隆史, 白川 治, 精神神経学雑誌, 110, 5, 444, 444,   2008年05月
  • 健常女性1名に対するアロマセラピー効果の検討(NIRSを用いた評価), 松尾 順子, 切目 栄司, 吉藤 諭, 高橋 絵里子, 白川 治, 精神神経学雑誌, 110, 5, 445, 446,   2008年05月
  • 統合失調症患者の強迫症状に対してSSRIが奏功した1例, 明石 浩幸, 人見 佳枝, 船津 浩二, 白川 治, 精神神経学雑誌, 110, 5, 447, 447,   2008年05月
  • 急性期精神科医療のあり方とDPC制度 DPC制度下の特定機能病院一般病床での精神科医療, 白川 治, 人見 佳枝, 切目 栄司, 東 睦広, 精神神経学雑誌, 2008特別, S, 271,   2008年05月
  • コンピュータ応用簡易知能スケール(Computer Applied Dementia Scale)を用いた慢性統合失調症患者の認知機能の研究, 下和田 英洋, 南川 博康, 北畑 大輔, 北畑 英樹, 人見 一彦, 白川 治, 精神神経学雑誌, 2008特別, S, 317,   2008年05月
  • 【扁桃体 情動脳と社会脳】 扁桃体の臨床 自殺と扁桃体, 白川 治, 切目 栄司, 西口 直希, Clinical Neuroscience, 26, 4, 460, 462,   2008年04月
  • 『仕事を休まずに夜間診に3回通うだけでインスリン導入が出来るパス』の作成, 佐々山 太郎, 内田 志緒利, 前川 修司, 高塚 英和, 神谷 奈緒, 白川 治子, 稲波 宏, 糖尿病, 51, Suppl.1, S, 283,   2008年04月
  • 総合病院精神科での児童虐待への関与が疑われる患者例の検討, 宮口 幸治, 伊藤 智子, 藤瀬 敬喜, 保坂 卓昭, 鈴木 由美子, 田中 究, 白川 治, 前田 潔, 精神医学, 49, 12, 1231, 1237,   2007年12月
    概要:6ヵ月間に兵庫県立尼崎病院精神科を受診した全患者1,775名のうち,18歳未満の児童を養育中であった167名を対象にその養育状況と精神疾患・社会的背景との関連性について調べた。その結果,養育に問題を抱えるものが19.2%あることがわかった。社会的背景には教育歴,パートナーの不在,経済的問題,社会的孤立があり,パートナーに借金,DV(パートナーからの暴力)などもみられた。診断分類では人格障害,薬物依存,精神遅滞が多かった。また自傷行為・過量服薬などを繰り返すこともみられ,治療関係が構築し難い例が多くあった。その中で総合病院精神科としての対処・役割・課題について考察した。(著者抄録)
  • 老年期発症の気分障害 成因と薬物療法の留意点 老年期気分障害に対する薬物療法の実際, 白川 治, 老年精神医学雑誌, 18, 増刊II, 41, 43,   2007年10月
  • うつ病の現在, 白川 治, 兵庫県医師会医学雑誌, 50, 1, 1, 3,   2007年09月
  • 【透析室における精神症状と行動異常】 悪口が聞こえる、狙われている, 西口 直希, 白川 治, 臨床透析, 23, 6, 676, 677,   2007年06月
  • 【透析室における精神症状と行動異常】 皮膚を虫がはっていて、気持ちが悪い, 柳 雅也, 白川 治, 臨床透析, 23, 6, 378, 379,   2007年06月
  • 【透析室における精神症状と行動異常】 動かず、何も言わない, 福武 将映, 白川 治, 臨床透析, 23, 6, 690, 691,   2007年06月
  • 慢性統合失調症における大量処方単剤化の過程でみえてくるもの, 濱田 伸哉, 白川 治, 平良 勝, 松長 正成, 小林 実, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 109, 6, 618, 618,   2007年06月
  • 双極性障害の診断と治療, 内海 健, 加藤 忠史, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 2007特別, S268, S268,   2007年05月
  • 抗精神病薬によるQT延長のため投薬調整を余儀なくされた統合失調感情障害の一例, 吉澤 一, 白川 治, 竹内 克吏, 前田 潔, 精神科治療学, 22, 3, 337, 341,   2007年03月
    概要:QT延長は、torsade de pointes型の心室頻拍による不整脈死をきたす可能性がある抗精神病薬の副作用である。QT延長により投薬調整に工夫を要した統合失調感情障害の一例を報告する。症例は統合失調感情障害の33歳女性である。Lithiumおよびfluphenazineにて寛解状態を維持していたが、服薬自己中断を契機に幻覚妄想状態を呈した。Fluphenazineを15mgまで増量するも、QTc時間549msと著明に延長した。Fluphenazineを12mgとするとQTc時間は426msと正常化した。Fluphenazineからrisperidoneへの切換をはかると、常用量のrisperidoneではQTc時間は正常値であったが、risperidone 15mgにて再びQTc時間541msと著しい延長をきたした。次にolanzapineへ置き換え、olanzapine 30mg,risperidone 4mg投与の時点でQTc時間419msと正常化した。以上より、olanzapineは30mg以下の投与量であればQT延長をきたしにくい可能性が示され、少なくとも本症例では、抗精神病薬によるQT延長に臨界用量が存在する可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 「想像上の友人」の出現が治療機転となった強迫性障害の一例, 村井 かおり, 山口 道彦, 田淵 実治郎, 田中 究, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 108, 12, 1345, 1345,   2006年12月
  • 統合失調症様症状を示した広汎性発達障害疑いの1症例, 三家 英彦, 吉住 美香, 田淵 実治郎, 田中 究, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 108, 12, 1347, 1347,   2006年12月
  • 【今日の精神科治療指針2006】 精神障害の治療指針 身体疾患に伴う精神障害, 青木 信生, 白川 治, 臨床精神医学, 2006年増刊, 43, 49,   2006年12月
  • 統合失調症死後脳前頭前野におけるProliferation cell nuclear antigen(PCNA)の検討, 福武 将映, 柳 雅也, 北村 登, 橋本 健志, 毛利 健太郎, 白川 治, 前田 潔, 神経化学, 45, 2-3, 361, 361,   2006年08月
  • メチル化を指標とした統合失調症と関連する遺伝子の探索, 古賀 農人, 新井 誠, 白川 治, 糸川 昌成, 稲田 俊也, 融 道男, 有波 忠雄, 神経化学, 45, 2-3, 470, 470,   2006年08月
  • 卒後臨床研修の必須科目としての精神科研修 本学におけるアンケート調査から, 青木 信生, 山口 道彦, 吉住 寿美香, 田淵 実治郎, 白川 治, 前田 潔, 医学教育, 37, Suppl., 98, 99,   2006年07月
  • 【DNAマイクロアレイと脳バンク】 統合失調症に関連して, 柳 雅也, 白川 治, 北村 登, 福武 将映, 橋本 健志, 前田 潔, 分子精神医学, 6, 3, 251, 256,   2006年07月
    概要:近年の分子遺伝学の急速な発展に伴い,DNAマイクロアレイを用いた大がかりなスクリーニングが可能となった.ヒトゲノム計画が完了し,cDNAに対する情報量も飛躍的に増加している昨今,大規模なヒトゲノム情報をもとにしたマイクロアレイ解析は,統合失調症をはじめとする多因子遺伝疾患のスクリーニング法として,きわめて有用である.一方,死後脳研究は,統合失調症の病因を明らかにするうえで,最も直接的な手法といえる.しかし,そこにはサンプル数の問題をはじめとしたいくつかの課題が存在する.今後,多くの死後脳サンプルが利用可能となる脳バンクの整備は,統合失調症の死後脳研究を再現あるものにしていくうえで重要になると思われる(著者抄録)
  • 統合失調症に関連して (特集 DNAマイクロアレイと脳バンク), 柳 雅也, 白川 治, 北村 登, 分子精神医学, 6, 3, 251, 256,   2006年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007413071
  • 食行動の異常 (特集 高齢者の精神症状 : その鑑別診断と治療) -- (高齢者によくみられる精神症状の鑑別診断と治療), 髙屋 雅彦, 切目 栄司, 白川 治, 日本臨床, 71, 10, 1810, 1815,   2013年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019806674
  • 精神科的治療を行った飛び降り自殺企図症例の検討, 毛利 健太朗, 吉住 寿美香, 田淵 実治郎, 田中 究, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 108, 6, 677, 677,   2006年06月
  • 卒後臨床研修の必須科目としての精神科研修 本学におけるアンケート調査から, 青木 信生, 奥野 薫, 山根 有美子, 山口 道彦, 吉住 寿美香, 田淵 実治郎, 田中 究, 保田 稔, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 2006特別, S228, S228,   2006年05月
  • 【自殺】 自殺に関連する生物学的因子, 白川 治, 精神科, 8, 5, 359, 364,   2006年05月
  • 自殺予防に向けた一般診療医に対するうつ病の早期発見,早期介入への取り組み, 西口 直希, 白川 治, 太田 正幸, 谷本 健士, 宮崎 隆吉, 柿本 裕一, 服部 晴起, 大原 一幸, 守田 嘉男, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 2006特別, S339, S339,   2006年05月
  • 飛び降り自殺企図症例の精神医学的検討, 毛利 健太朗, 吉住 寿美香, 田淵 実治郎, 田中 究, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 2006特別, S367, S367,   2006年05月
  • 自殺に関連する生物学的因子 (特集 自殺), 白川 治, 精神科, 8, 5, 359, 364,   2006年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007287068
  • 症例 反復性うつ病の経過中にBasedow病と診断された1例, 船津 浩二, 坪倉 知生, 白川 治, 精神科, 21, 5, 638, 644,   2012年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019482673
  • 新規統合失調症候補遺伝子の検索, 柳 雅也, 橋本 健志, 北村 登, 福武 将映, 崔 虎星, 西口 直希, 川又 敏男, 白川 治, 前田 潔, 精神薬療研究年報, 38, 105, 108,   2006年03月
    概要:新たな統合失調症候補遺伝子の検索を目的として,ヒト死後脳を用いたDNA chip解析を行った.さらにその結果に基づき,血液サンプルを用いた遺伝子相関研究を行った.統合失調症患者および健常対照者の死後剖検脳・前頭前野眼窩部からRNAを抽出し,18Sと28SのリボソーマルRNAの安定性を調べた.SCAM-1遺伝子,ATM遺伝子,CASP1遺伝子,AKAP11遺伝子,UPF3A遺伝子,SLC25A1遺伝子を選び,それらの遺伝子多型について検討した.統合失調症とコントロールあるいは日本人の遺伝子多型データベースと比較検討し,いずれも多型頻度において差をみとめず,統合失調症の病因に大きく関与している可能性が低いことが示唆された
  • 身体疾患に伴う精神障害 (今日の精神科治療指針2006) -- (精神障害の治療指針), 青木 信生, 白川 治, 臨床精神医学, 35, 0, 43, 49,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015363445
  • 【双極性障害 双極性概念の拡大と治療法の発展】 非定型抗精神病薬による双極性障害の治療, 白川 治, 精神科治療学, 20, 12, 1239, 1246,   2005年12月
    概要:双極性障害における非定型抗精神病薬の役割と現時点での投与法について述べた.非定型抗精神病薬は,統合失調症ばかりでなく気分障害や不安障害などへの効果が明らかになりつつある.双極性障害の治療では抗精神病薬投与を要することが少なくないが,非定型抗精神病薬が示す感情調整作用は,躁症状への効果ばかりではなく病相の安定化,さらにはうつ症状の軽減といった広義の気分安定化に寄与すると考えられる.近年の双極スペクトラムをはじめとする双極性概念の拡大は,気分障害治療における情動安定化の重要性を再認識させるとともに,「うつ状態」への抗うつ薬の安易な投与への警鐘となっている.本邦における双極性障害に対する非定型抗精神病薬の有用性の検証と合理的投与法の確立は今後の課題であるが,気分安定薬や抗うつ薬の補強薬として情動の安定化を通じて双極性障害の長期予後を改善させることが期待されている(著者抄録)
  • IMZ-SPECTが診断に有用であった,精神運動興奮を示したてんかんの1例, 奥野 薫, 秋元 啓子, 田淵 実治郎, 西口 直希, 山本 泰司, 田中 究, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 51, 3〜4, 184, 185,   2005年12月
  • clomipramineとrisperidone投与により強迫緩慢が軽減した重症強迫性障害の一例, 多鹿 朝子, 秋元 啓子, 長岡 研太郎, 西口 直希, 田中 究, 保田 稔, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 107, 10, 1132, 1132,   2005年10月
  • 精神症状のため透析療法が困難となった3症例・問題点と対応の検討, 仲宗根 敏之, 森 美佳, 田淵 実治郎, 山本 泰司, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 107, 10, 1133, 1133,   2005年10月
  • 人格・情動・衝動性の生物学 自殺の生物学的研究 その現状, 白川 治, 西口 直希, 脳と精神の医学, 16, 3, 215, 223,   2005年09月
  • Risperidone・valproate併用療法により精神症状並びに糖尿病の改善をみた糖尿病合併統合失調症2例, 小野 久江, 白川 治, 前田 潔, 臨床精神薬理, 8, 7, 1087, 1093,   2005年07月
    概要:統合失調症患者の糖尿病罹患率は高く,糖尿病を合併する統合失調症の薬物治療は臨床上重要な問題である.近年,非定型抗精神病薬はその有効性とともに錐体外路症状などの副作用の少なさから,統合失調症薬物治療の単剤化に寄与し,第一選択薬となってきているが,非定型抗精神病薬による糖代謝異常の報告が増加してきており,糖尿病を合併する統合失調症における薬剤の選択にはなお慎重を要する.今回,糖尿病を合併する統合失調症患者に対しrisperidoneとvalproateの併用療法を行い,精神症状並びに糖尿病の改善をみた2症例を経験したので報告する.第1症例は54歳男性.18歳時統合失調症を発症し従来型抗精神病薬の多剤併用療法を受けていた.51歳時2型糖尿病と診断され経口血糖降下剤が開始された.54歳時,攻撃的となるとともに幻覚妄想の増悪をみたためrisperidone,valproateの併用に切り替えたところ,精神症状の改善とともに糖尿病が改善し経口血糖降下剤も中止できた.第2症例は54歳女性.32歳時統合失調症発症し従来型抗精神病薬の多剤併用療法を受けていた.48歳時2型糖尿病と診断され経口血糖降下剤が開始された.54歳時,幻聴の悪化と攻撃性の増加をみたためrisperidone,valproateの併用に切り替えたところ精神症状・血糖値ともに改善し経口血糖降下剤の減量が可能となった.これら2症例に共通する特徴としては次の5点が考えられた.1)慢性期の統合失調症患者で長期にわたり従来型抗精神病薬多剤併用療法を受けていた.2)幻覚妄想が長期持続していた.3)病状悪化時には衝動性や攻撃性が高まる患者であった.4)錐体外路症状が出やすい患者であった.5)糖尿病の罹患期間が比較的短く経口血糖降下剤で加療されていた.Risperidoneとvalproateとはともに,耐糖能異常や体重増加が報告され,糖尿病合併例での使用には注意が必要と考えられる薬剤であるが,体重・血糖値のモニタリング下にて適切に使用することにより,2型糖尿病を合併する統合失調症において良好な治療結果を得る可能性が示唆された(著者抄録)
  • 日本における抗うつ薬処方の現状 アジア5ケ国における国際共同処方調査, 藤井 千太, 金子 奈穂子, 橘川 博江, 佐々木 裕光, 永井 宏, 石井 久敬, 西村 良二, 黒木 俊秀, 中村 純, 白川 治, 前田 潔, 渡邊 衡一郎, 中込 和幸, 神庭 重信, 新福 尚隆, 日本社会精神医学会雑誌, 14, 1, 30, 35,   2005年06月
    概要:アジア5カ国による国際共同処方調査により抗うつ薬処方の現状を調査した.第1段階として,2003年10月〜2004年3月の間にカルテ記録調査を実施した.5カ国・地域から2952症例のデータが収集された.その結果,日本の抗うつ薬処方については,新規抗うつ薬は約7割の症例で処方され,古い世代の抗うつ薬も未だに少なくない症例で処方されていた.約8割の症例で抗うつ薬は単剤投与されていた,などの特徴がみられた
  • 精神疾患が産後の母子関係に及ぼす影響, 秋元 啓子, 田淵 実治郎, 田中 究, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 2005特別, S166, S166,   2005年05月
  • 抗精神病薬のみごこちアンケートを用いた臨床研究 統合失調症患者の主観的服薬観の改善について, 平良 勝, 橋本 健志, 高松 桃子, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 2005特別, S173, S173,   2005年05月
  • clomipramineとrisperidone投与により一次性強迫緩慢(primary obsessional slowness)が軽減した重症強迫性障害の2症例, 多鹿 朝子, 秋元 啓子, 長岡 研太郎, 西口 直希, 田淵 実治郎, 山本 泰司, 田中 究, 橋本 健志, 保田 稔, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 2005特別, S227, S227,   2005年05月
  • メタンフェタミンおよびフェンサイクリジンの脳グルタミン酸トランスポーター(GLT-1)免疫活性に対する部位特異的効果, 白川 治, 梶本 康雄, 白井 豊, 楊 常青, 北村 登, 斎藤 尚亮, 西野 直樹, 神経化学, 34, 2, 168, 169,   1995年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011359343
  • イレウスを契機に精神運動興奮が治まった統合失調感情障害の一例, 堀部 智之, 清水 美加, 福武 将映, 田淵 実治郎, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 51, 1, 87, 87,   2005年04月
  • 【うつ病治療の進歩】 SSRIとSNRIの登場による変化, 白川 治, Depression Frontier, 3, 1, 14, 23,   2005年03月
    概要:SSRI・SNRIは,その安全性の高さ,重篤な副作用の少なさから,うつ病治療における第一選択の抗うつ薬として我が国でも受け入れられている.SSRI・SNRIの登場は,治療対象としての「うつ」の裾野を拡げるとともに,うつ病以外の精神疾患への投与と適応拡大をもたらした.SSRI・SNRIの投与対象であるうつ病の時代的な変化,すなわち軽症うつ病や多様なうつ病像の増加は,うつ状態鑑別診断の重要性を再認識させている.今後は,うつ病の診断・治療,自殺予防の重要性を医療現場に広く浸透させるとともに,抗うつ薬の適正使用・適正用量について再検証することが求められている(著者抄録)
  • 気分安定薬の作用点に着目した自殺遺伝子の関連研究, 西口 直希, 白川 治, 櫻井 薫, 服部 晴起, 山本 康二, 崔 虎星, 青木 信生, 主田 英之, 上野 易弘, 前田 潔, 精神薬療研究年報, 37, 75, 79,   2005年03月
    概要:XBP1遺伝子-116C/G多型ならびにATF6遺伝子rs1058405(T/C)多型が機能的変化をもたらすことにより,自殺に関与する可能性があると考え,XBP1遺伝子ならびにATF6遺伝子の両多型と自殺との相関を検討した.法医学解剖が行われた188例を対象とした.対照として,精神疾患のない185例を用いた.XBP1遺伝子-116C/GならびにATF6遺伝子rs1058405(T/C)多型の分布は,自殺者群,対照群ともHardy-Weinbergの法則に合致した.両多型の頻度は,既報告,JSNPデータベースと近似した.XBP1遺伝子-116C/G多型の分布は,遺伝子型,遺伝子頻度とも,自殺者群,対照群の間で有意差を認めなかった.また,ATF6遺伝子rs1058405(T/C)多型の分布についても,遺伝子型,遺伝子頻度とも,自殺者群,対照者群の間で有意差を認めなかった
  • 回復の遷延した産褥精神病の1例, 秋元 啓子, 松山 浩子, 田伏 里奈, 高松 桃子, 宮軒 将, 田淵 実治郎, 田中 究, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 精神科, 6, 2, 181, 186,   2005年02月
    概要:症状の遷延のため1年の入院を要し,統合失調症との鑑別を要したが良好な予後を示し,産褥精神病と診断した1例(30歳女性)を報告した.長期入院の背景には,夫やその両親との関係,児との分離などの要因が考えられ,それに対し治療者のとるべき対応について考察した.産褥期に急性発症する産褥精神病は長期の入院を要することもあるが,予後は良好であり,入院前の社会適応レベルが維持される.特徴的な症状がみられる場合は治療に時間を要しても,経過について家族に十分説明し,退院後の生活,特に育児のサービスを受けられるよう治療にあたることが重要である
  • 神戸大学医学部附属病院救急部を受診した自殺企図者の実態, 清水 光太郎, 白川 治, 田淵 実治郎, 宮軒 将, 橋本 健志, 柿木 達也, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 106, 11, 1512, 1512,   2004年11月
  • タクロリムス脳症を疑われたGVHD(移植片対宿主疾患)の一例, 松井 裕介, 田淵 実治郎, 山本 泰司, 保田 稔, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 106, 9, 1194, 1194,   2004年09月
  • 新規抗うつ薬治療中にみられた発汗過多と不安・焦燥, 松長 正成, 小林 実, 西村 暢宏, 佐々木 仁, 田淵 実治郎, 長岡 健太郎, 田中 究, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 106, 9, 1197, 1197,   2004年09月
  • 【うつ病と自殺予防】 自殺の生物学的背景, 西口 直希, 白川 治, 臨床精神薬理, 7, 7, 1141, 1148,   2004年07月
    概要:多くの精神疾患と同様,自殺もストレスと素因から説明されている.自殺のストレスー素因モデルでは,主として,ストレス反応性に関わる系としてノルアドレナリン神経系と視床下部-下垂体-副腎系(HPA axis)が,素因に関わる系としてセロトニン神経系が想定されており,これらの神経系の失調が相互に作用し,自殺行動に至るのではないかと考えられている.現在,低コレステロール血症との関連,分子遺伝学的研究ならびに自殺に対する薬物の有効性についての研究がすすめられており,今後こうした研究の成果がいかに自殺予防に生かしてゆくかが課題である
  • 死後脳研究からの統合失調症の病因解明 : 神戸大学における取り組みを中心に, 柳 雅也, 橋本 健志, 北村 登, 福武 将映, 白川 治, 前田 潔, 脳と精神の医学 = Brain science and mental disorders, 15, 2, 205, 210,   2004年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029851335
  • STRATEGY 不安・焦燥を伴ううつ病の治療, 白川 治, 辻井 農亜, Depression strategy : うつ病治療の新たなストラテジー, 1, 1, 10, 12,   2011年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019351470
  • うつ病治療におけるSSRI, SNRI, 白川 治, ファルマシア, 38, 8, 737, 741,   2002年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009895346
  • 老年期痴呆性疾患に伴う精神症状・問題行動に対するrisperidone,perospironeの有用性についての比較検討, 大下 隆司, 白川 治, 波多腰 正隆, 高嶋 通子, 太田 正幸, 前田 潔, 臨床精神薬理, 7, 6, 999, 1006,   2004年06月
    概要:老年性痴呆性疾患に伴う精神症状・問題行動(BPSD)に対してrisperidone(12例)とperospirone(10例)を投与し比較検討した.記銘力にMMSE,錐体外路症状にDIEPSS,精神症状・問題行動にBehave-ADを用いて評価した.その結果,MMSE,DIEPSSでは有意差はなかったが,Behave-ADで両群とも2週時点から有意な改善を認めた.項目別では,risperidone投与群で妄想観念,幻覚,行動障害,攻撃性,日内リズム障害の5項目,perospirone投与群で不安および恐怖を含めた6項目に有意な改善を示した.両剤ともBPSDに対し同程度に有用であり,標的症状により使い分けできる可能性が示唆された
  • 【生物学的精神医学研究の現状と展望】 死後脳研究からの統合失調症の病因解明 神戸大学における取り組みを中心に, 柳 雅也, 橋本 健志, 北村 登, 福武 将映, 白川 治, 前田 潔, 脳と精神の医学, 15, 2, 205, 210,   2004年06月
  • 精神病急性増悪に対するrisperidone液剤の有用性 抗精神病薬筋肉注射剤から非定型抗精神病薬液剤へ転換の試み, 大下 隆司, 白川 治, 小川 賢治, 服部 千代美, 松田 毅, 山内 道士, 波多腰 正隆, 岡崎 孝夫, 鶴田 千尋, 太田 正幸, 前田 潔, 臨床精神薬理, 7, 5, 821, 829,   2004年05月
    概要:2003年6月よりrisperidone液剤を2ml容器に小分けし,救急カートに常備,使用しやすくしたところ,risperidone液剤の使用が増加し,抗精神病薬の筋肉注射が減少,4月に80回施行された筋肉注射が8月には3回に減った.このことより筋肉注射の大部分をrisperidone液剤に置き換える可能性があると考えられた.risperidone液剤と抗精神病薬筋肉注射の比較では,risperidone液剤の方が効果が高く,コンプライアンスがよく,施行に必要なスタッフ数が少ないという結果となった.このことはrisperidone液剤の薬理学的作用に加え,経口で投与する場面での看護士の支持的精神療法的かかわりが効果を高め,さらに同薬の有用性を増したと考えらえる
  • 統合失調症におけるNMDA受容体遺伝子多型の同定及び相関研究, 西口 直希, 白川 治, 橋本 健志, 前田 潔, 兵庫県医師会医学雑誌, 46, 3, 241, 241,   2004年04月
  • オーストラリアにおける精神科地域医療, 西向 浩隆, 藤瀬 敬喜, 河内 崇, 藤井 千太, 西口 直希, 山本 泰司, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 50, 1, 82, 82,   2004年04月
  • 間欠型一酸化炭素中毒の2例の発症経過と回復過程, 朴 孝貴, 玉岡 徹, 千郷 雅史, 田渕 実治郎, 保田 稔, 田中 究, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 50, 1, 84, 84,   2004年04月
  • 【痴呆症学 高齢社会と脳科学の進歩】 精神神経機能とADLの障害 障害項目別治療 共通する精神的な問題 老年期の精神病症状, 白川 治, 福武 将映, 日本臨床, 62, 増刊4 痴呆症学(3), 56, 61,   2004年04月
  • 【なぜ?自殺】 自殺の生物学的研究, 服部 晴起, 白川 治, 前田 潔, こころのりんしょうa・la・carte, 23, 1, 79, 83,   2004年03月
  • 【うつ病 最前線】 うつ病の最新治療 薬物療法の実際, 白川 治, Clinical Neuroscience, 22, 2, 202, 207,   2004年02月
  • 若年アルコール性ペラグラ脳症の1例, 服部 晴起, 青山 慎介, 保坂 卓昭, 大川 慎吾, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 精神医学, 45, 12, 1337, 1340,   2003年12月
    概要:31歳男.アルコール依存症に対する断酒プログラムに参加するも飲酒を行い外傷を受傷し,それを契機に断酒をするも歩行困難が持続するため入院となった.脳波には異常は認められなかったものの,神経学的所見,知能検査,脳血流シンチグラム,MRIの結果からペラグラ及びウェルニッケーコルサコフ脳症の可能性を考慮してニコチン酸アミド,ビタミンB1,B2,B6,B12を経口投与したところ,歩行失調,記銘力は回復した
  • 兵庫県立尼崎病院におけるコンサルテーションの実態調査, 森 美佳, 宮口 幸治, 西村 暢宏, 井上 吉樹, 鈴木 由美子, 白川 治, 前田 潔, 総合病院精神医学, 15, Suppl., S167, S167,   2003年11月
  • 経口摂取困難な症例に対するリスペリドン内服液の有用性, 田淵 実治郎, 古城門 靖子, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 総合病院精神医学, 15, Suppl., S181, S181,   2003年11月
  • 抗うつ薬により増悪した慢性疼痛症の一例, 平良 勝, 夏山 綾美, 田淵 実治郎, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 105, 8, 1073, 1073,   2003年08月
  • 統合失調症との鑑別を要した強迫症状を呈した一例, 福武 将映, 柴台 紀仁, 千郷 雅史, 田中 究, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 105, 8, 1074, 1074,   2003年08月
  • 【精神医学症候群 統合失調症と周縁疾患など】 統合失調症(精神分裂病)と周縁疾患 接枝分裂病, 白川 治, 柳 雅也, 服部 晴起, 日本臨床, 別冊, 精神医学症候群I, 68, 70,   2003年06月
  • 感情障害の治療ガイドラインを用いた臨床実証的研究 アンケート調査が示す感情障害治療における非定型抗精神病薬の位置づけ, 白川 治, 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費研究報告集, 平成14年度, 241, 241,   2003年06月
  • 【うつ病の治療】 うつ病の治療法 身体疾患に伴ううつ病, 岡村 健二, 白川 治, 医学と薬学, 49, 6, 842, 846,   2003年06月
  • 17歳の緊張病の1女性症例, 高松 桃子, 福武 将映, 古田 淳, 平良 勝, 田中 究, 橋本 健志, 山本 泰司, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 49, 1, 60, 60,   2003年04月
  • 自殺と気質規定遺伝子との相関研究, 白川 治, 小野 久江, 青山 慎介, 菱本 明豊, 岡村 健二, 柳 雅也, 服部 晴起, 山本 康二, 主田 英之, 上野 易弘, 前田 潔, 精神薬療研究年報, 35, 88, 92,   2003年03月
    概要:セロトニントランスポーター(5HTT)遺伝子多型(5HTT-LPR),ドーパミンD4受容体(DRD4)遺伝子多型(-521C/T),A型モノアミン酸化酵素(MAOA)遺伝子多型(MAOA-uVNTR),カテコール-ο-メチルトランスフェラーゼ(COMT)遺伝子多型(158Val/Met)と自殺との相関研究を行った.更に,これら遺伝子多型間の相互作用と自殺との関連についても検討した.その結果,5HTT-LPR,MAOA-uVNTR,DRD4:-521C/T多型では,自殺既遂者群163例(男112例,女51例)と健常対照群169例における遺伝子型ならびに遺伝子頻度の分布に有意差を認めなかったが,COMT:158Val/Met多型では,男性においてのみ遺伝子型の分布に有意差がみられ,遺伝子頻度でも高活性を示すとされるG(Val)アレルが自殺既遂者群で少ない傾向が認められたことから,男性では高COMT活性が自殺に抑制的に働いていることが示唆された.更に,上記多型間の相互作用を検討したところ,男性においてのみ,5HTT-LPRとMAOA-uVNTR及び5HTT-LPRとCOMT:158Val/Met多型で,遺伝子型の組合せの分布に有意差が認められた
  • 【ストレスと自殺】 自殺の生物学的側面, 白川 治, ストレス科学, 17, 4, 238, 244,   2003年03月
  • 【症例でみるうつ病の治療 精神科医の視点から】 うつ病診療の現況 一般診療科と精神科, 菱本 明豊, 白川 治, 臨床と薬物治療, 22, 2, 78, 82,   2003年02月
  • 【症例でみるうつ病の治療 精神科医の視点から】 うつ病に対するプライマリケア 仮面うつ病の症例を通じて, 山本 康二, 白川 治, 臨床と薬物治療, 22, 2, 93, 96,   2003年02月
  • 著明な興奮状態を呈した遷延性せん妄の1例 総合病院精神科閉鎖病棟の役割, 青木 信生, 松井 祐介, 橋本 健志, 柿木 達也, 白川 治, 前田 潔, 北村 登, 三田 達雄, 九州神経精神医学, 48, 3〜4, 196, 197,   2002年12月
  • 恋愛感情を契機に緊張病症状を呈した青年男性の1例, 宮井 宏之, 籾井 智寿, 服部 晴起, 千郷 雅史, 小野 久江, 田中 究, 柿木 達也, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 48, 3〜4, 203, 203,   2002年12月
  • 睡眠時無呼吸症候群の治療によりうつ状態が改善した1症例, 高石 潤子, 谷口 充孝, 江川 功, 白川 治, 前田 潔, 総合病院精神医学, 14, Suppl., S120, S120,   2002年11月
  • ミルナシプランの投与中にせん妄を呈したpost-stroke depressionの1例, 西村 暢宏, 森田 知子, 井上 浩一, 松下 寿能, 白川 治, 前田 潔, 総合病院精神医学, 14, Suppl., S143, S143,   2002年11月
  • 躁症状を呈した汎下垂体機能低下症の一例, 俵 崇記, 相島 豊司, 白川 治, 前田 潔, 総合病院精神医学, 14, Suppl., S146, S146,   2002年11月
  • ストレスと自殺 自殺の生物学的側面, 白川 治, ストレス科学, 17, 2, 88, 88,   2002年11月
  • 【新規向精神薬による治療】 Milnacipran 意欲低下を主症状とする遷延性うつ病にmilnacipranが著効した3症例, 大下 隆司, 白川 治, 臨床精神薬理, 5, 増刊, 185, 192,   2002年10月
    概要:三環系抗うつ薬であるimipramine以後、数多くの抗うつ薬が開発されてきたが、薬物に十分な反応を示さないうつ病患者も稀ではない。われわれは、意欲低下を主症状とする遷延性うつ病に対してmilnacipranが著効した症例を3例経験した。症例1は6年1ヵ月の罹病期間、三環系抗うつ薬、ECTで寛解を得ることができなかったが、milnacipran 225mgに反応した。症例2は7年の罹病期間、三環系抗うつ薬による肝障害が出現し四環系を中心に投与するも奏効せず、ECTでも十分な反応を得られなかったが、milnacipran 75mgに反応した。症例3は1年4ヵ月の罹病期間に、抑うつ気分に加え、不安焦燥感が出現していたがmilnacipran 50mgで改善した。副作用として2例に不眠が認められたが、夕食後、就眠時の服用を避けることにより解消した。Milnacipranは安全性が高く、三環系抗うつ薬が投与困難であったり、反応不良な症例にも有効である可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 1精神科診療所における20年間にわたる自殺症例の検討, 青山 慎介, 白川 治, 保坂 卓昭, 小野 久江, 前田 潔, 生村 吾郎, 精神医学, 44, 6, 685, 691,   2002年06月
    概要:精神科診療所の20年間に亘る診療録から自殺既遂者の背景を調査・解析した結果,男は全体の60%以上であり,年齢分布では20〜50台前半にかけて多く,20台後半と40〜50台前半に二つのピークを認めた.死亡した月は5月が最も多く,精神科診断は分裂病圏が最多であり,気分障害もほぼ同数を占めた.初診から死亡迄の期間は,分裂病圏は比較的長いのに対し,気分障害,神経症圏は短い傾向にあり,大鬱病性障害は最も短かった.自殺手段は縊首が最も多く,飛び降り,電車への飛び込みと続き,全体の約60%を占めた.自殺企図既往は男が高率であり,遺書確認できたものは全体の12.2%であった
  • 【自殺予防を考える】 自殺の生物学的側面と自殺予防, 白川 治, 心と社会, 108, 34, 40,   2002年06月
  • 【老年者に対する抗うつ薬の選び方と治療の実際 新規抗うつ薬をどう使い分けるか】 老年期うつ病の薬物療法の実際, 白川 治, Geriatric Medicine, 40, 4, 451, 459,   2002年04月
  • アスペルガー症候群,高機能自閉症の認知機能特性について, 前田 宏章, 白瀧 貞昭, 田中 究, 山本 泰司, 小野 久江, 千郷 雅史, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 48, 1, 67, 68,   2002年04月
  • 脳循環代謝改善剤が奏効した脳血管性うつ状態の1例, 田中 克昌, 橋本 健志, 柿木 達也, 白川 治, 前田 潔, 松下 寿能, 井上 浩一, 大西 道生, 九州神経精神医学, 48, 1, 70, 71,   2002年04月
  • 新しい診断・治療法開発に向けた精神疾患の分子メカニズム解明に関する研究 自殺者におけるセロトニン神経系遺伝子多型に関する研究, 前田 潔, 白川 治, 小野 久江, 西口 直希, 橋本 健志, 青山 慎介, 北村 登, 西村 明儒, 上野 易弘, 厚生省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集, 平成12年度, 578, 578,   2002年03月
    概要:法医学解剖例での自殺既遂者151例の血液及び健常対照者167例の血液からヨウ化ナトリウム法によりDNAを抽出し,5HTIR2に着目すると共に,セロトニン神経系のシナプス前の指標としてセロトニン生合成系の律速酵素であるトリプトファン水酸化酵素(TPH)にも着目し研究を行った.その結果,5HTIR2遺伝子A-1438G多型と自殺との相関の可能性は少ないと考えられ,5HTR2A遺伝子A-1437G多型が5HTR2A量に影響を与える可能性は少なく,又,自殺者死後脳と健常対照者死後脳で5HTR2A量は有意差を認めなかった.5HTR2A量とTPH免疫活性の変化に反映されるようなセロトニン神経系の異常が自殺に存在する可能性は少ないと考えられた.5HTR2A量が自殺者死後脳では増加しているとする既報との相違は,対象自殺者の臨床像が関与している可能性が考えられた
  • 自殺者におけるセロトニン神経伝達系遺伝子多型 自殺既遂者とA型モノアミン酸化酵素遺伝子多型との相関研究, 小野 久江, 白川 治, 西村 明儒, 主田 英之, 上野 易弘, 前田 潔, 精神薬療研究年報, 34, 242, 247,   2002年03月
    概要:MAOA遺伝子のプロモーター領域30塩基の繰り返し配列多型(MAOA-uVNTR多型)によるMAOA遺伝子転写活性の変化が,MAOA活性に影響し,更には攻撃性・衝動性の制御に異常が来され自殺と関与するのはないかと仮説を立て,MAOA-uVNTR多型と自殺既遂者間で相関研究を行った.MAOA-uVNTR多型と自殺既遂者の間には有意な相関を見いだせなかった.性差,自殺年齢も考慮して検討したが,有意差は認めなかった
  • 自殺の生物学的側面と自殺予防 (特集 第42回精神保健シンポジウム(神戸)自殺予防を考える), 白川 治, 心と社会, 33, 2, 34, 40,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005432937
  • 脳機能調節におけるニューロトロフィン・サイトカインの役割 脳内ニューロトロフイン・サイトカインと精神分裂病, 那波 宏之, 白川 治, 高橋 均, 染矢 俊幸, 入谷 修司, 日本神経精神薬理学雑誌, 21, 6, 217, 217,   2001年12月
  • リチウムが奏効したSLE精神病2例, 小野 久江, 白川 治, 高原 夕紀子, 青山 慎介, 橋本 健志, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 103, 12, 1097, 1098,   2001年12月
  • 抑うつ状態を呈し,抗うつ薬投与が奏効したMELASの一例, 吉井 勇, 橋本 健志, 中元 幸治, 白川 治, 三田 達雄, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 103, 10, 855, 856,   2001年10月
  • 神戸大学医学部附属病院における精神科コンサルテーション・リエゾン, 神 三矢, 岡村 健二, 橋本 健志, 田中 究, 柿木 達也, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 103, 10, 859, 859,   2001年10月
  • 双極性障害に対する気分安定薬とrisperidoneの併用効果, 見野 耕一, 白川 治, 池田 重雄, 山口 直彦, 小野 久江, 橋本 健志, 前田 潔, 臨床精神薬理, 4, 8, 1153, 1159,   2001年08月
    概要:躁病エピソードを示した双極I型障害3例にリチウムやcarbamazepineにrisperidone(A)を併用し効果を認めた.3例とも罹病期間が10年以上で,定型抗精神病薬の併用で過鎮静や口部ジスキネジアをきたし服薬コンプライアンス不良の原因となっていた.3例共に閉経後口部ジスキネジア,抑うつ状態が目立っていた.Aの1〜6mg/日の投与後1週間程度で十分な効果が得られ,3例共に過鎮静を来さず,全身倦怠,抑うつも軽度で口部ジスキネジアも改善した.以上から気分安定薬にAを併用することで過鎮静を来さずに病相の安定化がもたらされる可能性が示唆された
  • 遅発性ジスキネジアと思われる空気嚥下症を呈した1例, 西村 暢宏, 岡村 健二, 関 渉, 小野 久江, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 47, 2, 108, 108,   2001年08月
  • 新規抗うつ薬の展開と抗うつ薬の投与指針 (〔2001年4月〕第1土曜特集 薬物投与の基礎と臨床) -- (臨床), 白川 治, 前田 潔, 医学のあゆみ, 197, 1, 65, 70,   2001年04月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000121224
  • 【薬物投与の基礎と臨床】 新規抗うつ薬の展開と抗うつ薬の投与指針, 白川 治, 前田 潔, 医学のあゆみ, 197, 1, 65, 70,   2001年04月
    概要:1950年代後半からの三環系抗鬱薬イミプラミンにはじまる抗鬱薬開発の歴史は,約20年を経て抗コリン作用や抗α1アドレナリン作用等による副作用の軽減と共に,セロトニンとノルアドレナリンに選択的な再取込み阻害作用を有する薬剤への開発へと進展し,今日に至っている.我が国では選択的セロトニン再取込み阻害薬(SSRI)の導入が欧米に比べて大きく後れをとり,1999年5月に初のSSRIであるフルボキサミンが導入されたのを皮切りに,2000年にはSSRIのパロキセチン,選択的ノルアドレナリン・セロトニン再取込み阻害薬(SNRI)であるミルナシプランといった新規抗鬱薬がつぎつぎに導入されつつある.新規抗鬱薬の用い方を含めて抗鬱薬の投与指針を提示した
  • ペットボトル症候群を呈した緊張型分裂病の1症例, 煙崎 久子, 金 光洙, 白川 治, 前田 潔, 精神科治療学, 16, 3, 283, 287,   2001年03月
    概要:35歳男.19歳時に緊張型分裂病を発症し,以後入退院を繰り返していた.X-1年に12月頃より口渇・多飲が著明となり,ペットボトル飲料を大量(〜5l/日)に摂取するようになった.X年1月には不安・焦燥感も加わり,同時に体重減少をきたした.傾眠となったため同年1月28日,緊急入院となり,糖尿病性ケトアシドーシスと診断された.大量の生理食塩水の補液とインスリン治療を行い,最終的には食事療法のみとなり退院となった.多飲傾向のある患者が低Na血症を呈する場合,鑑別が必要で,特に外来では患者の体重変化に留意し,血液・尿検査などによりペットボトル症候群を早期に発見ないし予防することが重要である
  • 【今日の精神科治療2000】 疾患 症状性精神障害, 白川 治, 前田 潔, 臨床精神医学, 2000年増刊, 13, 18,   2000年12月
  • 長期間の抑うつ状態の後に痴呆状態を呈した症例, 柿木 達也, 西口 直希, 朴 正碩, 白川 治, 増元 康紀, 大辻 毅彦, 羽賀 敦司, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 102, 12, 1278, 1279,   2000年12月
  • 若年で発症したPick病の1例, 高原 夕紀子, 増元 康紀, 大川 慎吾, 柿本 達也, 若栄 徳彦, 井上 浩一, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 46, 3〜4, 208, 208,   2000年12月
  • 精神保健・福祉 一精神科診療所における20年間にわたる自殺症例の検討, 青山 慎介, 保坂 卓昭, 西口 直希, 小野 久江, 白川 治, 前田 潔, 生村 吾郎, 精神神経学雑誌, 102, 11, 1137, 1138,   2000年11月
  • 【ライフイベント】 阪神淡路大震災後にみられた躁状態について, 保坂 卓昭, 白川 治, 岩尾 俊一郎, 山口 直彦, 精神科治療学, 15, 8, 829, 835,   2000年08月
  • 神経症状が前景に立った若年アルコール依存症の入院例, 服部 晴起, 青山 慎介, 保坂 卓昭, 大川 慎吾, 金 光洙, 橋本 健志, 柿木 達也, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 46, 2, 118, 118,   2000年08月
  • 奇異な常同行動,摂食異常を呈した複雑型運動性チック障害の1症例, 山本 康二, 坂本 由美, 井上 浩一, 田中 究, 小林 俊二, 安 克昌, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 46, 2, 116, 117,   2000年08月
  • Tegafur併用によりphenytoin中毒をきたした1症例, 山本 欣哉, 白川 治, 西口 直希, 前田 潔, 臨床精神薬理, 3, 3, 263, 266,   2000年03月
  • 精神分裂病死後脳におけるホスホリパーゼCの変化, 橋本 健志, 林 賢浩, 北村 登, 小野 久江, 西口 直希, 山本 英雄, 梶本 康雄, 三田 達雄, 西野 直樹, 白川 治, 前田 潔, 精神薬療研究年報, 32, 85, 93,   2000年03月
    概要:イノシトールリン脂質代謝情報伝達系の主要酵素であるホスホリパーゼC(PLC)の量的変化が分裂病の病態に関与するか否かを検討するため,19例の精神分裂病脳と27例の正常対照脳の左前頭前野,両側上側頭回,左側坐核,左扁桃体におけるPLCβ1,PLCγ1,PLCδ1の免疫定量を行った.PLCβ1は分裂病の左前頭前野で64%の増加を示し,左上側頭回では28%の減少を示した.右側頭回,左側坐核,左扁桃体では分裂病群と正常対照群との間にPLCβ1の有意な変化を認めなかった.またPLCγ1とPLCδ1は,いずれの部位でも変化を認めなかった.PLCβ1が分裂病の前頭前野で増加,左上側頭回で減少がみられたことは,分裂病の病態にPLCβ1の量的変化が関与することが示唆される
  • 治療抵抗性分裂病における遺伝子多型に関する研究, 前田 潔, 西口 直希, 北村 登, 梶本 康雄, 岸 睦久, 小野 久江, 林 賢浩, 青山 慎介, 橋本 健志, 白川 治, 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 精神疾患の分子生物学的研究, 平成9〜11年度, 66, 67,   2000年03月
    概要:分裂病の中でも陰性症状が主体で治療抵抗性である症例を対象として,候補遺伝子の検索を行った.候補遺伝子としては,セロトニン神経系の遺伝子の中で機能的変化を来たすと考えられるセロトニントランスポーター遺伝子の5HTTLPRとトリプトファン水酸化酵素(TPH)遺伝子の-6526A/G多型及び興奮性アミノ酸神経伝達に関わる遺伝子の中でNMDA受容体2Bサブユニット(NR2B)遺伝子に着目した.5HTTLPR及び-6526A/G多型と分裂病との相関研究では,両多型と分裂病の相関は認められなかったが,-6526A/G多型についてはGAFの低い高度荒廃を示す分裂病群では対照群と比べて有意にG alleleが多かった.NR2B遺伝子における多型としてC末細胞内領域をコードする部位にサイレント変異を同定した.この多型をマーカーとして分裂病の相関研究を行ったが,分裂病群,対照群において遺伝子型,遺伝子頻度に差はみられなかった
  • テガフールとの併用によってフェニトイン中毒をきたした1症例, 山本 欣哉, 白川 治, 前田 潔, 精神神経学雑誌, 101, 12, 1054, 1054,   1999年12月
  • シクロスポリン併用中にステロイド精神病を発症したネフローゼ症候群の1症例, 柳 雅也, 大西 俊子, 福島 春子, 橋本 健志, 田中 究, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 45, 3〜4, 206, 206,   1999年12月
  • 孫殺害に至ったCapgras症状群の1症例, 岸 睦久, 菱本 明豊, 見野 耕一, 山口 直彦, 橋本 健志, 金 光洙, 田中 究, 白川 治, 前田 潔, 九州神経精神医学, 45, 2, 141, 141,   1999年08月
  • 【抗精神病薬の稀な副作用と関連の示唆される有害事象】 抗精神病薬に関連した横紋筋融解症, 松石 邦隆, 増元 康紀, 白川 治, 臨床精神薬理, 2, 8, 853, 858,   1999年08月
  • セロトニントランスポーターおよびセロトニン2 A受容体の遺伝子多型, 西村 明儒, 西 克治, 小野 久江, 西口 直希, 橋本 健志, 白川 治, 前田 潔, 北村 登, 主田 英之, 龍野 嘉紹, DNA多型 = DNA polymorphism, 7, 270, 272,   1999年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025752276
  • 自殺への生物学的アプローチとその成果 (特集 現代の自殺をめぐる話題), 西口 直希, 白川 治, 精神医学, 51, 11, 1069, 1074,   2009年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016800190
  • 【薬物治療の実際】 パニック障害, 白川 治, 三田 達雄, Medicament News, 1622, 20, 21,   1999年06月
  • 【精神障害への分子的アプローチ】 細胞内情報伝達系と精神分裂病, 白川 治, 橋本 健志, 北村 登, 井上 浩一, 前田 潔, 脳の科学, 21, 4, 369, 376,   1999年04月
  • 慢性分裂病死後脳・前頭前野及び上側頭回におけるセロトニン2A受容体を介する情報伝達系の病態, 白川 治, 橋本 健志, 北村 登, 林 賢浩, 梶本 康雄, 小野 久江, 西口 直希, 山本 英雄, 前田 潔, 厚生省精神・神経疾患研究委託費総括研究報告書 精神分裂病の本態に関する生化学的,生理学的,遺伝学的研究, 平成8〜10年度, 27, 30,   1999年03月
    概要:前頭前野における5-HT2A受容体-Gqα-PLCβ1系の変化は,抗精神病薬長期投与の影響やhypofrontalityとして知られる代償機転・機能的異常との関連,また左上側頭回でみられた変化は,病理形態学的研究,神経画像解析で指摘されてきた形態学的異常との関連が示唆された.分裂病の神経発達障害を検証するためにも,左半球特異的な変化や側性化消失をもたらす遺伝的ならびに生化学的要因について今後明らかにする必要がある
  • パニック障害における物質摂取によるパニック発作の誘発, 三田 達雄, 門矢 規久子, 中井 隆, 西野 直樹, 白川 治, 精神神経学雑誌, 100, 11, 1009, 1010,   1998年11月
  • 抗うつ薬と錐体外路症状, 白川 治, 臨床精神薬理, 1, 10, 1063, 1064,   1998年10月
  • Treacher-Collins症候群に精神分裂病を合併した1症例, 青山 慎介, 田中 究, 金 寿美, 大辻 毅彦, 仲谷 順正, 白川 治, 橋本 健志, 金 光洙, 白瀧 貞昭, 九州神経精神医学, 44, 2, 220, 220,   1998年08月
  • 精神分裂病の本態に関する生化学的,生理学的,遺伝学的研究 慢性分裂病後脳・前頭前野及び上側頭回における情報伝達系の病態, 白川 治, 北村 登, 橋本 健志, 楊 常青, 林 賢浩, 山本 英雄, 西口 直希, 小野 久江, 梶本 康雄, 西野 直樹, 厚生省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集, 平成9年度, 457, 457,   1998年08月
    概要:前頭前野における5-HT2受容体-Gqα-PLCβ1系の変化は,抗精神病薬長期投与の影響やhypofrontalityとして知られる機能異常との関連,又左上側頭回でみられた変化は,MRI等で指摘されてきた形態学的異常との関連が示唆された
  • 【精神分裂病研究の現状】 精神分裂病の死後脳研究が明らかにしたもの, 白川 治, 北村 登, 梶本 康雄, 臨床精神医学, 27, 5, 525, 532,   1998年05月
  • 自殺者におけるセロトニントランスポーターおよびセロトニン2A受容体遺伝子多型, 西口 直希, 松下 幸生, 樋口 進, 西村 明儒, 主田 英之, 龍野 嘉紹, 菱本 明豊, 保坂 卓昭, 松石 邦隆, 小野 久江, 白川 治, 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 17, 6,   1997年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016337465
  • 慢性分裂病死後脳におけるGTP結合蛋白の変化, 楊 常青, 北村 登, 山本 英雄, 林 賢浩, 梶本 康雄, 三田 達雄, 西野 直樹, 橋本 健志, 白川 治, 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 17, 6,   1997年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016337606
  • 衝動性の神経生物学 (特集 衝動性の脳科学), 切目 栄司, 白川 治, 分子精神医学, 9, 4, 306, 310,   2009年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016869352
  • 慢性分裂病死後脳におけるホスファチジールイノシトール特異的ホスホリパーゼCの変化, 林 賢浩, 北村 登, 楊 常青, 山本 英雄, 梶本 康雄, 三田 達雄, 西野 直樹, 橋本 健志, 白川 治, 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 17, 6,   1997年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016337612
  • 精神分裂病の治療 薬物療法-抗精神病薬 非三環系, 白川 治, 医薬ジャーナル, 33, 4, 1053, 1057,   1997年04月
  • パニック障害に対する長時間作用型ベンゾジアゼピン系抗不安薬ロフラゼプ酸エチル(メイラックス)の臨床的有用性の検討, 白川 治, 塩山 晃彦, 岩井 圭司, 臨床精神医学, 25, 11, 1381, 1392,   1996年11月
    概要:ロフラゼプ酸エチル(メイラックス)のパニック障害に対する効果を検討した.DSM-III-Rによりパニック障害ないしは空間恐怖と診断された64例の患者(空間恐怖を伴うパニック障害23例,空間恐怖を伴わないパニック障害40例,パニック障害の既往のない空間恐怖1例)にロフラゼプ酸エチルを原則として8週間投与した.有効性評価対象48例について最終全般改善度では,著明改善22例(45.8%), 改善19例(39.6%)であり,改善以上が85%を超える高い有効率を示した
  • 阪神淡路大震災後の精神科入院事例 神戸大学医学部附属病院精神神経科入院患者調査から, 保坂 卓昭, 白川 治, 中井 久夫, 精神科治療学, 11, 3, 249, 256,   1996年03月
    概要:震災の影響を受け事例化した入院患者は40名であった. 1)震災の精神疾患再燃への影響は,精神分裂病よりも感情障害,中でも双極性障害で目立ち,躁状態の再燃のかたちをとった. 2)精神分裂病では病像の増悪よりも,震災後の生活の激変に伴う不適応を契機にした顕在化が特徴的であり,痴呆老人でも同様の傾向がみられた. 3)精神科的既往のない急性一過性精神病性障害の早期発症がみられたことから,震災に伴うストレスが急性精神病の発病契機となることが考えられた
  • 逆耐性形成ラット海馬におけるグルタミン酸神経系の変化, 山本 英雄, 池内 裕司, 北村 登, 楊 常青, 林 賢浩, 梶本 康雄, 西野 直樹, 橋本 健志, 白川 治, 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 17, 6,   1997年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016337689
  • うつ病臨床のゆくえ (第1回兵庫不安とうつの臨床研究会), 白川 治, 分子精神医学, 9, 3, 298, 302,   2009年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016772557
  • 分裂病患者死後脳左上側頭回における細胞骨格蛋白fodrinの非対称性変化, 北村 登, 西野 直樹, 梶本 康雄, 白井 豊, 楊 常青, 小牟禮 修, 橋本 健志, 白川 治, 神経化学, 34, 2, 302, 303,   1995年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011359727
  • 症例 発達障害における自殺企図, 人見 佳枝, 白川 治, 精神科, 14, 2, 163, 166,   2009年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016472940
  • 双極2型障害--双極スペクトラムへの発展 (特集 気分障害), 白川 治, 精神科, 13, 4, 286, 293,   2008年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016313338
  • 老年期発症の気分障害--成因と薬物療法の留意点--老年期気分障害に対する薬物療法の実際 (第22回日本老年精神医学会 プログラム・抄録集) -- (シンポジウム 老年期発症の気分障害--成因と薬物療法の留意点), 白川 治, 老年精神医学雑誌, 18, 0, 41, 43,   2007年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015627667
  • 自殺の生物学的研究-その現状, 白川 治, 西口 直希, 脳と精神の医学 = Brain science and mental disorders, 16, 3, 215, 223,   2005年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027504417
  • うつ病治療におけるSSRI, SNRI, 白川 治, ファルマシア, 38, 8, 737, 741,   2002年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009511000
  • 資料 1精神科診療所における20年間にわたる自殺症例の検討, 青山 慎介, 白川 治, 保坂 卓昭, 精神医学, 44, 6, 685, 691,   2002年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40002059182
  • 脳内ニュートロフイン・サイトカインと精神分裂病, 那波 宏之, 白川 治, 高橋 均, 染矢 俊幸, 入谷 修司, 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 21, 6,   2001年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010605046
  • 99mTc-MAG3を用いたdynamic SPECTによる腎血漿流量測定および移植腎機能の局所的評価の試み, 赤平 秀昭, 白川 治恵, 下山 藩次郎, 核医学技術, 15, 1, 2, 9,   1995年03月
    概要:Patlak等のグラフ解析法を応用し,移植腎患者12例を対象に腎血漿流量(RPF)の測定を試みた.この方法で得られた腎流入速度数Ku値は,再現性が良好で,血清クレアチニン及び尿素窒素値と良い相関性を示した.このKu値から求めたRPFは,Russell等の血液クリアランス法によるRPFと良く相関したが,値に差がみられたことから,症例毎に投影データ及び再構成像による補正を行い,差は解消された.更に,腎を前額断の腹側部,中間部及び背側部に3区分した各断層像より局所RPFを算出した.その結果,腎機能良好例では,腹側及び背側部に比し中間部が高値であることがわかり,腎梗塞例では血流低下の部位及び程度を推定できた
  • ヌードマウス可移植性ヒト腎細胞癌株における悪液質様状態の検討, 大西 哲郎, 町田 豊平, 白川 治, 飯塚 典男, 日本泌尿器科学会雑誌, 86, 1, 189, 190,   1995年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003069064
  • 抑うつ気分,不安を伴う各種精神疾患に対する塩酸トラゾドンの臨床効果に関する多施設共同研究, 西野 直樹, 安 克昌, 白川 治, 新薬と臨牀, 43, 9, 1955, 1968,   1994年09月
    概要:87例(有効性検討対象例72例,安全性のみ検討対象例15例)の抑うつ気分,不安を主訴とする気分障害あるいは不安障害患者に,本剤を原則として他の抗うつ薬の併用なしに4週間投与した。最終全般改善度(n=72)では,著明改善24%,中等度改善以上56%,軽度改善以上76%,悪化3%であった。Hamiltonうつ病評価尺度の総スコアでみると,試験薬投与前と比較して,投与後1週間で有意に減少し,速効性を認めた。副作用は87例中21例に認められ,その内容は眠気(9件),ふらつき(7件),全身倦怠感(3件)等であり,持続勃起は1例もなかった。臨床検査では本剤によると考えられる異常所見をみなかった
  • 抗精神病薬長期投与による線条体-黒質神経系の異常と遅発性ジスキネジア, 白川 治, 北村 登, 橋本 健志, 脳と精神の医学, 4, 3, 323, 328,   1993年07月
    概要:ハロペリドールを6ヵ月間投与したラットを口部不随意運動(vacuous chewing movements,VCMs)の出現頻度により,高VCMs群と低VCMs群とにわけ,ドーパミンD1,D2およびGABA-A受容体結合量の変化を検討した。線条体において,ドーパミンD2受容体結合量は,高VCMs群,低VCMs群ともに有意に増加したが,ドーパミンD1,およびGABA-A受容体結合量に変化はなかった。高VCMs群では,黒質網様層においてドーパミンD1受容体の減少とGABA-A受容体の増加がみられた
  • 再発症例から腎細胞癌の臨床的特徴 : ワークショップII : 泌尿器科領域における新しい物理的治療法 : 第57回東部総会, 大西 哲郎, 町田 豊平, 飯塚 典男, 白川 治, 波多野 孝史, 牧野 秀樹, 日本泌尿器科學會雜誌, 84, 5, 943, 944,   1993年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003096351
  • 慢性分裂病死後脳における細胞内情報伝達機構, 西野 直樹, 白川 治, 北村 登, 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 精神分裂病の発症機序に関する神経科学的研究, 平成4年度, 87, 92,   1993年03月
  • 膀胱癌患者における腫瘍細胞のMHC発現と腫瘍浸潤リンパ球に関する検討 : 第80回日本泌尿器科学会総会, 牧野 秀樹, 上田 正山, 白井 尚, 大西 哲郎, 町田 豊平, 白川 治, 波多野 孝史, 日本泌尿器科学会雑誌, 84, 1,   1993年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003095040
  • 発見の動機よりみた腎細胞癌の時代的推移 : 特に偶然発見例に関して : 第56回東部総会, 白川 治, 大西 哲朗, 町田 豊平, 増田 富士男, 大石 幸彦, 小野寺 昭一, 小寺 重行, 日本泌尿器科學會雜誌, 83, 5, 717, 718,   1992年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003094699
  • 症状性および器質性精神病 症例を中心に 医薬原性精神障害 最近の話題から, 白川 治, 西野 直樹, 精神科治療学, 7, 4, 347, 354,   1992年04月
  • 小児前立腺横紋筋肉腫の1例 : 第460回東京地方会, 近藤 泉, 小野寺 昭一, 近藤 直弥, 白井 尚, 白川 治, 波多野 孝史, 上田 正山, 日本泌尿器科學會雜誌, 80, 10, 1529, 1530,   1989年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003083179
  • ヒト死後脳におけるphencyclidine結合部位, 白川 治, 薬物・精神・行動, 9, 1, 94, 94,   1989年03月
  • 慢性分裂病者死後脳におけるNMDA感受性グルタミン酸受容体, 三田 達雄, 白川 治, 中井 隆, 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 精神分裂病の生物学的病因および発症に関する研究, 昭和63年度, 89, 94,   1989年03月
  • 躁うつ病様症状を呈した46,XY/47,XYYモザイク型XYY男子の1例, 花田 進, 三田 達雄, 白川 治, 精神医学, 30, 12, 1345, 1350,   1988年12月
    概要:27歳男,両極型躁うつ病として治療中,染色体検査で偶然発見された
  • ヒト死後脳phencyclidine結合部位に対するL-グルタミン酸,グリシンおよびMg2+の影響, 白川 治, 神経化学, 27, 1, 248, 249,   1988年09月
  • モルモットおよびウシ脳におけるドーパミン取込みと3H-GBR-12935結合部位, 白川 治, 北村 登, 中井 隆, 薬物・精神・行動, 8, 1, 59, 60,   1988年03月
  • 慢性分裂病者死後脳におけるヒスタミン受容体について, 三田 達雄, 西野 直樹, 白川 治, 厚生省神経疾患研究委託費研究報告書 精神分裂病の生物学的病因および発症に関する研究, 昭和62年度, 121, 128,   1988年03月
    概要:ヒスタミンの作用を発現するヒスタミン受容体はその薬理特性によりH1, H2, H3受容体に分類されている.そのうちヒスタミンH1受容体は覚醒・睡眠,摂食,体温調節などの生理的機能に深く関与しているといわれている.精神分裂病患者に睡眠や摂食の障害が生じやすく,ほとんどの抗精神病薬はH1受容体拮抗薬として抗ヒスタミン作用を有する.このことよりH1受容体と分裂病の病態にはなんらかの関連が推定されるが,分裂病者死後脳におけるH1受容体の研究は現在のところ報告がない.今回H1受容体特異的拮抗薬といわれる3H-mepyramineを用いて受容体結合実験を行いヒト脳における3H-mepyramineの特異的結合部位の同定および薬理学的特性の解析をし,さらに分裂病脳におけるH1受容体の異常の有無を検索した.分裂病脳において3H-mepyramine結合量の減少が認められ,分裂病群と対照群の間で性別,年齢,死後凍結時間に有意差はなく,3H-mepyramine結合量と性別,年齢,死後凍結時間,入院期間には相関がみられなかった
  • ヒト脳における3H-メピラミン結合とその特性, 白川 治, 橋本 健志, 中井 隆, Therapeutic Research, 7, Suppl.1, 17, 20,   1987年12月
    概要:ヒト脳においても3H-メピラミンで標識されるH1受容体が存在すること,分裂病死後脳大脳皮質で結合量の減少がみられることから,精神神経機能の発現および病態に,ヒスタミンが深く関与していることが示唆された
  • 陽性変力作用薬3,4-Dihydro-6-〔4-(3,4-dimethoxybenzoyl)-1-piperazinyl〕-2(1H)-quinolinone (OPC-8212)の細菌を用いた復帰変異原性試験, 須藤 鎮世, 山本 恭子, 白川 治子, 医薬品研究, 18, 6, 850, 854,   1987年11月
    概要:OPC 8212の変異原性試験を,プレインキュベーション法により,S-9 Mixの存在下および非存在下において,Salmonella typhimuriumおよびEscherichia coliを用いて行った.OPC-8212はS-9 Mixの存在下および非存在下,いずれの菌株においても変異原性は認められなかった.また,本薬の10 mg/ml及び50 mg/ml溶液を0.1 mlとり,菌液及びリン酸緩衝液またはS-9 Mixとプレインキュベーションしたところ,前者では針状結晶が,後者では白濁が生じたが,いずれにおいても静菌効果はみられなかった.以上の結果より,本実験条件下OPC-8212は変異原性をもたないと結論された
  • 分裂病脳におけるフォルボールエステル特異的結合部位の研究, 三田 達雄, 白川 治, 西野 直樹, 精神薬療基金研究年報, 18, 177, 183,   1987年03月
    概要:3H-4β-phorbol-12,13-dibutyrate (3H-PDBu)を用いて,ヒト脳においてフォルボールエステル結合部位を同定,その脳内分布をみ,その異常の有無を分裂病脳(18例)において検索した.対照脳における3H-PDBu結合の脳内分布は不均一であった.前頭前野および尾状核における0.5 nM 3H-PDBu特異的結合は分裂病脳と対照脳との間で有意差はみられなかった.解体型分裂病の尾状核における3H-PDBu結合は,有意差はないものの,対照脳に比べて高値をしめした.カルシウム・アンタゴニストである3H-nitrendipineの結合は分裂病脳で変化がみられなかった
  • 治療薬 ドーパミンとそのアナログ・ドーパミン拮抗物質, 田中 千賀子, 白川 治, 日本臨床, 44, 秋季増刊, 497, 499,   1986年11月
  • 培養神経芽腫細胞NIE-115におけるドーパミン取り込みとGBR-12935結合部位, 白川 治, 平井 みどり, 田中 千賀子, 神経化学, 25, 1, 49, 51,   1986年09月
    概要:神経芽腫細胞N1E-115におけるドーパミン(DA)取り込み機構及びGBR-12935{1-〔(2-diphenylmethoxy)ethyl〕-4-(3-phenylpropyl)-piperazine}結合部位を同定し,その特性を解析した.〔3H〕DAの取り込みは,温度依存性,部分的Na+依存性,飽和性を示し,kinetic analysisによりKm=7.1±1.6 μM, Vmax=8.8±2.1 pmol/min/mg proteinであった.〔3H〕DAの取り込みに対する薬物の阻害はclomipramine>desipramine>nomifensine>methylphenidate>benztropine>>mazindolの順でみられた.〔3H〕GBR-12935結合部位はKD=3.1±0.5 nM, Bmax=7.0±0.6 pmol/mg proteinであり,Na+による特異的結合の増加はみられなかった.〔3H〕GBR-12935結合はbenztropine>clomipramine>desipramineの順で置換したが,mazindol, nomifensine及びmethylphenidateでは置換できなかった.以上からN1E-115にはDAの取り込み機構とGBR-12935結合部位が共存することが明らかになった
  • 派閥--田中派の亀裂で再編成の動き (自民党--その強さの秘密<特集>) -- (自民党の実力を解剖する), 白川 治, 知識, 52, p178, 181,   1986年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004335290
  • ドーパミンレセプター, 田中 千賀子, 白川 治, 代謝, 22, 2, 113, 121,   1985年02月
  • 可溶化ムスカリン性アセチルコリン受容体のGTP, Na+感受性とレクチン結合性, 白川 治, 日本薬理学雑誌, 84, 3, 62P, 62P,   1984年09月
  • ウシ線条体D2dopamine receptorの可溶化とその特性, 久野 高義, 西条 清史, 白川 治, 神経化学, 21, 132, 134,   1982年11月
    概要:(1) D2 dopamine receptorの標識化合物である3H-spiperoneに対する結合部位をウシ線条体の膜分画から3- [(3-cholamidopropyl) dimethylammonio] -1-propane-sulfonate (CHAPS)処理により可溶化した.この際,NaClを加えることにより抽出される3H-spiperone結合の全活性及び比活性は増加し,膜分画に存在する立体特異的3H-spiperone結合活性の約35%が100,000 gxlhの遠心後,上清に回収された.(2) CHAPS抽出液の3H-spiperone結合部位は,以下の理由からD2 reseptorの可溶化されたものを含むと考えられる.a) 3H-spiperoneに高い親和性を持つこと,b)摘出液と膜標品の各種D2 receptorリガンドに対する親和性がほぼ等しいこと,c)抽出液においても3H-siperone結合はD2 receptor特異的拮抗薬であるsulpirideによりNa依存的に抑制されること.(3) Sepharose Cl-4B分子篩による分析では,立体特異的結合部位とD2 receptorの溶出ピークは一致しており,そのStokes半径は約90 A°であった.D2 receptorはCHAPS処理によりNa感受性部位を含む巨大分子状態で可溶化されると考えられる
  • ヒトにおけるアミノピリンの代謝排泄について, 五郎丸毅, 松山賢治, 小野利文, 白川治孝, 井口定男, 6回, 90, 93,   1974年11月