KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

松田 克礼マツダ ヨシノリ

プロフィール

所属部署名農学部 農業生産科学科 / 農学研究科
職名教授
学位博士(農学)
専門植物防御システム工学
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/402-matsuda-yoshinori.html
ホームページURLhttp://www.electric-field-screen.org/
メールアドレスymatsuda[at]nara.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    植物を病気や害虫から保護するシステムを開発しています。特に、静電気を利用し、病気や害虫を排除・駆除する研究を行っています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1992年, 近畿大学, 農学研究科, 作物保護
  •  - 1983年, 近畿大学, 農学部, 農学科

研究活動情報

研究分野

  • 農業工学, 農業環境・情報工学
  • 生産環境農学, 植物保護科学

研究キーワード

  • 植物病虫害防除

論文

  • Elimination of whiteflies colonising greenhouse tomato plants using an electrostatic flying insect catcher, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, International Journal of Current Advanced Research, 6, 8, 5517, 5521,   2017年08月, 査読有り
  • Successful single-truss cropping cultivation of healthy tomato seedlings raised in an electrostatically guarded nursery cabinet with non-chemical control of whiteflies, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Global Journal of Pests, Diseases and Crop Protection, 5, 4, 269, 275,   2017年07月, 査読有り
  • Electrostatic Elimination of Fine Smoke Particles by a Newly Devised Air Purification Screen, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, International Journal of Scientific Research in Environmental Sciences, 5, 1, 17, 23,   2017年02月, 査読有り
    概要:Our primary concern of air pollution problem was a transboundary movement of air pollutants to Japan from the pollutant generating country because of geographic and meteorological reasons. An electrostatic air purification screen (EAPS) was devised to capture particulate matter (PM) in smoke, which can cause health problems. The EAPS consisted of three layers of insulated conductor wires (ICWs) and two voltage generators that supplied negative charges to the two outer ICW layers and a positive charge to the middle ICW layer. The ICWs generated an attractive force that captured fine particles in the smoke passing through the EAPS. The attractive force was directly proportional to the applied voltage. At ≥4.5 kV, the EAPS exerted sufficient force to capture all fine particles carried in an airflow of 3 m/s. Results showed that the electrostatic barrier that formed inside the EAPS was effective at capturing PM, allowing homes and working environments to remain PM-free and healthy, despite continuous PM exposure.
  • An Electrostatic-Barrier-Forming Window that CapturesAirbornePollenGrainstoPreventPollinosis, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, International Journal of Environmental Research and Public Health — Open Access Journal, 14, 82, 1, 5,   2017年01月, 査読有り
    概要:An electrostatic-barrier-forming window (EBW) was devised to capture airborne pollen, which can cause allergic pollinosis. The EBW consisted of three layers of insulated conductor wires (ICWs) and two voltage generators that supplied negative charges to the two outer ICW layers and a positive charge to the middle ICW layer. The ICWs generated an attractive force that captured pollen of the Japanese cedar, Cryptomeria japonica, from air blown through the EBW. The attractive force was directly proportional to the applied voltage. At≥3.5 kV, the EBW exerted sufficient force to capture all pollen carried at an air flow of 3 m/s, and pollen-free air passed through the EBW. The findings demonstratedthattheelectrostaticbarrierthatformedinsidetheEBWwasveryeffectiveatcapturing airborne pollen; thus, it could allow a home to remain pollen-free and healthy despite continuous pollen exposure.
  • An Electrostatic Nursery Shelter for Raising Pest and Pathogen Free Tomato Seedlings in an Open-Window Greenhouse Environment, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Journal of Agricultural Science, 8, 4, 13, 25,   2016年03月, 査読有り
    概要:The electrostatic nursery shelter reported in this work was a transparent film-covered rectangular box with three electric field screens on each of the long sides of the box. This arrangement prevents flying pests and airborne fungal pathogens from entering the nursery space. Insulated conducting wires (ICWs) were used as electrodes to create electric fields. The ICWs were arrayed in parallel, and linked to direct-current voltage sources. The ICW layers were negatively or positively charged with equal voltages to form dipoles; i.e., ICW(–) and ICW(+). The electric field screen consisted of three layers of the ICWs; i.e., an ICW(–) layer on either side of an ICW(+) layer. Four species of major tomato pests were used in a blowing assay: whiteflies (Bemisia tabaci), western flower thrips (Frankliniella occidentalis), green peach aphids (Myzus persicae) and tomato leaf miner flies (Liriomyza sativae). The ICWs were located to capture test pests that were mechanically blown into the electric-field screen. The electrostatic force to capture the insects was directly proportional to the applied voltage, and at voltages of 1.2 kV or greater, the screen exerted sufficient force to capture all of the test pests. An assay in a pest-infested greenhouse revealed that the ICWs captured all the pests that approached the screen, and the plants within the shelter remained pest-free. In addition, we show that the electric-field-screened shelter remained spore-free in the presence of continuous exposure to the conidia of tomato powdery mildew (Oidium neolycopersici).
  • Avoidance of an electric field by insects: Fundamental biological phenomenon for an electrostatic pest-exclusion strategy, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Journal of Physics: Conference Series, 646, 012003-1, 012003-4,   2015年11月, 査読有り
    概要: An electric field screen is a physical device used to exclude pest insects from greenhouses and warehouses to protect crop production and storage. The screen consists of iron insulated conductor wires (ICWs) arrayed in parallel and linked to each other, an electrostatic DC voltage generator used to supply a negative charge to the ICWs, and an earthed stainless net placed on one side of the ICW layer. The ICW was negatively charged to polarize the earthed net to create a positive charge on the ICW side surface, and an electric field formed between the opposite charges of the ICW and earthed net. The current study focused on the ability of the screen to repel insects reaching the screen net. This repulsion was a result of the insect’s behaviour, i.e., the insects were deterred from entering the electric field of the screen. In fact, when the screen was negatively charged with the appropriate voltages, the insects placed their antennae inside the screen and then flew away without entering. Obviously, the insects recognized the electric field using their antennae and thereby avoided entering. Using a wide range of insects and spiders belonging to different taxonomic groups, we confirmed that the avoidance response to the electric field was common in these animals.
  • Safe housing ensured by an electric field screen that excludes insect-net permeating haematophagous mosquitoes carrying human pathogens, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Journal of Physics: Conference Series, 646, 012002-1, 12002-4,   2015年11月, 査読有り
    概要:An electric field screen can be used to keep mosquitoes out of houses with open windows. In this study, doubly charged dipolar electric field screens (DD-screens) were used to capture mosquitoes entering through a window. The screen had two components: three layers of insulated conductor iron wires (ICWs) in parallel arrays and two electrostatic direct current (DC) voltage generators that supplied negative or positive voltages to the ICWs. Within each layer, the ICWs were parallel at 5-mm intervals, and connected to each other and to a negative or positive voltage generator. The negatively and positively charged ICWs are represented as ICW(–) and ICW(+), respectively. The screen consisted of one ICW(+) layer with an ICW(–) layer on either side. The Asian tiger mosquito (Aedes albopictus) and house mosquito (Culex pipiens) were used as models of vectors carrying viral pathogens. Adult mosquitoes were blown into the space between the ICWs by sending compressed air through the tip of an insect aspirator to determine the voltage range that captured all of the test insects. Wind speed was measured at the surface of the ICW using a sensitive anemometer. The result showed that at ≥1.2 kV, the force was strong enough that the ICWs captured all of the mosquitoes, despite a wind speed of 7 m/s. Therefore, the DD-screen could serve as a physical barrier to prevent noxious mosquitoes from entering houses with good air penetration.
  • Development of an electrostatic trap with an insect discharge recorder for multiple real-time monitoring of pests prowling in a warehouse, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Int. J. Adv. Agric. Res., 3, 55, 63,   2015年10月, 査読有り
    概要:Reliable information of pests dwelling in a warehouse is a prerequisite to construct an effective and realistic pest control strategy. Our new electrostatic pest-monitoring apparatus is presented for this purpose. The apparatus consists of an insect-discharge detector and electrostatic insect trap. The detector is an iron plate attached to a direct current (DC) positive voltage generator and the insect trap consists of a pair of opposite poles. Pests on the detector plate are stripped of free electrons and charged positively. This is recorded as a transient discharge signal from the insect, and the positively charged pests are trapped at the negative pole. Discharge signals from different checkpoints in a warehouse were monitored automatically and continuously to analyze the temporal and spatial movements of the pests. This monitoring system enabled us to apply most effective chemical and physical methods to the control of cigarette beetles dwelling in our warehouse.
  • Electrostatic Insect Sweeper for Eliminating Whiteflies Colonizing Host Plants: A Complementary Pest Control Device in An Electric Field Screen-Guarded Greenhouse, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Insects, 6, 442, 454,   2015年05月, 査読有り
    概要: Our greenhouse tomatoes have suffered from attacks by viruliferous whiteflies Bemisia tabaci (Gennadius) (Hemiptera: Aleyrodidae) over the last 10 years. The fundamental countermeasure was the application of an electric field screen to the greenhouse windows to prevent their entry. However, while the protection was effective, it was incomplete, because of the lack of a guard at the greenhouse entrance area; in fact, the pests entered from the entrance door when workers entered and exited. To address this, we developed a portable electrostatic insect sweeper as a supplementary technique to the screen. In this sweeper, eight insulated conductor wires (ICWs) were arranged at constant intervals along a polyvinylchloride (PVC) pipe and covered with a cylindrical stainless net. The ICWs and metal net were linked to a DC voltage generator (operated by 3-V alkaline batteries) inside the grip and oppositely electrified to generate an electric field between them. Whiteflies on the plants were attracted to the sweeper that was gently slid along the leaves. This apparatus was easy to operate on-site in a greenhouse and enabled capture of the whiteflies detected during the routine care of the tomato plants. Using this apparatus, we caught all whiteflies that invaded the non-guarded entrance door and minimized the appearance and spread of the viral disease in tomato plants in the greenhouse. OPEN
  • Electrostatic measurement of dischargeable electricity and bioelectric potentials produced by muscular movements in flies, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Journal of Electrostatics, 72, 1, 5,   2014年11月, 査読有り
    概要:A simple electrostatic apparatus was devised to measure dischargeable electricity and bioelectric potentials produced by flies. The apparatus involved two insulated electrodes, ICW(?) and ICW(þ), oppositely charged with equal voltages supplied by two voltage-generators. In the electric field, the flies became net positive by instantaneously discharging their electricity and were attracted to negative surface charges on ICW(?). The tail-lifting movement by the attracted insect was an action creating electric potentials that could cause discharge of ICW(?). The discharge transiently appeared in response to individual movements and was larger when the tail was lifted at higher angles.
  • Prevention of Whitefly Entry from a Greenhouse Entrance by Furnishing an Airflow-Oriented Pre-Entrance Room Guarded with Electric Field Screens, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Journal of Agricultural Science, 6, 12, 1, 13,   2014年11月, 査読有り
    概要:Two types of an electric field screen were used to exclude whiteflies from a greenhouse. Singly charged dipolar electric field screen had insulated conductor iron wires arrayed in parallel (ICW-layer), two earthed metal nets on both sides of the ICW-layer, and a direct current voltage generator. Screens were attached to the lateral windows of the greenhouse to repel whiteflies that approached the nets. To electrostatically guard the greenhouse entrance, doubly charged dipolar electric field screens (DD-screens) were used to capture whiteflies entering through the door. The ICWs, oppositely charged with equal voltages, were arrayed one after the other, and an insulator board or net was placed on one side of the ICW-layer. ICWs captured whiteflies entering an electric field of DD-screens. A small pre-entrance room was constructed at the entrance area, and three DD-screens (with yellow and gray board or gray net) were installed in the pre-entrance room taking into consideration the airflow inside the room, as most whiteflies were brought in by the air when the door was opened. Two DD-screens with the board were useful for directing the wind toward the wall into which the netted DD-screen was integrated. Insects were eliminated by this screen, and the pest-free air was circulated inside the greenhouse. The yellow-boarded DD-screen was highly attractive because of the photo-selective movement of the whiteflies and was effective for trapping the whiteflies when there was no wind. Our electrostatic method is effective at keeping the greenhouse pest-free throughout the entire period of tomato cultivation
  • Electrostatic guarding of bookshelves for mould-free preservation of valuable library book, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Aerobiologia, 30, 435, 444,   2014年04月, 査読有り
    概要:Old books are highly susceptible to mould infection, and an effective method for avoiding moulding is needed to safely preserve valuable books in library stack rooms. Guarding a bookshelf with an electric field screen is a physical method that prevents airborne spores from entering the space used for book preservation. In this study, insulated conductor wires (ICWs) were used as electrodes to form electric fields. The ICWs were arrayed in parallel and linked to each other and to a direct current voltage generator. The electric field screen consisted of two layers of ICWs, which were negatively and positively charged with equal voltages to make dipoles, ICW(-) and ICW(?). Both ICWs generated an attractive force that captured airborne spores of Penicillium digitatum that were blown inside the screen. The attractive force was directly proportional to the applied voltage. At ]0.9 kV, the screen exerted sufficient force to capture all airflow-carried spores, but a few spores that were once captured were repulsed out of the electric field when subsequent spores were attracted to positions proximal to them. This phenomenon was explained by creeping discharge between spores located close to each other on the ICW surface. This spore-repulsion problem was resolved by adding an additional ICW layer to the electric field screen, namely an electric field screen with an ICW(-) layer on both sides of an ICW(?) layer. The present study demonstrated that the three-layered electric field screen remained mould-free inside a screen-guarded bookshelf, irrespective of continuous spore exposure.
  • An oppositely charged insect exclusion screen with gap-free multiple electric fields, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Journal of Applied Physics, 112, 103, MY003915,   2013年04月
    概要:An electric field screen was constructed to examine insect attraction mechanisms in multiple electric fields generated inside the screen. The screen consisted of two parallel insulated conductor wires (ICWs) charged with equal but opposite voltages and two separate grounded nets connected to each other and placed on each side of the ICW layer. Insects released inside the fields were charged either positively or negatively as a result of electricity flow from or to the insect, respectively. The force generated between the charged insects and opposite ICW charges was sufficient to capture all insects.
  • An electric field strongly deters whiteflies from entering window-open greenhouses in an electrostatic insect exclusion strateg, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Eur J Plant Pathol, 134, 661, 670,   2012年10月, 査読有り
    概要:Dual functions (insect repelling and capturing) of a single-charged dipolar electric field screen were evaluated to successfully exclude whiteflies from a window-open greenhouse. The screen consisted of three parts:1)insulated conductor wires(ICWs)arrayed in parallel at 5mm intervals,2)two earthed stainless nets placed with in 3mm of both sides of the ICW layer,and 3) a voltage generator for the negatively charged ICWs. The screen formed two electric fields between the ICW-layer and the ICW-side surface of the earthed net and between the ICWs. At negative charging of 1.5–2.5 kV, all whiteflies reaching the outer surface of the screen net avoided entering the electric field and flew away from the screen. This avoidance was disturbed by 3 m s−1 wind, as the insects were compulsorily blown inside. However, almost all whiteflies (99.4 %) were captured with the ICW. These results indicate that the insect-capturing function is effective to complement a failure to repel. A greenhouse assay was conducted in the screen-attached and non-screened parts in which a greenhouse was divided with a partition. During the 3-month operation, the screenwasdurableandfunctionalforexcludingpests, and better air ventilation changed the climate conditions in the greenhouse. Thus, the present study demonstrated that our electric field screen can provide an airy condition for tomatoes in a window-open greenhouse and successfully exclude whiteflies using dual screen functions.
  • An electric field screen can create pest-free space with better air penetration in open-window greenhouses, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Acta Horticulturae, 952, 559, MY003915,   2012年04月
    概要:In an attempt to control insect pests affecting greenhouse tomatoes, we evaluated an electric field screen to create an airy greenhouse condition that successfully excluded insect vectors (whiteflies, green peach aphids, western flower thrips, shore flies) of pathogens. The screen consisted of three parts: 1) insulated conductor wires (ICWs) arrayed in parallel at 5-mm intervals, 2) two stainless-steel nets that were grounded and placed on both sides of the ICWs, and 3) a DC voltage generator to negatively charge the ICWs. An electric field formed between the negative surface charge of the ICWs and the positive charge on the ICW-side surface of the grounded net. The ICWs captured insects that entered the field. Insects that contacted the outer surface of the screen net avoided the electric field and flew away from the screen. During continuous 3-month greenhouse operation, the screen was durable and functional in exerting stable pest exclusion and good air penetration for ventilation under changing greenhouse climate conditions. Thus, our electric field screen provided an airy condition for tomatoes in an open-window greenhouse that successfully excluded flying insect pests.
  • An electric field screen prevents captured insects from escaping by depriving bioelectricity generated through insect movement, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Journal of Electrostatics, 70, 207, 211,   2012年02月, 査読有り
    概要:An insulated conductor wire (ICW) paralleled with an earthed net was used to observe movements by vinegar flies in relation totheir electricity release. ICW was negativelycharged to create a positive charge on the net. At particular voltages, flies were attracted to ICW. This attraction was triggered by the deprivation of the insect negative charge with the net. Eventually the insects became net positive and were drawn to the ICW negative charge. The attracted insects generated bioelectricity through skeletal muscular movements. However, the electricity produced was depleted by the net without neutralizing their positive charge in the insect body.
  • Insects are electrified in an electric field by deprivation of their negative charge, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Annals of Applied Biology, 160, 250, 259,   2012年01月, 査読有り
    概要:Anelectricfieldscreen(EF-screen)isaphysicaldeviceforexcludingpestinsects from greenhousesand warehousesto protect crops during their production and storage periods. In this study, a simple version of the EF-screen, an insulated conductor iron wire (ICW) paralleled to an earthed net, was constructed to effectively observe the attraction of test insects in relation to their electricity release. The ICW was negatively charged to dielectrically polarise the insulator sleeve of the ICW: negatively on the outer surface and positively on the inner conductor wire surface of the sleeve. The negative surface charge of the ICW caused an electrostatic induction in the earthed net and a resultant positive charge at the ICW-side surface of the net. An electric field formed between the ICW (negative pole) and earthed net (positive pole). Insects were attracted to the ICW when they were placed onto the earthed net. A vital step for the attraction was the creation of a transient bioelectric discharge from an insect. During this discharge, an electric charge of the insect was transferred to the earthed net. Eventually, the insect became net positive and was then attracted to the ICW. The magnitude of the current increased in direct proportion to the increase in voltage applied to the ICW, and the attraction force was directly proportional to the increase in the electric current. Larger voltages were necessary to attract much larger insects because larger insects were stronger and therefore more able to escape from the ICW attraction. Similar results were obtained for a wide range of pest insects belonging to different taxonomic groups (8 orders and 15 families). This study demonstrated that transient bioelectric discharge is common in insects and can be utilised to create an electrostatic force capable of moving insects in a generated electric field.
  • A newly devised electric field screen foravoidance and capture of cigarette beetles and vinegar flies, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Crop Protection, 30, 2, 155, 162,   2011年09月, 査読有り
    概要:A bifunctional electric field screenwas proposed to physicallyexclude insect pests fromwarehouses. The screen consists of insulated ironwires (ICW) arranged in parallel and two earthed conductor nets placed on both sides of the ICW. A negative charge (0.1e8.0 kV) was applied to the insulated wires with a voltage generator to polarize an insulator sleeve used to cover the wire, negatively on the outer surface and positively on the inner conductor wire surface of the sleeve. The negative surface charge of the ICW caused an electrostatic induction in the earthed nets and an opposite charge on the net surfaces facing the ICW. An electric field formed in a space between the ICW and the earthed net, and the field strength increased in direct proportion to increasing voltages applied to the ICW. Adults of the test insects (cigarette beetle (Lasioderma serricorne) and vinegar fly(Drosophila melanogaster)) reaching the outer surface of the earthed net were deterred from entering the inside of the charged screen, whereas all insects immediately passed through the screen when the ICW was not charged. This avoidance was directly proportional to the increase in the voltage. In addition, the capability of the screen to capture insects that enter inside the screen was proven by introducing insects into the space between the ICW and the earthed net. Strong capture was observed when the ICW was negativelycharged with more than 4.1 kV, under which conditions a short-term electric current (peaking at 0.3e0.6 mA, for 3 min) occurred transiently. This electric current was due to the release of electricity from the insects, giving a net overall positive charge to the insects, which therefore were attracted more strongly to the negatively charged ICW. A test using an attractant-set chamber showed that the insects were completely prevented from passing through the charged screen, in contrast to a rapid transfer of all insects when the screen was not charged. Thus, the present results show that the described screen is a promising physical tool for controlling insect pests in warehouses.
  • 温室内で発生したトマト根腐萎凋病(Fusarium crown and root rot disease)の感染拡大に関わるミギワバエScatella stagnalis(Diptera: Ephydridae)の影響., 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, 近畿大学農学部紀要, 42, 237, 242,   2009年03月
  • Collection of highly germinative pseudochain conidia of Oidium neolycopersici from conidiophores by electrostatic attraction, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 上海師範大学, Mycological Research, 113, 3, 364, 372,   2009年
  • An electric dipolar screen with oppositely polarized insulators for excluding whiteflies from greenhouse, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Crop Protection, 27, 2, 215, 221,   2008年01月, 査読有り
    概要:A new electrostatic insect-proof screen (electric dipolar screen) was developed using insulated conductor wire. Copper conductor wire is encased in a flexible transparent vinyl insulator sleeve and charged with an electrostatic voltage generator. Paired insulated conductor wires were placed in parallel with 5mm of separation and oppositely charged with 15kV DC using separate electrostatic voltage generators. A negatively charged conductor wire polarizes the insulator negatively at the outer surface and positively on the conductor side, and a positively charged conductor wire polarizes vice versa. A pair of insulated conductor wires with opposite surface charges was used as an electric dipole. An electric dipole creates an electrostatic force from positive to negative poles. This force was harnessed to trap whiteflies entering greenhouses. Dipolar wires were attached in parallel to a frame to construct an electric dipolar screen that could be fitted to greenhouse windows. The screen prevented adult whiteflies from passing through spaces (up to 30mm) between the wires of the screen, and tomato plants inside remained free of whiteflies throughout the entire 3-week experiment, in contrast to heavy infestation of all plants in the uncharged area. Thus, the electric dipolar screen is a promising tool to physically exclude flying whiteflies from greenhouses.
  • Dual protection of hydroponic tomatoes from rhizosphere pathogens Ralstonia solanacearum and Fusarium oxysporum f.sp. radicis-lycopersici and airborne conidia of Oidium neolycopersici with an ozone-generative electrostatic spore precipitator, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, Plant Pathology, 56, 6, 987, 997,   2007年03月, 査読有り
  • Genetic variation of sweet potato weevils, Cylas formicarius (Fabricius) (Coleoptera: Brentidae), in main infested areas in the world based upon the internal transcribed spacer-1 (ITS-1) region, 角谷 晃司, 杉本 毅, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, Appl. Entomol. Zool, 42, 89, 96,   2007年
  • A New Spore Precipitator with Polarized Dielectric Insulators for Physical Control of Tomato Powdery Mildew, 松田克礼・角谷晃司・野々村照雄・瀧川義浩, 96, 9, 967, 974,   2006年04月, 査読有り
    概要:In an attempt to physically protect greenhouse tomato plants from the powdery mildew fungus Oidium neolycopersici, we developed a new electrostatic spore precipitator in which a copper wire conductor is linked to an electrostatic generator and covered with a transparent acrylic cylinder (insulator). The conductor was negatively charged by the generator, and the electrostatic field created by the conductor was used to dielectrically polarize the insulator cylinder. The dielectrically polarized cylinder also produced an electrostatic force without a spark discharge. This force was directly proportional to the potential applied to the conductor and was used to attract conidia of the pathogen. The efficacy of this spore precipitator in protecting hydroponically cultured tomato plants from powdery mildew was evaluated in the greenhouse. The hydroponic culture troughs were covered with a cubic frame installed with the spore precipitator, and the disease progress on precipitator-guarded and unguarded seedlings was traced after the conidia were disseminated mechanically from inoculum on tomato plants. Seedlings in the guarded troughs remained uninfected during the entire experiment, in spite of rapid spread of the disease to all leaves of the unguarded seedlings.
  • Formation of conidial pseudochains by tomato powdery mildew Oidium neolycopersici, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 許玲, 草刈眞一, Plant Disease, 90, 915, 919,   2006年02月
    概要:本実験では、近畿大学農学部で分離されたO. neolycopersici KTP-01を異なる湿度条件下(相対湿度20~99%)で培養し、偽鎖生形成に及ぼす影響を調査した。その結果、設定したすべての湿度条件下において2~4個の分生子で偽鎖生が形成され、定義されている高湿度条件下に限定されないことが明らかとなった。
  • Identification of individual powdery mildew fungi infecting leaves and direct detection of gene expression by single conidium polymerase chain reaction, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷晃司, 西村浩明, 草刈眞一, 高松進, Phytopathology, 95, 1137, 1143,   2005年05月
    概要:筆者らはガラス温室で栽培した無病徴のトマトから葉を採取し、うどんこ病菌分生子の存在状況と過敏感反応の有無を観察したところ、付着器発芽管長の異なる分生胞子が混在していた。そこで、マニピュレーターを用いて付着器発芽管長の異なる分生子を単離し、得られた単一胞子にPCR/nested PCRを適用してITS領域から系統樹を作製した。その結果、既報の Oidium neolycopersiciおよびMicrosphaera trifoliiと同一グループに分類される2種類のうどんこ病菌の存在が確認され、単一胞子を標的とした同定手法として本法の有効性が確認された。
  • Direct RT-PCR amplification of mature mRNA in cytoplasm micropipetted from barley coleoptile epidermal cell ? A model system for analyzing gene expression in host cells attacked by powdery., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 角谷 晃司, 近畿大学農学部紀要, 36, 9, 18,   2005年03月
    概要:本実験では、顕微鏡下で標的とした単一細胞からマイクロピペットを用いて細胞内容物を吸引し、そこに存在するmRNAを鋳型とした単一細胞RT-PCR法を適用することとした。病原菌の感染によって発現が誘導される遺伝子(CHI2、GLUなど)を検索した。誘導型遺伝子の発現を厳密に評価するため、RT-PCRを行う際に、先の構成的発現遺伝子を増幅するプライマーを混合し、指標遺伝子として同時に増幅することにより、誘導型遺伝子の発現検出を行った。その結果、病原菌の感染を受けていない細胞およびその感染を受けている両者の細胞において指標とした構成的発現遺伝子は検出された。誘導型遺伝子として使用したCHI2遺伝子およびGLU遺伝子は病原菌の感染を受けていない細胞においてその発現が検出され、うどんこ病菌の感染過程において抑制される傾向にあった。
  • Screening of wild Lycopersicon species for resistance to Japanese isolate of tomato powdery mildew Oidium neolycopersici, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 西村浩明, 草刈眞一, Breeding Science, 55, 355, 360,   2005年03月
    概要:本実験では、トマトうどんこ病に対する抵抗性系統を探索するため、その遺伝子源を持つ可能性のある野生型トマトを実験圃場で栽培した。実験圃場で生育したすべての野生型トマトと強度感受性品種マネーメーカーの第4節葉を同一シリンダー内に設置し、うどんこ病菌の分生胞子を接種することにより、その反応を観察した。その結果、いくつかの抵抗反応を示す系統が観察された。その抵抗反応には、表皮細胞の過敏感反応(HR)によりうどんこ病菌の吸器形成が抑制されるもの、または葉肉細胞を壊死させ、菌糸伸長を抑制される系統の存在が明らかとなった。
  • Cytological events in tomato leaves inoculated with conidia of Blumeria graminis f. sp. hordei and Oidium neolycopersici KTP-01, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府環境農林水産総合研究所, Journal of General Plant Pathology Journal of General Plant Pathology, 70, 7, 10,   2005年
  • Stable phylloplane colonization by entomopathogenic bacterium Pseudomonas fluorescens KPM-018P and biological control of phytophagous ladybird beetles Epilachna vigintioctopunctata (Coleoptera: Coccinellidae), 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, Biocontrol Science and Technology, 14, 427, 439,   2004年08月
  • トマトうどんこ病ー動的解析法とその有効防除の確立をめざして 植物病の探究 In Pursuit of the Essence of Plant Pathogenesis, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 「植物病の探究」出版会,   2004年
  • Consecutive monitoring for conidiogenesis by Oidium neolycopersici on tomato leaves with a high-fidelity digital microscope, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府環境農林水産総合研究所, Journal of General Plant Pathology Journal of General Plant Pathology, 70, 329, 332,   2004年
  • RT-PCR amplification of m RNAs in nuclei or cytosol of single cells of tomato callus after micropipette extraction, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, Plant Cell Tissue and Organ Culture, 79, 109, 114,   2004年
  • Powdery mildew pathogens can suppress the chitinase gene expression induced in detached inner epidermis of barley coleoptile, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, Plant Cell Rep, 23, 504, 511,   2004年
  • Cytological events in tomato leaves inoculated with conidia of Blumeria graminis f. sp. hordei and Oidium neolycopersici KTP-01, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, J. Gen. Plant Pathol., 70, 7, 10,   2004年
  • Constituenta of Volatile Oil from Melon Hairy Roots Produced by the Infection with Agrobacterium rhizogenes, 澤邊 昭義, 大内 成志, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 前田 和彦, 清水直人, 藤田尚子, Journal of Oleo Science, 52, 171, 174,   2003年03月
    概要:Agrobacterium rhizogenesを用いた微生物遺伝子導入によって作出したメロン毛状根の有効成分のGLC分析を行った。その結果、メロン毛状根は、メロン果実の香気成分を多量に生産することが明らかとなり、工業的生産に適合することが認められた。微生物遺伝子導入によって作出した毛状根の香気成分生産法は、ほとんど揮発性油(精油)をもっていない有用植物の香料を食品香料・香粧品香料として供給することに役立つことを示した。(英文)
  • Morphological and Molecular Characterization for a Japanese Isolate of Tomato Powdery Mildew Oidium neolycopersici and Its Host Range., 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府立農林技術センター, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, J. Gen. Plant Pathol., 69, 179, 185,   2003年
  • Rapid Detection of Chitosanase Activity in Chitosanase Gene-Transformed Strain of Enterobacter cloacae by Lytic Infection of Specific Bacteriophages, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 神戸大学, 神戸大学, J. Gen. Plant Pathol, 69, 131, 137,   2003年
  • Infectivity of a Japanese isolate of Oidium neolycopersici KTP-01 to a European tomato cultivar resistant to O. lycopersici., 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府環境農林水産総合研究所, J. Gen. Plant Pathol, 69, 406, 408,   2003年
  • Efficient Release of Overproduced Gene Products from Escherichia coli BL21(DE3) by Lytic Infection with Newly Isolated Bacteriophages, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 神戸大学, 神戸大学, Biosci. Biotech. Biochem., 67, 1, 198, 202,   2003年
  • Biological control of phytophagous ladybird beetles Epilachna vigintioctopunctata (Col., Coccinellidae)by chitinolytic phylloplane bacteria Alcaligenes paradoxus entrapped in alginate beads, 豊田 秀吉, 大津康成, 松田 克礼, 清水宏行, 植木久恵, 森裕文, 藤原圭一, 中島知子, 三輪彩子, 野々村 照雄, 桜谷保之, 土佐幸雄 眞山滋志, Journal of Applied Entomology, 127, 1, 6,   2003年
    概要:トマト葉面からキチナーゼ生産性細菌Alcaligenes paradoxus を分離し、アルギン酸ビーズに垉埋してトマト葉にスプレー処理した。その結果、トマト葉を食害するニジュウヤホシテントウを効果的に防除できることが明らかとなった。
  • Evaluation for efficient hairy root production assessed by GFP.gene expression in tomato cultivars inoculated with Agrobacterium rhizogenes MAFF 07-20001, 豊田 秀吉, 福元健志, 野々村 照雄, 松田 克礼, 小牧伸一郎, 森浦展行, 澤邊 昭義, 角谷 晃司, Plant Biotechnology, 20, 257, 261,   2003年
    概要:アグロインフェクション法をトマトに適用し、導入遺伝子の発現解析を行うこととしたが、トマトの場合、毛状根誘導に関する報告は必ずしも多くない。本実験では、トマトにおける毛状根作出系を確立することとした。
  • 雑草うどんこ病菌を用いた生物除草および作物うどんこ病の生物防除に関する研究.近畿大学奈良キャンパスにおけるうどんこ病の発生状況, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 延命寺俊哉, 近畿大学農学部紀要, 36, 131, 136,   2003年
    概要:近畿大学農学部構内に発生したうどんこ病菌を採取し、その宿主植物と病原菌の同定を試みた。その結果、16 種類の雑草と14 種類の木本植物にうどんこ病の発生が観察され、5 種類のうどんこ病菌が同定された。
  • Suppression of leaf feeding and oviposition of phytophagous ladybird beetles(Coleoptera: Coccinellidae)by chitinase gene-transformed phylloplane bacteria and their specific bacteriophages entrapped in alginate gel beads, 豊田 秀吉, 森裕文, 小牟田健慈, 清水宏行, 能川聡太, 松田 克礼, 野々村 照雄, 桜谷保之, 大津康成, 土佐幸雄 眞山滋志, Journal of Economic Entomology, 96, 3, 555, 563,   2003年
    概要:食葉性害虫であるニジュウカホシテントウの生物防除を行なう為、トマト葉面から定着能力の高い細菌を分離し、キチナーゼ遺伝子を導入することにより昆虫中腸膜を標的とした生物防除システムを確立した。
  • 微生物遺伝子の利用による香気成分生産とその利用開発, 澤邊 昭義, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 食品・食品添加物研究誌 : FFIジャーナル, 207, 23, 30,   2002年12月
    概要:微生物遺伝子導入によって作出したメロン毛状根の有効成分の培養条件検討および有効成分のGLC分析を行った。その結果、メロン毛状根は、メロン果実の香気成分を多量に生産することが明らかとなり、工業的生産に適合することが認められた。微生物遺伝子導入によって作出した毛状根の香気成分生産法は、ほとんど揮発性油(精油)をもっていない有用植物の香料を食品香料・香粧品香料として供給することに役立つことを紹介した。
  • Rapid Detection of Phylloplane Bacterium Enterobacter cloacae Based on Chitinase Gene Transformation and Lytic Infection by Specific Bacteriophages, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 神戸大学, 神戸大学, Journal of Applied Microbiology Journal of Applied Microbiology, 93, 1042, 1050,   2002年
  • Detection of polymorphic patterns of genomic DNA amplified by RAPD?PCR in sweet potato weevils, Cylas formicarius(Fabricius) (Coleoptera: Brentidae), 杉本 毅, 川村清久, 豊田 秀吉, 松田 克礼, Applied Entomology and Zoology, 37, 4, 645, 648,   2002年
    概要:西南諸島に分布するアリモドキゾウムシの遺伝特性を知るため、PCRによるRAPD法を確立し、島間のDNAパターンの地理的変異の実態を明らかにした。(英文)
  • In vitro suppression of mycelial growth of Fusarium oxysporum by extracellular chitosanase of Sphingobacteerium multivorum and cloning of the chitosanase gene csn SM1, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 飯田祐一郎, 篠木武, 野々村 照雄, 角谷 晃司, Journal of General Plant Pathology, 67, 4, 318, 324,   2001年12月
    概要:土壌から分離したキトサン分解性細菌の粗酵素画分をフザリウム菌に処理したところ、 抑制効果が認められた。 そこで、 本菌の生産するキトサナーゼを精製し、 アミノ酸配列を決定すると同時に遺伝子のクローニングを行なった。
  • Occurrence of new powdery mildew on greenhouse tomato cultivars, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 樫本晃一, 瀧川 義浩, 相神理嘉, 野々村 照雄, Journal of General Plant Pathology, 67, 4, 294, 298,   2001年12月
    概要:近年、 発病が問題となり被害を拡大しているトマトうどんこ病菌の栽培品種間における発病程度を調査した。 その結果、 現在栽培されているトマト品種には完全な抵抗性は存在しないが、 品種間において感受性レベルに有異な差が認められることが明かとなった。
  • Algicidal effect of 3 (3 indolyl) butanoic acid, a control agent of the bacterial wilt Pathogen, Ralstonia solanacearum, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 備後美紀, 大西まいこ, 松田 一彦, 原田聰, Crop Protection, 20, 935, 939,   2001年11月
    概要:トマト青枯病菌の防除薬剤である 3 (インドリル) 酪酸は青枯病菌を抑制するだけでなく、 水耕栽培で発生する緑藻に対しても有効であることが明らかとなり、 実際の水耕栽培において両者に対する効果が確認された。
  • Suseeptibility of sommercial tomato caltivars to bacterial wilt in hydroponic system, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 津田元章, 浦中和人, Journal of General Plant Pathology, 67, 3, 224, 227,   2001年08月
    概要:水耕栽培を利用して栽培トマト品種間における青枯病菌の感受性差異について検討した。 その結果、 栽培品種間において病徴発現するまでの期間および初期病徴から完全枯死に至るまでの期間に有異な差が認められた。

書籍等出版物

  • Electric field screen; principles and applications, 松田 克礼, 共著, Nobunkyo Production Ltd,   2015年03月
  • 静電場スクリーンによる農作物防除システム, 松田 克礼, 共著, 農山漁村文化協会,   2014年03月
  • 新農業環境工学 21世紀のパースペクティブ, 植物を利用した有用物質の生産 ~1.工業原料の生産と利用~, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 共著, 養賢堂,   2004年
  • 植物病の探究, トマトうどんこ病―動的解析法とその有効防除の確立をめざして, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 共著, 「植物病の探究」出版会,   2004年
  • ニューカントリー, 静電場で病害虫のハウス侵入をシャットアウト, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 本多健一郎, 草刈眞一, 井村岳男, 金原淳司, 共著, 北海道協同組合通信社,   2007年03月
  • クリーンテクノロジー, 誘電分極体スクリーンによる病害虫遮蔽システム 屋内への花粉侵入と栽培施設への病害虫侵入を遮蔽する新しい環境保全システム, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 本多健一郎, 草刈眞一, 井村岳男, 金原淳司, 共著, 日本工業出版,   2007年05月
  • 植物防疫, トマトうどんこ病菌はどのように偽鎖生分生子柄をつくるのか, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 共著, 日本植物防疫協会,   2007年
  • 施設と園芸, 静電場を利用した画期的病害虫侵入防止技術の開発, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 本多健一郎, 大阪府立食とみどりの総合技術センター, 奈良県農業総合センター, 金原淳司, 共著, 日本施設園芸協会,   2007年
  • 農業および園芸, 静電場スクリーンを利用した病害虫捕捉技術の開発と施設栽培への応用, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 本多健一郎, 草刈眞一, 井村岳男, 金原淳司, 共著,   2007年
  • ビニールと農園芸, 静電場スクリーンの開発と栽培施設への応用, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 本多健一郎, 草刈眞一, 井村岳男, 金原淳司, 共著, MKVプラテック株式会社,   2007年
  • 農業電化, 静電場を利用した病害虫の捕捉と施設栽培への応用, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 本多健一郎, 草刈眞一, 井村岳男, 金原淳司, 共著, 農業電化協会,   2007年
  • 植物防疫, 静電場スクリーンの開発と実用化, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 金原淳司, 草刈眞一, 共著, 社団法人 日本植物防疫協会,   2008年10月
  • 「農林水産技術 研究ジャーナル」 , 静電気で病害虫を絶つ ―静電場スクリーンの開発と実用化― , 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 金原淳司, 草刈眞一, 共著, 社団法人 農林水産技術情報協会,   2008年

講演・口頭発表等

  • 静電場スクリーンを用いた害虫防除, 松田 克礼, 第22回日本環境動物昆虫学会セミナー「これからの駆除処理・殺虫剤の動向」,   2015年09月11日, 招待有り
  • 静電場スクリーンの構造と機能, 松田 克礼, 都市有害生物管理学会「総合的有害生物防除管理の基礎講座」,   2015年05月09日, 招待有り
  • Avoidance of an electric field by insects: Fundamental biological phenomenon for an electrostatic pest-exclusion strategy, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, Electrostatics 2015,   2015年04月13日
  • Safe housing ensured by an electric field screen that excludes insect-net permeating haematophagous mosquitoes carrying human pathogens, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, Electrostatics 2015,   2015年04月13日
  • AN ELECTRIC FIELD SCREEN CAN CREATE PEST-FREE SPACE WITH BETTER AIR PENETRATION IN OPEN-WINDOW GREENHOUSES, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, International Symposium on Advanced Technologies and Management Towards Sustainable Greenhouse Ecosystems: Greensys2011,   2011年06月05日
  • A New Spore Precipitator with Polarized Dielectric Insulators for Physical Control of Tomato Powdery Mildew , 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, 3rd International Symposium on Tomato Diseases,   2010年07月25日, 3rd International Symposium on Tomato Diseases
  • A DIELECTRIC DIPOLAR SCREEN WITH OPPOSITELY POLARIZED INSULATORS FOR PROTECTING TOMATO SEEDLINGS ON A NURSERY HYDROPONIC CULTURE BED FROM WHITEFLIES, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, International Symposium on Seed, Transplant and Stand Establishment of Horticultural Crops,   2009年09月27日, 招待有り
  • ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 森浦展行, 益子 高, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良),   2002年07月, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)
    概要:経口ガンワクチンの開発を目的とし、ガン細胞特異的タンパク質CD98遺伝子を植物へ導入した。その遺伝子発現をRT?PCRで検出し、さらにタンパク質の翻訳をウエスタンブロット分析で調べた。その結果、組換え植物はCD98タンパク質を生産しており経口ワクチンの可能性が示唆された。
  • トマトレトロトランスポゾンの発現解析, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 中川真樹, 笹尾真理, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良),   2002年07月, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)
    概要:Ty1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域で保存されているアミノ酸配列からプライマーを合成し、RT?PCR分析に用いた。トマト葉およびカルスにおいて、これらは発現しており、既知Ty1/copia型とは異なる断片がカルスより増幅した。
  • トマトにおけるTy1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンのクローニング, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 笹尾真理, 玉井智子, 日本育種学会第102回年会(帯広),   2002年08月, 日本育種学会第102回年会(帯広)
    概要:トマトのレトロトランスポゾンをゲノムからクローニングし、その遺伝子解析を試みた。ゲノム上には多数のレトロトランスポゾンが存在しており、また、培養栽培において発現している新規のTy1/copia型レトロトランスポゾンをクローニングした。
  • トマトにおけるレトロトランスポゾンの発現解析, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 笹尾真理, 日本農芸化学関西支部大会(奈良),   2002年10月, 日本農芸化学関西支部大会(奈良)
    概要:トマトのレトロトランスポゾンの発現をRT?PCR法により検出した。Ty1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域は、葉ならびにカルス細胞で発現していた。
  • トマトgypsy 様レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域における変異の解析, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 田中正起, 笹尾真理, 戸田亜希子, 南條綾子, 玉井智子, 樫尾智子, 野々村 照雄, 松田 克礼, 日本植物病理学会関西支部会(奈良),   2003年10月, 日本植物病理学会関西支部会(奈良)
    概要:トマトのgypsy 型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域の遺伝子解析を行ったところ、様々な塩基置換や欠失等の変異が認められた。また、最大節約法により系統樹を作製したところ、各塩基配列の進化系列を明らかにすることが出来た。
  • トマトうどんこ病菌Oidium neolycopersiciKTP-01に対する抵抗性系統の検索, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年03月, 平成16年度日本植物病理学会大会
  • トマトうどんこ病菌Oidium neolycopersiciの薬剤感受性検定, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年03月, 平成16年度日本植物病理学会大会
  • デジタルマイクロスコープを用いたうどんこ病菌の感染挙動と単一胞子RT-PCR/Nested PCRによる遺伝子発現の動的解析, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年03月, 平成16年度日本植物病理学会大会
  • デジタルマイクロスコープを利用した単一胞子PCRによるうどんこ病菌ITS領域の解析, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年03月, 平成16年度日本植物病理学会大会
  • デジタルマイクロスコープを利用したトマト葉上におけるOidium neolycopersiciによる分生胞子形成の連続観察, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年03月, 平成16年度日本植物病理学会大会
  • 5-フルオロインドール(5-FI)によるフザリウム病菌の抑制と5-FI耐性植物の作出(V) シロイヌナズナおよびトマトへのアントラニル酸突然変異遺伝子の導入と発現解析, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年03月, 平成16年度日本植物病理学会大会
  • 根腐れ萎凋病菌接種トマト根における根部病徴進展の解析, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年03月, 平成16年度日本植物病理学会大会
  • フザリウム病菌の4つのポリガラクチュロナーゼ遺伝子を利用した分子系統解析, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年03月, 平成16年度日本植物病理学会大会
  • 異なる培養条件でのトマト根腐れ萎凋病菌のペクチン分解性検定, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年03月, 平成16年度日本植物病理学会大会
  • GFP標識トマト根腐れ萎凋病菌を用いた糸状菌捕食性水生生物の効果的な選抜, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年03月, 平成16年度日本植物病理学会大会
  • Stable phylloplane colonization by entomopathogenic bacterium Pseudomonas fluorescens KPM-018P and biological control of phytophagous ladybird beetles Epilachna vigintioctopunctata, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 12th Symposium Insect-Plant Relationships,   2004年08月, 12th Symposium Insect-Plant Relationships
  • ミヤコグサにおける硝酸およびアミノ酸トランスポーター遺伝子の発現解析, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物細胞分子生物学会大会,   2004年08月, 平成16年度日本植物細胞分子生物学会大会
  • トマト栽培品種における迅速かつ効率的な再分化条件の確立, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成16年度日本植物細胞分子生物学会大会,   2004年08月, 平成16年度日本植物細胞分子生物学会大会
  • ミヤコグサにおけるトランスポーター遺伝子の発現解析, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 益子 高, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, かずさDNA研, かずさDNA研, 日本農芸化学学会平成15年度大会,   2004年08月, 日本農芸化学学会平成15年度大会
  • ミヤコグサ(Lotus japonicus)におけるトランスポーター遺伝子の発現解析, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 第45回日本植物生理学会年会,   2004年08月, 第45回日本植物生理学会年会
  • Suppression of leaf feeding and oviposition of phytophagous ladybird beetles (Coleoptera: Coccinellidae) by chitinase gene-transformed phylloplane bacteria and their specific bacteriophages entrapped in alginate gel beads, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 12th Symposium Insect-Plant Relationship,   2004年09月, 12th Symposium Insect-Plant Relationship
  • Biological control of phytophagous ladybird beetles Epilachna vigintioctopunctata (Coleoptera: Coccinellidae) by chitinolytic phylloplane bacteria Alcaligenes paradoxus entrapped in alginate beads, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 12th Symposium Insect-Plant Relationships,   2004年09月, 12th Symposium Insect-Plant Relationships
  • オオムギうどんこ病菌による子葉鞘細胞において傷害刺激で誘導されるキチナーゼ遺伝子の能動的抑制, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷晃司, 平成17年度日本植物病理学会大会,   2005年03月, 平成17年度日本植物病理学会大会
    概要:本実験では、うどんこ病菌の侵入を受けている細胞にRT-PCR/Nested-PCRを適用し、キチナーゼ遺伝子の発現推移を検討した。また、遺伝子の発現検出をより厳密に行うため構成的発現遺伝子を指標としたmultiplex PCRを適用した。その結果、同一子葉鞘組織の感染および非感染細胞の両者において指標遺伝子の発現は構成的に検出されたが、キチナーゼ遺伝子の発現は、非感染細胞からは検出されたものの、病原菌侵入細胞からは検出されなかった。
  • 野生種トマトにおけるトマトうどんこ病菌Oidium neolycopersici抵抗性系統の選抜, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷晃司, 西村浩明, 草刈眞一, 平成17年度日本植物病理学会大会,   2005年03月, 平成17年度日本植物病理学会大会
    概要:トマトうどんこ病菌Oidium neolycopersici KTP-01に対する抵抗性遺伝子を検索するため、野生型トマト8種96系統から抵抗性系統の選抜を試みた。まず、野生種トマトおよび高度感受性品種Moneymakerの苗を温室内に定植し、本菌に罹病したトマト個体から分生胞子を拡散・接種した(1次選抜)。その結果、本菌に対して抵抗性を示す8系統のL. hirusutumが確認された。
  • 高解像能デジタルマイクロスコープによるトマトうどんこ病菌分生胞子発芽の連続観察, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷晃司, 西村浩明, 草刈眞一, 日本植物病理学会大会,   2005年03月, 日本植物病理学会大会
    概要:筆者らは、高解像能デジタルマイクロスコープ(HFDM)を用いて、トマト葉に接種したうどんこ病菌の分生胞子形成過程を連続的に観察してきた。本実験では、HFDMを用いて疎水もしくは親水面上に接種した分生胞子を観察し、その形態変化を追跡した。まず、疎水面としてプラスチック、親水面としてカバーグラスおよびセルロース膜を用い、その上に分生胞子を接種して発芽過程に要する時間とその形態変化を観察した。その結果、いずれの接種面においても3時間後から発芽の開始が観察され、接種面の相違による差異は認められなかった。
  • エンド型およびエキソ型ポリガラクツロナーゼ遺伝子の塩基置換を利用したトマト根腐萎凋病菌菌株間での識別マーカーの開発, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷晃司, 日本植物病理学会大会,   2005年03月, 日本植物病理学会大会
    概要:本実験では、トマト根腐萎凋病菌(Fusarium oxysporum f. sp. radicis-lycopersici)がもつエンド型およびエキソ型のポリガラクツロナーゼ(PG)遺伝子の塩基置換に着目し、単離菌株を識別するDNAマーカーの開発を試みた。まず、既報の外国産分離菌株から4種類のPG遺伝子(pg1、pg2、exoPG1およびpgx1)を検索し、それらの塩基配列を基にそれぞれPG遺伝子を特異的に増幅するプライマーを構築した。次に、幼苗トマト接種法で強度、中度および弱度病原性を示したトマト根腐萎凋病菌5菌株および非病原性F. oxysporumからPG遺伝子をPCRで増幅し、それらの塩基配列を決定した後、アライメントを作製した。その結果、4種類のPG遺伝子にそれぞれ複数箇所の塩基置換が確認されたことから、それらの塩基置換を利用した単離菌株特異的プライマーを構築した。作製したプライマーを組み合わせて使用することにより、本実験で供試した単離菌株を明確に識別できることが明らかとなった。
  • 根腐萎凋病日本分離菌株接種トマト根における病徴伸展の解析, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 岡田清嗣 草刈眞一, 日本植物病理学会大会,   2005年03月, 日本植物病理学会大会
    概要:本実験では、トマト(Lycopersicon esculentum var. pyriforme cv. Yellow Pear)の幼苗を用い、日本各地で単離されたトマト根腐萎凋病菌(13株)の発病差異を解析した。まず、主根部に100μlの胞子懸濁液(1.0×107胞子/ml)を滴下接種し、接種個体の根部病徴を詳細に観察したところ、強度病原性菌株では、側根の先端部が速やかに褐変化するとともに、導管部への褐変化が広がり、最終的に地際部へ伸展することが明らかとなった。一方、弱度病原性菌株では、側根形成部位周辺で表皮細胞の壊死が観察されたが、その病徴伸展は遅いものであった。また、中度病原性菌株は、側根の出現時に形成された皮層の裂け目から侵入し、導管褐変を引き起こす現象が観察された。
  • Symptomatic analysis of Fusarium crown and root rot in pear tomato Lycopersicon esculentum var. pyriforme inoculated with different isolates of Fusarium oxysporum f. sp. radicis-lycopersici, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, The Second Asian Conference on Plant Pathology 2005,   2005年06月, The Second Asian Conference on Plant Pathology 2005
    概要:本実験では、トマト根腐萎凋病菌の病原性を迅速に検定する方法を考案し、幼苗スラント法と命名した。本法によって、接種個体の根部病徴を14日間経時的に観察し、個体ごとの発病指数を算出して各品種における罹病性程度を解析した。まず、三重県分離株を用いて市販トマト20品種の罹病性差異を比較検討したところ、特に感受性程度の高い品種が存在し、95%以上の個体で根部の褐変・壊死が観察された。そこで、これら高度感受性品種を指標として日本各地で単離されたトマト根腐萎凋病菌の病原性検定を行ったところ、各分離菌株間で発病に差異がみられ、栃木県分離株では95%以上の枯死率が確認された。
  • Possible suppression of chitinase gene expression induced in detached inner epidermis of barley coleoptile by powdery mildew pathogen, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, The Second Asian Conference on Plant Pathology 2005,   2005年06月, The Second Asian Conference on Plant Pathology 2005
    概要:オオムギうどんこ病菌の感染を受けた表皮細胞は、その感染過程の進行に対応し、異なる反応を示すと考えられる。しかしながら、これらの宿主細胞の反応が感染を受けている細胞に限定されること、また、その反応が数分単位で進行することから、病原菌の感染過程で誘導される遺伝子の発現を解析するためには、顕微鏡下で感染過程を連続的に観察し、感染を受けている特定細胞において遺伝子発現を検出する細胞レベルの解析系が必須となる。本実験では、顕微鏡下で標的とした単一細胞からマイクロピペットを用いて細胞内容物を吸引し、そこに存在するmRNAを鋳型とした単一細胞RT-PCR法を適用することとした。
  • Production of wholesome plants by introduction of genes for tumor-specific protein (CD98),, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, XVII Interntional Botanical Congress,   2005年06月, XVII Interntional Botanical Congress
  • Gene expression detection in single trichome cells of plant leaves by direct RT-PCR amplification of mature mRNAs in response to external stimuli, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, XVII International Botanical Congress,   2005年08月, XVII International Botanical Congress
    概要:本実験では、単一細胞RT-PCR法をトリコーム細胞に適用し、揮発性物質により誘導される遺伝子の発現検出を行うこととした。シグナル伝達に関与する遺伝子(Pto、MEK1など)を選抜した。遺伝子を活性化させる物質としてサリチル酸(SA)とジャスモン酸(JA)を適用し、標的としたトリコームに暴露処理した後、速やかに細胞内容物を吸引してRT-PCRを行った。その結果、PtoはJA処理によって特異的に誘導され、MEK1はSAおよびJAによって誘導されることが明らかとなった。
  • Direct RT-PCR amplification of mature mRNAs in cytoplasm micropipetted from barley coleoptile epidermal cell ?A model system for analyzing gene expression in host cells attacked by powdery mildew, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, XVII International Botanical Congress,   2005年08月, XVII International Botanical Congress
    概要:本実験では、顕微鏡下で標的とした単一細胞からマイクロピペットを用いて細胞内容物を吸引し、そこに存在するmRNAを鋳型とした単一細胞RT-PCR法を適用することとした。病原菌の感染によって発現が誘導される遺伝子(CHI2、GLUなど)を検索した。誘導型遺伝子の発現を厳密に評価するため、RT-PCRを行う際に、先の構成的発現遺伝子を増幅するプライマーを混合し、指標遺伝子として同時に増幅することにより、誘導型遺伝子の発現検出を行った。その結果、病原菌の感染を受けていない細胞およびその感染を受けている両者の細胞において指標とした構成的発現遺伝子は検出された。誘導型遺伝子として使用したCHI2遺伝子およびGLU遺伝子は病原菌の感染を受けていない細胞においてその発現が検出され、うどんこ病菌の感染過程において抑制される傾向にあった。
  • Possible amplification of mature mRNAs in single cells of tomato callus aggregates by direct RT-PCR of cytosolic contents suctioned out with a micropipette, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, XVII International Botanical Congress,   2005年08月, XVII International Botanical Congress
    概要:本実験では、単一細胞から核以外の細胞質をマイクロピペットで吸引する単一細胞でRT-PCR法を確立することとした。トマトで構成的に発現する遺伝子を検索し、glyceraldehyde- 3-phosphate dehydrogenaseを指標遺伝子として選抜した。トマトカルス細胞において核を細胞内に残存させ、それ以外の内容物をガラス針で吸引後、反応液へと排出してRT-PCRを行った。その結果、mRNA由来の産物のみ増幅され、本法を用いれば転写された遺伝子のみを特異的に検出できることが明らかとなった。
  • 異なる湿度環境下におけるOidium neolycopersici KTP-01のPseudochain形成, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 西村浩明, 草刈眞一, 日本植物病理学会関西部会,   2005年09月, 日本植物病理学会関西部会
    概要:本実験では、近畿大学農学部で分離されたO. neolycopersici KTP-01を異なる湿度条件下(相対湿度20~99%)で培養し、偽鎖生形成に及ぼす影響を調査した。その結果、設定したすべての湿度条件下において2~4個の分生子で偽鎖生が形成され、定義されている高湿度条件下に限定されないことが明らかとなった。
  • ポリガラクツロナーゼ遺伝子の塩基置換を利用したトマト根腐萎凋病菌菌株間での識別マーカーの開発, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷晃司, 日本植物病理学会関西部会,   2005年09月, 日本植物病理学会関西部会
    概要:本実験では、トマト根腐萎凋病菌がもつエンド型およびエキソ型のポリガラクツロナーゼ(PG)遺伝子の塩基置換に着目し、単離菌株を明確に識別するDNAマーカーの開発を試みた。まず、既報の外国産分離菌株から4種類のPG遺伝子を検索し、それらの塩基配列を基にそれぞれPG遺伝子を特異的に増幅するプライマーを構築した。次に、幼苗トマト接種法で強度、中度および弱度病原性を示した根腐萎凋病菌5菌株および非病原性F. oxysporumからPG遺伝子をPCRで増幅し、全塩基配列を決定した後、アライメントを作製した。その結果、4種類のPG遺伝子にそれぞれ複数箇所の塩基置換が確認されたことから、それらの塩基置換を利用した単離菌株特異的プライマーを構築した。次に、作製したプライマーを組み合わせてPCRを行ったところ、供試した単離菌株を明確に識別できた。
  • エンド型およびエキソ型ポリガラクツロナーゼ遺伝子の塩基置換を利用したトマト根腐萎凋病菌菌株間での識別マーカーの開発, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 平成17 年度日本植物病理学会大会,   2006年03月, 平成17 年度日本植物病理学会大会
  • オムギうどんこ病菌による子葉鞘細胞において傷害刺激で誘導されるキチナーゼ遺伝子の能動的抑制, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 平成17 年度日本植物病理学会大会,   2006年03月, 平成17 年度日本植物病理学会大会
  • 高解像能デジタルマイクロスコープによるトマトうどんこ病菌分生胞子発芽の連続観察, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 大阪府立農林技術センター, 平成17 年度日本植物病理学会大会,   2006年03月, 平成17 年度日本植物病理学会大会
  • 誘電分極絶縁体によるうどんこ病菌分生子の捕獲, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 東勝秀, 草刈眞一, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年06月, 平成18年度日本植物病理学会大会
    概要:不均一電場に置かれたうどんこ病菌分生子は、静電誘導されて分極状態となり、不均一電場を電気力線に従って移動する。そこで本実験では、誘電分極絶縁体を用いて不均一電場を形成し、分生子柄上で成熟した分生子および空中を浮遊落下する分生子の捕獲を試みた。まず、絶縁体であるエボナイト棒(直径2mm)の先端を20μmに加工し、誘電分極体マイクロプローブを作製した。次に、作製したプローブに電気コードを接続し、静電気発生装置と連結させ、デジタルスコープに設置したマニピュレーターに取り付けた。顕微鏡下においてトマトうどんこ病菌(Oidium neolycopersici KTP-01)の分生子柄を観察し、成熟した分生子にプローブを近づけた後、静電気発生装置のスイッチを入れ、プローブ先端を誘電分極させた。その結果、成熟した分生子は不均一電場を移動し、誘電分極体プローブに捕獲された。また、分生子を自然落下させた場合にも、不均一電場を移動し、誘電分極体プローブ
  • 誘電分極絶縁体によるうどんこ病の物理的防除, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 東勝秀, 草刈眞一, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年06月, 平成18年度日本植物病理学会大会
    概要:施設栽培におけるうどんこ病の発生は、外部から施設内への分生子の侵入に起因している。そこで本実験では、うどんこ病菌分生子が不均一電場を移動することに着目し、誘電分極絶縁体を用いた新しい物理的遮蔽システムを確立することとした。まず、透明なアクリル製シリンダー(直径1cm)に銅線を通過させ、それらを平行に配列することにより誘電分極遮蔽スクリーンを作製した。そのスクリーンを立方体フレームに装着し、ガラスハウス内に設置して静電気発生装置と連結した後、その内部でトマト苗を育成した。また、同時に遮蔽装置の外部には、うどんこ病の感染を受けたトマト苗を放置し、大型ファンによりハウス内の空気を循環させた。3ヶ月間栽培を継続したところ、遮蔽装置外部のトマトは全て激しくうどんこ病菌の感染を受けていた。しかしながら、遮蔽装置内部のトマトには、栽培期間を通してうどんこ病の発生は全く認められず、健全な状態を維持していた。今
  • Electrostatic streamer discharge を利用したトマトうどんこ病菌菌叢の駆除, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 東勝秀, 草刈眞一, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年06月, 平成18年度日本植物病理学会大会
    概要:針状プローブにプラス電荷を与えると、アースされている導体との間で放電が発生し、それらは電位差によってコロナ放電、ストリーマ放電、アーク放電の3つのパターンに分類される。また、植物が導体特性を示すことから、土壌に定植された植物はアースされた状態となり、類似の放電現象を起こすことが可能となる。そこで本実験では、植物葉上のうどんこ病菌菌叢にプローブを接近させ、植物体に被害を及ぼすことなく病原菌を物理的に駆除するシステムを確立することとした。まず、絶縁体のアクリルシリンダー内にステンレス製のプローブを固定し、Streamer dischargerを作製した。次に、それを用いてトマトうどんこ病菌Oidium neolycopersici菌叢とプローブ先端部との間に発生する放電現象およびうどんこ病菌の状態を観察した。その結果、ストリーマ放電が発生している場合には分生子柄および菌糸の瞬間的崩壊が確認され、植物体への影響は全く認められなかった。また、駆除に要
  • トマトおよびオオムギうどんこ病菌分生子形成機構の解析, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 許玲, 草刈眞一, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年06月, 平成18年度日本植物病理学会大会
    概要:トマトうどんこ病菌Oidium neolycopersici Kissは,単生型うどんこ病菌であるが、頻繁に偽鎖生状態を形成することから鎖生型うどんこ病菌との識別を困難にしている。そこで本実験では、近畿大学農学部で分離されたトマトうどんこ病菌O. neolycopersici KTP-01(Kashimoto et al)の分生子形成過程およびオオムギうどんこ病菌Blumeria graminis f. sp. hordeiの分生子形成過程を連続的に観察することとした。その結果、トマトうどんこ病菌の分生子は、分生子柄上に単一で形成され、その後分生子柄から離脱することなく、新たな分生子形成がくりかえされ、偽鎖生状態となった。また、偽鎖生を形成する分生子が4個になるとその重みによって傾斜し、分生子柄から離脱して菌叢上に落下した。一方、オオムギうどんこ病菌の分生子は、分生子柄上に鎖状で形成され、鎖を形成する分生子が10個になると、成熟した最先端の分生子のみ、分生子柄から離脱・放出されることが明らかとなった。
  • オオムギうどんこ病菌における分生子放出過程の連続観察, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 東勝秀, 草刈眞一, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年06月, 平成18年度日本植物病理学会大会
    概要:筆者らは、高解像能型デジタルマイクロスコープを用いてうどんこ病菌分生子の形成過程を観察し、その形成機構を解析してきた。そこで本実験では、デジタルスコープを用いてうどんこ病菌分生子の放出過程を連続観察することとした。また、不均一電場に置かれたうどんこ病菌分生子が電気力線に従って移動することに着目し、分生子柄から放出される分生子を連続的に誘電分極絶縁体へ捕獲することを試みた。まず、エボナイト製のマイクロプローブを作製し、静電気発生装置と連結させ、デジタルスコープのマニピュレーターに取り付けた。次に、オオムギうどんこ病菌Blumeria graminis f. sp. hordeiの菌叢を観察し、形成直後の分生子柄上部に誘電分極したプローブを近づけ、成熟して放出される分生子を捕獲した。独立した分生子柄から順次放出される分生子を捕獲し、その放出数を測定したところ、ひとつの分生子柄からは、2.5時間間隔で33個の分生子が放出されることが明らかとな
  • オオムギうどんこ病菌菌叢から放出される生涯分生子数の計測, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 東勝秀, 草刈眞一, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年06月, 平成18年度日本植物病理学会大会
    概要:筆者らは、不均一電場に置かれたうどんこ病菌分生子が電気力線に従って移動することに着目し、誘電分極絶縁体を用いた分生子捕獲技術を開発した。そこで本実験では、実際の栽培環境に対応した分生子モニタリングシステムの開発を目的とし、ひとつの菌叢からその生涯を通して放出される総胞子数の測定技術を確立することとした。分生子の捕獲には、誘電分極体としてエボナイトプレート(3cm×18cm)を使用し、オオムギ葉上に形成された菌叢(Blumeria graminis f. sp. hordei)から成熟して放出される分生子をプレート上に捕獲した。誘電分極プレートの移動を自動化することにより、10分間隔で3週間(3,024枚)、連続的に分生子を捕獲し、分生子数を測定した。その結果、ひとつの菌叢から1.2×105個の胞子が放出され、その放出は約460時間(20日間)継続されることが明らかとなった。今後、分生子モニタリングシステムを栽培施設に設置し、分生子生産の概日リズムや異なる環境条件に
  • うどんこ病抵抗性野生種と種間交雑した栽培トマトにおける抵抗性検定, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 西村浩明, 草刈眞一, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年06月, 平成18年度日本植物病理学会大会
    概要:筆者らは、トマトうどんこ病菌Oidium neolycopersici Kissに対する抵抗性因子を検索するため、野生種トマト8種120系統から抵抗性系統の選抜を実施し、本菌に対して抵抗性を示す8系統のLycopersicon hirsutum を選抜した。また、これら8系統に分生子を人為的に接種し、2週間後に標徴の有無を観察したところ、4系統は強度抵抗性を示し、他の4系統は壊死を伴う中度抵抗性を示した。完全な抵抗性を示す4系統に本菌分生子を接種し、24時間後に表皮細胞を観察したところ、過敏感反応によって、うどんこ病菌の吸器形成は完全に抑制されていた。そこで本実験では、強度抵抗性個体と栽培種(L. esculentum cv. Moneymaker)の種間交雑を行い、うどんこ病に対する抵抗性を検討することとした。得られた交雑系統に本菌分生子を接種し、24時間後に表皮細胞を観察したところ、うどんこ病菌の吸器形成は完全に抑制されず、その抵抗性レベルは栽培種との中間に位置した。現在、種間交雑系統から得た
  • うどんこ病菌分生子に対する野生種トマト(Solanum pennellii)葉上トリコーム分泌物質の抗菌活性検定, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 西村浩明, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年06月, 平成18年度日本植物病理学会大会
    概要:筆者らの研究室では、トマトうどんこ病に対する抵抗性因子を検索するため、8種120系統の野生種トマトをスクリーニングしたところ、それら野生種トマトの中でSolanum pennelliが他のトマトに比べて、葉上に形成されたうどんこ病菌菌叢が少ないことを見出した。そこで本実験では、葉上トリコームによるトマトうどんこ病菌分生子の捕獲と分泌物による分生子の抗菌活性を検討することとした。まず、S. pennellii葉上にトマトうどんこ病菌分生子を接種したところ、粘性のあるIV型トリコーム先端部位で分生子が捕獲されるとともに、分泌液中に埋没し、発芽の抑制が観察された。次に、顕微鏡下でマイクロピペットを用い、IV型トリコーム分泌液を直接回収し、メタノールに溶解した後、種々の濃度に希釈し、分生子の発芽に及ぼす影響を調べた。その結果、10μg/ml以上の濃度で分生子の発芽が完全に抑制され、分生子内構造の崩壊が観察された。以上の結果から、S. pennellii TK4560のIV型トリ
  • 野生種トマト(Solanum pennellii)葉上に分泌される両親媒性物質の構造決定, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 東勝秀, 西村浩明, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年06月, 平成18年度日本植物病理学会大会
    概要:筆者らの研究室では、野生種トマトSolanum pennellii TK4560の葉上に分泌される両親媒性物質が空気中の水分をトラップし、形成された水滴が葉上に広がること、およびその物質が葉面生息細菌の栄養源になることを明らかにしてきた。そこで本実験では、S. pennelliiの葉上分泌物質の化学的構造を決定することとした。まず、S. pennellii TK4560の種子を播種し、3ヶ月間、ガラス温室内で栽培した後、葉面を滅菌水で洗浄し、フィルターろ過した洗液を凍結乾燥した。得られた乾燥粉末(70mg)を20mlのジエチルエーテルと0.5%炭酸ナトリウム混液に溶解し、有機溶媒相を分取した。この画分(10mg)について超臨界MeOH分解を行い、さらにNMR、IR、GCおよびGC/MS分析を行った。その結果、S. pennellii葉上に分泌される両親媒性物質は、少なくとも9種類のアシル基を有するトリアシルグルコース混合物であることが明らかとなった。
  • An apparatus for collecting total conidia of Blumeria graminis f. sp. hordei from leaf colonies using electrostatic attraction., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 8th International Mycological Congress,   2006年08月, 8th International Mycological Congress
    概要:筆者らは、不均一電場に置かれたうどんこ病菌分生子が電気力線に従って移動することに着目し、誘電分極絶縁体を用いた分生子捕獲技術を開発した。そこで本実験では、実際の栽培環境に対応した分生子モニタリングシステムの開発を目的とし、ひとつの菌叢からその生涯を通して放出される総胞子数の測定技術を確立することとした。分生子の捕獲には、誘電分極体としてエボナイトプレート(3cm×18cm)を使用し、オオムギ葉上に形成された菌叢(Blumeria graminis f. sp. hordei)から成熟して放出される分生子をプレート上に捕獲した。誘電分極プレートの移動を自動化することにより、10分間隔で3週間(3,024枚)、連続的に分生子を捕獲し、分生子数を測定した。その結果、ひとつの菌叢から1.2×105個の胞子が放出され、その放出は約460時間(20日間)継続されることが明らかとなった。今後、分生子モニタリングシステムを栽培施設に設置し、分生子生産の概日リズムや異なる環境条件に
  • Symptomatic evidence for differential root invasion by Fusarium crown and root rot pathogens between common tomato Lycopersicon esculentum and its varieties., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 8th International Mycological Congress,   2006年08月, 8th International Mycological Congress
    概要:本実験では、トマト(Lycopersicon esculentum var. pyriforme cv. Yellow Pear)の幼苗を用い、日本各地で単離されたトマト根腐萎凋病菌(13株)の発病差異を解析した。まず、主根部に100μlの胞子懸濁液(1.0×107胞子/ml)を滴下接種し、接種個体の根部病徴を詳細に観察したところ、強度病原性菌株では、側根の先端部が速やかに褐変化するとともに、導管部への褐変化が広がり、最終的に地際部へ伸展することが明らかとなった。一方、弱度病原性菌株では、側根形成部位周辺で表皮細胞の壊死が観察されたが、その病徴伸展は遅いものであった。また、中度病原性菌株は、側根の出現時に形成された皮層の裂け目から侵入し、導管褐変を引き起こす現象が観察された。
  • Consecutive monitoring of lifelong production of conidia by individual conidiophores of Blumeria graminis f. sp. hordei on barley leaves by digital microscopic techniques with electrostatic micromanipulation., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 8th International Mycological Congress,   2006年08月, 8th International Mycological Congress
    概要:筆者らは、高解像能型デジタルマイクロスコープを用いてうどんこ病菌分生子の形成過程を観察し、その形成機構を解析してきた。そこで本実験では、デジタルスコープを用いてうどんこ病菌分生子の放出過程を連続観察することとした。また、不均一電場に置かれたうどんこ病菌分生子が電気力線に従って移動することに着目し、分生子柄から放出される分生子を連続的に誘電分極絶縁体へ捕獲することを試みた。まず、エボナイト製のマイクロプローブを作製し、静電気発生装置と連結させ、デジタルスコープのマニピュレーターに取り付けた。次に、オオムギうどんこ病菌Blumeria graminis f. sp. hordeiの菌叢を観察し、形成直後の分生子柄上部に誘電分極したプローブを近づけ、成熟して放出される分生子を捕獲した。独立した分生子柄から順次放出される分生子を捕獲し、その放出数を測定したところ、ひとつの分生子柄からは、2.5時間間隔で33個の分生子が放出されることが明らかとな
  • オゾン発生型誘電分極静電場スクリーンによる青枯病菌および根腐萎凋病菌の殺菌, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 草刈眞一, 金原淳司, 平成19年度日本植物病理学会大会,   2007年03月, 平成19年度日本植物病理学会大会
  • 局部静電場照射によるトマトうどんこ病菌菌叢の駆除, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 草刈眞一, 金原淳司, 平成19年度日本植物病理学会大会,   2007年03月, 平成19年度日本植物病理学会大会
  • 誘電分極体静電場スクリーンによるタバココナジラミの捕獲, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 金原淳司, 井村岳男, 野菜茶業研究所, 草刈眞一, 平成19年度日本植物病理学会大会,   2007年03月, 平成19年度日本植物病理学会大会
  • 誘電分極体静電場スクリーンによるうどんこ病菌分生子の捕獲, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 金原淳司, 草刈眞一, 平成19年度日本植物病理学会大会,   2007年03月, 平成19年度日本植物病理学会大会
  • アルギニントランスポーターを利用した出芽酵母細胞膜上における固定化酵素の作出, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 第126回日本薬学会年会,   2007年03月, 第126回日本薬学会年会
  • 酵母細胞膜表面で固定化したResvertrol合成関連酵素による、 Resvertrolおよびその前駆体4-coumaroyl CoAの生合成, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 2007年度日本農芸化学会大会,   2007年03月, 2007年度日本農芸化学会大会
  • 腫瘍細胞表面で発現するCD98hc抗原領域の探索, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 瀧川 義浩, 益子 高, 近畿大学大学院農学研究科, 2007年度日本農芸化学会大会,   2007年03月, 2007年度日本農芸化学会大会
  • Direct RT-PCR amplification of mature mrnas in cytoplasm micropipetted from barley coleoptile epidermal cell ?A model system for analyzing gene expression in host cells attacked by powdery mildew, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, XIII International congress on Molecular Plant-Microbe Interactions,   2007年06月, XIII International congress on Molecular Plant-Microbe Interactions
  • Symptomatic evidence for differential root invasion by Fusarium crown and root rot pathogens between common tomato Lycopersicon esculentum and its varieties, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, XIII International congress on Molecular Plant-Microbe Interactions,   2007年07月, XIII International congress on Molecular Plant-Microbe Interactions
  • Discrimination of two powdery mildew fungi infecting leaves using its sequences amplified from their individual propagules by PCR, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, XIII International congress on Molecular Plant-Microbe Interactions,   2007年07月, XIII International congress on Molecular Plant-Microbe Interactions
  • わが国に自生するツユクサの遺伝子多型解析-オオボウシバナの識別, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 大阪薬科大学, 大阪薬科大学, 第24回日本植物細胞分子生物学会(つくば)大会,   2007年07月, 第24回日本植物細胞分子生物学会(つくば)大会
  • Resveratrol合成関連酵素を利用したResvertarolおよびその前駆体4-coumaroyl CoAの生合成, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 近畿大学大学院農学研究科, 日本生薬学会第54回年会,   2007年09月, 日本生薬学会第54回年会
  • RAPD分析による大和トウキと北海トウキの識別, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 奈良先端大学院大学, 奈良先端大学院大学, 福田商店, 福田商店, 日本生薬学会第53回年会,   2007年09月, 日本生薬学会第53回年会
  • うどんこ病感受性野生種トマト(Lycopersicon pennellii)の葉上トリコームにおける気中水分捕集機構とうどんこ病菌発芽抑制機構との関連性, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 平成20年度日本植物病理学会大会,   2008年04月, 平成20年度日本植物病理学会大会
  • トマトうどんこ病の総合的防除技術の開発(4)双極型静電場スクリーンを用いたトマトうどんこ病の物理的防除, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 金原淳司, 草刈眞一, 平成20年度日本植物病理学会大会,   2008年04月, 平成20年度日本植物病理学会大会
  • トマトうどんこ病の総合的防除技術の開発(3)コロナ放電を利用した小型プラズマ気流照射装置の作製と局部直接照射によるトマト葉上菌叢の駆除, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 平成20年度日本植物病理学会大会,   2008年04月, 平成20年度日本植物病理学会大会
  • トマトうどんこ病の総合的防除技術の開発(2)オオムギうどんこ病菌分生子によるトマトうどんこ病の生物防除, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 平成20年度日本植物病理学会大会,   2008年04月, 平成20年度日本植物病理学会大会
  • トマトうどんこ病の総合的防除技術の開発(1)栽培種と野生種トマトの種間交雑によるうどんこ病抵抗性トマト品種の育成, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 平成20年度日本植物病理学会大会,   2008年04月, 平成20年度日本植物病理学会大会
  • Oidium neolycopersici: Intra-specific variability inferred from AFLP analysis and relationship with closely related powdery mildew fungi infecting various plant species, 豊田 秀吉, 松田 克礼, Jankovics, T., Kovacs, G.M., Kiss, L., Bai, Y., Niks, R.E., Kovacs, G.M., Bardin, M., Nicot, P.C., 9th International Congress of Plant Pathology,   2008年08月, 9th International Congress of Plant Pathology
  • Bacteria colonizing melon fruit surface act as biocontrol agents to postharvest disease pathogens, 豊田 秀吉, 松田 克礼, Xu, L., 9th International Congress of Plant Pathology,   2008年08月, 9th International Congress of Plant Pathology
  • Physical control of tomato powdery mildew Oidium neolycopersici with an electrostatic dipolar screen, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 9th International Congress of Plant Pathology,   2008年08月, 9th International Congress of Plant Pathology
  • An ozone generative dipolar screen protects hydroponic tomatoes from rhizosphere and aerial pathogens, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 9th International Congress of Plant Pathology,   2008年08月, 9th International Congress of Plant Pathology
  • A new spore precipitator with polarized dielectric insulators for physical control of tomato powdery mildew., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, GreenSys 2009,   2009年06月, GreenSys 2009
  • Dual protection of hydroponic tomatoes from rhizosphere pathogens Ralstonia solanacearum and Fusarium oxysporum f. sp. radicis-lycopersici and airborne conidia of Oidium neolycopersici with an ozone-generative electrostatic spore precipitator., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, GreenSys 2009,   2009年06月, GreenSys 2009
  • An electric dipolar screen with oppositely polarized insulators for excluding whiteflies from greenhouses., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, GreenSys 2009,   2009年06月, GreenSys 2009
  • オゾン生成型静電場スクリーンを用いた施設栽培トマトの地上および根圏病害の物理的防除., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 日本生物環境工学会2009年福岡大会,   2009年09月, 日本生物環境工学会2009年福岡大会
  • 静電場スクリーンを用いた温室トマトうどんこ病の物理的防除., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 日本生物環境工学会2009年福岡大会,   2009年09月, 日本生物環境工学会2009年福岡大会
  • 静電場スクリーンを用いた施設栽培トマトの病害虫防除技術の開発., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 日本生物環境工学会2009年福岡大会,   2009年09月, 日本生物環境工学会2009年福岡大会
  • Protection of nursery stage tomato seedlings from rhizosphere pathogens Ralstonia solanacearum and Fusarium oxysporum f. sp. radicis-lycopersici., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 5th International Symposium on Seed, Transplant and Stand Establishment of Horticultural Crops,   2009年09月, 5th International Symposium on Seed, Transplant and Stand Establishment of Horticultural Crops
  • A dielectric dipolar screen with oppositely polarized insulators for tomato seedlings on a nursery hydroponic culture bed from whiteflies., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 5th International Symposium on Seed, Transplant and Stand Establishment of Horticultural Crops,   2009年09月, 5th International Symposium on Seed, Transplant and Stand Establishment of Horticultural Crops
  • A new spore precipitator with polarized dielectric insulators for physical control of tomato powdery mildew., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 5th International Symposium on Seed, Transplant and Stand Establishment of Horticultural Crops,   2009年09月, 5th International Symposium on Seed, Transplant and Stand Establishment of Horticultural Crops
  • トマトに含まれるポリフェノール類の動物培養細胞に及ぼす影響, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 早川 堯夫, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 第59回日本薬学会近畿支部例会,   2009年10月, 第59回日本薬学会近畿支部例会
  • ショウジョウバエを用いた各種ポリフェノール化合物の抗加齢効果の検討, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 早川 堯夫, 近畿大学大学院農学研究科, 第59回日本薬学会近畿支部例会,   2009年10月, 第59回日本薬学会近畿支部例会
  • トマトうどんこ病菌の分生子柄に形成された偽鎖生分生子は高い発芽力を有し同調的に分化する, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 瀧川義浩, 角谷晃司, 平成22年度日本植物病理学会大会,   2010年04月, 平成22年度日本植物病理学会大会
  • 捕捉・忌避型静電場スクリーンを利用した施設栽培トマトの病虫害防除, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 金原淳司, 草刈眞一, 平成22年度日本植物病理学会大会,   2010年04月, 平成22年度日本植物病理学会大会
  • Protection of nursery stage tomato seedlings from rhizosphere pathogens Ralstonia solanacearum and Fusarium oxysporum f. sp. radicis-lycopersici, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 3rd International Symposium on Tomato Diseases,   2010年07月, 3rd International Symposium on Tomato Diseases
  • Pseudochain formation and lifelong production of highly germinative conidia on conidiophores by highly virulent isolates of Oidium neolycopersici, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, A Special Interest Group Meeting of the 9th International Mycological Congress,   2010年08月, A Special Interest Group Meeting of the 9th International Mycological Congress
  • Electrostatic attraction of highly germinative pseudochain conidia on conidiophores of tomato powdery mildew Oidium neolycopersici, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 9th International Mycological Congress: The Biology of Fungi,   2010年08月, 9th International Mycological Congress: The Biology of Fungi
  • Instantaneous eradication of powdery mildew Oidium neolycopersici on tomato leaves by exposure to corona discharge, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 9th International Mycological Congress: The Biology of Fungi,   2010年08月, 9th International Mycological Congress: The Biology of Fungi
  • Suppression of leaf-surface germination of Oidium neolycopersici conidia by trichome exudates of Lycopersicon pennellii, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 9th International Mycological Congress: The Biology of Fungi,   2010年08月, 9th International Mycological Congress: The Biology of Fungi
  • An electrostatic insect exclusion technique enables germfree cultivation of tomato plants in open greenhouses, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 金原淳司, 草刈眞一, GreenSys2011,   2011年06月, GreenSys2011
  • A newly devised electric field screen for avoidance and capture of greenhouse insect pests, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 金原淳司, 草刈眞一, GreenSys2011,   2011年06月, GreenSys2011
  • Leaf surface of the moss is the site for trapping airborne fungal spores as nutritional targets, 瀧川 義浩, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, MOSS 2011, The 14th annual international conference,   2011年09月, MOSS 2011, The 14th annual international conference
  • The flat liverwort thallus surface is the site of interactions with falling airborne fungal spores: Specification of conidial germination by powdery mildew on a thalloid surface, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, MOSS 2011, The 14th annual international conference,   2011年09月, MOSS 2011, The 14th annual international conference
  • A field investigation of the bryophyte distribution in the mountainous campus of Kinki University: Collection and cytological observation of liverworts as a potential source of nutraceuticals, 瀧川 義浩, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, MOSS 2011, The 14th annual international conference,   2011年09月, MOSS 2011, The 14th annual international conference
  • Micropipette extraction-based RT-PCR amplification of mRNAs in nuclei or cytosol of single cells of tomato calli, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, Biotechnology and other omics in vegetable science,   2012年05月, Biotechnology and other omics in vegetable science
  • Aroma compounds are produced in hairy root cultures of musk melon, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, Biotechnology and other omics in vegetable science,   2012年05月, Biotechnology and other omics in vegetable science
  • Micropipette extraction-based RT-PCR amplification of mature mRNAs in single trichome cells of tomato leaves, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, Biotechnology and other omics in vegetable science,   2012年05月, Biotechnology and other omics in vegetable science

MISC

  • トマトにおけるTy3/gypsy型レトロトランスポゾン逆転写酵素領域の分子進化系統解析, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 薬学総合研究所紀要, 13, 103, 111,   2004年
    概要:トマトのレトロトランスポゾンをゲノムからクローニングし、その遺伝子解析を試みた。ゲノム上には多数のレトロトランスポゾンが存在しており、また、培養栽培において発現している新規のTy1/copia型レトロトランスポゾンをクローニングした。

特許

  • 微小粒子状物質捕捉装置, 松田克礼 角谷晃司 野々村照雄 瀧川義浩, 特願2017-135600
  • 花粉粒捕捉装置, 松田克礼 角谷晃司 野々村照雄 瀧川義浩, 特願2017-135599
  • 静電場発生装置及びそれを用いた飛動生物除去方法, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, 特願2009-133875, 特許5252449
  • 飛動可能生物収集兼オゾン発生装置及び植物栽培装置, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, 特願2007-051756, 特許5216225
  • 飛動生物除去装置及び植物保護装置, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, 特願2006-014135, 特許4771310号
  • 誘電分極を用いた分生子吸着による防カビ方法、飛動生物除去装置、及び植物保護装置, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, 特願PCT/JP2007/052562, 特開WO2007/094339, 特許US8,105,418B2
  • 害虫誘引捕捉装置付き苗シェルター(静電苗シェルター), 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, 特願2015-191050
  • 携帯型害虫誘引捕捉装置(静電スウィーパ), 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, 特願2015-111080
  • 静電場スクリーン発生装置及び食材保管装置, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, 特願2015-092969
  • 静電場発生装置、飛動生物除去装置及び植物保護装置, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, 特願2015-031481
  • 植物病害の治療方法および治療装置, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, 特願2006-014136
  • 誘電分極を用いた分生子吸着による防カビ方法、飛動生物除去装置、及び植物保護装置, 松田克礼、角谷晃司、野々村照雄、瀧川義浩, 特願2006-036509, 特許5599564

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 静電場を利用して爽やかな風を取り込む窓「プラズマウインド」の開発, 松田 克礼
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 静電場を利用した自動昆虫識別装置‘インセクトレック’の開発, 松田 克礼
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, プラズマフィールドを利用した害虫忌避スクリーン‘プラズマリペラ’の開発, 松田克礼