KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤本 暢宏フジモト ノブヒロ

プロフィール

所属部署名工学部 電子情報工学科 / システム工学研究科
職名教授
学位博士(工学)
専門光通信工学
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/401-fujimoto-nobuhiro.html
ホームページURL
メールアドレスfujimoto[at]hiro.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/19

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    企業で光ファイバ通信技術の研究開発を約30年、大学では、照明用に用いられる白色LEDを通信にも使う可視光通信技術の研究を7年行っており、昨年世界最高速度での変調に成功しました。

研究活動情報

論文

  • The Fastest Visible Light Transmissions of 662 Mb/s by a Blue LED, 600 Mb/s by a Red LED, and 520 Mb/s by a Green LED based on Simple OOK-NRZ Modulation of a Commercially Available RGB-type White LED using Pre-emphasis and Post-equalizing Techniques , 藤本暢宏,   2014年09月, 査読有り
  • 三原色型白色LEDを用いたPOF波長多重伝送, 藤本暢宏, 電子情報通信学会総合全国大会,   2014年03月, 査読有り
  • ディジタルLSIを用いた4B5Bcodecに関する一検討, 藤本暢宏, 電子情報通信学会総合全国大会,   2013年03月, 査読有り
  • 可視光LDによる高速波長多重照明光通信の一検討, 藤本暢宏, 電子情報通信学会総合全国大会,   2013年03月, 査読有り
  • 477 Mbit/s visible light transmission based on OOK-NRZ modulation using a single commercially available visible LED and a practical LED driver with a pre-emphasis circuit, 2013 OPTICAL FIBER COMMUNICATION CONFERENCE AND EXPOSITION AND THE NATIONAL FIBER OPTIC ENGINEERS CONFERENCE (OFC/NFOEC),   2013年, 査読有り
  • 614 Mbit/s OOK-Based Transmission by the Duobinary Technique using a Single Commercially Available Visible LED for High-Speed Visible Light Communications, 2012 38TH EUROPEAN CONFERENCE AND EXHIBITION ON OPTICAL COMMUNICATIONS (ECOC),   2012年, 査読有り
  • A drive circuit system based on a commercially available logic IC for low-cost optical transmitters and transceivers, 藤本暢宏, IJMOT, 3, 5, 548, 557,   2008年11月, 査読有り
  • Low-cost gigabit PCF Transceivers using commercially available logic ICs for short-range optical networks, 藤本暢宏, Journal of Optical Network, 7, 6, 585, 602,   2008年06月, 査読有り
  • Simulation of cross-talk reduction in multimode waveguide-based micro-optical switching systems by use of single-mode filters., Yoshimura T, Ojima M, Arai Y, Fujimoto N, Asama K, Applied optics, 43, 6, 1390, 1395,   2004年02月, 査読有り

MISC

  • LED可視光高速通信の最新技術 (光空間通信技術の新展開 : 海底から宇宙まで), 藤本 暢宏, 光学 = Japanese journal of optics : publication of the Optical Society of Japan, 45, 2, 49, 54,   2016年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020743351
  • B-10-102 三原色型白色LEDによる高速照明光通信の一検討(B-10.光通信システムB(光通信方式,光通信機器,デバイスのシステム応用,光通信網・規格),一般セッション), 望月 輝, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2012, 2,   2012年03月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009462898
  • プログラマブルLSIによる高速可視光通信システム用4B/5B CODECに関する研究, 立花 裕也, 藤本 暢宏, 近畿大学工学部研究報告, 46, 55, 59,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005735861
    概要:[synopsis] The programmable LSI has been implemented in various equipment because it can be designed freely. We have found out the problem in the frequency response of the phosphorescent white LED. We have proposed 4B5B code as a transmission code for visible light communications systems to overcome the problem. In this paper, we reported 4B5B codec design by programmable LSIs and the correct code conversion function of the LSI is also reported.
  • B-10-42 三原色型白色LEDによる高速照明光通信の一検討(B-10.光通信システムB(光通信),一般セッション), 望月 輝, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010, 2,   2010年03月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007869495
  • プログラマブルLSIによる高速可視光通信システム用4B/5B CODECに関する研究, 立花 裕也, 藤本 暢宏, 近畿大学工学部研究報告, 46, 55, 59,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005260037
    概要:[synopsis] The programmable LSI has been implemented in various equipment because it can be designed freely. We have found out the problem in the frequency response of the phosphorescent white LED. We have proposed 4B5B code as a transmission code for visible light communications systems to overcome the problem. In this paper, we reported 4B5B codec design by programmable LSIs and the correct code conversion function of the LSI is also reported.
  • B-10-66 太陽電池を用いる照明光通信の一検討(B-10.光通信システムB(光通信方式,光通信機器,デバイスのシステム応用,光通信網・規格),一般セッション), 上野 良太, 天野 翔一, 柴谷 嘉彦, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2011, 2,   2011年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008577297
  • 照明光通信の開発を目指して (次世代技術の開発を目指して), 藤本 暢宏, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 1, 95, 100,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730378
    概要:情報・通信
  • B-10-105 3原色型白色LEDによる多値伝送方式の一検討(B-10.光通信システムA(線路),一般セッション), 竹谷 祥範, 田辺 正人, 山元 強平, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009, 2,   2009年03月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007099546
  • 太陽電池を用いる照明光通信の研究, 上野 良太, 天野 翔一, 柴谷 嘉彦, 藤本 暢宏, 近畿大学工学部研究報告, 0, 45, 73, 78,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005735824
    概要:[synopsis] A solar cell is available for the optical detector of illumination lite communication system. It enables the long distance illumination lite communication system using white LEDs. The proposed system using a solar cell can achieve three times longer transmission distance than the conventional system using a Si-PD. Experimental results show that the proposed system can play a key role in long distance illumination light communication systems.
  • B-10-48 3原色型白色LEDによる色多重光伝送方式の一検討(B-10. 光通信システムB(光通信),一般セッション), 梅木 健壮, 山根 直紀, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2008, 2,   2008年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006870997
  • 三原色型白色LEDによる高速照明光通信の一検討, 望月 輝, 藤本 暢宏, 近畿大学工学部研究報告, 44, 73, 78,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005735812
    概要:[Synopsis]A simple and high-speed modulation technique using a white LED for illumination light communication are proposed to enable Ubiquitous Network. The proposed modulation technique enable a 110Mb/s operation. Experimental results show that the proposed system can play a key role in high-speed illumination light communication.
  • A novel color division multiplexing system for visible-light transmission using a white LED comprised of R, G, B chips, FUJIMOTO Nobuhiro, 近畿大学工学部研究報告, 41, 77, 82,   2007年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902260911967514
  • 11.WDMネットワーク用光クロスコネクトシステム向け光ゲートベース光スイッチアーキテクチャ, 藤本 暢宏, 近畿大学工学部研究報告, 41, 71, 75,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007025613
    概要:I have proposed a cross-bar-add optical switch architecture based on optical gate switches to make the cross-connect node configuration simpler in WDM networks. The add function introduced to the conventional cross-bar optical switch allows one stage configuration of a SW fabric and drastically reduces the required number of 2×2 SW elements and other optical devices, such as couples or wavelength multiplexers/demultiplexers in a Cross-Connect node.
  • 三原色型白色LEDによる高速照明光通信の一検討, 望月 輝, 藤本 暢宏, 近畿大学工学部研究報告, 44, 73, 78,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120002928404
    概要:[Synopsis]A simple and high-speed modulation technique using a white LED for illumination light communication are proposed to enable Ubiquitous Network. The proposed modulation technique enable a 110Mb/s operation. Experimental results show that the proposed system can play a key role in high-speed illumination light communication.
  • 12.R,G,B3色チップからなる白色LEDを用いる可視光通信用新色分割多重システム, 藤本 暢宏, 近畿大学工学部研究報告, 41, 77, 82,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007025614
    概要:A simple and low-cost color division multiplexing system using a white LED and a commercially available logic IC for visible-light transmission are proposed to enable Ubiquitous Network. The proposed multiplexing system using a simple compensation circuit for a low-speed white LED enables over a 50Mb/s operation. Experimental results show that the proposed system can play a key role in visible-light transmission.
  • 導波路プリズム型高速光スイッチを用いたWDMネットワーク向け経路 非依存光クロスコネクトシステム, 藤本 暢宏, 富田 弘尚, 吉村 徹三, 近畿大学工学部研究報告, 40, 81, 85,   2006年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006424806
    概要:We propose a cross-bar-add optical switch architecture to make the cross-connect node configuration simpler in WDM networks. The add function introduced to the conventional cross-bar optical switch allows one stage and path-independent-loss (PI-LOSS) configuration of a SW fabric. We show that the proposed architecture can be applied to high-speed waveguide prism deflector micro-optical switches (WPD-MOSs) having the possibility of optical packet switch.
  • 短距離通信向け汎用低コストプラスチックファイバ光トランシーバ, 藤本 暢宏, 石塚 淳夫, 森谷 正義, 後藤 正見, 近畿大学工学部研究報告, 40, 87, 101,   2006年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006424807
    概要:This paper proposes low-cost and versatile gigabit optical transceivers for broadband and short-range communication networks using low-cost plastic optical fiber to enable Ubiquitous Network. These achieve broadband home network and intra-vehicle local area network based on optical IEEE1394b-2002, large-throughput optical interconnection, DV Interface, and so on. According to the proposed concept, we have fabricated a 500 Mbit/s or a 1.25Gbit/s low-cost optical transceiver with proposed simple circuit configuration that consists of low-cost and high-speed optical devices and commercially available logic ICs. Simple assembly technologies such as plastic molding and optical element press-fitting have also been developed for mounting to reduce assembly cost. The total cost of the fabricated optical transceiver can be reduced less than 2/3, comparing with that of conventional one. Experimental results show that our proposed concept and fabricated optical transceivers can play a key role in Gbit/s and short-range network.
  • 3原色型白色LEDを用いた可視光通信向け多値伝送システム, 藤本 暢宏, 下園 啓太, 土崎 一郎, 東 裕輔, 近畿大学工学部研究報告, 42, 47, 51,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005735789
    概要:A simple multilevel transmission system using a white LED and a commercially available logic LSI and IC for visible-light transmission is proposed to enable the Ubiquitous network. A simple multilevel modulation technique using the ON/OFF combinataion of the three primary color LED chips is proposed. Fundamental experiments of the proposed system at a 2Mb/s have been performed to confirm an error-free operation. Experimental results show that the proposed system can play a key role in visible-light transmission.
  • 2電極半導体レーザを用いた低電圧動作ギガビット光送信器の検討, 六川 裕幸, 小田川 哲史, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1996, 2,   1996年03月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003268039
    概要:通信・情報システムの大容量化に伴い,装置間の高速インタフェースや加入者系の広帯域情報伝送向けに,低コスト・低消費電力の高速光リンクが必要になってきている.特に送信器においては,構成を簡易にし,かつ消費電力を低減するために,ロジックレベルの信号で直接LDを駆動する方法が有効である.今回,低電源電圧でギガビット動作が可能な光送信器の構成について検討した.2電極半導体レーザの一方の電極にロジック回路の出力を直接接続して1.1Gb/sでの電圧変調・伝送実験を行い,ロジック直接接続による半導体レーザのギガビット動作が電源電圧2Vで可能であることを明らかにした.
  • 3原色型白色LEDを用いた可視光通信向け多値伝送システム, 藤本 暢宏, 下園 啓太, 土崎 一郎, 東 裕輔, 近畿大学工学部研究報告, 42, 47, 51,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120002246737
    概要:A simple multilevel transmission system using a white LED and a commercially available logic LSI and IC for visible-light transmission is proposed to enable the Ubiquitous network. A simple multilevel modulation technique using the ON/OFF combinataion of the three primary color LED chips is proposed. Fundamental experiments of the proposed system at a 2Mb/s have been performed to confirm an error-free operation. Experimental results show that the proposed system can play a key role in visible-light transmission.
  • 低しきい値LDを用いた変調特性, 池内 公, 森 和行, 井上 忠夫, 中川 剛二, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1995, 2,   1995年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003343528
    概要:光伝送システムにおいて光送信部の低コスト化、回路構成の簡単化のためには、APCフリー変調方式が望まれている。我々はこれまで、低しきい値LDとAPCフリー方式を使った光送信モジュールを開発し、また、より低コスト化を目指したAPCフリー・無バイアスでの変調実験を行ってきた。今回、LD駆動回路特性も考慮した時の発振遅延時間について、見積もり手法を検討し、実験値との比較を行った。また、伝送速度156Mb/s、622Mb/sでAPCフリーでLDを変調した時のLD駆動条件、LD特性について検討を行った。
  • 光受信部のパワーペナルティに関する一考察, 赤司 保, 森 和行, 河合 正昭, 秋元 庸, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1995, 2,   1995年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003343640
    概要:近年、B-ISDN実現に向けた研究が活発に行われている。その要素技術の一つとしてビット位相同期回路があり、光並列リンクにおけるスキューの解消やTDMA伝送におけるバースト信号受信系に用いられている。このような系で最小受信レベル規定などの光伝送システム設計を行うにあたっては、光受信系にビット同期回路を含めた特性を把握しておく必要がある。そこで今回、光受信モジュールにビット同期回路を接続する際のパワーペナルティの検討を行ったので報告する。
  • 光インターコネクションにおけるLD変調制御技術, 池内 公, 六川 裕幸, 森 和行, 藤本 暢宏, 田中 一弘, 延原 裕之, 電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス, 95, 156, 13, 18,   1995年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003200248
    概要:光インターコネクションにおけるLD変調制御技術として,最も小型化,低消費電力化が図れるAPCフリー・LD電流制御方式について検討し,ハードウェアによる原理確認実験により,25〜85℃で光出力変化量を1.7dB以下にできる事を確認した。また,APCフリーで問題となる発振遅延時間については,駆動回路の特性を考慮した計算手法について検討し,計算値と実測値の比較をおこなった結果,ほぼ一致する事がわかった。この手法を用いて,APCフリー・LD電流制御方式でのバイアス電流の制御方法について,伝送速度をパラメータとして検討し,155Mb/sでは無バイアス変調方式が,622Mb/sでは固定バイアス変調方式が,1.2Gb/sではバイアス電流温度フィードフォワード変調方式が最適である事がわかった。また,各伝送速度でのLD特性・駆動回路特性を求めた。
  • LD/PDアレイを用いた多チャネル光送受信モジュールによる高速光インタコネクション, 六川 裕幸, 石塚 淳夫, 渡部 弥子, 井上 忠夫, 三浦 和則, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1995, 1, 459, 460,   1995年03月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003241976
    概要:将来のマルチメディア社会においては,動画像を中心とした広帯域情報の伝送が必須である.一回線あたりのビットレートを156または622Mb/sとすると,例えば数百ないし数千の加入者系を収容する伝送処理部における伝送容量は数十Gb/sないしTb/sにも上ることが予想される.システム内情報量の増大に伴い,装置間,装置内の信号伝送は重要な技術課題となる.従来の同軸ケーブルリボンを用いた電気並列伝送で問題となる.実装空間への制限や伝送距離および装置レイアウトへの制限,またケーブル間相互のクロストークに伝送品質の劣化等を解決し,大容量並列伝送系を構築するために重要な技術として近年検討が進んでいるのが光並列伝送技術である。我々は,光並列伝送に対応するため,多チャンネル伝送において効率的な符号化手法として,多重化と符号化とを同時に行い,効率的な並列伝送を可能にするP(パラレル)mBlA符号/多重化方式を提案,P19BlC論理処理部とアナログ回路,また光素子部を一体化した多チャンネル光送受信モジュールを試作,155.52Mb/sデータ19チャンネル及びクロックの合計20チャンネルの光並列伝送実験を行った.今回,さらに高速のインタフェース実現を目標に1チャンネルあたりの入出力電気信号ビットレートを622.08Mb/sとした場合につき検討した.多チャンネ光送受信モジュールを試作し,1チャンネルあたりの伝送速度を622.08Mb/sとして伝送実験を行い,結果をもとに,スキューを配分して伝送可能距離を求めた.また,既に提案しているビット同期回路の導入による伝送距離の伸長についても検討した.
  • 低しきい値LDのAPCフリー・無バイアス変調特性, 赤司 保, 井出 聡, 森 和行, 中川 剛二, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1995, 2,   1995年03月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003244727
    概要:光伝送システムにおいて光送信部の低コスト化,低消費電力化のためにはAPCフリー・無バイアス変調方式が望まれる.我々はこれまでに低しきい値LDおよびAPCフリー方式の光送信モジュールの開発を行ってきた.今回はさらに低消費電力化,回路構成の簡略化を目指して,APCフリー・無バイアスでの広温度範囲におけるLD変調実験を行ったので報告する.
  • Intra- and Inter-Vehicle Communication Network Using Low-Cost POF Links, FUJIMOTO Nobuhiro, MORIYA Masayoshi, ISHIZUKA Atsuo, GOTO Masami, IEICE transactions on information and systems, 85, 11, 1839, 1850,   2002年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003223143
    概要:Intelligent transport systems (ITS) are promising systems to give excellent solutions for many problems that we face in transport today. Not only road-to-vehicle communications but also inter-vehicle communications in ITS are expected to become popular in the future. On the other hand, an intravehicle communication network should be supported by multimedia information according to the explosive expansion of the Internet use and the like. An inexpensive transmission medium and transceiver becomes indispensable in such in-vehicle local area network (LAN) for multimedia information as these must handle full-motion video signals, without any electromagnetic interference. We have proposed on-board network architecture based on optical P1394b to realize effective inter-vehicle communications and enable all equipment which freely add and remove to the intra-vehicle network. And according to the proposed architecture, we have developed a 500-Mbit/s low-cost optical transceiver for the intra- and inter-vehicle communication network using a commercially available plastic clad fiber. An LD for the compact disk drive and a large area photodiode were adopted as low-cost and high-speed optical devices, and a logic direct driving type simple circuit having temperature compensation function was developed. Simple assembly technologies such as plastic molding and optical element press-fitting were also developed for mounting to reduce assembly cost. The total cost of the fabricated optical transceiver can be reduced less than 2/3, comparing with that of conventional one. We have performed transmission experiments and vibration tests using our optical transceivers that are mounted in on-board elements and connected to the on-board network, and have confirmed these stable operations. Experimental results show our proposed architecture and fabricated optical transceiver can play a key role in the intra- and inter-vehicle communication network.
  • 高速多チャンネル光受信モジュールの評価, 渡部 弥子, 六川 裕幸, 近藤 義久, 乗松 正明, 桜井 力, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1995, 2,   1995年03月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003244730
    概要:近年, 広帯域ISDNの実現に不可欠な伝送システムの高速/大容量化に伴う装置間電気接続の限界を打破するために、多チャネル光伝送の検討が積極的に進められている。これまでに我々は、多チャネル光伝送用多重/符号化処理方式を適用した156Mb/s20チャンネル伝送用光送受信モジュールの試作およびこれを用いた伝送実験を行い、良好な結果を得た。今回、高速インターフェースの実現を目指した高速多チャンネル光受信モジュールを試作し、その評価を行ったので報告する。
  • 多チャンネル光伝送用モジュールの誤り率特性, 児矢野 英典, 池内 公, 石塚 淳夫, 六川 裕幸, 牧内 正男, 延原 裕之, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1995, 2,   1995年03月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003244731
    概要:大型計算機,交換機,伝送装置などの大規模装置間において,伝送距離,伝送容量を容易にする光インタコネクション技術が注目されている.我々はこれを実現するハードウェアとして,アナログおよびディジタル送受信LSIを搭載した.156Mb/s,20chの多チャンネル光伝送用送受信モジュールを開発し,それぞれの単体評価の結果,良好な特性を得ている.一方,多いチャンネル光伝送は幹線系と比較して非常に低い誤り率が要求される.今回,本モジュールを用いて,実際に長時間多チャンネル光伝送実験を行い誤り率測定を行った.
  • 多チャンネル光伝送用フレーム同期方式に関する一検討, 石塚 淳夫, 六川 裕幸, 陳 清厳, 中村 則和, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1995, 2,   1995年03月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003244735
    概要:近年,多数の光信号を一括して伝送する多チャンネル光伝送の研究/開発が盛んである.多チャンネル光伝送特有の課題(小型化/低消費電力化/パースト伝送/スキューフリー伝送等)を解決する伝送方式として,我々はRmBlA符号化方式およびビット同期とフレーム同期を組み合わせたスキューフリー伝送方式を提案し,GaAsゲートアレイで送受信ディジタルLSIの試作/評価を行った.今回,受信ディジタルLSIに採用したフレーム同期方式の同期復帰特性について検討および評価を行ったので報告する.
  • 第17回光ファイバ通信会議, 藤本 暢宏, 電子情報通信学会誌, 77, 6,   1994年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003231811
  • 多チャンネル光送受信モジュールを用いたスキューフリー光並列伝送実験, 六川 裕幸, 児矢野 英典, 池内 公, 若尾 清秀, 矢野 光博, 藤本 暢宏, 堀松 哲夫, 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式, 94, 68, 93, 99,   1994年05月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003282854
    概要:多チャンネル光伝送用受信モジュールを試作し、光並列伝送実験を行った結果を報告する。多重化と符号化とを同時に行い、効率的な並列伝送を可能にするP19B1C符号を適用し、送受信用アナログメディジタルLSI計4品種をGaAsプロセスを用いて開発、モジュールに搭載した。モジュールにおいては、155.52Mb, sデータ19チャンネルとクロックの計20チャンネルの信号を送受信各1モジュールで伝送する構成とし、光並列伝送の結果良好な動作を確認した。また、受信モジュールでの復号1分離処理におけるスキュー抑圧効果により、400m(±5ns)を越える距離のスキューフリー光並列伝送の可能性を確認した。
  • Optical Parallel Interconnection Based on Group Multiplexing and Coding Technique (Special Issue on Optical Interconnection), HORIMATSU T., Fujimoto Nobuhiro, Wakao Kiyohide, Yano Mitsuhiro, IEICE Trans. Electron, 77, 0,   1994年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003220252
    概要:A transmission data format for high-speed optical parallel interconnections is proposed and a 4-channel transmitter and receiver link module operating at up to 1.2 Gb/ s per channel is demonstrated. The data format features "Group Multiplexing and Coding." In this scheme, input several tens channels are multiplexed and coded in group into reduced channels, resulting in burst-mode compatible, skew-free transmission, and low power-consumption of a link module. Experiments with fabricated modules confirm that our data coding in multichannel optical transmission is promising for use in high-speed interconnections in information and switching systems.