KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤原 尚フジハラ ヒサシ

プロフィール

所属部署名理工学部 応用化学科 / 総合理工学研究科 / 理工学総合研究所
職名教授/学部長/所長
学位工学博士
専門有機無機複合ナノ化学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/335-fujihara-hisashi.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/30190101.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    光学活性(キラル)な金属ナノ粒子とポリマーからなるハイブリッドナノチューブを用いたサステイナブル物質変換(主に不斉合成)や生体物質認識センサーを開発している。

学歴・経歴

経歴

  •   2009年,  - 2014年, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 基礎化学, 有機化学
  • 材料化学, 有機・ハイブリッド材料

研究キーワード

  • ヘテロ原子, 金属ナノクラスター, 自己組織化, 自己集合単分子膜, ナノ複合体, インターフェイス, 界面制御, ナノチューブ, 不斉反応, ポリマーナノチューブ, 渡環相互作用, 触媒, 原子間相互作用, 硫黄ー遷移金属間結合, 金ナノ粒子, 超原子価結合, 電極酸化, 活性種, 高配位化合物, 14・16属インターエレメント結合, ナノ配位空間, 分子集合, フラーレン, 金属ナノ粒子, π共役ポリマー, 炭素-炭素生成反応, 電解重合, 酸化還元, 有機表面, アルミナ膜

論文

  • Synthesis of TiO2-polythiophene hybrid nanotubes and their porphyrin composites, N. Takeuchi, S. Tazawa, K. Matsukawa, Y. Sugahara, T. Nakahodo and H. Fujihara, Chem. Lett., 46, 354, 356,   2017年, 査読有り
  • Remarkably stable S-oxides of calix[4]thiophenes and their sulfonium ylide from reaction of S-oxide with acetylene derivative, N. Takeuchi, T. Nakahodo and H. Fujihara, Chem. Lett., 46, 389, 391,   2017年, 査読有り
  • π-Conjugation between a Si=Si Double Bond and Thiophene Rings: Synthesis, Structural Characteristics, and Photophysical Properties of 1,2-Bis(thiophen-2-yl)disilene and 1,2-Bis(2,2'-bithiophen-5-yl)disilene, N. Hayakawa, S. Nishimura, N. Kazusa, N. Shintani, T. Nakahodo, H. Fujihara, M. Hoshino, D. Hashizume and T. Matsuo, Organometallics, 36, 3229, 3236,   2017年, 査読有り
  • Chiral Copper(0) Nanoparticles: Direct Synthesis and Interfacial Chiral Induction via Phase Transfer of Copper Nanoparticles, Y. Imanaka, T. Nakahodo and H. Fujihara, ChemistrySelect, 2, 5806, 5809,   2017年, 査読有り
  • Preparation, optical and electrochemical properties, and molecular orbital calculations of tetraazaporphyrinato ruthenium (II) bis(4-methylpyridine) fused with one to four diphenylthiophene units, T. Kimura, N. Murakami, E. Suzuki, T. Furuyama, T. Nakahodo, H. Fujihara and N. Kobayashi, J Inorg Biochem, 158, 35, 44,   2016年, 査読有り
  • Chiral metal nanoparticles encapsulated by a chiral phosphine cavitand with the tetrakis-BINAP moiety: their remarkable stability toward ligand exchange and thermal racemization, R. Nishimura, R. Yasutake, S. Yamada, K. Sawai, K. Noura, T. Nakahodo and H. Fujihara, Dalton Trans., 45, 4486, 4490,   2016年, 査読有り
  • Fabrication and Metal-enhanced Fluorescence of Plasmonic Hybrid Nanotubes Consisting of Polythiophene and Silver Nanoparticles, R. Yoshida, T. Matsumura, T. Nakahodo and H. Fujihara, Chemistry Letters, 44, 135, 137,   2015年, 査読有り
  • キラルBINOL基を有するポリチオフェンナノチューブの合成と金ナノ粒子の包接, 仲程 司, 北野 大樹, 辰巳 聡史, 藤原 尚, 高分子論文集, 71, 651, 654,   2014年, 査読有り
  • Synthesis and properties of conducting polymer nanotubes with redox-active tetrathiafulvalene, S. Nambu, T. Nakahodo and H. Fujihara, Heterocycles, 88, 1633, 1638,   2014年, 査読有り
  • 4,5-Dicyano-3,6-diethylbenzo-1,2-diselenete, a Highly Stable 1,2-Diselenete: Its Preparation, Structural Characterization, Calculated Molecular Orbitals, and Complexation with Tetrakis(triphenylphosphine)palladium, T. Kimura, T. Nakahodo, H. Fujihara and E. Suzuki, Inorg. Chem., 53, 4411, 4417,   2014年, 査読有り
  • Plasmonic hybrid nanotubes of fullerene C60-polythiophene-silver or gold nanoparticles: fabrication and enhancement of the Raman scattering, R. Yoshida, T. Matsumura, T. Nakahodo and H. Fujihara, Chem. Commun. (Cambridge, U. K.), 50, 15183, 15186,   2014年, 査読有り
  • Synthesis of anionic sulfonate-functionalized conducting polymer nanotubes and selective confinement of cationic gold nanoparticles in their inner cavities via electrostatic interaction, N. Fujimoto, T. Nakahodo and H. Fujihara, Chem. Lett., 42, 1394, 1396,   2013年, 査読有り
  • Synthesis of chiral hybrid nanotubes of magnetite nanoparticles and conducting polymers, M. Mitsumori, T. Nakahodo and H. Fujihara, Nanoscale, 4, 117, 119,   2012年, 査読有り
  • A new magnetic nanopeapod: encapsulation of magnetite nanoparticles in polythiophene nanotubes, T. Nakahodo, K. Yamamoto and H. Fujihara, Heterocycles, 86, 973, 977,   2012年, 査読有り
  • Enhanced catalytic activity in Suzuki-Miyaura couplings by shell crosslinked Pd nanoparticles from alkene-terminated phosphine dendron-stabilized Pd nanoparticles, T. Shiomi, T. Nakahodo and H. Fujihara, Chem. Lett., 41, 1700, 1702,   2012年, 査読有り
  • Synthesis of heterosegment-functioned hybrid nanotubes of polythiophene and heterometallic nanoparticles by sequential template-based electropolymerization, H. Awaji, T. Nakahodo and H. Fujihara, Chem. Commun. (Cambridge, U. K.), 47, 3547, 3549,   2011年, 査読有り
  • Redox-active π-conjugated polymer nanotubes with viologen for encapsulation and release of fluorescent dye in the nanospace, K. Sato, T. Nakahodo and H. Fujihara, Chem. Commun. (Cambridge, U. K.), 47, 10067, 10069,   2011年, 査読有り
  • Water-soluble palladium and gold nanoparticles functionalized by a new phosphine with zwitterionic liquid based on imidazolium sulfonate linked ethylene glycol moiety, T. Akiyama, C. Ibata and H. Fujihara, Heterocycles, 80, 925, 931,   2010年, 査読有り
  • Self-Organization of Silsesquioxane-Modified Gold Nanoparticles and Immobilization of Their Polythiophene Nanocomposite Films onto Electrode Surface, D. Imai, Y. Satake, K. Noura, T. Nakahodo and H. Fujihara, Phosphorus, Sulfur Silicon Relat. Elem., 185, 1206, 1213,   2010年, 査読有り
  • Preparation, characterization, and electrochemical properties of selenylfullerenes, T. Nakahodo, K. Takahashi, M. O. Ishitsuka, T. Tsuchiya, Y. Maeda, H. Fujihara, S. Nagase and T. Akasaka, Phosphorus, Sulfur Silicon Relat. Elem., 184, 1523, 1540,   2009年, 査読有り
  • [2+1] Cycloaddition of nitrene onto C60 revisited: interconversion between an aziridinofullerene and an azafulleroid, T. Nakahodo, M. Okada, H. Morita, T. Yoshimura, M. O. Ishitsuka, T. Tsuchiya, Y. Maeda, H. Fujihara, T. Akasaka, X. Gao and S. Nagase, Angew. Chem., Int. Ed., 47, 1298, 1300,   2008年, 査読有り
  • Synthesis of selenylfullerene with selenium-containing dibenzo[b,g]cyclooctane moiety, T. Nakahodo, K. Takahashi, M. O. Ishitsuka, T. Tsuchiya, Y. Maeda, H. Fujihara, S. Nagase and T. Akasaka, Tetrahedron Lett., 49, 2302, 2305,   2008年, 査読有り
  • Nanotube Composites Consisting of Metal Nanoparticles and Polythiophene from Electropolymerization of Terthiophene-Functionalized Metal (Au, Pd) Nanoparticles, R. Umeda, H. Awaji, T. Nakahodo and H. Fujihara, J. Am. Chem. Soc., 130, 3240, 3241,   2008年, 査読有り
  • Asymmetric Suzuki-Miyaura coupling reactions catalyzed by chiral palladium nanoparticles at room temperature, K. Sawai, R. Tatumi, T. Nakahodo and H. Fujihara, Angew. Chem., Int. Ed., 47, 6917, 6919,   2008年, 査読有り
  • Dendritic effects on the ordered assembly and the interfacial one-electron oxidation of redox-active dendron-functionalized gold nanoparticles, Y. Komine, I. Ueda, T. Goto and H. Fujihara, Chem. Commun. (Cambridge, U. K.), 302, 304,   2006年, 査読有り
  • Assembly of gold nanoparticles by quadruple hydrogen-bonded ureidopyrimidinone-thiol dimer as a new type of crosslinker, Y. Kido and H. Fujihara, Chem. Lett., 35, 1260, 1261,   2006年, 査読有り
  • Synthesis of small palladium nanoparticles stabilized by bisphosphine BINAP bearing an alkyl chain and their palladium nanoparticle-catalyzed carbon-carbon coupling reactions under room-temperature, R. Tatumi, T. Akita and H. Fujihara, Chem. Commun. (Cambridge, U. K.), 3349, 3351,   2006年, 査読有り
  • Chiroptical Activity of BINAP-Stabilized Undecagold Clusters, Y. Yanagimoto, Y. Negishi, H. Fujihara and T. Tsukuda, J. Phys. Chem. B, 110, 11611, 11614,   2006年, 査読有り
  • Electrochemical properties of self-assembled monolayers with tetracyanoanthraquinodimethane-disulfide as a new electron acceptor on gold electrode, Y. Satake and H. Fujihara, Electrochemistry, 73, 38, 40,   2005年, 査読有り
  • Remarkably stable gold nanoparticles functionalized with a zwitterionic liquid based on imidazolium sulfonate in a high concentration of aqueous electrolyte and ionic liquid, R. Tatumi and H. Fujihara, Chem Commun (Camb), 83, 85,   2005年, 査読有り
  • Metal ion-mediated assembly of redox-active oligoethyleneoxy-functionalized gold nanoparticles and their immobilization on a metal electrode, Y. Satake, S. Wakatsuki, M. Watanabe, S. Ito and H. Fujihara, Shikizai Kyokaishi, 78, 249, 253,   2005年, 査読有り
  • Electrochemical properties of redox-active tetrathiafulvalene and fullerene C60-functionalized gold nanoparticles, and their nanocomposite films-modified electrodes, Y. Satake, H. Nakai, S. Ito and H. Fujihara, Shikizai Kyokaishi, 78, 507, 513,   2005年, 査読有り
  • Preparation and characterization of gold nanoparticles with a ruthenium-terpyridyl complex, and electropolymerization of their pyrrole-modified metal nanocomposites, M. Ito, T. Tsukatani and H. Fujihara, J. Mater. Chem., 15, 960, 964,   2005年, 査読有り
  • New Method for Facile Synthesis of Amphiphilic Thiol-Stabilized Ruthenium Nanoparticles and Their Redox-Active Ruthenium Nanocomposite, T. Tsukatani and H. Fujihara, Langmuir, 21, 12093, 12095,   2005年, 査読有り
  • キラルビスホスフィンBINAP 修飾金・パラジウムナノ粒子とキラルパラジウムナノ粒子触媒不斉反応, 藤原 尚, 田村将, J. Am. Chem. Soc., 125, 51, 15742, 15743,   2003年12月, 査読有り
    概要:キラルビスホスフィンBINAP 修飾金・パラジウムナノ粒子の合成とキラルパラジウムナノ粒子が関与する新規な触媒的不斉反応について述べてある。(英文)
  • Chiral Bisphosphine BINAP-Stabilized Gold and Palladium Nanoparticles with Small Size and Their Palladium Nanoparticle-Catalyzed Asymmetric Reaction, M. Tamura and H. Fujihara, J. Am. Chem. Soc., 125, 15742, 15743,   2003年, 査読有り
  • 新規多機能性ピロール修飾金およびパラジウムナノ粒子の合成と電解重合, 藤原 尚, 秦貴郷, Chem. Commun., 2002, 2714, 2715,   2002年11月, 査読有り
    概要:ピロール修飾金・パラジウムナノ粒子および安定ラジカルを有する金ナノ粒子の新規合成法とナノクラスター膜の特性について報告した。(英文)
  • ピロール置換テトラチアフルバレン チオール、スルホンおよびジスルフィドの電解重合, 藤原 尚, 土屋陽一, Electrochemistry, 70, 584, 586,   2002年08月, 査読有り
    概要:ピロール置換テトラチアフルバレンーチオール、スルホンおよびジスルフィドの電解重合における電解重合膜の形成と電気化学的性質について報告した。(英文)
  • Electrochemical polymerization of pyrrole-substituted tetrathiafulvalenyl-thiol, sulfone, and disulfide, Y. Tsuchiya and H. Fujihara, Electrochemistry (Tokyo, Jpn.), 70, 584, 586,   2002年, 査読有り
  • Preparation and electrochemical polymerization of new multifunctional pyrrolethiolate-stabilized gold and palladium nanoparticles, K. Hata and H. Fujihara, Chem. Commun. (Cambridge, U. K.), 2714, 2715,   2002年, 査読有り
  • フラーレンチオール修飾金ナノ粒子:新規表面固定化金属 C60 ナノ複合体, 藤原 尚, 中井英隆, Langmuir, 17, 17, 6393, 6395,   2001年, 査読有り
    概要:フラーレン C60 を含有する金ナノ粒子の合成に初めて成功した。 その金ナノ粒子は自己組織化法により安定なクラスター膜を金属表面上に形成する。 (英文)
  • Electropolymerization of Tetrathiol- and Tetrapyrrole Substituted Tetrathiafulvalene Derivatives and Electrochemical Properties of Their Electropolymerized Films, H. Nakai, Y. Tsuchiya, K. Watanabe, T. Matsushita, S. Ito, M. Yoshihara and H. Fujihara, Journal of the Japan Society of Colour Material, 73, 176, 181,   2000年, 査読有り
  • Electrochemical properties of tetrathiafulvalenyl-thiol, disulfide, thioacetate, and sulfide, and their self-assembled monolayers on gold surfaces, H. Nakai, K. Watanabe, S. Ito, M. Yoshiihara and H. Fujihara, Shikizai Kyokaishi, 73, 325, 329,   2000年, 査読有り
  • Self-assembled monolayers with oligo-ethyleneoxy linkages on flat and curved gold surfaces, H. Nakai and H. Fujihara, J. Organomet. Chem., 611, 566, 569,   2000年, 査読有り
  • Alkane-tetrathiol induced formation of remarkably stable self-assembled monolayer and polymer films containing electroactive tetrathiafulvalene moieties on metal electrodes, H. Fujihara, H. Nakai, M. Yoshihara and T. Maeshima, Chem. Commun. (Cambridge), 737, 738,   1999年, 査読有り
  • New electroactive tetrathiafulvalene-derivatized gold nanoparticles and their remarkably stable nanoparticle films on electrodes, H. Nakai, M. Yoshihara and H. Fujihara, Langmuir, 15, 8574, 8576,   1999年, 査読有り
  • Synthesis, crystal structure, and reactivity of new amino- and ammonio-selenuranes containing transannular Se-N bond from 5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]selenazocines, H. Mima, H. Fujihara and N. Furukawa, Tetrahedron, 54, 743, 752,   1998年, 査読有り
  • Magnesium oxide-catalyzed reaction of carbon dioxide with an epoxide with retention of stereochemistry, T. Yano, H. Matsui, T. Koike, H. Ishiguro, H. Fujihara, M. Yoshihara and T. Maeshima, Chem. Commun. (Cambridge), 1129, 1130,   1997年, 査読有り
  • Preparation and crystal structure of a new tetracoordinated cyclic selenurane with two unsymmetrical apical ligands of oxygen and selenium: transannular hypercoordination between oxy- and diseleno-groups, H. Fujihara, T. Nakahodo and N. Furukawa, Chem. Commun. (Cambridge), 311, 312,   1996年, 査読有り
  • Synthesis, electrochemical and chemical oxidations, and peri selenium participation of macrocyclic polyselenides containing naphthalene rings, H. Fujihara, M. Yabe and N. Furukawa, J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1, 1783, 1785,   1996年, 査読有り
  • Transannular Te-S Interaction in a New Tellurium Heterocycle, 5H,7H-Dibenzo[b,g][1,5]tellurathiocin, Y. Takaguchi, H. Fujihara and N. Furukawa, Organometallics, 15, 1913, 1919,   1996年, 査読有り
  • New cyclic dichalcogenonio-selenuranes induced by transannular multichalcogenides participation, H. Fujihara, H. Mima and N. Furukawa, Tetrahedron, 52, 10375, 10382,   1996年, 査読有り
  • Preparation and structure of new diazaselenuranes. Transannular hypervalent bond between seleno and diamino groups, H. Fujihara, H. Mima and N. Furukawa, Tetrahedron, 52, 13951, 13960,   1996年, 査読有り
  • Synthesis and x-ray structure of 1,8-bis(phenyltelluro)naphthalene and its peri tellurium-tellurium interaction, H. Fujihara, H. Ishitani, Y. Takaguchi and N. Furukawa, Chem. Lett., 571, 572,   1995年, 査読有り
  • A new mode for the formation of endocyclic double bond from the selenonium salt of 1,11-methanoselenomethano-5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]diselenocin: synthesis of methanoselenomethano-bridged dibenzo[b,f]selenepin, H. Fujihara, T. Nakahodo, H. Mima and N. Furukawa, Heterocycles, 41, 1127, 1130,   1995年, 査読有り
  • Se-demethylation from 8-dimethylamino-1-methylselanylnaphthalene and its Se-oxide: an X-ray structure of a stable selenenic anhydride with a 8-dimethylamino-1-naphthyl ligand: peri Se...N interaction, H. Fujihara, H. Tanaka and N. Furukawa, J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1, 2375, 2377,   1995年, 査読有り
  • Synthesis of 5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]selenoxocine from a selenonium salt of 5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]diselenocine and first x-ray evidence for the transannular oxygen-selenium interaction, H. Fujihara, T. Nakahodo and N. Furukawa, Tetrahedron Lett., 36, 6275, 6278,   1995年, 査読有り
  • New Chalcogenotelluroxides from 5H,7H-Dibenzo[b,g][1,5]-tellurazocine and Related Hypervalent Azatelluranes. The First Molecular Structure of a Selenotelluroxide, H. Fujihara, T. Uehara and N. Furukawa, J. Am. Chem. Soc., 117, 6388, 6389,   1995年, 査読有り
  • First Isolation and Crystal Structure of Heavier Chalcogenenium Cations (RSe+, RTe+) Stabilized by Two Neighboring Amino Groups, H. Fujihara, H. Mima and N. Furukawa, J. Am. Chem. Soc., 117, 10153, 10154,   1995年, 査読有り
  • Synthesis of a new macrocycle containing tin and selenium, 1,9-diselena-5,5,13,13-tetramethyl-5,13-distannacyclohexadecane, and related compounds, H. Fujihara, Y. Takaguchi and N. Furukawa, Heterocycles, 39, 431, 434,   1994年, 査読有り
  • Three-center selenium interaction in electrochemical oxidation of a linear trisselenide, 2,6-bis(phenylselenomethyl)phenyl phenyl selenide, and Se-monooxygenation from hydrolysis of its sulfuric acid solution, H. Fujihara, Y. Higuchi, H. Mima and N. Furukawa, Chem. Lett., 619, 622,   1994年, 査読有り
  • The simple preparation of aldehydes and ketones by the photo-oxygen rearrangement of naphtho[1,8-de]dithiin monooxides, N. Furukawa, T. Fujii, T. Kimura and H. Fujihara, Chem. Lett., 1007, 1010,   1994年, 査読有り
  • Hypervalent bond formation and interaction between heavier Group 16 elements in the dihalides and oxide of 5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]ditellurocin and -telluraselenocin, H. Fujihara, T. Uehara, T. Erata and N. Furukawa, Chem. Lett., 2, 263, 266,   1993年, 査読有り
  • Stereoselective sulfur extrusion reaction of syn- and anti-10,20-dibromo-2,3,12,13-tetrathia[4.4]metacyclophanes to the corresponding syn- and anti-dithia[3.3]metacyclophanes, H. Fujihara, J. J. Chiu and N. Furukawa, Heteroat. Chem., 4, 487, 490,   1993年, 査読有り
  • Preparation and reactivity of dichalocogenide (sulfur selenium) dication salts from medium-sized cyclic bis-sulfide and bis-selenides, H. Fujihara, R. Akaishi and N. Furukawa, Tetrahedron, 49, 1605, 1618,   1993年, 査読有り
  • Preparation and x-ray structure of 8,9,19,20-tetrahydrodinaphtho[1',8'-jk;1,8-bc][1,5,9,13]tetraselenacyclohexadecine, and its novel ring contraction in concentrated sulfuric acid, H. Fujihara, M. Yabe, M. Ikemori and N. Furukawa, J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1, 2145, 2146,   1993年, 査読有り
  • A new mode for the generation of o-xylylene by peri-selenium participation from 8,13-dihydrobenzo[g]naphtho[1,8-bc][1,5]diselenonin under irradiation, H. Fujihara, M. Yabe and N. Furukawa, J. Org. Chem., 58, 5291, 5292,   1993年, 査読有り
  • A new tetracoordinated cyclic diazaselenurane with amino and ammonio groups as two unsymmetrical apical ligands and its bisammonioselenurane, H. Fujihara, H. Mima, T. Erata and N. Furukawa, J. Am. Chem. Soc., 115, 9826, 9827,   1993年, 査読有り
  • Structures of sterically encumbered 1,9-bis(arylthio)dibenzothiophenes and detection of their dithia dications in concentrated sulfuric acid by proton NMR, T. Kimura, Y. Horie, S. Ogawa, H. Fujihara, F. Iwasaki and N. Furukawa, Heterocycles, 33, 101, 104,   1992年, 査読有り
  • Sigma-Bonded Dications from Medium-Sized Selenium and Tellurium Heterocycles, H. Fujihara and N. Furukawa, Phosphorus Sulfur and Silicon and the Related Elements, 67, 131, 134,   1992年, 査読有り
  • Formation of dication and hypervalent bond from 5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]selenazocine, H. Fujihara, H. Mima and N. Furukawa, Phosphorus, Sulfur Silicon Relat. Elem., 67, 141, 144,   1992年, 査読有り
  • Synthesis of a New Tellurium Heterocycle, 5h,7h-Dibenzo[B,G][1,5]Tellurathiocin, and Isolation and Reactivity of Its Tellurathia Dication Salt, H. Fujihara, Y. Takaguchi, J. J. Chiu, T. Erata and N. Furukawa, Chemistry Letters, 151, 154,   1992年, 査読有り
  • Disulfide dications from cyclic bis-sulfides, H. Fujihara and N. Furukawa, Rev. Heteroat. Chem., 6, 263, 274,   1992年, 査読有り
  • Migration of acetoxy group from tetracoordinated tellurium compound, 12,12-diacetoxy-5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]tellurathiocin, induced by transannular tellurium-sulfur interaction, H. Fujihara, Y. Takaguchi and N. Furukawa, Chem. Lett., 501, 502,   1992年, 査読有り
  • Preparation of 2,5-disilylated thiophene derivatives and their conversion to 2,5-dihalo derivatives, N. Furukawa, H. Hoshiai, T. Shibutani, M. Higaki, F. Iwasaki and H. Fujihara, Heterocycles, 34, 1085, 1088,   1992年, 査読有り
  • A new oxidative Se-dealkylation in seleno-Pummerer reaction of 1,8-bis(methylseleno)naphthalene and naphtho[1,8-b,c]-1,5-diselenocin induced by peri-selenium participation, H. Fujihara, R. Saito, M. Yabe and N. Furukawa, Chem. Lett., 1437, 1440,   1992年, 査読有り
  • Generation of new dithia dications from sterically congested 1,9-dithiodibenzothiophenes and their monooxides in concentrated sulfuric acid, N. Furukawa, T. Kimura, Y. Horie, S. Ogawa and H. Fujihara, Tetrahedron Lett., 33, 1489, 1490,   1992年, 査読有り
  • Formation of new hydroxyselenonio- and hydroxyammonioselenuranes from reaction of selenium oxides of 5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]diselenocine and N-methyl-5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]selenazocine with silyl triflates, H. Fujihara, Y. Ueno, J. J. Chiu and N. Furukawa, J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1, 2247, 2248,   1992年, 査読有り
  • Preparation and characterization of a four-coordinated ditellurane stabilized by a transannular tellurium-tellurium bond from 1,5-ditelluracyclooctane: a new multicenter hypervalent species, H. Fujihara, Y. Takaguchi, T. Ninoi, T. Erata and N. Furukawa, J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1, 2583, 2584,   1992年, 査読有り
  • Hypervalent selenurane with chalcogenium cation (selenium+, sulfur+) from 1,11-(methanoselenomethano)-5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]diselenocin and its sulfur derivative: interconvertible redox structures by multicenter chalcogenide participation, H. Fujihara, H. Mima, T. Erata and N. Furukawa, J. Am. Chem. Soc., 114, 3117, 3118,   1992年, 査読有り
  • Extremely facile ligand-exchange and disproportionation reactions of diaryl sulfoxides, selenoxides, and triarylphosphine oxides with organolithium and Grignard reagents. [Erratum to document cited in CA115(19):208047w], N. Furukawa, S. Ogawa, K. Matsumura and H. Fujihara, J. Org. Chem., 57, 5802, 5802,   1992年, 査読有り
  • Formation, Characterization and Reactivity of a Selenaza Dication [R2se+-N+R3] from N-Methyl-5h,7h-Dibenzo[B,G][1,5]Selenazocine, H. Fujihara, H. Mima, T. Erata and N. Furukawa, Journal of the Chemical Society-Chemical Communications, 98, 99,   1991年, 査読有り
  • Synthesis, Conformation, and the Stereoselective Sulfur Extrusion Reaction of a New Intraannular Dibromo-Substituted Tetrathia[4.4]Metacyclophane, H. Fujihara, J. J. Chiu and N. Furukawa, Chemistry Letters, 141, 144,   1991年, 査読有り
  • Ligand exchange reactions of aryl pyridyl sulfoxides with Grignard reagents: convenient preparation of 3- and 4-pyridyl Grignard reagents and examination of the leaving abilities of pyridyl anions, T. Shibutani, H. Fujihara, N. Furukawa and S. Oae, Heteroat. Chem., 2, 521, 531,   1991年, 査読有り
  • A new type of reductive cleavage of disulfide in quadruply ortho-substituted diphenyl disulfide by neighboring thiolate anion, H. Fujihara, J. J. Chiu and N. Furukawa, Bull. Chem. Soc. Jpn., 64, 699, 701,   1991年, 査読有り
  • A new preparative method and reactivity of diselenide dication salt from 5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]diselenocine, H. Fujihara, Y. Ueno, J. J. Chiu and N. Furukawa, J. Chem. Soc., Chem. Commun., 1052, 1053,   1991年, 査読有り
  • Structure of 1,5-diselenoniabicyclo[3.3.0]octane bis(tetrafluoroborate) acetonitrile solvate, F. Iwasaki, M. Morimoto, M. Yasui, R. Akaishi, H. Fujihara and N. Furukawa, Acta Crystallogr., Sect. C: Cryst. Struct. Commun., C47, 1463, 1466,   1991年, 査読有り
  • Transannular selenium-selenium interaction in electrochemical oxidation of 5H,7H-dibenzo[b,g]p1,5]diselenocin and formation of its diselena dication in concentrated sulfuric acid, H. Fujihara, Y. Ueno, J. J. Chiu and N. Furukawa, Chem. Lett., 1649, 1650,   1991年, 査読有り
  • A new approach for preparation of atropisomers of arylpyridyls via cross-coupling reactions of aryl 2-(3-substituted)pyridyl sulfoxides with Grignard and organolithium reagents, T. Shibutani, H. Fujihara and N. Furukawa, Tetrahedron Lett., 32, 2943, 2946,   1991年, 査読有り
  • A new and convenient process for the preparation of optically pure aryl 2-pyridyl sulfoxides, T. Shibutani, H. Fujihara and N. Furukawa, Tetrahedron Lett., 32, 2947, 2948,   1991年, 査読有り
  • peri Interaction between selenium atoms in dinaphtho[1,8-b,c]-1,5-diselenocin and 1,8-bis(methylseleno)naphthalene, H. Fujihara, M. Yabe, J. J. Chiu and N. Furukawa, Tetrahedron Lett., 32, 4345, 4348,   1991年, 査読有り
  • First example of tetraalkyl substituted ditelluride dication salt from 1,5-ditelluracyclooctane, H. Fujihara, T. Ninoi, R. Akaishi, T. Erata and N. Furukawa, Tetrahedron Lett., 32, 4537, 4540,   1991年, 査読有り
  • New hypervalent σ-selenanes with a transannular selenium-nitrogen bond from N-methyl-5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]selenazocine, H. Fujihara, H. Mima, M. Ikemori and N. Furukawa, J. Am. Chem. Soc., 113, 6337, 6338,   1991年, 査読有り
  • Extremely facile ligand-exchange and disproportionation reactions of diaryl sulfoxides, selenoxides, and triarylphosphine oxides with organolithium and Grignard reagents, N. Furukawa, S. Ogawa, K. Matsumura and H. Fujihara, J. Org. Chem., 56, 6341, 6348,   1991年, 査読有り
  • Reactivity of diselenide dication salt, 1,5-diselenoniabicyclo[3.3.0]octane bis(hexafluorophosphate), toward aromatics. A new mode of aromatic substitution and redox reaction, H. Fujihara, A. Nakamura, R. Akaishi and N. Furukawa, Chem. Lett., 393, 396,   1990年, 査読有り
  • Studies on the stereoselective methylation of α-sulfinyl carbanions generated from three isomeric pyridylmethyl p-tolyl sulfoxides and benzyl 2-pyridyl sulfoxide, N. Furukawa, E. Hosono, H. Fujihara and S. Ogawa, Bull. Chem. Soc. Jpn., 63, 461, 465,   1990年, 査読有り
  • 1,5-Diselenacyclooctane. Reversible electrochemical oxidation with remarkably low oxidation potential in dialkyl selenides, H. Fujihara, R. Akaishi and N. Furukawa, Chem. Lett., 549, 550,   1990年, 査読有り
  • Reactions of sulfoxides bearing ortho-sulfur functional groups and thianthrene monooxide with Grignard reagents, N. Furukawa, S. Ogawa, K. Matsumura, T. Shibutani and H. Fujihara, Chem. Lett., 979, 982,   1990年, 査読有り
  • Novel hexa- and pentacoordinate sulfur compounds: dichlorodiazapersulfurane and its persulfonium salt from 1,11-(methanoaminomethano)-5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]thiazocine, H. Fujihara, N. Oi, T. Erata and N. Furukawa, Tetrahedron Lett., 31, 1019, 1022,   1990年, 査読有り
  • Structure of 2,6-bis(methylthiomethyl)phenyl phenyl sulfoxide and 9,18-epithio-2,11-dithia[3.3]metacyclophane-trichloromethane (1/1), F. Iwasaki, N. Toyoda, N. Yamazaki, H. Fujihara and N. Furukawa, Acta Crystallogr., Sect. C: Cryst. Struct. Commun., C46, 2154, 2157,   1990年, 査読有り
  • Electrochemical property and formation of the cation radical and dication of dinaphtho[1,8-b,c]-1,5-dithiocin, H. Fujihara, J. J. Chiu and N. Furukawa, Chem. Lett., 2217, 2220,   1990年, 査読有り
  • Transannular interaction between selenium and sulfur atoms in 5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]selenathiocin: formation of a new heteroatom dication [Se+-+S], H. Fujihara, H. Mima, J. J. Chiu and N. Furukawa, Tetrahedron Lett., 31, 2307, 2310,   1990年, 査読有り
  • Chemical and electrochemical reduction of diselenide dication salt, 1,5-diselenoniabicyclo[3.3.0]octane bis(hexafluorophosphate), H. Fujihara, R. Akaishi, A. Nakamura and N. Furukawa, Tetrahedron Lett., 31, 6375, 6378,   1990年, 査読有り
  • A novel redox reaction of the disulphide dication salt (R2S+?+SR2?2X?) with carbanions and alkoxides, H. Fujihara, R. Akaishi and N. Furukawa, J. Chem. Soc., Chem. Commun., 147, 148,   1989年, 査読有り
  • Molecular structure of dithia dications and some aspects of their chemistry, H. Fujihara and N. Furukawa, J. Mol. Struct.: THEOCHEM, 55, 261, 272,   1989年, 査読有り
  • Synthesis, crystal structure, and conformational property of N,N'-dimethyl-1,11-(methanoaminomethano)-5H,7H-dibenzo[b,g][1,5]thiazocine: a new heterocyclic system, H. Fujihara, N. Oi, R. Akaishi, T. Kawai and N. Furukawa, Heterocycles, 29, 441, 444,   1989年, 査読有り
  • A mild, high-yield conversion of thiols into disulfides using disulfide dication salt: a new redox system, H. Fujihara, R. Akaishi and N. Furukawa, Bull. Chem. Soc. Jpn., 62, 616, 617,   1989年, 査読有り
  • Mechanistic investigation on the remote Pummerer reaction of 1,5-dithiacyclooctane 1-oxide with acetic anhydride via intermediate formation of disulfide dication, H. Fujihara, A. Kawada and N. Furukawa, Gazz. Chim. Ital., 119, 617, 620,   1989年, 査読有り
  • Generation of sulfenate salts via ipso-substitution of azaheterocyclic sulfoxides. First preparation and characterization of sodium 2-pyridinesulfenate, N. Furukawa, Y. Konno, M. Tsuruoka, H. Fujihara and S. Ogawa, Chem. Lett., 1501, 1504,   1989年, 査読有り
  • 1,5-Diselenacyclooctane: synthesis and the first isolation of the diselenide hexafluorophosphate salt of [R2Se+Se+R2], H. Fujihara, R. Akaishi, T. Erata and N. Furukawa, J. Chem. Soc., Chem. Commun., 1789, 1790,   1989年, 査読有り
  • New double bond bridged dibenzodithiocin: preparation, characterization, and its transannular pπ-(>S+-S+<) interaction, H. Fujihara, J. J. Chiu and N. Furukawa, Tetrahedron Lett., 30, 2805, 2808,   1989年, 査読有り
  • Camphoryl sulfide as a chiral auxiliary and a mediator for one-step synthesis of optically active 1,2-diaryloxiranes, N. Furukawa, Y. Sugihara and H. Fujihara, J. Org. Chem., 54, 4222, 4224,   1989年, 査読有り
  • Transannular sulfur-sulfur interaction in 3,7,9-trithiabicyclo[3,3,1]nonane as a new cyclic tris-sulfide: quest for the intrabridged dithia dication, H. Fujihara, R. Akaishi and N. Furukawa, Tetrahedron Lett., 30, 4399, 4402,   1989年, 査読有り
  • Preparation of bipyridyl derivatives via α-lithiation of pyridyl phenyl sulfoxides, substitution with electrophiles and cross-coupling reactions with Grignard reagents, N. Furukawa, T. Shibutani and H. Fujihara, Tetrahedron Lett., 30, 7091, 7094,   1989年, 査読有り
  • Synthesis of a new type of quadruply ortho-bridged biphenyl compounds with disulfide linkage, and its sulfur extrusion in concentrated sulfuric acid and photochemical condition, H. Fujihara, J. J. Chiu and N. Furukawa, Tetrahedron Lett., 30, 7441, 7444,   1989年, 査読有り
  • A new mode of aromatic substitution and redox reaction of substituted benzenes with disulfide dication. 1,5-dithioniabicyclo[3.3.0]octane bis(trifluoromethanesulfonate), H. Fujihara, R. Akaishi and N. Furukawa, Chem. Lett., 709, 712,   1988年, 査読有り
  • A new rigid sulfur-bridged dithiametacyclophane and its acyclic analogs: direct observation of the transannular bond formation between the three sulfur atoms and isolation of dicationic salts, H. Fujihara, J. J. Chiu and N. Furukawa, J. Am. Chem. Soc., 110, 1280, 1284,   1988年, 査読有り
  • The crystal structure of 1,5-dithioniabicyclo[3.3.0]octane bis(trifluoromethanesulfonate). The first structural characterization of dithionia dication and strong sulfur-oxygen interactions between cations and anions, F. Iwasaki, N. Toyoda, R. Akaishi, H. Fujihara and N. Furukawa, Bull. Chem. Soc. Jpn., 61, 2563, 2567,   1988年, 査読有り
  • Remote Pummerer reactions of cyclic and acyclic bis-sulfide monosulfoxides with acetic anhydride, H. Fujihara, J. J. Chiu and N. Furukawa, J. Chem. Res., Synop., 204, 205,   1987年, 査読有り
  • A new preparative method, characterization, and reactivity of disulfide dication salts of cyclic bis[sulfides]: R2SSR2.2CF3SO3, H. Fujihara, R. Akaishi and N. Furukawa, J. Chem. Soc., Chem. Commun., 930, 931,   1987年, 査読有り
  • A new source for generation of benzyne and pyridyne: reactions of o-halophenyl (or 3-bromo-4-pyridyl) phenyl sulfoxides with Grignard reagents, N. Furukawa, T. Shibutani and H. Fujihara, Tetrahedron Lett., 28, 2727, 2730,   1987年, 査読有り
  • Formation and isolation of the dithioether dications of cyclic dithioethers in the reactions of the corresponding S-oxides and S-imine in concentrated sulfuric acid, H. Fujihara, A. Kawada and N. Furukawa, J. Org. Chem., 52, 4254, 4257,   1987年, 査読有り
  • Formation of chlorosulfonium salt of 1,5-dithiacyclooctane and transannular sulfur-sulfur interaction in hydrolysis of its salt, H. Fujihara, R. Akaishi and N. Furukawa, Bull. Chem. Soc. Jpn., 60, 4451, 4452,   1987年, 査読有り
  • Preparation of pyridyl Grignard reagents and cross coupling reactions with sulfoxides bearing azaheterocycles, N. Furukawa, T. Shibutani and H. Fujihara, Tetrahedron Lett., 28, 5845, 5848,   1987年, 査読有り
  • Formation of Dithioether Dications of Cyclic Dithioethers in Concentrated Sulfuric-Acid, H. Fujihara, A. Kawada and N. Furukawa, Heterocycles, 24, 17, 20,   1986年, 査読有り
  • Tetrakis-sulfoxides: a new type of phase-transfer catalyst for nucleophilic displacements and alkylations, H. Fujihara, K. Imaoka, N. Furukawa and S. Oae, J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1, 333, 336,   1986年, 査読有り
  • Synthesis and phase-transfer properties of macrocyclic polythia ether sulfoxides, H. Fujihara, K. Imaoka, N. Furukawa and S. Oae, J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1, 465, 470,   1986年, 査読有り
  • New evidence for intramolecular sulfur-sulfur interaction in 2,6-bis[(methylthio)methyl]phenyl phenyl sulfide, H. Fujihara, J. J. Chiu and N. Furukawa, J. Chem. Soc., Chem. Commun., 1359, 1360,   1986年, 査読有り
  • A convenient preparation of sulfinic acids by the reaction of 2-sulfonylpyridines and their N-oxides with nucleophiles, N. Furukawa, M. Tsuruoka and H. Fujihara, Heterocycles, 24, 3019, 3022,   1986年, 査読有り
  • ipso-Substitution reactions of 2- and 4-sulfonylpyridines with Grignard reagents, N. Furukawa, M. Tsuruoka and H. Fujihara, Heterocycles, 24, 3337, 3340,   1986年, 査読有り
  • Reactions of pyridyl and quinolyl sulfoxides with Grignard reagents. A convenient preparation of pyridyl and quinolyl Grignard reagents, N. Furukawa, T. Shibutani, K. Matsumura, H. Fujihara and S. Oae, Tetrahedron Lett., 27, 3899, 3902,   1986年, 査読有り
  • Additivity of Isotope Effects for Successive Deuteration in the Deacetylation of Acetyl-Alpha-Chymotrypsin, H. Fujihara and R. L. Schowen, Bioorganic Chemistry, 13, 57, 61,   1985年, 査読有り
  • The Pummerer rearrangement of 1,5-dithiacyclooctane 1-oxide with acetic anhydride: evidence for formation of the disulfide dication, N. Furukawa, A. Kawada, T. Kawai and H. Fujihara, J. Chem. Soc., Chem. Commun., 1266, 1267,   1985年, 査読有り
  • Transition-state structural features for anilide hydrolysis from β-deuterium isotope effects, R. L. Stein, H. Fujihara, D. M. Quinn, G. Fischer, G. Kuellertz, A. Barth and R. L. Schowen, J. Am. Chem. Soc., 106, 1457, 1461,   1984年, 査読有り
  • Facile, economical synthesis of L-[α-2H]-α-amino acids, H. Fujihara and R. L. Schowen, J. Org. Chem., 49, 2819, 2820,   1984年, 査読有り
  • Solvent effect on the radical copolymerizability of styrene with p-substituted methyl cinnamates, J. Asakura, M. Yoshihara, H. Fujihara, Y. Matsubara and T. Maeshima, J. Macromol. Sci., Chem., A19, 311, 317,   1983年, 査読有り
  • Asymmetric induction in free radical additions of thiols to olefins, M. Yoshihara, K. Nozaki, H. Fujihara and T. Maeshima, J. Macromol. Sci., Chem., A18, 411, 419,   1982年, 査読有り
  • Effect of solvent on the radical copolymerizability of styrene with 3(2-methyl)-6-methylpyridazinone, J. Asakura, S. Kawabata, H. Fujihara, Y. Matsubara, M. Yoshihara and T. Maeshima, J. Macromol. Sci., Chem., A18, 1045, 1054,   1982年, 査読有り
  • Polysulfoxides as a new type of phase transfer catalysts in two phase alkylation, N. Furukawa, K. Imaoka, H. Fujihara and S. Oae, Chem. Lett., 1421, 1424,   1982年, 査読有り
  • Utilization of sulfoxides containing pyridine nuclei as a new type of phase transfer catalysts. IV, N. Furukawa, S. Ogawa, T. Kawai, K. Kishimoto, H. Fujihara and S. Oae, Heterocycles, 19, 2041, 2046,   1982年, 査読有り
  • Asymmetric induction in free radical addition of thiols to olefins, M. Yoshihara, K. Nozaki, H. Fujihara and T. Maeshima, Journal of Polymer Science: Polymer Letters Edition, 19, 49, 52,   1981年, 査読有り
  • Electron transfer processes in the reaction of phenothiazine and 10-methylphenothiazine with 2,2'-azobis(isobutyronitrile), H. Fujihara, S. Fuke, M. Yoshihara and T. Maeshima, Chem. Lett., 1271, 1272,   1981年, 査読有り
  • Tetrakis(sulfoxides) as phase transfer catalysts, H. Fujihara, K. Imaoka, N. Furukawa and S. Oae, Chem. Lett., 1293, 1296,   1981年, 査読有り
  • Synthesis of new macrocyclic polythiaether, H. Fujihara, K. Imaoka, N. Furukawa and S. Oae, Heterocycles, 16, 1701, 1704,   1981年, 査読有り
  • Utilization of sulfoxides containing pyridine nuclei as phase transfer catalysts. III, N. Furukawa, S. Ogawa, T. Kawai, K. Kishimoto, H. Fujihara and S. Oae, Heterocycles, 16, 1927, 1932,   1981年, 査読有り
  • Organic sulfur compounds containing heterocycles. II. Methyl 2-pyridyl sulfoxide as phase transfer catalyst, N. Furukawa, K. Kishimoto, S. Ogawa, T. Kawai, H. Fujihara and S. Oae, Tetrahedron Lett., 22, 4409, 4412,   1981年, 査読有り
  • Enantioface-Differentiation in Free Radical Addition of Thiolacetic Acid to (Z)-2-Octene in the Presence of Chiral Substances, M. Yoshihara, H. Fujihara, A. Yoneda and T. Maeshima, Chemistry Letters, 9, 39, 40,   1980年, 査読有り
  • Asymmetric induction in free radical addition of thiols to l-menthyl crotonate, M. Yoshihara, H. Fujihara and T. Maeshima, Chem. Lett., 195, 196,   1980年, 査読有り
  • Asymmetric induction in free radical addition reaction of l-menthyl mercaptoacetate to olefins, M. Yoshihara, H. Fujihara and T. Maeshima, Chem. Ind. (London), 201, 202,   1980年, 査読有り
  • Asymmetric induction in free radical addition reaction to 2-octene in l-menthol, H. Fujihara, M. Yoshihara and T. Maeshima, J. Polym. Sci., Polym. Lett. Ed., 18, 287, 290,   1980年, 査読有り
  • Solvent effects in radical copolymerization of styrene with N,N-dimethylacrylamide, H. Fujihara, M. Yoshihara and T. Maeshima, J. Macromol. Sci., Chem., A14, 867, 877,   1980年, 査読有り
  • Solvent effects on the radical copolymerizabilities of styrene with p-substituted N,N-diethylcinnamamides and of p-substituted styrenes with methyl vinyl sulfoxide, H. Fujihara, T. Shindo, M. Yoshihara and T. Maeshima, J. Macromol. Sci., Chem., A14, 1029, 1034,   1980年, 査読有り
  • Asymmetric induction by the radical copolymerization of styrene with maleic anhydride in l-menthol, H. Fujihara, K. Yamazaki, M. Yoshihara and T. Maeshima, J. Polym. Sci., Polym. Lett. Ed., 17, 507, 509,   1979年, 査読有り
  • Radical copolymerization of 3(2-methyl)-6-methylpyridazinone with styrene in several substituted acetic acids, H. Fujihara, M. Yoshihara, Y. Matsubara and T. Maeshima, J. Macromol. Sci., Chem., 13, 789, 796,   1979年, 査読有り
  • Radical copolymerization of methyl methacrylate with styrene in several solvents, H. Fujihara, K. Yamazaki, Y. Matsubara, M. Yoshihara and T. Maeshima, J. Macromol. Sci., Chem., 13, 1081, 1088,   1979年, 査読有り

書籍等出版物

  • 高次π空間の創発と機能開発(分担執筆), 分担執筆, 9 高次組織化π共役ポリマーナノチューブ複合体のキラルπ空間制御と機能開発, シーエムシー出版,   2013年03月

講演・口頭発表等

  • キラル有機分子保護酸化銅(I)ナノ粒子およびハイブリッドポリマーナノチューブの創製, ○今村 祐太・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第97春季年会,   2017年03月18日
  • 超臨界反応場におけるPdナノ粒子を用いた様々なクロスカップリング反応, ○近藤 稜大・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第97春季年会,   2017年03月18日
  • キラル半導体ナノ粒子と金属ナノ粒子複合体の合成と特性, ○隅垣 輝・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第97春季年会,   2017年03月18日
  • キラルプラズモニックマグネタイトおよびハイブリッドポリマーナノチューブの創製と機能開拓, ○岸本 直也・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第97春季年会,   2017年03月18日
  • セレノアロマπベルトへのアプローチ, ○潘 楊・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第97春季年会,   2017年03月18日
  • ポリテルロフェンナノチューブの合成と特性, ○赤松 郁弥・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第97春季年会,   2017年03月18日
  • 有機分子修飾Pd担持酸化チタンナノ粒子による可視光応答光触媒反応, ○野末 悠矢・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第97春季年会,   2017年03月17日
  • 円偏光発光(CPL)特性を有するキラルBODIPY誘導体の構造と光増感反応, ○竹内 規貴・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第97春季年会,   2017年03月16日
  • 超臨界反応場におけるパラジウムナノ粒子を用いた様々なクロスカップリング反応, ○近藤 稜大・仲程 司・藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第10回若手シンポジウム,   2017年03月03日
  • キラル酸化銅(I)ナノ粒子およびポリマーハイブリッドナノチューブの合成, ○今村 祐太・仲程 司・藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第10回若手シンポジウム,   2017年03月03日
  • キラル半導体ナノ粒子(CdSe-QDs)-金属ナノ粒子複合体の合成と特性, ○隅垣 輝・仲程 司・藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第10回若手シンポジウム,   2017年03月03日
  • Fe3O4-Au複合体ナノ粒子を担持したポリマーナノチューブの創製, ○岸本 直也・仲程 司・藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第10回若手シンポジウム,   2017年03月03日
  • テルロフェン-チオフェンナノチューブの創製, ○赤松 郁弥・仲程 司・藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第10回若手シンポジウム,   2017年03月03日
  • 有機分子修飾Pd担持酸化チタンナノ粒子による光還元反応, ○野末 悠矢・仲程 司・藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第10回若手シンポジウム,   2017年03月03日
  • キラル半導体-金属ナノ粒子の創製と光反応不斉反応の開発, ○梶原 悠・仲程 司・藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第10回若手シンポジウム,   2017年03月03日
  • Pyrene骨格を有するBINAP誘導体の合成と特性, ○坂井 貴一・仲程 司・藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第10回若手シンポジウム,   2017年03月03日
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する多機能性キラルBODIPY誘導体の合成・構造・光反応, ○竹内 規貴・仲程 司・藤原 尚, 第43回有機典型元素化学討論会,   2016年12月09日
  • 環状ジアミノセレヌランの合成と機能, ○岡崎 健太・仲程 司・藤原 尚, 第43回有機典型元素化学討論会,   2016年12月09日
  • 酸化チタンナノ粒子複合体ポルフィリンポリマーナノチューブの合成と光特性, ○吉田 祐也・仲程 司・藤原 尚, 第43回有機典型元素化学討論会,   2016年12月09日
  • 有機分子保護Cu2Oナノ粒子ハイブリッドポリマーナノチューブの創製, ○今村 祐太・仲程 司・藤原 尚, 第43回有機典型元素化学討論会,   2016年12月09日
  • ポリテルロフェンナノチューブの合成と特性, ○赤松 郁弥・仲程 司・藤原 尚, 第43回有機典型元素化学討論会,   2016年12月09日
  • 配位結合部位を有するキラルポリマーナノチューブの合成と機能, ○佐藤 祥太郎・仲程 司・藤原 尚, 第46回複素環化学討論会,   2016年09月27日
  • セレノアロマπベルトの創成, ○潘 楊・仲程 司・藤原 尚, 第46回複素環化学討論会,   2016年09月27日
  • 超臨界二酸化炭素反応場におけるPdナノ粒子を用いた触媒反応, ○近藤 稜大・仲程 司・藤原 尚, 第67回コロイドおよび界面化学討論会,   2016年09月24日
  • キラル半導体-金属ナノ粒子複合体の合成と性質, ○隅垣 輝・仲程 司・藤原 尚, 第67回コロイドおよび界面化学討論会,   2016年09月24日
  • キラルプラズモニックマグネタイトおよびポリマーハイブリッドナノチューブ, ○岸本 直也・仲程 司・藤原 尚, 第67回コロイドおよび界面化学討論会,   2016年09月24日
  • C2キラル骨格を有するBODIPYポリマーナノチューブの創製と機能, ○山中 智博・仲程 司・藤原 尚, 第65回高分子討論会,   2016年09月14日
  • 有機セレン化合物の新展開-超原子価結合形成をトリガーとした金属ナノ粒子の合成-, ○岡崎 健太・仲程 司・藤原 尚, 第27回基礎有機化学討論会,   2016年09月02日
  • キラルYb錯体-ポリチオフェンナノチューブ複合体の創成, ○新谷 望・仲程 司・藤原 尚, 第27回基礎有機化学討論会,   2016年09月02日
  • 高配位化学種と金ナノ粒子のマリアージュ, ○岡崎 健太・仲程 司・藤原 尚, 第5回JACI/GSCシンポジウム,   2016年06月04日
  • キラルポリマーナノチューブの創製と機能化, ○山中 智博・仲程 司・藤原 尚, 第5回JACI/GSCシンポジウム,   2016年06月04日
  • 超臨界反応場におけるPdナノ粒子を用いたStilleクロスカップリング反応, ○近藤 稜大・仲程 司・藤原 尚, 第5回JACI/GSCシンポジウム,   2016年06月04日
  • 有機分子保護Cu2O ナノ粒子ポリマーハイブリッドナノチューブの合成と特性, ○今村 祐太・仲程 司・藤原 尚, 第5回JACI/GSCシンポジウム,   2016年06月04日
  • キラルプラズモニックマグネタイトおよびハイブリッドポリマーナノチューブ, ○岸本 直也・仲程 司・藤原 尚, 第5回JACI/GSCシンポジウム,   2016年06月04日
  • Synthesis and Properties of Cyclic Diaminoselenide Bearing Pyrene Unit, ○ Tsukasa Nakahodo, Kenta Okazaki, Hisashi Fujihara, 13th International Conference on the Chemistry of Selenium and Tellurium,   2016年05月23日
  • 有機分子保護Cu2Oナノ粒子ハイブリッドポリマーナノチューブの合成と特性, ○今村 祐太・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月27日
  • 金ナノロッドおよび酸化チタンナノ粒子複合ポルフィリンポリマーナノチューブの合成と光特性, ○吉田 祐也・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月27日
  • キラルプラズモニックマグネタイトおよびポリマーハイブリッドナノチューブの創製, ○岸本 直也・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月27日
  • C2キラルポリマーナノチューブの合成と機能, ○山中 智博・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月27日
  • 超臨界反応場におけるパラジウムナノ粒子を用いたStilleクロスカップリング反応, ○近藤 稜大・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月27日
  • 配位結合部位を有するキラルポリマーナノチューブの合成と機能化, ○佐藤 祥太郎・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月27日
  • Synthesis and properties of porphyrin polymer nanotubes with photo antenna function, ○竹内 規貴・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月25日
  • キラルYb複合ポリマーナノチューブの創成, ○新谷 望・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月25日
  • Se-N超原子価結合を利用した新規光応答性蛍光分子の合成と機能, ○岡崎 健太・仲程 司・藤原 尚, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月25日
  • 磁性・レドックス活性を有するポリマーナノチューブを用いた物質の輸送と放出, ○今村 考希・亀山 元貴・仲程 司・藤原 尚, 第42回有機典型元素化学討論会,   2015年12月04日
  • 新規ポリテルロフェンナノチューブの創製と特性, ○斉藤 勇大・仲程 司・藤原 尚, 第42回有機典型元素化学討論会,   2015年12月04日
  • Se-N超原子価結合を利用した新規レドックス応答性蛍光分子の開発, ○岡崎 健太・仲程 司・藤原 尚, 第42回有機典型元素化学討論会,   2015年12月04日
  • C2キラルポリチオフェンナノチューブの合成と機能, ○山中 智博・仲程 司・藤原 尚, 第42回有機典型元素化学討論会,   2015年12月04日
  • カチオン性キラルポリチオフェンナノチューブの不斉認識, ○亀山 元貴・仲程 司・藤原 尚, 第45回複素環化学討論会,   2015年11月19日
  • 配位結合部位を有するキラルポリマーナノチューブの合成と機能, ○佐藤 祥太郎・仲程 司・藤原 尚, 第45回複素環化学討論会,   2015年11月19日
  • ピレンを有する環状ジアミノセレニドの合成と蛍光特性, ○岡崎 健太・仲程 司・藤原 尚, 第26回基礎有機化学討論会,   2015年09月24日
  • Sn-ポルフィリンポリマーナノチューブおよび金属ナノ粒子複合体の合成と機能, ○吉田 祐也・仲程 司・藤原 尚, 第26回基礎有機化学討論会,   2015年09月24日
  • 光アンテナ機能を持つポルフィリンポリマーナノチューブの創成, ○竹内 規貴・仲程 司・藤原 尚, 第64回高分子討論会,   2015年09月15日
  • クリック反応によるポリマーナノチューブの表面修飾と機能化, ○山本 圭一・仲程 司・藤原 尚, 第64回高分子討論会,   2015年09月15日
  • 超臨界二酸化炭素反応場における金属ナノ粒子を用いた触媒反応の開拓, ○大杉 健太・仲程 司・藤原 尚, 第66回コロイドおよび界面化学討論会,   2015年09月12日
  • 半導体ナノ粒子とポリチオフェンからなるキラルハイブリッドナノチューブの合成と特性, ○戸川 裕介・仲程 司・藤原 尚, 第66回コロイドおよび界面化学討論会,   2015年09月12日
  • ポルフィリンポリマーナノチューブ-金属ナノ粒子複合体の創成, ○竹内 規貴,仲程 司,藤原 尚, ナノ学会第13回大会 (2015),   2015年05月11日
  • 超臨界二酸化炭素反応場におけるナノ界面を用いた触媒反応, ○大杉 健太,仲程 司,藤原 尚, ナノ学会第13回大会 (2015),   2015年05月11日
  • 配位結合部位を有するポリチオフェンナノチューブの合成と性質, ○佐藤 祥太郎,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月29日
  • キラルポリチオフェンナノチューブの合成と機能, ○山中 智博,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月29日
  • ポリテルロフェンナノチューブの合成と特性, ○斎藤 勇大,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月28日
  • クリック反応によるポリマーナノチューブの表面修飾, ○山本 圭一,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月28日
  • レドックス活性キラルポリマーナノチューブのナノ空間における不斉認識, ○亀山 元貴,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月28日
  • 超臨界二酸化炭素反応場における触媒反応の開拓, ○大杉 健太,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月28日
  • ピレンを有する環状ジアミノセレニドの合成と渡環相互作用, ○岡崎 健太,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月28日
  • キラルEu複合ポリマーナノチューブの創製と性質, ○新谷 望,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月28日
  • 有機分子保護CdSeナノ粒子ハイブリッドポリマーナノチューブの合成と特性, ○戸川 裕介,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月28日
  • Sn-ポルフィリンポリチオフェンナノチューブの合成と金属ナノ粒子複合体, ○吉田 祐也,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月28日
  • レドックス活性と磁性を有するポリチオフェンナノチューブの生体分子認識と輸送, ○今村 考希,亀山 元貴,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月28日
  • Synthesis and Property of Chiral Porphyrin Polymer Nanotubes, ○竹内 規貴,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第95春季年会 (2015),   2015年03月27日
  • レドックス活性ポリマーナノチューブを用いた金属ナノ粒子保護空間の創製, ○西浦 明日花,仲程 司,藤原 尚, 「元素ブロック高分子材料の創出」第3回修士論文発表会 (2015),   2015年03月07日
  • 有機分子保護キラル半導体ナノ粒子ハイブリッドポリマーナノチューブの合成と特性, ○戸川 祐介,仲程 司,藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第8回若手シンポジウム (2015),   2015年03月06日
  • クリック反応によるポリチオフェンナノチューブの表面修飾, ○山本 圭一,仲程 司,藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第8回若手シンポジウム (2015),   2015年03月06日
  • 磁性およびレドックス活性を有するポリチオフェンナノチューブを用いた生体分子認識と輸送, ○今村 考希,亀山 元貴,仲程 司,藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第8回若手シンポジウム (2015),   2015年03月06日
  • キラルポルフィリンポリマーナノチューブの合成と機能, ○竹内 規貴,仲程 司,藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第8回若手シンポジウム (2015),   2015年03月06日
  • ポリテルロフェンナノチューブの合成と性質, ○斎藤 勇大,仲程 司,藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第8回若手シンポジウム (2015),   2015年03月06日
  • レドックス活性キラルポリマーナノチューブのナノ空間を利用した分子認識, ○亀山 元貴,仲程 司,藤原 尚, 精密ネットワークポリマー研究会 第8回若手シンポジウム (2015),   2015年03月06日
  • 渡環セレン相互作用を活用したマルチハイパーバレントカチオン種の創製, ○植木 優斗,仲程 司,藤原 尚, 第41回有機典型元素化学討論会 (2014),   2014年11月28日
  • キラルポルフィリンポリマーナノチューブの合成と特性, ○竹内 規貴,仲程 司,藤原 尚, 第41回有機典型元素化学討論会 (2014),   2014年11月28日
  • カチオン性ポリチオフェンナノチューブのナノ空間を利用した生体分子認識, ○北村 円香,仲程 司,藤原 尚, 第41回有機典型元素化学討論会 (2014),   2014年11月28日
  • レドックス活性ポリチオフェンナノチューブのナノ空間における不斉認識, ○亀山 元貴,仲程 司,藤原 尚, 第41回有機典型元素化学討論会 (2014),   2014年11月28日
  • 高配位ポリテルロフェンナノチューブの創製と特性, ○斉藤 勇大,仲程 司,藤原 尚, 第41回有機典型元素化学討論会 (2014),   2014年11月28日
  • キラル銅ナノクラスターおよびハイブリッドナノチューブの合成と特性, ○今中 佑,仲程 司,藤原 尚, 第41回有機典型元素化学討論会 (2014),   2014年11月28日
  • 超臨界二酸化炭素反応場における不斉鈴木-宮浦クロスカップリング反応の開拓, ○大杉 健太,仲程 司,藤原 尚, 第41回有機典型元素化学討論会 (2014),   2014年11月28日
  • キラル半導体ナノ粒子ハイブリッドポリチオフェンナノチューブの合成と性質, ○戸川 裕介,仲程 司,藤原 尚, 第41回有機典型元素化学討論会 (2014),   2014年11月28日
  • レドックス活性と磁性を有するポリチオフェンナノチューブの創製と機能(内包,輸送,放出), ○今村 考希,亀山 元貴,仲程 司,藤原 尚, 島津新素材セミナー (2014) 「元素ブロック」 新素材シーズとニーズの出会い〜有機/無機ハイブリッドを超越した新素材の創出〜,   2014年11月04日
  • レドックス活性ポリマーナノチューブナノ空間における金属ナノ粒子の生成と触媒脳, ○西浦 明日花,仲程 司,藤原 尚, 第63回高分子討論会 (2014),   2014年09月26日
  • 金属ナノ粒子によるポリマーナノチューブ界面の選択的クリック機能化, ○山本 圭一,仲程 司,藤原 尚, 第63回高分子討論会 (2014),   2014年09月26日
  • レドックス活性と磁性を有するポリチオフェンナノチューブの合成と機能, ○今村 考希,亀山 元貴,仲程 司,藤原 尚, 第63回高分子討論会 (2014),   2014年09月25日
  • レドックス活性キラルポリマーナノチューブのナノ空間における分子認識, ○亀山 元貴,今村 考希,北村 円香,仲程 司,藤原 尚, 第24回基礎有機化学討論会 (2014),   2014年09月09日
  • キラル液晶を利用するキラルポリチオフェンナノチューブの合成, ○山下 智彦,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月29日
  • レドックス活性ポリマーナノチューブの合成および機能化, ○西浦 明日花,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月29日
  • キラル金属ナノクラスターの合成とナノ界面におけるクリック反応, ○吉村 仁志,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月29日
  • クリック反応によるポリマーナノチューブ界面の機能化, ○山本 圭一,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月29日
  • レドックス活性キラルポリマーナノチューブのナノ空間における生体分子認識, ○亀山 元貴,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月29日
  • 高配位ポリテルロフェンナノチューブの創製と特性, ○斉藤 勇大,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月29日
  • カチオン性キラルポリチオフェンナノチューブを用いた生体分子認識, ○北村 円香,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月28日
  • キラル半導体ナノ粒子ハイブリッドポリマーナノチューブの合成と機能化, ○戸川 裕介,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月28日
  • 磁性・レドックス活性を有するポリチオフェンナノチューブの創製と特性, ○今村 考希,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月28日
  • 超臨界反応場における金属ナノ粒子触媒を用いた不斉鈴木-宮浦クロスカップリング, ○大杉 健太,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月28日
  • ポルフィリンポリマーナノチューブの合成と性質, ○竹内 規貴,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月28日
  • キラル銅ナノクラスターおよびハイブリッドナノチューブの合成, ○今中 佑,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月28日
  • ポリセレノシクロファンの合成, ○植木 優斗,仲程 司,藤原 尚, 第49回有機反応若手の会 (2014),   2014年07月28日
  • 金属ナノ粒子-ハイブリッドポリマーナノチューブの合成とヘテロ接合  , ○西浦 明日花,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月30日
  • ポリマーナノチューブ表面における金属ナノ粒子のクリック反応  , ○山本 圭一,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月30日
  • キラル液晶を利用する新規キラルポリチオフェンナノチューブの合成と特性  , ○山下 智彦,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月30日
  • レドックス活性ジカチオンキラルポリマーナノチューブの合成と機能  , ○亀山 元貴,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月30日
  • 渡環セレン相互作用能を持つポリセレノシクロファンの合成  , ○植木 優斗,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月28日
  • キラル半導体ナノ粒子ハイブリッドポリマーナノチューブの合成と機能化  , ○戸川 裕介,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月27日
  • ポリテルロフェンナノチューブの創製と特性  , ○斉藤 勇大,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月27日
  • カリックス[4]チオフェンの反応と機能化  , ○竹内 規貴,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月27日
  • 超臨界反応場における金属ナノ粒子触媒を用いた不斉鈴木-宮浦クロスカップリング反応  , ○大杉 健太,垣内 啓貴,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月27日
  • キラル金属ナノクラスターの合成およびナノ界面におけるクリック反応  , ○吉村 仁志,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月27日
  • キラル有機分子修飾銅ナノクラスターおよびハイブリッドナノチューブの合成  , ○今中 佑,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月27日
  • キラル磁性ナノ粒子-ポリチオフェンハイブリッドナノチューブの合成と機能  , ○今村 考希,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第94春季年会 (2014),   2014年03月27日
  • カリックス[4]チオフェンスルホキシドの合成と包接挙動, ○竹内 規貴,仲程 司,藤原 尚, 第40回有機典型元素化学討論会 (2013),   2013年12月06日
  • らせん構造を有する新規キラルポリチオフェンナノチューブの合成, ○山下 智彦,仲程 司,藤原 尚, 第40回有機典型元素化学討論会 (2013),   2013年12月06日
  • キラル金属ナノクラスターの合成とナノ界面におけるクリック機能化, ○吉村 仁志,仲程 司,藤原 尚, 第40回有機典型元素化学討論会 (2013),   2013年12月06日
  • ポリセレノシクロファンの合成, ○植木 優斗,仲程 司,藤原 尚, 第40回有機典型元素化学討論会 (2013),   2013年12月06日
  • カチオン性ポリチオフェンナノチューブのナノ空間における分子認識, ○北村 円香,仲程 司,藤原 尚, 第40回有機典型元素化学討論会 (2013),   2013年12月06日
  • キラル有機分子保護銅ナノクラスターおよびハイブリッドナノチューブの創製, ○今中 佑,仲程 司,藤原 尚, 第40回有機典型元素化学討論会 (2013),   2013年12月06日
  • ヘテロ接合ハイブリッドポリマーナノチューブの合成と性質, ○西浦 明日花,仲程 司,藤原 尚, 第40回有機典型元素化学討論会 (2013),   2013年12月06日
  • キラル金属ナノ粒子-アンモニウムポリチオフェンナノチューブ複合体の合成と特性, ○川上 遼,仲程 司,藤原 尚, 第40回有機典型元素化学討論会 (2013),   2013年12月06日
  • 機能性カリックス[4]チオフェン誘導体の合成と反応, ○竹内 規貴,仲程 司,藤原 尚, 第43回複素環化学討論会 (2013),   2013年09月18日
  • ヘテロ接合ハイブリッドポリマーナノチューブの合成と構造制御, ○西浦 明日花,仲程 司,藤原 尚, 第62回高分子討論会 (2013),   2013年09月13日
  • カチオン性ポリチオフェンナノチューブの合成と分子認識, ○北村 円香,仲程 司,藤原 尚, 第23回基礎有機化学討論会 (2013),   2013年09月05日
  • キラル液晶とポリチオフェンナノチューブの融合, ○山下 智彦,仲程 司,藤原 尚, 第48回有機反応若手の会 (2013),   2013年07月29日
  • 機能性カリックス[4]チオフェンの合成と反応, ○竹内 規貴,仲程 司,藤原 尚, 第48回有機反応若手の会 (2013),   2013年07月29日
  • チオフェンマルチセレニド保護金ナノ粒子の合成と特性, ○植木 優斗,仲程 司,藤原 尚, 第48回有機反応若手の会 (2013),   2013年07月29日
  • カチオン性キラルポリチオフェンナノチューブの合成と生体分子認識, ○北村 円香,仲程 司,藤原 尚, 第48回有機反応若手の会 (2013),   2013年07月29日
  • レドックス活性金属ナノクラスターの合成, ○南茂 亮太,仲程 司,藤原 尚, 第48回有機反応若手の会 (2013),   2013年07月29日
  • キラル金属ナノクラスターの合成とナノ界面におけるクリック反応, ○吉村 仁志,仲程 司,藤原 尚, 第48回有機反応若手の会 (2013),   2013年07月29日
  • ヘテロ接合ポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○西浦 明日花,仲程 司,藤原 尚, 第48回有機反応若手の会 (2013),   2013年07月29日
  • キラル有機分子保護銅ナノクラスターの合成と性質, ○今中 佑,仲程 司,藤原 尚, 第48回有機反応若手の会 (2013),   2013年07月29日
  • 機能性カリックス[4]チオフェンの合成と分子認識, ○竹内 規貴,仲程 司,藤原 尚, 第2回JACI/GSCシンポジウム (2013),   2013年06月07日
  • 不斉金属ナノ粒子ーアンモニウムポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○川上 遼,仲程 司,藤原 尚, 第2回JACI/GSCシンポジウム (2013),   2013年06月07日
  • 両親媒性キラルポリチオフェンナノチューブの合成とヘテロ接合, ○西浦 明日花,仲程 司,藤原 尚, 第2回JACI/GSCシンポジウム (2013),   2013年06月07日
  • キラル液晶場におけるポリチオフェンナノチューブの合成と機能, ○山下 智彦,仲程 司,藤原 尚, 第2回JACI/GSCシンポジウム (2013),   2013年06月07日
  • チオフェンマルチセレニド保護金ナノ粒子の合成と性質, ○植木 優斗,仲程 司,藤原 尚, 第2回JACI/GSCシンポジウム (2013),   2013年06月07日
  • キラル機能分子安定化Cuナノクラスターの合成と触媒機能の開拓, ○今中 佑,仲程 司,藤原 尚, 第2回JACI/GSCシンポジウム (2013),   2013年06月07日
  • 金属ナノ粒子-キラルアゾポリチオフェンハイブリッドナノチューブの合成と特性, ○上東 篤史,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第93春季年会 (2013),   2013年03月25日
  • 異種アルキル鎖を有するポリチオフェンナノチューブのクリック機能化, ○安孫子 翔,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第93春季年会 (2013),   2013年03月25日
  • イオン液体構造を持つキラルポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○北村 円香,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第93春季年会 (2013),   2013年03月25日
  • キラルポリピロリドン保護金属ナノクラスターの合成と特性, ○原口 悠,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第93春季年会 (2013),   2013年03月24日
  • マルチホスフィン機能化キラル金属ナノクラスターの合成と特性, ○安武 良,山田 翔太,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第93春季年会 (2013),   2013年03月24日
  • チオフェンポリセレニド保護金属ナノ粒子の合成と性質, ○植木 優斗,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第93春季年会 (2013),   2013年03月24日
  • キラル有機分子保護銅ナノクラスターの創製と性質, ○今中 佑,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第93春季年会 (2013),   2013年03月24日
  • キラルカチオン性ポリチオフェンナノチューブのナノ空間における分子認識, ○上原 ひとみ,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第93春季年会 (2013),   2013年03月23日
  • 両親媒性キラルポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○西浦 明日花,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第93春季年会 (2013),   2013年03月23日
  • キラル液晶場におけるポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○山下 智彦,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第93春季年会 (2013),   2013年03月23日
  • キラル光応答性アゾポリチオフェンナノチューブの合成と金属ナノ粒子複合体, ○上東篤史,仲程 司,藤原 尚, 第39回有機典型元素化学討論会 (2012),   2012年12月07日
  • キラルカチオン性ポリチオフェンナノチューブのナノ空間における不斉認識, ○上原ひとみ,仲程 司,藤原 尚, 第39回有機典型元素化学討論会 (2012),   2012年12月07日
  • キラルポリチオフェン-金属ナノ粒子ハイブリッドナノチューブの合成と機能, ○岩元賢治,仲程 司,藤原 尚, 第39回有機典型元素化学討論会 (2012),   2012年12月07日
  • 光学活性ポリホスフィン保護金属ナノクラスターの合成とキラルナノ触媒, ○安武 良,山田翔太,西村 龍,仲程 司,藤原 尚, 第39回有機典型元素化学討論会 (2012),   2012年12月07日
  • ポリチオフェンナノチューブ内部表面のクリック機能化, ○安孫子翔,仲程 司,藤原 尚, 第39回有機典型元素化学討論会 (2012),   2012年12月07日
  • キラルアンモニウムポリチオフェン-金属ナノ粒子ハイブリッドナノチューブの合成と特性, ○川上 遼,仲程 司,藤原 尚, 第39回有機典型元素化学討論会 (2012),   2012年12月07日
  • 機能性カリックス[4]チオフェン誘導体の合成と分子包接, ○竹内規貴,仲程 司,藤原 尚, 第39回有機典型元素化学討論会 (2012),   2012年12月07日
  • テトラチアフルバレンを有するキラルナノインターフェイスの構築と特性, ○南茂亮太,仲程 司,藤原 尚, 第39回有機典型元素化学討論会 (2012),   2012年12月07日
  • 超臨界二酸化炭素を反応場とする金属ナノ粒子触媒反応の開拓, ○垣内啓貴,福島 慶,仲程 司,藤原 尚, 第39回有機典型元素化学討論会 (2012),   2012年12月07日
  • カリックス[4]チオフェンの合成と機能化, ○竹内 規貴,仲程 司,藤原 尚, 第42回複素環化学討論会 (2012),   2012年10月12日
  • キラルホスフィンキャビタンド修飾金属ナノクラスターの合成と触媒能, ○安武 良,仲程 司,藤原 尚, 第22回基礎有機化学討論会 (2012),   2012年09月21日
  • キラルナノ空間を有するレドックス活性ポリチオフェンナノチューブの不斉認識, ○上原 ひとみ,仲程 司,藤原 尚, 第47回有機反応若手の会 (2012),   2012年08月02日
  • 光学活性ホスフィンキャビタンド修飾金属ナノ粒子の合成と触媒反応, ○安武 良,仲程 司,藤原 尚, 第47回有機反応若手の会 (2012),   2012年08月02日
  • キラル金属ナノ粒子‐アンモニウムポリチオフェンハイブリッドナノチューブの創製と機能, ○川上 遼,仲程 司,藤原 尚, 第47回有機反応若手の会 (2012),   2012年08月02日
  • レドックス活性テトラチアフルバレンを有するキラルナノインターフェイスの構築, ○南茂 亮太,南部 真也,仲程 司,藤原 尚, 第47回有機反応若手の会 (2012),   2012年08月02日
  • ポリチオフェンナノチューブのクリック機能化, ○安孫子 翔,仲程 司,藤原 尚, 第47回有機反応若手の会 (2012),   2012年08月01日
  • カリックス[4]チオフェン誘導体の合成と反応, ○竹内 規貴,佐藤 慎也,仲程 司,藤原 尚, 第47回有機反応若手の会 (2012),   2012年08月01日
  • 超臨界二酸化炭素を反応場とする高効率金属ナノ粒子触媒反応の開拓, ○垣内 啓貴,仲程 司,藤原 尚, 第47回有機反応若手の会 (2012),   2012年08月01日
  • キラル光応答性アゾポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○上東 篤史,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第92春季年会 (2012),   2012年03月28日
  • 光学活性ホスフィンキャビタンド修飾金属ナノ粒子の合成と触媒反応, ○安武 良,山田 翔太,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第92春季年会 (2012),   2012年03月28日
  • レドックス活性テトラチアフルバレンを有するキラルナノインターフェイスの構築, ○南茂 亮太,南部 真也,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第92春季年会 (2012),   2012年03月28日
  • レドックス活性キラルポリチオフェンナノチューブの合成と機能, ○上原 ひとみ,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第92春季年会 (2012),   2012年03月27日
  • キラル金属ナノ粒子‐ポリチオフェンナノチューブ複合体の合成と特性, ○岩元 賢治,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第92春季年会 (2012),   2012年03月27日
  • キラルポリチオフェンナノチューブにおける金属ナノ粒子の包接と機能, ○辰巳 聡史,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第92春季年会 (2012),   2012年03月27日
  • キラル金属ナノ粒子‐アンモニウムポリチオフェンハイブリッドナノチューブの創製と機能, ○川上 遼,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第92春季年会 (2012),   2012年03月27日
  • ポリチオフェンナノチューブのクリック機能化, ○安孫子 翔,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第92春季年会 (2012),   2012年03月27日
  • カリックス[4]チオフェン誘導体の合成と反応, ○竹内 規貴,佐藤 慎也,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第92春季年会 (2012),   2012年03月27日
  • 光学活性テトラチアフルバレン機能化ポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○南部 真也,仲程 司,藤原 尚, 第38回有機典型元素化学討論会 (2011),   2011年12月09日
  • レドックス活性キラルポリチオフェンナノチューブの合成と分子認識, ○上原 ひとみ,仲程 司,藤原 尚, 第38回有機典型元素化学討論会 (2011),   2011年12月08日
  • 光応答性キラルアゾポリチオフェンナノチューブの合成と機能, ○上東 篤史,仲程 司,藤原 尚, 第38回有機典型元素化学討論会 (2011),   2011年12月08日
  • 光学活性ホスフィンキャビタンド機能化金属ナノクラスターの合成と界面挙動, ○安武 良,山田 翔太,仲程 司,藤原 尚, 第38回有機典型元素化学討論会 (2011),   2011年12月08日
  • 金属ナノ粒子内包キラルポリマーナノチューブ複合体の合成と特性, ○辰巳 聡史,仲程 司,藤原 尚, 第38回有機典型元素化学討論会 (2011),   2011年12月08日
  • キラルビナフチル オリゴチオフェンの合成と特性, ○佐藤 慎也,永田 敬介,仲程 司,藤原 尚, 第41回複素環化学討論会 (2011),   2011年10月21日
  • 蛍光特性を有するアニオン性ポリマーナノチューブの合成と特性, ○今西 勝哉,仲程 司,藤原 尚, 第60回高分子討論会 (2011),   2011年09月29日
  • フラーレン・金属ナノ粒子‐ポリチオフェンハイブリッドナノチューブの合成と機能, ○吉田 隆介,仲程 司,藤原 尚, 第22回基礎有機化学討論会 (2011),   2011年09月23日
  • キラルホスフィンキャビタンド保護金属ナノクラスターの合成と特性, ○山田 翔太,安武 良,西村 龍,仲程 司,藤原 尚, 第63回コロイドおよび界面化学討論会 (2011),   2011年09月21日
  • 多重セレニド置換オリゴチオフェンの合成と特性, ○高橋 勇人,仲程 司,藤原 尚, 第22回基礎有機化学討論会 (2011),   2011年09月21日
  • 多重セレニド置換オリゴチオフェンの合成と酸化還元挙動, ○高橋 勇人,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月29日
  • キラルビナフチルオリゴチオフェンの合成と光機能性, ○佐藤 慎也,永田 敬介,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月29日
  • 半導体・金ナノ粒子-ポリチオフェンハイブリッドナノチューブの合成と特性, ○小谷 道彦,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月28日
  • 光応答性ポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○上東 篤史,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月28日
  • キラルポリマーナノチューブにおける金属ナノ粒子の包接と機能, ○辰巳 聡史,北野 大樹,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月28日
  • 金属ナノ粒子-ポリチオフェンキラルハイブリッドナノチューブの合成と特性, ○岩元 賢治,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月28日
  • アニオン性部位を有する蛍光ポリマーナノチューブの合成と機能, ○今西 勝哉,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月27日
  • 光学活性アンモニウム-ポリチオフェンナノチューブの合成と機能, ○飴谷 泰啓,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月27日
  • フラーレン・金属ナノ粒子-ポリチオフェンハイブリッドπ-チューブの合成と機能, ○吉田 隆介,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月27日
  • レドックス活性キラルポリマーナノチューブの合成と機能化, ○上原 ひとみ,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月27日
  • キラルテトラチアフルバレン-ポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○南部 真也,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月27日
  • 多重配位部位を持つキラルホスフィンおよび金属ナノ粒子の合成, ○山田 翔太,西村 龍,安武 良,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月26日
  • キラルπ-チューブナノ空間におけるフラーレン類の包接と機能化, ○北野 大樹,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月26日
  • 水溶性π-ナノチューブ空間内におけるゲスト分子および無機ナノ粒子の包接と放出, ○藤本 伸幸,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月26日
  • 新規キラルポリピロリドンの合成とキラルポリマー保護金属ナノクラスター, ○原口 悠,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月26日
  • カリックスアレン連結ビスホスフィン機能化金属ナノクラスターの合成と触媒能, ○安武 良,西村 龍,山田 翔太,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月26日
  • 光学活性ホスフィンキャビタンド機能化金属ナノクラスターの合成と特性, ○西村 龍,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月26日
  • フルオロカーボン置換BINAP保護キラル金属ナノクラスターの合成とナノ触媒反応, ○福島 慶,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月26日
  • キラルホスフィンキャビタンド機能化金属ナノクラスターの合成と特性, ○西村 龍,山田 翔太,安武 良,仲程 司,藤原 尚, 第37回有機典型元素化学討論会,   2010年11月25日
  • Control of Chiral p-Space in Highly-Organized p-Conjugated Polymer Nanotube Composites and Their Function, ○藤原 尚,仲程 司, 2nd International Symposium on Emergence of Highly Elaborated p-Space and Its Function,   2010年11月13日
  • 水溶性ポリチオフェンナノチューブの合成および界面認識, ○藤本 伸幸,佐藤 圭介,仲程 司,藤原 尚, 第21回基礎有機化学討論会,   2010年09月11日
  • 高次組織化π共役ポリマーナノチューブ複合体のキラルπ空間制御と機能開発, ○藤原 尚,仲程 司, 高次π空間の創発と機能開発 第4回公開シンポジウム,   2010年07月16日
  • 半導体ナノ粒子‐ポリチオフェンハイブリッドナノチューブの合成と特性, ○小谷 道彦,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第90春季年会(2010),   2010年03月29日
  • 酸化還元応答能を有するポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○佐藤 圭介,藤本 伸幸,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第90春季年会(2010),   2010年03月29日
  • 磁性ナノ粒子‐ポリチオフェンハイブリッドナノチューブの合成と特性, ○三森 雅士,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第90春季年会(2010),   2010年03月29日
  • アニオン性ポリチオフェンナノチューブの特性と静電相互作用, ○藤本 伸幸,佐藤 圭介,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第90春季年会(2010),   2010年03月29日
  • フラーレン‐ポリチオフェンハイブリッドナノチューブの合成と特性, ○吉田 隆介,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第90春季年会(2010),   2010年03月29日
  • フラーレンおよび金属ナノ粒子内包ポリチオフェンナノチューブ, ○北野 大樹,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第90春季年会(2010),   2010年03月29日
  • 静電相互作用能を有する蛍光ポリマーナノチューブの合成と特性, ○今西 勝哉,藤本 伸幸,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第90春季年会(2010),   2010年03月29日
  • イオン液体修飾Agナノクラスタ−の合成と特性, ○保田 靖博,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第90春季年会(2010),   2010年03月28日
  • キラルホスフィンキャビタンド修飾金属ナノクラスターの合成と特性, ○西村 龍,澤井 孝治,山田 翔太,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第90春季年会(2010),   2010年03月28日
  • 光学活性テトラチアフルバレンの合成と界面酸化還元挙動, ○南部 真也,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第90春季年会(2010),   2010年03月26日
  • 高次組織化π共役ポリマーナノチューブ複合体のキラルπ空間制御と機能開発, ○藤原 尚,仲程 司, 高次π空間の創発と機能開発 第3回公開シンポジウム,   2010年03月15日
  • レドックス活性ポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○佐藤 圭介,藤本 伸幸,仲程 司,藤原 尚, 第36回有機典型元素化学討論会,   2009年12月12日
  • ポリチオフェンナノチューブの機能化と包接ナノ空間, ○仲程 司,山本 勝也,平野 次郎,藤原 尚, 第20回基礎有機化学討論会,   2009年09月29日
  • キラルキャビタンド保護金属ナノクラスターの合成と特性, ○西村 龍,澤井 孝治,野浦 一希,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第89春季年会(2009),   2009年03月29日
  • キラルビニルデンドロン修飾金属ナノクラスターの合成と特性, ○坂井 雅弘,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第89春季年会(2009),   2009年03月29日
  • キラル金属ナノ触媒による不斉鈴木-宮浦クロスカップリング反応, ○澤井 孝治,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第89春季年会(2009),   2009年03月28日
  • アニオン性ポリマーナノチューブの合成と特性, ○藤本 伸幸,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第89春季年会(2009),   2009年03月28日
  • 半導体ナノ粒子-ポリマーナノチューブ複合体の合成と特性, ○小谷 道彦,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第89春季年会(2009),   2009年03月28日
  • キラル有機分子保護磁性ナノ粒子の合成と特性, ○上村 篤史,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第89春季年会(2009),   2009年03月27日
  • キラルホスフィン保護金属ナノクラスターの合成と特性, ○澤井 孝治,野浦 一希,仲程 司,藤原 尚, 第35回有機典型元素化学討論会,   2008年12月13日
  • 金属ナノクラスター-ポリチオフェンナノチューブ複合体の機能化とキラルナノ空間, ○淡路 寛司,梅田 隆平,仲程 司,藤原 尚, 第19回基礎有機化学討論会,   2008年10月03日
  • キラル金属ナノクラスター‐ポリマーナノチューブ複合体の創製と機能, ○淡路 寛司,佐竹 由宇,仲程 司,藤原 尚, 第57回 高分子討論会,   2008年09月25日
  • 電界重合法を用いる金属ナノクラスターポリマーの合成と高次機能化, ○仲程 司,佐竹 由宇,梅田 隆平,淡路 寛司,藤原 尚, 第32回 有機電子移動化学討論会―エレクトロオーガニックケミストリー討論会―,   2008年06月28日
  • レドックス活性ポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○佐藤 圭介,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第88春季年会(2008),   2008年03月28日
  • キラルポリチオフェンナノチューブの合成と特性, ○永田 敬介,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第88春季年会(2008),   2008年03月28日
  • 磁性ナノ粒子‐ポリマーナノチューブ複合体の合成と機能化, ○三森 雅士,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第88春季年会(2008),   2008年03月28日
  • キラル金属ナノクラスター‐ポリマーナノチューブ複合体の合成と機能化, ○淡路 寛司,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第88春季年会(2008),   2008年03月28日
  • 光学活性アンモニウム保護金属ナノクラスターの合成と特性, ○有馬 愛子,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第88春季年会(2008),   2008年03月28日
  • 両親媒性オリゴエーテル修飾金属ナノクラスターの合成と特性, ○和泉 美範,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第88春季年会(2008),   2008年03月28日
  • キラルホスフィン修飾金属ナノクラスターの合成と不斉触媒反応, ○澤井 孝治,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第88春季年会(2008),   2008年03月28日
  • キラルBINAP保護金属ナノクラスターの合成と触媒反応, ○清田 翔也,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第88春季年会(2008),   2008年03月28日
  • キラルイオン性液体構造を有するホスフィン保護金属ナノクラスターの合成と特性, ○石村 賢一,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第88春季年会(2008),   2008年03月28日
  • ビニルデンドロンホスフィン保護金属ナノクラスターの合成、カプセル化と触媒機能, ○塩見 敏明,仲程 司,藤原 尚, 第34回有機典型元素化学討論会,   2007年12月14日
  • ポリチオフェンナノチューブ複合体の合成と機能化, ○淡路 寛司,梅田 隆平,仲程 司,藤原 尚, 第38回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,   2007年11月11日
  • 電界重合法を用いる金属ナノクラスターポリマーの合成と高次機能化, ○磯部 友基,仲程 司,藤原 尚, 第38回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,   2007年11月11日
  • 光学活性金属ナノクラスターの合成と不斉ナノ触媒反応, ○澤井 孝治,仲程 司,藤原 尚, 第57回有機反応化学討論会,   2007年09月29日
  • ビナフチル基を有するターチオフェンの電解重合と積層膜, ○神谷 智也,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第87春季年会(2007),   2007年03月27日
  • ホスフィン保護金属ナノクラスターの合成とナノ触媒反応, ○村上 景子,仲程 司,藤原 尚, 日本化学会第87春季年会(2007),   2007年03月26日
  • 有機分子機能化金属ナノクラスターの合成とナノ触媒反応, ○澤井 孝治,巽 遼多,仲程 司,藤原 尚, 第18回基礎有機化学連合討論会,   2006年10月08日

MISC

  • 金属ナノ粒子-ポリチオフェンハイブリッドナノチューブの創製と機能化:ハイブリッドナノインターフェイス, 仲程 司, 藤原 尚, 有機合成化学協会誌, 71, 1, 39, 50,   2013年, 10.5059/yukigoseikyokaishi.71.39, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003373259
    概要:In recent years, nanostructured materials such as carbon nanotubes, polymer nanotubes, metal nanotubes, and metal nanoparticles have received a great deal of attention due to their unique physical and chemical properties as well as their enormous potential applications such as catalysts, nanoelectronic devices, magnetic devices, sensors, and biomaterial separation membranes. Although several methods have been developed to functionalize carbon nanotubes with inorganic and organic materials, related works on π-conjugated polymer nanotubes such as polythiophene and metal nanotubes have been reported in only a few cases. In particular, the combination of conducting polymers and metal nanoparticles provides an exciting system to investigate with the possibility of designing nanotube functionality. However, the preparation of nanotube composites consisting of metal nanoparticles and polythiophene as a constituent of nanotubes by electropolymerization of thiophene-modified metal nanoparticles has never been reported. We have developed a new method for the fabrication of metal nanoparticle/polythiophene nanotube composites, i.e., the template-based electrochemical oxidative polymerization of terthiophene-linked-thiol and -phosphine-stabilized gold and palladium nanoparticles in a nanoporous alumina membrane as a template gave the hybrid nanotubes of polythiophene and the metal nanoparticles without aggregation of the metal nanoparticles. This article describes the synthesis and functionalization of metal nanoparticles and polythiophene, and their hybrid nanotubes.
  • 学生実験における Project-Based Learning の取り組み, 藤原 尚, 化学と工業 = Chemistry and chemical industry, 61, 8,   2008年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024282952
  • 酸化還元活性テトラチアフルバレンおよびフラーレンC_<60>機能化金ナノ粒子とナノ複合膜修飾電極の電気化学的性質, 佐竹 由宇, 中井 英隆, 伊藤 征司郎, 藤原 尚, 色材協會誌, 78, 11, 507, 513,   2005年11月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10017462927
  • 金属イオンが誘起する酸化還元活性オリゴエチレンオキシ機能化金ナノ粒子の集合と金属電極表面への固定化, 佐竹 由宇, 若月 祥子, 渡辺 美紗, 伊藤 征司郎, 藤原 尚, 色材協會誌, 78, 6, 249, 253,   2005年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10017462462
  • ターチオフェン修飾金およびパラジウムナノ粒子の合成と電解重合 : 金属ナノ粒子-ポリチオフェン複合体, 佐竹 由宇, 伊藤 征司郎, 藤原 尚, 色材協會誌, 78, 4, 157, 163,   2005年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10017462176
  • 金電極における新しいアクセプターであるテトラシヤノアントラキノジメタンジスルフィド自己集合単分子膜の電子化学的性質, 佐竹 由宇, 藤原 尚, 電気化学および工業物理化学 : denki kagaku, 73, 1, 38, 40,   2005年01月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013707562
  • 金電極における新しいアクセプターであるテトラシヤノアントラキノジメタンジスルフィド自己集合単分子膜の電子化学的性質, 佐竹 由宇, 藤原 尚, 電気化学および工業物理化学, 73, 1, 38, 40,   2005年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006588195
  • テトラチアフルバレニル-チオール,ジスルフィド,チオアセテートとスルフィドの電気化学的性質および金表面上における自己集合単分子膜, 中井 英隆, 渡邉 克彦, 伊藤 征司郎, 吉原 正邦, 藤原 尚, 色材協會誌, 73, 7, 325, 329,   2000年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007151149
  • テトラチオールおよびテトラピロール置換テトラチアフルバレン誘導体の電解重合と重合膜の電気化学的性質, 中井 英隆, 土屋 陽一, 渡邉 克彦, 松下 剛士, 伊藤 征司郎, 吉原 正邦, 藤原 尚, 色材協會誌, 73, 4, 176, 181,   2000年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007150706
  • γ一リン酸ジルコニウムヘの有機リン酸エステルおよび光学活性アミンのインターカレーション, 西 雅之, 藤原 尚, 川波 肇, 伊藤 征司郎, 吉原 正邦, 前嶋 俊壽, 色材協會誌, 71, 1, 8, 15,   1998年01月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10003730624
  • 粘土およびゼオライト存在下におけるチオ酢酸とα, β-不飽和カルボン酸エステルとのマイケル付加反応, 西 雅之, 藤原 尚, 吉原 正邦, 前嶋 俊壽, 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society, 46, 8, 899, 903,   1997年08月20日, 10.5650/jos1996.46.899, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002273126
    概要:The Michael addition of thioacetic acid to α, β-unsaturated carboxylic acid esters in the presence of clays or zeolites was carried out. Using clays for adding thioacetic acid to di-l-menthylfumarate (1), reactivity and stereoselectivity were found to differ according to the clay, clay pretreatment temperature and solvent, though with no systematic tendency. For S- (-) -2-methyl-1-butyl cinnamate (3) addition in the presence of zeolites of large pore size, adduct stereoselectivity was much greater. The reaction would thus appear to proceed in the cavities of the zeolites.
  • 光学活性アミン坦持γ-リン酸ジルコニウムの合成と応用, 西 雅之, 藤原 尚, 吉原 正邦, 前嶋 俊壽, 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society, 46, 8, 915, 919,   1997年08月20日, 10.5650/jos1996.46.915, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002273176
    概要:The intercalation of organic phosphate esters and chiral amines into layered γ-zirconium phosphate, Zr (HPO4)2·2H2O (abbreviated ZrP), was examined by powder X-ray diffraction, elemental analysis and IR spectroscopy. The results indicated basal spacings of ZrP intercalated with organic phosphate esters to enlarge in proportion to alkyl chain length. When chiral amines were further intercalated into ZrP derivatives, the basal spacings became slightly longer. The catalytic activity of the modified ZrP derivatives was investigated by adding thiol to enone. Enantiomeric excess was found to depend on the chiral amine employed and the alkyl chain length of organic phosphate.
  • 報文 : 界面活性剤吸着層を有するFe_2O_3-およびTiO_2オルガノゾルの電気化学的特性と触媒作用, 松井 英雄, 藤原 尚, 伊藤 征司郎, 吉原 正邦, 前嶋 俊壽, 色材協會誌, 70, 1, 17, 25,   1997年01月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009826586
  • カルボン酸修飾アルミナ粉体の合成と応用, 松井 英雄, 藤原 尚, 伊藤 征司郎, 吉原 正邦, 前嶋 俊壽, 近畿大学環境科学研究所研究報告, 25, 149, 154,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000508568
  • カルボン酸修飾酸化マグネシウム粉体の合成と応用, 松井 英雄, 藤原 尚, 伊藤 征司郎, 吉原 正邦, 前嶋 俊壽, 近畿大学環境科学研究所研究報告, 25, 155, 162,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000508569
  • 界面活性剤吸着層を有するFe_2O_3-およびTiO_2-オルガノゾルの電気化学的特性と触媒作用, 松井 英雄, 藤原 尚, 伊藤 征司郎, 吉原 正邦, 前嶋 俊壽, 近畿大学環境科学研究所研究報告, 25, 163, 171,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000508570
  • カルボン酸修飾酸化マグネシウム粉体の合成と応用, 松井 英雄, 藤原 尚, 伊藤 征司郎, 吉原 正邦, 前嶋 俊壽, 色材協會誌, 69, 5, 299, 306,   1996年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10001817931
  • カルボン酸修飾アルミナ粉体の合成と応用, 松井 英雄, 藤原 尚, 伊藤 征司郎, 吉原 正邦, 前嶋 俊壽, 色材協會誌, 69, 4, 215, 220,   1996年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10001817823
  • 光学活性物質存在下,チオールとクロトン酸メチルのラジカル付加反応におけるエナンチオ面区別反応, 吉原 正那, 野崎 研二, 藤原 尚, 近畿大学理工学部研究報告, 16, 63, 65,   1981年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000940838
  • 東大阪の優れたモノづくり技術の継承と現代ハイテクとの融合 成果報告書(平成16年度-20年度), 沖 幸男, 玉井 元治, 久米 靖文, 米田 博幸, 古南 博, 橋新 裕一, 神戸 尚志, 青山 邑里, 宮澤 三雄, 山本 昌彦, 南 武志, 井口 信和, 中山 斌義, 吉原 正邦, 森本 純司, 竹原 幸生, 五百井 清, 伊藤 征司郎, 藤原 尚, 多田 弘明, 河島 信樹, 井田 民男, 藤野 隆由,   2009年05月
    概要:文部科学省 私立大学学術研究高度化推進事業 産学連携研究推進事業に選定された「東大阪の優れたモノづくり技術の継承と現代ハイテクとの融合」(平成16年度-20年度)の最終成果報告書