KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

久 隆浩ヒサ タカヒロ

プロフィール

所属部署名総合社会学部 環境・まちづくり系専攻 / 総合文化研究科
職名教授
学位工学博士
専門都市・まちづくり、環境デザイン、市民活動
ジャンル社会/都市問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1024-hisa-takahiro.html
ホームページURLhttp://envdesign.a.la9.jp/
メールアドレスhisa[at]socio.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    都市計画・まちづくりを研究しています。関西各地の現場に入り、まちづくりやNPO 活動、市民活動、商業活性化、地域福祉、コミュニティ・ビジネスなど総合的に支援しています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/4/20
     毎日放送「VOICE」
     神戸市内にある自治体の会長が行政や学校運営に介入している疑惑について
    ●2017/2/4
     産経新聞
     ウラなんば・裏天満や、好奇心そそる「裏」について
    ●2016/11/5
     読売新聞
     三宮再開発について
    ●2016/10/19
     読売新聞
     奈良市菅原天満宮の区画整理について
    ●2016/2/23
     関西テレビ「ゆうがたLIVEワンダー」
     大阪府の人口が減少について

学歴・経歴

学歴

  • 1981年04月 - 1986年12月, 大阪大学大学院, 工学研究科, 環境工学専攻
  • 1977年04月 - 1981年03月, 大阪大学, 工学部, 環境工学科

経歴

  •   2010年04月,  - 現在, 近畿大学総合社会学部(教授(環境・まちづくり系専攻))
  •   2010年04月,  - 2015年03月, 近畿大学国際人文科学研究科(教授(兼任))
  •   2005年04月,  - 2010年03月, 近畿大学理工学部(教授(社会環境工学科))
  •   1999年04月,  - 2005年03月, 近畿大学理工学部(助教授(土木工学科))
  •   1988年05月,  - 1999年03月, 大阪大学大学院助手(工学研究科環境工学専攻)
  •   1987年10月,  - 1988年04月, 財団法人21世紀ひようご創造協会(主任研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 人文地理学, 人文地理学
  • 社会学, 社会学
  • 土木工学, 土木計画学・交通工学
  • 建築学, 都市計画・建築計画

研究キーワード

  • 環境デザイン, 都市デザイン, 都市計画, まちづくり, 市民参加

論文

  • 長屋・町家のリノベーションによる歴史的まちなみ保全のあり方に関する研究, 久隆浩, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 51, ROMBUNNO.365,   2015年06月
  • 合意形成内容のタイプと形成過程の段階に応じた参加手法のあり方, 久隆浩, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 49, ROMBUNNO.137,   2014年06月
  • 地域を動かすか、促すか : 地域参画型まちづくり(対談,第2部 実践-先鋭化する大学院教育,<特集>拡張する大学院:全入時代の学部と縮小する市場の間で), 鵜飼 修, 久 隆浩, 生田 京子, 寺川 政司, 平塚 桂, 建築雑誌, 建築雑誌, 128, 1646, 20, 22,   2013年06月20日
  • まちづくり協議会と地域自治協議会の差異に関する考察, 久隆浩, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 47, ROMBUNNO.296,   2013年06月
  • 「自ずと成らしめるまちづくり」の意義と手法, 久隆浩, 建築と社会, 94, 1, 40, 41,   2013年01月01日
  • 地域における自律型まちづくりの促進に関する一考察, 久隆浩, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 46, ROMBUNNO.170,   2012年11月
  • 「なる」まちづくり時代に期待される専門家像 (特集 都市計画を拓く人たち), 久 隆浩, 都市計画, 都市計画, 61, 4, 6, 9,   2012年08月25日
  • 都市計画を拓く人たち 「なる」まちづくり時代に期待される専門家像, 久隆浩, 都市計画, 298, 006, 009,   2012年08月25日
  • 交流の場と合意形成の場における 会話展開の差異に関する分析, 久 隆浩, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 44,   2011年11月
    概要:研究では、地域における交流の場と合意形成の場で行われる会話分析を通じて、両者で用いられている実践手法および会話展開の違いについてあきらかにした。分析の結果、交流の場では、①冗談を言える自由な雰囲気、②前向きな会話のキャッチボール 、③次々と起こる場面・話題転換、④open question、の4つのエスノメソッドが、また、合意形成の場では、①後ろ向きな話、②会話内容の確認、③暗黙の了解、④話の打ち切り、⑤closed questionの5つのエスノメソッドが抽出できた。これは、合意形成の場は、迅速で責任のある合意形成を行うための場であるのに対し、交流の場は、自由な雰囲気で前向きの会話が広がり、新しいつながりや活動へと展開していく創発の契機となっている、という場の目的の違いに起因した結果であると考えられる。
  • 近代都市計画からポスト近代のまちづくりへ, 久 隆浩, 日本都市計画学会創立60周年記念パネルディスカッション論文集, 6, 9,   2011年11月
  • 地域分権に対する行政の関与のあり方に関する考察, 久 隆浩, 近畿大学総合社会学部紀要, 1, 35, 42,   2011年08月
    概要:本研究では、各地で進められている地域分権施策について、その現状と課題を整理し、施策のあり方を考察する。まちづくり協議会、地域予算制度、まちづくり計画、地域担当制度、それぞれについて、法的位置づけや内容の整理、住民の理解度が不十分であることを指摘した。また、その解決法として、地域への一括交付金の受け皿として協議会を組織すること、中長期的なビジョンを持って予算執行するために計画が必要なこと、を提案した。
  • まちづくりにおける物語性の意義に関する考察, 久隆浩, 田中晃代, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 43, ROMBUNNO.101,   2011年05月
  • ローカル・ガバナンス・システムとしての総合計画策定のあり方, 久隆浩, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 41, ROMBUNNO.60,   2010年06月
  • 低炭素型社会の実現をめざした南千里丘地区まちづくり, 久 隆浩, 都市計画, 都市計画, 59, 2,   2010年04月25日
  • 都市・地域のガバナンス 都市計画のパラダイムシフト, 久隆浩, 都市計画, 283, 005, 010,   2010年02月25日
  • 都市計画のパラダイムシフト, 久 隆浩, 都市計画, 都市計画, 59, 1, 5, 10,   2010年02月25日
    概要:近代からポスト近代という歴史の転換期にあたって、新たな時代にふさわしい社会システムとそれに対応した都市計画のあり方について論じた。来るべきネットワーク社会に対応した社会システムでは、プラットフォームの存在が重要であり、地域のまちづくりにおいて人々が集い、つながりを形成していくためのしかけとしての交流の場づくりが重要であることを指摘した。
  • 中心市街地活性化事業における市民参加のあり方, 久隆浩, 浅井彩, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 39, ROMBUNNO.185,   2009年06月
  • 支部設立20周年に向けて, 久 隆浩, 都市計画, 都市計画, 58, 2,   2009年04月25日
  • 地域の交流の場づくりと自治体政策, 久 隆浩, 市政研究, 163, 30, 39,   2009年04月
  • ネットワーク型社会システムと住民主体のまちづくり, 久 隆浩, 都市研究, 8, 51, 58,   2009年
  • キャンパスの囲繞デザインからみた地域と大学の関係性の分析, 久 隆浩, 森元悠太, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 38,   2008年11月
    概要:本研究は、大阪府内に立地する大学キャンパスを事例として、大学と地域の空間的関係性について分析を行った。まずは、都市スケールの関係性を分析し、「カルチェラタンタイプ」「大学都市タイプ」「都心部キャンパスタイプ」「郊外キャンパスタイプ」「地方都市タイプ」に分類した。次に、地区スケールの関係性をキャンパスの囲繞デザインに着目して分析した。調査により、キャンパス囲繞部に現れる物理的形態として、「壁・塀・垣」「門」「外周道」の3つの形態を確認し、それぞれを空間的特性に着目して「境界」「出入口」「通路」と命名した。さらに、それぞれの性質として『分割性』『開口性』『連結性』という3つの特性を抽出した。
  • パタン・ランゲージを援用した住民参加型計画手法の意義と可能性に関する研究, 久 隆浩, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 37,   2008年06月
    概要:市民参加による計画策定の場合、多様な意見を集約し計画にとりまとめるボトムアップ型の手法を採用することになる。こうした場合、C.アレグザンダーの「パタン・ランゲージ」の考え方が役にたつ。実際、神奈川県真鶴町の『美の基準』や埼玉県川越市の『川越一番街町づくり規範』など、住民参加型のまちづくり・景観づくりの計画書は、パタン・ランゲージを援用した形式となっている。本研究では、茨木市における都市計画マスタープランを事例として、住民参加型計画手法論について考察を行う。住民参加によるボトムアップ型計画策定手法としてのパタン・ランゲージの意味と茨木市における展開を分析し、トップダウンのツリー型構造を持つ計画書づくりから、ネットワーク型計画書への転換の可能性について考察を行うものである。分析を通して、新しい社会における計画策定手法を総合的に視野に入れることによって、住民参加型計画手法の可能性も見えてくることを
  • 地域における交流の場の意義と役割に関する研究--北千里地域交流会を事例として, 田中 晃代, 久 隆浩, 計画行政, 計画行政, 30, 4, 69, 74,   2007年12月
  • 地域社会活動に対する青年層の参加動機に関する研究, 久 隆浩, 高木智史, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 36,   2007年11月
    概要:本研究は、地域社会活動に対する青年層の参加動機を明らかにしたものである。近年、全国各地でさまざまな活動への市民参加が活発化しているが、現状では青年世代の参加が少ないということが課題として挙げられている。こうした問題意識を受け、本研究では、青年世代の活動参加促進のため、社会心理学における動機づけ理論にもとづき、地域社会活動に参加している青年9人のヒアリング結果から、参加や活動展開の動機を整理、分析を行なった。調査では、青年世代が地域社会活動に携わる際の動機として外発的動機づけが多くみられたが、活動を通じて内発的動機づけを獲得・促進することができることがあきらかとなった。
  • 行政評価におけるまちづくり活動の評価に関する研究, 久 隆浩, 川上睦夫, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 35,   2007年06月
    概要:まちづくり活動は、まちを暮らしやすくするために行なう活動であり、結果としてまちが暮らしやすくなったかどうかが活動の成否となる。活動が活発に行なわれたとしても、それがまちづくりにつながらなければまちづくり活動の成果としては不十分といわざるを得ない。しかし、活動がまちづくりの成果として結実するには長い時間を費やすこととなり、また、活動の結果としてまちが変化したのかどうかの因果関係もあいまいになりがちなため、評価を行なうのは容易ではない。一方で、最近は、行政にも経営的視点が必要とのことで、政策・施策評価システムが取り入れられるようになってきた。先ほど述べたように、まちづくり活動の評価にはもともと容易ではない面があるが、まちづくり活動支援をいかに的確に行政評価システムの俎上に乗せることができるかどうか、がいま行政に求められている。こうした状況を受けて、本論文では、行政評価におけるまちづくり活動の評
  • まちづくり職の確立に向けた条件整備のあり方に関する基礎的研究, 久 隆浩, 参河祥道, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 33,   2006年06月
    概要:欧米では地域まちづくりを担う組織としてCBO(Community Based Organization)が活躍し、専門家も職業として参画するしくみが整いつつある。一方、日本では、まちづくり組織は市民の無償ボランティアで担われているところが多く、まだまだ専門職としての「まちづくり職」が地域まちづくりに関わることができる環境が整っていない。こうした状況を受け、本研究では、まちづくり職の確立のためにはどのような条件整備が必要なのかを検討する。日本においても、特に福祉分野ではNPOが自立しはじめているが、本研究では自立経営が可能となっている福祉系NPOにヒアリング調査を行った。また、近年はコミュニティ・ビジネスとして、地域ニーズを事業に活かす活動が生まれているが、こうしたコミュニティ・ビジネスを展開している組織・個人に成功の秘訣をヒアリングした。これらの成果を手がかりに、まちづくり分野における専門職の可能性について考察を行った。
  • 7042 郊外住宅地における空き家の地域コミュニティ施設への転用条件に関する研究(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 46, 501, 504,   2006年05月23日
  • 景観の目標像共有のためのガイドライン策定の意義, 久 隆浩, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 31,   2005年06月
    概要:よりよい景観形成のためには、景観形成に関わるさまざまな主体がその目標像を共有することが必要である。本研究では、そのためのしくみとして景観ガイドラインの意味と役割について考察を行う。事例として大阪府箕面市における萱野中央地区土地区画整理事業をとりあげ、そこで策定した『みんなが得するまちづくり作法集』を題材に、ガイドラインの策定方法と活用方策について検討を加える。景観の目標像を共有するためのプットフォームの必要性、ゆるやかなビジョンの共有から厳格なルールへ持っていくためのプロセスのあり方について、分析・考察をおこなう。ガイドライン策定と景観形成地区や地区計画の指定の関係性や役割分担について言及し、とくに、景観形成基準のなかでガイドラインの内容を「創造的基準」と位置づけ、従来の「規制的基準」との役割分担を図った意味について検討する。
  • 7069 ポスト近代の都市計画システムとしての住民主体のまちづくり(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 45, 649, 652,   2005年05月23日
  • 地区における住民主体のまちづくりプロセスのあり方に関する研究, 久 隆浩, 土木計画学研究・論文集, 土木計画学研究・論文集, 22, 189, 194,   2005年
    概要:本研究では、地区における住民主体のまちづくりプロセスのあり方について考察を行なった。情報共有・課題共有のための「交流の場」の設定から、課題解決をめざした「まちづくり協議会」の設立、そして協議会における構想づくりから具体的な事業・活動への流れを、いかにむすびつけまちづくりの実践へとつなげていけるのかについて考察した。まちづくりの契機として「交流の場」づくりが重要であること、また、交流の場からタスクフォースとしての「まちづくり協議会」が生み出されること、を指摘し、さらに、住民提案としてのまちづくり構想から行政計画としてのまちづくり計画へという2段階で考えることが大切であることを明らかにした。
  • 地区における住民主体のまちづくりプロセスのあり方に関する研究, 久 隆浩, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 30,   2004年11月
    概要:本論文は地区まちづくりのプロセスを分析したものである。課題共有のための「交流の場」の設定から課題解決をめざした「まちづくり協議会」の設立、そして協議会における構想づくりから具体的な事業・活動への流れを、いかにむすびつけまちづくりの実践へとつなげていけるのかについて考察をおこなった。結論として、①まちづくりの契機として「交流の場」づくりが重要であり、交流の場からタスクフォースとしての「まちづくり協議会」が生み出される、②「交流の場」の存在によって、利害関係を超越した自由な意見交換が可能になり、話し合いが円滑に進む、③「交流の場」で知り合った人々が分野を越えてつながる、ことなどが明らかとなった。
  • ニュータウンにおける持続可能なまちづくりの指標づくりの意義と方向性に関する研究 : 千里ニュータウンを事例として, 田中 晃代, 久 隆浩, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 39, 577, 582,   2004年10月25日
  • ニュータウンにおける持続可能なまちづくりの指標づくりの意義と方向性に関する研究, 田中 晃代, 久 隆浩, 日本都市計画学会学術研究論文集, 39, 3,   2004年10月
    概要:経済的、社会的、文化的、空間的な持続可能性を含み、包括的に地域社会が持続可能なものになるためのまちづくり指標を作成するプロセスや意義について、おもに千里ニュータウンを事例に検討をおこなった。
  • 地域における交流の場づくりを通じた合意形成の意味と必要性に関する考察, 久 隆浩, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), 29,   2004年06月
    概要:都市計画では合意形成が必要であると言われる。しかし住民参加型まちづくりを長年支援してきた経験から言って、合意形成を図ることは非常にむずかしい。ほんとうに合意形成は必要なのか、合意形成の意味や役割は何なのか、根本から問い直すことによって新たな計画論が見出せるのではないか、本論ではそうした合意形成の意味を根本から再考したい。民主主義の手続きとして重要な合意形成であるが、ポスト近代期に入って民主主義の定義づけそのものも再考を迫られている。対話にもとづいて合意形成を図るコミュニケーション合意主義、合意形成の限界を認識し価値観や意見の相違を尊重しながら共生をめざす多元主義、それぞれの主張に依拠しつつ合意形成の意味を考える。また、合意にもとづかない地域活動の展開事例として筆者が提起し、関西各地で実践しつつある交流の場づくりを通じて、具体例として合意形成の意味と役割について考察をおこなう。
  • 7034 大阪府内市町村の実践例分析を通した協働のまちづくりのあり方に関する考察(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 44, 641, 644,   2004年05月24日
  • 地域における対話の場の実践コミュニティとしての考察, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集・計画系第43号(661頁~664頁),   2003年06月
    概要:E. Wengerらが提起する「実践コミュニティ」の概念にもとづいて、北千里地域交流会(吹田市)、東山本小学校区まちづくりプラットフォーム(八尾市)等の「交流の場」の重要性について考察をおこなった。
  • 7064 地域における対話の場の実践コミュニティとしての考察(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 43, 661, 664,   2003年05月26日
  • 昭和初期における健康維持・増進策と都市環境整備の関連性に関する研究 : 『大大阪』に記載された論文の分析を通じて, 田中 晃代, 久 隆浩, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 38, 1, 46, 51,   2003年04月25日
  • ユニバーサルデザインのまちづくり, 久 隆浩, 都市政策きしわだ 第9号(78頁~79頁),   2003年03月
    概要:障害は人が持っているものではなく環境がつくりだしていることを指摘し、障害をつくらないまちづくりのあり方についてその原則について記述した。
  • 交流の場を核とした協働のまちづくりシステムの展開, 久 隆浩, マッセOSAKA研究紀要 第6号(15頁~25頁),   2003年03月
    概要:21世紀のネットワーク社会におけるまちづくりシステムとして、プラットフォームとしての交流の場が地域において必要なことを述べた。交流の場の原則やあり方について記すとともに、熟議の民主政の必要性を指摘した。
  • 21世紀のまちづくりシステム まちづくりにおけるナレッジ・マネジメント, 久 隆浩, 政策情報(堺市) 平成15年2月号,   2003年02月
    概要:21世紀のネットワーク社会におけるまちづくりシステムとして「交流の場」が必要であること、そして、それがまちづくりのナレッジ・マネジメント・システムとして位置付けられることを指摘した。
  • 市民参加の条例制定    伊丹市まちづくり基本条例, 久 隆浩, 兵庫自治 第225号(9頁~10頁),   2002年12月
    概要:伊丹市がまちづくり基本条例制定にさきだって行った「まちづくり基本条例をつくる会」の過程を紹介し、市民参加の条例制定のあり方について言及した。市民参加には熟議(deliberation)が重要であることを指摘した。
  • シンポジウム どう描く 都市と自治体の未来, 久 隆浩, 澤井勝, 槙村久子, 富野暉一郎, 國定浩一, 市政研究 第137号(65頁~78頁),   2002年10月
    概要:少子高齢化、環境問題への対応、等々、社会環境は大きく変化している。また、地方分権、行財政改革等行政システムも変革に向かって動いている。そうした中、都市と自治体の将来像をいかに描けるか、議論をおこなった。
  • 図書紹介『ローカルな法秩序』, 久 隆浩, 市政研究 第137号(106頁~109頁),   2002年10月
    概要:阿部昌樹氏(大阪市立大学法学部教授)執筆の『ローカルな法秩序』の紹介。本著は社会のなかで法が絶対的なものでなく道具として活用されていることを、マンション建設反対運動など都市環境問題を事例として分析している。
  • まちづくりの契機としてのまちかど広場ワークショップの意義, 久 隆浩, ジャパンランドスケープ 第29号(128頁),   2002年09月
    概要:大阪市生野南部地域住環境整備事業のなかで行われたまちかど広場ワークショップを事例に、ワークショップをまちづくりの契機として利用することの重要性を指摘した。
  • 創造的な自治体マネジメントと住民主体のまちづくり ?, 久 隆浩, 自治大阪 第53巻6号(12頁~31頁),   2002年09月
    概要:地方分権時代において求められる自治体経営システムとしてニューパブリックマネージメントのあり方と住民主体のまちづくりシステムについて、先進自治体の取組み紹介をまじえて論考した。
  • ポリエージェントシステムとしての住民主体の地区まちづくりの可能性 : 八尾市におけるまちづくりラウンドテーブルを事例として, 久 隆浩, 都市計画, 都市計画, 51, 3, 53, 58,   2002年08月25日
    概要:Copyright (c) 2002 日本都市計画学会This paper considered the possibility of new community planning system through considering community roundtable system in Yao city. "Community roundtable" will be held by community as the place for dialog. This is platform for exchanging mutual information, and people gathering roundtable will make common sense of planning objects through dialog. These are characters of network system instead of usual pyramid system. In network system, activities will be achieved as object-oriented one. These characters are also one of Poly-agent system, which is made by multi autonomous agent. In coming new age, new planning paradigm and planning system are necessary. Community roundtable system have possibility of constructing new planning system.
  • 創造的な自治体マネジメントと住民主体のまちづくり ?, 久 隆浩, 自治大阪 第53巻5号(12頁~21頁),   2002年08月
    概要:地方分権時代において求められる自治体経営システムとしてニューパブリックマネージメントのあり方と住民主体のまちづくりシステムについて、先進自治体の取組み紹介をまじえて論考した。
  • 7022 地区まちづくりにおける対話の場の形成に関する研究 : まちづくりにおけるプラットフォームの形成, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 42, 565, 568,   2002年05月24日
  • 市民活動ネットワークの展開にむけて, 久 隆浩, いけだエコジャーナル, 4,   2002年04月
    概要:本稿では、 市民活動の活性化のためにはネットワークの形成が必要であることを指摘した。 テーマ型活動だけでなく、 自治会などの地域型活動も含めてより多様な市民活動がネットワークし補完することが必要である。
  • 地域における対話の場づくり    協働のまちづくりのしかけ, 久 隆浩, アーバン・アドバンス, 25, 44, 51,   2002年03月
    概要:本稿では地域における対話の場の必要性と役割について考察をおこなった。 対話の場が機能するためには 「参加者の主体性の確保」 「対話の場に徹する」 「個人の資格で参加する」 「多様な主体が参画する」 ことが必要である。
  • 新しい時代の社会システムとしての市民参加型まちづくり, 久 隆浩, 都市計画, 都市計画, 50, 5, 27, 32,   2001年12月25日
  • 21 世紀型社会システムとしての住民主体のまちづくり, 久 隆浩, 消費者情報 第 327 号 (2 頁~5 頁), 327, 2, 5,   2001年12月
    概要:従来のピラミッド型構造からネットワーク型構造へと社会、 組織の構造が変化しているなか、 市民活動やまちづくりがこうしたパラダイムシフトの上にどのように位置付けられるか、 そして新たな展開のためには何が必要か、 について述べた。
  • 都市再生は住民主体のまちづくりから, 久 隆浩, Business Insight (現代経営学研究学会)  第 36 号 (8 頁~17 頁),   2001年12月
    概要:都市の再生はハード整備主体の都市開発でもたらされるものではなく、 地域コミュニティの再構築とその力を活用した住民主体のまちづくりによってもたらされるという観点から、 まちづくりのあり方について検討した。
  • 平野郷町におけるまちづくりの住民と行政の連携に関する基礎的研究, 久 隆浩, 石谷広記, 土木計画学研究・講演集 第 24 号,   2001年11月
    概要:住民主体でまちづくりを進めている大阪市平野郷地区を事例として、 HOPE 計画策定を契機とした行政と住民との連携の現状を分析した。 住民が先導してまちづくりを行った中にいかに行政が参画していくか考察を行った。
  • 西宮における震災前後の商業環境の変化に関する研究, 久 隆浩, 伊藤祐介, 土木計画学研究・講演集 第 24 号,   2001年11月
    概要:阪神淡路大震災で多大な被害を受けた西宮中央地区の商業環境の変化を、 震災前後の業種構成の変化をもとに分析した。 地区における高齢化の進行は震災により拍車がかかったが一方で新たなマンションもできつつある。
  • 大学前商店街の変遷に関する研究    近畿大学前商店街を事例として, 久 隆浩, 中西久雄, 土木計画学研究・講演集 第 24 号,   2001年11月
    概要:本研究は、 近畿大学前商店街を事例として大学と商店街の関係について分析考察したものである。 商店街に立地する店舗の業種構成の変化を調査し、 大学生のライフスタイルの変化が影響していることがあきらかとなった。
  • 市街地における緑化と景観形成, 久 隆浩, 建築ジャーナル 2001 年 12 月号 (12 頁~13 頁),   2001年11月
    概要:景観に配慮した緑化デザインのあり方について、 具体事例を踏まえて解説した。 景観デザインの基本的考え方を説明するとともに、 それを緑化デザインとしてどのように具現化していくのかについて説明した。
  • 伝統的産業を軸としたイベント活動と観光まちづくりの円滑化に関する一考察 - 兵庫県篠山市今田町を事例として -, 玉井 明子, 久 隆浩, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 36, 259, 264,   2001年10月15日
  • 住民主体のまちづくりの展開, 久 隆浩, 関西都市計画 100 年 の歩みとまちづくりの知恵 (146 頁~147 頁),   2001年10月
    概要:関西における住民主体のまちづくりの展開について経年的に整理した。 1960 年代、 1970 年代のまちづくりを第 1 期とすれば、 1990 年代以降は第 2 期と位置付けられる。 第 2 期のまちづくりの内容は 21 世紀型の社会システムと符号する。
  • まちづくりラウンドテーブルを通じた市民と行政の新しい関係づくり, 久 隆浩, 市政研究 第 133 号 (94 頁~101 頁),   2001年10月
    概要:八尾市のまちづくりラウンドテーブルを事例に、 対話の場、 情報交流のためのプラットフォームの構築によって、 従来の行政と住民の関係が水平型のネットワーク構造に変化をすること、 そして新たなまちづくりが展開することを述べた。
  • 歴史的まちなみ保存の現代的意義, 久 隆浩, 都市研究 (近畿都市学会学術雑誌)  第 1 号 (73 頁~78 頁),   2001年10月
    概要:歴史的まちなみの保全はそこで営まれる現代的な生活に対応した整備として行わなければならない。 将来における歴史的まちなみ保全の意義は、 人にやさしいスケールやストック活用型の環境にやさしいまちづくりとして位置付けられる。
  • 都市空間像を共有するしくみづくり, 久 隆浩, 2001 年度日本建築学会大会都市計画部門研究協議会資料 「21 世紀の都市空間像とアーバンデザイン」 (242 頁~245 頁),   2001年09月
    概要:21 世紀の都市空間像は住民主体で描かれるべきである。 しかし、 それを実現するシステムはまだまだ不十分であるが、 いくつかの地域で行われるようになった試みからプラットフォームの必要などいろいろな点がみえている。
  • 21世紀社会システムにおける土木工学とNPO, 久 隆浩, 土木学会誌, 土木学会誌, 86, 6, 13, 17,   2001年06月15日
  • 箕面の山なみ景観保全にみる協働の景観づくり, 久 隆浩, CEL 第 57 号 (65 頁~70 頁),   2001年06月
    概要:箕面山麓保全検討委員会で行われている、 山林所有者と一般市民、 行政が対等な立場で話し合い、 お互いができることを持ちよって山なみを保全するという協働の景観づくりの試みを紹介した。
  • 階段状広場の利用特性に関する研究   京都駅ビル大階段・ビッグステップを事例として, 久 隆浩, 植村英貴, 日本建築学会近畿支部研究報告集・計画系 第 41 号 (609 頁~612 頁),   2001年06月
    概要:京都駅ビルとビッグステップにある階段状広場における着座行為に着目し、 その実態を観察調査によって把握するとともに、 着座行為が見られる場所の空間特性やグループ構成の違いによる行為の変化について分析した。
  • ボランティアガイドの活動から見るガイド成功要因とまちづくりへの影響に関する研究, 久 隆浩, 松村直美, 日本建築学会近畿支部研究報告集・計画系 第 41 号 (489 頁~492 頁),   2001年06月
    概要:富田林寺内町ボランティアガイド、 大山崎ふるさとガイドの会、 なら観光ボランティアの会朱雀の 3 事例を取り上げ、 おもにヒアリング調査によって活動状況を把握するとともに、 活動の成功要因について分析を行った。
  • 八尾市地域経営システムにみる住民主体の地区まちづくり   21 世紀型まちづくりシステムとしての可能性, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集・計画系 第 41 号 (477 頁~480 頁),   2001年06月
    概要:八尾市における地域経営システムを手がかりに、 ネットワーク社会の基盤であるプラットフォームとしてのラウンドテーブルを核とした 21 世紀の新しいまちづくりシステムの可能性について考察をおこなった。
  • 7027 ボランティアガイドの活動から見るガイド成功要因とまちづくりへの影響に関する研究(都市計画), 松村 直美, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 41, 489, 492,   2001年05月25日
  • 7024 八尾市地域経営システムにみる住民主体の地区まちづくり : 21世紀型まちづくりシステムとしての可能性(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 41, 477, 480,   2001年05月25日
  • 7057 階段状広場の利用特性に関する研究 : 京都駅ビル大階段・ビッグステップを事例として(都市計画), 植村 英貴, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 41, 609, 612,   2001年05月25日
  • まじり合って暮らすまちを住民主体でつくる   近代が置き忘れてきたものを取り戻す, 久 隆浩, 市政研究, 131, 50, 62,   2001年04月
    概要:近代はさまざまなものを分離してきたが、 その弊害も少なくない。 そこでもう一度融合の観点からまちづくりのあり方を見直し、 さまざまな人々がお互いを認め合い暮らすまちをつくるための処方について考察した。
  • 都市再生は住民主体のまちづくりから(<特集>大都市圏再生を考える 1), 久 隆浩, Business insight : the journal for deeper insights into business, Business insight : the journal for deeper insights into business, 9, 4, 8, 17,   2001年
  • 伝統的窯業産地における地域資源を保全活用した住民参加型観光ルート整備の課題 - 愛知県瀬戸市洞地区を対象として -, 玉井 明子, 久 隆浩, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 35, 685, 690,   2000年10月13日
  • 住民主体の「まちづくり構想」策定から事業展開としての交通社会実験へのプロセスに関する研究 - 豊中駅前地区まちづくりを事例として -, 田中 晃代, 久 隆浩, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 35, 853, 858,   2000年10月13日
  • 伝統的窯業地域における地域資源を保全活用した住民参加型観光ルート整備の効果と課題, 玉井 明子, 久 隆浩, 中西 久雄, 近畿大学理工学部研究報告, 近畿大学理工学部研究報告, 36, 81, 86,   2000年09月
  • 7091 住民参加型計画策定における住民提案と行政計画の関係に関する一考察(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 40, 765, 768,   2000年05月25日
  • 7070 まちづくり実践大学受講生のタイプ別にみた支援方策のあり方に関する研究 : 豊中市まちづくり実践大学を事例として(都市計画), 田中 晃代, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 40, 681, 684,   2000年05月25日
  • 地域性を反映した街路環境デザインにおける記述構造に関する研究-専門家を対象とした質的調査より-, 玉井 明子, 久 隆浩, 環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science, 環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science, 13, 85, 90,   1999年11月16日
  • 住民主体のまちづくりプロセスの体系化とまちづくりの段階別にみた支援方策のあり方に関する考察 - 豊中駅前地区まちづくりを事例として -, 田中 晃代, 久 隆浩, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 34, 319, 324,   1999年10月15日
  • 地場産業都市における観光活動設計とまちづくりに関する研究 - 愛知県常滑市栄町を事例として -, 玉井 明子, 久 隆浩, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 34, 355, 360,   1999年10月15日
  • 地場産業都市における観光活動設計とまちづくりに関する研究 愛知県常滑市栄町を事例として, 玉井明子, 久隆浩, 都市計画論文集, 34, 355, 360,   1999年10月15日
  • 住民主体のまちづくりプロセスの体系化とまちづくりの段階別にみた支援方策のあり方に関する考察 豊中駅前地区まちづくりを事例として, 田中晃代, 久隆浩, 都市計画論文集, 34, 319, 324,   1999年10月15日
  • 神戸市におけるまちづくり関連条例の体系と内容に関する考察, 久隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 39, 529, 532,   1999年06月
  • 環境整備における地区単位の計画の発生と市民・行政の連係の展開に関する研究, 田中晃代, 鳴海邦碩, 久隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 39, 533, 536,   1999年06月
  • まちづくり条例運用による住民主体のまちづくり支援実態の分析--神戸市及び豊中市における比較を通じて, 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 計画行政, 計画行政, 22, 2, 58, 65,   1999年06月
  • 7016 神戸市におけるまちづくり関連条例の体系と内容に関する考察(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 39, 529, 532,   1999年05月25日
  • 7017 環境整備における地区単位の計画の発生と市民・行政の連係の展開に関する研究(都市計画), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 39, 533, 536,   1999年05月25日
  • 景観条例・まちづくり条例にもとづく市民団体の活動と支援方策の特性に関する研究 : 兵庫・大阪・滋賀における景観およびまちづくり条例を事例として, 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会計画系論文集, 516, 193, 199,   1999年02月28日
    概要:In this paper, we analyzed the relation between the community's activities and municipal support system on townscape ordinance and community planning ordinance. The activity of Townscape preservation community, Townscape agreement group and Community board, mainly study, take the public information and participate in municipal environmental improvement program. In addition to, The townscape agreement group improve neighborhoods. The Community board make the district master plan. The administration support Community board by establishment of funds system, adviser system, and setting the counter position of community planning. The administration support Townscape preservation community and agreement group by combination of townscape improvement program.
  • 2020年における計画主体論 -住民主体のまちづくりは主流となるか, 久 隆浩, 都市計画, 都市計画, 47, 5, 38, 42,   1998年12月25日
  • 2020年の都市を展望する 2020年における計画主体論 住民主体のまちづくりは主流となるか, 久隆浩, 都市計画, 216, 38, 42,   1998年12月
  • 都市構造と水際の役割, 久隆浩, 日本建築学会環境工学委員会水環境シンポジウム, 22nd, 19, 22,   1998年11月
  • 7073 住民主体の構想策定における公民の役割分担のあり方に関する一考察 : 八尾市文化振興ビジョンを事例として(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 38, 669, 672,   1998年05月25日
  • 7072 最近10年間の地図レベル研究の動向及び事例的地区まちづくり研究の特徴に関する考察(都市計画), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 38, 665, 668,   1998年05月25日
  • 7068 テーマコミュニティ活動への意識別にみるまちづくりに対する意識の多様性のあり方に関する研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 杉山 友美, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 38, 649, 652,   1998年05月25日
  • 大阪市色彩景観計画, 安藤 友昭, 緒方 康二, 久 隆浩, 村上 幸三郎, 渡邊 康人, 日本色彩学会誌, 日本色彩学会誌, 22, 0, 84, 85,   1998年05月01日
  • 旧植民都市における重要な建築遺産に関する住民の意向に関する研究 - インドネシア,北スマトラ島,メダン市の中心区におけるケーススタディ -, Evawani Ellisa, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 32, 7, 12,   1997年10月28日
  • 7059 住民参加型地区まちづくり計画策定手法に関する考察 : 高知市におけるコミュニティ計画を事例として(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 37, 537, 540,   1997年05月26日
  • 7058 市民団体による地区環境形成活動に関する研究 : 近畿の自治体における景観条例およびまちづくり条例を事例として(都市計画), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 37, 533, 536,   1997年05月26日
  • 7019 身近な情景のテクスト分析とその密集市街地整備計画への適用の可能性(都市計画), 福田 忠昭, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 37, 377, 380,   1997年05月26日
  • 7033 初動期のまちづくりの必要性に関する考察 : 豊中駅前地区まちづくりを事例として(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 36, 833, 836,   1996年07月03日
  • 7072 認識-行動系から捉えた人間と水環境の関係に関する研究 : 八幡堀を事例に(都市計画), 客野 尚志, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 36, 989, 992,   1996年07月03日
  • 7048 地区指定または認定制度における環境形成過程に関する研究(都市計画), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 36, 893, 896,   1996年07月03日
  • 評論(2)(商店街における景観整備に関する研究), 久 隆浩, 日本建築学会技術報告集, 日本建築学会技術報告集, 1,   1995年12月20日
  • 720 阪神間における住宅地開発による緑地の変容に関する研究(都市計画), 柴田 祐, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 35, 617, 620,   1995年06月13日
  • 755 環境共生都市像の分析とその展開としてのまちなかの可能性(都市計画), 福田 忠昭, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 35, 757, 760,   1995年06月13日
  • 756 環境共生型まちづくりと防災まちづくりの共通性の評価(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 35, 761, 764,   1995年06月13日
  • 501 阪神間における住宅地開発の計画内容に関する史的研究 : 阪急電鉄における大規模戸建て住宅地を中心として(建築計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 一岡 泰子, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 35, 257, 260,   1995年06月13日
  • 723 住宅地における住所探索行動に関する研究(都市計画), 薄井 謙一, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 35, 629, 632,   1995年06月13日
  • 776 集合住宅地における花壇づくりを通じたコミュニティ形成に関する研究 : 千里ニュータウンの高齢者を事例として(都市計画), 宮下 芳久, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 35, 841, 844,   1995年06月13日
  • 758 大阪南部における大正・昭和初期の環境変化に関する研究 : 大正・昭和初期の開発住宅地を中心に(都市計画), 杉山 友美, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 35, 769, 772,   1995年06月13日
  • 749 日本における住民参加型まちづくり論の年代別比較・考察(1970〜94)(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 田中 晃代, 中沢 篤志, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 35, 733, 736,   1995年06月13日
  • 750 まちづくり条例における計画策定プロセスに関する研究(都市計画), 田中 晃代, 久 隆浩, 芦田 英機, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 35, 737, 740,   1995年06月13日
  • 「なぎさ海道」の形成に関する調査研究--大阪湾における水際線の現状と整備の方向 (1994年度〔日本都市計画学会〕学術研究論文集), 森川 稔, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 都市計画論文集, 都市計画論文集, p133, 138,   1994年11月
  • まちづくり関連条例の展開とその意義 (1994年度〔日本都市計画学会〕学術研究論文集), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 都市計画論文集, 都市計画論文集, p685, 690,   1994年11月
  • 5023 集合住宅形成期に建設されたマンションの空間特性に関する研究 : 大阪市を事例として(建築計画), 片岡 健一, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 34, 357, 360,   1994年06月07日
  • 6001 大都市圏近郊農村地域における住宅地開発の景観特性とその整備に関する研究(農村計画), 岡本 壮平, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 34, 593, 596,   1994年06月07日
  • 7052 景観における時間の役割の研究 : 大阪における夕景を事例として(都市計画), 山本 哲, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 34, 821, 824,   1994年06月07日
  • 7058 住宅地における近隣散策空間の研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 藤原 啓太, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 34, 845, 848,   1994年06月07日
  • 7011 旧城下町松阪における「表通り」の拡幅と「裏通り」に関する研究(都市計画), 大門 健一, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 藤崎 浩治, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 34, 657, 660,   1994年06月07日
  • 7025 まちづくり条例の成立過程とその意義 : 地区計画的環境管理システムの構築にむけて(都市計画), 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 34, 713, 716,   1994年06月07日
  • 緑地・環境 (平成4年度都市計画の動向<特集>) -- (都市計画研究の現状と展望), 久 隆浩, 都市計画, 都市計画, p64, 69,   1994年01月
  • 都市計画における余暇空間整備の位置づけ (余暇時代の都市づくりを考える<特集>), 久 隆浩, 都市計画, 都市計画, p16, 21,   1993年09月
  • 7006 都市における緑地の見え方に関する研究 : 吹田市を事例として(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 市之宮 広, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 33, 573, 576,   1993年06月07日
  • 7007 住宅地における<生える緑>の条件に関する研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 一岡 泰子, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 33, 577, 580,   1993年06月07日
  • 7008 都市における昆虫の生息状況に関する考察(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 小池 裕子, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 33, 581, 584,   1993年06月07日
  • 7009 建材メーカーにおける景観対策の実態と意識に関する分析(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 33, 585, 588,   1993年06月07日
  • 7021 住宅地外部空間における平日余暇行動の実態に関する研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 三吉 佐紀子, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 33, 633, 636,   1993年06月07日
  • 7043 市街地における伝統的な地区の役割に関する研究 : ジョグジャカルタにおける貴族の住宅の保存と開発のバランス(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, Ikaputra, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 33, 721, 724,   1993年06月07日
  • 7077 スキー場を活用したまちづくりの現状と課題(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 久保 貴孝, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 33, 857, 860,   1993年06月07日
  • 7075 公共ホールの整備と運営の現状に関する考察 : 阪神地域の公共ホールを対象として(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 根津 昌彦, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 33, 849, 852,   1993年06月07日
  • 7014 メインストリートの景観形成に関する研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 永田 宏和, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 33, 605, 608,   1993年06月07日
  • 7001 都市界隈における<なじみ>に関する基礎的考察 : 大阪梅田をケーススタディに(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 河辺 潔, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 33, 553, 556,   1993年06月07日
  • 住民主体のまちづくりの契機としての住宅づくり (まちづくりと住宅づくりの連携<特集>), 久 隆浩, 都市計画, 都市計画, p30, 35,   1992年12月
  • 子どもと地域空間の関わりを分析する手法としての写真投影法の試み (1992年度〔日本都市計画学会〕学術研究論文集), 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 都市計画論文集, 都市計画論文集, p715, 720,   1992年11月
  • 7006 物の表出を誘発する集合住宅共用空間の特性に関する研究(都市計画), 岡本 壮平, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 553, 556,   1992年06月02日
  • 5031 HOPE計画による住宅・まちづくりの現状に関する研究(建築計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 井垣 力也, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 341, 344,   1992年06月02日
  • 7010 京町家における冷房方法の実態とパッシブクーリングの可能性(都市計画), 若本 和仁, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 569, 572,   1992年06月02日
  • 7012 農村地域における中心市街地の再編とその整備に関する研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 西尾 京介, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 577, 580,   1992年06月02日
  • 7021 京町家のファサード変容の実態とその要因に関する研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 関本 恒久, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 613, 616,   1992年06月02日
  • 7024 市街地における屋外広告物の現状と課題 : 建物用途に着目して(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 進藤 卓也, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 625, 628,   1992年06月02日
  • 7044 都市の生活空間における土地所有概念の一つとしての"MAGERSARI"に関する一考察 : 貴族住宅における大規模な多世代家族の調査をもとにして(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, Parimin Ardi Pariman, IKAPUTRA, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 705, 708,   1992年06月02日
  • 7064 郊外住宅地住民の自家用車依存度と施設立地意向・休日活動の関連(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 林 倫子, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 785, 788,   1992年06月02日
  • 7084 生活情報としてのまちづくり情報の必要性に関する研究 : 市民の自発的まちづくりの支援をめざして(都市計画), 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 865, 868,   1992年06月02日
  • 7047 ジョグジャカルタの公共住宅地における店舗の役割と機能に関する研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, Parimin Ardi P, Wahyu S. T. Yoyok, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 717, 720,   1992年06月02日
  • 7032 大阪湾岸における水際空間の公共公開度の現状(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 佐津川 聡, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 657, 660,   1992年06月02日
  • 7027 景観形成計画の記述内容の特性に関する分析(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 瀬戸 司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 637, 640,   1992年06月02日
  • 7026 市民アンケートを用いた景観整備に関する考察 その5 : 芦屋市を事例として(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 三谷 八寿子, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 633, 636,   1992年06月02日
  • 7009 京都・先斗町における街路タイプと空間変容の関係(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 門重 学, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 565, 568,   1992年06月02日
  • 7008 界隈の空間特性とその演出手法に関する考察 : 地方中核都市の界隈を対象として(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 久野 由恵, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 561, 564,   1992年06月02日
  • 7007 業務地区における商業施設の分布特性に関する研究 : 新規開発地における商業空間の魅力創造に向けて(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 永田 宏和, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 557, 560,   1992年06月02日
  • 7005 ものの表出行為を通してみた沿道敷地と街路の親密性に関する研究 : 小規模戸建住宅地を事例として(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 久保見 之彦, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 549, 552,   1992年06月02日
  • 7004 沿道敷地・建物の「エッジ空間」の現状と評価に関する研究 : 大阪・梅田を事例として(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 津田 勇夫, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 32, 545, 548,   1992年06月02日
  • 市民アンケートを用いた景観整備に関する考察 : 赤穂市を事例として・その1 : 整備手法について(都市計画)(近畿支部)(1990年度支部研究発表梗概), 大和 正典, 鳴海 邦碩, 田端 修, 久 隆浩, 前川 晃三, 楠本 博, 建築雑誌. 建築年報, 建築雑誌. 建築年報, 1991,   1991年09月20日
  • 7005 都市における河川景観の類型化とその成立要因に関する分析(都市計画), 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 31, 457, 460,   1991年05月07日
  • 7007 市民アンケートを用いた景観整備に関する考察 その4 : 明石市を事例として(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 林 倫子, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 31, 465, 468,   1991年05月07日
  • 7010 市街地における屋外広告物の掲出特性と問題点に関する研究 : 尼崎市および伊丹市を事例にして(都市計画), 進藤 卓也, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 31, 477, 480,   1991年05月07日
  • 7023 商業施設による河川空間占用に関する基礎的考察(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 西尾 京介, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 31, 529, 532,   1991年05月07日
  • 7052 区画整理による空間変化およびその評価に関する考察(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 楠本 博, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 31, 633, 636,   1991年05月07日
  • 7042 居住環境指向とライフスタイルの関連性に関する研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 大和 正典, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 31, 597, 600,   1991年05月07日
  • 都市景観はいかにあるべきか(都市計画部門研究協議会)(1990年度日本建築学会大会(中国)), 久 隆浩, 奥 俊信, 建築雑誌, 建築雑誌, 106, 1309, 64, 65,   1991年02月20日
  • 7008 市民アンケートを用いた景観整備に関する考察 : 景観資源に対する意向 : 赤穂市を事例として その3(都市計画), 鳴海 邦碩, 田端 修, 久 隆浩, 楠本 博, 前川 晃三, 大和 正典, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 30, 493, 496,   1990年05月14日
  • 7072 路面電車を視点とした都市の一考察(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 進藤 卓也, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 30, 737, 740,   1990年05月14日
  • 7006 市民アンケートを用いた景観整備に関する考察 : 整備手法について : 赤穂市を事例として・その1(都市計画), 鳴海 邦碩, 田端 修, 久 隆浩, 大和 正典, 前川 晃三, 楠本 博, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 30, 485, 488,   1990年05月14日
  • 7007 市民アンケートを用いた景観整備に関する考察 : 景観変化の意向をもとに : 赤穂市を事例として その2(都市計画), 鳴海 邦碩, 田端 修, 久 隆浩, 前川 晃三, 楠本 博, 大和 正典, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 30, 489, 492,   1990年05月14日
  • 7011 屋外広告物景観に対する市民意識の分析 : 兵庫県淡路地域の景観を事例として(都市計画), 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 30, 505, 508,   1990年05月14日
  • 7010 屋外広告物の分布特性に関する考察 : 淡路島を事例として(都市計画), 山崎 真信, 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 30, 501, 504,   1990年05月14日
  • 7048 都市における「夜の景観」に関する研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 大和 正典, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 29, 617, 620,   1989年05月01日
  • 7055 大学生の作文分析からみた街路景観の嗜好性(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 竹内 美和, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 29, 645, 648,   1989年05月01日
  • 7056 市民アンケートによる街路景観の嗜好性分析(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 荒谷 一平, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 29, 649, 652,   1989年05月01日
  • 7027 都市住民からみた疎住地域居住のニーズに関する研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 山村 康之, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 29, 537, 540,   1989年05月01日
  • 7049 都市住民の居住環境選択構造と景観指向の関連(都市計画), 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 山村 康之, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 29, 621, 624,   1989年05月01日
  • 7060 街路景観の類型化とその成立要因に関する考察 : 大阪市を事例として(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 楠本 博, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 29, 665, 668,   1989年05月01日
  • 7059 都市河川景観の類型化とその特徴に関する考察(都市計画), 時森 俊行, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 29, 661, 664,   1989年05月01日
  • 7047 界隈景観に関する指向性の分析 : 大阪市を事例として(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 前川 晃三, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 29, 613, 616,   1989年05月01日
  • 7045 都市の"眺め方"からみた景観構造の特性 : 都市大阪を事例として(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 大西 二州, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 29, 609, 612,   1989年05月01日
  • ライフスタイルからみた都心居住 (都心居住と都市計画<特集>), 久 隆浩, 都市計画, 都市計画, p22, 27,   1989年05月
  • 快適な環境づくりのために―その現状と課題, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 環境技術, 環境技術, 18, 5, 269, 273,   1989年
  • オ-プンスペ-スとしての河川空間 (都市の水環境<特集>), 久 隆浩, 都市問題研究, 都市問題研究, 40, 8, p55, 68,   1988年08月
  • 7038 大阪の景観構造に関する考察I : 『浪花百景』を通じて(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 橋爪 紳也, 大西 二州, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 28, 613, 616,   1988年05月01日
  • 7043 都市居住者のリゾート景観に対する嗜好(都市計画), 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 田原 直樹, 山崎 真信, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 28, 633, 636,   1988年05月01日
  • 7057 余暇空間に対する都市住民のイメージとニーズに関する研究(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 田原 直樹, 山崎 真信, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 28, 689, 692,   1988年05月01日
  • 都市における水網空間の再生に関する基礎的研究(都市計画,学位論文要旨), 久隆 浩, 建築雑誌. 建築年報, 建築雑誌. 建築年報, 1987,   1987年08月20日
  • 7016 韓国都市における市街地空間構成の伝統と変容 : 韓国都市における生活空間の構成に関する研究・その1(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 金 益煥, 田原 直樹, 岩波 由佳, 松村 茂久, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 27, 537, 540,   1987年05月01日
  • 7017 韓国都市における住宅および住宅地の構成に関する基礎的考察 : 韓国都市における生活空間の構成に関する研究・その2(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 金 益煥, 田原 直樹, 岩波 由佳, 松村 茂久, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 27, 541, 544,   1987年05月01日
  • 7018 韓国都市におけるコミュニティの特性に関する基礎的考察 : 韓国都市における生活空間の構成に関する研究・その3(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 金 益煥, 田原 直樹, 岩波 由佳, 松村 茂久, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 27, 545, 548,   1987年05月01日
  • 7019 韓国都市における居住地イメージと環境評価の構造に関する分析 : 韓国都市における生活空間の構成に関する研究・その4(都市計画), 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 金 益煥, 田原 直樹, 岩波 由佳, 松村 茂久, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 27, 549, 552,   1987年05月01日
  • 7020 都市・農村居住者の居住環境評価に関する比較考察 : 韓国都市における生活空間の構成に関する研究・その5(都市計画), 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 金 益煥, 田原 直樹, 岩波 由佳, 松村 茂久, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 27, 553, 556,   1987年05月01日
  • 7021 地方小都市住民の「うるおいのまちづくり」イメージ : 相生市における環境整備に関する研究・その1(都市計画), 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 25, 573, 576,   1985年05月01日
  • 鎮守の森の総合評価とその保存・修景計画に関する研究--滋賀県と大阪府における事例研究 (昭和60年度日本都市計画学会学術研究論文集(3)), 加藤 晃規, 久 隆浩, 依光 直仁, 都市計画 別冊, 都市計画 別冊, p337, 342,   1985年
  • 7017 リバプール市における都市再生政策 : 日英比較都市研究,その2(都市計画), 安田 孝, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 24, 477, 480,   1984年06月01日
  • 居住地に対するイメ-ジ調査と満足度調査の比較 (昭和59年度日本都市計画学会学術研究論文集), 久 隆浩, 都市計画 別冊, 都市計画 別冊, p187, 192,   1984年
  • 7008 中高層集合住宅の立地と市街地形成に関する研究(XIV) : 阪神間立地動向の市区別検討(都市計画), 安田 孝, 久 隆浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 23, 373, 376,   1983年06月01日
  • 6005 農山村集落居住の変化に関する研究 : その3 農山村人口および就業構造の変化(農村計画), 久 隆浩, 佐々木 輝, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 21, 349, 352,   1981年06月01日

書籍等出版物

  • 都市構造と都市政策, 久 隆浩, 共著, 古今書院,   2014年03月, 9784772252678
    概要:22章「新たな社会システムとしての住民主体のまちづくり」、23章「歴史資産を活かしたまちづくり」を担当
  • 路地研究 もうひとつの都市の広場, 上田篤,田端修, 久 隆浩, 角野幸博, 陣内秀信,渡辺真理,高村雅彦, 金澤成保, 田中充子, 中岡義介,鳴海邦碩,内山佳代子, 共著, 鹿島出版会,   2013年02月
    概要:路地が都市の中でどのように位置づけられ活用されているのか、世界の10の都市を事例に、路地を核として都市の空間原理を分析、考察した。第6章「ソウルの北村韓屋村」を分担執筆。(pp.143-166)路地は視覚的な美しさではなく、体性感覚としての居心地のよさを大事にした空間であることを明らかにし、近代からポスト近代に移行する中、都市空間における路地の重要性を指摘した。
  • 東日本大震災・原発事故, 久 隆浩, 室崎益輝ほか41名, 共著, 学芸出版社,   2011年07月
    概要:2011年3月11日の東日本大震災・原発事故の復興に向けての支援の構えと基本的視座を、研究者・まちづくり実践者が共同執筆。「基本的視座を問う・支援のあり方」の中で「被災者自身が復興を担える形での支援を考える」(pp.99-102)を担当
  • はじめての環境デザイン学, 久 隆浩, 共著, 理工図書,   2011年05月
    概要:環境デザインを学ぶ学生のための入門書であり、10章「環境デザインと市民参加」(pp.105~122)を分担執筆。環境デザインにとっての市民参加の意味や手法について、事例を交えながら解説をした。
  • 都市・まちづくり学入門, 日本都市計画学会関西支部新しい都市計画教程研究会, 日本都市計画学会関西支部, 久 隆浩, 柴田 祐, 嘉名 光市, 林田 大作, 坂井 信行, 篠原 祥, 松村 暢彦, 永田 宏和, 宮崎 ひろ志, 下村 泰彦, 室崎 千重, 学芸出版社,   2011年, 9784761525200
  • 21世紀の都市像-地域を活かすまちづくり, 久 隆浩, 共著, 古今書院,   2008年10月
  • 水辺のまちづくり-住民参加の親水デザイン, 久 隆浩, 共著, 技法堂出版,   2008年09月
  • 学生のためのボランティア論, 久 隆浩, 共著, 大阪ボランティア協会,   2006年12月
  • 自治都市・大阪の創造, 久 隆浩, 共著, 敬文堂,   2004年12月
  • 身近な森の歩き方, 久 隆浩, 上田正昭, 共著, 文英堂,   2003年05月
    概要:鎮守の森の調査の際に、どのような観点で調査を行えばよいかを記した手引書である。この中で第2章第2節「水源はあるだろうか」を執筆した。神社と水との関係をどのように調査すればいいかについて記述した。
  • 親水工学試論, 久 隆浩, 共著, 信山社サイテック,   2002年06月
    概要:本著は 「親水工学」 に関して体系的にとりまとめたものである。 親水工学の概念と歴史的変遷、 親水施設の設計手法、 都市と親水空間の関係、 親水行動の特性、 等を日本建築学会親水工学 WG のメンバーが記述した。

講演・口頭発表等

  • 地域における交流の場が生みだす創発の機能に関する考察, 久隆浩, 日本建築学会学術講演梗概集F-1 都市計画 建築社会システム,   2011年07月20日
  • 地域における交流の場の意義と役割, 久隆浩, 日本建築学会学術講演梗概集F-1 都市計画 建築社会システム,   2010年07月20日
  • 7491 茨城市都市計画マスタープラン策定における住民参加手法に関する考察(住民参加(1),都市計画), 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2008年07月20日
  • 7468 地域における交流の場の意義と効果に関する一考察(市民・住民参加,都市計画), 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2007年07月31日
  • 7456 郊外住宅空き家の地域コミュニティ施設への転用条件に関する一考察(住宅地, 都市計画), 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2006年07月31日
  • 7441 ポスト近代社会における住民主体のまちづくり(住民参加・パートナーシップの制度,都市計画), 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2005年07月31日
  • 7341 大阪府内市町村の実践例分析を通してみた協働まちづくりを支える行政システムのあり方(参加と協働の仕組み,都市計画), 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2004年07月31日
  • 7348 千里ニュータウンにおける持続可能なまちづくりの課題と方向性に関する研究(参加と協働の仕組み,都市計画), 田中 晃代, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2004年07月31日
  • 7341 地区まちづくりにおける対話の場の実践コミュニティとしての評価(参加のプロセス,都市計画), 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2003年07月30日
  • 地区まちづくりにおけるプラットフォームとしての対話の場の形成に関する一考察(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集), 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2002年06月30日
  • 7086 八尾市におけるまちづくりラウンドテーブルを核とした住民主体の地区まちづくり(パートナーシップ,都市計画), 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2001年07月31日
  • 7073 商店街における商業者と利用者のコミュニケーション行為に関する基礎的研究(中心市街地の活性化(2),都市計画), 松村 直美, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2001年07月31日
  • 7029 地区まちづくりの進捗状況と支援課題に関する研究 : 豊中市における地区まちづくりを事例に(地区まちづくり(2),都市計画), 田中 晃代, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2001年07月31日
  • 7520 保全まちづくりにおける人的ネットワーク構造に関する研究 : 富田林寺内町を事例にして, 松村 直美, 森本 信明, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2000年07月31日
  • 7168 まちづくりの担い手を育てるシステム : 豊中市まちづくり実践大学受講生を事例として, 田中 晃代, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2000年07月31日
  • 7127 豊中駅前地区における住民主体のまちづくりの展開に関する一考察, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2000年07月31日
  • まちづくりプロセスにおけるまちづくり関連条例の役割 神戸市におけるまちづくり関連条例の分析を通じて, 久隆浩, 日本建築学会学術講演梗概集F-1 都市計画 建築社会システム,   1999年07月30日
  • 7292 まちづくりプロセスにおけるまちづくり関連条例の役割 : 神戸市におけるまちづくり関連条例の分析を通じて, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1999年07月30日
  • 7296 居住環境整備における地区単位の計画の発生と市民・行政の連係に関する研究, 田中 晃代, 鳴海 邦硯, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1999年07月30日
  • 7138 構想レベルの計画策定における住民参加のあり方に関する一考察 : 八尾市文化振興ビジョンを事例として(参加型まちづくり(1)), 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1998年07月30日
  • 7199 まちづくり団体による地区環境形成活動に関する研究 : 近畿地方における景観条例およびまちづくり条例を事例として, 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1997年07月30日
  • 7192 「合意形成プロセス比較法」による住民主体の住環境形成研究の共通フレームの定立に関する研究, 中澤 篤志, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1997年07月30日
  • 7193 初動期まちづくりとしての住民参加型地区まちづくり計画策定手法の可能性 : 高知市におけるコミュニティ計画を事例として, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1997年07月30日
  • 7228 地区指定または認定制度における事業実施に関する考察, 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1996年07月30日
  • 7229 豊中駅前地区における初動期まちづくりの展開に関する考察, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1996年07月30日
  • 7314 日本における住民参加型まちづくり論の変遷に関する研究(1970-94), 中沢 篤志, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 田中 晃代, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1995年07月20日
  • 7267 環境共生都市像の展開としてのまちなかの可能性, 福田 忠昭, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1995年07月20日
  • 7113 阪神間における住宅地開発に伴う緑被の変容に関する研究, 柴田 祐, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1995年07月20日
  • 7058 住宅地における住所探索時の初動期の手がかりと行動の特性に関する研究, 薄井 謙一, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1995年07月20日
  • 7339 まちづくり構想策定プロセスに関する研究 : 豊中駅前まちづくり協議地区の場合, 田中 晃代, 久 隆浩, 芦田 英機, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1995年07月20日
  • 7178 環境共生型まちづくりの災害対応性評価, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   1995年07月20日
  • 7365 都市計画に関連する条例の意義とその動向からみたまちづくりの変遷, 田中 晃代, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1994年07月25日
  • 7188 景観材料の使用・選定についての実態と課題, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1994年07月25日
  • 7128 住民による住環境の共同管理の意義とその可能性について : 戸建住宅地を事例に, 岡本 壮平, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1993年07月25日
  • 7115 景観材料の法制度化に関する建材メーカーの意向分析, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1993年07月25日
  • 7104 自生する緑に着目した住宅地の緑の特性分析, 一岡 泰子, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1993年07月25日
  • 7244 市民アンケートを用いた景観整備に関する考察 : 芦屋市を事例として, 三谷 八寿子, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1992年08月01日
  • 7219 都市生活者の自然に対する環境行動と認識特性に関する研究, 渡辺 恭子, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1992年08月01日
  • 7218 身近な自然に対する都市住民の志向, 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1992年08月01日
  • 7210 水際空間の公共公開度の現状 : 大阪湾岸を事例として, 佐津川 聡, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 森川 稔, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1992年08月01日
  • 7068 業務地区における商業施設の分布特性に関する研究 : 新規開発地における商業空間の魅力創造に向けて, 永田 宏和, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1992年08月01日
  • 5143 物の表出を誘発する集合住宅共用空間の特性に関する研究, 岡本 壮平, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1992年08月01日
  • 5093 京町家における冷房方法の実態とパッシブクーリングの可能性, 若本 和仁, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. E, 建築計画, 農村計画,   1992年08月01日
  • 路面電車を視点とした都市の考察(都市計画)(近畿支部)(1990年度支部研究発表梗概), 進藤 卓也, 鳴海 邦碩, 久隆 浩, 建築雑誌. 建築年報,   1991年09月20日
  • 屋外広告物景観に対する市民意識の分析 : 兵庫県淡路島地域の景観を事例として(都市計画)(近畿支部)(1990年度支部研究発表梗概), 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 建築雑誌. 建築年報,   1991年09月20日
  • 屋外広告物の分布特性に関する考察 : 淡路島を事例として(都市計画)(近畿支部)(1990年度支部研究発表梗概), 山崎 真信, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 建築雑誌. 建築年報,   1991年09月20日
  • 市民アンケートを用いた景観整備に関する考察 : 赤穂市を事例として・その3 : 景観資源に対する意向(都市計画)(近畿支部)(1990年度支部研究発表梗概), 楠本 博, 鳴海 邦碩, 田端 修, 久 隆浩, 前川 晃三, 大和 正典, 建築雑誌. 建築年報,   1991年09月20日
  • 市民アンケートを用いた景観整備に関する考察 : 赤穂市を事例として・その2 : 景観変化の意向をもとに(都市計画)(近畿支部)(1990年度支部研究発表梗概), 前川 晃三, 鳴海 邦碩, 田端 修, 久 隆浩, 楠本 博, 大和 正典, 建築雑誌. 建築年報,   1991年09月20日
  • 7121 都市河川における対岸景と流軸景の類型化に関する研究(都市計画), 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1991年08月01日
  • 7099 地方都市における景観整備に関する考察 : 明石市を事例として その1(都市計画), 林 倫子, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 西尾 京介, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1991年08月01日
  • 7100 地方都市における景観整備に関する考察 : 明石市を事例として その2(都市計画), 西尾 京介, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 林 倫子, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1991年08月01日
  • 7142 夜間広告の分類と問題点に関する研究(都市計画), 進藤 卓也, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1991年08月01日
  • 街路景観の類型化とその成立要因に関する考察 : 大阪市を事例として : 都市計画 : 近畿支部, 楠本 博, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 建築雑誌. 建築年報,   1990年09月20日
  • 都市河川景観の類型化とその特徴に関する考察 : 都市計画 : 近畿支部, 時森 俊行, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 建築雑誌. 建築年報,   1990年09月20日
  • 市民アンケートによる街路景観の嗜好性分析 : 大阪市の街路景観指向に関する研究 : その2 : 都市計画 : 近畿支部, 荒谷 一平, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 建築雑誌. 建築年報,   1990年09月20日
  • 大学生の作文分析からみた街路景観の嗜好性 : 大阪市の街路景観指向に関する研究 : その1 : 都市計画 : 近畿支部, 竹内 美和, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 建築雑誌. 建築年報,   1990年09月20日
  • 都市住民の居住環境選択構造と景観指向の関連 : 都市計画 : 近畿支部, 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 山村 康之, 建築雑誌. 建築年報,   1990年09月20日
  • 都市における「夜の景観」に関する研究 : 都市計画 : 近畿支部, 大和 正典, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 建築雑誌. 建築年報,   1990年09月20日
  • 界隈景観に関する指向性の分析 : 大阪市を事例として : 都市計画 : 近畿支部, 前川 晃三, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 建築雑誌. 建築年報,   1990年09月20日
  • 都市の"眺め方"からみた景観構造の特性 : 都市大阪を事例として : 都市計画 : 近畿支部, 大西 二州, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 建築雑誌. 建築年報,   1990年09月20日
  • 都市住民からみた疎住地域のニーズに関する研究 : 都市計画 : 近畿支部, 山村 康之, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 建築雑誌. 建築年報,   1990年09月20日
  • 再開発事業地区の空間構成と施設構成に関する研究 : 宝塚市逆瀬川地区を事例に : 都市計画 : 近畿支部, 中山 邦彦, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 建築雑誌. 建築年報,   1990年09月20日
  • 7077 街路における路面電車の特性に関する考察, 進藤 卓也, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1990年09月01日
  • 7076 屋外広告物景観の類型化に関する研究 : 兵庫県淡路地域を事例として, 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1990年09月01日
  • 7072 地方小都市における景観整備に関する考察 その3 : 音資源に対する意向, 鳴海 邦碩, 田端 修, 久 隆浩, 楠本 博, 前川 晃三, 大和 正典, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1990年09月01日
  • 7071 地方小都市における景観整備に関する考察 その2 : 景観嗜好について, 鳴海 邦碩, 田端 修, 久 隆浩, 大和 正典, 前川 晃三, 楠本 博, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1990年09月01日
  • 7070 地方小都市における景観整備に関する考察 その1 : 景観変化に対する意向, 鳴海 邦碩, 田端 修, 久 隆浩, 前川 晃三, 楠本 博, 大和 正典, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1990年09月01日
  • 7087 居住地景観指向と住環境要求の関連, 久 隆浩, 鳴海 須碩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1989年09月01日
  • 7037 都市の街路景観の類型化とその成立要因に関する考察 : 大阪市を事例として, 楠本 博, 鳴海 須碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1989年09月01日
  • 7034 都市の界隈景観の指向性に関する分析 : 大阪市を事例として, 前川 晃三, 鳴海 須碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1989年09月01日
  • 7021 都市における夜の景観について, 大和 正典, 鳴海 須碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1989年09月01日
  • 7027 都市の"眺め方"からみた景観構造の特性 : 大阪を事例として, 大西 二州, 鳴海 須碩, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1989年09月01日
  • 7045 余暇空間に対する都市住民のイメージとニーズに関する研究, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 田原 直樹, 山崎 真信, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1988年09月01日
  • 7044 都市居住者のリゾート景観嗜好に関する分析, 久 隆浩, 鳴海 邦碩, 田原 直樹, 山崎 真信, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1988年09月01日
  • 7019 『浪花百景』にみる大阪の景観構造 : その3 ランドマーク景観について, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 橋爪 紳也, 大西 二州, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1988年09月01日
  • 7018 『浪花百景』にみる大阪の景観構造 : その2 上町台地の景観的特徴, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 橋爪 紳也, 大西 二州, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1988年09月01日
  • 7017 『浪花百景』にみる大阪の景観構造 : その1 景観のエッヂとしての上町台地と水際, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 橋爪 紳也, 大西 二州, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1988年09月01日
  • 7003 都市・農村居住者の居住属性に関する基礎的考察 : 韓国都市における生活空間の構成に関する研究・その6, 鳴海 邦碩, 久 隆浩, 金 益煥, 田原 直樹, 岩波 由佳, 松村 茂久, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1987年08月25日
  • 7145 住宅地景観に対する嗜好に関する研究 : 大阪市内都心部景観を中心として, 久 隆浩, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠,   1985年09月10日
  • 7107 鎮守の森の保存修景に関する大阪府下事例研究(その3) : 典型事例の総合評価と修景手法, 加藤 晃規, 久 隆浩, 依光 直仁, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠,   1985年09月10日
  • 居住者の環境イメージによる地区の類型化に関する研究 : 都市計画, 久 隆浩, 学術講演梗概集. 計画系,   1984年09月10日
  • アレイハウスの計画と評価(その3) : 建築計画, 依光 直仁, 松本 利久, 安田 孝, 久 隆浩, 土肥 絵理子, 学術講演梗概集. 計画系,   1984年09月10日
  • アレイハウスの計画と評価(その2) : 建築計画, 浜川 敦, 安田 孝, 久 隆浩, 土肥 絵理子, 学術講演梗概集. 計画系,   1984年09月10日
  • アレイハウスの計画と評価(その1) : 建築計画, 上田 篤, 安田 孝, 久 隆浩, 学術講演梗概集. 計画系,   1984年09月10日
  • 近隣における経路選択行動の分析 : 都市計画, 久 隆浩, 学術講演梗概集. 計画系,   1983年09月
  • 「ホームレス問題」 の構造に関する基礎的研究, 久 隆浩, 勝本竜,   2002年05月
    概要:本研究では、 ホームレス問題がメディアによっていかに構築されるか、 その構造を把握した。 また、 大阪城公園に居住する人々の実態調査より、 ホームレス生活の現状をあきらかにした。
  • 京都市都心部における老舗の外観様式と販売形態に関する研究, 久 隆浩, 増馬優樹,   2002年05月
    概要:京都市都心地区にある老舗店舗について、 その外観様式と販売形態の関係について、 調査・分析をおこなった。 その結果、 町家様式が継承されているでは、 店頭販売がおこなわれているものが多いことがあきらかとなった。
  • まちづくりにおける酒造業の役割に関する研究, 久 隆浩, 奥西崇文,   2003年05月
    概要:酒造業が地域のまちづくり活動に関してどのような役割を担ってきたのかについて全国の活動状況を概観するとともに、高槻市富田地区におけるまちづくりにおける地元酒造業の役割について考察をおこなった。
  • 社寺仏閣におけるバリアフリー手法の研究, 久 隆浩, 中村高彰,   2003年05月
    概要:社寺仏閣は空間構造の特徴としてさまざまな段差があるが、これをいかにしてバリアフリー化するか、その手法について現状調査をおこなうとともに今後のあり方について考察をおこなった。

競争的資金

  • 住民主体のまちづくり