KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

林 真貴子ハヤシ マキコ

プロフィール

所属部署名法学部 法律学科 / 法学研究科
職名教授
学位修士(法学)
専門日本法制史
ジャンル法律/裁判・犯罪
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/23-hayashi-makiko.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/06/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    (1)明治~昭和戦前期の民事裁判、調停、農村負債整理、司法統計。(2)明治~昭和戦前期の弁護士の歴史。特に御雇外国人・英法律家カークウッドやラウダー等の個人史。

研究活動情報

研究分野

  • 法学, 基礎法学

研究キーワード

  • 日本法制史

論文

  • 内外交渉訴訟における英国弁護士の役割, 林 真貴子, 阪大法学, 63, 3=4, 507, 535,   2013年
  • 近代法システム継受期の日本の裁判所での紛争解決実践, 林 真貴子, 法史学研究(韓国法史学会誌), 43, 79, 129,   2012年
  • 明治期日本・勧解制度にあらわれた紛争解決の特徴, 林 真貴子, 川口由彦編著『調停の近代』(勁草書房), 149, 197,   2011年
  • 日本の司法統計, 佐藤岩夫=小谷眞男=林真貴子編著『ヨーロッパの司法統計 2』, 東京大学社会科学研究所リサーチシリーズ, 39,   2010年
  • 日本における「法の継受」に関する理論的研究の検討, 林 真貴子, 水林彪編著『東アジア法研究の現状と将来:伝統的法文化と近代法の継受』(国際書院), 17, 42,   2009年
  • 明治初期の預ヶ金について-民事裁判における訴訟銘の検討-, 近畿大学法学, 48, 3・4, 89, 118,   2001年
  • 勧解から督促手続への変化-最も利用された紛争解決制度の考察-, 法制史研究, 48, 61, 92,   1999年
  • 紛争解決制度形成過程における勧解前置の役割, 阪大法学, 46, 6, 193, 222,   1997年
  • 勧解制度消滅の経緯とその論理, 阪大法学, 46, 1, 141, 180,   1996年

書籍等出版物

  • 日本現代法史論(第14章執筆), 山中永之佑監修、山中永之佑=藤原明久=中尾敏充=伊藤孝夫編著, 法律文化社,   2010年
  • 日本近代法制史研究の現状と課題(第6章執筆), 石川一三夫=中尾敏充=矢野達雄編著, 弘文堂,   2003年
  • 日本近代法案内―ようこそ史料の森へ, 山中永之佑編, 林 真貴子, 中尾敏充 ほか, 共著, 法律文化社,   2003年10月
  • 法の流通(共編著), 鈴木秀光=高谷知佳=林真貴子=屋敷二郎編著, 慈学社,   2009年
  • 統計から見た大正・昭和戦前期の民事裁判(共編著), 林屋礼二=菅原郁夫=林真貴子=田中亜紀子編著, 慈学社,   2011年
  • 統計から見た明治期の民事裁判(共編著), 林屋礼二=菅原郁夫=林真貴子編著, 信山社,   2005年
  • 近代日本 地方自治立法資料集成 5 昭和戦前期, 山中永之佑監修中尾敏充ほか編, 弘文堂,   1998年

MISC

  • 講演:勧解制度から調停制度ヘ―その断絶と連続―, 林 真貴子, 調停時報, 183, 94, 105,   2012年12月

競争的資金

  • 近代日本の紛争解決制度形成の史的研究