KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

武部 聡タケベ ソウ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 食品安全工学科 / 生物理工学研究科
職名教授
学位農学博士
専門分子生物学、生化学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/329-takebe-sou.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    土壌微生物バチルス・チューリンゲンシスがつくる殺虫タンパク質の作用機構を研究しています。このタンパク質は昆虫種特異的な選択毒性が高いので、微生物農薬への利用が世界的に注目されています。

学歴・経歴

学歴

  • 1986年04月 - 1989年03月, 京都大学大学院博士後期課程, 農学研究科, 農芸化学専攻
  • 1984年04月 - 1986年03月, 京都大学大学院修士課程, 農学研究科, 農芸化学専攻
  • 1980年04月 - 1984年03月, 京都大学, 農学部, 農芸化学

経歴

  •   1989年,  - 1990年, 筑波大学研究協力部 技官
  •   1990年,  - 1997年, 京都女子大学食物栄養学科 講師
  •   1997年,  - 2005年, 近畿大学生物理工学部 助教授
  •   2005年, - 近畿大学生物理工学部教授

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 応用微生物学
  • 農芸化学, 応用生物化学

研究キーワード

  • 遺伝子工学, タンパク質工学

論文

  • Cry46Ab from Bacillus thuringiensis TK-E6 is a new mosquitocidal toxin with aerolysin-type architecture, Tohru Hayakawa, Akira Sakakibara, Sho Ueda, Yoshinao Azuma, Toru Ide, So Takebe, Insect Biochemistry and Molecular Biology, 87, 100, 106,   2017年, 査読有り
  • 酢酸菌Acetobacter pasteurianus NBRC3283を用いた細胞融合法と育種法による耐熱性食酢醸造菌の創出と田村造酢(株)監修による食酢醸造試験, 岡本成平、山本美佳、塩村紗奈、熊田彩花、状家佳苗、上野未菜子、田村章広、武部 聡、東 慶直, 近畿大学生物理工学部紀要, 35, 17, 32,   2015年03月, 査読有り
  • Gene organization of large plasmids of novel mosquitocidal Bacillus thuringiensis TK-E6, Noda, M., Okamoto, N., Hayasaki, K., Azuma, Y., Takebe, S., 47th SIP, 93, 94,   2014年08月
  • Draft genomic DNA sequence of the facultatively methylotrophic bacterium Acidomonas methanolica type strain MB58, Norie Higashiura, Hiromi Hadano, Hideki Hirakawa, Minenosuke Matsutani, So Takebe, Kazunobu Matsushita, Yoshinao Azuma, FEMS Microbiology Letters, 351, 9, 13,   2013年12月, 査読有り
  • Tanticharoenia sakaeratensisの高濃度グルコース耐性・代謝に関するプロテオーム解析, 波多野 裕美、武部 聡、東 慶直, 近畿大学生物理工学部紀要 , 28, 95, 157,   2011年09月, 査読有り
  • Bacillus thuringiensis が持つ新規殺虫タンパク質遺伝子のdegenerate PCR による探索, 唐谷ゆふ、武部 聡, 近畿大学生物理工学部紀要, 24, 27, 32,   2009年09月, 査読有り
    概要:Bacillus thuringiensis は殺虫性を示し、これは胞子形成期に産生する殺虫タンパク質(Cry)に由来する。しかしながら、既知菌株においてさえ殺虫性は認められていながら保有する殺虫タンパク質遺伝子(cry)が見つかっていないものも多い。そこで、degenerate PCRを用いて既知菌株が保有するcryの探索を行った。その結果、2菌株から6つのcryを見つけることができた。
  • Improved technique for refining the crystal of Bacillus thuringiensis by NaBr gradient centrifugation, Takebe, S., Morinaga, S., Mizuhashi, A., Komano, T., Proceedings of 6th Pacific Rim Conference on BT, 111, 112,   2008年03月
    概要:Bacillus thuringiensisが産生する殺虫タンパク質顆粒のNaBr密度勾配遠心法を用いた精製法を改良し、胞子との分離を可能にした。30-40%NaBr連続密度勾配を用いて細胞破砕物を分離すると、タンパク質顆粒は単一のメジャーバンドとして回収することができた。これには胞子の混入等は見られず、精製前と同程度の殺虫活性を有していた。(英文)
  • 細胞損傷タンパク質MM29kDの活性決定領域, 早川 徹, 武部 聡, 阪本 佳樹 松井 亮祐 松村 祐介 中野 加奈子 小塚 昌弘 山際 雅詩 酒井 裕, 千 菊夫, 第13回BT研究会プロシーディングス, 60, 64,   2008年01月
    概要:Bacillus thuringiensis MM50G2株から単離された細胞損傷性タンパク質MM29kDの作用部位に寄与する領域を検討するため、アミノ酸置換による変異タンパク質を多数調製し、細胞損傷能を調べた。これにより、このタンパク質の活性はVal29からLeu274までの246アミノ酸の領域が関与することが分かった。
  • Bt TK-E6株がもつ新規cry遺伝子のExclusive PCRによる探索, 武部 聡, 福岡 美菜子, 川﨑 龍人, 三宅 恭平, 田中 彰一, 岩山 順, 第13回BT研究会プロシーディングス, 60, 64,   2008年01月
    概要:双翅目特異的殺虫活性を示すBt TK-E6株からは、degenerate PCRにより多くのcry遺伝子が単離されたが、まだ未検出の遺伝子の存在が示唆されていた。そこで、これら既知遺伝子からの増幅を除外するexclusive PCRを行ったところ、新たなcry遺伝子を単離することができた。
  • Bacillus thuringiensis subsp. medellinから見つかった新規cry遺伝子の構造解析, 春日井 昭善, 宮城 大典, 谷口 裕一, 森 優樹, 田中 彰一, 武部 聡, 第13回BT研究会プロシーディングス, 60, 64,   2008年01月
    概要:Bt medellinがもつcry遺伝子をdegenerate PCRにより探索したところ、塩基配列相同性の高いDNA断片が2つ検出された。それぞれのDNA断片から遺伝子の完全長を単離し塩基配列を決定したところ、どちらもORF内にフレームシフトが入った偽遺伝子と思われた。
  • Parasporin-2Ab, a Newly Isolated Cytotoxic Crystal Protein from Bacillus thuringiensis, Tohru Hayakawa, Rie Kanagawa, Yosuke Kotani, Mayumi Kimura, Masashi Yamagiwa, Hiroshi Sakai, 武部 聡, 山根 義晴, Current Microbiology, 55, 278, 283,   2007年10月, 査読有り
    概要:ヒト白血病由来ガン細胞に対して高い損傷作用を示すタンパク質遺伝子を土壌細菌Bacillus thuringiensis TK-E6株から単離した。このタンパク質は304アミノ酸残基からなる分子量33,017のポリペプチドと推定され、parasporin-2Ab (PS2Ab)と名付けられた。PS2AbをプロテナーゼKで処理することによって生じる29 kDaの活性分子は、MOLT-4やJurkat cellに対して高い損傷作用を示した。(英文)
  • Bacillus thuringiensis が産生する結晶性殺虫タンパク質(クリスタル)の臭化ナトリウム連続密度勾配遠心法による精製, 武部 聡, 向井 真也, 岩山 順, 森永 真二, 近畿大学生物理工学部紀要, 19, 51, 56,   2007年03月
    概要:Bacillus thuringiensis が産生する結晶性殺虫タンパク質の精製法を双翅目特異的殺虫クリスタル生産菌を用いて検討した。クリスタル、胞子、細胞破砕物を含む祖抽出液を30-40%NaBr連続密度勾配遠心法を用いて分離したところ、クリスタルは33%NaBr付近に層を形成した。SEMおよびSDS-PAGEによる純度検定では、殺虫タンパク質の分子量である130 kDaにメインバンドが観察され、胞子の混入はほとんど認められなかった。
  • 土壌細菌Bacillus thuringiensis が産生する昆虫目特異的殺虫タンパク質(Cry)の作用機序, 武部 聡, 近畿作物・育種研究, 51, 59, 63,   2006年05月
    概要:20世紀の幕開けとともに石渡博士によって日本で発見されたBacillus thuringiensis 。その殺虫活性は昆虫目特異性が高く残留性が低いことから生態系を乱さず環境負荷の小さい安全な農薬として世界中で使用されている。近い将来直面するであろう食料不足や衛生害虫対策としての利用が期待されているBacillus thuringiensis が産生する殺虫タンパク質の作用機序を紹介した。
  • Characterization of novel cry genes isolated from a mosquitocidal Bacillus thuringiensis strain, Takebe, S., Matsumura, T., Mizuhashi, A., Yokoo, N., Komano, T., Yamagiwa, M., Abdullah, M.A.F., Dean, D.H., Biotechnology of Bacillus thuringiensis, 5, 125, 127,   2005年08月
    概要:本研究室で土壌より分離した新規Bacillus thuringiensisTK-E6は双翅目昆虫に対して強い殺虫活性を示した。この菌から殺虫タンパク質遺伝子と相同性のある新規遺伝子を3つ単離した。(英文)
  • B. thuringiensis細胞用発現ベクターpPcyt1Aの構築, 武部 聡, 横尾 尚哉, 水橋 輝, 松村 剛, 駒野 徹, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 10, 29, 36,   2005年03月
  • 殺虫タンパク質遺伝子(cry)を持つ土壌細菌Bacillus thuringiensisのdegenerate PCRを用いたスクリーニング, 武部 聡, 山根義晴, 泉本洋平, 駒野 徹, 近畿大学先端技術合研究所紀要, 7, 34, 39,   2002年01月
    概要:殺虫タンパク質の保存領域をもとに degenerate プライマーを設計し、 PCR により cry 遺伝子を検出するスクリーニング法を確立した。 この方法を用いて新規 Bt 菌 4 株を分離し、 そのうちの 1 株から新規 cry 遺伝子を単離した。
  • Degenerate PCR-based detection of novel cry genes in soil bacteria, Takebe, S., Isumoto, Y., Matsumura, T., Sugiura, K., Yamane, Y., Sen, K., and Komano, T., Proceedings of 4th Pacific Rim Conference on BT, 138, 139,   2002年
  • Cloning and sequencing of cDNA that encodes ostrich insulin-like growth factor-I, Komano, T., Takebe, S., Sakai, H., Mem. School BOST Kinki Univ., 6, 38, 46,   2000年02月, 査読有り
  • Transcription of the insecticidal crystal protein genes of Bacillus thuringiensis, Komano, T., Takebe, S., and Sakai, H., 5, 131, 154,   2000年, 査読有り
  • Cloning and Sequencing of cDNA that encodes Ostrich Growth Hormone, Komano, T., Takebe, S., Sakai, H., Mem. School BOST Kinki Univ., 5, 74, 81,   1999年10月, 査読有り
  • 過酸化水素およびN-エチルマレイミドが多剤排出ポンプの遺伝子acrABのプロモーター活性に与える影響, 武部 聡、水野 珠、結城ひとみ, 近畿大学生物理工学部紀要, 4, 73, 79,   1998年12月, 査読有り
  • 過酸化水素で誘導されるプロモーターの探索, 武部 聡、荒武まき子、黒田奈里、山本章子、吉田あや, 京都女子大学食物学会誌, 51, 33, 39,   1996年12月, 査読有り
  • cAMP-CRP制御系のsodAプロモーター活性に与える影響, 武部 聡、東 恵実、吉田 恵、吉田あや, 京都女子大学食物学会誌, 50, 37, 42,   1995年12月, 査読有り
  • oxyRの転写開始点上流に存在するプロモーター —過酸化水素は逆向きの転写を誘導する, 吉田あや、武部 聡, 京都女子大学食物学会誌, 48, 22, 28,   1993年12月, 査読有り
  • Functional expression of human P-glycoprotein in Schizosaccharomyces pome, Ueda, K., Shimabuku, AM., Konishi, H., Fujii, Y., Takebe, S., Nishi, K., Yoshida, M., Beppu, T., and Komano, T., 330, 3, 279, 282,   1993年, 査読有り
  • Mutational analysis of the specific priming signal essential for DNA replication of the broad host-range plasmid RSF1010, Honda, Y., Akioka, T., Takebe, S., Tanaka, K., Miao, D., Higashi, A., Nakamura, T., Taguchi, Y., Sakai, H., and Komano, T., 324, 1, 67, 70,   1993年, 査読有り
  • Alternative Secondary Structures in the Phage G4 Origin of the Complementary DNA Strand Synthesis : Effects of NaCl Concentration on the Bleomycin-DNA Interaction, Kazumitsu UEDA, Hiroshi HIASA, So TAKEBE, Hiroshi SAKAI, Tohru KOMANO, 56, 3, 394, 398,   1992年, 査読有り
  • 活性酸素によるDNA損傷作用, 武部 聡, 京都女子大学食物学会誌, 45, 10, 13,   1990年12月, 査読有り
  • Induction of DNA damage and mutation by active oxygens, 武部 聡, Doctoral Thesis, 1, 58,   1990年01月
  • The effects of metal ions on the DNA damage induced by hydrogen peroxide, So KOBAYASHI (Takebe), Kazumitsu UEDA, Tohru KOMANO, 54, 1, 69, 76,   1990年, 査読有り
  • DNA damage caused by ascorbate in the presence of Cu2+ induces mutations, Kobayashi (Takebe), S., Yoshida, K., Ueda, K., Sakai, H., Komano, T., Nucleic Acids Symp. Ser. Articles, 19, 29, 32,   1988年
  • DNA damage induced by ascorbate in the presence of Cu2+, Kobayashi (Takebe), S., Ueda, K., Morita, J., Sakai, H., and Komano, T., 949, 143, 147,   1988年, 査読有り
  • Sequence-specific modification of DNA by 6-hydroxybenzo [a] pyrence, Morita, J., Ueda, K., Kobayashi (Takebe), S., and Komano, T., 868, 87, 90,   1986年, 査読有り
  • Bleomycin cleaves DNA depending on DNA primary, secondary, and tertiary structures, 武部 聡, Nucleic Acids Symp. Ser. Articles, 16, 197, 200,   1985年
  • Site-specific DNA damage caused by lipid peroxidation products, Ueda, K., Kobayashi (Takebe) S., Morita, J., and Komano, T., 824, 341, 346,   1985年, 査読有り
  • Cleavage of Stem-and- loop structure DNA by bleomycin : Reaction on the bacteriophage G4 Origin of complementary strand synthesis, Ueda, K., Kobayashi (Takebe), S., Sakai, H., and Komano, T., 260, 9, 5804, 580,   1985年, 査読有り

書籍等出版物

  • 微生物由来の環境保全型害虫防除蛋白質に関する基盤研究(第8章), 武部 聡、駒野 徹(代表:酒井 裕), 分担執筆, BT菌及びBT関連菌のスクリーニングとプラスミドの単離, 生物系特定産業技術研究推進機構基礎研究推進事業研究成果報告書,   2002年
  • 微生物由来の環境保全型害虫防除蛋白質に関する基盤研究(第9章), 武部 聡(代表:酒井 裕), 分担執筆, BT遺伝子の単離/解析並びにBT遺伝子への部位特異的変異の導入及びプロモーターの解析, 生物系特定産業技術研究推進機構基礎研究推進事業研究成果報告書,   2002年
  • PCR 実験マニュアル(第Ⅹ章1-7節), 武部 聡 (駒野 徹/編), 分担執筆, Inverse PCR法, 学会出版センター,   2002年
  • PCR 実験マニュアル(第Ⅹ章1-6節), 武部 聡、美川 智 (駒野 徹/編), 分担執筆, デジェネレートプライマーによるPCRクローニング法, 学会出版センター,   2002年
  • 遺伝子の構造と機能, 武部 聡 (駒野 徹/編), 分担執筆, 第3章第2節 脂質過酸化物及びアスコルビン酸によるDNA損傷並びにブレオマイシンを用いたDNA高次構造の解析, 学会出版センター,   1998年02月
  • Frontiers of Reactive Oxygen Species in Biology and Medicine, Takebe, S., Yoshida, A., Saeki, T., Sakai, H., and Komano, T., 分担執筆, Effects of metal ions on the phage inactivation reaction caused by active oxygens,   1994年
  • Medical, Biological and Chemical Aspects of Free Radicals, vol 2, Kobayashi (Takebe), S., Ueda, K., Morita, J., Komano, T., 分担執筆, DNA damage induced by free radicals generated from hydroperoxide, Elsevier Scince Publishers B.V., Amsterdam,   1989年

講演・口頭発表等

  • Mosquitocidal activity of parasporin type 33-kDa Cry protein from Bacillus thuringiensis isolated in Japan, Sho Ueda, Ayako Negoro, Masatoshi Ota, Ami Kurokawa, Jun Makimoto, Yoshinao Azuma, Tohru Hayakawa, So TAKEBE, 15th International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology,   2017年07月17日
  • Bacillus thuringiensis TK-E6株由来のCry46Abの殺ボウフラ活性, 植田 翔,黒川亜美,槇本 純,東 慶直,早川 徹,武部 聡, 第61回日本応用動物昆虫学会大会,   2017年03月28日
  • 微生物殺虫剤Bacillus thuringiensisの巨大プラスミドの構造変化と娘細胞への分配, 野澤貴洋、岩崎 誠、武部 聡、千 菊夫, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月18日
  • ボウフラに対して食毒性を示す非3-ドメインCry型33-kDaタンパク質, 植田 翔,根来綾子,大田雅俊,黒川亜美,槇本 純,東 慶直,早川 徹,武部 聡, 第12回 昆虫病理研究会シンポジウム,   2016年09月16日
  • Mosquitocidal activity of non-3-domain Cry type 33-kDa protein from Bacillus thuringiensis isolated in Japan, Sho Ueda, Ayako Negoro, Masatoshi Ota, Ami Kurokawa, Jun Makimoto, Yoshinao Azuma, Tohru Hayakawa, So Takebe, 49th Annual Meeting of the Society for Invertebrate Pathology,   2016年07月
  • Omics analyses for Hyper Glucose-Tolerance using Acetic Acid Bacteria, 波多野 裕美、武部 聡、松下 一信、東 慶直, American Institute of Chemical Engineers (AIChE),   2016年06月
  • Molecular Engagements for Hyper Glucose-Tolerance of Acetic Acid Bacteria, Tanticharoenia sakaeratensis and Asaia bogorensis, 波多野 裕美、岡本 成平、武部 聡、松下 一信、東 慶直, The American Society for Microbiology (ASM) ,   2016年06月
  • 殺ボウフラ活性を示すBacillus thuringiensis TK-E6株がもつ巨大プラスミドの殺虫タンパク質遺伝子群の構成, 植田 翔、冨田佳捺衣、稲盛香織、野田麻友、東 慶直、武部 聡, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月30日
  • Complete genome and RNA-seq analyses of Asaia bogorensis reveal unique response to culture with mammalian cells, 河合 幹彦、東裏 典枝、早崎 君江、岡本 成平、高見 晶子、平川 英樹、武部 聡、松下 一信、東 慶直, 新学術領域研究 マトリョーシカ型進化原理,   2015年09月
  • Bacillus thuringiensis TK-E6が産生する非3-ドメイン型Cryタンパク質の殺ボウフラ活性, 根来綾子、江草佳務、上林智仁、早崎君江、岡本成平、東 慶直、早川 徹、武部 聡, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月27日
  • 日和見病原菌Asaia bogorensisの環境適応遺伝子群, 河合 幹彦、東裏 典枝、早崎 君江、平川 英樹、武部 聡、松下 一信、東 慶直, 第9回日本ゲノム微生物学会年会,   2015年03月06日, ゲノム微生物学会
  • 細胞融合および育種による耐熱性酢酸菌を用いた食酢醸造試験, 岡本 成平、山本 美佳、塩村 紗奈、熊田 彩花、西村 芽伊、状家 佳苗、武部 聡、田村 章弘、東 慶直, 酢酸菌研究会・乳酸菌学会合同研究集会,   2014年12月05日, 酢酸菌研究会
  • Genome and RNA-seq analyses of Asaia bogorensis reveal adaptive responses as an opportunistic pathogen, 河合 幹彦、東裏 典枝、早崎 君江、平川 英樹、武部 聡、松下 一信、東 慶直, 酢酸菌研究会・乳酸菌学会合同研究集会,   2014年12月05日, 酢酸菌研究会
  • 全ゲノム解析とRNA-seq解析によって明らかになった酢酸菌Asaia bogorensisの新規ストレス応答遺伝子群, 河合 幹彦、東裏 典枝、早崎 君江、岡本 成平、平川 英樹、武部 聡、松下 一信、東 慶直, 第37回日本分子生物学会年会,   2014年11月25日, 日本分子生物学会
  • Unique stress-responsible genes of alphaproteobacterial Asaia bogorensis revealed by whole genome sequencing and RNA-seq, Mikihiko Kawai, Norie Higashiura, Kimie Hayasaki, Naruhei Okamoto, Hideki Hirakawa, So Takebe, Kazunobu Matsushita, Yoshinao Azuma, 第37回日本分子生物学会年会,   2014年11月25日
  • 実験室改良耐熱性酢酸菌の社会実装に向けた食酢醸造の試み, 岡本 成平、山本 美佳、塩村 紗奈、熊田 彩花、西村 芽伊、状家 佳苗、武部 聡、田村 章弘、東 慶直, 第25回大学間交流会,   2014年10月25日
  • 酢酸菌Asaia bogorensisの日和見病原性を規定する候補遺伝子群のゲノム解析とRNA-seq解析による同定, 河合 幹彦、東裏 典枝、早崎 君江、平川 英樹、武部 聡、松下 一信、東 慶直, 第25回大学間交流会,   2014年10月25日
  • 殺ボウフラ活性を示すBacillus thuringiensis TK-E6株が持つcry32遺伝子群の構成とゲノム配置, 武部 聡, 第11回昆虫病理研究会シンポジウム,   2014年09月19日, 昆虫病理研究会
  • Gene organization of large plasmids of novel mosquitocidal Bacillus thuringiensis TK-E6, 2014 International Congress on Invertebrate Pathology and Microbial Control & 47th Annual Meeting of the Society for Invertebrate Pathology ,   2014年08月, 招待有り, SIP
  • 和見感染症の原因となる酢酸菌A. bogorensisの全ゲノム配列解析, 東裏 典枝、早崎 君江、中西 梓、波多野 裕美、平川 英樹、武部 聡、松下 一信、東 慶直, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月05日
  • Genome analyses for hyper glucose tolerance of acetic acid bacteria, Tanticharoenia sakaeratensis and Asaia bogorensis, 波多野 裕美、岡本 成平、東裏 典枝、平川 英樹、武部 聡、松下 一信、東 慶直, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月05日
  • Draft Genomic DNA Sequence of the Facultatively Methylotrophic Bacterium Acidomonas methanolica type strain MB58, 酢酸菌研究会 第5回研究集会,   2013年10月
  • Genome analyses for hyper glucose tolerance of acetic acid bacteria, Tanticharoenia sakaeratensis and Asaia bogorensis., 2013年度日本農芸化学会大会,   2013年03月27日
  • 病原性酢酸菌Asaia bogorensisのゲノム解析, 東裏 典枝、波多野 裕美、高見 晶子、平川 英樹、武部 聡、松下 一信、東 慶直, 第7回日本ゲノム微生物学会年会,   2013年03月08日
  • 酢酸菌のストレス応答に関するゲノム解析〜耐糖性の例〜, 波多野 裕美、東裏 典枝、高見 晶子、平川 英樹、武部 聡、松下 一信、東 慶直, 第7回日本ゲノム微生物学会年会,   2013年03月08日
  • Genome analyses for hyper glucose tolerance of acetic acid bacteria, Tanticharoenia sakaeratensis and Asaia bogorensis., 第35回日本分子生物学会年会,   2012年12月14日
  • 酢酸菌の耐熱化,あれやこれや, 波多野 裕美、山崎 万愛、高見 晶子、東裏 典枝、武部 聡、松下 一信、東 慶直, 山口大学 第4回 発酵微生物部門セミナー,   2012年12月08日
  • Genome analyses for hyper glucose tolerance of an acetic acid bacteria, Tanticharoenia sakaeratensis and Asaia bogorensis, 第4回酢酸菌研究会,   2012年11月10日
  • Genome analysis for hyper glucose tolerance of acetic acid bacteria, Tanticharoenia sakaeratensis and Asaia bogorensis., 3rd International Meeting of Acetic Acid Bacteria,   2012年04月12日
  • 酢酸菌Tanticharoenia sakaeratensisの有する高濃度グルコース耐性に対するゲノム解析, 波多野 裕美、平川 英樹、松下 一信、武部 聡、東 慶直, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月24日
  • degenerate PCRを用いたBacillus thuringiensis由来の殺虫タンパク質遺伝子の検出と単離, 森村 夏花、波多野 裕美、久保 友梨佳、小宮 浩史、唐谷 ゆふ、東 慶直、武部 聡, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月23日
  • 高濃度グルコース耐性酢酸菌Tanticharoenia sakaeratensisのゲノム・プロテオーム解析, 波多野 裕美、武部 聡、東 慶直, 第34回日本分子生物学会年会,   2011年12月14日
  • Genome and proteome analyses for hyper glucose tolerance of an acetic acid bacterium, Tanticharoenia sakaeratensis, The IUMS 2011 Sapporo Congress,   2011年09月07日
  • Degenerate PCR based search for genes encoding insecticidal proteins of Bacillus thuringiensis, The IUMS 2011 Sapporo Congress,   2011年09月07日, 国際微生物学会
  • 高濃度グルコース耐性菌Tanticharoenia sakaeratensisのプロテオーム解析, 波多野 裕美、武部 聡、東 慶直, 日本農芸化学会関西支部第469回講演会,   2011年05月28日
  • Bacillus thuringiensisがもつ新規殺虫タンパク質遺伝子の探索及び構造解析, 唐谷 ゆふ、佐藤 一樹、東 慶直、武部 聡, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会,   2010年12月
  • タンパク質安定化因子4AaCterタグを導入したBt用発現ベクターの構築, 佐藤 一樹、杉森 勇太、唐谷 ゆふ、東 慶直、石田 達彦、早川 徹、酒井 裕、武部 聡, 第9回昆虫病理研究会シンポジウム第16回BT研究会合同大会,   2010年09月
  • 殺虫性を示すBt 3菌株がもつcry遺伝子のdegenerate PCRによる探索, 唐谷 ゆふ、佐藤 一樹、東 慶直、武部 聡, 第9回昆虫病理研究会シンポジウム第16回BT研究会合同大会,   2010年09月
  • Degenerate PCR based search for genes encoding insecticidal proteins of Bacillus thuringiensis, 43rd Annual meeting of the society for invertebrate pathology,   2010年07月, 招待有り
  • Bacillus thuringiensisがもつ殺虫タンパク質遺伝子のdegenerate PCRによる探索及び構造解析, 唐谷 ゆふ、東 慶直、武部 聡, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月
  • 細胞損傷タンパク質MM29kDの活性決定領域, 酒井 裕, 武部 聡, 早川 徹 阪本 佳樹 松井 亮祐 松村 祐介 中野 加奈子 小塚 昌弘 山際 雅詩 , 千 菊夫, 第13回BT研究会,   2007年09月, 第13回BT研究会
    概要:Bacillus thuringiensis MM50G2株から単離された細胞損傷性タンパク質MM29kDの作用部位に寄与する領域を検討するため、N-末端およびC-末端からの欠失変異タンパク質を多数調製し、細胞損傷能を調べた。N-末端からは6アミノ酸残基以上の欠失により活性が失われ、C-末端からは9残基欠失により活性が高くなるが、17残基欠失すると殆ど活性は認められなくなった。
  • Bacillus thuringiensis subsp. medellinから見つかった新規cry遺伝子の構造解析, 宮城 大典, 谷口 裕一, 森 優樹, 春日井 昭善, 田中 彰一, 武部 聡, 第13回BT研究会,   2007年09月, 第13回BT研究会
    概要:Bt medellinのプラスミドおよびゲノムを鋳型としてcry遺伝子の探索をdegenerate PCRにより行ったところ、既知遺伝子と相同性をもつDNA断片が2つ検出された。それぞれのDNA断片から遺伝子の完全長を単離し塩基配列を決定したところ、どちらも新規な遺伝子であったが、ORF内にフレームシフトが入った偽遺伝子と思われた。
  • Bt TK-E6株がもつ新規cry遺伝子のExclusive PCRによる探索, 福岡 美菜子, 川﨑 龍人, 三宅 恭平, 田中 彰一, 岩山 順, 武部 聡, 第13回BT研究会,   2007年09月, 第13回BT研究会
    概要:Bt TK-E6株はボウフラに対して強い殺虫活性を示す。この菌株からはdegenerate PCRにより多くのcry遺伝子が単離されたが、それらの産物には強い殺ボウフラ活性を持つ者がないことから、まだ未検出の遺伝子の存在が示唆されていた。そこで、これら既知遺伝子からの増幅を除外するexclusive PCRを行ったところ、新たなcry遺伝子を単離することができた。
  • 分子レベルで見る遺伝子組換えの安全性ーBT剤はどのようにして標的昆虫を見極めるのか-, 武部 聡, 食の安全を支える技術研究交流会,   2006年12月, 食の安全を支える技術研究交流会
    概要:GM作物にも使われるBtの殺虫タンパク質およびその遺伝子を例に、タンパク質の殺虫活性の昆虫目特異性の分子レベルでの最新の研究を紹介した。
  • Characterization of novel cry genes from mosquitocidal Bacillus thuringiensis strain TK-E6, 武部 聡, 岩山 順, 森永 真二, 駒野 徹, 酒井 裕 山際 雅詩 八杉 光一, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology,   2006年06月, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology
    概要:土壌から分離した新規Bacillus thuringiensis TK-E6はボウフラに対する殺虫活性を有し、特に熱帯シマ蚊幼生に対して強い殺虫活性を示した。この菌株から3種の新規殺虫タンパク質遺伝子を単離し、Bt細胞を用いた発現系により調製した殺虫タンパク質の殺ボウフラ活性を検討した。
  • A novel cytotoxic protein MM29kD from Bacillus thuringiensis, Masahiro Kozuka, 武部 聡, Yuji Nakayama Kenta Tsunekuni 山際 雅詩 早川 徹 酒井 裕, 千 菊夫, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology,   2006年06月, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology
    概要:新規Bacillus thuringiensis菌MM50G2が生産する29kDaタンパク質はガン細胞特異的な細胞損傷作用を示す。このタンパク質の活性ドメインを決定した。
  • 微生物に由来する新規細胞損傷タンパク質の白血病癌細胞に対する作用, 小塚 昌弘, 武部 聡, 中山 裕司 常國 健太 山際 雅詩 早川 徹 酒井 裕, 日本農芸化学会2006年度大会,   2006年03月, 日本農芸化学会2006年度大会
    概要:新規Bacillus thuringiensis菌 MM50G2が産生する細胞損傷タンパク質MM29kDが高い損傷活性を示すヒト白血病癌細胞Jurkatから、MM29kDと結合する約40kDaのGPIアンカータンパク質を検出した。
  • Bacillus thuringiensis TK-E6株が保有するcry遺伝子は複数の巨大プラスミドに分かれて乗っている, 武部 聡, 向井 真也, 谷 和朋, 泉本 洋平, 大谷 謙二, 駒野 徹, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会年会
    概要:本研究室が土壌から分離した新規Bacillus thuringiensis TK-E6は100kbp以上の巨大プラスミドを複数持ち、そのうちの3つ以上のプラスミドから殺虫タンパク質遺伝子cryと相同性のある配列が検出された。Btは複数の巨大プラスミドを持つものが多いが、cry遺伝子はそのうちの一つにまとまって乗っていると考えられていた。今回のように複数のプラスミドに分散して乗っているという例は本菌以外に報告されていない。
  • Bacillus thuringiensis に由来する新規細胞損傷タンパク質, 小塚 昌弘, 武部 聡, 駒野 徹, 中山 裕司 常國 健太 山際 雅詩 早川 徹 酒井 裕, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会年会
    概要:本研究室で活性汚泥から分離した新規Bacillus thuringiensis MM-50G2株は白血病ガン細胞に対して強い細胞損傷作用を示した。その作用分子として単離したタンパク質MM29kDaの活性ドメインを欠失変異体から検討し、また、標的細胞の受容体分子の探索も行った。
  • 新規細胞損傷タンパク質MM29kDの作用機構, 木村 まゆみ, 武部 聡, 駒野 徹, 山際 雅詩 早川 徹 酒井 裕, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会年会
    概要:Bacillus thuringiensis MM50G2株から単離された細胞損傷性タンパク質MM29kDの作用部位に寄与する領域を検討するため、ランダムに変異を導入したタンパク質を多数調製し、細胞損傷能をMTT assayにより調べた。細胞損傷能が増強された変異タンパク質から、細胞膜結合性が損傷作用の増強に寄与していることが示唆された。
  • 土壌細菌Bacillus thuringiensis が産生する昆虫目特異的殺虫タンパク質(Cry)の作用機序, 武部 聡, 近畿作物育種研究会シンポジウム,   2005年12月, 近畿作物育種研究会シンポジウム
    概要:生物農薬や遺伝子組換え作物の遺伝子ドナーとして利用されるBacillus thuringiensis が産生する殺虫タンパク質の昆虫に対する作用機構を解説した。
  • Improved technique for refining the crystal of Bacillus thuringiensis by NaBr gradient centrifugation, 武部 聡, 森永 真二, 水橋 輝, 駒野 徹, 6th Pacific Rim Conference on the Biotechnology of Bacillus thuringiensis,   2005年11月, 6th Pacific Rim Conference on the Biotechnology of Bacillus thuringiensis
    概要:NaBr密度勾配遠心法を用いたBacillus thuringiensisが産生する殺虫タンパク質顆粒の精製法を確立した。30-40%NaBr連続密度勾配を用いて細胞破砕物を分離すると、タンパク質顆粒は単一のメジャーバンドとして回収することができた。これには胞子の混入等は見られず、精製前と同程度の殺虫活性を有していた。
  • 殺ボウフラ活性を示すBt菌から単離した新規cry遺伝子の機能解析1-cry遺伝子の単離と発現, 土家 大輔, 武部 聡, 横尾 尚哉, 水橋 輝, 松村 剛, 駒野 徹, 日本農芸化学会,   2005年03月, 日本農芸化学会
  • 殺ボウフラ活性を示すBt菌から単離した新規cry遺伝子の機能解析2-Cryタンパク質の精製と殺虫検定, 森永 真二, 武部 聡, 八杉 光一, 土家 大輔, 水橋 輝, 駒野 徹, 日本農芸化学会,   2005年03月, 日本農芸化学会
  • Bacillus thuringiensis由来新規クリスタルタンパク質の哺乳類細胞に対する細胞損傷能, 酒井 裕, 武部 聡, 駒野 徹, 常國 健太 山際 雅詩, 日本分子生物学会,   2004年12月, 日本分子生物学会
    概要:新規bacillus thuringiensis菌株MM50G2から調製した29 kDaタンパク質は、ヒト白血病ガン細胞Jurkatに対して強い細胞損傷能を示した。そこで、29 kDaタンパク質の細胞膜への結合特性を検討したところ、Jurkat細胞膜への特異的な結合が示唆された。
  • 新規細胞損傷タンパク質MM29kDのC末端側領域における変異体の作製と機能解析, 木村 まゆみ, 武部 聡, 駒野 徹, 酒井 裕 山際 雅詩, 日本分子生物学会,   2004年12月, 日本分子生物学会
    概要:新規bacillus thuringiensis菌株MM50G2が産生する29 kDaタンパク質のヒト白血病ガン細胞Jurkatに対する細胞損傷能を検討するため、C-末端側半分の領域にランダムミューテーションを導入して細胞損傷能が増強されたものを選抜した。変異タンパク質のひとつは、4つのアミノ酸残基が置換されていた。
  • Bt. TK-E6から単離された3つのcry遺伝子は、それぞれ異なるプラスミド上にある, 武部 聡, 駒野 徹, 谷 和朋, 土家 大輔, 第10回BT研究会,   2004年09月, 第10回BT研究会
    概要:双翅目昆虫特異的な殺虫活性を示すBacillus thuringiensis TK-E6から単離した3つの遺伝子のプラスミドゲノム上の配置を調べるため、パルスフィールド電気泳動法でプラスミド画分を分離し、サザンハイブリダイゼーション法で各遺伝子の位置を検討したところ、3つの遺伝子はそれぞれ異なるプラスミド上にあることが示唆された。
  • Bacillus thuringiensis TK-E6 株由来新規細胞損傷タンパク質の機能解析, 小谷洋介、山際雅詩、武部 聡、駒野 徹、酒井 裕, 日本農芸化学会中四国支部 第8回講演会,   2004年01月24日
  • Characterization of Novel cry Genes Isolated from Mosquitocidal Bacillus thuringiensis Strain, 武部 聡, 駒野 徹, 松村剛, 水橋輝, 山際雅詩 酒井裕, M. A. F. Abdullah D. H. Dean, 5th Pacific Rim Conference on the Biotechnology of Bacillus thuringiensis and its Environmental Impact(ハノイ),   2003年11月, 5th Pacific Rim Conference on the Biotechnology of Bacillus thuringiensis and its Environmental Impact(ハノイ)
    概要:日本の土壌から分離した新規Bt 菌TK.E6 は、マラリアを媒介するハマダラカや黄熱病を媒介するネッタイシマカに対して強い殺虫活性を示した。この菌株から3 つの新しいcry 遺伝子を単離し、その産物であるタンパク質の殺虫活性を検討した。
  • Research on Mosquitocidal Toxins from Bacillus thuringiensis, 武部 聡, 駒野 徹, 水橋輝, 横尾尚哉, 山際雅詩 酒井裕, M. A. F. Abdullah D. H. Dean, 第9 回BT 研究小集会(岡山),   2003年09月, 第9 回BT 研究小集会(岡山)
    概要:私たちの研究室で分離した新規Bt 菌の殺虫活性及び、この菌株から単離した3 つの新規cry 遺伝子について報告した。合わせて、D. H. Dean 教授の研究室での成果も紹介した。
  • 双翅目昆虫特異的な活性をもつBacillus thuringiensis TK-1F9の殺虫タンパク質遺伝子の構造及び配置, 駒野 徹, 武部 聡, 杉浦公彦, 櫻井義浩, 宮国学, 他4名, BT研究小集会 BT研究の最前線(富士吉田),   2002年09月, BT研究小集会    BT研究の最前線(富士吉田)
    概要:新しく単離したBT TK?1F9株のもつプラスミドを解析し、双翅目昆虫に特異的に作用するCry4A、Cry4Bタンパク質を含む各種Cryタンパク質の遺伝子の配列を決定した。この結果に基づいて、既知のBTにおける遺伝子の配列と比較した。
  • 微生物由来の環境保全型害虫防除蛋白質に関する基盤研究, 武部 聡, 酒井裕, 姫野道夫 杉本憲治, 千菊夫, 生研機構 基礎研究推進事業成果発表会 (東京),   2002年03月, 生研機構 基礎研究推進事業成果発表会 (東京)
    概要:土壌細菌 Bacillus thuringiensis が産生する昆虫目特異的殺虫蛋白質を分子生物学的手法で調べ、 環境負荷の小さい害虫防除への利用を図るための知的基盤を構築した。
  • 殺虫タンパク質 Cry のグループ間保存配列を用いた degenerate プライマーによる cry 遺伝子の検出, 武部 聡, 駒野 徹, 泉本洋平, 松村剛, 日本農芸化学会 2002 年度大会 (仙台),   2002年03月, 日本農芸化学会 2002 年度大会 (仙台)
    概要:土壌細菌が産生する昆虫目特異的殺虫蛋白質の保存配列を用い、 数種類の cry グループを検出できる汎用性の高い degenerate プライマーを設計した。
  • 新規 Bacillus thuringiensis がもつ cry 遺伝子郡の degenerate PCR による探索, 武部 聡, 駒野 徹, 宮国学, 山根義晴, 杉浦公彦, 千菊夫, 日本農芸化学会 2002 年度大会 (仙台),   2002年03月, 日本農芸化学会 2002 年度大会 (仙台)
    概要:新規に分離した双翅目特異的殺虫活性を示す土壌細菌 Bacillus thuringiensis の cry 関連遺伝子群の構成を degenerate PCR で調べ、 既知菌株との相違を明らかにした。
  • Degenerate PCR based detection of novel cry genes in the soil bacteria, 武部 聡, 泉本洋平, 松村剛, 山根義晴, 杉浦公彦, 駒野 徹, 千菊夫, 4th Pacific Rim Conference on the biotechnology of Bacillus thuringiensis and its Environmental Impact (キャンベラ),   2001年11月, 4th Pacific Rim Conference on the biotechnology of Bacillus thuringiensis and its Environmental Impact (キャンベラ)
    概要:Bt 菌のスクリーニングには殺虫タンパク質遺伝子 (cry) を検出できる degenerate PCR 法が有効である。 この方法により、 新規 cry 遺伝子を 3 種保有する Bt 菌を分離した。 (英文)
  • degenerate PCR を用いた cry 遺伝子保有土壌細菌の迅速スクリーニング法, 武部 聡, 泉本洋平, 松村剛, 山根義晴, 杉浦公彦, 駒野 徹, 千菊夫, 生研機構公開講演会 「Bacillus thuringiensis の殺虫性クリスタル蛋白質とその作用」 (大阪),   2001年09月, 生研機構公開講演会 「Bacillus thuringiensis の殺虫性クリスタル蛋白質とその作用」 (大阪)
    概要:殺虫タンパク質の保存領域を検出するための degenerate プライマーを設計し、 PCR によるスクリーニングを行うと cry 遺伝子を保有する新規 Bt 菌を簡便かつ迅速に分離することが出来る。
  • 動物遺伝子 3′下流域配列の植物細胞における認識, 駒野 徹, 武部 聡, 酒井富久美, 他2名, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都),   2001年03月, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都)
    概要:動物の成長ホルモン (gGH) 遺伝子の 3′UTR を sGFP 遺伝子の 3′側に組み込み、 EP 法によってタバコ BY 2 プロトプラストへ導入した。 導入後 24 時間の細胞から抽出された転写産物の解析結果から、 正確な mRNA の合成を確認した。 gGH のシスの要因が植物でも機能した。
  • 土壌細菌がもつ殺虫タンパク質遺伝子群の degenerate PCR 法を用いた迅速スクリーニング, 武部 聡, 駒野徹, 森本昌幸, 山根義晴, 松浦公彦, 千菊夫 他2名, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都),   2001年03月, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都)
    概要:殺虫タンパク質 (Cry) ファミリーの保存領域を利用した degenerate PCR による迅速スクリーニング方を紹介した。
  • 新規 Bt 菌 TK E6 がもつ 3 つの cry 遺伝子の単離および大腸菌内での発現, 武部 聡, 駒野徹, 泉本洋平, 松村剛, 山際雅詩 酒井裕, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都),   2001年03月, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都)
    概要:双翅目殺虫活性をもつ新規 Bt 株 TK E6 から 3 つの cry 遺伝子を単離し C 末端に 6 × His を連結して大腸菌内に導入した。 His・タグ融合タンパク質の発現は、 ウェスタンブロッティングにより確認した。
  • 双翅目昆虫特異的 Bt トキシン Cry4A の殺虫特異性決定機構, 武部 聡, 駒野徹, 山際雅詩 酒井裕, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都),   2001年03月, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都)
    概要:双翅目昆虫特異的 Bt トキシンである Cry4A のアカイエカ幼虫中腸組織への結合は受容体への可逆的結合と膜への不可逆的反応の 2 段階で進む。 第 1 段階から第 2 段階への移行速度が特異性を決定していることを示唆した。

作品

  • 新規な有害双翅目昆虫特異的殺虫蛋白質を産生する BT 菌のスクリーニングと遺伝子解析,   1997年 - 2002年

MISC

  • 害虫にだけ効く環境負荷の低い微生物農薬, 武部 聡, SAFE くらしと地球と金融をつなぐ環境情報誌, 114, March.2016, 15, 15,   2016年03月, 招待有り
    概要:未来の環境研究に取り組む研究室を紹介ということで受けた取材記事。BT剤の選択毒性、微生物農薬としての将来性について紹介した。

特許

  • 殺軟体動物剤, 武部 聡、東 慶直, 特願2017-075021
  • 双翅目昆虫用殺虫剤, 武部 聡, 特願2016-216238
  • 新規な細菌、殺虫性タンパク質をコードする遺伝子及びタンパク質, 武部 聡, 特願2001-146729, 特開2002-335967, 特許第4753108号
  • 双翅目殺虫活性を有する結晶性タンパク質顆粒産生菌, 武部 聡, 特願2002-159692, 特許3854992

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 分泌型毒素の結晶化および細胞認識部位改変による水生有害生物駆除法の開発, 武部 聡
  • 新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業, 新規な有害双翅目昆虫特異的殺虫蛋白質を産生するBT菌のスクリーニングと遺伝子解析
  • Bacillus thuringiensisが産生する殺虫タンパク質の機能解析