KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

佐野 博幸サノ ヒロユキ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門呼吸器内科学、アレルギー学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/698-sano-hiroyuki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    気管支喘息の病態と治療。アレルギーの病態における好酸球機能解析。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1997年, 鳥取大学, 医学系研究科, 内科系専攻
  •  - 1991年, 鳥取大学, 医学部, 医学科

経歴

  •   1997年,  - 2000年,  シカゴ大学呼吸器内科 研究員
  •   2000年,  - 2004年,  鳥取大学医学部第三内科 助手
  •   2005年,  - 2013年,  近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科 講師
  •   2014年,  - 現在, 近畿大学(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 免疫学
  • 内科系臨床医学, 呼吸器内科学
  • 内科系臨床医学, 膠原病・アレルギー内科学

研究キーワード

  • 気管支喘息, 好酸球, アラキトン酸代謝

論文

  • Difference in Pro-Inflammatory Cytokine Responses Induced in THP1 Cells by Particulate Matter Collected on Days with and without ASIAN Dust Storms., Watanabe M, Kurai J, Sano H, Yamasaki A, Shimizu E, International journal of environmental research and public health, 12, 7, 7725, 7737,   2015年07月, 査読有り
  • Decreased Pulmonary Function in School Children in Western Japan after Exposures to Asian Desert Dusts and Its Association with Interleukin-8., Watanabe M, Noma H, Kurai J, Sano H, Saito R, Abe S, Kimura Y, Aiba S, Oshimura M, Yamasaki A, Shimizu E, BioMed research international, 2015, 583293,   2015年, 査読有り
  • Effects on asthma and induction of interleukin-8 caused by Asian dust particles collected in western Japan., Watanabe M, Kurai J, Tomita K, Sano H, Abe S, Saito R, Minato S, Igishi T, Burioka N, Sako T, Yasuda K, Mikami M, Kurita S, Tokuyasu H, Ueda Y, Konishi T, Yamasaki A, Aiba S, Oshimura M, Shimizu E, The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma, 51, 6, 595, 602,   2014年08月, 査読有り
  • Mediastinal fibrosis and positive antineutrophil cytoplasmic antibodies: coincidence or common etiology?, Santo H, Nishiyama O, Sano H, Kitaichi M, Kume H, Tohda Y, Internal medicine (Tokyo, Japan), 53, 3, 275, 277,   2014年, 査読有り
  • Influence of Asian dust particles on immune adjuvant effects and airway inflammation in asthma model mice., Kurai J, Watanabe M, Tomita K, Sano H, Yamasaki A, Shimizu E, PloS one, 9, 11, e111831,   2014年, 査読有り
  • Cavitary pulmonary cryptococcosis with an Aspergillus fungus ball., Makino Y, Nishiyama O, Sano H, Iwanaga T, Higashimoto Y, Kume H, Tohda Y, Internal medicine (Tokyo, Japan), 53, 23, 2737, 2739,   2014年, 査読有り
  • Effect of ambulatory oxygen on exertional dyspnea in IPF patients without resting hypoxemia., Nishiyama O, Miyajima H, Fukai Y, Yamazaki R, Satoh R, Yamagata T, Sano H, Iwanaga T, Higashimoto Y, Nakajima H, Kume H, Tohda Y, Respiratory medicine, 107, 8, 1241, 1246,   2013年08月, 査読有り
  • A scoring algorithm for predicting the presence of adult asthma: a prospective derivation study., Tomita K, Sano H, Chiba Y, Sato R, Sano A, Nishiyama O, Iwanaga T, Higashimoto Y, Haraguchi R, Tohda Y, Primary care respiratory journal : journal of the General Practice Airways Group, 22, 1, 51, 58,   2013年03月, 査読有り
  • [Clinical microbiological investigation of vancomycin intermediate Staphylococcus aureus during glycopeptide therapy]., Toda H, Yamaguchi T, Miyara T, Hisato A, Matsushima T, Shimada T, Sano H, Nakae K, Kamisako T, Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases, 86, 6, 734, 740,   2012年11月, 査読有り
  • Association between episodes of upper respiratory infection and exacerbations in adult patients with asthma., Tomita K, Sano H, Iwanaga T, Ishihara K, Ichinose M, Kawase I, Kimura H, Hirata K, Fujimura M, Mishima M, Tohda Y, The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma, 49, 3, 253, 259,   2012年04月, 査読有り
  • STAT6 expression in T cells, alveolar macrophages and bronchial biopsies of normal and asthmatic subjects., Tomita K, Caramori G, Ito K, Sano H, Lim S, Oates T, Cosio B, Chung KF, Tohda Y, Barnes PJ, Adcock IM, Journal of inflammation (London, England), 9, 5,   2012年03月, 査読有り
  • グリコペプチド系抗菌薬を投与中に検出されたvancomycin intermediate Staphylococcus aureusの臨床微生物学的解析, 上硲 俊法, 戸田宏文, 山口逸弘, 宮良 高維, 久斗章宏, 松島知秀, 嶋田 高広, 佐野 博幸, 中江健市, 感染症学雑誌, 86, 6, 734, 740,   2012年
  • Clinical and inflammatory factors associated with body mass index in elderly patients with chronic obstructive pulmonary disease., Higashimoto Y, Yamagata T, Honda N, Satoh R, Sano H, Iwanaga T, Miyhara T, Muraki M, Tomita K, Tohda Y, Fukuda K, Geriatrics & gerontology international, 11, 1, 32, 38,   2011年01月, 査読有り
  • Activation of the prefrontal cortex is associated with exertional dyspnea in chronic obstructive pulmonary disease., Higashimoto Y, Honda N, Yamagata T, Matsuoka T, Maeda K, Satoh R, Nishiyama O, Sano H, Iwanaga T, Miyara T, Muraki M, Tomita K, Kume H, Miyai I, Tohda Y, Fukuda K, Respiration; international review of thoracic diseases, 82, 6, 492, 500,   2011年, 査読有り
  • Effects of a cysteinyl leukotriene dual 1/2 receptor antagonist on antigen-induced airway hypersensitivity and airway inflammation in a guinea pig asthma model., Muraki M, Imbe S, Santo H, Sato R, Sano H, Iwanaga T, Tohda Y, International archives of allergy and immunology, 155 Suppl 1, 90, 95,   2011年, 査読有り
  • A nocturnal decline of salivary pH associated with airway hyperresponsiveness in asthma., Watanabe M, Sano H, Tomita K, Yamasaki A, Kurai J, Hasegawa Y, Igishi T, Okazaki R, Tohda Y, Burioka N, Shimizu E, The journal of medical investigation : JMI, 57, 3-4, 260, 269,   2010年08月, 査読有り
  • The strategy for predicting future exacerbation of asthma using a combination of the Asthma Control Test and lung function test., Sato R, Tomita K, Sano H, Ichihashi H, Yamagata S, Sano A, Yamagata T, Miyara T, Iwanaga T, Muraki M, Tohda Y, The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma, 46, 7, 677, 682,   2009年09月, 査読有り
  • Repressed ileal artery aneurysms in Churg-Strauss syndrome following combination treatment with glucocorticoid and cyclophosphamide., Yamasaki A, Tomita K, Fujii Y, Hasegawa Y, Watanabe M, Sano H, Okazaki R, Ouchi Y, Nakamura S, Shimizu E, Rheumatology international, 29, 3, 335, 337,   2009年01月, 査読有り
  • Circadian rhythms in the CNS and peripheral clock disorders: function of clock genes: influence of medication for bronchial asthma on circadian gene., Burioka N, Fukuoka Y, Takata M, Endo M, Miyata M, Chikumi H, Tomita K, Kodani M, Touge H, Takeda K, Sumikawa T, Yamaguchi K, Ueda Y, Nakazaki H, Suyama H, Yamasaki A, Sano H, Igishi T, Shimizu E, Journal of pharmacological sciences, 103, 2, 144, 149,   2007年02月, 査読有り
  • Treatment with beta2-adrenoceptor agonist in vivo induces human clock gene, Per1, mRNA expression in peripheral blood., Burioka N, Takata M, Endo M, Miyata M, Takeda K, Chikumi H, Tomita K, Fukuoka Y, Nakazaki H, Sano H, Shimizu E, Chronobiology international, 24, 1, 183, 189,   2007年, 査読有り
  • 学生のための英語教材によるClinical Pathological Conference(CPC)の効果, 前田 裕弘, 林 孝浩, 川畑 由美子, 大野 恭裕, 北野 雅之, 宮本 勝一, 西郷 和真, 三井 良之, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 佐野 博幸, 船内 正憲, 辰巳 陽一, 松尾 理, 近畿大医誌, 32, 1, 57, 63,   2007年
  • [A case of acute pulmonary thromboembolism accompanied by anomalous inferior vena cava with azygous continuation]., Kitaguchi S, Miyara T, Ueda T, Tsuji F, Sano H, Iwanaga T, Muraki M, Kubo H, Tohda Y, Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society, 44, 12, 957, 961,   2006年12月, 査読有り
  • 下大静脈欠損・奇静脈結合を伴った急性肺血栓塞栓症の一例, 北口 佐也子, 宮良 高維, 上田 朋子, 辻 文生, 佐野 博幸, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 44, 12, 957, 961,   2006年12月
  • 喫煙の全身に及ぼす影響, 北口 佐也子, 佐野 博幸, 東田 有智, 総合臨床, 55, 10, 2435, 2438,   2006年10月
  • 日本語版Asthma Control Test:喘息コントロールテストによる喘息コントロール状態の判定に関する有用性の検討, 東田 有智, 久保 裕一, 村木 正人, 岩永 賢司, 宮良 高維, 佐野 博幸, アレルギー・免疫, 13, 5, 72, 79,   2006年05月
  • Dexamethasone inhibits phosphorylation of histone H3 at serine 10., Hasegawa Y, Tomita K, Watanabe M, Yamasaki A, Sano H, Hitsuda Y, Shimizu E, Biochemical and biophysical research communications, 336, 4, 1049, 1055,   2005年11月, 査読有り
  • Underrecognition of the severity of asthma and undertreatment of asthma in a rural area of Japan., Tomita K, Hanaki K, Hasegawa Y, Watanabe M, Sano H, Igishi T, Burioka N, Hitsuda Y, Horimukai K, Fukutani K, Sugimoto Y, Yamamoto M, Kato K, Ikeda T, Konishi T, Tokuyasu H, Kawasaki Y, Yajima H, Sejima H, Isobe T, Takabatake T, Shimizu E, San-in Asthma Research Group, The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma, 42, 8, 689, 696,   2005年10月, 査読有り
  • The Totton-Ken Seibu earthquake and exacerbation of asthma in adults., Tomita K, Hasegawa Y, Watanabe M, Sano H, Hitsuda Y, Shimizu E, The journal of medical investigation : JMI, 52, 1-2, 80, 84,   2005年02月, 査読有り
  • ERK activation and subsequent RB phosphorylation are important determinants of the sensitivity to paclitaxel in lung adenocarcinoma cells., Suyama H, Igishi T, Sano H, Matsumoto S, Shigeoka Y, Nakanishi H, Endo M, Burioka N, Hitsuda Y, Shimizu E, International journal of oncology, 24, 6, 1499, 1504,   2004年06月, 査読有り
  • Elevated urinary 8-hydroxydeoxyguanosine, a biomarker of oxidative stress, and lack of association with antioxidant vitamins in chronic obstructive pulmonary disease., Igishi T, Hitsuda Y, Kato K, Sako T, Burioka N, Yasuda K, Sano H, Shigeoka Y, Nakanishi H, Shimizu E, Respirology (Carlton, Vic.), 8, 4, 455, 460,   2003年12月, 査読有り
  • [Cavitary pulmonary metastasis from bladder cancer: a case report]., Yamasaki A, Nakamoto M, Sano H, Yasuda K, Sako T, Watanabe M, Matsumoto S, Tomita K, Igishi T, Hitsuda Y, Shimizu E, Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society, 41, 2, 95, 98,   2003年02月, 査読有り
  • [A case of allergic bronchopulmonary mycosis caused by Schizophyllum commune]., Yamasaki A, Nishimura K, Sano H, Tomita K, Chikumi H, Watanabe M, Hitsuda Y, Shimizu E, Arerugi = [Allergy], 51, 5, 439, 442,   2002年05月, 査読有り
  • Regulation of eosinophil function by phosphatidylinositol-specific PLC and cytosolic PLA(2)., Sano A, Zhu X, Sano H, Muñoz NM, Boetticher E, Leff AR, American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology, 281, 4, L844, 51,   2001年10月, 査読有り
  • Role of mitogen-activated protein kinase-mediated cytosolic phospholipase A2 activation in arachidonic acid metabolism in human eosinophils., Zhu X, Sano H, Kim KP, Sano A, Boetticher E, Muñoz NM, Cho W, Leff AR, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 167, 1, 461, 468,   2001年07月, 査読有り
  • Extracellular signal-regulated kinase 1/2-mediated phosphorylation of cytosolic phospholipase A2 is essential for human eosinophil adhesion to fibronectin., Sano H, Zhu X, Sano A, Boetticher EE, Shioya T, Jacobs B, Munoz NM, Leff AR, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 166, 5, 3515, 3521,   2001年03月, 査読有り
  • Blockade of eosinophil migration and airway hyperresponsiveness by cPLA2-inhibition., Myou S, Sano H, Fujimura M, Zhu X, Kurashima K, Kita T, Nakao S, Nonomura A, Shioya T, Kim KP, Munoz NM, Cho W, Leff AR, Nature immunology, 2, 2, 145, 149,   2001年02月, 査読有り
  • [Lung cancer metastasis to the gingiva]., Watanabe M, Yasuda K, Tomita K, Kato K, Sako T, Sano H, Yamasaki A, Hitsuda Y, Shimizu E, Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society, 39, 1, 50, 54,   2001年01月, 査読有り
  • Augmentation of eosinophil degranulation and LTC(4) secretion by integrin-mediated endothelial cell adhesion., Muñoz NM, Hamann KJ, Rabe KF, Sano H, Zhu X, Leff AR, The American journal of physiology, 277, 4 Pt 1, L802, 10,   1999年10月, 査読有り
  • Cytosolic phospholipase A2 activation is essential for beta 1 and beta 2 integrin-dependent adhesion of human eosinophils., Zhu X, Muñoz NM, Kim KP, Sano H, Cho W, Leff AR, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 163, 6, 3423, 3429,   1999年09月, 査読有り
  • Inhibition of cPLA2 translocation and leukotriene C4 secretion by fluticasone propionate in exogenously activated human eosinophils., Sano A, Muñoz NM, Sano H, Choi J, Zhu X, Jacobs B, Leff AR, American journal of respiratory and critical care medicine, 159, 6, 1903, 1909,   1999年06月, 査読有り
  • Upregulated surface expression of intracellularly sequestered Igepsilon receptors (FcepsilonRII/CD23) following activation in human peripheral blood eosinophils., Sano H, Muñoz NM, Sano A, Zhu X, Herrnreiter A, Choi J, Leff AR, Proceedings of the Association of American Physicians, 111, 1, 82, 91,   1999年01月, 査読有り
  • Multiple regression analysis of airway responsiveness in adult asthmatic patients., Tomita K, Suyama A, Igawa K, Katou K, Yamasaki A, Kometani Y, Sano H, Nagata K, Sasaki T, The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma, 35, 1, 79, 87,   1998年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • マイクロサンプリングプローブを用いた気道被覆中のtelithromycin 濃度測定 , 宮良 高維, 上田 朋子, 池田 容子, 山藤 緑, 佐藤 隆司, 市橋秀夫, 辻 文生, 佐野 博幸, 岩永 賢司, 原口 龍太, 久保 裕一, 東田 有智, 第28回日本呼吸器内視鏡学会総会,   2005年06月, 第28回日本呼吸器内視鏡学会総会
  • 高齢者喘息における症状感受性についいての検討, 辻 文生, 市橋 秀夫, 池田 容子, 大森 隆, 上田 朋子, 山藤 緑, 佐藤 隆司, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 原口 龍太, 久保 裕一, 東田 有智, 第17回日本アレルギー学会春季大会,   2005年06月, 第17回日本アレルギー学会春季大会
  • 吸入指導の再教育期間, 久保 裕一, 市橋秀夫, 山片重良, 池田 容子, 北口 佐也子, 山藤 緑, 上田 朋子, 佐野 安希子, 辻 文生, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 東田 有智, 中島重徳, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2005年10月, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • Lidocaineの好酸球遊走能に及ぼす影響, 村木 正人, 市橋秀夫, 山片重良, 池田 容子, 北口 佐也子, 山藤 緑, 上田 朋子, 辻 文生, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 原口 龍太, 久保 裕一, 東田 有智, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2005年10月, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • ICS+LABA 併用療法の実際, 岩永 賢司, 辻 文生, 佐野 博幸, 宮良 高維, 村木 正人, 原口 龍太, 久保 裕一, 東田 有智, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2005年10月, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • 好酸球脱顆粒におけるPI-PLCおよびPC-PLC関与と細胞内Ca++調節の比較検討, 佐野 博幸, 佐野 安希子, 辻 文生, 市橋 秀夫, 宮良 高維, 岩永 賢司, 久保 裕一, 東田 有智, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2005年10月, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • 好酸球Phosphatidylcholineーspecific phospholipase C発現とアラキドン酸代謝調節機構への関与 , 佐野 安希子, 佐野 博幸, 市橋 秀夫, 池田 容子, 山藤 緑, 北口 佐也子, 辻 文生, 東田 有智, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2005年10月, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • 当科におけるGERD合併の気管支喘息患者の検討, 辻 文生, 市橋 秀夫, 池田 容子, 上田 朋子, 山藤 緑, 佐野 安希子, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 原口 龍太, 久保 裕一, 東田 有智, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2005年10月, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • 気管支平滑筋収縮に対するβ交感神経刺激薬と抗コリン薬の併用効果, 久保 裕一, 内藤 映理, 山片 重良, 市橋 秀夫, 池田 容子, 北口 佐也子, 上田 朋子, 山藤 緑, 佐野 安希子, 辻 文生, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 東田 有智, 第57回日本気管食道科学会総会,   2005年11月, 第57回日本気管食道科学会総会
  • 胸水および心嚢液貯留をともなったStill病の1例, 上田 朋子, 宮良 高維, 池田 容子, 山片 重良, 市橋 秀夫, 内藤 映理, 北口 佐也子, 山藤 緑, 佐野 安希子, 辻 文生, 佐野 博幸, 岩永 賢司, 久保 裕一, 東田 有智, 第66回日本呼吸器学会・第96回日本結核病学会近畿地方会,   2005年12月, 第66回日本呼吸器学会・第96回日本結核病学会近畿地方会
  • 気管支喘息と鼻炎との関連, 久保 裕一, 内藤 映理, 山片重良 , 市橋秀夫 , 山藤 緑, 池田 容子, 北口 佐也子, 辻 文生, 佐野 安希子, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 東田 有智, 第18回日本アレルギー学会春季臨床大会,   2006年05月, 第18回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • CysLT受容体の分布とAHRの関連, 佐野 博幸, 市橋 秀夫, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第18回日本アレルギー学会春季臨床大会,   2006年05月, 第18回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • 好酸球増多症と気管支喘息で発症し、細気管支肺胞上皮癌と診断し得た一例, 北口 佐也子, 佐野 博幸, 内藤 映理, 市橋 秀夫, 山片 重良, 池田 容子, 山藤 緑, 佐野 安希子, 辻 文生, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第18回日本アレルギー学会春季臨床大会,   2006年05月, 第18回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • アセチルコリンによる気管平滑筋収縮に対するテオフィリン薬とβ交感神経刺激薬の上乗せ気管支拡張効果, 久保 裕一, 山片 重良, 市橋 秀夫, 内藤 映理, 池田 容子, 北口 佐也子, 山藤 緑, 佐野 安希子, 佐野 博幸, 辻 文生, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 東田 有智, 第46回日本呼吸器学会学術講演会,   2006年06月, 第46回日本呼吸器学会学術講演会
  • モルモット気道炎症と気道過敏症亢進に対するthophylline吸入の効果について, 村木 正人, 市橋 秀夫, 山片 重良, 池田 容子, 北口 佐也子, 山藤 緑, 佐野 安希子, 辻 文生, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 久保 裕一, 東田 有智, 第46回日本呼吸器学会学術講演会,   2006年06月, 第46回日本呼吸器学会学術講演会
  • 安定期気管支喘息患者のPEF経年変化と影響因子の解析, 佐野 博幸, 市橋 秀夫, 辻 文生, 佐野 安希子, 山片 重良, 内藤 映理, 池田 容子, 北口 佐也子, 山藤 緑, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 原口 龍太, 東田 有智, 第46回日本呼吸器学会学術講演会,   2006年06月, 第46回日本呼吸器学会学術講演会
  • 気管支喘息患者における症状感受性の検討, 辻 文生, 内藤 映理, 山片 重良, 市橋 秀夫, 池田 容子, 山藤 緑, 北口 佐也子, 佐野 安希子, 佐野 博幸, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第18回日本アレルギー学会春季臨床大会,   2006年06月, 第18回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • 睡眠時無呼吸症候群におけるAHIの重症度に寄与する因子についての検討, 内藤 映理, 佐野 博幸, 市橋 秀夫, 山片 重良, 池田 容子, 北口 佐也子, 上田 朋子, 山藤 緑, 佐野 安希子, 辻 文生, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第46回日本呼吸器学会学術講演会,   2006年06月, 第46回日本呼吸器学会学術講演会
  • 当科における自然気胸の治療期間に影響を及ぼす臨床的因子の検討, 池田 容子, 佐野 博幸, 内藤 映理, 山片 重良, 市橋 秀夫 , 北口 佐也子, 上田 朋子, 山藤 緑, 佐藤 隆司, 辻 文生, 村木 正人, 宮良 高維, 原口 龍太, 久保 裕一, 東田 有智, 第46回日本呼吸器学会学術講演会,   2006年06月, 第46回日本呼吸器学会学術講演会
  • 当院の看護師に対するインフルエンザワクチン接種効果, 宮良 高維, 上田 朋子, 池田 容子, 内藤 映理, 山片 重良, 市橋 秀夫, 佐藤 隆司, 佐野 博幸, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第49回日本感染症学会中日本地方会総会,   2006年10月, 第49回日本感染症学会中日本地方会総会
  • キサンチン製剤の気道炎症細胞に対する影響, 久保 裕一, 坂本 直哉, 西川 裕作, 市橋 秀夫, 山片 重良, 内藤 映理, 佐野 安希子, 北口 佐也子, 池田 容子, 佐藤 隆司, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 東田 有智, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2006年11月, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • 銀溶液のアトピー性皮膚炎に及ぼす影響, 岩永 賢司, 森 富美子, 内藤 映理, 池田 容子, 佐野 博幸, 宮良 高維, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 辻 文生, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2006年11月, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • 気管支喘息患者における総IgE値と肺機能の検討, 佐野 博幸, 内藤 映理, 市橋 秀夫, 山片 重良, 池田 容子, 佐藤 隆司, 佐野 安希子, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2006年11月, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • 銀溶液のアトピー性皮膚炎に及ぼす影響, 佐野 安希子, 佐野 博幸, 宮良 高維, 市橋 秀夫, 山片 重良, 岩永 賢司, 久保 裕一, 東田 有智, 長谷川順一, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2006年11月, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • 当科における小児喘息患者の気道過敏性に影響を及ぼす臨床的因子の検討, 池田 容子, 佐野 博幸, 市橋 秀夫, 山片 重良, 内藤 映理, 北口 佐也子, 佐野 安希子, 佐藤 隆司, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 東田 万智, 第56回日本アレルギー学会秋季大会,   2006年11月, 第56回日本アレルギー学会秋季大会
  • BinaxNowレジオネラ尿中抗原検査の検出限界近くで診断されたレジオネラ肺炎の一例, 池田 容子, 宮良 高維, 内藤 映理, 佐野 安希子, 佐藤 隆司, 佐野 博幸, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第68回日本呼吸器学会第98回日本結核病学会 近畿地方会 ,   2006年12月, 第68回日本呼吸器学会第98回日本結核病学会 近畿地方会 
  • 当科における肺炎球菌臨床分離株の感受性年次推移, 宮良 高維, 佐藤 隆司, 佐野 博幸, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 佐藤かおり, 戸田宏文, 第81回日本感染症学会総会,   2007年04月, 第81回日本感染症学会総会
  • キサンチン製剤の投与の違いによる気管平滑筋拡張効果, 久保 裕一, 坂本 直哉, 西川 裕作, 市橋 秀夫, 山片 重良, 内藤 映理, 佐野 安希子, 池田 容子, 佐藤 隆司, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 東田 有智, 第47回日本呼吸器学会学術講演会,   2007年05月, 第47回日本呼吸器学会学術講演会
    概要:気管支喘息の治療には、キサンチン製剤は気管支拡張作用ならびに抗炎症作用を有し、優れた薬剤である。今回は気管平滑筋収縮に対して、キサンチン製剤の投与方法の違いによる拡張効果を検討した。
  • 症状安定気管支喘息患者における呼気NOの有用性, 辻 文生, 中島 宏和, 中島 重徳, 佐野 博幸, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第47回日本呼吸器学会学術講演会,   2007年05月, 第47回日本呼吸器学会学術講演会
    概要:呼気NOは気道炎症のマーカーとして有用視されている.しかし,喘息症例がなく肺機能が以前に比べて変化がないにもかかわらず変動が大きかったり,また高め安定であったりする患者をよく経験する.今回我々は症状安定喘息患者において,呼気NOが高め安定群と低め安定群を比較し患者背景および肺機能における差異を検討した.
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者におけるREM睡眠中AHIとnonREM睡眠中AHIの検討, 村木 正人, 内藤 映理, 市橋 秀夫, 山片 重良, 池田 容子, 佐野 安希子, 佐藤 隆司, 辻 文生, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 原口 龍太, 久保 裕一, 東田 有智, 第47回日本呼吸器学会学術講演会,   2007年05月, 第47回日本呼吸器学会学術講演会
  • 当科における重症喘息症例の背景因子についての検討, 岩永 賢司, 西川 裕作, 坂本 直哉, 内藤 映理, 市橋 秀夫, 山片 重良, 池田 容子, 佐野 安希子, 佐藤 隆司, 佐野 博幸, 宮良 高維, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第47回日本呼吸器学会学術講演会,   2007年05月, 第47回日本呼吸器学会学術講演会
  • ロイコトリエン受容体拮抗薬が気管支喘息患者の年間憎悪日数に及ぼす影響, 佐野 博幸, 市橋 秀夫, 佐野 安希子, 西川 裕作, 内藤 映理, 山片 重良, 池田 容子, 佐藤 隆司, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第47回日本呼吸器学会学術講演会,   2007年05月, 第47回日本呼吸器学会学術講演会
  • Role of phosphatidylcholine-phospholipasa C(PC-PLC)and cytosolic phospholipase A2(cPLA)in sosinophil functions, 佐野 安希子, 佐野 博幸, 市橋 秀夫, 山片 重良, 岩永 賢司, 東田 有智, 第47回日本呼吸器学会学術講演会,   2007年05月, 第47回日本呼吸器学会学術講演会
  • 小児喘息患者の気道過敏性出現に影響を与える因子についての検討, 池田 容子, 佐野 博幸, 西川 裕作, 坂本 直哉, 内藤 映理, 市橋 秀夫, 山片 重良, 佐藤 隆司, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第47回日本呼吸器学会学術講演会,   2007年05月, 第47回日本呼吸器学会学術講演会
  • 症状安定気管支喘息における肺機能,呼気NOの経時的変化, 辻 文生, 宮本 武明, 澤口 博千代, 中島 宏和, 中島 重徳, 佐野 博幸, 岩永 賢司, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会,   2007年06月, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • 喘息患者のQOL調査:AHQ-JapanとSF-36の対比, 村木 正人, 市橋 秀夫, 北口 佐也子, 原口 龍太, 大森 隆, 辻 文生, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 久保 裕一, 東田 有智, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会,   2007年06月, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • アラキドン酸代謝と好酸球, 佐野 博幸, 東田 有智, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会,   2007年06月, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • 気管支喘息の病型とInterleukin-8(IL-8)遺伝子プロモーター領域多型についての検討, 岩永 賢司, 森 富美子, 西川 裕作, 坂本 直哉, 内藤 映理, 市橋 秀夫, 山片 重良, 池田 容子, 佐藤 隆司, 佐野 安希子, 佐野 博幸, 宮良 高維, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第19回日本アレルギー学会春臨床大会,   2007年06月, 第19回日本アレルギー学会春臨床大会
  • ADVIA Centaur(CLIA法)とCAPシステム(FEIA法)による特異的IgE抗体測定の比較検討, 岩永 賢司, 佐藤 隆司, 西川 裕作, 内藤 映理, 池田 容子, 佐野 安希子, 佐野 博幸, 宮良 高維, 村木 正人, 冨田 桂公, 東田 有智, 久保 裕一, 第57回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2007年11月, 第57回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • 喘息モデルにおけるCysLT1 receptor antagonistとCysLT1/2 antagonistの気道炎症と気道過敏性に対する影響, 村木 正人, 西川 裕作, 内藤 映理, 市橋 秀夫, 山片 重良, 池田 容子, 佐野 安希子, 佐藤 隆司, 辻 文生, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 冨田 桂公, 久保 裕一, 東田 有智, 第57回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2007年11月, 第57回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • 呼気中NO値は将来の喘息発作を予想できるか?, 内藤 映理, 冨田 桂公, 西川 裕作, 山片 重良, 市橋 秀夫, 佐野 安希子, 池田 容子, 佐藤 隆司, 宮良 高維, 佐野 博幸, 岩永 賢司, 村木 正人, 東田 有智, 第57回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2007年11月, 第57回日本アレルギー学会秋季学術大会
  • Long-Term Observations after Add-On Therapy wiht Pranlukast during Inhaled Corticosteroid Dose Reduction in Adult Asthmatics(ポスター), 佐野 博幸, 2008ATS,   2008年05月, 2008ATS
  • PFE自己測定と外来受診時測定の比較検討, 佐野 博幸, 第20回日本アレルギー学会春季臨床大会,   2008年08月, 第20回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • Interleukin-18欠損マウスにおける慢性気道炎症および気道リモデリングの抑制についての検討, 山片 重良, 冨田 桂公, 佐藤隆司, 山藤 啓史, 星 晋, 西川 裕作, 内藤 映理, 市橋 秀夫, 池田容子, 佐野 安希子, 佐野 博幸, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 東田 有智, 第18回国際喘息学会日本北アジア部会,   2008年07月, 第18回国際喘息学会日本北アジア部会
  • 喘息合併COPDに対するチオトロピウムの効果, 岩永 賢司, 内藤映理, 市橋秀夫, 山片重良, 池田容子, 佐野安希子, 佐藤 隆司, 山縣 俊之, 佐野 博幸, 宮良 高維, 冨田 桂公, 村木 正人, 久保 裕一, 東田 有智, 第18回国際喘息学会日本北アジア部会,   2008年07月, 第18回国際喘息学会日本北アジア部会
  • interleukin-18の上下気道リモデリングへの影響~期間新喘息マウスモデルを用いた検討~, 山片 重良, 冨田 桂公, 佐藤隆司, 山藤 啓史, 西川 裕作, 内藤 映理, 市橋 秀夫, 池田容子, 佐野 安希子, 山縣 俊之, 佐野 博幸, 岩永 賢司, 村木 正人, 東田 有智, 第58回日本アレルギー学会,   2008年11月, 第58回日本アレルギー学会
  • サルメテロール/フルチカゾンのリンパ球増殖抑制に対する相乗効果, 冨田 桂公, 内藤映理, 西川裕作, 山片重良, 市橋秀夫, 池田容子, 佐野安希子, 佐藤隆司, 山縣俊之, 佐野博幸, 宮良高維, 岩永賢司, 村木正人, 東田有智, 第58回日本アレルギー学会,   2008年11月, 第58回日本アレルギー学会
  • 当科における呼吸器感染により急性増悪した成人喘息症例の検討, 岩永 賢司, 山藤啓史, 西川裕作, 内藤映理, 市橋秀夫, 山片重良, 池田容子, 佐野安希子, 佐藤隆司, 山縣 俊之, 佐野 博幸, 宮良 高維, 村木 正人, 冨田 桂公, 東田 有智, 第58回日本アレルギー学会,   2008年11月, 第58回日本アレルギー学会
  • Primaryeffusion lymphomaの一例, 宮嶋 宏之, 佐野 博幸, 忌部 周, 塚本 敬造, 山藤 啓史, 西川 裕作, 山片 重良, 市橋 秀夫, 内藤 映理, 佐野 安希子, 佐藤隆司, 山縣 俊之, 宮良 高維, 岩永 賢司, 村木 正人, 冨田 桂公, 東田 有智, 第72回日本呼吸器学会近畿地方会,   2008年12月, 第72回日本呼吸器学会近畿地方会

MISC

  • 疫学 (特集 喘息とCOPDのオーバーラップ症候群(ACOS)をめぐって), 佐野 博幸, 東田 有智, アレルギー・免疫, 22, 4, 500, 506,   2015年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020395905
  • チオトロピウムレスピマットの気管支喘息に対する今後の展望 (特集 喘息に対する吸入療法の新たな展開 : 抗コリン薬の有用性について考える), 佐野 安希子, 佐野 博幸, 東田 有智, 吸入療法, 7, 1, 42, 47,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020358598
  • アスピリン不耐症における好酸球機能, 佐野 博幸, 日本気管食道科学会会報, 57, 2, 141, 141,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004915671
  • 息切れ, ダイナミックメディシン(1巻)、下条文武、斎藤 康監修、西村書店、3章, 146, 148,   2003年
  • 気管支喘息, ダイナミックメディシン(4巻)、下条文武、斎藤 康監修、西村書店、16章, 95, 97,   2003年
  • 好酸球 アラキドン酸代謝と機能調節, 分子呼吸器病【基礎編 分子呼吸器病ARCHIVES】, 5, 6, 32, 36,   2001年
  • キシナホ酸サルメテロール, 分子呼吸器病, 7, 4, 101, 104,   2003年
  • Expression of adhesion molecules on mononuclear cells from individuals with stable atopic asthma. , Clin Exp Allergy., 27, 664, 671
  • Multiple regression analysis of airway responsiveness in adult asthma patients. , J Asthma., 35, 1, 79, 87,   1998年
  • Upregulated surface expression of intracellularly sequestered FcεRⅡ(CD23)fllowing activation in human peripheral blood eosinophils., Proc Assoc Am Physicians., 111, 1, 82, 91,   1999年
  • Inhibition of cPLA2 translocation and leukotriene Csecretion by fluticasone propionate in exogenously activated human eosinophils., Am J Resp Crit Care Med., 159, 6, 1903, 9,   1999年
  • Cytosolic phospholipase A2 activation is essential for beta 1 and beta 2 integrin-dependent adhesion of human eosinophils., J Immunol, 163, 15, 3423, 9,   1999年
  • Augmentation of eosinophil degranulation and LTC4 secretion by integrin-mediated endothelial cell adhesion., Am J Physiol., 277, 4Pt1, 802, 810,   1999年
  • A surrogate method for assessment of beta2-integrin-dependent adhesion of human eosinophils to ICAM-1. , ZHU X, SUBBARAMAN R, SANO H, JACOBS B, SANO A, BOETTICHER E, MUNOZ N M, LEFF A R, J Immunol Methods., 240, 1/2, 157, 164,   2000年, 10.1016/S0022-1759(00)00192-7
  • Characterization of monoclonal antibodies specific for 14-kDa human group V secretory phospholipase A2. , MUNOZ N M, KIM K P, HAN S K, BOETTICHER E, SPERLING A I, SANO H, ZHU X, CHO W, LEFF A R, Hybridoma., 19, 2, 171, 176,   2000年, 10.1089/02724570050031220
  • Blockade of eosinophil migration and airway hyperresponsiveness by cPLA2 inhibition. , Nature Immunology., 2, 2, 145, 149,   2001年
  • Extracellular signal-regulated kinase 1/2-mediated phosphorylation of cPLA2 is essential for human eosinophil adhesion to fibronectin. , J Immunol., 166, 5, 3515, 3521,   2001年
  • Role of MAP kinase-mediated cytosolic phospholipase A2 activation in arachidonic acid metabolism in human eosinophils. , J Immunol. , 167, 1, 461, 8,   2001年
  • Regulation of eosinophil function by phosphatidylinositol specific phospholipase C and phospholipase A2. , Am J Physiol:Lung Cell Mol Physiol., 281, 4, 884, 51,   2001年
  • IL-5-induced integrin adhesion of human eosinophils caused by ERK1/2-mediated activation of cPLA2. , J Leukoc Biol., 72, 5, 1046, 53,   2002年
  • Group V phospholipase A2 induces leukotriene biosynthesis in human neutrophils through the activation of group IVA phospholipase A2., KIM Y J, KIM K P, HAN S K, MUNOZ N M, ZHU X, SANO H, LEFF A R, CHO W, J Biol Chem., 277, 39, 36479, 36488,   2002年, 10.1074/jbc.M205399200
  • Trichostatin A, a histone deacetylase inhibitor,down-regulates interleukin-12 transcription in SV-40-transformed lung epithelial cells., Cell Immunol., 218, 1-2, 26, 33,   2002年
  • Dissociation of DNA damage and mitochondrial injury caused by hydrogen peroxide in SV-40 transformed lung epithelial cells. , Cancer Cell Int., 2, 1, 16,   2002年
  • Sequence variability and candidate gene analysis in two cancer patients with complex clinical outcomes during morphine therapy., Drug Metab Dispos., 31, 5, 677, 80,   2003年
  • Elevated urinary 8-hydroxydeoxyguanosine, a biomarker of oxidative stress, and lack of assocation with antioxidant vitamins in chronic obstructive pulmonary disease., Respirology., 8, 4, 455, 60,   2003年
  • Measuring of subepithelial thickness using endobronchial ultrasonography in a patient with Asthma. , Lung., 181, 3, 115, 20,   2003年

競争的資金

  • 科学研究費補助金, 気管支喘息、好酸球機能におけるcPLA2 の役割