KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

大貫 宏一郎オオヌキ コウイチロウ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 生物環境化学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名准教授
学位農学博士
専門食品機能学
ジャンルくらし/食生活
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1056-oonuki-kouichirou.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/50378668.ja.html
メールアドレスohnuki[at]fuk.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    食品の機能性(健康に対する有用性)について幅広く研究をしています。最近は、香辛料やきのこ、ポリフェノール類について、メタボリックシンドロームや不定愁訴などの改善効果を検証しました。

学歴・経歴

学歴

  • 1999年04月 - 2002年03月, 京都大学大学院, 農学研究科, 応用生命科学専攻博士後期課程
  • 1997年04月 - 1999年03月, 京都大学大学院, 農学研究科, 応用生命科学専攻修士課程
  • 1993年04月 - 1997年03月, 京都大学, 農学部, 食品工学科
  • 1990年04月 - 1993年03月, 福岡県立小倉高等学校

経歴

  •   2013年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2009年04月,  - 2013年03月, 九州栄養福祉大学(講師)
  •   2005年02月,  - 2009年03月, 九州大学(特任准教授)
  •   2004年02月,  - 2005年01月, 京都大学(特任助手)
  •   2002年04月,  - 2004年01月, 大塚製薬株式会社(研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 食品科学
  • 脳神経科学, 神経科学一般
  • 健康・スポーツ科学, 応用健康科学

研究キーワード

  • ヤマブシタケ, 動物行動, 機能性食品, 精神機能, ペプチド, 生理心理, 情動, 月桂樹, 遺伝子, 食品機能, VEGF, 香り, ビジランス, マウス, 神経新生, 精神疾患, 行動解析, 行動, 脂肪肝, ストレス, 運動, 全身持久力, メタボリックシンドローム, 抗疲労, 行動学, 高齢者, 肝機能, 食品, 精神健康度

論文

  • Multiple uses of Essential Oil and By-Products from Various Parts of the Yakushima Native Cedar (Cryptomeria Japonica), Toshinori Nakagawa, Qinchang Zhu, Hiroya Ishikawa, Koichiro Ohnuki, Kenichi Kakino, Naoya Horiuchi, Hiroaki Shinotsuka, Terumi Naito, Tsuyoshi Matsumoto, Noriko Minamisawa, Mitsuyoshi Yatagai, Kuniyoshi Shimizu, Journal of Wood Chemistry and Technology, 36, 42, 55,   2016年01月
  • Hericium erinaceus extracts alter behavioral rhythm in mice., Furuta S, Kuwahara R, Hiraki E, Ohnuki K, Yasuo S, Shimizu K, Biomedical research (Tokyo, Japan), 37, 4, 227, 232,   2016年, 査読有り
  • Inhibition of neuraminidase by Ganoderma triterpenoids and implications for neuraminidase inhibitor design., Zhu Q, Bang TH, Ohnuki K, Sawai T, Sawai K, Shimizu K, Scientific reports, 5, 13194,   2015年08月, 査読有り
  • In vitro bioactivities and phytochemical profile of various parts of the strawberry (Fragaria × ananassa var. Amaou), Qinchang Zhu, Toshinori Nakagawa, Asuka Kishikawa, Koichiro Ohnuki, Kuniyoshi Shimizu, Journal of Functional Foods, 13, 38, 49,   2015年01月
  • かすかな香りの効用~香りの定性定量分析および生理心理評価~, 松本清, 大貫宏一郎, 清水邦義, バイオサイエンスとインダストリー, 72, 5, 395, 398,   2014年09月01日
  • Biological activities and phytochemical profiles of extracts from different parts of bamboo (Phyllostachys pubescens)., Tanaka A, Zhu Q, Tan H, Horiba H, Ohnuki K, Mori Y, Yamauchi R, Ishikawa H, Iwamoto A, Kawahara H, Shimizu K, Molecules (Basel, Switzerland), 19, 8238, 8260,   2014年06月, 査読有り
  • Inhibitory effects of the leaves of loquat (Eriobotrya japonica) on bone mineral density loss in ovariectomized mice and osteoclast differentiation., Tan H, Furuta S, Nagata T, Ohnuki K, Akasaka T, Shirouchi B, Sato M, Kondo R, Shimizu K, Journal of agricultural and food chemistry, 62, 836, 841,   2014年01月, 査読有り
  • 食品学系の講義における理解度の評価, 大貫 宏一郎, 九州栄養福祉大学研究紀要, 九州栄養福祉大学研究紀要, 11, 379, 385,   2014年
  • トマトの各部位のリパーゼ活性に及ぼす影響, 宮崎明日香, 室井由起子, 永田敏郎, 大貫宏一郎, 清水邦義, 九州栄養福祉大学研究紀要, 10, 389, 392,   2013年12月22日
  • 成熟トマト・未成熟トマトの機能性評価, 室井由起子, 宮崎明日香, 永田敏郎, 大貫宏一郎, 清水邦義, 九州栄養福祉大学研究紀要, 10, 369, 374,   2013年12月22日
  • 健常成人女性の不定愁訴と身体活動量との関連, 栫ちか子, 長野真弓, 清水邦義, 大貫宏一郎, 体力科学, 62, 6, 488,   2013年12月01日
  • Effect of dietary fat type on anxiety-like and depression-like behavior in mice., Mizunoya W, Ohnuki K, Baba K, Miyahara H, Shimizu N, Tabata K, Kino T, Sato Y, Tatsumi R, Ikeuchi Y, SpringerPlus, 2, 165,   2013年12月, 査読有り
  • ベチバー根の揮発成分のビジランス低下抑制効果, 清水邦義, 深川未央, 松原恵理, 松本清, 山本篤, 石川洋哉, 北村真吾, 栫ちか子, 畑山知子, 永野純, 岡本剛, 大貫宏一郎, Aroma Res, 14, 4, 366, 375,   2013年11月28日
  • トマトの部位別におけるリパーゼ阻害活性の検討, 宮崎明日香, 室井由起子, 清水邦義, 大貫宏一郎, 栄養学雑誌, 71, 5 Supplement, 230,   2013年09月12日
  • 成熟トマト・未成熟トマトの機能性評価, 室井由起子, 宮崎明日香, 清水邦義, 大貫宏一郎, 栄養学雑誌, 71, 5 Supplement, 230,   2013年09月12日
  • 健常者における不定愁訴数に関連する因子の探索―生化学的指標,生活習慣および心理社会的因子を含めた予備的検討―, 長野真弓, 栫ちか子, 畑山知子, 大貫宏一郎, 日本未病システム学会雑誌, 19, 2, 15, 22,   2013年08月30日
  • 〈研究室だより〉食品機能学研究室, 大貫 宏一郎, かやのもり:近畿大学産業理工学部研究報告, かやのもり:近畿大学産業理工学部研究報告, 18, 46, 47,   2013年07月
  • 梅干し由来の塩味増強香気成分の単離および官能評価, 大貫宏一郎, 塩田宇史, 栫ちか子, 石川洋哉, 清水邦義, 九州栄養福祉大学研究紀要, 9, 183, 189,   2012年12月22日
  • 木の香りが生理に及ぼす影響 樹木由来のかすかな香り~生理・心理応答解析からみえること~, 清水邦義, 松原恵理, 福田竜大, 藤田弘毅, 水野谷航, 安尾しのぶ, 有働洋, 広津崇亮, 中島大輔, 光藤崇子, 山田祐樹, 石川洋哉, 大貫宏一郎, 岡本剛, 近藤隆一郎, Aroma Res, 13, 3, 202, 208,   2012年08月28日
  • Collagen peptides enhance hippocampal neurogenesis and reduce anxiety related behavior in mice., Kakoi C, Udo H, Matsukawa T, Ohnuki K, Biomedical research (Tokyo, Japan), 33, 273, 279,   2012年, 査読有り
  • Volatiles emitted from the roots of Vetiveria zizanioides suppress the decline in attention during a visual display terminal task., Matsubara E, Shimizu K, Fukagawa M, Ishizi Y, Kakoi C, Hatayama T, Nagano J, Okamoto T, Ohnuki K, Kondo R, Biomedical research (Tokyo, Japan), 33, 299, 308,   2012年, 査読有り
  • Target proteins of ganoderic acid DM provides clues to various pharmacological mechanisms., Liu J, Shimizu K, Tanaka A, Shinobu W, Ohnuki K, Nakamura T, Kondo R, Scientific reports, 2, 905,   2012年, 査読有り
  • 梅干の香気成分分析と印象評価―塩味フレーバーの探索―, 大貫宏一郎, 塩田宇史, 畑山知子, 栫ちか子, 松原恵理, 清水邦義, 九州栄養福祉大学研究紀要, 8, 187, 194,   2011年12月22日
  • 新規レスベラトロール2量体の骨格筋代謝に及ぼす影響, 大植康司, 大貫宏一郎, 熊谷秋三, 体力科学, 60, 6, 679,   2011年12月01日
  • Capsiate, a non-pungent capsaicin analog, reduces body fat without weight rebound like swimming exercise in mice., Haramizu S, Kawabata F, Ohnuki K, Inoue N, Watanabe T, Yazawa S, Fushiki T, Biomedical research (Tokyo, Japan), 32, 279, 284,   2011年08月, 査読有り
  • インターネットを利用した感性評価システムによる産学連携―共同研究事例報告―, 畑山知子, 北村真吾, 納富貞嘉, 長野真弓, 大貫宏一郎, 産学連携学, 7, 2, 23, 28,   2011年05月31日
  • 天然素材の多機能性(6)モミ精油の多機能性~モミ精油は視覚作業後の覚醒状態を低下させる~, 松原恵理, 深川未央, 岡本剛, 大貫宏一郎, 清水邦義, 近藤隆一郎, Aroma Res, 12, 2, 180, 186,   2011年05月28日
  • The essential oil of Abies sibirica (Pinaceae) reduces arousal levels after visual display terminal work, Eri Matsubara, Mio Fukagawa, Tsuyoshi Okamoto, Koichiro Ohnuki, Kuniyoshi Shimizu, Ryuichiro Kondo, Flavour and Fragrance Journal, 26, 204, 210,   2011年05月01日
    概要:Volatile constituents from natural plants have sometimes been used for the treatment of mental disorders, but the efficacy of many plants has not been determined. Here, we investigated the effects of the essential oil of the Siberian fir tree, Abies sibirica (Pinaceae), on individuals during and after performance of a sustained task on a visual display terminal (VDT). Participants who breathed air containing the essential oil showed prolonged heartbeat intervals and increased theta activity as measured by electroencephalography in the recovery period after the VDT task, but not during the task. The volatile constituents emitted from the essential oil of A. sibirica through the odorant delivery system for 40min were α-pinene (80.4μg), santene (3.1μg), tricyclene (2.4μg), camphene (24.2μg), β-pinene (2.6μg), myrcene (1.0μg), δ-3-carene (14.4μg), limonene (3.8μg), and bornyl acetate (1.0μg). These results show that the essential oil of A. sibirica reduced arousal levels after the VDT task, and might be useful for the prevention of VDT-related mental health disturbance. © 2011 John Wiley & Sons, Ltd.
  • Studies on the metabolism and toxicology of emerging capsinoids., Watanabe T, Ohnuki K, Kobata K, Expert opinion on drug metabolism & toxicology, 7, 533, 542,   2011年05月, 査読有り
  • (-)-Bornyl acetate induces autonomic relaxation and reduces arousal level after visual display terminal work without any influences of task performance in low-dose condition., Matsubara E, Fukagawa M, Okamoto T, Ohnuki K, Shimizu K, Kondo R, Biomedical research (Tokyo, Japan), 32, 151, 157,   2011年04月, 査読有り
  • 天然素材の多機能性(5)(-)‐酢酸ボルニルの多機能性~“森の香り”(-)‐酢酸ボルニルが視覚作業後の覚醒状態や緊張緩和に及ぼす効果~, 松原恵理, 深川未央, 岡本剛, 大貫宏一郎, 清水邦義, 近藤隆一郎, Aroma Res, 12, 1, 76, 83,   2011年02月28日
  • Volatiles emitted from the leaves of Laurus nobilis L. improve vigilance performance in visual discrimination task., Matsubara E, Fukagawa M, Okamoto T, Fukuda A, Hayashi C, Ohnuki K, Shimizu K, Kondo R, Biomedical research (Tokyo, Japan), 32, 19, 28,   2011年02月, 査読有り
  • Capsinoids, non-pungent capsaicin analogs, reduce body fat accumulation without weight rebound unlike dietary restriction in mice., Haramizu S, Kawabata F, Masuda Y, Ohnuki K, Watanabe T, Yazawa S, Fushiki T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 75, 95, 99,   2011年, 査読有り
  • 天然素材の多機能性(4)月桂樹の多機能性~月桂樹葉揮発成分が注意力維持に及ぼす効果~, 松原恵理, 深川未央, 岡本剛, 福田淳子, 林ちか子, 大貫宏一郎, 清水邦義, 近藤隆一郎, Aroma Res, 11, 4, 370, 379,   2010年11月28日
  • 天然素材の多機能性(3)ヤマブシタケの多機能性~中年女性におけるヤマブシタケの不定愁訴改善効果の検証~, 清水邦義, 長野真弓, 林ちか子, 大貫宏美, 古田祥子, 近藤隆一郎, 佐藤大吾, 北川勝幸, 大貫宏一郎, Aroma Res, 11, 3, 276, 283,   2010年08月28日
  • Reduction of depression and anxiety by 4 weeks Hericium erinaceus intake., Nagano M, Shimizu K, Kondo R, Hayashi C, Sato D, Kitagawa K, Ohnuki K, Biomedical research (Tokyo, Japan), 31, 231, 237,   2010年08月, 査読有り
  • 女性の主観的不定愁訴症状に及ぼすショウガ酢飲料の影響, 林ちか子, 畑山知子, 佐原明子, 來住明宣, 松川泰治, 大貫宏一郎, 日本未病システム学会雑誌, 15, 2, 361, 364,   2010年03月29日
  • ショウガ酢飲料の摂取が女性の主観的不定愁訴症状に及ぼす影響―2週間の短期摂取効果―, 林ちか子, 畑山知子, 佐原明子, 來住明宣, 松川泰治, 大貫宏一郎, 日本未病システム学会雑誌, 15, 2, 219, 229,   2010年03月29日
  • 健常者における高い不定愁訴数に関わる要因の探索, 長野真弓, 林ちか子, 畑山知子, 大貫宏一郎, 日本未病システム学会雑誌, 15, 2, 357, 360,   2010年03月29日
  • 母親の首尾一貫感覚(Sense of Coherence;SOC)と不定愁訴との関連, 林ちか子, 畑山知子, 長野真弓, 大貫宏一郎, ストレス科学研究, 25, 23, 29,   2010年03月
  • 機能性下着着用が形態および不定愁訴症状に及ぼす影響, 林 ちか子, 大貫 宏一郎, 女性心身医学, 女性心身医学, 14, 3, 285, 293,   2010年02月28日
  • インターネットを利用した感性評価システムによる産学連携:――共同研究事例報告――, 畑山 知子, 北村 真吾, 納富 貞嘉, 長野 真弓, 大貫 宏一郎, 産学連携学, 産学連携学, 7, 2, 2_23, 2_28,   2010年
    概要:先報において,産学連携の新たな一形態として,大学の有する感性評価手法を応用した共同研究事例を報告した.本稿では,この事例において課題と考えられたコストを削減する目的でオンライン評価システムを開発し,そのシステムの有効性を検証した事例を報告する.オンライン評価システムはウェブ上の写真を見て評価することが可能であり,このシステムを用い,エステティックサロンの改装前後の感性評価を実施した.オンライン評価においても新サロンは旧サロンに比べて改善されたことが示され,来店による評価と類似した評価傾向を示した.以上より,オンラインの感性評価でも来店同様の評価が可能であり,システムの使用によりコストの削減に効果的であることが示唆された.
  • Safety of excess-intake of tablet containing hyaluronic acid in normal healthy adults, Chikako Hayashi, Tomoko Hatayama, Mayumi Nagano, Koichiro Ohnuki, Japanese Pharmacology and Therapeutics, 37, 953, 961,   2009年12月01日
    概要:Background: In recent years, hyaluronic acid has been developed that can be edible, and ingested orally as a dietary supplement that has been reported to the effect of knee pain and other degenerative knee joint disease. However, reports on the safety of oral intake is not need to consider. Objectives: A placebo-controlled, double-blind study was performed to assess the safety of excessive intake of tablets containing hyaluronic acid in normal healthy adults. Methods: They were divided into three groups : placebo group (age 37.5 ± 15.4 y.o.), high-dose group (intake of 24 tablets/day, age 37.8 ± 13.6 y.o.) and standard-dose group (intake of 8 tablets/day, age 37.6 ± 11.2 y.o.). They were given for 4 weeks. We examined at blood pressure measurement, physical examinations, blood test, urinalysis and interview before the trial, then 2 and 4 weeks after the start of the trial, and 2 weeks after 4 weeks intakes. Results: Blood pressure, body composition, hematologic and biochemical tests in the blood, which showed some minor variations, was the change in the threshold. Conclusions: The results demonstrated the safety of excess-intake of tablets containing hyaluronic acid because there were no changes to clinical problems in each test.
  • 母親のストレス対処能力と不定愁訴との関連, 林ちか子, 大貫宏一郎, 長野真弓, 畑山知子, 体力科学, 58, 6, 803,   2009年12月01日
  • ヒアルロン酸含有サプリメントの健常者に対する過剰摂取による安全性試験, 林ちか子, 畑山知子, 長野真弓, 大貫宏一郎, 薬理と治療, 37, 11, 953, 961,   2009年11月20日
  • 香りの最新の評価法 香りの有用性評価方法―エビデンスからビジランス技術応用に向けて―, 松原恵理, 深川未央, 石地友香, 畑山知子, 北村真吾, 河邊隆寛, 岡本剛, 大貫宏一郎, 清水邦義, 近藤隆一郎, Aroma Res, 10, 3, 211, 216,   2009年08月28日
  • 感性評価手法を応用した産学連携―共同研究事例報告―, 畑山知子, 長野真弓, 北村真吾, 大貫宏一郎, 産学連携学, 5, 2, 37, 43,   2009年05月30日
  • 主観的評価方法を応用した不定愁訴に対するサプリメントの効果検証, 長野真弓, 畑山知子, 大貫宏一郎, 日本未病システム学会雑誌, 14, 2, 314, 318,   2009年03月05日
  • Enhanced adult neurogenesis and angiogenesis and altered affective behaviors in mice overexpressing vascular endothelial growth factor 120., Udo H, Yoshida Y, Kino T, Ohnuki K, Mizunoya W, Mukuda T, Sugiyama H, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 28, 14522, 14536,   2008年12月, 査読有り
  • The facial massage reduced anxiety and negative mood status, and increased sympathetic nervous activity., Hatayama T, Kitamura S, Tamura C, Nagano M, Ohnuki K, Biomedical research (Tokyo, Japan), 29, 317, 320,   2008年12月, 査読有り
  • 健常成人の酸化ストレスおよび抗酸化力と生活習慣および血液指標との関連, 畑山知子, 長野真弓, 大貫宏一郎, 日本未病システム学会雑誌, 14, 1, 6, 11,   2008年07月15日
  • Essential oil of lavender inhibited the decreased attention during a long-term task in humans., Shimizu K, Gyokusen M, Kitamura S, Kawabe T, Kozaki T, Ishibashi K, Izumi R, Mizunoya W, Ohnuki K, Kondo R, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 72, 1944, 1947,   2008年07月, 査読有り
  • 肩こりおよび関連愁訴に対するサプリメントの摂取効果―主観的評価法を用いた無作為化二重盲検比較試験―, 畑山知子, 長野真弓, 山口直弥, 熊谷秋三, 大貫宏一郎, 健康支援, 10, 1, 18, 22,   2008年03月01日
  • Visual analogue scale(VAS)評価による膝の痛みおよび違和感に対するサプリメントの効果―無作為化二重盲検比較試験―, 畑山知子, 長野真弓, 山口直弥, 熊谷秋三, 大貫宏一郎, 健康支援, 10, 1, 13, 17,   2008年03月01日
  • ビジランス(持続的注意力)に着目した香りの機能性の評価, 清水邦義, 玉泉真弓, 北村真吾, 河邉隆寛, 小崎智照, 石橋圭太, 泉龍介, 水野谷航, 大貫宏一郎, 近藤隆一郎, Aroma Res, 9, 1, 32, 35,   2008年02月28日
  • 主観的評価方法を応用した不定愁訴に対するサプリメントの効果検証 (第15回日本未病システム学会学術総会論文集), 長野 真弓, 畑山 知子, 大貫 宏一郎, 日本未病システム学会雑誌, 日本未病システム学会雑誌, 14, 2, 314, 318,   2008年
  • Effects of CH-19 Sweet, a non-pungent cultivar of red pepper, on sympathetic nervous activity, body temperature, heart rate, and blood pressure in humans., Hachiya S, Kawabata F, Ohnuki K, Inoue N, Yoneda H, Yazawa S, Fushiki T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 71, 671, 676,   2007年03月, 査読有り
  • Capsiate, a nonpungent capsaicin analog, increases endurance swimming capacity of mice by stimulation of vanilloid receptors., Haramizu S, Mizunoya W, Masuda Y, Ohnuki K, Watanabe T, Yazawa S, Fushiki T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 70, 774, 781,   2006年04月, 査読有り
  • 統合失調症のカルシニューリン仮説 (特集 タンパク質リン酸化調節異常と疾患), 中野 真人, 大貫 宏一郎, 宮川 剛, モレキュラ-メディシン, モレキュラ-メディシン, 41, 5, 573, 580,   2004年05月
  • タンパク質リン酸化調節異常と疾患 統合失調症のカルシニューリン仮説, 中野真人, 大貫宏一郎, 宮川剛, Mol Med, 41, 5, 573, 580,   2004年05月
  • Upregulation of uncoupling proteins by oral administration of capsiate, a nonpungent capsaicin analog., Masuda Y, Haramizu S, Oki K, Ohnuki K, Watanabe T, Yazawa S, Kawada T, Hashizume S, Fushiki T, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 95, 2408, 2415,   2003年12月, 査読有り
  • Protective effect of sesamin administration on exercise-induced lipid peroxidation, T. Ikeda, Y. Nishijima, H. Shibata, Y. Kiso, K. Ohnuki, T. Fushiki, T. Moritani, T. Moritani, International Journal of Sports Medicine, 24, 530, 534,   2003年10月01日
    概要:To investigate the mechanism of antioxidative effects of sesamin in vivo, 32 male ddY mice were administered with 10 mg/kg or 100 mg/kg of sesamin (S10, S100), 100 mg/kg of vitamin E (VE100) or control sample (C). They were subjected to 30 min of swimming exercise 2 h after the sample administration by using a new forced-swimming apparatus, i.e. an adjustable-current swimming pool. Exercise resulted in a significant increase in plasma lipid peroxides (LPO) in C and VE100 (p < 0.01), but not in S10 and S100. S100 showed significantly higher total glutathione peroxidase activity and glutathione S-transferase activity in liver compared to C (p < 0.05). In conclusion, sesamin may enhance LPO degradation in the liver resulting in the strong protective effects against exercise-induced plasma lipid peroxidation.
  • 無刺激性カプサイシン類似物質カプシエイトの体熱産生亢進・体脂肪蓄積抑制効果, 大貫 宏一郎, 原水 聡史, 隠岐 加寿美, 渡辺 達夫, 矢澤 進, 伏木 亨, 日本農芸化学会誌, 日本農芸化学会誌, 77, 8, 768, 769,   2003年08月01日
  • 無刺激性カプサイシン類似物質カプシエイトの体熱産生こう進・体脂肪蓄積抑制効果, 大貫宏一郎, 原水聡史, 隠岐加寿美, 渡辺達夫, 矢沢進, 伏木亨, 日本農芸化学会誌, 77, 8, 768, 769,   2003年08月01日
  • Administration of capsiate, a non-pungent capsaicin analog, promotes energy metabolism and suppresses body fat accumulation in mice, Koichiro Ohnuki, Satoshi Haramizu, Kasumi Oki, Tatsuo Watanabe, Susumu Yazawa, Tohru Fushiki, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 65, 2735, 2740,   2001年12月01日
    概要:We investigated the effects of a single oral administration of capsiate, which is found in the fruits of a non-pungent cultivar of pepper, CH-19 Sweet, and has the same structure as capsaicin except for replacement of NH by O in the alkyl chain, on the thermogenesis and fat accumulation in mice. The oxygen consumption and serum adrenalin concentration were higher in both the capsaicin (10 mg/kg-body weight) and capsiate (10 mg/kg-body weight) groups than those in the control group. We also examined the effects of 2 weeks of administration of capsaicin and capsiate on body fat accumulation. Eevery day for 2 weeks administration of capsiate (10, 50 mg/kg-body weight/day) markedly suppressed body fat accumulation as well as capsaicin (10 mg/kg-body weight/day). These results suggest that capsiate promotes energy metabolism and suppresses body fat accumulation as does capsaicin.
  • 4. 甘味品種トウガラシCH-19 Sweetと無辛味カプサイシン類似化合物質カプシエイトの体熱産生効果, 大貫 宏一郎, 原水 聡史, 渡辺 達夫, 矢澤 進, 伏木 亨, ビタミン, ビタミン, 75, 11,   2001年11月25日
  • CH-19 Sweet, nonpungent cultivar of red pepper, increased body temperature in mice with vanilloid receptors stimulation by capsiate, K. Ohnuki, S. Haramizu, T. Watanabe, S. Yazawa, T. Fushiki, Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 47, 295, 298,   2001年11月15日
    概要:We investigated the effect of CH-19 Sweet, a nonpungent cultivar of red pepper, and capsiate, a nonpungent capsaicin analog found in CH-19 Sweet on body temperature in mice. The body temperature was recorded from conscious and unrestrained mice by use of a telemetry system. The body temperature in the mice administered CH-19 Sweet was higher than in the mice administered California-Wandar, which contains no capsiate or capsaicin. The body temperature in the mice administered capsiate was higher than in the mice administered the vehicle. Furthermore, we injected capsazepine, a specific antagonist of vanilloid receptors, into the peritoneal cavity and orally administered capsiate via a stomach tube to mice. The body temperature in the mice pretreated with capsazepine was lower than in the mice injected with the vehicle, This result suggested that capsazepine suppressed the rise in body temperature induced by capsiate administration. In conclusion, CH-19 Sweet increased body temperature, and this effect may be induced by the vanilloid receptors' stimulation of capsiate.
  • Increased energy metabolism and suppressed body fat accumulation in mice by a low concentration of conjugated linoleic acid, Koichiro Ohnuki, Satoshi Haramizu, Kengo Ishihara, Tohru Fushiki, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 65, 2200, 2204,   2001年10月01日
    概要:We investigated the dose-effect of the long-term intake of conjugated linoleic acid (CLA) on the energy metabolism and fat accumulation in mice. Five-week-old male Std ddY mice were fed on a diet containing none (control), 0.25%, 0.5% or 1.0% CLA for 4 or 8 weeks. The body weight was lower in the CLA groups than in the control group, and significant differences were detected between the 1.0% CLA group and the control group at both 4 and 8 weeks. The epididymal and perirenal adipose tissue weights were significantly lower in the CLA groups than in the control group. The liver weight and hepatic triglyceride values were higher in the 1.0% CLA group than in the other groups. The metabolic rate was measured after 8 weeks by using a gas analyzer. The oxygen consumption of the mice in the CLA groups was significantly higher than that of the control mice. Since there was a significant effect on the mice supplemented with 0.25% CLA, low concentration of CLA is suggested to suppress the body fat accumulation and increase the energy metabolism.
  • 共役リノール酸の体熱産生亢進・体脂肪減少効果(Increased Energy Metobolism and Suppressed Body Fat Accumulation in Mice by a Low Concentration of Conjugated Linoleic Acid), 大貫 宏一郎, 原水 聡史, 石原 健吾, 伏木 亨, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 65, 10, 2200, 2204,   2001年10月
  • CH-19 Sweet, a Non-Pungent Cultivar of Red Pepper, Increased Body Temperature and Oxygen Consumption in Humans, Koichiro Ohnuki, Shoji Niwa, Satoshi Maeda, Naohiko Inoue, Susumu Yazawa, Tohru Fushiki, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 65, 2033, 2036,   2001年09月01日
    概要:We investigated the effect of CH-19 Sweet, a non-pungent cultivar of red pepper, on body temperature and oxygen consumption in humans. CH-19 Sweet was given to 11 healthy volunteers, and core body temperature, body surface temperature and oxygen consumption were measured. The control group ingested California-Wandar, which contained neither capsaicin nor capsiate. The core body temperature in the CH-19 Sweet group was significantly higher than that in the control group (P < 0.01). The forehead temperature measured by infrared thermograph) in the CH-19 Sweet group was significantly higher than that in the control group. The body surface temperature was increased for about 20 min after consumption of CH-19 Sweet intake, and the neck temperature was significantly higher (P < 0.001) than when the subjects consumed California-Wandar. We also measured respiratory gas by indirect calorimetry while subjects wore a face mask. A significant difference was detected in oxygen consumption between the two groups, and the value was significantly higher in the CH-19 Sweet group (P < 0.03). These results suggest that CH-19 Sweet increased thermogenesis and energy consumption.
  • A single oral administration of conjugated linoleic acid enhanced energy metabolism in mice, K. Ohnuki, S. Haramizu, K. Oki, K. Ishihara, T. Fushiki, Lipids, 36, 583, 587,   2001年08月14日
    概要:We investigated the effect of a single oral administration of conjugated linoleic acid (CLA) on energy metabolism in mice. Male Std ddY mice were orally administered CLA (5 mL/kg weight) or linoleic acid (5 mL/kg weight) (both solutions at concentrations of 73.5%) as a control. Oxygen consumption was significantly greater in the CLA-administered mice than in the control mice. Respiratory quotient was slightly lower in the CLA-administered mice than in the control mice. We calculated fat and carbohydrate oxidation from oxygen consumption and respiratory quotient. Fat oxidation in the CLA-administered mice was significantly higher than in the control mice, and there was no difference in carbohydrate oxidation. Serum concentrations of noradrenalin and adrenalin in the CLA administered mice were significantly higher than in the control mice. These results suggested that CLA enhanced sympathetic nervous activity and energy metabolism.
  • 甘味品種トウガラシCH-19 Sweetと無辛味カプサイシン類似化合物質カプシエイトの体熱産生効果(CH-19 Sweet, Nonpungent Cultivar of Red Pepper, Increased Body Temperature in Mice with Vanilloid Receptors Stimulation by Capsiate), 大貫 宏一郎, 原水 聡史, 渡辺 達夫, 矢澤 進, 伏木 亨, Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 47, 4, 295, 298,   2001年08月
  • 新規トウガラシ成分カプシエイトの体脂肪減少効果, 大貫宏一郎, 原水聡史, 渡辺達夫, 矢沢進, 橋爪秀一, 伏木亨, 日本農芸化学会誌, 75, 86,   2001年03月05日
  • Capsaicin increases modulation of sympathetic nerve activity in rats: Measurement using power spectral analysis of heart rate fluctuations, Koichiro Ohnuki, Toshio Moritani, Kengo Ishihara, Tohru Fushiki, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 65, 638, 643,   2001年03月01日
    概要:We assessed the sympatho-vagal activities of the heart after administration of capsaicin by measuring the power spectral analysis in rats. There were major two frequency components of heart rate variability, which we defined as high (1.0 Hz<, HF) and low (LF, < 1.0 Hz) frequency components. Vagal blockade by atropine abolished the high frequency component, and lowered the amplitude of the low frequency component. On the other hand, under conditions of sympathetic blockade by propranolol, the low frequency component was reduced. Combined vagal and sympathetic blockade abolished all heart rate fluctuations. We analyzed the low and high frequency components by integrating the spectrum for the respective band width. The rats administered capsaicin had a higher heart rate and sympathetic nervous system index (LF/HF) than the control group of rats. These results suggest that power spectral analysis is an effective and noninvasive method for detecting subtle changes in autonomie activity in response to the intake of foods or drugs.
  • 生薬31種配合製剤ナンパオ^[○!R]のマウス持久運動能力増強作用に関する研究, 斎藤 真人, 石原 健吾, 大貫 宏一郎, 井上 和生, 伏木 亨, 生薬學雜誌, 生薬學雜誌, 52, 1, 14, 21,   1998年02月20日
    概要:The effects of Nanpao^[○!R], a mixture of 31 Chinese crude drugs widely used in China as a tonic, was tested for its effect on the endurance capacity of mice by using a new forced-swimming apparatus, i.e. an adjustable-current swimming pool. Seven-week-old male Std-ddY mice were fed with 20% casein diet supplemented with 0.1% Nanpao^[○!R] powder for 3 weeks. The mice were subjected to forced swimming 3 times a week for 3 weeks, and the swimming time until fatigue was compared with that of the control. The 0.1% Nanpao^[○!R] treatment significantly prolonged the swimming time and lowered serum L-lactic acid level (P = 0.1) and gastrocnemius muscle glycogen depletion rate (P < 0.05) after 20 min of swimming exercise. These findings suggested that Nanpao^[○!R] might improve endurance exercise performance of mice.
  • 生薬31種類配合製剤ナンパオのマウス持久運動能力増強作用に関する研究, 斎藤真人, 石原健吾, 大貫宏一郎, 井上和生, 伏木亨, Nat Med, 52, 1, 14, 21,   1998年02月
  • 大豆たん白質分解ペプチドの体脂肪蓄積抑制効果に関する研究, 石原健吾, 大貫宏一郎, 斎藤真人, 伏木亨, 大豆たん白質研究会会誌, 18, 96, 100,   1997年12月

講演・口頭発表等

  • 空間嗜好性に着目した異なる木質空間における心理評価の違い, 長池淳, 山邊結子, 松本清, 山本篤, 吉村友里, 稲上誠, 福元菜穂子, 中川敏法, 藤田弘毅, 川崎章惠, 佐藤宣子, 藤本登留, 清水邦義, 岡本剛, 山田祐樹, 永野純, 光藤崇子, 石川洋哉, 大貫宏一郎, 井上伸史, 渡邉雄一郎, 嶋津久憲, 安成信次, 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),   2015年03月01日
  • スギ精油の香りに対するヒトの生理心理応答調査, 山邊結子, 中川敏法, 吉村友里, 長池淳, 福元菜穂子, 稲上誠, 光藤崇子, 須原弘登, 石川洋哉, 大貫宏一郎, 岡本剛, 清水邦義, 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),   2015年03月01日
  • 屋久杉(地杉)の精油および各種副産物における機能性探索, 中川敏法,朱欽昌,清水邦義,石川洋哉,大貫宏一郎,柿野賢一,堀内直哉,篠塚宏明,内藤輝実,松本毅史,南沢典子,谷田貝光克, 第21 回日本木材学会九州支部大会,   2014年09月
  • 乾燥方法の異なる徳島すぎ人工乾燥材における加熱脱着GC-MS法を用いた揮発性成分分析, 吉村友里, 中川敏法, 清水邦義, 藤本登留, 石川洋哉, 大貫宏一郎, 網田克明, 橋本茂, 和田善行, 第21 回日本木材学会九州支部大会,   2014年09月
  • 「無垢材」と「新建材」を使った居住空間におけるヒトの生理心理学的分析, 長池 淳, 松本 清, 山本 篤, 福田 竜大, 山邉 結子, 照井 佳世, 吉村 友里, 中川 敏法, 藤田 弘毅, 川﨑 章惠, 佐藤 宣子, 藤本 登留, 清水 邦義, 岡本 剛, 山田 祐樹, 永野 純, 光藤 崇子, 大貫 宏一郎, 石川 洋哉, 中島 大輔, 安成 信次, 嶋津 久憲, 渡邉 雄一郎, 井上 伸史, 第21 回日本木材学会九州支部大会,   2014年09月
  • スギ精油の香りに対するヒトの生理心理応答調査, 山邊結子, 松本清, 山本篤, 中川敏法, 光藤崇子, 須原弘登, 石川洋哉, 大貫宏一郎, 岡本剛, 清水邦義, 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),   2014年03月03日
  • 木質空間の快適性に関する脳科学的定量化, 岡本剛, 山田祐樹, 永野純, 松本清, 山本篤, 山邊結子, 中川敏法, 照井佳世, 藤田弘毅, 川崎章恵, 佐藤宣子, 藤本登留, 清水邦義, 光藤崇子, 石川洋哉, 大貫宏一郎, 中島大輔, 渡邉雄一郎, 嶋津久憲, 安成信次, 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),   2014年03月03日
  • 屋久島に自生する杉(地杉)の生理活性に着目したカスケード的利用法の探索, 中川敏法, 朱欽昌, 岸川明日香, 永田敏郎, 石川洋哉, 大貫宏一郎, 柿野賢一, 堀内直哉, 篠塚宏明, 内藤輝実, 松本毅史, 南沢典子, 谷田貝光克, 清水邦義, 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),   2014年03月03日
  • Restorative effect of wooden materials on electrophysiological responses in humans., 松本 清, 岡本 剛, 山本 篤, 大貫 宏一郎, 清水 邦義, Society for Neuroscience 2013,   2013年11月
  • ヤマブシタケ(Hericium erinaceum)の行動リズムに与える影響, 平木絵里, 古田祥子, 佐藤大吾, 安尾しのぶ, 大貫宏一郎, 佐藤隆一郎, 清水邦義, 日本きのこ学会大会講演要旨集,   2013年09月01日
  • 木質空間における生理心理応答:無垢材と新建材での比較, 山本 篤, 松本 清, 山邊 結子, 福田 竜大, 藤田 弘毅, 川﨑 章惠, 佐藤 宣子, 清水 邦義, 藤本 登留, 岡本 剛, 山田 祐樹, 永野 純, 光藤 崇子, 石川 洋哉, 大貫 宏一郎, 中島 大輔, 安成 信次, 渡邉 雄一郎, 嶋津 久憲, 第20回日本木材学会九州支部大会,   2013年09月
  • 天然・低温乾燥材と新建材の調温・調湿機能比較―寝室環境の経時的変化から―, 松本 清, 山本 篤, 山邊 結子, 福田 竜大, 藤田 弘毅, 川﨑 章惠, 佐藤 宣子, 清水 邦義, 藤本 登留, 岡本 剛, 山田 祐樹, 永野 純, 光藤 崇子, 石川 洋哉, 大貫 宏一郎, 中島 大輔, 安成 信次, 渡邉 雄一郎, 嶋津 久憲, 第20回日本木材学会九州支部大会,   2013年09月
  • トマトの部位別におけるリパーゼ阻害活性の検討, 宮崎 明日香, 室井 由起子, 大貫 宏一郎, 清水 邦義, 第67回日本栄養・食糧学会,   2013年09月
  • 成熟トマト・未成熟トマトの機能性評価, 室井 由起子, 宮崎 明日香, 大貫 宏一郎, 清水 邦義, 第67回日本栄養・食糧学会,   2013年09月
  • 健常成人女性の不定愁訴と身体活動量との関連, 栫 ちか子, 長野 真弓, 清水 邦義, 大貫宏一郎, 第68回体力医学会,   2013年09月
  • Resveratrol and its dimers down-regulate protein S mRNA expression in HepG2 cells., 津田 博子, 中園 栄里, 佐田, 岸, 松川, 大貫 宏一郎, ISTH Congress,   2013年01月
  • ヤマブシタケの卵巣摘出マウスにおける抗肥満効果, 古田祥子, 佐藤崇雄, 佐藤大吾, 大貫宏一郎, 赤坂泰輝, 城内文吾, 佐藤匡央, 清水邦義, 近藤隆一郎, 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),   2012年
  • ヤマブシタケによる高脂肪食飼育OVXマウスにおける体脂肪減少効果, 古田祥子, 佐藤大吾, 赤坂泰輝, 城内文吾, 佐藤匡央, 大貫宏一郎, 清水邦義, 近藤隆一郎, 日本きのこ学会大会講演要旨集,   2011年08月20日
  • (-)‐酢酸ボルニル吸入が視覚作業時の作業効率および自律神経活動に与える影響, 松原恵理, 大貫宏一郎, 清水邦義, 近藤隆一郎, 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),   2011年
  • ヤマブシタケ含有食品の記憶学習および精神機能性に与える効果―心理学的手法による食品摂取の有効性評価―, 清水邦義, 林ちか子, 長野真弓, 大貫宏一郎, 北川勝幸, 佐藤大吾, 長根寿陽, 熊本県産学官技術交流会講演論文集,   2010年
  • ローレル葉揮発成分が注意力維持に及ぼす効果, 松原恵理, 深川未央, 福田敦子, 林ちか子, 大貫宏一郎, 清水邦義, 近藤隆一郎, 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),   2010年
  • モミ(Abies sibirica)精油が精神負荷作業時の生理的変化に及ぼす効果, 松原恵理, 清水邦義, 大貫宏一郎, 近藤隆一郎, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2009年11月07日
  • 健常者における高い不定愁訴数に関わる要因の探索, 長野真弓, 林ちか子, 畑山知子, 大貫宏一郎, 日本未病システム学会学術総会抄録集,   2009年10月15日
  • 女性の主観的不定愁訴症状に及ぼすショウガ酢飲料の影響, 林ちかこ, 畑山知子, 佐原明子, 來住明宣, 松川泰治, 大貫宏一郎, 日本未病システム学会学術総会抄録集,   2009年10月15日
  • 動物行動解析を用いた精神機能性を有する食品成分の探索, 大貫宏一郎, 有働洋, 食生活科学・文化及び環境に関する研究助成(CD-ROM),   2009年
  • 主観的評価方法を応用した不定愁訴に対するサプリメントの効果検証, 長野真弓, 畑山知子, 大貫宏一郎, 日本未病システム学会学術総会抄録集,   2008年09月30日
  • エステティックサロンにおける「癒やし」の評価, 畑山知子, 北村真吾, 長野真弓, 長町三生, 大貫宏一郎, 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM),   2008年
  • 自然由来揮発成分のビジランスに及ぼす影響, 清水邦義, 玉泉真弓, 高田奈津美, 村上千尋, 水野谷航, 近藤隆一郎, 河邊隆寛, 小崎智照, 大貫宏一郎, 石橋圭太, 泉龍介, 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM),   2007年
  • カプサイシンおよびその関連化合物の生理作用:動物および人を使った研究, 伏木亨, 大貫宏一郎, 原水聡史, 桝田依子, 蜂谷幸子, 井上尚彦, 川端二功, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2004年03月05日
  • カプサイシン及びその関連化合物の生理作用:動物および人を使った研究, 伏木 亨,大貫 宏一郎,原水 聡史,枡田 依子,蜂谷 幸子,井上 尚彦,川端 二功  , 日本農芸化学会,   2004年03月
  • 辛みを呈さないトウガラシ成分カプシエイトの持久運動能力増強作用, 水野谷 航,原水 聡史,大貫 宏一郎,渡辺 達夫,伏木 亨, 日本農芸化学会,   2003年04月
  • 辛味を呈さないトウガラシ成分カプシエイトの持久運動能力増強作用, 水野谷航, 原水聡史, 大貫宏一郎, 渡辺達夫, 伏木亨, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2003年03月05日
  • カプシエイトの持久運動能力増強作用に関する研究, 原水聡史, 水野谷航, 大貫宏一郎, 伏木亨, 渡辺達夫, 日本香辛料研究会講演要旨集,   2002年11月08日
  • カプシエイト投与による脱共役蛋白質UCPsの発現量の増加, ます田依子, 原水聡史, 隠岐加寿美, 大貫宏一郎, 河田照雄, 伏木亨, 渡辺達夫, 日本香辛料研究会講演要旨集,   2002年11月08日
  • 甘味品種トウガラシCH‐19Sweetの摂取がヒトの熱産生・熱放散に及ぼす影響 辛味品種トウガラシと比較して, 蜂谷幸子, 大貫宏一郎, 井上尚彦, 伏木亨, 矢沢進, 丹羽昌二, 前田智, 橋爪秀一, 日本香辛料研究会講演要旨集,   2002年11月08日
  • 新規トウガラシ成分カプシエイトが持久運動能力に与える影響, 原水聡史, 水野谷航, 大貫宏一郎, 渡辺達夫, 伏木亨, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   2002年06月20日
  • カプシエイト投与による脱共役蛋白質UCPsの発現量の増加, ます田依子, 原水聡史, 隠岐加寿美, 大貫宏一郎, 渡辺達夫, 河田照雄, 伏木亨, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   2002年06月20日
  • 甘味品種トウガラシCH‐19 Swee摂取がヒトの体熱産生に与える影響, 蜂谷幸子, 大貫宏一郎, 矢沢進, 丹羽昌二, 前田智, 伏木亨, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2002年03月05日
  • 甘味品種トウガラシCH19-Sweetがヒトの体熱産生に与える影響, 蜂谷 幸子,大貫 宏一郎,矢澤 進,丹羽 昌二,前田 智,伏木 亨, 日本農芸化学会,   2002年03月
  • 甘味品種トウガラシCH‐19Sweetの体脂肪蓄積抑制効果, 大貫宏一郎, 原水聡史, 伏木亨, 伊藤良一, 稲垣宏之, 松井直子, 橋爪秀一, 日本香辛料研究会講演要旨集,   2001年11月16日
  • カプシエイトの体熱産生・体脂肪減少効果 運動や制限食と比較して, 原水聡史, 大貫宏一郎, 桝田依子, 伏木亨, 渡辺達夫, 矢沢進, 橋爪秀一, 日本香辛料研究会講演要旨集,   2001年11月16日
  • 甘味品種トウガラシCH‐19Sweetの摂取による人の体熱産生, 蜂谷幸子, 大貫宏一郎, 井上尚彦, 伏木亨, 矢沢進, 丹羽昌二, 前田智, 橋爪秀一, 日本香辛料研究会講演要旨集,   2001年11月16日
  • 新規トウガラシ成分カプシエイトのエネルギー代謝こう進作用, 大貫宏一郎, 原水聡史, 渡辺達夫, 矢沢進, 橋爪秀一, 伏木亨, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   2001年04月01日
  • 新規トウガラシ成分カプシエイトのエネルギー代謝亢進作用, 大貫 宏一郎, 原水 聡史, 渡辺 達夫, 矢澤 進, 橋爪 秀一, 伏木 亨, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2001年04月
  • カプシエイトの体熱産生・体脂肪減少効果, 大貫宏一郎, 原水聡史, 伏木亨, 渡辺達夫, 矢沢進, 橋爪秀一, 日本香辛料研究会講演要旨集,   2000年11月24日
  • カプシエイトによる鼓索神経の電気生理学的応答, 原水聡史, 大貫宏一郎, 隠岐加寿美, 伏木亨, 渡辺達夫, 矢沢進, 橋爪秀一, 日本香辛料研究会講演要旨集,   2000年11月24日
  • 新規トウガラシ成分カプシエイトの生理作用に関する研究, 大貫宏一郎, 原水聡史, 隠岐加寿美, 渡辺達夫, 矢沢進, 橋爪秀一, 伏木亨, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   2000年04月01日
  • カプシエイトの生理作用に関する研究, 大貫宏一郎, 原水聡史, 伏木亨, 渡辺達夫, 矢沢進, 橋爪秀一, 日本香辛料研究会講演要旨集,   1999年11月13日
  • セレン栄養状態が異なるマウスへの水泳負荷の影響, 吉田宗弘, 鈴木みさ子, 福永健治, 石原健吾, 大貫宏一郎, 伏木亨, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   1999年04月20日
  • 青ネギの体温上昇効果に関する研究, 日比野岳, 山崎正幸, 井上尚彦, 大貫宏一郎, 石原健吾, 伏木亨, 日本香辛料研究会講演要旨集,   1998年11月
  • 心拍変動パワースペクトル解析による実験動物の自律神経活動の解析, 大貫宏一郎, 森谷敏夫, 石原健吾, 伏木亨, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   1998年03月
  • 大豆タンパク質由来ペプチドの運動トレーニング時の脂肪蓄積抑制効果, 石原健吾, 斎藤真人, 大貫宏一郎, 井上和生, 伏木亨, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,   1996年10月

MISC

  • ハーブティーの便通および体組成に対する効果 無作為化二重盲検比較試験, 後藤 純平, 清水 邦義, 佐藤 大吾, 大貫 宏一郎, 新薬と臨牀, 65, 5, 707, 715,   2016年05月
    概要:慢性便秘症は一般社会において多くの人が抱える日常疾患である。便秘症を改善することは、腹部症状などのQOL低下を改善するだけでなく、痩身効果も期待されている。今回、健康な女性40名を対象に24種の植物を配合したハーブティーを1日1包、12週間毎日飲用した場合の便通および体組成に与える影響についてプラセボを対照とした無作為化二重盲検比較試験を実施し、検討した。試験結果は体調不良による脱落者1名を除いた39名にて臨床検査および自覚症状について解析を行った。その結果、ハーブティーを飲用した試験品群の体脂肪率が飲用前に比べて飲用後に有意に減少し、体重、腹囲についても同様の減少傾向が認められた。さらに便の状態についてもプラセボ群に比べて試験品群で4週目、8週目、12週目に有意な改善を示し、ハーブティー飲用前後で比較しても、より軟らかい便へと変化したことが確認できた。1日の排便回数においてもプラセボ群に比べて試験品群で4週目、8週目、12週目に有意な高値を示した。これらのことから、24種の植物配合ハーブティーを12週間飲用した場合、便秘症改善および肥満改善効果を確認することができた。(著者抄録)
  • 網羅的行動解析による香辛料成分の精神機能性探索, 栫ちか子, 有働洋, 大植康司, 大貫宏一郎, 浦上財団研究報告書, 18, 83, 90,   2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102226517835216
  • 揮発性香辛料成分の人の精神機能に及ぼす影響~ローレル葉揮発成分が注意力維持へ及ぼす効果~, 清水邦義, 松原恵理, 深川未央, 林ちか子, 大貫宏一郎, 近藤隆一郎, 浦上財団研究報告書, 17, 27, 35,   2010年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002298082339061
  • 摂取する脂肪により精神活動は影響を受けるか, 水野谷航, 大貫宏一郎, 辰巳隆一, 池内義秀, 浦上財団研究報告書, 16, 36, 45,   2009年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002279017225372

特許

  • 神経細胞分化促進剤, 松川泰治, 松居雄毅, 山田泰正, 山田一郎, 有働洋, 大貫宏一郎, 2011-111440
  • 抗ストレス剤, 松川泰治, 松居雄毅,山田泰正, 山田一郎, 有働洋, 大貫宏一郎, 2010-105999
  • 神経新生促進剤, 松川泰治, 松居雄毅,山田泰正, 山田一郎, 有働洋, 大貫宏一郎, 特許4433082号
  • 神経新生促進剤を含有する飲食品, 松川泰治, 松居雄毅,山田泰正, 山田一郎, 有働洋, 大貫宏一郎, 2010-104364
  • 酢酸ボルニルのθ波増強効果, 清水邦義, 松原恵理, 大貫宏一郎, 近藤 隆一郎, 2012-171944

受賞

  •   2002年03月, 日本農芸化学会, Biosci. Biotechnol. Biochem.優秀論文賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 食品成分の脳神経機能性およびそのメカニズムの解明, 大貫 宏一郎
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), アミノ酸摂取によるトリプトファン代謝産物キヌレン酸産生制御を介した高次脳機能調節, 福渡 努, トリプトファン代謝産物キヌレン酸が脳で増加すると,ニューロンからのドーパミン分泌を抑制する.アミノ酸はキヌレン酸産生に関与する可能性がある.本研究では,食品栄養学的な観点から,アミノ酸摂取によってキヌレン酸産生を制御し,ドーパミン機能が関与する高次脳機能を調節することを目的とする.平成24年度には,1) in vitro実験によるキヌレン酸産生を抑制するアミノ酸のスクリーニング,2) 行動実験による高次脳機能評価系の構築を行った.下記に1) の概要を示す.in vitro実験により,キヌレン酸産生を抑制するアミノ酸のスクリーニングを行った.すなわち,ラット大脳皮質から組織切片を作成し,各アミノ酸を含む緩衝液中で培養したところ,20種のアミノ酸のうちロイシン,イソロイシン,フェニルアラニン,メチオニン,チロシン,システイン,アラニン,グルタミン,グルタミン酸,アスパラギン酸の10種のアミノ酸にキヌレン酸産生抑制作用が認められた.そのうちロイシン,イソロイシン,フェニルアラニン,メチオニン,チロシンはキヌレン酸前駆体キヌレニンの取込みを抑制することによって,キヌレン酸産生を抑制した.他の5種のアミノ酸はキヌレニンからキヌレン酸への生合成反応を抑制するという機構によるものであった.以上の結果より,食事のアミノ酸組成がキヌレン酸産生を制御し,それによって高次脳機能を調節できる可能性が示された.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 網羅的解析システムによる食品成分の精神機能性探索, 大貫 宏一郎, 網羅的解析システムを確立し機能性食品成分の探索を行った。その結果、特定のペプチド摂取マウス群では、タンパク質摂取群よりも鬱や不安傾向が低下し、脳重量の増加や神経新生が促進された。また、PC12細胞培養液に添加した特定のペプチドが神経突起を伸長させた。その他、ヤマブシタケ含有食品はプラセボ食よりも摂取2週間後において有意に主観的な不安感を低下した。以上より、網羅的解析システムが食品成分の精神機能性評価に有用であることが示唆された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 精神機能性を評価する総合的システムの構築, 大貫 宏一郎, マウスの行動テストバッテリーを用いて、一般食品やその中に含まれる新規物質が精神に与える影響を探索し、その成果をヒトで検証することを試みた。その中で、鬱や不安傾向を低下させる食品由来ペプチドの効果を動物行動でスクリーニングすることができ、そのペプチドが神経新生を亢進させる結果が得られた。また、ヤマブシタケを含有する食品の効果をヒトで確認することができ、不安感を軽減する効果があることが示唆された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 中枢性疲労評価システムの構築と疲労制御を指向した食品開発基盤の整備, 井上 和生, マウスにおいて軽度の運動負荷によって引き起こされ、自発行動量の低下で示される疲労が回復する過程を経時的に測定し、疲労度を評価する系を確立した。この評価系が摂取した物質により抗疲労・疲労回復作用を持つもの、および疲労を促進するものの両方を検出できることを行動する動機に影響する薬物で確認した。この系でグルコース、クエン酸の直前摂取が、またホエータンパク質の慢性摂取が疲労の軽減作用を持つことを示唆した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 運動刺激・体力と精神機能との関連性についての基礎的研究, 長野 真弓, 本研究は、有疾患者・高齢者における精神機能を調査し、運動・体力とそれらの指標間の関連性を明らかにするため、以下のテーマに沿って研究を遂行した。テーマ1:生理的指標との協応性がより高い質問紙の選定ここでは、新規糖尿病患者において3種類の心理的質問票の回答結果と生理的指標との協応性を検討し、GHQ精神健康調査票を以後の調査で使用することとした。テーマ2:地域高齢者における実測した体力と質問紙で調査した精神健康度との関連性本対象では実測した体力要素と精神健康度との間に関連性が認められず、実際の体力が高い者が良好な精神健康度を有するとは言いがたいと結論された。テーマ3:有疾患者における体力・病態と質問紙で調査した精神健康度との関連性の検討 ここでは、病態へ移行する途中の新規糖尿病患者において、体力・病態・精神健康度の3つの要因間の関連性を検討した。1)代謝異常値の出現への全身持久力の影響低い全身持久力は肝機能指標であるASTおよびALTの高値の出現と強い関連性があることが明らかになった。この知見は、世界でもまだ一例も報告されておらず、今後そのメカニズムを解明する必要があると考えられた。2)精神健康度と全身持久力および脂肪肝・肝機能指標との関連性の検討脂肪肝を有する者では、精神健康度不良の者の体力と脂肪肝の指標が精神健康度良好の者より有意に悪化しており、精神健康度の悪化は内蔵脂肪や他の代謝異常の影響を考慮してもなお、低い全身持久力と関連していた。これらのことから、悪化した精神健康度が運動行動を阻害し、それが高い代謝異常の出現に関与している1つの経路がある可能性が示唆された。以上の結果から、健常者というよりもむしろ有疾患者において、精神健康度が全身持久力や代謝指標に影響する可能性が示唆された。また、精神健康度の新たなバイオマーカーとして、肝機能指標が有用である可能性が高まった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), マウス行動テストバッテリーで得られたデータの大規模メタ分析, 大貫 宏一郎, 本研究は、行動テストバッテリーを用いた多くの共同研究を実施しつつ、得られたデータを活用して基礎データの蓄積と解析を行い、行動テストバッテリーを改良し標準化することを主たる目的としている。本年度は、遺伝子改変マウスや脂肪酸組成の違う食餌を与えたマウス間での行動の違いなどについての共同実験を実施した。また、行動実験が実際の鬱症状や不安状態を反映しているかを検討するため、鬱を誘発するレセルピンや不安を誘発するジアゼパムの投与により、行動の変化を検討した。さらに、装置の改良として、明暗選択テストの不安行動をより顕著にすることを目的として、明箱の天井を取り除いたモデルを試用した。遺伝子改変(トランスジェニック)マウスの一つの系統で顕著な鬱傾向の減少が見られた。ある遺伝子を過剰発現させたマウスであり、鬱の治療薬の新しいターゲットになると期待される。この結果は神経科学分野の国際論文に投稿する予定である。脂肪酸組成によってマウスの行動に若干の違いが見られた。この結果の再現性を確認し、食品分野の国内英語論文に投稿する予定である。また、食餌の組成も行動に影響するという知見が得られた。レセルピンの投与により顕著な鬱症状が誘発されることを、テールサスペンションテスト、ポーソルト強制遊泳テストで検出することができた。ジアゼパムによる不安行動は高架十時迷路では見られたが、同じく不安を評価するとされている明暗選択試験では統計的な有意差が見られなかった。明箱の天井を取り除いたモデルでも行動の違いは見られなかった。薬理的な研究結果は公知のものと類似しており、論文投稿は予定していないが、実験を進める上での重要な基礎データを得ることができた。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 栄養学, 近畿大学
  • バイオセンシング, 近畿大学
  • 環境と生物, 近畿大学
  • 生物化学II, 近畿大学
  • 食品化学, 近畿大学
  • 物質化学基礎実験, 近畿大学
  • 生物化学実験, 近畿大学
  • 食品バイオテクノロジー, 九州栄養福祉大学
  • 管理栄養士演習, 九州栄養福祉大学
  • 基礎生物学, 九州栄養福祉大学
  • 食品学各論, 九州栄養福祉大学
  • 食品学総論, 九州栄養福祉大学
  • 食品学実験I, 九州栄養福祉大学
  • 食品学実験II, 九州栄養福祉大学