KINDAI UNIVERSITY


*A space between the first name and last name, please enter

NAKANO Hiroyuki

Profile

FacultyDepartment of Law / Graduate School of Law
PositionProfessor
Degree
Commentator Guidehttps://www.kindai.ac.jp/meikan/45-nakano-hiroyuki.html
URL
Mail
Last Updated :2020/09/30

Research Activities

Misc

  • Gift tax and Realization, 中野 浩幸, 商経学叢, 63, 3, 443, 458,   2017 03 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120006332218
    Summary:[要約]相続税法9条に規定するみなし贈与財産の範囲には,跛行増資の際や株式発行会社が資産を無償又は低額譲受けの際の株式価値の増加をも含まれる場合があり,広範に及ぷ。本稿の目的は,株式の未実現の価値増加に係る贈与税課税について実現原則を採る所得税法と対比して課税要件の限界を検討するものである。[Abstract] In this paper, I review the relation of benefits treated as gifts and the realization requirement.
  • Inheritance and Capital gains taxation, 中野 浩幸, 商経学叢, 62, 2, 207, 227,   2015 12 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40020811920
  • Compensation payment and capital gain Taxation, 中野 浩幸, 商経学叢, 169, 261, 278,   2013 12 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737968
  • A study on the character of capital gain taxation, 中野 浩幸, 商経学叢, 59, 2, 977, 987,   2012 12 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737893
    Summary:[要約] 本稿は, いわゆる清算課税説が, 現行所得税法の所得分類論において有用であることを再確認することを目的とし, いくつかの規定との関連において若干の考察を試みるものである。 [Abstract] In this paper, I review the character of capital gains taxation, the provisions of The Income Tax Act.
  • Relationship of the acquisition cost of assets and tax roll-over treatment on capital gains taxation, 中野 浩幸, 商経学叢, 59, 1, 321, 338,   2012 07 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737784
    Summary:[要約] 本稿は, 所得税法における譲渡所得の金額の計算上, 総収入金額から控除される取得費を, 個人から贈与等により取得した場合の取得費引継ぎ規定との関係において検討をするものである。具体的には, 受贈者が受贈財産を譲渡した場合における譲渡所得の金額の計算上,当該受贈者が受贈財産を取得する際に支出した付随費用が, 取得費に算入されるかという問題である。この問題の検討を通じて, 取得費引継ぎ規定の構造を明らかにすることを目的としている。 [Abstract] In this paper, I review and clarify the relationship of acquisition cost of assets and tax roll-over treatment on capital gains taxation.
  • Study of Taxation on Capital Gains of Transfer Development Rights, 中野 浩幸, 商経学叢, 58, 1, 109, 127,   2011 07 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737719
    Summary:[要約] 本稿は, 個人が建築基準法上の連担建築物設計制度によって余剰容積を移転し, 地役権を設定した場合の所得税法上の課税のあり方について検討するものである。特に, 余剰容積の移転という類型を譲渡所得における「譲渡」の範囲に含める余地があるかどうかを検討することによって, 譲渡所得における「譲渡」の範囲の限界を明らかにすることを目的としている。 [Abstract] In this paper, I review the tax Rights. And I'd like to clarify the concept of treatment of Transfer Development jouto' in Income Taxation.
  • The limitation on transfer expenses, 中野 浩幸, The Journal of business administration and marketing strategy, 56, 2, 993, 1006,   2009 12 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737815
    Summary:【要約】本稿の目的は, 譲渡所得の金額の計算上,収入金額から控除される譲渡費用に関する平成18年最高裁判決を検討し, 譲渡費用の該当性基準について若干の考察を行うものである。 【Abstract】 In this paper, I review the limitations on transfer expenses by the case that Supreme Court of Japan held in 2006.
  • The criterion of reviewing the constitutionality of Tax Law, 中野 浩幸, The Journal of business administration and marketing strategy, 56, 1, 549, 564,   2009 07 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737830
    Summary:【要約】本稿の目的は, 租税法規における違憲審査基準の適用について若干の検討を行うものである。 租税法規については, 大島訴訟判決を先例とし,合理性の基準によって違憲審査が行われ, 合憲と判断される場合がほとんどである。 本稿では, 大島訴訟判決の射程範囲について再考し, 場合によってはより厳格な審査によって違憲審査を行う必要の余地があることを指摘している。【Abstract】 In this paper, I review the criterion of the constitutionality of tax law by the Oshima Case and the other cases
  • The condition of dual income taxation method, 中野 浩幸, The Journal of business administration and marketing strategy, 55, 3, 573, 587,   2009 03 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737837
    Summary:【要約】本稿の目的は, 二重利得法の適用範囲について再検討することである。本稿では, 従来から認められている「土地造成型」以外にも二重利得法を適用することが可能であることおよびその拡張要件を指摘したい。 【Abstract】 The aim of this paper is to review dual income taxation method. In this paper, I would like to make a point of the condition of dual income taxation method.