KINDAI UNIVERSITY


*A space between the first name and last name, please enter

KOTAKE Takeshi

Profile

FacultyDepartment of Pharmacy / Graduate School of Medicine
PositionProfessor
Degree
Commentator Guidehttps://www.kindai.ac.jp/meikan/573-kotake-takeshi.html
URL
Mail
Last Updated :2020/08/10

Education and Career

Academic & Professional Experience

  •   2011 , Faculty of Pharmacy, Kindai University

Research Activities

Research Areas

  • Life sciences, Clinical pharmacy

Research Interests

  • Pharmacokinetics/Pharmacodynamics

Published Papers

  • Application of ozone gas for decontamination of nucleoside anticancer drugs., Tsukamoto A, Ishiwata S, Kajimoto A, Murata R, Kitano R, Inoue T, Kotake T, Journal of pharmaceutical health care and sciences, Journal of pharmaceutical health care and sciences, 2, 26, Oct. 2016 , Refereed
  • Limited Sampling Strategy for Mycophenolic Acid in Japanese Heart Transplant Recipients., Wada K, Takada M, Kotake T, Ochi H, Morishita H, Komamura K, Oda N, Mano A, Kato TS, Hanatani A, Nakatani T, Circ. J., Circ. J., 71(7), 1022 - 1028, Jul. 2007 , Refereed
  • Relationship between Acute Rejection and Cyclosporine or Mycophenolic Acid Levels in Japanese Heart Transplantation., Wada K, Takada M, Ueda T, Ochi H, Kotake T, Morishita H, Hanatani A, Nakatani T, Circ J., Circ J., 71(3), 289 - 293, Mar. 2007 , Refereed
  • Drug interactions between tacrolimus and phenytoin in Japanese heart transplant recipients: 2 case reports., Int. J. Clin. Pharmacol. Ther., Int. J. Clin. Pharmacol. Ther., 45, 524 - 524, 2007
  • Heart failure elevates serum levels of cibenzoline in arrhythmic patients., Kotake T, Takada M, Komamura K, Kamakura S, Miyatake K, Kitakaze M, Morishita H, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 70(5), 588 - 592, May 2006 , Refereed
  • Serum amiodarone and desethylamiodarone concentrations in nasogastrically versus orally administered patients., J. Clin. Pharm. Ther., J. Clin. Pharm. Ther., 31, 237 - 243, 2006
  • Genetic variations and haplotypes of UGT1A4 in a Japanese population., Saeki M, Saito Y, Jinno H, Sai K, Hachisuka A, Kaniwa N, Ozawa S, Kawamoto M, Kamatani N, Shirao K, Minami H, Ohtsu A, Yoshida T, Saijo N, Komamura K, Kotake T, Morishita H, Kamakura S, Kitakaze M, Tomoike H, Sawada J, Drug Metab. Pharmacokinet., Drug Metab. Pharmacokinet., 20(2), 144 - 151, Apr. 2005 , Refereed
  • Genetic polymorphisms of UGT1A6 in a Japanese population., Saeki M, Saito Y, Jinno H, Sai K, Kaniwa N, Ozawa S, Komamura K, Kotake T, Morishita H, Kamakura S, Kitakaze M, Tomoike H, Shirao K, Minami H, Ohtsu A, Yoshida T, Saijo N, Kamatani N, Sawada J, Drug Metab. Pharmacokinet., Drug Metab. Pharmacokinet., 20(1), 85 - 90, Feb. 2005 , Refereed
  • Evaluation of Dissolution Profile between Original and Generic Products of Zolpidem Tartrate by Microdialysis-HPLC., Kazunori Inaba, Toshiharu Oie, Hiroko Otake, Takeshi Kotake, Noriaki Nagai, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 67(2), 120 - 124, 2019 , Refereed
    Summary:The evaluation of the dissolution profile of hypnotic drugs is important to promote switching from original products to generic products by removing distrust in generic hypnotics. In this study, we investigated differences in the dissolution profiles between original and generic products (GE-D, GE-S, and GE-T) in commercially available zolpidem tartrate (ZOL) products using the HPLC method using a connected microdialysis probe (microdialysis-HPLC method). Although the degree of hardness and the disintegration time were not different among the original, GE-S, and GE-T, GE-D was 1.4 times harder than the other products. The disintegration time of GE-D was approximately twice as long as that of the original product. Generic products dissolved rapidly as compared with the original product, however, the dissolution rate in the ZOL powder (milled ZOL product) was not different between the original and generic products. Macrogol 6000 (polyethylene glycol (PEG)-6000) was used in the generic products, and this additive was the only PEG difference from the original product. We investigated whether the PEG in the product affected the solubility of ZOL and found that the addition of PEG-4000 or PEG-6000 significantly increased the dissolution rate. These results suggest that the solubility of ZOL may be increased by PEG when the product is disintegrated, resulting in the increased dissolution rate in the generic products. In conclusion, we found that the difference of PEG affected the dissolution profile in the disintegration process using the microdialysis-HPLC method. This finding can help ensure the safety of milled products and the selection of additives.
  • Improvement of Dissolution Rate and Stability in a Pirenoxine Ophthalmic Suspension by the Bead Mill Methods, Akina Ueno, Sakie Yamaoka, Yoshimasa Ito, Takeshi Kotake, Yosuke Nakazawa, Noriaki Nagai, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 137(5), 635 - 641, May 2017 , Refereed
    Summary:Foreign matter sensation and blurred vision following instillation of ophthalmic suspension are often observed, and remaining of solid particle on cornea is related these side effects. In addition, low dispersion stability in the ophthalmic suspension affects the therapeutic effect. In this study, we have attempted to enhance the dissolution rate and stability of commercially available pirenoxine ophthalmic suspension (CA-pirenoxine eye drops), anti-cataract eye drops, by changes in particle size. Methylcellulose, zirconia beads (0.1 mm) and Micro Smash were used to mill the pirenoxine (bead mill method), and the distribution of particle size was changed to approximately 60-900 nm (nanodispersions) from 70 nm-3 mu m (CA-pirenoxine eye drops). The dissolution rate of pirenoxine increased by the bead mill, and the dissolution rate constant in pirenoxine nanodispersions was 2.1-fold than that in CA-pirenoxine eye drops. Moreover, the dispersion stability in nanodispersions also significant higher in comparison with the CA-pirenoxine eye drops. The dispersion ratio in CA-pirenoxine eye drops and pirenoxine nanodispersions at 2 d after suspension was 48%, 99%, respectively. In conclusion, we showed that the dissolution rate and dispersion stability of CA-pirenoxine eye drops were enhanced by the bead mill method. These findings provide significant information that can be used in the design of ophthalmic suspension.
  • Novel polyacetylene derivatives and their inhibitory activities on acetylcholinesterase obtained from Panax ginseng roots, Kazuya Murata, Daiki Iida, Yoshihiro Ueno, Keiichi Samukawa, Toshihiko Ishizaka, Takeshi Kotake, Hideaki Matsuda, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 71(1), 114 - 122, Jan. 2017 , Refereed
    Summary:In our research program to identify cholinesterase and beta-secretase inhibitors, we investigated Ginseng (root of Panax ginseng), a crude drug described as a multifunctional drug in the ancient Chinese herbal book Shennong Ben Cao Jing. Results from hexane and methanol extracts showed moderate inhibitory activities. This suggests that ginseng roots may be effective for the prevention of and therapy for dementia. We then focused on hexane extracts of raw ginseng root and dried ginseng root since the determination of hexane extract constituents has not been studied extensively. Activity-guided fractionation and purification led to the isolation of 4 polyacetylene compounds; homopanaxynol, homopanaxydol, (9Z)-heptadeca-1, 9-diene-4,6-diyn-3-one, and (8E)-octadeca-1,8-diene-4,6-diyn-3,10-diol. The chemical structures of these compounds, including stereochemistry, were determined. This is the first study to identify the structure of homopanaxynol and homopanaxydol. Moreover, the modes of action of some compounds were characterized as competitive inhibitors. This study showed, for the first time, that polyacetylene compounds possess acetylcholinesterase inhibitory activities.
  • Drug Interaction Between Tacrolimus and Carbamazepine in a Japanese Heart Transplant Recipient: A Case Report, Kyoichi Wada, Mitsutaka Takada, Mika Sakai, Hiroyuki Ochi, Takeshi Kotake, Hiroshi Okada, Hideki Morishita, Noboru Oda, Akiko Mano, Tomoko S. Kato, Kazuo Komamura, Takeshi Nakatani, JOURNAL OF HEART AND LUNG TRANSPLANTATION, JOURNAL OF HEART AND LUNG TRANSPLANTATION, 28(4), 409 - 411, Apr. 2009 , Refereed
    Summary:This article reports changes in tacrolimus (FK506) blood levels connected with carbamazepine (CBZ). A drug interaction between FK506 and CBZ was investigated in a woman, who was in her 40s, who underwent heart transplantation. Pharmacokinetic parameters were measured, including dose and trough blood levels (C(0)), area under the serum concentration-time curve from 0 to 12 hours (AUC(0-12)h, and apparent clearance of oral FK506 (CL/F) for FK506 alone (about 3 months before starting CBZ) and combined with CBZ (11 days and about 3 months after starting CBZ) FK506 C(0) levels were decreased within 7 days of CBZ treatment. FK506 dosing required a 1.3- to 1.4-fold increase to maintain adequate blood levels while taking 200 mg CBZ daily. The AUC(0-12h)/dose 11 days after CBZ treatment was about 50% of the value before CBZ, and was about 70% at 3 months after CBZ treatment. The CL/F at 11 days and about 3 months after starting CBZ treatment was about 2 times higher than before CBZ therapy. FK506 C(0) levels are decreased by CBZ treatment, and blood levels should be closely monitored. J Heart Lung Transplant 2009;28:409-11. Copyright (C) 2009 by the international Society for Heart and Lung Transplantation.
  • Genetic variations and haplotype structures of the ABCB1 gene in a Japanese population: An expanded haplotype block covering the distal promoter region, and associated ethnic differences, K. Sai, M. Itoda, Y. Saito, K. Kurose, N. Katori, N. Kaniwa, K. Komamura, T. Kotake, H. Morishita, H. Tomoike, S. Kamakura, M. Kitakaze, T. Tamura, N. Yamamoto, H. Kunitoh, Y. Yamada, Y. Ohe, Y. Shimada, K. Shirao, H. Minami, A. Ohtsu, T. Yoshida, N. Saijo, N. Kamatani, S. Ozawa, J. Sawada, ANNALS OF HUMAN GENETICS, ANNALS OF HUMAN GENETICS, 70, 605 - 622, Sep. 2006
    Summary:As functional ABCB1 haplotypes were recently reported in the promoter region of the gene, we resequenced the ABCB1 distal promoter region, along with other regions (the enhancer and proximal promoter regions, and all 28 exons), in a total of 533 Japanese subjects. Linkage disequilibrium (LD) analysis based on 92 genetic variations revealed 4 LD blocks with the same make up as previously described (Blocks -1, 1, 2 and 3), except that Block 1 was expanded to include the distal promoter region, and that a new linkage between polymorphisms -1789G > A in the distal promoter region and IVS5 + 123A > G in intron 5 was identified. We re-assigned Block 1 haplotypes, and added novel haplotypes to the other 3 blocks. The reported promoter haplotypes were further classified into several types according to tagging variations within Block 1 coding or intronic regions. Our current data reconfirm the haplotype profiles of the other three blocks, add more detailed information on functionally-important haplotypes in Block 1 and 2 in the Japanese population, and identified differences in haplotype profiles between ethnic groups. Our updated analysis of ABCB1 haplotype blocks will assist pharmacogenetic and disease-association studies carried out using Asian subjects.
  • Haplotype structures of the UGT1A gene complex in a Japanese population, M Saeki, Y Saito, H Jinno, K Sai, S Ozawa, K Kurose, N Kaniwa, K Komamura, T Kotake, H Morishita, S Kamakura, M Kitakaze, H Tomoike, K Shirao, T Tamura, N Yamamoto, H Kunitoh, T Hamaguchi, T Yoshida, K Kubota, A Ohtsu, M Muto, H Minami, N Saijo, N Kamatani, JI Sawada, PHARMACOGENOMICS JOURNAL, PHARMACOGENOMICS JOURNAL, 6(1), 63 - 75, Jan. 2006
    Summary:Genetic polymorphisms of UDP-glucuronosyltransferases (UGTs) are involved in individual and ethnic differences in drug metabolism. To reveal co-occurrence of the UGT1A polymorphisms, we first analyzed haplotype structures of the entire UGT1A gene complex using the polymorphisms from 196 Japanese subjects. Based on strong linkage disequilibrium between UGT1A8 and 1A10, among 1A9, 1A7, and 1A6, and between 1A3 and 1A1, the complex was divided into five blocks, Block 8/10, Block 9/6, Block 4, Block 3/1, and Block C, and the haplotypes for each block were subsequently determined/inferred. Second, using pyrosequencing or direct sequencing, additional 105 subjects were genotyped for 41 functionally tagged polymorphisms. The data from 301 subjects confirmed the robustness of block partitioning, but several linkages among the haplotypes with functional changes were found across the blocks. Thus, important haplotypes and their linkages were identified among the UGT1A gene blocks ( and segments), which should be considered in pharmacogenetic studies.
  • Functional analysis of four naturally occurring variants of human constitutive androstane receptor, S Ikeda, K Kurose, H Jinno, K Sai, S Ozawa, R Hasegawa, K Komamura, T Kotake, H Morishita, S Kamakura, M Kitakaze, H Tomoike, T Tamura, N Yamamoto, H Kunitoh, Y Yamada, Y Ohe, Y Shimada, K Shirao, K Kubota, H Minami, A Ohtsu, T Yoshida, N Saijo, Y Salto, J Sawada, MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM, MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM, 86(1-2), 314 - 319, Sep. 2005 , Refereed
    Summary:The human constitutive androstane receptor (CAR, NR1I3) is a member of the orphan nuclear receptor superfamily that plays an important role in the control of drug metabolism and disposition. In this study, we sequenced all the coding exons of the NR1I3 gene for 334 Japanese subjects. We identified three novel single nucleotide polymorphisms (SNPs) that induce non-synonymous alterations of amino acids (His246Arg, Leu308Pro, and Asn323Ser) residing in the ligand-binding domain of CAR, in addition to the Val133Gly variant, which was another CAR variant identified in our previous study. We performed functional analysis of these four naturally occurring CAR variants in COS-7 cells using a CYP3A4 promoter/enhancer reporter gene that includes the CAR responsive elements. The His246Arg variant caused marked reductions in both transactivation of the reporter gene and in the response to 6-(4-chlorophenyl)imidazo[2,1-b][1,3]thiazole-5-carbaldehyde O-(3,4-dichlorobenzyl)oxime (CITCO), which is a human CAR-specific agonist. The transactivation ability of the Leu308Pro variant was also significantly decreased, but its responsiveness to CITCO was not abrogated. The transactivation ability and CITCO response of the Val133Gly and Asn323Ser variants did not change as compared to the wild-type CAR. These data suggest that the His246Arg and Leu308Pro variants, especially His246Arg, may influence the expression of drug-metabolizing enzymes and transporters that are transactivated by CAR. (c) 2005 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • Appropriate dosing regimen of allopurinol in Japanese patients, M Takada, H Okada, T Kotake, N Kawato, M Saito, M Nakai, T Gunji, M Shibakawa, JOURNAL OF CLINICAL PHARMACY AND THERAPEUTICS, JOURNAL OF CLINICAL PHARMACY AND THERAPEUTICS, 30(4), 407 - 412, Aug. 2005
    Summary:Objective: Approved dosage regimens for prescription drug products are developed with a view to obtaining a favourable therapeutic index in the overall exposed population. The purpose of this study was to examine differences between the approved dosage regimen and the clinically prescribed doses of allopurinol in major hospitals in Japan. Methods: The prescribing records for allopurinol were scrutinized at five national hospitals in Japan. Prescription information, including mean dose and the distribution of doses, was extracted for each hospital and the data compared with the dosage recommended in the approved labelling for the product. In addition, therapeutic drug monitoring (TDM) data were examined to evaluate relationships between dose administered, serum concentration of oxypurinol, and clinical efficacy. Results: The mean dose of allopurinol prescribed in the five institutions, 131.7 mg/day, was lower than the approved dosage of 200-300 mg/day. There were no differences in the mean dose between the hospitals, and similar dose distributions were seen among the hospitals. Approximately 60-70% of patients were treated with 100 mg/day and 20-30% with 200 mg/day of allopurinol. The most frequent dosage of allopurinol used in clinical practice was 100 mg/day. In the TDM study, the mean trough serum concentrations of oxypurinol were 9.5 +/- 3.6 mu g/mL (50 mg/day), 13.0 +/- 6.8 mu g/mL (100 mg/day), 19.8 +/- 12.9 mu g/mL (200 mg/day) and 15.7 +/- 7.3 mu g/mL (300 mg/day). The mean values of creatinine clearance were 17.0 +/- 16.4 mL/min (50 mg/day), 33.5 +/- 32.8 mL/min (100 mg/day), 57.8 +/- 33.8 mL/min (200 mg/day) and 94.3 +/- 35.8 mL/min (300 mg/day, in patients with normal renal function), and showed a downward trend together with a reduction of dosage of allopurinol. Allopurinol was given to 91% (91/100) of patients at a daily dose of 100-200 mg, and the oxypurinol trough serum concentration attained (> 4.6 mu g/mL) was sufficient to maintain a therapeutic effect in 92.3% (84/91) of these patients. A daily dose of 100-200 mg may be enough to obtain therapeutic serum oxypurinol concentrations in most Japanese patients. Conclusions: Dose of 100-300 mg/day was an effective and commonly used dosing regimen for allopurinol in Japanese patients. The approved dosage range (200-300 mg/day) may be too high for patients with renal dysfunction, suggesting the recommended dosing regimen for allopurinol should be revised to include the lower doses.
  • Appropriate dosing of antiarrhythmic drugs in Japan requires therapeutic drug monitoring, M Takada, T Goto, T Kotake, M Saito, N Kawato, M Nakai, T Gunji, M Shibakawa, JOURNAL OF CLINICAL PHARMACY AND THERAPEUTICS, JOURNAL OF CLINICAL PHARMACY AND THERAPEUTICS, 30(1), 5 - 12, Feb. 2005
    Summary:Objective: In general, drugs are used in accordance with an approved dosage regimen in expectation of an appropriate balance between efficacy and toxicity. However, dose control of drugs with a narrow therapeutic range and marked intersubject variability in pharmacokinetics should be established through individualization of dosing based on therapeutic drug monitoring (TDM). The purpose of this study was to examine differences between the approved dosage regimen and the doses of antiarrhythmic drugs and digoxin used in clinical practice and to examine the influence of TDM on dosing. Methods: Prescription research of antiarrhythmic drugs was performed at five national hospitals in Japan. Prescriptions for antiarrhythmic drugs (cibenzoline, disopyramide, pirmenol, mexiletine, aprindine, flecainide, pilsicainide, amiodarone and digoxin) were counted for the study period. The mean dose and dose distribution of the drugs were determined in each hospital. Comparisons were made of mean dose obtained in the study with the dosage approved by the authority. In addition, the percentage of patients that received TDM was determined. Results: A difference was seen between the approved dosage and the actual dose. For all drugs except flecainide, the mean dose was smaller than the approved dosage. For all drugs except digoxin, remarkable variations were seen in the dose distribution among the hospitals. Digoxin showed a similar dose distribution among the five hospitals. Overall, the percentage of patients that received TDM was low except for Hospital A. However, TDM of digoxin was relatively common at four of the hospitals. Conclusions: It is concluded that, with the exception of digoxin, the appropriate dosing regimen for antiarrhythmic drugs is not yet established. The establishment of appropriate dosing regimens for antiarrhythmic drugs requires the more widespread adoption of TDM.

Conference Activities & Talks

  • Effect of Bosentan induction on the Warfarin action,   2008
  • Effect of Plasmapheresis on Plasma Clearance of Cibenzoline Poisoning,   2008
  • Lower half life of serum Evaluation of vancomycin concentration pharmacokinetics in the patients treated with carperitide after left ventricular assist system implantation,   2007
  • Evaluation of serum amiodarone concentrations in cardiac sarcoidosis and dilated cardiomyopathy patients,   2007
  • Therapeutic Monitoring of Mycophenolate Mofetile Dose by Twelve-Hour-Area under the Curve to Avoid Acute Rejection in Heart Transplant Recipients, International Society for Heart and Lung Transplantation 27th Annual Meeting and Scientific Sessions,   2007 , International Society for Heart and Lung Transplantation 27th Annual Meeting and Scientific Sessions
  • Whether does effectiveness and adverse reaction of mexiletine really depend on the serum level or not?,   2006
  • Critical Role of Pharmacist in the Management of End-stage Heart Failure with Mechanical Circulatory Support and Post-heart Transplant Patients,   2006
  • Heart Failure Extends Elimination Half-Life Times of Vancomycin in Infectious Disease Patients,   2006

Misc

  • Evaluation of the Specific Control System for the Drug Logistics through Cloud in Disaster, 北小路 学, 石渡 俊二, 井上 知美, 大鳥 徹, 小竹 武, 日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology, 67, 2, 119, 124,   2019 03 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021844042
  • Investigation of the Levels of Ifosfamide Vaporized from Powder and Solution, 小泉 祐一, 石渡 俊二, 井上 知美, 髙田 充隆, 川畑 篤史, 小竹 武, 日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology, 67, 2, 95, 99,   2019 03 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021843969
  • Analysis of medical emergencies at pharmacies and drugstores for which an ambulance was called, KUBOTA Yoshie, ITO Eiji, TAKAHASHI Naoko, INOUE Tomomi, OTORI Toru, KOTAKE Takeshi, NISHIUCHI Tatsuya, HIRAIDE Atsushi, Journal of Japanese Society for Emergency Medicine, 22, 1, 6, 13,   2019 , http://ci.nii.ac.jp/naid/130007605040
    Summary:<p>We investigated the cases of medical emergencies that occurred at pharmacies and drugstores for which an ambulance was called. We extracted the cases from the records of ambulance crews that were maintained at the Osaka City Fire Department. A total of 1,075 calls from pharmacies or drugstores were recorded during a 6-year period. The distribution of calls during daytime and the day of the week were consistent with the time and day when the drugstores were open. The number of internal cases was 774. The most common reason among the internal causes was general fatigue followed by syncope, abdominal pain, and convulsion. The number of cases associated with disturbance of consciousness was 183. Among the external causes (250 cases), most of the patients were injured in falls and had a bruise, or a fracture. Cardiac arrests occurred in 10 cases. Typical customers of pharmacies or drugstores are old age people who have underlining diseases and some patients take several kinds of drugs every day. Therefore, pharmacists have to be able to manage common internal and external medical emergencies for such customers. The skills of life support are also important for pharmacists.</p>
  • Development of a Specific Control System for Drug Logistics in Disaster-hit Regions, 石渡 俊二, 北小路 学, 井上 知美, 大鳥 徹, 小竹 武, 日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology, 66, 3, 156, 163,   2018 05 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021583309
    Summary:【目的】災害時には医薬品の供給不足または局所的な供給過多が発生し、必要となる医薬品を確保するために多大な労力が割かれることになる。一方、被災地には多くの支援隊が入るが、支援隊間で所有する医薬品の情報を共有化するのは難しいのが現状である。また、実際に所有する医薬品中には先発医薬品とジェネリック医薬品が混在するため、同種同効薬の選択も適確かつ効率的に行わなければならない。上記の問題を解決して被災地に存在する医薬品を効率的に活用するため、災害時医薬品管理システムを構築したので報告する。【方法】自ら新たに開発した医薬品管理システムは、スマートフォンおよびパソコンを端末として、インターネットを介してシステムと救護所と集積所間あるいは救護所相互の情報交換が可能になるように設計した。医薬品の在庫管理と医薬品成分名による検索、医薬品バーコードのスマートフォンカメラでの読み込み、不足医薬品の調整機能と各救護所の位置情報の表示も行えるようにした。【結果および考察】インターネットを介して救護所あるいは集積所と情報交換が可能となるシステムをクラウド上に新たに構築したことによって、被災地内の救護所や集積所で医薬品の在庫情報を共有することが可能となった。これにより、当該の救護所に医薬品がない場合でも近隣の集積所や救護所で医薬品を確保できる可能性が高まる。また、医師は救護所で在庫している医薬品リストから処方を行うが、この常に変動する医薬品リストも容易に作成することができる。さらに、地図上で救護所の位置を確認できるため、地理に不慣れなことによって支援隊が直面する問題を軽減することができるものと期待される。(著者抄録)
  • 薬学部実務実習生を対象にした処方解析プログラムの効果の検証について, 齋藤 玲奈, 阿登 大次郎, 清水 忠, 森山 博由, 小竹 武, 井上 知美, 小森 浩二, 三田村 しのぶ, 日高 眞理, 廣瀬 隆, 吉田 彰彦, 小牟田 豊, 東海 秀吉, 交通医学, 72, 1-2, 17, 17,   2018 03
  • 各種温度下におけるシクロホスファミドの最大ガス化量, 遠藤 晋吾, 石渡 俊二, 山本 理恵, 北野 里佳, 藤本 美弥, 山本 哲志, 多賀 淳, 升永 早紀, 益子 高, 福田 由之, 安井 友佳子, 石坂 敏彦, 井上 知美, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 4, 141, 141,   2018 03
  • クラウド上に構築した災害時医薬品管理システムとその評価, 北小路 学, 石渡 俊二, 村瀬 惇, 井上 知美, 大島 徹, 松野 純男, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 4, 181, 181,   2018 03
  • 「地域チーム医療を担う薬剤師養成プログラム」における病院実務実習の地域医療連携実習について 薬学部実習生の視点および評価から, 藤本 美弥, 伊藤 麻祐, 小川 充恵, 小枝 伸行, 山崎 肇, 篠原 裕子, 奥村 隆司, 中野 道雄, 安原 智久, 河野 武幸, 村岡 未彩, 西野 隆雄, 平田 收正, 井上 知美, 伊藤 栄次, 西田 升三, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 4, 223, 223,   2018 03
  • 「地域チーム医療を担う薬剤師養成プログラム」における薬局実務実習の地域医療連携実習について 薬学部実習生の視点および評価から, 伊藤 麻祐, 藤本 美弥, 小川 充恵, 小枝 伸行, 山崎 肇, 篠原 裕子, 奥村 隆司, 中野 道雄, 安原 智久, 河野 武幸, 村岡 未彩, 西野 隆雄, 平田 收正, 井上 知美, 伊藤 栄次, 西田 升三, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 4, 223, 223,   2018 03
  • 薬局薬剤師のコミュニケーション関連業務と性格分析の相関性について, 村田 彩純, 梶本 青午, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 土居 弘明, 堀越 勝博, 重森 裕之, 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 4, 226, 226,   2018 03
  • 薬剤師を対象とした二次救命処置講習会の評価, 井上 知美, 小島 理恵, 岡田 ひとみ, 有元 秀樹, 窪田 愛恵, 平出 敦, 西田 升三, 石渡 俊二, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 4, 226, 226,   2018 03
  • Investigation of simulated patient's attitudes toward physical assessment task, Otori Toru, Inoue Tomomi, Hosomi Koichi, Ishiwata Shunji, Fujimoto Mai, Kitakoji Manabu, Kotake Takeshi, jjphe, 2, 0,   2018 , http://ci.nii.ac.jp/naid/130006387039
    Summary:<p>Since the passing of the (guidelines aimed to augment the role of the pharmacists in 2010) pharmacists are required to conduct patient vital checks. As a result, the Pharmaceutical Education Model Core Curriculum require physical assessment (PA) competencies of students. In order to carry out physical assessment task, volunteer subjects need to be recruited and trained to perform the role of simulated patients (SPs). However, to date, there are few investigations into SP attitudes toward PA. The purpose of this study is to conduct a questionnaire to investigate SP attitudes towards PA, and their understanding of the current state of the home medical care system. Responses from the questionnaire show volunteer SPs had little knowledge about PA and the home medical care system. During vital check examinations, SPs were open to having their blood measured but were averse to auscultation. This bias was stronger in woman than men. In terms of future considerations, the questionnaire results suggest volunteer SPs need to be instructed on the benefits of having comprehensive vital check assessments as well as understand the meaning of the role they are asked to play in order to better authenticate the patient/pharmacist relationship. This is particularly important as the performance of vital checks have expanded to become a part of home medical care practices.</p>
  • Usefulness of patient/drug information described on prescriptions of drugs to be regulated in accordance with the grade of kidney function, Choraku Toshiko, Ishizaka Toshihiko, Inoue Miki, Yamamoto Yoshiki, Minamizawa Ayana, Yasui Yukako, Kotake Takeshi, The Japanese Journal of Nephrology and Pharmacotherapy, 7, 3, 181, 189,   2018 , http://ci.nii.ac.jp/naid/130007585037
    Summary:<p>In Sakai City Medical Center, creatinine clearance (Ccr) is described on prescriptions. When drugs to be regulated in accordance with the kidney function are prescribed, the term "kidney" follows the drug name. Furthermore, the submission of PreAVOID reports is promoted in our hospital, and the number of reports has slightly increased. Many reports associated with the kidney function have also been submitted. In this study, we examined the influence of patient/drug information described on prescriptions on the accuracy of dispensing/surveillance and optimization of prescription surveillance, as well as the timing of PreAVOID -report submission and changes in the contents. A prescription surveillance involving pharmacists in our hospital and university pharmacy students was conducted by preparing sham prescriptions. On all sham prescriptions, Ccr was described, and prescriptions with "kidney" and without such a description were prepared. The accuracy of surveillance and time required were established as endpoints. Concerning PreAVOID reports, we compared reports on drugs for which kidney-function-based regulation is necessary between PreAVOID report groups in 2015 ("kidney"-describing group (2015)) and 2014 (non-"kidney"-describing group (2014)). The accuracy of auditing prescriptions with the "kidney" description was significantly higher than that of auditing prescriptions without such a description, and the time required for surveillance was significantly shortened. When comparing the number of kidney-function-associated PreAVOID reports between the above two groups, it was significantly greater in the "kidney"-describing group (2015). These results suggest that information on prescriptions contributes to an improvement in the accuracy of dispensing/surveillance and reduction of the time required, facilitating accurate, efficient surveillance. Thus, the description of "drugs to be regulated in accordance with the kidney function" on prescriptions may be useful for achieving prompt drug therapy.</p>
  • 被災地で医薬品を効率的に活用するためのクラウドネットワーク, 石渡 俊二, 北小路 学, 井上 知美, 大鳥 徹, 小竹 武, 日本職業・災害医学会会誌, 65, 臨増, 別254, 別254,   2017 11
  • クラウドを介した災害時医薬品管理情報システムの評価, 北小路 学, 石渡 俊二, 井上 知美, 大鳥 徹, 小竹 武, 日本職業・災害医学会会誌, 65, 臨増, 別254, 別254,   2017 11
  • 心疾患患者における薬剤師の今後の役割と課題 フィジカルアセスメント, 井上 知美, 大鳥 徹, 細見 光一, 石渡 俊二, 西田 升三, 小竹 武, 日本心臓病学会学術集会抄録, 65回, CS4, 2,   2017 09
  • ビーズミル破砕に伴うピレノキシン点眼製剤の薬物溶解速度及び分散安定性の改善, 上野 祥奈, 山岡 咲絵, 伊藤 吉將, 小竹 武, 中澤 洋介, 長井 紀章, 薬学雑誌, 137, 5, 635, 641,   2017 05 , 10.1248/yakushi.16-00267
    Summary:湿式破砕処理によるピレノキシンナノ懸濁液の調製は、1%メチルセルロース(MC)添加・非添加条件下、市販ピレノキシン点眼液をビーズ式破砕装置で湿式破砕処理を行った。市販ピレノキシン点眼液中の懸濁薬物は70nm〜3μmとナノオーダーの粒子からマイクロオーダーの粒子まで幅広いサイズの粒子を認めたが、湿式破砕処理で粒子サイズが1μm以下と、粒子サイズの分布はナノ領域となったが、破砕処理後に色調の変化を認め、回収率は58%であった。添加物としてMCを用い、1.0%MC添加により色調に変化はみられず、湿式破砕処理後の平均粒子径は206nm、回収率は67%であった。ピレノキシンナノ懸濁液は市販ピレノキシン点眼液と比較し、人工涙液への溶解速度が高く、見かけの溶解速度定数は2.1倍であった。ピレノキシンナノ懸濁液では市販ピレノキシン点眼液に比べ薬物分散安定性が高く、調製2週間後においても採取位置における薬物濃度の低下はみられなかった。市販ピレノキシン点眼液とピレノキシンナノ懸濁液の一滴量(重量)は、それぞれ38.8±1.3mg、40.4±1.3mgであった。
  • 「地域チーム医療を担う薬剤師の養成プログラム」における薬薬学連携地域医療実務実習(八尾モデル) 薬学部実習生の視点から, 野村 加奈子, 中 雄一郎, 篠原 裕子, 奥村 隆司, 小川 充恵, 小枝 伸行, 山崎 肇, 井上 知美, 伊藤 栄次, 西田 升三, 小竹 武, 村岡 未彩, 西野 隆雄, 平田 收正, 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 4, 221, 221,   2017 03
  • 「地域チーム医療を担う薬剤師育成プログラム」における地域連携医療関連実習について 薬学部実習生の視点から, 山下 佑麻, 假屋 幸音, 小川 充恵, 小枝 伸行, 山崎 肇, 篠原 裕子, 奥村 隆司, 中野 道雄, 村岡 未彩, 西野 隆雄, 平田 收正, 井上 知美, 伊藤 栄次, 西田 升三, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 4, 221, 221,   2017 03
  • 「地域チーム医療を担う薬剤師養成プログラム」におけるチーム医療関連実習について 薬学部実習生の視点から, 假屋 幸音, 山下 佑麻, 小川 充恵, 小枝 伸行, 山崎 肇, 篠原 裕子, 奥村 隆司, 中野 道雄, 村岡 未彩, 西野 隆雄, 平田 收正, 井上 知美, 伊藤 栄次, 西田 升三, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 4, 221, 221,   2017 03
  • New drag logistics control system on the cloud for preventing pharmaceutical chaos following disasters, 北小路 学, 加藤 寛, 石渡 俊二, 安藤 和佳子, 安達 秀樹, 鵜山 泰詳, 櫻田 ゆかり, 井上 知美, 松山 賢治, 小竹 武, Japanese journal of disaster medicine, 21, 2, 247, 252,   2016 11 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021005662
    Summary:わが国は2011年に東日本大震災を経験したが、災害発生時には医薬品ロジスティクスは深刻な打撃を受け、被災地の多くで医薬品不足が発生する。さらに、医薬品の需要は被災地外からは把握できないため、薬効に関係なく、多種類の医薬品が被災地に一度に送達される結果、過剰な医薬品と不要な医薬品が集積し混乱が生じることとなる。今回、われわれは災害後に生じる医薬品供給と管理などに関して、被災地での混乱を防ぐ目的で、新しい災害時支援医薬品供給管理システムをクラウド上に構築した。このシステムは、次のような長所を有している。まず、本システムによって被災地外から被災地の医薬品需要を把握することができ、これによって適切な種類と量の医薬品を送達できるようになる。第2点目として、本システムは医薬品のバーコードリーダーとしてスマートフォンを利用しており、新たな機器の調達や使用方法の習得などの必要が軽減される。最後に、被災地において容易に医薬品リストを作成することができるようになる。医薬品リストの重要性は、医師や薬剤師以外の医療従事者にも認識されているが、これまでその作成には過大な時間と手間がかかっていた現状があり、本システムは被災地の医薬品ロジスティクスを制御し、薬剤師が被災地でその他の活動をするための時間を生み出す一助となるものである。(著者抄録)
  • 介護施設入所者における薬物療法の関連性指標の抽出, 坂本 紀夫, 新谷 怜莉, 細川 かおる, 伴 信人, 新井 邦彦, 萩原 成彦, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 池田 清美, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 49回, P, 238,   2016 10
  • トラムセット配合錠上市前後の疼痛管理薬物療法における処方比較による薬学的管理情報の抽出, 北野 里佳, 細川 かおる, 新谷 怜莉, 伴 信人, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 49回, P, 250,   2016 10
  • 睡眠導入薬処方の薬物治療における年齢・性別での比較検討, 藤本 美弥, 中島 礼子, 新谷 怜莉, 細川 かおる, 伴 信人, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 49回, P, 251,   2016 10
  • 抗凝血薬(ワルファリン、ダビガトラン)の使用動向と併用薬の解析, 村田 彩純, 伴 信人, 新谷 怜莉, 細川 かおる, 中島 礼子, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 49回, P, 254,   2016 10
  • 発熱性好中球減少症に対するcefepimeの先発医薬品と後発医薬品の臨床効果, 今井 兼貴, 児玉 暁人, 清水 俊希, 井上 知美, 石渡 俊二, 森 信介, 小竹 武, 日本病院薬剤師会雑誌, 52, 4, 409, 413,   2016 04
    Summary:発熱性好中球減少症(FN)の治療において、ガイドラインで提唱されているcefepime(CFPM)の治療効果を先発医薬品と後発医薬品で比較した。高速液体クロマトグラフィー(high performance liquid chromatography:HPLC)による製剤的同等性試験では、先発医薬品と後発医薬品に違いは認められなかった。有効率は先発医薬品使用群67.8%(著効32%、有効27%、やや有効8%)、後発医薬品使用群60%(著効20%、有効25%、やや有効16%)(p=0.222)、有害事象発現率は先発医薬品使用群8.0%、後発医薬品使用群7.5%(p=0.923)で2群間に統計的に有意差は認められなかったが、先発医薬品使用群は著効割合が後発医薬品より高く、有効性において優れている傾向が示された。その要因として、2群間の原疾患背景の偏りから後発医薬品使用群が治療学的に不利であった可能性が示唆されたことから、先発医薬品が必ずしも優れているとはいえなかった。(著者抄録)
  • 入院患者における誤嚥性肺炎のempiric therapyの評価について ABPC/SBTとPIPC/TAZ比較検証から, 児玉 暁人, 今井 兼貴, 山崎 恭平, 井上 知美, 石渡 俊二, 森 信介, 小竹 武, 薬局薬学, 8, 1, 108, 113,   2016 04 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40020852377
    Summary:誤嚥性肺炎の治療に選択される抗菌薬アンピシリン/スルバクタム(ABPC/SBT)およびピペラシリン/タゾバクタム(PIPC/TAZ)について有効性だけでなく、経済効率を含めた適正使用における情報提供を薬剤師が医師に実施した前後のempiric therapyを比較評価した。情報提供前20例と情報提供後35例のABPC/SBTの初回使用割合は30%から54%で有意に上昇し、PIPC/TAZは60%から26%と有意に減少した(p<0.05)。情報提供前後において転帰、入院期間、絶食期間、白血球数、CRPに有意差は認められなかったことから、情報提供前後における選択された抗菌薬の有用性は同等と評価された。以上のことから、誤嚥性肺炎における治療選択の指標として抗菌薬の経済性を含めた情報提供は、医療経済的にも有用な抗菌薬選択に貢献できるものと評価できる。(著者抄録)
  • 一般市民を対象とした一次救命処置(BLS)講習会実施による手技の維持評価, 井上 知美, 野々木 宏, 小竹 武, 日本臨床救急医学会雑誌, 19, 2, 400, 400,   2016 04
  • e-ポータルサイトを用いた薬剤師のための救急災害医療の学習システム, 窪田 愛恵, 伊藤 栄次, 井上 知美, 小竹 武, 高橋 直子, 平出 敦, 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 212, 212,   2016 03
  • 消炎鎮痛パップ剤の適正保管に関する研究 痔疾用軟膏剤への成分混入の危険性, 小竹 武, 松本 優里香, 塚本 あゆみ, 井上 知美, 石渡 俊二, 草薙 みか, 坂野 千賀, 大里 恭章, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 医療薬学, 41, 11, 786, 792,   2015 11 , 10.5649/jjphcs.41.786, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005279279
    Summary:消炎鎮痛パップ剤の適正保管において痔疾用軟膏剤への成分混入の危険性について検討した。パップ剤は臨床で多用されており損傷皮膚への使用に注意が必要な非ステロイド性抗炎症薬、MS冷シップ「タイホウ」(MSパップ剤)とカトレップパップ70mg(IMCパップ剤)を用いた。痔疾用軟膏剤には一般的な容器であるポリエチレン製チューブにて保存される、強力ポステリザン軟膏(HC軟膏)とアルミラミネートが施されたポリエチレン製チューブが用いられるネリプロクト軟膏(DFV-L軟膏)を選択した。MSパップ剤と痔疾用軟膏剤の同時保管について検討し、HC軟膏およびDFV-L軟膏の両軟膏剤からMSパップ剤の主成分であるサリチル酸メチルが2週目までは未検出あるいは低値であったが、それ以降、明らかな移行が認められた。サリチル酸メチル移行量は20週までの同じ保管期間で比較し、DFV-L軟膏よりHC軟膏で高値であった。
  • 当薬局におけるビスホスホネート製剤の使用動向および併用薬解析による薬学的管理因子の抽出, 中島 礼子, 坂本 紀夫, 伴 信人, 細川 かおる, 森川 友紀子, 新谷 怜莉, 新井 邦彦, 西浦 広将, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 48回, 296, 296,   2015 11
  • 当薬局における非定型抗精神病薬の併用薬解析における比較検証, 伴 信人, 坂本 紀夫, 中島 礼子, 細田 康子, 南埜 裕貴子, 細川 かおる, 新井 邦彦, 植野 春奈, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 48回, 300, 300,   2015 11
  • 認知症研修会アンケートのクラスター分析による階層的解析について, 樋口 紗織, 坂本 紀夫, 新谷 怜莉, 中島 礼子, 清水 俊希, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 島田 由佳, 神原 明夫, 田齊 秀章, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 48回, 315, 315,   2015 11
  • 介護施設入所者における血圧・臨床検査値と薬物療法の関連性因子について, 坂本 紀夫, 荒木 有希子, 上田 愛子, 八木 亮平, 上田 恭子, 八重樫 柊穂, 冨田 ゆり絵, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 池田 清美, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 48回, 342, 342,   2015 11
  • 薬剤師が救急・災害医療において医療人材として活躍するための『救急・災害に強い薬剤師養成コース』の構築, 高橋 直子, 窪田 愛恵, 井上 知美, 小竹 武, 伊藤 栄次, 植嶋 利文, 木下 理恵, 田口 博一, 西内 辰也, 平出 敦, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 48回, 446, 446,   2015 11
  • 薬局・薬店が関与した救急通報(大阪市消防局搬送記録より), 窪田 愛恵, 木下 理恵, 田口 博一, 西内 辰也, 井上 知美, 小竹 武, 林田 純人, 平出 敦, 日本臨床救急医学会雑誌, 18, 2, 371, 371,   2015 04
  • 受講者背景における薬剤師対象救急領域講習会修得度の検討 救急に強い薬剤師養成コースを通じて, 井上 知美, 窪田 愛恵, 小竹 武, 木下 理恵, 田口 博一, 西内 辰也, 平出 敦, 日本臨床救急医学会雑誌, 18, 2, 443, 443,   2015 04
  • リラグルチド増量方法の実態調査, 児玉 暁人, 岩田 智津子, 高橋 文香, 森 信介, 小竹 武, 火伏 俊之, 糖尿病, 58, Suppl.1, S, 305,   2015 04
  • 救急災害に強い薬剤師養成コースの構築, 高橋 直子, 窪田 愛恵, 井上 知美, 小竹 武, 伊藤 栄次, 久村 正樹, 植嶋 利文, 木下 理恵, 田口 博一, 西内 辰也, 平出 敦, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 4, 64, 64,   2015 03
  • 災害時医薬品供給のためのストック確保に関する検討, 北小路 学, 加藤 寛, 石渡 俊二, 櫻田 ゆかり, 鎌塚 正人, 栗栖 勝, 安藤 和佳子, 井上 知美, 松山 賢治, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 4, 156, 156,   2015 03
  • 薬学的管理におけるシタグリプチンとビルダグリプチンの併用薬の比較解析, 下浦 達明, 渡邉 幸子, 礒脇 雄一, 遠藤 晋吾, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 4, 189, 189,   2015 03
  • クラウド上に構築した災害時支援医薬品供給管理システム, 北小路 学, 加藤 寛, 石渡 俊二, 安藤 和佳子, 安達 秀樹, 鵜山 泰詳, 櫻田 ゆかり, 井上 知美, 松山 賢治, 小竹 武, 日本集団災害医学会誌, 19, 3, 494, 494,   2014 12
  • 院内急変対応への取り組み 院内全職員への心肺蘇生法トレーニングの有効性について, 下山 佳奈子, 中村 祥英, 後藤 貴樹, 登坂 直規, 三宅 章公, 井上 知美, 小竹 武, 野々木 宏, Journal of Clinical Simulation Research, 4, 1, 20, 25,   2014 12
    Summary:院内急変例,特に心停止の救命率を改善するには,第1発見者の心肺蘇生法(CPR)の質の改善とチーム医療が重要である。当院では,3年前から職種別に適切なトレーニングが可能となるよう様々なトレーニングコースを開催している。医師・看護師向けに,AHA-BLS/ACLSコース,日本救急医学会認定ICLSコース,日本内科学会認定JMECC,更に医師・看護師以外の全職員へは胸骨圧迫のみのCPRとAEDの簡易講習を実施した。それとともに,院内心停止の実態とDNAR(蘇生不要指示)の状況について登録システムの構築をはかり,急変対応システム(Rapid Response System)設立への準備を開始した。全職員へのCPRコースは,ミニアンを1人1体ずつ使用し,1コース100名までの講習を7回実施した。計564名が参加し,前後でアンケート調査を実施した。5段階で意識調査を実施し,「目の前で倒れた方へのCPR」で実施する意欲の高い4-5点の割合は30%から受講後には75%へ上昇した。また「AEDの使用」については,同様に42%から77%へ上昇した。第1発見者によるCPRの実施率を上げるために,新規採用者全員への講習を引き続き実施する予定である。また,院内心停止実態調査の結果,夜間の対応に遅れがあるためハリーコールの全館放送を24時間実施することにした。死亡例調査でDNAR例は約8割であり,そのうち事前指示書類があるのは約半数であることから,院内心停止の取り組みを行う上でDNARの倫理的な確立が必要と考えられた。(著者抄録)
  • 薬学部における一次救命処置講習導入と教育効果, 井上 知美, 石渡 俊二, 野々木 宏, 小竹 武, Journal of Clinical Simulation Research, 4, 1, 26, 33,   2014 12
    Summary:【目的】本研究ではBLS講義,実習による教育効果を評価するため,講義および実習後の救助意欲,救命知識の変化および受講経験や性別など教育効果に影響を及ぼす因子について解析した。【方法】近畿大学薬学部4年次生156名を対象にCPRの実施およびAEDの使用の救助意欲を講義前後,実習後に5段階回答形式のアンケートで比較した。また,胸骨圧迫のテンポ,手の位置およびAEDの使用適応患者条件における選択問題について,講義前後,実習後の正答率の比較により救命知識の変化を解析した。【結果】CPRの実施,AEDの使用の救助意欲は,講義,実習後,有意に向上した(p<0.001)。講義前の救助意欲は,性別間,過去の受講経験の有無において有意差は認められなかったが,過去の受講経験がない学生において,実習前後でのAEDを使用する救助意欲の改善度に有意差が認められた(p<0.05)。救命知識の正答率について,胸骨圧迫のテンポは,講義,実習後により有意に向上し(p<0.001),胸骨圧迫の手の位置は実習後,有意に向上した(p<0.001)。AEDの使用適応患者条件については講義実施後,有意な向上は認められなかったが,実習実施により有意に向上した(p<0.001)。【考察】今回のBLS講義,実習はCPRの実施およびAEDの使用の救助意欲および救命知識の向上に有効であり,薬学生に対して教育効果が示された。(著者抄録)
  • 院内急変対応への取り組み 院内全職員への心肺蘇生法トレーニングの有効性について, 下山 佳奈子, 中村 祥英, 後藤 貴樹, 登坂 直規, 三宅 章公, 井上 知美, 小竹 武, 野々木 宏, Journal of Clinical Simulation Research, 4, 1, 20, 25,   2014 12
    Summary:院内急変例,特に心停止の救命率を改善するには,第1発見者の心肺蘇生法(CPR)の質の改善とチーム医療が重要である。当院では,3年前から職種別に適切なトレーニングが可能となるよう様々なトレーニングコースを開催している。医師・看護師向けに,AHA-BLS/ACLSコース,日本救急医学会認定ICLSコース,日本内科学会認定JMECC,更に医師・看護師以外の全職員へは胸骨圧迫のみのCPRとAEDの簡易講習を実施した。それとともに,院内心停止の実態とDNAR(蘇生不要指示)の状況について登録システムの構築をはかり,急変対応システム(Rapid Response System)設立への準備を開始した。全職員へのCPRコースは,ミニアンを1人1体ずつ使用し,1コース100名までの講習を7回実施した。計564名が参加し,前後でアンケート調査を実施した。5段階で意識調査を実施し,「目の前で倒れた方へのCPR」で実施する意欲の高い4-5点の割合は30%から受講後には75%へ上昇した。また「AEDの使用」については,同様に42%から77%へ上昇した。第1発見者によるCPRの実施率を上げるために,新規採用者全員への講習を引き続き実施する予定である。また,院内心停止実態調査の結果,夜間の対応に遅れがあるためハリーコールの全館放送を24時間実施することにした。死亡例調査でDNAR例は約8割であり,そのうち事前指示書類があるのは約半数であることから,院内心停止の取り組みを行う上でDNARの倫理的な確立が必要と考えられた。(著者抄録)
  • 薬学部における一次救命処置講習導入と教育効果, 井上 知美, 石渡 俊二, 野々木 宏, 小竹 武, Journal of Clinical Simulation Research, 4, 1, 26, 33,   2014 12
    Summary:【目的】本研究ではBLS講義,実習による教育効果を評価するため,講義および実習後の救助意欲,救命知識の変化および受講経験や性別など教育効果に影響を及ぼす因子について解析した。【方法】近畿大学薬学部4年次生156名を対象にCPRの実施およびAEDの使用の救助意欲を講義前後,実習後に5段階回答形式のアンケートで比較した。また,胸骨圧迫のテンポ,手の位置およびAEDの使用適応患者条件における選択問題について,講義前後,実習後の正答率の比較により救命知識の変化を解析した。【結果】CPRの実施,AEDの使用の救助意欲は,講義,実習後,有意に向上した(p<0.001)。講義前の救助意欲は,性別間,過去の受講経験の有無において有意差は認められなかったが,過去の受講経験がない学生において,実習前後でのAEDを使用する救助意欲の改善度に有意差が認められた(p<0.05)。救命知識の正答率について,胸骨圧迫のテンポは,講義,実習後により有意に向上し(p<0.001),胸骨圧迫の手の位置は実習後,有意に向上した(p<0.001)。AEDの使用適応患者条件については講義実施後,有意な向上は認められなかったが,実習実施により有意に向上した(p<0.001)。【考察】今回のBLS講義,実習はCPRの実施およびAEDの使用の救助意欲および救命知識の向上に有効であり,薬学生に対して教育効果が示された。(著者抄録)
  • 当薬局における抗精神病薬の時系列使用変遷の解析, 伴 信人, 前田 栄子, 中島 礼子, 細川 かおる, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 岡本 卓也, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 47回, 305, 305,   2014 10
  • 当薬局におけるピロリ除菌薬の使用状況と除菌効果の解析について, 辰巳 和代, 細川 かおる, 中島 礼子, 伴 信人, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 成田 雄亮, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 47回, 306, 306,   2014 10
  • 当薬局における抗アレルギー薬の使用変遷と季節性ニーズの解析, 中島 礼子, 森川 友紀子, 八木 亮平, 細川 かおる, 伴 信人, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 波夛 孝次朗, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 47回, 306, 306,   2014 10
  • 保険薬局医療従事者の認知症研修会の有用性について, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 清水 俊希, 井上 知美, 石渡 俊二, 小竹 武, 島田 由佳, 神原 明夫, 長谷川 肇, 田齋 秀章, 増田 修也, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 47回, 367, 367,   2014 10
  • 救急医療におけるトレーニングシミュレーションの今後 将来の救急認定薬剤師養成にむけて 薬学部学生への一次救命処置トレーニングについて, 井上 知美, 八重樫 柊穂, 木島 彩, 冨田 ゆり絵, 野々木 宏, 小竹 武, 日本脳低温療法学会プログラム・抄録集, 17回, 46, 46,   2014 08
  • 救急に強い薬剤師養成コースの開発, 窪田 愛恵, 田口 博一, 西内 辰也, 今村 武尊, 木下 潤一, 下田平 和子, 橋本 英之, 井上 知美, 小竹 武, 平出 敦, 日本臨床救急医学会雑誌, 17, 2, 277, 277,   2014 04
  • デキストリン併用投与がクレメジン細粒経管投与時の低回収率およびチューブ詰まりに与える影響, 長井 紀章, 緒方 文彦, 塚本 あゆみ, 林 友典, 西浦 早織, 松岡 寛, 小竹 武, 川崎 直人, 伊藤 吉將, 薬局薬学, 6, 1, 22, 27,   2014 04
    Summary:クレメジン細粒は簡易懸濁法を用いた経管投与として患者に適応される医薬品であるが、その際にみられる器具内薬物残存およびチューブ詰まりが問題視されている。本研究では、分散性の向上能を有するデキストリンを用い、クレメジン細粒の簡易懸濁法時における器具内薬物残存およびチューブ詰まりの改善効果ついて検討を行った。0.6%デキストリンにてクレメジン細粒を懸濁したところ、精製水にて懸濁した場合と比較し有意に分散および流動性の増加が認められた。一方、0.1%または0.2%デキストリンにてクレメジン細粒を懸濁した場合の分散および流動性は精製水のそれと同程度であった。また、0.1および0.2%のデキストリン添加ではクレメジン細粒簡易懸濁法による経管投与時の回収率は精製水にて懸濁した際と差はなかったが、0.6%デキストリン添加では、精製水にて懸濁した際のものと比較し、高い回収率を示した。(著者抄録)
  • インドメタシン貼付剤及びサリチル酸メチル貼付剤の保管方法における痔疾用軟膏剤への成分移行検討について, 松本 優里香, 草薙 みか, 坂野 千賀, 大里 恭章, 井上 知美, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 134年会, 4, 151, 151,   2014 03
  • 救急に強い薬剤師養成コースの構築, 窪田 愛恵, 田口 博一, 西内 辰也, 関 進, 谷 由香, 小竹 武, 井上 知美, 平出 敦, 日本薬学会年会要旨集, 134年会, 4, 215, 215,   2014 03
  • DPP-4阻害薬登場による糖尿病治療薬の動向, 下浦 達明, 礒脇 雄一, 渡邉 幸子, 安田 一紀, 井上 知美, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 133年会, 4, 177, 177,   2013 03
  • 大学における医療人養成のために薬学生が理解すべき疾患とは?, 小竹 武, 井上 知美, 野口 知世, 松本 優里香, 高田 充隆, 掛樋 一晃, 野村 守弘, 山添 譲, 日本薬学会年会要旨集, 133年会, 4, 229, 229,   2013 03
  • COX2選択性NSAIDsと消化性潰瘍治療薬との併用についての処方解析, 辰巳 和代, 伴 信人, 前田 栄子, 辻 恵里子, 福永 朝恵, 中野 有美, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 富村 隆志, 井上 知美, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 45回, 269, 269,   2012 10
  • 経口糖尿病薬におけるDPP-4阻害薬使用症例の処方解析, 辻 恵里子, 伴 信人, 前田 栄子, 中島 礼子, 福永 朝恵, 中野 有美, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 冨田 ゆり絵, 井上 知美, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 45回, 270, 270,   2012 10
  • ドネペジル塩酸塩錠使用症例における投与量変化の解析, 紺野 信枝, 福永 朝恵, 中野 有美, 伴 信人, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 竹田 幸樹, 井上 知美, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 45回, 270, 270,   2012 10
  • 肝代謝型薬物(ARBと脂溶性スタチン系薬)の併用例処方解析による投与量相関の検証, 樋口 紗織, 伴 信人, 辻 恵里子, 前田 栄子, 中野 有美, 福永 朝恵, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 尾原 佳奈, 井上 知美, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 45回, 291, 291,   2012 10
  • 薬局実務実習における調剤過誤防止のリスクマネージメントについて(第2報), 伴 信人, 坂本 紀夫, 福永 朝恵, 中野 有美, 嶋田 直子, 前田 栄子, 辻 恵里子, 細川 かおる, 新井 邦彦, 井上 知美, 小竹 武, 日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 45回, 397, 397,   2012 10
  • 一般用医薬品(鎮静薬)を選択するには? 鎮静薬のデータベース化から, 松本 優里香, 井上 知美, 小竹 武, 日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集, 15回, 104, 104,   2012 06
  • 胃腸薬として用いられる一般用医薬品のデータベース作成, 安田 一紀, 井上 知美, 小竹 武, 日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集, 15回, 104, 104,   2012 06
  • レニン・アンジオテンシン系薬剤による消化性潰瘍抑制効果 処方併用率の解析から, 木村 亮介, 井上 知美, 上田 香織, 豊田 英明, 文原 智彦, 吉田 哲也, 小竹 武, 日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集, 15回, 109, 109,   2012 06
  • 心肺蘇生講習会実施による病院職員の救命意識の変化, 井上 知美, 高田 幸千子, 横山 広行, 大西 純子, 嘉田 晃子, 米本 直裕, 小竹 武, 野々木 宏, 日本臨床救急医学会雑誌, 15, 3, 401, 407,   2012 06
    Summary:目的:国立循環器病研究センターで医師、看護師以外の全職員を対象とし心肺蘇生法(CPR)講習会を実施し、CPRおよびAEDに関する救命意識の変化から講習会の有用性を明確にすることを目的とした。方法:講習会に参加した、当院に勤務する医師、看護師以外の職員529名を、「医療従事者」「一般職員」の2群に分けた。1人1体の簡易型マネキンを使用したCPR講習会を実施し、講習会前後で質問紙調査を行い、CPR、AEDの実施の積極性および知識を比較した。結果:講習会前は救命に対する積極性および知識は医療従事者のほうが高かったが、講習会実施後はどちらの職種でも積極性および知識の向上が得られた。考察:医師、看護師以外の全職員を対象としたCPR講習会の有用性が示唆され、さらなる積極性の向上のためにはCPR実施における法的な責任問題などの説明を取り入れ、参加者の不安を解消することの必要性が示唆された。(著者抄録)
  • 外来患者における一包化調剤必要性の因子, 澤野 有希世, 井上 知美, 上田 香織, 豊田 英明, 文原 智彦, 吉田 哲也, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 4, 244, 244,   2012 03
  • 医薬品情報提供業務における問い合わせ内容の解析と効率化の可能性について, 野口 知世, 井上 知美, 岩崎 尚美, 岩崎 浩子, 森田 哲也, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 4, 249, 249,   2012 03
  • どのような薬剤とのアンジオテンシン受容体拮抗薬配合剤(ARB)が求められているのか? ARB処方患者の併用薬の解析から, 尾原 佳奈, 井上 知美, 福永 朝恵, 伴 信人, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 4, 262, 262,   2012 03
  • 一次救命処置の積極性と性格の相関について 薬学生への教育効果測定から, 濱谷 佳名子, 井上 知美, 扇間 昌規, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 4, 338, 338,   2012 03
  • 薬局実務実習における調剤過誤防止のリスクマネージメントについて, 福永 朝恵, 伴 信人, 中野 有美, 嶋田 直子, 前田 栄子, 高木 伯美, 細川 かおる, 中島 敏子, 辻 恵里子, 治郎丸 則子, 坂本 紀夫, 新井 邦彦, 井上 知美, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 4, 342, 342,   2012 03
  • 6年制長期実務実習第1期、第2期に関する学生アンケート調査Customer Satisfaction(CS)分析により抽出された改善項目, 大鳥 徹, 村上 悦子, 北小路 学, 細見 光一, 井上 知美, 小竹 武, 高田 充隆, 松山 賢治, 日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会会誌, 9, 1, 17, 26,   2011 11
    Summary:薬学教育モデル・コアカリキュラムに沿った実習の実施状況を検証し、6年制長実務実習の問題点の検討と改善を目的に学生アンケートを実施した。アンケート結果は、薬学教育において改善項目の抽出などに使用されている顧客満足度(CS)分析より検討した。病院実務実習の実習内容は、「TDMについての演習あるいは実習を受けましたか?」が「要改善項目」として抽出され、薬局実務実習の実習内容は、「薬品管理に関する説明を受けましたか?」が「要改善項目」として抽出された。また、実務実習の指導にあたる指導薬剤師に関しては病院薬局共に、「指導薬剤師の言動に不快だと感じたことがありましたか?」が「改善検討項目」として抽出された。言動は実務実習を円滑に遂行する上で非常に重要かつ基本的な問題で、大学教員と実習指導薬剤師がワークショップなどで共にコミュニケーションとは何かを学び、スキルを検討する必要があった。
  • 実務実習事前学習における4分野の実習(【医薬品管理】【TDM】【製剤】【疑義照会、調剤、服薬指導】)の満足度比較, 小竹 武, 井上 知美, 坂本 紀夫, 三嶋 勝彦, 坂野 千賀, 大里 恭章, 安部 由香, 下浦 達明, 磯脇 雄一, 渡邉 幸子, 高田 充隆, 日本薬学会年会要旨集, 131年会, 4, 333, 333,   2011 03
  • なぜ一次救命処置をためらうのか? 薬学生への教育効果測定から, 濱谷 佳名子, 井上 知美, 扇間 昌規, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 131年会, 4, 345, 345,   2011 03
  • 6年制長期実務実習第1期に関する学生アンケート調査 Customer Satisfaction(CS)分析により抽出された改善項目, 村上 悦子, 大鳥 徹, 高田 充隆, 小竹 武, 細見 光一, 北小路 学, 井上 知美, 八軒 浩子, 松山 賢治, 日本薬学会年会要旨集, 131年会, 4, 360, 360,   2011 03
  • 医療従事者と一般従事者間での一次救命処置に対する積極性の比較 受講年齢による影響, 松岡 春佳, 井上 知美, 高田 幸千子, 横山 広行, 大西 純子, 嘉田 晃子, 小竹 武, 野々木 宏, 日本薬学会年会要旨集, 131年会, 4, 373, 373,   2011 03
  • 治験終了後の情報提供に関する調査 被験者アンケート結果より, 伊東 孝子, 田中 明美, 木幡 亜由美, 大場 みずほ, 新沼 芳文, 合坂 千尋, 佐藤 誠二, 小竹 武, 浦 信行, 臨床薬理, 41, Suppl., S295, S295,   2010 11
  • 療養指導士に必要な技能 服薬指導スキル修得の教育手法について, 小竹 武, 糖尿病の療養指導: 糖尿病学の進歩, 44回, 148, 153,   2010 09
  • 実務実習事前学習における模擬患者参加型服薬指導ロールプレイ演習の実施とその評価, 辰見 明俊, 河内 正二, 横山 郁子, 冨田 尚子, 八木 敬子, 江本 憲昭, 杉山 正敏, 岩川 精吾, 北河 修治, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 130年会, 4, 340, 340,   2010 03
  • 実務実習事前学習における能動的学習法の効果と課題, 河内 正二, 横山 郁子, 冨田 尚子, 辰見 明俊, 三木 生也, 八木 敬子, 長嶺 幸子, 江本 憲昭, 水野 成人, 北河 修治, 岩川 精吾, 杉本 功, 杉山 正敏, 小竹 武, 日本薬学会年会要旨集, 130年会, 4, 346, 346,   2010 03
  • 治験終了後の情報提供に関する調査 依頼者アンケート結果より, 伊東 孝子, 田中 明美, 佐久間 由衣, 及川 佳寿子, 佐藤 誠二, 浦 信行, 小竹 武, 田中 繁道, 臨床薬理, 40, Suppl., S244, S244,   2009 11
  • 治験終了後の情報提供に関する調査 医師アンケート結果より, 伊東 孝子, 田中 明美, 木幡 亜由美, 入井 通子, 大場 みずほ, 新沼 芳文, 合坂 千尋, 佐藤 誠二, 浦 信行, 小竹 武, 田中 繁道, 臨床薬理, 40, Suppl., S244, S244,   2009 11
  • 心臓移植患者のシクロスポリンからタクロリムスへ切替える際のタクロリムスの投与量設定方法とミコフェノール酸の薬物動態変動率についての検討, 小島 久仁子, 大頭 麻理子, 和田 恭一, 小竹 武, 岡田 博, 森下 秀樹, 小田 登, 簗瀬 正伸, 加藤 倫子, 中谷 武嗣, 移植, 43, 総会臨時, 399, 399,   2008 09
  • 患者のQOL向上と薬剤師の関わり 服薬指導と病棟活動 薬剤師の病棟常駐化による患者のQOL向上への寄与, 和田 恭一, 河内 正二, 東海林 絵美, 生駒 歌織, 川口 博資, 木原 理絵, 山西 香織, 竹内 智恵, 仲里 華子, 井上 知美, 山下 大輔, 堀端 弥生, 小島 久仁子, 前田 優子, 別府 博仁, 越智 裕之, 橋詰 宏美, 寺川 伸江, 堀部 明美, 関本 裕美, 小竹 武, 老田 章, 岡田 博, 中村 慶, 小林 勝昭, 森下 秀樹, 医薬ジャーナル, 44, 2, 746, 752,   2008 02
    Summary:医薬品の適正使用の推進および安全確保を図るため、一部の病棟で薬剤師の常駐化を開始した。筆者らは、プレアボイド事例を解析し、薬剤師の病棟常駐化の有用性を評価した。調査期間内に収集されたプレアボイドのうち薬剤管理指導業務に基づくものが最も多く、常駐化病棟においてのプレアボイド収集件数は薬剤管理指導患者数の増加率以上に増えた。また、持参薬に関するプレアボイド事例は全体の17%であり、入院後早期に解決を図るべき問題が多数見受けられた。今回の調査結果より、適正な薬物療法を遂行する上での薬剤師の病棟常駐化は非常に有用であり、このことによって患者のQOL(quality of life)のさらなる向上が望めるものと考えられた。(著者抄録)
  • 心移植患者における免疫抑制剤ミコフェノール酸モフェチルの体内動態と拒絶反応、白血球減少症、下痢発現の相関性, 小竹 武, 宮本 紅喜, 和田 恭一, 越智 裕之, 小林 勝昭, 森下 秀樹, 簗瀬 正伸, 小田 登, 真野 暁子, 加藤 倫子, 中谷 武嗣, 移植, 42, 6, 572, 572,   2007 12
  • 腎疾患を伴う高血圧患者に対するAII受容体拮抗薬の有効性と安全性の検討, 山下 大輔, 関本 裕美, 小竹 武, 小林 勝昭, 森下 秀樹, 神出 計, 堀尾 武史, 中村 敏子, 河野 雄平, 高田 充隆, 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, 30回, 290, 290,   2007 10
  • 心移植患者における免疫抑制剤ミコフェノール酸モフェチルの体内動態と拒絶反応発現の相関性, 宮本 紅喜, 小竹 武, 和田 恭一, 越智 裕之, 小林 勝昭, 森下 秀樹, 小田 登, 真野 暁子, 加藤 倫子, 中谷 武嗣, 移植, 42, 総会臨時, 305, 305,   2007 10
  • 心移植患者のミコフェノール酸モフェチル投与における白血球減少症、下痢発現に関する分析, 小竹 武, 宮本 紅喜, 和田 恭一, 越智 裕之, 小林 勝昭, 森下 秀樹, 小田 登, 真野 暁子, 加藤 倫子, 中谷 武嗣, 移植, 42, 総会臨時, 306, 306,   2007 10
  • 循環器用薬における特定薬剤治療管理の重要性について, 小竹 武, 和田 恭一, 越智 裕之, 前田 優子, 小林 勝昭, 森下 秀樹, 駒村 和雄, 鎌倉 史郎, 北風 政史, 中谷 武嗣, 宮武 邦夫, Journal of Cardiology, 50, Suppl.I, 187, 187,   2007 08
  • 当院に於ける心臓移植後患者術後管理, 加藤 倫子, 簗瀬 正伸, 小田 登, 眞野 暁子, 橋村 一彦, 駒村 和雄, 舩津 俊宏, 小林 順二郎, 植田 初江, 和田 恭一, 越智 裕之, 小竹 武, 北風 政史, 友池 仁暢, 中谷 武嗣, 北村 惣一郎, Journal of Cardiology, 50, Suppl.I, 427, 427,   2007 08
  • 冠疾患診療における医療のリスク管理 循環器用薬投与量の添付文書からの逸脱と薬物血中モニタリングによる投与量設定の重要性, 小竹 武, 日本冠疾患学会雑誌, 11, 4, 231, 231,   2005 11
  • 保険診療と病院薬剤師 特定薬剤治療管理料と薬剤業務, 小竹 武, 森下 秀樹, 薬事, 47, 1, 119, 126,   2005 01
  • 【動脈硬化性疾患の予防・治療と薬剤師の役割】 薬学的視点からみた動脈硬化性疾患診療ガイドラインの活用 動脈硬化予防教室の紹介を含めて, 小竹 武, 柴川 雅彦, 薬局, 54, 8, 2309, 2317,   2003 08
  • 心疾患予防を目標とした糖尿病クリニカルパス導入の試み, 齋藤 綾子, 加藤 亜紀, 小竹 武, 高田 充隆, 柴川 雅彦, 宮本 恵宏, 鈴木 正昭, 洪 秀樹, 都島 基夫, 吉政 康直, 糖尿病, 45, 4, 274, 274,   2002 04
  • 【生活習慣病と患者指導 服薬に関する指導を中心に】 薬剤師による患者指導の実践 高血圧症患者への指導, 小竹 武, 柴川 雅彦, 薬局, 52, 10, 2345, 2362,   2001 10
  • 小児アレルギー診療への薬剤師として果すべき役割について, 上野 裕之, 足立 加那子, 木村 麻子, 吉田 葉子, 小竹 武, 森田 俊彦, 篠原 博, 木村 彰宏, 医療, 54, 増刊, 59, 59,   2000 10
  • 徐放性テオフィリン製剤(Slobid,Theolong,Theodur)の血中濃度解析による比較研究, 小竹 武, 三原 正和, 柴川 雅彦, アレルギー, 46, 4, 370, 375,   1997 04 , 10.15036/arerugi.46.370, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002419167
    Summary:スロービッド(SB)群11名,テオロング(TL)群22名,テオドール(TD)群34名の患者を対象とした.分散検定で0次吸収速度定数,クリアランス,モーメントから解析した吸収速度定数に有意差を認めず,0次半減期(T1/2)SB(18.9hr)>TL(13.5)>TD(10.1)(p=0.0061),薬物平均滞留時間(MRT)SB(21.3hr)>TL(16.7)>TD(15.2)(p=0.0034)等で有意差を認めた.このことからRTC療法におけるSB, TL, TDの3種類の徐放性製剤の比較において有効指標のCmax-Cmin, T1/2, V, MRT, Tm1/2から判定し,SB, TL, TDの順に優れていた
  • 気管支拡張薬の選択基準 β2刺激薬とテオフィリン製剤 テオフィリン徐放製剤の再評価 徐放性テオフィリン製剤(Slobid,Theolong,Theodur)の血中濃度解析による比較研究, 小竹 武, 三原 正和, 柴川 雅彦, 日本臨床, 54, 11, 3119, 3124,   1996 11
  • 徐放性テオフィリン製剤(Slo-bit, Theolong, Theodur)の血中濃度解析による比較研究, 小竹 武, アレルギー, 44, 8, 955, 955,   1995 08
  • HPLC法定量を用いた悪性リンパ腫患者におけるadriamycinならびに代謝物(adriamycinol,adriamycinone)の血漿中濃度の薬物体内動態解析, 小竹 武, 小森 勝也, 岩本 東子, 医療, 48, 7, 504, 509,   1994 07 , 10.11261/iryo1946.48.504
  • 徐放性テオフィリン製剤(Slo-bit,Theolong,Theodur)の血中濃度解析による比較研究, 小竹 武, 小森 勝也, 岩本 東子, 医療, 48, 4, 273, 277,   1994 04 , 10.11261/iryo1946.48.273, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004314994
    Summary:We made a comparative study of three kinds of sustained-release theophylline com-pounds by means of analysis of plasma concentrations. The drugs were Slo-bit (SB) (Up-Jhon) in 11 Patients (10 men, 1 woman), Theo-long (TL) (Esai) in 13 (6 men, 7 women), and Theo-dur (TD) (Nikken chemicals) in 16 (10 men, 6 women), who were hospitalized from January 1989 to April 1993. These patients were given oral theophyl-line, bid at 9:00 and 21:00, plasma concentration of theophylline was determined at 9:00, 12:00, 15:00, 18:00, and 21:00, after plasma concentration reached a plateau. There were no significant differences as to the zero absorption rate, clearance, the first absorption rate and the first elimination rate, but there were significant differences as to Cmax-Cmin of SB (3.24 &mu;g) <TL (4.81) <TD (5.96) (P=0.0036), the zero elimination rate (Koe) of SB (0.0500 hr<sup>-1</sup>) <TL (0.0664) <TD (0.0808) (P=0.0036), the apparent distri-bution volume (Vo) of SB (0.81 OL/kg) TL (0.662)> TD (0.463) (P=0.0014), mean reside-nce time (MRT) of SB (25.76 hr)> TL (16.43)> TD (15.18) (P=0.0097), and variance resi-dence time (VRT) of SB (826.63 hr<sup>2</sup>)> TL (264.82)> TD (204.31) (P=0.0305), by meaure-ments analysis of variance. These results suggest that these sustained-relase drugs have different pharmacokinetics judging from the important indices including Cmax-Cmin, Koe, Vo and VRT, and that the best one is the SB, the second is the TL, and the third is the TD.
  • Pharmacokinetics of Plasma Concentrations of Adriamycin and its Metabolites (Adriamycinol, Adriamycinone) in Patients with Malignant Lymphoma by HPLC Method., KOTAKE Takeshi, KOMORI Katsuya, IWAMOTO Haruko, OKADA Hiromu, Japanese Journal of National Medical Services, 48, 7, 504, 509,   1994 , 10.11261/iryo1946.48.504, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004107490
    Summary:Plasma concentration of adriamy in (ADR) and its metabolites (adriamycinol (NOL), adriamycinone (NONE)) in eight patients with malignant lymphoma were determined by HPLC method and the relations of pharmacokinetics and marrow suppressions were studied. Calibration curves of ADR, NOL and NONE were straight lines passing through zero point with a good reproducibility (r=0.998). Since the concentrations of ADR did not decrease with the time course of the drug metabolism based on the pharmacokinetics theory, its possible reason was reabsorption. We could detect NOL in samples with the high density of ADR, but coudn't detect NONE in all of the samples. As to the moment analyzable cases, the bone marrow suppression appeared stronger as AUC (93.06-605.37) became higher, but it wasn't related to MRT, VRT so much. Furthermore, the drug clearances in famale patients and the cases with liver dysfunction had a tendency to delay, so the bone marrow suppressions appeared stronger than the other cases. Since it is difficult to measure the organ concentrations of the drugs.<br>These results suggest that a use of plasma concentration with its demonstrable peculiarity could help us establish the ADR dosage, and overcome the adverse effects of the drug in advance, and this can also be accomplished by the accumulation of the cases
  • Adriamycinならびに代謝物の血中濃度測定と臨床モニタリング, 小竹 武, 医療, 47, 増刊, 525, 525,   1993 09
  • リドカイン持続点滴静注における薬物体内動態解析, 小竹 武, 小森 勝也, 関山 常久, 医療, 46, 12, 990, 994,   1992 12 , 10.11261/iryo1946.46.990
    Summary:急性心筋梗塞患者10例においてlidocaine持続点滴中の血漿中lidocaine濃度,α1-acid glycoprotein濃度をそれぞれFPIA法ならびにSRID法で測定した.lidocaineならびにAAG濃度はlidocaine clearanceの低下,血漿中の薬物のタンパク結合の変化に伴い,すべての症例で上昇傾向を示した.lidocaine clearanceをFisherのt-検定で分析したところ3 hr値(0.553 ml/hr/kg)と48 hr値(0.356 ml/hr/kg)を比較してp<0.1で有意差を認めた.AAG濃度とlidocaine濃度は相関係数0.796で相関関係が得られた.心不全を有する5名のAAG濃度の上昇率は他の症例に比して高く,回帰式の傾きをt-検定で比較するとp<0.05で有意差が認められた
  • Pharmacokinetics of lidocaine in continuous infusion ., KOTAKE Takeshi, KOMORI Katsuya, SEKIYAMA Tsunehisa, NAKANO Tameo, Japanese Journal of National Medical Services, 46, 12, 990, 994,   1992 , 10.11261/iryo1946.46.990, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004107331
    Summary:Plasma concentration of lidocaine and &alpha;<sub>1</sub>-acid glycoprotein (AAG) in 10 patients with acute myocardial infarction were analyzed by FPIA (fluoresence polarization immunoassay) and SRID (single radial immunodiffusion) method during lidocaine infusion continuously. Concentrations of lidocaine and AAG tended to rise in all, leading to failure of lidocaine clearance and binding of the drug in plasma. The lidocaine clearance data were analyzed by Fisher's t-test and the significance of the difference was found 3-h (0.553ml/hr/kg) between 48-h (0.356ml/hr/kg) at the 0.1 significance level. AAG concentration was correlated with lidocaine concentration at the 0.796 coefficient of correlation. The rate of rising AAG concentration in 5 patients with heart failure were greater than others, so there was significance difference between these two modes of slopes in regression equation at the 0.05 significance level by t-test analysis. If lidocaine clearance depended on the duration of infusion and AAG, a Bayesian estimation program was defined by the rule: Cp=D/(&alpha;&middot;weight-&beta;&middot;AAG-&gamma;&middot;t). In this individual analysis, establishment of lidocaine infusion dosage was based on average rules: D=Cp&middot;(0.439 wt-0184 T-0.0294 AAG) in cases of heart failure, D=Cp&middot;(0.935 wt-0.445 T-0214 AAG) in cases of others (non-heart failure).
  • エトポシドの血中濃度測定データ(HPLC法)を利用した臨床モニタリング, 小竹 武, 医療, 44, 増刊, 608, 608,   1990 10
  • 国立京都病院における軟膏混合処方の長期安定性について, 中野 清隆, 十田 達也, 小竹 武, 医薬ジャーナル, 25, 10, 2299, 2305,   1989 10
  • メキシレチンの蛍光偏光免疫測定法による血中濃度測定法の基礎的検討および臨床的な利用と評価, 小竹 武, 南浦 豊弘, 堀内 保直, 新薬と臨牀, 38, 10, 1825, 1835,   1989 10
  • 入院調剤技術基本料100点取得への取り組み(1), 小竹 武, 関山 常久, 薬事新報, 1555, 9, 12,   1989 09
  • 腎移植患者におけるシクロスポリンの薬物体内動態解析, 小竹 武, 上田 敏弘, 三原 正和, 医療, 43, 5, 555, 560,   1989 05 , 10.11261/iryo1946.43.555, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004314247
    Summary:It has been demonstrated that the immunosuppressive therapy is clinically indispensable for organ transplantation. Based on various parameters, we studied pharmacokinetics of cyclosporin in 15 renal transplantation patients. We initially measured the drug concentration by RIA method but we recognized the values in RIA method to be unreliable, and so we measured the drug concentration by HPLC as a preferable method. Almost all cases were taking mizoribine in combination with cyclosporin in which decreased the side effects by reducing doses of cyclosporin. There were eight cases who have been kept in good control on cyclosporin trough level of under 30ng/ml.<br>Doses of cyclosporin should be the reflection of the clearance and the time after the renal transplantation.<br>In the future, such variables as absorption, renal and liver function, time after renal transplantation and individual disparity in AUC should be taken into consideration.
  • コレスチラミン投与糖尿病患者に対する服薬指導の有用性について, 小竹 武, 角井 義昌, 荒川 正巳, 医療, 43, 4, 492, 495,   1989 04 , 10.11261/iryo1946.43.492, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004314236
    Summary:Cholestyramine, a cholesterol lowering drug, improves glycemic control in diabetics and seems to be useful particularly for diabetic patients with hypercholesterolemia. However, since the cholestyramine has properties of resin, large dosage are required to obtain better effects, thus it is usually difficult for the patients to take, and compliance is poor. So cholestyramine is not so effective in some patients. We performed medication teaching for the purpose of improvement of compliance of cholestyramine. Five diabetic patients administering cholestyramine were taught about the properties and efficacy of cholestyramine. After the education, compliance for cholestyramine was improved from 35% before education to 95%, and glycemic and cholesterol control were also improved in three patients. We conclude that medication teaching about cholestyramine is very useful for the improvement of compliance and efficacy of cholestyramine on cholesterol and glycemic control in diabetic patients.
  • 調剤技術基本料の設置と薬剤師の臨床業務展開 国立京都病院における試み, 小竹 武, 中野 清隆, 十田 達也, 医薬ジャーナル, 25, 4, 818, 825,   1989 04
  • 糖尿病患者におけるインスリン-クロフィブラート併用療法, 小竹 武, 角井 義昌, 真崎 博昭, 医療, 41, 9, 818, 821,   1987 09 , 10.11261/iryo1946.41.818, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004107085
    Summary:Diabetes mellitus is thought to be induced by insufficient insulin action under the genetic predisposition, which consequently causes severe, and extensive vascular complications through metabolic derangement. In spite of a long history of many researches in this field, the pathogenesis of diabetes mellitus has remained obscure yet. Therefore, even today the fundamental modalities of treatment are kinesitherapy and diettherapy though human insulin is used clinically.<br>This is a case report concerning the effects of combined use of insulin and clofibrate for the aim of improvement of insulin fastness. This therapy is expected to reduce insulin dose and to obtain better stable control of glucose and lipid metabolism, due to its hypoglycemic action accompanied with improvement of insulin affinity to its receptors.
  • COLOR-REACTION AMONG 4-(2-PYRIDYLAZO)-RESORCINOL, ZIRCONIUM(IV) AND FLUORIDE IONS, AND ITS APPLICATION, MORI, I, Y FUJITA, S KITANO, T KOTAKE, BUNSEKI KAGAKU, 35, 2, 136, 139,   1986 02 , 10.2116/bunsekikagaku.35.136, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002909298
    Summary:A color reaction among 4-(2-pyridylazo) resorcinol (PAR), Zr(IV), and F- in the coexistence of various surfactants was studied. And then, the methods for the spectrophotometric determinations of Zr(IV), F, and acromycin were established by using the PAR Zr(IV)-F- colored complex solution in the presence of cetylpyridinium chloride(CPC) as a cationic surfactant at around pH 7. The present methods could be used to determine up to 12.014/10 ml Zr(IV), 78.0 μg/10 ml acromycin and 2.010.0 μg/10 ml F by using the PAR-Zr(IV)-F- complex solution. The calibration curve was rectilinear in the range of 25.0 μg/10 ml of Hf(IV) by using the standard procedure for the determination of Zr(IV) in the same ways. The apparent molar absorptivities were 7.1 × 10<SUP>4</SUP> dm<SUP>3</SUP> mol<SUP>-1</SUP> cm<SUP>-1</SUP> for Zr(IV), 6.2 × 10<SUP>4</SUP> dm<SUP>3</SUP> mol<SUP>-1</SUP> cm<SUP>-1</SUP> for Hf (IV) and 9.5 × 10<SUP>4</SUP> dm<SUP>3</SUP> mol<SUP>-1</SUP> cm<SUP>-1</SUP> for F- at 540 nm, respectively.