KAWAHARA Naoko

    Department of Accounting Professor
Last Updated :2021/01/22

Researcher Information

Degree

  • MSc in Finance and Financial Law(University of London)

J-Global ID

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Accounting / Social and Environmental Accounting

Academic & Professional Experience

  • 2009/04 - Today  Kindai UniversityProfessor
  • 2008/04 - 2009/03  Kindai UniversityAssociate Professor

Education

  •        -   University of London  International Foundation Courses and English Language Studies  Diploma in English for Academic Purposes
  •        -   SOAS, University of London  Department of Finance and Management  MSc of Finance and Financial Law

Association Memberships

  • Japan Land and Environment Institute   Centre for Social and Environmental Accounting Research (CSEAR)   International Association for Impact Assessment (IAIA)   Japan Auditing Association   Japan Accounting Association   

Published Papers

Books etc

  • Q&A - Simple questions on environment and CSR for CPA (2016 version)
    Kinki Branch; Japanese Institute of Certified Public Accountants (Contributor)2016/04
  • Q&A - Simple questions on environment and CSR for CPA
    Kinki Branch; Japanese Institute of Certified Public Accountants (Contributor)2012/03
  • Accounting for Freshman
    Urasaki, N; K. Hato; N. Kawahara; Y. Shima; R. Takahara; K. Yashukata; H. Wada (Joint work)Chuokeizai-sya, Inc. 2011/03 
    本書は、大学の初年次学生を対象とした会計学の入門テキストである。主人公が、大学祭の屋台店でビジネスの面白さに目覚め、その後起業して株式上場、海外展開するサクセスストーリーをもとにビジネス・会計を学ぶことができるように工夫している。内容は次の通りである。序章・本書を読む前に 第1章・華やかな学生生活の始まり 第2章・打ち上げのコンパが終わって 第3章・来年の大学祭に備えて 第4章・自分の未来がここにある 第5章・夢の実現、退職、そして起業 第6章・事業はうまくいっているのか 第7章・さらなる事業拡大にむけて 第8章・ITが成功を導く 第9章・会社化、そして上場 第10章・株主総会を乗り切ろう 第11章・公認会計士がやって来た 第12章・さあ、海外展開 第13章・「これから学ぶ会計学」の総仕上げ
  • MBA International management encyclopedia
    Ito, F (Contributor)Chuokeizai-sya. Inc. 2007/10 
    経営学専門職大学院(MBA)コースで学ぶ大学院生のための総合的事典における,環境会計・監査分野の50用語を専門的に解説したもの。
  • Assurance for Environmental Reporting
    Kozuma, Y (ContributorDisclosure and Assurance for Enviromental KPI)Dobunkan 2006/05 
    企業の環境情報に関する重要業績評価指標(Key Performance Indicators: KPI)の開示に関するイギリス法制度状況と内容を評価し,情報の信頼性のための会計職業専門家等が行う保証業務の課題を検討している。

Conference Activities & Talks

  • 最近の日本のサスティナビリティ報告の潮流と課題  [Not invited]
    川原尚子
    会計情報研究会  2017/10  西宮市大学交流センター
  • 愛媛県中島での水素エネルギー導入の社会的受容の検討  [Not invited]
    入江賀子; 川原尚子
    環境アセスメント学会第16回大会  2017/09  山梨県立大学
  • CSR経営と不正会計  [Not invited]
    川原尚子
    関西CFE研究会  2017/07  新日本有限責任監査法人
  • Social Impact Assessment Challenges Faced by Japan Comparing Indonesian Case  [Invited]
    Naoko Kawahara
    Academic Seminer in Binus University  2016/11  Binus University, Indonesia
  • Social Impact Assessment Challenges Faced by Japan  [Not invited]
    Noriko Irie; Naoko Kawahara; Ana Maria Esteves
    The International Association for Impact Assessment  2016/05  Nagoya Congress Center
  • 日本における太陽光発電設備の設置による社会環境変化に対する地域住民の選好  [Not invited]
    入江賀子; 川原尚子
    日本土地環境学会  2014/10  拓殖大学
  • 東京証券取引所「改善報告書」の分析ーJBR社の事例  [Not invited]
    川原尚子
    関西CFE研究会  2014/10  新日本有限責任監査法人
  • Sustainability management and Governance in Japanese Companies  [Invited]
    Naoko Kawahara
    Academic Seminar in Binus University  2014/08  Binus University, Indonesia
  • 社会環境影響評価の企業情報開示の枠組み  [Not invited]
    川原尚子
    会計情報研究会  2014/03  関西学院大学
  • 公認会計士の社会倫理的責任  [Not invited]
    川原尚子
    関西監査研究学会  2013/12  関西学院大学
  • 年次報告における持続可能性報告の保証  [Not invited]
    川原尚子
    関西監査研究学会  2013/10  甲南大学
  • 持続可能性報告の課題ー制度開示と保証ー  [Not invited]
    川原尚子
    関西監査研究学会  2012/10  甲南大学
  • 農業活動の会計における公正価値会計ーIAS第41号「農業」  [Not invited]
    川原尚子
    会計情報研究会  2012/05  近畿大学
  • 農業活動の会計における公正価値会計ーIAS第41号「農業」  [Not invited]
    川原尚子
    東アジアの会計研究会  2012/03  近畿大学
  • 環境問題と財務報告  [Not invited]
    川原尚子
    日本公認会計士協会第43回中日本五会研究大会  2012/01  大阪国際交流センター
  • Challenges of Accunting Education  [Invited]
    Naoko Kawahara
    East Asian Accounting Research Conference  2011/11  Kindai University
  • 有価証券報告書における資産除去債務の開示と公認会計士監査  [Not invited]
    川原尚子
    関西監査研究学会  2011/10  甲南大学
  • 国際財務報告基準(IFRS)適用の財務報告における環境開示-国際的視点  [Not invited]
    川原尚子
    会計情報研究会  2011/05  近畿大学
  • 環境問題と年次財務報告-職業的監査人の業務-  [Not invited]
    川原 尚子
    関西監査研究学会  2010/10  甲南大学 
    環境問題と年次財務報告における職業的監査人の業務に関して,イギリスの職業会計士団体が公表した資料をもとに検討した報告。
  • 企業の気候変動情報の課題 -国内外企業の開示事例の比較と検討-  [Invited]
    川原 尚子
    サスティナビリティ経営研究会  2010/08  環境管理会計研究所(東京,大阪) 
    企業の気候変動情報に関する現状と課題を,国内および海外の企業の制度および非制度開示事例を比較し検討した報告。
  • 財務報告における気候変動情報開示 -SEC気候変動情報に関する解釈指針の検討  [Not invited]
    川原 尚子
    会計情報研究会  2010/03  近畿大学 
    企業の財務報告における気候変動情報開示に関して,アメリカ証券監視委員会(SEC)が発行した「SEC気候変動情報に関する解釈指針」を検討した報告。
  • 気候変動情報開示と温室効果ガス情報の保証の課題  [Not invited]
    川原 尚子
    日本公認会計士協会第41回中日本五会研究大会  2010/01  大阪国際交流センター 
    企業の気候変動情報開示と温室効果ガス情報に関する保証の課題についての報告。
  • 環境情報の保証 -温室効果ガス報告の保証-  [Not invited]
    川原 尚子
    関西監査研究学会  2009/10  甲南大学 
    環境情報の保証に関して,国際会計士連盟の温室効果ガス報告の保証業務基準に焦点を当てた報告。
  • 企業不正の財務報告での表示  [Not invited]
    川原 尚子
    関西CFE研究会  2009/08  大阪弁護士会館 
    企業において不正が発生した場合の財務報告での表示に関する制度と会計報告に焦点をあてた実証的事例を含む報告。
  • 環境報告の情報の信頼性と保証  [Not invited]
    川原 尚子
    日本公認会計士協会第40回中日本五会研究大会  2009/02  名古屋国際会議場 
    企業の環境報告における情報の信頼性を担保する職業会計人の保証業務に焦点をあてた報告。
  • 環境報告の情報の信頼性の保証問題  [Not invited]
    川原 尚子
    関西監査研究学会  2008/12  愛媛県松山市 
    企業の環境報告に関する情報の信頼性について,職業的会計人の行う保証業務に関する問題を実証的に報告。
  • 有価証券報告書における非財務情報開示の現状と課題 -企業を取巻く環境問題とそのリスク情報のあり方-  [Not invited]
    川原 尚子
    会計情報研究会  2008/10  関西学院大学  会計情報研究会
     
    有価証券報告書における非財務情報開示の現状と課題に焦点を当ててた報告。特に企業を取巻く環境問題とそのリスク情報に関して,実際の企業のデータをもとにした報告。
  • 有価証券報告書における非財務情報開示の現状と課題 -企業を取巻く環境問題とそのリスク情報のあり方-  [Not invited]
    川原 尚子
    日本会計研究学会  2008/09  立教大学  日本会計研究学会
     
    有価証券報告書における非財務情報開示の現状と課題に関して,企業を取巻く環境問題とそのリスク情報のあり方に焦点を当てた実証的な報告。

MISC

Awards & Honors

  • 2019/07 Japan Society for the Promotion of Science Awarded to special committee members of the Special Committee of the Research Fellows, etc.
     
    受賞者: Naoko Kawahara

Research Grants & Projects

  • Information disclosure on social impact of municipalities' renewable energy business - Impact report model
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2018/04 -2021/03 
    Author : 川原 尚子
     
    研究はおおむね順調に進み、おおむね良好な成果を収めることができた。具体的内容として3本の論文を公表できた。まず、論文「社会影響の測定と報告のフレームワークの現状と課題」を7月に公表できた。この研究は、社会影響の概念を巡る議論を整理し、社会影響の測定や報告に関する議論を吟味している。その上で、世界で開発されてきている社会影響の測定や報告のための様々なフレームワークを整理し、その可能性と今後の課題を検討しており、国際的視野に立った文献研究といえる。次に、「パブリックセクターの持続可能性報告の可能性と課題」を8月に公表できた。この研究は、パブリックセクターによる持続可能性報告についての国際的な議論を吟味した文献研究である。パブリックセクターの場合の持続可能性報告では、パブリックセクターの役割の特質を考慮しつつ、管理者の制度的な、政治的な正当性の確保や、内部の業務効率の向上のためではなく、むしろ真に持続可能性への貢献やステークホルダーへの適切な説明責任に焦点を当てて、持続可能性報告を行うことが重要な課題であることを明らかにしている。さらに、「英国のパブリックセクターの持続可能性報告指針とその含意」を11月に公表できた。これは英国の所定のパブリックセクターは年次報告ベースで持続可能性情報を報告することが求められており、そのための特別な指針が毎年公表されていることを紹介しつつ、その指針の内容を吟味し、この指針が影響や将来への役立ちをもたらす可能性があるという含意を検討した研究である。 これらの研究の意義として、社会影響の測定報告の可能性と、パブリックセクターの持続可能性報告の意義や可能性を明らかにしている点である。これらの研究の重要性として、この分野の研究が知る限り国内ではほとんどない中で貴重な示唆を提供している点といえる。
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2015/04 -2019/03 
    Author : KAWAHARA NAOKO; IRIE noriko; ESTEVES ana maria; FITRIASARI dewi
     
    This four-year research project examined Indonesian laws and regulations concerning disclosure of information on the social and environmental impacts of Indonesian companies' activities, as well as clarified the current corporate status and challenges of the area. This research also compared and interpreted the legal contexts of Japan and Indonesia in this field, and analysed the potential mechanism that future Japanese investments in Indonesia will affect the changes in Indonesian laws and regulations by using a framework based on the isomorphism of institutional theory. The results of the entire research project were disclosed in 11 journal articles and three presentations.
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2010 -2012 
    Author : KAWAHARA Naoko
     
    This research examines the issues of disclosure of accounting information related to environmental risks on financial reports in Japan based on mandatory annual reports for investors. The research explores the current development regarding disclosure of sustainability information, which has been increasingly needed to be accounted for by investors and other stakeholders within various institutional frameworks and international agreements around the world. The research analyzes the disclosure practices of accounting for asset retirement obligations, which was first regulated in Japanese mandatory reporting in 2010. The research recommends the need for further improvements for clear risk disclosure.
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2010 -2012 
    Author : URASAKI Naohiro; KATSURA Shinichi; KAWAHARA Naoko; YASUKATA Kenji; YAO Xiaojia
     
    As a result of this research to evaluate the significance of fair value accounting in Japan, China, and Korea, and demonstrate future development of the accounting theoretically and empirically, a dichotomy of accounting systems is observed in not only in Japan but also China, Korea, UK, and the US in terms of appropriateness of BIG-GAAP for SMEs, cost/benefit of adopting the standards, lack of management needs for the standards by attributes of the business. Therefore, it is reasonably insisted that local accounting setters shall reorganize accounting standards by industry and company size.

Committee Membership

  • 2015/12 - Today   Nabari City, Mie Prefecture   Board of Education
  • 2008/06 - Today   CSR Expert Committee of Kinki Branch of the Japanese Institute of Certified Public Accountants   Committee member
  • 2020/04 -2021/03   Hannan City, Osaka Prefecture   Member of Sewerage Management Strategy Council
  • 2017/06 -2019/06   Japan Society for the Promotion of Science   Expert member of the judging committee of postdoctoral researchers, etc.

Academic Contribution

  • 「財政と公共政策」財政学研究会
    Date (from-to) :2020
    Role: Peer review
    Type: Peer review etc

Other link

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.