KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

塩谷 拓嗣エンヤ タクジ

プロフィール

所属部署名医学科
職名医学部助教A
学位
専門
ジャンル/
コメンテータガイド
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2019/12/09

学歴・経歴

経歴

  •   2013年04月,  - 現在, 近畿大学医学部附属病院(助教)

研究活動情報

論文

  • Pathologic tonsillar findings similar to IgA nephropathy and the role of tonsillectomy in a patient with nephrotic syndrome., Enya T, Miyazawa T, Miyazaki K, Oshima R, Morimoto Y, Okada M, Takemura T, Sugimoto K, BMC nephrology,   2019年10月, 査読有り
  • 月経前(黄体期)に夜尿を認めた1例, 塩谷拓嗣、杉本圭相、竹村司, 夜尿症研究, 23, 51, 53,   2018年06月, 査読有り
  • Three patients with Schaaf-Yang syndrome exhibiting arthrogryposis and endocrinological abnormalities., Enya T, Okamoto N, Iba Y, Miyazawa T, Okada M, Ida S, Naruto T, Imoto I, Fujita A, Miyake N, Matsumoto N, Sugimoto K, Takemura T, American journal of medical genetics. Part A, 176, 3, 707, 711,   2018年03月, 査読有り
  • Minimal change nephrotic syndrome and prohibitin-2 gene polymorphism., Sugimoto K, Miyazawa T, Miyazaki K, Yanagida H, Enya T, Nishi H, Wada N, Okada M, Takemura T, Clinical and experimental nephrology, 21, 4, 665, 670,   2017年08月, 査読有り
  • Cyclosporine A induced histological changes of Cathepsin L and CD2AP expression in renal glomeruli and tubules., Sugimoto K, Miyazawa T, Enya T, Miyazaki K, Okada M, Takemura T, Clinical and experimental nephrology, 21, 1, 83, 91,   2017年02月, 査読有り
  • Liver fibrosis with hypereosinophilia causing transient abnormal myelopoiesis., Minakata S, Sakata N, Wada N, Konishi Y, Marutani S, Enya T, Nakagawa H, Wada H, Takemura T, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 58, 11, 1222, 1225,   2016年11月, 査読有り
  • Heterozygous p.S811F RET gene mutation associated with renal agenesis, oligomeganephronia and total colonic aganglionosis: a case report., Sugimoto K, Miyazawa T, Nishi H, Miyazaki K, Enya T, Okada M, Takemura T, BMC nephrology, 17, 1, 146,   2016年10月, 査読有り
  • 完全閉鎖型の膣横中隔による膣閉鎖症と診断した1新生児例, 塩谷拓嗣、和田紀久、西一美、小西悠平、南方俊祐、丸谷怜、伊豆亜加音、澤井利夫、八木誠、竹村司, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 52, 1, 201, 204,   2016年05月, 査読有り
  • Tubulointerstitial nephritis complicating IVIG therapy for X-linked agammaglobulinemia., Sugimoto K, Nishi H, Miyazawa T, Wada N, Izu A, Enya T, Okada M, Takemura T, BMC nephrology, 15, 109,   2014年07月, 査読有り
  • Cyclosporin A may cause injury to undifferentiated glomeruli persisting in patients with Alport syndrome., Sugimoto K, Fujita S, Miyazawa T, Nishi H, Enya T, Izu A, Wada N, Sakata N, Okada M, Takemura T, Clinical and experimental nephrology, 18, 3, 492, 498,   2014年06月, 査読有り
  • Childhood Cogan syndrome with aortitis and anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated glomerulonephritis., Sugimoto K, Miyazawa T, Nishi H, Izu A, Enya T, Okada M, Takemura T, Pediatric rheumatology online journal, 12, 15,   2014年, 査読有り
  • 特異な経過を示したMRSA関連腎症の1女児例, 塩谷拓嗣, 日本小児腎臓病学会雑誌, 25, 2, 212,   2012年11月, 査読有り
  • A patient with renal hypouricemia and acute renal failure after exercise in whom URAT1 gene mutation was demonstrated., Takuji Enya、Keisuke Sugimoto、Tomoki Miyazawa、Hitomi Nishi、Kohei Miyazaki、Mitsuru Okada、and Tsukasa Takemura, Acta Medica Kinki University, 40, 2, 39, 42,   2015年12月, 査読有り
  • 日本人ネフロン癆患者の実態とその特徴について, 塩谷拓嗣, 近畿大学医学雑誌, 39, 3・4, 83, 90,   2015年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • 重症小児 IgA 腎症に対する早期の扁桃摘出術は10 年後の蛋白尿を有意に減少させる, 塩谷拓嗣、宮崎紘平、大島理奈、宮沢朋生、岡田 満、竹村 司、杉本圭相, 第62回 日本腎臓病学会学術総会,   2019年06月21日
  • 小児ネフローゼ症候群の寛解時における潜在的抗酸化能の臨床的予後の予測, 塩谷拓嗣、森本優一、宮崎絋平、大島理奈、宮沢朋生、岡田 満、竹村 司、杉本圭相, 第54回 日本小児腎臓病学会学術集会,   2019年06月07日
  • Clinical course of 3 patients with tubulointerstitial nephritis in osteosarcoma after treatment., Takuji Enya, Kohei Miyazaki, Rina Oshima, Tomoki Miyazawa, Mitsuru Okada, Tsukasa Takemura, Keisuke Sugimoto, 第17回日韓中小児腎セミナー,   2019年04月13日
  • Pathological findings of tonsils similar to IgA nephropathy shown in the patients with frequently relapsing nephrotic syndrome., Takuji Enya,Kohei Miyazaki,Tomoki Miyazawa,Mitsuru Okada,Tsukasa Takemura,Keisuke Sugimoto, American Society of Nephrology,   2018年10月25日
  • 小児ネフローゼ症候群とIgA腎症における発症病態と酸化ストレスとの関連性, 塩谷拓嗣、宮崎紘平、大島理奈、宮沢朋生、岡田満、竹村司、杉本圭相, 第48回 日本腎臓学会西部学術大会,   2018年09月28日
  • IgA腎症患者扁桃腺に類似した所見を呈したネフローゼ症候群の1例, 塩谷拓嗣、宮崎紘平、宮沢朋生、岡田満、竹村司、杉本圭相, 第6回 日本病巣疾患研究会,   2018年08月25日
  • 低形成腎に尿異常、腎機能低下をきたした4例における組織学的検討, 塩谷拓嗣、宮崎紘平、宮沢朋生、岡田満、竹村司、杉本圭相, 第53回 日本小児腎臓病学会学術集会,   2018年06月29日
  • 骨肉腫治療後に腎機能障害が進行し、腎生検にて尿細管間質性腎炎像を認めた1例, 塩谷拓嗣、宮崎紘平、宮沢朋生、岡田満、竹村司、杉本圭相, 第37回 腎臨床病理カンファレンス,   2018年06月15日
  • A rare case of recurrent glomerulonephritis associated with Rosai-Dorfman disease., Takuji Enya, Keisuke Sugimoto, Kohei Miyazaki, Tomoki Miyazawa, Mitsuru Okada, Tsukasa Takemura, 第16回 日韓中小児腎セミナー,   2018年04月14日
  • 月経前(黄体期)に夜尿を認め、治療に難渋している1例, 塩谷拓嗣、杉本圭相、竹村司, 第28回日本夜尿症学会学術集会,   2017年07月15日
  • 骨肉腫の経過観察中に腎機能障害を合併し、腎生検にて半月体形成を伴う尿細管間質性腎炎像を認めた1例, 塩谷拓嗣、杉本圭相、上田悟史、宮沢朋生、宮崎紘平、岡田満、竹村司, 第54回近畿小児腎臓病研究会,   2017年03月25日
  • Prader-Willi syndromeに類似したMAGEL2遺伝子変異の姉弟例, 塩谷拓嗣、井庭慶典、岡田満、藤田京志、三宅紀子、松本直通、竹村司, 第119回日本小児科学会学術集会,   2016年05月14日
  • 早産低出生体重児にOligomeganephroniaを呈した1例, 塩谷拓嗣、杉本圭相、西一美、宮沢朋生、宮崎紘平、岡田満、竹村司, 第29回近畿小児科学会,   2016年03月06日
  • 日本人ネフロン癆患者の実態とその特徴について, 塩谷拓嗣、杉本圭相、宮沢朋生、西 一美、宮崎紘平、岡田 満、坂田尚己、竹村 司, 第74回近畿大学医学会学術講演会プログラム,   2015年07月18日
  • Cyclosporine A 投与による腎糸球体、尿細管CD2APの局在変化, 杉本圭相、宮沢朋生、西 一美、塩谷拓嗣、宮崎紘平、岡田 満、竹村 司, 第50回日本小児腎臓病学会学術集会,   2015年06月18日
  • WD repeat protein family 19 (WDR19)の異常を認め、Caroli病を合併したネフロン廔の1例, 宮沢朋生、杉本圭相、西 一美、塩谷拓嗣、宮崎紘平、岡田 満、竹村 司, 第50回日本小児腎臓病学会学術集会,   2015年06月18日
  • 先天性右腎欠損、Oligomeganephronia、全腸管型 Hirschsprung 病を呈するRET 遺伝子異常症の 1 例, 塩谷拓嗣、宮沢 朋生、永田 知裕、西 一美、宮崎 紘平、杉本 圭相、岡田 満、山本 大助、芦田 明、竹村 司, 第50回日本小児腎臓病学会学術集会,   2015年06月18日
  • PFAPA 症候群と腎症状についての検討, 塩谷拓嗣、杉本圭相、西 一美、宮沢朋生、藤田真輔、岡田 満、竹村 司, 第28回近畿小児科学会,   2015年03月01日
  • URAT1 遺伝子にナンセンス変異を認めた腎性低尿酸血症の 1 例, 塩谷拓嗣、杉本圭相、西 一美、宮沢朋生、藤田真輔、坂田尚己、岡田 満、八木和郎、竹村 司, 南大阪研究会,   2014年10月
  • 99m Tc-HSA-D シンチグラフィーを使用した小児ナットクラッカー症候群の新たな診断法の確立, 杉本圭相、西 一美、塩谷拓嗣、宮沢朋生、藤田真輔、岡田 満、竹村 司, 第49回日本小児腎臓病学会学術集会,   2014年06月05日
  • 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症(DRPLA)を合併した巣状糸球体硬化症(FGSG)の1例, 井庭慶典、杉本圭相、塩谷拓嗣、西 一美、藤田真輔、岡田 満、竹村 司, 第49回日本小児腎臓病学会学術集会,   2014年06月05日
  • 膜性増殖性腎炎像を呈したMRSA 関連腎症の1女児例, 塩谷拓嗣、井庭慶典、西 一美、宮沢朋生、藤田真輔、杉本圭相、岡田 満、竹村 司, 第49回日本小児腎臓病学会学術集会,   2014年06月05日
  • 腎・泌尿器疾患、および関連症状を主訴に紹介された症例についての検討, 塩谷拓嗣、西 一美、宮沢朋生、藤田真輔、杉本圭相、岡田 満、竹村 司, 南大阪研究会,   2013年10月
  • 新生児期に膣横隔膜による膣閉鎖症と診断された1例, 塩谷拓嗣、澤井利夫、木村浩基、前川昌平、吉田英樹、八木誠、山崎晃嗣、小西悠平、宮沢朋生、南方俊祐、丸谷怜、伊豆亜加音、和田紀久, 南大阪研究会,   2012年10月
  • 肺真菌症に対して Liposomal Amphotericin (L-AMB) 投与により同種造血幹細胞移植を施行し得た神経線維腫症に合併した ALL 女子例, 塩谷拓嗣、藤田真輔、益海大樹、上嶋和史、船戸契、坂田尚己、岡田 満、竹村 司, 第 23 回南近畿血液フォーラム,   2013年07月27日
  • 巨大血小板と血小板減少症の家族歴から先天性巨大血小板減少症を疑われた男児例, 塩谷拓嗣、上田悟史、飛梅元、坂田尚己、竹村司 , 大阪小児科学会,   2012年04月
  • 特異な経過を示した MRSA 関連腎症の1女児例, 塩谷拓嗣、井庭慶典、西 一美、宮沢朋生、宮崎絋平、藤田真輔、杉本圭相、岡田 満、竹村 司, 第45回近畿小児腎臓病研究会,   2012年10月13日
  • 吸入ステロイド薬(ICS)/長時間作用性β2刺激薬(LABA)による気管支喘息のトータルコントロール実現の可能性について, 塩谷拓嗣、久米裕昭、忌部周、沖本奈美、深井有美、綿谷奈々瀬、塚本敬造、宮嶋宏之、山藤啓史、市橋秀夫、佐野安希子、牧野靖、佐藤隆司、西山理、佐野博幸、山縣俊之、岩永賢司、東本有司、冨田桂公、中島宏和、東田有智, 第68回臨床アレルギー研究会(関西),   2011年12月

受賞

  • 第50回日本小児腎臓病学会, 日本小児腎臓病学会奨励賞症例報告部門
  • 第54回日本小児腎臓病学会, 小児腎臓病学トリビアチャンピオン決定戦, 優勝
  • 近畿大学, 近畿大学医学会賞
  • 近畿大学, 近畿大学同窓会賞
  • 近畿大学, 南大阪研究会 優秀賞