KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

千手 崇史センズ タカシ

プロフィール

所属部署名経営学部 会計学科
職名講師
学位博士(法務)
専門商法・会社法
ジャンル法律/会社・取引き
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/2155-senzu-takashi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/09/30

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    株主と取締役側の情報不均衡を是正する「株主の情報開示請求権」について主に研究しています。付随して、企業情報(特に個人情報)漏洩の場合の取締役や会社の責任についても研究しています。

学歴・経歴

経歴

  •   2018年04月,  - 現在, 近畿大学 経営学部 講師
  •   2013年04月,  - 2018年03月, 福岡工業大学 社会環境学部 助教
  •   2012年04月,  - 2013年03月, 久留米大学 法科大学院 補助教員
  •   2012年04月,  - 2013年03月, 福岡工業大学 非常勤講師
  •   2012年04月,  - 2012年09月, 九州共立大学 非常勤講師

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 民事法学, 商法/会社法

論文

  • 判例研究 個人情報の漏えいに基づくプライバシーの侵害と企業の民事責任 : 最判平成29年10月23日判時2351号7頁の検討 (北門達男先生 退任記念号), 千手 崇史, 商経学叢, 商経学叢, 66, 1, 259, 284,   2019年07月
    概要:[概要]情報化社会である現代,企業も大量の個人情報を取得し保有している。個人情報が漏えいしてしまうと,企業そのものだけではなく顧客やその家族,関係者にも多大な被害を及ぼしてしまう。本稿の取り扱う事例も,有名な会社による大規模な個人情報漏えい事件に関わる判決の一つである。裁判所は,個人情報の漏えいを「プライバシー権の侵害」として捉える。かかる「個人情報漏えいに基づくプライバシー権侵害」の問題につき,本件地裁判決,高裁判決,高裁判決それぞれが違う考え方をとっている。本稿は主に高裁判決に関して,これが何について結論を出したのか,また残された課題は何かについて,先例との比較を行いながら検討を行う。[Abstract]In this information-oriented society, corporations gather much personal information. Leakage of personal information causes huge damage on corporations, customers, their families, and other people involved. Also in this case, so much personal information has leaked out of a corporation, which is very famous in Japan. The Court thinks leakage of information as invasion of privacy rights. About the problem of "invasion of privacy rights caused by leakage of personal information" , the Courts(the Kobe District Court, the Osaka High Court, and the Supreme Court)adopt different logic each. In this article the author focus mainly on judgement of Supreme Court, and examines" What this judgement refer about ?"and "What are the problems remained ?", taking into account of past case law.
  • 〈論文〉[判例研究]計算書類等の作成義務懈怠と株主の閲覧等請求の可否―東京地判平成27年7月13日金判1480号51頁の検討―, 千手 崇史, 商経学叢 = Shokei-gakuso: Journal of Business Studies, 商経学叢 = Shokei-gakuso: Journal of Business Studies, 65, 3, 253, 271,   2019年03月23日
    概要:[概要]会社は計算書類等の作成義務を負っており,株主はこれを閲覧するなどの権利を持つ。では,会社がこの義務に違反して計算書類等を作成していなかった場合はどうか。株主がこれを再度作成して交付せよと請求できるかどうかが問題となる。これにつき,本稿の取り上げる判決は,「再度作成して株主に交付する義務はない」旨判示したが,学説の大半はこれに批判的である。なぜならば,会社の義務違反を助長してしまうからである。本稿は,計算書類等の閲覧謄写請求権を与えた法律の趣旨から考え,本件判決の当否を検証する。[Abstract] Companies are obliged to keep accounts and shareholders have rights to inspect them. Then, can shareholder request to create accounts in case that the company has violated the duty and hasn't kept accounts ? As to this problem, the court described that the defendant company were not obliged to re-create or to deliver the accounts to the shareholders. But almost all the theories oppose to the court. Because the conclusion of court provokes companies violate the duty to keep accounts. In this paper, the author reviews this case taking into account the object of law.
  • 基本判例研究 反社会的勢力排除約款の遡及適用による預金契約の解約の可否 : 福岡高裁平成28年10月4日金判1504号24頁の検討, 千手 崇史, 福岡工業大学研究論集 = Research bulletin of Fukuoka Institute of Technology, 福岡工業大学研究論集 = Research bulletin of Fukuoka Institute of Technology, 50, 2, 33, 42,   2018年02月
  • 企業からの個人情報漏洩と保険による損害填補 : 損害の分類と保険の法的問題を中心に, 千手 崇史, 保険学雑誌 = Journal of insurance science, 保険学雑誌 = Journal of insurance science, 638, 67, 86,   2017年09月
  • 情報セキュリティ上の瑕疵による個人情報等の漏洩と個人情報保護法 : 東京地裁平成26年1月23日判決の検討, 千手 崇史, センズ タカシ, Senzu Takashi, 福岡工業大学研究論集, 福岡工業大学研究論集, 49, 2, 69, 86,   2017年02月
    概要:An interior wholesaler company(X:who ordered the system from Y) claimed system vendor company(Y). Thelegal basis is the default(Article 415,Civil Code). An enormous amount of personal data which X had been holding,leaked on account of illegal computer access by someone. Then, the system designed by Y didn't equip evenminimum security guard. In this case, the Tokyo District Court partly upheld the claim. In case of informationleakage incidents, companies suffer tremendous cost damage by voluntary apology to all customers. However,without apology, the social enterprise value falls. In this article, the author pointed out the "dilemma"problem.
  • 社外監査役の責任と責任限定契約 - セイクレスト控訴審判決の検討ー, 千手 崇史, センズ タカシ, Senzu Takashi, 福岡工業大学研究論集, 福岡工業大学研究論集, 49, 1, 9, 25,   2016年09月
    概要:In this case, SEI CREST Co., Ltd suffered enormous damages by a representative director's repeated breaches ofthe duty of care. The company bankrupted and claimed outside auditor. The legal bases of claims are breaches ofrecommendation obligations (to recommend to construct internal control systems and to dismiss the CEO). TheOsaka High Court applied the contract for limitation of liability and partly admitted the responsibility of the auditor(Article 423 and 427 Companies Act). However, this study opposes the decision. According to the research, theobligations are imposed by contracts, however, contents of obligations are too vague to be forced.
  • 業務財産検査役による会社の調査と守秘義務 : イギリス法との比較を通して (野田進教授 木佐茂男教授 西山芳喜教授 八谷まち子教授 退職記念論文集), 千手 崇史, 法政研究, 法政研究, 82, 2, 877, 908,   2015年12月
  • 法令違反に基づく取締役の対第三者責任 : 有名貸金業者の取締役を被告とする訴訟を題材として[東京高裁平成24.11.29判決,広島高裁平成27.2.26判決], 千手 崇史, センズ タカシ, Senzu Takashi, 福岡工業大学研究論集 = Research bulletin of Fukuoka Institute of Technology, 福岡工業大学研究論集 = Research bulletin of Fukuoka Institute of Technology, 48, 1, 11, 24,   2015年09月
    概要:A famous moneylender had been lending money partly in a illegal interest rate. However at that time, provisions of "Payment regarded as interest" (interest"voluntarily" paid by the borrower is valid despite illegal rate)existed. After the moneylender had bankrupted, the borrowers sued the directors of the moneylender according to the Companies Act 429. Most judgements said that defendant directors had continued moneylending contracts to which provisions of "Payment regarded as interest" had not applied, in a illegal rate. However,the judgements denied the directors'liabilities, on the ground that "the directors are not burdened with duty of recalculation". This article reconsiders appropriateness of the judgements on the basis of famous judgements of the Supreme Court and the common theories of Company Law.
  • 基本判例研究 集合動産譲渡担保権に基づく物上代位 : 損害保険金への効力[最高裁平成22.12.2決定], 千手 崇史, 福岡工業大学研究論集 = Research bulletin of Fukuoka Institute of Technology, 福岡工業大学研究論集 = Research bulletin of Fukuoka Institute of Technology, 48, 1, 1, 9,   2015年09月
  • 基本判例研究 証券取引所が取引参加者に対して負う責任 : みずほ証券誤発注事件東京地裁判決[平成21.12.4], 千手 崇史, センズ タカシ, Senzu Takashi, 福岡工業大学研究論集 = Research bulletin of Fukuoka Institute of Technology, 福岡工業大学研究論集 = Research bulletin of Fukuoka Institute of Technology, 46, 1, 1, 10,   2013年09月
    概要:In this case, the plaintiff suffered enormous damages by gross mistakes of the plaintiff itself and system defects of the defendant. The legal basis of the claim was default(Article 415
  • 株主の情報開示請求権の研究 : 会計帳簿・株主名簿を中心として, 千手 崇史, 九州法学会会報, 九州法学会会報, 2012, 0, 16, 19,   2013年
  • 株主の会社に対する株主名簿閲覧・謄写請求権, 千手 崇史, 九大法学, 九大法学, 0, 104, 180, 122,   2012年02月
  • 商事判例研究 株式会社の従業員らが営業成績を上げる目的で架空の売上げを計上したために有価証券報告書に不実の記載がされ、株主が損害を被ったことにつき、会社の代表者に従業員らによる架空売り上げの計上を防止するためのリスク管理体制構築義務違反の過失がないとされた事例[最高裁第一小法廷平成21.7.9判決], 千手 崇史, 九大法学, 九大法学, 103, 1, 29,   2011年09月
  • 株主による会社に対する取締役会議事録の閲覧・謄写請求について--昭和56年改正以後の議論を中心に, 千手 崇史, Senzu Takashi, 九大法学, 九大法学, 102, 152, 116,   2011年02月

書籍等出版物

  • 少数株主権等の理論と実務, 上田純子, 植松勉, 松嶋隆弘編, 分担執筆, 第2章 会社の業務執行に関する少数株主権 Ⅰ業務執行に関する検査役の選任請求(法358条)(72頁-86頁), 勁草書房,   2019年10月
  • スタンダード商法Ⅱ 会社法, 徳本穣編, 分担執筆, 第2章 設立(15頁~34頁), 法律文化社,   2019年04月
  • 法学 - 人の一生と法律とのかかわり -, 小川 富之, 下田 大介, 小川 富之, 下田 大介, 第4章 企業と法(48頁~59頁), 八千代出版,   2018年09月, 4842917318
  • サイバー社会への法的アクセス: Q&Aで学ぶ理論と実際, 松本 博, 井上 能孝, 工藤 聡一, 泉 日出男, 藤村 賢訓, 大野 正博, 千手 崇史, 鐘ヶ江 聖一, 松本 博, 共著, 14章「Web上の著作権―著作権の多様化―」(167頁~178頁), 法律文化社,   2016年04月, 4589037696
  • アクチュアル企業法 第2版, 千手崇史, 共著, 第24章 役員等の損害賠償責任(230-239頁), 法律文化社,   2016年04月

講演・口頭発表等

  • 賢い消費者になるための消費者契約法, 千手崇史, 福岡工業大学 エクステンションセンター 市民公開講座(FIT講座),   2017年07月14日
  • 企業からの個人情報漏洩と保険による損害填補-損害の分類と保険の法的問題を中心に-, 千手崇史, 日本保険学会九州部会第45回例会,   2017年03月
  • 法令違反に基づく取締役の対第三者責任, 千手崇史, 福岡県弁護士会筑後部会消費者委員会,   2015年03月13日
  • 貸金三法とグレーゾーン金利, 千手崇史, 福岡工業大学 エクステンションセンター 市民公開講座(FIT講座),   2014年11月20日
  • 株主の情報開示請求権の研究-会計帳簿と株主名簿を中心として-, 千手崇史, 九州法学会 第117回学術大会,   2012年06月

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費, 株主の取締役に対する会計情報の開示請求権:最適な制度設計のための比較制度研究

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 会社法, 九州共立大学
  • 企業法Ⅱ, 福岡工業大学
  • 企業法Ⅰ, 福岡工業大学
  • 環境判例演習, 福岡工業大学
  • 民法Ⅲ, 福岡工業大学
  • 民法Ⅱ, 福岡工業大学
  • 民法Ⅰ, 福岡工業大学
  • 産業と法, 福岡工業大学
  • 現代社会と法, 福岡工業大学
  • 商法総則・商行為法, 近畿大学
  • 会社法, 近畿大学