大沼 貴之 (オオヌマ タカユキ)

  • 農学部 生物機能科学科 教授
Last Updated :2022/10/04

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    様々な生物に存在する酵素やタンパク質の構造や機能、その利用に関して。キチンやキトサンを中心とする糖質関連。

研究者情報

学位

  • 博士(農学)(2002年03月 九州大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • キチン質分解酵素   植物ー微生物間相互作用   生体分子間相互作用   アレルゲン   

現在の研究分野(キーワード)

    様々な生物に存在する酵素やタンパク質の構造や機能、その利用に関して。キチンやキトサンを中心とする糖質関連。

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用生物化学 / 酵素学

経歴

  • 2021年 - 現在  近畿大学農学部 生物機能科学科教授
  • 2015年 - 2021年  近畿大学農学部 バイオサイエンス学科准教授
  • 2012年 - 2015年  近畿大学農学部 バイオサイエンス学科講師
  • 2008年 - 2012年  近畿大学農学部 バイオサイエンス学科助教
  • 2006年 - 2008年  独立行政法人農業生物資源研究所植物・微生物間相互作用研究ユニット特別研究員
  • 2003年 - 2006年  カリフォルニア大学バークレー校/米国農務省Department of Plant and Microbial Biology/Plant Gene Expression Center博士研究員
  • 2002年 - 2003年  イリノイ大学アーバナ-シャンペーン校獣医学部博士研究員

学歴

  •         - 2002年03月   九州大学   大学院 生物資源環境科学研究科
  •         - 1999年03月   名城大学   大学院 農学研究科
  •         - 1997年03月   名城大学   農学部   農芸化学科

研究活動情報

論文

書籍

  • Lysozymes: Sources, Functions and Role in Diseas
    Shoko Shinya; Takayuki Ohnuma; Ryszard Brzezinski; Romy K. Scheerle; Johanna Grassmann; Thomas Letzel; Tamo Fukamizo (担当:分担執筆範囲:Lysozyme Superfamily: Progress in Functional Analysis using ESI-MS and NMR Spectroscopy)Nova Science Publishers, Inc. 2013年 ISBN: 9781622578429 127-154
  • Marine Medicinal Glycomics
    Naoyuki Umemoto; Takayuki Ohnuma; Tamo Fukamizo (担当:分担執筆範囲:Enzymatic Synthesis of Chitin Oligosaccharides with Longer Chains)Nova Science Publishers, Inc. 2013年 ISBN: 9781626186491 39-58
  • 糖質とタンパク質の相互作用解析、『機能性糖質素材の開発と食品への応用Ⅱ』
    大沼貴之; 深溝慶 (担当:分担執筆範囲:糖質とタンパク質の相互作用解析)シーエムシー出版 2013年 ISBN: 9784781308234 232-240
  • Thomas Letzel; Series Roger M Smith; Tamo Fukamizo; Takayuki Ohnuma; Seronei Chelulei Cheison; Christian Webhofer; Michael Schrader; Gabrielle Stohr; Andreas Tebbe; Boris Macek; Johanna Grassmann; Romy Scheerle; Michael Krappmann; Rene Wissiack; Friedrich Lottspeich; Johannes Hoos; Nicolas L Young; Benjamin A Garcia; Ulrich Kulozik; Wilfried M.A Niessen Royal Society of Chemistry 2011年08月 ISBN: 1849731829 194
  • キチン、キトサン、オリゴ糖およびその誘導体‐生物活性とその利用‐
    大沼 貴之; 深溝 慶; Department of Chemistry Director; Marine Bioprocess Research Center; Pukyong National; University, Busan; South Korea (担当:共著範囲:)CRC press 2010年07月

MISC

受賞

  • 2019年09月 日本応用糖質科学会 技術開発賞
     放線菌糖質関連酵素の食品分野への展開
  • 2017年08月 日本キチン・キトサン学会 奨励賞
     キチン分解酵素の構造と機能および糖鎖合成への応用 
    受賞者: 大沼貴之
  • 2015年09月 日本応用糖質科学会 奨励賞
     キチン質分解酵素の構造と機能および利用に関する研究 
    受賞者: 大沼貴之

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • イネXIPによる病原菌抵抗機構の分子基盤の解明
    日本学術振興会:基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 大沼貴之
  • 植物の細胞壁構築に関与するキチナーゼ様タンパク質CTLの構造と機能
    日本学術振興会:若手研究(B)
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 大沼貴之
  • マメ科植物が生産するノッド因子加水分解酵素の構造と機能
    公益財団法人農芸化学研究奨励会:研究奨励金
    研究期間 : 2014年04月 -2015年03月 
    代表者 : 大沼貴之
  • 植物のキチンオリゴ糖エリシター受容体タンパク質の構造と機能
    日本学術振興会:若手研究(B)
    研究期間 : 2011年04月 -2013年03月 
    代表者 : 大沼貴之
  • Award of guest researcher scholarship
    Norwegian University of Life Sciences:Award of guest researcher scholarship
    研究期間 : 2011年 
    代表者 : 大沼貴之
  • 等温滴定型熱量計によるLysMドメインとキチンオリゴ糖の相互作用機構の解明
    日本学術振興会ーThe Research Council of Norway:特定国派遣研究者(ノルウェー生命科学大学)
    研究期間 : 2010年08月 -2010年09月 
    代表者 : 大沼貴之

委員歴

  • 2021年09月 - 現在   日本応用糖質科学会   「応用糖質科学」副編集委員長
  • 2017年 - 現在   日本応用糖質科学会   評議員
  • 2014年 - 現在   日本キチン・キトサン学会   編集委員
  • 2013年 - 現在   日本応用糖質科学会   和文誌編集員
  • 2014年 - 2016年   日本キチン・キトサン学会   理事

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.