KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

植村 天受ウエムラ ヒロツグ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任
学位博士(医学)
専門泌尿器腫瘍学
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/748-uemura-hirotsugu.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/09/30

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    腎・尿路・性器腫瘍外科および集学的治療を専門としています。特に腎臓がん、前立腺がんのペプチドワクチン療法では、先進的医療として豊富な治療経験と有望な治療成績を報告してきました。     

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2014/09/09
     産経新聞
     前立腺がんの最新治療法について

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 泌尿器科学

研究キーワード

  • 分子標的治療, 免疫療法, 泌尿器癌, 癌ワクチン療法

論文

  • カバジタキセルにより再燃した潜在性結核感染の1例, 橋本 士, 南 高文, 浜口 守, 高橋 智輝, 菊池 尭, 西本 光寿, 安富 正悟, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 66, 3, 98, 98,   2020年03月, 査読有り
  • Nivolumab in patients with unresectable locally advanced or metastatic urothelial carcinoma: CheckMate 275 2-year global and Japanese patient population analyses, International Journal of clinical Oncology, International Journal of clinical Oncology, 24, 9, 1089, 1098,   2019年09月, 査読有り
  • Phase I trial of TAK-385 in hormone treatment-naïve Japanese patients with nonmetastatic prostate cancer., Suzuki H, Uemura H, Mizokami A, Hayashi N, Miyoshi Y, Nagamori S, Enomoto Y, Akaza H, Asato T, Kitagawa T, Suzuki K, Cancer medicine, Cancer medicine,   2019年08月, 査読有り
  • Efficacy of acotiamide hydrochloride hydrate added to α-blocker plus cholinergic drug combination therapy., Int J Urol, Int J Urol, 26, 8, 848, 849,   2019年08月, 査読有り
  • Apalutamide for Metastatic, Castration-Sensitive Prostate Cancer, The New England Journal of Medicine, The New England Journal of Medicine, 381, 1, 13, 24,   2019年07月04日, 査読有り
  • Nivolumab versus everolimus in advanced renal cell carcinoma: Japanese subgroup 3-year follow-up analysis from the Phase III CheckMate 025 study, Yoshihiko Tomita, 49, 6, 506, 514,   2019年06月01日, 査読有り
  • 65歳以上のマスターベーションの実態調査, 清水 信貴, 永井 康晴, 浜口 守, 高橋 智輝, 橋本 士, 大關 孝之, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本老年泌尿器科学会誌, 日本老年泌尿器科学会誌, 32, 1, 159, 159,   2019年05月, 査読有り
  • 当院における高齢者へのRA223使用経験, 浜口 守, 植村 天受, 吉村 一宏, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 森 康範, 清水 信貴, 大關 孝之, 日本老年泌尿器科学会誌, 日本老年泌尿器科学会誌, 32, 1, 197, 197,   2019年05月, 査読有り
  • Three-year follow-up of a phase II study of radium-223 dichloride in Japanese patients with symptomatic castration-resistant prostate cancer and bone metastases, 植村 天受, 24, 5, 557, 566,   2019年05月, 査読有り
  • HOXA10 expression profiling in prostate cancer, Yuji Hatanaka, The prostate, The prostate, 79, 5, 554, 563,   2019年04月, 査読有り
  • Treatment patterns and outcomes in patients with unresectable or metastatic renal cell carcinoma in Japan, international journal of urology, international journal of urology, 26, 2, 202, 210,   2019年02月, 査読有り
  • Patients with metastatic renal cell carcinoma who benefit from axitinib dose titration: analysis from a randomised, double-blind phase II study, 19, 1, 17, 17,   2019年01月07日, 査読有り
  • Therapeutic effects of p38 MAP kinase inhibitor in storage and voiding dysfunction in mice with spinal cord injury (SCI)., Shimizu N, Suzuki T, Takaoka E, Shimizu T, Hirayama A, Uemura H, Kanai AJ, de Groat WC, Yoshimura N, Eur. Urol. Suppl., Eur. Urol. Suppl., 18, e5, e6,   2019年, 査読有り
  • Generation of PTEN‑knockout (‑/‑) murine prostate cancer cells using the CRISPR/Cas9 system and comprehensive gene expression profiling, Oncology Reports, Oncology Reports, 40, 5, 2455, 2466,   2018年11月, 査読有り
  • Effects of nerve growth factor neutralization on TRP channel expression in laser-captured bladder afferent neurons in mice with spinal cord injury, Neuroscience Letters, Neuroscience Letters, 683, 14, 100, 103,   2018年09月14日, 査読有り
  • Increased Urine Production Due to Leg Fluid Displacement Reduces Hours of Undisturbed Sleep., Kiba K, Hirayama A, Yoshikawa M, Yamamoto Y, Torimoto K, Shimizu N, Tanaka N, Fujimoto K, Uemura H, Lower urinary tract symptoms, Lower urinary tract symptoms, 10, 3, 253, 258,   2018年09月, 査読有り
  • THERAPEUTIC EFFECTS OF PDE9 INHIBITOR IN STORAGE AND VOIDING DYSFUNCTION IN MICE WITH SPINAL CORD INJURY (SCI), Shimizu Nobutaka, Takaoka Ei-ichiro, Suzuki Takahisa, Kwon Joonbeom, Hashimoto Mamoru, Uemura Hirotsugu, Hirayama Akihide, Kanai Anthony J, de Groat William C, Yoshimura Naoki, JOURNAL OF UROLOGY, JOURNAL OF UROLOGY, 199, 4, E396, E397,   2018年04月, 査読有り
  • NOCTURNAL ANTIDIURESIS AFTER ADMINISTRATION OF IMIDAFENACIN IS INDUCED BY CONCENTRATION OF URINE OSMOLALITY, Hashimoto Mamoru, Shimizu Nobutaka, Takahashi Tomoki, Sugimoto Koichi, Minami Takafumi, Uemura Hirotsugu, Hirayama Akihide, JOURNAL OF UROLOGY, JOURNAL OF UROLOGY, 199, 4, E1085, E1086,   2018年04月, 査読有り
  • Preliminary results for avelumab plus axitinib as first-line therapy in patients with advanced clear-cell renal-cell carcinoma (JAVELIN Renal 100): an open-label, dose-finding and dose-expansion, phase 1b trial., Toni KChoueiri, Lancet Oncol., Lancet Oncol., 19, 4, 451, 460,   2018年04月, 査読有り
  • Efficacy and safety of abiraterone acetate (AA) and low-dose prednisone (P) in Japanese patients with newly diagnosed, metastatic, hormone-naive prostate cancer (mHNPC): Subgroup analysis of LATITUDE trial., Fukasawa Satoshi, Suzuki Hiroyoshi, Sato Fuminori, Hashine Katsuyoshi, Hasumi Hisashi, Matsumoto Hiroaki, Tsuchiya Tomohiro, Uemura Hirotsugu, Oya Mototsugu, Kanayama Hiroomi, Kawaguchi Kazushiro, Noguchi Hidehisa, Enjo Kentaro, Tran Namphuong, Todd Mary Beth, Fizazi Karim, Matsubara Nobuaki, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 36, 6,   2018年02月20日
  • A low psoas muscle volume predicts longer hospitalization and cancer recurrence in upper urinary tract urothelial carcinoma., Tsutsumi S, Kawahara T, Teranishi JI, Yao M, Uemura H, Molecular and clinical oncology, Molecular and clinical oncology, 8, 2, 320, 322,   2018年02月, 査読有り
  • Phase II study of radium-223 dichloride in Japanese patients with symptomatic castration-resistant prostate cancer., Matsubara N, Nagamori S, Wakumoto Y, Uemura H, Kimura G, Yokomizo A, Kikukawa H, Mizokami A, Kosaka T, Masumori N, Kawasaki Y, Yonese J, Nasu Y, Fukasawa S, Sugiyama T, Kinuya S, Hosono M, Yamaguchi I, Tsutsui H, Uemura H, International journal of clinical oncology, International journal of clinical oncology, 23, 1, 173, 180,   2018年02月, 査読有り
  • HIF-1 alpha-derived peptide capable of inducing cancer-reactive cytotoxic T lymphocytes from HLA-A24+patients with RCC, Minami Takafumi, Sugimoto Koichi, Shimizu Nobutaka, De Velasco Marco, Nozawa Masahiro, Yoshimura Kazuhiro, Harashima Nanae, Harada Mamoru, Uemura Hirotsugu, CANCER SCIENCE, CANCER SCIENCE, 109, 331, 331,   2018年01月, 査読有り
  • Inhibition of phosphodiesterase type 9 (PDE9) improves storage and voiding dysfunction in mice with spinal cord injury, Neurourol. Urodyn., Neurourol. Urodyn., 37, S96, S97,   2018年, 査読有り
  • Prostate cancer immunotherapy: where are we and where are we going?, Curr Opin Urol., Curr Opin Urol., 28, 1, 15, 24,   2018年01月, 査読有り
  • The Change in Neutrophil Lymphocyte Ratio from the First to the Last Repeat Prostate Biopsy Proposed as a Marker of Carcinogenesis, Urologia Internationalis, Urologia Internationalis, 101, 1, 74, 79,   2018年, 査読有り
  • Morphological changes in different populations of bladder afferent neurons detected by herpes simplex virus (HSV) vectors with cell-type-specific promoters in mice with spinal cord injury, Neuroscience, Neuroscience, 364, 190, 201,   2017年11月19日, 査読有り
  • Safety and efficacy of radium-223 dichloride in Japanese patients with castration-resistant prostate cancer and bone metastases., Uemura H, Uemura H, Matsubara N, Kinuya S, Hosono M, Yajima Y, Doi T, International journal of clinical oncology, International journal of clinical oncology, 22, 5, 954, 963,   2017年10月, 査読有り
  • Personalized peptide vaccines and their relation to other therapies in urological cancer., Kimura T, Egawa S, Uemura H, Nature reviews. Urology, Nature reviews. Urology, 14, 8, 501, 510,   2017年08月, 査読有り
  • Nivolumab versus everolimus in advanced renal cell carcinoma: Japanese subgroup analysis from the CheckMate 025 study., Tomita Y, Fukasawa S, Shinohara N, Kitamura H, Oya M, Eto M, Tanabe K, Kimura G, Yonese J, Yao M, Motzer RJ, Uemura H, McHenry MB, Berghorn E, Ozono S, Japanese journal of clinical oncology, Japanese journal of clinical oncology, 47, 7, 639, 646,   2017年07月01日, 査読有り
  • Overall survival of first-line axitinib in metastatic renal cell carcinoma: Japanese subgroup analysis from phase II study., Oya M, Tomita Y, Fukasawa S, Shinohara N, Habuchi T, Rini BI, Fujii Y, Kamei Y, Umeyama Y, Bair AH, Uemura H, Cancer science, Cancer science, 108, 6, 1231, 1239,   2017年06月, 査読有り
  • Hypoxia-inducing factor (HIF)-1α-derived peptide capable of inducing cancer-reactive cytotoxic T lymphocytes from HLA-A24+ patients with renal cell carcinoma., Minami T, Matsumura N, Sugimoto K, Shimizu N, De Velasco M, Nozawa M, Yoshimura K, Harashima N, Harada M, Uemura H, International immunopharmacology, International immunopharmacology, 44, 197, 202,   2017年03月, 査読有り
  • Acotiamide hydrochloride hydrate added to combination treatment with an α-blocker and a cholinergic drug improved the QOL of women with acute urinary retention: case series., Sugimoto K, Akiyama T, Shimizu N, Matsumura N, Hashimoto M, Minami T, Nose K, Nozawa M, Yoshimura K, Uemura H, Research and reports in urology, Research and reports in urology, 9, 141, 143,   2017年, 査読有り
  • Key predictive factors for efficacy of axitinib in first-line metastatic renal cell carcinoma: subgroup analysis in Japanese patients from a randomized, double-blind phase II study., Tomita Y, Fukasawa S, Oya M, Uemura H, Shinohara N, Habuchi T, Rini BI, Chen Y, Bair AH, Ozono S, Naito S, Akaza H, Japanese journal of clinical oncology, Japanese journal of clinical oncology, 46, 11, 1031, 1041,   2016年11月01日, 査読有り
  • Axitinib-induced proteinuria and efficacy in patients with metastatic renal cell carcinoma., Nozawa M, Sugimoto K, Ohzeki T, Minami T, Shimizu N, Adomi S, Saito Y, Nose K, Yoshimura K, Uemura H, International journal of clinical oncology, International journal of clinical oncology, 21, 4, 748, 755,   2016年08月, 査読有り
  • A Phase 2 Randomized Controlled Trial of Personalized Peptide Vaccine Immunotherapy with Low-dose Dexamethasone Versus Dexamethasone Alone in Chemotherapy-naive Castration-resistant Prostate Cancer., Yoshimura K, Minami T, Nozawa M, Kimura T, Egawa S, Fujimoto H, Yamada A, Itoh K, Uemura H, European urology, European urology, 70, 1, 35, 41,   2016年07月, 査読有り
  • Preclinical studyに有用な遺伝子改変動物モデルの開発, Kura Yurie, Yoshimura Kazuhiro, Nozawa Masahiro, Minami Takafumi, Sugimoto Kouichi, Yoshikawa Kazuhiro, Nishio Kazuhiro, De Velasco Marco, Uemura Hirotsugu, 日本泌尿器科学会総会, 日本泌尿器科学会総会, 104回, AOP, 55,   2016年04月, 査読有り
  • Efficacy of targeted AKT inhibition in genetically engineered mouse models of PTEN-deficient prostate cancer., 植村 天受, De Velasco MA, Kura, Yoshikawa, Nishio, Davies BR, Uemura H, Oncotarget., Oncotarget., 7, 13, 15959, 76,   2016年03月29日, 査読有り
  • Low serum dehydroepiandrosterone examined by liquid chromatography-tandem mass spectrometry correlates with poor prognosis in hormone-naïve prostate cancer., Miyoshi Y, Uemura H, Umemoto S, Sakamaki K, Taguri M, Suzuki K, Shibata Y, Masumori N, Ichikawa T, Mizokami A, Sugimura Y, Nonomura N, Sakai H, Honma S, Harada M, Kubota Y, The Prostate, The Prostate, 76, 4, 376, 82,   2016年03月, 査読有り
  • Involvement of renin-angiotensin-aldosterone system in calcium oxalate crystal induced activation of NADPH oxidase and renal cell injury., Tsuji H, Wang W, Sunil J, Shimizu N, Yoshimura K, Uemura H, Peck AB, Khan SR, World journal of urology, World journal of urology, 34, 1, 89, 95,   2016年01月, 査読有り
  • An Open-Label, Randomized Phase II Trial of Personalized Peptide Vaccination in Patients with Bladder Cancer that Progressed after Platinum-Based Chemotherapy., Noguchi M, Matsumoto K, Uemura H, Arai G, Eto M, Naito S, Ohyama C, Nasu Y, Tanaka M, Moriya F, Suekane S, Matsueda S, Komatsu N, Sasada T, Yamada A, Kakuma T, Itoh K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 22, 1, 54, 60,   2016年01月01日, 査読有り
  • Evaluation of biochemical recurrence in patients with high-risk prostate cancer treated with radical prostatectomy and radiotherapy plus androgen deprivation therapy., Yamamoto Y, Kiba K, Yoshikawa M, Hirayama A, Kunikata S, Uemura H, Research and reports in urology, Research and reports in urology, 8, 225, 231,   2016年, 査読有り
  • Significance of baseline bone markers on disease progression and survival in hormone-sensitive prostate cancer with bone metastasis., Nozawa M, Hara I, Matsuyama H, Iki M, Nagao K, Nishioka T, Komura T, Esa A, Uejima S, Imanishi M, Uekado Y, Ogawa T, Kajikawa H, Uemura H, World journal of urology, World journal of urology, 33, 9, 1263, 8,   2015年09月, 査読有り
  • Identification of Programmed Death Ligand 1-derived Peptides Capable of Inducing Cancer-reactive Cytotoxic T Lymphocytes From HLA-A24+ Patients With Renal Cell Carcinoma., Minami T, Minami T, Shimizu N, Yamamoto Y, De Velasco M, Nozawa M, Yoshimura K, Harashima N, Harada M, Uemura H, Journal of immunotherapy (Hagerstown, Md. : 1997), Journal of immunotherapy (Hagerstown, Md. : 1997), 38, 7, 285, 91,   2015年09月, 査読有り
  • Differences in adverse event profiles between everolimus and temsirolimus and the risk factors for non-infectious pneumonitis in advanced renal cell carcinoma., Nozawa M, Ohzeki T, Tamada S, Hongo F, Anai S, Fujimoto K, Miki T, Nakatani T, Fukasawa S, Uemura H, International journal of clinical oncology, International journal of clinical oncology, 20, 4, 790, 5,   2015年08月, 査読有り
  • Evaluation of in vivo responses of sorafenib therapy in a preclinical mouse model of PTEN-deficient of prostate cancer., Yamamoto Y, De Velasco MA, Kura Y, Nozawa M, Hatanaka Y, Oki T, Ozeki T, Shimizu N, Minami T, Yoshimura K, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H, Journal of translational medicine, Journal of translational medicine, 13, 150, 150,   2015年05月08日, 査読有り
  • Add-on anticholinergic therapy for residual nocturia in patients with lower urinary tract symptoms receiving α1-blocker treatment: a multi-centre, prospective, randomised study., Yokoyama O, Tsujimura A, Akino H, Segawa N, Tamada S, Oguchi N, Kitagawa Y, Tsuji H, Watanabe A, Inamoto T, Shimizu N, Fujiuchi Y, Katsuoka Y, Azuma H, Matsuda T, Namiki M, Uemura H, Okuyama A, Nonomura N, Fuse H, Nakatani T, World journal of urology, World journal of urology, 33, 5, 659, 67,   2015年05月, 査読有り
  • New polycomb group protein enhancer of zeste homolog (EZH) 2-derived peptide with the potential to induce cancer-reactive cytotoxic T lymphocytes in prostate cancer patients with HLA-A3 supertype alleles., Minami T, Minami T, Shimizu N, Yamamoto Y, De Velasco MA, Nozawa M, Yoshimura K, Harashima N, Harada M, Uemura H, International immunopharmacology, International immunopharmacology, 26, 1, 133, 8,   2015年05月, 査読有り
  • Conditional PTEN-deficient mice as a prostate cancer chemoprevention model., Koike H, Nozawa M, De Velasco MA, Kura Y, Ando N, Fukushima E, Yamamoto Y, Hatanaka Y, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H, Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP, Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP, 16, 5, 1827, 31,   2015年, 査読有り
  • Efficacy of silodosin in patients undergoing brachytherapy: a randomized trial involving a pressure flow study., Shimizu N, Minami T, Sugimoto K, Saito Y, Yamamoto Y, Hayashi T, Tsuji H, Nozawa M, Yoshimura K, Ishii T, Uemura H, Nakamatsu K, World journal of urology, World journal of urology, 32, 6, 1423, 32,   2014年12月, 査読有り
  • Overall survival and final efficacy and safety results from a Japanese phase II study of axitinib in cytokine-refractory metastatic renal cell carcinoma., Eto M, Uemura H, Tomita Y, Kanayama H, Shinohara N, Kamei Y, Fujii Y, Umeyama Y, Ozono S, Naito S, Akaza H, Japan Axitinib, Phase II Study Group, Cancer science, Cancer science, 105, 12, 1576, 83,   2014年12月, 査読有り
  • A phase 2 trial of abiraterone acetate in Japanese men with metastatic castration-resistant prostate cancer and without prior chemotherapy (JPN-201 study)., Matsubara N, Uemura H, Satoh T, Suzuki H, Nishiyama T, Uemura H, Hashine K, Imanaka K, Ozono S, Akaza H, Japanese journal of clinical oncology, Japanese journal of clinical oncology, 44, 12, 1216, 26,   2014年12月, 査読有り
  • Pazopanib for recurrent extraosseous Ewing's sarcoma of the retroperitoneum., Yamamoto Y, Nozawa M, Shimizu N, Minami T, Yoshimura K, Uemura H, International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association, International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association, 21, 11, 1183, 4,   2014年11月, 査読有り
  • Combination of hemoglobin, alkaline phosphatase, and age predicts optimal docetaxel regimen for patients with castration-resistant prostate cancer., Matsuyama H, Shimabukuro T, Hara I, Kohjimoto Y, Suzuki K, Koike H, Uemura H, Hayashi T, Ueno M, Kodaira K, Tomita Y, Sakurai T, Shimizu N, International journal of clinical oncology, International journal of clinical oncology, 19, 5, 946, 54,   2014年10月, 査読有り
  • Efficacy of traditional and alternative sunitinib treatment schedules in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma., Ohzeki T, Fukasawa S, Komaru A, Namekawa T, Sato Y, Takagi K, Kobayashi M, Uemura H, Ichikawa T, Ueda T, International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association, International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association, 21, 10, 1065, 8,   2014年10月, 査読有り
  • Transfection of poly(I:C) can induce reactive oxygen species-triggered apoptosis and interferon-β-mediated growth arrest in human renal cell carcinoma cells via innate adjuvant receptors and the 2-5A system., Harashima N, Minami T, Uemura H, Harada M, Molecular cancer, Molecular cancer, 13, 217, 217,   2014年09月17日, 査読有り
  • Androgen deprivation induces phenotypic plasticity and promotes resistance to molecular targeted therapy in a PTEN-deficient mouse model of prostate cancer., De Velasco MA, Tanaka M, Yamamoto Y, Hatanaka Y, Koike H, Nishio K, Yoshikawa K, Uemura H, Carcinogenesis, Carcinogenesis, 35, 9, 2142, 53,   2014年09月, 査読有り
  • Phase II trial of zoledronic acid combined with androgen-deprivation therapy for treatment-naïve prostate cancer with bone metastasis., Nozawa M, Inagaki T, Nagao K, Nishioka T, Komura T, Esa A, Kitagawa M, Imanishi M, Uekado Y, Ogawa T, Kajikawa H, Uejima S, Matsuyama H, Hara I, Uemura H, International journal of clinical oncology, International journal of clinical oncology, 19, 4, 693, 701,   2014年08月, 査読有り
  • Use of targeted therapies for advanced renal cell carcinoma in the Asia-Pacific region: opinion statement from China, Japan, Taiwan, Korea, and Australia., Ye D, Eto M, Chung JS, Kimura G, Chang WC, Chang YH, Pang ST, Lee JL, Niu Y, Gurney H, Uemura H, Clinical genitourinary cancer, Clinical genitourinary cancer, 12, 4, 225, 33,   2014年08月, 査読有り
  • 長期尿管ステント留置により生じた右外腸骨動脈尿管瘻の1例, 橋本 士, 清水 信貴, 豊田 信吾, 齋藤 允孝, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 60, 6, 269, 273,   2014年06月
    概要:75歳女。右側腹部痛を主訴とした。子宮全摘、両付属器切除、放射線照射の既往があり、右水腎症に対しD-Jステントが留置されたが、留置後24ヵ月のステント入れ替え時に膀胱内から多量の凝塊血が流出し、右側腹部痛が増強した。右水腎症の増悪に対して腎瘻造設術を行い、不要となったD-Jステントを抜去した際に右腎瘻、外尿道口より大量の鮮血流出を認め、造影CTでは右腎盂内血腫の増大、右外腸骨動脈の仮性瘤とその近傍の尿管周囲に造影剤の漏出を認めた。緊急血管造影では造影剤漏出部位に一致した仮性瘤を認め、右外腸骨動脈尿管瘻と診断して瘤を塞ぐ形で右大腿動脈より外腸骨動脈に胆管用カバードステントを留置し、術後は血尿を認めることなく経過している。
  • Osteopontin knockdown in the kidneys of hyperoxaluric rats leads to reduction in renal calcium oxalate crystal deposition., Tsuji H, Shimizu N, Nozawa M, Umekawa T, Yoshimura K, De Velasco MA, Uemura H, Khan SR, Urolithiasis, Urolithiasis, 42, 3, 195, 202,   2014年06月, 査読有り
  • Identification of erythropoietin receptor-derived peptides having the potential to induce cancer-reactive cytotoxic T lymphocytes from HLA-A24(+) patients with renal cell carcinoma., Minami T, Minami T, Shimizu N, Yamamoto Y, De Velasco M, Nozawa M, Yoshimura K, Harashima N, Harada M, Uemura H, International immunopharmacology, International immunopharmacology, 20, 1, 59, 65,   2014年05月, 査読有り
  • Peptide vaccines with low-dose dexamethasone versus dexamethasone alone for chemotherapy-naive castration resistant prostate cancer: A randomized phase II study, Uemura Hirotsugu, Kimura Takahiro, Minami Takafumi, Yoshimura Kazuhiro, Nozawa Masahiro, Egawa Shin, Fujimoto Hiroyuki, Yamada Akira, Itoh Kyogo, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 32, 4,   2014年02月, 査読有り
  • Favorable outcome in elderly Asian patients with metastatic renal cell carcinoma treated with everolimus: the Osaka Urologic Oncology Group., Inamoto T, Azuma H, Nonomura N, Nakatani T, Matsuda T, Nozawa M, Ueda T, Kinoshita H, Nishimura K, Kanayama HO, Miki T, Tomita Y, Yoshioka T, Tsujihata M, Uemura H, Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP, Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP, 15, 4, 1811, 5,   2014年, 査読有り
  • Effects of the Rho kinase inhibitor, hydroxyfasudil, on bladder dysfunction and inflammation in rats with HCl-induced cystitis., Shimizu N, De Velasco MA, Umekawa T, Uemura H, Yoshikawa K, International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association, International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association, 20, 11, 1136, 43,   2013年11月, 査読有り
  • Adverse event profile and dose modification of everolimus for advanced renal cell carcinoma in real-world Japanese clinical practice., Nozawa M, Nonomura N, Ueda T, Nishimura K, Kanayama HO, Miki T, Nakatani T, Tomita Y, Azuma H, Yoshioka T, Tsujihata M, Uemura H, Japanese journal of clinical oncology, Japanese journal of clinical oncology, 43, 11, 1132, 8,   2013年11月, 査読有り
  • [A case of a nonseminomatous germ cell tumor responding to MEA therapy]., Nagai Y, Minami T, Itami Y, Kobayashi Y, Shimizu N, Yamamoto Y, Hayashi T, Nozawa M, Yoshimura K, Ishii T, Uemura H, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 59, 10, 693, 7,   2013年10月, 査読有り
  • Pazopanib versus sunitinib in metastatic renal-cell carcinoma., Motzer RJ, Hutson TE, Cella D, Reeves J, Hawkins R, Guo J, Nathan P, Staehler M, de Souza P, Merchan JR, Boleti E, Fife K, Jin J, Jones R, Uemura H, De Giorgi U, Harmenberg U, Wang J, Sternberg CN, Deen K, McCann L, Hackshaw MD, Crescenzo R, Pandite LN, Choueiri TK, The New England journal of medicine, The New England journal of medicine, 369, 8, 722, 31,   2013年08月22日, 査読有り
  • Role of vaccine therapy for renal cell carcinoma in the era of targeted therapy., Yoshimura K, Uemura H, International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association, International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association, 20, 8, 744, 55,   2013年08月, 査読有り
  • INTERIM ANALYSIS ON THE EFFECT OF TADALAFIL ON SEXUAL FUNCTION IN PATIENTS TREATED WITH BRACHYTHERAPY, Nagai Yasuharu, Shimizu Nobutaka, Minami Takafumi, Yamamoto Yutaka, Hayashi Taiji, Tsuji Hidenori, Nozawa Masahiro, Yoshimura Kazuhiro, Ishii Tokumi, Uemura Hirotsugu, JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE, JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE, 10, 244, 244,   2013年06月, 査読有り
  • INFLUENCE OF ORAL ADMINISTRATION OF A1-AR ANTAGONISTS ON SEXUAL FUNCTION FOR PATIENTS RECEIVING BRACHYTHERAPY, Shimizu Nobutaka, Minami Takafumi, Nagai Yasuharu, Yamamoto Yutaka, Hayashi Taiji, Tsuji Hidenori, Nozawa Masahiro, Yoshimura Kazuhiro, Ishii Tokumi, Uemura Hirotsugu, JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE, JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE, 10, 243, 243,   2013年06月, 査読有り
  • Efficacy and safety of axitinib versus sorafenib in metastatic renal cell carcinoma: subgroup analysis of Japanese patients from the global randomized Phase 3 AXIS trial., Ueda T, Uemura H, Tomita Y, Tsukamoto T, Kanayama H, Shinohara N, Tarazi J, Chen C, Kim S, Ozono S, Naito S, Akaza H, Japanese journal of clinical oncology, Japanese journal of clinical oncology, 43, 6, 616, 28,   2013年06月, 査読有り
  • Clinical utility of the prostate cancer gene 3 (PCA3) urine assay in Japanese men undergoing prostate biopsy., Ochiai A, Okihara K, Kamoi K, Oikawa T, Shimazui T, Murayama S, Tomita K, Umekawa T, Uemura H, Miki T, BJU international, BJU international, 111, 6, 928, 33,   2013年05月, 査読有り
  • STAT3 polymorphism can predict the response to interferon-α therapy in patients with metastatic renal cell carcinoma., Eto M, Kamba T, Miyake H, Fujisawa M, Kamai T, Uemura H, Tsukamoto T, Azuma H, Matsubara A, Nishimura K, Nakamura T, Ogawa O, Naito S, Japan Immunotherapy, SNPs-Study Group for Kidney Cancer, European urology, European urology, 63, 4, 745, 52,   2013年04月, 査読有り
  • Systemic transduction of p16INK4A antitumor peptide inhibits the growth of MBT-2 mouse bladder tumor cell line grafts., Shimazui T, Yoshikawa K, Miyazaki J, Kojima T, Inai H, Ando S, Uemura H, Uchida K, Nishiyama H, International journal of oncology, International journal of oncology, 42, 2, 543, 8,   2013年02月, 査読有り
  • Impact of initial time to prostate-specific antigen nadir on survival in prostate cancer with bone metastasis initially treated with maximum androgen blockade therapy, Yamamoto Y, Nozawa M, Itami Y, Kobayashi Y, Saito N, Shimizu N, Minami T, Hayashi T, Tuji H, Yoshimura K, Ishii T, Uemura H, J Cancer Res Ther, J Cancer Res Ther,   2013年, 査読有り
  • Survey on lower urinary tract symptoms and sleep disorders in patients treated at urology departments., Shimizu N, Nagai Y, Yamamoto Y, Minami T, Hayashi T, Tsuji H, Nozawa M, Yoshimura K, Ishii T, Uemura H, Oki T, Sugimoto K, Nose K, Nishioka T, Nature and science of sleep, Nature and science of sleep, 5, 7, 13,   2013年, 査読有り
  • Clinical outcome of incidentally discovered small renal cell carcinoma after delayed surgery., Sugimoto K, Shimizu N, Oki T, Nose K, Nishioka T, Adomi S, Ohzeki T, Esa A, Uemura H, Cancer management and research, Cancer management and research, 5, 85, 9,   2013年, 査読有り
  • Clinical Outcome of Small Renal Cell Carcinoma after Delayed Surgery versus Immediate Surgery., Sugimoto K, Shimizu N, Nose K, Tahara H, Imanishi M, Nishioka T, Esa A, Kajikawa H, Uemura H, Journal of Cancer, Journal of Cancer, 4, 6, 514, 8,   2013年, 査読有り
  • Procalcitonin as a useful marker to decide upon intervention for urinary tract infection., Sugimoto K, Shimizu N, Matsumura N, Oki T, Nose K, Nishioka T, Uemura H, Infection and drug resistance, Infection and drug resistance, 6, 83, 6,   2013年, 査読有り
  • Therapeutic efficacy and anti-inflammatory effect of ramelteon in patients with insomnia associated with lower urinary tract symptoms., Shimizu N, Nozawa M, Sugimoto K, Yamamoto Y, Minami T, Hayashi T, Yoshimura K, Ishii T, Uemura H, Research and reports in urology, Research and reports in urology, 5, 113, 9,   2013年, 査読有り
  • 【分子標的薬-がんから他疾患までの治癒をめざして-】臨床研究 腫瘍性疾患の分子標的薬 腎がんにおける分子標的治療の展望, 植村 天受, 日本臨床, 日本臨床, 70, 増刊8 分子標的薬, 480, 485,   2012年11月
  • 去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)治療の現状と今後 ドセタキセル含有化学療法のあり方を中心に, 植村 天受, 松山 豪泰, 井手 久満, 三宅 秀明, 西村 和郎, 久米 春喜, 外来癌化学療法, 外来癌化学療法, 3, 3, 209, 220,   2012年10月
  • Sorafenib rechallenge in patients with metastatic renal cell carcinoma., Nozawa M, Yamamoto Y, Minami T, Shimizu N, Hatanaka Y, Tsuji H, Uemura H, BJU international, BJU international, 110, 6 Pt B, E228-34, 34,   2012年09月, 査読有り
  • The 7th American Urological Association and the Japanese Urological Association international affiliate society meeting., Homma Y, Kakizaki H, Smith JA Jr, Namiki S, Arai Y, Tomita Y, Uzzo R, Tsuchiya N, Takahashi M, Ichikawa T, Quek ML, Uemura H, Mizokami A, Kakizaki H, Steers WD, Gotoh M, Ogawa T, Chancellor MB, Yamamoto S, Takahashi S, Ichihara K, International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association, International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association, 19, 4, 374, 385,   2012年04月, 査読有り
  • Preclinical Remodeling of Human Prostate Cancer through the PTEN/AKT Pathway., De Velasco MA, Uemura H, Advances in urology, Advances in urology, 2012, 419348, 419348,   2012年, 査読有り
  • Personalized cancer therapy for urological cancers: from bench to bedside and back., Uemura H, Nelson C, Schalken JA, Klotz L, Advances in urology, Advances in urology, 2012, 298105, 298105,   2012年, 査読有り
  • Comparative effectiveness of axitinib versus sorafenib in advanced renal cell carcinoma (AXIS): a randomised phase 3 trial, 植村 天受, Cleveland Clinic Taussing, Cancer Institute, Institute Gustave Roussy, Service d'Immunotherapie, Klinika Onkologii, Uniwersytet Medyczny, Russian Research Center of Roentgenology, Radiology, Central Clinical Hospital of Military Medical, Institute, Baylor-Sammonts, Texas Oncology Physician's Associaton, Sammons Cancer Center, Massachusetts General Hospital Cancer Center, State Institution National Cancer Research Center, Royal Marsden Hospital, Hertzen Research Institute of Oncology, Center Leon Berard, Service d'Oncologie Medicale, Taichung Veterans General Hospital Department of Surger, Section, Hospital Universitario, de Octubre, Servicio Oncologia Medica, Samsung Medical Centeer, Medical Center, Hematology-Oncology, Pfizer Inc, Clinical Oncology, Northwestern University, Medical Social Sciences, Pfizer Inc, Global Outcomes Research, Pfizer Inc, Clinical Oncology, Pfizer Inc, Clinical Oncology, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, Lancet, Lancet, 378, 9807, 1931, 9,   2011年12月03日, 査読有り
  • Effect of tamsulosin on bladder blood flow and bladder function in a rat model of bladder over distention/emptying induced bladder overactivity, 植村 天受, Astellas Pharma, Department of Renal, Urologic Surgery, Asahikawa Medical University, Astellas Pharma, Astellas Pharma, Astellas Pharma, Astellas Pharma, The Journal of Urology, The Journal of Urology, 186, 6, 2470, 7,   2011年12月, 査読有り
  • Key predictive factors of axitinib (AG-013736)-induced proteinuria and efficacy: A phase II study in Japanese patients with cytokine-refractory metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, Department of Urology, Yamagata University Faculty of Medicine, Department of Urology, National Cancer, Center Hospital, Department of, Urology, The University of Tokushima, Graduate School, Department of Urology, Hokkaido University, Graduate School of Medicine, Department of Urology, Tokyo Women's Medical, University Medical Center East, Pfizer Japan Inc, Pfizer Japan Inc, Department of Urology, Hamamatsu University School of Medicine, Department of Urology, Kyushu University, Graduate School of, Medical Sciences, Department of Urology, University of Tsukuba, Japan Axitinib, Phase II Study Group, European Journal of Cancer, European Journal of Cancer, 47, 17, 2592, 602,   2011年11月, 査読有り
  • A new molecular targeted therapeutic approach for renal cell carcinoma with a p16 functional peptide using a novel transporter system, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 田中 基幹, Department of Urology, Aichi Medical, School of Medicine, Department of Urology, Aichi Medical School of, Medicine, Deaprtment of Urology, Graduate School of, Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba, Department of Urology, Aichi Medical, School of Medicine, Department of Urology, Aichi Medical School of, Medicine, Deaprtment of Urology, Graduate School of, Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba, Department Strategic Investigation on Comprehensive Cancer Network Research Center for, advanced Science, Technology, The, University Tokyo, Department of Urology, Aichi Medical, School of Medicine, Nagoya City University Graduate School of, Medical Sicences, Department of Urology, Aichi Medical School of Medicine, Oncology Reports, Oncology Reports, 26, 2, 327, 33,   2011年08月, 査読有り
  • Maintenance therapy with bacillus calmette-guerin connaught strain clearly prolongs recurrence-free survival following transurethral resection of bladder tumor for non-muscle-invasive bladder cancer, 植村 天受, Kyoto University, Research Center for, Advanced Science, Technology The, University of Tokyo, Kyushu University Hospital, Hamamatsu University School of Medicine, National Hospital Organization, Shikoku Cancer Center, Yokosuka, Kyosai Hospital, Harasanshin Hospital, National Hospital Organization, Hokkaido Cancer Center, Kurashiki Central Hospital, Okayama University Hospital, The University Tokyo Hospital, Yamagata University Hospital, Japan Red, Cross Musashino Hospital, Nara Prefectural, Nara Hospital, Harasanshin Hospital, Okayama Medical Center, BJU International, BJU International, 108, 2, 187, 95,   2011年07月, 査読有り
  • APhase IStudyof Personalized PeptideVaccination Using14Kinds ofVaccine inCombinationWith Low-DoseEstramustineinHLA-A24-PositivePatients WithCastration-Resistant ProstateCancer, 植村 天受, Department ofUrology, KurumeUniversity SchoolofMedicine Clinical ResearchDivision ofthe Research Center for Innovative CancerTherapy, Kurume University Schoolof Medicine, Department ofUrology, KinkiUniversity SchoolofMedicine, Department of Urologyand, Andrology,Tsukuba University, Graduate Schoolof ComprehensiveHuman Sciences, Cancer Vaccine, Division ofthe, Research Center for Innovative CancerTherapy, Kurume University Schoolof Medicine, Department of Immunologya, Immunotherapy,KurumeUniversity SchoolofMedicine, The Prostate, The Prostate, 71, 5, 470, 9,   2011年04月, 査読有り
  • EFFICACY OF alpha 1-AR ANTAGONISTS IN PATIENTS UNDERGOING PROSTATE (125)vertical bar BRACHYTHERAPY FOR PROSTATE CARCINOMA: A RANDOMIZED TRIAL INVOLVING PRESSURE FLOW STUDY, Shimizu Nobutaka, Saito Yoshitaka, Minami Takafumi, Hayashi Taiji, Tsuji Hidenori, Nozawa Masahiro, Yoshimura Kazuhiro, Ishii Tokumi, Uemura Hirotsugu, Nakamatsu Kiyoshi, JOURNAL OF UROLOGY, JOURNAL OF UROLOGY, 185, 4, E865, E865,   2011年04月, 査読有り
  • A PHASE I TRIAL OF VEGFR1 PEPTIDE VACCINES FOR PATIENTS WITH METASTATIC RENAL CELL CARCINOMA, Uemura Hirotsugu, De Velasco Marco, Yoshimura Kazuhiro, Nozawa Masahiro, Minami Takafumi, JOURNAL OF UROLOGY, JOURNAL OF UROLOGY, 185, 4, E710, E710,   2011年04月, 査読有り
  • Phase III Trial of Everolimus in Metastatic Renal Cell Carcinoma: Subgroup Analysis of Japanese Patients from RECORD-1, 植村 天受, Sapporo Medical University, Hokkaido University, Graduate School of Medicine, Akita University School of Medicine, Tochigi Cancer Center, Chiba Cancer Center, National Cancer, Center Hospital, Shizuoka Cancer Center, Osaka Medical Center for Cancer, Cardiovascular Diseases, Kurashiki Central Hospital, The University of Tokushima, Graduate School, National Hospital Organization, Shikoku Cancer Center, Kyushu University, Graduate School of, Medical Science, University of Tsukuba, Tsukuba a, The University of Tokyo, Jpn J Clin Oncol, Jpn J Clin Oncol, 41, 1, 17, 24,   2011年01月, 査読有り
  • Assessment of immunological biomarkers in patients with advanced cancer treated by personalized peptide vaccination, 植村 天受, 奥野 清隆, Divisions of Clinical Research, Immunology, Immunotherpay, Kurume University School of Medicine, Multi-displenary Cancer Center, Kurume University School of Medicine, Immunology, Immunotherpay, Kurume University School of Medicine, Departments of Urology, Kurume University School of Medicine, Departments of Urology, Kurume University School of Medicine, Departments of Urology, Kurume University School of Medicine, Immunology, Immunotherpay, Kurume University School of Medicine, Immunology, Immunotherpay, Kurume University School of Medicine, Cancer Vaccine, Innovative Research Center for Cancer Treatment, Kurume University School of Medicine, Department of Surgery, Kurume University School of Medicine, Departemnt of Gynecology, Kurume University School of Medicine, Kurume University School of Medicine, Department of Urology, Kitasato University School of Medicine, Department of Surgery, Kansai Medical University, Brain Research Institute, Niigata University, Departemnt of Digestive Surgery, Surgical Oncology, Yamaguchi University, Graduate School of Medicine, Department of General Surgery, Hokkaido University, Graduate School of Medicine, Immunology, Immunotherpay, Kurume University School of Medicine, Immunology, Immunotherpay, Cancer Vaccine, Innovative Research Center for Cancer Treatment, Kurume University School of Medicine, Cancer Biol Ther, Cancer Biol Ther, 10, 12, 1266, 79,   2010年12月15日, 査読有り
  • Overall Survival and Updated Results from a Phase II Study of Sunitinib in Japanese Patients with Metastatic Renal Cell Carcinoma, 植村 天受, Department of Urology, Yamagata University School of Medicine, Department of Urology, Hokkaido University, Graduate School of Medicine, Department of Urology, Akita University School of Medicine, Department of Urology, National Cancer, Center Hospital, Division of Urology, Shizuoka Cancer, Center Hospita, Department of Urology, Hamamatsu University School of Medicine, Department of Urology, Kyoto Prefectural, University of Medicine, Department of Urology, Osaka University, Graduate School of Medicine, Department of Urology, University of Tokushima, Graduate School, Department of Urology, National Kyushu Cancer Center Hospital, Pfizer Japan Inc, Pfizer Global Research, Development, La Jolla, Department of Urology, Graduate School of, Medical Sciences, Kyushu University, Research Center for, Advanced Science, Technology, University of Tokyo, Jpn J Clin Oncol, Jpn J Clin Oncol, 40, 12, 1166, 72,   2010年12月, 査読有り
  • Kidney Cancer Working Group Report, 植村 天受, Department of Urology, Graduate School of, Medical Sciences, Kyushu University, Department of Urology, Yamagata University Faculty of Medicine, Division of Medical Oncology, Cancer Metastasis Research Center, Yonsei Cancer Center, Yonsei University College of Medicine, Department of Urology, Keio University Faculty of Medicine, Peking University First Hospital, Chief of Peking, Union Hospital, Dongcheng, Malaysian, Oncological Society, Jpn.J.Clin.Oncol., Jpn.J.Clin.Oncol., 40 Suppl 1, 1, i51-56, i56,   2010年09月, 査読有り
  • 【固形癌に対するペプチドワクチンの臨床応用】難治性泌尿器癌に対するペプチドワクチン療法 治療の現状と今後の展望, 植村 天受, 南 高文, 吉村 一宏, 児玉 光正, 平尾 佳彦, 藤本 清秀, 山田 亮, 伊東 恭悟, 角田 卓也, 中村 祐輔, Biotherapy, Biotherapy, 24, 5, 365, 374,   2010年09月
    概要:われわれはこれまでにMHC class Iペプチドワクチン療法の安全性、特異的免疫誘導能、臨床効果を検討するため、転移性腎細胞癌(n=60)およびホルモン不応再燃前立腺癌(n=23)において臨床研究を施行した。腎細胞癌においては三つの第I相あるいは第II相ワクチン療法を施行した。始めに、HLA-A24拘束性CA9ペプチドワクチン(CA9p219、CA9p288、CA9p323)療法を転移性腎細胞癌患者23人に施行した。続いて18名にCA9ペプチドワクチン・IFN-α併用療法を行い、その後VEGFR1のペプチドワクチンR1-770(HLA-A02)およびR1-1084(HLA-A24)を用いた第I相研究を19人に施行した。結果は重篤な有害事象を認めず、75%の患者に特異的なCTL反応が認められた。また、腫瘍が縮小したPR症例を数人認め、6ヵ月以上のSD症例が50%以上あった。次に、ホルモン不応再燃前立腺癌については、テーラーメイド型ペプチドワクチン療法を23人のHLA-A02あるいはHLA-A24陽性患者に施行した。用意したペプチドはHLA-A24拘束性25種類、HLA-A02拘束性32種類で、ワクチン投与前に各患者から得た血液検体のCTL・IgG免疫反応の結果に基づいて、候補ペプチドを最大4種類選択し、投与した。結果は、ほとんどの患者でワクチン投与部にgrade 1/2の腫脹(しこり)を認めたものの容認性が確認できた。約75%の患者で特異的免疫反応が認められ、9人において血清PSA値の低下を認めた。そのなかの2症例において、明らかな転移巣の縮小を認めた。以上の結果から、転移性腎細胞癌および再燃前立腺癌において、ペプチドワクチン療法は安全かつ臨床的に有用であると思われた。このような状況から、われわれは再燃前立腺癌患者におけるテーラーメイドワクチン療法の有用性について、前向きランダム化臨床研究を進行している。(著者抄録)
  • Effect of Partial Bladder Outlet Obstruction on the Morphology of Elastin in Rabbit Bladder Smooth Muscle., Sugimoto K, Matsumoto S, Ito H, Uemura H, Lower urinary tract symptoms, Lower urinary tract symptoms, 2, 2, 71, 5,   2010年09月, 査読有り
  • Noninfectious Pneumonitis after Everolimus Therapy for Advanced Renal Cell Carcinoma, 植村 天受, Pulmonary Section, Department of Medicine, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, Department of Pulmonary Medicine, Ho?pital Le Bocage, Pneumotox, Division of Diagnostic Radiology, Shizuoka Cancer Center, Institut Gustave Roussy, Centro Integral, Oncologico Clara Campal, University of Tsukuba, Novartis Oncology, Novartis Oncology, Novartis Oncology, Ho?pital Saint, Andre ́, Centre Hospitalier Universitaire, Pulmonary Section, Department of Medicine, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, Am.J.Respire.Crit.Care.Med., Am.J.Respire.Crit.Care.Med., 182, 3, 396, 403,   2010年08月01日, 査読有り
  • A randomized phase II trial of personalized peptide vaccine plus low dose estramustine phosphate (EMP) versus standard doseEMP in patients with castration resistant prostate cancer, 植村 天受, Department of Urology, Kurume University School of Medicine, Department of Bio-statistics, Kurume University School of Medicine, Department of Urology, Faculty of Medicine, Okayama University, Department of Urology, Faculty of Medicine, Okayama University, Department of Urology, Nara Medical University, Department of Urology, Kurume University School of Medicine, Department of Urology, Kurume University School of Medicine, Department of Urology, Kurume University School of Medicine, Department of Immunology, Kurume University School of Medicine, Department of Immunology, Kurume University School of Medicine, Department of Immunology, Kurume University School of Medicine, Department of Immunology, Kurume University School of Medicine, Cancer Immunol Immunother, Cancer Immunol Immunother, 59, 7, 1001, 9,   2010年07月, 査読有り
  • Molecular genetic events associated with renal cell carcinoma and its implication to treatment by molecular target therapy, 植村 天受, Yokohama City, University, Department of, Urology, Saarla, University Hospital, Department of Urology, Yamagata University, Cleveland Clinic Taussig Cancer Center, Cleveland, Ohio, Cleveland Clicin Foundation, Lerner College of, Medicine of CWRU, Department of Urology, Yamagata University, Department of Urology, Yamagata University, Int.J.Urol, Int.J.Urol, 17, 3, 198, 205,   2010年03月, 査読有り
  • A phase II study of Sunitinib in Japanese ptients with metastatic renal cell carcinoma: insights into the treatment, efficacy and safety, 植村 天受, 北海道大学医学部泌尿器科, 秋田大学医学部泌尿器科, 山形大学医学部泌尿器科, 国立がんセンター中央病院, 泌尿器科, 静岡がんセンター, 泌, 浜松医科大学泌尿器科, 京都府立医科大学泌尿器科, 大阪大学医学部泌尿器科, 徳島大学医学部泌尿器科, 九州がんセンター, 泌尿器科, ファイザー株式会社, ファイザー株式会社, 九州大学医学部泌尿器科, 筑波大学医学部泌尿器科, Japanese Journal of Clinical Oncology, Japanese Journal of Clinical Oncology, 40, 3, 194, 202,   2010年03月, 査読有り
  • フレキシシールが排便管理に有効であったFournier壊疽の1症例, 大関 孝之, 林 泰司, 花井 禎, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 56, 3, 181, 184,   2010年03月
    概要:67歳男。発熱と陰嚢腫脹の専門的加療目的で当科紹介となった。右大腿上部内側から鼠径部全体に発赤と陰嚢、鼠径部に壊死、高度炎症反応、腎機能障害も認め、pre-DIC状態をきたしていた。創部排出液からBacteriumを検出し、CTで右大臀筋と中臀筋の腫大、筋肉や腹膜、骨盤底に液体貯留を認め、陰嚢に骨盤部と同様の所見とガス混入像を認めた。尿道感染予防のためバルーンカテーテルから膀胱瘻へ変更し、ピペラシンNa、クリンダマイシン、メロペネムによる多剤併用と創部の広範なデブリードメンドを行った。スルファジアジン銀も使用して広範な皮膚欠損を生じたが、局所炎症をコントロールできた。虫垂炎からの汎発性腹膜炎で2度の開腹手術、全身状態の不良、糖尿病の合併よりストーマ造設は見送り、フレキシシール使用として術後38病日に陰嚢底部の陰茎根部の縫合を行い、フレキシシールを挿入した。右大腿上部内側、鼠径部、下腹部の広範囲皮膚欠損部は保存的加療を継続し、術後41病日より飲食水を開始して栄養状態が改善できた。肛門周囲の汚染予防により陰嚢部の縫合ができ、フレキシシールは挿入後3週で抜去でき退院時には創部はほぼ上皮化し、正常膀胱収縮機能、尿道閉塞のないことを確認し、最終的に尿道バルーンカテーテルも抜去できた。
  • Immunological evaluation of personalized peptide vaccination monotherapy in patients with castration-resistant prostate cancer., Uemura H, Fujimoto K, Mine T, Uejima S, de Velasco MA, Hirao Y, Komatsu N, Yamada A, Itoh K, Cancer science, Cancer science, 101, 3, 601, 8,   2010年03月, 査読有り
  • Prognosis of Japanese metastatic renal cell carcinoma patients in the cytokine era: a cooperative group report of 1463 patients., Naito S, Yamamoto N, Takayama T, Muramoto M, Shinohara N, Nishiyama K, Takahashi A, Maruyama R, Saika T, Hoshi S, Nagao K, Yamamoto S, Sugimura I, Uemura H, Koga S, Takahashi M, Ito F, Ozono S, Terachi T, Naito S, Tomita Y, European urology, European urology, 57, 2, 317, 25,   2010年02月, 査読有り
  • Primary Synovial Sarcoma of the Kidney., Kawahara T, Sekiguchi Z, Makiyama K, Nakayama T, Nagashima Y, Kita K, Namura K, Itou H, Sano F, Hayashi N, Nakaigawa N, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Case reports in oncology, Case reports in oncology, 2, 3, 189, 193,   2009年10月, 査読有り
  • Superoxide from NADPH oxidase as second messenger for the expression of osteopontin and monocyte chemoattractant protein-1 in renal epithelial cells exposed to calcium oxalate crystals., Umekawa T, Tsuji H, Uemura H, Khan SR, BJU international, BJU international, 104, 1, 115, 20,   2009年07月, 査読有り
  • 妊娠中および出産後における下部尿路症状の推移 IPSS/QOLと「尿失禁症状質問票」を用いた調査, 堀川 重樹, 松本 成史, 花井 禎, 山本 敏也, 岸本 知己, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 55, 6, 311, 314,   2009年06月
    概要:妊婦48名(平均年齢31.4歳)を対象に妊娠中と出産後の下部尿路症状の変化について検討した。国際前立腺症状スコア/QOLスコア(IPSS/QOL)と「尿失禁症状質問票」を用い、妊娠14、26、36週と産褥1ヵ月の計4回、自己記入形式で調査した。その結果、1)IPSS/QOLにおいて妊娠週数の経過に伴って増悪するのは蓄尿症状と排尿後症状で、妊娠によってスコアが高くなった項目は出産によって全て速やかに改善していた。2)尿失禁のタイプは「切迫性」ではなく「腹圧性」が主で、腹圧性尿失禁を認めたのは妊娠14週、36週、産褥1ヵ月に、それぞれ19%、45%、18%と妊娠早期に有意に出現し、出産直後には妊娠早期と同程度までにしか改善していなかった。3)分娩数の有無、分娩方法、産褥1ヵ月で、出生児体重、会陰切開や会陰・腟裂傷の有無と尿失禁回数についての関連性を調べたところ、妊娠36週時の尿失禁回数とBMIにおいてのみ正の相関が認められた。
  • 上大静脈腫瘍塞栓から右心房内へ進展した晩期再発型進行精巣腫瘍の1例, 三宅 牧人, 藤本 清秀, 松下 千枝, 千原 良友, 田中 雅博, 平山 暁秀, 平尾 佳彦, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 55, 6, 371, 375,   2009年06月
    概要:24歳男。患者は初め左頸部の無痛性腫瘤を主訴に受診し、左鎖骨上リンパ節腫瘤を指摘された。生検で未分化な腫瘍細胞のリンパ節転移と診断され、あわせて傍大動脈リンパ節転移も確認された。LDHやα-fetoprotein(AFP)、free-β-human chorionic gonadotropin(F-βHCG)は異常高値が認められ、超音波では右精巣内に長径約3cmの腫瘤がみられた。右高位精巣摘出術を施行したところ、病理学的に進行精巣原発胚細胞性腫瘍で、術後は化学療法、後腹膜リンパ節郭清術、末梢血幹細胞輸血併用大量化学療法等が行われた。外来で経過観察となっていたが、多発性肺転移を認めて肺腫瘍切除術を施行、完全寛解が確認された。更に5ヵ月後には右心房内へ進展する上大静脈腫瘍塞栓を認めたたため、腫瘍塞栓摘出術を施行し、奇形腫悪性転化に伴う粘液産生性腺癌であった。以後、2年間は再発なく経過したが、その後は徐々に全身状態が悪化し、患者は脳梗塞と思われる状態で最終的に死亡となった。
  • Bladder outlet obstruction accelerates bladder carcinogenesis., Matsumoto S, Shimizu N, Hanai T, Uemura H, Levin R, BJU international, BJU international, 103, 10, 1436, 9,   2009年05月, 査読有り
  • 前立腺特異抗原(PSA)軽度上昇症例におけるα1アドレナリン受容体遮断薬内服によるPSAの変化について 前立腺肥大症/下部尿路症と前立腺癌の比較, 花井 禎, 松本 成史, 小路 直, 臼井 幸男, 唐 小燕, 加藤 良成, 井口 正典, 植村 天受, 寺地 敏郎, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 55, 4, 187, 191,   2009年04月
    概要:前立腺特異抗原(PSA)が軽度上昇(4.0〜9.9ng/ml)し臨床的に前立腺癌所見を認めない症例48例(平均年齢65.4±1.1歳)を対象に、タムスロシン塩酸塩0.2mg/day(タムスロシン)を3ヵ月間投与後、生検により前立腺癌の有無とPSAの変化を検討した。前立腺癌と確定診断した18例37.5%(PC群)とそれ以外のBPH/LUTS群(前立腺肥大症に伴う下部尿路症状)30例62.5%に分け、内服前後のPSAの変化と排尿状態を検討した。その結果、α1遮断薬内服前のPSA、国際前立腺症状スコア(IPSS/QOL)、前立腺容積(PV)、最大尿流量(Qmax)、残尿量(PVR)の各パラメーターは全体および各群間で有意差を認めなかった。PSAはα1遮断薬内服後に軽度上昇し、PC群では内服後に有意上昇した。PSAが1.0ng/ml以上の上昇は8例で、1.0ng/ml以上の低下は2例であった。BPH/LUTS群では内服後は低下したが有意差はなく、1.0ng/ml以上の上昇は4例で1.0ng.ml以上の低下は8例で、PSAの変化量は両群間で有意差を認めた。内服前後の各パラメーターの変化ではBPH/LUTS群で有意に改善したがPC群に変化を認めなかった。内服前後の各パラメーターとの変化量の相関は、PC群ではPSAの変化量とIPSS 3、5、6(排尿症状スコア)の変化量に負の相関を認めた。以上よりBPH/LUTS群はPC群に比べα遮断薬によるPSAの低下傾向を示し排尿状態を有意に改善した。またα1遮断薬投与の反応によりPSA軽度上昇症例に対する早急な前立腺生検や不必要な前立腺生検を回避できる可能性を示唆した。
  • Effects of chronic treatment with vardenafil, a phosphodiesterase 5 inhibitor, on female rat bladder in a partial bladder outlet obstruction model., Matsumoto S, Hanai T, Uemura H, Levin RM, BJU international, BJU international, 103, 7, 987, 90,   2009年04月, 査読有り
  • ここまできたトランスレーショナルリサーチ 腎癌ワクチン療法, 植村 天受, 臨床泌尿器科, 臨床泌尿器科, 63, 3, 233, 239,   2009年03月
    概要:転移性腎癌に対する標準治療は,近年,サイトカイン療法から分子標的治療へと大きく転換しているが,長期予後を考えると分子標的薬が必ずしも特効薬ではない。腎癌はその生物学的特性を鑑みると,免疫療法が適した数少ない癌腫であり,癌ワクチン療法はいわゆる分子標的免疫療法で,最近,多くの難治性癌において盛んに臨床研究が行われている。本稿では,筆者が開発・経験した腎癌に対するワクチン療法について解説する。(著者抄録)
  • 【クリティカルケアにおける腎臓管理Q&A】慢性腎不全をどうするか? 慢性腎不全の維持療法患者に対する救急集中治療室での管理 慢性腎不全でステロイドまたは免疫療法を施行している患者の救急集中治療管理上の注意点, 植村 天受, 石井 徳味, 救急・集中治療, 救急・集中治療, 21, 1-2, 175, 179,   2009年02月
    概要:<point>慢性腎不全でステロイド、または免疫療法を施行している患者の対象疾患を理解する。免疫抑制薬・ステロイドの特性を理解し、使用方法を熟知する。カルシニューリン阻害薬(CNI)投与患者では、集中治療管理上、血中濃度測定による薬物濃度モニタリング(TDM)が必要である。ステロイドが長期投与されている患者では減量方法に注意する。(現疾患のリバウンド、副腎クリーゼ予防のため)。免疫抑制下ならびに慢性腎不全の場合、病状が急速に重症化することに留意する。(著者抄録)
  • PP-573 近畿大学泌尿器科におけるBrachytherapyの検討(前立腺腫瘍/放射線治療3,一般演題ポスター,第97回日本泌尿器科学会総会), 南 高文, 石井 徳味, 植村 天受, 大関 孝之, 吉川 元清, 中川 勝弘, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 梅川 徹, 日本泌尿器科学会雑誌, 日本泌尿器科学会雑誌, 100, 2, 460, 460,   2009年, 査読有り
  • GFP image analysis in the mouse orthotopic bladder cancer model., De Velasco MA, Tanaka M, Anai S, Tomioka A, Nishio K, Uemura H, Oncology reports, Oncology reports, 20, 3, 543, 7,   2008年09月, 査読有り
  • 【これからはじまる進行腎癌に対する分子標的薬治療】腎細胞癌に対する免疫療法の新しい可能性, 植村 天受, 野澤 昌弘, Urology View, Urology View, 6, 4, 73, 77,   2008年08月
  • Delivery of PTEN via a novel gene microcapsule sensitizes prostate cancer cells to irradiation., Tomioka A, Tanaka M, De Velasco MA, Anai S, Takada S, Kushibiki T, Tabata Y, Rosser CJ, Uemura H, Hirao Y, Molecular cancer therapeutics, Molecular cancer therapeutics, 7, 7, 1864, 70,   2008年07月, 査読有り
  • Tumor vaccines in renal cell caricinoma, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, World J Urol, World J Urol, 26, 2, 147, 54,   2008年04月, 査読有り
  • 泌尿器科疾患 尿道腫瘍(尿道カルンクルを含む), 植村 天受, 今日の診療指針, 今日の診療指針, 848,   2008年
  • 泌尿器科腫瘍における分子標的治療の進歩 泌尿器科腫瘍と癌抑制因子, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 54, 1, 49, 52,   2008年01月
  • changes in smooth muscle cell phenotype and contractile function following ischemia-reperfusion injury in the rat urinary bladder, 松本成史, 清水 信貴, 植村 天受, 花井 禎, Acta Urol.Jpn., Acta Urol.Jpn., 54, 179, 184,   2008年01月
  • シロドシンの射精障害:ヘルシーボランティアでの検討, 松本 成史, 花井 禎, 齋藤 允孝, 中西 道政, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 植村 天受, 杉山 高秀, 泌尿器外科, 泌尿器外科, 20, 10, 773, 778,   2007年10月
  • パーキンソン病に対する脳深部刺激(DBS:deep brain stimulation)前後の排尿状態の変化について, 清水 信貴, 松本 成史, 森 康範, 吉岡 伸浩, 植村 天受, 中野 直樹, 種子田 護, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 53, 9, 609, 612,   2007年09月
    概要:subthalmic nucleus(STN)に対する脳深部刺激(DBS)前後で排尿状態の変化を確認し、STNと排尿の関係について検討した。パーキンソン病患者(男性4名、女性2名、平均65.8歳)を対象にした結果、1)Unified Parkinson's disease Rating Scale(UPDRS)は平均46.5から25.67へ低下し改善を認めた。2)International Prostate Symptom Score(IPSS) totalでは平均11.2から7へと有意に改善を認め、QOL scoreは平均3.7から3.4に低下した。3)Pressure flow study(PFS)では不随性排尿筋収縮閾値容量は平均90.7mlから172.7mlに、最大膀胱容量が平均104mlから177.2mlと有意に増大した。また、最大尿流時排尿筋圧は平均60.5cmH2Oから平均51.3cmH2Oと低下した。
  • 小児期逆流防止手術の長期合併症 妊娠中に高度水腎症を来たし緊急処置を要した3症例, 松本 成史, 畑中 祐二, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 花井 禎, 植村 天受, 秋山 隆弘, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 15, 2, 184, 188,   2007年07月
    概要:膀胱尿道逆流症(VUR)に対して幼少時にPolitano-Leadbetter(PL)法のような膀胱内より膀胱後壁の壁外操作を行った女性は、術後の合併症として妊娠の経過と共に高度水腎症、更には腎後腎不全をきたす場合があるが、長期経過症例における合併症はあまり確認されていない。今回著者等が経験した小児期にPL法による逆流防止術の既往があり、妊娠中に高度両側水腎症から腎後性急性腎不全をきたしたため腎瘻造設を行い腎瘻管理にて出産した3症例の臨床経過を呈示し解説した。いずれも両側VURに対して症例1(妊娠時27歳)は7歳時に、症例2(19歳)は6歳時に、症例3(30歳)は4歳時にPL法を施行された初産婦であった。症例1・2では第2子の希望があったため産後尿管閉塞の解除手術を施行し、母子共に問題なく第2子を出産できた。以上より第2子の希望があれば閉塞解除術の施行により妊娠時の腎後腎不全などの合併症を未然に防ぐことが可能と考えられた。
  • STAT3 polymorphism predicts interferon-alfa response in patients with metastatic renal cell carcinoma., Ito N, Eto M, Nakamura E, Takahashi A, Tsukamoto T, Toma H, Nakazawa H, Hirao Y, Uemura H, Kagawa S, Kanayama H, Nose Y, Kinukawa N, Nakamura T, Jinnai N, Seki T, Takamatsu M, Masui Y, Naito S, Ogawa O, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 25, 19, 2785, 91,   2007年07月01日, 査読有り
  • Identification of SART3-derived peptides having the potential to induce cancer-reactive cytotoxic T lymphocytes from prostate cancer patients with HLA-A3 supertype alleles., Minami T, Matsueda S, Takedatsu H, Tanaka M, Noguchi M, Uemura H, Itoh K, Harada M, Cancer immunology, immunotherapy : CII, Cancer immunology, immunotherapy : CII, 56, 5, 689, 98,   2007年05月, 査読有り
  • A phase I trial of vaccination of personalized peptides for HLA-A2/A24 positive patients with hormone-refractory prostate cancer, Uemura Hirotsugu, Tanaka Motoyoshi, Uejima Shigeya, Minami Takafumi, Fujimoto Kiyohide, Hirao Yoshihiko, Itoh Kyogo, JOURNAL OF UROLOGY, JOURNAL OF UROLOGY, 177, 4, 202, 202,   2007年04月, 査読有り
  • 【腎細胞癌の分子標的治療】腎癌に対するCA9ペプチドワクチン療法, 植村 天受, 泌尿器外科, 泌尿器外科, 20, 1, 17, 23,   2007年01月
    概要:腎細胞癌において高率に発現しているCA9抗原よりHLA-A24拘束性ペプチドワクチンを開発し、既存の治療に無効な転移性腎癌患者23例を対象にペプチドワクチン療法の第1相臨床研究を行った。全例でワクチン投与部位の発赤腫脹を認めたが重篤な有害事象なく安全と思われた。また、腫瘍の縮小・消失を示す有効症例を3例認め、新しい治療戦略としての可能性が示唆された。ペプチドワクチンの理論、実際の臨床研究から得られた結果について解説する。(著者抄録)
  • 維持透析中と腎移植後において妊娠・分娩が可能であった1症例, 林 泰司, 森 康範, 松本 成史, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 52, 12, 915, 917,   2006年12月
    概要:29歳女。患者は慢性糸球体腎炎と診断され、血液透析が導入された。その後、献腎移植を受け、3年後に嘔吐が出現し、妊娠5週目と判明した。維持透析中の妊娠経過は、血液透析を週4回から最大6回に増やしたが、妊娠20週に子癇を伴う妊娠中毒症を発症して切迫早産の危険も生じた。更に妊娠27週には子宮内発育遅延も認められたが、結局、患者は妊娠34週に帝王切開にて870gの女児を出産した。これまで腎移植後の妊娠適応についてはJohn等が、1)移植後2年を経過し全身状態が良好であること、2)蛋白尿・高血圧・拒絶反応がないこと、3)最近の尿路検査で水腎症がないこと、4)腎機能が安定していること、5)免疫抑制剤が維持量投与に達していること、などがあげられているが、本例もその基準を満たしており、妊娠分娩については維持透析中よりも腎移植後の方が安全に行なえると考えられた。
  • 右腎癌術後20年目に肺転移を来たした1例, 兼子 美帆, 松本 成史, 田原 秀男, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 52, 12, 929, 931,   2006年12月
    概要:70歳男。患者は1985年に右腎癌と診断され、根治的摘除術を施行された。病理組織所見はrenal cell carcinoma 、clear cell type、G1、INFγ、pT2N0MOであった。術1ヵ月後からインターフェロン(IFN)α900万単位の週2回投与を約1年間行い、約5年間経過観察を行ったが再発は認めなかった。その後も検診を受けていたが、胸部写真では異常を指摘されなかった。しかし今回、健康診断で右胸部異常陰影を指摘され、肺癌疑いで他院を受診、右肺中下葉切除を施行された。病理組織検査にて腎癌の肺転移と診断されたため、追加治療のため著者らの施設へ転院となった。20年前の右腎癌と比較した結果、両者ともにclear cell typeで、IFN600 万単位の週3回投与を開始した。微熱を認めたものの、その他の副作用はなく、以後、外来で経過観察となった。
  • 急性尿閉症例の臨床的検討, 清水 信貴, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 日本泌尿器科学会雑誌, 97, 7, 839, 843,   2006年11月
    概要:(目的)当科を受診した急性尿閉に対する臨床的検討を行った。(対象と方法)1993年4月から2005年4月までの12年間に、急性尿閉にて近畿大学医学部泌尿器科を診療時間内および救急診療時間帯に受診した206症例を対象とした。(結果)急性尿閉症例206症例の性別は男性175例(85%)、女性31例(15%)であった。男女比は5.6:1で男性に著明に多く認めた。206症例全体の年齢分布は最少6歳から最高93歳に分布し平均66歳であった。男性例では平均69.6歳であった。女性例では平均46.3歳であった。原因疾患は男性では下部尿路閉塞(Bladder Outlet Obstruction;BOO)が175例中123例(70.3%)を占め、その中でも前立腺肥大症(Benign Prostatic hyperplasia;BPH)が92例と全体の52.6%を占めた。排尿筋収縮力低下(Detrusor Weakness;DW)は35例(20%)であった。女性ではDWが20例(64.5%)で最も多かった。治療は男性例ではBOO 123例中69例(56%)に手術療法を行い、中でもBPHには92例中56例(60.8%)に手術治療、19例に薬物治療、3例で経過観察を行った。女性例では10例で原因疾患の治療により自排尿が可能となった。転帰は、最終的に自排尿が可能になったのは男性125例、女性14例の計139例(67.5%)であった。(結論)1)急性尿閉の85%は男性。そのうち70%は何らかのBOOに起因する。残る30%は閉塞ではない原因によりDWは約70%を占めた。2)全体で治療後約70%が自排尿可能となったが30%はカテーテル手技を要した。3)BOOの原因解除で自排尿となる可能性が高いがBOO以外の原因の治療ではCICが高率であった。4)急性尿閉の15%は女性であった。(著者抄録)
  • Calyco-ileo-vesiconeostomy術後、32年経過後に発生した左腎盂腫瘍の1例, 兼子 美帆, 松本 成史, 杉本 公一, 上島 成也, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 52, 11, 871, 873,   2006年11月
    概要:56歳男。24歳時に両側先天性水腎症にて左腎盂形成術を施行、26歳時に右腎機能廃絶のため右腎摘除術を施行し、水腎症に対し左腎瘻留置した。その後合併症で腎瘻より大量出血を起こしたため、28歳時にleft calyco-ileo-vesiconeostomy(左下腎杯-回腸-膀胱吻合術)を施行した。その後、右腎機能廃絶のため右腎摘除術施行した。以後も繰り返す左腎結石、尿路感染に対して治療と経過観察を行っていたが、腎後性腎不全、血尿、水腎症増強にて左腎瘻造設術施行となり、その際の左腎盂尿細診胞class IIで血尿の精査を行なうも腫瘍は認めなかった。退院後外来にて経過観察を行なっていたが、肉眼的血尿増強にて腎瘻再造設術施行となり、腎盂尿細胞診class Vであったため内視鏡検査を行なったところ、腎盂に腫瘍を認めた。生検所見より左腎盂腫瘍と診断し手術を行い、術後病理診断はtransitional cell carcinoma、G3、INFγ、pT3、lylであった。High grade-high stageの腫瘍であり、リンパ管への侵襲も認めたためM-VAC療法を開始し、1クール施行後に中止、以後は経過観察とした。現在、再発・転移は認められない。
  • 女性尿閉患者の臨床的検討, 清水 信貴, 兼子 美帆, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 松本 成史, 杉山 高秀, 植村 天受, 日本女性骨盤底医学会誌, 日本女性骨盤底医学会誌, 3, 1, 50, 53,   2006年05月
    概要:【目的】女性の急性尿閉に対する臨床的検討を行った。【対象・方法】1993年4月から2005年4月まで12年間に、急性尿閉にて近畿大学医学部泌尿器科を診療時間内および救急診療時間帯に受診した206症例中女性31例を対象とした。【結果】急性尿閉症例206症例の性別は男性175例(85%)、女性31例(15%)であった。年齢分布は女性例では7歳から77歳にわたり平均46.3歳であった。女性例では40歳未満の症例が31例中14例で45.2%を占めた。排尿筋収縮力低下が20例(64.5%)で最も多く、次いで原因不明4例(12.9%)、心因性3例(9.6%)の順に多かった。他、術後(尿路、骨盤内手術を除く)、子宮筋腫があった。【考察】圧倒的に男性が多いが女性例も約15%は存在しており、日常診療においてはしばしば遭遇する。男性例とは異なり40歳代未満の症例が約半数を占めた。女性例の原因に精神科関連の薬剤によるものや心因性のものが多く含まれているためと考えられる。(著者抄録)
  • 中高年女性OAB患者に対するエストロゲン補充療法の臨床的検討, 松本 成史, 兼子 美帆, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 日本女性骨盤底医学会誌, 日本女性骨盤底医学会誌, 3, 1, 54, 58,   2006年05月
    概要:(目的)更年期障害はその病因の一つとしてエストロゲンの欠乏が重要視されており、多くの不定愁訴はエストロゲン補充により改善する。頻尿、尿失禁等を主訴とする中高年女性に対するエストラジオール補充療法の効果を臨床的に検討し、近年ICSで提唱されたOABへの有用性を評価した。(対象と方法)頻尿、尿失禁を訴えた更年期以降の中高年女性10名を対象とした。エストラジオール貼付療法単独で検討を行い、効果判定は8週間の投薬前後での自覚症状の変化を中心に行った。(結果)尿失禁症例は7例で、その結果は尿失禁重症度分類では、全例grade downを示し、特に切迫性尿失禁症例では有用性を認めた。頻尿症例では、尿意切迫感の訴えはなく、その結果は全例不変であった。(結論)今回の検討では、症例数も少なく短期治療の結果であるが、切迫性尿失禁症例の改善が良好であった。エストラジオール貼付療法は中高年女性のOABに対する一治療法としては十分有用と思われた。(著者抄録)
  • A Phase I Trial ofVaccination of CA9-Derived Peptides for HLA-A24-Positive Patientswith Cytokine-Refractory Metastatic Renal Cell Carcinoma, 植村 天受, 田中 基幹, 上島 成也, 藤本 清秀, 平尾, 佳彦, 吉川 元祥, 吉川 和宏, 伊藤 享悟, Clinican Cancer Research, Clinican Cancer Research, 12, 6, 1768, 75,   2006年03月15日, 査読有り
  • 【再燃前立腺癌に対する治療戦略】ワクチン療法の理論と実際, 植村 天受, Urology View, Urology View, 4, 1, 83, 89,   2006年02月
  • Bladder leiomyosarcome in a boy, 松本 成史, 清水 信貴, 森口 直彦, 八木 誠, 植村 天受, International Urology and Nephrology, International Urology and Nephrology, 38, 3-4, 549, 51,   2006年, 査読有り
  • A malignant Leydig cell tumor of the testis, 杉本 公一, 松本 成史, 能勢 和宏, 栗田 孝, 植村 天受, ぼく泌尿器科クリニック, ベルランド総合病院病理科, Internarional Urology and Nephrology, Internarional Urology and Nephrology, 38, 2, 291, 2,   2006年, 査読有り
  • Medial prefrontal cortex lesions inhibit reflex micturition in anethetized rats., 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, Neuroscience Resarch, Neuroscience Resarch, 54, 1, 66, 70,   2006年01月, 査読有り
  • 過活動膀胱患者における塩酸プロピベリンの有効性・安全性に関する臨床薬理学的検討 ウロダイナミクスパラメーターと薬物動態との相関性, 杉山 高秀, 清水 信貴, 橋本 潔, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 松本 成史, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 日本泌尿器科学会雑誌, 96, 7, 670, 677,   2005年11月
    概要:尿意切迫感を有する頻尿または尿失禁の過活動膀胱症7例(男4例・女3例,平均67.6歳)を対象に,尿酸プロピベリン10〜20mg/日を投与し,排尿機能の変化および体内薬物動態をクロスオーバー法で検討した.その結果,初発尿意時膀胱容量は用量に,不随意収縮時膀胱容量(VU)は用量および血漿中濃度に依存して増加した.最大尿流率,最大尿流率時排尿筋圧は投与前後で有意な変化はなかった.最大効果モデルを用いた薬物動態学/薬力学解析を行なったところ,最大効果血漿中濃度は0.978ng/ml,50%有効血漿中濃度が73.5ng/mlであった.血漿中濃度の推移からみて,本剤は20mg/日投与後に速やかにVUを50%増加させる濃度域に達し,おおむね10〜50%増加させる濃度を維持できると推察された.残尿量については,下部尿路閉塞が高度の症例で増加を認め,投与前の残尿量や排尿機能などの要因との関連はなかった
  • Edaravone protects against ischemia/reperfusion-induced functional and biochemical changes in rat urinary bladder, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, Robert M. Levin, Urology, Urology, 66, 4, 892, 6,   2005年10月, 査読有り
  • 【移植免疫と腫瘍免疫 泌尿器科医に必要な免疫の知識】泌尿器科癌に対するペプチドワクチン療法, 植村 天受, Urology View, Urology View, 3, 3, 102, 107,   2005年06月
  • Diphenyleneiodium (DPI) reduces oxalate ion- and calcium oxalate monohydrate and brushite crystal-induced upregulation of MCP-1 in NRK 52E cells., Umekawa T, Byer K, Uemura H, Khan SR, Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association, Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association, 20, 5, 870, 8,   2005年05月, 査読有り
  • Analysis of bone mineral density in urolithiasis patients, 辻 秀憲, 梅川 徹, 栗田孝, 植村 天受, 井口正典, Internal Journal of Urology, Internal Journal of Urology, 12, 4, 335, 9,   2005年04月, 査読有り
  • 新生児急性腎不全を呈したEEC SYNDROME WITHOUT CLEFT LIP/PALATEの1例, 松本 成史, 花井 禎, 杉本 公一, 森本 康裕, 上島 成也, 植村 天受, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 13, 2, 145, 150,   2005年04月
  • 癌ワクチン療法, 植村 天受, 奈医報, 奈医報, 18, 1, 15, 20,   2005年
  • 治療法 腎細胞癌のワクチン療法, 植村 天受, Annual Review腎臓, Annual Review腎臓, 2005, 221, 225,   2005年01月
  • 前立腺肥大症の蓄尿症状に対する抗コリン剤の臨床的検討, 杉山 高秀, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 松本 成史, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 日本排尿機能学会誌, 15, 2, 191, 197,   2004年12月
    概要:目的:前立腺肥大症患者に過活動膀胱(OAB)症状を高頻度に認める.OAB症状に対しては,抗コリン剤による薬物療法が一般に行われている.しかし,前立腺肥大で閉塞の強い患者にこのような治療を行うと,急性尿閉等の危険があるために投与を慎んでいる.今回,前立腺肥大症に伴う蓄尿症状を有する患者にα1ブロッカーと抗コリン剤を併用することによる臨床的有用性について検討した.方法:前立腺肥大症と診断された患者105例で,α1ブロッカーとして塩酸タムスロシンあるいはナフトピジルが1ヵ月以上投与されているにもかかわらず,蓄尿症状を有する患者35名を対象とした.抗コリン剤として塩酸プロピベリンを4週間以上投与した.評価は塩酸プロピベリン投与前後で自覚症状としてI-PSS,QOLスコアー,昼間・夜間の排尿回数,尿失禁回数の変化を検討した.他覚的には尿流測定検査を行い最大尿流率,残尿量の変化を検討した.結果:塩酸プロピベリン併用投与により自覚症状であるI-PSS,QOLはそれぞれ投与前15.3±5.88,4.5±0.74から投与後13.0±5.85,3.6±1.09と改善していた.最大尿流率は投与前10.4±4.64ml/sに対し投与後9.6±5.0mlと減少した.残尿量は併用投与前29.5±35.06mlに対し投与後42.6±57.24mlと増加を認めた.しかしながら,塩酸プロピベリン併用投与前の排尿機能で最大尿流率が10ml/sを超える症例あるいは残尿量が50ml未満の症例ではI-PSS,QOLは改善し,最大尿流率,残尿量は変動しなかった.考察:前立腺肥大症によるOAB症状に対してα1ブロッカーと塩酸プロピベリンの併用投与は有効な療法である.しかし,排尿機能の有意な悪化がみられた.塩酸プロピベリンの排尿機能に対する影響は併用投与開始時の排尿機能に関連し併用に際しては,自覚症状のみに因われることなく,他覚所見を十分に留意すべきである.なお,α1ブロッカーと塩酸プロピベリン併用療法が有用な因子として最大尿流率が10ml/sを超える症例,残尿量が50ml未満の症例ではよりよい効果が期待される(著者抄録)
  • ラット大脳上位中枢破壊モデルを用いた排尿反射の検討 anterior cingulate cortexは排尿知覚中枢なのか?, 松本 成史, 花井 禎, 栗田 孝, 植村 天受, Millington William R., 日本排尿機能学会誌, 日本排尿機能学会誌, 15, 2, 186, 190,   2004年12月
    概要:目的:大脳が尿禁制に関わっていることは広く知られている.近年の画像診断の発達により,健常人における大脳上位中枢と膀胱機能の関連について検討がなされ,橋,中脳中心灰白質(PAG)や前部帯状回(aCGC)等の部位が蓄尿や尿意に関わっていることが報告されている.われわれは,aCGC領域が排尿にどのような影響を与えるかをその部位の破壊前後の排尿反射の変化で検討した.方法:Sprague Dawley系雌性ラットを,ウレタン麻酔下に経尿道的カテーテルを留置し膀胱内圧を測定した.その後,脳定位固定装置に固定し,aCGC領域にイボテン酸を注入した群(aCGC破壊群)と,生理食塩水を注入した群(sham群)を作製した.1週間経過後,再度前述と同様の手技で麻酔下に膀胱内圧を測定し,手術前後での各排尿パラメーターで検討した.結果:病理組織学的に破壊部位を確認し,aCGC破壊群(n=7)とsham群(n=4)に分類した.排尿間隔はaCGC破壊群で有意に延長した.しかし,sham群では有意な変化を認めなかった.一方,排尿時膀胱内圧は両群ともに破壊前後で有意差を認めなかった.結論:aCGC領域は排尿の閾値に強く関連している可能性が示唆された.アルツハイマー病や脳血管障害等でこれらの領域が障害を受けた症例の排尿モデルとして活用出来る可能性があり,今後aCGC破壊モデルは大脳上位中枢からの神経経路の解明やより効果的な治療法の確立に一役を担えると考えられた(著者抄録)
  • The level of cadherin-6 mRNA in peripheral blood is associated with the site of metastasis and with the subsequent occurrence of metastases in renal cell carcinoma., Shimazui T, Yoshikawa K, Uemura H, Hirao Y, Saga S, Akaza H, Cancer, Cancer, 101, 5, 963, 8,   2004年09月01日, 査読有り
  • 過活動膀胱による頻尿・尿失禁に対する塩酸プロピベリンのQOL改善効果の検討, 杉山 高秀, 清水 信貴, 松本 成史, 秋山 隆弘, 国方 聖司, 植村 天受, 泌尿器外科, 泌尿器外科, 17, 7, 769, 775,   2004年07月
    概要:塩酸プロピベリンの有用性を検証するため,過活動膀胱による頻尿・尿失禁19例を対象に自覚症状およびQOLの改善効果をIPSS,ICIQ-SF,KHQで評価し,排尿日誌を用いて排尿回数や排尿量についても検討した.IPSSでは,尿意切迫感,夜間頻尿を含むStorage SymptomおよびQOLについて有意な改善が認められた.ICIQ-SFでは,生活への影響について有意な改善が,尿失禁頻度および尿失禁の量に関して改善傾向が認められた.KHQでは,自覚的重症度について有意な改善が,全般的健康感および生活への影響に関しては改善傾向が認められた.排尿日誌では,1日排尿回数の減少および1回排尿量の増加傾向が認められた.総合的に検討して,塩酸プロピベリンは切迫感を有する頻尿・尿失禁の自覚症状に対する改善傾向が期待でき,QOL向上に寄与していると考えられた
  • 過活動膀胱による頻尿・尿失禁に対する塩酸プロピベリンのQOL改善効果の検討, 杉山 高秀, 清水信貴, 松本成史, 植村 天受, 秋山隆弘, 国方聖司, 泌尿器外科, 泌尿器外科, 7, *, 769, 775,   2004年07月
    概要:過活動膀胱による頻尿・尿失禁に対する塩酸プロピベリンのQOL改善効果の検討した。
  • 膀胱後部平滑筋腫の1例, 多武保 光宏, 藤本 清秀, 星山 文明, 中西 道政, 井上 剛志, 平山 暁秀, 植村 天受, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 50, 7, 497, 499,   2004年07月
    概要:61歳男性.患者は下腹部不快感,排尿困難で受診し,直腸診で前立腺部に軽度圧痛を認め,慢性前立腺炎の診断でセルニチン・ポーレンエキスを投与し症状は軽快したが,CTで膀胱背側の左精嚢頭側に3×2cmの充実性腫瘍を認めたため手術目的で今回入院となった.直腸診では前立腺部圧痛は消失しており,前立腺はクルミ大で弾性硬であった.骨盤CTで膀胱後腔の左精嚢頭側にiso-densityな腫瘍を認め,MRIでは腫瘍はT1,T2強調像ともに低信号,辺縁は整で,造影では緩徐に濃染され内部は不均一であった.膀胱,直腸,精嚢との連続性はなく,後腹膜原発腫瘍と診断し腫瘍摘出術を行った.腫瘍は左精嚢の一部と癒着があり,精嚢の一部と共に摘出した.病理所見では腫瘍は分化の良い筋組織で満たされ,細胞異型は認めず,後腹膜原発平滑筋腫と診断した.術後約6ヵ月経過現在で再発は認めていない
  • 【腎細胞癌治療の現状と課題】腎細胞癌における血中ITC(isolated tumor cell)の意義, 植村 天受, 泌尿器外科, 泌尿器外科, 17, 6, 661, 666,   2004年06月
    概要:腎細胞癌は手術療法以外有用な治療法が無く,早期発見・早期治療が重要であることは言うまでもない.しかし,診断の助けとなるよい腫瘍マーカがなく,USやCTなど画像診断に頼っているのが現状である.こうした中,最近では特異的な各種分子をターゲットとしてPCR法を用いた循環血液中腎癌細胞ITC(isolated tumor cell)の検出に関する報告が散見される.そこで,我が国で行われた代表的な分子を標的としたITC検出を結果を検討するとともに,そのバイオマーカとしての有用性について述べた
  • Long-term results of transurethral microwave thermotherapy, 杉山 高秀, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 朴 英哲, 植村 天受, 日本EE学会雑誌, 日本EE学会雑誌, 17, 225, 228,   2004年
  • Detection of cadherin-6 mRNA by nested RT-PCR as a potential marker for circulating cancer cells in renal cell carcinoma., Shimazui T, Yoshikawa K, Uemura H, Kawamoto R, Kawai K, Uchida K, Hirao Y, Saga S, Akaza H, International journal of oncology, International journal of oncology, 23, 4, 1049, 54,   2003年10月, 査読有り
  • [Investigation of 14 renal cell carcinoma cases with tumor thrombus in the inferior vena cava]., Tajiri T, Noguchi K, Kishida T, Uemura H, Saito K, Yao M, Takeda M, Kubota Y, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 49, 8, 457, 461,   2003年08月, 査読有り
  • 前立腺原発移行上皮癌の1例, 森川 弘史, 趙 順規, 高田 聡, 藤本 清秀, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 夏目 修, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 49, 6, 357, 360,   2003年06月
    概要:77歳男性.主訴は排尿困難,右坐骨部痛であった.入院時の骨盤部CTでは前立腺は腫大しており,また,右坐骨に一致して溶骨性の腫瘍を認めた.腹部MRI,胸部MRIでは大動静脈間リンパ節,縦隔リンパ節の腫大を認めた.前立腺針生検では多層化した腫瘍細胞の増殖を認め,病理診断は移行上皮癌であった.また,再検した以前の頸部リンパ節組織の病理組織像は中分化型前立腺癌であった.以上より,腺癌成分を含む前立腺原発移行上皮癌と診断し,MEC療法と内分泌療法を開始し,同時に坐骨転移巣に対し放射線療法を併施した.2ヵ月目の評価ではPSA値は正常化し,前立腺やリンパ節は縮小した.右坐骨転移巣は再石灰化し,骨痛も消失したが,徐々に状態が悪化し,入院13ヵ月後に癌死した
  • 難治性前立腺癌に対する治療の現状と問題点 前立腺全割標本を用いたネオアジュバント療法の臨床病理組織学的検討, 植村 天受, 趙 順規, 平尾 佳彦, 小西 登, 泌尿器科紀要, 泌尿器科紀要, 48, 11, 719, 723,   2002年11月
    概要:ネオアジュバント内分泌療法を施行した前立腺癌62例(A群)と非施行の76例(B群)を比較した.術前PSA値はA群で有意に高く,臨床病期もhigh stageが多かった.被膜外浸潤,断端陽性率,リンパ管侵襲の頻度はA群が低かったが,精嚢浸潤,リンパ節転移は差がなかった.A群の組織学的効果はpoorが18例,goodが26例,excellentが17例であった.excellentへの影響因子を検討したところ,治療期間のみが有意で,年齢,治療前PSA値,臨床病期,生検分化度,生検陽性コア数は有意な関連がなかった.病理組織学的に限局癌である症例はA群34例,B群25例で,A群で臨床診断T2b以下は20例であった.これらのPSA failureは,A群がB群に比較して僅かに頻度が高く,A群のexcellent例はPSA failureの頻度が低い傾向にあった
  • Renal cell carcinoma-associated G250 methylation and expression: in vivo and in vitro studies., 植村 天受, Gramaier K, deWeijert M, Uemura H, Shalken J, Oosterwijk E, Urology, Urology, 60, 2, 357, 62,   2002年08月, 査読有り
  • Non-ischemic nephron-sparing surgery for small renal cell carcinoma: complete tumor enucleation using a microwave tissue coagulator., Hirao Y, Fujimoto K, Yoshii M, Tanaka N, Hayashi Y, Momose H, Samma S, Okajima E, Uemura H, Yoshida K, Ozono S, Japanese journal of clinical oncology, Japanese journal of clinical oncology, 32, 3, 95, 102,   2002年03月, 査読有り
  • 泌尿生殖器におけるバイオマーカーの新展開 腎細胞癌の新しいバイオマーカーMN/CA9, 植村 天受, 臨床泌尿器科, 臨床泌尿器科, 55, 5, 329, 335,   2001年04月
    概要:腎細胞癌は泌尿器癌の中でも有効な治療法のない予後不良の疾患である.そのため,早期発見,早期診断の助けとなるマーカーの開発が急務である.MN/CA IX抗原は細胞膜に存在する癌関連抗原で,腎細胞癌では約90%と高率に発現しており,抗体を使った臨床試験では診断のターゲットとして既に有用性が証明されている.MN抗原を標的分子とした診断法は特異的で,腎細胞癌の新しいバイオマーカーとして有用と思われる
  • Clinical aspects of renal cell carcinoma., 植村 天受, Oosterwijk E, Debruyne FMJ, Revista Romana de Urol., Revista Romana de Urol., 1, 81, 88,   1994年, 査読有り
  • Induction of nephrosis by .BETA.-cyclodextrin in Beagles., 田畑 尚一, 北堀 吉映, 日浅 義雄, 大園 誠一郎, 山口 尚子, 北川 恒代, 植村 天受, 松木 尚, 三馬 省二, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, Journal of Toxicologic Pathology, Journal of Toxicologic Pathology, 4, 1, 67, 73,   1991年
    概要:The present study was conducted to examine nephrotoxicity of β-cyclodextrin (β-C) in dogs. Five female Beagle dogs were divided into 3 groups: Group 1 (2 dogs treated with 0.9g/kg of β-C), Group 2 (2 dogs treated with 0.45g/kg of β-C), and Group 3 (1 dog treated with saline). Durations of β-C injection were 7 and 10 consecutive days in Groups 1 and 2. Histopathological and histo-chemical examinations of the kidney were performed. Following 0.9g/kg or long-term 0.45g/kg treatment with β-C, the animals showed marked fatigue and elevated BUN and Cr. Histopathologically, β-C treatment resulted in vacuolation, necrosis, and regeneration in the proximal tubules. Activities of succinic dehydrogenase, β-glucuronidase, and glucose-6-phosphatase decreased histochemically after β-C treatment. Because signs of nephrotoxicity represented were noted in dogs after β-C treatment, as has been reported in rats, it seems likely that dogs also can serve as a model of nephrosis. If this model is to be applied to the study of renal carcinogenesis, the present study suggests the optimum dosing regimen for β-C to be 7-day 0.45g/kg treatment.
  • TUMOR MARKERS IN RATS WITH RENAL TUMOR INDUCED BY N-ETHYL-N-HYDROXYETHYLNITROSAMINE, 山口 尚子, 北堀 吉映, 日浅 義雄, 大園 誠一郎, 北川 恒代, 植村 天受, 田畑 尚一, 松木 尚, 三馬 省二, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, Journal of Toxicologic Pathology, Journal of Toxicologic Pathology, 3, 2, 239, 243,   1990年
    概要:Renal carcinomas were induced by N-ethyl-N-hydroxyethylnitrosamine (EHEN) followed by trisodium nitrilotriacetate monohydrate (NTA) in Wistar rats. In these rats, various parameters which are clinically used as tumor markers were examined. Renal tumors developed in 6 (37.5%) of 16 rats treated with EHEN alone and in 14 (82.4%) of 17 rats treated with EHEN and subsequently with NTA. When various parameters were compared between these two groups and the control group, RBC, Hb Al-P, LDH, BUN, Cr, and Ca in the former two groups differed significantly from those values of the untreated controls. In the EHEN-treated rats (Group 1 and 2), erythropoietin (EP) was higher in the tumor-bearing group than in the tumor-free group (p<0.025), although no other significant difference was observed. As compared to the untreated controls, tumor-bearing rats showed significant elevation in RBC (p<0.005). Cr (p<0.005), and EP (p<0.05) and significant reduction in Hb (p<0.005). Al-P (p<0.005), and LDH (p<0.05). Therefore, the significant difference in RBC, Hb, Al-P, LDH, and Cr seems to be attributable to the effect of EHEN and NTA. These results suggest that EP is specifically elevated in rats with renal tumor.
  • Primary amelanotic malignant melanoma of the male urethra with inguinal lymph node metastasis successfully controlled by nivolumab: A case report., Tokita T, Kawahara T, Ito Y, Tsutsumi S, Abe K, Namura K, Sano F, Shioi K, Takamoto D, Yumura Y, Nakaigawa N, Yao M, Uemura H, Wada H, Tsuura Y, Kobayashi K, Urology case reports, Urology case reports, 18, 54, 56,   2018年05月01日, 査読有り
  • The half-loop transurethral incision technique for bilateral ureterocele in adult., Ninomiya S, Kawahara T, Mochizuki T, Yao M, Teranishi JI, Uemura H, Urology case reports, Urology case reports, 18, S50, S50,   2018年05月01日, 査読有り
  • Article Navigation Nivolumab versus everolimus in advanced renal cell carcinoma: Japanese subgroup analysis from the CheckMate 025 study, Japanese Journal of Clinical Oncology, Japanese Journal of Clinical Oncology, 47, 7, 639, 646,   2017年07月, 査読有り
  • Patient preferences for treatment of castration-resistant prostate cancer in Japan: a discrete-choice experiment, Uemura H, Matsubara N, Kimura G, Yamaguchi A, Ledesma D.A, DiBonaventura M, Mohamed A.F, Basurto E, McKinnon I, Wang E, Concialdi K, Narimatsu A, Aitoku Y, BMC Urology, BMC Urology, 16, 1, 1, 10,   2017年03月28日, 査読有り
  • Foreign body in the bladder: A case report., Shimokihara K, Kawahara T, Hayashi Y, Tsutsumi S, Takamoto D, Mochizuki T, Hattori Y, Teranishi JI, Miyoshi Y, Yumura Y, Yao M, Uemura H, International journal of surgery case reports, International journal of surgery case reports, 32, 22, 24,   2017年, 査読有り
  • Ductal Adenocarcinoma of the Prostate: A Case Report., Hayashi Y, Kawahara T, Iwashita H, Shimokihara K, Tsutsumi S, Takamoto D, Mochizuki T, Hattori Y, Teranishi JI, Miyoshi Y, Yumura Y, Yao M, Inayama Y, Uemura H, Case reports in oncology, Case reports in oncology, 9, 3, 802, 805,   2016年09月13日, 査読有り
  • HERPES SIMPLEX VIRUS (HSV) VECTOR-MEDIATED TRACING AND LABELLING OF DIFFERENT POPULATIONS OF BLADDER AFFERENT NEURONS IN NORMAL AND SPINAL CORD INJURED MICE, Neurourol. Urodyn., Neurourol. Urodyn., 35, S115, S116,   2016年08月, 査読有り
  • Increased neutrophil-to-lymphocyte ratio is associated with disease-specific mortality in patients with penile cancer., Kasuga J, Kawahara T, ing, Au, Takamoto D, Fukui S, Tokita T, Tadenuma T, Narahara M, Fusayasu S, Terao H, Izumi K, Ito H, Hattori Y, Teranishi JI, Sasaki T, Makiyama K, Miyoshi Y, Yao M, Yumura Y, Miyamoto H, Uemura H, BMC cancer, BMC cancer, 16, 1, 396,   2016年07月07日, 査読有り
  • Expression of androgen receptor in non-muscle-invasive bladder cancer predicts the preventive effect of androgen deprivation therapy on tumor recurrence., Izumi K, Ito Y, Miyamoto H, Miyoshi Y, Ota J, Moriyama M, Murai T, Hayashi H, Inayama Y, Ohashi K, Yao M, Uemura H, Oncotarget, Oncotarget, 7, 12, 14153, 60,   2016年03月22日, 査読有り
  • Predictors of poor response to secondary alternative antiandrogen therapy with flutamide in metastatic castration-resistant prostate cancer., Yasui M, Uemura K, Yoneyama S, Kawahara T, Hattori Y, Teranishi JI, Inoue M, Ohta JI, Yokomizo Y, Yao M, Uemura H, Miyoshi Y, Japanese journal of clinical oncology, Japanese journal of clinical oncology, 46, 11, 1042, 1046,   2016年, 査読有り
  • Japanese phase I study of cabazitaxel in metastatic castration-resistant prostate cancer., 植村 天受, Nozawa M, Mukai H, Takahashi S, Uemura H, Kosaka T, Onozawa Y, Miyazaki J, Suzuki K, Okihara K, Arai Y, Kamba T, Kato M, Nakai Y, Furuse H, Kume H, Ide H, Kitamura H, Yokomizo A, Kimura T, Tomita Y, Ohno K, Kakehi Y, Int J Clin Oncol., Int J Clin Oncol., 20, 5, 1026, 1034,   2015年10月, 査読有り
  • Chloroquine demonstrates limited effectiveness in an autochthonous preclinical model of prostate cancer, Kura Yurie, De Velasco Marco A, Ando Naomi, Fukushima Emiko, Davies Barry R, Huzdar Dennis, Yamamoto Yutaka, Hatanaka Yuji, Oki Takashi, Shimizu Nobutaka, Yoshimura Kazuhiro, Nozawa Masahiro, Yoshikawa Kazuhiro, Nishio Kazuto, Uemura Hirotsugu, CANCER RESEARCH, CANCER RESEARCH, 75,   2015年08月, 査読有り
  • Evaluation of Pim-1 kinase inhibition in a preclinical model of mouse prostate cancer, De Velasco Marco A, Oki Takashi, Kura Yurie, Ando Naomi, Fukushima Emiko, Davies Barry R, Huszar Dennis, Yamamoto Yutaka, Hatanaka Yuji, Shimizu Nobutaka, Yoshimura Kazuhiro, Nozawa Masahiro, Yoshikawa Kazuhiro, Nishio Kazuto, Uemura Hirotsugu, CANCER RESEARCH, CANCER RESEARCH, 75,   2015年08月, 査読有り
  • Preclinical activity of the AKT inhibitor AZD5363 in PTEN-deficient mouse models of prostate cancer, De Velasco Marco A, Hatanaka Yuji, Kura Yurie, Fukushima Emiko, Ando Naomi, Davies Barry R, Yamamoto Yutaka, Oki Takashi, Shimizu Nobutaka, Yoshimura Kazuhiro, Nozawa Masahiro, Yoshikawa Kazuhiro, Nishio Kazuto, Uemura Hirotsugu, CANCER RESEARCH, CANCER RESEARCH, 75,   2015年08月, 査読有り
  • Preclinical effects of dual AKT/MAPK inhibition in PTEN-deficient prostate cancer, De Velasco Marco A, Yamamoto Yutaka, Kura Yurie, Fukushima Emiko, Ando Naomi, Davies Barry, Hatanaka Yuji, Oki Takashi, Shimizu Nobutaka, Nozawa Masahiro, Yoshikawa Kazuhiro, Yoshimura Kazuhiro, Nishio Kazuto, Uemura Hirotsugu, CANCER RESEARCH, CANCER RESEARCH, 75,   2015年08月, 査読有り
  • Inhibition of mouse PTEN-deficient prostate cancer with next generation antisense oligonucleotide targeting the androgen receptor, De Velasco Marco A, Kura Yurie, Ando Naomi, Fukushima Emiko, Davies Barry R, Campbell Hayley, Hatanaka Yuji, Yamamoto Yutaka, Shimizu Nobutaka, Nozawa Masahiro, Yoshimura Kazuhiro, Yoshikawa Kazuhiro, Nishio Kazuto, Uemura Hirotsugu, CANCER RESEARCH, CANCER RESEARCH, 75,   2015年08月, 査読有り
  • Phase II study of degarelix/bicalutamide combination for prostate cancer., Nozawa Masahiro, Sugiyama Takahide, Sugimoto Koichi, Nagai Tasuharu, Hatanaka Yuji, Oki Takashi, Tahara Hideo, Matsuda Hisao, Uemura Hirotsugu, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 33, 15,   2015年05月, 査読有り
  • Evaluation of in vivo responses of sorafenib therapy in a preclinical mouse model of PTEN-deficient of prostate cancer, Journal of Translational Medicine, Journal of Translational Medicine, 13,   2015年05月, 査読有り
  • Ureteroscopy-assisted retrograde nephrostomy (UARN) without ureteral access sheath (UAS)., Kawahara T, Ito H, Terao H, Uemura H, Yao M, Matsuzaki J, International journal of surgery case reports, International journal of surgery case reports, 10, 56, 58,   2015年, 査読有り
  • Zoledronic acid for hormone-naive prostate cancer with bone metastasis., Nozawa Masahiro, Hara Isao, Nagao Kazuhiro, Matsuyama Hideyasu, Uemura Hirotsugu, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 31, 15,   2013年05月, 査読有り
  • Leptin contributes to prostate cancer progression., De Velasco Marco A, Yamamoto Yutaka, Hatanaka Yuji, Kura Yurie, Ando Naomi, Fukushima Emiko, Nozawa Masahiro, Shimizu Nobutaka, Yoshimura Kazuhiro, Yoshikawa Kazuhiro, Nishio Kazuto, Uemura Hirotsugu, CANCER RESEARCH, CANCER RESEARCH, 73, 8,   2013年04月, 査読有り
  • Autophagy is required for prostate cancer progression, De Velasco Marco A, Kura Yurie, Ando Naomi, Fukushima Emiko, Hatanaka Yuji, Yamamoto Yutaka, Shimizu Nobutaka, Yoshimura Kazuhiro, Nozawa Masahiro, Yoshikawa Kazuhiro, Nishio Kazuto, Uemura Hirotsugu, CANCER RESEARCH, CANCER RESEARCH, 73, 8,   2013年04月, 査読有り
  • Phase I clinical trial of human vascular endothelial growth factor receptor 1 peptide vaccines for patients with metastatic renal cell carcinoma., 植村 天受, Yoshimura K, Minami T, Nozawa M, Uemura H, Br J Cancer., Br J Cancer., 108, 6, 1260, 1266,   2013年04月, 査読有り
  • Difference in adverse-event profiles between mTOR inhibitors, temsirolimus, and everolimus for advanced renal cell carcinoma, Nozawa Masahiro, Kikuchi Takashi, Nishimoto Mitsutoshi, Kobayashi Yasuyuki, Uemura Hirotsugu, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 31, 6,   2013年02月, 査読有り
  • Comparison of the loss of renal function after cold ischemia open partial nephrectomy, warm ischemia laparoscopic partial nephrectomy and laparoscopic partial nephrectomy using microwave coagulation., Kawahara T, Sakata R, Kawahara K, Ito H, Miyoshi Y, Sano F, Nakaigawa N, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Makiyama K, Current urology, Current urology, 6, 3, 118, 123,   2013年01月, 査読有り
  • Maintenance therapy with bacillus Calmette-Guerin Connaught strain clearly prolongs recurrence-free survival following transurethral resection of bladder tumour for non-muscle-invasive bladder cancer., 植村 天受, Kyoto University, Research Centre for, Advanced Science, Technology The, University of Tokyo, Kyushu University Hospital, Hamamatsu University School of Medicine, University Hospital, National Hospital Organization, Shikoku Cancer Centre, Yokosuka, Kyousai Hospital, Harasanshin Hospital, National Hospital Organization, Hokkaido Cancer Centre, Kurashiki Central Hospital, Okayama University Hospital, The University of, Tokyo Hospital, Yamagata University Hospital, Japan Red, Cross Musashino Hospital, Nara Prefectural, Nara Hospital, Harasanshin Hospital, Okayama Medical Centre, BJU Iit, BJU Iit, 108, 2, 187, 195,   2011年07月
  • Intravesical Bacillus Calmette-Guerin Therapy for Grade 3 Non-Muscle Invasive Bladder Cancer: Results of Six or Eight Successive Instillations, Koichi Sugimoto, Hiroyuki Koike, Kiyoshi Hashimoto, Atsunobu Esa, Yoshitaka Saitou, Yuji Hatanaka, Masaaki Imanishi, Nobutaka Shimizu, Hideo Tahara, Marco de Velasco, Hirotsugu Uemura, Current Urology, Current Urology, 5, 1, 41, 45,   2011年04月, 査読有り
  • Neuroendocrine Carcinoma of the Bladder., Kawahara T, Yamanaka S, Ohshiro H, Sekiguchi Z, Namura K, Itou H, Sano F, Kita K, Hayashi N, Makiyama K, Nakaigawa N, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Case reports in oncology, Case reports in oncology, 3, 1, 54, 58,   2010年, 査読有り
  • [Chemotherapy with low-dose docetaxel and estramustine phosphate in patient with liver dysfunction due to liver metastases of hormone-refractory prostate cancer : a case report]., Miyake M, Nakaigawa N, Kita K, Yanagisawa M, Terao H, Sano F, Murakami T, Makiyama K, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 56, 1, 45, 48,   2010年01月, 査読有り
  • Gallbladder Metastasis from Renal Cell Carcinoma., Kawahara T, Ohshiro H, Sekiguchi Z, Furuya M, Namura K, Itoh H, Sano F, Kawaji K, Hayashi N, Makiyama K, Nakaigawa N, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Case reports in oncology, Case reports in oncology, 3, 1, 30, 34,   2010年, 査読有り
  • ATM is the predominant kinase involved in the phosphorylation of histone H2AX after heating., Takahashi A, Mori E, Su X, Nakagawa Y, Okamoto N, Uemura H, Kondo N, Noda T, Toki A, Ejima Y, Chen DJ, Ohnishi K, Ohnishi T, Journal of radiation research, Journal of radiation research, 51, 4, 417, 22,   2010年, 査読有り
  • Effect of Edaravone on Ischemia/Reperfusion Injury in Rat Urinary Bladder-Changes in Smooth Muscle Cell Phenotype and Contractile Function., 植村 天受, Matsumoto S, Hanai T, Shimizu N, Sugimoto K, Uemura H, Aktuelle Urol., Aktuelle Urol., 41, S46, S49,   2010年01月, 査読有り
  • [Laparoscopic right partial nephrectomy in the presence of Riedel's lobe of the liver]., Miyake M, Makiyama K, Nakaigawa N, Miyoshi Y, Sano F, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 55, 8, 509, 511,   2009年08月, 査読有り
  • [Mixed epithelial and stromal tumor of kidney: a case report]., Terao H, Makiyama K, Yanagisawa M, Miyake M, Sano F, Kita K, Murakami T, Nakaigawa N, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Inayama Y, Nagashima Y, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 55, 8, 495, 498,   2009年08月, 査読有り
  • [A case of adult-onset idiopathic hypogonadotropic hypogonadism presenting with infertility]., Terao H, Ogawa T, Yanagisawa M, Miyake M, Sano F, Kita K, Murakami T, Makiyama K, Nakaigawa N, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 55, 7, 437, 439,   2009年07月, 査読有り
  • [A case of upper urinary tract metastases from sigmoid colon cancer]., Komeya M, Nakaigawa N, Sano F, Kagota M, Murakami T, Makiyama K, Miyoshi Y, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Nagashima Y, Kubota Y, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 55, 6, 339, 343,   2009年06月, 査読有り
  • [Case of sarcomatoid renal cell carcinoma developed in the chalked kidney (putty kidney)]., Komeya M, Sano F, Kagota M, Murakami T, Makiyama K, Miyoshi Y, Nakaigawa N, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Ooshiro H, Nagashima Y, Kubota Y, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 55, 5, 253, 257,   2009年05月, 査読有り
  • Free PSA/total PSA ratio increases the detection rate of prostate cancer in twelve-core biopsy., Yokomizo Y, Miyoshi Y, Nakaigawa N, Makiyama K, Ogawa T, Yao M, Kubota Y, Uemura H, Urologia internationalis, Urologia internationalis, 82, 3, 280, 285,   2009年, 査読有り
  • [Multi-center trial on the early effects of silodosin on lower urinary tract symptoms associated with benign prostatic hyperplasia]., Ogawa T, Uemura H, Sano F, Hoshino K, Kita K, Hayashi N, Kagota M, Murakami T, Makiyama K, Miyoshii Y, Nakaigawa N, Yao M, Shimura H, Furuhata A, Fujikawa N, Shioi K, Ueki T, Hara Y, Saitou K, Kawakami S, Satomi Y, Hattori Y, Teranishi J, Kondo K, Kishida T, Saito K, Noguchi K, Fuji H, Yamaguchi T, Kinoshita Y, Nomura S, Yoshida M, Sakai N, Terao H, Matsumoto T, Umemoto S, Ogo Y, Kobayashi K, Noguchi S, Asakura T, Kohdaira T, Iguchi K, Izumi K, Hirano M, Kanno H, Takahashi T, Nukui F, Mokuo Y, Muraoka K, Osada Y, Funahashi M, Kitami K, Sugiura S, Ohta J, Miura T, Ishibashi Y, Masuda M, Komiya A, Suwa Y, Hashiba T, Mitaka K, Kobayashi M, Ohsaka K, Futoshi T, Tsuchiya T, Iwasaki A, Yamashita Y, Matsuzaki J, Kubota Y, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 54, 12, 757, 764,   2008年12月, 査読有り
  • efficacy of Carvedilol for ischemia/reperfusion-induced oxidative renal injury in rats, 林 泰司, 齋藤 允孝, 能勢 和宏, 西岡 伯, 石井 徳味, 植村 天受, transplantation proceeedings, transplantation proceeedings, 40, 7, 2139, 2141,   2008年09月
  • [A case of laparoscopic heminephroureterectomy for ureter cancer in a horseshoe kidney]., Murakami T, Makiyama K, Miyoshi Y, Ito Y, Iguchi K, Sano F, Nakaigawa N, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Nihon Hinyokika Gakkai zasshi. The japanese journal of urology, Nihon Hinyokika Gakkai zasshi. The japanese journal of urology, 98, 6, 786, 789,   2007年, 査読有り
  • [Propiverine hydrochloride improved correlatively subjective QOL and objective findings in Japanese patients with urinary frequency and/or incontinence]., Noguchi K, Yamagishi T, Suzuki K, Kondo K, Kishida T, Saito K, Sekiguchi Y, Nakaigawa N, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Kawai M, Okajima K, Kobayashi K, Moriyama M, Kinoshita Y, Mikata K, Kitami K, Masuda M, Saito R, Murai T, Tomoda T, Noguchi S, Sakai N, Hamano A, Nomura S, Sato K, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 52, 5, 343, 348,   2006年05月, 査読有り
  • [A case of salvage combination chemotherapy of gemcitabine plus nedaplatin for squamous cell carcinoma of the ureter]., Umemoto S, Miyoshi Y, Yokomizo Y, Sugiura S, Makiyama K, Nakaigawa N, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 52, 1, 35, 39,   2006年01月, 査読有り
  • [Two cases of testicular tumors with high alpha-fetoprotein levels: a case report]., Funahashi M, Tuchiya F, Makiyama K, Sugiura S, Miyoshi Y, Kishida T, Ogawa T, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica, 51, 2, 133, 137,   2005年02月, 査読有り
  • Detection of circulating MN/CA9 positive renal cell carcinoma cells during operation., 植村 天受, Y Nakagawa, A Iwai, E Okajima, E Okajima, Y Hirao, K Yoshikawa, Aktuel. Urol., Aktuel. Urol., 34, 4, 270, 272,   2003年07月
  • Aberrations of the p14ARF and p16INK4a genes in renal cell carcinomas., 植村 天受, Kawada Y, Nakamura M, Ishii E, Shimada K, Oosterwijk E, Uemura H, Hirao Y, Kim SC, Konishi N, J. Cancer Res., J. Cancer Res., 92, 12, 1293, 1299,   2001年12月, 査読有り
  • PTEN/MMAC1/TEP1 mutations in human primary renal-cell carcinomas and renal carcinoma cell lines, Kondo K, Yao M, Kobayashi K, Ota S, Yoshida M, Kaneko S, Baba M, Sakai N, Kishida T, Kawakami S, Uemura H, Nagashima Y, Nakatani Y, Hosaka M, International Journal of Cancer, International Journal of Cancer, 91, 2, 219, 224,   2001年01月15日, 査読有り
  • ctivation of the MN/CA9 is associated with hypomethylation in humanrenal cell carcinomas., 植村 天受, Cho M, Grabmaier K, Kitahori Y, Hiasa Y, Nakagawa Y, Uemura H, Hirao Y, Ohnishi T, Yoshikawa K, Ooesterwijk E, Mol.Carcinogenesis, Mol.Carcinogenesis, 27, 3, 184, 189,   2000年03月, 査読有り
  • Induction of tumor regression by passive transfer of antibody from mice vaccinated with anti-idiotype antibodies resembling a human renal cell carcinoma-associated antigen, 植村 天受, Okajima E, Deburyne FMJ, Oosterwijk E, Urol. Oncol., Urol. Oncol., 1, 2, 73, 79,   1995年, 査読有り

書籍等出版物

  • Year Book of RCC〈2017〉, 冨田 善彦, 金山 博臣, 植村 天受, 篠原 信雄, 共編者(共編著者), メディカルレビュー社,   2018年01月16日, 4779219965
  • Year Book of RCC 2012, 冨田善彦, 金山博臣, 植村天受, 篠原信雄, 共編者(共編著者), メディカルレビュー社,   2013年01月11日, 4779210216
  • 腎がんにおける分子標的薬使用患者への実践!対応マニュアル―チーム医療に携わる看護師編, 植村 天受, 大家 基嗣, 冨田 善彦, 共編者(共編著者), メディカルレビュー社,   2012年12月, 4779210186
  • 今日の治療指針, 尿管カテーテル法,腎瘻造設術, 植村 天受, 単著,   2012年
  • Year Book of RCC 2011, 冨田善彦, 金山博臣, 植村天受, 篠原信雄, 共編者(共編著者), メディカルレビュー社,   2011年10月31日, 4779208017
  • 腎細胞癌分子標的治療の新たなストラテジー―個別化医療へ向けて, 植村 天受, 先端医学社,   2011年07月, 4884077202
  • 今日の治療指針, 膀胱、尿道、陰茎損傷, 植村 天受, 単著, 医学書院,   2011年
  • 腎細胞癌分子標的治療の新たなストラテジー : 個別化医療へ向けて, 冨田, 善彦, 植村, 天受, 大家, 基嗣, 筧, 善行, 金山, 博臣, 先端医学社,   2011年, 9784884077204
  • 抗がん剤の開発戦略と承認申請のポイント, 癌研有明病院, 篠崎 英司, 国立がん研究センタ, 東病院, 布施 望, 静岡県立静岡がんセンター, 村上, 晴泰, 名古屋医療センタ, 小島, 勇貴, 山口宇部医療センタ, 片山, 英樹, 京都大学医学部, 戸井, 雅和, 藤, 近畿大学医学部, 植村, 天受, 中外製薬, 鍋岡 勇造, 技術情報協会, 技術情報協会,   2011年, 486104362X
  • Year Book of RCC〈2010〉, 冨田 善彦, 植村 天受, 篠原 信雄, 金山 博臣, 共編者(共編著者), メディカルレビュー社,   2010年10月, 4779206065
  • 腎がんにおける分子標的薬使用患者への実践!対応マニュアル チーム医療に携わる薬剤師編, 植村 天受, メディカルレビュー社,   2009年11月, 4779204305
  • 腎がんにおける分子標的薬使用患者への実践!対応マニュアル 看, 植村天受, 冨田善彦, 大家基嗣, 共編者(共編著者), メディカルレビュー社,   2009年10月30日, 4779204291
  • 腎がんにおける分子標的薬使用患者への実践!対応マニュアル, 植村, 天受, 冨田, 善彦, 大家, 基嗣, メディカルレビュー社,   2009年10月, 9784779204302
  • Year Book of RCC (2008), 富田 善彦, 金山 博臣, 植村 天受, 篠原 信雄, 共著, メディカルレビュー社,   2008年08月, 4779202728
  • Year Book of RCC, 冨田, 善彦, 金山, 博臣, 植村, 天受, 篠原, 信雄, メディカルレビュー社,   2008年, 9784779202728
  • 先端医療シリーズ7・泌尿器科 診断と治療の最前線: 造血肝細胞移植, 植村 天受, 単著, 先端医療技術研究所(東京, 日本),   2000年
  • 尿路悪性腫瘍における新しいbiomarker, 植村 天受, 単著, 協和企画(東京,日本),   2000年
  • Anti-idiotype antibodies resembling the renal cell carcinoma-associated antiggen development. in Idiotypes in Medicine. Autoimmunity, 植村 天受, Infection and Cancer, Elsevier Science,   1997年
    概要:Uemura H and Oosterwjik E.
  • Tools for vaccination and immunotherapy; (internal image anti-idiotype antibodies resembling the renal cell carcinoma-associated antigen development). in ;Complementary Research on Renal Cell Carcinoma, 植村 天受, Springer-Verlag,   1995年
    概要:Uemura H, Oosterwjik E, Deburyne FMJ.

講演・口頭発表等

  • 腎細胞がんの診断と治療, 植村天受, 大阪泌尿器科臨床医会 40周年記念式典企業セミナ- 〜泌尿器がん治療の未来〜,   2017年11月
  • CRPC治療の現状と最適化にむけた取り組み, 植村天受, 千葉CRPC講演会2017,   2017年10月
  • 明らかになってきたロゼレムの可能性, 植村天受, 現代型不眠エキスパートフォーラム〜ロゼレムの可能性を探る〜,   2017年07月
  • 腎細胞癌治療における免疫チェックポイント阻害薬1-0 drug の位置づけ, 植村天受, Tokyo RCC Immuno-Oncology Seminar,   2017年03月17日
  • 前立腺癌治療UPDATE, 植村天受, Expert Seminar,   2017年03月
  • 去勢抵抗性前立腺癌の治療を再考する, 植村天受, 前立腺癌学術講演,   2017年02月
  • CRPC における抗がん剤の位置づけ, 植村天受, CRPC 治療戦略講演会,   2017年02月
  • PTENノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるJAK 1/2 阻害による腫瘍増殖及び転移抑制効果の検討, 植村天受, 倉 由吏恵, 森 康範, 畑中祐二, 沖 貴士, 杉本公一, 吉村一宏, 野澤昌弘, 吉川和宏, 西尾和人, 近大ゲノム, デベラスコ・マルコ(近大, 近大ゲノム, 第75回 日本癌学会学術総会,   2016年10月
  • CRPC治療の現状tp最適化にむけた取り組み・ジェブタナの使用経験から見えてきた新たな治療選択, 植村天受, 第54回 日本癌治療学会学術集会,   2016年10月
  • 実臨床における腎がん薬物療法, 植村天受, 第35回 うつくしま泌尿器科研究会,   2016年09月
  • Controversy in treatment of advanced prostate cancer, 植村天受, 第14回 日本臨床腫瘍学会学術集会,   2016年07月
  • ヴォトリエントの使用経験から学んだこと, 植村天受, CORE@Webcast 2016,   2016年04月
  • Effects of increased dieyary fat consumption on prostate cancer progression in genetically engineered mice, 植村天受, AACR,   2016年04月
  • マウス前立腺癌モデルを用いたAKT阻害薬 AZD 5356の抗腫瘍効果, 植村天受, 倉 由吏恵, 清水信貴, 吉村一宏, 野澤昌弘, 吉川和宏, 西尾和人, 近大ゲノム, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, 第74回 日本癌学会学術総会,   2015年10月
  • mRCCにおける新しい治療戦略, 植村天受, わかしゃち泌尿器科セミナ-,   2015年10月
  • 転移性腎癌に対する集学的治療 −ソラフェニブの立ち位置は-, 植村天受, 第7回 信州腎癌研究会,   2015年10月
  • 前立腺癌に対する基礎研究から臨床研究, 植村天受, 第5回 千葉21世紀泌尿器科セミナ-,   2015年09月
  • 前立腺癌の基礎研究から臨床応用まで, 植村天受, 第106回 徳島県泌尿器科疾患研究会,   2015年08月
  • mRCCにおける新しい治療戦略, 植村天受, RCC Forum 栃木,   2015年07月
  • CRPCにおける抗がん剤の位置付け, 植村天受, ナナクマ Urologic Cancer Seminar,   2015年07月
  • CRPCにおける抗がん剤の位置づけ, 植村天受, 高値前立腺がんフォ−ラム,   2015年06月
  • m RCCにおける新しい治療戦略, 植村天受, RCC Clinical Camp in 茨城,   2015年06月
  • CRPCにおける抗がん剤の位置づけ, 植村天受, 前立腺がん治療を考える会,   2015年05月
  • 進行性腎細胞癌に対する集学的治療と今後の展望, 植村天受, 山口RCCチ−ム医療懇話会,   2015年04月
  • 進行性腎細胞癌に対する集学的治療と今後の展望, 植村天受, 第258回 岡山泌尿器科カンファレンス,   2015年02月
  • 今後のCRPCに対する治療戦略, 植村天受, ジェブタナ?発売記念学術講演会,   2014年11月
  • 高齢者における不眠症の課題, 植村天受, 睡眠医療UP-TO-DATE,   2014年10月
  • 進行性腎細胞癌に対する集学的治療と今後の展望, 植村天受, 第17回奈良県医師会泌尿器科部会分科会 奈良腎腫瘍研究会,   2014年10月
  • 去勢抵抗性前立腺癌の新たな治療戦略, 植村天受, Fujita Zytiga Launch Symposium,   2014年10月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対する新規治療薬(アビラテロン・エンザリタミド・カバジタキセル)の使用経験について, 植村天受, 吉村一宏, 野沢昌弘, 能勢和宏, 南高文, 山本豊, 清水信貴, 齋藤允孝, 大關孝之, 安富正悟, 橋本士, 明石泰典, 第79回 日本泌尿器科学会東部総会,   2014年10月
  • 去勢抵抗性前立腺癌の新たな治療戦略〜CYP17阻害剤アビラテロンとは〜, 植村天受, CRPC講演会in Nagoya,   2014年10月
  • 今後のCRPCに対する治療戦略, 植村天受, 山形前立腺癌 学会講演会,   2014年09月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に挑む〜ジェブタナ〜, 植村天受, ジェブタナ発売記念 WEBカンファレンス,   2014年09月
  • Optimal Sequencing of Current Medical Therapies, 植村天受, The 31st Japn-Korea Urological Congress 第31回日韓泌尿器科会議 ランチョンセミナ-,   2014年09月
  • Management of Advanced Renal Cell Carcinoma, 植村天受, The 31st Japn-Korea Urological Congress 第31回日韓泌尿器科会議,   2014年09月
  • 前立腺癌自然発生マウスモデル PTEN KO マウスより、 PTEN/p53ダブルKOマウスを確立し、その有用性について報告する, 植村天受, 倉由吏恵, 畑中祐二, 山本豊, 清水信貴, 吉村一宏, 野澤昌弘, 吉川和宏, 西尾和人, 近大ゲノム, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, 第73回 日本癌学会学術総会,   2014年09月
  • 去勢抵抗線前立腺癌の新たな治療戦略〜CYP17阻害薬アビラテロンとは〜, 植村天受, ザイティガ錠発売記念講演会,   2014年09月
  • 転移性腎細胞癌における集学的治療アプローチ, 植村天受, 第52回 日本癌治療学会学術集会,   2014年08月
  • 去勢抵抗性前立腺癌の治療 UP TO DATE, 植村天受, 第75回 TEUS Tokyo Expert Urology Seminar,   2014年08月
  • 腎細胞癌に対するヴォトリエントの使用経験, 植村天受, 神戸腎細胞がん治療講演会,   2014年07月
  • 進行性腎細胞癌の集学的治療と今後の展開, 植村天受, 壬生腎がんセミナ-,   2014年05月
  • Functional evaluation of synchronous inactivation of PTEN and P53 in a murine model of prostate cancer, 植村天受, 倉由吏恵, 安藤直美, 福島恵美子, 畑中祐二, 山本豊, 清水信貴, 吉村一宏, 野沢昌弘, 吉川和宏, 西尾和人, 近大ゲノム, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, AACR,   2014年04月
  • 腎癌に対する分子標的薬を用いたPresurgical therapy, 植村天受, 第102回日本泌尿器科学会総会,   2014年04月
  • アビラテロン酢酸エステル(AA)の第?相試験:化学療法末治療の転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)患者に対する有効性と安全性, 植村天受, 松原伸晃, 独立行政法人国立がん研究センター東病院, 佐藤威文, 時田大輔, ヤンセンファーマ, 研究開発本部, 赤座英之, 東京大学先端科学技術研究センター, 第102回日本泌尿器科学会総会,   2014年04月
  • 前立腺癌マウスモデルにおけるがん抑制遺伝子PTENおよびp53の相互作用の検討, 植村天受, 倉由吏恵, 安藤直美, 福島恵美子, 畑中祐二, 山本豊, 清水信貴, 野沢昌弘, 吉村一宏, 吉川和宏, 愛知医科大学病院細胞治療センタ, 西尾和人, 近大ゲノム, マルコデベラスコ(近大, 近大ゲノム, 第102回日本泌尿器科学会総会,   2014年04月
  • 腎癌治療の変革-腎癌における分子標的治療の成績と問題点, 植村天受, 第12回 日本泌尿器科学会プレスセミナ−,   2014年03月
  • 腎がん薬物治療レビュ-, 植村天受, CORE-J 2014,   2014年03月
  • Peptide vaccines with low-dose dexamethasone versus dexamethasone alone for chemotherapy-naive castration resistant prostate cancer a randomized phase II study, 植村天受, Kimura T, 南高文, 吉村一宏, 野澤昌弘, Egawa S, Fujimoto H, Yamada A, Itou K, ASCO-GU,   2014年01月
  • 今後のCRPCに対する治療戦略, 植村天受, 前立腺癌化学療法学術講演会,   2014年01月
  • 腎細胞がんにおける ヴォトリエントの使用経験, 植村天受, GSK Urology Conference in 盛岡 〜First Announcement〜,   2014年01月
  • 最新知見に基づく腎がんの最適な薬物治療 −今できる個別化医療とは何か-, 植村天受, Pfizer Oncology Web Symposium RCC2014,   2014年01月
  • 前立腺癌治療の歴史, 植村天受, Prostate Cancer Seminar in Sapporo〜去勢抵抗性前立腺癌治療のパラダイムシフト〜,   2014年01月
  • 泌尿器科医による進行性腎細胞癌に対する集学的治療, 植村天受, 腎細胞癌 学術講演会,   2014年01月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対する治療の最前線, 植村天受, 宮崎泌尿器セミナ-のご案内,   2014年01月
  • 進行性腎細胞癌に対する集学的治療, 植村天受, RCC大阪メディカルスタッフseminar,   2013年11月
  • 泌尿器科医からみた転移性腎癌治療の新たなる展開, 植村天受, 平成25年度 大阪泌尿器科臨床医会 第64回 学術集会(大阪府医師会協賛),   2013年11月
  • 泌尿器がんに対するペプチドワクチン療法, 植村天受, 第10回 がんワクチン療法研究会(AsCaVaTh)学術集会,   2013年11月
  • 維持透析患者に対するカルニチン製剤補充療法の検討, 米田 雅美, 原 弘道, 早川 敬, 嶋津 秀紀, 今西 正昭, 畑中 祐二, 安田 宗生, 佐藤 弘章, 石井 徳味, 谷山 佳弘, 植村 天受, 有馬 秀二, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年10月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会
  • 前立腺癌におけるBone Management, 植村天受, 第6回 千葉泌尿器オンコロジ-研究会,   2013年10月
  • 睡眠障害と夜間頻尿, 植村天受, 第20回 日本排尿機能学会,   2013年09月
  • 腎細胞癌薬物療法における現状と展望, 植村天受, 秋田腎癌分子標的治療カンファレンス〜インライタ発売12周年記念〜,   2013年08月
  • Paradigm shift for treatment of mRCC by urologist, 植村天受, 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2013年08月
  • 腹膜透析中に左腰背部痛を契機として診断された左腎癌の一例, 中野 志仁, 大西 佐代子, 井上 裕紀, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 石井 徳味, 小林 泰之, 植村 天受, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年06月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会
  • Preclinical responses of the MEK inhibitor AZD6244 in a genetically modified mouse model of prostate cancer., 植村天受, 倉由吏恵, 安藤直美, 福島恵美子, 畑中祐二, 山本豊, 清水信貴, 野澤昌弘, 吉村一宏, 吉川和宏, 愛知医科大細胞治療センター, 西尾和人, 近大ゲノム, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, American Association for Cancer Research ANNUAL MEETING2013,   2013年04月
  • Combination therapy of peptide vaccines and dexamethasone for chemotherapy naive castration resistant prostate cancer - a randomized phase-2 study, 植村天受, 木村高弘, 吉村一宏, 南高文, 野澤昌弘, 近大, T.Nakagawa, 藤本博行, 研究センター, 頴川晋, 慈恵医大, 山田亮, 伊藤恭悟, 28th Annual EAU Congress,   2013年03月
  • 腎細胞癌薬物療法の新たなる展開 〜インライタ登場によりアルゴリズムはどう変わるか〜, 植村天受, 大阪メデイカルスタッフ懇話会2013,   2013年03月
  • 腎細胞癌薬物療法の新たなる展開 〜インライタ登場によりアルゴリズムはどう変わるか〜, 植村天受, RCC治療戦略 in 北九州,   2013年02月
  • Synchronous inacilvation of PTEN and p53 accelerates 前立腺癌のPTEN・P53ダブルノックアウトによる相乗効果, 植村天受, 倉由史恵, 安藤直美, 福島恵美子, 畑中祐二, 山本豊, 清水信貴, 吉村一宏, 野澤昌弘, 吉川和宏, 西尾和人, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, 第72回日本癌学会学術総会,   2013年01月
  • 腎細胞癌薬物療法の新たなる展開 〜インライタ登場によりアルゴリズムはどう変わるか〜, 植村天受, 千葉泌尿器疾患セミナ-,   2013年01月
  • 腎細胞癌薬物療法の新たなる展開〜インライタ登場によりアルゴリズムはどう変わるか〜, 植村天受, 徳島腎細胞癌フォーラム2012〜インライタ錠 新発売記念〜,   2012年11月
  • 腎細胞癌薬物療法の新たな展開 〜インライタ登場によりアルゴリズムはどう変わるか?〜, 植村天受, インライタ発売記念講演 in Matsumoto,   2012年11月
  • 腎癌治療最新トピックス〜分子標的薬新時代におけるネクサバールの使い方〜, 植村天受, 第64回日本泌尿器科学会西日本総会,   2012年11月
  • 長期継続のための副作用対策の実際, 植村天受, Pfizer Oncology Web Symposium RCC,   2012年10月
  • 腎癌薬物治療における新しい時代の幕開け, 植村天受, 三宅秀明, 大大学院医学研, 第50回 日本癌治療学会学術集会,   2012年10月
  • 去勢抵抗性再燃前立腺癌に対するペプチドワクチン療法-第2相前向きランダム化試験-, 植村天受, 第50回 日本癌治療学会学術集会,   2012年10月
  • Breakout session I facilitators, 植村天受, Asia Pacific Prostate Cancer Regional Conference,   2012年10月
  • 泌尿器科癌治療の UP TO DATE, 植村天受, 第8回 南大阪がん地域連携会,   2012年10月
  • 腎細胞癌薬物療法の新たなる展開〜インライタ登場によりアルゴリズムはどう変わるか〜, 植村天受, インライタ錠 新発売記念 Pfizer RCC Symposium in 愛媛,   2012年10月01日
  • The Clinical Role of Peptide Vaccines for CRPC-Prospective Randomized Study of Peptide Vaccination vs Steroid Hormone Alone, 植村天受, 6th Annual WUOF Conference,   2012年09月
  • 転移性腎がんに対するMHCクラス1療法の役割, 植村天受, 吉村一宏, 南高文, デベラスコマルコ, 第71回 日本癌学会学術総会,   2012年09月
  • 転移性腎癌に対する治療戦略 −本邦における Sorafenibの位置づけー, 植村天受, 四国泌尿器腫瘍講演会,   2012年08月
  • 腎癌分子標的薬治療の現状と展望, 植村天受, 第13回泌尿器科CPC,   2012年07月
  • Phase III AXIS trial of axitinib vs sorafenib in patients with metastatic renal cell carcinoma:Asian subgroup analysis, 植村天受, Yen-Chuan Ou, 台湾ベテラン総合病院, Ho Yeong Li, 医療センター, 冨田善彦, 植田 健(千葉県がんセンター, Hari Menon, Jinsoo Chang, Jun Guo, Jamal Tarazi, Sinil Kim, 内藤誠二, 赤座英之, 東京大学先端科学技術研究センター, The 10th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Oncology 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月
  • 「腎細胞癌薬物療法の新たな展開」 〜インライタ登場によりアルゴリズムはどう変わるか?〜, 植村天受, Tokyo Metrolitan Torisel Study Kick off Meeting,   2012年07月
  • 腎癌の分子標的薬−自験例からみた適正使用−, 植村天受, 第28回腎移植・血管外科研究会,   2012年07月
  • 日本人転移性腎癌患者におけるaxitinibの有効性・安全性の検討-axitinib国際共同第?相試験(AXIS TRIAL)サブグループ解析-, 植村天受, 植田 健(千葉県がんセンタ, 冨田善彦, 塚本泰司, 幌医科大, 金山博臣, 徳島大大学院ヘルスバイオサイエンス研, 第100回日本泌尿器科学会総会,   2012年04月
  • 不完全型房室中隔欠損を伴った腎盂尿管移行部狭窄症の1例, 三宅 俊治, 岡田 満, 篠原 徹, 竹村 司, 林 泰司, 植村 天受, 第44回近畿小児腎臓病研究会,   2012年03月, 第44回近畿小児腎臓病研究会
    概要:症例は4歳7か月の女児.主訴:腹痛・嘔吐.既往歴:計8回同様の腹痛・嘔吐.腹痛・嘔吐で受診した急病センターで心雑音・発育不良を指摘され.近医で不完全型房室中隔欠損と診断.心臓精査目的で当科受診前日の夕食後から腹痛・嘔吐を認めた.腹部は平坦で,腸雑音の亢進はなく.左下腹部に便塊を触知.腹部立位XPでは,イレウス像(−).尿検査でアセトン体(+++),潜血(-).浣腸・点滴で,症状は軽快し,便秘症・アセトン血性嘔吐症と診断.心エコーで不完全型房室中隔欠損,僧帽弁閉鎖不全,左上大静脈左房還流と診断.腹痛発作後8日目の腹部超音波検査で左腎盂拡張・腎盂壁の著明な肥厚を認めた.順行性尿路造影で,腎盂尿管移行部狭窄と診断,腹腔鏡下腎盂尿管新吻合術を施行.術後4日の多量の排便後,浣腸は不要となり,以後腹痛・嘔吐を認めず,5歳7か月で心内修復術を施行したが,術後に腹部症状を認めず.結語:繰り返す腹痛・嘔吐症では,間欠的水腎
  • 前立腺疾患治療―最近の話題―, 植村 天受, 臨床泌尿器科懇話会〜今後の泌尿器科診療を考える〜,   2012年03月, 臨床泌尿器科懇話会〜今後の泌尿器科診療を考える〜
  • “Triggers”for SRM Treatment (Markers for SRM Progression), 植村天受, 32nd SIU Conference,   2012年01月
  • 本邦におけるmTOR阻害剤エベロリムス使用腎癌患者に関する後方観察研究―第3報―, 植村 天受, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 千葉県がんセンター, 第61回日本泌尿器科学会中部総会,   2011年11月, 第61回日本泌尿器科学会中部総会
  • New therapies for kidney cancer, 植村 天受, C2 Retreat 2011,   2011年11月, C2 Retreat 2011
  • 「進行腎癌に対する薬物療法の現状」, 植村天受, NEXT ERA IN RCC,   2011年11月
  • 大学病院における標準癌治療と先進医療, 植村 天受, 泌尿器科フォーラムSAKAI,   2011年10月, 泌尿器科フォーラムSAKAI
  • 前立腺がんの手術療法と薬物療法について, 植村 天受, Blue Clover Campaign 2011,   2011年10月, Blue Clover Campaign 2011
  • Use of prostate-specific PTEN conditional knockout mice in prostate cancer prevention and intervention research, 植村 天受, 田中 基幹, 小池 浩之, 山本 豊, 畑中 祐二, 王 一, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 西尾 和人, デベラスコ マルコ アントニオ, 第70回日本癌学会総会,   2011年10月, 第70回日本癌学会総会
  • Lumican expression prostate cancer, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 畑中 祐二, 山本 豊, 田中 基幹, 清水 信貴, 児玉 光正, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 医学部泌尿器科学教室, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月, 第70回日本癌学会学術総会
  • F-FDG PET/CT にてsuperscanを呈した腎癌骨転移の1例, 兵頭 朋子, 石井 一成, 植村 天受, 村上 卓道, 阪本 祐一, 中村, 第44回日本核医学会近畿地方会,   2011年07月, 第44回日本核医学会近畿地方会
  • 「分子標的薬による腎癌治療の進歩」, 植村天受, 弘前RCC学術講演会,   2011年07月
  • 「分子標的薬による腎細胞癌治療の進歩」, 植村天受, 第1回 千葉オンコロジ−・ベイフォ−ラム,   2011年06月
  • Systemic transduction of p16 INK4A anti-tumor peptide inhibits growth of mbt-2 bladder tumor cell line graft in mice, 植村 天受, Tsukuba, Aichi, Hitachi, Tsukuba, Nasushiobara, Nagoya, AUA Annual Meeting,   2011年05月, AUA Annual Meeting
  • A phase I trial of vegfr1 peptide vaccines for patients with metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, AUA Auual Meeting,   2011年05月, AUA Auual Meeting
  • 進行性腎癌に対する分子標的薬を用いた今後の治療, 植村 天受, 第99回日本泌尿器科学会総会,   2011年04月, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • サイトカイン治療抵抗性腎細胞癌患者に対するアキシチニブの第II相試験―有効性、安全性及びバイオマーカーの検討―, 植村 天受, 国立がん研究センタ, 中央病院, 東京女子医科大学東医療センター, 静岡県立静岡がんセンター, 東京大学先端科学技術研究センターシステム生物医学, 第99回日本泌尿器科学会総会,   2011年04月, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • Sorafenib inhibits tumor development and growth in a transgenic mouse model of prostate cancer, 植村 天受, 畑中 祐二, 泉 あやか, 岡崎 絵莉奈, 土井 万貴子, 田中 基幹, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 西尾 和人, デベラスコ マルコ アントニオ, 102nd Auual Meeting AACR,   2011年04月, 102nd Auual Meeting AACR
  • 「(仮)トーリセルの副作用マネジメントから見たmRCC治療の考え方」, 植村天受, 腎細胞癌薬物療法学術講演会,   2011年04月
  • アフィニト−ルの日本人における使用経験−1年で学んだこと(仮題), 植村天受, CORE-J 2011 Meeting Agenda,   2011年04月
  • 腎癌に対する分子標的治療 〜使用経験と工夫〜, 植村天受, Cutting edge of Urology 2011,   2011年03月
  • Experience sharing for sequential use of targeted agents and AE management in mRCC, 植村 天受, Asia-Pacific Uro-Oncology Summit 2011,   2011年01月, Asia-Pacific Uro-Oncology Summit 2011
  • Anti-cancer effect of zoledronic acid in prostate cancer, 植村 天受, Asia-Pacific Uro-Oncology Summit 2011,   2011年01月, Asia-Pacific Uro-Oncology Summit 2011
  • 「大学病院における標準癌治療と先進医療」, 植村天受, 泌尿器科フォ−ラムSAKAI,   2011年01月
  • 「前立腺がんの手術療法と薬物療法について」, 植村天受, Blue Clouer Campaign 2011 前立腺がんを考える〜大阪府の前立腺がん治療について〜,   2011年01月
  • 「腎細胞癌に対する分子標的薬治療の変遷ー現状と今後の課題-」, 植村天受, 鳥取 腎細胞癌学術セミナ-,   2011年01月
  • 腎癌治療における分子標的薬の今後の展望, 植村 天受, 第60回日本泌尿器科学会中部総会,   2010年12月, 第60回日本泌尿器科学会中部総会
  • 転移性腎がんに対する薬物治療の新展開, 植村 天受, 第48回日本癌治療学会学術集会,   2010年10月, 第48回日本癌治療学会学術集会
  • 再燃前立腺癌に対する治療戦略, 植村 天受, 第2回山口ウロ・オンコロジーフォーラム,   2010年10月, 第2回山口ウロ・オンコロジーフォーラム
  • Breast and renal cell carcinomas; Improving outcomes by targeting shared signaling pathways., 植村 天受, 浜松オンコロジーセンター, San Camillo Forlanini, 第48回日本癌治療学会学術集会,   2010年10月, 第48回日本癌治療学会学術集会
  • 転移性腎癌に対する薬物治療の新展開, 植村天受, 第48回日本癌治療学会学術集会,   2010年10月
  • アフィニトールによる転移性腎細胞癌の新治療戦略, 植村天受, アフィニトール発売記念講演会 in Kanagawa,   2010年10月
  • 進行性腎細胞癌治療の新しい戦略, 植村 天受, 第3回千葉Urology Forum,   2010年09月, 第3回千葉Urology Forum
  • Systemic transduction of p16INK4A anti-tumor peptide inhibits growth of MBT-2 bladder tumor cell line graft in mice, 植村 天受, 筑波大学医学部泌尿器科学, 愛知医科大学臨床試験センター, 日立総合病院泌尿器科, 筑波大学医学部泌尿器科学, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月, 第69回日本癌学会学術総会
  • 転移性腎癌に対する薬物療法の現状と今後の展望, 植村天受, 第23回泌尿器癌懇話会 学術講演会,   2010年09月
  • 腎細胞がんにおける治療最前線, 植村 天受, アフィニトール発売記念講演会,   2010年08月, アフィニトール発売記念講演会
  • 知って得する前立腺がん, 植村 天受, 市民がん撲滅講座,   2010年07月, 市民がん撲滅講座
  • (仮) 転移性腎細胞癌の薬物治療の今後の展望 〜エベロリムスの使用経験を踏まえて〜, 植村天受, 徳島 腎細胞癌治療セミナ― アフィニトール 発売記念講演会,   2010年07月
  • 転移性腎癌の薬物治療, 植村天受, 腎癌治療セミナーin OITA,   2010年07月
  • 転移性腎細胞癌に対する薬物治療と今後の展望〜エベロリムスの使用経験を踏まえて〜, 植村天受, 多摩アフィニトール発売記念講演会,   2010年07月
  • 転移性腎細胞癌に対する薬物治療と今後の展望〜エベロリムスの使用経験を踏まえて〜, 植村天受, アフィニトール学術講演会,   2010年06月
  • 日本人腎細胞癌患者におけるスニチニブ単剤投与の全生存期間-第?相臨床試験(第2報), 植村 天受, 徳島大学大学院泌尿器科学, 国立がんセンター中央病院泌尿器科, 北海道大学大学院泌尿器科学, 山形大学医学部泌尿器科学, 静岡がんセンター泌尿器科, 秋田大学医学部泌尿器科学, 九州がんセンター泌尿器科, 浜松医科大学泌尿器科学, 大阪大学大学院泌尿器科学, 京都府立医科大学泌尿器科学, 九州大学大学院泌尿器科学, 筑波大学大学院泌尿器科学, 第98回日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
  • 転移を有する腎細胞癌患者に対するエベロリムス(RAD001)のランダム化、二重盲検、ブラセボ対照、多施設共同第?相試験(RECORD-1試験)日本人サブグループでの検討, 植村 天受, 静岡がんセンター泌尿器科, 北海道大学大学院泌尿器科学, 札幌医科大学泌尿器科学, 秋田大学医学部泌尿器科学, 栃木県立がんセンター泌尿器科, 千葉県立がんセンタ, 泌尿器科, 国立がんセンター中央病院泌尿器科, 大阪府立成人病センタ, 泌尿器科, 倉敷中央病院泌尿器科, 徳島大学大学院泌尿器科学, 四国がんセンター泌尿器科, 九州大学大学院泌尿器科学, ノバルティスファーマ, ノバルティスファーマ, 筑波大学大学院泌尿器科学, 第98回日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
  • 酢酸クロルマジノンによる前立腺肥大症患者の血中PSA値に与える影響, 植村 天受, 辻 秀憲, 朴 英哲, 群馬大学大学院泌尿器科学, 群馬大学大学院泌尿器科学, 奈良県立医科大学泌尿器科学, 奈良県立医科大学泌尿器科学, 東京大学大学院泌尿器科学, 昭和大学医学部泌尿器科学, 昭和大学医学部泌尿器科学, 昭和大学医学部泌尿器科学, 第98回日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
  • 機能性ペプチド導入による腎細胞癌に対する新しい分子標的治療, 植村 天受, デベラスコ マルコ, アントニオ, 愛知医科大学泌尿器科学臨床試験センター, 愛知医科大学泌尿器科学臨床試験センター, 愛知医科大学泌尿器科学臨床試験センター, 愛知医科大学泌尿器科学臨床試験センター, 愛知医科大学泌尿器科学臨床試験センター, 筑波大学大学院人間総合科学研究科泌尿器科学, 筑波大学大学院人間総合科学研究科泌尿器科学, 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科病理学, 名古屋市立大学腫瘍免疫内科, 第98回日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
  • オステオポンチンsiRNAによる腎結石抑制効果の検討, 辻 秀憲, 清水 信貴, 梅川 徹, 植村 天受, 第98回日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
    概要:【目的】オステオポンチン(OPN)は尿路結石形成に対して重要な働きをもつが、その作用はin vitroでは多機能性を有する。今回、結石形成ラット腎にin vivo OPNsiRNA transfectionを行い、結石形成への影響をみた。【方法】target sequenceは、5’AAGGCGCATTACAGCAAACAC3’(5’167―185 3’)。A:コントロール群, B:1.5%エチレングリコール(EG)投与群, C:ラットの尾静脈よりリポフェクションにてOPNsiRNAをtransfectionさせた群, D:腎被膜下にAteloGeneTMを用いてOPNsiRNAを注入した群 を作成。C,D群は1週毎の投与で、3週目に摘出腎のOPN mRNA/OPNタンパク質レベルをリアルタイムPCRにより測定した。尿細管内の結晶沈着と腎組織のカルシウム含有量を原子吸光分析で計測した。【結果・考察】OPNの発現はmRNAで&&蛋白で&&&。尿細管内の結晶沈着はC,D群で有意な減少を認めた。カルシウム含有量はB群:0.143±0.036,C群:0.077±0.003,D群:0.065±0.021でOPNsiRNA transfection群では有意に減少した。OPNはin vivoで全体としては結石形成に促進的に作用
  • Use of nesr infrared fluorescence imaging to determine tumor burden in genetically engineered mice, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 西尾 和人, 愛知医科大学臨床試験センター, 中外製薬, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 101th Annunal Meeting of the American for Cancer Research,   2010年04月, 101th Annunal Meeting of the American for Cancer Research
  • The effects of whole body hyperthermia on tumor growth by a novel far infrared emitter, 植村 天受, デベラスコ マルコ, アントニオ, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 愛知医科大学臨床試験センター, 101st Annual Meeting of American for Cancer Research,   2010年04月, 101st Annual Meeting of American for Cancer Research
  • 泌尿器科臨床医と基礎研究, 植村天受, 第98回 日本泌尿器科学会総会,   2010年04月, 第98回日本泌尿器科学会総会
  • 「mTOR 阻害剤による転移性腎細胞癌の新治療戦略」, 植村天受, 第98回 日本泌尿器科学会総会,   2010年04月
  • Asian experience with the use of novel agents for the treatement of mRCC, 植村 天受, 8th Asia Pacific Oncology Summit,   2010年03月, 8th Asia Pacific Oncology Summit
  • A phase II study of VEGFR1 peptide vaccines for metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 野澤 昌弘, 南 高文, 吉村 一宏, 2010 ASCO-GU,   2010年03月, 2010 ASCO-GU
  • 「転移性腎癌に対する薬物療法」 -分子標的治療の現状と展望−, 植村天受, 旭川RCC セミナ−2010,   2010年03月
  • 転移性腎細胞がんに対する薬物治療, 植村天受, 第8回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2010年03月
  • A phase ?/?study of VEGFR1 peptide vaccines for metastatic renal cell carcinoma, 植村天受, デベラスコ・マルコ, 野澤昌弘, 南 高文, 吉村一宏, 2010 Genitourinary Cancer Symposium,   2010年03月
  • 転移性腎癌に対する治療戦略の実際, 植村天受, 奈良県スーテント学術講演会,   2010年02月
  • 進行性腎細胞癌における治療の実際, 植村天受, 福岡腎癌フォーラム2010,   2010年02月
  • 進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の役割, 植村天受, スーテント発売1周年記念講演会,   2010年02月
  • 腎細胞癌の薬物療法, 植村天受, Clinical Oncology Meeting RCC2010,   2010年02月
  • 転移性腎癌に対する薬物治療と今後の展望, 植村天受, 第12回秋田県尿路腫瘍研究会 第72回秋田県泌尿器科集談会,   2010年02月
  • 腎細胞癌に対するTKI-mTOR阻害薬治療:現状と課題, 植村天受, ト−リセル発売記念講演会 in Tokyo,   2010年01月21日
  • 前立腺肥大症治療における5α還元酵素阻害剤の有用性, 植村 天受, 南大阪アボルブ発売1周年記念講演会,   2010年, 南大阪アボルブ発売1周年記念講演会
  • 泌尿器癌治療における医師主導多施設共同研究について, 植村天受, 第22回日本バイオセラピィ学会学術集会総会,   2009年11月
  • 分子標的薬治療を最適化するDuration戦略, 植村天受, Pfizer Oncology Symposium RCC -For Achieving Optimal Benefit-,   2009年11月
  • 膀胱原発腺癌に対しTS-1+CDDP療法を行った2症例, 林 泰司, 野澤 昌弘, 大関 孝之, 石井 徳味, 植村 天受, 第59回日本泌尿器科学会中部総会,   2009年10月, 第59回日本泌尿器科学会中部総会
  • 抗CMV抗体陽性ドナーから陰性レシピエントへの腎移植症例の検討, 林 泰司, 石井 徳味, 沖 貴士, 吉村 一宏, 植村 天受, 第21回腎移植免疫研究会,   2009年10月, 第21回腎移植免疫研究会
  • Use of near infrared fluorescence imaging to determine tumor burden in genetically engineered mice, 植村天受, 吉川和宏, 田中基幹, 西尾和人, マルコデべラスコ(近大ゲノム, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月
  • 転移性腎細胞癌の薬物療法の行方は? ケーススタディとQ&A− あなたならどう治療する, 植村天受, 第59回日本泌尿器科学会中部総会,   2009年10月
  • 転移性腎癌に対する治療の行方は?ーケーススタディとQ&Aー, 植村天受, 第2回広島RCCコロキウム,   2009年10月
  • Prostate cancer, 植村天受, Apssam Osaka Japan 2009,   2009年10月
  • A phase I/II study of personalized peptide vaccination therapy for castration resistant prostate cancer, 植村 天受, 南 高文, デベラスコ マルコ アントニオ, 上島 成也, 奈良県立医科大学泌尿器科, 奈良県立医科大学泌尿器科, 久留米大学免疫学, URS 25th Annual Meeting,   2009年08月, URS 25th Annual Meeting
  • A phase ?/?study of personalized peptide vaccination therapy for castration Resistant prostate cancer., 植村天受, 南 高文, デベラスコ・マルコ, 藤本清秀, 平尾佳彦, 奈良医大, 上島成也, 伊東恭吾, URS 25th Annual Meeting,   2009年08月
  • 「スーテント処方の工夫について」 −ケース study と Q&A -, 植村天受, スーテント発売1周年講演会,   2009年07月
  • 腎がんの予防・診断・治療と今後, 植村 天受, もっと知ってほしい「泌尿器のがん」のことin神戸,   2009年06月, もっと知ってほしい「泌尿器のがん」のことin神戸
  • 進行性前立腺癌の治療, 植村 天受, 日本臨床泌尿器科医会広島講演会,   2009年06月, 日本臨床泌尿器科医会広島講演会
  • 転移性腎癌に対する治療の現状, 植村天受, 目黒区泌尿器科医会,   2009年06月, 目黒区泌尿器科医会
  • 分子標的薬の効果と副作用ー投与の工夫についてー, 植村天受, スーテント発売1周年記念講演会,   2009年05月
  • 難治性サイトメガロウイルスに苦慮した生体腎移植の2症例, 林 泰司, 石井 徳味, 能勢 和宏, 森 康範, 植村 天受, 第97回日本泌尿器科学会総会,   2009年04月, 第97回日本泌尿器科学会総会
  • Insights into treatment efficacy in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma, 植村天受, 24thAnnual EAU Congress,   2009年03月, 24th Annual EAU Congress
  • 転移性腎癌に対する分子標的治療 -使用経験と副作用対策-, 植村天受, スーテント発売記念講演会,   2009年03月
  • A phase II study of carbonic anhydrase 9 peptide vaccines with interferon-alfa in advanced renal cell carcinoma, 植村 天受, 上島 成也, 田中 基幹, 南 高文, 2009 Genitourinary Cancers Symposium,   2009年02月, 2009 Genitourinary Cancers Symposium
  • 転移性腎癌に対する分子標的治療薬の使用経験, 植村天受, 第7回Tokyo Expert Urology Seminar,   2009年02月
  • 過活動膀胱患者へのイミダフェナシンの使用意義, 植村天受, 南大阪排尿障害セミナー,   2009年02月
  • 転移性腎細胞癌に対する新規分子標的薬による治療経験, 植村天受, SUTENT発売記念 三重県/腎癌フォーラム,   2008年12月
  • 慢性透析患者に発生した進行腎がんに対するソラフェニブの使用経験, 植村 天受, 大関 孝之, 野澤 昌弘, 吉川 元清, 中川 勝弘, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 田中 基幹, 梅川 徹, 石井 徳味, 第58回日本泌尿器科学会中部総会,   2008年11月, 第58回日本泌尿器科学会中部総会
  • 難治性前立腺癌に対する治療戦略ーBench to bed side back to benchーについて, 植村 天受, 第50回日本泌尿器科学会群馬地方会,   2008年11月, 第50回日本泌尿器科学会群馬地方会
  • mRCC治療における分子標的治療薬の挑戦, 植村 天受, 第58回日本泌尿器科学会中部総会サテライトシンポジウム,   2008年11月, 第58回日本泌尿器科学会中部総会サテライトシンポジウム
  • 泌尿器癌骨転移における治療戦略, 植村天受, 山口県 泌尿器癌骨転移セミナー,   2008年11月
  • 難治性腎細胞癌に対するペプチドワクチン療法, 植村天受, 南高文, 田中基幹, 上島成也, 平尾佳彦, 角田卓也, 中村祐輔, 第21回日本バイオセラピィ学術集会総会,   2008年11月, 第21回日本バイオセラピィ学会学術集会
  • 転移性腎細胞癌に対する新規分子標的薬による治療経験, 植村天受, 第46回日本癌治療学会総会,   2008年10月, 第46回日本癌治療学会総会
  • あきらめないで男性の排尿困難 −前立腺肥大症-, 植村天受, 第2回 河内長野市、大阪狭山市民のための公開講座 「わかりやすい排尿のお話」,   2008年10月, 第2回河内長野市・大阪狭山市民のための公開講座「わかりやすい排尿のお話」
  • 転移性腎癌に対する分子標的治療 - 標準治療アルゴリズムと使用経験 -, 植村天受, 腎細胞癌薬物療法学術講演会,   2008年10月, 腎細胞癌薬物療法学術講演会
  • A phase II study of the efficacy and safety of sunitinib in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma (mRCC), 植村 天受, 北海道大学医学部泌尿器科, 九州大学医学部泌尿器科, 筑波大学医学部泌尿器科, Urological Research Society,   2008年09月, Urological Research Society
  • A phase ll study of the efficacy and safety of sunitinib in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma(mRCC), 植村天受, 篠原 N, 内藤誠二, 赤座英之, Urological Research Society,   2008年09月
  • Using targeted treatments: case discussions, 植村 天受, 5th Asia Pacific Urology Summit,   2008年08月, 5th Asia Pacific Urology Summit
  • アンドロゲン非依存性前立腺がんに対する新しい治療戦略, 植村 天受, Expert Meeting in Urology,   2008年07月, Expert Meeting in Urology
  • ASCO 2008ー腎癌治療を中心にー, 植村 天受, ファイザーウロロジーTVシンポジム,   2008年06月, ファイザーウロロジーTVシンポジム
  • 転移性腎癌に対する治療の現状 ―新しい治療に対する期待と注意点―, 植村天受, 第74回神奈川県泌尿器科医会,   2008年06月, 第74回神奈川県泌尿器科医会
  • 転移性腎癌に対する治療の現状〜新しい治潦に対する期待と注意点〜, 植村天受, ネクサバール錠発売記念学術講演会,   2008年06月
  • 転移性腎癌に対する治療の変遷, 植村天受, 第1回 名古屋腎癌治療セミナー,   2008年06月
  • 本邦におけるPhase「臨床試験の有効性と安全性(RCC症例)」, 植村 天受, Pfizer Oncology Symposium,   2008年05月, Pfizer Oncology Symposium
  • 進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の展望, 植村 天受, RCC臨床治療研究会,   2008年05月, RCC臨床治療研究会
  • Phase I/II study of individualized peptide vaccines for HLA-A2/A24 positive patients with hormonerefractory prostate cancer, 植村 天受, 南 高文, 田中 基幹, 上島 成也, 奈良県立医科大学泌尿器科, 奈良県立医科大学泌尿器科, 久留米大学免疫学, ASCO 2008 Annual Meeting,   2008年05月, ASCO 2008 Annual Meeting
  • A phase ll study of the efficacy and safety of sunitinib in treatment-naive and pretreated japanese patients (pts)with metastatic renal cell carcinoma (mRCC), 植村天受, 篠原信雄, 内藤誠二, 赤座英之, 44th Annual Meeting of the American Society of ccccclinical oncology,   2008年05月
  • 脳外傷モデルを用いた排尿の変化, 清水 信貴, 伊藤 龍生, 伊藤 浩行, 植村 天受, 松本成史, 花井禎, 第96回日本泌尿器科学会総会,   2008年04月, 第96回日本泌尿器科学会総会
  • 進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の展望, 植村天受, 腎癌分子標的治療勉強会,   2008年04月
  • 転移性腎癌に対する治療の現状ー新しい治療に対する期待と注意点ー, 植村 天受, 第38回愛媛県泌尿器科医会,   2008年03月, 第38回愛媛県泌尿器科医会
  • ホルモン不応性再燃前立腺癌に対するぺプチドワクチンの有用性, 植村天受, 第8回ASPC研究会,   2008年03月
  • 転移性腎癌に対する治療の現状−新しい治潦に対する期待と注意点-, 植村天受, 第38回愛媛県泌尿器科医会,   2008年03月
  • 前立腺癌密封小線源治療後の排尿状態についての検討, 清水 信貴, 林 泰司, 南 高文, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 田原秀男, 第9回 南近畿排尿障害懇話会,   2008年02月, 第9回 南近畿排尿障害懇話会
  • 国内における分子標的治療薬の臨床展開(ネクサバール国内第?相試験結果より), 植村 天受, ネクサバール錠 承認記念シンポジウム,   2008年02月, ネクサバール錠 承認記念シンポジウム
  • 「国内における分子標的治潦薬の臨床展開」 (ネクサバール国内弟?相試験結果より), 植村天受, ネクサバール錠 承認記念シンポジウム,   2008年02月
  • 腎癌治療の新たなる時代を迎えて, 植村 天受, Nexavar Kickoff Meeting,   2007年12月, Nexavar Kickoff Meeting
  • 腎癌治療の新展開ー分子標的治療薬の使用経験について, 植村 天受, 第43回茨城腎癌研究会講演会,   2007年11月, 第43回茨城腎癌研究会講演会
  • 腎癌の外科手術:腹腔鏡手術, 植村 天受, 第57回日本泌尿器科学会中部総会,   2007年11月, 第57回日本泌尿器科学会中部総会
  • 近畿大学医学部人工透析部開設後30年間の臨床的検討, 植村 天受, 石井 徳味, 林 泰司, 佐藤 弘章, 鮫島 謙一, 第57回日本泌尿器科学会中部総会,   2007年11月, 第57回日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎癌治潦の新展開ー分子標的治療薬の使用経験について, 植村天受, 第43回茨城腎研究会講演会,   2007年11月
  • 尿道部分閉塞(BOO)ラットの膀胱血流量に対する塩酸タムスロシンの作用, 松本 成史, 花井 禎, 植村 天受, 奥津 紘子, 野口, 由紀子, 大竹, 昭良, 鈴木, 雅徳, 笹又 理央, 栗田 孝, 第14回日本排尿機能学会,   2007年10月, 第14回日本排尿機能学会
  • 難治性腎細胞癌に対する分子標的薬の使用経験, 植村 天受, 田中 基幹, 野澤 昌弘, 上島 成也, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
  • 進行腎癌に対するCA9ペプチドワクチン療法, 植村 天受, 第44回 日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第44回 日本癌治療学会総会
  • 新しい非侵襲ウロダイナミクス装置(膀胱内圧テレメトリー法)の開発とその有用性, 松本 成史, 植村 天受, 竹内 康人, 第14回日本排尿機能学会,   2007年10月, 第14回日本排尿機能学会
  • 高血圧と膀胱発癌の関係 −SHRを用いた膀胱発癌による検討−, 松本 成史, 田中 基幹, 上島 成也, 植村 天受, 第66回日本癌学会総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会総会
  • ラット閉塞膀胱を用いたPDE5 inhibitor(vardenafil)の膀胱保護効果についての検討, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 杉本 公一, 植村 天受, 第14回日本排尿機能学会,   2007年10月, 第14回日本排尿機能学会
  • サイトカイン療法抵抗性腎癌に対する新しい治療戦略, 植村 天受, 石井 徳味, 上島 成也, 清水 信貴, 秋山 隆弘, 市立貝塚病院, 第37回日本腎臓学会西部学術大会,   2007年10月, 第37回日本腎臓学会西部学術大会
  • Phase I/II study if CA9 peptide vaccination with interferon-alpha in cytokine refractory renal cancer patients, 植村 天受, 田中 基幹, 野澤 昌弘, 松本 成史, 上島 成也, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2007年10月, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • CA9 peptide vaccination in combination with interferon-alpha in HLA-A24 positive patients with cytokine refractory renal cell carcinoma, 植村天受, 上島成也, 清水信貴, 田中基幹, 藤本清秀, 平尾佳彦, 23rd Annual Urological Research Society Meeting,   2007年10月, 23rd Annual Meeting Urological Research Society
  • 前立腺癌の早期発見の重要性と最新治療, 植村 天受, ブルークローバー・キャンペーン2007,   2007年09月, ブルークローバー・キャンペーン2007
  • 高血圧と膀胱発癌の関係 −SHRを用いた膀胱発癌による検討−, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 第43回高血圧関連疾患モデル学会学術総会,   2007年09月, 第43回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
  • SHR、SHRSPを用いた高血圧と過活動膀胱の関連性に関する検討, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 第43回高血圧関連疾患モデル学会学術総会,   2007年09月, 第43回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
  • 右低形成腎由来尿管が膀胱憩室に開口し、逆流症を呈していた1症例, 松本 成史, 大関 孝之, 花井 禎, 植村 天受, 第2回大阪小児泌尿器疾患検討会,   2007年08月, 第2回大阪小児泌尿器疾患検討会
  • The Role of Elastin Fibers in the Bladder and Bladder Functions - Related with Bladder Outlet Obstruction -, 松本 成史, 杉本 公一, 花井 禎, 植村 天受, 伊藤 浩行, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2007年08月, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • PDE5 inhibitor (vardenafil) protects rat bladder from partial outlet obstruction-induced contractile dysfunction, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 杉本 公一, 渡邊 絵美, 植村 天受, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2007年08月, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • Effects of deep brain stimulation on urodynamic findings in patients with Parkinson's disease, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 中野 直樹, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2007年08月, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • A Correlative study on the effect of Eviprostat between the clinical parameters and oxidative stress (urinary 8-OHdG) in the treatment of the lower urinary tract symptoms associated with BPH (BPH/LUTS) and on urinary 8-OHdG content in rabbit BOO model, 松本 成史, 花井 禎, 堀川 重樹, 植村 天受, Matsui T Oka, M, Tanaka M, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2007年08月, 37th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • 畜尿症状における排尿治療薬の使い方, 植村 天受, 南大阪OAB学術講演会,   2007年07月, 南大阪OAB学術講演会
  • 先天性副腎皮質過形成症に対する治療が原因と考えられた両側Leydig cell tumorの1例, 松本 成史, 齋藤 允孝, 森 康範, 林 泰司, 植村 天受, 第16回日本小児泌尿器科学会総会,   2007年07月, 第16回日本小児泌尿器科学会総会
  • 腎細胞癌におけるCA9を標的分子とした診断と治療, 植村 天受, 第34回 尿路悪性腫瘍研究会,   2007年07月, 第34回 尿路悪性腫瘍研究会
  • 蓄尿症状における排尿治療薬の使い方, 植村天受, 南大阪OAB学術講演会,   2007年07月
  • 近畿大学医学部附属病院における血液浄化30年の臨床統計, 植村 天受, 石井 徳味, 森 康範, 林 泰司, 嶋津 秀紀, 松岡 稔明, 杉山 昌史, 木下 浩二, 船内 正憲, 坂口 美佳, 長谷川 廣文, 第52回 (社)日本透析医学会学術集会・総会,   2007年06月, 第52回 (社)日本透析医学会学術集会・総会
  • 蓄尿障害における抗コリン剤・αブロッカーの使用経験, 植村天受, 仲谷達也, 大阪市立大学院泌尿器病態, OSAKA OAB学術講演会,   2007年06月
  • CA9ペプチドワクチン Bench to Bedside, 植村天受, 第3回北海道癌免疫制御研究会,   2007年06月
  • 腎細胞癌に対する新しい治療戦略, 植村天受, 第6回熊本尿路悪性腫瘍研究会,   2007年06月
  • Distribution of elastin fiber in prostate, 杉本 公一, 松本 成史, 花井 禎, 伊藤 浩行, 植村 天受, 102th Annual Meeting of American Urological Association (AUA),   2007年05月, 102th Annual Meeting of American Urological Association (AUA)
  • Bladder protective effects of PDE5 inhibitor -Efficacy of vardenafil on rat bladder with outlet obstruction-, 松本 成史, 渡邊 絵美, 中田 裕佳, 杉本 公一, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 102th Annual Meeting of American Urological Association (AUA),   2007年05月, 102th Annual Meeting of American Urological Association (AUA)
  • A phase I traial of vaccination of personalized peptides for HLA-A2/A24 positive patients with hormone-refractory prostate cancer, 植村 天受, 田中 基幹, 上島成也, 南 高文, 藤本 清秀, 平尾, 伊東 恭悟, AUA 2007,   2007年05月, AUA 2007
  • A PHASE l TRlAL OF VACClNATlON OF PERSONALlZED PEPTlDES FOR HLA-A2/A24POSlTlVE PATlENTS WlTH HORMONE REFRACTORY PROSTATE CANCER, 植村天受, 田中基幹, 上島成也, 南高文(近大, 藤本清秀, 平尾佳彦, 伊東恭悟, 留米, Aua2007 Annual Meeting,   2007年05月
  • VardenafilはBPH/LUTSを改善する−ラット閉塞膀胱に対するVardenafilの有効性について−, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 堀川 重樹, 清水 信貴, 植村 天受, 第95回日本泌尿器科学会総会,   2007年04月, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • 再燃前立腺癌に対するペプチドワクチン療法, 植村天受, 第16回秋田県前立腺癌研究会,   2007年04月, 第16回 秋田県前立腺癌研究会
  • Edaravone protects against ischemia / reperfusion-induced morphological and functional changes in rat urinary bladder, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 8th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology,   2007年03月, 8th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology
  • CA9 peptide vaccination as a new therapeutic strategy for advanced renal cancer, 植村 天受, 上島成也, 南 高文, 藤本 清秀, 平尾, The 8th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology,   2007年03月, The 8th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology
  • Presentation time (12min.)+Discussion time(3min)=Total 15 min. Underlined doctor is the presenter., 植村天受, 上島成也, 南高文, 藤本清秀, 平尾佳彦, The 8th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology,   2007年03月
  • α遮断薬の射精障害の検討 ―特にシロドシンでの影響―, 松本 成史, 杉本 公一, 清水 信貴, 植村 天受, 杉山 高秀, 第46回NGB研究会,   2007年02月, 第46回NGB研究会
  • 腎細胞癌の治療と最近の知見について, 植村天受, 茨城泌尿器疾患QOL研究会2007,   2007年02月
  • 腎細胞癌に対する新しい治療戦略, 植村天受, 学術講演会,   2007年01月10日, 学術講演会
  • 転移性腎癌に対する新しい治療戦略, 植村天受, KMU泌尿器科セミナー,   2007年01月, 第6回 KMU泌尿器科セミナー
  • シロドシンの射精障害:ヘルシーボランティアでの検討, 松本 成史, 齋藤 允孝, 中西 道政, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 植村 天受, 杉山 高秀, 第197回日本泌尿器科学会関西地方会,   2006年12月, 第197回日本泌尿器科学会関西地方会
  • ホルモン不応再燃前立腺癌に対するペプチドワクチン療法ー第I/II相臨床試験ー, 植村 天受, 上島成也, 田中 基幹, 南 高文, 藤本 清秀, 平尾, 伊東 恭悟, 第19回 日本バイオセラピィ学会学術集会総会,   2006年11月, 第19回 日本バイオセラピィ学会学術集会総会
  • LUTS症例に対するエビプロスタットの抗酸化作用の検討, 松本 成史, 堀川 重樹, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 植村 天受, 杉山 高秀, 第45回NGB研究会,   2006年11月, 第45回NGB研究会
  • Effect of alpha-blocker before TURP in terms of its dosing period, 吉岡 伸浩, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2006年11月, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • Edaravone protects against ischemia / reperfusion-induced morphological and functional changes in rat urinary bladder, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2006年11月, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • Distribution of elastin fiber in prostate, 松本 成史, 杉本 公一, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS),   2006年11月, 36th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS)
  • 近未来的前立腺癌対策 ホルモン抵抗性再燃前立腺癌に対する癌ワクチン療法の現状と将来, 植村天受, 第56回日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月30日
  • 泌尿器科腫瘍と癌抑制因子, 植村 天受, 第56回 日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 妊娠中の高度両側水腎症で緊急処置を要した小児期逆流防止手術の合併症:4症例の経験, 畑中 祐二, 松本 成史, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 植村 天受, 秋山 ?弘, 栗田 孝, 第56回日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • 高血圧と過活動膀胱 −SHR, SHRSPを用いた実験的検討―, 吉岡 伸浩, 松本 成史, 植村 天受, 第56回日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • ホルモン抵抗性再燃前立腺癌に対する癌ワクチン療法の現状と将来, 植村 天受, 第56回 日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回 日本泌尿器科学会中部総会
  • パーキンソン病の脳深部電気刺激治療の排尿反射への影響, 清水 信貴, 松本 成史, 森 康範, 吉岡 伸浩, 植村 天受, 渡邉 啓, 中野 直樹, 種子田 護, 第56回日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • Clinically malignant behavior を呈した骨盤内multilocular cystic epithelial-stromal tumorの1例, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 土手 健作, 伊藤 浩行, 杉山 高秀, 第44回日本癌治療学会総会学術集会,   2006年10月, 第44回日本癌治療学会総会学術集会
    概要:症例は33歳男性で、2003年10月頃より軽度排尿困難を認め12月に尿閉となり近医受診、超音波および膀胱鏡検査にて膀胱腫瘍を疑われ精査加療目的で当科紹介となった。既往はファロー四徴症手術(2歳時)のみで、染色体異常は認めなかった。膀胱尿道鏡検査で腫瘍は尿道精阜付近より膀胱内に突出する形状の腫瘍で、骨盤CTおよびMRIでは左側前立腺および精嚢腺から膀胱側に占拠するモザイク状パタンを示す充実性腫瘍と左側後腹膜腔を占拠する充実性腫瘍であった。尿路側と後腹膜腔側の腫瘍の交通性は不明であった。まず経尿道的腫瘍切除術を施行、病理診断はmultilocular cystic epithelial-stromal tumorで悪性所見は認められなかった。経過観察していたが半年後に再度腫瘍の膀胱尿道内再発による尿閉状態となり、後腹膜腫瘍摘除術および経尿道的腫瘍切除術を施行した。病理診断は同様で悪性所見は認めなかった。その後も度々腫瘍の再発による尿閉を繰り返し、経尿道的腫瘍切除術を計3回
  • BPH/LUTSに対するエビプロスタットの抗酸化作用の検討, 堀川 重樹, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 第56回日本泌尿器科学会中部総会,   2006年10月, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • 難治性サイトメガロウイルス感染症を発症したABO不適合生体腎移植の一例, 林 泰司, 能勢 和宏, 田原 秀男, 石井 徳味, 植村 天受, 第42回日本移植学会総会,   2006年09月, 第42回日本移植学会総会
  • 前立腺におけるエラスチンの分布, 杉本 公一, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 伊藤 浩行, 永井 信夫, 中林 洋, 木野, 第13回日本排尿機能学会,   2006年09月, 第13回日本排尿機能学会
  • 高血圧と過活動膀胱 −SHR, SHRSPを用いた実験的検討―, 吉岡 伸浩, 松本 成史, 植村 天受, 第13回日本排尿機能学会,   2006年09月, 第13回日本排尿機能学会
  • 経尿道的前立腺切除術(TUR-P)前後における尿中8-OHdGの推移, 堀川 重樹, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 第13回日本排尿機能学会,   2006年09月, 第13回日本排尿機能学会
  • 下部尿路閉塞により膀胱の発癌は促進される, 松本 成史, 田中 基幹, 上島 成也, 植村 天受, 第65回日本癌学会総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会総会
  • 下部尿路閉塞と膀胱発癌の関係 −ラットを用いた実験的検討−, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 田中 基幹, 植村 天受, 第13回日本排尿機能学会,   2006年09月, 第13回日本排尿機能学会
  • Effect of Edaravone on ischemia/reperfusion injury in rat urinary bladder -Changes in smooth muscle cell phenotype and contractile function-, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 堀川 重樹, 清水 信貴, 植村 天受, The 23rd Japan Korea Urological Congress,   2006年09月, The 23rd Japan Korea Urological Congress
  • A phase I trial of vaccination of tailor-made peptides for HLA-A2/A24 positive patients with hormone-refractory prostate cancer, 植村 天受, Urological Research Society,   2006年09月, Urological Research Society
  • 「夜間頻尿」がQOLにどの程度関与しているか ―IPSSにnocturia QOLを加えた調査による検討−, 清水 信貴, 松本 成史, 植村 天受, 堀川 重樹, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 江左 篤宣, 第13回日本排尿機能学会,   2006年09月, 第13回日本排尿機能学会
  • A phase I trial of vaccination of tailor-made peptides for HLA-A2/A24 positivepatients with hormone-refractory prostate cancer, 植村天受, 22th Annual Meeting Urological Research Society,   2006年09月01日
  • Bladder Outlet Obstruction Promotes BBN - induced Bladder Carcinogenesis in Rat, 松本 成史, 清水 信貴, 土手 健作, 花井 禎, 田中 基幹, 伊藤 浩行, 植村 天受, 8th Asian Congress of Urology,   2006年08月, 8th Asian Congress of Urology
  • 転移性腎細胞癌に対する新しい治療戦略, 植村天受, 第5回大分県腎癌研究会,   2006年07月03日
  • 妊娠中の高度両側水腎症で緊急処置を要した小児期逆流防止手術の合併症:4症例の経験, 松本 成史, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 畑中 祐二, 森本 康裕, 花井 禎, 上島 成也, 植村 天受, 秋山 ?弘, 第15回日本小児泌尿器科学会総会,   2006年07月, 第15回日本小児泌尿器科学会総会
  • 前立腺癌密封小線源治療の初期経験, 林 泰司, 森 康範, 田原 秀男, 田中 基幹, 植村 天受, 中松 清志, 西村 恭昌, 第60回近畿大学医学会学術講演会,   2006年07月, 第60回近畿大学医学会学術講演会
  • 極めて稀な後腸形成不全・外陰部形成不全の1症例, 松本 成史, 林 泰司, 吉田 洋, 八木 誠, 植村 天受, 第15回日本小児泌尿器科学会総会,   2006年07月, 第15回日本小児泌尿器科学会総会
  • 左腎癌術後6年目に偶発的に発見された甲状腺転移の1例, 清水 信貴, 松本 成史, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 第195回日本泌尿器科学会関西地方会,   2006年06月, 第195回日本泌尿器科学会関西地方会
    概要:68歳女性。1999年(62歳)に左腎癌の診断で根治的左腎摘除施行。RCC,alveolar type,clear cell subtype,G2,INFβ,pT2 N0 M0であった。糖尿病で内科通院中に甲状腺の腫大を指摘され、頸部超音波、単純CTで甲状腺左葉に4.9×2.7×5.5cmの腫瘤性病変を認めた。201TLシンチでは、左葉外側に異常集積を認めた。穿刺吸引細胞診ではclass?、甲状腺悪性腫瘍疑いで2006年2月16日に甲状腺左葉摘出術を行った。甲状腺内に多発する腫瘍を認め、淡明な胞体と異型な小型濃染核を有する異型細胞を認めた。TTF(-)、サイログロブリン(-)で甲状腺以外由来であり腎癌の甲状腺転移と診断した。他転移部位はなく追加治療なしで経過観察をしている。
  • Novel gene transduction technology by Credia TF, 田中 基幹, 植村 天受, 外崎 円, 梅影, 政文, 小中, 富雄, 池田 寿文, The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy,   2006年05月, The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy
  • 進行性腎細胞癌に対する治療戦略, 植村 天受, 第94回日本泌尿器科学会総会,   2006年04月, 第94回日本泌尿器科学会総会
  • 下部尿路閉塞により膀胱の発癌は促進される, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 上島 成也, 植村 天受, 第94回日本泌尿器科学会総会,   2006年04月, 第94回日本泌尿器科学会総会
  • Phase-1 syudy of carbonic anhydrase 9 peptide vaccines in patients with metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, 田中 基幹, 上島 成也, 平尾 佳彦, 伊東 恭悟, Annual EAU Congress,   2006年04月, Annual EAU Congress
  • Novel gene transduction technology by Credia TF, 田中 基幹, 植村 天受, 外崎 円, 梅影, 政文, 小中, 富雄, 辻, 良平, 池田 寿文, The 97th Annual Meeting, American Association for Cancer Research,   2006年03月, The 97th Annual Meeting, American Association for Cancer Research
  • 腎癌について, 植村 天受, 筑後泌尿器科医会,   2006年02月, 筑後泌尿器科医会
  • 極めて稀な後腸形成不全・外陰部形成不全の1症例, 林 泰司, 松本 成史, 兼子 美帆, 植村 天受, 吉田 洋, 八木 誠, 第194回日本泌尿器科学会関西地方会,   2006年02月, 第194回日本泌尿器科学会関西地方会
  • 腎細胞癌に対する新しい治療戦略, 植村天受, ウロロジカルキャンサーフォーラム2006,   2006年01月12日
  • 腹腔鏡下脾摘術後で血漿交換をせずに行ったABO不適合生体腎移植の1例, 林 泰司, 兼子 美帆, 石井 徳味, 植村 天受, 耳原総合病院泌尿器科, 原 靖, 第39回日本臨床腎移植学会,   2006年01月, 第39回日本臨床腎移植学会
  • HLA-A24陽性難治性腎細胞癌に対するCA9ペプチドワクチン療法ー第1/2相臨床試験ー, 植村 天受, 上島成也, 藤本清秀, 田中基幹, 平尾佳彦, 吉川和宏, 第18回日本バイオセラピー学会学術集会総会,   2005年12月, 第18回日本バイオセラピー学会学術集会総会
  • 前立腺癌に対する治療経験〜過去・現在・未来〜, 植村 天受, 第3回群馬前立腺癌フォーラム,   2005年11月, 第3回群馬前立腺癌フォーラム
  • Phase-I/II trial of CA9 peptide vaccines in HLA-A24 positive patients with cytokine refractory renal cell carcinoma, 植村 天受, Urological Research Society,   2005年11月, Urological Research Society
  • Creatol, an Oxidative Product of Creatinine in Kidney Tansplant Patients, as a Useful Determinant of Renal Function; A Preliminary Study, 松本 成史, 花井 禎, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 ?弘, 9th Congress of the Asian Society of Transplantation,   2005年11月, 9th Congress of the Asian Society of Transplantation
  • Can monitoring of serum 8-OHdG level for two hours after renal transplantation predict prognosis of the graft?, 松本 成史, 花井 禎, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 ?弘, 9th Congress of the Asian Society of Transplantation,   2005年11月, 9th Congress of the Asian Society of Transplantation
  • Bladder outlet obstruction accelerates carcinogenesis of the bladder, 松本 成史, 植村 天受, Robert M. Levin, 21th Urological Research Society,   2005年11月, 21th Urological Research Society
  • 難治性腎癌に対するCA9ペプチドワクチン療法ー第1相・早期2相臨床試験ー第, 植村 天受, 第43回日本癌治療学会総会,   2005年10月, 第43回日本癌治療学会総会
  • 特発性正常圧水頭症症例における排尿筋過活動の意義, 松本 成史, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 北口正孝, 第55回日本泌尿器科学会中部総会,   2005年10月, 第55回日本泌尿器科学会中部総会
  • 特発性正常圧水頭症症例における治療前後における膀胱機能の変化, 清水 信貴, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 北口 正孝, 第12回排尿機能学会,   2005年10月, 第12回排尿機能学会
    概要:【目的】特発性正常圧水頭症(Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus: iNPH)は、明らかな原因が特定できないにもかかわらず、脳室の拡大を認め、歩行障害・痴呆症状・尿失禁の三徴候を有する症候群である。歩行障害が重要な症状で、歩行障害が認められれば外科的治療(髄液シャント手術)の効果が期待できるとされている。脳脊髄液の循環障害が改善されると、歩行をはじめ痴呆や尿失禁も改善することが知られている。しかし、iNPHにおける膀胱機能についての報告はなく、特に尿失禁についての詳細は不明である。今回、われわれはiNPH症例における治療(検査)前後における膀胱機能の変化について検討したので報告する。 【対象・方法】平成16年2月から平成17年5月までに馬場記念病院脳神経内科でiNPHと診断され、治療(検査)を受けた患者で、治療(検査)前後(CSF Tap test、VP shunt)に検査出来た18例 (M/F=14/4、平均年齢: 76歳) をIPSS、尿失禁質問表、痴呆、歩行障害などの諸検査(日
  • 女性尿閉患者の臨床的検討, 堀川 重樹, 松本 成史, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 兼子 美帆, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 第12回日本排尿機能学会,   2005年10月, 第12回日本排尿機能学会
  • 近畿大学医学部泌尿器科において浸潤性膀胱癌に対する膀胱全摘除術, 堀川 重樹, 兼子 美帆, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 石井 徳味, 杉山 高秀, 松浦 健, 植村 天受, 第55回日本泌尿器科学会中部総会,   2005年10月, 第55回日本泌尿器科学会中部総会
  • ラット膀胱虚血・再還流モデルにおけるフリーラジカル消去剤Edaravoneの効果と膀胱平滑筋細胞の形態学的phenotypeの変化, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 堀内 喜高, 奥本 勝美, 第12回日本排尿機能学会,   2005年10月, 第12回日本排尿機能学会
  • シクロスポリン投与腎移植患者における高脂血症の検討, 石井 徳味, 植村 天受, 田原 秀男, 林 泰司, 原靖, 森康範,   2005年10月
  • 難治性腎細胞癌に対するCA9ペプチドワクチン療法ー第1相・早期2相臨床試験ー, 植村 天受, 上島成也, 藤本清秀, 田中基幹, 平尾佳彦, 第64回日本癌学会学術総会,   2005年09月, 第64回日本癌学会学術総会
  • 前立腺癌におけるPTEN癌抑制遺伝子の役割, 田中 基幹, 植村 天受, 冨岡 厚志, 高田, 聡, 穴井, 智, 平尾 佳彦, 第16回前立腺癌ワークショップ,   2005年09月, 第16回前立腺癌ワークショップ
  • Inductive Coupling Wireless Sensor-Transmitter for Continuous Monitoring of Intra-Bladder Pressure for Unconstrained Urodynamic Study, 松本 成史, 植村 天受, Nakazono K, Takeuchi Y, 5th International Workshop on Biosignal Interpretation (BSI 2005),   2005年09月, 5th International Workshop on Biosignal Interpretation (BSI 2005)
  • 下部尿路におけるエラスチンの役割 −病理学的検討−, 松本 成史, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 杉本 公一, 第41回NGB研究会(第10回高野山セミナー),   2005年08月, 第41回NGB研究会(第10回高野山セミナー)
  • 8OHdG before and after TUR, 花井 禎, 松本 成史, 杉山 高秀, 植村 天受, 35th International Continence Society,   2005年08月, 35th International Continence Society
  • 小児膀胱平滑筋肉腫(spindle cell sarcoma)の1例, 松本 成史, 清水 信貴, 植村 天受, 兼子 美帆, 杉本 公一, 上島 成也, 森口 直彦, 八木 誠, 花井 禎, 森本 康裕, 第14回日本小児泌尿器科学会総会,   2005年07月, 第14回日本小児泌尿器科学会総会
  • Phase-I study of CA9 peptide vaccines in patients with stage IV renal cell carcinoma, 植村 天受, 上島成也, 中西 まこ, 藤本清秀, 平尾佳彦, AUA 2005,   2005年05月, AUA 2005
  • Enhanced efficacy of radiation sensitivity by controlled gene delivery of PTEN expression vector conjugated with cationized gelatin in prostate cancer cells, 田中 基幹, 植村 天受, 高田 聡, 冨岡, 厚志, 松村, 善昭, 平尾 佳彦, The 100th Annual Meeting, American Urological Association, Inc.,   2005年05月, The 100th Annual Meeting, American Urological Association, Inc.
  • Bladder smooth muscle cell phenotypic changes and detrusor functional changes on ischemia-reperfusion injury in the rat urinary bladder, 松本 成史, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 吉岡 伸浩, 花井 禎, Robert M. Levin, 100th American Urological Association,   2005年05月, 100th American Urological Association
  • 腎癌治療における常識は、本当に常識といえるのか? ーガイドライン作成を目指してー, 植村天受, 第29回腎癌研究会,   2005年04月15日
  • 蓚酸イオンはNADPH Oxidaseを活性を亢進しNRK52E細胞におけるオステオポンチンとMCP-1の産生亢進に至る, 梅川 徹, 辻 秀憲, 畑中 祐二, 植村 天受, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • 当科および関連病院で施行したpre-emptive腎移植症例の検討, 能勢 和宏, 林 泰司, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 南 高文, 森本 康裕, 永野 哲郎, 西岡 伯, 秋山 ?弘, 今西 正昭, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • 電気メスの切除と凝固時間は経尿道的手術の分析ツールになるか?, 堀川 重樹, 植村 天受, 能勢 和宏, 永井 信夫, 際本 宏, 小池 浩之, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • 腎移植後の蛋白尿に対するカンデサルタン(ARB)無効症例の検討, 原 靖, 森本 康裕, 能勢 和宏, 田原 秀男, 松浦 健, 植村 天受, 秋山 ?弘, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • ラット膀胱虚血・再還流モデルにおける膀胱平滑筋細胞の形態学的phenotypeと膀胱機能の検討, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 堀内喜高, 奥本勝美, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討‐Angiotensin ? type ? receptor blocker(ARB)との比較‐, 畑中 祐二, 辻 秀憲, 梅川 徹, 植村 天受, 井口 正典, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • PSA10ng/ml以下の前立腺生検症例における生検数の検討, 杉本 公一, 清水 信貴, 兼子 美帆, 吉岡 伸浩, 松浦 健, 松本 成史, 辻 秀憲, 植村 天受, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2005年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • Enhanced efficacy of radiation sensitivity by controlled gene delivery of PTEN expression vector conjugated with cationized gelatin in prostate cancer cells, 田中 基幹, 植村 天受, 穴井 智, 高田, 聡, 松村, 善昭, 冨岡, 厚志, 平尾 佳彦, The 96th Annual Meeting, American Association for Cancer Research,   2005年04月, The 96th Annual Meeting, American Association for Cancer Research
  • 泌尿器科癌に対するペプチドワクチン療法, 植村天受, 第8回北海道泌尿器科癌研究会,   2005年03月11日
  • ホルモン抵抗性前立腺癌の治療 ーペプチドワクチン療法の現況ー, 植村 天受, 北九州市泌尿器科医会・平成16年度第6回研修会,   2005年03月, 北九州市泌尿器科医会・平成16年度第6回研修会
  • 肺腫瘍を契機に発見された前立腺癌の1例, 杉本 公一, 松本 成史, 田原 秀男, 松浦 健, 植村 天受, 第190回日本泌尿器科学会関西地方会,   2005年02月, 第190回日本泌尿器科学会関西地方会
    概要:55才、男性。健診にて胸部異常陰影を指摘され精査施行。CTガイド下針生検にてPSA染色陽性腺癌を認め当科紹介。前立腺生検にて確定診断となった。MAB+PE療法にて転移性肺腫瘍は縮小した。
  • 腎癌に対するペプチド癌ワクチン療法 ー開発から臨床応用ー, 植村 天受, 第263回日本泌尿器科学会岡山地方会,   2005年02月, 第263回日本泌尿器科学会岡山地方会
  • 腎癌におけるトランスレーショナル・リサーチ ーCA9ペプチドワクチン開発からの応用ー, 植村 天受, 第2回イムネース学術講演会,   2005年02月, 第2回イムネース学術講演会
  • 浸潤性膀胱癌に対して放射線療法、末梢血幹細胞移植併用M-VAC療法を施行した1症例, 清水 信貴, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 第190回日本泌尿器科学会関西地方会,   2005年02月, 第190回日本泌尿器科学会関西地方会
    概要:4歳、男性。嘔吐、肉眼的血尿を主訴に近医受診。浸潤性膀胱癌による腎後性腎不全で当科紹介受診。T4aN2M1の診断のもと放射線療法、末梢血幹細胞移植併用M-VAC療法を施行し、良好な結果を得た。
  • Changes in surgery for female stress urinary incontinence over 20 years at this hospital, 清水 信貴, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 4th International congress of the Egyptian society of Uro-gynaecology and Pelvic Floor Studies(ESUG),   2005年02月, 4th International congress of the Egyptian society of Uro-gynaecology and Pelvic Floor Studies(ESUG)
    概要:Efforts to resolve female stress urinary incontinence spread in the latter half of the 1980s, fueled by the introduction of the Stamey procedure. Afterwards, various techniques to treat stress urinary incontinence were developed and attempted. However, the decline in long-term results with needle bladder neck suspension and anterior colporrhaphy has been criticized in recent years, and the first choice for treatment is shifting to urethral sling surgery with a TVT procedure. Thus, we studied the changes in surgery for female stress urinary incontinence at this hospital. Subjects were diagnosed with stress urinary incontinence by the Urology Department of the Kinki University School of Medicine from 1984-2004 and underwent surgery. Until the early half of the 1990s, Stamey, Raz, and Gittes suspensions and later Vesica and collagen injection were attempted, although TVT was used in all cases starting in the latter half of the 1990s.
  • HLA-A24陽性難治性腎細胞癌に対するCA9ペプチドワクチン療法ー第1/2相臨床試験ー, 植村天受, 藤本清秀, 田中基幹, 平尾佳彦, 上島成也, 第18回日本バイオセラピィ学会学術集会総会,   2005年01月21日
  • Phase-I/II trial of CA9 peptide vaccines in HLA-A24 positive patientswith cytokine refractory renal cell carcinoma, 植村天受, 21th annual meeting Urological Research Society,   2005年01月11日
  • 当科および当科関連施設における夫婦間移植の8例, 南高文, 森 康範, 森本康裕, 能勢 和宏, 田原 秀男, 原 靖, 石井 徳味, 松浦 健, 植村 天受, 永野 哲郎, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 江左 篤宣, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
  • 当科および当科関連施設における夫婦間移植8例の検討, 南 高文, 森 康範, 能勢 和宏, 田原 秀男, 原 靖, 石井 徳味, 松浦 健, 植村 天受, 森本 康裕, 永野 哲郎, 西岡 伯, 秋山 ?弘, 江左 篤宣, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
  • 生体腎移植後に発症した薬剤性間質性肺炎の1例, 杉本 公一, 松本 成史, 能勢 和宏, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
    概要:28歳、男性.2002年より慢性腎不全にて腹膜透析導入。2004年5月19日母親(55歳)をドナ−とした生体腎移植術を施行いあた。HLA:A、B;1ミスマッチ、DR;0ミスマッチ、また血液型はドナ−A型、レシピエントAB型の血液型不一致であった。初期免疫抑制はタクロリムス、ミゾリビン、プレドニゾロンおよびバシリキシマブの4剤であった。術後経過は良好であったが、3日目より急に呼吸困難が出現し、間質性肺炎象を認めた。薬剤性間質性肺炎の診断下に免疫抑制剤を変更(Tac→CyA、Mz中止)し、ステロイドパルス療法施行後、肺炎像は軽快し、呼吸困難も改善した。今回われわれは薬剤性間質性肺炎の1例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告した。
  • 腎移植術における血清8OHdGの検討, 花井 禎, 松本 成史, 秋山 ?弘, 原 靖, 植村 天受, 西岡 伯, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
  • 腎移植術におけるクレアトール値の検討, 松本 成史, 花井 禎, 田原 秀男, 原 靖, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 ?弘, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
  • 心停止無脳児ドナーから成人への死体腎移植, 林 泰司, 森本 康裕, 能勢 和宏, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 ?弘, 池上雅久, 第38回日本臨床腎移植学会,   2005年01月, 第38回日本臨床腎移植学会
  • 癌ワクチン療法 ー開発から応用までー, 植村 天受, 第32回Shizuoka Uro-Oncology Forum,   2005年01月, 第32回Shizuoka Uro-Oncology Forum
  • TUR前後における尿中8-OHdGの推移, 花井 禎, 松本 成史, 植村 天受, 第14回排尿管理研究会,   2005年01月, 第14回排尿管理研究会
  • 難治性腎癌および前立腺癌に対する癌ワクチン療法, 植村 天受, 学術講演会,   2004年12月, 学術講演会
  • PSA 3.1〜10 ng/ ml の前立腺生検における生検数の検討, 杉本 公一, 兼子 美帆, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 辻 秀憲, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 植村 天受, 前立腺シンポジウム,   2004年12月, 前立腺シンポジウム
  • 蓚酸イオンはNADPH Oxidaseを活性化しオステオポンチンとMCP-1の発現を亢進する, 梅川 徹, 辻 秀憲, 畑中 祐二, 植村 天受, 第54回日本泌尿器科学会中部総会,   2004年11月, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
  • 難治性腎細胞癌に対するペプチドワクチン療法, 植村 天受, 第54回日本泌尿器科学会中部総会,   2004年11月, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
  • 前立腺に発生したsolitary fibrous tumor(SFT)の1症例, 能勢 和宏, 植村 天受, 堀川重樹, 中林 洋, 第54回日本泌尿器科学会中部総会,   2004年11月, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
  • 前立腺に発生したsolitaly fibrous tumor(SFT)の1例, 能勢 和宏, 堀川 重樹, 植村 天受, 永井 信夫, 中林 洋,   2004年11月
  • 進行性腎細胞癌に対するCA9癌枠林療法, 植村 天受, 第二回泌尿器腫瘍免疫研究会,   2004年11月, 第二回泌尿器腫瘍免疫研究会
  • 浸潤性膀胱癌に対する放射線療法、末梢血幹細胞移植併用化学療法を施行した1症例, 清水 信貴, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 西村 恭昌, 第1回 南大阪細胞移植療法研究会,   2004年11月, 第1回 南大阪細胞移植療法研究会
  • ラット膀胱虚血・再灌流障害におけるフリーラジカル消去剤Edaravoneの効果, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 第54回日本泌尿器科学会中部総会,   2004年11月, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討, 畑中 祐二, 辻 秀憲, 梅川 徹, 植村 天受, 井口 正典, 第54回 日本泌尿器科学科会中部総会,   2004年11月, 第54回 日本泌尿器科学科会中部総会
  • SSRI投与における排尿の変化, 清水 信貴, 花井 禎, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 第54回日本泌尿器科学会中部総会,   2004年11月, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
    概要:セロトニンは中枢神経系に作用し過活動膀胱を抑制することが報告されており、頻尿や尿失禁に対する治療薬として期待されている。抗うつ薬として開発された選択的セロトニン再取り込み阻害薬Selective Serotonin Reuptake Inhibitor (SSRI)は直接5-HT神経系に作用するため、頻尿が改善されることが予想される。そこでSSRIを処方した症例を対象とし、SSRI投与直後と投与2-4週後のFVCおよび自覚症状スコアの変化について検討した。合併症によっては排尿障害を助長させるため抗コリン作用のないSSRIを使用することが推奨されているが、排尿障害を改善させる可能性が示唆された。
  • 尿閉既往患者におけるTUR-P後の治療改善効果指標に関する検討 −尿閉期間はパラメータになる!?−, 松本 成史, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 第11回日本排尿機能学会,   2004年10月, 第11回日本排尿機能学会
  • 難治性腎癌ならびに前立腺癌に対するペプチドワクチン療法治療成績, 植村 天受, 上島成也, 田中基幹, 藤本清秀, 平尾佳彦, 吉川和宏, 伊東恭悟, 第42回日本癌治療学会総会,   2004年10月, 第42回日本癌治療学会総会
  • 急性尿閉症例の臨床的検討, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 松本 成史, 杉山 高秀, 植村 天受, 第11回日本排尿機能学会,   2004年10月, 第11回日本排尿機能学会
    概要:急性尿閉の危険因子やその後の臨床経過の実状を把握し、bladder outlet obstruction(BOO) groupとdetrusor weakness(DW) groupに別けて違いがあるかを調べる目的で以下の検討を行った。【対象と方法】1993年から2003年までの10年間に近畿大学泌尿器科を急性尿閉で受診し、導尿が必要であった170例を対象とした。治療後、排尿が可能となった時点でのPressure-Flow StudyにおいてBOO group(n=100)とDW group(n=36)に別けた。全体およびBOO groupとDW groupに別けて、年齢、性別、原因、発症時期、排尿に関する治療歴における急性尿閉の発症率を検討した。さらに、その後の臨床経過について検討した。【結果】急性尿閉の85%は男性であった。60歳以上は男性のなかでは86%、女性のなかでは36%であった。発症時期は8月が最も多かった。男性において、BOO groupが70%、DW groupが20%であった。排尿に関する治療歴を有する症例は、BOO groupが50%、DW groupが30%であった。臨床経過は、BOO groupでは排尿可能となった症例が83%(operatio
  • TUR-P施行症例の術前α遮断薬投与期間による影響について, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 松本 成史, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 第11回日本排尿機能学会,   2004年10月, 第11回日本排尿機能学会
  • PSAと下部尿路閉塞の関係 −α遮断薬内服前後におけるPSA変化とその効果の関係ー, 花井 禎, 清水 信貴, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 第11回日本排尿機能学会,   2004年10月, 第11回日本排尿機能学会
  • Induction of anti-tumor responses in patients with metastatic renal cell caricinoma by vaccination with peptides-a phase I study, 植村 天受, Fujimoto K, Tanaka M, Yoshikawa M, Nakanishi M, Hirao Y, 27th Congress of the Societe Internatiolale d'Urologie,   2004年10月, 27th Congress of the Societe Internatiolale d'Urologie
  • Controlled gene delivery of PTEN expression vector conjugated with cationized gelatin in prostate cancer cells, 田中 基幹, 植村 天受, 穴井 智, 高田, 聡, 松村, 善昭, 冨岡, 厚志, 平尾 佳彦, The 27th Congress of International Society of Urology,   2004年10月, The 27th Congress of International Society of Urology
  • 尿閉を契機に発見された骨盤内腫瘍の1例, 清水 信貴, 松本 成史, 杉山 高秀, 松浦 健, 植村 天受, 第188回 日本泌尿器科学会関西地方会,   2004年09月, 第188回 日本泌尿器科学会関西地方会
    概要:33歳、男性。尿閉を主訴に紹介受診。諸検査にて前立腺部尿道より膀胱内に突出する有茎性腫瘍を認め、また左骨盤腔に巨大な腫瘤を認めた。骨盤内腫瘍として摘出術施行。病理所見を中心に文献的考察を加え報告する。
  • 難治性腎細胞癌に対するCA9抗原ペプチドを用いた特異的免疫療法, 植村 天受, 上島成也, 松本 成史, 藤本清秀, 平尾佳彦, 第63回日本癌学会学術総会,   2004年09月, 第63回日本癌学会学術総会
  • 徐放性PTEN遺伝子薬を用いた、前立腺癌における放射線感受性増強効果, 田中 基幹, 植村 天受, 高田 聡, 冨岡, 厚志, 平尾佳彦, 田畑 泰彦, 第63回日本癌学会総会,   2004年09月, 第63回日本癌学会総会
  • 最近の腎癌治療の話題, 植村 天受, 第2回宮崎県腎癌講演会,   2004年09月, 第2回宮崎県腎癌講演会
  • カルシニューリン インヒビター導入以降における腎移植後の死亡症例の検討, 原 靖, 森本 康裕, 能勢 和宏, 田原 秀男, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 ?弘, 第40回日本移植学会総会,   2004年09月, 第40回日本移植学会総会
  • SHRにおける腎阻血再灌流障害モデルおよびtacrolimus腎毒性に対する抗酸化剤の有用性, 林 泰司, 能勢 和宏, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 ?弘, 第40回日本腎移植学会総会,   2004年09月, 第40回日本腎移植学会総会
  • Patients-oriented vaciene tehrapy for hormone refractory prostate cancer, 植村 天受, Fujimoto K, Tanaka M, Tanaka N, Okajima E, Hirao Y, 20th urological Research Society Meeting,   2004年09月, 20th urological Research Society Meeting
  • 蓚酸イオンはNADPH Oxidaseを活性化しオステオポンチンとMCP-1の発現を亢進する, 梅川 徹, 辻 秀憲, 畑中 祐二, 植村 天受, 井口正典, 第14回日本尿路結石学会,   2004年08月, 第14回日本尿路結石学会
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討---Angiotensin?type?receptor blockerとの比較---, 辻 秀憲, 畑中 祐二, 梅川 徹, 植村 天受, 井口正典, 第14回日本尿路結石症学会,   2004年08月, 第14回日本尿路結石症学会
  • Tailor-made peptide vaccines for hormone refractory prostate cancer patients, 植村天受, Fuimoto K, Tanaka M, Tanak N, Okajima E, Hirao H, The 7th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology,   2004年06月13日
  • 難治性腎細胞癌と再燃前立腺癌の癌ワクチン療法, 植村 天受, 第60回日本泌尿器科学会茨城地方会,   2004年06月, 第60回日本泌尿器科学会茨城地方会
  • Tailor-made peptide vaccines for hormone refractory prostate cancer patients, 植村 天受, Fujimoto K, Tanaka M, Tanaka N, Okajima E, Hirao H, 7th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology,   2004年06月, 7th Triennial Meeting of the German-Japanese Confederation of Urology
  • 腎癌に対する免疫療法(癌ワクチン療法)について, 植村天受, 第13回大阪化学療法研究会(OCUU化学療法研究会),   2004年05月25日
  • VHL-dependent and independent regulation of MN/CA9 in renal cell carcinoma cell lines, 植村天受, Kawada Y, Hirao Y, 第6回VHL病国際シンポジウム,   2004年05月21日
  • 当院における20年間の女性腹圧性尿失禁の手術変遷, 清水 信貴, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 第11回 排尿管理研究会,   2004年05月, 第11回 排尿管理研究会
    概要:女性腹圧性尿失禁への取り組みが広がったのは1980年代後半であり、その起爆剤となったのが、Stamey法の導入であった。その後、腹圧性尿失禁に対する様々な術式が開発され試みられてきた。しかし、近年では針式膀胱頚部挙上術や前膣壁形成術での長期成績の下降が批判され、TVT法を含む尿道スリング手術に第一選択の地位は移ったといえる。 そこで当院における女性腹圧性尿失禁の手術変遷を調査した。対象は1984年〜2004年まで近畿大学医学部泌尿器科で腹圧性尿失禁と診断され、手術を施行した患者である。1990年代前半までは、Stamey 、Raz 、Gittes等のsuspention、その後Vesica やコラーゲン注入術が試みられ、1990年代後半からは全例TVTである。手術変遷をもとに女性腹圧性尿失禁に対する治療について考察する。
  • VHL-dependent and independent regulation of MN/CA9 in renal fell carcinoma cell lines, 植村 天受, Kawada Y, Hirao Y, 第6回VHL国際シンポジウム,   2004年05月, 第6回VHL国際シンポジウム
  • 当院で施行した腎移植におけるMinimum immunosuppressionの臨床的検討, 森本 康裕, 原 靖, 田原 秀男, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 ?弘, 第93回日本泌尿器科学会総会,   2004年04月, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • Sensitization of radiotherapy by PTEN gene microcapsule in prostate cancer, 田中 基幹, 植村 天受, 穴井 智, 高田, 聡, 松村, 善昭, 平尾 佳彦, Charles J Rosser, H Barton Grossman, The 95th Annual Meeting, American Association for Cancer Research,   2004年03月, The 95th Annual Meeting, American Association for Cancer Research
  • 腎細胞癌における診断治療の最前線, 植村天受, 第一回福島県RCC講演会,   2004年01月21日
  • 前立腺癌における術前Neoadjuvant内分泌療法の臨床的意義, 植村 天受, 趙 順規, 藤本清秀, 田中基幹, 田中宣道, 田中洋造, 渡辺秀次, 丸山良夫, 林 美樹, 小西 登, 大園誠一郎, 平尾佳彦, 第41回日本癌治療学会総会,   2003年, 第41回日本癌治療学会総会
  • 腎細胞癌に対するMN/CA9抗原ペプチドを用いた癌ワクチン療法−第1相臨床試験−, 植村 天受, 田中基幹, 清水一宏, 田中宣道, 平尾佳彦, 吉川和宏, 第62回日本癌学会総会,   2003年, 第62回日本癌学会総会
  • 腎細胞癌に対するMN/CA9抗原ペプチドワクチン療法−第1相臨床試験−, 植村 天受, 趙 順規, 田中基幹, 吉川元祥, 清水一宏, 中西まこ, 吉田克法, 平尾佳彦, 吉川和宏, 第41回日本癌治療学会総会,   2003年, 第41回日本癌治療学会総会
  • 腎細胞癌に対するMN/CA9 抗原ペプチド療法, 植村 天受, 田中基幹, 中西まこ, 大園誠一郎, 平尾佳彦, 泌尿器がん治療フォーラム2003,   2003年, 泌尿器がん治療フォーラム2003
  • 進行性腎癌に対するMN/CA9ペプチドワクチン療法:第1相臨床試験, 植村 天受, 吉川和宏, 平尾佳彦, 第33回日本腎臓学会西部学術大会,   2003年, 第33回日本腎臓学会西部学術大会
  • 術中患側腎静脈血液中癌細胞の検出と臨床的意義, 植村 天受, 吉川和宏, 佐賀信介, 鳥居 徹, 赤座英之, 平尾佳彦, 第91回日本泌尿器科学会総会,   2003年, 第91回日本泌尿器科学会総会
  • The development of anti-tumour vaccines derived from MN/CA9 in renal cell carcinoma, 植村 天受, K Shimizu, M Yoshikawa, M Tanaka, Y Hirao, K Yoshikawa, 18th Annual Meeting of European Association of Urology,   2003年, 18th Annual Meeting of European Association of Urology
  • Early phase ? trial with MN/CA9 antigen peptide vaccines restricted to HLA-A24 in renal cell carcinomas, 植村 天受, M Tanaka, M Cho, M Yoshikawa, Y Hirao, 94th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2003年, 94th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • 小児の低形成腎に合併したxanthogranulomaの1例, 森本 康裕, 植村 天受, 松浦 健, 上島 成也, 山本 豊, 栗田 孝, 八木 誠, 磯川 貞之, 第52回日本泌尿器科学会中部総会,   2002年11月, 第52回日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎細胞癌に対するMN/CA9ペプチドワクチンによる特異的免疫療法, 植村 天受, 平尾佳彦, 吉川和宏, 第90回日本泌尿器科学会総会,   2002年, 第90回日本泌尿器科学会総会
  • 腎細胞癌における標的分子MN/CA9−基礎から臨床へ, 植村 天受, 第52回日本泌尿器科学会中部総会,   2002年, 第52回日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9抗原ペプチドを用いた特異的免疫療法, 植村 天受, 趙 順規, 藤本清秀, 田中基幹, 大園誠一郎, 平尾佳彦, 吉川和宏, 第40回日本癌治療学会総会,   2002年, 第40回日本癌治療学会総会
  • 腎細胞癌におけるHLA-A24拘束性MN/CA9ペプチドを用いた特異的CTLの誘導, 植村 天受, 趙 順規, 清水一宏, 吉川元祥, 平尾佳彦, 佐賀信介, 吉川和宏, 第61回日本癌学会総会,   2002年, 第61回日本癌学会総会
  • 治療に難渋した膀胱瘻の2例, 森本 康裕, 植村 天受, 清水 信貴, 能勢 和宏, 尼崎 直也, 杉山 高秀, 栗田 孝, 南 幸, 第177回日本泌尿器科学会関西地方会,   2001年12月, 第177回日本泌尿器科学会関西地方会
  • 無治療経過観察:肯定VS否定, 植村 天受, 中本貴久, 第17回前立腺シンポジウム,   2001年, 第17回前立腺シンポジウム
  • 前立腺全割標本を用いたネオアジュバント内分泌療法の臨床病理組織学的検討, 植村 天受, 第51回日本泌尿器科学会中部総会,   2001年, 第51回日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎細胞癌におけるMN抗原ペプチドを用いた癌ワクチン療法の検討, 植村 天受, 吉川元祥, 清水一宏, 趙 順規, 岡島英二郎, 青木勝也, 平尾佳彦, 吉川和宏, 第89回日本泌尿器科学会総会,   2001年, 第89回日本泌尿器科学会総会
  • NUORGグループ研究:腎細胞癌における循環血液中細胞検出について, 植村 天受, 第4回奈良県医師会泌尿器科部会 奈良腎腫瘍研究会,   2001年, 第4回奈良県医師会泌尿器科部会 奈良腎腫瘍研究会
  • MN/CA9による腎癌の診断と治療, 植村 天受, 第44回日本腎臓学会学術総会,   2001年, 第44回日本腎臓学会学術総会
  • Detection of circulating RCC cells in the renal vein during radical nephrectomy, 植村 天受, M Cho, Y Hirao, K Yoshikawa, 18th Urological Research Society Annual Meeting,   2001年, 18th Urological Research Society Annual Meeting
  • Cancer vaccines targeting MN/CA? antigen for renal cell carcinoma, 植村 天受, K Shimizu, M Cho, Eijiro Okajima, Y Hirao, S Saga, K Yoshikawa, 92th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2001年, 92th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • 腎細胞癌におけるMN抗原ペプチドを用いた癌ワクチン療法, 植村 天受, 清水一宏, 趙 順規, 吉川元祥, 平尾佳彦, 吉川和宏, 第13回日本バイオセラピィ学会総会,   2000年, 第13回日本バイオセラピィ学会総会
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9抗原ペプチドによる特異的免疫療法, 植村 天受, 吉川元祥, 清水一宏, 趙 順規, 金 聖哲, 吉田克法, 岡島英五郎, 平尾佳彦, 佐賀信介, 吉川和宏, 第59回日本癌学会総会,   2000年, 第59回日本癌学会総会
  • Vaccination of antigen peptide derived from MN/CA? induces specific immunity, 植村 天受, K Shimizu, M Cho, Y Hirao, K Yoshikawa, International Symposium Cancer Research Institute Tumor Vaccines 2000,   2000年, International Symposium Cancer Research Institute Tumor Vaccines 2000
  • Peptide vaccination of MN/CA? antigen induces specific tumor immunity, 植村 天受, K Shimizu, M Cho, M Yoshikawa, Y Hirao, K Yoshikawa, E Oosterwijk, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2000年, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • MN/CA?抗原ペプチドを用いた腎細胞癌特異的免疫療法, 植村 天受, 吉川元祥, 趙 順規, 仲川嘉紀, 田中洋造, 大園誠一郎, 平尾佳彦, 清水一宏, 吉田和宏, 佐賀信介, 第9回泌尿器科細胞解析研究会,   2000年, 第9回泌尿器科細胞解析研究会
  • MN/CA? as a potential therapeutic target for active specific immunotherapy of renal cell carcinoma, 植村 天受, M Cho, H Shimizu, Y Nakagawa, K Yoshida, Y Hirao, K Yoshikawa, E Oosterwijk, 15th Congress of the European Association of Urology,   2000年, 15th Congress of the European Association of Urology
  • Active specific immunotherapy for RCC ?Vaccination of MN/CA? Ag peptide induces specific tumor immunity-, 植村 天受, K Shimizu, M Cho, M Yoshikawa, Y Hirao, K Yoshikawa, 17th Urological Research Society Annual Meeting,   2000年, 17th Urological Research Society Annual Meeting
  • 造血幹細胞移植の現状と将来, 植村 天受, 第87回日本泌尿器科学会中部総会,   1999年, 第87回日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎細胞癌標的MN/CA9の臨床的意義, 植村 天受, 第49回日本泌尿器科学会中部総会,   1999年, 第49回日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎細胞癌患者における末梢血中癌細胞の検出, 植村 天受, 仲川嘉紀, 米田龍生, 影林頼明, 山本雅司, 吉田克法, 大園誠一郎, 平尾佳彦, 第42回日本腎臓学会学術総会,   1999年, 第42回日本腎臓学会学術総会
  • 腎細胞癌患者における血中癌細胞の検出, 植村 天受, 仲川嘉紀, 清水一宏, 趙 順規, 平尾佳彦, 吉川和宏, 第8回泌尿器科細胞解析研究会,   1999年, 第8回泌尿器科細胞解析研究会
  • 腎細胞癌における患者血液中癌細胞の検出について, 植村 天受, 仲川嘉紀, 金 聖哲, 清水一宏, 趙 順規, 岩井哲郎, 平尾佳彦, 吉川元祥, 杉村芳樹, 井坂茂夫, 第87回日本泌尿器科学会総会,   1999年, 第87回日本泌尿器科学会総会
  • 高感度RT-PCR法を用いた循環血液中腎細胞癌細胞の検出, 植村 天受, 第26回尿路悪性腫瘍研究会,   1999年, 第26回尿路悪性腫瘍研究会
  • MN/CA IX 抗原ペプチドを用いた腎細胞癌特異的免疫療法の試み, 植村 天受, 趙 順規, 仲川嘉紀, 吉川元祥, 山本雅司, 山口 旭, 岡島英五郎, 平尾佳彦, 吉川和宏, 第37回日本癌治療学会総会,   1999年, 第37回日本癌治療学会総会
  • G250 antigen as a potential target for immunotherapy of renal cell carcinomas, 植村 天受, Y Nakagawa, Y Hirao, K Yoshikawa, F Debruyne, E Oosterwijk, 14th Congress of the European Association of Urology,   1999年, 14th Congress of the European Association of Urology
  • マルチチロシンキナーゼ阻害薬であるTAS-115は前立腺特異的 PTS-115は前立腺特異的 Pten ノックアウトマウスの腫瘍微小環境を変動させる, 野澤 昌弘, 第23回 日本がん分子標的治療学会学術集会
  • 去勢抵抗性前立腺癌における分子標的薬と次世代アンチセンスオリゴの併用効果について, 近畿大学ゲノム, 第23回 日本がん分子標的治療学会学術集会
  • 前立腺癌における遺伝子改変マウスモデル:新たな発見と発展のツールとして, 倉 由吏恵, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 個別化ペプチドワクチンによるがんの最適治療を目指す3つの臨床的アプロ−チ, 伊東 恭悟, 第56回日本癌治療学会学術集会
  • 去勢抵抗性前立腺がんに対する20種混合ペプチドワクチンの有効性の検討, 野口 正典, 久留米大, がんワクチンセンタ, 第56回日本癌治療学会学術集会
  • 腎細胞癌に対するNivolumab+IpiIimumabとSunitinib比較試験(CheckMate214):日本人解析, 冨田 善彦, 第56回日本癌治療学会学術集会
  • 悪性軟部腫瘍の治療〜泌尿器科の立場から〜, 野澤 昌弘, 第56回日本癌治療学会学術集会
  • 骨転移を有するCRP患者を対象とした塩化ラジウム・223の使用成績調査:中間解析結果, 舛森 直哉, 第56回日本癌治療学会学術集会
  • 当院および関連病院における二次腎移植症例の検討, 森 康範, 第54回日本移植学会総会
  • 下部尿路症状を有する患者に対するUDSを用いたアコチアミド塩酸塩水和物追加投与の検討, 杉本 公一, 第68回日本泌尿器科学会中部総会
  • 下部尿路症状を有する患者に対するUDSを用いたアコチアミド塩酸塩水, 秋山 隆弘, 第25回 日本排尿機能学会
  • Inhibition of phosphodiesterase Type 9(PDE9) Improves storage and voiding Dysfunction in mice with spinal cord injury, 清水 信貴(ピッバ-グ大, ICS2018
  • Genetically engineered mouse modeks of prostate cancer:tools for taget discovery and development 前立腺癌の遺伝子改変マウス, デベラスコ・マルコ(近大, 近大ゲノム, 第5回 前立腺生物シンポジウム 伊勢志摩2018
  • Nocturnal antidiuresis after administration of imidafenacin is induced by conentration of urine osmolality, 橋本 士, AUA2018
  • 騎乗型フィットンネス器具使用時における体幹筋活動の検討, 本郷 祥子, 第31回 日本老年泌尿器科学会
  • 腎細胞癌に対する免疫チェックポイント阻害薬, 野澤 昌弘, 第31回 日本老年泌尿器科学会
  • DSA陽性症例における低用量IVIG療法併用脱感作療法が奏功した生体腎移植3症例の検討, 能勢 和宏, 第106 回 日本泌尿器科学会総会
  • 転移性腎細胞がん患者を対象とした薬物治療の後方視的観察研究, 野澤 昌弘, 第106 回 日本泌尿器科学会総会
  • T1b腎細胞癌に対する腹腔鏡下腎摘除術, 野澤 昌弘, 第106 回 日本泌尿器科学会総会
  • Inhibition of STAT3 by antisense oligonucleotide treatment decreases the immune suppressive tumor microenvironment in syngeneic and GEM tumor modeis, Woessner R, AACR
  • Clinical significance of lidocaine pressure flow studies for LUTS in older male subjects without neurological disorler, 貴馬 K, ICS
  • 長期の死線期を経た心停止ドナ-からの献腎移植を施行し、1年で廃絶に至った症例, 齋藤 允孝, 第2回 近畿献腎移植症例検討会
  • 当科における先行的腎移植症例の検討, 森康範, 第51回 日本臨床腎移植学会
  • 足背壊死性筋膜炎と陰?創部治癒遅延に対しPICOを用いて治癒した2症例, 菊池 尭, 日本スト−マ・排泄リハビリテ-ション学会誌 第35回 学会総会
  • Effects of Hangesyainto for Everolimus Induced Stomatitis., 林 泰司, 15th Congress of the Asian Society of Transplantation
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセル療法の検討, 松村 直紀, 第55回 日本癌治療学会学術集会
  • 妊婦における残尿測定の実際 〜Bladder Scan(BVI6100)と医師による超音波法の比較〜, 本郷 祥子, 第24回 日本排尿機能学会
  • ROLE OF P38 MAP KINASE SIGNALLING PATHWAYS IN STORAGE AND VOIDING DYSFUNCTION IN MICE WITH SPINAL CORD INJURY, 清水信貴, ICS 2017
  • 騎乗型フィットネスマシンは骨盤底筋収縮を強化するか?, 本郷 祥子, 第19回 日本女性骨盤底医学会
  • 当科および関連病院における先行的腎移植(preemptive kidney transplantation:PEKT)症例の検討, 森 康範, 日本泌尿器科学会総会
  • 分子標的薬の有害事象とその管理, 野澤 昌弘, 日本泌尿器科学会総会
  • 免疫チェックポイント阻害薬の膀胱がんにおけるエビデンス, 野澤 昌弘, 日本泌尿器科学会総会
  • リドカイン注入 Pressure Flow study(LPFS)による高齢男性の排尿機能の変化について, 喜馬 啓介, 第105回 日本泌尿器科学会総会
  • A randomized control trial comparing silodosin and urapidil in female patients with lower urinary tract symptom-interim report, 杉本 公一, ICS
  • Efficacy of Valganciclovir for prevention of Cytomegalovirus in High-Risk Renal Transplantation., 林 泰司, 26th International Congress of The Transplantation Society
  • 腎細胞癌治療の新たな幕開け, RCC expert consensus meeting in Osaka
  • LSC手術における尿管の走行, 本郷祥子, 近大, 大阪南医療センタ, 第11回 日本骨盤臓器脱手術学会学術集会
  • テ−マ 男性の健康と腎泌尿器疾患, 市民公開講座
  • エベロリムス内服により遅発性器質化肺炎をきたした腎移植症例, 菊池 尭, 第66回 日本泌尿器科学会中部総会
  • PTENノックアウトマウス前立腺癌におけて選択的スプライシングは頻繁に認められる, デベラスコ・マルコ(近大, 近大ゲノム, 第75回 日本癌学会学術総会
  • PTENノックアウトマウス前立腺癌におけるノンコ−ディング RNAの検討, 倉 由吏恵, 第75回 日本癌学会学術総会
  • 腎移植後悪性腫瘍のマネ−ジメント 〜特に消化器腫瘍について〜, 能勢和宏, 第61回 日本透析医学会学術集会・総会
  • Phase II study of degarelix/bicalutamide combination for prostate cancer., 野澤昌弘, ASCO
  • 巣状糸球体硬化症再発に対し集学的治療が奏功した1症例, 菊池 尭, 第49回 日本臨床腎移植学会
  • 脂質異常症合併腎移植患者に対するw−3脂肪酸エチルの短期成績, 齋藤允孝, 第49回 日本臨床腎移植学会
  • 泌尿器科がん:診断・治療の最前線, 第14回 市民公開講座 泌尿器科がん:診断・治療の最前線
  • Degarelix/bicalutamide combination versus degarelix alone as initial androgen-deprivation therapy, 野澤昌弘, ASCO-GU
  • 当院におけるPVPの初期成績の検討, 吉川 元清, 第29回 日本泌尿器内視鏡学会総会
  • 夜間睡眠中の体水分変化が夜間尿量へ及ぼす影響の検討・電気インピ−ダンス法による解析, 喜馬 啓介, 第65回 日本泌尿器科学会中部総会
  • Female sex workers(FSWs)の性機能の検討, 永井康晴, 近大, 大阪南医療セン, 日本性機能学会 第26回 学術総会/第25回 西部総会
  • Preclinical effects of dual AKT/MAPK inhibition in PTEN-deficient prostate cancer, デベラスコ・マルコ, AACR
  • 臥位による下肢水分移行が夜間尿量へ及びぼす影響の検討, 喜馬 啓介, 第22回 日本排尿機能学会
  • Efficacy and safety of everol imus and mizoribine based early phase deep cni minimization immunosuppressant therapy for de novo kidney transplant recipients, 林泰司, CAST
  • 前立腺癌に対するデガレリスク/ビカルタミド併用療法, 野澤昌弘, 第13回 日本臨床腫瘍学会学術集会
  • Female sex workers(FSWs)の性機能、下部尿路症状の検討, 永井 康晴, 医療センタ, 第103回 日本泌尿器科学会総会
  • 繰り返す尿閉患者のカテ−テル抜去, 杉本公一, 第103回 日本泌尿器科学会総会
  • Bone management in patients with prostate cancer:FRAX combined with bone mineral density can prevent unnecessary treatment, Kawahara T, The30th Annual Congress of the European Association of Urology(EAU15)
  • 腎移植後悪性腫瘍症例の検討, 齋藤允孝, 第48回 日本臨床腎移植学会
  • テ-マ 前立腺疾患の最新治療薬・手術の期待と展望, 市民公開講座
  • カバジタセルの使用経験, 野沢昌弘, 第64回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎移植後妊娠・出産例の検討, 森 康範, 第64回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 泌尿器がんに対する集学的治療Up to Date, 第52回 日本癌治療学会学術集会
  • 腎移植後BKウイルス感染症の検討, 林 泰司, 第30回 腎移植・血管外科研究会
  • 副作用の対処方法について, ヴォトリエント錠200mg 承認記念講演会
  • Sequential therapyにおける薬剤切り替えのタイミング, 野沢昌弘, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 腎移植後BKウィルス感染症の検討, 林泰司, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 小径腎腫瘍における腫瘍増殖因子の検討, 杉本公一, 畿大学医学部堺病院, 泌尿器科, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 進行性腎癌に対するエベロリムスの治療成績と有害事象の検討, 大關孝之, 千葉県がんセンター, 泌尿器科前立腺センター, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 骨代謝マーカーによる骨転移の評価, 野沢昌弘, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 多施設前向き研究によるT1b腎癌の術後再発に関する検討, 立神勝則, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 日本人の去勢抵抗性前立腺癌患者に対するカバジタキセルの忍容性、安全性および有効性(国内第1相臨床試験), 上村博司, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • TKI 抵抗性高齢進行性腎癌に対するエベロリムスの有効性と安全性, 稲本輝生, 第102回 日本泌尿器科学会総会
  • スニチニブの4投2休レジメン(Traditionnal Schedule)とAIternative Scheduleへのスケジュ−ル変更による有効性の検討, 大關孝之, 第78回 日本泌尿器科学会東部総会
  • The Difference in adverse event profiles between the mTOR inhibitors,everolim and temsirolimus,in advanced renal cell carcinoma, 野澤昌弘, ESMO2013
  • Zoledronic acid for hormone-naive prostate cancer with bone metastasis, 野澤昌弘, ASCO2013
  • Difference in adverse event profiles between mTOR inhibitors temsirolimus and everolimus for advanced renal cell carcinoma, 野澤昌弘, ASCO-GU2013
  • Significance of basic research by Urologists. -present and future-, 第23回 泌尿器科分子・細胞研究会
  • Case Disucussion 患者背景を考慮した個別化治療の検討, Nexavar RCC Web Conference
  • 薬剤治療 最新のRCC薬物治療トピックス, Nexavar RCC Web Conference
  • 出産を契機に診断され、包括的がん医療モデルに則って加療した転移性腎細胞癌の1例, 上島成也, 第63回日本泌尿器科学会中部総会
  • 生体腎移植後、エンドトキシンショックに対し吸着療法にて救命し得た一例, 齋藤 允孝, 第63回日本泌尿器科学会中部総会
  • Recent advances of canser vaccines with CTL epitope peptides CTLエピトープワクチン療法, 伊東恭悟, 第72回日本癌学会学術総会
  • 生体腎移植後、エンドトキシンショックに対し吸着療法にて救命し得た1例, 齋藤允孝, 第81回 大阪透析研究会
  • Renal transplantation in patients with lower urinary tract dysfunction who have undergone bladder augmentation and urinary diversion in their childhood, 安田宗生, CAST2013 The 13th Congress of the Asian society of transplantation
  • 生体腎移植におけるエベロリムスとミゾリビンを用いた新規免疫抑制法の安全性と有効性に関する検討, 林泰司, CAST2013 The 13th Congress of the Asian society of transplantation
  • Examination of the effect of changing azilsartan from candesartan in renal transplant recipients., 石井徳味, CAST2013 The 13th Congress of the Asian society of transplantation
  • シンポジウム 人材育成〜技術の継承と倫理観の育成、プレイヤ-&リ−ダ−の育成, 第4 回泌尿器科フロンティアセミナ-
  • Omparison of PFS and safety for Asian compared to North American and european population in the phase lll trial of pazopanib versus sunitinib in patients with treatment-naive RCC(COMPARZ), Jun Gu, ASCO
  • Investiga of automatic nervous system activity of overactive bladder syndrome patients using an ”autonomic reflex orthostatic test”, 清水信貴, 10th German-Japanese Urological Meeting
  • 小児期に膀胱拡大術などの尿路手術を施行した患者に対する生体腎移植の経験, 安田 宗生, 第24回腎移植免疫研究会
  • 前立腺癌のバイオマ−カ−を発見するためのマウスモデルの作製, 畑中祐二, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • 多発性尿路奇形に対して回腸利用膀胱拡大術後、生体腎移植術を施行した2例, 安田宗生, 第101回 日本泌尿器科学会総会
  • ラット腎阻血再灌流障害モデルにおけるPioglitazone投与の腎保護効果についてのけんとう, 森康範, 第101回 日本泌尿器科学会総会
  • 小径腎腫瘍に対する待機手術療法VS即時手術療法の治療成績, 杉本公一, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • 生体腎移植における新規5剤免疫抑制療法の安全性と有効性に関する検討, 林泰司, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • 進行性腎癌に対するテムシロリムスの治療成績と有害事象の検討, 齋藤允孝, 千葉県がんセンター前立センタ, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • IMidafenacin Reduces Night time urine production as well as increases Bladder Capacity in BPH patients with nocturia and oab.Results from prospective randomized controlled trial,good-night study., 清水信貴, ICS 2012
  • α-blocker+eviprostatを長期内服 しているLUTS症例におけるeviprostat 休薬後の排尿状態の検討, 杉本公一, 第14回 南近畿排尿障害懇話会
  • 重複膣の女児に対してTURを用いて中隔切開を行った1例, 菊池尭, 第13回 大阪小児泌尿器疾患検討会
  • 5剤新規免疫抑制療法の有効性についての検討, 西岡伯, 第46回 日本臨床腎移植学会
  • 5剤新規免疫抑制療法の安全性についての検討, 林泰司, 第46回 日本臨床腎移植学会
  • Phase ? Study of Zoledronic Acid Concomitant with Androgen Deprivation Therapy for Patients with Treatment-Na?ve Bone-Metastatic Prostate Cancer:An Interim Analysis, 原 勲, 和, 32nd SIU Conference
  • ケーススタデイー 心の危機管理:職場でみられる症例, 第3回 泌尿器科フロンティアセミナー
  • Role of Stat3 transcriptional activation in a preclinical mouse model of prostate cancer and potential as a therapeutic traget, デベラスコ・マルコ(近大ゲノム, AACR ANNUAL MEETING 2012
  • 中葉肥大(IPP;intravesical prostatic protrusion)に対するα遮断薬の効果の違いについて, 清水信貴, 第13回南近畿排尿障害懇話会
  • LOH症候群に男性ホルモン補充療法を施行した1例, 上島成也, 第11回日本Men’s Heaslth医学会
  • 生体腎移植後に発生した後腹膜神経鞘腫の1例, 安田宗生, 第23回腎移植免疫研究会
  • Randomized controlled trial of nocturia in patients with benign prostatic hyperplasia with OAB using an alpha-blocker combined with a novel anticholinergic,lmidafenacin;GooD- NIGHT Study, 鞍作克之, 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態, The27th Annual congress of the EAU
  • 前立腺癌におけるHOXA-10の発現意義, 畑中祐二, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺癌増殖進展におけるSTAT3活性化の役割について−マウス前立腺癌モデルによる検討-, De Velasco Marco, 近大ゲノム, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • 本邦におけるmTOR阻害剤エベロリムス使用腎癌患者に関する後方観察研究-第4報-, 野澤昌弘, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • CMV抗体donor+/recipient-(D+/R-)のhigh risk腎移植症例に術後prophylactic valganciclovir療法を施行した3症例, 能勢和宏, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • 近畿大学泌尿器科で施行したpre-emptive腎移植症例の検討, 安田宗生, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • 尿中PCA3測定の有用性に関する国内多施設共同研究, 冨田京一, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • グレーゾーンPSA症例の初回生検時における尿中PCA3測定の有用性, 落合 厚, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • 泌尿器科とは?, 日本泌尿器科学会 創立百周年記念 市民公開講座
  • Baseline Bone Metabolism Markers as predictors for grogression-free survival of patients with treatment-Naive Bone-Metastatic prostate cancer treated with Zoledronic Acid plus combined Androgen BIockade., 野澤昌弘, The27th Annual congress of the EAU
  • 医療的ケアの観点から見た介助導尿, 松田久雄, 第61回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 「前立腺がんとのつきあい方〜患者、医師の立場から〜, Blue Clouer Campaign 2011 前立腺がんを考える
  • Impact of the primary tumor in situ on the response of metastatic lesions to targeted therapy in patients with metastatic renal cell carcinoma, 野澤昌弘, 31st Congress of the SIU
  • HOXA10 is aberrantly expressed in prostate cancer, 畑中祐二, 第70回 日本癌学会学術総会
  • Pre-clinical efficacy of sorafenib on a pten knockout mouse prostate cancer model, 山本 豊, 第70回 日本癌学会学術総会
  • Lumican expression in prostate cancer, 王 一, 第70回 日本癌学会学術総会
  • The long term renoprotective effect of candesartan in renal transplant patients, 石井徳味, 12th congress of the asian society of transplantation
  • The prostate-specific PTEN conditional knockout mouse, デベラスコマルコ, 30th anniversary conference
  • 介助導尿を必要とする二分脊椎患者の介護負担度調査よりの考察, 松田久雄, 日本二分脊椎患者の介護負担度調査よりの考察
  • 外国人介護人による泌尿器科関連の研修実体, 松田久雄, 第23回 日本老人泌尿器学会
  • The Role of cytoreductive nephrectomy in the era of molecular targeting drugs, AUA Annual Meeting
  • systemic transduction of p16 ink44 anti-tumor peptide inhibits growth of mbt-2 bladder tumor cell line graft in mice, 島居徹, AUA Annual Meeting
  • 高脂肪食摂取増加は前立腺癌発生トランスジェニックマウスモデルにおいて腫瘍増悪因子の一つになる, 畑中祐二, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • 泌尿器科領域での介助導尿などの医療的ケアの実情, 松田久雄, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • PTENコンディショナルノックアウト前立腺癌マウスを用いたエベロリムス・酢酸クロルマジノン の治療効果, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • PTEN遺伝子改変マウスを用いた酢酸クロルマジノンによる前立腺癌発癌抑制効果, 小池浩之, TT西日本大, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • サイトカイン治療抵抗性腎細胞癌患者に対するアキシチニブの国内第?相試験 ー有効性安全性及びバイオマーカーの検討ー, 篠原信雄, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • Everolimus reduces androgen dependent and independent prostate cancer in the prostate specific PTEN conditional gene targeting mouse model, デベラスコマルコ, 101st Annual meeting of the american association
  • 前立腺神経内分泌癌に対してドセタキセル+シスプラチン療法が奏功した症例, 林泰司, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • マウス膀胱癌、腎癌に対しての温熱療法の抗腫瘍効果, 山本豊, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • 塩酸誘発膀胱炎ラットモデルにおける Rho-kinaseの発現とRho-kinase阻害剤の効果, 清水信貴, 第99回 日本泌尿器科学会総会
  • Targeting prostate cancer chemoprevention via the androgen receptor in a preclinical mouse model., 小池浩之, 101st annual meeting of the american association
  • 腎盂尿管移行部狭窄症に対するアキュサイスを用いた切開手術の長期予後, 梅川徹, 第99回 日本泌尿器科学会総会
  • 進行性陰茎癌に対して広範切除および皮弁を用いた形成術を施行した1例, 松村直紀, 第213回日本泌尿器科学会関西地方会
  • ダブルル−メンカテ-テル使用時における再循環発生の要因について, 石井徳味, 第60回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 前/後期高齢者の過活動膀胱に対するイミダフェナシンの有効性に関する検討, 清水信貴, 第60回 日本泌尿器科学会中部総会
  • スニチニブにてPSA低下を認めたドセタキセル抵抗性前立腺癌の1例, 松村直紀, 第60回 日本泌尿器科学会中部総会
  • ホルモン抵抗性前立腺癌に対しドセタキセルを使用した71例の臨床的検討, 齋藤允孝, 第60回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎移植後の悪性腫瘍症例の検討, 齋藤允孝, 第46回 日本移植学会総会
  • Breast and renal cell carcinomas;Improving outcomes by targeting shared signaling pathways an educational seminar in conjunction with the 48th annual meeting of the japanese society of clinical oncology, 第48回日本癌治療学会学術集会
  • The prostate-specific PTEN conditional knockout mouse as a model for human prostate cancer, デべラスコ・マルコ(近大ゲノム, 69th Annual Meeting of the Japanease Cancer Association 第69回日本癌学会学術総会がん征圧へ向けての知の統合
  • Anti-tumor effects of everolimus and chlormadinone acetate against prostate cancer in a pre-clinical mouse model, デベラスコ・マルコ(近大ゲノム, 69th Annual Meeting of the Japanease Cancer Association 第69回日本癌学会学術総会がん征圧へ向けての知の統合
  • Systemic transduction of p16INK4 anti-tumor peptide inhibits growth of MBT-2 bladder tumor cell line graft in mice, 島居 徹, 69th Annual Meeting of the Japanease Cancer Association 第69回日本癌学会学術総会がん征圧へ向けての知の統合
  • Pre-clinical chemopreventive efficacy of chlormadinone acetate against prostate cancer, 小池浩之, 69th Annual Meeting of the Japanease Cancer Association 第69回日本癌学会学術総会がん征圧へ向けての知の統合
  • Phase ?study of sunitinib in Japanese patients (pts)with metastatic renal cell carcinoma (mRCC):Overall survival (OS)and updated results, 麦谷荘一, 2010 Genitourinary Cancer Symposium
  • Activity of sunitinib as third-line treatment of metastatic renal cell carcinoma(mRCC), 野澤昌弘, 2010 Genitourinary Cancer Symposium
  • 脳転移を契機に発見された転移性腎細胞癌に対し集学的治療により長期間生存を得た 1例, 松村直紀, 第211回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 転移を有する腎細胞癌患者に対するエベロリムス(RAD001)のランダム化、二重盲険、ブラセボ対照、多施設共同第?相試験(RECORD-1試験)-日本人サブグループでの検討, 庭川 要, 静岡がんセンター, 第98回 日本泌尿器科学会総会
  • 抗CMV抗体陽性ドナーから陰性レシピエントへの生体腎移植症例の検討, 林 泰司, 第98回 日本泌尿器科学会総会
  • 介助導尿を必要とする患者家族に対する介護負担度調査, 松田久雄, 大阪排尿, 第98回 日本泌尿器科学会総会
  • Phase Vll study of individualized peptide vaccines for HLA-A2/A24 positive patients with hormone-refractory prostate cancer, 田中基幹, 44th Annual Meeting of the American society of clinical oncology
  • AII About 泌尿器のがん(精巣腫瘍、前立腺癌、腎がん、尿路上皮がん), もっと知ってほしい『泌尿器のがん」のことin神戸
  • 医療者の立場から:患者に望むこと, もっと知ってほしい「泌尿器のがん」のことin 神戸
  • 高齢腎移植レシピエントの臨床的検討, 齋藤允孝, 第42回日本臨床腎移植学会
  • 術後急速に進行した腎原発扁平上皮癌の1例, 齋藤允孝, 第11回泌尿器腫瘍フォーラム学術集会
  • 先天性副腎皮質過形成に対する治療が原因と考えられた両側精巣腫瘍の1例, 齋藤允孝, 第196回日本泌尿器科学会関西地方会
  • 難治性サイトメガウィルスに苦慮した生体腎移植の2症例, 林泰司, 第97回日本泌尿器科学会総会
  • 膀胱原発腺癌に対しTS-1+CDDP併用療法を行った2症例, 林泰司, 第59回日本泌尿器科学会中部総会
  • 近畿大学附属病院におけるTESE/MESA症例の検討, 林泰司, 日本アンドロロジー学会第27回学術大会
  • 近畿大学医学部附属病院におけるTESE/MESA症例の検討, 林泰司, 第36回関西アンドロロジーカンファレンス
  • 腎移植後に発生した悪性腫瘍症例の検討, 林泰司, 第19回ミゾリビン移植検討会
  • 近畿大学付属病院において施行した前立腺癌蜜封小線源永久挿入療法症例の 検討, 林泰司, 11th Kongoh Urology Conference
  • ラット腎阻血モデルにおけるcarvedial投与の抗酸化作用についての検討, 林泰司, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • 極めて稀な後膓形成不全・外陰部形成不全の1症例, 林泰司, 第194回日本泌尿器科学会関西地方会
  • 腹腔鏡下脾摘後で血漿交換を施行せずに行ったABO不適合生体腎移植の1例, 林泰司, 第39回日本臨床腎移植学会
  • Serum selenium and risk of prostate cancer in japanese men 血清セレン濃度と前立腺癌リスクの検討, 野澤昌弘, 第68回日本癌学会学術総会
  • 膀胱癌細胞におけるVEGFR2の発現, 野澤昌弘, 第96回 日本泌尿器科学会総会
  • 膀胱癌におけるVEGFR2発現の検討, 野澤昌弘, 第6回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • 副腎腫瘍との鑑別が困難であった孤立性後腹膜神経線維腫の一例, 野澤昌弘, 第21回日本Endourology.ESWL学会総会
  • 腫瘍切除と放射線療法により臓器温存しえた14歳局所再発性陰茎癌の1例, 野澤昌弘, 第45回日本癌治療学会総会
  • VEGF受容体阻害薬による腎癌原発巣への効果の検討, 野澤昌弘, 第59回日本泌尿器科学会中部総会
  • Association of hypertension with objective response in patients treated with sorafenib, 野澤昌弘, 2009 Genitourinary Cancers Symposium
  • 進行性腎癌に対するスニチノブによる有害事象の検討, 野澤昌弘, 第97回日本泌尿器科学会総会
  • 進行性腎細胞癌患者に対するソラフェニブの治療効果と高血圧に関する検討, 野澤昌弘, 第58回日本泌尿器科学会中部総会
  • ドセタキセル抵抗性ホルモン不応性前立腺癌に対するシスプラチン/ドセタキセル併用療法の経験, 野澤昌弘, 第46回日本癌治潦学会総会
  • 進行性腎癌に対する分子標的薬治療による有害事象の検討, 野澤昌弘, 第96回日本泌尿器科学会総会
  • 進行性腎癌に対する分子標的薬の治療効果と有害事象, 野澤昌弘, 第57回日本泌尿器科学会中部総会
  • 前立腺上皮細胞におけるbeta-cateninの過剰発現は前立腺上皮細胞の増殖と表皮様構造へのtransdifferentiationを引き起こす, 野澤昌弘, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • 妊娠における下部尿路症状の推移, 堀川重樹, 第96回日本泌尿器科学会総会
  • シロドシンの射精障害:ヘルシーボランティアと投与症例での検討, 堀川重樹, 第57回日本泌尿器科学会中部総会
  • 女性尿閉の臨床的検討, 堀川重樹, 第12回日本排尿機能学会
  • Suicide gene therapy using replication-competent retrovirus(RCR) combined with tumor-specific cytotoxic T lymphocytes(CTLs)for PTEN knock-out spontaneous prostate cancer model, 芳賀 一徳, はがかずのり, AUA2008
  • テ−ラーメイド癌ペプチドワクチン臨床試験の生存解析:475症例でのアップデート, 峯孝志, 久留米大集学治療, 第67回 日本癌学会学術総会
  • Immunotherapy using tumor-specific cytotoxic T lymphocytes (CTLs) for PTEN knock-out spontaneous prostate cancer model, 冨岡厚志, AACR ANNUAL MEETING 2008
  • Cancer development in the mouse by prostate spacifig deletion of PTEN, 冨岡厚志, 66th Annual Meeting of the japanese Cancer Association
  • A prostate cancer model by the prostate specific deletion of PTEN, 冨岡厚志, 第96回 日本泌尿器科学会総会
  • The role of pten in hormone independent prostate cancer derived by prostatate specific deletion of pten., 冨岡厚志, Aua2007 Annual Meeting
  • PTEN遺伝子徐放製剤によるヒト前立腺癌放射線感受性増強効果, 冨岡厚志, 第64回日本癌学会学術総会
  • 関節リウマチ(RA)に対するLCAP中止要因の検討, 尾崎美和, 第70回大阪透析研究会
  • 当院によるLCAP施行時の副作用の検討, 尾崎美和, 第53回(社)日本透析医学会学術集会・総会
  • 妊娠中に高度両側水腎症で緊急処置を要した小児期逆流防止手術の合併症:4症例の経験, 畑中祐二, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討ーAngiotensin II type I receptor blocker (ARB)との比較ー, 畑中祐二, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討ーAngiotensin II type I receptor blockerとの比較ー, 畑中祐二, 第14回日本尿路結石症学会
  • 再燃性前立腺癌におけるドセタキセルを用いた治療効果の検討, 畑中祐二, 第57回日本泌尿器科学会中部総会
  • 共焦点レーザー顕微鏡によるCOM結晶中のオステオポンチンの局在観察, 梅川徹, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • 尿細管上皮細胞に対する蓚酸カルシウム結晶付着におけるオステオポンチンの役割, 梅川徹, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • 尿細管上皮細胞に対する蓚酸カルシウム結晶の付着におけるオステオポンチンの役割について, 梅川徹, 第94回日本泌尿器科学会総会
  • NADPH-oxidase からの supercxide は腎尿細上皮細胞のオステオポンチン産生を亢進させCOM結晶付着を増加させる, 梅川徹, 第97回日本泌尿器科学会総会
  • ァキュサイスによる上部尿路狭窄部切開術, 梅川徹, 第96回日本泌尿器科学会総会
  • Reactive oxygen species as second messenger for expression of MCP-1 in NRK52E cell exposed to calcium oxalate omnohydrate crystal, 梅川徹, AUA
  • 蓚酸イオンはNADPH ixudase活性を亢進しNRK52E細胞におけるオステオポンチンとMCP-1の産生亢進に至る, 梅川徹, 第93回日本泌尿器科学会総会
  • HLA-A3陽性前立腺癌患者に対する癌ワクチン療法に応用できるSART3由来ペプチドの同定, 南高文(近大, 久留米大先端癌治潦センタ, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • 精巣腫瘍に対するPBSCT併用超大量化学療法症例の検討, 南高文, 第5回 南大阪細胞移植療法研究会
  • HLA-A3陽性前立腺癌患者に対するSART3由来ペプチドワクチンの開発, 南高文, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • 左腎sarcomaの1例, 南高文, 第197回日本泌尿器科学会関西地方会
  • Clinical relevance of blood-based cadherin-6-ca9 dou assay in renal cell carcinoma, 藤本清秀, 27th Congress of the Societe Internationale d'Urologie
  • Expression of cadherin-6 mrna is poor prognostic factor for patients with T1-T3 renal cell carcinom, 島居徹, AUA2009Annual Meeting
  • Efficacy of p16 anti-tumor into bladder tumor cell lines using a novel transpoeter system, 島居徹, 66th Annual Meeting of the japanese Cancer Association
  • Pten機能性ペプチドによる前立腺癌治療の試み, 田中基幹, 第67回日本癌学会学術総会
  • Pten functional peptide therapy in prostate cancer, 田中基幹, AACR ANNUAL MEETING 2008
  • The Role of PTEN Tumor Suppressor Gene in Prostate Cancer Derived by Prostate Specific Deletion of PTEN., 田中基幹, 10th Annual meeting American Society of Gene Therapy
  • A novel PTEN functional peptide therapy for prostate cancer, 田中基幹, The 14th Annual Meeting 2008 Japan Society of Gene Therapy
  • 5589 Intravesical treatment of liposomal doxorubicin nanoparticles in mouse orthotopic bladder cancer model, 田中基幹, Annual Meeting 2007
  • Functional peptide therapy with pten in prostate cancer, 田中基幹, AUA2008
  • PTEN機能ペプチドによる前立腺癌治療への応用, 田中基幹, 第96回 日本泌尿器科学会総会
  • Metabolic syndrome accelerates mouse prostate cancer development, 田中基幹, 第17回泌尿器科分子・細胞研究会
  • The Role of PTEN in Carcinogenesis of Miuse Prostate, 田中基幹, 23rd Annual Urological research society Meeting
  • Credia TFを用いた遺伝子導入, 田中基幹, 第65回日本癌学会学術総会
  • 前立腺癌発症モデルPTENconditional gene targeting mouse を用いた臨床へのフィードバッグ, 田中基幹, 第97回日本泌尿器科学会総会
  • PTEN gene targetingの手法を用いたマウス前立腺癌モデルとその臨床に向けた応用, 田中基幹, 第24回前立腺シンポジウム
  • Prostate cancer mouse model derived by PTEN conditional gene targeting; Towards pre-clinical applications, 田中基幹, Urological Research Society
  • 腎細胞癌に対する新規分子標的治療の展開, 田中基幹, 第96回 日本泌尿器科学会総会
  • 表在性膀胱癌マウスモデルを用いたリポソーム化ドキソルビシンの治療効果, 田中基幹, 弟16回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会
  • Phase−vii trial of ca9 peptide vaccination in combination with interferon-alpha in hla-a24 positive patients with cytokine refractory renal cell carcinoma., 田中基幹, Aua2007 Annual meeting
  • 泌尿器腫瘍におけるFDG-PETの展望, 田中基幹, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • 泌尿器科領域における、FDG-PETの使用経験, 田中基幹, 第24回南大阪泌尿器科研究会
  • 前立腺全摘除術後のSalvage Radiation Therapy, 田中基幹, 第94回日本泌尿器科学会総会
  • Enhanced efficacy of radiation sensitivity by controlled gene delivery of pten expression vector conjugated with cationized felatin in prostate cancer cells, 田中基幹, AUA Annual Meeting 2005
  • ドナー脾細胞静脈内投与とデオキシスパーガリンの併用によるアロ特異的宿主T細胞反応の抑制に必要なドナー側細胞特性の解析, 田原秀男, 第56回近畿大学医学会学術講演会
  • 前立腺肥大症患者に対する酢酸クロルマジノン投与後のPSA及びテストステロンの変化と排尿症状について, 辻秀憲, 第59回日本泌尿器科学会中部総会
  • 蓚酸カルシウム結晶の腎尿細管上皮細胞への付着に対するオステオポンチン及び酸性ムコ多糖の効果について, 辻秀憲, 日本尿路結石症学会第16回学術集会
  • 蓚酸カルシウム結晶の腎尿細管上皮細胞への付着に対する酸性ムコ多糖の効果について, 辻秀憲, 第94回日本泌尿器科学会総会
  • 腎盂鏡下生検にて両側腎盂腫瘍と診断され、左腎尿管全摘術を施行した1例, 中川勝弘, 第13回泌尿器腫瘍フォーラム学術集会
  • フレキシシールの使用経験-骨盤部壊死性筋膜炎の一症例-, 大關孝之, 第25回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会
  • 総排泄腔外反症の1症例, 大關孝之, 第5回 大阪小児泌尿器疾患検討会
  • 排便管理にフレキシシールが有用であった外陰部壊死性筋膜炎の1例, 大關孝之, 第205回日本泌尿器科学会関西地方会
  • 右腎嚢胞と診断した若年性腎細胞癌の1例, 大関孝之, 第199回日本泌尿器科学会関西地方会
  • New approach for the treatment of renai cancers using p16 anti-tumor peptide p16 機能性ペプチドを用いた新しい腎癌治療法の検討, 全並賢二, 第68回日本癌学会学術総会
  • 腎移植後のARB(カンデサルタン)長期投与における移植腎保護効果の検討, 石井徳味, 第44回日本移植学会総会
  • フラミンガムリスクスコアを用いた腎移植患者の評価, 石井徳味, 第53回(社)日本透析医学会学術集会・総会
  • 核磁気共鳴法を用いた膀胱癌由来尿中乳酸測定の意義, 石井徳味, 第96回日本泌尿器科学会総会
  • ブラッドアクセス造設後における経時的血流動態の評価, 石井徳味, 第52回(社)日本透析医学会学術集会、総会
  • 核磁気共鳴法を用いた膀胱癌特異分子同定の試み, 石井徳味, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • 当院で経験した腎移植後、妊娠、出産に至った2例, 石井徳味, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • シクロスポリン投与下腎移植患者における高脂血症の病態, 石井徳味, 第17回ミゾリビン移植検討会
  • 前立腺癌蜜封小線源治療後の排尿状態についての検討, 清水信貴, 第9回南近畿排尿障害懇話会
  • 微小重力環境におけるヒト腎尿再管細胞の変化, 清水信貴, 第57回日本泌尿器科学会中部総会
  • IPSSにnocturiaQOLを加えた独自の問診表によるα遮断薬の夜間頻尿に対する効果, 清水信貴, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • パーキンソン病に対する脳深部電気刺激治療の排尿反射への影響, 清水信貴, 第8回南近畿排尿障害懇話会
  • パーキンソン病に対する脳深部刺激療法(DBS)前後の排尿状態の変化について, 清水信貴, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • 再燃製前立腺癌に対してDTXが効果的で現在20クール目施行中の1例, 清水信貴, 第196回日本泌尿器科学会関西地方会
  • 脳性麻痺による神経因性膀胱の尿路管理に苦慮している1症例, 清水信貴, 第43回NGB研究会
  • 特発性正常圧水頭症症例の治療前後における膀胱機能変化, 清水信貴, 第12回日本排尿機能学会
  • 小児膀胱平滑筋肉腫の1例, 清水信貴, 第192回日本泌尿器科学会関西地方会
  • Changesi in surgery for female stress urinary inconinence over 20years at this hospital, 清水信貴, 4th International congress of he Egtptian society of Uro-gynacology and Pelic Floor Studies (ESUG)
  • 臀部帯状疱疹による尿閉の1例, 清水信貴, 第39回NGB研究会
  • 当科における20年間の女性腹圧性尿失禁の手術変遷, 清水信貴, 第11回排尿管理研究会
  • Effect of partial bladder outlet obstruction on the morphology of elastin in rabbit bladder smooth muscle, 杉本公一, AUA2009 Annual Meeting
  • 下部尿路閉塞とエラスチンの検討, 杉本公一, TT西日本大, 第10回 南近畿排尿障害懇話会
  • 夜間頻尿に対する塩酸タムスロシンの効果, 杉本公一, TT西日本, 第57回日本泌尿器科学会中部総会
  • 下部尿路閉塞モデルにおける超高圧電顕を用いたエラスチンの役割と膀胱機能の検討, 杉本公一, NTT, 西日本大, 第96回日本泌尿器科学会総会
  • 初発表在性膀胱癌ハイリスク群に対するBCG膀胱内注入療法の投与回数別検討, 杉本公一, 第97回日本泌尿器科学会総会
  • 下部尿路閉塞モデルにおける超電圧電顕を用いたエスラチンの役割と膀胱機能の検討, 杉本公一, 第5回日本エスラチン研究会学術集会
  • 下部尿路閉塞モデルにおけるエラスチンの役割と膀胱機能の検討, 杉本公一, 日本エラスチン研究会第4回学術集会
  • ネオアジュバント内分泌療法後の前立腺全摘症例の検討, 杉本公一, 第55回日本泌尿器科学会中部総会
  • 当科における腎移植後悪性腫瘍症例の検討, 森康範, 第40回日本臨床腎移植学会
  • PBSCT併用大量化学療法施行後、塩酸イリノテカン+シスプラチン療法が奏効した精巣seminoma (pT2N2M1a)の1例, 森康範, 第197回日本泌尿器科学会関西地方会
  • PBSCT併用超大量化学療法施行後、塩酸イリノテカン+シスプラチン療法が奏効した精巣seminoma (pT2N2M1a)の1例, 森康範, 第3回南大阪細胞移植療法研究会
  • 当院で経験した腎移植後、妊娠・出産の2症例について, 森康範, 第22回腎移植・血管外科研究会
  • 後腹膜granulosa cell carcinomaの1例, 森康範, 第195回日本泌尿器科学会関西地方会
  • 尿路CISの診断と治療 過去10年間の経験から, 森康範, 第10回泌尿器腫瘍フォーラム学術集会
  • 生体腎移植後、子宮頸癌治療後に不妊治療に成功した1症例, 森康範, 第32回関西アンドロロジーカンファレンス
  • pT2N0M0膀胱癌に対し動注化学療法し、5年後にリンパ節転移を起こした1例, 上島成也, 第11回泌尿器腫瘍フォーラム学術集会
  • PETにて後腹膜リンパ節転移を診断しえた膀胱癌の1例, 上島成也, 第24回南大阪泌尿器科研究会
  • NGB+尿道機能不全症例に対するTVT術後合併症に苦慮した1例, 上島成也, 第6回日本ウロギネコロジー研究会
  • Hypertension promotes BBN-induced bladder carcinogenesis in spontaneously hyportensive rat, 松本成史, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • Chronic treatment with a pde5 inhibitor increased contractile force of normal bladder in rats, 松本成史, AUA 2009Annual meeting
  • ラット正常膀胱に対するPDE5阻害剤(vardenafil)の膀胱機能に対する検討, 松本成史, 第97回日本泌尿器科学会総会
  • 膀胱虚血再灌流誘発頻尿モデルの確立および本モデルにおけるタムスロシン塩酸塩の作用, 松本成史, 第96回日本泌尿器科学会総会
  • 間質性膀胱炎に対する高濃度水素精製水摂取による自覚症状改善効果, 松本成史, 第57回日本泌尿器科学会中部総会
  • 排尿後症状に対するα遮断薬の効果, 松本成史, 第47回NGB研究会(第12回高野山セミナー)
  • 先天性副腎皮質過形成に対する治療が原因と考えられた両側Leyding cell tumorの1 例, 松本成史, 第16回日本小児泌尿器科学会総会
  • Bladder protective effects of pdes inhibitor-efficacy of vardenafil on rat bladder with outlet obstruction., 松本成史, Aus2007 Annual Meeting
  • シロドシン(ユリーフR)の射精障害:ヘルシーボランティアでの検討, 松本成史, 第197回日本泌尿器科学会関西地方会
  • Edaravone protects against ischemia/reperfusion-induced morphologial and functional changes in rat urinary bladder, 松本成史, Meeting of the International Continence Society 36th Annual Meeting
  • ラット膀胱虚血・再還流モデルにおけるフリーラジカル消去剤Edaravoneの膀胱機能保護効果と膀胱平滑筋細胞の形態学的phenotypeの変化, 松本成史, 第12回日本排尿機能学会
  • Inductive couplingwireless sensor-transmiter for continuous monitoring of intra-bladder pressure for unoconstrained urodynamic study, 松本成史, The 5th International Workshop on Biosignal Interpretation
  • Bladder smooth muscle cell phenotypic changes and detrusor functional changes on ischemiareoerfusion injury in the rat urinary bladder, 松本成史, AUA Annual Meeting 2005
  • 特発性正常圧水頭症症例における膀胱機能検討 ー三徴候の一つである尿失禁の実態は?ー, 松本成史, 第6回南近畿排尿障害懇話会
  • 下部尿路(膀胱・前立腺)におけるelastinの役割, 松本成史, 日本エラスチン研究会 第二回学術秀会
  • 高齢者の排尿管理、特に排尿ケアの社会学的検証, 松田久雄, 第59回日本泌尿器科学会中部総会
  • テーラーメイドペプチドワクチンの臨床試験と基礎解析, 山田亮(久留米大, 癌治研, がんワクチン, 第64回日本癌学会学術総会
  • 進行性腎癌に対する4剤(IL-2、IFN-α、5-FU、cimetidine)併用免疫化学療法の有用性に関する前向き臨床試験による検討, 三宅牧人, 第94回日本泌尿器科学会総会
  • External Beam Radiation Therapyによる前立腺癌の治療効果, 高田聡, 第94回日本泌尿器科学会総会
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 高原史郎, 第68回大阪透析研究会
  • 恥骨後式前立腺全摘除術後の吻合部合併症、尿失禁に関する検討, 江左篤宣, 第7回南近畿排尿障害懇話会
  • 恥骨後式前立腺全摘除術後の吻合部合併症、尿失禁に関する検討:外尿道括約筋の位置との関係, 江左篤宣, 第7回南近畿排尿障害懇話会
  • 中高年女性OAB患者に対するエストロゲン補充療法の臨床的検討, 兼子美帆, 第12回日本排尿機能学会
  • 右腎癌術後20年目に肺転移を来した1例, 兼子美帆, 第192回日本泌尿器科学会関西地方会
  • The novel peptide therapy with p16 radiosensitizes prostate cancer, 穴井智, 第96回 日本泌尿器科学会総会
  • Radiosensitization by a novel p16 functioning peptide therapy in prostate cancer, 穴井智, The 14th Annual Meeting 2008 Japan Society of Gene Therapy
  • The novei PTEN peptide therapy for prostate cancer, 穴井智, 66th Annuai Meeting of the japanese Cancer Association
  • 前立腺癌同所性モデルのおけるp16機能性ペプチドによる放射線感受性の検討, 穴井智, 第67回 日本癌学会学術総会
  • A novel p16 peptide therapy radiosensitizes prostate cancer, 穴井智, AUA2008 Annual Meeting
  • Radiosensitization by a novel therapy with p16 functioning peptide in prostate cancer, 穴井智, 第17回泌尿器科分子・細胞研究会
  • Intravesical instillation of liposomal doxorubicin nanop articles in mouse superficial bladder cancer., 穴井智, Aua2007 Annual Meeting
  • 前立腺癌マウスにおけるBcl-2発現抑制による抗腫瘍効果および放射線感受性の誘導, 穴井智, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • トランスポーターを介したp16機能性ペプチド導入による腎癌細胞増殖抑制効果, 金並賢二, 第97回日本泌尿器科学会総会
  • リポソーム化ドキソルビシン膀胱内注入によるマウス膀胱癌モデルでの検討, 吉川元清, 第67回日本癌学会学術総会
  • 腎細胞癌患者における新規分子マーカーの検討, 吉川元清, 第97回日本泌尿器科学会総会
  • SHR,SHR-SPを用いた高血圧と過活動膀胱の関連性に関する実験的検討, 吉岡伸浩, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • 高血圧と過活動膀胱の関連性に関する実験的検討, 吉岡伸浩, 第56回日本泌尿器科学会中部総会
  • PSAと下部尿路閉塞の関係_α遮断薬内服前後におけるPSA変化とその校歌の関係ー, 花井禎, 第11回日本排尿機能学会
  • 排尿後症状の疫学調査-独自の問診表による検討-, 花井禎, 第57回日本泌尿器科学会中部総会
  • 尿道部分閉塞(BOO)ラットの膀胱血流量および排尿機能に対するタムスロシン塩酸塩の作用, 花井禎, 第96回日本泌尿器科学会総会
  • BPH/LUTS症例に対するエビプロスタットの抗酸化作用の検討, 花井禎, 第95回日本泌尿器科学会総会
  • 腎移植術における血清8-OHdG量の検討, 花井禎, 第38回日本臨床腎移植学会
  • 結石型原発性上皮小体機能亢進症例34例の局在診断, 奥田康登, 第55回日本泌尿器科学会中部総会
  • Establishment of a bladder ischemia/reperfusion-induced bladder overactivity model and the effects of tamsulosin on bladder blood flow and bladder function in that model, 奥津紘子, AUA2008 Annual Meeting
  • マウス膀胱癌(MBT-2)皮下移植モデルにおけるp16ink4Aペプチド導入の抗腫瘍効果, 稲井広夢, 第67回日本癌学会学術総会
  • Meloxicam inhibits prostate tumor growth and progression in prpstate specific-PTEN conditional gene knockout mice., マルコデべラスコ, 近大ゲノム, 第68回日本癌学会学術総会
  • Tailor−made approach to RCC chemotherapy using the tumor explant model, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, 第97回日本泌尿器科学会総会
  • 腎細胞癌における、テーラーメイド医療に向けた動物モデル, デベラスコマルコ(近大, 同ゲノム生物学, 第67回日本癌学会学術総会
  • In vivo model of personalized medicine:aiming towards tailor-made therapy of RCC, デベラスコ・マルコ, 第17回泌尿器科分子・細胞研究会
  • Tumor explant animal model: Aiming towards tailor-made therapy of RCC, デベラスコ・マルコ, AACR ANNUAL MEETING 2008
  • Delivery of PTEN via a novel gene microcapsule sensitizes prostate cancer cells to irradiation, デベラスコ・マルコ, The 14th Annual Meeting 2008 Japan Society of Gene Therapy
  • Use of image analysis of Treatment Response in Mouse Orithotopic Bladder Model, デベラスコ・マルコ, 66th Annual Meeting of the japanese Cancer Association
  • Effects of tamsulosin on bladder blood flow and bladder function in rats with bladder outlet obstruction, Akiyosi Ohtake, AUA2008 Annual Meeting
  • Effects of deep brain stimulation on urodynamic findings in patients with parkinsons disease9, 清水信貴, 37th Annual Meeting of the International Continence Society
  • 前立腺がんに対する免疫療法, 吉村一宏, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 後腹膜鏡下腎摘除術におけるトラブルシュ−ティング, 吉村一宏, 第28回 日本泌尿器内視鏡学会総会
  • 腎癌に対するワクチン療法, 吉村一宏, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 化学療法施行前去勢抵抗性前立腺癌に対するペプチドワクチン・デキサメサゾン併用療法等第2相前向き無作為化臨床研究, 吉村一宏, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • Leptin contributes to drive prostate cancer progression, 吉村一宏, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • 2次治療以後の適切な治療は?, 吉村 一宏, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • 化学療法薬・分子標的薬, 吉村 一宏, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • ヒト前立腺癌におけるルミカンの発現について, 吉村一宏, 第71回日本癌学会学術総会
  • Cell-Cell and Cell-Matrix Adhesion, 吉村一宏, AACR ANNUAL MEETING 2012
  • 前立腺癌に対する新規標的治療薬, 吉村一宏, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺癌におけるLumicanの発現異常について, 吉村一宏, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • 当科における鏡視下副腎摘除術の臨床的検討, 吉村一宏, 第24回日本内視鏡外科学会総会
  • 進行性・転移性腎癌に対するPresurgical 療法, 吉村一宏, 第61回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 近畿大学医学部附属病院における腹腔鏡下副腎摘除術症例の検討, 吉村一宏, 第23回 日本内分泌外科学会総会
  • 次世代の泌尿器癌治療戦略 −ワクチン療法についてー, 吉村一宏, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • Use of human tumor explants for the determination of anti-tumor drug efflcacy in a personalized medicine mouse model, 吉村 一宏, 第68回日本癌学会学術総会
  • Gene therapy with replication-deficient herpes simplex virus vectors encoding poreless TRPV1 or protein phosphatase 1 α(PP1α) reduces detrusor overactivity in mice with spinal cord injury, 清水 信貴, ICS 2019
  • 二次腎移植後に多量の蛋白尿を伴う難治性ネフローゼ症候群を発症し、rituximab間欠投与にて改善をえた献腎移植の1例, 浜口 守, 第35回 腎移植・血管外科研究会
  • 当院における高齢者へのRA223使用経験, 浜口 守, 第32回 日本老年泌尿器科学会
  • 当院における高齢腎移植症例の検討, 森 康範, 第32回 日本老年泌尿器科学会
  • 65歳以上のマスターベーションの実態調査, 清水 信貴, 第32回 日本老年泌尿器科学会
  • 高齢者におけるイミダフェナシンによる夜間尿量抑制と尿濃縮効果の関係, 橋本 士, 第32回 日本老年泌尿器科学会
  • カバジタキセルにより再熱した潜在性結核感染の1例, 橋本 士, 第241回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 80歳以上の前立腺癌における予後因子の検討, 杉本 公一, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 転移性尿路上皮癌に対するペムブロリズマブの使用経験, 西本 光寿, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 女性患者における腸腰筋面積と下部尿路症状の関係, 橋本 士, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 尿管結石自然排石率と大腰筋体積の関係, 浜口 守, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)に対するラジウム223の当院での使用経験, 豊田 信吾, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 腎移植後の移植後悪性腫瘍, 菊池 尭, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるアビラテロンの抗腫瘍免疫に対する影響, 清水 信貴, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるapalutamide(ARN-509)の治療効果, 森 康範, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスモデルを用いたマルチチロシンキナーゼ阻害薬であるTAS-115の検討, 近畿大学ゲノム, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • A real-time PCR-based approach to quantitatively assess tumor immune profiles and immune responses, デベラスコ・マルコ(近畿大学ゲノム, AACR
  • Dietary isoflavone decreases prostate cancer progression and improves survival in conditional Pten/Trp53-deficient mice, 森 康範, AACR
  • Apalutamide reworks the immune composition of prostate tumors, デベラスコ・マルコ(近畿大学ゲノム, AACR
  • Pimキナーゼ阻害薬は去勢抵抗性前立腺癌マウスモデルにおいて腫瘍増殖を抑制し生存期間を延長する, 倉 由吏恵, 第28回 泌尿器科分子・細胞研究会
  • Fabry病患者への生体腎移植で疼痛コントロールが可能になった1例, 菊池 尭, 第52回 日本臨床腎移植学会
  • 高齢腎移植レシピエントにおける悪性腫瘍に関する問題点と対策, 能勢 和宏, 第52回 日本臨床腎移植学会
  • 生体腎移植術を施行した全腸管無神経節症の1例, 浜口 守, 第52回 日本臨床腎移植学会
  • 腎移植後高尿酸血症治療と移植腎機能の関連について, 齋藤 允孝, 第52回 日本臨床腎移植学会
  • Therapeutic effects of PDE9 inhibitor on lower urinary tract dysfunction(LUTD) in mice with spinal cord injury(SCI), 清水 信貴, EAU
  • Therapeutic effects of p38 MAP kinase inhibitor in storage and voiding dysfunction in mice with spinal cord injury(SCI), 清水 信貴, EAU
  • 悪性中皮腫との鑑別を要する陰嚢水腫に発生した中皮過形成の1例, 國重 玲紋, 第23回 泌尿器腫瘍フォ−ラム学術集会
  • 泌尿器癌における免疫チェックポイント阻害薬の初期治療成績, 野澤 昌弘, 第31回 日本バイオセラピィ学会学術集会総会
  • Post-transplantation malignancy after kidney transplantation, 林 泰司, 医療センタ, Transplantation Science Symposium Asian Regional Meeting 2018
  • 欧州医薬品庁の勧告前にRa-223と新規ホルモン治療を併用した症例の治療成績, 安井 蒋人, 日本泌尿器腫瘍学会 第4回 学術集会
  • 原発性前立腺偏平上皮癌の1例, 浜口 守, 第239回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 左腎細胞癌脾転移に対してスニチニブが薯効しガス産生性脾膿瘍を認めた1例, 國重玲紋, 第239回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 生体腎移植後非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)に対してエクリズマブが署効した1例, 森 康範, 第68回日本泌尿器科学会中部総会
  • 近畿大学におけるBrachytherapyの検討, 南 高文, 第68回日本泌尿器科学会中部総会
  • 腸腰筋面積と下部尿路症状との関係, 橋本 士, 第68回日本泌尿器科学会中部総会
  • 当院におけるホルモン療法未治療前立腺癌(HNPC)に対するアピラテロンとプレドニゾロン併用療法の初期経験, 豊田 信吾, 第68回日本泌尿器科学会中部総会
  • 進行腎細胞癌に対する分子標的薬によるPRESURGICAL療法長期成績の検討, 大關 孝之, 第68回日本泌尿器科学会中部総会
  • Anti-androgen receptor therapy and immune modulation in mouse Pten-deficient prostate cancer, デベラスコ・マルコ, URS 2018 in KOREA
  • イミダフェナシン投与後の夜間多尿改善と尿濃縮効果の関係について, 橋本 士, 第25回 日本排尿機能学会
  • 脊髄損傷マウスモデルの膀胱機能障害に対するP38 MAPK阻害剤の治療効果, 清水 信貴, 第25回 日本排尿機能学会
  • 遺伝子改変Pten ノックアウトマウス前立腺癌モデルにおけるApalutamideの有効性についての検討, 森 康範, 第77回 日本癌学会学術総会
  • 前立腺癌患者の予後不良に関わる遺伝子絆の同定, 橋本 士, 第77回 日本癌学会学術総会
  • ptenノックアウトマウス前立腺癌モデルを用いたアビラテロンによる抗腫瘍免疫効果に関する検討, 清水 信貴, 第77回 日本癌学会学術総会
  • 免疫療法開発における遺伝子改変マウス前立腺癌モデルの有用性について, デベラスコ・マルコ(近大, 近大ゲノム, 第77回 日本癌学会学術総会
  • Ptenノックアウトマウス前立腺癌モデルにおけるマルチキナ−ゼ阻害薬TAS/115の有効性についての検討, 野澤 昌弘, 第77回 日本癌学会学術総会
  • Pimキナ-ゼ阻害薬は去勢抵抗性マウス前立腺癌モデルにおいて腫瘍増殖を抑制し生存期間を延長する, 倉 由吏恵, 第77回 日本癌学会学術総会
  • Imidafenacin mediates nocturnal antidiuresis through concentration of urine osmolality, 橋本 士, ICS2018
  • Pim Kinase as a therapeutic target for the management of prostate cancer ヒト前立腺癌に対する新たな治療標的としてのPimキナーゼの評価と検討, 倉 由吏恵, 第5回 前立腺生物シンポジウム 伊勢志摩2018
  • 生体腎移植後非曲型溶血性尿毒症症候群(aHUS)に対してエクリズマブが署効した1例, 森 康範, 第34回 腎移植・血管外科研究会
  • Therapeutic effects of PDE9 inhibitor in storage and voiding dysfuntion in mice wice with spinal cord injury(sci), 清水 信貴, AUA2018
  • Therapeutic effects of P38 map kinase inhibitor on bladder dysfunction in mice with spinal cord injury (sci), 清水 信貴, AUA2018
  • 近畿大学医学部附属病院における高齢者前立腺癌患者に対するbrachytherapyの検討, 南 高文, 第31回 日本老年泌尿器科学会
  • 75歳以上の前立腺癌患者に対するロボット支援前立腺全摘除術の検討, 大關 孝之, 第31回 日本老年泌尿器科学会
  • 高齢者間腎移植の1例, 森 康範, 第31回 日本老年泌尿器科学会
  • Therapeutic effects of p38 MAP kinase inhibitor on bladder dysfunction in spinal cord injured(SCI)mice, 清水 信貴, 近大, ピッツバ-グ大, 16th UAA
  • Genetic alterations in specific RNA processing genes is associated with poor patient outcome in prostate cancer, 杉本 公一, AACR
  • Targeting PIM and AKT kinases impairs tumor growth and improves overall survival in a murine model of advanced castration-resistant prostate cancer, デベラスコ・マルコ(近大, 近大ゲノム, AACR
  • Apalutamide(ARN-509) demonstrates therapeutic efficacy in genetically engineered mouse models of Pten-deficient prostate cancer, デベラスコ・マルコ(近大, 近大ゲノム, AACR
  • Treatment-dependent effects of androgen receptor signaling suppression on immune modulation in mouse Pten-deficient prostate cancer, デベラスコ・マルコ(近大, 近大ゲノム, AACR
  • Preclinical evaluation of the multi tyrosine kinase inhibitor TA5-115 in genetically engineered mouse modelsw of prostate cancer, デベラスコ・マルコ(近大, 近大ゲノム, AACR
  • Influence of abiraterone therapy on antitumor immunity in genetically engineered mouse prostate cancer models, 坂野 恵里, 近大ゲノム, AACR
  • ヒト前立腺癌におけるSTAT3について, 森 康範, 第106 回 日本泌尿器科学会総会
  • AKTおよびPImキナーゼをターゲットにした治療戦略はPTEN欠出前立腺癌臨床動物モデルにおいて治療効果改善を示す, 倉 由吏恵, 第76回 日本癌学会学術総会
  • アンドレゲンレセプターを標的とした次世代アンチセンスオリゴヌクレオチドとAKT阻害薬併用療法の治療効果について, 杉本 公一, 第76回 日本癌学会学術総会
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるPD-L1免疫チェックポイントソース阻害薬について, 清水 信貴, 第76回 日本癌学会学術総会
  • 前立腺特異的PTEN ノックアウトマウスモデルを用いたAKTおよび Pim 阻害薬の併用によろ抗腫瘍効果の検討, 倉 由吏恵, 第106 回 日本泌尿器科学会総会
  • The relationship of tesutosterone and lower urinary tract symptoms after withdrawing dutasteride, 橋本 士, 第106 回 日本泌尿器科学会総会
  • 限局性前立腺癌に対する放射線療法後膀胱癌発症例の検討, 南 高文, 第106 回 日本泌尿器科学会総会
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるPDL1免疫チェックポイント阻害薬について, 南 高文, 第106 回 日本泌尿器科学会総会
  • 生体腎移植後細菌感染性心内膜炎にて僧帽弁置換術を施工した1例, 齋藤 允孝, 第51回 日本臨床腎移植学会
  • 右心房に至る左腎癌下大動脈腫瘍塞栓の一例, 玉井 健太郎, 第237回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 前立腺癌特異的 PTENノックアウトマウスを用いたARを標的としたアンチセンスオリゴヌクレオチドの検討, 倉 由吏恵, 第27回 泌尿器科分子・細胞研究会
  • レ−ザ-マイクロダイセクション法を用いた脊損マウスの膀胱求心路のTRPチャンネル発現解析と神経成長因子(NGF)の抑制効果, 清水 信貴, 第27回 泌尿器科分子・細胞研究会
  • 前立腺扁平上皮癌の一例, 玉井 健太郎, 第22回 泌尿器腫瘍フォ−ラム学術集会
  • 当施設におけるロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術(RAPN)の初期成績, 大關 孝之, 第31回 日本泌尿器内視鏡学会総会
  • 脊髄損傷マウスにおけるレ−ザ−キャプチャ-法を用いた膀胱求心路のTRPチャンネル発現解析と神経成長因子(NGF)の抑制効果, 清水 信貴, 近, ピッツバ-グ大, 第24回 日本排尿機能学会
  • クリオグロブリン血症に伴う精索静脈血栓症の1例, 松村 直紀, 第236回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • PTENノックアウト前立腺癌マウスモデルにおける腫瘍免疫の包括的分析, Marco A. De Velasco, 近大ゲノム, 第76回日本癌学会学術総会
  • EFFECTS OF WITHDRAWING DUTASTERIDE ON SERUM TESTOSTERONE AND LOWER URINARY TRACT SYMPTOMS, 橋本 士, ICS 2017
  • 生体腎移植後に発症した感染性心内膜炎(IE)の2例, 齊藤 充孝, 第53回 日本移植学会総会
  • MRI矢状断を用いた骨盤臓器の解剖学的検討 〜未産婦の比較検討〜, 本郷 祥子, 第19回 日本女性骨盤底医学会
  • Effects of Nerve Growth Factor(NGF) Neutrlization on TRP Channel Expression in Laser-Captured Bladder Afferent Nelirons of mice With spinal cord injury(SCI), 清水信貴, AUA2017
  • MORPHOLOGICAL CHANGES OF DIFFERENT POPULATIONS OF BLADDER AFFERENT NEURONS DETECTED BY HERPES SIMPLEX VIRUS (HSV) VECTORS WITH CELL TYPE-SPECIFIC PROMOTERS IN MICE WITH SPINAL CORD INJURY, 清水 信貴, AUA2017
  • MRIを用いた健常女性における骨盤臓器の解剖学的検討, 本郷 祥子, 日本泌尿器科学会総会
  • 当院における腎移植後膀胱移植腎尿管吻合不全の検討, 齊藤 允孝, 日本泌尿器科学会総会
  • Herpes simplex virus (HSV) vector-mediated tracing and labelling of different populations of bladder afferent neurons in normal and spinal cord injured mice, 清水 信貴, ピッツバ-グ大, 日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスを用いたJak1/2阻害薬であるAZD1480による抗腫瘍効果および転移抑制についての検討, 倉 由吏恵, 日本泌尿器科学会総会
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対する塩化ラジウム(223Ra)の初期治療経験, 野澤 昌弘, 日本泌尿器科学会総会
  • ビッグデータを用いた去勢抵抗性前立腺癌治療実態の検討, 野澤 昌弘, 日本泌尿器科学会総会
  • Intraoperatively built custom-linked seedsを使用した前立腺癌密封小線源療法の初期経験(looseseedsとの比較検討), 南高文, 日本泌尿器科学会総会
  • 経会陰的前立腺再生検における好中球/リンパ球の有用性の検討., 橋本 士, 第105回 日本泌尿器科学会総会
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおける高脂肪食摂取による腫瘍増殖について, 森 康範, 第105回 日本泌尿器科学会総会
  • PTEN/p53ダブルノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるAutophagy阻害薬クロロキンの治療効果について, 杉本公一, 第105回 日本泌尿器科学会総会
  • 排尿筋低活動患者に対する排尿時間の検討, 杉本公一, 第105回 日本泌尿器科学会総会
  • Chatacterization of STAT3 activation in human prostate cancer., デベラスコマルコ, AACR
  • Co-targeting of AKT and pimkinases in mouse PTEN-deficlent prostate cancer., デベラスコマルコ, AACR
  • Therapeutic potential of combination therapy using a next generation antisense cligonucleotide targeting theandrogen teceptor and AKT inhibition with AZD5363 in genetically engineered mouse modeis of prostate cancer., デベラスコマルコ, AACR
  • PD-L1 biockade in preclinical modeis of PTEN-deflcient prostate cancer., デベラスコマルコ, AACR
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおける JAK1/2 阻害による腫瘍増殖抑制効果及び全生存率の検討, 杉本公一, 第26回 泌尿器科分子・細胞研究会
  • 前立腺特異的 PTEN ノックアウトマウスモデルを用いたTranscriptome 解析, 倉 由吏恵, 第26回 泌尿器科分子・細胞研究会
  • everolimus による 難治性口内炎に半夏潟心湯が著効した1症例, 桑原 賢, 第50回 日本臨床腎移植学会
  • Fraiser 症候群からのFSGSに対し生体腎移植術を施行した1症例, 菊池 尭, 第50回 日本臨床腎移植学会
  • α受容体遮断薬で効果不十分である前立腺肥大症患者に対するタダラフィル追加投与の検討, 橋本 士(近, 原総合, 第23回 日本排尿機能学会
  • 当院におけるハンドアシスト腹腔鏡下ドナ-腎摘除術の臨床的検討, 林 泰司, 第30回 日本泌尿器内視鏡学会総会
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するアビラテロン療法の検討, 桑原 賢, 第66回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 献腎移植後に可逆性白質脳症症候群(PRES)と考えられた1例, 齋藤允孝, 第66回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 遺伝子改変と前立腺癌マウスモデルにおける高脂肪食摂取による腫瘍増殖について, 森 康範, 第75回 日本癌学会学術総会
  • PTEN/p53 ダブルノックアウト前立腺癌マウイスモデルにおけるクロロキン経口による治療効果, 杉本公一, 第75回 日本癌学会学術総会
  • 右精巣腫瘍(骨髄外科質細胞腫)術後3年目に左精巣転移を来した1例, 大森 直美, 第233回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 当院における腎移植後新規発症糖尿病の検討, 齋藤 允孝, 第5回 日本移植学会総会
  • 腎 AML 内に形成された腎仮性動脈溜の1例, 高橋智輝, 腎移植・血管外科研究会
  • 移植腎仮性動脈溜破裂に対し人工血管置換術を施行した1症例, 林 泰司, 腎移植・血管外科研究会
  • CVD療法で治療効果を得た左副腎皮質癌の1例, 大關孝之, 第28回 日本内分泌外科学会総会
  • 精巣捻転後4ヶ月目に診断された精上皮腫の1例, 高橋智輝, 第232回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • Vaccine therapy for prostate cancer, 野澤 昌弘, East Asia Urologic Oncology symposium
  • DSA陽性症例における低用量 IVIG併用脱感作が奏功した2症例の経験, 能勢 和宏, 第49回 日本臨床腎移植学会
  • 腎移植後サイトメガロウイルス感染症に対する予防投与について, 林 泰司, 第49回 日本臨床腎移植学会
  • 当施設におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)の初期成績, 大關 孝之, 第29回 日本泌尿器内視鏡学会
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対する abiraterone療法の検討, 南 高文, 第53回 日本癌治療学会学術集会
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討, 大關 孝之, 第53回 日本癌治療学会学術集会
  • 当院におけるタダラフィルの使用経験, 松村 直紀, 第65回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 転移性腎癌に対するパゾパニブの使用経験, 杉本 公一, 第65回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 高齢前立腺癌患者における好中球/リンパ球比(NLR)と予後との関連, 安富 正悟, 第65回 日本泌尿器科学会中部総会
  • アンドロゲン受容体に対する次世代アンチセンスオリゴヌクレオチドを用いた前立腺癌治療, デベラスコマルコ, 第74回 日本癌学会学術総会
  • 前立腺癌に対するオ−トファジ−阻害薬CQと分子標的薬の併用療法について, 畑中祐二, 第74回 日本癌学会学術総会
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するPim-1 キナ−ゼ阻害薬 AZD1208の治療効果, 倉 由吏恵, 第74回 日本癌学会学術総会
  • 前立腺癌におけるAkt/P13KおよびMAPK経路阻害の治療相乗効果について, 山本豊, 第74回 日本癌学会学術総会
  • PTEN 欠損電立腺癌マウスモデルにおけるオ−トファジ-阻害薬CQによる長期治療効果について, 杉本 公一, 第74回 日本癌学会学術総会
  • 女性傍尿道平滑筋腫の1例, 西野安紀, 第230回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • CVD療法で治療効果を得ている左副腎皮質癌の1例, 安富正悟, 第230回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • Preclical activity of the AKT inhibitor AZD5363 in PTEN-deficient mouse models of prostate cancer, デベラスコ・マルコ, AACR
  • Inhibition of mouse PTEN-deficient prostate cancer with next generation antisense oligonucleotide targeting the androgen receptor, デベラスコ・マルコ, AACR
  • Effects of long-term chloroquine chemotherapy in a preclinical model of PTEN-deficier prostate cancer, 吉川 和宏, AACR
  • Evaluation of pim-1 kinase inhibition in preclinical model of mouse prostate cancer, デベラスコ・マルコ, AACR
  • Chloroquine demonstrates limited effectiveness in an autochthonous preclinical model of prostate cancer, 倉 由吏恵, AACR
  • 繰り返す尿閉患者のカテ−テル抜去へのアコファイドの有効性, 松村 直紀, 第22回 日本排尿機能学会
  • 女性の下部尿路症状に対するシロドシンとウラピジルの無作為化比較臨床試験(中間報告), 杉本 公一, 第22回 日本排尿機能学会
  • Involvement of renin Angiotensin aldosterrone system in Calcium oxalate Crystal Induced Activation of NADPH Oxidase and Renal Cell Injury, 辻 秀憲, 47th Annual Meeting (philadelphia)
  • 中長期デュタステリド投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド(DUT)休薬の影響, 橋本 士, 第103回 日本泌尿器科学会総会
  • 夜間頻尿合併不眠患者に対するエスゾピクロンの検討, 西本光寿, 第103回 日本泌尿器科学会総会
  • 去勢抵抗性前立腺癌における P13K-AKtと AR シグナル伝達経路をタ−ゲットにした治療戦略について, 沖 貴士, 西, 第103回 日本泌尿器科学会総会
  • 去勢抵抗前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討, 大關孝之, 第103回 日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺癌に対する免疫療法:去勢抵抗性前立腺癌に対するペプチドワクチン・デキサメタゾン併用療法-第?相前向きランダム化臨床研究, 木村高弘, 第30回 前立腺シンポジウム
  • A phase-ll study of peptide vaccines and dexamethasone versus dexamethasone alone for chemotherapy-naive castration resistant prostate cancer-a final report, 南高文, The 30th Annual Congress of the European Association of Urology(EAU15)
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルの有用性, 倉 由吏恵, 第24回 泌尿器科分子・細胞研究会
  • 腎移植後 サイトメガロ 感染症に対する バルガンシクロビル 予防投与について, 林 泰司, 第24回 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会
  • 中長期デュタステリド投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド休薬の影響, 橋本 士, 第16回 近畿排尿障害セミナ-
  • アビラテロン投与にて重篤な低カリウム血症を起こした2例, 明石泰典, 第228回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 膀胱原発淡明細胞癌と診断された一例, 橋本 士, 第19回 泌尿器腫瘍フォ−ラム学術集会
  • VHL病に合併した両側腎癌に対し分子標的薬治療を行った?例, 橋本 士, 第226回 日本泌尿器科学関西地方会
  • Brachytherapy 術後tuR-P,内尿道切開術を要した症例の検討, 橋本士, 第28回 日本泌尿器内視鏡学会総会
  • 精巣腫瘍と精巣原発悪性リンパ腫の検討, 松村直紀, 第64回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎癌に対する分子標的薬による Presur-gical 療法の検討, 大關 孝之, 第64回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 転移性腎癌に対する新規分子標的薬パゾパニブの使用経験, 山本 豊, 第64回 日本泌尿器科学会中部総会
  • PTEN欠損 マウス前立腺がん由来細胞株の樹立, 吉川和宏, 第73回 日本癌学会学術総会
  • 去勢抵抗性前立腺癌において アンドロゲン受容体および mTORの抑制によって、抗腫瘍効果は増強する, 倉由吏恵, 第73回 日本癌学会学術総会
  • 前立腺癌マウスモデルにおけるP13K/mTOR シグナル阻害の効果, 山本豊, 第73回 日本癌学会学術総会
  • オ−トファジ−と前立腺癌発生-進展に関する関係について、 PTEN/Atg-7 KO前立腺癌マウスを作製し、検討した, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, 第73回 日本癌学会学術総会
  • ヒト前立腺癌における Lumican の発現についての検討, 沖貴士(NTT西日本大阪, 第73回 日本癌学会学術総会
  • HOXA10の発現異常が前立腺全摘出後の再発を予測する可能性の検討, 畑中祐二, 第73回 日本癌学会学術総会
  • #696 Effects of anticholinergic agent on autonomic nervous system (ANS) function of overactive bladder syndrome patients, 清水信貴, ICS 2014 Abstract Centre
  • 長期尿管ステン留置により生じた動脈尿管瘻の2例, 齋藤允孝, 第30回 腎移植・血管外科研究会
  • 腎移植患者に対するアジルサルタン短期投与の降圧効果ならびに移植腎保護効果の検討, 石井徳味, 同人工透析, 第59回 日本透析医学会学術集会・総会
  • 近畿大学医学部付属病院における高齢者前立腺癌患者に対するbrachytherapyの検討, 南高文, 第27回 日本老年泌尿器科学会
  • 去勢抵抗性前立腺がんにおける免疫療法の役割, 南高文, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺癌におけるLumicanの発見についての検討, 沖貴士(NTT西日本大阪病院, 尿, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺癌におけるHOXA10の発現異常についての検討, 畑中祐二, 済生会富田林病院, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 前治療薬の違いによるアキシチニブの有害事象プロファイルの違い, 野沢昌弘, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスモデルにおけるMEK阻害剤の抗腫瘍効果の検討, 山本豊, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • ハンドアシスト後腹膜鏡下ドナー腎採取術の検討, 齋藤允孝, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺癌におけるオートファジーの生物学的意義, マルコデベラスコ(近大, 近大ゲノム, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺癌におけるSTAT3転写活性抑制効果の検討, 倉由吏恵, 第102回日本泌尿器科学会総会
  • The role of autophagy in prostate tumorigenesis and its therapeutic implications, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, AACR
  • Expression of lumican is negatively associated with the risk of biochemicai recurtence in human prostate cancer, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, AACR
  • Establishment and charactertzation of cell lines derived from a murine model of PTEN-deticient prostate, 吉川和宏, AACR
  • Combining P13K and 5 alpha-reductase inhibitors improves the treatment response in a mouse model of PTEN-deficient prostate cancer, 倉由吏恵, AACR
  • Co-targeting the P13K and androgen receptor signal pathways in castration resistant prostate cancer, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, AACR
  • The effect of tadarafil on sexual function in patients treated with brachytherapy-interim analysis, 永井康晴, 大阪南医療センタ, The 4th congress of asioan pacific prostate society
  • Aldosterone Induces superoxide generation via racl Acivation and Its Signaling pathway Links to calcium Oxalate crystals-mediated Oxidative cell Injury, 辻秀憲, SIU
  • What is the prognostic factor in prostate cancer patients with bone metastasis treated with maximum androgen blockade, 山本豊, The 4th congress of Asian pacific prostate socicty
  • 献腎移植後27年目にMDSを発症しアザシチジンを使用した1例, 齋藤允孝, 第47回 日本臨床腎移植学会
  • 前立腺癌小線源療法施行患者におけるタダラフィルの性機能、排尿機能および健康関連QOLに及ぼす影響の検討, 永井康晴, 阪南医療センター, 第24回 日本性機能学会西部総会
  • 神経内分泌系前立腺癌にて集学的治療を行った1例, 橋本士, 第18回泌尿器腫瘍フォーラム学術集会
  • 精巣原発悪性リンパ腫の8例, 松村直紀, 第63回日本泌尿器科学会中部総会
  • 当科におけるフルニエ壊疸症例の検討, 豊田信吾, 第63回日本泌尿器科学会中部総会
  • α1遮断薬投与中の30g未満の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド追加投与の検討, 橋本士, 第63回日本泌尿器科学会中部総会
  • Tumor responses to MAPK signal inhibition in a preclinical model of PTEN delicient prostate cancer PTENノックアウト前立腺癌マウスにおけるMAPKシグナル抑制と抗腫瘍効果, 山本豊, 第72回 日本癌学会学術総会
  • Autophagy and prostate cancer オ−トファジ-と前立腺癌, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, 第72回 日本癌学会学術総会
  • Hoxa10 is aberrantly expressedin prostate cancer 前立腺癌におけるHOXA10の発現異常について, 畑中 祐二, 第72回日本癌学会学術総会
  • 長期尿管ステント留置により生じた右外腸骨動脈尿管瘻の1例, 橋本士, 第224回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • Association betweenLUTS and sieep disorders and rameiteons effects on LUTS and inflammation, 清水信貴, SIC 2013 33rd congress of the societe internationale Durologle
  • Investigation of automatic nervous system activity of overactive bladder syndrome patients using an “autonomic reflex orthostatic test”, 清水信貴, 43rd Annual Meeting of the International Continence Society
  • Interim analysis on effect of tadarafil on sexual function in patients treated with brachytherapy, 永井康晴, 14th APSSM(the Asia-pacific society for sexual medicine)
  • 後腹膜原発Extraskeletal Ewing‘s Sarcomaの1例, 豊田 信吾, 第223回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • Interim analysios on the effect of tadalafil on sexual function in patients treated with brachytherapy, 永井康晴, 日本性機能学会 第24回 学術総会/ 第23回 中部総会 第14回 アジア太平洋性機能学会
  • Influence of oral administratuon of α-AR antagonists on sexual function for patients receiving brachytherapy, 清水信貴, 日本性機能学会 第24回学術総会/第23回中部総会 第14回アジア太平洋性機能学会
  • Autophagy is required for prostate cancer progression., デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, American Association for Cancer Research ANNUAL MEETING2013
  • Leptin contributes to prostate cancer progression., デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, American Association for Cancer Research ANNUAL MEETING2013
  • Interleukin-6 (IL-6) as a therapeutic target in prostate cancer., 倉由吏恵, American Association for Cancer Research ANNUAL MEETING2013
  • A role for lumican as a biomarker of disease progression in human prostate adenocarcinoma., デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, American Association for Cancer Research ANNUAL MEETING2013
  • Therapeutic potential of JAK/STAT signal inhibition in prostate cancer by the JAK inhibitor AZD1480., デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, American Association for Cancer Research ANNUAL MEETING2013
  • Expression of lumican in human prostate adenocarcinoma, 倉由吏恵, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • The potential of targeted stat 3 inhibition for prostate cancer, デベラスコマルコ(近大, 近大ゲノム, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • mTOR 阻害薬テムシロリムスとエベロリムスの有害事象プロファイルの相違, 野澤昌弘, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • 過活動膀胱患者における自律神経機能の検討, 清水信貴, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • Mineralocorticod receptor blocker及びSrc inhibitorの腎尿細管上皮細胞でのNADPH oxidase活性とsuperoxide産生、Rac1発現への影響, 辻秀憲, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法の検討, 小林泰之, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺特異的PTENノックアウト前立腺癌マウスを用いた抗腫瘍メカニズムの検討, 山本豊, 第101回日本泌尿器科学会総会
  • Clinical role of MHC-class I peptide vaccines for metastatic renal cell carcinoma, 南 高文, 28th Annual EAU Congress
  • 前立腺癌小線源療法施行患者におけるタダラフィルの性機能、排尿機能および健康関連 QOLに及ぼす影響の検討 中間報告, 永井康晴, 第1回 関西生殖医学集談会 第45回 関西アンドロロジ−カンファレンス合同研究会
  • α1遮断薬投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド追加投与の効果〜抗加齢QQL共通問診票を用いた検討〜, 清水信貴, 第13回 日本抗加齢医学会総会
  • 腹腔鏡下に摘出したganglioneuromaの一例, 菊池 尭, 第222回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 精巣腫瘍(卵巣上皮型腫瘍)術後3年目で再発した一例, 西本光寿, 第17回泌尿器腫瘍フォーラム学術集会
  • 近畿大学泌尿器科におけるゾレドロン酸使用の実際, 南 高文, 第62回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 尿膜管癌の臨床的検討, 松村直紀, 第62回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 小径腎腫瘍に対する待機手術療法の治療成績, 杉本公一, 第50回 日本癌治療学会学術集会
  • 腎癌に対するmTOR阻害薬エベロリムスとテムシロリムスの有害事象プロファイルの相違, 野澤昌弘, 第50回 日本癌治療学会学術集会
  • 近畿大学泌尿器科におけるゾレドロン酸使用実際, 南 高文, 第50回 日本癌治療学会学術集会
  • Characterization of key regulatory pathways regulating prostate cancer growth and responses to molecular targeted therapy in a preclinical GEM model of prostate cancer, デベラスコ・マルコ(近大, 近大ゲノム, 28th Annual Urological Research Society Meeting
  • Difference in Adverse Events of mTOR Inhibitors,Everolimus and Temsirolimus,in Metastatic Renal Cell Carcinoma Patients, 野澤昌弘, 32nd SIU Conference
  • 前立腺癌マウスモデルに対する分子標的治療薬の抗腫瘍効果の検討, 山本 豊, 第71回 日本癌学会学術総会
  • ヒト前立腺癌の進展における HOXA 10の発現異常 について, 畑中祐二, 近, 富田林病院, 第71回 日本癌学会学術総会
  • 前立腺特異的 PTEN ノックアウトマウスにおける STAT 3 の転写活性に関する検討, 小林泰之, 第71回日本癌学会学術総会
  • Diet-induced laptin contributes to prostate cancer progression, デベラスコ・マルコ(近大, 近大ゲノム, 第71回 日本癌学会学術総会
  • HLA-A24陽性腎細胞癌患者におけるcancer-reactiveCTLs を誘導し得る EpoR 抗原由来ペプチドの同定, 南 高文, 第71回 日本癌学会学術総会
  • 後腹膜鏡下ハンドアシストドナー腎採取術の検討, 林泰司, 第48回 日本移植学会総会
  • 精巣腫瘍 ovarian epithelial type術後 3年目で再発した1例, 西本光寿, 第220回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 過活動膀胱患者に対するミラベグロンの早期治療効果の検討, 杉本公一, 第19回日本排尿機能学会
  • 過活動膀胱患者における ”きりつ名人”を用いた自律神経機能の検討, 清水信貴, 第19回日本排尿機能学会
  • The clincal role of peptide vaccines for castration-resistant prostate cancer. 去勢抵抗性前立腺がんに対するペプチドワクチン療法の臨床的役割, 南高文, The 10th Annual Meeting Japanese Society of Medical Oncology 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • Identification of Aberrant Expression of HOXA10 in Prostate Cancer., デベラスコ・マルコ(近大ゲノム, 102nd Annual Meeting AACR
  • Altered Expression of Lumican in prostate Cancer Is Identified by Microarray Analysis., 王一, 102nd Annual Meeting AACR
  • Increased Consumption of Dietary Fat contributes to Increased prostate cancer-specific Mortality in a Transgenic Mouse Model of prostate cancer., 畑中祐二, 102nd Annual Meeting AACR
  • Use of a novel synthetic biomaterial to induce mild whole body hyperthermia tor the treatment of cancer in a preclinical model, 児玉 光正, AACR ANNUAL MEETING 2012
  • HOXA10 expression profiles in prostate cancer, 畑中祐二, AACR ANNUAL MEETING 2012
  • Enhanced anti-tumor effects using a combinatorial targeted treatment strategy in a preclinical model of prostate cancer, 山本 豊, AACR ANNUAL MEETING 2012
  • A preclinical model to evaluate the risk of increased dietary fat consumption and prostate cancer progression, 小林泰之, AACR ANNUAL MEETING 2012
  • 下大静脈合併切除を行った後腹膜平滑筋肉腫の1例, 菊池 尭, 第219回日本泌尿器科学会関西地方会
  • Anti-tumor effects of low temperature whole body hyperthermia on human bladder cancer cells in vivo, 山本 豊, 102nd ANNUAL MEETING
  • 泌尿器科疾患における睡眠障害の検討, 清水 信貴, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • 食道癌原発の転移性陰茎腫瘍の1例, 小林泰之, 食道癌原発の転移性陰茎腫瘍の1例
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するペプチドワクチン・デキサメタゾン併用療法-第2相前向きランダム化臨床研究・中間解析, 木村高弘, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • Ptenノックアウト前立腺癌モデルにおけるsorafenibの治療効果, 山本 豊, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • 高脂肪摂取と前立腺癌の進展について-マウス前立腺癌モデルを用いた検討-, 辻 秀憲, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • 当院における前立腺癌stageD2症例の治療成績, 伊丹祥隆, 第100回日本泌尿器科学会総会
  • Efficacy of α1-AR antagonists in patients undergoing prostate 125I brachytherapy for prostate carcinoma:A randomized trial involving pressure flow study, 清水信貴, The27th Annual congress of the EAU
  • 精嚢腺癌と鑑別を要した前立腺癌精嚢浸潤の1例, 伊丹祥隆, 第218回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 腎コロボーマ症候群に対し生体腎移植を施行した1例, 林泰司, 第45回日本臨床腎移植学会
  • MEA療法が有効であった、難治性非セミノーマ精巣腫瘍の一例, 永井 康晴, 第217回日本泌尿器科学会関西地方会
  • ハンドアシスト腹腔鏡下ドナー腎摘出術の臨床成績, 林 泰司, 第24回日本内視鏡外科学会総会
  • 後腹膜鏡下ドナー腎摘出術の工夫, 林 泰司, 第24回日本内視鏡外科学会総会
  • 腹腔鏡下ドナ-腎摘出術の臨床的検討, 林泰司, 第25回 日本泌尿器内視鏡学会総会
  • 当科における体腔鏡下副腎摘除術の臨床的検討, 小林泰之, 第25回 日本泌尿器内視鏡学会総会
  • 腹腔鏡下根治的腎摘除術における術中出血量に及ぼすBMIの影響, 野澤昌弘, 第25回 日本泌尿器内視鏡学会総会
  • 当院における急性陰嚢症の経験, 永井康晴, 第61回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 当院での前立腺癌骨転移症例に対するストロンチウム-89(Sr-89)治療の臨床評価, 伊丹祥隆, 第61回 日本泌尿器科学会中部総会
  • Use of the prostate-specific PTEN conditonal knockout mouse model to identify prognostic biomarkers in prostate cancer, デベラスコ・マルコ(近大, 近大ゲノム, 第70回 日本癌学会学術総会
  • Laparoscopic donor nephrectomy:single center expenrience, 林泰司, 12th congress of the Asian society of transplantation
  • CA19-9 高値を示した原発性腎孟腺癌の1例, 伊丹祥隆, 第216回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 乳房外 paget の1例, 永井康晴, 第216回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • ACTH非依存性大結節性副腎皮質過形成(AIMAH)に腹腔鏡下両側副腎摘出術を施行した1例, 沖貴士, 第216回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • コロボ-マ症候群に対しABO 不適合生体腎移植を行った1例, 小林泰之, 第216回 日本泌尿器科学会関西地方会
  • 慢性透析患者の進行性腎細胞癌に対する分子標的薬治療経験, 石井徳味, 第56回 (社)日本透析医学会学術集会・総会
  • efficacy of α1−AR ant agonists in patients undergoing prostate 125 brachytherapy for prostate carcinoma:a randomized trial. involving pressure flow study, 清水信貴, AUA Annual Meeting
  • エベロリムス投与における口内炎予防対策の検討, 永江幸子, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • 転移性腎細胞癌に対するソラフェニブ再投与療法の臨床効果, 野澤昌弘, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • 近畿大学泌尿器科におけるBrachytherapyの検討, 南高文, 第99回 日本泌尿器科学会総会
  • 骨転移前立腺癌に対する初回MAB療法の成績, 安田宗生, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • 近畿大学泌尿器科における精巣腫瘍の臨床的検討, 松村直紀, 第99回日本泌尿器科学会総会
  • 慢性透析患者の進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の使用経験, 石井徳味, 第76回大阪透析研究会
  • 表在性膀胱癌に合併した炎症性偽腫瘍の1例, 奥田康登, 第214回日本泌尿器科学会関西地方会
  • 若年性前立腺癌の1例, 安田宗生, 第213回日本泌尿器科学会関西地方会
  • エベロリムスが著効した進行性腎癌の1例, 安田宗生, 第60回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 尿路上皮癌に対するM-VAC療法およびGC療法の効果についての検討, 畑中祐二, 第60回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 進行性腎細胞癌に対するエベロリムスの使用経験, 野澤昌弘, 第60回 日本泌尿器科学会中部総会
  • 腎結石形成モデルラットにおけるオステオポンチン(OPN)siRNAの結石形成抑制効果に関する検討, 奥田康登, 第60回 日本泌尿器科学会中部総会
  • Initial PSA 0.001ng/mlで生検にて診断された前立腺癌の1例, 南高文, 腫瘍フォーラム学術集会第15回泌尿器
  • 腎結石モデルラットにおけるオステオポンチン(OPN)の役割 〜OPNsiRNAを用いたOPNmRNAノックダウンによる検討〜, 奥田康登, 日本尿路結石症学会誌 日本尿路結石症学会 第20回学術集会抄録集
  • 進行性腎細胞癌に対する三次治療としてのスニチニブの有効性の検討, 野澤昌弘, 第98回日本泌尿器科学会総会
  • 前立腺癌蜜封小線源療法前後のpressure Flow Studyを用いた排尿機能の検討, 清水信貴, 第98回 日本泌尿器科学会総会
  • 副腎悪性褐色細胞腫の一例, 明石泰典, 第19回 泌尿器腫瘍フォ−ラム学術集会
  • 「Office Urology:ED診療の病診連携」, 児玉光正, 第19回日本性機能学会中部総会
  • 臥位による下肢水分移行が夜間尿量へ及ぼす影響の検討, 吉川 元清, 第103回 日本泌尿器科学会総会
  • 抗コリン剤が過活動膀胱患者の自律神経機能に与える影響についての検討-”きりつ名人”を使用しての検討-, 清水信貴, 第21回 日本排尿機能学会
  • 済生会中和病院における前立腺全的除術症例の血清PSA値の検討, 東拓也, 第54回日本泌尿器科学会中部総会
  • Treatment of Metastatic Prostate Cancer Update, 植村天受, The 36th KOREA-JAPAN UROLOGICAL CONGRESS 2019
  • 腎細胞がんに関する最新の話題, 植村天受, ?-O WEBライブセミナー
  • 腎癌診療における今後の展望, 植村天受, RCC up-to-date Meeting 2019 in KOBE
  • 進行性尿路上皮癌における治療戦略, 植村天受, Urothelial Carcinoma Symposium in Koch
  • 前立腺特異的Pten ノックアウトマウスにおける様々なアンチアンドロゲン療法による腫瘍免疫反応について, 植村天受, 第23回 日本がん分子標的治療学会学術集会
  • 骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌患者を対象とした塩化ラジウム・223の使用成績調査 中間解析結果ー日本および海外実臨床下における患者背景の特徴ー, 植村天受, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 日本の転移性腎細胞癌患者を対象としたニボルマブの有効性と安全性の検討ーメディカルチャートレビューによる後方視的観察研究ー:第1回調査結果, 植村天受, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌患者を対象としたニボルマブの安全性及び有効性の検討―特定使用成績調査の結果―, 植村天受, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • ニボルマブ・イピリムマブ併用療法におけるAEプロファイルとマネジメント, 植村天受, Safety Web Seminar
  • Recent advances in the treatment of castration resistant prostate cancer, 植村天受, The35th Korea-Japan Urological Congress
  • Keynote lecture「エビデンスレビュ-」, 植村天受, 第68回日本泌尿器科学会中部総会
  • 前立腺癌における遺伝子改変マウスモデル:ヒトからマウスへ−マウスからヒトへ, 植村天受, 第77回 日本癌学会学術総会
  • 腎細胞癌の新たな治療戦略, 植村天受, オプジ−ボ 腎細胞がん効能追加 1周年記念講演会
  • 実臨床における泌尿器科癌の薬物治療, 植村天受, Obihiro RCC Conference
  • CRPC治療の現状と展望, 植村天受, ゾ−フィゴ発売1周年記念講演in浜松
  • 前立腺癌のホルモン療法, 植村天受, 千葉Urologic Disease Seminar 2017
  • CRPC治療の現状と展望 〜骨転移治療を中心に〜, 植村天受, 群馬ゾーフィゴ講演会
  • 腎細胞癌の新たな治療戦略 -免疫チェっクポイント阻害剤の登場でどう変わるか-, 植村天受, 神奈川県泌尿器がん治療研究会
  • 腎細胞癌治療における免疫チェックポイント阻害薬 1-O drug の位置づけ, 植村天受, OPDIVO RCC適応追加記念講演会 in 沖縄
  • 腎細胞がんの新たな治療戦略 〜免疫チェックポイント阻害剤の登場でどう変わるか〜, 植村天受, 高知 がん免疫療法セミナ-
  • 腎臓がん ここまで進歩した-腎臓がん診断・治療の最先端, 植村天受, 第14回 市民公開講座 泌尿器科がん:診断・治療の最前線
  • 「前立腺癌の基礎研究から臨床へ」, 植村天受, 第34回 新潟泌尿器科腫瘍研究会
  • 進行性腎がんの治療, 植村天受, 第78回日本泌尿器科学会東部総会
  • Giant Step For BPH, 植村天受, アボルブ発売3周年記念 学術講演会in Osaka
  • 膀胱癌の新規マーカーおよび分子標的, 植村天受, 宮崎フェニックスカンファレンス〜宮崎を元気に!泌尿器がんの未来を考える〜
  • A phase l trial of vegfr 1 peptide vaccines for patients with metastatic renal cell carcinoma, 植村天受, AUA Annual Meeting
  • 「分子標的薬による腎癌治療の進歩(仮)」, 植村天受, 弘前RCC学術講演会
  • Asian experience with the use of novel agents for the treatment of mRcc, 植村天受, 8th Asia Pacific Oncology Summit
  • 難治性前立腺癌対する治療戦略-Bench to bed side back to bench-について, 植村天受, 第50回日本泌尿器科学会群馬地方会
  • Phasel/ll study of CA9 peptide vaccination with interferon-alpha in cytokine renal cancer patients, 植村天受, 66th Annual Meetiing of the japanese Cancer Association
  • Phase ?/? study of individualized peptide vaccines for HLA-A2/A24 positive patients with hormore-refractory prostate cancer, 植村天受, ASCO 2008 Annual Meeting
  • A phase ll study of carbonic anhydrase 9 peptide vaccines with interferon-alfa in advanced renal cell carcinoma, 植村天受, 2009 Genitourinary Cancers Symposium
  • 難治性腎細胞癌に対する分子標的治療薬の使用経験, 植村天受, 第45回日本癌治療学会総会
  • サイトカイン療法抵抗性胃癌に対する新しい治療戦略, 植村天受, 第37回日本腎臓学会西部学術大会
  • 近畿大学医学部付属病院における血液淨化30年の臨床統計, 植村天受, 第52回(社)日本透析医学会学術集会、総会
  • ホルモン不応再燃前立腺癌に対するペプチドワクチン療法-第?/?相臨床試験-, 植村天受, 第19回日本バイオセラピィ学会学術集会総会
  • Phase-1 study of carbonic anhydrase 9 peptide vaccined in patients with metastatic renal cell carcinoma, 植村天受, Annual EAU Congress
  • 難治性腎癌に対するCA9ペプチドワクチン療法, 植村天受, 第43回日本癌治療学会総会
  • Patient-oriented vaciene therapy for hormone refractory prostate cancer, 植村天受, 第20回Urological Research Society Meeting
  • 進行性腎細胞癌に対するCA9癌ワクチン療法, 植村天受, 第二回泌尿器腫瘍免疫研究会
  • 癌ワクチン療法 ー開発から臨床応用までー, 植村天受, 第32回Shizuoka Uro-Oncology Forum
  • Induction of anti-tumor responses in patients with metastatic renal cell carcinoma by vaccination with peptides-a phase I study, 植村天受, 27th Congress of the Societe Internationale d'Urologie
  • 前立腺癌における遺伝子改変マウスモデルについて, 植村天受, 第107回 日本泌尿器科学会総会
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルを用いた新規化合物の包斯括的前臨床評価について, 植村天受, 第106 回 日本泌尿器科学会総会
  • アンドロゲンレセプタ-を標的とした次世代アンチセンスオリゴヌクレオチドとAKT阻害薬併用療法の治療効果の検討, 植村天受, 第27回 泌尿器科分子・細胞研究会

MISC

  • 左腎細胞癌脾転移に対してスニチニブが著効しガス産生性脾膿瘍を認めた1例, 國重 玲紋, 浜口 守, 豊田 信吾, 橋本 士, 菊池 尭, 西本 光寿, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 65, 11, 485, 485,   2019年11月
  • 原発性前立腺扁平上皮癌の1例, 浜口 守, 國重 玲紋, 橋本 士, 豊田 信吾, 菊池 尭, 西本 光寿, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一弘, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 65, 11, 488, 489,   2019年11月
  • 左腎細胞癌脾転移に対してスニチニブが著効しガス産生性脾膿瘍を認めた1例, 國重 玲紋, 浜口 守, 豊田 信吾, 橋本 士, 菊池 尭, 西本 光寿, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 65, 11, 485, 485,   2019年11月
  • 原発性前立腺扁平上皮癌の1例, 浜口 守, 國重 玲紋, 橋本 士, 豊田 信吾, 菊池 尭, 西本 光寿, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一弘, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 65, 11, 488, 489,   2019年11月
  • MET、AXL、VEGFR阻害剤カボザンチニブ, 添田 純平, 植村 天受, 野々村 祝夫, 木村 丹香子, 原 隆人, 新薬と臨牀, 68, 9, 1115, 1136,   2019年09月
    概要:カボザンチニブは、MET、AXL、VEGFRを同時に阻害する、既存の受容体チロシンキナーゼ阻害剤とは異なる新規作用機序を有している薬剤である。標的であるMET、AXLは、腫瘍細胞の生存・増殖・浸潤・転移、分子標的薬の耐性化、自然免疫応答の抑制に働いており、腎癌、肝癌、肺癌等で過剰発現が報告されている。本剤はこれらの因子を同時に阻害するという点でユニークな薬理特性を持ち、様々ながんでの臨床応用が期待されている。欧米ではすでに腎細胞癌、肝細胞癌、甲状腺髄様癌の適応で承認されており、標準治療の1つとして位置づけられている。本邦においては現在、進行性腎細胞癌、および肝細胞癌の二次治療薬として臨床開発が進められている。本稿では、カボザンチニブの薬理作用、進行性腎細胞癌における海外臨床試験結果とともに、国内外における今後の展望を紹介する。(著者抄録)
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 花房 徹, 高原 史郎, 野々村 祝夫, 東 治人, 仲谷 達也, 山口 誓司, 花井 禎, 金 卓, 植村 天受, 能勢 和宏, 西岡 伯, 松田 公志, 阪口 勝彦, 客野 宮治, 熊田 憲彦, 岡田 卓也, 藤本 宜正, 大阪透析研究会会誌, 37, 2, 167, 179,   2019年09月
    概要:2018年12月31日の時点で、686人が献腎移植希望登録を済ませている。2018年の献腎移植症例数は6例であった。一方、生体腎移植は125例行われた。献腎移植487例における腎受者の年齢は40歳代が194例(39.8%)と最も多く、60歳以上の症例は22例(4.5%)しか行われていなかった。生体腎移植2,208例では30歳代が575例(26.0%)と最も多く、60〜69歳は242例(11.0%)行われ、さらに70歳以上も31例(1.3%)行われている。1990年以降腎生着率は明らかに改善し、5年生着率は2005年から2009年の症例で89.9%、2010年から2014年の症例で91.2%に上昇している。献腎移植症例の生着率は1年87.7%、5年72.5%、10年55.8%、15年44.3%、生体腎移植症例の生着率はABO血液型適合1年96.3%、5年88.2%、10年75.0%、15年60.9%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢が移植腎成績に影響した。献腎移植、生体腎移植で違いはなく、これまでと同様に約2/3は慢性拒絶反応が移植腎機能喪失原因であった。2番目の原因はこれまで急性拒絶反応であったが、感染症が急性拒絶反応よりも多くなった。生存率は献腎移植症例では1年95.2%、3年91.9%、5年89.6%、10年82.8%、ABO血液型適合生体腎移植症例では1年98.7%、3年97.5%、5年95.9%、10年91.8%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植487例中164例(33.6%)、生体腎移植2,208例中248例(11.2%)みられ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。1998年以降年ごとの死因の推移から、感染症による死亡が徐々に増加している、さらに悪性腫瘍も増えてきている。(著者抄録)
  • 結節性硬化症における抗てんかん薬使用とキャリーオーバー問題, 西郷 和真, 露口 尚弘, 伊庭 慶典, 吉村 一宏, 大磯 直毅, 池川 敦子, 平野 牧人, 木戸 滋子, 三井 良之, 植村 天受, 楠 進, てんかん研究, 37, 2, 605, 605,   2019年09月
  • 結節性硬化症における遺伝子検査と遺伝カウンセリング, 池川 敦子, 西郷 和真, 吉村 一宏, 大磯 直毅, 露口 尚弘, 伊庭 慶典, 平野 牧人, 木戸 滋子, 巽 純子, 田村 和朗, 三井 良之, 植村 天受, 楠 進, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 40, 2, 133, 133,   2019年07月
  • 当施設におけるロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術(RAPN)の初期成績, 大関 孝之, 浜口 守, 國重 玲紋, 豊田 信吾, 橋本 士, 西本 光寿, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器外科, 32, 臨増, 755, 755,   2019年06月
  • 進行腎細胞癌に対する分子標的薬によるPRESURGICAL療法長期成績の検討, 大関 孝之, 浜口 守, 國重 玲紋, 豊田 信吾, 橋本 士, 西本 光寿, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 65, 6, 223, 223,   2019年06月
  • 当院におけるホルモン療法未治療前立腺癌(HNPC)に対するアビラテロンとプレドニゾロン併用療法の初期経験, 豊田 信吾, 浜口 守, 國重 玲紋, 橋本 士, 西本 光寿, 大関 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 65, 6, 235, 235,   2019年06月
  • 下部尿路症状を有する患者に対するUDSを用いたアコチアミド塩酸塩水和物追加投与の検討, 杉本 公一, 西野 安紀, 松村 直紀, 上島 成也, 秋山 隆弘, 清水 信貴, 南 高文, 能勢 和宏, 植村 天受, 西岡 伯, 泌尿器科紀要, 65, 6, 238, 238,   2019年06月
  • 腸腰筋面積と下部尿路症状との関係, 橋本 士, 清水 信貴, 浜口 守, 國重 玲紋, 豊田 信吾, 西本 光寿, 大關 孝之, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 平山 暁秀, 泌尿器科紀要, 65, 6, 239, 239,   2019年06月
  • 転移性尿路上皮癌に対するペムブロリズマブの使用経験, 西本 光寿, 野澤 昌弘, 國重 玲紋, 浜口 守, 豊田 信吾, 橋本 士, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 65, 6, 247, 247,   2019年06月
  • 近畿大学におけるBrachytherapyの検討, 南 高文, 國重 玲紋, 浜口 守, 豊田 信吾, 橋本 士, 西本 光寿, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 65, 6, 259, 259,   2019年06月
  • 生体腎移植後非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)に対してエクリズマブが著効した1例, 森 康範, 菊池 尭, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 林 泰司, 西岡 伯, 宮沢 朋生, 吉田 英樹, 泌尿器科紀要, 65, 6, 265, 265,   2019年06月
  • Cancer-Immunological Topics 免疫チェックポイント阻害剤【膀胱癌】, 野澤 昌弘, 植村 天受, がん免疫療法, 3, 1, 42, 44,   2019年05月
  • 高齢者におけるイミダフェナシンによる夜間尿量抑制と尿濃縮効果の関係, 橋本 士, 杉本 公一, 清水 信貴, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 田原 秀男, 吉村 一宏, 平山 暁秀, 植村 天受, 日本老年泌尿器科学会誌, 32, 1, 158, 158,   2019年05月
  • 65歳以上のマスターベーションの実態調査, 清水 信貴, 永井 康晴, 浜口 守, 高橋 智輝, 橋本 士, 大關 孝之, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本老年泌尿器科学会誌, 32, 1, 159, 159,   2019年05月
  • 当院における高齢腎移植症例の検討, 森 康範, 菊池 尭, 齋藤 允孝, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 吉村 一宏, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 植村 天受, 日本老年泌尿器科学会誌, 32, 1, 188, 188,   2019年05月
  • 当院における高齢者へのRA223使用経験, 浜口 守, 植村 天受, 吉村 一宏, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 森 康範, 清水 信貴, 大關 孝之, 日本老年泌尿器科学会誌, 32, 1, 197, 197,   2019年05月
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるapalutamide(ARN-509)の治療効果, 森 康範, でべらすこ・まるこ, 倉 由吏恵, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 083,   2019年04月
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるアビラテロンの抗腫瘍免疫に対する影響, 清水 信貴, 倉 由吏恵, でべらすこ・まるこ, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, PP1, 004,   2019年04月
  • 日本の転移性腎細胞癌患者を対象としたニボルマブの有効性と安全性の検討 メディカルチャートレビューによる後方視的観察研究 第1回調査結果, 植村 天受, 日向 信之, 越智 研也, 金子 裕和, 中井 康友, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 456,   2019年04月
  • 前立腺癌における遺伝子改変マウスモデル 新たな発見と発展のツールとして, 倉 由吏恵, でべらすこ・まるこ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, EP18, 2,   2019年04月
  • 泌尿器がんに対する免疫療法 前立腺がんに対する免疫療法, 吉村 一宏, 南 高文, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, SY1, 5,   2019年04月
  • Pimキナーゼ阻害薬は去勢抵抗性前立腺癌マウスモデルにおいて腫瘍増殖を抑制し生存期間を延長する, 倉 由吏恵, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 西尾 和人, でべらすこ・まるこ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 080,   2019年04月
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスモデルを用いたマルチチロシンキナーゼ阻害薬であるTAS-115の検討, でべらすこ・まるこ, 倉 由吏恵, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 082,   2019年04月
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるapalutamide(ARN-509)の治療効果, 森 康範, でべらすこ・まるこ, 倉 由吏恵, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 083,   2019年04月
  • 女性患者における腸腰筋面積と下部尿路症状の関係, 橋本 士, 西本 光寿, 菊池 尭, 大關 孝之, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 平山 暁秀, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 378,   2019年04月
  • イミダフェナシンによる夜間尿量抑制と尿濃縮効果の関係, 橋本 士, 西本 光寿, 大關 孝之, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 田原 秀男, 吉村 一宏, 平山 暁秀, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 388,   2019年04月
  • 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌患者を対象としたニボルマブの安全性及び有効性の検討 特定使用成績調査の結果, 植村 天受, 冨田 善彦, 野々村 祝夫, 中尾 貴史, 篠原 信雄, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 455,   2019年04月
  • 日本の転移性腎細胞癌患者を対象としたニボルマブの有効性と安全性の検討 メディカルチャートレビューによる後方視的観察研究 第1回調査結果, 植村 天受, 日向 信之, 越智 研也, 金子 裕和, 中井 康友, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 456,   2019年04月
  • 骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌患者を対象とした塩化ラジウム-223の使用成績調査中間解析結果 日本および海外実臨床下における患者背景の特徴, 植村 天受, 舛森 直哉, 高橋 俊二, 細野 眞, 絹谷 清剛, 平野 和史, 筧 善行, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 497,   2019年04月
  • 化学療法未治療の無症候性/軽度症候性の骨転移を有するCRPCにおける塩化ラジウム-223とアビラテロン及びプレドニゾロンの併用試験(ERA223試験) 日本人部分集団解析, 木村 剛, 松原 伸晃, 上村 博司, 植村 天受, 中村 元信, 永森 聡, 溝上 敦, 菊川 浩明, 細野 眞, 絹谷 清剛, Krissel Heiko, Shen Junwu, 筧 善行, ERA223 Investigators in Japan, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 498,   2019年04月
  • 80歳以上の前立腺癌における予後因子の検討, 杉本 公一, 西野 安紀, 松村 直紀, 上島 成也, 安富 正悟, 南 高文, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 521,   2019年04月
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるアビラテロンの抗腫瘍免疫に対する影響, 清水 信貴, 倉 由吏恵, でべらすこ・まるこ, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, PP1, 004,   2019年04月
  • 前立腺癌における遺伝子改変マウスモデルについて, 植村 天受, 倉 由吏恵, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 西尾 和人, でべらすこ・まるこ, 日本泌尿器科学会総会, 107回, PP1, 005,   2019年04月
  • 腎移植後の移植後悪性腫瘍, 菊池 尭, 齋藤 允孝, 森 康範, 能勢 和宏, 林 泰司, 今西 正昭, 吉村 一宏, 西岡 伯, 植村 天受, 秋山 隆弘, 日本泌尿器科学会総会, 107回, PP1, 236,   2019年04月
  • 欧州医薬品庁の勧告前にRa-223と新規ホルモン治療を併用した症例の治療成績, 安井 将人, 三好 康秀, 堤 壮吾, 河原 崇司, 上村 博司, 林 成彦, 矢尾 正祐, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, PP2, 033,   2019年04月
  • 骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)に対するラジウム223の当院での使用経験, 豊田 信吾, 國重 玲紋, 橋本 士, 西本 光寿, 菊池 尭, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, PP2, 038,   2019年04月
  • 尿管結石自然排石率と大腰筋体積の関係, 浜口 守, 豊田 信吾, 橋本 士, 菊池 尭, 西本 光寿, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, PP2, 262,   2019年04月
  • 転移性尿路上皮癌に対するペムブロリズマブの使用経験, 西本 光寿, 野澤 昌弘, 豊田 信吾, 橋本 士, 菊池 尭, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 107回, PP3, 275,   2019年04月
  • 右心房に至る左腎癌下大静脈腫瘍塞栓の1例, 玉井 健太郎, 橋本 士, 松村 直紀, 大關 孝之, 本郷 祥子, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一弘, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 65, 3, 93, 93,   2019年03月
  • 【基礎から学ぶ下部尿路機能障害-苦手意識を克服しよう】病態別の診断と治療法 夜間頻尿, 清水 信貴, 平山 暁秀, 植村 天受, 臨床泌尿器科, 73, 3, 210, 218,   2019年03月, http://id.ndl.go.jp/bib/029540711
    概要:<文献概要>ポイント ●2018年6月国際禁制学会が夜間頻尿の定義を変更した.●夜間頻尿の診断には丁寧な問診と排尿日誌が最も有用である.●夜間多尿には生活指導が重要であるが,運動療法や薬剤が効果的なこともある.
  • 実臨床における腎細胞がん薬物療法 治療経験から学んだこと, 植村 天受, 泌尿器外科, 32, 2, 187, 187,   2019年02月
  • 高齢腎移植レシピエントの管理と課題 高齢腎移植レシピエントにおける悪性腫瘍に関する問題点と対策, 能勢 和宏, 菊池 尭, 森 康範, 吉村 一宏, 植村 天受, 林 泰司, 西岡 伯, 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 52回, 106, 106,   2019年02月
  • 腎移植後高尿酸血症治療と移植腎機能の関連について, 齋藤 允孝, 菊池 尭, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 西岡 伯, 吉村 一宏, 秋山 隆弘, 植村 天受, 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 52回, 208, 208,   2019年02月
  • 生体腎移植術を施行した全腸管無神経節症の1例, 浜口 守, 菊池 尭, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西岡 伯, 植村 天受, 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 52回, 236, 236,   2019年02月
  • Fabry病患者への生体腎移植で疼痛コントロールが可能になった1例, 菊池 尭, 齋藤 允孝, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 吉村 一宏, 西岡 伯, 植村 天受, 秋山 隆弘, 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 52回, 244, 244,   2019年02月
  • 高齢者間腎移植の1例, 森 康範, 菊池 尭, 齋藤 允孝, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 植村 天受, 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 52回, 267, 267,   2019年02月
  • Yes : 行うべき (Topics of RCC : Yes or No : cytoreductive nephrectomy) -- (Case Base Debate(2)治療経過中のcytoreductive nephrectomy), 吉村 一宏, 植村 天受, Year book of RCC, 43, 48,   2019年, http://id.ndl.go.jp/bib/030189550
  • Round Table Discussion : Far-advanced diseaseおよびhigh risk RCCに対する初期治療, 冨田 善彦, 金山 博臣, 植村 天受, 篠原 信雄, Year book of RCC, 9, 18,   2019年, http://id.ndl.go.jp/bib/030189503
  • 進行腎細胞癌に対する術前分子標的療法 日本人集団における長期臨床成績(Presurgical targeted molecular therapy for advanced renal cell carcinoma: Long-term clinical outcomes in a Japanese population), Ohzeki Takayuki, Hashimoto Mamoru, Shimizu Nobutaka, Minami Takafumi, Nozawa Masahiro, Nose Kazuhiro, Yoshimura Kazuhiro, Uemura Hirotsugu, Acta Medica Kinki University, 43, 2, 69, 74,   2018年12月
    概要:腫瘍切除術前に分子標的療法を受けた腎細胞癌患者についてレトロスペクティブに検討した。2008年7月から2014年2月までに11名(男9名、女2名、40〜77歳)が分子標的療法後に切除術を受けた。切除不能癌の患者1名を除き、転移を伴う局所進行癌の全例に開腹手術を行った。原発巣および転移巣の腫瘍縮小率はそれぞ-14.9%(範囲-47%〜+18%)および-35.7%(範囲-100%〜+40%)であった。癌関連死は原発巣の縮小が少ない患者に多くみられた。患者2名に軽度の周術期合併症(創傷治癒遅延、感染症)がみられた。全例の病理組織学的診断が明細胞癌であった。以上より、大部分の患者において、分子標的療法後の腎細胞癌の外科的切除は施行可能と考えられた。
  • 騎乗型フィットネスマシンは腹圧性尿失禁を改善するか?, 本郷 祥子, 藤崎 章子, 下稲葉 美佐, 植村 天受, 嘉村 康邦, 日本女性骨盤底医学会誌, 15, 1, 103, 105,   2018年12月
    概要:諸言:骨盤底筋体操は下部尿路症状を改善させるが、正しい運動を一定回数、長期間継続しないと効果は得られない。骨盤底筋体操のコツを誰にでも体得しやすく、継続しやすい方法が模索されている。今回、騎乗型フィットネスマシンでのトレーニングが腹圧性尿失禁を改善するかを検討した。対象と方法:対象は軽度の腹圧性尿失禁(以下SUI)を有する40歳〜60歳の女性24名。介入群とコントロール群にランダムに振り分けた。介入群は騎乗型フィットネス器具を15分/回、3日/週、2〜3回/日(7回/週)、13週間施行した。開始前、10週(中間)、13週(終了時)にそれぞれ腟圧、Oxford Scale、収縮時間、ICIQ-SFを用いて評価した。結果:腟圧は介入群で優位に改善していた。Oxford Scaleは介入群の36%に改善を認めていたがコントロール群では0.8%であった。ICIQ-SFにおいても介入群で改善が多かった。まとめ:騎乗型フィットネスマシンは骨盤底筋収縮を強化しSUI症状を改善する可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 臨床研究のあり方(新臨床研究法の下における臨床研究について)、臨床研究推進部会のあり方, 藤本 清秀, 植村 天受, 杉村 芳樹, 宮崎 淳, 辻村 晃, 野澤 昌弘, 日本泌尿器科学会雑誌, 109, Suppl., S77, S79,   2018年11月
  • 高齢者癌患者の薬物療法、誰にどこまで 高齢腎細胞癌患者に対する免疫チェックポイント阻害薬, 野澤 昌弘, 國重 玲紋, 浜口 守, 豊田 信吾, 橋本 士, 西本 光寿, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本老年泌尿器科学会誌, 31, 5, 5,   2018年11月
  • 騎乗型フィットネス器具使用時における体幹筋活動の検討, 本郷 祥子, 下稲葉 美沙, 嘉村 康邦, 植村 天受, 日本老年泌尿器科学会誌, 31, 85, 85,   2018年11月
  • 高齢者間腎移植の1例, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西岡 伯, 植村 天受, 日本老年泌尿器科学会誌, 31, 91, 91,   2018年11月
  • 75歳以上の前立腺癌患者に対するロボット支援前立腺全摘除術の検討, 大関 孝之, 橋本 士, 西本 光寿, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本老年泌尿器科学会誌, 31, 96, 96,   2018年11月
  • 近畿大学医学部附属病院における高齢者前立腺癌患者に対するbrachytherapyの検討, 南 高文, 橋本 士, 西本 光寿, 大關 孝之, 清水 信貴, 森 康範, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本老年泌尿器科学会誌, 31, 126, 126,   2018年11月
  • 癌治療-Made in Japan 世界にはばたく日本発の癌治療-次世代を担う免疫療法を目指して 個別化ペプチドワクチンによるがんの最適治療を目指す3つの臨床的アプローチ, 伊東 恭悟, 野口 正典, 由谷 茂, 七條 茂樹, 山田 亮, 笹田 哲朗, 成田 善孝, 寺崎 瑞彦, 植村 天受, 末金 茂高, 唐 宇飛, 内藤 雅康, 河野 光一郎, 吉山 康一, 坂本 信二郎, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 56回, SSY7, 1,   2018年10月
  • 去勢抵抗性前立腺がんに対する20種混合ペプチドワクチンの有効性の検討, 野口 正典, 新井 学, 頴川 晋, 大山 力, 内藤 誠二, 松本 和将, 植村 天受, 中川 昌之, 那須 保友, 江藤 正俊, 末金 茂高, 笹田 哲朗, 山田 亮, 角間 辰之, 伊東 恭悟, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 56回, O43, 1,   2018年10月
  • 泌尿器癌(RCC・尿路上皮癌)におけるがん免疫療法, 植村 天受, 冨田 善彦, 藤本 清秀, がん免疫療法, 2, 2, 96, 103,   2018年10月
  • 複合免疫療法, 植村 天受, がん免疫療法, 2, 2, 104, 105,   2018年10月
  • 下部尿路症状を有する患者に対するUDSを用いたアコチアミド塩酸塩水和物追加投与の検討, 秋山隆弘, 杉本公一, 西野安紀, 松村直紀, 清水信貴, 南高文, 能勢和宏, 上島成也, 西岡泊, 植村天受, 日本排尿機能学会誌, 29, 1, 245, 245,   2018年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802229384576998
  • イミダフェナシン投与後の夜間多尿改善と尿濃縮効果の関係について, 橋本士, 清水信貴, 國重玲紋, 豊田信吾, 西本光寿, 大關孝之, 南高文, 野澤昌弘, 吉村一宏, 田原秀男, 平山暁秀, 植村天受, 日本排尿機能学会誌, 29, 1, 230, 230,   2018年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802284959998465
  • 脊髄損傷マウスモデルの膀胱機能障害に対するp38 MAPK阻害剤の治療効果, 清水 信貴, 鈴木 孝尚, 高岡 栄一郎, 和田 直樹, 清水 孝洋, 橋本 士, 平山 暁秀, 植村 天受, 吉村 直樹, 日本排尿機能学会誌, 29, 1, 214, 214,   2018年09月
  • イミダフェナシン投与後の夜間多尿改善と尿濃縮効果の関係について, 橋本 士, 清水 信貴, 國重 玲紋, 豊田 信吾, 西本 光寿, 大關 孝之, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 田原 秀男, 平山 暁秀, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 29, 1, 230, 230,   2018年09月
  • 下部尿路症状を有する患者に対するUDSを用いたアコチアミド塩酸塩水和物追加投与の検討, 秋山 隆弘, 杉本 公一, 西野 安紀, 松村 直紀, 清水 信貴, 南 高文, 能勢 和宏, 上島 成也, 西岡 伯, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 29, 1, 245, 245,   2018年09月
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 花房 徹, 高原 史郎, 野々村 祝夫, 東 治人, 仲谷 達也, 山口 誓司, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 能勢 和宏, 西岡 伯, 松田 公志, 阪口 勝彦, 客野 宮治, 熊田 憲彦, 岡田 卓也, 藤本 宜正, 大阪透析研究会会誌, 36, 2, 171, 183,   2018年09月
    概要:2017年12月31日の時点で、683人が献腎移植希望登録を済ませている。2017年の献腎移植症例数は14例であった。一方、生体腎移植は104例行われた。献腎移植481例における腎受者の年齢は40歳代が193例(40.1%)と最も多く、60歳以上の症例は20例(4.3%)しか行われていなかった。生体腎移植2070例では30歳代が560例(27.1%)と最も多く、60〜69歳は214例(10.3%)行われ、さらに70歳以上も27例(1.3%)行われている。1990年以降腎生着率は明らかに改善し、5年生着率は2005年から2009年の症例で89.9%、2010年から2014年の症例で91.2%に上昇している。献腎移植症例の生着率は1年87.9%、5年71.2%、10年55.8%、15年44.2%、生体腎移植症例の生着率はABO血液型適合1年96.4%、5年90.6%、10年82.2%、15年70.1%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢が移植腎成績に影響した。献腎移植、生体腎移植で違いはなく、これまでと同様に約2/3は慢性拒絶反応が移植腎機能喪失原因であった。2番目の原因はこれまで急性拒絶反応であったが、感染症が急性拒絶反応よりも多くなった。生存率は献腎移植症例では1年95.1%、3年92.0%、5年89.6%、10年82.90%、ABO血液型適合生体腎移植症例では1年98.8%、3年97.8%、5年96.8%、10年91.3%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植481例中159例(33.1%)、生体腎移植2070例中217例(11.0%)みられ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。1998年以降年ごとの死因の推移から、感染症による死亡が徐々に増加している。さらに悪性腫瘍も増えてきている。(著者抄録)
  • 当院および関連病院における二次腎移植症例の検討, 森 康範, 菊池 尭, 齋藤 允孝, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 植村 天受, 移植, 53, 総会臨時, 416, 416,   2018年09月
  • クリオグロブリン血症に伴う精索静脈血栓症の1例, 松村 直紀, 橋本 士, 大關 孝之, 本郷 祥子, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 64, 7, 315, 316,   2018年07月
  • Frasier症候群由来のFSGSに対し生体腎移植術を施行した1症例, 菊池 尭, 玉井 健太郎, 西岡 伯, 森 康範, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 齋藤 允孝, 林 泰司, 今西 正昭, 秋山 隆弘, 泌尿器科紀要, 64, 6, 288, 288,   2018年06月
  • 精巣捻転を契機に診断された多精巣症の1例, 松村 直紀, 大森 直美, 豊田 信吾, 橋本 士, 大關 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 64, 6, 290, 290,   2018年06月
  • 当院における進行性腎細胞癌に対するパゾパニブ使用成績の検討, 大関 孝之, 橋本 士, 松村 直紀, 本郷 祥子, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 64, 5, 246, 246,   2018年05月
  • 前立腺癌診療の最新トピックス, 植村 天受, 鈴木 和浩, 上村 博司, 鈴木 啓悦, Espoir, 1, 1, 07, 15,   2018年05月, http://id.ndl.go.jp/bib/030181529
  • T1b腎細胞癌に対する手術療法 T1b腎細胞癌に対する腹腔鏡下腎摘除術, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, DB2, 4,   2018年04月
  • 転移性腎細胞がん患者を対象とした薬物治療の後方視的観察研究, 野澤 昌弘, 植村 元秀, 大澤 崇宏, 原田 健一, 山名 一寿, 木村 剛, 立神 勝則, 野々村 祝夫, 篠原 信雄, 藤澤 正人, 冨田 善彦, 近藤 幸尋, 江藤 正俊, 越智 研也, 穴澤 嘉雄, 植村 天受, RCC retrospective chart review study group, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 471,   2018年04月
  • ラジウム223使用症例における予後予測因子,6回完遂可能因子の検討, 堤壮吾, 堤壮吾, 三好康秀, 河原崇司, 横溝由美子, 林成彦, 矢尾正祐, 上村博司, 松村直樹, 大関孝之, 南高文, 野澤昌弘, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会総会(Web), 106th, ROMBUNNO.OP‐135 (WEB ONLY), 135,   2018年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802275528390918
  • 限局性前立腺癌に対する放射線療法後膀胱癌発症例の検討, 南高文, 橋本士, 松村直紀, 大關孝之, 本郷祥子, 杉本公一, 清水信貴, 森康範, 野澤昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会総会(Web), 106th, ROMBUNNO.PP1‐212 (WEB ONLY), 212,   2018年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802217554289999
  • MRIを用いた健常女性骨盤底の検討, 本郷祥子, 本郷祥子, 橋本士, 松村直紀, 大関孝之, 杉本公一, 清水信貴, 森康範, 南高文, 野澤昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 上島成也, 上島成也, 日本泌尿器科学会総会(Web), 106th, ROMBUNNO.OP‐429 (WEB ONLY), 429,   2018年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802250950332314
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルを用いた新規化合物の包括的前臨床評価について, 植村 天受, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 004,   2018年04月
  • PTENノックアウト前立腺癌マウスモデルにおける腫瘍免疫の包括的分析, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 005,   2018年04月
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるPD-L1免疫チェックポイント阻害薬について, 清水 信貴, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 006,   2018年04月
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスモデルを用いたAKTおよびPim阻害薬の併用による抗腫瘍効果の検討, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 007,   2018年04月
  • ヒト前立腺癌におけるSTAT3について, 森 康範, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 畑中 祐二, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, PP3, 058,   2018年04月
  • アンドロゲンレセプターを標的とした次世代アンチセンスオリゴヌクレオチドとAKT阻害薬併用療法の治療効果の検討, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 森 康範, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 坂井 和子, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, PP3, 066,   2018年04月
  • T1b腎細胞癌に対する手術療法 T1b腎細胞癌に対する腹腔鏡下腎摘除術, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, DB2, 4,   2018年04月
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルを用いた新規化合物の包括的前臨床評価について, 植村 天受, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 004,   2018年04月
  • PTENノックアウト前立腺癌マウスモデルにおける腫瘍免疫の包括的分析, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 005,   2018年04月
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるPD-L1免疫チェックポイント阻害薬について, 清水 信貴, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 006,   2018年04月
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスモデルを用いたAKTおよびPim阻害薬の併用による抗腫瘍効果の検討, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 007,   2018年04月
  • ラジウム223使用症例における予後予測因子、6回完遂可能因子の検討, 堤 壮吾, 三好 康秀, 河原 崇司, 横溝 由美子, 林 成彦, 矢尾 正祐, 上村 博司, 松村 直樹, 大関 孝之, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 135,   2018年04月
  • MRIを用いた健常女性骨盤底の検討, 本郷 祥子, 橋本 士, 松村 直紀, 大関 孝之, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 上島 成也, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 429,   2018年04月
  • 転移性腎細胞がん患者を対象とした薬物治療の後方視的観察研究, 野澤 昌弘, 植村 元秀, 大澤 崇宏, 原田 健一, 山名 一寿, 木村 剛, 立神 勝則, 野々村 祝夫, 篠原 信雄, 藤澤 正人, 冨田 善彦, 近藤 幸尋, 江藤 正俊, 越智 研也, 穴澤 嘉雄, 植村 天受, RCC retrospective chart review study group, 日本泌尿器科学会総会, 106回, OP, 471,   2018年04月
  • 限局性前立腺癌に対する放射線療法後膀胱癌発症例の検討, 南 高文, 橋本 士, 松村 直紀, 大關 孝之, 本郷 祥子, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, PP1, 212,   2018年04月
  • 当科における先行的腎移植症例の検討, 森 康範, 菊池 尭, 齋藤 允孝, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 西岡 伯, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, PP3, 009,   2018年04月
  • DSA陽性症例における低用量IVIG療法併用脱感作療法が奏功した生体腎移植3症例の検討, 能勢 和宏, 森 康範, 植村 天受, 菊池 尭, 林 泰司, 西岡 伯, 齋藤 允孝, 秋山 隆弘, 日本泌尿器科学会総会, 106回, PP3, 013,   2018年04月
  • ヒト前立腺癌におけるSTAT3について, 森 康範, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 畑中 祐二, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, PP3, 058,   2018年04月
  • アンドロゲンレセプターを標的とした次世代アンチセンスオリゴヌクレオチドとAKT阻害薬併用療法の治療効果の検討, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 森 康範, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 坂井 和子, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 106回, PP3, 066,   2018年04月
  • 75歳以上の高齢者におけるAnalogical Uroflowmetry(ANUF)の有用性の検討, 杉本 公一, 橋本 士, 西本 光寿, 本郷 祥子, 清水 信貴, 南 高文, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本老年泌尿器科学会誌, 30, 88, 88,   2018年03月
  • 75歳以上の高齢者の経会陰的前立腺再生検における好中球/リンパ球比の有用性の検討, 橋本 士, 大關 孝之, 杉本 公一, 清水 信貴, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 田原 秀男, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本老年泌尿器科学会誌, 30, 106, 106,   2018年03月
  • 【去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)と骨転移治療の最前線[第3回]】『基礎』と『臨床』から考える去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)の骨マネジメント, 植村 天受, 鈴木 和浩, 上村 博司, Pharma Medica, 36, 2, 85, 94,   2018年02月
  • 腎細胞癌に対する免疫チェックポイント阻害薬, 野澤昌弘, 植村天受, 日本老年泌尿器科学会プログラム・抄録集, 31st, 31,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802224443523454
  • 腸腰筋面積と下部尿路症状との関係, 橋本士, 清水信貴, 浜口守, 國重玲紋, 豊田信吾, 西本光寿, 大關孝之, 南高文, 野澤昌弘, 吉村一宏, 平山暁秀, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 68th, 227,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802226675273543
  • 近畿大学におけるBrachytherapyの検討, 南高文, 國重玲紋, 浜口守, 豊田信吾, 橋本士, 西本光寿, 大關孝之, 清水信貴, 森康範, 野澤昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 68th, 296,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802250401130179
  • 当院におけるホルモン療法未治療前立腺癌(HNPC)に対するアビラテロンとプレドニゾロン併用療法の初期経験, 豊田信吾, 浜口守, 國重玲紋, 橋本士, 西本光寿, 大関孝之, 清水信貴, 森康範, 南高文, 野澤昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 68th, 212,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802253237435579
  • 下部尿路症状を有する患者に対するUDSを用いたアコチアミド塩酸塩水和物追加投与の検討, 杉本公一, 秋山隆弘, 西野安紀, 松村直紀, 清水信貴, 南高文, 能勢和宏, 上島成也, 西岡伯, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 68th, 222,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802258934936187
  • High risk前立腺癌の手術, 野澤昌弘, 國重玲紋, 浜口守, 豊田信吾, 橋本士, 西本光寿, 大關孝之, 清水信貴, 森康範, 南高文, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 68th, 142,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802270918434995
  • 進行腎細胞癌に対する分子標的薬によるPRESURGICAL療法長期成績の検討, 大関孝之, 浜口守, 國重玲紋, 豊田信吾, 橋本士, 西本光寿, 清水信貴, 森康範, 南高文, 野澤昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 68th, 174,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802279224989764
  • 足背壊死性筋膜炎と陰嚢創部治癒遅延に対しPICOを用いて治癒した2症例, 菊池 尭, 林 泰司, 竹原 由紀子, 玉井 健太郎, 植村 天受, 西岡 伯, 津田 美沙緒, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌, 34, 1, 313, 313,   2018年01月
  • 転移性RCC薬物治療の現状と展望 (Risk factor up to date : リスク分類と1次治療選択) -- (オピニオンリーダーに訊く), 植村 天受, Year book of RCC, 88, 90,   2018年, http://id.ndl.go.jp/bib/029476052
  • 当院におけるirAE(尿細管間質性腎炎,腸管気腫症,急性副腎不全)の経験 (Topics of RCC : 免疫チェックポイント阻害薬の副作用マネジメントの実際(IO-IO combinationを視野に入れて)) -- (症例の経験から(副作用の概観)), 野澤 昌弘, 植村 天受, Year book of RCC, 27, 31,   2018年, http://id.ndl.go.jp/bib/029475987
  • Round Table Discussion : Post I-O drug : 免疫チェックポイント阻害薬後の治療, 冨田 善彦, 金山 博臣, 植村 天受, 篠原 信雄, Year book of RCC, 11, 18,   2018年, http://id.ndl.go.jp/bib/029475964
  • 【腎癌に対する薬物療法-最新エビデンスを実臨床に活かす】腎癌薬物療法の展望 現在進行中のRCTから予見される将来像, 野澤 昌弘, 植村 天受, 臨床泌尿器科, 72, 1, 76, 79,   2018年01月, http://id.ndl.go.jp/bib/028759459
    概要:<ポイント>免疫チェックポイント阻害薬同士の併用療法が一次治療において推奨される可能性が出てきた.免疫チェックポイント阻害薬とVEGF阻害薬との併用療法も一次治療での有用性が試されている.最適な薬剤の組み合わせと患者選択が今後の課題である.(著者抄録)
  • 【腎がん診療のパラダイムシフト-診断・治療法の将来像-】腎細胞がんに対する分子標的薬の未来展望, 野澤 昌弘, 植村 天受, 腎臓内科・泌尿器科, 6, 6, 488, 492,   2017年12月, http://id.ndl.go.jp/bib/028732174
  • 当施設におけるロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術(RAPN)の初期成績, 大関 孝之, 本郷 祥子, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology, 30, 3, 244, 244,   2017年11月
  • 【これだけは押さえておきたい 泌尿器科の薬Up-to-Date】前立腺がん・腎がん 転移性腎細胞がんに対する薬物治療戦略は?, 野澤 昌弘, 植村 天受, 薬事, 59, 15, 3089, 3093,   2017年11月, http://id.ndl.go.jp/bib/028648721
    概要:<Points>転移性腎細胞がんの治療薬選択に際しては予後予測分類や病理組織学的分類が参考となる。新規の分子標的薬が続々と登場しており、それらにより転移性腎細胞がん患者の予後は改善傾向にある。淡明細胞型腎細胞がんのうち低および中リスク患者には一次治療として血管内皮増殖因子受容体を標的とするチロシンキナーゼ阻害薬(パゾパニブ、スニチニブ)が推奨される。高リスク患者や非淡明細胞型腎細胞がんの患者にはmTOR阻害薬であるテムシロリムスも推奨される。チロシンキナーゼ阻害薬に対して治療抵抗性となった場合、免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1抗体薬(ニボルマブ)が推奨される。(著者抄録)
  • ラジウム223使用症例における予後予測因子の検討, 堤 壮吾, 野澤 昌弘, 三好 康秀, 河原 崇司, 横溝 由美子, 林 成彦, 矢尾 正祐, 吉村 一宏, 上村 博司, 植村 天受, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 55回, O6, 6,   2017年10月
  • ラジウム223使用症例における予後予測因子の検討, 堤 壮吾, 野澤 昌弘, 三好 康秀, 河原 崇司, 横溝 由美子, 林 成彦, 矢尾 正祐, 吉村 一宏, 上村 博司, 植村 天受, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 55回, O6, 6,   2017年10月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセル療法の検討, 松村 直紀, 野澤 昌弘, 桑原 賢, 西本 光寿, 菊池 暁, 高橋 智輝, 大森 直美, 安富 正悟, 秋山 隆弘, 山本 豊, 明石 泰典, 永井 康晴, 豊田 信吾, 梶川 博司, 植村 天受, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 55回, P66, 5,   2017年10月
  • 当施設におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)の成績, 大関 孝之, 橋本 士, 松村 直紀, 本郷 祥子, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 西日本泌尿器科, 79, 増刊, 166, 166,   2017年10月
  • PTENノックアウト前立腺癌マウスモデルにおける腫瘍免疫の包括的分析, De Velasco Marco A, 倉 由吏恵, 坂井 和子, 杉本 公一, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 76回, P, 1222,   2017年09月
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるPD-L1免疫チェックポイント阻害薬について, 清水 信貴, De Velasco Marco A, 倉 由吏恵, 坂井 和子, 杉本 公一, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 76回, P, 1246,   2017年09月
  • アンドレゲンレセプターを標的とした次世代アンチセンスオリゴヌクレオチドとAKT阻害薬併用療法の治療効果について, 杉本 公一, De Velasco Marco A, 倉 由吏恵, 坂井 和子, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 76回, P, 1376,   2017年09月
  • AKTおよびPimキナーゼをターゲットにした治療戦略はPTEN欠出前立腺癌前臨床動物モデルにおいて治療効果改善を示す, 倉 由吏恵, De Velasco Marco A, 杉本 公一, 坂井 和子, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 76回, J, 2099,   2017年09月
  • 遺伝子改変マウス前立腺癌モデルを用いた新規化合物の包括的前臨床評価について, 植村 天受, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 森 康範, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, De Velasco Marco A, 日本癌学会総会記事, 76回, J, 3121,   2017年09月
  • ヒト前立腺癌におけるSTAT3について, 森 康範, De Velasco Marco A, 畑中 祐二, 倉 由吏恵, 杉本 公一, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 76回, P, 3215,   2017年09月
  • 【去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)と骨転移治療の最前線[第1回]】去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)における骨転移の治療, 植村 天受, 上村 博司, 鈴木 和浩, 絹谷 清剛, Pharma Medica, 35, 9, 89, 95,   2017年09月
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 花房 徹, 高原 史郎, 野々村 祝夫, 東 治人, 仲谷 達也, 山口 誓司, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 能勢 和宏, 西岡 伯, 松田 公志, 阪口 勝彦, 客野 宮治, 熊田 憲彦, 岡田 卓也, 藤本 宜正, 大阪透析研究会会誌, 35, 2, 165, 178,   2017年09月
    概要:2016年12月31日の時点で、710人が献腎移植希望登録を済ませている。2016年の献腎移植症例数は7例であった。一方、生体腎移植は108例行われた。献腎移植における腎受者の年齢は40歳代が192例(41.1%)と最も多く、60歳以上の症例は17例(3.8%)しか行われていなかった。生体腎移植では30歳代が535例(27.3%)と最も多く、60〜69歳は198例(10.1%)行われ、さらに70歳以上も22例(1.1%)行われている。1990年以降腎生着率は明らかに改善し、5年生着率は2005年から2009年の症例で90.6%、2010年から2014年の症例で92.8%に上昇している。献腎移植症例の生着率は1年87.9%、5年71.1%、10年56.0%、15年49.3%、生体腎移植症例の生着率はABO血液型適合1年95.9%、5年81.4%、10年74.2%、15年60.2%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢が移植腎成績に影響した。献腎移植、生体腎移植で違いはなく、これまでと同様に約2/3が慢性拒絶反応が移植腎機能喪失原因であった。2番目の原因はこれまで急性拒絶反応であったが、感染症が急性拒絶反応よりも多くなった。生存率は献腎移植症例では1年95.2%、3年92.2%、5年89.7%、10年83.2%、ABO血液型適合生体腎移植症例では1年98.6%、3年97.2%、5年95.8%、10年91.7%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植467例中153例(32.8%)、生体腎移植1957例中184例(9.4%)みられ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。1998年以降年ごとの死因の推移から、感染症による死亡が徐々に増加している。さらに悪性腫瘍も増えてきている。(著者抄録)
  • 神経疾患を有さない高齢男性におけるリドカイン注入pressure flow studyの臨床的意義, 喜馬 啓介, 明石 泰典, 吉川 元清, 山本 豊, 平山 暁秀, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 28, 1, 241, 241,   2017年09月
  • 脊髄損傷マウスにおけるレーザーキャプチャー法を用いた膀胱求心路のTRPチャネル発現解析と神経成長因子(NGF)の抑制効果, 清水 信貴, 和田 直樹, 清水 孝洋, 平山 暁秀, 植村 天受, 吉村 直樹, 日本排尿機能学会誌, 28, 1, 245, 245,   2017年09月
  • 騎乗型フィットネスマシンは骨盤底筋収縮を強化するか?, 本郷 祥子, 藤崎 章子, 下稲葉 美佐, 嘉村 康邦, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 28, 1, 258, 258,   2017年09月
  • 中長期デュタステリド投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド休薬の影響, 橋本 士, 清水 信貴, 本郷 祥子, 杉本 公一, 南 高文, 野澤 昌弘, 田原 秀男, 吉村 一宏, 平山 暁秀, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 28, 1, 272, 272,   2017年09月
  • 妊婦における残尿測定の実際 Bladder Scan(BVI6100)と医師による超音波法の比較, 本郷 祥子, 花井 禎, 西野 安紀, 豊田 信吾, 永井 康晴, 上島 成也, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 28, 1, 280, 280,   2017年09月
  • 右精巣腫瘍(髄外形質細胞腫)術後3年目に左精巣転移を来たした1例, 大森 直美, 桑原 賢, 安富 正悟, 大関 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 南 高文, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 63, 8, 343, 343,   2017年08月
  • 【新腎・泌尿器癌(上)-基礎・臨床研究の進歩-】腎癌 臨床応用を目指した基礎研究 新規治療開発 新規免疫療法開発の現況, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本臨床, 75, 増刊6 新腎・泌尿器癌(上), 135, 139,   2017年08月
  • 【新腎・泌尿器癌(上)-基礎・臨床研究の進歩-】腎癌 腎癌の治療 薬物療法 腎癌に対する薬物療法の進歩, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本臨床, 75, 増刊6 新腎・泌尿器癌(上), 290, 295,   2017年08月
  • 【新腎・泌尿器癌(上)-基礎・臨床研究の進歩-】腎癌 腎癌の治療 ワクチン療法, 吉村 一宏, 南 高文, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本臨床, 75, 増刊6 新腎・泌尿器癌(上), 359, 364,   2017年08月
  • 当科および関連病院における先行的腎移植(preemptive kidney transplantation:PEKT)症例の検討, 森 康範, 菊池 尭, 林 泰司, 今西 正昭, 能勢 和宏, 西岡 伯, 植村 天受, 移植, 52, 総会臨時, 460, 460,   2017年08月
  • 生体腎移植後に発症した感染性心内膜炎(IE)の2例, 齋藤 允孝, 森 康範, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 移植, 52, 総会臨時, 467, 467,   2017年08月
  • 献腎移植後に可逆性白質脳症症候群(PRES)と考えられた1例, 齋藤 允孝, 大森 直美, 桑原 賢, 安富 正悟, 大関 孝之, 本郷 祥子, 杉本 公一, 清水 信貴, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 63, 7, 284, 284,   2017年07月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討, 大関 孝之, 大森 直美, 桑原 賢, 安富 正悟, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 清水 信貴, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 63, 7, 286, 286,   2017年07月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するアビラテロン療法の検討, 桑原 賢, 大森 直美, 安富 正悟, 大関 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 清水 信貴, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 63, 7, 294, 294,   2017年07月
  • エベロリムス内服により遅発性器質化肺炎を来たした腎移植症例, 菊池 尭, 高橋 智輝, 林 泰司, 西岡 伯, 佐伯 翔, 前倉 俊治, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 63, 7, 301, 302,   2017年07月
  • ファブリー病患者に対して生体腎移植を行った1症例, 菊池 尭, 松村 直紀, 齋藤 允孝, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 西岡 伯, 植村 天受, 秋山 隆弘, 日本臨床腎移植学会雑誌, 5, 1, 85, 86,   2017年07月
  • 【日本の去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)の治療を考える】日本人におけるカバジタキセル, 野澤 昌弘, 植村 天受, 泌尿器外科, 30, 5, 561, 563,   2017年05月
    概要:日本人のドセタキセル後の去勢抵抗性前立腺癌患者を対象としたカバジタキセルの第I相臨床試験の結果から有効性および安全性は欧米人とほぼ同等と考えられるが、治療関連有害事象のうち発熱性好中球減少については日本人に高頻度に発生する可能性があるため、特に前治療ドセタキセル総投与量が多い患者に関してはG-CSF予防投与を積極的に行うなどの対策が重要かもしれない。(著者抄録)
  • 精巣捻転後4ヵ月目で精上皮腫と診断された1例, 高橋 智輝, 大森 直美, 桑原 賢, 安富 正悟, 大關 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 清水 信貴, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 前西 修, 泌尿器科紀要, 63, 5, 220, 220,   2017年05月
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスを用いたJak1/2阻害薬であるAZD1480による抗腫瘍効果および転移抑制についての検討, 倉 由吏恵, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 杉本 公一, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, OP42, 6,   2017年04月
  • PTEN/p53ダブルノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるAutophagy阻害薬クロロキンの治療効果について, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 清水 信貴, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, PP16, 07,   2017年04月
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおける高脂肪食摂取による腫瘍増殖について, 森 康範, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 沖 貴士, 杉本 公一, 畑中 祐二, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, PP16, 10,   2017年04月
  • 免疫チェックポイント阻害薬の膀胱がんにおけるエビデンス, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, EU09, 4,   2017年04月
  • 分子標的薬の有害事象とその管理, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, SKH14, 3,   2017年04月
  • リドカイン注入pressure flow study(LPFS)による高齢男性の排尿機能の変化について, 喜馬 啓介, 吉川 元清, 山本 豊, 平山 暁秀, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, OP31, 3,   2017年04月
  • 排尿筋低活動患者に対する排尿時間の検討, 杉本 公一, 清水 信貴, 橋本 士, 西本 光寿, 本郷 祥子, 安富 正悟, 大關 孝之, 齋藤 允孝, 南 高文, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, OP31, 5,   2017年04月
  • ビッグデータを用いた去勢抵抗性前立腺癌治療実態の検討, 野澤 昌弘, 大森 直美, 高橋 智輝, 桑原 賢, 安富 正悟, 大関 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 南 高文, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, OP35, 2,   2017年04月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対する塩化ラジウム(223Ra)の初期治療経験, 野澤 昌弘, 大森 直美, 高橋 智輝, 桑原 賢, 安富 正悟, 大関 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 南 高文, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, OP35, 3,   2017年04月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討, 安富 正悟, 大森 直美, 桑原 賢, 大関 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 清水 信貴, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, OP38, 4,   2017年04月
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスを用いたJak1/2阻害薬であるAZD1480による抗腫瘍効果および転移抑制についての検討, 倉 由吏恵, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 杉本 公一, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, OP42, 6,   2017年04月
  • 当院における腎移植後膀胱移植腎尿管吻合不全の検討, 齋藤 允孝, 桑原 賢, 安富 正悟, 大関 孝之, 杉本 公一, 南 高文, 林 泰司, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 西岡 伯, 吉村 一宏, 秋山 隆弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, OP80, 4,   2017年04月
  • MRIを用いた健常女性における骨盤臓器の解剖学的検討, 本郷 祥子, 大森 直美, 桑原 賢, 安富 正悟, 大関 孝之, 斎藤 允孝, 杉本 公一, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 花井 禎, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, OP85, 1,   2017年04月
  • PTEN/p53ダブルノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるAutophagy阻害薬クロロキンの治療効果について, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 清水 信貴, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, PP16, 07,   2017年04月
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおける高脂肪食摂取による腫瘍増殖について, 森 康範, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 沖 貴士, 杉本 公一, 畑中 祐二, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, PP16, 10,   2017年04月
  • 経会陰的前立腺再生検における好中球/リンパ球比の有用性の検討, 橋本 士, 松村 直紀, 大關 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 清水 信貴, 南 高文, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 田原 秀男, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, PP17, 11,   2017年04月
  • Intraoperatively built custom-linked seedsを使用した前立腺癌密封小線源療法の初期経験(loose seedsとの比較検討), 南 高文, 大森 直美, 桑原 賢, 安富 正悟, 大關 孝之, 齋藤 允孝, 本郷 祥子, 杉本 公一, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, PP20, 05,   2017年04月
  • 当科および関連病院における先行的腎移植(preemptive kidney transplantation:PEKT)症例の検討, 森 康範, 菊池 尭, 齋藤 允孝, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, PP71, 02,   2017年04月
  • CRPCに対する最新治療戦略, 鈴木 和浩, 植村 天受, 大家 基嗣, 西村 和郎, Prostate Journal, 4, 1, 69, 78,   2017年04月, http://id.ndl.go.jp/bib/028204732
  • 分子標的薬による腎障害, 吉村 一宏, 植村 天受, 腎臓内科・泌尿器科, 5, 3, 306, 311,   2017年03月, http://id.ndl.go.jp/bib/028067768
  • 「転移性腎癌治療戦略」薬物療法(I‐O drug), 野澤昌弘, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 67th, 137,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802258559074686
  • 献腎移植後に可逆性白質脳症症候群(PRES)と考えられた1例, 齋藤允孝, 大森直美, 桑原賢, 安富正悟, 大関孝之, 本郷祥子, 杉本公一, 清水信貴, 南高文, 野澤昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 50th, 155,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702263703139604
  • 当院における進行性腎細胞癌に対するパゾパニブ使用成績の検討, 大関孝之, 橋本士, 松村直紀, 本郷祥子, 杉本公一, 清水信貴, 森康範, 南高文, 野澤昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 67th, 239,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802241938720071
  • CVD療法で治療効果を得ている左副腎皮質癌の1例, 安富 正悟, 藤島 一樹, 高橋 智輝, 西野 安紀, 大関 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 榎木 英介, 木村 雅友, 泌尿器科紀要, 63, 1, 37, 37,   2017年01月
  • 腎AMLに伴う巨大仮性動脈瘤の1例, 高橋 智輝, 藤島 一樹, 西野 安紀, 安富 正悟, 大關 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 清水 信貴, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 柳生 行伸, 泌尿器科紀要, 63, 1, 44, 44,   2017年01月
  • 2次以降の薬物療法 (Topics of RCC : 腎癌診療ガイドライン2017年版改訂のポイント) -- (全身治療), 野澤 昌弘, 植村 天受, Year book of RCC, 63, 68,   2017年, http://id.ndl.go.jp/bib/028831284
  • α受容体遮断薬で効果不十分である前立腺肥大症患者に対するタダラフィル追加投与の検討, 橋本 士, 松村 直紀, 杉本 公一, 清水 信貴, 花井 禎, 田原 秀男, 平山 暁秀, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 27, 1, 246, 246,   2016年12月
  • 夜間頻尿合併不眠患者に対するエスゾピクロンの検討, 西本 光寿, 杉本 公一, 清水 信貴, 橋本 士, 松村 直紀, 林 泰司, 西岡 伯, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 平山 暁秀, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 27, 1, 270, 270,   2016年12月
  • 局所治療後再発前立腺がんに対しロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)を施行した2例, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 本郷 祥子, 杉本 公一, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, 7, DP17, 3,   2016年12月
  • 当院におけるハンドアシスト腹腔鏡下ドナー腎摘除術の臨床的検討, 林 泰司, 菊地 尭, 斎藤 允孝, 森 康範, 能勢 和宏, 今西 正昭, 吉村 一宏, 西岡 伯, 植村 天受, 秋山 隆弘, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, 7, DP75, 2,   2016年12月
  • 当施設におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)の初期成績, 大関 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology, 29, 3, 267, 267,   2016年11月
  • 当院におけるハンドアシスト腹腔鏡下ドナー腎摘除術の臨床的検討, 林 泰司, 菊池 堯, 齋藤 允孝, 森 康範, 今西 正昭, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西岡 伯, 植村 天受, 秋山 隆弘, Japanese Journal of Endourology, 29, 3, 279, 279,   2016年11月
  • PTENノックアウトマウス前立腺癌におけるノンコーディングRNAの検討, 倉 由吏恵, デベラスコ・マルコ, 坂井 和子, 藤田 至彦, 冨樫 庸介, 寺嶋 雅人, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 75回, E, 1029,   2016年10月
  • PTENノックアウトマウス前立腺癌において選択的スプライシングは頻繁に認められる, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 坂井 和子, 藤田 至彦, 冨樫 庸介, 寺嶋 雅人, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 75回, E, 1073,   2016年10月
  • PTENノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるJAK1/2阻害による腫瘍増殖及び転移抑制効果の検討, 植村 天受, 倉 由吏恵, 森 康範, 畑中 祐二, 沖 貴士, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 日本癌学会総会記事, 75回, E, 2085,   2016年10月
  • PTEN/p53ダブルノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるクロロキン経口による治療効果, 杉本 公一, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 森 康範, 畑中 祐二, 沖 貴士, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 75回, E, 3065,   2016年10月
  • 遺伝子改変と前立腺癌マウスモデルにおける高脂肪食摂取による腫瘍増殖について, 森 康範, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 沖 貴士, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 75回, P, 3348,   2016年10月
  • 腎 腎がん分子標的治療の現況 未治療転移性腎細胞癌患者におけるAxitinib国際共同第II相試験 日本人全生存期間, 水野 隆一, 植村 天受, 冨田 善彦, 深沢 賢, 篠原 信雄, 羽渕 友則, Rini Brian I., 藤井 陽介, 亀井 陽一, 梅山 佳子, Bair Angel H., 大家 基嗣, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回, MS4, 1,   2016年10月
  • 前立腺 前立腺がん診療の新技術 骨転移のある日本人の症候性去勢抵抗性前立腺癌患者への塩化ラジウム-223の第II相試験, 永森 聡, 上村 博司, 和久本 芳彰, 植村 天受, 木村 剛, 横溝 晃, 菊川 浩明, 絹谷 清剛, 細野 眞, 山口 郁, 筒井 弘一, 松永 瑛典, 松原 伸晃, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回, WS7, 5,   2016年10月
  • がん治療が変わる―免疫チェックポイント阻害剤の与えるインパクト―先行する癌腫における治療成績 腎細胞癌, 野澤昌弘, 植村天受, 肝胆膵, 73, 3, 375‐380,   2016年09月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602288793139911
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 花房 徹, 高原 史郎, 野々村 祝夫, 東 治人, 仲谷 達也, 山口 誓司, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 能勢 和宏, 西岡 伯, 松田 公志, 阪口 勝彦, 客野 宮治, 熊田 憲彦, 岡田 卓也, 藤本 宜正, 大阪透析研究会会誌, 34, 2, 189, 201,   2016年09月
    概要:2015年12月31日の時点で、699人が献腎移植希望登録を済ませている。2015年の献腎移植症例数は7例であった。一方、生体腎移植は127例行われた。献腎移植における腎受者の年齢は40歳代が190例(41.3%)と最も多く、60歳以上の症例は15例(3.2%)しか行われていなかった。生体腎移植では30歳代が514例(27.6%)と最も多く、60〜69歳は184例(9.9%)行われ、さらに70歳以上も16例(0.9%)行われている。1990年以降腎生着率は明らかに改善し、2005年から2009年の症例では5年生着率90.2%、2010年以降の症例では5年生着率92.1%に上昇している。献腎移植症例の生着率は1年87.8%、5年71.0%、10年55.8%、15年43.9%、生体腎移植症例の生着率はABO血液型適合1年95.7%、5年87.0%、10年73.9%、15年59.8%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢が移植腎成績に影響した。献腎移植、生体腎移植で違いはなく、これまでと同様に約2/3が慢性拒絶反応が移植腎機能喪失原因であった。2番目の原因はこれまで急性拒絶反応であったが、感染症が急性拒絶反応よりも多くなった。生存率は献腎移植症例では1年95.4%、3年92.1%、5年89.6%、10年83.0%、ABO血液型適合生体腎移植症例では1年98.5%、3年97.1%、5年95.9%、10年91.9%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植460例中146例(30.7%)、生体腎移植1860例中183例(9.8%)みられ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。1998年以降年ごとの死因の推移から、感染症による死亡が徐々に増加している、さらに悪性腫瘍も増えてきている。(著者抄録)
  • 【がん治療が変わる-免疫チェックポイント阻害剤の与えるインパクト-】先行する癌腫における治療成績 腎細胞癌, 野澤 昌弘, 植村 天受, 肝・胆・膵, 73, 3, 375, 380,   2016年09月
  • 当院における腎移植後新規発症糖尿病の検討, 齋藤 允孝, 菊池 堯, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 吉村 一宏, 西岡 司, 秋山 隆弘, 植村 天受, 移植, 51, 総会臨時, 358, 358,   2016年09月
  • 泌尿器がん疾患に関する投与のポイント 転移性腎細胞がんにおける腎機能と分子標的薬, 野澤 昌弘, 植村 天受, 腎臓内科・泌尿器科, 4, 1, 109, 114,   2016年07月
  • 【進行性腎細胞癌に対する治療の最前線】免疫チェックポイント阻害薬(抗PD-1、抗PD-L1抗体), 野澤 昌弘, 植村 天受, 泌尿器外科, 29, 6, 941, 946,   2016年06月
    概要:近年、免疫チェックポイント阻害薬の臨床的抗腫瘍効果が示されるようになった。このうち、抗PD-1抗体であるニボルマブは進行性腎細胞癌に対する有効性が証明され、近い将来、本邦でも承認される見込みである。他の抗PD-1/PD-L1療法に関する臨床試験も多数進行中であり、今後の成果が期待される。(著者抄録)
  • 【新前立腺癌学-最新の基礎研究と診断・治療-】臨床応用を目指した基礎研究 新規治療開発 免疫療法, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本臨床, 74, 増刊3 新前立腺癌学, 238, 243,   2016年05月
  • 【新前立腺癌学-最新の基礎研究と診断・治療-】前立腺癌の治療 去勢抵抗性前立腺癌に対する治療 去勢抵抗性前立腺癌に対する治療の実際 去勢抵抗性前立腺癌に対する逐次療法と問題点, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本臨床, 74, 増刊3 新前立腺癌学, 644, 648,   2016年05月
  • 腎移植後悪性腫瘍のマネージメント 腎移植後悪性腫瘍のマネージメント 特に消化器腫瘍について, 能勢 和宏, 齊藤 允孝, 植村 天受, 西岡 伯, 日本透析医学会雑誌, 49, Suppl.1, 370, 370,   2016年05月
  • 高齢者の体位変換による体水分変化が夜間頻尿に及ぼす影響について, 喜馬 啓介, 平山 暁秀, 吉川 元清, 山本 豊, 鳥本 一匡, 藤本 清秀, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 62, 5, 243, 248,   2016年05月
    概要:60歳以上の男性で、夜間多尿が認められる29例を対象に、体位変換による体水分変化が夜間排尿量産生に及ぼす影響について検討した。その結果、1)体位変換による部位別体水分量の変化を検討すると、上肢では0.081(2.1%)の増加、体幹では0.261(1.6%)の増加がみられ、下肢では0.261(2.1%)の減少があり、特に細胞外液の減少がみられた。2)体位変換による下肢細胞外液の変化量は就眠後第一排尿時単位尿産生量および総就眠時間単位尿産生量と正の相関を示した。3)その他、細胞外液移行量以外の単位時間尿産生量の影響因子は下肢筋肉量、下肢細胞外液量、筋肉量で補正した血清Cre量、昼間飲水量であった。
  • 前立腺癌マウスモデルを用いたAKT阻害薬AZD5363の抗腫瘍効果の検討, 植村 天受, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 杉本 公一, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, OP, 228,   2016年04月
  • 前立腺癌におけるAKT/PI3KおよびMAPK経路阻害による治療相互作用について, 山本 豊, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 杉本 公一, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, PP3, 265,   2016年04月
  • 去勢抵抗性前立腺癌におけるPim-1キナーゼ阻害薬AZD1208の治療効果, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, PP3, 266,   2016年04月
  • 高齢前立腺癌患者における好中球/リンパ球比(NLR)と予後との関連, 安富 正悟, 杉本 公一, 高橋 智輝, 藤島 一樹, 西野 安紀, 大関 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 62, 4, 210, 210,   2016年04月
  • 転移性腎癌に対するパゾパニブの使用経験, 杉本 公一, 野澤 昌弘, 藤島 一樹, 高橋 智輝, 西野 安紀, 安富 正悟, 大関 孝之, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 南 高文, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 62, 4, 214, 214,   2016年04月
  • 夜間睡眠中の体水分変化が夜間尿量へ及ぼす影響の検討 電気インピーダンス法による解析, 喜馬 啓介, 平山 暁秀, 吉川 元清, 山本 豊, 国方 聖司, 藤本 清秀, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 62, 4, 216, 216,   2016年04月
  • 当院におけるタダラフィルの使用経験, 松村 直紀, 菊池 尭, 林 泰司, 西岡 伯, 杉本 公一, 大關 孝之, 齋藤 允孝, 本郷 祥子, 清水 信貴, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 62, 4, 219, 219,   2016年04月
  • CVD療法で治療効果を得た左副腎皮質癌の1例, 大関 孝之, 藤島 一樹, 高橋 智輝, 西野 安紀, 安富 正悟, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌, 33, Suppl.1, S130, S130,   2016年04月
  • 【基礎研究から臨床への架け橋】PTEN遺伝子改変前立腺癌モデルと前立腺癌治療, 杉本 公一, 植村 天受, Prostate Journal, 3, 1, 11, 13,   2016年04月
    概要:進行性前立腺癌または転移性前立腺癌は初期治療の内分泌療法に著効するが、いずれは去勢抵抗性前立腺癌となり、ドセタキセルをはじめとする化学療法を施行するが予後は不良と考えられている。われわれはこれまでにリン酸化Aktに着目し、そのregulatorであるPTEN癌抑制遺伝子を中心に研究を重ねてきた。今回、われわれはこのPTEN遺伝子改変前立腺癌モデルと前立腺癌治療について解説する。(著者抄録)
  • HLA-A24陽性腎細胞癌症例においてCancer-reactive cytotoxic T lymphocytesを誘導しうるEpoR、PD-L1ペプチドの同定, 南 高文, 南 知子, 清水 信貴, 山本 豊, デベラスコ・マルコ, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 原嶋 奈々江, 原田 守, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, PP1, 015,   2016年04月
  • 前立腺癌に対する初回アンドロゲン除去療法としてのデガレリクス/ビカルタミド併用療法とデガレリクス単独との比較試験, 野澤 昌弘, 杉本 公一, 永井 康晴, 杉山 高秀, 畑中 祐二, 沖 貴士, 田原 秀男, 松田 久雄, 山本 豊, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, PP1, 086,   2016年04月
  • 女性の下部尿路症状に対するシロドシンとウラピジルの無作為化比較臨床試験(中間報告), 杉本 公一, 清水 信貴, 秋山 隆弘, 橋本 士, 西本 光寿, 松村 直紀, 本郷 祥子, 平山 暁秀, 吉村 一宏, 西岡 伯, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, OP, 058,   2016年04月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討, 大関 孝之, 藤島 一樹, 高橋 智樹, 西野 安紀, 安富 正悟, 本郷 祥子, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, PP1, 172,   2016年04月
  • 膀胱全摘術 アウトカムの改善に何が必要か? 泌尿器科領域の術後静脈血栓塞栓症予防について 日本泌尿器科学会会員を対象としたアンケート調査, 青木 芳隆, 荒井 陽一, 横山 修, 植村 天受, 藤澤 正人, ヴィオレッテ・フィリップ, ティキネン・カリ, 日本泌尿器科学会総会, 104回, FS17, 5,   2016年04月
  • 医療経済の側面からみた泌尿器腫瘍学の将来 高価腎細胞癌治療薬の現状, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, FS06, 2,   2016年04月
  • 体位変換による体水分量変化が就眠後第一排尿までの時間(HUS)に与える影響, 喜馬 啓介, 吉川 元清, 山本 豊, 清水 信貴, 平山 暁秀, 国方 聖司, 藤本 清秀, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, OP, 138,   2016年04月
  • 前立腺癌マウスモデルを用いたAKT阻害薬AZD5363の抗腫瘍効果の検討, 植村 天受, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 杉本 公一, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, OP, 228,   2016年04月
  • ブレークスルーになるか?泌尿器癌の免疫療法 前立腺癌に対する免疫療法, 吉村 一宏, 南 高文, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, FS20, 4,   2016年04月
  • 骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌患者を対象とした塩化ラジウム-223(BAY88-8223)の安全性、体内分布、線量測定、薬物動態及び有効性について 国内第I相試験, 松原 伸晃, 上村 博司, 植村 天受, 矢島 陽子, 金子 雅豊, 土井 俊彦, 日本泌尿器科学会総会, 104回, OP, 283,   2016年04月
  • 前立腺癌におけるAKT/PI3KおよびMAPK経路阻害による治療相互作用について, 山本 豊, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 杉本 公一, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, PP3, 265,   2016年04月
  • 去勢抵抗性前立腺癌におけるPim-1キナーゼ阻害薬AZD1208の治療効果, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, PP3, 266,   2016年04月
  • 【腹腔鏡手術におけるトラブルシューティング】後腹膜鏡下腎摘除術におけるトラブルシューティング, 吉村 一宏, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 林 泰司, 野澤 昌弘, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology, 29, 1, 11, 14,   2016年04月, 10.11302/jsejje.29.11, http://id.ndl.go.jp/bib/027425470
    概要:われわれの施設では腎癌や生体腎移植時においてはおもに後腹膜アプローチでの鏡視下腎摘除術あるいはドナー腎採取術をおこなっている。後腹膜アプローチでの長所として、腎動脈や腎静脈への到達が容易であること、特に腎動脈の同定が経腹膜的アプローチに比べ容易であること、腸管等の他臓器が術野になく鉗子操作の妨げにならないことなどがあげられる。その一方で、ワーキングスペースが狭く腎周囲の剥離操作、特に腎上極の剥離操作は困難で死角となるスペースができること、ランドマークとなるものが少ないことなどが短所と考えられる。後腹膜鏡下腎摘除術時に考えられるトラブルとしては、後腹膜気腹開始までの操作トラブル、腎動静脈処理に際してのトラブル、尿管、腎周囲剥離時のトラブル、隣接臓器損傷等が予想される。術中のこのようなトラブルを回避するために術前のCT等の画像で脈管の本数、位置、走行、腎、尿管周囲の脂肪組織の状態などを確認し術中の手術イメージをあらかじめつかんでおくことが重要である。しかしこのような準備をして手術に臨んでもある一定の割合でトラブルは起こり得る。術者のケアレスミスと考えられるもの以外に手術機器自体のトラブルや術前予想されなかった患者側の因子によるトラブルなどが起こった場合、術者はトラブルシューティングを余儀なくされる。より安全で質の高い医療を目指すためにはこのようなトラブルやトラブルシューティングを共有することは大きな意義があると考えられる。本稿ではわれわれが経験したトラブルシューティングを提示しつつ後腹膜鏡下腎摘除術におけるトラブルシューティングについて概説する。(著者抄録)
  • 転移性腎癌に対する新規分子標的薬パゾパニブの使用経験, 山本 豊, 橋本 士, 安富 正悟, 大関 孝之, 斎藤 允孝, 清水 信貴, 南 高文, 野沢 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 62, 3, 146, 146,   2016年03月
  • 腎移植後妊娠・出産例の検討, 森 康範, 安田 宗生, 齋藤 允孝, 能勢 和宏, 植村 天受, 林 泰司, 西岡 伯, 今西 正昭, 秋山 隆弘, 原 靖, 泌尿器科紀要, 62, 3, 149, 149,   2016年03月
  • 腎癌に対する分子標的薬によるPresurgical療法の検討, 大関 孝之, 明石 泰典, 橋本 士, 安富 正悟, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 62, 3, 149, 149,   2016年03月
  • 精巣腫瘍と精巣原発悪性リンパ腫の検討, 松村 直紀, 杉本 公一, 林 泰司, 西岡 伯, 清水 信貴, 南 高文, 山本 豊, 野沢 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 62, 3, 159, 159,   2016年03月
  • 【免疫療法-がんと移植-】泌尿器がんに対するがんペプチドワクチン療法, 植村 天受, 腎臓内科・泌尿器科, 3, 3, 244, 250,   2016年03月
  • 献腎移植後に可逆性白質脳症症候群(PRES)と考えられた1例, 齋藤允孝, 大森直美, 桑原賢, 安富正悟, 大関孝之, 本郷祥子, 杉本公一, 清水信貴, 南高文, 野澤昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 66th, 178,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602213310869277
  • ペプチドワクチン療法の有用性と今後の展望, 吉村一宏, 南高文, 野澤昌弘, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 66th, 114,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602223227701086
  • CRPCに対するタキサン系薬剤の位置付け, 野澤昌弘, 大森直美, 桑原賢, 安富正悟, 大関孝之, 本郷祥子, 齋藤允孝, 杉本公一, 清水信貴, 南高文, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 66th, 105,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602240054701402
  • 症例 術前術後の分子標的薬逐次交替療法が奏効した腫瘍塞栓を伴った局所進行腎細胞癌の1例 (My champion case), 植村 天受, Year book of RCC, 81, 84,   2016年, http://id.ndl.go.jp/bib/027975308
  • ペプチドワクチン療法とソラフェニブによって長期奏効を示した腎細胞癌多発骨転移症例 (My champion case), 植村 天受, Year book of RCC, 78, 80,   2016年, http://id.ndl.go.jp/bib/027975303
  • 当施設におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)の初期pT2症例に関する検討, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本内視鏡外科学会雑誌, 20, 7, OS90, 5,   2015年12月
  • アビラテロン投与にて重篤な低カリウム血症を起こした2例, 明石 泰典, 橋本 士, 西野 安紀, 安富 正悟, 大關 孝之, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 61, 12, 527, 527,   2015年12月
  • 当院におけるPVPの初期成績の検討, 吉川 元清, 喜馬 啓介, 山本 豊, 平山 暁秀, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology, 28, 3, 236, 236,   2015年11月
  • 当施設におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)の初期成績, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 清水 信貴, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology, 28, 3, 239, 239,   2015年11月
  • 前立腺癌小線源療法施行患者におけるタダラフィルの性機能、排尿機能および健康関連QOLに及ぼす影響の検討, 永井 康晴, 清水 信貴, 南 高文, 豊田 信吾, 橋本 士, 西本 光寿, 菊池 堯, 齋藤 允孝, 山本 豊, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 61, 10, 383, 387,   2015年10月
    概要:前立腺密封小線源療法(PB)を行った70歳未満の限局性前立腺癌45例を対象として、タダラフィルが性機能、排尿機能および健康関連QOLに及ぼす影響を検討した。対象は患者の希望によりED治療群19例とED非治療群26例に分けられ、治療開始前から治療後24週までのExpanded Prostate Cancer Index Composite(EPIC)、SF-8、IPSSを調査した。その結果、EPIC総合得点は両群とも24週時点で改善傾向を示したが、EPIC性機能は治療群では低下せず、非治療群では24週後に有意に低下した。また、SF-8サマリースコアの精神的健康は24週時点では両群とも同等であったものの、経過中は治療群が良好な傾向を示し、8週時点で有意差を認めた。術前性機能に関心の高い症例において、PB後のタダラフィル投与は精神的健康に関して有用であることが示唆された。
  • 夜間頻尿合併不眠症患者に対するエスゾピクロンの検討, 西本 光寿, 清水 信貴, 杉本 公一, 橋本 士, 松村 直紀, 林 泰司, 西岡 伯, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 平山 暁秀, 植村 天受, 泌尿器外科, 28, 9, 1543, 1547,   2015年09月
    概要:夜間頻尿合併不眠症患者に対するエスゾピクロンの有用性について検討を行った。2回以上の夜間頻尿と不眠を訴える26名を対象とした。エスゾピクロンは睡眠の質と同時に、投与前後のIPSS total scoreを17.2±10.12から13.5±9.05と有意に改善し、夜間排尿回数に関しては3.2±1.27回から2.5±1.30回へと有意に改善した。エスゾピクロンは夜間頻尿を合併した不眠患者に有用であることが示唆された。(著者抄録)
  • 脂質異常症合併腎移植患者に対するω-3脂肪酸エチルの腎保護作用の短期成績, 齋藤 允孝, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 吉村 一宏, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 植村 天受, 移植, 50, 総会臨時, 454, 454,   2015年09月
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 花房 徹, 高原 史郎, 野々村 祝夫, 東 治人, 仲谷 達也, 山口 誓司, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 能勢 和宏, 西岡 伯, 松田 公志, 阪口 勝彦, 客野 宮治, 熊田 憲彦, 長濱 寛二, 藤本 宜正, 大阪透析研究会会誌, 33, 2, 189, 201,   2015年09月
    概要:2014年12月31日の時点で、687人が献腎移植希望登録を済ませている。2014年の献腎移植症例数は13例であった。一方、生体腎移植は127例行われた。献腎移植における腎受者の年齢は40歳代が189例(41.4%)と最も多く、60歳以上の症例は14例(3.1%)しか行われていなかった。生体腎移植では30歳代が496例(28.2%)と最も多く、60〜69歳は165例(9.4%)行われ、さらに70歳以上も13例(0.7%)行われている。献腎移植症例の生着率は1年87.8%、3年80.5%、5年70.9%、10年55.9%、血液型適合生体腎移植症例の生着率は1年95.6%、3年91.9%、5年86.6%、10年73.6%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢や献腎移植においてはHLAが移植腎成績に影響した。献腎移植、生体腎移植で違いはなく、これまでと同様に約2/3が慢性拒絶反応が移植腎機能喪失原因であった。2番目の原因はこれまで急性拒絶反応であったが、感染症が急性拒絶反応よりもおおくなった。生存率は献腎移植症例で1年95.1%、3年92.0%、5年89.4%、10年82.7%、血液型適合生体腎移植症例では1年98.5%、3年97.1%、5年95.8%、10年91.8%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植456例中140例(30.7%)、生体腎移植1,759例中171例(9.7%)見られ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。1998年以降年ごとの死因の推移から、感染症による死亡が徐々に増加している、さらに悪性腫瘍も増えてきている。(著者抄録)
  • 前立腺 前立腺がん化学療法の将来展望 CRPCに対するドセタキセル、デキサメタゾン併用療法における安全性の検討 JMTOPCa10-01, 西村 和郎, 田中 宣道, 岡島 英二郎, 伊奈 研次, 小川 修, 大家 基嗣, 赤倉 功一郎, 仲川 嘉紀, 山口 誓司, 植村 天受, 三好 康秀, 野々村 祝夫, 後藤 百万, 手良向 聡, 平尾 佳彦, 日本癌治療学会誌, 50, 3, 183, 183,   2015年09月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討, 大関 孝之, 安富 正悟, 齋藤 允孝, 南 高文, 野沢 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 50, 3, 790, 790,   2015年09月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するabiraterone療法の検討, 南 高文, 高橋 智輝, 藤島 一樹, 西野 安紀, 安富 正悟, 大關 孝之, 齋藤 允孝, 本郷 祥子, 杉本 公一, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 50, 3, 811, 811,   2015年09月
  • ACDK関連腎癌に対するソナゾイドを用いた造影超音波の検討, 松村 直紀, 杉本 公一, 菊池 尭, 林 泰司, 能勢 和宏, 西岡 伯, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 50, 3, 1848, 1848,   2015年09月
  • 転移性腎細胞癌患者におけるアキシチニブの有効性と蛋白尿に関する検討, 野澤 昌弘, 杉本 公一, 大関 孝之, 南 高文, 安富 正悟, 清水 信貴, 齋藤 允孝, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 50, 3, 1878, 1878,   2015年09月
  • 女性の下部尿路症状に対するシロドシンとウラピジルの無作為化比較臨床試験(中間報告), 杉本 公一, 清水 信貴, 秋山 隆弘, 橋本 士, 松村 直紀, 本郷 祥子, 平山 暁秀, 吉村 一宏, 西岡 伯, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 26, 1, 154, 154,   2015年09月
  • 繰り返す尿閉患者のカテーテル抜去へのアコファイドの有効性, 松村 直紀, 杉本 公一, 秋山 隆弘, 橋本 士, 西本 光寿, 菊池 尭, 本郷 祥子, 清水 信貴, 林 泰司, 能勢 和宏, 平山 暁秀, 吉村 一宏, 西岡 伯, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 26, 1, 157, 157,   2015年09月
  • 臥位による下肢水分移行が夜間尿量へ及ぼす影響の検討 電気インピーダンス法による解析, 喜馬 啓介, 平山 暁秀, 吉川 元清, 山本 豊, 國方 聖司, 清水 信貴, 鳥本 一匡, 藤本 清秀, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 26, 1, 179, 179,   2015年09月
  • 中長期デュタステリド投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド(DUT)休薬の影響, 橋本 士, 清水 信貴, 杉本 公一, 西本 光寿, 安田 宗生, 吉川 元清, 田原 秀男, 吉村 一宏, 植村 天受, 平山 暁秀, 日本排尿機能学会誌, 26, 1, 204, 204,   2015年09月
  • Female sex workers(FSWs)の性機能の検討, 永井 康晴, 清水 信貴, 植村 天受, 西本 光寿, 花井 禎, 上島 成也, 安田 宗生, 小澤 千咲, 小畠 秀吾, 日本性機能学会雑誌, 30, 2, 165, 165,   2015年08月
  • 【泌尿器癌に対する免疫療法の現状と新展開】去勢抵抗性前立腺癌に対する免疫療法, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器外科, 28, 7, 1181, 1186,   2015年07月
    概要:進行性前立腺癌の1次治療はホルモン療法が標準治療であるが、治療開始後2〜3年でホルモン療法を受けた約50%の症例で去勢抵抗性前立腺癌になると言われている。最近では、去勢抵抗性前立腺癌に対する新規治療薬として、エンザルタミド、アビラテロン、カバジタキセルがわが国でも使用できるようになった。このような状況の中、去勢抵抗性前立腺癌に対する免疫療法もさまざまな研究が行われ、臨床的有用性についての報告も散見される。本稿では、近年急速に研究が進んでいる免疫チェックポイント阻害剤をはじめ現在進行中の免疫療法について報告する。(著者抄録)
  • VHL病に合併した両側腎癌に対し分子標的薬治療を行った1例, 橋本 士, 豊田 信吾, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 61, 7, 306, 306,   2015年07月
  • CRPCに対する免疫療法の現状と今後の展望, 吉村 一宏, 南 高文, 野沢 昌弘, 植村 天受, 尿路悪性腫瘍研究会記録, 41, 63, 69,   2015年06月
  • 当科におけるフルニエ壊疽症例の検討, 豊田 信吾, 南 高文, 橋本 士, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 山本 豊, 林 泰司, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 61, 6, 223, 226,   2015年06月
    概要:当科で経験したフルニエ壊疽12例を対象に血液生化学所見などの客観的指標を評価し、予後予測因子の同定を試みた。その結果、入院時の貧血、入院1・2週間後の低栄養、2週間後の血糖コントロール不良が死亡リスク因子に、さらに入院2週間後の壊死範囲、血糖コントロール不良が入院期間延長のリスク因子となることが示唆された。
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対する新規治療薬(アビラテロン・エンザルタミド・カバジタキセル)の使用経験について, 植村 天受, 吉村 一宏, 野沢 昌弘, 能勢 和宏, 南 高文, 山本 豊, 清水 信貴, 齋藤 允孝, 大關 孝之, 安富 正悟, 橋本 士, 明石 泰典, 泌尿器外科, 28, 臨増, 833, 833,   2015年05月
  • Female sex workers(FSWs)の性機能、下部尿路症状の検討, 永井 康晴, 清水 信貴, 西本 光寿, 植村 天受, 花井 禎, 上島 成也, 小澤 千咲, 小畠 秀吾, 日本泌尿器科学会総会, 103回, 569, 569,   2015年04月
  • 中長期デュタステリド投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド(DUT)休薬の影響, 橋本 士, 清水 信貴, 杉本 公一, 西本 光寿, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 安田 宗生, 田原 秀男, 吉川 元清, 平山 暁秀, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 103回, 571, 571,   2015年04月
  • 臥位による下肢水分移行が夜間尿量へ及ぼす影響の検討, 吉川 元清, 平山 暁秀, 清水 信貴, 鳥本 一匡, 藤本 清秀, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 103回, 605, 605,   2015年04月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討, 大関 孝之, 明石 泰典, 橋本 士, 安富 正悟, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 野沢 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 103回, 694, 694,   2015年04月
  • 去勢抵抗性前立腺癌におけるPI3K-AktとARシグナル伝達経路をターゲットにした治療戦略について, 沖 貴士, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 山本 豊, 吉村 一宏, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 小池 浩之, 吉川 和弘, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 103回, 710, 710,   2015年04月
  • PTEN欠損前立腺癌発症マウスモデルによるcell lineの確立と特性, 畑中 祐二, デベラスコ・マルコ, 沖 貴士, 倉 由吏恵, 安藤 直美, 福島 恵美子, 山本 豊, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 103回, 710, 710,   2015年04月
  • 夜間頻尿合併不眠患者に対するエスゾピクロンの検討, 西本 光寿, 清水 信貴, 杉本 公一, 橋本 士, 松村 直樹, 林 泰司, 西岡 伯, 南 高文, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 平山 暁秀, 日本泌尿器科学会総会, 103回, 729, 729,   2015年04月
  • 繰り返す尿閉患者のカテーテル抜去へのChE Inhibitor(アコファイド)の有効性, 杉本 公一, 清水 信貴, 橋本 士, 西本 光寿, 松村 直紀, 林 泰司, 能勢 和宏, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 103回, 733, 733,   2015年04月
  • 腎移植後の妊娠出産に関する検討, 林 泰司, 松村 直紀, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 森 康範, 能勢 和宏, 今西 正昭, 吉村 一宏, 石井 徳味, 西岡 伯, 植村 天受, 原 靖, 秋山 隆弘, 大阪透析研究会会誌, 33, 1, 57, 60,   2015年03月
    概要:腎移植は慢性腎不全患者にとってQOLの改善だけでなく、妊娠を希望する女性患者にとっては透析療法下に比べて、受胎率の向上や安全性という観点からも優れている。今回われわれは、当院で施行した腎移植患者351例のうち、6例の妊娠出産症例を対象として検討を行った。その結果として、妊娠時に血清クレアチニンが高値であった2例と妊娠高血圧を合併した1例では出産後の腎機能の悪化を認めたが、移植腎廃絶となった症例は認めなかった。(著者抄録)
  • 前立腺癌に対するデガレリクス/ビカルタミド併用療法, 野澤昌弘, 杉山高秀, 杉本公一, 永井康晴, 畑中祐二, 沖貴士, 田原秀男, 松田久雄, 吉川元清, 植村天受, 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 13th, ROMBUNNO.O3-11-4,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502209361544516
  • 高齢患者に対する薬剤選択, 野澤昌弘, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 65th, 115,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602217195782268
  • 転移性腎癌に対するパゾパニブの使用経験, 杉本公一, 野澤昌弘, 藤島一樹, 高橋智輝, 西野安紀, 安富正悟, 大關孝之, 本郷祥子, 齋藤允孝, 清水信貴, 南高文, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 65th, 161,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602200610416051
  • 当院におけるタダラフィルの使用経験, 松村直紀, 杉本公一, 菊池尭, 大關孝之, 齋藤允孝, 本郷祥子, 清水信貴, 南高文, 林泰司, 野澤昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 西岡伯, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 65th, 173,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602208318122404
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対する免疫療法, 吉村一宏, 南高文, 野澤昌弘, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 65th, 87,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602212647428929
  • 高齢前立腺癌患者における好中球/リンパ球比(NLR)と予後との関連, 安富正悟, 杉本公一, 高橋智輝, 藤島一樹, 西野安紀, 大關孝之, 本郷祥子, 齋藤允孝, 南高文, 野澤昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 65th, 152,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602213449648022
  • 【去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)への新たなる挑戦】去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)に対する免疫療法 癌ワクチンの現状について, 植村 天受, 泌尿器外科, 28, 1, 41, 46,   2015年01月
    概要:去勢抵抗性前立腺癌に対する最近の免疫療法の現状についてオーバービューするとともに、すでに医薬品として使用されている樹状細胞ワクチンSipulucel-T(Provenge、Dendreon社)と日本国内で開発治験中のMHCクラスI拘束性のペプチドワクチンITK-1について、その作用メカニズムや実際の施行手技、これまでに示された臨床研究の結果などに関して解説する。(著者抄録)
  • パゾパニブ (Topics of RCC 各論 : 長期投与を目指したAEマネジメント), 野澤 昌弘, 植村 天受, Year book of RCC, 111, 120,   2015年, http://id.ndl.go.jp/bib/027044956
  • Round Table Discussion 原発巣切除が困難な有転移巣症例の治療戦略, 冨田 善彦, 金山 博臣, 植村 天受, Year book of RCC, 11, 31,10,   2015年, http://id.ndl.go.jp/bib/027044868
  • 【撤回論文】【進行前立腺癌の最新薬物療法】進行前立腺癌に対する免疫療法, 吉村 一宏, 植村 天受, 医学と薬学, 72, 1, 59, 65,   2014年12月
    概要:【撤回論文】---当論文については「医学と薬学」72巻2号(2015年2月発行)の353ページに論文撤回のお知らせが掲載された。
  • 【前立腺がん治療の進歩】前立腺がんのリスク別治療法 今後の前立腺がん治療に期待される薬剤・免疫療法, 吉村 一宏, 植村 天受, 臨床腫瘍プラクティス, 10, 4, 445, 448,   2014年11月
    概要:<View Points!>去勢抵抗性前立腺がんに対する新規薬剤が2014年からわが国でも使用できるようになった。新規の経口抗アンドロゲン薬としてエンザルタミドが2014年3月に国内で製造承認された。アビラテロンはCYP17を阻害することでアンドロゲンの合成を阻害する作用を持つ新規のアンドロゲン合成阻害薬であり、2014年7月に国内で製造承認された。ドセタキセルと同様のタキサン系化学療法薬であるカバジタキセルが2014年7月に国内で製造承認され、ドセタキセルとともに去勢抵抗性前立腺がんに対し使用可能となった。以上3剤の登場によりわが国における進行前立腺がん治療のパラダイムシフトが起きると期待されている。(著者抄録)
  • 腹腔鏡手術におけるトラブルシューティング どこまで腹腔鏡下に修復できるか? 後腹膜鏡下腎摘除術におけるトラブルシューティング, 吉村 一宏, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 林 泰司, 野沢 昌弘, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology, 27, 3, 126, 126,   2014年11月
  • 当科における体腔鏡下副腎摘除術の臨床的検討, 大関 孝之, 斎藤 允孝, 清水 信貴, 南 高文, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology, 27, 3, 287, 287,   2014年11月
  • Brachytherapy術後TUR-P、内尿道切開術を要した症例の検討, 南 高文, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 野沢 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology, 27, 3, 312, 312,   2014年11月
  • 【内科医が知っておくべき前立腺がん】前立腺がんのワクチン療法, 植村 天受, Mebio, 31, 9, 95, 97,   2014年09月
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 花房 徹, 高原 史郎, 野々村 祝夫, 東 治人, 仲谷 達也, 山口 誓司, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 石井 徳味, 西岡 伯, 松田 公志, 阪口 勝彦, 客野 宮治, 熊田 憲彦, 長濱 寛二, 藤本 宜正, 大阪透析研究会会誌, 32, 2, 185, 197,   2014年09月
    概要:2013年12月31日の時点で、681人が献腎移植希望登録を済ませている。2013年の献腎移植症例数は2例であった。一方、生体腎移植は101例行われた。献腎移植における腎受者の年齢は40歳代が182例(41.2%)と最も多く、60歳以上の症例は12例(2.7%)しか行われていなかった。生体腎移植では30歳代が464例(28.7%)と最も多く、60〜69歳は131例(8.1%)行われ、さらに70歳以上も12例(0.7%)行われている。献腎移植症例の生着率は1年87.6%、3年79.9%、5年70.6%、10年55.4%、血液型適合生体腎移植症例の生着率は1年95.5%、3年91.9%、5年86.6%、10年73.7%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢や献腎移植においてはHLAが移植腎成績に影響した。献腎移植、生体腎移植で違いはなく、これまでと同様に約2/3が慢性拒絶反応が移植腎機能喪失原因であった。2番目の原因はこれまで急性拒絶反応であったが、感染症が急性拒絶反応よりもおおくなった。生存率は献腎移植症例で1年95.0%、3年91.8%、5年89.5%、10年82.9%、血液型適合生体腎移植症例では1年98.5%、3年97.1%、5年95.7%、10年91.8%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植442例中126例(28.5%)、生体腎移植1,616例中157例(9.7%)見られ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。1998年以降年ごとの死因の推移から、感染症による死亡が徐々に増加している。さらに悪性腫瘍も増えてきている。(著者抄録)
  • 長期尿管ステント留置により生じた右外腸骨動脈尿管瘻の1例, 橋本 士, 豊田 信吾, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 60, 9, 461, 461,   2014年09月
  • 抗コリン剤が過活動膀胱患者の自律神経機能に与える影響についての検討 "きりつ名人"を使用しての検討, 清水 信貴, 杉本 公一, 西本 光寿, 植村 天受, 鳥本 一匡, 平山 暁秀, 日本排尿機能学会誌, 25, 1, 191, 191,   2014年09月
  • 腎移植レシピエントの服薬アドヒアランスに対する検討, 林 泰司, 松村 直紀, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 能勢 和宏, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 植村 天受, 豊田 幸子, 黒井 扶美恵, 月岡 康行, 日本移植学会総会プログラム抄録集, 50回, 435, 435,   2014年08月
  • TKI Failureとなった高齢者mRCCに対するエベロリムスの治療効果, 稲元 輝生, 東 治人, 野々村 祝夫, 仲谷 達也, 野沢 昌弘, 松田 公志, 植田 健, 木下 秀文, 西村 和郎, 金山 博臣, 三木 恒治, 冨田 善彦, 辻畑 正雄, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 60, 7, 337, 337,   2014年07月
  • α1遮断薬投与中の30g未満の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド追加投与の検討, 橋本 士, 清水 信貴, 南 高文, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 杉本 公一, 能勢 和宏, 西岡 伯, 田原 秀男, 畑中 祐二, 今西 正昭, 江左 篤宣, 泌尿器科紀要, 60, 7, 338, 338,   2014年07月
  • 当科におけるフルニエ壊疽症例の検討, 豊田 信吾, 山本 豊, 橋本 士, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 60, 7, 342, 342,   2014年07月
  • 生体腎移植後、エンドトキシンショックに対し吸着療法にて救命しえた1例, 齋藤 允孝, 林 泰司, 石井 徳味, 植村 天受, 中野 健一, 藤堂 敦, 中野 美和, 竹田 圭, 西村 昌美, 泌尿器科紀要, 60, 7, 342, 342,   2014年07月
  • 精巣原発悪性リンパ腫の8例, 松村 直紀, 杉本 公一, 能勢 和宏, 西岡 伯, 清水 信貴, 南 高文, 山本 豊, 林 泰司, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 60, 7, 346, 346,   2014年07月
  • 出産を契機に診断され、包括的がん医療モデルに則って加療した転移性腎細胞癌の1例, 上島 成也, 吉川 元清, 宮崎 隆夫, 国方 聖司, 植村 天受, 吉岡 伸浩, 泌尿器科紀要, 60, 7, 358, 358,   2014年07月
  • 前立腺癌小線源療法施行患者におけるタダラフィルの性機能、排尿機能および健康関連QOLに及ぼす影響の検討, 永井 康晴, 清水 信貴, 南 高文, 豊田 信吾, 橋本 士, 西野 安紀, 斎藤 允孝, 林 泰司, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本性機能学会雑誌, 29, 1, 43, 43,   2014年06月
  • 泌尿器がんに対する集学的治療Up to Date 転移性・進行性腎癌に対する集学的治療, 吉村 一宏, 南 高文, 山本 豊, 清水 信貴, 斎藤 允孝, 野沢 昌弘, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 49, 3, 774, 774,   2014年06月
  • 化学療法抵抗性膀胱がんに対するがんワクチン療法の第II相無作為比較試験, 野口 正典, 松本 和将, 植村 天受, 新井 学, 江藤 正俊, 内藤 誠二, 大山 力, 那須 保友, 田中 正利, 伊東 恭悟, 日本癌治療学会誌, 49, 3, 1243, 1243,   2014年06月
  • 日本人の去勢抵抗性前立腺癌患者におけるカバジタキセルの第I相臨床試験(TED11576), 小坂 威雄, 向井 博文, 高橋 俊二, 植村 天受, 上村 博司, 西山 博之, 鈴木 和浩, 筧 善行, 沖原 宏治, 並木 俊一, 小川 修, 加藤 真史, 大野 桂司, 中井 康友, 日本癌治療学会誌, 49, 3, 1434, 1434,   2014年06月
  • 骨転移前立腺癌患者の予後に及ぼす骨代謝マーカーの影響, 野澤 昌弘, 原 勲, 長尾 一公, 西岡 伯, 小村 隆洋, 江左 篤宣, 今西 正昭, 上門 康成, 小川 隆敏, 梶川 博司, 上島 成也, 松山 豪泰, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 49, 3, 1829, 1829,   2014年06月
  • スニチニブの4投2休レジメン(Traditional Schedule)とAlternative Scheduleへのスケジュール変更による有効性の検討, 大関 孝之, 滑川 剛史, 佐藤 陽介, 高木 公暁, 小林 将行, 小丸 淳, 深沢 賢, 植村 天受, 二瓶 直樹, 市川 智彦, 植田 健, 泌尿器外科, 27, 臨増, 742, 742,   2014年05月
  • 生体腎移植後エンドトキシンショックに対し吸着療法にて救命しえた1例, 齋藤 允孝, 森 康範, 安田 宗生, 中野 健一, 藤堂 敦, 中野 美和, 竹田 圭, 西村 昌美, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 石井 徳味, 西岡 伯, 植村 天受, 秋山 隆弘, 今日の移植, 27, 3, 229, 230,   2014年05月
  • 泌尿器癌に対するペプチドワクチン療法, 植村 天受, Urology Today, 21, 2, 114, 115,   2014年05月
  • 下大静脈腫瘍塞栓が認められた後腹膜原発Extraskeletal Ewing's sarcomaの1例, 豊田 信吾, 橋本 士, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 南 高文, 山本 豊, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 中居 卓也, 北山 仁士, 泌尿器科紀要, 60, 5, 255, 255,   2014年05月
  • 精巣原発悪性リンパ腫の4例, 松村 直紀, 杉本 公一, 能勢 和宏, 西岡 伯, 清水 信貴, 南 高文, 山本 豊, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 60, 5, 257, 257,   2014年05月
  • 腎移植患者に対するアジルサルタン短期投与の降圧効果ならびに移植腎保護効果の検討, 石井 徳味, 齋藤 允孝, 林 泰司, 吉村 一宏, 植村 天受, 今西 正昭, 米田 雅美, 日本透析医学会雑誌, 47, Suppl.1, 650, 650,   2014年05月
  • 腹腔鏡下に摘出したGanglioneuromaの1例, 菊池 尭, 西本 光寿, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 60, 4, 198, 198,   2014年04月
  • 泌尿器がんに対する免疫治療の現況と展望 腎癌に対するワクチン療法, 吉村 一宏, 南 高文, 野沢 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 268, 268,   2014年04月
  • 泌尿器癌の骨転移 定量的評価の意義 骨代謝マーカーによる骨転移の評価, 野沢 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 273, 273,   2014年04月
  • 進行性腎細胞癌の薬物療法 最適なSequential therapyを考える Sequential therapyにおける薬剤切り替えのタイミング, 野沢 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 297, 297,   2014年04月
  • 分子標的薬の時代におけるpresurgical therapy 腎癌に対する分子標的薬を用いたPresurgical therapy, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 334, 334,   2014年04月
  • 去勢抵抗性前立腺がんの治療戦略2014 去勢抵抗性前立腺がんにおける免疫療法の役割, 南 高文, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 344, 344,   2014年04月
  • TKI抵抗性高齢進行性腎癌に対するエベロリムスの有効性と安全性, 稲元 輝生, 東 治人, 野々村 祝夫, 仲谷 達也, 松田 公志, 野澤 昌弘, 植田 健, 木下 秀文, 西村 和郎, 金山 博臣, 三木 恒治, 富田 善彦, 吉岡 俊昭, 辻畑 正雄, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 426, 426,   2014年04月
  • 化学療法施行前去勢抵抗性前立腺癌に対するペプチドワクチン・デキサメサゾン併用療法第2相前向き無作為化臨床研究, 吉村 一宏, 植村 天受, 木村 高弘, 南 高文, 野沢 昌弘, 藤元 博行, 頴川 晋, 山田 亮, 伊藤 恭悟, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 449, 449,   2014年04月
  • 多施設前向き研究によるT1b腎癌の術後再発に関する検討, 立神 勝則, 島居 徹, 竹澤 豊, 杉山 貴之, 篠原 信雄, 藤本 清秀, 野村 昌史, 坂野 滋, 江原 伸, 浅野 友彦, 角野 佳史, 三宅 秀明, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 486, 486,   2014年04月
  • 日本人の去勢抵抗性前立腺癌患者に対するカバジタキセルの忍容性、安全性および有効性(国内第1相臨床試験), 上村 博司, 向井 博文, 高橋 俊二, 植村 天受, 小坂 威雄, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 501, 501,   2014年04月
  • アビラテロン酢酸エステル(AA)の第II相試験 化学療法未治療の転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)患者に対する有効性と安全性, 植村 天受, 松原 伸晃, 佐藤 威文, 時田 大輔, 赤座 英之, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 502, 502,   2014年04月
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスモデルにおけるMEK阻害剤の抗腫瘍効果の検討, 山本 豊, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 清水 信貴, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和弘, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 514, 514,   2014年04月
  • サイトカイン治療抵抗性腎細胞癌患者に対するaxitinibの国内第2相試験 生存調査を含む有効性及び安全性の最終解析結果, 小原 航, 植村 天受, 冨田 善彦, 藤元 博行, 金山 博臣, 篠原 信雄, 中澤 速和, 藤岡 知昭, 藤井 陽介, 大園 誠一郎, 内藤 誠二, 赤座 英之, Axitinib国内第二相試験グループ, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 524, 524,   2014年04月
  • 前治療薬の違いによるアキシチニブの有害事象プロファイルの違い, 野沢 昌弘, 橋本 士, 豊田 信吾, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 524, 524,   2014年04月
  • 進行性腎癌に対するエベロリムスの治療成績と有害事象の検討, 大関 孝之, 滑川 剛史, 佐藤 陽介, 高木 公暁, 小林 将行, 小丸 淳, 深沢 賢, 植村 天受, 市川 智彦, 植田 健, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 527, 527,   2014年04月
  • 小径腎腫瘍における腫瘍増殖因子の検討, 杉本 公一, 前倉 俊治, 落合 健, 関口 由美子, 松村 直紀, 清水 信貴, 能勢 和宏, 西岡 伯, 江左 篤宣, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 541, 541,   2014年04月
  • 腎移植後BKウイルス感染症の検討, 林 泰司, 安田 宗生, 齋藤 允孝, 森 康範, 能勢 和宏, 今西 正昭, 石井 徳味, 西岡 伯, 植村 天受, 秋山 隆弘, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 556, 556,   2014年04月
  • 前立腺癌におけるSTAT3転写活性抑制効果の検討, 倉 由吏恵, デベラスコ・マルコ, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 566, 566,   2014年04月
  • 前立腺癌マウスモデルにおけるがん抑制遺伝子PTENおよびp53の相互作用の検討, 植村 天受, 倉 由吏恵, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 566, 566,   2014年04月
  • 前立腺癌におけるオートファジーの生物学的意義, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和弘, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 566, 566,   2014年04月
  • ハンドアシスト後腹膜鏡下ドナー腎採取術の検討, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 能勢 和宏, 西岡 伯, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 594, 594,   2014年04月
  • 前立腺癌小線源療法施行患者におけるタダラフィルの性機能、排尿機能および健康関連QOLに及ぼす影響の検討, 永井 康晴, 清水 信貴, 南 高文, 豊田 信吾, 橋本 士, 齋藤 允孝, 林 泰司, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 648, 648,   2014年04月
  • 前立腺癌におけるHOXA10の発現異常についての検討, 畑中 祐二, デベラスコ・マルコ, 山本 豊, 沖 貴士, 倉 由吏恵, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 662, 662,   2014年04月
  • 前立腺癌におけるLumicanの発現についての検討, 沖 貴士, デベラスコ・マルコ, 畑中 祐二, 倉 由吏恵, 山本 豊, 吉村 一宏, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉川 和弘, 西尾 和人, 江左 篤宣, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 666, 666,   2014年04月
  • 生体腎移植後、エンドトキシンショックに対し吸着療法にて救命し得た1例, 齋藤 允孝, 中野 健一, 藤堂 敦, 中野 美和, 竹田 圭, 西村 昌美, 林 泰司, 石井 徳味, 植村 天受, 大阪透析研究会会誌, 32, 1, 102, 102,   2014年03月
  • 「進行腎癌に対する治療戦略」分子標的薬によるプレサージカル療法の検討, 野澤昌弘, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 64th, 75,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502232128509698
  • カバジタキセルの使用経験, 野澤昌弘, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 64th, 103,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502287754205942
  • 近畿大学医学部附属病院における高齢者前立腺癌患者に対するbrachytherapyの検討, 南高文, 清水信貴, 野沢昌弘, 吉村一宏, 植村天受, 日本老年泌尿器科学会プログラム・抄録集, 27th, 150,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402239744585249
  • 献腎移植後27年目にMDSを発症しアザシチジンを使用した1例, 齋藤允孝, 橋本士, 豊田信吾, 清水信貴, 山本豊, 南高文, 林泰司, 辻秀憲, 野澤昌弘, 吉村一宏, 石井徳味, 植村天受, 森田泰慶, 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 47th, 161,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502218490978033
  • 腎癌に対する分子標的薬によるPresurgical療法の検討, 大関孝之, 明石泰典, 橋本士, 安富正悟, 齋藤允孝, 清水信貴, 山本豊, 南高文, 野澤昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 64th, 124,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502241609789332
  • 精巣腫瘍と精巣原発悪性リンパ腫の検討, 松村直紀, 杉本公一, 林泰司, 西岡伯, 清水信貴, 南高文, 山本豊, 野沢昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 64th, 152,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502249215955840
  • 転移性腎癌に対する新規分子標的薬パゾパニブの使用経験, 山本豊, 橋本士, 安富正悟, 大関孝之, 斎藤允孝, 清水信貴, 南高文, 野沢昌弘, 能勢和宏, 吉村一宏, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 64th, 116,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502262955594570
  • Round Table Discussion RCCのdurable CRを目指して : 分子標的薬長期奏効例に学ぶ, 冨田 善彦, 金山 博臣, 植村 天受, Year book of RCC, 11, 31,10,   2014年, http://id.ndl.go.jp/bib/026150788
  • 癌ワクチン療法 (What's New in RCC), 吉村 一宏, 植村 天受, Year book of RCC, 67, 75,   2014年, http://id.ndl.go.jp/bib/026150940
  • 【どうコントロールする? イラストと写真で理解 抗がん剤の副作用対策】脱毛、毛髪異常、爪障害, 永江 幸子, 植村 天受, 泌尿器ケア, 18, 11, 1148, 1152,   2013年11月
  • 卵巣上皮型精巣腫瘍の1例, 西本 光寿, 清水 信貴, 菊池 尭, 小林 泰之, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 59, 11, 753, 757,   2013年11月
    概要:61歳男性。9年ほど前から左無痛性陰嚢内容腫大を自覚していたが放置していた。今回、近医を受診し、精巣腫瘍の疑いで著者らの施設へ紹介となった。初診時、超音波では精巣血流に異常はみられなかったが、腹部骨盤CTでは精巣は均一な低信号を示し、転移はないものの陰嚢水腫または精巣腫瘍が疑われた。以後、確定診断目的で高位精巣摘除術を行ったところ、摘出標本の精巣割面は一部結節状の硬結があり、陰嚢水腫と思われる黄色透明の液体が内容物として認められ、病理組織所見から精巣腫瘍(tumor of ovarian epithelial type serous carcinoma of the testis)と診断された。術後は腫瘍マーカーの測定と画像評価にて厳重に経過観察となっていたが、3ヵ月目にCA125の上昇を認め、更にPET-CTで左鼠径部に集積を認めたため転移を否定できず、脊椎麻酔下に左鼠径部腫瘍摘出術+外腸骨と閉鎖リンパ節郭清術が施行された。その結果、摘出標本の表面は弾性硬、割面は黄色調で、病理組織所見および免疫染色ともに原発巣と同じserous adenocarcinomaであった。術後は化学療法としてpaclitaxelとcarboplatinのtriweekly療法を施行することで、術後4ヵ月目にはCA125は基準値内に低下した。目下、5コース終了で画像上、再発病変は認められていない。
  • 成人女性におけるα1遮断薬シロドシンの安全性に関する検討, 清水 信貴, 杉本 公一, 南 高文, 山本 豊, 林 泰司, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 新薬と臨牀, 62, 10, 1880, 1883,   2013年10月
    概要:下部尿路症状における排尿症状および排尿後症状には、尿道抵抗を低下させ、排尿効率を改善する交感神経α1受容体遮断薬が有効である。近年、α1受容体のサブタイプであるα1A受容体に選択的なシロドシンなどの薬剤が開発され、血圧に影響を与えることなく排尿症状を改善できる。一方、これらの薬剤は、前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬として男性のみの適応であり、女性の排尿障害に対する使用経験はない。今回、シロドシンの女性に対する安全性の検討を行い、特に問題となる重篤な副作用はなく、安全性に関しては特に性による差がないことが示唆された。(著者抄録)
  • MEA療法が奏功した難治性非セミノーマ精巣腫瘍の1例, 永井 康晴, 南 高文, 伊丹 祥隆, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 林 泰司, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 59, 10, 693, 697,   2013年10月
    概要:症例は25歳男性で、左陰嚢腫大で前医を受診し、左精巣腫瘍疑いで左高位精巣摘除術を受け、病理所見では絨毛癌、胎児性癌、成熟奇形腫、卵黄嚢腫瘍が認められた。また、CTで両側肺下葉に長径3cmの多発性腫瘍を認め、肺転移としてBEP療法を行うも多発転移巣は増大傾向となりセカンドライン化学療法目的に紹介受診した。腫瘍マーカーHCG、HCG-βの高値が認められた。CTで両側肺下葉に多発性腫瘤が認められた。VIP療法と高用量VIP療法で腫瘍マーカーは一旦正常化するも再上昇を認め、サードライン化学療法のイリノテカン+シスプラチン併用療法で腫瘍マーカーは低下せず、シスプラチン抵抗性と判断し、MEA療法(メトトレキセート+アクチノマイシン+エトポシドの3剤併用)を開始し、2コース終了時に腫瘍マーカーは陰性化したが、3コース終了時に肺転移巣は縮小傾向となるもSDであり、胸腔鏡下に左肺下葉部分切除術を行い、病理所見は壊死組織のみでCRと判断した。
  • TKI抵抗性高齢進行性腎癌におけるエベロリムスの安全性と有効性の検討, 稲元 輝生, 東 治人, 野々村 祝夫, 仲谷 達也, 松田 公志, 野澤 昌弘, 植田 健, 木下 秀文, 西村 和郎, 金山 博臣, 三木 恒治, 冨田 善彦, 植村 天受, 西日本泌尿器科, 75, 増刊, 116, 116,   2013年10月
  • 尿膜管癌の臨床的検討, 松村 直紀, 橋本 潔, 加藤 良成, 井口 正典, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 59, 9, 609, 609,   2013年09月
  • 近畿大学泌尿器科におけるゾレドロン酸使用の実際, 南 高文, 山本 豊, 野澤 昌弘, 菊池 尭, 西本 光寿, 小林 泰之, 清水 信貴, 林 泰司, 辻 秀憲, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 59, 9, 614, 614,   2013年09月
  • 腎被膜原発のSclerosing PEComaの1例, 小林 泰之, 菊池 尭, 西本 光寿, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 筑後 孝章, 泌尿器科紀要, 59, 9, 629, 629,   2013年09月
  • Ovarian epithelial type of the testis術後3年目で再発した1例, 西本 光寿, 山本 豊, 菊池 尭, 小林 泰之, 清水 信貴, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 59, 9, 635, 635,   2013年09月
  • 睡眠障害と夜間頻尿, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 24, 1, 138, 138,   2013年09月
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 花房 徹, 高原 史郎, 野々村 祝夫, 東 治人, 仲谷 達也, 山口 誓司, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 石井 徳味, 西岡 伯, 松田 公志, 阪口 勝彦, 客野 宮治, 熊田 憲彦, 長濱 寛二, 藤本 宜正, 大阪透析研究会会誌, 31, 2, 193, 204,   2013年09月
    概要:2012年12月31日の時点で、667人が献腎移植希望登録を済ませている。2012年の献腎移植症例数は12例であった。一方、生体腎移植は104例行われた。献腎移植における腎受者の年齢は40歳代が182例(41.4%)と最も多く、60歳以上の症例は10例(2.3%)しか行われていなかった。生体腎移植では30歳代が441例(29.0%)と最も多く、60〜69歳は109例(7.2%)行われ、さらに70歳以上も11例行われている。献腎移植症例の生着率は1年87.4%、3年77.6%、5年70.4%、10年55.2%、生体腎移植症例の生着率は1年95.4%、3年91.7%、5年86.3%、10年72.9%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢や献腎移植においてはHLAが移植腎成績に影響した。献腎移植、生体腎移植で違いはなく、これまでと同様に約2/3が慢性拒絶反応が移植腎機能喪失原因であった。2番目の原因はこれまで急性拒絶反応であったが、感染症が急性拒絶反応よりもおおくなった。生存率は献腎移植症例で1年94.9%、3年91.6%、5年89.3%、10年82.7%、生体腎移植症例では1年98.3%、3年96.9%、5年95.5%、10年91.5%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植440例中120例(27.9%)、生体腎移植1,519例中141例(9.3%)みられ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。1998年以降年ごとの死因の推移から、感染症による死亡が徐々に増加している。さらに悪性腫瘍も増えてきている。(著者抄録)
  • 腎癌薬物治療の最前線 腎癌薬物治療にて患者QOLも考えた最適なTKI、mTOR阻害剤の使用法と次世代腎癌治療への展望を考える 未治療転移性腎癌患者におけるaxitinib国際共同第2相試験 日本人サブグループ解析, 植田 健, 大家 基嗣, 植村 天受, 冨田 善彦, 篠原 信雄, 羽渕 友則, Chen Ying, Bair Angel H., Kim Sinil, 大園 誠一郎, 内藤 誠二, 赤座 英之, 日本癌治療学会誌, 48, 3, 712, 712,   2013年09月
  • 腎癌薬物治療の最前線 腎癌薬物治療にて患者QOLも考えた最適なTKI、mTOR阻害剤の使用法と次世代腎癌治療への展望を考える エベロリムスは高齢進行性腎癌に有効である, 稲元 輝生, 東 治人, 野々村 祝夫, 仲谷 達也, 松田 公志, 野澤 昌弘, 植田 健, 木下 秀文, 西村 和郎, 金山 博臣, 三木 恒治, 冨田 善彦, 吉岡 俊昭, 辻畑 正雄, 植村 天受, Osaka Urologic Oncology Group(OUOG), 日本癌治療学会誌, 48, 3, 714, 714,   2013年09月
  • 前立腺がん治療の最前線 前立腺癌に対するワクチン療法, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 48, 3, 729, 729,   2013年09月
  • 進行性腎細胞癌に対するmTOR阻害薬(エベロリムス、テムシロリムス)の有害事象の比較, 野沢 昌弘, 玉田 聡, 本郷 文弥, 穴井 智, 藤本 清秀, 三木 恒治, 仲谷 達也, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 48, 3, 1066, 1066,   2013年09月
  • 転移性腎細胞癌患者におけるaxitinib長期投与の有効性及び安全性の検討, 古瀬 洋, 植村 天受, 藤元 博行, 宮崎 淳, 中澤 速和, 中村 晃和, 立神 勝則, 亀井 陽一, 藤井 陽介, 福山 朋房, 執印 太郎, 金山 博臣, 大園 誠一郎, 日本癌治療学会誌, 48, 3, 1070, 1070,   2013年09月
  • 生体腎移植におけるエベロリムスとミゾリビンを用いた新規免疫抑制法の安全性と有効性に関する検討, 林 泰司, 安田 宗生, 齋藤 允孝, 森 康範, 能勢 和宏, 西岡 伯, 石井 徳味, 植村 天受, 移植, 48, 総会臨時, 429, 429,   2013年08月
  • 高齢者の夜間頻尿発症メカニズムとラメルテオンの可能性, 清水 信貴, 植村 天受, 日本臨床, 71, 6, 1116, 1120,   2013年06月
  • α1遮断薬投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド追加投与の効果 抗加齢QOL共通問診票を用いた検討, 清水 信貴, 辻 秀憲, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 杉本 公一, 田原 秀男, 江左 篤宣, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 13回, 243, 243,   2013年06月
  • 小児期に膀胱拡大術などの尿路手術を施行した患者に対する生体腎移植, 安田 宗生, 沖 貴士, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 石井 徳味, 西岡 伯, 植村 天受, 秋山 隆弘, 原 靖, 今日の移植, 26, 3, 263, 266,   2013年05月
    概要:症例は31歳男性で、生体腎移植を希望し、膀胱造影で最大膀胱容量430mLで膀胱尿管逆流を認めず、膀胱鏡で膀胱頸部付近と三角部が残存、回腸との境界ラインは同定でき、膀胱尿管吻合は右側に吻合された。総阻血時間73分、ドナー腎は右腸骨窩に移植した。腎動脈は右外腸骨動脈に端側吻合し、腎静脈は右外腸骨静脈に端側吻合した。尿管皮膚瘻術後で、創部を避けレチウス腔に入ることが困難であった。膀胱右側は内骨盤筋膜まで剥離できたが前壁は剥離不可能でスペースは僅か、その部位にLich-Gregoir法で膀胱尿管吻合を行った。生体腎移植し、シクロスポリン血中濃度は術後、比較的安定した。移植腎機能は直後、初尿を認め、尿量を確保したが術後5日目、腎機能が悪化、血清クレアチニン(S-Cr)は4.3mg/dLと上昇し、移植腎生検を行った。間質の浮腫、尿細管拡張、デブリスを認め、急性尿細管壊死と診断した。限外濾過、血液透析し術後8日目、移植腎機能は改善しS-Crは1.6〜2.0mg/dLと推移した。術後8日目、下肢に突然腫脹を認め下肢エコー、造影CTで血栓を認めず、移植腎部分灌流障害、移植腎周囲の体液貯留が外腸骨静脈を圧迫する所見であった。浮腫は改善傾向だがD-ダイマー高値でヘパリン12000単位を開始しワルファリンに移行し退院時、4mgでコントロールしている。
  • 精嚢腺癌と鑑別を要した前立腺癌精嚢浸潤の1例, 伊丹 祥隆, 永井 康晴, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 59, 5, 322, 323,   2013年05月
  • 下大静脈合併切除を行った後腹膜平滑筋肉腫の1例, 菊池 尭, 永井 康晴, 西本 光寿, 伊丹 祥隆, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 59, 5, 326, 327,   2013年05月
  • 食道癌を原発巣とする転移性陰茎腫瘍の1例, 小林 泰之, 野澤 昌弘, 菊池 尭, 西本 光寿, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 59, 5, 315, 318,   2013年05月
    概要:61歳男性。胸部下部食道癌(cT3N1M0)と診断され、化学療法施行前に食道亜全摘+開腹胃管胸骨後再建+3領域郭清が施行された。今回、胸腹部CTにて脾臓と腹部リンパ節転移を疑われ、PET-CTにて腹部リンパ節・脾臓以外に陰茎に最も強い集積を指摘されたため精査目的で紹介受診となった。患者は同時期より陰茎および亀頭に硬結を自覚していたが、所見では亀頭右側内部に直径5mmの硬結および陰茎左側皮下から左恥骨・左坐骨にかけて7×2cm大の不動性硬結が触知され、それぞれ軽度の圧痛が認められた。MRIでは腫瘤は会陰部から尿道左側にかけての陰茎海綿体にT1・T2強調像で軽度の高信号、拡散強調像で高信号を呈していたが、鼠径部と骨盤内に有意なリンパ節腫大は認められなかった。以後、直視下に亀頭と陰茎海綿体の生検を行なったところ、本症例は食道癌の陰茎海綿体ならびに陰茎亀頭部への転移と診断された。尚、外科にて化学療法が施行されたが増悪し、2ヵ月後の頭部MRIで転移性脳腫瘍と診断、緩和療法が継続されたが2ヵ月後に患者は死亡となった。
  • 腹膜透析中に左腰背部痛を契機として診断された左腎癌の一例, 中野 志仁, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 小林 泰之, 石井 徳味, 植村 天受, 日本透析医学会雑誌, 46, Suppl.1, 947, 947,   2013年05月
  • 維持透析患者に対するカルニチン製剤補充療法の検討, 米田 雅美, 原 弘道, 早川 敬, 嶋津 秀紀, 今西 正昭, 畑中 祐二, 安田 宗生, 佐藤 弘章, 石井 徳味, 谷山 佳弘, 植村 天受, 有馬 秀二, 日本透析医学会雑誌, 46, Suppl.1, 1015, 1015,   2013年05月
  • 前立腺癌小線源療法施行患者におけるタダラフィルの性機能、排尿機能および健康関連QOLに及ぼす影響の検討 中間報告, 永井 康晴, 南 高文, 菊池 尭, 西本 光寿, 小林 泰之, 清水 信貴, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本生殖医学会雑誌, 58, 1-2, 72, 73,   2013年04月
  • 前立腺肥大症患者の夜間頻尿に対するラメルテオン追加投与の有用性, 梅川 徹, 曽我 浩之, 吉岡 一実, 本田 盛久, 本田 学, 神原 紀子, 清水 信貴, 植村 天受, Progress in Medicine, 33, 3, 501, 506,   2013年03月
    概要:前立腺肥大症患者の夜間頻尿に対するラメルテオン追加投与の有用性について検討した。IPSS合計スコアは試験開始前の16.9から12.0へ改善した。QOLスコアは、試験開始前後で4.2から3.1へ有意に改善した。PSQIも、試験開始後8.2から5.9へ有意に改善した。PSQIの項目のうち、入眠時間以外の睡眠の質、睡眠時間、睡眠効率、睡眠困難、途中覚醒困難の5項目が優位に改善した。排尿日誌を治療前後で回収できたのは20例中16例で、9例に夜間多尿を認めた。排尿日誌による夜間排尿回数は、ラメルテオン投与前の3.5回から投与後の2.8回へ有意に低下し、これに伴い夜間膀胱容量も、147mLより193mLへ有意に増加した。試験期間中にふらつきや転倒などの副作用に関する訴えは全くなかった。ラメルテオンの追加投与でも全く無効であったのは4例で、フルニトラゼパムの投与を行った。
  • 新しい治療戦略シリーズ 去勢抵抗性前立腺癌 化学療法薬・分子標的薬, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 104, 104,   2013年03月
  • 新しい治療戦略シリーズ 転移を有する腎癌 2次治療以後の適切な治療は?, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 126, 126,   2013年03月
  • 前立腺特異的PTENノックアウト前立腺癌マウスを用いた抗腫瘍メカニズムの検討, 山本 豊, デベラスコ・マルコ, 小林 泰之, 清水 信貴, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 221, 221,   2013年03月
  • 進行性腎癌に対するテムシロリムスの治療成績と有害事象の検討, 齋藤 允孝, 滑川 剛史, 李 芳菁, 宮坂 杏子, 今村 有佑, 小林 将行, 小丸 淳, 深沢 賢, 植村 天受, 市川 智彦, 植田 健, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 239, 239,   2013年03月
  • 生体腎移植における新規5剤免疫抑制療法の安全性と有効性に関する検討, 林 泰司, 安田 宗生, 齋藤 允孝, 森 康範, 能勢 和宏, 今西 正昭, 西岡 伯, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 242, 242,   2013年03月
  • 小径腎腫瘍に対する待機手術療法VS即時手術療法の治療成績, 杉本 公一, 永井 康晴, 安富 正悟, 安田 宗生, 大関 孝之, 清水 信貴, 能勢 和宏, 田原 秀男, 今西 正昭, 西岡 伯, 江左 篤宣, 梶川 博司, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 259, 259,   2013年03月
  • Mineralocorticoid receptor blocker及びSrc inhibitorの腎尿細管上皮細胞でのNADPH oxidase活性とsuperoxide産生、Rac1発現への影響, 辻 秀憲, 吉村 一宏, 梅川 徹, 植村 天受, ワン・ウェイ, スニル・ジョシ, ペック・アモン, カーン・サイード, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 271, 271,   2013年03月
  • 過活動膀胱患者における自律神経機能の検討, 清水 信貴, 菊池 尭, 西本 光寿, 小林 泰之, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 梅川 徹, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 344, 344,   2013年03月
  • 近畿大学泌尿器科におけるBrachytherapyの検討, 南 高文, 菊池 尭, 西本 光寿, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 350, 350,   2013年03月
  • ラット腎阻血再灌流障害モデルにおけるpioglitazone投与の腎保護効果についての検討, 森 康範, マルコ・アントニオ・デ・ベラスコ, 安田 宗生, 齋藤 允孝, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 石井 徳味, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 371, 371,   2013年03月
  • 多発性尿路奇形に対して回腸利用膀胱拡大術後、生体腎移植術を施行した2例, 安田 宗生, 斉藤 充孝, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 石井 徳味, 西岡 伯, 植村 天受, 秋山 隆弘, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 374, 374,   2013年03月
  • mTOR阻害薬テムシロリムスとエベロリムスの有害事象プロファイルの相違, 野澤 昌弘, 菊池 尭, 西本 光寿, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 382, 382,   2013年03月
  • 前立腺癌のバイオマーカーを発見するためのマウスモデルの作製, 畑中 祐二, デベラスコ・マルコ, 清水 信貴, 山本 豊, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 410, 410,   2013年03月
  • PCA3を用いた前立腺生検対象患者の選別, 落合 厚, 沖原 宏治, 鴨井 和実, 及川 剛宏, 島居 徹, 村山 慎一郎, 冨田 京一, 梅川 徹, 植村 天受, 三木 恒治, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 410, 410,   2013年03月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法の検討, 小林 泰之, 菊池 尭, 西本 光寿, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 449, 449,   2013年03月
  • 泌尿器科領域からみた医療的ケア 介助導尿を必要とする3事例からの考察, 松田 久雄, 植村 天受, 大阪医学, 44, 1, 31, 37,   2013年03月
    概要:事例1:83歳男性。気管支肺炎で入院後、排尿困難でカテーテルが留置されたが、不穏症状が出現し、1日4〜5回の看護師による介助導尿で不穏症状は消失して退院したが、再度尿閉をきたし腎盂腎炎で再入院した。自宅では朝と眠前のみの介助導尿で、日中は溢流性に放尿していた。専業主婦の看護師が介助導尿を引き受けてくれるようになった。事例2:21歳男性。交通事故による外傷性頸髄損傷から排尿困難となり介助導尿を要し、退院後に介護老人福祉施設に入所となり、介助導尿は泌尿器科医の許可が条件と言われ、泌尿器科で介助導尿の続行が必要と施設医師に説明し、日中は母親が、夜間は施設の看護師が導尿することとなった。事例3:生下時より仙骨欠損による排尿障害で2時間おきに母親による介助導尿が行われていた。小学校入学後も継続したが、養護学級の教員が泌尿器科医・看護師による導尿手技の指導を受け、以後中学校卒業まで教員による導尿が行われた。
  • 高リスク前立腺癌症例に対する125Iシード線源治療, 横川 正樹, 中松 清志, 西川 龍之, 田村 昌也, 植村 天受, 南 高文, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 72回, S397, S397,   2013年02月
  • 当科におけるフルニエ壊疽症例の検討, 豊田信吾, 山本豊, 橋本士, 齋藤允孝, 清水信貴, 南高文, 林泰司, 辻秀憲, 野沢昌弘, 吉村一宏, 石井徳味, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 63rd, 149,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302219177294108
  • 精巣原発悪性リンパ腫の8例, 松村直紀, 杉本公一, 能勢和宏, 西岡伯, 清水信貴, 南高文, 山本豊, 林泰司, 辻秀憲, 野沢昌弘, 吉村一宏, 石井徳味, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 63rd, 164,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302257863345745
  • α1遮断薬投与中の30g未満の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド追加投与の検討, 橋本士, 清水信貴, 南高文, 辻秀憲, 野沢昌弘, 吉村一宏, 植村天受, 杉本公一, 能勢和宏, 西岡伯, 田原秀男, 畑中祐二, 今西正昭, 江左篤宣, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 63rd, 141,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302297510286372
  • TKI Failureとなった高齢者mRCCに対するエベロリムスの治療効果, 稲元輝生, 東治人, 野々村祝夫, 仲谷達也, 松田公志, 野沢昌弘, 植田健, 木下秀文, 西村和郎, 金山博臣, 三木恒治, 冨田善彦, 辻畑正雄, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 63rd, 138,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302202242511553
  • エベロリムスは高齢進行性腎癌に有効である, 稲元輝生, 東治人, 野々村祝夫, 仲谷達也, 松田公志, 野澤昌弘, 植田健, 木下秀文, 西村和郎, 金山博臣, 三木恒治, 冨田善彦, 吉岡俊昭, 辻畑正雄, 植村天受, 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM), 51st, ROMBUNNO.OS10-3,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302249081566510
  • MEA療法が有効であった、難治性非セミノーマ精巣腫瘍の1例, 永井 康晴, 伊丹 祥隆, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 59, 1, 72, 72,   2013年01月
  • Round Table Discussion 有転移症例の集学的治療, 冨田 善彦, 金山 博臣, 植村 天受, Year book of RCC, 10, 41,   2013年, http://id.ndl.go.jp/bib/025116383
  • 当院での前立腺癌骨転移症例に対するストロンチウム-89(Sr-89)治療の臨床評価, 伊丹 祥隆, 清水 信貴, 林 泰司, 永井 康晴, 小林 泰之, 山本 豊, 南 高文, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 米矢 吉宏, 細野 眞, 沖 貴士, 吉岡 伸浩, 泌尿器外科, 25, 11, 2151, 2156,   2012年11月
    概要:近畿大学附属病院における前立腺癌骨転移症例に対するSr-89治療の有効性と安全性について検討した。2008年1月から2011年10月までにSr-89を投与した患者は16例であり、評価可能な12例を対象とした。有効例は7例(58.3%)、不変例は4例(33.3%)、悪化例は1例(8.3%)であった。副作用として、Grade2の白血球減少が1例、ヘモグロビン減少が6例、血小板減少が2例認めたが、Grade3以上は認めなかった。有効例ではALP高値例が多く、Sr-89投与後に低下する傾向にあり、不変例・無効例のPSA値はSr-89投与後上昇する傾向にあった。(著者抄録)
  • ACTH非依存性大結節性副腎皮質過形成(AIMAH)に腹腔鏡下両側副腎摘出術を施行した1例, 沖 貴士, 杉本 公一, 能勢 和宏, 西岡 伯, 安田 宗生, 田中 陽一, 大野 恭裕, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器外科, 25, 11, 2221, 2224,   2012年11月
    概要:症例は55歳男性で、高血圧、糖尿病の他にクッシング症候群に特徴的な所見を有していた。CT、MRIにて著明な両側副腎腫大を示し、ホルモン検査にてもクッシング症候群を示す所見であったため、AIMAHと診断し、腹腔鏡下両側副腎摘出術を施行した。AIMAHの治療方法は両側副腎摘出術が基本であるが、著明な両側副腎腫大のため、手術の長時間化が予想される。このことによる患者負担を減らすための手術方法の考案と標準化が必要である。(著者抄録)
  • 分子標的薬治療の副作用対策 腎癌分子標的治療の副作用対策 新規薬剤の有害事象プロファイル, 野澤 昌弘, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 58, 11, 655, 657,   2012年11月
  • 不完全型房室中隔欠損を伴った腎盂尿管移行部狭窄症の1例, 三宅 俊治, 岡田 満, 篠原 徹, 竹村 司, 林 泰司, 植村 天受, 日本小児腎臓病学会雑誌, 25, 2, 199, 199,   2012年11月
  • STAT3遺伝子の一塩基多型は転移性腎癌に対するIFN-α療法の全生存率と相関する, 江藤 正俊, 神波 大己, 三宅 秀明, 藤澤 正人, 釜井 隆男, 植村 天受, 塚本 泰司, 東 治人, 松原 昭郎, 中村 剛, 小川 修, 内藤 誠二, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 1049, 1049,   2012年10月
  • 去勢抵抗性再燃前立腺癌に対するペプチドワクチン療法 第2相前向きランダム化試験, 植村 天受, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 木村 高弘, 頴川 晋, 中川 徹, 藤元 博行, 山田 亮, 伊東 恭悟, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 1061, 1061,   2012年10月
  • エベロリムス投与における口内炎予防対策の検討, 永江 幸子, 西垣 こずえ, 持田 有香, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 林 泰司, 南 高文, 山本 豊, 清水 信貴, 石井 徳味, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 1831, 1831,   2012年10月
  • 近畿大学泌尿器科におけるゾレドロン酸使用の実際, 南 高文, 山本 豊, 野澤 昌弘, 菊池 尭, 西本 光寿, 小林 泰之, 清水 信貴, 林 泰司, 辻 秀憲, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 1935, 1935,   2012年10月
  • 腎癌に対するmTOR阻害薬エベロリムスとテムシロリムスの有害事象プロファイルの相違, 野澤 昌弘, 菊池 尭, 西本 光寿, 山本 豊, 南 高文, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 2549, 2549,   2012年10月
  • 小径腎腫瘍に対する待機手術療法の治療成績, 杉本 公一, 沖 貴士, 能勢 和宏, 西岡 伯, 安富 正悟, 大関 孝之, 江左 篤宣, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 2553, 2553,   2012年10月
  • 臨床研究におけるモニタリング体制構築への試み クラウドシステム・デヂエと特殊暗号化システムFinalCodeの応用, 野村 守弘, 喜来 美妃, 讃岐 寛徳, 秦 勝, 光山 慶, 桑野 耕造, 山添 譲, 植村 天受, 臨床薬理, 43, Suppl., S340, S340,   2012年10月
  • 後腹膜鏡下ハンドアシストドナー腎採取術の検討, 林 泰司, 沖 貴士, 杉本 公一, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 移植, 47, 総会臨時, 317, 317,   2012年09月
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 花房 徹, 高原 史郎, 野々村 祝夫, 勝岡 洋治, 東 治人, 仲谷 達也, 山口 誓司, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 石井 徳味, 西岡 伯, 松田 公志, 阪口 勝彦, 客野 宮治, 原 恒男, 熊田 憲彦, 長濱 寛二, 藤本 宜正, 大阪透析研究会会誌, 30, 2, 181, 192,   2012年09月
    概要:2011年12月31日の時点で、657人が献腎移植希望登録を済ませている。2010年の献腎移植症例数は9例であった。一方、生体腎移植は113例行われた。献腎移植における腎受者の年齢は40歳代が178例(40.8%)と最も多く、60歳以上の症例は7例(1.6%)しか行われていなかった。生体腎移植では30歳代が417例(29.5%)と最も多く、60〜69歳は94例(6.6%)行われ、さらに70歳以上も9例行われている。献腎移植症例の生着率は1年87.6%、3年80.0%、5年70.6%、10年55.2%、生体腎移植症例の生着率は1年95.3%、3年91.8%、5年86.7%、10年73.5%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢や献腎移植においてはHLAが移植腎成績に影響した。移植腎機能喪失原因は献腎移植、生体腎移植で違いはなく、約63%は慢性拒絶反応であり、約6〜7%が急性拒絶反応であった。非免疫学的原因による喪失は献腎移植の方が多かった。生存率は献腎移植症例で1年95.2%、3年92.2%、5年89.8%、10年83.1%、生体腎移植症例では1年98.4%、3年97.0%、5年95.6%、10年91.7%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植429例中109例(25.4%)、ABO不適合を除く生体腎移植1,194例中120例(10.1%)みられ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。2001年以降は心疾患が第1位であったが、2006年からは再び感染症が1位になっている。悪性腫瘍による死亡も増えてきた。(著者抄録)
  • コロボーマ症候群に対しABO不適合生体腎移植を行った1例, 小林 泰之, 永井 康晴, 伊丹 祥隆, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 58, 9, 527, 527,   2012年09月
  • ACTH非依存性大結節性副腎皮質過形成(AIMAH)に腹腔鏡下両側副腎摘出術を施行した1例, 沖 貴士, 杉本 公一, 能勢 和宏, 西岡 伯, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 58, 9, 528, 528,   2012年09月
  • 乳房外Pagetの1例, 永井 康晴, 伊丹 祥隆, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 58, 9, 529, 530,   2012年09月
  • CA19-9高値を示した原発性腎盂腺癌の1例, 伊丹 祥隆, 清水 信貴, 林 泰司, 永井 康晴, 小林 泰之, 山本 豊, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 58, 9, 531, 531,   2012年09月
  • 過活動膀胱患者における"きりつ名人"を用いた自律神経機能の検討, 清水 信貴, 吉村 一宏, 植村 天受, 杉本 公一, 西岡 伯, 日本排尿機能学会誌, 23, 1, 89, 89,   2012年08月
  • イミダフェナシンは高血圧の有無にかかわらずOABを伴う前立腺肥大症患者の夜間頻尿を改善する Good Night Study層別解析, 大口 尚基, 辻村 晃, 秋野 裕信, 北川 育秀, 瀬川 直樹, 玉田 聡, 辻 秀憲, 中川 雅之, 渡部 明彦, 浦島 充佳, 東 治人, 植村 天受, 奥山 明彦, 勝岡 洋治, 布施 秀樹, 松田 公志, 野々村 祝夫, 仲谷 達也, 並木 幹夫, 横山 修, 大阪・北陸male LUTS研究会, 日本排尿機能学会誌, 23, 1, 104, 104,   2012年08月
  • 過活動膀胱患者に対するミラベグロンの早期治療効果の検討, 杉本 公一, 清水 信貴, 沖 貴士, 能勢 和宏, 西岡 伯, 山本 豊, 林 泰司, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 朴 英哲, 日本排尿機能学会誌, 23, 1, 259, 259,   2012年08月
  • 【腎癌診療をめぐる最近の話題】分子標的薬時代における免疫療法・ワクチン療法, 植村 天受, Pharma Medica, 30, 8, 53, 56,   2012年08月
  • 本邦におけるmTOR阻害剤エベロリムス使用腎癌患者に関する後方観察研究(第3報), 木下 秀文, 植村 天受, 野々村 祝夫, 西村 和郎, 本郷 文弥, 東 治人, 三宅 秀明, 吉岡 俊昭, 原 勲, 松田 公志, 植田 健, 高橋 正幸, 丹司 望, 泌尿器科紀要, 58, 7, 369, 369,   2012年07月
  • 当院における急性陰嚢症の経験, 永井 康晴, 伊丹 祥隆, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 58, 7, 374, 374,   2012年07月
  • 当院での前立腺癌骨転移症例に対するストロンチウム-89(Sr-89)治療の臨床評価, 伊丹 祥隆, 清水 信貴, 林 泰司, 永井 康晴, 小林 泰之, 山本 豊, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 沖 貴士, 吉岡 伸浩, 泌尿器科紀要, 58, 7, 377, 377,   2012年07月
  • 医療的ケアの観点から見た介助導尿, 松田 久雄, 渥美 公秀, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 58, 7, 383, 383,   2012年07月
  • 精嚢腺癌と鑑別を要した嚢胞形成を伴うPSA低値前立腺癌の1例, 伊丹 祥隆, 永井 康晴, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 58, 7, 349, 353,   2012年07月
    概要:70歳男性。肉眼的血尿を認め近医を受診、CTおよび膀胱鏡では異常はなかったものの、尿細胞診はclass IIIで、1ヵ月後には血精液症も出現した。更に3ヵ月後にはCTとMRIで右精嚢に3.6×3.0cm大の嚢胞性病変が確認され、翌月、精査加療目的で著者らの施設へ紹介となった。所見では直腸診で右葉に超胡桃大の表面が平滑な、弾性軟の腫瘤が触知された。腫瘍マーカーはいずれも正常範囲で、尿沈渣は赤血球30〜49/HPFであったが、MRIでは前立腺右葉背側に長径4cm大の前立腺、直腸に接するT1・T2強調像で低信号を示す嚢胞性腫瘍が認められ、右精嚢の出血性嚢胞が疑われた。そこで、TRUSガイド下経会陰式前立腺針生検および右精嚢嚢胞穿刺、右精嚢腫瘍針生検を行なったところ、前立腺から12ヶ所中1ヶ所、精嚢腫瘍4ヶ所中3ヶ所に腺癌が認められた。以後、画像上、右精嚢に限局した腫瘍であり、臨床的に原発性精嚢腺癌と診断され、順行性に前立腺精嚢摘出術が行われた。しかし術後の膀胱造影で吻合部6時方向から直腸にかけて造影剤の漏出がみられ、尿道直腸瘻と診断、そのため術後30日目にバルーン留置のまま退院となったが、術後1ヵ月半後には尿道直腸瘻はバルーン留置により瘻孔が徐々に縮小、直腸からの尿流出は減少している。
  • 腎移植後に発症した後腹膜神経鞘腫の1例, 安田 宗生, 沖 貴士, 杉本 公一, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 石井 徳味, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 植村 天受, 今日の移植, 25, 3, 256, 258,   2012年05月
    概要:54歳男。45歳時に右腋窩神経鞘腫、47歳時に右上腕・左前腕神経鞘腫と診断され、いずれも手術を施行されていた。49歳時に配偶者をドナーとする腎移植術を受け、術後は問題なく経過していた。今回、糖尿病の増悪を認めたため入院となり、その際のスクリーニング検査で腹部骨盤CTを施行したところ、左後腹膜に腫瘍を認めた。生検で神経鞘腫と診断し、腹腔鏡下腫瘍摘出術を施行した。摘出標本は55×43×35mm大で、免疫染色所見などから神経鞘腫と確定診断した。
  • 腎コロボーマ症候群に対し生体腎移植を施行した1例, 石井 徳味, 永井 康晴, 伊丹 祥隆, 小林 泰之, 林 泰司, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本透析医学会雑誌, 45, Suppl.1, 732, 732,   2012年05月
  • がん患者さんとともに がん治療後の患者さんを診るために 泌尿器がん治療後のフォローアップ 腎がんを中心に, 植村 天受, Astellas Square: 明日の医療を考える, 8, 2, 12, 13,   2012年04月
  • CA19-9高値を示した腺上皮への分化を伴う原発性腎盂尿路上皮癌の1例, 伊丹 祥隆, 清水 信貴, 林 泰司, 永井 康晴, 小林 泰之, 山本 豊, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 58, 4, 203, 207,   2012年04月
    概要:症例は63歳男性で、体重減少で近医にてCA19-9高値を認め、CTで右腎下極に腫瘤性病変を指摘され紹介受診した。CRP、LDHの軽度上昇、CA19-9の異常高値が認められた。造影CTで右腎下部に早期造影効果の弱い5×3cm大の腫瘍を認め、腎盂への進展が認められた。また、多発リンパ節転移を認めたが、膀胱鏡では腫瘍性病変は認めず、尿細胞診は陰性であった。画像上非典型的な腫瘍であり、右腎尿管全摘除術を行った。摘出標本は腎盂下極から腎実質にかけた4cm大の腫瘤であった。病理所見では、大小不同の濃染核を持つ円柱状の異型細胞が乳頭腺管状、癒合腺管を形成して密に増殖し、一部に低分化な尿路上皮様の配列が認められた。CK7、CK20染色で陽性を示し、腎盂癌が腎実質に浸潤したものと考えられた。CA19-9染色は陽性、CEA染色は陰性であった。病理診断は腺上皮への分化を伴う原発性腎盂尿路上皮癌であった。術後は多発リンパ節転移に化学療法を行うも、術後約1年半に永眠された。
  • 腎移植後妊娠・出産例の検討, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 原 靖, 石井 徳味, 西岡 伯, 植村 天受, 大阪透析研究会会誌, 30, 1, 82, 82,   2012年03月
  • 新規癌標的治療の開発 前立腺癌に対する新規標的治療薬, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 160, 160,   2012年03月
  • 当院における前立腺癌stageD2症例の治療成績, 伊丹 祥隆, 山本 豊, 永井 康晴, 小林 泰之, 清水 信貴, 南 高文, 林 泰司, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 276, 276,   2012年03月
  • 高脂肪摂取と前立腺癌の進展について マウス前立腺癌モデルを用いた検討, 辻 秀憲, 植村 天受, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 児玉 光正, 田中 基幹, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, De Velasco Marco, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 278, 278,   2012年03月
  • グレーゾーンPSA症例の初回生検時における尿中PCA3測定の有用性, 落合 厚, 沖原 宏治, 鴨井 和実, 島居 徹, 及川 剛宏, 赤座 英之, 冨田 京一, 村山 慎一郎, 梅川 徹, 植村 天受, 三木 恒治, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 281, 281,   2012年03月
  • 尿中PCA3測定の有用性に関する国内多施設共同研究, 冨田 京一, 村山 慎一郎, 落合 厚, 沖原 宏治, 鴨井 和実, 島居 徹, 及川 剛宏, 赤座 英之, 梅川 徹, 植村 天受, 三木 恒治, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 281, 281,   2012年03月
  • 近畿大学泌尿器科で施行したpre-emptive腎移植症例の検討, 安田 宗生, 沖 貴士, 伊丹 祥隆, 杉本 公一, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 石井 徳味, 西岡 伯, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 349, 349,   2012年03月
  • 日本人転移性腎癌患者におけるaxitinibの有効性・安全性の検討 axitinib国際共同第III相試験(AXIS TRIAL)サブグループ解析, 植村 天受, 植田 健, 冨田 善彦, 塚本 泰司, 金山 博臣, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 364, 364,   2012年03月
  • Ptenノックアウト前立腺癌モデルにおけるsorafenibの治療効果, 山本 豊, De Velasco Marco, 南 高文, 畑中 祐二, 小池 浩之, 田中 基幹, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 児玉 光正, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 372, 372,   2012年03月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するペプチドワクチン・デキサメタゾン併用療法 第2相前向きランダム化臨床研究・中間解析, 木村 高弘, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 中川 徹, 山田 亮, 伊東 恭悟, 藤元 博行, 頴川 晋, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 391, 391,   2012年03月
  • 食道癌原発の転移性陰茎腫瘍の1例, 小林 泰之, 野澤 昌弘, 永井 康晴, 伊丹 祥隆, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 421, 421,   2012年03月
  • CMV抗体donor+/recipient-(D+/R-)のhigh risk腎移植症例に術後prophylactic valganciclovir療法を施行した3症例, 能勢 和宏, 沖 貴士, 杉本 公一, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 439, 439,   2012年03月
  • 本邦におけるmTOR阻害剤エベロリムス使用腎癌患者に関する後方観察研究(第4報), 野澤 昌弘, 野々村 祝夫, 西村 和郎, 本郷 文弥, 玉田 聡, 東 治人, 吉岡 俊昭, 三宅 秀明, 木下 秀文, 植田 健, 高橋 正幸, 冨田 善彦, 植村 天受, 大阪泌尿器腫瘍研究会, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 452, 452,   2012年03月
  • 前立腺癌増殖進展におけるSTAT3活性化の役割について マウス前立腺癌モデルによる検討, De Velasco Marco, 田中 基幹, 加藤 博之, 大内 香, 守屋 陽一郎, 小林 泰之, 山本 豊, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 455, 455,   2012年03月
  • 前立腺癌におけるLumicanの発現異常について, 吉村 一宏, De Velasco Marco, 畑中 祐二, 山本 豊, 田中 基幹, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 462, 462,   2012年03月
  • 前立腺癌におけるHOXA-10の発現意義, 畑中 祐二, De Velasco Marco, 山本 豊, 清水 信貴, 小林 泰之, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 462, 462,   2012年03月
  • 泌尿器科疾患における睡眠障害の検討, 清水 信貴, 永井 康晴, 伊丹 祥隆, 小林 泰之, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 497, 497,   2012年03月
  • 専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 mTORについて, 野澤 昌弘, 植村 天受, 脳神経外科速報, 22, 2, 194, 199,   2012年02月
    概要:mTORは細胞の成長、増殖、生存、血管新生の制御といった、いわば正常な細胞機能維持システムにおける中心的存在であり、そのためmTORの機能異常は発癌と密接に関連している。近年、mTOR阻害薬が開発され、2つの薬剤が進行性腎細胞癌患者に対する臨床的有効性を証明した。進行性腎細胞癌の薬物療法においてはすでにいくつかの分子標的薬が使用されているが、今後ますます新規の分子標的薬が登場してくる見込みである。したがって、われわれ臨床医には個々の薬剤による患者生存や腫瘍縮小効果およびQOLにおよぼす影響などの臨床的特性を正確に把握して薬剤を使い分ける技術が要求される。mTOR阻害薬は糖代謝や脂質代謝および呼吸器に関する副作用の可能性を念頭においておけば患者QOLに与える悪影響は比較的少なく、使用しやすい薬剤と言える。(著者抄録)
  • 表在性膀胱癌に合併した炎症性偽腫瘍の1例, 奥田 康登, 松村 直紀, 安田 宗生, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 58, 2, 123, 123,   2012年02月
  • 近畿大学泌尿器科におけるゾレドロン酸使用の実際, 南高文, 山本豊, 野澤昌弘, 菊池尭, 西本光寿, 小林泰之, 清水信貴, 林泰司, 辻秀憲, 吉村一宏, 石井徳味, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 62nd, 163,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302266119616667
  • 尿膜管癌の臨床的検討, 松村直紀, 橋本潔, 加藤良成, 井口正典, 小林泰之, 清水信貴, 山本豊, 南高文, 林泰司, 野澤昌弘, 吉村一宏, 石井徳味, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 62nd, 151,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302266802649570
  • 腎被膜原発のSclerosing PEComaの1例, 小林泰之, 菊池尭, 西本光寿, 清水信貴, 山本豊, 南高文, 林泰司, 辻秀憲, 野澤昌弘, 吉村一宏, 石井徳味, 筑後孝章, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 62nd, 140,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302294132841142
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対しドセタキセルを使用した52例の予後因子の検討, 齋藤 允孝, 畑中 祐二, 今西 正昭, 大関 孝之, 橋本 潔, 杉本 公一, 江佐 篤宣, 梶川 博司, 安田 宗生, 山本 豊, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 58, 1, 7, 11,   2012年01月
    概要:去勢抵抗性前立腺癌に対しドセタキセル(A)を投与した52例を対象に、PSA無増悪期間と全生存期間に関する予後因子について検討した。予後因子はGleason score(GS)、去勢抵抗性前立腺癌と診断されてからA開始までの期間、A治療前PSA値、A治療後のPSA低下率、骨転移の有無とし、Odds ratioで評価した。その結果、PSA無増悪期間はLong-rank testの結果、A治療前のPSA値が20ng/ml以上、A治療後のPSA低下率が30%未満で有意に短かった。全生存期間はGS8以上、A治療前のPSA値が20ng/ml以上、A治療後のPSA低下率が30%未満、骨転移陽性で、有意に短かった。全生存期間で有意差を認めた予後因子のうちOddsratioにても有意差を認めたのは、A治療前のPSA値が20ng/ml以上、A治療後のPSA低下率が30%未満であった。以上より、A治療前PSA値とA治療後のPSA低下率が予後因子と考えられた。
  • Round Table Discussion 小径腎癌に対する治療の実際 : 手術療法を中心として, 冨田 善彦, 金山 博臣, 植村 天受, Year book of RCC, 13, 41,10-11,   2012年, http://id.ndl.go.jp/bib/024190640
  • 転移性腎がんのセカンドライン治療はどう変わるか, 植村 天受, がんサポート, 114, 38, 41,   2012年
  • 転移性腎細胞癌に対するNeo-adjuvant療法は有効か?, 植村 天受, Wood Christopher, 大家 基嗣, 近藤 恒徳, 篠原 信雄, 野々村 祝夫, 藤井 靖久, 本郷 文弥, 三宅 秀明, 泌尿器外科, 24, 12, 1975, 1983,   2011年12月
  • 泌尿器科領域における手術法、合併症軽減の工夫 後腹膜鏡下ドナー腎摘出術の工夫, 林 泰司, 安田 宗生, 齋藤 允孝, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 西岡 伯, 石井 徳味, 植村 天受, 日本内視鏡外科学会雑誌, 16, 7, 267, 267,   2011年12月
  • ハンドアシスト腹腔鏡下ドナー腎摘出術の臨床成績, 林 泰司, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 西岡 伯, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本内視鏡外科学会雑誌, 16, 7, 487, 487,   2011年12月
  • 当科における鏡視下副腎摘除術の臨床的検討, 吉村 一宏, 永井 康晴, 伊丹 祥隆, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 石井 徳味, 植村 天受, 日本内視鏡外科学会雑誌, 16, 7, 491, 491,   2011年12月
  • 〈巻頭言〉がん治療の変遷を鑑みて, 植村 天受, 近畿大学医学雑誌 = Medical journal of Kinki University, 36, 3, 巻頭言,   2011年12月01日, http://id.nii.ac.jp/1391/00010340/
  • 転移性腎細胞癌に対するNeo-adjuvant療法は有効か?, 植村 天受, Department of Urology, university of Texas, M.D. Anderson, Cancer Center, 慶応義塾大学医学部泌尿器科学教室, 東京女子医科大学泌尿器科, 北海道大学大学院医学研究科腎泌尿器外科分野, 大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学, がん研有明病院泌尿器科, 京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学, 神戸大学大学院医学研究科腎泌尿器科学, 泌尿器外科 別冊, 1, 9,   2011年12月
  • 進行性陰茎癌に対して広範切除および皮弁を用いた形成術を施行した1例, 松村 直紀, 山本 豊, 林 泰司, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 57, 11, 663, 663,   2011年11月
  • 若年性前立腺癌の1例, 安田 宗生, 松村 直紀, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 57, 11, 663, 663,   2011年11月
  • 18F-FDG PET/CTにてsuperscanを呈した腎癌骨転移の1例, 兵頭 朋子, 石井 一成, 細野 眞, 阪本 祐一, 米矢 吉宏, 柳生 行伸, 土屋 典生, 熊野 正士, 足利 竜一朗, 中村 一郎, 植村 天受, 村上 卓道, 核医学, 48, 4, 471, 471,   2011年11月
  • 腎移植後妊娠・出産例の検討, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 原 靖, 石井 徳味, 西岡 伯, 植村 天受, 移植, 46, 総会臨時, 249, 249,   2011年10月
  • 若年性前立腺癌の1例, 安田 宗生, 松村 直紀, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 57, 10, 585, 588,   2011年10月
    概要:41歳男性。約1年前から糖尿病による神経性膀胱に対して他院にてCICを施行していたが、左臀部痛が出現したため整形外科へ紹介となった。精査により転移性骨腫瘍およびPSA高値と診断後、泌尿器科へ入院となり、膀胱鏡で膀胱頸部から膀胱内に突出する隆起性病変が認められた。またCTでは両肺野に小結節影を散在性に認め、多発性肺転移と考えられた。更に両腸骨域と右鼠径部に多発性リンパ節転移が確認され、腫瘍は膀胱に直接浸潤する所見がみられた。以後、経会陰的に12ヶ所の系統的前立腺針生検を施行したところ、12ヶ所すべてからmoderately > poorly differentiated adenocarcinomaが認められ、臨床病期cT4N1M1、stage D2の前立腺癌と診断された。治療としてビカルタミド+酢酸ゴセレリンによるMAB療法を開始し、同時にゾレドロン酸水和物注射液の併用も行った結果、MAB療法開始15日目でPSA値は33.5ng/mlまで低下した。更に治療開始4ヵ月経過の現在、PSA値は0.005ng/ml以下で、MAB療法とゾレドロン酸水和物を継続投与中である。
  • 当科における体腔鏡下副腎摘除術の臨床的検討, 小林 泰之, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology, 24, 3, 98, 98,   2011年10月
  • 腹腔鏡下ドナー腎摘出術の臨床的検討, 林 泰司, 野澤 昌弘, 能勢 和宏, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology, 24, 3, 107, 107,   2011年10月
  • 腹腔鏡下根治的腎摘除術における術中出血量に及ぼすBMIの影響, 野澤 昌弘, 永井 康晴, 伊丹 祥隆, 小林 泰之, 林 泰司, 吉村 一宏, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology, 24, 3, 113, 113,   2011年10月
  • 夜間頻尿合併不眠患者に対するラメルテオンの有用性の検討, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 伊丹 祥隆, 山本 豊, 林 泰司, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 杉本 公一, 能勢 和宏, 西岡 伯, 泌尿器外科, 24, 9, 1473, 1479,   2011年09月
    概要:夜間頻尿合併不眠患者に対するラメルテオンの有用性を検討した。ラメルテオンは睡眠障害と同時に夜間排尿回数を3.1±1.3から4週後2.5±1.1へ有意に改善し、夜間膀胱容量も156.3±58.8(ml)から188.9±73.1(ml)へ有意に増大させることが示された。夜間頻尿を合併した不眠患者に有用であることが示された。(著者抄録)
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 高原 史郎, 野々村 祝夫, 勝岡 洋治, 東 治人, 仲谷 達也, 山口 誓司, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 石井 徳味, 西岡 伯, 松田 公志, 阪口 勝彦, 客野 宮治, 原 恒男, 熊田 憲彦, 長濱 寛二, 大阪透析研究会会誌, 29, 2, 203, 214,   2011年09月
    概要:2010年12月31日の時点で、618人が献腎移植希望登録を済ませている。2010年の献腎移植症例数は8例であった。一方、生体腎移植は110例行われた。献腎移植における腎受者の年齢は40歳台が177例(42.3%)と最も多く、60歳以上の症例は5例(1.9%)しか行われていなかった。生体腎移植では30歳台が391例(30.0%)と最も多く、60〜69歳は75例(5.8%)行われ、さらに70歳以上も7例行われている。献腎移植症例の生着率は1年87.3%、3年79.6%、5年70.2%、10年54.7%、生体腎移植症例の生着率は1年94.9%、3年91.1%、5年85.6%、10年71.5%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢や献腎移植においてはHLAが移植腎成績に影響した。移植腎機能喪失原因は献腎移植、生体腎移植で違いはなく、約63%は慢性拒絶反応であり、約6〜7%が急性拒絶反応であった。非免疫学的原因による喪失は献腎移植の方が多かった。生存率は献腎移植症例で1年95.1%、3年92.0%、5年89.5%、10年83.8%、生体腎移植症例では1年98.2%、3年96.7%、5年95.4%、10年91.2%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植418例中104例(24.9%)、ABO不適合を除く生体腎移植1,303例中115例(8.8%)みられ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。2001年以降は心疾患が第1位であったが、2006年からは再び感染症が1位になっている。悪性腫瘍による死亡も増えてきた。(著者抄録)
  • 慢性透析患者の進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の使用経験, 石井 徳味, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 大関 孝之, 大阪透析研究会会誌, 29, 2, 282, 282,   2011年09月
  • スーテントの転移性腎細胞癌患者における海外第三相試験および国内第二相試験結果のサブ解析 肺単独転移に対するスーテントの抗腫瘍効果, 赤座 英之, 篠原 信雄, 湯浅 健, 冨田 善彦, 藤元 博行, 庭川 要, 麦谷 荘一, 大園 誠一郎, 三木 恒治, 植村 天受, 野々村 祝夫, 高橋 正幸, 長谷川 淑博, 縣 直樹, 狩野 宗英, 植田 英治, 柴田 篤, 河合 統介, 内藤 誠二, 腎癌研究会会報, 41, 33, 34,   2011年09月
  • 薬物療法 本邦におけるmTOR阻害剤エベロリムス使用腎癌患者に関する後方観察研究(第2報), 高山 仁志, 吉村 一宏, 西村 和郎, 本郷 文弥, 玉田 聡, 吉岡 俊昭, 三宅 秀明, 木下 秀文, 東 治人, 原 勲, 野々村 祝夫, 植村 天受, 植田 健, 高橋 正幸, 丹司 望, 大阪泌尿器腫瘍研究会(OUOG), 日本癌治療学会誌, 46, 2, 414, 414,   2011年09月
  • STAT3遺伝子の一塩基多型は転移性腎癌に対するIFN-αのclinical benefitsと相関する, 江藤 正俊, 神波 大己, 三宅 秀明, 藤澤 正人, 釜井 隆男, 植村 天受, 塚本 泰司, 東 治人, 松原 昭郎, 中村 剛, 小川 修, 内藤 誠二, 日本癌治療学会誌, 46, 2, 474, 474,   2011年09月
  • 癌縮小腎摘除術の有無による分子標的治療に対する腎細胞癌転移巣の反応性の検討, 野澤 昌弘, 永井 康晴, 伊丹 祥隆, 小林 泰之, 永江 幸子, 西垣 こずえ, 持田 有香, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 46, 2, 509, 509,   2011年09月
  • 【前立腺癌(第2版)-基礎・臨床研究のアップデート-】基礎 総論 基礎研究の前立腺癌治療への応用, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本臨床, 69, 増刊5 前立腺癌, 19, 24,   2011年06月
  • 【前立腺癌(第2版)-基礎・臨床研究のアップデート-】基礎 進行前立腺癌に対する新戦略 ペプチドワクチン療法, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本臨床, 69, 増刊5 前立腺癌, 174, 178,   2011年06月
  • 腎移植後発生した悪性腫瘍症例, 齋藤 允孝, 今西 正昭, 原 靖, 森 康範, 田原 秀男, 中川 勝弘, 能勢 和弘, 西岡 伯, 安田 宗生, 林 泰司, 石井 徳味, 植村 天受, 秋山 隆弘, 今日の移植, 24, 3, 291, 294,   2011年06月
    概要:1975年〜2008年に腎移植を行った246例のうち、悪性腫瘍発生を認めた13例(男10例・女3例・平均42.9歳)について検討した。内訳は生体腎移植6例、献腎移植7例、平均透析期間68.3ヵ月で、使用免疫抑制剤はシクロスポリン9例、タクロリムス3例、アザチオプリン1例であった。悪性腫瘍の種類は、固有腎がん6例、精巣がん、甲状腺がん、脂肪肉腫、直腸がん、前立腺がん、皮膚カポジ肉腫、子宮頸がん、悪性リンパ腫(剖検時に診断)各1例であった。皮膚カポジ肉腫例は免疫抑制剤減量で消失し、他の症例は外科的切除術を行い、甲状腺がん例で術後再発を認めたが、がん死例はなかった。移植実施年別で悪性腫瘍発生率に有意差はなかったが、患者年齢別では51歳以上16.1%と50歳以下に比較して有意に高値を示した。免疫抑制剤別の悪性腫瘍発生率は、シクロスポリン使用群6.4%、タクロリムス使用群4.1%、アザチオプリン群3.1%と有意差はなかった。
  • 前立腺小細胞癌の1例, 山本 豊, 坂野 恵里, 梶川 博司, 植村 天受, 泌尿器外科, 24, 6, 1073, 1076,   2011年06月
    概要:症例は84歳、男性。排尿障害を主訴に受診。PSAは基準値内であったが、直腸診にて前立腺が石様硬に触知された。経会陰的前立腺生検を施行。結果、小細胞癌が検出された。肺小細胞癌治療に準じてIP療法(塩酸イリノテカン、シスプラチン)を施行。3コース終了後、腫瘍マーカーは減少し、治療4ヵ月後の時点でもPRの状態で生存されている。前立腺小細胞癌は稀な疾患であり、自験例を含め本邦報告118例目の報告である。(著者抄録)
  • 近畿大学医学部附属病院における腹腔鏡下副腎摘除術症例の検討, 吉村 一宏, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 野澤 昌弘, 石井 徳味, 植村 天受, 日本内分泌外科学会総会プログラム・抄録集, 23回, 96, 96,   2011年06月
  • スニチニブにてPSA低下を認めたドセタキセル抵抗性前立腺癌の1例, 松村 直紀, 林 泰司, 野澤 昌弘, 植村 天受, 沖 貴士, 泌尿器科紀要, 57, 5, 266, 266,   2011年05月
  • エベロリムスが著効した進行性腎癌の1例, 安田 宗生, 野澤 昌弘, 松村 直紀, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 康司, 辻 秀憲, 吉村 一宏, 梅川 徹, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 57, 5, 272, 272,   2011年05月
  • ダブルルーメンカテーテル使用時における再循環発生の要因について, 石井 徳味, 安田 宗生, 林 泰司, 植村 天受, 尾崎 美和, 竹田 圭, 西村 昌美, 泌尿器科紀要, 57, 5, 273, 273,   2011年05月
  • ホルモン抵抗性前立腺癌に対しドセタキセルを使用した71例の臨床的検討, 齋藤 允孝, 今西 正昭, 畑中 祐二, 安田 宗生, 山本 豊, 植村 天受, 中川 勝弘, 能勢 和宏, 西岡 伯, 杉本 公一, 江左 篤宣, 大関 孝之, 橋本 潔, 井口 正典, 泌尿器科紀要, 57, 5, 276, 276,   2011年05月
  • 腎結石形成モデルラットにおけるオステオポンチン(OPN)siRNAの結石形成抑制効果に関する検討, 奥田 康登, 清水 信貴, 辻 秀憲, 梅川 徹, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 57, 5, 277, 277,   2011年05月
  • 進行性腎細胞癌に対するエベロリムスの使用経験, 野澤 昌弘, 松村 直紀, 安田 宗生, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 57, 5, 278, 278,   2011年05月
  • 尿路上皮癌に対するM-VACおよびGC療法の効果についての検討, 畑中 祐二, 齋藤 允孝, 今西 正昭, 清水 信貴, 南 高文, 山本 豊, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 57, 5, 279, 279,   2011年05月
  • 前/後期高齢者の過活動膀胱に対するイミダフェナシンの有効性に関する検討, 清水 信貴, 南 高文, 辻 秀憲, 植村 天受, 朴 英哲, 片岡 喜代徳, 紺屋 英児, 池上 雅久, 西岡 伯, 杉本 公一, 江左 篤宣, 田原 秀男, 禰宜田 正志, 杉山 高秀, 泌尿器科紀要, 57, 5, 284, 284,   2011年05月
  • 慢性透析患者の進行性腎細胞癌に対する分子標的薬治療経験, 石井 徳味, 松村 直紀, 安田 宗生, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 大関 孝之, 日本透析医学会雑誌, 44, Suppl.1, 515, 515,   2011年05月
  • 前期・後期高齢者過活動膀胱患者におけるイミダフェナシンの有効性と安全性の検討, 清水 信貴, 南 高文, 植村 天受, 西岡 伯, 田原 秀男, 江左 篤宣, 杉山 高秀, 朴 英哲, 泌尿器外科, 24, 4, 639, 648,   2011年04月
    概要:高齢者過活動膀胱患者に対するイミダフェナシンの効果を前向きに検討した。その結果、前期・後期高齢者ともに有効性は同等であり副作用は後期高齢者にやや多く発現したが、我慢できないくらいの副作用はともに少なく安全性は同等であった。夜間多尿症例では夜間多尿を改善しており付加価値のある抗コリン剤と考えられた。(著者抄録)
  • アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)長期投与における腎移植患者の移植腎保護効果, 石井 徳味, 林 泰司, 原 靖, 植村 天受, 中川 勝弘, 能勢 和宏, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 大阪透析研究会会誌, 29, 1, 73, 77,   2011年03月
    概要:アンジオテンシンII受容体拮抗剤(以下ARB)を高血圧ならびに蛋白尿を呈する腎移植患者に長期間投与し降圧効果ならびに蛋白尿抑制効果を検討した。その結果、薬剤投与中では緩徐な降圧効果、蛋白尿の抑制効果ならびにGFRの維持効果が認められ本剤は腎移植患者に対して降圧効果をこえた臓器(移植腎)保護作用を有する薬剤であると評価した。(著者抄録)
  • 慢性透析患者の進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の使用経験, 石井 徳味, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 大関 孝之, 大阪透析研究会会誌, 29, 1, 106, 106,   2011年03月
  • 腎癌治療の課題と新なる展開 進行性腎癌に対する分子標的薬を用いた今後の治療, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 127, 127,   2011年03月
  • 尿路癌の薬物療法 次世代の泌尿器癌治療戦略 ワクチン療法について, 吉村 一宏, 石井 徳味, 野澤 昌弘, 辻 秀憲, 林 泰司, 南 高文, 山本 豊, 清水 信貴, 植村 天受, 山田 亮, 野口 正典, 角田 卓也, 中村 祐輔, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 160, 160,   2011年03月
  • 転移性腎細胞癌に対するソラフェニブ再投与療法の臨床効果, 野澤 昌弘, 松村 直紀, 安田 宗生, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 300, 300,   2011年03月
  • 日本人症例における尿中PCA3測定の有用性に関する多施設共同研究, 落合 厚, 沖原 宏治, 鴨井 和実, 島居 徹, 赤座 英之, 冨田 京一, 村山 慎一郎, 梅川 徹, 植村 天受, 三木 恒治, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 344, 344,   2011年03月
  • 腎盂尿管移行部狭窄症に対するアキュサイスを用いた切開手術の長期予後, 梅川 徹, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 351, 351,   2011年03月
  • 塩酸誘発膀胱炎ラットモデルにおけるRho-kinaseの発現とRho-kinase阻害剤の効果, 清水 信貴, De Velasco Marco A., 梅川 徹, 植村 天受, 吉川 和宏, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 351, 351,   2011年03月
  • 腎結石モデルラットにおけるオステオポンチン(OPN)の役割 OPNsiRNAを用いたOPNmRNAノックダウンによる検討, 奥田 康登, 清水 信貴, 辻 秀憲, 梅川 徹, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 356, 356,   2011年03月
  • mTOR阻害剤エベロリムス使用腎癌患者に関する後方観察研究(第1報), 玉田 聡, 仲谷 達也, 勝岡 洋治, 東 治人, 松田 公志, 木下 秀文, 吉村 一宏, 植村 天受, 野々村 祝夫, 高山 仁志, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 376, 376,   2011年03月
  • サイトカイン治療抵抗性腎細胞癌患者に対するアキシチニブの国内第II相試験 有効性、安全性及びバイオマーカーの検討, 篠原 信雄, 植村 天受, 冨田 善彦, 藤元 博行, 金山 博臣, 中澤 速和, 藤岡 知昭, 庭川 要, 大園 誠一郎, 内藤 誠二, 赤座 英之, アキシニチブ国内第II相試験グループ, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 377, 377,   2011年03月
  • マウス膀胱癌、腎癌に対しての温熱療法の抗腫瘍効果, 山本 豊, マルコ・デ・ベラスコ, 宮崎 友香, 朝日 千織, 牛田 博, 吉川 和宏, 酒井 和子, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 409, 409,   2011年03月
  • 近畿大学泌尿器科における精巣腫瘍の臨床的検討, 松村 直紀, 安田 宗生, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 412, 412,   2011年03月
  • 骨転移前立腺癌に対する初回MAB療法の成績, 安田 宗生, 野澤 昌弘, 松村 直紀, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 422, 422,   2011年03月
  • 近畿大学泌尿器科におけるBrachytherapyの検討, 南 高文, 松村 直紀, 安田 宗生, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 426, 426,   2011年03月
  • 前立腺神経内分泌癌に対してドセタキセル+シスプラチン療法が奏功した症例, 林 泰司, 大關 孝之, 齋藤 允孝, 奥田 康登, 野澤 昌弘, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 447, 447,   2011年03月
  • PTEN遺伝子改変マウスを用いた酢酸クロルマジノンによる前立腺癌発癌抑制効果, 小池 浩之, デベラスコ・マルコ, 山本 豊, 畑中 祐二, ワン・イー, 島田 啓司, 吉川 和宏, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 小西 登, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 489, 489,   2011年03月
  • PTENコンディショナルノックアウト前立腺癌マウスを用いたエベロリムス・酢酸クロルマジノンの治療効果, デベラスコ・マルコ, 田中 基幹, 島田 健二, 小池 浩之, 宮崎 友佳, 朝日 千織, 牛田 博, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 489, 489,   2011年03月
  • 泌尿器科領域での介助導尿などの医療的ケアの実情, 松田 久雄, 渥美 公秀, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 518, 518,   2011年03月
  • エベロリムス投与における口内炎予防対策の検討, 永江 幸子, 西垣 こずえ, 持田 有香, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 辻 秀憲, 林 泰司, 南 高文, 山本 豊, 清水 信貴, 梅川 徹, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 532, 532,   2011年03月
  • 高脂肪食摂取増加は前立腺癌発生トランスジェニックマウスモデルにおいて腫瘍増悪因子の一つになる, 畑中 祐二, デベラスコ・マルコ, 清水 信貴, 山本 豊, 田中 基幹, 宮崎 友佳, 朝日 千織, 牛田 博, 冨岡 厚志, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 539, 539,   2011年03月
  • 精索脂肪肉腫の1例, 沖 貴士, 南 高文, 林 泰司, 石井 徳味, 植村 天受, 奥田 康登, 泌尿器科紀要, 57, 2, 113, 113,   2011年02月
  • 脳転移を契機に発見された転移性腎細胞癌に対して集学的治療により長期間生存を得た1例, 松村 直紀, 沖 貴士, 林 泰司, 野澤 昌弘, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 57, 2, 118, 118,   2011年02月
  • 進行性・転移性腎癌に対するPresurgical療法, 吉村一宏, 野澤昌弘, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 61st, 69,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202224439590427
  • 当院における急性陰嚢症の経験, 永井康晴, 伊丹祥隆, 小林泰之, 清水信貴, 山本豊, 南高文, 林泰司, 辻秀憲, 野澤昌弘, 吉村一宏, 石井徳味, 植村天受, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 61st, 158,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202217203665896
  • 当院での前立腺癌骨転移症例に対するストロンチウム‐89(Sr‐89)治療の臨床評価, 伊丹祥隆, 清水信貴, 林泰司, 永井康晴, 小林泰之, 山本豊, 南高文, 野澤昌弘, 吉村一宏, 石井徳味, 植村天受, 沖貴士, 吉岡伸浩, 日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集, 61st, 167,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202234805136594
  • 尿路結石の概念を変える、治療・予防法を変える オステオポンチンの多機能性と臨床応用への戦略, 辻 秀憲, 梅川 徹, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 57, 1, 49, 54,   2011年01月
  • 腎結石モデルラットにおけるオステオポンチン(OPN)の役割 OPNsiRNAを用いたOPNmRNAノックダウンによる検討, 奥田 康登, 清水 信貴, 辻 秀憲, 梅川 徹, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本尿路結石症学会誌, 9, 2, 141, 144,   2010年12月
  • 薬剤シリーズ 臨床に係る研究における審査および管理の重要性について, 野村 守弘, 楠 進, 山添 譲, 森山 健三, 植村 天受, 近畿大学医学雑誌, 35, 3-4, 193, 197,   2010年12月, http://id.nii.ac.jp/1391/00010291/
  • 外国人介護人の泌尿器科関連の研修実態, 松田 久雄, 植村 天受, 渥美 公秀, 日本老年泌尿器科学会誌, 23, 38, 38,   2010年11月
  • 【Urological Oncologistの必須知識 癌治療認定に向けて】免疫療法の将来像, 吉村 一宏, 植村 天受, Urology View, 8, 5, 97, 101,   2010年10月
  • 腎移植後の悪性腫瘍症例の検討, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 中川 勝弘, 森 康範, 林 泰司, 能勢 和宏, 森本 康裕, 原 靖, 田原 秀男, 石井 徳味, 西岡 伯, 江左 篤宣, 植村 天受, 移植, 45, 総会臨時, 233, 233,   2010年10月
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 高原 史郎, 奥山 明彦, 勝岡 洋治, 東 治人, 仲谷 達也, 山口 誓司, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 石井 徳味, 西岡 伯, 松田 公志, 阪口 勝彦, 客野 宮治, 原 恒男, 大阪透析研究会会誌, 28, 2, 159, 171,   2010年09月
    概要:2009年12月31日の時点で、607人が献腎移植希望登録を済ませている。2009年の献腎移植症例数は6例であった。一方、生体腎移植は69例行われた。献腎移植における腎受者の年齢は40歳台が175例(42.9%)と最も多く、60歳以上の症例は5例(1.9%)しか行われていなかった。生体腎移植では30歳台が369例(31.0%)と最も多く、60〜69歳は57例(4.8%)行われ、さらに70歳以上も4例行われている。献腎移植症例の生着率は1年87.0%、3年79.2%、5年69.8%、10年54.6%、生体腎移植症例の生着率は1年94.6%、3年90.5%、5年84.8%、10年69.4%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢や献腎移植においてはHLAが移植腎成績に影響した。移植腎機能喪失原因は献腎移植、生体腎移植で違いはなく、約63%は慢性拒絶反応であり、約6〜7%が急性拒絶反応であった。非免疫学的原因による喪失は献腎移植の方が多かった。献腎移植症例の生存率は1年95.0%、3年91.8%、5年89.3%、10年83.2%、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植404例中93例(23.0%)、ABO不適合を除く生体腎移植1035例中104例(10.0%)みられ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。2001年以降は心疾患が第1位であったが、2006年からは再び感染症が1位になっている。悪性腫瘍による死亡も増えてきた。(著者抄録)
  • 分子標的薬剤の新展開 転移性腎がんに対する薬物治療の新展開, 植村 天受, 南 高文, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 314, 314,   2010年09月
  • 進行性腎がん治療の現状と新たな展開(分子標的治療薬の使い方) 転移性腎細胞癌患者に対するmTOR阻害剤エベロリムスの使用経験, 吉村 一宏, 石井 徳味, 梅川 徹, 野澤 昌弘, 辻 秀憲, 林 泰司, 南 高文, 山本 豊, 清水 信貴, 奥田 康登, 安田 宗生, 松村 直紀, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 364, 364,   2010年09月
  • 進行性腎がん治療の現状と新たな展開(分子標的治療薬の使い方) サイトカイン治療抵抗性腎細胞癌患者に対するアキシチニブの国内第II相試験, 金山 博臣, 植村 天受, 冨田 善彦, 藤元 博行, 篠原 信雄, 中澤 速和, 大園 誠一郎, 内藤 誠二, 赤座 英之, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 364, 364,   2010年09月
  • ホルモン抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法を施行した84症例の検討, 畑中 祐二, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 大関 孝之, 森 康範, 沖 貴士, 中川 勝弘, 安田 宗生, 清水 信之, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 592, 592,   2010年09月
  • 骨転移を有するホルモン感受性前立腺癌患者に対するMABゾレドロン酸併用療法の検討, 野澤 昌弘, 稲垣 武, 長尾 一公, 西岡 伯, 小村 隆洋, 江左 篤宣, 北川 道夫, 今西 正昭, 上門 康成, 小川 隆敏, 梶川 博司, 上島 成也, 松山 豪泰, 原 勲, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 594, 594,   2010年09月
  • 尿路上皮癌に対するM-VAC療法およびGC療法の効果についての検討, 畑中 祐二, 齋藤 允孝, 今西 正昭, 安田 宗生, 奥田 康登, 清水 信貴, 南 高文, 山本 豊, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 741, 741,   2010年09月
  • スニチニブのベネフィット最適化のために ASCO GU2010における最新知見を交えて, 赤座 英之, Rini B.I., 植村 天受, 江藤 正俊, 大園 誠一郎, 縣 直樹, 狩野 宗英, 泌尿器外科, 23, 7, 935, 944,   2010年07月
  • 膀胱原発腺癌に対しTS-1+CDDP併用療法を行った2症例, 林 泰司, 野澤 昌弘, 石井 徳味, 植村 天受, 大関 孝之, 花井 禎, 泌尿器科紀要, 56, 7, 416, 416,   2010年07月
  • 高齢者の排尿管理、特に排尿ケアの社会学的検証, 松田 久雄, 植村 天受, 渥美 公秀, 泌尿器科紀要, 56, 7, 417, 417,   2010年07月
  • 前立腺肥大症患者に対する酢酸クロルマジノン投与後のPSAおよびテストステロンの変化と排尿症状について, 辻 秀憲, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 56, 7, 419, 419,   2010年07月
  • VEGF受容体阻害薬による腎癌原発巣への効果の検討, 野澤 昌弘, 沖 貴士, 奥田 康登, 南 高文, 持田 有香, 永江 幸子, 西垣 こずえ, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 56, 7, 422, 422,   2010年07月
  • 抗CMV抗体陽性ドナーから陰性レシピエントへの腎移植, 林 泰司, 斎藤 允孝, 森 康範, 能勢 和宏, 石井 徳味, 植村 天受, 今日の移植, 23, 3, 423, 426,   2010年06月
    概要:抗CMV(サイトメガロウイルス)抗体陽性ドナーから陰性レシピエント(D+/R-)への腎移植を4例経験した。症例1は25歳男で、原疾患は逆流性腎症であった。父親をドナーとするAB型からA型へのABO血液型不適合腎移植を行った。移植後30日でCMV抗原が陽性となり、ガンシクロビル(GCV)の投与を開始した。症例2は慢性糸球体腎炎(CGN)の28歳男で、母親をドナーとするAB型からB型へのABO血液型不適合腎移植を施行した。CMV感染症の再発も現時点では認めていない。症例3はAlport症候群の18歳男で、母親をドナーとするpre-emptiveの腎移植を行った。移植後45日でCMV抗原が陽性となったが、GCVの投与で陰性化した。症例4はCGNの40歳男で、父親をドナーとする血液型適合の腎移植を行った。移植後40日目にCMV陽性細胞が出現し、バルガンシクロビルを内服投与した。
  • 【腎・泌尿器癌 基礎・臨床研究のアップデート】腎癌 特論 腎癌に対するワクチン療法, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本臨床, 68, 増刊4 腎・泌尿器癌, 191, 194,   2010年04月
  • 体腔内における生体信号の採取とその連続監視への応用について(小動物における基礎実験), 吉崎 信幸, 松本 成史, 植村 天受, 竹内 康人, 生体医工学, 48, 2, 220, 225,   2010年04月
    概要:胎児監視などの連続監視を体腔内で得た生体信号により行うことを最終目的として、体腔内のセンサーテレメーター発信機により心拍の観測が可能であるか検証した。実験1ではセンサーテレメーター発信機を作製し、小動物の膀胱内圧信号を連続監視し記録した。実験2では、実験1で採取した膀胱内圧データに重畳していると思われる心音ないし脈波を抽出することを試みた。また、得られた抽出信号が周期性信号成分を含むかどうか自己相関関数と胎児監視装置を用いて検証した。その結果、膀胱内に留置した単一のセンサーテレメトリーシステムにより、内圧推移図と心拍数図を一括して実時間連続観測できることが証明された。
  • CD138を介したホルモン不応性前立腺癌進展メカニズムの解析と病理学的意義について, 島田 啓司, De Velasco Marco A., 植村 天受, 田崎 正人, 小西 登, 日本病理学会会誌, 99, 1, 203, 203,   2010年03月
  • 高悪性度膀胱癌におけるCyclooxygenase2(COX2)を介したakt活性化の病理学的意義について, 大嶋 正人, 島田 啓司, De Velasco Marco A., 田崎 正人, 植村 天受, 小西 登, 日本病理学会会誌, 99, 1, 344, 344,   2010年03月
  • 排便管理にフレキシシールが有用であった外陰部壊死性筋膜炎の1例, 大関 孝之, 林 泰司, 南 高文, 辻 秀憲, 植村 天受, 齋藤 允孝, 花井 禎, 泌尿器科紀要, 56, 2, 138, 138,   2010年02月
  • 基礎研究を推進するためには 臨床とのバランスをいかに取るか 泌尿器科臨床医と基礎研究, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 101, 2, 97, 97,   2010年02月
  • 前立腺癌密封小線源療法前後のPressure Flow Studyを用いた排尿機能の検討, 清水 信貴, 南 高文, 沖 貴士, 林 泰司, 小池 浩之, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 梅川 徹, 石井 徳味, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 101, 2, 243, 243,   2010年02月
  • 介助導尿を必要とする患者家族に対する介護負担度調査, 松田 久雄, 大西 規夫, 前川 たかし, 上田 眞, 朴 英哲, 山田 薫, 上田 政徳, 百瀬 均, 加藤 良成, 井口 正典, 植村 天受, 渥美 公秀, 日本泌尿器科学会雑誌, 101, 2, 283, 283,   2010年02月
  • 酢酸クロルマジノンによる前立腺肥大症患者の血中PSA値に与える影響, 柴田 康博, 鈴木 和浩, 平尾 佳彦, 藤本 清秀, 大橋 靖雄, 小川 良雄, 冨士 幸蔵, 七条 武志, 植村 天受, 辻 秀憲, 朴 英哲, 日本泌尿器科学会雑誌, 101, 2, 305, 305,   2010年02月
  • 日本人腎細胞癌患者におけるスニチニブ単剤投与の全生存期間 第II相臨床試験(第2報), 高橋 正幸, 藤元 博行, 植村 天受, 篠原 信雄, 冨田 善彦, 庭川 要, 湯浅 健, 長谷川 淑博, 麦谷 荘一, 野々村 祝夫, 三木 恒治, 内藤 誠二, 赤座 英之, 日本泌尿器科学会雑誌, 101, 2, 308, 308,   2010年02月
  • 進行性腎細胞癌に対する三次治療としてのスニチニブの有効性の検討, 野澤 昌弘, 沖 貴士, 清水 信貴, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 小池 浩之, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 101, 2, 308, 308,   2010年02月
  • 抗CMV抗体陽性ドナーから陰性レシピエントへの生体腎移植症例の検討, 林 泰司, 齋藤 允孝, 中川 勝弘, 能勢 和宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 101, 2, 326, 326,   2010年02月
  • オステオポンチンsiRNAによる腎結石抑制効果の検討, 辻 秀憲, 奥田 康登, 清水 信貴, 梅川 徹, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 101, 2, 463, 463,   2010年02月
  • OP-495 転移を有する腎細胞癌患者に対する工べロリムス(RAD001)のランダム化、ニ重盲検、プラセボ対照、多施設共同第III相試験(RECORD-1試験) : 日本人サブグループでの検討(腎腫瘍/薬物療法4,一般演題口演,第98回日本泌尿器科学会総会), 庭川 要, 寺井 章人, 金山 博臣, 住吉 義光, 江藤 正俊, 春日 彰朗, 藤田 芳江, 赤座 英之, 篠原 信雄, 塚本 泰司, 土谷 順彦, 浜本 康夫, 丸岡 正幸, 藤元 博行, 植村 天受, 宇佐美 道之, 日本泌尿器科学会雑誌, 101, 2, 356, 356,   2010年, 10.5980/jpnjurol.101.356_3
  • スニチニブのベネフィット最適化のために―ASCO GU 2010における最新知見に交えて―(座談会), 植村 天受, 東京大学先端科学技術研究センター, Cleveland Clinic Lerner College, 熊本大学医学部泌尿器科学教室, 浜松医科大学泌尿器科学教室, ファイザー株式会社, ファイザー株式会社, 泌尿器外科, 7, 1, 10,   2010年
  • 腎細胞癌領域における治療戦略と今後の展望, 植村 天受, 熊本大学医学部泌尿器科学教室, 山形大学医学部泌尿器科学教室, 慶応義塾大学医学部泌尿器科学教室, 大阪大学医学部泌尿器科学教室, 秋田大学医学部泌尿器科学教室, 日本医科大学泌尿器科学教室, 帝京大学医学部泌尿器科学教室, Baylor University Medical Center, 日経メディカルCancer Review, 別冊, 19, 2, 6,   2010年
  • Office Urology ED診療の病診連携, 児玉 光正, 植村 天受, 鞍作 克之, 吉村 力勇, 仲谷 達也, 日本性機能学会雑誌, 24, 3, 384, 384,   2009年12月
  • 【進行性腎細胞癌の治療 update 2009】本邦における分子標的薬の使用経験, 吉村 一宏, 植村 天受, 泌尿器外科, 22, 11, 1379, 1384,   2009年11月
    概要:現在、本邦ではソラフェニブおよびスニチニブの2剤が根治切除不能または転移性の腎細胞癌に対し保険診療が認められている分子標的薬である。各ガイドラインにおいても進行性腎癌患者に使用が推奨されている薬剤であるが、副作用の発現頻度も高く、副作用としては消化器症状、皮膚症状、高血圧、骨髄抑制などが認められた。今後は副作用対策、他剤との併用療法の有用性の検討ならびに異なる作用機序を有する分子標的薬の導入が期待される。(著者抄録)
  • がんワクチン療法の現状と展望 難治性泌尿器癌に対するペプチドワクチン療法 治療の現状と今後の展望について, 植村 天受, Biotherapy, 23, Suppl.I, 37, 37,   2009年11月
  • 多施設共同研究の推進に向けて 泌尿器癌治療における医師主導多施設共同研究について, 植村 天受, Biotherapy, 23, Suppl.I, 55, 55,   2009年11月
  • 分子標的療法の登場によるバイオセラピィの新展開 転移性腎癌に対する分子標的治療の現状 日本人患者に対する投与の工夫について, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 上島 成也, 植村 天受, Biotherapy, 23, Suppl.I, 75, 75,   2009年11月
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 高原 史郎, 奥山 明彦, 勝岡 洋治, 東 治人, 仲谷 達也, 山口 誓司, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 石井 徳味, 西岡 伯, 松田 公志, 坂口 勝彦, 客野 宮治, 原 恒男, 大阪透析研究会会誌, 27, 2, 213, 224,   2009年09月
    概要:2008年12月31日の時点で、626人が献腎移植希望登録を済ませている。2008年の献腎移植症例数は5例であった。一方、生体腎移植は77例行われた。献腎移植における腎受者の年齢は40歳台が173例(42.8%)と最も多く、60歳以上の症例は4例(1.0%)しか行われていなかった。生体腎移植では30歳台が346例(30.9%)と最も多く、60〜69歳は51例(4.5%)行われ、さらに70歳以上も3例行われている。献腎移植症例の生着率は1年86.9%、3年79.0%、5年69.5%、10年54.3%、生体腎移植症例の生着率は1年94.7%、3年90.7%、5年84.6%、10年68.7%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢や献腎移植においてはHLAが移植腎成績に影響した。移植腎機能喪失原因は献腎移植、生体腎移植で違いはなく、約63%は慢性拒絶反応であり、約6〜8%が急性拒絶反応であった。非免疫学的原因による喪失は献腎移植の方が多かった。献腎移植症例の生存率は1年94.9%、3年91.7%、5年89.1%、10年83.0%、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植404例中93例(23.0%)、ABO不適合を除く生体腎移植979例中99例(10.1%)みられ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。2001年以降は心疾患が第1位であったが、2006年からは再び感染症が1位になっている。悪性腫瘍による死亡も増えてきた。(著者抄録)
  • 高まる免疫療法への期待 エビデンスの確立をめざして 再燃前立腺癌に対するペプチドワクチン+エストラムスチン併用療法の臨床的有用性, 野口 正典, 末金 茂高, 守屋 普久子, 松岡 啓, 植村 天受, 那須 保友, 公文 裕巳, 山田 亮, 伊東 恭悟, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 355, 355,   2009年09月
  • 末梢血液中cadherin-6 mRNAの発現は腎癌の予後の不良因子である, 鳥居 徹, 吉川 和宏, 植村 天受, 河合 弘二, 平尾 佳彦, 赤座 英之, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 563, 563,   2009年09月
  • 進行性腎癌に対してソラフェニブによる治療を長期間中止後、再投与した3症例の検討, 野澤 昌弘, 南 高文, 永江 幸子, 西垣 こずえ, 持田 有香, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 748, 748,   2009年09月
  • 腎集合管癌に対しスニチニブを投与した一例, 沖 貴士, 大関 孝之, 奥田 康登, 中川 勝弘, 林 泰司, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 751, 751,   2009年09月
  • スニチニブ、ゾレドロン酸併用療法が奏功した多発性骨転移を有する腎細胞癌の一例, 南 高文, 永江 幸子, 西垣 こずえ, 持田 有香, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 751, 751,   2009年09月
  • 進行性腎細胞癌患者におけるスニチニブの長期投与法の検討, 野澤 昌弘, 植村 天受, 泌尿器外科, 22, 8, 1135, 1140,   2009年08月
    概要:新規キナーゼ阻害薬スニチニブが本邦において発売されてから1年が経過した。欧米人と比較して日本人では有害事象の頻度・程度ともに高い傾向にあり、用量・用法の調節の必要性が実感されてきた。今回、当科において進行性腎細胞癌患者に対してスニチニブ投与を行った3症例について投薬方法および有害事象に関する経過を例示するとともに本邦におけるスニチニブの適切な投与方法について考察する。(著者抄録)
  • 慢性透析患者に発生した進行腎癌に対するソラフェニブの使用経験, 植村 天受, 大関 孝之, 野澤 昌弘, 吉川 元清, 中川 勝弘, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 田中 基幹, 梅川 徹, 石井 徳味, 泌尿器科紀要, 55, 7, 445, 445,   2009年07月
  • 進行性腎細胞癌患者に対するソラフェニブの治療効果と高血圧に関する検討, 野澤 昌弘, 大関 孝之, 吉川 元清, 中川 勝弘, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 田中 基幹, 梅川 徹, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 55, 7, 445, 445,   2009年07月
  • 腎移植後のARB(カンデサルタン)長期投与における移植腎保護効果の検討, 石井 徳味, 大関 孝之, 吉川 元清, 中川 勝弘, 植村 天受, 齋藤 允孝, 森 康範, 泌尿器科紀要, 55, 7, 454, 454,   2009年07月
  • 腎癌治療における分子標的薬スニチニブの臨床的有用性について, 植村 天受, 金山 博臣, 大家 基嗣, 泌尿器外科, 22, 6, 775, 784,   2009年06月
  • 進行性腎癌の治療 分子標的治療を中心に, 野澤 昌弘, 植村 天受, 日本医事新報, 4437, 51, 55,   2009年05月
  • 高齢者腎移植レシピエントの症例検討, 森 康範, 齋藤 允孝, 林 泰司, 能勢 和宏, 今西 正昭, 石井 徳味, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 植村 天受, 今日の移植, 22, 3, 341, 344,   2009年05月
    概要:高齢者腎移植レシピエントについて検討した。生体腎移植を施行した60歳以上のレシピエント6例を対象とした。死亡例は3例にみられた。1例は、ドナー年齢が85歳と高齢であり、加えて、レシピエントの内・外腸骨動脈硬化が著明であった。1例は、移植前より駆出率(EF):33%という高度な心不全があり、移植後に心不全が増悪し、メチシリン耐性表皮ブドウ球菌肺炎を併発した。もう1例は、移植腎機能は正常であったが、移植後8ヵ月に感染性心内膜炎を併発した。高齢者レシピエントでは感染症は重症化しやすく致死的であった。高齢者レシピエントに対する腎移植を安全に行うためには、腎移植適応への更なる検討が必要であると思われた。
  • Immunochemotherapy with interferon-α, interleukin-2, 5-fluorouracil, and cimetidine for patients with advanced renal cell carcinoma, Makito Miyake, Kiyohide Fujimoto, Masahiro Tanaka, Yoshihiko Hirao, Hirotsugu Uemura, Takeshi Otani, Masahito Yoshii, Journal of Nara Medical Association, 60, 37, 47,   2009年04月01日, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=68549101622&origin=inward
    概要:Introduction. We prospectively evaluated the efficacy and safety of immunochemotherapy using INF-α, IL-2, 5-fluorouracil (5-FU), and cimetidine in patients with metastatic renal cell carcinoma (RCC). Patients and Methods. Twenty-two patients with metastatic RCC were given 4 weeks of initial therapy consisting of IFN-α- (3-6x106IU/day 3 times/week), IL-2 (0.7-1.4x106JRU/day for 5 consecutive days/week), 5-FU (150 mg/m2/day for 5 consecutive days/week), and Cimetidine (800 mg/day), followed by maintenance therapy with IFN-α, IL-2, and Cimetidine. The response rate, overall and progression-free survivals, and adverse events were analyzed. Results. The median periods of therapy and follow-up were 4.4 months (range: 0.4-33) and 28.8 months (range: 1-65), respectively. The early anti-tumor effect was a complete response in one (4.5%), a partial response in 3 (13.6%), no change in 9 (40.9%), and progressive disease in 9 (40.9%). The 2-year progression-free and overall survival rates were 31% and 76%, respectively. The overall survival of cytokine-naïve group was higher than that of cytokine-resistant group (p<0.032). Adverse events of grade ≤3 occurred in 5 patients, and 9 discontinued this therapy due to adverse events. Conclusion. The present regimen had a low response rate despite the high incidence of adverse events and should be limited to patients with cytokine-naïve metastatic RCC.
  • 近畿大学医学部附属病院におけるTESE/MESA症例の検討, 林 泰司, 大関 孝之, 斎藤 允孝, 吉川 元清, 南 高文, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 日本生殖医学会雑誌, 54, 1-2, 39, 39,   2009年04月
  • 経過中に間質肉腫への悪性転化が疑われた前立腺cystic epithelial-stromal tumorの一例, 荒木 哲朗, 桑原 雅知, 今岡 いずみ, 下野 太郎, 柳生 行伸, 熊野 正士, 香川 祐毅, 清水 利栄, 葉 輝明, 任 誠雲, 坪山 尚寛, 小塚 健倫, 岡田 真広, 米矢 吉宏, 足利 竜一朗, 細野 眞, 村上 卓道, 清水 信貴, 植村 天受, 前西 修, 木村 雅友, 筑後 孝章, Japanese Journal of Radiology, 27, Suppl., 55, 55,   2009年04月
  • トランスポーターを介したp16機能性ペプチド導入による腎癌細胞増殖抑制効果, 全並 賢二, 吉川 和宏, 中村 小源太, 山田 芳彰, 本多 靖明, マルコ・デベラスコ, 田中 基幹, 植村 天受, 島居 徹, 赤座 英之, 近藤 英作, 上田 龍三, 日本泌尿器科学会雑誌, 100, 2, 126, 126,   2009年02月
  • 前立腺癌発症モデルPTEN conditional gene targeting mouseを用いた臨床へのフィードバック, 田中 基幹, デベラスコ・マルコ, 島田 啓司, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 100, 2, 147, 147,   2009年02月
  • ラット正常膀胱に対するPDE5阻害剤(vardenafil)の膀胱機能に対する検討, 松本 成史, 花井 禎, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 100, 2, 204, 204,   2009年02月
  • 腎移植後のARB(カンデサルタン)長期投与における移植腎保護効果の検討, 石井 徳味, 齋藤 允孝, 森 康範, 林 泰司, 植村 天受, 能勢 和宏, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 日本泌尿器科学会雑誌, 100, 2, 255, 255,   2009年02月
  • 難治性サイトメガロウイルスに苦慮した生体腎移植の2症例, 林 泰司, 齋藤 允孝, 森 康範, 能勢 和宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 100, 2, 258, 258,   2009年02月
  • NADPH-oxidaseからのsuperoxideは腎尿細管上皮細胞のオステオポンチン産生を亢進させCOM結晶付着を増加させる, 梅川 徹, 辻 秀憲, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 100, 2, 273, 273,   2009年02月
  • 進行性腎癌に対するスニチニブによる有害事象の検討, 野澤 昌弘, 永江 幸子, 西垣 こずえ, 持田 有香, 大関 孝之, 吉川 元清, 中川 勝弘, 南 高文, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 100, 2, 297, 297,   2009年02月
  • 腎細胞癌患者における新規分子マーカーの検討, 吉川 元清, デベラスコ・マルコ, 大関 孝之, 田中 基幹, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 100, 2, 380, 380,   2009年02月
  • 初発表在性膀胱癌ハイリスク群に対するBCG膀胱内注入療法の投与回数別検討, 杉本 公一, 橋本 潔, 江左 篤宣, 齋藤 允孝, 畑中 祐二, 今西 正昭, 清水 信貴, 田原 秀男, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 100, 2, 409, 409,   2009年02月
  • 近畿大学泌尿器科におけるBrachytherapyの検討, 南 高文, 大関 孝之, 吉川 元清, 中川 勝弘, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 梅川 徹, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 100, 2, 460, 460,   2009年02月
  • スニチニブのAE (Topics of RCC--分子標的薬のAE) -- (Preface of AE), 植村 天受, Year book of RCC, 2009, 101, 110,   2009年, http://id.ndl.go.jp/bib/10385107
  • 前立腺肥大症/下部尿路症状(BPH/LUTS)における排尿後尿滴下に対するα1アドレナリン受容体遮断薬の効果 タムスロシン・ナフトピジル・シロドシンの3群比較, 杉山 高秀, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 19, 2, 198, 203,   2008年12月
    概要:目的:国際前立腺症状スコア(IPSS)および排尿後尿滴下(PMD)に対する各種のα1アドレナリン受容体サブタイプ選択的遮断薬による改善効果を比較した。方法:2006年7月〜12月に、臨床的に前立腺肥大症と診断された77症例を対象とし、タムスロシン(0.2mg;1日1回)群、ナフトピジル(50mg;1日1回)群、シロドシン(4mg;1日2回)群、の3群における12週内服後のIPSS/QOLおよびPMDスコアの自覚症状および他覚所見の改善効果を比較検討した。結果:IPSSにPMDを加えた合計スコアは、全77例中46例が改善を示し、不変は31例であった。3群間に有意差は認められなかった。排尿症状、蓄尿症状および排尿後症状の各スコアについて3群間を比較した結果、シロドシン群は他の2群に比べPMDスコアが有意に改善、残尿感の改善も比較的良好であり、PMDと残尿感を合わせた排尿後症状スコアは他の2群に比べて改善を認めた。結論:排尿・蓄尿・排尿後症状に関する各スコアの検討により、シロドシンは排尿後症状、特にPMDの改善が著明であることが示唆された。α1A選択性が極めて高いシロドシンは、従来のα1アドレナリン受容体サブタイプ選択的遮断薬と異なる症状改善に寄与する可能性が考えられる。(著者抄録)
  • 国際前立腺症状スコア(IPSS)に「排尿後尿滴下」を加えた独自の問診票による下部尿路症状の調査, 花井 禎, 松本 成史, 清水 信貴, 植村 天受, 杉山 高秀, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 7, 723, 728,   2008年11月
    概要:(緒言)LUTSのなかで現在まであまり注目されていない項目のひとつに、排尿後尿滴下(PMD)がある。QOLに大きな影響を与える可能性があるが、IPSSの項目に含まれていないことなどが影響し、程度や頻度、QOLとの関連など不明な点が多い。そこで、独自で作成した問診表を用いて調査した。(対象と方法)2006年6月〜2007年3月に当科に来院した初診患者621名(男性394名:女性227名)を対象とした。独自で作成したIPSS+PMD/QOL質問表に初診時に自己記入してもらい、回答を得た。(結果)PMDスコアは男性では1.2±1.7、女性では0.6±1.2であり、男性は女性に比べ有意に高かった。男性では、50代からPMDスコアは高くなり70代でピークとなっていた。女性では、20代以降では大きな差は無かった。男性ではBPH患者、女性では腹圧性尿失禁の患者でPMDスコアが高かった。最もPMDスコアが高かった疾患はBPHであった。PMDスコアは、LUTS群は1.59±1.90、非LUTS群は0.36±0.90であり有意にLUTS群で高かった。LUTS群の男性とBPH患者では、QOLスコアとPMDスコアに正の相関を認めた。(考察)泌尿器科外来初診患者621例を対象にPMDの自覚症状について検討した。今回の検討によりPMDは、若年者や女性でもPMDを経験すること、PMDは、LUTS症例(特にBPH患者)においてスコアが高くQOLを損ねている可能性があること、などが明らかとなった。今後、PMDのより詳細な病態の把握が必要と思われた。(著者抄録)
  • 難治性腎細胞癌に対するペプチドワクチン療法, 植村 天受, 南 高文, 田中 基幹, 上島 成也, 平尾 佳彦, 角田 卓也, 中村 祐輔, Biotherapy, 22, Suppl.I, 149, 149,   2008年11月
  • 腎細胞癌の診断と治療 診断 腎細胞癌におけるCA9を標的分子とした診断と治療, 植村 天受, 尿路悪性腫瘍研究会記録, 34, 31, 35,   2008年10月
  • 分子標的治療の最前線 臨床研究 転移性腎細胞癌に対する新規分子標的薬による治療経験, 植村 天受, 田中 基幹, 野澤 昌弘, 上島 成也, 南 高文, 日本癌治療学会誌, 43, 2, 258, 258,   2008年10月
  • ホルモン非依存性前立腺癌の克服に向けて 再燃前立腺癌に対するペプチドワクチン・低用量エストラムスチン併用療法と常用量エストラムスチン単独療法とのランダム化比較臨床試験, 野口 正典, 末金 茂高, 守屋 普久子, 松岡 啓, 植村 天受, 那須 保友, 公文 裕巳, 山田 亮, 伊東 恭悟, 日本癌治療学会誌, 43, 2, 341, 341,   2008年10月
  • ドセタキセル抵抗性ホルモン不応性前立腺癌に対するシスプラチン/ドセタキセル併用療法の経験, 野澤 昌弘, 大関 孝之, 吉川 元清, 中川 勝弘, 南 高文, 林 泰司, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 43, 2, 716, 716,   2008年10月
  • HLA-A24陽性進行癌を対象としたテーラーメイド型ペプチドワクチン療法の第I相試験および継続投与試験, 寺崎 瑞彦, 野口 正典, 内藤 誠二, 植村 天受, 赤座 英之, 渋井 壮一郎, 藤巻 高光, 青木 友和, 伊東 恭悟, 峯田 寿裕, 梶原 浩司, 日本癌治療学会誌, 43, 2, 961, 961,   2008年10月
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 高原 史郎, 奥山 明彦, 勝岡 洋治, 上田 陽彦, 仲谷 達也, 山口 誓司, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 石井 徳味, 秋山 隆弘, 松田 公志, 大阪透析研究会会誌, 26, 2, 241, 252,   2008年09月
    概要:2007年12月31日の時点で、631人が献腎移植希望登録を済ませている。2007年の献腎移植症例数は献腎移植3例であった。一方、生体腎移植は90例行われた。献腎移植における腎受者の年齢は40歳代が166例(42.6%)と最も多く、60歳以上の症例は2例(0.5%)しか行われていなかった。生体腎移植では30歳代が326例(31.3%)と最も多く、60歳以上は46例(4.4%)しか行われていない。献腎移植症例の生着率は1年86.7%、3年78.8%、5年69.2%、10年54.2%、生体腎移植症例の生着率は1年94.5%、3年90.3%、5年83.9%、10年67.2%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢や献腎移植においてはHLAが移植腎成績に影響した。移植腎機能喪失原因は献腎移植、生体腎移植で違いはなく、約65%は慢性拒絶反応であり、約6〜8%が急性拒絶反応であった。非免疫学的原因による喪失は献腎移植の方が多かった。献腎移植症例の生存率は1年94.9%、3年91.6%、5年89.0%、10年82.8%、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植399例中86例(21.6%)、ABO不適合を除く生体腎移植1,042例中93例(8.9%)みられ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。2001年以降は心疾患が第1位となり、悪性腫瘍による死亡も増えてきた。(著者抄録)
  • 関節リウマチ(RA)に対するLCAP中止要因の検討, 尾崎 美和, 竹田 圭, 西村 昌美, 佐藤 弘章, 石井 徳味, 植村 天受, 大阪透析研究会会誌, 26, 2, 284, 285,   2008年09月
  • 膀胱虚血再灌流誘発頻尿モデルの確立とその有効性, 松本 成史, 花井 禎, 奥津 紘子, 大竹 昭良, 鈴木 雅徳, 笹又 理央, 植村 天受, 栗田 孝, 日本排尿機能学会誌, 19, 1, 99, 99,   2008年09月
  • 腎移植後のARB(カンデサルタン)長期投与における移植腎保護効果の検討, 石井 徳味, 齋藤 允孝, 中川 勝弘, 森 康範, 林 泰司, 植村 天受, 原 靖, 移植, 43, 総会臨時, 351, 351,   2008年09月
  • 腎がん治療におけるスーテントへの期待, 赤座 英之, 植村 天受, 江藤 正俊, 大園 誠一郎, 金山 博臣, 篠原 信雄, 執印 太郎, 冨田 善彦, 内藤 誠二, 樋之津 史郎, 三木 恒治, 水谷 陽一, 縣 直樹, Lowenthal Susan Pitman, 泌尿器外科, 21, 8, 1221, 1229,   2008年08月
  • 近畿大医学部附属病院におけるTESE/MESA症例の検討, 林 泰司, 大関 孝之, 斎藤 允孝, 吉川 元清, 南 高文, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 日本生殖医学会雑誌, 53, 3, 101, 101,   2008年07月
  • 近畿大学附属病院におけるTESE/MESA症例の検討, 林泰司, 大関孝之, 吉川元清, 中川勝弘, 南高文, 辻秀憲, 野澤昌弘, 梅川徹, 田中基幹, 石井徳味, 植村天受, 辻勲, 星合昊, 日本アンドロロジー学会総会記事, 27th, 178,   2008年06月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240480919745
  • BPH/OABに対するα1受容体遮断薬の作用機序の検討, 松本 成史, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 54, 6, 453, 456,   2008年06月
    概要:前立腺肥大症(BPH)に伴う過活動膀胱(OAB)症状の発症メカニズムとして膀胱血流に着目し、代表的α1受容体遮断薬である塩酸タムスロシンによる膀胱血流量の変化を検討した。ラットの外尿道口から膀胱内にポリエチレンカテーテルを挿入し、近位尿道を絹糸で縛った後カテーテルを抜去して下部尿路閉塞(BOO)モデルを作製した。同時に塩酸タムスロシン溶液で満たした浸透圧ポンプを皮下に埋め込んだ。BOO手術後2週に経口マイクロスフェア法を用いて膀胱血流量を計測した。その結果、偽手術ラットと比較して、BOOラットでは膀胱血流量の有意な低下を認めた。塩酸タムスロシン持続皮下投与(1μg/kg/h、2週間)により、BOOラットの膀胱血流量は有意に増加した。塩酸タムスロシンは膀胱血流改善作用によって、直接的・間接的にBPH/OABを改善している可能性が考えられた。
  • 先天性副腎過形成に対する治療が原因と考えられた両側Leydig cell tumorの1例, 齋藤 允孝, 松本 成史, 森 康範, 林 泰司, 花井 禎, 植村 天受, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 16, 2, 242, 244,   2008年06月
    概要:30歳男。患者は既往として生後3週時に21-OHD CAHと診断され、ステロイド治療が開始され、小児期も継続加療を受けていた。その後、両側精巣腫大に気づくも放置していたが、結婚後、妻が妊娠しないため、男性不妊を主訴に、今回、精査で著者らの施設へ受診となった。所見ではヒドロコルチゾン 100mg/日を内服中であった。また、前々医での情報ではACTHは持続高値で、精液検査では無精子症であった。一方、超音波検査では両側精巣は腫大し、内部はモザイク状であった。以上より、本症例は両側精巣腫瘍と診断され、両側高位精巣摘除術が施行された。その結果、摘出標本は両側ともに黄褐色で多房性充実性腫瘍がみられ、正常精巣は認めなかった。更に病理組織所見ではreinke crystalは認めなかったが、免疫染色でインヒビンα陽性であり、Leyding cell tumorであった。尚、腫瘍発生の原因としては長期にわたるACTH刺激による間質細胞の腫瘍化が考えられ、これがセルトリ細胞を消失させ、精子形成を荒廃させたと考えられた。
  • ここまできたトランスレーショナルリサーチ 膀胱内圧の非接触連続監視のための閉鎖ベローズ式感圧機構をカプセル化したテレメーター発振器, 松本 成史, 竹内 康人, 植村 天受, 臨床泌尿器科, 62, 6, 401, 405,   2008年05月
    概要:蓄尿と排尿のプロセスは外乱に対して鋭敏なため,その無妨害動態観測には種々の問題点が残っている。本研究においてはこの主旨により最も妨害の少ない手法として膀胱内に送り込まれてしばらく停留し,そこの静圧情報をセンスして連続送信してくるカプセル状のテレメーター発信機を構想し,設計,試作,モデル実験および動物実験を行って実用化の見通しをえたので報告する。感圧変位系に直結した可変インダクタンス式のLC発信回路が電池とともに外部尿道を通過しえる直径6mmほどのカプセルに収容され,その発振コイルの放つ高周波磁束を体外からサーチコイルと狭帯域ヘテロダイン受信機で捕足し,発振信号の周波数ないしは位相推移を精密に計測することで圧の推移を観測する。In-vivo実験では,家兎の膀胱内において排尿反射および自然放尿の過程を数時間にわたり何回か観測することができた。(著者抄録)
  • 前立腺におけるエラスチンの分布, 杉本 公一, 松本 成史, 植村 天受, 伊藤 浩行, 泌尿器科紀要, 54, 5, 321, 324,   2008年05月
    概要:前立腺肥大症に対し前立腺被膜下切除術を施行された5例の前立腺標本と正常前立腺標本4例の合計9例を対象に、エラスチンの分布について検討した。その結果、今回の前立腺における検討では定性分析(半定量分析)であったが、前立腺肥大症症例の基部、尖部においてエラスチンが豊富に存在することが判明した。また、弾性線維の分布は、前立腺部尿道付近、前立腺被膜周囲に多く存在することが確認された。
  • 前立腺癌・前立腺肥大症治療薬のインフォームド・コンセント形成に関する一考察 前立腺癌・前立腺肥大症患者アンケート調査結果より, 内藤 誠二, 塚本 泰司, 高橋 悟, 大園 誠一郎, 後藤 百万, 平尾 佳彦, 勝岡 洋治, 植村 天受, 田中 正利, 松岡 啓, 金武 洋, 中川 昌之, 新薬と臨牀, 57, 5, 617, 624,   2008年05月
    概要:特定非営利活動法人処方支援センターが行った前立腺癌・前立腺肥大症患者アンケート調査を、臨床医の立場から解析し、前立腺癌・前立腺肥大症治療薬に関する課題、よりよいインフォームド・コンセント形成のための方策などを検討した。前立腺癌に対するホルモン療法3ヵ月注射製剤群では、51.8%の患者が「いつまで継続」を気にしていること、前立腺肥大症においてはα遮断薬を肥大症用と認識していない患者では52.2%が「有効性」についてもっと説明して欲しいとしており、いずれも各疾患の平均値を10ポイント以上上回っていることから、製剤種別に配慮した説明が必要と考えられた。また、前立腺癌患者で脂質異常症合併群では「薬について気になっている」患者の割合が他の生活習慣病合併症群に比較して高く、特に「副作用」については62.8%の患者が気になっており、これは前立腺癌患者全体平均を20ポイント近く上回っていた。前立腺肥大症患者では脂質異常症合併群の突出はないが、合併症の種別によって薬に対する不安、説明期待情報に差があらわれており、泌尿器科医と生活習慣病担当医との連携、さらには地域診療連携パスでの細かな配慮が必要と考えられた。(著者抄録)
  • フラミンガムリスクスコアを用いた腎移植患者の評価, 石井 徳味, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 南 高文, 林 泰司, 植村 天受, 日本透析医学会雑誌, 41, Suppl.1, 589, 589,   2008年05月
  • 当院におけるLCAP施行時の副作用の検討, 尾崎 美和, 竹田 圭, 西村 昌美, 石井 徳味, 植村 天受, 日本透析医学会雑誌, 41, Suppl.1, 743, 743,   2008年05月
  • 腎移植後に発症した悪性腫瘍症例, 林 泰司, 齋藤 允孝, 石井 徳味, 植村 天受, 今日の移植, 21, 3, 252, 254,   2008年05月
    概要:腎移植後に発症した悪性腫瘍症例を検討した。腎移植症例191例(生体腎移植101例、献腎移植90例)中、12例に移植後悪性腫瘍を認めた。各背景因子、悪性腫瘍の種類、移植から悪性腫瘍診断までの期間、治療転帰等について検討した。免疫抑制剤はコンベンショナル群1例、シクロスポリン使用群8例、タクロリムス使用群3例と、カルシニューリンインヒビター使用症例を多く認めた。移植後悪性腫瘍発症までの期間は2ヵ月〜15年10ヵ月、平均3年10ヵ月であった。治療は、10例に対して外科的切除術を施行した。12例中でがん死した症例はなく、2例は他因死し、残りの10例は生存中である。
  • 泌尿器腹腔鏡手術ガイドライン, 田中 正利, 桶川 隆嗣, 酒井 英樹, 田丸 俊三, 吉田 正貴, 今井 常夫, 小野 佳成, 植村 天受, 小松 和人, 中澤 速和, 服部 良平, 松田 公志, 伊藤 直樹, 川喜田 睦司, 繁田 正信, 三股 浩光, 寺地 敏郎, 頴川 晋, 川端 岳, 近藤 幸尋, 中川 健, 鈴木 和雄, 江藤 正俊, 絹川 常郎, 田邉 一成, 渡辺 竜助, 馬場 志郎, 岩村 正嗣, 武田 正之, 永井 敦, 宮嶋 哲, 原 勲, 樋之津 史郎, 山口 直比古, 平尾 佳彦, 筧 善行, 東原 英二, 泌尿器腹腔鏡手術ガイドライン委員会, Japanese Journal of Endourology and ESWL, 21, 1, np1,1, 70,   2008年04月
  • 腎阻血再灌流モデルラットに対するカルベジロールの抗酸化作用による腎保護作用の検討, 林 泰司, 齋藤 允孝, 能勢 和宏, 田中 基幹, 西岡 伯, 石井 徳味, 植村 天受, 日本腎臓学会誌, 50, 3, 313, 313,   2008年04月
  • WS4-3 腎細胞癌に対する新規分子療的治療の展開(新薬総括:新薬を理解しどう使い分けるか,第96回日本泌尿器科学会総会), 田中 基幹, 野澤 昌弘, マルコ デベラスコ, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 99, 2,   2008年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006653150
  • 右腎嚢胞と診断した若年発症型腎細胞癌の1症例, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 54, 2, 156, 156,   2008年02月
  • 新薬総括 新薬を理解しどう使い分けるか 腎細胞癌に対する新規分子標的治療の展開, 田中 基幹, 野澤 昌弘, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 162, 162,   2008年02月
  • 膀胱癌細胞におけるVEGFR2の発現, 野澤 昌弘, 有馬 良一, 渡邉 絵美, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 南 高文, 林 泰司, 田中 基幹, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 226, 226,   2008年02月
  • PTEN機能ペプチドによる前立腺癌治療への応用, 田中 基幹, 穴井 智, 冨岡 厚志, マルコ・デベラスコ, 齊藤 桂吾, 吉川 和宏, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 232, 232,   2008年02月
  • 膀胱虚血再灌流誘発頻尿モデルの確立および本モデルにおけるタムスロシン塩酸塩の作用, 松本 成史, 花井 禎, 奥津 紘子, 大竹 昭良, 鈴木 雅徳, 笹又 理央, 植村 天受, 栗田 孝, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 239, 239,   2008年02月
  • アキュサイスによる上部尿路狭窄部切開術, 梅川 徹, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 284, 284,   2008年02月
  • 下部尿路閉塞モデルにおける超高圧電顕を用いたエラスチンの役割と膀胱機能の検討, 杉本 公一, 松本 成史, 花井 禎, 植村 天受, 伊藤 浩行, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 316, 316,   2008年02月
  • 進行性腎癌に対する分子標的薬治療による有害事象の検討, 野澤 昌弘, 永江 幸子, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 南 高文, 林 泰司, 田中 基幹, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 336, 336,   2008年02月
  • 日本人腎細胞癌患者を対象としたスニチニブ単剤投与による第II相臨床試験, 篠原 信雄, 植村 天受, 内藤 誠二, 赤座 英之, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 337, 337,   2008年02月
  • 核磁気共鳴法を用いた膀胱癌由来尿中乳酸測定の意義, 石井 徳味, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 355, 355,   2008年02月
  • 妊娠における下部尿路症状の推移, 堀川 重樹, 松本 成史, 花井 禎, 植村 天受, 山本 敏也, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 453, 453,   2008年02月
  • 尿道部分閉塞(BOO)ラットの膀胱血流量および排尿機能に対するタムスロシン塩酸塩の作用, 花井 禎, 松本 成史, 奥津 紘子, 野口 由紀子, 大竹 昭良, 鈴木 雅徳, 笹又 理央, 植村 天受, 栗田 孝, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 497, 497,   2008年02月
  • 脳外傷モデルを用いた排尿の変化, 清水 信貴, 松本 成史, 花井 禎, 植村 天受, 伊藤 龍生, 伊藤 浩行, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 509, 509,   2008年02月
  • 膀胱癌におけるVEGFR2発現の検討, 野澤昌弘, 有馬良一, 植村天受, 日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集, 6th, 288,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502263016676713
  • APP-033 膀胱癌細胞におけるVEGFR2の発現(尿路上皮腫瘍・精巣腫瘍/臨床,尿路上皮腫瘍・精巣腫瘍/基礎,総会賞応募ポスター,第96回日本泌尿器科学会総会), 野澤 昌弘, 有馬 良一, 渡邉 絵美, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 南 高文, 林 泰司, 田中 基幹, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 99, 2, 226, 226,   2008年, 10.5980/jpnjurol.99.226_1, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006653257
  • 不妊治療中に診断された腸管子宮内膜症の2症例, 椎名昌美, 小池英爾, 梅本雅彦, 金村和美, 岡田紀久子, 上田和毅, 南高文, 今本治彦, 石井徳味, 塩田充, 奥野清隆, 植村天受, 星合昊, エンドメトリオーシス研究会プログラム・講演抄録集, 29th, 84,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902270757238798
  • フレキシシールの使用経験 骨盤部壊死性筋膜炎の一症例, 大関 孝之, 林 泰司, 堂本 勝子, 齋藤 允孝, 南 高文, 花井 禎, 植村 天受, 築島 稚枝, 奥崎 麻未, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌, 24, 1, 62, 62,   2008年01月
  • RCCに対する癌ワクチン療法のトピックス (Topics of RCC--薬物療法の最前線) -- (サイトカイン療法), 植村 天受, Year book of RCC, 2008, 149, 156,   2008年, http://id.ndl.go.jp/bib/10384995
  • I-PSSに「夜間頻尿QOL」を加えた独自の問診票の評価ならびにタムスロシン塩酸塩の夜間頻尿に対する効果の検討, 清水 信貴, 松本 成史, 花井 禎, 杉本 公一, 田原 秀男, 植村 天受, 泌尿器外科, 20, 12, 1551, 1558,   2007年12月
    概要:夜間頻尿は、下部尿路症状(LUTS)の中でもQOLへの影響が大きいことが報告されているが、国際前立腺症状スコア(I-PSS)の夜間頻尿スコアでは実回数を尋ねているため、夜間頻尿によるQOLへの影響が十分に評価できない可能性があるといわれている。そこで、従来のI-PSSに夜間頻尿QOLの項目を加えたオリジナルの質問票(modified I-PSS)を作成し、その有用性を評価した。またmodified I-PSSを用いて、前立腺肥大症(BPH)患者の夜間頻尿に対するタムスロシンの有効性について検討した。(著者抄録)
  • 副腎腫瘍との鑑別が困難であった孤立性後腹膜神経線維腫の一例, 野澤 昌弘, 原林 透, 大関 孝之, 林 泰司, 田中 基幹, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology and ESWL, 20, 3, 196, 196,   2007年11月
  • 妊娠中の排尿状態変化の解析, 原 知史, 栗政 映子, 兪 史夏, 磯部 晶, 宮西 加寿也, 朴 康誠, 山本 敏也, 堀川 重樹, 植村 天受, 産婦人科の進歩, 59, 4, 401, 401,   2007年11月
  • シロドシンの射精障害 ヘルシーボランティアでの検討, 松本 成史, 花井 禎, 齋藤 允孝, 中西 道政, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 植村 天受, 杉山 高秀, 泌尿器外科, 20, 10, 1289, 1293,   2007年10月
    概要:新しい選択的α1A遮断薬であるシロドシンの射精障害を性活動期ヘルシーボランティア19例(平均;29.2歳)に協力して頂き検討した。シロドシン4mg×2回/日を5日間内服し、その前後で精液検査を施行した。結果は全例、絶頂感は内服前後で変わらなかったが、内服後では精液の射出を認めないかまたは精液量の減少を認めた。全例、可逆性で1週間以内には内服前と同じ状態に戻っていた。射精後の検尿では精子を認めず、射精障害の原因は逆行性射精ではなく、精液射出障害の可能性が高いと考えられた。BPH/LUTS患者に対する選択的α1遮断薬の適応の決定には、副作用としての射精障害の説明は重要である。(著者抄録)
  • 左腎癌術後6年目に偶発的に発見された甲状腺転移の1例, 清水 信貴, 松本 成史, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 53, 10, 737, 737,   2007年10月
  • 後腹膜Granulosa cell tumorの1例, 森 康範, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 53, 10, 738, 738,   2007年10月
  • 先天性副腎皮質過形成症に対する治療が原因と考えられた両側精巣腫瘍の1例, 齋藤 允孝, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 53, 10, 745, 745,   2007年10月
  • 再燃性前立腺癌に対してDTXが効果的で現在22クール目施行中の1例, 清水 信貴, 辻 秀憲, 松本 成史, 野沢 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 53, 10, 746, 747,   2007年10月
  • シロドシン(ユリーフ)の射精障害:ヘルシーボランティアでの検討, 松本 成史, 齋藤 允孝, 中西 道政, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 植村 天受, 杉山 高秀, 泌尿器科紀要, 53, 10, 750, 750,   2007年10月
  • 左腎Alveolar soft part sarcomaの1例, 南 高文, 齋藤 允孝, 森 康範, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 前川 たかし, 泌尿器科紀要, 53, 10, 750, 750,   2007年10月
  • PBSCT併用超大量化学療法施行後、塩酸イリノテカン+シスプラチン療法が奏効した精巣Seminoma(pT2N2M0)の1例, 森 康範, 齋藤 允孝, 清水 信貴, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 福井 淳一, 泌尿器科紀要, 53, 10, 754, 754,   2007年10月
  • 夜間頻尿に対する塩酸タムスロシンの効果, 杉本 公一, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 18, 1, 134, 134,   2007年10月
  • 妊娠における下部尿路症状の推移, 堀川 重樹, 松本 成史, 花井 禎, 植村 天受, 山本 敏也, 日本排尿機能学会誌, 18, 1, 135, 136,   2007年10月
  • ラット閉塞膀胱を用いたPDE5 inhibitor(vardenafil)の膀胱保護効果についての検討, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 杉本 公一, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 18, 1, 146, 146,   2007年10月
  • 下部尿路閉塞モデルにおける超高圧電顕を用いたエラスチンの役割と膀胱機能の検討, 杉本 公一, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 植村 天受, 伊藤 浩行, 日本排尿機能学会誌, 18, 1, 146, 147,   2007年10月
  • 尿道部分閉塞(BOO)ラットの膀胱血流量に対する塩酸タムスロシンの作用, 松本 成史, 花井 禎, 奥津 紘子, 野口 由紀子, 大竹 昭良, 鈴木 雅徳, 笹又 理央, 植村 天受, 栗田 孝, 日本排尿機能学会誌, 18, 1, 201, 202,   2007年10月
  • 脳外傷モデルを用いた排尿の変化, 清水 信貴, 松本 成史, 花井 禎, 伊藤 龍生, 伊藤 浩行, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 18, 1, 202, 203,   2007年10月
  • 排尿後症状に対するα遮断薬の効果 問診表を用いた検討, 花井 禎, 松本 成史, 杉本 公一, 堀川 重樹, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 18, 1, 229, 230,   2007年10月
  • 排尿後症状の疫学調査 IPSSに独自の問診表を加えての検討, 清水 信貴, 松本 成史, 田原 秀男, 花井 禎, 植村 天受, 杉山 高秀, 日本排尿機能学会誌, 18, 1, 230, 230,   2007年10月
  • シロドシンの射精障害 ヘルシーボランティアと投与症例での検討, 堀川 重樹, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 杉本 公一, 植村 天受, 杉山 高秀, 日本排尿機能学会誌, 18, 1, 240, 240,   2007年10月
  • 新しい非侵襲ウロダイナミクス装置(膀胱内圧テレメトリー法)の開発とその有用性, 松本 成史, 竹内 康人, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 18, 1, 250, 250,   2007年10月
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 小角 幸人, 高原 史郎, 奥山 明彦, 勝岡 洋治, 上田 陽彦, 岸本 武利, 仲谷 達也, 伊藤 喜一郎, 佐川 史郎, 園田 孝夫, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 秋山 隆弘, 林 良輔, 大阪透析研究会会誌, 25, 2, 207, 218,   2007年09月
    概要:2006年12月31日の時点で、647人が献腎移植希望登録を済ませている。2006年の献腎移植症例数は献腎移植5例であった。一方、生体腎移植は69例行われた。献腎移植における腎受者の年齢は40歳代が165例(43.0%)と最も多く、60歳以上の症例は2例(0.5%)しか行われていなかった。生体腎移植では30歳代が302例(31.7%)と最も多く、60歳以上は32例(3.4%)しかおこなわれていない。献腎移植症例の生着率は1年87.1%、3年79.4%、5年69.6%、10年54.7%、生体腎移植症例の生着率は1年94.7%、3年90.2%、5年83.2%、10年66.2%であり、生体腎移植の方が明らかに良好であった。ドナーの年齢や献腎移植においてはHLAが移植腎成績に影響した。移植腎機能喪失原因は献腎移植、生体腎移植で違いはなく、約65%は慢性拒絶反応であり、約6〜8%が急性拒絶反応であった。非免疫学的原因による喪失は献腎移植の方が多かった。献腎移植症例の生存率は1年95.1%、3年92.3%、5年89.7%、10年83.6%、生体腎移植の方が明らかに良好であった。死亡例は献腎移植396例中78例(19.6%)、ABO不適合を除く生体腎移植852例中79例(9.3%)みられ、おもな死因は感染症、心疾患、脳血管障害、肝障害であった。2001年以降は心疾患が第1位となり、悪性腫瘍による死亡も増えてきた。(著者抄録)
  • 当科における腎移植後悪性腫瘍症例の検討, 石井 徳味, 齋藤 允孝, 森 康範, 林 泰司, 植村 天受, 大阪透析研究会会誌, 25, 2, 267, 268,   2007年09月
  • 胃癌に対する新たな治療戦略 難治性腎細胞癌に対する分子標的治療薬の使用経験, 植村 天受, 田中 基幹, 野澤 昌弘, 上島 成也, 日本癌治療学会誌, 42, 2, 317, 317,   2007年09月
  • 腫瘍切除と放射線療法により臓器温存しえた14歳局所再発性陰茎癌の1例, 野澤 昌弘, 吉田 謙, 谷川 剛, 細木 茂, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 42, 2, 742, 742,   2007年09月
  • 多施設共同研究の現状と課題 テーラーメイドペプチドワクチン多施設共同研究, 野口 正典, 寺崎 瑞彦, 伊東 恭悟, 山田 亮, 植村 天受, Biotherapy, 21, Suppl.I, 44, 44,   2007年09月
  • サイトカイン療法抵抗性腎癌に対する新しい治療戦略, 植村 天受, 石井 徳見, 上島 成也, 清水 信貴, 秋山 隆弘, 井口 正典, 日本腎臓学会誌, 49, 6, 718, 718,   2007年08月
  • 自然発症高血圧ラットにおいて高血圧はBBN誘導性膀胱発癌を促進する(Hypertension promotes BBN-induced bladder carcinogenesis in spontaneously hypertensive rat), 松本 成史, 田中 基幹, 上島 成也, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 66回, 123, 123,   2007年08月
  • 先天性副腎皮質過形成に対する治療が原因と考えられた両側Leydig cell tumorの1例, 松本 成史, 齋藤 允孝, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 植村 天受, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 16, 1, 100, 100,   2007年06月
  • BPH/LUTSに対するエビプロスタットの抗酸化作用の検討, 堀川 重樹, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 植村 天受, 吉賀 伸浩, 泌尿器科紀要, 53, 5, 351, 351,   2007年05月
  • パーキンソン病に対する脳深部刺激療法(DBS)前後の排尿状態の変化について, 清水 信貴, 松本 成史, 森 康範, 吉岡 伸浩, 植村 天受, 渡邉 啓, 中野 直樹, 種子田 護, 泌尿器科紀要, 53, 5, 352, 352,   2007年05月
  • 高血圧と過活動膀胱の関連性に関する実験的検討, 吉岡 伸浩, 松本 成史, 清水 信貴, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 53, 5, 352, 352,   2007年05月
  • 尿細管上皮細胞に対する蓚酸カルシウム結晶付着におけるオステオポンチンの役割, 梅川 徹, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 53, 5, 353, 353,   2007年05月
  • 妊娠中に高度両側水腎症で緊急処置を要した小児期逆流防止手術の合併症:4症例の経験, 畑中 祐二, 松本 成史, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 植村 天受, 秋山 隆弘, 栗田 孝, 泌尿器科紀要, 53, 5, 358, 358,   2007年05月
  • 当院で経験した腎移植後、妊娠、出産に至った2例, 石井 徳味, 森 康範, 林 泰司, 松本 成史, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 53, 5, 359, 359,   2007年05月
  • HLA-A3陽性前立腺癌患者に対する癌ワクチン療法に応用できるSART3由来ペプチドの同定, 南 高文, 松枝 智子, 竹田津 宏子, 田中 将博, 野口 正典, 植村 天受, 伊東 恭吾, 原田 守, 泌尿器科紀要, 53, 5, 360, 360,   2007年05月
  • 近畿大学医学部附属病院ならびに関連施設における前立腺生検症例の検討, 杉本 公一, 松本 成史, 西岡 伯, 江左 篤宣, 今西 正昭, 加藤 良成, 植村 天受, 泌尿器外科, 20, 5, 675, 678,   2007年05月
    概要:前立腺生検は前立腺癌を確定診断する唯一の方法である。しかしながら、その適応・方法は、施設間において異なり、各施設間同士を比較検討した報告は少ない。今回、われわれは近畿大学泌尿器科学教室研究グループの5施設における3年間の前立腺生検の1,132症例の結果を集計し、retrospectiveに検討を行った。(著者抄録)
  • 近畿大学医学部附属病院における血液浄化30年の臨床統計, 植村 天受, 石井 徳味, 森 康範, 林 泰司, 坂口 美佳, 長谷川 廣文, 嶋津 秀紀, 松岡 稔明, 杉山 昌史, 木下 浩二, 船内 正憲, 日本透析医学会雑誌, 40, Suppl.1, 425, 425,   2007年05月
  • ブラッドアクセス造設後における経時的血流動態の評価, 石井 徳味, 森 康範, 林 泰司, 植村 天受, 日本透析医学会雑誌, 40, Suppl.1, 567, 567,   2007年05月
  • パーキンソン病の排尿・蓄尿障害に対する両側視床下核刺激術の効果, 中野 直樹, 渡邉 啓, 種子田 護, 松本 成史, 清水 信貴, 植村 天受, 機能的脳神経外科, 46, 1, 68, 69,   2007年05月
    概要:排尿・蓄尿障害を伴うパーキンソン病患者で両側視床下核刺激術を受けた7例の術前後に尿流動態検査を行い、検査値がどのように変化したか調査した。不随性排尿筋収縮閾値容量と最大膀胱容量の有意な改善が認められた。
  • 難治性サイトメガロウイルス感染症を発症したABO血液型不適合生体腎移植の1例, 林 泰司, 斉藤 允孝, 森 康範, 石井 徳味, 植村 天受, 今日の移植, 20, 3, 264, 266,   2007年05月
    概要:症例は25歳男性で、父親をドナーにABO血液型不適合生体腎移植を行った。また、サイトメガロウイルス(CMV)抗原は、レシピエント陰性、ドナー陽性であった。免疫抑制療法にはタクロリムス(TAC)、プレドニゾロン、ミコフェノール酸モフェチルを用い、導入時にはバシリキシマブ、塩酸グスペリムスを投与した。移植後は良好に経過したが、30日目にCMV抗原陽性となった。ガンシクロビル(GCV)を投与したところ、CMV抗原陽性細胞数は著明に改善し、陰性化した。しかし、移植後70日目、再度CMV抗原陽性となった。GCVを投与したが、陽性細胞数は増加を続け、GCV抵抗性のCMV感染症の診断でホスカルネット(PFA)の投与を開始した。PFAの投与に伴い、CMV抗原陽性細胞数は著明に減少したものの、血清クレアチニンは上昇した。腎生検では血管系に異常はなく、一部硝子体滴変性を伴う尿細管の巣状の萎縮を認めた。薬剤性腎機能障害の診断で薬剤の減量・中止を行った。移植から1年を経て、CMV抗原は陰性を保っている。
  • 当科における腎移植後悪性腫瘍症例の検討, 森 康範, 林 泰司, 石井 徳味, 植村 天受, 原 靖, 移植, 42, 2, 187, 187,   2007年04月
  • 経尿道的前立腺切除術におけるLevofloxacin術前投与の意義 前立腺組織内濃度と術後感染予防効果, 近藤 秀明, 藤本 清秀, 井上 剛志, 多武保 光宏, 平山 暁秀, 原本 順規, 石橋 道男, 植村 天受, 吉田 克法, 平尾 佳彦, 泌尿器外科, 20, 3, 265, 270,   2007年03月
    概要:TURPを施行した前立腺肥大症32例を対象に、感染予防薬の投与法の違いによる血清および前立腺組織内濃度と術後早期の感染予防効果を評価するため、無作為割付試験を施行した。投与法は、A群(n=10):術前2時間前にlevofloxacin(LVFX)200mg、B群(n=12):術前3日間LVFX 400mg/日+術後当日200mg内服、C群(n=10):当日の術前後にcefazolin sodium 2g/日静注。A群のLVFX血清濃度、浅層および深層組織内濃度は1.6±0.6μg/ml,3.2±1.9μg/g,2.2±0.8μg/gで、B群では2.2±1.4μg/ml,2.8±1.7μg/g,2.1±1.0μg/gであった。A群では浅層と深層組織内濃度の間に有意な差を認めたが、B群では認めなかった。発熱、白血球、CRPなど術後感染のパラメータは各群間で差を認めなかった。TUR-P術後感染予防には、術直前にLVFXを経口投与することで十分であると考えられた。(著者抄録)
  • 膀胱虚血・再灌流障害に対する黄杞茶の膀胱保護効果について, 松本 成史, 大戸 信明, 川嶋 善仁, 神原 敏光, 水谷 健二, 池田 孝夫, Levin Robert M., 植村 天受, 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌, 15, 1, 110, 112,   2007年03月
    概要:兎の膀胱虚血・再灌流(I/R)モデルを用い、黄杞茶抽出物の作用を検討した。黄杞茶抽出物は、I/Rにより引き起こされる膀胱重量の変化に影響を与えなかった。偽処置群における等尺性収縮力は、経壁電気刺激、ATP、carbachol、KClのいずれの刺激に対しても、黄杞茶抽出物および蒸留水投与群は同程度の収縮力を示したが、I/R群では黄杞茶抽出物投与群で有意に高値を示した。また脂質過酸化に対する影響では、膀胱平滑筋組織では黄杞茶抽出物の投与によりmalondialdehydeは抑制される傾向にあったが、膀胱粘膜組織においては有意差がなかった。一方、Citrate Synthase活性に対しては、膀胱平滑筋組織では軽度のI/Rでは黄杞茶抽出物の投与により活性は維持されることが示されたが、粘膜組織では黄杞茶の有効性はみられなかった。
  • 下部尿路閉塞モデルにおけるエラスチンの役割と膀胱機能の検討, 杉本 公一, 松本 成史, 花井 禎, 伊藤 浩行, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 335, 335,   2007年02月
  • ラット腎阻血モデルにおけるcarvedilol投与の抗酸化作用についての検討, 林 泰司, 森 康範, 能勢 和宏, 西岡 伯, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 346, 346,   2007年02月
  • 共焦点レーザー顕微鏡によるCOM結晶中のオステオポンチンの局在観察, 梅川 徹, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 354, 354,   2007年02月
  • 泌尿器腫瘍におけるFDG-PETの展望, 田中 基幹, 斎藤 允孝, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 野澤 昌弘, 石井 徳味, 植村 天受, 細野 眞, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 360, 360,   2007年02月
  • 核磁気共鳴法を用いた膀胱癌特異分子同定の試み, 石井 徳味, 松本 成史, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 432, 432,   2007年02月
  • VardenafilはBPH/LUTSを改善する ラット閉塞膀胱に対するVardenafilの有効性について, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 461, 461,   2007年02月
  • BPH/LUTS症例に対するエビプロスタットの抗酸化作用の検討, 花井 禎, 松本 成史, 堀川 重樹, 清水 信貴, 植村 天受, 杉山 高秀, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 463, 463,   2007年02月
  • IPSSにnocturia QOLを加えた独自の問診表によるα遮断薬の夜間頻尿に対する効果, 清水 信貴, 松本 成史, 植村 天受, 堀川 重樹, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 江左 篤宣, 杉山 高秀, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 464, 464,   2007年02月
  • 前立腺癌マウスにおけるBcl-2発現抑制による抗腫瘍効果および放射線感受性の誘導, 穴井 智, 田中 基幹, 川上 隆, 辻本 賀洋, 藤本 清秀, 植村 天受, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 470, 470,   2007年02月
  • HLA-A3陽性前立腺癌患者に対するSART3由来ペプチドワクチンの開発, 南 高文, 植村 天受, 上島 成也, 伊東 恭悟, 原田 守, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 475, 475,   2007年02月
  • 前立腺上皮細胞におけるbeta-cateninの過剰発現は前立腺上皮細胞の増殖と表皮様構造へのtransdifferentiationを引き起こす, 野澤 昌弘, 南 高文, 田中 基幹, 上島 成也, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 476, 476,   2007年02月
  • SHR,SHR-SPを用いた高血圧と過活動膀胱の関連性に関する実験的検討, 吉岡 伸浩, 松本 成史, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, 2, 516, 516,   2007年02月
  • 手術室における臨床工学技士の役割, 古田 朋之, 中井 紀裕, 佐竹 麻美, 境 真生子, 長嶋 隆夫, 植村 天受, 医工学治療, 19, Suppl., 117, 117,   2007年02月
  • 当院におけるアフェレシスモニタを使用した病棟透析の現状, 竹田 圭, 尾崎 美和, 西村 昌美, 植村 天受, 坂口 美佳, 長谷川 廣文, 医工学治療, 19, Suppl., 137, 137,   2007年02月
  • 蓚酸カルシウム結晶の腎尿細管上皮細胞への付着に対するOsteopontin(OPN)及びglycosaminoglycans(GAGs)の効果について, 辻 秀憲, 植村 天受, 梅川 徹, 井口 正典, 日本尿路結石症学会誌, 5, 2, 142, 146,   2007年02月
  • 体腔内圧の非接触連続監視のための閉鎖ベローズ式感圧機構をカプセル化したテレメーター発信機, 中園 幸弥, 松本 成史, 植村 天受, 竹内 康人, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), 106, 506, 85, 88,   2007年01月
    概要:蓄尿と排尿のプロセスは外乱に対して鋭敏なため、その無妨害動態観測には種々の問題点が残っている。本研究においてはこの主旨により最も妨害の少ない手法として膀胱内に送り込まれて暫く停留し、そこの静圧情報をセンスして連続送信して来るカプセル状のテレメーター発信機を構想し、設計、試作およびモデル実験および動物実験を行って実用化の見通しを得たので報告する。感圧変位系に直結した可変インダクタンス式のLC発信回路が電池とともに外部尿道を通過し得る直径6mmほどのカプセルに収容され、その発振コイルの放つ高周波磁束を体外からサーチコイルと狭帯域ヘテロダイン受信機で捕捉し、発振信号の周波数ないし位相推移を精密に計測する事で圧の推移を観測する。in-vivo実験では家兎の膀胱内において排尿反射および自然放尿の過程を数時間にわたり何回か観測する事が出来た。(著者抄録)
  • 泌尿器腹腔鏡ガイドライン委員会報告 腹腔鏡下根治的腎摘除術のガイドライン, 小野 佳成, 植村 天受, 小松 和人, 服部 良平, 中澤 速和, Japanese Journal of Endourology and ESWL, 19, 3, 145, 145,   2006年10月
  • 当院で経験した腎移植後、妊娠・出産の2症例について, 石井 徳味, 森 康範, 林 泰司, 松本 成史, 植村 天受, 日本生殖医学会雑誌, 51, 4, 357, 357,   2006年10月
  • きわめて稀な後腸形成不全・外陰部形成不全の1症例, 林 泰司, 兼子 美帆, 松本 成史, 植村 天受, 吉田 洋, 八木 誠, 泌尿器科紀要, 52, 10, 820, 820,   2006年10月
  • 前立腺癌密封小線源治療の初期経験, 田原 秀男, 林 泰司, 植村 天受, 中松 清志, 大久保 充, 西村 恭昌, 泌尿器科紀要, 52, 10, 822, 822,   2006年10月
  • 前立腺癌密封小線源治療の初期経験, 林 泰司, 森 康範, 田原 秀男, 田中 基幹, 植村 天受, 中松 清志, 大久保 充, 西村 恭昌, 近畿大学医学雑誌, 31, 3, 13A, 13A,   2006年10月
  • 【癌ワクチン療法の現状と展望】腎癌に対するCA9ペプチドワクチン療法, 植村 天受, Surgery Frontier, 13, 3, 280, 285,   2006年09月
    概要:carbonic anhydrase 9(CA9)はさまざまな悪性腫瘍に発現する癌関連抗原であるが、腎細胞癌においては90%に高率かつ特異的に強発現しており、診断と治療の標的分子として有望である。最近では、抗CA9抗体を用いた治療やイムノシンチなど、腎癌患者において幅広い臨床研究が行われている。筆者らは、MHCクラスI(HLA-A24)拘束性のCA9ペプチドワクチン(CA9p219,CA9p288,CA9p323)を開発し、難治性腎癌患者に対して第I相臨床試験を行った。対象は、既存のサイトカイン療法不応の転移性CA9陽性腎細胞癌23例で、平均年齢63歳、平均観察期間は17ヵ月であった。重篤な有害事象は認めず、安全と思われた。また、16例で特異的なCTL誘導を認め、転移巣の明らかな縮小、消失を示すPR症例を3例認めた。以上より、CA9ペプチドワクチン療法は難治性腎癌において有用な新しい治療法であると思われた。(著者抄録)
  • 大阪府で行われた腎移植に関する実態調査, 高原 史郎, 小角 幸人, 奥山 明彦, 勝岡 洋治, 上田 陽彦, 岸本 武利, 仲谷 達也, 伊藤 喜一郎, 佐川 史郎, 園田 孝夫, 江左 篤信, 金 卓, 植村 天受, 秋山 隆弘, 林 良輔, 大阪透析研究会会誌, 24, 2, 207, 218,   2006年09月
    概要:2005年12月末までに大阪府で行われた腎移植成績を検討した。シクロスポリン、あるいはタクロリムスを使用して行った献腎移植、生体腎移植を対象とした。腎受者の年齢は、献腎移植は40歳台が165例(43.0%)、生体腎移植は30歳台が282例(32.9%)と最も多かった。生着率は、献腎移植391例は1年87.5%、3年79.6%、5年69.4%、10年54.4%、生体腎移植883例は1年94.8%、3年90.3%、5年83.2%、10年65.8%であった。移植腎機能喪失原因は、双方とも約70%は慢性拒絶反応、10%前後が急性拒絶反応であったが、非免疫学的原因による喪失は献腎移植の方が高率であった。生存率は、献腎移植は2年93.7%、4年91.0%、6年88.0%、10年86.1%、生体腎移植は2年98.0%、4年96.3%、6年94.9%、10年91.1%であった。死亡例は、献腎移植391例中70例、ABO不適合を除く生体腎移植801例中67例であった。移植腎成績はドナーの年齢やHLAが影響することが判明した。
  • 進行腎癌の新規治療 サイトカイン療法の限界を越えて 進行腎癌に対するCA9ペプチドワクチン療法, 植村 天受, 田中 基幹, 上島 成也, 野澤 昌弘, 藤本 清秀, 平尾 佳彦, 日本癌治療学会誌, 41, 2, 335, 335,   2006年09月
  • 手術および免疫化学放射線療法による積極的な集学的治療により社会復帰を維持している腎細胞癌全身多発転移の1例, 鳥本 一匡, 田中 雅博, 田中 宣道, 平山 暁秀, 藤本 清秀, 平尾 佳彦, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 41, 2, 458, 458,   2006年09月
  • 泌尿器科領域におけるFDG-PETの有用性, 田中 基幹, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 石井 徳味, 細野 眞, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 41, 2, 481, 481,   2006年09月
  • 近畿大学泌尿器科における前立腺癌ヨウ素125密封小線源永久挿入療法, 林 泰司, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 辻 秀憲, 松本 成史, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 田原 秀男, 田中 基幹, 石井 徳味, 中松 清志, 大久保 充, 西村 恭昌, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 41, 2, 721, 721,   2006年09月
  • Clinically malignant behaviorを呈した骨盤内multilocular cystic epithelial-stromal tumorの1例, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 杉山 高秀, 土手 健作, 伊藤 浩行, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 41, 2, 814, 814,   2006年09月
  • 【癌ワクチン療法の新しい試み】腎細胞癌に対するCA9ペプチドのワクチン療法, 上島 成也, 植村 天受, Biotherapy, 20, 5, 484, 489,   2006年09月
    概要:腎細胞癌に高率に発現する癌関連抗原CA9から作製した3種類のMHCクラスIペプチドが特異的な免疫反応を誘導するのに際し、その毒性と能力を評価する目的に、進行性のサイトカイン抵抗性の転移性腎細胞癌患者を対象とした臨床試験を概説した。病理学的に腎細胞癌と確認されたヒトリンパ球抗原(HLA)-A24陽性患者23例が登録された。適応はIL-2やIFN-αの標準的サイトカイン療法後の進行例とした。3種類のワクチンを不完全フロイントアジュバントにてエマルジョン化し、2週間ごとに皮下投与した。ワクチン投与前後の血液サンプルを採取し、有害事象を検討すると同時に免疫学的検索を行った。臨床的効果判定は3ヵ月ごとに行った。ワクチン療法は重篤な有害事象はなく、容認されるものであった。ほとんどの症例にて、ワクチン投与後ペプチド特異的CTLやIgGが誘導され、6回もしくは9回投与後から徐々に上昇した。多発肺転移の3例に転移巣の消失もしくは縮小の有効例(PR)を認めた。6ヵ月以上SDであったのは6例で、試験登録後からの全患者の生存期間の中央値は21.0ヵ月であった。3種類のCA9ペプチドワクチン療法は安全であり、HLA-A24陽性の転移性腎細胞癌患者に対するさらなる検討が推奨される。(著者抄録)
  • 高血圧と過活動膀胱 SHR、SHRSPを用いた実験的検討, 吉岡 伸浩, 松本 成史, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 17, 1, 147, 147,   2006年09月
  • 「夜間頻尿」がQOLにどの程度関与しているか IPSSにnocturia QOLを加えた調査による検討, 清水 信貴, 松本 成史, 植村 天受, 堀川 重樹, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 江左 篤宣, 日本排尿機能学会誌, 17, 1, 163, 163,   2006年09月
  • 経尿道的前立腺切除術(TUR-P)前後における尿中8-OHdGの推移, 堀川 重樹, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 17, 1, 189, 189,   2006年09月
  • 前立腺におけるエラスチンの分布, 杉本 公一, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 植村 天受, 伊藤 浩行, 永井 信夫, 中林 洋, 木野 茂生, 日本排尿機能学会誌, 17, 1, 189, 189,   2006年09月
  • 下部尿路閉塞と膀胱発癌の関係 ラットを用いた実験的検討, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 田中 基幹, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 17, 1, 193, 193,   2006年09月
  • 下部尿路閉塞により膀胱の発癌は促進される, 松本 成史, 田中 基幹, 上島 成也, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 65回, 124, 124,   2006年09月
  • 細胞療法・ワクチン療法とエビデンス ホルモン不応再燃前立腺癌に対するペプチドワクチン療法 第I/II相臨床試験, 植村 天受, 上島 成也, 田中 基幹, 南 高文, 藤本 清秀, 平尾 佳彦, 伊東 恭悟, Biotherapy, 20, Suppl.I, 76, 76,   2006年09月
  • 妊娠中の高度両側水腎症で緊急処置を要した小児期逆流防止手術の合併症 4症例の経験, 松本 成史, 杉本 公一, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 畑中 祐二, 森本 康裕, 花井 禎, 上島 成也, 植村 天受, 秋山 隆弘, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 15, 1, 72, 72,   2006年07月
  • 極めて稀な後腸形成不全・外陰部形成不全の1症例, 松本 成史, 林 泰司, 吉田 洋, 八木 誠, 植村 天受, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 15, 1, 80, 80,   2006年07月
  • 腎部分切除術後,肺・骨転移を来した小径腎細胞癌の1例, 鳥本 一匡, 松下 千枝, 千原 良友, 田中 基幹, 藤本 清秀, 平尾 佳彦, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 7, 586, 586,   2006年07月
  • 右腎癌術後20年目に肺転移を来たした1例, 兼子 美帆, 田原 秀男, 石井 徳味, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 7, 592, 592,   2006年07月
  • 小児膀胱平滑筋肉腫の1例, 清水 信貴, 松本 成史, 植村 天受, 森口 直彦, 八木 誠, 泌尿器科紀要, 52, 7, 595, 596,   2006年07月
  • ネオアジュバント内分泌療法後の前立腺全摘症例の検討, 杉本 公一, 兼子 美帆, 清水 信貴, 堀川 重樹, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 杉山 高秀, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 5, 393, 393,   2006年05月
  • 結石型原発性上皮小体機能亢進症34例の局在診断, 奥田 康登, 辻 秀憲, 植村 天受, 梅川 徹, 井口 正典, 泌尿器科紀要, 52, 5, 393, 393,   2006年05月
  • IGCCCおよびJUA分類による精巣腫瘍, 松村 善昭, 松本 吉宏, 雄谷 剛士, 丸山 良夫, 田中 基幹, 植村 天受, 平尾 佳彦, 妻谷 憲一, 泌尿器科紀要, 52, 5, 395, 395,   2006年05月
  • 近畿大学医学部泌尿器科において浸潤性膀胱癌に対する膀胱全摘除術, 堀川 重樹, 兼子 美帆, 清水 信貴, 森 康範, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 石井 徳味, 杉山 高秀, 松浦 健, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 5, 398, 398,   2006年05月
  • 遺伝子徐放製剤を用いた前立腺癌に対する治療法の確立, 高田 聡, 冨岡 厚志, 穴井 智, 三宅 牧人, 松村 善昭, 田中 基幹, 平尾 佳彦, 櫛引 俊宏, 田畑 泰彦, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 5, 401, 401,   2006年05月
  • 泌尿器癌におけるPTEN癌抑制遺伝子の意義, 冨岡 厚志, 高田 聡, 穴井 智, 三宅 牧人, 松村 善昭, 田中 基幹, 平尾 佳彦, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 5, 401, 401,   2006年05月
  • 化学療法後に外科的切除が奏功した縦隔原発胚細胞性腫瘍の1例, 三宅 牧人, 田中 基幹, 平尾 佳彦, 玉置 伸二, 高濱 誠, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 5, 410, 410,   2006年05月
  • 初期治療から6年後に肺転移,さらに右心房内腫瘍塞栓を形成した進行性精巣腫瘍の1例, 三宅 牧人, 田中 基幹, 平尾 佳彦, 阿倍 毅嗣, 谷口 繁樹, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 5, 410, 410,   2006年05月
  • 特発性正常圧水頭症症例における排尿筋過活動の意義, 松本 成史, 清水 信貴, 北口 正孝, 吉岡 伸浩, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 5, 405, 405,   2006年05月
  • シクロスポリン投与下腎移植患者における高脂血症の病態, 石井 徳味, 森 康範, 林 泰司, 田原 秀男, 原 靖, 植村 天受, Therapeutic Research, 27, 4, 619, 622,   2006年04月
    概要:腎移植後に発生する高脂血症の病態を評価するため,脂質代謝に関与する各種パラメータを測定した.特に免疫抑制剤シクロスポリン,ステロイドの投与が高脂血症発症に及ぼす影響について検討した.腎移植を施行し,外来通院中の36例を対象に空腹時血液を測定した.その結果,シクロスポリン投与下の高脂血症の発症要因として,リポ蛋白(VLDL,LDL)の合成亢進や異化遅延が関与することが示された.又,シクロスポリン投与下の高中性脂肪血症の発症要因の一つとして,LPL(リポ蛋白リパーゼ)活性の低下が認められた.高脂血症の移植患者には,動脈硬化の指標であるアポB/AI比,及びLDLコレステロール値の上昇が認められた.このような症例に対しては,早急な高脂血症治療が必要と考えられた
  • 下部尿路閉塞により膀胱の発癌は促進される, 松本 成史, 花井 禎, 清水 信貴, 上島 成也, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 97, 2, 234, 234,   2006年03月
  • 尿細管上皮細胞に対する蓚酸カルシウム結晶の付着におけるオステオポンチンの役割について, 梅川 徹, 辻 秀憲, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 97, 2, 269, 269,   2006年03月
  • 根治的前立腺摘除術後におけるPSA failure, 冨岡 厚志, 近藤 秀明, 高田 聡, 三宅 牧人, 島田 啓司, 小西 登, 田中 基幹, 植村 天受, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 97, 2, 294, 294,   2006年03月
  • 前立腺全摘除術後のSalvage Radiation Therapy, 田中 基幹, 冨岡 厚志, 近藤 秀明, 高田 聡, 三宅 牧人, 島田 啓司, 小西 登, 浅川 勇雄, 長谷川 正俊, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 97, 2, 351, 351,   2006年03月
  • 進行性腎癌に対する4剤(IL-2,IFN-α,5-FU,cimetidine)併用免疫化学療法の有用性に関する前向き臨床試験による検討, 三宅 牧人, 冨岡 厚志, 田中 基幹, 田中 雅博, 田中 宣道, 藤本 清秀, 平尾 佳彦, 植村 天受, 吉井 将人, 渡辺 秀次, 雄谷 剛士, 丸山 良夫, 日本泌尿器科学会雑誌, 97, 2, 355, 355,   2006年03月
  • 蓚酸カルシウム結晶の腎尿細管上皮細胞への付着に対する酸性ムコ多糖の効果について, 辻 秀憲, 植村 天受, 梅川 徹, 日本泌尿器科学会雑誌, 97, 2, 403, 403,   2006年03月
  • External Beam Radiation Therapyによる前立腺癌の治療効果, 高田 聡, 冨岡 厚志, 浅川 勇雄, 長谷川 正俊, 田中 基幹, 植村 天受, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 97, 2, 477, 477,   2006年03月
  • 浸潤性膀胱癌に対して放射線療法,末梢血幹細胞移植併用M-VAC療法を施行した1症例, 清水 信貴, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 1, 77, 77,   2006年01月
  • 肺腫瘍を契機に発見された前立腺癌の1例, 杉本 公一, 松本 成史, 田原 秀男, 松浦 健, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 52, 1, 77, 77,   2006年01月
  • 腹腔鏡下手術における下大静脈出血とその腹腔鏡下修復の経験, 原 靖, 杉本 公一, 辻 秀憲, 田原 秀男, 杉山 高秀, 植村 天受, 花井 禎, 寺地 敏郎, Japanese Journal of Endourology and ESWL, 18, 3, 207, 207,   2005年11月
  • 細径切開用内視鏡を使用したendopyelotomyにおける切開刃脱落の経験, 吉岡 伸浩, 辻 秀憲, 原 靖, 梅川 徹, 杉山 高秀, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology and ESWL, 18, 3, 213, 213,   2005年11月
  • 特発性正常圧水頭症症例の治療前後における膀胱機能の変化, 清水 信貴, 松本 成史, 花井 禎, 北口 正孝, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 16, 1, 128, 128,   2005年10月
  • 女性尿閉の臨床的検討, 堀川 重樹, 松本 成史, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 兼子 美帆, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 16, 1, 135, 135,   2005年10月
  • 中高年女性OAB患者に対するエストロゲン補充療法の臨床的検討, 兼子 美帆, 松本 成史, 清水 信貴, 花井 禎, 杉山 高秀, 植村 天受, 日本排尿機能学会誌, 16, 1, 137, 137,   2005年10月
  • ラット膀胱虚血・再還流モデルにおけるフリーラジカル消去剤Edaravoneの膀胱機能保護効果と膀胱平滑筋細胞の形態学的phenotypeの変化, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 堀内 喜高, 奥本 勝美, 日本排尿機能学会誌, 16, 1, 146, 146,   2005年10月
  • 【腎盂形成】腎盂尿管移行部狭窄へのアキュサイスの応用, 梅川 徹, 植村 天受, Japanese Journal of Endourology and ESWL, 18, 2, 177, 182,   2005年10月
    概要:腎盂尿管移行部狭窄症34例を対象にアキュサイスカテーテルを用いた狭窄部切開術を施行し,その治療成績を検討した.平均手術時間の中央値は48分,術後在院日数の中央値は6日であった.患者の自覚的成功率は87.5%で,レントゲン検査による水腎症軽減をみる他覚的成功率は76.5%であった.術後に後腹膜腔血腫のために輸血を要した症例が1例あった.不成功の8例のうち,4例は経過観察中で,4例は追加外科手術にて水腎症の改善を得た
  • HLA-A24陽性難治性腎細胞癌に対するCA9ペプチドワクチン療法 第1/2相臨床試験, 植村 天受, 藤本 清秀, 田中 基幹, 平尾 佳彦, 上島 成也, 吉川 和宏, Biotherapy, 19, Suppl.I, 112, 112,   2005年10月
  • 腎癌治療における常識は,本当に常識といえるのか? ガイドライン作成を目指して 積極派 初診時から遠隔転移を有する進行性腎癌において,原発巣切除は優先されるべきか?, 植村 天受, 腎癌研究会会報, 29, 9, 10,   2005年09月
  • 腎細胞癌 診断・治療の最先端と今後の展望 難治性腎癌に対するCA9ペプチドワクチン療法 第1相・早期第2相臨床試験, 植村 天受, 藤本 清秀, 田中 基幹, 平尾 佳彦, 上島 成也, 吉川 和宏, 日本癌治療学会誌, 40, 2, 272, 272,   2005年09月
  • 化学療法に外科的切除が奏功した縦隔原発性胚細胞性腫瘍の1例, 松村 善昭, 田中 基幹, 井上 剛志, 玉置 伸二, 高濱 誠, 植村 天受, 平尾 佳彦, 日本癌治療学会誌, 40, 2, 527, 527,   2005年09月
  • 初期治療から6年後に肺転移,その後右心房内腫瘍塞栓を形成した進行性精巣腫瘍の1例, 三宅 牧人, 田中 基幹, 千原 良友, 高濱 誠, 谷口 繁樹, 植村 天受, 平尾 佳彦, 日本癌治療学会誌, 40, 2, 643, 643,   2005年09月
  • テーラーメイドペプチドワクチンの臨床試験と基礎解析, 山田 亮, 峯 孝志, 由谷 茂, 野口 正典, 山中 龍也, 植村 天受, 伊東 恭悟, 日本癌学会総会記事, 64回, 428, 428,   2005年09月
  • 難治性腎細胞癌に対するCA9ペプチドワクチン療法 第1相・早期2相臨床試験, 植村 天受, 藤本 清秀, 上島 成也, 田中 基幹, 平尾 佳彦, 日本癌学会総会記事, 64回, 429, 429,   2005年09月
  • PTEN遺伝子徐放製剤によるヒト前立腺癌放射線感受性増強効果, 冨岡 厚志, 高田 聡, 松村 善昭, 櫛引 俊宏, 田畑 泰彦, 田中 基幹, 植村 天受, 平尾 佳彦, 日本癌学会総会記事, 64回, 503, 503,   2005年09月
  • Inductive Coupling Wireless Sensor-Transmitter for Continuous Monitoring of Intra-Bladder Pressure for Unconstrained Urodynamic Study, 松本 成史, 植村 天受, Nakazono K, Takeuchi Y, Proceedings of 5th International Workshop on Biosignal Interpretation, 193, 194,   2005年09月
  • 【前立腺がん診断の進歩 スクリーニングと血清腫瘍マーカー】前立腺生検・予見因子・その他 PSA値3.1〜10.0ng/mlの前立腺針生検における生検数の検討, 杉本 公一, 兼子 美帆, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 辻 秀憲, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 泌尿器外科, 18, 8, 977, 979,   2005年08月
    概要:前立腺癌検出率の増加の要因に,前立腺特異抗原と系統的前立腺針生検の普及があげられる.今回われわれはPSA10.0ng/ml以下の176症例に対して生検数を中心に比較検討した(著者抄録)
  • 初診時から遠隔転移を有する進行性腎癌において,原発巣切除は優先されるべきか? 原発巣切除は腎癌に伴う症状の改善に寄与する 原発巣切除を行わない場合,どのようにしてこれに対処するのか 積極派, 植村 天受, Pharma Medica, 23, 8, 114, 116,   2005年08月
  • 済生会中和病院における前立腺全摘除術症例の血清PSA値の検討, 東 拓也, 吉井 将人, 渡辺 秀次, 藤本 健, 太田 匡彦, 平尾 佳彦, 小西 登, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 51, 6, 424, 424,   2005年06月
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討, 畑中 祐二, 辻 秀憲, 梅川 徹, 植村 天受, 井口 正典, 泌尿器科紀要, 51, 6, 426, 426,   2005年06月
  • 蓚酸イオンはNADPH Oxidaseを活性化しオステオポンチンとMCP-1の発現を亢進する, 梅川 徹, 畑中 祐二, 辻 秀憲, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 51, 6, 426, 426,   2005年06月
  • SSRI投与における排尿の変化, 清水 信貴, 花井 禎, 松本 成史, 吉岡 伸浩, 杉山 高秀, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 51, 6, 427, 427,   2005年06月
  • ラット膀胱虚血・再灌流障害におけるフリーラジカル消去剤Edaravoneの効果, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 51, 6, 428, 428,   2005年06月
  • 前立腺に発生したSolitary fibrous tumor(SFT)の1症例, 能勢 和宏, 堀川 重樹, 永井 信夫, 中林 洋, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 51, 6, 429, 429,   2005年06月
  • がん免疫療法臨床試験の展開 テーラーメイドペプチドワクチン, 峯 孝志, 山田 亮, 七條 茂樹, 山名 秀明, 佐藤 裕二, 野口 正典, 植村 天受, 山中 龍也, 藤原 俊義, 柳本 泰明, 伊東 恭悟, 基盤的癌免疫研究会総会抄録, 9回, 32, 32,   2005年06月
  • 小児膀胱平滑筋肉腫(spindle cell sarcoma)の1例, 松本 成史, 兼子 美帆, 杉本 公一, 清水 信貴, 森本 康裕, 花井 禎, 上島 成也, 植村 天受, 森口 直彦, 八木 誠, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 14, 1, 86, 86,   2005年06月
  • 尿閉を契機に発見された骨盤内腫瘍の1例, 清水 信貴, 松本 成史, 杉山 高秀, 松浦 健, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 51, 5, 357, 357,   2005年05月
  • 蓚酸イオンはNADPH Oxidaseを活性化しオステオポンチンとMCP-1の発現を亢進する, 梅川 徹, 植村 天受, 日本腎臓学会誌, 47, 3, 253, 253,   2005年05月
  • 当科および当科関連施設における夫婦間移植8例の検討, 南 高文, 森 康範, 森本 康裕, 能勢 和宏, 田原 秀男, 原 靖, 石井 徳味, 松浦 健, 植村 天受, 永野 哲郎, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 江左 篤宣, 移植, 40, 2, 178, 178,   2005年04月
  • 心停止無脳児ドナーから成人への死体腎移植, 林 泰司, 森本 康裕, 能勢 和宏, 原 靖, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 松浦 健, 植村 天受, 池上 雅久, 移植, 40, 2, 184, 184,   2005年04月
  • 生体腎移植後に発症した薬剤性間質性肺炎の1例, 杉本 公一, 松本 成史, 能勢 和宏, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 移植, 40, 2, 197, 197,   2005年04月
  • 腎移植術におけるクレアトール値の検討, 松本 成史, 花井 禎, 秋山 隆弘, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 移植, 40, 2, 209, 209,   2005年04月
  • 腎移植術における血清8-OHdG量の検討, 花井 禎, 松本 成史, 秋山 隆弘, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 移植, 40, 2, 210, 210,   2005年04月
  • 生体腎移植後に発症した薬剤性間質性肺炎の1例, 杉本 公一, 松本 成史, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, Therapeutic Research, 26, 4, 602, 604,   2005年04月
  • 当科および関連病院で施行したpreemptive腎移植症例の検討, 能勢 和宏, 林 泰司, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 永野 哲郎, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 南 高文, 森本 康裕, 今西 正昭, 日本泌尿器科学会雑誌, 96, 2, 193, 193,   2005年03月
  • 蓚酸イオンはNADPH Oxidase活性を亢進しNRK52E細胞におけるオステオポンチンとMCP-1の産生亢進にいたる, 梅川 徹, 辻 秀憲, 畑中 祐二, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 96, 2, 205, 205,   2005年03月
  • PSA10ng/ml以下の前立腺生検症例における生検数の検討, 杉本 公一, 兼子 美帆, 清水 信貴, 吉岡 伸浩, 辻 秀憲, 松本 成史, 松浦 健, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 96, 2, 213, 213,   2005年03月
  • ラット膀胱虚血・再還流モデルにおける膀胱平滑筋細胞の形態学的phenotypeと膀胱機能の検討, 松本 成史, 花井 禎, 吉岡 伸浩, 清水 信貴, 杉山 高秀, 植村 天受, 堀内 喜高, 奥本 勝美, 日本泌尿器科学会雑誌, 96, 2, 268, 268,   2005年03月
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討 Angiotensin II type I receptor blocker(ARB)との比較, 畑中 祐二, 辻 秀憲, 梅川 徹, 植村 天受, 井口 正典, 日本泌尿器科学会雑誌, 96, 2, 277, 277,   2005年03月
  • 当院で施行した腎移植におけるMinimum immunosuppressionの臨床的検討, 森本 康裕, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 日本泌尿器科学会雑誌, 96, 2, 350, 350,   2005年03月
  • 腎移植後の蛋白尿に対するカンデサルタン(ARB)無効症例の検討, 原 靖, 森本 康裕, 能勢 和宏, 田原 秀男, 松浦 健, 植村 天受, 秋山 隆弘, 日本泌尿器科学会雑誌, 96, 2, 400, 400,   2005年03月
  • 電気メスの切除と凝固時間は経尿道的手術の分析ツールになるか?, 堀川 重樹, 能勢 和宏, 永井 信夫, 際本 宏, 小池 浩之, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 96, 2, 416, 416,   2005年03月
  • 当科および当科関連施設における夫婦間移植8例の検討, 南高文, 森康範, 森本康裕, 能勢和宏, 田原秀男, 原靖, 石井徳味, 松浦健, 植村天受, 永野哲郎, 西岡伯, 秋山隆弘, 江左篤宣, 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 38th, 106,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902269559991032
  • 気管内転移による無気肺を合併した腎癌肺転移症例に対する気管支鏡下切除の経験, 三宅 牧人, 田中 基幹, 植村 天受, 星山 文明, 中西 道政, 松下 千枝, 多武保 光宏, 田中 宣道, 藤本 清秀, 平尾 佳彦, 玉置 伸二, 福岡 篤彦, 泌尿器科紀要, 50, 11, 831, 831,   2004年11月
  • 左精巣硬結とhCG-β上昇を契機として見断された進行胃癌の1例, 松下 千枝, 三宅 牧人, 田中 基幹, 星山 文明, 中西 道政, 多武保 光宏, 田中 宣道, 平山 暁秀, 藤本 清秀, 石橋 道男, 吉田 克法, 植村 天受, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 50, 11, 839, 839,   2004年11月
  • 骨盤腔内に発生した神経節神経腫の1例, 多武保 光宏, 藤本 清秀, 井上 剛志, 田中 基幹, 平山 暁秀, 植村 天受, 吉田 克法, 平尾 佳彦, 市島 国雄, 日本泌尿器科学会雑誌, 95, 7, 809, 812,   2004年11月
    概要:61歳男性.患者は60歳時に横行結腸癌で右半結腸切除術を受けたが,術前CTで長径8.5cmの骨盤内腫瘍を指摘されるも横行結腸癌治療を優先した.術後1年目の定期検査でも腫瘍サイズに変化はなかったが,今回,精査目的で紹介入院となった.所見では,直腸指診で前立腺右側から精嚢にかけ表面平滑な硬い腫瘤が触知され,CTでは膀胱および右精嚢の背側に等吸収域の腫瘍を認めた.造影CTでは軽度の造影効果を認め,MRI-T1強調像では内部が均一な低信号,T2強調像で内部不均一な高信号を呈し,矢状断像では前立腺や右精嚢と接しており,造影MRIでは腫瘍の一部と右精嚢に早期濃染を認めた.尚,腫瘍マーカーも正常範囲内であった.悪性腫瘍も否定できないことからも骨盤内腫瘍ならびに右精嚢摘出術を行った結果,病理所見では後腹膜原発神経節神経腫と診断された.術後10ヵ月経過で再発は認めていない
  • 蓚酸イオンはNADPH Oxidaseを活性化しオステオポンチンとMCP-1の発現を亢進する, 梅川 徹, 辻 秀憲, 畑中 祐二, 植村 天受, 井口 正典, 日本尿路結石症学会誌, 3, 2, 55, 57,   2004年11月
    概要:組織障害における酸化ストレス亢進の一因として,細胞内NADPH Oxidaseの関与が注目されている.活性酸素の生産に重要な働きをするNADPH Oxidaseが,結石形成に関与するケモカインの産生亢進にどのように関与するのかを検討した.蓚酸イオン(Ox)はNRK52E細胞内のNADPH Oxidase活性を亢進させ,細胞内の02-量を増加させた.OPNとMCP-1の産生亢進は,DPIにより有意に減少した.Ox暴露により増加する結石関連ケモカインであるOPNとMCP-1は,NADPH Oxidaseが産生するO2-が,その発現亢進に重要な役割を果たしていることが示唆された
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討 Angiotensin II type I receptor blockerとの比較, 畑中 祐二, 井口 正典, 辻 秀憲, 梅川 徹, 植村 天受, 日本尿路結石症学会誌, 3, 2, 58, 60,   2004年11月
    概要:腎結石が形成される過程において,多種多様な炎症や酸化ストレスが,腎尿細管内で過剰に発生していると考えられる.酸化ストレスを軽減させるため,フリーラジカルのなかで最も組織毒性の強いハイドロキシラジカルを特異的に捕捉する作用のあるニカラベンを用いて,エチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果について検討した.エチレングリコール負荷による腎石灰化のメカニズムはレニン,アンギオテンシンII,オステオポンチンが増加することが重要であった.ARBはオステオポンチンを低下させ腎石灰化を抑制した.ニカラベンはMDAを低下させたが腎石灰化の抑制には影響しなかった
  • 「お父さんのための前立腺講座」PSA検査, 植村 天受,   2004年11月
  • バシリキシマブを使用した生体腎移植3症例の経験, 北内 誉敬, 吉田 克法, 松下 千枝, 星山 文明, 三宅 牧人, 米田 龍生, 藤本 清秀, 石橋 道男, 植村 天受, 平尾 佳彦, 移植, 39, 5, 605, 605,   2004年10月
  • TTP合併のためシクロスポリン,プログラフを中止しセルセプトとプレドニン二剤で維持している1例, 井上 剛志, 石橋 道男, 北内 誉敬, 中西 道政, 近藤 秀明, 多武保 光宏, 平山 暁秀, 田中 宣道, 田中 基幹, 植村 天受, 吉田 克法, 平尾 佳彦, 移植, 39, 5, 611, 611,   2004年10月
  • ドナー脾細胞静脈内投与とデオキシスパーガリンの併用によるアロ特異的宿主T細胞反応の抑制に必要なドナー側細胞特性の解析, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 近畿大学医学雑誌, 29, 2, 48A, 48A,   2004年10月
  • 難治性腎細胞癌に対するCA9抗原ペプチドを用いた特異的免疫療法, 植村 天受, 上島 成也, 松本 成史, 藤本 清秀, 平尾 佳彦, 日本癌学会総会記事, 63回, 438, 438,   2004年09月
  • 腫瘍の分子診断の進歩 腎癌の転移および予後診断におけるcadherin発現の意義と応用, 島居 徹, 植村 天受, 吉川 和宏, 赤座 英之, 日本癌治療学会誌, 39, 2, 274, 274,   2004年09月
  • 難治性腎癌ならびに前立腺癌に対するペプチドワクチン療法の治療成績, 植村 天受, 上島 成也, 田中 基幹, 藤本 清秀, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, 伊東 恭悟, 日本癌治療学会誌, 39, 2, 664, 664,   2004年09月
  • 蓚酸イオンはNADPH Oxidaseを活性化しオステオポンチンとMCP-1の発現を亢進する, 梅川 徹, 畑中 祐二, 辻 秀憲, 植村 天受, 井口 正典, 日本尿路結石症学会誌, 3, 1, 32, 32,   2004年08月
  • ニカラベン投与によるエチレングリコール投与ラット腎における結晶形成抑制効果の検討 Angiotensin II type I receptor blockerとの比較, 畑中 祐二, 井口 正典, 辻 秀憲, 梅川 徹, 植村 天受, 日本尿路結石症学会誌, 3, 1, 34, 34,   2004年08月
  • SHRにおける腎阻血再灌流障害モデルおよびtacrolimus腎毒性に対する抗酸化剤の有用性, 林 泰司, 能勢 和宏, 田原 秀男, 原 靖, 松浦 健, 植村 天受, 西岡 伯, 秋山 隆弘, 移植, 39, 総会臨時, 206, 206,   2004年07月
  • カルシニューリンインヒビター導入以降における腎移植後の死亡症例の検討, 原 靖, 森本 康裕, 能勢 和宏, 田原 秀男, 松浦 健, 植村 天受, 秋山 隆弘, 移植, 39, 総会臨時, 308, 308,   2004年07月
  • 腎移植後に血栓性血小板減少性紫斑病を合併した1例, 井上 剛志, 石橋 道男, 多武保 光宏, 田中 基幹, 平山 暁秀, 藤本 清秀, 趙 順規, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 松本 雅則, 藤村 吉博, 移植, 39, 3, 335, 335,   2004年06月
  • 重篤な壊死性皮下膿瘍を合併した死体腎移植の1例, 北内 誉敬, 吉田 克法, 多武保 光宏, 高尾 雅也, 田 允秀, 田中 基幹, 藤本 清秀, 趙 順規, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 宮川 幸子, 移植, 39, 3, 336, 337,   2004年06月
  • 腎移植後タクロリムスを中止し,MMFとprednisoloneによる2剤維持投与の2例, 石橋 道男, 井上 剛志, 近藤 秀明, 北内 誉敬, 多武保 光宏, 田中 基幹, 田中 宣道, 平山 暁秀, 藤本 清秀, 植村 天受, 吉田 克法, 平尾 佳彦, Therapeutic Research, 25, 5, 947, 950,   2004年05月
    概要:49歳男.10年前母親をドナーとして生体腎移植を行い,慢性拒絶反応のため血液透析再導入となり,再び姉をドナーとした生体腎移植を目的に入院した.クロスマッチでB warm抗体が陽性,B warm抗体の死滅細胞は90%であったため,術前に二重濾過血漿交換療法 2回および血漿交換(PE)1回を行い,シクロスポリン(CyA)とミコフェノール酸モフェチル(MMF)を併用した予防投与により抗体除去を行った.移植後6日目に血小板減少紫斑病(TTP)を発症したため,11回のPEを行い治癒した.PE前の初回vWF-CPase酵素活性は26%で初回のPEで多少の改善がみられた.免疫抑制剤はCyAからタクロリムスに変更していたが,TTP類似症状が持続していたため,移植後約3ヵ月目からタクロリムスを中止しMMFとプレドニゾロンの2剤に変更した.MMFは250mgからタクロリムス中止後2gに増量した.MMFの指標は白血球数,血小板を用いて投与量を調整した.現在はMMF1g/日,プレドニゾロン10mg/日で維持おり,血清クレアチニンは,移植後1年以上経過後も2mg/dL前後で安定している
  • 維持透析患者の膀胱腫瘍に対し腹腔鏡下膀胱全摘術を施行した1例, 北内 誉敬, 吉田 克法, 中西 道政, 三宅 牧人, 近藤 秀明, 米田 龍生, 多武保 光宏, 藤本 清秀, 石橋 道男, 植村 天受, 平尾 佳彦, 日本透析医学会雑誌, 37, Suppl.1, 997, 997,   2004年05月
  • 奈良県立医科大学泌尿器科における過去10年間の原発性後腹膜腫瘍の臨床的検討, 多武保 光宏, 中西 道政, 三宅 牧人, 井上 剛志, 平山 暁秀, 藤本 清秀, 石橋 道男, 植村 天受, 吉田 克法, 平尾 佳彦, 大園 誠一郎, 泌尿器科紀要, 50, 5, 359, 359,   2004年05月
  • PSAがGray zoneを示した症例における前立腺生検の臨床的検討, 田中 宣道, 松下 千枝, 星山 文明, 穴井 智, 多武保 光宏, 田中 基幹, 平山 暁秀, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 平尾 佳彦, 大園 誠一郎, 泌尿器科紀要, 50, 5, 363, 363,   2004年05月
  • 済生会中和病院における根治的前立腺摘除術の臨床的検討, 藤本 健, 東 拓也, 森川 弘史, 吉井 将人, 渡辺 秀次, 太田 匡彦, 福井 義尚, 山本 雅司, 植村 天受, 平尾 佳彦, 小西 登, 泌尿器科紀要, 50, 5, 365, 366,   2004年05月
  • 経尿道的前立腺切除術における術前トシル酸トスフロキサシン投与による術後感染予防効果の検討, 近藤 秀明, 植村 天受, 星山 文明, 松下 千枝, 多武保 光宏, 平山 暁秀, 田中 基幹, 田中 宣道, 藤本 清秀, 石橋 道男, 吉田 克法, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 50, 5, 368, 369,   2004年05月
  • 慢性腎不全患者に発症したCalciphylaxisの2例, 北内 誉敬, 米田 龍生, 藤本 清秀, 植村 天受, 平尾 佳彦, 吉田 克法, 山口 通雅, 泌尿器科紀要, 50, 5, 371, 371,   2004年05月
  • 腎移植後の循環器系・骨代謝内分泌学的変化の検討, 北内 誉敬, 松下 千枝, 三宅 牧人, 米田 龍生, 木村 昇紀, 永吉 純一, 藤本 清秀, 石橋 道男, 植村 天受, 平尾 佳彦, 吉田 克法, 日本腎臓学会誌, 46, 3, 215, 215,   2004年04月
  • 難治性腎細胞癌に対するMN/CA9ペプチドワクチン療法の治療効果, 植村 天受, 田中 基幹, 田中 宣道, 三宅 牧人, 中西 まこ, 藤本 清秀, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 95, 2, 320, 320,   2004年03月
  • PSAのみ異常を示したT1c前立腺癌を疑う症例における前立腺生検の臨床的検討, 田中 宣道, 三宅 牧人, 星山 文明, 多武保 光宏, 田中 基幹, 平山 暁秀, 藤本 清秀, 植村 天受, 石橋 道男, 平尾 佳彦, 趙 順規, 大園 誠一郎, 日本泌尿器科学会雑誌, 95, 2, 356, 356,   2004年03月
  • テストステロン補充治療試験によるPADAM診断の試み, 石橋 道男, 近藤 秀明, 北内 誉敬, 多武保 光宏, 田中 基幹, 田中 宣道, 平山 暁秀, 藤本 清秀, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 95, 2, 401, 401,   2004年03月
  • シャントトラブルに対して大伏在静脈を用いた血管再建術の検討, 近藤 秀明, 吉田 克法, 北内 誉敬, 多武保 光宏, 藤本 清秀, 植村 天受, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 95, 2, 414, 414,   2004年03月
  • 腎癌気管内転移, 三宅 牧人, 田中 基幹, 中西 道政, 松下 千枝, 星山 文明, 植村 天受, 平尾 佳彦, 玉置 伸二, 福岡 篤彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 95, 2, 423, 423,   2004年03月
  • 膀胱腫瘍に対し腹腔鏡下膀胱全摘術を施行した維持透析患者の1例, 北内 誉敬, 吉田 克法, 多武保 光宏, 藤本 清秀, 植村 天受, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 95, 2, 533, 533,   2004年03月
  • 奈良泌尿器腫瘍研究グループ(NUORG)における腎細胞癌の臨床的検討, 多武保 光宏, 植村 天受, 高島 健次, 福井 義尚, 大山 信雄, 米田 龍生, 仲川 嘉紀, 吉井 将人, 池田 朋博, 堀川 直樹, 河田 陽一, 中農 勇, 平尾 佳彦, 奈良泌尿器科腫瘍研究グループ, 日本泌尿器科学会雑誌, 95, 2, 537, 537,   2004年03月
  • 消化器系癌検索を目的としたPETで前立腺癌の合併が疑われた3症例, 趙 順規, 永吉 純一, 田中 宣道, 田中 基幹, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 95, 2, 550, 550,   2004年03月
  • 徐放性PTEN 遺伝子薬を用いた前立腺癌における放射線感受性増強効果, 田中基幹, 高田聡, 冨岡厚志, 穴井智, 松村善昭, 櫛引俊宏, 田畑泰彦, 植村天受, 平尾佳彦, 第63 回日本癌学会(2004.9.29-10.1. 福岡),   2004年, 査読有り
  • 腫瘍塊を自己喀出した腎細胞癌気管支内転移の1例, 宇野 健司, 福岡 和也, 玉置 伸二, 善本 英一郎, 友田 恒一, 竹中 英昭, 濱田 薫, 木村 弘, 前田 光一, 三宅 牧人, 田中 基幹, 植村 天受, 平尾 佳彦, 気管支学, 26, 1, 97, 97,   2004年01月
  • LH-RH analogue長期投与中断後のTestosterone値について, 趙 順規, 多武保 光宏, 田中 基幹, 平山 暁秀, 藤本 清秀, 植村 天受, 石橋 道男, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 49, 11, 694, 694,   2003年11月
  • 前立腺癌における術前Neoadjuvant内分泌療法の臨床的意義, 植村 天受, 趙 順規, 藤本 清秀, 田中 基幹, 田中 宣道, 田中 洋造, 渡辺 秀次, 丸山 良夫, 林 美樹, 小西 登, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本癌治療学会誌, 38, 2, 224, 224,   2003年09月
  • 腎細胞癌に対するMN/CA9抗原ペプチドワクチン療法 第1相臨床試験, 植村 天受, 趙 順規, 田中 基幹, 吉川 元祥, 清水 一宏, 中西 まこ, 吉田 克法, 吉川 和宏, 平尾 佳彦, 日本癌治療学会誌, 38, 2, 492, 492,   2003年09月
  • 前立腺癌におけるLHRHアナログ投与中止後のテストステロン値の変動に関する検討, 趙 順規, 植村 天受, 藤本 清秀, 田中 基幹, 田中 宣道, 米田 龍生, 吉井 将人, 堀川 直樹, 田中 洋造, 平尾 佳彦, 日本癌治療学会誌, 38, 2, 582, 582,   2003年09月
  • 三次元構築法を用いた腎実質体積測定による根治的腎摘除術後における残存腎機能の予測, 田中 宣道, 青木 勝也, 谷 満, 太田 匡彦, 趙 順規, 林 美樹, 三馬 省二, 田中 基幹, 藤本 清秀, 植村 天受, 吉田 克法, 平尾 佳彦, 大園 誠一郎, 日本癌治療学会誌, 38, 2, 595, 595,   2003年09月
  • 表在性膀胱癌術後再発に対するEpirubicin膀胱内注入療法 再発hazardのsmoothing解析からみた検討, 藤本 清秀, 三馬 省二, 岡島 英五郎, 吉田 宏二郎, 渡辺 秀次, 山本 雅司, 植村 天受, 平尾 佳彦, 大園 誠一郎, 樋之津 史郎, 赤座 英之, 大橋 靖雄, 福島 昭治, 日本癌治療学会誌, 38, 2, 771, 771,   2003年09月
  • 進行性腎細胞癌に対するMN/CA9ペプチドワクチン療法:第1相臨床試験, 植村 天受, 吉川 和宏, 平尾 佳彦, 日本腎臓学会誌, 45, 6, 616, 616,   2003年08月
  • 腎細胞癌に対するMN/CA9抗原ペプチドを用いた癌ワクチン療法(第1相臨床試験), 植村 天受, 田中 基幹, 清水 一宏, 田中 宣道, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, 日本癌学会総会記事, 62回, 276, 276,   2003年08月
  • 腎移植後に血栓性血小板減少性紫斑病を合併した1例, 井上 剛志, 石橋 道男, 多武保 光弘, 田中 基幹, 平山 暁秀, 藤本 清秀, 趙 順規, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 松本 雅則, 藤村 吉博, Therapeutic Research, 24, 6, 947, 950,   2003年06月
    概要:49歳男.血液透析を導入し,母親をドナーとして生体腎移植を施行された.翌年に腎生検にて慢性拒絶反応を指摘され,姉をドナーとする二次生体腎移植を目的に入院となった.B抗体に90%の死滅細胞を認め,術前にDFPPとPEを施行し,9日前よりシクロスポリン(CyA),MMFを投与した.術直後は約4000mLの尿量が認められたが,翌日より尿量減少を呈し,血清クレアチニンは8〜9mg/dLを推移した.LDH上昇,血小板減少,更に貧血を認め,ドップラーで腎血流の低下が認められたため,血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)を疑い,血漿交換を開始した.免疫抑制剤は4剤を併用し,術後しばらくはCyAを使用していたが,TTPを疑ったためタクロリムス(FK)に変更した.術後1日目に不良であった腎血流は,3日目で更に低下が認められたが,血漿交換によって徐々に改善が認められた
  • IVCより発生した平滑筋腫の1例, 井上 剛志, 平山 暁秀, 多武保 光宏, 田中 基幹, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 石橋 道男, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 49, 5, 297, 297,   2003年05月
  • マイクロ波組織凝固を用いた患側腎温存手術施行後の腎機能 腎癌imperative caseでの検討, 吉井 将人, 藤本 清秀, 近藤 秀明, 多武保 光宏, 植村 天受, 石橋 道男, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 百瀬 均, 日本腎臓学会誌, 45, 3, 219, 219,   2003年04月
  • 腎病変に呼応して産生されるヒトマクロファージを選択的に調整制御する腎障害進行治療の新しい論理, 石橋 道男, 平山 暁秀, 北内 誉敬, 藤本 清秀, 趙 順規, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本腎臓学会誌, 45, 3, 275, 275,   2003年04月
  • 末期腎不全症例と腎移植症例における骨代謝の検討, 吉田 克法, 井上 剛志, 近藤 秀明, 北内 誉敬, 木村 昇紀, 多武保 光宏, 米田 龍生, 藤本 清秀, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本腎臓学会誌, 45, 3, 287, 287,   2003年04月
  • レボビスト造影超音波法による腎腫瘤性病変の血流パターンの検討, 高橋 弥穂, 平井 都始子, 大石 元, 徳野 恵津子, 中島 祐子, 伊藤 高広, 廣橋 伸治, 吉川 公彦, 植村 天受, 平尾 佳彦, 超音波医学, 30, Suppl., S403, S403,   2003年04月
  • 進行性腎細胞癌に対するIL-2の治療成績, 山本 雅司, 大園 誠一郎, 植村 天受, 細川 幸成, 百瀬 均, 望月 裕司, 丸山 良夫, 仲川 嘉紀, 吉田 宏二郎, 平尾 佳彦, 奈良泌尿器腫瘍研究グループ(NUORG), 腎癌研究会会報, 24, 9, 10,   2003年03月
  • 大学病院における排尿障害患者の受診状況からみた今後の泌尿器科診療の展望, 大園 誠一郎, 北内 誉敬, 多武保 光宏, 平山 暁秀, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 石橋 道男, 吉田 克法, 平尾 佳彦, 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌, 11, 1, 47, 48,   2003年03月
  • 術中患側腎静脈血液中癌細胞の検出と臨床的意義, 植村 天受, 吉川 和宏, 島居 徹, 平尾 佳彦, 佐賀 信介, 赤座 英之, 日本泌尿器科学会雑誌, 94, 2, 157, 157,   2003年02月
  • リン酸化Aktを標的にした,PTEN遺伝子による膀胱癌遺伝子治療の検討, 田中 基幹, 植村 天受, 趙 順規, 藤本 清秀, バートン・グロスマン, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 94, 2, 160, 160,   2003年02月
  • 腎疾患治療論理の構築:糸球体病変と尿細管・間質病変を個々に制御するマクロファージ機能調節化合物の併用療法, 石橋 道男, 平山 曉秀, 北内 誉敬, 藤本 清秀, 趙 順規, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 小西 登, 日本泌尿器科学会雑誌, 94, 2, 200, 200,   2003年02月
  • マイクロ波組織凝固装置を用いた腎部分切除術, 吉井 将人, 多武保 光宏, 藤本 清秀, 百瀬 均, 三馬 省二, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 94, 2, 258, 258,   2003年02月
  • 大学病院における排尿障害患者の受診状況からみた今後の泌尿器科診療の展望(第2報), 大園 誠一郎, 北内 誉敬, 多武保 光宏, 田中 基幹, 平山 暁秀, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 石橋 道男, 吉田 克法, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 94, 2, 269, 269,   2003年02月
  • TUR-P術前レボフロキサシン投与による組織内濃度と術後感染予防効果の検討 prospective randomized study, 植村 天受, 井上 剛志, 多武保 光宏, 平山 暁秀, 田中 基幹, 趙 順規, 藤本 清秀, 石橋 道男, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 94, 2, 285, 285,   2003年02月
  • 循環血液中cadherin-6 mRNA定量値と腎癌転移巣の部位及び転移再発との相関性, 島居 徹, 吉川 和宏, 植村 天受, 平尾 佳彦, 佐賀 信介, 赤座 英之, 日本泌尿器科学会雑誌, 94, 2, 298, 298,   2003年02月
  • LHRH中止後のテストステロン値の変動に関する検討, 趙 順規, 井上 剛志, 北内 誉敬, 多武保 光宏, 田中 基幹, 平山 暁秀, 藤本 清秀, 植村 天受, 石橋 道男, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 94, 2, 326, 326,   2003年02月
  • インターフェロンα感受性株及び耐性株におけるヒト腎細胞癌培養細胞抽出液中タンパク質発現のプロテインチップによる解析, 中村 小源太, 吉川 和宏, 小久保 公人, 山田 芳彰, 本多 靖明, 清水 一宏, 植村 天受, 平尾 佳彦, 鳥居 徹, 赤座 英之, 加藤 慶太朗, 佐賀 信介, 深津 英捷, 日本泌尿器科学会雑誌, 94, 2, 369, 369,   2003年02月
  • 腎細胞癌におけるHLA-A24拘束性MN/CA9ペプチドを用いた特異的CTLの誘導, 植村 天受, 趙 順規, 清水 一宏, 吉川 元祥, 平尾 佳彦, 佐賀 信介, 吉川 和宏, 日本癌学会総会記事, 61回, 460, 460,   2002年10月
  • PTEN遺伝子を用いた膀胱癌に対する遺伝子治療, 田中 基幹, Grossman H.Barton, 植村 天受, 平尾 佳彦, 日本癌学会総会記事, 61回, 474, 474,   2002年10月
  • 腎細胞癌培養細胞によるMN/CA9発現制御の解析, 河田 陽一, 植村 天受, 趙 順規, 田中 洋造, 清水 一宏, 平尾 佳彦, 林 毅志, 高須 俊太郎, 村松 秀樹, 笠井 謙次, 小崎 健一, 吉川 和宏, 佐賀 信介, 日本癌学会総会記事, 61回, 250, 250,   2002年10月
  • 後腹膜鏡下腎尿管摘除・経腟的摘出術を施行した右腎盂腫瘍の1例, 藤本 清秀, 平山 暁秀, 吉井 将人, 多武保 光宏, 田中 幹基, 趙 順規, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, Japanese Journal of Endourology and ESWL, 15, 2, 80, 80,   2002年10月
  • 【腎細胞癌臨床の新展開】流血中腎癌細胞の検出方法と臨床的意義, 植村 天受, 平尾 佳彦, 癌と化学療法, 29, 10, 1712, 1718,   2002年10月
    概要:腎細胞癌には前立腺癌に対するPSAのような良いマーカーがなく,早期診断は容易なことではない.MN/CA9は腎細胞癌の約90%に発現し,正常組織ではあまり発現のみられない炭酸脱水酵素のisoenzymeと考えられている.MN/CA9に対するRT-PCR法を設定し,血液中のMN/CA9陽性細胞検出を試みたところ,sensitivity約40%,specificity約90%で検出できた.MN/CA9を標的分子としたRT-PCR法による循環血液中の腎癌細胞検出は,腎細胞癌の存在診断だけではなく予後を予想し得るアッセイとなる可能性があると思われた
  • 陰嚢内から腹壁に発育したAggressive angiomyxomaの1例, 千原 良友, 岡島 英二郎, 平山 暁秀, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 48, 9, 579, 579,   2002年09月
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9抗原ペプチドを用いた特異的免疫療法, 植村 天受, 趙 順規, 藤本 清秀, 田中 基幹, 吉川 和宏, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本癌治療学会誌, 37, 2, 371, 371,   2002年09月
  • 泌尿器癌(膀胱癌・精巣癌)に対するPBSCT併用多量化学療法の治療成績について, 多武保 光宏, 植村 天受, 藤本 清秀, 趙 順規, 田中 基幹, 北内 誉敬, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本癌治療学会誌, 37, 2, 401, 401,   2002年09月
  • 前立腺癌全摘例におけるネオアジュバント内分泌療法の臨床病理組織学的治療効果について, 趙 順規, 植村 天受, 藤本 清秀, 平山 暁秀, 高田 聡, 千原 良友, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 小西 登, 泌尿器外科, 15, 8, 902, 904,   2002年08月
    概要:限局性前立腺癌に対する全摘除術前のネオアジュバント内分泌療法の原発巣における効果とそれらに対する影響因子を調べるために,ネオアジュバント群61例とコントロール群76例の全割組織標本を用い,レトロスペクティブに解析した.皮膜外浸潤の頻度,切除断端陽性率はネオアジュバント群がコントロール群より有意に低かったが,精嚢浸潤の頻度,リンパ節転移の頻度は両群間で差が認められなかった.また,ネオアジュバント群において組織学的治療効果Grade 3が17例(28%)に認められ,治療前前立腺特異抗原値,臨床病期,生検分化度,針生検陽性コア数,内分泌療法の治療期間の各パラメータの中で,治療期間がGrade 3の唯一の独立した影響因子であった.これらの結果はネオアジュバント内分泌療法の原発巣における効果を裏付けるものであり,組織学的治療効果からみて,3ヵ月の内分泌療法期間は不十分である可能性が示された
  • 前立腺癌におけるPSMA及び変異EGFレセプターの発現 免疫組織学的検討, 田中 洋造, 植村 天受, 森田 昇, 妻谷 憲一, 河田 陽一, 岡島 英二郎, 吉田 克法, 小西 登, 吉川 和宏, 平尾 佳彦, 泌尿器外科, 15, 8, 911, 913,   2002年08月
    概要:Prostate specific membrane antigen(PSMA)に対する2種類のモノクローナル抗体とEGFレセプター(EGFR) type III variantに対する抗体を用いて,前立腺癌における各抗原蛋白の発現に関し,染色強度,染色面積について評価した.対象は,無治療前立腺癌の全摘標本23例とした.PSMAに対する2種類のモノクローナル抗体を用いた検討では,それぞれの前立腺癌と良性前立腺部との間には染色強度,染色面積とも有意差を認めたが,23例の前立腺癌において染色強度,染色面積とも分化度,病期との間に有意な関連は認めなかった.一方,EGFR type III variantは前立腺癌の2例(9%)に発現を認めるのみで,染色強度も弱かった
  • Prune belly症候群に対する生体腎移植の1例, 青木 勝也, 石橋 道男, 松本 吉弘, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 中島 充, 吉岡 章, 三馬 省二, 上辻 秀和, 日本小児腎不全学会雑誌, 22, 247, 249,   2002年08月
    概要:12歳男児.Prune-belly症候群による慢性腎不全に対してABO不適合生体腎移植術を施行した.本症例では近年,臨床応用が可能となったMycophenolate mofetilを免疫抑制剤として併用している.Prune-belly症候群の病態に応じた術後合併症に注意し,移植前後の下部尿路管理を徹底することにより,同症候群に対する腎移植術は他の尿路奇形に対する移植術と同様に良好な成績が期待できると考えられた
  • 腎細胞癌におけるCTLの標的分子としてのMN/CA9抗原の有用性について, 吉川 和宏, 清水 一宏, 植村 天受, 中西 まこ, 宮石 理, 中川 温子, 小崎 健一, 河田 陽一, 平尾 佳彦, 佐賀 信介, Cytometry Research, 12, Suppl., 58, 58,   2002年07月
  • 当院における二次移植・三次移植の検討, 米田 龍生, 吉田 克法, 北内 誉敬, 近藤 秀明, 木村 昇紀, 石橋 道男, 藤本 清秀, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 移植, 37, 3, 104, 104,   2002年06月
  • 全自動尿中有形成分分析装置を用いた外来検尿の試み, 高田 聡, 大園 誠一郎, 太田 匡彦, 岡島 英二郎, 吉井 将人, 平山 暁秀, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 石橋 道男, 泌尿器科紀要, 48, 6, 400, 400,   2002年06月
  • 腎腫瘤性病変の質的診断に対するレボビスト造影超音波法の評価, 高橋 弥穂, 平井 都始子, 大石 元, 徳野 恵津子, 西本 優子, 阪口 昇二, 廣橋 伸治, 吉川 公彦, 植村 天受, 平尾 佳彦, 超音波医学, 29, Suppl., S414, S414,   2002年05月
  • 進行性腎癌に対する最新の治療戦略 基礎から臨床へ 腎細胞癌に対するMN/CA9ペプチドワクチンによる特異的免疫療法, 植村 天受, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, 日本泌尿器科学会雑誌, 93, 2, 118, 118,   2002年02月
  • 腎移植慢性拒絶反応におけるペントシジンの影響, 吉田 克法, 北内 誉敬, 米田 龍生, 木村 昇紀, 高尾 雅也, 趙 順規, 植村 天受, 石橋 道男, 大園 誠一郎, 岡島 英五郎, 日本泌尿器科学会雑誌, 93, 2, 198, 198,   2002年02月
  • 腎移植後早期にGraftectomyを施行した2症例の検討, 北内 誉敬, 吉田 克法, 近藤 秀明, 千原 良友, 米田 龍生, 木村 昇紀, 吉井 将人, 藤本 清秀, 趙 順規, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 93, 2, 202, 202,   2002年02月
  • 臨床病理組織学的治療効果からみた前立腺全摘除術例に対するneoadjuvant内分泌療法の意義, 趙 順規, 植村 天受, 高田 聡, 千原 良友, 藤本 清秀, 平山 暁秀, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 小西 登, 日本泌尿器科学会雑誌, 93, 2, 279, 279,   2002年02月
  • ラット部分的尿道閉塞モデルにおける一酸化窒素合成酵素(NOS)発現及び酸化ストレスに関する組織学的検討, 夏目 修, 高田 聡, 穴井 智, 平山 暁秀, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 小西 登, 日本泌尿器科学会雑誌, 93, 2, 289, 289,   2002年02月
  • 前立腺癌骨転移患者における疼痛管理のための麻薬使用状況, 吉井 将人, 北内 誉敬, 千原 良友, 近藤 秀明, 藤本 清秀, 植村 天受, 石橋 道男, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 93, 2, 388, 388,   2002年02月
  • Sipple症候群に合併した前立腺癌の1例, 岡島 英二郎, 穴井 智, 平山 暁秀, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 山尾 純一, 福井 博, 小西 登, 泌尿器科紀要, 48, 2, 113, 113,   2002年02月
  • 腺癌を合併したと考えられる前立腺原発移行上皮癌の1例, 森川 弘史, 趙 順規, 高田 聡, 藤本 清秀, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 夏自 修, 泌尿器科紀要, 48, 2, 124, 124,   2002年02月
  • 前立腺肥大症のdetrusor instabilityに対するIce Water Testの意義, 松本 吉弘, 平山 暁秀, 高田 聡, 岡島 英二郎, 吉井 将人, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 93, 2, 349, 349,   2002年02月
  • 後腹膜に発生したBronchogenic cystの1例, 近藤 秀明, 穴井 智, 青木 勝也, 趙 順規, 藤本 清秀, 夏目 修, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 田畑 尚一, 泌尿器科紀要, 48, 1, 45, 45,   2002年01月
  • 献腎による三次移植の経験, 北内 誉敬, 吉田 克法, 青木 勝也, 植村 天受, 米田 龍生, 石橋 道男, 岡島 英五郎, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 移植, 36, 総会臨時, 193, 193,   2001年12月
  • HLA-A2402拘束性MN/CA9抗原ペプチドを用いたCTL前駆細胞の誘導, 植村 天受, 中西 まこ, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, Biotherapy, 15, Suppl.II, 50, 50,   2001年11月
  • 泌尿器科腫瘍学における分子研究の展望 腎細胞癌の発癌・転移とMN/CA9, 仲川 嘉紀, 植村 天受, 清水 一宏, 趙 順規, 吉川 元祥, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, 泌尿器科紀要, 47, 11, 809, 814,   2001年11月, http://hdl.handle.net/2433/114641
    概要:MN/CA IX is a carbonic anhydrase (CA) isoenzyme expressed in normal alimentary tract in a tissue-specific manner. This antigen is activated in the majority of renal cell carcinomas (RCC) but not in normal kidney tissues. Although the exact role of CA activity in carcinogenesis and metastasis has not been established, MN/CA9 has been suggested to be implicated in acidification of extracellular milieu surrounding the cancer cells and thus create a microenvironment conductive to tumor growth and spread. Mutations in the von Hippel-Lindau (VHL) gene cause the familial syndrome and are also found in the majority of sporadic RCC. Wild-type VHL was recently described to down-regulate MN/CA9 in RCC cell lines, and the molecular mechanism of MN/CA9 and VHL in renal carcinogenesis is of interest. To investigate the mechanism of MN/CA9 activation in RCC, we examined the methylation status of this gene in RCC cell lines and human tissue samples and found that hypomethylation in the promoter region may play an important role in the expression of MN/CA9. RT-PCR analysis of blood samples from RCC patients revealed the presence of circulating MN-positive cells in the blood. This antigen may be a potential therapeutic target as well as diagnostic marker for RCC. Therefore, we are currently investigating whether or not MN/CA IX peptide could be an appropriate molecule for use antigen specific immunotherapy on RCC patients.
  • 癌微小転移の臨床的意義 循環血液中腎癌細胞の検出と血行性転移の相関性, 島居 徹, 吉川 和宏, 植村 天受, 河合 弘二, 内田 克紀, 平尾 佳彦, 赤座 英之, 日本癌治療学会誌, 36, 2, 500, 500,   2001年10月
  • 腎細胞癌における術中患側腎静脈血中癌細胞の検出, 植村 天受, 趙 順規, 吉川 元祥, 渡辺 秀次, 福井 義尚, 米田 龍生, 上甲 政徳, 辻本 賀洋, 金子 佳照, 妻谷 憲一, 奈良県立医科大学奈良泌尿器腫瘍研究グループ, 日本癌治療学会誌, 36, 2, 599, 599,   2001年10月
  • 浸潤性膀胱癌poor risk症例に対する動注化学療法の検討, 藤本 清秀, 岡島 英二郎, 吉井 将人, 趙 順規, 植村 天受, 百瀬 均, 三馬 省二, 丸山 良夫, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本癌治療学会誌, 36, 2, 700, 700,   2001年10月
  • 腎細胞癌におけるVHL異常とMN/CA9発現, 趙 順規, 植村 天受, 河田 陽一, 平尾 佳彦, 大園 誠一郎, 仲川 嘉紀, 清水 一宏, 吉川 元祥, 吉川 和宏, 佐賀 信介, 日本癌学会総会記事, 60回, 339, 339,   2001年09月
  • 患側腎静脈血液中における腎細胞癌細胞の検出, 植村 天受, 平尾 佳彦, 岩井 哲郎, 趙 順規, 丸山 良夫, 三馬 省二, 清水 一宏, 金子 佳照, 林 美樹, 仲川 嘉紀, 奈良泌尿器腫瘍研究グループ, 日本癌学会総会記事, 60回, 533, 533,   2001年09月
  • 膀胱腫瘍治療に伴うVEGF-D mRNA発現の回復, 岡島 英二郎, 大西 小百合, 千原 良友, 河田 陽一, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本癌学会総会記事, 60回, 452, 452,   2001年09月
  • 奈良県立医科大学におけるクエン酸シルデナフィル市販後の外来診療の現況, 北内 誉敬, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 石橋 道男, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 47, 9, 697, 697,   2001年09月
  • Bartter症候群及び左副腎褐色細胞腫を合併したRecklinghausen病の1例, 増田 安政, 田中 宣道, 岸本 匡司, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 47, 9, 681, 681,   2001年09月
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9遺伝子発現とプロモーター領域の低メチル化, 趙 順規, 植村 天受, 穴井 智, 金 聖哲, 仲川 嘉紀, 藤本 清秀, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 47, 9, 681, 682,   2001年09月
  • 嚢胞形成を伴った前立腺癌の1例, 金 聖哲, 藤本 清秀, 松本 吉弘, 趙 順規, 夏目 修, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 47, 9, 653, 656,   2001年09月, http://hdl.handle.net/2433/114602
    概要:73歳男.排尿困難,残尿感を自覚していた.狭心症発作で入院中に施行した腹部超音波断層法(US)で,骨盤腔内膀胱後方に嚢胞性腫痛を指摘された.嚢胞形成を伴う前立腺癌を疑い,経直腸的超音波(TRUS)ガイド下に経会陰的嚢胞内容液試験吸引及び経直腸的前立腺針生検を施行した.針生検の結果,左側の膀胱頸部及び精嚢付近の前立腺組織から中分化型腺癌が検出された.嚢胞形成を伴う前立腺癌と診断し,全身麻酔下に恥骨後式前立腺全摘除術を施行した.術後経過は良好で,1ヵ月後にPSA値が0.03ng/mlまで低下した為,補助療法を施行せずに退院し,同年に人工肛門閉鎖術を施行した.術後10ヵ月を経過した現在,尿失禁や排尿困難はなく,直腸を含めて明らかな局所再発,遠隔転移は認めず,PSAの上昇も認めていない
  • Prune-Belly症候群に対する生体腎移植の経験, 松本 吉弘, 吉田 克法, 金 聖哲, 植村 天受, 石橋 道男, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 中島 祥介, 中島 充, 上辻 秀和, 泌尿器科紀要, 47, 7, 530, 530,   2001年07月
  • 透析患者に発生した腎細胞癌症例の検討, 藤本 清秀, 近藤 秀明, 青木 勝也, 太田 匡彦, 米田 龍生, 趙 順規, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本透析医学会雑誌, 34, Suppl.1, 682, 682,   2001年05月
  • 腫瘍抗原 腎細胞癌におけるMN抗原ペプチドを用いた癌ワクチン療法, 植村 天受, 清水 一宏, 趙 順規, 吉川 元祥, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, Biotherapy, 15, 3, 215, 215,   2001年05月
  • 腎細胞癌の診断と治療の進展 MN/CA9による腎癌の診断と治療, 植村 天受, 日本腎臓学会誌, 43, 3, 158, 158,   2001年04月
  • 嚢胞形成を伴った前立腺癌の1例, 金 聖哲, 北内 誉敬, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 47, 3, 220, 220,   2001年03月
  • 輸血準備量ならびに輸血使用量よりみた自己血貯血の検討, 吉田 克法, 北内 誉敬, 近藤 秀明, 木村 昇紀, 藤本 清秀, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 西田 幸代, 前田 美和, 自己血輸血, 14, 学術総会, S32, S32,   2001年02月
  • 腎細胞癌におけるMN抗原ペプチドを用いた癌ワクチン療法の検討, 植村 天受, 吉川 元祥, 清水 一宏, 趙 順規, 岡島 英二郎, 青木 勝也, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, なら泌尿器腫瘍研究グループ, 日本泌尿器科学会雑誌, 92, 2, 182, 182,   2001年02月
  • 腎細胞癌の再発転移に関する臨床的検討, 川上 隆, 大園 誠一郎, 中農 勇, 高島 健次, 太田 匡彦, 谷 満, 田中 雅博, 植村 天受, 丸山 良夫, 奈良泌尿器腫瘍研究グループ, 日本泌尿器科学会雑誌, 92, 2, 248, 248,   2001年02月
  • 腎移植患者における血中ペントシジンの検討, 北内 誉敬, 吉田 克法, 青木 勝也, 岡島 英二郎, 米田 龍生, 夏目 修, 藤本 清秀, 石橋 道男, 植村 天受, 大園 誠一郎, 日本泌尿器科学会雑誌, 92, 2, 234, 234,   2001年02月
  • 前立腺癌全摘標本を用いたネオアジュバントホルモン療法の臨床病理組織学的検討, 趙 順規, 田中 洋造, 青木 勝也, 岡島 英二郎, 藤本 清秀, 夏目 修, 植村 天受, 吉田 克法, 石橋 道男, 大園 誠一郎, 奈良泌尿器腫瘍研究グループ, 日本泌尿器科学会雑誌, 92, 2, 198, 198,   2001年02月
  • Gaudentzの尿失禁問診票を用いたスクリーニングの試み, 夏目 修, 穴井 智, 松本 吉弘, 青木 勝也, 岡島 英二郎, 趙 順規, 藤本 清秀, 植村 天受, 石橋 道男, 吉田 克法, 日本泌尿器科学会雑誌, 92, 2, 308, 308,   2001年02月
  • 泌尿器科腫瘍の血管新生におけるVEGF-Dの役割, 岡島 英二郎, 青木 勝也, 河田 陽一, 藤本 清秀, 趙 順規, 夏目 修, 植村 天受, 吉田 克法, 石橋 道男, 大園 誠一郎, 日本泌尿器科学会雑誌, 92, 2, 245, 245,   2001年02月
  • 精巣Epidermoid cystsの1例, 細川 幸成, 趙 順規, 夏目 修, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 47, 2, 142, 142,   2001年02月
  • 当院におけるESWL(Lithostar Multiline)の治療成績, 増田 安政, 田中 宣道, 植村 天受, 青山 秀雄, 川上 隆, 木村 昇紀, 谷 善啓, 日本泌尿器科学会雑誌, 92, 2, 427, 427,   2001年02月
  • 「前立腺と排尿障害」-中高年男性の健康-「前立腺癌の診断と治療」, 植村 天受,   2001年
  • 腎臓 QOLからみた小さな腎細胞癌に対する手術療法の検討, 藤本 清秀, 平尾 佳彦, 吉井 将人, 三馬 省二, 金子 佳照, 雄谷 剛士, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 岡島 英五郎, 尿路悪性腫瘍研究会記録, 27, 13, 15,   2000年12月
    概要:無阻血腎腫瘍完全核出術は患側腎温存手術として安全かつ確実な術式であると共に,術後のQOLを損なわない低侵襲な手術として今後小さな腎細胞癌に対しては積極的に選択され得ると考えられる
  • BCG膀胱内注入療法によるCIS病変の評価方法, 大園 誠一郎, 影林 頼明, 山本 広明, 壬生 寿一, 堀川 直樹, 平山 暁秀, 植村 天受, 吉田 克法, 平尾 佳彦, BCG・BRM療法研究会会誌, 24, 55, 59,   2000年12月
    概要:BCG注入療法の有効性の保持と副作用の軽減を目的とし,CISに対するBCG注入療法後の評価方法に検討を加えた.膀胱移行上皮癌CISであった63症例を対象とし,第1群(BCG80mg注入)32例,第2群(BCG40mg注入)31例に分けた.最終注入終了1ヵ月後に,尿細胞診,膀胱鏡検査及び生検を行った.両群間の抗腫瘍効果に差はなかった.CR症例では第2群の非再発率が良い成績であった.CRが得られた46例では,膀胱鏡所見は明らかにtumorを認めたものはなかったが,normalは18例のみで,erythemaが22例,hyperplasiaが5例,ulcer/edemaが1例に見られた.NC,PDを呈した症例で,生検を施行した12例でみると,膀胱鏡所見では明らかにpapillay tumor又はCISを疑う粘膜変化を認めたか或いは細胞診で陽性或いは疑陽性を認めた.膀胱刺激症状,50/hpf以上の膿尿,肉眼的血尿,37.5度以上の発熱の出現頻度の比較では両群間に差は見られなかった
  • 分子生物学的解析からみた泌尿器科癌の進展機序 腎細胞癌標的抗原MN/CA IXの臨床的意義, 植村 天受, 趙 順規, 仲川 嘉紀, 清水 一宏, 吉川 元祥, 金 聖哲, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 46, 10, 745, 748,   2000年10月, http://hdl.handle.net/2433/114377
    概要:腎細胞癌の進展機序に関して癌関連抗原MN/CA IX抗原発現について解析した.腎細胞癌の進展と共にMN/CA9の発現の減弱傾向が認められ,その原因としてプロモーター領域のDNAメチル化やMN/CA9遺伝子の変異の関与が示唆された.腎細胞癌の予後因子として循環血液中MN/CA9陽性細胞の検出は今後有望であると思われた
  • 小さな腎細胞癌に対する手術療法の検討, 藤本 清秀, 平尾 佳彦, 雄谷 剛士, 植村 天受, 石橋 道男, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 岡島 英五郎, 三馬 省二, 金子 佳照, 日本癌治療学会誌, 35, 2, 397, 397,   2000年09月
  • Flutamide投与症例における肝障害の予測のためのカフェインテストの有用性, 大園 誠一郎, 山口 旭, 吉川 元祥, 坂 宗久, 植村 天受, 三馬 省二, 丸山 良夫, 吉田 宏二郎, 平尾 佳彦, 市根井 恵, 日本癌治療学会誌, 35, 2, 427, 427,   2000年09月
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9遺伝子発現とプロモーター領域の低メチル化, 趙 順規, 植村 天受, 仲川 嘉紀, 清水 一宏, 金 聖哲, 小西 登, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, 日本癌学会総会記事, 59回, 311, 311,   2000年09月
  • CVD療法を施行した進行性悪性褐色細胞腫の3例, 冨岡 厚志, 大園 誠一郎, 川上 隆, 米田 龍生, 谷 善啓, 影林 頼明, 植村 天受, 百瀬 均, 吉田 克法, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 46, 9, 671, 671,   2000年09月
  • 腎細胞癌に発現するMN/CA9抗原を標的とした細胞性免疫誘導について, 清水 一宏, 植村 天受, 仲川 嘉紀, 村松 秀樹, 東 成見, 藤原 成祥, Kim Sung Chul, 吉川 元祥, 平尾 佳彦, 佐賀 信介, 日本癌学会総会記事, 59回, 148, 148,   2000年09月
  • Cadherin-6 nested RT-PCRによる血中腎癌細胞の検出及び転移との相関性, 島居 徹, 吉川 和宏, 山内 敦, 植村 天受, 佐賀 信介, 平尾 佳彦, 赤座 英之, 日本癌学会総会記事, 59回, 177, 177,   2000年09月
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9抗原ペプチドによる特異的免疫療法, 植村 天受, 吉川 元祥, 清水 一宏, 趙 順規, 金 聖哲, 吉田 克法, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 佐賀 信介, 吉川 和宏, 日本癌学会総会記事, 59回, 428, 428,   2000年09月
  • MN/CA9抗原ペプチドを用いた腎細胞癌特異的免疫療法の試み, 吉川 元祥, 植村 天受, 趙 順規, 仲川 嘉紀, 田中 洋造, 平尾 佳彦, 清水 一宏, 吉川 和宏, 佐賀 信介, 奈良泌尿器腫瘍研究グループ, 泌尿器科紀要, 46, 9, 671, 671,   2000年09月
  • 根治的前立腺全摘除術の臨床病理学的検討, 田中 洋造, 植村 天受, 趙 順規, 渡辺 秀次, 松木 尚, 林 美樹, 吉川 元祥, 仲川 嘉紀, 高島 健次, 妻谷 憲一, 奈良医大泌尿器腫瘍研究グループ, 泌尿器科紀要, 46, 9, 678, 678,   2000年09月
  • ウロダイナミックス 脳血管障害の既往者2例における前立腺全摘除術後の排尿状態の検討, 夏目 修, 大園 誠一郎, 穴井 智, 青木 勝也, 雄谷 剛士, 趙 順規, 藤本 清秀, 平田 直也, 植村 天受, 山本 雅司, 平尾 佳彦, 日本神経因性膀胱学会誌, 11, 1, 122, 122,   2000年09月
  • 若年者にみられた腸腰筋冷膿瘍, 池田 朋博, 大園 誠一郎, 影林 頼明, 細川 幸成, 川上 隆, 雄谷 剛士, 植村 天受, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 46, 9, 619, 622,   2000年09月, http://hdl.handle.net/2433/114364
    概要:症例は28歳男性で,4ヵ月ほど前からの右側背部痛と持続的な微熱および右陰嚢内有痛性腫瘤を主訴に近医を受診,右精巣上体炎の診断で入院となった.腹部CTで右腸腰筋に腫瘍を指摘され,喀痰培養検査で結核菌陽性を示したため紹介来診し,肺結核,右結核性精巣上体炎および右腸腰筋冷膿瘍の診断で入院となった.エタンブトール,リファンピシン(REP),イソニアジド(INH)の3剤併用療法の施行では発熱が持続するためストレプトマイシン,ピラジナミド,REP,INHの4剤併用療法に変更した.さらに右腸腰筋膿瘍に超音波ガイド下で経皮的ドレナージを施行したところ症状が著明に改善した.炎症所見の低下傾向とCT上も膿瘍の消失を認めドレナージチューブを抜去したが,約2ヵ月後に冷膿瘍再発を認め,再度ドレナージを施行した.約5ヵ月後の腹部CTで右腸腰筋膿瘍の縮小,瘢痕化を認め,ドレナージチューブを抜去した.その後も化学療法を継続し,再燃を認めなかったため入院より約1年半後に退院となり,外来にて経過観察中である
  • 無阻血腎腫瘍完全核出術後に紡錘細胞型腎細胞癌と診断し二次的腎摘除術を施行した1例, 雄谷 剛士, 植村 天受, 趙 順規, 千原 良友, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 46, 6, 439, 439,   2000年06月
  • 内シャント側右鎖骨下静脈狭窄に対しSpiral Z-stent留置が有効であった維持透析患者の1例, 増田 安政, 田中 宣道, 谷 善啓, 植村 天受, 吉川 公彦, 日本透析医学会雑誌, 33, Suppl.1, 749, 749,   2000年05月
  • 上皮小体ホルモンの腎性貧血に対する影響 上皮小体摘出後の検討, 木村 昇紀, 吉田 克法, 北内 誉敬, 米田 龍生, 藤本 清秀, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本透析医学会雑誌, 33, Suppl.1, 741, 741,   2000年05月
  • MN/CA IXを標的抗原とした腎細胞癌特異的免疫療法, 植村 天受, 吉川 元祥, 清水 一宏, 趙 順規, 仲川 嘉紀, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, Biotherapy, 14, 5, 487, 489,   2000年05月
    概要:腎細胞癌に高率に発現している癌関連抗原MN/CA IXの合成ペプチドを用いた特異的癌免疫療法の有用性について基礎的検討を行った.マウス腎癌細胞RenCaにMN/CA IX遺伝子を導入し,MN-RenCaマウス腎癌モデルを確立し,6週齢BALB/cマウス皮下にMN/CA IX抗原ペプチド100μg/IFAを週2回計4回免疫した.MN-RenCaをマウス側腹皮下にchallengeしたところ,移植後4週の腫瘍生着率はコントロール群に比べ低く,腫瘍重量も著明に小さく,有意な腫瘍増殖抑制を示した.以上より,MN抗原ペプチド療法による腎細胞癌特異的免疫療法は有用であることが示唆された
  • 一側尿管完全閉塞解除後の腎機能回復度を指標にした抗マクロファージ化合物による腎障害予防効果, 石橋 道男, 趙 秀一, 米田 龍生, 趙 順規, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本腎臓学会誌, 42, 3, 248, 248,   2000年04月
  • 一側尿管完全閉塞解除後の尿路再建ラットにおける抗マクロファージ化合物による腎障害予防効果, 石橋 道男, 趙 秀一, 米田 龍生, 趙 順規, 植村 天受, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 91, 3, 375, 375,   2000年03月
  • 当院におけるESWLの治療成績, 増田 安政, 田中 宣道, 谷 善啓, 森田 昇, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 91, 3, 321, 321,   2000年03月
  • MN/CA9遺伝子プロモーター領域の解析, 趙 順規, 植村 天受, 仲川 嘉紀, 清水 一宏, 金 聖哲, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, 日本泌尿器科学会雑誌, 91, 3, 204, 204,   2000年03月
  • 腎細胞癌におけるMN/CA IX抗原ペプチド療法の有用性について, 吉川 元祥, 植村 天受, 趙 順規, 仲川 嘉紀, 田中 洋造, 清水 一宏, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, 日本泌尿器科学会雑誌, 91, 3, 188, 188,   2000年03月
  • 三次元構築法を用いた腎実質容積測定による根治的腎摘出術後における残存腎機能の予測, 田中 宣道, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 谷 満, 辻本 賀洋, 増田 安政, 吉田 克法, 影林 頼明, 米田 龍生, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 91, 3, 268, 268,   2000年03月
  • マイクロ波組織凝固を用いた無阻血腎腫瘍完全核出術の治療成績, 吉井 将人, 平尾 佳彦, 雄谷 剛士, 谷 善啓, 植村 天受, 大園 誠一郎, 岡島 英五郎, 三馬 省二, 平松 侃, 林 美樹, 日本泌尿器科学会雑誌, 91, 3, 267, 267,   2000年03月
  • 前立腺癌全割標本を用いたネオアジュバントホルモン療法の臨床病理組織学的検討, 田中 洋造, 植村 天受, 趙 順規, 吉田 宏二郎, 渡辺 秀次, 坂 宗久, 森田 昇, 吉川 元祥, 林 美樹, 妻谷 憲一, 日本泌尿器科学会雑誌, 91, 3, 262, 262,   2000年03月
  • マイクロ波を用いた前立腺組織熱凝固の基礎的検討, 雄谷 剛士, 平尾 佳彦, 吉井 将人, 夏目 修, 林 美樹, 植村 天受, 藤本 清秀, 川上 隆, 千原 良友, 松村 善昭, 日本泌尿器科学会雑誌, 91, 3, 254, 254,   2000年03月
  • 膀胱Nephrogenic adenomaの1例, 冨岡 厚志, 青木 勝也, 米田 龍生, 影林 頼明, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 46, 1, 61, 61,   2000年01月
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9遺伝子異常についての検討, 仲川 嘉紀, 植村 天受, 清水 一宏, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, Journal of Nara Medical Association, 50, 6, 577, 577,   1999年12月
  • 奈良県立医科大学付属病院における腎移植58例の経験, 吉田 克法, 米田 龍生, 金子 佳照, 丸山 良夫, 伊集院 真澄, 本宮 善恢, 影林 頼明, 植村 天受, 大園 誠一郎, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 移植, 34, 6, 372, 378,   1999年12月
    概要:当院における腎移植は,1974年10月26日に26歳の男性へ59歳の父親より生体腎移植を施行されて以来,本年まで25年が経過した.1985年3月19日には第1例目の献腎移植が施行され,1999年5月30日現在で献腎移植31例,生体腎移植27例の計58例を経験した.免疫抑制剤は,1985年迄はアザチオプリン(AZA)+ステロイド(STR)の2剤併用療法で施行していたが,1985年よりはシクロスポリン(CYA)+AZA+STRの3剤併用を基本投与法とし,更に献腎移植では抗リンパ球グロブリン(ALG)を加えた4剤併用としているが,1997年よりは症例によりタクロリムス(TAC)も使用している.全症例の生存率は1年,3年,5年,10年で各々94.8%,92.6%,90.3%,85.6%を示し,又,移植腎生着率は1年,3年,5年,10年で各々85.5%,77.6%,57.4%,50.2%であった.奈良県の腎移植の特徴としては,献腎移植者数の占める割合が多く,全移植患者の54%であり,臓器移植ネットワークに変更となってからもその傾向は同様である
  • MN/CA IX抗原ペプチドを用いた腎細胞癌特異的免疫療法の試み, 植村 天受, 趙 順規, 仲川 嘉紀, 吉川 元祥, 山本 雅司, 山口 旭, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, 日本癌治療学会誌, 34, 2, 299, 299,   1999年10月
  • 腎移植後ステロイド早期離脱の試み, 米田 龍生, 影林 頼明, 趙 順規, 冨岡 厚志, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 吉田 克法, 移植, 34, 5, 295, 296,   1999年10月
  • 38口径低速弾による銃創の1例, 小延 俊文, 川西 弘一, 畑 倫明, 稲田 有史, 今西 正巳, 村尾 佳則, 宮本 誠司, 上嶋 昌和, 植村 天受, 平尾 佳彦, Journal of Nara Medical Association, 50, 5, 442, 446,   1999年10月, http://hdl.handle.net/10564/546
    概要:38口径低速弾による銃創で入院した41歳男で臀部,右大腿部及び右下肢に3個の開放創があり,右大腿部に皮下血腫があり,入院時X線写真で右大腿部留弾と大腿骨損傷を認めた.CTで膀胱血腫と弾丸の破片を認めた.留弾を摘出しデブリドマンを行った.術後経過は順調であった
  • 精巣腫瘍におけるPBSCT併用大量化学療法の経験, 植村 天受, 百瀬 均, 三馬 省二, 金 聖哲, 川上 隆, 影林 頼明, 妻谷 憲一, 山本 雅司, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 45, 9, 662, 662,   1999年09月
  • 前立腺癌診断におけるPSA/TZ(Transition zone volume)の意義, 雄谷 剛士, 平尾 佳彦, 金 聖哲, 池田 朋博, 冨岡 厚志, 望月 裕司, 山本 広明, 森田 昇, 植村 天受, 大園 誠一郎, 泌尿器科紀要, 45, 9, 659, 659,   1999年09月
  • 外来前立腺針生検の臨床的検討, 金 聖哲, 大園 誠一郎, 池田 朋博, 冨岡 厚志, 望月 裕司, 山本 広明, 雄谷 剛士, 影林 頼明, 植村 天受, 平尾 佳彦, 泌尿器科紀要, 45, 9, 659, 659,   1999年09月
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9遺伝子異常についての検討, 仲川 嘉紀, 趙 順規, 植村 天受, 金 聖哲, 吉川 元祥, 吉田 克法, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 佐賀 信介, 吉川 和宏, 日本癌学会総会記事, 58回, 555, 555,   1999年08月
  • ヒト腎細胞癌におけるMN/CA9抗原発現とMN/CA9遺伝子の低メチル化, 趙 順規, 小西 登, 植村 天受, 仲川 嘉紀, 吉川 元祥, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, 日本癌学会総会記事, 58回, 561, 561,   1999年08月
  • MN/CA IX抗原ペプチドによる腎細胞癌特異的免疫療法, 植村 天受, 仲川 嘉紀, 趙 順規, 吉川 元祥, 山口 旭, 大園 誠一郎, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 清水 一宏, 佐賀 信介, 日本癌学会総会記事, 58回, 645, 645,   1999年08月
  • 大腿骨頭壊死を合併した腎移植3例の検討, 米田 龍生, 吉田 克法, 千原 良友, 雄谷 剛士, 影林 頼明, 高尾 雅也, 植村 天受, 大園 誠一, 平尾 佳彦, 移植, 34, 総会臨時, 244, 244,   1999年08月
  • 腎細胞癌における高感度RT-PCR法を用いた患者血液中癌細胞の検出, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 45, 8, 571, 575,   1999年08月, http://hdl.handle.net/2433/114096
    概要:MN抗原は腎細胞癌において非常に高率に発現しており,診断及び治療の標的分子として有用である.又,高感度RT-PCR法により,循環血液中のMN抗原陽性腎癌細胞の検出が可能となり,術後のモニターリングなど早期診断に寄与する
  • 腎細胞癌患者における末梢血中癌細胞の検出, 植村 天受, 仲川 嘉紀, 米田 龍生, 影林 頼明, 山本 雅司, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本腎臓学会誌, 41, 3, 241, 241,   1999年05月
  • 三次元構築法を用いた腎実質容積測定による残存腎機能の予測, 田中 宣道, 影林 頼明, 米田 龍雄, 植村 天受, 中辻 史好, 田中 正己, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本腎臓学会誌, 41, 3, 241, 241,   1999年05月
  • ヒト腎細胞癌におけるMN/CA9遺伝子変異についての検討, 吉川 和宏, 清水 一宏, 金 聖哲, 仲川 嘉紀, 植村 天受, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, 佐賀 信介, 日本病理学会会誌, 88, 1, 317, 317,   1999年03月
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9遺伝子発現とDNAメチル化の検討, 趙 順規, 植村 天受, 仲川 嘉紀, 金 聖哲, 清水 一宏, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 日本泌尿器科学会雑誌, 90, 2, 200, 200,   1999年02月
  • 腎細胞癌における患者血液中癌細胞の検出について, 植村 天受, 仲川 嘉紀, 金 聖哲, 清水 一宏, 趙 順規, 岩井 哲郎, 平尾 佳彦, 吉川 和宏, 杉村 芳樹, 井坂 茂夫, 日本泌尿器科学会雑誌, 90, 2, 177, 177,   1999年02月
  • 褐色細胞腫と甲状腺髄様癌を合併したMEN-type IIa Sipple症候群の1例, 増田 安政, 妻谷 憲一, 植村 天受, 大園 誠一郎, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 中谷 敏也, 岡本 新悟, 山中 敏彰, 家根 旦有, Journal of Nara Medical Association, 50, 1, 55, 61,   1999年02月, http://hdl.handle.net/10564/495
    概要:MEN-type IIa(多内分泌腫瘍症II型)をもつ53歳男で,甲状腺及び両側副腎の摘除術を行った.病理学的診断は甲状腺髄様癌及び褐色細胞腫であった
  • 前立腺肥大症に対するHIFUの治療成績の検討, 大園 誠一郎, 金 聖哲, 雄谷 剛士, 影林 頼明, 山本 雅司, 植村 天受, 吉田 克法, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, Japanese Journal of Endourology and ESWL, 11, 3, 192, 192,   1998年10月
  • 局所進行腎盂尿管癌の治療成績, 堀川 直樹, 大園 誠一郎, 高島 健次, 林 美樹, 植村 天受, 守屋 昭, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 日本癌治療学会誌, 33, 3, 242, 242,   1998年08月
  • 画像解析からみたがんの特性と自然史(発育・進展)泌尿器がんの発育と進展, 平尾 佳彦, 植村 天受, 廣橋 伸治, 日本癌学会総会記事, 57回, 32, 32,   1998年08月
  • 腎細胞癌に対する標的抗原MNの発現について, 植村 天受, 仲川 嘉紀, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, 日本癌治療学会誌, 33, 3, 412, 412,   1998年08月
  • ヒト腎細胞癌におけるMN/CA9遺伝子変異についての検討, 仲川 嘉紀, 植村 天受, 清水 一宏, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, 佐賀 信介, 吉川 和宏, 日本癌学会総会記事, 57回, 348, 348,   1998年08月
  • ヒト腎細胞癌におけるMN/CA9遺伝子の低メチル化と遺伝子発現, Cho Masaki, 北堀 吉映, 小西 登, 日浅 義雄, 仲川 嘉紀, 植村 天受, 平尾 佳彦, 大西 武雄, 吉川 和宏, 日本癌学会総会記事, 57回, 464, 464,   1998年08月
  • 免疫治療モデルとしてのMN/CA9遺伝子導入マウス由来腎細胞癌株の樹立, 清水 一宏, 植村 天受, 仲川 嘉紀, 平尾 佳彦, 佐賀 信介, 烏山 一, 吉川 和宏, 日本癌学会総会記事, 57回, 699, 699,   1998年08月
  • 腎細胞癌における血液中癌細胞の検出, 植村 天受, 仲川 嘉紀, 清水 一宏, Cho Masaki, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, 佐賀 信介, 吉川 和宏, 日本癌学会総会記事, 57回, 715, 715,   1998年08月
  • 前立腺全摘標本におけるE-cadherin,α,β,γ-cateninの免疫組織学的検討, 森田 昇, 植村 天受, 妻谷 憲一, 吉田 克法, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, Cho Masaki, 仲川 嘉紀, 小西 登, 日本癌学会総会記事, 57回, 493, 493,   1998年08月
  • 腎細胞癌における標的抗原MN/CA9について, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 44, 6, 437, 437,   1998年06月
  • 腎細胞癌に対するMN targeting immunotherapyについて, 植村 天受, Biotherapy, 12, 5, 884, 884,   1998年05月
  • 腎細胞癌におけるpotential target MNについて, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 89, 2, 164, 164,   1998年02月
  • 腎細胞癌における腫瘍関連抗原MNの発現について, 植村 天受, 日本腎臓学会誌, 39, 6, 587, 587,   1997年09月
  • 腎細胞癌に対するMN/CA9 Antigen Targeting Immunotherapy, 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 32, 5, 806, 806,   1997年08月
  • 腎細胞癌におけるMN/CA9 gene発現についての検討, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 56回, 360, 360,   1997年08月
  • 前立腺癌全割標本におけるAdhesional moleculeの免疫組織学的検討, 植村 天受, 泌尿器科紀要, 43, 5, 390, 390,   1997年05月
  • 腎細胞癌における抗体及び抗イディオタイプ抗体による治療効果, 植村 天受, 大園 誠一郎, 平尾 佳彦, Biotherapy, 11, 3, 400, 402,   1997年03月
    概要:ヌードマウス腎癌モデルを用いMAbG250とIFN, IL2及びMCSFの併用効果を投与法により10 groupに分け,抗腫瘍効果を検討した.続いて同じ実験モデルを用い,1:control, 2:MAbG250/IL2/IFN, 3:Ab3-82(抗イディオタイプ抗体免疫マウス血清), 4:Ab3-83/MCSFの4群で治療効果を検討した.実験1ではM-CSF投与群はcontrol群よりやや腫瘍sizeが小さいものの明かな抗腫瘍効果を認めなかった.IL2/IFN, IFN/MAbG250, IL2/IFN/MAbG250の3群では著明な抗腫瘍効果を認め,他の5群では有意な抗腫瘍効果を認めた.以上より,MAbG250+IFN, IL2の併用療法は有用であると思われた.実験2ではIL2/IFN/MAbG250及びAb3-82治療群でほぼ同様に著明な抗腫瘍効果を認め,Ab3-82/MCSF群では全例complete regressionを示し,抗イディオタイプ抗体とM-CSF併用の有用性が示唆された
  • ヌードマウスにおけるヒト腎細胞癌Xenograft NUR-5を用いた高頻度転移モデルの確立, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 88, 2, 273, 273,   1997年02月
  • 限局性前立腺癌の診断におけるPSAの役割, 平尾 佳彦, 大園 誠一郎, 影林 頼明, 吉井 将人, 谷 善啓, 植村 天受, 百瀬 均, 岡島 英五郎, 丸山 良夫, 金子 佳照, 田畑 尚一, 林 美樹, 泌尿器科紀要, 42, 10, 795, 804,   1996年10月, http://hdl.handle.net/2433/115820
    概要:1)非前立腺癌泌尿器科疾患687例のうち,泌尿器科的検査・処置によると考えられる一過性のPSA異常値は38例(5.5%)にみられた. 2)PSAが異常高値を示した例の頻度は,BPHで22.3%,前立腺癌病期Aで65.4%, Bで83.5%, Cで95.1%, Dで96.1%と前立腺癌例で陽性率が高く,前立腺腫瘍マーカーとして有用性は高かった. 3)前立腺癌の分化度別のPSA値は,大半の病期において分化度が低くなるほど高かった. 4)前立腺癌の正診率の向上に,PSA測定に加えて,γ-seminoproten(GAM),前立腺酸性フォスファターゼ(PAP)の3者同時測定を試みた.限局性前立腺癌の診断におけるGSM, PAPの陽性率はPSAより低く,併用の有用性はみられず,PSAのみでよいとみられた
  • 泌尿器腫瘍における癌関連抗原G250/MNの発現 免疫組織化学的検討, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 55回, 518, 518,   1996年09月
  • 腎細胞癌における抗イディオタイプ抗体による特異的免疫療法の可能性, 植村 天受, Biotherapy, 10, 3, 241, 244,   1996年03月
  • 泌尿器腫瘍における癌関連抗原G250/MNの発現 免疫組織化学的検討, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 87, 2, 392, 392,   1996年02月
  • 腎細胞癌における抗イディオタイプ抗体の特異的免疫療法としての有用性, 植村 天受, 奈良医学雑誌, 47, 1, 76, 87,   1996年02月, http://hdl.handle.net/10564/700
    概要:腎細胞癌に対するマウス特異的抗体MAbG250より6種の抗イディオタイプ抗体(MUH31, 44, 51, 71, 82, 91)を作製した. 1)6種の抗イディオタイプ抗体(Ab2)は,MAbG250の抗原結合部位に特異的で,G250抗原のinternal imageを有していると考えた. 2)6種のAb2で免疫することにより,G250抗原に結合する抗体(Ab1')及びG250抗原特異的DTH反応が誘導され,これらのAb2ワクチンは,抗原特異的液性及び細胞性免疫を誘導する. 3)SK-RC-52及びNU 12 Xenograftヒト腎細胞癌担癌ヌードマウスにおいて,これらAb2により誘導されたマウスAb3血清による治療は,有意な抗腫瘍効果を示し,一部のマウスではcomplete responseも認められた
  • 腫瘍抗原の内部イメージとしての抗イディオタイプ抗体, 植村 天受, 岡島 英五郎, 臨床免疫, 28, 1, 134, 138,   1996年01月
  • 前立腺特異抗原に対する抗イディオタイプ抗体の作成, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 54回, 427, 427,   1995年09月
  • 奈良県立医科大学泌尿器科学教室における1992年の臨床統計, 永吉 純一, 田中 洋造, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 大園 誠一郎, 三馬 省二, 吉田 克法, 岩井 哲郎, 植村 天受, 山本 雅司, 林 美樹, 森田 昇, 吉川 元祥, 坂宗 久, 藤本 清秀, 米田 龍生, 木村 昇紀, 雄谷 剛士, 太田 匡彦, 田中 雅博, 谷 満, 奈良医学雑誌, 46, 3, 209, 215,   1995年06月30日, http://hdl.handle.net/10564/819
    概要:Clinical statistics in 1992 on outpatients, inpatients and operations in the Department of Urology, Nara Medical University, are reported in this paper. The total number of outpatients was 2,990, and inpatients numbered 336. Among these inpatients, urological tumors were most frequent (146 cases, 43 %), followed by renal failure (51 cases, 15 %), urolithiasis (44 cases, 13 %) and others. Totally 345 operations were performed.
  • 奈良県立医科大学泌尿器科学教室における1990年の臨床統計, 高島 健次, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 大園 誠一郎, 三馬 省二, 金子 佳照, 松木 尚, 百瀬 均, 岩井 哲郎, 吉江 貫, 植村 天受, 田畑 尚一, 藤本 清秀, 田中 宣道, 平山 暁秀, 安川 元信, 田中 洋造, 永吉 純一, 堀川 直樹, 米田 龍生, 奈良医学雑誌, 46, 3, 195, 201,   1995年06月30日, http://hdl.handle.net/10564/817
    概要:Clinical statistics in 1990 on outpatients, inpatients and operations in the Department of Urology, Nara Medical University, are reported in this paper. The total number of outpatients was 3,645 and inpatients numbered 343. Among these inpatients, urological tumors were most frequent (178 cases, 51.9 %), followed by urolithiasis (57 cases, 16.6 %), renal failure (43 cases, 12.5 %), and others. Totally 444 operations were performed.
  • 奈良県立医科大学泌尿器科学教室における1993年の臨床統計, 木村 昇紀, 雄谷 剛士, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 大園 誠一郎, 三馬 省二, 吉田 克法, 百瀬 均, 植村 天受, 坂 宗久, 二見 孝, 妻谷 憲一, 黒岡 公雄, 藤本 清秀, 米田 龍生, 清水 一宏, 奈良医学雑誌, 46, 3, 216, 222,   1995年06月30日, http://hdl.handle.net/10564/820
    概要:Clinical statistics in 1993 on outpatients, inpatients and operations in the Department of Urology, Nara Medical University, are reported in this paper. The total number of outpatients was 2,785 and inpatients numbered 329. Among these inpatients, urological tumors were most frequent (148 cases, 44.7 %), followed by renal failure (74 cases, 22.5 %), urolithiasis (36 cases, 10.9 %), and others. Totally 320 operations were performed.
  • 奈良県立医科大学泌尿器科学教室における1991年の臨床統計, 米田 龍生, 堀川 直樹, 岡島 英五郎, 平尾 佳彦, 大園 誠一郎, 三馬 省二, 吉田 克法, 金子 佳照, 百瀬 均, 岩井 哲郎, 植村 天受, 田畑 尚一, 林 美樹, 森田 昇, 藤本 清秀, 平山 暁秀, 田中 洋造, 永吉 純一, 木村 昇紀, 雄谷 剛士, 奈良医学雑誌, 46, 3, 202, 208,   1995年06月30日, http://hdl.handle.net/10564/818
    概要:Clinical statistics in 1991 on outpatients, inpatients and operations in the Department of Urology, Nara Medical University, are reported in this paper. The total number of outpatients was 3,457, and inpatients numbered 310. Among these inpatients, urological tumors were most frequent (174 cases, 56.1 %), followed by renal failure (45 cases, 14.2 %), urolithiasis (27 cases, 8.7 %), and others. Totally 361 operations were performed.
  • 尿膜管完全開存症の1例, 藤本 清秀, 三馬 省二, 永吉 純一, 小野 隆征, 雄谷 剛士, 植村 天受, 岩井 哲郎, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, 泌尿器科紀要, 41, 5, 395, 398,   1995年05月, http://hdl.handle.net/2433/115494
    概要:A case of congenital patent urachus is reported. A 12-month-old boy was referred to our outpatient clinic with the complaint of watery discharge from the navel. A cystography revealed the communication between the dome of the urinary bladder and the umbilicus. Excretion from the umbilicus of indigocarmine solution instilled into the urinary bladder was recognized. There were no complicated abnormalities in other organs. The patient underwent radical operation. Herein, we collected 164 cases of urachal disorders reported in Japan and reviewed the incidence, clinical symptoms, diagnosis and treatment. The classifications of the disease were briefly discussed.
  • 胃癌におけるActive specific immunotherapy 抗イディオタイプ抗体の有用性について, 植村 天受, Biotherapy, 9, 3, 294, 295,   1995年03月
  • 前立腺特異抗原(PSA)に対する抗イディオタイプ抗体の作製と機能, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 86, 3, 678, 678,   1995年03月
  • 恥骨融解を伴った膀胱部非特異的炎症性肉芽腫の一例, 大山 信雄, 三馬 省二, 植村 天受, 奈良医学雑誌, 46, 1, 7, 12,   1995年02月, http://hdl.handle.net/10564/792
    概要:16歳男子に発生した膀胱炎症性肉芽腫.本症例では,肉芽腫は膀胱から周囲組織,更には恥骨の一部へ波及していたが,ステロイド療法が著効した.膀胱炎症肉芽腫の本邦報告例9例を集計し,炎症性肉芽腫の分類,診断,治療法等について検討した.9例中7例には何れかの外科的切除が行われていた
  • ヒト腎癌における抗イディオタイプ抗体の有用性, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 53回, 428, 428,   1994年10月
  • 後腹膜髄外形質細胞腫の1例, 田中 洋造, 三馬 省二, 林 美樹, 藤本 清秀, 永吉 純一, 米田 龍生, 岡島 英二郎, 植村 天受, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, 泌尿器科紀要, 39, 7, 639, 643,   1993年07月, http://hdl.handle.net/2433/117884
    概要:46歳男,初診時すでに腫瘍は腎,脾,膵,胃等に浸潤していたが,THP-COP化学療法により腫瘍サイズの縮小化をはかり,2次的に外科的切除を行った。術後も残存腫瘍に対し間歇的に化学療法を維持することにより,初期治療後33ヵ月と比較的長期生存がえられた
  • 後腹膜神経節細胞腫の1例, 大山 信雄, 大園 誠一郎, 河田 陽一, 植村 天受, 金子 佳照, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, 泌尿器科紀要, 37, 4, 369, 372,   1991年04月, http://hdl.handle.net/2433/117161
    概要:A 41-year-old female patient with a right retroperitoneal tumor for more than thirty years was referred to our department. Exploration was done through a transperitoneal approach and the tumor was removed. A ganglioneuroma was diagnosed histopathologically. There have been 99 reported cases with retroperitoneal ganglioneuroma including our present case in Japan and we discuss the pathogenesis and treatment of this rare disease.
  • von Recklinghausen病に合併した後腹膜神経線維腫の1例, 植村 天受, 大園 誠一郎, 三馬 省二, 泌尿器外科, 4, 1, 101, 105,   1991年01月
  • 上部尿路移行上皮癌に対する術後補助化学療法の検討, 植村 天受, 吉川 元祥, 森田 昇, 吉田 宏二郎, 渡辺 秀次, 平松 侃, 生間 昇一郎, 山田 薫, 馬場谷 勝廣, 塩見 努, 窪田 一男, 大園 誠一郎, 丸山 良夫, 林 美樹, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, 青山 秀雄, 佐々木 憲二, 小原 壮一, 橋本 雅善, 日本泌尿器科学会雑誌, 82, 8, 1273, 1280,   1991年, 10.5980/jpnjurol1989.82.1273
    概要:1985年1月より1989年12月までの5年間に奈良医大泌尿器科およびその関連施設で治療した腎盂尿管移行上皮癌症例105例のうち, 根治手術を施行し得た症例は88例で, 性別は男66例, 女22例と3:1で男に多く, 年齢は34~82歳, 平均66.0歳であった. 腎盂尿管癌の Stage 分類は, 腎盂尿管癌取扱い規約に準じて行った. 全症例の1年および3年生存率は91.2%, 74.0%であった. Stage 別3年生存率ではTSが80.5%, TEが41.7%で両群間に有意差を認めた. Grade 別3年生存率ではG1 75.0%, G2 70.1%, G3 75.2%で各群間に有意差は認めなかった. 予後決定因子として stage が重要であると思われた.
    術後 cisplatin をベースとした補助化学療法施行群を group 1 (n=26), 非施行群を group 2 (n=62) として検討したところ, 3年生存率は group 1 63.3%, group 2 78.9%と group 2 の方が高かった. しかし, 両群の背景因子をみると年齢において group 2より group 1の方が有意に低かった. そこで, 年齢による差を是正するために age-matched trial を行ったが, 両群間の生存率には差はなかった. 副作用は, 嘔気, 嘔吐などの消化器症状が24例 (92.3%) に, 次いで全身倦怠, 脱毛の17例 (65.4%), 白血球減少15例 (57.7%) が多くみられたがとくに重篤なものはなかった. 以上より, 腎盂尿管癌における術後補助化学療法の効果を検討するには prospective randomize study の必要性が示唆された.
  • 泌尿器悪性腫瘍に対するOK-432の効果(第2次共同研究)(第2報), 植村 天受, 日本癌治療学会誌, 25, 9-2, 2340, 2340,   1990年09月
  • 腎盂尿管移行上皮癌の臨床的検討, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 81, 13, 2198, 2198,   1990年07月
  • 腎盂尿管腫瘍における術後補助化学療法の評価, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 81, 6, 926, 926,   1990年06月
  • EHEN誘発腎腫瘍ラットにおける腫瘍マーカーの検討, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 48回, 331, 331,   1989年10月
  • 成人女性に発症した膀胱横紋筋肉腫の一症例, 仲川 嘉紀, 植村 天受, 生間 昇一郎, 大阪回生病院臨床集報, 148, 96, 101,   1988年12月
  • 後部尿道ポリープの1例, 植村 天受, 馬場谷 勝広, 生間 昇一郎, 臨床泌尿器科, 42, 4, 353, 355,   1988年04月
  • 高LDH血症で偶然発見できた腹部睾丸腫瘍の1例, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 79, 2, 380, 381,   1988年02月
  • 高速液体クロマトグラフィー法による尿中蓚酸測定法について, 生間 昇一郎, 吉田 克法, 貴宝 院邦彦, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, 本宮 善恢, 常深 邦彦, 平田 直也, 妻谷 憲一, 森田 昇, 植村 天受, 金子 佳照, 守屋 昭, 日本泌尿器科學會雑誌, 79, 5, 903, 909,   1988年, 10.5980/jpnjurol1928.79.5_903
    概要:electroconductivity detector を用いた高速液体クロマトグラフィー法による新しい尿中蓚酸測定法を開発し, この測定法はディスポタイプカラムを用いることによって前処置を簡便化し, さらに発色剤と反応させることなく直接蔭酸イオンを electroconductivity detector で検出できる. 本法での測定範囲は1~100mg/lで, 再現性は triplicate assay で, 変動係数2.0±3.9%であり, 健康成人10人の24時間尿中蓚酸排泄量の平均は25.6±4.7mg/dayであった.
  • 大阪回生病院泌尿器科外来における尿路感染症の統計, 平田 直也, 植村 天受, 生間 昇一郎, 大阪回生病院臨床集報, 147, 47, 49,   1987年12月
  • 腎細胞癌の早期発見におけるCTおよびUSの意義について, 堀井 康弘, 妻谷 憲一, 夏目 修, 植村 天受, 佐々木 憲ニ, 駒田 佐多男, 窪田 一男, 丸山 良夫, 大園 誠一郎, 馬場谷 勝廣, 平尾 佳彦, 岡島 英五郎, 藤田 いずみ, 吉岡 哲也, 大石 元, 打田 日出男, 吉田 宏二郎, 小原 壮一, 橋本 雅善, 渡辺 秀次, 泌尿器科紀要, 33, 7, 998, 1004,   1987年07月, http://hdl.handle.net/2433/119207
    概要:1962年8月より22年間に腎細胞癌と診断した83例を集計し,臨床統計的観察を行ない,腹部診断にCTおよびUSが導入された前後について検討した.1)CTやUSが導入された1980年以後,腎細胞癌の症例が増加しており,とくにlow stageの症例の占める割合が増加している.2)CTやUS導入以後,他科疾患にて精査中に発見された腎細胞癌を11例経験した.そのうち,尿路外症状を含めた腎細胞癌に関する症状がまったくみられないincidental tumorが6例みられ,うち5例はlow stageの早期癌で,早期腎摘出術を施行しえた
  • 劇症肝炎における血漿交換療法の経験, 植村 天受, 松木 尚, 向垣内 高平, 大阪回生病院臨床集報, 146, 21, 22,   1986年12月
  • 両側陰嚢内腫瘤を初発症状とした悪性リンパ腫の1例, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 77, 6, 1065, 1065,   1986年06月
  • 副腎嚢腫の1例, 松木 尚, 妻谷 憲一, 植村 天受, 奈良医学雑誌, 37, 1, 35, 41,   1986年02月
  • 腎細胞癌を合併した海綿腎の1例, 植村 天受, 二見 孝, 吉川 元祥, 日本泌尿器科学会雑誌, 77, 1, 140, 144,   1986年01月, 10.5980/jpnjurol1928.77.1_140
    概要:腎細胞癌を合併した海綿腎の1例を報告する. 患者は64歳男性, 肉眼的血尿を主訴として, 1983年2月3日当科に入院した. 海綿腎については, 1976年に施行された排泄性尿路撮影および逆行性腎盂撮影によって, 扇状, 葡萄房状といった特有の腎盂像を認めたため診断され, 腎腫瘍については, 1983年に施行されたCT, 選択的腎動脈撮影によって確診された. そこで1983年2月15日, 右腎全摘出術を施行し, 病理組織学的には腎細胞癌と診断された.
    嚢胞性腎疾患と腎の悪性腫瘍との合併は以前より報告されているが, 海綿腎と腎の悪性腫瘍の合併の本邦報告例はなく, 海綿腎とその合併症などについて文献的考察を行った.
  • 多発性内分泌腺腫症(MEN) type 1の1例, 吉江 貫, 植村 天受, 田畑 尚一, 奈良医学雑誌, 36, 5, 614, 625,   1985年10月
  • 自家腎移植の経験, 平尾 佳彦, 植村 天受, 田畑 尚一, 泌尿器科紀要, 30, 11, 1565, 1578,   1984年11月, http://hdl.handle.net/2433/118334
    概要:腎血管性高血圧の2例では術後速やかに正常血圧に復し,腎機能の改善を得た.多発性腎結石及び複雑なサンゴ状腎結石の3例には体外腎手術・自家腎移植を施行し,結石の完全摘出,尿所見の改善,腎機能の保存を得た.なお,個々の症例について具体的に述べた
  • 腎盂尿管移行部狭窄に対する腎盂形成術の手術成績 Anderson-Hynes pyeloplastyを中心に, 渡辺 秀次, 植村 天受, 田畑 尚一, 泌尿器科紀要, 30, 10, 1393, 1404,   1984年10月, http://hdl.handle.net/2433/118307
    概要:1) 1963年より20年間に,奈良県立医科大学泌尿器科学教室および関連病院において腎盂形成術をおこなった35腎の臨床的観察および術後成績について,排泄性腎盂造影であきらかな改善を認めたものは67.6%,レノグラムで改善を認めたものは66.6%,自覚症状および臨床症状の改善を認めたものは93.0%で,そのうちAnderson-Hynes pyeloplasty施行例(27腎)ではさらに良好な成績であった.2) Anderson-Hynes pyeloplasty施行例において術後成績と年齢,術前の尿路感染症の有無,スプリントカテーテルおよび腎瘻管の設置期間,術後の尿路感染症の持続期間,さらに腎瘻管の設置期間と術後尿路感染症の持続期間の関係について検討した.年齢と術後成績では10歳以下においてもっとも術後の改善度が高かったが,他の年代に比べて有意ではなかった.術前の尿路感染症の有無,スプリントカテーテルおよび腎瘻管設置期間と術後成績の間には一定の関係は認めなかった.術後16日以内に腎瘻管を抜去しえた症例においては,術後の尿路感染症の改善および腎機能の改善がきわめてよかった
  • 男子前立腺部尿道に発生した腺腫性ポリープの1例, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 75, 9, 1501, 1501,   1984年09月
  • 海綿腎に発生した腎細胞癌の1例, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 75, 4, 723, 723,   1984年04月

受賞

  • 第15回ヨーロッパ泌尿器科学会ベストポスタープレゼンテーション賞
  • 第92回日本泌尿器科学会総会賞

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 腎細胞癌に対するマルチペプチド癌ワクチンの開発、複合免疫療法としての有用性の検討
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 前立腺癌マウスモデルを用いたnon-cording RNAバイオマーカの探索研究, 我々が開発した前立腺組織でのみPTEN遺伝子をノックアウトしたPTEN flox/PSA-Creの遺伝子改変(GEM)マウス前立腺癌モデルにおいて、前立腺癌のアンドロゲン感受性および非感受性癌について、Affymetrix Mouse Transcriptome Assayを用いて遺伝子発現およびRNA alternative splicing分析を行い、治療のターゲットおよびバイオマーカーの候補となるnon-cording RNA分子を同定し、これまでに機能解析および治療実験を施行し、種々の結果を得た。 これまでの解析結果から、アンドロゲン依存性癌とアンドロゲン非依存性癌の炎症性反応を比較検討してみたところ、免疫関連遺伝子の変化が有意であり、去勢抵抗性前立腺癌が免疫原性の高い腫瘍であることがわかった。その結果から、種々の抗アンドロゲン薬や分子標的薬治療による腫瘍の免疫微小環境の変化について、我々の開発した前立腺癌マウスモデルを用いて検討している。これらの一部の結果は昨年9月と本年4月に開催された、日本癌学会(大阪)およびアメリカ癌学会(アトランタ)にて報告した。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 腎細胞癌に対するHLA-A2拘束性マルチペプチドワクチンの開発, 我々の本研究に関する一連の取り組みは、腎細胞癌に関してはCA9およびVEGFR1ワクチンを用いた臨床研究を行い、その安全性、有用性について報告してきた。2013年度より、腎癌に対するマルチペプチドワクチンの開発に着手し(基盤研究B:25293336)、EPOR、PDL-1についてはHLA-A24拘束性のペプチドワクチンを開発し、特許申請を行った。現在、HLA-A24陽性患者に対して、CA9/EGFR1,-2/EPOR/PDL-1/HIF-1のマルチペプチドワクチンによる臨床研究を計画中である。今回の研究目的は、腎細胞癌に対して日本人で2番目に多いHLA-A2拘束性ペプチドワクチンの開発にある。今回の研究計画は、以前に開発したHLA-A24拘束性ワクチンと同じ手法で、HLA-A2拘束性のペプチドワクチン開発を同じ5つの標的分子(CA9、VEGFR、EPOR、PDL1、HIF1)をターゲットにして、epitopeを同定することである。すでに、近畿大学医学部倫理委員会承認のもとに腎細胞癌患者に十分なインホームドコンセントの上、本研究に協力同意を得たHLA-A2陽性担癌患者から随時全血採血を行い、末梢血単核球細胞(PBMC)を採取して‐80℃に冷凍保存している。今年度(最終年)は、昨年度に引き続き、これまでの基礎的研究からある程度の種類に絞り込んだHLA-A2拘束性ペプチド(CA9、VEGFR、EPOR、PDL1、HIF1)の中から、ワクチンとして有用と思われる候補を絞り込むため、末梢血単核球細胞からのペプチド特異的CTLの誘導能を評価する。2013年度の上記基盤研究(B)で、シークエンスを記述してしまい、特許を申請後に断念した経緯から、途中経過は報告できない。現在、各ペプチドの候補順位をつけ、順次CTLアッセイにて、最終のワクチン候補の同定を実施中である。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 前立腺特異的PTEN/p53ダブルノックアウトマウスモデルに関する研究, 我々は以前にPTEN flox/PSA-Creトランスジェニックマウス前立腺癌モデルを確立し、今回、本マウスモデルを用いて、よりaggressiveな転移モデルの確立をめざし、PSAコンディショナルPTEN/p53(Trp53)ダブルノックアウトマウス(PTEN/p53 DKO)を作製した。DKO Homo-deletionマウスでは早期より肺・肝・リンパ節などに遠隔転移をきたし、全生存期間の中央値は55週とかなり短くなった。これにより、ヒト前立腺癌の第3相試験と同様のPFSとOSをエンドポイントとしたPre-clinicalな治療実験が可能となり、極めて有用なモデルと思われた。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, PTEN/Atg7 DKOマウス前立腺癌におけるオートファジー機能解析の研究, Cre-LoxPのシステムにより開発したPSA-Cre PTEN homo欠失マウスモデルを用いて、 Autophagy必須遺伝子ATGを前立腺組織でのみノックアウトさせたPSA-Cre PTEN/Atg-7ダブルノックアウトマウスを作製し、前立腺癌の発癌・進行過程におけるAutophagyの作用について検討した。Autophagyの促進がアポトーシス抑制と相関すること、また、PTEN欠失前立腺癌マウスにおいて、Autophagy欠失により、生存期間が延長することが確認できた。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 腎細胞癌に対するマルチペプチドワクチンの開発, 腎細胞癌に対する新規ペプチドワクチン(5種類のターゲット分子)の開発に着手し、HLA-A24拘束性の新規ペプチド(EPOR、PDL1、HIF1)を同定した。EPOR、PDL1ワクチンの特許を申請し、HIF1については準備中である。また、以前に開発したCA9およびVEGFR1ペプチドワクチンをあわせて、マルチペプチドワクチンを確立した。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 前立腺癌に対する癌ワクチン療法に応用しうるペプチドの同定, 現在、癌ワクチン療法の多くはHLA-A3 supertype alleles陽性症例に対する適応はない。今回、癌ワクチン療法適応拡大のためにHLA-A3 supertype alleles陽性前立腺癌患者に対し癌ワクチン療法に応用し得るEZH2由来ペプチドの同定を試みた。HLA-A3 supertype alleles親和性より5種類のEZH2由来ペプチドを準備し免疫学的アッセイを施行した。結果、EZH2733-741ペプチドが最もペプチド特異的細胞障害性Tリンパ球を誘導し、癌ワクチン療法に応用しうるペプチドであることが示された。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 腎細胞癌に対するテーラーメイド癌ワクチン療法の開発, 腎細胞癌に対する新規ペプチドワクチン(5 種類のターゲット分子)の開発に着手し、一部の新規ペプチド(EPORxx)を同定した。現在特許申請準備中である。また、以前に開発したVEGFR1 ペプチドワクチンを用いた第1/2 相臨床試験を18 人の患者に対し施行し、安全性と有効性について示した。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), PTEN ノックアウトマウス前立腺癌モデルを用いたpre-clinical 研究, われわれは以前にPSA コンディショナルPTEN ノックアウトマウスを確立し、ヒト前立腺癌の発生・治療など多岐にわたる研究に対して有用であることを検証してきた。今回PTEN flox/PSA-Cre マウス前立腺発癌モデルにおいて、抗アンドロゲン薬・分子標的薬の単剤およびコンビネーション療法にてIntervention療法としての有効性について検討し、MEK 阻害剤AZD6244 やJAK/STAT シグナル阻害剤AZD1480 についても同様の研究を行い、有意な抗腫瘍効果を認めた。また、癌組織を用いたAdipokine profile の検討で発見したLeptin とCRPC モデルを用いて行ったDNA マイクロアレイから得られた細胞外マトリックス蛋白であるLumican やHOXA10 についても検討し、予後を決定するバイオマーカとして有用であると思われた。これらの結果については日本癌学会、泌尿器科学会、103回アメリカ癌学会(AACR)などにおいて報告した。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 腎癌に対するペプチドを用いたテーラーメイド癌ワクチン療法の開発, 新規ペプチドワクチン候補として、CA9、VEGFRl、EPORについてスクリーニングを行った。CA9については新規ペプチドに加え、改変ペプチドも合成し、MHCクラスI-binding affinityを調べ、5種類に絞り、CTLアッセイを行い、他の2分子に関しては、ルミネックスをもちいてIgG反応性を参考にしてCTLアッセイを行い、4-6種類に絞り込んだ。CA9とインターフェロン併用の第I -II相臨床研究およびVEGFR1ペプチドワクチンの第1相臨床研究を開始した。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 前立腺癌に対する、次世代分子治療戦略, 我々はPTENという癌抑制伝子を中心に前立腺癌の研究を重ねてきた。今回樹立したPTEN遺伝子改変マウスは、前立腺における多段階発癌と徐睾術によりホルモン抵抗性前立腺癌-移行する前立腺癌発症モデルである。このモデルを中心に前立腺癌の発癌機序解明およびホルモン抵抗性獲得の分子機構の網羅的な解析を行った。また、選択的Cox2阻害薬(Meloxicam)による癌予防研究、さらに新規合成したペプチドによる創薬の有用性をこのモデルを用いて検証した。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), PTEN-Aktシグナル伝達系を標的にした、前立腺癌の分子治療戦略, 前立腺癌標本におけるMolecular Markerの検索:前立腺癌において有用視されている遺伝子群、PTEN,リン酸化Akt、Bcl-2、VEGF、p53、およびEGFRを中心にアポトーシスを含め免疫組織化学染色法により、前立腺癌における有用なMolecular Markerを検索した。PTENおよびその下流シグナル域分子であるリン酸化Akt、Bcl-2やVEGFを中心に免疫組織化学染色法により、化学療法、放射線療法、またはホルモン療法に対する効果予測分子マーカーとしての可能性を前立腺全摘出術症例および針生検材料を用いretrospectiveにより検討しリン酸化AktおよびBcl-2の分子マーカーとしての意義が確認された。 Sleeping beauty transposon plasmid vectorの製薬化:Sleeping beauty(SB)transposonは、目的遺伝子の両側末端に付加したIR/DRという特有構造をtransP0saseが認識し、標的細胞染色体へ目的遺伝子を組み込むシステムである。長期的安定的に遺伝子発現を供給できるようカチオン化ゼラチンによる遺伝子徐放化製剤の検討した。 Transporter proteinおよびpeptideによる細胞内分子標的:精製したPTEN蛋白、PTEN機能ドメインペプチドや、リン酸化Akt抗体やBcl-2抗体などこのPTDトランスポーターシステムを用い前立腺癌への分子標的治療を検討し、PTEN機能ドメインペプチドが前立腺癌の増殖を抑制することを観察した。In vivoモデルにおける実用性の検証:上記のSB transposonおよびPTDのシステムの実用性を検討するため、ヒト前立腺癌ヌードマウス異所性(皮下)および同所性モデルを用い上記2および3に掲げた分子標的治療の効果と、放射線療法併用による感受性増強効果とともに臨床応用への可能性を認めた。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 腎癌における次世代CA9ペプチドワクチンの開発とテーラーメイド型癌ワクチン療法, 腎細胞癌に強発現する癌関連抗原CA9のHLA-A24拘束性ペプチドワクチン3種類(CA9p219、p288、p323)を開発し、第1相臨床研究から得られた免疫学的結果をもとに、より迅速に特異的CTL細胞が誘導できるペプチドワクチン療法の開発が望まれると考えられ、新しい次世代CA9ペプチドワクチンの開発に取り組んだ。臨床試験に使用したペプチドのMHCクラス1分子に対する親和性を調べたところ、最もCTL誘導能があったCA9p219がコンピュータを用いて予想した高い親和性に反し非常に低いものであった。そこで我々は、より優れたペプチドワクチン開発を目的に、既存のペプチドワクチンの改変型ペプチドワクチンやコンピュータ解析で高親和性が予想されるペプチドをさらに25種類作製し、HLA-A24に対する親和性をMHC stabilization assayにて検討した。結果はRD6128,9M15,16,17,20,9M8Yの6ペプチドが高親和性を示し、これらのペプチドの癌ワクチンとしての有用性を検討するために、腎細胞癌担癌患者の末梢血より得られた有核細胞を用いて各ペプチドに対するCTLアッセイを行った。結果は、これまでに使用してきたオリジナルペプチドワクチン(CA9P219,CA9p288)に比較し、高いCTL誘導能を示すペプチドが存在した。また、親和性にかかわらず、より高いCTL誘導能を有するペプチドも存在すると思われ、他のペプチドも含め、次世代テーラーメイド型CA9ペプチド癌ワクチンとしての有用性に関して、CIR細胞を用いたペプチド特異的なCTL誘導能とCA9陽性HLA-A24陽性癌細胞SW620に対する殺細胞効果(51Crrelease assay)について検討した。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 前立腺癌に対する、PTEN癌抑制遺伝子による治療応用の可能性, ヒト前立腺癌においてAktシグナル伝達を介するPTENの重要性の基礎的結果を臨床にフィードバックするため、PTENアデノウイルスベクターを中心にして遺伝子治療の臨床応用性を検討してきた。しかし、昨今のウイルスベクターを用いることの可否をめぐり、我々はnon-viral vectorであるカチオン化ゼラチンマイクロスェアーとの電荷的結合によるPTENプラスミドDNA徐放化製剤GelaTenを調整した、製薬化遺伝子GelaTenを新たな遺伝子治療の手段として用いた。 ヌードマウス皮下前立腺癌モデルに用い、PTEN遺伝子併用による放射線療法への増強効果の検討を行なった。放射線感受性にはリン酸化AktとBcl-2の発現が深く関っていることが知られており、放射線療法とPTEN併用実験ではリン酸化AktとBcl-2の発現にそれぞれ注目し検討を加えた。 前立腺癌細胞株PC-3/Bcl-2(Bcl-2導入発現株)をヌードマウス皮下に移植し、腫瘍の長径が5-7mmに達したころ、GelaTen (Cationized gelatin 2mgとPTEN 100μgのコンプレックス)を腫瘍内に直接注入し、その7日後と14日後に5Gyずつ放射線治療を行なった。コントロール遺伝子導入群においても腫瘍の増殖は放射線治療により明らかに抑制されたが、PTEN遺伝子を併用することによりさらに強力な腫瘍抑制効果が再現性を持って示された。さらに、DNA徐放化製剤としてplasmid DNAの発現を経時的に検討を加えた。PTEN plasmid単体のみの注入にでは注入後数日から5日をピークにPTEN遺伝子の発現は低下してきたのに対し、GelaTenでは注入後21日目までほぼ同等の発現が持続していた。このことは、GelaTen注入による放射線治療の相乗効果はPTEN plasmid単体注入と比較し効果が増強されていたことを裏付ける結果と思われた。以上の結果は、人への応用を目指した基礎データとして意義の大きなものと思われる。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), ヒト腎細胞癌のMN/CA9発現における、低酸素状態、低メチル化、VHL異常の役割, 我々は腎細胞癌の90%に発現している癌関連抗原MN/CA9の遺伝子発現にプロモーター領域の低メチル化が重要であることを明らかにしてきた。腎癌におけるMN/CA9遺伝子発現に、低酸素応答を介した系とVHLの異常を介した系の存在が考えられる。 本研究では、まず、腎癌におけるMN/CA9の発現とそのプロモーターのメチル化およびVHL異常について検討した。MN/CA9陽性腎癌の臨床検体では10例中9例にプロモーター領域のメチル化を確認した。また、培養細胞での検討では、MN/CA9の発現にかかわらず、VHL異常が認められた。次に、培養細胞を用いて、低酸素状態およびVHL蛋白異常とMN/CA9発現の関係について検討した。6種類の腎癌培養株(SK-RC1,7,10,12,14,44)およびコントロールとしてMN/CA9陰性/VHL正常の細胞株(U87MG)を用いてpVHL異常とMN/CA9発現の関係について検討した。6種類の腎癌細胞株すべてVHL遺伝子異常があったが、MN/CA9発現はSK-RC1,10,44の3種類であった。そこでSK-RC1に注目しwild type VHL geneを遺伝子導入するとこれまでの報告どおりMN/CA9はdown regulationした。また、この遺伝子導入細胞(SK-RC1/VHL)やU87MG(VHL正常)をhypoxia下に培養するとMN/CA9を再び誘導したが、親株(SK-RC1)はhypoxiaにても変化がなかった。一方、VHL異常があるにも関わらずMN/CA9発現のないSK-RC14にwtVHLを導入してもhypoxia状態にしてもMN/CA9の発現は認められなかった。これらから、MN/CA9陰性の細胞では、VHLの異常にかかわらず、VHL-HIF1 pathwayはmainでなく他のpathwayが存在することが示唆された。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 腎細胞癌におけるMN/CA鎗抗原ペプチドを用いた特異的癌ワクチン療法の検討, われわれは腎細胞癌の90%に発現している癌関連抗原MN/CA9のHLA-A24拘束性9mer抗原ペプチドを合成し、腫瘍ワクチンとしての有用性についてBALB/cマウス腎癌モデルを用いて抗原特異的なCTL誘導を報告してきた。また、これらペプチドを用いた特異的免疫療法の有用性に関して、腎細胞癌担癌患者のリンパ球を用いたMN/CA9抗原ペプチドの抗原特異的CTLの誘導能について検討したところ、ペプチド刺激したHLA-A2402陽性患者の自己樹状細胞を用いることで、抗原特異的なCTL前駆細胞の誘導が可能であった。 これらのpre-clinicalな結果に基づいて、平成14年7月より、高度進行・再発性腎細胞癌患者を対象として、MN/CA9 p219-227,p288-296,p323-331の3種のペプチドを用いた癌ワクチン療法の第I相試験を開始した。今回の目的は第一にこれらペプチドワクチンの安全性であるが、宿主のMN/CA9抗原陽性腫瘍に対する免疫原性についても検討した。これまでのところ、6名が本試験を終了したが、ほとんどの症例でワクチン接種部の局所反応は見られるものの、grade II以上の重篤な有害事象はなく、3種のペプチドワクチンは安全であると思われる。患者末梢血を用いた免疫反応性の検討では、ワクチン6回投与後より2種類のペプチドに特異的なCTL前駆細胞が検出され、一部の患者ではペプチドに対するIgG抗体の誘導も認められた。これらの結果から基本的に少なくとも2種類のペプチドワクチンは、抗原特異的な免疫反応を惹起し、臨床的にその効果が期待される。 今後、これらの抗原ペプチドを改変することで、その抗原性・親和性を増加させ、より強い特異的免疫反応を誘導するべく研究中である。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), SEREX法による癌患者血清中抗癌関連抗原抗体を利用した新しい癌標的抗原の検索, 本SEREX法では、基本的に自己癌組織と自己血清との組み合わせにより抗体の検出と、抗原の検出を行うシステムで、これまでに多くの研究者により多数の抗原系が検出されてきている。その結果、検出される抗原の多くは、正常精巣に発現することが知られており{Cancer testis抗原(CT抗原)}、精巣細胞ではHLA-class I抗原が発現してないため、癌治療の細胞性免疫におけるT細胞の標的抗原として有望視されている。 本研究では、自己癌組織と自己血清の組み合わせのための検体として、前立腺癌1症例、また腎細胞癌5症例を集め、また、泌尿器系癌における高発現CT抗原の検出も重要と考え、正常精巣のライブラリーと患者血清との組み合わせを想定した患者血清のみの収集も前立腺癌で3例、腎細胞癌で10例行った。これら症例よりRNAを分離し、ライブラリーの作製を試み、前立腺癌症例についてはおよそ2.5x10^6pfuのライブラリが作製できた。 また、これまでに2症例の正常精巣の提供を受け、そのうち1症例についてライブラリーを作製した。正常精巣からのライブラリーについて、その有用性を、抗体の存在を確認している血清で検討したところ、多数のクローンが検出された。これらのクローンの遺伝子について配列を決定した結果、同一の遺伝子を持つクローンが多数認められ、最終的には現在までに7クローンが得られている。また、抗原名は明らかにできないが、自己免疫疾患等で検出される抗原系も検出されている。 この結果から、ライブラリーの有用性が確認されたため、各種癌患者血清でのスクリーニングを継続していく予定である。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), RT-PCR法を用いた循環血液中腎細胞癌検出の臨床的意義の検討, 腎細胞癌には有効なマーカがなく、発見時に既に転移のある場合が少なくない。また、放射線や化学療法のような一般的な治療法は全く効果がないことから極めて予後不良の疾患である。われわれは、腎癌におけるマーカの確立を目的として、高感度RT-PCR法を用いて血中のMN/CA9抗原陽性細胞の検出の基礎的研究(文部省科学研究費基盤研究C,平成9-10年:高感度RT-PCR法による末梢血中腎細胞癌細胞検出法の開発)を行い,患者末梢血および腎静脈血中よりMN/CA9抗原陽性細胞検出を確立した(Brit. J Cancer:81,1999)。その結果、腎細胞癌患者の血液サンプルでは、76%にMN/CA9 mRNAが検出され、病期と相関する傾向が認められ、血液中MN/CA9陽性細胞の検出は、転移の存在などを早期に診断する手段となりうる可能性が示唆された。なお健常人31例では約30%にMN/CA9 mRNAが検出された。これは皮膚にMN/CA9抗原が発現しているためで、経皮的な末梢血の採取には少し問題があることが判明した。そこで、本研究における主な検討項目は、術中腎静脈血におけるMN/CA9陽性癌細胞の検討であった。まず、PCR条件をoptimizeするために、96通りのprimer setsを設計し、sensitivity約70%、specificity約90%の検出法を確立し得た。このアッセイで、実際に術中腎静脈中の癌細胞を検出してみると、コントロールサンプルでは全く検出されなかったが、腎細胞癌患者においては90%と非常に高率にMN/CA9陽性細胞が検出された。これは、ある程度予想できたことであるが、検出率が高すぎるためか、転移の有無、病期、悪性度など予後因子とは有意な関係を見いだせなかった。そこで、転移能に関係する分子として、細胞間接着因子であるCadherin-6(Cad-6)が腎細胞癌において重要であるという報告から、MN/CA9とCad-6の2つの分子に関してprimerを設定し、RT-PCRのダブルアッセイを考案した。Prospectiveに術中腎静脈血を採取し検討したところ、転移のない症例に比べ転移のある症例において有意に検出率が高かった。これらの結果から、MN/CA9およびCad-6を標的分子としたRT-PCR同時アッセイを用いて循環血液中腎癌を検出することは、癌の存在診断だけでなく術後転移の早期発見に有用であることが示唆された。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 腎細胞癌におけるMN/CA9遺伝子発現の機序に関する研究, 1.MN/CA9遺伝子5'領域のCpGメチル化とMN/CA9遺伝子発現の関係 ヒト腎細胞癌培養細胞株、ヒト腎細胞癌組織を用いてMN/CA9遺伝子5'領域のメチル化状態とMN/CA9発現を調べた結果、-74bpのCpGの低メチル化とMN/CA9発現の間に強い相関関係を認めた。メチル化状態はbisulfite genomic sequencing protocolで判定し、MN/CA9発現はRT-PCRで確認した。 2.メチル化阻害剤によるMN/CA9発現の誘導 MN/CA9遺伝子5'領域が完全にメチル化されているMN/CA9発現陰性のヒト腎細胞癌培養細胞株をメチル化阻害剤(5-aza-2'-deoxycytidine)投与下に1週間培養することにより、MN/CA9の発現が誘導されることを確認した。 3.MN/CA9プロモーター領域の同定 MN/CA9遺伝子5'領域(-1246/+42bp)をルシフェラーゼリポータープラスミドに組み込みExo/mung beans methodを用いたdeletion analysisを行った。これによりminimum promoterの5'側が-158bpと-58bpの間にあり、上記1で検討した-74bpのCpGがほぼプロモーター領域にあることを確認した。 4.MN/CA9プロモーター領域のCpGメチル化の転写活性に与える影響 MN/CA9プロモーター(-158/+42bp)上のすべてのCpGをCpGメチラーゼ(SssI)でメチル化した場合にプロモーター活性が著しく抑制されることを確認した。また、-74bpのCpGだけをCpGメチラーゼ(HhaI)でメチル化した場合も同様にプロモーター活性が強く抑制された。 以上の結果から、ヒト腎細胞癌におけるMN/CA9発現にプロモーター領域(-74bp)CpGの低メチル化が大きく関与していることが示唆された。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 癌関連抗原MN/CA9を標的とした腎細胞癌特異的免疫療法の検討, われわれは、腎細胞癌に高率に発現している癌関連抗原MN/CA IXを標的とした特異的癌免疫療法をめざし、MN強制発現マウス腎癌モデルの作製、MN特異的抗体の作製およびスクリーニングを行ってきた。本研究では、HLA-A24拘束性のMN抗原ペプチドを合成し、腎癌に対する特異的免疫療法、すなわち癌ワクチン療法の有用性について、in vitroおよびin vivo実験モデルを用いて検討した。はじめに、BALB/c由来マウスRCC細胞RenCaおよびembryofibroblast細胞BALB3T3にMN/CA9遺伝子導入し、MN抗原を発現したMN-RenCaおよびMN-3T3細胞を確立した。これらの細胞を用いて、CTL precursorの誘導能を検討した。方法は、抗原ペプチド100μg/IFAをBALB/cマウス皮下に4回免疫し、脾細胞を採取培養し、LDH release assayを用いてCTL活性について検討した。次に同様に免疫したマウスおよびコントロールマウスの皮下にMN-RenCaを移植し、経時的に腫瘍サイズを測定し抗原ペプチドによる免疫効果(抗腫瘍効果)について検討した。また、MN-RenCa細胞パルスで得られたCTL(CD8_+)をnaiveマウスに細胞移入し、同様に抗腫瘍効果について検討した。結果はMN抗原ペプチドの免疫によりMN抗原特異的なCTL precursorが誘導された。次に、このCTL細胞10^7個をMN-RenCa皮下注後のヌードマウスに細胞移入したところ腫瘍生着率がコントロールの100%に比較し著明に低値であった。またBALB/cマウスへの抗原ペプチド療法においても、移植4週後の腫瘍重量はコントロールに比較して著明に小さく、腎細胞癌においてMN抗原ペプチドを用いた特異的癌免疫療法の有用性が示唆された。最後に、MN抗原陽性腎細胞癌担癌患者リンパ球のMN抗原に対する反応性についてテトラマーアッセイを用いて行ったところ、非担癌患者に比べて10倍以上の反応性を示し、MN特異的なCTL precursorの存在が示唆された。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), MN抗原を標的分子とした抗体による腎細胞癌の診断治療法の確立, 1.MN/CA9発現腎細胞癌培養細胞の作製 MN/CA9 cDNAを発現Vecter BCMGSNeoの組み込んだ後、電気パルス法によりマウス腎細胞癌培養細胞RenCa細胞に遺伝子導入を行なった。得られたクローンのMN/CA9発現はMHA(Mixed Hemadsorption)法により確認した。 2.MN/CA9発現マウス腎細胞癌モデルの作製 MN/CA9導入RenCa細胞を、近交系マウスBAL/Bcの皮下に注入し、腫瘍の増殖を認めると共に、摘出した腫瘍をG250抗体により免疫組織染色を行い、MN/CA9の発現を確認した。 3.大腸菌によるMN/CA9抗原の作製 MN/CA9抗原のアミノ酸配列において、他の抗原とhomologyの低い領域の遺伝子PCRにて増幅し、vecterに取り込んだ。大腸菌に導入し発現した蛋白が、目的の蛋白であることをSDS-PAGEおよびWestern blotにて確認した。 4.家兎によるポリクローナル抗体の作製 この作製した蛋白をアジュバントとともに家兎に免疫し、採取した血清中の抗体価をELISAにて測定した。抗体が産生されていることを確認した、現在血清をaffinity精製中である。 5.マウスによるモノクローナル抗体の作製 MN/CA9発現RenCa細胞cell lysateを免疫抗原とし、抗NM/CA9モノクローナル抗体産生ハイブリドーマを作製した。抗体の反応特異性は、従来報告されている抗体と同一であることが確認された。 6.single chain抗体の作製 ハイブリドーマより抗体遺伝子を分離し、single chain抗体作製のための遺伝子改変を行い、single shain抗体蛋白を大腸菌より得ている。現在、抗体の精製と活性の測定を行っており、抗体の臨床応用に向けた検討を予定している。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 高感度RT-PCR法による抹梢血中腎細胞癌細胞検出法の開発, 腎細胞癌、特に進行腎癌は極めて予後不良の疾患で、手術療法を除いて有用な治療法はないと言っても過言ではない。そこで早期診断や再発・転移の予測の助けとなる特異的なマーカーの必要性より多くの研究がされているが、未だ有用なものは開発されていない。炭酸脱水酵素のisoenzymeと考えられているMN抗原はplasma membrane glycoproteinで、数種の悪性腫瘍に発現し、正常細胞にはほとんど発現していない癌関連抗原である。腎細胞癌においては、MNを認識する抗体mAbG250による免疫組織学的検討で約90%と高頻度に発現しており、診断および治療の標的分子として有望である。今回我々は、RT-PCR法を用いて患者血液中のMN陽性癌細胞の高感度検出法を考案し、新しいマーカーとしての可能性について検討した。 【対象および方法】対象は腎細胞癌手術症例43例とコントロールとして健康成人31例で、術前、術中、術後などに血液10mlをヘパリン採血し、buffy coatよりtotal RNAを抽出する。cDNA sequenceよりprimerを設定しRT-PCR法を用いてMN/CA9 mRNAの発現を検討した。なお、high sensitivityを得るためPCR southern blotおよびnested PCRを併用した。 【結果】腎細胞癌患者の血液サンプルでは、63例中48例(76.2%)にMN/CA9 mRNAが検出され、病期との間に相関する傾向が認められた。なお健常人31例では約30%にMN/CA9 mRNAが検出された。そこで新しいprimerを設定しspecificityを100%としたところ、術中中心静脈血サンプル24例中6例(25%)に癌細胞が検出され、sensitivityを向上させるためのoptimal settingが必要と思われた。しかし、術後遠隔転移ときたした3例はいずれも血液中にMN陽性細胞が検出され、血液中MN陽性細胞の検出は、転移の存在などを早期に診断する手段となりうる可能性が示唆された。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 泌尿器癌におけるG250(MN)抗原の基礎的研究, 本研究では、悪性腫瘍に特異的と考えられている癌関連抗原MNの泌尿器癌すなわち腎細胞癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣癌における発現について免疫組織化学(蛋白レベル)およびRT-PCR法(遺伝子レベル)を用いて検討し、泌尿器癌特異的ターゲット治療の可能性について実際の動物モデルを用いて検討した。平成8年度に行った免疫組織化学の結果、MNの発現頻度は腎細胞癌82/93(88.2%)、膀胱癌20/61(32.8%)、前立腺癌0/46(0%)、精巣癌0/19(0%)であった。腎細胞癌のほとんどの例においてhomogeneousで強陽性に染色されるのに対し、膀胱癌ではheterogeneousで弱陽性にしか染色されなかった。この結果をもとに、MN target therapyとして腎細胞癌にfocusを絞った。その後の検討で腎細胞癌147例の検討では87.1%と高率に蛋白レベルでMN抗原が発現しており、遺伝子レベルでは91.8%とgeneのみの発現が7例に認められた。cell typeではclear cell typeで99%、non-clear cell typeで64.7%とclear cell typeではほぼ全例に発現していた。gradeではG1 98.6%、G2 87.1%、G3 33.3%とhigh gradeになると有意な発現低下を認めた。またstageにおいても同様の傾向を示した。 以上より、MN抗原陽性NUR-2ヒト腎癌ヌードマウスモデルを用いてmAbG250およびその抗イディオタイプ抗体NUH82を利用したMN targeting therapyの有用性について、サイトカイン(IL-2/IFN)と共に治療実験を行い比較検討した。結果は、mAbG250およびNUH82 inducedマウス血清(Ab3)治療群はコントロール群に比較し有意な抗腫瘍効果を示し(p<0.01)、rIL-2/mIFNなどのサイトカイン治療群と同程度の効果であった。またmAbG250,Ab3にサイトカインを併用した群では著名な抗腫瘍効果を示し(p<0.001)併用効果の有用性が示唆された。以上より、腎細胞癌においてMN target therapyの有用性が示唆された。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 腎癌における抗イディオタイプ抗体の腫瘍ワクチンとしての有用生の検討, 腎細胞癌(RCC)に対する抗イディオタイプ抗体の有用性について抗イディオタイプ抗体免疫マウス血清(Ab3-82)を用いて、RCCヌードマウスモデルにおける抗腫瘍効果を各種サイトカインおよびMAbG250と比較検討した。まず各種サイトカインの治療至適dose決定のために各サイトカンを1回投与量1000,3000,IUにてPilot studyを行いdoseを200u/g mouseと設定し、本実験に入った。6週齢雄性BALB/c nu/nuマウスの右側腹皮下にNUR-2ヒトRCC小腫瘍片を移植し、腫瘍サイズが約20mm^3時点で10グループにRandomizeし、以下の治療を施した。すなわち、gr.1:control,gr.2:IL-2,gr.3:IFN,gr.4:MCSF,gr.5:MAbG250,gr.6:IL-2/MAbG250,gr.7:IFN/MAbG250,gr.8:MCSF/MAbG250,gr.9:IL-2/IFN,gr.10:IL-2/IFN/MAbG250で、MAbG250は100μg,IL-2,IFN,MCSFは200U/g mouseをmediumに溶かし、peritumor injectionした。各治療は週5回6週間施行し、腫瘍径を測定し、抗腫瘍効果について検討した(実験I)。続いて、同じ実験モデルを用い、gr.1:NMS(正常マウス血清),gr.2:MAbG250/IL-2/IFN,gr.3:Ab3-82,gr.4:Ab3-82/MCSFの4群で治療効果を検討した(実験II)。その結果、実験Iでは、MCSFは抗腫瘍効果を示さず、また、IFN,IL-2,MAbG250,MCSF/MAbG250,Il-2/MAbG250の5群ではcontrolに比し、p<0.05の有意な抗腫瘍効果を認め、Il-2/IFN,IFN/MAbG250,IL-2/IFN/MAbG250の3群ではp<0.01の著明な抗腫瘍効果を認めた。また実験IIでは、IL-2/IFN/MAbG250およびAb3-82治療群は、ほぼ同様の著明な抗腫瘍効果(p<0.01)を認め、Ab3-82/MCSF群ではほぼ全例complete regressionを示し、抗イディオタイプ抗体とMCSFの併用療法が有用であると思われた。治療途中に行った病理組織学的検討ではマウスリンパ球の著明な腫瘍内浸潤を認め、抗イディオタイプ抗体の腫瘍ワクチンとしての有用性が示唆された。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 後天性腎嚢胞性病変に関する実験的研究
  • 前立腺癌発生ノックアウトマウスを用いた基礎的研究, conditional targeting knock-out mouseを用いた、前立腺癌発生・進行・ホルモン不応性獲得のメカニズムの解明、ならびに新しい治療法の開発
  • 癌ワクチンの開発