KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

日野 真紀子ヒノ マキコ

プロフィール

所属部署名経営学部 商学科
職名准教授
学位博士(経済学)
専門西洋経済史
ジャンル経営・産業/産業
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1426-hino-makiko.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2019/11/13

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    両大戦間期のイタリアの繊維工業と経済について研究しています。特に、イタリアン・ファッションの創成期、絹、レーヨン、染料等についてです。

学歴・経歴

経歴

  •   2019年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2016年04月,  - 2019年03月, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 経済史, イタリア経済史

論文

  • 1930年代におけるイタリア人絹・絹織物輸出拡大の要因, 日野 真紀子, 社会経済史学, 84, 1, 95, 120,   2018年05月, 査読有り
  • 捺染機械の技術革命, 日野 真紀子, 立教経済学研究, 72, 4, 1, 24,   2018年03月, 査読有り
  • 1930年代におけるイタリア染料工業の発展 : 国内染色工業との関係, 日野 真紀子, ヒノ マキコ, Hino Makiko, 同志社商学, 同志社商学, 67, 1, 43, 62,   2015年06月
    概要:研究(Article)
  • The Development of Western Business History Research in Japan:With Reference to the Simultaneity with Research in Western Countries, Banzawa Ayumu, Hino Makiko, Sadatō Hiroko, Japanese Research in Business History, Japanese Research in Business History, 32, 0, 11, 36,   2015年
  • イタリア北部絹織物業における大恐慌の影響 : コモ産地の構造とその対応, 日野 真紀子, ヒノ マキコ, Hino Makiko, 大阪大学経済学 , 大阪大学経済学, 62, 1, 52, 70,   2012年06月
  • 1919〜1929年における北部イタリア「絹織物業」の輸出拡大, 日野 真紀子, 社會經濟史學, 社會經濟史學, 78, 1, 3, 24,   2012年05月25日
    概要:本稿は,統一以来イタリア工業をリードしてきた北部「工業三角地帯」に位置するコモ地方の絹織物業(人絹を含む)をあつかう。イタリア繊維工業は,中小企業が多数を占める戦間期イタリア工業の中心である。絹織物業が1920年代前半に国際競争力を得るに至った過程を,その輸出拡大に焦点を当てて検討し,以下のような事実を明らかにする。背景として,コモ地方絹織物企業の経営組織の近代化が確認される。同時に,これらの企業は織布関連産業を巻き込みつつ,織物業の製品・生産方法の開発・改良,新販路の開拓という形で展開した。また,新しい原材料である人絹糸が絹織物業の主要原材料となり,新製品として「交織」大衆商品が製造され,主に産地の大企業がこれを担った。一方,産地の中小企業と政府が協力することで,産地は高級絹織物のデザインを改良しつつ,イタリアからの流行発信を試みた。大衆商品の輸出市場は,1925年のイギリスの保護関税を契機に,従来のヨーロッパ市場からアジア,アフリカ,南アメリカのような非ヨーロッパ圏に求めるようになり,1927年以降顕著に増加した。

書籍等出版物

  • シルクとイタリアン・ファッションの経済史 : 色で高付加価値化を目指した両大戦間期, 日野 真紀子, 晃洋書房,   2019年, 9784771032040
  • 教養のイタリア近現代史, 土肥秀行 (編集), 山手昌樹 (編集), 分担執筆, 第11章, ミネルヴァ書房,   2017年05月, 4623080218

講演・口頭発表等

  • 1930年代イタリア北部における絹・人絹織物輸出拡大の要因, 日野 真紀子, 第85回社会経済史学会全国大会,   2016年06月

競争的資金

  • 科学研究費, 若手研究, 第二次大戦からEEC成立期におけるイタリアン・ファッション・システムの形成, 日野 真紀子
  • 科学研究費, 若手研究(B), 両大戦間期イタリアにおけるモード・システム形成と繊維産業構造の分析, 日野 真紀子