KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

池庄司 敏孝イケショウジ トシタカ

プロフィール

所属部署名次世代基盤技術研究所
職名特任准教授
学位博士(工学)
専門航空宇宙材料学
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1336-ikeshoji-toshitaka.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/06/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    航空宇宙機用材料とその接合方法が専門です。C/C複合材、CFRP、セラミクスと金属材の異材接合、また、レーザ3D積層造形技術による航空宇宙機部品の製作も研究しています。

学歴・経歴

学歴

  • 1995年04月 - 1998年03月, 東京大学大学院, 工学系研究科
  •  - 1998年, 東京大学
  • 1989年04月 - 1993年03月, 東京工業大学, 工学部

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学 次世代基盤技術研究所 准教授
  •   2007年04月,  - 2015年03月, 東京工業大学 理工学研究科 助教
  •   2006年09月,  - 2007年08月, アメリカ合衆国航空宇宙局 ゴダード宇宙飛行センター 客員研究員
  •   1998年04月,  - 2007年03月, 東京工業大学 工学部 助手
  •   2005年04月,  - 2006年03月, 明治大学 工学部機械工学科 非常勤講師
  • 近畿大学 次世代基盤技術研究所 非常勤准教授

研究活動情報

研究分野

  • フロンティア(航空・船舶), 航空宇宙工学, 航空宇宙材料
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 加工学、生産工学, 接合工学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 加工学、生産工学, 付加製造

研究キーワード

  • ろう付, 接合工学, 金属3D積層造形

論文

  • Selective Laser Melting of Pure Copper, Ikeshoji Toshi-Taka, Nakamura Kazuya, Yonehara Makiko, Imai Ken, Kyogoku Hideki, JOM, JOM, 70, 3, 396, 400,   2018年03月, 査読有り

書籍等出版物

  • 図解 金属3D積層造形のきそ, 京極 秀樹, 池庄司 敏孝, 共著, 日刊工業新聞社,   2017年10月, 9784526077555
  • Advances in Brazing, IKESHOJI TOSHI-TAKA, 分担執筆, 13 - Brazing of carbon–carbon (C/C) composites to metals, Woodhead Publishing,   2013年, 9780857094230
  • 最新 フラクトグラフィ -各種材料の破面解析とその事例, 池庄司 敏孝, 分担執筆, 第5章3節 固相接合部のフラクトグラフィ / 第5章4節 ろう付部のフラクトグラフィ, 紀伊國屋書店,   2010年03月, 9784924728615
  • Erosion of Ni Substrate by Marangoni Convection of Molten Ag-Cu-Pd Brazing Filler Metal, Brazing, High Temperature Brazing and Diffusion Welding, DVS-Berichte Band 231,   2004年
  • Fractal Characteristics of Low Temperature Fractured Surface of Diffusion Bonded Joint of Stainless Steel, Proceedings of the 7th Inernational Symposium, JWS, 2001, Kobe,   2001年

講演・口頭発表等

  • レーザ式粉体床溶融法純銅造形過程での造形材と粉末床の熱伝導挙動, 池庄司 敏孝, 溶接構造シンポジウム2019,   2019年12月03日
  • マルチスポットレーザによるパウダーベッド型積層造形, 池庄司 敏孝, 高エネルギービーム加工研究委員会,   2019年06月14日
  • A-TIGによるSUS316L溶接部の組織と水素透過後の影響, 平成22年度春季全国大会,   2010年
  • C/C複合材料と純チタンろう付に及ぼす席双方向の影響, 溶接学会全国大会平成22年度春季大会,   2010年
  • ロケットスカートノズルアッシィ用四管束試験片ろう付継手部の強度と接合部間隙の関係, 溶接学会全国大会平成22年度春季大会,   2010年
  • フラックス中の塩化亜鉛濃度とSUS304ステンレス鋼表面のAl-Siろう材のぬれ性, 溶接学会全国大会講演概要86集(平成22年度春季大会),   2010年
  • ナノクラスターダイヤモンド分散ta-C膜のラマン分光分析による評価, トライボロジー会議 東京2010-5,   2010年
  • Joining of surface modified diamond to Fe-42Ni alloy using Zn-5Al solder, 9th International Conference LOT 2010,   2010年
  • Brzing of C/C composites and titanium alloys with inserting OFHC copper foil, Brazing, Hight Temperature Brazing and Diffusion Bonding LOT2010,   2010年
  • Role of valence electron of vanadium carbide in metallization of diamond surface, International Brazing and Soldering Conference,   2009年
  • Brazing of Copper-coated Carbon/Carbon Composites to Titanium Alloys, International Brazing and Soldering Conference,   2009年
  • C/C複合材料とTi合金のろう付け強度とろう材の浸透現象, 平成21年度秋季全国大会,   2009年
  • SUS304ステンレス鋼溶接部における水素透過経路の探査, 平成20年度秋季全国大会,   2008年
  • Adherent Sn/57Bi solder alloy-melt on Cu cone plate at various shear velocities, 8th International Welding Symposium,   2008年
  • Robustness of Micro-Mechanical Joining for Micro Copper Wire, 8th International Symposium,   2008年
  • CuメタライズしたC/C複合材とTiのろう付, 第83回軽構造接合加工研究委員会,   2008年
  • 金属基複合材料の活性液相拡散(A-TLP)接合, 日本機械学会2007年度年次大会,   2007年
  • ステンレス鋼とアルミニウム合金の異材間大気中ろう付け, 日本機械学会2007年度年次大会,   2007年
  • ステンレス鋼ろう付け圧接部の組織と強度および耐食性, 日本機械学会第15回機械材料・材料加工技術講演会,   2007年
  • Sn-Bi はんだの動粘性測定と界面エネルギの検討, 日本機械学会第15回機械材料・材料加工技術講演会,   2007年
  • 銅細線の端子固定用マイクロメカニカル接合法の研究, 第14回機械材料・材料加工技術講演会,   2006年
  • 高周波誘導加熱を用いたステンレス鋼管のろう付圧接に最適なろう材の開発, 第14回機械材料・材料加工技術講演会,   2006年
  • An erosion by Marangoni convection of molten brazing filler metal, AWS 35th International Brazing and Soldering Symposium,   2005年
  • A Method to Predict Temperature Fields During Frictional Welding By Introducing The Heat Input Coefficient and The Heat Input Surface Transfer, World Tribology Congress 2005,   2005年
  • ロケットノズルスカート用管束ろう付試験片の強度とろう付部間隙,   2004年
  • ディンプル系分布をもとにした界面接合部模擬延性破面のフラクタル次元,   2003年
  • 溶融ろうのマランゴニ対流による母材侵食,   2003年
  • 配管用鋼管の高周波ろう付圧接におけるフィレット形成効果の解析,   2003年
  • ステンレス鋼溶接部における水素透過現象の定量化に関する研究,   2003年
  • 配管用鋼管の高周波ろう付圧接のインサートメタルによる特性と効果,   2003年
  • YBCO粉末焼結バルクの接合,   2003年
  • Fractal Dimension of Ductile Fractured Surface and The Dimple Size Distribution,   2002年
  • Braze Pressure Welding (B.P.W.) - A New Method for Hight Quality Pressure Welding -,   2002年
  • Analysis of Deformation and Heat Flow During Friction Welding of Aluminium To Ceramics,   2001年
  • 延性破面のフラクタル性に関する研究,   2001年
  • ろう付破面を用いた延性破面のフラクタルモデルの検証,   2001年
  • Fractal Dimension of Fracture Surfaces in Ductile-Brittle Transition Regime,   1997年
  • Change in fractal regime on worn surface,   1995年

MISC

  • 〈平成27年度活動報告〉3D造形技術研究センター活動報告, 京極 秀樹, 旗手 稔, 生田 明彦, 池庄司 敏孝, 信木 関, 大森 整, 米原 牧子, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kindai University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 7, 27, 31,   2016年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005823391
    概要:1. センター活動
  • レーザービームの利用による金属積層造形 (特集 金属積層造形技術開発の最前線), 池庄司 敏孝, 材料の科学と工学 : 日本材料科学会誌, 53, 4, 104, 107,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020945259
  • SLM造形過程におけるレーザ照射部近傍の粉体層溶融凝固を考慮した過渡伝熱数値解析, 池庄司 敏孝, 京極 秀樹, 米原 牧子, 荒木 正浩, 中村 和也, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual report of Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, Kindai University, 7, 89, 94,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005823402
    概要:The selective laser melting(SLM) is a kind of additive manufacturing processes, which melts the thin powder layer selectively and forms 3D object by compiling many layers. To obtain the proper laser melting conditions for SLM process, the prediction of thermal field around the scanning laser spot is necessary. In this paper, a finite element method of transient heat conduction analysis is proposed to predict the thermal field. It is based on the energy conservation equation for enthalpy of bulk metal, powder metal and once-melt-and-solidified powder metal. The method includes the phenomena of melting and solidification of powder metal. The numerical simulation using this method is applied for Ni-based refractory alloy, Inconel-718, and the results of the simulation is presented with temperature contours and dimensions of melt pool.Ⅲ.論文集
  • 〈平成26年度活動報告〉3D造形技術研究センター活動報告, 京極 秀樹, 旗手 稔, 生田 明彦, 信木 関, 大森 整, 池庄司 敏孝, 米原 牧子, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 6, 27, 31,   2015年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730475
    概要:1. センター活動
  • OS1735 C/C複合材とNI基合金の応力緩和層を用いたろう付, 池庄司 敏孝, 鈴村 暁男, 山崎 敬久, M&M材料力学カンファレンス, 2014, "OS1735, 1"-"OS1735-2",   2014年07月19日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009939704
    概要:C/C composites plate was brazed to Ni-based alloy, Inconel-600 plate using Fe-Cr-Ni-(Si,P) brazing filler metal with various thickness of Nb foil inserted. Niobium foil was solved into the brazing filler layer and precipitated along the C/C composites' surface. Although, Nb layer remained in the brazed interface was thinner than the original Nb foil thickness, it acted as the stress relief layer. The shear strength of brazed joint varied with the remained Nb layer's thickness. The shear strength increased for the brazed joint with 100μm of Nb layer, but once dropped for the joint with 200μm. The FEM analysis revealed that the shear strength of brazed joint monotonously increase with Nb layer's thickness. The microstructure in the brazing filler layer was considered to contribute to the tendency of the shear strength with Nb layer thickness.
  • 炭素複合材と金属のろう付, 池庄司 敏孝, 溶接学会誌, 83, 3, 199, 203,   2014年, 10.2207/jjws.83.199, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005113677
  • 319 CFRP/軽金属リベット接合体の電解腐食挙動, 池庄司 敏孝, 森本 哲也, 正木 理恵, 畦柳 美玖, 鈴村 暁男, 山崎 敬久, 機械材料・材料加工技術講演会講演論文集, 2013, 21, "319, 1"-"319-3",   2013年11月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009935876
  • 616 極細被覆導線のマイクロメカニカル接合, 石井 駿土, 池庄司 敏孝, 鈴村 暁男, 山崎 敬久, 機械材料・材料加工技術講演会講演論文集, 2013, 21, "616, 1"-"616-3",   2013年11月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009935982
  • 636 パラジウム分離セルの構造と水素分離性能, 川戸 紳玄, 池庄司 敏孝, 鈴村 暁男, 山崎 敬久, 機械材料・材料加工技術講演会講演論文集, 2013, 21, "636, 1"-"636-3",   2013年11月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009936002
  • 極細被覆導線のマイクロメカニカル接合, 石井 駿土, 池庄司 敏孝, 鈴村 暁男, 機械材料・材料加工技術講演会 M&P, 21,   2013年11月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020161972
  • パラジウム分離セルの構造と水素分離性能, 川戸 紳玄, 池庄司 敏孝, 鈴村 暁男, 機械材料・材料加工技術講演会 M&P, 21,   2013年11月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020174572
  • SUS316Lステンレス鋼AA-TIG溶接部でのマンガン酸化物の形成, 山崎 敬久, 池上 俊哉, 池庄司 敏孝, 鈴村 暁男, 溶接学会全国大会講演概要, 93, 128, 129,   2013年08月12日, 10.14920/jwstaikai.2013f.0.128.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031178298
    概要:ステンレス薄板製密閉容器を作製するため,SUS316L鋼薄板を深い溶け込みの得られるAA-TIGを用いて,溶接を行った。アルゴンガスでバックシールドを施したにも関わらす,裏側のボンド部でマンガン酸化物の形成が認められた。
  • コーン・プレート型回転粘度計を用いた純SnとSn-Biはんだの流動特性の比較, 蒲生 弘郷, 山崎 敬久, 池庄司 敏孝, 鈴村 暁男, 溶接学会全国大会講演概要, 93, 168, 169,   2013年08月12日, 10.14920/jwstaikai.2013f.0.168.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031178318
    概要:はんだ合金のぬれのメカニズムを知るため,コーン・プレート型回転粘度計を用いて,純Snの流動特性を調べた.コーンとプレートの材質はSnと反応しないグラファイトが選択された.その結果,酸化した溶融Snがグラファイトコーンに付着するなどの現象が起き,純Snの酸化が流動特性に及ぼす影響が検出された.
  • C/C複合材と耐熱合金の応力緩和層を挿入したろう付, 池庄司 敏孝, 徳永 竜哉, 鈴村 暁男, 山崎 敬久, 溶接学会全国大会講演概要, 93, 358, 359,   2013年08月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031178409
  • Nb箔中間財を用いたC/C複合材と耐熱合金のろう付, 池庄司 敏孝, 徳永 竜哉, 鈴村 暁男, 山崎 敬久, 溶接学会全国大会講演概要, 92, 40, 41,   2013年03月21日, 10.14920/jwstaikai.2013s.0.40.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031138279
    概要:C/C複合材料と耐熱合金インコネル600をNi-Cr-Fe基ろう材を用いてろう付した.熱膨張係数差による残留熱応力を緩和するためにNb箔を中間財として用いた.ろう付中にNb箔が溶解することにより特異な界面の金属組織の様子を明らかにした.また,Nb箔の厚さとせん断強度の関係を示した.
  • Effect of Nickel-Iron Mixture of Weld Metal on Hydrogen Permeability at Various Temperatures in 316L Stainless Steel, Takahisa Yamazaki, Toshi-Taka Ikeshoji, Akio Suzumura, Daigo Kobayashi, Kamono Shumpei, Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 3, 6, 865, 875,   2009年, 10.1299/jmmp.3.865
  • 航空宇宙産業におけるろう付けの実用技術, 池庄司敏孝, ツールエンジニア, 49, 1, 63, 65,   2008年
  • Effect of oxide film on the reduction of hydrogen permeation rate in stainless steel, T. Yamazaki, T.-T. Ikesyoji, A. Suzumura, T. Naito, JSME Intl. J. Series A, 49, 1, 58, 62,   2006年, 10.1299/jsmea.49.58
  • アルミニウム合金-ステンレス鋼大気ろう付性に及ぼすAl-Si共晶ろう層の等温凝固挙動の影響, 池庄司敏孝, 劉樹英, 鈴村暁男, 山崎敬久, 溶接学会論文集, 24, 4, 362, 367,   2006年, 10.2207/qjjws.24.362
  • 固相接合プロセス, 里中忍, 高橋誠, 池庄司敏孝, 佐藤裕, 溶接学会誌, 74, 5, 72, 79,   2005年
  • Solutility and dissolution rate of Ni base alloy to molten Ag-Cu-Pd, T.-T. Ikeshoji, Y. Watanabe, A. Suzumura, T. Yamazaki, JSME Intl. J. Series A, 48, 4, 346, 351,   2005年, 10.1299/jsmea.48.346
  • Effect of fillet geometry to joint strength of four-pipe-brazed specimen for rocket nozzle skirt, T.-T. Ikeshoji, A. Suzumura, T. Yamazaki, JSME Intl. J. Series A, 48, 4, 406, 412,   2005年, 10.1299/jsmea.48.406
  • The cleaning effect of the interlayer metal on the joining surface during braze pressure welding, Y. Inagaki, A. Suzumura T.-T, Ikeshoji T. Yamazaki, JSME Intl. J. Series A, 48, 4, 413, 419,   2005年, 10.1299/jsmea.48.413
  • Brazing of stainless steel to various aluminum alloys in air, S. Liu, A. Suzumura T.-T, Ikeshoji T. Yamazaki, JSME Intl. J. Series A, 48, 4, 420, 425,   2005年, 10.1299/jsmea.48.420
  • ロケットエンジンノズルスカートのろう付施工について, 池庄司敏孝, 第6回航空宇宙材料フォーラム,   2003年
  • 拡散接合部およびろう付部破面のフラクタル次元, 池庄司敏孝, 鈴村暁男, 溶接学会講演概要, 71,   2002年
  • 溶融ろうのマランゴニ対流, 池庄司敏孝, 鈴村暁男, 雀部謙, 溶接学会先端材料委員会,   2002年
  • Scale Dependence of Fractal Dimension for Tensile Fractured Surface of Diffusion Bonded Stainless Steel Joint, Toshi-Taka IKESHOJI, Akio Suzumura, LOT'01: 6th International Conference on Brazing, High Temperature Brazing and Diffusion Bonding. Aachen May 8-10, 2001,   2001年
  • Change in Fractal Dimension with Observing Scale for Tensile Fractured Surface of Copper-Brazing Steel Joint, Toshi-Taka IKESHOJI Akio, SUZUMURA, LOT'01: 6th International Conference on Brazing, High Temperature Brazing and Diffusion Bonding. Aachen May 8-10, 2001,   2001年
  • Fractal Dimension of Steel Fracture Surface Ruptured under Brittle-Ductile Transition, Toshitaka IKESHOJI, Tadashi, SHIOYA Akio Suzumura, AEPA2000 -- the 5th Asia Pacific Symposium on the Advances in Engineering Plasticity and its Applications -- June, 2000, Hong Kong,   2000年
  • 鋼の銅ろう付部引張破面のフラクタル解析, 池庄司敏孝, 鈴村暁男, 山田幾久, 溶接学会講演概要, 67, 226, 227,   2000年
  • 鋼の銅ろう付継手部破面のディンプル径分布とフラクタル次元, 池庄司敏孝鈴村暁男山田幾久, 第8回機械材料・材料加工技術講演会講演論文集, 00-36, 327, 328,   2000年
  • 拡散接合部の引張破面形状とフラクタル次元の関係, 池庄司敏孝岡田隆寿鈴村暁男, 第8回機械材料・材料加工技術講演会講演論文集, 00-36, 329, 330,   2000年
  • Brittle-Ductile Transition and Scale Dependence: Fractal Dimension of Fracture Surface of Materials, TOSHI-TAKA IKESHOJI, Fractals, 7, 2, 159, 168,   1999年
  • 延性―脆性遷移と破断面のフラクタル次元の変化の関係に関する研究, 池庄司敏孝, 塩谷義, 日本機械学会論文集(A編), 64, 623, 1984, 1990,   1998年, 10.1299/kikaia.64.1984

受賞

  •   2019年03月, (一社)溶接学会, 溶接技術奨励賞
  •   2010年, (社)溶接学会界面接合研究委員会, 界面接合研究奨励賞, C/C複合材料とTiの活性金属ろう付における積層方向および繊維配向の影響
  •   2007年, JGN2を活用した研究開発アイデアコンテスト 最優秀賞
  •   2003年, 日本機械学会 機械材料・材料加工部門 部門一般表彰(新技術開発部門)

競争的資金

  • C/C複合材料とTi合金の電子ビームろう付
  • 溶融ろうのマランゴニ対流
  • ろう付部破面のフラクタル解析
  • 短繊維強化金属複合材料とセラミクスの摩擦圧接部における短繊維挙動の解析
  • 拡散接合部破面のフラクタル解析

教育活動情報

担当経験のある科目

  • プロジェクト研究, 東京工業大学工学部
  • 機械知能システム創造, 東京工業大学工学部
  • 設計と生産の工学第二, 東京工業大学工学部
  • プログラミング2, 近畿大学工学部
  • プログラミング1, 近畿大学工学部
  • システム工学, 近畿大学工学部
  • 有限要素法, 明治大学工学部, 近畿大学工学部
  • 機械工学基礎実験, 近畿大学工学部
  • 工業力学, 近畿大学工学部