KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

佐々木 隆士ササキ タカシ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門小児外科
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/2209-sasaki-takashi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/04/05

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    小児外科一般(消化器,呼吸器,泌尿器,腫瘍),新生児外科,小児内視鏡外科,重症心身障害児・者の外科治療,外科栄養,小児の整容性に関する関する問題(でべそ,漏斗胸など)について。

研究活動情報

論文

  • Thoracoscopic resection of congenital esophageal stenosis., Saka R, Okuyama H, Sasaki T, Nose S, Oue T, Asian journal of endoscopic surgery, Asian journal of endoscopic surgery, 10, 3, 321, 324,   2017年08月, 査読有り
  • Umbilical appearance and patient/parent satisfaction over 5years of follow-up after umbilical hernia repair in children., Zenitani M, Sasaki T, Tanaka N, Oue T, Journal of pediatric surgery, Journal of pediatric surgery,   2017年06月, 査読有り
  • 膵臓のsolid‐pseudopapillary neoplasmの臨床病理学的特徴, 山根木康嗣, 西浦弘志, 佐々木隆士, 岡田敏弘, 山田直子, 小越菜保子, 松下一行, 北川透, 山口晃良, 田野伸雄, 平野博嗣, 藤元治朗, 中正恵二, 兵庫医科大学医学会雑誌, 兵庫医科大学医学会雑誌, 41, 1, 87‐94,   2016年12月20日
  • 小児固形がんの最新のトピックス 腎腫瘍, 大植孝治, 佐々木隆士, 田中夏美, 銭谷昌弘, 小児外科, 小児外科, 48, 11, 1197‐1200,   2016年11月25日
  • 直視下縫合・吻合のテクニック:工夫とコツ 喉頭気管分離術, 佐々木隆士, 阪龍太, 大植孝治, 小児外科, 小児外科, 48, 6, 617‐620,   2016年06月25日
  • 小児悪性固形腫瘍における多施設共同研究の現況, 大植孝治, 佐々木隆士, 阪龍太, 兵庫医科大学医学会雑誌, 兵庫医科大学医学会雑誌, 40, 1, 37‐42,   2016年02月25日
  • 小児肝腫瘍・腎腫瘍に対するアプローチと治療戦略, 大植孝治, 佐々木隆士, 田中夏美, 銭谷昌弘, 日本小児血液・がん学会雑誌(Web), 日本小児血液・がん学会雑誌(Web), 53, 3, 250‐255(J‐STAGE), 255,   2016年
    概要:<p>小児悪性腫瘍の治療成績は,集学的治療の発展とともに急速に向上したが,発生頻度が低いため,新規治療法の開発のためには多施設による共同研究が不可欠である.本邦では2014年に小児腫瘍の研究グループが統合され,日本小児腫瘍研究グループ(Japan Children's Cancer Group; JCCG)が結成され,小児悪性腫瘍の臨床試験を統一して行われるようになった.</p><p>小児悪性固形腫瘍の中でも,肝芽腫,腎芽腫は手術による全摘出が根治のために重要であり,小児外科医が中心となって他の固形腫瘍に先駆けて1990年代より全国で多施設臨床研究が開始された.本稿では,過去の臨床試験の結果から小児肝腫瘍・腎腫瘍の治療上の問題点を明らかにし,それを克服するべく,どのようなコンセプトで次世代の新たな治療プロトコールが開発されつつあるのかを解説する.いずれの腫瘍においても,新しい治療プロトコールでは患者を低リスク,中間リスク,高リスクとリスク群に応じて群分けを行い,低リスクの症例では治療を軽減して治療合併症の軽減を図り,高リスクのものでは治療を強化して治療成績の向上を目指すことにより,治療成績の向上と,患者のQOLの向上を目指して新しい治療法が開発されている.</p>
  • National Clinical Database(小児外科領域)Annual Report 2011-2012, 米倉竹夫, 古村眞, 臼井規朗, 家入里志, 高安肇, 尾藤祐子, 藤代準, 藤野明浩, 伊勢一哉, 佐々木英之, 下野隆一, 寺脇幹, 岡本晋弥, 佐々木隆士, 照井慶太, 永田公二, 江角元史郎, 平原憲道, 宮田裕章, 渡辺栄一郎, 前田貢作, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 52, 7, 1350‐1359(J‐STAGE),   2016年
  • Surfactant protein-D attenuates the lipopolysaccharide-induced inflammation in human intestinal cells overexpressing toll-like receptor 4., Saka R, Wakimoto T, Nishiumi F, Sasaki T, Nose S, Fukuzawa M, Oue T, Yanagihara I, Okuyama H, Pediatric surgery international, Pediatric surgery international, 32, 1, 59, 63,   2016年01月, 査読有り
  • A sutureless technique using cyanoacrylate adhesives when creating a stoma for extremely low birth weight infants., Nose S, Sasaki T, Saka R, Minagawa K, Okuyama H, SpringerPlus, SpringerPlus, 5, 189,   2016年, 査読有り
  • Treatment and ovarian preservation in children with ovarian tumors., Oue T, Uehara S, Sasaki T, Nose S, Saka R, Yamanaka H, Ueno T, Tazuke Y, Okuyama H, Journal of pediatric surgery, Journal of pediatric surgery, 50, 12, 2116, 2118,   2015年12月, 査読有り
  • Long-term outcomes of four patients with tracheal agenesis who underwent airway and esophageal reconstruction., Tazuke Y, Okuyama H, Uehara S, Ueno T, Nara K, Yamanaka H, Kawahara H, Kubota A, Usui N, Soh H, Nomura M, Oue T, Sasaki T, Nose S, Saka R, Journal of pediatric surgery, Journal of pediatric surgery, 50, 12, 2009, 2011,   2015年12月, 査読有り
  • LPEC 精系水瘤に対するLPEC, 阪龍太, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 大植孝治, 奥山宏臣, 小児外科, 小児外科, 47, 6, 599, 602,   2015年06月25日
  • Immunolocalization of surfactant protein D in the liver from infants with cholestatic liver disease., Saka R, Yanagihara I, Sasaki T, Nose S, Takeuchi M, Nakayama M, Okuyama H, Journal of pediatric surgery, Journal of pediatric surgery, 50, 2, 297, 300,   2015年02月, 査読有り
  • エンジョイ!症例報告:手術・治療の工夫(I)膵solid‐pseudopapillary neoplasm(SPN)に対する腹腔鏡下腫瘍核出術, 佐々木隆士, 岡田敏弘, 野瀬聡子, 阪龍太, 大植孝治, 藤元治朗, 奥山宏臣, 小児外科, 小児外科, 47, 1, 71, 76,   2015年01月25日
  • エンジョイ!症例報告:手術・治療の工夫(I)胃粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS), 奥山宏臣, 塚田遼, 野瀬聡子, 米山知寿, 阪龍太, 佐々木隆士, 小児外科, 小児外科, 47, 1, 39, 42,   2015年01月25日
  • 小児外科領域におけるNCDの意義と課題, 米倉竹夫, 宮田裕章, 臼井規朗, 古村眞, 岡本晋弥, 佐々木隆士, 尾藤祐子, 高安肇, 家入里志, 藤野明浩, 藤代準, 渡辺栄一郎, 前田貢作, 日本外科学会定期学術集会(Web), 日本外科学会定期学術集会(Web), 115th, SP-6-4 (WEB ONLY),   2015年
  • Chronic ileocolic intussusception due to transmural infiltration of diffuse large B cell lymphoma in a 14-year-old boy: a case report., Saka R, Sasaki T, Matsuda I, Nose S, Onishi M, Fujino T, Shimomura H, Otsuka Y, Kajimoto N, Hirota S, Oue T, SpringerPlus, SpringerPlus, 4, 366,   2015年, 査読有り
  • Laparoscopic Treatment of Pediatric Hydrocele and the Evaluation of the Internal Inguinal Ring, Ryuta Saka, Hiroomi Okuyama, Takashi Sasaki, Satoko Nose, Chizu Yoneyama, Ryo Tsukada, JOURNAL OF LAPAROENDOSCOPIC & ADVANCED SURGICAL TECHNIQUES, JOURNAL OF LAPAROENDOSCOPIC & ADVANCED SURGICAL TECHNIQUES, 24, 9, 664, 668,   2014年09月, 査読有り
    概要:Background: There are few reports of the laparoscopic findings of the internal inguinal ring (IIR) in patients with hydrocele. The purpose of this study was to assess the safety and efficacy of laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure (LPEC) for hydrocele in comparison with that of open repair (OR) and compare the findings of the IIR between cases of hydrocele and inguinal hernia (IH). Materials and Methods: We analyzed 69 consecutive patients with hydrocele who underwent surgery at our institution between April 2009 and February 2014. The patients were divided into two groups (LPEC and OR) according to the procedure. Age, length of operation/anesthesia, and complications were compared. Concerning the findings of the IIR, we classified the features into three categories, as follows: Type 1, flat: Type 2, narrow patent processus vaginalis (PPV) with a peritoneal veil: and Type 3, widely opened PPV. We then compared these findings between the cases of hydrocele and IH treated with LPEC during the study period. Results: Among a total of 69 patients, 40 underwent LPEC, and 29 underwent OR. There were no significant differences in the length of operation/anesthesia and complications. No recurrences were observed in either group. The findings of the IIR were mostly classified as Type 2 (59.1%) among the cases of hydrocele and Type 3 (92%) among the cases of IH. Conclusions: LPEC is a safe and effective procedure for treating hydrocele. The findings of the IIR differ between cases of hydrocele and IH.
  • 腹腔鏡が診断および治療に有用であった直腸杙創の1男児例, 米山知寿, 阪龍太, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 塚田遼, 中尾篤典, 山田勇, 兼松明弘, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 50, 5, 925, 929,   2014年08月20日
    概要:小児の直腸杙創は比較的まれである.今回われわれは,尿路系に損傷を伴った直腸杙創の1 例を経験したので報告する.症例は11 歳男児.椅子の背もたれの上に立っていたところ,椅子が破損し転落.会陰部に破損した椅子の木片が刺入した.家族にて木片は抜去され,前医に救急搬送された.大腸内視鏡で径2 cm の腹膜外直腸穿通を認め,精査・加療目的で当院に転院搬送された.CT で直腸・精囊・膀胱損傷を認め,受傷後8 時間で緊急手術を施行した.試験腹腔鏡で,膀胱穿孔を認めたため,腹腔鏡下に膀胱壁を縫合閉鎖し,S 状結腸人工肛門を造設した.術後経過は良好である.腹腔内臓器損傷の検索・治療に腹腔鏡が有用であった.直腸杙創に対する腹腔鏡手術の報告は少なく,文献的考察をまじえ報告する.
  • Laparoscopic-Assisted Percutaneous Endoscopic Gastrostomy: A Simple and Efficient Technique for Disabled Elderly Patients, Yoshiyuki Shimizu, Hiroomi Okuyama, Takashi Sasaki, Satoko Nose, Ryuta Saka, JOURNAL OF PARENTERAL AND ENTERAL NUTRITION, JOURNAL OF PARENTERAL AND ENTERAL NUTRITION, 38, 4, 475, 480,   2014年05月, 査読有り
    概要:Background/Purpose: Percutaneous endoscopic gastrostomy (PEG) is a simplified catheter placement procedure for alimentation. Although the endoscopic approach to gastrostomy tube placement is a safe and well-tolerated procedure in most patients, the PEG procedure is difficult in elderly patients disabled since childhood who have severe scoliosis and malpositioning of the stomach. We describe a simple and effective laparoscopic-assisted PEG (LAPEG) technique that can be used for catheter placement in severely disabled patients. Methods: Thirteen severely disabled patients aged 14-57 years underwent gastrostomy tube placement with the LAPEG technique. After general anesthesia was achieved, an endoscope was placed into the stomach. Then, a 5-mm camera port was inserted at the umbilicus, and a 3-mm working port was inserted to identify and lift the optimal site for gastrostomy tube placement. After the 4-point fixation of the stomach, the 20-Fr gastrostomy tube was placed under endoscopic and laparoscopic observation. Results: All patients tolerated the procedure well, and there were no major complications. The procedure was successful, and all patients could feed via the tube. Conclusions: Elderly disabled patients who have been bedridden since childhood often have severe scoliosis and malpositioning of the stomach. Our LAPEG procedure is effective, well tolerated, and safe for gastrostomy tube placement in such elderly patients.
  • Safety and Efficacy of Laparoscopic Percutaneous Extraperitoneal Closure for Inguinal Hernias and Hydroceles in Children: A Comparison with Traditional Open Repair, Ryuta Saka, Hiroomi Okuyama, Takashi Sasaki, Satoko Nose, Chizu Yoneyama, JOURNAL OF LAPAROENDOSCOPIC & ADVANCED SURGICAL TECHNIQUES, JOURNAL OF LAPAROENDOSCOPIC & ADVANCED SURGICAL TECHNIQUES, 24, 1, 55, 58,   2014年01月, 査読有り
    概要:Introduction: Laparoscopic procedures for inguinal hernias and hydroceles in children have become widespread in the past few decades. The purpose of this study was to perform a retrospective analysis of our experience in order to assess the safety and efficacy of laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure (LPEC) and to compare the findings with those of conventional open repair (OR). Subjects and Methods: We analyzed the medical records of 488 patients who underwent LPEC or OR for inguinal hernia or hydrocele at our institute between April 2008 and December 2012. The indications for the operation, length of the operation, complications, day surgery, contralateral patent processus vaginalis, and incidence of metachronous contralateral hernia were investigated. The chi-squared test, unpaired t test, and Steel-Dwass test were used to analyze the significance of the data. Results: Among a total of 488 patients, 326 patients underwent LPEC (125 males and 201 females), and 162 underwent OR (140 males and 22 females). There was no significant difference in the incidence of recurrence (three in the LPEC and none in the OR group, P = .55) or in the success rates of day surgery (97.8% in LPEC versus 97.6% in OR). The incidence of metachronous contralateral hernias in the LPEC group was lower than that in the OR group (LPEC 0%; OR 2.2%, P = .03). Seventeen subjects with hydroceles were treated by LPEC without any complications. Conclusions: LPEC is safe and effective for inguinal hernias and hydroceles in children, regardless of age, sex, and incarceration and could reduce the incidence of metachronous contralateral hernias.
  • 当科における喉頭気管分離術の工夫, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 野瀬聡子, 阪龍太, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 49, 6, 1091, 1095,   2013年10月20日
    概要:【目的】誤嚥防止手術として一般に行われているLindemanの喉頭気管分離術に対し,副損傷や,縫合不全,気管腕頭動脈瘻等の合併症リスクを減らすために当科で行っている工夫を紹介し,その治療成績を報告する.<br>【方法】当科では,喉頭側断端処理はLindeman変法に準じるが肺側気管の授動は断端の縫い代確保分の最小限に留め,頭側皮膚を皮下の剥離によりフラップ状にし,喉頭側断端を覆いながら肺側断端の背側へ落とし込むようにしてこれと縫合している.過去4年間にこの方法を行った12例を対象とし,術中・術後成績を後方視的に検討した.<br>【結果】手術時年齢は中央値4歳7か月,男女比は5:7で9例は術前に気管切開が置かれていた.平均手術時間は99±31分,出血量は少量で,全例で術中偶発症,術後縫合不全を認めなかった.平均26 か月の術後観察期間において,狭窄,腕頭動脈瘻などの晩期合併症も認めなかった.<br>【結論】本術式は小児に対する誤嚥防止手術として簡便・低侵襲であり,合併症のリスクも低いと考えられた.
  • Use of an expandable metallic stent with a silicon stent in the treatment of extrinsic tracheal obstruction: a safe method for long-term endotracheal stenting., Okuyama H, Sasaki T, Nose S, Saka R, Kubota A, Kawazu Y, European journal of pediatric surgery : official journal of Austrian Association of Pediatric Surgery ... [et al] = Zeitschrift fur Kinderchirurgie, European journal of pediatric surgery : official journal of Austrian Association of Pediatric Surgery ... [et al] = Zeitschrift fur Kinderchirurgie, 23, 5, 411, 414,   2013年10月, 査読有り
  • プロが見せる手術シリーズ(2):難易度の高い消化管手術 腹腔鏡下腸回転異常症手術, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 塚田遼, 米山知寿, 小児外科, 小児外科, 45, 8, 859, 863,   2013年08月25日
  • 陰唇癒着の1例, 小西朋子, 黒川一郎, 佐々木隆士, 皮膚の科学, 皮膚の科学, 12, 4, 308,   2013年08月
  • Successful treatment of a 14-year-old patient with intestinal malrotation with laparoscopic Ladd procedure: case report and literature review., Nakajima Y, Sakata H, Yamaguchi T, Yoshie N, Yamada T, Osako T, Terashima M, Mambo N, Saka R, Nose S, Sasaki T, Okuyama H, Nakao A, Kotani J, World journal of emergency surgery : WJES, World journal of emergency surgery : WJES, 8, 1, 19,   2013年05月, 査読有り
  • 小児虫垂炎における単孔式腹腔鏡下虫垂切除術の経験, 佐々木隆士, 阪龍太, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 49, 2, 201, 206,   2013年04月20日
    概要:【目的】我々は小児虫垂切除において積極的に単孔式腹腔鏡手術(TANKO)を適用してきた.TANKO と従来の3 ポート法とを比較し,その有用性につき検討した.<br>【方法】2008 年から現在までに経験した腹腔鏡下虫垂切除40 例のうち15 例に3 ポート法を,25 例にTANKO を企図した.TANKO の内訳は臍部創吊り上げによる腹腔鏡補助下切除8 例,アクセスデバイスを用いたmulti-channel port 法による完全腹腔鏡下切除4 例,ハイブリッド腹腔鏡補助下切除13 例であった.完遂症例のみ(3 ポート群100%,TANKO 群88%)について,重症度(complicated appendicitis(CA)の割合),手術時間,術後在院日数,術後合併症,創痕への満足度等を後方視的に比較した.<br>【結果】TANKO を試みたCA の2 例はポートを追加したためCA は3 ポート群にのみ4 例含まれていた.手術時間はTANKO 群全体では3 ポート群より短かったが,完全腹腔鏡下切除群のみは3 ポート群と有意差がなかった.TANKO 群の術後在院日数は3 ポート群全体より有意に短く,CA 症例を除いた3 ポート群と比較しても短い傾向があった.両群とも合併症は少なく創痕に対する満足度は概ね高かったが,TANKO の1 例で臍の変形に対して臍形成術を要した.<br>【結論】小児虫垂切除におけるTANKO は完遂率も高く,手術時間,合併症リスク,術後回復の点でも3 ポート法に劣らないと考えられた.我々は現状ではハイブリッド法が最良と考え第一選択としているが,CA など困難例ではTANKO に拘らずポート追加をするべきであり,また創の延長による臍の変形には十分注意する必要があると考えられた.
  • Torsion of Meckel's Diverticulum in a Child., Nose S, Okuyama H, Sasaki T, Nishimura M, Case reports in gastroenterology, Case reports in gastroenterology, 7, 1, 14, 18,   2013年01月, 査読有り
  • Jejunal pedicle graft reconstruction of the esophagus in a child with tracheal agenesis., Okuyama H, Sasaki T, Nose S, Saka R, Suzuki M, European journal of pediatric surgery : official journal of Austrian Association of Pediatric Surgery ... [et al] = Zeitschrift fur Kinderchirurgie, European journal of pediatric surgery : official journal of Austrian Association of Pediatric Surgery ... [et al] = Zeitschrift fur Kinderchirurgie, 22, 6, 485, 487,   2012年12月, 査読有り
  • 単孔式腹腔鏡を用いて切除した回盲部重複腸管の1例, 阪龍太, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 48, 4, 770, 774,   2012年06月20日
  • Meigs症候群に類似する大量腹水貯留を伴った14歳女児の成人型卵巣顆粒膜細胞腫の1例, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 奥山宏臣, 関保二, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 48, 2, 223, 228,   2012年04月20日
    概要:卵巣のまれな境界悪性腫瘍である顆粒膜細胞腫の1例を経験したので報告する.症例は14歳女児.偶然大量の腹水貯留を伴う6cm大の卵巣腫瘍を指摘されて紹介搬送された.画像検査上は明らかな他臓器浸潤や遠隔転移なく,有意な腫瘍マーカー上昇や内分泌症状も認めず,腹水穿刺細胞診も陰性であった.手術は下腹部小切開にて開腹,暗黄緑色腹水を約5.5l吸引して右付属器切除術を施行した.術後経過は良好で腹水の再貯留なく,術後6日目に略治退院した.術前画像および術中迅速組織診で漿液性腺癌が疑われたが,永久組織標本にて成人型顆粒膜細胞腫と診断された.術前に見られた多量の腹水は腫瘍摘出とともに消失し,Meigs症候群に類似する症候と考えられた.腫瘍の被膜破綻なくstage Ia相当であったため補助治療を行わず,術後2年現在,腹水の再貯留や局所再発・遠隔転移の所見なく外来経過観察中である.
  • 大泉門部に発生したdermoid cystの1例, 阪龍太, 奥山宏臣, 藤田重一, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 48, 1, 81, 85,   2012年02月20日
    概要:Dermoid cystは先天性の良性皮下腫瘍であり,頭部に好発する.しかし,大泉門部に発生することは比較的まれとされている.症例は1歳6か月,女児.生後2か月で大泉門部の皮下腫瘤に気づかれていた,頭部MRIではT1強調画像で低信号, T2強調画像で高信号の腫瘤であり,頭蓋内との交通は認めなかった.次第に増大を認めてきたため,切除を行った,骨膜下に存在する3cm大の腫瘤であり,病理組織検査でdermoid cystと診断された.大泉門部dermoid cystの切除に際しては,画像診断で術前評価を行うことが必要である.脳神経外科医の協力により安全に切除が行えると考えられる.
  • 副陰嚢の1例, 銭谷昌弘, 佐々木隆士, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 48, 1, 86, 91,   2012年02月20日
    概要:症例は男児.生下時より会陰部の腫瘤を認め,生後1か月時に当科紹介受診となった.腫瘤の外観は陰嚢様であり,副陰嚢が疑われた.排尿や排便に支障なく,待機的手術の方針として1歳0か月時に会陰部腫瘤切除術を施行した.病理組織学的検索にて皮下に肉様膜組織の存在と成熟脂肪組織の増生を認め,副陰嚢と診断した.術後経過は良好で,術後18か月の現在再発は認めず外来にて経過観察中である.副陰嚢は稀な陰嚢の先天奇形で,泌尿生殖器奇形や直腸肛門奇形などの合併奇形に関する報告があるが,特に脂肪腫の合併が多く報告されている.自験例でも明らかな脂肪腫とはいえないものの脂肪組織の増生を認め,副陰嚢の発生学的要因として関連している可能性が示唆された.
  • 単孔式腹腔鏡を用いて切除した回盲部重複腸管の1例, 阪 龍太, 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 48, 4, 770, 774,   2012年
    概要:単孔式腹腔鏡を用いて切除しえた回腸末端の重複腸管を経験したので報告する.症例は3か月の女児.胎児期より腹腔内嚢胞を認めたため出生後に当院に紹介となった.超音波検査では嚢胞内に"double wall sign"を認め,CTで腫瘤は回腸末端を圧迫していた.手術はまず臍縦切開を5mm頭側に延長してラップディスク^[○!R]とEZアクセス^[○!R]を装着して,2ポートで腹腔鏡操作を行った.腫瘤は回腸末端の腸間膜側に位置していた.腫瘤の穿刺後に創部から回盲部を引き出し,直視下に回盲部切除を行った.病理検査で嚢胞壁に円柱上皮と筋層を認め,回盲部重複腸管と診断した.術後経過は良好である.
  • 症例から理解する小児嚢胞性肺疾患 胎児水腫を伴う胎児嚢胞性肺疾患の管理, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 野瀬聡子, 阪龍太, 田中宏幸, 皆川京子, 窪田昭男, 小児外科, 小児外科, 43, 12, 1339, 1344,   2011年12月25日
  • 前胸部皮下気管支嚢胞の1例, 阪龍太, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1048, 1052,   2011年12月20日
    概要:気管支嚢胞は縦隔に好発し,胸郭外に発生することはまれである.今回,われわれは前胸部に発生した皮下気管支嚢胞を経験した.1か月男児.生後3週より胸骨柄前に皮下腫瘤を認めていた.発赤・腫脹を認め,紹介受診.皮下腫瘤の感染と診断し,切開,排膿により改善を認めたが,再度感染を認めたため,手術を施行した.腫瘤周囲には炎症性の癒着が認められたが,胸骨との付着はなく,深部への索状物も認められなかった.病理組織検査では,嚢胞内面は線毛円柱上皮で被われ,外層に平滑筋を認め,皮下気管支嚢胞と診断した.
  • 胸壁外食道延長術に続く胸腔鏡下食道再建術を施行したA型食道閉鎖症の1例, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 清水義之, 阪龍太, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 47, 5, 857, 860,   2011年08月20日
    概要:Long gapのA型食道閉鎖症に対して,胸壁外食道延長術に続く胸腔鏡下食道再建術を施行したので報告する.症例は30週1,146gにて出生した女児.胃瘻からの造影検査で5椎体のlong gapであったため,生後3か月で頚部食道瘻を造設し,以後計2回の胸壁外食道延長術を行い,生後10か月で胸腔鏡下食道再建術を施行した.まず,延長した頚部食道を前胸壁皮下より剥離して,胸腔鏡補助下に胸腔内に引き込んだ.ここで右をやや挙上した腹臥位として,4本のポートを挿入して胸腔鏡操作を行った.縦隔胸膜を切開して下部食道の盲端を同定し,全層一層結節縫合にて食道食道吻合を行った.術後縫合不全を併発したが保存的に治癒し,術後3週で経口摂取を開始した.吻合部狭窄に対して3回のバルーン拡張を行い,胃食道逆流症に対しては腹腔鏡下噴門形成術を施行した.現在,嘔吐なく全量経口摂取可能である.本術式は,開胸・開腹術を要しないため低侵襲であり,long gap症例に対する有用な治療戦略と考えられた.
  • 腹腔鏡観察下に診断した小児内鼠径ヘルニアの1例, 銭谷昌弘, 佐々木隆士, 柳川雄大, 北田昌之, 島野高志, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 47, 5, 840, 843,   2011年08月20日
    概要:症例は5歳3か月の女児.左鼠径部の膨隆を主訴に来院し,左外鼠径ヘルニアの術前診断にてlaparoscopic percutaneous extraperitoneal closure(LPEC法)を企図した.臍アプローチにて腹腔鏡を挿入して腹腔内を観察したところ左右の内鼠径輪は閉鎖しており,下腹壁動静脈の内側にヘルニア門を認めたため内鼠径ヘルニアと診断した.修復は前方アプローチにてヘルニア嚢を腹腔内に翻転還納して横筋筋膜を縫縮し,内腹斜筋をiliopubic tractに縫着して後壁補強を行い.術後14か月の現在再発を認めていない.内鼠径ヘルニアの診断・治療において腹腔鏡は,ヘルニア修復前後で腹腔内から形態を詳細に観察・確認することができ有用であった.修復については前方アプローチでの確実なヘルニア門閉鎖が重要と考えられた.
  • 生後1日目の左上区域切除術にて救命し得た,胎児水腫を伴った先天性嚢胞状腺腫様奇形(CCAM)の一例, 奥村好邦, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 田中宏幸, 小森慎二, 長谷川誠紀, 日本呼吸器外科学会雑誌, 日本呼吸器外科学会雑誌, 25, 3(Web), P46-07 (WEB ONLY),   2011年04月15日
  • 早産児に多い小児外科疾患 (特集 新生児医療の最前線--産婦人科医が知っておきたい新生児の新知識), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 産婦人科治療, 産婦人科治療, 102, 4, 391, 396,   2011年04月
  • 小児における内視鏡外科手術の現況, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 兵庫医科大学医学会雑誌, 兵庫医科大学医学会雑誌, 35, 1, 45, 49,   2010年12月25日
  • 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術時に発見された完全型アンドロゲン不応症の2例:腹腔鏡によるスクリーニングの意義, 奥山宏臣, 清水義之, 佐々木隆士, 田附裕子, 窪田昭男, 川原央好, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 46, 2, 280, 283,   2010年04月20日
    概要:完全型アンドロゲン不応症(complete androgen insensitivity syndrome:CAIS)は,46XYの染色体をもちながら,外性器を含めた表現型は正常女性となる稀な疾患である.本症では,両側精巣が存在し正常にテストステロンが産生されているが,標的臓器のアンドロゲンレセプターの異常により男性への性分化が障害される.外性器が女性型を示すため通常は女児として養育され,思春期以降に無月経などで発見されることが多い.これまでに我々は腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術時に診断されたCAISの2例を経験した.いずれの場合も手術時に両側の腹腔内精巣と女性内性器の欠如を認め,術後の染色体検査にて46XYを確認して本症と診断した.我々の施設で経験した女児に対する腹腔鏡下ヘルニア根治術504例におけるCAISの頻度は0.4%(2/504)であり,女児の鼠径ヘルニアはCAISのハイリスク群と考えられ,鼠径ヘルニア患者の診察に際してはCAISを常に念頭に置くべきである.腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術の際に内性器の観察を行うことが,CAISの簡便かつ有用なスクリーニング法と考えられた.
  • 産婦人科救急のすべて D.胎児・新生児救急 救急手術を要する新生児疾患, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 産婦人科治療, 産婦人科治療, 100, 797, 803,   2010年04月20日
  • 小児内視鏡手術の適応拡大:安全な術式と従来法との比較検討 十二指腸閉鎖症に対する十二指腸吻合術, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 窪田昭男, 川原央好, 小児外科, 小児外科, 41, 9, 936, 941,   2009年09月25日
  • 肛門周囲膿瘍に対する十全大補湯の効果についての検討, 大島 令子, 佐々木 隆士, 秦 信輔, 島野 高志, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 45, 5, 830, 834,   2009年08月20日
    概要:【目的】肛門周囲膿瘍(以下本症)に対する十全大補湯投与の効果につき,後方視的に検討した.【方法】2001年11月より2005年12月の間に外来を受診した本症患児に,切開・排膿による局所処置を主とする従来の治療に加えて十全大補湯を投与した(投与群,n=61).これらの症例における治療期間,治癒までの外来受診回数,再発率,手術移行件数について,それ以前の期間(1998年1月から2001年10月)に従来の治療のみを行って治療した症例(非投与群,n=44)とで比較した.【結果】両群間で男女比,初診時月齢に有意差を認めなかった.治療期間は非投与群:投与群=1.4±1.6:2.1±2.2か月と有意に非投与群で短かった(p<0.05).治癒までの外来受診回数(6.76±5.06回:6.51±3.68回),再発率(7/44例(15.9%):7/61例(11.5%))には有意差を認めなかった.一方保存的治療に抵抗し手術を行った件数は,非投与群で9/44例認めたのに対し,投与群では0例であった(p<0.01).また,2か月以上の長期に治療を要した症例(非投与群17例,投与群35例)に限って月平均の外来受診回数をみると,4.4±2.0:2.7±0.8回で有意に投与群が少なかった.【結語】肛門周囲膿瘍に対し,十全大補湯投与による明らかな治療期間の短縮,外来受診回数の減少,再発率の低下は認められなかったが,慢性化症例に関しては,外来受診回数が減少し,手術に至る症例がなくなるなどの効果が期待されることが示唆された.
  • 出生前診断の倫理と実際 子宮内発育遅延症例における胎便関連性腸閉塞, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 窪田昭男, 川原央好, 長谷川利路, 米田光宏, 野瀬恵介, 三谷泰之, 野村元成, 白石淳, 北島博之, 小児外科, 小児外科, 41, 5, 500, 503,   2009年05月25日
  • 早産児に多い小児外科疾患とその対応 (特集 早産とその予防), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 清水 義之, 産婦人科治療, 産婦人科治療, 98, 4, 406, 410,   2009年04月
  • [Complete response of advanced rectal cancer with combined therapy of S-1 + chemo-radiation plus FOLFIRI--a case report]., Hata T, Kagawa Y, Ikeda K, Kato H, Takamoto K, Oshima N, Maeda S, Nomura M, Hayashi S, Sasaki T, Shimizu J, Kawanishi K, Fujita J, Akagi K, Tsukahara Y, Kitada M, Shimano T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 35, 12, 2177, 2179,   2008年11月30日, 査読有り
  • Total laparoscopic excision of retroperitoneal ganglioneuroma using the hanging method and a vessel-sealing device., Oue T, Yoneda A, Sasaki T, Tani G, Fukuzawa M, Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A, Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A, 18, 5, 779, 782,   2008年10月, 査読有り
  • 特徴的な胎児超音波所見を指摘し得た先天性結腸閉鎖症の1例, 上原秀一郎, 澤井利夫, 井原欣幸, 佐々木隆士, 臼井規朗, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 44, 5, 719, 722,   2008年08月20日
    概要:症例は在胎39週5日,経膣分娩で出生した女児.在胎33週に孤立性の腸管拡張を認め,先天性結腸閉鎖症を疑った.出生直後,注腸造影検査では左側腹部にmicrocolonを認め,左上腹部で盲端に終わっていたこと,腹部超音波検査により右側腹部に孤立性の拡張腸管が認められたことから先天性結腸閉鎖症と診断し,緊急手術を施行した.離断型右半結腸閉鎖症であり,口側と肛門側結腸との口径差が大きいため一期的吻合は行わず,各々の盲端を単孔式人工肛門とした.術後肛門側結腸に食物繊維添加生理食塩水を持続注入し,肛門側腸管の拡張を図り,出生53日目に結腸-結腸吻合術及び人工肛門閉鎖術を施行した.一期的手術が安全に施行し得ない場合や一期的手術により結腸や回盲弁を失う危険性のある場合は二期的手術とするのが最良と思われたまた出生後直ちに手術を含む外科的管理が必要であることから本症の出生前診断の意義は大きいと考えられた.
  • Laparoscopic treatment of gallbladder volvulus: a pediatric case report and literature review., Kimura T, Yonekura T, Yamauchi K, Kosumi T, Sasaki T, Kamiyama M, Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A, Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A, 18, 2, 330, 334,   2008年04月, 査読有り
  • 上顎骨原発Ewing肉腫の1例‐顎骨原発の本邦のまとめ, 小角卓也, 米倉竹夫, 佐々木隆士, 山内勝治, 大割貢, 古田冶彦, 山口万枝, 太田善夫, 橋本賢二, 小児がん, 小児がん, 44, 2, 155, 162,   2007年09月30日
  • 小児外科疾患に対する標準的治療指針 11)先天性胆道拡張症, 長谷川利路, 奥山宏臣, 川原央好, 窪田昭男, 上野豪久, 渡邊高士, 阪龍太, 森下祐次, 佐々木隆士, 福澤正洋, 木村拓也, 外科治療, 外科治療, 95, 6, 673, 677,   2006年12月01日
  • 最近の小児外科手術術式:ワンポイントアドバイス 胃食道逆流症に対するesophagogastric dissociation, 小角卓也, 米倉竹夫, 佐々木隆士, 山内勝治, 木村拓也, 大割貢, 神山雅史, 小児外科, 小児外科, 38, 7, 817, 824,   2006年07月25日
  • 門脈血流の増加を呈した脾過誤腫の1例, 小角卓也, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 山内勝治, 大割貢, 大田善夫, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 42, 4, 491, 496,   2006年06月20日
    概要:症例は10歳の男児.てんかん重積発作で近医に入院.その際,レントゲン写真で左上腹部に微小石灰化を指摘された.精査にて脾臓内に径5cm大の腫瘍を指摘され紹介となった.入院時の血液生化学上,異常所見はなく,超音波検査,径4cm大のhypoechoic massを認めた.造影CT検査では,腫瘍は造影早期相で濃染され,同時に牌静脈が造影された.MRI検査では,腫瘍は内部均一の充実性腫瘤を認め,T1WIで等信号,T2WIで軽度高信号を示した.腫瘍の動静脈シャントの存在,門脈圧亢進症を併発する危険性や腫瘍の破裂の可能性を考慮し,腹腔鏡下に脾臓摘出術を施行した.術後の病理検査では赤脾髄からなる過誤腫と診断され,術後8日目に退院となった.
  • Delayed primary closureを行った腹壁破裂の1例, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 保木昌徳, 小角卓也, 大割貢, 小児外科, 小児外科, 38, 5, 653, 657,   2006年05月25日
  • Feasibility of duct-to-duct biliary reconstruction in pediatric living related liver transplantation: report of three cases., Kimura T, Hasegawa T, Ihara Y, Nara K, Sasaki T, Dono K, Mushiake S, Fukuzawa M, Pediatric transplantation, Pediatric transplantation, 10, 2, 248, 251,   2006年03月, 査読有り
  • Recurrent acute pancreatitis caused by malrotation of the intestine and effective treatment with laparoscopic Ladd's procedure., Sasaki T, Soh H, Kimura T, Hasegawa T, Okada A, Fukuzawa M, Pediatric surgery international, Pediatric surgery international, 21, 12, 994, 996,   2005年12月, 査読有り
  • Portal hypertensive gastropathy after surgery for biliary atresia., Sasaki T, Hasegawa T, Shimizu Y, Kimura T, Soh H, Fukuzawa M, Surgery today, Surgery today, 35, 5, 385, 388,   2005年, 査読有り
  • Laparoscopic cholecystocholangiography as an effective alternative exploratory laparotomy for the differentiation of biliary atresia., Nose S, Hasegawa T, Soh H, Sasaki T, Kimura T, Fukuzawa M, Surgery today, Surgery today, 35, 11, 925, 928,   2005年, 査読有り
  • Optimal timing for living-related liver transplantation in children., Kimura T, Hasegawa T, Sasaki T, Shimizu Y, Mushiake S, Fukuzawa M, Okada A, Clinical transplantation, Clinical transplantation, 18, 5, 497, 501,   2004年10月, 査読有り
  • Laparoscopic correction of congenital portosystemic shunt in children., Kimura T, Soh H, Hasegawa T, Sasaki T, Kuroda S, Yuri E, Tomoda K, Fukuzawa M, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 14, 5, 285, 288,   2004年10月, 査読有り
  • 肝臓,小腸移植の最前線 臨床生体小腸移植の現況と展望 周術期管理の工夫, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 井原欣幸, 中井弘, 福沢正洋, 岡田正, 虫明聡太郎, 小児外科, 小児外科, 36, 6, 765, 772,   2004年06月25日
  • Balloon-occluded retrograde transvenous obliteration performed in a pediatric patient with isolated gastric fundal varices., Sasaki T, Hasegawa T, Kimura T, Okada A, Murakami T, Sugiura T, Ohsuga K, Journal of pediatric surgery, Journal of pediatric surgery, 39, 1, 130, 132,   2004年01月, 査読有り
  • Rapid progression of intrapulmonary arteriovenous shunting in polysplenia syndrome associated with biliary atresia., Kimura T, Hasegawa T, Sasaki T, Okada A, Mushiake S, Pediatric pulmonology, Pediatric pulmonology, 35, 6, 494, 498,   2003年06月, 査読有り
  • FTY720 reduces T-cell recruitment into murine intestinal allograft and prevents activation of graft-infiltrating cells., Kimura T, Hasegawa T, Nakai H, Azuma T, Usui N, Sasaki T, Okada A, Transplantation, Transplantation, 75, 9, 1469, 1474,   2003年05月, 査読有り
  • Fetal mesenchymal hamartoma of the liver: report of a case., Kamata S, Nose K, Sawai T, Hasegawa T, Kuroda S, Sasaki T, Okada A, Tawara M, Journal of pediatric surgery, Journal of pediatric surgery, 38, 4, 639, 641,   2003年04月, 査読有り
  • 小腸移植 小腸移植の拒絶反応の対策 モニタリングと免疫抑制剤の使い方, 長谷川利路, 中井弘, 佐々木隆士, 木村拓也, 虫明聡太郎, 岡田正, 栄養-評価と治療, 栄養-評価と治療, 20, 1, 53, 57,   2003年02月15日
  • Laparoscopically assisted surgery for congenital gastric or duodenal diaphragm in children., Nakajima K, Wasa M, Soh H, Sasaki T, Taniguchi E, Ohashi S, Okada A, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 13, 1, 36, 38,   2003年02月, 査読有り
  • 腸管不全患者に対する生体小腸移植の経験 : IL-2R抗体を用いた免疫抑制療法, 及び拡大内視鏡による拒絶反応の診断を中心に, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 木村 拓也, 岡田 正, 消化と吸収, 消化と吸収, 25, 1, 60, 62,   2003年01月20日
  • Marked hyperbilirubinemia caused by acute cellular rejection combined with preservation injury in an infant undergoing living-related liver transplantation., Hasegawa T, Sasaki T, Kimura T, Oimatsu N, Okada A, Mushiake S, Hoshida Y, Dono K, Kato T, Pediatric transplantation, Pediatric transplantation, 6, 6, 513, 517,   2002年12月, 査読有り
  • 小腸不全患者に対する生体小腸移植の経験, 長谷川利路, 中井弘, 佐々木隆士, 木村拓也, 岡田正, 虫明聡太郎, 堂野恵三, 上本伸二, 田中紘一, 今日の移植, 今日の移植, 15, 5, 471, 480,   2002年09月10日
  • Role of plasma thrombopoietin level in thrombocytopenia of postoperative biliary atresia patients., Hasegawa T, Sasaki T, Kimura T, Okada A, Journal of pediatric surgery, Journal of pediatric surgery, 37, 8, 1195, 1199,   2002年08月, 査読有り
  • Effects of isolated small bowel transplantation on liver dysfunction caused by intestinal failure and long-term total parenteral nutrition., Hasegawa T, Sasaki T, Kimura T, Nakai H, Sando K, Wasa M, Takagi Y, Okada A, Mushiake S, Harada T, Pediatric transplantation, Pediatric transplantation, 6, 3, 235, 239,   2002年06月, 査読有り
  • Successful percutaneous transluminal angioplasty for hepatic artery stenosis in an infant undergoing living-related liver transplantation., Hasegawa T, Sasaki T, Kimura T, Okada A, Nakatsuchi Y, Sugiura T, Kato H, Nakajima Y, Pediatric transplantation, Pediatric transplantation, 6, 3, 244, 248,   2002年06月, 査読有り
  • Zoom endoscopic evaluation of rejection in living-related small bowel transplantation., Sasaki T, Hasegawa T, Nakai H, Kimura T, Okada A, Musiake S, Doi R, Transplantation, Transplantation, 73, 4, 560, 564,   2002年02月, 査読有り
  • Living-related liver transplantation for biliary atresia associated with polysplenia syndrome., Hasegawa T, Kimura T, Sasaki T, Okada A, Pediatric transplantation, Pediatric transplantation, 6, 1, 78, 81,   2002年02月, 査読有り
  • 小児ストーマ・排せつ管理の現況 生体小腸移植後のストーマ管理, 森真由美, 柿添真由美, 長谷川利路, 佐々木隆士, 岡田正, 小児外科, 小児外科, 34, 1, 43, 47,   2002年01月25日
  • 腸管不全患者に対する生体小腸移植の経験 IL‐2R抗体を用いた免疫抑制療法,及び拡大内視鏡による拒絶反応の診断を中心に, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 岡田正, 消化と吸収, 消化と吸収, 25, 1, 60, 62,   2002年
  • 肝移植 現段階の問題点と今後の展望 小児肝移植における胆道再建, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 岡田正, 小児外科, 小児外科, 33, 4, 386, 390,   2001年04月25日
  • 直腸閉鎖症の4例, 佐々木隆士, 八木誠, 井村賢治, 石川士郎, 米田光宏, 黒田征加, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 35, 6, 844, 849,   1999年10月20日
    概要:まれな直腸閉鎖症の4例を経験した.症例は男児3例女児1例.いずれも肛門外観は正常であったが胎便排泄なく腹部膨満が増強, 直腸温度計やネラトンカテーテルの挿入時に歯状縁から5&acd;20mm口側での直腸の閉鎖に気付かれた.口側盲端の高さはsupralevatorとtranslevatorが各2例であり, 閉鎖形態は膜様閉鎖が3例, 離断型閉鎖が1例であった.症例1, 2は鉗子または肛門鈎にて膜様物を穿破し, 症例3は横行結腸に人工肛門を造設後1歳時にposterior sagittal anorectoplastyを施行, 症例4は仙骨ブロック下に電気メスで閉鎖部を切開しステントを留置した.いずれの症例も術後排便に関しては問題なかった.本症はしばしば診断が遅れ, 閉鎖の部位・形態も多様であって, 早期診断と各症例に適した治療法の選択が重要であると思われた.
  • 腹壁破裂症例における周産期合併症と胎盤所見の特徴 : 臍帯ヘルニアと比較して, 井村 賢治, 中山 雅弘, 佐々木 隆士, 黒田 征加, 川原 央好, 八木 誠, 末原 則幸, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 35, 2, 221, 225,   1999年04月20日
    概要:【目的】新生児外科疾患の多くは妊娠早期に発生する先天奇形であるため, その胎盤所見に注目されることは少なかったので, 類似した臍帯ヘルニアと比較し, 腹壁破裂に特異な周産期合併症や胎盤所見の有無を検討した.【対象と方法】対象は1996年3月までの14年余の間に当科に入院した腹壁破裂37例と臍帯ヘルニア48例である.36週以前の早期産, 子宮内発育遅延IUGR, アプガール指数1分値7以下の新生児仮死, 妊娠中毒症, 羊水混濁, 前期破水PROMなどの周産期合併症と術前の児血CRP値を比較した.また胎盤を検索できた腹壁破裂30例, 臍帯ヘルニア37例については胎盤の肉眼的異常(胎盤重量, 臍帯の長さと直径, 付着異常や単一臍帯動脈SUA, メコニウム沈着, 血栓・梗塞の有無)と組織学的炎症所見(絨毛膜羊膜炎や臍帯炎の有無)を同期間の正期産児を対照に比較した.【結果】早期産や新生児仮死, PROMの合併等には両者に差を認めなかったが, IUGRは43%と17%, 羊水混濁も84%と16%に合併しており, 腹壁破裂に有意に多かった.また腹壁破裂では68%が術前CRP陽性を示した.胎盤所見では, 共に臍帯長が短く径も太い傾向を認め, 色調異常の頻度も高かった.またSUAが臍帯ヘルニアで, 胎児面感染疑いやメコニウム沈着, 絨毛膜羊膜炎の合併が腹壁破裂で多かった.腹壁破裂において在胎週数と羊水混濁や絨毛膜羊膜炎, 術前CRP値との関連を検討したが, 有意な関係は認めなかった.【結論】腹壁破裂と臍帯ヘルニアにおける周産期合併症と胎盤所見を比較したところ, 腹壁破裂においてIUGR, 羊水混濁, 児血CRP陽性と胎盤のメコニウム沈着, また絨毛膜羊膜炎の合併が有意に高かった.
  • 新生児外科疾患における周産期情報 胎盤病理所見の検討, 佐々木隆士, 井村賢治, 八木誠, 石川士郎, 大植孝治, 黒田征加, 虫明聡太郎, 中山雅弘, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 34, 2, 268, 273,   1998年04月
    概要:当施設では開設時より院内・院外出生を問わず可能な限り胎盤を入手しその肉眼的・組織学的所見を記録・保存してきた.今回主要新生児外科疾患について, 各々に特異な周産期情報や胎盤所見を認め得るのか検討した.1981年から1995年の間に当科で経験した主要新生児外科症例中, 胎盤所見が保存されている240症例(横隔膜ヘルニア45例・腹壁破裂29例・臍帯ヘルニア36例・直腸肛門奇形62例・十二指腸閉鎖を含む小腸閉鎖症50例・食道閉鎖症34例・胎便性腹膜炎10例)を対象とし, 同時期の正期産児登録症例から対象疾患群に属する症例を除いた16, 627例を対照として比較した.前期破水は直腸肛門奇形と小腸閉鎖症で, 羊水混濁は腹壁破裂と小腸閉鎖症で高率であった.胎盤重量は食道閉鎖症と直腸肛門奇形で小さかった.臍帯径は横隔膜ヘルニアで小さく, 臍帯ヘルニアと腹壁破裂で大きかった.臍帯の付着異常は直腸肛門奇形と食道閉鎖症で, 臍帯の色調異常は腹壁破裂と臍帯ヘルニアで高率であった.単一臍帯動脈は直腸肛門奇形で多く, 肉眼的胎児面感染疑い・メコニウム沈着は腹壁破裂で多かった.母体側炎症を反映する絨毛膜羊膜炎は腹壁破裂で多く, 胎児側炎症を反映する臍帯炎の頻度は胎便性腹膜炎で高かった.臍帯ヘルニア・食道閉鎖症で認められた胎盤所見の特徴が18トリソミーなど重篤な染色体異常合併による影響かと疑ったが, これを除いても同様の傾向を認めた.各々の異常所見すべてが各疾患に特異なものかは今後の検討を要するが, 腹壁破裂や胎便性腹膜炎において胎盤の炎症所見を多く認めたことはその病態を考える上で重要な所見と思われた.
  • 食道閉鎖症の動物モデル, 草深竹志, 佐々木隆士, 岡田正, 医学のあゆみ, 医学のあゆみ, 180, 12, 781, 785,   1997年03月22日
  • 腹膜鞘状突起開存の超音波による診断 鼠径ヘルニアの対側精査にむけて, 曹英樹, 黒田征加, 瀧藤克也, 田附裕子, 宇田津有子, 佐々木隆士, 米田光宏, 大植孝治, 井村賢治, 大阪府立母子保健総合医療センター雑誌, 大阪府立母子保健総合医療センター雑誌, 13, 2, 84, 88,   1997年
  • 当センターにおける神経芽腫マススクリーニング症例の治療方針 自然退縮を期待した無治療経過観察の試み, 米田光宏, 井村賢治, 八木誠, 石川士郎, 黒田征加, 佐々木隆士, 大植孝治, 井上雅美, 森本静夫, 小児がん, 小児がん, 33, 2, 197, 201,   1996年10月
  • 胆道閉鎖症に関連する検査:最近の話題 胆道閉鎖症患児におけるDIC‐CTによる肝機能評価の試み, 八木誠, 井村賢治, 石川士郎, 佐々木隆士, 位田忍, 吉村文一, 伊東万里子, 西川正則, 森本静夫, 小児外科, 小児外科, 28, 7, 833, 837,   1996年07月
  • 可及的小切開にて摘出し得た8歳女児卵巣嚢腫茎軸捻転の一例, 佐々木隆士, 長谷川利路, 桂長門, 吉岡泰彦, 奥田修司, 出沢亨, 清水克彦, 田中智之, 永井勲, 日本小児外科学会雑誌, 日本小児外科学会雑誌, 31, 5, 799, 803,   1995年08月
    概要:近年,内祖鏡下手術など可及的に侵襲を少なくする手術が試みられている.今回我々は下腹部の可及的小切開にて嚢腫を摘出し得た小児卵巣嚢腫茎軸捻転の1例を経験した.症例は右下腹部痛・下腹部腫瘤を訴える8女児で,超音波・CTで石灰化を伴う約10cmの嚢腫を下腹部に認めた.全身麻酔下に腫瘤は可動良好となり腹腔内に遊離する卵巣嚢腫茎軸捻転と考え,約4cmの下腹部横切開で開腹,嚢腫を穿刺し血性内容液300mlを吸引した後,腹腔外に脱転し嚢腫のみを摘出し得,卵巣を温存した.病理学的に成熟奇形腫であり,術後疼痛を殆ど訴えず経過良好であった.小切開法間服術は卵巣嚢腫摘出に際し,小侵襲性,美容上の利点のある手技と思われる.
  • ロングチューブ留置が発症の原因と考えられた開腹術後成人型腸重積症の1例 : 腹部超音波検査の有用性について, 三木 康彰, 角村 純一, 水谷 伸, 吉岡 泰彦, 佐々木 隆士, 門田 治, 永井 勲, 田中 智之, 竹中 正人, 中戸 洋行, 山本 忠生, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学, 22, 6, 483, 487,   1995年06月15日

MISC

  • 大学病院と重症心身障がい児者施設の連携による障がい児(者)に対する外科治療の円滑化, 佐々木隆士, 大植孝治, 田中夏美, 銭谷昌弘, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 53, 3, 570,   2017年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702242074360472
  • 反復する右下腹部痛に対する腹腔鏡下虫垂切除術の有用性, 田中夏美, 佐々木隆士, 銭谷昌弘, 大植孝治, 日本小児外科学会雑誌, 53, 3, 867,   2017年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702268469721183
  • 小児外科領域におけるラジオ波メスの有用性の検討, 佐々木隆士, 銭谷昌弘, 田中夏美, 大植孝治, 日本小児外科学会雑誌, 53, 3, 780,   2017年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702286779770667
  • 胃内および十二指腸内の毛髪胃石に対し腹腔鏡補助下で低侵襲手術を行った1例, 佐々木隆士, 阪龍太, 銭谷昌弘, 田中夏美, 大植孝治, 立川友博, 下村英毅, 竹島泰弘, 日本外科系連合学会誌, 41, 3, 510,   2016年05月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602272576390674
  • まれな総排泄腔外反症の一男児例, 佐々木隆士, 阪龍太, 大植孝治, 兼松明弘, 川本久美, 皆川京子, 日本小児外科学会雑誌, 52, 3, 505,   2016年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602260814537577
  • 甲状腺左葉切除を施行した甲状腺乳頭癌の12歳女児例, 玉川慎二郎, 阪龍太, 佐々木隆士, 大植孝治, 日本小児外科学会雑誌, 52, 1, 176,   2016年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602214156355523
  • 腸重積を契機に発見された悪性リンパ腫の1例, 田中靖彦, 藤野哲郎, 大塚欣敏, 下村英毅, 坂龍太, 佐々木隆士, 大植考治, 服部益治, 竹島泰弘, 日本小児科学会雑誌, 120, 1, 88,   2016年01月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602218125335627
  • 腹腔鏡下に根治術を行った先天性食道狭窄症の1例, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 阪龍太, 塚田遼, 米山知寿, 日本小児外科学会雑誌, 51, 7, 1257,   2015年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602214758631831
  • 右胸腔内upside‐down stomachの1乳児例, 佐々木隆士, 阪龍太, 野瀬聡子, 日本小児外科学会雑誌, 51, 6, 1120,   2015年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502208403655341
  • 先天性気道閉塞疾患に対する外科治療, 臼井規朗, 野村元成, 奈良啓悟, 曹英樹, 佐々木隆士, 田附裕子, 窪田昭男, 奥山宏臣, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 51, 2, 594,   2015年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502201701810363
  • 慢性咳嗽,膿性痰の寛解,再燃繰り返す左下葉無気肺の1例, 和田吉弘, 阪龍太, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 大植孝治, 日本小児外科学会雑誌, 51, 4, 858,   2015年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502218627205720
  • 慢性腸重積の1例, 阪龍太, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 大植孝治, 日本小児救急医学会雑誌, 14, 2, 258,   2015年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502210851821362
  • マウス腸管虚血再還流障害モデルにおける骨髄間葉系幹細胞移植による腸上皮再生, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 阪龍太, 大植孝治, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 540,   2015年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502215138451661
  • 膵成熟奇形腫の一女児例, 佐々木隆士, 阪龍太, 野瀬聡子, 大植孝治, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 664,   2015年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502248118879229
  • サーファクタント蛋白Dによるヒト腸管細胞におけるLPSによる炎症の制御, 阪龍太, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 大植孝治, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 544,   2015年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502261979108025
  • 気道ならびに食道再建を行った気管無形成4例の長期予後, 奥山宏臣, 田附裕子, 上原秀一郎, 上野豪久, 奈良啓悟, 山中宏晃, 臼井規朗, そう英樹, 大植孝治, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 486,   2015年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502266431323990
  • 膵頭部腫瘍摘出術後に上腸間膜動脈性十二指腸閉塞(SMA症候群)を呈した一女児例, 佐々木隆士, 阪龍太, 野瀬聡子, 大植孝治, 日本小児外科学会雑誌, 51, 3, 656,   2015年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502291311175932
  • 最近5年間に当院で経験したメッケル憩室, 大谷弥愛, 野瀬聡子, 阪龍太, 佐々木隆士, 日本小児外科学会雑誌, 51, 1, 137,   2015年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502241545599747
  • 大学病院における腹腔鏡下鼠径ヘルニア日帰り手術の現状, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 阪龍太, 野瀬聡子, 大植孝治, 日本ヘルニア学会学術集会プログラム・抄録集, 13th, 130,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502251231882865
  • 臀部原発胞巣型PAX3‐FKHR陽性横紋筋肉腫stage 4の一例, 大塚欣敏, 斉藤碧, 岡本恭明, 阪龍太, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 竹島泰弘, 日本小児血液・がん学会雑誌, 51, 4, 361,   2014年10月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502256649180125
  • 大学病院における腹腔鏡下鼠径ヘルニア日帰り手術の現状―鼠径法との比較―, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 阪龍太, 野瀬聡子, 大植孝治, 日本臨床外科学会雑誌, 75, 327,   2014年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402275635311054
  • 陰唇癒着症の1例, 小西朋子, 黒川一郎, 佐々木隆士, 山西清文, 皮膚科の臨床, 56, 8, 1224, 1225,   2014年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402212929648675
  • 超低出生体重児におけるダーマボンドを用いたストーマ造設術, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 阪龍太, 皆川京子, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌, 30, 2, 30,   2014年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402271685861840
  • 胸部CT画像を用いた重症心身障がい児者の食道拡張の検討, 蘆野二郎, 大谷早苗, 松下彰宏, 田中勝治, 服部英司, 阪龍太, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 50, 4, 859,   2014年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402201761251594
  • 経皮経肝胆嚢ドレナージ(PTGBD)を施行した急性胆嚢炎の1例, 米山千寿, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 阪龍太, 塚田遼, 奥山宏臣, 高木信明, 日本小児外科学会雑誌, 50, 4, 868,   2014年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402235991410588
  • 先天性食道閉鎖症に対する術後経過に肝機能障害を認めCPT1欠損症が疑われた一例, 藤野哲朗, 三崎真生子, 磯野員倫, 皆川京子, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50, 2, 871,   2014年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402263803555861
  • 小児外科領域におけるNCDの現状と2階建て部分(医療水準評価関連項目)の構築について, 米倉竹夫, 宮田裕章, 臼井規朗, 古村眞, 岡本晋弥, 佐々木隆士, 尾藤祐子, 高安肇, 家入里志, 藤野明浩, 藤代準, 前田貢作, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 505,   2014年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402247296908492
  • 急性腹症にて緊急手術を施行したS状結腸腸間膜嚢腫の1女児例, 塚田遼, 阪龍太, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 米山知寿, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 769,   2014年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402269914803846
  • 大学病院における腹腔鏡下鼠径ヘルニア日帰り手術の現状―鼠径法との比較―, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 塚田遼, 米山知寿, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 643,   2014年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402270078001266
  • 左葉+前区域腹側領域切除を行ったPRETEXT‐III肝芽腫の一男児例, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 山中潤一, 藤元治朗, 野瀬聡子, 近藤祐一, 阪龍太, 米山知寿, 塚田遼, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 647,   2014年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402270391668280
  • 脳室腹腔シャントにともなう腹腔内仮性嚢胞の1例, 米山知寿, 阪龍太, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 塚田遼, 友金祐介, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 741,   2014年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402280216739692
  • 陰嚢水腫に対するLPEC法の成績, 阪龍太, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 米山知寿, 塚田遼, 日本小児外科学会雑誌, 50, 3, 577,   2014年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402282874108941
  • 単孔式内視鏡手術 回盲部重複腸管切除術, 阪龍太, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 米山知寿, 塚田遼, 小児外科, 46, 3, 238, 241,   2014年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402200440815236
  • 先天性食道疾患に対する胸腔鏡下手術の役割, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 塚田遼, 米山知寿, 日本外科学会雑誌, 115, 547,   2014年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402216177684958
  • OP-132-2 先天性食道疾患に対する胸腔鏡下手術の役割(OP-132 小児 先天性疾患・その他,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 阪 龍太, 塚田 遼, 米山 知寿, 日本外科学会雑誌, 115, 2,   2014年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009869803
  • Wilms腫瘍治療後10年目に肝内多発腫瘤性病変を生じ,遠隔期転移との鑑別が困難であったfocal nodular hyperplasiaの1女児例, 塚田遼, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 米山知寿, 日本小児外科学会雑誌, 50, 1, 154,   2014年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402212958889967
  • 腹腔鏡による評価が有用であった直腸杙創の1例, 米山知寿, 塚田遼, 阪龍太, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 中尾篤典, 山田勇, 兼松明弘, 日本小児外科学会雑誌, 50, 1, 158,   2014年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402241722759370
  • 排膿散及湯が有効であった小児慢性反復性化膿性耳下腺炎の1例, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 野瀬聡子, 阪龍太, 米山知寿, 塚田遼, 日本小児外科学会雑誌, 50, 1, 167,   2014年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402245548493646
  • LPEC法術後再発症例の検討, 阪龍太, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 日本内視鏡外科学会雑誌, 19, 7, 543,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402219925764853
  • 小児胸腔鏡下手術における人工気胸の意義―リデュサーの有用性について―, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 米田光宏, 米倉竹夫, 日本内視鏡外科学会雑誌, 19, 7, 545,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402249420119070
  • 卵巣奇形腫に対する単孔式腹腔鏡手術の経験, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 阪龍太, 日本内視鏡外科学会雑誌, 19, 7, 692,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402259642101175
  • 直腸杙創の1例, 米山知寿, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 塚田遼, 橋本篤徳, 寺嶋真理子, 中尾篤典, 山田勇, 兼松明弘, 鬼木俊太郎, 日本小児外科学会雑誌, 49, 6, 1056,   2013年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302229389814247
  • 腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)にて胃粘膜下腫瘍切除を施行した1男児例, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 塚田遼, 米山知寿, 池原久朝, 三輪洋人, 日本小児外科学会雑誌, 49, 6, 1175,   2013年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302262423918020
  • 超音波内視鏡により狭窄部の評価を行った先天性食道狭窄症の1例, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 塚田遼, 米山知寿, 池原久朝, 三輪洋人, 日本小児外科学会雑誌, 49, 6, 1166, 1167,   2013年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302284967755756
  • 生検による診断が困難であった後腹膜ganglioneuroblastomaの1例, 阪龍太, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 岡本恭明, 小野淳一郎, 大塚欣敏, 宋美紗, 辻村亨, 中山雅弘, 日本小児血液・がん学会雑誌, 50, 3, 485,   2013年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302219643802615
  • Longitudinal tapering enterostomyを施行した短腸症候群を伴う小腸閉鎖症の一例, 米山知寿, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 塚田遼, 奥山宏臣, 皆川京子, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 49, 2, 750,   2013年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302270960001550
  • 早期の成長ホルモン投与により十分な成長障害の改善を得たOEIS‐complexの1女児例, 前川講平, 西村実果, 藤野哲朗, 高木信明, 澤木潤子, 前寛, 佐々木隆士, 奥田真珠美, 兼松明弘, 野島道生, 奥山宏臣, 服部益治, 山本新吾, 島田憲次, 谷澤隆邦, 日本小児腎臓病学会雑誌, 26, 1, 219,   2013年05月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302220752329987
  • 輪状膵を伴う十二指腸閉鎖症術後の膵炎に対して幽門輪温存膵頭十二指腸切除を施行した1女児例, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 日本小児外科学会雑誌, 49, 3, 578,   2013年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302222141975533
  • 腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)にて胃粘膜下腫瘍切除を施行した1男児例, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 池原久朝, 三輪洋人, 日本小児外科学会雑誌, 49, 3, 687,   2013年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302225584485007
  • 乳児期胆汁鬱滞性疾患における肝内surfactant protein Dの検討, 阪龍太, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 柳原格, 中山雅弘, 日本小児外科学会雑誌, 49, 3, 605,   2013年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302244064688317
  • 異所性膵を伴うメッケル憩室による腸重積の一例, 塚田僚, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 米山知寿, 日本小児外科学会雑誌, 49, 3, 725,   2013年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302269556542434
  • 腹腔鏡下腫瘍核出術を行った膵solid‐pseudopapillary neoplasm(SPN)の2例, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 岡田敏弘, 野瀬聡子, 阪龍太, 藤元治朗, 塚田遼, 米山知寿, 日本小児外科学会雑誌, 49, 3, 692,   2013年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302287967777538
  • 当院における13‐,18‐trisomy症例に対する外科的介入の取り組み, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 阪龍太, 塚田遼, 米山知寿, 皆川京子, 日本小児外科学会雑誌, 49, 3, 767,   2013年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302292216945021
  • 難治性便秘に対し単孔式腹腔鏡補助下手術を施行したS状結腸過長症の一幼児例, 米山知寿, 塚田遼, 野瀬聡子, 阪龍太, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 49, 3, 823,   2013年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302296151949232
  • 鼠径ヘルニアとの合併が疑われた鼠径部脂肪腫の1例, 阪龍太, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 日本小児外科学会雑誌, 49, 2, 296,   2013年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302295100868266
  • 小児における腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(LPEC法)の安全性及び有用性の検討, 阪龍太, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 日本外科学会雑誌, 114, 688,   2013年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302215158371201
  • 小児外科症例の術後鎮痛・鎮静管理について―内視鏡手術と開胸・開腹手術の比較―, 奥山宏臣, 西信一, 堀直人, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 日本外科学会雑誌, 114, 688,   2013年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302281297133580
  • PS-121-3 小児における腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(LPEC法)の安全性及び有用性の検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会), 阪 龍太, 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 日本外科学会雑誌, 114, 2,   2013年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009715353
  • PS-122-2 小児外科症例の術後鎮痛・鎮静管理について : 内視鏡手術と開胸・開腹手術の比較(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会), 奥山 宏臣, 西 信一, 堀 直人, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 阪 龍太, 日本外科学会雑誌, 114, 2,   2013年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009715355
  • 当科における喉頭気管分離術の工夫, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 野瀬聡子, 阪龍太, 日本小児外科学会雑誌, 49, 1, 145, 146,   2013年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302244159233570
  • 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(LPEC法)における日帰り手術の安全性について, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 日本小児外科学会雑誌, 49, 1, 164,   2013年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302279060222257
  • 輪状膵による膵炎に対して幽門輪温存膵頭十二指腸切除を施行した1例, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 日本小児外科学会雑誌, 49, 1, 163,   2013年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302285413277336
  • 胸腔鏡下肺剥皮ドレナージ術を施行した水痘感染後膿胸の1例, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 阪龍太, 峰淳史, 日本小児外科学会雑誌, 49, 1, 107,   2013年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302294862683623
  • 後腹膜より発生した診断に苦慮した紡錘形細胞肉腫の一例, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 阪龍太, 岡本恭明, 大塚欣敏, 塚田遼, 米山知寿, 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号, 55th-11th-18th, 275,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302252919324345
  • 成人鼠径ヘルニアに対するLPECの経験, 佐々木隆士, 岡田敏弘, 奥山宏臣, 阪龍太, 野瀬聡子, 日本ヘルニア学会学術集会プログラム・抄録集, 11th, 128,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302289748494795
  • ICUにおける小児外科症例の術後鎮痛・鎮静管理について―成人との混合ICUにおける現状―, 奥山宏臣, 西信一, 堀直人, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 日本小児外科学会雑誌, 48, 6, 910,   2012年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202287647619090
  • 出生前診断された後腹膜肺葉外肺分画症の一例, 池田ゆうき, 坂根理矢, 和田龍, 原田佳世子, 武信尚史, 田中宏幸, 澤井英明, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 樋上敦紀, 皆川京子, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 48, 2, 533,   2012年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202200596358205
  • 超低出生体重児における合成皮膚表面接着剤(ダーマボンド)を用いたストマ造設術, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 皆川京子, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 48, 2, 489,   2012年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202208693513690
  • 食道再建を行った気管無形成(Floyd III型)長期生存の1例, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 日本小児外科学会雑誌, 48, 4, 799,   2012年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202260343240154
  • シリコンステントと金属ステントを併用した外因性気管軟化症の1例―長期留置の合併症を避けるために―, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 窪田昭男, 河津由紀子, 日本小児外科学会雑誌, 48, 4, 796,   2012年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202287959039300
  • Extensive aganglionosisに対するストーマ創を利用した単孔式腹腔鏡補助下根治術の経験, 佐々木隆士, 阪龍太, 奥山宏臣, 野瀬聡子, 関保二, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3, 451,   2012年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202213045656307
  • 腹腔鏡補助下に切除した回盲部重複腸管の1例, 阪龍太, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3, 627,   2012年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202220637298183
  • 開腹歴のない絞扼性イレウスにおける腸管壊死の指標に関する検討, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 阪龍太, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3, 610,   2012年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202224221411342
  • 薄筋皮弁併用により会陰式一期的根治術を行った先天性直腸尿道瘻の1成人例, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 兼松明弘, 楊東益, 山本新吾, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3, 509,   2012年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202295580197350
  • 小児科,NICU,小児外科における救急入院患者数の割合―DPCデータによる院内各科との比較―, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 野瀬聡子, 阪龍太, 日本小児救急医学会雑誌, 11, 2, 277,   2012年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202253224271959
  • 小児虫垂切除術における単孔式腹腔鏡手術(TANKO)の経験~3つの方法の比較, 佐々木隆士, 阪龍太, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 関保二, 日本外科学会雑誌, 113, 832,   2012年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202201465433186
  • 小児急性腹症における腹腔鏡下手術の役割, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 日本外科学会雑誌, 113, 831,   2012年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202261821112686
  • PS-170-4 小児急性腹症における腹腔鏡下手術の役割(PS-170 小児 手術,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 阪 龍太, 日本外科学会雑誌, 113, 2,   2012年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009550051
  • PS-170-6 小児虫垂切除術における単孔式腹腔鏡手術(TANKO)の経験 : 3つの方法の比較(PS-170 小児 手術,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会), 佐々木 隆士, 阪 龍太, 野瀬 聡子, 奥山 宏臣, 関 保二, 日本外科学会雑誌, 113, 2,   2012年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009550053
  • 3-2 シリコンステントと金属ステントを併用した外因性気管軟化症の1例 : 長期留置の合併症を避けるために(要望演題1「気管軟化症」,第22回日本小児呼吸器外科研究会), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 阪 龍太, 窪田 昭男, 河津 由紀子, 日本小児外科学会雑誌, 48, 4,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009470951
  • 5-3 食道再建を行った気管無形成(Floyd III型)長期生存の1例(シンポジウム「気管無形成」,第22回日本小児呼吸器外科研究会), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 阪 龍太, 日本小児外科学会雑誌, 48, 4,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009470964
  • S6-6. ICUにおける小児外科症例の術後鎮痛・鎮静管理について : 成人との混合ICUにおける現状(シンポジウム6「鎮痛・鎮静」,小児外科集中治療の新しい展開,第28回日本小児外科学会秋季シンポジウム), 奥山 宏臣, 西 信一, 堀 直人, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 阪 龍太, 日本小児外科学会雑誌, 48, 6,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009544269
  • V5-01 Extensive aganglionosisに対するストーマ創を利用した単孔式腹腔鏡補助下根治術の経験(ビデオセッション5 直腸・骨盤), 佐々木 隆士, 阪 龍太, 奥山 宏臣, 野瀬 聡子, 関 保二, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009581988
  • O11-02 薄筋皮弁併用により会陰式一期的根治術を行った先天性直腸尿道瘻の1成人例(一般口演11 直腸肛門), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 阪 龍太, 兼松 明弘, 楊 東益, 山本 新吾, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009582037
  • P28-05 開腹歴のない絞扼性イレウスにおける腸管壊死の指標に関する検討(ポスターセッション28 イレウス・大腸), 野瀬 聡子, 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 阪 龍太, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009582237
  • PD2-05 腹腔鏡補助下に切除した回盲部重複腸管の1例(ポスター展示2), 阪 龍太, 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 日本小児外科学会雑誌, 48, 3,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009582269
  • 持続する腹痛に対し試験腹腔鏡を施行した1例, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 前川講平, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1107,   2011年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202212449278261
  • 肺葉切除を施行した侵襲性肺アスペルギルス症の1例, 野瀬聡子, 奧山宏臣, 佐々木隆士, 長谷川誠紀, 大塚欣敏, 中島有香, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1097,   2011年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202219654564417
  • 恥骨前瘻孔の1例, 清水義之, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1074, 1075,   2011年12月20日, 10.11164/jjsps.47.7_1074_4, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202225461191036
  • 重症心身障害者における腹腔鏡補助下経皮的胃瘻造設術(LAPEG), 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 阪龍太, 清水義之, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1107,   2011年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202238957108273
  • Meigs症候群類似の症状を呈した卵巣顆粒膜細胞腫の1例, 佐々木隆士, 清水義之, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1077,   2011年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202270023692079
  • 胎児水腫を伴う先天性嚢胞状腺腫様奇形に対し胎児胸腔内嚢胞穿刺とステロイド投与を行い救命し得た1例, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 野瀬聡子, 田中宏幸, 小森慎二, 長谷川誠紀, 樋上敦紀, 皆川京子, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1091,   2011年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202290893428580
  • シリコンステントと金属ステント併用による気管内ステント留置術―安全に長期留置できた1例―, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 窪田昭男, 河津由紀子, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 736,   2011年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102234674031140
  • 消化管の合併症に対して外科的治療を施行した極低出生体重児の検討, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 皆川京子, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 646,   2011年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102262853954874
  • 有茎空腸間置による食道再建を行った気管無形成の1例, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 鈴木信, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 559,   2011年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102268767590027
  • 当科における小児単孔式腹腔鏡手術(TANKO)の経験と今後の可能性について, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 岡田敏弘, 奥山宏臣, 関保二, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4, 690,   2011年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102285456285761
  • 尿道が形成されていた総排泄腔外反症の一例, 樋口喜英, 兼松明弘, 野島道生, 西村実果, 前川講平, 前寛, 皆川京子, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 谷澤隆邦, 島田憲次, 山本新吾, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 20, 2, 226,   2011年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102286467572440
  • 小児急性腹症における内視鏡外科手術の役割, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 日本小児救急医学会雑誌, 10, 2, 218,   2011年06月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102249975679819
  • 突然の大量下血にて発症した大腸ポリープの1例, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 樋田信幸, 日本小児救急医学会雑誌, 10, 2, 263,   2011年06月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102273570066923
  • 胎児消化管におけるサーファクタント蛋白の局在および産生に関する検討, 奥山宏臣, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 内田薫, 柳原格, 日本外科学会雑誌, 112, 562,   2011年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102295589774426
  • PS-033-3 胎児消化管におけるサーファクタント蛋白の局在および産生に関する検討(PS-033 ポスターセッション(33)小児:腫瘍・その他,第111回日本外科学会定期学術集会), 奥山 宏臣, 野瀬 聡子, 佐々木 隆士, 内田 薫, 柳原 格, 日本外科学会雑誌, 112, 1,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008684542
  • 膵solid‐pseudopapillary neoplasmaの免疫組織化学的検討, 中正恵二, 山根木康嗣, 大山秀樹, 山田直子, 秦正樹, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 平野博嗣, 寺田信行, 日本病理学会会誌, 100, 1, 388,   2011年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102269027787770
  • 巨大メッケル憩室捻転による急性腹症の1例, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 西村実果, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1, 131,   2011年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102217786812738
  • 完全腹腔鏡下に切除し,下腹部創より摘出した膵solid‐pseudopapillary‐neoplasmの1女児例, 佐々木隆士, 岡田敏弘, 奥山宏臣, 野瀬聡子, 藤元治朗, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1, 181, 182,   2011年02月20日, 10.11164/jjsps.47.1_181_3, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102255061812553
  • 超低出生体重児における小腸閉鎖症の1女児例, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1, 128,   2011年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102298537335598
  • 6.超低出生体重児における小腸閉鎖症の1女児例(一般演題,第46回日本小児外科学会近畿地方会), 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 奥山 宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008506470
  • 18.巨大メッケル憩室捻転による急性腹症の1例(一般演題,第46回日本小児外科学会近畿地方会), 野瀬 聡子, 佐々木 隆士, 奥山 宏臣, 西村 実果, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008506482
  • JOS-0909.完全腹腔鏡下に切除し,下腹部創より摘出した膵solid-pseudopapillary-neoplasmの1女児例(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会), 佐々木 隆士, 岡田 敏弘, 奥山 宏臣, 野瀬 聡子, 藤元 治朗, 日本小児外科学会雑誌, 47, 1, 181, 182,   2011年, 10.11164/jjsps.47.1_181_3, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008506660
  • V-01 有茎空腸間置による食道再建を行った気管無形成の1例(ビデオセッション1,第48回日本小児外科学会学術集会), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 鈴木 信, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008735070
  • P-118 消化管の合併症に対して外科的治療を施行した極低出生体重児の検討(超低出生体重児,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会), 野瀬 聡子, 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 皆川 京子, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008735240
  • P-213 当科における小児単孔式腹腔鏡手術(TANKO)の経験と今後の可能性について(虫垂炎2,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会), 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 岡田 敏弘, 奥山 宏臣, 関 保二, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008735327
  • P-312 シリコンステントと金属ステント併用による気管内ステント留置術 : 安全に長期留置できた1例(呼吸器1,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 窪田 昭男, 河津 由紀子, 日本小児外科学会雑誌, 47, 4,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008735419
  • 37.恥骨前瘻孔の1例(一般演題,第45回日本小児外科学会近畿地方会), 清水 義之, 佐々木 隆士, 奥山 宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7, 1074, 1075,   2011年, 10.11164/jjsps.47.7_1074_4, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008896774
  • 48.Meigs症候群類似の症状を呈した卵巣顆粒膜細胞腫の1例(一般演題,第45回日本小児外科学会近畿地方会), 佐々木 隆士, 清水 義之, 奥山 宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008896785
  • 20.胎児水腫を伴う先天性嚢胞状腺腫様奇形に対し胎児胸腔内嚢胞穿刺とステロイド投与を行い救命し得た1例(セッション5 要望演題(胎児診断された嚢胞性肺疾患),第21回日本小児呼吸器外科研究会), 佐々木 隆士, 奥山 宏臣, 野瀬 聡子, 田中 宏幸, 小森 慎二, 長谷川 誠紀, 樋上 敦紀, 皆川 京子, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008896836
  • 44.肺葉切除を施行した侵襲性肺アスペルギルス症の1例(セッション9 一般演題(その他),第21回日本小児呼吸器外科研究会), 野瀬 聡子, 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 長谷川 誠紀, 大塚 欣敏, 中島 有香, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008896860
  • 34.持続する腹痛に対し試験腹腔鏡を施行した1例(一般演題,第38回日本小児内視鏡研究会), 野瀬 聡子, 佐々木 隆士, 奥山 宏臣, 前川 講平, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008896896
  • 36.重症心身障害者における腹腔鏡補助下経皮的胃瘻造設術(LAPEG)(一般演題,第38回日本小児内視鏡研究会), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 阪 龍太, 清水 義之, 日本小児外科学会雑誌, 47, 7,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008896898
  • 乳児期に発症した壊死性筋膜炎の2例, 西村実果, 前寛, 前川講平, 清水義之, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 服部益治, 谷澤隆邦, 日本小児科学会雑誌, 114, 12, 1941, 1942,   2010年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102277032048201
  • 重症心身障害児医療における小児外来の役割―定期的な往診の意義について―, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 関保二, 日本小児外科学会雑誌, 46, 6, 913,   2010年10月20日, 10.11164/jjsps.46.6_913_1, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002200536742486
  • 胎児消化管におけるサーファクタント蛋白質AとDの局在と産生に関する検討, 奥山宏臣, 清水義之, 佐々木隆士, 内田薫, 柳原格, 稲村昇, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, 2, 613,   2010年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002210549659885
  • long gap食道閉鎖症に対する開胸・開腹術を要しない根治術―胸壁外食道延長術に続く胸腔鏡下食道再建術―, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, 2, 354,   2010年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002216751265013
  • 出生前診断できなかった総排泄腔外反症の一例, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 清水義之, 田中宏幸, 皆川京子, 樋上敦紀, 小川智美, 磯野員倫, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, 2, 761,   2010年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002241039349230
  • 胎児水腫を伴う先天性嚢胞状腺腫様奇形(CCAM)に対し胎児胸腔内嚢胞穿刺を行い妊娠継続して救命できた1例, 田中宏幸, 加藤徹, 坂根理矢, 和田龍, 原田佳世子, 武信尚史, 澤井英明, 小森慎二, 佐々木隆士, 清水義之, 奥山宏臣, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46, 2, 617,   2010年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002254414195479
  • 小児救急における小児外科の役割―救命救急センターとの連携について―, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 小谷穣治, 上田敬博, 日本小児救急医学会雑誌, 9, 2, 183,   2010年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002230507169293
  • 直腸肛門奇形症例手術時に必要なmuscle stimulatorとしての定電流パルス発生装置の作成経験, 関保二, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 藤元治朗, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 667,   2010年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002200742720537
  • 脾臓原発性腫瘍の小児例に対し,腹腔鏡補助下脾臓摘出術を施行した1例, 清水義之, 佐々木隆士, 関保二, 岡田敏弘, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 673,   2010年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002209206401272
  • 総排泄腔外反症の一手術例, 佐々木隆士, 清水義之, 奥山宏臣, 関保二, 島田憲次, 山本新吾, 野島道生, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 446,   2010年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002236478276270
  • 総排泄腔外反の胎児MRI, 山野理子, 石藏礼一, 安藤久美子, 廣田省三, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 日本小児放射線学会雑誌, 26, 42,   2010年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002240898173953
  • 腹部打撲を契機に発見された膵solid pseudopapillary tumorの一女児例, 佐々木隆士, 清水義之, 奥山宏臣, 関保二, 中正恵二, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3, 687,   2010年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002251141960224
  • 救急手術を要する新生児疾患 (産婦人科救急のすべて) -- (胎児・新生児救急), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 清水 義之, 産婦人科治療, 100, 0, 797, 803,   2010年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017108039
  • 腹部打撲を契機に発見された女児の膵Solid pseudopapillary neoplasmの1例, 中正恵二, 山根木康嗣, 大山秀樹, 平野博嗣, 西岡稔浩, 小越菜保子, 山田直子, 秦正樹, 佐々木隆士, 清水義之, 奥山宏臣, 寺田信行, 日本病理学会会誌, 99, 1, 329,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002250745907058
  • 肝,肺に多発した類上皮血管内皮腫の1例, 中正恵二, 山根木康嗣, 大山秀樹, 平野博嗣, 西岡稔浩, 小越菜保子, 山田直子, 秦正樹, 佐々木隆士, 清水義之, 奥山宏臣, 寺田信行, 日本病理学会会誌, 99, 1, 324,   2010年03月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002260979619060
  • 2種類の漢方治療が著効したA型食道閉鎖症の1例, 佐々木隆士, 清水義之, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 46, 1, 143,   2010年02月20日, 10.11164/jjsps.46.1_143, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002267824508622
  • 24. 2種類の漢方治療が著効したA型食道閉鎖症の1例(一般演題,第14回日本小児外科漢方研究会), 佐々木 隆士, 清水 義之, 奥山 宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 46, 1,   2010年, 10.11164/jjsps.46.1_143, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007644707
  • S8-3.重症心身障害児医療における小児外科の役割 : 定期的な往診の意義について(シンポジウム8「障がい児の外科と医療連携」,障がい児を支える-小児外科医の役割-,第26回日本小児外科学会秋季シンポジウム), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 関 保二, 日本小児外科学会雑誌, 46, 6,   2010年, 10.11164/jjsps.46.6_913_1, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007817458
  • V4-05 総排泄腔外反症の一手術例(腹腔内(肝・胆・腸管)手術,ビデオセッションIV,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会), 佐々木 隆士, 清水 義之, 奥山 宏臣, 関 保二, 島田 憲次, 山本 新吾, 野島 道生, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008015785
    概要:総排泄腔外反症は極めて稀な奇形である。今回我々は本症の女児に新生児期に膀胱腸裂部分離手術を行ったので術式の工夫を中心に報告する。
  • PO-138 直腸肛門奇形症例手術時に必要なmuscle stimulatorとしての定電流パルス発生装置の作成経験(排便障害の診断と治療,ポスターセッション,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会), 関 保二, 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 清水 義之, 藤元 治朗, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008016188
  • PO-150 脾臓原発性腫瘍の小児例に対し,腹腔鏡補助下脾臓摘出術を施行した1例(内視鏡手術の進歩3,ポスターセッション,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会), 清水 義之, 佐々木 隆士, 関 保二, 岡田 敏弘, 奥山 宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008016200
  • PO-178 腹部打撲を契機に発見された膵solid pseudopapillary tumorの一女児例(腫瘍(食道・膵・乳腺),ポスターセッション,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会), 佐々木 隆士, 清水 義之, 奥山 宏臣, 関 保二, 中正 恵二, 日本小児外科学会雑誌, 46, 3,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008016228
  • 低出生体重児の外科Update 低出生体重児における胎便関連性腸閉塞, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 窪田昭男, 川原央好, 小児外科, 41, 11, 1191, 1195,   2009年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241998546434
  • 胎児発育不全における消化管機能障害―消化管穿孔ならびに胎便関連性腸閉塞に関する検討―, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 窪田昭男, 川原央好, 長谷川利路, 米田光宏, 野瀬恵介, 三谷泰之, 野村元成, 白石淳, 北島博之, 藤村正哲, 周産期学シンポジウム, 27, 43, 46,   2009年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246323780383
  • 小児の急性虫垂炎に対するwoundless TULAAの有用性, 銭谷昌弘, 賀川義規, 大島令子, 秦信輔, 佐々木隆士, 畑泰司, 清水潤三, 堂野恵三, 北田昌之, 島野高志, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7, 1148,   2009年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902251990023110
  • P-1-205 小児の急性虫垂炎に対するwoundless TULAAの有用性(大腸感染1,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会), 銭谷 昌弘, 賀川 義規, 大島 令子, 秦 信輔, 佐々木 隆士, 畑 泰司, 清水 潤三, 堂野 恵三, 北田 昌之, 島野 高志, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7,   2009年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007718756
  • 超低出生体重児に発生した特発性胆道穿孔の一例, 佐々木隆士, 清水義之, 奥山宏臣, 小川智美, 皆川京子, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 45, 2, 422,   2009年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200534395966
  • 重症心身障害児・者に対する,ダイレクト法による腹腔鏡補助下経皮内視鏡的胃瘻造設術の経験, 佐々木隆士, 清水義之, 奥山宏臣, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌, 25, 2, 69,   2009年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205783318914
  • 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術時に診断された精巣性女性化症候群の1例, 田附裕子, 清水善之, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 45, 4, 780,   2009年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252889509261
  • 重症心身障害者における腹腔鏡補助下経皮的胃瘻造設術(LAPEG), 清水義之, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 外科と代謝・栄養, 43, 3, 131,   2009年06月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902259776280963
  • 輪状膵を伴う先天性十二指腸狭窄症の術後2年11ケ月に反復性急性膵炎で発症した膵・胆管合流異常症の一女児例, 佐々木隆士, 清水義之, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3, 536,   2009年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231146178115
  • 小児救急における小児外科の役割―救命救急センターとの連携について―, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 小谷穣治, 上田敬博, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3, 491,   2009年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902239365582542
  • 腹腔鏡下腸回転異常症手術を施行した13‐trisomyの幼児例, 清水義之, 佐々木隆士, 奥山宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3, 553,   2009年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263532215490
  • 胆道閉鎖症術後のbile lakeに対して嚢胞空腸脚吻合を施行した1例, 高間勇一, 上野豪久, 田中夏美, 曹英樹, 野瀬恵介, 福澤正洋, 虫明聡太郎, 佐々木隆士, 井原欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 45, 2, 308,   2009年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902296517609852
  • 新生児における内視鏡手術の工夫と問題点, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 窪田昭男, 川原央好, 日本外科学会雑誌, 110, 198,   2009年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240651099989
  • VW-8-1 新生児における内視鏡手術の工夫と問題点(鏡視下手術-小児外科と一般外科,ビデオワークショップ,第109回日本外科学会定期学術集会), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 清水 義之, 窪田 昭男, 川原 央好, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007167977
  • 高カロリー輸液施行中,カテーテル‐気管瘻を形成した1例, 清水義之, 川原央好, 奥山宏臣, 渡邊高士, 谷岳人, 山中宏晃, 窪田昭男, 佐々木隆士, 藤元治朗, 静脈経腸栄養, 24, 1, 409,   2009年01月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902254001663252
  • 21.胆道閉鎖症術後のbile lakeに対して嚢胞空腸脚吻合を施行した1例(第35回日本胆道閉鎖症研究会), 高間 勇一, 上野 豪久, 田中 夏美, 曹 英樹, 野瀬 恵介, 福澤 正洋, 虫明 聡太郎, 佐々木 隆士, 井原 欣幸, 日本小児外科学会雑誌, 45, 2,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007161507
  • 23. 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術時に診断された精巣性女性化症候群の1例(一般演題,第44回日本小児外科学会近畿地方会), 田附 裕子, 清水 善之, 佐々木 隆士, 奥山 宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 45, 4,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007383205
  • O-18 小児救急における小児外科の役割 : 救命救急センターとの連携について(一般口演 小児救急,Science and Art for Sick Children,第46回日本小児外科学会学術集会), 奥山 宏臣, 佐々木 隆士, 清水 義之, 小谷 穣治, 上田 敬博, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007383508
  • P-027 輪状膵を伴う先天性十二指腸狭窄症の術後2年11ヶ月に反復性急性膵炎で発症した膵・胆管合流異常症の一女児例(ポスター 肝・胆・膵2,Science and Art for Sick Children,第46回日本小児外科学会学術集会), 佐々木 隆士, 清水 義之, 奥山 宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007383595
  • P-062 腹腔鏡下腸回転異常症手術を施行した13-trisomyの幼児例(ポスター 小腸2,Science and Art for Sick Children,第46回日本小児外科学会学術集会), 清水 義之, 佐々木 隆士, 奥山 宏臣, 日本小児外科学会雑誌, 45, 3,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007383629
  • 胎児発育不全における消化管機能障害―消化管穿孔ならびに胎便関連性腸閉塞に関する検討―, 奥山宏臣, 佐々木隆士, 清水義之, 窪田昭男, 川原央好, 長谷川利路, 米田光宏, 野瀬恵介, 三谷泰之, 野村元成, 白石淳, 北島博之, 藤村正哲, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 44, 22,   2008年12月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902277233079824
  • 腸骨鼠径神経・腸骨下腹神経ブロックを併用する鼠径ヘルニア手術, 加藤寛章, 賀川義規, 銭谷昌弘, 宗方幸二, 渡邉法之, 高本香, 大島令子, 前田栄, 畑泰司, 佐々木隆士, 赤木謙三, 塚原康生, 北田昌之, 島野高志, 日本臨床外科学会雑誌, 69, 343,   2008年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246295009730
  • 傷の残らない腹腔鏡補助下虫垂切除術, 大島令子, 賀川義規, 銭谷昌弘, 宗方幸二, 渡邊法之, 加藤寛章, 高本香, 前田栄, 畑泰司, 佐々木隆士, 川西賢秀, 赤木謙三, 塚原康生, 北田昌之, 島野高志, 日本臨床外科学会雑誌, 69, 347,   2008年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902247490263265
  • 前方アプローチにおける精索テーピングの工夫, 大島令子, 銭谷昌弘, 宗方幸二, 渡辺法之, 加藤寛章, 高本香, 賀川義規, 前田栄, 畑泰司, 佐々木隆士, 赤木謙三, 塚原康生, 北田昌之, 島野高志, 日本臨床外科学会雑誌, 69, 527,   2008年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252169231320
  • 十二指腸空腸吻合術が奏効したSMA症候群の1例, 銭谷昌弘, 藤田淳也, 大島令子, 前田栄, 賀川義視, 畑泰司, 林昇甫, 佐々木隆士, 清水潤三, 川西賢秀, 池田公正, 赤木謙三, 塚原康生, 北田昌之, 島野高志, 日本臨床外科学会雑誌, 69, 468,   2008年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902296627799428
  • 会陰からの超音波ガイドによる腹腔鏡補助下高位鎖肛根治術, 奥山宏臣, 清水義之, 佐々木隆士, 川原央好, 窪田昭男, 日本小児外科学会雑誌, 44, 6, 763,   2008年10月20日, 10.11164/jjsps.44.6_763_1, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902244977889306
  • 直腸癌手術において化学的前処置は必要か?, 畑泰司, 清水潤三, 池田公正, 賀川義規, 加藤寛章, 前田栄, 大島令子, 林昇甫, 佐々木隆士, 川西賢秀, 藤田淳也, 赤木謙三, 塚原康生, 北田昌之, 島野高志, 日本外科感染症学会雑誌, 5, 5, 519,   2008年10月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902235118917846
  • 胃癌手術後3年目に発症した小脳転移にγナイフ療法が奏効した一例, 福岡秀忠, 賀川義規, 加藤寛章, 高本香, 大島令子, 野村元成, 前田栄, 畑泰司, 林昇甫, 佐々木隆士, 田村光信, 川西賢秀, 清水潤三, 池田公正, 藤田淳也, 赤木謙三, 塚原康生, 北田昌之, 島野高志, 日本消化器病学会雑誌, 105, A778,   2008年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257318070434
  • 進行再発大腸癌患者に対する放射線化学療法先攻全身化学療法の安全性と効果について, 畑泰司, 賀川義規, 池田公正, 大島令子, 前田栄, 林昇甫, 佐々木隆士, 清水潤三, 川西賢秀, 藤田淳也, 赤木謙三, 塚原康生, 北田昌之, 島野高志, 日本消化器病学会雑誌, 105, A814,   2008年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297494147992
  • Stage I大腸癌は同じフォローアップが必要か?深達度別での検討, 畑泰司, 池田公正, 賀川義規, 林昇甫, 佐々木隆士, 川西賢秀, 清水潤三, 藤田淳也, 赤木謙三, 塚原康生, 北田昌之, 島野高志, 日本大腸こう門病学会雑誌, 61, 9, 756,   2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902238694819808
  • 当院における胃食道静脈瘤を合併した生体肝移植症例の検討, 井原欣幸, 上野豪久, 高間勇一, 佐々木隆士, 虫明聡太郎, 福澤正洋, 移植, 43, 371,   2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279233950420
  • 腸骨鼡径神経ブロックを用いたヘルニア修復術, 加藤寛章, 塚原康生, 高本香, 大島令子, 野村元成, 前田栄, 賀川義規, 畑泰司, 林昇甫, 佐々木隆士, 川西賢秀, 清水潤三, 池田公正, 藤田淳也, 赤木謙三, 北田昌之, 島野高志, 日本外科系連合学会誌, 33, 4, 691,   2008年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902211329067915
  • 挙睾筋,Blue line,内鼠径輪を確認し精索のみをテーピングする工夫, 大島令子, 塚原康生, 加藤寛章, 高本香, 賀川義規, 野村元成, 前田栄, 畑泰司, 林昇甫, 佐々木隆士, 川西賢秀, 清水潤三, 池田公正, 藤田淳也, 赤木謙三, 北田昌之, 島野高志, 日本外科系連合学会誌, 33, 4, 690,   2008年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218547299504
  • メッシュ感染に対する対策, 賀川義規, 塚原康生, 加藤寛章, 高本香, 大島玲子, 野村元成, 前田栄, 畑泰司, 林昇甫, 佐々木隆士, 川西賢秀, 清水潤三, 池田公正, 藤田淳也, 赤木謙三, 北田昌之, 島野高志, 日本外科系連合学会誌, 33, 4, 694,   2008年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902223627520442
  • PHS法におけるunderlayのきれいな広げ方, 賀川義規, 塚原康生, 加藤寛章, 高本香, 大島令子, 野村元成, 前田栄, 畑泰司, 林昇甫, 佐々木隆士, 川西賢秀, 清水潤三, 池田公正, 藤田淳也, 赤木謙三, 北田昌之, 島野高志, 日本外科系連合学会誌, 33, 4, 681,   2008年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248692979153
  • 若年女性の鼠径ヘルニアに対するLPECの導入, 大島令子, 賀川義規, 塚原康生, 加藤寛章, 高本香, 野村元成, 前田栄, 畑泰司, 林昇甫, 佐々木隆士, 川西賢秀, 清水潤三, 池田公正, 藤田淳也, 赤木謙三, 北田昌之, 島野高志, 日本外科系連合学会誌, 33, 4, 687,   2008年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902287300821110
  • 幽門側胃切除術Roux‐en Y法における手縫い吻合vs器械吻合の比較検討, 藤田淳也, 塚原康生, 林昇甫, 佐々木隆士, 清水潤三, 川西賢秀, 池田公正, 赤木謙三, 北田昌之, 島野高志, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7, 1110,   2008年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902219088834945
  • 進行再発直腸癌局所制御に対するS‐1+放射線療法の安全性と効果について, 畑泰司, 賀川義規, 池田公正, 林昇甫, 佐々木隆士, 川西賢秀, 清水潤三, 藤田淳也, 塚原康生, 島野高志, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7, 1212,   2008年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248182281615
  • RS-109 幽門側胃切除術Roux-en Y法における手縫い吻合vs器械吻合の比較検討(要望演題5-2 自動縫合器を用いた胃切除後再建法の功罪2,第63回日本消化器外科学会総会), 藤田 淳也, 塚原 康生, 林 昇甫, 佐々木 隆士, 清水 潤三, 川西 賢秀, 池田 公正, 赤木 謙三, 北田 昌之, 島野 高志, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006830817
  • O-2-28 進行再発直腸癌局所制御に対するS-1+放射線療法の安全性と効果について(大腸 転移・再発7,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会), 畑 泰司, 賀川 義規, 池田 公正, 林 昇甫, 佐々木 隆士, 川西 賢秀, 清水 潤三, 藤田 淳也, 塚原 康生, 島野 高志, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006831592
  • 肝移植術後門脈狭窄,門脈圧亢進に対する経脾的アプローチによる門脈拡張を施行した2例, 井原欣幸, 上野豪久, 高間勇一, 福澤正洋, 虫明聡太郎, 別所一彦, 佐々木隆士, 日本小児外科学会雑誌, 44, 4, 644,   2008年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264311953167
  • 小児での肝移植術後門脈狭窄に対し経脾的門脈拡張およびステント留置を施行した2例, 井原欣幸, 上野豪久, 高間勇, 佐々木隆士, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 44, 3, 413,   2008年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902283147412251
  • 小児外科医と小児がん:長く険しい闘いから学べること,また質のよい医療を目指して, 米倉竹夫, 小角卓也, 山内勝治, 黒田征加, 神山雅史, 佐々木隆士, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 44, 3, 524,   2008年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297799377939
  • 待機的大腸切除術の腹腔内吻合には予防的ドレーンは不要である~1047例の検討~, 賀川義規, 池田公正, 畑泰司, 高本香, 加藤寛章, 大島令子, 野村元成, 前田栄, 林昇甫, 佐々木隆士, 田村光信, 川西賢秀, 清水潤三, 藤田淳也, 赤木謙三, 塚原康生, 北田昌之, 島野高志, 日本外科学会雑誌, 109, 376,   2008年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902236523712891
  • 胆嚢摘出後判明胆嚢癌対策としての術前画像検査の正診率, 清水潤三, 林昇甫, 北田昌之, 高本香, 加藤寛章, 大島令子, 野村元成, 前田栄, 賀川義規, 畑泰司, 佐々木隆士, 川西賢秀, 田村光信, 藤田淳也, 池田公正, 赤木謙三, 塚原康生, 島野高志, 日本外科学会雑誌, 109, 386,   2008年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902265553529838
  • DP-016-3 待機的大腸切除術の腹腔内吻合には予防的ドレーンは不要である : 1047例の検討(第108回日本外科学会定期学術集会), 賀川 義規, 池田 公正, 畑 泰司, 高本 香, 加藤 寛章, 大島 令子, 野村 元成, 前田 栄, 林 昇甫, 佐々木 隆士, 田村 光信, 川西 賢秀, 清水 潤三, 藤田 淳也, 赤木 謙三, 塚原 康生, 北田 昌之, 島野 高志, 日本外科学会雑誌, 109, 2,   2008年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006891608
  • DP-021-3 胆嚢摘出後判明胆嚢癌対策としての術前画像検査の正診率(第108回日本外科学会定期学術集会), 清水 潤三, 林 昇甫, 北田 昌之, 高本 香, 加藤 寛章, 大島 令子, 野村 元成, 前田 栄, 賀川 義規, 畑 泰司, 佐々木 隆士, 川西 賢秀, 田村 光信, 藤田 淳也, 池田 公正, 赤木 謙三, 塚原 康生, 島野 高志, 日本外科学会雑誌, 109, 2,   2008年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006891648
  • 術中胆道造影にて膵・胆管合流異常が確認されたIII型胆道閉鎖症の1例, 佐々木隆士, 井原欣幸, 山中宏晃, 上野豪久, 高間勇一, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 44, 2, 200,   2008年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232995202530
  • 悪性大腸狭窄に対するself expanding metallic stentの有効性, 畑泰司, 池田公正, 賀川義規, 加藤寛章, 高本香, 大島令子, 前田栄, 野村元成, 林昇甫, 佐々木隆士, 川西賢秀, 清水潤三, 藤田淳也, 塚原康生, 島野高志, 日本消化器病学会雑誌, 105, A404,   2008年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902256795931844
  • 頸部異所性胸腺の1乳児例, 小角卓也, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 大割貢, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 508,   2008年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902209329039186
  • 産院で出生した新生児・乳児の紹介例の検討, 久保里美, 箕輪秀樹, 吉澤弘行, 扇谷綾子, 北村則子, 三崎泰志, 吉林宗男, 大割貢, 小角卓也, 佐々木隆士, 保木昌徳, 米倉竹夫, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 507, 508,   2008年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902219670891996
  • 稀な急性腹症に対し腹腔鏡下手術を施行した2小児例, 木村拓也, 米倉竹夫, 佐々木隆士, 小角卓也, 山内勝治, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 514,   2008年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241657726604
  • 先天性前部尿道弁の1男児例, 小角卓也, 米倉竹夫, 佐々木隆士, 山内勝治, 大割貢, 島田憲次, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 511,   2008年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252628845531
  • 共通管内結石の嵌頓により発症したと考えられた膵胆管合流異常症の2女児例, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 小角卓也, 山内勝治, 大割貢, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 509,   2008年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902256377674266
  • 気管切開を置かれた先天性声門下腔狭窄症例に対する気管形成術における周術期管理の工夫, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 小角卓也, 山内勝治, 大割貢, 日本小児科学会雑誌, 112, 3, 511,   2008年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902284083026839
  • 1か月健診をきっかけに発見された乳児肝芽腫の1例, 山中宏晃, 米田光宏, 大植孝治, 佐々木隆士, 奈良啓悟, 田中夏美, 谷岳人, 福澤正洋, 楠木重範, 滝沢祥子, 太田秀明, 小児がん, 45, 1, 75,   2008年02月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902223914645230
  • 急性腹症で発症した小腸腸間膜脂肪織炎の1, 畑泰司, 高本香, 賀川義規, 池田公正, 加藤寛章, 大島令子, 前田栄, 野村元成, 林昇甫, 佐々木隆士, 田村光信, 清水潤三, 川西賢秀, 藤田淳也, 赤木謙三, 塚原康生, 北田昌之, 島野高志, 日本腹部救急医学会雑誌, 28, 2, 383,   2008年02月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241539992626
  • 急性虫垂炎で発症し,緊急手術を施行した虫垂・盲腸子宮内膜症の1例, 加藤寛章, 畑泰司, 高本香, 大島令子, 野村元成, 前田栄, 賀川義規, 林昇甫, 佐々木隆士, 田村光信, 川西賢秀, 清水潤三, 藤田淳也, 池田公正, 赤木謙三, 塚原康生, 北田昌之, 島野高志, 日本腹部救急医学会雑誌, 28, 2, 324,   2008年02月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902291480253546
  • 胆道閉鎖症―診断・治療・研究の最先端 胆道閉鎖症術後の肺高血圧症, 木村拓也, 井原欣幸, 佐々木隆士, 長谷川利路, 上野豪久, 小垣滋豊, 虫明聡太郎, 福澤正洋, 小児外科, 40, 1, 72, 77,   2008年01月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902204118693570
  • 1.1か月健診をきっかけに発見された乳児肝芽腫の1例(第29回近畿小児がん研究会,研究会), 山中 宏晃, 米田 光宏, 大植 孝治, 佐々木 隆士, 奈良 啓悟, 田中 夏美, 谷 岳人, 福澤 正洋, 楠木 重範, 滝沢 祥子, 太田 秀明, 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録, 45, 1,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007170532
  • 肝切除術後の胆汁漏ゼロ更新中―尾状葉に切り込まない切除術, 清水潤三, 林昇甫, 北田昌之, 高本香, 加藤寛章, 大島令子, 野村元成, 前田栄, 賀川義規, 畑泰司, 佐々木隆士, 田村光信, 川西賢秀, 藤田淳也, 池田公正, 赤木謙三, 塚原康生, 島野高志, 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 20th, 194,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902223309481284
  • 8. 術中胆道造影にて膵・胆管合流異常が確認されたIII型胆道閉鎖症の1例(一般演題,第34回日本胆道閉鎖症研究会), 佐々木 隆士, 井原 欣幸, 山中 宏晃, 上野 豪久, 高間 勇一, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 44, 2,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006677045
  • 10. 肝移植術後門脈狭窄,門脈圧亢進に対する経脾的アプローチによる門脈拡張を施行した2例(一般演題,第21回日本小児脾臓研究会), 井原 欣幸, 上野 豪久, 高間 勇一, 福澤 正洋, 虫明 聡太郎, 別所 一彦, 佐々木 隆士, 日本小児外科学会雑誌, 44, 4,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006792368
  • B-055 小児での肝移植術後門脈狭窄に対し経脾的門脈拡張およびステント留置を施行した2例(一般演題 移植医療の進歩,Better Life for Sick Children, Better Future for Pediatric Surgery,第45回日本小児外科学会学術集会), 井原 欣幸, 上野 豪久, 高間 勇一, 佐々木 隆士, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 44, 3,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006834428
  • P-187 小児外科医と小児がん : 長く険しい闘いから学べること,また質のよい医療を目指して(ポスター 腫瘍1,Better Life for Sick Children, Better Future for Pediatric Surgery,第45回日本小児外科学会学術集会), 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 黒田 征加, 神山 雅史, 佐々木 隆士, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 44, 3,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006834647
  • S2-2.会陰からの超音波ガイドによる腹腔鏡補助下高位鎖肛根治術(シンポジウム-2:直腸肛門奇形,小児内視鏡手術,第24回日本小児外科学会秋季シンポジウム), 奥山 宏臣, 清水 義之, 佐々木 隆士, 川原 央好, 窪田 昭男, 日本小児外科学会雑誌, 44, 6,   2008年, 10.11164/jjsps.44.6_763_1, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007068753
  • 出生前に腸閉鎖と診断された先天性結腸閉鎖症の1例, 上原秀一郎, 澤井利夫, 井原欣幸, 佐々木隆士, 臼井規朗, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 7, 967,   2007年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902237728537061
  • チアマゾールの曝露との関連が疑われる臍帯ヘルニアに合併した臍腸瘻の1例, 野村元成, 秦信輔, 佐々木隆士, 加藤寛章, 高本香, 大島令子, 前田栄, 賀川義規, 北田昌之, 島野高志, 日本小児外科学会雑誌, 43, 7, 966,   2007年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241782169555
  • 近隣小児急病センターより紹介された小児外科救急症例の検討, 谷岳人, 佐々木隆士, 大植孝治, 臼井規朗, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 7, 969,   2007年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902256178096024
  • 当院における小児肝肺症候群の長期予後, 井原欣幸, 佐々木隆士, 上野豪久, 高間勇一, 福澤正洋, 虫明聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 43, 6, 737,   2007年10月20日, 10.11164/jjsps.43.6_737_1, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221926022049
  • 当科における合併奇形を有する胆道閉鎖症の検討, 佐々木隆士, 井原欣幸, 上野毅久, 福澤正洋, 長谷川利路, 日本小児外科学会雑誌, 43, 6, 727, 728,   2007年10月20日, 10.11164/jjsps.43.6_727_2, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224919706160
  • 胆嚢ドレナージで待機的に根治術を施行したI型cyst症例, 井原欣幸, 佐々木隆士, 上原秀一郎, 虫明聡太郎, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 6, 820,   2007年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282810180070
  • ICT連絡薬システムによるカルバペネム系抗菌薬使用許可制の導入とその効果, 清水潤三, 東孝次, 賀川義規, 畑泰司, 林昇甫, 佐々木隆士, 田村光信, 川西賢秀, 池田公正, 藤田淳也, 北田昌之, 島野高志, 日本外科感染症学会雑誌, 4, Supplement, 424,   2007年10月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228386783465
  • 小児生体肝移植術後門脈狭窄症に対する経皮経脾アプローチによる狭窄拡張術の経験, 佐々木隆士, 井原欣幸, 友田要, 福澤正洋, 移植, 42, 287,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282381223008
  • 出生前診断された先天性胆道拡張症に対する待機的一期手術の時期について, 佐々木隆士, 井原欣幸, 高間雄一, 福澤正洋, 日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス, 30th, 24, 25,   2007年09月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902255370038600
  • 胆道閉鎖症術後portpulmonary hypertension(PPHTN)に対しepoprostenolとbosentanの併用療法を施行し,生体肝移植を施行した1例, 高橋邦彦, 小垣滋豊, 吉田葉子, 那須野明香, 成田淳, 前川周, 市森裕章, 虫明聡太郎, 別所一彦, 松本美根子, 大薗恵一, 長谷川利路, 佐々木隆士, 上野豪久, 日本小児循環器学会雑誌, 23, 4, 407,   2007年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902299182863448
  • 1カ月健診時,黄疸と肝腫大をきっかけに発見された乳児肝芽腫の1例, 山中宏晃, 米田光宏, 大植孝治, 佐々木隆士, 奈良啓悟, 田中夏美, 谷岳人, 太田秀明, 滝沢祥子, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3, 546,   2007年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224093218385
  • 当科における生体肝移植術後血管合併症の検討, 佐々木隆士, 井原欣幸, 長谷川利路, 上野豪久, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3, 561,   2007年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902242453101091
  • 小児小腸移植の課題と対策:大阪大学小腸移植適応評価委員会での検討症例と小腸移植の臨床経験, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 井原欣幸, 和佐勝史, 福澤正洋, 上野豪久, 窪田昭男, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3, 342,   2007年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902243949950168
  • 小児肝移植後における急性拒絶反応・免疫性肝炎とMMF投与の有用性に関する検討, 虫明聡太郎, 別所一彦, 佐々木隆士, 井原欣幸, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3, 348,   2007年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902280954784716
  • 小児体表静脈奇形に対するInterventional Radiology(IVR)を用いた硬化療法, 上原秀一郎, 米田光宏, 大須賀慶悟, 佐々木隆士, 大植孝治, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3, 547,   2007年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288490301742
  • 当院における小児急性肝不全症例の検討, 井原欣幸, 佐々木隆士, 別所一彦, 和田和子, 虫明聡太郎, 堂野恵三, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3, 354,   2007年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902291505588823
  • 左後腹原発神経節腫に対する整容性を考慮した腹腔鏡下手術の1例, 大植孝治, 米田光宏, 佐々木隆士, 谷岳人, 福澤正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3, 378,   2007年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297522937929
  • 小児肺腫瘍の一例, 西川龍之, 長谷川博一, 西田千嘉子, 山本敬, 岡嶋馨, 大割貢, 佐々木隆士, 小角卓也, 米倉竹夫, 太田善夫, Radiat Med, 25, 73,   2007年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213747059360
  • まれな新生児外科疾患の治療 極めてまれな合併疾患を伴った食道閉鎖症の3例, 米倉竹夫, 小角卓也, 保木昌徳, 佐々木隆士, 廣岡慎治, 大割貢, 小児外科, 39, 3, 262, 271,   2007年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902258999416798
  • 気管切開を置かれた声門下腔狭窄症に対するレティナ‐経鼻ステント法を用いた気管形成術, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 小角卓也, 山内勝治, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 43, 1, 99,   2007年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286602417371
  • 亜鈴型を呈したPrimitive neuroectodermal tumor(PNET)の一例, 上原秀一郎, 大植孝治, 米田光宏, 佐々木隆士, 奈良啓悟, 田中夏美, 山中宏晃, 橋井佳子, 太田秀明, 福澤正洋, 日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号, 49th-23rd-5th-4th-12th, 365,   2007年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902225680845690
  • 25.気管切開を置かれた声門下腔狭窄症に対するレティナ-経鼻ステント法を用いた気管形成術(第16回日本小児呼吸器外科研究会), 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 43, 1,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006201663
  • 34.HALSにて切除し得たCIIPSに合併した巨大横行結腸の1例(一般演題,第26回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会), 大割 貢, 和佐 勝史, 奈良 啓悟, 佐々木 隆士, 福澤 正洋, 中嶋 清一, 日本小児外科学会雑誌, 43, 1,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006201714
  • PD-022 小児小腸移植の課題と対策 : 大阪大学小腸移植適応評価委員会での検討症例と小腸移植の臨床経験(小腸移植, 第44回日本小児外科学会学術集会), 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 木村 拓也, 井原 欣幸, 和佐 勝史, 福澤 正洋, 上野 豪久, 窪田 昭男, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006398753
  • PD-033 小児肝移植後における急性拒絶反応・免疫性肝炎とMMF投与の有用性に関する検討(臓器移植・移植後長期の諸問題, 第44回日本小児外科学会学術集会), 虫明 聡太郎, 別所 一彦, 佐々木 隆士, 井原 欣幸, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006398764
  • PD-044 当院における小児急性肝不全症例の検討(臓器移植・劇症肝炎, 第44回日本小児外科学会学術集会), 井原 欣幸, 佐々木 隆士, 別所 一彦, 和田 和子, 虫明 聡太郎, 堂野 恵三, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006398775
  • R-015 左後腹原発神経節腫に対する整容性を考慮した腹腔鏡下手術の1例(低侵襲手術III, 第44回日本小児外科学会学術集会), 大植 孝治, 米田 光宏, 佐々木 隆士, 谷 岳人, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006398817
  • P-219B 1カ月健診時,黄疸と肝腫大をきっかけに発見された乳児肝芽腫の1例(腫瘍, 第44回日本小児外科学会学術集会), 山中 宏晃, 米田 光宏, 大植 孝治, 佐々木 隆士, 奈良 啓悟, 田中 夏美, 谷 岳人, 太田 秀明, 滝沢 祥子, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006399114
  • P-222A 小児体表静脈奇形に対するInterventional Radiology (IVR)を用いた硬化療法(頭頚部・胸壁, 第44回日本小児外科学会学術集会), 上原 秀一郎, 米田 光宏, 大須 賀慶悟, 佐々木 隆士, 大植 孝治, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006399117
  • P-249A 当科における生体肝移植術後血管合併症の検討(画像2, 第44回日本小児外科学会学術集会), 佐々木 隆士, 井原 欣幸, 長谷川 利路, 上野 豪久, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 3,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006399144
  • I-6.当科における合併奇形を有する胆道閉鎖症の検討(一般演題「症例・合併奇形」,第23回日本小児外科学会秋季シンポジウム), 佐々木 隆士, 井原 欣幸, 上野 毅久, 福澤 正洋, 長谷川 利路, 日本小児外科学会雑誌, 43, 6, 727, 728,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006424115
  • S3-1.当院における小児肝肺症候群の長期予後(シンポジウム3「胆道閉鎖症の長期予後・移植時期」,第23回日本小児外科学会秋季シンポジウム), 井原 欣幸, 佐々木 隆士, 上野 豪久, 高間 勇一, 福澤 正洋, 虫明 聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 43, 6,   2007年, 10.11164/jjsps.43.6_737_1, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006424133
  • 12.胆嚢ドレナージで待機的に根治術を施行したI型cyst症例(一般演題,第33回日本胆道閉鎖症研究会), 井原 欣幸, 佐々木 隆士, 上原 秀一郎, 虫明 聡太郎, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 6,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006424263
  • 9.チアマゾールの曝露との関連が疑われる臍帯ヘルニアに合併した臍腸瘻の1例(一般演題,第43回日本小児外科学会近畿地方会), 野村 元成, 秦 信輔, 佐々木 隆士, 加藤 寛章, 高本 香, 大島 令子, 前田 栄, 賀川 義規, 北田 昌之, 島野 高志, 日本小児外科学会雑誌, 43, 7,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006570194
  • 14.出生前に腸閉鎖と診断された先天性結腸閉鎖症の1例(一般演題,第43回日本小児外科学会近畿地方会), 上原 秀一郎, 澤井 利夫, 井原 欣幸, 佐々木 隆士, 臼井 規朗, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 7,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006570199
  • 21.近隣小児急病センターより紹介された小児外科救急症例の検討(一般演題,第43回日本小児外科学会近畿地方会), 谷 岳人, 佐々木 隆士, 大植 孝治, 臼井 規朗, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 43, 7,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006570206
  • 後腹膜腔に発生し,腹部を占拠した巨大腫瘍の1例, 山中宏晃, 米田光宏, 佐々木隆士, 奈良啓悟, 福澤正洋, 田中夏美, 日本小児血液学会雑誌, 20, 5, 444,   2006年10月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902204179962582
  • 診断・治療方針決定に難渋した先天性dumb‐bell型軟部組織腫瘍の1例, 奈良啓悟, 米田光宏, 丸野元彦, 佐々木隆士, 香川直己, 山中宏晃, 田中夏美, 太田秀明, 福澤正洋, 日本小児血液学会雑誌, 20, 5, 401,   2006年10月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902215615880955
  • 当院における胃食道静脈瘤を合併した生体肝移植症例の検討, 井原欣幸, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 上野豪久, 虫明聡太郎, 福澤正洋, 移植, 41, 5, 508,   2006年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902265387894956
  • 小児ABO血液型不適合肝移植後に著しい液性拒絶反応を認めた1例, 木村拓也, 長谷川利路, 井原欣幸, 佐々木隆士, 別所一彦, 虫明聡太郎, 福澤正洋, 移植, 41, 5, 501, 502,   2006年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902283606194939
  • 当院における胃食道静脈瘤を合併した生体肝移植症例の検討, 井原欣幸, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 上野豪久, 虫明聡太郎, 福澤正洋, 移植, 41, 341,   2006年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250782931081
  • 小児生体肝移植における予防的抗真菌剤としてミカファンギンの評価, 上野豪久, 長谷川利路, 佐々木隆士, 井原欣幸, 虫明聡太郎, 福澤正洋, 移植, 41, 329,   2006年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264782673490
  • 重症心身障害児における呼吸障害と胃食道逆流症に対する24時間pHモニターと睡眠時呼吸監視モニター併用検査の有用性, 山内勝治, 小角卓也, 佐々木隆士, 木村拓也, 米倉竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 42, 3, 394,   2006年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213882021551
  • Applied Gelexisを用いたHALSによるesophagogastric dissociation(EGD), 小角卓也, 米倉竹男, 木村拓也, 佐々木隆士, 山内勝治, 日本小児外科学会雑誌, 42, 3, 369,   2006年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218394938065
  • 小児救急における小児外科の役割:小児3次救急医療を開始して, 米倉竹夫, 山内勝治, 木村拓也, 小角卓也, 佐々木隆士, 日本小児外科学会雑誌, 42, 3, 436,   2006年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241602722081
  • ラパヘルクロージャーを用いた腹腔鏡補助下経皮内視鏡的胃ろう造設術, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 小角卓也, 山内勝治, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 42, 1, 149,   2006年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245997323984
  • 重症心身障害児における24時間食道胃pHモニター・睡眠時呼吸監視モニター併用検査の検討, 山内勝治, 米倉竹夫, 佐々木隆士, 小角卓也, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 42, 1, 150, 151,   2006年02月20日, 10.11164/jjsps.42.1_150_4, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902289467858612
  • 重篤な経過を辿った遅発性先天性横隔膜ヘルニアの2例, 山内勝治, 佐々木隆士, 小角卓也, 大割貢, 米倉竹夫, 日本腹部救急医学会雑誌, 26, 2, 345,   2006年02月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902258522294410
  • 24OP9-3 後腹膜腔に発生し、腹部を占拠した巨大腫瘍の1例(ポスター その他(臨床)2,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催), 山中 宏晃, 米田 光宏, 佐々木 隆士, 奈良 啓悟, 福澤 正洋, 田中 夏美, 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録, 43, 3,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007171597
  • 24OP4-15 診断・治療方針決定に難渋した先天性dumb-bell型軟部組織腫瘍の1例(ポスター 骨・軟部腫瘍(臨床),第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催), 奈良 啓悟, 米田 光宏, 丸野 元彦, 佐々木 隆士, 香川 直己, 山中 宏晃, 田中 夏美, 太田 秀明, 福澤 正洋, 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録, 43, 3,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007170407
  • 17. ラパヘルクロージャーを用いた腹腔鏡補助下経皮内視鏡的胃瘻造設術(第25回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会), 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 山内 勝治, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 42, 1,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004078655
  • 23. 重症心身障害児における24時間食道胃pHモニター・睡眠時呼吸監視モニター併用検査の検討(第25回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会), 山内 勝治, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 42, 1, 150, 151,   2006年, 10.11164/jjsps.42.1_150_4, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004078661
  • V-2 Applied Gelexis^を用いたHALSによるesophagogastric dissociation (EGD)(ビデオ1,第43回 日本小児外科学会総会), 小角 卓也, 米倉 竹男, 木村 拓也, 佐々木 隆士, 山内 勝治, 日本小児外科学会雑誌, 42, 3,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005851183
  • Or-16 重症心身障害児における呼吸障害と胃食道逆流症に対する24時間pHモニターと睡眠時呼吸監視モニター併用検査の有用性(口演4 食道・胃1,第43回 日本小児外科学会総会), 山内 勝治, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 木村 拓也, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 42, 3,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005851223
  • P-33 小児救急における小児外科の役割 : 小児3次救急医療を開始して(示説8 小児医療における小児外科の位置付け,第43回 日本小児外科学会総会), 米倉 竹夫, 山内 勝治, 木村 拓也, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 日本小児外科学会雑誌, 42, 3,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005851306
  • 頚部異所性胸腺の1乳児例―本邦小児報告例の検討―, 小角卓也, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 山内勝治, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 7, 963, 968,   2005年12月20日, 10.11164/jjsps.41.7_963, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218658194086
    概要:症例は11ヵ月の男児.10ヵ月検診にて左頚部腫瘤を認め本院紹介された.左頚部に3cm大の境界不明瞭で柔らかい無痛性の腫瘤を認めた.腫瘍マーカーは, NSEが21.9ng/ml軽度上昇し, フェリチンが18.9μg/dlと軽度低下を示した.また, VMA/CREが10.77μg/mg Cr, HVA/CREが17.0μg/mg Crと軽度高値であった.CT・MRI検査では, 左側傍咽頭間隙から胸鎖乳突筋の前方に広がる境界明瞭で均一な腫瘤を認めた.^<131>I-MIBGの集積はなかった.神経原性の腫瘍を疑い, 腫瘍摘出術を施行し, 病理検査にて異所性胸腺と診断された.本疾患は胸腺原基の咽頭嚢からの下降異常が原因で, 本症例も画像検査より左前縦隔に胸腺組織が認められないことから, 左側胸腺の下降異常が原因と推測された.
  • 上顎骨原発Ewing肉腫の1例, 小角卓也, 米倉竹夫, 佐々木隆士, 山内勝治, 大割貢, 太田善夫, 古田治彦, 山口万枝, 橋本賢二, 日本小児血液学会雑誌, 19, 5, 398,   2005年10月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902270785480227
  • ハーモニックスカルペル(HS)を用いた肝芽腫切除術, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 保木昌徳, 小角卓也, 大割貢, 小児がん, 42, 2, 274,   2005年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902285942813194
  • 小児診療ここがポイント Vol.13 小児のおう吐をみたら, 佐々木隆士, 臨床研修プラクティス, 2, 11, 109, 114,   2005年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902235197085184
  • 小児外鼠径ヘルニア女児症例に対する日帰り腹腔鏡下手術の導入, 小角卓也, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 山内勝治, 大割貢, 日本臨床外科学会雑誌, 66, 232,   2005年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902272107475488
  • 横隔膜弛緩症を伴い,遊走ひに起因した胃軸捻転症の1例, 三浦修治, 矢本陽子, 高田睦三, 阪井利幸, 米倉竹夫, 佐々木隆士, 小児科臨床, 58, 9, 1882, 1886,   2005年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231081801553
  • 胃軸捻転に対する腹腔鏡下胃前方固定術における新しい試み, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 保木昌徳, 小角卓也, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 4, 689,   2005年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275655920383
  • 頚部異所性胸腺の1乳児例, 小角卓也, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 4, 687,   2005年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276633222689
  • V‐Pシャント施行中に髄液貯留による大網嚢腫を合併した1小児例, 大割貢, 小角卓也, 佐々木隆士, 保木昌徳, 米倉竹夫, 太田善夫, 日本小児外科学会雑誌, 41, 4, 693,   2005年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902283660151340
  • 胎児超音波検査にて診断されたumbilical cord cystの2例, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 保木昌徳, 小角卓也, 大割貢, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 41, 2, 350,   2005年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902289993478778
  • 胎児診断された尿路先天異常の周産期経過と予後の検討, 米倉竹夫, 大割貢, 小角卓也, 佐々木隆士, 保木昌徳, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 14, 1, 42,   2005年06月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228959036520
  • 遺尿に対する超音波検査を契機に診断にいたった先天性前部尿道弁の1例, 小角卓也, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 大割貢, 島田憲次, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 14, 1, 91,   2005年06月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263637035757
  • 胎児診断における小児外科の周産期管理の役割, 米倉竹夫, 佐々木隆士, 小角卓也, 大割貢, 保木昌徳, 日本外科系連合学会誌, 30, 3, 391,   2005年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902258764260022
  • 胆道閉鎖症における従来の治療の再評価:肝移植を視野に入れた戦略, 長谷川利路, 木村拓也, 佐々木隆士, 井原欣幸, 福沢正洋, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 431,   2005年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902204964307926
  • 重症心身障害児の胃食道逆流症に対する噴門形成術後の中期予後の検討, 小角卓也, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 462,   2005年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221648789899
  • 喉頭気管分離・気管食道吻合術を施行した重症心身障害児の4例, 大割貢, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 小角卓也, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 519,   2005年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224698929020
  • 細胞シグナルレベルでみた新生児期ラットに対するグルタミン投与およびデキサメサゾン投与の影響に関する検討, 保木昌徳, 寺田直弘, 米倉竹夫, 佐々木隆士, 小角卓也, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 420,   2005年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902227158014382
  • 塩酸イリノテカン(CPT‐11)の有効性が示唆された胸膜肺芽腫(PPB)の1女児例, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 大割貢, 小角卓也, 保木昌徳, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 589,   2005年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902229804573991
  • 極めて稀な合併疾患を有した食道閉鎖症3例の治療経験, 米倉竹夫, 保木昌徳, 小角卓也, 大割貢, 佐々木隆士, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3, 380,   2005年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252419349594
  • 生体小腸移植を行った先天性微じゅう毛萎縮症症例の長期経過について―身体発育を中心に, 虫明聡太郎, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 和佐勝史, 福沢正洋, 岡田正, 移植, 40, 2, 218, 219,   2005年04月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902234520779275
  • 小児外科における胎児診断・胎児治療の現状, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 小角卓也, 大割貢, 日本小児科学会雑誌, 109, 4, 550, 551,   2005年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203810185058
  • 横隔膜弛緩症を伴い,遊走ひに起因した胃軸捻転症の1例, 三浦修治, 矢本陽子, 高田陸三, 阪井利幸, 米倉竹夫, 佐々木隆士, 日本小児科学会雑誌, 109, 4, 550,   2005年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210248910689
  • 腹腔鏡下胃前方固定術を行った胃軸捻転の3幼児例, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 保木昌徳, 小角卓也, 大割貢, 日本小児科学会雑誌, 109, 4, 549,   2005年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902212775298390
  • 当科における小児悪性固形腫ようの治療経験, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 保木昌徳, 小角卓也, 大割貢, 日本小児科学会雑誌, 109, 4, 551,   2005年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902222264429972
  • 急性胃拡張で発症した胃軸捻転に対する腹腔鏡下胃前方固定術―ラパヘルクロージャーを用いた新しい術式―, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 保木昌徳, 小角卓也, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1, 118,   2005年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206045426806
  • 回腸多発閉鎖術後縫合不全に対し,さい部小腸ろう造設を行った新生児の1症例, 大割貢, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 小角卓也, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1, 122, 123,   2005年02月20日, 10.11164/jjsps.41.1_122_4, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902211410865567
  • 重症心身障害児の胃食道逆流症に対するesophagogastric dissociation, 小角卓也, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1, 118,   2005年02月20日, 10.11164/jjsps.41.1_118_5, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902229271488547
  • Elective delayed midgut reductionを行った腹壁破裂の1女児例, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 保木昌徳, 小角卓也, 大割貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1, 121,   2005年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902274690791735
  • 回腸多発閉鎖術後縫合不全に対し,臍部小腸瘻造設を行った新生児の1症例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1, 122, 123,   2005年02月, 10.11164/jjsps.41.1_122_4, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002120989
  • OP13-3 上顎骨原発Ewing肉腫の1例(ポスター 骨軟部腫瘍2,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催), 小角 卓也, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 山内 勝治, 大割 貢, 太田 善夫, 古田 治彦, 山口 万枝, 橋本 賢二, 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録, 42, 3,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007171071
  • 14.ハーモニックスカルペル(HS)を用いた肝芽腫切除術(日本小児肝癌スタディグループ研究会2005,研究会), 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録, 42, 2,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007170928
  • 2.重症心身障害児の胃食道逆流症に対するesophagogastric dissociation(第24回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会), 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1,   2005年, 10.11164/jjsps.41.1_118_5, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002120936
  • 3.急性胃拡張で発症した胃軸捻転に対する腹腔鏡下胃前方固定術 : ラパヘルクロージャーを用いた新しい術式(第24回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会), 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002120939
  • 15.Elective delayed midgut reductionを行った腹壁破裂の1女児例(第24回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会), 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 1,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002120974
  • 2. 頚部異所性胸腺の1乳児例(第40回日本小児外科学会近畿地方会), 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 4,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002129985
  • 12. 胃軸捻転に対する腹腔鏡下胃前方固定術における新しい試み(第40回日本小児外科学会近畿地方会), 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 4,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002130035
  • 27. V-Pシャント施行中に髄液貯留による大網嚢腫を合併した1小児例(第40回日本小児外科学会近畿地方会), 大割 貢, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 保木 昌徳, 米倉 竹夫, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 41, 4,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002130111
  • A-38 極めて稀な合併疾患を有した食道閉鎖症3例の治療経験(稀な新生児外科疾患の治療経験1), 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 小角 卓也, 大割 貢, 佐々木 隆士, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002142926
  • A-9 細胞シグナルレベルでみた新生児期ラットに対するグルタミン投与およびデキサメサゾン投与の影響に関する検討(代謝・栄養), 保木 昌徳, 寺田 直弘, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002143316
  • A-76 胆道閉鎖症における従来の治療の再評価 : 肝移植を視野に入れた戦略(肝・胆道疾患2), 長谷川 利路, 木村 拓也, 佐々木 隆士, 井原 欣幸, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002143441
  • B-66 重症心身障害児の胃食道逆流症に対する噴門形成術後の中期予後の検討(胃・十二指腸・小腸2), 小角 卓也, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 大割 貢, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002143782
  • P-74 喉頭気管分離・気管食道吻合術を施行した重症心身障害児の4例(その他1), 大割 貢, 米倉 竹夫, 保木 昌徳, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002144341
  • P-214 塩酸イリノテカン(CPT-11)の有効性が示唆された胸膜肺芽腫(PPB)の1女児例(腫瘍6), 佐々木 隆士, 米倉 竹夫, 大割 貢, 小角 卓也, 保木 昌徳, 日本小児外科学会雑誌, 41, 3,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002145178
  • 4. 小児の気管支鏡検査における気道確保の方法(第41回日本小児外科学会近畿地方会), 二川 晃一, 杉浦 順子, 諏訪 一郎, 岩崎 英二, 白井 達, 奥田 隆彦, 小角 卓也, 佐々木 隆士, 大割 貢, 山内 勝治, 米倉 竹夫, 日本小児外科学会雑誌, 41, 7, 981, 982,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002975403
  • 18. サンドバルーンを用いた腹腔鏡補助下巨大卵巣嚢腫摘出術の1例(第41回日本小児外科学会近畿地方会), 大割 貢, 米倉 竹夫, 佐々木 隆士, 小角 卓也, 山内 勝治, 太田 善夫, 日本小児外科学会雑誌, 41, 7,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002975417
  • 長期間経頚静脈的肝内門脈静脈短絡術(TIPS)を留置した後に生体部分肝移植術を施行した一例, 木村拓也, 長谷川利路, 佐々木隆士, 井原欣幸, 虫明聡太郎, 堂野恵三, 福沢正洋, 移植, 39, 6, 704, 705,   2004年12月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902225571270890
  • II型家族性進行性肝内胆汁うっ滞症(PFIC)に対し生体部分肝移植を施行した一例, 井原欣幸, 長谷川利路, 木村拓也, 佐々木隆士, 虫明聡太郎, 福沢正洋, 移植, 39, 6, 705,   2004年12月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902249715261766
  • NO吸入およびPGI2持続投与によりECMOおよび人工呼吸を離脱し得たPPHNの1例, 臼井規朗, 神山雅史, 鎌田振吉, 米田光宏, 佐々木隆士, 福沢正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 6, 821,   2004年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210646488148
  • 小児小腸移植の課題と対策, 長谷川利路, 木村拓也, 井原欣幸, 佐々木隆士, 福沢正洋, 移植, 39, 283,   2004年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250060531720
  • 偶然に発見されたひ過誤腫の1例, 小角卓也, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 大割貢, 日本小児血液学会雑誌, 18, 4, 359,   2004年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902265824947509
  • 成長および身体構成成分からみた生体小腸移植の効果の検討, 木村拓也, 長谷川利路, 和佐勝史, 曹英樹, 佐々木隆士, 内山里美, 虫明聡太郎, 福沢正洋, 移植, 39, 4, 494,   2004年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902258258484028
  • 術式 (2) 7 胆管‐胆管吻合にて胆道再建を行った小児生体部分肝移植の2例, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 堂野恵三, 加藤智明, 門田守人, 虫明聡太郎, 移植, 39, 4, 467, 468,   2004年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902259019998741
  • 術前合併症 16 小児肝移植適応評価症例のPediatric End‐Stage Liver Diseaseスコア導入による移植適応基準化の試み, 木村拓也, 長谷川利路, 佐々木隆士, 虫明聡太郎, 移植, 39, 4, 470,   2004年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276129874128
  • 呼吸困難,摂食障害を来した二次性巨大結腸の一例, 保木昌徳, 大割貢, 小角卓也, 佐々木隆士, 米倉竹夫, 奥野毅彦, 日本重症心身障害学会誌, 29, 2, 154,   2004年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205087329073
  • 18トリソミーの在宅ケアへの取り組み, 吉田幸一, 箕輪秀樹, 久保里美, 吉沢弘行, 北村則子, 三崎泰志, 大割貢, 小角卓也, 佐々木隆士, 日本重症心身障害学会誌, 29, 2, 192,   2004年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902265368709340
  • 胸郭変形によりGERD術後抜管困難症となった重身児に対する胸郭入口部形成術, 小角卓也, 米倉竹夫, 保木昌徳, 佐々木隆士, 大割貢, 日本重症心身障害学会誌, 29, 2, 165,   2004年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902274862417482
  • 胆道閉鎖症術後肝内胆管嚢胞状拡張に対する経皮肝胆道ドレナージの効果, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 福沢正洋, 虫明聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 40, 4, 632, 633,   2004年06月20日, 10.11164/jjsps.40.4_632_4, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264476090716
  • 胆道閉鎖症の鑑別診断における腹腔鏡下胆道造影の意義, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 木村拓也, 長谷川利路, そう英樹, 和佐勝史, 福沢正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 4, 631,   2004年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286423084602
  • 気管狭窄術後再狭窄に対する小児用Dumon tubeステントの使用経験, 臼井規朗, 神山雅史, 鎌田振吉, 野瀬聡子, 曹英樹, 佐々木隆士, 福沢正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 4, 638, 639,   2004年06月20日, 10.11164/jjsps.40.4_638_5, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902293564586624
  • 小児外科における移植医療(肝移植,小腸移植)の現状と展望:移植適応評価委員会による評価症例の検討, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 井原欣幸, 福沢正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3, 348,   2004年05月20日, 10.11164/jjsps.40.3_348, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206866997623
  • 高アンモニア血症を伴った先天性門脈体循環短絡血管に対し腹腔鏡下結さつ術を行った2例, 木村拓也, 曹英樹, 長谷川利路, 佐々木隆士, 黒田征加, 恵谷ゆり, 友田要, 福沢正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3, 390,   2004年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902237861135553
  • 肝道閉鎖症術後肝内胆管嚢胞状拡張に対する経皮経肝胆道ドレナージの効果と意義, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 井原欣之, 福沢正洋, 虫明聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3, 478,   2004年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902244048583189
  • 胎児診断された胎便性腹膜炎の患児に胆道閉鎖症を合併した一例, 井原欣幸, 木村拓也, 長谷川利路, 佐々木隆士, 鎌田振吉, 臼井規朗, 米田光宏, 曹英樹, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3, 553,   2004年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246597304618
  • 長期間経頚静脈的肝内門脈静脈短絡術(TIPS)を留置した後に生体部分肝移植術を施行した一例, 木村拓也, 長谷川利路, 井原欣幸, 佐々木隆士, 虫明聡太郎, 堂野恵三, 福沢正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3, 434,   2004年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902255902524894
  • 胆道閉鎖症の鑑別診断における腹腔鏡下胆道造影の意義, 野瀬聡子, 佐々木隆士, 曹英樹, 木村拓也, 長谷川利路, 福沢正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3, 480,   2004年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275969789087
  • 先天性胆道拡張症における肝線維化の組織学的検討, 長谷川利路, 木村拓也, 佐々木隆士, 福沢正洋, 日本外科学会雑誌, 105, 189,   2004年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224474518148
  • SF-005-3 先天性胆道拡張症における肝線維化の組織学的検討, 長谷川 利路, 木村 拓也, 佐々木 隆士, 福澤 正洋, 日本外科学会雑誌, 105, 0,   2004年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003960957
  • 胆道閉鎖症の鑑別診断における腹腔鏡下検査の意義, 佐々木隆士, 木村拓也, 長谷川利路, 曹英樹, 和佐勝史, 福沢正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 1, 172,   2004年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210662996862
  • 高アンモニア血症を伴った先天性門脈体循環短絡血管に対し腹腔鏡下結さつ術を行った1例, 木村拓也, 曹英樹, 長谷川利路, 佐々木隆士, 野瀬聡子, 福沢正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 1, 172,   2004年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288989667080
  • 長期間残存した気管支異物の一例, 小角卓也, 米倉竹夫, 保木晶徳, 佐々木隆士, 大割貢, 日本小児救急医学会雑誌, 3, 1, 95,   2004年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290151943179
  • 16.胆道閉鎖症の鑑別診断における腹腔鏡下胆道造影の意義(第30回日本胆道閉鎖症研究会), 野瀬 聡子, 佐々木 隆士, 木村 拓也, 長谷川 利路, 曹 英樹, 和佐 勝史, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 4,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002087751
  • 22.胆道閉鎖症術後肝内胆管嚢胞状拡張に対する経皮肝胆道ドレナージの効果(第30回日本胆道閉鎖症研究会), 野瀬 聡子, 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 木村 拓也, 福澤 正洋, 虫明 聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 40, 4, 632, 633,   2004年, 10.11164/jjsps.40.4_632_4, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002087757
  • 9.気管狭窄術後再狭窄に対する小児用Dumon tubeステントの使用経験(第14回日本小児呼吸器外科研究会), 臼井 規朗, 神山 雅史, 鎌田 振吉, 野瀬 聡子, 曹 英樹, 佐々木 隆士, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 4, 638, 639,   2004年, 10.11164/jjsps.40.4_638_5, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002087782
  • 1. 胆道閉鎖症の鑑別診断における腹腔鏡下検査の意義(セッション1 腹腔鏡 : 肝胆膵)(第23回日本小児外科手術手技・小児内視鏡手術研究会), 佐々木 隆士, 木村 拓也, 長谷川 利路, 英樹, 和佐 勝史, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 1,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002093461
  • 2. 高アンモニア血症を伴った先天性門脈体循環短絡血管に対し腹腔鏡下結紮術を行った1例(セッション1 腹腔鏡 : 肝胆膵)(第23回日本小児外科手術手技・小児内視鏡手術研究会), 木村 拓也, 〓 英樹, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 野瀬 聡子, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 1,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002093462
  • PD-23 小児外科における移植医療(肝移植、小腸移植)の現状と展望 : 移植適応評価委員会による評価症例の検討(パネルディスカッションIII 小児外科における移植医療の現状と展望), 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 木村 拓也, 井原 欣幸, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3,   2004年, 10.11164/jjsps.40.3_348, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002114703
  • V-19 高アンモニア血症を伴った先天性門脈体循環短絡血管に対し腹腔鏡下結紮術を行った2例(ビデオIV 腹腔鏡手術), 木村 拓也, 曹 英樹, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 黒田 征加, 恵谷 ゆり, 友田 要, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002114902
  • P-4 長期間経頚静脈的肝内門脈静脈短絡術(TIPS)を留置した後に生体部分肝移植術を施行した一例(示説 移植1), 木村 拓也, 長谷川 利路, 井原 欣幸, 佐々木 隆士, 虫明 聡太郎, 堂野 恵三, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002115137
  • P-91 胆道閉鎖症術後肝内胆管嚢胞状拡張に対する経皮経肝胆道ドレナージの効果と意義(示説 胆道閉鎖症1), 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 木村 拓也, 井原 欣之, 福澤 正洋, 虫明 聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002115398
  • P-95 胆道閉鎖症の鑑別診断における腹腔鏡下胆道造影の意義(示説 胆道閉鎖症1), 野瀬 聡子, 佐々木 隆士, 曹 英樹, 木村 拓也, 長谷川 利路, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002115409
  • P-232 胎児診断された胎便性腹膜炎の患児に胆道閉鎖症を合併した一例(示説 胎便性腹膜炎), 井原 欣幸, 木村 拓也, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 鎌田 振吉, 臼井 規朗, 米田 光宏, 曹 英樹, 日本小児外科学会雑誌, 40, 3,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002115823
  • 1. NO吸入およびPGI2持続投与によりECMOおよび人工呼吸を離脱し得たPPHNの1例(第17回日本小児人工臓器研究会), 臼井 規朗, 神山 雅史, 鎌田 振吉, 米田 光宏, 佐々木 隆士, 福澤 正洋, 日本小児外科学会雑誌, 40, 6,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002129856
  • 出生前診断された胎便性腹膜炎の患児に胆道閉鎖症を合併した1例, 井原欣幸, 木村拓也, 臼井規朗, 佐々木隆士, 曹英樹, 米田光宏, 長谷川利路, 鎌田振吉, 虫明聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 39, 7, 1016,   2003年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902235440589480
  • 多ひ症候群(十二指腸前門脈,下大静脈欠損,腸回転異常)を合併した胆道閉鎖症患児に対する生体肝移植, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 日本臨床外科学会雑誌, 64, 402,   2003年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902201378634803
  • 胆道閉鎖症術後年長児におけるQOLに関するアンケート調査, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓哉, 日本臨床外科学会雑誌, 64, 298,   2003年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902226824799555
  • 胆管胆管吻合で胆道再建を行った小児生体部分肝移植の2例, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 日本臨床外科学会雑誌, 64, 259,   2003年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902265360267550
  • 生体小腸移植における免疫抑制療法の経験, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 清水義之, 虫明聡太郎, 移植, 38, 349,   2003年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902215668545015
  • 小児生体小腸移植の術後における成長・発育の検討, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 清水義之, 曹英樹, 移植, 38, 350,   2003年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221944388514
  • 胆道閉鎖症術後遠隔期における内視鏡検査―門脈圧こう進症性胃症について, 佐々木隆士, 長谷川利路, 清水義之, 木村拓也, 曹英樹, 虫明聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 39, 3, 446,   2003年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902214744018996
  • すい島細胞症(nesidioblastosis)の3例, 清水義之, 曹英樹, 佐々木隆士, 木村拓也, 長谷川利路, 和佐勝史, 草深竹志, 大植孝治, 岡田正, 日本小児外科学会雑誌, 39, 3, 481,   2003年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902283529270201
  • 出生前診断された先天性胆道拡張症の2例―特に根治手術の時期について―, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 臼井規朗, 鎌田振吉, 日本小児外科学会雑誌, 39, 3, 473,   2003年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298091081807
  • 胆道閉鎖症術後患児におけるPortal hypertensive gastropathyの検討, 佐々木隆士, 長谷川利路, 清水義之, 木村拓也, 曹英樹, 日本外科学会雑誌, 104, 0, 297,   2003年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240332968958
  • 胆道閉鎖症術後の門脈圧こう進症: 血しょうEndothelin‐1値との関連, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 日本外科学会雑誌, 104, 297,   2003年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902256358610699
  • 胆道閉鎖症術後の門脈圧亢進症 : 血漿Endothelin-l値との関連, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 木村 拓也, 日本外科学会雑誌, 104, 0,   2003年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003986129
  • 胆道閉鎖症(BA)患児における肝移植適応評価症例のPediatric End‐stage Liver Disease(PELD)スコア導入による検討, 木村拓也, 長谷川利路, 佐々木隆士, 虫明聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 39, 2, 257,   2003年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228565312173
  • 胆道閉鎖症術後患児におけるPortal hypertensive gastropathyの検討, 佐々木隆士, 長谷川利路, 清水義之, 木村拓也, そう英樹, 虫明聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 39, 2, 258,   2003年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286545909610
  • B-046 胆道閉鎖症術後遠隔期における内視鏡検査 : 門脈圧亢進症性胃症について, 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 清水 義之, 木村 拓也, 曹 英樹, 虫明 聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 39, 3,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002087229
  • P-106 出生前診断された先天性胆道拡張症の 2 例 : 特に根治手術の時期について, 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 木村 拓也, 臼井 規朗, 鎌田 振吉, 日本小児外科学会雑誌, 39, 3,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002087282
  • P-122 膵島細胞症 (nesidioblastosis) の 3 例, 清水 義之, 曹 英樹, 佐々木 隆士, 木村 拓也, 長谷川 利路, 和佐 勝史, 草深 竹志, 大植 孝治, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 39, 3,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002087298
  • 28.胆道閉鎖症(BA)患児における肝移植適応評価症例のPediatric End-stage Liver Disease (PELD)スコア導入による検討(要望演題)(第29回日本胆道閉鎖症研究会), 木村 拓也, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 虫明 聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 39, 2,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002093114
  • 32.胆道閉鎖症術後患児におけるPortal hypertensive gastropathyの検討(要望演題)(第29回日本胆道閉鎖症研究会), 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 清水 義之, 木村 拓也, 英樹, 虫明 聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 39, 2,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002093118
  • 33. 出生前診断された胎便性腹膜炎の患児に胆道閉鎖症を合併した1例(第39回日本小児外科学会近畿地方会), 井原 欣幸, 木村 拓也, 臼井 規朗, 佐々木 隆士, 曹 英樹, 米田 光宏, 長谷川 利路, 鎌田 振吉, 福澤 正洋, 虫明 聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 39, 7,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002093204
  • 腸管不全患者に対する生体小腸移植の経験 Dacilizumabを用いた免疫抑制療法,及び拡大内視鏡による拒絶反応の診断を中心に, 長谷川利路, 中井弘, 佐々木隆士, 木村拓也, 岡田正, 虫明聡太郎, 堂野恵三, 上者伸二, 田中紘一, 移植, 37, 5, 218,   2002年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902108740958574
  • FTY720(免疫抑制剤)によるラット小腸移植におけるグラフト浸潤細胞の検討, 木村拓也, 中井弘, 長谷川利路, 吾妻達夫, 佐々木隆士, 岡田正, 移植, 37, 5, 216,   2002年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902146394770775
  • ズーム内視鏡による小腸グラフト粘膜微細構造の観察―拒絶反応を診断し得るか, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 清水義之, 岡田正, 移植, 37, 375,   2002年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902123104362423
  • FTY720を用いたラット小腸移植における移植片のリンパ球サブセット検討, 木村拓也, 長谷川利路, 中井弘, 吾妻達生, 佐々木隆士, 岡田正, 移植, 37, 374,   2002年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902167644328060
  • 生体肝移植術後肝動脈狭窄に対し経皮経管的動脈形成術が有効であった2例, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 岡田正, 堂野恵三, 門田守人, 虫明聡太郎, 村上卓造, 杉浦孝司, 移植, 37, 305,   2002年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902174351609826
  • 生体小腸移植術後におけるズーム内視鏡検査, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 岡田正, 虫明聡太郎, 原田徳蔵, 土井玲子, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 495,   2002年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902129294030926
  • 胆道閉鎖症術後年長児におけるQOLに関するアンケート調査, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 岡田正, 虫明聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 614,   2002年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902143950487957
  • 胆道閉鎖症術後患児に生じた孤立性胃静脈りゅうに対するバルーン閉塞下逆行性経静脈的静脈りゅう塞栓術(BRTO)の経験, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 岡田正, 村上卓道, 杉浦孝司, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 483,   2002年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902166122983207
  • FTY720(新規免疫抑制剤)によるラット小腸移植におけるグラフト浸潤細胞の検討, 木村拓也, 中井弘, 長谷川利路, 吾妻達夫, 臼井規朗, 佐々木隆士, 岡田正, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 621,   2002年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902177955113305
  • 劇症肝不全に対し緊急生体肝移植を行い救命し得た14才男児の1例, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 中尾彰太, 岡田正, 西野正人, 虫明聡太郎, 堂野圭三, 加藤友朗, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3, 494,   2002年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902186443033767
  • 胆道閉鎖症術後における血しょうThrombopoietin値の測定 血小板減少との関連, 長谷川利路, 佐々木隆士, 木村拓也, 岡田正, 日本外科学会雑誌, 103, 206,   2002年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184874496320
  • FTY720を用いたラット小腸移植におけるグラフト浸潤細胞の検討, 木村拓也, 中井弘, 長谷川利路, 吾妻達夫, 臼井規朗, 佐々木隆士, 岡田正, 日本外科学会雑誌, 103, 0, 157,   2002年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902192461802530
  • 胆道閉鎖症術後における血漿Thrombopoietin値の測定 : 血小板減少との関連, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 木村 拓也, 岡田 正, 日本外科学会雑誌, 103, 0,   2002年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003949884
  • P-60 胆道閉鎖症術後患児に生じた孤立性胃静脈瘤に対するバルーン閉塞下逆行性経静脈的静脈瘤塞栓術 (BRTO) の経験, 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 木村 拓也, 岡田 正, 村上 卓道, 杉浦 孝司, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002086680
  • P-81 劇症肝不全に対し緊急生体肝移植を行い救命し得た 14 才男児の 1 例, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 木村 拓也, 中尾 彰太, 岡田 正, 西野 正人, 虫明 聡太郎, 堂野 圭三, 加藤 友朗, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002086701
  • P-84 生体小腸移植術後におけるズーム内視鏡検査, 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 木村 拓也, 岡田 正, 虫明 聡太郎, 原田 徳蔵, 土井 玲子, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002086704
  • B-68 胆道閉鎖症術後年長児における QOL に関するアンケート調査, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 木村 拓也, 岡田 正, 虫明 聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002086884
  • B-81 FTY720 (新規免疫抑制剤)によるラット小腸移植におけるグラフト浸潤細胞の検討, 木村 拓也, 中井 弘, 長谷川 利路, 吾妻 達夫, 臼井 規朗, 佐々木 隆士, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 38, 3,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002086897
  • 生体肝移植術後急性期に併発した肝動脈狭窄に対し経動脈的バルーン拡張術が有効であった1歳女児の1例, 長谷川利路, 佐々木隆士, 岡田正, 中土義章, 杉浦孝司, 加藤天美, 中島義和, 堂野圭三, 加藤友朗, 移植, 36, 6, 409, 410,   2001年12月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902152488001856
  • ズーム内視鏡による小腸移植後の拒絶反応のモニタリング, 長谷川利路, 佐々木隆士, 中井弘, 岡田正, 加藤智明, 堂野恵三, 門田守人, 上本伸二, 田中紘一, 日本消化器外科学会雑誌, 34, 7, 1013,   2001年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902123079219084
  • PP115004 ズーム内視鏡による小腸移植後の拒絶反応のモニタリング, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 中井 弘, 木村 拓也, 清水 義之, 岡田 正, 加藤 智明, 堂野 恵三, 門田 守人, 上本 伸二, 田中 紘一, 日本消化器外科学会雑誌, 34, 7,   2001年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001342124
  • 胆道閉鎖症術後非減黄例に対する肝門部再切除術に関する検討, 長谷川利路, 木村拓也, 佐々木隆士, 岡田正, 日本小児外科学会雑誌, 37, 4, 779,   2001年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902101955452880
  • 難治性下痢症例に対する生体小腸移植 腸管うつ滞・長期TPNに伴う肝障害,及びひ機能こう進の移植前後の変化を中心に, 長谷川利路, 佐々木隆士, 中井弘, 岡田正, 虫明聡太郎, 原田徳蔵, 堂野恵三, 上本伸治, 田中紘一, 日本小児外科学会雑誌, 37, 4, 789, 790,   2001年06月20日, 10.11164/jjsps.37.4_789_4, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902122760795330
  • 胎児期から肝門部嚢胞が指摘されていたIIIdν型胆道閉鎖症の3例, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 野瀬恵介, 鎌田振吉, 岡田正, 日本小児外科学会雑誌, 37, 4, 778,   2001年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902125163140666
  • 胆道閉鎖症術後における血しょうEndothelin‐1値の測定 門脈圧こう進拡の重症度の指標, 長谷川利路, 木村拓也, 佐々木隆士, 岡田正, 日本小児外科学会雑誌, 37, 3, 589,   2001年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902113712859068
  • 胎便性腹膜炎症例における周産期合併症と胎盤所見の検討 小腸閉鎖症と比較して, 木村拓也, 井村賢治, 八木誠, 大谷まり, 佐々木隆士, 北山保博, 川原央好, 中山雅弘, 末原則幸, 日本小児外科学会雑誌, 37, 2, 252, 257,   2001年04月20日, 10.11164/jjsps.37.2_252, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902111076304732
    概要:【目的】胎児期に腸管穿孔などで発症する胎便性腹膜炎(以下, 本症)において, その病態形成が胎盤所見に反映されているのではないかと考え, 小腸閉鎖症および'matched pair'を対照とし, 周産期情報および胎盤所見を検討した.【対象と方法】1982&acd;98年までの間に手術所見から本症と診断した13例をM群とした.対照として同期間で同様に小腸閉鎖症と診断した21例をI群とし, M群と在胎週齢および出生体重をあわせた非手術例13例をC群とした.在胎週齢および出生体重に3群間で有意差はなかった.周産期情報として前置胎盤, 早期破水, 羊水混濁, 羊水過多, 血中CRP, IgMをI群と比較した.胎盤所見として肉眼的には胎盤重量, 臍帯の長さおよび径, 臍帯の付着異常, 色調異常, 単一臍帯動脈, メコニウム沈着, 血栓・梗塞の合併の有無を, 組織学的には絨毛膜羊膜炎, 臍帯炎, 絨毛炎の合併の有無を選びI群およびC群と比較した.【結果】周産期情報としてM群に特徴的なものは認められなかった.CRP, IgMにも2群間で有意差はなかった.肉眼的胎盤所見では血栓・梗塞の合併がM群に有意に多かった.血栓・梗塞を合併する症例では, 非合併例と比べ出生体重が有意に低かった.組織学的胎盤所見では臍帯炎の合併がM群に有意に多かった.またLorimerの病型別に臍帯炎合併の有無, IgM値の比較を行ったが有意差はなかった.【結論】本症には血栓・梗塞, 臍帯炎の合併の多いことが明らかとなった.特に臍帯炎は胎児由来の炎症反応であり, その病態を考察する上で重要な所見と考えられた.
  • 胆道閉鎖症術後の難治性消化管出血例に対する経頚静脈的肝内門脈静脈短絡術(TIPS)の試み, 長谷川利路, 木村拓也, 佐々木隆士, 岡田正, 村上卓道, 中村健治, 日本外科学会雑誌, 102, 56,   2001年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902110185663720
  • 臨床小腸移植における拒絶反応の非侵襲的診断の試み, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 清水義之, 中井弘, 田附裕子, 岡田正, 吾妻達生, 日本外科学会雑誌, 102, 99,   2001年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902165452639107
  • 胆道閉鎖術後門脈圧こう進症に対する遠位ひ静脈腎静脈短絡術の検討, 木村拓也, 長谷川利路, 佐々木隆士, 岡田正, 日本外科学会雑誌, 102, 340,   2001年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902167181783161
  • 胆道閉鎖症における画像解析装置を用いた肝組織での線維度判定方法の有用性の検討, 棚野博文, 長谷川利路, 木村拓也, 佐々木隆士, 川原央好, 岡田正, 日本外科学会雑誌, 102, 594,   2001年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170438076691
  • VS1-2 胆道閉鎖症術後の難治性消化管出血例に対する経頸静脈的肝内門脈静脈短絡術(TIPS)の試み, 長谷川 利路, 木村 拓也, 佐々木 隆士, 岡田 正, 村上 卓道, 中村 健治, 日本外科学会雑誌, 102, 0,   2001年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003942287
  • SF7f-1 臨床小腸移植における拒絶反応の非侵襲的診断の試み, 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 木村 拓也, 清水 義之, 中井 弘, 田附 裕子, 岡田 正, 吾妻 逹生, 日本外科学会雑誌, 102, 0,   2001年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003942451
  • PP468 胆道閉鎖術後門脈圧亢進症に対する遠位脾静脈腎静脈短絡術の検討, 木村 拓也, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 岡田 正, 日本外科学会雑誌, 102, 0,   2001年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003943382
  • PP1481 胆道閉鎖症における画像解析装置を用いた肝組織での線維度判定方法の有用性の検討, 棚野 博文, 長谷川 利路, 木村 拓也, 佐々木 隆士, 川原 央好, 岡田 正, 日本外科学会雑誌, 102, 0,   2001年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003944393
  • C-79 胆道閉鎖症術後における血漿 Endothelin-1 値の測定 : 門脈圧亢進症の重症度の指標, 長谷川 利路, 木村 拓也, 佐々木 隆士, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 37, 3,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002092614
  • 8. 胎児期から肝門部嚢胞が指摘されていた IIIdv 型胆道閉鎖症の 3 例(第 27 回日本胆道閉鎖症研究会), 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 木村 拓也, 野瀬 恵介, 鎌田 振吉, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 37, 4,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002112951
  • 11. 胆道閉鎖症術後非減黄例に対する肝門部再切除術に関する検討(第 27 回日本胆道閉鎖症研究会), 長谷川 利路, 木村 拓也, 佐々木 隆士, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 37, 4,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002112962
  • 17. 難治性下痢症例に対する生体小腸移植 : 腸管鬱滞・長期 TPN に伴う肝障害, 及び脾機能亢進の移植前後の変化を中心に(第 14 回日本小児脾臓研究会), 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 中井 弘, 木村 拓也, 山東 勤弥, 和佐 勝史, 高木 洋治, 岡田 正, 虫明 聡太郎, 原田 徳蔵, 堂野 恵三, 上本 伸治, 田中 紘一, 日本小児外科学会雑誌, 37, 4, 789, 790,   2001年, 10.11164/jjsps.37.4_789_4, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002113094
  • 小児生体肝移植周術期管理におけるヒトヘルペスウイルス6(HHV‐6)のpolymerase chain reaction(PCR)法による経時的測定の意義, 長谷川利路, 木村拓也, 佐々木隆士, 石川士郎, 岡田正, 多屋馨子, 虫明聡太郎, 移植, 35, 6, 376, 377,   2000年12月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902155462625621
  • 胆道閉鎖症術後2才児の難治性消化管出血に対する頚静脈的肝内門脈静脈短絡術(TIPS)の経験, 帆足孝也, 長谷川利路, 木村拓也, 佐々木隆士, 村上卓道, 岡田正, 肝臓, 41, Supplement 2, A401,   2000年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902166046223044
  • 生体小腸移植術後グラフトモニタリングにおけるズーム内視鏡の使用経験, 佐々木隆士, 長谷川利路, 中井弘, 田附裕子, 木村拓也, 岡田正, 虫明聡太郎, 宮本誠, 移植, 35, 263,   2000年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902105624975721
  • 先天性微じゅう毛委縮に対する生体小腸移植の経験, 長谷川利路, 中井弘, 佐々木隆士, 木村拓也, 田附裕子, 岡田正, 堂野恵三, 田中紘一, 移植, 35, 266,   2000年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902179896398581
  • 空腸ろう造設後におけるタクロリムスの経腸管的投与に関する検討, 長谷川利路, 奈良啓悟, 佐々木隆士, 和佐勝史, 虫明聡太郎, 堂野圭三, 門田守人, 猪股裕紀洋, 田中紘一, 肝臓, 41, 5, 381, 382,   2000年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902179328187886
  • 著明な貧血を来たした消化管血管腫症の一例, 佐々木隆士, 草深竹志, 大植孝治, 木村拓也, 黒田征加, 宇田津有子, 岡田正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3, 561,   2000年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902106287684716
  • 小児固形悪性腫ようにおけるβカテニン蛋白発現の検討, 黒田征加, 草深竹志, 宇田津有子, びゅう江永, 佐々木隆士, 大植孝治, 岡田正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3, 663,   2000年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902122366519920
  • Wilms腫ようにおけるβ‐catenin遺伝子異常の検討, 草深竹志, 黒田征加, びゅう江永, 宇田津有子, 佐々木隆士, 大植孝治, 岡田正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3, 670,   2000年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902143625788991
  • 当施設における1歳以上進行神経芽腫の治療方針 化学療法終了後の外科治療, 宇田津有子, 草深竹志, 黒田征加, 大植孝治, びゅう江永, 佐々木隆士, 原純一, 岡田正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3, 741,   2000年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902149497841955
  • 胆道閉鎖症術後患児における肺血管病変(肺内シャント,肺高血圧)の検討, 長谷川利路, 木村拓哉, 佐々木隆士, 岡田正, 虫明聡太郎, 原田徳蔵, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3, 537,   2000年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902172616516709
  • 高度の肺内動静脈ろう(肺内シャント)を併発した内臓逆位,多ひ症候群合併の胆道閉鎖症の1例, 木村拓也, 長谷川利路, 大植孝治, 佐々木隆士, 岡田正, 近藤宏樹, 虫明総太郎, 日本小児外科学会雑誌, 36, 2, 413, 414,   2000年04月20日, 10.11164/jjsps.36.2_413_4, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170568940606
  • 胆道閉鎖症患者における血清ヒアルロン酸値の検討, 長谷川利路, 木村拓哉, 佐々木隆士, 岡田正, 虫明聡太郎, 原田徳蔵, 日本小児外科学会雑誌, 36, 2, 408,   2000年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902181243089405
  • 胆道閉鎖症術後の胃食道静脈りゅうの治療 内視鏡的治療抵抗例に対する遠位ひ腎静脈シャント術(DSRS)の検討, 佐々木隆士, 長谷川利路, 木村拓也, 宇田津有子, 中島清一, 岡田正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 2, 414,   2000年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184894008186
  • 肝芽腫におけるβ‐カテニン遺伝子異常の検討, 宇田津有子, 草深竹志, 黒田征加, 大植孝治, 佐々木隆士, きゅう江永, 岡田正, 日本外科学会雑誌, 101, 614,   2000年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902100310765712
  • PP-1628 肝芽腫におけるβ-カテニン遺伝子異常の検討, 宇田津 有子, 草深 竹志, 黒田 征加, 大植 孝治, 佐々木 隆士, 繆江 永, 岡田 正, 日本外科学会雑誌, 101, 0,   2000年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003942008
  • MS-I-6 胆道閉鎖症術後患児における肺血管病変(肺内シャント、肺高血圧)の検討, 長谷川 利路, 木村 拓哉, 佐々木 隆士, 岡田 正, 虫明 聡太郎, 原田 徳蔵, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002091851
  • PS10 著明な貧血を来たした消化管血管腫症の一例, 佐々木 隆士, 草深 竹志, 大植 孝治, 木村 拓也, 黒田 征加, 宇田津 有子, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002091891
  • C57 小児固形悪性腫瘍におけるβカテニン蛋白発現の検討, 黒田 征加, 草深 竹志, 宇田津 有子, 繆江 永, 佐々木 隆士, 大植 孝治, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002092087
  • C72 Wilms 腫瘍におけるβ-catenin 遺伝子異常の検討, 草深 竹志, 黒田 征加, 繆 江永, 宇田津 有子, 佐々木 隆士, 大植 孝治, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002092102
  • B16 当施設における 1 歳以上進行神経芽腫の治療方針 : 化学療法終了後の外科治療, 宇田津 有子, 草深 竹志, 黒田 征加, 大植 孝治, 繆 江永, 佐々木 隆士, 原 純一, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 3,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002092236
  • 6. 胆道閉鎖症患者における血清ヒアルロン酸値の検討(第 26 回日本胆道閉鎖症研究会), 長谷川 利路, 木村 拓哉, 佐々木 隆士, 岡田 正, 虫明 聡太郎, 原田 徳蔵, 日本小児外科学会雑誌, 36, 2,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002129496
  • 30. 高度の肺内動静脈瘻(肺内シャント)を併発した内蔵逆位, 多脾症候群合併の胆道閉鎖症の 1 例(第 26 回日本胆道閉鎖症研究会), 木村 拓也, 長谷川 利路, 大植 孝治, 佐々木 隆士, 岡田 正, 近藤 宏樹, 虫明 聡太郎, 日本小児外科学会雑誌, 36, 2, 413, 414,   2000年, 10.11164/jjsps.36.2_413_4, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002129614
  • 33. 胆道閉鎖症術後の胃食道静脈瘤の治療 : 内視鏡的治療抵抗例に対する遠位脾腎静脈シャント術 (DSRS) の検討(第 26 回日本胆道閉鎖症研究会), 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 木村 拓也, 宇田津 有子, 中島 清一, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 2,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002129629
  • 1. 胎児超音波検査にて肝門部に嚢胞が認められていた胆道閉鎖症の 1 例(新しい知見から, 第 25 回日本胆道閉鎖症研究会), 鳥飼 慶, 長谷川 利路, 宇田津 有子, 佐々木 隆士, 澤井 利夫, 草深 竹志, 鎌田 振吉, 岡田 正, 虫明 聡太郎, 三木 和典, 原田 徳蔵, 日本小児外科学会雑誌, 35, 2,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002121471
  • 40. 胆道閉鎖症術後遠隔期に肺高血圧を呈した 2 例(新しい知見から, 第 25 回日本胆道閉鎖症研究会), 曹 英樹, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 吾妻 達生, 岡田 正, 虫明 聡太郎, 三木 和典, 小垣 滋豊, 松下 亨, 日本小児外科学会雑誌, 35, 2,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002121585
  • D6 胆道閉鎖症術後遠隔期に肺高血圧症を呈した2例(胆道閉鎖症), 曹 英樹, 長谷川 利路, 佐々木 隆士, 吾妻 達生, 岡田 正, 虫明 聡太郎, 三木 和典, 小垣 滋豊, 松下 享, 原田 徳義, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004533329
  • B30 ヒルシュスプルング病における遺伝子異常の検討(ヒルシュスプルング病(1)), 草深 竹志, 宇田津 有子, 黒田 征加, 佐々木 隆士, 井上 正宏, 岡田 正, Prem Puri, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004533409
  • E36 食道閉鎖症ラットモデルにおける前腸の形態発生学的検討 : 三次元構築像をもとに(食道・噴門), 佐々木 隆士, 草深 竹志, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004533497
  • C100 先天性胆道拡張症術後における血清胆汁酸値の検討(胆道拡張症・合流異常), 長谷川 利路, シュクリ ナセル, 佐々木 隆士, 宇多津 有子, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004533569
  • S2+S3,S5+S6区域を温存した巨大肝芽腫の1治験例, 草深竹志, 宇田津有子, 黒田征加, 佐々木隆士, 長谷川利路, 大杉夕子, 岡田正, 小児がん, 35, 4, 563, 567,   1998年12月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902195794722150
  • 胆道閉鎖症術後の胃食道静脈瘤に対する治療 : 遠位脾静脈腎静脈シャント術vs内視鏡的治療, 長谷川 利路, 福井 雄一, 棚野 博文, 佐々木 隆士, 中島 清一, 草深 竹志, 和佐 勝文, 岡田 正, 日本外科学会雑誌, 99, 0,   1998年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003953204
  • C32 妊娠ラットへのアドリアマイシン曝露による胎仔消化管奇形, 佐々木 隆士, 草深 竹志, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 34, 3,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002086118
  • D47 胆道閉鎖症術後胃食道静脈瘤に対する内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)の検討, 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 中島 清一, 和佐 勝史, 福井 雄一, 岡田 正, 三木 和典, 原田 徳蔵, 日本小児外科学会雑誌, 34, 3,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002086304
  • E54 後腹膜原発巨大奇形腫におけるMR angiographyの有用性に関する検討, 黒田 征加, 福澤 正洋, 草深 竹志, 井上 正宏, 佐々木 隆士, 宇田津 有子, 岡田 正, 高橋 哲, 金 東石, 中村 仁信, 日本小児外科学会雑誌, 34, 3,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002086369
  • 9. 複雑心奇形を合併し治療に難渋した先天性気管狭窄症の 1 例(小児における気管形成術, 第 8 回 日本小児呼吸器外科研究会), 野瀬 恵介, 鎌田 振吉, 草深 竹志, 臼井 規朗, 澤井 利夫, 北山 保博, 佐々木 隆士, 岡田 正, 大竹 重彰, 松田 暉, 日本小児外科学会雑誌, 34, 1,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002109038
  • 12. ECMO の長期施行により救命し得た ARDS の 1 例(第 11 回 日本小児人工臓器研究会), 野瀬 恵介, 鎌田 振吉, 草深 竹志, 臼井 規朗, 澤井 利夫, 北山 保博, 佐々木 隆士, 岡田 正, 日本小児外科学会雑誌, 34, 2,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002109347
  • 37. 胆道閉鎖症術後胃食道静脈瘤に対する内視鏡的結紮術 (EVL) の検討(第 24 回 日本胆道閉鎖症研究会), 佐々木 隆士, 長谷川 利路, 中島 清一, 草深 竹志, 和佐 勝史, 福井 雄一, 岡田 正, 三木 和典, 原田 徳蔵, 日本小児外科学会雑誌, 34, 2, 399, 400,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002109487
  • 軟部 下腹部の巨大腫りゅうを呈し,血管腫と鑑別が困難であったパラガングリオーマの1例, 中山雅弘, 幸田徳二, 荒井洋, 虫明聡太郎, 佐々木隆士, 大植孝治, 八木誠, 井村賢治, 小児がん, 34, 1, 123,   1997年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902173341523900
  • 18.腹腔鏡及び胃内視鏡の補助下に手術を行った幽門閉鎖症(不完全型)の1例(第33回日本小児外科学会近畿地方会), 佐々木 隆士, 中島 清一, 草深 竹志, 神山 雅史, 飯干 泰彦, 長谷川 利路, 福澤 正洋, 岡田 正, 古座岩 宏輔, 三木 和典, 原田 徳蔵, 日本小児外科学会雑誌, 33, 7,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002085926
  • 28.PTCDにて軽快した胆道閉鎖症術後Bile lakeの1例(第33回日本小児外科学会近畿地方会), 井上 正宏, 長谷川 利路, 草深 竹志, 佐々木 隆士, 福井 雄一, 福澤 正洋, 鎌田 振吉, 岡田 正, 村上 卓道, 日本小児外科学会雑誌, 33, 7,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002085936
  • 3.6年10ヵ月間生存した先天性気管無形成症例(第6回日本小児呼吸器外科研究会), 井村 賢治, 八木 誠, 石川 士郎, 米田 光宏, 黒田 征加, 佐々木 隆士, 大植 孝治, 川原 央好, 窪田 昭男, 福沢 正洋, 虫明 聡太郎, 中山 雅弘, 日本小児外科学会雑誌, 33, 1, 140, 141,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002091665
  • 4.バルーン拡張後に限局性狭窄を来した新生児広範囲気管狭窄症の1例(第6回日本小児呼吸器外科研究会), 石川 士郎, 井村 賢治, 黒田 征加, 八木 誠, 米田 光宏, 佐々木 隆士, 南城 悟, 日本小児外科学会雑誌, 33, 1,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002091666
  • 水頭症を有する神経型 Gaucher 病における欠損酵素補充療法の効果と酵素療法中の肝脾の組織所見, 柳原 恵子, 大谷 和正, 佐々木 隆士, 井村 賢治, 荒井 洋, 虫明 聡太郎, 中山 雅弘, 井田 博幸, 乾 幸治, 岡田 伸太郎, 日本先天代謝異常学会雑誌, 12, 2,   1996年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018939364
  • 総排せつ腔外反症に合併した巨大せい帯ヘルニア, 黒田征加, 井村賢治, 八木誠, 石川士郎, 大植孝史, 佐々木隆士, 島田憲次, Pharma Med, 14, 8, 154, 156,   1996年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170516387518
  • 第24回 母子センターCPC先天性嚢胞性肺疾患の2症例, 森本静夫, 清水郁也, 鵜川真也, 佐々木隆士, 松吉陽子, 虫明聡太郎, 鳥辺泰久, 石川士郎, 大阪府立母子保健総合医療センター雑誌, 12, 1, 104, 114,   1996年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902104320947229
  • 肺膿ようとの鑑別に難渋したCCAM幼児例, 佐々木隆士, 井村賢治, 八木誠, 石川士郎, 黒田征加, 虫明聡太郎, 中山雅弘, 南城悟, 鵜川真也, Pharma Med, 14, 3, 136, 139,   1996年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170770154566
  • B29 胆道閉鎖症術後の外端空腸瘻からの内視鏡所見及び治療, 八木 誠, 井村 賢治, 石川 士郎, 大植 孝治, 黒田 征加, 佐々木 隆士, 窪田 昭男, 日本小児外科学会雑誌, 32, 3,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002091194
  • C38 乳児肥厚性幽門狭窄症における幽門管圧の持続測定, 井村 賢治, 川原 央好, 八木 誠, 石川 士郎, 大植 孝治, 黒田 征加, 佐々木 隆士, 日本小児外科学会雑誌, 32, 3,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002091236
  • C74 新生児外科疾患における胎盤所見の検討, 佐々木 隆士, 井村 賢治, 八木 誠, 石川 士郎, 大植 孝治, 黒田 征加, 虫明 聡太郎, 中山 雅弘, 日本小児外科学会雑誌, 32, 3,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002091537
  • 23.直腸閉鎖症の4例(第31回日本小児外科学会近畿地方会), 佐々木 隆士, 八木 誠, 井村 賢治, 石川 士郎, 米田 光宏, 黒田 征加, 日本小児外科学会雑誌, 32, 1, 119, 120,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002107540
  • 37.Dumbbell 型神経芽細胞腫の3治療症例(第31回日本小児外科学会近畿地方会), 黒田 征加, 米田 光宏, 井村 賢治, 八木 誠, 石川 士郎, 佐々木 隆士, 森本 一良, 河 敬世, 日本小児外科学会雑誌, 32, 1, 122, 123,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002107567
  • 39.骨髄移植にまつわる手術症例4例(第31回日本小児外科学会近畿地方会), 米田 光宏, 井村 賢治, 佐々木 隆士, 黒田 征加, 石川 士郎, 八木 誠, 河 敬世, 日本小児外科学会雑誌, 32, 1,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002107571
  • 18.外端空腸瘻からの内視鏡治療(一般演題, 第22回日本胆道閉鎖症研究会), 八木 誠, 井村 賢治, 石川 士郎, 米田 光宏, 黒田 征加, 佐々木 隆士, 位田 忍, 吉村 文一, 伊東 万里子, 日本小児外科学会雑誌, 32, 2,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002107763
  • 4.腹壁破裂症例における院内出生例と院外出生例の比較(第一部 腹壁異常の治療, 主題 腹壁異常, 第12回日本小児外科学会秋季シンポジウム), 井村 賢治, 八木 誠, 川原 央好, 石川 士郎, 大植 孝治, 黒田 征加, 佐々木 隆士, 曹 英樹, 宇田津 有子, 日本小児外科学会雑誌, 32, 5,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002107905
  • 救急領域における胸腔鏡・腹腔鏡 救急領域における腹腔鏡診断(全身麻酔下), 三木康彰, 角村純一, 長谷川利路, 水谷伸, 岩崎安博, 門田治, 桜井照久, 吉岡泰彦, 佐々木隆士, 救急医学, 19, 14, 2009, 2011,   1995年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902135741016120
  • 11 早期胃癌に対する胃局所手術症例の検討 : 胃癌縮小手術の可能性について(<特集>第46回日本消化器外科学会), 水谷 伸, 角村 純一, 長谷川 利路, 三木 康彰, 吉岡 泰彦, 桂 長門, 佐々木 隆士, 岩崎 安博, 門田 治, 永井 勲, 田中 智之, 日本消化器外科学会雑誌, 28, 6,   1995年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001318311
  • 90 早期胃癌におけるリンパ節転移症例の検討 : 胃癌縮小手術の適応について(<特集>第45回日本消化器外科学会総会), 水谷 伸, 角村 純一, 長谷川 利路, 高山 実, 三木 康彰, 吉岡 泰彦, 桂 長門, 佐々木 隆士, 岩崎 安博, 門田 治, 永井 勲, 田中 智之, 日本消化器外科学会雑誌, 28, 2,   1995年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001319911
  • 101 進行胃癌に対する Appleby 手術の手術成績と再発症例の検討(<特集>第45回日本消化器外科学会総会), 三木 康彰, 角村 純一, 長谷川 利道, 高山 実, 吉岡 泰彦, 桂 長門, 佐々木 隆士, 永井 勲, 佐藤 重夫, 田中 智之, 日本消化器外科学会雑誌, 28, 2,   1995年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001319922
  • 3F19 小児腹部鈍的外傷に対する腹腔鏡診断の意義, 長谷川 利路, 三木 康彰, 佐々木 隆士, 角村 純一, 水谷 伸, 吉岡 泰彦, 桂 長門, 門田 治, 岩崎 安博, 永井 勲, 日本小児外科学会雑誌, 31, 3,   1995年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002085703
  • 346 第三世代セファム系抗生剤使用禁止がMRSA感染症発生に及ぼす影響(その他-2(術後感染症)), 吉岡 泰彦, 横地 啓也, 角村 純一, 三木 康彰, 野瀬 恵介, 桂 長門, 佐々木 隆士, 永井 勲, 田中 智之, 片井 敦雄, 日本消化器外科学会雑誌, 27, 6,   1994年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004561789
  • 349 腹腔鏡下胆嚢摘出術における高気腹圧が呼吸機能に及ぼす影響(<特集>第43回日本消化器外科学会総会), 角村 純一, 竹中 博昭, 三木 康彰, 吉岡 泰彦, 横地 啓也, 野瀬 恵介, 桂 長門, 佐々木 隆士, 永井 勲, 日本消化器外科学会雑誌, 27, 2,   1994年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001314653
  • 613 胃膵吻合による幽門輪温存膵頭十二指腸切除術の経験(<特集>第43回日本消化器外科学会総会), 吉岡 泰彦, 竹中 博昭, 角村 純一, 三木 康彰, 横地 啓也, 能瀬 恵介, 桂 長門, 佐々木 隆士, 永井 勲, 日本消化器外科学会雑誌, 27, 2,   1994年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001314917
  • 685 総胆管結石症に対する胆嚢管ドレナージ術(<特集>第43回日本消化器外科学会総会), 角村 純一, 竹中 博昭, 三木 康彰, 吉岡 泰彦, 横地 啓也, 能瀬 恵介, 桂 長門, 佐々木 隆士, 永井 勲, 日本消化器外科学会雑誌, 27, 2,   1994年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001314989