KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

吉田 諭史ヨシダ サトシ

プロフィール

所属部署名理工学部 教養・基礎教育部門
職名特任講師
学位修士(教育学)
専門英語教育
ジャンル社会/教育・学校・語学
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/2333-yoshida-satoshi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/09/03

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    英語学習者の動機づけについて研究しています。また,近年は教室内外で利用可能な英語学習者向けのデジタル教材に関する研究も進めています。

学歴・経歴

経歴

  •   2019年04月,  - 現在, 近畿大学 理工学部 特任講師
  •   2018年04月,  - 2019年03月, 早稲田大学 研究院(研究機関)/附属機関・学校 グローバルエデュケーションセンター 講師(任期付)
  •   2014年04月,  - 2018年03月, 早稲田大学 グローバルエデュケーションセンター 助教
  •   2011年04月,  - 2014年03月, 早稲田大学 教育学部英語英文学科 助手

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 外国語教育

研究キーワード

  • 英語教育

論文

  • A Longitudinal Study on Japanese University Students’ Motivational Styles Toward Learning English in CMC Activities, Yoshida, S, Nakano, M, Selected Papers of the 18th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics, Selected Papers of the 18th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics, 23, 33,   2014年04月, 査読有り
  • 英語学習に有用なオーサリング・ツールの導入:iBooks Authorを利用した大学英語教育向けデジタル教科書作成の試み(実践編), 大和田和治, 吉田諭史, Information Communication Technology Practice & Research 2013, 2013年度授業実践報告書, Information Communication Technology Practice & Research 2013, 2013年度授業実践報告書, 43, 51,   2014年03月, 査読有り
  • 英語学習に有用なオーサリング・ツールの導入:iBooks Authorを利用した大学英語教育向けデジタル教科書作成の試み(基礎編), 吉田・諭史, 大和田和治, Information Communication Technology Practice & Research 2013, 2013年度授業実践報告書, Information Communication Technology Practice & Research 2013, 2013年度授業実践報告書, 31, 42,   2014年03月, 査読有り
  • L2 Learners' Motivation for Learning English in Computer-Mediated Communication Activities, Yoshida, S, Nakano, M, Selected Papers of the 17th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics, Selected Papers of the 17th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics, 82, 93,   2013年03月, 査読有り
  • Assessing the Use of Cross-Cultural Social Skills in the Context of Computer-Mediated Communication Activities, Yoshida, S, Nakano, M, Information Communication Technology Practice & Research 2012, 2012年度授業実践報告書, Information Communication Technology Practice & Research 2012, 2012年度授業実践報告書, 57, 65,   2013年03月, 査読有り
  • A Study of Statistical Indices of Capturing Linguistic Features of Cohesion and Coherence, Nakano, M, Yoshida, S, Information Communication Technology Practice & Research 2011, 2011年度授業実践報告書, Information Communication Technology Practice & Research 2011, 2011年度授業実践報告書, 205, 212,   2012年03月
  • CEFRに基づいたスキル認定書策定への試み, 中野美知子, 大和田和治, 上田倫史, 大矢政徳, 筒井英一郎, 近藤悠介, 吉田諭史, JACET-KANTO journal, JACET-KANTO journal, 8, 48, 59,   2012年03月
  • CEFR Can-do式能力記述文に関する一考察:日本の英語教員・大学院生・大学生による難易度ランクづけ, 中野美知子, 吉田諭史, Information Communication Technology Practice & Research 2010, 2010年度授業実践報告書, Information Communication Technology Practice & Research 2010, 2010年度授業実践報告書, 175, 182,   2011年03月
  • CCDL交流における異文化間ソーシャルスキル:2010年度調査結果, 吉田諭史, 中野美知子, Information Communication Technology Practice & Research 2010, 2010年度授業実践報告書, Information Communication Technology Practice & Research 2010, 2010年度授業実践報告書, 161, 174,   2011年03月
  • CCDL CMC交流における英語学習動機:2010年度調査結果, 吉田諭史, 中野美知子, Information Communication Technology Practice & Research 2010, 2010年度授業実践報告書, Information Communication Technology Practice & Research 2010, 2010年度授業実践報告書, 147, 159,   2011年03月
  • 学習動機の学習者内観調査 2008年度調査結果, 吉田諭史, 中野美知子, 全国調査から見るICT教育−実践・評価・理論 2008年度活動報告書, 全国調査から見るICT教育−実践・評価・理論 2008年度活動報告書, 59, 97,   2009年03月
  • アンケート調査によるソーシャルスキルの主観的測定 2008年度調査結果, 中野美知子, 吉田諭史, 全国調査から見るICT教育−実践・評価・理論 2008年度活動報告書, 全国調査から見るICT教育−実践・評価・理論 2008年度活動報告書, 23, 57,   2009年03月

書籍等出版物

  • 中野美知子(編著)「英語教育の実践的探究」, 中野美知子他, 分担執筆, 「11章 学習者要因とL2動機づけ研究」 pp.391-427, 渓水社,   2015年03月

講演・口頭発表等

  • Development of Digital Teaching/Learning Materials for Promoting Active Learning in English Language Classes, Satoshi Yoshida, The 24th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2019年08月
  • EFL Learners’ Motivational Dynamics in an Online Joint Class With Oversea Students, Yoshida, S, The 23rd Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2018年08月
  • 大学英語教育の担い手の今, 照井雅子, 吉田諭史, 尾関直子, 冨田かおる, 上田倫史, JACET 57th International Convention,   2018年08月
  • Development of Digital Textbooks and an Advanced E-Learning System for In-Class English Language Teaching, Enriquez, G, Yoshida, S, The 22nd Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2017年08月
  • Motivational Dynamics in an Online Cross-Cultural Discussion Program, Yoshida, S, The 22nd Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2017年08月
  • 大学英語教育NOW--第4次実態調査プログレ ス・レポート 大学英語教育の改革と変化, 発表者, 尾関直子, 大矢政徳, 荒木瑞夫, 吉田諭史, 内藤永, JACET 56th International Convention,   2017年08月
  • Motivational Dynamics in Computer-Mediated Communication Activities, Yoshida, S, The 21st Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2016年08月
  • 編集履歴可視化システムを用いたLearning Analytics (5) 英文ライティング教育への適応:文法エラーの難度と訂正時間の関係, 中野美知子, 荒本道隆, 吉田諭史, 荊紅涛, 情報処理学会 第78回全国大会,   2016年03月
  • Advancement and Evaluation of eBook/eLearning Widget Suite, Enriquez, G, Yoshida, S, Nakano, M, The 20th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2015年12月
  • Relationship between Learners' Motivation toward Computer-Mediated Communication Activities and Their Perceived Sense of Autonomy, Competence and Relatedness, Yoshida, S, The 20th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2015年12月
  • Visualization of Reading Processes Based on Learner Logs (1), Nakano, M, Aramoto, M, Yoshida, S, The 20th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2015年12月
  • An Application of Programming Learning Software to Grammar Error Detection Tasks, Nakano, M, Aramoto, M, Jing, H. T, Yoshida, S, The 20th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2015年12月
  • プログラミング学習の学習ログ収集ソフトウェアを活用した文法矯正練習の試み, 中野美知子, 荒本道隆, 吉田諭史, 日本経営工学会 2015年度秋季大会,   2015年11月
  • JACET-ICT Symposium 「ICTを活用した異文化間コミュニケーション能力の養成」, 中野美知子, 大和田和治, 近藤悠介, 吉田諭史, 荊紅涛, 上田倫史, 担当パート, 「CCDL授業の評価, 現状と今後の課題, JACET 54th International Convention,   2015年08月
  • 言語文化教育学会公開シンポジウム「e-learningの現状とこれから」, 中野美知子, 大和田 和治, 荊 紅涛, 後藤 裕介, 近藤 悠介, 吉田諭史, 当パート, 吉田 諭史「iBooks Authorを用いて作成した英語学習者向けデジタル教科書, 教材の紹介, 言語文化教育学会2015年度 定例シンポジウム,   2015年07月, 招待有り
  • Learning Analyticsを考慮した授業デザイン, 中野美知子, 吉田諭史, 経営情報学会 2015年春季全国研究発表大会,   2015年05月
  • 詳細な学習ログを用いた英語リーディング過程の分析(2) ログデータから見た成績との関係, 中野美知子, 吉田諭史, 須子統太, 玉木欽也, ギエルモ エンリケズ, 情報処理学会第77回全国大会,   2015年03月
  • 言語学理論に基づいた英語学習者向けデジタル教材とHTMLウィジェットの開発, 吉田諭史, エンリケズ・ギエルモ, 中野美知子, 情報処理学会第77回全国大会,   2015年03月
  • iBooks Authorを利用した中学校英語授業用デジタル教材作成の試み, 吉田諭史, 大塚賢一, 大和田和治, 日本教科教育学会第40回全国大会,   2014年10月
  • JACET-ICT Symposium: ICTを活用した英語教育: Wiki、電子教材、発話自動採点, 中野美知子, 大和田和治, 近藤悠介, 吉田諭史, 上田倫史, JACET 52nd (2014) International Convention,   2014年08月
  • Performance assessment of four skills for asian users of english: Listening, writing, speaking and reading, Nakano, M, Kondo, Y, Yoshida, S, AILA World Congress 2014,   2014年08月
  • A Proposal for ELF interactions with Interactive Digital Text Books for Cross-Cultural Distance Education, Nakano, M, Yoshida, S, Kondo, Y, AILA World Congress 2014,   2014年08月
  • 英語学習者向け電子教科書及びインタラクティブウィジェットの開発, 吉田諭史, Guillermo Enriquez, 中野美知子, 情報処理学会 第76回全国大会,   2014年03月
  • Japanese University Students’ Motivational Styles Toward Computer-Mediated Communication English Learning Activities, Yoshida, S, Nakano, M, The 17th English in Conference of Southeast Asia Conference (ESEA 2013).,   2013年12月06日
  • ELF Interactions with Interactive Digital Textbooks for Cross-Cultural Distance Education., Nakano, M, Yoshida, S, The 17th English in Conference of Southeast Asia Conference (ESEA 2013).,   2013年12月06日
  • Theories and Practices in English as an International Language(EIL), World Englishes (WE), English as an Lingua Franca (ELF) Seen in Students Perception Data., Nakano, M, Ng, C, Mak, B, Owada, K, Ueda, N, Kondo, Y, Yoshida, S, Maswana, S, The 5th Conference of Asian Conference on Education,   2013年10月
  • JACET-ICT Symposium: An Introduction to Easy-to-use Authoring Tools for Tertiary English, Nakano, M, Owada, K, Ueda, N, Kondo, Y, Yoshida, S, 大学英語教育学会 第52回国際大会,   2013年08月
  • A Longitudinal Study on Japanese University Students’ Motivational Styles Toward Learning English in CMC Activities, Yoshida, S, Nakano, M, The 18th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2013年08月
  • Quantifying the Quality of ELF Learners’ Written Productions With Coh-Metrix, Yoshida, S, Nakano, M, The 18th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2013年08月
  • 英語学習に有用なオーサリング・ツールの導入, 中野美知子, 大和田和治, 近藤悠介, 吉田諭史, 上田倫史, 大学英語教育学会 第7回関東支部,   2013年06月
  • English Language Education as a Lingua Franca in Asia, Nakano, M, Owada, K, Ueda, N, Kondo, Y, Yoshida, S, The 4th Asian Conference on Education,   2012年10月
  • L2 Learners' Motivation for Learning English in Computer-Medicated Communication Activities, Yoshida, S, Nakano, M, The 17th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2012年08月
  • An Experimental Use of Clickers for a Large Class, Nakano, M, Yoshida, S, The 17th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2012年08月
  • A Coh-Metrix Analysis of Pre-Writing and Post-Writing: Which of 55 Statistical Features are Relevant to the Assessment of Expository Writing in English?, Nakano, M, Yoshida, S, Oya, M, Ishii, Y, The 17th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2012年08月
  • Exploration of Cross-Cultural Communication Skills in the Context of Theme-Based Online Discussion, Yoshida, S, Nakano, M, The 17th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2012年08月
  • A Pilot Study on the Relationship Between Learning Climate in English Classroom and Students' Motivation Toward the Classroom Activities, Yoshida, S, Nakano, M, The 16th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2011年08月
  • An Experimental Study of Critical Reading and Writing Program: An Analysis of Pre-Task and Post-Task, Nakano, M, Yoshida, S, The 16th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2011年08月
  • CEFRに基づいたスキル認定書策定への試み, 中野美知子, 大和田和治, 上田倫史, 大矢政徳, 根岸純子, 筒井英一郎, 近藤悠介, 吉田諭史, 大学英語教育学会 第5回関東支部,   2011年05月
  • Social Skills in English Communication: An Empirical Survey among Cross-Cultural Distance Learning (CCDL) Participants, Yoshida, S, Nakano, M, The 15th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2010年08月
  • A Comparative Study of Motivation toward Cross-Cultural Distance Learning (CCDL) Computer Mediated Communication (CMC) Activities, Yoshida, S, Nakano, M, The 15th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2010年08月
  • A Study of CEFR Descriptors: Ranking Task by English Education Experts and by University Students, Nakano, M, Yoshida, S, The 15th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2010年08月
  • An Experimental Study of Motivation and Self-Determination Theory, Yoshida, S, 早稲田大学大学院教育学研究科高麗大学校北京師範大学 学術交流協定 招聘セミナー,   2010年06月
  • Assessing Japanese EFL Learner's Social Skills in Cross-Cultural Distance Learning (CCDL) Context: a Longitudinal Study among Waseda University Students, Yoshida, S, Nakano, M, The 14th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2009年08月
  • Cross-Cultural Distance Learning (CCDL) and the Learner’s Motivation toward the CCDL CMC Activities: A Survey on Three Types of CCDL classes, Yoshida, S, Nakano, M, The 14th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2009年08月
  • Range Analysis of Cross-Cultural Distance Learning (CCDL) Reflection Work Sheet: A Pilot Study, Yoshida, S, Kumaki, H, Watanabe, A, The 14th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2009年08月
  • Cross-Cultural Distance Learning (CCDL) Programs and Program Assessments, Nakano, M, Yoshida, S, Owada, K, APRU 9th Distance Learning and the Internet Conference 2008,   2008年11月
  • Assessing Social Skills among Japanese EFL Learners: A Pilot Study, Yoshida, S, Nakano, M, The 13th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2008年08月
  • A Pilot Study: Exploring a Relationship between Four Kinds of Motivation and Self-Regulations for Second Language Learning among Japanese University Students in Cross-Cultural Distance Learning Contexts, Nakano, M, Yoshida, S, The 13th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2008年08月
  • The Relationship between Learning Strategy Preferences and English Proficiency: A Case Study of Japanese University Students., Yoshida, S, The 12th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2007年12月

受賞

  •   2014年05月, WASEDA e-Teaching Award

競争的資金

  • 英語学習者の自律学習を促すマルチデバイス対応型デジタル教材の開発とその評価, 平成29年度は,前年度と同様に(1)大学生英語学習者向けのデジタル教科書・教材に期待される機能や操作性に関する調査,(2)ヨーロッパ言語共通参照枠(以下,CEFR)に準拠した教材および題材の検討,(3)動機づけ理論を踏まえた教材設計,(4)教材コンテンツの作成,(5)教材コンテンツのデジタル化,(6)デジタル教材の効果的な配信方法に関する基礎調査を行い,(7)前年度までに作成したデジタル教科書・教材を利用した有用性に関する調査,(8)データ分析と考察,(9)教材のアップデートを行った。(1)大学生英語学習者向けのデジタル教科書・教材に期待される機能や操作性に関する調査では,過去2年と同一の質問項目を使用して大学生を対象としたアンケート調査を行った(N=27)。(2)CEFRに準拠した教材および題材の検討,(3)動機づけ理論を踏まえた教材設計としては,CEFR関連の研究成果の他,『「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議 最終ま
  • 発話自動採点システムの開発と英語教育プログラムへの導入, 本研究の目的は、発話能力の育成に焦点を当てた英語教育プログラムにおける自動採点システム導入の可能性を検討することである。自動採点システム構築のため、これまで、平成26年度では、発話データ収集のための項目を作成し、平成27年度では、これらの項目を用いて発話データを収集し、英語教師が収集した発話データに評価を付与した。教師による評価を分析し、信頼性が低いと考えられる評価を排除し、自動採点システムが予測に利用するための信頼性の高い評価を得た。これらのデータを用いて、ある程度の予測精度で評価を算出する発話自動採点システムを構築することができた。平成28年度では、最終年度に向けて、さらなる予測精度の向上を目指し、予測に用いる発話の特徴量の検証及び予測手法の検討を再度行った。予測に用いる発話の特徴量と予測手法の組み合わせにより予測結果が異なるため、平成29年度に行う予定である、システムの評価実験に向けて、発話の
  • 科学研究費助成事業(早稲田大学), 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), グローバル・リテラシー大学英語教育のモデル化と自動成果判定システムの開発, 国際社会でリーダーシップを発揮できるグローバル・リテラシー教育は3段階で行われ、第1段階では、CEFRの6レベルに対応したスピーキング能力(English Tutorial)とライティング能力 (Critical Reading and Academic Writing :CRAW)の育成を図り、第2段階ではDiscussion English Tutorial(DTE) とCross-Cultural Distance Learning(CCDL) 講座を活用した。第3段階では専門分野を英語で発表・討議する能力を養うことを目的とした。今年度は、English Tutorialでの学習成果を測定するためのコンピュータ適応型テストを完成した。発話自動採点テストでは、日本人および台湾人の英語学習者からデータを収集し、話者適応の実験を実施した。発話データの単語認識率を高めるべく、評定者にとって聞き取り可能/不可能な発話データを予測する実験を行った。発話の基礎的な特徴量をもとにサポートベクターマシーンを用いた分類を行い、84%の精度で予測できた。このフィルタを通過した発話を用いて自動採点を試みたところ、判定の
  • 科学研究費助成事業(立命館大学), 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 英語学習者の総合的な発話能力を自動評価するシステムの構築とその評価, 本研究の目的は、スマートフォンやパソコンで使用されるようになってきている音声認識技術を利用し、英語学習者のスピーキング能力を自動的に採点するシステムを開発することである。本研究では、設定された状況において適切な発話が求められる課題を用いて英語学習者のスピーキング能力の自動採点を試みた。音声認識技術は外国語の音声の認識において話されている状況や内容によって精度がかなり下がる。本研究で作成した課題のうち、認識の精度が高い課題においては、自動採点システムが算出するスコアは、実際に運用できる精度のものが得られた。
  • 科学研究費助成事業(早稲田大学), 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ICT活用授業のモデル化と異文化ソーシャルスキルの評価・測定, ICT活用授業では、英語を共通言語(ELF)として用いる学習形態が可能である。日本とは時差の少ないアジア地域との遠隔授業であるが、従来の英語学習方法と比べ、学生の学習動機、異文化対応能力を格段に増強することが確認できた。学生の自律性を計測できる学習動機尺度と異文化間ソーシャル・スキル測定尺度を考案し、尺度の信頼性と妥当性を確認し、コミュニケーション能力を自動判定できるシステムを構築し、実験的な証拠を得た。