KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

安福 勝アブク マサル

プロフィール

所属部署名建築学部 建築学科  / 総合理工学研究科
職名准教授
学位Ph.D.
専門建築環境工学
ジャンル文化/現代建築
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1143-abuku-masaru.html
ホームページURLhttp://sites.google.com/site/abukumasaru/
メールアドレス
Last Updated :2020/01/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    断熱材、吸放湿材の物性、雨が建物に及ぼす影響、建築・文化財の塩害等について研究しています。4年間ベルギーにて研究し学位を得ました。その後、スイスで1年間の研究生活を経験しています。

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 建築環境・設備

研究キーワード

  • 材料科学, 建材, 空気質, 健康, 快適性, 断熱, 文化財, 建築環境工学, 建築物理, , 湿気, エネルギー, 結露, 耐久性, , カビ

論文

  • Intercomparison of wind-driven rain deposition models based on two case studies with full-scale measurements, B. Blocken, P.M. Briggen, H.L. Schellen, 安福 勝, K. Nore, J. V. Thue, J. Carmeliet, S. Roels, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics,   2010年
  • 室内空気中における汚染物質の化学反応モデリングと反応に対する換気除去効果に関する検討, 安福 勝, 加藤 信介,朱 清宇, 伊藤 一秀, 生産研究, 55, 1, 81, 85,   2003年

書籍等出版物

  • IEA Annex 41, Whole Building Heat, Air and Moisture Response, Applications, Indoor environment, energy, durability (分担執筆)5章2節,M. Abuku,H. Janssen,S. Roels,pp.154-157, Acco,Leuven,Belgium,   2008年, 978-90-334-7059-2

講演・口頭発表等

  • An onset to whole building simulation: wind-driven rain impact on mould growth risk, indoor climate and energy consumption, 安福 勝, H. Janssen, S. Roels, Building Simulation 2009 (BS2009),   2009年07月, Building Simulation 2009 (BS2009)
  • Analysis of the impact of cell geometry and swelling on vapor permeability of wood, D. Derome, 安福 勝, J. Carmeliet, IV European Conference on Computational Mechanics (ECCM 2010),   2010年05月, IV European Conference on Computational Mechanics (ECCM 2010)

MISC

  • Impact, absorption and evaporation of raindrops at building facades, M. Abuku, H. Janssen, J. Poesen, S. Roels. , Building and Environment , 44, 1, 113, 124,   2009年, 10.1016/j.buildenv.2008.02.001
  • Impact of wind-driven rain on historic brick wall buildings in a moderately cold and humid climate: numerical analyses of mould growth risk, indoor climate and energy consumption, M. Abuku, H. Janssen, S. Roels., Energy and Buildings, 41, 1, 101, 110,   2009年, 10.1016/j.enbuild.2008.07.011
  • On the validity of numerical wind-driven rain simulation on a rectangular low-rise building under various oblique winds, M. Abuku, B. Blocken, K. Nore, J. V. Thue, J. Carmeliet, S. Roels, Building and Environment, 44, 3, 621, 632,   2009年, 10.1016/j.buildenv.2008.05.003
  • Moisture response of building facades to wind-driven rain: Field measurements compared with numerical simulations, Masaru Abuku, Bert Blocken, Staf Roels, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, 97, 5-6, 197, 207,   2009年, 10.1016/j.jweia.2009.06.006
  • 塩の影響を考慮した布における熱・水分同時移動 第1報―塩溶液の浸透実験と塩の影響を考慮した布の平衡含水率, 安福 勝,鉾井 修一,高田 暁,箸方 稔, 空気調和・衛生工学会論文集, 119, 17, 22,   2007年
  • 塩の影響を考慮した布における熱・水分同時移動 第2報―熱・水分・塩の同時移動モデルと浸透・蒸発過程の解析, 安福 勝,鉾井 修一,高田 暁, 空気調和・衛生工学会論文集, 131, 1, 9,   2008年, 10.18948/shase.33.131_1
  • 在来木造住宅の断熱壁体内における熱・湿気性状―空気流動を考慮した実大壁体実験の解析―, 向井 一将,鉾井 修一,小南 和也,安福 勝,鈴木 大隆,伊庭 千恵美, 日本建築学会環境系論文集, 73, 623, 17, 22,   2008年, 10.3130/aije.73.17
  • 塩の影響を考慮した布における熱・水分同時移動 第3報―着衣における塩の影響と蓄積過程に関する数値解析, 安福 勝,鉾井 修一,高田 暁,箸方 稔, 空気調和・衛生工学会論文集, 146, 35, 43,   2009年

受賞

  • 1) 国際誌 "Building and Environment", 学術論文"Impact, absorption and evaporation of raindrops on building facades"に対して,2009 Best Paper Award for a Young Author

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金・挑戦的研究(開拓), X線CTを用いた多孔質材料内部の歪の分布測定と熱&水分移動・応力・歪連成解析(課題番号19H05511), 安福 勝
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), 歴史的組積造建物及び遺跡の塩類風化メカニズム解明と予防的保存対策の開発, 小椋 大輔, 研究分担者 伊庭 千恵美 京都大学, 工学研究科, 准教授 (10462342) 安福 勝 近畿大学, 建築学部, 准教授 (20581739) 佐々木 淑美 東北芸術工科大学, 文化財保存修復研究センター, 研究員 (60637883) 石崎 武志 東北芸術工科大学, 文化財保存修復研究センター, 教授 (80212877) 脇谷 草一郎 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所, 埋蔵文化財センター, 主任研究員 (80416411) 水谷 悦子 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所, 保存科学研究センター, 研究員 (90849796)
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金・若手研究(A), 歴史的な組積造・石造建造物の塩害進行予測のための実態調査と基礎的実験(課題番号26709043), 安福 勝
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), 西スマトラ州パダン歴史地区における文化遺産復興に関する総合的研究, 亀井 伸雄, 研究分担者 友田 正彦 東京文化財研究所, 文化遺産国際協力センター, 保存計画研究室長 (70392553) 竹内 泰 宮城大学, 事業構想学部, 准教授 (30553862) 脇田 祥尚 近畿大学, 建築学部, 教授 (40280119) 安福 勝 近畿大学, 建築学部, 講師 (20581739) 田代 亜紀子 奈良文化財研究所, 企画調整部国際遺跡研究室, アソシエイトフェロー (50443148) 連携研究者 佐藤 桂 東京文化財研究所, 文化遺産国際協力センター, アソシエイトフェロー (80454198)
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(C), 古墳壁画の保存・公開における環境制御手法に関する研究, 小椋 大輔, 研究分担者 鉾井 修一 京都大学, 工学研究科, 教授 (80111938) 安福 勝 近畿大学, 建築学部, 講師 (20581739)